Archives

  • [—]2019 (6)
  • [+]2018 (552)
  • [+]2017 (564)
  • [+]2016 (639)
  • [+]2015 (714)
  • [+]2014 (655)
  • [+]2013 (623)
  • [+]2012 (621)
  • [+]2011 (484)
  • [+]2010 (554)
  • [+]2009 (522)
  • [+]2008 (467)
  • [+]2007 (596)
  • [+]2006 (530)
  • [+]2005 (460)
  • [+]2004 (304)
  • [+]2003 (454)
  • [+]2002 (454)
  • [+]2001 (217)
  • [+]2000 (408)
  • [+]1999 (376)
  • [+]1998 (465)
  • [+]1997 (424)
  • [+]1996 (1)
  • [+]1995 (425)
  • [+]1994 (411)
  • [+]1993 (423)
  • [+]1992 (519)
  • [+]1991 (423)
  • [+]1990 (250)
  • [+]1970 (1)

ニュース内検索

SUPER GT

SGT:第7戦オートポリス公式予選 ポールシッターのコメント

gt-rd7-q-ps-pps gt-rd7-q-ps-pp-gt500 gt-rd7-q-ps-pp-gt300

GT500クラス #12カルソニックIMPUL GT-R

安田裕信
gt-rd7-q-pc-yasuda 今回はインパルとしてチームみんなで勝ちにこようということで。
前回のレースの影響で朝の練習走行ができなかったので、不安な部分があったんですが、チームがいいクルマを用意してくれたので予選では思い切ってアタックできて、Q1を3番手で突破できました。
そのあとはJPが素晴らしいアタックをしてくれました。
今年優勝できていないのが気になっています。今回は勝てる状況だと思うので、二人でミスなく、スタートからインパルらしくぶっちぎって勝ちたいです。
リストリクターは大きいほうが当然いいんですけど、小さい中でもコーナリングスピードを稼いでいけばイーブンじゃないかなと思います。
ジョアオ・パオロ・デ・オリベイラ
gt-rd7-q-pc-oliveira 変に聞こえるかもしれませんが、実は今朝からセットアップに苦しんでいました。アンダーがひどくて、いいセッティングが見つからず、仕方なくそのまま走ったんですが、にもかかわらず結果が良かったのでびっくりしています。
バウンシングがどうしても治らなかったのにこんなタイムが出るなんて。もともとバンプの多いレイアウトで、僕らのクルマはそれに敏感に反応するんですが、それを把握してどんどん予選に向けて改善していけたと思うし、決勝に向けても更に良くしていけると思います。
ヒロが練習走行できなくて心配していましたが、Q1では3位という素晴らしい結果で戻ってきてくれました。そのあとは彼からクルマの情報をもらってQ2を走りました。
クルマ自体はポテンシャルがあるのがわかっていたので、その全てを出せたことがこの結果につながったと思います。とても満足しています。
明日はとにかくクリーンなレースをして勝つことが明日の目標です。ここはタイヤに厳しいサーキットだし、タイヤかすも多くてそれがタイヤに付着しやすいので、明日のウォームアップの中で最終的なチェックをして、それをもとに頑張りたいです。
燃料リストリクターのせいでセクター1は他より0.2秒遅いことがわかったんですが、セクター2、3は車体が軽いぶん有利だと思います。

GT300クラス #2シンティアム・アップル・ロータス

高橋一穂
gt-rd7-q-pc-kazuho なんとか Q1突破できてホッとしています。テストでクラッシュして、2週間ちょっとしかないということでメカにもかなり迷惑をかけました。不眠不休で直してくれて本当にありがたかったです。
鈴鹿でもポールでしたが、あの時は濱口くんがQ1行ったので、僕の貢献度はゼロでしたが、今回は一応Q1は自分で行ったので、そういう意味でも嬉しいです。
ここは2006年に紫電で初優勝したコースで、ロータスも紫電に似て直線は遅いけどコーナーが速いクルマなので、あの時の夢をもう一度と思っています。
多分明日は加藤ちゃんがスタートしたら1分ぐらい引き離して帰ってくる予定なので、そのあとは楽にぶっちぎれるかなと思います。
加藤寛規
gt-rd7-q-pc-kato 少ないながらもテストをやったのが今回効いてたのかなと。前回のテストで不具合があったものがセットアップも含め、時間がない中で持ち込みからかなりいい状態で走れたので、ドライバーも慣れることができました。
Q1を高橋さん行くということは、高橋さんが決めました。高橋さんが「俺が行く」と決めた以上、誰も何も言えないので、不安があろうと何だろうと(笑)。だからピットロードでずうっと見てただけなんですけど、そしたらまさか3番手で戻ってくるとは思わなかったので、それに奮起して僕も。
ブリヂストンが今回速かったので、「来るのかな」と思っていたんですが、何とか凌ぎきれて。1000分の1秒の差は行いの差かなと。
今日の予選は予想以上に気温が高かったんですけど、明日の決勝は涼しくなるはずなので、僕らには有利に働くはずです。さすがに1分のリードは無理ですけど(笑)、明日はスタートから1コーナーまで抑えきれれば、あとは逃げられるかなと思います。勝つチャンスってなかなかないので、与えられたチャンスの中で今回は本当に気合を入れていきたいなと思います。
まだ作戦は考えてないです。
まとめ: Kazuhisa SUEHIRO
Photo: Keiichiro TAKESHITA


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

検索

最新ニュース