Archives

  • [—]2017 (247)
  • [+]2016 (639)
  • [+]2015 (714)
  • [+]2014 (655)
  • [+]2013 (623)
  • [+]2012 (621)
  • [+]2011 (484)
  • [+]2010 (554)
  • [+]2009 (522)
  • [+]2008 (467)
  • [+]2007 (596)
  • [+]2006 (530)
  • [+]2005 (460)
  • [+]2004 (304)
  • [+]2003 (454)
  • [+]2002 (454)
  • [+]2001 (217)
  • [+]2000 (408)
  • [+]1999 (376)
  • [+]1998 (465)
  • [+]1997 (424)
  • [+]1996 (1)
  • [+]1995 (425)
  • [+]1994 (411)
  • [+]1993 (423)
  • [+]1992 (519)
  • [+]1991 (423)
  • [+]1990 (250)
  • [+]1970 (1)

ニュース内検索

2010年3月

スーパー耐久

【鈴鹿サーキット】3月30日(火)、スーパー耐久・鈴鹿500kmチケット発売開始 !

グランドスタンドでゆったり観戦!! パドックパスに豪華特典!!

20100329SUZUKA.jpgST-5クラスの新設、ヨコハマタイヤによるワンメイク化、立川祐路や青木拓磨の参戦など、20周年を迎え話題豊富なスーパー耐久・鈴鹿500kmの観戦チケットが3月30日(火)に発売されます。今年のスーパー耐久・鈴鹿500kmは観戦券のみでグランドスタンドV席からも観戦できます。またパドックパスのみでホスピタリティテラスへのご入場も可能となりました。

スーパー耐久の熱いバトルをお好きな席で、思う存分お楽しみください!!
※詳細は3ページ以降のチケット情報をご覧ください。

ST-1クラスにSUPER GT最速男、立川祐路がポルシェで参戦!
王者BMW Z4Mとのバトルに注目

今年から5クラスのマシンが混走して争われることになったスーパー耐久だが、その総合トップを争うのがエンジン排気量3501cc以上のマシンで争われるST-1クラスだ。フェアレディZとの戦いを制し昨年、一昨年とPETRONAS SYNTIUM TEAMのBMW Z4Mクーペがタイトルを獲得。今年も谷口信輝/柳田真孝組、片岡龍也/F・ハイムラン組の強力ラインアップで3連覇を狙っている。

だがここに強力なライバルが現れた。SUPER GTで最多ポール・ポジション記録を持つ立川祐路が最新のポルシェ911GT3タイプ997で参戦するのだ。かつてSUPER GTでコンビを組んでタイトルを獲得した竹内浩典、そして昨年のポルシェカレラカップジャパンでチャンピオンとなった清水康弘とトリオを組む。開幕戦もてぎでは見事ポール・ポジションを獲得。
決勝では結果を残せなかったが、マシン的にもドライバー的にもまさに最強チームと言っていいだろう。Z4M対911GT3、テクニカルコース鈴鹿でどんな戦いを見せてくれるのだろうか。

2010/3/29 配信

詳しくは鈴鹿サーキットプレスリリースをご覧下さい。

スーパー耐久

S耐:第1戦もてぎ決勝 No.1PETRONAS Z4Mが圧勝。谷口は先週のGTに続いて3連勝!

2010スーパー耐久シリーズ第1戦「もてぎスーパー耐久」は3月28日ツインリンクもてぎで84周の決勝レースを行い、#1PETRONAS SYNTIUM BMW Z4M COUPE(谷口信輝/柳田真孝/イムラン・シャハロム組)が2位以下を48秒以上突き放す圧倒的な速さで勝利した。(天候:曇り コース:ドライ 観客動員数:4,800人)

100328START

100328ST1BATTLE

100328ST1WINNER

100328FINISH

100328ST1TOP3

100328ST2WINNER

100328ST2TOP3

100328ST3WINNER

100328ST3TOP3

100328ST4WINNER

100328ST4TOP3

心配された天候は最後まで持ちこたえたが、3月下旬とは思えない寒さの中、決勝レースは午後1時にスタートした。
この低温が影響したか、ポールシッターの#8ART TASTE GT3を駆る清水康弘のペースが上がらず、7周目の1コーナーで2番手スタートの#1ペトロナスZ4M柳田の先行を許すと、10周目には#28片岡龍也に5コーナーで捉えられ、3位に後退してしまう。
その後も8号車は2分00秒台からペースを上げることが出来ず、1分59秒台で周回を重ねる2台のBMW Z4Mとの差はどんどん開いていった。

1号車はスタートドライバーの柳田、2番手の谷口が周回を重ねるごとにファステストラップを更新していく快調ぶりでチームメイトの28号車をも突き放し、フィニッシュを担当したシャハロムが2分3秒台の走行となってもなお48秒449の差をつけて84周を走り切り、昨年同様の強さを見せ付けた。
谷口はこれで先週のシビックインター、スーパーGTに続いて今季3連勝を達成して来週のGT岡山戦を迎えることとなった。
予選でコースレコードを連発した8号車は、2番手立川、3番手竹内をもってしてもZ4Mとの差を縮めることが出来ず、トップに1分43秒136差でほろ苦いデビュー戦を終えた。

例年接戦の続くST-2クラスは、今回も#20RSオガワADVANランサー(大橋正澄/阪口良平/花岡翔太組)と#26エンドレスアドバンウェッズランサー(朝倉貴志/井尻薫組)が接戦を繰り広げた結果、2度目のピットストップを早めに行ったRSオガワランサーがレース後半にトップを奪い返して勝利。3位には#6新菱オート☆DIXCELエボがつけ、昨日の専有走行でクラッシュして予選アタックが出来ず最後尾スタートとなった#3ウエマツ・エンドレス・アドバン・CSXが怒涛の追い上げで4位、総合でも9位に入った。

終盤まで熾烈なトップ争いを繰り広げ、場内を大いに盛り上げたのがST-3クラスだった。
佐々木孝太がコースレコードを更新して予選トップとなった#39TAITEC TRACY NSX(川口正敬/佐々木孝太/植田正幸組)と#27FINA ADVAN BMW M3(伊橋勲/廣田秀機/行方由久組)が序盤から熾烈なドッグファイトを展開、3周目のV字コーナーで両者は接触し、39号車は後退したが、この件で27号車にはドライブスルーペナルティが下り、14周目に39号車が再びトップに。
#39NSXは最初のピットストップをタイヤ無交換で凌いでトップを守ったが、2度目のピットストップで前後4本交換を行ってからはペースが上がらず、先にピットストップを済ませた27号車にトップを奪い返され、10秒以上の差をつけられてしまう。
しかし終盤タイヤが温まると39号車が攻勢に転じ、2度目のドライブを任された佐々木孝太が72周、73周と立て続けに自己ベストを更新、一気に27号車廣田との差を縮めていき、79周目の1コーナーで再びトップに立った。
抜かれた廣田も懸命に追いすがったが佐々木は最後まで付け入る隙を与えず、開幕戦を制した。
3位には#14岡部自動車Zが入り、影山正彦の快走で予選上位に食い込んだ#51DIAMANGO ZはCドライバー予選でのクラッシュが響いてか、サスペンショントラブルに見舞われて25周でレースを終えた。

ST-4クラスも序盤から接戦が随所に展開され、周回を重ねるごとに順位が目まぐるしく変わったが、その中から62号車と41号車が接触により脱落、予選トップの#18コスモソニック21ings DC5(浅野武夫/笠原智行/高野勝徳組)が中盤に一歩抜け出した格好になって見事逃げ切りに成功、2位に#74TUBE RACING(松本玲二/ピストン西沢組)、3位には#95特許リジッドカラーS2000(服部尚貴/市嶋樹組)が入った。
新設のST-5クラスはエントリーが1台ということでST4クラスに組み込まれ、総合25位、ST4クラス11位で緒戦を終えた。
また青木拓磨の参戦で注目された#24SAMURAI ADVAN DC5(青木拓磨/土屋武士/takamori.com組)はローリングラップで青木がスピンしたためにスタートで出遅れ、その後もトラブルからかペースを上げることが出来ず、総合23位、クラス9位に終わっている。

スーパー耐久第2戦はスポーツランドSUGO、5月9日決勝だ。

谷口信輝のコメント
マー(柳田真孝)とは去年から継続だが、サードドライバーは初レースみたいなもの。それが今後の課題。チャンピオンに向けては幸先の良い1勝が出来た。

Text:Kazuhisa SUEHIRO / Photo: Keiichiro TAKESHITA

スーパー耐久

S耐:第1戦もてぎ決勝結果

MOTEGI SUPER TAIKYU ROAD 400km -RIJ- (2010/03/28) Final Race Weather:Cloudy Course:Dry
2010 Super Taikyu Series Round 1 ツインリンクもてぎ 4.801379km

PosClassCls
Pos
NoCar
Model
DriverTireLapTotal_Time
Behind
1ST111PETRONAS SYNTIUM BMW Z4M COUPE
BMW Z4M COUPE
谷口 信輝
柳田 真孝
イムラン・シャーロム
YH842:51'52.877
2ST1228PETRONAS SYNTIUM BMW Z4M COUPE
BMW Z4M COUPE
片岡 龍也
ファリーク・ハイルマン
メルビン・モー
YH8448.449
3ST138ART TASTE GT3
PORSCHE GT3
清水 康弘
竹内 浩典
立川 祐路
YH841'43.136
4ST2120RSオガワ ADVAN ランンサー
MITSUBISHI LANCER EVOLUTION IX
大橋 正澄
阪口 良平
花岡 翔太
YH822Laps
5ST2226エンドレス アドバン ウエッズ ランサー
MITSUBISHI LANCER EVOLUTION IX
朝倉 貴志
井尻 薫
YH822Laps
6ST236新菱オート☆DIXCELエボ
MITSUBISHI LANCER EVOLUTION IX
冨桝 朋広
関 豊
YH813Laps
7ST3139TITEC TRACY NSX
HONDA NSX
川口 正敬
佐々木 孝太
植田 正幸
YH813Laps
8ST32*27FINA ADVAN BMW M3
BMW M3
伊橋 勲
廣田 光一
行方 由久
YH813Laps
9ST243ウエマツ・エンドレス・アドバン・CSⅩ
MITSUBISHI LANCER EVOLUTION X
峰尾 恭輔
村田 信博
植松 忠雄
YH804Laps
10ST2559東和MOTUL・ED・インプレッサ
SUBARU IMPREZA
大澤 学
吉田 寿博
YH804Laps
11ST3314岡部自動車T-MANオイル Team Tetsuya Z
NISSAN FAIRLADY Z
田畑 勇
田中 徹
古谷 直広
YH804Laps
12ST3415岡部自動車ディクセルIWASAKI RX-7
MAZDA RX-7
長島 正明
岩崎 祐貴
小松 一臣
YH804Laps
13ST357岡部自動車JDS メーカーズRX-7
MAZDA RX-7
碓井 久彦
白井 剛
加藤 正将
YH795Laps
14ST3677TAKE VICTORY Z
NISSAN FAIRLADY Z
DRAGON
高木 真一
吉田 基良
YH786Laps
15ST4118コスモソニック21FK ings DC5
HONDA INTEGRA TYPE-R
浅野 武夫
笠原 智行
髙野 勝徳
YH786Laps
16ST4274TUBE RACING
HONDA INTEGRA TYPE-R
松本 玲二
ピストン西沢
YH777Laps
17ST4395特許リジットカラーS2000
HONDA S2000
服部 尚貴
市嶋 樹
YH777Laps
18ST4412無限CIVIC SSR TEIN ATS ENDLESS
HONDA CIVIC TYPE-R
松井 隆幸
久保 宣夫
YH777Laps
19ST45666BOMEX with CarXs S2000
HONDA S2000
山下 潤一郎
青木 孝行
朝倉 宏志
YH768Laps
20ST4669ステラブルJ'S RACING ADVAN S2000
HONDA S2000
中西 真史
赤星 陽太郎
梅本 淳一
YH759Laps
21ST4762ホンダカーズ東京 G/M インテグラ
HONDA INTEGRA TYPE-R
塩谷 烈州
太田 侑弥
古橋 孝之
YH7311Laps
22ST4860RCB with KRP ウインマックス、テイン、ワコーズ
HONDA INTEGRA TYPE-R
小林 康一
小幡 弘
竹佐 真留実
YH7311Laps
23ST4924SAMURAI 無限 ADVAN DC5
HONDA INTEGRA TYPE-R
青木 拓磨
土屋 武士
Takamori.com
YH7113Laps
24ST410602DAYTONA☆PTG☆火の玉インテグラ
HONDA INTEGRA TYPE-R
新垣 元
岩月 邦博
ぼっこ
YH7113Laps
25ST4
(ST5)
114TSK ☆ Vitz - RS
TOYOTA Vits
河野 利尚
植島 禎一
松村 孝也
YH6420Laps
---- 以下フィニッシュライン不通過 ----
26ST412*41TRACY SPORTS S2000
HONDA S2000
兵藤 信一
阿部 光
東 徹次郎
YH6222Laps
---- 以上規定周回数(ST1:58Laps ST2:57Laps ST3:56Laps ST4:54Laps)完走 ----
-ST2-30森永チルミル☆RSオガワADVANランサー
MITSUBISHI LANCER EVOLUTION IX
伊藤 俊哉
筒井 克彦
菊地 悠
YH5133Laps
-ST3-51DIAMANGO-Z
NISSAN FAIRLADY Z
影山 正彦
池田 大祐
石原 将光
YH2559Laps
  • Fastest Lap: CarNo.1 PETRONAS SYNTIUM BMW Z4M COUPE 1'58.901 (59/84) 145.37km/h
  • CarNo.27は、2010ツインリンクもてぎ4輪一般競技規則第28条~4(2)(他のドライバーのコースアウトを強いるもの)違反により、ドライビングスルーペナルティを課した。
  • CarNo.41は、2010ツインリンクもてぎ4輪一般競技規則第28条~4(2)(他のドライバーのコースアウトを強いるもの)違反により、ドライビングスルーペナルティを課した。

スーパー耐久

S耐:第1戦もてぎCドライバー公式予選結果

MOTEGI SUPER TAIKYU ROAD 400km -RIJ- (2010/03/28) C Driver Qualifying Weather:Cloudy Course:Dry
2010 Super Taikyu Series Round 1 ツインリンクもてぎ 4.801379km

PosClassCls
Pos
NoCar
Maker Model
DriverTimeBehindkm/h
1ST118ART TASTE GT3
PORSCHE GT3
立川 祐路1'59.140-145.081
2ST121PETRONAS SYNTIUM BMW Z4M COUPE
BMW Z4M COUPE
イムラン・シャハロム1'59.680 0.540144.427
3ST1328PETRONAS SYNTIUM BMW Z4M COUPE
BMW Z4M COUPE
メルビン・モー2'00.037 0.897143.997
4ST2120RSオガワ ADVAN ランンサー
MITSUBISHI LANCER EVOLUTION IX
花岡 翔太2'04.233 5.093139.133
5ST3139TITEC TRACY NSX
HONDA NSX
植田 正幸2'05.071 5.931138.201
6ST327岡部自動車JDS メーカーズRX-7
MAZDA RX-7
加藤 正将2'05.238 6.098138.017
7ST3315岡部自動車ディクセルIWASAKI RX-7
MAZDA RX-7
小松 一臣2'05.353 6.213137.890
8ST3414岡部自動車T-MANオイル Team Tetsuya Z
NISSAN FAIRLADY Z
古谷 直広2'05.518 6.378137.709
9ST3527FINA ADVAN BMW M3
BMW M3
行方 由久2'05.867 6.727137.327
10ST3677TAKE VICTORY Z
NISSAN FAIRLADY Z
吉田 基良2'07.744 8.604135.309
11ST2230森永チルミル☆RSオガワADVANランサー
MITSUBISHI LANCER EVOLUTION IX
菊地 悠2'09.53910.399133.435
12ST4118コスモソニック21FK ings DC5
HONDA INTEGRA TYPE-R
髙野 勝徳2'10.10810.968132.851
13ST3751DIAMANGO-Z
NISSAN FAIRLADY Z
石原 将光2'10.87411.734132.073
14ST4262ホンダカーズ東京 G/M インテグラ
HONDA INTEGRA TYPE-R
古橋 孝之2'11.76412.624131.181
15ST4369ステラブルJ'S RACING ADVAN S2000
HONDA S2000
梅本 淳一2'12.99313.853129.969
16ST4424SAMURAI 無限 ADVAN DC5
HONDA INTEGRA TYPE-R
Takamori.com2'13.03513.895129.928
17ST4541TRACY SPORTS S2000
HONDA S2000
東 徹次郎2'13.14214.002129.824
18ST4660RCB with KRP ウインマックス、テイン、ワコーズ
HONDA INTEGRA TYPE-R
竹佐 真留実2'14.14215.002128.856
19ST47602DAYTONA☆PTG☆火の玉インテグラ
HONDA INTEGRA TYPE-R
ぼっこ2'22.08222.942121.655
---- 以上予選通過 ----
-GT1-4TSK ☆ Vitz - RS
TOYOTA Vits
松村 孝也2'34.07734.937112.184
-ST4-666BOMEX with CarXs S2000
HONDA S2000
朝倉 宏志Absence--
-ST2-3ウエマツ・エンドレス・アドバン・CSⅩ
MITSUBISHI LANCER EVOLUTION X
植松 忠雄Absence--
  • タイヤは全車、ヨコハマです。

スーパー耐久

S耐:第1戦もてぎ公式予選 ST1、ST3でコースレコード更新!ポールポジションはNo.8 ART TASTE GT3

2010スーパー耐久シリーズ第1戦「もてぎスーパー耐久」は今季初参戦の#8ART TASTE GT3(清水康弘/竹内浩典/立川祐路組)がポールポジションを獲得。Aドライバーの清水、Bドライバーの竹内がともにST-1クラスのコースレコードを更新した。
各クラスのトップはST2クラスが#20RSオガワADVANランサー(大橋正澄/阪口良平/花岡翔太組)、ST3クラスは#39TAITEC TRACY NSX(川口正敬/佐々木孝太/植田正幸組)、ST4クラスは#62ホンダカーズ東京G/Mインテグラ(塩谷烈州/太田侑弥/古橋孝之組)だった。

100328QST1

100328QST2

100328QST3

100328QST4

100328Q24

100328QST5

スーパー耐久の2010開幕戦も舞台はツインリンクもてぎ。同じくワンデーレースでの開催となった。
公式予選は3月28日午前8時40分開始。
上空に厚い雲が覆い被さり、3月下旬とは思えない寒さの中、各クラス15分間、A、Bドライバーのタイム合算というこれまでどおりの方式で行われた。

当初のエントリー台数は28台だったが、#3ウエマツ・エンドレス・アドバン・CSXが昨日の専有走行でクラッシュした影響で走行に間に合わず、5クラス27台での走行となった。
ST-1クラスにはポルシェ997GT-3が初登場。スーパーGTで活躍した竹内/立川コンビが再結成され、昨年王者のBMW Z4Mクーペに挑む。
そのGT3はAドライバーの清水が1分57秒048、Bドライバーの竹内が1分57秒036といずれも従来のコースレコードである1分57秒201を更新、デビュー戦をポールポジションから発進することとなった。Cドライバーの立川も1分59秒140でCドライバー予選をトップで終えており、Z4M打倒に向けて快調なスタートを切った。

ST2クラスは#20RSオガワランサーの大橋がAドライバーのトップ、#26エンドレスアドバンウェッズランサーの井尻薫がBドライバーのトップだったが、タイム合算で20号車がコンマ35秒上回った。

ST3クラスは#51DIAMANGO-Zの影山正彦が2分02秒941と総合でも5位に食い込む好タイムでAドライバーのトップに立ったが、Bドライバー予選では#39NSXの佐々木孝太が2分01秒192とST3のコースレコードを1秒以上上回り、タイム合算でトップに立った。

ST-4クラスはAドライバートップが#18コスモソニック21FK ings DC5の浅野武夫、Bドライバーは#62ホンダカーズ東京G/Mインテグラの太田がトップとなり、合算では62号車がトップ。
青木拓磨の参戦で注目の#24SAMURAI ADVAN DC5は青木がクラス10位、土屋武士がクラス7位につけ、合算ではクラス9位となった。

なお新設されたST-5クラスは今回1台のみのエントリー。しかし#4TSK☆Vits-RS(河野利尚/植島禎一は両ドライバーとも予選通過タイムをクリアできず、予選落ちとなった。

第1戦決勝はこの後午後1時より84周(400km)で戦われる。

Text:Kazuhisa SUEHIRO

スーパー耐久

S耐:第1戦もてぎA,Bドライバー総合公式予選結果

MOTEGI SUPER TAIKYU ROAD 400km -RIJ- (2010/03/28) A&B Total Qualify Weather:Cloudy Course:Dry
2010 Super Taikyu Series Round 1 ツインリンクもてぎ 4.801379km

PosClsCls
Pos
NoCar
Model
DriverTireAdriver
Bdriver
Total
Time
Behindkm/h
1ST118ART TASTE GT3
PORSCHE GT3
清水 康弘
竹内 浩典
YH1'57.048
1'57.036
3'54.084-147.682
2ST121PETRONAS SYNTIUM BMW Z4M COUPE
BMW Z4M COUPE
谷口 信輝
柳田 真孝
YH1'57.111
1'57.081
3'54.192 0.108147.614
3ST1328PETRONAS SYNTIUM BMW Z4M COUPE
BMW Z4M COUPE
片岡 龍也
ファリーク・ハイルマン
YH1'57.818
1'58.207
3'56.025 1.941146.467
4ST2120RSオガワ ADVAN ランンサー
MITSUBISHI LANCER EVOLUTION IX
大橋 正澄
阪口 良平
YH2'02.826
2'01.346
4'04.17210.088141.580
5ST2226エンドレス アドバン ウエッズ ランサー
MITSUBISHI LANCER EVOLUTION IX
朝倉 貴志
井尻 薫
YH2'03.506
2'01.014
4'04.52010.436141.379
6ST3139TITEC TRACY NSX
HONDA NSX
川口 正敬
佐々木 孝太
YH2'04.305
2'01.192
4'05.49711.413140.816
7ST3251DIAMANGO-Z
NISSAN FAIRLADY Z
影山 正彦
池田 大祐
YH2'02.941
2'03.580
4'06.52112.437140.231
8ST3327FINA ADVAN BMW M3
BMW M3
伊橋 勲
廣田 光一
YH2'02.992
2'03.935
4'06.92712.843140.001
9ST236新菱オート☆DIXCELエボ
MITSUBISHI LANCER EVOLUTION IX
冨桝 朋広
関 豊
YH2'03.270
2'04.774
4'08.04413.960139.370
10ST3477TAKE VICTORY Z
NISSAN FAIRLADY Z
DRAGON
高木 真一
YH2'05.662
2'03.303
4'08.96514.881138.855
11ST2459東和MOTUL・ED・インプレッサ
SUBARU IMPREZA
大澤 学
吉田 寿博
YH2'04.980
2'04.497
4'09.47715.393138.570
12ST3515岡部自動車ディクセルIWASAKI RX-7
MAZDA RX-7
長島 正明
岩崎 祐貴
YH2'04.760
2'05.009
4'09.76915.685138.408
13ST3614岡部自動車T-MANオイル Team Tetsuya Z
NISSAN FAIRLADY Z
田畑 勇
田中 徹
YH2'04.520
2'05.442
4'09.96215.878138.301
14ST2530森永チルミル☆RSオガワADVANランサー
MITSUBISHI LANCER EVOLUTION IX
伊藤 俊哉
筒井 克彦
YH2'06.394
2'06.314
4'12.70818.624136.798
15ST377岡部自動車JDS メーカーズRX-7
MAZDA RX-7
碓井 久彦
白井 剛
YH2'06.056
2'07.936
4'13.99219.908136.106
16ST4162ホンダカーズ東京 G/M インテグラ
HONDA INTEGRA TYPE-R
塩谷 烈州
太田 侑弥
YH2'09.272
2'08.723
4'17.99523.911133.995
17ST4218コスモソニック21FK ings DC5
HONDA INTEGRA TYPE-R
浅野 武夫
笠原 智行
YH2'08.959
2'10.674
4'19.63325.549133.149
18ST4374TUBE RACING
HONDA INTEGRA TYPE-R
松本 玲二
ピストン西沢
YH2'10.647
2'09.329
4'19.97625.892132.974
19ST4495特許リジットカラーS2000
HONDA S2000
服部 尚貴
市嶋 樹
YH2'09.211
2'11.042
4'20.25326.169132.832
20ST4512無限CIVIC SSR TEIN ATS ENDLESS
HONDA CIVIC TYPE-R
松井 隆幸
久保 宣夫
YH2'09.421
2'12.061
4'21.48227.398132.208
21ST46666BOMEX with CarXs S2000
HONDA S2000
山下 潤一郎
青木 孝行
YH2'13.256
2'10.578
4'23.83429.750131.029
22ST4741TRACY SPORTS S2000
HONDA S2000
兵藤 信一
東 徹次郎
YH2'14.435
2'10.496
4'24.93130.847130.487
23ST4860RCB with KRP ウインマックス、テイン、ワコーズ
HONDA INTEGRA TYPE-R
小林 康一
小幡 弘
YH2'11.242
2'14.003
4'25.24531.161130.332
24ST4924SAMURAI 無限 ADVAN DC5
HONDA INTEGRA TYPE-R
青木 拓磨
土屋 武士
YH2'15.227
2'11.928
4'27.15533.071129.400
25ST41069ステラブルJ'S RACING ADVAN S2000
HONDA S2000
中西 真史
赤星 陽太郎
YH2'15.154
2'14.091
4'29.24535.161128.396
26ST411602DAYTONA☆PTG☆火の玉インテグラ
HONDA INTEGRA TYPE-R
新垣 元
岩月 邦博
YH2'16.334
2'15.875
4'32.20938.125126.998
---- 以上予選通過 ----
-ST5-4TSK ☆ Vitz - RS
TOYOTA Vits
河野 利尚
植島 禎一
YH2'32.292
2'33.905
5'06.1971'12.113112.901
-ST2-3ウエマツ・エンドレス・アドバン・CSX
MITSUBISHI LANCER EVOLUTION IX
峰尾 恭輔
村田信博
YHAbsence
Absence
---

スーパー耐久

S耐:第1戦もてぎBドライバー公式予選結果

MOTEGI SUPER TAIKYU ROAD 400km -RIJ- (2010/03/28) B Driver Qualifying Weather:Cloudy Course:Dry
2010 Super Taikyu Series Round 1 ツインリンクもてぎ 4.801379km

PosClassCls
Pos
NoCar
Maker Model
DriverTimeBehindkm/h
1ST118ART TASTE GT3
PORSCHE GT3
竹内 浩典1'57.036-147.689
2ST121PETRONAS SYNTIUM BMW Z4M COUPE
BMW Z4M COUPE
柳田 真孝1'57.081 0.045147.633
3ST1328PETRONAS SYNTIUM BMW Z4M COUPE
BMW Z4M COUPE
ファリーク・ハイルマン1'58.207 1.171146.226
4ST2126エンドレス アドバン ウエッズ ランサー
MITSUBISHI LANCER EVOLUTION IX
井尻 薫2'01.014 3.978142.834
5ST3139TITEC TRACY NSX
HONDA NSX
佐々木 孝太2'01.192 4.156142.625
6ST2220RSオガワ ADVAN ランンサー
MITSUBISHI LANCER EVOLUTION IX
阪口 良平2'01.346 4.310142.444
7ST3277TAKE VICTORY Z
NISSAN FAIRLADY Z
高木 真一2'03.303 6.267140.183
8ST3351DIAMANGO-Z
NISSAN FAIRLADY Z
池田 大祐2'03.580 6.544139.869
9ST3427FINA ADVAN BMW M3
BMW M3
廣田 光一2'03.935 6.899139.468
10ST2359東和MOTUL・ED・インプレッサ
SUBARU IMPREZA
吉田 寿博2'04.497 7.461138.838
11ST246新菱オート☆DIXCELエボ
MITSUBISHI LANCER EVOLUTION IX
関 豊2'04.774 7.738138.530
12ST3515岡部自動車ディクセルIWASAKI RX-7
MAZDA RX-7
岩崎 祐貴2'05.009 7.973138.270
13ST3614岡部自動車T-MANオイル Team Tetsuya Z
NISSAN FAIRLADY Z
田中 徹2'05.442 8.406137.792
14ST2530森永チルミル☆RSオガワADVANランサー
MITSUBISHI LANCER EVOLUTION IX
筒井 克彦2'06.314 9.278136.841
15ST377岡部自動車JDS メーカーズRX-7
MAZDA RX-7
白井 剛2'07.93610.900135.106
16ST4162ホンダカーズ東京 G/M インテグラ
HONDA INTEGRA TYPE-R
太田 侑弥2'08.72311.687134.280
17ST4274TUBE RACING
HONDA INTEGRA TYPE-R
ピストン西沢2'09.32912.293133.651
18ST4341TRACY SPORTS S2000
HONDA S2000
東 徹次郎2'10.49613.460132.456
19ST44666BOMEX with CarXs S2000
HONDA S2000
青木 孝行2'10.57813.542132.373
20ST4518コスモソニック21FK ings DC5
HONDA INTEGRA TYPE-R
笠原 智行2'10.67413.638132.275
21ST4695特許リジットカラーS2000
HONDA S2000
市嶋 樹2'11.04214.006131.904
22ST4724SAMURAI 無限 ADVAN DC5
HONDA INTEGRA TYPE-R
土屋 武士2'11.92814.892131.018
23ST4812無限CIVIC SSR TEIN ATS ENDLESS
HONDA CIVIC TYPE-R
久保 宣夫2'12.06115.025130.886
24ST4960RCB with KRP ウインマックス、テイン、ワコーズ
HONDA INTEGRA TYPE-R
小幡 弘2'14.00316.967128.989
25ST41069ステラブルJ'S RACING ADVAN S2000
HONDA S2000
赤星 陽太郎2'14.09117.055128.905
26ST411602DAYTONA☆PTG☆火の玉インテグラ
HONDA INTEGRA TYPE-R
岩月 邦博2'15.87518.839127.212
27GT114TSK ☆ Vitz - RS
TOYOTA Vits
植島 禎一2'33.90536.869112.309
  • タイヤは全車、ヨコハマです。

スーパー耐久

S耐:第1戦もてぎAドライバー公式予選結果

MOTEGI SUPER TAIKYU ROAD 400km -RIJ- (2010/03/28) A Driver Qualifying Weather:Cloudy Course:Dry
2010 Super Taikyu Series Round 1 ツインリンクもてぎ 4.801379km

PosClassCls
Pos
NoCar
Maker Model
DriverTimeBehindkm/h
1ST118ART TASTE GT3
PORSCHE GT3
清水 康弘1'57.048-147.674
2ST121PETRONAS SYNTIUM BMW Z4M COUPE
BMW Z4M COUPE
谷口 信輝1'57.111 0.063147.595
3ST1328PETRONAS SYNTIUM BMW Z4M COUPE
BMW Z4M COUPE
片岡 龍也1'57.818 0.770146.709
4ST2120RSオガワ ADVAN ランンサー
MITSUBISHI LANCER EVOLUTION IX
大橋 正澄2'02.826 5.778140.727
5ST3151DIAMANGO-Z
NISSAN FAIRLADY Z
影山 正彦2'02.941 5.893140.596
6ST3227FINA ADVAN BMW M3
BMW M3
伊橋 勲2'02.992 5.944140.537
7ST226新菱オート☆DIXCELエボ
MITSUBISHI LANCER EVOLUTION IX
冨桝 朋広2'03.270 6.222140.220
8ST2326エンドレス アドバン ウエッズ ランサー
MITSUBISHI LANCER EVOLUTION IX
朝倉 貴志2'03.506 6.458139.952
9ST3339TITEC TRACY NSX
HONDA NSX
川口 正敬2'04.305 7.257139.053
10ST3414岡部自動車T-MANオイル Team Tetsuya Z
NISSAN FAIRLADY Z
田畑 勇2'04.520 7.472138.813
11ST3515岡部自動車ディクセルIWASAKI RX-7
MAZDA RX-7
長島 正明2'04.760 7.712138.546
12ST2459東和MOTUL・ED・インプレッサ
SUBARU IMPREZA
大澤 学2'04.980 7.932138.302
13ST3677TAKE VICTORY Z
NISSAN FAIRLADY Z
DRAGON2'05.662 8.614137.551
14ST377岡部自動車JDS メーカーズRX-7
MAZDA RX-7
碓井 久彦2'06.056 9.008137.121
15ST2530森永チルミル☆RSオガワADVANランサー
MITSUBISHI LANCER EVOLUTION IX
伊藤 俊哉2'06.394 9.346136.755
16ST4118コスモソニック21FK ings DC5
HONDA INTEGRA TYPE-R
浅野 武夫2'08.95911.911134.035
17ST4295特許リジットカラーS2000
HONDA S2000
服部 尚貴2'09.21112.163133.773
18ST4362ホンダカーズ東京 G/M インテグラ
HONDA INTEGRA TYPE-R
塩谷 烈州2'09.27212.224133.711
19ST4412無限CIVIC SSR TEIN ATS ENDLESS
HONDA CIVIC TYPE-R
松井 隆幸2'09.42112.373133.557
20ST4574TUBE RACING
HONDA INTEGRA TYPE-R
松本 玲二2'10.64713.599132.304
21ST4660RCB with KRP ウインマックス、テイン、ワコーズ
HONDA INTEGRA TYPE-R
小林 康一2'11.24214.194131.703
22ST47666BOMEX with CarXs S2000
HONDA S2000
山下 潤一郎2'13.25616.208129.712
23ST4841TRACY SPORTS S2000
HONDA S2000
兵藤 信一2'14.43517.387128.575
24ST4969ステラブルJ'S RACING ADVAN S2000
HONDA S2000
中西 真史2'15.15418.106127.891
25ST41024SAMURAI 無限 ADVAN DC5
HONDA INTEGRA TYPE-R
青木 拓磨2'15.22718.179127.822
26ST411602DAYTONA☆PTG☆火の玉インテグラ
HONDA INTEGRA TYPE-R
新垣 元2'16.33419.286126.784
27GT114TSK ☆ Vitz - RS
TOYOTA Vits
河野 利尚2'32.29235.244113.499
  • タイヤは全車、ヨコハマです。

SUPER GT

SGT:第1戦鈴鹿 No.11 FERRARI F430、予選2位スタートも決勝では惜しくもリタイア (JIMGAINER)

gt_r01_jg_01.jpg

2010年3月20日(sat)
  • 9:00~11:40・FREEPRACTICE
    • WEATHER:FINECONDITION:DRYTEMPERATURE:11°
  • 13:15~14:00:QUALIFYINGPRACTICE
    • WEATHER:FINECONDITION:DRYTEMPERATURE:17°
  • 15:00~:KNOCKDOWNQUALIFYING
    • WEATHER:FINECONDITION:DRYTEMPERATURE:18°

gt_r01_jg_02.jpg  久しぶりに開幕戦が鈴鹿に戻ってきた2010AUTOBACSSUPERGT第1戦。JIMGAINERも昨年福田エンジニアが制作したF430ではなく、ASIANLEMANSで使用したFIA-GT2の車両で今年1年を戦っていく。タイヤメーカも2005年から2年間使用していたDUNLOPを再び装着。チャンピオン獲得に向けてシリーズを走り出した。

 今回は練習走行時間がかなり延長され、2時間40分が与えられていた。田中哲也のドライブで、走行は開始された。OUTINでピットに戻り、路面のラバーが乗ってくるまで約20分ほど待機。他車も同じ様なことを考えているようで、開始早々は10台もコースに居ない状態だった。

 再びコースインし、マシンのセットアップを開始。今回はなかなかアンダーステアが消えず福田エンジニアを悩ます。リアのスプリング交換など、足まわりのセットを行うが、思うような方向性が出ない。残り時間45分で平中克幸と交代。平中はオーバーステアもあり、マシンの限界が低いと訴える。残り時間を考えたが、フロントのスプリング交換を行い、残り時間3分でコースへ。不安が残る中、練習走行は終了した。

 午後よりオンタイムで予選1回目が開始された。まず平中がタイム計測に入る。福田エンジニアがマシンのセットを変えたおかげで、練習走行の時とは違うマシンに乗っているようで、平中克幸は先ほどの自身が計測したタイムを3秒以上更新してきた。その後田中と交代。田中もマシンの動きに納得しているようで、5周計測して予選は3位で終了した。

gt_r01_jg_03.jpg  1時間のインターバルの後、今年最初の予選はノックダウン方式で開始された。3回行われ、1回目は16台、2回目は10台が次のセッションに駒を進められる。1人のドライバーが連続して乗車することは出来ない。1セッション目は平中がタイムアタックを担当。10分間の短い時間の中で、クリアラップを取り、ベストな状態で走行出来なければ上位進出は望めない。徐々にタイムを上げていき、3周目に2分5秒855のタイムで2位通過を果たした。

 続いて2回目は田中が担当。4ラップ目に1分6秒台にきっちりと入れて来て、5位で最終のセッションに進むことが出来た。

 3セッション目はいきなり1位のポジションに名前が載る。タイムを1周毎に上げていき、2分5秒599と1回目よりタイムを上げてきた。しかし、それを0.208秒うわまわってきたのが№7(RX-7)だ。結局それ以上にタイム更新するマシンはなく、今年最初のグリッドは、2番目からのスタートとなった。

田中哲也
今年は開幕前からテストを何度かやってきて、その成果が今日の予選結果に出たのかなと思っています。ここまでの流れは良いので、明日はこの流れをキープして、優勝を目指したいですね。
平中克幸
オフの期間では僕たちのチームが一番距離も長く走り、テストを重ねてきた。昨年と違うマシン、タイヤで開幕を迎えたわけですから、結果として2番手だったということは、良いスタートを切れたと思っています。凄くうれしいのですが、それまでの流れとしてはあまり良いとは言える状態ではなく、もっともっと良くしていかなければいけない部分が多く、結果に甘んじることなくしっかいりとやっていかなければだめですね。この先のシリーズを戦う上でかなり厳しいのではないかと思っています。
2010年3月21日(sun)
  • 8:30~9:15:FREEPRACTICE
  • 9:25~9:40:CIRCUITSAFARI
    • WEATHER:CLOUDYCONDITION:WETTEMPERATURE:13°
  • 14:00~:FINAL
    • WEATHER:CLOUDY/RAINTEMPERATURE:14°

gt_r01_jg_04.jpg  決勝日の鈴鹿サーキットは、中国からの黄砂に覆われ、暗くどんよりとしたなかで行われた。昨晩の雨は朝方には上がりはしたものの、路面状況は悪くウエット宣言が出される中、朝のフリー走行は開始した。ドライバーは田中。非常に滑りやすい路面コンディションの中、ドライのタイヤで走行を続け、ピットインを繰り返し最後のチェックを行う。残り時間15分で平中と交代。平中は9周計測後このセッションの4番手で走行を終えた。その後サーキットサファリは田中がドライブし、決勝に向けて確かな手応えを感じたようだ。

 グリッドに着き、国歌が歌われる頃にはぽつぽつと雨が落ちてきた。路面も徐々に濡らし始めるが、レインタイヤを履くほどでもない。鈴鹿サーキットは普段雨が降り始めるのは西コースからで、東コースの方が雨の量は少ないという。そんなコンディションの中、決勝レースは田中からスタートした。

 いきなりポールポジションのNo.7がデグナーカーブでコースオフ。難なく田中は1位を獲得。しかし2周目の130Rで12位スタートのNo.33Porscheが田中のインを突き2位へ。雨はぽつぽつと黄砂と一緒に路面を濡らす難しい中、田中はマシンをコントロールし、前を行くNo.33を追いかける。3位との差は徐々に開き始めた10周目(500は11周目)の1コーナー手前で、500クラスのマシン3台が絡む多重クラッシュが発生。SC(セーフティーカー)がコースに。後ろのマシンとのマージンが一瞬にして0に。

 5周のSCランのあと、リスタートが行われた。ポジションは2位のまま、21周目に平中と交代のためピットへ。昨年と違い、FIA-GT車両は燃費が悪く、給油時間が昨年の倍近く掛かる。タイヤ交換は速かったものの、ピット作業に45秒07も掛かってしまう。平中がコースインした時点で12位。

 中盤を走っていたマシンがピット作業を終えた時点で、5位のポジションに落ちてしまっていた。しかし、前を行く4台は僅差。直前のNo.3を平中は猛プッシュ。しかし、18周目の130Rで勢い余ってコースオフ。コースに戻ってくるときに左前のアンダーパネルを破損。その弾みで、ラジエターを傷つけてしまう。平中からは水温上昇を示すランプの点灯を伝えてくる。急遽ピットへ戻り、マシンの修復にかかるが、水温が100°を超え、エンジンの負担を考えると、このまま修理してコースに戻ってもさらなるエンジンに負担を掛けるということで、この時点でリタイヤを決めた。マシンのポテンシャルの高さは証明されたが、ピット作業に掛かる時間をどのように短縮していくか、課題も残った。次戦岡山では、必ず表彰台に登り、今回のノーポイントを取り返したいと思います。

田中哲也
 序盤雨が降って難しい展開でしたが、なんとかくぐり抜けられてました。タイヤの暖まりが若干悪く、No.33に抜かれましたが、後ろの車にはアドバンテージはありました。ただもっともっとレース展開でタイヤの使い方等色々と理解してレースに臨まないと、今日のレース展開では絶対勝てないので、次回からもっと気を引き締めて戦わなければいけませんね。
平中克幸
レース中に他車と接触してコースアウトしたのですが、戻ってくるときに大きなタイヤカスか何かを拾ってしまい、それでラジエターを傷つけてしまいました。こんな結果になってしまったのですが、予選は良いパフォーマンスを出せることがわかったので、次回のレースでは作戦等をもっと煮詰めて決勝で結果を出していかなければいけませんね。同じくFIA車両でトップを走っていた№33が、ピットアウト後に順位を落としているのは、給油の時間が長かったりとFIA車両の特性上仕方がない部分があるので、そういったところをリカバーしていけるかをしっかり対応していかなければいけないですね。
Text & Photo: JIMGAINER

Formula Nippon | SUPER GT

コンドーレーシング、10周年記念写真集好評発売中

 コンドーレーシングは、チーム設立10周年を記念して写真集を発売した。写真集は2月1日に申し込み受付が始まり、3月1日よりすでに順次発送されている。

 コンドーレーシングは前世紀の2000年に設立。オリンピックコンドーレーシングとして代表の近藤真彦氏自らがステアリングを握り、フォーミュラ・ニッポンに参戦を開始した。2002年にはル・マン24時間耐久レースにも参戦。2006年にはニッサン陣営の一角として、SUPER GTに参戦を開始。2007年には自社ファクトリーも完成し、この年のSUPER GT第4戦セパンでGT初勝利を上げた。2008年には、フォーミュラ・ニッポン第7戦富士でフォーミュラでも初勝利をあげ、着実にチーム力をつけてきた。設立10年を経過した今、誰もが認めるトップチームの一員となっている。

 写真集は総192ページ。撮影は10年にわたりコンドーレーシングを撮り続けているカメラマンの小林勝彦氏。近藤真彦監督のインタビューもあり、他にの数多くの得点が付く。非常にクオリティーが高く、手に取ったレース関係者からは絶賛の声が上がっている。

 写真集は現在も好評発売中。少々高価だが、コストパフォーマンスも高く、記念の一品として手元におかれてはいかがだろうか。

kr10_01.jpg kr10_11.jpg kr10_12.jpg kr10_16.jpg

Text: Yoshinori OHNISHI / Photo: KR10

SUPER GT

SGT開幕戦、RE雨宮レーシングRX-7がポールtoウィン

CARRNG4W.jpgスタート直前に雨が降り、難しいコンディションとなったGT300クラス決勝レースは、ポールスタートの#7 RE雨宮RX-7(谷口信輝)が直後にコースアウトしポジションダウンする波乱のスタートとなった。

しかし、一時5位まで落とした谷口は21周目の逆バンクで#86ランボルギーニをパスすると、その次の周には他車のピット作業のロスなどで、2番手に浮上。これに対し、25周終わりでピットインした#7 RX-7はタイヤ無交換で時間を短縮し、トップを奪った。

後半を受け持った#7 折目遼は、タイヤをいたわりつつプッシュ。安定したラップを最後まで刻み続け、優勝を飾った。#7 RE雨宮RX-7は2008年開幕戦鈴鹿以来の優勝。昨年から表彰台の常連となっていたが、優勝は2年ぶりとなった。

谷口信輝のコメント :

結果的に優勝できて、すごくホッとしています。嬉しい気持ちとホッとしている気持ちの両方です。スタート直後は、路面が良くなる前に他のクルマを引き離そうと思ったんですが、まんまと僕がハマリ、コースアウトしてしまいましたね。前を行く3台に追い付けば、タイヤ無交換作戦なのでピットで抜けるとは思いました。

折目遼のコメント :

鈴鹿は僕にとって非常に特別なサーキット。ここでポール・トゥ・ウインできたことは、とても自信になり、今後にプラスになると思います。僕がコースインするときに後ろとのマージンが10数秒なので、アウトラップに集中して走りました。あとはマージンを計りながらプッシュすることが、完璧にできたかなと思います。

MZ Racing プレスリリース http://www.mzracing.jp/supergt/201003.html

SUPER GT

吉本大樹レースレポート(2010SGT開幕戦/鈴鹿)

===============================
【2010年スーパーGTシリーズ開幕戦(鈴鹿サーキット)】
20-21 March, 2010
===============================

吉本大樹 & 新規参戦A speed triple a Vantage GT2
予選はS2進出も、決勝はほろ苦デビュー
0323SGT1.jpg
【Result】
【土曜日】

公式練習 : 6 th
公式予選1回目 : 7 th
S1 : 15 th
S2 : 15 th

予選総合 : 15 th

【日曜日】

フリー走行 :10 th
決勝 : 失格 (0 pt / Team's Point : 0 pt)

===============================
【公式練習、予選】
===============================
公式予選1回目 天候:晴 | コース:ドライ | 気温/路面温度 開始時17℃/28℃ 終了時18℃/28℃
ノックダウン予選  天候:晴 | コース:ドライ | 気温/路面温度 開始時18℃/28℃ 終了時17℃/23℃

triple a Vantage GT2、初陣予選は15番手

0323SGT2.jpg
シーズンオフの期間中から、使用するマシン(アストンマーティンV8ヴァンテージ)、ドライバーラインナップ(吉本大樹&松田秀士選手)、新規参戦のチーム体制(A speed)等で大きな注目を集めてきたtriple a Vantage GT2。開幕前のテストでは新規参戦チームながら順調にプログラムを消化、そして迎えた3月20日。春の陽気も感じさせたこの日、いよいよスーパーGTシリーズでの初陣を鈴鹿サーキットで迎える事となった。

新規参戦チームとして迎えたレースウィーク初の公式セッション。ここでまずステアリングを握ったのは吉本大樹。その吉本は走りだし最初の計測ラップから2'08"009をマーク、ずまずの滑り出しを見せる。その後2度目のピットインで松田選手にドライバーチェンジ。松田選手はピットインアウトを繰返しながら走行を重ね、セッション終盤に再度吉本にバトンタッチ。吉本はこの走行で「テストの時と比べるとフィーリングが今一つ・・・」としながらも、最後のアタックで2'06"850までタイムを伸ばし、最終的にこのセッションを6番手で終了した。

初の公式セッションとしては上々の滑り出しを見せたtriple a Vantage GT2。迎えた公式予選1回目。まずこのセッションのステアリングを握ったのは松田選手。その松田選手は計測2周目に2'08"274をマーク、この時点での7番手に付けピットへと戻ってくる。ここからマシンに乗り込んだ吉本は、2度のピットインを挟み周回を重ねると、最後のアタックで2'08"055をマーク。トップの#2(アップル・K-ONE・紫電)からは1"555秒遅れながら、7番手でこのセッションを終了した。

その後午後に入り行われたノックダウン方式の予選2回目。昨年の鈴鹿ポッカ1000Kmで行われたこの予選方式は、まずS1で全車がアタックし17番手以下の決勝グリッドが決定される。その後残りの16台でS2を行い、ここでは11番手以下のマシンが脱落、11~16番手のグリッドが決まる。さらにS3ではS2を突破した10台で順位が争われ、最終的にここでPP~10番手までの決勝スターティンググリッド順が決まることとなる。ドライバーは連続したセッションに出走する事が認められず、S1出走ドライバーはS2には出走できず、逆にS2を走ったドライバーはS3には出走できない。
0323SGT3.jpg
このノックダウン方式予選最初のセッションとなるS1でマシンに乗り込んだのは吉本大樹。各セッションの時間はわずかに10分ずつ、計測は2~3周が限界となる。すると吉本は最初の計測ラップで2'08"133をマーク、この時点での4番手に飛び込むと、さらに次のラップで2'07"849をマーク。まずは危なげなくS2進出を決めて見せる。その後GT500クラスの走行と10分間のインターバルを挟み迎えた予選S2。ここでステアリングを握ったのは松田選手。その松田選手は計測2周目に2'08"357を記録。しかしこのタイムはこの時点で11番手。S3進出は10位までとなるため、松田選手は更なるタイムアップを狙い最後のアタックへと入っていく。ところが午前中の公式練習からマシンセットが今一つに詰め切れていなかった事も影響し、最後のアタックラップではベストタイムを更新する事が出来ず。さらに最終アタックでタイムアップしたマシンがいたため、最終的な順位は15番手となり、triple a Vantage GT2は翌日の決勝に15番グリッドから挑む事となった。

===============================
【決勝】
===============================
天候:曇 | コース:ドライ | 気温14度 | 路面温度19度

triple a Vantage GT2、決勝はほろ苦デビューに

0323SGT4.jpg
前日夜に降った雨は朝の時点で一旦止んでいたものの、フリー走行後のピットウォークの時間帯にはまたしても空から雨粒が落ちてくる等、不安定な天候となったこの日の鈴鹿サーキット。そんな中、前日の予選でマシンセットを今一つに詰め切れずに15番手となったtriple a Vantage GT2は、朝のフリー走行で決勝を見据えたマシンセットを確認。吉本が10番手タイムを出す等、追い上げを期し決勝のスタートを迎える事となった。

傘をさすほどにはならないものの、時折落ちてくる雨粒が波乱を予感させた決勝スタート前のグリッド上。15番グリッドに付いたtriple a Vantage GT2は、ピットウォークやキッズウォークにも駆け付けたファンやチームのパーソナルスポンサーを含めた関係者等、大勢の応援者達に囲まれた。吉本大樹、スタートを務める松田選手の両ドライバーもこれら大勢の声援に笑顔で応える等落ち着いた雰囲気を見せつつも、初陣となる決勝スタート時刻が近づくに連れ、徐々にその闘争心を高めていく。

その後国歌斉唱等のセレモニーも終わり、いよいよ迎えた注目の決勝スタート。隊列を整え最終コーナーを立ち上がってきた19台のGT300マシンはシグナルグリーン点灯と共にホームストレート上を一気に加速。19台のエンジン音が重なり合った轟音が響き渡る中、1コーナーから激しいポジション争いが始まった。するとレースはオープニングラップから大荒れの展開に。スタート直前から数周の間にわずかに降った雨がコースコンディションを更に難しくした為かコースアウトを喫するマシンが続出、更にデグナー2つ目のコーナーでは4台のGT300マシンが絡み内3台がリタイヤとなるクラッシュが発生。そんな荒れ模様の中、スタートを務めた松田選手は落ち着いた走りを見せ、オープニングラップで11番手までポジションを上げホームストレートへと戻ってくると、その後2周目以降は前を行くマシンの隙を伺いながら周回を重ねていく。ところが迎えた9周目、ホームストレート上でGT500のマシン3台が絡む大クラッシュが発生し、コース上にはSC(セーフティーカー)が。するとこれがtriple a Vantage GT2にとっての悪夢の始まりとなる。

チームからの無線とコーナー脇のポストの「SCボード」でSCのコースインを知った松田選手はここで即座に減速。ところが黄旗&SCボード提示が遅れたポストがあった為、後ろから来た1台のマシンがこれに気付かずダンロップコーナーで松田選手を追い抜いていく。その後これがSC中の追い越しである事に気付いたこのマシンはスプーン手前で減速、ポジションを元に戻すため松田選手に先行を促した。これを見た松田選手はここで再度このマシンを追い抜きポジションを元の状態へと戻し、レースはそのポジションでリスタート。松田選手はこのリスタート後も11番手に付け20周目にピットイン。吉本へとステアリングを託していく。

するとその直後、何と先のSC中の松田選手のポジション復帰が「SC中の追い抜き行為」とみなされ、66号車にドライブスルーペナルティーの裁定が下ってしまう。ところが先にダンロップコーナーで追い抜きをしたマシンについてはオフィシャルの通達が上がっておらず、ペナルティーが下ったのは66号車のみ。オフィシャルが全ての状況を把握しきれずに下した裁定と判断したチームは、コース上の吉本には「ペナルティーについての抗議を上げているので、最終の裁定が出るまでそのまま走行を続けてほしい」と指示。これによりコース上に留まった吉本は提示され続けるペナルティボードを横目に走行を続けていく。

ところが迎えた27周目。結局チームの抗議は受け入れられず、66号車には「ペナルティー不履行」を理由に黒旗が提示されてしまう。これによりレース続行不可能となったtriple a Vantage GT2はピットイン。ここでレースを終える事となってしまった。このペナルティーについては、レース終了後に競技委員会において先に追い越しをしたドライバーも含めた協議の場が持たれ、最終的には様々な状況が加味されたうえで「ペナルティー不履行についての当該ドライバー(吉本大樹)に対するペナルティーポイントは一切付かない」という判定となったものの、このレースでの「失格」という結果が覆るわけではなく、新規参戦チームとしては、あまりにもほろ苦いデビュー戦となってしまった。

===============================
【吉本大樹コメント】
===============================
0323SGT5.jpg
テストを含め確実に進歩を続けて迎えたtriple a Vantage GT2デビューとなる開幕戦は思った通りには行きませんでした。
セッティングの面に関しても思った様に進まず苦労はしていましたが、ネガティブな要素ばかりではなかったし、チェッカーが出る時点でのポジションに集中した戦略を立てていました。完走は絶対だったし、ポイントも確実に取りにいくつもりだったんですが残念な結果となってしまいました。
課題は生まれましたが次戦への活力となりますし、この悔しさはチーム全体で噛みしめていますので引き続き今後のtriple a Vantage GT2に注目して下さい!
===============================

SUPER GT

SGT:第1戦鈴鹿 チーム ルマンのLEXUS SC430が2位表彰台獲得 (TOYOTA)

10sgt_rd1_1.jpg
2位表彰台を獲得したENEOS SC430 6号車の
伊藤大輔(左)とビヨン・ビルドハイム(右)

 SUPER GTの2010年シーズン第1戦「SUZUKA GT 300km」が3月20日(土)、21日(日)の両日、三重県の鈴鹿サーキットで開催された。

 今季のSUPER GTではライバル勢が新型車両、新エンジンを投入するが、昨年いち早く新規定に合わせた車両を投入し、見事タイトルを獲得したレクサスチームは、熟成を進めたLEXUS SC430でタイトル防衛を狙う。

 今大会にはGT500クラスに5台のLEXUS SC430が出場。GT300クラスに1台のLEXUS IS350と2台のカローラアクシオが出場した。

◆予選◆

 20日(土)午後1時15分からの公式予選1回目を経て、午後3時からノックダウン予選が行われ、決勝レースのグリッドが決定された。

 レクサス勢はZENT CERUMO SC430 38号車が最上位となる最前列2番手グリッドを確保。ENEOS SC430 6号車がその後方4番手、TDPの石浦宏明/大嶋和也組が駆るMJ KRAFT SC430 35号車も5番手と好位置からのスタート。ディフェンディングチャンピオンのPETRONAS TOM'S SC430 1号車は、惜しくも最終セッション進出を逃し、8番手。DENSO DUNLOP SARD SC430 39号車は13番手からのスタートとなった。

 GT300クラスでは、TDPドライバーコンビとして2年目を迎える井口卓人/国本雄資組のCOROLLA Axio apr GT 74号車が5番手。2009年チャンピオンのウェッズスポーツIS350 19号車が6番手。トヨタ/レクサス勢では唯一、全く新しいドライバーコンビでの参戦となった嵯峨宏紀/松浦孝亮組のapr COROLLA Axio 31号車は9番手につけた。

◆決勝◆

 21日(日)、決勝レースを前にしたウォームアップランの間に降り始めた小雨はまもなく止んだが、グリッドにレースカーが並び、エンジンがかけられた直後に再び雨が降り始めた。しかし、全車スリックタイヤのまま、午後2時に決勝レース(52周:約300km)のスタートが切られた。

 黄砂混じりの小雨によって滑りやすくなった路面で始まったレースは、序盤から波乱の展開。GT500クラスに続いてスタートを切ったGT300クラスでは、1周目のデグナーコーナーを回った先でスピンした車両に後続が突っ込み、多重クラッシュが発生。これに31号車が巻き込まれ、無念のリタイアとなってしまった。

 GT500クラスでは、38号車が2位のポジションを守る中、8番手グリッドの1号車が好スタートでポジションアップ。1周目の130Rで首位を走行していたウイダー HSV-010 18号車がコースオフしたため、38号車が首位に立ち、5番手からポジションを上げた35号車が2位、1号車が3位となった。しかし、1号車は2周目の第1コーナーでコースアウト。この波乱の中で35号車がトップを奪うと、38号車、6号車が続き、LEXUS SC430が1-2-3体制で序盤戦へ突入した。

 首位を行く、大嶋が駆る35号車は快調なペースで2位以下を引き離し、その差は一時5秒近くまで広がったが、11周目のメインストレートで接触した車両が第1コーナーのウォールに激しくクラッシュ。セーフティカーが導入され、35号車の築いたマージンは失われてしまった。

 しかし、16周目の再スタートでも35号車の大嶋は好ダッシュを見せ、首位の座を堅持。続く38号車と1号車による激しい2位争いが展開される中で、 35号車は再び後続との差を広げていった。

 レースは中盤に入り、23周目終了時に2位を走行していた38号車がピットイン。給油、タイヤ交換とドライバー交代を行った。翌周には首位を行く35号車がピットインし、好走を見せた大嶋から石浦へドライバー交代。石浦は38号車の前でピットアウトしたが、タイヤがなかなか暖まらず、ポジションダウン。

 27周目には39号車、28周目に1号車がそれぞれピットインを行ったが、ピットアウト後のタイヤ温度を上げるのに苦戦。天候が回復していく中で、ピットのタイミングを遅らせ、タイヤを交換しないなどの作戦を採ったライバル勢の先行を許してしまった。全車がピットを終えた時点で、31周目までピットを遅らせた6号車が2位、38号車が4位につけ、1号車は6位で38号車を先頭とする4位争いを展開した。

 後半好ペースで追い上げてきた、TDPドライバー 平手晃平の駆る39号車もこの4位争いに加わり、終盤は4台が連なっての激しいバトルとなった。残り2周に突入する最終シケインで、前を行く38号車をパスしようとしたKEIHIN HSV-010 17号車が38号車と接触。38号車はコースオフし、1号車と39号車がこの2台をパス。その順位のままチェッカーとなった。  6号車は2位でフィニッシュし、2008年の最終戦以来となる表彰台を獲得。1号車が4位、39号車が5位。 35号車は6位となった。38号車は接触でタイヤにダメージを負い、9位でレースを終えた。

 GT300クラスでは、31号車が早々に姿を消してしまったものの、ディフェンディングチャンピオンの19号車が最後まで激しいバトルを繰り広げ、見事3位表彰台を獲得。74号車はファイナルラップで勝負を仕掛け、惜しくもスピンを喫したが、8位でチェッカーを受けた。

ENEOS SC430 6号車 ドライバー 伊藤大輔:
テストが好調だっただけに、もう少し上の順位でフィニッシュしたかったが、いろいろと苦戦した中で、2位表彰台に上がれたことはまずまずの結果だと思う。天候の荒れた中で、ビヨン(・ビルドハイム)が冷静にレースを維持してくれた。アウトラップで順位を落とさないように対策し、あとはタイヤを持たせることに注力した。スポンサーやチーム、応援してくれたファンの皆さんに表彰台をプレゼントすることができて嬉しい。
ENEOS SC430 6号車 ドライバー ビヨン・ビルドハイム:
オフシーズンのテストで好調な結果を出してきたことが強みとなって、開幕戦からとてもポジティブに戦うことができた。冷静にタイヤマネージメントをしっかり考え、戦ったことが結果につながったと思う。今季のチャンピオンシップに向け、幸先の良いスタートが切れたことに満足している。
ウェッズスポーツIS350 19号車 ドライバー 織戸学:
チャンピオンとして迎えた今シーズン、開幕戦で3位表彰台が獲得できて安堵している。しかし、まだ足りない「何か」があると思うので、さらにクルマを煮詰めて、次戦以降もしっかり戦っていきたい。よく知った仲である片岡選手と目指すものは同じ。2連覇の目標に向かって、頑張るつもりだ。
ウェッズスポーツIS350 19号車 ドライバー 片岡龍也:
天候の荒れる中、またわれわれのクルマにとって苦手な鈴鹿サーキットで表彰台を獲得できたことは大きい。テクニカルだが、実はストレートがとても多いこのサーキットは、我々の19号車が昨年トップ5入りできなかったコースだ。開幕戦を迎えるにあたって、鈴鹿サーキットでもぜひ表彰台に乗りたいという希望もあり、3位の結果は2年連続チャンピオン獲得に向けて明るい材料だ。
Text & Photo: トヨタ自動車株式会社

SUPER GT

SGT:2010年度SUPER GT参戦マシンLineup

■GT500クラス
gt_2010_001 CarNo.1
Car: PETRONAS TOM'S SC430
Drivers: 脇阪 寿一/アンドレ・ロッテラー
Team: LEXUS TEAM PETRONAS TOMS
Tire: BS
gt_2010_006 CarNo.6
Car: ENEOS SC430
Drivers: 伊藤 大輔 / ビヨン・ビルドハイム
Team: LEXUS TEAM LeMans ENEOS
Tire: BS
gt_2010_008 CarNo.8
Car: ARTA HSV-010
Drivers: ラルフ・ファーマン / 井出 有冶
Team: AUTOBACS RACING TEAM AGURI
Tire: BS
gt_2010_012 CarNo.12
Car: カルソニック IMPUL GT-R
Drivers: 松田 次生 / ロニー・クインタレッリ
Team: TEAM IMPUL
Tire: BS
gt_2010_017 CarNo.17
Car: KEIHIN HSV-010
Drivers: 金石 年弘 / 塚越 広大
Team: KEIHIN REAL RACING
Tire: BS
gt_2010_018 CarNo.18
Car: ウイダー HSV-010
Drivers: 小暮 卓史 / ロイック・デュバル
Team: DOME RACING TEAM
Tire: BS
gt_2010_023 CarNo.23
Car: MOTUL AUTECH GT-R
Drivers: 本山 哲 / ブノワ・トレルイエ
Team: NISMO
Tire: MI
gt_2010_024 CarNo.24
Car: HIS ADVAN KONDO GT-R
Drivers: ジョアオ・パオロ・デ・オリベイラ / 安田 裕信
Team: KONDO RACING
Tire: YH
gt_2010_032 CarNo.32
Car: EPSON HSV-010
Drivers: 道上 龍 / 中山 友貴
Team: NAKAJIMA RACING
Tire: DL
gt_2010_035 CarNo.35
Car: MJ KRAFT SC430
Drivers: 石浦 宏明 / 大嶋 和也
Team: LEXUS TEAM KRAFT
Tire: BS
gt_2010_038 CarNo.38
Car: ZENT CERUMO SC430
Drivers: 立川 祐路 / リチャード・ライアン
Team: LEXUS TEAM ZENT CERUMO
Tire: BS
gt_2010_039 CarNo.39
Car: DENSO DUNLOP SARD SC430
Drivers: アンドレ・クート / 平手 晃平
Team: LEXUS TEAM SARD
Tire: DL
gt_2010_100 CarNo.100
Car: RAYBRIG HSV-010
Drivers: 伊沢 拓也 / 山本 尚貴
Team: TEAM KUNIMITSU
Tire: BS
■GT300クラス
gt_2010_002 CarNo.2
Car: アップル・K-ONE・紫電
Drivers: 加藤 寛規 / 濱口 弘
Team: ホンダカーズ東海
Tire: YH
gt_2010_003 CarNo.3
Car: HASEMI SPORT TOMICA Z
Drivers: 星野 一樹 / 柳田 真孝
Team: HASEMI MOTOR SPORT
Tire: YH
gt_2010_005 CarNo.5
Car: マッハGOGOGO車検408R
Drivers: 玉中 哲二 / 黒澤 治樹
Team: TEAM マッハ
Tire: YH
gt_2010_007 CarNo.7
Car: M7 MUTIARA MOTORS雨宮SGC 7
Drivers: 谷口 信輝 / 折目 遼
Team: M7 RE雨宮レーシング
Tire: YH
gt_2010_009 CarNo.9
Car: 初音ミク X GSRポルシェ
Drivers: 番場 琢 / 佐々木 雅弘
Team: GOODSMILERACING with COX
Tire: HK
gt_2010_011 CarNo.11
Car: JIMGAINER DIXCEL DUNLOP F430
Drivers: 田中 哲也 / 平中 克幸
Team: JIMGAINER DUNLOP F430
Tire: DL
gt_2010_019 CarNo.19
Car: ウェッズスポーツIS350
Drivers: 織戸 学 / 片岡 龍也
Team: RACING PROJECT BANDOH
Tire: YH
gt_2010_026 CarNo.26
Car: CINECITTAタイサンポルシェ
Drivers: イゴール・スシュコ / 植田 正幸
Team: Team TAISAN
Tire: YH
gt_2010_027 CarNo.27
Car: NAC 衛生コム LMP Ferrari
Drivers: 山岸 大 / 小泉 洋史
Team: LMP MOTORSPORT
Tire: YH
gt_2010_031 CarNo.31
Car: apr COROLLA Axio
Drivers: 嵯峨 宏紀 / 松浦 孝亮
Team: apr COROLLA Axio
Tire: YH
gt_2010_033 CarNo.33
Car: HANKOOK PORSCHE
Drivers: 木下 みつひろ / 影山 正美
Team: HANKOOK KTR
Tire: HK
gt_2010_043 CarNo.43
Car: ARTA Garaiya
Drivers: 新田 守男 / 高木 真一
Team: AUTOBACS RACING TEAM AGURI
Tire: MI
gt_2010_046 CarNo.46
Car: アップスタート MOLA Z
Drivers: 横溝 直輝 / 阿部 翼
Team: MOLA
Tire: YH
gt_2010_062 CarNo.62
Car: R&D SPORT LEGACY B4
Drivers: 山野 哲也 / 佐々木 孝太
Team: R&D SPORT
Tire: YH
gt_2010_066 CarNo.66
Car: triple a Vantage GT2
Drivers: 松田 秀士 / 吉本 大樹
Team: A Speed
Tire: YH
gt_2010_074 CarNo.74
Car: COROLLA Axio apr GT
Drivers: 井口 卓人 / 国本 雄資
Team: apr
Tire: MI
gt_2010_086 CarNo.86
Car: JLOC ランボルギーニ RG-3
Drivers: 山西 康司 / 関口 雄飛
Team: JLOC
Tire: YH
gt_2010_087 CarNo.87
Car: JLOC ランボルギーニ RG-3
Drivers: 井入 宏之 / 坂本 祐也
Team: JLOC
Tire: YH
  不出場 CarNo.88
Car: リール ランボルギーニ RG-3
Drivers: 余郷 敦 / 細川 慎弥
Team: JLOC
Tire: YH
gt_2010_360 CarNo.360
Car: 石松 Kosei RUNNUP PORSCHE
Drivers: 澤 圭太 / Takamori.com
Team: TOMEI SPORTS
Tire: YH
gt_2010_666 CarNo.666
Car: BOMEX LIAN BOXSTER
Drivers: 山下 潤一郎 / 宮本 隆士
Team: BOMEX ROSSO
Tire: YH
Photo: Yoshinori OHNISHI

SUPER GT

SGT:第1戦鈴鹿決勝 HIS ADVAN KONDO GT-Rが、二年連続開幕戦優勝 (NISMO)

 3月21日(日)にSUPER GT 2010開幕戦「SUZUKA GT 300km RACE」が鈴鹿サーキットで行われ、予選10位の「HIS ADVAN KONDO GT-R」(#24 ジョアオ・パオロ・デ・オリベイラ/安田裕信)は、レース中盤に首位に立つと、後半は危なげないペースでリードを拡大。昨年の岡山国際サーキットでの優勝に続き、二年連続で開幕戦優勝を果たした。

■ドラマチックな展開だった「HIS ADVAN KONDO GT-R」

gt_r01_r500_1.jpg  待ちに待ったSUPER GT開幕戦に集まった31,000人もの観客が見守る中、決勝レースはスタートした。流れる雨雲から時折大粒の雨が降り、雨量がやや多かった1周目からスピンや接触クラッシュなどのアクシデントが発生した。前日の公式予選でクラッシュし、徹夜でマシンの修復を終えた「HIS ADVAN KONDO GT-R」は、これらの混乱を避けたオリベイラが、2周目には4位にあがった。その後、10周目に第1コーナーで発生したアクシデントによって5周のセイフティカーランがあり、レース再開後はふたたび雨がコースを濡らすなど、難しいコンディションが続いた。

 しかし、#6 SC430、#1 SC430と#24 GT-Rはバトルを繰り広げ、この悪条件の中、#24 GT-Rが3位のポジションを固めた。各車がドライバー交代のためにピットインするレース中盤に#24 GT-Rは首位にたち、34周目に安田に交代するためピットインするまでリードを広げた。また、近藤真彦監督の指示でタイヤを交換せずにピットアウトした#24 GT-Rは首位のままコースに戻り、安田はその後18周にわたって安定したラップタイムを刻み、他を寄せつけることなく52周目のフィニッシュラインをトップで駆け抜けた。

■「MOTUL AUTECH GT-R」は8位でポイント獲得

 「MOTUL AUTECH GT-R」(#23 本山哲/ブノワ・トレルイエ)は、GT-R勢最上位の予選3位からレースをスタート。トレルイエは、1周目を4位で通過したが、直後の第1コーナーで濡れた路面に足を取られてスピンオフ。すぐにコースに戻ったものの、その後徐々に順位を落としてしまう。セイフティカーランを経て8位となると、19周目には早めにピットインを行い、本山にドライバーを交代した。その後本山はしばらくの間10位で周回し、終盤には9位へとあがった。粘りの走行を続けた本山は最終的には8位に入賞。貴重な選手権ポイントを獲得した。

 予選6位の「カルソニックIMPUL GT-R」(#12 松田次生/ロニー・クインタレッリ)は、スタート直後に第1コーナーで雨に乗りスピンし、9位に順位を落とす。その後10周目を終えたのちに突然スローダウン。スタートドライバーのクインタレッリは、コースサイドにマシンを停めた。再スタートを試みるが叶わず、そのままリタイヤとなった。

#24 GT-Rドライバー ジョアオ・パオロ・デ・オリベイラ
 「昨日クラッシュしてクルマを壊していたので、なんとかリカバーしたいと思っていた。また、硬いタイヤを選んでいたので、序盤の滑りやすく温度が低い状態のときにコースにとどまるのが大変だったが、いいリザルトを残せて嬉しい。徹夜でクルマを直してくれたメカニック達に感謝したい」
#24 GT-Rドライバー 安田裕信
 「今朝のフリー走行でタイヤの状態が良かったので、近藤監督がタイヤ無交換でいけると判断して、それが功を奏しました。難しいコンディションの前半を良いポジションで切り抜け、タイヤをキープしてくれたJP(オリベイラ)の走りは尊敬に値すると思います。僕の受け持ち周回は、タイヤはもちろん、エンジンも、シャシーもよかったです。開幕戦で優勝できて本当にうれしいです」
Text & Photo: NISMO

SUPER GT

SGT:HSV-010 GTのデビューレースで#100 RAYBRIG HSV-010(伊沢拓也/山本尚貴組)が3位表彰台 (HONDA)

 3月21日(日)、三重県鈴鹿市にある鈴鹿サーキットにおいて2010 オートバックス SUPER GT第1戦「SUZUKA GT 300km」の決勝が行われた。

 Hondaはニューマシン「HSV-010 GT」を開幕戦に投入し、昨日の予選にて#18 小暮卓史/ロイック・デュバル組(ウイダー HSV-010)が見事にポールポジションを獲得している。

 また、#100 伊沢拓也/山本尚貴組(RAYBRIG HSV-010)が7番手、#17 金石年弘/塚越広大組(KEIHIN HSV-010)が9番手、#32 道上龍/中山友貴組(EPSON HSV-010)が11番手、#8 ラルフ・ファーマン/井出有治組(ARTA HSV-010)が12番手の決勝グリッドからスタートを迎える。

 決勝日の21日(日)は、曇り空で強風が吹き荒れ、スタート直前には小雨が降り始める難しいコンディションとなった。14時4分にローリングスタートが切られ、ポールポジションスタートの#18 ウイダー HSV-010を駆る小暮選手は、確実なスタートでトップを守った。しかし、濡れた路面の影響により、オープニングラップの130Rコーナーでオーバーランを喫して9位まで後退してしまう。コースの場所によっては一時的に大粒の雨が降ったため、多くのマシンは激しいスライドやコースアウトを喫しながら大きく順位を入れ替える展開となった。

 3周終了時には、#32 EPSON HSV-010の道上選手が7位、#8 ARTA HSV-010のR.ファーマン選手が10位、#100 RAYBRIG HSV-010の伊沢選手が11位、#18 ウイダー HSV-010の小暮選手はさらに12位に後退し、13位に#17 KEIHIN HSV-010の金石選手が続く。

 スタート直後に降り出した雨は序盤で止んだため、路面は完全にドライコンディションとなった。各マシンのバトルが激しさを増していく中、11周目のホームストレートで9位の道上選手と10位のR.ファーマン選手と11位の小暮選手3台が横並びのまま接触し、R.ファーマン選手の#8 ARTA HSV-010と小暮選手の#18 ウイダー HSV-010の2台が激しくクラッシュをして1コーナー手前で左側のウォールにヒットした。2台のマシンは大きなダメージを受けてリタイアとなったが、 2人のドライバーに大きなケガはなかった。また、道上選手の#32 EPSON HSV-010もクラッシュは免れたものの、車体にダメージを負ったためにピットでの修復作業を要することとなった。

 このアクシデントでセーフティカーが入り、16周目にレースは再開された。この時点で、再び小雨が降り始めている。17周目では、#17 KEIHIN HSV-010が7位、#100 RAYBRIG HSV-010が9位、#32 EPSON HSV-010が10位を走行する。

 レース中盤には雨が止み、再びドライコンディションとなった。25周終了時に#17 KEIHIN HSV-010がピットインを敢行して塚越選手に交代した。リアタイヤの2本のみを交換してピット作業を短縮した#17 KEIHIN HSV-010は、塚越選手の勢いのある走りで順位を上げていく。33周目終了時に#100 RAYBRIG HSV-010がドライバー交代を敢行。タイヤ交換をせずに山本選手がコースに戻り、3位まで順位を上げた。

gt100321005L.jpg  ほぼ全車がドライバー交代を終えた35周終了時では、#100 RAYBRIG HSV-010の山本選手が3位、#17 KEIHIN HSV-010の塚越選手が5位、#32 EPSON HSV-010の中山選手が10位を走行する。その後、#32 EPSON HSV-010はセーフティカー出走中のピットイン違反により60秒のペナルティストップが科せられている。

 山本選手は、タイヤ無交換ながらも他車と同等のペースで走行を重ねる。塚越選手も、4位グループで3台の激しいバトルを繰り広げていく。

 レース終盤は天候が回復して、強い日差しが照りつけるコンディションとなった。残り7周となった時点で、3位の山本選手は48周目に2位の#6 ENEOS SC430と1秒192の差まで接近するが、最後まで抜くことはできずに3位で52周目のチェッカーフラッグを受けた。5位を走行していた塚越選手は、 50周目のシケインで4位の#38 ZENT CERUMO SC430と接触し、そのまま5位でゴールしたものの、27秒加算のペナルティを受けたために最終順位は7位となった。#32 EPSON HSV-010の中山選手は10位で完走を果たした。優勝は#24 HIS ADVAN KONDO GT-Rだった。

瀧敬之介|Honda GTプロジェクトリーダー
 「HSV-010 GTのデビューウインを期待していただいた皆さんの声援に応えられず、非常に悔しく思っています。レース序盤に絶対にしてはいけないアクシデントで2台がリタイアしてしまったのが残念でなりません。思うようにならないのがレースですから仕方がないですね。そのような状況で100号車の伊沢選手、山本選手の若い2人が堅実に走ってくれて、3位表彰台を獲得できたことは大きな収穫です。伊沢選手がタイヤをうまく使ってくれたことで無交換作戦ができましたが、山本選手も難しいドライビングに対応し、GT500のデビュー戦ながら、よくがんばってくれたと思います。また17号車の塚越選手も、今後につながるいい走りをしてくれたと思います。次戦の岡山はテストで手応えを感じていますので、HSV-010 GTの初優勝を飾りたいと思います。次戦もご声援をお願いします」
伊沢拓也選手(3位、#100 RAYBRIG HSV-010)
 「Honda ファンの皆さんのためにデビューレースを優勝で飾りたかったのですが、荒れたレースの中で何とかしぶとく3位表彰台を獲得できたことはうれしく思います。優勝には一歩届かなかったので、マシンとドライバーの力をつけていきたいと思います。スタート直後はハードタイヤを選んでいたので、ドライビングが難しい状況でしたが、タイヤが温まってからはペースがとてもよくなりました。タイヤ無交換の作戦はレース中盤くらいで考えたので、ピット作業で順位を上げようと無理をせず安定したペースを保つことに集中しました。予選では18号車に負けましたし、決勝は3位表彰台に立ちましたがシリーズチャンピオンを目指しているので、もう一歩ステップを踏んでいきたいと思います。今回、いい流れで結果を残せたので次戦は優勝を目指してがんばります」
山本尚貴選手(3位、#100 RAYBRIG HSV-010)
 「楽しかったです。タイヤ交換をせずに走りましたが気にはなりませんでした。伊沢さんとチームスタッフが緻密な作戦を練ってくれたので、与えられた環境でベストを尽くすのが僕の仕事だと思っていましたので気合いで走りました。後ろに38号車が迫っているのは分かっていましたが、頭の中は目の前の6号車を抜くことでいっぱいでした。本当に集中してドライビングをすることができ、クルマも速かったので、優勝すること以外に喜べない気持ちはあったのですが、この3位はすごい価値があると思います。皆様のおかげです。これまでも、F3などで鈴鹿の表彰台に何度も立ったことはありましたが、多くの皆様の前で立ったこの景色は一生忘れられないですし、決して忘れてはならないと思います。次は優勝目指してがんばりたいと思います」
Text & Photo: HONDA

SUPER GT

SGT:第1戦鈴鹿 優勝ドライバーのコメント

gt_r01_winner gt_r01_gt500_winner gt_r01_gt300_winner

GT500クラス #24HIS ADVAN KONDO GT-R
ジョアオ・パオロ・デ・オリベイラ
昨日は申し訳ないことをした。予選でミステイクを犯してクラッシュしてしまい、メカニックたちに迷惑をかけたので、今日はそれを取り返そうと思いながら走りました。
クルマはパーフェクト。夜を徹して作業してくれたメカニックに感謝しているし、この勝利をチームのみんなに捧げたいと思います。優勝できて本当に良かった。
難しいコンディションで多くのドライバーがアウトに膨らんでいたけど、ボクも一度飛び出してしまいました。レギュレーションの関係でウェイトを積まされるけれど、岡山では去年も勝ってるので、次も期待しています。
今シーズンも安定した走りを続けて、今年こそチャンピオンを獲得したいですね。

安田 裕信
今週末は全セッションが10番だったので、まさか勝てるとは思っていませんでした。
4時半まで作業してくださったメカニックさんたちにお返しできて嬉しいです。
(タイヤ無交換作戦について)朝のフリー走行で監督が「いけるんじゃないか」と言い始めましたが、決定したのはスタート直前です。JPが濡れた路面をスリックを走ったことに比べれば、出来ないことではないと思って走りました。
終盤はタイヤが壊れるかもしれないのでペースをコントロールしました。
去年セパンで勝ったときは「どうしても勝たないと」と思っていましたが、今日は10番前後のタイムでしたから「できれば表彰台」と思ってスタートしました。でもレース後半からは「優勝したい!」と思うようになりました。

GT300クラス #7 M7 MUTIARA MOTORS雨宮SGC7
谷口 信輝
昨日は「スタートからトップを守って逃げる」と言いましたが、1周目から守れなくて。それでも優勝できてほっとしています。嬉しいのと、ほっとしたのと、両方です。
シビックインターとの掛け持ちはきつかったけど、両方で勝てて本当にうれしいです。
1周目のデグナーは全然グリップしていなくて、「あちゃ~」って感じでしたが、レース後半は24号車の作戦を見て「俺たちのをパクったな?!」と思いながら見ていました。
後ろに下がってからは、前3台に少しでも追いついていこうと思って走っていました。タイヤ無交換なのでピットで前にいけるだろうと。で路面が乾いてからはいい感じで走れていました。
飛び出したことはチームに黙っていようと思っていたんですけど、ビジョンで流れたと聞いて、「何で出すんだ!やんなきゃいいのに」って思いました(笑)

折目 遼
鈴鹿はボクにとって特別な場所です。ここのレーシングスクールにいたし、GTでも一番たくさん走っていますから。ここでポール・トゥ・ウィンできたことで今後の自信になります。
レースでは事前にプログラムを組んでいたことが物凄くうまくハマりました。谷口さんがコースアウトしましたが、運良くセーフティーカーが入って差が詰まったので、自分のアウトラップが勝負だと思って集中して走りました。
オープニングラップでは最初状況が分からなくて「どういうこと?どういうこと?」って状態でした。谷口さんからも無線が中々入ってこなかったので、最初はトラブルなのかと思いました。
あとになって状況が分かると「なんだ隠してたのか?!」と。
いいタイミングでピットに入れて、あとは去年から何度もやってる作戦を完璧にやるだけでした。

まとめ:Kazuhisa SUEHIRO / Photo: Keiichiro TAKESHITA

SUPER GT

SGT:第1戦鈴鹿決勝 大クラッシュから蘇ったHIS GT-Rが2年連続で開幕戦を制す!GT300は雨宮RX-7が優勝

2010オートバックスSUPER GT第1戦「鈴鹿GT300km」の決勝レースが3月21日、鈴鹿サーキットで行われた。
優勝は#24HIS ADVAN KONDO GT-R(ジョアオ・パオロ・デ・オリベイラ/安田裕信組)。
昨日の予選でのクラッシュから見事に復活し、目まぐるしく天候の変わる荒れたレースを巧みなドライブとピット作戦で切り抜け、昨年の岡山に続いて2年連続で開幕戦を制した。
GT300クラスはポールシッターの#7 M7 MUTIARA MOTORS雨宮SGC7(谷口信輝/折目遼組)が、序盤のコースアウトから見事に順位を挽回して勝利。谷口はサポートイベントのシビックインターカップとあわせてこの日2つ目の優勝をものにした。(天候:曇りのち晴れ コース:セミウェット>ドライ 観客動員数31,000人)

gt_r01_gt500_start

gt_r01_gt300_start

gt_r01_r_crash_1

gt_r01_r_crash_2

gt_r01_r_crash_3

gt_r01_r_fire1

gt_r02_r_fire2

gt_r01_r_sc

gt_r01_r_24

gt_r01_r_7

gt_r01_gt500_podium

gt_r01_gt500_podium

決勝レースは午後2時にスタート。
ウォームアップランで一時雨が降り始めたものの、スタート進行が始まる頃には一旦上がったため、殆どのチームがスリックタイヤでグリッドに着き、一部ウェットを選択したチームもグリッド上でスリックタイヤに履き替えた。

ところがフォーメーションラップを開始するや否や、西コースの方角から雨雲が上空を多い尽くし始め、瞬く間に路面はウェットに変化した。
これがレース展開に大いに影響を及ぼし、GT300クラスは1周目のデグナーで多重クラッシュが発生、上位陣が総崩れ状態に陥った。
一方GT500クラスも1コーナーは慎重にグリッド順どおりで抜けて行ったが、130Rでトップの#18ウイダーHSV-010がアウトに飛び出し、一気に後方に沈む。ドライバーは小暮卓史だ。
続いて2周目の1コーナーでは#1ペトロナスSC、#23モチュールが立て続けにコースを飛び出した。一方#35KRAFT SCを駆る大嶋和也は#38ZENT SCのリチャード・ライアンを抜きトップに躍り出た。
この結果2周終えての順位は、 #35、 #38、 #6、 #24、 #23、 #1、 #32、 #39、 #12、 #8、 #100、 #18、 #17の順。
ここから#35大嶋が一気に後続を突き放しにかかり、2位#38ライアンとの差を5秒以上に広げていく。
ライアンはペースを上げることが出来ず、これに引っかかった後続車が長い隊列を形成する。
昨日のクラッシュから今朝の4時までかかって修復作業を行った#24HIS GT-Rもその中の1台だ。

スタートドライバーのオリベイラは、周回遅れに詰まった#6エネオスSCを9周目に抜き去ると、間髪を入れず#38ZENTとの差をも縮めにかかる。
防戦に必至のライアン。この間にトップの大嶋はどんどん逃げていく。
その後方では、激しい追い上げを敢行していた#1ウイダーHSVが、すぐ前を併走する#32エプソンHSVと#8ARTA HSVのインに飛び込んでいった。
ところがこの動きを察知していなかった#8ラルフ・ファーマンがイン側に牽制の動きをみせたことが引き金となって3台が接触、8号車と18号車は1コーナーを飛び出して原形をとどめないほどに大破してしまった。

これにより10周目からセーフティーカーが導入され、トップ大嶋の築いたマージンは水泡に帰した。
走行を続けていた32号車も右フロントバンパーを破損してピットイン。しかしこの時点では未だピットレーンはクローズの状態だったため、#32エプソンHSVにはレース終盤60秒のペナルティストップが課せられた。
SCランは15周目で終了。16周に入ったところでレースは再開された。

規定周回数の3分の1を消化した直後の19周目に#23モチュールGT-Rがピットイン。
これを皮切りに上位陣が相次いでピット作業を行い、2位の#38ZENTは23周終わり、トップの#35KRAFTは24周終わりでピットに飛び込んだ。
この結果、冷えたタイヤにてこずる#35石浦宏明を#38立川祐路が25周目のデグナーで攻略、ペースの上がらない石浦は25周終わりでリヤ2本交換のピットストップを行った#17ケーヒンHSVにも先行される結果となった。
これでトップに繰り上がったのが#24HISだ。

24号車は規定一杯の34周までオリベイラが引っ張って漸くピットに飛び込み、タイヤ無交換で安田がトップのままコースに飛び出していく。
後方の#6エネオスSCには逆に10秒以上のマージンを築いた。
3番手には#100レイブリックHSV。ここもタイヤ無交換でルーキー山本尚貴が目覚しい追い上げを見せ、#6伊藤大輔との差を徐々に削り取っていく。

その後方では#38ZENT、#17ケーヒン、#1ペトロナスの三つ巴のドッグファイトが展開されたが、50周目のシケインで#38立川のインに#17塚越広大が飛び込み、両者は激しく接触。これにより38号車はフロントタイヤをバーストさせて1コーナーで飛び出してしまう。
このアクシデントにより17号車には27秒加算のペナルティが課せられた。

結局24号車は終盤クルージングに入りながらも後続に付け入る隙を与えずに52周を走破。
昨年の岡山国際サーキットに続いて2年連続で開幕戦を制した。

オープニングラップから波乱に満ちた展開となったのがGT300クラスだ。
まずデグナーで飛び出してコースに戻ってきた#7雨宮RX-7を回避しようとアウトに進路を変えた#43ARTAガライヤが濡れた縁石に足をとられてスピン、そこへ団子状態で入ってきた#2紫電が避けきれずに追突、#9初音ミクポルシェ、#31カローラアクシオらも巻き込まれて4台が後方に沈む。雨宮RX-7も6位に後退した。

これでトップに立ったのが#11ジムゲイナー。しかし#33ハンコックポルシェが2周目のバックストレッチで並びかけ、130Rでインを突いてトップに躍り出る。#33影山正美は実に2周で11台抜きという離れ業を演じた格好だ。
ハンコックポルシェは影山が規定ぎりぎりの34周まで引っ張ってピットイン。リヤ2本を交換して木下みつひろがピットアウトしていく。しかし33号車は給油にてこずっている間に後方から追い上げてきた#7雨宮RX-7に先行されてしまった。

実は7号車もまた、GT500の24号車と同じくタイヤ無交換作戦を採り、アウトラップからハイペースで周回を重ねていたのだ。
この作戦とスタートドライバー谷口のアグレッシブな走り、途中で入ったSCランが奏功し、7号車は見事トップに復帰、最後は折目がペースをコントロールする余裕すら見せながらクラス優勝を物にした。
谷口はサポートレースのシビックインターカップでもポール・トゥ・ウィンを果たしており、今日一日で二つの勝利を、いずれもポール・トゥ・ウィンで成し遂げた。
2位には序盤のコースアウトを挽回してきた#46モーラZ、3位には#19ウェッズスポーツISが入った。

次戦は岡山国際サーキット。
4月4日決勝だ。

Text: Kazuhisa SUEHIRO / Photo: Keiichiro TAKESHITA & Motorsports Forum

SUPER GT

SGT:第1戦鈴鹿決勝結果

SUZUKA GT 300km RACE -RIJ- (2010/03/21) Final Race Weather:Cloudy~Fine Course:Semi-Wet~Dry
2010 AUTOBACS SUPER GT Round 1 鈴鹿サーキット 5.807km

PosClassCls
Pos
NoCar
Model
DriverTireWhLapTotal_Time
Behind
1500124HIS ADVAN KONDO GT-R
NISSAN GT-R
ジョアオ・パオロ・デ・オリベイラ
安田 裕信
YH521:53'23.333
250026ENEOS SC430
LEXUS SC430
伊藤 大輔
ビヨン・ビルドハイム
BS529.322
35003100RAYBRIG HSV-010
HONDA HSV-010
伊沢 拓也
山本 尚貴
BS5217.954
450041PETRONAS TOM'S SC430
LEXUS SC430
脇阪 寿一
アンドレ・ロッテラー
BS5217.954
5500539DENSO DUNLOP SARD SC430
LEXUS SC430
アンドレ・クート
平手 晃平
DL5219.326
6500635MJ KRAFT SC430
LEXUS SC430
石浦 宏明
大嶋 和也
BS5220.363
7500717KEIHIN HSV-010
HONDA HSV-010
金石 年弘
塚越 広大
BS5246.508
8500823MOTUL AUTECH GT-R
NISSAN GT-R
本山 哲
ブノワ・トレルイエ
MI521'32.333
9500938ZENT CERUMO SC430
LEXUS SC430
立川 祐路
リチャード・ライアン
BS511Lap
105001032EPSON HSV-010
HONDA HSV-010
道上 龍
中山 友貴
DL511Lap
1130017 M7 MUTIARA MOTORS雨宮SGC 7
MAZDA RX-7
谷口 信輝
折目 遼
YH484Laps
12300246アップスタート MOLA Z
NISSAN FAIRLADY Z
横溝 直輝
阿部 翼
YH484Laps
13300319ウェッズスポーツIS350
LEXUS IS350
織戸 学
片岡 龍也
YH484Laps
1430045マッハGOGOGO車検408R
VEMAC RD408R
玉中 哲二
黒澤 治樹
YH484Laps
1530053HASEMI SPORT TOMICA Z
NISSAN FAIRLADY Z
星野 一樹
柳田 真孝
YH484Laps
16300633HANKOOK PORSCHE
PORSCHE 911GT3RSR
木下 みつひろ
影山 正美
HK484Laps
17300786JLOC ランボルギーニ RG-3
LAMBORGHINI GALLARDO RG-3
山西 康司
関口 雄飛
YH484Laps
18300874COROLLA Axio apr GT
TOYOTA COROLLA Axio
井口 卓人
国本 雄資
MI484Laps
19300927NAC 衛生コム LMP Ferrari
FERRARI F430GTC
山岸 大
小泉 洋史
YH484Laps
203001087JLOC ランボルギーニ RG-3
LAMBORGHINI GALLARDO RG-3
井入 宏之
坂本 祐也
YH484Laps
213001126CINECITTAタイサンポルシェ
PORSCHE 911GT3RS
イゴール・スシュコ
植田 正幸
YH475Laps
22300129初音ミク X GSRポルシェ
PORSCHE 911GT3RSR MY04 Type 996
番場 琢
佐々木 雅弘
HK466Laps
233001362R&D SPORT LEGACY B4
SUBARU LEGACY B4
山野 哲也
佐々木 孝太
YH448Laps
2430014666BOMEX LIAN BOXSTER
PORSCHE BOXSTER 986
山下 潤一郎
宮本 隆士
YH3814Laps
---- 以上規定周回数(GT500:36Laps / GT300:33Laps)完走 ----
-300-11JIMGAINER DIXCEL DUNLOP F430
FERRARI F430
田中 哲也
平中 克幸
DL2725Laps
-500-12カルソニック IMPUL GT-R
NISSAN GT-R
松田 次生
ロニー・クインタレッリ
BS1042Laps
-500-8ARTA HSV-010
HONDA HSV-010
ラルフ・ファーマン
井出 有冶
BS1042Laps
-500-18ウイダー HSV-010
HONDA HSV-010
小暮 卓史
ロイック・デュバル
BS1042Laps
-300-31apr COROLLA Axio
TOYOTA COROLLA Axio
嵯峨 宏紀
松浦 孝亮
YH151Laps
-300-43ARTA Garaiya
ASL ARATA Garaiya GT300VQ
新田 守男
高木 真一
MI151Laps
-300-2アップル・K-ONE・紫電
MOONCRAFT SHIDEN
加藤 寛規
濱口 弘
YH052Laps
-300-66triple a Vantage GT2
ASTON MARTIN V8 VANTAGE
松田 秀士
吉本 大樹
YH29失格
  • セーフティカー導入開始時刻: 14:25'41(10Laps) 解除時刻: 14:44'25(15Laps)
  • Fastest Lap(GT500): CarNo.18 ウイダーHSV-010(小暮卓史/ロイック・デュバル組)1'55.555 (5/10) 180.81km/h
  • Fastest Lap(GT300): CarNo.5 マッハGOGOGO車検408R(玉中哲二/黒澤治樹組) 2'06.494 (19/48) 165.27km/h
  • CarNo.32は、2010 SGT-SpR付則-2 SC運用規定3.違反により、ペナルティストップ60秒を課した。
  • CarNo.17は、2010 SGT-SpR第30条1.(接触行為)により、競技結果に27秒を加算した。
  • CarNo.27は、国際モータースポーツ競技規則付則H項違反(黄旗中の追越し行為)により、ドライビングスルーペナルティーを課した。
  • CarNo.66は、国際モータースポーツ競技規則付則H項違反(SC中の追越し行為)により、ドライビングスルーペナルティーを課した。
  • CarNo.66は、2010 SGT-SpR第47条8.(ペナルティ不履行)により、失格とした。

SUPER GT

GTA定例記者会見:今季は骨髄バンクキャンペーンへ協力

gt_r01_pc_bandoh gt_r01_pc_grace

GTアソシエイション(以下GTA)は3月21日、スーパーGT第1戦が開催されている鈴鹿サーキットで定例会見を行った。 今回は坂東正明代表取締役、佐藤直樹レース事業部執行役員、島田康生SP事業部執行役員の3名が出席、今シーズンのレギュレーションやプロモーション活動について報告した。 今年からは従来のキャンペーンに加えて骨髄バンクの認知向上にも取り組むという。 内容は以下の通り。

坂東代表
2010シーズンもスーパーGTを開催することが出来、皆様のお陰でここまでこれました。
今年はホンダがニューマシン、HSV-010をデビューさせ、ニッサンも3.4リットルのニューエンジンを投入、レギュレーション上全く同じ状態でのレースを行います。
今後ともより一層のご協力をいただき、我々の力で日本のモータースポーツを盛り上げていきたい。
(出走台数について)この不況の中台数の減少を懸念していたが、トータル38台と昨年同様のエントリーが集まった。今後もスポット参戦はあるだろうが、チャンピオンシップも関係するので減ることはないと思う
(レギュレーションについて)09規定の車両で漸く3メーカー全部が揃ったので、現時点では性能調整をするつもりはない。

島田執行役員
昨年までは秋田(史)執行役員が会見していましたが、今年からプロモーションについては私がやることになりました。例年同様によろしくお願いします。
(社会貢献について)世界の子供にワクチンを、というキャンペーンを今年も継続し、サーキット内でペットボトルのキャップの回収を行います。
また、ビジットジャパンキャンペーンに今年も協力し、前者のフロントウィングにステッカーを貼ってアピールします。
また、今年からは骨髄バンクのキャンペーンに協力していきます。これは皆様ご存知のようにGT参戦ドライバーのアンドレ・クート選手のご子息が白血病と闘われていることなどが契機になっています。GTAとしてもこのキャンペーンの周知と登録の推進に取り組みます。
(観客動員について)昨年度は44万7千人の来場をいただきました。今年もこの数字を落とさないよう、東京発や各エリア発でプロモーションを展開します。
昨日は22,000人とほぼ昨年並みの来場があり、ほっとしています。

まとめ:Kazuhisa SUEHIRO / Photo: Yoshinori OHNISHI

SUPER GT

SGT:第1戦鈴鹿フリー走行 ペトロナスSC、紫電がトップタイム

gt_r01_f_1 gt_r01_f_2 gt_r01_f_24 gt_r01_f_18

2010スーパーGT第1戦の決勝前フリー走行は、#1PETRONAS TOM'S SC430(脇阪寿一/アンドレ・ロッテラー組)がトップタイム。1'54.323だった。ポールシッターの#18ウイダーHSV-010は11位だった。 GT300クラスは#2アップル・K-ONE・紫電(加藤寛規/濱口弘組)がトップタイムで2'07.704。#7 M7 MUTIARA MOTORS雨宮SGC 7は7位だった。

天候が心配された決勝日の鈴鹿サーキットだったが、雨は夜が明ける頃にはやみ、周囲は黄砂の影響でうっすらと靄がかかった状態で朝を迎えた。
フリー走行は午前8時30分より45分間で行われた。

昨夜の雨で路面は未だ濡れており、ウェット宣言が出されたものの、それも徐々に乾き始め、当初はインターミディタイヤを装着していた各チームもすぐにスリックへ交換を始めた。
それにつれてタイムも2分3秒台から次第に上がっていき、予定の半分を消化したところでGT500クラスは2分を切るところが現れた。最初に2分の壁を破ったのは#1ペトロナスSC、ドライバーは脇阪だった。続いて#12カルソニックGT-Rの松田次生、#23モチュールGT-Rのブノワ・トレルイエらが脇阪のタイムを上回ってくるが、1号車はその後もタイムを1分54秒台まで縮めて終盤再びトップに立った。
一方、ポールシッターの#18ウイダーHSVはこのセッションを終始10位前後で走行、最終的には11位で終えている。
予選でクラッシュしてリヤセクションを大破した#24HIS GT-Rも無事修復を完了、序盤から快調に走行して12位だった。

GT300クラスは昨日惜しくもセッション2で敗退した#2紫電が序盤から快調にタイムを上げ、2分7秒台へ。このセッションをトップで終えた。
またこのクラスは予選1回目でエンジントラブルに見舞われ、惜しくも予選落ちとなってしまった#5マッハ号と、予選後の車検で最低地上高及び後部空力部品の規定違反を問われてタイム抹消となった#62R&Dレガシイから出走嘆願が出ており、このフリー走行でのタイムの結果で判断されることとなっていたが、5号車はクラス8位、62号車はクラス17位で走行を終えており、決勝への出走は認められるものと思われる。

第1戦決勝はこの後午後2時より52周で行われる。

Text: Kazuhisa SUEHIRO / Photo: Keiichiro TAKESHITA & Motorsports Forum

SUPER GT

SGT:第1戦鈴鹿フリー走行結果

SUZUKA GT 300km RACE -RIJ- (2010/03/21) Free Practice Weather:Cloudy Course:Semi-Wet
2010 AUTOBACS SUPER GT Round 1 鈴鹿サーキット 5.807km

PosClassCls
Pos
NoCar
Maker Model
DriverTireTimeBehindkm/h
150011PETRONAS TOM'S SC430
LEXUS SC430
脇阪 寿一
アンドレ・ロッテラー
BS1'54.323-182.861
2500235MJ KRAFT SC430
LEXUS SC430
石浦 宏明
大嶋 和也
BS1'55.643 1.320180.774
3500332EPSON HSV-010
HONDA HSV-010
道上 龍
中山 友貴
DL1'55.738 1.415180.625
4500423MOTUL AUTECH GT-R
NISSAN GT-R
本山 哲
ブノワ・トレルイエ
MI1'55.747 1.424180.611
550056ENEOS SC430
LEXUS SC430
伊藤 大輔
ビヨン・ビルドハイム
BS1'55.952 1.629180.292
6500638ZENT CERUMO SC430
LEXUS SC430
立川 祐路
リチャード・ライアン
BS1'56.045 1.722180.147
7500712カルソニック IMPUL GT-R
NISSAN GT-R
松田 次生
ロニー・クインタレッリ
BS1'56.137 1.814180.005
850088ARTA HSV-010
HONDA HSV-010
ラルフ・ファーマン
井出 有冶
BS1'56.293 1.970179.763
9500917KEIHIN HSV-010
HONDA HSV-010
金石 年弘
塚越 広大
BS1'56.431 2.108179.550
105001039DENSO DUNLOP SARD SC430
LEXUS SC430
アンドレ・クート
平手 晃平
DL1'56.989 2.666178.694
115001118ウイダー HSV-010
HONDA HSV-010
小暮 卓史
ロイック・デュバル
BS1'57.065 2.742178.578
125001224HIS ADVAN KONDO GT-R
NISSAN GT-R
ジョアオ・パオロ・デ・オリベイラ
安田 裕信
YH1'57.076 2.753178.561
1350013100RAYBRIG HSV-010
HONDA HSV-010
伊沢 拓也
山本 尚貴
BS1'57.449 3.126177.994
1430012アップル・K-ONE・紫電
MOONCRAFT SHIDEN
加藤 寛規
濱口 弘
YH2'07.70413.381163.700
15300233HANKOOK PORSCHE
PORSCHE 911GT3RSR
木下 みつひろ
影山 正美
HK2'07.71813.395163.682
1630033HASEMI SPORT TOMICA Z
NISSAN FAIRLADY Z
星野 一樹
柳田 真孝
YH2'07.73313.410163.663
17300411JIMGAINER DIXCEL DUNLOP F430
FERRARI F430
田中 哲也
平中 克幸
DL2'08.10413.781163.189
18300546アップスタート MOLA Z
NISSAN FAIRLADY Z
横溝 直輝
阿部 翼
YH2'08.12713.804163.160
19300631apr COROLLA Axio
TOYOTA COROLLA Axio
嵯峨 宏紀
松浦 孝亮
YH2'08.39814.075162.816
2030077 M7 MUTIARA MOTORS雨宮SGC 7
MAZDA RX-7
谷口 信輝
折目 遼
YH2'08.54014.217162.637
2130085マッハGOGOGO車検408R
VEMAC RD408R
玉中 哲二
黒澤 治樹
YH2'08.74514.422162.377
22300986JLOC ランボルギーニ RG-3
LAMBORGHINI GALLARDO RG-3
山西 康司
関口 雄飛
YH2'08.83814.515162.260
233001066triple a Vantage GT2
ASTON MARTIN V8 VANTAGE
松田 秀士
吉本 大樹
YH2'08.96814.645162.097
243001174COROLLA Axio apr GT
TOYOTA COROLLA Axio
井口 卓人
国本 雄資
MI2'09.13914.816161.881
253001219ウェッズスポーツIS350
LEXUS IS350
織戸 学
片岡 龍也
YH2'09.18414.861161.825
263001343ARTA Garaiya
ASL ARATA Garaiya GT300VQ
新田 守男
高木 真一
MI2'09.59615.273161.311
27300149初音ミク X GSRポルシェ
PORSCHE 911GT3RSR MY04 Type 996
番場 琢
佐々木 雅弘
HK2'10.32015.997160.414
283001527NAC 衛生コム LMP Ferrari
FERRARI F430GTC
山岸 大
小泉 洋史
YH2'11.02516.702159.551
293001626CINECITTAタイサンポルシェ
PORSCHE 911GT3RS
イゴール・スシュコ
植田 正幸
YH2'11.46117.138159.022
303001762R&D SPORT LEGACY B4
SUBARU LEGACY B4
山野 哲也
佐々木 孝太
YH2'11.77717.454158.641
3130018666BOMEX LIAN BOXSTER
PORSCHE BOXSTER 986
山下 潤一郎
宮本 隆士
YH2'16.90622.583152.697
323001987JLOC ランボルギーニ RG-3
LAMBORGHINI GALLARDO RG-3
井入 宏之
坂本 祐也
YH2'16.92122.598152.681

SUPER GT

SGT:第1戦鈴鹿公式予選 MOTUL AUTECH GT-Rが予選3位から開幕戦優勝を狙う (NISMO)

 2010年SUPER GTの開幕戦の舞台は鈴鹿サーキット。穏やかな春の一日となり、また彼岸の3連休初日ということもあり開幕を待ちわびた2万2,000人ものファンが鈴鹿へ詰めかけた。今年のGT-Rは3台に集約し、新たに開発したV8、3.4リッターエンジンを搭載しての参戦。ドライバーも一部がシャッフルされた。使用するタイヤはニスモがミシュラン、TEAM IMPULがブリヂストン、KONDO RACINGがヨコハマだ。

 午前中に2時間40分行われた公式練習では、「カルソニック IMPUL GT-R」(#12松田次生/ロニー・クインタレッリ)が3位、「MOTUL AUTECH GT-R」(#23本山哲/ブノワ・トレルイエ)が6位、「HIS ADVAN KONDO GT-R」(#24ジョアオ・パオロ・デ・オリベイラ/安田裕信)が10位とまずまずの位置につけた。

 予選1回目は、気温が20℃近くまで達した13時15分より45分間行われ、3台のGT-Rは問題なく全員のドライバーが基準タイムをクリア。#23 GT-Rが3位、#12 GT-Rが8位、#24 GT-Rが10位であった。

 15時からはノックダウン方式予選。3つのセッション(S)で2名のドライバーが交互に走る勝ち抜き戦方式が採用された。気温18℃、路面温度27℃というコンディションで始まったS1でアタックするドライバーは、#23 GT-Rがトレルイエ、#12 GT-Rがクインタレッリ、#24 GT-Rが安田。13台から10台に絞られる10分間のセッションで#12 GT-Rが7位、#23 GT-Rが8位、#24 GT-Rが10位で3台のGT-Rは無事S2 進出を果たした。

gt_r01_q500_2.jpg  15時40分から始まった10分間のS2では10台から7台に絞られる。ドライバーは全チームが交代し、#23 GT-Rは本山、#12 GT-Rが松田、#24 GT-Rはオリベイラが出走した。しかし終盤にタイムアタック中だった#24 GT-Rが、2コーナーの立ち上がりでスピンしてイン側に巻き込みクラッシュ。リアを大破してコースサイドへ車両を止めることになり10位でS3への進出を逃すこととなった。しかし#12 GT-Rは4位、#23 GT-Rも7位でS3への進出を決定した。

 そしてトップ7でのアタック合戦となるS3は、16時20分から10分間行われた。#23 GT-Rはトレルイエ、#12 GT-Rはクインタレッリが再びステアリングを握った。このセッションで#23 GT-Rはトップから0.185秒差の3位に入りチェッカー。#12 GT-Rも6位のポジションを確定させた。「今日の結果はハッピー。今朝はセットアップが路面とマッチしていなくてクルマが安定していませんでした。でもトラックのコンディションも変わりそれに合わせてセットアップもよくなりました。最後のS3ではプッシュしてベストラップが出せそうだったんですが、1 コーナーと最終コーナーでどこまでいけるかが分からなかったのでセーブしました。明日はスタートして1コーナーでトップに出てそのまま勝ちたいですね (笑)。このパッケージになって初めてのレースなので、タイヤマネージメントやエンジンなどいろいろ考えることがありますが、いいペースを保ちたいです」とトレルイエの表情も明るい。「このポジション以上にいけるよう確実に走りたい」と本山も明日のレースに意欲を見せた。

ニスモ鈴木豊監督
 「今年のニスモは新しいエンジンを搭載し、新たにミシュランタイヤをパートナーに戦っていきます。予選では、トップの車両のタイムと大きな差もありませんでしたし、予選3位というポジションには満足しています。今日はふたりの速いドライバーが自分たちの仕事をしっかりこなしてくれました。現状でも十分戦って行けますが、課題も見えていますから、もっと速くなっていくと思います。新車を投入したホンダやレクサスがどんな走りをするのかにもよりますが、ひとつでもポジションを上げたいと思います。今シーズンもファンの方々の盛大な応援をよろしくお願いします」
Text & Photo: NISMO

SUPER GT

SGT:第1戦鈴鹿公式予選 HSV-010 GTのデビューレースでウイダー HSV-010(小暮卓史/L.デュバル組)がポールポジションを獲得 (HONDA)

 3月20日(土)、三重県鈴鹿市にある鈴鹿サーキットにおいて2010 オートバックス SUPER GT第1戦「SUZUKA GT 300km」が開幕し、公式予選が行われた。

 今シーズンのSUPER GTシリーズより、Hondaは新たなレース専用車「HSV-010 GT」を投入し、シリーズタイトルの奪還をねらう。

 HSV-010 GTは、JAF(社団法人 日本自動車連盟)が定めた「2010年レギュレーション(排気量3.4リッター、V型8気筒、FRレイアウトなど)」に準拠し、モータースポーツの原点である「速さ」を徹底的に追求。お客様に夢と感動を提供していきたいとの想いで開発した。

 今シーズンは、#8 ラルフ・ファーマン/井出有治組(ARTA HSV-010)、#18 小暮卓史/ロイック・デュバル組(ウイダー HSV-010)、#17 金石年弘/塚越広大組(KEIHIN HSV-010)、#32 道上龍/中山友貴組(EPSON HSV-010)、#100 伊沢拓也/山本尚貴組(RAYBRIG HSV-010)の計5チーム5台が出場する。

 公式予選が行われた3月20日(土)は、朝から快晴という絶好のコンディションとなり、2万2000人のファンが開幕戦の会場に駆けつけた。

 午前に行われた公式練習でHSV-010 GTは、決勝を見すえたロングラン主体の走行を重ねていく。そして公式予選1回目では、#18 小暮/デュバル組が2番手のタイムを記録するなど、マシンの仕上げが順調に進んでいる様子がうかがえた。

gt100320003L.jpg  決勝グリッドを決める予選2回目は、3セッション(各10分間)の走行によるノックダウン方式で行われた。全13台の出走車両中、セッション1でタイム上位10台が残り、セッション2で上位7台となり、セッション3にて最終グリッドが確定する。

 セッション1では、#18 ウイダー HSV-010、#100 RAYBRIG HSV-010、#17 KEIHIN HSV-010の3台がセッション2に進み、#32 EPSON HSV-010と#8 ARTA HSV-010は、それぞれ11、12番手で決勝グリッドが確定した。

 セッション2では、#17 KEIHIN HSV-010の9番グリッドが確定し、最終セッションには、#18 ウイダー HSV-010と#100 RAYBRIG HSV-010の2台が出場することとなった。

 7台で決勝グリッドが争われた最終セッションは、小暮選手が駆る#18 ウイダー HSV-010が、1分53秒182の最速タイムを記録し、HSV-010 GTがデビューレースにして見事にポールポジションを獲得した。伊沢選手が駆る#100 RAYBRIG HSV-010は1分53秒819のタイムで7番グリッドから決勝レースを迎えることとなった。

 また、#32 EPSON HSV-010の道上選手は本レースでGT参戦100戦目となり、予選終了後にナカジマレーシング主催の記念セレモニーが行われた。

瀧敬之介|Honda GTプロジェクトリーダー
 「まずはHSV-010 GTのデビュー戦でポールポジションを獲得できて、正直ホッとしています。18号車の小暮選手の活躍もあり、ファンの皆さんにHSV-010 GTの速さをお見せできたのは、とてもうれしく思います。このポールポジションの獲得は、これまで一緒にがんばった、各チームのスタッフや、マシンの開発に関わった多くの人々による努力の賜物だと思います。予選ではありますが、私にとっては優勝と同じぐらい価値があるものと思っています。明日の決勝も優勝を目指し、5チーム一丸でがんばりますのでHSV-010 GTへのご声援をお願いします」
小暮卓史選手(ポールポジション、#18 ウイダー HSV-010)
 「スタッフの努力でHSV-010 GTの実力を発揮できたのだと思います。デビューレースでポールポジションを獲得できたことを本当にうれしく思います。決勝レースで使用するタイヤを考えて、セッション3ではハードタイヤを選択していたので、一発のタイムを出せるか不安がありました。このタイヤは絶対的なグリップが足りないのですが、コンスタントにいいタイムを刻むことができるので、決勝ではぜひともみんなの想いとともに表彰台の頂点に上がりたいと思います。このようにHSV-010 GTの歴史を刻めるようなチャンスは二度とないことなので明日は最高のレースをしたいと思います」
ロイック・デュバル選手(ポールポジション、#18 ウイダー HSV-010)
 「今日はタイヤの選択が難しかった。セッション2を担当したのですが、タイヤのウオームアップに苦労して、ダンロップコーナーで大きなドリフトをしてクラッシュしそうになりました。小暮選手がとてもすばらしい走りをしてくれたことに感謝しています。明日の決勝は、ポールポジションスタートのアドバンテージがあり、マシンの仕上がりもとてもいいので優勝する自信があります。デビューウインを目指してがんばりますので応援をよろしくお願いします」
Text & Photo: HONDA

SUPER GT

SGT:第1戦鈴鹿公式予選 ポールシッターのコメント

gt_r01_kd_pp gt_r01_kd_pp_500 gt_r01_kd_pp_300

GT500クラス #18ウイダーHSV-010
小暮 卓史
関係者の皆さんの力のお陰もあってやっと速さを証明できました。デビュー戦でポールが獲れて嬉しいです。
Q3では決勝を想定して固めのタイヤをチョイスしたので、どうなるのかと思っていましたが、トップで終われてよかったです。
ウォームアップの難しいタイヤでしたが、決勝で使えるものを履きました。HSV-010のデビューレースでポールが獲れたことで一つ報われました。あとはポディウムの頂点にみんなの思いを持っていけるよう最高のレースをするだけです。
(NSXとの違いについて)FRになり、ホイールベースも長くなったことでブレーキの安定性が上がり、奥まで突っ込んでいけるようになりました。コーナーで姿勢を作っていくまでに少し時間がかかりますが、それを差し引いても速くなったと思います。

ロイック・デュバル
今日はタイヤチョイスが難しく、Q2は苦しみました。ウォームアップが難しくてダンロップでクラッシュしそうになりました。ドリフトのドライバーだったらいい演技が出来たでしょうね(笑)
Q3はコグレサンがいい仕事をしてくれましたね。いいクルマのお陰で満足しています。
このポールポジションをアフォンソ・クート君(アンドレ・クートの子息)に捧げます。彼は今白血病と闘っています。この場を借りて皆さんにも協力をお願いしたい。
明日はポールからのスタートで、目標は優勝すること。そのためにもいいスタートを決めたい。クルマがいいのでその自信はあります。安定した走りが出来れば勝てるはずなので頑張ります。
(NSXとの違いについて)僕にとってはそれよりもタイヤメーカーが代わったことの影響が大きいですね。クルマに関してはフロントエンジンになったことでダウンフォースもメカニカルグリップも向上したと感じます。

GT300クラス #7 M7 MUTIARA MOTORS 雨宮SCG7
谷口 信輝
去年このチームに戻ってから初めてのポールが獲れてうれしいです。ポールを獲るのが目的ではないんですが、気分はいいですね。他にもウチより速いクルマがいましたが、今回はノックダウン方式が味方してくれました。折目選手も速かったですし。
去年も素晴らしい一年でしたが、取りこぼしもあり、タイトルに届きませんでした。特に富士を(リタイヤで)落としたのがデカかったですね。なので今年は取りこぼしの無いよう、毎戦100点のレースをして、チャンピオンを獲りたいです。
(シビックとのダブルポールについて)むしろGTからシビックに乗り換えたときのほうが辛かったですね。ウィングが無いし、ふらふらして怖いなと思う部分もありました。その分GTの方が安定してる感じで、「全然乗りやすいじゃん!」と思いました。シビックに乗った後のほうが攻められたし、130Rのスピードも上がりましたよ。

折目 遼
GTに出るようになって4年間で初めてのポールです。午前中の走行を見る限りでは、ここまでのタイムはシミュレーションできてなかったので、驚きと喜びの両方があります。
明日もこの流れを途切れさせないようにしたいです。
一番前からのスタートなので、できるだけ逃げ切るようなレースをしたいです。ウチは給油時間が長いし、コース上で抜くのも難しいので、スタートからできるだけ後ろを離して2番手のドライバーに渡せれば、と思います。

まとめ: Kazuhisa SUEHIRO / Photo: Keiichiro TAKESHITA

SUPER GT

SGT:第1戦鈴鹿ノックダウン予選 18ウィダーHSV-010がデビュー戦初ポール!

gt_r01_kd_18 gt_r01_kd_7

2010オートバックスSUPER GT第1戦「鈴鹿GT300km」の公式予選2回目が3月20日、鈴鹿サーキットでノックダウン方式にて行われ、これがデビューレースとなる#18ウイダーHSV-010(小暮卓史/ロイック・デュバル組)がポールポジションを獲得。タイムは1分53秒182だった 2位には#38ZENT CERUMO SC430(立川祐路/リチャード・ライアン組)、3位には#23MOTUL AUTECH GT-R(本山哲/ブノワ・トレルイエ組)が入り、トップ3グリッドを3メーカーで分け合う格好になった。 GT300クラスは#7 M7 MUTIARA MOTORS雨宮SGC 7(谷口信輝/折目遼組)がポールを獲得。谷口はサポートレースのシビックインターカップと合わせてこの日二つのポールポジションをものにした。 (天候:晴れ コース:ドライ 観客動員数:22,000人)

セッション1
公式予選2回目は午後3時開始。
心配された雨は最後まで降らず、終始ドライコンディションでの走行となった。
最初のセッションではGT300クラス上位16台、GT500は10台が次のセッション2へ駒を進める。
GT300クラスでトップタイムを記録したのは#2紫電。加藤寛規のドライブで2分05秒774を記録。2位に#11ジムゲイナーF430、3位には#7RX-7が入った。
一方、ここで予選を終えることになったのは#62レガシィと#666ボクスターだった。

GT500クラスは公式予選1回目をかろうじて切り抜けた#1ペトロナスSCが1分52秒821とこの日の最速タイムを記録してトップ。ドライバーはアンドレ・ロッテラーだ。
2位には#18ウイダーHSV、3位に#35KRAFT SCが入り、#32エプソンHSV、#8ARTA HSV、#39デンソーSCが脱落した。
#38ZENTはインジェクションのトラブルから一時スローダウンを余儀なくされたものの、立川の奮闘でこのセッションを7位で通過している。

セッション2
10分間のインターバルの後に行われたセッション2。GT300は10台、GT500は7台が次に進む。
GT300クラスは#43ガライヤ、#7RX-7、#74カローラアクシオの順。セッション1トップの#2紫電は、この日がGTデビュー戦となる濱口弘の奮闘も空しく11位に終わってしまう。
この他にも影山&木下のベテランコンビの駆る#33ハンコックポルシェ、#26タイサンポルシェ、今季初参戦の#66アストンマーチンヴァンテッジ、BMW Z4からポルシェ911GT3に車両を一新した#9初音ミク、#27フェラーリF430らの外車勢が揃って脱落となった。

GT500クラスはまず#18ウイダーがトップに立つが、チェッカー寸前に#35KRAFTの石浦宏明が1分53秒350でトップに躍り出た。2位には#6エネオス、3位に#38ZENTとレクサスSCが上位を独占。4位#12カルソニックGT-R、5位にルーキー山本尚貴の駆る#100レイブリックHSVがつけた。
gt_r01_kn_jp_crash3
一方、セッション1をトップで通過した#1ペトロナスSCは惜しくも8位に終わる。#17ケーヒンHSVも9位に終わり、#24HIS GT-Rは2コーナー先でコースを飛び出し、リヤセクションに大きなダメージを負って予選を終えた。

セッション3
ポールポジションを争う最後のセッションでは、使用したタイヤをそのまま決勝でのスタートに用いることが求められる。
このため固めのコンパウンドを選択するチームも多く、タイムもセッション2に比べてやや見劣りのするものとなった。
そうした中、GT300クラスでポールを獲得したのは#7雨宮RX-7の谷口だった。
谷口はこのノックダウン予選に先立って行われたシビックインターカップでもコースレコードを記録してポールを獲得しており、その勢いを駆ってGTでも最速タイムを記録してみせる。
「ウィングの無いクルマで走った後は、物凄く乗りやすく感じ、130Rの通過速度が上がった」
とは本人の弁だ。
2位には#11ジムゲイナーフェラーリの平中克幸、3位に#46モーラZがつけた。しかし46号車は最後のアタック中にスプーンでスピンアウトしており、タイヤへの影響が懸念される。

5分間のインターバルの後、GT500の最後のアタックが始まった。
#18ウイダー、#35KRAFTは決勝を想定して固めのタイヤをチョイスしたというが、それでも1分53秒台の好タイムを走り始めから叩き出し、最終的には18号車の小暮が1分53秒182までタイムを縮めてHSV-010のデビューレースをポールポジションからスタートさせることに成功した。
2位には立川の駆る#38ZENT SC、3位にはトレルイエの駆る#23モチュールGT-Rが入り、ホンダ、レクサス、ニッサンの3メーカーがほぼ互角の速さを見せることとなった。

スーパーGT第1戦の決勝は明日午後2時より52周で戦われる。

Text: Kazuhisa SUEHIRO / Photo: Keiichiro TAKESHITA

SUPER GT

SGT:第1戦鈴鹿ノックダウン予選結果

■GT500 Class

SUZUKA GT 300km RACE -RIJ- (2010/03/20) Knock Down Qualify Weather:Fine Course:Dry
2010 AUTOBACS SUPER GT Round 1 鈴鹿サーキット 5.807km

PosNoCar
Model
DriverTireWhSession1Session2Session3
118ウイダー HSV-010
HONDA HSV-010
小暮 卓史
ロイック・デュバル
BS1'53.0081'54.0031'53.182
238ZENT CERUMO SC430
LEXUS SC430
立川 祐路
リチャード・ライアン
BS1'54.1841'53.6031'53.277
323MOTUL AUTECH GT-R
NISSAN GT-R
本山 哲
ブノワ・トレルイエ
MI1'53.9901'54.1451'53.367
46ENEOS SC430
LEXUS SC430
伊藤 大輔
ビヨン・ビルドハイム
BS1'53.6101'53.5881'53.442
535MJ KRAFT SC430
LEXUS SC430
石浦 宏明
大嶋 和也
BS1'53.1731'53.3501'53.637
612カルソニック IMPUL GT-R
NISSAN GT-R
松田 次生
ロニー・クインタレッリ
BS1'53.9221'53.8091'53.716
7100RAYBRIG HSV-010
HONDA HSV-010
伊沢 拓也
山本 尚貴
BS1'53.5431'53.9261'53.819
81PETRONAS TOM'S SC430
LEXUS SC430
脇阪 寿一
アンドレ・ロッテラー
BS1'52.8211'54.278
917KEIHIN HSV-010
HONDA HSV-010
金石 年弘
塚越 広大
BS1'53.5771'54.335
1024HIS ADVAN KONDO GT-R
NISSAN GT-R
ジョアオ・パオロ・デ・オリベイラ
安田 裕信
YH1'54.3062'04.139
1132EPSON HSV-010
HONDA HSV-010
道上 龍
中山 友貴
DL1'54.406
128ARTA HSV-010
HONDA HSV-010
ラルフ・ファーマン
井出 有冶
BS1'54.525
1339DENSO DUNLOP SARD SC430
LEXUS SC430
アンドレ・クート
平手 晃平
DL1'55.019
■GT300 Class

SUZUKA GT 300km RACE -RIJ- (2010/03/20) Knock Down Qualify Weather:Fine Course:Dry
2010 AUTOBACS SUPER GT Round 1 鈴鹿サーキット 5.807km

PosNoCar
Model
DriverTireWhSession1Session2Session3
17 M7 MUTIARA MOTORS雨宮SGC 7
MAZDA RX-7
谷口 信輝
折目 遼
YH2'06.0932'05.1652'05.391
211JIMGAINER DIXCEL DUNLOP F430
FERRARI F430
田中 哲也
平中 克幸
DL2'05.8552'06.2842'05.599
346アップスタート MOLA Z
NISSAN FAIRLADY Z
横溝 直輝
阿部 翼
YH2'06.5462'06.3332'05.827
443ARTA Garaiya
ASL ARATA Garaiya GT300VQ
新田 守男
高木 真一
MI2'06.6832'05.0322'05.975
574COROLLA Axio apr GT
TOYOTA COROLLA Axio
井口 卓人
国本 雄資
MI2'07.0122'05.9902'06.294
619ウェッズスポーツIS350
LEXUS IS350
織戸 学
片岡 龍也
YH2'06.4822'06.7822'06.299
73HASEMI SPORT TOMICA Z
NISSAN FAIRLADY Z
星野 一樹
柳田 真孝
YH2'06.4392'06.0352'06.664
886JLOC ランボルギーニ RG-3
LAMBORGHINI GALLARDO RG-3
山西 康司
関口 雄飛
YH2'07.4332'06.5392'06.849
931apr COROLLA Axio
TOYOTA COROLLA Axio
嵯峨 宏紀
松浦 孝亮
YH2'07.7992'06.8932'07.276
1087JLOC ランボルギーニ RG-3
LAMBORGHINI GALLARDO RG-3
井入 宏之
坂本 祐也
YH2'07.7542'06.9612'07.719
112アップル・K-ONE・紫電
MOONCRAFT SHIDEN
加藤 寛規
濱口 弘
YH2'05.7742'07.308
1233HANKOOK PORSCHE
PORSCHE 911GT3RSR
木下 みつひろ
影山 正美
HK2'06.2892'07.552
1327NAC 衛生コム LMP Ferrari
FERRARI F430GTC
山岸 大
小泉 洋史
YH2'06.9342'08.155
1426CINECITTAタイサンポルシェ
PORSCHE 911GT3RS
イゴール・スシュコ
植田 正幸
YH2'09.3662'08.338
1566triple a Vantage GT2
ASTON MARTIN V8 VANTAGE
松田 秀士
吉本 大樹
YH2'07.8492'08.397
169初音ミク X GSRポルシェ
PORSCHE 911GT3RSR MY04 Type 996
番場 琢
佐々木 雅弘
HK2'06.9362'09.151
17666BOMEX LIAN BOXSTER
PORSCHE BOXSTER 986
山下 潤一郎
宮本 隆士
YH2'11.887
-62R&D SPORT LEGACY B4
SUBARU LEGACY B4
山野 哲也
佐々木 孝太
YHDeleted
  • CarNo.62は、JAF国内競技車両規則(JAF-GT300)第7章第3条1.2違反および3条5.2違反により、予選タイムを削除した。

SUPER GT

SGT:第1戦鈴鹿ノックダウン予選セッション3結果

■GT500 Class

SUZUKA GT 300km RACE -RIJ- (2010/03/20) Session 3 GT500 Weather:Fine Course:Dry
2010 AUTOBACS SUPER GT Round 1 鈴鹿サーキット 5.807km

PosNoCar
Model
DriverTireWHTimeDelayGapkm/h
118ウイダー HSV-010
HONDA HSV-010
小暮 卓史
ロイック・デュバル
BS1'53.182--184.704
238ZENT CERUMO SC430
LEXUS SC430
立川 祐路
リチャード・ライアン
BS1'53.277 0.095 0.095184.549
323MOTUL AUTECH GT-R
NISSAN GT-R
本山 哲
ブノワ・トレルイエ
MI1'53.367 0.185 0.090184.403
46ENEOS SC430
LEXUS SC430
伊藤 大輔
ビヨン・ビルドハイム
BS1'53.442 0.260 0.075184.281
535MJ KRAFT SC430
LEXUS SC430
石浦 宏明
大嶋 和也
BS1'53.637 0.455 0.195183.965
612カルソニック IMPUL GT-R
NISSAN GT-R
松田 次生
ロニー・クインタレッリ
BS1'53.716 0.534 0.079183.837
7100RAYBRIG HSV-010
HONDA HSV-010
伊沢 拓也
山本 尚貴
BS1'53.819 0.637 0.103183.671
■GT300 Class

SUZUKA GT 300km RACE -RIJ- (2010/03/20) Session 3 GT300 Weather:Fine Course:Dry
2010 AUTOBACS SUPER GT Round 1 鈴鹿サーキット 5.807km

PosNoCar
Model
DriverTireWHTimeDelayGapkm/h
17 M7 MUTIARA MOTORS雨宮SGC 7
MAZDA RX-7
谷口 信輝
折目 遼
YH2'05.391--166.720
211JIMGAINER DIXCEL DUNLOP F430
FERRARI F430
田中 哲也
平中 克幸
DL2'05.599 0.208 0.208166.444
346アップスタート MOLA Z
NISSAN FAIRLADY Z
横溝 直輝
阿部 翼
YH2'05.827 0.436 0.228166.142
443ARTA Garaiya
ASL ARATA Garaiya GT300VQ
新田 守男
高木 真一
MI2'05.975 0.584 0.148165.947
574COROLLA Axio apr GT
TOYOTA COROLLA Axio
井口 卓人
国本 雄資
MI2'06.294 0.903 0.319165.528
619ウェッズスポーツIS350
LEXUS IS350
織戸 学
片岡 龍也
YH2'06.299 0.908 0.005165.522
73HASEMI SPORT TOMICA Z
NISSAN FAIRLADY Z
星野 一樹
柳田 真孝
YH2'06.664 1.273 0.365165.045
886JLOC ランボルギーニ RG-3
LAMBORGHINI GALLARDO RG-3
山西 康司
関口 雄飛
YH2'06.849 1.458 0.185164.804
931apr COROLLA Axio
TOYOTA COROLLA Axio
嵯峨 宏紀
松浦 孝亮
YH2'07.276 1.885 0.427164.251
1087JLOC ランボルギーニ RG-3
LAMBORGHINI GALLARDO RG-3
井入 宏之
坂本 祐也
YH2'07.719 2.328 0.443163.681

SUPER GT

SGT:第1戦鈴鹿ノックダウン予選セッション2結果

■GT500 Class

SUZUKA GT 300km RACE -RIJ- (2010/03/20) Session 2 GT500 Weather:Fine Course:Dry
2010 AUTOBACS SUPER GT Round 1 鈴鹿サーキット 5.807km

PosNoCar
Model
DriverTireWHTimeDelayGapkm/h
135MJ KRAFT SC430
LEXUS SC430
石浦 宏明
大嶋 和也
BS1'53.350--184.431
26ENEOS SC430
LEXUS SC430
伊藤 大輔
ビヨン・ビルドハイム
BS1'53.588 0.238 0.238184.044
338ZENT CERUMO SC430
LEXUS SC430
立川 祐路
リチャード・ライアン
BS1'53.603 0.253 0.015184.020
412カルソニック IMPUL GT-R
NISSAN GT-R
松田 次生
ロニー・クインタレッリ
BS1'53.809 0.459 0.206183.687
5100RAYBRIG HSV-010
HONDA HSV-010
伊沢 拓也
山本 尚貴
BS1'53.926 0.576 0.117183.498
618ウイダー HSV-010
HONDA HSV-010
小暮 卓史
ロイック・デュバル
BS1'54.003 0.653 0.077183.374
723MOTUL AUTECH GT-R
NISSAN GT-R
本山 哲
ブノワ・トレルイエ
MI1'54.145 0.795 0.142183.146
---- 以上セッション1進出 ----
81PETRONAS TOM'S SC430
LEXUS SC430
脇阪 寿一
アンドレ・ロッテラー
BS1'54.278 0.928 0.133182.933
917KEIHIN HSV-010
HONDA HSV-010
金石 年弘
塚越 広大
BS1'54.335 0.985 0.057182.842
1024HIS ADVAN KONDO GT-R
NISSAN GT-R
ジョアオ・パオロ・デ・オリベイラ
安田 裕信
YH2'04.13910.789 9.804168.402
■GT300 Class

SUZUKA GT 300km RACE -RIJ- (2010/03/20) Session 2 GT300 Weather:Fine Course:Dry
2010 AUTOBACS SUPER GT Round 1 鈴鹿サーキット 5.807km

PosNoCar
Model
DriverTireWHTimeDelayGapkm/h
143ARTA Garaiya
ASL ARATA Garaiya GT300VQ
新田 守男
高木 真一
MI2'05.032--167.199
27 M7 MUTIARA MOTORS雨宮SGC 7
MAZDA RX-7
谷口 信輝
折目 遼
YH2'05.165 0.133 0.133167.021
374COROLLA Axio apr GT
TOYOTA COROLLA Axio
井口 卓人
国本 雄資
MI2'05.990 0.958 0.825165.927
43HASEMI SPORT TOMICA Z
NISSAN FAIRLADY Z
星野 一樹
柳田 真孝
YH2'06.035 1.003 0.045165.868
511JIMGAINER DIXCEL DUNLOP F430
FERRARI F430
田中 哲也
平中 克幸
DL2'06.284 1.252 0.249165.541
646アップスタート MOLA Z
NISSAN FAIRLADY Z
横溝 直輝
阿部 翼
YH2'06.333 1.301 0.049165.477
786JLOC ランボルギーニ RG-3
LAMBORGHINI GALLARDO RG-3
山西 康司
関口 雄飛
YH2'06.539 1.507 0.206165.208
819ウェッズスポーツIS350
LEXUS IS350
織戸 学
片岡 龍也
YH2'06.782 1.750 0.243164.891
931apr COROLLA Axio
TOYOTA COROLLA Axio
嵯峨 宏紀
松浦 孝亮
YH2'06.893 1.861 0.111164.747
1087JLOC ランボルギーニ RG-3
LAMBORGHINI GALLARDO RG-3
井入 宏之
坂本 祐也
YH2'06.961 1.929 0.068164.658
---- 以上セッション1進出 ----
112アップル・K-ONE・紫電
MOONCRAFT SHIDEN
加藤 寛規
濱口 弘
YH2'07.308 2.276 0.347164.210
1233HANKOOK PORSCHE
PORSCHE 911GT3RSR
木下 みつひろ
影山 正美
HK2'07.552 2.520 0.244163.896
1327NAC 衛生コム LMP Ferrari
FERRARI F430GTC
山岸 大
小泉 洋史
YH2'08.155 3.123 0.603163.124
1426CINECITTAタイサンポルシェ
PORSCHE 911GT3RS
イゴール・スシュコ
植田 正幸
YH2'08.338 3.306 0.183162.892
1566triple a Vantage GT2
ASTON MARTIN V8 VANTAGE
松田 秀士
吉本 大樹
YH2'08.397 3.365 0.059162.818
169初音ミク X GSRポルシェ
PORSCHE 911GT3RSR MY04 Type 996
番場 琢
佐々木 雅弘
HK2'09.151 4.119 0.754161.866

SUPER GT

SGT:第1戦鈴鹿ノックダウン予選セッション1結果

■GT500 Class

SUZUKA GT 300km RACE -RIJ- (2010/03/20) Session 1 GT500 Weather:Fine Course:Dry
2010 AUTOBACS SUPER GT Round 1 鈴鹿サーキット 5.807km

PosNoCar
Model
DriverTireWHTimeDelayGapkm/h
11PETRONAS TOM'S SC430
LEXUS SC430
脇阪 寿一
アンドレ・ロッテラー
BS1'52.821--185.295
218ウイダー HSV-010
HONDA HSV-010
小暮 卓史
ロイック・デュバル
BS1'53.008 0.187 0.187184.989
335MJ KRAFT SC430
LEXUS SC430
石浦 宏明
大嶋 和也
BS1'53.173 0.352 0.165184.719
4100RAYBRIG HSV-010
HONDA HSV-010
伊沢 拓也
山本 尚貴
BS1'53.543 0.722 0.370184.117
517KEIHIN HSV-010
HONDA HSV-010
金石 年弘
塚越 広大
BS1'53.577 0.756 0.034184.062
66ENEOS SC430
LEXUS SC430
伊藤 大輔
ビヨン・ビルドハイム
BS1'53.610 0.789 0.033184.008
712カルソニック IMPUL GT-R
NISSAN GT-R
松田 次生
ロニー・クインタレッリ
BS1'53.922 1.101 0.312183.505
823MOTUL AUTECH GT-R
NISSAN GT-R
本山 哲
ブノワ・トレルイエ
MI1'53.990 1.169 0.068183.395
938ZENT CERUMO SC430
LEXUS SC430
立川 祐路
リチャード・ライアン
BS1'54.184 1.363 0.194183.083
1024HIS ADVAN KONDO GT-R
NISSAN GT-R
ジョアオ・パオロ・デ・オリベイラ
安田 裕信
YH1'54.306 1.485 0.122182.888
---- 以上セッション2進出 ----
1132EPSON HSV-010
HONDA HSV-010
道上 龍
中山 友貴
DL1'54.406 1.585 0.100182.728
128ARTA HSV-010
HONDA HSV-010
ラルフ・ファーマン
井出 有冶
BS1'54.525 1.704 0.119182.538
1339DENSO DUNLOP SARD SC430
LEXUS SC430
アンドレ・クート
平手 晃平
DL1'55.019 2.198 0.494181.754
■GT300 Class

SUZUKA GT 300km RACE -RIJ- (2010/03/10) Session 1 GT300 Weather:Fine Course:Dry
2010 AUTOBACS SUPER GT Round 1 鈴鹿サーキット 5.807km

PosNoCar
Model
DriverTireWHTimeDelayGapkm/h
12アップル・K-ONE・紫電
MOONCRAFT SHIDEN
加藤 寛規
濱口 弘
YH2'05.774--166.212
211JIMGAINER DIXCEL DUNLOP F430
FERRARI F430
田中 哲也
平中 克幸
DL2'05.855 0.081 0.081166.105
37 M7 MUTIARA MOTORS雨宮SGC 7
MAZDA RX-7
谷口 信輝
折目 遼
YH2'06.093 0.319 0.238165.792
433HANKOOK PORSCHE
PORSCHE 911GT3RSR
木下 みつひろ
影山 正美
HK2'06.289 0.515 0.196165.535
53HASEMI SPORT TOMICA Z
NISSAN FAIRLADY Z
星野 一樹
柳田 真孝
YH2'06.439 0.665 0.150165.338
619ウェッズスポーツIS350
LEXUS IS350
織戸 学
片岡 龍也
YH2'06.482 0.708 0.043165.282
746アップスタート MOLA Z
NISSAN FAIRLADY Z
横溝 直輝
阿部 翼
YH2'06.546 0.772 0.064165.198
843ARTA Garaiya
ASL ARATA Garaiya GT300VQ
新田 守男
高木 真一
MI2'06.683 0.909 0.137165.020
927NAC 衛生コム LMP Ferrari
FERRARI F430GTC
山岸 大
小泉 洋史
YH2'06.934 1.160 0.251164.693
109初音ミク X GSRポルシェ
PORSCHE 911GT3RSR MY04 Type 996
番場 琢
佐々木 雅弘
HK2'06.936 1.162 0.002164.691
1174COROLLA Axio apr GT
TOYOTA COROLLA Axio
井口 卓人
国本 雄資
MI2'07.012 1.238 0.076164.592
1286JLOC ランボルギーニ RG-3
LAMBORGHINI GALLARDO RG-3
山西 康司
関口 雄飛
YH2'07.433 1.659 0.421164.049
1387JLOC ランボルギーニ RG-3
LAMBORGHINI GALLARDO RG-3
井入 宏之
坂本 祐也
YH2'07.754 1.980 0.321163.636
1431apr COROLLA Axio
TOYOTA COROLLA Axio
嵯峨 宏紀
松浦 孝亮
YH2'07.799 2.025 0.045163.579
1566triple a Vantage GT2
ASTON MARTIN V8 VANTAGE
松田 秀士
吉本 大樹
YH2'07.849 2.075 0.050163.515
1626CINECITTAタイサンポルシェ
PORSCHE 911GT3RS
イゴール・スシュコ
植田 正幸
YH2'09.366 3.592 1.517161.597
---- 以上セッション2進出 ----
1762R&D SPORT LEGACY B4
SUBARU LEGACY B4
山野 哲也
佐々木 孝太
YH2'11.553 5.779 2.187158.911
18666BOMEX LIAN BOXSTER
PORSCHE BOXSTER 986
山下 潤一郎
宮本 隆士
YH2'11.887 6.113 0.334158.508

SUPER GT

SGT:第1戦鈴鹿公式予選1回目 公式練習トップの2台があわや予選落ち!トップは#38ZENT

gt_r01_q1_38 gt_r01_q1_2

スーパーGT第1戦、鈴鹿GT300kmの公式予選1回目は、#38ZENTセルモSC430(立川祐路/リチャード・ライアン組)がGT500クラストップ、2位#18ウィダーHSV-010(小暮卓史/ロイック・デュバル組)、3位#12カルソニックIMPUL GT-R(松田次生/ロニー・クインタレッリ組)という結果となったが、公式練習トップの#1PETRONAS TOM'S SC430(脇阪寿一/アンドレ・ロッテラー組)があわや予選落ちという場面もあり、最後まで目の離せないセッションとなった。 GT300クラスは#2アップルK-ONE紫電(加藤寛規/濱口弘組)がトップタイム。こちらも公式練習トップの#5マッハGOGOGO車検408Rが開始早々にヘアピン立ち上がりでストップする波乱があり、結局5号車はそのまま走行を終えることとなった。

公式予選1回目は午後1時15分開始。この45分間のセッションでは各ドライバーとも予選通過規準タイムのクリアが目標となる。
基準タイムは上位3台の平均タイムの107%だ。

今回この罠にかかったのは午前中の公式練習でトップタイムを記録したGT500の#1ペトロナスSC、GT300の#5マッハ号だった。
1号車はセッション前半で脇阪が1分56秒970と基準タイムを大幅に上回ったものの、ロッテラーへの後退を目前に予定外のピットインを余儀なくされ、延々と作業に時間をとられることとなった。
ロッテラーは開始3分前に漸くコースイン。僅か1周のアタックで2分3秒257を上回ることが求められたが、見事1分58秒571を記録、ノックダウン予選に駒を進めた。

一方#5マッハ号はコース脇にクルマを止めたまま復帰することが叶わず、1周も計測できないまま予選を終えることとなった。
GT300クラスはこのほか、#360石松Kosei RUNNUP PORCHEが2分15秒850の基準タイムをクリアできず、予選落ちとなった。88号車のガイヤルドはここでも走行せず。このまま開幕戦をキャンセルする可能性が高くなった。

公式予選2回目はこのあと午後3時より、ノックダウン方式で行われる。


Text: Kazuhisa SUEHIRO / Photo: Keiichiro TAKESHITA

SUPER GT

SGT:第1戦鈴鹿公式予選1回目結果

SUZUKA GT 300km RACE -RIJ- (2010/03/20) Qualifying 1 Weather:Fine Course:Dry
2010 AUTOBACS SUPER GT Round 1 鈴鹿サーキット 5.807km

PosClassCls
Pos
NoCar
Maker Model
DriverTireTimeBehindkm/h
1500138ZENT CERUMO SC430
LEXUS SC430
立川 祐路
リチャード・ライアン
BS1'55.081-181.656
2500218ウイダー HSV-010
HONDA HSV-010
小暮 卓史
ロイック・デュバル
BS1'55.148 0.067181.551
3500323MOTUL AUTECH GT-R
NISSAN GT-R
本山 哲
ブノワ・トレルイエ
MI1'55.354 0.273181.226
4500435MJ KRAFT SC430
LEXUS SC430
石浦 宏明
大嶋 和也
BS1'55.531 0.450180.949
55005100RAYBRIG HSV-010
HONDA HSV-010
伊沢 拓也
山本 尚貴
BS1'55.709 0.628180.670
650066ENEOS SC430
LEXUS SC430
伊藤 大輔
ビヨン・ビルドハイム
BS1'55.788 0.707180.547
7500717KEIHIN HSV-010
HONDA HSV-010
金石 年弘
塚越 広大
BS1'55.788 0.707180.547
8500812カルソニック IMPUL GT-R
NISSAN GT-R
松田 次生
ロニー・クインタレッリ
BS1'55.979 0.898180.250
9500932EPSON HSV-010
HONDA HSV-010
道上 龍
中山 友貴
DL1'56.461 1.380179.504
105001024HIS ADVAN KONDO GT-R
NISSAN GT-R
ジョアオ・パオロ・デ・オリベイラ
安田 裕信
YH1'56.712 1.631179.118
11500118ARTA HSV-010
HONDA HSV-010
ラルフ・ファーマン
井出 有冶
BS1'56.885 1.804178.853
12500121PETRONAS TOM'S SC430
LEXUS SC430
脇阪 寿一
アンドレ・ロッテラー
BS1'56.970 1.889178.723
135001339DENSO DUNLOP SARD SC430
LEXUS SC430
アンドレ・クート
平手 晃平
DL1'57.778 2.697177.497
1430012アップル・K-ONE・紫電
MOONCRAFT SHIDEN
加藤 寛規
濱口 弘
YH2'06.50011.419165.258
15300219ウェッズスポーツIS350
LEXUS IS350
織戸 学
片岡 龍也
YH2'07.06511.984164.524
16300311JIMGAINER DIXCEL DUNLOP F430
FERRARI F430
田中 哲也
平中 克幸
DL2'07.32412.243164.189
1730043HASEMI SPORT TOMICA Z
NISSAN FAIRLADY Z
星野 一樹
柳田 真孝
YH2'07.61012.529163.821
18300546アップスタート MOLA Z
NISSAN FAIRLADY Z
横溝 直輝
阿部 翼
YH2'07.81212.731163.562
1930067 M7 MUTIARA MOTORS雨宮SGC 7
MAZDA RX-7
谷口 信輝
折目 遼
YH2'07.81312.732163.561
20300766triple a Vantage GT2
ASTON MARTIN V8 VANTAGE
松田 秀士
吉本 大樹
YH2'08.05512.974163.252
21300874COROLLA Axio apr GT
TOYOTA COROLLA Axio
井口 卓人
国本 雄資
MI2'08.37613.295162.844
22300943ARTA Garaiya
ASL ARATA Garaiya GT300VQ
新田 守男
高木 真一
MI2'08.52013.439162.661
233001086JLOC ランボルギーニ RG-3
LAMBORGHINI GALLARDO RG-3
山西 康司
関口 雄飛
YH2'08.64413.563162.504
243001131apr COROLLA Axio
TOYOTA COROLLA Axio
嵯峨 宏紀
松浦 孝亮
YH2'08.70613.625162.427
253001227NAC 衛生コム LMP Ferrari
FERRARI F430GTC
山岸 大
小泉 洋史
YH2'09.22014.139161.780
263001333HANKOOK PORSCHE
PORSCHE 911GT3RSR
木下 みつひろ
影山 正美
HK2'09.43514.354161.511
273001487JLOC ランボルギーニ RG-3
LAMBORGHINI GALLARDO RG-3
井入 宏之
坂本 祐也
YH2'09.54314.462161.377
28300159初音ミク X GSRポルシェ
PORSCHE 911GT3RSR MY04 Type 996
番場 琢
佐々木 雅弘
HK2'09.60214.521161.303
293001662R&D SPORT LEGACY B4
SUBARU LEGACY B4
山野 哲也
佐々木 孝太
YH2'10.15515.074160.618
303001726CINECITTAタイサンポルシェ
PORSCHE 911GT3RS
イゴール・スシュコ
植田 正幸
YH2'11.81616.735158.594
3130018666BOMEX LIAN BOXSTER
PORSCHE BOXSTER 986
山下 潤一郎
宮本 隆士
YH2'14.05118.970155.950
---- 以上予選通過 ----
-30019360石松 Kosei RUNNUP PORSCHE
PORSCHE 911GT3RSR MY2004
澤 圭太
Takamori.com
YH2'16.31721.236153.357
-300205マッハGOGOGO車検408R
VEMAC RD408R
玉中 哲二
黒澤 治樹
YHNo Time--
-3002188リール ランボルギーニ RG-3
LAMBORGHINI GALLARDO RG-3
余郷 敦
細川 慎弥
YHAbsence--

SUPER GT

SGT:第1戦鈴鹿公式練習走行 09王者のペトロナスSCがトップタイム!

gt_r01_p_1 gt_r01_p_5

2010オートバックスSUPER GT第1戦「鈴鹿GT300km」の公式練習走行は、ディフェンディングチャンピオンの#1PETRONAS TOM'S SC430(脇阪寿一/アンドレ・ロッテラー組)が1分54秒150でトップタイムを記録、2位に#6ENEOS SC430(伊藤大輔/ビヨン・ビルドハイム組)とレクサス勢が1-2位を占めた。3番手には#12カルソニックIMPUL GT-R(松田次生/ロニー・クインタレッリ組)がつけ、ホンダが今季から投入する注目のHSV-010は#32EPSON(道上龍/中山友貴組)の7位が最上位だった。

GT300クラスは#5マッハGOGOGO車検408R(玉中哲二/黒澤治樹組)がトップ。2位に#2アップルK-ONE紫電(加藤寛規/濱口弘組)、3位に#43ARTA Garaiya(新田守男/高木真一組)がつける結果となった。

公式予選日を迎えた鈴鹿サーキットは朝から快晴。しかし午後には雨の予報が出ており、予選への影響が心配される。
公式練習走行は午前9時に開始。11時40分までの2時間40分の長いセッションとなった。

コースオープン直後から精力的に走行を重ねるGT300勢とは対照的に、GT500勢は#18ウィダー、#100レイブリックがインストレーションランを行った以外は路面コンディションが良くなるのを待ってピットに留まる。
結局#32エプソンHSVがこのクラスで最初のタイム計測に取り掛かったのは、セッション開始から25分以上が経過した後だった。32号車のタイムは1分55秒288だ。
続いて#8ARTA HSV、#12カルソニックGT-R、#24HIS GT-Rらも走行を開始、#12カルソニックに今季加入したロニー・クインタレッリがいきなり1分54秒517を出してトップに躍り出た。

そうした中、中々姿を現さなかったのがレクサス勢だ。
最初に#6エネオスSCがコースインしたのが開始50分過ぎ。最後までピットに留まっていた#1ペトロナスSCが漸くコースインした頃には1時間10分が経過していた。

しかしレクサス勢は走り始めてすぐに好タイムを記録、#38ZENTが1分55秒127で2位に浮上すると、その10分後には#6エネオスが1分54秒410でトップに立ち、それを#1ペトロナスが20分後に上回り、1分54秒150を記録。
これがそのままこのセッションのベストタイムとなり、レクサス勢は結局12位のデンソーサードを除いて4台がトップ5入りを果たした。

一方、09規定の車両を08シーズンから使用しながらも、エンジンに関しては今年漸く3.4リッターとなったGT-R勢は#12カルソニックの3位が最高、#23モチュールは途中スローダウンする場面もあったが6位タイムを記録した。

車両を完全に一新したホンダ勢は#32エプソンの7位が最高と振るわず。
午後の予選でどこまでレクサスとの差を詰めてくるか、大いに注目だ。

一方、GT300クラスは、序盤#19ウェッズスポーツIS、#9初音ミクポルシェがアタックを重ねていたが、40分過ぎに#5マッハ号がトップタイムを記録、#2紫電、#43ガライヤらチャンピオン争いの常連が上位に名を連ねる結果となった。
今季初参戦の#66アストンマーチンは6番手とまずまずの結果で走行を終えている

第1戦の公式予選1回目はこのあと午後1時15分より45分間で行われる。

Text:Kazuhisa SUEHIRO / Photo: Keiichiro TAKESHITA

SUPER GT

SGT:第1戦鈴鹿公式練習結果

SUZUKA GT 300km RACE -RIJ- (2010/03/20) Official Practice Weather:Fine Course:Dry
2010 AUTOBACS SUPER GT Round 1 鈴鹿サーキット 5.807km

PosClassCls
Pos
NoCar
Maker Model
DriverTireTimeBehindkm/h
150011PETRONAS TOM'S SC430
LEXUS SC430
脇阪 寿一
アンドレ・ロッテラー
BS1'54.150-183.138
250026ENEOS SC430
LEXUS SC430
伊藤 大輔
ビヨン・ビルドハイム
BS1'54.410 0.260182.722
3500312カルソニック IMPUL GT-R
NISSAN GT-R
松田 次生
ロニー・クインタレッリ
BS1'54.517 0.367182.551
4500435MJ KRAFT SC430
LEXUS SC430
石浦 宏明
大嶋 和也
BS1'54.655 0.505182.331
5500538ZENT CERUMO SC430
LEXUS SC430
立川 祐路
リチャード・ライアン
BS1'55.127 0.977181.584
6500623MOTUL AUTECH GT-R
NISSAN GT-R
本山 哲
ブノワ・トレルイエ
MI1'55.222 1.072181.434
7500732EPSON HSV-010
HONDA HSV-010
道上 龍
中山 友貴
DL1'55.288 1.138181.330
85008100RAYBRIG HSV-010
HONDA HSV-010
伊沢 拓也
山本 尚貴
BS1'55.391 1.241181.168
9500918ウイダー HSV-010
HONDA HSV-010
小暮 卓史
ロイック・デュバル
BS1'55.448 1.298181.079
105001024HIS ADVAN KONDO GT-R
NISSAN GT-R
ジョアオ・パオロ・デ・オリベイラ
安田 裕信
YH1'55.567 1.417180.892
115001117KEIHIN HSV-010
HONDA HSV-010
金石 年弘
塚越 広大
BS1'55.659 1.509180.749
125001239DENSO DUNLOP SARD SC430
LEXUS SC430
アンドレ・クート
平手 晃平
DL1'56.317 2.167179.726
13500138ARTA HSV-010
HONDA HSV-010
ラルフ・ファーマン
井出 有冶
BS1'57.126 2.976178.485
1430015マッハGOGOGO車検408R
VEMAC RD408R
玉中 哲二
黒澤 治樹
YH2'05.57411.424166.477
1530022アップル・K-ONE・紫電
MOONCRAFT SHIDEN
加藤 寛規
濱口 弘
YH2'06.01111.861165.900
16300343ARTA Garaiya
ASL ARATA Garaiya GT300VQ
新田 守男
高木 真一
MI2'06.02011.870165.888
1730047 M7 MUTIARA MOTORS雨宮SGC 7
MAZDA RX-7
谷口 信輝
折目 遼
YH2'06.60212.452165.125
1830053HASEMI SPORT TOMICA Z
NISSAN FAIRLADY Z
星野 一樹
柳田 真孝
YH2'06.80712.657164.858
19300666triple a Vantage GT2
ASTON MARTIN V8 VANTAGE
松田 秀士
吉本 大樹
YH2'06.85012.700164.803
20300746アップスタート MOLA Z
NISSAN FAIRLADY Z
横溝 直輝
阿部 翼
YH2'06.95312.803164.669
21300819ウェッズスポーツIS350
LEXUS IS350
織戸 学
片岡 龍也
YH2'07.14812.998164.416
22300931apr COROLLA Axio
TOYOTA COROLLA Axio
嵯峨 宏紀
松浦 孝亮
YH2'07.30013.150164.220
233001011JIMGAINER DIXCEL DUNLOP F430
FERRARI F430
田中 哲也
平中 克幸
DL2'07.44013.290164.040
243001133HANKOOK PORSCHE
PORSCHE 911GT3RSR
木下 みつひろ
影山 正美
HK2'07.46713.317164.005
253001274COROLLA Axio apr GT
TOYOTA COROLLA Axio
井口 卓人
国本 雄資
MI2'07.53913.389163.912
26300139初音ミク X GSRポルシェ
PORSCHE 911GT3RSR MY04 Type 996
番場 琢
佐々木 雅弘
HK2'08.37814.228162.842
273001486JLOC ランボルギーニ RG-3
LAMBORGHINI GALLARDO RG-3
山西 康司
関口 雄飛
YH2'09.10214.952161.928
283001527NAC 衛生コム LMP Ferrari
FERRARI F430GTC
山岸 大
小泉 洋史
YH2'09.24915.099161.744
293001626CINECITTAタイサンポルシェ
PORSCHE 911GT3RS
イゴール・スシュコ
植田 正幸
YH2'09.43715.287161.509
3030017666BOMEX LIAN BOXSTER
PORSCHE BOXSTER 986
山下 潤一郎
宮本 隆士
YH2'10.80116.651159.826
313001862R&D SPORT LEGACY B4
SUBARU LEGACY B4
山野 哲也
佐々木 孝太
YH2'10.93916.789159.656
323001987JLOC ランボルギーニ RG-3
LAMBORGHINI GALLARDO RG-3
井入 宏之
坂本 祐也
YH2'12.29618.146158.018
3330020360石松 Kosei RUNNUP PORSCHE
PORSCHE 911GT3RSR MY2004
澤 圭太
Takamori.com
YH2'12.82918.679157.384
-3002188リール ランボルギーニ RG-3
LAMBORGHINI GALLARDO RG-3
余郷 敦
細川 慎弥
YHAbsence--

Formula Nippon

【富士スピードウェイ】 Formula NIPPON 第2回公式合同テストを開催

2010年3月17日
富士スピードウェイ株式会社

Formula NIPPON 第2回公式合同テストを開催
0317fuji.jpg
富士スピードウェイでは3月25日(木)と26日(金)の2日間、2010全日本選手権Formula NIPPONの2回目となる公式合同テストが開催されます。
今シーズンのエントリーを済ませた全9チーム(14台)が参加予定で、鈴鹿サーキットでの開幕戦(4/17~18)に向けた最終調整となります。
レーシングコースを疾走するFN09のエンジンサウンドをご堪能いただけるほか、パドックエリアからのピット内作業もご覧いただけます。
また、3月24日(水)には全日本F3選手権の公式合同テストが開催されます。
入場料はいずれも1,000円(含駐車料/FISCOライセンス会員および保護者同伴の中学生以下無料)です。

(注)開催時間はいずれも各日10:00~12:00と14:00~16:00の2回を予定
以上

SUPER GT

【鈴鹿サーキット】SUPER GT開幕戦 直前情報

★★★Press Information★★★―――――――――――――――――――

■2010 AUTOBACS SUPER GT Round1 SUZUKA GT300km
 3月20日(土)、21日(日)開催 直前情報
SGT0317.jpg

SUPER GT戦国バトル勃発!!!
HSV-010 GT、GT-R、SC430戦力拮抗!
選ばれし者たちのハイスピードバトルが幕を開ける!!

ついに、話題のHondaニューマシンHSV-010 GTがその実力を見せるときがきた。
ニッサン、レクサスともに、このHondaのニューマシンを迎え撃つ。
テストでは分からなかった各チームの真のスピードがいよいよ鈴鹿が見られる!!


■シーズン幕開けを告げる2010 SUPER GT開幕前夕祭
 「Twilight party」で興奮が最高潮に!!

 18時からグランドスタンドで行なわれるTwilight partyでは
 予選結果などから決勝レースを予想するなどスーパーGT
 ファンにも初めてのお客様にも楽しめるイベントです。

※詳細はリリースをご参照ください。

Formula Nippon | SUPER GT

トヨタ自動車、2010年のモータースポーツ活動および支援計画を発表

tmslogo.jpgトヨタ自動車、2010年のモータースポーツ活動および支援計画を発表

~ 参加するモータースポーツを強化 ~

トヨタ自動車(株)(以下、トヨタ)は、モータースポーツ活動をクルマの持つ「夢」や「感動」をお客様にもたらす大切なものと位置づけ、クルマを通じてお客様とより多くの「喜び」を分かち合うための重要な活動の一つとして、引き続きモータースポーツ活動を推進する。そのため、従来からの「見るモータースポーツ」に加え、本年より、お客様が「参加するモータースポーツ」活動を強化推進し、より多くの方々が気軽にクルマの楽しさを体感いただけるよう機会の創出を図る。

<見るモータースポーツ>
日本では、SUPER GTにおいて、昨年ドライバーおよびチームのダブルタイトルを獲得したGT500クラスのLEXUS SC430で、タイトルの連続獲得に挑む。またフォーミュラカーのトップカテゴリー、フォーミュラ・ニッポンへの参戦では、継続してエンジンを供給し、トヨタエンジン搭載車のタイトル奪還を狙う。

米国のNASCARについては、最高峰のスプリント・カップ・シリーズ、並びに昨年2年連続のマニュファクチャラーズタイトルと初のドライバータイトルを獲得したネイションワイド・シリーズにおいて、トヨタ カムリで引き続き参戦し、シリーズチャンピオンを目指す。またキャンピング・ワールド・トラック・シリーズでは、昨年4年連続のマニュファクチャラーズタイトルを獲得した同シリーズに、引き続きトヨタ タンドラで参戦し、更なる連覇を目指す。

<参加するモータースポーツ>
クルマの「楽しさ」と「夢」を広げる取り組みであるGAZOO Racing*1の活動として、参加型モータースポーツを推進する。気軽に楽しめる複数のプログラムを3月末のFuji Speedway Motorsports Dream 2010で実施し、お客様の声を取り入れながら、より良いプログラム提供をしていくなど、多くの方々に参加できる機会を増やす活動を行う。 また、ニュルブルクリンク24時間耐久レース*2への参戦は、LEXUS LFAで3回目となり、過酷なモータースポーツにチャレンジすることを通じて、クルマを鍛え、社員自らも参加することにより、いいクルマづくりのための人材育成にも活用する。

上記の活動に加え、世界のトップクラスドライバーの育成を目指し、トヨタ・ヤング・ドライバーズ・プログラム(以下TDP)を推進する。今季活躍が期待される小林可夢偉など、本年は8名のドライバーを選出し、支援する。 また、環境に配慮したモータースポーツの推進と量産車両を含めたハイブリッドシステムの高効率化のために、モータースポーツ用ハイブリッドシステムの開発を継続する。

*1 GAZOO Racing : クルマの楽しさを広げる自動車ポータルサイトGAZOO.comから生まれた活動。    トヨタ自動車(株)のマスターテストドライバーである成瀬弘を頂点とするテストドライバーがレースへの    参戦を通じて車両開発を行うとともに、モータースポーツ活動のサポートなども行っている

*2 正式名称:38th ADAC Zurich 24h Race 2010

【活動および支援計画概要】

1.SUPER GT
 ・国内レースのトップカテゴリー。GT500クラスにレクサスブランドで参戦。V8 3.4L エンジン(RV8KG)搭載のLEXUS SC430について、TRDを通じチーム支援を行う。
 ・また、GT300クラスでは、V8 3L(RV8J)を搭載するLEXUS IS350、V6 3.5L(2GR)を搭載するトヨタ カローラアクシオが参戦する。


チーム名 カー
No. 車両 ドライバー 備考 タイヤ
GT
500 レクサス チーム ペトロナス トムス
(LEXUS TEAM PETRONAS TOM'S) 1 LEXUS
SC430 脇阪 寿一
(Juichi Wakisaka 日本) BS
アンドレ・ロッテラー
(Andre Lotterer ドイツ)
レクサス チーム ルマン エネオス
(LEXUS TEAM LeMans ENEOS) 6 LEXUS
SC430 伊藤 大輔
(Daisuke Ito 日本) BS
ビヨン・ビルドハイム
(Bjorn Wirdheim スウェーデン)
レクサス チーム クラフト
(LEXUS TEAM KRAFT) 35 LEXUS
SC430 石浦 宏明
(Hiroaki Ishiura 日本) TDP BS
大嶋 和也
(Kazuya Oshima 日本) TDP
レクサス チーム ゼント セルモ
(LEXUS TEAM ZENT CERUMO) 38 LEXUS
SC430 立川 祐路
(Yuji Tachikawa 日本) BS
リチャード・ライアン
(Richard Lyons 北アイルランド)
レクサス チーム サード
(LEXUS TEAM SARD) 39 LEXUS
SC430 アンドレ・クート
(Andre Couto ポルトガル) DL
平手 晃平
(Kohei Hirate 日本) TDP
GT
300 レーシング プロジェクト バンドウ
(RACING PROJECT BANDOH) 19 LEXUS
IS350 織戸 学
(Manabu Orido 日本) YH
片岡 龍也
(Tatsuya Kataoka 日本)
エーピーアール
(apr) 31 トヨタ
カローラ
アクシオ 嵯峨 宏紀
(Koki Saga 日本) YH
松浦 孝亮
(Kosuke Matsuura 日本)
エーピーアール
(apr) 74 トヨタ
カローラ
アクシオ 井口 卓人
(Takuto Iguchi 日本) TDP MI
国本 雄資
(Yuji Kunimoto 日本) TDP
TDP:トヨタ・ヤング・ドライバーズ・プログラム
 タイヤ=BS:ブリヂストン/DL:ダンロップ/YH:ヨコハマ/MI:ミシュラン

TDPドライバー

2.全日本選手権 フォーミュラ・ニッポン
 ・ 国内フォーミュラレースのトップカテゴリー。V8 3.4Lエンジン(RV8K)を5チーム8台に供給。
 ・ タイヤは全車ブリヂストン製を使用する。


TDP:トヨタ・ヤング・ドライバーズ・プログラム
 タイヤ=BS:ブリヂストン/DL:ダンロップ/YH:ヨコハマ/MI:ミシュラン

2.全日本選手権 フォーミュラ・ニッポン
 ・ 国内フォーミュラレースのトップカテゴリー。V8 3.4Lエンジン(RV8K)を5チーム8台に供給。
 ・ タイヤは全車ブリヂストン製を使用する。


チーム名 カーNo. ドライバー 備考
チーム ルマン (Team LeMans) 7 ケイ・コッツォリーノ
(Kei Cozzolino イタリア)
8 石浦 宏明 (Hiroaki Ishiura 日本) TDPドライバー
ケーシーエムジー (KCMG) 18 平中 克幸 (Katsuyuki Hiranaka 日本)
チーム インパル (TEAM IMPUL) 19 ジョアオ・パオロ・デ・オリベイラ
(Joao Paulo de Oliveira ブラジル)
20 平手 晃平 (Kohei Hirate 日本) TDPドライバー
デリッツエフォリエ/セルモ・インギング
(DELIZIEFOLLIE/CERUMO・INGING) 29 井口 卓人 (Takuto Iguchi 日本) TDPドライバー
ペトロナス チーム トムス
(PETRONAS TEAM TOM'S) 36 アンドレ・ロッテラー
(Andre Lotterer ドイツ)
37 大嶋 和也 (Kazuya Oshima 日本) TDPドライバー

詳しいリリースはこちらをご覧下さい。

Formula Nippon

FN:第1回公式テスト2日目結果

Fニッポン第1回公式テスト2日目 -RIJ- (2010/03/09) Official Test Weather:Rainy Course:Wet
2010 Formula Nippon Official Test 鈴鹿サーキット 5.807km

PNoDriverTeamEngineAM
PM
TimeDelaykm/h
136アンドレ・ロッテラーPETRONAS TEAM TOM'STOYOTA RV8K*1'54.262
1'56.878
1'54.262-182.96
232小暮 卓史NAKAJIMA RACINGHONDA HR10E*1'54.466
1'56.224
1'54.4660.204182.63
310塚越 広大HFDP RACINGHONDA HR10E1'55.300
*1'55.281
1'55.2811.019181.34
41リチャード・ライアンDoCoMo TEAM DANDELION RACINGHONDA HR10E*1'55.282
Absence
1'55.2821.020181.34
519ジョアオ・パオロ・デ・オリベイラTEAM IMPULTOYOTA RV8K*1'55.311
1'55.788
1'55.3111.049181.29
68石浦 宏明Team LeMansTOYOTA RV8K*1'55.362
1'55.524
1'55.3621.100181.21
737大嶋 和也PETRONAS TEAM TOM'STOYOTA RV8K*1'55.453
1'56.622
1'55.4531.191181.07
820平手 晃平TEAM IMPULTOYOTA RV8K1'56.236
*1'56.078
1'56.0781.816180.10
97ケイ・コッツォリーノTeam LeMansTOYOTA RV8K*1'56.384
1'56.743
1'56.3842.122179.62
102伊沢 拓也DoCoMo TEAM DANDELION RACINGHONDA HR10E*1'56.571
Absence
1'56.5712.309179.33
1129井口 卓人DELIZEFOLLIE/CERUMO・INGINGTOYOTA RV8K*1'56.766
1'58.329
1'56.7662.504179.03
1231山本 尚貴NAKAJIMA RACINGHONDA HR10E*1'56.919
1'59.993
1'56.9192.657178.80
13T立川 祐路TOYOTA TEST CARTOYOTA RV8K*1'57.173
No Time
1'57.1732.911178.41
1416井出 有冶MOTUL TEAM 無限HONDA HR10E*1'57.498
1'58.393
1'57.4983.236177.92
1518平中 克幸KCMGTOYOTA RV8K1'59.870
*1'58.082
1'58.0823.820177.04
  • シャーシーは全車Swift FN09、タイヤは全車BSです。

Formula Nippon

FN:第1回公式テスト1日目 小暮卓史がコースレコードで午前、午後ともトップタイム!

 フォーミュラ・ニッポンは8日、鈴鹿サーキットで今シーズン最初の公式テストを午前と午後の2回行い、両セッションともナカジマレーシングの小暮卓史がトップタイムを記録した。

 SUPER GTテスト、ファン感謝デーと雨にたたられた鈴鹿サーキットだったがこの日、ようやく上空に青空が戻ってきた。気温はこの時期にしては高め。参加台数は15台。ダンディライアン1号車は不在のロイック・デュバルに代ってリチャード・ライアンがドライブ。トヨタのテストカーに立川祐路が乗り込む。この2人をのぞく13名が昨日体制発表を終えたばかりの今シーズンのレギュラードライバーだ。

 午前のテストは10時30分スタート。12時30分までの2時間。代役のリチャード・ライアン(ダンディライアン)が早々にコースレコードの1分40秒510に迫る1分40秒759をマーク。マシンも成し、開発競争でエンジンのパワーもアップ。今シーズンのFN09はかなり速そうだ。さらに、走行を開始した小暮卓史(ナカジマ)が自身の3周目に一気に1分40秒を切る1分39秒577をたたき出した。このタイムはこの後、誰にも上回られることなく、このセッションのトップタイムとなった。

 2位には同じく39秒台でアンドレ・ロッテラー(トムス)、3位にはルーキーの山本尚貴が飛び込んできた。山本の速さもさることながら、ナカジマのマシンは今年も現時点では一歩抜き出ていると見ていいだろう。

4位に石浦宏明(ルマン)、5位に伊沢拓也(ダンディライアン)、6位塚越広大(HFDP)の順。

 午後2回目のセッションは15時より。ここでも小暮が速い。ニュータイヤを投入し、セッション終了直前に1分38秒618までタイムを詰め、この日の両セッションを制した。30周前後走行するドライバーが多いなか、参加車両中最小の16周でこのタイムを出してきた。

 2位には僅差で石浦、3位塚越、4位ロッテラー、5位伊沢とここまでが昨年と同じパッケージのドライバーが占め、6位にルーキー山本。午前より順位を落としたものの驚速小暮に0.7秒差はこの時点で上出来だろう。7位には復帰組のジョアオ・パオロ・デ・オリベイラ(インパル)がつけた。

 他にルーキーではケイ・コッツォリーノ(ルマン)が11位、井口卓人(セルモ/インギング)が最下位と苦戦。新規参入チームでは、井出有治(無限)が13位、平中克幸(KCMG)が12位。ニューカマーがテスト初日から上位陣に肉薄できるほどフォーミュラ・ニッポンは甘くないようだ。

 このテストは引き続き明日も行われる。午前が10時~12時、午後が14時~16時の2セッションの予定だ。

Text: Yoshinori OHNISHI

Formula Nippon

FN:第1回公式テスト1日目結果

Fニッポン第1回公式テスト -RIJ- (2010/03/08) Practice Session Weather:Fine Course:Dry
2010 Formula Nippon Official Test 1 鈴鹿サーキット 5.807km

PNoDriverTeamEngineAM
PM
TimeDelaykm/h
132小暮 卓史NAKAJIMA RACINGHONDA HR10E1'39.577
*1'38.618
1'38.618-211.98
28石浦 宏明Team LeMansTOYOTA RV8K1'40.129
*1'38.769
1'38.7690.151211.66
310塚越 広大HFDP RACINGHONDA HR10E1'40.515
*1'38.855
1'38.8550.237211.47
436アンドレ・ロッテラーPETRONAS TEAM TOM'STOYOTA RV8K1'39.750
*1'38.970
1'38.9700.352211.23
52伊沢 拓也DoCoMo TEAM DANDELION RACINGHONDA HR10E1'40.173
*1'38.977
1'38.9770.359211.21
631山本 尚貴NAKAJIMA RACINGHONDA HR10E1'40.088
*1'39.329
1'39.3290.711210.46
719ジョアオ・パオロ・デ・オリベイラTEAM IMPULTOYOTA RV8K1'41.163
*1'39.513
1'39.5130.895210.08
81リチャード・ライアンDoCoMo TEAM DANDELION RACINGHONDA HR10E1'40.759
*1'39.680
1'39.6801.062209.72
920平手 晃平TEAM IMPULTOYOTA RV8K1'40.520
*1'39.748
1'39.7481.130209.58
1037大嶋 和也PETRONAS TEAM TOM'STOYOTA RV8K1'40.865
*1'39.871
1'39.8711.253209.32
117ケイ・コッツォリーノTeam LeMansTOYOTA RV8K1'41.486
*1'40.133
1'40.1331.515208.77
1218平中 克幸KCMGTOYOTA RV8K1'42.461
*1'40.586
1'40.5861.968207.83
1316井出 有冶MOTUL TEAM 無限HONDA HR10E1'41.860
*1'40.864
1'40.8642.246207.26
14T立川 祐路TOYOTA TEST CARTOYOTA RV8K*1'41.220
1'41.777
1'41.2202.602206.53
1529井口 卓人DELIZEFOLLIE/CERUMO・INGINGTOYOTA RV8K1'43.462
*1'42.854
1'42.8544.236203.25
  • 従来のコースレコード: 1'40.510
  • シャーシーは全車Swift FN09、タイヤは全車BSです。

Formula Nippon

FN:フォーミュラ・ニッポン、今シーズンの体制を発表。参加台数は14台以上!

 日本レースプロモーション(JRP)は7日、ファン感謝デーの行われている鈴鹿サーキットでデモンストレーションレースを行い、その後、今シーズンの体制を発表した。

fn_r0_demo_race fn_r0_drivers fn_r0_drivers_directers fn_r0_rookie

 今シーズンは、全7戦とノンタイトル1戦。4月の鈴鹿で開幕し、11月の鈴鹿でシーズンを終える。予選方式はすべてノックアウト方式で行い、レース距離も短縮され200km~250kmと各ラウンドで異なる設定となっている。タイヤ交換の義務も各レース毎に設定され、全体的にスプリント的要素の多い息の詰まる戦いになりそうだ。また、第3戦の富士は予選および決勝を日曜日に行うワンデーレースとなっている。

 ポイントシステムは昨年と同じ。ポールポジション1点。決勝レースは1~8位まで、10-8-6-5-4-3-2-1と与えられる。ただし、最終戦の鈴鹿のみ2ヒート制で行われ、各レース優勝者には3点が上乗せされる。これにより、最終戦までチャンピンの行方が分からない可能性が高く、ファンの興奮は最終戦まで持ち越されそうだ。

■ポイントシステム
PP1位2位3位4位5位6位7位8位9位以下
1大会1レース11086543210
最終戦
1大会2レース
第1レース15+3432.521.510.50
第2レース15+3432.521.510.50

 参加台数は昨年の13台より増え、9チーム/14名のドライバーがこの時点での参戦が確定した。今シーズから参戦するルーキーは、全日本F3からステップアップしたケイ・コッツォリーノ(Team LeMans)、井口卓人(DELIZIEFOLLIE/CERUMO/INGING)、山本尚貴(NAKAJIMA RACING)の3名。ジョアオ・パオロ・デ・オリベイラ(TEAM IMPUL)、平中克幸(KCMG)は復帰組だ。また、2007年、2008年と連続チャンピオンの松田次生が今回の参戦リストから漏れている。なお、一昨年まで参戦していた有力チームが参戦準備中との情報もあり、ここが2カーエントリーすれば参加台数は最大16台まで増える可能性がある。

■参加チーム/ドライバー
チームNo.ドライバー年齢出身地エンジン
DOKOMO TEAM
DANDELION RACING
監督: 村岡 潔
1ロイック・デュバル
Loic Duval
27フランスHONDA
HR10E
2伊沢拓也
Takuya Izawa
fn_r0_izawa25日本/
東京都
Team LeMans
監督: 土沼廣芳
7ケイ・コッツォリーノ
Kei Cozzolino
fn_r0_kei22日本/
東京都
TOYOTA
RV8K
8石浦宏明
Hiroaki Ishiura
fn_r0_ishiura28日本/
東京都
HFDP RACING
監督: 田中 弘
10塚越広大
Koudai Tsukakoshi
fn_r0_tsukakoshi23日本/
栃木県
HONDA
HR10E
MOTUL TEAM 無限
監督: 手塚長孝
16井出有治
Yuji Ide
fn_r0_ide35日本/
埼玉県
HONDA
HR10E
KCMG
監督: 土居隆二
18平中克幸
Katsuyuki Hiranaka
fn_r0_hiranaka28日本/
北海道
TOTOTA
RV8K
TEAM IMPUL
監督: 星野一義
19ジョアオ・パオロ・デ・オリベイラ
Joao Paulo de Oliveira
fn_r0_oliveira28ブラジルTOYOTA
RV8K
20平手晃平
Kouhei Hirata
fn_r0_hirate23日本/
愛知県
DELIZIEFOLLIE/
CERUMO・INGING
監督: 卜部治久
29井口卓人
Takuto Iguchi
fn_r0_iguchi22日本/
福岡県
TOYOTA
RV8K
NAKAJIMA RACING
監督: 中嶋 悟
31山本尚貴
Naoki Tamamoto
fn_r0_yamamoto21日本/
栃木県
HONDA
HR10E
32小暮卓史
Takashi Kogure
fn_r0_kogure29日本/
群馬県
PETORONAS TEAM TOM'S
監督: 舘 信秀
36アンドレ・ロッテラー
Andre Lotterer
fn_r0_lotterer28ドイツTOYOTA
RV8K
37大嶋和也
Kazuya Ohshima
fn_r0_ohshima22日本/
群馬県

 昨今の経済不況で、今シーズンの参加台数は一桁になるのではないかと噂されたなか、14台以上を参戦させるという涙ぐましい努力、ぎりぎりの決断を行った関係者ならびにスポンサーする企業に敬意を表したい。今シーズンのフォーミュラ・ニッポンが素晴らしいシーズンになることを期待したいものである。

 開幕第1戦は、鈴鹿サーキットで4月17日(土)予選が行われ、翌18日(日)に決勝を迎える。

Text: Yoshinori OHNISHI / Photo: Motorsports Forum

Formula Nippon

■2010年 全日本選手権フォーミュラ・ニッポン第2戦 ツインリンクもてぎ

FN09.jpg

★★★Press Information★★★―――――――――――――――――――

■2010年 全日本選手権フォーミュラ・ニッポン第2戦 ツインリンクもてぎ

◇さらに進化を遂げたフォーミュラ・ニッポン!
 超高速バトルがツインリンクもてぎで炸裂する!!

◇チームメイトから最大のライバルへ!
 2人のツインリンクもてぎマイスター小暮卓史、L・デュバル、
 もうひとりのマイスターA・ロッテラー、三つ巴の対決に注目!!

◇地元パワーさく列! 2年目の塚越広大、ルーキー山本尚貴
 栃木県出身の精鋭がツインリンクもてぎを攻める!

◇地元の魅力満載の 栃木県・茨城県感謝DAY を開催!
 とちぎ和牛が当たる「とちぎ和牛」ポール・ポジション当て
 プレゼントクイズや、チーム監督や名ドライバーによるミニレース、
 いばらきメロンカップ「コチラレーシングドリームマッチ」を開催!
 
◇3月18日(土)チケット発売開始!
 ・高校生以上の学生にうれしい学割チケットをご用意!
 ・みんなで観戦するとお得なグループ割をご用意!
 ・特典いっぱいの「チームサポーターズシート」を2010年も販売!
    特典① あなたのシートにドライバーがやってくる!
    特典② 優勝したら祝勝会に参加できる!
    特典③ 決勝レース直後のコースに入場できる!
    特典④ 優勝したら表彰式プレゼンターになれる!
    特典⑤ 優勝したらポディウム下の専用エリアに入場できる!
    特典⑥ オリジナルグッズプレゼント!
    特典⑦ チームグッズプレゼント
 
※詳細はリリースをご参照ください。
 【リリース】
  http://mls.mobilityland.co.jp/ct/mg.aspx?id=1003060011

その他

FUJI SPEEDWAY MOTORSPORTS DREAM (FMD) 2010 を開催 (FSW)

 富士スピードウェイリニューアル5周年キャンペーン企画の目玉のひとつとして、3月28日(日)に開催する “FUJI SPEEDWAY MOTORSPORTS DREAM(FMD)2010”では、「クルマを持つ楽しさ」、「クルマで走る楽しさ」、「クルマを語り合う楽しさ」を提案するトヨタ自動車株式会社のGAZOO Racing プロジェクトが、モータースポーツ初心者の方にも気軽に「車で走る楽しさ」を体感いただける各種プログラムを実施します。

 「サーキットを走ってみたい」あるいは「クルマを操る楽しさをもっと知りたい」といったお客様に、 心から楽しんでいただける内容をご用意し、お客様のご来場をお待ちしております。

 詳しくはこちら。

FUJI SPEEDWAY MOTORSPORTS DREAM 2010 (PDF)

Text: 富士スピードウェイ株式会社

その他

2010年F1日本GP開催概要を発表

SUZUKA.jpg開催概要のご案内
2010 FIA F1世界選手権シリーズ 日本グランプリレース


「もっと鈴鹿 もっと感動」

平素は当社事業に多大なるご支援、ご協力を賜り厚くお礼申し上げます。
昨年は、鈴鹿サーキットで3年ぶりとなるF1日本グランプリを、皆様のご支援のもと無事開催させていただく事が出来ました。
重ねて御礼申し上げます。

昨年の日本グランプリは、「安心・安全・快適」をテーマに、ご来場いただくお客様全てにシートをご用意する「全席座席指定」に取り組むことで、生まれ変わった鈴鹿サーキットとともに新しいF1観戦スタイルを提案させていただきました。
また、全国からご来場いただくファンの皆様、そして世界を転戦するチームへのおもてなしの取り組みとして、地元の行政と企業からなる「鈴鹿F1日本グランプリ地域活性化協議会」が立ち上がり、地域を挙げて皆様をお迎え、お見送りをすることもできました。
22回目となる2010年は、もっと鈴鹿をお楽しみいただきたい、もっとF1で感動していただきたい、という私共の思いを「もっと鈴鹿 もっと感動」のテーマに乗せ、多くの方から寄せられたご意見のもと、観戦環境・イベント・地域連動などをさらに進化させ、これまで以上の感動をお持ち帰りいただけるよう、様々な施策を進めて参ります。

観戦チケットにつきましては、皆様から頂戴したご意見にお応えし、観戦スタイルに合ったチケットをお求めいただけるよう、観戦席の区分と価格を見直し、ファミリー・女性・カメラ愛好家の皆様に向けた対象毎の企画席など、豊富なチケットバリエーションをご用意いたしました。
加えて、より多くのコーナーでF1の走りが見たいという声にお応えして、フリー走行の金曜日はグランドスタンドを除く全ての席を自由席といたしました。
また、秋の3連休開催となる今年の日本グランプリは、期間を通してお楽しみいただけるよう様々なイベントをご用意いたします。

そして決勝翌日のハッピーマンデーにF1日本グランプリの余韻をお楽しみいただけるよう、昨年にも増して充実したイベントを開催する予定です。
金曜日の自由席化と併せて、一日も長く"鈴鹿F1"をお楽しみいただければと存じます。
さらに、鈴鹿F1日本グランプリ地域活性化協議会には、「地元・地域と密着した『鈴鹿F1日本グランプリ』を日本最大のお祭りに」をテーマに、ご来場いただくお客様の目線に立った最高のおもてなしを目指し、様々な事業に着手いただく予定です。

昨年の日本グランプリでは10万人を超えるファンの皆様にお越しいただきました。
F1をこよなく愛するファンの皆様の声援に鼓舞されたF1ドライバーたちの素晴らしい走りを目の当たりにし、あらためてファンの皆様のパワーが鈴鹿F1の大きな原動力であることを強く確信いたしました。
あの感動を忘れることなく、いつまでも皆様に愛されるよう、鈴鹿F1は進化し続けて参ります。
最後になりますが、ファンの皆様、メディアの皆様ならびに関係各位には、今後も長きにわたり、弊社へのご支援、ご協力を賜りますよう、心よりお願い申し上げます。

株式会社モビリティランド 取締役社長
大島裕志

2010年F1日本GPプレスリリースの詳細はこちら

その他

鈴鹿サーキットクイーン 第32期生 決定! (SUZUKA)

2010年2月28日

鈴鹿サーキット(三重県鈴鹿市)では、2月27日(土)、32回目を迎えた「鈴鹿サーキットクイーン選考会」を開催し、新しい鈴鹿サーキットクイーン(32期生)5名を決定いたしました。 2010年は、今回の選考で決定した 32期生 5名と、昨年選ばれた31期生の4名をあわせた 計9名の鈴鹿サーキットクイーンが活動いたします。 彼女たちは、3月20日(土)21日(日)に開催される『2010 AUTOBACS SUPER GT Round1 SUZUKA GT300km』を皮切りに、鈴鹿サーキットで開催されるレースイベントにおいて、勝者を祝福する“幸運の女神”としての役割を担います。さらにゆうえんちモートピア、リゾートエリアで開催されるイベントや、様々なメディアへの出演・ガイド役として、幅広く活動してまいりますので、彼女たちの今後の活躍にご期待ください。【今回の応募総数 約100名】  
■鈴鹿サーキットクイーン 第32期生

2010_suzuka_rq.jpg

(写真左から)前田 真実(まえだ まみ/京都府)、長門 亜弥(ながと あや/岡山県)、古川 みゆき(ふるかわ みゆき/福島県)、山岸 美穂(やまぎし みほ/愛知県)、後藤 和江(ごとう かずえ/愛知県)
■2年目を迎える 鈴鹿サーキットクイーン 第31期生

2009_kitamura.jpg 2009_koike.jpg 2009_watabe.jpg <2009_mimura.jpg

(写真左から)北村 奈緒(きたむら なお/三重県)、小池 淑乃(こいけ よしの/愛知県)、渡部 愛(わたべ めぐみ/三重県)、美村 あや(みむら あや/大阪府)
Text & Photo: 株式会社モビリティランド

その他

富士スピードウェイ "リニューアル5周年企画"の概要を発表

2010年3月2日
富士スピードウェイ株式会社

富士スピードウェイ "リニューアル5周年企画"の概要を発表

2005年春のリニューアルオープンから、今年で5周年を迎えることができた富士スピードウェイでは、今シーズン、"ご愛顧いただきました全てのお客様に、心からの感謝!"をテーマに、リニューアル5周年を記念した各種キャンペーンを実施します。

1.リニューアル5周年記念キャンペーン
2.主要5レース※ご来場キャンペーン
3.FISCOライセンスキャンペーン
4.グラスルーツ(草の根レース)応援キャンペーン
※主要5レース

①SUPER GT 第3戦(5/1-2)、②スーパー耐久第4戦(6/26-27)、③Formula NIPPON 第3戦(7/17-18)
④SUPER GT 第7戦(9/11-12)、⑤SUPER GT & Formula NIPPON FUJI SPRINT CUP 2010(11/13-14)
レース観戦やイベント、サーキット走行などでご来場いただくお客様に、よりサーキットライフを楽しんでいただく内容をご用意いておりますので、ご期待ください。

1.リニューアル5周年記念キャンペーン

(1)5周年記念抽選プレゼント
富士スピードウェイで開催する、主要5レースと富士チャンピオンレース第1戦(3/14)~同第5戦(9/26)、FUJI SPEEDWAY MOTORSPORTS DREAM(FMD) 2010(3/28)、ザ・ワンメイクレース祭(6/12-13)・同レース祭夏の陣(8/28-29)にご来場いただくお客様を対象に、"5周年記念抽選プレゼント"を実施します。
会場内で応募いただくと(アンケート付)、抽選で旅行券(10万円相当)などの豪華賞品が当たります。

(2)5周年記念オリジナルステッカープレゼント
富士チャンピオンレース第1戦(3/14)以降、富士スピードウェイにご来場いただくお客様全員を対象に、"5周年記念オリジナルステッカー"をプレゼントします。5周年にちなみ5種類(計30万枚)を順次制作し配布します(無くなり次第終了)。

2.主要5レースご来場キャンペーン
富士スピードウェイで開催する主要5レースを対象に、お得な観戦チケットの販売やお子様向け企画を実施します。

(1)55 Passport (ゴーゴーパスポート)
主要5レースをまとめてお楽しみいただける観戦チケットを、特別価格13,200円 (通常27,500円)で販売します。
特典としてお友達招待券(SUPER GT 第3戦)1枚をプレゼントするほか、レース当日にはパドックパスを9,000円(通常11,000円)でご購入いただけます。
3月19日(金)~4月20日(火)の期間限定販売で、富士スピードウェイ公式サイト(http://www.fsw.tv)およびSUPER GT 第1戦(3/20-21 鈴鹿サーキット)会場内FSW ブース、FUJISPEEDWAY MOTORSPORTS DREAM(FMD) 2010(3/28)の会場内にて販売します。(数量限定のため完売次第終了)
55パスポート.jpg55 Passport、お友達招待券

(2)5周年早割りチケット
SUPER GT 第3戦(5/1-2)の観戦チケットを特別価格4,000円(通常5,500円)で販売します。特典としてレース当日にはパドックパスを10,000円(通常11,000円)でご購入いただけます。
SUPER GT 第1戦(3/20-21 鈴鹿サーキット)会場内FSW ブース、FUJI SPEEDWAY MOTORSPORTS DREAM(FMD) 2010(3/28)会場内にて販売します。
その他主要レースでも早割りチケットの販売を予定しています。(詳細別途発表)
※なお、3/14(日)にお台場MEGA WEBで開催される「2010年 SUPER GT 開幕直前イベント」で、55 Passport、5周年早割りチケット(SUPER GT第3戦)の先行販売を予定しています。

(3)お子様向け企画
主要5レースおよびFUJI SPEEDWAY MOTORSPORTS DREAM(FMD) 2010(3/28)では、ご来場いただくお子様を対象に富士スピードウェイの人気キャラクター"チェカ"を描いたチェカ風船と チェカ飴をプレゼントします(無くなり次第終了)。
また、主要5レースではチェカの着ぐるみも登場し、イベント広場やピットウォーク等でお子様との触れ合いを予定しています。
FS2.jpgチェカ

詳しくは富士SWプレスリリースをご覧下さい。

検索

最新ニュース