Archives

  • [—]2017 (37)
  • [+]2016 (639)
  • [+]2015 (714)
  • [+]2014 (655)
  • [+]2013 (623)
  • [+]2012 (621)
  • [+]2011 (484)
  • [+]2010 (554)
  • [+]2009 (522)
  • [+]2008 (467)
  • [+]2007 (596)
  • [+]2006 (530)
  • [+]2005 (460)
  • [+]2004 (304)
  • [+]2003 (454)
  • [+]2002 (454)
  • [+]2001 (217)
  • [+]2000 (408)
  • [+]1999 (376)
  • [+]1998 (465)
  • [+]1997 (424)
  • [+]1996 (1)
  • [+]1995 (425)
  • [+]1994 (411)
  • [+]1993 (423)
  • [+]1992 (519)
  • [+]1991 (423)
  • [+]1990 (250)
  • [+]1970 (1)

ニュース内検索

2009年3月

スーパー耐久

S耐:吉本 大樹プレスリリース "TEAM 5ZIGEN NSX シェイクダウン直後のPP獲得劇!!"

TEAM 5ZIGEN NSX シェイクダウン直後のPP獲得劇!! 

決勝も長丁場を走りぬき、開幕戦は2位フィニッシュ
nsx.jpg
ツインリンクもてぎを舞台に幕を開けた2009年スーパー耐久シリーズ。

TEAM 5ZIGENは、急遽用意したHONDA NSXに吉本大樹、平中克幸、松浦孝亮という、ヨーロッパ、日本、アメリカの各トップフォーミュラ参戦経験者を揃え、各方面からの大きな注目を集めての参戦となったものの、参戦決定から開幕まではわずかな準備期間しかなく、マシンをシェイクダン出来たのはレースウィーク直前の金曜日。それも金曜最後のスポーツ走行枠で吉本のドライブによりマシンの簡単なチェックを行ったのみで、「組みあがったマシンを少し転がしただけ。ブレーキバランスにも問題があってコントロールすることすら難しかった。レースセットも何もないところからのスタート」という状態でシーズンの開幕を迎えることとなった。

今年のスーパー耐久シリーズではシリーズ全8戦中5戦で予選と決勝を日曜日に行う1dayイベントスケジュールが採用される事となり、今回の開幕戦もその「1day開催」。そのため土曜日に行われたのは練習走行と公開車検のみ。前日金曜日にマシンのシェイクダウンを終えたばかりのTEAM 5ZIGEN陣営にとっては、この日が初の本格的な走行となった。

そして迎えた練習走行。前日のシェイクダウンで抱えていたブレーキバランスの問題もこの日は改善され、3本行われた練習走行で3選手はそれぞれ順調に周回を重ねていく。途中、平中選手はニュータイヤでのアタック、その後を引き継いだ吉本がレースに向けセッティングを詰めていく等、翌日からの予選~決勝に向け「マシンの良いところ、悪いところもすこしづつ見えてきた(吉本大樹)」という状態でこの日の走行を終えることとなった。

明けて翌日日曜日。「前日の練習走行ではアンダーステアがきつかった」為、急遽仕入れたパーツで対策を施し挑んだ公式予選。公式予選は「Aドライバー」と「Bドライバー」の合算タイムで争われ、どちらか一人のタイムが伸びなくてもそれが結果に影響してくる。しかしTEAM 5ZIGENは、まずAドライバー予選で平中選手が2'04"417をマークすると、次に行われたBドライバー予選で「僕はここまでの走行でアタックを一切していなかったので、どれくらいタイムを上げていけるか不安でしたが、良いタイムが出せて良かった」という吉本が2'03"482をマーク。これによりTEAM 5ZIGEN NSXは予選をクラストップで通過し午後に行われる決勝を迎えることとなった。

迎えた開幕戦決勝のスタート。まずスタートのステアリングを握ったのは平中選手。しかしTEAM 5ZIGEN NSXは準備期間の短さからこの決勝に向けてのテストがほとんど出来なかった事も影響し、燃料を積んだマシンでのグリップレベルが上がらずポジションダウン、一時は5番手近辺までポジションを落とす事になってしまう。それでも平中選手はその後3番手にまでポジションを盛り返し、松浦選手にドライバーチェンジ。するとTEAM 5ZIGEN陣営はピットでの作業時間を短縮するためにタイヤの交換は行わず松浦選手をコースへと送りだす。しかしこのタイヤ無交換の作戦がうまく機能しなかった事に加え、ギアにも不調を抱えだした松浦選手は中々ペースを上げることが出来ず。結局わずか14周の走行で予定よりも早めにピットイン、リアのタイヤだけを交換し、吉本にステアリングを託すこととなった。

ギアに不調を抱え出したマシンに、前後で摩耗状況の異なるタイヤを履いてコースへと入った吉本大樹。その吉本は、この時点でトップのマシン、3位のマシンとは大きなギャップがあったものの、ペースを保つためにマシンのバランスを整えようと、一度も交換していないフロントタイヤをいたわりながらリアタイヤを重点的に使って走行。さらにリアタイヤのグリップレベルを傷んだフロントに近づけるため「わざとリアタイヤだけをダートに落とす」等の工夫もしながらの走行を続け、同時に傷んだギアをいたわりながらコンスタントなペースを保ち周回を重ねていく。その後も最後までペースを落とすことなくゴールまでマシンを運んだ吉本は、最終的にクラス2番手でのチェッカーフラッグを受けることとなった。

参戦決定からかなりの短期間で今回の開幕戦を迎えたTEAM 5ZIGEN。それでも金曜日のシェイクダウンからわずか2日たらずの走行でいきなり予選PPを獲得、決勝でも2位に入る等、国内トップクラスのレーシングチームとしての実力は見せており、5月10日に行われる第2戦SUGOでは更なる活躍が期待される。

29 March, 2009 09' Super Taikyu Series Round-1 / Motegi

Text : www.hiroki-yoshimoto.com

【吉本大樹コメント】

チームは慌ただしく参戦が決まってギリギリでマシンを整備してここ(茂木)までもってきたので、走り始めはセットがどうなのか、どんなパーツが入っているのかすら分からない状態でした。そんなスタートから、予選までにセットを少しづつ変更しクラスポールも取れましたし、面目は保てたと思います。ただ、決勝は遅すぎますね。ライバルにかなりおいていかれてしまっています。戦略面でももっと色々考えなければならないですね。それでもゼロの状態から1週間ちょっとでの結果と考えればポジティブにとらえて良いと思います。次のレースまではたんまり時間があるので次に向けて色々詰めていきます!

スーパー耐久

S耐:第1戦もてぎ BMW Z4 COUPEの1号車がポールトゥウイン!

 3月29日、栃木県のツインリンクもてぎで、スーパー耐久第1戦の決勝レースが予選に引き続き行われた。気温12度、路面温度23度のドライコンディションで、13時に400kmレースがペースカー先導のローリングスタートで幕を開けた。

st_r01_start

st_r01_r_1

st_r01_r_20

st_r01_r_27

st_r01_r_88

st_r01_finish

 昨年と同様にST1クラスは#1と#28のBMW Z4の1-2フォーメーションでスタートが切られる。#35 asset.テクノファーストZ(前嶋秀司/佐々木雅弘組)のZも序盤は2台に必死に追いすがるが、25周目のピットストップで#10 Y.K.M.ADVAN Z(横溝直輝/佐藤公哉/田中哲也組)が3位に浮上。

 30周目にトップの#1 PETRONAS SYNTIUM BMW Z4M COUPE(谷口信輝/柳田真孝/Fariqe Hairuman組)が1回目のピットイン。ここで#28 PETRONAS SYNTIUM BMW Z4M COUPE(片岡龍也/吉田広樹/JOHAN ADZMI組)がトップに立つ。39周目に#28もピットストップとなり#10がトップに。41周目に#10もピットインし#28が再びトップとなる。

 53周目、ST3クラスのバックマーカー処理に手間取ったため#28は#1の先行を許す。55周目に#28が2度目のピットイン。57周目にはこの時点で3番手の#35もピットへ。#1、#10、#28のトップ3となる。61周目にトップの#1がピットインし#10がトップに立つ。 。

 終盤75周目に#10もピットへ向かい#1、#28の1-2体制が再び形成された。その差5.9秒でチェッカーを受ける。磐石の態勢のBMW Z4が開幕戦から完璧なレースを終えることとなった。

 ST2クラスはまずは#56眠眠打破ランサー(服部尚貴/松本達哉組)が序盤総合5番手を走行しながらわずか13周でミッショントラブルからレースを終える。さらに20周で#6新菱オート☆DIXCEL☆EVOIX(冨桝朋広/関豊組)もガレージへマシンを入れてしまい29周では#30サムライジーンズ森永チルミル・RSオガワランサー(伊藤俊哉/花岡翔太組)もレースを終える。

 さらにはポールシッターの#11 TSRPランサーEVOX(佐々木孝太/菊地靖組)もスロー走行からピットイン強いられるなどST2クラスは大波乱となった。そんな中トラブルなく走りきった#20 RSオガワユークスADVANランサー(阪口良平/谷口行規/小川日出生組)が2クラストップで総合5番手のフィニッシュ。

 ST3クラスは#27 FINA ADVAN M3(小林且雄/伊橋勲/井上貴志組)が総合9番手でクラス優勝を果たし、注目のニューカマー#5 5ZIGEN NSX(平中克幸/吉本大樹/松浦孝亮組)も2位表彰台に上がった。

 ST4クラスは#88 TUBE MAZIORA Racing(松本玲二/伊藤真一/渋谷彰良組)がクラス優勝。PPの#55 BOLD WORLD Absolute DIXCEL CIVIC(谷川達也/松井孝充/河村直樹組)が2位表彰台に入り、3位には久々のレース参戦となった#95 SPOON S2000(市嶋樹/小幡栄組)が入った。

st_r01_st1_podium st_r01_st2_podium st_r01_st3_podium st_r01_st4_podium

ウイナーのコメント

#1谷口信輝 「(初の1デイイベントは)気持ち的に慣れていない感じがした。でもSGTと違って前日に練習走行で走れるから次の日に予選にのぞめる。GTは朝フリー走行でいきなり予選なので、その辺はこっちの方が楽だね。慣れの問題もあるだろうけど、後は予選中のマシントラブルやクラッシュなんかが怖いよね。予選でコースレコードのおまけがついてきたのもとっても嬉しかったね。いつもは最終戦なんだけど、今回は開幕戦でコースのコンディションも良かったしね。レースはメカが頑張ってクルマを作ってくれてマー(柳田選手)もハイムランもいい走りをしてくれた。2人がマージンを作って渡してくれたから、終盤はちょっとハブが怪しいかなっていうこともあって様子をみながら、クルマをいたわって走ることを心がけた。壊れたら元も子もないんで後ろを見ながらやさしく走った。1-2はもちろんうれしいけど、勝つの#1のほうだからね(笑)」

Text & Photo: Keiichiro TAKESHITA

スーパー耐久

S耐:第1戦もてぎ決勝レース結果

MOTEGI SUPER TAIKYU -RIJ- (2009/03/29) Final Race Weather:Fine Course:Dry
2009 Super Taikyu Series Round 1 ツインリンクもてぎ 4.801379km

PosClassCls
Pos
NoCar
Model
DriverTireLapTotal_Time
Behind
1ST111PETRONAS SYNTIUM BMW Z4M COUPE
BMW Z4M COUPE
谷口 信輝
柳田 真孝
Fariqe Hairuman
YH842:53'38.807
2ST1228PETRONAS SYNTIUM BMW Z4M COUPE
BMW Z4M COUPE
片岡 龍也
吉田 広樹
Johan Adzmi
YH845.929
3ST1310Y.K.M. ADVAN Z
NISSAN FAIRLADY Z
横溝 直輝
佐藤 公哉
田中 哲也
YH8435.009
4ST1435asset.テクノファーストZ
NISSAN FAIRLADY Z
前嶋 秀司
佐々木雅弘
YH8435.782
5ST2120RSオガワ ユークスADVANランサー
MITSUBISHI LANCER Evolution
阪口 良平
谷口行規
小川 日出生
YH822Laps
6ST2237B.I シーケンシャル ランサー
MITSUBISHI LANCER Evolution
筒井 克彦
小泉和寛
大瀧 賢治
YH822Laps
7ST233ENDLESS ADVAN CS・X
MITSUBISHI LANCER Evolution
峰尾 恭輔
村田信博
YH822Laps
8ST2426エンドレスアドバン ウェッズランサー
MITSUBISHI LANCER Evolution
朝倉 貴志
大橋正澄
添田 正
YH822Laps
9ST3127FINA ADVAN M3
BMW M3
小林 且雄
伊橋 勲
井上貴志
YH813Laps
10ST3255ZIGEN NSX
HONDA NSX
平中 克幸
吉本大樹
松浦 孝亮
YH813Laps
11ST3316T-MANOILディクセル岡部自動車Z
NISSAN FAIRLADY Z
中村 貴広
太田 侑弥
山崎 学
YH804Laps
12ST3439TRACY SPORTS ADVAN NSX
HONDA NSX
川口 正敬
青木 孝行
YH804Laps
13ST3534asset.テクノファーストZ
NISSAN FAIRLADY Z
Takamori.com
ガミさん
YH804Laps
14ST2559東和MOTUL・ED・インプレッサ
SUBARU IMPREZA
大澤 学
吉田 寿博
YH777Laps
15ST4188TUBE MAZIORA Racing
HONDA INTEGRA
松本玲二
伊藤 真一
渋谷 彰良
YH777Laps
16ST42*55BOLD WORLD Absolute DIXCEL CIVIC
HONDA CIVIC
谷川 達也
松井 孝充
河村直樹
YH768Laps
17ST4395SPOON S2000
HONDA S2000
市嶋 樹
小幡栄
YH768Laps
18ST4418コスモソニックingsFKDC5
HONDA INTEGRA
浅野 武夫
笠原 智行
森 政行
YH768Laps
19ST4529SPMソルジャーブルーDC5
HONDA INTEGRA
藤原 能成
福田川 優
松本 高幸
YH759Laps
20ST4662G/MOTION μ インテグラ
HONDA INTEGRA
塩谷烈州
吉橋 孝之
YH7212Laps
21ST2611TSRPランサーEVOX
MITSUBISHI LANCER Evolution
佐々木孝太
菊地 靖
YH6123Laps
---- 以上規定周回数(ST1:58Laps / ST2:57Laps / ST3:56Laps / ST4:53Laps)完走 ----
-ST3-14協新計測 マイロード岡部自動車RX-7
MAZDA RX-7
増田芳信
小松 一臣
杉林 健一
YH3846Laps
-ST2-30サムライジーンズ 森永チルミル・ RSオガワ ランサー
MITSUBISHI LANCER Evolution
伊藤 俊哉
花岡 翔太
YH2955Laps
-ST2-6新菱オート☆DIXCEL☆EVO IX
MITSUBISHI LANCER Evolution
冨桝 朋広
関 豊
YH2064Laps
-ST3-15KYOSHO メーカーズ岡部自動車RX-7
MAZDA RX-7
長島正明
田ヶ原 章蔵
古谷 直広
YH1668Laps
-ST2-56眠眠打破ingsランサー
MITSUBISHI LANCER Evolution
服部尚貴
松本 達哉
YH1371Laps
-ST4-67YAMATO CIVIC
HONDA CIVIC
野間 一
大村和生
内山 慎也
YH183Laps
  • Fastest Lap: CarNo.35 asset.テクノファーストZ 2'01.004 (60/84) 142.84km/h
  • CarNo.55は、スーパー耐久シリーズ2009シリーズ規則第15条(2)違反(ピット作業違反)により、ペナルティストップ60秒を課した。

スーパー耐久

S耐:第1戦もてぎ予選 今シーズンもBMW Z4M速し! 1号車がポール

 3月29日、栃木県のツインリンクもてぎで、スーパー耐久第1戦の予選が行われた。

st_r01_q_1

st_r01_q_11

st_r01_q_5

st_r01_q_55

 気温8度、路面温度12度と相当に冷え込んだドライコンディションで、9時から1グループ(ST1,2クラス)と2グループ(ST3,4クラス)それぞれ15分間ずつで行われたAドライバー予選では、#1 PETRONAS SYNTIUM BMW Z4M COUPE(谷口信輝/柳田真孝/Fariqe Hairuman組)の谷口が1分57秒201のレコードタイムをマークしこのセッションのトップタイムとした。

 9時45分から再び15分ずつのBドライバー予選が行われた。スーパー耐久シリーズでは一昨年から、この2つのAB両ドライバーのタイムを合算してグリッドをきめる予選方式がとられることとなり、結果は#1 PETRONAS SYNTIUM BMW Z4M COUPE の柳田が1分57秒242のタイムをたたき出し、3分54秒443の合算タイムでポールポジションをきめた。

 総合5位にクラスST2クラスのトップ#11 TSRPランサーEVOX(佐々木孝太/菊地靖組)が入った。総合12位にST3クラスのトップ#5 5ZIGEN NSX(平中克幸/吉本大樹/松浦孝亮組)、総合20位にST4クラスのトップ#55 BOLD WORLD Absolute DIXCEL CIVIC(谷川達也/松井孝充/河村直樹組)が入った。

 決勝レースはこの後13時から84周、400kmで開催される。

Text & Photo: Keiichiro TAKESHITA

スーパー耐久

S耐:第1戦もてぎA,Bドライバー総合公式予選結果

MOTEGI SUPER TAIKYU -RIJ- (2009/03/29) A&B Total Qualify Weather:Fine Course:Dry
2009 Super Taikyu Series Round 1 ツインリンクもてぎ 4.801379km

PosClsCls
Pos
NoCar
Model
DriverTireA Driver
B Driver
Total
Time
Behindkm/h
1ST111PETRONAS SYNTIUM BMW Z4M COUPE
BMW Z4M COUPE
谷口 信輝
柳田真孝
YH1'57.201
1'57.242
3'54.443-147.456
2ST1228PETRONAS SYNTIUM BMW Z4M COUPE
BMW Z4M COUPE
片岡 龍也
吉田広樹
YH1'57.767
1'58.183
3'55.950 1.507146.514
3ST1335asset.テクノファーストZ
NISSAN FAIRLADY Z
前嶋 秀司
佐々木雅弘
YH1'58.407
1'58.783
3'57.190 2.747145.748
4ST1410Y.K.M. ADVAN Z
NISSAN FAIRLADY Z
横溝 直輝
佐藤公哉
YH1'58.518
1'58.710
3'57.228 2.785145.724
5ST2111TSRPランサーEVOX
MITSUBISHI LANCER Evolution
佐々木 孝太
菊地靖
YH2'00.523
2'01.583
4'02.106 7.663142.788
6ST2256眠眠打破ingsランサー
MITSUBISHI LANCER Evolution
服部 尚貴
松本達哉
YH2'00.782
2'01.555
4'02.337 7.894142.652
7ST236新菱オート☆DIXCEL☆EVO IX
MITSUBISHI LANCER Evolution
冨桝 朋広
関豊
YH2'01.747
2'00.938
4'02.685 8.242142.448
8ST2420RSオガワ ユークスADVANランサー
MITSUBISHI LANCER Evolution
阪口 良平
谷口行規
YH2'01.345
2'02.565
4'03.910 9.467141.732
9ST253ENDLESS ADVAN CS・X
MITSUBISHI LANCER Evolution
峰尾 恭輔
村田信博
YH2'02.792
2'03.762
4'06.55412.111140.212
10ST2626エンドレスアドバンウェッズランサー
MITSUBISHI LANCER Evolution
朝倉 貴志
大橋 正澄
YH2'04.148
2'03.258
4'07.40612.963139.730
11ST2730サムライジーンズ 森永チルミル・ RSオガワ ランサー
MITSUBISHI LANCER Evolution
伊藤 俊哉
花岡 翔太
YH2'04.074
2'03.607
4'07.68113.238139.574
12ST3155ZIGEN NSX
HONDA NSX
平中 克幸
吉本大樹
YH2'04.417
2'03.482
4'07.89913.456139.452
13ST3227FINA ADVAN M3
BMW M3
小林 且雄
伊橋勲
YH2'03.998
2'04.082
4'08.08013.637139.350
14ST2837B.I シーケンシャル ランサー
MITSUBISHI LANCER Evolution
筒井克彦
小泉 和寛
YH2'03.702
2'04.404
4'08.10613.663139.335
15ST3314協新計測 マイロード岡部自動車RX-7
MAZDA RX-7
増田芳信
小松 一臣
YH2'05.385
2'03.211
4'08.59614.153139.061
16ST3415KYOSHO メーカーズ岡部自動車RX-7
MAZDA RX-7
長島正明
田ヶ原 章蔵
YH2'04.738
2'03.948
4'08.68614.243139.010
17ST3516T-MANOILディクセル岡部自動車Z
NISSAN FAIRLADY Z
中村 貴広
太田侑弥
YH2'07.373
2'05.726
4'13.09918.656136.587
18ST2959東和MOTUL・ED・インプレッサ
SUBARU IMPREZA
大澤 学
吉田 寿博
YH2'06.664
2'07.224
4'13.88819.445136.162
19ST3639TRACY SPORTS ADVAN NSX
HONDA NSX
川口 正敬
青木 孝行
YH2'13.089
2'03.736
4'16.82522.382134.605
20ST4155BOLD WORLD Absolute DIXCEL CIVIC
HONDA CIVIC
谷川 達也
松井 孝充
YH2'10.438
2'10.782
4'21.22026.777132.340
21ST4218コスモソニックingsFKDC5
HONDA INTEGRA
浅野 武夫
笠原 智行
YH2'10.548
2'11.582
4'22.13027.687131.881
22ST4388TUBE MAZIORA Racing
HONDA INTEGRA
松本玲二
伊藤 真一
YH2'11.714
2'10.948
4'22.66228.219131.614
23ST4462G/MOTION μ インテグラ
HONDA INTEGRA
塩谷烈州
吉橋 孝之
YH2'11.288
2'11.405
4'22.69328.250131.598
24ST4595SPOON S2000
HONDA S2000
市嶋 樹
小幡栄
YH2'11.608
2'12.298
4'23.90629.463130.993
25ST4667YAMATO CIVIC
HONDA CIVIC
野間 一
大村和生
YH2'11.381
2'12.712
4'24.09329.650130.901
26ST4729SPMソルジャーブルーDC5
HONDA INTEGRA
藤原 能成
福田川 優
YH2'13.449
2'12.541
4'25.99031.547129.967
-ST3-34asset.テクノファーストZ
NISSAN FAIRLADY Z
Takamori.com
ガミさん
YH2'17.073
2'05.512
4'22.58528.142131.652
  • CarNo.34のAドライバーは、クラス別予選通過基準タイム未達成

スーパー耐久

S耐:第1戦もてぎBドライバー公式予選

MOTEGI SUPER TAIKYU -RIJ- (2009/03/29) B Driver Qualifying Weather:Fine Course:Dry
2009 Super Taikyu Series Round 1 ツインリンクもてぎ 4.801379km

PosClassCls
Pos
NoCar
Maker Model
DriverTireTimeBehindkm/h
1ST111PETRONAS SYNTIUM BMW Z4M COUPE
BMW Z4M COUPE
柳田 真孝YH1'57.242-147.430
2ST1228PETRONAS SYNTIUM BMW Z4M COUPE
BMW Z4M COUPE
吉田 広樹YH1'58.183 0.941146.256
3ST1310Y.K.M. ADVAN Z
NISSAN FAIRLADY Z
佐藤 公哉YH1'58.710 1.468145.607
4ST1435asset.テクノファーストZ
NISSAN FAIRLADY Z
佐々木 雅弘YH1'58.783 1.541145.517
5ST216新菱オート☆DIXCEL☆EVO IX
MITSUBISHI LANCER Evolution
関 豊YH2'00.938 3.696142.924
6ST2256眠眠打破ingsランサー
MITSUBISHI LANCER Evolution
松本 達哉YH2'01.555 4.313142.199
7ST2311TSRPランサーEVOX
MITSUBISHI LANCER Evolution
菊地 靖YH2'01.583 4.341142.166
8ST2420RSオガワ ユークスADVANランサー
MITSUBISHI LANCER Evolution
谷口 行規YH2'02.565 5.323141.027
9ST3114協新計測 マイロード 岡部自動車RX-7
MAZDA RX-7
小松 一臣YH2'03.211 5.969140.288
10ST2526エンドレスアドバンウェッズランサー
MITSUBISHI LANCER Evolution
大橋 正澄YH2'03.258 6.016140.234
11ST3255ZIGEN NSX
HONDA NSX
吉本大樹YH2'03.482 6.240139.980
12ST2630サムライジーンズ 森永チルミル・ RSオガワ ランサー
MITSUBISHI LANCER Evolution
花岡 翔太YH2'03.607 6.365139.838
13ST3339TRACY SPORTS ADVAN NSX
HONDA NSX
青木孝行YH2'03.736 6.494139.692
14ST273ENDLESS ADVAN CS・X
MITSUBISHI LANCER Evolution
村田 信博YH2'03.762 6.520139.663
15ST3415KYOSHO メーカーズ岡部自動車RX-7
MAZDA RX-7
田ヶ原章蔵YH2'03.948 6.706139.453
16ST3527FINA ADVAN M3
BMW M3
伊橋 勲YH2'04.082 6.840139.303
17ST2837B.I シーケンシャル ランサー
MITSUBISHI LANCER Evolution
小泉和寛YH2'04.404 7.162138.942
18ST3634asset.テクノファーストZ
NISSAN FAIRLADY Z
ガミさんYH2'05.512 8.270137.716
19ST3716T-MANOILディクセル岡部自動車Z
NISSAN FAIRLADY Z
太田 侑弥YH2'05.726 8.484137.481
20ST2959東和MOTUL・ED・インプレッサ
SUBARU IMPREZA
吉田 寿博YH2'07.224 9.982135.862
21ST4155BOLD WORLD Absolute DIXCEL CIVIC
HONDA CIVIC
松井 孝充YH2'10.78213.540132.166
22ST4288TUBE MAZIORA Racing
HONDA INTEGRA
伊藤真一YH2'10.94813.706131.999
23ST4362G/MOTION μ インテグラ
HONDA INTEGRA
吉橋孝之YH2'11.40514.163131.540
24ST4418コスモソニックingsFKDC5
HONDA INTEGRA
笠原智行YH2'11.58214.340131.363
25ST4595SPOON S2000
HONDA S2000
小幡栄YH2'12.29815.056130.652
26ST4629SPMソルジャーブルーDC5
HONDA INTEGRA
福田川優YH2'12.54115.299130.412
27ST4767YAMATO CIVIC
HONDA CIVIC
大村和生YH2'12.71215.470130.244
以上予選通過(基準タイム:2'33.128 / ST1:2'09.570 / ST2:2'12.971 / ST3:2'16.822 / ST4:2'23.834)

スーパー耐久

S耐:第1戦もてぎAドライバー公式予選

MOTEGI SUPER TAIKYU -RIJ- (2009/03/29) A Driver Qualifying Weather:Fine Course:Dry
2009 Super Taikyu Series Round 1 ツインリンクもてぎ 4.801379km

PosClassCls
Pos
NoCar
Maker Model
DriverTireTimeBehindkm/h
1ST111PETRONAS SYNTIUM BMW Z4M COUPE
BMW Z4M COUPE
谷口 信輝YHR1'57.201-147.481
2ST1228PETRONAS SYNTIUM BMW Z4M COUPE
BMW Z4M COUPE
片岡 龍也YH1'57.767 0.566146.773
3ST1335asset.テクノファーストZ
NISSAN FAIRLADY Z
前嶋 秀司YH1'58.407 1.206145.979
4ST1410Y.K.M. ADVAN Z
NISSAN FAIRLADY Z
横溝 直輝YH1'58.518 1.317145.843
5ST2111TSRPランサーEVOX
MITSUBISHI LANCER Evolution
佐々木 孝太YHR2'00.523 3.322143.416
6ST2256眠眠打破ingsランサー
MITSUBISHI LANCER Evolution
服部 尚貴YH2'00.782 3.581143.109
7ST2320RSオガワ ユークスADVANランサー
MITSUBISHI LANCER Evolution
阪口 良平YH2'01.345 4.144142.445
8ST246新菱オート☆DIXCEL☆EVO IX
MITSUBISHI LANCER Evolution
冨桝 朋広YH2'01.747 4.546141.974
9ST253ENDLESS ADVAN CS・X
MITSUBISHI LANCER Evolution
峰尾 恭輔YH2'02.792 5.591140.766
10ST2637B.I シーケンシャル ランサー
MITSUBISHI LANCER Evolution
筒井克彦YH2'03.702 6.501139.731
11ST3127FINA ADVAN M3
BMW M3
小林 且雄YH2'03.998 6.797139.397
12ST2730サムライジーンズ 森永チルミル・ RSオガワ ランサー
MITSUBISHI LANCER Evolution
伊藤 俊哉YH2'04.074 6.873139.312
13ST2826エンドレスアドバンウェッズランサー
MITSUBISHI LANCER Evolution
朝倉 貴志YH2'04.148 6.947139.229
14ST3255ZIGEN NSX
HONDA NSX
平中克幸YH2'04.417 7.216138.928
15ST3315KYOSHO メーカーズ岡部自動車RX-7
MAZDA RX-7
長島正明YH2'04.738 7.537138.570
16ST3414協新計測 マイロード岡部自動車RX-7
MAZDA RX-7
増田芳信YH2'05.385 8.184137.855
17ST2959東和MOTUL・ED・インプレッサ
SUBARU IMPREZA
大澤 学YH2'06.664 9.463136.463
18ST3516T-MANOILディクセル岡部自動車Z
NISSAN FAIRLADY Z
中村 貴広YH2'07.37310.172135.704
19ST4155BOLD WORLD Absolute DIXCEL CIVIC
HONDA CIVIC
谷川 達也YH2'10.43813.237132.516
20ST4218コスモソニックingsFKDC5
HONDA INTEGRA
浅野武夫YH2'10.54813.347132.403
21ST4362G/MOTION μ インテグラ
HONDA INTEGRA
塩谷烈州YH2'11.28814.087131.657
22ST4467YAMATO CIVIC
HONDA CIVIC
野間一YH2'11.38114.180131.564
23ST4595SPOON S2000
HONDA S2000
市嶋樹YH2'11.60814.407131.337
24ST4688TUBE MAZIORA Racing
HONDA INTEGRA
松本玲二YH2'11.71414.513131.231
25ST3639TRACY SPORTS ADVAN NSX
HONDA NSX
川口正敬YH2'13.08915.888129.875
26ST4729SPMソルジャーブルーDC5
HONDA INTEGRA
藤原能成YH2'13.44916.248129.525
以上予選通過(基準タイム:2'33.128 / ST1:2'09.570 / ST2:2'12.971 / ST3:2'16.822 /ST4:2'23.834)
-ST3-34asset.テクノファーストZ
NISSAN FAIRLADY Z
Takamori.comYH2'17.07319.872126.100
  • 'R'マークの車は、コースレコードを更新しました。従来のコースレコードST1: 1'57.502、ST2: 2'00.670

SUPER GT

SGT:2009年度マシンラインナップ

■GT500クラス
09sgt_001 No.1
Machine: MOTUL AUTECH GT-R
Model: NISSAN GT-R
Driver: 本山 哲/ブノワ・トレルイエ
Entrant: NISMO
Tire: BS
09sgt_003 No.3
Machine: HASEMI TOMICA EBBRO GT-R
Model: NISSAN GT-R
Driver: ロニー・クインタレッリ/安田裕信
Entrant: HASEMI MOTOR SPORT
Tire: MI
09sgt_006 No.6
Machine: ENEOS SC430
Model: LEXUS SC430
Driver: 伊藤大輔/ビヨン・ビルドハイム
Entrant: LEXUS TEAM LeMans ENEOS
Tire: BS
09sgt_008 No.8
Machine: ARTA NSX
Model: HONDA NSX
Driver: ラルフ・ファーマン/伊沢拓也
Entrant: AUTOBACS RACING TEAM AGURI
Tire: BS
09sgt_012 No.12
Machine: IMPUL カルソニック GT-R
Model: NISSAN GT-R
Driver: 松田次生/セバスチャン・フィリップ
Entrant: TEAM IMPUL
Tire: BS
09sgt_017 No.17
Machine: KEIHIN NSX
Model: HONDA NSX
Driver: 金石年弘/塚越 広大
Entrant: KEIHIN REAL RACING
Tire: BS
09sgt_018 No.18
Machine: ROCKSTAR 童夢 NSX
Model: HONDA NSX
Driver: 道上 龍/小暮卓史
Entrant: TEAM YOSHIKI & 童夢 PROJECT
Tire: BS
09sgt_021 No.21
Machine: ASTON MARTIN 赤坂 DBR9
Model: ASTON MARTIN DBR9
Driver: 都筑晶裕/土屋武士
Entrant: TEAM NOVA
Tire: YH
09sgt_024 No.24
Machine: HIS ADVAN KONDO GT-R
Model: NISSAN GT-R
Driver: ジョアオ・パオロ・デ・オリベイラ/荒 聖治
Entrant: KONDO RACING
Tire: YH
09sgt_032 No.32
Machine: EPSON NSX
Model: HONDA NSX
Driver: ロイック・デュバル/中山友貴
Entrant: NAKAJIMA RACING
Tire: DL
09sgt_035 No.35
Machine: KRAFT SC430
Model: LEXUS SC430
Driver: 石浦宏明/大嶋和也
Entrant: LEXUS TEAM KRAFT
Tire: BS
09sgt_036 No.36
Machine: PETRONAS TOM'S SC430
Model: LEXUS SC430
Driver: 脇阪寿一/アンドレ・ロッテラー
Entrant: LEXUS TEAM PETRONAS TOM'S
Tire: BS
09sgt_038 No.38
Machine: ZENT CERUMO SC430
Model: LEXUS SC430
Driver: 立川祐路/リチャード・ライアン
Entrant: LEXUS TEAM ZENT CERUMO
Tire: BS
09sgt_039 No.39
Machine: DUNLOP SARD SC430
Model: LEXUS SC430
Driver: アンドレ・クート/平手晃平
Entrant: LEXUS TEAM SARD
Tire: DL
09sgt_100 No.100
Machine: RAYBRIG NSX
Model: HONDA NSXがPP
Driver: 井出有治/細川慎弥
Entrant: TEAM KUNIMITSU
Tire: BS
■GT300クラス
09sgt_002 No.2
Machine: プリヴェ アップル 紫電
Model: SHIDEN MC
Driver: 高橋一穂/加藤寛規
Entrant: Cars Tokai Dream28
Tire: YH
09sgt_005 No.5
Machine: マッハGOGOGO車検320Rマッハ号
Model: VEMAC RD320R
Driver: 玉中哲二/赤鮫オヤジ
Entrant: TEAM マッハ
Tire: YH
09sgt_007 No.7
Machine: M7 MUTIARA MOTORS雨宮SGC 7
Model: RX-7(FD3S)
Driver: 谷口信輝/折目遼
Entrant: M7 RE雨宮レーシング
Tire: YH
09sgt_010 No.10
Machine: JIMGAINER ADVAN F360
Model: Ferrari F360 FG360
Driver: 植田正幸/川口正敬
Entrant: JIMGAINER
Tire: YH
09sgt_011 No.11
Machine: JIMGAINER ADVAN F430
Model: Ferrari F430 ABA-F430SC
Driver: 田中哲也/平中克幸
Entrant: JIMGAINER
Tire: YH
09sgt_019 No.19
Machine: ウェッズスポーツIS350
Model: LEXUS IS350
Driver: 織戸 学/片岡龍也
Entrant: RACING PROJECT BANDOH
Tire: YH
09sgt_026 No.26
Machine: UP START タイサンポルシェ
Model: PORSCHE 911GT3RS
Driver: 黒澤治樹/阿部 翼
Entrant: Team TAISAN
Tire: YH
09sgt_030 No.30
Machine: RECKLESS KUMHO IS350
Model: LEXUS IS350
Driver: 佐々木孝太/山野直也
Entrant: TEAM RECKLESS with SHIFT
Tire: KH
09sgt_031 No.31
Machine: avex apr COROLLA Axio
Model: TOYOTA COROLLA Axio
Driver: 坂本雄也/山内英輝
Entrant: apr
Tire: YH
09sgt_043 No.43
Machine: ARTA Garaiya
Model: ARATA Garaiya GT300VQ
Driver: 新田守男/高木真一
Entrant: AUTOBACS RACING TEAM AGURI
Tire: MI
09sgt_046 No.46
Machine: エスロード MOLA Z
Model: NISSAN FAIRLADY Z Z33
Driver: 星野一樹/柳田真孝
Entrant: TEAM NISHIZAWA MOLA
Tire: YH
09sgt_055 No.55
Machine: J-TRUST F-PRO おうとキットポルシェ
Model: PORSCHE 911GT3
Driver: 山岸 大/小泉洋史
Entrant: TOMEI SPORTS
Tire: YH
09sgt_066 No.66
Machine: triple a ムルシェ RG-1
Model: MURCIELAGO RG-1
Driver: 山西康司/余郷 敦
Entrant: JLOC
Tire: YH
09sgt_074 No.74
Machine: COROLLA Axio apr GT
Model: TOYOTA COROLLA Axio
Driver: 井口卓人/国本雄資
Entrant: apr
Tire: MI
09sgt_081 No.81
Machine: ダイシン アドバン Ferrari
Model: Ferrari F430
Driver: 青木孝行/藤井誠暢
Entrant: TEAM DAISHIN
Tire: YH
09sgt_087 No.87
Machine: giraffa ガイヤルド RG-3
Model: GALLARDO RG-3
Driver: 井入宏之/和田 久
Entrant: JLOC
Tire: YH
09sgt_088 No.88
Machine: triple a ガイヤルド RG-3
Model: GALLARDO RG-3
Driver: 松田秀士/坂本祐也
Entrant: JLOC
Tire: YH
09sgt_110 No.110
Machine: SIRIUS KUMHO "ARKTECH SG-1"
Model: PORSCHE BOXSTER (986)
Driver: 池田大祐/キム・ハンボン
Entrant: ARKTECH MOTORSPORTS
Tire: KH
09sgt_111 No.111
Machine: 石松 with ARKTECH GT3
Model: PORSCHE 911 GT3 RSR (996)
Driver: イゴール・スシュコ/壷林 貴也
Entrant: ARKTECH MOTORSPORTS
Tire: KH
09sgt_666 No.666
Machine: FieLDS BOMEX 320R
Model: VEMAC 320R
Driver: 周防彰悟/山下潤一郎
Entrant: Avanzza Rosso
Tire: KH
09sgt_808 No.808
Machine: 初音ミク Studie GLAD BMW Z4
Model: BMW Z4 M coupe MotorSport Version
Driver: 菊地 靖/田ヶ原章蔵
Entrant: Studie GLAD Racing
Tire: YH

Photo: Yoshinori OHNISHI

SUPER GT

SGT:第1戦岡山 荒天に翻弄されレクサスSC430は6位 (TOYOTA)

2009年SUPER GT開幕。荒天に翻弄されレクサスSC430は6位
GT300クラスではレクサスIS350が開幕戦勝利を挙げる
LEXUS SC430
ポールポジションを獲得したものの、
6位に終わったZENT CERUMO SC430 38号車

 2009年シーズンのSUPER GTが開幕。第1戦「OKAYAMA GT 300km RACE」が3月21日(土)、22日(日)の両日、岡山県の岡山インターナショナル・サーキットで開催された。

 今季のGT500クラスにはレクサスブランドで5台のレクサス SC430が参戦。2009年の規則に合わせた新型シャシーに、フォーミュラ・ニッポン用エンジンをベースとした3.4リッターV型8気筒エンジンを搭載し、タイトル奪還を目指す。

 GT300クラスには2年目となるレクサスIS350が2台、そして今季より新たにトヨタ カローラアクシオが2台出場することとなった。

 今季より金曜日の公式練習走行は行われず、イベントは土・日の2日間のみの開催。21日(土)の午前9時より2時間に渡って公式練習走行が実施された。好天に恵まれ、ドライコンディションで行われたこのセッションでは、ENEOS SC430 6号車がトップタイム。PETRONAS TOM'S SC430 36号車、ZENT CERUMO SC430 38号車が2番手、3番手と続き、レクサス SC430勢はシーズン最初のセッションから速さを見せた。

◆予選◆

 午前中の公式練習の後、午後1時15分から公式予選1回目が行われ、38号車がトップタイム。36号車が2番手、2007年のGT300クラスチャンピオンコンビである、TDPの石浦宏明/大嶋和也組KRAFT SC430 35号車が4番手に入りスーパーラップ進出を決めた。公式練習で好調だった6号車はアタックラップ中にイエローフラッグが出されるなど不運に見舞われスーパーラップ進出を逃し、13番手グリッドとなった。

 スーパーラップでは、GT500クラス2年目となる石浦宏明がアタックを担当した35号車が好タイムをマーク。最後にアタックした38号車にかわされたものの、2番手となり、GT500クラスで初の最前列グリッドを得た。ポールポジションは公式予選から好調な38号車。立川祐路は14回目のポールポジション獲得となり、自らが持つ最多記録を更新。レクサス SC430はシーズン開幕戦で最前列を独占した。36号車はタイヤトラブルに見舞われ、アタックを断念。8番手グリッドとなった。

 GT300クラスでは、予選1回目でトップタイムをマークしたウェッズスポーツIS350 19号車と、TDPの若手コンビ井口卓人/国本雄資組が駆るCOROLLA Axio apr GT 74号車が8番手でスーパーラップへ進出。 19号車は惜しくもポールポジション獲得は逃したものの2番手、74号車も4列目8番手グリッドを確保した。

◆決勝◆

 22(日)は未明からの雨でウェットコンディション。午前中のフリー走行時には雨は止んでいたものの、決勝レーススタート直前に再び雨は強くなり、各チームタイヤの選択に苦しむこととなった。

 GT500クラスは、深溝ウェットタイヤ選択が多数を占める中、ポールポジションの38号車と、8番手から追い上げを狙う36号車が浅溝ウェットタイヤを選択。午後2時にセーフティカーの先導で各車が走行を開始した。

 2周のセーフティカーランの後、3周目に水煙を上げながら決勝の本格戦がスタート。その直後、1コーナーで36号車と、その後方にいたMOTUL AUTECH GT-R 1号車が接触という波乱の幕開けとなった。この接触で 36号車はグラベルへとコースオフ、大きく後退を余儀なくされた。

 ポールポジションからスタートした38号車は強まる雨足の下、浅溝タイヤで苦戦。徐々にポジションを落とすこととなってしまった。スタートを担当したリチャード・ライアンが苦しみながらも浅溝タイヤで走行を続け、レースが3分の1を消化した27周目にピットイン。タイヤを深溝に換え、ドライバーも立川祐路に交代。11位から追い上げを開始した。

 後半ロングスティントを担当することとなった立川は、難しいコンディションと混み合うコース上でも健闘を見せ、最終的には6位までポジションを上げてフィニッシュ。35号車は9位、13番手からスタートした6号車が 10位でポイントを獲得した。

 スタート直後にコースアウトを喫し、周回遅れになりながらもコースに復帰した36号車は12周目に深溝タイヤに交換し、最後尾からの追い上げを見せたが、ポイント圏には惜しくも及ばず11位でレースを終えた。

 GT300クラスでは、最前列2番手スタートの19号車が激しいバトルの末に首位に浮上。中盤のピットイン後は首位の座を守りきり、優勝を飾った。デビュー戦となったトヨタ カローラアクシオも、8番手スタートの74号車が好走を見せ、見事5位フィニッシュを果たした。

トヨタ自動車(株)モータースポーツ部主査 林博美のコメント:
ドライコンディションだった公式練習や予選では速さを見せることが出来たが、決勝は雨のコンディションとなり、車両をベストな状態に仕上げることが出来ず苦戦してしまった。次戦では優勝を狙って頑張る。

Text & Photo: トヨタ自動車株式会社

SUPER GT

SGT:第1戦岡山決勝 HIS ADVAN KONDO GT-Rが開幕優勝 (NISMO)

■「HIS ADVAN KONDO GT-R」が開幕優勝。チャンピオンカー「MOTUL AUTECH GT-R」はアクシデントにより13位。

 この日岡山県北部地方はあいにくの雨模様だったものの、本年最初のSUPER GT決勝レースには23,000人もの観客が集まった。決勝スタートの約1時間前から雨が本降りとなり、各チームともレインタイヤを装着してスターティンググリッドに並んだ。さらに、主催者は安全を優先させ、午後2時のスタートはセーフティカーの先導によるセーフティカースタート方式を採用。水しぶきを上げて走る15台のGT500マシンが隊列を整え、2周のセーフティカー走行を行った後各車スピードを上げてレーシングバトルを開始した。

 3番手から上位進出のチャンスをうかがっていたオリベイラは、好スタートを決め、早くも3周目のうちに首位に躍り出た。一方、後続グループは前車の水しぶきで前方視界が十分に取れず接触やコースアウトするマシンもあった。その後オリベイラは周回ごとに追い上げる後続車を確実に引き離し続け、20周過ぎには約10秒、30周目過ぎには約20秒のマージンを築いた。オリベイラは82周の決勝レースのうち実に52周をひとりで走り抜き、2位を約50秒リードして荒にドライバー交代した。レース終盤になるとコースコンディションは安定し、荒は落ち着いて残り周回を確実に走り続けることに専念。その結果、一度もライバル達に背後を脅かされることもなく、首位でレースをフィニッシュした。

 「IMPULカルソニックGT-R」をスタートさせた松田は序盤の混乱をさけて周回ごとに順位を上げて、9周目に4位に。34周目にフィリップに交代した後も、危なげない走りでポジションをキープ。4位入賞を果たした。

 懐かしいレッド・ブラックのツートンカラーに塗り分けられた「HASEMI TOMICA EBBRO GT-R」(#3 ロニー・クインタレッリ/安田裕信)は、予選12位からクインタレッリがスタート。序盤は9位、10位のポジションを走り、後半の追い上げが期待されたが、30周目にピットインして安田に交代。ルーキーの安田は、デビューレースでいきなり長い周回を任され ることとなった。比較的速いラップタイムで中盤の周回をこなしたが、46周目にスピンしてコースオフ。約3周をロスし、12位完走となった。

 2008年のチャンピオンコンビを擁する「MOTUL AUTECH GT-R」(#1 本山哲/ブノワ・トレルイエ)は、9番グリッドからトレルイエがレースをスタート。運悪く前車の水しぶきで視界を奪われた中で、3周目に他のマシンに接触し、その際にフロントノーズを破損してしまう。さらに、このアクシデントでドライブスルーペナルティを受けることとなった。追い上げを開始したが、破損したノーズが危険と判断されてピットイン。一度はコースに戻ったが、本格的な修理のために再度ピットインしてガレージ内でリペアを受けた。本山がレースに戻り13位完走となった。

上記の詳細は下記WEBサイトをご覧ください。
http://www.nismo.co.jp/M_SPORTS/index.html
2009 SUPER GT Rd.1フォトレポート&動画メッセージ
http://www.nissan-motorsports.com/JPN/RACE/2009/SUPERGT/report/1/index.html

Text: NISMO

SUPER GT

SGT:第1戦岡山 悪天候の中、開幕戦でNSX-GTが2-3位表彰台を獲得 (HONDA)

悪天候の中、開幕戦でNSX-GTが2-3位表彰台を獲得、#18 ROCKSTAR童夢NSX(道上龍/小暮卓史組)が2位、#8 ARTA NSX(R.ファーマン/伊沢拓也組)が3位

2009年3月22日(日) 決勝 会場:岡山国際サーキット(3.703km) 天候:予選/晴れ 決勝/雨 気温:16℃(14:00現在) 路面温度:16℃(14:00現在) 決勝レース:82周(303.646km) コースコンディション:決勝/ウエット 観客:2万3000人(主催者発表)

gt_r01_h_01.jpg

 3月22日(日)、岡山県美作市にある岡山国際サーキットにおいて2009 オートバックス SUPER GT第1戦「OKAYAMA GT 300km RACE」の決勝レースが開催された。

 5回目の開幕戦を迎えたSUPER GTシリーズは、さらなるレースレベルの向上とコスト削減を目指したレギュレーション改訂が行われている。コーナーリングスピードの低減措置としてマシンフロントのカナード(左右のヘッドライト付近に装着されていた小さなウイング)の禁止やリアウイングの小型化が義務づけられた。また、ウエイトハンデのルールも変更され、第2~6戦は獲得ポイント×2kg、第7~8戦は獲得ポイント×1kg、最終戦はウエイトを課されなくなったため、ウエイトハンデの軽減をねらった順位調整ができなくなった。さらに、予選前日に行われていた練習走行が廃止となっている。

 今シーズンのHonda NSX-GTは、昨年同様に5チーム5台の体制で参戦する。新たに塚越広大(#17 KEIHIN NSX)と中山友貴(#32 EPSON NSX)の2人が新人ドライバーとして加わり、2007年以来のタイトル獲得をねらう。

 21日(土)に開催された公式予選において、NSX-GTは予選1回目の上位8台で決勝グリッドが争われるスーパーラップに4台が出場した。スーパーラップにおいて、#18 道上龍/小暮卓史組(ROCKSTAR童夢NSX)が4番手。#8 ラルフ・ファーマン/伊沢拓也組(ARTA NSX)が5番手。#100 井出有治/細川慎弥組(RAYBRIG NSX)が6番手。#17 金石年弘/塚越広大組(KEIHIN NSX)が7番手のグリッドを獲得した。また、#32 ロイック・デュバル/中山友貴組(EPSON NSX)は11番手から決勝レースを迎えることとなった。

 22日(日)の決勝日は朝から雨模様となり、路面は完全にウエットコンディションとなった。気温16℃、路面温度16℃という少し肌寒いコンディションとなり、路面状況を考慮してセーフティーカースタートが採用された。総勢36台(GT500クラス計15台)のマシンは、セーフティカーの2周にわたる先導後に本格的なスタートを切った。

 スタート直後から、4位を走行する小暮選手が積極的な走りをみせ、4周目には#35 KRAFT SC430と#38 ZENT CERUMO SC430をパスして2位に浮上する。R.ファーマン選手も5位に浮上するが、6位を走行していた井出選手が、5周目の1コーナーでコースアウトを喫してしまう。スタート直後より天候は悪化し、さらに雨脚が強くなったために路面には水が浮き出し、前車の水しぶきで前が見えないほどの厳しいコンディションとなっていった。

 トップを追う小暮選手は、序盤で3秒近くあったギャップを8周目には1秒097まで縮めていく。さらに次周には0秒364まで迫るがGT300クラスのマシンに接触されて、再びトップとの差が2秒差まで広がる。しかし、R.ファーマン選手も3位、金石選手が5位に浮上し、ウエットコンディションにおいてNSX-GTが勢いのある走りを見せる。

 12周を終えて、トップは#24 HIS ADOVAN KONDO GT-R。3秒152差の2位に#18 ROCKSTAR童夢NSX、3位に#8 ARTA NSX、5位に#17 KEIHIN NSX、8位に#32 EPSON NSX、コースアウトから復帰した#100 RAYBRIG NSXが16位を走行する。

 32周目に、NSX-GTの先陣をきってR.ファーマン選手がドライバー交代のためにピットイン。伊沢選手がコースに復帰する。一時はトップに迫った小暮選手だったが、悪天候のコンディションで安全に走りきることを優先し、トップには25秒以上離されながらも2位のポジションを確保して33周終了時にピットイン。28秒9の素早いピット作業を終えて道上選手がコースに復帰した。

 45周を経過し、トップを走る#24 HIS ADOVAN KONDO GT-Rと暫定2位の#17 KEIHIN NSXの金石選手、暫定4位の#32 EPSON NSXのL.デュバル選手、暫定6位の#100 RAYBRIG NSXの井出選手は、ドライバー交代のタイミングを遅らせる作戦を敢行。前車がドライバー交代を終えた54周終了時点では、トップと2位の道上選手の差は 54秒423まで広がり、3位に伊沢選手、5位に塚越選手、6位に中山選手、7位に細川選手が続く展開となる。

 74周目に入り、2位を走行する道上選手は1分39秒台をキープして、トップとの差を30秒915まで縮める。3位の伊沢選手も同じく1分39秒台で後続に24秒以上に差を広げている。

 終盤で中山選手と細川選手が順位を1つ下げたものの、NSX-GT勢は大きなトラブルもなく82周を走り抜き、チェッカーフラッグを受けた。2位にトップに21秒645差まで追い上げた#18 ROCKSTAR童夢NSXが入り、#8 ARTA NSXが3位、#17 KEIHIN NSXが5位、#32 EPSON NSXが7位、#100 RAYBRIG NSXが8位となった。優勝は#24 HIS ADOVAN KONDO GT-Rだった。

コメント
白井 裕(Hiroshi Shirai)|NSX-GTプロジェクト・プロジェクトリーダー
 「残念ながら開幕戦を優勝で飾ることはできませんでしたが、決勝までの状況を考えると18号車と8号車の2台が表彰台を獲得できたことは、シーズン全体を考えても、よしとするべきなのでしょう。終始ウエットコンディションでの非常に厳しいレースでしたが、全車完走でき、NSX-GTの信頼性を含めて検証できたことには満足しています。また、これがデビューレースとなる、塚越広大、中山友貴の両選手も、無事にその役目をこなしてくれましたので、次戦以降も期待しています。次戦は、グランドスタンドやピットがリニューアルされた鈴鹿サーキットでの開催です。新しい鈴鹿で皆様の期待に応えられるような結果を残したいと思います。引き続き皆様からのご声援をお願いいたします」
道上 龍選手(2位 #18 ROCKSTAR童夢NSX)
 「今シーズンのNSX-GTは、ダウンフォースが大幅に減ったために、セッティングの調整がシビアになっています。予選時のドライ路面では、他車と比べて厳しい状態でした。でも、決勝日が雨となり、レインコンディションではNSX-GTのバランスがよく、朝のフリー走行から手応えをつかんでいました。スタートは小暮選手が担当し、序盤は雨が少なく調子がよかったのですが、次第に大雨になってトップに離されてしまいました。僕が担当してからは、雨が少なくなってきたので、トップと1分近くあった差を徐々に縮めることができましたが、追いつくことはできませんでした。悔しいですが、今の状況では満足できる結果を残せたと思います。次戦の鈴鹿までに、エンジニアとドライセッティングを向上させて、いい結果を残したいです。応援をよろしくお願いいたします」
小暮卓史選手(2位 #18 ROCKSTAR童夢NSX)
 「2日間の開催となって、マシンセッティングの難しさを痛感した開幕戦でした。予選1回目は僕のミスでタイムが伸びず、スーパーラップの結果にも影響が出てしまいました。今後は、エンジニアとともにマシンセッティングの進め方を勉強しなければなりません。ただ、スタッフがすばらしい仕事をしてくれたおかげで、レインコンディションでのNSX-GTは、とても高いパフォーマンスを発揮してくれました。ドライに振ったセッティングの影響で、雨量が増えたときにトップに離されてしまい、優勝することができなかったことは残念ですが、シーズンを考えれば幸先のいいスタートを切れたと思っています。次の鈴鹿サーキットは僕にとって神聖な場所だと思いますし、気持ちが引き締まります。これからも毎回優勝する気持ちで走りたいと思います」

Text & Photo: HONDA

SUPER GT

SGT:第1戦岡山 優勝ドライバーのコメント

gt_r01_pc_500winner gt_r01_pc_300winner gt_r01_pc_winner

GT500クラス #24HIS ADVAN KONDO GT-R
ジョアオ・パオロ・デ・オリベイラ

難しいコンディションの開幕戦でしたが、僕らは気候にセッティングがばっちり合っていました。
タイヤチョイスも合っていたので走りやすく、5周目を過ぎてからは本当にハードにプッシュすることが出来ました。
途中18号車が迫ってきましたが、その頃から雨が強くなり、それ以降は出来るだけギャップを広げられるように考えて走りました。
今年はフォーミュラニッポンに出ないのでその分GTに集中して結果を出していきます。

荒聖治
終盤雨が少なくなってきたために、タイヤが路面に合わず、終盤差を詰められてしまいました。
それでも充分な差をオリベイラがつけてくれていたので逃げ切ることが出来ました。
今回からヨコハマさんが新しいパターンのレインタイヤを投入したので、その手ごたえを感じながらレースできたのが嬉しかったですね。
今年は1年を通じて安定したパフォーマンスを出していくのが目標です。

GT300クラス #19ウェッズスポーツADVAN IS350
片岡龍也

チームを移籍して初めての実戦でしたが、コースインした時点から難しいレースになるなと思いました。
レース中は雨の量が減ったり増えたりして、安定したペースで走るのが難しかったです。
トップに立った後、マージンを広げようとしたんですが、途中でスローダウンしてる車に引っかかってしまい、一気に差が詰まってしまいました。 それで、もう一度差を広げようと予選並みにプッシュしたら飛び出してしまいました。
それでもうちのチームはピット作業がすごく早いとわかっていたので、諦めずにプッシュしていきました。
今日の優勝は大きな自信になりました。

織戸学
スーパーラップは2位に終わってしまって、ヨコハマはGT300クラス用のレインも新しいパターンになったので、 朝のフリー走行で確認したかったのに、アクシデントの制で充分な確認が出来ず、マイナス思考に陥りそうになりました。 それでも片岡さんの明るいキャラのお陰でチーム全体のモチベーションが上がりました。
個人的には500クラスでヨコハマが優勝したことを嬉しく思っています。
今回はチーム一丸となって優勝できました。
今年はどうしてもチャンピオンを獲って坂東正敬監督にプレゼントしたいです。

まとめ: Kazuhisa SUEHIRO / Photo: Yoshinori OHNISHI

SUPER GT

SGT:第1戦岡山決勝結果

OKAYAMA GT 300km RACE -RIJ- (2009/03/22) Final Race Weather:Rainy Course:Wet
2009 AUTOBACS SUPER GT Round 1 岡山国際サーキット 3.703km

PosClassCls
Pos
NoCar
Model
DriverTireWhLapTotal_Time
Behind
1500124HIS ADVAN KONDO GT-R
NISSAN GT-R
ジョアオ・パオロ・デ・オリベイラ
荒 聖治
YH822:20'54.302
2500218ROCKSTAR 童夢 NSX
HONDA NSX
道上 龍
小暮 卓史
BS8221.645
350038ARTA NSX
HONDA NSX
ラルフ・ファーマン
伊沢 拓也
BS821'06.979
4500412IMPUL カルソニック GT-R
NISSAN GT-R
松田 次生
セバスチャン・フィリップ
BS821'32.431
5500517KEIHIN NSX
HONDA NSX
金石 年弘
塚越 広大
BS811Lap
6500638ZENT CERUMO SC430
LEXUS SC430
立川 祐路
リチャード・ライアン
BS811Lap
7500732EPSON NSX
HONDA NSX
ロイック・デュバル
中山 友貴
DL811Lap
85008100RAYBRIG NSX
HONDA NSX
井出 有冶
細川 慎弥
BS811Lap
9500935KRAFT SC430
LEXUS SC430
石浦 宏明
大嶋 和也
BS811Lap
10500106ENEOS SC430
LEXUS SC430
伊藤 大輔
ビヨン・ビルドハイム
BS802Laps
115001136PETRONAS TOM'S SC430
LEXUS SC430
脇阪 寿一
アンドレ・ロッテラー
BS802Laps
12500123HASEMI TOMICA EBBRO GT-R
NISSAN GT-R
ロニー・クインタレッリ
安田裕信
MI793Laps
13300119ウェッズスポーツIS350
LEXUS IS350
織戸 学
片岡龍也
YH775Laps
14300243ARTA Garaiya
ASL Garaiya GT300VQ
新田 守男
高木 真一
MI775Laps
1530037M7 MUTIARA MOTORS雨宮SGC 7
MAZDA RX-7
谷口 信輝
折目 遼
YH775Laps
16300411JIMGAINER ADVAN F430
FERRARI F430
田中哲也
平中 克幸
YH775Laps
17300574COROLLA Axio apr GT
TOYOTA COROLLA Axio
井口卓人
国本 雄資
MI775Laps
1830062プリヴェ アップル 紫電
MOONCRAFT SHIDEN
高橋 一穂
加藤 寛規
YH775Laps
19300746エスロード MOLA Z
NISSAN FAIRLADY Z
星野 一樹
柳田 真孝
YH766Laps
20500131MOTUL AUTECH GT-R
NISSAN GT-R
本山 哲
ブノワ・トレルイエ
BS757Laps
21300830RECKLESS KUMHO IS350
LEXUS IS350
佐々木孝太
山野 直也
KH757Laps
22300931avex apr COROLLA Axio
TOYOTA COROLLA Axio
坂本 雄也
山内 英輝
YH757Laps
235001421ASTON MARTIN 赤坂 DBR9
ASTON MARTIN DBR9
都筑 晶裕
土屋武士
YH748Laps
243001026UP START タイサンポルシェ
PORSCHE 911GT3RS
黒澤 治樹
阿部翼
YH748Laps
253001187giraffa ガイヤルド RG-3
LAMBORGHINI GALLARDO RG-3
井入 宏之
和田久
YH739Laps
263001281ダイシン アドバン Ferrari
FERRARI F430
青木 孝行
藤井誠暢
YH739Laps
27300135マッハGOGOGO車検320Rマッハ号
VEMAC RD320R
玉中 哲二
赤鮫オヤジ
YH7210Laps
285001539DUNLOP SARD SC430
LEXUS SC430
アンドレ・クート
平手晃平
DL7012Laps
293001455J-TRUST F-PRO おーとキット ポルシェ
PORSCHE 911GT3
山岸 大
小泉洋史
YH7012Laps
3030015808初音ミク Studie GLAD BMW Z4
BMW Z4M COUPE
菊地 靖
田ヶ原章蔵
YH7012Laps
3130016666FieLDS BOMEX 320R
VEMAC 320R
周防 彰悟
山下 潤一郎
KH6715Laps
3230017111石松 with ARKTECH GT3
PORSCHE 911 GT3 RSR
イゴール・スシュコ
壷林貴也
KH6319Laps
333001866triple a ムルシェ RG-1
LAMBORGHINI MURCIELAGO RG-1
山西 康司
余郷敦
YH6121Laps
---- 以上規定周回(GT500:57Laps / GT300:53Laps)完走 ----
-300-110SIRIUS KUMHO ”ARKTECH SG-1”
PORSCHE BOXSTER
池田 大祐
キムハンボン
KH4636Laps
-300-88triple a ガイヤルド RG-3
LAMBORGHINI GALLARDO RG-3
松田 秀士
坂本雄也
YH2260Laps
-300-10JIMGAINER ADVAN F360
FERRARI F360
植田 正幸
川口正敬
YH0DNS
  • Fastest Lap(GT500): CarNo.36 アンドレ・ロッテラー(PETRONAS TOM'S SC430) 1'37.940 (39/80) 136.112km/h
  • Fastest Lap(GT300): CarNo.43 高木真一(ARTA Galaiya) 1'44.342 (54/77) 127.761km/h
  • CarNo.1のブノワ・トレルイエ選手は、2009 SUPER GT Sporting Regulations第3章第30条1.a(接触行為)により、ドライビングスルーペナルティを課した。
  • CarNo.35の大島選手は、国際モータースポーツ競技規則付則H項第2章4.1.2 b)(黄旗区間中の追越し)により、ペナルティストップ10秒を課した。
  • CarNo.43の新田選手は、2009 SUPER GT Sporting Regulations第3章第30条1.a(接触行為)により、ドライビングスルーペナルティを課した。

SUPER GT

SGT:第1戦岡山決勝 #24KONDO GT-Rが08セパン以来の優勝!GT300は#19ウェッズスポーツIS350が接戦を制す!

2009スーパーGT第1戦、岡山GT300kmレースの決勝は、終始ウェットコンディションの下で行われた。
見事優勝を飾ったのは、予選3番手からスタートした#24HIS ADVAN KONDO GT-R(ジョアオ・パオロ・デ・ オリベイラ/荒聖治組)。
タイヤ選択を誤り序盤苦しい走りを強いられた#38ZENT CERUMO SC43を2周目に抜き去ってトップに立ち、 1度もトップを譲らずに82周を走り切り、昨年のセパン依頼の勝利をものにした。

GT300クラスは#19ウェッズスポーツIS350(織戸学/片岡龍也組)が優勝。 序盤トップに立ちながらコースアウトを喫するなど危ない場面もあったが、巧みなピット戦略で再びトップを奪い返し、 昨年のもてぎ以来の勝利を挙げた。
(天候:雨時々曇り コース:ウェット 観客動員数:23,000人)

gt_r01_r_pacecar

gt_r01_r_500start

gt_r01_r_300start

gt_r01_r_1gtr

gt_r01_r_24gtr

gt_r01_r_19is

gt_r01_500winner

gt_r01_300winner

gt_r01_500podium

gt_r01_300podium

コースコンディションの悪化を考慮し、決勝レースは午後2時にセーフティーカーの先導でスタートした。
路面はウェットのままだったが、フリー走行後に降りだした雨はスタート進行が進むにつれて止んでいたため、 これに合わせてGT500クラスの数台がグリッド上で浅溝タイヤへの交換を決断した。
その中にはポールシッターの#38ZENT SCも含まれていた。

隊列を組んだまま2周を消化したところでSCカーはピットイン、3周目からコースはオールグリーンに。
ところがその直後の1コーナーで姿勢を乱した#1モチュールGT-Rと#36ペトロナスSCが接触。
1号車はすぐにコース復帰したものの左フロントフェンダーを大きく破損。その上この接触がもとで6周目にドライブスルーペナルティ、 18周目にフェンダーの破損の修理を求めるオレンジボールを受けてしまった。
一方の36号車はグラベルに飛び出してしまい、マーシャルの助けを借りてコースに復帰するも、浅溝タイヤがコースにマッチせず、 12周終わりでタイヤ交換を決断、これで大きく順位を落とすことになった。

ポールポジションの38号車もまた、路面コンディションとタイヤのマッチングに苦しみ、 3周目にあっさりと24号車にトップを明け渡すと、その後も4周目に#18ロックスター童夢NSX、7周目に#8ARTA NSXに相次いで抜かれ、見る見る順位を落としていった。スタートドライバーのリチャード・ ライアンはその後も苦しい走りを強いられながらも29周を走りきり、トップから1周遅れの11位で立川にバトンタッチ。
立川はトップグループをも上回るハイペースで追い上げ、最後は6位まで順位を挽回してみせた。

トップに立った24号車は、一時#18ロックスター童無NSXを駆る小暮の猛追で1秒差にまで迫られるが、 その頃から強く降り始めた雨にも助けられ、またスタートドライバーのJ.P.オリベイラのハードプッシュが功を奏し、 徐々に18号車を引き離し始める。
そして52周終わりまで引っ張ったピットストップを追えた時点では、2位に1分近い大差をつけることに成功した。

レース終盤になって雨が止み、コース上が徐々に乾き始めたため、 ステアリングを引き継いだ荒聖治はタイヤとのマッチングに苦しめられながらの走行を強いられたが、 レース前半に築き上げたマージンが活きて終始トップのまま82周を走り切り、昨年の第4戦セパン以来の勝利をものにした。
2位には#18ロックスター童夢、3位には#8ARTAと2台のNSX勢が初戦の表彰台を手にした。

GT300クラスは序盤から激しいトップ争いが繰り広げられた。
ポールポジションからスタートした#11ジムゲイナーF430の田中哲也に何度もアタックを試みる#19ウェッズスポーツの片岡。 片岡は7周目のヘアピンで田中のインに飛び込むが、立ち上がりで出遅れて逆に#43ARTAガライヤの新田に2位の座を明け渡してしまう。
新田は9周目のダブルヘアピンで田中を攻略、クラストップに躍り出るが、 その次の周のダブルヘアピンであろうことかスピンを喫して周回遅れに接触、左リヤフェンダーを破損した上、 ドライブスルーペナルティを受けてしまう。

ガライヤの後退でトップ争いは再び11号車と19号車のものとなった。
#19片岡は11周目のダブルヘアピン立ち上がりでうまくラインをクロスさせ、 #11田中のインに並びかけるとそのまま最終コーナーでトップに立つ。
ところが片岡は2位とのマージンを広げようとハードプッシュしたのが祟ってか、28周目のヘアピンで飛び出してしまった。

代わってトップに立ったのは、23周目に#11田中を抜いて2位に浮上していた谷口信輝の駆る雨宮R-X7だった。
滑りやすい路面には絶対の自信を持つ谷口だったが、#19片岡もしぶとく食い下がり、7号車がピットインした45周目に再びトップに立つと、 そのまま3周余計に引っ張ってピットに飛び込んだ。この間の片岡の走りと、メカニックの迅速なピット作業が功を奏し、 19号車は7号車の前でピットアウトすることに成功、後半を担当する織戸学は20秒以上のマージンを得た。 織戸はその後も2位とのマージンをみながらペースをコントロールし、昨年の第7戦もてぎ以来の勝利を坂東正敬監督にプレゼントした。

2位はアクシデントやペナルティで一時後退しながらも、 新田守男と高木真一のアグレッシブな走りで順位を挽回した#43ARTAガライヤ、3位に#7雨宮RX-7が入った。

スーパーGT第2戦は鈴鹿サーキット。4月19日決勝だ

Text: Kazuhisa SUEHIRO / Photo: Keiichiro TAKESHITA

SUPER GT

SGT:第1戦岡山 GTA定例会見 キーワードはコスト削減と環境対策

スーパーGT第1戦が開催されている岡山国際サーキットにおいて、GTアソシエイション(以下GTA)の定例記者会見が行われ、 1大会2日制や、第3戦、第6戦、第9戦のレース距離短縮など、今季の取り組みについて坂東正明代表が主旨を説明した。

gt_r01_bandoh.jpg

1大会2日制について
 既に公式サイトでスポーティングレギュレーションでの対応については発表しているが、 二日間のスケジュールについては今後も各チームに話を聞いて調整していく。
 予選はまず最低40分以上のセッションを行い、その後にスーパーラップなりノックダウン方式なりを行う。
ドライバーを2名起用するわけだから、セカンドドライバーや若手に乗る機会が増えるように、予選方式については今後考えていきたい。 第2戦までには結論を出したい。
 これまでタイヤを年間1000本以上使っていたが、金曜日の走行をなくすことで使用本数を減らし、コストダウンしていく。
 スーパーラップ出走台数が今回8台になったのは、スケジュール上の問題で、岡山では8台ということだ。 シリーズを通して何台とは決めていないので、何台でやるのがいいかは今後各サーキットと相談していく。
 2日制にすることで、メカニックの宿泊費用や走行で使用するガソリンの削減など、 1チームあたり1000万円くらいの経費と5万4000リットルのCO2が削減できる。
 ピットの設営やクルマのセットアップなどが慌しくなり、体力的にもチームスタッフの負担は増えているが、このままの方向で進めていきたい。

特別性能調整について
 ここまで3メーカーと侃々諤々やりながら決めてきた。 ここまでの熟成の進み具合(GT-R)やインダクションポッドの形状(NS-X)などを客観的に判断してウェイトとリストリクター径を決めた。 技術屋さん同士が話し合って決めたことなので、今年はこのままで進めていくつもりだ。

LMGT車両の参加について
 今回の2台はあくまでプライベーターとしての参加。プライベーターの参加が増えればレースが盛り上がっていい、と考えた。

レース距離の短縮について
 
こういう経済状況なので、長距離レースをやることによるパーツの消耗やガソリンの消費を考え、 チームのコスト削減が必要だと考えた。チームの負担を軽減するかわりに、年9戦開催は維持するためだ。
 レース距離はGT500クラスの燃費を考えて、スティントを均等割りできる距離ということで決めた。
 もてぎは日没時刻を考慮し、またよりガチンコの勝負になるように考えて250kmとした。 ノーハンデでガチンコのチャンピオン争いをやってもらおうということだ。
 第6戦鈴鹿については、終了時刻が同じになるよう、スタート時刻を調整していく。

まとめ: Kazuhisa SUEHIRO / Photo: Yoshinori OHNISHI

SUPER GT

SGT:第1戦岡山 スターティンググリッド/スタートドライバー

■GT500 Class
 1
38 ZENT CERUMO SC430
LEXUS SC430
立川 祐路 / *リチャード・ライアン
BS
*1'24.060

 2
35 KRAFT SC430
LEXUS SC430
石浦 宏明 / *大嶋 和也
BS
*1'24.257

 3
24 HIS ADVAN KONDO GT-R
NISSAN GT-R
*ジョアオ・パオロ・デ・オリベイラ / 荒 聖治
YH
*1'24.774

 4
18 ROCKSTAR 童夢 NSX
HONDA NSX
道上 龍 / *小暮 卓史
BS
*1'24.877

 5
8 ARTA NSX
HONDA NSX
*ラルフ・ファーマン / 伊沢 拓也
BS
*1'24.984

 6
100 RAYBRIG NSX
HONDA NSX
*井出 有冶 / 細川 慎弥
BS
*1'25.511

 7
17 KEIHIN NSX
HONDA NSX
*金石 年弘 / 塚越 広大
BS
*1'26.156

 8
36 PETRONAS TOM'S SC430
LEXUS SC430
脇阪 寿一 / *アンドレ・ロッテラー
BS
*No Time

 9
1 MOTUL AUTECH GT-R
NISSAN GT-R
本山 哲 / *ブノワ・トレルイエ
BS
1'25.829

10
12 IMPUL カルソニック GT-R
NISSAN GT-R
*松田 次生 / セバスチャン・フィリップ
BS
1'25.896

11
32 EPSON NSX
HONDA NSX
*ロイック・デュバル / 中山 友貴
DL
1'26.421

12
3 HASEMI TOMICA EBBRO GT-R
NISSAN GT-R
*ロニー・クインタレッリ / 安田 裕信
MI
1'26.436

13
6 ENEOS SC430
LEXUS SC430
伊藤 大輔 / *ビヨン・ビルドハイム
BS
1'26.754

14
21 ASTON MARTIN 赤坂 DBR9
ASTON MARTIN DBR9
都筑 晶裕 / *土屋 武士
YH
1'30.203

15
39 DUNLOP SARD SC430
LEXUS SC430
*アンドレ・クート / 平手 晃平
DL
1'31.247



■GT300 Class
 1
11 JIMGAINER ADVAN F430
FERRARI F430
*田中 哲也 / 平中 克幸
YH
*1'31.860

 2
19 ウェッズスポーツIS350
LEXUS IS350
織戸 学 / *片岡 龍也
YH
*1'31.964

 3
43 ARTA Garaiya
ASL Garaiya GT300VQ
*新田 守男 / 高木 真一
MI
*1'32.015

 4
7 M7 MUTIARA MOTORS雨宮SGC 7
MAZDA RX-7
*谷口 信輝 / 折目 遼
YH
*1'32.103

 5
2 プリヴェ アップル 紫電
MOONCRAFT SHIDEN
高橋 一穂 / *加藤 寛規
YH
*1'32.246

 6
81 ダイシン アドバン Ferrari
FERRARI F430
*青木 孝行 / 藤井 誠暢
YH
*1'32.275

 7
46 エスロード MOLA Z
NISSAN FAIRLADY Z
*星野 一樹 / 柳田 真孝
YH
*1'32.539

 8
74 COROLLA Axio apr GT
TOYOTA COROLLA Axio
*井口 卓人 / 国本 雄資
MI
*1'33.246

 9
88 triple a ガイヤルド RG-3
LAMBORGHINI GALLARDO RG-3
*松田 秀士 / 坂本 雄也
YH
1'33.611

10
87 giraffa ガイヤルド RG-3
LAMBORGHINI GALLARDO RG-3
*井入 宏之 / 和田 久
YH
1'33.894

11
26 UP START タイサンポルシェ
PORSCHE 911GT3RS
*黒澤 治樹 / 阿部 翼
YH
1'34.048

12
66 triple a ムルシェ RG-1
LAMBORGHINI MURCIELAGO RG-1
*山西 康司 / 余郷 敦
YH
1'34.101

13
30 RECKLESS KUMHO IS350
LEXUS IS350
*佐々木 孝太 / 山野 直也
KH
1'34.239

14
31 avex apr COROLLA Axio
TOYOTA COROLLA Axio
*坂本 雄也 / 山内 英輝
YH
1'34.413

15
5 マッハGOGOGO車検320Rマッハ号
VEMAC RD320R
*玉中 哲二 / 赤鮫 オヤジ
YH
1'34.666

16
10 JIMGAINER ADVAN F360
FERRARI F360
*植田 正幸 / 川口 正敬
YH
1'34.697

17
111 石松 with ARKTECH GT3
PORSCHE 911 GT3 RSR
イゴール・スシュコ / *壷林 貴也
KH
1'34.788

18
55 J-TRUST F-PRO おーとキット ポルシェ
PORSCHE 911GT3
*山岸 大 / 小泉 洋史
YH
1'34.814

19
110 SIRIUS KUMHO ”ARKTECH SG-1”
PORSCHE BOXSTER
*池田 大祐 / キム ハンボン
KH
1'35.872

20
666 FieLDS BOMEX 320R
VEMAC 320R
*周防 彰悟 / 山下 潤一郎
KH
1'37.085

21
808 初音ミク Studie GLAD BMW Z4
BMW Z4M COUPE
菊地 靖 / *田ヶ原 章蔵
YH
1'39.949



  • ドライバーの前の'*'印はスタートドライバー
  • タイムの前の'*'印はスーパーラップで記録されたもの
  • 2009 GTAブルテンNo002-S第14条に基づき、ゼッケンNo.36決勝スタートタイヤの交換(1本)を許可する。
  • CarNo.21,39,808は、3月22日(日)フリー走行にて、走行状態を確認した結果、決勝レースへの出走を認める。但し、CarNo.21はBドライバー(土屋武士)をスタートドライバーとする。
  • CarNo.100の井出選手は、2009 SUPER GT Sporting Regulations第3章第30条1.(危険なドライブ行為)により罰金3万円を課す。
  • CarNo.87の和田選手は、国際モータースポーツ競技規則付則H項4.1.1 c)(ダブルチェッカー)違反により、罰金2万円を課す。

SUPER GT

SGT:第1戦岡山フリー走行 トップタイムはエネオスSC

スーパーGT第1戦岡山の決勝前フリー走行はウェットコンディションで行われ、#6ENEOS SC430(伊藤大輔/ビヨルン・ ビルドハイム)がトップタイム。GT300クラストップは#43ARTA Garaiya(新田守男/高木真一組)だった。

フリー走行は午前9時20分より30分間で行われた。
当初予報では雨が心配されていた決勝日だが、夜半から降り続いていた雨はフリー走行が始まる前には一旦止んでしまった。
しかし路面は未だ濡れたままで、所々に川や水溜りも残った状態だったため、殆どのチームがウェットタイヤを選択して走行を開始した。

gt_r01_f_6 gt_r01_f_43

公式練習から快速ぶりを見せていたレクサスSC勢はここでも速さをみせ、エネオスがトップタイムをたたき出すが、 2番手には#18ロックスター童夢NSX、3番手には#1モチュールオーテックGT-Rが僅差で続く。
昨日の予選でポールポジションを獲得した#38ZENT SCは5番手、 4番手にはスーパーラップで惜しくもスローパンクチャーに見舞われてノータイムに終わった#36ペトロナスSCがつける。

GT300クラスはトップのガライヤに続いて#2紫電が2番手、#7雨宮RX-7が3番手で続く。 ポールシッターの#11ジムゲイナーフェラーリF430は4番手でこのセッションを終えた。

ところが予選2番手の#19ウェッズスポーツIS350は、セッション半ばに#100レイブリックNSXを1コーナーで接触、 タイヤバリアに突っ込むというアクシデントに見舞われ、コース脇にストップしており、結晶への影響が懸念される。

第1戦決勝は午後2時より82周で行われる。
現時点では雨は止んでいるが、上空には雲が暑く垂れ込めており、未だ予断を許さない状況だ。

Text: Kazuhisa SUEHIRO / Photo: Keiichiro TAKESHITA

SUPER GT

SGT:第1戦岡山フリー走行結果

OKAYAMA GT 300km RACE -RIJ- (2009/03/22) Free Practice Weather:Cloudy Course:Rainy
2009 AUTOBACS SUPER GT Round 1 岡山国際サーキット 3.703km

PosClassCls
Pos
NoCar
Maker Model
DriverTireTimeBehindGapkm/h
150016ENEOS SC430
LEXUS SC430
伊藤 大輔
ビヨン・ビルドハイム
BS1'36.306--138.421
2500218ROCKSTAR 童夢 NSX
HONDA NSX
道上 龍
小暮 卓史
BS1'36.623 0.317 0.317137.967
350031MOTUL AUTECH GT-R
NISSAN GT-R
本山 哲
ブノワ・トレルイエ
BS1'36.894 0.588 0.271137.581
4500436PETRONAS TOM'S SC430
LEXUS SC430
脇阪 寿一
アンドレ・ロッテラー
BS1'36.970 0.664 0.076137.473
5500538ZENT CERUMO SC430
LEXUS SC430
立川 祐路
リチャード・ライアン
BS1'37.201 0.895 0.231137.147
650068ARTA NSX
HONDA NSX
ラルフ・ファーマン
伊沢 拓也
BS1'37.366 1.060 0.165136.914
75007100RAYBRIG NSX
HONDA NSX
井出 有冶
細川 慎弥
BS1'37.513 1.207 0.147136.708
8500812IMPUL カルソニック GT-R
NISSAN GT-R
松田 次生
セバスチャン・フィリップ
BS1'37.549 1.243 0.036136.657
9500935KRAFT SC430
LEXUS SC430
石浦 宏明
大嶋 和也
BS1'37.560 1.254 0.011136.642
10500103HASEMI TOMICA EBBRO GT-R
NISSAN GT-R
ロニー・クインタレッリ
安田裕信
MI1'37.828 1.522 0.268136.268
115001124HIS ADVAN KONDO GT-R
NISSAN GT-R
ジョアオ・パオロ・デ・オリベイラ
荒 聖治
YH1'37.844 1.538 0.016136.245
125001239DUNLOP SARD SC430
LEXUS SC430
アンドレ・クート
平手晃平
DL1'38.442 2.136 0.598135.418
135001317KEIHIN NSX
HONDA NSX
金石 年弘
塚越 広大
BS1'38.576 2.270 0.134135.234
145001432EPSON NSX
HONDA NSX
ロイック・デュバル
中山 友貴
DL1'38.648 2.342 0.072135.135
15300143ARTA Garaiya
ASL Garaiya GT300VQ
新田 守男
高木 真一
MI1'44.293 7.987 5.645127.821
1630022プリヴェ アップル 紫電
MOONCRAFT SHIDEN
高橋 一穂
加藤 寛規
YH1'44.832 8.526 0.539127.163
1730037M7 MUTIARA MOTORS雨宮SGC 7
MAZDA RX-7
谷口 信輝
折目 遼
YH1'45.596 9.290 0.764126.243
18300411JIMGAINER ADVAN F430
FERRARI F430
田中哲也
平中 克幸
YH1'45.747 9.441 0.151126.063
195001521ASTON MARTIN 赤坂 DBR9
ASTON MARTIN DBR9
都筑 晶裕
土屋武士
YH1'45.819 9.513 0.072125.977
20300588triple a ガイヤルド RG-3
LAMBORGHINI GALLARDO RG-3
松田 秀士
坂本 雄也
YH1'46.167 9.861 0.348125.564
21300681ダイシン アドバン Ferrari
FERRARI F430
青木孝行
藤井 誠暢
YH1'46.189 9.883 0.022125.538
22300719ウェッズスポーツIS350
LEXUS IS350
織戸 学
片岡龍也
YH1'46.37210.066 0.183125.322
23300874COROLLA Axio apr GT
TOYOTA COROLLA Axio
井口卓人
国本 雄資
MI1'46.38910.083 0.017125.302
24300926UP START タイサンポルシェ
PORSCHE 911GT3RS
黒澤 治樹
阿部 翼
YH1'46.55310.247 0.164125.110
253001031avex apr COROLLA Axio
TOYOTA COROLLA Axio
坂本 雄也
山内英輝
YH1'46.55810.252 0.005125.104
263001146エスロード MOLA Z
NISSAN FAIRLADY Z
星野 一樹
柳田真孝
YH1'46.70310.397 0.145124.934
273001287giraffa ガイヤルド RG-3
LAMBORGHINI GALLARDO RG-3
井入 宏之
和田久
YH1'47.66211.356 0.959123.821
2830013110SIRIUS KUMHO ”ARKTECH SG-1”
PORSCHE BOXSTER
池田 大祐
キムハンボン
KH1'47.74611.440 0.084123.724
293001430RECKLESS KUMHO IS350
LEXUS IS350
佐々木 孝太
山野直也
KH1'47.85311.547 0.107123.602
303001566triple a ムルシェ RG-1
LAMBORGHINI MURCIELAGO RG-1
山西 康司
余郷敦
YH1'47.97311.667 0.120123.464
313001655J-TRUST F-PRO おーとキット ポルシェ
PORSCHE 911GT3
山岸 大
小泉洋史
YH1'48.56412.258 0.591122.792
323001710JIMGAINER ADVAN F360
FERRARI F360
植田 正幸
川口正敬
YH1'48.76612.460 0.202122.564
3330018111石松 with ARKTECH GT3
PORSCHE 911 GT3 RSR
イゴール・スシュコ
壷林貴也
KH1'48.94812.642 0.182122.359
3430019808初音ミク Studie GLAD BMW Z4
BMW Z4M COUPE
菊地 靖
田ヶ原章蔵
YH1'50.95814.652 2.010120.143
3530020666FieLDS BOMEX 320R
VEMAC 320R
周防 彰悟
山下 潤一郎
KH1'52.25215.946 1.294118.758
36300215マッハGOGOGO車検320Rマッハ号
VEMAC RD320R
玉中 哲二
赤鮫オヤジ
YH2'31.27354.96739.02188.124

SUPER GT

SGT:プレスリリース 2009 AUTOBACS SUPER GTシリーズ レース距離のご案内

2009.3.22
株式会社GTアソシエイション

 環境対策および参戦チームのコスト削減施策の一環として、長距離レースの距離短縮を検討して参りました結果、 今シリーズの第3戦及び第6戦のレース距離は下記のように確定いたしました。また、最終戦につきましても、 レース距離を短縮いたしましたので、ご案内申し上げます。

第3戦 富士大会 5月3日(予選)・5月4日(決勝)    400km

第6戦 鈴鹿大会 8月22日(予選)・8月23日(決勝)  700km

第9戦 もてぎ大会 11月7日(予選)・11月8日(決勝) 250km

※その他大会は従来どおり300kmと致します。

以上

SUPER GT

SGT:09シーズンの富士500km、鈴鹿1000kmはレース距離短縮に

GTアソシエイション(以下GTA)は3月22日付のリリースで、懸案となっていた第3戦富士、第6戦鈴鹿のレース距離をそれぞれ400km、700kmに短縮すると発表した。
また、今回初めて最終戦の舞台に選ばれた第9戦もてぎについても、250kmに短縮される。

第3戦富士はゴールデンウィークに開催されるビッグレースとしてシリーズでも最大規模の観客動員数を誇るイベントで、 2001年からレース距離を500kmに伸ばして開催されてきた。

suzuka_1000km.jpgまた第6戦鈴鹿は、スーパーGTが始まる以前から開催されてきた伝統のイベントで、第一回開催は1966年にまで遡る。かつては全日本スポーツプロトタイプカー耐久選手権(JSPC)や、スポーツカー世界選手権(SWC)、BPR-GTシリーズ、 FIA-GT選手権などの国際レースの1戦に組み込まれたこともあった。
そして2006年から現在まではスーパーGTのシリーズ戦として開催されてきた。

Text:Kazuhisa SUEHIRO / Photo: Yoshinori OHNISHI

SUPER GT

SGT:第1戦岡山予選総合結果(GT300)

OKAYAMA GT 300km RACE -RIJ- (2009/03/21) Total Qualify GT300 Weather:Fine Course:Dry
2009 AUTOBACS SUPER GT Round 1 岡山国際サーキット 3.703km

PosNoCar
Model
DriverTireWHQualify 1
Time
Super Lap
Time
km/h
111JIMGAINER ADVAN F430
FERRARI F430
田中 哲也
平中克幸
YH1'32.7981'31.860145.121
219ウェッズスポーツIS350
LEXUS IS350
織戸 学
片岡 龍也
YH1'32.5171'31.964144.957
343ARTA Garaiya
ASL Garaiya GT300VQ
新田 守男
高木真一
MI1'32.8501'32.015144.876
47M7 MUTIARA MOTORS雨宮SGC 7
MAZDA RX-7
谷口 信輝
折目遼
YH1'32.5671'32.103144.738
52プリヴェ アップル 紫電
MOONCRAFT SHIDEN
高橋 一穂
加藤寛規
YH1'32.7781'32.246144.514
681ダイシン アドバン Ferrari
FERRARI F430
青木 孝行
藤井誠暢
YH1'33.0231'32.275144.468
746エスロード MOLA Z
NISSAN FAIRLADY Z
星野 一樹
柳田真孝
YH1'33.0661'32.539144.056
874COROLLA Axio apr GT
TOYOTA COROLLA Axio
井口 卓人
国本雄資
MI1'33.5281'33.246142.964
9*88triple a ガイヤルド RG-3
LAMBORGHINI GALLARDO RG-3
松田 秀士
坂本雄也
YH1'33.611142.406
1087giraffa ガイヤルド RG-3
LAMBORGHINI GALLARDO RG-3
井入 宏之
和田久
YH1'33.894141.977
1126UP START タイサンポルシェ
PORSCHE 911GT3RS
黒澤 治樹
阿部翼
YH1'34.048141.745
1266triple a ムルシェ RG-1
LAMBORGHINI MURCIELAGO RG-1
山西 康司
余郷敦
YH1'34.101141.665
1330RECKLESS KUMHO IS350
LEXUS IS350
佐々木 孝太
山野直也
KH1'34.239141.457
1431avex apr COROLLA Axio
TOYOTA COROLLA Axio
坂本 雄也
山内英輝
YH1'34.413141.197
155マッハGOGOGO車検320Rマッハ号
VEMAC RD320R
玉中 哲二
赤鮫オヤジ
YH1'34.666140.819
1610JIMGAINER ADVAN F360
FERRARI F360
植田 正幸
川口正敬
YH1'34.697140.773
17111石松 with ARKTECH GT3
PORSCHE 911 GT3 RSR
イゴール・スシュコ
壷林貴也
KH1'34.788140.638
1855J-TRUST F-PRO おーとキット ポルシェ
PORSCHE 911GT3
山岸 大
小泉洋史
YH1'34.814140.599
19110SIRIUS KUMHO ”ARKTECH SG-1”
PORSCHE BOXSTER
池田 大祐
キムハンボン
KH1'35.872139.048
20666FieLDS BOMEX 320R
VEMAC 320R
周防 彰悟
山下 潤一郎
KH1'37.085137.311
---- 以上予選通過(基準タイム: 1'39.104)----
-808初音ミク Studie GLAD BMW Z4
BMW Z4M COUPE
菊地 靖
田ヶ原章蔵
YH1'39.949133.376
  • CarNo.88の坂本選手は、2009 SUPER GT Sporting Regulations 第3章第30条11.(ピットレーン通過速度違反)により、罰金2万円を課した。
  • CarNo.808より、決勝レース出走嘆願が提出されたが、決勝日3/22朝に実施するフリー走行での走行状態を確認して、出走の可否を決定するものとする。

SUPER GT

SGT:第1戦岡山予選総合結果(GT500)

OKAYAMA GT 300km RACE -RIJ- (2009/03/21) Total Qualify GT500 Weather:Fine Course:Dry
2009 AUTOBACS SUPER GT Round 1 岡山国際サーキット 3.703km

PosNoCar
Model
DriverTireWHQualify 1
Time
Super Lap
Time
km/h
138ZENT CERUMO SC430
LEXUS SC430
立川 祐路
リチャード・ライアン
BS1'24.7261'24.060158.587
2*35KRAFT SC430
LEXUS SC430
石浦 宏明
大嶋 和也
BS1'25.1241'24.257158.216
324HIS ADVAN KONDO GT-R
NISSAN GT-R
ジョアオ・パオロ・デ・オリベイラ
荒 聖治
YH1'25.1451'24.774157.251
418ROCKSTAR 童夢 NSX
HONDA NSX
道上 龍
小暮 卓史
BS1'25.7321'24.877157.060
58ARTA NSX
HONDA NSX
ラルフ・ファーマン
伊沢 拓也
BS1'25.0891'24.984156.862
6100RAYBRIG NSX
HONDA NSX
井出 有冶
細川 慎弥
BS1'25.6831'25.511155.896
717KEIHIN NSX
HONDA NSX
金石 年弘
塚越 広大
BS1'25.7911'26.156154.729
836PETRONAS TOM'S SC430
LEXUS SC430
脇阪 寿一
アンドレ・ロッテラー
BS1'24.795No Time-
91MOTUL AUTECH GT-R
NISSAN GT-R
本山 哲
ブノワ・トレルイエ
BS1'25.829155.318
1012IMPUL カルソニック GT-R
NISSAN GT-R
松田 次生
セバスチャン・フィリップ
BS1'25.896155.197
1132EPSON NSX
HONDA NSX
ロイック・デュバル
中山 友貴
DL1'26.421154.254
123HASEMI TOMICA EBBRO GT-R
NISSAN GT-R
ロニー・クインタレッリ
安田裕信
MI1'26.436154.227
136ENEOS SC430
LEXUS SC430
伊藤 大輔
ビヨン・ビルドハイム
BS1'26.754153.662
---- 以上予選通過(基準タイム: 1'30.811)----
-*21ASTON MARTIN 赤坂 DBR9
ASTON MARTIN DBR9
都筑 晶裕
土屋武士
YH1'30.203147.787
-*39DUNLOP SARD SC430
LEXUS SC430
アンドレ・クート
平手晃平
DL1'31.247146.096
  • CarNo.35の石浦選手は、国際モータースポーツ競技規則付則H項4.1.1 c)(ダブルチェッカー)により、罰金2万円を課した。
  • CarNo.21,39より、決勝レース出走嘆願が提出されたが、決勝日3/22朝に実施するフリー走行での走行状態を確認して、出走の可否を決定するものとする。

SUPER GT

SGT:第1戦岡山予選 MOTUL AUTECH GT-Rは9位から表彰台を狙う (NISMO)

「MOTUL AUTECH GT-R」は9位から表彰台を狙う。
HIS ADVAN KONDO GT-Rは予選3位から国内初優勝を目指す。

 岡山国際サーキットは夜間から朝にかけては冷え込んだものの、日が上り始めると気温もぐんぐん上がり暖かな春の彼岸を迎えた。今年のSUPER GTは昨年までの3日間開催が2日間となり、初日に公式練習と予選1回目、スーパーラップ(SL)を行うこととなった。またSL進出はGT500/GT300の各クラス8台までとなった。

 午前中の練習走行では「MOTUL AUTECH GT-R」(#1本山哲/ブノワ・トレルイエ)は1分24秒983で6位とまずまずの位置につけた。また「IMPUL カルソニック GT-R」(#12松田次生/セバスチャン・フィリップ)はGT-R勢トップとなる4位(1分24秒944)だった。13時15分、気温15℃、路面温度28℃のポカポカ陽気の中、15台のGT500車両が参加して公式予選1回目がスタートした。最初の30分間はGT300との混走枠。まず本山がコースインして基準通過タイムをクリア。トレルイエに交代して混走枠終了時点では1分25秒829で3位につけることとなった。

 GT300の専有走行枠を挟んで13時55分から10分間のGT500専有走行枠が始まった。しかしエンジンに小さなトラブルがあったこともあり、コースインが若干遅れてしまった。混雑する位置で走行しなければならなくなったトレルイエだったが、後半のアタックに期待がかかった。しかし残り2分となり各車がアタックラップに入った時点で、1台の車両がアトウッドカーブでコースアウトし、前後が黄旗区間となった。トレルイエはここで安全を確保するためにスロットルを緩めて走行することとなった。しかしこの10分間のセッションでタイムアップはかなわず。予選9位で残念ながらSL進出はならなかった。

 また、#12 GT-Rは10位、今年からタイヤをミシュランにスイッチした「HASEMI TOMICA EBBRO GT-R」(#3ロニー・クインタレッリ/安田裕信)は12位だった。「HIS ADVAN KONDO GT-R」(#24ジョアオ・パオロ・デ・オリベイラ/荒聖治)がGT-R勢の中でSL進出を決める5位に入った。

 15時15分、GT500のSLがスタート。4番目に登場した#24 GT-Rのオリベイラは、日産ファンの期待を一身に背負ってコースイン。アタックラップではセクター2まではそれまでのトップタイムを更新ならず。しかし最後のタイトなコーナーが連続するセクター3でタイムアップを果たしその時点でのトップにつけた。その後、オリベイラのタイムを更新したのは2台にとどまり、予選3位、2列目を確保することとなった。「JPが本当によく走ってくれました。タイヤもとてもいいものを作ってもらえたし、明日の決勝のことを考えて長持ちするものを選んでいますから、どんな作戦も取れます。明日のお天気は分からないですが、ドライ、ウェットどっちもOK。優勝を狙える位置にいると思います」と近藤真彦監督は笑顔で答えた。

上記の詳細は下記WEBサイトをご覧ください。
http://www.nismo.co.jp/M_SPORTS/index.html

Text: NISMO

SUPER GT

SGT:第1戦岡山 ポールシッターのコメント

gt_r01_q_pc

GT500クラス #38ZENTセルモSC430
立川祐路

去年1度もポールが獲れず、満足できなかったので、今年は開幕戦からポールを獲ってやろうと思っていて、今回は特に狙っていました。 クルマは合同テストから良かったし、京の走り出しも良かったです。
スーパーラップでは、アタックに入る直前に石浦選手がすばらしいタイムを出したのでプレッシャーが高まりましたが、 クルマの状態がすごく良かったのでポールをとることが出来ました。
明日は天候によって展開が変わってきますが、ポールを獲ったので、そのまま逃げ切るのが理想ですね。 リチャードがスタートを担当することになると思いますが、うまくやってくれると思います。

リチャード・ライアン
明日のことは、明日になってみないとわかりませんが、今日の予選に関しては、ポールを獲れたことはチームが待ち望んでいたことだったし、 レクサスにとってもフロントローを獲得することは大事なことだったので、この予選結果には満足しています。
明日はいいスタートを切って、そのままハードにプッシュして逃げ切りたいですね。

GT300クラス JIMGAINER ADVAN F430
田中哲也

久しぶりの新車ですし、今回はジムゲイナーが自社開発した初めてのクルマなので、早めにシェイクダウンを済ませ、 メカニックも本当に一生懸命取り組んできました。
このオフは色んな意味でお騒がせしましたが、チームの士気を高めるためにもいい結果が欲しいと思っていました。
今年の規則が決まるのが遅かったので、僕らのクルマがどこまでやれるのかはここに持ってくるまで予想もつきませんでしたが、 スーパーラップを走り終わったときには、まだ何台かアタックを済ませてませんでしたけど、『イケるんじゃないか』という感触を得られました。

平中克幸
去年の12月からテストに参加して、ずっと開発をやらせてもらってきましたが、GT500に近いくらいにしっかりしたクルマで、 走り出しから印象も良く、テストも順調に進みました。
今回はアタックはしなかったので、哲也さんを信じて待っていました。
GT500からGT300に移りましたが、以前にも竹内さんとセリカに乗っていたこともありますので、明日も問題ないと思います。

まとめ: Kazuhisa SUEHIRO / Photo: Keiichiro TAKESHITA

SUPER GT

SGT:第1戦岡山スーパーラップ レクサス勢がフロントロー独占!立川が通算14度目のポールを獲得

2009スーパーGT第1戦、岡山GT300kmレースのスーパーラップは、#38ZENTセルモSC430(立川祐路/リチャード・ ライアン組)が1分24秒069を記録してポールポジションを獲得。2番手には#35KRAFT SC430(石浦宏明/大嶋和也組)が入り、レクサス勢がフロントローを独占して明日の決勝に臨むこととなった。
GT300クラスは今年から自社開発の車両を投入した#11JIMGAINER ADVAN F430(田中哲也/平中克幸)がポールを獲得。タイムは1分31秒860だった。

gt_r01_sl_38

gt_r01_sl_35

gt_r01_sl_11

公式練習から好調ぶりを見せていたレクサス勢はスーパーラップでも快調だった。
38号車のアタックを担当した立川はセクター2こそ35号車に及ばなかったものの、セクター1、セクター3を最速で走りぬけ、 1分24秒069で自身通算14度目のポールを獲得した。
2番手には一昨年のGT300クラスを制した石浦/大嶋コンビの駆る#35KRAFTがつけた。
しかし予選1回目で2番手タイムを出した#36ペトロナストムスSCは、メカニカルトラブルに見舞われてアタック直前にピットイン、 ノータイムに終わっている。

3番手にはGT-R勢で唯一SL進出を果たした#24H.I.Sが入った。
NSX勢最上位はカラーリングを一新した#18ロックスター童夢NSXの4番手。以下5番手#8ARTA、 6番手#100レイブリックと続き、 初めてスーパーラップを任された塚越広大の駆る#17KEIHINが7番手で明日の決勝に臨むこととなった。

GT300クラスは、今季自社開発の新車を投入した#11ジムゲイナーのフェラーリF430がトップタイムをたたき出し、 久々のポールを獲得。公式練習から好調だった#19ウェッズスポーツIS350は2番手に終わり、 昨年この岡山ラウンドを制した#43ARTAガライヤが3番手につけた。

井口と国本の新人コンビで初めてのスーパーラップに望んだ#74カローラアクシオaprGTは1分33秒246で8番手に終わった。

第1戦決勝は明日午後2時より82周で戦われる。

Text: Kazuhisa SUEHIRO / Photo: Keiichiro TAKESHITA

SUPER GT

SGT:第1戦岡山スーパーラップ結果(GT500)

OKAYAMA GT 300km RACE -RIJ- (2009/03/21) Super Lap GT500 Weather:Fine Course:Dry
2009 AUTOBACS SUPER GT Round 1 岡山国際サーキット 3.703km

PosNoCar
Model
DriverTireWHTimeDelayGapkm/h
138ZENT CERUMO SC430
LEXUS SC430
立川 祐路
リチャード・ライアン
BS1'24.060--158.587
235KRAFT SC430
LEXUS SC430
石浦 宏明
大嶋 和也
BS1'24.257 0.197 0.197158.216
324HIS ADVAN KONDO GT-R
NISSAN GT-R
ジョアオ・パオロ・デ・オリベイラ
荒 聖治
YH1'24.774 0.714 0.517157.251
418ROCKSTAR 童夢 NSX
HONDA NSX
道上 龍
小暮 卓史
BS1'24.877 0.817 0.103157.060
58ARTA NSX
HONDA NSX
ラルフ・ファーマン
伊沢 拓也
BS1'24.984 0.924 0.107156.862
6100RAYBRIG NSX
HONDA NSX
井出 有冶
細川 慎弥
BS1'25.511 1.451 0.527155.896
717KEIHIN NSX
HONDA NSX
金石 年弘
塚越 広大
BS1'26.156 2.096 0.645154.729
836PETRONAS TOM'S SC430
LEXUS SC430
脇阪 寿一
アンドレ・ロッテラー
BS---

SUPER GT

SGT:第1戦岡山スーパーラップ結果(GT300)

OKAYAMA GT 300km RACE -RIJ- (2009/03/21) Super Lap GT500 Weather:Fine Course:Dry
2009 AUTOBACS SUPER GT Round 1 岡山国際サーキット 3.703km

PosNoCar
Model
DriverTireWHTimeDelayGapkm/h
111JIMGAINER ADVAN F430
FERRARI F430
田中 哲也
平中 克幸
YH1'31.860--145.121
219ウェッズスポーツIS350
LEXUS IS350
織戸 学
片岡 龍也
YH1'31.964 0.104 0.104144.957
343ARTA Garaiya
ASL Garaiya GT300VQ
新田 守男
高木 真一
MI1'32.015 0.155 0.051144.876
47M7 MUTIARA MOTORS雨宮SGC 7
MAZDA RX-7
谷口 信輝
折目 遼
YH1'32.103 0.243 0.088144.738
52プリヴェ アップル 紫電
MOONCRAFT SHIDEN
高橋 一穂
加藤 寛規
YH1'32.246 0.386 0.143144.514
681ダイシン アドバン Ferrari
FERRARI F430
青木 孝行
藤井 誠暢
YH1'32.275 0.415 0.029144.468
746エスロード MOLA Z
NISSAN FAIRLADY Z
星野 一樹
柳田 真孝
YH1'32.539 0.679 0.264144.056
874COROLLA Axio apr GT
TOYOTA COROLLA Axio
井口 卓人
国本 雄資
MI1'33.246 1.386 0.707142.964

SUPER GT

SGT:第1戦岡山公式予選1回目 レクサスが1-2-4 トップはZENTセルモ

スーパーGT第1戦、岡山GT300kmレースの公式予選1回目は、#38ZENTセルモSC430(立川祐路/リチャード・ ライアン組)が1分24秒726でトップタイムを記録。2番手には#36PETRONAS TOM'S SC430(脇阪寿一/アンドレ・ ロッテラー組)が入り、公式練習に続いてレクサス勢が好調ぶりを見せた。
GT300クラスは#19ウェッズスポーツIS350(織戸学/片岡龍也組)がトップ。 注目のカローラアクシオも74号車が8番手でスーパーラップ進出を果たした。

レースウィークの2デイ化に伴い、予選方式にも変更があり、公式予選1回目は午後1時15分より50分間で行われた。
今年は最初に30分間の混走。続いてGT300の専有走行、GT500の専有走行が各10分間で行われる。
また、スーパーラップへの出走台数も昨年の各10台から8台づつに減少。昨年以上に狭き門となった。

こうした変更に合わせて、第1戦では各ドライバーの出走順にも変化が見られた。
従来だと、先にアタックドライバーがタイムを出し、その後にもう一人が予選通過基準タイムを出しに行くパターンが多かったが、 今回は基準タイム、アタックの順で混走を走り、最後の専有でもう一度アタック、というチームが大半を占めた。

gt_r01_q_38

gt_r01_q_is

gt_r01_q_74

そうした状況で好タイムを連発してきたのがレクサス勢だ。
予選開始5分足らずで#6エネオスが1分26秒754でトップに立つと、 その7分後には#38ZENTを駆るライアンが1分25秒442でトップに。2番手には#8ARTA NSX、 3番手には#1モチュールオーテックGT-Rが入ったところで混走は終了。GT300クラスの専有走行が始まった。

GT300クラスは混走の走りはじめから#19ウェッズスポーツが好調だ。 結局織戸が専有終了間際に出した1分32秒517がクラストップタイムとなった。2番手には#7雨宮RX-7が1分32秒567で続き、 今季から投入されたカローラアクシオは#74(井口卓人/国本雄資組)がクラス8番手で、初戦にして見事スーパーラップ進出を果たした。

続いて行われたGT500の専有走行では、#38ZENT、#36ペトロナスの2台のレクサスSC430がタイムを更新、 #38立川が1分24秒726、#36ロッテラーが1分24秒795で2位に入り、 #35KRAFTも4番手とレクサス勢が上位を独占する結果となった。
NSX勢では#8ARTAが3番手に食い込んだほか、6番手に#100レイブリック、7番手に#18童夢、 8番手に#17KEIHINと4台がスーパーラップ進出を果たした。
一方GT-R勢は#24H.I.Sが5位に入ったのみで、ディフェンディングチャンピオンの#1モチュールは9位、 #12カルソニックは10位で惜しくもSL進出を逃した。

ただし、予選終了2分前に土屋武士の駆る#21アストンマーチンDBR9が1コーナーでコースオフし、 この区間では予選終了まで黄旗が提示されていたため、この時間帯にタイムを更新したチーム(トップの#38、2番手の#36も含まれる) についてはペナルティが下る可能性も現時点では否定できない状況だ。

第1戦のスーパーラップは午後2時45分より行われる

Text: Kazuhisa SUEHIRO / Photo: Keiichiro TAKESHITA

SUPER GT

SGT:第1戦岡山公式予選結果(GT500)

OKAYAMA GT 300km RACE -RIJ- (2009/03/21) Qualifying Weather:Fine Course:Dry
2009 AUTOBACS SUPER GT Round 1 岡山国際サーキット 3.703km

PosNoCar
Maker Model
DriverTireTimeBehindGapkm/h
138ZENT CERUMO SC430
LEXUS SC430
立川 祐路
リチャード・ライアン
BS1'24.726--157.340
236PETRONAS TOM'S SC430
LEXUS SC430
脇阪 寿一
アンドレ・ロッテラー
BS1'24.795 0.069 0.069157.212
38ARTA NSX
HONDA NSX
ラルフ・ファーマン
伊沢 拓也
BS1'25.089 0.363 0.294156.669
4*35KRAFT SC430
LEXUS SC430
石浦 宏明
大嶋 和也
BS1'25.124 0.398 0.035156.604
524HIS ADVAN KONDO GT-R
NISSAN GT-R
ジョアオ・パオロ・デ・オリベイラ
荒 聖治
YH1'25.145 0.419 0.021156.566
6100RAYBRIG NSX
HONDA NSX
井出 有冶
細川 慎弥
BS1'25.683 0.957 0.538155.583
718ROCKSTAR 童夢 NSX
HONDA NSX
道上 龍
小暮 卓史
BS1'25.732 1.006 0.049155.494
817KEIHIN NSX
HONDA NSX
金石 年弘
塚越 広大
BS1'25.791 1.065 0.059155.387
91MOTUL AUTECH GT-R
NISSAN GT-R
本山 哲
ブノワ・トレルイエ
BS1'25.829 1.103 0.038155.318
1012IMPUL カルソニック GT-R
NISSAN GT-R
松田 次生
セバスチャン・フィリップ
BS1'25.896 1.170 0.067155.197
1132EPSON NSX
HONDA NSX
ロイック・デュバル
中山 友貴
DL1'26.421 1.695 0.525154.254
123HASEMI TOMICA EBBRO GT-R
NISSAN GT-R
ロニー・クインタレッリ
安田裕信
MI1'26.436 1.710 0.015154.227
136ENEOS SC430
LEXUS SC430
伊藤 大輔
ビヨン・ビルドハイム
BS1'26.754 2.028 0.318153.662
---- 以上予選通過(基準タイム: 1'30.811)----
-*21ASTON MARTIN 赤坂 DBR9
ASTON MARTIN DBR9
都筑 晶裕
土屋武士
YH1'30.203 5.477 3.449147.787
-*39DUNLOP SARD SC430
LEXUS SC430
アンドレ・クート
平手晃平
DL1'31.247 6.521 1.044146.096
  • 1~8位は、スーパーラップ選抜車両
  • CarNo.35の石浦選手は、国際モータースポーツ競技規則付則H項4.1.1 c)(ダブルチェッカー)により、罰金2万円を課した。
  • CarNo.21,39より、決勝レース出走嘆願が提出されたが、決勝日3/22朝に実施するフリー走行での走行状態を確認して、出走の可否を決定するものとする。

SUPER GT

SGT:第1戦岡山公式予選結果(GT300)

OKAYAMA GT 300km RACE -RIJ- (2009/03/21) Qualifying Weather:Fine Course:Dry
2009 AUTOBACS SUPER GT Round 1 岡山国際サーキット 3.703km

PosNoCar
Maker Model
DriverTireTimeBehindGapkm/h
119ウェッズスポーツIS350
LEXUS IS350
織戸 学
片岡 龍也
YH1'32.517--144.090
27M7 MUTIARA MOTORS雨宮SGC 7
MAZDA RX-7
谷口 信輝
折目遼
YH1'32.567 0.050 0.050144.012
32プリヴェ アップル 紫電
MOONCRAFT SHIDEN
高橋 一穂
加藤寛規
YH1'32.778 0.261 0.211143.685
411JIMGAINER ADVAN F430
FERRARI F430
田中 哲也
平中克幸
YH1'32.798 0.281 0.020143.654
543ARTA Garaiya
ASL Garaiya GT300VQ
新田 守男
高木真一
MI1'32.850 0.333 0.052143.574
681ダイシン アドバン Ferrari
FERRARI F430
青木 孝行
藤井誠暢
YH1'33.023 0.506 0.173143.306
746エスロード MOLA Z
NISSAN FAIRLADY Z
星野 一樹
柳田真孝
YH1'33.066 0.549 0.043143.240
874COROLLA Axio apr GT
TOYOTA COROLLA Axio
井口 卓人
国本雄資
MI1'33.528 1.011 0.462142.533
9*88triple a ガイヤルド RG-3
LAMBORGHINI GALLARDO RG-3
松田 秀士
坂本雄也
YH1'33.611 1.094 0.083142.406
1087giraffa ガイヤルド RG-3
LAMBORGHINI GALLARDO RG-3
井入 宏之
和田久
YH1'33.894 1.377 0.283141.977
1126UP START タイサンポルシェ
PORSCHE 911GT3RS
黒澤 治樹
阿部翼
YH1'34.048 1.531 0.154141.745
1266triple a ムルシェ RG-1
LAMBORGHINI MURCIELAGO RG-1
山西 康司
余郷敦
YH1'34.101 1.584 0.053141.665
1330RECKLESS KUMHO IS350
LEXUS IS350
佐々木 孝太
山野直也
KH1'34.239 1.722 0.138141.457
1431avex apr COROLLA Axio
TOYOTA COROLLA Axio
坂本 雄也
山内 英輝
YH1'34.413 1.896 0.174141.197
155マッハGOGOGO車検320Rマッハ号
VEMAC RD320R
玉中 哲二
赤鮫オヤジ
YH1'34.666 2.149 0.253140.819
1610JIMGAINER ADVAN F360
FERRARI F360
植田 正幸
川口正敬
YH1'34.697 2.180 0.031140.773
17111石松 with ARKTECH GT3
PORSCHE 911 GT3 RSR
イゴール・スシュコ
壺林 貴也
KH1'34.788 2.271 0.091140.638
1855J-TRUST F-PRO おーとキット ポルシェ
PORSCHE 911GT3
山岸 大
小泉洋史
YH1'34.814 2.297 0.026140.599
19110SIRIUS KUMHO ”ARKTECH SG-1”
PORSCHE BOXSTER
池田 大祐
キムハンボン
KH1'35.872 3.355 1.058139.048
20666FieLDS BOMEX 320R
VEMAC 320R
周防 彰悟
山下 潤一郎
KH1'37.085 4.568 1.213137.311
---- 以上予選通過(基準タイム: 1'39.104)----
-*808初音ミク Studie GLAD BMW Z4
BMW Z4M COUPE
菊地 靖
田ヶ原章蔵
YH1'39.949 7.432 2.864133.376
  • 1~8位は、スーパーラップ選抜車両
  • CarNo.88の坂本選手は、2009 SUPER GT Sporting Regulations 第3章第30条11.(ピットレーン通過速度違反)により、罰金2万円を課した。
  • CarNo.808より、決勝レース出走嘆願が提出されたが、決勝日3/22朝に実施するフリー走行での走行状態を確認して、出走の可否を決定するものとする。

SUPER GT

SGT:第1戦岡山公式練習 レクサス勢が1-2-3!トップは#6エネオス

2009スーパーGT第1戦、「岡山GT300km」の公式練習はトップ3をレクサスSC430勢が独占。 トップタイムは#6ENEOS SC430(伊藤大輔/ビヨン・ビルドハイム組)で1分24秒367だった。

昨年後半から続く世界同時不況により、この冬はホンダのF1撤退やスバルのWRC活動休止など、 モータースポーツファンによって残念なニュースが相次いだ。
その影響は国内カテゴリーにおいても例外ではなく、スポンサーの撤退や参加台数の減少が懸念される中、 殆どのカテゴリーがレースウィークを土曜日曜の二日間に短縮することで経費節減を図ることとなった。

そのため、スーパーGTでは従来金曜日に行われていた公式練習を土曜の公式予選日に移動。
第1戦岡山では3月20日の午前9時より混走1時間半、各クラス専有15分づつの計2時間で実施された。

gt_r01_p_eneos

gt_r01_p_is

gt_r01_p_aston

ここでは唯一09規定に合致した車両を用意してきたレクサス勢が序盤から上位を独占、 トップの#6エネオスに続いて2位には#36ペトロナス、3位に#38ZENTがつける。
GT-R勢最上位は#12カルソニックの4番手。NSXは#8ARTAの7番手が最高だが、トップから7番手までのタイム差は0.932と、 ほぼ3車は拮抗した状態にあるといえそうだ。

また久々の外国車として今季から参戦する、アストンマーチンDBR9は1分29秒593とクラス最下位に終わったものの、 大きなトラブルもなく39周を消化した。
現在はほぼFIA-GT仕様そのものといった状態だが、今後熟成が進めば上位に浮上してくるかもしれない。

GT300クラスは昨年から速さをみせつけてきた#19ウェッズスポーツIS350が1分32秒526でトップ。 2番手には#7雨宮RX-7、3番手には今季からフェラーリF430にスイッチした#81ダイシンが入った。
注目のカローラアクシオは74号車がクラス10番手、31号車が17番手に終わった。

第1戦の公式予選1回目はこのあと午後1時15分より行われる。

Text: Kazuhisa SUEHIRO / Photo: Keiichiro TAKESHITA

SUPER GT

SGT:第1戦岡山公式練習結果(GT500)

OKAYAMA GT 300km RACE -RIJ- (2009/03/21) Official Practice Weather:Fine Course:Dry
2009 AUTOBACS SUPER GT Round 1 岡山国際サーキット 3.703km

PosNoCar
Maker Model
DriverTireTimeBehindGapkm/h
16ENEOS SC430
LEXUS SC430
伊藤 大輔
ビヨン・ビルドハイム
BS1'24.367--158.010
236PETRONAS TOM'S SC430
LEXUS SC430
脇阪 寿一
アンドレ・ロッテラー
BS1'24.372 0.005 0.005158.000
338ZENT CERUMO SC430
LEXUS SC430
立川 祐路
リチャード・ライアン
BS1'24.455 0.088 0.083157.845
412IMPUL カルソニック GT-R
NISSAN GT-R
松田 次生
セバスチャン・フィリップ
BS1'24.944 0.577 0.489156.936
535KRAFT SC430
LEXUS SC430
石浦 宏明
大嶋 和也
BS1'24.976 0.609 0.032156.877
61MOTUL AUTECH GT-R
NISSAN GT-R
本山 哲
ブノワ・トレルイエ
BS1'24.983 0.616 0.007156.864
78ARTA NSX
HONDA NSX
ラルフ・ファーマン
伊沢 拓也
BS1'25.299 0.932 0.316156.283
818ROCKSTAR 童夢 NSX
HONDA NSX
道上 龍
小暮 卓史
BS1'25.398 1.031 0.099156.102
924HIS ADVAN KONDO GT-R
NISSAN GT-R
ジョアオ・パオロ・デ・オリベイラ
荒 聖治
YH1'25.515 1.148 0.117155.888
1032EPSON NSX
HONDA NSX
ロイック・デュバル
中山 友貴
DL1'25.867 1.500 0.352155.249
11100RAYBRIG NSX
HONDA NSX
井出 有冶
細川 慎弥
BS1'26.158 1.791 0.291154.725
1239DUNLOP SARD SC430
LEXUS SC430
アンドレ・クート
平手晃平
DL1'26.542 2.175 0.384154.039
1317KEIHIN NSX
HONDA NSX
金石 年弘
塚越 広大
BS1'26.648 2.281 0.106153.850
143HASEMI TOMICA EBBRO GT-R
NISSAN GT-R
ロニー・クインタレッリ
安田裕信
MI1'26.936 2.569 0.288153.340
1521ASTON MARTIN 赤坂 DBR9
ASTON MARTIN DBR9
都筑 晶裕
土屋武士
YH1'29.593 5.226 2.657148.793
  • 本公式練習は、開始41分14秒時点で赤旗提示。(赤旗中断 9;41~9:51)

SUPER GT

SGT:第1戦岡山公式練習結果(GT300)

OKAYAMA GT 300km RACE -RIJ- (2009/03/21) Official Practice Weather:Fine Course:Dry
2009 AUTOBACS SUPER GT Round 1 岡山国際サーキット 3.703km

PosNoCar
Maker Model
DriverTireTimeBehindGapkm/h
119ウェッズスポーツIS350
LEXUS IS350
織戸 学
片岡 龍也
YH1'32.526--144.076
27M7 MUTIARA MOTORS雨宮SGC 7
MAZDA RX-7
谷口 信輝
折目遼
YH1'32.532 0.006 0.006144.067
381ダイシン アドバン Ferrari
FERRARI F430
青木 孝行
藤井誠暢
YH1'32.544 0.018 0.012144.048
411JIMGAINER ADVAN F430
FERRARI F430
田中 哲也
平中克幸
YH1'32.671 0.145 0.127143.851
52プリヴェ アップル 紫電
MOONCRAFT SHIDEN
高橋 一穂
加藤寛規
YH1'32.684 0.158 0.013143.831
646エスロード MOLA Z
NISSAN FAIRLADY Z
星野 一樹
柳田真孝
YH1'32.713 0.187 0.029143.786
788triple a ガイヤルド RG-3
LAMBORGHINI GALLARDO RG-3
松田 秀士
坂本雄也
YH1'33.012 0.486 0.299143.323
843ARTA Garaiya
ASL Garaiya GT300VQ
新田 守男
高木真一
MI1'33.189 0.663 0.177143.051
926UP START タイサンポルシェ
PORSCHE 911GT3RS
黒澤 治樹
阿部翼
YH1'33.331 0.805 0.142142.834
1074COROLLA Axio apr GT
TOYOTA COROLLA Axio
井口 卓人
国本雄資
MI1'33.762 1.236 0.431142.177
1166triple a ムルシェ RG-1
LAMBORGHINI MURCIELAGO RG-1
山西 康司
余郷敦
YH1'33.820 1.294 0.058142.089
125マッハGOGOGO車検320Rマッハ号
VEMAC RD320R
玉中 哲二
赤鮫オヤジ
YH1'33.904 1.378 0.084141.962
1387giraffa ガイヤルド RG-3
LAMBORGHINI GALLARDO RG-3
井入 宏之
和田久
YH1'33.905 1.379 0.001141.960
1410JIMGAINER ADVAN F360
FERRARI F360
植田 正幸
川口正敬
YH1'33.910 1.384 0.005141.953
1555J-TRUST F-PRO おーとキット ポルシェ
PORSCHE 911GT3
山岸 大
小泉洋史
YH1'34.200 1.674 0.290141.516
1630RECKLESS KUMHO IS350
LEXUS IS350
佐々木 孝太
山野直也
KH1'34.221 1.695 0.021141.484
1731avex apr COROLLA Axio
TOYOTA COROLLA Axio
坂本 雄也
山内 英輝
YH1'34.540 2.014 0.319141.007
18110SIRIUS KUMHO ”ARKTECH SG-1”
PORSCHE BOXSTER
池田 大祐
キムハンボン
KH1'35.636 3.110 1.096139.391
19111石松 with ARKTECH GT3
PORSCHE 911 GT3 RSR
イゴール・スシュコ
壺林 貴也
KH1'35.664 3.138 0.028139.350
20666FieLDS BOMEX 320R
VEMAC 320R
周防 彰悟
山下 潤一郎
KH1'38.235 5.709 2.571135.703
21808初音ミク Studie GLAD BMW Z4
BMW Z4M COUPE
菊地 靖
田ヶ原章蔵
YH1'39.616 7.090 1.381133.822
  • 本公式練習は、開始41分14秒時点で赤旗提示。(赤旗中断 9;41~9:51)

スーパー耐久

■吉本大樹、2009年スーパー耐久シリーズに 「TEAM 5ZIGEN」 から参戦

■吉本大樹、2009年スーパー耐久シリーズに 「TEAM 5ZIGEN」 から参戦

205_img1.jpg
この度、吉本大樹が2009年の「スーパー耐久シリーズ」に「TEAM 5ZIGEN」より参戦することが決定いたしました。

吉本大樹の同カテゴリー参戦は2004年以来4年ぶりとなりますが、前回参戦の2004年シーズンも同チームからの参戦で2度の優勝を獲得しており、今シーズンも皆様のご期待に沿う活躍を見せるべく全力を尽くして参りますので、ご声援の程、何卒宜しくお願い致します。

【参戦概要】

■ カテゴリー : スーパー耐久シリーズ(ST3-Class)
■ チーム名  : TEAM 5ZIGEN(チーム ゴジゲン)
■ チーム総監督: 木下 正治
■ マシン  : HONDA NSX(Car No. 5)

【吉本大樹コメント】
レース開催前週になって頂いた話で急な展開ですが、非常に楽しみです!スーパー耐久は2004年に5ZIGENアコードで戦って以来です。5ZIGENの名に泥を塗らない様、木下社長の期待に答えられる様、3クラスのチャンピオンを目指して頑張ります!皆さん、チーム5ZIGEN・NSXの応援の程宜しくお願い致します。

Formula Challenge Japan | Formula Nippon | Japanese F3 | SUPER GT | その他

2009年のモータースポーツ活動および支援計画を発表 (TOYOTA)

 トヨタ自動車(株)(以下、トヨタ)は、モータースポーツ活動をクルマの持つ「夢」や「感動」をお客様にもたらす大切なものと位置づけている。本年においては大変厳しい経営環境の下、大幅なコスト低減を図りながら、引き続きモータースポーツを推進する。具体的には、「フォーミュラ・ワン世界選手権(F1)」、日本の「SUPER GT」・「フォーミュラ・ニッポン」、米国の「NASCAR」等のトップカテゴリーへの参戦と、世界トップクラスで活躍が期待されるドライバーの育成を活動の柱とする。

 日本では、SUPER GTで引き続きGT500クラスにおいて、今年よりレクサスブランドとして参戦し、レクサスSC430でタイトル奪還に挑む。またフォーミュラカーのトップカテゴリー、フォーミュラ・ニッポンへのエンジン供給を継続し、トヨタエンジン搭載車として4連覇を狙う。

 このほか、モータースポーツ振興の観点から、グラスルーツレベルのレースまで、多様なカテゴリー・イベントへの支援を行う。

 世界のトップクラスドライバーの育成を目指し、トヨタ・ヤング・ドライバーズ・プログラム(以下TDP)を推進する。ウィリアムズF1チームの正ドライバーとして2年目を迎え、今季更なる活躍が期待される中嶋一貴など、本年は8名のドライバーを選出。

 環境に配慮したモータースポーツの推進と、量産車両を含めたハイブリッドシステムの高効率化のために、モータースポーツ用ハイブリッドシステムの開発を継続する。

 トヨタのモータースポーツ開発活動は、東富士研究所のモータースポーツ部を中心に、日本では、トヨタテクノクラフト(株)TRD(以下TRD)、欧州ではToyota Motorsport GmbH(トヨタ モータースポーツ有限会社、以下TMG)、米国ではTRD U.S.A., Inc.(以下、TRD-USA)を各地域の拠点として位置づけている。

【活動および支援計画概要】
SUPER GT
  • 国内レースのトップカテゴリー。GT500クラスにレクサスブランドで参戦。V8 3.4L エンジン(RV8KG)搭載のレクサス SC430について、TRDを通じチーム支援を行う。
  • また、GT300クラスでは、V8 3L(RV8J)を搭載するレクサスIS350、V6 3.5L(2GR)を搭載するトヨタ カローラアクシオが参戦する。
  チーム名 カー
No.
車両 ドライバー 備考 タイヤ
GT
500
レクサス チーム ルマン エネオス
(LEXUS TEAM LeMans ENEOS)
6
レクサス
SC430
伊藤 大輔
(Daisuke Ito 日本)
 
BS
ビヨン・ビルドハイム
(Bjorn Wirdheim スウェーデン)
 
レクサス チーム クラフト
(LEXUS TEAM KRAFT)
35
レクサス
SC430
石浦 宏明
(Hiroaki Ishiura 日本)
TDP
BS
大嶋 和也
(Kazuya Oshima 日本)
TDP
レクサス チーム ペトロナス トムス
(LEXUS TEAM PETRONAS TOM’S)
36
レクサス
SC430
脇阪 寿一
(Juichi Wakisaka 日本)
 
BS
アンドレ・ロッテラー
(Andre Lotterer ドイツ)
 
レクサス チーム ゼント セルモ
(LEXUS TEAM ZENT cerumo)
38
レクサス
SC430
立川 祐路
(Yuji Tachikawa 日本)
 
BS
リチャード・ライアン
(Richard Lyons 北アイルランド)
 
レクサス チーム サード
(LEXUS TEAM SARD)
39
レクサス
SC430
アンドレ・クート
(Andre Couto ポルトガル)
 
DL
平手 晃平 (Kohei Hirate 日本)
TDP
GT
300
レーシング プロジェクト バンドウ
(RACING PROJECT BANDOH)
19
レクサス
IS350
織戸 学 (Manabu Orido 日本)  
YH
片岡 龍也
(Tatsuya Kataoka 日本)
 
チーム レクリス ウィズ シフト
(TEAM RECKLESS with SHIFT)
30
レクサス
IS350
佐々木孝太
(Kouta Sasaki 日本)
 
KH
未 定  
エーピーアール
(apr)
31
トヨタ
カローラ
アクシオ
坂本 雄也
(Yuya Sakamoto日本)
 
YH
山内 英輝
(Hideki Yamauchi 日本)
 
エーピーアール
(apr)
74
トヨタ
カローラ
アクシオ
井口 卓人
(Takuto Iguchi 日本)
TDP
MI
国本 雄資
(Yuji Kunimoto 日本)
TDP

 TDP:トヨタ・ヤング・ドライバーズ・プログラム
 タイヤ=BS:ブリヂストン/DL:ダンロップ/KH:クムホ/YH:ヨコハマ/MI:ミシュラン

全日本選手権 フォーミュラ・ニッポン
  • 国内フォーミュラレースのトップカテゴリー。V8 3.4Lエンジン(RV8K)を5チーム8台に供給。
  • タイヤは全車ブリヂストン製を使用する。
チーム名 カーNo. ドライバー 備考
ローソン チーム インパル
(LAWSON TEAM IMPUL)
1
松田 次生 (Tsugio Matsuda 日本)  
2
ブノワ・トレルイエ
(Benoit Treluyer フランス)
 
チーム インパル (TEAM IMPUL)
20
平手 晃平 (Kohei Hirate 日本) TDPドライバー
チーム ルマン (Team LeMans)
7
国本 京佑 (Keisuke Kunimoto 日本) TDPドライバー
8
石浦 宏明 (Hiroaki Ishiura 日本) TDPドライバー
ペトロナス チーム トムス
(PETRONAS TEAM TOM’S)
36
アンドレ・ロッテラー
(Andre Lotterer ドイツ)
 
37
大嶋 和也 (Kazuya Oshima 日本) TDPドライバー
セルモ/インギング(CERUMO/INGING)
48
立川 祐路 (Yuji Tachikawa 日本)  
その他の活動支援
(1)全日本F3選手権
  • F1への登竜門となる、フォーミュラ・カテゴリー。トヨタは全日本クラスの3チーム5台に1AZ-FEエンジンを供給。また、2008年よりスタートしたナショナルクラスの9台にも3S-GEエンジンを供給する。
  • 今季よりタイヤは、全車ハンコックタイヤを使用する。

 全日本クラスにおけるトヨタエンジン使用チームおよびドライバーラインナップは以下のとおり。

チーム名 カーNo. ドライバー (予定) 備考
ペトロナス チーム トムス
(PETRONAS TEAM TOM’S)
1
マーカス・エリクソン
(Marcus Ericsson スウェーデン)
 
36
井口卓人 (Takuto Iguchi 日本) TDPドライバー
37
国本雄資 (Yuji Kunimoto 日本) TDPドライバー
ナウモータースポーツ
(NOW MOTOR SPORTS)
33
岩崎 祐貴
(Yuki Iwasaki 日本)
 
デンソー チーム ル ボーセ
(DENSO Team Le Beausset)
62
嵯峨 宏紀 (Koki Saga 日本)  
(2)FCJ(フォーミュラチャレンジ・ジャパン)
  • 4年目となるエントリークラスのフォーミュラ・カテゴリー。車両は、FCJ専用独自開発車両(FC106)のワンメイク。本年は4サーキットで7大会14戦開催。
(3)Netz Cup Vitz Race (ネッツカップヴィッツレース)
  • 一般公道も走行可能なナンバー付車両で争われるレース。(トヨタ ヴィッツRS 1.5L車をベースとする専用車両 トヨタ ヴィッツRS TRD Racing)
  • 5つの地方シリーズ(北海道・東北・関東・関西・西日本)と特別戦1戦を開催予定。
(4)その他、各種活動への支援
  • トヨタモータースポーツクラブ(TMSC)の活動を支援。
TDP(トヨタ・ヤング・ドライバーズ・プログラム)
  • 世界および日本のトップカテゴリーにおいて活躍できるレーシングドライバーの育成を目的としたプログラム。才能ある人材を発掘し、それぞれが実力に応じてステップアップできるシステムとし、欧州・日本で以下のように展開。

(2009年TDPドライバー一覧)

  ドライバー カテゴリー チーム名 備考・昨年の戦績

平手 晃平
(Kohei Hirate 日本)
フォーミュラ・ ニッポン チーム インパル (Team IMPUL) ・フォーミュラ・ニッポン 
《1勝 シリーズ4位
ルーキー・オブ・ザ・イヤー》
・SUPER GT 300クラス
《1勝 シリーズ 15位》
SUPER GT (GT500) レクサス チーム サード
(LEXUS TEAM SARD)
石浦 宏明
(Hiroaki Ishiura 日本)
フォーミュラ・ ニッポン チーム ルマン
(Team LeMans)
・フォーミュラ・ニッポン
《シリーズ16位》
・SUPER GT 500クラス
《シリーズ15位》
SUPER GT (GT500) レクサス チーム クラフト
(LEXUS TEAM KRAFT)
国本 京佑
(Keisuke Kunimoto 日本)
フォーミュラ・ ニッポン チーム ルマン
(Team LeMans)
・全日本F3選手権
《3勝 シリーズ2位》
・SUPER GT 300クラス
《1勝 シリーズ9位》
・F3マカオGP 優勝
大嶋和也
(Kazuya Oshima 日本)
フォーミュラ・ ニッポン ペトロナス チーム トムス
(PETRONAS TEAM TOM’S)
F3ユーロシリーズ
《1勝 シリーズ19位》
SUPER GT300クラス
スポット参戦
《第6戦鈴鹿1000km 2位》
SUPER GT (GT500) レクサス チーム クラフト
(LEXUS TEAM KRAFT)
井口 卓人
(Takuto Iguchi 日本)
全日本F3選手権 ペトロナス チーム トムス
(PETRONAS TEAM TOM’S)
・全日本F3選手権
《3勝 シリーズ3位》
・SUPER GT 300クラス
《シリーズ32位》
SUPER GT (GT300) エーピーアール (apr)
国本 雄資
(Yuji Kunimoto 日本)
全日本F3選手権 ペトロナス チーム トムス
(PETRONAS TEAM TOM’S)
・FCJ
《8勝 シリーズチャンピオン》
SUPER GT (GT300) エーピーアール (apr)

※リリースより国内関連のみを抜粋

Text: トヨタ自動車株式会社

その他

十勝スピードウェイ、自己破産を申し立てか?

 十勝毎日新聞などによると、十勝インターナショナルスピードウェイは10日までに、自己破産の申し立てを行う決定をし、11日の取締役会で承認される見込みとなったようだ。

 同スピードウェイは、1993年5月に営業を開始。毎年7月のスーパー耐久シリーズで日本で唯一の24時間レースが開催されることで有名だが、かつては全日本F3000やフォーミュラニッポン、全日本GT選手権の公式戦が行われたこともあった。

 オープン以来、慢性的な赤字経営だった模様で、北海道経済の冷え込みに加え、昨年来の世界同時不況による景気の後退が追い打ちをかけたようだ。民事再生法や会社更生法ではなく自己破産を選択せざるを得なかったのは、たとえ、債権の切り捨てが行われても継続的に採算が取れる体質に改善できないという経営陣の判断だと思われる。

 もし、自己破産の申し立てが行われれば、今後、破産管財人によりスピードウェイの資産は売却され債権者への配当に充てられることになる。すでにカレンダーが発表されている7月開催のスーパー耐久、第16回十勝24時間レースの開催も微妙となってきた。

【3/12追記】

 自己破産の申し立てを行っているのは十勝インターナショナルスピードウェイを所有する十勝モーターパーク株式会社で、運営はインターランド株式会社が行っているそうです。十勝モーターパーク側の破産管財人と債権者の意向にもよりますが、インターランド側との協議により十勝スピードウェイの存続も可能であり、関係者も今シーズンのレース運営を前提に動いているとのことです。

Text: Yoshinori OHNISHI

SUPER GT

SGT:2009年のSUPER GTにレクサスブランドで参戦 (TOYOTA)

 トヨタ自動車(株)は、現在参戦中であるSUPER GTの GT500クラスにおいて、2009年シーズンは、以下5チーム5台体制のレクサスブランドで参戦することを決定した。

 これに伴い、2009年SUPER GT500クラスに参戦するチーム名は下記の通りとなる。

6号車LEXUS TEAM LeMans ENEOS(レクサス チーム ルマン エネオス)
35号車LEXUS TEAM KRAFT(レクサス チーム クラフト)
36号車LEXUS TEAM PETRONAS TOM'S(レクサス チーム ペトロナス トムス)
38号車LEXUS TEAM ZENT cerumo(レクサス チーム ゼント セルモ)
39号車LEXUS TEAM SARD(レクサス チーム サード)
  • 参戦車両は全チームレクサス SC430

sc430_1s.jpg sc430_2s.jpg
写真はLEXUS TEAM PETRONAS TOM'Sの2009年車両

Text & Photo: トヨタ自動車株式会社

Formula Nippon

FN:富士スピードウェイが開幕戦の概要を発表、参加台数は13台

 富士スピードウェイは3日、同地で4月5日に決勝が開催されるフォーミュラニッポン開幕戦の概要を発表した。

 これによると参加台数は昨年から大きく減少、7チーム、13台での争いとなる。ルーキーでは、マカオを制した国本京佑がルマンから、一昨年の全日本F3チャンピオン大嶋和也がトムスから、塚越広大が新規参入のHFDから参戦。昨年のディフェンディングチャンピオン松田次生にどう挑むのか注目される。

 今シーズンからシャーシーとエンジンが一新されるのは既報のとおりだが、レース運営では、タイヤ交換が義務付けられ、環境への配慮からエンジン1基を4レースで連続使用(従来は3レース)する方式が採用された。

 また、オーバーテイクシステムの詳細も明らかになった。オーバーテイクボタンはステアリングに装着され、これが作動するとエンジン回転のリミッターが一定の間10,300rpmから10,700rpmへと400rpm上昇。追い越しを容易にする。使用回数は5回に制限され、作動中はロールバーに取り付けられた5つのランプが点滅、使用する毎にランプが1つづつ消えてゆく仕組みとなっている。また、このランプはポイントリーダーは赤で、他の選手は白で表示される。

 今シーズンから金曜の練習走行が廃止になり、2デーレースとなった。富士スピードウェイのフォーミュラニッポン開幕戦は、4月4日(土)にフリー走行と予選、5日(日)に250kmの決勝が行われる。

■2009年エントリーリスト 【3月3日現在】
チーム監督No.ドライバー年齢出身地エンジン
LAWSON TEAM IMPUL星野 一義1松田 次生29三重県TOYOTA RV8K
2ブノワ・トレルイエ32フランス
Team LeMans土沼 廣芳7国本 京佑20神奈川県TOYOTA RV8K
8石浦 宏明27東京都
HFDP RACING田中 弘10塚越 広大22栃木県HONDA HR09E
TEAM IMPUL黒沢 琢弥20平手 晃平22愛知県TOYOTA RV8K
NAKAJIMA RACING中嶋 悟31ロイック・デュバル26フランスHONDA HR09E
32小暮 卓史28神奈川県
TEAM TOM’S舘 信秀36アンドレ・ロッテラー27ドイツTOYOTA RV8K
37大嶋 和也21群馬県
DOCOMO TEAMDANDELION RACING吉田 則光40リチャード・ライアン29イギリスHONDA HR09E
41伊沢 拓也24東京都
CERUMO/INGING竹内 浩典48立川 祐路33神奈川県TOYOTA RV8K

Text: Yoshinori OHNISHI

検索

最新ニュース