Archives

  • [—]2017 (562)
  • [+]2016 (639)
  • [+]2015 (714)
  • [+]2014 (655)
  • [+]2013 (623)
  • [+]2012 (621)
  • [+]2011 (484)
  • [+]2010 (554)
  • [+]2009 (522)
  • [+]2008 (467)
  • [+]2007 (596)
  • [+]2006 (530)
  • [+]2005 (460)
  • [+]2004 (304)
  • [+]2003 (454)
  • [+]2002 (454)
  • [+]2001 (217)
  • [+]2000 (408)
  • [+]1999 (376)
  • [+]1998 (465)
  • [+]1997 (424)
  • [+]1996 (1)
  • [+]1995 (425)
  • [+]1994 (411)
  • [+]1993 (423)
  • [+]1992 (519)
  • [+]1991 (423)
  • [+]1990 (250)
  • [+]1970 (1)

ニュース内検索

2012年3月

SUPER GT

SGT:第1戦岡山公式予選 RAYBRIG HSV-010(伊沢拓也/山本尚貴組)が開幕戦でフロントローを獲得 (HONDA)

  • 2012年3月31日(土)・予選  会場:岡山国際サーキット(3.703km)  天候:雨のち晴れ  気温:9℃(14:00現在) 路面温度:18℃(14:00現在)  コースコンディション:予選/ウエットのちドライ

 3月31日(土)、岡山県美作市にある岡山国際サーキットにおいて、2012 オートバックス SUPER GT第1戦「OKAYAMA GT 300KM RACE」が開幕し、公式予選が行われました。

 Hondaはデビュー3年目を迎えたHSV-010 GTでSUPER GTに挑戦。2年ぶりとなるタイトル奪還を目指してシリーズを戦います。

 昨年、それまでボディ前端に置かれていたラジエターをフロントタイヤ後方に移設する“サイドラジエター化”を実施したHSV-010 GTは、2012年シーズンに向けてリアウイングステー、リアフェンダー周り、フロントフェンダー周り、フロントアンダーカバーなどの形状を変更。ダウン フォース(空気の流れによりマシンを路面に押しつける力)の大きさを維持しながら、空気抵抗(ドラッグ)を軽減する改良を施しました。

 また、今シーズンはGT300クラス車両がレギュレーション変更により速くなったことにともない、GT500クラス車両もエンジンに装着するエアリ ストリクターを2ランク拡大する措置がとられました。この結果、エンジンパワーは40ps弱向上し、さらなるスピードアップを果たしています。

 そのほか、ドライバーの熱さ対策のために従来用いてきたクールスーツに替え、Hondaの軽自動車用をベースに開発した専用エアコンを装備し、より確実で快適なものとしました。この新しいエアコンが真価を発揮するのは第3戦セパン戦以降となります。

 SUPER GTに参戦するHSV-010 GTは今年も5台。マシンとドライバーの組み合わせは、#8 ARTA HSV-010がラルフ・ファーマン選手と小林崇志選手、#17 KEIHIN HSV-010が金石年弘選手と塚越広大選手、#18 ウイダー HSV-010が小暮卓史選手とカルロ・ヴァン・ダム選手、#32 EPSON HSV-010が道上 龍選手と中山友貴選手、#100 RAYBRIG HSV-010が伊沢拓也選手と山本尚貴選手となります。昨年からの変更点としては、マシン開発能力に定評のあるファーマン選手が復帰したことと、新たに 2008年の全日本F3チャンピオンであるヴァン・ダム選手を起用したことが挙げられます。

 開幕戦の予選はノックアウト方式で行われました。予選1回目では上位11台が予選2回目に進出、予選2回目では上位7台が予選3回目に進出し、この 予選3回目で記録した予選タイムにしたがって決勝レースの上位スターティンググリッドを決めます。また、予選を通過できなかったチームは、その段階での予 選順位が決勝レースでのスターティンググリッドとなります。

 途中3度の赤旗中断を挟み、午前9時から2時間にわたり行われた公式練習は、冷たい雨が降り続くあいにくのコンディションとなりました。ここ で、#32 EPSON HSV-010に乗る道上選手は1分34秒526を記録して4番手につけ、Honda陣営のトップに立ちました。以下、#8 ARTA HSV-010のファーマン選手は1分35秒141で5番手、#18 ウイダー HSV-010の小暮選手は1分35秒211で6番手、#100 RAYBRIG HSV-010の伊沢選手は1分36秒016で9番手、#17 KEIHIN HSV-010の塚越選手は1分37秒047で15番手となりました。

 公式練習が終わると雨は小降りとなり、日差しが降り注ぐようになりましたが、午後2時30分に公式予選が始まる直前に再び雨が降り始めます。この雨はすぐに止みましたが、ウエット路面が徐々に乾く難しいコンディションで公式予選は幕を開けました。

 予選1回目では1分30秒212をマークして3番手につけた#32 EPSON HSV-010の道上選手がHonda勢としては最上位。これに#100 RAYBRIG HSV-010に乗る伊沢選手が9番手(1分31秒988)、#8 ARTA HSV-010に乗るファーマン選手が10番手(1分32秒031)、#18 ウイダー HSV-010に乗る小暮選手が11番手(1分32秒213)となり、予選2回目への進出を決めました。一方、#17 KEIHIN HSV-010に乗る塚越選手は、マシン自体は好調ながら、タイムアタックのチャンスを逃した影響で13番手に終わり、この段階で決勝レースのスターティ ンググリッドが確定しました。

 予選2回目が行われたときには路面もすっかり乾き、全車スリックタイヤを装着してタイムアタックを行いました。ここでHonda陣営のトップに立っ たのは#100 RAYBRIG HSV-010で、ドライバーの山本選手は1分23秒539を記録し、GT500クラスの2番手につけました。さらに、#8 ARTA HSV-010に乗る小林選手は4番手(1分23秒612)、#18 ウイダー HSV-010に乗るヴァン・ダム選手は7番手(1分23秒882)にそれぞれつけ、予選3回目への進出を決めました。一方、#32 EPSON HSV-010に乗る中山選手は装着したタイヤとコンディションがマッチしなかったために10番手(1分24秒279)となり、予選3回目には出場できま せんでした。

 予選3回目も引き続きドライコンディションのもとで実施されました。ここでは、#100 RAYBRIG HSV-010に乗る伊沢選手がトップの0.016秒差に迫る1分22秒588をマークして予選2番手となり、フロントローを獲得。一方、#18 ウイダー HSV-010に乗る小暮選手はタイムアタックのタイミングが合わずに6番手(1分23秒464)、コースイン直後に軽いコースアウトを喫した#8 ARTA HSV-010のファーマン選手は7番手(1分23秒537)となりました。

 この結果、#100 RAYBRIG HSV-010が2番グリッド、#18 ウイダー HSV-010は6番グリッド、#8 ARTA HSV-010は7番グリッド、#32 EPSON HSV-010は10番グリッド、#17 KEIHIN HSV-010は13番グリッドから明日の決勝に臨むことになりました。

82周で競われる決勝レースは、明日、4月1日(日)の午後2時にスタートが切られる予定です。

コメント
松本雅彦|Honda GTプロジェクトリーダー
 「今日の予選では#100 RAYBRIG HSV-010が0.016秒差でポールポジションを逃してしまいましたが、明日の決勝では優勝を狙えるポジションを取れたので、全く落胆していませ ん。#100 RAYBRIG HSV-010は決勝を重視したタイヤチョイスをしているので、決勝では戦略面でも強みを発揮できると考えています。あとはミスなく戦えば、おのずと結果 はついてくるでしょう。そのほかの4台はアタックのタイミングを逃すなどしたことが影響し、上位グリッドを獲得できませんでしたが、いずれもポテンシャル が高いので、明日は追い上げのレースを演じてくれると期待しています。引き続き5台のHSV-010 GTにご声援をよろしくお願いします」
山本尚貴(2番手 #100 RAYBRIG HSV-010)
 「今までのレース人 生の中でも、こんなにめまぐるしく天候が変わる日はありませんでしたが、そのような状況で最良の結果が得られました。ポールポジションを獲得できなかった ことは残念ですが、決勝レースを見越したタイヤ選択をしている中で2番手に食い込めたので、自分自身もしっかり仕事ができましたし、チーム全体としても作 戦通り戦えたと思います。 マシンも調子がよくて期待が持てますし、いい流れで戦えているので、明日もミスが無ければ必ずいい結果が得られると確信しています」
伊沢拓也(2番手 #100 RAYBRIG HSV-010)
 「予選3回目はタイ ムがトップに肉薄していたので、どうしてもポールポジションを取りたかったのですが、あとひとふんばりが足りませんでした。悔しい、の一言に尽きます。た だ、今日は戦略通りに攻めることができましたし、明日はスタートさえ何事も無ければ絶対に上位に入る自信があるので、決勝では優勝を狙ってがんばります」
Text & Photo: HONDA

PORSCHE CARRERA CUP JAPAN

PCCJ:ポルシェ カレラカップ ジャパン 2012 第1戦 (岡山) 決勝

プレスインフォメーション 2012年3月31日 
 
岡山. ポルシェ ジャパン株式会社(本社:東京都目黒区 代表取締役社長:黒坂 登志明)とポルシェ カレラ カップ ジャパン (PCCJ) 委員会は、ポルシェ カレラカップ ジャパン 2012年シリーズ 第1戦 決勝レースを、2012年3月31日(土) 岡山国際サーキット(岡山県)にて開催いたしました。

晴れ/ハーフウェット 気温12度 路面温度19度

3月31日午後、ポルシェカレラカップジャパン(PCCJ)の第1戦決勝が行われた。午前中の雨は上がり、直前のサポートレースの時間帯から晴れ間も出始めたものの、路面は以前としてウェットコンディションだった。

午前中に行われた予選の結果、スターティンググリッドは今季のPCCJ育成ドライバーである#14 平川亮を先頭に、#90 イゴール・スシュコ、#11 山路慎一、#22 マイケル・グリーン、#15 神取彦一郎、#7 水谷晃、#16 横幕ゆぅ、#5 高見澤一吉が続くオーダー。13時30分からの第1戦決勝直前の気温は12度と低めながら、グリッドウォーク中には青空が顔を見せた。ここで各車の作戦が大きく分かれる。上位勢では3〜5番手の#90 イゴール、#11 山路、#22 マイケルが、さらに7〜8番手の#16 横幕、#5 高見澤らがグリッド上でレインタイヤからスリックタイヤへと変更。まだ路面は乾いていないが、レース中にドライタイヤが有利となると予想してのことだ。

ポールポジションの#14 平川はレインタイヤのままスタートし、後続を押さえて1コーナーへ。その1コーナーで#90 イゴールを#11 山路が抜き、レインタイヤの#15 神取も#90 イゴールの前にいったんは出ていた。しかし、レインタイヤ勢とドライタイヤ勢の差は2周目後半から大きくラップタイムの違いとなって表れた。3周目、#14 平川のラップタイムが1分43秒台だったのに対して、#11 山路は1分41秒台、#90 イゴールにおいては1分39秒台をマーク。3周目のダブルヘアピンで#11 山路がトップを奪い、4周目の1コーナーで#90 イゴールも#14 平川を抜く。#11 山路らが1分37秒台でトップ争いする中、#14 平川をはじめレインタイヤ勢のラップタイムは7秒以上も遅く後退していくことに。レコードラインの水はすぐに飛び、レース中盤以降は完全にドライとなっていた。

「レインセットのままドライタイヤで走るのは厳しかった」と語る#11 山路に不運が訪れたのは10周目だった。周回遅れが複数台出始め、ラインを変更したところで行き場を失った。その隙に#90 イゴールが前に出ることに成功。そこからゴールまで1秒リードを守り切り、#90 イゴールが初戦を制した。「スタートでは抜かれてしまったけど、後半に勝負するつもりで序盤はゆっくりタイヤを温めていた。山路さんを抜いた後はタイヤのプレッシャーが上がりすぎて非常にスピンしやすい状況だったので、トップでゴールできて本当に良かった」。3位 #22 マイケルをはさんで、総合4位に入ったのはジェントルマンクラスの#16 横幕。「今回の結果はチームの作戦のおかげ。グリッドでは時間ぎりぎりまでタイヤチョイスを悩みました。でも、チームがドライタイヤでいけると判断して、それが正解でした。シーズン最初のセッション(昨日の専有走行)と最初のレースでトップを取ること。そこに集中してきて思いどおりに実現できました」。ジェントルマンの2位、3位には今回がPCCJデビュー戦となる#19 永井宏明、#2 田島剛らが入賞。やはりドライタイヤでスタートする作戦が功を奏した。「まさか表彰台まで残れるとは思っていませんでした」(#19 永井)と、ふたりは表彰台で満面の笑みを浮かべた。

第1戦のベストラップ順となる第2戦のスターティンググリッドは#90 イゴール、#11 山路、#14 平川、#7 水谷、#19 永井、#16 横幕、#22 マイケル、#3 江本の順。「新しいチームのスタートとしては悪くないけど……」と悔しさを隠せない#11 山路の逆襲が始まるのか、あるいは#90 イゴールが連勝するのか、作戦で敗れた#14 平川が初優勝を手にするのか。注目の第2戦決勝は4月1日の11時55分スタートを予定している。

■第1戦 決勝結果
Pos. Car# Driver Class Car Name Gap
1 90 Igor SUSHKO C OGT! 豊通エレクトロニクス 24'48.656
2 11 山路 慎一 C Excellence M.S. +1.433
3 22 Michael GREEN C MIKE DIRECITON +36.450
4 16 横幕 ゆぅ G YOU DIRECTION +39.079
5 19 永井 宏明 G ナインレーシング +51.230
6 5 高見澤 一吉 C 高見澤整骨院OSSOポルシェ + 1'02.510
7 7 水谷 晃 C DIRECTION RACING +1'29.675
8 2 田島 剛 G 911magTAJIMAGT3 1Lap
9 33 荻野 哲生 G KRM ケーズフロンティア 1Lap
10 8 櫻井 澄夫 G ロードサービス GT3 1Lap
11 29 滝澤 智幸 G Adelcars GT3 Cup 1Lap
12 14 平川 亮 C GARMIN PORSCHE 1Lap
13 6 ARTE ROSSI G JHM DIRECTION 1Lap
14 15 神取 彦一郎 C パワーステーション サムライ 2Laps
15 3 江本 玄 G アキラレーシング GT3 2Laps
16 32 飯田 太陽 G KRM ケーズフロンティア 2Laps
17 21 高田 匠 G TAKUMIRacingGT3 2Laps

ベストラップ:#90 Igor SUSHKO 1'36.401 5/15

ポルシェジャパンKK.プレスリリース

SUPER GT

SGT:第1戦岡山公式予選 大混乱の予選を#38ZENT CERUMO SCが制し、2年半ぶりにポールを獲得!!

2012オートバックス スーパーGT第1戦「OKAYAMA GT 300KM RACE」の公式予選が3月31日、岡山国際サーキットで行われた。 朝から続く不安定な天候に全チームが翻弄される中、ポールポジションを奪ったのは#38ZENT CERUMO SC430(立川祐路/平手晃平組)。立川にとっては久々の、平手にとってはGT500で初の最前列を得た。 FIA-GT3規格の車輛が大挙して参戦し、これまで以上の注目を集めるGT300クラスは、今年新車を投入した#911エンドレスTAISAN911(横溝直輝/峰尾恭輔組)がコースレコードを更新してポールポジションとなった。

gt_r01_q_38 gt_r01_q_911

公式予選は午後2時30分よりノックアウト方式で行われた。 朝から雨が降ったり止んだりを繰り返す不安定な天候は、スーパーGTの予選が始まっても一向に安定せず、各チームともタイヤ選択やセッティングに頭を悩ます展開となった。

予選Q1
予選Q1は各クラス20分間の走行。ここでGT500は上位11台、GT300は上位16台が次のQ2に駒を進める。 最初に行われたGT300の走行は、当初ドライコンディションで走り始めたが、10分が経過した当たりで少しずつ雨が降り始めた。このため、ウェット宣言が出る直前に1分30秒780を叩き出した#0初音ミクBMW Z4の谷口信輝がトップタイムとなり、今季からアウディR8を投入した#11ゲイナーを駆る平中克幸が2番手となった。 今季から新たに投入された#31プリウス、#61BR−Zの2台のJAF-GT車輛もそれぞれ8位、11位で無事Q2に駒を進めた。

GT500クラスはウェットコンディションの中で走り始め、次第に路面が乾いていく状況での走行となったが、開始10分で国本雄資の駆る#35Keeper Kraft SC430がアトウッドカーブでスピン、真横を向いたままコースを塞ぐ形でストップしたために赤旗中断となった。 これにより35号車にはタイム抹消のペナルティが下り、唯一の予選落ちを喫することに。 上位陣では終盤にスリックタイヤを装着した#38ZENT SCが1分27秒834を記録してトップ。アンドレ・クートの駆る#19ウェッズスポーツSCが2番手とレクサス勢が久々に好調ぶりを見せた一方で、#39デンソーSC、#17ケーヒンHSV、#24D'station GT-Rらがここで予選を終えた。

予選Q2
Q1の終了間際に再び雨が強まり、それどころか霙まで落ちてくる状況となったため、予選Q2は開始時刻を午後3時20分まで遅らせて実施された。 GT300クラスは徐々に乾き始める路面に応じて途中からスリックタイヤを投入する展開となったが、ここでいち早く対応したのがFIA-GT3仕様の#3ニッサンGT−Rを駆る千代勝正だったが、ここでトップタイムを記録したのは#61BR-Zを駆る佐々木孝太だった。 しかしセッションが進むにつれて他のGT3勢がタイムを上げ、走行終了間際に1分31秒146を記録した藤井誠暢の#33ハンコックポルシェがトップに立ち、#0BMW Z4が2番手につける結果となった。

GT500クラスはセッション終盤に熾烈なアタック合戦が展開されたが、ここでトップに立ったのは今季初めてレクサス陣営に加わったロイック・デュバルの駆る#36ペトロナスSC。1分23秒452だった。Q1でいち早くスリックタイヤの投入に踏み切った38号車は、ユーズドタイヤでの走行を強いられたものの、平手が1分23秒771を記録してどうにか6番手に滑り込み、Q3進出を果たしている。 一方、#12カルソニックGT−Rはリボルバーコーナーで松田次生がスピンアウトした際に左リヤの足回りにダメージを負ってしまい、ここで敗退となってしまった。

予選Q3
Q2終了から10分間のインターバルをおいて開始されたQ3は混乱のQ1、Q2とはうって変わって終始ドライコンディションの下で行われた。 GT300クラスはここまでJAF-GT勢が健闘を見せていたが、ここではFIA-GT3勢の独壇場となってしまい、#33、#911の2台のポルシェに#11アウディ、#87ランボルギーニが入り乱れての熾烈なアタック合戦が展開された。 その中でポールポジションを獲得したのは#911タイサンポルシェ。丸一年GTから遠ざかっていた横溝直輝が8年ぶりのコースレコード更新となる1分28秒975を叩き出した。2位に影山正美の駆る#33ハンコックポルシェ、3位には平中克幸の駆る#11アウディR8がつけた。

GT500クラスは7台中4台が1分22秒台後半にひしめく激戦となった。 序盤好タイムをマークしたのは#100レイブリックHSVをドライブする伊沢拓也。しかし終了1分前に#38ZENT SCの立川が1分22秒572を記録して一躍トップに。 他のドライバーも相次いで22秒台を叩き出したものの、いずれも立川のタイムには届かず、セルモは2009年10月の第8戦オートポリス以来、実に2年半ぶりにポールポジションに返り咲くこととなった。 2位には#100レイブリックHSV、3位には#36ペトロナスSCがつけた。

第1戦決勝は明日午後2時より82周で行われる。

Text: Kazuhisa SUEHIRO / Photo: Keiichiro TAKESHITA

SUPER GT

SGT:第1戦岡山公式予選総合結果

■GT500 Class

OKAYAMA GT 300km RACE -RIJ- (2012/03/31) Knock Out Qualify Weather:Fine/Cloudy/Rainy Course:Wet/Dry
2012 AUTOBACS SUPER GT Round 1 岡山国際サーキット 3.703km

PosNoCar
Model
DriverTireWhSession1Session2Session3
138ZENT CERUMO SC430
LEXUS SC430
立川 祐路
平手 晃平
BS1'27.8341'23.7711'22.572
2100RAYBRIG HSV-010
HONDA HSV-010 GT
伊沢 拓也
山本 尚貴
BS1'31.9881'23.5391'22.588
336PETRONAS TOM'S SC430
LEXUS SC430
中嶋 一貴
ロイック・デュバル
BS1'31.8601'23.4521'22.705
423MOTUL AUTECH GT-R
NISSAN GT-R
本山 哲
ミハエル・クルム
BS1'31.2151'23.7161'22.965
51S Road REITO MOLA GT-R
NISSAN GT-R
柳田 真孝
ロニー・クインタレッリ
MI1'30.9781'23.5481'23.027
618ウイダー HSV-010
HONDA HSV-010 GT
小暮 卓史
カルロ・ヴァン・ダム
BS1'32.2131'23.8821'23.464
78ARTA HSV-010
HONDA HSV-010 GT
ラルフ・ファーマン
小林 崇志
BS1'32.0311'23.6121'23.537
819WedsSport ADVAN SC430
LEXUS SC430
荒 聖治
アンドレ・クート
YH1'28.3431'24.218
96ENEOS SUSTINA SC430
LEXUS SC430
伊藤 大輔
大嶋 和也
BS1'31.3701'24.242
1032EPSON HSV-010
HONDA HSV-010 GT
道上 龍
中山 友貴
DL1'30.2121'24.279
1112カルソニックIMPUL GT-R
NISSAN GT-R
松田 次生
ジョアオ・パオロ・デ・オリベイラ
BS1'31.2181'41.036
1239DENSO KOBELCO SC430
LEXUS SC430
脇阪 寿一
石浦 宏明
MI1'32.624
1317KEIHIN HSV-010
HONDA HSV-010 GT
金石 年弘
塚越 広大
BS1'32.881
1424D'station ADVAN GT-R
NISSAN GT-R
安田 裕信
ビヨン・ビルドハイム
YH1'35.106
---- 以上予選通過 ----
-35KeePer Kraft SC430
LEXUS SC430
国本 雄資
アンドレア・カルダレッリ
BS-
■GT300 Class

OKAYAMA GT 300km RACE -RIJ- (2012/03/31) Knock Out Qualify Weather:Fine/Cloudy/Rainy Course:Wet/Dry
2012 AUTOBACS SUPER GT Round 1 岡山国際サーキット 3.703km

PosNoCar
Model
DriverTireWhSession1Session2Session3
1911エンドレス TAISAN 911
PORSCHE 911 GT3 R
峰尾 恭輔
横溝 直輝
YH1'31.0461'32.0271'28.975
233HANKOOK PORSCHE
PORSCHE 911 GT3 R
影山 正美
藤井 誠暢
HK1'31.7051'31.1461'29.122
311GAINER DIXCEL R8 LMS
Audi R8-LMS ultra
田中 哲也
平中 克幸
DL1'31.0391'32.4011'29.285
487JLOC ランボルギーニ GT3
Lamborghini GALLARDO LP600+ GT3
山西 康司
山内 英輝
YH1'31.0631'32.3991'29.323
588マネパ ランボルギーニ GT3
Lamborghini GALLARDO LP600+ GT3
織戸 学
青木 孝行
YH1'31.1571'31.4271'29.666
631apr HASEPRO PRIUS GT
TOYOTA PRIUS
新田 守男
嵯峨 宏紀
YH1'31.2791'32.9441'29.677
70GSR 初音ミク BMW
BMW Z4 GT3
谷口 信輝
片岡 龍也
YH1'30.7801'31.1671'30.043
861SUBARU BRZ R&D SPORT
SUBARU BRZ GT300
山野 哲也
佐々木 孝太
YH1'31.8341'31.9821'30.089
93S Road NDDP GT-R
NISSAN GT-R NISMO GT3
関口 雄飛
千代 勝正
YH1'31.2431'31.4751'30.128
1052GREEN TEC & LEON SLS
Mercedes-Benz SLS AMG GT3
竹内 浩典
黒澤 治樹
YH1'33.0691'32.9831'31.053
1166triple a Vantage GT2
ASTON MARTIN V8 Vantage
吉本 大樹
星野 一樹
YH1'32.6161'33.272
1221ZENT Audi R8 LMS
Audi R8-LMS
都筑 晶裕
シンディ・アレマン
YH1'33.3361'34.043
1343ARTA Garaiya
ASL ARTA Garaiya
高木 真一
松浦 孝亮
BS1'31.5511'37.122
1415ART TASTE PORSCHE
PORSCHE 911 GT3 R
ティム・ベルグマイスター
土屋 武士
YH1'31.1411'38.629
1586Verity BOMEX ランボ RG3
Lamborghini GALLARDO RG-3
山下 潤一郎
松田 秀士
YH1'33.6291'43.603
1685JLOC Exe ランボルギーニ RG3
Lamborghini GALLARDO RG-3
坂本 祐也
加納 政樹
YH1'34.201
1730IWASAKI MODAクロコ apr R8
Audi R8-LMS ultra
岩崎 祐貴
坂本 雄也
YH1'34.256
1822R'Qs Vemac 350R
Vemac 350R
和田 久
城内 政樹
YH1'34.262
1927PACIFIC NAC イカ娘 フェラーリ
Ferrari F430 GTC
山岸 大
井口 卓人
YH1'34.554
205マッハGoGoGo車検Ferrari458
Ferrari 458 GT3
玉中 哲二
植田 正幸
YH1'35.076
2148DIJON音々CALLAWAYワコーズED
CALLAWAY CORVETTE Z06R GT3
高森 博士
密山 祥吾
YH1'36.194
224GSR ProjectMirai BMW
BMW Z4 GT3
番場 琢
佐々木 雅弘
YH1'37.771
232エヴァンゲリオンRT初号機アップル紫電
MOONCRAFT 紫電 MC/RT-16
高橋 一穂
加藤 寛規
YH1'43.193
2420Racerbook Audi R8 LMS
Audi R8-LMS
マイケル・キム
野田 英樹
YH1'45.199
---- 以上予選通過 ----
-360RUNUP CORVETTE
CALLAWAY CORVETTE Z06R GT3
田中 篤
菊地 靖
YH--
  • CarNo.35は、2012 SUPER GT SpR 第25条 5. 赤旗原因車両により、当該セッションのタイムを抹消とする。
  • CarNo.12は、2012 GTAブルテン 005-S.4(ピットレーンでの追い越し)により、訓戒とする。
  • CarNo.12は、2012 SUPER GT SpR 第14条 7. (タイヤ1本交換)により、交換を認める。
  • CarNo.360は、国際モータースポーツ競技規則 付則H項 第2章 4.4.1 c) (Wチェッカー)により、罰金2万円を課した。
  • CarNo.360は、2012年 FIA-J項 257条A(ブルテンNo.006) (車両規定違反)により、予選タイムを削除した。
  • CarNo.52は、国際モータースポーツ競技規則 付則L項 第4章 4-e) (ホワイトラインカット)により、ベストタイムを削除した。
  • CarNo.43は、2012 SUPER GT SpR 第14条 7. (タイヤ4本交換)により、交換を認める。但し、ピットスタートとする。
  • CarNo.43は、2012 SUPER GT SpR 第14条 7. (タイヤ1本交換)により、交換を認める。

SUPER GT

SGT:第1戦岡山ノックアウト予選Q3結果

■GT500 Class

OKAYAMA GT 300km RACE -RIJ- (2012/03/31) Knock Out Q3 GT500 Weather:Cloudy Course:Dry
2012 AUTOBACS SUPER GT Round 1 岡山国際サーキット 3.703km

PosNoCar
Model
DriverTireWHTimeDelayGapkm/h
138ZENT CERUMO SC430
LEXUS SC430
立川 祐路*
平手 晃平
BS1'22.572--161.445
2100RAYBRIG HSV-010
HONDA HSV-010 GT
伊沢 拓也*
山本 尚貴
BS1'22.588 0.016 0.016161.413
336PETRONAS TOM'S SC430
LEXUS SC430
中嶋 一貴
ロイック・デュバル
BS1'22.705 0.133 0.117161.185
423MOTUL AUTECH GT-R
NISSAN GT-R
本山 哲*
ミハエル・クルム
BS1'22.965 0.393 0.260160.680
51S Road REITO MOLA GT-R
NISSAN GT-R
柳田 真孝
ロニー・クインタレッリ*
MI1'23.027 0.455 0.062160.560
618ウイダー HSV-010
HONDA HSV-010 GT
小暮 卓史*
カルロ・ヴァン・ダム
BS1'23.464 0.892 0.437159.719
78ARTA HSV-010
HONDA HSV-010 GT
ラルフ・ファーマン*
小林 崇志
BS1'23.537 0.965 0.073159.580
■GT300 Class

OKAYAMA GT 300km RACE -RIJ- (2012/03/31) Knock Out Q3 GT500 Weather:Cloudy Course:Dry
2012 AUTOBACS SUPER GT Round 1 岡山国際サーキット 3.703km

PosNoCar
Model
DriverTireWHTimeDelayGapkm/h
1911エンドレス TAISAN 911
PORSCHE 911 GT3 R
峰尾 恭輔
横溝 直輝*
YH1'28.975--149.826
233HANKOOK PORSCHE
PORSCHE 911 GT3 R
影山 正美*
藤井 誠暢
HK1'29.122 0.147 0.147149.579
311GAINER DIXCEL R8 LMS
Audi R8-LMS ultra
田中 哲也
平中 克幸*
DL1'29.285 0.310 0.163149.306
487JLOC ランボルギーニ GT3
Lamborghini GALLARDO LP600+ GT3
山西 康司*
山内 英輝
YH1'29.323 0.348 0.038149.243
588マネパ ランボルギーニ GT3
Lamborghini GALLARDO LP600+ GT3
織戸 学*
青木 孝行
YH1'29.666 0.691 0.343148.672
631apr HASEPRO PRIUS GT
TOYOTA PRIUS
新田 守男*
嵯峨 宏紀
YH1'29.677 0.702 0.011148.654
70GSR 初音ミク BMW
BMW Z4 GT3
谷口 信輝*
片岡 龍也
YH1'30.043 1.068 0.366148.049
861SUBARU BRZ R&D SPORT
SUBARU BRZ GT300
山野 哲也*
佐々木 孝太
YH1'30.089 1.114 0.046147.974
93S Road NDDP GT-R
NISSAN GT-R NISMO GT3
関口 雄飛*
千代 勝正
YH1'30.128 1.153 0.039147.910
1052GREEN TEC & LEON SLS
Mercedes-Benz SLS AMG GT3
竹内 浩典*
黒澤 治樹
YH1'31.053 2.078 0.925146.407
  • '*'印はアタックドライバー

SUPER GT

SGT:第1戦岡山ノックアウト予選Q2結果

■GT500 Class

OKAYAMA GT 300km RACE -RIJ- (2012/03/31) Knock Out Q2 GT500 Weather:Cloudy Course:Wet
2012 AUTOBACS SUPER GT Round 1 岡山国際サーキット 3.703km

PosNoCar
Model
DriverTireWHTimeDelayGapkm/h
136PETRONAS TOM'S SC430
LEXUS SC430
中嶋 一貴
ロイック・デュバル*
BS1'23.452--159.742
2100RAYBRIG HSV-010
HONDA HSV-010 GT
伊沢 拓也
山本 尚貴*
BS1'23.539 0.087 0.087159.576
31S Road REITO MOLA GT-R
NISSAN GT-R
柳田 真孝*
ロニー・クインタレッリ
MI1'23.548 0.096 0.009159.559
48ARTA HSV-010
HONDA HSV-010 GT
ラルフ・ファーマン
小林 崇志*
BS1'23.612 0.160 0.064159.436
523MOTUL AUTECH GT-R
NISSAN GT-R
本山 哲
ミハエル・クルム*
BS1'23.716 0.264 0.104159.238
638ZENT CERUMO SC430
LEXUS SC430
立川 祐路
平手 晃平*
BS1'23.771 0.319 0.055159.134
718ウイダー HSV-010
HONDA HSV-010 GT
小暮 卓史
カルロ・ヴァン・ダム*
BS1'23.882 0.430 0.111158.923
---- 以上Q3進出 ----
819WedsSport ADVAN SC430
LEXUS SC430
荒 聖治*
アンドレ・クート
YH1'24.218 0.766 0.336158.289
96ENEOS SUSTINA SC430
LEXUS SC430
伊藤 大輔*
大嶋 和也
BS1'24.242 0.790 0.024158.244
1032EPSON HSV-010
HONDA HSV-010 GT
道上 龍
中山 友貴*
DL1'24.279 0.827 0.037158.175
1112カルソニックIMPUL GT-R
NISSAN GT-R
松田 次生*
ジョアオ・パオロ・デ・オリベイラ
BS1'41.03617.58416.757131.941
■GT300 Class

OKAYAMA GT 300km RACE -RIJ- (2102/03/31) Knock Out Q2 GT300 Weather:Cloudy Course:Wet
2012 AUTOBACS SUPER GT Round 1 岡山国際サーキット 3.703km

PosNoCar
Model
DriverTireWHTimeDelayGapkm/h
133HANKOOK PORSCHE
PORSCHE 911 GT3 R
影山 正美
藤井 誠暢*
HK1'31.146--146.258
20GSR 初音ミク BMW
BMW Z4 GT3
谷口 信輝
片岡 龍也*
YH1'31.167 0.021 0.021146.224
388マネパ ランボルギーニ GT3
Lamborghini GALLARDO LP600+ GT3
織戸 学
青木 孝行*
YH1'31.427 0.281 0.260145.808
43S Road NDDP GT-R
NISSAN GT-R NISMO GT3
関口 雄飛
千代 勝正*
YH1'31.475 0.329 0.048145.732
561SUBARU BRZ R&D SPORT
SUBARU BRZ GT300
山野 哲也
佐々木 孝太*
YH1'31.982 0.836 0.507144.928
6911エンドレス TAISAN 911
PORSCHE 911 GT3 R
峰尾 恭輔*
横溝 直輝
YH1'32.027 0.881 0.045144.857
787JLOC ランボルギーニ GT3
Lamborghini GALLARDO LP600+ GT3
山西 康司
山内 英輝*
YH1'32.399 1.253 0.372144.274
811GAINER DIXCEL R8 LMS
Audi R8-LMS ultra
田中 哲也*
平中 克幸
DL1'32.401 1.255 0.002144.271
931apr HASEPRO PRIUS GT
TOYOTA PRIUS
新田 守男
嵯峨 宏紀*
YH1'32.944 1.798 0.543143.428
1052GREEN TEC & LEON SLS
Mercedes-Benz SLS AMG GT3
竹内 浩典
黒澤 治樹*
YH1'32.983 1.837 0.039143.368
---- 以上Q3進出 ----
1166triple a Vantage GT2
ASTON MARTIN V8 Vantage
吉本 大樹
星野 一樹*
YH1'33.272 2.126 0.289142.924
1221ZENT Audi R8 LMS
Audi R8-LMS
都筑 晶裕
シンディ・アレマン*
YH1'34.043 2.897 0.771141.752
1343ARTA Garaiya
ASL ARTA Garaiya
高木 真一*
松浦 孝亮
BS1'37.122 5.976 3.079137.258
1415ART TASTE PORSCHE
PORSCHE 911 GT3 R
ティム・ベルグマイスター
土屋 武士*
YH1'38.629 7.483 0.726135.161
1586Verity BOMEX ランボ RG3
Lamborghini GALLARDO RG-3
山下 潤一郎*
松田 秀士
YH1'43.60312.457 4.974128.672
-360RUNUP CORVETTE
CALLAWAY CORVETTE Z06R GT3
田中 篤*
菊地 靖
YH----
  • '*'印はアタックドライバー

SUPER GT

SGT:第1戦岡山ノックアウト予選Q1結果

■GT500 Class

OKAYAMA GT 300km RACE -RIJ- (2012/03/31) Knock Out Q1 GT500 Weather:Fine/Rainy Course:Dry/Wet
2012 AUTOBACS SUPER GT Round 1 岡山国際サーキット 3.703km

PosNoCar
Model
DriverTireWHTimeDelayGapkm/h
138ZENT CERUMO SC430
LEXUS SC430
立川 祐路*
平手 晃平
BS1'27.834--151.773
219WedsSport ADVAN SC430
LEXUS SC430
荒 聖治
アンドレ・クート*
YH1'28.343 0.509 0.509150.898
332EPSON HSV-010
HONDA HSV-010 GT
道上 龍*
中山 友貴
DL1'30.212 2.378 1.869147.772
41S Road REITO MOLA GT-R
NISSAN GT-R
柳田 真孝
ロニー・クインタレッリ*
MI1'30.978 3.144 0.766146.528
523MOTUL AUTECH GT-R
NISSAN GT-R
本山 哲*
ミハエル・クルム
BS1'31.215 3.381 0.237146.147
612カルソニックIMPUL GT-R
NISSAN GT-R
松田 次生
ジョアオ・パオロ・デ・オリベイラ*
BS1'31.218 3.384 0.003146.142
76ENEOS SUSTINA SC430
LEXUS SC430
伊藤 大輔
大嶋 和也*
BS1'31.370 3.536 0.152145.899
836PETRONAS TOM'S SC430
LEXUS SC430
中嶋 一貴*
ロイック・デュバル
BS1'31.860 4.026 0.490145.121
9100RAYBRIG HSV-010
HONDA HSV-010 GT
伊沢 拓也*
山本 尚貴
BS1'31.988 4.154 0.128144.919
108ARTA HSV-010
HONDA HSV-010 GT
ラルフ・ファーマン*
小林 崇志
BS1'32.031 4.197 0.043144.851
1118ウイダー HSV-010
HONDA HSV-010 GT
小暮 卓史*
カルロ・ヴァン・ダム
BS1'32.213 4.379 0.182144.565
---- 以上Q2進出 ----
1239DENSO KOBELCO SC430
LEXUS SC430
脇阪 寿一
石浦 宏明*
MI1'32.624 4.790 0.411143.924
1317KEIHIN HSV-010
HONDA HSV-010 GT
金石 年弘
塚越 広大*
BS1'32.881 5.047 0.257143.526
1424D'station ADVAN GT-R
NISSAN GT-R
安田 裕信
ビヨン・ビルドハイム*
YH1'35.106 7.272 0.198140.168
-35KeePer Kraft SC430
LEXUS SC430
国本 雄資*
アンドレア・カルダレッリ
BS----
■GT300 Class

OKAYAMA GT 300km RACE -RIJ- (2012/03/31) Knock Out Q1 GT500 Weather:Fine/Rainy Course:Dry/Wet

PosNoCar
Model
DriverTireWHTimeDelayGapkm/h
10GSR 初音ミク BMW
BMW Z4 GT3
谷口 信輝*
片岡 龍也
YH1'30.780--146.847
211GAINER DIXCEL R8 LMS
Audi R8-LMS ultra
田中 哲也
平中 克幸*
DL1'31.039 0.259 0.259146.430
3911エンドレス TAISAN 911
PORSCHE 911 GT3 R
峰尾 恭輔
横溝 直輝*
YH1'31.046 0.266 0.007146.418
487JLOC ランボルギーニ GT3
Lamborghini GALLARDO LP600+ GT3
山西 康司*
山内 英輝
YH1'31.063 0.283 0.017146.391
515ART TASTE PORSCHE
PORSCHE 911 GT3 R
ティム・ベルグマイスター*
土屋 武士
YH1'31.141 0.361 0.078146.266
688マネパ ランボルギーニ GT3
Lamborghini GALLARDO LP600+ GT3
織戸 学*
青木 孝行
YH1'31.157 0.377 0.016146.240
73S Road NDDP GT-R
NISSAN GT-R NISMO GT3
関口 雄飛*
千代 勝正
YH1'31.243 0.463 0.086146.102
831apr HASEPRO PRIUS GT
TOYOTA PRIUS
新田 守男*
嵯峨 宏紀
YH1'31.279 0.499 0.036146.045
943ARTA Garaiya
ASL ARTA Garaiya
高木 真一
松浦 孝亮*
BS1'31.551 0.771 0.272145.611
1033HANKOOK PORSCHE
PORSCHE 911 GT3 R
影山 正美*
藤井 誠暢
HK1'31.705 0.925 0.154145.366
1161SUBARU BRZ R&D SPORT
SUBARU BRZ GT300
山野 哲也*
佐々木 孝太
YH1'31.834 1.054 0.129145.162
1266triple a Vantage GT2
ASTON MARTIN V8 Vantage
吉本 大樹*
星野 一樹
YH1'32.616 1.836 0.782143.936
1352GREEN TEC & LEON SLS
Mercedes-Benz SLS AMG GT3
竹内 浩典*
黒澤 治樹
YH1'33.069 2.289 0.453143.236
14360RUNUP CORVETTE
CALLAWAY CORVETTE Z06R GT3
田中 篤
菊地 靖*
YH1'33.101 2.321 0.032143.186
1521ZENT Audi R8 LMS
Audi R8-LMS
都筑 晶裕*
シンディ・アレマン
YH1'33.336 2.556 0.235142.826
1686Verity BOMEX ランボ RG3
Lamborghini GALLARDO RG-3
山下 潤一郎
松田 秀士*
YH1'33.629 2.849 0.293142.379
---- 以上Q2進出 ----
1785JLOC Exe ランボルギーニ RG3
Lamborghini GALLARDO RG-3
坂本 祐也*
加納 政樹
YH1'34.201 3.421 0.572141.514
1830IWASAKI MODAクロコ apr R8
Audi R8-LMS ultra
岩崎 祐貴*
坂本 雄也
YH1'34.256 3.476 0.055141.432
1922R'Qs Vemac 350R
Vemac 350R
和田 久*
城内 政樹
YH1'34.262 3.482 0.006141.423
2027PACIFIC NAC イカ娘 フェラーリ
Ferrari F430 GTC
山岸 大
井口 卓人*
YH1'34.554 3.774 0.292140.986
215マッハGoGoGo車検Ferrari458
Ferrari 458 GT3
玉中 哲二*
植田 正幸
YH1'35.076 4.296 0.522140.212
2248DIJON音々CALLAWAYワコーズED
CALLAWAY CORVETTE Z06R GT3
高森 博士
密山 祥吾*
YH1'36.194 5.414 1.118138.582
234GSR ProjectMirai BMW
BMW Z4 GT3
番場 琢
佐々木 雅弘*
YH1'37.771 6.991 1.577136.347
242エヴァンゲリオンRT初号機アップル紫電
MOONCRAFT 紫電 MC/RT-16
高橋 一穂*
加藤 寛規
YH1'43.19312.413 5.422129.183
2520Racerbook Audi R8 LMS
Audi R8-LMS
マイケル・キム
野田 英樹*
YH1'45.19914.419 2.006126.720
  • '*'印はアタックドライバー

PORSCHE CARRERA CUP JAPAN

PCCJ:ポルシェ カレラカップ ジャパン 2012 第1戦 (岡山) 公式予選

プレスインフォメーション 2012年3月31日

岡山. ポルシェ ジャパン株式会社(本社:東京都目黒区 代表取締役社長:黒坂 登志明)とポルシェ カレラ カップ ジャパン (PCCJ) 委員会は、ポルシェ カレラカップ ジャパン 2012年シリーズ 第1戦 公式予選を、2012年3月31日(土) 岡山国際サーキット(岡山県)にて開催いたしました。

雨/ウェット 気温8度 路面温度9度

3月31日、スーパーGTとともに岡山国際サーキットでポルシェカレラカップジャパン(PCCJ)が開幕を迎えた。今年は#11 山路慎一、#90 イゴール・スシュコ、PCCJ育成ドライバー#14 平川亮に加え、開幕直前に#7 水谷晃の参戦も決まるなど実力者たちが集結。全17台にまでエントリー台数が増え、より魅力を増すシーズンとなった。

この日に先立ち30日に行われた専有走行では、午前中に#16 横幕ゆぅが1分35秒938でトップタイムをマーク。#90 イゴール、#11 山路が続いた。午後は#11 山路が1分35秒005でトップを奪い、#14 平川、#22 マイケル・グリーンらがタイムを上げて上位に入った。総合トップで終わった#11 山路は「土曜は雨予報。全部リセットされるから今日のタイムはあまり参考にならないでしょう。雨になると敵は自分って感じですかね」と語っていた。

天気予報どおり、31日の8時5分からの公式予選は未明からの強い雨のため、ウェット宣言が出される中スタート。今回の予選ではノックアウト方式が採用され、全車出走のQ1(15分)、Q1上位8台が出走できるQ2(10分)の2セッションで争われる。雨は弱まらずコース上に川もできる中、コースインした全車両は周回ごとにタイムを上げていく。序盤は#11 山路と#15 神取彦一郎が交互にベストラップを出し合い、中盤からは#14 平川、#22 マイケル、#90 イゴールらが加わりタイムを更新しながら上位の順位を入れ替える。最終的に#14 平川が1分50秒485をたたき出しQ1トップ通過。#90 イゴール、#11 山路が続く結果となった。他に#22マイケル、#15 神取、#7 水谷、#16 横幕ゆぅ、#5 高見沢一吉が上位8台に入り、Q2に進む切符を手に入れた。

8時30分、10分間のQ2開始。雨は弱まることなく路面はウェット。全8台が慎重にコースインしていくも計測2周目に#22 マイケルがクラッシュを喫して、コース上に車両が止まってしまったため赤旗が出される。セッションは開始3分で終了となったため、レギュレーションにもとづき第1戦決勝のグリッドはQ1の結果が採用されることになった。

これによって第1戦のポールポジションを獲得したのは#14 平川。「雨の岡山は初めてだったので慎重にいきました。水のないラインを探すのが難しかったです。後ろにベテランの方々がいるので決勝は油断できませんが、この順位を守りきりたいですね」。#2 イゴール、#11 山路、#22 マイケル、#15 神取、#7 水谷が続き、7番手にジェントルマンクラスのトップとなる#16 横幕が入った。「2コーナーは進入から立ち上がりまでずっとハイドロ(笑)。Q1のベストはミスで2秒失ったタイムなので、この順位はちょっと残念です。決勝は雨でもハーフウェットでもドライでも必ず追い上げます」(#16 横幕)。

予報によると天候は回復方向。昼前には雨があがるというが、決勝までに路面は乾くのか? ドライとウェットではまったく違う展開になるだけに、ドライバーたちは空を見上げながらパドックで決勝を待つ。第1戦決勝は31日の13時30分スタートを予定。最年少の#14 平川がデビューをポールトゥウィンで飾れるかどうかに注目が集まる。

■第1戦 公式予選結果
Pos. Car# Driver Class Car Name Q2 Time Q1 Time
1 14 平川 亮 C GARMIN PORSCHE ----- 1'50.485
2 90 Igor SUSHKO C OGT! 豊通エレクトロニクス ----- 1'52.552
3 11 山路 慎一 C Excellence M.S. ----- 1'54.241
4 22 Michael GREEN C MIKE DIRECITON ----- 1'54.274
5 15 神取 彦一郎 C パワーステーション サムライ ----- 1'55.019
6 7 水谷 晃 C DIRECTION RACING ----- 1'56.090
7 16 横幕 ゆぅ G YOU DIRECTION ----- 1'56.283
8 5 高見澤 一吉 C 高見澤整骨院OSSOポルシェ ----- 1'56.308
9 3 江本 玄 G アキラレーシング GT3 ----- 1'56.443
10 21 高田 匠 G TAKUMIRacingGT3 ----- 1'57.343
11 19 永井 宏明 G ナインレーシング ----- 1'57.950
12 32 飯田 太陽 G KRM ケーズフロンティア ----- 1'58.592
13 8 櫻井 澄夫 G ロードサービス GT3 ----- 1'58.632
14 6 ARTE ROSSI G JHM DIRECTION ----- 1'59.063
15 2 田島 剛 G 911magTAJIMAGT3 ----- 2'02.490
16 33 荻野 哲生 G KRM ケーズフロンティア ----- 2'02.915
17 29 滝澤 智幸 G Adelcars GT3 Cup ----- 2'03.256

※Q2セッションは、開始3分3秒の赤旗提示により終了。Q1セッションの結果を以て予選順位決定。

 ポルシェジャパンKK.・プレスリリース

SUPER GT

SGT:第1戦岡山公式練習 あいにくの雨の中、ミシュラン勢が1-2 !! トップは#1エスロードGT-R

スーパーGTの2012シーズンがここ岡山でいよいよ開幕。
朝からのあいにくの雨模様の中、最初の走行となる公式練習では、#1S Road Reito Mola GT-R(柳田真孝/ロニー・クインタレッリ組)と#39DENSO KOBELCO SC430(脇阪寿一/石浦宏明組)のミシュランタイヤを履く2台が去年に引き続いてウェット路面での強さをアピール、それぞれ1位、2位で走行を終えた。
GT300クラスはFIA-GT3勢が上位を独占。トップは今季から初参戦となるアウディR8の1台、#11GAINER DIXCEL R8LMS(田中哲也/平中克幸組)だった。対するJAF-GT勢は43ARTA Garaiyaの7位が最上位だった。

gt_r01_f_1 gt_r01_f_11

公式予選日は未明からの雨で完全なウェットコンディションのもと、午前9時から2時間の走行が行われた。
予報では午後は晴れるとされていたため、開始当初はコースインしないチームが半数以上を占める。そうした中、バックストレートで300クラスの車輛がスピン、そのままストップしてしまったために赤旗が提示されてしまった。

走行は15分後に再開。この頃から空は次第に明るくなり、それにつれて雨も小降りになり始めた。それに伴い、ラップタイムも徐々に短縮されていく。
中断前は1分50秒をやっと切る程度のペースであったが、開始1時間を目前に#17ケーヒンHSVが1分41秒台を記録すると、続いて32エプソン、8ARTA、36ペトロナスらが続々とタイムを更新、ついに36号車が1分39秒台を記録する。
その後もタイム更新は続き、結局#39デンソーSC、#1エスロードGTーRの2台が1分34秒台までタイムを縮め、ミシュランタイヤの強さを 改めて見せつけた。

車輛規則の変更を受けて続々と海外からFIA-GT3仕様の車輛が上陸してきたGT300クラスは、今季初参戦のアウディR8を投入した#11ゲイナーが一時500クラスをも上回る快走を見せ、最終的に1分40秒633までタイムを縮めて終始クラストップのまま走行を終えた。
2番手には#88ランボルギーニガヤルド、3番手には#911ポルシェGT3がつけ、注目のGT3仕様のニッサンGT-Rが4番手と好位置につけた。
それに対してJAF-GT勢は#43ガヤルドの7番手が最高と苦戦が目立つ。#62レガシィに変わって投入された#61BR-Zはクラス17番手にとどまった。

スーパーGT第1戦はこのあと午後2時30分より公式予選がノックアウト方式で行われる。

Text: Kazuhisa SUEHIRO / Photo: Keiichiro TAKESHITA

SUPER GT

SGT:第1戦岡山公式練習結果

OKAYAMA GT 300km RACE -RIJ- (2012/03/31) Official Practice Weather:Rainy Course:Wet
2012 AUTOBACS SUPER GT Round 1 岡山国際サーキット 3.703km

PosClassCls
Pos
NoCar
Maker Model
DriverTireTimeBehindkm/h
150011S Road REITO MOLA GT-R
NISSAN GT-R
柳田 真孝
ロニー・クインタレッリ
MI1'34.292-141.378
2500239DENSO KOBELCO SC430
LEXUS SC430
脇阪 寿一
石浦 宏明
MI1'34.373 0.081141.257
3500319WedsSport ADVAN SC430
LEXUS SC430
荒 聖治
アンドレ・クート
YH1'34.436 0.144141.162
4500432EPSON HSV-010
HONDA HSV-010 GT
道上 龍
中山 友貴
DL1'34.526 0.234141.028
550058ARTA HSV-010
HONDA HSV-010 GT
ラルフ・ファーマン
小林 崇志
BS1'35.141 0.849140.116
6500618ウイダー HSV-010
HONDA HSV-010 GT
小暮 卓史
カルロ・ヴァン・ダム
BS1'35.211 0.919140.013
7500736PETRONAS TOM'S SC430
LEXUS SC430
中嶋 一貴
ロイック・デュバル
BS1'35.451 1.159139.661
8500824D'station ADVAN GT-R
NISSAN GT-R
安田 裕信
ビヨン・ビルドハイム
YH1'35.598 1.306139.446
95009100RAYBRIG HSV-010
HONDA HSV-010 GT
伊沢 拓也
山本 尚貴
BS1'36.016 1.724138.839
105001038ZENT CERUMO SC430
LEXUS SC430
立川 祐路
平手 晃平
BS1'36.090 1.798138.732
115001123MOTUL AUTECH GT-R
NISSAN GT-R
本山 哲
ミハエル・クルム
BS1'36.107 1.815138.708
125001212カルソニックIMPUL GT-R
NISSAN GT-R
松田 次生
ジョアオ・パオロ・デ・オリベイラ
BS1'36.562 2.270138.054
13500136ENEOS SUSTINA SC430
LEXUS SC430
伊藤 大輔
大嶋 和也
BS1'36.703 2.411137.853
145001435KeePer Kraft SC430
LEXUS SC430
国本 雄資
アンドレア・カルダレッリ
BS1'36.710 2.418137.843
155001517KEIHIN HSV-010
HONDA HSV-010 GT
金石 年弘
塚越 広大
BS1'37.047 2.755137.364
16300111GAINER DIXCEL R8 LMS
Audi R8-LMS ultra
田中 哲也
平中 克幸
DL1'40.633 6.341132.469
17300288マネパ ランボルギーニ GT3
Lamborghini GALLARDO LP600+ GT3
織戸 学
青木 孝行
YH1'40.864 6.572132.166
183003911エンドレス TAISAN 911
PORSCHE 911 GT3 R
峰尾 恭輔
横溝 直輝
YH1'40.896 6.604132.124
1930043S Road NDDP GT-R
NISSAN GT-R NISMO GT3
関口 雄飛
千代 勝正
YH1'41.152 6.860131.790
20300587JLOC ランボルギーニ GT3
Lamborghini GALLARDO LP600+ GT3
山西 康司
山内 英輝
YH1'41.223 6.931131.697
21300615ART TASTE PORSCHE
PORSCHE 911 GT3 R
ティム・ベルグマイスター
土屋 武士
YH1'41.230 6.938131.688
22300743ARTA Garaiya
ASL ARTA Garaiya
高木 真一
松浦 孝亮
BS1'41.467 7.175131.381
23300833HANKOOK PORSCHE
PORSCHE 911 GT3 R
影山 正美
藤井 誠暢
HK1'42.245 7.953130.381
2430095マッハGoGoGo車検Ferrari458
Ferrari 458 GT3
玉中 哲二
植田 正幸
YH1'42.725 8.433129.772
25300100GSR 初音ミク BMW
BMW Z4 GT3
谷口 信輝
片岡 龍也
YH1'43.233 8.941129.133
263001152GREEN TEC & LEON SLS
Mercedes-Benz SLS AMG GT3
竹内 浩典
黒澤 治樹
YH1'43.991 9.699128.192
273001230IWASAKI MODAクロコ apr R8
Audi R8-LMS ultra
岩崎 祐貴
坂本 雄也
YH1'44.142 9.850128.006
283001366triple a Vantage GT2
ASTON MARTIN V8 Vantage
吉本 大樹
星野 一樹
YH1'45.47711.185126.386
293001427PACIFIC NAC イカ娘 フェラーリ
Ferrari F430 GTC
山岸 大
井口 卓人
YH1'46.18411.892125.544
303001521ZENT Audi R8 LMS
Audi R8-LMS
都筑 晶裕
シンディ・アレマン
YH1'46.39612.104125.294
313001685JLOC Exe ランボルギーニ RG3
Lamborghini GALLARDO RG-3
坂本 祐也
加納 政樹
YH1'46.43612.144125.247
323001761SUBARU BRZ R&D SPORT
SUBARU BRZ GT300
山野 哲也
佐々木 孝太
YH1'46.75412.462124.874
33300184GSR ProjectMirai BMW
BMW Z4 GT3
番場 琢
佐々木 雅弘
YH1'46.93112.639124.667
343001986Verity BOMEX ランボ RG3
Lamborghini GALLARDO RG-3
山下 潤一郎
松田 秀士
YH1'47.19612.904124.359
35300202エヴァンゲリオンRT初号機アップル紫電
MOONCRAFT 紫電 MC/RT-16
高橋 一穂
加藤 寛規
YH1'47.20212.910124.352
3630021360RUNUP CORVETTE
CALLAWAY CORVETTE Z06R GT3
田中 篤
菊地 靖
YH1'47.99913.707123.434
373002220Racerbook Audi R8 LMS
Audi R8-LMS
マイケル・キム
野田 英樹
YH1'55.13720.845115.782
383002348DIJON音々CALLAWAYワコーズED
CALLAWAY CORVETTE Z06R GT3
高森 博士
密山 祥吾
YH2'00.12425.832110.975
393002431apr HASEPRO PRIUS GT
TOYOTA PRIUS
新田 守男
嵯峨 宏紀
YH2'18.90244.61095.973
-300-22R'Qs Vemac 350R
Vemac 350R
和田 久
城内 政樹
YHno time--

PORSCHE CARRERA CUP JAPAN

PCCJ:ポルシェ カレラカップ ジャパン 2012 第1戦-2戦 プレビュー

プレスインフォメーション 2012年3月28日

東京. ポルシェ ジャパン株式会社(本社:東京都目黒区 代表取締役社長:黒坂 登志明)とポルシェ カレラ カップ ジャパン (PCCJ) 委員会は、ポルシェ カレラカップ ジャパン 2012年シリーズ 第1戦 - 第2戦を、2012年3月31日(土)、4月1日(日) 岡山国際サーキット(岡山県)にて開催いたします。


3月15~16日の合同テストを経て、いよいよポルシェカレラカップジャパン(PCCJ)の2012シーズンがスタートする。今季もスーパーGTのサポートレースとして5大会が組み込まれ、3月31日~4月1日の開幕戦(岡山国際サーキット)である第1戦 - 2戦のダブルヘッダーは、大観衆の注目を浴びる中で幕を開ける。

今季の見所のひとつはドライバーラインナップの豪華さだ。ディーラーチームとしてエクセレンスモータースポーツが初参戦を果たし、#11 山路慎一がチャンピオンクラスに挑む。PCCJは初だが#11 山路はスーパーGTなどでポルシェを知り尽くしており、テスト中はどのドライバーからもベンチマークとされた。そのチャンピオンクラスにPCCJ育成ドライバーとして今季デビューするのが#14 平川亮。事前の初乗りから好タイムを出すなど、若手代表として勢いを感じさせるデビュー戦が期待できそうだ。2011年ジェントルマンクラスでチャンピオンを獲得して今季はチャンピオンクラスを戦う#15 神取彦一郎やベテラン#5 高見沢一吉らも「絶対に上がってくる」と#14 平川をマークしている。2年目の#22 マイケル・グリーンも「あとは安定感があれば優勝も見える」という言葉どおり、トップ争いに食い込める実力者だ。さらに07年にFCJ参戦の実績を持つ#90 イゴール・スシュコはPCCJ初挑戦ながら合同テストでステアリングを握っていたスーパーGTドライバーたちと互角のタイムをマーク。チャンピオンクラスは高いレベルで実力が拮抗した戦いになる。

ジェントルマンクラスでは昨年シリーズ2位の#16 横幕ゆぅがシリーズ争いの主役。「昨年はただマシンに慣れるため、ドライビングスキルを磨くために走行距離を伸ばしたけど、今年は1周1周予選アタックの時のように集中して量より質で勝負」と自信をのぞかせた。他にも、クラス表彰台に登壇している#3 江本玄、#8 櫻井澄夫、#32 飯田太陽、そして2年目の#6 アルテロッシらの成長も見所であり、それぞれクラスを越えた総合優勝までを見据えてシリーズに臨む。ルーキーとしては2年前からポルシェのアマチュアレースに参戦して何度も表彰台を得ている#2 田島剛、今年が4輪デビューイヤーとなる#19 永井宏明、昨年のGT3 カップチャレンジ ジャパンでチャンピオンを獲得してステップアップしてきた#33 Tetsuo OGINOが争いに加わる。またポルシェ センター熊本を母体とする 911Service(#29)ではルーキーの中川国敏に代わって滝澤智幸が開幕戦のステアリングを握り、グリッドには全16台のマシンが並ぶ。

安岡秀徒の独走シーズンだった2011年とは一転、両クラスともにチェッカーまで誰が勝つか分からない激戦模様。そんな横並びの勢力図の中から抜け出すのは誰か? 小さなミスすら許されない――。岡山大会の公式予選は3月31日の8時5分からの20分間、第1戦決勝は同日13時30分、第2戦決勝は4月1日11時55分のスタートを予定している。

ポルシェジャパンKK.・プレスリリース

スーパー耐久

S耐:第1戦富士決勝 GT3クラス初ウィナーはPETRONAS SYNTIUM SLS AMG GT3(ファリーク・ハイルマン/ドミニク・アン/谷口信輝組)

 スーパー耐久シリーズ2012第1戦スーパーテックは25日、富士スピードウェイで4時間の決勝レースを行い、ポールポジションからスタートしたGT3クラスのPETRONAS SYNTIUM SLS AMG GT3(ファリーク・ハイルマン/ドミニク・アン/谷口信輝組)が134周を走って総合優勝を飾った。

st_r01_r_start

st_r01_r_1

st_r01_r_25

st_r01_r_6

st_r01_r_34

st_r01_r_62

st_r01_r_36

st_r01_r_gt3_podium

st_r01_r_st1_podium

st_r01_r_st2_podium

st_r01_r_st3_podium

st_r01_r_st4_podium

st_r01_r_st5_podium

 富士スピードウェイ上空には青空が広がり、好天のなか13時に4時間耐久レースのフォーメーションラップが始まった。

 ローリングスタートが切られトップで1コーナーに飛び込みホールショットを奪ったのはGT3クラス、1号車PETRONAS SYNTIUM SLS AMG GT3(ファリーク・ハイルマン/ドミニク・アン/谷口信輝組)の谷口。2位には僚友28号車、同(メルビン・モー/ジョノ・レスター/片岡龍也組)の片岡が付ける。片岡は1周目終わりのストレートで谷口に並びかけ2周目の1コーナーでトップに躍り出た。

 このGT3クラスの2台は32周目に谷口が片岡を抜き返すと41周目には再び片岡が谷口の前に出るというドッグファイトを演じ、観客を沸かせた。

 しかしこの2台は連携ミスでなんと44周目に同時ピットイン。28号車は、最初に作業を行った1号車の後ろで待機することとなり、大きくタイムをロス。1号車がアンに、28号車がモーにチェンジし、ピットアウトするとその差は1分41秒とほぼ1周分1号車が28号車をリードすることとなった。

 その後、1号車はハイルマンに、28号車はレスターにドライバーチェンジするもその差は広がるばかり。最終的には2周近い差をつけて1号車が初のGT3クラスウィナーとなった。

 ST-1クラスは序盤からENDLESS・ADVAN・380RS-C(峰尾恭輔/谷口行規/高木真一組)の峰尾がぶっちぎりでレースをリード。しかし峰尾から谷口にドライバーチェンジを行った2スティント目にトラブルに見舞われ後退。代わってトップに立ったSAMURAI Porsche(土屋武士/神取彦一郎/松井孝充組)が神取、土屋、松井とつなぎ優勝を飾った。

 ST-2クラスは新菱オート☆DIXCELエボⅨ(冨桝朋広/菊地靖組)、RSオガワADVANランサー(大橋正澄/阪口良平/松本達哉組)の菊池と坂口が順位を入れ替えながらのバトルを演じるが、坂口が右フロントを破損してオレンジディスクを提示され後退。これを含めてクラス参加5台中、3台がトラブルに見舞われ、優勝した新菱オート☆DIXCELエボⅨと2位に入ったSturm・MOTUL・ED・インプレッサ(大澤学/吉田寿博/松田晃司組)の2台のみが完走扱いとなった。

 ST-3クラスは序盤、岡部自動車マイロード協新計測RX-7(小松一臣/杉林健一/増田芳信組)の小松がレースをリード。しかし2位に付けていたassetテクノZ34(佐々木雅弘/ 前嶋秀司組)がこれを逆転。終盤には黄旗追い越しでペナルティストップ10秒を課されたものの逃げきりそのまま優勝した。

 ST-4クラスはコスモソニックFK・ings DC5(浅野武夫/森正行/笠原智行組)のリードでレースが始まったが、序盤には早くもホンダカーズ東京 SUNOCOインテグラ(塩谷烈州/太田侑弥組)が逆転するとそのままリードを広げ優勝を飾った。

 ST-5クラスはエンドレスアドバントラストヴィッツ(添田正/岩谷昇/井尻薫組)、BRP☆HYPER ECU C72制動屋J'Sフィット(奥村浩一/古宮正信/西田公也組)の対決となったが、フィットにトラブルが発生して後退。その後ヴィッツは一人旅で余裕の優勝を飾った。

 次戦は舞台を栃木県のツインリンクもてぎに移し4月29日に決勝が行われる。

Text: Yoshinori OHNISHI / Photo: Keiichiro TAKESHITA

スーパー耐久

S耐:第1戦富士決勝結果

スーパーTEC -RIJ- (2012/03/25) Final Race Weather:Fine Course:Dry
2012 Super Taikyu Series Round 1 富士スピードウェイ 4.563km

PosClassCls
Pos
NoCar
Model
DriverLapTotal_Time
Behind
1GT311PETRONAS SYNTIUM SLS AMG GT3
Mercedes-Benz SLS AMG GT3
ファリーク・ハイルマン
ドミニク・アン
谷口 信輝
1344:01'36.755
2GT3228PETRONAS SYNTIUM SLA AMG GT3
Mercedes-Benz SLS AMG GT3
メルビン・モー
ジョノ・レスター
片岡 龍也
1331Lap
3ST-1125SAMURAI Porsche
PORSCHE 997
土屋 武士
神取 彦一郎
松井 孝充
1295Laps
4ST-216新菱オート☆DIXCELエボⅨ
MITSUBISHI LANCER EVOLUTION IX
冨桝 朋広
菊地 靖
1268Laps
5ST-2259Sturm・MOTUL・ED・インプレッサ
SUBARU IMPREZA WRX STI
大澤 学
吉田 寿博
松田 晃司
1259Laps
6ST-3134asset テクノ Z34
NISSAN FAIRLADY Z
佐々木 雅弘
前嶋 秀司
12410Laps
7ST-3214岡部自動車マイロード協新計測RX-7
MAZDA RX-7
小松 一臣
杉林 健一
増田 芳信
12410Laps
8ST-3315岡部自動車DIXCELチームテツヤZ34
NISSAN FAIRLADY Z
長島 正明
田中 徹
田中 哲也
12410Laps
9ST-3435asset テクノ Z33
NISSAN FAIRLADY Z
小泉 和寛
吉田 広樹
堀田 誠
12311Laps
10ST-355岡部自動車メーカーズZ34
NISSAN FAIRLADY Z
今村 大輔
安宅 徳光
白井 剛
12311Laps
11ST-4162ホンダカーズ東京 SUNOCOインテグラ
HONDA INTEGRA TYPE R
塩谷 烈州
太田 侑弥
12113Laps
12ST-4218コスモソニックFK・ings DC5
HONDA INTEGRA TYPE R
浅野 武夫
森 正行
笠原 智行
12014Laps
13ST-4338TRACY SPORTS S2000
HONDA S2000
藤村 政樹
藤田 竜樹
筒井 克彦
11915Laps
14ST-44333GLORY.A-ONE.ED.CIVIC-R-EURO
HONDA CIVIC TYPE R EURO
野間 一
北川 剛
藤田 弘幸
11816Laps
15ST-4573mountain・YH・DC5
HONDA INTEGRA TYPE R
下山 和寿
井ノ口 智大
11816Laps
16ST-46116W.S.ENGINEERING S2000
HONDA S2000
阿部 光
鶴田 積
吉田 靖之
11816Laps
17ST-3646TKM Lotus Exige
LOTUS Exige
里山 勉
田畑 勇
堀田 誠
11618Laps
18ST-123ENDLESS・ADVAN・380RS-C
NISSAN FAIRLADY Z
峰尾 恭輔
谷口 行規
高木 真一
11420Laps
19ST-37777ドリームエンジェルADVAN・RX-7
MAZDA RX-7
萩原 なお子
藤井 芳樹
武藤 実
11321Laps
20ST-4758ウィンマックスTEINワコーズKRP
HONDA INTEGRA TYPE R
小林 康一
関 豊
山田 隆行
11024Laps
21ST-4812VBOX-J りぼん ヤヨイ カーズ桶川 SSR ED FD2
HONDA CIVIC TYPE R
遠藤 光博
原田 健太
松井 隆幸
10925Laps
22ST-5136エンドレス アドバン トラスト ヴィッツ
TOYOTA Vitz
添田 正
岩谷 昇
井尻 薫
10826Laps
23ST-524アイクレオ&サムライジーンズ&ビーラインTSKVitz
TOYOTA Vitz
河野 利尚
植島 禎一
伊藤 俊哉
10628Laps
24ST-139Faust Racing Team
BMW Z4M COUPE
堀主知ロバート
岡本 武之
佐藤 茂
10133Laps
25ST-5371ピースMS NUTEC 制動屋Vitz
TOYOTA Vitz
西畑 正樹
紫田 正一
大瀧 賢治
10034Laps
26ST-54213WAKO'S μオクヤマVitz
TOYOTA Vitz
根岸 泰弘
東 貴史
市石 浩章
10034Laps
27ST-5519BRP☆HYPER ECU C72制動屋J'Sフィット
HONDA FIT
奥村 浩一
古宮 正信
西田 公也
8945Laps
---- 以上規定周回数(GT3:93 ST-1:90 ST-2:88 ST-3:86 ST-4:84 ST-5:75)完走 ----
-ST-3-70Olive SPA + KOTA RACING
HONDA NSX-R
ナオリュウ
東 徹次郎
水谷 晃
11915Laps
-ST-2-30RSオガワADVANランサーⅡ
MITSUBISHI LANCER EVOLUTION IX
青木 拓磨
関根 基司
白田 智彦
9143Laps
-ST-5-55姫神ガジェット吉田山JMCVitz
TOYOTA Vitz
咲川 めり
田ヶ原 章蔵
谷森 康登
9044Laps
-ST-3-80PETRONAS TWS GS350
LEXUS GS350
吉本 大樹
佐藤 晋也
脇阪 薫一
8846Laps
-ST-4-95リジカラS2000
HONDA S2000
松井 猛敏
中島 保典
市嶋 樹
7559Laps
-ST-5-602PTG明京K'zランドリー602Vitz
TOYOTA Vitz
金森 敏一
小松 高人
岩月 邦博
7064Laps
-ST-4-339GPO+KOTA RACING
HONDA S2000
北野 浩正
佐々木 孝太
橋本 達也
4787Laps
-ST-3-39TRACY SPORTS IS 350
TOYOTA IS 350
兵藤 信一
川口 正敬
植田 正幸
4589Laps
-ST-4-100百式自動車XリデューカーWINMAX-DC5
HONDA INTEGRA TYPE R
加藤 友晴
牧口 博亮
古谷 彰教
4490Laps
-ST-2-20RSオガワADVANランサー
MITSUBISHI LANCER EVOLUTION IX
大橋 正澄
阪口 良平
松本 達哉
4292Laps
-ST-2-505KYOSHOアリスモータース ランサーX
MITSUBISHI LANCER EVOLUTION X
塩野 健司
松下 昌揮
藤原 能成
4094Laps
-ST-4-555Mita Project FD2
HONDA CIVIC TYPE R
山口 吉明
福智 学
佐藤 和徳
3896Laps
-ST-5-17DIXCELアラゴスタ・NOPROデミオ
MAZDA DEMIO
野上 敏彦
野上 達也
28106Laps
-ST-4-48DIJON私立日本橋高校ED WAKO'S DC5
HONDA INTEGRA TYPE R
高森 博士
井上 恵一
水越 真一
13121Laps

スーパー耐久

S耐:第1戦富士公式予選 1号車PETRONAS SYNTIUM SLS AMG GT3がポールポジション!

 スーパー耐久レース第1戦が富士スピードウェイで25日に開幕。今シーズンより新設されたGT3クラスから参加した1号車PETRONAS SYNTIUM SLS AMG GT3(ファリーク・ハイルマン/ドミニク・アン/谷口信輝組)がA,Bドライバーの総合タイムで3分23秒982をたたき出し、総合のポールポジションを獲得した。

st_r01_q_1

st_r01_q_25

st_r01_q_6

st_r01_q_34

st_r01_q_62

st_r01_q_36

 富士スピードウェイは朝から晴れ渡り絶好のレース日和となった。公式予選は8時40分より、Aドライバー15分間、Bドライバー15分間の総合タイムで争われた。

 やはり新設のGT3クラスから2台参加したメルセデスベンツのSLS AMG GT3勢が速い。Aドライバー予選では1号車のファリーク・ハイルマンがコースレコードでトップタイム。Bドライバーでは今シーズンから起用された28号車のジョノ・レスターがトップタイムをマークしたがA,Bドライバー総合では1号車が2号車を0秒3あまり上回りポールポジションの座についた。

 ST-1クラスではスポット参戦のSAMURAI Porsche(土屋武士/神取彦一郎/松井孝充組)がA,Bドライバーともトップタイムでクラスポールポジションを獲得した。

 ST-2クラスでは初参戦のSturm・MOTUL・ED・インプレッサの大沢学がAドライバー予選でいきなりトップタイムを記録したが、A,B総合では新菱オート☆DIXCELエボⅨ(富桝朋広/菊池靖組)が逆転でクラスポールポジションを獲得した。

 ST-3クラスはassetテクノZ34(佐々木雅弘/前嶋秀司組)が、ST-4クラスはホンダカーズ東京SUNOCOインテグラ(塩谷烈州/太田侑弥組)がそれぞれポールポジションを獲得した。

 ST-5クラスは一気に参加台数が8台に増加。そんなかエンドレスアドバントラストヴィッツ(添田正/岩谷昇/井尻薫組)がクラスポールポジションを獲得。初登場のマツダ・デミオはクラス5位で予選を通過した。

Text: Yoshinori OHNISHI / Photo: Keiichiro TAKESHITA

スーパー耐久

S耐:第1戦富士Cドライバー公式予選結果

スーパーTEC -RIJ- (2012/03/25) C Driver Qualifying Weather:Fine Course:Dry
2012 Super Taikyu Series Round 1 富士スピードウェイ 4.563km

PosClassCls
Pos
NoCar
Maker Model
DriverTireTimeBehindkm/h
1GT311PETRONAS SYNTIUM SLS AMG GT3
Mercedes-Benz SLS AMG GT3
谷口 信輝YH1'42.509-160.247
2GT3228PETRONAS SYNTIUM SLA AMG GT3
Mercedes-Benz SLS AMG GT3
片岡 龍也YH1'42.819 0.310159.764
3ST-1125SAMURAI Porsche
PORSCHE 997
松井 孝充YH1'47.383 4.874152.974
4ST-123ENDLESS・ADVAN・380RS-C
NISSAN FAIRLADY Z
高木 真一YH1'48.187 5.678151.837
5ST-139Faust Racing Team
BMW Z4M COUPE
佐藤 茂YH1'48.577 6.068151.292
6ST-2120RSオガワADVANランサー
MITSUBISHI LANCER EVOLUTION IX
松本 達哉YH1'51.407 8.898147.449
7ST-2259Sturm・MOTUL・ED・インプレッサ
SUBARU IMPREZA WRX STI
松田 晃司YH1'52.133 9.624146.494
8ST-3139TRACY SPORTS IS 350
TOYOTA IS 350
植田 正幸YH1'52.74610.237145.697
9ST-3215岡部自動車DIXCELチームテツヤZ34
NISSAN FAIRLADY Z
田中 哲也YH1'53.54411.035144.673
10ST-335岡部自動車メーカーズZ34
NISSAN FAIRLADY Z
白井 剛YH1'54.46111.952143.514
11ST-3414岡部自動車マイロード協新計測RX-7
MAZDA RX-7
増田 芳信YH1'54.50011.991143.466
12ST-3580PETRONAS TWS GS350
LEXUS GS350
脇阪 薫一YH1'54.88112.372142.990
13ST-3635asset テクノ Z33
NISSAN FAIRLADY Z
堀田 誠YH1'55.22912.720142.558
14ST-23505KYOSHOアリスモータース ランサーX
MITSUBISHI LANCER EVOLUTION X
藤原 能成YH1'55.34412.835142.416
15ST-2430RSオガワADVANランサーⅡ
MITSUBISHI LANCER EVOLUTION IX
白田 智彦YH1'56.35213.843141.182
16ST-3770Olive SPA + KOTA RACING
HONDA NSX-R
水谷 晃YH1'57.35714.848139.973
17ST-4158ウィンマックスTEINワコーズKRP
HONDA INTEGRA TYPE R
山田 隆行YH1'57.35914.850139.971
18ST-4212VBOX-J りぼん ヤヨイ カーズ桶川 SSR ED FD2
HONDA CIVIC TYPE R
松井 隆幸YH1'57.85215.343139.385
19ST-43100百式自動車XリデューカーWINMAX-DC5
HONDA INTEGRA TYPE R
古谷 彰教YH1'59.03616.527137.999
20ST-4438TRACY SPORTS S2000
HONDA S2000
筒井 克彦YH1'59.06216.553137.968
21ST-4518コスモソニックFK・ings DC5
HONDA INTEGRA TYPE R
笠原 智行YH1'59.33116.822137.657
22ST-4695リジカラS2000
HONDA S2000
市嶋 樹YH1'59.65417.145137.286
23ST-47555Mita Project FD2
HONDA CIVIC TYPE R
佐藤 和徳YH2'00.28017.771136.571
24ST-38777ドリームエンジェルADVAN・RX-7
MAZDA RX-7
武藤 実YH2'00.82618.317135.954
25ST-48333GLORY.A-ONE.ED.CIVIC-R-EURO
HONDA CIVIC TYPE R EURO
藤田 弘幸YH2'01.07918.570135.670
26ST-4948DIJON私立日本橋高校ED WAKO'S DC5
HONDA INTEGRA TYPE R
水越 真一YH2'01.92419.415134.730
27ST-410116W.S.ENGINEERING S2000
HONDA S2000
吉田 靖之YH2'02.53720.028134.056
28ST-3946TKM Lotus Exige
LOTUS Exige
堀田 誠YH2'04.66622.157131.766
29ST-5136エンドレス アドバン トラスト ヴィッツ
TOYOTA Vitz
井尻 薫YH2'08.58126.072127.755
30ST-5219BRP☆HYPER ECU C72制動屋J'Sフィット
HONDA FIT
西田 公也YH2'11.72629.217124.704
31ST-534アイクレオ&サムライジーンズ&ビーラインTSKVitz
TOYOTA Vitz
伊藤 俊哉YH2'12.64430.135123.841
32ST-5471ピースMS NUTEC 制動屋Vitz
TOYOTA Vitz
大瀧 賢治YH2'13.49630.987123.051
33ST-55602PTG明京K'zランドリー602Vitz
TOYOTA Vitz
岩月 邦博YH2'14.09331.584122.503
---- 以上予選通過 ----
-ST-5-55姫神ガジェット吉田山JMCVitz
TOYOTA Vitz
谷森 康登YH2'15.92433.415120.853
-ST-5-213WAKO'S μオクヤマVitz
TOYOTA Vitz
市石 浩章YH2'15.95833.449120.823
-ST-4-60ウインマックスRCBインテグラ
HONDA INTEGRA TYPE R
今岡 達哉YHno time--
-ST-4-339GPO+KOTA RACING
HONDA S2000
橋本 達也YHno time--
-ST-5-99RS☆RロイヤルパープルDIXCELデミオ
MAZDA DEMIO
野村 浩史YHAbsence--

スーパー耐久

S耐:第1戦富士A,Bドライバー公式予選総合結果

スーパーTEC -RIJ- (2012/03/25) A&B Total Qualify Weather:Fine Course:Dry
2012 Super Taikyu Series Round 1 富士スピードウェイ 4.563km

PosClsCls
Pos
NoCar
Model
DriverAdriver
Bdriver
Total
Time
Behind
1GT311PETRONAS SYNTIUM SLS AMG GT3
Mercedes-Benz SLS AMG GT3
ファリーク・ハイルマン
ドミニク・アン
1'42.294
1'41.688
3'23.982-
2GT3228PETRONAS SYNTIUM SLA AMG GT3
Mercedes-Benz SLS AMG GT3
メルビン・モー
ジョノ・レスター
1'42.839
1'41.448
3'24.287 0.305
3ST-1125SAMURAI Porsche
PORSCHE 997
土屋 武士
神取 彦一郎
1'45.940
1'47.179
3'33.119 9.137
4ST-123ENDLESS・ADVAN・380RS-C
NISSAN FAIRLADY Z
峰尾 恭輔
谷口 行規
1'47.090
1'48.135
3'35.22511.243
5ST-139Faust Racing Team
BMW Z4M COUPE
堀 主知ロバート
岡本 武之
1'47.471
1'47.855
3'35.32611.344
6ST-216新菱オート☆DIXCELエボⅨ
MITSUBISHI LANCER EVOLUTION IX
冨桝 朋広
菊地 靖
1'50.733
1'48.896
3'39.62915.647
7ST-2220RSオガワADVANランサー
MITSUBISHI LANCER EVOLUTION IX
大橋 正澄
阪口 良平
1'50.843
1'49.198
3'40.04116.059
8ST-2359Sturm・MOTUL・ED・インプレッサ
SUBARU IMPREZA WRX STI
大澤 学
吉田 寿博
1'50.387
1'49.664
3'40.05116.069
9ST-24505KYOSHOアリスモータース ランサーX
MITSUBISHI LANCER EVOLUTION X
塩野 健司
松下 昌揮
1'51.343
1'51.680
3'43.02319.041
10ST-3134asset テクノ Z34
NISSAN FAIRLADY Z
佐々木 雅弘
前嶋 秀司
1'51.699
1'51.388
3'43.08719.105
11ST-3214岡部自動車マイロード協新計測RX-7
MAZDA RX-7
小松 一臣
杉林 健一
1'51.677
1'52.209
3'43.88619.904
12ST-3339TRACY SPORTS IS 350
TOYOTA IS 350
兵藤 信一
川口 正敬
1'52.211
1'52.085
3'44.29620.314
13ST-3435asset テクノ Z33
NISSAN FAIRLADY Z
小泉 和寛
吉田 広樹
1'52.433
1'52.477
3'44.91020.928
14ST-3515岡部自動車DIXCELチームテツヤZ34
NISSAN FAIRLADY Z
長島 正明
田中 徹
1'52.396
1'52.774
3'45.17021.188
15ST-2530RSオガワADVANランサーⅡ
MITSUBISHI LANCER EVOLUTION IX
青木 拓磨
関根 基司
1'53.102
1'52.809
3'45.91121.929
16ST-3680PETRONAS TWS GS350
LEXUS GS350
吉本 大樹
佐藤 晋也
1'53.329
1'53.110
3'46.43922.457
17ST-3770Olive SPA + KOTA RACING
HONDA NSX-R
ナオリュウ
東 徹次郎
1'53.352
1'53.358
3'46.71022.728
18ST-385岡部自動車メーカーズZ34
NISSAN FAIRLADY Z
今村 大輔
安宅 徳光
1'53.072
1'53.767
3'46.83922.857
19ST-4162ホンダカーズ東京 SUNOCOインテグラ
HONDA INTEGRA TYPE R
塩谷 烈州
太田 侑弥
1'56.787
1'55.752
3'52.53928.557
20ST-4258ウィンマックスTEINワコーズKRP
HONDA INTEGRA TYPE R
小林 康一
関 豊
1'56.647
1'55.929
3'52.57628.594
21ST-4318コスモソニックFK・ings DC5
HONDA INTEGRA TYPE R
浅野 武夫
森 正行
1'56.374
1'56.537
3'52.91128.929
22ST-4495リジカラS2000
HONDA S2000
松井 猛敏
中島 保典
1'56.869
1'56.135
3'53.00429.022
23ST-4548DIJON私立日本橋高校ED WAKO'S DC5
HONDA INTEGRA TYPE R
タカモリ 博士
井上 恵一
1'57.183
1'56.957
3'54.14030.158
24ST-4638TRACY SPORTS S2000
HONDA S2000
藤村 政樹
藤田 竜樹
1'57.360
1'57.029
3'54.38930.407
25ST-4712VBOX-J りぼん ヤヨイ カーズ桶川 SSR ED FD2
HONDA CIVIC TYPE R
遠藤 光博
原田 健太
1'58.093
1'56.445
3'54.53830.556
26ST-48333GLORY.A-ONE.ED.CIVIC-R-EURO
HONDA CIVIC TYPE R EURO
野間 一
北川 剛
1'57.566
1'57.312
3'54.87830.896
27ST-3946TKM Lotus Exige
LOTUS Exige
里山 勉
田畑 勇
1'58.502
1'56.778
3'55.28031.298
28ST-49100百式自動車XリデューカーWINMAX-DC5
HONDA INTEGRA TYPE R
加藤 友晴
牧口 博亮
1'57.789
1'58.925
3'56.71432.732
29ST-310777ドリームエンジェルADVAN・RX-7
MAZDA RX-7
オギ姉
藤井 芳樹
1'59.974
1'56.811
3'56.78532.803
30ST-41073mountain・YH・DC5
HONDA INTEGRA TYPE R
下山 和寿
井ノ口 智大
1'58.725
1'58.919
3'57.64433.662
31ST-411116W.S.ENGINEERING S2000
HONDA S2000
安部 光
鶴田 積
1'58.330
2'01.261
3'59.59135.609
32ST-412555Mita Project FD2
HONDA CIVIC TYPE R
山口 吉明
福智 学
1'59.294
2'00.529
3'59.82335.841
33ST-41360ウインマックスRCBインテグラ
HONDA INTEGRA TYPE R
小幡 弘
久保 隆
1'59.680
2'06.659
4'06.33942.357
34ST-5136エンドレス アドバン トラスト ヴィッツ
TOYOTA Vitz
添田 正
岩谷 昇
2'09.882
2'08.818
4'18.70054.718
35ST-5219BRP☆HYPER ECU C72制動屋J'Sフィット
HONDA FIT
奥村 浩一
古宮 正信
2'09.923
2'09.199
4'19.12255.140
36ST-534アイクレオ&サムライジーンズ&ビーラインTSKVitz
TOYOTA Vitz
河野 利尚
植島 禎一
2'11.416
2'13.983
4'25.3991'01.417
37ST-54213WAKO'S μオクヤマVitz
TOYOTA Vitz
根岸 泰弘
東 貴史
2'14.137
2'13.646
4'27.7831'03.801
38ST-5517DIXCELアラゴスタ・NOPROデミオ
MAZDA DEMIO
野上 敏彦
野上 達也
2'13.830
2'14.130
4'27.9601'03.978
---- 以上予選通過 ----
-ST-5-55姫神ガジェット吉田山JMCVitz
TOYOTA Vitz
咲川 めり
田ヶ原 章蔵
2'17.377
2'13.486
4'30.8631'06.881
-ST-5-71ピースMS NUTEC 制動屋Vitz
TOYOTA Vitz
西畑 正樹
紫田 正一
2'15.075
2'17.544
4'32.6191'08.637
-ST-5-602PTG明京K'zランドリー602Vitz
TOYOTA Vitz
金森 敏一
小松 高人
2'11.028
2'49.522
5'00.5501'36.568
-ST-4-339GPO+KOTA RACING
HONDA S2000
北野 浩正
佐々木 孝太
1'56.386
no time
--
-ST-5999RS☆RロイヤルパープルDIXCELデミオ
MAZDA DEMIO
平井 隆一
リョウ・ハマグチ
no time
Absence
--

スーパー耐久

S耐:第1戦富士Bドライバー公式予選結果

スーパーTEC -RIJ- (2012/03/25) B Driver Qualifying Weather:Fine Course:Dry
2012 Super Taikyu Series Round 1 富士スピードウェイ 4.563km

PosClassCls
Pos
NoCar
Maker Model
DriverTimeBehindkm/h
1GT3128PETRONAS SYNTIUM SLA AMG GT3
Mercedes-Benz SLS AMG GT3
ジョノ・レスター1'41.448-161.923
2GT321PETRONAS SYNTIUM SLS AMG GT3
Mercedes-Benz SLS AMG GT3
ドミニク・アン1'41.688 0.240161.541
3ST-1125SAMURAI Porsche
PORSCHE 997
神取 彦一郎1'47.179 5.731153.265
4ST-129Faust Racing Team
BMW Z4M COUPE
岡本 武之1'47.855 6.407152.304
5ST-133ENDLESS・ADVAN・380RS-C
NISSAN FAIRLADY Z
谷口 行規1'48.135 6.687151.910
6ST-216新菱オート☆DIXCELエボⅨ
MITSUBISHI LANCER EVOLUTION IX
菊地 靖1'48.896 7.448150.849
7ST-2220RSオガワADVANランサー
MITSUBISHI LANCER EVOLUTION IX
阪口 良平1'49.198 7.750150.431
8ST-2359Sturm・MOTUL・ED・インプレッサ
SUBARU IMPREZA WRX STI
吉田 寿博1'49.664 8.216149.792
9ST-3134asset テクノ Z34
NISSAN FAIRLADY Z
前嶋 秀司1'51.388 9.940147.474
10ST-24505KYOSHOアリスモータース ランサーX
MITSUBISHI LANCER EVOLUTION X
松下 昌揮1'51.68010.232147.088
11ST-3239TRACY SPORTS IS 350
TOYOTA IS 350
川口 正敬1'52.08510.637146.557
12ST-3314岡部自動車マイロード協新計測RX-7
MAZDA RX-7
杉林 健一1'52.20910.761146.395
13ST-3435asset テクノ Z33
NISSAN FAIRLADY Z
吉田 広樹1'52.47711.029146.046
14ST-3515岡部自動車DIXCELチームテツヤZ34
NISSAN FAIRLADY Z
田中 徹1'52.77411.326145.661
15ST-2530RSオガワADVANランサーⅡ
MITSUBISHI LANCER EVOLUTION IX
関根 基司1'52.80911.361145.616
16ST-3680PETRONAS TWS GS350
LEXUS GS350
佐藤 晋也1'53.11011.662145.229
17ST-3770Olive SPA + KOTA RACING
HONDA NSX-R
東 徹次郎1'53.35811.910144.911
18ST-385岡部自動車メーカーズZ34
NISSAN FAIRLADY Z
安宅 徳光1'53.76712.319144.390
19ST-4162ホンダカーズ東京 SUNOCOインテグラ
HONDA INTEGRA TYPE R
太田 侑弥1'55.75214.304141.914
20ST-4258ウィンマックスTEINワコーズKRP
HONDA INTEGRA TYPE R
関 豊1'55.92914.481141.697
21ST-4395リジカラS2000
HONDA S2000
中島 保典1'56.13514.687141.446
22ST-4412VBOX-J りぼん ヤヨイ カーズ桶川 SSR ED FD2
HONDA CIVIC TYPE R
原田 健太1'56.44514.997141.069
23ST-4518コスモソニックFK・ings DC5
HONDA INTEGRA TYPE R
森 政行1'56.53715.089140.958
24ST-3946TKM Lotus Exige
LOTUS Exige
田畑 勇1'56.77815.330140.667
25ST-310777ドリームエンジェルADVAN・RX-7
MAZDA RX-7
藤井 芳樹1'56.81115.363140.627
26ST-4648DIJON私立日本橋高校ED WAKO'S DC5
HONDA INTEGRA TYPE R
井上 恵一1'56.95715.509140.452
27ST-4738TRACY SPORTS S2000
HONDA S2000
藤田 竜樹1'57.02915.581140.365
28ST-48333GLORY.A-ONE.ED.CIVIC-R-EURO
HONDA CIVIC TYPE R EURO
北川 剛1'57.31215.864140.027
29ST-4973mountain・YH・DC5
HONDA INTEGRA TYPE R
井ノ口 智大1'58.91917.471138.134
30ST-410100百式自動車XリデューカーWINMAX-DC5
HONDA INTEGRA TYPE R
牧口 博亮1'58.92517.477138.127
31ST-411555Mita Project FD2
HONDA CIVIC TYPE R
福智 学2'00.52919.081136.289
32ST-412116W.S.ENGINEERING S2000
HONDA S2000
鶴田 積2'01.26119.813135.466
33ST-41360ウインマックスRCBインテグラ
HONDA INTEGRA TYPE R
久保 隆2'06.65925.211129.693
34ST-5136エンドレス アドバン トラスト ヴィッツ
TOYOTA Vitz
岩谷 昇2'08.81827.370127.519
35ST-5219BRP☆HYPER ECU C72制動屋J'Sフィット
HONDA FIT
古宮 正信2'09.19927.751127.143
36ST-5355姫神ガジェット吉田山JMCVitz
TOYOTA Vitz
田ヶ原 章蔵2'13.48632.038123.060
37ST-54213WAKO'S μオクヤマVitz
TOYOTA Vitz
東 貴史2'13.64632.198122.913
38ST-554アイクレオ&サムライジーンズ&ビーラインTSKVitz
TOYOTA Vitz
植島 禎一2'13.98332.535122.604
39ST-5617DIXCELアラゴスタ・NOPROデミオ
MAZDA DEMIO
野上 達也2'14.13032.682122.469
---- 以上予選通過 ----
-ST-5771ピースMS NUTEC 制動屋Vitz
TOYOTA Vitz
紫田 正一2'17.54436.096119.429
-ST-58602PTG明京K'zランドリー602Vitz
TOYOTA Vitz
小松 高人2'49.5221'08.07496.901
-ST-414339GPO+KOTA RACING
HONDA S2000
佐々木 孝太no time--
-ST-5-99RS☆RロイヤルパープルDIXCELデミオ
MAZDA DEMIO
リョウ・ハマグチAbsence--

スーパー耐久

S耐:第1戦富士Aドライバー公式予選結果

スーパーTEC -RIJ- (2012/03/25) A Driver Qualifying Weather:Fine Course:Dry
2012 Super Taikyu Series Round 1 富士スピードウェイ 4.563km

PosClassCls
Pos
NoCar
Maker Model
DriverTimeBehindkm/h
1GT311PETRONAS SYNTIUM SLS AMG GT3
Mercedes-Benz SLS AMG GT3
ファリーク・ハイルマン1'42.294-160.584
2GT3228PETRONAS SYNTIUM SLA AMG GT3
Mercedes-Benz SLS AMG GT3
メルビン・モー1'42.839 0.545159.733
3ST-1125SAMURAI Porsche
PORSCHE 997
土屋 武士1'45.940 3.646155.058
4ST-123ENDLESS・ADVAN・380RS-C
NISSAN FAIRLADY Z
峰尾 恭輔1'47.090 4.796153.392
5ST-139Faust Racing Team
BMW Z4M COUPE
堀 主知ロバート1'47.471 5.177152.849
6ST-2159Sturm・MOTUL・ED・インプレッサ
SUBARU IMPREZA WRX STI
大澤 学1'50.387 8.093148.811
7ST-226新菱オート☆DIXCELエボⅨ
MITSUBISHI LANCER EVOLUTION IX
冨桝 朋広1'50.733 8.439148.346
8ST-2320RSオガワADVANランサー
MITSUBISHI LANCER EVOLUTION IX
大橋 正澄1'50.843 8.549148.199
9ST-24505KYOSHOアリスモータース ランサーX
MITSUBISHI LANCER EVOLUTION X
塩野 健司1'51.343 9.049147.533
10ST-3114岡部自動車マイロード協新計測RX-7
MAZDA RX-7
小松 一臣1'51.677 9.383147.092
11ST-3234asset テクノ Z34
NISSAN FAIRLADY Z
佐々木 雅弘1'51.699 9.405147.063
12ST-3339TRACY SPORTS IS 350
TOYOTA IS 350
兵藤 信一1'52.211 9.917146.392
13ST-3415岡部自動車DIXCELチームテツヤZ34
NISSAN FAIRLADY Z
長島 正明1'52.39610.102146.151
14ST-3535asset テクノ Z33
NISSAN FAIRLADY Z
小泉 和寛1'52.43310.139146.103
15ST-365岡部自動車メーカーズZ34
NISSAN FAIRLADY Z
今村 大輔1'53.07210.778145.277
16ST-2530RSオガワADVANランサーⅡ
MITSUBISHI LANCER EVOLUTION IX
青木 拓磨1'53.10210.808145.239
17ST-3780PETRONAS TWS GS350
LEXUS GS350
吉本 大樹1'53.32911.035144.948
18ST-3870Olive SPA + KOTA RACING
HONDA NSX-R
ナオリュウ1'53.35211.058144.918
19ST-4118コスモソニックFK・ings DC5
HONDA INTEGRA TYPE R
浅野 武夫1'56.37414.080141.155
20ST-42339GPO+KOTA RACING
HONDA S2000
北野 浩正1'56.38614.092141.141
21ST-4358ウィンマックスTEINワコーズKRP
HONDA INTEGRA TYPE R
小林 康一1'56.64714.353140.825
22ST-4462ホンダカーズ東京 SUNOCOインテグラ
HONDA INTEGRA TYPE R
塩谷 烈州1'56.78714.493140.656
23ST-4595リジカラS2000
HONDA S2000
松井 猛敏1'56.86914.575140.557
24ST-4648DIJON私立日本橋高校ED WAKO'S DC5
HONDA INTEGRA TYPE R
タカモリ 博士1'57.18314.889140.181
25ST-4738TRACY SPORTS S2000
HONDA S2000
藤村 政樹1'57.36015.066139.969
26ST-48333GLORY.A-ONE.ED.CIVIC-R-EURO
HONDA CIVIC TYPE R EURO
野間 一1'57.56615.272139.724
27ST-49100百式自動車XリデューカーWINMAX-DC5
HONDA INTEGRA TYPE R
加藤 友晴1'57.78915.495139.460
28ST-41012VBOX-J りぼん ヤヨイ カーズ桶川 SSR ED FD2
HONDA CIVIC TYPE R
遠藤 光博1'58.09315.799139.101
29ST-411116W.S.ENGINEERING S2000
HONDA S2000
安部 光1'58.33016.036138.822
30ST-3946TKM Lotus Exige
LOTUS Exige
里山 勉1'58.50216.208138.620
31ST-41273mountain・YH・DC5
HONDA INTEGRA TYPE R
下山 和寿1'58.72516.431138.360
32ST-413555Mita Project FD2
HONDA CIVIC TYPE R
山口 吉明1'59.29417.000137.700
33ST-41460ウインマックスRCBインテグラ
HONDA INTEGRA TYPE R
小幡 弘1'59.68017.386137.256
34ST-310777ドリームエンジェルADVAN・RX-7
MAZDA RX-7
オギ姉1'59.97417.680136.920
35ST-5136エンドレス アドバン トラスト ヴィッツ
TOYOTA Vitz
添田 正2'09.88227.588126.475
36ST-5219BRP☆HYPER ECU C72制動屋J'Sフィット
HONDA FIT
奥村 浩一2'09.92327.629126.435
37ST-53602PTG明京K'zランドリー602Vitz
TOYOTA Vitz
金森 敏一2'11.02828.734125.370
38ST-544アイクレオ&サムライジーンズ&ビーラインTSKVitz
TOYOTA Vitz
河野 利尚2'11.41629.122124.998
39ST-5517DIXCELアラゴスタ・NOPROデミオ
MAZDA DEMIO
野上 敏彦2'13.83031.536122.744
40ST-56213WAKO'S μオクヤマVitz
TOYOTA Vitz
根岸 泰弘2'14.13731.843122.463
---- 以上予選通過 ----
-ST-5-71ピースMS NUTEC 制動屋Vitz
TOYOTA Vitz
西畑 正樹2'15.07532.781121.612
-ST-5-55姫神ガジェット吉田山JMCVitz
TOYOTA Vitz
咲川 めり2'17.37735.083119.575
-ST-5-99RS☆RロイヤルパープルDIXCELデミオ
MAZDA DEMIO
平井 隆一no time--

PORSCHE CARRERA CUP JAPAN

PCCJ:ポルシェ カレラカップ ジャパン、若手ドライバー育成プログラムに平川亮を選出

プレスインフォメーション 2012年3月21日 
 
ポルシェ ジャパン株式会社(本社:東京都目黒区 代表取締役社長:黒坂 登志明)とポルシェ カレラ カップ ジャパン (PCCJ) 委員会は、2009年より実施しております「PCCJ若手ドライバー育成プログラム」の継続にあたり、今シーズンPCCJへシリーズ参戦するドライバー1名を平川 亮選手に決定しました。

書類選考によって選ばれた3名の若手ドライバーは、オーディション最終審査として本年1月29日、富士スピードウェイで911 GT3 Cup(2011年モデル)をドライブいたしました。ラップタイムのみではなくドライバーとしての資質や環境など総合的な審査による結果、平川選手は栄えある3人目のPCCJ若手育成プログラムのドライバーとして選ばれ、ゼッケン14番 ”GARMIN Porsche (ガーミン ポルシェ)”(MY11 911 GT3 Cup) にて2012年シリーズのチャンピオンクラスへエントリーが決定いたしました。

平川 亮選手は、過去にPCCJシリーズへの参戦経験を持つ父親のもとで育ち、14歳で全日本ジュニアカート選手権にてシリーズチャンピオンを獲得しました。その後FJ、スーパーFJ、F4、フォーミュラ チャレンジ ジャパンといったレースへの参戦によってモータースポーツの経験を積み今日に至ります。PCCJは平川選手にとって初のフォーミュラーカー以外でのレースとなりますが、PCCJのドライビングアドバイザーを務める影山正美氏をはじめ、PCCJ委員会によるサポートを得てシリーズチャンピオンを目指します。

PCCJ史上、最年少となる18歳のルーキーは「今年、PCCJでデビューできることを嬉しく思います。このチャンスを下さったGARMINを始めとするスポンサー各社さまには感謝しています。富士スピードウェイでの合同テストではフォーミュラーカーとの違いにかなり苦戦しましたが、シリーズを通して様々なことを吸収し、チャンピオンとして終われるように努力しますので、応援よろしくお願いします」とコメントとしています。

平川 亮プロフィール

■氏 名 :平川 亮(ひらかわ りょう)
■生年月日:1994年3月7日(18歳)
■ 出身地 :広島県
■ レース戦歴
・2011年 
フォーミュラ チャレンジ ジャパン (シリーズ2位)
F4 西日本シリーズ (シリーズ チャンピオン)
F4 東日本シリーズ (シリーズ 7位)

・2010年 スーパーFJ 日本一決定戦 (優勝)
フォーミュラ チャレンジ ジャパン (シリーズ6位)
JAF地方選手権 FJ 岡山シリーズ(シリーズチャンピオン)

・2009年
全日本カート選手権 スーパー(KF2)(シリーズ3位)

・2008年
全日本ジュニアカート選手権(シリーズチャンピオン)


ポルシェジャパンKK.・プレスリリース

その他

フェラーリ・レーシング・デイズが鈴鹿で初開催、ゲストにミカ・サロも参加しフェラーリチャレンジレースが行われた

ferrari_rd_01 ferrari_rd_02 ferrari_rd_03 ferrari_rd_04 ferrari_rd_05 ferrari_rd_06 ferrari_rd_07 ferrari_rd_08

 鈴鹿初開催のこのイベントは、国内だけでなく海外からも合わせて数百台にもなる新旧フェラーリが集合して、多くの展示・走行が行われた。

 中でも注目はフェラーリ・チャレンジの日本初開催と、ミカ・サロ選手のドライブによるフェラーリF1 2008年モデルの「F1ショー」である。18日のショーでは、路面状況は悪かったものの、模擬とはいえ、スタート・シーンの迫力とグランド・スタンド前でのスピンターンは観客の注目を集めた。

Ferrari Challenge trofeo Pirelli ASIA PACIFIC 2012
Race1 天候:雨天 コンディション:ウェット

ferrari_rd_r1_32 ferrari_rd_r1_87 ferrari_rd_r1_33 ferrari_rd_r1_podium

 本来、昨年フジスピードウェイともてぎで開催予定だったこのシリーズだが、震災の影響で今回が日本初の開催となった。

 今年はこの後、上海で2戦、マレーシア、シンガポールで各1戦、最終戦はヨーロッパでフェラーリ・ワールド・ファイナルズが予定されているシリーズで、鈴鹿はその開幕戦となる。

 使用するマシンは、フェラーリ458チャレンジ。レースはそれぞれ30分の時間レースである。

 昨日の雨中の予選でポールシッターとなった、日本人の32号車、林 久盛選手がウェットの難しいコンディションの中、快調に周回を重ね、残り4分余の赤旗中止までに9ラップを重ねて初優勝を遂げた。2位 には87号車、イタリアのフィリッペ・プレッタ選手、3位にはこれも日本人ドライバーの、33号車石川資章選手が入った。

 今回ゲストドライバーとして参加した、元F1ドライバー、ミカ・サロ選手は、最後尾から25台近くをラップし、3位でゴールした。(順位は賞典外)

Race2  天候:曇り コンディション:ウェット

ferrari_rd_r2_87 ferrari_rd_r2_32 ferrari_rd_r2_83 ferrari_rd_r2_podium

 ポールシッターは、Race1で2位の87号車、フィリッペ選手。2番手が32号車の林選手。このレースも決勝直前に雨粒が落ち出したがそれほどひどくはならず、予選順位のまま、30分レースを終えた。

 ここでもミカ・サロ選手は最後尾からのごぼう抜きにかかったが、1周目に他車と接触し、 そのままリタイアとなった。

Text & Photo: Motorsports Forum

FJ1600 | S-FJ鈴鹿シリーズ

鈴鹿クラブマンレースが開幕 SF-Jは宇井健剛が、FJ1600は西村穣地が優勝!

■SF-J第1戦

sfj_r01_70 sfj_r01_10 sfj_r01_58

 エントリーは20台。シーズンオフに再舗装された西コースで、予選でースレコードをマークした。

 決勝レースは、昨年のS-FJ日本一の10号車加藤智がスタートからトップにつけるが、スタート直後に西コース管理室付近でクラッシュがありSCが入る。

 5周目にリスタートとなり、その後10周までは10号車、70号車宇井健剛、58号車石川京待の予選上位3台がそのままの順位で周回を重ねていく。

 しかし、11週目のショートカットのブレーーキングをミスした、10号車加藤を70号車宇井がパス。そのまま14周を走りきって優勝を獲得した。

■FJ1600第1戦

fj_r01_4 fj_r01_3 fj_r01_41

 このクラスは、6台のエントリーと、ややさびしい数の幕開けとなった。

 コースレコードは更新されなかったが、20年来の参戦キャリアを持つ4号車の西村穣地がポールからのスタートを決めると、危なげない走りでそのまま優勝を遂げた。

 2位に入ったのは、一つポジションを上げたチームムメイトの3号車、川村正徳。3位は2番手スタートの41号車、加藤洋一だった。

Text & Photo: Motorsports Forum

Formula Nippon | SUPER GT | その他

鈴鹿サーキット50周年ファン感謝デーは大盛況で幕を閉じる

 鈴鹿サーキットは3月3日、4日の二日間、毎年恒例のファン感謝デーを開催した。

 開場50周年となる今年は例年以上に豪華なゲストと車両が参加したこともあり、初日から多くのファンが詰め掛け、観客動員数は3日3万人、4日は午後からあいにくの雨に見舞われたにもかかわらず2万7千人を記録した。

 3日は晴天に恵まれ、朝から周辺道路が渋滞するほどの賑わいとなった。

 コース上では8耐と全日本スーパーバイクのテスト走行から始まり、スーパーGTテスト走行、元GP王者のワイン・ガードナーやケビン・シュワンツを迎えての「二日間限りのWGP&MotoGP復活」が午前中に行われた。

 かつてはJGTCにもドライバーとして参加していたガードナーは今回、スペインでMoto3シリーズに参戦を予定している息子を伴って来日。自分よりも息子の売り込みに懸命な様子だった。

 お昼のピットウォーク、グリッドウォークをはさんで、午後からは待ちに待ったF1の走行。

 まずは「レジェンドF1デモンストレーション走行」と題し、かつて日本グランプリを沸かせた名車4台が同時に走行した。

 参加したのはマクラーレンMP4/5ホンダ、ラルースLC90ランボルギーニ、ロータス101ジャッド、ミナルディM192ランボルギーニ。

 マクラーレンには今年もインディカーシリーズに参戦する佐藤琢磨、ラルースにはこの車で日本人として初の表彰台に上がった鈴木亜久里、ミナルディには中野信治が乗り込んだ。そしてロータスはあのジャン・アレジがドライブ。アレジは今季インディ500マイルへの参戦を予定しており、その縁もあってのロータスドライブとなったようだ。

 続いて行われたのが今年最大の見どころのひとつでもある、「中嶋悟vs星野一義 夢のF1競演」だ。

 かつて全日本F2選手権や富士GCシリーズで幾多の名勝負を繰り広げた宿命のライバルが、ホンダV6ターボエンジンを積むF1マシンで再び対決するという、レースファンにとっては夢のようなイベントが鈴鹿の東コースを使って行われた。

 中嶋悟がドライブしたのは88年の日本グランプリで予選6位を獲得したロータス100Tホンダ。星野一義は1986年のコンストラクターズタイトルを獲得したウィリアムズFW11をドライブ。星野はかつてこの車でホンダのエンジンテストをここ鈴鹿で行ったこともある。

 二人はクルマに乗り込む前から熱いトークバトルを展開。これに二人の息子、中嶋大祐と星野一樹も加わり、家庭での意外な一面を披露するなど、場内は笑いに包まれた。

 イベントは日が傾く夕刻になっても続けられ、8耐マシンやスーパーGTマシンがライトオンでの夜間走行を行って初日は終了した。

 4日は午前中こそドライコンディションでの走行ができたものの、午後からは小雨が降り始める残念なコンディション。このため走行予定は大幅に変更となってしまった。

 朝一番の走行はフォーミュラニッポンのテスト走行。今シーズンのストーブリーグもほぼ決着し、各ドライバー新たな体制で今季最初の走行に臨む。

 中でも今回最大の注目点は、終盤戦へのスポット参戦が既に明らかになっている佐藤琢磨の参加だ。佐藤はチーム無限の15号車を駆って慎重に走行を重ね、初めてのスウィフトと鈴鹿では2006年以来となるレーシングスピードでの走行に徐々に感覚を慣らしていった。

 ここでトップタイムを記録したのは佐藤のチームメイトである山本尚貴。佐藤はトップから3秒落ちの12番手で走行を終え、午後のエキジビジョンレース「ラウンド0」に臨む。

 そのラウンド0は、あいにくのウェットコンディションの中でわずか10周ながら本番さながらの激しいバトルが展開され、今シーズンもチーム員パルからエントリーする#19ジョアオ・パオロ・デ・オリベイラが優勝。2位に佐藤がつけ、3位にはポールからスタートした#1アンドレ・ロッテラーという結果となった。

 続いて行われる予定だった中嶋vs星野のF1対決は残念ながら雨で中止に。代わって行われたトークショーでは、星野の口から「来月の2&4で再戦を」との提案が出て、場内を大いに沸かせた。

 実際にこれが行われるかどうかは現時点では未定だが、ここは鈴鹿サーキット、JRPの英断に期待したいところだ。

 続く鈴鹿1000km&スーパーGTマシン走行では、懐かしのグループCカーが2台参加。1台はルマン24時間レースで圧倒的な強さを誇り、日本でもWECinジャパンなどでお馴染みのロスマンズ・ポルシェ962C、もう1台は鈴鹿1000kmやJSPCで大活躍したニッサンR92CPだった。

 続いて行われたレジェンドF1の走行も、雨のためわずか2台のみとなってしまった。1台は前日と同じくアレジがロータス101をドライブしたが、この日のもう1台はフェラーリF2003GAが参加。こちらは田中哲也がドライブした。

 鈴鹿サーキットではこの翌日からフォーミュラニッポンの合同テストが行われ、来月15日に鈴鹿2&4として二輪、四輪そろって開幕を迎える。

50周年ファン感謝デー

2012_fan_thanks_01 2012_fan_thanks_02 2012_fan_thanks_03 2012_fan_thanks_04 2012_fan_thanks_05 2012_fan_thanks_06 2012_fan_thanks_07 2012_fan_thanks_08 2012_fan_thanks_09 2012_fan_thanks_10 2012_fan_thanks_11 2012_fan_thanks_12 2012_fan_thanks_13 2012_fan_thanks_14 2012_fan_thanks_15 2012_fan_thanks_16 2012_fan_thanks_17 2012_fan_thanks_18 2012_fan_thanks_19 2012_fan_thanks_20 2012_fan_thanks_21 2012_fan_thanks_22 2012_fan_thanks_23 2012_fan_thanks_24 2012_fan_thanks_25 2012_fan_thanks_26 2012_fan_thanks_27 2012_fan_thanks_28 2012_fan_thanks_29 2012_fan_thanks_30 2012_fan_thanks_31 2012_fan_thanks_32 2012_fan_thanks_33 2012_fan_thanks_34 2012_fan_thanks_35 2012_fan_thanks_36 2012_fan_thanks_37 2012_fan_thanks_38 2012_fan_thanks_39 2012_fan_thanks_40 2012_fan_thanks_41 2012_fan_thanks_42 2012_fan_thanks_43

フォーミュラ・ニッポン ラウンド0

fn_r00_01.JPG fn_r00_02.JPG fn_r00_03.JPG fn_r00_04.JPG fn_r00_05.JPG fn_r00_06.JPG fn_r00_07.JPG fn_r00_08.JPG fn_r00_09.JPG fn_r00_10.JPG fn_r00_11.JPG fn_r00_12.JPG fn_r00_13.JPG fn_r00_14.JPG fn_r00_15.JPG fn_r00_16.JPG fn_r00_17.JPG fn_r00_18.JPG fn_r00_19.JPG fn_r00_20.JPG fn_r00_21.JPG fn_r00_22.JPG fn_r00_23.JPG fn_r00_24.JPG fn_r00_25.JPG fn_r00_26.JPG fn_r00_27.JPG fn_r00_28.JPG fn_r00_29.JPG fn_r00_30.JPG fn_r00_31.JPG fn_r00_32.JPG fn_r00_33.JPG fn_r00_34.JPG fn_r00_35.JPG fn_r00_36.JPG fn_r00_37.JPG fn_r00_38.JPG fn_r00_r_7 fn_r00_r_10 fn_r00_r_16 fn_r00_r_31 fn_r00_r_38 fn_r00_r_39 fn_r00_r_40 fn_r00_r_41 fn_r00_r_62

SUPER GT デモラン

gt_fan_thanks_01.JPG gt_fan_thanks_02.JPG gt_fan_thanks_03.JPG gt_fan_thanks_04.JPG gt_fan_thanks_05.JPG gt_fan_thanks_06.JPG gt_fan_thanks_07.JPG gt_fan_thanks_08.JPG gt_fan_thanks_09.JPG

Text: Kazuhisa SUEHIRO / Photo: Katsuhiko KOBAYASHI & Motorsports Forum

Formula Nippon

FN:第0戦鈴鹿 決勝記者会見 佐藤琢磨他3名のコメント

アンドレ・ロッテラー(トムス)
fn_r00_r_lotterer  「今年もできるだけ多く勝つことが目標です。今朝のテストは少ない周回数ながらいきなりハイペースでの走行になりましたし、元々鈴鹿はチャレンジングなレイアウトなので、ここで一気に冬眠から目覚めた感じでした。今シーズンはGTをやっていないので、これが本当に初めての走行だったんですよ。 今日のレースではスタートがうまくいかず、タクマが前に行ってしまって、それを追いかけているうちに後ろからJPがハードにプッシュしてきて抜かれてしまいました。(西コースの改修について)アスファルトがスムースになってグリップが上がったのも体感できました。以前あったバンプステアも解消されましたね。ただ、僕自身は難しいキャラクターもそんなに嫌いじゃないので、どちらがいいかはわかりません」
佐藤琢磨(無限)
fn_r00_r_sato  「今回はむちゃくちゃなスケジュールで(笑)。半日でシート作っていきなり走るような状況でした。 非常にコンペティティブなクルマだし、自分自身はここをレーシングスピードで走るのは2006年以来でしたから、少しずつ慣らしていこうと思って走りましたが、それでもものすごいポテンシャルを肌で感じました。レースでは久々のスタンディングスタートだったし、フットクラッチを操作するのもイギリスF3以来でしたが、アンドレやJPと楽しいバトルができました。セットが合ってるかどうかすらわからない状況での走行でしたが、F1に近いブリヂストンのコンパウンドのグリップ感もなつかしかった。 (参戦は)インディカーのシーズン中は難しいと思います。最終戦あたりは確実かなぁと。今年から(松田)次生も復活したし、(金石)年弘も走ってる。SRS-Fの3期生が勢揃い、という感じで、一緒にレースするのがとても楽しみです」
松田次生(インパル)
fn_r00_r_matsuda  「今回、星野監督とトヨタさんのバックアップがあり、フォーミュラニッポンに戻していただけたことに感謝しています。でもブランクを言い訳にはしたくないし、フォーミュラ最後のけじめのつもりでチャンピオンを目指します。ここでチャンピオン取れなかったらもう先は無いぐらいのつもりです。 JPは速いし、インパルのクルマも速いので、なんとかテストで修正していって開幕戦に臨みたいです。 西コースの改修のおかげでペースが上がっていて、1分38秒台がすぐに出たし、もしかしたら36秒くらいまで行くんじゃないかと思っています。星野監督のチームということで背負うものも大きいので、戻ってこれてうれしいと思う反面、荷が重いなとも感じています。ですがJPと協力して速いクルマを作って、チームタイトル、シリーズタイトルを取りたいです」
塚越広大(ダンディライアン)
fn_r00_r_tsukakoshi  「今日のはあくまでイベントだから、無茶してぶつかったら台無しになると思ったし、あのスタート位置だと自分のペースで走るのは難しいと思ったので、最初は前との間隔をあけて走りました。いいセッションになりましたが、ラップタイムでJPに負けたのは悔しいです。今季も強敵が多いですが「厳しい」というより「やっつける相手が多くて楽しい」と思ってやっていきます。去年一年間ホンダエンジンが一勝もできなかったことで、今年のホンダさんからは今まで以上のやる気を感じますから、それに結果でお返ししたいと思います。まずは開幕戦で周りがびっくりするようなタイムを出してやろうと思っています」
まとめ: Kazuhisa SUEHIRO / Photo: Yoshinori OHNISHI

Formula Nippon

FN:ラウンド0鈴鹿 オリベイラが本気の走りで後続を圧倒!琢磨は2位に

フォーミュラニッポンのエキジビジョンレース「フォーミュラ・ニッポンRd.0」が3月4日、開場50周年を迎える鈴鹿サーキットでファン感謝デーのアトラクションの一つとして行われた。

fn_r00_r_sato1

fn_r00_r_sato2

fn_r00_r_15b

fn_r00_r_19

fn_r00_r_15

fn_r00_r_1

fn_r00_r_8

fn_r00_r_20

fn_r00_r_32

今回の注目は、シリーズ中のスポット参戦が既に明らかになっているインディカードライバー、佐藤琢磨の参加だ。 佐藤は午前中のテスト走行からチーム無限の15号車を駆り、次第にペースを上げながら周回を重ね、午後の決勝に備えていた。 ここでトップタイムを記録したのは佐藤のチームメイトとなる#16山本尚貴で1分38秒793と非公式ながらコースレコードを更新してみせた。

しかしこのせっかくのアトラクションも残念なことに、お昼のピットウォークが始まる直前から小雨が降り始め、コースコンディションはウェットに。 コース改修によるペースアップへの期待は、来月の2&4まで持ち越しとなった。

エキジビジョンレースは午後1時にフォーメーションラップを開始。 今回は予選は行われず、前年チャンピオンの#1アンドレ・ロッテラー。#15佐藤琢磨が2番手につけ、以下#19ジョアオ・パオロ・デ・オリベイラ、#8ロイック・デュバルの順で10周の戦いが始まった。

ホールショットを奪ったのはなんと佐藤。動きだしで後れをとったロッテラーも懸命に追い上げ、3周目のヘアピンで佐藤のインをついてトップに立つ。 しかし佐藤もすかさず次の200Rで並び返し、スプーン手前で再びトップに。 そういうするうちに3位のオリベイラがロッテラーの背後につけ、130Rでインをついて2位に浮上してきた。

オリベイラはそのまま佐藤とのギャップを削り取っていき、6周目のデグナーで佐藤が失速したのを見逃さず、アウトから並びかけてヘアピン手前でトップに立つと、そのまま一気に後続を引き離してトップでチェッカーを受けた。 2位は佐藤、3位はチャンピオンのロッテラーがつけた。

今シーズンのフォーミュラ・ニッポン公式戦は、このあと4月15日にここ鈴鹿で開幕、11月3日の鈴鹿までの全7戦が開催される。

Text: Kazuhisa SUEHIRO / Photo: Motorsports Forum

Formula Nippon

FN:第0戦鈴鹿決勝結果

Fニッポン第0戦 -RIJ- (2012/03/04) Race Result Weather:Rainy Course:Wet
2012 Formula Nippon Round 0 鈴鹿サーキット 5.807km

PNoDriverTeamEngineLapTime /
Behind
119ジョアオ・パオロ・デ・オリベイラTEAM IMPULTOYOTA RV8K1019'04.269
215佐藤 琢磨TEAM 無限HONDA HR10E104.698
31アンドレ・ロッテラーPETRONAS TEAM TOM'STOYOTA RV8K106.209
48ロイック・デュバルTeam KYGNUS SUNOCOTOYOTA RV8K1010.591
520松田 次生TEAM IMPULTOYOTA RV8K1012.829
632小暮 卓史NAKAJIMA RACINGHONDA HR10E1015.670
72中嶋 一貴PETRONAS TEAM TOM'STOYOTA RV8K1019.148
87大嶋 和也Team LeMansTOYOTA RV8K1023.677
941塚越 広大DoCoMo TEAM DANDELION RACINGHONDA HR10E1030.940
1010金石 年弘HP REAL RACINGHONDA HR10E1035.296
1138平手 晃平Project μ/cerumo・INGINGTOYOTA RV8K1044.880
1216山本 尚貴TEAM 無限HONDA HR10E1045.089
1340伊沢 拓也DoCoMo TEAM DANDELION RACINGHONDA HR10E1049.734
1431中嶋 大祐NAKAJIMA RACINGHONDA HR10E1051.860
1539国本 雄資Project μ/cerumo・INGINGTOYOTA RV8K1057.171
1662嵯峨 宏紀Le Beauest MotorsportsTOYOTA RV8K101'04.078
---- 以上規定周回(9 Laps)完走 ----
-3安田 裕信KONDO RACINGTOYOTA RV8K-Absence
  • シャーシーは全車Swift FN09、タイヤは全車BSです。
  • Fastest Lap: CarNo.19 ジョアオ・パオロ・デ・オリベイラ 1'50.735 (10/10)

その他

鈴鹿サーキットファン感謝デー:夢の対決が実現。星野vs中嶋F1対決

50周年を迎える今年の鈴鹿ファン感謝デー最大の目玉といっていいのがこの「夢のF1競演 中嶋悟x星野一義」ではないだろうか。

fk_1_wil_hoshino

fk_1_lot_nakajima

fk_1_hosino_vs_nakajima_1

fk_1_hosino_vs_nakajima_2

かつてF2マシンを駆り、幾多の名勝負を繰り広げたこの二人が、今回は1.5リッターターボのモンスターF1で往年のバトルを再現する。
使用された車輛は中嶋悟が1988年の日本GPで予選6位を獲得した愛車、ロータス100Tホンダ。
星野一義はこの鈴鹿でエンジンテストに携わったウィリアムズFW11(1986年)

乗り込む前に星野が「今日は勝つよ。僕の方が先輩なんだし」と言えば、中嶋も「なら明日は雨になって僕が勝つから」とやり返す。
走行は東コースを使った短い時間ではあったものの、年齢を感じさせない熱い走りで、会場に詰めかけた3万人のファンを魅了した。

この対決もまた、明日の14時より再び実施される。

Text:Kazuhisa SUEHIRO / Photo: Motorsports Forum

その他

鈴鹿サーキットファン感謝デー:アレジ、琢磨、亜久里、中野が往年の名車で激走!!「レジェンドF1デモンストレーション走行」

fk_1_mac_sato

fk_1_lot_alesi

fk_1_lar_aguri

fk_1_min_nakano

鈴鹿サーキットは3月3日と4日の二日間、恒例のファン感謝デーを開催。 今年は開場50周年記念ということもあり、今まで以上に趣向を凝らしたアトラクションが用意されている。

その中の目玉の一つが、かつて鈴鹿を湧かせたF1マシンたちによるデモ走行だ。 今回はマクラーレンMP4/5ホンダ、ラルースLC90ランボルギーニ、ロータス101ジャッド、ミナルディM192ランボルギーニの4台が同時にコースイン。 ドライバーはマクラーレンが佐藤琢磨、ラルースは鈴木亜久里、ミナルディは中野信治が担当。ロータスにはなんとジャン・アレジが来日してステアリングを握った。

アレジは今シーズン、KVレーシングからインディ500マイルに参戦を予定しており、そうした縁もあってロータスのドライブを引き受けたようだ。

このデモ走行は明日も予定されており、今日と同じ4台が15時30分より再び走行する。

Text: Kazuhisa SUEHIRO / Photo: Motorsports Forum

検索

最新ニュース