Archives

  • [—]2017 (113)
  • [+]2016 (639)
  • [+]2015 (714)
  • [+]2014 (655)
  • [+]2013 (623)
  • [+]2012 (621)
  • [+]2011 (484)
  • [+]2010 (554)
  • [+]2009 (522)
  • [+]2008 (467)
  • [+]2007 (596)
  • [+]2006 (530)
  • [+]2005 (460)
  • [+]2004 (304)
  • [+]2003 (454)
  • [+]2002 (454)
  • [+]2001 (217)
  • [+]2000 (408)
  • [+]1999 (376)
  • [+]1998 (465)
  • [+]1997 (424)
  • [+]1996 (1)
  • [+]1995 (425)
  • [+]1994 (411)
  • [+]1993 (423)
  • [+]1992 (519)
  • [+]1991 (423)
  • [+]1990 (250)
  • [+]1970 (1)

ニュース内検索

2008年11月

スーパー耐久

S耐:第7戦もてぎ エクセディH.I.S.イングスZが全戦表彰台でST3チャンピオンを獲得! (NISMO)

■ST3チャンピオン「エクセディH.I.S.イングスZ」
3位ゴールで全戦表彰台を獲得!!
ST1クラス「ENDLESS ADVAN Z」は3位表彰台

 S耐第7戦(最終戦)がツインリンクもてぎで開催され、ST3クラスで#333「エクセディH.I.S.イングスZ」(前嶋秀司/佐々木雅弘)がミッションにトラブルを抱えながらも3位でゴール、全戦で表彰台を獲得した。また、ST1クラスでは#1「ENDLESS ADVAN Z」(藤井誠暢/荒聖治)が総合3位表彰台を獲得。#10「Cenote ADVAN Z」(田中哲也/星野一樹/岡本武之)は4位だった。

 15日、11時58分に105周の決勝レースはスタートが切られた。ST3クラスでスタートで順位を上げたのは#15 Zの小松。2周目に3位へ、さらに19周目の4コーナーで#333 Zをかわして2位へ浮上。さらに26周目のV字コーナーでトップの#39 NSXを捕らえてとうとうクラストップに躍り出た。いっぽうクラス2位を走行していた#333 Zは#39 NSXを追いかけてチャンスをうかがっていたが、ペースが2~3秒ほど鈍り32周目には4位へポジションを落とすことになった。

 32周目トップの#15 Zは最終コーナーでコースアウトを喫し2位へ。42周でST3クラス1回目のピット作業が終了し、#333 Zが2位、#15 Zは3位。

 2回目のピットインは、トップの#39 NSXが64周目にピットインし、タイヤ無交換でピットアウト。そして65周目に#333 Zが前嶋秀司に交代した。#15 Zは給油をぎりぎりまで引っ張り、80周目に2位#39 NSXに約1分のリードを保って2回目のピットイン。タイヤ交換はせず給油のみでピットアウトし、2位との差約30秒で今季初優勝を目指して走行を続けた。しかし86周目のV字コーナーで痛恨のコースアウト。6位にポジションダウンすることとなった。これで2位に繰り上がっていた#27 M3がトップに。#333 Zは3位に浮上。このままのポジションでチェッカーとなった。#333 Zは今年の7戦のうち4勝を挙げ2位2回と3位1回と全戦で表彰台を獲得。チャンピオンにふさわしい内容の1年を締めくくった。なお、#113 Zは4位、#15 Zは6位、#777 Zは7位、#19 Zは8位だった。

 ST1クラスでは、序盤から隊列がばらけて、#1 Zは3位、#10 Zは4位を単独走行。37周目に2位の#50 BMW Z4が、そして39周目にトップの#28 BMW Z4がピットインして#1 Zは暫定トップに浮上した。#10 Zは40周目にピットインして星野に交代し4位でコースへ。#1 Zも42周目にピットインして藤井に交代し、3位でコースへ復帰した。

 82周目に#10 Zが2回目のピットインで4位。84周目に#1 Zがピットインし、ドライバー交代は行わず3位のままでチェッカーを迎えた。#1 Zはトラブルに見舞われた第3戦富士以外の6戦で表彰台を獲得。ディフェンディングチャンピオンらしいレースを1年間続けシリーズ3位となった。また、全戦参戦とはならなかったが#10 Zはシリーズ5位を獲得した。

上記の詳細は下記WEBサイトをご覧ください。
http://www.nismo.co.jp/M_SPORTS/index.html

Text: NISMO

スーパー耐久

S耐:オーバルバトルもてぎ PETRONAS SYNTIUM BMW Z4M COUPE(ハイムラン/柳田/吉田組)が初のオーバルレースを制す!

 雨で迎えた朝、8時からの練習走行はオンタイムで行われたが、その後霧により視界不良となり、予選は1時間遅れの10時から開始された。

st_spl_q_28 st_spl_q_13 st_spl_q_333 st_spl_q_51

 ポールポジションは#28 PETRONAS SYNTIUM BMW Z4M COUPE(谷口信輝/片岡龍也組)、ST2クラスは#13 ENDLESS ADVAN CS-X(峰尾恭輔/山田英二組)、ST3クラスは#333 エクセディH.I.SイングスZ(冨桝朋広/関豊組)、ST4クラスは#51 AGY ings インテグラ(井尻薫/黒木英春組)がそれぞれクラスのポールを獲得した。

st_spl_start1  12時15分、ハーフウエットのコンディションで50周の第1ヒートがスタートをきった。#28が先行するものの、16周目に#50 PETRONAS SYNTIUM BMW Z4M COUPE(F.ハイムラン/柳田真孝/吉田広樹組)がトップに立つ。32周目にピットインするがそのまま第1ヒートは#50PETRONASが43秒差をつけてトップでチェッカー。2番手には#1 ENDLESS ADVAN Z(藤井誠暢/荒聖治組)が入った。ST2クラスは#13 ENDLESS ADVAN CS-X(峰尾恭輔/山田英二組)に。ST3クラスは#39 TRACY SPORTS eeiA NSX(井入宏之/赤鮫オヤジ/宮城光組) 。ST4クラスは#51 AGY ings インテグラ(井尻薫/黒木英春/黒木健次組)がそれぞれ第1ヒートを制した。

 14時30分から第2ヒートがスタート。この頃にはいったん上がっていた雨が再びポツポツとコースを濡らす。オープニングラップの第1ターンで#13がストップ。このためイエローフラッグが提示され、フルコースコーション。このためSCカーランが続き7周目の終了時にようやくグリーンフラッグが振られてスタート。9周目2番手を走行していた#1の荒がシケインでスピン。再スタートの後ピットインしタイヤ交換を行う。これで再び#50と#28の1-2体制となった。32周目にトップの#50がピットインし、翌周に#28もピットイン。2台は順位を落とすことなくコースに復帰し、50周のレースを1-2でフィニッシュ。

st_spl_r_50 st_spl_r_37 st_spl_r_29 st_spl_r_51

 レースは1、2ヒートの結果を合算して順位が決定される。1,2ヒートの合算でも優勝は#50、2位に#28が入った。3位には#1Z。ST2クラスは#37 シーケンシャルエンドレスアドバンランサー(和田久/大瀧賢治組)がクラス優勝。ST3クラスは#39NSX、ST4クラスは#51インテグラという結果となった。

st_spl_st1_podium st_spl_st2_podium st_spl_st3_podium st_spl_st4_podium

Text & Photo: Keiichiro TAKESHITA

スーパー耐久

S耐:オーバルバトルもてぎ決勝総合結果

スーパー耐久オーバルバトル -RIJ- (2008/11/16) Final Race Weather:Rainy Course:Wet
2008 Super Taikyu Series Spacial Race ツインリンクもてぎ(オーバルコース) 2.413968km

PosClassCls
Pos
NoCar
Model
DriverTireLapTotal_Time
Behind
1ST1150PETRONAS SYNTIUM BMW Z4M COUPE
BMW Z4M COUPE / E86
Fariqe Hairuman
柳田真孝
吉田 広樹
YH10052'00.368
2ST1228PETRONAS SYNTIUM BMW Z4M COUPE
BMW Z4M COUPE / E86
谷口 信輝
片岡 龍也
Johan Adzmi
YH991Lap
3ST131ENDLESS ADVAN Z
NISSAN FAIRLADY Z / Z33(380RS-C)
藤井 誠暢
荒聖治
YH991Lap
4ST2137シーケンシャル エンドレス アドバン ランサー
MITSUBISHI LANCER Evolution / CT9A
和田 久
大瀧賢治
YH964Laps
5ST2230オートバックス森永チルミル・RSオガワランサー
MITSUBISHI LANCER Evolution / CT9A
伊藤 俊哉
谷口行規
阪口 良平
YH955Laps
6ST236DIXCEL☆新菱オートEVOⅨMR
MITSUBISHI LANCER Evolution / CT9A
冨桝 朋広
関豊
YH955Laps
7ST2426エンドレス アドバン ウエッズ ランサー
MITSUBISHI LANCER Evolution / CT9A
添田 正
中村信也
朝倉 宏志
YH946Laps
8ST31*39TRACY SPORTS eeiA NSX
HONDA NSX / ABA-NA2
井入 宏之
赤鮫オヤジ
宮城 光
YH946Laps
9ST32333エクセディH.I.S.イングスZ
NISSAN FAIRLADY Z / Z33
前嶋 秀司
佐々木 雅弘
山本 すばる
YH937Laps
10ST4151AGY ings インテグラ
HONDA INTEGRA / DC5
井尻 薫
黒木 英春
黒木 健次
YH937Laps
11ST4218FUNKY'SコスモソニックFK ings DC5
HONDA INTEGRA / DC5
浅野 武夫
笠原 智行
水書健司
YH928Laps
12ST4399スゴウ アスラーダカルチャーショックSPMDC5
HONDA INTEGRA / DC5
福田川 優
藤原 能成
渡辺孝弘
YH928Laps
13ST3327FINA ADVAN M3
BMW M3 / E46
小林 且雄
村田 信博
井上 貴志
YH919Laps
14ST3419高見沢整骨院☆真東☆TC神戸Z33
NISSAN FAIRLADY Z / Z33
植田 正幸
輿水敏明
YH919Laps
15ST4488TUBE MAZIORA girlswalker.com
HONDA INTEGRA / DC5
松本 玲二
岡田 忠之
伊藤真一
YH919Laps
16ST4573CARACORT.SnowPeak.ERG.DC5
HONDA INTEGRA / DC5
Takamori.com
安達元気
藤田 弘幸
YH9010Laps
17ST4676Racing Modulo ADVAN Type R
HONDA CIVIC TYPE-R / FD2
玉本 秀幸
小林 正吾
古橋譲
YH8911Laps
18ST4755BOLD WORLD Absolute DS CIVIC
HONDA CIVIC TYPE-R / FD2
谷川 達也
河村 直樹
斉藤慎輔
YH8812Laps
19ST35113UNT Racing ☆ ings Z
NISSAN FAIRLADY Z / Z33
伊橋 勲
田中 哲也
YH8713Laps
20ST149Faust Racing PORSCHE
PORSCHE 911GT3 / JGN
佐藤 茂
堀 主知
安藤琢弥
YH8614Laps
21ST3614岡部自動車ディクセル RX-7
MAZDA RX-7 / FD3S
朝倉 貴志
山崎 学
杉林 健一
YH7624Laps
22ST4881TRACY SPORTS ADVAN CIVIC
HONDA CIVIC TYPE-R / FD2
長野 賢也
兵藤 信一
ライオン丸
YH7327Laps
23ST2513ENDLESS ADVAN CS-X
MITSUBISHI LANCER Evolution / CZ4A
峰尾 恭輔
山田 英二
YH4951Laps
24ST15360OCN@Koseiポルシェ
PORSCHE 911GT3 / JGN
田中 篤
松永 まさひろ
YH3763Laps
25ST3715岡部自動車ディクセル Z
NISSAN FAIRLADY Z / Z33
古谷直広
Igor Sushko
小松 一臣
YH2575Laps
  • スーパー耐久シリーズ2008第7戦特別規則書第41条~4)により同一ラップ数の場合は第2ヒートの結果によって決定し、第1ヒートの決勝タイムの表記を削除した。
  • CarNo.39は、スーパー耐久シリーズ2008第7戦特別規則書第26条(ピットレーンの速度)違反によりドライビングスルーペナルティを課した。

スーパー耐久

S耐:オーバルバトルもてぎA.Bドライバー総合予選結果

スーパー耐久オーバルバトル -RIJ- (2008/11/17) A&B Total Qualify Weather:Rainy Course:Wet
2008 Super Taikyu Series Special Race ツインリンクもてぎ(オーバルコース) 2.413968km

PosClsCls
Pos
NoCar
Model
DriverTireA Driver
B Driver
Total
Time
Behindkm/h
1ST1128PETRONAS SYNTIUM BMW Z4M COUPE
BMW Z4M COUPE / E86
谷口 信輝
片岡龍也
YH0'57.006
0'56.761
1'53.767-152.773
2ST1250PETRONAS SYNTIUM BMW Z4M COUPE
BMW Z4M COUPE / E86
Fariqe Hairuman
柳田真孝
YH0'57.449
0'56.964
1'54.413 0.646151.911
3ST131ENDLESS ADVAN Z
NISSAN FAIRLADY Z / Z33(380RS-C)
藤井 誠暢
荒聖治
YH0'59.877
0'59.772
1'59.649 5.882145.263
4ST14360OCN@Koseiポルシェ
PORSCHE 911GT3 / JGN
田中 篤
松永まさひろ
YH1'00.369
1'01.155
2'01.524 7.757143.022
5ST2113ENDLESS ADVAN CS-X
MITSUBISHI LANCER Evolution / CZ4A
峰尾 恭輔
山田英二
YH1'00.908
1'01.892
2'02.800 9.033141.536
6ST2237シーケンシャル エンドレス アドバン ランサー
MITSUBISHI LANCER Evolution / CT9A
和田 久
大瀧賢治
YH1'01.237
1'02.206
2'03.443 9.676140.798
7ST236DIXCEL☆新菱オートEVOⅨMR
MITSUBISHI LANCER Evolution / CT9A
冨桝 朋広
関豊
YH1'02.912
1'00.797
2'03.709 9.942140.496
8ST31333エクセディH.I.S.イングスZ
NISSAN FAIRLADY Z / Z33
前嶋 秀司
佐々木雅弘
YH1'03.485
1'01.022
2'04.50710.740139.595
9ST3215岡部自動車ディクセル Z
NISSAN FAIRLADY Z / Z33
古谷 直広
Igor Sushko
YH1'03.140
1'01.533
2'04.67310.906139.409
10ST33113UNT Racing ☆ ings Z
NISSAN FAIRLADY Z / Z33
伊橋 勲
田中 哲也
YH1'02.913
1'02.259
2'05.17211.405138.853
11ST4151AGY ings インテグラ
HONDA INTEGRA / DC5
井尻 薫
黒木 英春
YH1'03.124
1'02.662
2'05.78612.019138.176
12ST3414岡部自動車ディクセル RX-7
MAZDA RX-7 / FD3S
朝倉 貴志
山崎 学
YH1'04.624
1'01.590
2'06.21412.447137.707
13ST2430オートバックス森永チルミル・RSオガワランサー
MITSUBISHI LANCER Evolution / CT9A
伊藤 俊哉
谷口行規
YH1'03.232
1'03.395
2'06.62712.860137.258
14ST3539TRACY SPORTS eeiA NSX
HONDA NSX / ABA-NA2
井入 宏之
赤鮫 オヤジ
YH1'02.928
1'03.738
2'06.66612.899137.216
15ST3627FINA ADVAN M3
BMW M3 / E46
小林 且雄
村田 信博
YH1'03.363
1'05.326
2'08.68914.922135.059
16ST4299スゴウ アスラーダカルチャーショックSPMDC5
HONDA INTEGRA / DC5
福田川 優
藤原 能成
YH1'04.556
1'04.454
2'09.01015.243134.723
17ST4355BOLD WORLD Absolute DS CIVIC
HONDA CIVIC TYPE-R / FD2
谷川 達也
河村 直樹
YH1'04.134
1'04.974
2'09.10815.341134.620
18ST4473CARACORT.SnowPeak.ERG.DC5
HONDA INTEGRA / DC5
Takamori.com
安達元気
YH1'05.155
1'04.776
2'09.93116.164133.768
19ST4518FUNKY'SコスモソニックFK ings DC5
HONDA INTEGRA / DC5
浅野 武夫
笠原 智行
YH1'04.608
1'05.460
2'10.06816.301133.627
20ST4681TRACY SPORTS ADVAN CIVIC
HONDA CIVIC TYPE-R / FD2
長野 賢也
兵藤 信一
YH1'05.243
1'05.358
2'10.60116.834133.081
21ST4776Racing Modulo ADVAN Type R
HONDA CIVIC TYPE-R / FD2
玉本 秀幸
小林 正吾
YH1'05.239
1'05.573
2'10.81217.045132.867
22ST4888TUBE MAZIORA girlswalker.com
HONDA INTEGRA / DC5
松本 玲二
岡田 忠之
YH1'05.974
1'05.533
2'11.50717.740132.165
23ST2526エンドレス アドバン ウエッズランサー
MITSUBISHI LANCER Evolution / CT9A
添田 正
中村 信也
YH1'06.555
1'07.324
2'13.87920.112129.823
24ST3719高見沢整骨院☆真東☆TC神戸Z33
NISSAN FAIRLADY Z / Z33
植田 正幸
輿水敏明
YH1'07.747
1'06.579
2'14.32620.559129.391
---- 以上予選通過 ----
-ST1-9Faust Racing PORSCHE
PORSCHE 911GT3 / JGN
佐藤 茂
堀 主知
YH1'00.328
1'03.920
2'04.24810.481139.886

スーパー耐久

S耐:オーバルバトルもてぎBドライバー予選

スーパー耐久オーバルバトル -RIJ- (2008/11/16) B Driver Qualifying Weather:Rainy Course:Wet
2008 Super Taikyu Series Special Race ツインリンクもてぎ(オーバルコース) 2.413968km

PosClassCls
Pos
NoCar
Maker Model
DriverTireTimeBehind
1ST1128PETRONAS SYNTIUM BMW Z4M COUPE
BMW Z4M COUPE / E86
片岡 龍也YH0'56.761-
2ST1250PETRONAS SYNTIUM BMW Z4M COUPE
BMW Z4M COUPE / E86
柳田 真孝YH0'56.964 0.203
3ST131ENDLESS ADVAN Z
NISSAN FAIRLADY Z / Z33(380RS-C)
荒 聖治YH0'59.772 3.011
4ST216DIXCEL☆新菱オートEVOⅨMR
MITSUBISHI LANCER Evolution / CT9A
関豊YH1'00.797 4.036
5ST31333エクセディH.I.S.イングスZ
NISSAN FAIRLADY Z / Z33
佐々木 雅弘YH1'01.022 4.261
6ST14360OCN@Koseiポルシェ
PORSCHE 911GT3 / JGN
松永 まさひろYH1'01.155 4.394
7ST3215岡部自動車ディクセル Z
NISSAN FAIRLADY Z / Z33
Igor SushkoYH1'01.533 4.772
8ST3314岡部自動車ディクセル RX-7
MAZDA RX-7 / FD3S
山崎 学YH1'01.590 4.829
9ST2213ENDLESS ADVAN CS-X
MITSUBISHI LANCER Evolution / CZ4A
山田英二YH1'01.892 5.131
10ST2337シーケンシャル エンドレス アドバンランサー
MITSUBISHI LANCER Evolution / CT9A
大瀧 賢治YH1'02.206 5.445
11ST34113UNT Racing ☆ ings Z
NISSAN FAIRLADY Z / Z33
田中 哲也YH1'02.259 5.498
12ST4151AGY ings インテグラ
HONDA INTEGRA / DC5
黒木英春YH1'02.662 5.901
13ST2430オートバックス森永チルミル・RSオガワランサー
MITSUBISHI LANCER Evolution / CT9A
谷口行規YH1'03.395 6.634
14ST35*39TRACY SPORTS eeiA NSX
HONDA NSX / ABA-NA2
赤鮫 オヤジYH1'03.738 6.977
15ST42*99スゴウ アスラーダカルチャーショックSPMDC5
HONDA INTEGRA / DC5
藤原 能成YH1'04.454 7.693
16ST4373CARACORT.SnowPeak.ERG.DC5
HONDA INTEGRA / DC5
安達 元気YH1'04.776 8.015
17ST4455BOLD WORLD Absolute DS CIVIC
HONDA CIVIC TYPE-R / FD2
河村 直樹YH1'04.974 8.213
18ST3627FINA ADVAN M3
BMW M3 / E46
村田信博YH1'05.326 8.565
19ST4581TRACY SPORTS ADVAN CIVIC
HONDA CIVIC TYPE-R / FD2
兵藤 信一YH1'05.358 8.597
20ST4618FUNKY'SコスモソニックFK ings DC5
HONDA INTEGRA / DC5
笠原 智行YH1'05.460 8.699
21ST4788TUBE MAZIORA girlswalker.com
HONDA INTEGRA / DC5
岡田 忠之YH1'05.533 8.772
22ST4876Racing Modulo ADVAN Type R
HONDA CIVIC TYPE-R / FD2
小林 正吾YH1'05.573 8.812
23ST3719高見沢整骨院☆真東☆TC神戸Z33
NISSAN FAIRLADY Z / Z33
輿水 敏明YH1'06.579 9.818
24ST2526エンドレス アドバン ウエッズランサー
MITSUBISHI LANCER Evolution / CT9A
中村 信也YH1'07.32410.563
---- 以上予選通過 ----
-ST1-9Faust Racing PORSCHE
PORSCHE 911GT3 / JGN
堀 主知YH1'03.920 7.159
  • コースパイロン補修のため10:33より3分20秒間赤旗を提示した。
  • CarNo.39,99は、スーパー耐久シリーズ2008 シリーズ規則 第7条(2)違反(ボード表示前のピットからのスタート)により、訓戒および当該タイム抹消とする。

スーパー耐久

S耐:オーバルバトルもてぎAドライバー予選結果

スーパー耐久オーバルバトル -RIJ- (2008/11/16) A Driver Qualifying Weather:Rainy Course:Wet
2008 Super Taikyu Series Spacial Race ツインリンクもてぎ(オーバルコース) 2.413968km

PosClassCls
Pos
NoCar
Maker Model
DriverTireTimeBehind
1ST1128PETRONAS SYNTIUM BMW Z4M COUPE
BMW Z4M COUPE / E86
谷口 信輝YH0'57.006-
2ST1250PETRONAS SYNTIUM BMW Z4M COUPE
BMW Z4M COUPE / E86
Fariqe HairumanYH0'57.449 0.443
3ST131ENDLESS ADVAN Z
NISSAN FAIRLADY Z / Z33(380RS-C)
藤井 誠暢YH0'59.877 2.871
4ST149Faust Racing PORSCHE
PORSCHE 911GT3 / JGN
佐藤 茂YH1'00.328 3.322
5ST15360OCN@Koseiポルシェ
PORSCHE 911GT3 / JGN
田中 篤YH1'00.369 3.363
6ST2113ENDLESS ADVAN CS-X
MITSUBISHI LANCER Evolution / CZ4A
峰尾恭輔YH1'00.908 3.902
7ST2237シーケンシャル エンドレス アドバン ランサー
MITSUBISHI LANCER Evolution / CT9A
和田久YH1'01.237 4.231
8ST236DIXCEL☆新菱オートEVOⅨMR
MITSUBISHI LANCER Evolution / CT9A
冨桝朋広YH1'02.912 5.906
9ST31113UNT Racing ☆ ings Z
NISSAN FAIRLADY Z / Z33
伊橋 勲YH1'02.913 5.907
10ST3239TRACY SPORTS eeiA NSX
HONDA NSX / ABA-NA2
井入 宏之YH1'02.928 5.922
11ST4151AGY ings インテグラ
HONDA INTEGRA / DC5
井尻薫YH1'03.124 6.118
12ST3315岡部自動車ディクセル Z
NISSAN FAIRLADY Z / Z33
古谷直広YH1'03.140 6.134
13ST2430オートバックス森永チルミル・RSオガワランサー
MITSUBISHI LANCER Evolution / CT9A
伊藤俊哉YH1'03.232 6.226
14ST3427FINA ADVAN M3
BMW M3 / E46
小林且雄YH1'03.363 6.357
15ST35333エクセディH.I.S.イングスZ
NISSAN FAIRLADY Z / Z33
前嶋 秀司YH1'03.485 6.479
16ST4255BOLD WORLD Absolute DS CIVIC
HONDA CIVIC TYPE-R / FD2
谷川 達也YH1'04.134 7.128
17ST4399スゴウ アスラーダカルチャーショックSPMDC5
HONDA INTEGRA / DC5
福田川 優YH1'04.556 7.550
18ST4418FUNKY'SコスモソニックFK ings DC5
HONDA INTEGRA / DC5
浅野 武夫YH1'04.608 7.602
19ST3614岡部自動車ディクセル RX-7
MAZDA RX-7 / FD3S
朝倉貴志YH1'04.624 7.618
20ST4573CARACORT.SnowPeak.ERG.DC5
HONDA INTEGRA / DC5
Takamori.comYH1'05.155 8.149
21ST4676Racing Modulo ADVAN Type R
HONDA CIVIC TYPE-R / FD2
玉本 秀幸YH1'05.239 8.233
22ST4781TRACY SPORTS ADVAN CIVIC
HONDA CIVIC TYPE-R / FD2
長野 賢也YH1'05.243 8.237
23ST4888TUBE MAZIORA girlswalker.com
HONDA INTEGRA / DC5
松本 玲二YH1'05.974 8.968
24ST2526エンドレス アドバン ウエッズランサー
MITSUBISHI LANCER Evolution / CT9A
添田 正YH1'06.555 9.549
25ST3719高見沢整骨院☆真東☆TC神戸Z33
NISSAN FAIRLADY Z / Z33
植田 正幸YH1'07.74710.741

スーパー耐久

S耐:第7戦もてぎ決勝 BMW Z4(ハイムラン/柳田/吉田組)が今季3勝目、シーケンシャルエンドレスアドバンランサーとAGY ingsインテグラがST2、ST4のチャンピオンに輝く!

 スーパー耐久シリーズ2008第7戦「もてぎスーパー500km」は15日、ツインリンクもてぎで105周の決勝を行い、ST1クラスのPETRONAS SYNTIUM BMW Z4M COUPE(Fariqe Hairuman/柳田真孝/吉田広樹組)が総合優勝を果たした。ST2クラスは眠眠打破ランサー(服部尚貴/松本達哉/白坂卓也組)が、ST3クラスはFINA ADVAN M3(小林且雄/村田信博/井上貴志組)が、ST4クラスはAGY ingsインテグラ(井尻薫/黒木英春/黒木健次組)が優勝した。

st_r07_start  10時に公式予選が終わると、短いインターバルで11時55分、今年最後の公式戦として行われるスーパー耐久第7戦のローリングラップが始まった。天候は相変わらず曇り。気温17度、路面温度は23度。時折り、薄日も差す絶好のレース日よりの中、1周を回ってスタートが切られた。

st_r07_r_50  トップで1コーナーに飛び込み、ホールショットを奪ったのはポールシッターの28号車PETRONAS SYNTIUM BMW Z4M COUPE(谷口信輝/片岡龍也/Johan Adzmi組)の谷口。谷口は、同僚の50号車PETRONAS SYNTIUM BMW Z4M COUPE(Fariqe Hairuman/柳田真孝/吉田広樹組)のハイムランさえも圧倒するスピードで後続を引き離しにかかる。1回目のピットストップを行う38周を終わってその差は35秒近くも開いてしまった。

 28号車は77周目を終わって2度目のピットストップ。ドライバーは片岡のままでこのまま105周を走りきってぶっちぎりの優勝を飾るかと思われた99周目、なんと3度目のピットインを敢行。今シーズン初めて走行するアズミにステアリングを託すが、ピットアウトに手間取り、その間にハイムラン、柳田、吉田とドライバーをチェンジし2ストップ、3スティントを行った50号車に先行を許す。結局、50号車がこのまま逃げ切って今季3勝目を有終の美で締めくくった。

st_r07_r_56  ST2クラスは、序盤からポールシッターの56号車眠眠打破ランサー(服部尚貴/松本達哉/白坂卓也組)の服部と、6号車DIXCEL☆新菱オートEVOⅨMR(冨桝朋広/関豊組)の関のテールトゥノーズの争いが繰り広げられる。この56号車と6号車はドライバーチェンジをしても順位は代らず、このままゴールし、56号車が前戦SUGOに続き2連勝を飾った。

 しかしST2クラスの注目はチャンピオンシップのかかった37号車シーケンシャルエンドレスアドバンランサー(和田久/砂子塾長/HINOKI組)と20号車RSオガワADVANランサー(阪口良平/谷口行規/小川日出生組)の争い。37号車は5位、20号車は6位でレースを始めるが、逆転チャンピオンを狙う20号車が中盤、37号車を逆転。最終的に20号車は3位でゴールするが、5位に入った37号車を総合ポイントで逆転することができず、結局、37号車がST2クラスのチャンピオンに輝き、このレースを最後に引退する砂子塾長に花を添えた。

st_r07_r_27  ST3クラスはポールシッターの39号車TRACY SPORTS eeiA NSX(井入宏之/赤鮫オヤジ組)が序盤からレースをリード。しかし、27号車FINA ADVAN M3(小林且雄/村田信博組)に逆転を許し、優勝は27号車。39号車の2連勝はならなかった。

st_r07_r_51  ST4クラスは、チャンピオンシップをリードする、51号車AGY ingsインテグラ(井尻薫/黒木英春/黒木健次組)が盤石の走りでポールトゥウイン。今季5勝目をあげ、クラスチャンピオンに輝いた。最終戦での逆転チャンピオンに賭けていたランキング2位のRacing Modulo ADVAN Type R(玉本秀幸/小林正吾/古橋譲組)は3位に終わり夢は叶わなかった。

st_r07_st1_podium st_r07_st2_podium st_r07_st3_podium st_r07_st4_podium

 なお明日16日は、初の試みとしてスーパー耐久マシンがもてぎのオーバルコースを走るエキシビション、「スーパー耐久オーバルバトル」が開催される。

Text: Yoshinori OHNISHI / Photo: Keiichiro TAKESHITA

スーパー耐久

S耐:第7戦もてぎ決勝結果

もてぎスーパー耐久500km -RIJ- (2008/11/15) Final Race Weather:Cloudy Course:Dry
2008 Super Taikyu Series Round 7 ツインリンクもてぎ 4.801379km

PosClassCls
Pos
NoCar
Model
DriverTireLapTotal_Time
Behind
1ST1150PETRONAS SYNTIUM BMW Z4M COUPE
BMW Z4M COUPE / E86
Fariqe Hairuman
柳田真孝
吉田 広樹
YH1053:35'56.654
2ST1228PETRONAS SYNTIUM BMW Z4M COUPE
BMW Z4M COUPE / E86
谷口 信輝
片岡 龍也
Johan Adzmi
YH10516.407
3ST131ENDLESS ADVAN Z
NISSAN FAIRLADY Z / Z33(380RS-C)
藤井 誠暢
荒聖治
YH1051'06.661
4ST14*10Cenote ADVAN Z
NISSAN FAIRLADY Z / Z33(380RS-C)
田中 哲也
星野一樹
岡本 武之
YH1032Laps
5ST15360OCN@Koseiポルシェ
PORSCHE 911GT3 / JGN
長島 正興
松永 まさひろ
田中 篤
YH1032Laps
6ST2156眠眠打破ランサー
MITSUBISHI LANCER Evolution / CT9A
服部 尚貴
松本 達哉
白坂 卓也
YH1023Laps
7ST226DIXCEL☆新菱オートEVOⅨMR
MITSUBISHI LANCER Evolution / CT9A
冨桝 朋広
関豊
YH1023Laps
8ST2320RSオガワADVANランサー
MITSUBISHI LANCER Evolution / CT9A
阪口 良平
谷口 行規
小川 日出生
YH1023Laps
9ST2426エンドレス アドバン ウエッズ ランサー
MITSUBISHI LANCER Evolution / CT9A
添田 正
中村信也
朝倉 宏志
YH1023Laps
10ST2537シーケンシャル エンドレス アドバンランサー
MITSUBISHI LANCER Evolution / CT9A
和田 久
砂子 塾長
HINOKI
YH1023Laps
11ST3127FINA ADVAN M3
BMW M3 / E46
小林 且雄
村田 信博
井上 貴志
YH1005Laps
12ST3239TRACY SPORTS eeiA NSX
HONDA NSX / ABA-NA2
井入 宏之
赤鮫 オヤジ
宮城光
YH1005Laps
13ST33333エクセディH.I.S.イングスZ
NISSAN FAIRLADY Z / Z33
前嶋 秀司
佐々木雅弘
YH1005Laps
14ST2659東和MOTUL・EDインプレッサ
SUBARU IMPREZA / GDB
大澤 学
吉田寿博
YH1005Laps
15ST34113UNT Racing ☆ ings Z
NISSAN FAIRLADY Z / Z33
伊橋 勲
堤 明彦
YH1005Laps
16ST3514岡部自動車ディクセル RX-7
MAZDA RX-7 / FD3S
朝倉 貴志
山崎 学
古谷 直広
YH996Laps
17ST2730オートバックス森永チルミル・RSオガワランサー
MITSUBISHI LANCER Evolution / CT9A
伊藤 俊哉
大橋正澄
丹羽 昭善
YH996Laps
18ST3615岡部自動車ディクセル Z
NISSAN FAIRLADY Z / Z33
長島正明
Igor Sushko
小松 一臣
YH996Laps
19ST37777屏風浦工業ニューテック-Z
NISSAN FAIRLADY Z / Z33
福山英朗
DRAGON
吉田 基良
YH996Laps
20ST3819高見沢整骨院☆真東☆TC神戸Z33
NISSAN FAIRLADY Z / Z33
高見沢 一吉
池上 慎二
植田 正幸
YH987Laps
21ST4151AGY ings インテグラ
HONDA INTEGRA / DC5
井尻 薫
黒木 英春
黒木 健次
YH987Laps
22ST4231J-WAVE エンドレス YH DC5
HONDA INTEGRA / DC5
渡辺 明
ピストン西沢
YH978Laps
23ST2841CENOTE SOUEISHA EVO X
MITSUBISHI LANCER Evolution / CZ4A
畠山 陽一
下垣 和也
東英喜
YH978Laps
24ST4376Racing Modulo ADVAN Type R
HONDA CIVIC TYPE-R / FD2
玉本 秀幸
小林 正吾
古橋譲
YH969Laps
25ST4418FUNKY'SコスモソニックFK ings DC5
HONDA INTEGRA / DC5
浅野 武夫
笠原 智行
水書健司
YH969Laps
26ST4569J'S RACING CIVIC ADVAN
HONDA CIVIC TYPE-R / FD2
梅本 淳一
久保田 英夫
YH969Laps
27ST4655BOLD WORLD Absolute DS CIVIC
HONDA CIVIC TYPE-R / FD2
谷川 達也
河村 直樹
斉藤慎輔
YH9411Laps
28ST473TORU・INTEGRA
HONDA INTEGRA / DC5
田中 徹
松田 晃司
YH9411Laps
29ST4822MTO tri-Ace CIVIC
HONDA CIVIC TYPE-R / FD2
石川 朗
五反田 義治
北山浩
YH9411Laps
30ST4981TRACY SPORTS ADVAN CIVIC
HONDA CIVIC TYPE-R / FD2
長野 賢也
兵藤 信一
ライオン丸
YH9411Laps
31ST41099スゴウ アスラーダ カルチャーショックSPMDC5
HONDA INTEGRA / DC5
渡辺 孝弘
福田川 優
藤原 能成
YH9213Laps
32ST41188TUBE MAZIORA girlswalker.com
HONDA INTEGRA / DC5
松本 玲二
岡田忠之
YH9114Laps
33ST2911オーリンズ・ランサー EVO Ⅹ
MITSUBISHI LANCER Evolution / CZ4A
中谷 明彦
木下 隆之
YH8223Laps
以上規定周回数(ST1:73Laps / ST2:71Laps / ST3:70Laps / ST4:68Laps)完走
-ST2-*65眠眠打破三菱シンハタイランサー
MITSUBISHI LANCER Evolution/ CT9
Piti Bhiromphakdi
Sunit Srisansuchart
Tritant Chimtawan
YH5748Laps
-ST2-13ENDLESS ADVAN CS-X
MITSUBISHI LANCER Evolution / CZ4A
峰尾 恭輔
山田英二
YH4461Laps
-ST4-73CARACORT.SnowPeak.ERG.DC5
HONDA INTEGRA / DC5
Takamori.com
安達元気
藤田 弘幸
YH3075Laps
-ST1-9Faust Racing PORSCHE
PORSCHE 911GT3 / JGN
安藤 琢弥
佐藤 茂
堀主知
YH2283Laps
-ST2-17ティーズ バリス SSRランサー
MITSUBISHI LANCER Evolution / CT9A
菊地 靖
塩野健司
YH2085Laps
-ST4-67ADVAN YAMATO CIVIC
HONDA CIVIC TYPE-R / FD2
内山 慎也
野間 一
大村 和生
YH4101Laps
  • Fastest Lap: CarNo.28 PETRONAS SYNTIUM BMW Z4M COUPE 1'59.011 (3/105) 145.24km/h
  • CarNo.10は、ツインリンクもてぎ四輪一般競技規則第28条4)(2)違反により、ドライビングスルーペナルティを課した。
  • CarNo.65は、スーパー耐久シリーズ2008第7戦特別規則書第26条(ピットレーンの通過速度)違反により、ドライビングスルーペナルティを課したが、リタイアのため未消化。。

スーパー耐久

S耐:第7戦もてぎ決勝70周経過

もてぎスーパー耐久500km -RIJ- (2008/11/15) After 70Laps Weather:Cloudy Course:Dry
2008 Super Taikyu Series Round 7 ツインリンクもてぎ 4.801379km

PosClassCls
Pos
NoCar
Model
DriverTireLapTotal_Time
Behind
1ST1128PETRONAS SYNTIUM BMW Z4M COUPE
BMW Z4M COUPE / E86
谷口 信輝
片岡 龍也
Johan Adzmi
YH702:22'45.965
2ST1250PETRONAS SYNTIUM BMW Z4M COUPE
BMW Z4M COUPE / E86
Fariqe Hairuman
柳田真孝
吉田 広樹
YH7039.701
3ST131ENDLESS ADVAN Z
NISSAN FAIRLADY Z / Z33(380RS-C)
藤井 誠暢
荒聖治
YH701'28.066
4ST1410Cenote ADVAN Z
NISSAN FAIRLADY Z / Z33(380RS-C)
田中 哲也
星野一樹
岡本 武之
YH691Lap
5ST15360OCN@Koseiポルシェ
PORSCHE 911GT3 / JGN
長島 正興
松永 まさひろ
田中 篤
YH691Lap
6ST2156眠眠打破ランサー
MITSUBISHI LANCER Evolution / CT9A
服部 尚貴
松本 達哉
白坂 卓也
YH682Laps
7ST226DIXCEL☆新菱オートEVOⅨMR
MITSUBISHI LANCER Evolution / CT9A
冨桝 朋広
関豊
YH682Laps
8ST2320RSオガワADVANランサー
MITSUBISHI LANCER Evolution / CT9A
阪口 良平
谷口 行規
小川 日出生
YH682Laps
9ST2437シーケンシャル エンドレス アドバン ランサー
MITSUBISHI LANCER Evolution / CT9A
和田 久
砂子塾長
HINOKI
YH682Laps
10ST2530オートバックス森永チルミル・RSオガワランサー
MITSUBISHI LANCER Evolution / CT9A
伊藤 俊哉
大橋正澄
丹羽 昭善
YH673Laps
11ST2626エンドレス アドバン ウエッズランサー
MITSUBISHI LANCER Evolution / CT9A
添田 正
中村 信也
朝倉宏志
YH673Laps
12ST3115岡部自動車ディクセル Z
NISSAN FAIRLADY Z / Z33
長島正明
Igor Sushko
小松 一臣
YH673Laps
13ST3239TRACY SPORTS eeiA NSX
HONDA NSX / ABA-NA2
井入 宏之
赤鮫 オヤジ
宮城光
YH664Laps
14ST2759東和MOTUL・EDインプレッサ
SUBARU IMPREZA / GDB
大澤 学
吉田寿博
YH664Laps
15ST3327FINA ADVAN M3
BMW M3 / E46
小林 且雄
村田 信博
井上 貴志
YH664Laps
16ST34333エクセディH.I.S.イングスZ
NISSAN FAIRLADY Z / Z33
前嶋 秀司
佐々木雅弘
YH664Laps
17ST3514岡部自動車ディクセル RX-7
MAZDA RX-7 / FD3S
朝倉 貴志
山崎 学
古谷 直広
YH655Laps
18ST36113UNT Racing ☆ ings Z
NISSAN FAIRLADY Z / Z33
伊橋 勲
堤 明彦
YH655Laps
19ST37777屏風浦工業ニューテック-Z
NISSAN FAIRLADY Z / Z33
福山英朗
DRAGON
吉田 基良
YH655Laps
20ST3819高見沢整骨院☆真東☆TC神戸Z33
NISSAN FAIRLADY Z / Z33
高見沢 一吉
池上 慎二
植田 正幸
YH655Laps
21ST4151AGY ings インテグラ
HONDA INTEGRA / DC5
井尻 薫
黒木 英春
黒木 健次
YH646Laps
22ST4231J-WAVE エンドレス YH DC5
HONDA INTEGRA / DC5
渡辺 明
ピストン西沢
YH646Laps
23ST2841CENOTE SOUEISHA EVO X
MITSUBISHI LANCER Evolution / CZ4A
畠山 陽一
下垣 和也
東英喜
YH646Laps
24ST4376Racing Modulo ADVAN Type R
HONDA CIVIC TYPE-R / FD2
玉本 秀幸
小林 正吾
古橋譲
YH646Laps
25ST4469J'S RACING CIVIC ADVAN
HONDA CIVIC TYPE-R / FD2
梅本 淳一
久保田 英夫
YH637Laps
26ST4518FUNKY'SコスモソニックFK ings DC5
HONDA INTEGRA / DC5
浅野 武夫
笠原 智行
水書健司
YH637Laps
27ST2911オーリンズ・ランサー EVO Ⅹ
MITSUBISHI LANCER Evolution / CZ4A
中谷 明彦
木下 隆之
YH628Laps
28ST463TORU・INTEGRA
HONDA INTEGRA / DC5
田中 徹
松田 晃司
YH628Laps
29ST4722MTO tri-Ace CIVIC
HONDA CIVIC TYPE-R / FD2
石川 朗
五反田 義治
北山浩
YH628Laps
30ST4881TRACY SPORTS ADVAN CIVIC
HONDA CIVIC TYPE-R / FD2
長野 賢也
兵藤 信一
ライオン丸
YH628Laps
31ST4955BOLD WORLD Absolute DS CIVIC
HONDA CIVIC TYPE-R / FD2
谷川 達也
河村 直樹
斉藤慎輔
YH628Laps
32ST41099スゴウ アスラーダ カルチャーショックSPMDC5
HONDA INTEGRA / DC5
渡辺 孝弘
福田川 優
藤原 能成
YH619Laps
33ST41188TUBE MAZIORA girlswalker.com
HONDA INTEGRA / DC5
松本 玲二
岡田忠之
YH5812Laps
34ST21065眠眠打破三菱シンハタイランサー
MITSUBISHI LANCER Evolution/ CT9
Piti Bhiromphakdi
Sunit Srisansuchart
Tritant Chimtawan
YH5713Laps
35ST21113ENDLESS ADVAN CS-X
MITSUBISHI LANCER Evolution / CZ4A
峰尾 恭輔
山田英二
YH4426Laps
36ST41273CARACORT.SnowPeak.ERG.DC5
HONDA INTEGRA / DC5
Takamori.com
安達元気
藤田 弘幸
YH3040Laps
37ST169Faust Racing PORSCHE
PORSCHE 911GT3 / JGN
安藤 琢弥
佐藤 茂
堀主知
YH2248Laps
38ST21217ティーズ バリス SSRランサー
MITSUBISHI LANCER Evolution / CT9A
菊地 靖
塩野健司
YH2050Laps
39ST41367ADVAN YAMATO CIVIC
HONDA CIVIC TYPE-R / FD2
内山 慎也
野間 一
大村 和生
YH466Laps

スーパー耐久

S耐:第7戦もてぎ決勝35周経過

もてぎスーパー耐久500km -RIJ- (2008/11/15) After 35Laps Weather:Cloudy Course:Dry
2008 Super Taikyu Series Round 7 ツインリンクもてぎ 4.801379km

PosClassCls
Pos
NoCar
Model
DriverTireLapTotal_Time
Behind
1ST1128PETRONAS SYNTIUM BMW Z4M COUPE
BMW Z4M COUPE / E86
谷口 信輝
片岡 龍也
Johan Adzmi
YH351:10'28.419
2ST1250PETRONAS SYNTIUM BMW Z4M COUPE
BMW Z4M COUPE / E86
Fariqe Hairuman
柳田真孝
吉田 広樹
YH3533.694
3ST131ENDLESS ADVAN Z
NISSAN FAIRLADY Z / Z33(380RS-C)
藤井 誠暢
荒聖治
YH3550.597
4ST1410Cenote ADVAN Z
NISSAN FAIRLADY Z / Z33(380RS-C)
田中 哲也
星野一樹
岡本 武之
YH351'11.295
5ST15360OCN@Koseiポルシェ
PORSCHE 911GT3 / JGN
長島 正興
松永 まさひろ
田中 篤
YH351'44.979
6ST2156眠眠打破ランサー
MITSUBISHI LANCER Evolution / CT9A
服部 尚貴
松本 達哉
白坂 卓也
YH341Lap
7ST226DIXCEL☆新菱オートEVOⅨMR
MITSUBISHI LANCER Evolution / CT9A
冨桝 朋広
関豊
YH341Lap
8ST2311オーリンズ・ランサー EVO Ⅹ
MITSUBISHI LANCER Evolution / CZ4A
中谷 明彦
木下隆之
YH341Lap
9ST2437シーケンシャル エンドレス アドバン ランサー
MITSUBISHI LANCER Evolution / CT9A
和田 久
砂子塾長
HINOKI
YH341Lap
10ST2520RSオガワADVANランサー
MITSUBISHI LANCER Evolution / CT9A
阪口 良平
谷口 行規
小川日出生
YH341Lap
11ST2630オートバックス森永チルミル・RSオガワランサー
MITSUBISHI LANCER Evolution / CT9A
伊藤 俊哉
大橋正澄
丹羽 昭善
YH341Lap
12ST2726エンドレス アドバン ウエッズランサー
MITSUBISHI LANCER Evolution / CT9A
添田 正
中村 信也
朝倉宏志
YH341Lap
13ST3139TRACY SPORTS eeiA NSX
HONDA NSX / ABA-NA2
井入 宏之
赤鮫 オヤジ
宮城光
YH341Lap
14ST2813ENDLESS ADVAN CS-X
MITSUBISHI LANCER Evolution / CZ4A
峰尾 恭輔
山田 英二
YH341Lap
15ST3215岡部自動車ディクセル Z
NISSAN FAIRLADY Z / Z33
長島正明
Igor Sushko
小松 一臣
YH341Lap
16ST3327FINA ADVAN M3
BMW M3 / E46
小林 且雄
村田 信博
井上 貴志
YH332Laps
17ST34333エクセディH.I.S.イングスZ
NISSAN FAIRLADY Z / Z33
前嶋 秀司
佐々木雅弘
YH332Laps
18ST2959東和MOTUL・EDインプレッサ
SUBARU IMPREZA / GDB
大澤 学
吉田寿博
YH332Laps
19ST3514岡部自動車ディクセル RX-7
MAZDA RX-7 / FD3S
朝倉 貴志
山崎 学
古谷 直広
YH332Laps
20ST3619高見沢整骨院☆真東☆TC神戸Z33
NISSAN FAIRLADY Z / Z33
高見沢 一吉
池上 慎二
植田 正幸
YH332Laps
21ST37777屏風浦工業ニューテック-Z
NISSAN FAIRLADY Z / Z33
福山英朗
DRAGON
吉田 基良
YH332Laps
22ST38113UNT Racing ☆ ings Z
NISSAN FAIRLADY Z / Z33
伊橋 勲
堤 明彦
YH323Laps
23ST21065眠眠打破三菱シンハタイランサー
MITSUBISHI LANCER Evolution/ CT9
Piti Bhiromphakdi
Sunit Srisansuchart
Tritant Chimtawan
YH323Laps
24ST4151AGY ings インテグラ
HONDA INTEGRA / DC5
井尻 薫
黒木 英春
黒木 健次
YH323Laps
25ST4231J-WAVE エンドレス YH DC5
HONDA INTEGRA / DC5
渡辺 明
ピストン西沢
YH323Laps
26ST4376Racing Modulo ADVAN Type R
HONDA CIVIC TYPE-R / FD2
玉本 秀幸
小林 正吾
古橋譲
YH323Laps
27ST21141CENOTE SOUEISHA EVO X
MITSUBISHI LANCER Evolution / CZ4A
畠山 陽一
下垣和也
東 英喜
YH323Laps
28ST4469J'S RACING CIVIC ADVAN
HONDA CIVIC TYPE-R / FD2
梅本 淳一
久保田 英夫
YH323Laps
29ST4518FUNKY'SコスモソニックFK ings DC5
HONDA INTEGRA / DC5
浅野 武夫
笠原 智行
水書健司
YH314Laps
30ST4681TRACY SPORTS ADVAN CIVIC
HONDA CIVIC TYPE-R / FD2
長野 賢也
兵藤 信一
ライオン丸
YH314Laps
31ST4722MTO tri-Ace CIVIC
HONDA CIVIC TYPE-R / FD2
石川 朗
五反田 義治
北山浩
YH314Laps
32ST4873CARACORT.SnowPeak.ERG.DC5
HONDA INTEGRA / DC5
Takamori.com
安達元気
藤田 弘幸
YH305Laps
33ST4955BOLD WORLD Absolute DS CIVIC
HONDA CIVIC TYPE-R / FD2
谷川 達也
河村 直樹
斉藤慎輔
YH305Laps
34ST4103TORU・INTEGRA
HONDA INTEGRA / DC5
田中 徹
松田晃司
YH305Laps
35ST41199スゴウ アスラーダ カルチャーショックSPMDC5
HONDA INTEGRA / DC5
渡辺 孝弘
福田川 優
藤原 能成
YH305Laps
36ST41288TUBE MAZIORA girlswalker.com
HONDA INTEGRA / DC5
松本 玲二
岡田忠之
YH269Laps
37ST169Faust Racing PORSCHE
PORSCHE 911GT3 / JGN
安藤 琢弥
佐藤 茂
堀主知
YH2213Laps
38ST21217ティーズ バリス SSRランサー
MITSUBISHI LANCER Evolution / CT9A
菊地 靖
塩野健司
YH2015Laps
39ST41367ADVAN YAMATO CIVIC
HONDA CIVIC TYPE-R / FD2
内山 慎也
野間 一
大村 和生
YH431Laps

スーパー耐久

S耐:第7戦もてぎ公式予選 28号車のBMW Z4M(谷口/片岡/アズミ組)がポールポジション!

 スーパー耐久シリーズ2008第7戦「もてぎスーパー耐久500km」は15日、ツインリンクもてぎで公式予選を行い、ST1クラスはPETRONAS SYNTIUM BMW Z4M COUPE(谷口信輝/片岡龍也/Johan Adzmi組)が、ST2クラスは眠眠打破ランサー(服部尚貴/松本達哉/白坂卓也組)が、ST3クラスはTRANCY SPORTS eeA NSX(井入宏之/赤鮫オヤジ/宮城光組)が、ST4クラスはAGY ingsインテグラ(井尻薫/黒木英春/黒木健次組)がそれぞれポールポジションを獲得した。

 スーパー耐久第7戦は、ワンデーレース。15日土曜日に予選と決勝が行われる。そしてこのレースが今シーズンの国内4輪、メージャーレースの最終戦となる。ツインリンクもてぎは朝から曇り空だが、この時期にしては気温も高く過ごしやすい。8時10分よりまずはAドライバーの公式予選、続いてBドライバーの公式予選が行われた。

st_r07_q_28  ST1クラスは、すでに同クラスのチャンピオンを決めているBMW Z4Mの28号車が、A,Bドライバーともトップタイムをマークして文句なしのポールポジションを決めた。

st_r07_q_56  ST2クラスは、眠眠打破ランサーがポールを決めたが、同クラスのポイントリーダー、シーケンシャルエンドレスアドバンランサーはクラス4位。ドライバーの砂子塾長はこれが引退レースだ。同クラスポイント2位のRSオガワADVANランサーは6位と出遅れた。

st_r07_q_39  ST3クラスは前戦優勝のTRANCY SPORTS eeiA NSXがポール。すでに同クラスチャンピオンを決めているエクセディH.I.SイングスZはクラス3位からスタートする。

st_r07_q_51  ST4クラスはポイントリーダーのAGY ingsインテグラがポール。ポイント2位のRacing Modulo ADVAN TypeRは予選3位から追い上げることになってしまった。

 決勝は11時55分より105Lapで争われる。

Text: Yoshinori OHNISHI / Photo: Keiichiro TAKESHITA

スーパー耐久

S耐:第7戦もてぎA,Bドライバー総合予選結果

スーパー耐久シリーズ2008第7戦 -RIJ- (2008/11/15) A&B Total Qualify Weather:Cloudy Course:Dry
2008 Super Taikyu Series Round 7 ツインリンクもてぎ 4.801379km

PosClsCls
Pos
NoCar
Model
DriverTireA Driver
B Driver
Total
Time
Behindkm/h
1ST1128PETRONAS SYNTIUM BMW Z4M COUPE
BMW Z4M COUPE / E86
谷口 信輝
片岡龍也
YH1'57.776
1'57.502
3'55.278-146.932
2ST1250PETRONAS SYNTIUM BMW Z4M COUPE
BMW Z4M COUPE / E86
Fariqe Hairuman
柳田真孝
YH1'58.443
1'57.763
3'56.206 0.928146.355
3ST131ENDLESS ADVAN Z
NISSAN FAIRLADY Z / Z33(380RS-C)
藤井 誠暢
荒聖治
YH1'57.882
1'59.217
3'57.099 1.821145.804
4ST1410Cenote ADVAN Z
NISSAN FAIRLADY Z / Z33(380RS-C)
田中 哲也
星野一樹
YH1'59.263
1'58.725
3'57.988 2.710145.259
5ST15360OCN@Koseiポルシェ
PORSCHE 911GT3 / JGN
長島 正興
松永まさひろ
YH2'00.061
2'00.005
4'00.066 4.788144.002
6ST2156眠眠打破ランサー
MITSUBISHI LANCER Evolution / CT9A
服部 尚貴
松本達哉
YH2'01.556
2'01.703
4'03.259 7.981142.112
7ST226DIXCEL☆新菱オートEVOⅨMR
MITSUBISHI LANCER Evolution / CT9A
冨桝 朋広
関豊
YH2'02.977
2'00.670
4'03.647 8.369141.885
8ST2313ENDLESS ADVAN CS-X
MITSUBISHI LANCER Evolution / CZ4A
峰尾 恭輔
山田英二
YH2'02.193
2'03.138
4'05.33110.053140.911
9ST2437シーケンシャル エンドレス アドバン ランサー
MITSUBISHI LANCER Evolution / CT9A
和田 久
砂子塾長
YH2'03.555
2'01.935
4'05.49010.212140.820
10ST2511オーリンズ・ランサー EVO Ⅹ
MITSUBISHI LANCER Evolution / CZ4A
中谷 明彦
木下 隆之
YH2'02.859
2'02.649
4'05.50810.230140.810
11ST2620RSオガワADVANランサー
MITSUBISHI LANCER Evolution / CT9A
阪口 良平
谷口 行規
YH2'02.387
2'03.649
4'06.03610.758140.508
12ST2759東和MOTUL・EDインプレッサ
SUBARU IMPREZA / GDB
大澤 学
吉田寿博
YH2'03.713
2'02.857
4'06.57011.292140.203
13ST3139TRACY SPORTS eeiA NSX
HONDA NSX / ABA-NA2
井入 宏之
赤鮫 オヤジ
YH2'02.590
2'04.270
4'06.86011.582140.039
14ST169Faust Racing PORSCHE
PORSCHE 911GT3 / JGN
安藤 琢弥
佐藤 茂
YH2'03.375
2'03.838
4'07.21311.935139.839
15ST2826エンドレス アドバン ウエッズランサー
MITSUBISHI LANCER Evolution / CT9A
添田 正
中村 信也
YH2'04.268
2'03.643
4'07.91112.633139.445
16ST3227FINA ADVAN M3
BMW M3 / E46
小林 且雄
村田 信博
YH2'03.650
2'04.422
4'08.07212.794139.354
17ST33333エクセディH.I.S.イングスZ
NISSAN FAIRLADY Z / Z33
前嶋 秀司
佐々木雅弘
YH2'04.006
2'04.453
4'08.45913.181139.137
18ST2930オートバックス森永チルミル・RSオガワランサー
MITSUBISHI LANCER Evolution / CT9A
伊藤 俊哉
大橋正澄
YH2'05.539
2'02.985
4'08.52413.246139.101
19ST3414岡部自動車ディクセル RX-7
MAZDA RX-7 / FD3S
朝倉 貴志
山崎 学
YH2'06.338
2'04.206
4'10.54415.266137.979
20ST35113UNT Racing ☆ ings Z
NISSAN FAIRLADY Z / Z33
伊橋 勲
堤 明彦
YH2'04.037
2'06.686
4'10.72315.445137.881
21ST3615岡部自動車ディクセル Z
NISSAN FAIRLADY Z / Z33
長島正明
Igor Sushko
YH2'06.121
2'05.254
4'11.37516.097137.523
22ST37777屏風浦工業ニューテック-Z
NISSAN FAIRLADY Z / Z33
福山英朗
DRAGON
YH2'06.293
2'07.052
4'13.34518.067136.454
23ST3819高見沢整骨院☆真東☆TC神戸Z33
NISSAN FAIRLADY Z / Z33
高見沢 一吉
池上慎二
YH2'08.491
2'07.149
4'15.64020.362135.229
24ST21041CENOTE SOUEISHA EVO X
MITSUBISHI LANCER Evolution / CZ4A
畠山 陽一
下垣 和也
YH2'08.269
2'07.662
4'15.93120.653135.075
25ST21165眠眠打破三菱シンハタイランサー
MITSUBISHI LANCER Evolution/ CT9
Piti Bhiromphakdi
Sunit Srisansuchart
YH2'06.420
2'10.097
4'16.51721.239134.767
26ST4151AGY ings インテグラ
HONDA INTEGRA / DC5
井尻 薫
黒木 英春
YH2'08.626
2'08.295
4'16.92121.643134.555
27ST4231J-WAVE エンドレス YH DC5
HONDA INTEGRA / DC5
渡辺 明
ピストン西沢
YH2'08.878
2'10.235
4'19.11323.835133.416
28ST4376Racing Modulo ADVAN Type R
HONDA CIVIC TYPE-R / FD2
玉本 秀幸
小林 正吾
YH2'10.148
2'10.843
4'20.99125.713132.456
29ST4469J'S RACING CIVIC ADVAN
HONDA CIVIC TYPE-R / FD2
梅本 淳一
久保田 英夫
YH2'11.592
2'09.924
4'21.51626.238132.190
30ST4573CARACORT.SnowPeak.ERG.DC5
HONDA INTEGRA / DC5
Takamori.com
安達元気
YH2'11.919
2'10.878
4'22.79727.519131.546
31ST4618FUNKY'SコスモソニックFK ings DC5
HONDA INTEGRA / DC5
浅野 武夫
笠原 智行
YH2'10.955
2'12.170
4'23.12527.847131.382
32ST4788TUBE MAZIORA girlswalker.com
HONDA INTEGRA / DC5
松本 玲二
岡田 忠之
YH2'12.237
2'12.104
4'24.34129.063130.778
33ST4867ADVAN YAMATO CIVIC
HONDA CIVIC TYPE-R / FD2
内山 慎也
野間 一
YH2'12.311
2'12.844
4'25.15529.877130.376
34ST4922MTO tri-Ace CIVIC
HONDA CIVIC TYPE-R / FD2
石川 朗
五反田 義治
YH2'11.976
2'13.810
4'25.78630.508130.067
35ST4103TORU・INTEGRA
HONDA INTEGRA / DC5
田中 徹
松田 晃司
YH2'14.235
2'11.654
4'25.88930.611130.016
36ST41155BOLD WORLD Absolute DS CIVIC
HONDA CIVIC TYPE-R / FD2
谷川 達也
河村 直樹
YH2'11.055
2'14.858
4'25.91330.635130.005
37ST41299スゴウ アスラーダカルチャーショックSPMDC5
HONDA INTEGRA / DC5
渡辺 孝弘
福田川 優
YH2'14.998
2'13.857
4'28.85533.577128.582
38ST41381TRACY SPORTS ADVAN CIVIC
HONDA CIVIC TYPE-R / FD2
長野 賢也
兵藤 信一
YH2'14.740
2'14.543
4'29.28334.005128.378
---- 以上予選通過 ----
39ST21217ティーズ バリス SSRランサー
MITSUBISHI LANCER Evolution / CT9A
菊地 靖
塩野 健司
YH2'28.177
No Time
2'28.177-233.302

スーパー耐久

S耐:第7戦もてぎBドライバー予選結果

スーパー耐久シリーズ2008第7戦 -RIJ- (2008/11/15) B Driver Qualifying Weather:Cloudy Course:Dry
2008 Super Taikyu Series Round 7 ツインリンクもてぎ 4.801379km

PosClassCls
Pos
NoCar
Maker Model
DriverTireTimeBehindkm/h
1ST1128PETRONAS SYNTIUM BMW Z4M COUPE
BMW Z4M COUPE / E86
片岡 龍也YHR1'57.502-147.104
2ST1250PETRONAS SYNTIUM BMW Z4M COUPE
BMW Z4M COUPE / E86
柳田 真孝YH1'57.763 0.261146.778
3ST1310Cenote ADVAN Z
NISSAN FAIRLADY Z / Z33(380RS-C)
星野 一樹YH1'58.725 1.223145.588
4ST141ENDLESS ADVAN Z
NISSAN FAIRLADY Z / Z33(380RS-C)
荒 聖治YH1'59.217 1.715144.987
5ST15360OCN@Koseiポルシェ
PORSCHE 911GT3 / JGN
松永 まさひろYH2'00.005 2.503144.035
6ST216DIXCEL☆新菱オートEVOⅨMR
MITSUBISHI LANCER Evolution / CT9A
関豊YHR2'00.670 3.168143.242
7ST2256眠眠打破ランサー
MITSUBISHI LANCER Evolution / CT9A
松本 達哉YH2'01.703 4.201142.026
8ST2337シーケンシャル エンドレス アドバン ランサー
MITSUBISHI LANCER Evolution / CT9A
砂子塾長YH2'01.935 4.433141.756
9ST2411オーリンズ・ランサー EVO Ⅹ
MITSUBISHI LANCER Evolution / CZ4A
木下 隆之YH2'02.649 5.147140.930
10ST2559東和MOTUL・EDインプレッサ
SUBARU IMPREZA / GDB
吉田 寿博YH2'02.857 5.355140.692
11ST2630オートバックス森永チルミル・RSオガワランサー
MITSUBISHI LANCER Evolution / CT9A
大橋正澄YH2'02.985 5.483140.545
12ST2713ENDLESS ADVAN CS-X
MITSUBISHI LANCER Evolution / CZ4A
山田 英二YH2'03.138 5.636140.371
13ST2826エンドレス アドバン ウエッズランサー
MITSUBISHI LANCER Evolution / CT9A
中村 信也YH2'03.643 6.141139.797
14ST2920RSオガワADVANランサー
MITSUBISHI LANCER Evolution / CT9A
谷口 行規YH2'03.649 6.147139.791
15ST169Faust Racing PORSCHE
PORSCHE 911GT3 / JGN
佐藤 茂YH2'03.838 6.336139.577
16ST3114岡部自動車ディクセル RX-7
MAZDA RX-7 / FD3S
山崎学YH2'04.206 6.704139.164
17ST3239TRACY SPORTS eeiA NSX
HONDA NSX / ABA-NA2
赤鮫 オヤジYH2'04.270 6.768139.092
18ST3327FINA ADVAN M3
BMW M3 / E46
村田信博YH2'04.422 6.920138.922
19ST34333エクセディH.I.S.イングスZ
NISSAN FAIRLADY Z / Z33
佐々木 雅弘YH2'04.453 6.951138.887
20ST3515岡部自動車ディクセル Z
NISSAN FAIRLADY Z / Z33
Igor SushkoYH2'05.254 7.752137.999
21ST36113UNT Racing ☆ ings Z
NISSAN FAIRLADY Z / Z33
堤 明彦YH2'06.686 9.184136.439
22ST37777屏風浦工業ニューテック-Z
NISSAN FAIRLADY Z / Z33
DRAGONYH2'07.052 9.550136.046
23ST3819高見沢整骨院☆真東☆TC神戸Z33
NISSAN FAIRLADY Z / Z33
池上 慎二YH2'07.149 9.647135.943
24ST21041CENOTE SOUEISHA EVO X
MITSUBISHI LANCER Evolution / CZ4A
下垣和也YH2'07.66210.160135.396
25ST4151AGY ings インテグラ
HONDA INTEGRA / DC5
黒木英春YH2'08.29510.793134.729
26ST4269J'S RACING CIVIC ADVAN
HONDA CIVIC TYPE-R / FD2
久保田 英夫YH2'09.92412.422133.039
27ST21165眠眠打破三菱シンハタイランサー
MITSUBISHI LANCER Evolution/ CT9
Sunit Srisansuchart2'10.09712.595132.862
28ST4331J-WAVE エンドレス YH DC5
HONDA INTEGRA / DC5
ピストン西沢YH2'10.23512.733132.721
29ST4476Racing Modulo ADVAN Type R
HONDA CIVIC TYPE-R / FD2
小林 正吾YH2'10.84313.341132.106
30ST4573CARACORT.SnowPeak.ERG.DC5
HONDA INTEGRA / DC5
安達 元気YH2'10.87813.376132.070
31ST463TORU・INTEGRA
HONDA INTEGRA / DC5
松田晃司YH2'11.65414.152131.291
32ST4788TUBE MAZIORA girlswalker.com
HONDA INTEGRA / DC5
岡田 忠之YH2'12.10414.602130.844
33ST4818FUNKY'SコスモソニックFK ings DC5
HONDA INTEGRA / DC5
笠原 智行YH2'12.17014.668130.778
34ST4967ADVAN YAMATO CIVIC
HONDA CIVIC TYPE-R / FD2
野間 一YH2'12.84415.342130.115
35ST41022MTO tri-Ace CIVIC
HONDA CIVIC TYPE-R / FD2
五反田 義治YH2'13.81016.308129.175
36ST41199スゴウ アスラーダ カルチャーショックSPMDC5
HONDA INTEGRA / DC5
福田川 優YH2'13.85716.355129.130
37ST41281TRACY SPORTS ADVAN CIVIC
HONDA CIVIC TYPE-R / FD2
兵藤 信一YH2'14.54317.041128.472
38ST41355BOLD WORLD Absolute DS CIVIC
HONDA CIVIC TYPE-R / FD2
河村 直樹YH2'14.85817.356128.172
---- 以上予選通過 ----
-ST2-17ティーズ バリス SSRランサー
MITSUBISHI LANCER Evolution / CT9A
塩野健司YHNo Time--
  • 'R'マークはコースレコードを更新した。

スーパー耐久

S耐:第7戦もてぎAドライバー予選結果

スーパー耐久シリーズ2008第7戦 -RIJ- (2008/11/15) A Driver Qualifying Weather:Cloudy Course:Dry
2008 Super Taikyu Series Round 7 ツインリンクもてぎ 4.801379km

PosClassCls
Pos
NoCar
Maker Model
DriverTireTimeBehindkm/h
1ST1128PETRONAS SYNTIUM BMW Z4M COUPE
BMW Z4M COUPE / E86
谷口 信輝YH1'57.776-146.761
2ST121ENDLESS ADVAN Z
NISSAN FAIRLADY Z / Z33(380RS-C)
藤井 誠暢YH1'57.882 0.106146.629
3ST1350PETRONAS SYNTIUM BMW Z4M COUPE
BMW Z4M COUPE / E86
Fariqe HairumanYH1'58.443 0.667145.935
4ST1410Cenote ADVAN Z
NISSAN FAIRLADY Z / Z33(380RS-C)
田中 哲也YH1'59.263 1.487144.931
5ST15360OCN@Koseiポルシェ
PORSCHE 911GT3 / JGN
長島 正興YH2'00.061 2.285143.968
6ST2156眠眠打破ランサー
MITSUBISHI LANCER Evolution / CT9A
服部 尚貴YH2'01.556 3.780142.198
7ST2213ENDLESS ADVAN CS-X
MITSUBISHI LANCER Evolution / CZ4A
峰尾恭輔YH2'02.193 4.417141.456
8ST2320RSオガワADVANランサー
MITSUBISHI LANCER Evolution / CT9A
阪口 良平YH2'02.387 4.611141.232
9ST3139TRACY SPORTS eeiA NSX
HONDA NSX / ABA-NA2
井入 宏之YH2'02.590 4.814140.998
10ST2411オーリンズ・ランサー EVO Ⅹ
MITSUBISHI LANCER Evolution / CZ4A
中谷 明彦YH2'02.859 5.083140.689
11ST256DIXCEL☆新菱オートEVOⅨMR
MITSUBISHI LANCER Evolution / CT9A
冨桝朋広YH2'02.977 5.201140.554
12ST169Faust Racing PORSCHE
PORSCHE 911GT3 / JGN
安藤 琢弥YH2'03.375 5.599140.101
13ST2637シーケンシャル エンドレス アドバンランサー
MITSUBISHI LANCER Evolution / CT9A
和田 久YH2'03.555 5.779139.897
14ST3227FINA ADVAN M3
BMW M3 / E46
小林且雄YH2'03.650 5.874139.789
15ST2759東和MOTUL・EDインプレッサ
SUBARU IMPREZA / GDB
大澤 学YH2'03.713 5.937139.718
16ST33333エクセディH.I.S.イングスZ
NISSAN FAIRLADY Z / Z33
前嶋 秀司YH2'04.006 6.230139.388
17ST34113UNT Racing ☆ ings Z
NISSAN FAIRLADY Z / Z33
伊橋 勲YH2'04.037 6.261139.353
18ST2826エンドレス アドバン ウエッズランサー
MITSUBISHI LANCER Evolution / CT9A
添田 正YH2'04.268 6.492139.094
19ST2930オートバックス森永チルミル・RSオガワランサー
MITSUBISHI LANCER Evolution / CT9A
伊藤俊哉YH2'05.539 7.763137.686
20ST3515岡部自動車ディクセル Z
NISSAN FAIRLADY Z / Z33
長島正明YH2'06.121 8.345137.051
21ST36777屏風浦工業ニューテック-Z
NISSAN FAIRLADY Z / Z33
福山英朗YH2'06.293 8.517136.864
22ST3714岡部自動車ディクセル RX-7
MAZDA RX-7 / FD3S
朝倉貴志YH2'06.338 8.562136.815
23ST21065眠眠打破三菱シンハタイランサー
MITSUBISHI LANCER Evolution/ CT9
Piti Bhiromphakdi2'06.420 8.644136.727
24ST21141CENOTE SOUEISHA EVO X
MITSUBISHI LANCER Evolution / CZ4A
畠山陽一YH2'08.26910.493134.756
25ST3819高見沢整骨院☆真東☆TC神戸Z33
NISSAN FAIRLADY Z / Z33
高見沢 一吉YH2'08.49110.715134.523
26ST4151AGY ings インテグラ
HONDA INTEGRA / DC5
井尻薫YH2'08.62610.850134.382
27ST4231J-WAVE エンドレス YH DC5
HONDA INTEGRA / DC5
渡辺 明YH2'08.87811.102134.120
28ST4376Racing Modulo ADVAN Type R
HONDA CIVIC TYPE-R / FD2
玉本 秀幸YH2'10.14812.372132.810
29ST4418FUNKY'SコスモソニックFK ings DC5
HONDA INTEGRA / DC5
浅野 武夫YH2'10.95513.179131.992
30ST4555BOLD WORLD Absolute DS CIVIC
HONDA CIVIC TYPE-R / FD2
谷川 達也YH2'11.05513.279131.891
31ST4669J'S RACING CIVIC ADVAN
HONDA CIVIC TYPE-R / FD2
梅本 淳一YH2'11.59213.816131.353
32ST4773CARACORT.SnowPeak.ERG.DC5
HONDA INTEGRA / DC5
Takamori.comYH2'11.91914.143131.027
33ST4822MTO tri-Ace CIVIC
HONDA CIVIC TYPE-R / FD2
石川 朗YH2'11.97614.200130.971
34ST4988TUBE MAZIORA girlswalker.com
HONDA INTEGRA / DC5
松本 玲二YH2'12.23714.461130.712
35ST41067ADVAN YAMATO CIVIC
HONDA CIVIC TYPE-R / FD2
内山 慎也YH2'12.31114.535130.639
36ST4113TORU・INTEGRA
HONDA INTEGRA / DC5
田中 徹YH2'14.23516.459128.766
37ST41281TRACY SPORTS ADVAN CIVIC
HONDA CIVIC TYPE-R / FD2
長野 賢也YH2'14.74016.964128.284
38ST41399スゴウ アスラーダ カルチャーショックSPMDC5
HONDA INTEGRA / DC5
渡辺 孝弘YH2'14.99817.222128.039
---- 以上予選通過 ----
-ST2-17ティーズ バリス SSRランサー
MITSUBISHI LANCER Evolution / CT9A
菊地靖YH2'28.17730.401116.651

SUPER GT

SGT:第9戦富士 クスコDUNLOPスバルインプレッサが3位表彰台を獲得 (SUBARU)

 SUPER GT第9戦は11月第2週の週末に、静岡県の富士スピードウェイで行われた。それまでの静岡県東部は例年より温暖な日々が続き、富士山名物の冠雪も薄くなってしまうほど。しかし、この週末はあいにくの雨に見舞われたこともあり、肌寒い晩秋のおもむきであった。

 土曜日午前に行われた公式予選1回目は雨。AWDを武器とするインプレッサにとっては、またとないアピールのチャンスとなる。ここでアタッカーのヴァンダムは1.6kmのストレートからヘアピンに至るダウンヒルの高速セクション、そして後半の左右に振られるテクニカルセクションまでを激しくプッシュし、2番手タイムをマーク。スーパーラップ進出を果たした。

 雨は上がったものの、依然として湿った路面となったスーパーラップでもアタッカーのヴァンダムは見せ場を作り、見事にインプレッサをポールポジションに導いた。インプレッサのポール獲得は今季3回目となりグランドスタンドのSUBARUファンは大いに盛り上がった。

 決勝レースが行われた11月9日。富士スピードウェイは地元静岡や首都圏から集まった47,100名ものレースファンで溢れかえった。人気のSUPER GTシリーズ最終戦ということで、今季最多の人出だった。スターティンググリッドでは、GT300隊列の最前列にはためくSUBARUフラッグがひときわ目立っていた。

 スタート前には、ポツポツと小雨が降り始めたが、路面はむしろドライコンディションとなっていき、スリックタイヤを選ぶか、インターミディエイトタイヤ(軽い雨用タイヤ)をチョイスするか、どのチーム関係者も頭を悩ませた。フォーメーションラップの直前にCUSCOチームはインターミディエイトを選んだ。

 午後2時、通常より1周多い2周のフォーメーションラップを経て決勝レースがスタート。インプレッサのスタートはヴァンダムが務めた。コースは全車が全開走行しても水しぶきは上がらず、路面はほぼドライになっていた。このため、タイヤへの負担はかなり厳しいものとなりチームは早めに決断し、ピットインを指示した。

 序盤にピットインしてタイヤをスリックに交換したインプレッサは、最後尾まで順位を落としていた。しかし、ヴァンダムは怒濤の追い上げを開始。山野に交代するまでの間に、12位にまで順位を押し上げた。一時落胆したSUBARUファンはヴァンダムのファイトに惜しみない声援を送った。

 レース中盤には再び雨。ドライバー交代とともにレインタイヤを装着し、コースに復帰した山野は、思い切りの良いドライビングで上位陣を次々にパスしていく。悪条件で真価を発揮したベテラン山野は、9台抜きを果たして3位表彰台を獲得。インプレッサらしい戦い方で今シーズンを締めくくった。

上記の詳細は下記WEBサイトをご覧ください。
[スバルモータースポーツマガジン]

Text: スバルテクニカインターナショナル株式会社

SUPER GT

SGT:第9戦富士 レクサスSC430が2-3位表彰台、トムスがチームタイトルを獲得 (TOYOTA)

08sgt_rd9_1
15番手スタートから追い上げトヨタ勢最上位の
2位フィニッシュを果たしたZENT CERUMO SC430 38号車

 2008年シーズンのSUPER GT最終戦となる第9戦「FUJI GT 300km RACE」が11月8日(土)、 9日(日)の両日、静岡県の富士スピードウェイで開催された。

 シーズンも最終戦を迎えることとなったが、ランキング3位につける脇阪寿一/アンドレ・ロッテラー組のPETRONAS TOM'S SC430 36号車と、同5位の立川祐路/リチャード・ライアン組のZENT CERUMO SC430 38号車が、タイトル獲得の可能性を残しており、タイトル奪還をかけてトヨタのホームコースである富士で行われる最終戦に臨んだ。

 今大会にはGT500クラスに16台、GT300 クラスに27台の計43台がエントリー。トヨタ勢はGT500クラスに6台のレクサスSC430、GT300クラスには2台のレクサスIS350と2台のトヨタMR-Sが出場した。

◆予選◆

 予選の行われた8日(土)は朝から降雨に見舞われ、ウェット状態で行われることとなった。予選1回目は午前10時10分から行われ、低い気温とウェット路面に各車苦しむこととなった。

 スーパーラップへの出場権をかけた予選1回目では、宝山 KRAFT SC430 35号車が3番手、逆転タイトルを狙う36号車が5番手、ECLIPSE ADVAN SC430 25号車は6番手でレクサスSC430は3台がスーパーラップ進出。タイトルを争う38号車はタイムアップを果たせず15番手。決勝での追い上げに賭けることとなった。

 午後1時45分からの予選2回目に続き行われたスーパーラップでは、TDPドライバー石浦宏明がアタックを担当した25号車が4番手グリッドを確保。35号車が6番手、36号車が8番手につけた。

 GT300クラスでは、唯一スーパーラップに進出したウェッズスポーツIS350 19号車が好走を見せ2列目3番手グリッドとなった。

◆決勝◆

 9日(日)は雲は多いものの雨は止み、朝8時35分からのフリー走行は、当初はウェット部分が残るものの、セッションが進むに連れ路面は乾き、各車ドライタイヤでの走行となった。このフリー走行では、負傷から3戦ぶりの復帰を果たした伊藤大輔のドライブするENEOS SC430がトップタイム。これに38号車、36号車、 35号車のレクサスSC430が続き、決勝での活躍に期待が高まった。

 決勝レースのスタート前まではドライコンディションであったが、スタートを目前にして再び降雨に見舞われ、グリッド上でほとんどの車両が浅溝のウェットタイヤに交換。低い気温を考慮して、2周のフォーメーションラップの後、66周で競われる決勝レースのスタートが切られた。

 6番手からスタートを切った36号車は、ウェットコンディションを得意とするアンドレ・ロッテラーが序盤から猛追を見せ、一気に2位に浮上。しかし、路面はどんどん乾いていき、各車は2周目から6周目にかけて、ウェットタイヤからドライタイヤへと交換を行っていった。これで上位に浮上したのが、ドライタイヤのままのスタートを選択したDENSO DUNLOP SARD SC430 39号車。14番手から、スタート直後は最後尾まで後退していたものの、他車がピットでのタイヤ交換を行ったため、首位に浮上した。

 後方では、4位を走行する36号車が激しいバトルを繰り広げていたが、18周目に他車と接触。右リアタイヤのパンクを喫し、ピットイン。大きくポジションを落とすこととなってしまった。

 同様にドライタイヤでのスタート作戦を採ったGT-R 12号車と首位争いを展開していた39号車は、ドライバーを交代する中盤のピットインで、引き続きドライタイヤを選択したが、不運にもその直後から雨足が強くなり、再度ピットインしウェットタイヤへと交換。首位争いからは脱落してしまった。

 変わりやすいコンディションで、順位がめまぐるしく入れ替わるレースとなったが、中盤のドライバー交代を終えた時点で、35号車が2位、そして15位スタートの38号車が見事な追い上げで3位までポジションを上げた。勢いに乗る38号車は、35号車もパスし2位に浮上すると、終盤、ウェットコンディションの中で他車よりも1秒近く速いタイムで猛烈な追い上げを見せ、首位との差を縮めていったが、惜しくも届かず。

 38号車が2位、後半追い上げた6号車が3位でフィニッシュし、シーズン最終戦で2台のレクサスSC430が表彰台を獲得した。後半のタイヤ選択でポジションを落としたものの、終盤猛追を見せた39号車が5位、35号車が6位。アクシデントでポジションを落とした 36号車は7位に終わり、逆転タイトル獲得はならなかった。25号車も8位でフィニッシュし、レクサスSC430勢は、ホームレースとなる富士で、全車がトップ10入賞を果たし、シーズンを締め括った。

 ドライバーズタイトル獲得は惜しくも叶わなかったものの、コンスタントに上位入賞を重ねた36号車のPETRONAS TOYOTA TEAM TOM'Sは、チームタイトルを獲得した。

 GT300クラスでは、17番手スタートのDOUBLEHEAD avex apr MR-S 31号車が難コンディションで粘り強くポジションを上げ4位フィニッシュ。3番手からスタートした19号車は、スタート後まもなくトップに立ち、前半激しい首位争いを繰り広げたが、後半のウェットコンディションで順位を落とし、5位でチェッカーを受けた。

トヨタ自動車(株)モータースポーツ部主査 林博美のコメント:
 難しい雨のコンディションの中でトヨタ勢各チームは一丸となって全力で戦った結果、チームタイトルでチャンピオンと2位を獲得することが出来た。ファンの皆様には今年一年、暖かい応援を頂けたことを心から感謝申し上げたい。来年は新型の純レーシングV8 3.4Lエンジンを搭載した車両で参戦するメーカーとして、今年の成績を上回る成果を上げ、チームタイトルに加えてドライバーチャンピオンも獲得出来るよう頑張りたい。

Text & Photo: トヨタ自動車株式会社

SUPER GT

SGT:第9戦富士決勝 XANAVI NISMO GT-Rがシリーズチャンピオン獲得 (NISMO)

 曇り空のもと、シリーズ最終戦の決勝レースには47,100人もの観客が集まった。午後2時のスタート時は、低くたれ込めた雲から時折ポツポツと雨粒がこぼれる空模様だったため、各チームともスタートに使うタイヤの選択に悩んだ。多くのチームが状況の悪化を予想し、インターミディエイトタイヤを選んだが、チームIMPULの星野一義監督は、スリックタイヤの装着を指示。「長いこと富士で走っている経験から決断しました。次生(松田)には5周だけ我慢してくれ、と伝えました」と語った。その決断通りに、レーススタート後に雨は止んでみるみる路面の水がはけていった。このため、多くのチームが数周以内にタイヤ交換のためにピットイン。松田がドライブする#12 GT-Rは、6周目には2位に浮上。その後首位を走る#39 レクサスSC430を捉え、17周目にはトップに立った。その後松田はリードを広げ、32周目にピットインしてフィリップに交代するまで首位をキープ。この頃には再び雨が降り出し、インターミディエイトタイヤでピットアウトしたフィリップはトップのままレースに戻った。その後は30秒ものマージンをもって落ち着いて周回し、チームに8月の第6戦鈴鹿1000kmレース以来今季2度目の優勝をもたらした。

 フロントロウからオリベイラがスタートした#24「WOODONE ADVAN Clarion GT-R」(ジョアオ・パオロ・デ・オリベイラ/荒聖治)は3周目にタイヤを交換したのち、ドライブトレイン系にトラブルが発生、16周目にピットガレージに入れて修理を行った。その後20周遅れでレースに復帰し、15位で完走を果たした。

 インターミディエイトタイヤを装着してスタートした#23 GT-Rは、トレルイエが前半の周回を担当。不安定な路面の時間帯にアグレッシブな走りを見せ、一時3位を走行した。しかし、18周過ぎからタイヤグリップが低下し、22周目にピットインしてタイヤ交換と同時に本山にドライバーチェンジした。長い周回を走ることになった本山だが、途中再びタイヤを交換するためピットイン。その後は、タイヤをセーブしながらコンスタントに周回を重ねた。後半は、ややペースを上げ最終的にはポイント圏内の9位で完走。ドライバーズ選手権ポイントを2点加算し、チャンピオン獲得を確実なものとした。

#23 GT-Rは、本年シーズンの開幕戦をデビューウィンで飾ると、続く第2戦も優勝。10月にオートポリスで行われた第8戦も優勝しているため、今季3勝を果たしていた。本山哲は、2004年以来の年間ドライバーズチャンピオンに復帰した。「MOTUL AUTECH GT-R」(#22 ミハエル・クルム/柳田真孝)は、11位で完走。「YellowHat YMS TOMICA GT-R」(#3 ロニー・クインタレッリ/横溝直輝)は、同13位だった。

#23 GT-Rドライバー 本山哲
 「新しいGT-Rのデビューイヤーに3勝でき、チャンピオンも獲れたので、この上ないシーズンとなりました。最終戦はウェイトも重かったので苦しいレースでしたが、昨日の予選のブノワの走りや今日の意外な展開など、予想外の雨も僕らに味方してくれたようです。一年間応援をありがとうございました」
#12 GT-Rドライバー 松田次生
 「スタート前にスリックタイヤをチョイスしたのは、星野監督とチームの決断です。これが全てで、僕らは今季2勝目を上げることができました。結果的に23号車もシリーズチャンピオンになれたし、最高の一日になりました。最後まで大きな声で応援していただいたファンの皆さん、本当にありがとうございました。今度は僕らがシリーズチャンピオンを獲ります。来年もまた応援をよろしくお願いします」
ニスモ飯嶋嘉隆監督
 「公約通りシリーズチャンピオンが獲得できてホッとしています。今日はライバルチームの動静を見ながら、リスクを避け、チャンピオン獲得に集中して戦いました。12号車もパーフェクトな走りを見せてくれたし、GT300もZがチャンピオンカーとなりました。本当に素晴らしい一日、素晴らしい一年となりました。多数おいでいただきましたファンの皆さまに心からお礼を申し上げます。ありがとうございました」
上記の詳細は下記WEBサイトをご覧ください。
http://www.nismo.co.jp/M_SPORTS/index.html

Text: NISMO

SUPER GT

SGT:第9戦富士 EPSON NSX(L.デュバル/平中克幸組)が4位 (HONDA)

gt_r09_hr01.jpg

EPSON NSX(L.デュバル/平中克幸組)が4位、 道上龍/小暮卓史組(TAKATA童夢NSX)はランキング6位でシーズンを終える

2008年11月9日(日) 決勝 会場:富士スピードウェイ(4.563km) 天候:予選/雨時々曇り 決勝/曇り時々小雨 気温:11℃(14:00現在) 路面温度:11℃(14:00現在) 決勝レース:66周(301.158km) コースコンディション:決勝/ウエット 観客数:4万7100人(主催者発表)

 11月9日(日)、静岡県・富士スピードウェイにおいて今年のSUPER GTシリーズ最終戦となる、2008 オートバックス SUPER GT第9戦「FUJI GT 300km RACE」の決勝レースが開催された。

 シリーズタイトル争いは、#23 本山哲/B.トレルイエ組(XANAVI NISMO GT-R)がドライバー部門のランキングトップに立ち、Honda NSX-GTを駆る#18 道上龍/小暮卓史組(TAKATA童夢NSX)が14ポイント差の2位で追いかける展開となっている。道上と小暮が逆転でタイトルを獲得するには、優勝して#23 XANAVI NISMO GT-Rが6位以下の成績か、#23がノーポイントの場合は2位以上でチェッカーフラッグを受けることが条件となっている。

 8日(土)は、朝から雨が降り続き、完全なウエットコンディションでの予選となった。NSX-GTは予選2回目のスーパーラップに全車5台が出場し、1分42秒661を記録した#17 金石勝智/金石年弘組(REAL NSX)が初のポールポジションを獲得することとなった。続いて3番手に#1 ラルフ・ファーマン/伊沢拓也組(ARTA NSX)、5番手に#100 井出有治/細川慎弥組(RAYBRIG NSX)、逆転タイトル獲得を狙う#18 道上/小暮組は7番手、#32 ロイック・デュバル/平中克幸組(EPSON NSX)は10番手から決勝のスタートを迎えることとなった。

 決勝日の9日(日)は、午前中は曇り空でドライ路面だったが、午後から霧雨が降る場面もあり、路面はところどころが濡れているハーフウエット状態。さらに冷え込みも厳しく、気温は11℃、路面温度は11℃まで低下して、タイヤの選択など難しい判断が求められ、NSX-GTは全車が浅溝のレインタイヤを選択した。決勝スタート前のフォーメーションラップは、各車のタイヤグリップを考慮して2周に増やされ、総勢43台(GT500クラス計16台)のマシンは14時7分にローリング・スタートを切った。

 ホールショットは、ポールポジションからスタートした#17 REAL NSXの金石年弘選手。#1 ARTA NSXのR.ファーマン選手が3位、#18 TAKATA童夢NSXの小暮選手が7位。#100 RAYBRIG NSXの井出選手が8位、#32 EPSON NSXのL.デュバル選手が9位と続く。スタート直前から分厚い雲が空を覆っているが雨はほぼ止んでおり、2周を終えてスリックタイヤに変更するチームもあった。

 しかし、ラップタイムを見てもスリックタイヤのマシンが1分37秒台を記録するなどタイム的に有利な状況となったため、4周終了時にトップを走行していた金石年弘選手や3位のR.ファーマン選手もスリックタイヤへの変更を行った。この結果、スタート時からスリックタイヤを選択していた#39 DENSO DUNLOP SARD SC430と#12 カルソニック IMPUL GT-Rの2台が3位以下を約1分もリードする展開となった。

 10周目終了時、ほぼ全車がドライタイヤに交換した状況で、#1 ARTA NSXのR.ファーマン選手が7位、#17 REAL NSXの金石年弘選手が9位、#18 TAKATA童夢NSXの小暮選手が13位、#32 EPSON NSXのL.デュバル選手が14位、#100 RAYBRIG NSXの井出選手が16位を走行する。

 ところが、ほどなく再び霧雨が降り始めるというコンディションとなり、15周目にはラップタイムも1分38秒台とわずかに下がってくる。さらに上位のマシンにトラブルが続出する展開となり、激しく追い上げるR.ファーマン選手は18周目に3位に浮上、金石年弘選手も4位となる。小暮選手は10位を走行し、レース展開を静観しながら走行する。#100 RAYBRIG NSXの井出選手はエンジントラブルのために緊急ピットインをするが、そのまま無念のリタイアとなった。

 23周目あたりから、ランキングトップの#23 XANAVI NISMO GT-Rなどがドライバー交代を敢行、後半もスリックタイヤを選択してレースに復帰している。霧雨も降り続けているが、1分40秒台で走行できる状況ではスリックタイヤが有利な展開となっている。

 しかし、28周目あたりで各車のラップタイムが1分45秒台へと急激に落ちたため、#23 XANAVI NISMO GT-Rは再びピットインして浅溝レインタイヤに交換した。30周目になると雨の量が増え始めて完全なウエットコンディションとなった。ここでタイミングよくドライバー交代を敢行した#1 ARTA NSXは浅溝レインタイヤに交換して伊沢選手がレースに復帰した。

 ほぼ全車がドライバー交代を終えた36周時点で、トップは#12 カルソニック IMPUL GT-R。交代してからタイムが伸び悩む#1 ARTA NSXの伊沢選手は5位となり、#32 EPSON NSXの平中選手が6位、#18 TAKATA童夢NSXの道上選手が9位、#17 REAL NSXの金石勝智選手が10位を走行する。

 45周目あたりになると雨脚はさらに強くなり、浅溝レインタイヤでも苦しいコンディションとなってくる。47周目に平中選手が伊沢選手をパスして5 位に浮上。伊沢選手はレインタイヤと路面状況が合わなかったために他車よりラップタイムで3秒以上遅く、苦しい走行を強いられている。シリーズタイトル争いに関わる道上選手も同様に苦しい走りでポイント圏外の11位となり、53周終了時に再びタイヤを交換するために3回目のピットインを敢行し、14位まで順位を下げた。

 天候に翻弄された最終戦は、スタート時のギャンブルが的中した#12 カルソニック IMPUL GT-Rが独走で66周を走りきり今季2勝目を挙げた。NSX-GTは終盤にポジションを1つ上げた#32 EPSON NSXが4位、#17 REAL NSXが10位、#1 ARTA NSXが12位となった。14位でチェッカーフラッグを受けた#18 TAKATA童夢NSXは、ドライバー部門のシリーズランキング6位に終わり、シリーズタイトルは、今回9位となった#23 本山/B.トレルイエ組が獲得した。チーム部門では、DOME RACING TEAMが5位となった。

コメント
白井裕|NSX-GTプロジェクト・プロジェクトリーダー
 「今日は、路面が冷えた状態でのレインタイヤとNSX-GTのマッチングを詰めることができず、17号車のポールポジション獲得など予選順位を生かすことができませんでした。今シーズンも、ポールポジションを4回獲得するなど、NSX-GTの速さをお見せすることはできたと思っています。しかし、結果としては予選の速さを生かせず、1勝にとどまり昨年獲得したシリーズタイトルを逃したことを非常に悔しく思います。この結果を真摯に受け止め、オフシーズンには課題を克服できるように取り組んで参ります。来シーズンはタイトルを奪還できるようにがんばりますので、期待してください。一年間、皆様の熱いご声援ありがとうございました」
ロイック・デュバル選手(4位、#32 EPSON NSX)
 「スタート時はかなり難しいコンディションでした。結果的にスリックタイヤを選択した2台がギャンブルに勝ったけれど、あれは運がよかったと言うしかないですね。その後、スリックタイヤに変えてからは、マシンのセッティングが合っていなかったこともあって少し苦労しました。でも、平中選手に代わってから、我々のレインタイヤがよく働いてくれたおかげで少しずつポジションを上げていくことができました。前戦の2位表彰台獲得でウエイトハンデも積みながら、連続して好結果を残せたことに満足しています。多くのファンが僕たちを応援し続けてくれたことに感謝したいです」
平中克幸選手(4位、#32 EPSON NSX)
 「荒れたレース展開となりましたね。雨でのセッティングとタイヤのマッチングには自信があったので、今日は雨だといいなと思っていました。デュバル選手のピットインタイミングもよく、コースに出てからスリックタイヤのマシンを何台かパスすることができました。最後まで安定して走ることができて、4位でゴールできたことは来年に向けてポジティブな結果となりました。今シーズンは、初めてNSX-GTをドライブし、とてもいい印象が持てました。しかしながら自分自身がマシンを生かす走らせ方を習得しきれない部分もあって、悔しい時期もありましたが、シーズン終盤には会得できたと思います。パーフェクトではありませんが、とてもいいシーズンを過ごせたと思います。応援ありがとうございました」

Text & Photo: HONDA

SUPER GT

SGT:第9戦富士 ARTAガライヤがダイシンZに抗議。GT300クラスの正式結果はJAF裁定待ちに

11月9日、富士スピードウェイで行われたスーパーGT第9戦、「富士GT300kmレース」の決勝結果に対し、#43ARTA Garaiyaを走らせるオートバックス・レーシング・チーム・アグリ(ARTA)より抗議が提出されたことがわかった。

これは決勝レース中の#81ダイシンADVAN Zの行為に対するものとされており、現時点で詳細は不明だが、 81号車はオープニングラップのダンロップコーナーにおいてコースアウトした際、 コース上をスロー走行する#95ライトニングマックイーンMR-Sを追い越す形でコースに復帰しており、 おそらくはこの件を指していると考えられる。
もしこの件に関し、81号車に対して25秒以上のタイム加算が課せられれば、43号車は8位に繰り上がり、46号車と同ポイント、 優勝回数の差でGT300チャンピオンを獲得する可能性が出てくる。

しかし審査委員会は17時49分にこの抗議を棄却する裁定を下し(18時17分発行の公式通知No24)、 これを不服としたARTAが控訴を提出したため、GT300クラスに関しては、正式結果はJAFの裁定待ちとなった。 (18時57分発行の公式通知No25)

SUPER GT

SGT:2008シリーズチャンピオンのコメント

gt_2008_drivers_champion_pc

ドライバーズチャンピオン
GT500クラス #23XANAVI NISMO GT-R
本山 哲

今日のレースを走り終わって、まずは思い描いた結末に終われたな、という印象を持ちました。
レースは思った以上に厳しい展開になりました。序盤ブノワが頑張ってくれて序盤に3位に上がることが出来て、 あとはその順位を守ってイージーなレースになると思っていました。タイヤの暖まりが悪いので、グレイニングにだけ気をつければいいと。
ところが雨がまた降ってきて状況が激変してしまい、またタイヤ交換することになって最後まで必死で追い上げる展開になりました。
今シーズンは、ニッサンの中心的なクルマに乗り、注目を集めるデビューイヤーで、開幕戦で勝利できて、 オートポリスにもまた勝つつもりでいきましたし、そこでタイトルも決めるつもりでした。 実際勝ったときはチャンピオンも決めたと勘違いしてたくらいで。
素晴らしいシーズンでした。責任を果たせたという感じで、僕も、ブノワも、 メカニックのみんなも各自がパフォーマンスを発揮すれば必ず結果が出るんだなと。
表彰式ではもう暗くなってしまっていたので、ファンの皆さんの顔は見れませんでしたが、雰囲気と、拍手と、声援は感じました。
今日はニッサンにとって最高の日になりました。

ブノワ・トレルイエ
実に難しいレースでしたが、全員がそう思ってることでしょう。
序盤から激しいバトルに巻き込まれましたが、タイヤをスリックに替えてからは140kgもウェイトを積んでるとは思えないぐらい良い状態で、 予選と同じぐらいにプッシュして走れました。ただ、グレイニングがでていて、速めにピットストップしなければなりませんでした。
そのためにサトシはスリックでスタートすることになってしまい、難しい状況になってしまいましたが、 今週末はずっとセットアップが良かったので、最後も順位を上げることが出来ました。
シリーズタイトルを獲れて嬉しいです。F3やフォーミュラニッポンでは獲っていますが、GTは初めてですから。
ニスモが今年僕を使ってくれて、日本で最高のドライバーと組ませてもらいました。彼とはフォーミュラニッポンで組んだことがあるので、 コミュニケーションもばっちりでしたし、チーム全体が最高のパッケージでしたが、それだけにすごいプレッシャーがありました。
正直、モチベーションが落ちかかったときもありましたが、ファンの声援が支えてくれました。感謝しています。

GT300クラス #46MOLAレオパレスZ
星野 一樹

素直に嬉しいです。1点を争う難しい展開だったので、レースが終わった直後は何がおきたか判らなくて、最初は実感が沸きませんでしたが、 今はすごく嬉しいです。
前のクルマに合わせてスリックでいったところ、1周目にアクシデントに巻き込まれて、それでも諦めずに頑張って順位を上げたら、 またアクシデントに。それでも最後まで諦めずに走りました。
スタート前は、スクリーンに雨粒が当たるたびに不安になりましたが、ドライだと信じて走りました。
交代してからも安田が毎周順位を上げてきてくれたので、信じて待っていました。

安田 裕信
スタートしてすぐに一樹さんがAコーナーで接触したときはもう駄目だと思いましたが、そこから猛プッシュでガライヤを抜いてきてくれました。 でもまたアクシデントにあってしまって。後半は雨が降ってきましたが、何も考えずにプッシュしていきました。 もう自分が何位を走っているかも考えていませんでしたので、チェッカーを受けたあとも、自分が6位だということも、 チャンピオンだということもわかりませんでした。
開幕前から一樹さんと全戦全力で行くと決めていて、そのとおりにやってチャンピオンを獲れたので、この作戦が良かったのだと思います。

チームタイトル
GT500クラス #36チームトムス
関谷 正徳監督

ドライバーズタイトルも獲りたかったんですが、それはプレゼントしてしまいました。それでもチームタイトルを獲り、 一矢報いることが出来てよかったです。
今日も良いレースだったと思います。通しでみると決して悪い内容のレースはありませんでした。
メカニックもドライバーも良い仕事をしてくれたからチームタイトルに結びついたのだと思います。

GT300クラス #46MOLA
芳賀 美里監督

素直に嬉しいという気持ちです。
今日は2回『もうだめだ』と思うシーンがありましたが、最後まで諦めずに頑張りました。第1戦でトラブルからリタイヤしてしまいましたが、 それ以外は確実にポイントを重ねることが出来、本来はウェイトを降ろしにいくはずだった鈴鹿1000kmでは優勝と、 予想外の多いレースになりました。一樹選手も安田選手もよくチームを引っ張ってくれました。4年間やってきて、 記者会見に呼ばれるのは初めてなので、緊張しています。

まとめ: Kazuhisa SUEHIRO / Photo: Yoshinori OHNISHI

SUPER GT

SGT:第9戦富士決勝 優勝ドライバーのコメント

gt_r09_r_winner

GT500クラス #12カルソニックIMPUL GT-R
松田 次生

今回のレースは2度目の優勝が狙えるウェイトでしたから、チームとも優勝を狙っていこう、と話し合ってここにきました。 フリー走行でも勝てるだけの感触がありましたが、予選で外してしまい、スーパーラップに残れませんでした。 チームには悪いことをしたと思います。
決勝では、12位スタートからトップを狙えるようにとスリックでいくことにしました。 ウォームアップランでは3速4速でもホイールスピンするような状況で不安はありましたが、空は明るかったし、 経験豊富な星野さんのアドバイスなどもあり、チームみんなでスリックでいこうと決めました。
最初の4周はコースに留まるだけでも大変でしたが、4周を過ぎると他のクルマのペースがガクっと落ちてきたので、 タイヤ選択が間違ってなかったと実感しました。同じスリックでスタートした39号車のペースが良かったのでついていこうと思いましたが、 こっちはハード目のタイヤでスタートしたために発熱に時間がかかり、おいていかれました。 それでも39号車のタイヤがたれてきてトップに立つことができ、その後は雨が強くなってきて迷いましたが、 チームと相談してできるだけコースに留まることにして、もう駄目だとなってからピットに入りました。 その後はフィリップが最後まで素晴らしい走りをしてくれました。
ホンダ時代に3勝したことはありますが、今回それに次ぐシーズン2勝を挙げられて、23号車もチャンピオンを獲得し、 今日は全てがうまくいったかなという感じですね。

セバスチャン・フィリップ
難しいレースでしたね。
気温が低かったせいでピットアウトしてからはタイヤのウォームアップに時間がかかってしまいましたが、 後続との差が大きかったので落ち着いて熱が入るのを待ちました。
今年はレースによってアップダウンが激しかったですが、ランキング4位になれたし、鈴鹿や岡山の結果も良かったので、 悪くないシーズンだったと思います。来年はきっともっといいシーズンになるでしょう。

GT300クラス #26ユンケルパワータイサンポルシェ
谷口 信輝

最初はスリックでスタートなんて無理だと思いましたが、今年は1勝もしていないし、チャンピオンの権利もないので、 ここで守りのレースをしてもしょうがないので、ドライタイヤを履いて博打のレースをしてみました。
走り出してみるとセクター1、セクター2は乾いていて、スリックで正解だと思いました。前の2台がインターミディエイトだと判っていたので、 待ってれば勝手に落ちてくるだろうと思っていました。あとは19号車とスリック同士の戦いになる。 ちょい濡れでスリックだったらドリフト出身として負けるわけにいかないですし(笑)、19はソフトを選んでいたので、 こっちのタイヤに熱が入るまでとにかくついてったら予想通りの展開になりました。
途中で雨が強くなってきたときは、手遅れにならないうちに指示をするようにチームに頼んで、もう無理だってタイミングでピットに入ったら、 他も一斉に入ってきました。
ドミニクに交代してからは祈るような気持ちで走りを見ていましたが、無事に戻ってきてくれました。
ればたらをいってもしょうがないですが、前回のオートポリスで4位以内に入っていて今日の成績だったら、チャンピオンもあり得たので、 そこが悔やまれます。
でもユンケルポルシェとしてはこれが最後のレースになるので、最後に千葉さんに優勝をプレゼントできて最高です。

ドミニク・ファーンバッハー
1年ぶりにこのチームに戻ってこれて光栄です。チームタイサンには感謝していますし、またこの最高のパートナーと組むことができて、 『戻ってきた』と実感しました。今日はクルマも完璧だったし、ヨコハマタイヤもすごくよかったので、レース自体はイージーでした。 優勝できてすごく嬉しいです。

まとめ: Kazuhisa SUEHIRO / Photo: Yoshinori OHNISHI

SUPER GT

SGT:第9戦富士決勝結果【暫定】

FUJI GT 300km RACE -RIJ- (2008/11/09) Final Race Weather:Rainy Course:Wet
2008 AUTOBACS SUPER GT Round 9 富士スピードウェイ 4.563km

PosClassCls
Pos
NoCar
Model
DriverTireWhLapTotal_Time
Behind
1500112カルソニック IMPUL GT-R
NISSAN GT-R
松田 次生
セバスチャン・フィリップ
BS10
(+1)
661:57'09.624
2500238ZENT CERUMO SC430
LEXUS SC430
立川 祐路
リチャード・ライアン
BS256612.270
350036ENEOS SC430
LEXUS SC430
伊藤 大輔
ビヨン・ビルドハイム
BS+16613.927
4500432EPSON NSX
HONDA NSX
ロイック・デュバル
平中 克幸
DL306641.177
5500539DENSO DUNLOP SARD SC430
LEXUS SC430
高木 虎之介
アンドレ・クート
DL+26642.915
6500635宝山 KRAFT SC430
LEXUS SC430
ピーター・ダンブレック
片岡 龍也
BS6658.891
7500736PETRONAS TOM'S SC430
LEXUS SC430
脇阪 寿一
アンドレ・ロッテラー
BS55661'7.061
8500825ECLIPSE ADVAN SC430
LEXUS SC430
土屋 武士
石浦宏明
YH+2651Lap
9500923XANAVI NISMO GT-R
NISSAN GT-R
本山 哲
ブノワ・トレルイエ
BS80651Lap
1050010*17REAL NSX
HONDA NSX
金石 勝智
金石 年弘
BS+2651Lap
115001122MOTUL AUTECH GT-R
NISSAN GT-R
ミハエル・クルム
柳田真孝
BS25651Lap
12500121ARTA NSX
HONDA NSX
ラルフ・ファーマン
伊沢 拓也
BS60651Lap
13500133YellowHat YMS TOMICA GT-R
NISSAN GT-R
ロニー・クインタレッリ
横溝直輝
BS55642Laps
145001418TAKATA 童夢 NSX
HONDA NSX
道上 龍
小暮 卓史
BS65642Laps
15300126ユンケルパワータイサンポルシェ
PORSCHE 911GT3RS
谷口 信輝
ドミニク・ファーンバッハー
YH624Laps
16300262WILLCOM ADVAN VEMAC 408R
VEMAC 408R
柴原眞介
黒澤 治樹
YH+2624Laps
17300377クスコDUNLOPスバルインプレッサ
SUBARU IMPREZA
山野 哲也
カルロ・ヴァン・ダム
DL5624Laps
18300431DOUBLEHEAD avex apr MR-S
TOYOTA MR-S
峰尾恭輔
坂本 雄也
MI+1624Laps
19300519ウェッズスポーツIS350
LEXUS IS350
織戸 学
阿部翼
YH30624Laps
20300646MOLA レオパレス Z
NISSAN FAIRLADY Z
星野 一樹
安田 裕信
MI100615Laps
21300781ダイシン ADVAN Z
NISSAN FAIRLADY Z
青木 孝行
藤井 誠暢
YH60615Laps
2230084EBBRO UEMATSU 320R
VEMAC RD320R
阪口良平
松下 昌揮
YH+1615Laps
23300943ARTA Garaiya
ASL Garaiya GT300VQ
新田 守男
高木 真一
MI80615Laps
24300105プロμ マッハ号 320R
VEMAC 320R
玉中 哲二
山野 直也
YH+2615Laps
25300112プリヴェKENZOアセット・紫電
MOONCRAFT SHIDEN MC
高橋 一穂
加藤寛規
YH55615Laps
263001211JIMCENTER ADVAN F430
FERRARI F430
田中 哲也
植田正幸
YH10606Laps
273001352GREEN TEC KUMHO IS350
LEXUS IS350
黒澤 琢弥
井口卓人
KH+2606Laps
283001488triple a ガイヤルドRG-3
LAMBORGHINI GALLARDO RG-3
松田 秀士
古谷直広
YH+2606Laps
29300151184CARAT SON GT3
PORSCHE 911GT3RS
宮本 隆士
Guts 城内
YH+2606Laps
3030016170外車の外国屋&LMPポルシェ
PORSCHE 996GT3RS
高見沢 一吉
山岸大
YH+1597Laps
313001727石松・FUNKY'S・HANKOOK GT3
PORSCHE 911GT3RSR
井上 貴志
ファン・ジヌ
HK+2597Laps
3230018808初音ミク Studie GLAD BMW Z4
BMW Z4 M coupe MotorSport Version
菊地 靖
田ヶ原 章蔵
YH588Laps
3330019*66triple a ムルシェRG-1
LAMBORGHINI MURCIELAGO RG-1
山西 康司
余郷敦
YH+1588Laps
3430020110KUMHO BOXSTER-GT
PORSCHE BOXSTER
光貞 秀俊
池田大祐
KH588Laps
355001524WOODONE ADVAN Clarion GT-R
NISSAN GT-R
ジョアオ・パオロ・デ・オリベイラ
荒 聖治
YH+24620Laps
---- 以上規定数回数(GT500: 46Laps / GT300: 43Laps)完走 ----
-300-95ライトニング マックィーン apr MR-S
TOYOTA MR-S
平手 晃平
国本京佑
MI254026Laps
-300-87アクティオガイヤルドRG-3
LAMBORGHINI GALLARDO RG-3
和田 久
栗原宗之
YH+23630Laps
-300-7ORC雨宮SGC-7
MAZDA RX-7
井入 宏之
折目 遼
YH253036Laps
-300-666楽天 BOMEX 320R
VEMAC RD320R
周防 彰悟
山下 潤一郎
KH+22343Laps
-300-16CHUGAI UEMATSU 350R
VEMAC RD350R
植松 忠雄
筒井克彦
YH+22244Laps
-500-100RAYBRIG NSX
HONDA NSX
井出 有冶
細川 慎弥
BS101749Laps
-300-*33HANKOOK PORSCHE
PORSCHE 911GT3RSR
木下 みつひろ
影山正美
HK1650Laps
  • Fastest Lap(GT500): CarNo.6 ENEOS SC430(伊藤大輔/ビヨン・ビルドハイム組) 1'36.436 (10/66) 170.339km/h
  • Fastest Lap(GT300): CarNo.33 HANKOOK PORSCHE(木下みつひろ/影山正美組) 1'45.404
  • CarNo.17は、2008SUPER GT Sporting Regulations第3章第28条14.a.(接触行為)により、ドライビングスルーペナルティを課した。
  • CarNo.66は、2008SUPER GT Sporting Regulations第3章第27条7.(グリッド上作業)違反により、ドライビングスルーペナルティを課した。
  • CarNo.33は、2008SUPER GT Sporting Regulations第3章第28条14.a.(接触行為)により、ドライビングスルーペナルティを課したが、リタイアにより未実施。

SUPER GT

SGT:第9戦富士決勝 ギャンブル的中のカルソニックGT-Rが今季2勝目!タイトルはザナヴィGT-Rのものに。

2008スーパーGT最終戦、「富士GT300㎞レース」の決勝は、終始天候に翻弄される難しい展開となった。そんな中、 スリックタイヤでスタートという作戦を見事的中させた#12カルソニックIMPUL GT-R(松田次生/セバスチャン・ フィリップ組)が今季2勝目をものにした。
これにより、10位フィニッシュを果たした#23XANAVI NISMO GT-R(本山哲/ブノワ・ トレルイエ組)が2008シリーズチャンピオンを獲得、GT-Rは参戦初年度で見事GT500の頂点に立った。
GT300クラスは序盤の混戦を制した#26ユンケルパワータイサンポルシェ(谷口信輝/ドミニクファーンバッハー組)が後続を30秒近く突き放す大差で逃げ切り、 今季初勝利を上げた。
タイトルの行方は、ポイントリーダーの#43ARTA Garaiya(新田守男/高木真一組)が9位に終わったため、 ファイナルラップで6位に上がった#46MOLAレオパレスZ(星野一樹/安田裕信組)が逆転で王座を手にした。
(天候:小雨 コース:ドライ>ウェット 観客動員数:47,100人)

gt_r09_500_start

gt_r09_300_start

gt_r09_r_accident

gt_r09_r_calsonic

gt_r09_r_yunkel

gt_r09_r_xanavi

gt_r09_r_mola

gt_r09_r_500_podium

gt_r09_r_300_podium

gt_2008_drivers_champion

gt_2008_team_champion

第9戦決勝は午後2時丁度にフォーメーション開始。天候を考慮してタイヤに充分な熱を入れるため、2周のローリングの後スタートした。
スタート進行が始まると同時に小雨が再び降り始め、路面を濡らしたため、上位陣は殆どが浅溝タイヤに履き替えてレースに臨むこととなったが、 #12カルソニックGT-Rと#39デンソーサードSC430の2台だけはスリックタイヤを選択。
結果的にこのときの判断がレース結果を左右することになった。

ホールショットを決めたのはポールポジションの#17リアルNSX。#1ARTA NSXが2番手に上がるが、 #24ウッドワンGT-Rがすかさず100Rでアウトから並びかけ、ヘアピン立ち上がりで2番手を奪い返した。
しかしこうしたバトルが繰り広げられる中、路面はどんどん乾いていく。
このため、2周終わりで#22モチュールGT-Rがピットに飛び込み、スリックタイヤに履き替えたのを皮切りに、 各車相次いで予定外のタイヤ交換をするためにピットに殺到していく。
結局6周終わりで#36ペトロナスSCと#100レイブリックNSXがタイヤ交換を済ませ、全車がスリックとなったときには、 39号車がトップ、12号車が2位に上り詰めていた。
12号車のスタートドライバーは松田次生。39号車はアンドレ・クートだ。

松田は11周過ぎからペースの上がらなくなったクートを次第に追い詰め、 一時は7秒以上有った差をわずか5周でコンマ4秒まで縮めてみせる。
そしてクートが1コーナーでオーバーランを喫した18周目、遂に松田がトップを奪い取った。

このトップ交代劇と相前後して、各車のラップタイムが一気に落ち始める。
雨の影響で再び路面がスリッピーになってきたようだ。

このコンディション変化に足元を掬われたのがニスモの2台だ。
23号車は22周終わり、22号車は23周終わりに相次いで早めのピットストップを済ませ、 スリックからスリックへのタイヤ交換を済ませていたのだが、 この直後から雨が強くなってきたために再びウェットタイヤへの交換を余儀なくされてしまう。
これでタイトル争いのかかった23号車は一気にポイント圏外へ後退してしまった。

トップの12号車はスリックタイヤのまま32周目まで引っ張ってピットイン。ウェットタイヤに交換してセバスチャン・ フィリップをコースに送り出した。
この時点で、2位を走行していた#35宝山SCとは実に45秒の大差がついていた。
フィリップはその後も路面変化に対応して安定したラップを刻み、 無事66周を走りきって第6戦鈴鹿1000kmに続く今季2勝目を挙げて有終の美を飾った。

2位には15番手スタートから着々と順位を上げてきた#38ZENTセルモSC(立川祐路/リチャード・ライアン組)が入った。
38号車は優勝すれば逆転タイトルの可能性があり、立川は懸命にフィリップを追い上げたが、結局12秒270及ばなかった。

これにより、一旦はポイント圏外に落ちながら、 本山がしぶとく順位を挽回して9位でこのレースを終えたザナヴィGT-Rが2008年のGT500クラスチャンピオンを獲得した。

GT300クラスは、序盤から#77クスコスパルインプレッサ、#33ハンコックポルシェ、#19ウェッズスポーツIS350、 #26ユンケルパワータイサンポルシェの4台が序盤から激しい鍔迫り合いを展開、インターミディエイトでスタートした77号車カルロ・ ヴァン・ダム、33号車影山正美の2台をスリックでスタートした19号車織戸学、26号車谷口が捉え、 3周を終えてウェッズスポーツISがトップに立った。

しかしソフトコンパウンドでスタートした織戸に対し、ミディアムの谷口はタイヤが温まるのを待って18周目に織戸を捉え、 トップに躍り出ると、そのまま一気に差を広げにかかり、22周終わりには早くもその差を7秒以上とした。
谷口はその後も2位との差を広げ続けて30周終わりでピットイン、久々のGTドライブとなるドミニク・ ファーンバッハーにステアリングを託すと、ファーンバッハーも後続にまったく付け入る隙を与えず、 最後は2位に29.871秒もの大差をつけて今季初勝利を挙げた。

一方、ファイナルラップまでもつれにもつれたのがGT300のタイトル争いだった。
#43ガライヤ75ポイント、#46モーラZ73ポイントで迎えた最終戦、何位でフィニッシュしようと逆転の可能性は常にある、 一時も目が離せない状況の中、スリックタイヤでスタートした46号車は接触から1周目のコカコーラコーナーで痛恨のコースオフ。 一気に下位に後退する。
それでもスタートドライバーの星野は諦めずに追い上げ、13周目のヘアピンでライバルの43号車を捕らえて11位に浮上、 更にポイント圏内を目指して攻めに攻める。

ところが17周目のダンロップコーナーで46号車は33号車と接触、そこへ43号車も突っ込み、3台はコース上にストップしてしまう。
いずれもレースには復帰したものの、43号車はフロントカウルを破損、33号車はトラブルから最終コーナーで再びクルマを止め、 46号車も大きく順位を落とした。

2台は雨脚の強まった29周終わりで同時にピットストップを済ませると、再びハイペースで周回を重ねて徐々に順位を上げていく。

星野からステアリングを託された安田は再び43号車の高木を捉え、その後も着実に順位を上げ、7位でファイナルラップを迎えた。
対する43号車はこの時点で9位。このままレースがフィニッシュすれば同じ77ポイントながら勝利回数の差でガライヤが王座につく。

ところが6位を走っていた#81ダイシンZがファイナルラップで大きくペースを落としたため、 最後の最後にこれを抜き去った46号車が6位でフィニッシュ。
これで獲得ポイントを78に伸ばすこととなり、2008年GT300チャンピオンは#46モーラZのものとなった。

スーパーGTの2009年開幕戦は3月22日決勝。
舞台は岡山国際サーキットだ。

Text: Kazuhisa SUEHIRO / Photo: Keiichiro TAKESHITA

SUPER GT

SGT:第9戦富士 決勝スタートのフォーメーションラップは2周に

富士スピードウェイではスーパーGT第9戦の決勝がいよいよ目前に迫っているが、 大会事務局は午前11時47分付けで決勝レースのフォーメーションラップを2周行う旨の公式通知を発行した。

今回の措置は「気象条件、路面温度を考慮」したものとされており、 今週末の寒さからタイヤに充分なウォームアップが必要と判断したようだ。

なお、これに伴い隊列形成のための「GRID」ボードはフォーメーション2周目に提示することとなるが、 この処置による周回数の減算は行わないとのこと(66周のまま)

また、特別規則に記載されたレース終了時刻についても変更(延長)は行われない。

Text:Kazuhisa SUEHIRO

SUPER GT

SGT:第9戦富士スターティンググリッド/スタートドライバー

■GT500 Class
 1
17 REAL NSX
HONDA NSX
金石 勝智 / *金石 年弘
BS +2
*1'42.661

 2
24 WOODONE ADVAN Clarion GT-R
NISSAN GT-R
*ジョアオ・パオロ・デ・オリベイラ / 荒 聖治
YH +2
*1'42.883

 3
1 ARTA NSX
HONDA NSX
*ラルフ・ファーマン / 伊沢 拓也
BS 60
*1'42.932

 4
25 ECLIPSE ADVAN SC430
LEXUS SC430
*土屋 武士 / 石浦 宏明
YH +2
*1'43.280

 5
100 RAYBRIG NSX
HONDA NSX
*井出 有冶 / 細川 慎弥
BS 10
*1'43.563

 6
35 宝山 KRAFT SC430
LEXUS SC430
ピーター・ダンブレック / *片岡 龍也
BS
*1'43.585

 7
18 TAKATA 童夢 NSX
HONDA NSX
道上 龍 / *小暮 卓史
BS 65
*1'43.602

 8
36 PETRONAS TOM'S SC430
LEXUS SC430
脇阪 寿一 / *アンドレ・ロッテラー
BS 55
*1'44.216

 9
23 XANAVI NISMO GT-R
NISSAN GT-R
本山 哲 / *ブノワ・トレルイエ
BS 80
*1'44.398

10
32 EPSON NSX
HONDA NSX
*ロイック・デュバル / 平中 克幸
DL 30
*1'45.008

11
6 ENEOS SC430
LEXUS SC430
伊藤 大輔 / *ビヨン・ビルドハイム
BS +1
1'46.102

12
12 カルソニック IMPUL GT-R
NISSAN GT-R
*松田 次生 / セバスチャン・フィリップ
BS 10(+1)
1'46.120

13
22 MOTUL AUTECH GT-R
NISSAN GT-R
*ミハエル・クルム / 柳田 真孝
BS 25
1'46.289

14
39 DENSO DUNLOP SARD SC430
LEXUS SC430
高木 虎之介 / *アンドレ・クート
DL +2
1'46.655

15
38 ZENT CERUMO SC430
LEXUS SC430
立川 祐路 / *リチャード・ライアン
BS 25
1'46.879

16
3 YellowHat YMS TOMICA GT-R
NISSAN GT-R
*ロニー・クインタレッリ / 横溝 直輝
BS 55
1'47.097



■GT300 Class

 1
77 クスコDUNLOPスバルインプレッサ
SUBARU IMPREZA
山野 哲也 / *カルロ・ヴァン・ダム
DL 5
*1'51.925

 2
33 HANKOOK PORSCHE
PORSCHE 911GT3RSR
木下 みつひろ / *影山 正美
HK
*1'52.129

 3
19 ウェッズスポーツIS350
LEXUS IS350
*織戸 学 / 阿部 翼
YH 30
*1'53.250

 4
43 ARTA Garaiya
ASL Garaiya GT300VQ
*新田 守男 / 高木 真一
MI 80
*1'53.557

 5
62 WILLCOM ADVAN VEMAC 408R
VEMAC 408R
柴原 眞介 / *黒澤 治樹
YH +2
*1'53.598

 6
26 ユンケルパワータイサンポルシェ
PORSCHE 911GT3RS
*谷口 信輝 / ドミニク・ファーンバッハー
YH
*1'53.664

 7
2 プリヴェKENZOアセット・紫電
MOONCRAFT SHIDEN MC
高橋 一穂 / *加藤 寛規
YH 55
*1'54.051

 8
27 石松・FUNKY'S・HANKOOK GT3
PORSCHE 911GT3RSR
*井上 貴志 / ファン・ジヌ
HK +2
*1'54.151

 9
46 MOLA レオパレス Z
NISSAN FAIRLADY Z
*星野 一樹 / 安田 裕信
MI 100
*1'54.249

10
5 プロμ マッハ号 320R
VEMAC 320R
*玉中 哲二 / 山野 直也
YH +2
*1'59.593

11
66 triple a ムルシェRG-1
LAMBORGHINI MURCIELAGO RG-1
*山西 康司 / 余郷 敦
YH +1
1'56.405

12
4 EBBRO UEMATSU 320R
VEMAC RD320R
*阪口 良平 / 松下 昌揮
YH +1
1'56.576

13
95 ライトニング マックィーン apr MR-S
TOYOTA MR-S
*平手 晃平 / 国本 京佑
MI 25
1'56.659

14
81 ダイシン ADVAN Z
NISSAN FAIRLADY Z
*青木 孝行 / 藤井 誠暢
YH 60
1'56.671

15
11 JIMCENTER ADVAN F430
FERRARI F430
*田中 哲也 / 植田 正幸
YH 10
1'56.776

16
7 ORC雨宮SGC-7
MAZDA RX-7
*井入 宏之 / 折目 遼
YH 25
1'57.370

17
31 DOUBLEHEAD avex apr MR-S
TOYOTA MR-S
峰尾 恭輔 / *坂本 雄也
MI +1
1'57.846

18
110 KUMHO BOXSTER-GT
PORSCHE BOXSTER
*光貞 秀俊 / 池田 大祐
KH
1'58.181

19
87 アクティオガイヤルドRG-3
LAMBORGHINI GALLARDO RG-3
和田 久 / *栗原 宗之
YH +2
1'58.436

20
88 triple a ガイヤルドRG-3
LAMBORGHINI GALLARDO RG-3
*松田 秀士 / 古谷 直広
YH +2
1'58.997

21
52 GREEN TEC KUMHO IS350
LEXUS IS350
*黒澤 琢弥 / 井口 卓人
KH +2
1'59.199

22
16 CHUGAI UEMATSU 350R
VEMAC RD350R
*植松 忠雄 / 筒井 克彦
YH +2
1'59.681

23
118 4CARAT SON GT3
PORSCHE 911GT3RS
宮本 隆士 / *Guts 城内
YH +2
2'00.017

24
170 外車の外国屋&LMPポルシェ
PORSCHE 996GT3RS
高見沢 一吉 / *山岸 大
YH +1
1'57.481

26
666 楽天 BOMEX 320R
VEMAC RD320R
*周防 彰悟 / 山下 潤一郎
KH +2
2'08.296

PIT START
808 初音ミク Studie GLAD BMW Z4
BMW Z4 M coupe MotorSport Version
*菊地 靖 / 田ヶ原 章蔵
YH
2'02.569



  • タイムの'*'印はスーパーラップで記録。
  • ドライバーの'*'印はスタートドライバーを表す。

SUPER GT

SGT:第9戦富士予選 WOODONE ADVAN Clarion GT-Rがフロントロウを獲得 (NISMO)

SUPER GT第9戦「FUJI GT 300KM RACE」は、11月8日に公式予選が行なわれた。

 雨の予選となった1回目のGT500専有時間は、各車レインタイヤを装着し、水しぶきを上げてコースイン。時には雨量が多く雨水が路面を激しく流れたが、終盤に近づくにつれて勢いは緩くなっていった。このため順位はめまぐるしく入れ替わり、どの車両がスーパーラップ(SL)進出条件のトップ10に入れるか予測がつかない展開となった。NISSAN GT-R勢では、前日の練習走行でトップタイムを続出していた「WOODONE ADVAN Clarion GT-R」(#24ジョアオ・パオロ・デ・オリベ イラ/荒聖治)が早い時間から激しくアタック。GT500専有時間の間にオリベイラは2番手タイムを出していた。さらに、予選終了間際にはベストタイムを更新。リーダーボードのトップにつけた。一方、同様に練習走行で速いタイムをマークしていた「カルソニックIMPUL GT-R」(#12松田次生/セバスチャン・フィリップ)はタイミング悪くトップ10入りを逃した。また、55kgのウェイトを積む「YellowHat YMS TOMICA GT-R」(#3ロニー・クインタレッリ/横溝直輝)もSL進出はならず。

 ポイントランキング首位で最終戦に臨んでいる「XANAVI NISMO GT-R」(#23本山哲/ブノワ・トレルイエ)は、80kg相当のハンディのため予選は苦戦が予想されていたが、予選終了間際に渾身のアタックを見せ、8番手に入ってSL進出を果たした。チームメイトの「MOTUL AUTECH GT-R」(#22ミハエル・クルム/柳田真孝)は、クルムがGT500専有時間にアタックを行ったが、順位は10位。混走時間にタイムアップする車両もあったが、終盤までこの順位は覆されずに残った。しかし、最終ラップに#23 GT-Rが8位に食い込み、他にも2台が滑り込みでタイムを更新したことでSL圏外の予選13位となった。

 午後になり雨はやんだものの気温はさらに低く、スーパーラップ(SL)が行われた午後3時前後には10度をきるほどとなった。トレルイエがアタッカーをつとめた#23 GT-Rは、SLを3番目にスタート。路面温度が低くタイヤを暖めるのもままならない状態ながら車両をコントロールし、1回目の予選タイムを1秒以上短縮した。しかし、ライバル達も次々にベストラップを更新。最終的に#23 GT-Rは予選9位となった。最終ランナーとしてSLを走った#24 GT-Rのオリベイラは、計測ラップの第1コーナーでタイヤをロックさせてタイムロス。しかし、後半は見事な追い上げを見せ、トップから0.2秒差の予選2位を確定。決勝レースはフロントロウからスタートすることとなった。

 ピットに戻ったオリベイラは、「ごめんなさい。僕のミスです。残念ながらポールポジションを逃してしまいました。予選2位だけど良い位置からのスタートには変わりないので、レースでは後続に抜かれることなくガンガン攻めて優勝したいと思う。今シーズンのこれまでのハイライトはいうまでもなく優勝したセパンだったけど、明日も優勝し1シーズン2勝を果たしたい。良いクルマを作ってくれた日産と、安定的に速いタイムで走れるタイヤを供給してくれるヨコハマに感謝したい」と喜びを語った。近藤真彦チーム監督は、「あぁ、悔しい。でもレースは勝ちに行きます」と、士気は高い。

上記の詳細は下記WEBサイトをご覧ください。
http://www.nismo.co.jp/M_SPORTS/index.html

Text: NISMO

SUPER GT

SGT:第9戦富士GTA定例記者会見 GT300に新車両導入の動き

GTアソシエイション(GTA)は11月9日、スーパーGT最終戦決勝日を迎えた富士スピードウェイで定例記者会見を行った。
今回の会見では、今シーズンの総括や、来年に向けてのモバイルサイトの取り組みのほか、 GT300で導入が検討されている統一シャシーの概要ににも話が及ぶこととなった。

この統一シャシーは、現行車両とほぼ同等の性能を発揮するパイプフレームの車体で、ホイールベース、トレッド、 アップライトなどが共通とされ、そこに市販車に似せたボディカウルを被せる。そこに3リッター程度のエンジンがミッドシップマウントされ、 ほぼ現在のIS350に近いものであるという。
GTAでは現在、各チームにアンケートを行っており、そこでの要望が大きければメーカーに話をしていきたいとしており、 できれば今年中にはエンジン供給について目処をつけたいとしている。

ただしこれはGT300をワンメイク化しようというものではなく、現行車両と並行して導入されるとのこと。
車両の老朽化などで入れ替えを必要としたときに、より低コストな選択肢を用意したいとの思いからだ。
GTAではこれは2010年から導入していきたいという。

gt_r09_gta_bandoh gt_r09_gta_akita

坂東正明代表のコメント
「(今年の総括)自分にとっては11月が来るのが早すぎる感じで、法人化して最初の一年は学ぶことの多すぎる一年でした。
評価としては50点くらいかな。性能調整のあり方に関して、タイトルが最終戦までもつれ込んだのは良かった点ですが、岡山までの展開とか、 お客さんにわかりにくくなってしまったことなどがありましたから。今後は多くの方からの意見を採りいれ、 より判りやすいルール作りをしていきます。異種格闘技戦という現在のGTの根底を覆すことなく調整していきます。
(統一シャシーの件)ワンメイクではありません。現行の車両が老朽化するなどで、入れ替えが必要になったときに、 コストの下がるやり方がないかということで考えました。パイプフレームにホイールベース、トレッドとアップライトを共通として、 ここにできれば2社のエンジンを載せたい。IS350のようなイメージですね。メーカーとはまだ話をしていませんが、 チームと話して声が大きくなれば、メーカーに離しにいこうと思っています。2010年から使用できればいいなと考えていますが、 現行車と並行で、一つのアイディアとして導入したいということです」

秋田史取締役のコメント
「これまでGTAで行ってきたプロモーションを法人化後も継続してきました。
この11月12月でそれを再評価して来年の予算配分をやっていきます。
今回から始めたモバイルサイトを来年は積極的にやっていこうと思っています。インターネットと合わせて力を入れていきます。
また、以前から申し上げています『拡大のスパイラル』を今後も続けていきます。
現在は認知度向上ということでテレビに力を入れていますが、 お客さんの来場の促進や満足度の向上にももっと何か出来ないか考えているところです」

まとめ: Kazuhisa SUEHIRO / Photo: Yoshinori OHNISHI

SUPER GT

SGT:第9戦富士フリー走行 伊藤大輔がトップタイムで復活をアピール!

スーパーGT第9戦「富士GT300kmレース」の決勝前フリー走行は、レクサスSC430勢が上位を独占。
これがGT復帰戦となる伊藤大輔が終了間際に1分35秒321を叩き出した#6ENEOS SC430(伊藤大輔/ビヨルン・ ビルドハイム)がトップタイムとなった。

gt_r09_f_eneos gt_r09_f_vemac

フリー走行は午前8時35分より30分間で行われた。
既に昨日からの雨は止んだもののコース上にはまだ濡れた部分が残っており、開始直前にウェット宣言が出されたため、 チームによって走り始めのタイヤチョイスが分かれ、GT500クラスではNSXやザナヴィGT-Rらは浅溝でコースに出て行ったが、 すぐに全車スリックに履き替えていった。

既にレコードライン上は乾いており、昨日のポールタイムはあっという間に更新されてしまった。
セッション前半のトップは#39デンソーサードSCの1分36秒147。ドライバーはアンドレ・クートだ。

このサードを皮切りに、このセッションではレクサスSC430勢が相次いで好タイムを連発してきた。
残り10分をきったところでは片岡龍也の駆る#35宝山ダンロップが1分35秒702、その2分後には#36ペトロナスのアンドレ・ ロッテラーが1分35秒667、続いてリチャード・ライアンの駆る#38ZENTセルモが1分35秒526と相次いでトップに立つ。
更には、このレースがGT復帰戦となる#6エネオスの伊藤大輔がチェッカー直後に1分35秒321を叩きだし、 トップでこのセッションを締めくくった。

これで1位から4位までがレクサスSC430が占め、5位の#1ARTA NSXを挟んで6位にも#25エクリプス、 8位に#39デンソーサードと、レクサス勢の好調振りが目立ったセッションとなった。

GT300は開始早々に#88ガイヤルドの松田秀士が1分45秒128でトップに立ったが、 開始12分で#26谷口信輝が1分45秒058を出してトップにたつ。松田は13分すぎに1分44秒384で再びトップに立つが、 終盤#4EBBRO UEMATSU320Rの松下昌揮が1分44秒082、#62WILLCOM ADVAN408Rの柴原眞介が1分44秒202と、 ヴィーマック勢が立て続けに好タイムをマークして1-2位を占める結果となった。

2008シーズンの最終戦決勝は午後2時スタート。66周の戦いだ。

Text: Kazuhisa SUEHIRO / Photo: Keiichiro TAKESHITA

SUPER GT

SGT:第9戦富士フリー走行結果

FUJI GT 300km RACE -RIJ- (2008/11/09) Free Practice Weather:Cloudy Course:Dry
2008 AUTOBACS SUPER GT Round 9 富士スピードウェイ 4.563km

PosClassCls
Pos
NoCar
Maker Model
DriverTireWhTimeBehindkm/h
150016ENEOS SC430
LEXUS SC430
伊藤 大輔
ビヨン・ビルドハイム
BS+11'35.321-172.331
2500238ZENT CERUMO SC430
LEXUS SC430
立川 祐路
リチャード・ライアン
BS251'35.526 0.205171.962
3500336PETRONAS TOM'S SC430
LEXUS SC430
脇阪 寿一
アンドレ・ロッテラー
BS551'35.667 0.346171.708
4500435宝山 KRAFT SC430
LEXUS SC430
ピーター・ダンブレック
片岡 龍也
BS1'35.702 0.381171.645
550051ARTA NSX
HONDA NSX
ラルフ・ファーマン
伊沢 拓也
BS601'35.939 0.618171.221
6500625ECLIPSE ADVAN SC430
LEXUS SC430
土屋 武士
石浦宏明
YH+21'36.040 0.719171.041
7500712カルソニック IMPUL GT-R
NISSAN GT-R
松田 次生
セバスチャン・フィリップ
BS10
+1
1'36.069 0.748170.990
8500839DENSO DUNLOP SARD SC430
LEXUS SC430
高木 虎之介
アンドレ・クート
DL+21'36.147 0.826170.851
9500923XANAVI NISMO GT-R
NISSAN GT-R
本山 哲
ブノワ・トレルイエ
BS801'36.206 0.885170.746
105001022MOTUL AUTECH GT-R
NISSAN GT-R
ミハエル・クルム
柳田真孝
BS251'36.463 1.142170.291
115001132EPSON NSX
HONDA NSX
ロイック・デュバル
平中 克幸
DL301'36.747 1.426169.791
12500123YellowHat YMS TOMICA GT-R
NISSAN GT-R
ロニー・クインタレッリ
横溝直輝
BS551'36.934 1.613169.464
135001324WOODONE ADVAN Clarion GT-R
NISSAN GT-R
ジョアオ・パオロ・デ・オリベイラ
荒 聖治
YH+21'37.070 1.749169.226
145001418TAKATA 童夢 NSX
HONDA NSX
道上 龍
小暮 卓史
BS651'37.344 2.023168.750
155001517REAL NSX
HONDA NSX
金石 勝智
金石 年弘
BS+21'38.172 2.851167.327
1650016100RAYBRIG NSX
HONDA NSX
井出 有冶
細川 慎弥
BS101'39.942 4.621164.363
1730014EBBRO UEMATSU 320R
VEMAC RD320R
阪口良平
松下 昌揮
YH+11'44.082 8.761157.826
18300262WILLCOM ADVAN VEMAC 408R
VEMAC 408R
柴原眞介
黒澤 治樹
YH+21'44.202 8.881157.644
19300388triple a ガイヤルドRG-3
LAMBORGHINI GALLARDO RG-3
松田 秀士
古谷 直広
YH+21'44.384 9.063157.369
20300426ユンケルパワータイサンポルシェ
PORSCHE 911GT3RS
谷口 信輝
ドミニク・ファーンバッハー
YH1'44.445 9.124157.277
21300533HANKOOK PORSCHE
PORSCHE 911GT3RSR
木下みつひろ
影山 正美
HK1'44.451 9.130157.268
2230067ORC雨宮SGC-7
MAZDA RX-7
井入 宏之
折目遼
YH251'44.764 9.443156.798
2330072プリヴェKENZOアセット・紫電
MOONCRAFT SHIDEN MC
高橋 一穂
加藤寛規
YH551'44.983 9.662156.471
24300819ウェッズスポーツIS350
LEXUS IS350
織戸 学
阿部翼
YH301'45.125 9.804156.260
253009110KUMHO BOXSTER-GT
PORSCHE BOXSTER
光貞 秀俊
池田 大祐
KH1'45.172 9.851156.190
263001031DOUBLEHEAD avex apr MR-S
TOYOTA MR-S
峰尾 恭輔
坂本雄也
MI+11'45.194 9.873156.157
273001177クスコDUNLOPスバルインプレッサ
SUBARU IMPREZA
山野 哲也
カルロ・ヴァン・ダム
DL51'45.284 9.963156.024
283001211JIMCENTER ADVAN F430
FERRARI F430
田中 哲也
植田正幸
YH101'45.40410.083155.846
293001346MOLA レオパレス Z
NISSAN FAIRLADY Z
星野 一樹
安田裕信
MI1001'45.46510.144155.756
303001466triple a ムルシェRG-1
LAMBORGHINI MURCIELAGO RG-1
山西 康司
余郷敦
YH+11'45.51910.198155.676
313001543ARTA Garaiya
ASL Garaiya GT300VQ
新田 守男
高木真一
MI801'45.71610.395155.386
323001652GREEN TEC KUMHO IS350
LEXUS IS350
黒澤 琢弥
井口卓人
KH+21'45.74110.420155.349
333001781ダイシン ADVAN Z
NISSAN FAIRLADY Z
青木 孝行
藤井誠暢
YH601'45.75610.435155.327
343001887アクティオガイヤルドRG-3
LAMBORGHINI GALLARDO RG-3
和田 久
栗原宗之
YH+21'45.82110.500155.232
353001995ライトニング マックィーン apr MR-S
TOYOTA MR-S
平手 晃平
国本京佑
MI251'46.20510.884154.671
3630020170外車の外国屋&LMPポルシェ
PORSCHE 996GT3RS
高見沢 一吉
山岸大
YH+11'46.58811.267154.115
373002116CHUGAI UEMATSU 350R
VEMAC RD350R
植松 忠雄
筒井克彦
YH+21'46.98211.661153.547
3830022666楽天 BOMEX 320R
VEMAC RD320R
周防 彰悟
山下 潤一郎
KH+21'47.37612.055152.984
39300231184CARAT SON GT3
PORSCHE 911GT3RS
宮本 隆士
Guts 城内
YH+21'47.84512.524152.319
403002427石松・FUNKY'S・HANKOOK GT3
PORSCHE 911GT3RSR
井上 貴志
ファン・ジヌ
HK+21'48.42113.100151.509
4130025808初音ミク Studie GLAD BMW Z4
BMW Z4 M coupe MotorSport Version
菊地 靖
田ヶ原 章蔵
YH1'49.77014.449149.647
42300265プロμ マッハ号 320R
VEMAC 320R
玉中 哲二
山野 直也
YH+23'01.4081'26.08790.552

SUPER GT

SGT:第9戦富士公式予選総合結果

■GT500 Class

FUJI GT 300km RACE -RIJ- (2008/11/08) Total Qualify GT500 Weather:Rainy Course:Wet
2008 AUTOBACS SUPER GT Round 9 富士スピードウェイ 4.563km

PosNoCar
Model
DriverTireWHQualify 1
Time
Super Lap
Time
km/h
117REAL NSX
HONDA NSX
金石 勝智
金石 年弘
BS+21'45.9981'42.661160.010
224WOODONE ADVAN Clarion GT-R
NISSAN GT-R
ジョアオ・パオロ・デ・オリベイラ
荒 聖治
YH+21'45.1911'42.883159.665
31ARTA NSX
HONDA NSX
ラルフ・ファーマン
伊沢 拓也
BS601'45.9701'42.932159.589
425ECLIPSE ADVAN SC430
LEXUS SC430
土屋 武士
石浦宏明
YH+21'45.8581'43.280159.051
5100RAYBRIG NSX
HONDA NSX
井出 有冶
細川 慎弥
BS101'45.7971'43.563158.616
635宝山 KRAFT SC430
LEXUS SC430
ピーター・ダンブレック
片岡 龍也
BS1'45.5261'43.585158.583
718TAKATA 童夢 NSX
HONDA NSX
道上 龍
小暮 卓史
BS651'45.9581'43.602158.557
836PETRONAS TOM'S SC430
LEXUS SC430
脇阪 寿一
アンドレ・ロッテラー
BS551'45.7981'44.216157.623
923XANAVI NISMO GT-R
NISSAN GT-R
本山 哲
ブノワ・トレルイエ
BS801'45.9641'44.398157.348
1032EPSON NSX
HONDA NSX
ロイック・デュバル
平中 克幸
DL301'45.3051'45.008156.434
116ENEOS SC430
LEXUS SC430
伊藤 大輔
ビヨン・ビルドハイム
BS+11'46.102154.821
1212カルソニック IMPUL GT-R
NISSAN GT-R
松田 次生
セバスチャン・フィリップ
BS10
(+1)
1'46.120154.795
1322MOTUL AUTECH GT-R
NISSAN GT-R
ミハエル・クルム
柳田真孝
BS251'46.289154.548
1439DENSO DUNLOP SARD SC430
LEXUS SC430
高木 虎之介
アンドレ・クート
DL+21'46.655154.018
1538ZENT CERUMO SC430
LEXUS SC430
立川 祐路
リチャード・ライアン
BS251'46.879153.695
163YellowHat YMS TOMICA GT-R
NISSAN GT-R
ロニー・クインタレッリ
横溝直輝
BS551'47.097153.382

■GT300 Class

FUJI GT 300km RACE -RIJ- (2008/11/08) Total Qualify GT300 Weather:Rainy Course:Wet
2008 AUTOBACS SUPER GT Round 9 富士スピードウェイ 4.563km

PosNoCar
Model
DriverTireWHQualify 1
Time
Super Lap
Time
km/h
177クスコDUNLOPスバルインプレッサ
SUBARU IMPREZA
山野 哲也
カルロ・ヴァン・ダム
DL51'53.0171'51.925146.766
233HANKOOK PORSCHE
PORSCHE 911GT3RSR
木下 みつひろ
影山正美
HK1'52.3561'52.129146.499
319ウェッズスポーツIS350
LEXUS IS350
織戸 学
阿部 翼
YH301'55.9941'53.250145.049
443ARTA Garaiya
ASL Garaiya GT300VQ
新田 守男
高木真一
MI801'55.4271'53.557144.657
562WILLCOM ADVAN VEMAC 408R
VEMAC 408R
柴原 眞介
黒澤治樹
YH+21'55.9481'53.598144.605
626ユンケルパワータイサンポルシェ
PORSCHE 911GT3RS
谷口 信輝
ドミニク・ファーンバッハー
YH1'54.4761'53.664144.521
72プリヴェKENZOアセット・紫電
MOONCRAFT SHIDEN MC
高橋 一穂
加藤寛規
YH551'55.9401'54.051144.030
827石松・FUNKY'S・HANKOOK GT3
PORSCHE 911GT3RSR
井上 貴志
ファン・ジヌ
HK+21'56.1511'54.151143.904
946MOLA レオパレス Z
NISSAN FAIRLADY Z
星野 一樹
安田裕信
MI1001'55.5531'54.249143.781
105プロμ マッハ号 320R
VEMAC 320R
玉中 哲二
山野 直也
YH+21'56.0961'59.593137.356
1166triple a ムルシェRG-1
LAMBORGHINI MURCIELAGO RG-1
山西 康司
余郷敦
YH+11'56.405141.118
124EBBRO UEMATSU 320R
VEMAC RD320R
阪口 良平
松下昌揮
YH+11'56.576140.911
1395ライトニング マックィーン apr MR-S
TOYOTA MR-S
平手 晃平
国本京佑
MI251'56.659140.810
1481ダイシン ADVAN Z
NISSAN FAIRLADY Z
青木 孝行
藤井誠暢
YH601'56.671140.796
1511JIMCENTER ADVAN F430
FERRARI F430
田中 哲也
植田正幸
YH101'56.776140.669
167ORC雨宮SGC-7
MAZDA RX-7
井入 宏之
折目 遼
YH251'57.370139.957
1731DOUBLEHEAD avex apr MR-S
TOYOTA MR-S
峰尾 恭輔
坂本雄也
MI+11'57.846139.392
18110KUMHO BOXSTER-GT
PORSCHE BOXSTER
光貞 秀俊
池田大祐
KH1'58.181138.997
1987アクティオガイヤルドRG-3
LAMBORGHINI GALLARDO RG-3
和田 久
栗原宗之
YH+21'58.436138.698
2088triple a ガイヤルドRG-3
LAMBORGHINI GALLARDO RG-3
松田 秀士
古谷直広
YH+21'58.997138.044
2152GREEN TEC KUMHO IS350
LEXUS IS350
黒澤 琢弥
井口卓人
KH+21'59.199137.810
2216CHUGAI UEMATSU 350R
VEMAC RD350R
植松 忠雄
筒井克彦
YH+21'59.681137.255
231184CARAT SON GT3
PORSCHE 911GT3RS
宮本 隆士
Guts 城内
YH+22'00.017136.871
---- 以上予選通過 ----
-170外車の外国屋&LMPポルシェ
PORSCHE 996GT3RS
高見沢 一吉
山岸大
YH+11'57.481139.825
-808初音ミク Studie GLAD BMW Z4
BMW Z4 M coupe MotorSport Version
菊地 靖
田ヶ原 章蔵
YH2'02.569134.021
-666楽天 BOMEX 320R
VEMAC RD320R
周防 彰悟
山下 潤一郎
KH+22'08.296128.038
-9ニッソーサービスC6
CHVROLET CORVETTE C6
谷川 達也
武井寛史
KH2'15.100121.590

SUPER GT

SGT:第9戦富士 ポールシッターのコメント

gt_r09_sl_pc

GT500クラス #17REAL NSX
金石 年弘

1周目からプッシュするようにピットから言われていたのがああいうこと(アウトラップのスピンアウト) になってしまって........
でも、あれで落ち着くことが出来たので、アタック中はずっとクルマをコントロールできてたし、 Aコーナーはちょっと遅くなっちゃいましたが(笑)それもある意味良かったのだと思います。
他のドライバーのアタックをずっと見ているのはハラハラドキドキしましたが、勝智さんと喜び合いながら見ていました。
今年は予選が良くても決勝で流れに乗れず、苦しいレースが続いていましたが、今日のクルマはすごく良くなってて、 いい流れが出来ているなと思います。明日もこの流れで、優勝を狙っていきたいですね。

金石 勝智
ポールを獲れたのも嬉しいですし、自分が立ち上げたチームで、しかも従兄弟がGTで初めてのポールと、初めてずくしで本当に良かったです。
今週末は、最初クルマの挙動にてこずりました。濡れた路面だとリヤが滑りやすかったので。でもチームスタッフ全員が知恵を出し合ってくれて、 ここまで押し上げてくれたのが今日の結果に結びついたのかなと思います。
このまま明日は優勝で締めくくりたいですね。
もういい加減、みんなを引っ張っていくのも疲れたんで、早く後のヒトに任せたいんですよ(笑)

GT300クラス #77クスコDUNLOPスバルインプレッサ
カルロ・ヴァン・ダム

嬉しいです。
GTに乗り始めてたった2回目のイベントなのに、チームが大きなチャンスをくれてポールポジションが獲れました。 結果を出せて大変嬉しいですし、チームにも感謝しています。
今日は滑りやすい路面でしたが、クルマは雨の中でもかなり速かったです。
クルマもタイヤも良かったですけど、ドライバーだって悪くなかったと思いますよ。

山野 哲也
年に3回のポールなんて中々獲れるもんじゃないですし、ドライ、ウェット両方でポールが獲れましたし、 3回のポールともアタックしたドライバーが違いますから、AWDの機能を最大限生かすことができたんだと思います。
今週末はカルロが走るたびにどんどんクルマに慣れてきていたので、彼の可能性に賭けてみようということになり、送り出しました。
クルマのアドバンテージはあるので、あとはタイヤの使い方次第でしたが、彼はちゃんと結果を出してくれましたから、もう言うことなしです。
明日の決勝はドライになれば他も速くなってくるでしょうけど、僕らもコンスタントラップではいい結果が出ていますので、 無用なバトルを避けて最後まで走りきれば上位でフィニッシュできると思います。

まとめ: Kazuhisa SUEHIRO / Photo: Keiichiro TAKESHITA

SUPER GT

SGT:第9戦富士スーパーラップ リアルNSX待望の初ポールを獲得!!GT300はインプレッサが今季3度目のPP

2008スーパーGT第9戦「富士GT300kmレース」は11月8日午後1時45分より公式予選2回目、 午後2時20分よりスーパーラップを行った。
小雨の降り続く難しいコンディションの中でポールポジションを獲得したのは#17REAL NSX(金石勝智/金石年弘組)。 タイムは1分42秒661と、午前中のタイムを3秒以上短縮してチーム結成以来初のポールポジションをものにした。
GT300クラスはAWDの強みを最大限に生かした#77クスコDUNLOPスバルインプレッサ(山野哲也/カルロ・ヴァン・ ダム組)が今季3度目のポールポジションを獲得した。

午後2時45分、予選2回目が開始された。
雨は小降りになったものの、路面はまだ濡れており、各車レインタイヤでの走行となった。気温は12度、路面温度は14度だ。
この段階でまだ予選通過基準タイムをクリアしていないのは、#808、#666、#9の3台と#11植田正幸、#170高見沢一吉、 #118宮本隆士の3名。

結局このセッションのトップは#77インプレッサで1分52秒463、2番手#26ポルシェの1分53秒520、 3番手#66ムルシエラゴの1分53秒900だった。

この結果、基準タイムは2分01秒224となり、植田、宮本の両名と#808号車の菊池靖はこのタイムを見事クリアしたが、高見沢、 田ヶ原章蔵は僅かに届かず、666号車は周防彰悟、山下潤一郎両名とも届かず、9号車に関しては出走すら出来ない状態で、#170、 #808、#666、#9の4台の予選落ちが決まった。

GT500の専有は午後2時に開始。
路面コンディションは徐々に回復に向かい、途中から浅溝タイヤを投入するチームが相次いだ。
タイムも午前中から大幅に更新され、16台中13台が午前中の暫定ポールタイムを上回る状況に。
ここでのベストタイムは#35宝山SCの1分43秒269。 午前中トップの#24ウッドワンGT-Rが2番手につけてスーパーラップへの確かな手ごたえを得た。

gt_r09_sl_cusco 予選2回目に続いて午後2時20分よりスーパーラップが開始された。
GT300クラスで最初に出走するのは#27井上貴志。初めて迎えたスーパーラップのタイムは1分54秒151。 午前中のベストタイムを丁度2秒更新し、順位を二つ上げることに成功した。

続いてアタックした#5玉中哲二は1分59秒593と大きく遅れたが、3番目に出走した第7戦優勝の#19織戸学はセクター2、 3と立て続けにタイムを縮めて1分53秒250と井上のタイムを大きく上回り、この時点でのトップに躍り出た。
続く#62柴原眞介、#2加藤寛規らは織戸に及ばず、それぞれ5位、7位に終わり、 カラーリングを一新して最終戦に臨んだ#46安田裕信もセクター1では織戸を上回ったが、 さすがにウェイトハンデ100kgの影響からかセクター2、3と伸び悩んで9位に終わった。

ポイントリーダーの#43高木真一は1分53秒557。 こちらも80kgのウェイトを積みながらうまくタイムをまとめて4番手に踏みとどまった。

#26谷口信輝が1分53秒664の6番手に終わったあと、アタックを開始したのはGT2戦目の#77カルロ・ヴァン・ダムだった。
ヴァン・ダムはセクター1、2、3を全てベストでまとめて1分51秒925と他を圧倒、堂々のトップに躍り出た。

最後のアタッカー、#33影山正美もぎりぎりの走りでタイムアップを果たしたが、 1分52秒129とインプレッサには今一歩及ばなかった。

gt_r09_sl_real GT500クラスは最初のアタッカー#17金石年弘がウォームアップラップのコカコーラコーナーでスピンアウトし、 周囲をひやりとさせたが、アタックラップは落ち着いてまとめ、1分42秒661と午前中のタイムを3秒以上縮めてみせた。
続いてアタックした#1ラルフ・ファーマンも自身の午前中のタイムを大幅に更新したが、1分42秒932と金石に今一歩及ばない。
ポイントリーダーの#23ブノワ・トレルイエは100Rで姿勢を乱したのが祟って1分44秒398、9位に終わった。
続く#18小暮卓史も1分43秒602とタイムが伸びず、#25石浦宏明はセクター1で金石を上回ったが、セクター2、 3が伸びずに1分43秒280。
#36アンドレ・ロッテラーは100R立ち上がりで姿勢を乱して1分44秒216と大きく遅れた。
#100井出有治は1分43秒563、#35ピーター・ダンブレックはセクター1で金石のタイムを上回ったが、 その後が伸びずに1分43秒585に終わった。

残る2台、午前午後の予選セッションで終始好タイムを連発していた#32エプソンNSX、 #24ウッドワンGT-Rの2台はあろうことか1コーナーで揃ってオーバーラン。
#32ロイック・デュバルはこれにより10位でスーパーラップを終えたが、#24J.P.オリベイラはセクター2、 3でベストタイムを更新して1分42秒883、2位に踏みとどまってみせた。

結局、終わってみれば最初にアタックした金石年弘のタイムを打ち破るものは誰一人現れず、 リアルNSXはチーム結成以来初めてのポールポジションを2シーズン目の最終戦で手にすることとなった。

スーパーGT最終戦の決勝は明日午後2時より66周で行われる。

Text: Kazuhisa SUEHIRO / Photo: Keiichiro TAKESHITA

SUPER GT

SGT:第9戦富士スーパーラップ結果(GT500クラス)

■GT500 Class

FUJI GT 300km RACE -RIJ- (2008/11/08) Super Lap GT500 Weather:Rainy Course:Wet
2008 AUTOBACS SUPER GT Round 9 富士スピードウェイ 4.563km

PosNoCar
Model
DriverTireWHTimeDelayGapkm/h
117REAL NSX
HONDA NSX
金石 勝智
金石 年弘
BS+21'42.661--160.010
224WOODONE ADVAN Clarion GT-R
NISSAN GT-R
ジョアオ・パオロ・デ・オリベイラ
荒 聖治
YH+21'42.883 0.222 0.222159.665
31ARTA NSX
HONDA NSX
ラルフ・ファーマン
伊沢 拓也
BS601'42.932 0.271 0.049159.589
425ECLIPSE ADVAN SC430
LEXUS SC430
土屋 武士
石浦宏明
YH+21'43.280 0.619 0.348159.051
5100RAYBRIG NSX
HONDA NSX
井出 有冶
細川 慎弥
BS101'43.563 0.902 0.283158.616
635宝山 KRAFT SC430
LEXUS SC430
ピーター・ダンブレック
片岡 龍也
BS1'43.585 0.924 0.022158.583
718TAKATA 童夢 NSX
HONDA NSX
道上 龍
小暮 卓史
BS651'43.602 0.941 0.017158.557
836PETRONAS TOM'S SC430
LEXUS SC430
脇阪 寿一
アンドレ・ロッテラー
BS551'44.216 1.555 0.614157.623
923XANAVI NISMO GT-R
NISSAN GT-R
本山 哲
ブノワ・トレルイエ
BS801'44.398 1.737 0.182157.348
1032EPSON NSX
HONDA NSX
ロイック・デュバル
平中 克幸
DL301'45.008 2.347 0.610156.434

SUPER GT

SGT:第9戦富士スーパーラップ結果(GT300クラス)

■GT300 Class

FUJI GT 300km RACE -RIJ- (2008/11/08) Super Lap GT300 Weather:Cloudy Course:Wet
2008 AUTOBACS SUPER GT Round 9 富士スピードウェイ 4.563km

PosNoCar
Model
DriverTireWHTimeDelayGapkm/h
177クスコDUNLOPスバルインプレッサ
SUBARU IMPREZA
山野 哲也
カルロ・ヴァン・ダム
DL51'51.925--146.766
233HANKOOK PORSCHE
PORSCHE 911GT3RSR
木下 みつひろ
影山正美
HK1'52.129 0.204 0.204146.499
319ウェッズスポーツIS350
LEXUS IS350
織戸 学
阿部 翼
YH301'53.250 1.325 1.121145.049
443ARTA Garaiya
ASL Garaiya GT300VQ
新田 守男
高木真一
MI801'53.557 1.632 0.307144.657
562WILLCOM ADVAN VEMAC 408R
VEMAC 408R
柴原 眞介
黒澤治樹
YH+21'53.598 1.673 0.041144.605
626ユンケルパワータイサンポルシェ
PORSCHE 911GT3RS
谷口 信輝
ドミニク・ファーンバッハー
YH1'53.664 1.739 0.066144.521
72プリヴェKENZOアセット・紫電
MOONCRAFT SHIDEN MC
高橋 一穂
加藤寛規
YH551'54.051 2.126 0.387144.030
827石松・FUNKY'S・HANKOOK GT3
PORSCHE 911GT3RSR
井上 貴志
ファン・ジヌ
HK+21'54.151 2.226 0.100143.904
946MOLA レオパレス Z
NISSAN FAIRLADY Z
星野 一樹
安田裕信
MI1001'54.249 2.324 0.098143.781
105プロμ マッハ号 320R
VEMAC 320R
玉中 哲二
山野 直也
YH+21'59.593 7.668 5.344137.356

SUPER GT

SGT:第9戦富士公式予選2回目結果

FUJI GT 300km RACE -RIJ- (2008/11/08) Qualifying 2 Weather:Cloudy Course:Wet
2008 AUTOBACS SUPER GT Round 9 富士スピードウェイ 4.563km

PosClassCls
Pos
NoCar
Maker Model
DriverTireWhTimeBehindkm/h
1500135宝山 KRAFT SC430
LEXUS SC430
ピーター・ダンブレック
片岡 龍也
BS1'43.269-159.068
2500224WOODONE ADVAN Clarion GT-R
NISSAN GT-R
ジョアオ・パオロ・デ・オリベイラ
荒 聖治
YH+21'43.273 0.004159.062
3500332EPSON NSX
HONDA NSX
ロイック・デュバル
平中 克幸
DL301'43.517 0.248158.687
4500439DENSO DUNLOP SARD SC430
LEXUS SC430
高木 虎之介
アンドレ・クート
DL+21'43.550 0.281158.636
5500525ECLIPSE ADVAN SC430
LEXUS SC430
土屋 武士
石浦宏明
YH+21'43.936 0.667158.047
6500618TAKATA 童夢 NSX
HONDA NSX
道上 龍
小暮 卓史
BS651'44.104 0.835157.792
75007100RAYBRIG NSX
HONDA NSX
井出 有冶
細川 慎弥
BS101'44.131 0.862157.751
8500817REAL NSX
HONDA NSX
金石 勝智
金石 年弘
BS+21'44.390 1.121157.360
950091ARTA NSX
HONDA NSX
ラルフ・ファーマン
伊沢 拓也
BS601'44.589 1.320157.060
105001023XANAVI NISMO GT-R
NISSAN GT-R
本山 哲
ブノワ・トレルイエ
BS801'44.621 1.352157.012
115001136PETRONAS TOM'S SC430
LEXUS SC430
脇阪 寿一
アンドレ・ロッテラー
BS551'44.806 1.537156.735
12500126ENEOS SC430
LEXUS SC430
伊藤 大輔
ビヨン・ビルドハイム
BS+11'45.019 1.750156.417
135001338ZENT CERUMO SC430
LEXUS SC430
立川 祐路
リチャード・ライアン
BS251'45.087 1.818156.316
145001422MOTUL AUTECH GT-R
NISSAN GT-R
ミハエル・クルム
柳田真孝
BS251'45.243 1.974156.084
155001512カルソニック IMPUL GT-R
NISSAN GT-R
松田 次生
セバスチャン・フィリップ
BS10
+1
1'45.775 2.506155.299
16500163YellowHat YMS TOMICA GT-R
NISSAN GT-R
ロニー・クインタレッリ
横溝直輝
BS551'46.027 2.758154.930
17300177クスコDUNLOPスバルインプレッサ
SUBARU IMPREZA
山野 哲也
カルロ・ヴァン・ダム
DL51'52.463 9.194146.064
18300226ユンケルパワータイサンポルシェ
PORSCHE 911GT3RS
谷口 信輝
ドミニク・ファーンバッハー
YH1'53.52010.251144.704
19300366triple a ムルシェRG-1
LAMBORGHINI MURCIELAGO RG-1
山西 康司
余郷 敦
YH+11'53.90010.631144.221
20300419ウェッズスポーツIS350
LEXUS IS350
織戸 学
阿部翼
YH301'53.90610.637144.214
21300543ARTA Garaiya
ASL Garaiya GT300VQ
新田 守男
高木 真一
MI801'54.22710.958143.808
22300646MOLA レオパレス Z
NISSAN FAIRLADY Z
星野 一樹
安田 裕信
MI1001'54.23110.962143.803
23300781ダイシン ADVAN Z
NISSAN FAIRLADY Z
青木 孝行
藤井 誠暢
YH601'54.71711.448143.194
2430082プリヴェKENZOアセット・紫電
MOONCRAFT SHIDEN MC
高橋 一穂
加藤寛規
YH551'54.72411.455143.185
25300931DOUBLEHEAD avex apr MR-S
TOYOTA MR-S
峰尾恭輔
坂本 雄也
MI+11'55.14111.872142.667
263001087アクティオガイヤルドRG-3
LAMBORGHINI GALLARDO RG-3
和田 久
栗原宗之
YH+21'55.16311.894142.640
273001133HANKOOK PORSCHE
PORSCHE 911GT3RSR
木下 みつひろ
影山正美
HK1'55.32112.052142.444
283001262WILLCOM ADVAN VEMAC 408R
VEMAC 408R
柴原 眞介
黒澤治樹
YH+21'55.86712.598141.773
2930013110KUMHO BOXSTER-GT
PORSCHE BOXSTER
光貞 秀俊
池田大祐
KH1'55.93812.669141.686
303001488triple a ガイヤルドRG-3
LAMBORGHINI GALLARDO RG-3
松田 秀士
古谷直広
YH+21'56.06712.798141.529
31300157ORC雨宮SGC-7
MAZDA RX-7
井入 宏之
折目 遼
YH251'56.30213.033141.243
323001627石松・FUNKY'S・HANKOOK GT3
PORSCHE 911GT3RSR
井上 貴志
ファン・ジヌ
HK+21'57.03413.765140.359
333001711JIMCENTER ADVAN F430
FERRARI F430
田中 哲也
植田正幸
YH101'57.04413.775140.347
343001852GREEN TEC KUMHO IS350
LEXUS IS350
黒澤 琢弥
井口卓人
KH+21'57.18413.915140.180
35300191184CARAT SON GT3
PORSCHE 911GT3RS
宮本 隆士
Guts 城内
YH+21'57.44914.180139.863
36300204EBBRO UEMATSU 320R
VEMAC RD320R
阪口 良平
松下昌揮
YH+11'57.58814.319139.698
37300215プロμ マッハ号 320R
VEMAC 320R
玉中 哲二
山野 直也
YH+21'58.22014.951138.951
383002216CHUGAI UEMATSU 350R
VEMAC RD350R
植松 忠雄
筒井克彦
YH+21'59.43816.169137.534
3930023808初音ミク Studie GLAD BMW Z4
BMW Z4 M coupe MotorSport Version
菊地 靖
田ヶ原 章蔵
YH2'01.07217.803135.678
4030024170外車の外国屋&LMPポルシェ
PORSCHE 996GT3RS
高見沢 一吉
山岸大
YH+12'01.33318.064135.386
4130025666楽天 BOMEX 320R
VEMAC RD320R
周防 彰悟
山下 潤一郎
KH+22'04.00220.733132.472

SUPER GT

SGT:第9戦富士公式予選1回目 暫定ポールはウッドワンGT-R!

2008スーパーGT第9戦、「富士GT300kmレース」の公式予選1回目は、#24WOODONE ADVAN Clarion GT-R(ジョアオ・パオロ・デ・オリベイラ/荒聖治組)が暫定ポールを獲得。 オリベイラが混走セッション終了間際に1分45秒191を記録してトップに躍り出た。
GT300クラスも、オリベイラとほぼ同時にベストタイムを更新した影山正美の駆る#33HANKOOK PORSCHE(木下みつひろ/影山正美組)が暫定ポールだった。

gt_r09_q1_clarion gt_r09_q1_epson gt_r09_q1_hankook

2008シーズンの最終戦を迎えた富士スピードウェイ。
公式予選日は朝からあいにくの雨模様、ウェット宣言が出される中で午前10時10分より公式予選1回目が開始された。

ホームストレート上では激しく水しぶきが上がる難しいコンディションの中、 最初に好タイムを連発してきたのはやはりAWDの#77クスコスバルインプレッサだった。
アタックを任されたカルロ・ヴァン・ダムはいち早く1分55秒384の好タイムを記録して一旦ピットへ。
その後1分54秒964を記録した#33ハンコックポルシェの影山に一旦はトップの座を奪われたものの、 専有走行終了間際に再びアタックを行い、1分53秒073までタイムを縮めて再びトップに躍り出た。
2番手には#33ハンコックポルシェの影山、#26ユンケルポルシェの谷口信輝が3番手と富士と相性のいいポルシェ勢が続く。
一方、タイトル争いのかかる#43ARTAガライヤは14番手、#46レオパレスZは11番手、#2紫電は20番手にとどまり、 混走での巻き返しに賭けることとなった。

続いて始まったGT500クラスの専有走行では、ポイントランキング3位の#36ペトロナスSCを駆るアンドレ・ロッテラー、昨年、 一昨年と最終戦を制している#32エプソンNSXのロイック・デュバル、 第4戦セパンを制した#24ウッドワンGT-RのJ.P.オリベイラらが相次いでトップに立つ展開となった。
その後方では#25エクリプスSCの石浦宏明、#100レイブリックNSXの井出有治らも好タイムを連発、2位、 3位辺りに頻繁に顔を出してくる。
専有走行終了時点でのトップタイムは#32エプソンNSXの1分45秒305だ。

一方、前戦オートポリスを制してランキングトップに返り咲いた#23ザナヴィGT-Rはブノワ・ トレルイエがコースアウトを喫して側面からバリアに接触するなど、中々タイムをあげることが出来ず、結局15位で専有を終えた。
ランキング2位の#18TAKATA童夢NSXは8番手だ。

最後の混走セッションを迎えても雨は一向に止む気配をみせず、全車激しい水しぶきを上げながら、 スーパーラップ進出を賭けて最後の20分間を戦うこととなった。

#23ザナヴィGT-Rは本山哲が基準タイムをクリアした後は再びトレルイエがステアリングを握り、 残り8分で1分46秒217を記録して10位につけると、その後もタイムを縮めて1分45秒964とし、 クラス8位で見事スーパーラップ進出を果たした。
ランキング2位の#18TAKATA童夢NSXも最後の最後に1分45秒958を記録して7位で走行を終えた。

一方、上位陣では残り1分をきったところでオリベイラが1分45秒191を叩きだして暫定ポールを獲得、 2番手には#32エプソンNSX、3番手には#35宝山KRAFTSC430が上がってきた。

GT300クラスのSL進出を賭けた争いは最後の最後まで熾烈を極めた。
まずは専有で下位に甘んじた#46レオパレスZを駆る安田裕信が混走開始早々に5位に躍り出ると、 #43ガライヤの高木真一も残り8分で8位、更には残り2分で3位に上がってきた。
安田も順位を一時4番手まで上げてきたが、今回久々に#26ユンケルポルシェを駆るドミニク・ ファーンバッハーが終了直前に高木のタイムを上回って3番手に上がってくる。

更にはGT500のトップが入れ替わるのと時を同じくして#33ハンコックポルシェの影山も残り1分をきったところで1分52秒747を叩きだし、 インプレッサからトップを奪ってこのセッションを終えることとなった。
ランキング3位の#2紫電も加藤寛規のアタックで終盤6番手タイムを記録して、見事スーパーラップ進出を果たすことに。 一方ランキング4位で前回優勝の#81ダイシンZは惜しくも14番手に終わり、スーパーラップ進出を逃している。

スーパーGT最終戦の公式予選2回目はこのあと午後1時45分より各クラス15分間で行われる。
スーパーラップ開始予定時刻はその5分後の午後2時20分からだ。

Text: Kazuhisa SUEHIRO / Photo: Keiichiro TAKESHITA

SUPER GT

SGT:第9戦富士公式予選1回目結果

FUJI GT 300km RACE -RIJ- (2008/11/08) Qualifying 1 Weather:Rainy Course:Wet
2008 AUTOBACS SUPER GT Round 9 富士スピードウェイ 4.563km

PosClassCls
Pos
NoCar
Maker Model
DriverTireWhTimeBehindkm/h
1500124WOODONE ADVAN Clarion GT-R
NISSAN GT-R
ジョアオ・パオロ・デ・オリベイラ
荒 聖治
YH+21'45.191-156.162
2500232EPSON NSX
HONDA NSX
ロイック・デュバル
平中 克幸
DL301'45.305 0.114155.993
3500335宝山 KRAFT SC430
LEXUS SC430
ピーター・ダンブレック
片岡 龍也
BS1'45.526 0.335155.666
45004100RAYBRIG NSX
HONDA NSX
井出 有冶
細川 慎弥
BS101'45.797 0.606155.267
5500536PETRONAS TOM'S SC430
LEXUS SC430
脇阪 寿一
アンドレ・ロッテラー
BS551'45.798 0.607155.266
6500625ECLIPSE ADVAN SC430
LEXUS SC430
土屋 武士
石浦宏明
YH+21'45.858 0.667155.178
7500718TAKATA 童夢 NSX
HONDA NSX
道上 龍
小暮 卓史
BS651'45.958 0.767155.031
8500823XANAVI NISMO GT-R
NISSAN GT-R
本山 哲
ブノワ・トレルイエ
BS801'45.964 0.773155.022
950091ARTA NSX
HONDA NSX
ラルフ・ファーマン
伊沢 拓也
BS601'45.970 0.779155.014
105001017REAL NSX
HONDA NSX
金石 勝智
金石 年弘
BS+21'45.998 0.807154.973
11500116ENEOS SC430
LEXUS SC430
伊藤 大輔
ビヨン・ビルドハイム
BS+11'46.102 0.911154.821
125001212カルソニック IMPUL GT-R
NISSAN GT-R
松田 次生
セバスチャン・フィリップ
BS10
+1
1'46.120 0.929154.795
135001322MOTUL AUTECH GT-R
NISSAN GT-R
ミハエル・クルム
柳田真孝
BS251'46.289 1.098154.548
145001439DENSO DUNLOP SARD SC430
LEXUS SC430
高木 虎之介
アンドレ・クート
DL+21'46.655 1.464154.018
155001538ZENT CERUMO SC430
LEXUS SC430
立川 祐路
リチャード・ライアン
BS251'46.879 1.688153.695
16500163YellowHat YMS TOMICA GT-R
NISSAN GT-R
ロニー・クインタレッリ
横溝直輝
BS551'47.097 1.906153.382
17300133HANKOOK PORSCHE
PORSCHE 911GT3RSR
木下みつひろ
影山 正美
HK1'52.356 7.165146.203
18300277クスコDUNLOPスバルインプレッサ
SUBARU IMPREZA
山野 哲也
カルロ・ヴァン・ダム
DL51'53.017 7.826145.348
19300326ユンケルパワータイサンポルシェ
PORSCHE 911GT3RS
谷口 信輝
ドミニク・ファーンバッハー
YH1'54.476 9.285143.496
20300443ARTA Garaiya
ASL Garaiya GT300VQ
新田 守男
高木 真一
MI801'55.42710.236142.313
21300546MOLA レオパレス Z
NISSAN FAIRLADY Z
星野 一樹
安田 裕信
MI1001'55.55310.362142.158
2230062プリヴェKENZOアセット・紫電
MOONCRAFT SHIDEN MC
高橋 一穂
加藤寛規
YH551'55.94010.749141.684
23300762WILLCOM ADVAN VEMAC 408R
VEMAC 408R
柴原眞介
黒澤 治樹
YH+21'55.94810.757141.674
24300819ウェッズスポーツIS350
LEXUS IS350
織戸 学
阿部翼
YH301'55.99410.803141.618
2530095プロμ マッハ号 320R
VEMAC 320R
玉中 哲二
山野直也
YH+21'56.09610.905141.493
263001027石松・FUNKY'S・HANKOOK GT3
PORSCHE 911GT3RSR
井上 貴志
ファン・ジヌ
HK+21'56.15110.960141.426
273001166triple a ムルシェRG-1
LAMBORGHINI MURCIELAGO RG-1
山西 康司
余郷敦
YH+11'56.40511.214141.118
28300124EBBRO UEMATSU 320R
VEMAC RD320R
阪口 良平
松下昌揮
YH+11'56.57611.385140.911
293001395ライトニング マックィーン apr MR-S
TOYOTA MR-S
平手 晃平
国本京佑
MI251'56.65911.468140.810
303001481ダイシン ADVAN Z
NISSAN FAIRLADY Z
青木 孝行
藤井誠暢
YH601'56.67111.480140.796
313001511JIMCENTER ADVAN F430
FERRARI F430
田中 哲也
植田正幸
YH101'56.77611.585140.669
32300167ORC雨宮SGC-7
MAZDA RX-7
井入 宏之
折目 遼
YH251'57.37012.179139.957
3330017170外車の外国屋&LMPポルシェ
PORSCHE 996GT3RS
高見沢 一吉
山岸大
YH+11'57.48112.290139.825
343001831DOUBLEHEAD avex apr MR-S
TOYOTA MR-S
峰尾 恭輔
坂本雄也
MI+11'57.84612.655139.392
3530019110KUMHO BOXSTER-GT
PORSCHE BOXSTER
光貞 秀俊
池田大祐
KH1'58.18112.990138.997
363002087アクティオガイヤルドRG-3
LAMBORGHINI GALLARDO RG-3
和田 久
栗原宗之
YH+21'58.43613.245138.698
373002188triple a ガイヤルドRG-3
LAMBORGHINI GALLARDO RG-3
松田 秀士
古谷直広
YH+21'58.99713.806138.044
383002252GREEN TEC KUMHO IS350
LEXUS IS350
黒澤 琢弥
井口卓人
KH+21'59.19914.008137.810
393002316CHUGAI UEMATSU 350R
VEMAC RD350R
植松 忠雄
筒井克彦
YH+21'59.68114.490137.255
40300241184CARAT SON GT3
PORSCHE 911GT3RS
宮本 隆士
Guts 城内
YH+22'00.01714.826136.871
---- 以上予選通過(基準タイム[107%] GT500: 1'52.714 / GT300: 2'01.212)----
-300-808初音ミク Studie GLAD BMW Z4
BMW Z4 M coupe MotorSport Version
菊地 靖
田ヶ原 章蔵
YH2'02.56917.378134.021
-300-666楽天 BOMEX 320R
VEMAC RD320R
周防 彰悟
山下 潤一郎
KH+22'08.29623.105128.039
-300-9ニッソーサービスC6
CHVROLET CORVETTE C6
谷川 達也
武井寛史
KH2'15.10029.909121.590
  • 各クラス1~10位はスーパーラップに選抜。

スーパー耐久

S耐:第6戦SUGO ドリームエンジェルアドバンRX7、エンジントラブルで予選最後尾からクラス8位でチェッカー! (DREAM ANGELS)

エンジントラブルで予選アタックできず最後尾スタート! クラス8位でチェッカー!
st_r06_da1
深夜4時までかかったエンジン交換
st_r06_da2
よかった! 間に合った~!!
st_r06_da3
フラコラ500は菅生でも大盛況でした!

 11月とは思えない穏やかな陽気で向かえた、スーパー耐久シリーズ第6戦inスポーツランド菅生(宮城県)でしたが、ドリームエンジェルレーシングとしては、まさに嵐のような3日間でした。

 レースウィーク木曜日からサーキット入りし、パーツの慣らし走行も含め軽くテスト走行をスタートさせました。

 翌、金曜日から本格的な練習をと、メニューを組んでいましたが、コース上の赤旗続出で思うような走行メニューがこなせず、2回目の公式練習終了直前エンジンから異音発生。エンジンのトラブルと判明し、乗せ替えを夜遅くまでかかって行いました。ところがそのエンジンにも問題があることがわかり、使えないとの判断。東京へ戻り、エンジンを調達することも検討しましたが、最終的にサーキットでエンジンを組み直すことになり、その作業は決勝日の明け方までかかりました。

 トラブルのため予選を走行していないドリームエンジェルRX7は嘆願書によって最後尾からの出走を認められ、午後12時、青空が広がるなスポーツランド菅生にて、135周の決勝レースがスタートを切りました。

組み上がったばかりエンジンを慣らし走行する時間もないまま決勝レースとなり、序盤は渋さから全くパワーが出ない状態が続き、我慢の走りが続きました。中盤に入って少しづつ上向きになり、タイムもアップし順調に走行を続けました。

 ただ、前半の遅れを取り戻すまでには至らず、トップグループからは遅れましたが、500キロのレースをクラス8位で無事にゴールすることができました。

 メカニックを始め、スタッフが世を徹して作業してくれたことにより、多くの観客の皆さんに走る姿を見せることができました。今年最後のレースということ、今回の菅生がRX7との相性が良いということもあって残念な気持ちもありますが、多くのファンやスタッフに囲まれレース活動を再開でき、富士・岡山・菅生の3戦に出場できたことを心からうれしく思っています。

 まだまだチームは未熟ですが、一歩づつでも階段を上がっていきたいと思います。応援よろしくお願いします。ドリームエンジェルレーシングはこれからも女性の皆さんにモータースポーツを通じ勇気と元気を与えていきたいと思います。

  • 観客数:決勝1万人
  • 予選結果出走できず(決勝最後尾スタート)
  • 決勝結果総合28位(クラス8位)
  • 7 ドリームエンジェルアドバンRX7 3:22’17.219 119周(オギ姉・清水隆広・平野濱嗣)

Text & Photo: DREAM ANGELS RACING

Formula Nippon | SUPER GT | その他

" トヨタ モータースポーツ フェスティバル2008 " 開催決定

" トヨタ モータースポーツ フェスティバル2008 " 開催決定

トヨタ自動車株式会社は、11月23日(日)に"トヨタ モータースポーツ フェスティバル2008"を富士スピードウェイにて開催する。当フェスティバルは、一年間、トヨタのモータースポーツ活動を応援してくださった方々へのファン感謝イベントとして2001年にスタートし、今年で8回目を迎える。
また、トヨタワンメイクレースである「Netz Cup Vitz Race 2008グランドファイナル」も併せて同日開催される。

尚、イベント内容の詳細については、TMSF公式ホームページ(http://www.tmsf.jp/)にて随時更新。
 
【イベント概要】 
■名称 トヨタ モータースポーツ フェスティバル 2008 <TMSF2008>
 
■開催場所 富士スピードウェイ 
    〒410-1307 静岡県駿東郡小山町中日向694 
    http://www.fujispeedway.co.jp/  TEL:0550-78-1234(代)
■開催日 2008年11月23日(日)  ※雨天決行 
  公式レース予選は前日の22日(土)に実施 
■入場料 当日   2,000円《中学生以下 無料》 
  前売り  1,500円(電子チケットぴあ、コンビニエンスストア、
  公式ホームページで販売)
  ※9月29日(月)からチケット販売開始 
■駐車料金 4輪 1,000円/2輪 500円 
■トヨタモータースポーツ
  公式ホームページ http://www.toyota.co.jp/ms/ 
■公式ホームページ http://www.tmsf.jp/ 
■主催 トヨタ自動車株式会社 
■公認レースオーガナイザー  富士スピードウェイ株式会社、FMC、トヨタ・モータースポーツ・クラブ(TMSC)共催 

【イベント及びタイムスケジュール(予定・変更の可能性があります)】 
<コース上イベント>
10:45~11:00 ウェルカムセレモニー
11:05~11:15 トヨタF1カー・オープニング走行
11:15~11:40 ニュルブルクリンク スペシャルラン
11:45~11:55 NASCARスペシャルラン
12:00~12:50 ピット ウォーク
12:05~12:25 ドリフトエクストリーム
12:30~12:40 iQパフォーマンスステージ
12:45~13:00 サーキットタクシー(一般お客様対象の同乗走行体験)
13:00~13:15 レーシングカーシャッフル(トップドライバーによる別カテゴリーのレーシングカードライブ)
13:20~13:35 国内最高峰への挑戦(SUPER GT & フォーミュラ・ニッポン)
13:35~14:00 サーキットサファリ (バス乗車によるSUPER GTとのサーキット混走)
14:05~14:25 SUPER GT スーパーバトル
14:30~14:45 サーキットタクシー(一般お客様対象の同乗走行体験)
14:50~15:05 iQジムカーナ
15:10~15:30 トヨタF1カー・スペシャルラン
15:30~15:40 フィナーレ
 

スーパー耐久

S耐:第6戦SUGO決勝 谷口/片岡組のPETRONAS SYNTIUM BMW Z4M COUPEが優勝し、今シーズンのクラスチャンピオンを決める

st_r06_r_start

st_r06_r_28

st_r06_r_56

st_r06_r_39

st_r06_r_51

st_r06_r_333_champ

st_r06_r_28_finish

 11月2日、スーパー耐久2008第6戦、SUGOスーパー耐久500kmレースの決勝レースがスポーツランドSUGOで開催された。

 この日も晴天に恵まれ、気温18度、路面温度22度とスタート時点はかなり強い風がストレートを1コーナーに向けて吹く状況だった。

 ポールポジションを獲得した#28 PETRONAS SYNTIUM BMW Z4M COUPE(谷口信輝/片岡龍也/Jアズミ組)の谷口がスタートドライバーを務め、#50 PETRONAS SYNTIUM BMW Z4M COUPE(Fハイムラン/柳田真孝/吉田広樹組)の柳田がこれを追い、オープニングラップのバックストレートで#50がトップを奪った。

 チームメイト同志のトップ争いは熾烈なものとなるが、まずは45周目に#50が最初にピットイン。次のラップで#28もピットストップを行い、谷口から片岡へドライバー交代。#28がピットストップで逆転して再びトップを奪う。

 2度目のピットストップの後も#28がトップに立ち、このまま逃げ切りかと思われたが123周目の馬の背で#50がトップに立つ。131周目の2コーナーで猛追を遂げていた#28谷口と#50が接触。#28はスピンを喫し#50が逃げ切りチェッカーを受けたが、#50に対して35秒加算のペナルティとなり#28が優勝という結果となった。これで最終戦を待たずに#28がシリーズチャンピオンを決定!

 「#50の方が平均ラップでは速いっていうのがあって、順位の入れ替わりはありましたが、微妙に最後の10周ぐらいはタイヤ的にはウチの方がいいかなっていう感じでした。2台で接触があったみたいで、チームメイト同志なのでなんとも後味が悪いんですがそれぐらい本気のバトルでした。チャンピオンシップが取れたことは、十勝以外は#28に乗っていたので嬉しいです。2台体制で挑んだ今年のチーム態勢はチャンピオン獲得の使命がありました。開幕戦でデフのトラブルが出てリタイヤした#50に対して、ノートラブルだった#28でしたから、個人的には去年の十勝24時間からS耐は6連勝しています(笑)」と片岡。

 ST2クラスは#56眠眠打破ランサー(服部尚貴/松本達哉/白坂卓也組)が、ST3クラスは#39 TRACY SPORTS eeiA NSX(井入宏之/赤鮫オヤジ組)が優勝を遂げた。このST3クラスは2位表彰台にあがった#333エクセディH.I.S.イングスZ(前嶋秀司/佐々木雅弘組)がシリーズチャンピオンを獲得。ST4クラスは#51 AGY ings インテグラ(井尻薫/黒木英春/黒木健次組)がポールポジションからクラス優勝を果たした。

st_r06_st1_winner st_r06_st2_winner st_r06_st3_winner st_r06_st4_winner

Text & Photo: Keiichiro TAKESHITA

スーパー耐久

S耐:第6戦SUGO決勝結果

SUGOスーパー耐久レース -RIJ- (2008/11/02) Final Race Weather:Fine Course:Dry
2008 Super Taikyu Series Round 6 スポーツランドSUGO 3.704256km

PosClassCls
Pos
NoCar
Model
DriverTireLapTotal_Time
Behind
1ST1128PETRONAS SYNTIUM BMW Z4M COUPE
BMW Z4M COUPE / E86
谷口 信輝
片岡龍也
YH1353:21'32.425
2ST12*50PETRONAS SYNTIUM BMW Z4M COUPE
BMW Z4M COUPE / E86
Fariqe Hairuman
柳田真孝
吉田 広樹
YH13527.438
3ST131ENDLESS ADVAN Z
NISSAN FAIRLADY Z / Z33(380RS-C)
青木 孝行
藤井誠暢
YH1351'08.810
4ST1410Cenote ADVAN Z
NISSAN FAIRLADY Z / Z33(380RS-C)
田中 哲也
星野一樹
岡本 武之
YH1332Laps
5ST2156眠眠打破ランサー
MITSUBISHI LANCER Evolution / CT9A
服部 尚貴
松本 達哉
白坂 卓也
YH1296Laps
6ST226DIXCEL☆新菱オートEVOⅨMR
MITSUBISHI LANCER Evolution / CT9A
冨桝 朋広
関豊
YH1296Laps
7ST3139TRACY SPORTS eeiA NSX
HONDA NSX / ABA-NA2
井入 宏之
赤鮫オヤジ
YH1296Laps
8ST32333エクセディH.I.S.イングスZ
NISSAN FAIRLADY Z / Z33
前嶋 秀司
佐々木雅弘
YH1296Laps
9ST33113UNT Racing ☆ ings Z
NISSAN FAIRLADY Z / Z33
伊橋 勲
堤明彦
YH1287Laps
10ST2326エンドレス アドバン ウエッズランサー
MITSUBISHI LANCER Evolution / CT9A
添田 正
中村 信也
朝倉宏志
YH1287Laps
11ST3415岡部自動車ディクセル Z
NISSAN FAIRLADY Z / Z33
長島正明
小松 一臣
YH1287Laps
12ST3527FINA ADVAN M3
BMW M3 / E46
小林 且雄
村田 信博
井上 貴志
YH1287Laps
13ST2420RSオガワADVANランサー
MITSUBISHI LANCER Evolution / CT9A
阪口 良平
谷口 行規
小川日出生
YH1287Laps
14ST3614岡部自動車ディクセル RX-7
MAZDA RX-7 / FD3S
朝倉 貴志
山崎 学
古谷 直広
YH1269Laps
15ST4151AGY ings インテグラ
HONDA INTEGRA / DC5
井尻 薫
黒木 英春
黒木 健次
YH1269Laps
16ST4231J-WAVE エンドレス YH DC5
HONDA INTEGRA / DC5
渡辺 明
ピストン西沢
YH12510Laps
17ST4376Racing Modulo ADVAN Type R
HONDA CIVIC TYPE-R / FD2
玉本 秀幸
小林 正吾
古橋譲
YH12510Laps
18ST4469J'S RACING CIVIC ADVAN
HONDA CIVIC TYPE-R / FD2
梅本 淳一
久保田 英夫
YH12411Laps
19ST4573CARACORT.ERG.DC5
HONDA INTEGRA / DC5
Takamori.com
太田 侑弥
井上恵一
YH12312Laps
20ST4618FUNKY'SコスモソニックFK ings DC5
HONDA INTEGRA / DC5
浅野 武夫
水書 健司
笠原智行
YH12312Laps
21ST4788TUBE MAZIORA girlswalker.com
HONDA INTEGRA / DC5
松本 玲二
伊藤 真一
YH12312Laps
22ST4855BOLD WORLD Absolute DS CIVIC
HONDA CIVIC TYPE-R / FD2
谷川 達也
河村 直樹
斉藤慎輔
YH12213Laps
23ST4922MTO tri-Ace CIVIC
HONDA CIVIC TYPE-R / FD2
石川 朗
五反田 義治
YH12213Laps
24ST41087K'Z★MOTUL★DC5
HONDA INTEGRA / DC5
金森 敏一
水谷 大介
赤堀 憲臣
YH12213Laps
25ST2541CENOTE SOUEISHA EVO X
MITSUBISHI LANCER Evolution / CZ4A
畠山 陽一
下垣 和也
東英喜
YH12213Laps
26ST3719高見沢整骨院☆真東☆TC神戸Z33
NISSAN FAIRLADY Z / Z33
高見沢 一吉
池上 慎二
輿水 敏明
YH12114Laps
27ST41181ガレージ・プラスワン TB TRACY SPORTS ADVAN CIVIC
HONDA CIVIC TYPE-R / FD2
橋本達也
植田 正幸
北野 浩正
YH12015Laps
28ST387ドリームエンジェル・アドバンRX7
MAZDA RX-7 / FD3S
萩原 なお子
清水隆広
YH11916Laps
29ST26*13ENDLESS ADVAN CS-X
MITSUBISHI LANCER Evolution / CZ4A
峰尾 恭輔
山田 英二
YH11916Laps
30ST39777屏風浦工業ニューテック-Z
NISSAN FAIRLADY Z / Z33
福山英朗
DRAGON
吉田 基良
YH11322Laps
31ST2730オートバックス森永チルミル・RSオガワランサー
MITSUBISHI LANCER Evolution / CT9A
伊藤 俊哉
大橋正澄
丹羽 昭善
YH11025Laps
---- 以上規定周回数完走 ----
-ST28-オーリンズ・ランサー EVO Ⅹ
MITSUBISHI LANCER Evolution / CZ4A
中谷 明彦
木下 隆之
YH10530Laps
-ST29-シーケンシャル エンドレス アドバンランサー
MITSUBISHI LANCER Evolution / CT9A
和田 久
砂子 塾長
HINOKI
YH9441Laps
  • Fastest Lap: CarNo.50 PETRONAS SYNTIUM BMW Z4M COUPE 1'26.211 (2/135) 154.682km/h
  • CarNo.50は、国際モータースポーツ競技規則付則L項違反により所要時間に35秒加算のペナルティーを課す。
  • CarNo.13は、東北一般競技規則書第5章第17条3.違反(バラクラバス未着用)により1周減産のペナルティーを課す。

スーパー耐久

S耐:第6戦SUGOフリー走行結果

st_r06_f_11 st_r06_f_11 st_r06_f_333 st_r06_f_51

SUGOスーパー耐久レース -RIJ- (2008/11/02) Free Practice Weather:Fine Course:Dry
2008 Super Taikyu Series Round 6 スポーツランドSUGO 3.704256km

PosClassCls
Pos
NoCar
Maker Model
DriverTireTimeBehindkm/h
1ST111ENDLESS ADVAN Z
NISSAN FAIRLADY Z / Z33(380RS-C)
青木 孝行
藤井誠暢
YH1'26.199-154.704
2ST1228PETRONAS SYNTIUM BMW Z4M COUPE
BMW Z4M COUPE / E86
谷口 信輝
片岡龍也
YH1'26.258 0.059154.598
3ST1350PETRONAS SYNTIUM BMW Z4M COUPE
BMW Z4M COUPE / E86
Fariqe Hairuman
柳田真孝
吉田 広樹
YH1'26.824 0.625153.590
4ST1410Cenote ADVAN Z
NISSAN FAIRLADY Z / Z33(380RS-C)
田中 哲也
星野一樹
岡本 武之
YH1'27.182 0.983152.960
5ST2111オーリンズ・ランサー EVO Ⅹ
MITSUBISHI LANCER Evolution / CZ4A
中谷 明彦
木下隆之
YH1'30.344 4.145147.606
6ST31333エクセディH.I.S.イングスZ
NISSAN FAIRLADY Z / Z33
前嶋 秀司
佐々木雅弘
YH1'30.863 4.664146.763
7ST2220RSオガワADVANランサー
MITSUBISHI LANCER Evolution / CT9A
阪口 良平
谷口 行規
小川 日出生
YH1'30.864 4.665146.761
8ST2356眠眠打破ランサー
MITSUBISHI LANCER Evolution / CT9A
服部 尚貴
松本 達哉
白坂 卓也
YH1'30.976 4.777146.581
9ST246DIXCEL☆新菱オートEVOⅨMR
MITSUBISHI LANCER Evolution / CT9A
冨桝 朋広
関豊
YH1'31.042 4.843146.474
10ST2513ENDLESS ADVAN CS-X
MITSUBISHI LANCER Evolution / CZ4A
峰尾 恭輔
山田 英二
YH1'31.098 4.899146.384
11ST26*37シーケンシャル エンドレス アドバンランサー
MITSUBISHI LANCER Evolution / CT9A
和田 久
砂子 塾長
HINOKI
YH1'31.392 5.193145.913
12ST32*39TRACY SPORTS eeiA NSX
HONDA NSX / ABA-NA2
井入 宏之
赤鮫 オヤジ
YH1'31.678 5.479145.458
13ST3327FINA ADVAN M3
BMW M3 / E46
小林 且雄
村田 信博
井上 貴志
YH1'31.692 5.493145.436
14ST34777屏風浦工業ニューテック-Z
NISSAN FAIRLADY Z / Z33
福山英朗
DRAGON
吉田 基良
YH1'31.933 5.734145.055
15ST35113UNT Racing ☆ ings Z
NISSAN FAIRLADY Z / Z33
伊橋 勲
堤 明彦
YH1'32.005 5.806144.941
16ST36*15岡部自動車ディクセル Z
NISSAN FAIRLADY Z / Z33
長島正明
小松 一臣
YH1'32.315 6.116144.455
17ST2730オートバックス森永チルミル・RSオガワランサー
MITSUBISHI LANCER Evolution / CT9A
伊藤 俊哉
大橋正澄
丹羽 昭善
YH1'32.398 6.199144.325
18ST37*14岡部自動車ディクセル RX-7
MAZDA RX-7 / FD3S
朝倉貴志
山崎 学
古谷 直広
YH1'33.004 6.805143.384
19ST3819高見沢整骨院☆真東☆TC神戸Z33
NISSAN FAIRLADY Z / Z33
高見沢 一吉
池上 慎二
輿水 敏明
YH1'33.220 7.021143.052
20ST2841CENOTE SOUEISHA EVO X
MITSUBISHI LANCER Evolution / CZ4A
畠山 陽一
下垣 和也
東英喜
YH1'33.572 7.373142.514
21ST2926エンドレス アドバン ウエッズランサー
MITSUBISHI LANCER Evolution / CT9A
添田 正
中村 信也
朝倉宏志
YH1'33.981 7.782141.894
22ST4151AGY ings インテグラ
HONDA INTEGRA / DC5
井尻 薫
黒木 英春
黒木 健次
YH1'34.138 7.939141.657
23ST4276Racing Modulo ADVAN Type R
HONDA CIVIC TYPE-R / FD2
玉本 秀幸
小林 正吾
古橋譲
YH1'35.425 9.226139.747
24ST4373CARACORT.ERG.DC5
HONDA INTEGRA / DC5
Takamori.com
太田 侑弥
井上恵一
YH1'35.624 9.425139.456
25ST4418FUNKY'SコスモソニックFK ings DC5
HONDA INTEGRA / DC5
浅野 武夫
水書 健司
笠原智行
YH1'35.706 9.507139.336
26ST45*87K'Z★MOTUL★DC5
HONDA INTEGRA / DC5
金森 敏一
水谷 大介
赤堀 憲臣
YH1'35.901 9.702139.053
27ST46*69J'S RACING CIVIC ADVAN
HONDA CIVIC TYPE-R / FD2
梅本 淳一
久保田 英夫
YH1'36.077 9.878138.798
28ST4781ガレージ・プラスワン TB TRACY SPORTS ADVAN CIVIC
HONDA CIVIC TYPE-R / FD2
橋本 達也
植田 正幸
北野浩正
YH1'36.33610.137138.425
29ST4888TUBE MAZIORA girlswalker.com
HONDA INTEGRA / DC5
松本 玲二
伊藤 真一
YH1'36.82110.622137.732
30ST49*31J-WAVE エンドレス YH DC5
HONDA INTEGRA / DC5
渡辺 明
ピストン西沢
YH1'36.98610.787137.497
31ST41055BOLD WORLD Absolute DS CIVIC
HONDA CIVIC TYPE-R / FD2
谷川 達也
河村直樹
斉藤 慎輔
YH1'37.37011.171136.955
32ST41122MTO tri-Ace CIVIC
HONDA CIVIC TYPE-R / FD2
石川 朗
五反田義治
YH1'37.74211.543136.434
33ST397ドリームエンジェル・アドバンRX7
MAZDA RX-7 / FD3S
萩原 なお子
清水隆広
YH1'37.81911.620136.326
  • 赤旗中断(9:03)をもってフリー走行を終了した。
  • '*'印のCarNo.69,39,31,87,14,15,37の車両は10/31開催の監督会議資料1.違反により訓戒とする。

スーパー耐久

S耐:第6戦SUGO 谷口/片岡/アズミ組のPETRONAS SYMTIUM BMW M4Mがポールポジション!

 スーパー耐久2008第6戦、SUGOスーパー耐久500kmレースの公式予選が1日、仙台市近郊のスポーツランドSUGOで開催された。

st_r06_q_28 st_r06_q_37 st_r06_q_39 st_r06_q_51

 晴天に恵まれ、気温19度、路面温度25度と吹く風は冷たいがおだやかな気候のもと、セッションは午後1時20分からまずは1.2クラスのAドライバーの走行が開始された。ここでは#28 PETRONAS SYNTIUM BMW Z4M COUPE(谷口信輝/片岡龍也/Jアズミ組)の谷口が1分25秒040のコースレコードでまずはトップタイムを叩き出す。

 続くBドライバーのセッションでは#50 PETRONAS SYNTIUM BMW Z4M COUPE(Fハイムラン/柳田真孝/吉田広樹組)の柳田が24秒671と逆転するが、#28片岡の25秒025に対して#50ハイムランは25秒735と伸びず、ABドライバーの合算タイムでは#28がポールポジションとなった。

 「勝てばチャンピオン獲得なのでこのまま逃げ切りたいね。#50の方がコーナーでよく曲がるみたい。ウチは金曜日からSUGOに入ったけれど、向こうは木曜から走りこんでいるからその差かな」と谷口選手。

 ポールポジション獲得によって1ポイントを獲得したため、#28はシリーズタイトルにまさに王手をかける1戦となった。明日のレースで勝てば最終戦を待たずしてタイトルが決まることとなった。

 ST2クラスは#37シーケンシャルエンドレスアドバンランサー(和田久/砂子塾長組)が、ST3クラスは#39 TRACY SPORTS eeiA NSX(井入宏之/赤鮫オヤジ組)が、ST4クラスは#51 AGY ings インテグラ(井尻薫/黒木英春/黒木健次組)がそれぞれポールポジションを獲得した。

 決勝レースは、2日12時から135周、500kmで開催される。

Text & Photo: Keiichiro TAKESHITA

スーパー耐久

S耐:第6戦SUGO A,Bドライバー予選総合結果

SUGOスーパー耐久レース -RIJ- (2008/11/01) A&B Total Qualify Weather:Fine Course:Dry
2008 Super Taikyu Series Round 6 スポーツランドSUGO 3.704256km

PosClsCls
Pos
NoCar
Model
DriverTireA Driver
B Driver
Total
Time
Behindkm/h
1ST1128PETRONAS SYNTIUM BMW Z4M COUPE
BMW Z4M COUPE / E86
谷口 信輝
片岡龍也
YHR1'25.040
R1'25.025
2'50.065-156.826
2ST1250PETRONAS SYNTIUM BMW Z4M COUPE
BMW Z4M COUPE / E86
Fariqe Hairuman
柳田真孝
YHR1'25.735
R1'24.671
2'50.406 0.341156.512
3ST1310Cenote ADVAN Z
NISSAN FAIRLADY Z / Z33(380RS-C)
田中 哲也
星野一樹
YHR1'25.464
R1'25.602
2'51.066 1.001155.908
4ST141ENDLESS ADVAN Z
NISSAN FAIRLADY Z / Z33(380RS-C)
青木 孝行
藤井誠暢
YHR1'25.318
R1'25.859
2'51.177 1.112155.807
5ST2137シーケンシャル エンドレス アドバン ランサー
MITSUBISHI LANCER Evolution / CT9A
和田 久
砂子塾長
YH1'28.824
1'28.929
2'57.753 7.688150.043
6ST2256眠眠打破ランサー
MITSUBISHI LANCER Evolution / CT9A
服部 尚貴
松本達哉
YH1'29.496
1'30.357
2'59.853 9.788148.291
7ST3139TRACY SPORTS eeiA NSX
HONDA NSX / ABA-NA2
井入 宏之
赤鮫オヤジ
YH1'29.960
1'30.675
3'00.63510.570147.649
8ST2311オーリンズ・ランサー EVO Ⅹ
MITSUBISHI LANCER Evolution / CZ4A
中谷 明彦
木下隆之
YH1'30.515
1'30.189
3'00.70410.639147.593
9ST32333エクセディH.I.S.イングスZ
NISSAN FAIRLADY Z / Z33
前嶋 秀司
佐々木雅弘
YH1'30.422
1'30.535
3'00.95710.892147.387
10ST2413ENDLESS ADVAN CS-X
MITSUBISHI LANCER Evolution / CZ4A
峰尾 恭輔
山田 英二
YH1'30.288
1'30.738
3'01.02610.961147.330
11ST2520RSオガワADVANランサー
MITSUBISHI LANCER Evolution / CT9A
阪口 良平
谷口 行規
YH1'30.195
1'31.133
3'01.32811.263147.085
12ST266DIXCEL☆新菱オートEVOⅨMR
MITSUBISHI LANCER Evolution / CT9A
冨桝 朋広
関豊
YH1'32.090
1'29.559
3'01.64911.584146.825
13ST3314岡部自動車ディクセル RX-7
MAZDA RX-7 / FD3S
朝倉 貴志
山崎 学
YH1'31.680
1'30.450
3'02.13012.065146.437
14ST34113UNT Racing ☆ ings Z
NISSAN FAIRLADY Z / Z33
伊橋 勲
堤 明彦
YH1'30.373
1'31.846
3'02.21912.154146.366
15ST3527FINA ADVAN M3
BMW M3 / E46
小林 且雄
村田 信博
YH1'31.264
1'31.414
3'02.67812.613145.998
16ST36777屏風浦工業ニューテック-Z
NISSAN FAIRLADY Z / Z33
福山英朗
DRAGON
YH1'30.843
1'32.340
3'03.18313.118145.596
17ST2726エンドレス アドバン ウエッズランサー
MITSUBISHI LANCER Evolution / CT9A
添田 正
中村 信也
YH1'31.237
1'32.085
3'03.32213.257145.485
18ST3715岡部自動車ディクセル Z
NISSAN FAIRLADY Z / Z33
長島正明
小松 一臣
YH1'32.235
1'31.473
3'03.70813.643145.180
19ST2830オートバックス森永チルミル・RSオガワランサー
MITSUBISHI LANCER Evolution / CT9A
伊藤 俊哉
大橋正澄
YH1'32.751
1'31.880
3'04.63114.566144.454
20ST4151AGY ings インテグラ
HONDA INTEGRA / DC5
井尻 薫
黒木 英春
YH1'33.061
1'33.005
3'06.06616.001143.340
21ST3819高見沢整骨院☆真東☆TC神戸Z33
NISSAN FAIRLADY Z / Z33
高見沢 一吉
池上慎二
YH1'33.625
1'33.212
3'06.83716.772142.748
22ST2941CENOTE SOUEISHA EVO X
MITSUBISHI LANCER Evolution / CZ4A
畠山 陽一
下垣 和也
YH1'34.319
1'34.060
3'08.37918.314141.580
23ST4231J-WAVE エンドレス YH DC5
HONDA INTEGRA / DC5
渡辺 明
ピストン西沢
YH1'33.866
1'34.584
3'08.45018.385141.526
24ST4376Racing Modulo ADVAN Type R
HONDA CIVIC TYPE-R / FD2
玉本 秀幸
小林 正吾
YH1'34.686
1'34.532
3'09.21819.153140.952
25ST4469J'S RACING CIVIC ADVAN
HONDA CIVIC TYPE-R / FD2
梅本 淳一
久保田 英夫
YH1'35.911
1'33.764
3'09.67519.610140.612
26ST4587K'Z★MOTUL★DC5
HONDA INTEGRA / DC5
金森 敏一
水谷 大介
YH1'35.033
1'35.596
3'10.62920.564139.909
27ST4688TUBE MAZIORA girlswalker.com
HONDA INTEGRA / DC5
松本 玲二
伊藤 真一
YH1'35.722
1'34.914
3'10.63620.571139.903
28ST4773CARACORT.ERG.DC5
HONDA INTEGRA / DC5
Takamori.com
太田 侑弥
YH1'36.379
1'34.666
3'11.04520.980139.604
29ST4855BOLD WORLD Absolute DS CIVIC
HONDA CIVIC TYPE-R / FD2
谷川 達也
河村 直樹
YH1'34.934
1'36.309
3'11.24321.178139.459
30ST4922MTO tri-Ace CIVIC
HONDA CIVIC TYPE-R / FD2
石川 朗
五反田 義治
YH1'36.012
1'36.836
3'12.84822.783138.299
31ST41081ガレージ・プラスワン TB TRACY SPORTS ADVAN CIVIC
HONDA CIVIC TYPE-R / FD2
橋本 達也
植田 正幸
YH1'37.034
1'36.503
3'13.53723.472137.806
---- 以上予選通過 ----
-ST4-*18FUNKY'SコスモソニックFK ings DC5
HONDA INTEGRA / DC5
浅野 武夫
水書 健司
YH1'44.129
1'35.589
3'19.71829.653133.542
-ST3-*7ドリームエンジェル・アドバンRX7
MAZDA RX-7 / FD3S
オギ姉
清水隆広
YHAbsence
Absence
Absence--
  • 'R'マークはコースレコード。従来のコースレコードは1'26.283
  • CarNo.18は、スーパー耐久シリーズ2008シリーズ規則2008版第7条(8)により決勝レースの出走を認める。
  • CarNo.7は、決勝レースの出走の可否をフリー走行の状況を見て判断する。

スーパー耐久

S耐:第6戦SUGO Bドライバー予選結果

SUGOスーパー耐久レース -RIJ- (2008/11/01) B Driver Qualifying Weather:Fine Course:Dry
2008 Super Taikyu Series Round 6 スポーツランドSUGO 3.704256km

PosClassCls
Pos
NoCar
Maker Model
DriverTireTimeBehindkm/h
1ST1150PETRONAS SYNTIUM BMW Z4M COUPE
BMW Z4M COUPE / E86
柳田 真孝YHR1'24.671-157.496
2ST1228PETRONAS SYNTIUM BMW Z4M COUPE
BMW Z4M COUPE / E86
片岡 龍也YHR1'25.025 0.354156.840
3ST1310Cenote ADVAN Z
NISSAN FAIRLADY Z / Z33(380RS-C)
星野 一樹YHR1'25.602 0.931155.783
4ST141ENDLESS ADVAN Z
NISSAN FAIRLADY Z / Z33(380RS-C)
藤井 誠暢YHR1'25.859 1.188155.317
5ST2137シーケンシャル エンドレス アドバン ランサー
MITSUBISHI LANCER Evolution / CT9A
砂子塾長YH1'28.929 4.258149.955
6ST226DIXCEL☆新菱オートEVOⅨMR
MITSUBISHI LANCER Evolution / CT9A
関豊YH1'29.559 4.888148.900
7ST2311オーリンズ・ランサー EVO Ⅹ
MITSUBISHI LANCER Evolution / CZ4A
木下 隆之YH1'30.189 5.518147.860
8ST2456眠眠打破ランサー
MITSUBISHI LANCER Evolution / CT9A
松本 達哉YH1'30.357 5.686147.585
9ST3114岡部自動車ディクセル RX-7
MAZDA RX-7 / FD3S
山崎 学YH1'30.450 5.779147.433
10ST32333エクセディH.I.S.イングスZ
NISSAN FAIRLADY Z / Z33
佐々木 雅弘YH1'30.535 5.864147.295
11ST3339TRACY SPORTS eeiA NSX
HONDA NSX / ABA-NA2
赤鮫 オヤジYH1'30.675 6.004147.067
12ST2513ENDLESS ADVAN CS-X
MITSUBISHI LANCER Evolution / CZ4A
山田 英二YH1'30.738 6.067146.965
13ST2620RSオガワADVANランサー
MITSUBISHI LANCER Evolution / CT9A
谷口 行規YH1'31.133 6.462146.328
14ST3427FINA ADVAN M3
BMW M3 / E46
村田信博YH1'31.414 6.743145.878
15ST3515岡部自動車ディクセル Z
NISSAN FAIRLADY Z / Z33
小松一臣YH1'31.473 6.802145.784
16ST36113UNT Racing ☆ ings Z
NISSAN FAIRLADY Z / Z33
堤 明彦YH1'31.846 7.175145.192
17ST2730オートバックス森永チルミル・RSオガワランサー
MITSUBISHI LANCER Evolution / CT9A
大橋正澄YH1'31.880 7.209145.138
18ST2826エンドレス アドバン ウエッズランサー
MITSUBISHI LANCER Evolution / CT9A
中村 信也YH1'32.085 7.414144.815
19ST37777屏風浦工業ニューテック-Z
NISSAN FAIRLADY Z / Z33
DRAGONYH1'32.340 7.669144.415
20ST4151AGY ings インテグラ
HONDA INTEGRA / DC5
黒木英春YH1'33.005 8.334143.383
21ST3819高見沢整骨院☆真東☆TC神戸Z33
NISSAN FAIRLADY Z / Z33
池上 慎二YH1'33.212 8.541143.064
22ST4269J'S RACING CIVIC ADVAN
HONDA CIVIC TYPE-R / FD2
久保田 英夫YH1'33.764 9.093142.222
23ST2941CENOTE SOUEISHA EVO X
MITSUBISHI LANCER Evolution / CZ4A
下垣 和也YH1'34.060 9.389141.775
24ST4376Racing Modulo ADVAN Type R
HONDA CIVIC TYPE-R / FD2
小林 正吾YH1'34.532 9.861141.067
25ST4431J-WAVE エンドレス YH DC5
HONDA INTEGRA / DC5
ピストン西沢YH1'34.584 9.913140.989
26ST4573CARACORT.ERG.DC5
HONDA INTEGRA / DC5
太田侑弥YH1'34.666 9.995140.867
27ST4688TUBE MAZIORA girlswalker.com
HONDA INTEGRA / DC5
伊藤 真一YH1'34.91410.243140.499
28ST4718FUNKY'SコスモソニックFK ings DC5
HONDA INTEGRA / DC5
水書 健司YH1'35.58910.918139.507
29ST4887K'Z★MOTUL★DC5
HONDA INTEGRA / DC5
水谷大介YH1'35.59610.925139.497
30ST4955BOLD WORLD Absolute DS CIVIC
HONDA CIVIC TYPE-R / FD2
河村 直樹YH1'36.30911.638138.464
31ST41081ガレージ・プラスワン TB TRACY SPORTS ADVAN CIVIC
HONDA CIVIC TYPE-R / FD2
植田正幸YH1'36.50311.832138.186
32ST41122MTO tri-Ace CIVIC
HONDA CIVIC TYPE-R / FD2
五反田 義治YH1'36.83612.165137.710
以上予選通過(基準タイム 総合[130%]: 1'50.629 / ST1[110%]: 1'33.609 / ST2[110%]: 1'38.515 / ST3[110%]: 1'39.609 / ST4[110%]: 1'43.144)
-ST3-7ドリームエンジェル・アドバンRX7
MAZDA RX-7 / FD3S
清水 隆広YHAbsence--
  • 'R'マークはコースレコード。従来のコースレコードは1'26.283

スーパー耐久

S耐:第6戦SUGO Aドライバー予選結果

SUGOスーパー耐久レース -RIJ- (2008/11/01) A Driver Qualifying Weather:Fine Course:Dry
2008 Super Taikyu Series Round 6 スポーツランドSUGO 3.704256km

PosClassCls
Pos
NoCar
Maker Model
DriverTireTimeBehindkm/h
1ST1128PETRONAS SYNTIUM BMW Z4M COUPE
BMW Z4M COUPE / E86
谷口 信輝YHR1'25.040-156.812
2ST121ENDLESS ADVAN Z
NISSAN FAIRLADY Z / Z33(380RS-C)
青木 孝行YHR1'25.318 0.278156.301
3ST1310Cenote ADVAN Z
NISSAN FAIRLADY Z / Z33(380RS-C)
田中 哲也YHR1'25.464 0.424156.034
4ST1450PETRONAS SYNTIUM BMW Z4M COUPE
BMW Z4M COUPE / E86
Fariqe HairumanYHR1'25.735 0.695155.541
5ST2137シーケンシャル エンドレス アドバン ランサー
MITSUBISHI LANCER Evolution / CT9A
和田久YH1'28.824 3.784150.132
6ST2256眠眠打破ランサー
MITSUBISHI LANCER Evolution / CT9A
服部 尚貴YH1'29.496 4.456149.005
7ST3139TRACY SPORTS eeiA NSX
HONDA NSX / ABA-NA2
井入 宏之YH1'29.960 4.920148.236
8ST2320RSオガワADVANランサー
MITSUBISHI LANCER Evolution / CT9A
阪口 良平YH1'30.195 5.155147.850
9ST2413ENDLESS ADVAN CS-X
MITSUBISHI LANCER Evolution / CZ4A
峰尾恭輔YH1'30.288 5.248147.698
10ST32113UNT Racing ☆ ings Z
NISSAN FAIRLADY Z / Z33
伊橋 勲YH1'30.373 5.333147.559
11ST33333エクセディH.I.S.イングスZ
NISSAN FAIRLADY Z / Z33
前嶋 秀司YH1'30.422 5.382147.479
12ST2511オーリンズ・ランサー EVO Ⅹ
MITSUBISHI LANCER Evolution / CZ4A
中谷 明彦YH1'30.515 5.475147.327
13ST34777屏風浦工業ニューテック-Z
NISSAN FAIRLADY Z / Z33
福山英朗YH1'30.843 5.803146.795
14ST2626エンドレス アドバン ウエッズランサー
MITSUBISHI LANCER Evolution / CT9A
添田 正YH1'31.237 6.197146.161
15ST3527FINA ADVAN M3
BMW M3 / E46
小林且雄YH1'31.264 6.224146.118
16ST3614岡部自動車ディクセル RX-7
MAZDA RX-7 / FD3S
朝倉貴志YH1'31.680 6.640145.455
17ST276DIXCEL☆新菱オートEVOⅨMR
MITSUBISHI LANCER Evolution / CT9A
冨桝朋広YH1'32.090 7.050144.807
18ST3715岡部自動車ディクセル Z
NISSAN FAIRLADY Z / Z33
長島正明YH1'32.235 7.195144.580
19ST2830オートバックス森永チルミル・RSオガワランサー
MITSUBISHI LANCER Evolution / CT9A
伊藤俊哉YH1'32.751 7.711143.776
20ST4151AGY ings インテグラ
HONDA INTEGRA / DC5
井尻薫YH1'33.061 8.021143.297
21ST3819高見沢整骨院☆真東☆TC神戸Z33
NISSAN FAIRLADY Z / Z33
高見沢 一吉YH1'33.625 8.585142.433
22ST4231J-WAVE エンドレス YH DC5
HONDA INTEGRA / DC5
渡辺 明YH1'33.866 8.826142.068
23ST2941CENOTE SOUEISHA EVO X
MITSUBISHI LANCER Evolution / CZ4A
畠山 陽一YH1'34.319 9.279141.385
24ST4376Racing Modulo ADVAN Type R
HONDA CIVIC TYPE-R / FD2
玉本 秀幸YH1'34.686 9.646140.837
25ST4455BOLD WORLD Absolute DS CIVIC
HONDA CIVIC TYPE-R / FD2
谷川 達也YH1'34.934 9.894140.469
26ST4587K'Z★MOTUL★DC5
HONDA INTEGRA / DC5
金森敏一YH1'35.033 9.993140.323
27ST4688TUBE MAZIORA girlswalker.com
HONDA INTEGRA / DC5
松本 玲二YH1'35.72210.682139.313
28ST4769J'S RACING CIVIC ADVAN
HONDA CIVIC TYPE-R / FD2
梅本 淳一YH1'35.91110.871139.039
29ST4822MTO tri-Ace CIVIC
HONDA CIVIC TYPE-R / FD2
石川 朗YH1'36.01210.972138.892
30ST4973CARACORT.ERG.DC5
HONDA INTEGRA / DC5
Takamori.comYH1'36.37911.339138.363
31ST41081ガレージ・プラスワン TB TRACY SPORTS ADVAN CIVIC
HONDA CIVIC TYPE-R / FD2
橋本達也YH1'37.03411.994137.429
以上予選通過(基準タイム 総合[130%]: 1'50.856 / ST1[110%]: 1'33.801 / ST2[110%]: 1'38.456 / ST3[110%]: 1'39.277 / ST4[110%]: 1'43.258)
-ST4-18FUNKY'SコスモソニックFK ings DC5
HONDA INTEGRA / DC5
浅野 武夫YH1'44.12919.089128.065
-ST3-7ドリームエンジェル・アドバンRX7
MAZDA RX-7 / FD3S
オギ姉YHAbsence--
  • 'R'マークはコースレコード。従来のコースレコードは1'26.283

検索

最新ニュース