Archives

  • [—]2019 (6)
  • [+]2018 (552)
  • [+]2017 (564)
  • [+]2016 (639)
  • [+]2015 (714)
  • [+]2014 (655)
  • [+]2013 (623)
  • [+]2012 (621)
  • [+]2011 (484)
  • [+]2010 (554)
  • [+]2009 (522)
  • [+]2008 (467)
  • [+]2007 (596)
  • [+]2006 (530)
  • [+]2005 (460)
  • [+]2004 (304)
  • [+]2003 (454)
  • [+]2002 (454)
  • [+]2001 (217)
  • [+]2000 (408)
  • [+]1999 (376)
  • [+]1998 (465)
  • [+]1997 (424)
  • [+]1996 (1)
  • [+]1995 (425)
  • [+]1994 (411)
  • [+]1993 (423)
  • [+]1992 (519)
  • [+]1991 (423)
  • [+]1990 (250)
  • [+]1970 (1)

ニュース内検索

Super Car Race Series

SCR:第5戦岡山公式予選 C1は白井剛/青木孝行組が、C2はナオリュウ/佐々木孝太組がPP

 スーパーカーレースシリーズ第5戦は14日、岡山国際サーキット(1周・3.703km)で公式予選を行い、A・Bドライバー総合タイムでカテゴリーⅠは白井剛/青木孝行組(GNET MAKERS ADVAN NISSAN GT-R)が、カテゴリーⅡはナオリュウ/佐々木孝太組(AGE-AGE-458)がポールポジションを獲得した。

scr_r05_q-81 scr_r05_q-91 scr_r05_q-92 scr_r05_q-70 scr_r05_q-77 scr_r05_q-9

 岡山国際サーキットは早朝から梅雨の晴れ間が広がり、午前9時55分から公式予選が行われた。Aドライバーが15分間、5分のインターバルを挟んでBドライバーが15分間だ。

 今回初登場のカテゴリー1、GNET MAKERS ADVAN NISSAN GT-RはAドライバーの白井剛が1分33秒228のタイムで3位で通過。Bドライバーの青木孝行が貫禄を見せつけ1分30秒557のタイムをたたき出すと、合算3分3秒785でポールポジションを獲得した。

 2位には、Aドライバーの土屋武士が1分31秒015でAドライバー予選のトップに立ったBuddyClub FIST AMG SLS GT3が、3位には阪口良平/ハン・チェン・チェン組(BuddyClub RSTRADA NISMO GT-R GT3)と続く。

 カテゴリーⅡは、ここまで4戦全勝のナオリュウ/佐々木孝太組(AGE-AGE-458)がポールポジションを獲得した。

 第5戦決勝は本日14日、午後2時25分より50分間で争われる。

Text: Yoshinori OHNISHI
Photo: Hiroshi ICHIMURA


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

検索

最新ニュース