Archives

  • [—]2017 (186)
  • [+]2016 (639)
  • [+]2015 (714)
  • [+]2014 (655)
  • [+]2013 (623)
  • [+]2012 (621)
  • [+]2011 (484)
  • [+]2010 (554)
  • [+]2009 (522)
  • [+]2008 (467)
  • [+]2007 (596)
  • [+]2006 (530)
  • [+]2005 (460)
  • [+]2004 (304)
  • [+]2003 (454)
  • [+]2002 (454)
  • [+]2001 (217)
  • [+]2000 (408)
  • [+]1999 (376)
  • [+]1998 (465)
  • [+]1997 (424)
  • [+]1996 (1)
  • [+]1995 (425)
  • [+]1994 (411)
  • [+]1993 (423)
  • [+]1992 (519)
  • [+]1991 (423)
  • [+]1990 (250)
  • [+]1970 (1)

ニュース内検索

2007年10月

スーパー耐久

S耐:第6戦SUGO決勝 ENDLESS ADVAN Zが優勝してST1のチャンピオン!

st_r06_r_start

st_r06_r_pace_car

st_r06_r_endless_z2

st_r06_r_bmw

st_r06_r_lancer

st_r06_r_oasis_z

st_r06_r_dc5

st_r06_r_aoki

st_r06_st1_champion_crew

 宮城県仙台市近郊のスポーツランドSUGOで、スーパー耐久第6戦が行われた。

 ST2クラスの#11ランサーに続いて、最終戦を待たずして#3 Zの影山正美、青木孝行組が見事に優勝! これで#8をおさえてシリーズチャンピオンを獲得した。

 午後3時、気温19度、路面温度26度の暖かさの中で、35台のマシンがフォーメーションラップからスタート。

 序盤はポールスタートの#50 PETORONAS SYNTIUMBMW Z4M COUPE(柳田真孝/Farique Hairuman組)の柳田が46周目までトップに立つ。ピットストップでいったんは順位を落とすが、92周目のピットインで#3 ENDLESS ADVAN Z影山正美/青木孝行組)がトップを奪う。#50はこれで後退し、トップ争いは#3と#23 CAR-CHANNEL アドバンZ33(田中哲也/星野一樹/山田英二組)にかわった。

 101周目には#23がトップに立つ。ここで2回目のSCランに。104周目の再スタート後#50も再びプッシュ。だが、111周目のへアピンで#30と接触し#50はクラッシュ。しかし、#50にダメージは少なかったようでコースに復帰するが、これでトップとは1周の差に。

 117周目、わずかなミスをとらえて#3が再度トップに立った。119周目から123周目まで3回目のSCランとなる。ここでも#3は見事なリスタートで逃げ切り、シリーズタイトルを手にした。

 クラス2も#11オーリンズランサーEVO MR(木下隆之/中谷明彦組)が優勝。クラス3は#74アラビアンオアシスZ(小林敬一/安田裕信/菅原修一組)が初優勝。クラス4は#34 AUTOBACS ADVAN WORLD ONE インテグラ(北川剛/守内庸介/田ヶ原章蔵組)が優勝をとげた。

#3影山正美
 「#8の前でゴールすればうちが1~3位でもチャンピオンがとれるし、自力だと1~2位、3、4位でもいいから#8の前でゴールすればいいと考えてました。予選も(#8が4番手で)3番手になれてすごくラッキーで、決勝のペースも50周くらいまでは抑え気味でタイヤ温存で行こうという作戦でした。今回チャンプをとれたけど、最終戦のもてぎはもう1勝して6勝にしたいですね。勝ってチャンピオンはもちろん理想的だったけど、こんなにうまく行くとは思ってなかったです(笑)。Zで2年間苦労して勝利の女神が微笑んでくれたんですね(笑)最後は#23とおなじ柔らか目のタイヤを4本選択しました。2本交換でも勝てるかもしれないと思ったんですが、社長がチャンピオンをとることを最優先で無理しなくてもいいという作戦になったんです。この1年間いいクルマをつくってくれて、3年間頑張ってくれたエンドレスに感謝したいです。日産、ニスモにチャンピオンをとれた喜びを伝えたいです」
青木孝行
 「何があるかわからないのがレースですから、早くチャンピオンを決めたかった。勝ってタイトルをとれたんで、守りのレースをしたわけじゃないです。最終戦も手を抜かず面白いレースを見せますよ」

st_r06_st1_podium st_r06_st3_podimu st_r06_st4_podium st_r06_st1_podium

Text & Photo: Keiichiro TAKESHITA

JAPAN LE MANS CHALLENGE

JLMC:第4戦岡山決勝 優勝ドライバー、シリーズチャンピオンのコメント

jlmc_r04_p_pc

LMP1クラス優勝 #16無限クラージュLC70
黒澤 治樹
ちっちゃいトラブルが出て、チームが一生懸命直してくれたので、僕らも必死で追い上げて、 逆転できるかと思ったんですが、できませんでした。信治さんも頑張ってくださって、今回こそは狙っていったのに残念です。
(弟の翼選手が)考えないで前を走っちゃって、ちゃんと教育しないといけないですね(笑)
まぁ、エイムさんにはおめでとうといいたいです。

中野 信治
トラブルが出てしまいましたが、それがレースなんで、結果が全てです。
一年間いい思いができませんでしたが、チームは本当に良くやってくれたし、スポンサーさんや応援してくださった全ての人に感謝したいです。
一番いいとはいえませんが、いい一年でした。

総合優勝、LMP2クラス優勝、 LMP2クラスチャンピオン #18EBBROエイムスポーツGC-21
富澤 勝
去年から2年間やってきましたが、今日ほどトラブルもミスも何もなく、速かったレースはありません。
総合優勝までは狙ってなかったんですけど、勝ててよかったです。
当初から来年からつかえなくなるクルマだと分かっていたので、今年こそチャンピオンをと狙っていましたが、最後の最後で決められて、 一年を通しても思い出深いレースになりました。

麻生 裕二
全てがパーフェクトでした。最後の最後はやっぱりドキドキしましたね。
いい一年でした。開幕戦で幸先よく勝てて、最後も勝てて、総合優勝というおまけまで貰って、パーフェクトです。

黒澤 翼
最初から2スティント行く予定でしたから。タイヤを温存して走りました。 燃費は問題なかったです。
(治樹選手の前でゴールしたことについて)これがレースなんで、仕方ないですね。

jlmc_r04_p_champ

LMP1クラスチャンピオン #22ダンロップザイテック05s
野田 英樹

今はただ、終わったなぁ、ってアタマ真っ白な状態です。
去年はチャンピオン獲って当然だと思っていたのに、トラブル続きで一回も勝てなかったので、 やっぱり開幕戦でやっとチェッカー受けて勝てたことが一番印象深いですね。
今年は速さよりも運がありました。予選結果でも分かるように、クルマ的にはクラージュのほうに分がありましたけど、総合力で勝てた、 って感じですね。

山崎 信介
開幕戦の菅生から急遽乗らせてもらえることになって、ザイテックには憧れてましたし、ルマン24時間出場を目標にしているので、 最初のレースで勝てて感動的な思い出になりました。
野田さんには、サーキットの中だけでなく、人間として、野田流の行き方とでもいうものを学べて、たくましくなれたと思います。

jlmc_r04_gt_pc

LMGT1クラス優勝、LMGT1クラスチャンピオン #21ダンロップフェラーリ550GTS
飯田 章
今日はミッションが心配だったんですが、問題なく走りきれました。
このクラスはライバルがいなくて目指すものがないというか....
でも、全戦で優勝でき、完走できたし、レースは楽しみながらできました。

藤井 誠暢
僕と飯田さんで真ん中のスティントを走って、 スタートと最後を一ツ山さんに走ってもらって、いい形で終わることができました。
台数がさびしくて、ライバルのいないクラスでしたが、ノバの力や一ツ山レーシングの力を見せることができたし、 僕自身は章さんからいろいろ学べて、充実した一年でした。

LMGT2クラス優勝 #20ダンロップポルシェ997
福山 英朗
今日は全くトラブルもなく、フェラーリにはパフォーマンスで負けてたのに、 向こうにトラブルが出たおかげで勝てました。
一ツ山レーシングはLMP1もLMGT1もチャンピオンなのに、LMGT2だけ獲れずに悔しい思いをしてましたが、 今日は勝つことができました。

谷口 行規
福山さんはトラブルがなかったといいましたが、僕自身がいい仕事ができず、 人間がトラブルみたいなものだったので、申し訳なく思っています。

羽根 幸浩
シーズン途中からチャンスを貰って、997でレースできたのは良かったです。
最後は僕が乗る予定じゃなかったので、バタバタしてしまいました。
それでも今日は勝つこともできたので、ラッキーでしたね。

jlmc_r04_gt2_champ

LMGT2クラスチャンピオン #27KRH F430GT
青山 光司
昨年と全く同じで、ここだけ勝てませんでした。今年もやっぱり何かが起きました。
それでも、僕みたいなシロウトが皆さんのおかげでチャンピオンになれましたし、最後もドライブさせてもらえて、感激しています。

高木 真一
昨年はポルシェ、今年はフェラーリでレースをすることになり、今年なんかフィオラノまで行ってテストをしたぐらいで、 意気込みをすごく感じました。
F430はほんとに素性が良くて、レースでは随分楽させてもらいました。
でも、ここには今年も魔物がいて、目標にしていた全戦全勝はできませんでした。
でも、全員が頑張った中での結果ということで、満足しています。

新田 守男
僕自身は去年と今年で何かが違うということはなかったんですが、オーナーである青山君のモチベーションとか、レースに対する関わり方とかが、 話していてもすごく変わってきたのが分かって、だからこそ今年もタイトルが取れて一番ほっとしています。

河村 隆一
最後にこういうドラマが用意されてて「痛いなぁ」というのが正直な感想です。
でも、耐久レースというのは自分たちの戦いなんだ、敵は自分たちなんだというのが分かったという点では勉強になりました。
不謹慎な言い方かもしれませんけど、最後にトラブルがあってよかったのかもしれません。

まとめ:Kazuhisa SUEHIRO / Photo: Yoshinori OHNISHI

スーパー耐久

S耐:第6戦SUGO決勝結果

SUGOスーパー耐久レース -RIJ- (2007/10/28) Final Race Weather:Fine Course:Dry
2007 Super Taikyu Series Round 6 スポーツランドSUGO 3.704256km

PosClassCls
Pos
NoCar
Model
DriverTireLapTotal_Time
Behind
1ST113ENDLESS ADVAN Z
NISSAN FAIRLADY Z / Z33
影山 正美
青木孝行
YH1353:32'23.971
2ST1223CAR-CHANNEL アドバンZ33
NISSAN FAIRLADY Z / Z33
田中 哲也
星野 一樹
山田 英二
YH1353.952
3ST1350PETRONAS SYNTIUM BMW Z4M COUPE
BMW Z4M / DU30
柳田 真孝
Fariqe Hairuman
MI1341Lap
4ST141euroMEVIUS MACAU ADVAN PORSCHE
PORSCHE 911GT3 / JGN
山野 直也
谷口 信輝
Henry Ho
YH1341Lap
5ST158黒豆リボイス GT3
PORSCHE 911GT3 / JGN
清水 康弘
竹内浩典
MI1341Lap
6ST1617キーパー&KOSEI☆アドバンGT3
PORSCHE 911GT3 / JGN
松永 まさひろ
池田 大祐
田中 篤
YH1323Laps
7ST2111オーリンズ ランサー EVO MR
MITSUBISHI LANCER Evolution / CT9A
木下 隆之
中谷明彦
YH1323Laps
8ST2212ゼルス・コラントッテEVOワゴン
MITSUBISHI LANCER Evolution WAGON / CT9W
西村 元気
菊地 靖
YH1323Laps
9ST3174アラビアンオアシスZ
NISSAN FAIRLADY Z / Z33
小林 敬一
安田 裕信
菅原 修一
YH1314Laps
10ST2313エクセディシーケンシャルエンドレスCS
MITSUBISHI LANCER Evolution / CT9A
和田 久
中村 啓
HINOKI
YH1314Laps
11ST327アメニティホーム・エクセディRX-7
MAZDA RX-7 / FD3S
井入 宏之
佐々木 孝太
赤鮫 オヤジ
YH1314Laps
12ST246DIXCEL新菱オートEVⅨ
MITSUBISHI LANCER Evolution / CT9A
冨桝 朋広
関 豊
YH1314Laps
13ST2520RSオガワ ADVANランサー
MITSUBISHI LANCER Evolution / CT9A
阪口 良平
砂子 塾長
小川日出生
YH1314Laps
14ST33*113カルラレーシング☆ings北海Z
NISSAN FAIRLADY Z / Z33
大井 貴之
伊橋勲
YH1314Laps
15ST3415岡部自動車 eeiA ディクセルZ
NISSAN FAIRLADY Z / Z33
長島 正明
古谷 直広
杉林健一
YH1305Laps
16ST3539BENELOP ADVAN NSX
HONDA NSX / NA2
塩野健司
佐々木 雅弘
下山 征人
YH1296Laps
17ST3619バーディクラブ☆TC神戸Z33
NISSAN FAIRLADY Z / Z33
輿水 敏明
加藤正将
YH1296Laps
18ST2659東和・MOTUL・ED・インプレッサ
SUBARU IMPREZA / GDB
大澤 学
井尻薫
YH1296Laps
19ST3714協新計測マイロード岡部自動車RX-7
MAZDA RX-7 / FD3S
増田芳信
入口 秀輝
小松 一臣
YH1287Laps
20ST2726エンドレスアドバンOCSランサー
MITSUBISHI LANCER Evolution / CT9A
細野 智行
朝倉貴志
朝倉 宏志
YH1278Laps
21ST4134AUTOBACS ADVAN WORLD ONE インテグラ
HONDA INTEGRA / DC5
北川 剛
守内 庸介
田ヶ原章蔵
YH1269Laps
22ST424AVANZZA BOMEX ADVAN DC5
HONDA INTEGRA / DC5
中村 貴広
太田 侑弥
井上恵一
YH1269Laps
23ST3841SABOTAGE Z
NISSAN FAIRLADY Z / Z33
塩渕誠二
吉田 広樹
加納 政樹
YH1269Laps
24ST3938PROSPEC WORKS S2000
HONDA S2000 / AP1
松井 猛敏
日下部 保雄
實方一世
YH12510Laps
25ST4376Honda Access ADVAN CIVIC
HONDA CIVIC TYPE-R / FD2
玉本 秀幸
小林 正吾
古橋譲
YH12510Laps
26ST4487K'Z★MOTUL★DC5
HONDA INTEGRA / DC5
金森 敏一
水谷 大介
安藤 竜也
YH12510Laps
27ST4518FUNKY-SコスモソニックFK ings DC5
HONDA INTEGRA / DC5
浅野 武夫
水書 健司
笠原智行
YH12411Laps
28ST31027FINA GSX ADVAN M3
BMW M3 / E46
長島 正興
村田 信博
小林 且雄
YH12213Laps
29ST4677BRIDE-WAKO'Sインテグラ
HONDA INTEGRA / DC5
見並 秀文
町田 亜矢
笹尾 真弘
YH12213Laps
30ST282PROVA FUJITSUBO IMPREZA
SUBARU IMPREZA / GDB
吉田 寿博
松田 晃司
川口正敬
MI11817Laps
31ST4773PSY.HondaCars南河内ERG.ED.DC5
HONDA INTEGRA / DC5
山本 すばる
山下將志
YH11322Laps
32ST31143Shinto ARP M3
BMW M3 / BL32
番場 琢
松本 高幸
池上慎二
YH10233Laps
---- 以上完走 ----
-ST3-333H.I.S.◆ings◆Z
NISSAN FAIRLADY Z / Z33
前嶋 秀司
Igor Sushko
山崎 学
YH9540Laps
-ST2-*30RSオガワワコーズランサー
MITSUBISHI LANCER Evolution / CT9A
堀田 誠
武井 真司
YH9342Laps
-ST4-10TUBE FOUR TRUST GOCHI
HONDA INTEGRA / DC5
松本 玲二
渡辺 明
YH14121Laps
  • Fastest Lap: PETRONAS SYNTIUM BMW Z4M COUPE(柳田真孝) 1'26.527 (4/134) 154.135km/h
  • CarNo.113は、国際モータースポーツ競技規則付則H項5.f)違反(セーフティカー先導中の負い越し)により、ドライビングスルーペナルティが課された。
  • CarNo.30は、国際モータースポーツ競技規則付則H項4.1.2.d)(青旗無視)により、当該車両及びAドライバー堀田誠の競技結果に対し、40秒加算のペナルティが課された。

JAPAN LE MANS CHALLENGE

JLMC:第4戦岡山決勝 無限クラージュわずか28秒及ばず!最後の勝者はエイムスポーツGC-21!!

岡山国際サーキットで開催された、全日本スポーツカー耐久選手権第4戦「ジャパン・ルマン・チャレンジin岡山」は、 #18エイムスポーツGC-21(富澤勝/麻生裕二/黒澤翼組)が288周を走破したところで規定の6時間に達したため、 チェッカーが出されることとなった。
2年間のJLMCでLMP2クラスが総合優勝を果たしたのは今回が初めて。そして最後の記録となる。

jlmc_r04_r_18_2

jlmc_r04_r_tomizawa

jlmc_r04_r_winner

猛烈な追い上げでトップ奪還を目論んだ#16無限クラージュLC70(黒澤治樹/中野信治組)は、 黒澤治樹の223周目に18号車を抜いて同一周回に持ち込んだが、時既に遅く、最後は28秒610差、総合2位でチェッカーを受けた。

無限クラージュは193周目に#21フェラーリ550を抜いて同一周回に持ち込むと、 その後も1周8秒以上のペースで上位2台との差を詰めていった。
199周終わりで最後のピットストップを済ませた際、一旦は1周遅れに戻されたが、21号車が209周でルーティンストップを行ったため、 労せずして2位に浮上した。
この時点でトップの18号車とは2周の差。
最後のスティントを担当した中野信治は203周目にファステストラップを更新するなど、 終始23秒代後半から24秒台の猛烈なハイペースで追い上げ、223周目には18を抜き去って同一周回とした。
しかし既に残り時間は10分を切っており、追い上げもそこまで。
僅か28秒610差で兄治樹は弟翼の後塵を拝することとなった。

これで総合優勝と同時にLMP2クラス優勝を勝ち取った18号車は、同時に2007シーズンのクラスタイトルをもものにした。 1ポイント差で18号車を追っていた#15KK-LMミスト アドバンはクラス3位に終わった。

総合3位にはLMGT1クラスの#21ダンロップフェラーリ550GTS(飯田章/藤井誠暢/一ツ山幹雄組)が入り、 LMGT2クラスの#20ダンロップポルシェ997(福山英朗/谷口行規/羽根幸浩組)が4位。

これでGT2クラスは20号車がクラス優勝の5ポイントを計上したが、ランキングトップの#27KRH F430GTがクラス2位に留まったため、シリーズタイトルは27号車のものとなった。

2年間続いたジャパン・ルマン・チャレンジは、最後まで手に汗握る接戦を繰り広げて幕を閉じることとなった。

Text:Kazuhisa SUEHIRO / Photo: Yoshinori OHNISHI

JAPAN LE MANS CHALLENGE

JLMC:第4戦岡山決勝結果

全日本スポーツカー耐久選手権シリーズ第4戦 -RIJ- (2007/10/28) Final Race Weather:Fine Course:Dry
2007 JAPAN LE MANS CHALLENGE Round 4 岡山国際サーキット 3.703km

PosClassCls
Pos
NoCar
Model
DriverTireLapTotal_Time
Behind
1P2118Aim Sprots GC-21
MOONCRAFT GC-21
富澤 勝
麻生 裕二
黒澤 翼
YH2286:00'13.853
2P1116無限 COURAGE LC70
COURAGE LC70
黒澤 治樹
中野 信治
MI22828.610
3GT1121DUNLOP Ferrari 550 GTS
FERRARI 550 GTS Maranello
飯田 章
藤井誠暢
一ツ山 幹雄
DL2253Laps
4GT2120DUNLOP PORSCHE 997
PORSCHE 997 GT3 RSR
福山 英朗
谷口 行規
羽根 幸浩
DL21513Laps
5P22*111ガレージプラスワン・スクーデリア・ミスト
OSCAR SK-93
橋本 達也
古谷 直樹
脇 知邦
YH20721Laps
6GT2227Ferrari F430 GT
FERRARI F430 GT
青山 光司
高木 真一
新田 守男
MI19731Laps
7P2315KK-LM MAX MYST ADVAN
RS.KK-LM
伊藤 俊哉
植田正幸
廣田 秀機
YH19632Laps
8P1222DUNLOP Zytek05S
Zytek 05S
野田 英樹
山崎 信介
DL17355Laps
---- 以上完走 ----
-GT1-7SCUDERIA FORME GT3-R
PORSCHE 996 GT3R
小嶋 貞一
藤野 昌弘
長舗 毅一郎
YH34194Laps
-GT2-910910 WAKO'S PORSCHE
PORSCHE 996 GT3R
中山 良明
DRAGON
吉田基良
YH8220Laps
  • Fastest Lap: CarNo.22 DUNLOP Zytek 05S(野田英樹) 1'23.657 (156/173) 159.351km/h
  • CarNo.111は、2007年全日本スポーツカー選手権統一規則第3章第34条11.(タイヤの平置き)違反により、エンジン停止を伴うペナルティストップ60秒を課した。

JAPAN LE MANS CHALLENGE

JLMC:第4戦岡山決勝5時間経過順位

全日本スポーツカー耐久選手権シリーズ第4戦 -RIJ- (2007/10/28) After 5 hours Weather:Fine Course:Dry
2007 JAPAN LE MANS CHALLENGE Round 4 岡山国際サーキット 3.703km

PosClassCls
Pos
NoCar
Model
DriverTireLapTotal_Time
Behind
1P2118Aim Sprots GC-21
MOONCRAFT GC-21
富澤 勝
麻生 裕二
黒澤 翼
YH1905:01'06.321
2GT1121DUNLOP Ferrari 550 GTS
FERRARI 550 GTS Maranello
飯田 章
藤井誠暢
一ツ山 幹雄
DL1891Lap
3P1116無限 COURAGE LC70
COURAGE LC70
黒澤 治樹
中野 信治
MI1873Laps
4GT2120DUNLOP PORSCHE 997
PORSCHE 997 GT3 RSR
福山 英朗
谷口 行規
羽根 幸浩
DL1819Laps
5P22*111ガレージプラスワン・スクーデリア・ミスト
OSCAR SK-93
橋本 達也
古谷 直樹
脇 知邦
YH17218Laps
6P2315KK-LM MAX MYST ADVAN
RS.KK-LM
伊藤 俊哉
植田正幸
廣田 秀機
YH16426Laps
7GT2227Ferrari F430 GT
FERRARI F430 GT
青山 光司
高木 真一
新田 守男
MI16030Laps
8P1222DUNLOP Zytek05S
Zytek 05S
野田 英樹
山崎 信介
DL13357Laps
9GT127SCUDERIA FORME GT3-R
PORSCHE 996 GT3R
小嶋 貞一
藤野 昌弘
長舗 毅一郎
YH34156Laps
10GT23910910 WAKO'S PORSCHE
PORSCHE 996 GT3R
中山 良明
DRAGON
吉田基良
YH8182Laps
  • Fastest Lap: CarNo.16 無限COURAGE LC70(黒澤治樹) 1'23.708 (2/187) 159.254km/h
  • CarNo.111は、2007年全日本スポーツカー選手権統一規則第3章第34条11.(タイヤの平置き)違反により、エンジン停止を伴うペナルティストップ60秒を課した。

JAPAN LE MANS CHALLENGE

JLMC:第4戦岡山決勝 いよいよ残り1時間。無限クラージュの2位浮上はもうすぐ

JLMC第4戦決勝はスタートから5時間が経過。いよいよゴールまであと1時間となった。
トップを快走する#18エイムスポーツGC-21(富澤勝/麻生裕二/黒澤翼組)は189周を消化した。

jlmc_r04_r_16_2 度重なるトラブルで大きなビハインドを背負っていた#16無限クラージュLC70は総合3位と変わらないものの、 中野信治と黒澤治樹の懸命の走りでトップとの間隔を着実に詰め、5時間終了時点であと2周というところまできた。
2位の#21フェラーリ550GTSまではあとわずか1周だ。

また、漸くコース復帰を果たし、総合8位ながら1分24秒~25秒台で快走していた#22ダンロップザイテック05sは、 山崎信介がコースアウトした際にフロントフェンダーを破損したため、131周目を走行中にオレンジボール旗を提示されて急遽ピットイン。 しかしその後は再び24秒台を連発して追い上げにかかっている。

LMGT2は#20ダンロップポルシェがトップで変わらず。
2位の#27フェラーリF430とほぼ同ペースで周回しており、クラス優勝はほぼ確実となった。

5時間終了時点の順位は
18-21-16-20-111-15-27-22-7-910
となっている。

Text:Kazuhisa SUEHIRO / Photo: Yoshinori OHNISHI

JAPAN LE MANS CHALLENGE

JLMC:第4戦岡山決勝4時間経過順位

全日本スポーツカー耐久選手権シリーズ第4戦 -RIJ- (2007/10/28) Passage of 4 hours Weather:Fine Course:Dry
2007 JAPAN LE MANS CHALLENGE Round 4 岡山国際サーキット 3.703km

PosClassCls
Pos
NoCar
Model
DriverTireLapTotal_Time
Behind
1P2118Aim Sprots GC-21
MOONCRAFT GC-21
富澤 勝
麻生 裕二
黒澤 翼
YH1524:01'02.456
2GT1121DUNLOP Ferrari 550 GTS
FERRARI 550 GTS Maranello
飯田 章
藤井誠暢
一ツ山 幹雄
DL1511Lap
3P1116無限 COURAGE LC70
COURAGE LC70
黒澤 治樹
中野 信治
MI1466Laps
4GT2120DUNLOP PORSCHE 997
PORSCHE 997 GT3 RSR
福山 英朗
谷口 行規
羽根 幸浩
DL1457Laps
5P22*111ガレージプラスワン・スクーデリア・ミスト
OSCAR SK-93
橋本 達也
古谷 直樹
脇 知邦
YH13913Laps
6P2315KK-LM MAX MYST ADVAN
RS.KK-LM
伊藤 俊哉
植田正幸
廣田 秀機
YH13121Laps
7GT2227Ferrari F430 GT
FERRARI F430 GT
青山 光司
高木 真一
新田 守男
MI12428Laps
8P1222DUNLOP Zytek05S
Zytek 05S
野田 英樹
山崎 信介
DL9458Laps
9GT127SCUDERIA FORME GT3-R
PORSCHE 996 GT3R
小嶋 貞一
藤野 昌弘
長舗 毅一郎
YH34118Laps
10GT23910910 WAKO'S PORSCHE
PORSCHE 996 GT3R
中山 良明
DRAGON
吉田基良
YH8144Laps
  • Fastest Lap: CarNo.16 無限COURAGE LC70(黒澤治樹) 1'23.708 (2/146) 159.254km/h
  • CarNo.111は、2007年全日本スポーツカー選手権統一規則第3章第34条11.(タイヤの平置き)違反により、エンジン停止を伴うペナルティストップ60秒を課した。

JAPAN LE MANS CHALLENGE

JLMC:第4戦岡山決勝 4時間が経過。無限クラージュ、7周遅れながら3位浮上。ザイテックも漸く戦列復帰を果たす

JLMC第4戦決勝はスタートから4時間が経過した。

依然としてトップはLMP2クラスの#18エイムスポーツGC-21(富澤勝/麻生裕二/黒澤翼組)だが、 トラブルで順位を落としていたLMP1クラスの無限クラージュLC70もハイペースで追い上げており、 138周目に福山英朗のドライブするLMGT2トップの#20ダンロップポルシェ997を抜き去って総合3位に浮上した。
トップのエイムスポーツまではあと7周。しかしラップタイムでは6~7秒速いペースで周回を重ねており、ゴールまでには充分届く計算だ。

また、アップライトとサスアームの接合部分の不具合で修復作業を行っていた#22ダンロップザイテック05sは、 1時間45分あまりもの膨大なロスを抱えながらもコース復帰した。
ドライバーは野田英樹にチェンジした。

LMGTは、GT1トップは#21フェラーリ550GTSで変わらず。GT2も、クラージュに抜かれたとはいえ、 #20ダンロップポルシェがクラス首位を守っている。

4時間経過時点の順位は
18-21-16-20-111-15-27-22-7-910
となっている。

Text:Kazuhisa SUEHIRO

JAPAN LE MANS CHALLENGE

JLMC:第4戦岡山決勝 3時間が経過。総合トップのエイムスポーツGC-21を無限クラージュが猛追中!

jlmc_r04_r_18

JLMC第4戦はスタートから3時間が経過した。
LMP1勢の相次ぐトラブルにより、現在はLMP2クラスの#18エイムスポーツGC-21(富澤勝/麻生裕二/黒澤翼組) が総合トップに躍り出た。

071028MUGEN3中野信治のドライブにより、一旦はコースに戻った無限クラージュだったが、今度は電気系にトラブルが発生し、 90周終わりで再びガレージへ。
オルタネーターから伸びているケーブルが、振動でもぎ取られてしまった模様。
端子を繋ぎなおし、バッテリーを交換して再びコースへ戻ったが、トップの18号車とは依然として11周のギャップがある。
ラップタイムの差を考慮すれば、ゴールまでに追いつけない差ではないが、もしまたトラブルにでも見舞われればそれも難しくなってくる。
3時間経過時点では10周差まで詰め寄り、総合5位を走行中だ。

一方の#22ダンロップザイテック05sの修復作業は継続中。どうやら一筋縄ではいかない症状らしい。

その他、#27フェラーリF430GT、#15KK-LMミスト アドバンらは何とかコース復帰を果たし、 クラス優勝目指して挽回中だ。

3時間経過時点での順位は
18-21-20-111-16-15-27-22-7-910
となっている。

Text:Kazuhisa SUEHIRO / Photo: Kazuhisa SUEHIRO, Yoshinori OHNISHI

JAPAN LE MANS CHALLENGE

JLMC:第4戦岡山決勝3時間経過順位

全日本スポーツカー耐久選手権シリーズ第4戦 -RIJ- (2007/10/28) After 3 hours Weather:Fine Course:Dry
2007 JAPAN LE MANS CHALLENGE Round 4 岡山国際サーキット 3.703km

PosClassCls
Pos
NoCar
Model
DriverTireLapTotal_Time
Behind
1P2118Aim Sprots GC-21
MOONCRAFT GC-21
富澤 勝
麻生 裕二
黒澤 翼
YH1143:00'20.851
2GT1121DUNLOP Ferrari 550 GTS
FERRARI 550 GTS Maranello
飯田 章
藤井誠暢
一ツ山 幹雄
DL1131Lap
3GT2120DUNLOP PORSCHE 997
PORSCHE 997 GT3 RSR
福山 英朗
谷口 行規
羽根 幸浩
DL1095Laps
4P22111ガレージプラスワン・スクーデリア・ミスト
OSCAR SK-93
橋本 達也
古谷 直樹
脇 知邦
YH1068Laps
5P1116無限 COURAGE LC70
COURAGE LC70
黒澤 治樹
中野 信治
MI10410Laps
6P2315KK-LM MAX MYST ADVAN
RS.KK-LM
伊藤 俊哉
植田正幸
廣田 秀機
YH9420Laps
7GT2227Ferrari F430 GT
FERRARI F430 GT
青山 光司
高木 真一
新田 守男
MI8727Laps
8P1222DUNLOP Zytek05S
Zytek 05S
野田 英樹
山崎 信介
DL7737Laps
9GT127SCUDERIA FORME GT3-R
PORSCHE 996 GT3R
小嶋 貞一
藤野 昌弘
長舗 毅一郎
YH3480Laps
10GT23910910 WAKO'S PORSCHE
PORSCHE 996 GT3R
中山 良明
DRAGON
吉田基良
YH8106Laps
  • Fastest Lap: CarNo.16 無限COURAGE LC70(黒澤治樹) 1'23.708 (2/104) 159.254km/h

JAPAN LE MANS CHALLENGE

JLMC:第4戦岡山決勝2時間経過順位

全日本スポーツカー耐久選手権シリーズ第4戦 -RIJ- (2007/10/28) After 2 hours Weather:Fine Course:Dry
2007 JAPAN LE MANS CHALLENGE Round 4 岡山国際サーキット 3.703km

PosClassCls
Pos
NoCar
Model
DriverTireLapTotal_Time
Behind
1P2118Aim Sprots GC-21
MOONCRAFT GC-21
富澤 勝
麻生 裕二
黒澤 翼
YH782:02'30.890
2P1122DUNLOP Zytek05S
Zytek 05S
野田 英樹
山崎 信介
DL771Lap
3GT1121DUNLOP Ferrari 550 GTS
FERRARI 550 GTS Maranello
飯田 章
藤井誠暢
一ツ山 幹雄
DL762Laps
4GT2120DUNLOP PORSCHE 997
PORSCHE 997 GT3 RSR
福山 英朗
谷口 行規
羽根 幸浩
DL753Laps
5P22111ガレージプラスワン・スクーデリア・ミスト
OSCAR SK-93
橋本 達也
古谷 直樹
脇 知邦
YH735Laps
6P1216無限 COURAGE LC70
COURAGE LC70
黒澤 治樹
中野 信治
MI735Laps
7P2315KK-LM MAX MYST ADVAN
RS.KK-LM
伊藤 俊哉
植田正幸
廣田 秀機
YH6414Laps
8GT2227Ferrari F430 GT
FERRARI F430 GT
青山 光司
高木 真一
新田 守男
MI6315Laps
9GT127SCUDERIA FORME GT3-R
PORSCHE 996 GT3R
小嶋 貞一
藤野 昌弘
長舗 毅一郎
YH3444Laps
10GT23910910 WAKO'S PORSCHE
PORSCHE 996 GT3R
中山 良明
DRAGON
吉田基良
YH870Laps
  • Fastest Lap: CarNo.16 無限COURAGE LC70(黒澤治樹) 1'23.708 (2/73) 159.254km/h

JAPAN LE MANS CHALLENGE

JLMC:第4戦岡山決勝 2時間経過。LMP1勢に相次ぐトラブル!

JLMC第4戦岡山はスタートから2時間が経過した。
トップを快走していた#16無限クラージュ、2位の#22ダンロップザイテック05sに相次いでトラブルが発生し、 2台はピットでの修復作業を余儀なくされることになった。
このため、2時間経過時点では#22ザイテックがトップだが、すぐにも#18GC-21がトップに繰り上がる見込みだ。

071028MUGEN1071028MUGEN2無限クラージュにまたしてもトラブルだ。
56周目あたりから排気音がおかしくなり、黒澤治樹は66周終わりで緊急ピットインを余儀なくされた。 原因は左バンクのエキゾーストマニホールドの1本にクラックが入り、完全に折れてしまったことによるもの。
無限チームはマニホールド交換を行い、トップから12周遅れの総合6位でコースに送り出した。
ここでドライバーは中野信治に交代している。

jlmc_r04_r_22trouble これによりトップに繰り上がった#22ザイテックだったが、こちらも78周目にサスペンショントラブルが発生したためにスローダウン、 そのままピットに戻って修復作業に入った。
右フロントのアッパーアームとハブの取り付け部分が折れてしまった模様。こちらは修復に時間がかかりそうだ。

このほか、LMGT2トップを走っていた#27フェラーリF430GTはシフトリンケージにトラブルが発生、 64周終わりでガレージに収まり、修理に取り掛かっている。
また、LMP2のトップだった#15KK-LMもトラブルにより64周終わりでピットに留まっている状況。

このため、2時間経過時点の順位は
22-18-21-20-111-16-15-27-7-910
となっているが、18がトップに立つのは時間の問題だ。

Text:Kazuhisa SUEHIRO / Photo: Yoshinori OHNISHI

JAPAN LE MANS CHALLENGE

JLMC:第4戦岡山決勝1時間経過順位

全日本スポーツカー耐久選手権シリーズ第4戦 -RIJ- (2007/10/28) After 1 hour Weather:Fine Course:Dry
2007 JAPAN LE MANS CHALLENGE Round 4 岡山国際サーキット 3.703km

PosClassCls
Pos
NoCar
Model
DriverTireLapTotal_Time
Behind
1P1116無限 COURAGE LC70
COURAGE LC70
黒澤 治樹
中野 信治
MI421:00'44.901
2P1222DUNLOP Zytek05S
Zytek 05S
野田 英樹
山崎 信介
DL4249.576
3P2118Aim Sprots GC-21
MOONCRAFT GC-21
富澤 勝
麻生 裕二
黒澤 翼
YH402Laps
4GT2127Ferrari F430 GT
FERRARI F430 GT
青山 光司
高木 真一
新田 守男
MI393Laps
5P2215KK-LM MAX MYST ADVAN
RS.KK-LM
伊藤 俊哉
植田正幸
廣田 秀機
YH384Laps
6GT2220DUNLOP PORSCHE 997
PORSCHE 997 GT3 RSR
福山 英朗
谷口 行規
羽根 幸浩
DL384Laps
7GT1121DUNLOP Ferrari 550 GTS
FERRARI 550 GTS Maranello
飯田 章
藤井誠暢
一ツ山 幹雄
DL384Laps
8P23111ガレージプラスワン・スクーデリア・ミスト
OSCAR SK-93
橋本 達也
古谷 直樹
脇 知邦
YH375Laps
9GT127SCUDERIA FORME GT3-R
PORSCHE 996 GT3R
小嶋 貞一
藤野 昌弘
長舗 毅一郎
YH339Laps
10GT23910910 WAKO'S PORSCHE
PORSCHE 996 GT3R
中山 良明
DRAGON
吉田基良
YH834Laps
  • Fastest Lap: CarNo.16 無限COURAGE LC70(黒澤治樹) 1'23.708 (2/42) 159.254km/h

JAPAN LE MANS CHALLENGE

JLMC:第4戦岡山決勝 スタートから1時間が経過。総合トップは無限クラージュ

JLMC第4戦はスタートから1時間が経過した。

jlmc_r04_r_courage 依然として総合トップは#16無限クラージュLC70(黒澤治樹/中野信治組)。
2位の#22ダンロップザイテック05S(野田英樹/山崎信介組)に対して41周終了時点で44秒855の大差をつけ、 42周終わりで最初のピットストップを行った。ここまでが丁度1時間。このペースだと6時間以内に1000kmを走破するのはほぼ不可能だ。
ドライバーは黒澤治樹のまま。2スティントを連続でドライブする作戦のようだ。

2位のザイテックも42周終わりでピットイン。こちらは山崎信介に交代した。

LMP2クラスは、トップの#15KK-LMが36周終わりでピットイン。ドライバーは廣田秀機から植田正幸に交代した。
1時間終了時点ではまだ#18GC-21はピットストップを行っていないため、ここで18号車がクラストップに立った。

LMGTクラスは、GT1の#21フェラーリ550GTSが27周終わりでピットイン。一ツ山幹雄から藤井誠暢に交代した。 藤井はGT2トップの#27フェラーリF430GTを3秒以上上回るハイペースで追い上げにかかっている。
また、GT2クラスの#910ポルシェ911GT3に対して4周目にオレンジボール旗が提示され、 この修復で910号車は大きく遅れることとなった。

1時間終了時点での順位は、
16-22-18-27-15-20-21-111-7-910
となっている。

Text:Kazuhisa SUEHIRO/ Photo: Yoshinori OHNISHI

スーパー耐久

S耐:第6戦SUGO公式予選 PETRONAS SYNTIUM BMW Z4Mがポールポジション!

 10月28日、宮城県のスポーツランドSUGOで、スーパー耐久第6戦の予選が行われた。

 昨日は悪天候のためセッションは順延が続き、最終的には午後3時の段階で中止が決定された。かわって、決勝日の朝のフリー走行をキャンセルし、ほぼこの時間と同じスケジュールで全クラスのA、Bドライバーの予選が行われることとなった。

st_r06_q_50

st_r06_q_2

st_r06_q_7

st_r06_q_4

 気温16度、路面温度16度の晴天のウエットコンディションで、8時から15分間で行われたAドライバー予選では、#50 PETRONAS SYNTIUM BMW Z4M(柳田真孝/Fariqe Hairuman組)の柳田がまずは1分35秒927のベストラップをマーク。15分のインターバルを置いて行われたBドライバーのセッションでは次第にコースも乾き、気温18度、路面温度19度のセミウエット状態となる。2度の赤旗中断が会ったが、ここでも#50 PETRONAS SYNTIUM BMW Z4M(柳田真孝/Fariqe Hairuman組)のHairumanが1分28秒180をマークしてトップタイムとした。2番手には#3エンドレスアドバンZ(影山正美/青木孝行組)の青木が1分28秒626の好タイムをマークしこのセッションの2番手としたが、#23トップタイムとしたが、#23 CAR-CHANNEL アドバンZ33(田中哲也/星野一樹/山田英二組)が合算タイムでは上回り2番手となった。

 ST2クラスは#2 PROVA FUJITSUBO IMPREZZA(吉田寿博/松田晃司/川口正敬組)が、ST3クラスは#7アメニティホーム・エクセディRX-7(井入宏之/佐々木孝太/赤鮫オヤジ組)が、ST4クラスは#4 AVANZZA BOMEX ADVAN DC5(なかむらたかひろ/太田侑弥/井上恵一組)がそれぞれクラストップとなった。

Text & Photo: Keiichiro TAKESHITA

JAPAN LE MANS CHALLENGE

JLMC:第4戦岡山決勝スタート! トップは無限クラージュ

jlmc_r04_start

全日本スポーツカー耐久選手権第4戦「ジャパン・ルマン・チャレンジin岡山」 の決勝が午前11時に岡山国際サーキットでスタートした。

トップに立ったのはポールポジションの#16無限クラージュLC70。
スタートドライバーの黒澤治樹は1分23秒~24秒台で序盤から一気に2位の#22ダンロップザイテック05sを引き離しにかかった。 ザイテックのスタートドライバーは野田英樹。現在10周を終了した時点で2台の差は既に13秒722。
黒澤は12周目までに3位以下を全て周回遅れとし、現在も順調に走行を重ねている。

LMP2クラスはオープニングラップで#15KK-LMが#18GC-21を抜き去ってトップに立った。 その後9周目までは1秒以内の僅差で緊迫したトップ争いが続いたが、10周目にその差が1秒を超えると、 徐々に15号車が18号車を引き離し始めている。
15号車のスタートドライバーは廣田秀機、18号車は黒澤翼がドライブしている。

なお、LMGT1は#21フェラーリ550の一ツ山幹雄、LMGT2は#27フェラーリF430GTの新田守男がトップ。 ただしF430が550の前を走行している。

Text:Kazuhisa SUEHIRO / Photo: Yoshinori OHNISHI

スーパー耐久

S耐:第6戦SUGO A,Bドライバー総合予選結果

SUGOスーパー耐久レース -RIJ- (2007/10/28) A&B Total Qualify Weather:Fine Course:Wet-Dry
2007 Super Taikyu Series Round 6 スポーツランドSUGO 3.704256km

PosClsCls
Pos
NoCar
Model
DriverTireA Driver
B Driver
Total
Time
Behindkm/h
1ST1150PETRONAS SYNTIUM BMW Z4M COUPE
BMW Z4M / DU30
柳田 真孝
Fariqe Hairuman
MI1'35.927
1'28.180
3'04.107-144.865
2ST1223CAR-CHANNEL アドバンZ33
NISSAN FAIRLADY Z / Z33
田中 哲也
星野一樹
YH1'37.165
1'29.029
3'06.194 2.087143.241
3ST133ENDLESS ADVAN Z
NISSAN FAIRLADY Z / Z33
影山 正美
青木孝行
YH1'37.776
1'28.626
3'06.402 2.295143.081
4ST148黒豆リボイス GT3
PORSCHE 911GT3 / JGN
清水 康弘
竹内浩典
MI1'38.523
1'30.041
3'08.564 4.457141.441
5ST212PROVA FUJITSUBO IMPREZA
SUBARU IMPREZA / GDB
吉田 寿博
松田晃司
MI1'36.902
1'31.944
3'08.846 4.739141.230
6ST151euroMEVIUS MACAU ADVAN PORSCHE
PORSCHE 911GT3 / JGN
山野 直也
谷口信輝
YH1'38.963
1'29.909
3'08.872 4.765141.210
7ST2213エクセディシーケンシャル エンドレスCS
MITSUBISHI LANCER Evolution / CT9A
和田 久
中村啓
YH1'37.353
1'31.822
3'09.175 5.068140.984
8ST2320RSオガワ ADVANランサー
MITSUBISHI LANCER Evolution / CT9A
阪口 良平
砂子塾長
YH1'37.232
1'31.982
3'09.214 5.107140.955
9ST2411オーリンズ ランサー EVO MR
MITSUBISHI LANCER Evolution / CT9A
木下 隆之
中谷明彦
YH1'38.257
1'31.757
3'10.014 5.907140.361
10ST317アメニティホーム・エクセディRX-7
MAZDA RX-7 / FD3S
井入 宏之
佐々木孝太
YH1'39.713
1'31.728
3'11.441 7.334139.315
11ST2512ゼルス・コラントッテEVOワゴン
MITSUBISHI LANCER Evolution WAGON / CT9W
西村 元気
菊地 靖
YH1'40.367
1'31.560
3'11.927 7.820138.962
12ST1617キーパー&KOSEI☆アドバンGT3
PORSCHE 911GT3 / JGN
松永 まさひろ
池田大祐
YH1'39.570
1'32.899
3'12.469 8.362138.571
13ST32113カルラレーシング☆ings北海Z
NISSAN FAIRLADY Z / Z33
大井 貴之
伊橋勲
YH1'40.901
1'32.183
3'13.084 8.977138.130
14ST266DIXCEL新菱オートEVⅨ
MITSUBISHI LANCER Evolution / CT9A
冨桝 朋広
関 豊
YH1'41.499
1'32.292
3'13.791 9.684137.626
15ST3374アラビアンオアシスZ
NISSAN FAIRLADY Z / Z33
小林敬一
安田 裕信
YH1'42.691
1'31.539
3'14.23010.123137.315
16ST3427FINA GSX ADVAN M3
BMW M3 / E46
長島正興
村田 信博
YH1'41.831
1'32.687
3'14.51810.411137.111
17ST35333H.I.S.◆ings◆Z
NISSAN FAIRLADY Z / Z33
前嶋秀司
Igor Sushko
YH1'41.430
1'33.307
3'14.73710.630136.957
18ST3615岡部自動車 eeiA ディクセルZ
NISSAN FAIRLADY Z / Z33
長島 正明
古谷 直広
YH1'42.163
1'33.174
3'15.33711.230136.537
19ST2726エンドレスアドバンOCSランサー
MITSUBISHI LANCER Evolution / CT9A
細野 智行
朝倉貴志
YH1'40.458
1'34.892
3'15.35011.243136.527
20ST3743Shinto ARP M3
BMW M3 / BL32
番場 琢
松本 高幸
YH1'41.815
1'34.303
3'16.11812.011135.993
21ST3839BENELOP ADVAN NSX
HONDA NSX / NA2
塩野健司
佐々木 雅弘
YH1'44.076
1'32.966
3'17.04212.935135.355
22ST2859東和・MOTUL・ED・インプレッサ
SUBARU IMPREZA / GDB
大澤 学
井尻薫
YH1'42.290
1'34.794
3'17.08412.977135.326
23ST414AVANZZA BOMEX ADVAN DC5
HONDA INTEGRA / DC5
中村 貴広
太田 侑弥
YH1'44.258
1'36.032
3'20.29016.183133.160
24ST2930RSオガワワコーズランサー
MITSUBISHI LANCER Evolution / CT9A
堀田 誠
武井 真司
YH1'44.350
1'36.070
3'20.42016.313133.074
25ST4234AUTOBACS ADVAN WORLD ONE インテグラ
HONDA INTEGRA / DC5
北川 剛
守内 庸介
YH1'43.710
1'36.718
3'20.42816.321133.068
26ST3938PROSPEC WORKS S2000
HONDA S2000 / AP1
松井 猛敏
日下部 保雄
YH1'43.844
1'37.051
3'20.89516.788132.759
27ST31041SABOTAGE Z
NISSAN FAIRLADY Z / Z33
塩渕誠二
吉田 広樹
YH1'41.622
1'39.982
3'21.60417.497132.292
28ST4376Honda Access ADVAN CIVIC
HONDA CIVIC TYPE-R / FD2
玉本 秀幸
小林 正吾
YH1'45.038
1'37.330
3'22.36818.261131.793
29ST31114協新計測マイロード岡部自動車RX-7
MAZDA RX-7 / FD3S
増田芳信
入口 秀輝
YH1'46.992
1'35.593
3'22.58518.478131.652
30ST4418FUNKY-SコスモソニックFK ings DC5
HONDA INTEGRA / DC5
浅野 武夫
水書 健司
YH1'44.730
1'38.143
3'22.87318.766131.465
31ST4573PSY.HondaCars南河内ERG.ED.DC5
HONDA INTEGRA / DC5
山本 すばる
山下將志
YH1'44.988
1'38.035
3'23.02318.916131.368
32ST4677BRIDE-WAKO'Sインテグラ
HONDA INTEGRA / DC5
見並 秀文
町田亜矢
YH1'43.416
1'39.696
3'23.11219.005131.310
33ST4787K'Z★MOTUL★DC5
HONDA INTEGRA / DC5
金森 敏一
水谷 大介
YH1'47.070
1'37.103
3'24.17320.066130.628
34ST312*19バーディクラブ☆TC神戸Z33
NISSAN FAIRLADY Z / Z33
輿水 敏明
加藤正将
YH1'44.712
1'43.684
3'28.39624.289127.981
35ST48*10TUBE FOUR TRUST GOCHI
HONDA INTEGRA / DC5
松本 玲二
渡辺 明
YH2'02.002
1'37.257
3'39.25935.152121.640
---- 以上予選通過 ----
  • CarNo.19は、最後尾スタートを条件に決勝出走を許可する。ただし、Bドライバーはスタートドライバーとしては認められない。
  • CarNo.10は、最後尾スタートを条件に決勝出走を許可する。ただし、Aドライバーはスタートドライバーとしては認められない。

スーパー耐久

S耐:第6戦SUGO Bドライバー予選結果

SUGOスーパー耐久レース -RIJ- (2007/10/28) B Driver Qualifying Weather:Fine Course:Dry
2007 Super Taikyu Series Round 6 スポーツランドSUGO 3.704256km

PosClassCls
Pos
NoCar
Maker Model
DriverTireTimeBehindGapkm/h
1ST1150PETRONAS SYNTIUM BMW Z4M COUPE
BMW Z4M / DU30
Fariqe HairumanMI1'28.180--151.228
2ST123ENDLESS ADVAN Z
NISSAN FAIRLADY Z / Z33
青木 孝行YH1'28.626 0.446 0.446150.467
3ST1323CAR-CHANNEL アドバンZ33
NISSAN FAIRLADY Z / Z33
星野 一樹YH1'29.029 0.849 0.403149.786
4ST141euroMEVIUS MACAU ADVAN PORSCHE
PORSCHE 911GT3 / JGN
谷口 信輝YH1'29.909 1.729 0.880148.320
5ST158黒豆リボイス GT3
PORSCHE 911GT3 / JGN
竹内 浩典MI1'30.041 1.861 0.132148.103
6ST3174アラビアンオアシスZ
NISSAN FAIRLADY Z / Z33
安田 裕信YH1'31.539 3.359 1.498145.679
7ST2112ゼルス・コラントッテEVOワゴン
MITSUBISHI LANCER Evolution WAGON / CT9W
菊地靖YH1'31.560 3.380 0.021145.646
8ST327アメニティホーム・エクセディRX-7
MAZDA RX-7 / FD3S
佐々木 孝太YH1'31.728 3.548 0.168145.379
9ST2211オーリンズ ランサー EVO MR
MITSUBISHI LANCER Evolution / CT9A
中谷明彦YH1'31.757 3.577 0.029145.333
10ST2313エクセディシーケンシャルエンドレスCS
MITSUBISHI LANCER Evolution / CT9A
中村 啓YH1'31.822 3.642 0.065145.230
11ST242PROVA FUJITSUBO IMPREZA
SUBARU IMPREZA / GDB
松田 晃司MI1'31.944 3.764 0.122145.037
12ST2520RSオガワ ADVANランサー
MITSUBISHI LANCER Evolution / CT9A
砂子 塾長YH1'31.982 3.802 0.038144.978
13ST33113カルラレーシング☆ings北海Z
NISSAN FAIRLADY Z / Z33
伊橋 勲YH1'32.183 4.003 0.201144.661
14ST266DIXCEL新菱オートEVⅨ
MITSUBISHI LANCER Evolution / CT9A
関 豊YH1'32.292 4.112 0.109144.491
15ST3427FINA GSX ADVAN M3
BMW M3 / E46
村田信博YH1'32.687 4.507 0.395143.875
16ST1617キーパー&KOSEI☆アドバンGT3
PORSCHE 911GT3 / JGN
池田 大祐YH1'32.899 4.719 0.212143.546
17ST3539BENELOP ADVAN NSX
HONDA NSX / NA2
佐々木雅弘YH1'32.966 4.786 0.067143.443
18ST3615岡部自動車 eeiA ディクセルZ
NISSAN FAIRLADY Z / Z33
古谷 直広YH1'33.174 4.994 0.208143.123
19ST37333H.I.S.◆ings◆Z
NISSAN FAIRLADY Z / Z33
Igor SushkoYH1'33.307 5.127 0.133142.919
20ST3843Shinto ARP M3
BMW M3 / BL32
松本高幸YH1'34.303 6.123 0.996141.409
21ST2759東和・MOTUL・ED・インプレッサ
SUBARU IMPREZA / GDB
井尻 薫YH1'34.794 6.614 0.491140.677
22ST2826エンドレスアドバンOCSランサー
MITSUBISHI LANCER Evolution / CT9A
朝倉貴志YH1'34.892 6.712 0.098140.532
23ST3914協新計測マイロード岡部自動車RX-7
MAZDA RX-7 / FD3S
入口秀輝YH1'35.593 7.413 0.701139.501
24ST414AVANZZA BOMEX ADVAN DC5
HONDA INTEGRA / DC5
太田 侑弥YH1'36.032 7.852 0.439138.863
25ST2930RSオガワワコーズランサー
MITSUBISHI LANCER Evolution / CT9A
武井 真司YH1'36.070 7.890 0.038138.808
26ST4234AUTOBACS ADVAN WORLD ONE インテグラ
HONDA INTEGRA / DC5
守内 庸介YH1'36.718 8.538 0.648137.878
27ST31038PROSPEC WORKS S2000
HONDA S2000 / AP1
日下部 保雄YH1'37.051 8.871 0.333137.405
28ST4387K'Z★MOTUL★DC5
HONDA INTEGRA / DC5
水谷大介YH1'37.103 8.923 0.052137.332
29ST4410TUBE FOUR TRUST GOCHI
HONDA INTEGRA / DC5
渡辺 明YH1'37.257 9.077 0.154137.114
30ST4576Honda Access ADVAN CIVIC
HONDA CIVIC TYPE-R / FD2
小林 正吾YH1'37.330 9.150 0.073137.011
31ST4673PSY.HondaCars南河内ERG.ED.DC5
HONDA INTEGRA / DC5
山下 將志YH1'38.035 9.855 0.705136.026
32ST4718FUNKY-SコスモソニックFK ings DC5
HONDA INTEGRA / DC5
水書 健司YH1'38.143 9.963 0.108135.876
33ST4877BRIDE-WAKO'Sインテグラ
HONDA INTEGRA / DC5
町田 亜矢YH1'39.69611.516 1.553133.760
34ST31141SABOTAGE Z
NISSAN FAIRLADY Z / Z33
吉田 広樹YH1'39.98211.802 0.286133.377
---- 以上予選通過 ----
-ST3-19バーディクラブ☆TC神戸Z33
NISSAN FAIRLADY Z / Z33
加藤 正将YH1'43.68415.504 3.702128.615

スーパー耐久

S耐:第6戦SUGO Aドライバー予選結果

SUGOスーパー耐久レース -RIJ- (2007/10/28) A Driver Qualifying Weather:Fine Course:Wet
2007 Super Taikyu Series Round 6 スポーツランドSUGO 3.704256km

PosClassCls
Pos
NoCar
Maker Model
DriverTireTimeBehindGapkm/h
1ST1150PETRONAS SYNTIUM BMW Z4M COUPE
BMW Z4M / DU30
柳田 真孝MI1'35.927--139.015
2ST212PROVA FUJITSUBO IMPREZA
SUBARU IMPREZA / GDB
吉田 寿博MI1'36.902 0.975 0.975137.617
3ST1223CAR-CHANNEL アドバンZ33
NISSAN FAIRLADY Z / Z33
田中 哲也YH1'37.165 1.238 0.263137.244
4ST2220RSオガワ ADVANランサー
MITSUBISHI LANCER Evolution / CT9A
阪口 良平YH1'37.232 1.305 0.067137.150
5ST2313エクセディシーケンシャル エンドレスCS
MITSUBISHI LANCER Evolution / CT9A
和田久YH1'37.353 1.426 0.121136.979
6ST133ENDLESS ADVAN Z
NISSAN FAIRLADY Z / Z33
影山 正美YH1'37.776 1.849 0.423136.386
7ST2411オーリンズ ランサー EVO MR
MITSUBISHI LANCER Evolution / CT9A
木下隆之YH1'38.257 2.330 0.481135.719
8ST148黒豆リボイス GT3
PORSCHE 911GT3 / JGN
清水 康弘MI1'38.523 2.596 0.266135.352
9ST151euroMEVIUS MACAU ADVAN PORSCHE
PORSCHE 911GT3 / JGN
山野 直也YH1'38.963 3.036 0.440134.751
10ST1617キーパー&KOSEI☆アドバンGT3
PORSCHE 911GT3 / JGN
松永 まさひろYH1'39.570 3.643 0.607133.929
11ST317アメニティホーム・エクセディRX-7
MAZDA RX-7 / FD3S
井入 宏之YH1'39.713 3.786 0.143133.737
12ST2512ゼルス・コラントッテEVOワゴン
MITSUBISHI LANCER Evolution WAGON / CT9W
西村元気YH1'40.367 4.440 0.654132.866
13ST2626エンドレスアドバンOCSランサー
MITSUBISHI LANCER Evolution / CT9A
細野智行YH1'40.458 4.531 0.091132.745
14ST32113カルラレーシング☆ings北海Z
NISSAN FAIRLADY Z / Z33
大井 貴之YH1'40.901 4.974 0.443132.162
15ST33333H.I.S.◆ings◆Z
NISSAN FAIRLADY Z / Z33
前嶋秀司YH1'41.430 5.503 0.529131.473
16ST276DIXCEL新菱オートEVⅨ
MITSUBISHI LANCER Evolution / CT9A
冨桝 朋広YH1'41.499 5.572 0.069131.384
17ST3441SABOTAGE Z
NISSAN FAIRLADY Z / Z33
塩渕誠二YH1'41.622 5.695 0.123131.225
18ST3543Shinto ARP M3
BMW M3 / BL32
番場琢YH1'41.815 5.888 0.193130.976
19ST3627FINA GSX ADVAN M3
BMW M3 / E46
長島正興YH1'41.831 5.904 0.016130.955
20ST3715岡部自動車 eeiA ディクセルZ
NISSAN FAIRLADY Z / Z33
長島 正明YH1'42.163 6.236 0.332130.530
21ST2859東和・MOTUL・ED・インプレッサ
SUBARU IMPREZA / GDB
大澤 学YH1'42.290 6.363 0.127130.368
22ST3874アラビアンオアシスZ
NISSAN FAIRLADY Z / Z33
小林敬一YH1'42.691 6.764 0.401129.859
23ST4177BRIDE-WAKO'Sインテグラ
HONDA INTEGRA / DC5
見並 秀文YH1'43.416 7.489 0.725128.948
24ST4234AUTOBACS ADVAN WORLD ONE インテグラ
HONDA INTEGRA / DC5
北川 剛YH1'43.710 7.783 0.294128.583
25ST3938PROSPEC WORKS S2000
HONDA S2000 / AP1
松井 猛敏YH1'43.844 7.917 0.134128.417
26ST31039BENELOP ADVAN NSX
HONDA NSX / NA2
塩野 健司YH1'44.076 8.149 0.232128.131
27ST434AVANZZA BOMEX ADVAN DC5
HONDA INTEGRA / DC5
中村 貴広YH1'44.258 8.331 0.182127.907
28ST2930RSオガワワコーズランサー
MITSUBISHI LANCER Evolution / CT9A
堀田 誠YH1'44.350 8.423 0.092127.794
29ST31119バーディクラブ☆TC神戸Z33
NISSAN FAIRLADY Z / Z33
輿水 敏明YH1'44.712 8.785 0.362127.352
30ST4418FUNKY-SコスモソニックFK ings DC5
HONDA INTEGRA / DC5
浅野 武夫YH1'44.730 8.803 0.018127.330
31ST4573PSY.HondaCars南河内ERG.ED.DC5
HONDA INTEGRA / DC5
山本 すばるYH1'44.988 9.061 0.258127.018
32ST4676Honda Access ADVAN CIVIC
HONDA CIVIC TYPE-R / FD2
玉本 秀幸YH1'45.038 9.111 0.050126.957
33ST31214協新計測マイロード岡部自動車RX-7
MAZDA RX-7 / FD3S
増田 芳信YH1'46.99211.065 1.954124.638
34ST4787K'Z★MOTUL★DC5
HONDA INTEGRA / DC5
金森敏一YH1'47.07011.143 0.078124.548
---- 以上予選通過 ----
-ST4-10TUBE FOUR TRUST GOCHI
HONDA INTEGRA / DC5
松本 玲二YH2'02.00226.07514.932109.304

JAPAN LE MANS CHALLENGE

JLMC:第4戦岡山フリー走行 トップタイムはダンロップザイテック

jlmc_r04_f_zytec

jlmc_r04_f_kk-lm

jlmc_r04_f_550gts

jlmc_r04_f_f430gt

2007全日本スポーツカー耐久選手権第4戦、「ジャパン・ルマン・チャレンジin岡山」の決勝前フリー走行は、 #22ダンロップザイテック05s(野田英樹/山崎信介組)が総合トップタイム。
昨日の予選タイムを上回る、1分22秒450を野田英樹が記録した。

JLMC最終戦の決勝日を迎えた岡山国際サーキットは快晴。最高気温は23℃前後になる模様だ。
フリー走行は午前8時より、30分間で行われた。
総合優勝を争うLMP1クラスは、ザイテックが野田、クラージュは黒澤治樹が最初にステアリングを握る。
周回ごとにペースを上げ、9周走行中の7周目にベストタイムを出した野田に対し、黒澤は4周目に1分23秒357を記録すると、 その後は23秒代後半~24秒台のペースでコンスタントに周回を重ねて11周でピットイン。
後半を担当した山崎と中野信治はともに23秒~25秒台でコンスタントに周回を重ねて走行を切り上げた。

一方、1ポイント差でタイトルを争うLMP2クラスは、廣田秀機が1分31秒559を出した#15KK-LMがここではクラストップ。

LMGT1クラスは#21フェラーリ550の飯田章の出した1分31秒419、 LMGT2クラスは#27フェラーリF430GTの新田守男が出した1分33秒938がそれぞれベストタイムだった。

第4戦決勝は今日午前11時より、271周または6時間で戦われる。

Text:Kazuhisa SUEHIRO / Photo:Yoshinori OHNISHI

JAPAN LE MANS CHALLENGE

JLMC:第4戦岡山フリー走行結果

全日本スポーツカー耐久選手権シリーズ第4戦 -RIJ- (2007/10/28) Free Practice Weather:Fine Course:Dry
2007 JAPAN LE MANS CHALLENGE Round 4 岡山国際サーキット 3.703km

PosClassCls
Pos
NoCar
Maker Model
DriverTireTimeBehindGapkm/h
1P1122DUNLOP Zytek05S
Zytek 05S
野田 英樹
山崎 信介
DL1'22.450--161.683
2P1216無限 COURAGE LC70
COURAGE LC70
黒澤 治樹
中野 信治
MI1'23.357 0.907 0.907159.924
3GT1121DUNLOP Ferrari 550 GTS
FERRARI 550 GTS Maranello
飯田 章
藤井誠暢
一ツ山 幹雄
DL1'31.419 8.969 8.062145.821
4P2115KK-LM MAX MYST ADVAN
RS.KK-LM
伊藤 俊哉
植田正幸
廣田 秀機
YH1'31.559 9.109 0.140145.598
5P2218Aim Sprots GC-21
MOONCRAFT GC-21
富澤 勝
麻生 裕二
黒澤 翼
YH1'32.67910.229 1.120143.838
6GT2127Ferrari F430 GT
FERRARI F430 GT
青山 光司
高木 真一
新田 守男
MI1'33.93811.488 1.259141.911
7GT2220DUNLOP PORSCHE 997
PORSCHE 997 GT3 RSR
福山 英朗
谷口 行規
羽根 幸浩
DL1'34.34411.894 0.406141.300
8GT23910910 WAKO'S PORSCHE
PORSCHE 996 GT3R
中山 良明
DRAGON
吉田 基良
YH1'38.46816.018 4.124135.382
9P23111ガレージプラスワン・スクーデリア・ミスト
OSCAR SK-93
橋本 達也
古谷 直樹
脇 知邦
YH1'40.12017.670 1.652133.148
10GT127SCUDERIA FORME GT3-R
PORSCHE 996 GT3R
小嶋貞一
藤野 昌弘
長舗 毅一郎
YH1'42.44719.997 2.327130.124

JAPAN LE MANS CHALLENGE

JLMC:第4戦岡山公式予選 ポールシッターのコメント

jlmc_r04_q_pc

LMPクラス1位 #16無限クラージュLC70
黒澤 治樹
とにかくできる限りのことをしようと。ここ何戦か完走してなかったですし。 今回もブレーキに小さなトラブルが出たんですが、決勝までには解決すると思います。
いつもポールを獲っているのに、レースでは負けてしまうので、今回こそはチーム一丸となって気を引き締めていこうと思っています。 トラブルなく走りきればいい結果が待っていると思いますし、最後は勝って終わりたいので、信治さんと力を合わせて頑張ります。

中野 信治
昨日は雨で、今日はドライでしたが、雨でもドライでも感触は悪くないです。チームスタッフがいい仕事をしてくれたと思います。 エンジンもシャシーも、ミシュランタイヤも、パッケージとしてまとまっているな、と。前回のもてぎも良かったんですが、 今回は更に良くなっていますね。これが最終戦なので、いい結果を出して思い出にしたいです。
僕自身はもっと盛り上がっていいレースだと思っているので、これで終わってしまうのは残念です。 今までこのレースを盛り上げようと一生懸命やってきてくれた皆さんには拍手をしたい気分です。 今の時流に乗っていくレースだと思っているので、僕としても何かできることがあれば是非お手伝いをしたいです。
明日の決勝は単なる消化レースにならないよう、いい結果を出したいと思います。

LMGTクラス1位 #27KRH F430GT
高木 真一
ちょっと雨が降りそうだったので、早めにコースに入れようと思っていたんですが、 タイヤが暖まった一番おいしいところで雨が降ってきて、2周目で陽射しが出てくる展開でした。本当はもっといいタイムを出せたはずでした。
430GTは素性もよく、ミシュランタイヤもいいので、それも後押ししてくれましたね。
これで最後のレースになりますが、無理をせず、チャンピオンを獲っていくレースを心がけて走ります。

青山 光司
昨年はここだけが勝てませんでした。
今年は全戦全勝を掲げてここまでやってきたので、最後も勝ってクラスタイトルを獲って終わりたいです。

新田 守男
ポルシェはロングランの性能が良くできているので、最善を尽くして決勝を迎えられるようつとめています。全戦全勝をものにして、 クラスタイトルを決めたいです。
去年はS耐で全戦全勝をしましたが、最終戦のもてぎでは尋常じゃない緊張感がありました。魔物がいる、というか、 変なプレッシャーに負けないよう心がけます。

まとめ:Kazuhisa SUEHIRO / Photo: Yoshinori OHNISHI

スーパー耐久

S耐:第6戦菅生 雨のため公式予選は順延に

2007スーパー耐久シリーズ第6戦菅生の公式予選は、台風接近に伴う悪天候のため、本日の走行をキャンセルし、 決勝日朝に順延されることとなった。

当初予定では午後1時30分より行われる予定だった公式予選だが、台風20号の接近により、強い雨がスポーツランド菅生に降り注ぎ、 コース上の4箇所に水溜りができる状態となった上、霧で視界の確保も困難になったため、 一旦は開始時刻を遅らせて天候の回復を待つこととなった。

しかし、天候とコースコンディションは一向に回復の兆しを見せなかったため、本日の走行をキャンセルし、 明日朝8時より予定されていたフリー走行の時間を予選に充てるという決定が午後3時の時点で下されることとなった。

これにともない、本来なら4クラスを2グループに分けて実施される予選は、全クラス混走とされ、Aドライバー15分、 Bドライバー15分のセッションをインターバルなしに連続で行うこととなった。

Text:Kazuhisa SUEHIRO 現地情報:Keiichiro TAKESHITA

JAPAN LE MANS CHALLENGE

JLMC:第4戦岡山グリッド予選 ザイテック野田痛恨のミス!ポールポジションは無限クラージュの手に

全日本スポーツカー耐久選手権第4戦、「ジャパン・ルマン・チャレンジin岡山」のグリッド予選は、 #16無限クラージュLC70(黒澤治樹/中野信治組)が1分22秒135でポールポジションを獲得した。

午後3時35分、JLMC最後のグリッド予選が開始された。
今回もエントリー台数10台ということで、クラスごとの専有走行はせず、各クラス混走の20分間のセッションとなった。

jlmc_r04_gq_courage

jlmc_r04_gq_gc21

jlmc_r04_gq_550gts

jlmc_r04_gq_f430gt

jlmc_r04_gq_spin

予選開始と同時に、#15KK-LMを先頭に各車一斉にコースイン。
午前中は走行しなかったGT1の#7ポルシェ996GT3も今回は走行に加わった。
ここで細かい雨が降り始めたが、コースコンディションへの影響は殆ど見られなかった。
ただしLMP1の2台は集団から少し間隔をとり、開始から3分45秒でまず#16無限クラージュがコースインした。 アタックを担当するのは黒澤治樹だ。
アウトラップを含めて2周のウォームアップの後、黒澤の叩き出したタイムは1分22秒135。
その後2周を流してピットイン。無限クラージュはここで早々と走行を切り上げた。

#22ダンロップザイテックは開始から11分が経過したところで漸くコースイン。野田英樹がステアリングを握った。
ところがアウトラップのヘアピンでいきなりスピン。
後続が通過するのを待って走行を再開した野田は、1周のウォームアップの後、アタックに入り、1周目1分22秒888、 2周目1分22秒540と徐々にペースを上げ、3周目のセクター1で区間ベストをたたき出したが、ダブルヘアピンの1個目で姿勢を乱し、 この周のアタックを諦めた。

LMP2クラスは、ポイントリーダーの#18エイムスポーツGC-21が富澤勝のドライブで1分28秒610でトップ。 2位の#15KK-LMに2秒半もの大差をつけた。

LMGT1トップは#21フェラーリ550の飯田章。タイムは1分32秒811だったが、 これをLMGT2の高木真一の駆る#27フェラーリ430が上回り、1分32秒362で総合5位につけた。

第4戦決勝は明日午前11時より、271周で戦われる。

Text:Kazuhisa SUEHIRO / Photo: Yoshinori OHNISHI

JAPAN LE MANS CHALLENGE

JLMC:第4戦岡山グリッド予選結果

全日本スポーツカー耐久選手権シリーズ第4戦 -RIJ- (2007/10/27) Grid Qualifying Weather:Cloudy Course:Dry
2007 JAPAN LE MANS CHALLENGE Round 4 岡山国際サーキット 3.703km

PosClassCls
Pos
NoCar
Maker Model
DriverTireTimeBehindGapkm/h
1P1116無限 COURAGE LC70
COURAGE LC70
黒澤 治樹
中野 信治
MI1'22.135--162.304
2P1222DUNLOP Zytek05S
Zytek 05S
野田 英樹
山崎 信介
DL1'22.540 0.405 0.405161.507
3P2118Aim Sprots GC-21
MOONCRAFT GC-21
富澤 勝
麻生 裕二
黒澤 翼
YH1'28.610 6.475 6.070150.444
4P2215KK-LM MAX MYST ADVAN
RS.KK-LM
伊藤 俊哉
植田正幸
廣田 秀機
YH1'31.142 9.007 2.532146.264
5GT2127Ferrari F430 GT
FERRARI F430 GT
青山 光司
高木 真一
新田 守男
MI1'32.36210.227 1.220144.332
6GT1121DUNLOP Ferrari 550 GTS
FERRARI 550 GTS Maranello
飯田 章
藤井誠暢
一ツ山 幹夫
DL1'32.81110.676 0.449143.634
7P23111ガレージプラスワン・スクーデリア・ミスト
OSCAR SK-93
橋本 達也
古谷 直樹
脇 知邦
YH1'34.16112.026 1.350141.575
8GT2220DUNLOP PORSCHE 997
PORSCHE 997 GT3 RSR
福山 英朗
谷口 行規
羽根 幸浩
DL1'34.67412.539 0.513140.807
9GT23910910 WAKO'S PORSCHE
PORSCHE 996 GT3R
中山 良明
DRAGON
吉田 基良
YH1'35.23913.104 0.565139.972
10GT12*7SCUDERIA FORME GT3-R
PORSCHE 996 GT3R
小嶋貞一
藤野 昌弘
長舗 毅一郎
YH1'43.30721.172 8.068129.041
  • CarNo.7は、ドライバー予選、グリッド予選にて基準タイムに満たなかったため、10/28(日)のJLMCフリー走行にてBドライバー(藤野昌弘選手)の走行状態を確認し、決勝レースへの出走の可否を判断するものとする。

JAPAN LE MANS CHALLENGE

JLMC:第4戦岡山ドライバー予選 総合トップはザイテック

2007全日本スポーツカー耐久選手権第4戦、「ジャパン・ルマン・チャレンジin岡山」のドライバー予選は、 既に第3戦でタイトルを決めている#21ダンロップザイテック05s(野田英樹/山崎信介組)がここでも速さをみせ、 1分23秒296で総合トップとなった。

jlmc_r04_dq_zytek

jlmc_r04_dq_courage

jlmc_r04_dq_550gts

ルマン規定で行われる全日本選手権、JLMCもいよいよこの岡山で最後。
既にLMP1とLMGT1のタイトルは第3戦もてぎで決着しているが、LMP2とLMGT2のタイトル決定はこの岡山に持ち越された。
特にLPM2クラスは、ランキングトップの#18エイムスポーツGC-21が14ポイント、同2位の#15KK-LM MAXミストアドバンが13ポイントという接戦だ。

公式予選最初のセッション、出場全ドライバーが基準タイム通過を賭けて戦うドライバー予選は午前10時30分から1時間で行われた。
ここでもトップタイムを記録したのは#21ザイテック。野田英樹が1分23秒296をセッション序盤で記録した。 山崎信介もコンスタントに24秒台のタイムを記録しており、二人とも問題なく基準タイムをクリアした。
総合2番手の#16無限クラージュは中野信治が1分23秒408。黒澤治樹も23秒台を出しており、 午後のグリッド予選では熾烈なポールポジション争いが期待できそうだ。

LMP2は#18GC-21が1分29秒052でトップとなり、クラス2位の#18KK-LMに2秒以上の差をつけた。
GT1トップは#20フェラーリ550で1分29秒811。
GT2は#27フェラーリ430が1分32秒515でトップだった。

明日のスターティンググリッドを決めるグリッド予選は今日午後3時35分より、20分間で行われる。

Text:Kazuhisa SUEHIRO / Photo: Yoshinori OHNISHI

JAPAN LE MANS CHALLENGE

JLMC:第4戦岡山ドライバーズ予選結果

全日本スポーツカー耐久選手権シリーズ第4戦 -RIJ- (2007/10/27) Drivers' Qualifying Weather:Cloudy Course:Dry
2007 JAPAN LE MANS CHALLENGE Round 4 岡山国際サーキット 3.703km

PosClassCls
Pos
NoCar
Maker Model
DriverTireTimeBehindGapkm/h
1P1122DUNLOP Zytek05S
Zytek 05S
野田 英樹
山崎 信介
DL1'23.296--160.041
2P1216無限 COURAGE LC70
COURAGE LC70
黒澤 治樹
中野 信治
MI1'23.408 0.112 0.112159.826
3P2118Aim Sprots GC-21
MOONCRAFT GC-21
富澤 勝
麻生 裕二
黒澤 翼
YH1'29.052 5.756 5.644149.697
4GT1121DUNLOP Ferrari 550 GTS
FERRARI 550 GTS Maranello
飯田 章
藤井誠暢
一ツ山 幹夫
DL1'29.811 6.515 0.759148.432
5P2215KK-LM MAX MYST ADVAN
RS.KK-LM
伊藤 俊哉
植田正幸
廣田 秀機
YH1'31.350 8.054 1.539145.931
6GT2127Ferrari F430 GT
FERRARI F430 GT
青山 光司
高木 真一
新田 守男
MI1'32.515 9.219 1.165144.093
7GT22*20DUNLOP PORSCHE 997
PORSCHE 997 GT3 RSR
福山 英朗
谷口 行規
羽根 幸浩
DL1'34.11310.817 1.598141.647
8GT23910910 WAKO'S PORSCHE
PORSCHE 996 GT3R
中山 良明
DRAGON
吉田 基良
YH1'34.94711.651 0.834140.403
9P23111ガレージプラスワン・スクーデリア・ミスト
OSCAR SK-93
橋本 達也
古谷 直樹
脇 知邦
YH1'35.72812.432 0.781139.257
---- 以上予選通過 ----
-GT1-7SCUDERIA FORME GT3-R
PORSCHE 996 GT3R
小嶋貞一
藤野 昌弘
長舗 毅一郎
YHAbsence---
  • CarNo.20の福山選手は、2007岡山国際サーキット4輪レース一般競技規則第8章第41条(ピットレーンの速度規制)違反により、罰金3万円を課す。
  • CarNo.7は、2007年全日本スポーツカー耐久選手権統一規則第3章第25条7.(出走嘆願)の提出により、グリッド予選への出走を認める。

Formula Nippon

FN:第8戦もてぎ トヨタRV8JエンジンのB.トレルイエが3位表彰台 (TOYOTA)

07fn_08
3位表彰台を獲得したB.トレルイエ
(#1 mobilecast IMPUL)

 全日本選手権フォーミュラ・ニッポンの第8戦が10月20日(土)と21日(日)の両日、栃木県のツインリンクもてぎで開催された。シーズンは残り2戦となり、タイトル争いも佳境を迎えた。同コースでは5月に第3戦が行われているが、第3戦の300kmに比べ今回は250kmと距離が短く、ノーピット作戦も可能性があるため、戦略面で注目の集まるレースとなった。

 20日(土)午前10時30分から45分間行われた予選第1回目は、太陽は覗き始めたものの、まだ路面に濡れた部分が残ったコンディションで行われ、序盤は各車レインタイヤでコースイン。後半スリックタイヤに履き替えてアタックが展開され、ランキング首位で今大会に臨んだB.トレルイエ(mobilecast IMPUL)が3番手、本山哲(Arabian Oasis IMPUL)が4番手、これにR.クインタレッリ(INGING)、A.ロッテラー(TOM'S)が続いた。

 午後2時45分から行われた予選第2回目は、雲は出てきたものの、路面は完全ドライコンディションとなり、終盤激しいタイムアタックが繰り広げられた。トヨタエンジン搭載車では本山哲が3番手で最上位、立川祐路(TEAM CERUMO)が4番手に入り、B.トレルイエは5番手となった。しかし、本山哲は前戦終了後にエンジンを交換しており、決勝は10グリッド降格のペナルティを受け、13番手グリッドスタートを余儀なくされることとなった。

 21日(日)午後2時34分に52周で争われる決勝がスタート。4番手グリッドのB.トレルイエが好スタートで2位に浮上、6番手グリッドのA.ロッテラーも3位にジャンプアップ。立川祐路が4位、7番手グリッドの横溝直輝(INGING)が5位に浮上して序盤戦へと突入した。しかし、A.ロッテラーはジャンプスタートによるペナルティを受け14位まで後退。一方、好走を見せる横溝直輝はB.トレルイエもかわし一時は3位を走行。初のポイント獲得の期待が高まったが、33周を終えたところでトラブルに見舞われ無念のリタイアとなってしまった。

 B.トレルイエは34周目までピットインを遅らせる作戦に出たが、ピットイン後の追い上げはならず、3位でフィニッシュ。しかし、ポイントランキングでは首位の座を守り、タイトル争いは最終戦へともつれ込むこととなった。4位にはペナルティによる後退から果敢な追い上げを見せたA.ロッテラーが入った。また、ランキング上位につける松田次生(mobilecast IMPUL)は11番手と後方グリッドからのスタートながら、見事な追い上げで5位フィニッシュ。ランキングでは2位と同点(勝利数の差で3位)につけ、タイトル争いに踏みとどまった。

 4ポイント差に3人が入る激戦となったタイトル争いは、11月18日(日)に鈴鹿サーキットで行われる最終第9戦で決着がつけられることとなる。

Text & Photo: トヨタ自動車株式会社

Japanese F3

F3:第19,20戦もてぎ TDPドライバー大嶋和也がシリーズチャンピオン獲得! (TOYOTA)

もてぎでの最終戦はTDPドライバーが表彰台を独占
07f3_09
2007年の全日本F3シリーズチャンピオンを獲得した大嶋和也

 全日本F3選手権第9大会(第19戦、第20戦)が10月20日(土)と21日(日)の両日、栃木県のツインリンクもてぎで開催された。今大会はシリーズの最終大会となり、チャンピオンが決定する。2週間前に行われたオートポリス大会での3連戦の結果、ランキング首位のR.ストレイト(INGING)を、僅差でO.ジャービス(TOM'S)、TDPドライバーの大嶋和也(TOM'S)が追い、この3台がタイトルの可能性を残して最終大会に臨んだ。

 今大会には11台がエントリーし、トヨタ・トムス3S-GEエンジン搭載車が5台、トヨタ・トムス1AZ-FEエンジン搭載車が2台出場した。

 20日(土)、午前9時35分から15分ずつ、10分のインターバルを挟んで第19戦と第20戦の予選が行われた。前夜降っていた雨は朝までには止み、予選開始時に路面は濡れていたが、好天の下、乾いて行くコンディションで予選が開始された。前日行われた練習走行からタイトルを争う3台による激しいタイム争いが繰り広げられていたが、予選でもこのバトルは続き、第19戦予選ではランキングトップのR.ストレイトがポールポジションを獲得。これにO.ジャービス、大嶋和也が続き、ランキングトップ3が予選トップ3を確保。惜しくもタイトル獲得の可能性は失ったものの、前戦2勝目を挙げ好調のTDPドライバー石浦宏明(TOM'S)が4番手で続いた。

 第20戦の予選では、ほぼ走行ラインはドライとなり、各車がタイムアップ。O.ジャービスと大嶋和也が激しいアタック合戦を繰り広げたが、最後のアタックで大嶋和也が僅か100分の1秒上回り、ポールポジションを獲得。O.ジャービスが最前列2番手、石浦宏明が3番手に入り、R.ストレイトは2列目4番手につけた。TDPドライバーのルーキー関口雄飛(NOW MOTORSPORT)が5番手でこれに続いた。

 午後1時30分に第19戦の決勝レースがスタート。路面は完全なドライで14周のレースが行われた。ポールポジションのR.ストレイトは順調なスタートを切ったが、2番手のO.ジャービスが遅れ、この隙をついて3番手グリッドの大嶋和也が2位に躍進。大嶋和也はファステストラップをマークする走りで追い上げたが僅かに及ばず、2位でフィニッシュ。R.ストレイトがポール・トゥ・ウィンで今季7勝目を挙げた。O.ジャービスは3位フィニッシュを果たしたが、この時点でタイトル争いからは脱落。タイトル争いはR.ストレイトと大嶋和也の2名に絞られ、日曜日の最終第20戦で決定されることとなった。

 21日(日)午後12時20分に20周で競われる第20戦の決勝レースがスタート。ポールポジションの大嶋和也、2番手のO.ジャービスがまずまずのスタートでポジションを守る中、その後方で3番手スタートの石浦宏明を4番手スタートのR.ストレイトがパスしようとして接触。R.ストレイトは最後尾まで後退を余儀なくされてしまった。これで楽になった大嶋和也はそのままトップでチェッカー。ポール・トゥ・ウィンで今季6勝目を挙げ、見事シリーズチャンピオンの座に輝いた。日本人ドライバーによる全日本F3チャンピオンは5年ぶりであり、また、TDPドライバーとしては初の全日本F3タイトル獲得という快挙となった。

 2位には、最後まで石浦宏明との2位争いを繰り広げ、このバトルを抑えきった関口雄飛が、自身今季最高位、そしてF3で初めての表彰台フィニッシュを飾った。石浦宏明は3位に入り、最終戦はTDPドライバーによる表彰台独占で締め括られた。

Text & Photo: トヨタ自動車株式会社

Formula Nippon

FN:第8戦もてぎ決勝 上位3人のコメント

小暮 卓史(優勝)

fn_r08_r_pc_kogure スタートは悪くなく、「決まった」と言える出来でした。序盤は作戦通り後続を引き離すことができ、自分のペースで走れました。 ピットアウトの時に松田選手に引っかかりましたが、それ以外はペースも燃費も最後まで問題なく走れました。
ここ数戦ロイックとは良い戦いができてて、お互いに力も認め合ってるし、一番のライバルといえます。 今日スタートを失敗するのを見たときは正直ほっとしましたが、チャンピオンシップのこともあったので、 「せめてブノワの前でフィニッシュしてくれ」と思っていました。
今週はチャンピオンシップの可能性を鈴鹿に繋げることだけを考えてレースをしていたので良かったです。 1レースで4ポイント差は厳しいですが、レースの流れはPIAAナカジマに来ていると思うので、鈴鹿でもこの流れでいって、 自分のベストを尽くすのみです。

ロイック・デュバル(2位)

fn_r08_r_pc_duval 今日のレースは良くも悪くもありませんでした。スタートは全然好くなかったです。 フリー走行からクラッチの調子が良くなかったので今朝交換したんですが、スタートでも同じ症状が出てしまい、 一時は8位まで落ちてしまいました。
それでも2位まで挽回しましたが、どうしてもコグレとの差を詰めることができませんでした。
まぁチームにとっては最高の結果になったので、それに関しては良かったと思います。
もしコグレに追いつけたとしても、抜くことができたかどうかは分かりませんからね。
最終戦では、少なくともランキング4位は狙っていきたいです。

ブノワ・トレルイエ(3位)

fn_r08_r_pc_treluyer スタートは良かったけど、その後のレースは良くなかったです。
序盤はタイヤに負担をかけすぎたし、速いクルマに次々に抜かれてしまったので「2ストップでもやる気なのか」と思ったぐらいでした。
それでも20周以降はクルマも安定してきたので、できる限りハードにプッシュしました。
クルマの状態は良かったけど、作戦が失敗だったようですね。
(カナーンの参戦について)良いドライバーだとは聞いていますが、それでもフォーミュラニッポンは簡単なレースじゃないので、 いきなり結果を出すのは難しいと思いますよ。聞いた話ではナカジマさんのチームから出るようですが、それがどういう影響を及ぼすのか。 せめてポイント争いをしている僕らの間に割って入らなければ良いなと思っています。

中嶋 悟(優勝チーム監督)

fn_r08_r_pc_nakajima 良いドライバーと良いメカニックに恵まれ、これ以上出しようのない最高の結果を得られたことは、チーム監督として非常に嬉しく思います。 これ以上どう表現していいかも分からないほどです。
小暮君は一見荒削りですが、速さは以前から持っていました。今はその荒さがとれて、速さだけが残った感じですね。 少し頭が良くなったんでしょう(笑)

まとめ: Kazuhisa SUEHIRO / Phot: Yoshinori OHNISHI

Formula Nippon

FN:第8戦もてぎ決勝 小暮がぶっちぎりで今季3勝目!PIAAナカジマは3年ぶりの1-2フィニッシュ!

ツインリンクもてぎで開催された2007全日本選手権フォーミュラニッポン第8戦は、#32小暮卓史(PIAA NAKAJIMA)がポールポジションからハーフタンクで逃げる積極策で後続をぶっちぎり、今季3勝目、前戦菅生に続いて2連勝を飾った。
これによりポイントランキングでも松田次生と同点の2位に浮上し、このレースを3位で終えた#1ブノワ・ トレルイエとの差を4ポイントに縮めた。
2位には小暮のチームメイト、#31ロイック・デュバルが入り、2004年第1戦鈴鹿以来のPIAAナカジマの1-2フィニッシュとなった。

fn_r08_r_start

fn_r08_r_kogure

fn_r08_r_duval

fn_r08_r_treluyer

fn_r08_r_finish

fn_r08_r_podium

第8戦決勝は午後2時30分にフォーメーションラップ開始。
スタートで2番グリッドのデュバルがクラッチトラブルにより大きく出遅れる。その脇を予選5番手のトレルイエがすり抜けて2位に浮上、 その後方からは7番手スタートのロッテラーも3位にジャンプアップしてきた。
しかしこのロッテラーに対してはジャンプスタートの裁定が下り、ロッテラーは5周終わりでピットインすることになった。
その後方では予選8位の横溝直輝、予選12位の松田次生が次々に前車を抜き去って1周目をそれぞれ5位、7位で戻ってきた。
その後方では接触によりファビオ・カルボーン、井出有治らがピットイン。

そうした後方の動きを尻目にポールシッターの小暮はスタートから一気に後続を突き放しにかかり、 3周終了時点で2位のトレルイエとの差は5秒091に開いた。

ストール寸前の状態に陥って一旦は8位まで順位を落としたデュバルも瞬く間に順位を回復し、4周目までに4位まで挽回してきた。 さらにロッテラーのドライブスルーで5周終わりでは3位に繰り上がったデュバルは、先行するトレルイエをも猛然と追い上げ、 7周目の90度コーナーでアウトから被せて2位を奪い返した。
この時点でトップの小暮と2位デュバルとの差は10秒106。

2台ともハーフタンクで序盤からハイペースで逃げを打ち、30秒以上もの給油時間のロスを帳消しにする作戦を採っており、 この時点で既にデュバルが小暮を逆転する可能性はほぼなくなっていた。

横溝、クインタレッリのインギング勢もまた、中嶋企画と同様の作戦を採っており、横溝はあっという間に4位立川を抜き去ると、 一気にトレルイエの背後に追いつき、11周目のダウンヒルストレートでインから並びかけて3位に浮上する。
しかし横溝は22周目のルーティンストップを済ませた後、33周終わりで再びピットイン。駆動系のトラブルによりここでレースを終えた。

一方、インパル勢はいずれもタイヤ交換に要する時間分のみ給油するというコンベンショナルな作戦。
それでも松田は序盤に順位を稼いで7位に浮上すると、クインタレッリの猛追をしのぎながら、安定したペースで周回を重ねていく。

ナカジマ勢はデュバルが25周終わり、トップの小暮は28周終わりでピットイン。
60リットル以上の給油を済ませてコースへ戻っていく。
ところが小暮はここでまだピットストップを済ませていない松田のすぐ後ろに入ってしまい、これを攻略するのに6周を要してしまった。

しかし小暮は33周終わりのホームストレートで松田のインを半ば強引にこじ開け、順位を一つ回復する。
その後、トレルイエや立川が相次いでピットストップを行った結果、小暮は36周目に再びトップに返り咲くと、 その後は後続に全く付け入る隙を与えず、最後は2位のデュバルに11秒313の大差をつけてフィニッシュ。今季3勝目を、 菅生から2戦連続のポール・トゥ・ウィンという形で挙げることとなった。
これにより中嶋企画は、2004年第1戦鈴鹿以来、実に3年ぶりの1-2フィニッシュを達成。奇しくもこのレースは、 小暮にとっては初めてのフォーミュラニッポン優勝でもあった。
小暮はこのレースで10ポイントを得、合計41ポイントでシリーズ2位に浮上した。

3位はランキングトップのトレルイエ。軽いタンクで暴れまわるドライバーたちの猛追を受けながら、しぶとく表彰台に踏みとどまり、 6ポイントを加算して合計45ポイントで最終戦を迎える。

この週末を通して不調に苦しんだランキング2位の松田も結局このレースを5位で終え、 小暮と同ポイントの41点で地元鈴鹿での逆転王座に望みを繋いだ。

一方、本山はこのレース11位に終わりノーポイント。完全にチャンピオン争いから脱落した。

2007シーズン最終戦は鈴鹿サーキット。11月18日決勝だ。

Text: Kazuhisa SUEHIRO / Photo: Keiichiro TAKESHITA

Formula Nippon

FN:第8戦もてぎ決勝結果

Fニッポン -RIJ- (2007/10/21) Race Result Weather:Fine Course:Dry
2007 Formula Nippon Round 8 ツインリンクもてぎ(ロードコース) 4.801379km

PNoDriverTeamEngineLapTime /
Behind
132小暮 卓史PIAA NAKAJIMAHONDA HF386E522:25'01.278
231ロイック・デュバルPIAA NAKAJIMAHONDA HF386E5211.313
31ブノワ・トレルイエmobilecast IMPULTOYOTA RV8J5221.658
4*36アンドレ・ロッテラーDHG TOM'STOYOTA RV8J5228.194
52松田 次生mobilecast IMPULTOYOTA RV8J5251.032
633ロニー・クインタレッリBOSS.INGINGTOYOTA RV8J5251.500
740ビヨン・ビルドハイムDoCoMo DANDELIONHONDA HF386E5255.533
84ジョアオ・パオロ・デ・オリベイラCARCHS KONDOTOYOTA RV8J5256.460
911立川 祐路TEAM CERUMOTOYOTA RV8J5258.464
107片岡 龍也Team LeMansTOYOTA RV8J521:15.980
1119本山 哲Arabian Oasis IMPULTOYOTA RV8J521:21.467
128高木 虎之介Team LeMansTOYOTA RV8J521:22.101
1337荒 聖治DHG TOM'STOYOTA RV8J521:29.779
1456金石 年弘ARTAHONDA HF386E521:32.013
1520ミハエル・クルムArabian Oasis IMPULTOYOTA RV8J511Lap 
163柳田 真孝CARCHS KONDOTOYOTA RV8J511Lap 
175平中 克幸SG 5ZIGENHONDA HF386E511Lap 
1841ファビオ・カルボーンDoCoMo DANDELIONHONDA HF386E511Lap 
-------- 以上規定周回(46 Laps)完走 --------
1934横溝 直輝BOSS.INGINGTOYOTA RV8J3319Laps
206吉本 大樹SG 5ZIGENHONDA HF386E745Laps
2155井出 有冶ARTAHONDA HF386E052Laps
  • シャーシーは全車Lola FN06、タイヤは全車BSです。
  • Fastest Lap: CarNo.32 小暮卓史(PIAA NAKAJIMA) 1'35.775 (2/52) 180.47km/h
  • CarNo.36は、2007年全日本選手権フォーミュラ・ニッポン統一規則第27条14.(反則スタート)により、ドライビングスルーペナルティを課された。

Japanese F3

JF3:第20戦もてぎ決勝 上位3人のコメント

f3_r20_r_pc f3_2007_champion

大嶋 和也(優勝/2007シリーズチャンピオン)
2年目のF3をやることになって、去年はランキング2位だったので、今年は絶対チャンピオンを獲らないといけないと思っていました。
前半はいいレースができていたんですが、もてぎ、岡山と自分のミスなどもあってつまづいてしまい、悩んだ時期もありました。 でもシーズン中盤以降は「これ以上悪くなんかならない」と気持ちを切り替えたら、またうまくいくようになりました。
仙台では「ここでチャンピオンを決めよう」と気合が入りすぎて失敗したので、今回は落ち着いてレースをするように心がけました。 今日も普通に走って普通にレースをしただけです。
途中、後ろを走っていたオリバーが止まってしまったときは、原因が分からなくて不安になりましたが、なんとか最後までもってくれましたね。
日本のF3でチャンピオンが獲れたので、来年はぜひヨーロッパに行きたいです。行きたい希望はありますが、まだ何も聞かされてません。でも、 こうやって言い続けてれば聞いてもらえるんじゃないかと思って。

関口 雄飛(2位/今季初の表彰台)
予選5番手からのスタートですし、もてぎは抜けないコースだと分かっていたので、スタートと1周目で何としても順位を上げないと、 と思っていましたし、クルマのほうもそれを想定してスタートと序盤に合わせてセッティングしてきました。
ここまでスタートで失敗ばかりしていたので、FCJのスタートシグナルのタイミングを見ていたら、どうも赤が点いてからが長いな、と。 本番のスタートでも中々消えてくれないので、「もういいや」って出て行ったらたまたまタイミングがどんぴしゃでした。
3位まで上がって、ジャービスに追いつこうとプッシュしていったらS字で飛び出してしまい、前との間隔が開いてしまいました。
F3のデビューシーズンは駄目な一年になりましたが、最後に表彰台に上がれたことで、来年に向けてはいいアピールになったかな、と思います。

石浦 宏明(3位)
スタートで前のストレイトが良くなかったので、抜こうと思ってアウトから並びかけたら、1コーナーで更にアウトから関口が来ていて、 ラインが厳しくなって抜かれてしまいました。3コーナーではストレイトがアウトから並んできて、ボクとしては行き場がありませんでした。 チャンピオンシップに影響する結果になったのは残念です。
ボクは終盤に前に離されて終わってしまうレースが多いので、今回2位を追い上げる展開で終われたことには満足しています。

まとめ: Kazuhisa SUEHIRO / Photo: Yoshinori OHNISHI

Japanese F3

JF3:第20戦もてぎ決勝結果

全日本F3 -RIJ- (2007/10/21) Race Results Weather:Fine Course:Dry
All Japan F3 Championship Round 20 ツインリンクもてぎ(ロードコース) 4.801379 km

PNoDriverCarChassisEngineLapTime/Behind
136大嶋 和也TDP TOM'S F307DALLARA F3061AZ-FE2035'53.867
233関口 雄飛広島トヨタ・ダラーラF305DALLARA F3053S-GE209.586
337石浦 宏明TDP TOM'S F307DALLARA F3073S-GE2010.301
414安田 裕信ThreeBondDALLARA F306SR20VE2017.715
53ロベルト・ストレイトINGING F306DALLARA F3063S-GE2031.786
611伊沢 拓也Honda Real F307DALLARA F307MF204C2038.515
72中山 友貴Honda・戸田 FIGHTEXDALLARA F307MF204C2041.923
810塚越 広大Honda Real F307DALLARA F307MF204C2042.331
916石川 資章Mainte・ShiOnFmuDALLARA F3063S-GE191 Lap 
-------- 以上規定周回数 ( 18 Laps ) 完走 --------
-62嵯峨 宏紀DENSO・ルボーセF306DALLARA F3063S-GE173 Laps
-1オリバー・ジャービスDHG TOM'S F307DALLARA F3061AZ-FE713 Laps
  • Fastest Lap: CarNo.36 大嶋和也(TDP TOM'S) 1'46.903 (16/20) 161.69km/h

Japanese F3

JF3:第20戦もてぎ決勝 大嶋和也がポールトゥウインでシリーズチャンピオン決定!

 全日本F3選手権第20戦(最終戦は)、栃木県のツインリンクもてぎで決勝を行い20周を走って、大嶋和也が今季6勝目。同時に今シーズンの全日本F3ドライバーズチャンピンも獲得することとなった。2位には関口雄飛(広島トヨタ)、3位には石浦宏明(TDP TOM'S)が入った。

 「普通にスタートして、普通に走れば逃げ切る自信はあります」と昨日の予選後記者会見で語った大嶋和也(TDP TOM'S)。言葉どおり、トップで1コーナーへ入った瞬間、2007年の全日本F3チャンピンは彼に決定した。

f3_r20_r_start

f3_r20_r_ohshima

f3_r20_r_finish

f3_r20_podium

 ツインリンクもてぎは午後からやや風があるものの日差しも強くなり、気温も上昇気味。12時30分、いよいよ今シーズンのチャンピオンが決まる最終戦のフォーメーションラップが始まった。

 スタートを制し、1コーナーでホールショットを奪ったのはポールポジションの大嶋和也(TDP TOM'S)。2位に予選2位のオリバー・ジャービス(DHG TOM'S)が続くが、同3位の石浦宏明(TDP TOM'S)、同4位のロベルト・ストレイト(INGING)を出し抜いて3位に上がってきたのはなんと同5位の関口雄飛(ナウ)。4,5位に落ちた石浦とストレイトは絡むように3コーナーへ。ストレイトは堪らずコースアウトし、復帰するも最後尾に落ちた。このまま2位以上でゴールすれば大嶋のチャンピオンは決定だ。

 その後も大嶋は快走。4周目、5コーナーで塚越広大(Real)、8周目V字コーナーでジャービスがストップするなど、下位のトラブルを尻目に悠々と20周を走り切り、ポールトゥウイン。今季6勝目を上げるとともに今シーズンのドライバーズタイトルを獲得した。

 日本人が全日本F3チャンピオンになるのは2002年の小暮卓史以来久々の5年ぶり。大嶋にとってもビッグな勲章となり、これを引っさげて来シーズンはヨーロッパへ旅立つこととなる。

 2位には関口が入り、嬉しい初表彰台。3位には石浦が入った。

 ストレイトはコースアウト後、猛追したものの5位。総得点では大嶋を上回るものの有効ポイント制のため届かず、惜しくもドライバーズランキング2位で今シーズンを終えることとなった。

Text: Yoshinori OHNISHI / Photo: Keiichiro TAKESHITA

Formula Nippon

FN:第9戦鈴鹿にトニー・カナーンのスポット参戦が決定!

T-Kanaan日本レースプロモーション(JRP)は10月22日、 フォーミュラニッポン第8戦が開催されているツインリンクもてぎで記者会見を行い、 今年のインディジャパン300マイル優勝者で2004年インディカーシリーズチャンピオンのトニー・ カナーンのスポット参戦が決定したことを発表した。

カナーンが参戦するのは11月17・18日に鈴鹿サーキットで開催されるフォーミュラニッポン最終戦。
今回はJAFの特別承認参加ということで、全日本選手権ポイントの対象外という扱いだが、 アメリカンモーターレーシングのトップクラスのドライバーが日本最高峰のフォーミュラレースでどんな走りを見せるか、大いに注目される。

なお所属チーム、体制などは現時点では未定とのことだ。

トニー・カナーン選手のプロフィール
1974年12月31日生まれ
出身地:バヒア・サルバドール市(ブラジル)
現在の住所:フロリダ州マイアミ
身長:163cm
体重:67kg

主な戦績
1991年ブラジル・フォーミュラ・フォードで四輪デビュー(シリーズ6位)
1994年イタリアン・フォーミュラ・ユーロ・ボクサーシリーズチャンピオン
1997年インディライツシリーズチャンピオン
1998年CARTルーキー・オブ・ザ・イヤー
2004年インディカーシリーズチャンピオン
2007年インディカーシリーズランキング3位

IRLでの戦績
出走回数:81回
初出走:2002年5月26日(インディ500マイル)
初ポールポジション:2003年3月2日(マイアミ)
初優勝:2003年3月23日(フェニックス)
優勝回数:12回(2007シーズンはもてぎを含めて5勝)
生涯獲得賞金額:$9,151,299

Text: Kazuhisa SUEHIRO / Photo: 株式会社日本レースプロモーション

Japanese F3

JF3:日本F3協会が2007年マカオGP出場ドライバーを発表

f3_macau_all

日本フォーミュラスリー協会は10月21日、全日本F3選手権第19戦・20戦が開催されているツインリンクもてぎで、 2007年マカオGPに参戦するドライバーの合同記者会見を行った。
参加したのは、

大嶋和也(トムス)
オリバー・ジャービス(トムス)
ロベルト・ストレイト(プレマパワー)
塚越広大(マノーモータースポーツ)
伊沢拓也(フォーテック)

の5名。(カッコ内はマカオGPで所属するチーム)
いずれも2007シーズンのトップランカーたちだ。
会見に臨んだドライバーたちは、マカオに参戦できる喜びや抱負をそれぞれの口調で語った。
また、いくつかのヨーロッパのチームやドライバーを具体的に挙げてライバル視する発言も出るなど、 このレースにかける意気込みがひしひしと伝わってくる会見となった。

参加ドライバーのコメント

ロベルト・ストレイト

f3_macau_streit 昨年と同じチームから出場することになりました。
昨年は初参戦にしてはいいレースができましたし、今年はトップ5かトップ6ぐらいはいけると思います。 昨年もクルマのポテンシャルを引き出せたと思いますし、自分のパフォーマンスも発揮できましたが、サーキットには本当にびっくりしました。 一瞬も気が抜けないし、常に100%プッシュしていないとすぐにおいてかれてしまう。実にユニークな経験をしましたね。
今年の参加メンバーだと、10人くらいは勝てるドライバーがいます。ニコ・ヒュッケンベルグやセバスチャン・ブエミ、カムイ・ コバヤシなんかは要注意ですし、カーリン・モータースポーツやライコネン・ロバートソンのドライバーも手強いでしょうね。

大嶋和也

f3_macau_ohshima 去年は7位に入りましたが、全然納得できるレースじゃありませんでした。 今回使う1AZエンジンは山側でポテンシャルが見せられると思います。
マカオ用のテストはやっていませんが、エンジンはマカオを想定して開発してきたので心配はしていません。 今回はとにかく最後までずっとコースに残って結果を出します。
今年はエントリーリストを見ると、びっくりするぐらい速いドライバーがそろっていますが、 中でもTDPの可夢偉には何としても勝ちたいですね。

オリバー・ジャービス

f3_macau_javis レースには自信があります。今回は2年目ですからアドバンテージがありますし。難しいコースですから、 一度走っていることは大きなアドバンテージになるんですよ。
トムスは去年も速かったので、今年も二人そろって表彰台に上がりたいし、ボクの目標は優勝です。
昨年はホンダエンジンでしたが、今年はトヨタエンジンでメルセデス勢と戦うことになります。厳しい戦いになると思いますし、 今回は2年目3年目のベテランも多いのでそういう意味でもタフなレースになると思います。
ASMやRR(ライコネン・ロバートソン)、マノーモータースポーツなどのドライバーは要注意ですが、日本のF3もレベルが高いので、 今日ここにいるドライバーやマルコ(アスマー)などの上位ランカーはみんな表彰台に上がる実力があると思います。

塚越広大

f3_macau_tsukakoshi まずは、このチャンスを与えてくれたホンダ、リアル、スーパーアグリと、応援してくれた皆さんに感謝したいです。
マカオに出場できるのも嬉しいですし、レベルの高いレースで戦えることは、ドライバーとして嬉しいことです。
今年のマノーもいいチームですから、昨年以上の結果を出したいです。
今年1年ダラーラで戦ってきたことが生きてくると思いますし、オレンジのマシンで走るので、どこにいても目立つと思いますが、 走りのほうでも負けないように目立ちたいです。
最低でも日本人選手には勝ちたいですね。

伊沢拓也

f3_macau_izawa 去年も出たかったんですけど出場できなかったので、今年出るために観戦に行きました。あとで車で走ってみたんですが、 思ったより狭いコースでしたね。
今年は夏ごろから交渉を始めて出場が決まりました。参戦するドライバーの中には、 ボクがフォーミュラルノーをやっていた頃のライバルもいるので、また一緒にレースをするのが楽しみです。
シーズン最後のレースを光る走りでアピールできたらな、と思っています。
日本人選手の中のトップにはなりたいですね。

Text:Kazuhisa SUEHIRO / Photo: Yoshinori OHNISHI

Formula Nippon

FN:第8戦もてぎフリー走行 トップタイムは横溝!ポールの小暮は11番手に留まる

ツインリンクもてぎで行われている全日本選手権フォーミュラニッポン第8戦の決勝前フリー走行は、 1分35秒323を記録した#34横溝直輝(Team BOSS・INGING Formula Nippon)がトップタイム。
ポールシッターの#32小暮卓史はこのセッション11番手に留まった。

fn_r08_f_yokomizoフリー走行は午前8時20分に開始された。
前回の第3戦では小暮の出した1分37秒136がフリー走行でのベストタイムだったが、 今回は始まってすぐに36秒台を出してくるドライバーが相次ぎ、上位陣はすぐに35秒台に入った。
15分が経過して時点でのトップは#33ロニー・クインタレッリ。
しかし残り8分で本山が1分35秒707でトップに立つと、その2分後に#31ロイック・デュバルが35秒379でトップに。 #55井出有治、#41ファビオ・カルボーンらも好タイムを出してきた。

結局、チェッカー直後に横溝が出した1分35秒323がこのセッションのベストとなった。
なお、ポールシッターの小暮は1分36秒190で11番手に留まった。決勝に向けてどういう作戦を取ってくるのか、要注目だ。

決勝レースは午後2時30分より、52周で行われる。

Text: Kazuhisa SUEHIRO / Keiichiro TAKESHITA

Formula Nippon

FN:第8戦もてぎフリー走行結果

Fニッポン -RIJ- (2007/10/21) Free Session Weather:Fine Course:Dry
2007 Formula Nippon Round 8 ツインリンクもてぎ(ロードコース) 4.801379km

PNoDriverTeamEngineTimeDelayGapkm/h
134横溝 直輝BOSS.INGINGTOYOTA RV8J1'35.323--181.33
231ロイック・デュバルPIAA NAKAJIMAHONDA HF386E1'35.3790.0560.056181.22
341ファビオ・カルボーンDoCoMo DANDELIONHONDA HF386E1'35.4850.1620.106181.02
436アンドレ・ロッテラーDHG TOM'STOYOTA RV8J1'35.5860.2630.101180.83
555井出 有冶ARTAHONDA HF386E1'35.6070.2840.021180.79
619本山 哲Arabian Oasis IMPULTOYOTA RV8J1'35.7070.3840.100180.60
7*2松田 次生mobilecast IMPULTOYOTA RV8J1'35.8870.5640.180180.26
833ロニー・クインタレッリBOSS.INGINGTOYOTA RV8J1'35.8960.5730.009180.25
937荒 聖治DHG TOM'STOYOTA RV8J1'36.0590.7360.163179.94
1020ミハエル・クルムArabian Oasis IMPULTOYOTA RV8J1'36.0910.7680.032179.88
1132小暮 卓史PIAA NAKAJIMAHONDA HF386E1'36.1900.8670.099179.70
121ブノワ・トレルイエmobilecast IMPULTOYOTA RV8J1'36.3050.9820.115179.48
137片岡 龍也Team LeMansTOYOTA RV8J1'36.3711.0480.066179.36
144ジョアオ・パオロ・デ・オリベイラCARCHS KONDOTOYOTA RV8J1'36.4241.1010.053179.26
1540ビヨン・ビルドハイムDoCoMo DANDELIONHONDA HF386E1'36.8211.4980.397178.52
163柳田 真孝CARCHS KONDOTOYOTA RV8J1'36.9751.6520.154178.24
1711立川 祐路TEAM CERUMOTOYOTA RV8J1'36.9841.6610.009178.22
186吉本 大樹SG 5ZIGENHONDA HF386E1'37.1261.8030.142177.96
198高木 虎之介Team LeMansTOYOTA RV8J1'37.1351.8120.009177.95
205平中 克幸SG 5ZIGENHONDA HF386E1'37.4522.1290.317177.37
2156金石 年弘ARTAHONDA HF386E1'38.0642.7410.612176.26
  • シャーシーは全車Lola FN06、タイヤは全車BSです。
  • CarNo.2は、国際モータースポーツ競技規則付則H項違反(ダブルチェッカー)により、罰金30,000円を課す。

Formula Nippon

FN:第8戦もてぎ 予選上位3人のコメント

fn_r08_q_pc

小暮 卓史(ポールポジション)

fn_r08_q_pc_kogure 走り出しからクルマの状態は良くて、ボクもロイックも速いラップタイムを刻みながら金曜日を過ごしました。
今日の予選1発目も悪くなくてトップが獲れ、トータルでも3セットしか使いませんでした。
午後の1セット目のアタックはフロントタイヤを暖めきれず、セクター1では他のドライバーより遅かったんですけど、 後半部分で挽回してタイムアップできました。
最後のアタックでは前の車につっかかってしまったせいで90度コーナーでフロントのダウンフォースが抜けてしまってコースアウトしてしまいました。 だから絶対抜かれると思っていたんですが、トップをキープできてよかったです。
ここで何とか鈴鹿に望みを繋ぐためにも、明日はトップでレースを終わりたいですね。

ロイック・デュバル(予選2位)

fn_r08_q_pc_duval いい形で週末をスタートできたと思います。
午後のアタックでは、コグレより速く走れそうだったんですが、最終コーナーでペナルティリミッターが作動してしまい、 ホームストレートで2速3速4速とスピードが伸びませんでした。それでも二人でフロントローを独占できたので、 チームの強さは見せられたと思います。
実は予選の最後に4セット目を入れようとしたんですけど、アタックする時間が足りませんでした。
明日は5ストップで、1コーナーはクラッシュ覚悟で突っ込んでいきます...........というのは冗談ですが、 とにかく表彰台を目指して頑張ります。

本山 哲(予選3位)

fn_r08_q_pc_motoyama 午前中の予選では、昨日から今日にかけてでアジャストした部分が原因でアンダーが出てしまい、スローコーナーでロスしてしまいました。
クルマはそこそこ仕上がってるんですけど、ナカジマの2台には届きませんでした。
午後も小暮のタイムに挑んだんですが、あれが限界でした。
明日は13番グリッドからのスタートになりますが、ボクもまだチャンピオンの権利があるので、鈴鹿に望みを繋ぐためにも、 なんとしても表彰台を狙っていきます。

まとめ: Kazuhisa SUEHIRO / Photo: Yoshinori OHNISHI

Japanese F3

JF3:第19戦もてぎ 決勝上位3人のコメント

ロベルト・ストレイト(優勝)

f3_r19_r_pc_streit ハードなレースでした。
予選はウェットからドライへとコンディションが変わりましたが、ラッキーなことにポールが獲れました。
決勝のスタートではトップで1コーナーに入れましたが、オオシマがすぐ後ろにくっついてプレッシャーをかけてきたので、 最後まで全力で走らなければなりませんでした。そのため、レース序盤はポイントのことなどとても考える余裕がありませんでしたが、 後半には少し余裕ができました。
明日はスタートが全てだと思います。チャンピオンが取れるかどうかはまだ分かりません。

大嶋和也(2位)
f3_r19_r_pc_ohshima 1回目の予選は難しいコンディションでしたし、自分のミスもあったので3位に終わりましたが、2回目の予選ではポールが獲れました。
今日のレースでは2位に入れれば充分だと思っていたので、狙った通りの結果になって満足しています。優勝も狙っていたんですけど、 ストレイトも速くて、差を詰めるだけで精一杯でした。
明日は普通にスタートして、普通に走れれば、逃げ切る自信はあります。今日2位になれたことで、チャンピオン争いもラクになりました。

オリバー・ジャービス(3位)
f3_r19_r_pc_javis 今日のスタートは最悪でした。あの瞬間、今年のチャンピオンもあきらめるしかなくなりました。オオシマも速くて、追いかけるのは無理でした。
明日はできれば勝ちたいですが、チャンピオン争いの邪魔はしたくないので、クリーンなレースを心がけます。

まとめ: Kazuhisa SUEHIRO / Photo: Yoshinori OHNISHI

Formula Nippon

FN:第8戦もてぎ公式予選2回目 ナカジマ勢がフロントロー独占。小暮が今季3度目のポールを獲得!

全日本選手権フォーミュラニッポン第8戦の公式予選2回目は、午前中の1回目に続いて#32小暮卓史がトップタイム。 2位に同じく#31ロイック・デュバルがつけ、ナカジマレーシングがフロントローを独占する結果となった。

公式予選2回目は午後2時30分開始。
コースコンディションの回復を待った午前中とは異なり、各ドライバーとも序盤から積極的にアタックに取り掛かり、 全てのドライバーが午前中のタイムを上回ってきた。

午前中トップの小暮も2セット目のアタックで1分33秒259と、午前中のベストタイムを更に更新してトップに立った。
予選終了間際に行った3セット目のアタックでは、セクター1、2、3と自己ベストを更新したものの、 90度コーナーのブレーキングで前の車のタービュランスの影響を受けてオーバーラン、大きくタイムをロスしてしまった。
それでも最後まで2セット目のタイムを上回るドライバーは現れなかったため、小暮は今季3度目のポールポジションから、 明日の決勝を戦うこととなった。

午前中2位のデュバルも1分33秒374までタイムを縮め、このセッションでも2位となった。
これにより明日の決勝はフロントローをナカジマ勢が独占することとなった。

fn_r08_q2_motoyama

fn_r08_q2_tachikawa

3番手には1分33秒659を出した#19本山哲が入ったが、 本山はこのレースを前にイレギュラーなエンジン換装を余儀なくされたため、明日の決勝は10グリッド降格となることが既に決まっている。
これにより明日の3番手グリッドは午前中から大幅なタイムアップを果たした#11立川祐路が繰り上がることとなる。

ポイントリーダーにして午前中3位の#1ブノワ・トレルイエは5位(4番グリッド)、 ランキング2位の#2松田次生はここでもタイムが伸び悩み、12位に終わった。

第8戦決勝は明日午後2時30分より52周、約250kmで行われる。

Text: Kazuhisa SUEHIRO / Photo: Keiichiro TAKESHITA

Formula Nippon

FN:第8戦もてぎ公式予選総合結果

Fニッポン -RIJ- (2007/10/20) Qualfying Session Weather: Fine-Cloudy Course:Dry
2007 Formula Nippon Round 8 ツインリンクもてぎ(ロードコース) 4.801379km

PNoDriverTeamEngineQualify1
Qualify2
TimeDelaykm/h
132小暮 卓史PIAA NAKAJIMAHONDA HF386E1'33.472
*1'33.259
1'33.259-185.34
231ロイック・デュバルPIAA NAKAJIMAHONDA HF386E1'33.838
*1'33.374
1'33.3740.115185.12
3*19本山 哲Arabian Oasis IMPULTOYOTA RV8J1'33.925
*1'33.659
1'33.6590.400184.55
411立川 祐路TEAM CERUMOTOYOTA RV8J1'34.423
*1'33.785
1'33.7850.526184.30
51ブノワ・トレルイエmobilecast IMPULTOYOTA RV8J1'33.903
*1'33.800
1'33.8000.541184.27
633ロニー・クインタレッリBOSS.INGINGTOYOTA RV8J1'34.078
*1'33.825
1'33.8250.566184.23
736アンドレ・ロッテラーDHG TOM'STOYOTA RV8J1'34.152
*1'33.911
1'33.9110.652184.06
834横溝 直輝BOSS.INGINGTOYOTA RV8J1'34.589
*1'33.951
1'33.9510.692183.98
920ミハエル・クルムArabian Oasis IMPULTOYOTA RV8J1'34.534
*1'33.973
1'33.9730.714183.94
1040ビヨン・ビルドハイムDoCoMo DANDELIONHONDA HF386E1'34.376
*1'34.159
1'34.1590.900183.57
1155井出 有冶ARTAHONDA HF386E1'34.555
*1'34.218
1'34.2180.959183.46
122松田 次生mobilecast IMPULTOYOTA RV8J1'34.560
*1'34.272
1'34.2721.013183.35
135平中 克幸SG 5ZIGENHONDA HF386E1'34.644
*1'34.274
1'34.2741.015183.35
1456金石 年弘ARTAHONDA HF386E1'34.666
*1'34.343
1'34.3431.084183.21
157片岡 龍也Team LeMansTOYOTA RV8J1'34.734
*1'34.390
1'34.3901.131183.12
1637荒 聖治DHG TOM'STOYOTA RV8J1'34.533
*1'34.533
1'34.5331.274182.85
1741ファビオ・カルボーンDoCoMo DANDELIONHONDA HF386E1'35.114
*1'34.635
1'34.6351.376182.65
184ジョアオ・パオロ・デ・オリベイラCARCHS KONDOTOYOTA RV8J1'34.911
*1'34.809
1'34.8091.550182.31
196吉本 大樹SG 5ZIGENHONDA HF386E1'35.033
*1'35.006
1'35.0061.747181.94
208高木 虎之介Team LeMansTOYOTA RV8J1'35.668
*1'35.117
1'35.1171.858181.72
213柳田 真孝CARCHS KONDOTOYOTA RV8J1'35.410
*1'35.293
1'35.2932.034181.39
  • シャーシーは全車Lola FN06、タイヤは全車BSです。
  • CarNo.19 本山 哲(Arabian Oasis IMPUL)は、第7戦SUGO大会終了後エンジン交換となったため、第8戦もてぎ大会では、全日本フォーミュラ・ニッポン統一規則第11条5.4)④(エンジン交換)に基づき公式予選結果から10グリッド降格される。

Formula Nippon

FN:第8戦もてぎ公式予選2回目結果

Fニッポン -RIJ- (2007/10/20) Qualfying Session #2 Weather:Cloudy Course:Dry
2007 Formula Nippon Round 8 ツインリンクもてぎ(ロードコース) 4.801379km

PNoDriverTeamEngineTimeDelayGapkm/h
132小暮 卓史PIAA NAKAJIMAHONDA HF386E1'33.259--185.34
231ロイック・デュバルPIAA NAKAJIMAHONDA HF386E1'33.3740.1150.115185.12
319本山 哲Arabian Oasis IMPULTOYOTA RV8J1'33.6590.4000.285184.55
411立川 祐路TEAM CERUMOTOYOTA RV8J1'33.7850.5260.126184.30
51ブノワ・トレルイエmobilecast IMPULTOYOTA RV8J1'33.8000.5410.015184.27
633ロニー・クインタレッリBOSS.INGINGTOYOTA RV8J1'33.8250.5660.025184.23
736アンドレ・ロッテラーDHG TOM'STOYOTA RV8J1'33.9110.6520.086184.06
834横溝 直輝BOSS.INGINGTOYOTA RV8J1'33.9510.6920.040183.98
920ミハエル・クルムArabian Oasis IMPULTOYOTA RV8J1'33.9730.7140.022183.94
1040ビヨン・ビルドハイムDoCoMo DANDELIONHONDA HF386E1'34.1590.9000.186183.57
1155井出 有冶ARTAHONDA HF386E1'34.2180.9590.059183.46
122松田 次生mobilecast IMPULTOYOTA RV8J1'34.2721.0130.054183.35
135平中 克幸SG 5ZIGENHONDA HF386E1'34.2741.0150.002183.35
1456金石 年弘ARTAHONDA HF386E1'34.3431.0840.069183.21
157片岡 龍也Team LeMansTOYOTA RV8J1'34.3901.1310.047183.12
1637荒 聖治DHG TOM'STOYOTA RV8J1'34.5331.2740.143182.85
1741ファビオ・カルボーンDoCoMo DANDELIONHONDA HF386E1'34.6351.3760.102182.65
184ジョアオ・パオロ・デ・オリベイラCARCHS KONDOTOYOTA RV8J1'34.8091.5500.174182.31
196吉本 大樹SG 5ZIGENHONDA HF386E1'35.0061.7470.197181.94
208高木 虎之介Team LeMansTOYOTA RV8J1'35.1171.8580.111181.72
213柳田 真孝CARCHS KONDOTOYOTA RV8J1'35.2932.0340.176181.39
以上予選通過 基準タイム ( 107% ) 1'39.7876.5284.494173.22
  • シャーシーは全車Lola FN06、タイヤは全車BSです。

Japanese F3

JF3:第19戦もてぎ決勝 ストレイトが今季7勝目!

全日本F3選手権第19戦の決勝は、ポールシッターの#3ロベルト・ストレイト(インギング)がそのままトップで逃げ切り、 今季7勝目を挙げた。2位に大嶋和也、3位はオリバー・ジャービス。
これによりシリーズチャンピオンの行方はストレイトと大嶋の二人に絞られた。

f3_r19_r_start

f3_r19_r_top3

f3_r19_r_podium

第19戦決勝は午後1時30分にフォーメーションラップが開始された。
2番手スタートのジャービスが出遅れるのを尻目に2位に浮上した大嶋は、懸命にトップを行くストレイトを追い上げるが、 ストレイトは全く付け入る隙を与えずに14周を走りきり、今季7勝目を達成した。
3位に後退したジャービスもペースが上がらず、逆に後方から石浦宏明の追撃を受ける状況でこのレースを3位で終えることとなった。

これにより有効ポイントはストレイト252ポイント、大嶋244ポイント、ジャービス238ポイントとなり、 優勝または2位でないとポイントが加算されないジャービスは明日優勝しても247ポイントに留まるため、 ここでチャンピオンの可能性が消えた。
一方このレースで2位に入り、ポイントランキングでも2位に浮上した大嶋は、ここまでリタイヤ2回、 9位と7位が各1回と落としたレースが多いため、最大で18ポイントを加算する可能性がある。
優勝したストレイトが最大でも11ポイントまでしか加算できない状況を考えると、逆転タイトルの可能性が一気に高まった。

注目の最終戦決勝は明日午後0時30分より、20周で戦われる。

Text: Kazuhisa SUEHIRO / Photo: Keiichiro TAHESHITA

Japanese F3

JF3:第19戦もてぎ決勝結果

全日本F3 -RIJ- (2007/10/20) Race Results Weather:Fine Course:Dry
All Japan F3 Championship Round 19 ツインリンクもてぎ(ロードコース) 4.801379 km

PNoDriverCarChassisEngineLapTime/Behind
13ロベルト・ストレイトINGING F306DALLARA F3063S-GE1425'11.043
236大嶋 和也TDP TOM'S F307DALLARA F3061AZ-FE140.354
31オリバー・ジャービスDHG TOM'S F307DALLARA F3061AZ-FE140.973
437石浦 宏明TDP TOM'S F307DALLARA F3073S-GE143.127
510塚越 広大Honda Real F307DALLARA F307MF204C1410.199
614安田 裕信ThreeBondDALLARA F306SR20VE1411.738
733関口 雄飛広島トヨタ・ダラーラF305DALLARA F3053S-GE1423.201
862嵯峨 宏紀DENSO・ルボーセF306DALLARA F3063S-GE1432.609
916石川 資章Mainte・ShiOnFmuDALLARA F3063S-GE141'15.302
-------- 以上規定周回数 ( 12 Laps ) 完走 --------
-11伊沢 拓也Honda Real F307DALLARA F307MF204C113 Laps
-*2中山 友貴Honda・戸田 FIGHTEXDALLARA F307MF204C113 Laps
  • Fastset Lap: CarNo.36 大嶋和也(TDP TOM'S) 1'47.122 (7/14) 161.36km/h
  • CarNo.2は、2007年全日本フォーミュラ3選手権統一規則第28条12.1)(危険なドライブ行為)により罰金50,000円及び第29条1.1)により、ペナルティポイント2点を課した。

Formula Nippon

FN:第8戦もてぎ公式予選1回目 ナカジマ勢が1-2!暫定ポールは小暮

ツインリンクもてぎで行われた全日本選手権フォーミュラニッポン第8戦の公式予選1回目は、#32小暮卓史(PIAA NAKAJIMA)が1分33秒472で暫定ポール。2位には#31ロイック・デュバルとナカジマ勢が1-2を占め、好調ぶりを見せつけた。

fn_r08_q1_kogure

fn_r08_q1_duval

fn_r08_q1_treluyer

公式予選1回目は午前10時30分に開始された。
既にレコードライン上は乾いているものの、まだところどころウェットパッチが残っており、 メインポストからはウェット宣言のボードが提示された。

この影響もあり、殆どのドライバーが路面コンディションの回復を待ってピット上で待機。
数名のドライバーはインストレーションラップをウェットタイヤで行った。

こうした中で最初にスリックでアタックを行ったのは#3柳田真孝。
タイムは1分35.562。
続いてチームメイトのJ.P.オリベイラが34秒915までタイムを縮めてピットへ。
この時点での残り時間は24分。
残り12分で#11立川祐路が34秒423でトップに立った。

他のドライバーたちは残り時間が7分を切ったところで漸く本格的なアタックに取り掛かった。
まずは#56金石年弘が1分34秒666で2番手に。
続いて#1ブノワ・トレルイエが1分34秒397を出してトップに立つが、その直後に#36アンドレ・ ロッテラーが34秒152とトレルイエを上回る。
#40ビヨン・ビルドハイムも34秒376で2位に上がってきた。

チェッカー間際には#19本山哲が1分34秒001を記録して一気にトップに躍り出るが、 そのすぐ後ろを走っていた小暮が1分33秒472と、いきなり33秒代前半のタイムをたたき出し、暫定ポールを決めて見せた。
小暮のチームメイト、ロイック・デュバルも最後のアタックで33秒838を出して2番手。
最後のアタックで区間ベストを立て続けに更新していたトレルイエは最終コーナーで姿勢を乱したのが祟ったか、 1分33秒903で3番手に終わった。

なお。各ドライバーともこのセッションではスリックタイヤは1セットしか使っていないため、 午後の予選2回目は序盤から激しいタイムアタック合戦が期待できそうだ。

公式予選2回目は午後2時15分より、45分間で行われる。

Text: Kazuhisa SUEHIRO / Photo: Keiichiro TAKESHITA

Formula Nippon

FN:第8戦もてぎ公式予選1回目結果

Fニッポン -RIJ- (2007/10/20) Qualfying Session #1 Weather:Fine Course:Dry
2007 Formula Nippon Round 8 ツインリンクもてぎ(ロードコース) 4.801379km

PNoDriverTeamEngineTimeDelayGapkm/h
132小暮 卓史PIAA NAKAJIMAHONDA HF386E1'33.472--184.92
231ロイック・デュバルPIAA NAKAJIMAHONDA HF386E1'33.8380.3660.366184.20
31ブノワ・トレルイエmobilecast IMPULTOYOTA RV8J1'33.9030.4310.065184.07
419本山 哲Arabian Oasis IMPULTOYOTA RV8J1'33.9250.4530.022184.03
533ロニー・クインタレッリBOSS.INGINGTOYOTA RV8J1'34.0780.6060.153183.73
636アンドレ・ロッテラーDHG TOM'STOYOTA RV8J1'34.1520.6800.074183.59
740ビヨン・ビルドハイムDoCoMo DANDELIONHONDA HF386E1'34.3760.9040.224183.15
811立川 祐路TEAM CERUMOTOYOTA RV8J1'34.4230.9510.047183.06
937荒 聖治DHG TOM'STOYOTA RV8J1'34.5331.0610.110182.85
1020ミハエル・クルムArabian Oasis IMPULTOYOTA RV8J1'34.5341.0620.001182.84
1155井出 有冶ARTAHONDA HF386E1'34.5551.0830.021182.80
122松田 次生mobilecast IMPULTOYOTA RV8J1'34.5601.0880.005182.79
1334横溝 直輝BOSS.INGINGTOYOTA RV8J1'34.5891.1170.029182.74
145平中 克幸SG 5ZIGENHONDA HF386E1'34.6441.1720.055182.63
1556金石 年弘ARTAHONDA HF386E1'34.6661.1940.022182.59
167片岡 龍也Team LeMansTOYOTA RV8J1'34.7341.2620.068182.46
174ジョアオ・パオロ・デ・オリベイラCARCHS KONDOTOYOTA RV8J1'34.9111.4390.177182.12
186吉本 大樹SG 5ZIGENHONDA HF386E1'35.0331.5610.122181.88
1941ファビオ・カルボーンDoCoMo DANDELIONHONDA HF386E1'35.1141.6420.081181.73
203柳田 真孝CARCHS KONDOTOYOTA RV8J1'35.4101.9380.296181.17
218高木 虎之介Team LeMansTOYOTA RV8J1'35.6682.1960.258180.68
以上予選通過 基準タイム ( 107% ) 1'40.0156.5434.347172.82
  • シャーシーは全車Lola FN06、タイヤは全車BSです。

Japanese F3

JF3:第20戦公式予選 大嶋がポール獲得!逆転タイトルに望みを繋ぐ

ツインリンクもてぎで行われている全日本F3選手権第20戦の公式予選は、 #36大嶋和也(トムス)が1分45秒983をたたき出してポールポジションを獲得した。

f3_r20_q_ohshima第19戦の予選終了から10分間のインターバルをおいて第20戦の公式予選が始まった。
ここでも大嶋、ジャービス、石浦のトムス勢が好タイムを連発。タイムは1分46秒代前半からついに45秒台に入ってきた。
一方、第19戦ポールのロベルト・ストレイトはタイムが伸び悩み、1分46秒609で4番手に留まる。

大嶋とジャービスはチェッカー直前まで激しくトップを争ったが、ここでは0.01秒差で大嶋に軍配が上がった。
3位石浦もコンマ2秒差と僅差で続いた。

第20戦決勝は明日午後0時20分より、20周で戦われる。

Text: Kazuhisa SUEHIRO / Photo: Keiichiro TAKESHITA

検索

最新ニュース