Archives

  • [—]2017 (13)
  • [+]2016 (639)
  • [+]2015 (714)
  • [+]2014 (655)
  • [+]2013 (623)
  • [+]2012 (621)
  • [+]2011 (484)
  • [+]2010 (554)
  • [+]2009 (522)
  • [+]2008 (467)
  • [+]2007 (596)
  • [+]2006 (530)
  • [+]2005 (460)
  • [+]2004 (304)
  • [+]2003 (454)
  • [+]2002 (454)
  • [+]2001 (217)
  • [+]2000 (408)
  • [+]1999 (376)
  • [+]1998 (465)
  • [+]1997 (424)
  • [+]1996 (1)
  • [+]1995 (425)
  • [+]1994 (411)
  • [+]1993 (423)
  • [+]1992 (519)
  • [+]1991 (423)
  • [+]1990 (250)
  • [+]1970 (1)

ニュース内検索

2014年2月

F4東日本シリーズ

F4:DREAM RACING PROJECT 2014体制発表 (DRP)

 DREAM RACING PROJECT(DRP)は2013年始動した、プロのレーサーを目指す若者を応援するプロジェクトチームです。プロになる為に欠かせない、スポンサーとファンを獲得する為のマネジメントを行います。 http://xyz-one.jp/drp/index.html

 2014年のDRPは、「夢に向かってがんばる若者を応援する」という共通理念のもと、新しい美人のスタンダードを創るビジンアンドカンパニー、トレンドメーカー岸田一郎が率いるLUXURY TVと協力し新しいコンテンツを創ります。

2014_f4_drp-tusboi.jpg
参戦ドライバー:坪井翔 1995年生 18歳
  • クラス:F4東西シリーズFCJクラス
  • マシン:美人&LTVRacingDRP FC106
  • エントラント:フィールド
2014_f4_drp-mikasa.jpg
参戦ドライバー:三笠雄一 1993年生 20歳
  • クラス:F4東日本シリーズ
  • マシン:美人&LTVRacingDRP RK01
  • エントラント:ガレージ茶畑

 DRPは、今までのレーシングチームとは異なるアプローチで、価値のあるコンテンツをスポンサー様に提供させていただきます。また、金銭サポートではない、サポーター様も募集しております。 http://xyz-one.jp/drp/supporter.html

 3月、5月、11月のツインリンクもてぎ開催のF4レースには、美人時計モデルがLuxuryTVレポーター&レースクイーンとして参加しします。 プロレーサーとモデルを目指す若者を応援よろしくお願いいたします。

【レース日程】
  • 2014年3月16日 もてぎチャンピオンカップレース F4シリーズ
  • 2014年4月27日 SUGOF4地方選手権東日本シリーズF4シリーズ
  • 2014年5月10日 スーパーもてぎチャンピオンカップレース F4シリーズ
  • 2014年5月11日 スーパーもてぎチャンピオンカップレース F4シリーズ
  • 2014年6月14日 岡山スーパーF3レース F4シリーズ
  • 2014年6月15日 岡山スーパーF3レース F4シリーズ
  • 2014年7月6日  鈴鹿クラブマンレース F4シリーズ
  • 2014年8月3日  筑波F4地方選手権東日本シリーズ F4シリーズ
  • 2014年8月17日 鈴鹿クラブマンレース F4シリーズ
  • 2014年9月21日 富士チャンピオンレースシリーズ F4シリーズ
  • 2014年11月23日 鈴鹿クラブマンレース F4シリーズ
  • 2014年12月7日 もてぎF4ドライバー日本一決定戦
ドリームレーシングプロジェクトプレスリリース

SUPER FORMULA

SF:ファーウェイ・ジャパンがダンディライアンとスポンサー契約を締結 (HUAWEI)

 中国広東省に本社を置くICTソリューション・プロバイダー、華為技術有限公司の日本法人ファーウェイ・ジャパン(東京都千代田区大手町/代表取締役社長・閻力大)は27日、今季全日本選手権スーパーフォーミュラシリーズに参戦するダンディライアンレーシング(代表・村岡潔)とスポンサー契約を締結致したと発表した。以下、プレスリリース。



sf_huawei-dandelion

 世界有数のICTソリューション・プロバイダーである華為技術日本株式会社(以下、ファーウェイ・ジャパン)は、全日本選手権スーパーフォーミュラシリーズに参戦する『DANDELION RACING(ダンディライアン レーシング)』を保有する有限会社ダンディライアン(以下、ダンディライアン)と、スポンサー契約を締結致しました。

 「本契約により、‘ICT業界’と‘レーシングスポーツ’と異なる分野で、常に進化に挑み続ける2つの組織の強力なパートナーシップが実現します。また、子供の憧れでもあるレーシングスポーツをサポートすることにより、未知の可能性に満ちた若い世代に、夢を与える活動などに取り組んで参ります」とデバイスプレジデント ゴ・ハは述べています。

 ‘進化への更なる挑戦’に挑む「DANDELION RACING」とのスポンサー契約することで、ファーウェイの常に業界をリードする‘技術革新’に取り組む姿勢を具現化するとともに、幅広い世代に支持を集めるレーシングスポーツをサポートすることで、さらなるブランド認知拡大を図ります。

「DANDELION RACING」
 チームの監督を務める村岡潔が1989年に設立。フォーミュラニッポン(現スーパーフォーミュラ)には1999年から参戦。2004年にシリーズチャンピオンを、2012年にはチームチャンピオンを獲得した。2014年は、5年間共に戦った伊沢選手をヨーロッパへ送り出し、40号車に昨年の全日本F3でシリーズ5位となった野尻智紀が念願のステップアップ。41号車は武藤英紀が引き続きドライブする。
所属選手:
40号車 野尻智紀(Tomoki Nojiri)選手 24歳
 2002年のジュニアカート参戦以来僅か4年で全日本チャンピオンを獲得。ヨーロッパ選手権参戦の後、鈴鹿レーシングスクールを首席卒業。2011年よりF3選手権へ参戦し活躍。2014年スーパーフォーミュラへステップアップを果した。
41号車 武藤英紀(Hideki Mutoh) 選手 31歳
 英国を中心にジュニアフォーミュラで武者修行、2004年から全日本F3選手権へ参戦し。2007年からアメリカのトップフォーミュラ「インディーカーシリーズ」へ参戦。ルーキーオブザイヤー、日本人最高位の2位獲得(当時)など輝かしい成果を残して2013年よりダンディライアンレーシングへ所属。
■2014スーパーフォーミュラ車両

 14年度より新規採用されるのは、“クイック&ライト”をコンセプトに最新の空力パッケージと制御技術を用いたDallara SF14シャシー。小排気量ターボと燃料リストリクターにより環境性能を高めた新エンジンのパッケージが採用されている。

■レース日程
  • 公式テスト1 2月18・19日 富士スピードウェイ(静岡県)
  • 公式テスト2 3月2・3・4日 鈴鹿サーキット(三重県)
  • 公式テスト3 3月18・19日 富士スピードウェイ(静岡県)
  • 公式テスト4 シーズン中予定 時期・場所未定
  • 第1戦 4月11~13日 鈴鹿サーキット(三重県)
  • 第2戦 5月16~18日 富士スピードウェイ(静岡県)
  • 第3戦 7月11~13日 富士スピードウェイ(静岡県)
  • 第4戦 8月22~24日 ツインリンクもてぎ(栃木県)
  • 第5戦 9月12~14日 オートポリス(大分県)
  • 第6戦 9月26~28日 スポーツランドSUGO(宮城県)
  • 第7戦 11月7~9日 鈴鹿サーキット(三重県)
ファーウェイ・ジャパン

Super Car Race Series

SCR:シフトが山脇大輔/野間一組(ポルシェ)で開幕戦に参戦 (SHIFT)

 エキスパートインタナショナル with シフトは24日、今シーズンから始まるスーパーカーレースシリーズの第1戦ツインリンクもてぎにPorsche 911 GT3 CUP MY06 (Type 997 3.6L)で参戦すると発表した。ドライバーには山脇大輔と野間一を起用する。以下、プレスリリース。



エキスパートインターナショナルwith SHIFT
スーパーカーレースシリーズ参戦を発表

 2014年2月24日、エキスパートインターナショナルwith SHIFTはスーパーカーレースシリーズ(SCR-J)開幕戦ツインリンクもてぎへの参戦を発表いたします。

 株式会社シフトはスーパーカーレースへの参戦促進を目的に、レースカーレンタルシステムを発表しております。4月12日~13日にツインリンクもてぎで行われるSCR開幕戦は、Aドライバーに山脇大輔選手、Bドライバーは野間一選手を起用。マシンはポルシェ911 GT3 CUP(MY06 Type997)にて参戦いたします。

■チーム体制概要■
チームエキスパートインターナショナルwith SHIFT
マシンPorsche 911 GT3 CUP MY06 (Type 997 3.6L)
ドライバーA:山脇大輔(ヤマワキダイスケ)B:野間一(ノマハジメ)
メンテナンス株式会社シフト
メインスポンサーエキスパートインターナショナル
■レース概要■
大会名2014スーパーカーレースシリーズ Rd.1/2ツインリンクもてぎ
日程4月12日(土)~13日(日)
クラスカテゴリーⅡ
■シフトレースカーレンタルシステムとは■

 株式会社シフトでは2014年から始まるスーパーカーレース・ジャパン(SCR-J)に挑戦するドライバーのためにレースカーレンタルシステムを実施しています。

 スーパーカーレースシリーズはトッププロからジェントルマンドライバーまで幅広く参戦し、GT3マシンやポルシェ・フェラーリなどカップカーマシンにヨコハマワンメイクタイヤを使用することからドライバー育成にも絶好の舞台となっています。

 マシンはポルシェ911 GT3 CUP 06YM (Type 997 3.6L)を使用することで、コストを抑えながら走行距離を稼ぎドライビング能力とセッティング能力の育成を行います。

 さらにメンテナンスとエンジニアリングはスーパーGTやS耐で輝かしい実績を残している株式会社シフトが担当。スーパー耐久やミドルフォーミュラ、ワンメイクレースからステップアップを目指すドライバーに、さらなるスピード・確実性・開発力が身に着けられる環境を提供いたします。

 開幕戦となるRd.1/2ツインリンクもてぎは山脇・野間組で参戦となりますが、以降のドライバーについては引き続き募集いたします。

【シフトレースカーレンタルシステムのお問合せ先】
  • 株式会社シフト 住所:神奈川県厚木市岡田3133
  • E-MAIL:info@shift-racing.co.jp TEL:046-220-5752 FAX:046-220-5753

■ドライバーコメント■
Aドライバー 山脇大輔
 国内最高峰のアメフトリーグ「Xリーグ」のチーム「オール三菱ライオンズ」で活躍した後、2008年のシビックワンメイクレースにてレースをスタートした異色のキャリアを持つ。2012年はもてぎインテグラレースへ2レース参戦し、両レースとも表彰台を獲得。2013年はS耐へスポット参戦し初参戦となる鈴鹿ラウンドではST4クラス予選3位・決勝7位。また、もてぎインテグラレースでは2勝を挙げてシリーズチャンピオンを獲得。
 「シフトのメンテナンスで新シリーズに997 GT3で参戦できる事に対して関係各位に感謝したい。野間選手も自分と同じもてぎチャンピオンカップ出身のドライバーということでコミュニケーションは問題ないと思うので、準備をしっかり整えてレースで良い結果を出したいと思う」
Bドライバー 野間一
 レーシングカートからレースをスタートし、FJ-1600やS-FJ、もてぎインテグラレースにスポット参戦。2006年にはチームヤマトからS耐ST4クラスにデビューし3位表彰台。その後S耐スポット参戦を経て、2011年からチームエーワンよりST4クラスにフル参戦。S耐ST4クラス優勝2回。レインのドライビングやマシン開発力にも定評がある。
 「今年から始まるスーパーカーレースにシフトからポルシェで参戦することに、身の引き締まる思いです。FFのシビックからRRのポルシェへの乗換えもシフトの皆様のサポートのおかげで不安はありません。もてぎインテグラの頃からよく知る山脇選手とチームを組めることも楽しみです。このチャンスを支えてくださるスポンサーの皆様へ感謝いたします。このチャンスから多くを学び、結果につなげることが出来るよう全力で戦います!」
エキスパートインターナショナルwith SHIFT Press Release

その他

motor sports bar MULSANNEが小倉茂徳さんのトークショーを開催

モータースポーツバーミュルサンヌ(大阪市北区)では3月9日(日)に同店内にてモータースポーツジャーナリストの小倉茂徳さんを招いてトークショーを開催する。

会場となる「ミュルサンヌ」は二輪、四輪を問わず全てのモータースポーツを愛好家が時間を忘れて語り合える場所、をコンセプトに2012年の10月オープン。
店内には数々のモータースポーツ関連グッズや雑誌などが置かれ、大型モニターに映し出されたレース映像を眺めながらお酒を楽しむことが出来る。
国内レース関係者が来店することも少なくない。
勿論、オーナーの山口香さんも海外の耐久レースを観戦に行くほどの熱心なレースファンであり、店名もルマン24時間レースの開催されるフランスのサルテサーキットの名物コーナーに由来している。

そこで今回、F1開幕を直前に控えた3月9日、同店に小倉さんを迎えて昼夜二回のトークショーが開催されることになった。
同店の常連の一人でもあり、ホンダの第2期F1参戦にスタッフの一員として加わり、その後も国内外のビッグレースを取材されてきた小倉さんだけに、どんな話が飛び出すか、非常に興味深いイベントになることは間違いないだろう。
もしかしたら、テレビや雑誌では知ることの出来ないビックリ情報が飛び出すかも?

定員は各回15名の先着順で会費は4000円(フリードリンク付き)

詳細は下記のリンクを参照いただきたい。
小倉茂徳さんトークショーin大阪のお知らせ

Text:Kazuhisa SUEHIRO

S-FJ鈴鹿シリーズ

SFJ:鈴鹿クラブマンレース第1戦決勝 上位3名のコメント

優勝 橋本陸(スキルスピード)
sfj_r01_r-hashimoto  「スタートはまずます良くて、一台も抜かれることがなく1コーナートップで入れてからは、あまりミラーを見ないで走ることに集中しました。レースの後半は、タイヤの摩耗がひどくなりましたが優勝できて良かったです。鈴鹿ラウンドは7戦あるのでまだ先は長いですが、今年いいスタートを切れたので良かったです」
決勝2位 河野俊佑(RS Fine 10V)
sfj_r01_r-kohno  「イマイチでしたね! スタートはうまくなかったです。一度黄旗で減速しすぎて橋本選手との差が開いてしまいました。昨日の練習走行では安定して、いいタイムで走れていたのに、今日結果がでなくて悔しいです。次までには結果を残したいです」
決勝3位 平優弥(Team Naoki☆Leprix 10V)
sfj_r01_r-taira  「西コースはまだ3回しか走ったことがなく、走れる回数がカートに比べて少ないので気持ちの整理も難しかったですが、冷静に走ることができました。フォーミラーでのバトルがいまいちできてなかったですが、ペースが良かったので前の車を抜くことができました。今年は鈴鹿を拠点にして、もてぎにもスポット参戦ができたらと思っています」
Text & Photo: Nobumitsu OHTAKE

S-FJ鈴鹿シリーズ

SFJ:鈴鹿クラブマンレース第1戦決勝 橋本陸がポールトゥウイン!

 2014鈴鹿クラブマンレース第1戦スーパーFJの決勝レースが23日、鈴鹿サーキット西コース(1周・3.475km)で行われ、ポールポジションからスタートした橋本陸(スキルスピード)が一度もトップを譲ることなく14周・19分24秒514でそのまま優勝した。

sfj_r01_r-66

sfj_r01_r-3

sfj_r01_r-71

sfj_r01_r-winner

sfj_r01_r-podium

 午後2時15分、17台がグリッドに並びフォーメーションラップが始まる。スタートを制したのはポールシッターの橋本陸(スキルスピード)。2位には予選2位の河野駿佑(RS Fine 10V)が付けた。予選3,4位のチームナオキコンビ、平優弥(Team Naoki☆Leprix 10V)と佐藤駿介(Team Naoki☆LEPRIX☆10V)は大きく順位を落とす。

 1周を終わってストレートに戻ってくると、トップは橋本。0秒9遅れで2位に河野。3位には予選6位の吉田宜弘(DAYTONA☆KKSⅡ☆EDミスト)が上がってきた。4位に大宮嘉信(Skill Speed 10V TODA)、5位に上村優太(IDEAL Racing F 07J)、6位に富田竜一郎(DIJONエンドレスワコーズ10V)と続く。

 上位2台は1秒5前後の差で後続を大きく引き離しながらレースは進行。10周目に130Rでクラッシュした車両があり、黄旗区間で河野が減速したためその差は、2秒3と開く。その後も河野はトップ橋本を追い切れず、最終的には4秒1の差で橋本がポールトゥウインを飾った。

 スタートミスで予選3位からほぼ最後尾集団まで大きく順位を落とした初陣の平は、ここから追い上げを開始。2周目に10位に上がると、3周目に7位、9周目に6位、10周目には5位と順位を回復してきた。そして12周目のヘアピンで前を走る大宮と吉田の2台を一気にパス。自身の予選順位まで追い上げ、初レースで初表彰台をものにした。

 4位には吉田が、5位には佐藤、6位には大宮が入った。

 鈴鹿シリーズ第2戦は、3月30日に決勝レースが開催される。

Text: Yoshinori OHNISHI
Photo: Motorsports Forum
Nobumitsu OHTAKE

S-FJ鈴鹿シリーズ

SFJ:鈴鹿クラブマンレース第1戦決勝結果

鈴鹿クラブマンレース第1戦 -RIJ- (2014/02/23) Final Race Weather:Fine Course:Dry
2014 スーパーFJ鈴鹿シリーズ Round 1 鈴鹿サーキット(西コース) 3.475km

PosNoDriverCar
Maker Model
TireLapTotal_Time
Behind
166橋本 陸スキルスピード
TOKYO R&D RD10V
YH1419'24.514
23河野 駿佑RS Fine 10V
TOKYO R&D RD10V
YH144.176
371平 優弥Team Naoki☆Leprix 10V
TOKYO R&D RD10V
YH1417.557
457吉田 宜弘DAYTONA☆KKSⅡ☆EDミスト
MYST KK-S2
YH1418.493
570佐藤 駿介Team Naoki☆LEPRIX☆10V
TOKYO R&D RD10V
YH1418.981
67大宮 嘉信Skill Speed 10V TODA
TOKYO R&D RD10V
YH1419.763
748富田 竜一郎DIJON エンドレス ワコーズ 10V
TOKYO R&D 10V
YH1422.916
855板倉 慎哉AMORE☆RBA☆R&D10V☆F
TOKYO R&D RD10V
YH1424.710
925濱野 隆一ココリス★スキルスピード10V
TOKYO R&D RD10V
YH1425.082
1072脇村 佑貴ライトウェイ☆レプリ10V
TOKYO R&D RD10V
YH1425.384
1112田崎 貴英KT三島自動車RS金谷11J関口ED
WEST 11J
YH1433.961
126辻 恵路NAVY AUTO
MYST KK-S2
YH1436.251
1321太田 浩ミスト関口制動屋 KOTA RACING
MYST KK-S2
YH1437.500
1428藤井 守半地下ガレージ07J
WEST 07J
YH1455.001
155村瀬 和也ミスト セキグチ・制動屋・勝男武士
MYST KK-S2
YH141'03.504
---- 以上規定周回数(12 Laps)完走 ----
-99福田 詩久テイクファースト 10V
TOKYO R&D RD10V
YH95Laps
-31上村 優太IDEAL Racing F 07J
WEST 07J
YH212Laps
  • Fastest Lap: CarNo.66 橋本陸(スキルスピード) 1'22.374 (8/14) 151.87km/h

S-FJ鈴鹿シリーズ

SFJ:鈴鹿クラブマンレース第1戦公式予選 橋本陸がポールポジション!

 2014鈴鹿クラブマンレースが23日、鈴鹿サーキット西コースで開幕。午前中、スーパーFJ鈴鹿シリーズ第1戦の公式予選が行われ、橋本陸(スキルスピード)が1分21秒793でポールポジションを獲得した。

sfj_r01_q-66 sfj_r01_q-3 sfj_r01_q-71

 いよいよ2014年の鈴鹿クラブマンレースが開幕した。鈴鹿サーキットは朝から晴れ渡り肌寒い中でスーパーFJ鈴鹿シリーズ第1戦の公式予選が午前10時より15分間で行われた。

 予選は橋本陸(スキルスピード)が終始リード。開始5分あたり、1分22秒945でトップに立つとこのタイムを周回毎に縮め、自身の7周目に1分21秒793をたたき出し、ポールポジションをものにした。

 橋本を追ったのは河野駿佑(RS Fine 10V)。開始8分過ぎに2位に付け、毎ラップタイムを更新。終盤8周目に1分22秒746を出すも橋本には届かず、0秒253差の2位で予選を終えた。昨年のスーパーFJ日本一決定戦でAクラス、Bクラスポールポジションのドライバーがフロントローに並んだ。

 少しタイムが離れて3位に付けたのは平優弥(Team Naoki☆Leprix 10V)。4位には佐藤駿介(Team Naoki☆LEPRIX☆10V)とチームナオキのドライバーが続いた。

 決勝はこの後、午後2時15分より14周で争われる。橋本と河野の優勝争いに注目が集まりそうだ。

ポールポジションを獲得した橋本陸のコメント
 「今年から使用するタイヤが変わり、去年までのセッティングではタイムが出なくなり、自分なりにいいセッティングが見つかりました。決勝レースのスタートはどちらかと言えば苦手ですが、予選ペースで走れる自信がありますので、そのまま優勝したいですし、今年はチャンピオンを取るつもりで参戦しているので、落ち着いたレースを運びができるようにしたいです」
Text: Yoshinori OHNISHI
Nobumitsu Ohtake
Photo: Motorsports Forum

S-FJ鈴鹿シリーズ

SFJ:鈴鹿クラブマンレース第1戦公式予選結果

鈴鹿クラブマンレース第1戦 -RIJ- (2014/02/23) Qualifying Weather:Fine Course:Dry
2014 スーパーFJ鈴鹿シリーズ Round 1 鈴鹿サーキット(西コース) 3.475km

PosNoDriverCar
Maker Model
TireTimeBehindGapkm/h
166橋本 陸スキルスピード
TOKYO R&D RD10V
YH1'21.793--152.947
23河野 駿佑RS Fine 10V
TOKYO R&D RD10V
YH1'22.046 0.253 0.253152.475
371平 優弥Team Naoki☆Leprix 10V
TOKYO R&D RD10V
YH1'22.397 0.604 0.351151.826
470佐藤 駿介Team Naoki☆LEPRIX☆10V
TOKYO R&D RD10V
YH1'22.553 0.760 0.156151.539
57大宮 嘉信Skill Speed 10V TODA
TOKYO R&D RD10V
YH1'22.558 0.765 0.005151.530
657吉田 宜弘DAYTONA☆KKSⅡ☆EDミスト
MYST KK-S2
YH1'23.008 1.215 0.450150.708
731上村 優太IDEAL Racing F 07J
WEST 07J
YH1'23.310 1.517 0.302150.162
848富田 竜一郎DIJON エンドレス ワコーズ 10V
TOKYO R&D 10V
YH1'23.370 1.577 0.060150.054
925濱野 隆一ココリス★スキルスピード10V
TOKYO R&D RD10V
YH1'23.488 1.695 0.118149.842
1099福田 詩久テイクファースト 10V
TOKYO R&D RD10V
YH1'23.513 1.720 0.025149.797
1172脇村 佑貴ライトウェイ☆レプリ10V
TOKYO R&D RD10V
YH1'23.794 2.001 0.281149.295
1255板倉 慎哉AMORE☆RBA☆R&D10V☆F
TOKYO R&D RD10V
YH1'23.896 2.103 0.102149.113
1312田崎 貴英KT三島自動車RS金谷11J関口ED
WEST 11J
YH1'24.130 2.337 0.234148.698
146辻 恵路NAVY AUTO
MYST KK-S2
YH1'24.153 2.360 0.023148.658
1521太田 浩ミスト関口制動屋 KOTA RACING
MYST KK-S2
YH1'24.527 2.734 0.374148.000
1628藤井 守半地下ガレージ07J
WEST 07J
YH1'24.903 3.110 0.376147.345
175村瀬 和也ミスト セキグチ・制動屋・勝男武士
MYST KK-S2
YH1'25.896 4.103 0.993145.641
---- 以上基準タイム(130%: 1'47.000)予選通過 ----

SUPER GT

SGT:岡山スーパーGTテストフォトギャラリー

gt_oic_test-00

 スーパーGTの車両テストが12日、岡山国際サーキットで始まった。今シーズンからニューマシンとなるGT500クラスはトヨタ勢が2台、日産勢が2台のマシンを持ち込んだ。GT300クラスはゲイナーが参加している。

gt_oic_test-01 gt_oic_test-02 gt_oic_test-03 gt_oic_test-04
gt_oic_test-05 gt_oic_test-06 gt_oic_test-07 gt_oic_test-08
gt_oic_test-09 gt_oic_test-10 gt_oic_test-11 gt_oic_test-12
Photo: Hiroyuki MINAMI

SUPER GT

SGT:ウェッズスポーツバンドウのドライバーは脇阪寿一/関口雄飛組に (TOYOTA)

 トヨタ自動車は1月30日の発表時に未定となっていた本年度のスーパーGT500クラス、レクサスチームウェッズスポーツバンドウのドライバーが10日、脇阪寿一/関口雄飛組に決定したと発表した。以下、プレスリリース。


LEXUS Racing
2014年LEXUS TEAM WedsSport BANDOHの参戦体制を決定

 先日発表したトヨタの2014年活動体制発表内で、未定となっていたLEXUS TEAM WedsSport BANDOHの参戦体制が決定。新たに脇阪寿一と関口雄飛がコンビを組み、WedsSport ADVAN RC Fをドライブする。

 脇阪は2002年のJGTC(トヨタ スープラ)、2006年と2009年のSUPER GT(LEXUS SC430)でドライバーズチャンピオンを獲得するなど、毎年タイトル争いを続けてきた名実共に日本のトップドライバーの一人。

 フォーミュラやSUPER GTで活躍してきた若き関口とのコンビにより、LEXUS Racingの6台目として、ヨコハマタイヤと共に激戦の2014年SUPER GTを戦う。

 参戦体制は以下の通り。

チーム名 LEXUS TEAM WedsSport BANDOH
(レクサスチーム ウェッズスポーツ バンドウ)
車両名 WedsSport ADVAN RC F
(ウェッズスポーツ アドバン アールシーエフ)
監督名 坂東 正敬(バンドウ マサタカ)
ドライバー名 脇阪 寿一(ワキサカ ジュイチ)
関口 雄飛(セキグチ ユウヒ)
カーNo. 19
タイヤメーカー 横浜ゴム株式会社
トヨタモータースポーツニュース

SUPER GT

SGT:ゲイナーがGT300クラスへの継続参戦を発表、11号車は平中/ビルドハイム、10号車は植田/山内組 (GAINER)

 株式会社ゲイナーは4日、今シーズンのスーパーGTへの参戦体制を発表。今シーズンもGT300クラスに2台のMercedes-Benz SLS AMG GT3を参戦させる。

 11号車のドライバーは昨年と変わらず平中克幸/BJORN WIRDHEIM組。10号車は田中哲也が抜け、代わって山内英輝が加入、植田正幸とコンビを組む。以下、プレスリリース。


2014年2月4日
株式会社ゲイナー 代表取締役社長 田中 慶治

関係者各位

2014年 AUTOBACS SUPER GT 参戦概要

 2014年度もGAINERは、SUPER GTシリーズGT300クラスにMercedes-Benz SLS AMG GT3で、参戦することが決定いたしました。

 GAINERは本年度も、2台体制で臨みます。

 11号車のエースカーには、Aドライバーに平中克幸選手、BドライバーにBjorn Wirdheim(ビヨン ビルドハ イム)選手と、昨年に引き続き万全の体制で、悲願のチャンピオン獲得に臨みます。

 10号車のAドライバーに植田正幸選手、BドライバーにはF3で優勝経験もある若手の山内英輝を招き入れ、表彰台を狙います。

 引き続きメンテナンスは株式会社ゲイナーが担当致します。

エントラントGAINER(ゲイナー)
ゼッケン1110
マシンMercedes-Benz SLS AMG GT3Mercedes-Benz SLS AMG GT3
メインスポンサーZonaRn-sports
ドライバー平中克幸/BJORN WIRDHEIM植田正幸/山内英輝
タイヤDUNLOPDUNLOP
エンジンチューナーHWAHWA

引き続き皆様方のご声援、ご支援をよろしくお願い申し上げます。

GAINER

検索