Archives

  • [—]2017 (368)
  • [+]2016 (639)
  • [+]2015 (714)
  • [+]2014 (655)
  • [+]2013 (623)
  • [+]2012 (621)
  • [+]2011 (484)
  • [+]2010 (554)
  • [+]2009 (522)
  • [+]2008 (467)
  • [+]2007 (596)
  • [+]2006 (530)
  • [+]2005 (460)
  • [+]2004 (304)
  • [+]2003 (454)
  • [+]2002 (454)
  • [+]2001 (217)
  • [+]2000 (408)
  • [+]1999 (376)
  • [+]1998 (465)
  • [+]1997 (424)
  • [+]1996 (1)
  • [+]1995 (425)
  • [+]1994 (411)
  • [+]1993 (423)
  • [+]1992 (519)
  • [+]1991 (423)
  • [+]1990 (250)
  • [+]1970 (1)

ニュース内検索

2004年6月

スーパー耐久

スーパー耐久第4戦 MINE500kmRACE//ラリーアートニュース

■□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□■
スーパー耐久シリーズ2004  第4戦
小川日出生選手(CMSC山形)組三菱ランサー(クラス2)が優勝!
混戦の末、三菱ランサーエボリューションがクラス2の1~5位を独占
■□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□■
<結果><クラス2>
順  位
ドライバー
車  両
タイム(周回数)    予選順位
1 小川日出生(CMSC山形)/福山英朗(CMSC山形)/砂子塾長組
三菱ランサーエボリューション
4時間24分06秒276(149周)    予選順位  8
2 富枡朋広/関  豊組 三菱ランサーエボリューション
4時間24分17秒384(147周)    予選順位  3
3 川口正敬/渋谷  勉/岡  滋人組 三菱ランサーエボリューション
4時間22分45秒319(145周)    予選順位  5
4 竹島  徹/島田和樹/橋本道彦組 三菱ランサーエボリューション
4時間24分17秒660(139周)    予選順位  9
5 関根基司/大野尊久/本田和義組 三菱ランサーエボリューション
4時間23分46秒413(135周)    予選順位  7
6 吉田寿博/清水和夫組 スバル・インプレッサ
4時間22分48秒871(124周)    予選順位  2
*CMSC(コルトモータースポーツクラブ)は、三菱車愛好者を中心としたJAF
登録クラブで、東京の本部(会長:木全  巖)および全国24支部(各々独立JAF
登録クラブ)から構成され、現在約700名の会員が活躍しています。
<開催概要>
1.開催日      6月26日(土)公式予選  27日(日)  決勝
2.開催地      山口県美祢市「MINEサーキット」
3.周回数      155周(1周3.330km)
4.参加台数    44台(決勝レース出走43台、完走28台)
クラス1(3501cc~)                  6台
クラス2(2001~3500cc)4WD    9台(三菱ランサー7台)
クラス3(2001~3500cc)2WD  11台
クラス4(~2000cc)                12台
グループNプラス・クラス                    6台
※スーパー耐久シリーズ・技術規則第8条に従った車両
5.観客数
15日=1,900人/16日=12,400人
スーパー耐久シリーズ2004の第4戦「MINE500kmレース」が、6月
26日(土)~27日(日)に山口県美祢市の「MINEサーキット」(1周3.3
3089km)で開催された。今大会には44台のエントリーがあり、クラス2には
9台が参加。このうち三菱ランサーエボリューションは7台を占めた。26日の天候
は雨。時折強く降ったため午前中の走行はすべてキャンセルされ、A・B両ドライバー
の予選通過可否を判定する公式ドライバーズ予選は午後12時に順延された。ウェッ
トコンディションで行われた同セッションには43台が出走。三菱ランサーエボリュー
ションVIII MRを駆る中谷明彦/木下隆之選手組はクラス2の2番手タイムを
記録した。続いて午後1時半からの決勝グリッド順を決定する公式グリッド予選が始
まるころには、雨はほとんど上がって路面状況が好転。最初のクラス1、2、グルー
プNプラスクラス専有走行時間帯終了間際に浅溝レインタイヤでアタックした中谷選
手組三菱ランサーは、クラス1車両に分け入る暫定総合3番手でクラストップタイム
を記録した。その後、終盤の全クラス走行時間帯にはさらなるタイムアップも期待さ
れたが再び雨が降り出して誰一人果たせず、中谷選手組が開幕以来4連続となるクラ
ス2ポールポジションを獲得した。また、富枡朋広/関豊選手組(三菱ランサー)が
クラス3番手、村田信博(CMSC栃木)/小暮吉則選手組(三菱ランサー)が4番
手など、三菱ランサーは上位5台中4台を占めた。
27日も朝から雨模様。昼までにいったん止んだものの、午後12時15分の決勝
スタートはセミウエット路面で迎えた。中谷選手組三菱ランサーは総合3番手でクラ
ス2首位を快走するが15周目に無念のエンジントラブルでストップ。一方、8番手
グリッドから浅溝レインタイヤでスタートし、序盤に再び雨が落ちてコンディション
が悪化する中、目覚しい追い上げを見せた小川日出生(CMSC山形)/福山英朗
(CMSC山形)/砂子塾長選手組(三菱ランサー)が76周目に2番手まで浮上し
た。その後雨は完全に上がり、コースはドライに。首位を走っていた吉田寿博/清水
和夫選手組(スバル・インプレッサ)はブレーキトラブルで後退。代わってコースア
ウト車両排除のセーフティカーが導入中にピット作業を済ませた小泉和寛/菊池靖選
手組(スバル・インプレッサ)が104周目に首位に立つが、小川選手組はこれを猛
追。132周目に小泉選手組が駆動系トラブルでストップしたのを機にトップに立つ
と、そのまま総合でも4位のチェッカーを受けた。この結果により小川選手組はラン
キング2位に浮上。また、富枡選手組が2位、川口正敬/渋谷勉/岡滋人選手組が3
位に入り三菱ランサーが表彰台を独占。さらに4位に竹島徹選手組、5位に関根基司
選手組が続き、不安定な路面状況の中、全出走43台/完走28台の荒れたレースで、
三菱ランサーはクラス2の1~5位を占める強さを発揮した。なお、総合優勝は谷口
信輝選手組のポルシェGT3クラブスポーツ(クラス1)であった。
★第4戦終了時のシリーズポイント(全8戦有効)  <クラス2>
1位  中谷明彦組    三菱ランサー                60
2位  小川日出生組(CMSC山形)三菱ランサー  53
3位  小泉和寛組    スバル・インプレッサ        35
4位  吉田寿博組    スバル・インプレッサ        33
4位  冨桝朋広組    三菱ランサー                33
6位  朝倉貴志組(CMSC栃木)三菱ランサー    26
7位  関根基司組    三菱ランサー                16
8位  川口正敬組    三菱ランサー                15
9位  村田信博組(CMSC栃木)三菱ランサー    14
◆ラリーアートニュースの詳細は下記をご覧ください。
ラリーアート Web Site

スーパー耐久

スーパー耐久第4戦 MINE500kmRACE/SUBARU WRC エクスプレス


スーパー耐久シリーズ2004 第4戦
「MINE 500km RACE 」 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■開催月日:2004年6月26-27日
■開催場所:MINEサーキット
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇ 梅雨空のMINE500kmは大波乱
  インプレッサはトラブルで優勝を逃す
スーパー耐久シリーズ第4戦。今回から大径ブレーキシステムを導入して活躍が期
待されたインプレッサは、2台ともクラストップを走行する活躍を見せたが、残念
ながらトラブルに見舞われ、吉田寿博/清水和夫組の#2FUJITSUBO IMPREZAはクラ
ス6位、また、小泉和寛/菊地靖組の#86 hpi・racing IMPREZAはリタイアとなった。
【公式予選】
インプレッサが区分されるクラス2(排気量2001cc~、4WD)には9台がエントリー。
今回より投入される大型ブレーキの性能でランサーとイーブンの立場になったイン
プレッサ。開幕から3連勝している#11ランサーにストップをかけたいところ。さら
にチームも改良したダンパーの装着、熱対策、ニュータイヤスペックの投入を行い、
ブレーキや燃費などクルマに厳しいMINEに万全と思われる準備を行った。
13時からのグリッド予選は、最初の20分間がクラス1/2/GN+の占有走行枠。#2イン
プレッサは清水、#86インプレッサは初めて小泉がアタッカーを務めた。まず小泉
が1分40秒528で3位につけるが、他車にタイムを上回られ6位になった。また清水は
1分38秒982で2位となった。
最後の混走枠は完全に雨。結果、#2インプレッサのクラス2位、#86のクラス6位が
確定した。
【決勝】
27日朝は前夜の雨が残った。12時20分、155周約500kmの決勝レースがスタート。路
面はウェット状態。ほとんどの車両がスリックタイヤを選ぶ中、2台のインプレッ
サは浅溝のレインタイヤでスタートした。
#2インプレッサの吉田は、1周目にクラストップ/総合3位にジャンプアップ、すぐ
に路面が乾きだすとクラスポールの#11ランサーに前を譲って2位キープの走行に。
しかしクラストップで目下開幕3連勝中の#11ランサーが15周目にピットインしてエ
ンジンブローのため早々にリタイア。
これで#2インプレッサはクラストップとなった。
レースも折り返し点を過ぎたころ、トップは#2インプレッサで、2位は#6ランサー、
#20ランサー、#86インプレッサの3台が至近距離で争っていたが、ピットインなど
のタイミングもあり97周目には#86インプレッサが2位に上がり、インプレッサの1-2
態勢となった。
その直後にセーフティカーが導入され、このタイミングで#86インプレッサが2回目
のピットイン。続いて#2インプレッサがピットイン。しかし予想以上にフロントブ
レーキパッドが磨耗しており、これを交換してコースへ戻ろうとしたがタイミング
が悪くクラス4位というポジションでコース復帰した。
清水はインプレッサの1-2フィニッシュを目指し追撃態勢に入ったが、清水の車両
から白煙が上がり始め、ピットインを命じるオレンジボール旗が出されピットイン。
リヤのデフトラブルだった。このままでは連続走行は不可能なため清水は車両から
降りたが、最後に1周だけ走りポイント獲得のためにチェッカーを受けることにし
た。
いっぽうクラストップの小泉は、終盤2位#20ランサーとの差を2~4秒に保ちながら
初優勝を目指し走行していた。しかし132周目の第3コーナーで駆動系のトラブルの
ためにコースアウト、車両はコース脇にストップしてしまった。
チェッカー目前、#2インプレッサは吉田がステアリングを握り、チェッカーフラッ
グを受けるためにコースイン。吉田は1周を無事走りクラス6位でゴールとなった。
■決勝最終結果:クラス2
Pos.   No.   Driver   Car Name   Laps   Time/Diff
1 #20 小川日出生/福山英朗/砂子塾長 RSオガワADVANランサー  149  4:24'06.276
2 #6 冨桝朋広/関 豊  ファルケン☆ランサーMR  147  2Laps
3 #16 川口正敬/渋谷勉/岡滋人  ディクセルADVANランサー  145  4Laps
4 #12 竹島徹/島田和樹/橋本道彦  Qs'インテークMプロエボVIII  139  10Laps
5 #30 関根基司/大野尊久/本田和義  RSオガワADVANランサー  135  14Laps
6 #2 吉田寿博/清水和夫  FUJITSUBO IMPREZA  124  25Laps
◆スバルモータースポーツの詳細は下記WEBサイトをご覧ください。
[スバルモータースポーツマガジン]

スーパー耐久

スーパー耐久第4戦 MINE500kmRACE/NISMOモータースポーツニュースフラッシュ


スーパー耐久シリーズ2004 第4戦
「MINE 500kmレース」 
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
■月日:2004年6月26-27日
■場所:MINEサーキット
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
■モバイルキャスト アドバンZ 3連勝を飾る!!
スーパー耐久シリーズ第4戦は6月26~27日、山口県のMINEサーキットで開催され、
クラス3で、星野一樹/井出有治組のモバイルキャスト アドバンZがクラス3連勝を
遂げた。
【公式予選】
クラス3(排気量2001~3500cc、2WD)には10台の車両が参加、日産勢では、開幕戦3
位の#19 TC-KOBE・MAX・Z33、開幕戦で優勝した#23 C-WEST ORCアドバンZ、2連
勝中の#245 モバイルキャストアドバンZと計3台のフェアレディZが参加した。
予選日の26日は、あいにくの梅雨空。決勝グリッドを決める「グリッド予選」は13
時30分から行われた。朝の雨は上がったもののコースはセミウェット状態。セッショ
ン終盤スリックタイヤでアタックした#245 Zの星野はクラス3位。#23 Zの尾本と#19
Zの輿水は、ドライコンディションでアタックするタイミングを逸し、#19 Zは8位、
#23 Zは9位にとどまった。
【決勝】
27日は朝のうち雨が残っていたが、決勝レースの前には上がった。
スタート直後の混乱で、2周目に#83NSXがトップに立ち、#14RX-7、#245Zの3台が一
団となって周回していく。45周目にクラストップを走行していた#14RX-7がコース
アウト。#83NSXがトップ、#245Zが2位となった。#83NSXとの差をキープしながら様
子をうかがっていた星野だが、60周を過ぎると徐々にギャップを切り取っていき、
25秒近くあった差はわずか10周で10秒まで縮まった。そして#83NSXは71周でピット
インし、#245Zがクラストップに躍り出ることになった。
浅溝タイヤでスタートした#19Zは、クラス3位までポジションを上げたが、車両に
マイナートラブルもあり#79NSXに抜かれ4位となった。
その後、#79NSXと表彰台をめぐって目の離せない攻防が続いたが、143周目、#19Z
はクラッシュを喫しストップ、ノーポイントに終わった。
23Zは尾本がクラス6位走行中の中盤、最終コーナーでクラス4の車両と接触してピッ
トイン。山田に交代後カウルの修復を命じるオレンジディスク旗を掲出され2回目
のピット作業を行ったが、何とか最後まで走りぬき、クラス6位でチェッカーを受
けた。
クラストップを走る#245Zの井出は、#83NSXとの距離を徐々に引き離していったが、
105~109周目に導入されたSCランで貯金を一気に吐き出すことになった。しかし、
SCが解除されると20数秒差のリードはすぐに開いて再び独走状態となり、余裕の走
行で3連勝。
ポイント的にも大きなリードを保って、シリーズ最大の山場となる十勝24時間(8
月7~8日)を迎えることになった。
■RACE RESULTS-Class 3
Pos(Overall)--Machine--Lap--Driver
1(5) #245 モバイルキャスト アドバン Z  148 星野一樹/井出有治
2(6) #83 bp ADVAN NSX  147 古橋 譲/玉本秀幸/小林正吾
3(12) #79 TAITEC ADVAN NSX  145 酒井美晃/細川慎弥
4(13) #7 MAKERS hart RX-7  144 山崎 学/加藤正将/白井 剛
5(14) #14 エンドレスアドバンRX-7  144   杉林健一/山口英光/入口秀輝
6(23) #23 C-WEST ORC アドバン Z  138 尾本直史/山田英二
R #19 TC-KOBE・MAX・Z33  142 輿水敏明/牧田克哉
◆ニスモモータースポーツの詳細は「NISMO official web site」をご覧下さい。

スーパー耐久

スーパー耐久ポイントランキング(第4戦終了時)

スーパー耐久ポイントランキング
全8戦中4戦終了
Class1
Pos No Cls Driver Car 1 2 3 4 5 6 7 8 総P
1 33 1 竹内 浩典 田中 哲也   FALKEN☆PORSCHE 20 10 20 12         62
2 1 1 木下 みつひろ 青木 孝行   ADVAN・KONDO ポルシェ 15 20 12 15         62
2 25 1 谷口 信輝 織戸 学   ADVAN DG ゼナドリンGT3 12 15 15 20         62
4 24 1 堤 明彦 井上 貴志 影山 正美 PCJ ADVAN PORSCHE 10 8 10 DNC         28
5 45 1 羽根 幸浩 伊藤 真一   グースネック・アドバンポルシェ DNQ 12 DNC 10         22
6 32 1 藤田 明 松田 秀士 原 幸雄 PCJ ファルケン ポルシェ DNC DNQ 8 DNC         8
Class2
Pos No Cls Driver Car 1 2 3 4 5 6 7 8 総P
1 11 2 中谷 明彦 木下 隆之   三菱アドバンテージランサーMR 20 20 20 DNC         60
2 20 2 小川 日出生 福山 英朗 砂子 塾長 RSオガワADVANランサー 15 6 12 20         53
3 86 2 小泉 和寛 菊池 靖   hpi・racing IMPREZA 8 12 15 DNC         35
4 2 2 吉田 寿博 清水 和夫   FUJITSUBO IMPREZA 12 15 DNC 6         33
5 6 2 冨桝 朋広 関 豊   ファルケン☆ランサーエボVIII 2 8 8 15         33
6 26 2 朝倉 貴志 細野 智行 朝倉 宏志 エンドレスアドバンTMCランサー 10 10 6 -         26
7 30 2 関根 基司 大野 尊久 本田 和義 RSオガワADVANランサー 4 DNQ 4 8         16
8 16 2 川口 正敬 渋谷 勉 岡 滋人 ディクセルADVANランサー 3 DNQ - 12         15
9 3 2 村田 信博 小暮 吉則 中村 真一郎 フィナエンドレスアドバンコルト DNC 4 10 DNC         14
10 12 2 竹島 徹 島田 和樹 橋本 道彦 Qs'インテークマジックプロijakADVANエボⅧ - - 3 10         13
11 59 2 大澤 学 福田 淳   TOWA INTECインプレッサ 6 - - -         6
  56 2 松本 達哉 松浦 俊之   NUTECダンロップランサー DNS - DNC -         0
Class3
Pos No Cls Driver Car 1 2 3 4 5 6 7 8 総P
1 245 3 星野 一樹 井出 有治   モバイルキャスト アドバン Z 8 20 20 20         68
2 23 3 尾本 直史 山田 英二   C-WEST ORC アドバン Z 20 15 6 6         47
3 27 3 古谷 直広 筒井 克彦   FINA ADVAN M3 15 10 12 DNC         37
4 79 3 酒井 美晃 細川 慎弥   TAITEC ADVAN NSX DNC 3 15 12         30
5 14 3 杉林 健一 山口 英光 入口 秀輝 エンドレス アドバン RX-7 10 6 4 8         28
6 83 3 古橋 譲 玉本 秀幸 小林 正吾 BP ADVAN NSX 6 DNC 3 15         24
7 19 3 輿水 敏明 牧田 克哉   TC-KOBE・MAX・Z33 12 4 2 DNC         18
8 88 3 小林 且雄 藤井 誠暢   ZOILアドバンコムセントZ - 8 10 -         18
8 7 3 山崎 学 加藤 正将 白井 剛 MAKERS hart RX-7 DNQ DNQ 8 10         18
10 15 3 長島 正明 長島 正興 植松 忠雄 レーシングスパルコ ディクセル RX-7 DNC 12 - DNC         12
  61 3 小幡  弘 小原 健一 柳田 雄幸 グラムライツ DLRCBRX7 - DNQ DNC -         0
  113 3 松尾  和敏 皆田  征賢   MAZERマジョーラRX-7 - - - DNC         0
Class4
Pos No Cls Driver Car 1 2 3 4 5 6 7 8 総P
1 10 4 中川 隆正 渡辺 明   ADVANベルノ東海ムーヴDC 3 20 12 20         55
2 96 4 岡田 秀樹 伊藤 大輔   FORWARD 4 15 20 3         42
3 82 4 植田 正幸 阪口 良平 古谷 尚樹 DELPHI ADVAN DC5 10 3 8 12         33
4 81 4 佐々木 孝太 堀田 誠 橋本 達也 HOT ROD CRUE YH 20 12 DNC DNC         32
5 73 4 山本 すばる 花岡 隆弘   ロイヤルハウスA-ONE・u・DC5 DNC 8 15 8         31
6 18 4 浅野 武夫 岡野 陽朋   ホンダ インテグラ 15 6 4 6         31
7 69 4 梅本 淳一 長野 賢也   J'S RACING ADVAN S2000 1 10 - 10         21
8 60 4 谷川  達也 三船  剛 清水  康弘 スクラロース S2000 - - - 15         15
9 21 4 WADA-Q 高橋 毅   クムホ エクスタS2000 12 2 DNC DNC         14
10 39 4 赤星 陽太郎 安田 裕信   UNITED ADVAN S2000 DNC DNC 10 DQ         10
11 67 4 長井 麻殊 内山 慎也 松原 浩二 YAMATO YH DC5 8 - - -         8
12 100 4 嶋村 馨 八木 宏之 津久井 正純 カストロールアドバンS2000 6 - - -         6
12 913 4 日部 利晃 谷川 達也   K-Stadium ADVAN DNC DNQ 6 -         6
14 58 4 佐藤 衛 宮澤 勝 斎藤 多聞 モンドスピードDL S2000 2 4 0 -         6
15 89 4 福田 よしのぶ 赤鮫 オヤジ   EXEDY SHOW-UP インテグラ - - DNC 4         4
16 77 4 磯田 尚孝 保坂 尚輝   フィールズ C-WEST アドバン DC5 DNC 1 3 DNC         4
17 87 4 金森 敏一 星野 薫   RISO・BP インテグラ DNQ DNQ 2 -         2
18 29 4 谷口 美穂 谷口 いづみ   オベロン読売江東理工専μDC5 DNQ - 1 -         1
  95 4 ピストン西沢 クラゴン   BP J-WAVE AP1ED 0 - - -         0
  4 4 太田 重蔵 見並 秀文 深沢 雅文 BRIDEアドバン インテグラ DNC DNQ 0           0
  98 4 田嶋 栄一 加藤 寛規   Mooncraft S2000 DNC - - -         0
ClassN+
Pos No Cls Driver Car 1 2 3 4 5 6 7 8 総P
1 36 N+ 黒澤 琢弥 樋口 統也   MAZIORA SPIRIT ALTEZZA 10 20 15 20         65
2 37 N+ 影山 正彦 番場 琢   Kosei SPIRIT ALTEZZA 20 15 12 12         59
3 55 N+ 峰尾 恭輔 横溝 直輝   ARTA FOS アルテッツア 15 12 10 15         52
4 54 N+ 山内 伸弥 浅見 武   ADVANアンクルインテグラ 12 10 4 -         26
5 5 N+ 光貞 秀俊 吉本 大樹   5ZIGEN ACCORD DNQ - 20 DNC         20
6 17 N+ 田中 篤 石川 朗   キーパーwith☆RUNup DNC - 6 10         16
7 38 N+ 藤田 孝博 山口 明 平田 くわがた ネッツ大分アクレアルアルテッツア - - 8 DNC         8
****************************************************************************************************************
* 各クラス1位から10位までに 20-15-12-10-8-6-4-3-2-1 のポイント
* 24時間レースのポイントは 30-23-18-15-12-9-6-5-3-2
* 優勝車の70%以上の周回数を完走とする(小数点以下切り捨て)
* 各クラスの順位は全8戦の得点合計による
* ポイント対象のマシンは、Aドライバーと車両名称の両方で特定する
 どちらか一方でも変更された場合は別チーム扱いとなる
* DNQ:予選落ち DNS:出走できず DNC:完走できず DQ:失格

スーパー耐久

スーパー耐久第4戦 MINE 500km RACE 決勝


今季勝利を挙げているポルシェ勢が表彰台を占めた(Photo:K.Takeshita)

 6月27日、MINEサーキットでスーパー耐久第4戦の決勝レースが行われた。
土曜日に続いて雨模様となってしまった日曜日の朝だったが、朝のフリー走行は定刻
通りに行われ、ウエットコンディションでは#33FALKEN☆PORSCHE(竹内浩典/田中哲也
組)が1分44秒147のトップタイムをマークした。
 気温25度、路面温度26度の曇り空の下、わずかに予定より遅れた12時20分にスター
トが切られた。3周目に#1 MKアドバンエンドレスポルシェ(木下みつひろ/青木孝
行組)の木下をかわした#25 ADVAN DGゼエナドリンGT3(谷口信輝/織戸学組)の織戸が
トップに立つ。スタートから30分ほどで大粒の雨が降りコースを濡らすが、トップ2
台はスリックで走り続ける。3番手には#11アドバンテージFrom A MR(中谷明彦/木下
隆之組)の中谷がつけるが14周でオーバーヒートから戦線を離脱。4連勝は夢と消え
た。
 #33はインターミディエイトを選択し雨にかけたが、天候はスリックを選択したヨ
コハマ勢に味方する形となってしまった。同じヨコハマ勢ながら#1は駆動系トラブル
から2周ほど遅れてしまう。同一周回となった#33が懸命の追いあげを行うが、届か
ず3位でのフィニッシュとなった。
 今季初優勝を遂げたのは#25 ADVAN DGゼエナドリンGT3、2位には#1 MKアドバンエ
ンドレスポルシェが入りヨコハマの1,2とした。
 総合4位には、久々の優勝となった#20RSオガワADVANランサー(小川日出生/福山英
朗/砂子塾長組)が入り、5位にはクラス3の#245モバイルキャスト アドバンZ(星
野一樹/井出有治組)が3連勝。8位にはN+クラスの#36 MAZIORA SPIRIT
ALTEZZA(黒澤琢弥/樋口統也組)が今季2勝目。11位にはクラス4の#10 ADVANベルノ
東海ムーブDC5(中川隆正/渡辺明組)が入り今季2勝目をあげた。
#25 ADVAN DGゼエナドリンGT3(谷口信輝/織戸学組)
谷口信輝「今回、良いタイヤとマシンで最後まで無理せずに楽に行けました。織戸君
も雨の中頑張ってくれて勝てて本当に嬉しいです。(これまで優勝経験のあるN+クラ
スのアルテッツアではなく)総合の優勝は嬉しいですね」
織戸学「予選、決勝とヨコハマにとって都合のいいコンディションで、1号車に勝て
たし今回は勝てる予感がしてた。クルマは型落ちだけど、1年目の新しいチームで勝
てて本当に嬉しかった」
観衆:12,400人
(Report:K.Takeshita)
2004年6月27日 MINEサーキット(山口県) 決勝 天候:曇り/コース:ドライ
-P--No.Cl.-Car-----------------------------Drivers--------Lap-GoalTime---
1  25  1  ADVAN DGゼナドリンGT3           谷口/織戸      155 4:22'31.889
2   1  1  MKアドバンエンドレスポルシェ    木下/青木      153 -    2Laps
3  33  1  FALKEN☆PORCSHE                 竹内/田中      153 -    2Laps
4  20  2  RSオガワADVANランサー           小川/福山/砂子 149 -    6Laps
5 245  3  モバイルキャスト アドバン Z     星野/井出      148 -    7Laps
6  83  3  BP ADVAN NSX                    古橋/玉本/小林 147 -    8Laps
7   6  2  ファルケン☆ランサーエボVIII    冨桝/関        147 -    8Laps
8  36 GN+ MAZIORA SPIRIT ALTEZZA          黒澤/樋口      146 -    9Laps
9  55 GN+ ARTA FOS アルテッツァ           峰尾/横溝      146 -    9Laps
10  16  2  ディクセルADVANランサー         川口/渋谷/岡   145 -   10Laps
11  10  4  ADVANベルノ東海ムーヴDC         中川/渡辺      145 -   10Laps
12  79  3  TAITEC ADVAN NSX                酒井/細川      145 -   10Laps
13   7  3  MAKERS hart RX-7                山崎/加藤      144 -   11Laps
14  14  3  エンドレスアドバンRX-7          杉林/山口/入口 144 -   11Laps
15  60  4  スクラロース S2000              谷川/三船/清水 144 -   11Laps
16  82  4  デルファイADVAN DC5             植田/阪口/古谷 143 -   12Laps
17  69  4  J'S RACING ADVAN S2000          梅本/長野      142 -   13Laps
18  73  4  ロイヤルハウスADVANエーワンμDC5 山本/前嶋/花岡 141 -   14Laps
19  18  4  コスモソニック21 FKインテグラ   浅野/岡野      141 -   14Laps
20  89  4  EXEDY SHOW-upDC                 福田/赤鮫      140 -   15Laps
21  37 GN+ Kosei SPRIT ALTEZZA             影山/番場      139 -   16Laps
22  12  2  Q's インテークMプロエボVIII     竹島/島田/橋本 139 -   16Laps
23  23  3  C-WEST ORCアドバンZ             尾本/山田      138 -   17Laps
24  45  1  グースネック・アドバンポルシェ  羽根/伊藤      137 -   18Laps
25  30  2  RSオガワADVANランサー           関根/大野/本田 135 -   20Laps
26  96  4  FORWARDスプーンED               岡田/伊藤      131 -   24Laps
27   2  2  FUJITSUBOインプレッサ           吉田/清水      124 -   31Laps
28  17 GN+ キーパーwith☆RUNup             田中/石川      124 -   31Laps
-----------以上完走------------------------------------------------------
19  3  TC-KOBE・MAX・Z33               輿水/牧田      142 -   13Laps
86  2  hpi・racing IMPREZZA            小泉/菊池      131 -   24Laps
77  4  フィールズC-WESTアドバンDC5     磯田/保坂      126 -   29Laps
38 GN+ ネッツ大分アクレアアルテッツア  藤田/山口      109 -   46Laps
5 GN+ 5ZIGEN ACCORD                   光貞/吉本      100 -   55Laps
81  4  HOT ROD CRUE YH               佐々木/堀田/橋本  94 -   61Laps
32  1  PCJファルケン ポルシェ          藤田/松田/原    77 -   78Laps
113  3  MAZERマジョーラRX-7             松尾/皆田       71 -   84Laps
27  3  FINA ADVAN M3                   古谷/筒井       64 -   91Laps
15  3  レーシングスパルコディクセルRX-7長島/長島/植松  47 -  108Laps
21  4  クムホ・エクスタS2000           WADA-Q/高橋     37 -  118Laps
11  2  アドバンテージFromA MR          中谷/木下       14 -  141Laps
3  2  フィナエンドレスアドバンコルト  村田/小暮/中村  10 -  145Laps
24  1  PCJ ADVAN PORSCHE               堤/井上/影山     2 -  153Laps
39  4  UNITED ADVAN S2000              赤星/安田      失格
-------------------------------------------------------------------------
Best Lap #33 FALKEN☆PORCSHE(竹内) 1'34.605    109/95  126.748km/h

スーパー耐久

スーパー耐久第4戦 MINE 500km RACE フリー走行


雨に強いところを見せたFALKENポルシェ(Photo:K.Takeshita)

2004年6月27日 MINEサーキット(山口県) フリー走行 天候:雨/コース:ウェット
P  No Cls Car                             Model   Driver         Time
---------------------------------------------------------------------------
1  33  1  FALKEN☆PORCSHE                 /911JGN  竹内/田中      1'44.147
2   2  2  FUJITSUBOインプレッサ           /GDB     吉田/清水      1'45.220
3   1  1  MKアドバンエンドレスポルシェ    /911JGN  木下/青木      1'46.209
4   6  2  ファルケン☆ランサーエボVIII    /CT9A    冨桝/関        1'46.508
5  25  1  ADVAN DGゼナドリンGT3           /911JGN  谷口/織戸      1'46.839
6  11  2  アドバンテージFromA MR          /CT9A    中谷/木下      1'46.923
7  86  2  hpi・racing IMPREZZA            /GDB     小泉/菊池      1'47.444
8  32  1  PCJファルケン ポルシェ          /911JGN  藤田/松田/原   1'48.074
9  45  1  グースネック・アドバンポルシェ  /911JGN  羽根/伊藤      1'48.371
10  20  2  RSオガワADVANランサー           /CT9A    小川/福山/砂子 1'48.839
11  36 GN+ MAZIORA SPIRIT ALTEZZA          /SXE10   黒澤/樋口      1'50.208
12  96  4  FORWARDスプーンED               /AP1     岡田/伊藤      1'50.514
13  37 GN+ Kosei SPRIT ALTEZZA             /SXE10   影山/番場      1'50.861
14  24  1  PCJ ADVAN PORSCHE               /911JGN  堤/井上/影山   1'51.000
15  16  2  ディクセルADVANランサー         /CT9A    川口/渋谷/岡   1'51.086
16   3  2  フィナエンドレスアドバンコルト  /CT9A    村田/小暮/中村 1'51.125
17  27  3  FINA ADVAN M3                   /E36     古谷/筒井      1'51.152
18   5 GN+ 5ZIGEN ACCORD                   /CL7     光貞/吉本      1'51.260
19  55 GN+ ARTA FOS アルテッツァ           /SXE10   峰尾/横溝      1'51.355
20  83  3  BP ADVAN NSX                    /NA2     古橋/玉本/小林 1'51.475
21  19  3  TC-KOBE・MAX・Z33               /Z33     輿水/牧田      1'51.487
22  38 GN+ ネッツ大分アクレアアルテッツア  /SXE10   藤田/山口      1'51.620
23 245  3  モバイルキャスト アドバン Z     /Z33     星野/井出      1'51.757
24  17 GN+ キーパーwith☆RUNup             /DC5     田中/石川      1'52.467
25  14  3  エンドレスアドバンRX-7          /FD3S    杉林/山口/入口 1'52.660
26  30  2  RSオガワADVANランサー           /CT9A    関根/大野/本田 1'53.217
27  10  4  ADVANベルノ東海ムーヴDC         /DC5     中川/渡辺      1'53.297
28  21  4  クムホ・エクスタS2000           /AP1     WADA-Q/高橋    1'53.476
29  15  3  レーシングスパルコディクセルRX-7/FD3S    長島/長島/植松 1'53.506
30   7  3  MAKERS hart RX-7                /FD3S    山崎/加藤      1'54.050
31  82  4  デルファイADVAN DC5             /DC5     植田/阪口/古谷 1'54.336
32  23  3  C-WEST ORCアドバンZ             /Z33     尾本/山田      1'54.669
33  79  3  TAITEC ADVAN NSX                /NA2     酒井/細川      1'54.719
34  60  4  スクラロース S2000              /AP1     谷川/三船/清水 1'54.839
35 113  3  MAZERマジョーラRX-7             /FD3S    松尾/皆田      1'55.460
36  39  4  UNITED ADVAN S2000              /AP1     赤星/安田      1'55.830
37  77  4  フィールズC-WESTアドバンDC5     /DC5     磯田/保坂      1'55.848
38  81  4  HOT ROD CRUE YH                 /DC5   佐々木/堀田/橋本 1'56.319
39  18  4  コスモソニック21 FKインテグラ   /DC5     浅野/岡野      1'56.627
40  89  4  EXEDY SHOW-upDC                 /DC5     福田/赤鮫      1'56.793
41  73  4  ロイヤルハウスADVANエーワンμDC5 /DC5     山本/前嶋/花岡 1'57.491
42  69  4  J'S RACING ADVAN S2000          /AP1     梅本/長野      1'58.305
43  12  2  Q's インテークMプロエボVIII     /CT9A    竹島/島田/橋本 2'02.179
---------------------------------------------------------------------------

スーパー耐久

スーパー耐久第4戦 MINE 500km RACE 予選2回目


タイミング良くタイムを出したMKポルシェ(Photo:K.Takeshita)

 6月26日、美祢サーキットでスーパー耐久第4の予選が行われた。
大雨のため、スケジュールが大幅に遅れ当初10時30分からの予定のドライバーズ予
選は、12時から開始。ようやく雨が上がるがコースはウエットだ。
 ここでは#33FALKNPORCHE(竹内浩典/田中哲也組)の竹内が1分42秒557をマーク
しセッションのトップタイムとした。
 13時30分からの20分ずつの3つのセクションで分けられたグリッド予選では、気
温24度、路面温度26度というやや蒸し暑いコンディションでのセッションとなる。
今にも泣き出しそうな曇り空の中、セッション半ばで再び雨が降りだして、終盤の
混走セッションは完全なウエットになってしまう。このため序盤にアタックをかけ
た#1 MKアドバンエンドレスポルシェ(木下みつひろ/青木孝行組)の木下が出し
た1分35秒653がポールポジションとなった。2番手には#25 ADVAN DGゼエナドリ
ンGT3(谷口信輝/織戸学組)が36秒211で入り、総合3番手には雨の鈴鹿で一時はトッ
プを快走した#11アドバンテージFromA・MR(中谷明彦/木下隆之組)がクラス2なが
らクラス1に割って入る。#33は38秒345とクラス3番手にとどまった。
#1MKアドバンエンドレスポルシェ(木下みつひろ/青木孝行組)
木下みつひろ「インターミディエイトで条件の良い時に出たタイムです。アタック
しようかと思っていたら雨が落ちてきて、あとは絵に描いたような展開でした(笑)
50Okmは組立がわからないんですよ。(去年はGTRだったので)ポルシェではドライ
の美祢をまだ走っていないんで・・・。流れは悪くないんで決勝は天候次第ですね。
普通の雨だと(ファルケンに)勝ち目がないんですよ。できればドライがいいです
ね」
#33FALKNPORCHE(竹内浩典/田中哲也組)
竹内浩典「もっと乾くと思って、路面(のコンディションの改善)待ちをしていた
ら、雨が降って来ちゃってハイランドの時と同じパターンですよ。ランサーに前に
行かれちゃって恥ずかしいたらないですよ(笑)」
田中哲也「チャンピオンを何が何でも取り返したいんで、明日はなんとしても勝ち
たいですね。もてぎと鈴鹿とTIはボクがアタックすることになっています」
(Report:K.Takeshita)
2004年6月26日 MINEサーキット(山口県) 予選2回目 天候:曇り/コース:ウェット
公式予選(グリッド予選)
P  No Cls Car/Model                        Model   Driver         Time
---------------------------------------------------------------------------
1   1  1  MKアドバンエンドレスポルシェ    /911JGN  木下/青木      1'35.653
2  25  1  ADVAN DGゼナドリンGT3           /911JGN  谷口/織戸      1'36.211
3  11  2  アドバンテージFromA MR          /CT9A    中谷/木下      1'38.297
4  33  1  FALKEN☆PORCSHE                 /911JGN  竹内/田中      1'38.345
5  14  3  エンドレスアドバンRX-7          /FD3S    杉林/山口/入口 1'38.944
6   2  2  FUJITSUBOインプレッサ           /GDB     吉田/清水      1'38.982
7  83  3  BP ADVAN NSX                    /NA2     古橋/玉本/小林 1'39.572
8  45  1  グースネック・アドバンポルシェ  /911JGN  羽根/伊藤      1'39.879
9 245  3  モバイルキャスト アドバン Z     /Z33     星野/井出/柳田 1'39.959
10  24  1  PCJ ADVAN PORSCHE               /911JGN  堤/井上        1'40.034
11  79  3  TAITEC ADVAN NSX                /NA2     酒井/細川      1'40.088
12   6  2  ファルケン☆ランサーエボVIII    /CT9A    冨桝/関        1'40.218
13   3  2  フィナエンドレスアドバンコルト  /CT9A    村田/小暮/中村 1'42.917
14  16  2  ディクセルADVANランサー         /CT9A    川口/渋谷/岡   1'40.442
15  86  2  hpi・racing IMPREZZA            /GDB     小泉/菊池      1'40.528
16   7  3  MAKERS hart RX-7                /FD3S    山崎/加藤      1'40.668
17  30  2  RSオガワADVANランサー           /CT9A    関根/大野/本田 1'40.777
18  15  3  レーシングスパルコディクセルRX-7/FD3S    長島/長島/植松 1'40.796
19  20  2  RSオガワADVANランサー           /CT9A    小川/福山/砂子 1'41.255
20  32  1  PCJファルケン ポルシェ          /911JGN  藤田/松田/原   1'41.260
21  27  3  FINA ADVAN M3                   /E36     古谷/筒井      1'41.429
22  10  4  ADVANベルノ東海ムーヴDC         /DC5     中川/渡辺      1'41.972
23  81  4  HOT ROD CRUE YH                 /DC5   佐々木/井入/石井 1'42.314
24  96  4  FORWARDスプーンED               /AP1     岡田/伊藤      1'42.392
25  37 GN+ Kosei SPRIT ALTEZZA             /SXE10   影山/番場      1'42.642
26  36 GN+ MAZIORA SPIRIT ALTEZZA          /SXE10   黒澤/樋口      1'42.646
27  69  4  J'S RACING ADVAN S2000          /AP1     梅本/長野      1'43.010
28  73  4  ロイヤルハウスADVANエーワンμDC5/DC5     山本/前嶋      1'43.173
29  82  4  デルファイADVAN DC5             /DC5     植田/阪口/古谷 1'43.195
30  60  4  スクラロース S2000              /AP1     谷川/三船      1'43.357
31  39  4  UNITED ADVAN S2000              /AP1     赤星/安田      1'43.461
32  38 GN+ ネッツ大分アクレアアルテッツア  /SXE10   藤田/山口      1'44.021
33  89  4  EXEDY SHOW-upDC                 /DC5     福田/赤鮫      1'44.055
34  55 GN+ ARTA FOS アルテッツァ           /SXE10   峰尾/横溝      1'44.214
35   5 GN+ 5ZIGEN ACCORD                   /CL7     光貞/吉本      1'44.393
36  17 GN+ キーパーwith☆RUNup             /DC5     田中/石川      1'44.843
37  19  3  TC-KOBE・MAX・Z33               /Z33     輿水/牧田      1'45.349
38  21  4  クムホ・エクスタS2000           /AP1     WADA-Q/高橋    1'45.731
39  18  4  コスモソニック21 FKインテグラ   /DC5     浅野/坂井      1'46.558
40  23  3  C-WEST ORCアドバンZ             /Z33     尾本/山田      1'46.844
41  77  4  フィールズC-WESTアドバンDC5     /DC5     磯田/保坂      1'48.327
42  12  2  Q's インテークMプロエボVIII     /CT9A    竹島/島田      1'49.501
113  3  MAZERマジョーラRX-7             /FD3S    松尾/皆田      未出走
---------------------------------------------------------------------------

スーパー耐久

スーパー耐久第4戦 MINE 500km RACE 予選1回目

2004年6月26日 CP MINEサーキット(山口県) 予選1回目 天候:曇り/コース:ウェット
公式予選(ドライバーズ予選)
P  No Cls Car/Model                        Model   Driver         Time
---------------------------------------------------------------------------
1  33  1  FALKEN☆PORCSHE                 /911JGN  竹内/田中      1'42.557
2  25  1  ADVAN DGゼナドリンGT3           /911JGN  谷口/織戸      1'43.113
3   1  1  MKアドバンエンドレスポルシェ    /911JGN  木下/青木      1'43.408
4   2  2  FUJITSUBOインプレッサ           /GDB     吉田/清水      1'44.703
5  32  1  PCJファルケン ポルシェ          /911JGN  藤田/松田/原   1'45.564
6  11  2  アドバンテージFromA MR          /CT9A    中谷/木下      1'46.227
7  86  2  hpi・racing IMPREZZA            /GDB     小泉/菊池      1'46.735
8  45  1  グースネック・アドバンポルシェ  /911JGN  羽根/伊藤      1'46.872
9  20  2  RSオガワADVANランサー           /CT9A    小川/福山/砂子 1'47.322
10  24  1  PCJ ADVAN PORSCHE               /911JGN  堤/井上        1'47.661
11  36 GN+ MAZIORA SPIRIT ALTEZZA          /SXE10   黒澤/樋口      1'48.160
12   3  2  フィナエンドレスアドバンコルト  /CT9A    村田/小暮/中村 1'48.247
13   6  2  ファルケン☆ランサーエボVIII    /CT9A    冨桝/関        1'48.464
14  16  2  ディクセルADVANランサー         /CT9A    川口/渋谷/岡   1'48.523
15  30  2  RSオガワADVANランサー           /CT9A    関根/大野/本田 1'48.570
16   5 GN+ 5ZIGEN ACCORD                   /CL7     光貞/吉本      1'49.484
17  37 GN+ Kosei SPRIT ALTEZZA             /SXE10   影山/番場      1'49.914
18  83  3  BP ADVAN NSX                    /NA2     古橋/玉本/小林 1'49.985
19  96  4  FORWARDスプーンED               /AP1     岡田/伊藤      1'50.144
20  55 GN+ ARTA FOS アルテッツァ           /SXE10   峰尾/横溝      1'50.278
21  27  3  FINA ADVAN M3                   /E36     古谷/筒井      1'50.362
22  79  3  TAITEC ADVAN NSX                /NA2     酒井/細川      1'50.495
23  38 GN+ ネッツ大分アクレアアルテッツア  /SXE10   藤田/山口      1'50.678
24  19  3  TC-KOBE・MAX・Z33               /Z33     輿水/牧田      1'50.812
25  60  4  スクラロース S2000              /AP1     谷川/三船      1'51.155
26 245  3  モバイルキャスト アドバン Z     /Z33     星野/井出/柳田 1'51.296
27  81  4  HOT ROD CRUE YH                 /DC5   佐々木/井入/石井 1'51.503
28  82  4  デルファイADVAN DC5             /DC5     植田/阪口/古谷 1'51.614
29  17 GN+ キーパーwith☆RUNup             /DC5     田中/石川      1'51.883
30  15  3  レーシングスパルコディクセルRX-7/FD3S    長島/長島/植松 1'52.391
31  21  4  クムホ・エクスタS2000           /AP1     WADA-Q/高橋    1'52.445
32  39  4  UNITED ADVAN S2000              /AP1     赤星/安田      1'52.913
33   7  3  MAKERS hart RX-7                /FD3S    白井/山崎      1'52.938
34  23  3  C-WEST ORCアドバンZ             /Z33     尾本/山田      1'52.950
35  14  3  エンドレスアドバンRX-7          /FD3S    杉林/山口/入口 1'53.902
36  77  4  フィールズC-WESTアドバンDC5     /DC5     磯田/保坂      1'53.920
37  12  2  Q's インテークMプロエボVIII     /CT9A    竹島/島田      1'54.053
38  73  4  ロイヤルハウスADVANエーワンμDC5 /DC5     山本/前嶋      1'54.245
39  10  4  ADVANベルノ東海ムーヴDC         /DC5     中川/渡辺      1'54.428
40 113  3  MAZERマジョーラRX-7             /FD3S    松尾/皆田      1'54.925
41  69  4  J'S RACING ADVAN S2000          /AP1     梅本/長野      1'55.041
42  89  4  EXEDY SHOW-upDC                 /DC5     福田/赤鮫      1'55.765
43  18  4  コスモソニック21 FKインテグラ   /DC5     浅野/坂井      1'56.030
--------------------以上予選通過-------------------------------------------
予選通過基準タイム
(総合 130%) 2'13.934 (C-1 110%) 1'53.329  (C-2 110%) 1'55.758
(C-3 110%)  2'01.309 (C-4 110%) 2'01.667  (GN+ 110%) 2'00.080

全日本GT選手権

JGTC 第3戦 JAPAN GT CHAMPIONSHIP MALAYSIA 決勝/SUBARU WRC エクスプレス


2004全日本GT選手権 第3戦
「ジャパンGTチャンピオンシップ  マレーシア 」
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■開催月日:2004年6月18-19日
■開催場所:セパンサーキット
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇ クスコスバルADVANインプレッサ
一時3位を走るもアクシデントに見舞われ18位に
JGTC第3戦は6月18~19日マレーシアのセパン・サーキットで開催され、小林且雄/
谷川達也組の#77クスコスバルADVANインプレッサは、終盤8位走行中他車に接触さ
れコースアウトを喫し、18位でチェッカーとなった。
18日の予選、11時45分からの予選1回目はウェットコンディションとなった。クス
コスバルADVANインプレッサは、今回2ランクの性能引き上げが行われたために、上
位のポジションが狙えるものと期待がかかっていた。しかしエンジンの補器類のト
ラブルもあり思うようにタイムが上がらず、24台中18位で予選1回目を終えた。
17時から始まった予選2回目、谷川は駆動系のトラブルが発生したために、何とか
基準タイムをマーク(17位)した直後にピットイン。
そのまま車両はピットガレージに入れられた。このセッションで小林は走行するこ
とができず、基準タイムをクリアできなかった。決勝レースに出走できるかどうか
は、翌日のフリー走行でのタイムで判断されることになったが、このセッションで
もミッションなどにマイナートラブルが発生。しかし2分15秒台のタイムをマーク
したこともあり、決勝への出走が認められることになった。
19日はこのレースウィークで最も暑さを感じる日となった。暑さを避けるために決
勝のスタート時間は17時に予定されていたが、気温は32℃、路面温度も44℃。それ
でも地元の2万5000人近い熱心なファンがサーキットに集まった。
決勝レースはやや遅れて17時20分にスタート。#77インプレッサのスタートドライ
バーは谷川で、22番目のグリッドからいきなり11台をかわし11位で1周目のメイン
ストレートに戻ってきた。なおも5周目に10位、16周目に9位、17周目に8位、さら
に早めにピットインする車両が出てくるとポジションが上がり、28周目にピットイ
ンする際には3位にまでポジションアップしてスタンドを沸かせた。
小林は9位でコースに復帰。そして安定した走りを見せ今季初入賞を目前にした45
周目の7ターン(高速S字の次の通称“デグナー”と呼ばれる右コーナー)で、他
車両に接触されサンドトラップにコースアウトを喫してしまった。小林はオフィシャ
ルの助けを借りて何とかコースへ復帰したが、既にポジションを大きく落としてお
りクラストップから3周遅れの18位でチェッカーを受けた。
ポイント獲得こそ次回以降となったが、これで3戦連続の完走。しかも決勝中に車
両のトラブルは起きなかった。第4戦十勝(7月17~18日)での活躍を期待したい。
■決勝結果:GT300クラス
Pos.No.Driver                 Car Name                        Time/Diff
1  #7 山路慎一/井入宏之     雨宮アスパラドリンクRX7         1:55'33.427
2 #16 山野哲也/八木宏之     M-TEC NSX                          1Lap
3  #5 玉中哲二/三船 剛     プロジェクトμB-1マッハ号GT320R    1Lap
4 #30 佐々木孝太/後藤 聡   RECKLESS MR-S                      1Lap
5 #10 田中哲也/余郷 敦     JIM Gainer アドバンF360            1Lap
6 #81 柳田真孝/尾本直史     シーウエストダイシンアドバンZ      1Lap
7 #80 木下みつひろ/星野一樹 エンドレスダイシンアドバンZ        1Lap
8 #52 竹内浩典/西澤誠剛     プロジェクトμ太陽石油セリカ       1Lap
9 #11 松田秀士/菅 一乗     JIM RodeoDriveアドバンF360         1Lap
10 #26 山岸 大/浅井亮博     エンドレスタイサンADVAN GT3R       1Lap
18 #77 小林且雄/谷川達也     クスコスバルADVANインプレッサ      3Laps
◆スバルモータースポーツの詳細は、[スバルモータースポーツマガジン]をご覧下さい。

全日本GT選手権

JGTC 第3戦 JAPAN GT CHAMPIONSHIP MALAYSIA 決勝/ホンダモータースポーツニュース


(C)Honda

           TAKATA童夢NSX(道上/S.フィリップ組)が8位
決勝日:6月19日(土)
サーキット:セパン・インターナショナルサーキット
決勝周回数:54周(299.268km)
天候:予選/雨のち曇り 決勝/晴れ 気温:28℃(17:00現在)
コースコンディション:ドライ
観客:2万4270人
 6月19日(土)、セパン・インターナショナルサーキット(マレーシア)において2004
年全日本GT選手権(JGTC)第3戦「GT CHAMPIONSHIP MALAYSIA」の決勝レース(54周=2‐
99.268km)が開催された。
 18日(金)は午前11時45分から始まった予選1回目が雨のためウェット路面となっ
た。その後天気は回復して気温も上昇、午後5時開始の予選2回目は完全なドライ路
面のもとタイムアタックが繰り広げられた。気温31度、路面温度35度のコンディショ
ンのもと、Honda NSX-GT勢は、#18道上 龍/S.フィリップ 組(TAKATA童夢NSX)が2
分1秒186を記録し予選9番手。#100中野信治/加藤寛規 組(RAYBRIG NSX)は11番手、
#8金石勝智/伊藤大輔 組(ARTA NSX)は12番手、#32松田次生/A.ロッテラー 組(EPSON
NSX)は14番手から決勝スタートを迎えることとなった。
 今年のマレーシアラウンドは日中の高気温を避けるため、決勝が土曜日の午後5
時スタートに変更された。決勝日は朝から天候に恵まれ、日中には最高33度まで気
温が上昇。スタート時点でも28度、路面温度45度となり、マシンとドライバーにとっ
て厳しいコンディションとなった。多くの地元ファンが見守るなか、42台(GT500ク
ラス18台)のマシンは予定時刻より少し遅れた午後5時25分にローリングスタートを
切った。
 レース序盤は、S.フィリップ選手 (TAKATA童夢NSX)が9位、A.ロッテラー選手(EPSON
NSX)が10位、中野信治選手(RAYBRIG NSX)が13位、金石勝智選手(ARTA NSX)が16位
を走行。金石選手はエンジントラブルのためレース直後からペースが上がらず苦戦
が続くなど、NSX-GT勢は我慢のレース展開となる。
 22周終了時から各チームが次々にドライバーとタイヤ交換のためピットインを始
める。NSX-GT勢は22周終了時にA.ロッテラー選手から松田次生選手(EPSON NSX)へ。
23周終了時に暫定6位まで浮上したS.フィリップ選手が道上 龍選手(TAKATA童夢NSX)
へドライバー交代を行った。
 レース中盤以降は各チームのコースアウトやクラッシュが続く波乱の展開となっ
た。36周時点では9位にフィリップ選手、10位に松田選手、11位に加藤寛規選手(EPSON
NSX)、12位に伊藤大輔選手(ARTA NSX)が走行する。しかし、42周目の1コーナーで
松田選手を抜きにかかった加藤選手が接触。松田選手はスピンをしたものの、直ぐ
にコース復帰を果たしたが、加藤選手のマシンはコースの防護体に衝突したために
残念ながらリタイアとなった。
 アクシデントが続出したマレーシアラウンドは、残り2周で1つポジションを上げ
たTAKATA童夢NSXが8位、EPSON NSXが9位、ARTA NSXが11位で54周目のチェッカーフ
ラッグを受けた。優勝したのは、J.デュフォア/A.クート組(デンソー サードスー
プラ GT)だった。
●永長 真(Shin Nagaosa)NSX-GTプロジェクト・プロジェクトリーダー
「とても悔しい結果となってしまいました。過去3回開催されたマレーシア戦での
経験をふまえて熱対策とエンジンの性能向上に力を入れてきましたが、残念なが
ら満足する結果を出すことができませんでした。しかし、各ドライバー達は本当
によく頑張ってくれました。この状況を挽回すべく、’04NSX-GTをより一層の競
争力向上に努めますので、皆様の更なる応援を宜しくお願い致します」
8位 #18 TAKATA童夢NSX
●道上 龍(Ryo Michigami)選手
「今シーズンは厳しい展開が続いていますが、今はライバル達を追い越すためにエ
ンジンやタイヤ、そしてセッティングなど、色々と試行錯誤しながら進めている
状況です。その結果、マシンも徐々に良くなってきていますし、方向性も見えて
きました。ドライバーとしても、好結果を残すべく努力を積み重ねていきたいと
思います」
●セバスチャン・フィリップ(Sebastien Philippe)選手
「ベストを尽くして走りました。この暑さでも体力的には問題はありませんでした。
今回は、荒れたレースを我慢して最後まで走り抜いてくれた道上選手に感謝した
いです。’04モデルのNSX-GTはまだ成長過程ですので、ファンの皆さんも期待し
ていてください。必ず挽回しますよ」
◆ホンダのモータースポーツ情報はHonda Racingをご覧下さい。

全日本GT選手権

JGTC 第3戦 JAPAN GT CHAMPIONSHIP MALAYSIA 決勝/トヨタモータースポーツニュース


波乱のマレーシアラウンドを制したスープラ39号車(C)Toyota

全日本GT選手権(JGTC)
第3戦 JAPAN GT CHAMPIONSHIP MALAYSIA
JGTC第3戦マレーシア トヨタ・スープラが1-2フィニッシュ!
猛暑の海外遠征戦 波乱の“ナイトレース”をスープラが完全制覇
全日本GT選手権第3戦「JAPAN GT CHAMPIONSHIP MALAYSIA」が6月18日(金)、
19日(土)の両日、マレーシアの首都クアラルンプール近郊のセパンサーキット
で開催された。昨年はSARSの影響を考慮して中止となったが、マレーシアでの
開催は2000年以来通算4回目、選手権シリーズ戦としても2001年から3回
目となる。
 今大会には、GT500クラス18台とGT300クラス24台の総勢42台が
参加。このうちトヨタ勢はGT500クラスに7台のスープラとGT300クラス
に3台のセリカ、そして2台のMR‐Sがエントリーした。
 亜熱帯のマレーシアで行われるレースだけに、特例としてボンネット上ルーバー
の高さ規制が解除されるなど、各車暑さ対策に腐心。ルーフに室内の熱気を抜くベ
ンチレーターを持つ04年型スープラもボンネットルーバーを追加してラジエター
の放熱効果を高めるなどして臨んだ。
 ただし今回は初の試みとして土曜日に決勝レースを行うと共に、スタート時間を
夕刻の5時、ゴール予定を7時半過ぎとする“ナイトレース”として開催されるこ
ととなり、気温・路面温度の下降による車両、タイヤなどへの影響が注目された。
◆予選◆
 18日(金)の公式予選も、通常より遅いタイムスケジュールとなり、1回目が
午前11時45分から、2回目は午後5時からそれぞれ1時間づつ行われた。
 この日は午前10時頃から強い雷雨に見舞われ、セッション開始時までには小雨と
なったものの、完全なウェットコンディションで予選を開始。雨脚が弱まったセッ
ション終盤に満を持して浅溝レインタイヤをタイミングよく投入したデンソーサー
ドスープラ39号車が暫定PPを獲得。3番手タイムを記録したWOODONEト
ムススープラ36号車が上位車のペナルティにより順位を繰り上げて、トヨタ・スー
プラのワン・ツーとなった。
 その後、午後2時過ぎに雨が完全にあがると路面は急速に乾き、午後5時からの
予選2回目は、完全なドライコンディションで行われた。決勝グリッドをかけたア
タックと同時に、両ドライバーの基準タイムクリアなど両クラス共に実質40分の慌
しいセッションの終盤には、スープラ36号車とDYNACITYトムススープラ
37号車が激しくトップタイムを争い、最後の最後でタイムアップを果たしたスー
プラ36号車が2番手、スープラ37号車が3番手を獲得した。
◆決勝◆
 19日(土)は、朝こそ曇りがちだったが、間もなく晴天となり、決勝レースま
でには気温も35度まで上昇。
 午後5時19分にローリングスタートが切られると、2番手スタートのスープラ
36号車がオープニングラップで首位を奪取する。2周目には再び2位となるが、
ポジションを堅持。25周目に迅速なピット作業でドライバー交代を済ませ、続い
てピットインしたフェアレディZを捕らえると、ピット作業が一巡した32周目に
は首位奪還を果たした。
 一方、スタートでは出遅れたもののじわじわと順位を上げてきたスープラ39号
車は、33周目には2位に浮上。ペースを上げたスープラ35号車も3位へとポジ
ションを上げて、トヨタ・スープラは、ワン・ツー・スリー体制に持ち込んだ。し
かし、首位を行くスープラ36号車は、クールスーツの故障により、ドライバーが
体力を消耗し、45周目のヘアピン先で痛恨のスピン。さらにピットインを余儀な
くされ後退。
 代わって首位に立ったスープラ39号車は、その後も安定したペースで勝利のチ
ェッカーフラッグ。2位にはスープラ35号車が続き、荒れたレースでトヨタ・スー
プラが見事ワン・ツーフィニッシュを飾った。
 一方、GT300クラスでは6番手グリッドからスタートしたRECKRESS
 MR‐S30号車が安定した走りで4位入賞を果たした。
--------------------------------------------------------------------------------
デンソー サードスープラ39号車 ドライバーJ.デュフォアのコメント:4年
間GTカーレースを走って今回初めて優勝を果たすことが出来、とても嬉しい。チー
ムの作戦で、自分は30周近くを周回せねばならず、最初の10周はとりわけタイ
ヤをセーブしたが、それが功を奏したと思う。暑さで体力を消耗したが、接触やコー
スアウトの多発する中、良いレースが出来た。
デンソー サードスープラ39号車 ドライバーA.クートのコメント:決勝前の
フリー走行でトップタイムを記録し、セッティングがコンディションにぴったり合っ
ていることを確信した。開幕戦は残念なペナルティ(追い越し違反)で勝利を失っ
たが、これでチームのパフォーマンスを確信した。これからもタイトル獲得を目指
し、全力を尽くして頑張る。
トヨタ自動車(株)モータースポーツ部主査 柘植和廣のコメント:今回のレース
は、暑さも影響して接触やコースアウトが多発する荒れた展開となったが、その中
で39号車は予選結果が思わしくなかったにも関わらず決勝では力強く走ってくれ
た。また、35号車は序盤に接触からスピンも喫したが、上手くリカバーして2位
に入賞し、スープラがワン・ツー・フィニッシュを達成することが出来た。これは、
マレーシアでのオフシーズンテストによる熱対策や信頼性確保など基本部分の熟成
と、暑い中で頑張ってくれた各チームの健闘によるものだと思う。前戦に続いてスー
プラの連勝を飾ることが出来たが、シリーズチャンピオンを目指して、次戦となる
十勝でのレースも各チームと共に全力で臨む。
--------------------------------------------------------------------------------
第3戦 リザルト 順位 車両 No. ドライバー 所要時間/差 周回 予選結果
1 39 トヨタスープラGT J.デュフォア/A.クート 1:53'47.096 54 13
2 35 トヨタスープラGT 服部尚貴/脇阪薫一 0'02.113 54 5
3  1 日産フェアレディZ 本山 哲/R.ライアン 0'21.470 54 9
4  3 日産フェアレディZ 金石年弘/E.コマス 0'36.077 54 7
5 37 トヨタスープラGT J.コートニー/片岡龍也 0'42.987 54 3
6 22 日産フェアレディZ 影山正美/M.クルム 0'45.702 54 4
7 38 トヨタスープラGT 立川祐路/荒 聖治 1'14.961 54 10
8 18 ホンダNSX 道上 龍/S.フィリップ 1'25.118 54 12
9 32 ホンダNSX 松田次生/A.ロッテラー 1'51.137 54 14
10 36 トヨタスープラGT 土屋武士/M.アピチェラ 2'20.890 54 2
チーム 車両 No. ドライバー 第3戦結果
TOYOTA TEAM SARD トヨタスープラGT 39 J.デュフォア/A.クート 1位
KRAFT トヨタスープラGT 35 服部尚貴/脇阪薫一 2位
TOYOTA TEAM TOM'S トヨタスープラGT 37 J.コートニー/片岡龍也 5位
TOYOTA TEAM CERUMO トヨタスープラGT 38 立川祐路/荒 聖治 7位
TOYOTA TEAM TOM'S トヨタスープラGT 36 土屋武士/M.アピチェラ 10位
ESSO TOYOTA TEAM LeMans トヨタスープラGT 6 脇阪寿一/飯田 章 34位/14位
TEAM ADVAN・ツチヤ トヨタスープラGT 25 織戸 学/D.シュワガー リタイア
TEAM RECKLESS トヨタMR-S 30 佐々木孝太/後藤 聡 17位/4位
TOYOTA TEAM CERUMO トヨタセリカ 52 竹内浩典/西澤誠剛 21位/8位
SPIRIT Motorsport トヨタセリカ 17 長島正興/松永まさひろ 25位/12位
A'PEX with apr トヨタMR-S 31 田中 実/松田晃司 36位/22位
RACING PROJECT BANDOH トヨタセリカ 19 青木孝行/谷口信輝 リタイア
ドライバーズポイント 順位 ドライバー ポイント
1位 J.デュフォア/A.クート 34
2位 立川祐路/荒 聖治 33
2位 本山 哲/R.ライアン 33
4位 服部尚貴/脇阪薫一 29
5位 J.コートニー/片岡龍也 19
7位 織戸 学/D.シュワガー 17
7位 脇阪寿一/飯田 章 17
チームポイント 順位 チーム ポイント
1位 NISMO 36
2位 TOYOTA TEAM SARD 34
3位 TOYOTA TEAM CERUMO 33
4位 KRAFT 29
5位 TOYOTA TEAM TOM'S 23
7位 ESSO TOYOTA Team LeMans 17
7位 TEAM ADVAN・ツチヤ 17
エンジンチューナーポイント 順位 エンジンチューナー ポイント
1位 トヨタテクノクラフト 55
2位 AUTECH 32
3位 東名エンジン 18
4位 M-TEC 12
※全て3戦終了時点。暫定
◆トヨタのモータースポーツ情報はTOYOTA Motorsportsをご覧下さい。

全日本GT選手権

JGTC 第3戦 JAPAN GT CHAMPIONSHIP MALAYSIA 決勝/NISMOモータースポーツニュースフラッシュ


全日本GT選手権シリーズ(JGTC) 第3戦 
「JAPAN GT Championship MALAYSIA」  決勝
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
■開催月日:2004年6月19日
■開催場所:セパン・インターナショナル・サーキット(マレーシア)
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
■#1「ザナヴィ ニスモZ」が3位ポディウム・フィニッシュ
#3「G’ZOX SSRハセミZ」4位、#22「モチュールキーバリューZ」6位
#12「カルソニックIMPUL Z」は惜しくもリタイヤ
6月19日(土)午後5時20分、予定から15分遅れて2004年JGTCレース第3戦「JAPAN GT
Championship MALAYSIA」決勝のローリングラップがスタートした。天気は快晴、
気温は日陰の温度は32℃であったが、直射日光下では35℃を超える酷暑のレースと
なった。
ポールシッターの#12「カルソニックIMPUL Z」は、オープニングラップは#36スー
プラに先行を許すものの2周目にはトップに立ち、スタートドライバーのブノワ
・トレルイエが序盤をトップで快走した。しかし、セカンドスティントを担当した
井出有治が走行中の32周目に不運が発生した。
井出の直前で姿勢を崩したGT300車両がコースを横切ってコースアウトし行き場を
失った井出もグラベルベッドへ。コースに戻る際にスタックしていたマシンにノー
ズをヒットしてしまう。一旦はコースに戻ったが、再び他車と接触してスピンアウ
トし、戦列を去ることとなった。
このアクシデントの後、日産勢のトップを取ったのは#3 「G’ZOX SSRハセミZ」。
予選7位からレースをスタートしたエリック・コマスは、ベテランならではの巧み
なレース展開で#3 Zを4位に押し上げ、後半の金石年弘にマシンを渡した。金石は
32周目に3位に上がると快調にラップを重ね、後方から迫る#35スープラの猛追をか
わし続けた。しかし、この攻防の間にその直後につけていた#1 Zと接触してスピン。
4位のポジションを#1に明け渡してしまう。終盤に上位車が脱落したため、最終的
には4位でチェッカーフラッグを受けることとなった。
ニスモのエースカー#1「ザナヴィ ニスモZ」は8番グリッドから本山哲がスタート。
3周目に7位になると、ステディなペースで前半の担当周回をこなした。32周目には
4位にポジションアップ。同様に後半にペースを上げてきた#35スープラに先行され
るが、43周目に#3 Zと競り合いの末に4位となると、終盤にはタイヤを使い果たし
た上位車を抜き去り3位へ。
そのままマシンをフィニッシュラインに運び、目標の3位ポディウム・フィニッシュ
を果たした。#1のふたりのドライバーは今回の3位入賞によってチャンピオンシッ
プポイントでランキング2位となった。
#22「モチュールキーバリューZ」は、予選4位の位置からミハエル・クルムがレー
スをスタート。26周目には暫定4位で影山正美にバトンタッチ。
影山は、持ち前の粘りの走りで6位をキープ。終盤には5位に上がった。
しかし、最終ラップにペースダウン。6位でチェッカーフラッグを受けると、第1コー
ナー手前にストップ。マシンから出た影山は、その場にへたり込んでしまった。クー
ルスーツを着用せずにこのレースに臨んだ影山だったが、極度の消耗によって脱水
状態となっていた。メディカルセンターに運ばれた影山は、水分補給などの体調回
復処置を受けた。
■出川監督コメント
「#12が脱落してしまったのは何とも惜しかったですね。しかし、#1は序盤に硬い
タイヤで本山が良く耐えたと思うし、後半のミディアムタイヤはリチャードの走
りにうまくマッチしました。短めでリチャードに交代したのは、そのための作戦
でした。しかし、少し攻めすぎて#3と接触してしまったのは、長谷見さんのチー
ムに申し訳ないことをしました。結果として3位表彰台が果たせたので、当初の
目的は果たすことができました。
正美は意識もはっきりしており心配は要らないようです。タフなレースでしたが
ファンの皆様のご声援に感謝します。ありがとうございました」
■決勝結果
Pos.  Car Name   No.  Driver    Laps
1 デンソーサードスープラGT   #39 ジェレミー・デュフォア/アンドレ・クート        1:53'47"096
2 イエローハットYMSスープラ  #35 服部尚貴/脇阪薫一                   -2"113
3 ザナヴィ ニスモ Z          #1  本山 哲/リチャード・ライアン      -21"470
4 G'ZOX・SSR・ハセミZ        #3  金石年弘/エリック・コマス          -36"077
5 DYNACITY トムス スープラ   #37 ジェームス・コートニー/片岡龍也    -42"987
6 モチュールキーバリューZ    #22 影山正美/ミハエル・クルム          -45"702
7 auセルモスープラ           #38 立川祐路/荒 聖治                -1'14"961
8 TAKATA童夢NSX              #18 道上 龍/セバスチャン・フィリップ-1'25"118
9 EPSON NSX                  #32 松田次生/アンドレ・ロッテラー    -1'51"137
10 WOODONE トムス スープラ    #36 土屋武士/マルコ・アピチュラ      -2'20"890
R カルソニック IMPUL Z        #12 ブノワ・トレルイエ/井出有治      -23Laps
◆ニスモモータースポーツの詳細は「NISMO official web site」をご覧下さい。

全日本GT選手権

JGTC第3戦 JAPAN GT CHAMPIONSHIP MALAYSIA 決勝

6月19日、マレーシア、セパンサーキットで行われた全日本GT選手権第3戦「JAPAN
GT CHANPIONSHIP MALAYSIA」は、上位陣の自滅にもあったが、安定した走行を見せ
た#39デンソーサードスープラGT(デュフォア/クート組)が総合優勝を飾った。
GT300クラスは、マレーシアに強い#7雨宮アスパラドリンクRX7(山路/井入組)が
昨年に続いて連勝を果たした。
レース開始直後は、フロントローに並んだ#12カルソニック IMPUL Zと#36WOODONE
トムススープラスープラが激しく競り合ったが、6周を過ぎた頃から#39デンソーサー
ドスープラGTが徐々にポジションアップ。7周目4位、9周目3位と順位を上げる。
23周から30周の間に上位陣はルーティンのピットイン。これを終えてのトップは#36
スープラ、4秒遅れて#12Zが追う。ところが、32周目、#12Zは周回遅れのGT300マシ
ンと絡んでリタイア。この時点で2位に上がった#39スープラとトップとの差は12秒。
#36スープラ有利のままレースは進んだが、残り10周となった44周目に#36スープラ
がスピン。#39スープラが労せずしてトップの座を手に入れる。#36はこの後もタイ
ヤにトラブルを抱えたのかスピンを喫し、たまらずピットイン。大きく順位を落と
してしまった。
トップを快走する#39スープラは、終盤#35イエローハットYMSスープラに追い上げ
られたものの、逃げ切って、今季初優勝を果たした。
GT300クラスは、28周までピットインを引っ張った#7雨宮アスパラドリンクRX7が、
ピットインを機にトップに立つと、後続を引き離し、2位M-TEC NSXに大きく差をつ
けてチェッカーを受け、マレーシア大会2連勝を果たした。
2004年6月19日 セパンサーキット(マレーシア) 決勝 天候:晴れ/コース:ドライ
-P--No.Cl.-Car--------------------------Drivers---------Lap-GoalTime(WH)
1  39 500 デンソー サードスープラ GT デュフォア/クート 54 1:53'47.096(10)
2  35 500 イエローハットYMSスープラ    服部/脇阪       54 -     2.113(10)
3   1 500 ザナヴィニスモ Z             本山/ライアン   54 -    21.470(40)
4   3 500 G'ZOX・SSR・ハセミ Z         金石/コマス     54 -    36.077
5  37 500 DYNACITY トムス スープラ     コートニー/片岡 54 -    42.987(20)
6  22 500 モチュールキーバリュー Z     影山/クルム     54 -    45.702(30)
7  38 500 auセルモスープラ             立川/荒         54 -  1'14.961(80)
8  18 500 TAKATA童夢NSX                道上/フィリップ 54 -  1'25.118(+1)
9  32 500 EPSON NSX                    松田/ロッテラー 54 -  1'51.137(10+1)
10  36 500 WOODONE トムススープラ       土屋/アピチェラ 54 -  2'20.890
11   8 500 ARTA NSX                     金石/伊藤       53 -    1 Lap (+1)
12* 15 500 AMPREXムルシエラゴ R-GT      橋本/サイモン   51 -    3 Laps
13   7 300 雨宮アスパラドリンクRX7      山路/井入       51 -    3 Laps(15)
14  21 500 フェラーリ550GTSマラネロ     光貞/(植松)     51 -    3 Laps
15  16 300 M-TEC NSX                    山野/八木       50 -    4 Laps(30)
16   5 300 プロジェクトμB-1マッハ号GT320R  玉中/三船    50 -    4 Laps
17  30 300 RECKLESS MR-S                佐々木/後藤     50 -    4 Laps(10+1)
18  10 300 JIM Gainer アドバンF360      田中/余郷       50 -    4 Laps(15)
19  81 300 シーウエストダイシンアドバンZ 柳田/尾本      50 -    4 Laps(+2)
20  80 300 エンドレスダイシンアドバンZ  木下/星野       50 -    4 Laps(+1)
21  52 300 プロジェクトμ太陽石油セリカ  竹内/西澤       50 -    4 Laps(+1)
22  11 300 JIM RodeoDrive アドバンF360  松田/菅         50 -    4 Laps(30)
23  26 300 エンドレスタイサンADVAN GT3R 井尻/山岸       50 -    4 Laps
24   9 300 ADVAN K-STADIUM MT           清水/細川       50 -    4 Laps
25  17 300 エスペリア Kosei セリカ      長島/松永       50 -    4 Laps(20)
26  20 300 FK/Massimo ADVAN ポルシェ    井上/宮川       49 -    5 Laps
27* 63 300 LEYJUNダンロップ320R         OSAMU/吉本      49 -    5 Laps(30)
28 910 300 高見沢整骨院アドバンポルシェ 高見沢/砂子     49 -    5 Laps
29* 51 300 NSC・AUTO-STAFF・ADVANシルビア 加藤/筒井       49 -    5 Laps
30   2 300 プリヴェチューリッヒ・クムホ NSX 高橋/渡辺    49 -    5 Laps(+2)
31  77 300 クスコスバルADVAN インプレッサ 小林/谷川     48 -    6 Laps(+2)
32 111 300 ARKTECH ENDLESS ADVAN GT4    飯島/大井       47 -    7 Laps
33  70 300 フィールズ外国屋ADVANポルシェ 石橋/ヒロミ    46 -    8 Laps
34   6 500 エッソウルトラフロースープラ 脇阪/飯田       44 -   10 Laps(20)
35  43 300 ARTA Garaiya                 新田/高木       43 -   11 Laps(20)
36  31 300 A'PEX i-mobisess MR-S        田中/松田       43 -   11 Laps
37 100 500 RAYBRIG NSX                  中野/加藤       42 -   12 Laps(+2)
-------------------------------------------------------------------------------
25 500 ECLIPSE ADVAN スープラ       織戸/シュワガー 34 -   20 Laps(50)
12 500 カルソニック IMPUL Z         トレルイエ/井出 31 -   23 Laps(10)
72 300 アドバンBOROポルシェ         平川/城内       29 -   22 Laps
88 500 JLOC ムルシエRG-1            山西/WADA-Q     24 -   30 Laps
19 300 ウェッズスポーツセリカ       青木/谷口       13 -   38 Laps(55)
-------------------------------------------------------------------------------
WH:ウェイトハンデ(kg)
+1:性能引き上げ措置(+1=1ランク/+2=2ランク)
Fastest Lap GT500 #12 ブノワ・トレルイエ  2'02.080
GT300 #16 山野哲也            2'11.046
* #15の車両は、ジャンプスタートによりドライビングスルーペナルティが課された。
* #63の車両は、ピット作業時のエンジン不停止によりドライビングスルーペナルティ
が課された。
* #51の車両は、ピットレーン速度違反によりドライビングスルーペナルティが課され
た。

全日本GT選手権

JGTC 第3戦 JAPAN GT CHAMPIONSHIP MALAYSIA 予選/NISMOモータースポーツニュースフラッシュ


全日本GT選手権シリーズ(JGTC) 第3戦 
「JAPAN GT Championship MALAYSIA」  公式予選
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
■開催月日:2004年6月18日
■開催場所:セパン・インターナショナル・サーキット(マレーシア)
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
■#12「カルソニックIMPUL Z」が予選終了間際に逆転ポール獲得
  #22「モチュールキーバリューZ」4位、
#3「G’ZOX・SSR・ハセミZ」7位、#1「ザナヴィ ニスモZ」8位
JGTC第3戦は、2年ぶりの開催となったマレーシア・ラウンド。例年だと気温が35℃
を超え湿度も高いため晴れるとまさに灼熱となるが、今年は雨模様で公式スケジュー
ルが始まった。6月18日(金)は、朝10時頃から激しい雨が降り、気温は26℃。涼し
いとさえ感じるコンディションであった。
公式予選1回目、全車水しぶきを上げながらコースインしたGT500専有走行は、まず
はハンディウェイトのない#3 Zが早々とトップタイムをマーク。ニスモは、#1 Zが
本山哲、#22 Zはミハエル・クルムがこの時間帯を走行した。ウェイトハンディは、
#1が40kg、#22は30kg。本山は6番手タイム、クルムは途中の小雨時にクールダウン
してタイムアップを試みたが、7番手であった。
GT300との合同走行時間は、小雨が断続的に降る状況で、#1はリチャード・ライア
ン、#22は影山正美がスタートした。そして、予選終了間際にライアンが本山のベ
ストタイムを約0.4秒縮めて6番手をキープ。影山もタイムアップに挑んだが、勢い
あまってグラベルベッドにスピンアウトしチャンスを逃した。
Z勢は、#3が終盤にトップの位置を明け渡すものの2位、#12が4位、#1が6番手で予
選1回目を終了。その後#3は予選中のペナルティにより最速タイムが抹消されて4位
に、#12が代わりに3位に繰り上がった。
2回目の公式予選が行われた午後5時にはすっかりドライとなっていた。
気温は31℃、路面温度33℃で、まずまずのタイムアタックコンディションであった。
混走から始まったセッションは、各チームともドライタイヤ2セットをフルに使っ
たタイムアタック合戦となった。ミハエル・クルムの#22 Zは早速クリアラップを
キャッチしてトップタイムをマーク、影山正美にバトンタッチした。#1 Zの本山哲
もフレッシュタイヤでタイムアタックし、約0.2秒差でクルムに続いた。さらに、
本山から交代したリチャード・ライアンも激しくプッシュし、さらに0.1秒タイム
を縮めた。
アタック合戦の山場はセッション最終のGT500専有走行であった。ニスモの2台はそ
ろってニュータイヤに交換。クルムはラップを重ねるごとにタイムアップ。しかし、
他の車両もタイムアップを果たしたために最終的に4番手の位置に落ち着いた。本
山はクリアラップの間合いを計ったが、理想のアタック環境を作れないまま予選終
了を迎えた。#3 Zのエリック・コマスもタイムを縮めるものの、7位で走行を終了。
そして、この日快心の走りを見せた#12 Zのブノワ・トレルイエが計測終了間際に
ベストタイムを更新、混走時間の15位からポールポジションに躍り出ることとなっ
た。
■公式予選結果
Pos.  Car Name   No.  Driver    Laps
1 カルソニック IMPUL Z          #12 ブノワ・トレルイエ/井出有治     2'00"166
2 WOODONE トムス スープラ       #36 土屋武士/マルコ・アピチュラ     2'00"173
3 DYNACITY トムス スープラ      #37 ジェームス・コートニー/片岡龍也 2'00"190
4 モチュールキーバリューZ       #22 影山正美/ミハエル・クルム       2'00"706
5 イエローハットYMSスープラ     #35 服部尚貴/脇阪薫一               2'00"809
6 エッソウルトラフロースープラ  #6  脇阪寿一/飯田章                 2'01"040
7 G'ZOX・SSR・ハセミZ           #3  金石年弘/エリック・コマス       2'01"127
8 ザナヴィ ニスモ Z             #1  本山 哲/リチャード・ライアン   2'01"186
9 TAKATA童夢NSX                 #18 道上 龍/セバスチャン・フィリップ         2'01"186
10 auセルモスープラ              #38 立川祐路/荒 聖治               2'01"351
◆ニスモモータースポーツの詳細は「NISMO official web site」をご覧下さい。

全日本GT選手権

JGTC第3戦 JAPAN GT CHAMPIONSHIP MALAYSIA 予選

午前の予選はウェットだったため、午後の一発勝負となった。
2004年6月19日 セパンサーキット(マレーシア) 予選 天候:雨のち曇り/コース:ウェット/ドライ
-P--No.Cl.-Car--------------------------Drivers---------Session1-Session2(WH)
1  12 500 カルソニック IMPUL Z         トレルイエ/井出 2'13.494 2'00.166(10)
2  36 500 WOODONE トムススープラ       土屋/アピチェラ 2'13.479 2'00.173
3  37 500 DYNACITY トムス スープラ     コートニー/片岡 2'13.573 2'00.190(20)
4  22 500 モチュールキーバリュー Z     影山/クルム     2'14.259 2'00.706(30)
5  35 500 イエローハットYMSスープラ    服部/脇阪       2'13.530 2'00.809(10)
6   6 500 エッソウルトラフロースープラ 脇阪/飯田       2'13.732 2'01.040(20)
7   3 500 G'ZOX・SSR・ハセミ Z         金石/コマス     2'13.404 2'01.127
8   1 500 ザナヴィニスモ Z             本山/ライアン   2'13.557 2'01.186(40)
9  18 500 TAKATA童夢NSX                道上/フィリップ 2'14.097 2'01.186(+1)
10  38 500 auセルモスープラ             立川/荒         2'13.878 2'01.351(80)
11 100 500 RAYBRIG NSX                  中野/加藤       2'15.383 2'01.505(+2)
12   8 500 ARTA NSX                     金石/伊藤       2'15.617 2'01.934(+1)
13  39 500 デンソー サードスープラ GT デュフォア/クート 2'13.189 2'01.985(10)
14  32 500 EPSON NSX                    松田/ロッテラー 2'15.224 2'02.119(10+1)
15  25 500 ECLIPSE ADVAN スープラ       織戸/シュワガー 2'20.572 2'02.555(50)
16  80 300 エンドレスダイシンアドバンZ  木下/星野       2'27.075R2'09.214(+1)
17   7 300 雨宮アスパラドリンクRX7      山路/井入       2'26.029R2'09.333(15)
18  16 300 M-TEC NSX                    山野/八木       2'22.781 2'10.061(30)
19  63 300 LEYJUNダンロップ320R         OSAMU/吉本      2'25.695 2'10.430(30)
20  81 300 シーウエストダイシンアドバンZ 柳田/尾本      2'29.103 2'10.963(+2)
21  30 300 RECKLESS MR-S                佐々木/後藤     2'24.504 2'11.006(10+1)
22   5 300 プロジェクトμB-1マッハ号GT320R  玉中/三船    2'27.875 2'11.061
23  72 300 アドバンBOROポルシェ         平川/城内       2'27.235 2'11.182
24  52 300 プロジェクトμ太陽石油セリカ  竹内/西澤       2'25.114 2'11.300(+1)
25  11 300 JIM RodeoDrive アドバンF360  松田/菅         2'27.083 2'11.506(30)
26  19 300 ウェッズスポーツセリカ       青木/谷口       2'27.771 2'11.776(55)
27  31 300 A'PEX i-mobisess MR-S        田中/松田       2'25.741 2'11.814
28  10 300 JIM Gainer アドバンF360      田中/余郷       2'27.482 2'12.013(15)
29  43 300 ARTA Garaiya                 新田/高木       2'24.864 2'12.032(20)
30  20 300 FK/Massimo ADVAN ポルシェ    井上/宮川       2'28.696 2'12.554
31  26 300 エンドレスタイサンADVAN GT3R 井尻/山岸       2'28.632 2'12.990
32   9 300 ADVAN K-STADIUM MT           清水/細川       出走せず 2'13.654
33  17 300 エスペリア Kosei セリカ      長島/松永       2'30.362 2'13.887(20)
34 910 300 高見沢整骨院アドバンポルシェ 高見沢/砂子     2'28.752 2'14.378
35  51 300 NSC・AUTO-STAFF・ADVANシルビア 加藤/筒井       2'31.036 2'14.964
36   2 300 プリヴェチューリッヒ・クムホ NSX 高橋/渡辺    2'36.546 2'15.051(+2)
-------------------------------------------------------------------------------
15 500 AMPREXムルシエラゴ R-GT      橋本/サイモン   2'17.427 2'05.056
21 500 フェラーリ550GTSマラネロ     光貞/(植松)     2'20.661 2'05.802
88 500 JLOC ムルシエRG-1            山西/WADA-Q     2'23.135 2'10.571
77 300 クスコスバルADVAN インプレッサ 小林/谷川     2'29.156 2'13.471(+2)
111 300 ARKTECH ENDLESS ADVAN GT4    飯島/大井       2'30.932 2'15.372
70 300 フィールズ外国屋ADVANポルシェ 石橋/ヒロミ    2'33.029 2'17.919
-------------------------------------------------------------------------------
WH:ウェイトハンデ(kg)
+1:性能引き上げ措置(+1=1ランク/+2=2ランク)

全日本GT選手権

JGTC第3戦 JAPAN GT CHAMPIONSHIP MALAYSIA 練習走行

2004年6月17日 セパンサーキット(マレーシア) 練習走行 天候:晴れ/コース:ドライ
-P--No.Cl.-Car--------------------------Drivers---------Session1-Session2(WH)
1  36 500 WOODONE トムススープラ       土屋/アピチェラ 2'02.433 1'59.802
2  22 500 モチュールピットワーク Z     影山/クルム     2'04.229 2'00.257(30)
3  35 500 イエローハットYMSスープラ    服部/脇阪       2'03.380 2'00.354(10)
4   6 500 エッソウルトラフロースープラ 脇阪/飯田       2'01.309 2'00.399(20)
5   3 500 G'ZOX・SSR・ハセミ Z         金石/コマス     2'02.010 2'00.636
6  38 500 auセルモスープラ             立川/荒         2'01.911 2'00.817(80)
7  18 500 TAKATA童夢NSX                道上/フィリップ 2'04.852 2'00.892(+1)
8  39 500 デンソー サードスープラ GT デュフォア/クート 2'02.712 2'01.046(10)
9  12 500 カルソニック IMPUL Z         トレルイエ/井出 2'03.536 2'01.204(10)
10   1 500 ザナヴィニスモ Z             本山/ライアン   2'01.614 2'01.910(40)
11 100 500 RAYBRIG NSX                  中野/加藤       2'05.747 2'01.731(+2)
12  37 500 DYNACITY トムス スープラ     コートニー/片岡 2'02.503 2'01.807(20)
13  25 500 ECLIPSE ADVAN スープラ       織戸/シュワガー 2'04.335 2'01.832(50)
14  32 500 EPSON NSX                    松田/ロッテラー 2'04.636 2'02.174(10+1)
15   8 500 ARTA NSX                     金石/伊藤       2'05.361 2'02.318(+1)
16  15 500 AMPREXムルシエラゴ R-GT      橋本/サイモン   2'09.173 2'04.826
17  21 500 フェラーリ550GTSマラネロ     光貞/(植松)     2'08.792 2'06.522
18   7 300 雨宮アスパラドリンクRX7      山路/井入       2'12.656 2'08.667(15)
19  16 300 M-TEC NSX                    山野/八木       2'11.025 2'09.307(30)
20  72 300 アドバンBOROポルシェ         平川/城内       2'12.913 2'10.344
21  80 300 エンドレスダイシンアドバンZ  木下/星野       2'12.934 2'10.494(+1)
22  63 300 LEYJUNダンロップ320R         OSAMU/吉本      2'12.967 2'10.626(30)
23  88 500 JLOC ムルシエRG-1            山西/WADA-Q     2'10.856 2'31.461
24  81 300 シーウエストダイシンアドバンZ 柳田/尾本      2'11.462 2'10.934(+2)
25   5 300 プロジェクトμB-1マッハ号GT320R  玉中/三船    2'13.198 2'11.081
26  52 300 プロジェクトμ太陽石油セリカ  竹内/西澤       2'13.243 2'11.105(+1)
27  10 300 JIM Gainer アドバンF360      田中/余郷       2'14.419 2'11.243(15)
28  11 300 JIM RodeoDrive アドバンF360  松田/菅         2'14.891 2'11.301(30)
29  30 300 RECKLESS MR-S                佐々木/後藤     2'11.526 2'11.413(10+1)
30   9 300 ADVAN K-STADIUM MT           清水/細川       2'11.751 2'12.202
31  43 300 ARTA Garaiya                 新田/高木       2'12.336 2'11.793(20)
32  20 300 FK/Massimo ADVAN ポルシェ    井上/宮川       2'15.352 2'12.003
33  26 300 エンドレスタイサンADVAN GT3R 井尻/山岸       2'15.223 2'12.788
34  19 300 ウェッズスポーツセリカ       青木/谷口       2'15.357 2'12.930(55)
35  31 300 A'PEX i-mobisess MR-S        田中/松田       2'13.891 2'12.993
36  77 300 クスコスバルADVAN インプレッサ 小林/谷川     2'14.402 2'13.044(+2)
37  17 300 エスペリア Kosei セリカ      長島/松永       2'15.362 2'13.469(20)
38 910 300 高見沢整骨院アドバンポルシェ 高見沢/砂子     2'15.772 2'13.914
39  51 300 NSC・AUTO-STAFF・ADVANシルビア 加藤/筒井       2'17.191 2'15.251
40 111 300 ARKTECH ENDLESS ADVAN GT4    飯島/大井       2'19.110 2'16.033
41   2 300 プリヴェチューリッヒ・クムホ NSX 高橋/渡辺    2'16.322 3'16.833(+2)
42  70 300 フィールズ外国屋ADVANポルシェ 石橋/ヒロミ    2'18.363 2'17.822
-------------------------------------------------------------------------------
WH:ウェイトハンデ(kg)
+1:性能引き上げ措置(+1=1ランク/+2=2ランク)

Japanese F3

全日本F3第7/8戦 もてぎ/トヨタモータースポーツニュース


(C)Toyota

          全日本F3第8戦でトヨタエンジンが表彰台独占!
インギングのR.クインタレッリが今季3勝目
横溝直輝が2位に入りチーム1-2
 全日本F3選手権の第4大会(第7戦、第8戦)が6月5日(土)、6日(日)
の両日、栃木県のツインリンクもてぎで行われた。同大会にはシリーズ参戦中の14
台が参加。このうちトヨタ・トムス3S‐GE型エンジン搭載車は10台を占め、4
日(金)に行われた練習走行では横溝直輝(インギング/トヨタ・トムス3S-GE)
がトップタイム、中嶋一貴(トムス/トヨタ・トムス3S-GE)が3番手タイム
を記録するなど、トヨタ勢は好調を維持して、もてぎ戦に臨んだ。
◆予選◆
 5日(土)は入梅入り前の好天に恵まれ、午前中から気温26度と夏本番を思わせ
る暑さの中で午前9時30分から15分間づつ公式予選が行われた。
 第7戦の予選は、序盤から積極的にアタックした番場琢(トムス/トヨタ・トム
ス3S-GE)がJ.P.デ・オリベイラ(M-TEC MF204C)と激しい予選トッ
プタイム合戦を展開した末、最終アタックで2番手グリッドを獲得。3番手には第
6戦優勝のR.クインタレッリ(インギング/トヨタ・トムス3S-GE)が続い
た。
 第8戦の予選では、さらに調子を上げたR.クインタレッリが3周目のタイムア
タックで2番手を確保。再び予選最終アタックで、逆転ポールポジションを狙った
番場琢は、若干のミスが響いて惜しくも3番手、横溝直輝が4番手につけた。
◆第7戦決勝◆
 5日(土)午後3時15分に第7戦の決勝がスタートする頃には、気温はさらに上
昇して31度を記録。路面温度も50度近くまで上がる中、注目のスタートでは、2番
手グリッドから番場琢が絶妙なスタートを切り、ポールポジションから首位を逃げ
るJ.P.デ・オリベイラを激しく追い上げた。しかし、3周目の最終コーナーで
痛恨のコースオフを喫して7位まで後退。
 一方、3番手スタートのR.クインタレッリはオープニングラップの3コーナー
先でF.カルボーン(ニッサンSR20VE)にパスされ4位にポジションを下げたもの
の、番場琢のコースオフで再び3位に浮上。これに8番手グリッドスタートながら
着実に順位を上げて来たR.アンティヌッチ(トムス/トヨタ・トムス3S-GE)
が続いた。
 その後、R.クインタレッリは後半ややペースが鈍り、R.アンティヌッチはオー
バーテイクのチャンスを探るが、抜きどころの少ないもてぎのロードコースで逆転
はならず、そのままR.クインタレッリが3位でチェッカー。
 ゴール後、スタート時に番場琢に対して進路妨害があったとして、J.P.デ
・オリベイラに1分加算のペナルティが課されたため2位以下13位までの順位が繰
り上がり、R.クインタレッリが2位、R.アンティヌッチが3位、横溝直輝が4
位となった。なお、この暫定結果に対してトムスチームから控訴が提出されたため、
第7戦の正式結果は裁定されるまで保留となった。
◆第8戦決勝◆
 6日(日)は朝から打って変わり曇天。午後から降雨との予報だったが、午前11
時5分スタートの第8戦の決勝レースはドライコンディションで行われた。
 2番手グリッドのR.クインタレッリはきれいなスタートを決め、ポールポジショ
ンのJ.P.デ・オリベイラを抑えて1コーナーへ。一方、3番手グリッドの番場
琢はスタートを失敗し、横溝直輝とR.アンティヌッチが先行、これに番場琢と山
本左近が続いて序盤戦に突入した。
 首位を行くR.クインタレッリは、2位で追いすがるJ.P.デ・オリベイラを
0.5秒の僅差で従えたまま周回を重ねて首位を死守。緊迫した接近戦に観客は釘
付けになった。しかし、13周目にJ.P.デ・オリベイラはエンジントラブルで
ストップし、2位以下がポジションアップ。その後も安定したペースで走り切った
R.クインタレッリと横溝直輝のインギング勢が、チーム初のワン・ツー・フィニッ
シュを飾った。
 そして、3位にR.アンティヌッチ、4位は番場琢、5位には番場琢を追って11
周目に決勝中ベストタイムを記録した山本左近が続き、トヨタエンジン搭載車は上
位5位までを独占して圧勝。
 見事今季3勝目を挙げたR.クインタレッリは、選手権ポイントでもR.アンテ
ィヌッチを逆転して首位に立った。
--------------------------------------------------------------------------------
インギング R.クインタレッリのコメント:
 第7戦では後半パフォーマンスが落ちたが、第8戦では良いスタートを切ること
が出来、セッティングの変更も功を奏して最後まで快調だった。序盤はタイヤ内圧
が低めの状況でJ.P.デ・オリベイラを抑えるのが辛かったが、その後は気持ち
よく走れた。クルマはとても良い状態にあり、次戦以降も自信を持ってベストを尽
くす。
インギング 横溝直輝のコメント:
 ここにきてチームも自分もモチベーションが高まっており、エンジンのパフォー
マンスも向上したことで良い結果につながった。自分としては練習走行で好タイム
が出ても予選結果につながらないのが課題だが、今回の結果で精神的にも落ち着い
たと思う。得意な鈴鹿、SUGOでは優勝を果たせるよう頑張りたい。
トヨタ・チームトムス R.アンティヌッチのコメント:
 予選結果が悪かったにもかかわらず、連続3位に入ることが出来た。ここまでは
毎回初めてのサーキットだったが、次の鈴鹿は開幕戦で走っているので自信を持っ
て臨み、良いレースをしたい。
トヨタ・チーム・トムス監督 関谷正徳のコメント:
 番場琢君は第8戦でのスタート失敗が残念だったが、内容の濃い週末になっただ
ろう。中嶋一貴君は良い練習で良いセットを見つけられたが、慣れや経験不足で予
選結果につながらなかった。横溝直輝君は、第8戦で2位表彰台に立ったが、それ
でも彼にとっては不本意な結果に違いない。山本左近君も含め、誰もがいつでも勝
てるレベルに達していると思う。しかし、決勝グリッドとスタートのウェイトが大
きなこのコースで予選一発のタイムを出せるかどうかというのはやはり重要なポイ
ントだ。そのあたりが今後の課題になるだろう。
---------------------------------------------------------------------------
第7戦 リザルト(暫定) 順位 No. ドライバー エンジン チーム タイム/差 周回 予選
1 12 F.カルボーン(ブラジル) ニッサン(ニッサンSR20VE)  Three Bond Racing 25'45.713 14 5
2  4 R.クインタレッリ(イタリア)  トヨタ(トヨタ・トムス3S-GE) INGING                3.959 14 3
3  1 R.アンティヌッチ(アメリカ)  トヨタ(トヨタ・トムス3S-GE) TOM'S                 4.768 14 8
4  3 横溝直輝         トヨタ(トヨタ・トムス3S-GE) INGING                5.239 14 7
5  2 武藤英紀         ホンダ(M-TEC MF204C)TODA RACING           6.132 14 4
6  8 中嶋一貴         トヨタ(トヨタ・トムス3S-GE) TOM'S                 7.302 14 6
7 36 番場 琢          トヨタ(トヨタ・トムス3S-GE) TOM'S                 8.000 14 2
8  7 山本左近         トヨタ(トヨタ・トムス3S-GE) TOM'S                 9.871 14 9
9 33 池田大祐         トヨタ(トヨタ・トムス3S-GE) Now Motorsports      14.355 14 10
10 32 小早川済瑠       トヨタ(トヨタ・トムス3S-GE) Now Motorsports      20.760 14 11
第8戦 リザルト 順位 No. ドライバー エンジン チーム タイム/差 周回 予選
1  4 R.クインタレッリ(イタリア)  トヨタ(トヨタ・トムス3S-GE) INGING            36'31.621 20 2
2  3 横溝直輝         トヨタ(トヨタ・トムス3S-GE) INGING                1.040 20 4
3  1 R.アンティヌッチ(アメリカ)  トヨタ(トヨタ・トムス3S-GE) TOM'S                 2.181 20 5
4 36 番場 琢          トヨタ(トヨタ・トムス3S-GE) TOM'S                 4.014 20 3
5  7 山本左近         トヨタ(トヨタ・トムス3S-GE) TOM'S                 5.747 20 6
6 12 F.カルボーン(ブラジル) ニッサン(ニッサンSR20VE)  Three Bond Racing     7.608 20 9
7  2 武藤英紀         ホンダ(M-TEC MF204C)TODA RACING           7.848 20 7
8 33 池田大祐         トヨタ(トヨタ・トムス3S-GE) Now Motorsports      16.892 20 10
9 14 柳田真孝         ニッサン(ニッサンSR20VE)  Three Bond Racing    18.626 20 12
10 32 小早川済瑠       トヨタ(トヨタ・トムス3S-GE) Now Motorsports      30.765 20 11
ドライバーズポイント
(第8戦終了時での有効得点:暫定) 順位 ドライバー名 エンジン ポイント
1 R.クインタレッリ     トヨタ・トムス 98
2 R.アンティヌッチ     トヨタ・トムス 94
3 中嶋一貴               トヨタ・トムス 70
4 番場 琢               トヨタ・トムス 68
5 J.P.デ・オリベイラ M-TEC          64
6 横溝直輝               トヨタ・トムス 61
8 山本左近               トヨタ・トムス 46
9 池田大祐               トヨタ・トムス 32
※ポイントはシリーズ全戦の80%が有効

Formula Nippon

Fニッポン 第3戦 ツインリンクもてぎ 上位3人のコメント


(Photo:K.Takeshita)

優勝 アンドレ・ロッテラー
「最初の状態は良くなくて、スタートも上手くいかなかったし、ペースを
維持するのも難しくて、後からどんどん抜かれてしまったが、チームが
戦略をどんぴしゃで決めてくれて片岡の前でピットアウトできた。セーフ
ティカーが入ったときは菅生の赤旗を思い出して嫌な予感がした。大きな
ギャップを築いてからも、リズムをつかみにくくて集中力を維持するのが
難しかった。レースで優勝するのは2001年のイギリスF3以来だけど、昨年
はフォーミュラニッポンのデビューシーズンということもあり、勝てなく
ても仕方ないと思っていたが、今年こそは絶対勝ちたかった。初優勝まで
は長く掛かったと思うけど、その分これから一杯勝てば良いと思う。
(これでポイントリーダーになったが)チャンピオンについて語るのは
まだ早いよ。実質的なリーダーというのは現時点ではまだいないと思う」
2位 井出有治
「雨が降ったり止んだりと天候が不安定だったので、走行ラインを探し
ながらトップの本山さんについてって、行ければ行ってしまおうと思って
いました。スリックタイヤへの交換は、先に交換したロッテラーと片岡が
5秒以上速いと無線で聞いてすぐにピットに入りました。次の周には本山
さんが入ってきたので、アウトラップでなんとかして前に出ようと必死で
プッシュしました。その後片岡に追いつきましたが、こっちは完全な雨
セッティングでダウンフォースをつけていたので、抜くことができません
でしたから、SC明けがチャンスだと思って1コーナーでパスしました。
ロッテラーには後ろについてプレッシャーをかけていこうと思いましたが、
完全ドライではストレートが伸びないので駄目でした」
3位 片岡龍也
「3位という結果は素直に嬉しいです。フォーメーションラップの時点で
『路面はどうだ』と無線で聞かれ、『すぐスリックに履き替えても大丈夫』
と答えました。そこからは給油に必要な最低限の周回まで引っ張り、その後
はいつでも自分の判断で交換に入るつもりでした。今回はチームの作戦が
僕の足りない部分を補ってくれましたが、次回からは自分もレベルを上げて、
チームを助けられるぐらいになりたいです。セーフティーカーが入るまでは
ペースもよかったので、再スタートでアンドレを抜こうと頑張ったらホイー
ルスピンをさせてしまい、井出さんに抜かれてしまいました。本山さんと
ブノワに追いかけられているときは、気持ちが折れた時点でやられてしまう、
と思い、集中して走りました。最後の5周は本当に長かったです」
優勝監督 中嶋悟
「今年に入って2つ勝ちました。アンドレの初優勝は嬉しかったですね、途中
のことは忘れましたけど。天候に関してはこっちが作戦をあわせるしかない
のですが、アンドレはウェットコンディションでは乗り難そうでしたから
『クルマが合ってないのかな』と思いましたし、片岡が既に交換を済ませた
こと、南の空は明るくなってきたことから、『このまま走ってもペースは
上がらないな』と思い、無線でピットインを指示しました。アンドレのクルマ
は点火カットの調子が良くなかったので、レースでその影響が出ないか心配
でしたが、アンドレは上手く乗りこなしてくれました」

Formula Nippon

Fニッポン第3戦 ツインリンクもてぎ 決勝


本山とトレルイエの猛追を凌ぎきり、初表彰台をもぎとった片岡(Photo:K.Takeshita)

6月6日、ツインリンクで行われたフォーミュラ・ニッポン第3戦は、スタート前の
雨に翻弄されたレースとなったが、安定した走りを見せた予選3位のアンドレ・ロッ
テラー(PIAAナカジマ)が初優勝。好判断でドライタイヤにいち早く交換した片岡
龍也(ルマン・スピリット)が金星といえる3位表彰台に上がった。
朝から厚い曇が空を覆うことになった決勝日。天気予報どおり、午後2時近くになっ
て雨がポツリポツリと落ちてきた。この雨は一旦止んだものの、スタート直前になっ
てまた雨足が強くなってくる。各チームはグリッド上でスリックからレインタイヤ
に交換。あわせて、ウィングや足回りの調整などを慌しく行ない、スタートを迎え
た。
スタートを制したのはPPスタートの#40ライアンだったが、2周目の1コーナーで#11
本山にインをつかれ、オーバースピードでコースアウト。最後尾まで落ちてしまう。
トップに立った#1本山は、8周目に2位に浮上した#20井出との差を保ちながら周回
を重ねる。
しかし、この頃から急速に路面が乾き始める。これにいち早く反応したのがルーキー
#25片岡。早目と思われたスリックへの交換を行いコースに戻る。傍目からはギャン
ブルに見えたタイヤ交換だったが、結果は大正解。#25片岡のペースが上がるのを見
て、各車続々とピットイン。このなかでトップ#1本山はややタイミングを逸した形
になり、4位に後退。代わって#31ロッテラーがトップに立ち、2位には何と#25片岡
がつけることになった。
レース折り返しの28周を過ぎても順位に大きな変動はなく、#31ロッテラー、少し
離れて#25片岡、#20井出、そして#1本山と続く。
膠着したレースに変化が訪れたのが33周目。最終コーナーで#3立川がスピンしてコー
ス上にストップ。これでセーフティカーが入ることになり、#31ロッテラーが築い
た5秒のマージンが一気になくなる。
36周を終えたところで再スタート。#20井出がこのチャンスに#25片岡をかわして2
位に上がり、#7脇阪が1コーナーの混乱でコースアウトしたものの、トップ#31ロッ
テラーの優位は揺るがず。#20井出を少しずつ引き離して初優勝のチェッカーを受
けた。
ルーキー片岡、3位争いを制して3戦目で表彰台
終盤盛り上がったのは、40周過ぎから始まった#25片岡、#1本山、#19トレルイエの
3台による表彰台を巡っての争い。テール・トゥ・ノーズ状態で周回を重ねる3台は、
52周目に#19トレルイエが#1本山をパスすると、その勢いのままにゴールまで#25片
岡を攻め続けた。しかし、#25片岡は#19トレルイエと堂々と渡り合い、チームの好
判断で手に入れた3位を守りきり、3戦目で殊勲の表彰台を得ることに成功した。
(観客:1万8000人)
◆ツインリンクもてぎ http://www.twinring.jp/
2004年6月6日 ツインリンクもてぎ(栃木県) 決勝 天候:雨のち曇り/コース:ウェット/ドライ
P.-No.Driver---------------Team-----------------Time(Delay)-----Gap---
1 31 アンドレ・ロッテラー PIAA NAKAJIMA        1”40'56.223     -
2 20 井出 有治           mobilecast IMPUL            6.492    6.492
3 25 片岡 龍也           LeMans Spirit              14.835    8.343
4 19 ブノワ・トレルイエ   mobilecast IMPUL           14.977    0.142
5  1 本山 哲             ADiRECT 5ZIGEN             15.377    0.400
6  3 道上 龍             Yellow Hat KONDO           18.467    3.090
7  8 土屋 武士           LeMans                     19.221    0.754
8 40 リチャード・ライアン DoCoMo DANDELION           19.513    0.292
9 32 小暮 卓史           PIAA NAKAJIMA              23.077    3.564
10* 2 金石 年弘           ADiRECT 5ZIGEN             24.083    1.006
11 28 野田 英樹           CARROZZERIA MOHN           26.202    2.119
12 11 松田 次生           COSMO OIL CERUMO           5Laps     5Laps
-----------------以上規定周回数完走-------------------------------------
13 41 服部 尚貴           DoCoMo DANDELION          17Laps    12Laps
14  7 脇阪 寿一           LeMans                    19Laps     2Laps
15  4 立川 祐路           Yellow Hat KONDO          24Laps     5Laps
ファステストラップ #40リチャード・ライアン 1'39.360(49/55Lap)
規定周回数     49周
※ビクトリーコーナーにおける停止車両回収のため、33周より3周回
セーフティーカーを導入した。
ペナルティ
* #2 金石年弘 2004年全日本選手権フォーミュラニッポン統一規則第33条2
(ピット作業、燃料補給手順)違反により、ドライビングスルーペナルティを
課した

Japanese F3

F3 第8戦 ツインリンクもてぎ 上位3人のコメント


(Photo:K.Takeshita)

優勝 ロニ・クインタレッリ
「今日はすごくハッピーだ。いいスタートができて、その後も速く走ることが出来た。
チームが昨夜いい仕事をしてくれたことに感謝したい。オリベイラは速かったので、
彼がスローダウンするまでミスは絶対許されない状況でプレッシャーを感じた。ラスト
5周でブレーキがおかしくなったが、2位の横溝までは差があったので慎重に走った。
いいクルマを用意してくれたチームに感謝したい」
2位 横溝直輝
「初の1-2フィニッシュということで、チームにとってもいい結果が出ました。クイン
タレッリ同様クルマは良かったが、序盤に引き離されてしまったのであれが精一杯
でした。トリイレーシングはワークス体制を築けていないのにこれだけの結果を出せた
ので、彼らの努力は充分報われたと思います。鈴鹿ではトムス勢にばんばん抜かれて
悔しい思いをしましたが、それをバネにクルマもエンジンも良くしてくれ、あとは
ドライバーが頑張るだけ、という状態になっていました。次の鈴鹿もその後の菅生も
僕は得意なので、次は自分が勝つ番だと思って頑張ります」
3位 リチャード・アンティヌッチ
「スタート位置よりもポジションを上げられたので、今日はいいレースだったと思う。
番場を押さえ込むのに苦労して、その間にトップとの差が開いてしまった。オリベイラ
がスローダウンしてポジションは上がったが、もうそれ以上は何も出来ない状態だった。
もてぎにはシーズン終盤にまた戻ってくるので、そのときは今回以上にいい結果を
出したい」

Japanese F3

F3第8戦 決勝


見事なスタートでトップに躍り出たクインタレッリ(Photo:K.Takeshita)

全日本F3選手権第8戦は、昨日に引き続いて快晴のツインリンクもてぎで行われ、
2番グリッドの#4ロニ・クインタレッリがスタートを決めてトップに躍り出て、
そのまま後続を振り切り、今季3勝目を上げた。
午前11時5分、F3第8戦のフォーメーションラップがスタートした。
気温28度、路面温度33度、風は最終コーナーから1コーナーに向かって強く吹いている。
午後からの降水確率が70%ということもあり、空には雲が厚く垂れ込めている。
2番手グリッドのクインタレッリがスタートで勢い良く飛び出して#10ファオ・パオロ・
デ・オリベイラを抜き去りトップに立つと、そのままぐんぐんとペースを上げて後続
を引き離しに掛かる。前日の第7戦でスタート時のドライビングにペナルティを課された
オリベイラは慎重になりすぎたようだ。
3番手にはクインタレッリのチームメイトの#3横溝直輝が上がってきた。
その後方ではスタートで順位を落としてしまった#36番場琢が同じトムスの#1リチャード
・アンティヌッチにバックストレッチで並びかけるが、抜くには至らない。その間に後方
から#7山本左近が接近してきて、4位集団はトムス勢3人によるドッグファイトとなった。
序盤から後続を振り切ろうとペースを上げるクインタレッリだったが、タイヤの空気圧
が低かったせいでクルマがコントロールし難い状態のため、すぐにオリベイラが挽回し
て背後に迫ってきた。オリベイラは後方で盛んに揺さぶりをかけるが、13周目の130Rを
立ち上がったところで突然スローダウン。そのままピットに入ってクルマを降りた。
オリベイラが脱落した後は、クインタレッリのポジションを脅かすものはなく、クイン
タレッリは落ち着いてクルマをゴールまで運び、今季3勝目を上げた。
2位にはチームメイトの横溝直輝。インギングは初めての1-2フィニッシュを達成した。
2004年6月6日 ツインリンクもてぎ(栃木県) 決勝 天候:曇り/コース:ドライ
-P.-No.-Driver--------------------------Car---------Engine----Lap----Gap---
1   4  ロニ・クインタレッリ            D   F302/3  T 3S-GE   20      -
2   3  横溝直輝                        D   F303    T 3S-GE   20     1.040
3   1  リチャード・アンティヌッチ      D   F304    T 3S-GE   20     1.141
4  36  番場琢                          D   F304    T 3S-GE   20     1.833
5   7  山本左近                        D   F304    T 3S-GE   20     1.733
6  12  ファビオ・カルボーン            D   F303    N SR20VE  20     1.861
7   2  武藤英紀                        L-D F106/03 H MF204C  20     0.240
8  33  池田大祐                        L-D F106/03 T 3S-GE   20     9.044
9  14  柳田真孝                        D   F302    N SR20VE  20     1.734
10  32  小早川済瑠                      L-D F106/03 T 3S-GE   20    12.139
11  19  柴田裕吉                        D   F302    T 3S-GE   20     1.031
12  50  磯崎元彦                        D   F304    T 3S-GE   20    34.527
-----------------以上完走------------------------------------------------------
8  中嶋一貴                        D   F304    T 3S-GE   14     6Laps
10  ファオ・パオロ・デ・オリベイラ  L-D F106/03 H MF204C  12     2Laps
Fastest Lap #7山本左近 1'48.698(11/20Lap)
規定周回数 18

Formula Nippon

Fニッポン第3戦 ツインリンクもてぎ フリー走行


昨年ここで初優勝している金石年弘。ここで復調のきっかけをつかめるか(Photo:K.Takeshita)

全日本選手権フォーミュラニッポン第3戦のフリー走行が6月6日午前9時より
ツインリンクもてぎで行われた。
トップタイムを記録したのはポールシッターの#40リチャード・ライアン。
2番手に#41服部尚貴と、ダンディライアン勢が好調ぶりをアピールした。
さらに3、4番手には#2金石年弘、#1本山哲の5ZIGEN勢がきた。開幕から苦戦の
続いている二人だが、ここで上昇気流に乗れるかが注目される。
決勝レースは今日午後2時30分より、55周で行われる。
2004年6月6日 ツインリンクもてぎ(栃木県) フリー走行 天候:晴れ/コース:ドライ
P.-No.Driver---------------Team-------------------------Time-------Gap---
1 40 リチャード・ライアン DoCoMo DANDELION             1'38.354    -
2 41 服部 尚貴           DoCoMo DANDELION               38.639   0.285
3  2 金石 年弘           ADiRECT 5ZIGEN                 39.027   0.673
4  1 本山 哲             ADiRECT 5ZIGEN                 39.105   0.751
5 31 アンドレ・ロッテラー PIAA NAKAJIMA                  39.289   0.935
6 20 井出 有治           mobilecast IMPUL               39.326   0.972
7 32 小暮 卓史           PIAA NAKAJIMA                  39.374   1.020
8  7 脇阪 寿一           LeMans                         39.380   1.026
9  3 道上 龍             Yellow Hat KONDO               39.578   1.224
10  4 立川 祐路           Yellow Hat KONDO               39.860   1.506
11 19 ブノワ・トレルイエ   mobilecast IMPUL               39.973   1.619
12  8 土屋 武士           LeMans                         40.067   1.713
13 25 片岡 龍也           LeMans Spirit                  40.125   1.771
14 11 松田 次生           COSMO OIL CERUMO               40.515   2.161
15 28 野田 英樹           CARROZZERIA MOHN               41.242   2.888
----------------------------------------------------------------------
参加台数:15台 出走台数:15台
シャーシーは全車Lola B351、エンジンは全車無限MF308、タイヤは全車BSです。

Japanese F3

F3第7戦 ツインリンクもてぎ 決勝


これが問題のシーン。やはりオリベイラの課題はスタートなのか。(Photo:K.Takeshita)

全日本F3選手権第7戦の決勝が6月5日午後3時15分よりツインリンクもてぎで行われ、
ポールポジションからスタートした#10ファオ・パオロ・デ・オリベイラが圧倒的な
速さで後続を寄せ付けず、トップでフィニッシュしたが、スタート時の幅寄せに対して
1分加算のペナルティが下り、2番目にフィニッシュした#12ファビオ・カルボーンが
繰り上げ優勝となった。
レースは定刻どおり午後3時15分にフォーメーションラップが開始され、スタートした。
2番手スタートの#36番場琢が勢い良く飛び出し、ポールのオリベイラに並びかけるが、
オリベイラはクルマをイン側に寄せて番場を牽制し、トップのまま1コーナーへ。
番場は芝生にタイヤを落としてこれを回避、引き続きオリベイラの追撃に掛かるが、
3周目の最終コーナーで痛恨のコースアウトを喫し、7位にまでポジションを落として
しまった。
この後方では5番手スタートのカルボーンがスタートで#2武藤英紀を抜き去ると、更に
3コーナーで#4ロニ・クインタレッリを攻略し、3番手に上がる。番場のコースオフで彼は
2番手に上がるが、ファステストラップを連発するオリベイラに対してはなす術もない
状況だった。
結局オリベイラはカルボーンに9秒以上の大差をつけてフィニッシュ。
前回のTIに続いての2勝目を飾ったかに思われたが、スタート時の番場に対する行為に
対して抗議が出され、1分加算のペナルティが下った。
この結果、2位フィニッシュのカルボーンが繰り上がって来日初の優勝を遂げた。
以下、2位クインタレッリ、3位#1リチャード・アンティヌッチ、4位#3横溝直輝の順
となり、注目の中嶋一貴は一時9位まで順位を落とすが最終的に6位となった。
第8戦の決勝は6月6日午前11時5分より、20周で行われる。
なお、このペナルティを反映して出された暫定結果の改訂版に対し、TOM'Sより控訴
が提出されたため、第7戦の正式結果についてはJAFにて裁定されるまで保留とされた。
2004年6月5日 ツインリンクもてぎ(栃木県) 決勝 天候:晴れ/コース:ドライ
暫定結果
-P.-No.-Driver--------------------------Car---------Engine----Lap----Gap---
1  12  ファビオ・カルボーン            D   F303    N SR20VE  14      -
2   4  ロニ・クインタレッリ            D   F302/3  T 3S-GE   14     3.959
3   1  リチャード・アンティヌッチ      D   F304    T 3S-GE   14     4.768
4   3  横溝直輝                        D   F303    T 3S-GE   14     5.239
5   2  武藤英紀                        L-D F106/03 H MF204C  14     6.132
6   8  中嶋一貴                        D   F304    T 3S-GE   14     7.302
7  36  番場琢                          D   F304    T 3S-GE   14     8.000
8   7  山本左近                        D   F304    T 3S-GE   14     9.871
9  33  池田大祐                        L-D F106/03 T 3S-GE   14    14.355
10  32  小早川済瑠                      L-D F106/03 T 3S-GE   14    20.760
11  19  柴田裕吉                        D   F302    T 3S-GE   14    47.095
12  50  磯崎元彦                        D   F304    T 3S-GE   14    48.046
13* 10  ファオ・パオロ・デ・オリベイラ  L-D F106/03 H MF204C  14    50.091
14  14  柳田真孝                        D   F302    N SR20VE  13     1Lap
-----------------以上完走------------------------------------------------------
Fastest Lap #10ファオ・パオロ・デ・オリベイラ 1'48.752(13/14Lap)
* No.10 国際モータースポーツ競技規則付則L項(ドライブ行為の規律)違反により、
競技結果に1分加算とする。

Formula Nippon

Fニッポン第3戦 ツインリンクもてぎ 予選総合結果


(Photo:K.Takeshita)

リチャード・ライアン(ポールポジション)
「今日の予選は難しかった。いつもなら予選2回目の最後のほうでベストタイムが出る
ものだが、今回はそうじゃなかった。朝の早い時間に出したタイムが今日のベストに
なったから、あのときのトラックコンディションがベストだったということだろう。
クルマは金曜の時点でタイムも出ていたし、セッティングも出ていたが、そこから
更にセッティングを進めていくとオーバーステアに陥って却ってタイムが悪くなった。
結局、今朝の状態がベストだと分かった。明日は天候が崩れるという話があるが、
今までもウェットでも速かったので、明日も自分がミスさえしなければ大丈夫だと思う。
ポールからスタートということでレースには自信があるけど、過信するのは良くない
のでミスしないように気をつけて走ろうと思う」
脇阪寿一(予選総合2位)
「今年に入ってから一番いい状態だ。クルマは菅生からあまり触っていなくて、微調整
しただけだが、セッティングの幅の狭いクルマをメカニックが良く合わせてくれた。
ホンダにお世話になっている頃からもてぎは走りこんでいるので、こう走ればタイム
が出る、というのがわかっていて、そうなるようにクルマを合わせていった。明日は
スタートで前に出ればチャンスはあると思うし、勝つことによってチームの雰囲気も
よくしていきたい」
アンドレ・ロッテラー(予選総合3位)
「リチャードとは逆に、走るごとにタイムを詰めていく状況だった。セッションが進む
につれてセッティングも良くなってきたが、ライアンを追い越すには時間が足りなかった。
今回はクルマを煮詰めるのが遅かったが、いつも完璧なコンディションで走れるわけ
ではないので、今日の3位には満足している。明日は55周もの長いレースになるので、
クルマ、ブレーキ、ギヤボックス全てに負担が掛かるだろうけど、ウチのクルマは
レースではいつも調子がいいので安心している」
2004年6月5日 ツインリンクもてぎ(栃木県) 予選総合結果 天候:晴れ/コース:ドライ
P  No Driver                Am        Pm       Best Time  Gap
----------------------------------------------------------------
1 40 リチャード・ライアン  1'37.128  1'37.417  1'37.128
2  7 脇阪寿一                37.140    37.308    37.140  0.012
3 31 アンドレ・ロッテラー    37.223    37.242    37.223  0.095
4  1 本山 哲                37.301    37.533    37.301  0.173
5 20 井出有治                37.608    37.632    37.608  0.480
6 41 服部尚貴                37.636    37.691    37.636  0.508
7 32 小暮卓史                38.087    37.766    37.766  0.638
8  4 立川祐路                37.949    37.808    37.808  0.680
9  3 道上 龍                37.828    37.866    37.828  0.700
10 19 ブノワ・トレルイエ      37.867    38.019    37.867  0.739
11 25 片岡龍也                38.113    37.965    37.965  0.837
12 11 松田次生                38.294    38.005    38.005  0.877
13  8 土屋武士                38.327    38.071    38.071  0.943
14  2 金石年弘                38.228    38.146    38.146  1.018
15 28 野田英樹                39.047    39.392    39.047  1.919
---------------以上予選通過車両----------------------------------
予選通過基準タイム(107%) 1'43.927
参加台数:15台 出走台数:15台
シャーシーは全車Lola B351、エンジンは全車無限MF308、タイヤは全車BSです。

Formula Nippon

Fニッポン第3戦 ツインリンクもてぎ 予選2回目


菅生に続いての連続PP。今季絶好調のライアン(Photo:K.Takeshita)

全日本選手権第3戦の公式予選2回目がツインリンクもてぎで行われ、#31アンドレ・
ロッテラーがトップタイムを記録したものの、#40リチャード・ライアンの午前中の
タイムには惜しくも届かず、菅生に続いてのライアンのポールポジションが確定した。
好天に恵まれたツインリンクもてぎの気温は午前中より更に高くなり、タイムアップ
は難しい状況となった。それでも少しでもコンディションのいいタイミングでアタック
しようと、各チームともセッション終盤に向けてニュータイヤを温存して様子を伺う。
今回も最初に動いたのはライアンだった。残り6分で4セット目を投入、最後のタイム
アタックに入る。続いて各車残り5分前後で一斉にコースイン。しかし、IMPULの#20
井出有治だけはピットガレージ内で待機のまま。結局井出はコースインせず、4セット
目を残して決勝に臨むこととなった。この判断が功を奏するか、要注目だ。
コース上では#7脇阪寿一、#31アンドレ・ロッテラー、#1本山哲らが激しいタイムアタ
ック合戦を繰り広げるが、どうしても午前中のライアンのタイムには届かない。それ
どころか、自身のタイム更新すら出来ずにチェッカーを受けることとなった。
第3戦決勝は明日6月6日午後2時30分より、55周で行われる。
2004年6月5日 ツインリンクもてぎ(栃木県) 予選2回目 天候:晴れ/コース:ドライ
P.-No.-Driver--------------Team-------------------------Time-----Gap---
1 31 アンドレ・ロッテラー PIAA NAKAJIMA RACING         1'37.242  -
2  7 脇阪寿一             Team LeMans                    37.308 0.066
3 40 リチャード・ライアン DoCoMo TEAM DANDELION          37.417 0.175
4  1 本山 哲             TEAM ADiRECT 5ZIGEN            37.533 0.291
5 20 井出有治             mobilecast TEAM IMPUL          37.632 0.390
6 41 服部尚貴             DoCoMo TEAM DANDELION          37.691 0.449
7 32 小暮卓史             PIAA NAKAJIMA RACING           37.766 0.524
8  4 立川祐路             Yellow Hat KONDO Racing Team   37.808 0.566
9  3 道上 龍             Yellow Hat KONDO Racing Team   37.866 0.624
10 25 片岡龍也             Team LeMans Spirit            37.965 0.723
11 11 松田次生             COSMO OIL RACING TEAM CERUMO   38.005 0.763
12 19 ブノワ・トレルイエ   mobilecast TEAM IMPUL          38.019 0.777
13  8 土屋武士             Team LeMans                    38.071 0.829
14  2 金石年弘             TEAM ADiRECT 5ZIGEN            38.146 0.904
15 28 野田英樹             CARROZZERIA Team MOHN          39.392 2.150
-----------------------------------------------------------------------
予選通過基準タイム(107%)1'44.049
参加台数:15台 出走台数:15台
シャーシーは全車Lola B351、エンジンは全車無限MF308、タイヤは全車BSです。

Formula Nippon

Fニッポン第3戦 ツインリンクもてぎ 予選1回目


菅生に続いて好調なライアン。果たして連勝なるか。(Photo:K.Takeshita)

全日本選手権フォーミュラニッポン第3戦の公式予選が6月5日午前10時25分より快晴の
ツインリンクもてぎ行われ、前戦優勝の#40リチャード・ライアンがセッション序盤で
1分37秒128を出して暫定ポールとなった。
梅雨入り間近の6月最初の土曜、ツインリンクもてぎは快晴に恵まれ、汗ばむような陽気
のなかで予選1回目が始まった。
午後も更に気温が上昇することが予想されるため、ここでタイムを出しておくのは非常
に重要であり、各チームともコンディションの向上するセッション終盤に備えてニュー
タイヤを温存しながら走行を重ねる。それでもDoCoMoダンディライアンの二人、#41服部
尚貴とリチャード・ライアンは開始早々から好タイムを記録、ライアンは1分37秒128を
出してトップに躍り出る。
途中、1-2コーナー進入で#32小暮卓史がタイヤスモークを上げて飛び出すなどのハプニ
ングはあったものの、他はほぼ順調に走行を重ねていく。
最初にニュータイヤを投入したのもまたDoCoMoの二人だった。
まず服部尚貴が残り7分を切ったところでコースイン、続いてライアンもピットアウト。
それにPIAAナカジマの#31アンドレ・ロッテラーが続く。
残り5分となったところで他のドライバーも相次いでニュータイヤを投入、セッション
最後のアタックに取り掛かる。
最初にアタックした服部はセクター1で自己ベストを更新するものの、ライアンが開始
早々に出したタイムには及ばない。ライアン自身もセクター1はベストタイムながら、
その後が続かない。更にこのセクター1のタイムを更新したのがチームルマンの#7脇阪
寿一。脇阪はセクター2、3も上手くまとめて1分37秒140を叩き出し、2番手に躍り出る。
その直後にはロッテラー、4番手にはここまで苦戦の続いていたディフェンディング
チャンピオン、ADiRECT5ZIGENの#1本山哲が続き、最後にニュータイヤを投入し
たmobilecastIMPULの#20井出有治が5番手を獲得、服部は瞬く間に6番手に後退した。
午前11時10分、セッション終了。暫定ポールはリチャード・ライアンのものとなった。
公式予選2回目は午後1時55分より、1回目と同じく45分間で行われる。
2004年6月5日 ツインリンクもてぎ(栃木県) 予選1回目 天候:晴れ/コース:ドライ
P.-No.-Driver--------------Team-------------------------Time-----Gap---
1 40 リチャード・ライアン DoCoMo TEAM DANDELION        1'37.128 0.000
2  7 脇阪寿一             Team LeMans                    37.140 0.012
3 31 アンドレ・ロッテラー PIAA NAKAJIMA RACING           37.223 0.095
4  1 本山 哲             TEAM ADiRECT 5ZIGEN            37.301 0.173
5 20 井出有治             mobilecast TEAM IMPUL          37.608 0.480
6 41 服部尚貴             DoCoMo TEAM DANDELION          37.636 0.508
7  3 道上 龍             Yellow Hat KONDO Racing Team   37.828 0.700
8 19 ブノワ・トレルイエ   mobilecast TEAM IMPUL          37.867 0.739
9  4 立川祐路             Yellow Hat KONDO Racing Team   37.949 0.821
10 32 小暮卓史             PIAA NAKAJIMA RACING           38.087 0.959
11 25 片岡龍也             Team LeMans Spirit            38.113 0.985
12  2 金石年弘             TEAM ADiRECT 5ZIGEN            38.228 1.100
13 11 松田次生             COSMO OIL RACING TEAM CERUMO   38.294 1.166
14  8 土屋武士             Team LeMans                    38.327 1.199
15 28 野田英樹             CARROZZERIA Team MOHN          39.047 1.919
-----------------------------------------------------------------------
予選通過基準タイム(110%)1'58.503
参加台数:15台 出走台数:15台
シャーシーは全車Lola B351、エンジンは全車無限MF308、タイヤは全車BSです。

Japanese F3

F3第8戦 ツインリンクもてぎ 予選


(Photo:K.Takeshita)

全日本F3選手権第8戦の予選が、第7戦の予選から10分のインターバルを経て行われ、
#10ファオ・パオロ・デ・オリベイラが第7戦に続いての連続ポールを決めた。
2番手には#4ロニ・クインタレッリ、3番手には#36番場琢が入り、4番手は#3横溝直輝
だった。開幕2連勝の#8中嶋一貴はここでも振るわず、8番手に終わった。
第8戦の決勝レースは明日11時5分より、20周で戦われる。
2004年6月5日 ツインリンクもてぎ(栃木県) 予選 天候:晴れ/コース:ドライ
全日本F3選手権第8戦予選結果
-P.-No.-Driver-------------------------Car----------Engine----Time-----Gap---
1  10 ファオ・パオロ・デ・オリベイラ  L-D F106/03  H MF204C  1'47.617  -
2   4 ロニ・クインタレッリ            D   F302/3   T 3S-GE     47.700 0.083
3  36 番場琢                          D   F304     T 3S-GE     47.874 0.257
4   3 横溝直輝                        D   F303     T 3S-GE     47.895 0.278
5   1 リチャード・アンティヌッチ      D   F304     T 3S-GE     47.920 0.303
6   7 山本左近                        D   F304     T 3S-GE     47.952 0.335
7   2 武藤英紀                        D   F304     H MF204C    48.046 0.429
8   8 中嶋一貴                        D   F304     T 3S-GE     48.300 0.683
9  12 ファビオ・カルボーン            D   F303     N SR20VE    48.419 0.802
10  33 池田大祐                        L-D F106/03  T 3S-GE     48.697 1.080
11  32 小早川済瑠                      L-D F106/03  T 3S-GE     48.810 1.193
12  14 柳田真孝                        D   F302     N SR20VE    49.032 1.415
13  50 磯崎元彦                        D   F304     T 3S-GE     50.794 3.177
----------------------------------------------------------------------------
19 柴田裕吉                        D   F302     T 3S-GE     出走せず
Dはダラーラ、L-Dはローラ童夢
Tはトムストヨタ、HはM-TECホンダ、Nはスリーボンドニッサン

Japanese F3

F3第7戦 ツインリンクもてぎ 予選


(Photo:K.Takeshita)

全日本F3選手権第7戦の予選が、快晴のツインリンクもてぎで行われ、#10ローラ童夢
F106/MF106を駆るファオ・パオロ・デ・オリベイラが1分48秒088でポールポジション
を獲得した。
ポイントランキング上位3人を抱えるトムス勢は、#36番場琢が2位につけたものの、
#8中嶋一貴が6位、#1リチャード・アンティヌッチは8位に終わった。
3番手にはインギングの#4ロニ・クインタレッリ、4番手にはFDスカラシップの新人
#2武藤英紀がつけた。
決勝レースはこの後15時15分より14周で戦われる。
2004年6月5日 ツインリンクもてぎ(栃木県) 予選 天候:晴れ/コース:ドライ
全日本F3選手権第7戦予選結果
-P.-No.-Driver-------------------------Car----------Engine----Time----Gap---
1  10 ファオ・パオロ・デ・オリベイラ  L-D F106/03  H MF204C  1'48.088    -
2  36 番場琢                          D   F304     T 3S-GE     48.428 0.340
3   4 ロニ・クインタレッリ            D   F302/3   T 3S-GE     48.431 0.343
4   2 武藤英紀                        D   F304     H MF204C    48.615 0.527
5  12 ファビオ・カルボーン            D   F303     N SR20VE    48.645 0.557
6   8 中嶋一貴                        D   F304     T 3S-GE     48.686 0.598
7   3 横溝直輝                        D   F303     T 3S-GE     48.719 0.631
8   1 リチャード・アンティヌッチ      D   F304     T 3S-GE     48.724 0.636
9   7 山本左近                        D   F304     T 3S-GE     48.888 0.800
10  33 池田大祐                        L-D F106/03  T 3S-GE     49.295 1.207
11  32 小早川済瑠                      L-D F106/03  T 3S-GE     49.310 1.222
12  14 柳田真孝                        D   F302     N SR20VE    49.395 1.307
13  19 柴田裕吉                        D   F302     T 3S-GE     50.966 2.878
14  50 磯崎元彦                        D   F304     T 3S-GE     50.989 2.901
------------------------------------------------------------------------------
Dはダラーラ、L-Dはローラ童夢
Tはトムストヨタ、HはM-TECホンダ、Nはスリーボンドニッサン

検索

最新ニュース