Archives

  • [—]2017 (37)
  • [+]2016 (639)
  • [+]2015 (714)
  • [+]2014 (655)
  • [+]2013 (623)
  • [+]2012 (621)
  • [+]2011 (484)
  • [+]2010 (554)
  • [+]2009 (522)
  • [+]2008 (467)
  • [+]2007 (596)
  • [+]2006 (530)
  • [+]2005 (460)
  • [+]2004 (304)
  • [+]2003 (454)
  • [+]2002 (454)
  • [+]2001 (217)
  • [+]2000 (408)
  • [+]1999 (376)
  • [+]1998 (465)
  • [+]1997 (424)
  • [+]1996 (1)
  • [+]1995 (425)
  • [+]1994 (411)
  • [+]1993 (423)
  • [+]1992 (519)
  • [+]1991 (423)
  • [+]1990 (250)
  • [+]1970 (1)

ニュース内検索

2000年9月

全日本GT選手権

JGTC_Rd6:MINE予選総合結果

2000 AUTOBACS CUP ALL JAPAN GT CHAMPIONSHIP Round 6
CP MINE GT RACE
全日本GT選手権第6戦 MINE -RIJ- (2000-09-30) Qualifying Session
For All Japan GT Championship Rd.6 CP MINE Circuit (J):3.330839km
Weather:Rain  Course:Wet
P--No.Cls----Car---------------------------------Drivers---------BestLapT-
1  18 500  1 TAKATA 童夢 NSX                     脇阪寿一/金石   1'34.624
126.729km/h
2  64 500  2 Mobil 1 NSX                         伊藤/シュワガー 1'34.705
3  16 500  3 Castrol 無限 NSX                    道上/光貞       1'35.172
4 100 500  4 RAYBRIG NSX                         飯田/服部       1'35.188
5  12 500  5 カルソニックスカイライン            星野/本山       1'35.304
6   1 500  6 ロックタイト・ゼクセルGT-R          コマス/影山正美 1'35.438
7   8 500  7 ARTA NSX                            亜久里/土屋圭市 1'35.552
8   2 500  8 カストロール・ニスモGT-R            片山右京/クルム 1'35.795
9  35 500  9 マツモトキヨシ・トムススープラ      山路/ラファネル 1'36.082
10  38 500 10 FK/マッシモセルモスープラ           竹内/立川       1'36.280
11   6 500 11 エッソウルトロンタイガースープラ    野田/ガードナー 1'36.478
12  36 500 12 カストロール・トムス・スープラ      関谷/土屋武士   1'36.854
13  39 500 13 デンソーサードスープラGT            影山/ファーマン 1'37.539
14  30 500 14 綜警 McLarenGTR                     岡田/松田       1'37.700
15  37 500 15 カストロール・トムス・スープラ       荒/鈴木利男     1'38.083
16  21 500 16 ZEROマクラーレンGTR                 一ツ山康/中谷   1'38.658
17  25 500 17 エンドレスアドバンスープラ          木下/織戸       1'38.773
18  32 500 18 cdma Oneセルモスープラ              木下/近藤       1'39.106
19  28 300  1 RDタイサンBPGT3R                    須賀/柴原       1'39.168
20   7 300  2 RE雨宮マツモトキヨシRX7             山野/松本       1'40.395
21  11 300  3 アビリティ・マリオポルシェ          木下/桧井       1'40.881
22   3 500 19 ユニシア・ザナヴィスカイライン      長谷見/田中     1'41.114
23  26 300  4 シェルタイサンアドバンGT3R          松田/福山       1'41.182
24  31 300  5 スーパーオートバックスアペックスMR-S 新田/高木      1'41.554
25  55 300  6 DUPLEXタイサンADバイパー            山田/田崎       1'42.066
26 910 300  7 ナインテンウェディングアドバンポルシェ 余郷/和田    1'42.068
27  24 300  8 986ボクスター                       西澤/アピチェラ 1'42.333
28  88 500 20 ノマドディアブロGT-1                古谷/高橋毅     1'42.546
29  19 300  9 ウェッズスポーツセリカ              脇阪薫一/原     1'43.335
30  71 300 10 シグマテック911                     城内/竹内       1'43.797
31  81 300 11 ダイシンADVANシルビア               大八木/青木     1'44.114
32  51 300 12 C-WESTオートスタッフADVANシルビア   袖山/尾本       1'44.958
33  20 300 13 ネッツアペックススピリットMR-S      松永/佐藤久実   1'45.187
34  70 300 14 外車の外国屋アドバンポルシェ        石橋/小宮       1'45.449
35  77 300 15 クスコスバルインプレッサ            小林/谷川       1'45.976
36  86 300 16 BP・KRAFT・トレノ                   田中/松田       1'46.334
--------------------------------------------------------------------------
** FMOTOR4F SysOp 北島滋穂(sdi00685@nifty.com) **

全日本GT選手権

JGTC_Rd6:MINE予選2回目

2000 AUTOBACS CUP ALL JAPAN GT CHAMPIONSHIP Round 6
CP MINE GT RACE
全日本GT選手権第6戦 MINE -RIJ- (2000-09-30) 2nd Qualifying Session
For All Japan GT Championship Rd.6 CP MINE Circuit (J):3.330839km
Weather:Rain  Course:Wet
P--No.Cls----Car---------------------------------Drivers---------BestLapT-
1  16 500  1 Castrol 無限 NSX                    道上/光貞       1'35.352
2   8 500  2 ARTA NSX                            亜久里/土屋圭市 1'35.738
3 100 500  3 RAYBRIG NSX                         飯田/服部       1'35.755
4  38 500  4 FK/マッシモセルモスープラ           竹内/立川       1'36.280
5   6 500  5 エッソウルトロンタイガースープラ    野田/ガードナー 1'36.478
6  18 500  6 TAKATA 童夢 NSX                     脇阪寿一/金石   1'36.659
7  64 500  7 Mobil 1 NSX                         伊藤/シュワガー 1'36.839
8   2 500  8 カストロール・ニスモGT-R            片山右京/クルム 1'38.336
9  36 500  9 カストロール・トムス・スープラ      関谷/土屋武士   1'38.690
10  12 500 10 カルソニックスカイライン            星野/本山       1'38.841
11   1 500 11 ロックタイト・ゼクセルGT-R          コマス/影山正美 1'38.894
12  32 500 12 cdma Oneセルモスープラ              木下/近藤       1'39.106
13  25 500 13 エンドレスアドバンスープラ          木下/織戸       1'39.840
14  35 500 14 マツモトキヨシ・トムススープラ      山路/ラファネル 1'39.890
15  39 500 15 デンソーサードスープラGT            影山/ファーマン 1'40.725
16  30 500 16 綜警 McLarenGTR                     岡田/松田       1'40.841
17  21 500 17 ZEROマクラーレンGTR                 一ツ山康/中谷   1'41.276
18   3 500 18 ユニシア・ザナヴィスカイライン      長谷見/田中     1'41.607
19 910 300  1 ナインテンウェディングアドバンポルシェ 余郷/和田    1'42.459
20  24 300  2 986ボクスター                       西澤/アピチェラ 1'42.507
21  26 300  3 シェルタイサンアドバンGT3R          松田/福山       1'42.999
22  88 500 19 ノマドディアブロGT-1                古谷/高橋毅     1'43.069
23  19 300  4 ウェッズスポーツセリカ              脇阪薫一/原     1'43.335
24   7 300  5 RE雨宮マツモトキヨシRX7             山野/松本       1'43.945
25  31 300  6 スーパーオートバックスアペックスMR-S 新田/高木      1'44.017
26  81 300  7 ダイシンADVANシルビア               大八木/青木     1'44.535
27  20 300  8 ネッツアペックススピリットMR-S      松永/佐藤久実   1'45.663
28  77 300  9 クスコスバルインプレッサ            小林/谷川       1'45.976
29  86 300 10 BP・KRAFT・トレノ                   田中/松田       1'46.334
30  71 300 11 シグマテック911                     城内/竹内       1'46.447
31  51 300 12 C-WESTオートスタッフADVANシルビア   袖山/尾本       1'47.817
32  70 300 13 外車の外国屋アドバンポルシェ        石橋/小宮       1'48.019
33  11 300 14 アビリティ・マリオポルシェ          木下/桧井       1'48.775
34  37 500 20 カストロール・トムス・スープラ       荒/鈴木利男     1'52.403
28 300    RDタイサンBPGT3R                    須賀/柴原       計測できず
55 300    DUPLEXタイサンADバイパー            山田/田崎       出走せず
--------------------------------------------------------------------------
** FMOTOR4F SysOp 北島滋穂(sdi00685@nifty.com) **

全日本GT選手権

JGTC_Rd6:MINE予選1回目

2000 AUTOBACS CUP ALL JAPAN GT CHAMPIONSHIP Round 6
CP MINE GT RACE
全日本GT選手権第6戦 MINE -RIJ- (2000-09-30) 1st Qualifying Session
For All Japan GT Championship Rd.6 CP MINE Circuit (J):3.330839km
Weather:Rain  Course:Wet
P--No.Cls----Car---------------------------------Drivers---------BestLapT-
1  18 500  1 TAKATA 童夢 NSX                     脇阪寿一/金石   1'34.624
2  64 500  2 Mobil 1 NSX                         伊藤/シュワガー 1'34.705
3  16 500  3 Castrol 無限 NSX                    道上/光貞       1'35.172
4 100 500  4 RAYBRIG NSX                         飯田/服部       1'35.188
5  12 500  5 カルソニックスカイライン            星野/本山       1'35.304
6   1 500  6 ロックタイト・ゼクセルGT-R          コマス/影山正美 1'35.438
7   8 500  7 ARTA NSX                            亜久里/土屋圭市 1'35.552
8   2 500  8 カストロール・ニスモGT-R            片山右京/クルム 1'35.795
9  35 500  9 マツモトキヨシ・トムススープラ      山路/ラファネル 1'36.082
10   6 500 10 エッソウルトロンタイガースープラ    野田/ガードナー 1'36.547
11  38 500 11 FK/マッシモセルモスープラ           竹内/立川       1'36.684
12  36 500 12 カストロール・トムス・スープラ      関谷/土屋武士   1'36.854
13  39 500 13 デンソーサードスープラGT            影山/ファーマン 1'37.539
14  30 500 14 綜警 McLarenGTR                     岡田/松田       1'37.700
15  37 500 15 カストロール・トムス・スープラ       荒/鈴木利男     1'38.083
16  21 500 16 ZEROマクラーレンGTR                 一ツ山康/中谷   1'38.658
17  25 500 17 エンドレスアドバンスープラ          木下/織戸       1'38.773
18  32 500 18 cdma Oneセルモスープラ              木下/近藤       1'39.148
19  28 300  1 RDタイサンBPGT3R                    須賀/柴原       1'39.168
20   7 300  2 RE雨宮マツモトキヨシRX7             山野/松本       1'40.395
21  11 300  3 アビリティ・マリオポルシェ          木下/桧井       1'40.881
22   3 500 19 ユニシア・ザナヴィスカイライン      長谷見/田中     1'41.114
23  26 300  4 シェルタイサンアドバンGT3R          松田/福山       1'41.182
24  31 300  5 スーパーオートバックスアペックスMR-S 新田/高木      1'41.554
25  55 300  6 DUPLEXタイサンADバイパー            山田/田崎       1'42.066
26 910 300  7 ナインテンウェディングアドバンポルシェ 余郷/和田    1'42.068
27  24 300  8 986ボクスター                       西澤/アピチェラ 1'42.333
28  88 500 20 ノマドディアブロGT-1                古谷/高橋毅     1'42.546
29  71 300  9 シグマテック911                     城内/竹内       1'43.797
30  81 300 10 ダイシンADVANシルビア               大八木/青木     1'44.114
31  19 300 11 ウェッズスポーツセリカ              脇阪薫一/原     1'44.118
32  51 300 12 C-WESTオートスタッフADVANシルビア   袖山/尾本       1'44.958
33  20 300 13 ネッツアペックススピリットMR-S      松永/佐藤久実   1'45.187
34  70 300 14 外車の外国屋アドバンポルシェ        石橋/小宮       1'45.449
35  86 300 15 BP・KRAFT・トレノ                   田中/松田       1'47.496
77 300    クスコスバルインプレッサ            小林/谷川       出走せず
--------------------------------------------------------------------------
** FMOTOR4F SysOp 北島滋穂(sdi00685@nifty.com) **

全日本GT選手権

JGTC_Rd6:MINEフリー走行2回目

2000 AUTOBACS CUP ALL JAPAN GT CHAMPIONSHIP Round 6
CP MINE GT RACE
全日本GT選手権第6戦 MINE -RIJ- (2000-09-29) 2nd Free Practice Session
For All Japan GT Championship Rd.6 CP MINE Circuit (J):3.330839km
Weather:Rain  Course:Wet
P--No.Cls----Car---------------------------------Drivers---------BestLapT-
1  18 500  1 TAKATA 童夢 NSX                     脇阪寿一/金石   1'34.648
2  16 500  2 Castrol 無限 NSX                    道上/光貞       1'35.356
3 100 500  3 RAYBRIG NSX                         飯田/服部       1'35.674
4  64 500  4 Mobil 1 NSX                         伊藤/シュワガー 1'36.099
5   2 500  5 カストロール・ニスモGT-R            片山右京/クルム 1'36.769
6   8 500  6 ARTA NSX                            亜久里/土屋圭市 1'36.775
7  30 500  7 綜警 McLarenGTR                     岡田/松田       1'37.025
8  38 500  8 FK/マッシモセルモスープラ           竹内/立川       1'37.327
9  12 500  9 カルソニックスカイライン            星野/本山       1'37.406
10   1 500 10 ロックタイト・ゼクセルGT-R          コマス/影山正美 1'37.425
11  35 500 11 マツモトキヨシ・トムススープラ      山路/ラファネル 1'38.325
12  25 500 12 エンドレスアドバンスープラ          木下/織戸       1'38.337
13  37 500 13 カストロール・トムス・スープラ       荒/鈴木利男     1'38.589
14  36 500 14 カストロール・トムス・スープラ      関谷/土屋武士   1'38.889
15  39 500 15 デンソーサードスープラGT            影山/ファーマン 1'39.126
16  32 500 16 cdma Oneセルモスープラ              木下/近藤       1'39.857
17   3 500 17 ユニシア・ザナヴィスカイライン      長谷見/田中     1'40.280
18  21 500 18 ZEROマクラーレンGTR                 一ツ山康/中谷   1'40.646
19  24 300  1 986ボクスター                       西澤/アピチェラ 1'42.229
20 910 300  2 ナインテンウェディングアドバンポルシェ 余郷/和田    1'42.573
21  26 300  3 シェルタイサンアドバンGT3R          松田/福山       1'42.876
22   7 300  4 RE雨宮マツモトキヨシRX7             山野/松本       1'42.976
23  28 300  5 RDタイサンBPGT3R                    須賀/柴原       1'43.115
24  31 300  6 スーパーオートバックスアペックスMR-S 新田/高木      1'43.395
25  88 500 19 ノマドディアブロGT-1                古谷/高橋毅     1'43.471
26  81 300  7 ダイシンADVANシルビア               大八木/青木     1'44.427
27  71 300  8 シグマテック911                     城内/竹内       1'44.537
28  19 300  9 ウェッズスポーツセリカ              脇阪薫一/原     1'44.752
29  11 300 10 アビリティ・マリオポルシェ          木下/桧井       1'44.893
30  20 300 11 ネッツアペックススピリットMR-S      松永/佐藤久実   1'45.404
31  77 300 12 クスコスバルインプレッサ            小林/谷川       1'45.546
32  55 300 13 DUPLEXタイサンADバイパー            山田/田崎       1'46.943
33  86 300 14 BP・KRAFT・トレノ                   田中/松田       1'47.052
34  51 300 15 C-WESTオートスタッフADVANシルビア   袖山/尾本       1'47.173
35  70 300 16 外車の外国屋アドバンポルシェ        石橋/小宮       1'48.544
36   6 500 20 エッソウルトロンタイガースープラ    野田/ガードナー 1'59.545
72 300    オークラRX7                         石川/澤         出走せず
15 500    RGS-MIRAGE                          マラガムワ/玉本 出走せず
--------------------------------------------------------------------------
** FMOTOR4F SysOp 北島滋穂(sdi00685@nifty.com) **

全日本GT選手権

JGTC_Rd6:MINEフリー走行1回目

2000 AUTOBACS CUP ALL JAPAN GT CHAMPIONSHIP Round 6
CP MINE GT RACE
全日本GT選手権第6戦 MINE -RIJ- (2000-09-29) 1st Free Practice Session
For All Japan GT Championship Rd.6 CP MINE Circuit (J):3.330839km
Weather:Rain  Course:Wet
P--No.Cls----Car---------------------------------Drivers---------BestLapT-
1 100 500  1 RAYBRIG NSX                         飯田/服部       1'36.880
2  16 500  2 Castrol 無限 NSX                    道上/光貞       1'37.553
3   8 500  3 ARTA NSX                            亜久里/土屋圭市 1'38.664
4  36 500  4 カストロール・トムス・スープラ      関谷/土屋武士   1'38.762
5  64 500  5 Mobil 1 NSX                         伊藤/シュワガー 1'38.847
6   1 500  6 ロックタイト・ゼクセルGT-R          コマス/影山正美 1'38.991
7  35 500  7 マツモトキヨシ・トムススープラ      山路/ラファネル 1'39.072
8   6 500  8 エッソウルトロンタイガースープラ    野田/ガードナー 1'39.323
9  30 500  9 綜警 McLarenGTR                     岡田/松田       1'39.484
10  12 500 10 カルソニックスカイライン            星野/本山       1'39.888
11  37 500 11 カストロール・トムス・スープラ       荒/鈴木利男     1'40.042
12  21 500 12 ZEROマクラーレンGTR                 一ツ山康/中谷   1'40.183
13  18 500 13 TAKATA 童夢 NSX                     脇阪寿一/金石   1'40.393
14   2 500 14 カストロール・ニスモGT-R            片山右京/クルム 1'41.786
15  39 500 15 デンソーサードスープラGT            影山/ファーマン 1'41.864
16  38 500 16 FK/マッシモセルモスープラ           竹内/立川       1'42.721
17  25 500 17 エンドレスアドバンスープラ          木下/織戸       1'42.892
18  88 500 18 ノマドディアブロGT-1                古谷/高橋毅     1'43.202
19  28 300  1 RDタイサンBPGT3R                    須賀/柴原       1'44.555
20  32 500 19 cdma Oneセルモスープラ              木下/近藤       1'44.943
21  31 300  2 スーパーオートバックスアペックスMR-S 新田/高木      1'45.102
22  26 300  3 シェルタイサンアドバンGT3R          松田/福山       1'45.708
23  24 300  4 986ボクスター                       西澤/アピチェラ 1'45.708
24  81 300  5 ダイシンADVANシルビア               大八木/青木     1'46.069
25 910 300  6 ナインテンウェディングアドバンポルシェ 余郷/和田    1'46.276
26  19 300  7 ウェッズスポーツセリカ              脇阪薫一/原     1'46.718
27   7 300  8 RE雨宮マツモトキヨシRX7             山野/松本       1'46.880
28   3 500 20 ユニシア・ザナヴィスカイライン      長谷見/田中     1'47.436
29  71 300  9 シグマテック911                     城内/竹内       1'48.066
30  86 300 10 BP・KRAFT・トレノ                   田中/松田       1'48.342
31  11 300 11 アビリティ・マリオポルシェ          木下/桧井       1'50.171
32  51 300 12 C-WESTオートスタッフADVANシルビア   袖山/尾本       1'50.782
33  70 300 13 外車の外国屋アドバンポルシェ        石橋/小宮       1'52.766
34  77 300 14 クスコスバルインプレッサ            小林/谷川       1'53.609
35  20 300 15 ネッツアペックススピリットMR-S      松永/佐藤久実   1'56.328
36  55 300 16 DUPLEXタイサンADバイパー            山田/田崎       2'02.369
72 300    オークラRX7                         石川/澤         出走せず
15 500    RGS-MIRAGE                          マラガムワ/玉本 出走せず
--------------------------------------------------------------------------
** FMOTOR4F SysOp 北島滋穂(sdi00685@nifty.com) **

Japanese F3

2000_JF3 ドライバーズポイント( 9/10戦)

(第9戦まで)
2000                    3   4   5   5   6   7   7   8   9  11
Japan                  /   /   /   /   /   /   /   /   /   /
Formula 3            26   9   4  21  11   2  30  20  24   5
Championship        鈴  筑  富  美  T  鈴  菅  茂  仙  鈴
Drivers-point      鹿  波  士  祢  I  鹿  生  木  台  鹿
Po-No-Driver----------Rd -1 --2 --3 --4 --5 --6 --7 --8 --9 -10-総合P-有効P
1 10 S.フィリップ       9   4   9   6   4  (4) (3)  6   9        54    47
2  1 R.レヒナー         0   0   6   9   9   1   0   3   0        28    28
3  7 黒澤 治樹           0   3   4   1   3   2   6   9   0        28    28
4  2 荒 聖治             0   6   3   2   6   3   4   0   4        28    28
5 11 井出 有治           0   9   0   4   1   6   2   4   1        27    27
6  3 B.トレルイエ       6   0   0   3   0   0   9   0   6        24    24
7  5 高木 真一           3   0   0   0   0   9   0   2   2        16    16
8  9 土屋 武士           4   0   -   0   0   0   0   0   3         7     7
9 64 本庄 康幸           1   0   3   0   0   0   1   0   -         5     5
10  8 サトウ カイチ       0   0   0   0   2   0   0   1   0         3     3
11 20 峰尾 恭輔           0   0   2   0   -   -   0   -   -         2     2
11 18 密山 祥吾           2   0   0   0   0   0   0   0   0         2     2
11 32 富澤 勝             0   2   0   -   -   -   -   -   -         2     2
14 17 佐々木 孝太         0   1   1   0   -   -   -   -   0         2     2
33 山口 明             0   0   0   0   0   0   0   0   0         0     0
77 平野 功             0   0   0   0   0   0   0   0   0         0     0
24 西澤 和之           0   0   0   0   0   0   0   0   0         0     0
38 五味 康隆           0   0   -   0   0   0   -   -   -         0     0
19 黒澤 翼             0   0   0   -   -   0   0   0   0         0     0
15 永守 正             0   -   0   -   0   0   0   0   -         0     0
37 樋口 統也           -   0   0   -   0   -   0   0   -         0     0
20 レーサー鹿島        -   -   -   -   -   -   -   0   0         0     0
6 西村 秀樹           -   0   -   -   -   -   -   -   -         0     0
38 徳田 照幸           -   -   -   -   -   -   0   -   -         0     0
32 井上智之            -   -   -   -   -   -   -   -   0         0     0
64 佐藤晋也            -   -   -   -   -   -   -   -   0         0     0
38 中島廣高            -   -   -   -   -   -   -   -   0         0     0
***************************************************************************
* 1位から6位までに9-6-4-3-2-1のポイント
* 全10戦中ベスト7戦(70%)有効ポイント制
///// PDD01523 伊東 昭雄 /////

Japanese F3

F3_Rd9:仙台決勝結果

全日本F3選手権第9戦 仙台-RIJ-(2000-09-24) Race-Results
For All Japan Formula 3 Championship Rd.9 仙台ハイランド(JPN):4.063km
Weather:Rain Course:Wet
P.-No.Driver---------Car------------------Laps-Goal Time--km/h----
1 10 S.フィリップ   Dallara F300/MF204    18  45'51.159  95.584
2  3 B.トレルイエ   Dallara F300/3S-GE    18  45'51.508
3  2 荒  聖治       Dallara F300/MF204    18  45'55.255
4  9 土屋武士       Dallara F399/SR20VE   18  46'04.104
5  5 高木真一       Dallara F399/3S-GE    18  46'05.823
6 11 井出有治       Dallara F399/MF204    18  46'06.846
7  7 黒澤治樹       Dallara F300/3S-GE    18  46'11.288
8  1 R.レヒナー     Dallara F300/3S-GE    18  46'11.901
9  6 佐々木孝太     Dallara F300/3S-GE    18  46'40.496
10 32 井上智之       Dallara F399/3S-GE    18  46'47.818
11  8 サトウカイチ   Dallara F399/3S-GE    18  47'03.067
12 64 佐藤晋也       Dallara F399/MF204    18  47'17.118
13 18 密山祥吾       Dallara F399/3S-GE    18  47'55.107
14 24 西澤和之       Dallara F399/3S-GE    17   -  1 Lap
15 38 中島廣高       Dallara F300/3S-GE    17   -  1 Lap
16 20 レーサー鹿島   Dallara F399/3S-GE    17   -  1 Lap
---------------------以上完走-------------------------------------
77 平野  功       Dallara F399/MF204    13   -  5 Laps
33 山口  明       Dallara F300/3S-GE    12   -  6 Laps
17 黒澤  翼       Dallara F300/MF204    11   -  7 Laps
------------------------------------------------------------------
Fastest Lap #10 S.フィリップ 2'02.477
* 悪天候により、周回数24周を18周に減算。
レースは、悪天候によりセーフティカー先導によりスタート。
8周終了時にセーフティカーが退き、10周のスプリントとなった。優勝の#10
フィリップはこの勝利で今シーズンのチャンピオンを決めた。
情報提供:竹下恵一郎
       ** FMOTOR4F SysOp 北島滋穂(sdi00685@nifty.com) **

Japanese F3

F3_Rd9:仙台フリー走行結果

全日本F3選手権第9戦 仙台-RIJ-(2000-09-24) Free Practice-Session
For All Japan Formula 3 Championship Rd.9 仙台ハイランド(JPN):4.063km
Weather:Rain  Course:Wet
P.-No.Driver---------Car------------------BestTime-km/h---
1  5 高木真一       Dallara F399/3S-GE   2'01.128 120.755
2  2 荒  聖治       Dallara F300/MF204   2'01.256
3 10 S.フィリップ   Dallara F300/MF204   2'01.600
4 11 井出有治       Dallara F399/MF204   2'01.791
5  3 B.トレルイエ   Dallara F300/3S-GE   2'02.705
6  7 黒澤治樹       Dallara F300/3S-GE   2'02.789
7  1 R.レヒナー     Dallara F300/3S-GE   2'03.152
8  9 土屋武士       Dallara F399/SR20VE  2'03.253
9  8 サトウカイチ   Dallara F399/3S-GE   2'04.525
10 32 井上智之       Dallara F399/3S-GE   2'04.952
11 33 山口  明       Dallara F300/3S-GE   2'05.366
12  6 佐々木孝太     Dallara F300/3S-GE   2'08.341
13 38 中島廣高       Dallara F300/3S-GE   2'08.616
14 77 平野  功       Dallara F399/MF204   2'09.988
15 64 佐藤晋也       Dallara F399/MF204   2'10.953
16 18 密山祥吾       Dallara F399/3S-GE   2'11.553
17 17 黒澤  翼       Dallara F300/MF204   2'11.554
18 24 西澤和之       Dallara F399/3S-GE   2'17.495
19 20 レーサー鹿島   Dallara F399/3S-GE   2'19.518
----------------------------------------------------------
       ** FMOTOR4F SysOp 北島滋穂(sdi00685@nifty.com) **

全日本GT選手権

GTインサイドレポート 00Rd.5/3

■ 2000 AUTOBACS CUP ALL JAPAN GT CHAMPIONSHIP
■ GT INSIDE REPORT
■ Round 5  GT CHAMPIONSHIP in TI                          FMOTOR4 EDITION
   GT INSIDE REPORT      インサイドレポート3      2000/09/10
 -------------------------------------------------------------------------
2000AUTOBACS CUP JGTC第5戦TI(09/09,10)
☆ポイントランキング(第5終了)
ドライバーポイント
[GT500]
                Rd.1  Rd.2  Rd.3 Rd.4  Rd.5 Rd.6 Rd.7
                4/2  5/4  5/28 8/8   9/10 10/1 10/22
Po. No. Driver     合計 MOTEGI FUJI  SUGO FUJI  TI  MINE SUZUKA
----------------------------------------------------------------------------
1 16 道上 龍      49  15   3   15   1   15
2  1 E.コマス/影山正美  48  20   6      10   12
3 38 竹内浩典/立川祐路  42  10   12         20
4 64 伊藤大輔/D.シュワガー  38  12   4   20   2
5 16 中子 修      34  15   3   15   1   -
6 12 星野一義/本山 哲  34      8   8  12   6
7 18 脇阪寿一/金石勝智  31      20   10      1
8  2 M.クルム       27   6   15      6
9  8 鈴木亜久里/土屋圭市 24   4         20
10 39 影山正彦/R.ファーマン   22   1       6  15
[GT300]
                Rd.1  Rd.2  Rd.3 Rd.4  Rd.5 Rd.6 Rd.7
                4/2  5/4  5/28 8/8   9/10 10/1 10/22
Po. No. Driver     合計 MOTEGI FUJI  SUGO FUJI  TI  MINE SUZUKA
----------------------------------------------------------------------------
1 910 余郷 敦/和田 久  55  10   15      10   20
2 26 福山英朗      60  20   20    2   4   4
2 81 大八木信行/青木孝行 50   8   12      15   15
4 26 松田秀士      48  20   20   -   4   4
5 19 脇阪薫一/原 貴彦  44  12      20      12
6  7 山野哲也/松本晴彦  35  15   8      12
7 10 桧井保孝      31   4   4   15      8
8 77 小林且雄/谷川達也  22  -   10   12   8
9 28 須賀宏明/柴原真介  30  -   10   12  20   3
10 10 山岸 大      23   4   4   15  -   -
チームポイント
[GT500]
                Rd.1  Rd.2  Rd.3 Rd.4  Rd.5 Rd.6 Rd.7
                4/2  5/4  5/28 8/8   9/10 10/1 10/22
Po. No. TEAM      合計 MOTEGI FUJI  SUGO FUJI  TI  MINE SUZUKA
----------------------------------------------------------------------------
1 16/18無限×童夢プロジェクト 66  15   20   15   1   15
2 1/2 NISMO       57  20   15      10   12
3 38 TOYOTA TEAM CERUMO 42  10   12         20
4 64 Mobil 1 NAKAJIMA RACING
              38  12   4   20   2
5 12 TEAM IMPUL      34      8   8  12   6
===========================================================================
6  8 AUTOBACS RACING TEAM AGURI
              24   4         20
7 39 TOYOTA TEAM SARD  22   1       6  15
8 6 ESSO ULTORON TOYOTA Team LeMans
              17   3   10          4
9 35 マツモトキヨシTEAM TOM'S  14         12      2
10 36/37 TOYOTA Castorl TEAM TOM'S
              13   2       3   8
[GT300]
                Rd.1  Rd.2  Rd.3 Rd.4  Rd.5 Rd.6 Rd.7
                4/2  5/4  5/28 8/8   9/10 10/1 10/22
Po. No. TEAM      合計 MOTEGI FUJI  SUGO FUJI  TI  MINE SUZUKA
----------------------------------------------------------------------------
1 26/28 TEAM TAISAN Jr. with ADVAN
              66  20   20   2  20   4
2 910/911 910RACING    55  10   15      10   20
3 81 DAISHIN RACING   50   8   12      15   15
4 19 RACING PROJECT BANDOH
              44  12      20      12
5  7 RE雨宮レーシング  35  15    8      12
6 10/11 アビリティ・モータースポーツ  31   4    4   15      8
7 77 CUSCO RACING    30  -   10   12   8
===========================================================================
8 71 シグマテックレーシングチーム  20  -      10      10
9 31 SuperAUTOBACS RACING TEAM with A'PEX
              19   6    1   6   6
10 70 TEAM GAIKOKUYA   11   3    2   4   1   1
*ポイント計算はGTインサイドレポート班による非公式のものです
☆第6戦MINEのウエイトハンディ
                単位:kg
[GT500]
No. Car        トータル  ハンディ 性能調整
--------------------------------------------------------
1 ロックタイト・ゼクセルGT-R   40   = 20  + 20
2 カストロール・ニスモGT-R    20   =  0  + 20
6 エッソウルトロンタイガースープラ  40   =  0  + 40
8 ARTA NSX       40   = 30  + 10
12 カルソニックスカイライン      0   =  0  +  0
16 Castrol無限NSX    90   = 50  + 40
18 TAKATA童夢NSX     60   =  0  + 60
35 マツモトキヨシ・トムススープラ    0   =  0  +  0
36 カストロール・トムス・スープラ   20   =  0  + 20
38 FK/マッシモセルモスープラ    80   = 50  + 30
39 デンソーサードスープラGT   20   = 10  + 10
64 Mobil 1 NSX      30   = 10  + 20
100 RAYBRIG NSX      20   =  0  + 20
[GT300]
No. Car        トータル  ハンディ 性能調整
--------------------------------------------------------
7 RE雨宮マツモトキヨシRX7   60   =  0  + 60
10 アビリティ・マリオポルシェ     0   =  0  +  0
19 ウェッズスポーツセリカ     30   = 30  +  0
26 シェルタイサンアドバンGT3R   80   = 40  + 40
28 イクリプスRDタイサンGT3R   50   = 20  + 30
31スーパーオートバックスアペックスMR-S 10   =  0  + 10
77 クスコスバルインプレッサ     0   =  0  +  0
81 ダイシンADVANシルビア   *80   = 40  + 50
86 BP・KRAFT・トレノ     10   =  0  + 10
910 ナインテンアドバンポルシェ   *80   = 30  + 80
911 ダイヤモンドアドバンポルシェ  10   =  0  + 10
*GT300クラスの最大搭載ウエイトは80kg
*性能調整分はシーズン中軽減されない
*ウエイト計算はGTインサイドレポート班による非公式のものです
*インサイドレポート以上
                       GTアソシエイション事務局
                         GTインサイドレポート班
                        古屋 知幸 = QYB04322 =

全日本GT選手権

GTインサイドレポート 00Rd.5/2

■ 2000 AUTOBACS CUP ALL JAPAN GT CHAMPIONSHIP
■ GT INSIDE REPORT
■ Round 5  GT CHAMPIONSHIP in TI                          FMOTOR4 EDITION
   GT INSIDE REPORT      インサイドレポート2      2000/09/10
 -------------------------------------------------------------------------
2000AUTOBACS CUP JGTC第5戦TI(09/09,10)
■朝のフリー走行のコメント
No.100 RAYBRIG NSX(1位)
服部尚貴「けっこう使いこんだタイヤであのタイムですから、ロングではまあまあ
いいということかもしれないですね。でも、このコースは抜きどころが少ないんで
後ろ(のグリッド)からだときびしいことはきびしい。他人のミスにつけこむ走り
をしないとね。雨だとレースは荒れるだろうけど、その混乱に乗じてというより、
NSXが真っ先に飛び出しそうな気がする(笑)。そうならないよう、上位目指して
がんばります」
No.39 デンソーサードスープラGT(2位)
影山正彦「予選の一発のタイムは出にくかったですけど、決勝用のラップタイムは
いいタイムで走れます。ストレートがウチはちょっと速くできない状態なんで、パ
スしていくのはむずかしいかもしれないんですけど、コンスタントにはいいタイム
で走れるのでしぶとくいきたいな、と思っています。前回よかったし、やってきた
ことが結果につながってきているんで、ポイントを積み重ねていきたいです」
No.8 ARTA NSX(3位)
土屋圭市「上でき上でき、いい感じ。ドライだと10周まではいいけど後半タイヤが
つらい。たぶん後半勝負になるんでだいじにいく。やっぱり6位ねらいかな。でも雨
降ったらぜーーーったい勝ちにいくよ!」
No.2 カストロール・ニスモGT-R(4位)
片山右京「(フリー走行の順位は上位でも)内情はよくはないです。古いタイヤで
フルタンクで走ったんですけど、バランスがあまりよくなかったんです。これから
対策を考えないと…。満足できる状態ではなかったです。それにまた雨が降りそう
ですよね」
No.38 FK/マッシモセルモスープラ
竹内浩典「(フリー走行でタイムが出なかった原因は)チョット…、いえない…。
いまからそれを解決するためのミーティングをはじめます」
No.31 スーパーオートバックスアペックスMR-S(クラス1位)
新田守男「トップタイム? 意味なーいじゃーん。満タンもしっくりこない。雨だ
と走ってないんでまったくわからない。ドライよりもかなりつらいと思うよ」
No.77 クスコスバルインプレッサ(クラス2位)
小林且雄「絶好調だったのが突然きた。たぶんタービンでしょう。時間的にはなん
とかだいじょうぶだと思うけど、原因がわからないと不安だよね。2番手タイムは、
雨を想定してウェット用に足を変えたら、それがドライでも良かった。100リッター
近く入ってたフルタンクの状態でも、バランスがまあまあよくて、いいかなあと思っ
たら…」
■決勝スタート直前情報(13時45分現在)
 天候:曇り  路面状況:ドライ  気温:32度  路面温度:42度
 決勝日(10日)入場者数:4万9200人 (予選日:1万8000人)
■レース終了後のコメント
No.16 Castrol無限NSX(2位)
道上龍「NSX にとってはちょっとタイヤにきびしかった。光貞さんがソフトでいっ
たんですけどすぐにダメで,予定より早めに入ってボクはミディアムに換えたけれ
ど、やっぱりきつかったです。後半ちょっとずつ追いついて、姿は見えてきたんで
すけど、遅すぎましたね」
No.1 ロックタイト・ゼクセルGT-R(3位)
エリック・コマス「フロントロウからスタートしてハイペースで逃げて、ピットス
トップまでに15秒近いマージンを築いたのに…。レース中の最速ラップをマークし
て、予選が2位でレースが3位。これで次にレースでは40kgのウエイトハンデが課
せられる。MINEではフロントロウからスタートすることはむりだろうから、不可能
ではないが選手権を考えるときびしいことになってしまった。まあ、これもレース
だけどね」
柿元邦彦監督「(1号車がピットでエンジンがかからなかった)原因はまだわかり
ません。調べているところですが、ベーパーロックではありません。熱はなかった」
No.30 綜警McLaren GTR(4位)
岡田秀樹「松田はよくがんばった。はじめてのGTとは思えない冷静さだった。体力
もあるし、超合格点じゃない? オレが乗っていたときは亜久里(No.8)とやり合っ
ていたんだけど、コーナーごとに速いとこ遅いとこが違うので抑えてもしょうがな
いから先にいかせた。ウチのクルマはピットロードのリミッタースイッチがついて
いなくて、50km/hくらいでソロソロ入ってこなくちゃならない。それで20秒くらい
損してるので、いまの状態ではこれ以上は望めない。そのハンディを除いたらパー
フェクト」
松田次生「本山さん(No.12)はプロのブロックだった。クルマはノバさんのセット
ですばらしかったです。タイヤはタレていたけど、抑えて走って、ずっと本山さん
をどこで抜こうか考えていました。でもボクが抜こうとするポイントをきっちりと
抑えられたんで、そこに実力差を感じましたね。もっと勉強しないと。でも、おも
しろいっすね、GT」
No.100 RAYBRIG NSX(5位)
服部尚貴「ギアが壊れて、もったいなかった。アキラ(飯田)のときから2速でス
タックして使わない状態で走っていた。そのうち使えるようになったけど、レーシ
ングシフトダウンができなくて、ゆっくり落とすしかなかった。本山くんは、裏の
ストレートの先でちょっとロックさせてふくらんだんで抜けた。本山くんだけでな
く、マクラーレン(No.30)も抜きたかったけど、向こうはストレートが速いしこっ
ちはミッショントラブルを抱えてるしで、むりだった。でも、次は表彰台」
飯田章「アーよかった。ペースはいけるけど予選順位が悪かったからね。スピンし
たときはシフトロックしちゃった。その前からミッションはおかしかった。今回は
走りきれただけでよかったよ。残り2戦は地道にいきます。いまはそれしかないで
しょう」
No.12 カルソニックスカイライン(6位)
星野一義「もう離される一方だった。クルマがアンダーオーバーで、でもいいわけ
いっててもしょうがない。遅いんだから。1コーナーで飛び出したのは、リアを
ロックさせちゃったから。でも、みんながなんかミスってくれてるし、ポイントは
獲っときたいね」
No.81 ダイシンADVANシルビア(GT300クラス2位)
青木孝行「バーストしたような状況になってしまって、あわててピットに入りまし
た。大きなタイヤかすかなにかを拾ったんだと思います」
No.19 ウェッズスポーツセリカ(GT300クラス3位)
脇阪薫一「途中までよかったんですけど、ブレーキがおかしくなっちゃって追い上
げられなかった。その前まではFFではあれが精一杯。全員FFで勝負したい心境です。
ボクらのマテリアルのなかでは速いことがわかってもらえると思う。セッティング
があったときのポルシェはレースとかそういうレベルじゃないです」
原貴彦「決して悪いタイヤじゃないんですけど、このサーキットはFFにとってはタ
イヤにきつかった。結果はうれしいです。昨日までブレーキトラブルでほとんど走
れなくて、最後尾から追い上げての3位ですから。ボクは去年乗ってますけど、シ
ゲ(脇阪)はセリカ自体テストも今回もあまり乗ってない。そのなかでこういう結
果になったのはセンスのあるドライバーだと思うし、あいつの才能とか実力のおか
げだと思います」
No.8 ARTA NSX
鈴木亜久里「クルム(No.2)が周回遅れにひっかかって急ブレーキを踏んだ。オレ
もおカマを掘りそうになって逃げ場がなくなった。けっしてむりやりドアを閉めら
れたとか、そういうことではない。たぶん右リアの足が折れているんじゃないかな」
No.39 デンソーサードスープラGT
影山正彦「クルムにオレンジボールが出されたのを知らなかった。知ってたらあん
なとこで一生懸命にならなくてもよかった。スピンしたときは抜こうと思ったわけ
じゃなくて、プレッシャーでノーズを入れただけだけど、クルムがぶつけてきた。
ワザとだとしか思えない。痛えな、この0点は」
No.31 スーパーオートバックスアペックスMR-S
高木真一「駆動系が壊れて、ギアは入るんだけど伝達しなくなった。ダブルヘアピ
ンの2個めくらいから調子が悪くなって、ピットに入ろうと思えば入れたけど、修
理してたらどっちにしろ勝負権がなくなるんで、万が一これが2速だけならなんと
かなると思って最終コーナーを回ってみた。そしたら全部だめだった」
■優勝者コメント
GT500優勝
No.38 FK/マッシモセルモスープラ
竹内浩典「やっとですね。長かったです。前回はトップちぎれそうでリタイア。今
回はちぎられてたのにトップ。足して2で割ってちょうどいいんじゃないかな。し
かし立川のセットは乗りにくい。自分にはきびしかったですよね。エリック(No.1)
にあんなに離されるなんて…。どうやったらあんなセッティングで乗れるのか教え
てほしいよ(笑)」
立川祐路「クルマは順調で問題なかったです。クールスーツが壊れちゃって、それ
で暑くて…。ただマージンがあったんで、うしろとのタイム差をみながら、クルー
ジングほどではなかったですけど、余裕をもって走れました。今回TRD、チームの
皆さんがすごくがんばってくれた。それに加えてスポンサーのみなさんに感謝した
いです」
GT300優勝
No.910 ナインテンウェディングアドバンポルシェ
余郷敦「序盤3番手で、前の2台がそこそこ速くて離されないようについていって
勝負できるかなと思ったら、先にNo.31のタイヤがつらくなったみたいでズルズル
いって1コーナー突っ込みでハーフスピンしてくれました。天気とトラブルが心配
でしたが、クルマもなにもかもすべてミスなくいってよかった。ホントうれしい!」
和田久「まずはチームにもスタッフにも感謝したい。余郷くんがマージンを築いて
くれて、クルマをチェッカーまでらくに運べた。こんならくなレースはいままでに
ないですよ(笑)。持つべきは良いパートナードライバーですね」
安永孝監督「富士では後半にタイムが上がらなかったんで、今回は後半寄りのセッ
トをしたら、けっこう安定して走れました。ピットストップも順調にいきました。
今年初の優勝で5年ぶりですね。今日は9月10日のナインテンの日ですから(笑)」
*GTインサイドレポート3に続く
                       GTアソシエイション事務局
                         GTインサイドレポート班
                        古屋 知幸 = QYB04322 =

全日本GT選手権

GTインサイドレポート 00Rd.5/1

■ 2000 AUTOBACS CUP ALL JAPAN GT CHAMPIONSHIP
■ GT INSIDE REPORT
■ Round 5  GT CHAMPIONSHIP in TI                          FMOTOR4 EDITION
   GT INSIDE REPORT      インサイドレポート1      2000/09/09
 -------------------------------------------------------------------------
2000AUTOBACS CUP JGTC第5戦TI(09/09,10)
■予選1回目のコメント
No.1 ロックタイト・ゼクセルGT-R
エリック・コマス「全部のセッションが終わってトップに立っていることが大事だ
からね。雨が降らなければ午後はおそらくあと1秒くらいタイムは上がるだろうし。
でもあと1セットタイヤは残っているからね。今朝のセッションはマサミ(影山正
美)のクオリファイが重要だった。ボクはずっとスリックで走ったけど、マサミは
インターミディエイトを履いていい走りをした。それからもういちど自分が乗った
んだけど、いったん最速タイムを出してから順位を落としてしまった。でも最後の
20分のためにタイヤを温存していた。そこでは路面はそれまでより乾いていたけど、
コース上が渋滞していた。それでも十分にクリアなラップが1ラップとれたんだ」
No.38 FK/マッシモセルモスープラ
竹内浩典「いいんじゃないすか? テストからそのままの調子を維持してますんで、
いいと思いますよ。今回はどっちかというと敵はホンダじゃなくて日産なのかな?
そうするとピットストップが向こうは速いんで、そのぶんをどうしようかな。クル
マは順調です。スープラて唯一順調なんじゃないでしょうか。強いていえば(問題
は)このサーキットでは立川のセットとボクのセットの差が大きいんで、予選は立
川のセットですけど、決勝はお互いに歩み寄ったセッティングて妥協しなければな
らないことですかね」
No.16 Castrol無限NSX
光貞秀俊「突然電話がかかって来たときはビックリしたけど、(タイトルの)可能
性があるなかで呼ばれたんだから、責任重大だよね。今年のNSXは去年型よりダウン
フォースが安定していると思う。ブレーキが思いきり踏みやすいし、コーナリング
も安定してるよ。去年のいいところはそのままで、悪いところは削ったような感じ。
セッティングに関してもいろいろいわせてもらってる。道上とはけっこう意見も同
じだね。去年は基本的にトム(コロネル)がセッティングしたマシンにボクが合わ
せて乗っていたけど、いまは共同作業的にやっているって感じだよ」
No.12 カルソニックスカイライン
本山哲「最後の20分はタイムアタックしていません。いろいろとセッティングを試
していたし、午後にタイムが上がればいいかなと思ったので。今朝の予選はクルマ
がどうこうより路面状況の変化が大きかったです」
No.64 Mobil 1 NSX
伊藤大輔「GT300クラスが一緒に走ってたから、自分がいいと思っている周にひっ
かからないか心配しました。案の定いっぱいひっかかったんですが、ベストの周だ
けはあまりひっかかりませんでしたね。残り10分をきってからのほうがGT300との
めぐり合わせはいいなと思っていたんですが、連続走行でタイヤのグリップが落
ちてしまったので、最後の10分ではタイムアップできませんでした」
No.30 綜警McLaren GTR
松田次生「山田(洋二)選手が乗らなくなったから乗らないかって電話があったの
は8月。鈴鹿1000kmの前です。それまで、ハコに乗るということを意識したことは
まったくなかったです。いまはすごく緊張しています。乗ってみて、ハコはクルマ
が重いし、むずかしいですね。Fポンみたいにクルマが融通きかないし、勉強の意味
でがんばります。乗りかたも変えなきゃだめだし、とまどいます。ドライバー交替
もはじめて。でも岡田さんがいいタイムを出してるし、けっこうおもしろいレース
になると思いますよ」
No.39 デンソーサードスープラGT
ラルフ・ファーマン「はじめ8番手につけていたけど、そこから少し落ちてしまっ
た。クルマはいいし、レースセッティングはすごくいいよ。午後ももういちどアタッ
クするつもりだ。でもドライになればホンダ勢が速いだろうから、トップ10以内で
クォリファイできれば、と思う。ともかくベストをつくすだけだよ」
No.32 cdma One セルモスープラ
近藤真彦「ウチはほかのチームよりスプリングが柔らかめなんで、跳ねるのは跳ね
るんだけどほかとは跳ね方が違う。硬いものもテストで試したんだけど、柔らかい
ほうがタイムが安定するんで、そうしてるんです。決勝は雨だときついね」
No.81 ダイシンADVANシルビア
青木孝行「クルマのほうは足回りにセッティングの余地があって、完全に攻めきれ
た状態ではなかったんです。雨上がりで路面がよくなかったので、そのせいでバラ
ンスがくずれているのかな、とも思います。とりあえず昨日想定したタイムは出せ
てホッとしています。まわりがもっと来るかなと思ったんですけど、意外に来なく
て…」
No.31 スーパーオートバックスアペックスMR-S
新田守男「よくないっす。全体のバランスが全然とれてないんで、タイヤをちゃん
と使ってない。悩んでます。クルマが思ってるとおりになってくれたら優勝もねら
えるんだけど、今のままじゃきびしいね。よくなってきてはいるんでしょうけどね。
MR-Sなりにかなり進化している。富士も、成績には結びつかなかったけどよかった
ですよ。でもほかはウェイトを積んでるし、それを考えるとまだまだだね」
No.910 ナインテンウェディングアドバンポルシェ
余郷敦「まずはよしという感じですね。昨日午後にギアかなんかのトラブルがあっ
たんですが、そのわりにはメカがセットアップも仕上げてくれました。午後にもド
ライ(タイヤ)を1セット残してます。天気しだいですけどね。1回目は、2コー
ナーかな、左コーナーだけセミウェットで、他のラインはドライでした」
No.20 ネッツアペックススピリットMR-S
松永雅博「クルマは富士のときと変わりないです。まだ煮詰めている最中。アンダー
オーバーで攻めきれない。富士もつまらないことでデータを採りきれなかったし、
もうちょっとテストをしないといいところがみつけられないでしょう。このレース
ウィークはテスト代わりという感じです。MR-Sはそれなりのポテンシャルはあると
思うんで、もうちょっと煮詰めていけばもっとタイムアップすると思います。エン
ジンはすごくいい。ストレートも速いです」
No.26 シェルタイサンアドバンGT3R
福山英朗「今回はきつそうですね。原因はウエイトハンディだけじゃなさそうです。
ちょっと足が決まってないんですよね。コースのレイアウトはポルシェにとって悪
くないんですけど、バンプがひどい。路面が悪すぎますね。低重心のほうが有利な
のかな」
松田秀士「ここは運転が忙しいから(骨折した)足が痛い。富士のようにはいかな
いね。フットレストで踏んばっちゃうところが多いせいもある」
No.24 986ボクスター
マルコ・アピチェラ「今朝のアクシデントは西澤サンが乗っているときに裏のスト
レートでクラッシュしたんだ。おそらくブレーキトラブルだろう。クルマはダメー
ジを受けて、いまリペアしているところ。クルマの開発はかなり進んでいて、レイ
ンだけでなくドライでもかなりよくなっている。昨日も好タイムをマークしたし、
たぶん6~7番手のタイムは記録できると思う。エンジンはすでに変更しているけ
ど、それに加えてシャシーを完全にモディファイしたことが大きい」
No.86 BP KRAFTトレノ
田中実「クルマはなにも変わっていないのに昨日より遅くなっちゃった。(決勝は)
雨が降るならひどいほうがいいね。ダンロップのレインタイヤがすごくいいらしい
んで、アドバンテージあると思います。午後、予選順位をもうちょい上げといて決
勝は雨っていうのがいちばんいいね」
No.19 ウェッズスポーツセリカ
原貴彦「S字の先で右前のタイヤが外れちゃったんです。その前から動きがおかし
かったんで、ピットに戻ろうとゆっくり走ってたんですが…。それ以外にクルマは
問題ありません。こういうストップ&ゴーのサーキットはFFには不利なんですが、
ポルシェやシルビアはウェイトハンディが重いですからね。チャンスはある」
■予選2回目のコメント
No.16 Castrol無限NSX
道上龍「もうちょっとがんばればコマス(No.1)ぐらいは喰えそうだったんですけ
ど、タイヤがタレてベストの次の周はコンマ5秒落ちてしまいました。コーナーは
いいんですけど、ストレートはターボ車に置いていかれていますね。レースでは、
昨日そこそこ使ったタイヤでもよかったしクルマのバランスは悪くないので、満タ
ンでもいいんじゃないかと思います。光貞さんとのコンビもうまくいっていますし、
ドライバー交代もすごく早かった。ただ、ちょい濡れの路面ではホントに遅いので、
明日はドライの方がいいですね」
No.2 カストロール・ニスモGT-R
ミハエル・クルム「ポールポジションを獲るポテンシャルがないことはわかってい
たので、ウェイトハンディがかからない4位をねらっていた。2位、3位にはなり
たくなかった。今年ずっと20kg積んでいるからね。ちょっとヘンなルールですね。
エリックはそういうルールだとわかっていたからウェイトハンディなし。でももう
わかった。今日は完璧(笑)。このコースはボクは好きです。それにスカイライン
に合っているので、レースは楽しみです。レース用のセットアップもいいです」
No.8 ARTA NSX
土屋圭市「4~5番手ねらいだったから予選はバッチリ。(ウェイトハンディ)60
kgで結構つらいから。ここまでくると10kgのウェイトは残りのレースに響くからね。
雨が降るとウェイトはだいじょうぶだけど、晴れると後半タイヤがつらくなる。60
kg積むまでなかった動きをするし、むりするとタイヤが保たない。とくにリヤタイ
ヤにくるね。ブレーキもタイヤよりはまだましだけど、つらいよね。晴れたら6位
以内が目標。でも雨ならば表彰台のまん中をねらっていくよ。スカイラインとスー
プラはまっすぐが速いね。ひさびさに3メーカーのバトルになるんじゃないかな。
バトルがあったほうがおもしろいでしょ。ウチは亜久里が先に乗る。富士の勝ちパ
ターンでいくよ」
No.36 カストロール・トムス・スープラ
土屋武士「キビシー。今年に関しては迷路から抜けられない。タイヤとコースのマッ
チングですね…。まあ、迷路の途中にあって戻ってはいないんだけど、進歩はして
いるけど迷ってるような状態。決勝は今回はホントに我慢のレースです。我慢して、
我慢して、我慢してっていうところで、プッシュもできないですね」
No.18 TAKATA童夢NSX
脇阪寿一「2回目はいろいろセットを変えたけどストレートが伸びない。なんでかが
わからないですね。コーナーは悪くなかったんですけど。決勝はがんばります。3
位になるくらいなら4位で終わってMINEで勝ちたい。前半戦は速さをアピールした
ので、後半はシビアにまとめないと」
No.100 RAYBRIG NSX
飯田章「今日はぜんぜんだめでした。クルマもぜんぜん決まってないし、ストレー
トも伸びていない。アタックでもエッソスープラ(No.6)にひっかかってタイムが
出せませんでした」
No.12 カルソニックスカイライン
本山哲「セッティングを変えて失敗したね。フィーリングはよかったけど、全体の
限界が低くて…。これからミーティングしてレースのセッティングを決めて、明日
はできるだけ上の順位でポイントを獲りたいです」
No.32 cdma Oneセルモスープラ
木下隆之「予選1回目でNo.35が後ろ、No.6が目の前でコンマ3秒差だったでしょ。
ちょっと欲を出して00年型を抜きにいった。それにはギリギリまで攻めないとと
思っていった結果オーバースピード(で最終コーナーでスピン、クラッシュ)。
ニュータイヤのアタックが午前中できなかったんで、午後ニューでのアタックラッ
プに賭けてみたかった。そのぐらいギリギリまで攻めないと、予選では抜けないか
らね」
No.88 ノマドディアブロGT-1
高橋毅「午後はちょっとミッションに問題があって、雨のなかを走ってもしょうが
ないんで走りませんでした。決勝はまったく問題ありません。このコースは結構ター
ボが効くんで国産勢が速いんですけど、最後まできちんと走りきりたいです。鈴鹿
1000kmの3位入賞でチームも上り調子になっていますんで、好調をキープしたい」
No.77 クスコスバルインプレッサ
谷川達也「クルマが曲がらない。ステアリングをきった瞬間の反応が悪くてワンテ
ンポ遅れるんです。それ以外は問題ないんですけど、そこがタイムに響くので、
ちょっともったいなかったかな? セットしていって2回目はちょっとよくなりま
したが、まだ全然ダメですね。ポールをねらっていたんですけど」
No.910 ナインテンウェディングアドバンポルシェ
和田久「予選3位で、また10kg増えちゃった。問題なのは明日の決勝レースです。
(予選タイムが)みんな並んでるからね。ウチはウチのレースを確実にやるだけで
しょう。神にまかせるのみです(笑)。むりはしないこと、むりするからミスが出
る。自分のパートを確実にこなしたい」
No.7 RE雨宮マツモトキヨシRX7
松本晴彦「午前中は5位だったんですけれど、ひとつ下がってしまいました。2回
目は最初にセットしてようすを見て、いざフレッシュ(タイヤ)を履いて出たら雨
ですぐにオイル旗が出るような状況で、タイムアップができなかったんです」
No.19 ウェッズスポーツセリカ
脇阪薫一「昨日からブレーキなどいくつかトラブルが出ていて、今日も2回目にボ
クが出ていったときも完全には解決していなかったんです。で、1周して確かめた
らだいじょうぶだったんで、とにかく基準タイムをクリアしようとしたら、裏のス
トレートあたりですごい土砂降りになってしまって、次の2コーナーへいったらも
う赤旗が出ていてだめでした。嘆願書で最後尾からのスタートになってしまいます
が、ぜんぜんあきらめてはいません。勝つつもりで追い上げます」
■ポールポジション・コメント
No.38 FK/マッシモセルモスープラ
立川祐路「前回の富士から、TIのテスト、MINEのテストとトップタイムを出してい
るので、ここで後ろにいったらカッコ悪いからがんばりました。クルマはとくに変
えてきていませんが、完璧といえます。ここで速いスカイラインをマークしてはい
ますが、それよりも自分たちのベストを出すだけです。この予選もこれ以上は出な
いというタイムを出せたから、ポールになったのだと思います」
竹内浩典「富士でウェイトをたっぷり積むはずだったのが、なぜか軽いですか
ら(笑)。テストでもよかった調子を維持してきています。あとは、立川の一発で
ポールを獲ったと(いうこと)。決勝も前から出る優位を生かして、エリック
(No.1)より前で立川に渡したい。満タンのセッティングも悪くないので、あとは
逃げるだけです」
No.81 ダイシンADVANシルビア
青木孝行「8月にあったテストからタイムが出ていましたし、『ポールをねらって
いこう』と大八木さんからいわれてました。プレッシャーもありましたが、いいタ
イムが出せてよかったです。1回目はラインはドライでしたが、そこを外すと砂も
出ていてコースはスリッピーでした。だからコースが乾く(予選時間の)後半をね
らってアタックしました」
大八木信行「前回の富士に続き、ここもポールをねらって8月のテストからやって
きました。だから予選1回目でチャレンジしてみたんです。青木選手がシミュレー
ションどおりタイムを出してくれたのでポールが獲れました」
*GTインサイドレポート2に続く
                       GTアソシエイション事務局
                         GTインサイドレポート班
                        古屋 知幸 = QYB04322 =

Japanese F3

F3_Rd9:仙台予選結果

全日本F3選手権第9戦 仙台-RIJ-(2000-09-23) Qualifying-Session
For All Japan Formula 3 Championship Rd.9 仙台ハイランド(JPN):4.063km
Weather:Cloudy Course:Semi Dry
P.-No.Driver---------Car------------------BestTime-km/h---
1 10 S.フィリップ   Dallara F300/MF204   1'41.595 143.972
2  3 B.トレルイエ   Dallara F300/3S-GE   1'41.862
3  2 荒  聖治       Dallara F300/MF204   1'41.987
4  9 土屋武士       Dallara F399/SR20VE  1'41.997
5  5 高木真一       Dallara F399/3S-GE   1'42.023
6  7 黒澤治樹       Dallara F300/3S-GE   1'42.087
7 11 井出有治       Dallara F399/MF204   1'42.145
8  1 R.レヒナー     Dallara F300/3S-GE   1'42.170
9  6 佐々木孝太     Dallara F300/3S-GE   1'42.357
10  8 サトウカイチ   Dallara F399/3S-GE   1'42.485
11 77 平野  功       Dallara F399/MF204   1'42.822
12 64 佐藤晋也       Dallara F399/MF204   1'43.258
13 32 井上智之       Dallara F399/3S-GE   1'43.323
14 33 山口  明       Dallara F300/3S-GE   1'43.377
15 18 密山祥吾       Dallara F399/3S-GE   1'43.460
16 17 黒澤  翼       Dallara F300/MF204   1'43.788
17 38 中島廣高       Dallara F300/3S-GE   1'44.358
18 24 西澤和之       Dallara F399/3S-GE   1'45.047
19 20 レーサー鹿島   Dallara F399/3S-GE   1'46.096
----------------------------------------------------------
       ** FMOTOR4F SysOp 北島滋穂(sdi00685@nifty.com) **

Japanese F3

F3_Rd9:仙台フリー走行結果

全日本F3選手権第9戦 仙台-RIJ-(2000-09-23) Free Practice-Session
For All Japan Formula 3 Championship Rd.9 仙台ハイランド(JPN):4.063km
Weather:Cloudy Course:Semi Dry
P.-No.Driver---------Car------------------BestTime-km/h---
1  2 荒  聖治       Dallara F300/MF204   1'41.774 143.718
2 10 S.フィリップ   Dallara F300/MF204   1'42.322
3 11 井出有治       Dallara F399/MF204   1'42.913
4  7 黒澤治樹       Dallara F300/3S-GE   1'42.999
5  5 高木真一       Dallara F399/3S-GE   1'43.238
6  3 B.トレルイエ   Dallara F300/3S-GE   1'43.421
7  8 サトウカイチ   Dallara F399/3S-GE   1'43.705
8  1 R.レヒナー     Dallara F300/3S-GE   1'43.789
9 17 黒澤  翼太     Dallara F300/MF204   1'43.810
10  6 佐々木孝太     Dallara F300/3S-GE   1'43.888
11 77 平野  功       Dallara F399/MF204   1'44.270
12 18 密山祥吾       Dallara F399/3S-GE   1'44.437
13 64 佐藤晋也       Dallara F399/MF204   1'44.562
14 33 山口  明       Dallara F300/3S-GE   1'44.621
15  9 土屋武士       Dallara F399/SR20VE  1'44.674
16 32 井上智之       Dallara F399/3S-GE   1'45.219
17 38 中島廣高       Dallara F300/3S-GE   1'45.506
18 24 西澤和之       Dallara F399/3S-GE   1'46.465
19 20 レーサー鹿島   Dallara F399/3S-GE   1'47.270
----------------------------------------------------------
       ** FMOTOR4F SysOp 北島滋穂(sdi00685@nifty.com) **

Formula Nippon

FN:A.ユーン第9戦MINEリリース

>>ブレーキポンプは壊れたがアレックスにとっては満足できた週末
マレーシアのアレックス・ユーンは、2000年フォーミュラ・ニッポン第9戦で
並いる強豪の中で才能を見せつけ最高の週末を過ごした。
土曜日の予選は最高位となる7位、決勝日朝のウォームアップではポールシッ
ターの高木から遅れること僅か0.4秒の1分17秒264で6位だった。
スタートは完璧とは言えず2つポジションを落とし1コーナーでは9位、だが
即座にアウトから仕掛け2コーナーで道上をかわし8位に順位を戻した。
アレックスはブレーキを失ったとき、7位の服部を攻めたてていた。
「9周目のスローコーナーで、ブレーキペダルが床まで踏み抜けたのさ。兆候
は6周目あたりからあって、全てのコーナーで左足でポンピングしていたんだ。
あのままクラッシュをせずにレースを続けることは不可能だったよ」とアレッ
クス。
本間チーム監督とクルーは、壊れたブレーキマスターシリンダーを発見したが、
為す術がなかった。
「アレックスには申し訳ないことをした。彼はこの週末、初ポイントをとるた
め本当にいいポジションにいたし、全てがうまく運べば表彰台さえも可能だっ
たかもしれない」と本間監督。
この不運な結果にもかかわらず、アレックスはご機嫌だった。「ブレーキマス
ターシリンダーが壊れたのはレースではよくあることさ。誰も責められないよ。
チームはいつも素晴らしい仕事をしてくれるし、僕も最高の状態でレースに臨
める。今日も走りきれれば4位でフィニッシュできたと思うよ。僕は11月の最
終戦、そして2001年シーズンに向けて展望が開けたことで満足さ。来シーズン
は手強い挑戦者になってみせるよ」
高木虎之介は、1時間20分48秒792で今季9戦して8勝目を挙げた。2位の本山
哲は1時間20分50秒410、3位松田次生は1時間21分18秒713だった。
最終戦(第10戦)は、F1日本GP、マレーシアGPの後、11月5日に鈴鹿で行われる。
アレックスは、フルフレックス・ラジウス、タグ・ホイヤー、ブリルクリーム、
パン・グローバル保険、ニューロネット・マレーシア、マレーシア航空のスポ
ンサーを受けています。チーム・マレーシアは、マレーシア青年スポーツ省と
日本レースプロモーションのサポートを受けルマン株式会社によって運営され
ています。
情報提供:TEAM MALAYSIA
ALEX YOONG International Ltd. 
          ** FMOTOR4F SysOp 北島滋穂(sdi00685@nifty.com) **

Formula Nippon

2000F_NIPドライバーズポイント( 9/10戦)

(第9戦まで)
2000                   3   4   5   6   7   7   8   9   9  11
Japan                 /   /   /   /   /   /   /   /   /   /
Formula Nippon      26  16  21   4   2  30  20   3  17   5
Championship       鈴  茂  美  富  鈴  菅  茂  富  美  鈴
Drivers-point     鹿  木  祢  士  鹿  生  木  士  祢  鹿
Po -No -Driver ---------Rd.-1 --2 --3 --4 --5 --6 --7 --8 --9 -10 ---総合P
1  0  高木 虎之介         10  10   0  10  10  10  10  10  10           80
2  6  M.クルム            6   6   6 DNS   4   2   6   2   0           32
3  19 本山 哲              1   3   0   0   1   3   4   6   6           24
4  2  松田 次生            0   4  10   0   2   0   3   0   4           23
5  55 金石 勝智            3   1   2   4   0   4   0   0   -           14
6  7  野田 英樹            0   0   4   0   6   0   2   1   0           13
7  56 脇阪 寿一            0   2   3   6   0   0   0   0   1           12
8  5  服部 尚貴            4   0   1   2   3   0   0   0   0           10
9  9  R.ファーマン        0   0   0   1   0   6   0   0   2            9
10  11 立川 祐路            0   0   0   3   0   0   0   3   3            9
11  62 柴原 眞介            0   0   0   0   0   1   0   4   0            5
12  14 脇阪 薫一            2   0   0   0   0   0   0   0   0            2
13  8  五十嵐 勇大          0   0   0   0   0   0   1   0   0            1
3  近藤 真彦            0   0   0   0   0   0   0   0   0            0
12 J.ヴィエルチューク  0   0   0   0   0   0   0   0   0            0
36 玉中 哲二            0   0   0   0   0   0   0   0   0            0
10 山西 康司            0   0   0   0   0   0   0   0   0            0
68 道上 龍              0   0   0   0   0   0   0   0   0            0
63 OSAMU                0   0   0   0   0   -   0   0   0            0
21 A.ユーン            -   0   0   0   0   0   0   0   0            0
4 土屋 武士            -   -   -   -   -   -   -   -   0            0
**************************************************************************
* 1位から6位までに10-6-4-3-2-1のポイント
* 全10戦総ポイント制
* 予選通過基準タイム(110%)
///// PDD01523 伊東 昭雄 /////

Formula Nippon

FN_Rd9:Mooncraft決勝リリース

2000年 全日本フォーミュラ・ニッポン選手権 第9戦
セントラルパークMINEサーキット
9月17日(日曜日)
決   勝
台風一過、爽やかな秋晴れの中で朝のウォームアップが始まった。昨日と打っ
て変わって満タンセットは比較的好調。シゲカズはまだまだ不満のようだが、
トップ差1.183、17番手。ギリギリ17秒台に入った。
ドピーカンの中でスタート進行が始まるが、その矢先に山口県全域に強風注意
報発令とのアナウンス。波乱のレースを予測させる。ブレーキに違和感を訴え
るシゲカズは18番グリッドからどんなスタートを見せるか。
2:33きれいなスタートで始まった1周目シゲカズはポジション15で戻る。19秒
台で走り始めたシゲカズはトップ差こそ開いていくものの、9周目には18秒台
に入る快走ぶり。前走車と0.5秒~1.1秒の差で接近戦をくり広げる。予定通り
21周目タイヤ交換のためピットロードに入ると前走車も同時にピットイン。タ
イヤ交換ではピットクルーが素晴らしい仕事振りを発揮。後から入ったにも関
わらず順位を入れ替えて11位でトラックに復帰した。
23周目からは17秒台で走り、そのラップタイムはトップ6とほとんど変わらない。
トップ差1周ごとに減っていき、ピットは大きく盛り上がる。順位も26周目10位、
27周目は9位でトップ差も35秒6と10秒以上縮まった。
しかし、28周目に前につまるとペースが乱れ始め、ラップも19秒台に落ち込む。
その後、18秒台までは戻すがトップ差は拡くばかり。そして35周目の第2ヘア
ピンで後走車に追突されてスピン。コース上にストップしたシゲカズはなんと
か再走するがピットに戻ったところで息絶えた。原因はリア右のトーロッドが
曲がってしまったため。
前日の予選のことを思えば素晴らしい走りを見せてくれたシゲカズだったが、
残念な結果となった。
次回は最終戦。次こそは結果を出すぞ。
由良監督:予選が上手くいかなかった上に、新しいブレーキをスタート直前の
ウォームアップを利用して投入など不安を残して臨んだレースでした。しかし、
レースが始まると素晴らしい走りを見せ、特に2セット目のタイヤではトップ
と遜色のない走りを披露してくれ、タイヤ交換のピットワークも今年一番の状
況でした。これは上位進出か、と期待した矢先に無謀なドライビングの後続に
追突される無意味なアクシデントに遭ってしまいました。鬼門のMINEなのです
が、素晴らしい走りが出来ることがわかり、得るものが多いレースでした。い
つも言うようですが、レースのラップは上位人と同程度までいけるので、予選
でベスト10からスタートできればポイント充分狙えるでしょう。ドライバー
共々頑張って行きたいと思います。
シゲカズ選手:スタートは完走狙いで走り始め、新しいブレーキでバランスが
悪かったこともあって1セット目は速く走ることが出来ませんでした。タイヤ
交換はチームの頑張りで快心の仕事で送り出してくれて、感謝してます。2セッ
ト目になって若干アンダー気味だったものの速くなりましたが、服部選手がピッ
トアウトしてきてからは、さすがベテランらしく、非常に上手くしめられてな
かなか抜くことが出来ませんでした。その間にフラットスポットを作ってしま
い、これからレースを立て直そうと思った矢先に追突されてしまいました。予
選位置の悪さからこの様なアクシデントに巻き込まれたと思うので、最終戦で
は予選をまず頑張ることを目標とします。
情報提供:Mooncraft
        *** FMOTOR4F SysOp 北島滋穂(SDI00685@nifty.com) ***

スーパー耐久

S-ENDU:Rd6:もてぎ決勝結果

スーパー耐久シリーズ2000第6戦もてぎ -RIJ- (2000-09-17)  Race-Results
For Super-Endurance Series Rd.6 Twin Ring MOTEGI(JPN):4.801379km
Weather:Cloudy/Rain/Cloudy Course:Wet/Semi wet
P. No.Cl. Car----------------------------------------- Laps-Goal Time----
1  50 C-1 5ZIGEN☆ファルケンGT-R         竹内/田中       84 3:09'45.634
2  10 C-1 エンドレス アドバン GTR        木下/高木       84 3:10'05.989
3  11 C-2 三菱プーマランサーターボ VI TM 中谷/木下       84 3:11'22.843
4  20 C-2 RSオガワADVANランサー          小川/細野/伊藤  83   -  1 Lap
5   5 C-2 DRPアドバンMTGランサー         市村/小島/小松  83   -  1 Lap
6  23 C-1 トトムFUJITSUBO GT-R           砂子/山田       82   -  2 Laps
7  30 C-2 RSオガワADVANランサー          小宮/松井       81   -  3 Laps
8   2 C-2 アイフェルDUNLOPインプレッサ   渋谷/吉田       81   -  3 Laps
9  33 C-3 BPビスコガンマRX-7             三好/大井       80   -  4 Laps
10   4 N+  スーパーテクノアルテッツァ     横島/菊地       80   -  4 Laps
11  54 C-4 BPビスコベータアンクルシビック 山内/浅見       80   -  4 Laps
12  52 C-4 5ZIGENファルケンパルサー       西垣内/原       79   -  5 Laps
13  39 N+  5ZIGEN JSC INTE                磯田/八木       79   -  5 Laps
14  38 N+  エスペリア・ジアラアルテッツア 山路/松田       79   -  5 Laps
15  37 N+  上野クリニックALTEZZA          大野/山岸       79   -  5 Laps
16  15 C-3 シーウエストアドバンRX-7       尾本/長島       79   -  5 Laps
17   7 C-3 アルゴラボプレリュード         桧井/元谷/黒木  79   -  5 Laps
18  95 C-3 SPOON S2000                    市嶋/岡田       79   -  5 Laps
19  26 C-2 エンドレスアドバンGMSランサー  添田/小暮/川口  79   -  5 Laps
20  70 C-4 アルゴラボシビック             宮城/荒川/伊達  78   -  6 Laps
21  64 N+  ケージーエム・アルテッツァ     田嶋/清水       78   -  6 Laps
22  19 C-2 日本マルチメディ・アドバンVI   輿水/三島       76   -  8 Laps
23  43 N+  5ZIGEN MAX INTE                植田/冨本       76   -  8 Laps
24  45 C-4 FKマッシモADVANシビック        浅野/坂井/笠原  76   -  8 Laps
25  71 C-3 PowerMagic RX-7                関根/武藤/二村  76   -  8 Laps
26   6 C-2 マジョーラ・ファルケンEVO VI   冨桝/柳生       76   -  8 Laps
27  22 N+  BP ADVAV インテグラ            古橋/玉本       76   -  8 Laps
28   8 C-1 ダイシンアドバンGTR            大八木/青木     76   -  8 Laps
29  31 C-2 ジャラーナADVANシルビア        小林/錦織       76   -  8 Laps
30  85 C-3 SPOON S2000                    小幡/渡邉       76   -  8 Laps
31  25 N+  RS★Rアルテッツァ              織戸/飯田       75   -  9 Laps
32  88 C-3 TUBE日本テレコムCIVIC          西沢/松本       75   -  9 Laps
33  99 C-4 TARGETアドバンシビック         辻本/萬雲       74   - 10 Laps
34  47 C-3 DASYART・ADVAN・BB4            市川/三上       74   - 10 Laps
-----------以上順位認定---------------------------------------------------
28 N+  ADVAN WAKO'S DC2               佐藤/佐藤       75   -  9 Laps
27 C-2 WACO'S BMW M3                  牧口/小林       51   - 33 Laps
41 C-2 アイワFKインプレッサ           石川/谷川       48   - 36 Laps
36 N+  上野クリニックALTEZZA          荒/関谷         29   - 55 Laps
14 C-2 FHI自動車部インプレッサ        廣田/前田/長田  14   - 70 Laps
35 N+  INGING CELICA                  藤田/ラファネル 11   - 73 Laps
55 N+  DANGUNバーディKRDC2            海老澤/高島      5   - 79 Laps
56 N+  ALFA 156 2.0 TS                鈴木/道崎       出走せず
**************************************************************************
Fastest Lap #10 エンドレス アドバン GTR   2'06.085 82/84 137.09km/h
規定周回数
1クラス:58  2クラス:58  3クラス:56  4クラス:56  Nクラス:56
** FMOTOR4F SysOp 北島滋穂(sdi00685@nifty.com) **

Formula Nippon

FN_Rd9:FニッポンMINE決勝結果(暫定)

    虎之介台風、無敵の6連勝! 美祢で初優勝を飾る。
 山口県地方に強風注意報が出されるなか、フォーミュラニッポン第9戦MINEが開催
された。
 優勝は、ポールポジションから飛び出し、タイヤ交換で一時3位まで後退したもの
のファステストラップをマークし追いすがる2位本山とのタイム差を終始コントロー
ルしつづけた高木。
 3位は、一時立川に迫られたものの、最後は余裕で逃げきった前回MINEの優勝者、
松田。
 4位は立川、5位は予選12位からしぶとく追い上げたファーマン。6位に、寿一。
 FN初参戦の土屋は10位と戦闘力の劣るGフォースで大健闘。
■決勝レース結果(暫定)
フォーミュラ・ニッポン第9戦 MINE -RIJ-(2000-10-17) Race Results
For All Japan Formula Nippon Championship Rd.9 CP MINE(J):3.330839km
Weather:Fine/Cloudy  Course:Dry
P.-No.Driver------------Team-------------Car-----------------Time/Behind
1  0 高木虎之介        PIAA NAKAJIMA    REYNARD 2KL/MF308   1:20.48.792
2 19 本山哲            IMPUL            REYNARD 99L/MF308         1.618
3  2 松田次生          PIAA NAKAJIMA    REYNARD 99L/MF308        29.121
4 11 立川祐路          COSMO OIL CERUMO REYNARD 99L/MF308        49.423
5  9 R.ファーマン      Morinaga NOVA    G FORCE GF03B/MF308      58.097
6 56 脇阪寿一          ARTA             REYNARD 99L/MF308      1.01.618
7 10 山西康司          Morinaga NOVA    G FORCE GF03B/MF308    1.02.120
8  5 服部尚貴          5ZIGEN           REYNARD 99L/MF308      1.17.474
9 68 道上龍            DoCoMo DANDELION REYNARD 2KL/MF308         1lap
10  4 土屋武士          Olympic KONDO    G FORCE GF03/MF308        1lap
11 62 柴原眞介          LEYJUN           REYNARD 2KL/MF308         1lap
12  3 近藤真彦          Olympic KONDO    REYNARD 99L/MF308         1lap
13 12 J.ヴィエルチュークCOSMO OIL CERUMO REYNARD 99L/MF308         1lap
14 36 玉中哲二          TAKAGI B-1       REYNARD 99L/MF308         2laps
15 63 OSAMU             LEYJUN           G FORCE GF03/MF308        2laps
16  8 五十嵐勇大        LeMans           REYNARD 99L/MF308         3laps
17  7 野田英樹          LeMans           REYNARD 99L/MF308         5laps
18 14 脇阪薫一          MOONCRAFT        REYNARD 99L/MF308        28laps
19  6 M.クルム          5ZIGEN           REYNARD 99L/MF308        50laps
20 21 A.ユーン          TEAM MALAYSIA    REYNARD 99L/MF308        53laps
---------------------------------------------------------------------------
*** FMOTOR4F Sub-SysOp 大西良徳(yoshinori.ohnishi@nifty.com) ***

Formula Nippon

FN_Rd9:FニッポンMINEフリー走行

フォーミュラ・ニッポン第9戦 MINE -RIJ-(2000-09-17) Practice-Session
For All Japan Formula Nippon Championship Rd.8 CP MINE(J):3.330839km
Weather:Cloudy  Course:Dry
P.-No.Driver------------Team-------------Car-----------------Time-----km/h--
1  0 高木虎之介        PIAA NAKAJIMA    REYNARD 2KL/MF308   1.16.816
2  2 松田次生          PIAA NAKAJIMA    REYNARD 99L/MF308   1.16.819
3  7 野田英樹          LeMans           REYNARD 99L/MF308   1.17.097
4 68 道上龍            DoCoMo DANDELION REYNARD 2KL/MF308   1.17.126
5  6 M.クルム          5ZIGEN           REYNARD 99L/MF308   1.17.246
6 21 A.ユーン          TEAM MALAYSIA    REYNARD 99L/MF308   1.17.264
7 62 柴原眞介          LEYJUN           REYNARD 2KL/MF308   1.17.280
8 11 立川祐路          COSMO OIL CERUMO REYNARD 99L/MF308   1.17.379
9 56 脇阪寿一          ARTA             REYNARD 99L/MF308   1.17.495
10  8 五十嵐勇大        LeMans           REYNARD 99L/MF308   1.17.544
11 19 本山哲            IMPUL            REYNARD 99L/MF308   1.17.581
12  5 服部尚貴          5ZIGEN           REYNARD 99L/MF308   1.17.630
13 12 J.ヴィエルチュークCOSMO OIL CERUMO REYNARD 99L/MF308   1.17.642
14  9 R.ファーマン      Morinaga NOVA    G FORCE GF03B/MF308 1.17.770
15 10 山西康司          Morinaga NOVA    G FORCE GF03B/MF308 1.17.853
16  4 土屋武士          Olympic KONDO    G FORCE GF03/MF308  1.17.858
17 14 脇阪薫一          MOONCRAFT        REYNARD 99L/MF308   1.17.999
18  3 近藤真彦          Olympic KONDO    REYNARD 99L/MF308   1.18.046
19 36 玉中哲二          TAKAGI B-1       REYNARD 99L/MF308   1.19.56420 63 OSAMU
LEYJUN           G FORCE GF03/MF308  1.20.886
---------------------------------------------------------------------------
*** FMOTOR4F Sub-SysOp 大西良徳(yoshinori.ohnishi@nifty.com) ***

スーパー耐久

S-ENDU:Rd6:もてぎ予選結果

スーパー耐久シリーズ2000第6戦もてぎ -RIJ- (2000-09-16) Qualifying-Session
For Super-Endurance Series Rd.6 Twin Ring MOTEGI(JPN):4.801379km
Weather:Cloudy/Rain/Cloudy Course:Dry/Wet
P  No.Cl. Car------------------------------------------- Best-LapT-km/h
1  10 C-1 エンドレス アドバン GTR        木下/高木       2'03.405 140.07
2  50 C-1 5ZIGEN☆ファルケンGT-R         竹内/田中       2'03.424
3   8 C-1 ダイシンアドバンGTR            大八木/青木     2'04.039
4  11 C-2 三菱プーマランサーターボ VI TM 中谷/木下       2'06.058
5   5 C-2 DRPアドバンMTGランサー         市村/小島/*小松 2'06.757
6  20 C-2 RSオガワADVANランサー          小川/細野/伊藤  2'08.004
7   2 C-2 アイフェルDUNLOPインプレッサ   渋谷/吉田       2'09.097
8  27 C-2 WACO'S BMW M3                  牧口/小林       2'09.580
9  33 C-3 BPビスコガンマRX-7             三好/大井       2'10.165
10  71 C-3 PowerMagic RX-7                関根/武藤/二村  2'10.216
11  30 C-2 RSオガワADVANランサー          小宮/松井       2'10.662
12   4 N+  スーパーテクノアルテッツァ     横島/菊地       2'10.766
13  25 N+  RS★Rアルテッツァ              織戸/飯田       2'11.227
14  38 N+  エスペリア・ジアラアルテッツア 山路/松田       2'11.233
15  15 C-3 シーウエストアドバンRX-7       尾本/長島       2'11.516
16  19 C-2 日本マルチメディ・アドバンVI   輿水/三島       2'11.548
17  36 N+  上野クリニックALTEZZA          荒/関谷         2'12.153
18  37 N+  上野クリニックALTEZZA          大野/山岸       2'12.681
19  39 N+  5ZIGEN JSC INTE                磯田/八木       2'13.089
20  85 C-3 SPOON S2000                    小幡/渡邉       2'13.197
21  52 C-4 5ZIGENファルケンパルサー       西垣内/原       2'13.599
22  22 N+  BP ADVAV インテグラ            古橋/玉本       2'13.616
23  41 C-2 アイワFKインプレッサ           石川/谷川       2'13.799
24  54 C-4 BPビスコベータアンクルシビック 山内/浅見       2'13.935
25  70 C-4 アルゴラボシビック             宮城/荒川/伊達  2'13.959
26  95 C-3 SPOON S2000                    市嶋/岡田       2'13.969
27  28 N+  ADVAN WAKO'S DC2               佐藤/佐藤       2'14.397
28  99 C-4 TARGETアドバンシビック         辻本/萬雲       2'14.534
29  14 C-2 FHI自動車部インプレッサ        廣田/前田/長田  2'14.593
30  43 N+  5ZIGEN MAX INTE                植田/冨本       2'16.124
31  88 C-3 TUBE日本テレコムCIVIC          西沢/松本       2'17.564
32  45 C-4 FKマッシモADVANシビック        浅野/坂井/笠原  2'18.420
33  23 C-1 トトムFUJITSUBO GT-R           砂子/#山田      2'05.236
34  31 C-2 ジャラーナADVANシルビア        小林/#錦織      2'10.377
35  26 C-2 エンドレスアドバンGMSランサー  #添田/小暮/川口 2'12.012
36   7 C-3 アルゴラボプレリュード         桧井/#元谷/黒木 2'13.144
37   6 C-2 マジョーラ・ファルケンEVO VI   冨桝/#柳生      2'13.484
38  64 N+  ケージーエム・アルテッツァ     田嶋/#清水      2'13.696
39  55 N+  DANGUNバーディKRDC2            海老澤/#高島    2'14.286
40  35 N+  INGING CELICA                  #藤田/ラファネル2'18.242
41  47 C-3 DASYART・ADVAN・BB4            市川/#三上      2'19.184
42☆56 N+  ALFA 156 2.0 TS                ☆鈴木/☆道崎   3'45.305
********************************************************************
予選通過基準タイム(130%) 2'40.709
1クラス(110%) 2'15.984  2クラス(110%) 2'19.633  3クラス(110%) 2'23.695
4クラス(110%) 2'27.214  Nクラス(110%) 2'24.183
*の選手は、シリーズ規則 第6条(6)及び(9)により決勝レースへの出走を認める。
#の選手は、シリーズ規則 第6条(8)及び(9)により決勝レースへの出走を認める。
*No.56の車両及びドライバーは、シリーズ規則 第6条(8)及び(9)により決勝レー
スへの出走を決勝日のフリー走行結果により競技長が判断する。
** FMOTOR4F SysOp 北島滋穂(sdi00685@nifty.com) **

Formula Nippon

FN_Rd9:Mooncraft予選リリース

2000年 全日本フォーミュラ・ニッポン選手権 第9戦
セントラルパークMINEサーキット
9月16日(土曜日)
公式予選
前日から接近していた台風が遠ざかってはいるものの、10mの風が土曜日午前
のMINEサーキットに吹き荒れた。
午後に入り、雲が多くなったものの風が多少収まった中、予選第1回が始まる。
午前のウォームアップで難航していたセットアップは、午後になってもなかな
か決まらず、苦悩するシゲカズ。ギア比を変更して臨んだ予選だったが、カス
ケードウィングを付けたりダンパーセッティングなど、いろいろ試みるが決め
手になるセッティングを見つけることは出来なかった。結局午前より1つポジ
ションを落として18位、1分17秒056、トップ差1.758。順位は落ちたものの
トップ差が0.4秒縮まった。
第2回はもっと前へ。
気持ちを切り替えて臨む予選2回目、ニュータイヤを2回、3回と投入してタイ
ムアタックを繰り返すが、トップとの差は縮まらない。結果的にポジション17
位、1分16秒680、トップ差1.892となった。ポジションをひとつ上げ、16秒台
に入れることが出来たが、トップ差は広がってしまった。
シゲカズ、今日はこれから明日への作戦を練る。
由良監督:このコースでのテストが出来なかったツケが廻って来てしまいまし
た。ドライバーの走りこみ不足とセッティングの遅れによって苦戦し、大変不
満な結果となってしまいました。
ただ、ここは常にサバイバルレースとなります。私たちも前回はミッショント
ラブルによってリタイヤしていますが、今回はしっかり完走をして光明を見出
したいと思っています。
シゲカズ選手:ここでテストをしていないこと、前回ここで完走できなかった
ことを差し引いても遅すぎると思う。明日はとにかくがんばります。
予選結果
Pos Car             Best time    Behind
1    0             1'14.788
2   19             1'14.864     0.076
3   11             1'15.322     0.534
4   56             1'15.497     0.709
5    2             1'15.523     0.735
6    5             1'15.605     0.817
18   14  脇阪薫一   1'16.680     1.892
情報提供:Mooncraft
        *** FMOTOR4F SysOp 北島滋穂(SDI00685@nifty.com) ***

Formula Nippon

FN_Rd9:FニッポンMINE予選結果(総合)

フォーミュラ・ニッポン第9戦 MINE -RIJ-(2000-09-16) Qualifying Result
For All Japan Formula Nippon Championship Rd.9 CP MINE(J):3.330839km
Weather:Cloudy  Course:Dry
P.-No.Driver------------Team-------------Car-----------------Time-----km/h--
1  0 高木虎之介        PIAA NAKAJIMA    REYNARD 2KL/MF308   1'14.788
2 19 本山哲            IMPUL            REYNARD 99L/MF308   1'14.864
3 11 立川祐路          COSMO OIL CERUMO REYNARD 99L/MF308   1.15.332
4 56 脇阪寿一          ARTA             REYNARD 99L/MF308   1.15.497
5  2 松田次生          PIAA NAKAJIMA    REYNARD 99L/MF308   1.15.523
6  5 服部尚貴          5ZIGEN           REYNARD 99L/MF308   1.15.605
7 21 A.ユーン          TEAM MALAYSIA    REYNARD 99L/MF308   1.15.618
8  6 M.クルム          5ZIGEN           REYNARD 99L/MF308   1.15.671
9 68 道上龍            DoCoMo DANDELION REYNARD 2KL/MF308   1.15.690
10 10 山西康司          Morinaga NOVA    G FORCE GF03B/MF308 1.15.697
11  7 野田英樹          LeMans           REYNARD 99L/MF308   1.15.815
12  9 R.ファーマン      Morinaga NOVA    G FORCE GF03B/MF308 1.15.912
13  8 五十嵐勇大        LeMans           REYNARD 99L/MF308   1.15.952
14  4 土屋武士          Olympic KONDO    G FORCE GF03/MF308  1.16.056
15  3 近藤真彦          Olympic KONDO    REYNARD 99L/MF308   1.16.089
16 62 柴原眞介          LEYJUN           REYNARD 2KL/MF308   1.16.169
17 12 J.ヴィエルチュークCOSMO OIL CERUMO REYNARD 99L/MF308   1.16.275
18 14 脇阪薫一          MOONCRAFT        REYNARD 99L/MF308   1.16.680
19 63 OSAMU             LEYJUN           G FORCE GF03/MF308  1.17.997
20 36 玉中哲二          TAKAGI B-1       REYNARD 99L/MF308   1.18.279
---------------------------------------------------------------------------
*ゼッケンNo4,90,12,21は、第22条(ピットレーン通過制限速度違反により、
5万円の罰金を課した。
*** FMOTOR4F Sub-SysOp 大西良徳(yoshinori.ohnishi@nifty.com) ***

Formula Nippon

FN_Rd9:FニッポンMINE予選2回目

 日が差したかと思うと厚い雲に覆われる猫の目のような天候のなか、2回目の予
選が始まった。しかし、雨の心配はないもよう。
 開始15分、本山が16.287でトップ、以下、松田、ユーン、五十嵐、ビエルチュー
ク、立川。野田がスピンするもコースに復帰。虎之介がピットアウト。
 開始20分、トップは依然として本山。五十嵐が2位に、松田3位、道上4位、虎之介
が5位に顔を出し、ユーンは6位。
 開始25分、16.268でトップに。以下、本山、五十嵐、松田、道上、虎之介。
 開始30分、15.345で本山が一気にトップへ。さらに道上が2位にジャンプアップ。
以下、野田、五十嵐、松田、虎之介。直後、松田が2位に。本山が15.267でさらに
タイムを短縮。これは、1回目、2回目を通してのトップだ。
 開始35分、来た来た虎之介、15.044で一気にトップへ。さらに次の周、14.788に
短縮。以下、本山、3位に上がった脇坂、立川、ユーン、松田。
 開始40分、ここまで不調だった服部が5位に上がる。本山、14.993と14秒台に入れ
るも虎之介に届かず2位のまま。3位に立川が上がる。以下、脇坂、服部、ユーン。
本山、コースアウトするもコースに復帰。マッチと土屋もコースアウト。松田が5位
に。
 予選終了、結局順位はこのまま、虎之介ポールポジション決定。以下、本山、立
川、脇坂、松田、服部と続く。
フォーミュラ・ニッポン第9戦 MINE -RIJ-(2000-09-16) 2nd Qualifying Session
For All Japan Formula Nippon Championship Rd.9 CP MINE(J):3.330839km
Weather:Cloudy  Course:Dry
P.-No.Driver------------Team-------------Car-----------------Time-----km/h--
1  0 高木虎之介        PIAA NAKAJIMA    REYNARD 2KL/MF308   1'14.788
2 19 本山哲            IMPUL            REYNARD 99L/MF308   1'14.864
3 11 立川祐路          COSMO OIL CERUMO REYNARD 99L/MF308   1.15.332
4 56 脇阪寿一          ARTA             REYNARD 99L/MF308   1.15.497
5  2 松田次生          PIAA NAKAJIMA    REYNARD 99L/MF308   1.15.604
6  5 服部尚貴          5ZIGEN           REYNARD 99L/MF308   1.15.605
7 21 A.ユーン          TEAM MALAYSIA    REYNARD 99L/MF308   1.15.618
8  6 M.クルム          5ZIGEN           REYNARD 99L/MF308   1.15.671
9 68 道上龍            DoCoMo DANDELION REYNARD 2KL/MF308   1.15.690
10 10 山西康司          Morinaga NOVA    G FORCE GF03B/MF308 1.15.697
11  7 野田英樹          LeMans           REYNARD 99L/MF308   1.15.815
12  8 五十嵐勇大        LeMans           REYNARD 99L/MF308   1.16.046
13 62 柴原眞介          LEYJUN           REYNARD 2KL/MF308   1.16.169
14  4 土屋武士          Olympic KONDO    G FORCE GF03/MF308  1.16.239
15 12 J.ヴィエルチュークCOSMO OIL CERUMO REYNARD 99L/MF308   1.16.275
16  3 近藤真彦          Olympic KONDO    REYNARD 99L/MF308   1.16.353
17 14 脇阪薫一          MOONCRAFT        REYNARD 99L/MF308   1.16.680
18  9 R.ファーマン      Morinaga NOVA    G FORCE GF03B/MF308 1.16.882
19 63 OSAMU             LEYJUN           G FORCE GF03/MF308  1.17.997
20 36 玉中哲二          TAKAGI B-1       REYNARD 99L/MF308   1.18.279
---------------------------------------------------------------------------
*** FMOTOR4F Sub-SysOp 大西良徳(yoshinori.ohnishi@nifty.com) ***

Formula Nippon

FN_Rd9:FニッポンMINE予選1回目

 午後になり、風は弱まったものの雲は低く垂れこめ、今にも雨が降りだしそう
な天候となった。
 暫定ポールはここでも虎之介、2位に松田と中嶋企画の1-2で予選の幕があけ
た。3位は本山、4位は立川とここまでは予選上位常連。クルムは奮わず5位と。
 何と、6位にはマレーシアの星ユーン。服部は12位、野田は15位と出遅れてい
る。
フォーミュラ・ニッポン第9戦 MINE -RIJ-(2000-09-16)1st Qualifying-Session
For All Japan Formula Nippon Championship Rd.9 CP MINE(J):3.330839km
Weather:Cloudy  Course:Dry
P.-No.Driver------------Team-------------Car-----------------Time-----km/h--
1  0 高木虎之介        PIAA NAKAJIMA    REYNARD 2KL/MF308   1'15.293
2  2 松田次生          PIAA NAKAJIMA    REYNARD 99L/MF308   1'15.523
3 19 本山哲            IMPUL            REYNARD 99L/MF308   1'15.664
4 11 立川祐路          COSMO OIL CERUMO REYNARD 99L/MF308   1'15.744
5  6 M.クルム          5ZIGEN           REYNARD 99L/MF308   1'15.835
6 21 A.ユーン          TEAM MALAYSIA    REYNARD 99L/MF308   1'15.907
7  9 R.ファーマン      Morinaga NOVA    G FORCE GF03B/MF308 1'15.912
8 56 脇阪寿一          ARTA             REYNARD 99L/MF308   1'15.919
9  8 五十嵐勇大        LeMans           REYNARD 99L/MF308   1'15.952
10  4 土屋武士          Olympic KONDO    G FORCE GF03/MF308  1'16.056
11  3 近藤真彦          Olympic KONDO    REYNARD 99L/MF308   1'16.089
12  5 服部尚貴          5ZIGEN           REYNARD 99L/MF308   1'16.241
13 68 道上龍            DoCoMo DANDELION REYNARD 2KL/MF308   1'16.257
14 62 柴原眞介          LEYJUN           REYNARD 2KL/MF308   1'16.269
15  7 野田英樹          LeMans           REYNARD 99L/MF308   1'16.333
16 10 山西康司          Morinaga NOVA    G FORCE GF03B/MF308 1'16.452
17 12 J.ヴィエルチュークCOSMO OIL CERUMO REYNARD 99L/MF308   1'16.493
18 14 脇阪薫一          MOONCRAFT        REYNARD 99L/MF308   1'17.056
19 36 玉中哲二          TAKAGI B-1       REYNARD 99L/MF308   1'18.777
20 63 OSAMU             LEYJUN           G FORCE GF03/MF308  1'19.190
---------------------------------------------------------------------------
*** FMOTOR4F Sub-SysOp 大西良徳(yoshinori.ohnishi@nifty.com) ***

Formula Nippon

FN_Rd9:FニッポンMINE公式練習

    虎之介、5連勝へ向け好スタート
 台風14号の余波で、最終コーナーから1コーナーにかけて強い風が吹くなか、フ
ォーミュラニッポンの公式練習がスタートした。
 トップは、やはり虎之介、唯一勝ってないここMINEでまずはトップにつけた。
 2位は美祢が得意な野田、3位はここにきて好調な本山。脇坂も得意な美祢で4位
発進。
 FN初参戦の土屋は9位。クルムはトラブルでまともに走れず。
フォーミュラ・ニッポン第9戦 MINE -RIJ-(2000-10-16) Practice-Session
For All Japan Formula Nippon Championship Rd.9 CP MINE(J):3.330839km
Weather:Cloudy  Course:Dry
P.-No.Driver------------Team-------------Car-----------------Time-----km/h--
1  0 高木虎之介        PIAA NAKAJIMA    REYNARD 2KL/MF308   1'15.403
2  7 野田英樹          LeMans           REYNARD 99L/MF308   1'16.106
3 19 本山哲            IMPUL            REYNARD 99L/MF308   1'16.141
4 56 脇阪寿一          ARTA             REYNARD 99L/MF308   1'16.179
5  9 R.ファーマン      Morinaga NOVA    G FORCE GF03B/MF308 1'16.238
6  2 松田次生          PIAA NAKAJIMA    REYNARD 99L/MF308   1'16.268
7  8 五十嵐勇大        LeMans           REYNARD 99L/MF308   1'16.583
8 62 柴原眞介          LEYJUN           REYNARD 2KL/MF308   1'16.594
9  4 土屋武士          Olympic KONDO    G FORCE GF03/MF308  1'16.617
10 12 J.ヴィエルチュークCOSMO OIL CERUMO REYNARD 99L/MF308   1'16.663
11 11 立川祐路          COSMO OIL CERUMO REYNARD 99L/MF308   1'16.745
12 10 山西康司          Morinaga NOVA    G FORCE GF03B/MF308 1'16.775
13 68 道上龍            DoCoMo DANDELION REYNARD 2KL/MF308   1'16.890
14 21 A.ユーン          TEAM MALAYSIA    REYNARD 99L/MF308   1'17.026
15  3 近藤真彦          Olympic KONDO    REYNARD 99L/MF308   1'17.048
16  5 服部尚貴          5ZIGEN           REYNARD 99L/MF308   1'17.223
17 14 脇阪薫一          MOONCRAFT        REYNARD 99L/MF308   1'17.519
18 36 玉中哲二          TAKAGI B-1       REYNARD 99L/MF308   1'17.423
19 63 OSAMU             LEYJUN           G FORCE GF03/MF308  1'19.348
20  6 M.クルム          5ZIGEN           REYNARD 99L/MF308   1'29.085
---------------------------------------------------------------------------
*** FMOTOR4F Sub-SysOp 大西良徳(yoshinori.ohnishi@nifty.com) ***

全日本GT選手権

JGTC:鈴鹿合同テスト(9/13総合)

2000-09-13    
GT合同テスト                                             WEATHER  : Fine
JGTC          TOTAL(13日 S3・S4)         COURSE   : Dry
国際レーシングコース
Pos. No. Cls.    Team                Type         Time          S3           S4
-------------------------------------------------------------------------------
1  18 GT500  1 TAKATA 童夢 NSX     GH-NA2   2'02.585 ● 2'02.585     2'04.063
2  12 GT500  2 カルソニックスカイライン        BNR34    2'02.766    2'03.359  ● 2'02.766
3   1 GT500  3 ロックタイト・ゼクセルGT-R    BNR34    2'02.910    2'03.469  ● 2'02.910
4  64 GT500  4 Mobil 1 NSX         GH-NA2   2'03.096    2'04.364  ● 2'03.096
5  38 GT500  5 FK/マッシモセルモスープラ     JZA80    2'03.138    2'04.236  ● 2'03.138
6   2 GT500  6 カストロール・ニスモGT-R      BNR34    2'03.140 ● 2'03.140     2'05.131
7   8 GT500  7 ARTA NSX            GH-NA2   2'03.325    2'04.690  ● 2'03.325
8  16 GT500  8 Castrol 無限 NSX    GH-NA2   2'03.405 ● 2'03.405     2'03.994
9  36 GT500  9 カストロール・トムス・スープラ    JZA80    2'03.734    2'04.789  ● 2'03.734
10  39 GT500 10 デンソーサードスープラGT    JZA80    2'03.837 ● 2'03.837             
11  30 GT500 11 綜警 McLarenGTR     19R GTR  2'03.923    2'04.451  ● 2'03.923
12   6 GT500 12 エッソウルトロンタイガースープラ  JZA80    2'04.178    2'07.606  ● 2'04.178
13  35 GT500 13 マツモトキヨシ・トムススープラ    JZA80    2'04.513    2'07.408  ● 2'04.513
14  37 GT500 14 カストロール・トムス・スープラ    JZA80    2'04.799    2'06.858  ● 2'04.799
15  25 GT500 15 エンドレス アドバン スープラ JZA80    2'04.857 ● 2'04.857     2'05.100
16 100 GT500 16 RAYBRIG NSX         GH-NA2   2'05.047 ● 2'05.047     2'05.146
17  21 GT500 17 ZEROマクラーレンGTR       19R GTR  2'05.184    2'06.044  ● 2'05.184
18  32 GT500 18 cdma Oneセルモスープラ    JZA80    2'06.810    2'07.362  ● 2'06.810
19  31 GT300  1 スーパーオートバックスアペックス GH-ZZW30 2'13.036    2'13.673  ● 2'13.036
20  81 GT300  2 ダイシン ADVAN シルビア   S-15     2'14.950    2'16.221  ● 2'14.950
21 910 GT300  3 ナインテンウェディングアドバン 911GT3R  2'15.147    2'16.371  ● 2'15.147
22   7 GT300  4 RE雨宮マツモトキヨシRX7    FD3S     2'15.510    2'16.587  ● 2'15.510
23  19 GT300  5 ウェッズスポーツセリカ       ST205    2'15.788    2'17.868  ● 2'15.788
24  24 GT300  6 986ボクスター           986      2'16.260 ● 2'16.260     2'17.570
25 111 GT300  7 JIM-C TWS F355      F355     2'18.011    2'23.602  ● 2'18.011
                          提供:鈴鹿サーキットランド

全日本GT選手権

JGTC:鈴鹿合同テスト(9/13PM)

2000-09-13    
GT合同テスト                                       WEATHER  : Fine
JGTC    SESSION-4(9/13 14:00~16:00)    COURSE   : Dry
国際レーシングコース
Pos. No. Cls.    Team                Type         Time      Delay     Lap
-------------------------------------------------------------------------
1  12 GT500  1 カルソニックスカイライン        BNR34    2'02.766 171.96Km/h   11/26
2   1 GT500  2 ロックタイト・ゼクセルGT-R    BNR34    2'02.910      0.144   18/31
3  64 GT500  3 Mobil 1 NSX         GH-NA2   2'03.096      0.330   12/33
4  38 GT500  4 FK/マッシモセルモスープラ     JZA80    2'03.138      0.372   16/33
5   8 GT500  5 ARTA NSX            GH-NA2   2'03.325      0.559   17/34
6  36 GT500  6 カストロール・トムス・スープラ    JZA80    2'03.734      0.968   12/29
7  30 GT500  7 綜警 McLarenGTR     19R GTR  2'03.923      1.157   26/26
8  16 GT500  8 Castrol 無限 NSX    GH-NA2   2'03.994      1.228   27/28
9  18 GT500  9 TAKATA 童夢 NSX     GH-NA2   2'04.063      1.297   12/16
10   6 GT500 10 エッソウルトロンタイガースープラ  JZA80    2'04.178      1.412   18/27
11  35 GT500 11 マツモトキヨシ・トムススープラ    JZA80    2'04.513      1.747   11/33
12  37 GT500 12 カストロール・トムス・スープラ    JZA80    2'04.799      2.033   14/36
13  25 GT500 13 エンドレス アドバン スープラ JZA80    2'05.100      2.334    6/35
14   2 GT500 14 カストロール・ニスモGT-R      BNR34    2'05.131      2.365   24/36
15 100 GT500 15 RAYBRIG NSX         GH-NA2   2'05.146      2.380   16/17
16  21 GT500 16 ZEROマクラーレンGTR       19R GTR  2'05.184      2.418    9/28
17  32 GT500 17 cdma Oneセルモスープラ    JZA80    2'06.810      4.044   31/33
18  31 GT300  1 スーパーオートバックスアペックス GH-ZZW30 2'13.036     10.270   10/11
19  81 GT300  2 ダイシン ADVAN シルビア   S-15     2'14.950     12.184   12/37
20 910 GT300  3 ナインテンウェディングアドバン 911GT3R  2'15.147     12.381   20/36
21   7 GT300  4 RE雨宮マツモトキヨシRX7    FD3S     2'15.510     12.744   11/35
22  19 GT300  5 ウェッズスポーツセリカ       ST205    2'15.788     13.022   30/30
23  24 GT300  6 986ボクスター           986      2'17.570     14.804    4/26
24 111 GT300  7 JIM-C TWS F355      F355     2'18.011     15.245   23/30
提供:鈴鹿サーキットランド 

全日本GT選手権

JGTC:鈴鹿合同テスト(9/13AM)

2000-09-13    
GT合同テスト                                      WEATHER  : Fine
JGTC     SESSION-3(9/13 9:00~11:00)   COURSE   : Dry
国際レーシングコース
Pos. No. Cls.    Team                Type         Time      Delay    Lap
------------------------------------------------------------------------
1  18 GT500  1 TAKATA 童夢 NSX     GH-NA2   2'02.585 172.21Km/h  15/18
2   2 GT500  2 カストロール・ニスモGT-R      BNR34    2'03.140      0.555  26/35
3  12 GT500  3 カルソニックスカイライン        BNR34    2'03.359      0.774  13/20
4  16 GT500  4 Castrol 無限 NSX    GH-NA2   2'03.405      0.820  22/29
5   1 GT500  5 ロックタイト・ゼクセルGT-R    BNR34    2'03.469      0.884   8/23
6  39 GT500  6 デンソーサードスープラGT    JZA80    2'03.837      1.252  11/18
7  38 GT500  7 FK/マッシモセルモスープラ     JZA80    2'04.236      1.651  13/16
8  64 GT500  8 Mobil 1 NSX         GH-NA2   2'04.364      1.779  23/25
9  30 GT500  9 綜警 McLarenGTR     19R GTR  2'04.451      1.866  27/28
10   8 GT500 10 ARTA NSX            GH-NA2   2'04.690      2.105   8/22
11  36 GT500 11 カストロール・トムス・スープラ    JZA80    2'04.789      2.204  22/29
12  25 GT500 12 エンドレス アドバン スープラ JZA80    2'04.857      2.272  30/33
13 100 GT500 13 RAYBRIG NSX         GH-NA2   2'05.047      2.462    8/9
14  21 GT500 14 ZEROマクラーレンGTR       19R GTR  2'06.044      3.459  14/29
15  37 GT500 15 カストロール・トムス・スープラ    JZA80    2'06.858      4.273  17/22
16  32 GT500 16 cdma Oneセルモスープラ    JZA80    2'07.362      4.777  20/21
17  35 GT500 17 マツモトキヨシ・トムススープラ    JZA80    2'07.408      4.823  15/22
18   6 GT500 18 エッソウルトロンタイガースープラ  JZA80    2'07.606      5.021  15/21
19  31 GT300  1 スーパーオートバックスアペックス GH-ZZW30 2'13.673     11.088  14/14
20  81 GT300  2 ダイシン ADVAN シルビア   S-15     2'16.221     13.636  24/32
21  24 GT300  3 986ボクスター           986      2'16.260     13.675  18/21
22 910 GT300  4 ナインテンウェディングアドバン 911GT3R  2'16.371     13.786  11/28
23   7 GT300  5 RE雨宮マツモトキヨシRX7    FD3S     2'16.587     14.002  12/19
24  19 GT300  6 ウェッズスポーツセリカ       ST205    2'17.868     15.283  18/24
25 111 GT300  7 JIM-C TWS F355      F355     2'23.602     21.017    2/4
                      提供:鈴鹿サーキットランド

全日本GT選手権

JGTC:鈴鹿合同テスト(9/12総合)

2000-09-12     
GT合同テスト                                            
JGTC           TOTAL(12日 S1・S2)        
国際レーシングコース 
Pos. No. Cls.     Team               Type         Time          S1           S2
-------------------------------------------------------------------------------
1   1 GT500  1 ロックタイト・ゼクセルGT-R    BNR34    2'14.973 ● 2'14.973     2'20.595
2  18 GT500  2 TAKATA 童夢 NSX     GH-NA2   2'15.381 ● 2'15.381     2'19.094
3 100 GT500  3 RAYBRIG NSX         GH-NA2   2'16.040 ● 2'16.040     2'20.113
4  64 GT500  4 Mobil 1 NSX         GH-NA2   2'16.130 ● 2'16.130     2'19.248
5  16 GT500  5 Castrol 無限 NSX    GH-NA2   2'16.160 ● 2'16.160     2'19.825
6   2 GT500  6 カストロール・ニスモGT-R      BNR34    2'17.983 ● 2'17.983     2'19.399
7  12 GT500  7 カルソニックスカイライン        BNR34    2'18.708 ● 2'18.708     2'19.431
8  30 GT500  8 綜警 McLarenGTR     19R GTR  2'18.976 ● 2'18.976    
9  36 GT500  9 カストロール・トムス・スープラ    JZA80    2'19.139 ● 2'19.139     2'23.293
10   6 GT500 10 エッソウルトロンタイガースープラ  JZA80    2'19.985 ● 2'19.985     2'21.773
11   8 GT500 11 ARTA NSX            GH-NA2   2'20.147              ● 2'20.147
12  25 GT500 12 エンドレス アドバン スープラ JZA80    2'20.281 ● 2'20.281     2'21.797
13  35 GT500 13 マツモトキヨシ・トムススープラ    JZA80    2'22.687    2'22.720  ● 2'22.687
14  38 GT500 14 FK/マッシモセルモスープラ     JZA80    2'22.723              ● 2'22.723
15  32 GT500 15 cdma Oneセルモスープラ    JZA80    2'23.949              ● 2'23.949
16  39 GT500 16 デンソーサードスープラGT    JZA80    2'23.976              ● 2'23.976
17  37 GT500 17 カストロール・トムス・スープラ    JZA80    2'24.325 ● 2'24.325     2'32.331
18  21 GT500 18 ZEROマクラーレンGTR       19R GTR  2'25.684 ● 2'25.684     2'25.783
19   7 GT300  1 RE雨宮マツモトキヨシRX7    FD3S     2'27.716 ● 2'27.716     2'33.203
20  81 GT300  2 ダイシン ADVAN シルビア   S-15     2'28.673 ● 2'28.673     2'33.013
21 910 GT300  3 ナインテンウェディングアドバン 911GT3R  2'28.764    2'30.373  ● 2'28.764
22  31 GT300  4 スーパーオートバックスアペックス GH-ZZW30 2'30.430 ● 2'30.430     2'33.079
23  24 GT300  5 986ボクスター           986      2'30.955 ● 2'30.955     2'32.667
24  19 GT300  6 ウェッズスポーツセリカ       ST205    2'31.249 ● 2'31.249     2'35.597
25 911 GT300  7 ダイヤモンドアドバンポルシェ 911GT3R  2'34.775              ● 2'34.775
26 111 GT300  8 JIM-C TWS F355      F355     2'37.062    2'50.103  ● 2'37.062
                          提供:鈴鹿サーキットランド

全日本GT選手権

JGTC:鈴鹿合同テスト(9/12PM)

2000-09-12    
GT合同テスト                                       WEATHER  : Rain
JGTC     SESSION-2(9/12 14:00~16:00)   COURSE   : Wet
国際レーシングコース
Pos. No. Cls.    Team                 Type         Time      Delay    Lap
-------------------------------------------------------------------------
1  18 GT500  1 TAKATA 童夢 NSX      GH-NA2   2'19.094 151.77Km/h  13/17
2  64 GT500  2 Mobil 1 NSX          GH-NA2   2'19.248      0.154  12/17
3   2 GT500  3 カストロール・ニスモGT-R       BNR34    2'19.399      0.305  17/26
4  12 GT500  4 カルソニックスカイライン         BNR34    2'19.431      0.337  17/22
5  16 GT500  5 Castrol 無限 NSX     GH-NA2   2'19.825      0.731   9/22
6 100 GT500  6 RAYBRIG NSX          GH-NA2   2'20.113      1.019    8/8
7   8 GT500  7 ARTA NSX             GH-NA2   2'20.147      1.053  14/14
8   1 GT500  8 ロックタイト・ゼクセルGT-R     BNR34    2'20.595      1.501  16/23
9   6 GT500  9 エッソウルトロンタイガースープラ   JZA80    2'21.773      2.679  18/25
10  25 GT500 10 エンドレス アドバン スープラ  JZA80    2'21.797      2.703  18/25
11  35 GT500 11 マツモトキヨシ・トムススープラ     JZA80    2'22.687      3.593  14/24
12  38 GT500 12 FK/マッシモセルモスープラ      JZA80    2'22.723      3.629  16/19
13  36 GT500 13 カストロール・トムス・スープラ     JZA80    2'23.293      4.199  17/26
14  32 GT500 14 cdma Oneセルモスープラ     JZA80    2'23.949      4.855  10/10
15  39 GT500 15 デンソーサードスープラGT     JZA80    2'23.976      4.882  21/28
16  21 GT500 16 ZEROマクラーレンGTR        19R GTR  2'25.783      6.689    6/7
17 910 GT300  1 ナインテンウェディングアドバン  911GT3R  2'28.764      9.670  15/23
18  37 GT500 17 カストロール・トムス・スープラ     JZA80    2'32.331     13.237    5/5
19  24 GT300  2 986ボクスター            986      2'32.667     13.573    7/9
20  81 GT300  3 ダイシン ADVAN シルビア    S-15     2'33.013     13.919   9/17
21  31 GT300  4 スーパーオートバックスアペックス  GH-ZZW30 2'33.079     13.985    4/7
22   7 GT300  5 RE雨宮マツモトキヨシRX7     FD3S     2'33.203     14.109  15/16
23 911 GT300  6 ダイヤモンドアドバンポルシェ  911GT3R  2'34.775     15.681   7/15
24  19 GT300  7 ウェッズスポーツセリカ        ST205    2'35.597     16.503  16/16
25 111 GT300  8 JIM-C TWS F355       F355     2'37.062     17.968    6/8
                       提供:鈴鹿サーキットランド

全日本GT選手権

JGTC:鈴鹿合同テスト(9/12AM)

GT合同テスト                                       WEATHER  : Cloudy/Rain
JGTC      SESSION-1(9/12 9:00~12:00)   COURSE   : Wet
国際レーシングコース
Pos. No. Cls.    Team                 Type            Time      Delay   Lap
---------------------------------------------------------------------------
1   1 GT500  1 ロックタイト・ゼクセルGT-R     BNR34       2'14.973 156.41Km/h 34/34
2  18 GT500  2 TAKATA 童夢 NSX      GH-NA2      2'15.381      0.408 25/26
3 100 GT500  3 RAYBRIG NSX          GH-NA2      2'16.040      1.067 32/32
4  64 GT500  4 Mobil 1 NSX          GH-NA2      2'16.130      1.157 37/37
5  16 GT500  5 Castrol 無限 NSX     GH-NA2      2'16.160      1.187 41/41
6   2 GT500  6 カストロール・ニスモGT-R       BNR34       2'17.983      3.010   4/4
7  12 GT500  7 カルソニックスカイライン         BNR34       2'18.708      3.735 15/32
8  30 GT500  8 綜警 McLarenGTR      19R GTR     2'18.976      4.003 21/21
9  36 GT500  9 カストロール・トムス・スープラ     JZA80       2'19.139      4.166 30/30
10   6 GT500 10 エッソウルトロンタイガースープラ   JZA80       2'19.985      5.012 15/32
11  25 GT500 11 エンドレス アドバン スープラ  JZA80       2'20.281      5.308 36/37
12  35 GT500 12 マツモトキヨシ・トムススープラ     JZA80       2'22.720      7.747 24/33
13  37 GT500 13 カストロール・トムス・スープラ     JZA80       2'24.325      9.352 16/33
14  21 GT500 14 ZEROマクラーレンGTR        19R GTR     2'25.684     10.711 16/16
15   7 GT300  1 RE雨宮マツモトキヨシRX7     FD3S        2'27.716     12.743 31/32
16  81 GT300  2 ダイシン ADVAN シルビア    S-15        2'28.673     13.700 36/36
17 910 GT300  3 ナインテンウェディングアドバン  911GT3R     2'30.373     15.400 12/22
18  31 GT300  4 スーパーオートバックスアペックス  GH-ZZW30    2'30.430     15.457  9/10
19  24 GT300  5 986ボクスター            986         2'30.955     15.982 16/24
20  19 GT300  6 ウェッズスポーツセリカ        ST205       2'31.249     16.276 24/25
21 111 GT300  7 JIM-C TWS F355       F355        2'50.103     35.130   2/2
22  38 GT500 15 FK/マッシモセルモスープラ      JZA80     計測できず              0/1
                        提供:鈴鹿サーキットランド

全日本GT選手権

JGTC_Rd5:TI英田 ホンダ・リリース

2000 AUTOBACS CUP 全日本GT選手権シリーズ第5戦 " GT CHAMPIONSHIP in TI"
2000年9月10日
本田技研工業株式会社
広  報  部
Castrol 無限 NSX(道上/光貞)2位表彰台獲得
NSX勢がドライバー、チーム部門ともにランキングトップを堅持
○開 催 日:2000年9月8日(金)~10日(日)
○開 催 地:TI Circuit AIDA(岡山県)<全長3.703km>
○決勝レース:82周(約303.646km)
○天   候:予選/曇りのち雨  決勝/曇り
○気   温:32℃(13:45)
○路面 温度:42℃
○コースコンディション:ドライ
○観 客 数:49,200人(主催者発表)
 9月10日(日)、TIサーキット英田(岡山県)において「GT CHAMPIONSHIP 
in TI」の決勝レース(1周:3.703km x 82周)が開催され、道上龍/光貞
秀俊組(Castrol 無限 NSX)が2位表彰台を獲得。この結果、道上龍選手がド
ライバー部門で、無限×童夢プロジェクトがチーム部門でそれぞれランキング
トップに浮上。ホンダ勢が両部門のトップを堅持した。
●HONDA NSX出場チームと戦績
No. マシン名       エントラント名            監 督
ドライバー  H.W 予選 決勝
----------------------------------------------------------------------------
8  ARTA NSX       AUTOBACS RACINGTEAM AGURI 鈴木亜久里
鈴木亜久里
土屋 圭市   60  5位 リタイア
16 Castrol 無限 NSX 無限×童夢プロジェクト    熊倉 淳一
道上 龍
光貞 秀俊   40  3位  2位
18 TAKATA 童夢 NSX
脇阪 寿一
金石 勝智   70  8位 10位
64 Mobil 1 NSX     Mobil1 Nakajima Racing    中嶋 悟
伊藤 大輔
D.シュワガー 50 11位 16位
100 RAYBRIG NSX     チーム国光with MOONCRAFT  高橋 国光
飯田 章
服部 尚貴    20  9位  5位
※タイヤ=全車ブリヂストン HW=ハンディウェイト(単位:kg)
○ 公式予選 9月9日(土)
第1回/10:20~11:20
第2回/15:00~16:00
 公式予選は前夜の雨によりウエット路面の状態で開始され、さらに予選2回
目の後半に激しい雨が降ったため、実際にタイムアタックができたのは予選
2回目の前半のみであった。その中でも好調な走りをみせた道上龍選手
(Castrol無限NSX)が、1分28秒377のタイムで予選3番手を獲得。前戦富士で
今季初優勝を飾った鈴木亜久里/土屋圭市組(ARTA NSX)は、60kgのハンディ
ウエイトを積みながらも5番手のポジションを獲得し、2連勝へ向けて好調さ
をアピールした。70kgのハンディウエイトを積む脇阪 寿一/金石勝智組
(TAKATA童夢NSX )は8番手。続く9番手に飯田章/服部尚貴組(RAYBRIG  NSX)、
伊藤大輔/D.シュワガー組(Mobil 1NSX)は10番手からの決勝スタートとなった。
○ 決勝レース 9月10日(日) 14:00~ (82ラップ) 
 決勝は前日と一変して晴れ間がのぞく天候となった。14時05分にローリング
スタートが切られ、レース序盤は3番手に光貞秀俊選手(Castrol 無限 NSX)、
6番手に鈴木亜久里選手(ARTA NSX)、7番手に飯田章選手(RAYBRIG NSX)、
9番手に金石勝智選手(TAKATA童夢NSX )、10番手にD.シュワガー選手(Mobil
1 NSX)が続いた。鈴木選手(ARTA NSX)と飯田選手(RAYBRIG NSX)は、11周
目に5、6番手にポジションアップしていたものの24周目の1コーナーで飯田選
手が痛恨のスピン。コース復帰をするものの順位を落としてしまう。その直後
の12コーナーでは鈴木選手が前車の急激なブレーキングをよけきれず接触、そ
のままグラベルに突っ込みリタイアとなってしまう。
 今年のGT選手権に初参戦ながら好走をみせて3位争いをしていた光貞選手
(Castrol 無限NSX)は33周目にピットイン、道上龍選手にドライバー交代。
素早いピットワークもあり、ほぼ全車がドライバー交代を終えた時には2位に
ポジションアップを果たし、道上選手がそのポジションを確実に走りきって、
今シーズン3度目となる2位表彰台を獲得した。
 一度は11番手まで出遅れていたRAYBRIG NSXは服部選手の猛烈な追い上げで5
位までポジションアップしてチェッカーを受けた。脇阪寿一/金石勝智組(TAK
ATA童夢NSX)は、70kgのハンディウエイトを積みながらも粘り強い走りをみせ、
10位でチェッカー。レース中盤まで6位争いをしていた伊藤大輔/D.シュワガー
組(Mobil 1 NSX)は44周目の1コーナーでコースアウトをしながらも復帰し16位
完走を果たした。
○道上 龍(Ryo Michigami)選手
 今日はスタートドライバーの光貞さんに頑張ってもらったので助かりました。
光貞さんが先に走って僕が後半を走るパターンは結構うまくいきました。ドラ
イバー交代のピット作業も速く、いいポジションでバトンタッチしてもらいま
した。優勝した38号車(竹内浩典 /立川祐路組)を1度は抜いたのですが、43
周目の1コーナー入口でタイヤをロックさせて再び抜かれてしまいした。でも、
最後まで自分のペースを守って走れたと思います。これで3回目の2位ですが、
チーム、とドライバーズでランキングトップに立ちました。次の第6戦MINEは、
ハンディウエイトが厳しいと思いますが、ここで踏ん張って最終戦の鈴鹿で優
勝したいと思います。
○光貞秀俊(Hidetoshi Mitsusada)選手
 NSXはコーナーリングスピード重視の車なので、アップダウンが激しいこの
コースでは、ストレートでターボ勢に苦しめられました。でも、道上さんと力
を合わせてNSXのポテンシャルを引き出せたと思っています。今年の00スペッ
クは去年まで僕が乗っていたNSXと比べてダウンフォースが強くてフォーミュ
ラマシン的な動きをしますね。とりあえず、今年初めてのGT選手権レースでし
たが、道上さんやチームとのコミニュケーションも問題なく、レースに没頭で
きる環境を作っていただいたことに感謝しています。NSXへの想いは人一倍強
いので絶対にチャンピオンを獲得できるように頑張りたいと思います。
○永長 真(Makoto Nagaosa)NSX-GT開発プロジェクトリーダー
 非常にタフなレースでしたが、ドライバー及びメカニックが自分たちの役割
をきちんと果たしたことでGTチャンピオンシップの両部門で、無限×童夢プロ
ジェクトがトップに立ちました。レースを振り返ってみますと、天候が予想か
らずれたことによって、タイヤにはずいぶん厳しい条件下でレースがスタート
したわけですが、スタートドライバーの光貞選手は、その難しい条件下で役割
を充分にこなし、良いポジションを守ってピットイン。メカニックは日頃の練
習の成果を発揮して抜群の速さで道上選手を送り出してくれました。後を引き
受けた道上選手もしっかりとレースを展開してくれました。最終的にはハンデ
ィウエイトが効いて2位に甘んじた訳ですが、重要な15ポイントを獲得してく
れました。
 残りはMINEと鈴鹿の2戦のみですが、NSXで両部門とも獲得できるように頑張
ります。これからも応援をよろしくお願いいたします。
  提供:本田技研工業株式会社 広報部

全日本GT選手権

JGTC_Rd5:TI英田 決勝結果

2000 AUTOBACS CUP ALL JAPAN GT CHAMPIONSHIP Round 5
GT CHAMPIONSHIP in TI
全日本GT選手権第5戦 TI英田 -RIJ- (2000-09-10) Race Results
For All Japan GT Championship Rd.5 TI Circuit Aida(J):3.703km
Weather:Fine  Course:Dry
P--No.Cls----Car-------------------------------Drivers--------Lap-Goal Time
1  38 500  1 FK/マッシモセルモスープラ         竹内/立川      82 2:07'40.269
142.701km/h
2  16 500  2 Castrol 無限 NSX                  道上/光貞      82 -    06.693
3   1 500  3 ロックタイト・ゼクセルGT-R        コマス/影山正美82 -    10.610
4  30 500  4 綜警 McLarenGTR                   岡田/松田      82 -    48.606
5 100 500  5 RAYBRIG NSX                       飯田/服部      82 -    50.667
6  12 500  6 カルソニックスカイライン          星野/本山      82 -  1'00.365
7   6 500  7 エッソウルトロンタイガースープラ  野田/ガードナー82 -  1'19.702
8  25 500  8 エンドレスアドバンスープラ        木下/織戸      82 -  1'43.858
9 *35 500  9 マツモトキヨシ・トムススープラ    山路/ラファネル81 -    1 Lap
10  18 500 10 TAKATA 童夢 NSX                   脇阪寿一/金石  81 -    1 Lap
11   2 500 11 カストロール・ニスモGT-R          片山右京/クルム81 -    1 Lap
12  37 500 12 カストロール・トムス・スープラ     荒/鈴木利男    81 -    1 Lap
13  32 500 13 cdma Oneセルモスープラ            木下/近藤      81 -    1 Lap
14  36 500 14 カストロール・トムス・スープラ    関谷/土屋武士  81 -    1 Lap
15   3 500 15 ユニシア・ザナヴィスカイライン    長谷見/田中    81 -    1 Lap
16  64 500 16 Mobil 1 NSX                       伊藤/シュワガー80 -    2 Laps
17  21 500 17 ZEROマクラーレンGTR               一ツ山康/中谷  79 -    3 Laps
18 910 300  1 ナインテンウェディングアドバンポルシェ 余郷/和田 76 -    6 Laps
19  81 300  2 ダイシンADVANシルビア             大八木/青木    76 -    6 Laps
20  88 500 18 ノマドディアブロGT-1              古谷/高橋毅    75 -    7 Laps
21  19 300  3 ウェッズスポーツセリカ            脇阪薫一/原    75 -    7 Laps
22  71 300  4 シグマテック911                   城内/竹内      75 -    7 Laps
23  11 300  5 アビリティ・マリオポルシェ        北浦/桧井      74 -    8 Laps
24  20 300  6 ネッツアペックススピリットMR-S    松永/佐藤久実  74 -    8 Laps
25  26 300  7 シェルタイサンアドバンGT3R        松田/福山      74 -    8 Laps
26  28 300  8 イクリプスRDタイサンGT3R          須賀/柴原      74 -    8 Laps
27  86 300  9 BP・KRAFT・トレノ                 田中/松田      74 -    8 Laps
28  70 300 10 外車の外国屋アドバンポルシェ      石橋/小宮      73 -    9 Laps
29 111 300 11 JIM GAINER F355                   井倉/真希      72 -   10 Laps
30 360 300 12 ヒマラヤD-PROJETRSR               佐々木孝太/西澤67 -   15 Laps
31  24 300 13 986ボクスター                     西澤/アピチェラ66 -   16 Laps
32  27 300 14 PCJ塩見設計&千成ポルシェ          平川/橋村      61 -   21 Laps
33  51 300 15 C-WESTオートスタッフADVANシルビア 袖山/尾本      55 -   27 Laps
--------------以上完走-------------------------------------------------------
77 300    クスコスバルインプレッサ          小林/谷川      46 -   36 Laps
31 300    スーパーオートバックスアペックスMR-S 新田/高木   45 -   37 Laps
39 500    デンソーサードスープラGT          影山/ファーマン26 -   56 Laps
7 300    RE雨宮マツモトキヨシRX7           山野/松本      26 -   56 Laps
8 500    ARTA NSX                          亜久里/土屋圭市23 -   59 Laps
9 300    大黒屋ARCぽるしぇ                 羽根/日置      13 -   69 Laps
-----------------------------------------------------------------------------
規定周回数 GT500=57周 GT300=53周
Fastest Lap #1 ロックタイト・ゼクセルGT-R(コマス) 1'29.704  5/41 148.609km/h
* No.35は、国際スポーツ法典付則H項(黄旗区間中の追い越し)違反により、ペナル
ティストップ10秒を課した。
** FMOTOR4F SysOp 北島滋穂(sdi00685@nifty.com) **

全日本GT選手権

JGTC_Rd5:TI英田 予選結果

2000 AUTOBACS CUP ALL JAPAN GT CHAMPIONSHIP Round 5
GT CHAMPIONSHIP in TI
全日本GT選手権第5戦 TI英田 -RIJ- (2000-09-09) Qualifying Session
For All Japan GT Championship Rd.5 TI Circuit Aida(J):3.703km
Weather:Cloudy/Rain  Course:Dry/Wet
P--No.Cls----Car---------------------------------Drivers---------BestLapT-
1  38 500  1 FK/マッシモセルモスープラ           竹内/立川       1'28.097
2   1 500  2 ロックタイト・ゼクセルGT-R          コマス/影山正美 1'28.324
3  16 500  3 Castrol 無限 NSX                    道上/光貞       1'28.377
4   2 500  4 カストロール・ニスモGT-R            片山右京/クルム 1'28.513
5   8 500  5 ARTA NSX                            亜久里/土屋圭市 1'28.532
6  30 500  6 綜警 McLarenGTR                     岡田/松田       1'28.550
7  36 500  7 カストロール・トムス・スープラ      関谷/土屋武士   1'28.552
8  18 500  8 TAKATA 童夢 NSX                     脇阪寿一/金石   1'28.608
9 100 500  9 RAYBRIG NSX                         飯田/服部       1'28.682
10  39 500 10 デンソーサードスープラGT            影山/ファーマン 1'28.821
11  64 500 11 Mobil 1 NSX                         伊藤/シュワガー 1'28.990
12  35 500 12 マツモトキヨシ・トムススープラ      山路/ラファネル 1'29.117
13  12 500 13 カルソニックスカイライン            星野/本山       1'29.427
14   6 500 14 エッソウルトロンタイガースープラ    野田/ガードナー 1'29.745
15  37 500 15 カストロール・トムス・スープラ       荒/鈴木利男     1'29.873
16  21 500 16 ZEROマクラーレンGTR                 一ツ山康/中谷   1'29.984
17  25 500 17 エンドレスアドバンスープラ          木下/織戸       1'30.133
18   3 500 18 ユニシア・ザナヴィスカイライン      長谷見/田中     1'30.186
19  32 500 19 cdma Oneセルモスープラ              木下/近藤       1'30.967
20  88 500 20 ノマドディアブロGT-1                古谷/高橋毅     1'32.591
21  81 300  1 ダイシンADVANシルビア               大八木/青木     1'35.469
22  31 300  2 スーパーオートバックスアペックスMR-S 新田/高木      1'36.136
23 910 300  3 ナインテンウェディングアドバンポルシェ 余郷/和田    1'36.290
24  77 300  4 クスコスバルインプレッサ            小林/谷川       1'36.567
25   7 300  5 RE雨宮マツモトキヨシRX7             山野/松本       1'36.651
26  20 300  6 ネッツアペックススピリットMR-S      松永/佐藤久実   1'36.417
27  26 300  7 シェルタイサンアドバンGT3R          松田/福山       1'36.666
28  28 300  8 イクリプスRDタイサンGT3R            須賀/柴原       1'36.873
29  24 300  9 986ボクスター                       西澤/アピチェラ 1'36.988
30  86 300 10 BP・KRAFT・トレノ                   田中/松田       1'38.460
31  71 300 11 シグマテック911                     城内/竹内       1'38.827
32  11 300 12 アビリティ・マリオポルシェ          北浦/桧井       1'38.869
33 111 300 13 JIM GAINER F355                     井倉/真希       1'38.878
34  51 300 14 C-WESTオートスタッフADVANシルビア   袖山/尾本       1'39.444
35   9 300 15 大黒屋ARCぽるしぇ                   羽根/日置       1'39.454
36  70 300 16 外車の外国屋アドバンポルシェ        石橋/小宮       1'40.227
37  27 300 17 PCJ塩見設計&千成ポルシェ            平川/橋村       1'40.634
38  19 300 18 ウェッズスポーツセリカ              脇阪薫一/原     1'43.305
39 360 300 19 ヒマラヤD-PROJETRSR                 佐々木孝太/西澤 1'43.588
--------------------------------------------------------------------------
予選通過基準タイム GT500(110%) 1'37.093
GT300(110%) 1'45.561
公式予選2回目は、2000年全日本GT選手権統一規則 第3章 第25条 7.(集中豪雨の為)
予選開始41分58秒後赤旗により中断し終了とした。
No.19,360は、2000年全日本GT選手権統一規則 第3章 第25条 11.により決勝レース
への出走を認めた。
** FMOTOR4F SysOp 北島滋穂(sdi00685@nifty.com) **

Formula Nippon

FN:第9戦MINEに土屋武士正式エントリー

 かねからの噂のとおり、現在全日本GTとF3に参戦している土屋武士選手
がフォーミュラ・ニッポン第9戦MINEに参戦することが正式に発表された。
エントリーは、近藤マッチ監督率いるKONDO Racingの枠を一つ借りる形となり、
マシンは昨年型のGフォースGF03、メンテナンスはノバエンジニアリングと、
近藤選手(レイナード/セルモ)とは異なる組み合わせとなる。
情報提供:日本レースプロモーション(JRP)
     Fニッポン公式サイト http://www.f-nippon.co.jp/
** FMOTOR4F SysOp 北島滋穂(sdi00685@nifty.com) **

Formula Nippon

FN:A.ユーン第8戦富士リリース

>>アレックス、ウォームアップのブレーキトラブルを乗り越え12位完走
マレーシアのアレックス・ユーンは、朝のウォームアップセッションの1コー
ナーでバリアにクラッシュして、困難なレースとなったものの、富士スピード
ウェイで行われたフォーミュラ・ニッポン第8戦を12位で完走した。
「レースに向けフルタンク状態のセットアップをする貴重な時間を失ってしまっ
たんだ。車の状態は完璧ではなく、僕はレースの間中後ろを気にすることになっ
た。ブレーキバランスコントロールも効かなくなって、トップよりかなり遅い
ペースで走るしかなかった。12位という順位はレース前に望んでいたものじゃ
ないが、朝のブレーキングトラブルによるアクシデントで首がひどく痛かった
ことを考えると仕方ないね」とアレックス。
朝のウォームアップ、アレックスの車はブレーキフルード(液)を失い、5周目
の1コーナーに300kmで突っ込んだ。グラベルトラップも効かず、非常に危ない
アクシデントだった。
しかし、幸いにもアレックスは首に酷い痛みを負ったものの、車はノーズとフ
ロントウィングを壊したのみで済んだ。大きな損失は決勝のセットアップタイ
ムを失ったことだった。
スタートで、アレックスはポーランドのドライバー、ヴィエルチュークから強
烈なプレッシャーを受け、13位のグリッドから一つ順位を落とした。
13周目、最終コーナー出口で脇阪薫一のスピンを避けようとした金石が壁にク
ラッシュするという、恐ろしいアクシデントが起きた。
金石の車は3分割して、モノコックは右側のピットウォールに、エンジンはコ
ース中央に、ギアボックスは左側のグリーン脇に飛び散った。
アレックスを含め金石の後方につけていたドライバーは、飛び散る破片を避け
て更なる災害を回避した。
再スタートでは、リーダー野田、本山、高木が接近戦を繰り広げた。ピットス
トップは殆どのチームが再スタート後に行ったが、PIAAナカジマとインパルの
高木、本山は、ルマンの野田よりもうまくこなした。
レースは再び高木のものとなり、本山が2位、初の表彰台となる柴原が3位と
なった。これで高木は8戦7勝。チャンピオンはすでに前戦で決めている。
次戦、第9戦はCP MINEサーキットで、9月17日に行われる。
アレックスのスポンサーは、フルフレックス・ラジウス、タグ・ホイヤー、ブ
リルクリーム、パングローバル保険、NeuroNet Malaysia、マレーシア航空で
す。
チーム・マレーシアはルマン株式会社により運営され、マレーシア青年スポー
ツ省と日本レースプロモーションにサポートされています。
情報提供:TEAM MALAYSIA
ALEX YOONG International Ltd. 
          ** FMOTOR4F SysOp 北島滋穂(sdi00685@nifty.com) **

Formula Nippon

2000F_NIPドライバーズポイント( 7/10戦)

(第7戦まで)
2000                   3   4   5   6   7   7   8   9   9  11
Japan                 /   /   /   /   /   /   /   /   /   /
Formula Nippon      26  16  21   4   2  30  20   3  17   5
Championship       鈴  茂  美  富  鈴  菅  茂  富  美  鈴
Drivers-point     鹿  木  祢  士  鹿  生  木  士  祢  鹿
Po -No -Driver ---------Rd.-1 --2 --3 --4 --5 --6 --7 --8 --9 -10 ---総合P
1  0  高木 虎之介         10  10   0  10  10  10  10  10               70
2  6  M.クルム            6   6   6 DNS   4   2   6   2               32
3  2  松田 次生            0   4  10   0   2   0   3   0               19
4  19 本山 哲              1   3   0   0   1   3   4   6               18
5  55 金石 勝智            3   1   2   4   0   4   0   0               14
6  7  野田 英樹            0   0   4   0   6   0   2   1               13
7  56 脇阪 寿一            0   2   3   6   0   0   0   0               11
8  5  服部 尚貴            4   0   1   2   3   0   0   0               10
9  9  R.ファーマン        0   0   0   1   0   6   0   0                7
10  11 立川 祐路            0   0   0   3   0   0   0   3                6
11  62 柴原 眞介            0   0   0   0   0   1   0   4                5
12  14 脇阪 薫一            2   0   0   0   0   0   0   0                2
13  8  五十嵐 勇大          0   0   0   0   0   0   1   0                1
3  近藤 真彦            0   0   0   0   0   0   0   0                0
12 J.ヴィエルチューク  0   0   0   0   0   0   0   0                0
36 玉中 哲二            0   0   0   0   0   0   0   0                0
10 山西 康司            0   0   0   0   0   0   0   0                0
68 道上 龍              0   0   0   0   0   0   0   0                0
63 OSAMU                0   0   0   0   0   -   0   0                0
21 A.ユーン            -   0   0   0   0   0   0   0                0
**************************************************************************
* 1位から6位までに10-6-4-3-2-1のポイント
* 全10戦総ポイント制
* 予選通過基準タイム(110%)
///// PDD01523 伊東 昭雄 /////

Formula Nippon

Fニッポン第8戦の画像はレーサロ"N"へ

フォーミュラ・ニッポン第8戦富士の画像をレーシングサロンに登録しました。
今回の目玉は、富士に出現した世界のデヴィ夫人でしょうか……。
レーシングサロン"N" https://www.nifty.ne.jp/palette/fmotor4f/1/
【FN】第8戦富士 赤旗でレース中断 コース上に止まったマシン&グリッドへ
【FN】第8戦富士 スタート前
虎之介、本山、野田、脇阪寿一、クルム、立川、服部、
ファーマン、金石、脇阪薫一
【FN】第8戦富士 予選会見スナップ  本山、虎之介、野田
【FN】第8戦富士 決勝会見スナップ  虎之介、本山、柴原、中嶋監督
【FN】第8戦富士 Topics 世界のデヴィ夫人富士に現れる
【FN】第8戦富士 Topics フジTVの人気キャラ、ラフ君登場
【FN】第8戦富士 Topics タイヤ交換必須アイテム
【FN】第8戦富士 Topics 久々に賑わったピットウォーク
【FN】第8戦富士 Topics 豪華ホスピタリティ3態
** FMOTOR4F SysOp 北島滋穂(sdi00685@nifty.com) **

Formula Nippon

FN_Rd8:Mooncraft決勝リリース

2000年 全日本フォーミュラ・ニッポン選手権 第8戦
富士スピードウェイ
9月3日(日曜日)
決   勝
カラッと晴れあがった気持ちの良い朝、決勝日のウォームアップが始まる。昨
日不調だったエンジンを載せ替え、シゲカズも気持ちを切り替えて走り始めた。
しかし、エンジンが回る分、ギア費が合わず、今回1.2秒落ち、16番手。午後
までにギアを交換して決勝に臨む。
スタートで飛び出したシゲカズはポジション12で1周目を戻り、これからの期
待を膨らませる。
その後1分20秒台で8周目まで走り、前方のスピンなどで10位にポジションを上
げた。
11周目の最終コーナー、シゲカズはアウト側にタイヤをはみ出させてスピン。
それを避けようとした金石選手がコース上でクラッシュし、パーツが飛び散っ
たために赤旗中断となる。
スピンの影響でパンクをしたタイヤを交換するが、赤旗中のため、義務交換は
別途必要。
インターバルの後、残り37周で再スタート。グリッドは10番から。
再スタートの後の1周目でタイヤ交換を行ない13位でコース復帰し、前車のリ
タイヤなどで10位まで順位を上げた。再スタート10周目以降シゲカズは1分19
秒8から0.1~2秒の誤差で20周以上走り、トップグループと同レベルの安定感
を見せた。
その間、トップを走る選手のペースが上がらず、トップ差は30秒台前半にまで
縮まるがポジションは変わらない。残り5周で1台リタイヤしたために、順位は
9位となり、そのままフィニッシュ。シゲカズ全力を出しきった秋の富士は終
わった。
由良監督:間接的に赤旗の原因になるスピンをしてしまって残念です。金石選
手に大きな怪我がなく幸いでした。赤旗前のレースのペースはとても良く、か
なり上位に食い込める予感がしていたのですが、スピン時にデフューザーを大
きく破損してしまい、セカンドヒートのポテンシャルは大きく下がってしまし
た。それにもかかわらず、その後今年1番の走りを見せることが出来たのは、
良かったと思います。結果こそ入賞はなりませんでしたが、次に向けて大きな
収穫となりました。
シゲカズ:エンジンを交換した甲斐があり、課題であったスタート直後のペー
スが良く、順位を上げてタイヤ交換の予定周回になったのですが、1セット目
のタイヤが良かったため僕の独断で後半を考えて引っ張りました。最終コー
ナーで前車を抜こうとした時タービュランスでバランスを崩しスピンしてしま
いました。デフューザーを壊して後半はリアのグリップがなくペースが上がり
ませんでした。
次戦MINEは頑張ります。
情報提供:Mooncraft
        *** FMOTOR4F SysOp 北島滋穂(SDI00685@nifty.com) ***

Formula Nippon

全日本選手権フォーミュラ・ニッポン第8戦 レース結果

*******************************************************************************
*                                        Fuji International Speedway(4.400km) *
*             2000年全日本選手権フォーミュラ・ニッポン第8戦 富士スピードウェイ              *
*                       Formula・Nippon レース正式結果表                       *
* 2000.09.03    天候 : 晴れ       コース状況 : ドライ         SEIKO TIMING *
*******************************************************************************
位車番ドライバー          車      名                   周回  所要時間(2PART)
-------------------------------------------------------------------------------
1  0 高木虎之介      (J) PIAA NAKAJIMA RACING         10+37  49'45.253 196.009
2 19 本山 哲         (J) TEAM IMPUL                   10+37  49'47.018 195.893
3 62 柴原 眞介       (J) TEAM LEYJUN                  10+37  49'50.928 195.637
4 11 立川 祐路       (J) COSMO OIL RACING TEAM CERUMO 10+37  49'58.441 195.147
5  6 ミハエル・クルム        (D) TEAM 5ZIGEN                  10+37  50'01.712 194.934
6  7 野田 英樹       (J) Team LeMans                  10+37  50'04.773 194.736
7 68 道上 龍         (J) DoCoMo TEAM DANDELION RACING 10+37  50'11.139 194.324
8  5 服部 尚貴       (J) TEAM 5ZIGEN                  10+37  50'17.262 193.930
9 14 脇阪 薫一       (J) MOONCRAFT                    10+37  50'17.749 193.898
10  8 五十嵐勇大      (J) Team LeMans                  10+37  50'20.437 193.726
11 12 ヤレック・ヴィエルチューク (PL) COSMO OIL RACING TEAM CERUMO 10+37  50'28.683 193.198
12 21 アレックス・ユーン     (MAL) TEAM MALAYSIA                10+37  50'52.313 191.703
13  9 ラルフ・ファーマン      (GB) Team Morinaga NOVA           10+35  50'15.483 183.538
14 63 OSAMU           (J) TEAM LEYJUN                  10+34  49'49.759 179.819
----------------------------- *** 以上 完走 *** -------------------------------
56 脇阪 寿一       (J) AUTOBACS RACING TEAM AGURI   10+ 7   30Laps
2 松田 次生       (J) PIAA NAKAJIMA RACING         10+ 0   37Laps
55 金石 勝智       (J) AUTOBACS RACING TEAM AGURI   10+ 0   37Laps
10 山西 康司       (J) Team Morinaga NOVA           10+ 0   37Laps
3 近藤 真彦       (J) Olympic KONDO Racing Team     7+ 0   37Laps
36 玉中 哲二       (J) TAKAGI B-1 RACING TEAM        2+ 0   37Laps
-------------------------------------------------------------------------------
赤旗により2PART制で行った。
(1PART)スタート  14:29'06     フィニッシュ  14:42'29.949(10Laps)
(2PART)スタート  15:24'00     フィニッシュ  16:13'45.253(37Laps)
参加台数 : 20 台    出走台数 : 20 台    完走台数 : 14 台
-------------------------------------------------------------------------------
ベストタイム  No.   7 ( 野田  英樹 )   1'18.831  10/37  200.936 km/h(2PART)
-------------------------------------------------------------------------------
☆☆☆ 提供 : Fuji International Speedway ☆☆☆

Formula Nippon

FN_R8 富士決勝後の記者会見

レース終了後の記者会見(要約)
高木虎之介
「今日は、2回目はちょっと失敗したんですが良いスタートできました。作戦
はギリギリまで考えて成功したかな。本山さんに入られたのは予定外でした。
スタート時点で(柴原選手が)タイヤ交換してたのはわかってた。残り周回と
タイム差でなんとか追いつくかなと思っていました。自分のミスは多かったで
す。なんとか力で勝ったというか、戦闘力では負けていました。(トップに立て
たのは)残り周回ギリギリぐらいかなと思ってましたし、追いついて良かった
です。今日は負けですね…。野田さんが止まらなければ2台に前に行かれてい
たと思います。今日はブロックはしなかったんですけれど(笑)出るレースは
勝ちたいです」
本山 哲
「決勝始まって赤旗前はペースが上がらない状態でした。トップスピードは速
かったけれど、最終コーナーは置いて行かれる感じで追いつけなかった。中盤
からは、軽くなってきて路面コンディションとあったのか、走りやすかったで
すね。競り合いに負けているところがあって、そこがすべてかな…。(虎之介を
かわしたのは)小さなミスがあって、スリップ効いて前に出られたんですけど、
あの時以外チャンスはなかった。野田さんのスピンの後、柴原さんがどこにい
るかはわからなくて、目の前のトラに向かって最後まで全力で走るしかなかっ
た」
柴原眞介
「1回目のスタートは失敗せず、ポジションキープできました。クルムがミス
しましたんで、1コーナーに並んで入ってAコーナーでボクがスピンしたんで、
それをきっかけにタイヤ交換すませてたんで、赤旗で偶然手に入れたポジショ
ンです。トラがタイヤ交換で出てきて20秒差ぐらいあったんですが『最後は
やられるかな』と思ってました。1回オサムさんが間に入った時、おさえてく
れるかなと思ったんですが(笑)表彰台と言うことで週末をチームと過ごしてき
ました。ラスト7,8周はタイヤもズルズルでした。金石さんの事故の時に、
芝生に入ったりして、おさえてもしょうがなかったですから」
***JCG00146 竹下 恵一郎***

Formula Nippon

FN_Rd8:Fニッポン富士決勝レポート

FORMULA NIPPON ROUND 8 FUJI SPEEDWAY
        高木虎之介、波乱のレースを制し逆転で7勝目!
         シーズン最多勝の金字塔を打ち立てる!
 9月3日、フォーミュラ・ニッポン第8戦が、富士スピードウェイで行われ
た。50周で行われるはずだったレースは、途中#55金石の大クラッシュにより
中断。37周レースとして行われたが、第1パートでピットインを済ませていた
#62柴原が大量リードを築いてトップを走るという珍事が発生。
 しかし、速さに勝る#0高木、#19本山がジワジワ差を詰めて、終盤逆転に成功。
苦しみはしたものの、高木が7勝目というシーズン年間最多勝の記録を打ち立
てた。また、ここまで全勝のナカジマレーシングはチーム優勝を決めた。
■決勝ノート
 決勝日、富士スピードウェイはやや風が強いものの快晴だ。
 午後2時29分、1周のフォーメイションラップから各マシンが轟音とともに
スタート。
 ポール#19本山がグッドスタート。#0高木はやや出遅れる。#8五十嵐、#12ヴィ
エルチュークがエンジンストール。最後尾へ。
1周目 #19-7-0-56-2-6-62-68-9-5-55-14-10-21-3-36-63-11-8-12
2周目 1コーナー、#7野田がトップに躍り出た!!
5周目 #7野田-(1.4)-#19本山-0-56-2-6-62-68-9-5-55-14-10-21-3-11-63-11-8-12
1コーナー、#0高木がスリップから#19本山をかわし2位へ
7周目 1コーナー、#3近藤スピン、再スタート
#7野田、#0高木、#19本山のトップ3台が1'19秒台
9周目 1コーナー~サントリーコーナーまで並走した#6クルム、#62柴原の6位
争いだが、#62柴原がサントリーコーナー入口でスピンして決着
#62柴原はPin
10周目 #7野田-(1.6)-#0高木-19-56-2-6-68-9-5-14-55-10-11-21-8-63-12-62
11周目 最終コーナー立ち上がりで10位#14脇阪がダートにタイヤを落としスピ
ン。これを避けようとした背後の#55金石がコースイン側ガードレール
にクラッシュ。エンジンを含めたリアセクションが吹っ飛び、マシンは
バラバラになったがモノコックはしっかり残り金石は無事。自力で脱出
したが、さすがにコースサイドに座り込む。スピンで回った#14脇阪は
がそのまま復帰。
医務室で診断を受けた金石は、首にはダメージがあるが、外傷は足首と
ふくらはぎの打撲程度とのこと。いやぁ、ドライバーが無事でよかった。
ホッ。
このアクシデントでレースは赤旗中断。37周レースで仕切り直しとなっ
た。再レースのグリッドは10周終了時点。
----------------------------------------------------------------------------
グリッド #7野田-#0高木-#19本山-56-2-6-68-9-5-14-(55)-(10)-11-21-8-(63)-12-62
( )はグリッドにつけず #63はピットスタート
#7野田がトップのまま1コーナーへ。3位に浮上した#2松田は1コーナー立ち上がったとこ
ろでスロー走行。
1周目 7-6-9-56-11-12-8-0-62-19-68-5-14-21-63
#0高木、#19本山、#68道上、#5服部、#14脇阪……Pin
スタート直後の混雑を避けて続々とピットイン
2周目 7-6-9-11-12-8-62-56-63-0-19-68-14-5-21
#56脇阪Pin
3周目 #8五十嵐Pin
5周目 #7-6-9-11-62-12-0-63-19-68-14-5-8-21-56
4位まではPinしていない。この時点では1パートでPinしている#62柴原が
なんと実質のトップだ。実に#0高木を20秒以上リードしていることになる
6周目 #6クルムPin
7周目 #7野田、#9ファーマンPin
10周目 #11立川Pin
11周目 #62-(19.0)-0-19-7-9-6-68-11-5-14-8-12-63-21
2位#0高木の背後に#19本山、少し遅れて#7野田が最も速いタイムで追っている
13周目 #62-(17.7)-#0-(0.5)-#19-(2.4)-#7……
15周目 1コーナー、#19本山が#0高木をインから刺すが、ややオーバースピード
で抜き返される
#62-(16.3)-#0-(1.0)-#19-(1.5)-#7-9-6-11-68-5-14-8-12-21-63
18周目 1コーナー、#7野田が#19本山をかわした!!
#62柴原が逃げきるのか、誰が2位争いを制して#62柴原を追うのか?!これ
は面白いぞ!
20周目 #62-(13.4)-#0-(0.8)-#7-(1.2)-#19-9-6-11-68-5-14-8-12-21-63
22周目 1コーナー、#7野田が#0高木の背後に迫った。
#62柴原が逃げきれるのか微妙な状況だ。
24周目 #7野田、サントリーコーナーで痛恨のスピ~ン!
#62-(9.5)-#0-(3.1)-#19-9-6-11-7-68-5-14-8-12-21-63
25周目 #62-(8.4)-#0-(3.0)-#19-
26周目 #62-(8.1)-#0-(2.9)-#19- #62柴原、初めて19秒台を叩き出し逃げる
27周目 #62-(7.4)-#0-(2.7)-#19- #0高木が差を詰め、#19本山も更に詰めている
28周目 #62-(6.0)-#0-(2.6)-#19- #0高木、#19本山ともにベストラップだ
29周目 #62-(4.6)-#0-(2.4)-#19-
30周目 #62-(3.7)-#0-(2.3)-#19-9-11-6-7-68-5-14-8-12-21-63
31周目 #62-(2.9)-#0-(2.0)-#19- #0高木も速いが#19本山はそれ以上だ!!
32周目 #62-(1.5)-#0-(1.7)-#19- #9ファーマン、スロー走行
33周目 #62-(0.5)-#0-(1.5)-#19-
34周目 #62-(0.2)-#0-(1.0)-#19-
1コーナーでついに#0高木が#62柴原を捕らえた!!
35周目 #0-(1.2)-#62-(0.6)-#19-
36周目 #19本山、100Rで#62柴原をかわす。が、時すでに遅し。#0高木との差
は開いてしまった
Finish #0-19-62-11-6-7-68-5-14-8-12-21-
苦しんだものの#0高木がまたしても勝った。
■決勝レース結果(暫定)
フォーミュラ・ニッポン第8戦 富士SW -RIJ-(2000-09-03) Race Results
For All Japan Formula Nippon Championship Rd.8 Fuji Int.Speedway(J):4.400km
Weather:Fine  Course:Dry
P.-No.Driver------------Team-------------Car------------------
1  0 高木虎之介        PIAA NAKAJIMA    REYNARD 2KL/ML308   
2 19 本山哲            IMPUL            REYNARD 99L/ML308   
3 62 柴原眞介          LEYJUN           REYNARD 2KL/ML308   
4 11 立川祐路          COSMO OIL CERUMO REYNARD 99L/ML308   
5  6 M.クルム          5ZIGEN           REYNARD 99L/ML308   
6  7 野田英樹          LeMans           REYNARD 99L/ML308   
7 68 道上龍            DoCoMo DANDELION REYNARD 2KL/ML308   
8  5 服部尚貴          5ZIGEN           REYNARD 99L/ML308   
9 14 脇阪薫一          MOONCRAFT        REYNARD 99L/ML308   
10  8 五十嵐勇大        LeMans           REYNARD 99L/ML308   
11 12 J.ヴィエルチュークCOSMO OIL CERUMO REYNARD 99L/ML308   
12 21 A.ユーン          TEAM MALAYSIA    REYNARD 99L/ML308   
13  9 R.ファーマン      Morinaga NOVA    G FORCE GF03B/ML308 
14 63 OSAMU             LEYJUN           G FORCE GF03/ML308  
              ・
              ・
              ・
---------------------------------------------------------------------------
*** FMOTOR4F SysOp 北島滋穂(SDI00685@nifty.com) ***

Formula Nippon

FN_R8 フリー走行速報

 快晴でむかえた決勝日の朝、風が強いなか9時から30分間のセッションがス
タート。序盤#3近藤真彦が1分20秒928でリーダーボードのトップにつける。
 セッション半分あたりでは#19本山哲が1分19秒台に入れ19秒934とフリー
セッションでのも好調さをアピール。2番手には#6ミハエルクルムが19秒994
と僅差につけてきた。3番手には#0高木虎之介の20秒012とした。残り10分
近くでは#19本山が19秒517までタイムを更新。#6クルムも19秒924までタイ
ムを上げ2番手をキープ。
 残り9分、#56脇阪寿一も19秒536とトップ本山に迫る2番手に浮上。
 残り7分を切り、#0高木も19秒895と19秒台に入れ3番手に。これでトッ
プ4が19秒台に。残り6分を切り、#56脇阪が19秒355とトップタイムに。
 残り4分を切り#68道上龍も19秒939、#7野田英樹も19秒819と、トップ6
が19秒台に入れてきた。残り2分、#19本山が19秒251で再びトップタイム。
 2番手は#56脇阪が19秒355にタイムアップ。3番手に#7野田の19秒457、
4番手#0高木の19秒592、#68道上が5番手で19秒867、#6クルムが6位で
19秒905とここまでが19秒台となった。
フォーミュラ・ニッポン第8戦 富士SW -RIJ-(2000-09-03) Practice-Session
For All Japan Formula Nippon Championship Rd.8 Fuji Int.Speedway(J):4.400km
Weather:Cloudy  Course:Dry
P.-No.Driver------------Team-------------Car-----------------Time-----km/h--
1 19 本山哲            IMPUL            REYNARD 99L/ML308   1'19.251
2 56 脇阪寿一          ARTA             REYNARD 99L/ML308   1'19.355
3  7 野田英樹          LeMans           REYNARD 99L/ML308   1'19.457
4  0 高木虎之介        PIAA NAKAJIMA    REYNARD 2KL/ML308   1'19.592
5 68 道上龍            DoCoMo DANDELION REYNARD 2KL/ML308   1'19.867
6  6 M.クルム          5ZIGEN           REYNARD 99L/ML308   1'19.905 
7 11 立川祐路          COSMO OIL CERUMO REYNARD 99L/ML308   1'20.071
8 62 柴原眞介          LEYJUN           REYNARD 2KL/ML308   1'20.127
9  5 服部尚貴          5ZIGEN           REYNARD 99L/ML308   1'20.144
10  8 五十嵐勇大        LeMans           REYNARD 99L/ML308   1'20.152
11  9 R.ファーマン      Morinaga NOVA    G FORCE GF03B/ML308 1'20.181
12 12 J.ヴィエルチュークCOSMO OIL CERUMO REYNARD 99L/ML308   1'20.239 
13  2 松田次生          PIAA NAKAJIMA    REYNARD 99L/ML308   1'20.265
14 10 山西康司          Morinaga NOVA    G FORCE GF03B/ML308 1'20.279
15 55 金石勝智          ARTA             REYNARD 99L/ML308   1'20.447 
16 14 脇阪薫一          MOONCRAFT        REYNARD 99L/ML308   1'20.499
17  3 近藤真彦          Olympic KONDO    REYNARD 99L/ML308   1'20.578
18 36 玉中哲二          TAKAGI B-1       REYNARD 99L/ML308   1'21.244
19 21 A.ユーン          TEAM MALAYSIA    REYNARD 99L/ML308   1'21.865       
20 63 OSAMU             LEYJUN           G FORCE GF03/ML308  1'23.259
---------------------------------------------------------------------------
*** FMOTOR4F  竹下 恵一郎(JCG00146@nifty.com) ***

Formula Nippon

FN_Rd8:Mooncraft予選リリース

2000年 全日本フォーミュラ・ニッポン選手権 第8戦
富士スピードウェイ
9月2日(土曜日)
公式予選
どんよりとした雲の下、富士で始まった第8戦は蒸し暑い。
朝のフリー走行で公認レブリミッターに不具合が出て17周しか出来なかったシ
ゲカズ。自信を持って臨んだこのラウンドだけに、クルマを煮詰められなかっ
たのは痛い。
午後は多少風が出てきたが天候は午前と変わらず。
例によって真っ先に飛び出した予選第1回目は、まず足回りのセッティングに
費やす。なかなか決まらない足回りにピットインを繰り返し、ダンパー、キャ
ンバーを調整するが、まだ足回りが気に入らないシゲカズ。残り約5分で
ニュータイヤ装着。現在18番手。トップ差1.9秒。#0の後に続いて3周4周と走
り、第1回予選最終ラップ、チェッカーと共にようやく1分19秒台に。トップ差
1.5秒。2回目への期待が高まる。(1'19. 398/P:14)
予選2回目は少し遅れて5分後にスタート。
インターバルでの調整の成果か、4周目で早くも19.2秒に。足回りに手を加え
ながら走り続け、残り15分ニュータイヤ投入。それでもタイムアップできな
かったため、再度別のセットを投入。
残り4分。22周目、最終ラップで1分18秒.767/P:17。
由良監督:よくよくリミッターにはツキが無いと見え、今回はスピードリミッ
ターは良かったのですが、エンジンレブリミッターが故障してしまい、朝の貴
重な時間をだいぶ無駄にしてしまいました。ストレートの伸びがなかった事に
加えて、ブレーキの安定性も今一つという感じで苦労しています。明日はエン
ジンを交換するので、良い結果が出ることに期待しています。
シゲカズ:今回もリミッターのトラブルが走り出しで起こり、貴重なフリー走
行の時間を失い残念でした。予選1回目まではブレーキング時でのバランスの悪
さなどもありましたが、2回目には良くなりました。前回の富士のデータと照ら
し合わせても、コーナーでのスピードは良いのですが、どうしても加速が悪く
全くタイムが出ませんでした。明日はエンジンを交換して臨むので良くなる様
に祈ってます!
情報提供:Mooncraft
        *** FMOTOR4F SysOp 北島滋穂(SDI00685@nifty.com) ***

Formula Nippon

2000年全日本選手権フォーミュラ・ニッポン第8戦 予選

*******************************************************************************
*                                        Fuji International Speedway(4.400km) *
*             2000年全日本選手権フォーミュラ・ニッポン第8戦 富士スピードウェイ              *
*                      Formula・Nippon 予選結果表                             *
* 2000.09.02    天候 : 曇り       コース状況 : ドライ         SEIKO TIMING *
*******************************************************************************
位車番ドライバー          車     名                      ベストラップ   km/h
-----------------------------------------------------------------------------
1 19 本山 哲 (J)         TEAM IMPUL                     1'17.444  204.535
2  0 高木虎之介 (J)      PIAA NAKAJIMA RACING           1'17.471  204.464
3  7 野田 英樹 (J)       Team LeMans                    1'17.580  204.176
4 56 脇阪 寿一 (J)       AUTOBACS RACING TEAM AGURI     1'17.732  203.777
5 11 立川 祐路 (J)       COSMO OIL RACING TEAM CERUMO   1'17.852  203.463
6  6 ミハエル・クルム (D)        TEAM 5ZIGEN                    1'17.901  203.335
7 62 柴原 眞介 (J)       TEAM LEYJUN                    1'17.992  203.098
8  2 松田 次生 (J)       PIAA NAKAJIMA RACING           1'18.044  202.962
9 68 道上 龍 (J)         DoCoMo TEAM DANDELION RACING   1'18.098  202.822
10 55 金石 勝智 (J)       AUTOBACS RACING TEAM AGURI     1'18.184  202.599
11  8 五十嵐勇大 (J)      Team LeMans                    1'18.321  202.245
12  5 服部 尚貴 (J)       TEAM 5ZIGEN                    1'18.440  201.938
13 21 アレックス・ユーン (MAL)     TEAM MALAYSIA                  1'18.488  201.814
14 10 山西 康司 (J)       Team Morinaga NOVA             1'18.589  201.555
15  9 ラルフ・ファーマン (GB)      Team Morinaga NOVA             1'18.626  201.460
16 12 ヤレック・ヴィエルチューク (PL) COSMO OIL RACING TEAM CERUMO   1'18.633  201.442
17 14 脇阪 薫一 (J)       MOONCRAFT                      1'18.767  201.099
18  3 近藤 真彦 (J)       Olympic KONDO Racing Team      1'19.074  200.319
19 36 玉中 哲二 (J)       TAKAGI B-1 RACING TEAM         1'19.447  199.378
20 63 OSAMU (J)           TEAM LEYJUN                    1'22.081  192.980
-----------------------------------------------------------------------------
☆☆☆ 提供 : Fuji International Speedway ☆☆☆

Formula Nippon

FN_Rd8 予選後の記者会見

予選終了後の記者会見(要約)
本山 哲
「今日は、走り始めから調子が良くて他とのタイム差を考えて、自分が良いの
かまわりが遅いのか考えてました。午前中は路面コンディションが悪くて、予
選では良くなるだろうと思いクルマ(のセッティング)は変えなかった。1回
目から2回目では気温も下がってコンマ2から3秒は上がると読んでて、自分
なりに新品履いてって言うことを考えて、周りは気にしないようにしました。
(クルマが)完璧って言うフィーリングはなかなか…。今までよりは攻められ
る走りで、クルマのポテンシャルは上がってるし、努力は報われたと思います。
前回よりも今日の方がポテンシャルは上がってるし、後は決勝でどう走るかが
課題かな」
高木虎之介
「本山君とは午前中はタイム差があったけれど、結局同タイムぐらいまで来た
のでまあ良いかな。午前の感じだと0.4差ぐらいあって詰まらないと思ってた。
今回は予選の最後になんとかセッティングが出たんで…。明日は勝てると思う
んで久々にバトルしたいなと思います。午前中はどうせ路面悪いし、1回目は
セットしたらと思ってました。テストで3回ぐらい多く走ってますから」
野田英樹
「1回目は全然アタックしてなくて、朝履いたタイヤでレースセットしたら、
18秒前半が出たんでまあ良いかなと…。ちょっとブレーキトラブルが出て、1
コーナーで止まれなくてひやっとしたんですが、フロアにダメージがあって応
急処置して2回目の途中から走ってそこそこのタイムが出ました。明日は良い
勝負ができるかなと思います」
***JCG00146 竹下 恵一郎***

Formula Nippon

FN_Rd8:Fニッポン富士予選2回目

FORMULA NIPPON ROUND 8 FUJI SPEEDWAY
      本山哲、今季初ポール!僅差で虎之介、野田が続く!
 フォーミュラ・ニッポン第8戦予選2回目は、朝の公開練習、1回目の予選
とここまでのセッションで全てトップタイムをマークしてきた本山哲が、終盤
の目まぐるしいアタック合戦を勝ち抜いて今季初ポールを決めた。高木虎之介、
野田英樹が僅差で続き、明日の決勝は今までとは違う展開が期待できそうだ。
■予選2回目ノート
 午後2時45分、予選2回目が始まった。上空には相変わらず黒っぽい雲が広
がっている。条件は1回目と殆ど変わっていないが、若干気温が下がっている。
暫定ポールタイムは#19本山の1分17秒889だ。
10分経過 #56脇阪(1'18.921)-11-14-8-21-55-68-12-5-10-9
15分経過 #19本山(1'18.267)-0-56-62-11-8-55-21-9-14
まだ、殆どの選手が1回目のタイムを上回っていない。
17分経過 #62柴原(1'18.477)1回目のタイム上回り総合で5位へ
1回目不調だった#9ファーマン(1'18.626)大きくタイムアップ
19分経過 #5服部(1'18.681)
20分経過 #19本山(1'18.267)-62-11-9-5-0-56-55-8-21
22分経過 #56脇阪(1'18.442)1回目のタイム更新しこのセッション2位へ
24分経過 #2松田(1'18.370)
26分経過 #8五十嵐(1'18.321),#6クルム(1'18.266)
#19本山(1'17.877)1回目のPPタイムを僅かに更新!!
28分経過 #19本山(1'17.765)さらにタイムアップ!!
30分経過 #19本山(1'17.765)-11-6-2-55-8-62-56-9-0
上位陣は1回目のタイムを更新している
31分経過 #62柴原(1'17.995)2位へ躍進!
32分経過 #0高木(1'17.849)2位へ
#62柴原(1'17.992)
33分経過 #7野田(1'17.937)3位へ
39分経過 各マシン続々と最後のアタックのためコースイン
40分経過 #19本山(1'17.765)-0-7-62-11-56-55-6-2-8
41分経過 #0高木(1'17.758)きたきた!!トップだ!!
#7野田(1'17.625)トップ!!#56脇阪(1'17.732)2位!!
43分経過 #19本山(1'17.444)きたきた好調本山トップだ!
#7野田(1'17.580)僅かにタイムアップ!!でも本山には届かず
44分経過 #0高木(1'17.471)2位に浮上。でもトップには届かず
45分経過 チェッカーが振られる中、#0高木はピットロードへ。19本山のポー
ルが確定した。
全てのドライバーが1回目のタイムを更新し、2回目の結果がそのまま
予選結果となった。
フォーミュラ・ニッポン第8戦 富士SW -RIJ-(2000-09-02)2nd Qualifying-Session
For All Japan Formula Nippon Championship Rd.8 Fuji Int.Speedway(J):4.400km
Weather:Cloudy  Course:Dry
P.-No.Driver------------Team-------------Car-----------------Time-----km/h--
1 19 本山哲            IMPUL            REYNARD 99L/ML308   1'17.444
2  0 高木虎之介        PIAA NAKAJIMA    REYNARD 2KL/ML308   1'17.471
3  7 野田英樹          LeMans           REYNARD 99L/ML308   1'17.580
4 56 脇阪寿一          ARTA             REYNARD 99L/ML308   1'17.732
5 11 立川祐路          COSMO OIL CERUMO REYNARD 99L/ML308   1'17.852
6  6 M.クルム          5ZIGEN           REYNARD 99L/ML308   1'17.901
7 62 柴原眞介          LEYJUN           REYNARD 2KL/ML308   1'17.992
8  2 松田次生          PIAA NAKAJIMA    REYNARD 99L/ML308   1'18.044
9 68 道上龍            DoCoMo DANDELION REYNARD 2KL/ML308   1'18.098
10 55 金石勝智          ARTA             REYNARD 99L/ML308   1'18.184
11  8 五十嵐勇大        LeMans           REYNARD 99L/ML308   1'18.321
12  5 服部尚貴          5ZIGEN           REYNARD 99L/ML308   1'18.440
13 21 A.ユーン          TEAM MALAYSIA    REYNARD 99L/ML308   1'18.488
14 10 山西康司          Morinaga NOVA    G FORCE GF03B/ML308 1'18.589
15  9 R.ファーマン      Morinaga NOVA    G FORCE GF03B/ML308 1'18.626
16 12 J.ヴィエルチュークCOSMO OIL CERUMO REYNARD 99L/ML308   1'18.633
17 14 脇阪薫一          MOONCRAFT        REYNARD 99L/ML308   1'18.767
18  3 近藤真彦          Olympic KONDO    REYNARD 99L/ML308   1'19.074
19 36 玉中哲二          TAKAGI B-1       REYNARD 99L/ML308   1'19.447
20 63 OSAMU             LEYJUN           G FORCE GF03/ML308  1'22.081
---------------------------------------------------------------------------
*** FMOTOR4F SysOp 北島滋穂(SDI00685@nifty.com) ***

Formula Nippon

FN_Rd8:Fニッポン富士予選1回目

FORMULA NIPPON ROUND 8 FUJI SPEEDWAY
       復調本山、虎之介を抑えて暫定ポール奪取!
 フォーミュラ・ニッポン第8戦予選1回目は、前戦あたりから復調の兆しの
見えてきた98年チャンピオン本山哲が、朝の公開練習時の好調さを維持。新チャ
ンピオン高木虎之介を抑えて暫定ポールを獲得した。
■予選1回目ノート
 午後1時5分、フォーミュラ・ニッポン第8戦の予選1回目が始まった。上
空は相変わらず雲が多い。雨雲のような雲もたち込めてきた。雨の可能性もあ
るため、各チームは予選開始から積極的にアタックをかけているようだ。
8分経過 #5服部スロー走行。オイル上がりのようだ。
10分経過 #19本山(1'18.831)-#7野田(1'18.850)-#0高木(1'18.987)-#8-#12-#55
#19本山が好調。朝の勢いをそのまま保っているようだ。
15分経過 #19本山(1'18.613)-#7野田(1'18.850)-#0高木(1'18.987)-#62-#2-#8
20分経過 上位に大きな変動はない。#0高木はアタックするがタイムアップはで
きず。#19本山は迎撃態勢を整えピットで待機。
22分経過 #7野田(1'18.286)トップに躍り出た!!
23分経過 逆転された#19本山がすかざずコースイン。
27分経過 #5服部がダンロップコーナーでスピン。コースを塞ぐようにストップ
したため赤旗により予選中断。
赤旗の原因をつくった#5服部は以降の予選出走はできない。
ここまでの順位
#7野田(1'18.286)-19-0-62-56-21-6-2-8-11-55-12-68-9-5-14-10-3-36-63
(4分間の中断の後予選再開。残り18分)
35分経過 #21ユーン(1'19.049)4位に!
37分経過 #21ユーン(1'18.904)3位に!好調だ。
39分経過 #8五十嵐(1'18.814)3位、#21ユーン(1'18.814)同タイム
40分経過 #11立川(1'18.379)2位へ!#8五十嵐(1'18.739)
41分経過 #19本山(1'17.889)トップ!!#0高木(1'18.176)2位!
43分経過 #7野田、1コーナーでコースアウト。グラベルストップ。
45分経過 #0高木、最後のアタックも逆転はならず
フォーミュラ・ニッポン第8戦 富士SW -RIJ-(2000-09-02)1st Qualifying-Session
For All Japan Formula Nippon Championship Rd.8 Fuji Int.Speedway(J):4.400km
Weather:Cloudy  Course:Dry
P.-No.Driver------------Team-------------Car-----------------Time-----km/h--
1 19 本山哲            IMPUL            REYNARD 99L/ML308   1'17.889 203.366
2* 0 高木虎之介        PIAA NAKAJIMA    REYNARD 2KL/ML308   1'18.212
3  7 野田英樹          LeMans           REYNARD 99L/ML308   1'18.286
4 11 立川祐路          COSMO OIL CERUMO REYNARD 99L/ML308   1'18.379
5  2 松田次生          PIAA NAKAJIMA    REYNARD 99L/ML308   1'18.553
6  8 五十嵐勇大        LeMans           REYNARD 99L/ML308   1'18.616
7 56 脇阪寿一          ARTA             REYNARD 99L/ML308   1'18.620
8 55 金石勝智          ARTA             REYNARD 99L/ML308   1'18.673
9 62 柴原眞介          LEYJUN           REYNARD 2KL/ML308   1'18.752
10 21 A.ユーン          TEAM MALAYSIA    REYNARD 99L/ML308   1'18.814
11 12 J.ヴィエルチュークCOSMO OIL CERUMO REYNARD 99L/ML308   1'18.988
12  6 M.クルム          5ZIGEN           REYNARD 99L/ML308   1'19.223
13 68 道上龍            DoCoMo DANDELION REYNARD 2KL/ML308   1'19.299
14 14 脇阪薫一          MOONCRAFT        REYNARD 99L/ML308   1'19.398
15  3 近藤真彦          Olympic KONDO    REYNARD 99L/ML308   1'19.433
16  9 R.ファーマン      Morinaga NOVA    G FORCE GF03B/ML308 1'19.699
17  5 服部尚貴          5ZIGEN           REYNARD 99L/ML308   1'19.962
18 10 山西康司          Morinaga NOVA    G FORCE GF03B/ML308 1'20.087
19 36 玉中哲二          TAKAGI B-1       REYNARD 99L/ML308   1'20.308
20 63 OSAMU             LEYJUN           G FORCE GF03/ML308  1'22.874
---------------------------------------------------------------------------
* #0は、2000年全日本選手権フォーミュラ・ニッポン統一規則第3章第30条L項違反
及びH項位牌(イエローラインカット)により、当該予選ベストラップ削除並びに
罰金100,000円のペナルティを課した。
*** FMOTOR4F SysOp 北島滋穂(SDI00685@nifty.com) ***

Formula Nippon

FN_Rd8:Fニッポン富士公式練習

FORMULA NIPPON ROUND 8 FUJI SPEEDWAY
 フォーミュラ・ニッポン第8戦予選日、富士スピードウェイ上空は雲が多い
ものの晴れている。蒸し暑い天候だ。
 朝9時30分から1時間行われた公開練習では、セッション後半リーダーとなっ
た#19本山がトップタイムをマーク。#8五十嵐がこれに続いた。
 前戦でチャンピオンを決めた注目の#0高木は、18分過ぎたところでコースイ
ン。軽く10周ほど走り5番手につけた。
■公式練習ノート
15分経過 #7野田(1'19.275)-#55(1'19.355)-#2(1'19.385)
18分経過 #0高木ピットアウト
20分経過 #7野田(1'19.275)-#8五十嵐(1'19.296)-#55金石(1'19.355)
23分経過 #8五十嵐(1'19.141)トップ
30分経過 #2松田(1'19.041)
31分経過 #6クルム(1'19.000)-#2松田(1'19.041)-#0高木(1'19.051)
33分経過 #19本山(1'18.854)-#8五十嵐(1'18.969)
38分経過 #19本山(1'18.736)-#8五十嵐(1'18.969)-#6クルム(1'19.000)
50分経過 #19本山(1'18.441)-#8五十嵐(1'18.969)-#6クルム(1'19.000)
フォーミュラ・ニッポン第8戦 富士SW -RIJ-(2000-09-02) Practice-Session
For All Japan Formula Nippon Championship Rd.8 Fuji Int.Speedway(J):4.400km
Weather:Cloudy  Course:Dry
P.-No.Driver------------Team-------------Car-----------------Time-----km/h--
1 19 本山哲            IMPUL            REYNARD 99L/ML308   1'18.441
2  8 五十嵐勇大        LeMans           REYNARD 99L/ML308   1'18.969
3  6 M.クルム          5ZIGEN           REYNARD 99L/ML308   1'19.000
4  2 松田次生          PIAA NAKAJIMA    REYNARD 99L/ML308   1'19.041
5  0 高木虎之介        PIAA NAKAJIMA    REYNARD 2KL/ML308   1'19.051
6  5 服部尚貴          5ZIGEN           REYNARD 99L/ML308   1'19.098
7 56 脇阪寿一          ARTA             REYNARD 99L/ML308   1'19.151
8 62 柴原眞介          LEYJUN           REYNARD 2KL/ML308   1'19.167
9 55 金石勝智          ARTA             REYNARD 99L/ML308   1'19.269
10  7 野田英樹          LeMans           REYNARD 99L/ML308   1'19.275
11 12 J.ヴィエルチュークCOSMO OIL CERUMO REYNARD 99L/ML308   1'19.508
12 21 A.ユーン          TEAM MALAYSIA    REYNARD 99L/ML308   1'19.556
13  9 R.ファーマン      Morinaga NOVA    G FORCE GF03B/ML308 1'19.592
14 10 山西康司          Morinaga NOVA    G FORCE GF03B/ML308 1'19.637
15 14 脇阪薫一          MOONCRAFT        REYNARD 99L/ML308   1'19.847
16  3 近藤真彦          Olympic KONDO    REYNARD 99L/ML308   1'20.092
17 11 立川祐路          COSMO OIL CERUMO REYNARD 99L/ML308   1'20.248
18 36 玉中哲二          TAKAGI B-1       REYNARD 99L/ML308   1'20.298
19 68 道上龍            DoCoMo DANDELION REYNARD 2KL/ML308   1'20.545
20 63 OSAMU             LEYJUN           G FORCE GF03/ML308  1'23.774
---------------------------------------------------------------------------
*** FMOTOR4F SysOp 北島滋穂(SDI00685@nifty.com) ***

検索

最新ニュース