Archives

  • [—]2017 (501)
  • [+]2016 (639)
  • [+]2015 (714)
  • [+]2014 (655)
  • [+]2013 (623)
  • [+]2012 (621)
  • [+]2011 (484)
  • [+]2010 (554)
  • [+]2009 (522)
  • [+]2008 (467)
  • [+]2007 (596)
  • [+]2006 (530)
  • [+]2005 (460)
  • [+]2004 (304)
  • [+]2003 (454)
  • [+]2002 (454)
  • [+]2001 (217)
  • [+]2000 (408)
  • [+]1999 (376)
  • [+]1998 (465)
  • [+]1997 (424)
  • [+]1996 (1)
  • [+]1995 (425)
  • [+]1994 (411)
  • [+]1993 (423)
  • [+]1992 (519)
  • [+]1991 (423)
  • [+]1990 (250)
  • [+]1970 (1)

ニュース内検索

2009年1月

SUPER GT

2009年シーズンからSUPER GTにカローラ アクシオが参戦

SGT.jpg
2009年1月8日
(株) エー・ピー・アール
トヨタ自動車(株)

2009年シーズンからSUPER GTにカローラ アクシオが参戦

 (株)エー・ピー・アール(以下apr)は、2009年シーズンのSUPER GT (GT 300クラス)の車両として、MR-Sに代えてカローラ アクシオで参戦することをこのほど決定した。

 MR-Sは昨年第3戦(富士)で優勝を獲得するなど、優れたパフォーマンスを有するが、更に競争力の高い車種の追求を行った結果、カローラ アクシオの持つ空力とシャシーのバランスが従来のMR-Sを越え優秀であることから、今回の選択に至った。この結果、このカローラ アクシオの車体に、高性能と低燃費で高い評価を持つ 2GRエンジン(V型6気筒、3,500cc)とミッドシップレイアウトを組み合わせた車両が新たにGT300クラスで走行することとなる。

 aprは1998年から同シリーズに参戦を開始。99年にはMR2で、また02年・05年・07年とMR-SでGT300クラスのシリーズチャンピオンを獲得するなど、高い実績を有する。また、これまで現AT&TウィリアムズのF1ドライバーである中嶋一貴のほか、大嶋和也・石浦宏明・平手晃平・国本京佑らTDP(トヨタ・ヤング・ドライバーズ・プログラム)の若手ドライバーも加わり、毎年上位争いを繰り広げている。

 現時点でカローラアクシオを駆るドライバーは未定であるが、TDPドライバーから選択される予定となっており、高い実績を有するaprとの組み合わせで、MR-Sを越える活躍が期待される。

<実車披露会>
1月9日(金) 10:30~ 東京オートサロン TOYOTAブース

<実車展示:予定>
1月9日(金)~11日(日) 東京オートサロン (千葉県・幕張メッセ)
2月13日(金)~15日(日) 大阪オートメッセ (大阪府・インテックス大阪)
3月6日(金)~8日(日) 名古屋オートトレンド (愛知県・ポートメッセなごや)


カローラ アクシオ apr GT 仕様諸元
ベース車両 カローラ アクシオ

車体 エンジン
車両形式 NZE141 エンジン形式 2GR-FSE
全長×全幅 4410mm×1795mm エンジン仕様 水冷V型6気筒 自然吸気(縦置)
車両重量 1100kg以上 排気量 3500cc
ホイールベース 2600mm ボア×ストローク 94mm×83mm
トレッド(F/R) F:1555mm R:1585mm リストリクター 25.7mm×2
トランスミッション HEWLAND製6速シーケンシャル 最高出力 300ps以上/6800rpm
クラッチ 小倉クラッチ製トリプルプレート 最大トルク 39kg-m/5200rpm
サスペンションFR ダブルウィッシュボーン
ブレーキFR AP製
タイヤ 未定
ホイール RAYS F:10.5×18/R:11.0×18


検索