Archives

  • [—]2017 (362)
  • [+]2016 (639)
  • [+]2015 (714)
  • [+]2014 (655)
  • [+]2013 (623)
  • [+]2012 (621)
  • [+]2011 (484)
  • [+]2010 (554)
  • [+]2009 (522)
  • [+]2008 (467)
  • [+]2007 (596)
  • [+]2006 (530)
  • [+]2005 (460)
  • [+]2004 (304)
  • [+]2003 (454)
  • [+]2002 (454)
  • [+]2001 (217)
  • [+]2000 (408)
  • [+]1999 (376)
  • [+]1998 (465)
  • [+]1997 (424)
  • [+]1996 (1)
  • [+]1995 (425)
  • [+]1994 (411)
  • [+]1993 (423)
  • [+]1992 (519)
  • [+]1991 (423)
  • [+]1990 (250)
  • [+]1970 (1)

ニュース内検索

2008年6月

SUPER GT

SGT:第4戦セパン マレーシアで、インプレッサが初優勝!! (SUBARU)

◇SUPER GTマレーシアで、インプレッサが初優勝!!

 SUPER GT第4戦はマレーシア・クアラルンプールのセパンインターナショナルサーキットで行われた。決勝レースは、5.54kmのグランプリコースを54周する300kmレース。今年は、レース中は曇りながらドライコンディションで、気温は30度前後と比較的低めであった。

 インプレッサGT300マシンは、今回からボンネット、フェンダー、トランクフードなどがカーボン製となり、エンジンルーム内の導風や排出方法を変更。ダウンフォースが増え、ターンイン時の回頭性が向上した。また室内の冷却にも効果的だ。

 前回の富士戦は、ペナルティや接触トラブルで悔しい結果だっただけに、今回は是非良い結果を出しておきたい所。ドライバーの山野哲也、佐々木孝太も満を持してレースウィークに臨んでいた。

 今回のマシンのセットアップは、佐々木孝太が担当。佐々木は今回当地で行われたアストンマーチンのワンメイクレースとの掛け持ちだったためコースに慣れるのも早かった。予選1回目からトップタイムを次々に更新して行った。

 スーパーラップでは、佐々木が渾身の走りでポールポジションを獲得。これまでにないほど多くのメディアがピットを訪れ、注目度も過去最大級となった。

 ドライバーのふたりは、「僕たちはインプレッサで勝つことが目標です。ポールポジションはその過程に過ぎない。優勝できたら次はチャンピオンを狙います」と語る。決勝レースは6月22日の午後4時にスタートした。

 決勝では、山野がポールポジションからスタートして直後からトップの位置をキープ。ドライバー交代のためにピットインするまで、山野は終始レースをリードした。

 佐々木に交代したあとも、他のライバルを寄せ付けることなく、首位を守って周回を重ねた。そして、そのままチェッカーフラッグを受けたインプレッサは、SUPER GTレースに出場して以来、かつて経験したことがないポールトゥフィニッシュを達成。しかも予選からレースフィニッシュまで、首位を他に譲ることなく完全試合で勝利を手にした。また、インプレッサにとってGT公式戦10年ぶりの優勝となり、AWD車両でのSUPER GT優勝も史上初と記録づくしであった。

 山野は「15秒のリードを築いてこいと言われて、それができたので達成感があります。チーム全員が一丸となったと実感してます」。佐々木は、「実は、僕はとても神経質になっていて、クルマを壊さないように心配しながら走りました。これまで苦労した人のことを考えたら目頭が熱くなりました」と結んだ。

スバルモータースポーツの詳細は下記WEBサイトをご覧ください。
[スバルモータースポーツマガジン]

Text: スバルテクニカインターナショナル株式会社

SUPER GT

SGT:第4戦セパン 土屋/石浦組レクサスSC430が4位フィニッシュ (TOYOTA)

土屋/石浦組レクサスSC430が4位フィニッシュ
08sgt_rd4_1
4位でフィニッシュしたレクサスSC430
(No.25 ECLIPSE ADVAN SC430)

 SUPER GT第4戦「SUPER GT INTERNATIONAL SERIES MALAYSIA」が6月21日(土)、 22日(日)の両日、マレーシア・クアラルンプール近郊のセパン・サーキットで開催された。

 今季のSUPER GTシリーズの中で唯一の海外遠征戦となる今大会には、GT500クラスに16台、GT300クラスに22台の計38台がエントリー。

 トヨタ勢はGT500クラスに6台のレクサスSC430、GT300クラスには2台のトヨタMR-Sと2台のレクサスIS350が出場した。

◆予選◆

 21日(土)、やや雲は多いものの、例年通りの蒸し暑さの下で午前11時から予選が開始された。前戦富士大会で1-2フィニッシュを果たしたZENT CERUMO SC430 38号車とPETRONAS TOM'S SC430 36号車が共に多くのウェイトハンディを課されたこともあり、レクサス SC430勢は予選から苦しい戦いを強いられた。

 スーパーラップにはECLIPSE ADVAN SC430 25号車のみが進出を決め、8番手グリッドを確保。残り5台のレクサス SC430が11番手以降に並び、決勝での巻き返しを目指すこととなった。

 GT300クラスでは、デビュー2戦目のウェッズスポーツIS350 19号車が2番手グリッドと好位置を確保。DOUBLEHEAD avex apr MR-S 31号車もスーパーラップ進出を決め、9番手となった。前戦初優勝を果たしたTDP若手コンビの駆るapr MR-S 95号車は、ウェイトハンディに苦しみ、13番手。GREEN TEC KUMHO IS350 52号車が19番手となった。

◆決勝◆

 22日(日)猛暑を避け、現地時間午後4時に決勝レース(54周)のスタートが切られた。8番手スタートの25号車は、2周目に一つポジションを上げ7位に浮上。その後、25号車はクールスーツ(体温を調整する機能を持つ)の不調に見舞われ、予定よりも早く、24周目にピットイン。給油、タイヤ交換と共に、スタートドライバーの土屋武士から、後半を担当するTDPドライバー石浦宏明にドライバー交代を行った。

 しかし、クールスーツの不調は改善せず、石浦は灼熱の中での走行を強いられたが、ペースを落とすことなく、更に上位を目指した。各車のピットインが一巡した時点で、25号車は5位まで浮上。厳しいレースを戦い抜き、最終的に表彰台目前の4位フィニッシュを果たした。

 一方、後方グリッドからのスタートを強いられたレクサス SC430勢も着実にレースを戦い、ポジションをアップ。36号車が7位、ENEOS SC430 6号車が8位、宝山 KRAFT SC430 35号車が10位に入り、貴重なポイントを獲得。36号車の脇阪寿一とアンドレ・ロッテラーは、ドライバーズランキングで首位との差を縮め、8ポイント差の2位につけている。

 GT300クラスでは、2番手スタートの19号車が初優勝を目指したが、スタート直後に他車と接触を喫し、無念の0周リタイア。9番手スタートの31号車は追い上げ6位でフィニッシュ。13番手スタートとなった95号車も9位に入り、ポイントを獲得した。また、52号車も13位でチェッカーを受け、初の完走を果たした。

トヨタ自動車(株)モータースポーツ部主査 林博美のコメント:
前戦富士の成績から課せられたウェイトハンディによる、車両挙動の悪化に苦しむ中で、粘り強く完走し、ポイントを獲得することが出来たのは、次戦に向けて良い結果だったと言える。表彰台にあと僅かだった石浦選手だったが、クールスーツ故障の中、必死の頑張りを見せてくれた。ドライバーズポイントでは脇阪/ロッテラー組がトップから8点差の2位に浮上し、ようやく近づくことが出来た。次戦は得意の菅生なので、首位奪還を狙いたい。

Text & Photo: トヨタ自動車株式会社

SUPER GT

SGT:第4戦セパン決勝 KONDOレーシングがセパン連勝、GT-Rは今季3勝目を上げる (NISMO)

■KONDOレーシングがセパン連勝。GT-Rは今季3勝目を上げる。

gt_r04_r500_3.jpg  6月22日(日)にマレーシア・クアラルンプール近郊のセパンインターナショナルサーキット(全長5.542km)でSUPER GT第4戦の決勝レースが行われ、予選4位からスタートした「WOODONE ADVAN Clarion GT-R」(#24 ジョアオパオロ・デ・オリベイラ、荒聖治)が優勝。2位には、ポールポジションからスタートした「MOTUL AUTECH GT-R」(#22 ミハエル・クルム/柳田真孝)が入り、NISSAN GT-Rが1-2フィニッシュを飾った。NISSAN GT-Rは今季4戦中3勝目。KONDOレーシングは前年のフェアレディZに続き、セパン戦2連勝となった。

 例年高温多湿の厳しい条件の中レースが行われるが、今年は決勝レーススタート時刻の午後4時時点で気温30度、路面温度39度と比較的穏やかであった。ポールポジションからスタートした#24 「MOTUL AUTECH GT-R」は、ミハエル・クルムが前半のパートを担当し、序盤から終始レースをリードした。24周目にピットインすると、柳田真孝にドライバー交代。給油とタイヤを4本交換したにも関わらず、2位でピットインした#1 NSXより1秒早くピットアウトした。しかし、その後、#1 NSXに激しく追い上げられ、29周目にサイドバイサイドで競いあった際に#1 NSXにボディサイドを押される形でスピン。暫定的に2位となるが、その後#1 NSXにペナルティが科せられて再び#24 GT-Rは首位に戻った。しかし、前年もここセパンで優勝しているKONDOレーシングの「WOODONE ADVAN Clarion GT-R」もスタート直後から3位にポジションを上げ、#1 NSXがペナルティで後退したあとは2位のポジションを確保した。さらに後半のパートを受け持った荒聖治は、先頭を走る#24 GT-Rの背後にまで迫り、先行のチャンスを伺った。そして、両車ともタイヤの摩耗が限界に近づいた終盤、50周目に一瞬の隙をついて荒が逆転に成功。そのまま逃げ切って今季初優勝を遂げた。

 100kgのハンディウェイトと75kg分のエアリストリクター小径化が課せられている「XANAVI NISMO GT-R」(#23 本山哲/ブノワ・トレルイエ)組は、今回も予選から本来のパフォーマンスが発揮できずに苦しんだ。日産/ニスモのエースカーである同車のピットの前には、日産現地ディーラーのゲスト用の応援席が設けられ、多くのファンがそろいの赤いTシャツを着込み、このエースカーとふたりのドライバーに声援を送った。予選15位の位置からブノワ・トレルイエがレースをスタートして淡々と周回を重ね、後半は本山哲が受け持って先行車を追ったが上位進出は叶わず。13位となってレースをフィニッシュした。#12「カルソニックIMPUL GT-R」は、セバスチャン・フィリップがスタートを担当。オープニングラップで#32 NSXと接触してスピンした。これによってエンジンルーム内に異常が発生し、ピットインして修理したためタイムロスし後退した。後半は松田次生が運転し、14位でゴール。#3 「YellowHat YMS TOMICA GT-R」(ロニー・クインタレッリ/横溝直輝)は、予選9位からスタートし、他車と絡むなどし9位でゴールした。

上記の詳細は下記WEBサイトをご覧ください。
http://www.nismo.co.jp/M_SPORTS/index.html

Text & Photo: NISMO

SUPER GT

SGT:第4戦セパン TAKATA童夢NSX(道上龍/小暮卓史組)が3位表彰台 (HONDA)

gt_r04_h_01.jpg

TAKATA童夢NSX(道上龍/小暮卓史組)が3位表彰台

2008年6月22日(日) 決勝 会場:セパン・インターナショナル・サーキット(5.542km) 天候:予選/晴れ 決勝/曇り 気温:31℃(15:30現在) 路面温度:40℃(15:30現在) 決勝レース:54周(299.268km) コースコンディション:決勝/ドライ 観客:2万5516人(主催者発表)

 6月22日(日)、マレーシアの首都クアラルンプールの郊外にあるセパン・インターナショナル・サーキットにおいて2008 オートバックス SUPER GT第4戦「SUPER GT INTERNATIONAL SERIES MALAYSIA」の決勝レースが開催された。

 今シーズンのHonda NSX-GT勢は、序盤こそウエイトハンデの影響などにより苦戦を強いられたが、第2戦岡山、第3戦富士と表彰台を獲得して調子を上げてきている。

 このセパン・インターナショナル・サーキットは、テクニカルな中高速コーナーが多く、コーナーリング重視のマシンに有利なサーキットである。加えて、熱帯性気候の高温、高湿度のコンディションは、ドライバー、マシン、タイヤにとって非常に過酷なレースとなっている。このサーキットはARTA NSXが得意としており、これまでもポールポジション争いや優勝争いの中心となってきた。今回のウエイトハンデも5kgと少なく、優勝候補の筆頭とされている。

 6月21日(土)に開催された公式予選において、NSX-GTは予選1回目の上位10台で決勝グリッドが争われるスーパーラップに全車5台が出場することとなった。このスーパーラップの結果、#1 ラルフ・ファーマン/伊沢拓也組(ARTA NSX)がポールポジションタイムにわずか0.201秒及ばず、2番グリッドを獲得。3番手に#17 金石勝智/金石年弘組(REAL NSX)、5番手に30kgのウエイトハンデを積む#18 道上龍/小暮卓史組(TAKATA童夢NSX)が続き、6番手に#32 ロイック・デュバル/平中克幸組(EPSON NSX)、#100 井出有治/細川慎弥組(RAYBRIG NSX)は10番手からの決勝スタートとなった。

 22日(日)の決勝レースは、日中の厳しいコンディションを考慮して午後4時からのスタートとなっている。今年のマレーシアラウンドは、例年より気温が低く、比較的過ごしやすい週末となった。しかし、気温31℃、路面温度40℃、湿度64%のコンディションはドライバーにとって厳しく、54周の決勝レースで、体力的・精神的な強さを試されることに変わりはない。

 午後4時5分、雲が空を覆う天候の中、38台(GT500クラス16台)のマシンがローリングスタートを切った。ホールショットは、ポールポジションスタートの#22 MOTUL AUTECH GT-R。その背後に#1 ARTA NSXのR.ファーマン選手と#17 REAL NSXの金石年弘選手が続く。1コーナーで#32 EPSON NSXのL.デュバル選手が後続に追突されてスピンを喫し、1周目の順位を14位まで下げてしまう。#17 REAL NSXも1周目の最終コーナーで4位に後退した。

 4周を終えて、NSX-GT勢は、2位に#1 ARTA NSX、4位に#17 REAL NSX、5位に#18 TAKATA童夢NSXの小暮選手、6位に#100 RAYBRIG NSXの井出選手と上位6台に4台がしめる。ばん回の走りをする#32 EPSON NSXは順位を12位に上げる。

 7周目、逃げきりを図るトップと2位を走行するR.ファーマン選手の差は4秒235まで広がる。追い上げを試みるが、バックマーカーが発生して、思ったように差を詰めることができない。16周目、小暮選手が金石年弘選手をパスして、#18 TAKATA童夢NSXが4位に浮上。金石年弘選手はペースが上がらずに徐々に後退していく。

 22周目、R.ファーマン選手はトップとの差を1秒838まで詰める。このあたりからドライバー交代をするチームが現れる。25周目には1秒317 まで迫ったところで、トップの#22 MOTUL AUTECH GT-Rと2位の#1 ARTA NSXがドライバー交代のため同時にピットイン。ピット作業での競争は、両車がほぼ同じ時間で作業を終え、順位はそのままに伊沢選手がコースへ復帰した。次周に#18 TAKATA童夢NSXがピットイン。27秒の素早いピット作業で道上選手がコースに復帰した。

 アウトラップからハイペースを重ねる#1 ARTA NSXの伊沢選手は、前を走る#22 MOTUL AUTECH GT-Rに迫り、30周目の2コーナーで勝負をかける。コーナーの進入でイン側を突いた#1 ARTA NSXのマシンはトップのマシンと接触し、#22 MOTUL AUTECH GT-Rがスピンを喫する結果となった。伊沢選手はこのバトルでトップに浮上するが、ドライブスルー・ペナルティの裁定が下されたため、33周終了時にピットイン。順位を4位まで下げてしまう。

 コースに復帰してから、伊沢選手は怒とうの走りを展開。37周目のホームストレートで道上選手をパスして3位に浮上。ラップタイムも1分57秒台と他車より2秒近く速いペースで周回を重ねる。36周目には10秒195もあった2位との差が41周目には4秒224差まで接近する。

 10位争いをしていた#32 EPSON NSXの平中選手は、42周目の最終コーナーで接触によるスピンを喫し、その影響でピットインリタイアとなった。

 残りは10周となり、トップ争いは#22 MOTUL AUTECH GT-Rと#24 WOODONE ADVAN Clarion GT-Rの2台が繰り広げる展開となった。3位の伊沢選手は足回りにトラブルが発生してペースが上がらず、48周終了時に無念のピットイン。修復を施してコースに復帰したが、順位は11位まで下げることとなった。

 48周目に伊沢選手をパスした#18 TAKATA童夢NSXの道上選手は、3位をキープして54周目のチェッカーフラッグを受けた。NSX-GT勢は、#100 RAYBRIG NSX の細川選手が5位、#17 REAL NSXの金石勝智選手が6位、#1 ARTA NSXの伊沢選手が11位となった。優勝は#24 WOODONE ADVAN Clarion GT-Rだった。

 この結果、ドライバー部門のシリーズチャンピオン争いにおいて#18 TAKATA童夢NSXの道上龍選手/小暮卓史選手が、計30ポイントでランキング6位、チーム部門では、DOME RACING TEAMが計37ポイントでランキング6位につけている。

コメント
白井裕|NSX-GTプロジェクト・プロジェクトリーダー
 「今回のレースは、予選の好結果を受け、決勝も期待していました。しかしながら、最も期待していたフロントローのARTA NSXが残念な結果となりました。ただ、特別性能調整による厳しいハンデを受けながらも、NSX-GT5台、どのマシンも、ほぼ平均してトップレベルの戦闘力を維持できるように熟成してきていると思います。また、堅実に3位表彰台を獲得したTAKATA童夢NSX、まだまだ経験を積まなくてはならないですが、ペナルティやトラブルのあとでも果敢な走りを見せたルーキーの伊沢選手など、みんなが最大限の努力をしてくれたと思います。シーズン折り返しになりますが、5台それぞれの総合力を生かし、各チーム、各ドライバーと一丸になって、次戦は全力で戦える態勢を整えますので、皆様のご声援をお願いします」
道上龍選手 (3位、#18 TAKATA童夢NSX)
 「今回は車重が1170kgと、他のHSX-GT勢よりも50kg以上重いハンデがありましたが、小暮選手ががんばってくれて、予選5番手を獲得してくれました。決勝レースでは、ガソリンを多く積むためにストレートスピードが伸びなくなってしまうので、ダウンフォースを削ってコーナーリングを犠牲にするか悩みました。でも、天気が怪しい状況だったので、ウイングをつけてコーナーリング重視のセッティングを選択しました。それが結果的によい方向にいって、ストレートでは厳しいけれどコーナーリングでは対等以上にがんばることができる戦いができました。小暮選手からバトンタッチを受けて、リアタイヤのみを交換してコースに復帰したのですが、序盤でリアタイヤのグリップが得られず、オーバーステア状態になってしまいました。このときのタイムロスが、優勝した24号車との差になってしまいました。あのタイミングで一緒のペースで走ることができたなら、2位獲得が可能だったかもしれません。1号車に最終コーナーで追突されて危ない場面もありましたが、運よく立て直すことができました。重いウエイトハンデがありながら、3位表彰台を獲得できたことは、本当にいい結果だと思います。次戦のSUGOも着実に走ってタイトル争いに絡んでいきたいと思います」
小暮卓史選手(3位、#18 TAKATA童夢NSX)
 「例年に比べて気温も高くなく、体力的に楽でした。鈴鹿1000kmの方が厳しいくらいです。スタートは無難にこなせました。車重が重い分、 GT300クラスのバックマーカーをパスするときに走行ラインが限られた場合、加速のピックアップが鈍くてタイムをロスすることがありました。単独走行ではいい走りができていたので、ロスが無ければ24号車に追いつくことができたと思います。ドライバー交代直前では、リアタイヤが厳しくなっていましたが大きな問題ではありませんでした。次戦のSUGOは、僕自身大好きなコースですし、NSX-GTも得意とするサーキットなので、ウエイトハンデが厳しいですが、攻めの走りでいい成績を狙っていきたいと思います」

Text & Photo: HONDA

SUPER GT

SGT:第4戦セパン決勝 近藤真彦監督率いるGT-Rがマレーシア戦で2連勝 (GTA)

近藤真彦監督率いるGT-Rがマレーシア戦で2連勝

 2008 AUTOBACS SUPER GT第4戦「SUPER GT INTERNATIONAL SERIES MALAYSIA」の決勝レース(1周5・542km×54周)が6月22日、マレーシアのセパン・インターナショナル。サーキットで行われ、WOODONE ADVAN Clarion GT-Rのデ・オリベイラ/荒聖治組が今季初の勝利を挙げた。同車はセパン戦では昨年につづき2連勝となる。

 決勝レースは、熱帯の暑さを避け、夕方16時(現地時間)にスタート。予選4位からのスタートとなったWOODONE ADVAN Clarion GT-Rのデ・オリベイラは、1周目で1台を抜き3位に浮上し、25周目にピットに戻って荒聖治に交代する。

 その前方では、予選1位のMOTUL AUTECH GT-Rと同2位のARTA NSXがトップ争いを繰り広げていたが、レース中盤の30周目、NSXがGT-Rをパスする際に接触。これでNSXにドライブスルー(ピットロード通過)ペナルティが課され、荒聖治が2位に上がる。さらに荒聖治は、50周目の第2コーナー出口で、一瞬加速が鈍ったMOTUL AUTECH GT-Rをも捉え、そのまま54周を走りきって優勝を飾った。

 WOODONE ADVAN Clarion GT-Rにとって、この勝利は昨年6月に同じくセパンで行われた第4戦以来。セパン・サーキットでは昨年につづき2連勝ということになる。マッチこと近藤真彦監督率いる同チームは、これでSUPER GT通算2勝目。ニッサンGT-Rとしては、開幕戦、第2戦につづき今季3勝目。ニッサンGT-Rの1-2フィニッシュも同じく3回目となる。

 GT300クラスでは、クスコDUNLOPスバルインプレッサの山野哲也/佐々木孝太組が優勝した。インプレッサにとっては、98年9月(第5戦もてぎ)以来の優勝となる。

(観客:2万5516人)

■優勝選手コメント
No.24 WOODONE ADVAN Clarion GT-R [GT500]
ジョアオ・パオロ・デ・オリベイラ「ファンタスティック! これ以上ないですね。チーム、クルマ、タイヤと、とても良い状態だったので、勝つ自信はありました。昨年の勝利は後方からの追い上げでしたが、今年は他のクルマも速くて接戦でした。それだけに今年はプッシュ、プッシュの難しいレースでしたね」
荒聖治「チームとしてはこのセパン(での勝利)をねらっていました。横浜ゴムのタイヤも昨年よりすべての面で良くなっていて、今まで以上の手応えをもって臨みました。オリベイラが予選で良いポジションを獲って、いい位置でボクに渡してくれ、楽な展開でした。クルマもタイヤも安定していて、同じGT-Rで厳しい争いになると考えていましたが、22号車より余裕があったかもしれません。特に低速コーナーが良くて、22号車がミスをしたときも、焦らずに抜くことができました」
No.77 クスコDUNLOPスバルインプレッサ [GT300]
山野哲也「孝太がポールを獲ってくれて、スタートはとても楽にできました。チームから15秒はマージンを作ってこいと言われ、それもできて、パーフェクトなレースでした。一昨年のオフに大溝監督から『インプレッサを勝たせて欲しい』とチームに呼ばれ、昨シーズンはがんばったけど実績が残りませんでした。今年はクルマもとても良くなり、なんとか1勝、それができるのはセパンだと、チームみんなが一つになって、全員がいい仕事をしてくれました。本当にうれしいです」
佐々木孝太「ボクとしては他のレースも含めて(1イベントで)3勝できるなんて、人生でも初めてのことで、最高の週末でした。スタッフのみんなに感謝したいです。山野さんが2番手とのマージンを作ってきてくれましたが、ウチはピットに時間が掛かるので、結構きわどい状態でした。クルマが速いのは分かっていたので、気分的には余裕がありましたが、クルマの耐久性に不安もあったので、五感をすべて働かせて走りました。自分としては、ただ1勝できたという気持ちでしたが、苦労してきたチームのことを考えるとちょっとウルウルときてしまいましたね」

Text: GT Assosiation

SUPER GT

SGT:第4戦セパン決勝結果

SUPER GT INTERNATIONA SERIES MALAYSIA -RIJ- (2008/06/22) Final Race Weather:Cloudy Course:Dry
2008 AUTOBACS SUPER GT Round 4 Sepang International Circuit 5.542km

PosClassCls
Pos
NoCar
Model
DriverTireWhLapTotal_Time
Behind
1500124WOODONE ADVAN Clarion GT-R
NISSAN GT-R
ジョアオ・パオロ・デ・オリベイラ
荒 聖治
YH+2541:48'26.947
2500222MOTUL AUTECH GT-R
NISSAN GT-R
ミハエル・クルム
柳田真孝
BS+1542.419
3500318TAKATA 童夢 NSX
HONDA NSX
道上 龍
小暮 卓史
BS305415.526
4500425ECLIPSE ADVAN SC430
LEXUS SC430
土屋 武士
石浦宏明
YH+25423.143
55005100RAYBRIG NSX
HONDA NSX
井出 有冶
細川 慎弥
BS105424.314
6500617REAL NSX
HONDA NSX
金石 勝智
金石 年弘
BS+15449.745
7500736PETRONAS TOM'S SC430
LEXUS SC430
脇阪 寿一
アンドレ・ロッテラー
BS60541'08.596
850086ENEOS SC430
LEXUS SC430
伊藤 大輔
ビヨン・ビルドハイム
BS541'08.927
950093YellowHat YMS TOMICA GT-R
NISSAN GT-R
ロニー・クインタレッリ
横溝直輝
BS541'14.439
105001035宝山 KRAFT SC430
LEXUS SC430
ピーター・ダンブレック
片岡 龍也
BS541'21.730
1150011*1ARTA NSX
HONDA NSX
ラルフ・ファーマン
伊沢 拓也
BS5
(+1)
541'48.216
125001239DENSO DUNLOP SARD SC430
LEXUS SC430
高木 虎之介
アンドレ・クート
DL+2531Lap
135001323XANAVI NISMO GT-R
NISSAN GT-R
本山 哲
ブノワ・トレルイエ
BS95531Lap
145001412カルソニック IMPUL GT-R
NISSAN GT-R
松田 次生
セバスチャン・フィリップ
BS10531Lap
15300177クスコDUNLOPスバルインプレッサ
SUBARU IMPREZA
山野 哲也
佐々木孝太
DL504Laps
16300246MOLA レオパレス Z
NISSAN FAIRLADY Z
星野 一樹
安田 裕信
MI45504Laps
1730037ORC雨宮SGC-7
MAZDA RX-7
井入 宏之
折目遼
YH15504Laps
1830044EBBRO UEMATSU 320R
VEMAC RD320R
阪口良平
松下 昌揮
YH+2504Laps
1930052I.M JIHAN CO.LTD・APPLE・Shiden
MOONCRAFT SHIDEN MC
高橋 一穂
加藤 寛規
YH40495Laps
20300631DOUBLEHEAD avex apr MR-S
TOYOTA MR-S
峰尾恭輔
坂本 雄也
MI10495Laps
21300766triple a ムルシエラゴRG-1
LAMBORGHINI MURCIELAGO RG-1
山西 康司
余郷 敦
YH+1495Laps
22300862WILLCOM ADVAN VEMAC 408R
VEMAC 408R
黒澤治樹
密山 祥吾
YH+1495Laps
23300995apr MR-S
TOYOTA MR-S
平手 晃平
国本京佑
MI60495Laps
243001081ダイシン ADVAN Z
NISSAN FAIRLADY Z
青木 孝行
藤井誠暢
YH5495Laps
253001133HANKOOK PORSCHE
PORSCHE 911GT3RSR
木下 みつひろ
影山正美
HK495Laps
263001243ARTA Garaiya
ASL Garaiya GT300VQ
新田 守男
高木真一
MI50495Laps
273001352GREEN TEC KUMHO IS350
LEXUS IS350
黒澤 琢弥
井口卓人
KH+1495Laps
28300145プロμ マッハ号 320R
VEMAC 320R
玉中 哲二
山野 直也
YH+2495Laps
293001526ユンケルパワータイサンポルシェ
PORSCHE 911GT3RS
谷口 信輝
山路慎一
YH30486Laps
303001688triple a ガイヤルドRG-3
LAMBORGHINI GALLARDO RG-3
松田 秀士
古谷直広
YH+1486Laps
3130017*11JIMCENTER ADVAN F430
FERRARI F430
田中 哲也
植田正幸
YH+1486Laps
323001870LUXURY CAR DEALER GAIKOKUYA&LMPポルシェ
PORSCHE 996GT3RS
石橋 義三
山岸 大
YH+2486Laps
333001919ウェッズスポーツIS350
LEXUS IS350
織戸 学
阿部 翼
YH468Laps
3330020*111ARKTECH BOXSTER-GT
PORSCHE BOXSTER
小泉 洋史
黒澤翼
KH+2468Laps
343002187アクティオガイヤルドRG-3
LAMBORGHINI GALLARDO RG-3
和田 久
栗原宗之
YH+2459Laps
---- 以上規定周回数(GT500: 37Laps / GT300: 35Laps)完走 ----
-500-*32EPSON NSX
HONDA NSX
ロイック・デュバル
平中 克幸
DL4311Laps
-500-38ZENT CERUMO SC430
LEXUS SC430
立川 祐路
リチャード・ライアン
BS553321Laps
-300-110KUMHO BOXSTER-GT
PORSCHE BOXSTER
光貞 秀俊
池田大祐
KH5747Laps
-300-19ウェッズスポーツIS350
LEXUS IS350
織戸 学
阿部 翼
YH054Laps
  • Fastest Lap(GT500): CarNo.22 MOTUL AUTECH GT-R (ミハエル・クルム) 1'57.031
  • Fastest Lap(GT300): CarNo.77 クスコDUNLOPスバルインプレッサ (佐々木 孝太) 2'08.850
  • CarNo.1 ドライビングスルーペナルティ
  • CarNo.32 ドライビングスルーペナルティ(未消化)
  • CarNo.11 ドライビングスルーペナルティ
  • CarNo.111 ペナルティストップ20秒

SUPER GT

SGT:第4戦セパンフリー走行結果

JAPAN GT CHAMPIONSHIP MALAYSIA -RIJ- (2008/06/22) Free Practice Weather:Fine Course:Dry
2008 AUTOBACS SUPER GT Round 4 Sepang International Circuit 5.542km

PosClassCls
Pos
NoCar
Maker Model
DriverTireWhTimeBehindkm/h
150011ARTA NSX
HONDA NSX
ラルフ・ファーマン
伊沢 拓也
BS5
+1
1'57.073-170.417
2500218TAKATA 童夢 NSX
HONDA NSX
道上 龍
小暮 卓史
BS301'57.496 0.423169.803
35003100RAYBRIG NSX
HONDA NSX
井出 有冶
細川 慎弥
BS101'57.533 0.460169.750
4500417REAL NSX
HONDA NSX
金石 勝智
金石 年弘
BS+11'57.733 0.660169.461
5500524WOODONE ADVAN Clarion GT-R
NISSAN GT-R
ジョアオ・パオロ・デ・オリベイラ
荒 聖治
YH+21'57.844 0.771169.302
6500625ECLIPSE ADVAN SC430
LEXUS SC430
土屋 武士
石浦宏明
YH+21'57.930 0.857169.178
7500712カルソニック IMPUL GT-R
NISSAN GT-R
松田 次生
セバスチャン・フィリップ
BS101'58.087 1.014168.953
8500822MOTUL AUTECH GT-R
NISSAN GT-R
ミハエル・クルム
柳田真孝
BS+11'58.245 1.172168.728
9500932EPSON NSX
HONDA NSX
ロイック・デュバル
平中 克幸
DL1'58.381 1.308168.534
10500103YellowHat YMS TOMICA GT-R
NISSAN GT-R
ロニー・クインタレッリ
横溝直輝
BS1'58.419 1.346168.480
115001136PETRONAS TOM'S SC430
LEXUS SC430
脇阪 寿一
アンドレ・ロッテラー
BS601'58.803 1.730167.935
12500126ENEOS SC430
LEXUS SC430
伊藤 大輔
ビヨン・ビルドハイム
BS1'58.931 1.858167.754
135001335宝山 KRAFT SC430
LEXUS SC430
ピーター・ダンブレック
片岡 龍也
BS1'59.048 1.975167.590
145001438ZENT CERUMO SC430
LEXUS SC430
立川 祐路
リチャード・ライアン
BS552'00.317 3.244165.822
155001539DENSO DUNLOP SARD SC430
LEXUS SC430
高木 虎之介
アンドレ・クート
DL+22'00.404 3.331165.702
165001623XANAVI NISMO GT-R
NISSAN GT-R
本山 哲
ブノワ・トレルイエ
BS952'00.582 3.509165.458
17300177クスコDUNLOPスバルインプレッサ
SUBARU IMPREZA
山野 哲也
佐々木孝太
DL2'08.60411.531155.137
1830027ORC雨宮SGC-7
MAZDA RX-7
井入 宏之
折目遼
YH152'09.08312.010154.561
19300346MOLA レオパレス Z
NISSAN FAIRLADY Z
星野 一樹
安田 裕信
MI452'09.29512.222154.309
20300411JIMCENTER ADVAN F430
FERRARI F430
田中哲也
植田 正幸
YH+12'09.38012.307154.206
2130054EBBRO UEMATSU 320R
VEMAC RD320R
阪口良平
松下 昌揮
YH+22'09.61112.538153.933
22300681ダイシン ADVAN Z
NISSAN FAIRLADY Z
青木 孝行
藤井 誠暢
YH52'09.67212.599153.859
2330072I.M JIHAN CO.LTD・APPLE・Shiden
MOONCRAFT SHIDEN MC
高橋 一穂
加藤 寛規
YH402'09.82212.749153.681
24300831DOUBLEHEAD avex apr MR-S
TOYOTA MR-S
峰尾恭輔
坂本 雄也
MI102'09.86312.790153.633
25300919ウェッズスポーツIS350
LEXUS IS350
織戸 学
阿部翼
YH2'10.02812.955153.439
263001043ARTA Garaiya
ASL Garaiya GT300VQ
新田 守男
高木真一
MI502'10.06412.991153.395
273001195apr MR-S
TOYOTA MR-S
平手 晃平
国本 京佑
MI602'10.30013.227153.117
283001262WILLCOM ADVAN VEMAC 408R
VEMAC 408R
黒澤 治樹
密山祥吾
YH+12'10.34113.268153.069
293001333HANKOOK PORSCHE
PORSCHE 911GT3RSR
木下 みつひろ
影山正美
HK2'10.37113.298153.034
303001426ユンケルパワータイサンポルシェ
PORSCHE 911GT3RS
谷口 信輝
山路慎一
YH302'10.43013.357152.965
31300155プロμ マッハ号 320R
VEMAC 320R
玉中 哲二
山野 直也
YH+22'10.46113.388152.928
323001666triple a ムルシエラゴRG-1
LAMBORGHINI MURCIELAGO RG-1
山西 康司
余郷敦
YH+12'10.65313.580152.705
3330017110KUMHO BOXSTER-GT
PORSCHE BOXSTER
光貞 秀俊
池田大祐
KH52'10.86913.796152.452
343001888triple a ガイヤルドRG-3
LAMBORGHINI GALLARDO RG-3
松田 秀士
古谷直広
YH+12'11.09014.017152.195
353001952GREEN TEC KUMHO IS350
LEXUS IS350
黒澤 琢弥
井口卓人
KH+12'11.43414.361151.796
3630020111ARKTECH BOXSTER-GT
PORSCHE BOXSTER
小泉 洋史
黒澤翼
KH+22'11.79714.724151.378
373002170LUXURY CAR DEALER GAIKOKUYA&LMPポルシェ
PORSCHE 996GT3RS
石橋 義三
山岸 大
YH+22'12.15915.086150.964
383002287アクティオガイヤルドRG-3
LAMBORGHINI GALLARDO RG-3
和田 久
栗原宗之
YH+22'12.55515.482150.513

SUPER GT

SGT:第4戦セパン公式予選 MOTUL AUTECH GT-Rがポールポジションを獲得 (NISMO)

■「MOTUL AUTECH GT-R」がポールポジションを獲得

q500_1.jpg  第3戦富士から7週間のインターバルを経て、SUPER GTシリーズはマレーシアのセパンインターナショナルサーキットに舞台を移し、第4戦の公式予選を行った。公式予選日の6月21日(土)は、曇り空ながら時折晴れ間がのぞくと強い日差しが路面に照りつけたが、午前中の気温は31度と比較的過ごしやすいものだった。

 11時20分からGT500クラスの公式予選1回目が始まった。依然としてハンディウェイトが重く、リストリクターも絞られている#23 「XANAVI NISMO GT-R」は、ブノワ・トレルイエが早々とコースイン。コースが空いているうちに立て続けにタイムアタックし、厳しい条件の中、なんとかタイムを絞り出した。続いて他のGT-R勢もコースインしていった。

 中でも最も重量の軽い#24 「WOODONE ADVAN Clarion GT-R」は、ジョアオ・パオロ・デ・オリベイラがアタックを担当し、4番目のタイムを出した。同様にハンディウェイトが少ない#22 「MOTUL AUTECH GT-R」は、ミハエル・クルムが、クリアラップに理想的なハードアタックを実施。GT500クラス16台中トップタイムを記録して予選1回目のトップタイムを獲得した。本年のフォーミュラニッポンでも活躍を続ける松田次生は、#12「カルソニックIMPUL GT-R」のステアリングを握り、アタックに臨んだ。結果は9番手タイムでスーパーラップ(SL)に進出。続いて「YellowHat YMS TOMICA GT-R」が10位で予選走行を終えた。GT-R勢は4台がトップ10に残り、SLで上位のスターティンググリッド確保を狙う。

 スーパーラップでは、1回目の予選10位の「YellowHat YMS TOMICA GT-R」がロニー・クインタレッリのアタックで9番グリッドとなり、同9位の「カルソニックIMPULGT-R」は松田が7番手タイムで、ともに予選1回目からグリッド位置を上げて終了した。昨年の優勝チームであるKONDOレーシングの「WOODONE ADVAN Clarion GT-R」は、J.P.デ・オリベイラが1回目のタイムを大きく更新。4位セカンドロウからのスタートを守った。注目の暫定ポールシッター、「MOTUL AUTECH GT-R」は、M.クルムが完璧なドライビングでアタック。今年2回目のポールポジションを確定した。

 クルムは、「NSXが速かったので、SLは4位あたりかなと思っていたが、タイヤのグリップもパーフェクト、GT-Rが最高のパフォーマンスを発揮してポールを獲ることができました。とっても嬉しいです」と語ると、柳田は「最初のセクター(区間タイム)で2位を大きく引き離していたので、これは行けると確信していました。明日のレースは苦しいかも知れませんが、全力を尽くしてがんばります」

ニスモ飯嶋嘉隆監督
 「マイケル(クルム)が本当に素晴らしい仕事をしてくれて、私たちの予想以上のタイムでポールを獲ってくれました。レースではライバルも速いでしょうが、ポールスタートの利を活かして簡単にはポジションを渡しません。作戦を良く考えて、#22号車の優勝を是非実現させたいです。日本から是非ご声援をお送りください」
上記の詳細は下記WEBサイトをご覧ください。
http://www.nismo.co.jp/M_SPORTS/index.html

Text & Photo: NISMO

SUPER GT

SGT:第4戦セパン公式予選総合結果

■GT500 Class

JAPAN GT CHAMPIONSHIP MALAYSIA -RIJ- (2008/06/21) Total Qualify GT500 Weather:Cloudy Course:Dry
2008 AUTOBACS SUPER GT Round 4 Sepang International Circuit 5.542km

PosNoCar
Model
DriverTireWHQualify 1
Time
Super Lap
Time
km/h
122MOTUL AUTECH GT-R
NISSAN GT-R
ミハエル・クルム
柳田真孝
BS+11'55.3101'55.155173.255
21ARTA NSX
HONDA NSX
ラルフ・ファーマン
伊沢 拓也
BS5
(+1)
1'55.5581'55.356172.953
317REAL NSX
HONDA NSX
金石 勝智
金石 年弘
BS+11'55.9311'55.443172.823
424WOODONE ADVAN Clarion GT-R
NISSAN GT-R
ジョアオ・パオロ・デ・オリベイラ
荒 聖治
YH+21'55.9751'55.513172.718
518TAKATA 童夢 NSX
HONDA NSX
道上 龍
小暮 卓史
BS301'56.0871'55.613172.569
632EPSON NSX
HONDA NSX
ロイック・デュバル
平中 克幸
DL1'56.3801'56.338171.493
712カルソニック IMPUL GT-R
NISSAN GT-R
松田 次生
セバスチャン・フィリップ
BS101'56.4651'56.416171.379
825ECLIPSE ADVAN SC430
LEXUS SC430
土屋 武士
石浦宏明
YH+21'56.4051'56.458171.317
93YellowHat YMS TOMICA GT-R
NISSAN GT-R
ロニー・クインタレッリ
横溝直輝
BS1'56.6911'56.545171.189
10100RAYBRIG NSX
HONDA NSX
井出 有冶
細川 慎弥
BS101'55.9941'56.754170.882
1135宝山 KRAFT SC430
LEXUS SC430
ピーター・ダンブレック
片岡 龍也
BS1'57.185170.254
1236PETRONAS TOM'S SC430
LEXUS SC430
脇阪 寿一
アンドレ・ロッテラー
BS601'57.255170.152
136ENEOS SC430
LEXUS SC430
伊藤 大輔
ビヨン・ビルドハイム
BS1'57.294170.096
1438ZENT CERUMO SC430
LEXUS SC430
立川 祐路
リチャード・ライアン
BS551'57.603169.649
1539DENSO DUNLOP SARD SC430
LEXUS SC430
高木 虎之介
アンドレ・クート
DL+21'58.570168.265
1623XANAVI NISMO GT-R
NISSAN GT-R
本山 哲
ブノワ・トレルイエ
BS951'59.090167.530

■GT300 Class

JAPAN GT CHAMPIONSHIP MALAYSIA -RIJ- (2008/06/21) Total Qualify GT300 Weather:Clody Course:Dry
2008 AUTOBACS SUPER GT Round 4 Sepang International Circuit 5.542km

PosNoCar
Model
DriverTireWHQualify 1
Time
Super Lap
Time
km/h
177クスコDUNLOPスバルインプレッサ
SUBARU IMPREZA
山野 哲也
佐々木孝太
DL2'06.9302'07.153156.907
219ウェッズスポーツIS350
LEXUS IS350
織戸 学
阿部 翼
YH2'08.4132'08.227155.593
343ARTA Garaiya
ASL Garaiya GT300VQ
新田 守男
高木真一
MI502'08.4482'08.251155.564
411JIMCENTER ADVAN F430
FERRARI F430
田中 哲也
植田正幸
YH+12'08.3842'08.283155.525
581ダイシン ADVAN Z
NISSAN FAIRLADY Z
青木 孝行
藤井誠暢
YH52'08.3242'08.369155.421
62I.M JIHAN CO.LTD・APPLE・Shiden
MOONCRAFT SHIDEN MC
高橋 一穂
加藤寛規
YH402'08.6132'08.465155.305
74EBBRO UEMATSU 320R
VEMAC RD320R
阪口 良平
松下昌揮
YH+22'08.5022'08.663155.066
8110KUMHO BOXSTER-GT
PORSCHE BOXSTER
光貞 秀俊
池田大祐
KH52'08.4662'09.060154.589
931DOUBLEHEAD avex apr MR-S
TOYOTA MR-S
峰尾 恭輔
坂本雄也
MI102'08.7622'09.363154.226
107ORC雨宮SGC-7
MAZDA RX-7
井入 宏之
折目 遼
YH152'08.5602'09.388154.197
1162WILLCOM ADVAN VEMAC 408R
VEMAC 408R
黒澤 治樹
密山祥吾
YH+12'08.817154.880
1246MOLA レオパレス Z
NISSAN FAIRLADY Z
星野 一樹
安田裕信
MI452'09.029154.626
1395apr MR-S
TOYOTA MR-S
平手 晃平
国本 京佑
MI602'09.167154.461
1426ユンケルパワータイサンポルシェ
PORSCHE 911GT3RS
谷口 信輝
山路慎一
YH302'09.194154.428
1566triple a ムルシエラゴRG-1
LAMBORGHINI MURCIELAGO RG-1
山西 康司
余郷敦
YH+12'09.270154.337
16111ARKTECH BOXSTER-GT
PORSCHE BOXSTER
小泉 洋史
黒澤翼
KH+22'09.388154.197
1733HANKOOK PORSCHE
PORSCHE 911GT3RSR
木下 みつひろ
影山正美
HK2'09.417154.162
185プロμ マッハ号 320R
VEMAC 320R
玉中 哲二
山野 直也
YH+22'09.559153.993
1952GREEN TEC KUMHO IS350
LEXUS IS350
黒澤 琢弥
井口卓人
KH+12'10.422152.974
2088triple a ガイヤルドRG-3
LAMBORGHINI GALLARDO RG-3
松田 秀士
古谷直広
YH+12'10.599152.767
2170LUXURY CAR DEALER GAIKOKUYA&LMPポルシェ
PORSCHE 996GT3RS
石橋 義三
山岸 大
YH+22'11.636151.563
2287アクティオガイヤルドRG-3
LAMBORGHINI GALLARDO RG-3
和田 久
栗原宗之
YH+2No Time-
  • CarNo.87は、公式予選2回目に予選通過基準タイムをクリアした。

SUPER GT

SGT:第4戦セパン スーパーラップ結果

■GT500 Class

JAPAN GT CHAMPIONSHIP MALAYSIA -RIJ- (2008/06/21) Super Lap GT500 Weather:Cloudy Course:Dry
2008 AUTOBACS SUPER GT Round 4 Sepang International Circuit 5.542km

PosNoCar
Model
DriverTireWHTimeDelayGapkm/h
122MOTUL AUTECH GT-R
NISSAN GT-R
ミハエル・クルム
柳田真孝
BS+11'55.155--173.255
21ARTA NSX
HONDA NSX
ラルフ・ファーマン
伊沢 拓也
BS5
(+1)
1'55.356 0.201 0.201172.953
317REAL NSX
HONDA NSX
金石 勝智
金石 年弘
BS+11'55.443 0.288 0.087172.823
424WOODONE ADVAN Clarion GT-R
NISSAN GT-R
ジョアオ・パオロ・デ・オリベイラ
荒 聖治
YH+21'55.513 0.358 0.070172.718
518TAKATA 童夢 NSX
HONDA NSX
道上 龍
小暮 卓史
BS301'55.613 0.458 0.100172.569
632EPSON NSX
HONDA NSX
ロイック・デュバル
平中 克幸
DL1'56.338 1.183 0.725171.493
712カルソニック IMPUL GT-R
NISSAN GT-R
松田 次生
セバスチャン・フィリップ
BS101'56.416 1.261 0.078171.379
825ECLIPSE ADVAN SC430
LEXUS SC430
土屋 武士
石浦宏明
YH+21'56.458 1.303 0.042171.317
93YellowHat YMS TOMICA GT-R
NISSAN GT-R
ロニー・クインタレッリ
横溝直輝
BS1'56.545 1.390 0.087171.189
10100RAYBRIG NSX
HONDA NSX
井出 有冶
細川 慎弥
BS101'56.754 1.599 0.209170.882

■GT300 Class

JAPAN GT CHAMPIONSHIP MALAYSIA -RIJ- (2008/06/21) Super Lap GT300 Weather:Cloudy Course:Dry
2008 AUTOBACS SUPER GT Round 4 Sepang International Circuit 5.542km

PosNoCar
Model
DriverTireWHTimeDelayGapkm/h
177クスコDUNLOPスバルインプレッサ
SUBARU IMPREZA
山野 哲也
佐々木孝太
DL2'07.153--156.907
219ウェッズスポーツIS350
LEXUS IS350
織戸 学
阿部 翼
YH2'08.227 1.074 1.074155.593
343ARTA Garaiya
ASL Garaiya GT300VQ
新田 守男
高木真一
MI502'08.251 1.098 0.024155.564
411JIMCENTER ADVAN F430
FERRARI F430
田中 哲也
植田正幸
YH+12'08.283 1.130 0.032155.526
581ダイシン ADVAN Z
NISSAN FAIRLADY Z
青木 孝行
藤井誠暢
YH52'08.369 1.216 0.086155.421
62I.M JIHAN CO.LTD・APPLE・Shiden
MOONCRAFT SHIDEN MC
高橋 一穂
加藤寛規
YH402'08.465 1.312 0.096155.305
74EBBRO UEMATSU 320R
VEMAC RD320R
阪口 良平
松下昌揮
YH+22'08.663 1.510 0.198155.066
8110KUMHO BOXSTER-GT
PORSCHE BOXSTER
光貞 秀俊
池田大祐
KH52'09.060 1.907 0.397154.589
931DOUBLEHEAD avex apr MR-S
TOYOTA MR-S
峰尾 恭輔
坂本雄也
MI102'09.363 2.210 0.303154.226
107ORC雨宮SGC-7
MAZDA RX-7
井入 宏之
折目 遼
YH152'09.388 2.235 0.025154.197

SUPER GT

SGT:第4戦セパン公式予選2回目結果

JAPAN GT CHAMPIONSHIP MALAYSIA -RIJ- (2008/06/21) Qualifying 2 Weather:Cloudy Course:Dry
2008 AUTOBACS SUPER GT Round 4 Sepang International Circuit 5.542km

PosClassCls
Pos
NoCar
Maker Model
DriverTireWhTimeBehindkm/h
150011ARTA NSX
HONDA NSX
ラルフ・ファーマン
伊沢 拓也
BS5
+1
1'56.070-171.889
2500218TAKATA 童夢 NSX
HONDA NSX
道上 龍
小暮 卓史
BS301'56.109 0.039171.832
3500322MOTUL AUTECH GT-R
NISSAN GT-R
ミハエル・クルム
柳田真孝
BS+11'56.454 0.384171.323
4500424WOODONE ADVAN Clarion GT-R
NISSAN GT-R
ジョアオ・パオロ・デ・オリベイラ
荒 聖治
YH+21'56.880 0.810170.698
5500517REAL NSX
HONDA NSX
金石 勝智
金石 年弘
BS+11'56.946 0.876170.602
6500632EPSON NSX
HONDA NSX
ロイック・デュバル
平中 克幸
DL1'57.140 1.070170.319
7500725ECLIPSE ADVAN SC430
LEXUS SC430
土屋 武士
石浦宏明
YH+21'57.410 1.340169.928
850083YellowHat YMS TOMICA GT-R
NISSAN GT-R
ロニー・クインタレッリ
横溝直輝
BS1'57.529 1.459169.756
95009100RAYBRIG NSX
HONDA NSX
井出 有冶
細川 慎弥
BS101'57.672 1.602169.549
105001012カルソニック IMPUL GT-R
NISSAN GT-R
松田 次生
セバスチャン・フィリップ
BS101'58.223 2.153168.759
115001135宝山 KRAFT SC430
LEXUS SC430
ピーター・ダンブレック
片岡 龍也
BS1'58.724 2.654168.047
125001236PETRONAS TOM'S SC430
LEXUS SC430
脇阪 寿一
アンドレ・ロッテラー
BS601'58.813 2.743167.921
135001338ZENT CERUMO SC430
LEXUS SC430
立川 祐路
リチャード・ライアン
BS551'58.888 2.818167.815
14500146ENEOS SC430
LEXUS SC430
伊藤 大輔
ビヨン・ビルドハイム
BS1'59.274 3.204167.272
155001539DENSO DUNLOP SARD SC430
LEXUS SC430
高木 虎之介
アンドレ・クート
DL+21'59.716 3.646166.654
165001623XANAVI NISMO GT-R
NISSAN GT-R
本山 哲
ブノワ・トレルイエ
BS952'00.295 4.225165.852
17300177クスコDUNLOPスバルインプレッサ
SUBARU IMPREZA
山野 哲也
佐々木孝太
DL2'07.56311.493156.403
1830024EBBRO UEMATSU 320R
VEMAC RD320R
阪口良平
松下 昌揮
YH+22'08.57112.501155.177
19300381ダイシン ADVAN Z
NISSAN FAIRLADY Z
青木 孝行
藤井 誠暢
YH52'08.72212.652154.994
20300431DOUBLEHEAD avex apr MR-S
TOYOTA MR-S
峰尾恭輔
坂本 雄也
MI102'09.12113.051154.516
21300543ARTA Garaiya
ASL Garaiya GT300VQ
新田 守男
高木 真一
MI502'09.12413.054154.512
22300619ウェッズスポーツIS350
LEXUS IS350
織戸 学
阿部翼
YH2'09.35013.280154.242
2330072I.M JIHAN CO.LTD・APPLE・Shiden
MOONCRAFT SHIDEN MC
高橋 一穂
加藤 寛規
YH402'09.59313.523153.954
243008110KUMHO BOXSTER-GT
PORSCHE BOXSTER
光貞 秀俊
池田 大祐
KH52'09.71713.647153.806
25300911JIMCENTER ADVAN F430
FERRARI F430
田中哲也
植田 正幸
YH+12'09.72013.650153.802
26300107ORC雨宮SGC-7
MAZDA RX-7
井入 宏之
折目 遼
YH152'09.91313.843153.574
273001162WILLCOM ADVAN VEMAC 408R
VEMAC 408R
黒澤 治樹
密山祥吾
YH+12'10.08914.019153.366
283001233HANKOOK PORSCHE
PORSCHE 911GT3RSR
木下 みつひろ
影山正美
HK2'10.13314.063153.314
293001352GREEN TEC KUMHO IS350
LEXUS IS350
黒澤 琢弥
井口卓人
KH+12'10.18414.114153.254
303001495apr MR-S
TOYOTA MR-S
平手 晃平
国本 京佑
MI602'10.29314.223153.126
313001566triple a ムルシエラゴRG-1
LAMBORGHINI MURCIELAGO RG-1
山西 康司
余郷敦
YH+12'10.33414.264153.077
323001646MOLA レオパレス Z
NISSAN FAIRLADY Z
星野 一樹
安田裕信
MI452'10.45914.389152.931
333001726ユンケルパワータイサンポルシェ
PORSCHE 911GT3RS
谷口 信輝
山路慎一
YH302'11.07515.005152.212
343001887アクティオガイヤルドRG-3
LAMBORGHINI GALLARDO RG-3
和田 久
栗原宗之
YH+22'11.60615.536151.598
353001988triple a ガイヤルドRG-3
LAMBORGHINI GALLARDO RG-3
松田 秀士
古谷直広
YH+12'11.76115.691151.420
3630020111ARKTECH BOXSTER-GT
PORSCHE BOXSTER
小泉 洋史
黒澤翼
KH+22'14.11118.041148.766
37300215プロμ マッハ号 320R
VEMAC 320R
玉中 哲二
山野 直也
YH+22'25.90229.832136.744
-300-70LUXURY CAR DEALER GAIKOKUYA&LMPポルシェ
PORSCHE 996GT3RS
石橋 義三
山岸 大
YH+2No Time--

SUPER GT

SGT:第4戦セパン公式予選1回目結果

JAPAN GT CHAMPIONSHIP MALAYSIA -RIJ- (2008/06/21) Qualifying 1 Weather:Cloudy Course:Dry
2008 AUTOBACS SUPER GT Round 4 Sepang International Circuit 5.542km

PosClassCls
Pos
NoCar
Maker Model
DriverTireWhTimeBehindkm/h
1500122MOTUL AUTECH GT-R
NISSAN GT-R
ミハエル・クルム
柳田真孝
BS+11'55.310-173.022
250021ARTA NSX
HONDA NSX
ラルフ・ファーマン
伊沢 拓也
BS5
+1
1'55.558 0.248172.651
3500317REAL NSX
HONDA NSX
金石 勝智
金石 年弘
BS+11'55.931 0.621172.095
4500424WOODONE ADVAN Clarion GT-R
NISSAN GT-R
ジョアオ・パオロ・デ・オリベイラ
荒 聖治
YH+21'55.975 0.665172.030
55005100RAYBRIG NSX
HONDA NSX
井出 有冶
細川 慎弥
BS101'55.994 0.684172.002
6500618TAKATA 童夢 NSX
HONDA NSX
道上 龍
小暮 卓史
BS301'56.087 0.777171.864
7500732EPSON NSX
HONDA NSX
ロイック・デュバル
平中 克幸
DL1'56.380 1.070171.432
8500825ECLIPSE ADVAN SC430
LEXUS SC430
土屋 武士
石浦宏明
YH+21'56.405 1.095171.395
9500912カルソニック IMPUL GT-R
NISSAN GT-R
松田 次生
セバスチャン・フィリップ
BS101'56.465 1.155171.306
10500103YellowHat YMS TOMICA GT-R
NISSAN GT-R
ロニー・クインタレッリ
横溝直輝
BS1'56.691 1.381170.975
115001135宝山 KRAFT SC430
LEXUS SC430
ピーター・ダンブレック
片岡 龍也
BS1'57.185 1.875170.254
125001236PETRONAS TOM'S SC430
LEXUS SC430
脇阪 寿一
アンドレ・ロッテラー
BS601'57.255 1.945170.152
13500136ENEOS SC430
LEXUS SC430
伊藤 大輔
ビヨン・ビルドハイム
BS1'57.294 1.984170.096
145001438ZENT CERUMO SC430
LEXUS SC430
立川 祐路
リチャード・ライアン
BS551'57.603 2.293169.649
155001539DENSO DUNLOP SARD SC430
LEXUS SC430
高木 虎之介
アンドレ・クート
DL+21'58.570 3.260168.265
165001623XANAVI NISMO GT-R
NISSAN GT-R
本山 哲
ブノワ・トレルイエ
BS951'59.090 3.780167.530
17300177クスコDUNLOPスバルインプレッサ
SUBARU IMPREZA
山野 哲也
佐々木孝太
DL2'06.93011.620157.183
18300281ダイシン ADVAN Z
NISSAN FAIRLADY Z
青木 孝行
藤井 誠暢
YH52'08.32413.014155.475
19300311JIMCENTER ADVAN F430
FERRARI F430
田中哲也
植田 正幸
YH+12'08.38413.074155.404
20300419ウェッズスポーツIS350
LEXUS IS350
織戸 学
阿部翼
YH2'08.41313.103155.367
21300543ARTA Garaiya
ASL Garaiya GT300VQ
新田 守男
高木 真一
MI502'08.44813.138155.325
223006110KUMHO BOXSTER-GT
PORSCHE BOXSTER
光貞 秀俊
池田 大祐
KH52'08.46613.156155.303
2330074EBBRO UEMATSU 320R
VEMAC RD320R
阪口良平
松下 昌揮
YH+22'08.50213.192155.260
2430087ORC雨宮SGC-7
MAZDA RX-7
井入 宏之
折目遼
YH152'08.56013.250155.190
2530092I.M JIHAN CO.LTD・APPLE・Shiden
MOONCRAFT SHIDEN MC
高橋 一穂
加藤 寛規
YH402'08.61313.303155.126
263001031DOUBLEHEAD avex apr MR-S
TOYOTA MR-S
峰尾 恭輔
坂本雄也
MI102'08.76213.452154.946
273001162WILLCOM ADVAN VEMAC 408R
VEMAC 408R
黒澤 治樹
密山祥吾
YH+12'08.81713.507154.880
283001246MOLA レオパレス Z
NISSAN FAIRLADY Z
星野 一樹
安田裕信
MI452'09.02913.719154.626
293001395apr MR-S
TOYOTA MR-S
平手 晃平
国本 京佑
MI602'09.16713.857154.461
303001426ユンケルパワータイサンポルシェ
PORSCHE 911GT3RS
谷口 信輝
山路慎一
YH302'09.19413.884154.429
313001566triple a ムルシエラゴRG-1
LAMBORGHINI MURCIELAGO RG-1
山西 康司
余郷敦
YH+12'09.27013.960154.337
3230016111ARKTECH BOXSTER-GT
PORSCHE BOXSTER
小泉 洋史
黒澤翼
KH+22'09.38814.078154.197
333001733HANKOOK PORSCHE
PORSCHE 911GT3RSR
木下 みつひろ
影山正美
HK2'09.41714.107154.162
34300185プロμ マッハ号 320R
VEMAC 320R
玉中 哲二
山野 直也
YH+22'09.55914.249153.993
353001952GREEN TEC KUMHO IS350
LEXUS IS350
黒澤 琢弥
井口卓人
KH+12'10.42215.112152.974
363002088triple a ガイヤルドRG-3
LAMBORGHINI GALLARDO RG-3
松田 秀士
古谷直広
YH+12'10.59915.289152.768
373002170LUXURY CAR DEALER GAIKOKUYA&LMPポルシェ
PORSCHE 996GT3RS
石橋 義三
山岸 大
YH+22'11.63616.326151.563
---- 以上予選通過(基準タイム[107%] GT500: 2'03.692 / GT300: 2'16.831)----
-300-87アクティオガイヤルドRG-3
LAMBORGHINI GALLARDO RG-3
和田 久
栗原宗之
YH+2No Time--

スーパー耐久

S耐:第3戦富士決勝結果

スーパーTEC -RIJ- (2008/06/15) Final Race Weather:Fine-Cloudy Course:Dry
2008 Super Taikyu Series Round 3 富士スピードウェイ 4.563km

PosClassCls
Pos
NoCar
Model
DriverTireLapTotal_Time
Behind
1ST1150PETRONAS SYNTIUM BMW Z4M COUPE
BMW Z4M COUPE / E86
Fariqe Hairuman
柳田真孝
YH1284:01'38.211
2ST1228PETRONAS SYNTIUM BMW Z4M COUPE
BMW Z4M COUPE / E86
谷口 信輝
吉田広樹
YH1280.170
3ST1310Cenote ADVAN Z
NISSAN FAIRLADY Z / Z33
田中 哲也
星野 一樹
岡本 武之
YH12830.332
4ST14360OCN@Koseiポルシェ
PORSCHE 911GT3 / JGN
長島 正興
松村 浩之
田中 篤
YH1271Lap
5ST2113ENDLESS ADVAN CS-Z
MITSUBISHI LANCER Evolution / CZ4A
峰尾 恭輔
鈴木宏和
YH1244Laps
6ST2226エンドレス アドバン ウエッズ ランサー
MITSUBISHI LANCER Evolution / CT9A
添田 正
中村信也
朝倉 宏志
YH1244Laps
7ST31333エクセディH.I.S.イングスZ
NISSAN FAIRLADY Z / Z33
前嶋 秀司
佐々木雅弘
YH1244Laps
8ST2320RSオガワADVANランサー
MITSUBISHI LANCER Evolution / CT9A
阪口 良平
加藤 正将
小川 日出生
YH1235Laps
9ST3227FINA ADVAN M3
BMW M3
小林 且雄
村田 信博
井上貴志
YH1235Laps
10ST3315岡部自動車ディクセル Z
NISSAN FAIRLADY Z / Z33
長島正明
Igor Sushko
小松 一臣
YH1235Laps
11ST3439TRACY SPORTS eeiA NSX
HONDA NSX / ABA-NA2
井入 宏之
赤鮫 オヤジ
YH1235Laps
12ST35113UNT Racing ☆ ings Z
NISSAN FAIRLADY Z / Z33
伊橋 勲
堤 明彦
木村 崇
YH1235Laps
13ST2411オーリンズ・ランサー EVO Ⅹ
MITSUBISHI LANCER Evolution / CZ4A
中谷 明彦
木下 隆之
YH1226Laps
14ST36777屏風浦工業ニューテック-Z
NISSAN FAIRLADY Z / Z33
福山英朗
DRAGON
吉田 基良
YH1217Laps
15ST2559東和MOTUL・EDインプレッサ
SUBARU IMPREZA / GDB
大澤 学
細野智行
YH1217Laps
16ST3719高見沢整骨院☆真東☆TC神戸Z33
NISSAN FAIRLADY Z / Z33
高見沢 一吉
池上 慎二
輿水 敏明
YH1208Laps
17ST4151AGY ings インテグラ
HONDA INTEGRA / DC5
井尻 薫
黒木 英春
黒木 健次
YH1199Laps
18ST151ENDLESS ADVAN Z
NISSAN FAIRLADY Z / Z33
青木孝行
藤井 誠暢
YH1199Laps
19ST4276Racing Modulo ADVAN Type R
HONDA CIVIC TYPE-R / FD2
玉本 秀幸
小林 正吾
古橋譲
YH11810Laps
20ST4373CARACORT.SuowPeuk.ERG.ED.DC5
HONDA INTEGRA / DC5
Takamori.com
安達元気
YH11711Laps
21ST4469J'S RACING CIVIC ADVAN
HONDA CIVIC TYPE-R / FD2
梅本 淳一
久保田 英夫
北川剛
YH11711Laps
22ST169Faust Racing PORSCHE
PORSCHE 911GT3 / JGN
安藤 琢弥
佐藤 茂
堀主知
YH11711Laps
23ST4581ガレージ・プラスワン TB TRACY SPORTS ADVAN CIVIC
HONDA CIVIC TYPE-R / FD2
橋本 達也
植田 正幸
北野浩正
YH11612Laps
24ST4671ERGエーワンYH.ED.DC5
HONDA INTEGRA / DC5
下山 和寿
藤田 弘幸
山本 すばる
YH11513Laps
25ST2630オートバックス森永チルミル・RSオガワランサー
MITSUBISHI LANCER Evolution / CT9A
伊藤 俊哉
筒井克彦
丹羽 昭善
YH11513Laps
26ST3835SRC WAKO'S RX-7
MAZDA RX-7 / FD3S
橋本 げんや
藤井 涼太
YH11414Laps
27ST4777Mirage Factory インテグラ
HONDA INTEGRA / DC5
今村 透
黒田 保男
YH11315Laps
28ST397ドリームエンジェル・アドバンRX7
MAZDA RX-7 / FD3S
オギ姉
清水 隆広
岡島 裕二
YH9632Laps
29ST4887K'Z AUTO FACTORY MOTUL Pmu ADVAN DC5
HONDA INTEGRA / DC5
金森 敏一
水谷 大介
デパマン石渡
YH9533Laps
---- 以上規定周回数完走 ----
-ST2-56眠眠打破ランサー
MITSUBISHI LANCER Evolution / CT9A
服部 尚貴
松本 達哉
YH1199Laps
-ST4-*31J-wave エンドレス YH DC5
HONDA INTEGRA / DC5
渡辺 明
ピストン西沢
YH10424Laps
-ST3-14岡部自動車ディクセル RX-7
MAZDA RX-7 / FD3S
朝倉 貴志
山崎 学
杉林 健一
YH9236Laps
-ST4-99スゴウアスラーダ カルチャーショック DC5
HONDA INTEGRA / DC5
渡辺 孝弘
藤原能成
YH6068Laps
-ST2-6DIXCEL☆新菱オートEVOⅨMR
MITSUBISHI LANCER Evolution / CT9A
冨桝 朋広
関豊
野田 勝義
YH6761Laps
-ST4-22MTO tri-Ace CIVIC
HONDA CIVIC TYPE-R / FD2
石川 朗
五反田 義治
北山 浩
YH5078Laps
-ST4-18FUNKY'SコスモソニックFK ings DC5
HONDA INTEGRA / DC5
浅野 武夫
笠原 智行
水書 健司
YH26102Laps
-ST4-55BOLD WORLD Absolute DS CIVIC
HONDA CIVIC TYPE-R / FD2
谷川 達也
河村直樹
斉藤 慎輔
YH11117Laps
-ST2-37シーケンシャル エンドレス アドバンランサー
MITSUBISHI LANCER Evolution / CT9A
和田 久
大瀧 賢治
HINOKI
YH7121Laps
  • Fastest Lap
    • ST-1 1'47.407 (98 / 128) 152.940 km/h 28 谷口信輝/吉田広樹 / PETRONAS SYNTIUM BMW Z4M COUPE
    • ST-2 1'51.462 (2 / 122) 147.376 km/h 11 中谷明彦/木下隆之 / オーリンズ・ランサー EVO X
    • ST-3 1'52.809 (88 / 123) 145.616 km/h 39 井入宏之/赤鮫オヤジ / TRACY SPORTS eeiA NSX
    • ST-4 1'57.339 (4 / 119) 139.994 km/h 51 井尻薫/黒木英春/黒木健次 / AGY ings インテグラ
  • ※ SC導入時刻 15:01.32 ~ 15:13.11
  • CarNo.31-Bドライバーは、2008年富士スピードウェイ一般競技規則第5章第16条4.(1)②(他車コースアウト)により、競技結果に50秒加算のペナルティを課した。

スーパー耐久

S耐:第3戦富士決勝 優勝ドライバーのコメント

080615Yanagida

柳田 真孝(ST1クラス #50PETRONAS SYNTIUM BMW Z4M COUPE)
「チームオーダーはなく#28谷口さんとも良いバトルができました。#28からのいいフィードバックもあって、チーム全員ドライバーもスタッフも頑張ってくれてボクもクルマをいたわって走ることを心がけました。トラブルなく完走してフィニッシュできたのがこんなに嬉しいとは!父の日で、父も来てくれてその前で勝てて嬉しいです。十勝はクラス3で、富士でもスポットでは勝てたんですがクラス1での優勝は初めてです。去年から参戦してここまでがすごく長かったです。最後のスティントが特に長かったですね(笑)タイヤカスを拾ってもトラブルかと思ってしまいました」

スーパー耐久

S耐:第3戦富士決勝 BMW Z4Mクーペが開幕3連勝&2連続1-2を達成!!今回はハイムラン/柳田組が勝利!

080615St1Top3 080615St2Top3 080615St3Top3 080615St4Top3
2年越しの待ちに待った勝利!
6月15日、富士スピードウェイで行われた2008スーパー耐久シリーズ第3戦「SUPER TEC」の決勝は、#50PETRONAS SYNTIUM BMW Z4M COUPE(フェリーク・ハイムラン/柳田真孝組)が昨年開幕戦以来参戦10戦目にして念願の初優勝を飾った。
2位にも同じZ4Mクーペの#28谷口信輝/吉田広樹組が入り、Z4Mクーペは開幕3連勝とともに前戦仙台ハイランドに続いて2戦連続の1-2フィニッシュをも達成した。

なお、ST2クラスは最後尾グリッドからスタートした#13ENDLESS ADVAN CS-X(峰尾恭輔/鈴木宏和組)が相次ぐ上位陣の脱落にも助けられての大逆転優勝をものにし、ST3クラスは#333エクセディH.I.S.イングスZ(前嶋秀司/佐々木雅弘組)が混戦を制し、ST4クラスは#51AGY ings インテグラ(井尻薫/黒木英春組)が開幕戦鈴鹿に続いて2度目のポール・トゥ・ウィンを達成した。
(天候:晴れのち曇り コース:ドライ 観客動員数:15,000人)

080615Startサポートイベントで赤旗中断があった影響で、第3戦決勝は当初予定より10分遅れの午後1時10分にフォーメーションラップが開始された。
序盤から僅差でランデブー走行を行う2台のZ4Mクーペに、#1エンドレスZが懸命に喰らいついていく。
周回遅れの絡み始めた19周目には、1号車を駆る青木孝行がホームストレートで#28谷口、#50柳田に並びかける場面もあったが、青木はその後徐々に遅れ始め、37周終わりでトラブルにより予定外のピットストップを強いられ、ここでの後退が響いて1号車は5位に終わった。
080615St1Winner替わって3位に浮上した#10セノートZも最後までZ4M2台には追いつくことができず、ST1クラスは2台のZ4Mによるマッチレースとなり、12回にも及ぶリーダーチェンジの末、123周目の1コーナーで#28谷口のインをついた#50柳田がファイナルラップでの谷口のもうチャージを退け、4時間で128周をトップで走りぬけた。

昨年の第1戦に初めてZ4Mクーペで参戦して以来、度重なるトラブルにより何度も優勝のチャンスを逃してきた柳田/ハイムラン組だったが、参戦10戦目、チームメイトの28号車に遅れること2戦目にして遂に勝利を手にすることとなった。

080615St2Winner今回もST2クラスは序盤から荒れに荒れた。
スタートから一気に順位を上げて1周目の最終コーナーでトップに立ったのは#11オーリンズランサーエボXだったが、マシントラブルから5周目にオレンジボールを提示されてピットインを余儀なくされ、一気に周回遅れとなってしまう。

その後は#6新菱オート、#20オガワランサー、#56眠眠打破の3台による激しいトップ争いが展開され、14周目に56号車を駆る服部尚貴が#20オガワランサーの阪口を捉えてトップに躍り出ると、更にその後方からは、クラッチトラブルでBドライバー予選を走れず、最後尾スタートとなった#13エンドレスエボXがみるみる順位を上げて迫ってきた。

28周目、29周目と立て続けにピットストップを強いられ、一旦は後方に退いた13号車だったが、それでも峰尾から交代した鈴木の懸命の走りで再び順位を挽回していき、全車が1度目のピット作業を終えたときにはクラス5位まで戻していた。

その後、64周目に#6新菱オートと#20オガワランサーが接触によって後退、この間にクラス2位に浮上した13号車は、94周目に行った最後のピットストップで見事に56号車の前でコースイン、遂にトップに躍り出た。
しかしその差は僅か1.9秒だ。

#13峰尾を激しく追い立てる#56服部。
両者のバトルは延々と続き、111周目のダンロップコーナー進入でアウトに被せた服部が遂にトップを奪い返す。
その後は徐々に服部が峰尾を突き放していくが、56号車は120周目の1コーナーでまさかのコースアウト。フロントを大破してレースを終えてしまった。

これで再びトップに立った13号車がそのままフィニッシュ。
総合でも5番手と、実に33台抜きの離れ業をやってのけた。

080615St3WinnerST3クラスはポールシッターの#39NSXが序盤ペースが上がらずに徐々に順位を落としていく一方で、5周目にトップに立った#27FINA M3を最初のピットストップを旧友のみで凌いだ#113UNTレーシングZが逆転、さらにこの2台を次々に抜き去った#333エクセディZがそのまま124周を走りきり、見事開幕3連勝を達成した。

080615St4WinnerST4クラスはポールシッターの#51AGYインテグラが58周目から62周目に掛けて入ったSCランの間にピット作業をすませ、タイミングよくコース復帰した結果、2位以下に1周近いアドバンテージを得ることに成功、そのまま逃げ切って開幕戦の鈴鹿以来今季2勝目を挙げた。

スーパー耐久第4戦は恒例となった十勝24時間耐久レース。7月20~21日決勝だ。

Text:Kazuhisa SUEHIRO Photo:Keiichiro TAKESHITA

スーパー耐久

S耐:第3戦富士フリー走行結果

スーパーTEC -RIJ- (2008/06/15) Free Practice Weather:Fine Course:Dry
2008 Super Taikyu Series Round 3 富士スピードウェイ 4.563km

PosClassCls
Pos
NoCar
Maker Model
DriverTireTimeBehindkm/h
1ST1150PETRONAS SYNTIUM BMW Z4M COUPE
BMW Z4M COUPE / E86
Fariqe Hairuman
柳田真孝
YH1'47.061-153.434
2ST1228PETRONAS SYNTIUM BMW Z4M COUPE
BMW Z4M COUPE / E86
谷口 信輝
吉田広樹
YH1'47.828 0.767152.343
3ST131ENDLESS ADVAN Z
NISSAN FAIRLADY Z / Z33
青木 孝行
藤井誠暢
YH1'47.937 0.876152.189
4ST1410Cenote ADVAN Z
NISSAN FAIRLADY Z / Z33
田中 哲也
星野 一樹
岡本 武之
YH1'48.603 1.542151.255
5ST15*360OCN@Koseiポルシェ
PORSCHE 911GT3 / JGN
長島 正興
松村 浩之
田中 篤
YH1'49.366 2.305150.200
6ST2113ENDLESS ADVAN CS-Z
MITSUBISHI LANCER Evolution / CZ4A
峰尾 恭輔
鈴木宏和
YH1'51.191 4.130147.735
7ST2211オーリンズ・ランサー EVO Ⅹ
MITSUBISHI LANCER Evolution / CZ4A
中谷 明彦
木下隆之
YH1'51.690 4.629147.075
8ST236DIXCEL☆新菱オートEVOⅨMR
MITSUBISHI LANCER Evolution / CT9A
冨桝 朋広
関豊
野田 勝義
YH1'51.793 4.732146.939
9ST2420RSオガワADVANランサー
MITSUBISHI LANCER Evolution / CT9A
阪口 良平
加藤 正将
小川 日出生
YH1'51.825 4.764146.897
10ST31333エクセディH.I.S.イングスZ
NISSAN FAIRLADY Z / Z33
前嶋 秀司
佐々木雅弘
YH1'52.350 5.289146.211
11ST2556眠眠打破ランサー
MITSUBISHI LANCER Evolution / CT9A
服部 尚貴
松本 達哉
YH1'52.562 5.501145.936
12ST3227FINA ADVAN M3
BMW M3
小林 且雄
村田信博
井上 貴志
YH1'53.072 6.011145.277
13ST2626エンドレス アドバン ウエッズランサー
MITSUBISHI LANCER Evolution / CT9A
添田 正
中村 信也
朝倉宏志
YH1'53.095 6.034145.248
14ST2737シーケンシャル エンドレス アドバンランサー
MITSUBISHI LANCER Evolution / CT9A
和田 久
大瀧 賢治
HINOKI
YH1'53.150 6.089145.177
15ST3339TRACY SPORTS eeiA NSX
HONDA NSX / ABA-NA2
井入 宏之
赤鮫 オヤジ
YH1'53.328 6.267144.949
16ST2830オートバックス森永チルミル・RSオガワランサー
MITSUBISHI LANCER Evolution / CT9A
伊藤 俊哉
筒井克彦
丹羽 昭善
YH1'53.382 6.321144.880
17ST34*113UNT Racing ☆ ings Z
NISSAN FAIRLADY Z / Z33
伊橋 勲
堤 明彦
木村 崇
YH1'53.574 6.513144.635
18ST3515岡部自動車ディクセル Z
NISSAN FAIRLADY Z / Z33
長島正明
Igor Sushko
小松 一臣
YH1'53.784 6.723144.368
19ST2959東和MOTUL・EDインプレッサ
SUBARU IMPREZA / GDB
大澤 学
細野智行
YH1'53.817 6.756144.326
20ST3614岡部自動車ディクセル RX-7
MAZDA RX-7 / FD3S
朝倉 貴志
山崎 学
杉林 健一
YH1'54.657 7.596143.269
21ST37777屏風浦工業ニューテック-Z
NISSAN FAIRLADY Z / Z33
福山英朗
DRAGON
吉田 基良
YH1'54.726 7.665143.183
22ST169Faust Racing PORSCHE
PORSCHE 911GT3 / JGN
安藤 琢弥
佐藤 茂
堀主知
YH1'55.207 8.146142.585
23ST3819高見沢整骨院☆真東☆TC神戸Z33
NISSAN FAIRLADY Z / Z33
高見沢 一吉
池上 慎二
輿水 敏明
YH1'55.320 8.259142.445
24ST4131J-wave エンドレス YH DC5
HONDA INTEGRA / DC5
渡辺 明
ピストン西沢
YH1'58.10111.040139.091
25ST4251AGY ings インテグラ
HONDA INTEGRA / DC5
井尻 薫
黒木 英春
黒木 健次
YH1'58.40511.344138.734
26ST4387K'Z AUTO FACTORY MOTUL Pmu ADVAN DC5
HONDA INTEGRA / DC5
金森 敏一
水谷 大介
デパマン石渡
YH1'58.81211.751138.259
27ST4418FUNKY'SコスモソニックFK ings DC5
HONDA INTEGRA / DC5
浅野 武夫
笠原 智行
水書健司
YH1'59.53712.476137.420
28ST4571ERGエーワンYH.ED.DC5
HONDA INTEGRA / DC5
下山 和寿
藤田 弘幸
山本 すばる
YH1'59.58412.523137.366
29ST4673CARACORT.SuowPeuk.ERG.ED.DC5
HONDA INTEGRA / DC5
Takamori.com
安達元気
YH1'59.59012.529137.359
30ST4769J'S RACING CIVIC ADVAN
HONDA CIVIC TYPE-R / FD2
梅本 淳一
久保田 英夫
北川剛
YH1'59.85912.798137.051
31ST4899スゴウアスラーダ カルチャーショック DC5
HONDA INTEGRA / DC5
渡辺 孝弘
藤原 能成
YH2'00.11613.055136.758
32ST4976Racing Modulo ADVAN Type R
HONDA CIVIC TYPE-R / FD2
玉本 秀幸
小林 正吾
古橋譲
YH2'00.17913.118136.686
33ST41077Mirage Factory インテグラ
HONDA INTEGRA / DC5
今村 透
黒田保男
YH2'00.40113.340136.434
34ST41181ガレージ・プラスワン TB TRACY SPORTS ADVAN CIVIC
HONDA CIVIC TYPE-R / FD2
橋本達也
植田 正幸
北野 浩正
YH2'00.54313.482136.273
35ST41255BOLD WORLD Absolute DS CIVIC
HONDA CIVIC TYPE-R / FD2
谷川 達也
河村直樹
斉藤 慎輔
YH2'00.97913.918135.782
36ST41322MTO tri-Ace CIVIC
HONDA CIVIC TYPE-R / FD2
石川 朗
五反田 義治
北山 浩
YH2'02.29515.234134.321
37ST3935SRC WAKO'S RX-7
MAZDA RX-7 / FD3S
橋本 げんや
藤井 涼太
YH2'08.07721.016128.257
38ST3107ドリームエンジェル・アドバンRX7
MAZDA RX-7 / FD3S
オギ姉
清水 隆広
岡島 裕二
YH2'09.22322.162127.120
  • CarNo.360,113は、公式通知No.7-5(コースイン手順)違反により、罰金1万円を課す。

スーパー耐久

S耐:第3戦富士フリー走行 BMW Z4Mがここでも1-2

2008スーパー耐久第3戦の決勝前フリー走行は、#50フェリーク・ハイムラン/柳田真孝組が総合トップ。
2番手にも#28谷口信輝/吉田広樹組がつけ、ここでもPETRONAS SYNTIUM BMW Z4M COUPEが1-2となった。
ST2クラスは#13ENDLESS ADVAN CS-X(峰尾恭輔/鈴木宏和組)がトップ。しかし13号車は終了直前にコース上でストップしており、決勝への影響が心配される。
このほかST3クラスは#333エクセディH.I.SイングスZ(前嶋秀司/佐々木雅弘組)、ST4クラスは#31J-WAVEエンドレスYH DC5(渡辺明/ピストン西沢組)がトップだった。

080615FreeST1フリー走行は6月15日午前8時20分より30分間で行われた。
始まってすぐに#28Z4Mの谷口が1分47秒828でトップ。#1エンドレスZの青木孝行が1分48秒016で2位につける。
50号車は柳田が開始10分過ぎに1分48秒721で3番手。柳田はそのまま走行を続け、20分過ぎには1分47秒061と、このセッションのトップタイムを記録してハイムランに交代した。
1号車は藤井誠暢に交代してからもタイムを縮めるが、結局1分47秒937で3番手に留まった。

080615FreeST2ST2クラスは昨日クラッチトラブルのためBドライバー予選に参加できなかった13号車のエボXが走行開始早々に1分51秒191を記録。これがこのセッションのクラスベストとなった。ドライバーは峰尾恭輔だ。
今回最後尾スタートながら決勝での巻き返しに大いに期待したいところだったが、フリー走行終了2分前に1コーナー脇でまたしてもストップ。
逆に決勝への影響が懸念される結果となった。
クラス2番手には#11オーリンズランサー、3番手にはポールシッターの#6新菱オートがつけている。

ST3クラスは#333前嶋が1分52秒350を3周目に出してトップ。23分過ぎに小林且雄が1分53秒072を出した#27FINA M3が2番手。ポールの#39NSXが3番手となった。

ST4クラスはここでもインテグラ勢が上位を独占。トップは#31J-WAVEエンドレス、2番手にポールシッターの#51AGY、3番手に#87K'Z AUTOとなり、シビックの最上位は#69J'S RACINGの6番手だった。

第3戦決勝はこの後午後1時より、4時間で行われる。

Text:Kazuhisa SUEHIRO

スーパー耐久

S耐:第3戦富士A,Bドライバー予選総合結果

スーパーTEC -RIJ- (2008/06/14) A&B Total Qualify Weather:Fine Course:Dry
2008 Super Taikyu Series Round 3 富士スピードウェイ 4.563km

PosClsCls
Pos
NoCar
Model
DriverTireA Driver
B Driver
Total
Time
Behindkm/h
1ST1150PETRONAS SYNTIUM BMW Z4M COUPE
BMW Z4M COUPE / E86
Fariqe Hairuman
柳田真孝
YH1'46.909
1'46.525
3'33.434-153.929
2ST1228PETRONAS SYNTIUM BMW Z4M COUPE
BMW Z4M COUPE / E86
谷口 信輝
吉田広樹
YH1'46.791
1'47.652
3'34.443 1.009153.204
3ST131ENDLESS ADVAN Z
NISSAN FAIRLADY Z / Z33
青木 孝行
藤井誠暢
YH1'47.252
1'47.632
3'34.884 1.450152.890
4ST1410Cenote ADVAN Z
NISSAN FAIRLADY Z / Z33
田中 哲也
星野一樹
YH1'48.358
1'48.504
3'36.862 3.428151.495
5ST15360OCN@Koseiポルシェ
PORSCHE 911GT3 / JGN
長島 正興
松村浩之
YH1'49.623
1'49.012
3'38.635 5.201150.267
6ST216DIXCEL☆新菱オートEVOⅨMR
MITSUBISHI LANCER Evolution / CT9A
冨桝 朋広
関豊
YH1'51.640
1'50.782
3'42.422 8.988147.708
7ST2237シーケンシャル エンドレス アドバン ランサー
MITSUBISHI LANCER Evolution / CT9A
和田 久
大瀧賢治
YH1'51.158
1'51.775
3'42.933 9.499147.370
8ST2311オーリンズ・ランサー EVO Ⅹ
MITSUBISHI LANCER Evolution / CZ4A
中谷 明彦
木下隆之
YH1'51.131
1'51.923
3'43.054 9.620147.290
9ST2420RSオガワADVANランサー
MITSUBISHI LANCER Evolution / CT9A
阪口 良平
加藤正将
YH1'51.403
1'51.930
3'43.333 9.899147.106
10ST2556眠眠打破ランサー
MITSUBISHI LANCER Evolution / CT9A
服部 尚貴
松本 達哉
YH1'51.642
1'51.897
3'43.53910.105146.970
11ST3139TRACY SPORTS eeiA NSX
HONDA NSX / ABA-NA2
井入 宏之
赤鮫 オヤジ
YH1'51.385
1'53.076
3'44.46111.027146.367
12ST169Faust Racing PORSCHE
PORSCHE 911GT3 / JGN
安藤 琢弥
佐藤 茂
YH1'52.802
1'51.879
3'44.68111.247146.223
13ST32333エクセディH.I.S.イングスZ
NISSAN FAIRLADY Z / Z33
前嶋 秀司
佐々木雅弘
YH1'52.932
1'52.426
3'45.35811.924145.784
14ST3327FINA ADVAN M3
BMW M3
小林 且雄
村田信博
YH1'52.582
1'53.184
3'45.76612.332145.521
15ST2626エンドレス アドバン ウエッズランサー
MITSUBISHI LANCER Evolution / CT9A
添田 正
中村 信也
YH1'53.405
1'52.460
3'45.86512.431145.457
16ST2730オートバックス森永チルミル・RSオガワランサー
MITSUBISHI LANCER Evolution / CT9A
伊藤 俊哉
筒井克彦
YH1'53.600
1'53.817
3'47.41713.983144.464
17ST34113UNT Racing ☆ ings Z
NISSAN FAIRLADY Z / Z33
伊橋 勲
堤 明彦
YH1'53.006
1'55.110
3'48.11614.682144.021
18ST3514岡部自動車ディクセル RX-7
MAZDA RX-7 / FD3S
朝倉 貴志
山崎 学
YH1'54.822
1'53.723
3'48.54515.111143.751
19ST2859東和MOTUL・EDインプレッサ
SUBARU IMPREZA / GDB
大澤 学
細野智行
YH1'54.522
1'54.320
3'48.84215.408143.565
20ST36777屏風浦工業ニューテック-Z
NISSAN FAIRLADY Z / Z33
福山英朗
DRAGON
YH1'55.088
1'55.179
3'50.26716.833142.676
21ST3719高見沢整骨院☆真東☆TC神戸Z33
NISSAN FAIRLADY Z / Z33
高見沢 一吉
池上慎二
YH1'57.394
1'55.247
3'52.64119.207141.220
22ST38*15岡部自動車ディクセル Z
NISSAN FAIRLADY Z / Z33
長島正明
Igor Sushko
YH1'54.984
1'54.227
3'49.21115.777143.333
23ST397ドリームエンジェル・アドバンRX7
MAZDA RX-7 / FD3S
オギ姉
清水隆広
YH1'57.934
1'55.665
3'53.59920.165140.641
24ST4151AGY ings インテグラ
HONDA INTEGRA / DC5
井尻 薫
黒木 英春
YH1'56.720
1'57.101
3'53.82120.387140.507
25ST31035SRC WAKO'S RX-7
MAZDA RX-7 / FD3S
橋本 げんや
藤井 涼太
YH1'56.078
1'58.054
3'54.13220.698140.321
26ST4231J-wave エンドレス YH DC5
HONDA INTEGRA / DC5
渡辺 明
ピストン西沢
YH1'57.367
1'58.219
3'55.58622.152139.455
27ST4387K'Z AUTO FACTORY MOTUL Pmu ADVAN DC5
HONDA INTEGRA / DC5
金森 敏一
水谷 大介
YH1'58.173
1'58.948
3'57.12123.687138.552
28ST4473CARACORT.SuowPeuk.ERG.ED.DC5
HONDA INTEGRA / DC5
Takamori.com
安達元気
YH1'59.801
1'59.566
3'59.36725.933137.252
29ST4518FUNKY'SコスモソニックFK ings DC5
HONDA INTEGRA / DC5
浅野 武夫
笠原 智行
YH1'59.447
1'59.928
3'59.37525.941137.247
30ST46*76Racing Modulo ADVAN Type R
HONDA CIVIC TYPE-R / FD2
玉本 秀幸
小林 正吾
YH1'58.749
1'59.526
3'58.27524.841137.881
31ST4769J'S RACING CIVIC ADVAN
HONDA CIVIC TYPE-R / FD2
梅本 淳一
久保田 英夫
YH2'00.923
1'59.164
4'00.08726.653136.840
32ST4855BOLD WORLD Absolute DS CIVIC
HONDA CIVIC TYPE-R / FD2
谷川 達也
河村 直樹
YH1'59.994
2'00.678
4'00.67227.238136.508
33ST4977Mirage Factory インテグラ
HONDA INTEGRA / DC5
今村 透
黒田 保男
YH2'00.131
2'00.565
4'00.69627.262136.494
34ST41071ERGエーワンYH.ED.DC5
HONDA INTEGRA / DC5
下山 和寿
藤田 弘幸
YH1'59.423
2'01.804
4'01.22727.793136.194
35ST41181ガレージ・プラスワン TB TRACY SPORTS ADVAN CIVIC
HONDA CIVIC TYPE-R / FD2
橋本 達也
植田 正幸
YH2'03.181
2'00.094
4'03.27529.841135.047
36ST41222MTO tri-Ace CIVIC
HONDA CIVIC TYPE-R / FD2
石川 朗
五反田 義治
YH2'01.517
2'02.208
4'03.72530.291134.798
37ST41399スゴウアスラーダ カルチャーショック DC5
HONDA INTEGRA / DC5
渡辺 孝弘
藤原 能成
YH2'01.948
2'02.055
4'04.00330.569134.644
38ST29*13ENDLESS ADVAN CS-Z
MITSUBISHI LANCER Evolution / CZ4A
峰尾 恭輔
鈴木 宏和
YH1'51.404
no time
---
---- 以上予選通過 ----
  • CarNo.15,76は、国際モータースポーツ競技規則付則H項第2章4.1.2b)(黄旗追い越し)違反により、予選結果より2グリッド降格のペナルティを課す。
  • 大会審査委員会はCarNo.13の決勝レース出場を最後尾グリッド及びAドライバーをスタートドライバーとしたことを条件に認めた。

スーパー耐久

S耐:第3戦富士Bドライバー予選結果

スーパーTEC -RIJ- (2008/06/14) B Driver Qualifying Weather:Fine Course:Dry
2008 Super Taikyu Series Round 3 富士スピードウェイ 4.563km

PosClassCls
Pos
NoCar
Maker Model
DriverTireTimeBehindkm/h
1ST1150PETRONAS SYNTIUM BMW Z4M COUPE
BMW Z4M COUPE / E86
柳田 真孝YH1'46.525-154.206
2ST121ENDLESS ADVAN Z
NISSAN FAIRLADY Z / Z33
藤井 誠暢YH1'47.632 1.107152.620
3ST1328PETRONAS SYNTIUM BMW Z4M COUPE
BMW Z4M COUPE / E86
吉田 広樹YH1'47.652 1.127152.592
4ST1410Cenote ADVAN Z
NISSAN FAIRLADY Z / Z33
星野 一樹YH1'48.504 1.979151.393
5ST15360OCN@Koseiポルシェ
PORSCHE 911GT3 / JGN
松村 浩之YH1'49.012 2.487150.688
6ST216DIXCEL☆新菱オートEVOⅨMR
MITSUBISHI LANCER Evolution / CT9A
関豊YH1'50.782 4.257148.280
7ST2237シーケンシャル エンドレス アドバン ランサー
MITSUBISHI LANCER Evolution / CT9A
大瀧賢治YH1'51.775 5.250146.963
8ST169Faust Racing PORSCHE
PORSCHE 911GT3 / JGN
佐藤 茂YH1'51.879 5.354146.826
9ST2356眠眠打破ランサー
MITSUBISHI LANCER Evolution / CT9A
松本 達哉YH1'51.897 5.372146.803
10ST2411オーリンズ・ランサー EVO Ⅹ
MITSUBISHI LANCER Evolution / CZ4A
木下 隆之YH1'51.923 5.398146.769
11ST2520RSオガワADVANランサー
MITSUBISHI LANCER Evolution / CT9A
加藤 正将YH1'51.930 5.405146.760
12ST31333エクセディH.I.S.イングスZ
NISSAN FAIRLADY Z / Z33
佐々木 雅弘YH1'52.426 5.901146.112
13ST2626エンドレス アドバン ウエッズランサー
MITSUBISHI LANCER Evolution / CT9A
中村 信也YH1'52.460 5.935146.068
14ST3239TRACY SPORTS eeiA NSX
HONDA NSX / ABA-NA2
赤鮫 オヤジYH1'53.076 6.551145.272
15ST3327FINA ADVAN M3
BMW M3
村田 信博YH1'53.184 6.659145.134
16ST3414岡部自動車ディクセル RX-7
MAZDA RX-7 / FD3S
山崎学YH1'53.723 7.198144.446
17ST2730オートバックス森永チルミル・RSオガワランサー
MITSUBISHI LANCER Evolution / CT9A
筒井克彦YH1'53.817 7.292144.326
18ST3515岡部自動車ディクセル Z
NISSAN FAIRLADY Z / Z33
Igor SushkoYH1'54.227 7.702143.808
19ST2859東和MOTUL・EDインプレッサ
SUBARU IMPREZA / GDB
細野 智行YH1'54.320 7.795143.691
20ST36113UNT Racing ☆ ings Z
NISSAN FAIRLADY Z / Z33
堤 明彦YH1'55.110 8.585142.705
21ST37777屏風浦工業ニューテック-Z
NISSAN FAIRLADY Z / Z33
DRAGONYH1'55.179 8.654142.620
22ST3819高見沢整骨院☆真東☆TC神戸Z33
NISSAN FAIRLADY Z / Z33
池上 慎二YH1'55.247 8.722142.536
23ST397ドリームエンジェル・アドバンRX7
MAZDA RX-7 / FD3S
清水 隆広YH1'55.665 9.140142.020
24ST4151AGY ings インテグラ
HONDA INTEGRA / DC5
黒木英春YH1'57.10110.576140.279
25ST31035SRC WAKO'S RX-7
MAZDA RX-7 / FD3S
藤井 涼太YH1'58.05411.529139.146
26ST4231J-wave エンドレス YH DC5
HONDA INTEGRA / DC5
ピストン西沢YH1'58.21911.694138.952
27ST4387K'Z AUTO FACTORY MOTUL Pmu ADVAN DC5
HONDA INTEGRA / DC5
水谷 大介YH1'58.94812.423138.101
28ST4469J'S RACING CIVIC ADVAN
HONDA CIVIC TYPE-R / FD2
久保田 英夫YH1'59.16412.639137.850
29ST4576Racing Modulo ADVAN Type R
HONDA CIVIC TYPE-R / FD2
小林 正吾YH1'59.52613.001137.433
30ST4673CARACORT.SuowPeuk.ERG.ED.DC5
HONDA INTEGRA / DC5
安達 元気YH1'59.56613.041137.387
31ST4718FUNKY'SコスモソニックFK ings DC5
HONDA INTEGRA / DC5
笠原 智行YH1'59.92813.403136.972
32ST4881ガレージ・プラスワン TB TRACY SPORTS ADVAN CIVIC
HONDA CIVIC TYPE-R / FD2
植田 正幸YH2'00.09413.569136.783
33ST4977Mirage Factory インテグラ
HONDA INTEGRA / DC5
黒田 保男YH2'00.56514.040136.248
34ST41055BOLD WORLD Absolute DS CIVIC
HONDA CIVIC TYPE-R / FD2
河村 直樹YH2'00.67814.153136.121
35ST41171ERGエーワンYH.ED.DC5
HONDA INTEGRA / DC5
藤田 弘幸YH2'01.80415.279134.863
36ST41299スゴウアスラーダ カルチャーショック DC5
HONDA INTEGRA / DC5
藤原 能成YH2'02.05515.530134.585
37ST41322MTO tri-Ace CIVIC
HONDA CIVIC TYPE-R / FD2
五反田 義治YH2'02.20815.683134.417
---- 以上予選通過 ----
-ST2-13ENDLESS ADVAN CS-Z
MITSUBISHI LANCER Evolution / CZ4A
鈴木 宏和YHno time--

スーパー耐久

S耐:第3戦富士Aドライバー予選結果

スーパーTEC -RIJ- (2008/06/14) A Driver Qualifying Weather:Fine Course:Dry
2008 Super Taikyu Series Round 3 富士スピードウェイ 4.563km

PosClassCls
Pos
NoCar
Maker Model
DriverTireTimeBehindkm/h
1ST1128PETRONAS SYNTIUM BMW Z4M COUPE
BMW Z4M COUPE / E86
谷口 信輝YH1'46.791-153.822
2ST1250PETRONAS SYNTIUM BMW Z4M COUPE
BMW Z4M COUPE / E86
Fariqe HairumanYH1'46.909 0.118153.652
3ST131ENDLESS ADVAN Z
NISSAN FAIRLADY Z / Z33
青木 孝行YH1'47.252 0.461153.161
4ST1410Cenote ADVAN Z
NISSAN FAIRLADY Z / Z33
田中 哲也YH1'48.358 1.567151.597
5ST15360OCN@Koseiポルシェ
PORSCHE 911GT3 / JGN
長島 正興YH1'49.623 2.832149.848
6ST2111オーリンズ・ランサー EVO Ⅹ
MITSUBISHI LANCER Evolution / CZ4A
中谷 明彦YH1'51.131 4.340147.815
7ST2237シーケンシャル エンドレス アドバン ランサー
MITSUBISHI LANCER Evolution / CT9A
和田久YH1'51.158 4.367147.779
8ST3139TRACY SPORTS eeiA NSX
HONDA NSX / ABA-NA2
井入 宏之YH1'51.385 4.594147.478
9ST2320RSオガワADVANランサー
MITSUBISHI LANCER Evolution / CT9A
阪口 良平YH1'51.403 4.612147.454
10ST2413ENDLESS ADVAN CS-Z
MITSUBISHI LANCER Evolution / CZ4A
峰尾 恭輔YH1'51.404 4.613147.453
11ST256DIXCEL☆新菱オートEVOⅨMR
MITSUBISHI LANCER Evolution / CT9A
冨桝朋広YH1'51.640 4.849147.141
12ST2656眠眠打破ランサー
MITSUBISHI LANCER Evolution / CT9A
服部 尚貴YH1'51.642 4.851147.138
13ST3227FINA ADVAN M3
BMW M3
小林 且雄YH1'52.582 5.791145.910
14ST169Faust Racing PORSCHE
PORSCHE 911GT3 / JGN
安藤 琢弥YH1'52.802 6.011145.625
15ST33333エクセディH.I.S.イングスZ
NISSAN FAIRLADY Z / Z33
前嶋 秀司YH1'52.932 6.141145.457
16ST34113UNT Racing ☆ ings Z
NISSAN FAIRLADY Z / Z33
伊橋 勲YH1'53.006 6.215145.362
17ST2726エンドレス アドバン ウエッズランサー
MITSUBISHI LANCER Evolution / CT9A
添田 正YH1'53.405 6.614144.851
18ST2830オートバックス森永チルミル・RSオガワランサー
MITSUBISHI LANCER Evolution / CT9A
伊藤俊哉YH1'53.600 6.809144.602
19ST2959東和MOTUL・EDインプレッサ
SUBARU IMPREZA / GDB
大澤 学YH1'54.522 7.731143.438
20ST3514岡部自動車ディクセル RX-7
MAZDA RX-7 / FD3S
朝倉貴志YH1'54.822 8.031143.063
21ST36*15岡部自動車ディクセル Z
NISSAN FAIRLADY Z / Z33
長島正明YH1'54.984 8.193142.862
22ST37777屏風浦工業ニューテック-Z
NISSAN FAIRLADY Z / Z33
福山英朗YH1'55.088 8.297142.733
23ST3835SRC WAKO'S RX-7
MAZDA RX-7 / FD3S
橋本げんやYH1'56.078 9.287141.515
24ST4151AGY ings インテグラ
HONDA INTEGRA / DC5
井尻薫YH1'56.720 9.929140.737
25ST4231J-wave エンドレス YH DC5
HONDA INTEGRA / DC5
渡辺 明YH1'57.36710.576139.961
26ST3919高見沢整骨院☆真東☆TC神戸Z33
NISSAN FAIRLADY Z / Z33
高見沢 一吉YH1'57.39410.603139.929
27ST3107ドリームエンジェル・アドバンRX7
MAZDA RX-7 / FD3S
オギ姉YH1'57.93411.143139.288
28ST4387K'Z AUTO FACTORY MOTUL Pmu ADVAN DC5
HONDA INTEGRA / DC5
金森 敏一YH1'58.17311.382139.006
29ST44*76Racing Modulo ADVAN Type R
HONDA CIVIC TYPE-R / FD2
玉本 秀幸YH1'58.74911.958138.332
30ST4571ERGエーワンYH.ED.DC5
HONDA INTEGRA / DC5
下山和寿YH1'59.42312.632137.551
31ST4618FUNKY'SコスモソニックFK ings DC5
HONDA INTEGRA / DC5
浅野 武夫YH1'59.44712.656137.524
32ST4773CARACORT.SuowPeuk.ERG.ED.DC5
HONDA INTEGRA / DC5
Takamori.comYH1'59.80113.010137.117
33ST4855BOLD WORLD Absolute DS CIVIC
HONDA CIVIC TYPE-R / FD2
谷川 達也YH1'59.99413.203136.897
34ST4977Mirage Factory インテグラ
HONDA INTEGRA / DC5
今村 透YH2'00.13113.340136.741
35ST41069J'S RACING CIVIC ADVAN
HONDA CIVIC TYPE-R / FD2
梅本 淳一YH2'00.92314.132135.845
36ST41122MTO tri-Ace CIVIC
HONDA CIVIC TYPE-R / FD2
石川 朗YH2'01.51714.726135.181
37ST41299スゴウアスラーダ カルチャーショック DC5
HONDA INTEGRA / DC5
渡辺 孝弘YH2'01.94815.157134.703
38ST41381ガレージ・プラスワン TB TRACY SPORTS ADVAN CIVIC
HONDA CIVIC TYPE-R / FD2
橋本達也YH2'03.18116.390133.355
---- 以上予選通過 ----
  • CarNo.15,76は、国際モータースポーツ競技規則付則H項第2章4.1.2b)(黄旗追い越し)違反により、予選結果より2グリッド降格のペナルティを課す。

スーパー耐久

S耐:第3戦富士公式予選 BMW Z4Mが3戦連続のフロントロー独占!ST2も新菱オートが3連続ポール!

2008スーパー耐久第3戦SUPER TECの公式予選は、#50PETRONAS SYNTIUM BMW Z4M COUPE(フェリーク・ハイムラン/柳田真孝組)がポールポジションを獲得。
2番手にも谷口信輝/吉田広樹組の28号車が入り、BMW Z4Mクーペが3戦連続でフロントローを独占することとなった。
ST2クラスは#6DIXEL☆新菱オートEVO IX MR(富舛朋広/関豊/野田勝義組)が、こちらも3戦連続でポールを獲得。
このほかST3クラスは#39TRACY SPORTS eeiA NSX(井入宏之/赤鮫オヤジ/宮城光組)、ST4クラスは#51AGY ings インテグラ(井尻薫/黒木英春/黒木健次組)がポールを獲得した。

080614ST1PP第3戦の舞台は富士スピードウェイ。6月14日の公式予選日は朝から快晴だ。
開幕から速さを見せつけているBMW Z4Mの2台だが、今回はルマン24時間に片岡龍也が参加しているため、28号車はAドライバー谷口、Bドライバー吉田という布陣で今週末を戦う。
公式予選は午後0時50分よりA、B両ドライバー各30分間で行われた。
BMW Z4Mの速さはここでも圧倒的で、Aドライバーは谷口が1分46秒791でトップ、ハイムランが1分46秒909で2位につけ、3番手の#1エンドレスZの青木孝行をコンマ3秒引き離した。
Bドライバー予選では50号車の柳田が1分46秒525でトップ。28号車の吉田は1分47秒652。
ここでは#1エンドレスZの藤井誠暢が1分47秒632で2番手に割って入ったものの、A、B両ドライバーのタイム合算では3位に留まった。
これでBMW Z4Mは開幕以来3戦連続でフロントローを独占することとなった。

080614ST2PPST2クラスは#11オーリンズランサーの中谷明彦が1分51秒131を出してAドライバーのトップとなったが、Bドライバーの木下隆之は1分51秒923とクラス4番手に甘んじる結果に。
一方、開幕以来2戦連続でポールを獲得している#6新菱オートはBドライバーの関が1分50秒782というダントツのタイムをたたき出し、合算でも11号車、37号車を逆転して見事3連続ポールを達成した。
クラス2番手にはAドライバー和田久とBドライバー大瀧賢治がそろって2番手タイムを記録した#37シーケンシャル エンドレスがつけ、#11オーリンズは3番手に後退した。
また、Aドライバー4番手の#13エンドレスアドバンCS-Xはクラッチトラブルのためコース上でストップ。
インターバルの間に車両回収は間に合ったものの修復が間に合わず、Bドライバーはノータイムとなった。

080614ST3PPST3クラスはAドライバー井入が1分51秒385という、総合でも8番手に食い込む好タイムを出した39号車がポールを獲得。
Bドライバー佐々木雅弘がクラストップタイムを記録した#333エクセディH.I.SイングスZが2番手、#27FINA BMW M3が3番手となった。

080614ST4PPST4クラスは第2戦欠場の#51AGYインテグラがAドライバー、Bドライバーともトップタイムを記録して開幕戦鈴鹿に続いてのポール獲得となった。
シビック勢最上位は#76Racing Moduloの6番手。ただしこれはAドライバー玉本の黄旗追い越しによる2グリッド降格を受けた上での順位だ。

第3戦決勝は明日午後1時より、4時間で行われる

Text:Kazuhisa SUEHIRO Photo:Keiichiro TAKESHITA

Formula Nippon

FN:第4戦岡山決勝 上位3人のコメント

rn_r04_r_pc

ロイック・デュバル(優勝)

ポディウムに上がれたのが信じられません。というのは、僕は今回二つのミスをしていたからです。
最初のミスは、スタートでラウンチコントロールのボタンを押し忘れていたことですが、幸いポジションはキープできました。
僕らはもてぎみたいに早めにピットストップを済ませる作戦だったのですが、うまくトラフィックの前でピットアウトできました。
その後、二つ目のミスをしてしまい、バックストレートでスローダウンすることになりました。これはピットレーンリミッターを作動させてしまったのが原因で、チームから無線でそのことを知らされ、リミッターを解除してからはそれまでと同じように走ることができました。
ここでモトヤマに抜かれましたが、彼の作戦がどういうものかわかるまではすごく不安でしたね。
それからはもう後ろとのギャップも充分あったので、最後の15周は燃費を考えてペースをコントロールすることができました。

アンドレ・ロッテラー(2位)

今日のレースは特に素晴らしくも悪くもなかったですね。
僕にとってはハードなレースでした。途中でトップに立ちましたが、上位陣が接近していたので、他のドライバーのストラテジーがどういうものかわかるまではまったく安心できませんでした。
僕も予定より早めにピットに入るよう指示されました。そこでいつも早めに入るロイックがもう入ったのかを聞いたら、「入った」と言われたので指示に従いました。
全体的にロイックのほうがグリップがあり、僕のほうがスライドしていたからこういう結果になったのだと思います。
またポディウムに上がれたことは嬉しいし、ポイントランキングのほうも面白いことになったんじゃないかな。

平手 晃平(3位)

スタートはぼちぼちでした。今まではスタートで順位を落とすことが多かったんですが、今回は順位を落としませんでした。
スタートしてからはずっと渋滞に引っかかってる状態でした。僕は35周から40周の間でピットストップする予定で、そのためにタイヤをマネジメントしながら走っていたんですが、思ったよりタレが大きくて、ペースが保てなくなったのであの周回(33周)で入りました。
後半はロッテラーが前にいたので、やっつけてやろうと思って追いかけたんですが、追いつけませんでしたね。
岡山は金曜日に初めて走ったので、表彰台に上がれて嬉しいです。
この先もずっと表彰台を狙っていきますが、トップに上がるにはまだ足りないものがあると感じているので、これから勉強しながら、終盤までチャンピオン争いに加わっていければいいですね。

中嶋 悟(優勝チーム監督)

久しぶりにここ(記者会見場)にきました。今日についてはまぁ結果がよければよしとするかなと。
小暮君のペナルティなどもありましたが、チームの作戦は正解だったのだろうと思います。
本山選手が2ピットだとは思わなかったので心配な面はありました。
今まで残念な結果が続いていたので、今日の勝利は後半に向けてのいいスタートになると思います。

まとめ: Kazuhisa SUEHIRO / Photo: Yoshinori OHNISHI

Japanese F3

JF3:第10戦岡山決勝 上位3人のコメント

f3_r10_r_pc_van-dam

カルロ・ヴァン・ダム(優勝)

嬉しいです。クルマの仕上がりも良かったです。実は金曜の時点ではあまりいい状態じゃなくてドライブするのが大変だったんですが、予選までに上手くセットアップすることができました。
トムスのドライバーが表彰台を独占できたのも良かった。僕自身も後ろとのギャップを広げることができましたし、終盤はペースをコントロールして走れました。

f3_r10_r_pc_kunimoto

国本 京佑(2位)

昨日、今日と2番手からスタートすることになりましたが、昨日は100%自分のミスでレースを台無しにしたので、今日結果が出せてよかったです。
毎周毎周プッシュしたんですけど、タイヤの状態がいいときはついていけても、その後は近づくとダウンフォースが抜ける状態になるので厳しかったです。

f3_r10_r_pc_iguchi

井口 卓人(3位)

予選からトムスの3人はペースが良くて上位を独占できましたが、昨日は自分のミスで勝てるレースを落としてしまいました。
ですから今日は挽回しようと思っていましたが、昨日はオーバーステア気味、今日はアンダーステア気味で、前についていくのが苦しかったです。

まとめ: Kazuhisa SUEHIRO / Photo: Yoshinori OHNISHI

Formula Nippon

FN:第4戦岡山決勝 デュバルが1年9ヶ月ぶりに優勝!松田は無念のリタイヤ!

6月8日、岡山国際サーキットで行われた全日本選手権フォーミュラニッポン第4戦の決勝は、#31ロイック・デュバル(PIAA NAKAJIMA)が今季初優勝。
開幕3連勝を達成し、ここでもポールポジションからスタートした#1松田次生はまさかのトラブルでリタイヤに終わった。
2位には#36アンドレ・ロッテラー(PETRONAS TOM'S)、3位には#20平手晃平(TP Checker IMPUL)が入った。
(天候:晴れ コース:ドライ 観客動員数:14,000人)

fn_r04_start

fn_r04_r_kogure

fm_r04_r_motoyama

fn_r04_r_matsuda

fn_r04_r_duval

fn_r04_r_lotterer

fn_r04_r_hirate

fn_r04_r_winner

第4戦決勝は午後2時30分スタート。
ポールポジションの松田がホールショットを決め、予選2番手の#32小暮卓史を従えてオープニングラップを駆け抜けた。
3番手には予選4番手のロッテラーが上がってきた。

ところがここで2番手の小暮にドライブスルーペナルティが下される。
小暮はサイティングラップでのピットレーン速度違反を犯していたのだ。
このため、小暮は4周終わりで予定外のピットインを強いられ、最後尾に後退してしまった。
懸命に追い上げる小暮だったが、20周目にルーティンストップを行った際、ピット作業違反をとられて再びドライブスルーペナルティを課せられてしまい、結局9位でこのレースを終えることとなった。

その2周後、今度は松田が右リヤに違和感を感じてピットイン。
19.3秒のピット作業の後、小暮の後ろでコースに復帰するが、ここからの松田のペースは一向に上がっていかない。
実は松田のクルマは右リヤに異常を抱えており、車軸側でホイールの位置決めをするピンが折れていたのだ。
そんな状況で苦しいドライブを続けていた松田だったが、結局50周でクルマを降りざるを得なくなった。
こうして開幕以来続いていた松田の連勝劇は終わった。

これでトップはアンドレ・ロッテラー、2番手に#8石浦宏明、デュバルが3番手となった。
デュバルは序盤から盛んに石浦にプレッシャーを掛けていくが、石浦も必死で抵抗する。
二人の一進一退のバトルはデュバルがピットストップを行う26周目まで続いた。

上位陣では比較的早めにピットに入ったデュバルを、チームスタッフは僅か14.2秒の作業時間で送り出す。
ここで得たアドバンテージと、ピットアウト後のハイペースの走りが功を奏し、31周目に石浦、32周目にロッテラーがピットストップを済ませたとき、デュバルはこの二人の前に位置することとなった。

ところがデュバルは33周目にピットレーンリミッターを誤作動させてしまい、まさかのスローダウン。
ラップタイムにして8秒をロスし、この間にすぐ後ろを走っていた本山の先行を許す。
19番手スタートながら序盤からファステストラップを更新する順調に順位を上げ、18周目にピットストップを済ませた本山は、トラブルに苦しむ松田を23周目のヘアピンで抜き去り、デュバルのすぐ後ろに迫っていたのだ。
40周終わりでロニー・クインタレッリがピットインしたことで本山はトップに立つが、42周目に2度目のピットイン。
本山は2ピット作戦だったのだ。
これでトップはデュバルのものに。
2番手にはロッテラー、3番手には平手が浮上した。

序盤2番手を走っていた石浦は31周目のルーティンストップの後、松田の後ろを走行していたが、サスペンショントラブルにより46周でレースを終えた。
チームメイトの本山も同じトラブルに見舞われ、60周でクルマを降りることになった。

こうした上位陣の相次ぐ脱落にも助けられ、デュバルは終盤15周をクルージングする余裕も見せてチェッカーを受け、自身通算3度目の勝利を手にした。
デュバルの優勝は2006年9月の第7戦スポーツランドSUGO以来1年9ヶ月ぶりだ。
またこれにより、ポイントランキングでも今回3位入賞の平手と同じ27ポイントで並び、3位となった。

フォーミュラニッポン第5戦は7月13日決勝。
この鈴鹿ラウンドは初めての2レース制で行われる。

Text: Kazuhisa SUEHIRO / Photo: Motorsports Forum

Formula Nippon

FN:第4戦岡山決勝結果

Fニッポン第4戦 -RIJ- (2008-06-08) Race Result Weather:Cloudy Course:Dry
2008 Formula Nippon Round 4 岡山国際サーキット 3.703km

PNoDriverTeamEngineLapTime /
Behind
131ロイック・デュバルPIAA NAKAJIMAHONDA HF386E681:32'24.751
236アンドレ・ロッテラーPETRONAS TEAM TOM'STOYOTA RV8J683.358
320平手 晃平TP checker TEAM IMPULTOYOTA RV8J688.352
448立川 祐路CERUMO/INGINGTOYOTA RV8J6824.778
556伊沢 拓也AUTOBACS RACING TEAM AGURIHONDA HF386E6849.757
63横溝 直輝KONDO RACINGTOYOTA RV8J6850.454
747ロニー・クインタレッリCERUMO/INGINGTOYOTA RV8J6851.231
82ブノワ・トレルイエLAWSON TEAM IMPULTOYOTA RV8J6851.704
9*32小暮 卓史PIAA NAKAJIMAHONDA HF386E6857.344
1037荒 聖治PETRONAS TEAM TOM'STOYOTA RV8J681'15.723
114ジョアオ・パオロ・デ・オリベイラKONDO RACINGTOYOTA RV8J681'17.274
1241土屋 武士DoCoMo DANDELIONHONDA HF386E671Lap
1340松浦 孝亮DoCoMo DANDELIONHONDA HF386E671Lap
145金石 年弘SG team 5ZIGENHONDA HF386E671Lap
15*6平中 克幸SG team 5ZIGENHONDA HF386E662Laps
-------- 以上規定周回(61 Laps)完走 --------
-55井出 有冶AUTOBACS RACING TEAM AGURIHONDA HF386E608Laps
-7本山 哲Team LeMansTOYOTA RV8J599Laps
-67ロベルト・ストレイトSTONEMARKET.BLAAK CERUMO/INGINGTOYOTA RV8J5315Laps
-1松田 次生LAWSON TEAM IMPULTOYOTA RV8J4919Laps
-8石浦 宏明Team LeMansTOYOTA RV8J4523Laps
  • シャーシーは全車Lola FN06、タイヤは全車BSです。
  • Fastest Lap: CarNo.7 本山 哲(Team LeMans) 1'19.345 (20/59) 168.011km/h
  • CarNo.32は、2008年全日本フォーミュラ・ニッポン統一規則第3章第44条6.2)④(ピットレーンの速度制限違反)により、ドライビングスルーペナルティを課した。
  • CarNo.32は、2008年全日本フォーミュラ・ニッポン統一規則第3章第32条11.(タイヤ交換時平置きせず)違反により、ドライビングスルーペナルティを課した。
  • CarNo.6は、2008年全日本フォーミュラ・ニッポン統一規則第3章第32条11.(タイヤ交換時平置きせず手渡し)違反により、ペナルティストップ10秒を課した。

Japanese F3

JF3:第10戦岡山決勝 ヴァン・ダムがポール・トゥ・フィニッシュで今季3勝目!

岡山国際サーキットで行われた全日本F3選手権第10戦決勝は、ポールポジションからスタートした#1カルロ・ヴァン・ダム(PETRONAS TOM'S)が優勝。2位に国本京佑(TDP TOM'S)、3位に井口卓人(TDP TOM'S)が入り、トムスが1-2-3フィニッシュを達成した。

f3_r10_r_van-dam 第10戦決勝は晴天の下、午後0時30分にスタートした。
ポールポジションからスタートしたヴァン・ダムが1コーナーを制し、そのまま後続を突き放しにかかる。2番手は国本、3番手は井口、4番手は#7山本尚貴と、ここまでは予選順位のとおりだ。
ヴァン・ダムは終始安定した走りで国本との差を徐々に広げていき、15周終了時点で3秒050、20周終了時点では3.786もの大差を築き上げるとそのままクルージングに入った。
2位の国本も懸命に追い上げたが、2.424秒まで差を縮めるのが精一杯だった。

トムス勢3人の後方では、昨日優勝の山本と#12安田裕信が僅差での4位争いを展開するが、20周目のヘアピンで山本のインに飛び込んだ安田が姿勢を乱してスピン。
接触はあったものの山本はそのまま4位キープでレースを続け、3位井口の16.650秒後方でフィニッシュした。
一方の安田は8位に後退してこのレースを終えた。

この結果、ポール・トゥ・フィニッシュしてファステストラップも記録したヴァン・ダムは22ポイントを獲得してシリーズポイントを162に伸ばし、3位12ポイント獲得に留まった井口との差は47に広がった。

ナショナルクラスは昨日ポールポジションながらメカニカルトラブルによりスタートできなかった、#20アレキサンドラ・インペラトーリが優勝。
2位に#5永瀬貴史、3位に#18松下昌揮が入った。松下は2戦連続の表彰台だ。

全日本F3選手権第11戦&12戦の舞台は鈴鹿サーキット。7月12・13日決勝だ。

Text: Kazuhisa SUEHIRO / Photo: Motorsports Forum

Japanese F3

JF3:第10戦岡山決勝結果

全日本F3 -RIJ- (2008/06/08) Race Results Weather:Cloudy Course:Dry
All Japan F3 Championship Round 10 岡山国際サーキット 3.703 km

PNoClsDriverCarChassisEngineLapTime/
Behind
11Cカルロ・ヴァン・ダムPETRONAS TOM'S F308DALLARA F3081AZ-FE2536'22.294
236C国本 京佑TDP TOM'S F308DALLARA F3081AZ-FE252.424
337C井口 卓人TDP TOM'S F308DALLARA F3081AZ-FE254.925
47C山本 尚貴Honda Team RealDALLARA F308MF204C2521.575
58C中山 友貴Honda Team RealDALLARA F308MF204C2522.267
662C嵯峨 宏紀DENSO・ルボーセF308DALLARA F3081AZ-FE2528.268
733Cケイ・コッツォリーノ広島トヨタ・ダラーラF308DALLARA F3081AZ-FE2529.868
812C安田 裕信ThreeBondDALLARA F308SR20V2530.554
92C中嶋 大祐Honda・戸田 FIGHTEXDALLARA F308MF-204C2542.120
1020Nアレキサンドラ・インベラトーリPTRS F307DALLARA F3073S-GE2546.309
115N永瀬 貴史日本ケミファ F306DALLARA F3063S-GE2558.007
1218N松下 昌揮EBBRO AIM 307DALLARA F305/3073S-GE2559.580
1338N山内 英輝TDP SPILIT F307DALLARA F3063S-GE251'00.328
1419Nザヒール・アリPTRS F307DALLARA F3073S-GE251'01.377
1563N安岡 秀徒ピンクリボン・ルボーセF305DALLARA F3053S-GE241 Lap 
1674N桜井 基樹エクシード F306DALLARA F3063S-GE241 Lap 
-------- 以上規定周回数 ( 22 Laps ) 完走 --------
  • Fastest Lap: CarNo.1 カルロ・ヴァン・ダム(PETRONAS TOM'S F308) 1'26.740 (5/25) 153.678km/h

Formula Nippon

FN:第4戦岡山フリー走行2回目 無念のQ1落ちを喫したトレルイエがダントツのトップタイム!

全日本選手権フォーミュラニッポン第4戦岡山のフリー走行2回目は、#2ブノワ・トレルイエ(LAWSON TEAM IMPUL)が1分16秒968でトップタイム。

fn_r04_f2_treluyer

fn_r04_f2_ara

fn_r04_f2_kogure

当初雨が心配された決勝日だったが、当日朝の予報では午後の降水確率も10%に留まる見通しで、決勝レースはドライコンディションで行われる可能性が高くなった。最高気温も28℃まで上がりそうだ。
フリー走行2回目は朝8時30分より、30分間で行われた。
昨日の予選では惜しくも16番手に終わり、まさかのQ1落ちを喫したトレルイエだが、決勝での巻き返しに意欲を見せた。
2番手には予選11番手の#37荒聖治が1分17秒892でつけ、予選2番手の#32小暮卓史が1分18秒067で3番手。
彼らはいずれも5周目~6周目の間にベストタイムを記録しており、その後は1分18秒~19秒台で周回を重ねた。
小暮から14番手の#56伊沢拓也までの12人が1分18秒台にひしめく、いつもながらの接戦だ。

ポールポジションの#1松田次生は9周目に出した1分18秒410がベストで、このセッションを6番手で終えている。

第4戦決勝はこのあと午後2時30分より、68周で戦われる。

Text: Kazuhisa SUEHIRO / Photo: Motorsports Forum

Formula Nippon

FN:第4戦岡山フリー走行2回目結果

Fニッポン第4戦 -RIJ- (2008-06-08) Free Session #2 Weather:Fine Course:Dry
2008 Formula Nippon Round 4 岡山国際サーキット 3.703km

PNoDriverTeamEngineTimeDelayGapkm/h
12ブノワ・トレルイエLAWSON TEAM IMPULTOYOTA RV8J1'16.968--173.20
237荒 聖治PETRONAS TEAM TOM'STOYOTA RV8J1'17.8920.9240.924171.14
332小暮 卓史PIAA NAKAJIMAHONDA HF386E1'18.0671.0990.175170.76
43横溝 直輝KONDO RACINGTOYOTA RV8J1'18.2021.2340.135170.47
520平手 晃平TP checker TEAM IMPULTOYOTA RV8J1'18.2991.3310.097170.26
61松田 次生LAWSON TEAM IMPULTOYOTA RV8J1'18.4101.4420.111170.01
748立川 祐路CERUMO/INGINGTOYOTA RV8J1'18.4141.4460.004170.01
88石浦 宏明Team LeMansTOYOTA RV8J1'18.5191.5510.105169.78
931ロイック・デュバルPIAA NAKAJIMAHONDA HF386E1'18.7341.7660.215169.31
107本山 哲Team LeMansTOYOTA RV8J1'18.7551.7870.021169.27
1136アンドレ・ロッテラーPETRONAS TEAM TOM'STOYOTA RV8J1'18.7631.7950.008169.25
124ジョアオ・パオロ・デ・オリベイラKONDO RACINGTOYOTA RV8J1'18.8791.9110.116169.00
1347ロニー・クインタレッリCERUMO/INGINGTOYOTA RV8J1'18.9171.9490.038168.92
1456伊沢 拓也AUTOBACS RACING TEAM AGURIHONDA HF386E1'18.9261.9580.009168.90
1555井出 有冶AUTOBACS RACING TEAM AGURIHONDA HF386E1'19.0722.1040.146168.59
165金石 年弘SG team 5ZIGENHONDA HF386E1'19.0932.1250.021168.55
1741土屋 武士DoCoMo DANDELIONHONDA HF386E1'19.3122.3440.219168.08
1867ロベルト・ストレイトSTONEMARKET.BLAAK CERUMO/INGINGTOYOTA RV8J1'19.3262.3580.014168.05
196平中 克幸SG team 5ZIGENHONDA HF386E1'19.8922.9240.566166.86
2040松浦 孝亮DoCoMo DANDELIONHONDA HF386E1'19.9703.0020.078166.70
  • シャーシーは全車Lola FN06、タイヤは全車BSです。

Japanese F3

JF3:第9戦岡山決勝 上位3人のコメント

山本 尚貴(優勝)

f3_r09_r_pc_yamamoto 今日は予選3番手という、今までのベストグリッドからスタートすることになりましたが、とにかく周りを気にせず、自分のベストを尽くそうと思ってレースに臨みました。
序盤は前の2台に離されましたが、悔いのないよう、プッシュして走りました。
二人にペナルティがでて、自分がトップに立ったときは正直複雑な部分もありましたが、レースは全てが噛み合って初めて勝てるものなので、今日は喜ぶことにして、明日からはまた気を引き締めて頑張ります。
井口選手も国本選手も勝ってる以上、自分もルーキーって言い訳は使えないと思うので、今日は絶対トップでゴールしてやろうと思ってました。

カルロ・ヴァン・ダム(2位)

f3_r09_r_pc_van-dam 予選5番手からスタートして2位に入れたことは嬉しいですが、本当は勝ちたかったです。
ヤマモトをハードにプッシュしましたが、ホームストレートやバックストレートで差をつけられてしまい、一回だけチャンスがありましたが抜けませんでした。
ポイントを稼げたことは良かったですが、自分ではチャンピオンシップのためにポイントを獲ることより勝ちに行くのが目標なので、明日は気を引き締めて勝ちたいと思います。

中山 友貴(3位)

f3_r09_r_pc_nakayama スタートで山本選手の前に出たかったんですが、ホイールスピンさせてしまい、あの位置になってしまいました。
バックストレートでカルロ選手を抜きにいったんですけど、ヘアピンの次の左コーナーで接触しそうになったので引きました。
ずっと自分が3位だってわかってなくて、ピットから出されてるボードは山本選手のことなんだと思っていました。
今まで常にチームがクルマを少しでも速くしようと努力してくれているので、それが結果になってきたのだと思います。

まとめ: Kazuhisa SUEHIRO / Photo: Yoshinori OHNISHI

Japanese F3

JF3:第9戦岡山決勝 山本念願の初優勝!トムス勢はペナルティに泣く

全日本F3選手権第9戦決勝は、フロントローの2台がペナルティで後退する中、予選3番手からスタートした#7山本尚貴(Honda Team Real)が#1カルロ・ヴァン・ダムの追撃を退けて初優勝を飾った。

f3_r09_r_yamamoto 第9戦決勝は午後4時10分にフォーメーションラップが開始された。 ここでポールシッターの#37井口卓人がグリッドの停止位置を行き過ぎてしまうミスを犯してしまう。 更にはスタートでトップに立った予選2番手の#36国本京佑にもフライングの裁定が下り、国本には2周終わり、井口には5周終わりでドライブスルーペナルティーを指示するボードが提示された。 これでトップに繰り上がったのが予選3番手の山本だ。

山本は井口がピットインした8周目からトップに立つと、背後にポイントリーダーのヴァン・ダムを従えて周回を重ねていく。 予選2番手のタイムを出しながらダブルチェッカーにより3グリッド降格の裁定を受けたヴァン・ダムは、山本の背後にぴったり張り付き、16周目のヘアピンではインを狙っていったが、山本も巧みなライン取りでヴァン・ダムを牽制。 結局最後まで山本がヴァン・ダムを抑え切って18周を走り切り、F3デビュー9戦目にして念願の初優勝を手にした。 3位には山本のチームメイト#8中山友貴が入り、トムス勢のペナルティに乗じた形とはいえ、ホンダ勢が久々に表彰台に二人のドライバーを送り込む結果となった。

なお、ナショナルクラスは#19ザヒール・アリが来日以来初優勝。ポールポジションの#20アレキサンドレ・インペラトーリはフォーメーションラップでエンジンがかからず、そのままリタイヤとなっている。

第10戦決勝は明日午後0時30分より、25周で戦われる。

まとめ: Kazuhisa SUEHIRO / Photo: Motorsports Forum

Formula Nippon

FN:第4戦岡山公式予選 上位3人のコメント

fn_r04_kq_pc

松田 次生(ポールポジション)

fn_r04_q_pc_matsuda 昨日からクルマはほとんどイジっていません。昨日は小暮選手が速くてコンマ3秒も差をつけられたし、こっちは何をしても状態が変わらなかったのでちょっとフラストレーションがたまりましたが、セクタータイムは良かったので、今日はイジらないことにしました。
予選ではタイヤの内圧や表面温度の上がり方が期待通りではなかったので、どうやって温めるかを考えながら走りました。
(連勝記録について)雑誌なんかを見ると必ず書いてあるので、なるべく意識しないようにしています。走ってるときは集中してるので大丈夫なんですが、何もしていないときが一番プレッシャーかかりますね。

小暮 卓史(予選2位)

fn_r04_q_pc_kogure 終始松田選手に負ける形で終わってしまいました。今日はタイヤの暖め方がうまくいかなかったんですけど、もしそれがうまくいっていたとしても前にいけたかどうかは判りません。2位を守れただけでも明日のレースを考えればよかったと思います。
(Q3で行った作戦について)ポールポジションがどうしても欲しかったんですけど、タイヤの特にフロントに熱が入るタイミングと、アタックする周回がずれてしまいました。
今日はタイヤの使い方を勘違いしていましたね。他のサーキットだとなるべくタイヤを使わないように意識して走ってるんですけど、ここではタイヤの暖め方に気を使うべきでした。フロントが暖まらない原因がクルマのセットなのか、タイヤの内圧なのかの見極めが遅かったですね。
明日のレースは、スタートからいかにしてついていけるか、ですね。作戦云々よりも、1周1周の走りが重要になってくると思います。

石浦 宏明(予選3位)
fn_r04_q_pc_ishiura 昨日から流れが良かったです。岡山は得意なサーキットなので、シーズン当初から岡山を目標にして準備してきました。
クルマは持ち込みからいい状態でしたが、Q1では思ったとおりの結果ではなく、不安になりました。でもF3での経験を思い出しながらQ2、Q3を走ることにしました。
Q3の最後は服部さんから無線で「もう1周行け」と言われたので、「まだタイムが足りないんだな」と思い、アタックを続けました。
今まで他のルーキーが活躍してるのを見ながら、「あせってもしょうがない、今は着実に勉強して、得意なサーキットに来たときに結果を出そう」と思ってやってきました。
記者会見に来るのは5人のルーキーの仲で4番目ですが、できればもっと早く来たかったですね。

まとめ: Kazuhisa SUEHIRO / Photo: Yoshinori OHNISHI

Formula Nippon

FN:第4戦岡山公式予選 松田が4連続ポールを達成!3番手にはルーキー石浦が入る

全日本選手権フォーミュラニッポン第4戦岡山ラウンドの公式予選は6月7日午後2時35分よりノックアウト方式で行われ、 ここまで3戦連続ポール・トゥ・ウィンを続けている#1松田次生(LAWSON TEAM IMPUL)がここでもポールポジションを獲得した。
4戦連続のポール獲得は2006年の小暮卓史、2004年のリチャード・ライアンに続く通算3人目の記録だ。

fn_r04_kq_matsuda

fn_r04_kq_kogure

fn_r04_kq_ishiura

fn_r04_kq_matusda_pp

第4戦の公式予選はQ1から波乱が待ち受けていた。
2006年王者の#2ブノワ・トレルイエが16番手に終わったほか、4度のチャンピオンを獲得している#7本山哲、 デビュー戦の富士でいきなりフロントローを獲得した#56伊沢拓也らをはじめ、ジョアオ・パオロ・デ・オリベイラ、 平中克幸らのいずれも上位入賞の常連がQ1落ちを喫することになったのだ。

一方金曜日にトップタイムを記録しながらデファレンシャルの不調で午前中ノータイムだった#32小暮卓史は開始10分過ぎにコースインして一度だけのアタックを敢行、 激しく車体を振り回しながらも1分16秒766を叩きだし、3番手でQ2進出を果たした。
Q1トップタイムは松田。2番手には#36アンドレ・ロッテラーがつけた。
また、#40松浦孝亮も今回10番手で初めてQ2進出を果たした。

10分のインターバルを挟んで行われたQ2で真っ先にコースに飛び出したのは小暮。
誰も居ないコース上でいち早くタイムを出しにいく作戦だったが、 結果的にはアウトラップを走るドライバーを掻き分けながらのアタックになってしまい、1分16秒709に終わる。
代わってアタックに入った松田、ロッテラー、石浦らが好タイムを連発し、結局小暮は4番手に終わった。
ここで#31ロイック・デュバル、#47ロニー・クインタレッリ、#48立川祐路、#37荒聖治、#55井出有治、#67ロベルト・ ストレイト、#41土屋武士、#40松浦孝亮の8人が脱落した。

小暮は最後のQ3セッションでも真っ先にコースイン。 スクラブドタイヤで2周目からいきなりアタックを敢行して1分16秒709を叩き出すと、 そのままピットに飛び込んでニュータイヤに履き替え、2度目のアタックに出て行く作戦を実行、1分16秒213までタイムを縮めてみせる。
しかし松田はここで1分15秒831と、唯一の15秒台を叩き出し、開幕以来4連続のポールポジションを獲得、小暮は2番手に終わった。
予選3番手には、最後の最後に2周連続アタックを行ったルーキーの#8石浦宏明が入った。

フォーミュラニッポン第4戦決勝は明日午後2時30分より、68周で行われる。

Text: Kazuhisa SUEHIRO / Photo: Motorsports Forum

Formula Nippon

FN:第4戦岡山ノックアウト予選総合結果

Fニッポン第4戦 -RIJ- (2008/06/07) Knock Out Total Weather:Cloudy Course:Dry
2008 Formula Nippon Round 4 岡山国際サーキット 3.703km

PNoDriverTeamEngineQ1Q2Q3
11松田 次生LAWSON TEAM IMPULTOYOTA RV8J1'16.1351'16.1801'15.831
232小暮 卓史PIAA NAKAJIMAHONDA HF386E1'16.7661'16.7091'16.218
38石浦 宏明Team LeMansTOYOTA RV8J1'16.9181'16.7041'16.259
436アンドレ・ロッテラーPETRONAS TEAM TOM'STOYOTA RV8J1'16.6691'16.5911'16.265
531ロイック・デュバルPIAA NAKAJIMAHONDA HF386E1'16.9711'16.8601'16.396
620平手 晃平TP checker TEAM IMPULTOYOTA RV8J1'16.8721'16.7331'16.451
73横溝 直輝KONDO RACINGTOYOTA RV8J1'16.7991'16.7561'16.549
85金石 年弘SG team 5ZIGENHONDA HF386E1'16.8251'16.8221'16.564
947ロニー・クインタレッリCERUMO/INGINGTOYOTA RV8J1'16.8101'16.877
1048立川 祐路CERUMO/INGINGTOYOTA RV8J1'17.0041'16.926
1137荒 聖治PETRONAS TEAM TOM'STOYOTA RV8J1'17.0241'17.021
1255井出 有冶AUTOBACS RACING TEAM AGURIHONDA HF386E1'17.1571'17.055
1367ロベルト・ストレイトSTONEMARKET.BLAAK CERUMO/INGINGTOYOTA RV8J1'17.1791'17.070
1441土屋 武士DoCoMo DANDELIONHONDA HF386E1'17.0491'17.074
1540松浦 孝亮DoCoMo DANDELIONHONDA HF386E1'16.9951'17.089
162ブノワ・トレルイエLAWSON TEAM IMPULTOYOTA RV8J1'17.214
1756伊沢 拓也AUTOBACS RACING TEAM AGURIHONDA HF386E1'17.222
184ジョアオ・パオロ・デ・オリベイラKONDO RACINGTOYOTA RV8J1'17.295
197本山 哲Team LeMansTOYOTA RV8J1'17.418
206平中 克幸SG team 5ZIGENHONDA HF386E1'17.469
  • シャーシーは全車Lola FN06、タイヤは全車BSです。

Japanese F3

JF3:第9戦岡山決勝結果

全日本F3 -RIJ- (2008/06/07) Race Results Weather:Cloudy Course:Dry
All Japan F3 Championship Round 9 岡山国際サーキット 3.703 km

PNoClsDriverCarChassisEngineLapTime/
Behind
17C山本 尚貴Honda Team RealDALLARA F308MF204C1826'04.395
21Cカルロ・ヴァン・ダムPETRONAS TOM'S F308DALLARA F3081AZ-FE180.432
38C中山 友貴Honda Team RealDALLARA F308MF204C183.135
412C安田 裕信ThreeBondDALLARA F308SR20V183.928
562C嵯峨 宏紀DENSO・ルボーセF308DALLARA F3081AZ-FE1813.052
62C中嶋 大祐Honda・戸田 FIGHTEXDALLARA F308MF-204C1819.629
733Cケイ・コッツォリーノ広島トヨタ・ダラーラF308DALLARA F3081AZ-FE1821.241
837C井口 卓人TDP TOM'S F308DALLARA F3081AZ-FE1821.847
936C国本 京佑TDP TOM'S F308DALLARA F3081AZ-FE1824.008
1019Nザヒール・アリPTRS F307DALLARA F3073S-GE1832.766
1118N松下 昌揮EBBRO AIM 307DALLARA F305/3073S-GE1837.105
1238N山内 英輝TDP SPILIT F307DALLARA F3063S-GE1837.696
1363N安岡 秀徒ピンクリボン・ルボーセF305DALLARA F3053S-GE1847.678
1474N桜井 基樹エクシード F306DALLARA F3063S-GE171 Lap 
-------- 以上規定周回数 ( 16 Laps ) 完走 --------
-5N永瀬 貴史日本ケミファ F306DALLARA F3063S-GE99 Laps
-20Nアレキサンドラ・インベラトーリPTRS F307DALLARA F3073S-GEDNS-
  • Fastest Lap: CarNo.37 井口卓人(TDP TOM'S F308) 1'25.483 (6/18) 155.947km/h
  • CarNo.36は、2008全日本フォーミュラ3選手権統一規則第3章第44条6.2)①(反則スタート)によりドライビングスルーペナルティを課した。
  • CarNo.37は、2008全日本フォーミュラ3選手権第9戦、第10戦ブリーフィング資料補足6.(グリッド停止一違反)ドライビングスルーペナルティを課した。

Formula Nippon

FN:第4戦岡山ノックアウト予選Q3結果

Fニッポン第4戦 -RIJ- (2008-06-07) Knock Out Q3 Weather:Cloudy Course:Dry
2008 Formula Nippon Round 4 岡山国際サーキット 3.703km

PNoDriverTeamEngineTimeDelayGapkm/h
11松田 次生LAWSON TEAM IMPULTOYOTA RV8JR1'15.831--175.80
232小暮 卓史PIAA NAKAJIMAHONDA HF386ER1'16.2180.3870.387174.90
38石浦 宏明Team LeMansTOYOTA RV8JR1'16.2590.4280.041174.81
436アンドレ・ロッテラーPETRONAS TEAM TOM'STOYOTA RV8JR1'16.2650.4340.006174.80
531ロイック・デュバルPIAA NAKAJIMAHONDA HF386ER1'16.3960.5650.131174.50
620平手 晃平TP checker TEAM IMPULTOYOTA RV8JR1'16.4510.6200.055174.37
73横溝 直輝KONDO RACINGTOYOTA RV8JR1'16.5490.7180.098174.15
85金石 年弘SG team 5ZIGENHONDA HF386ER1'16.5640.7330.015174.11
  • シャーシーは全車Lola FN06、タイヤは全車BSです。
  • 'R'マークはコースレコードを更新した。従来のコースレコード: 1'17.409

Formula Nippon

FN:第4戦岡山ノックアウト予選Q2結果

Fニッポン第4戦 -RIJ- (2008-06-07) Knock Out Q2 Weather:Cloudy Course:Dry
2008 Formula Nippon Round 4 岡山国際サーキット 3.703km

PNoDriverTeamEngineTimeDelayGapkm/h
11松田 次生LAWSON TEAM IMPULTOYOTA RV8JR1'16.180--174.99
236アンドレ・ロッテラーPETRONAS TEAM TOM'STOYOTA RV8JR1'16.5910.4110.411174.05
38石浦 宏明Team LeMansTOYOTA RV8JR1'16.7040.5240.113173.80
432小暮 卓史PIAA NAKAJIMAHONDA HF386ER1'16.7090.5290.005173.78
520平手 晃平TP checker TEAM IMPULTOYOTA RV8JR1'16.7330.5530.024173.73
63横溝 直輝KONDO RACINGTOYOTA RV8JR1'16.7560.5760.023173.68
75金石 年弘SG team 5ZIGENHONDA HF386ER1'16.8220.6420.066173.53
831ロイック・デュバルPIAA NAKAJIMAHONDA HF386ER1'16.8600.6800.038173.44
---- 以上Q3進出 ----
947ロニー・クインタレッリCERUMO/INGINGTOYOTA RV8JR1'16.8770.6970.017173.40
1048立川 祐路CERUMO/INGINGTOYOTA RV8JR1'16.9260.7460.049173.29
1137荒 聖治PETRONAS TEAM TOM'STOYOTA RV8JR1'17.0210.8410.095173.08
1255井出 有冶AUTOBACS RACING TEAM AGURIHONDA HF386ER1'17.0550.8750.034173.00
1367ロベルト・ストレイトSTONEMARKET.BLAAK CERUMO/INGINGTOYOTA RV8JR1'17.0700.8900.015172.97
1441土屋 武士DoCoMo DANDELIONHONDA HF386ER1'17.0740.8940.004172.96
1540松浦 孝亮DoCoMo DANDELIONHONDA HF386ER1'17.0890.9090.015172.93
  • シャーシーは全車Lola FN06、タイヤは全車BSです。
  • 'R'マークはコースレコードを更新した。従来のコースレコード: 1'17.409

Formula Nippon

FN:第4戦岡山ノックアウト予選Q1結果

Fニッポン第4戦 -RIJ- (2008-06-07) Knock Out Q1 Weather:Cloudy Course:Dry
2008 Formula Nippon Round 4 岡山国際サーキット 3.703km

PNoDriverTeamEngineTimeDelayGapkm/h
11松田 次生LAWSON TEAM IMPULTOYOTA RV8JR1'16.135--175.09
236アンドレ・ロッテラーPETRONAS TEAM TOM'STOYOTA RV8JR1'16.6690.5340.534173.87
332小暮 卓史PIAA NAKAJIMAHONDA HF386ER1'16.7660.6310.097173.66
43横溝 直輝KONDO RACINGTOYOTA RV8JR1'16.7990.6640.033173.58
547ロニー・クインタレッリCERUMO/INGINGTOYOTA RV8JR1'16.8100.6750.011173.56
65金石 年弘SG team 5ZIGENHONDA HF386ER1'16.8250.6900.015173.52
720平手 晃平TP checker TEAM IMPULTOYOTA RV8JR1'16.8720.7370.047173.42
88石浦 宏明Team LeMansTOYOTA RV8JR1'16.9180.7830.046173.31
931ロイック・デュバルPIAA NAKAJIMAHONDA HF386ER1'16.9710.8360.053173.19
1040松浦 孝亮DoCoMo DANDELIONHONDA HF386ER1'16.9950.8600.024173.14
1148立川 祐路CERUMO/INGINGTOYOTA RV8JR1'17.0040.8690.009173.12
1237荒 聖治PETRONAS TEAM TOM'STOYOTA RV8JR1'17.0240.8890.020173.07
1341土屋 武士DoCoMo DANDELIONHONDA HF386ER1'17.0490.9140.025173.02
1455井出 有冶AUTOBACS RACING TEAM AGURIHONDA HF386ER1'17.1571.0220.108172.77
1567ロベルト・ストレイトSTONEMARKET.BLAAK CERUMO/INGINGTOYOTA RV8JR1'17.1791.0440.022172.73
---- 以上Q2進出 ----
162ブノワ・トレルイエLAWSON TEAM IMPULTOYOTA RV8JR1'17.2141.0790.035172.65
1756伊沢 拓也AUTOBACS RACING TEAM AGURIHONDA HF386ER1'17.2221.0870.008172.63
184ジョアオ・パオロ・デ・オリベイラKONDO RACINGTOYOTA RV8JR1'17.2951.1600.073172.47
197本山 哲Team LeMansTOYOTA RV8J1'17.4181.2830.123172.19
206平中 克幸SG team 5ZIGENHONDA HF386E1'17.4691.3340.051172.08
  • シャーシーは全車Lola FN06、タイヤは全車BSです。
  • 'R'マークはコースレコードを更新した。従来のコースレコード: 1'17.409

Japanese F3

JF3:第9戦岡山 ヴァン・ダムに3グリッド降格のペナルティー!

6月7日午前の公式予選で第9戦2番手、第10戦はポールポジションからのスタートを決めていた#1カルロ・ヴァン・ダム(PETRONAS TOM'S)だったが、セッション終了時にダブルチェッカーを受けていたことが発覚し、3グリッド降格の裁定が下された。

これにより予選3番手だった#36国本京佑が2番手、#7山本尚貴が3番手、#8中山友貴が4番手に繰り上がり、ヴァン・ダムは第9戦を5番グリッドからスタートすることとなった。
なお、第10戦に関しては今のところ降格等の決定はされておらず、そのままポールポジションからスタートするものと思われる。

第9戦決勝は午後4時10分より18周で行われる。

Text:Kazuhisa SUEHIRO

Japanese F3

JF3:第9戦&10戦岡山公式予選 第9戦は井口、第10戦はヴァン・ダムがポール獲得

全日本F3選手権第9戦、第10戦の公式予選が6月7日、岡山国際サーキットで行われ、第9戦は#37井口卓人(TDP TOM'S)、第10戦は#1カルロ・ヴァン・ダム(PETRONAS TOM'S)がそれぞれポールポジションを獲得した。

f3_r09_q_iguchi

f3_r10_q_van-dam

公式予選は午前10時45分より30分間で行われた。
トムスの3台はここでも好調で、序盤から国本、井口、ヴァン・ダムが次々にトップタイムを更新しながら予選は進んでいく。 3人のタイム差はごく僅かだ。
このため、自己ベストタイム順ではヴァン・ダムが勝ったものの、セカンドベストでは井口がヴァン・ダムを上回り、第9戦はヴァン・ ダム-井口-国本、第10戦は井口-ヴァン・ダム-国本の順でスタートすることとなった。

一方、ここまで8戦中2勝を挙げ、ランキングでも3位につけているスリーボンドエンジンの#12安田裕信はここではベスト、 セカンドとも6番手。#7山本尚貴、#8中山友貴らホンダ勢の後塵を拝する結果となった。
また今季3度の表彰台を獲得してランキング4位につけている#33ケイ・ コッツォリーノはチームの地元に程近い岡山でのレースということもあり、いやがうえにも好結果が期待されていたにもかかわらず、ベスト、 セカンドとも10番手と、ナショナルクラスの#20アレキサンドレ・インペラトーリにも抜かれる苦しい結果に終わってしまった。

第9戦決勝はこのあと午後4時10分より18周で、第10戦決勝は明日午後0時30分より25周で行われる。

Text: Kazuhisa SUEHIRO / Photo: Motorsports Forum

Japanese F3

JF3:第10戦岡山予選結果

全日本F3 -RIJ- (2008/06/07) Qualifying-Session: Weather:Cloudy Course:Dry
2008 All Japan F3 Championship Round 10 岡山国際サーキット 3.703 km

PNoClsDriverCarChassisEngineTimeDelayGapkm/h
11Cカルロ・ヴァン・ダムPETRONAS TOM'S F308DALLARA F3081AZ-FE1'24.243--158.24
236C国本 京佑TDP TOM'S F308DALLARA F3081AZ-FE1'24.3090.0660.066158.12
337C井口 卓人TDP TOM'S F308DALLARA F3081AZ-FE1'24.4040.1610.095157.94
47C山本 尚貴Honda Team RealDALLARA F308MF204C1'24.6960.4530.292157.40
58C中山 友貴Honda Team RealDALLARA F308MF204C1'24.7430.5000.047157.31
612C安田 裕信ThreeBondDALLARA F308SR20V1'24.9880.7450.245156.86
762C嵯峨 宏紀DENSO・ルボーセF308DALLARA F3081AZ-FE1'25.2481.0050.260156.38
82C中嶋 大祐Honda・戸田 FIGHTEXDALLARA F308MF-204C1'25.9381.6950.690155.12
920Nアレキサンドラ・インベラトーリPTRS F307DALLARA F3073S-GE1'26.0091.7660.071154.99
1033Cケイ・コッツォリーノ広島トヨタ・ダラーラF308DALLARA F3081AZ-FE1'26.2241.9810.215154.61
1138N山内 英輝TDP SPILIT F307DALLARA F3063S-GE1'26.3232.0800.099154.43
125N永瀬 貴史日本ケミファ F306DALLARA F3063S-GE1'26.5782.3350.255153.97
1363N安岡 秀徒ピンクリボン・ルボーセF305DALLARA F3053S-GE1'26.6792.4360.101153.80
1418N松下 昌揮EBBRO AIM 307DALLARA F305/3073S-GE1'27.1762.9330.497152.92
1519Nザヒール・アリPTRS F307DALLARA F3073S-GE1'27.2032.9600.027152.87
1674N桜井 基樹エクシード F306DALLARA F3063S-GE1'30.6076.3643.404147.13
以上予選通過 基準タイム ( 110% ) 1'32.7508.5072.143143.73

Japanese F3

JF3:第9戦岡山予選結果

全日本F3 -RIJ- (2008/06/07) Qualifying-Session: Weather:Cloudy Course:Dry
2008 All Japan F3 Championship Round 9 岡山国際サーキット 3.703 km

PNoClsDriverCarChassisEngineTimeDelayGapkm/h
137C井口 卓人TDP TOM'S F308DALLARA F3081AZ-FE1'24.424--157.90
236C国本 京佑TDP TOM'S F308DALLARA F3081AZ-FE1'24.4880.0640.064157.78
37C山本 尚貴Honda Team RealDALLARA F308MF204C1'24.7270.3030.239157.34
48C中山 友貴Honda Team RealDALLARA F308MF204C1'24.8100.3860.083157.18
51Cカルロ・ヴァン・ダムPETRONAS TOM'S F308DALLARA F3081AZ-FE1'24.4420.018-0.388157.87
612C安田 裕信ThreeBondDALLARA F308SR20V1'25.0290.6050.587156.78
762C嵯峨 宏紀DENSO・ルボーセF308DALLARA F3081AZ-FE1'25.4491.0250.420156.01
82C中嶋 大祐Honda・戸田 FIGHTEXDALLARA F308MF-204C1'25.9481.5240.499155.10
920Nアレキサンドラ・インベラトーリPTRS F307DALLARA F3073S-GE1'26.1111.6870.163154.81
1033Cケイ・コッツォリーノ広島トヨタ・ダラーラF308DALLARA F3081AZ-FE1'26.3191.8950.208154.44
1138N山内 英輝TDP SPILIT F307DALLARA F3063S-GE1'26.4442.0200.125154.21
1263N安岡 秀徒ピンクリボン・ルボーセF305DALLARA F3053S-GE1'26.8022.3780.358153.58
135N永瀬 貴史日本ケミファ F306DALLARA F3063S-GE1'27.0292.6050.227153.18
1419Nザヒール・アリPTRS F307DALLARA F3073S-GE1'27.2142.7900.185152.85
1518N松下 昌揮EBBRO AIM 307DALLARA F305/3073S-GE1'27.2352.8110.021152.81
1674N桜井 基樹エクシード F306DALLARA F3063S-GE1'30.6506.2263.415147.06
以上予選通過 基準タイム ( 110% ) 1'32.8968.4722.246143.50
  • CarNo.1は、国際モータースポーツ競技規則付則H項第2章4.1.1 c 違反(Wチェッカー)により、第9戦決勝スターティンググリッドを3グリッド降格とする。

Formula Nippon

FN:第4戦岡山フリー走行1回目 3連勝中の松田がここでもトップタイム

全日本選手権フォーミュラニッポン第4戦のフリー走行1回目は、 ここまで3連勝中の#1松田次生(LAWSON TEAM IMPUL)がトップタイム。1分15秒808を記録して、 2位の#36アンドレ・ロッテラー(PETRONAS TEAM TOM'S)をコンマ8秒引き離して好調ぶりをアピールした。

fn_r04_f1_matsuda

fn_r04_f1_lotterer

fn_r04_f1_motoyama

第4戦の舞台は通算2回目の開催となる岡山国際サーキット。昨年の予選は雨に祟られたが、 今回はドライコンディションでのタイムアタック合戦が見られそうだ。
フリー走行1回目は午前10時5分より、30分間で行われた。

最初にコースに飛び出したのは伊沢拓也、井出有治のARTA勢、 インギングセルモのロニー・クインタレッリの3人。
他のドライバーは開始10分過ぎ辺りから徐々にコースに入っていった。

ここまで3連勝中の松田はここでも好調で、 走り出してすぐにこのセッションで唯一の1分15秒台を記録。2位にはロッテラー、3位にはここまで不振の続いていた#7本山哲がつけた。

この3人とは対照的に#32小暮卓史は2回のチェック走行のみ、 #37荒聖治に至っては一度もコースインしないままこのセッションを終えている。二人とも何らかのトラブルが出ているようだ。

また、 ここまで3戦連続でQ3進出を果たしているルーキーの#20平手晃平は終了6分前にアトウッドカーブでコースアウト。 グラベルにつかまってそのまま15番手で走行を終えた。

第4戦の公式予選はこのあと午後2時35分より、ノックアウト方式で行われる。

Text: Kazuhisa SUEHIRO / Photo: Motorsports Forum

Formula Nippon

FN:第4戦岡山フリー走行1回目結果

Fニッポン第4戦 -RIJ- (2008/06/07) Free Session #1 Weather:Cloudy Course:Dry
2008 Formula Nippon Round 4 岡山国際サーキット 3.703km

PNoDriverTeamEngineTimeDelayGapkm/h
11松田 次生LAWSON TEAM IMPULTOYOTA RV8JR1'15.808--175.85
236アンドレ・ロッテラーPETRONAS TEAM TOM'STOYOTA RV8JR1'16.6300.8220.822173.96
37本山 哲Team LeMansTOYOTA RV8JR1'16.6900.8820.060173.83
48石浦 宏明Team LeMansTOYOTA RV8JR1'16.7210.9130.031173.76
531ロイック・デュバルPIAA NAKAJIMAHONDA HF386ER1'16.7220.9140.001173.75
63横溝 直輝KONDO RACINGTOYOTA RV8JR1'16.7400.9320.018173.71
756伊沢 拓也AUTOBACS RACING TEAM AGURIHONDA HF386ER1'16.8901.0820.150173.37
84ジョアオ・パオロ・デ・オリベイラKONDO RACINGTOYOTA RV8JR1'17.0711.2630.181172.97
95金石 年弘SG team 5ZIGENHONDA HF386ER1'17.0961.2880.025172.91
1067ロベルト・ストレイトSTONEMARKET.BLAAK CERUMO/INGINGTOYOTA RV8JR1'17.1031.2950.007172.90
112ブノワ・トレルイエLAWSON TEAM IMPULTOYOTA RV8JR1'17.1711.3630.068172.74
1247ロニー・クインタレッリCERUMO/INGINGTOYOTA RV8JR1'17.2261.4180.055172.62
1341土屋 武士DoCoMo DANDELIONHONDA HF386ER1'17.3021.4940.076172.45
1440松浦 孝亮DoCoMo DANDELIONHONDA HF386ER1'17.3031.4950.001172.45
1520平手 晃平TP checker TEAM IMPULTOYOTA RV8JR1'17.3091.5010.006172.44
166平中 克幸SG team 5ZIGENHONDA HF386E1'17.4731.6650.164172.07
1748立川 祐路CERUMO/INGINGTOYOTA RV8J1'17.5101.7020.037171.99
1855井出 有冶AUTOBACS RACING TEAM AGURIHONDA HF386E1'17.6801.8720.170171.61
-32小暮 卓史PIAA NAKAJIMAHONDA HF386ENo Time---
-37荒 聖治PETRONAS TEAM TOM'STOYOTA RV8JAbsence---
  • シャーシーは全車Lola FN06、タイヤは全車BSです。
  • 'R'マークはコースレコードを更新した。従来のコースレコード: 1'17.409

検索

最新ニュース