Archives

  • [—]2017 (362)
  • [+]2016 (639)
  • [+]2015 (714)
  • [+]2014 (655)
  • [+]2013 (623)
  • [+]2012 (621)
  • [+]2011 (484)
  • [+]2010 (554)
  • [+]2009 (522)
  • [+]2008 (467)
  • [+]2007 (596)
  • [+]2006 (530)
  • [+]2005 (460)
  • [+]2004 (304)
  • [+]2003 (454)
  • [+]2002 (454)
  • [+]2001 (217)
  • [+]2000 (408)
  • [+]1999 (376)
  • [+]1998 (465)
  • [+]1997 (424)
  • [+]1996 (1)
  • [+]1995 (425)
  • [+]1994 (411)
  • [+]1993 (423)
  • [+]1992 (519)
  • [+]1991 (423)
  • [+]1990 (250)
  • [+]1970 (1)

ニュース内検索

2000年4月

Formula Nippon

FN:第3回公式走行会総合結果(富士)

 4月28~29日に行われた第3回公式走行会は、総合で高木虎之介(PIAA NAKAJIMA)
がトップ、2位はM.クルム(5ZIGEN)と、第2戦までの2強が1、2位を占めた。
 SESSION 1 4/28 AM 天候:晴れ コース:ドライ
 SESSION 2 4/28 PM 天候:晴れ コース:ドライ
 SESSION 3 4/29 AM 天候:晴れ コース:ドライ
 SESSION 4 4/29 PM 天候:晴れ コース:ドライ
■第3回走行会結果
P.-No.Name---------Team-----------Time-Session1-Session2-Session3-Session4車両
1  0 高木虎之介   PIAA NAKAJIMA       1'17.803 1'17.283 1'16.520*1'16.127 2KL
2  6 M.クルム     5ZIGEN              1'17.869 1'17.503 1'17.643*1'16.194 99L
3 11 立川祐路     COSMO OIL CERUMO    1'17.656 1'16.761 1'17.074*1'16.264 99L
4  5 服部尚貴     5ZIGEN              1'17.747 1'17.685 1'17.321*1'16.466 99L
5  2 松田次生     PIAA NAKAJIMA       1'17.829 1'17.430 1'17.650*1'16.499 99L
6 55 金石勝智     ARTA                1'17.523 1'17.440 1'17.398*1'16.549 99L
7 68 道上龍       DoCoMo DANDELION    1'18.554 1'18.056 1'19.181*1'16.725 2KL
8 19 本山哲       IMPUL               1'17.484 1'17.110 1'17.548*1'16.752 99L
9  7 野田英樹     LeMans              1'17.474 1'17.583 1'18.492*1'16.970 99L
10 56 脇阪寿一     ARTA                1'17.988 1'17.807 1'18.140*1'17.084 99L
11 62 柴原眞介     LEYJUN              1'18.414 1'17.881 1'18.073*1'17.314 2KL
12  9 R.ファーマン Morinaga NOVA       1'18.723 1'17.500 1'18.111*1'17.406 G03
13 14 脇阪薫一     MOON CRAFT          1'22.067 1'18.661 1'18.097*1'17.529 99L
14 21 A.ユーン     TEAM MALAYSIA       1'18.244*1'17.700 1'17.862 -------- 99L
15  8 五十嵐勇大   LeMans              1'19.101 1'18.568 1'19.062*1'18.107 99L
16 10 山西康司     Morinaga NOVA       1'19.701 1'19.868 1'18.369*1'18.245 G03
17 12 J.ヴィエルチュークCOSMO OILCERUMO1'19.538 1'19.138 1'19.355*1'18.252 99L
18 63 OSAMU        LEYJUN              1'20.591 1'20.440 1'20.831*1'18.571 99L
-------------------------------------------------------------------------------
車両 2KL:レイナード2KL /無限, 99L:レイナード99L /無限, G03:GフォースGF03B/無限
情報提供:日本レースプロモーション(JRP)
     Fニッポン公式サイト http://www.f-nippon.co.jp/
** FMOTOR4F SysOp 北島滋穂(sdi00685@nifty.com) **

Formula Nippon

FN:A.ユーン公式走行会リリース(4/28)

フォーミュラ・ニッポン公式走行会(富士)
>>>アレックス、トップから僅か0.9秒遅れの10位
チームマレーシアのアレックスは、富士スピードウェイで行われた午前、午後
2時間ずつの公式走行会初日で10位となった。
彼は、以前に比べて、最速マシンとの差を詰めている。今日の富士スピード
ウェイ4.4kmのコースでは、トップの立川から僅か0.9秒の差だった。
「この位置に居られることはハッピーさ。鈴鹿では2.8秒、もてぎでは1.3秒、
そして今日は更に詰めることができ、ポイント獲得がそう遠くないと確信して
いるよ」とアレックス。
アレックスは、イギリスGPに行っており昨日サーキットに着いたばかり。おま
けにイギリスで風邪をひいてしまった。加えて富士スピードウェイは初走行だっ
たことを考えると、今日の出来は印象的なものだった。
「熱は下がったんだけど、きつい横Gのかかるコーナーで息苦しくてね。今日
はゆっくり寝て、明日はもっといい体調で臨みたいね。明日はあとコンマ5秒
は詰めることができると思うよ」とアレックスは付け加えた。
チームメイトの野田と五十嵐は、8位と14位だった。
明日、29日は2時間のセッションが2回行われる。
情報提供:Team Malaysia & Alex Yoong Racing for Malaysia
          ** FMOTOR4F SysOp 北島滋穂(sdi00685@nifty.com) **

Formula Nippon

FN:第3回公式走行会結果(富士)

 第3回公式走行会 初日は立川祐路(COSMO OIL CERUMO)がトップタイム
 SESSION 1 4/28 AM 天候:晴れ コース:ドライ
 SESSION 2 4/28 PM 天候:晴れ コース:ドライ
■第3回走行会結果
P.-No.Name---------Team-----------Time-Session1-Session2-車両
1 11 立川祐路     COSMO OIL CERUMO    1'17.656*1'16.761 99L
2 19 本山哲       IMPUL               1'17.484*1'17.110 99L
3  0 高木虎之介   PIAA NAKAJIMA       1'17.803*1'17.283 2KL
4  2 松田次生     PIAA NAKAJIMA       1'17.829*1'17.430 99L
5 55 金石勝智     ARTA                1'17.523*1'17.440 99L
6  7 野田英樹     LeMans             *1'17.474 1'17.583 99L
7  9 R.ファーマン Morinaga NOVA       1'18.723*1'17.500 G03
8  6 M.クルム     5ZIGEN              1'17.869*1'17.503 99L
9  5 服部尚貴     5ZIGEN              1'17.747*1'17.685 99L
10 21 A.ユーン     TEAM MALAYSIA       1'18.244*1'17.700 99L
11 56 脇阪寿一     ARTA                1'17.988*1'17.807 99L
12 62 柴原眞介     LEYJUN              1'18.414*1'17.881 2KL
13 68 道上龍       DoCoMo DANDELION    1'18.554*1'18.056 2KL
14  8 五十嵐勇大   LeMans              1'19.101*1'18.568 99L
15 14 脇阪薫一     MOON CRAFT          1'22.067*1'18.661 99L
16 12 J.ヴィエルチュークCOSMO OILCERUMO1'19.538*1'19.138 99L
17 10 山西康司     Morinaga NOVA      *1'19.701 1'19.868 G03
18 63 OSAMU        LEYJUN              1'20.591*1'20.440 99L
-------------------------------------------------------------------------------
車両 2KL:レイナード2KL /無限, 99L:レイナード99L /無限, G03:GフォースGF03B/無限
情報提供:日本レースプロモーション(JRP)
     Fニッポン公式サイト http://www.f-nippon.co.jp/
** FMOTOR4F SysOp 北島滋穂(sdi00685@nifty.com) **

Formula Nippon

FN:第3回公式走行会(4/28-29/富士)

     '00フォーミュラ・ニッポン第3回公式走行会
       4月28~29日富士スピードウェイで開催
 虎之介選手が開幕から連勝し、その強さを発揮しているフォーミュラ・ニッ
ポンだが、MINE戦を挟んで第4戦の舞台となる富士で下記のとおり公式走
行会が行われます。
日  時:4月28日(金) 10:00~12:00/14:00~16:00
4月29日(土) 10:00~12:00/14:00~16:00
場  所:富士スピードウェイ
    http://www2.wbs.ne.jp/~fisco/
 入場料:28日(金) 大人(高校生以上)1,100円、中学生以下は無料。
29日(土) 大人(高校生以上)1,600円、中学生以下は無料。
****2000年フォーミュラ・ニッポン第3回公式走行会エントリーリスト****
チーム              ドライバー           車両
---------------------------------------------------------------------------
PIAA NAKAJIMA       0 高木虎之介         レイナード2KL /無限MF308(尾川)
2 松田次生           レイナード99L /無限MF308(尾川)
---------------------------------------------------------------------------
5ZIGEN              5 服部尚貴           レイナード99L /無限MF308(東名)
6 M.クルム           レイナード99L /無限MF308(東名)
---------------------------------------------------------------------------
LeMans              7 野田英樹           レイナード99L /無限MF308(東名)
8 五十嵐雄大         レイナード99L /無限MF308(東名)
---------------------------------------------------------------------------
Morinaga NOVA       9 R.ファーマン       GフォースGF03B/無限MF308(尾川)
10 山西康司           GフォースGF03B/無限MF308(尾川)
---------------------------------------------------------------------------
COSMO OIL CERUMO   11 立川祐路           レイナード99L /無限MF308(尾川)
12 J.ヴィエルチューク レイナード99L /無限MF308(尾川)
---------------------------------------------------------------------------
MOONCRAFT          14 脇坂薫一           レイナード99L /無限MF308(尾川)
---------------------------------------------------------------------------
IMPUL              19 本山 哲           レイナード99L /無限MF308(東名)
---------------------------------------------------------------------------
TEAM MALAYSIA      21 A.ユーン           レイナード99L /無限MF308(東名)
---------------------------------------------------------------------------
ARTA               55 金石勝智           レイナード99L /無限MF308(マツウラ)
56 脇阪寿一           レイナード99L /無限MF308(マツウラ)
---------------------------------------------------------------------------
LEYJUN             62 柴原眞介           レイナード2KL /無限MF308(シエラ)
63 OSAMU              レイナード99L /無限MF308(シエラ)
---------------------------------------------------------------------------
DoCoMo DANDELION   68 道上 龍           レイナード2KL /無限MF308(東名)
---------------------------------------------------------------------------
情報提供:株式会社日本レースプロモーション(JRP)
     Fニッポン公式サイト http://www.f-nippon.co.jp/
** FMOTOR4F SysOp 北島滋穂(sdi00685@nifty.com) **

FUJI 1000km

2000年ルマン富士1000km休止に

 昨年、本場ルマン24時間レースを主催するACOとの提携により実現し、ニッサ
ンvsトヨタで盛り上がりを見せた「ルマン富士1000kmレース」だが、今年は開催
が見送られることになった。
 富士スピードウェイでは休止の理由を「国内自動車メーカーのルマン24時間レ
ースからの撤退表明、ACOレギュレーションの大幅改定など同イベントを取り巻
く環境に大きな変化があり、ファンの期待に応え、ルマンの名称にふさわしいイ
ベントとすることが困難となったため」としているが、久しぶりに富士スピード
ウェイで開催された国際イベントは残念ながら1年限りで姿を消すことになった。
 なお、開催日程となっていた11月17~19日の取り扱い(代替イベント?)について
は検討中のこと。
 情報提供:富士スピードウェイ株式会社
          ** FMOTOR4F SysOp 北島滋穂(sdi00685@nifty.com) **

スーパー耐久

S-ENDU:Rd2:仙台ハイランド決勝結果

スーパー耐久シリーズ2000 Hi-land -RIJ- (2000-04-23) Race-Results
For Super-Endurance Series Rd.2 仙台ハイランドレースウェイ(JPN):4.063km
Weather:Fine Course:Dry
P  No.Cl. Car------------------------------------------- Laps-Goal Time--
1  50 C-1 5ZIGEN☆ファルケンGT-R         竹内/田中        80  2:40'23.141
2   8 C-1 ダイシンアドバンGTR            大八木/青木      80  2:40'54.126
3 *23 C-1 トトムFUJITSUBO GT-R           砂子/山田        80  2:41'54.135
4   1 C-1 BP ADVAN GTR                   粕谷/見崎        79   -  1 Lap
5  12 C-2 VALDIランサーEVO VI            小幡/中村        78   -  2 Laps
6  20 C-2 RSオガワADVANランサー          小川/細野/伊藤   78   -  2 Laps
7  25 N   RS★Rアルテッツァ              織戸/飯田        77   -  3 Laps
8   4 N   SUNOCO ALTEZZA                 横島/菊地        77   -  3 Laps
9  38 N   エスペリア・ジアラ・アルテッツ 山路/松田        77   -  3 Laps
10  10 C-1 エンドレス アドバン GTR        木下/高木        77   -  3 Laps
11  26 C-2 エンドレスアドバンGMSランサー  添田/小暮/川口   77   -  3 Laps
12  33 C-3 BPビスコガンマRX-7             三好/村松        77   -  3 Laps
13  37 N   上野クリニックALTEZZA          大野/山岸        76   -  4 Laps
14  54 C-4 BPビスコベータアンクルシビック 山内/浅見        76   -  4 Laps
15  52 C-4 5ZIGENファルケンパルサー       西垣内/原        76   -  4 Laps
16  70 C-4 アルゴラボシビック             宮城/荒川/伊達   76   -  4 Laps
17  30 C-2 RSオガワADVANランサー          小宮/岸/日下部   76   -  4 Laps
18  55 N   DANGUN・アドバン・KR・DC2      海老澤/高島      75   -  5 Laps
19  71 C-3 RX-7                           関根/藤島        75   -  5 Laps
20   6 C-2 マジョーラ・ファルケンEVO VI   冨桝/柳生        75   -  5 Laps
21   7 C-3 アルゴラボプレリュード         檜井/元谷/黒木   75   -  5 Laps
22  63 C-4 RAYBRIGベリティーEK9           須田/鷹野        73   -  7 Laps
23  47 C-3 Daisy Art R.P.アドバン         市川/三上        73   -  7 Laps
24  45 C-4 FKマッシモADVANシビック        浅野/笠原/坂井   73   -  7 Laps
25   3 C-3 オウルージュBPμDLRX7          保田/新田        73   -  7 Laps
-----------以上完走-------------------------------------------------------
28 N   ADVAN WAKOS無限DC2             佐藤/佐藤        68   - 12 Laps
39 N   ZAUBER INTEGRA                 磯田/八木        44   - 36 Laps
36 N   上野クリニックALTEZZA          荒/関谷          42   - 38 Laps
9 C-2 MTCI座間三菱ランサーARC        市村/羽根        31   - 49 Laps
56 N   アルファロメオ 156 TS          鈴木/道崎        26   - 54 Laps
2 C-2 アイフェルDUNLOPインプレッサ   渋谷/吉田        13   - 67 Laps
11 C-2 三菱プーマランサーエボ VI TM   中谷/木下        10   - 70 Laps
**************************************************************************
* No.23の車両はスーパー耐久2000シリーズ規則・技術規則書第10条(6)違反に
よりペナルティストップ10秒を課した。
** FMOTOR4F SysOp 北島滋穂(sdi00685@nifty.com) **

スーパー耐久

S-ENDU:Rd2:仙台ハイランド予選結果

スーパー耐久シリーズ2000 Hi-land -RIJ- (2000-04-22) Qualifying-Session
For Super-Endurance Series Rd.2 仙台ハイランドレースウェイ(JPN):4.063km
Weather:Cloudy/Rain Course:Wet
P  No.Cl. Car------------------------------------------- Best-LapT-
1  50 C-1 5ZIGEN☆ファルケンGT-R         竹内/田中       1'54.091
2   8 C-1 ダイシンアドバンGTR            大八木/青木     1'54.431
3  10 C-1 エンドレス アドバン GTR        木下/高木       1'55.083
4  23 C-1 トトムFUJITSUBO GT-R           砂子/山田       1'57.461
5  11 C-2 三菱プーマランサーターボ VI TM 中谷/木下       1'58.379
6  26 C-2 エンドレスアドバンGMSランサー  添田/小暮/(川口)1'58.425
7  20 C-2 RSオガワADVANランサー          小川/細野/伊藤  1'58.426
8  33 C-3 BPビスコガンマRX-7             三好/村松       1'58.687
9  12 C-2 VALDIランサーEVO VI            小幡/中村       1'59.547
10  38 N   エスペリア・ジアラ・アルテッツ 山路/松田       2'00.414
11  25 N   RS★Rアルテッツァ              織戸/飯田       2'00.592
12   4 N   SUNOCO ALTEZZA                 横島/菊地       2'00.817
13   9 C-2 MTCI座間三菱ランサーARC        市村/羽根       2'01.005
14   7 C-3 アルゴラボプレリュード         檜井/元谷/黒木  2'01.781
15   6 C-2 マジョーラ・ファルケンEVO VI   冨桝/柳生       2'02.367
16  36 N   上野クリニックALTEZZA          荒/関谷         2'02.394
17  52 C-4 5ZIGENファルケンパルサー       西垣内/原       2'03.599
18  54 C-4 BPビスコベータアンクルシビック 山内/浅見       2'04.321
19  28 N   ADVAN WAKOS無限DC2             佐藤/佐藤       2'05.321
20  45 C-4 FKマッシモADVANシビック        浅野/笠原/(坂井)2'07.673
21  63 C-4 RAYBRIGベリティーEK9           須田/鷹野       2'09.871
22  47 C-3 Daisy Art R.P.アドバン         市川/三上       2'10.553
23 * 2 C-2 アイフェルDUNLOPインプレッサ   渋谷/(吉田)     1'58.592
24 *30 C-2 RSオガワADVANランサー       (小宮)/岸/(日下部) 1'59.082
25 *39 N   ZAUBER INTEGRA                 磯田/(八木)     2'00.770
26 *70 C-4 アルゴラボシビック          (宮城)/荒川/(伊達) 2'03.362
27 * 3 C-3 オウルージュBPμDLRX7          保田/(新田)     2'05.984
28   1 C-1 BP ADVAN GTR                   粕谷/(見崎)     1'55.992
29  37 N   上野クリニックALTEZZA          (大野)/山岸     2'02.803
30  56 N   アルファロメオ 156 TS          鈴木/(道崎)     2'07.617
31  55 N   DANGUN・アドバン・KR・DC2      (海老澤)/高島   2'08.222
32  71 C-3 RX-7                           (関根)/(藤島)   2'19.586
-----------以上予選通過---------------------------------------------
78 C-4 FKブースカZEROシビック         (丸山)/谷川     2'06.529
35 N   INGING CELICA                藤田/(トレルイエ) 2'08.582
********************************************************************
( )付ドライバーは予選通過基準タイムオーバー
* No.2,3,30,39,70の車両はスーパー耐久2000シリーズ規則・技術規則書第6条(8)
により決勝出走が認められる。
* No.1,37,56,55,71の車両、及びNo.30,70,26,45の車両のCドライバーはスーパー
耐久2000シリーズ規則・技術規則書第6条(9)により決勝出走を認める
予選通過基準タイム(130%) 2'28.895
1クラス(110%) 2'05.989
2クラス(110%) 2'10.251
3クラス(110%) 2'14.386
4クラス(110%) 2'16.137
Nクラス(110%) 2'12.651
** FMOTOR4F SysOp 北島滋穂(sdi00685@nifty.com) **

Formula Nippon

FN:A.ユーン第2戦もてぎ決勝リリース(4/17)

>>アレックス、第2戦はギアボックス損傷でリタイア
2000年4月16日、日曜日、茂木。ツインリンクもてぎで行われた2000年フォー
ミュラ・ニッポン選手権で、マレーシアのアレックス・ユーンは45周レースの
26周目にギアボックスが壊れリタイアを喫した。
チーム・マレーシアのドライバーは、その時、タイヤ交換の後で13位につけて
いた。
アレックスはスタートを失敗し10番手グリッドから2つ順位を落として12位で
1周目を終えた。タイヤ交換の後、アレックスは14位でコースに復帰し、22周
目に近藤を抜き順位を回復した。
しかし、26周目、2コーナー出口で突然ギアが壊れ、リタイアしてしまった。
「完走できなくてほんとにがっかりさ。でも、この週末は速さを見せることが
できたし、アップデートキットさえ組み込めば、もっと上を狙えることがわ
かったからハッピーだよ。
最初のタイヤセットは変な振動が出てしまっていたんだ。でも、ピットストッ
プ後はいい感じになって、ほんとに楽しめたよ。不幸にもメカニカルトラブル
は出てしまったけどね」
レースは、スタートこそ本山に譲ったものの、ピットストップ前には首位を奪
還した第1戦の勝者、ポールシッターの高木虎之介が1時間13分19秒810で優
勝した。
ドイツのミハエル・クルムは、高木から遅れること9秒476で、第1戦と同じく
2位に入った。
ルーキーの松田次生は、皆が驚くような安定したドライブで、クルムから遅れ
ること4秒621で3位に入った。
4~6位には、本山、脇阪、金石がそれぞれ入賞し、ポイントを稼いだ。
フォーミュラ・ニッポンのチーム・マレーシアプロジェクトは、日本とマレー
シアが、アジアにおけるドライバーの育成とモータースポーツ界の発展を目的
に協力しているものです。
マレーシアのスポンサーは、マレーシア青年スポーツ省、ブライルクリーム、
タグ・ホイヤー、パングローバル保険、マレーシア航空。日本のスポンサーは、
協力者であるルマン株式会社、日本レースプロモーション、その他日本のスポ
ンサーです。
情報提供:Team Malaysia
Alex Yoong Racing for Malaysia
          ** FMOTOR4F SysOp 北島滋穂(sdi00685@nifty.com) **

Formula Nippon

2000F_NIPドライバーズポイント( 2/10戦)

(第2戦まで)
2000                   3   4   5   6   7   7   8   9   9  11
Japan                 /   /   /   /   /   /   /   /   /   /
Formula Nippon      26  16  21   4   2  30  20   3  17   5
Championship       鈴  茂  美  富  鈴  菅  茂  富  美  鈴
Drivers-point     鹿  木  祢  士  鹿  生  木  士  祢  鹿
Po -No -Driver ---------Rd.-1 --2 --3 --4 --5 --6 --7 --8 --9 -10 ---総合P
1  0  高木 虎之介         10  10                                       20
2  6  M.クルム            6   6                                       12
3  5  服部 尚貴            4   0                                        4
3  2  松田 次生            0   4                                        4
5  55 金石 勝智            3   1                                        4
5  19 本山 哲              1   3                                        4
7  14 脇阪 薫一            2   0                                        2
7  56 脇阪 寿一            0   2                                        2
3  近藤 真彦            0   0                                        0
11 立川 祐路            0   0                                        0
63 OSAMU                0   0                                        0
12 J.ヴィエルチューク  0   0                                        0
62 柴原 眞介            0   0                                        0
8  五十嵐 勇大          0   0                                        0
36 玉中 哲二            0   0                                        0
7  野田 英樹            0   0                                        0
10 山西 康司            0   0                                        0
68 道上 龍              0   0                                        0
9  R.ファーマン        0   0                                        0
21 A.ユーン            -   0                                        0
**************************************************************************
* 1位から6位までに10-6-4-3-2-1のポイント
* 全10戦総ポイント制
* 予選通過基準タイム(110%)
///// PDD01523 伊東 昭雄 /////

Formula Nippon

FN_Rd2:Fニッポンもてぎ決勝結果

FORMULA NIPPON ROUND 2 TWIN RING MOTEGI MILLION CARD CUP RACE
フォーミュラ・ニッポン第2戦もてぎ-RIJ-(2000-04-16) Race Results
For All Japan Formula Nippon Championship Rd.2 Twin Ring MOTEGI(J):4.801379km
Weather:Fine  Course:Dry
P.-No.Driver------------Team-------------Car-----------------Laps-Goal Time--
1  0 高木虎之介        PIAA NAKAJIMA    REYNARD 2KL/ML308    44  1:13'19.610
172.86 km/h
2  6 M.クルム          5ZIGEN           REYNARD 99L/ML308    44  -     9.476
3  2 松田次生          PIAA NAKAJIMA    REYNARD 99L/ML308    44  -    14.097
4 19 本山哲            IMPUL            REYNARD 99L/ML308    44  -    15.537
5 56 脇阪寿一          ARTA             REYNARD 99L/ML308    44  -    24.389
6 55 金石勝智          ARTA             REYNARD 99L/ML308    44  -    49.392
7  5 服部尚貴          5ZIGEN           REYNARD 99L/ML308    44  -    59.863
8 14 脇阪薫一          MOONCRAFT        REYNARD 99L/ML308    44  -  1'05.379
9 10 山西康司          Morinaga NOVA    G FORCE GF03B/ML308  44  -  1'06.339
10  7 野田英樹          LeMans           REYNARD 99L/ML308    44  -  1'08.368
11  9 R.ファーマン      Morinaga NOVA    G FORCE GF03B/ML308  44  -  1'11.642
12 62 柴原眞介          LEYJUN           REYNARD 2KL/ML308    44  -  1'26.151
13 68 道上龍            DoCoMo DANDELION REYNARD 2KL/ML308    44  -  1'34.464
14  3 近藤真彦          Olympic KONDO    REYNARD 99L/ML308    43  -    1 Lap
15  8 五十嵐勇大        LeMans           REYNARD 99L/ML308    43  -    1 Lap
------------------------以上完走---------------------------------------------
11 立川祐路          COSMO OIL CERUMO REYNARD 99L/ML308    30  -   14 Laps
21 A.ユーン          TEAM MALAYSIA    REYNARD 99L/ML308    25  -   19 Laps
12 J.ヴィエルチュークCOSMO OIL CERUMO REYNARD 99L/ML308    24  -   20 Laps
36 玉中哲二          TAKAGI B-1       REYNARD 99L/ML308    18  -   26 Laps
63 OSAMU             LEYJUN           REYNARD 99L/ML308    10  -   34 Laps
-----------------------------------------------------------------------------
レース中のベストタイム #2 松田次生 1'37.324  41/44  177.60km/h
*** FMOTOR4F SysOp 北島滋穂(SDI00685@nifty.com) ***

Formula Nippon

FN_Rd2:Fニッポンもてぎ決勝TOP3コメント

■高木虎之介(優勝)
「スタートはちょっと失敗してしまい、ついていこうと思ったけど作戦を変え
た。クルマのバランスが良くなくて、途中で急に良くなった。チャンスがあっ
てスリップにつけて抜けて、走るにつれてマージンが得られた。残り10周ぐら
いでエンジンがおかしくなって、息つきひどくてまともに走れない状態で限界
だった。タイム差を無線で聞きながらなんとかゴールできた。ちょっと油断す
るとすぐに抜かれるし、抜いた後も100%の力で行かないとダメなのできつい」
■ミハエル・クルム(2位)
「スタートは普通だったけれど、最初はアンダーステアがきつくて追いつけな
かった。ピットストップはすごく良かった。その後は本山選手を抜けたけど、
ポジションキープできず、ラストに本山のマシンはギアボックスのトラブルの
ように見えて、抜き返せた。高木選手のエンジントラブルは知らなかった。ギ
ャップ開きすぎで残りも少ないし追いつけない。次回、チャンスが巡ってくれ
れば…」
■松田次生(3位)
「スタート順当で良い位置キープできた。レース内容ははじめはクルムにブロ
ックされ、後半ピットインの時にピットロードで遅くて、順位変動があった。
ピットストップの時まで普通に走って、ラストは本山さんが見えてきてプッシ
ュしました。『もっと早くペース上げろ』と社長に言われました。37秒台は自
信になりましたけれど、F3だと間隔が詰まっているのにFNは離れていて、集中
力を失っていました。クルマが見えてきて急に力が入ったんです」
Special Thanks : 竹下恵一郎
*** FMOTOR4F SysOp 北島滋穂(SDI00685@nifty.com) ***

Formula Nippon

FN_Rd2:Fニッポンもてぎ決勝レポート

FORMULA NIPPON ROUND 2 TWIN RING MOTEGI MILLION CARD CUP RACE
    高木虎之介、横綱レース!!完勝で今季負け知らずの2連勝!
 雲はあるもののの、昼を過ぎて日も射すようになり暖かくなってきた。
 路面はもちろん完全ドライ。開幕戦のように天候によるドタバタを味わうこ
とはなさそうだ。実質初めてともいえるタイヤ交換ルールの導入が、レースに
どう影響するのかにも注目が集まる。
 午後2時30分、スタート時に#7野田がエンジンストール。最後尾に回ること
に。これによりレースは1周減算。44周で争われることになった。
 再度1周のフォーメイションからスタートが切られた。
■決勝NOTE
START #19本山グッドスタート!!トップへ。#68道上、#12ヴィエルチューク
はエンジンストール。全車スタート後にスタートを切る。
1周目 #19-0-6-2-9-56-11-5-55-14-3-21-10……
2周目 #19-0-6-2-56-9-11-5-55-14-3-21-10…… トップ2台早くも抜け出す
3周目 #19-(1.2)-0-(2.5)-6-2-56-9-11-5-55-14-3-21-10……
#8五十嵐ピットイン、タイヤ交換
5周目 #19-(1.2)-0-(3.2)-6-2-56-9-11-5-55-14-3-21-10……
6周目 トップ2の差が一気に詰まってきた(その差0.7秒)
7周目 #0高木が#19本山の背後に迫る(その差0.5秒)
8周目 #11立川が#9ファーマンをビクトリーコーナーでパス。6位へ。
10周目 90度コーナー進入、ついに#0高木が#19本山を捕らえる!!
#0-(0.4)-19-(3.3)-6-2-56-11-9-5-55-14-3-21-10……
11周目 #19本山のペース上がらず#0高木逃げる(その差1.7秒)
#11立川、ここまでのベスト1'39.220で追い上げる脇阪を射程距離内に。
#9ファーマンピットイン。何かトラブルのようだ。
14周目 #11立川が#56脇阪を90度コーナーでパス。5位に浮上。
15周目 #0-(4.3)-19-(3.5)-6-2-11-56-5-55-14-3-21-62-36……
#0高木 1'38.928
16周目 タイヤ交換ピットイン#11立川(9秒)、#56脇阪(15秒)、#21ユーン(8秒)
17周目 タイヤ交換ピットイン#3近藤(10秒)
18周目 タイヤ交換ピットイン#55金石(8秒)
#21ユーン、#3近藤をパス
19周目 タイヤ交換ピットイン#14脇阪
20周目 #0-(7.4)-19-(3.7)-6-2-5-11-62-56-55-68……
21周目 タイヤ交換ピットイン#2松田(8秒)、#5服部(7秒)
22周目 タイヤ交換ピットイン#19本山(8秒)
23周目 タイヤ交換ピットイン#0高木(6秒!!)クルー、ガッツポーズ!
25周目 タイヤ交換ピットイン#6クルム(7秒)
26周目 #0-(9.6)-11-19-6-2-56-55-5-8-14-10-7-9-3-62-68……
#21ユーン、ピットでリタイア
30周目 #0-(10.9)-11-19-6-2-56-55-5-8-14-10-7-9-3-62-68……
2位#11立川4コーナー先でマシンを止める。駆動系トラブルか?
レースは、タイヤ交換を終え淡々と進んでいる
35周目 #0-(19.8)-6-19-2-56-55-5-8-14-10-7-9-62……
#19本山ペース上がらず、#6クルムに抜かれ(?周目)、更に#2松田が自
身のベストを刻みながら迫る
40周目 #0-6-19-2-56-55-5-8-14-10-7-9-62……
42周目 #2松田、#19本山を捕らえ3位に浮上
FINISH #0高木、余裕のポールtoウィン。2位は前回に続き#6クルム。3位には
#2松田が入りPIAA NAKAJIMAは1-3フィニッシュ。
■決勝結果(Top10)
P.-No.Driver------------Team-------------Car-----------------Laps-
1  0 高木虎之介        PIAA NAKAJIMA    REYNARD 2KL/ML308    44
2  6 M.クルム          5ZIGEN           REYNARD 99L/ML308    44
3  2 松田次生          PIAA NAKAJIMA    REYNARD 99L/ML308    44
4 19 本山哲            IMPUL            REYNARD 99L/ML308    44
5 56 脇阪寿一          ARTA             REYNARD 99L/ML308    44
6 55 金石勝智          ARTA             REYNARD 99L/ML308    44
7  5 服部尚貴          5ZIGEN           REYNARD 99L/ML308    44
8 14 脇阪薫一          MOONCRAFT        REYNARD 99L/ML308    44
9 10 山西康司          Morinaga NOVA    G FORCE GF03B/ML308  44
10  7 野田英樹          LeMans           REYNARD 99L/ML308    44
               ・
               ・
*** FMOTOR4F SysOp 北島滋穂(SDI00685@nifty.com) ***

Formula Nippon

FN:A.ユーン第2戦もてぎ予選リリース(4/15)

>>>アレックス、もてぎは予選10位
2000年4月15日土曜日のもてぎ、チーム・マレーシアのアレックス・ユーンは、
フォーミュラ・ニッポン第2戦ツインリンクもてぎ4.801kmを45周する決勝に
向けて、見事予選10位を獲得した。
これは、3週間目の鈴鹿サーキットで行われた予選でマシンを大破してしまい、
代わりに得た99年スペックのレイナード99Lで殆ど走っていない中で達成した
ものだった。
45分に渡って行われた2度の予選は、絶え間なく雨が降り、アレックスは、
ポールシッターとなった元F1アロウズのドライバー高木虎之介の1分50秒001か
ら1秒641遅れの1分51秒642で10位となった。
1998年チャンピオンの本山哲は1分50秒545でフロントロー、高木の隣につけ、
ドイツ人ミハエル・クルムは僅か100分の2秒差で3位となった。
チーム・ルマンの仲間、野田英樹と五十嵐雄大はそれぞれ11位と12位だった。
「今日の自分のパフォーマンスには凄く喜んでるよ。特に2000年型マシンや
2000年のアップデートキットのない今の状態ではね。クイックラップで2台の
車に出会うことがなければ、あと5つくらいはポジションアップできたはずさ。
今シーズン当初からサポートしてくれているチーム監督の本間さんやエンジニ
アの竹本さん、そしてチームクルーには全幅の信頼を寄せているよ。明日は、
いい結果を残してチームにありがとうと言いたいね」
アレックスは、昨年ドニントンで行われたイタリアGP第4戦で予選5位、決勝2
位となったことで、ウェットコースでのドライバーとしての評価を得ている。
明日はドライでもウェットでも気にはしていない。
「どんなコンディションでもより速く走れるよう、まだマシンを煮詰めてる段
階なんだ。明日チームと僕はできる限りのベスト尽くすよ」
アレックス・ユーンのスポンサー:マレーシア青年スポーツ省、ブライルク
リーム、タグ・ホイヤー、マレーシア航空、パングローバル保険、ハッピーサ
イズ日本、ルマン株式会社、日本レースプロモーション
情報提供:Alex Yoong Racing for Malaysia
          ** FMOTOR4F SysOp 北島滋穂(sdi00685@nifty.com) **

Formula Nippon

FN_Rd2:Fニッポンもてぎフリー走行

FORMULA NIPPON ROUND 2 TWIN RING MOTEGI MILLION CARD CUP RACE
 4月16日決勝日、午前8時半から朝のフリー走行が始まった。天候は曇りだ
が薄日が射し快方へ向かっているようだ。路面は前日までの雨が残りウェット
だが、各マシンが走行することによりライン上は徐々に乾きつつある。
 このため、タイヤ交換の練習を兼ねて、各チームはレインからスリックに交
換して、マシンをコースに送り出している。
18分経過 #56脇阪コースアウト。グラベルにストップ。
24分経過 #0高木 ここまでのトップタイム(1'47.322)をマークするも、直後に
コースアウト。マシンを降りる。
この後路面が乾くにつれ、各車軒並みタイムアップ。
29分経過 #68道上、コースアウト、ストップ。
 最後は、開幕戦で悔しい2位となった#6クルムがきっちりトップタイムをマ
ークして、仕上がりの良さをアピールした。
フォーミュラ・ニッポン第2戦もてぎ-RIJ-(2000-04-16) Free Practice-Session
For All Japan Formula Nippon Championship Rd.2 Twin Ring MOTEGI(J):4.801379km
Weather:Rain  Course:Wet
P.-No.Driver------------Team-------------Car-----------------Time-----km/h--
1  6 M.クルム          5ZIGEN           REYNARD 99L/ML308   1'41.799
2 11 立川祐路          COSMO OIL CERUMO REYNARD 99L/ML308   1'42.237
3  9 R.ファーマン      Morinaga NOVA    G FORCE GF03B/ML308 1'42.644
4 14 脇阪薫一          MOONCRAFT        REYNARD 99L/ML308   1'43.073
5 55 金石勝智          ARTA             REYNARD 99L/ML308   1'43.352
6  2 松田次生          PIAA NAKAJIMA    REYNARD 99L/ML308   1'44.353
7 10 山西康司          Morinaga NOVA    G FORCE GF03B/ML308 1'44.659
8 68 道上龍            DoCoMo DANDELION REYNARD 2KL/ML308   1'45.482
9  5 服部尚貴          5ZIGEN           REYNARD 99L/ML308   1'45.699
10 12 J.ヴィエルチュークCOSMO OIL CERUMO REYNARD 99L/ML308   1'46.159
11  8 五十嵐勇大        LeMans           REYNARD 99L/ML308   1'46.405
12  3 近藤真彦          Olympic KONDO    REYNARD 99L/ML308   1'46.544
13 19 本山哲            IMPUL            REYNARD 99L/ML308   1'46.792
14  0 高木虎之介        PIAA NAKAJIMA    REYNARD 2KL/ML308   1'47.322
15  7 野田英樹          LeMans           REYNARD 99L/ML308   1'47.757
16 21 A.ユーン          TEAM MALAYSIA    REYNARD 99L/ML308   1'48.354
17 56 脇阪寿一          ARTA             REYNARD 99L/ML308   1'48.669
18 62 柴原眞介          LEYJUN           REYNARD 2KL/ML308   1'48.989
19 63 OSAMU             LEYJUN           REYNARD 99L/ML308   1'50.157
20 36 玉中哲二          TAKAGI B-1       REYNARD 99L/ML308   1'51.996
---------------------------------------------------------------------------
*** FMOTOR4F SysOp 北島滋穂(SDI00685@nifty.com) ***

Formula Nippon

FN_Rd2:Fニッポンもてぎ予選TOP3コメント

■高木虎之介(PP)
「久々の雨だったんですが、鈴鹿のファン感謝デーで(ウェットで)走れたのが
よかった。東コースだったんですが、結構雰囲気は似てました。今日はクルマ
が完璧でしたしね。
1回目はブレーキが安定してなかったのですが、2回目にタイヤを変えたらよ
くなりました。雨が多かったんでタイムを見ながら、一番乾いた時に出ました。
雨がもっと降れと思っていたけど、乾いてきたんで仕方なく行ったんです」
■本山哲(予選2位)
「今回、やっとクルマのパーツが全部間に合いました。時間的には厳しかった
けど、チームが頑張ってくれました。SUGOでテストできて、準備万端もてぎに
来れました。雨は初めてで、クルマの調子は悪くなかったけど、細かいミスが
あって2位。悔しい」
■ミハエル・クルム(予選3位)
「クルマの状態はとても良かった。2回目プッシュできたし、最初の方はコン
ディションも悪くなかった。ニュータイヤに変えたのは判断ミスで、雨もひど
くなって古いタイヤに変えたけれど、タイムはどうしようもなかった。3位に
は満足している。鈴鹿のような良いスタートをしたい」
Special Thanks : 竹下恵一郎
*** FMOTOR4F SysOp 北島滋穂(SDI00685@nifty.com) ***

Formula Nippon

FN_Rd2:Fニッポンもてぎ予選総合結果

FORMULA NIPPON ROUND 2 TWIN RING MOTEGI MILLION CARD CUP RACE
フォーミュラ・ニッポン第2戦もてぎ-RIJ-(2000-04-15) Qualifying-Session
For All Japan Formula Nippon Championship Rd.2 Twin Ring MOTEGI(J):4.801379km
Weather:Rain  Course:Wet
P.-No.Driver------------Team-------------Car-----------------Time-----km/h--
1  0 高木虎之介        PIAA NAKAJIMA    REYNARD 2KL/ML308   1'50.001 157.13
2 19 本山哲            IMPUL            REYNARD 99L/ML308   1'50.545
3  6 M.クルム          5ZIGEN           REYNARD 99L/ML308   1'50.565
4  2 松田次生          PIAA NAKAJIMA    REYNARD 99L/ML308   1'50.881
5  9 R.ファーマン      Morinaga NOVA    G FORCE GF03B/ML308 1'50.929
6 56 脇阪寿一          ARTA             REYNARD 99L/ML308   1'51.155
7 11 立川祐路          COSMO OIL CERUMO REYNARD 99L/ML308   1'51.289
8 68 道上龍            DoCoMo DANDELION REYNARD 2KL/ML308   1'51.291
9  5 服部尚貴          5ZIGEN           REYNARD 99L/ML308   1'51.444
10 21 A.ユーン          TEAM MALAYSIA    REYNARD 99L/ML308   1'51.642
11  7 野田英樹          LeMans           REYNARD 99L/ML308   1'51.677
12 55 金石勝智          ARTA             REYNARD 99L/ML308   1'51.758
13  8 五十嵐勇大        LeMans           REYNARD 99L/ML308   1'52.496
14 14 脇阪薫一          MOONCRAFT        REYNARD 99L/ML308   1'52.686
15  3 近藤真彦          Olympic KONDO    REYNARD 99L/ML308   1'52.909
16 10 山西康司          Morinaga NOVA    G FORCE GF03B/ML308 1'53.002
17 62 柴原眞介          LEYJUN           REYNARD 2KL/ML308   1'53.223
18 36 玉中哲二          TAKAGI B-1       REYNARD 99L/ML308   1'54.407
19 63 OSAMU             LEYJUN           REYNARD 99L/ML308   1'55.994
20 12 J.ヴィエルチュークCOSMO OIL CERUMO REYNARD 99L/ML308   1'57.202
---------------------------------------------------------------------------
*** FMOTOR4F SysOp 北島滋穂(SDI00685@nifty.com) ***

Formula Nippon

FN_Rd2:Fニッポンもてぎ予選2回目

FORMULA NIPPON ROUND 2 TWIN RING MOTEGI MILLION CARD CUP RACE
         虎之介、貫祿のポールポジション!
 雨は降り続いているものの、コンディションは極端には悪化していない。
 1回目に#0高木がマークした1分50秒097をターゲットに、各ドライバーが
アタックを続け、コース上にラインができつつある。タイム更新は間違いなさ
そうだ。
予選2回目NOTE
10分経過 #6クルム  1'50.565
13分経過 #0高木    1'50.717
14分経過 #56脇阪   スピン、コースアウト。マシンを降りる。
15分経過 #0高木    1'50.001 1回目のタイムを上回った!もちろんこの時点でトップ。
ピットに戻る。
17分経過 #2松田    1'50.881  3位へ…が翌周にスピン、ストップ。マシン降りる。
24分経過 #0高木    浅溝レインに履き替えコースイン→再びピットに入り深溝へ
32分経過 順位      #0-6-2-19-56-11-68-5-21-7……
#6クルム  逆転を狙ってアタックするもスピン
34分経過 #19本山   1'50.664  3位へ
35分経過 #21ユーン 9位につけ、さらに上位を狙うもスピン、コースアウト。
 終盤#19本山、#6クルムらが必死にアタックするが、#0高木のタイムを上回る
ことはできず、1回目のタイムを更新した#0高木が貫祿のポール奪取となった。
フォーミュラ・ニッポン第2戦もてぎ-RIJ-(2000-04-15) 2nd Qualifying-Session
For All Japan Formula Nippon Championship Rd.2 Twin Ring MOTEGI(J):4.801379km
Weather:Rain  Course:Wet
P.-No.Driver------------Team-------------Car-----------------Time-----km/h--
1  0 高木虎之介        PIAA NAKAJIMA    REYNARD 2KL/ML308   1'50.001 157.13
2  6 M.クルム          5ZIGEN           REYNARD 99L/ML308   1'50.565
3 19 本山哲            IMPUL            REYNARD 99L/ML308   1'50.664
4  2 松田次生          PIAA NAKAJIMA    REYNARD 99L/ML308   1'50.881
5 56 脇阪寿一          ARTA             REYNARD 99L/ML308   1'51.155
6 11 立川祐路          COSMO OIL CERUMO REYNARD 99L/ML308   1'51.289
7 68 道上龍            DoCoMo DANDELION REYNARD 2KL/ML308   1'51.291
8  9 R.ファーマン      Morinaga NOVA    G FORCE GF03B/ML308 1'51.353
9  5 服部尚貴          5ZIGEN           REYNARD 99L/ML308   1'51.444
10 21 A.ユーン          TEAM MALAYSIA    REYNARD 99L/ML308   1'51.642
11  7 野田英樹          LeMans           REYNARD 99L/ML308   1'51.677
12 55 金石勝智          ARTA             REYNARD 99L/ML308   1'51.967
13  8 五十嵐勇大        LeMans           REYNARD 99L/ML308   1'52.496
14 14 脇阪薫一          MOONCRAFT        REYNARD 99L/ML308   1'52.686
15  3 近藤真彦          Olympic KONDO    REYNARD 99L/ML308   1'52.909
16 62 柴原眞介          LEYJUN           REYNARD 2KL/ML308   1'53.223
17 10 山西康司          Morinaga NOVA    G FORCE GF03B/ML308 1'53.400
18 36 玉中哲二          TAKAGI B-1       REYNARD 99L/ML308   1'54.626
19 63 OSAMU             LEYJUN           REYNARD 99L/ML308   1'55.994
20 12 J.ヴィエルチュークCOSMO OIL CERUMO REYNARD 99L/ML308   1'57.202
---------------------------------------------------------------------------
*** FMOTOR4F SysOp 北島滋穂(SDI00685@nifty.com) ***

Formula Nippon

FN_Rd2:Fニッポンもてぎ予選1回目

FORMULA NIPPON ROUND 2 TWIN RING MOTEGI MILLION CARD CUP RACE
 公式練習時から降りだした雨は、雨足は弱いものの依然降り続き、午後1時
から始まった予選1回目は完全にウェットコンディション。このため開始まも
なくガードレールにヒットしてしまった#11立川をはじめとして、何台かのマシ
ンがスピン、コースアウトを演じることとなった。
 この悪コンディションの中、開幕戦の勝者#0高木が見事な集中力を見せ、終
了間際に他を圧倒する1分55秒097をマークして暫定ポールを奪った。
フォーミュラ・ニッポン第2戦もてぎ-RIJ-(2000-04-15) 1st Qualifying-Session
For All Japan Formula Nippon Championship Rd.2 Twin Ring MOTEGI(J):4.801379km
Weather:Rain  Course:Wet
P.-No.Driver------------Team-------------Car-----------------Time-----km/h--
1  0 高木虎之介        PIAA NAKAJIMA    REYNARD 2KL/ML308   1'50.097 157.00
2 19 本山哲            IMPUL            REYNARD 99L/ML308   1'50.545
3  6 M.クルム          5ZIGEN           REYNARD 99L/ML308   1'50.681
4  9 R.ファーマン      Morinaga NOVA    G FORCE GF03B/ML308 1'50.929
5  2 松田次生          PIAA NAKAJIMA    REYNARD 99L/ML308   1'51.483
6 56 脇阪寿一          ARTA             REYNARD 99L/ML308   1'51.550
7 68 道上龍            DoCoMo DANDELION REYNARD 2KL/ML308   1'51.631
8  5 服部尚貴          5ZIGEN           REYNARD 99L/ML308   1'51.720
9 55 金石勝智          ARTA             REYNARD 99L/ML308   1'51.758
10 21 A.ユーン          TEAM MALAYSIA    REYNARD 99L/ML308   1'52.975
11 10 山西康司          Morinaga NOVA    G FORCE GF03B/ML308 1'53.002
12  8 五十嵐勇大        LeMans           REYNARD 99L/ML308   1'53.100
13  7 野田英樹          LeMans           REYNARD 99L/ML308   1'53.171
14 14 脇阪薫一          MOONCRAFT        REYNARD 99L/ML308   1'53.783
15 62 柴原眞介          LEYJUN           REYNARD 2KL/ML308   1'53.821
16 11 立川祐路          COSMO OIL CERUMO REYNARD 99L/ML308   1'54.234
17  3 近藤真彦          Olympic KONDO    REYNARD 99L/ML308   1'54.254
18 36 玉中哲二          TAKAGI B-1       REYNARD 99L/ML308   1'54.407
19 12 J.ヴィエルチュークCOSMO OIL CERUMO REYNARD 99L/ML308   1'57.253
20 63 OSAMU             LEYJUN           REYNARD 99L/ML308   2'00.366
---------------------------------------------------------------------------
*** FMOTOR4F SysOp 北島滋穂(SDI00685@nifty.com) ***

Formula Nippon

FN_Rd2:Fニッポンもてぎ公式練習

FORMULA NIPPON ROUND 2 TWIN RING MOTEGI MILLION CARD CUP RACE
 4月15日予選日、もてぎ上空は朝からどんより曇り、今にも泣きだしそうな
気配だ……と、思ったら、午前9時45分の公式練習開始から10分経過した時点
で予報どおり雨が落ちてきた。
 各チームは一旦ピットに戻るが、雨の予選を見越してレインセットを施した
マシンを再びコースに送り出す。しかし、雨のせいでやや消化不良のまま公式
練習を終えた。上位のタイムは雨が降りだす前に出したもの。
フォーミュラ・ニッポン第2戦もてぎ-RIJ-(2000-04-15) Practice-Session
For All Japan Formula Nippon Championship Rd.2 Twin Ring MOTEGI(J):4.801379km
Weather:Cloudy/Rain  Course:Dry/Wet
P.-No.Driver------------Team-------------Car-----------------Time-----km/h--
1 19 本山哲            IMPUL            REYNARD 99L/ML308   1'37.666 176.98
2  7 野田英樹          LeMans           REYNARD 99L/ML308   1'38.042
3 68 道上龍            DoCoMo DANDELION REYNARD 2KL/ML308   1'38.199
4 21 A.ユーン          TEAM MALAYSIA    REYNARD 99L/ML308   1'38.569
5  8 五十嵐勇大        LeMans           REYNARD 99L/ML308   1'38.589
6 11 立川祐路          COSMO OIL CERUMO REYNARD 99L/ML308   1'41.295
7 36 玉中哲二          TAKAGI B-1       REYNARD 99L/ML308   1'45.685
8  6 M.クルム          5ZIGEN           REYNARD 99L/ML308   1'47.565
9 63 OSAMU             LEYJUN           REYNARD 99L/ML308   1'50.535
10  5 服部尚貴          5ZIGEN           REYNARD 99L/ML308   1'50.930
11 62 柴原眞介          LEYJUN           REYNARD 2KL/ML308   1'51.376
12  9 R.ファーマン      Morinaga NOVA    G FORCE GF03B/ML308 1'52.425
13  2 松田次生          PIAA NAKAJIMA    REYNARD 99L/ML308   1'54.636
14 55 金石勝智          ARTA             REYNARD 99L/ML308   1'55.789
15 12 J.ヴィエルチュークCOSMO OIL CERUMO REYNARD 99L/ML308   1'58.614
16 14 脇阪薫一          MOONCRAFT        REYNARD 99L/ML308   1'58.831
17 10 山西康司          Morinaga NOVA    G FORCE GF03B/ML308 2'01.660
18  3 近藤真彦          Olympic KONDO    REYNARD 99L/ML308   2'02.424
19  0 高木虎之介        PIAA NAKAJIMA    REYNARD 2KL/ML308   2'11.826
20 56 脇阪寿一          ARTA             REYNARD 99L/ML308   2'17.319
---------------------------------------------------------------------------
*** FMOTOR4F SysOp 北島滋穂(SDI00685@nifty.com) ***

Formula Nippon

FN:A.ユーン、バトンを語る(4/13)

>>>ユーン、楽しかったバトンとの思い出を語る
マレーシア人F1ドライバーとなることが熱望されるアレックス・ユーンは、タ
グ・ホイヤーのマレーシア大使を任命された記者会見において、彼の友人であ
り、昨年イギリスF3で共にレースを戦い、今やF1スターとなったジェンソン・
バトンについて語った。
バトンは、3週間前のブラジルGPにおいて、ポイント獲得の最年少記録を樹立
するという歴史的な偉業を成し遂げたばかりだ。
「バトンは、どうせロクな成績を挙げられないだろうとたかをくくっていた人
にその実力を証明し、F1を目指す若者たちを喜ばせたんだ。彼のこと疑ってい
た何人かは非常に有名な元F1ドライバーだが、彼等は今やその偏見を変えざる
を得ないだろうね」とアレックス。
「僕は1999年のイギリスF3選手権において彼と5回戦い、バトンとの競争を楽
しんだ。彼はその対戦で3度僕に勝ち、僕は2位と5位に入った時の2度勝っ
たんだ。
彼は凄くいい奴さ、全然気取ることもないし、フレンドリーで気楽に付き合え
るんだ。僕は5年の内に彼のワールドチャンピオンへの挑戦が実っても少しも
驚きはしないし、僕も数年後、なるべく早い内にF1で彼の仲間に加わりたいと
思っているよ」。
資金的な問題で乗りそこなってしまった1999年最初の2戦の後、アレックスは
何度かのテストをこなした後、スラクストンの第3戦から彼のシーズンを開始
し、ルノーのワークスチームからエントリーし23分42秒503で優勝したバトン
から遅れること11秒、23分53秒960で6位に入った。
1999年4月ブランズハッチで行われた続く第4戦では、アレックスが18分20秒
724で5位、バトンがアレックスから遅れること5秒で8位に入り、対戦成績
を1勝1敗にした。
再びブランズハッチで行われた第5戦では、アレックスは先頭に立つ鋭さを見
せ18分07秒881で2位、初の表彰台を得た。バトンはアレックスから5秒遅れ
で7位だった。
バトンとアレックスは、オールトンパークで行われたレースで、それぞれ5位、
6位に入り、アレックスのすぐ前でフィニッシュしたバトンは、対戦成績を
イーブンに戻した。バトンの決勝のタイムは27分39秒242で、アレックスの27
分43秒833より4秒早かった。 
アレックスの資金はその後再び底を突き、マレーシア青年スポーツ省がF1イギ
リスGPの行われた7月に援助を申し出たが、第9戦まで選手権を休まざるを得
なかった。
ここでバトンは2位、アレックスは知名度の低いヨーロッパのF3チームから出
走し11位に終わった。これで対戦成績はバトン3勝、アレックス2勝となった。
バトンは、イギリスF3選手権でシリーズ2位の位置を安泰なものとし、マカオ
とコリアF3GPの両方で2位に入るパフォーマンスを見せた後、F1ウィリアムズ
チームと契約することになった。
トップチームで走れなくなったアレックスは、全7戦のイタリアF3000選手権
の第5戦から参戦し、緒戦は25台中10位。次のドニントンでは2位表彰台、ペ
ルグーサでは5位を得た。
「僕は、マレーシアで他に例がないほど多くの支援者を得ることができて非常
にラッキーだ。支援してくれる人には感謝してもし尽くせないほどさ。支援者
には、よく知られたブランドであるTAGホイヤー、ブライルクリーム、マレー
シア航空、パングローブ保険や、マレーシア青年スポーツ省、株式会社ルマン、
そして日本レースプロモーション、これらは、僕が目標に向かって競技を続け
る上で、極めて重要な存在だ」とアレックスは締めくくった。
フォーミュラ・ニッポン第2戦は、4月16日にツインリンクもてぎで行われる。
アレックスとルマンが運営するチーム・マレーシアにとっては、これが今年2
度目の参戦となる
彼は、予選2回目でクラッシュしてしまってマシン修復が成らなかった第1戦
のことは忘れ、より良い成績を収めるべく期待に胸を膨らませている。アレッ
クスは、第1戦は予選14位だった。
■バトン/アレックスの対戦記録(1999 イギリスF3選手権)
ジェンソン・バトン   アレックス・ユーン
総合タイム    順位    総合タイム    順位
-------------------------------------------------------------------
第3戦スラクストン       23m 42.503s   優勝    23m 53.960s   6位
第4戦ブランズ・ハッチ   18m 25.788s   8位    18m 20.724s   5位
第5戦ブランズ・ハッチ   18m 12.841s   7位    18m 07.881s   2位
第6戦オールトン・パーク 27m 39.242s   5位    27m 43.833s   6位
第9戦シルバーストン     26m 24.564s   2位    26m 56.183s   11位
-------------------------------------------------------------------
注) 1.アレックスは1999年イギリスF3選手権の参戦は5戦のみ
2.ジェンソン・バトンは、マカオとコリアF3で価値ある成績(2位)を記録
3.アレックスは、マカオ7位、コリアはフィニッシュならず
情報提供:Alex Yoong Racing for Malaysia
          ** FMOTOR4F SysOp 北島滋穂(sdi00685@nifty.com) **

Japanese F3

F3_Rd2:記者会見要約

F3第2戦筑波 記者会見の要約
井出有治「赤旗でベストラップが出ていたのにタイムが無効となってしまった。
その後にアタックは気持ちを入れ替えていった。ポールからミスがなければ勝
てると思っていた。ミラーで後ろとの間隔を見ながら、無理せずそれなりのペ
ースで行ったら、徐々に離れた。落ち着いてからタイヤのタレに気を遣いなが
らチェッカーまで走った。リスタートは、エンストしたらどうしようというよ
うな事は考えず、さっきはホイールスピンしたから今度はうまくやろうという
ようにプラスに考えた」
荒 聖治「予選の条件はみんな一緒だったし、台数も多くタイヤの美味しいと
ころはなかなかうまく使えない。決勝は、スタートは2回ともうまく行ったけ
れど、ペースが上がらず離された。」
セバスチャン フィリップ「予選は結構トラフィックに引っかかって、クリア
がとれなかったが、これはみんな同じ。チームメイトに続いての2位だった。
レースのスタートは失敗して3位になり、井出と荒の2人に追いつくことがで
きず、ずっと同じような間隔でレースを終えてしまった。満足のいく結果では
ない」
JCG00146@nifty.ne.jp 竹下 恵一郎

Japanese F3

2000_JF3 ドライバーズポイント( 2/10戦)

(第2戦まで)
2000                    3   4   5   5   6   7   7   8   9  11
Japan                  /   /   /   /   /   /   /   /   /   /
Formula 3            26   9   4  21  11   2  30  20  24   5
Championship        鈴  筑  富  美  T  鈴  菅  茂  仙  鈴
Drivers-point      鹿  波  士  祢  I  鹿  生  木  台  鹿
Po-No-Driver----------Rd -1 --2 --3 --4 --5 --6 --7 --8 --9 -10-総合P-有効P
1 10 S.フィリップ       9   4                                    13    13
2 11 井出 有治           0   9                                     9     9
3  3 B.トルルイエ       6   0                                     6     6
3  2 荒 聖治             0   6                                     6     6
5  9 土屋 武士           4   0                                     4     4
6  5 高木 真一           3   0                                     3     3
6  7 黒澤 治樹           0   3                                     3     3
8 18 密山 祥吾           2   0                                     2     2
8 32 富澤 勝             0   2                                     2     2
10 64 本庄 康幸           1   0                                     1     1
10 17 佐々木 孝太         0   1                                     1     1
20 峰尾 恭輔           0   0                                     0     0
33 山口 明             0   0                                     0     0
8 サトウ カイチ       0   0                                     0     0
15 永守 正             0   -                                     0     0
77 平野 功             0   0                                     0     0
24 西澤 和之           0   0                                     0     0
38 五味 康隆           0   0                                     0     0
19 黒澤 翼             0   0                                     0     0
1 R.レヒナー         0   0                                     0     0
37 樋口 統也           -   0                                     0     0
6 西村 秀樹           -   0                                     0     0
***************************************************************************
* 1位から6位までに9-6-4-3-2-1のポイント
* 全10戦中ベスト7戦(70%)有効ポイント制
///// PDD01523 伊東 昭雄 /////

Formula Nippon

2000F_NIPドライバーズポイント(改訂版)

(第1戦まで)
2000                   3   4   5   6   7   7   8   9   9  11
Japan                 /   /   /   /   /   /   /   /   /   /
Formula Nippon      26  16  21   4   2  30  20   3  17   5
Championship       鈴  茂  美  富  鈴  菅  茂  富  美  鈴
Drivers-point     鹿  木  祢  士  鹿  生  木  士  祢  鹿
Po -No ----Driver ------Rd.-1 --2 --3 --4 --5 --6 --7 --8 --9 -10 ---総合P
1  0      高木 虎之介     10                                           10
2  6      M.クルム        6                                            6
3  5      服部 尚貴        4                                            4
4  55     金石 勝智        3                                            3
5  14     脇阪 薫一        2                                            2
6  19     本山 哲          1                                            1
3      近藤 真彦        0                                            0
11     立川 祐路        0                                            0
62     柴原 眞介        0                                            0
63     OSAMU            0                                            0
56     脇阪 寿一        0                                            0
2      松田 次生        0                                            0
12 Y.ヴィエルチューク  0                                            0
8      五十嵐 勇大      0                                            0
36     玉中 哲二        0                                            0
7      野田 英樹        0                                            0
10     山西 康司        0                                            0
68     道上 龍          0                                            0
9      R.ファーマン    0                                            0
**************************************************************************
* No.62,63,56,2,12は、総合結果の周回数は同一ラップだが、No.62は同一周回
数の中で、第2パートの順位が上位の為、総合9位となる
* No.8,36,7,10,68,9は、第2パートでの再スタートできず
* 1位から6位までに10-6-4-3-2-1のポイント
* 全10戦総ポイント制
* 予選通過基準タイム(110%)
///// PDD01523 伊東 昭雄 /////

Japanese F3

F3_Rd2:F3筑波決勝結果

筑波チャレンヂカップレース
全日本F3選手権第2戦筑波-RIJ-(2000-04-09) Race-Results
For All Japan Formula 3 Championship Rd.2 TSUKUBA Circuit(J) : 2.045km
Weather:Cloudy  Course:Dry
P.-No.Driver---------Car------------------Laps-Goal Time-km/h----
1 11 井出有治       Dallara F399/MF204    45  43'01.989 128.308
2  2 荒  聖治       Dallara F300/MF204    45   -  1.640
3 10 S.フィリップ   Dallara F300/MF204    45   -  4.367
4  7 黒澤治樹       Dallara F300/3S-GE    45   -  9.368
5 32 富澤  勝       Dallara F399/3S-GE    45   - 19.482
6 17 佐々木孝太     Dallara F300/MF204    45   - 19.922
7  5 高木真一       Dallara F399/3S-GE    45   - 24.401
8 64 本庄康幸       Dallara F399/MF204    45   - 25.237
9 33 山口  明       Dallara F300/3S-GE    45   - 29.842
10 20 峰尾恭輔       Dallara F399/3S-GE    45   - 30.613
11  8 サトウカイチ   Dallara F399/3S-GE    45   - 32.031
12 77 平野  功       Dallara F399/MF204    45   - 32.870
13 18 密山祥吾       Dallara F399/3S-GE    45   - 47.443
14 37 樋口統也       Dallara F397改/3S-GE  45   - 53.362
15  6 西村秀樹       Dallara F399/3S-GE    44   -  1 Lap
16* 3 B.トルルイエ   Dallara F300/3S-GE    44   -  1 Lap
17*19 黒澤  翼       Dallara F399/3S-GE    44   -  1 Lap
---------------------以上完走------------------------------------
24 西澤和之       Dallara F399/3S-GE    28   - 17 Laps
9 土屋武士       Dallara F399/SR20VE    0
38 五味康隆       Dallara F300/3S-GE     0
1 R.レヒナー     Dallara F300/3S-GE    出走せず
-----------------------------------------------------------------
Fastest Lap  #11 井出有治  0'52.890  19/45  19.195km/h
赤旗中断により、レース中断手順ケースA及び再スタート ケースAを採用
* #3,#19は、国内競技規則H項(黄旗追越し)違反によりペナルティストップ
10秒のペナルティを課された。
       ** FMOTOR4F SysOp 北島滋穂(sdi00685@nifty.com) **

Japanese F3

F3_Rd2:F3筑波フリー走行結果

筑波チャレンヂカップレース
全日本F3選手権第2戦筑波-RIJ-(2000-04-09) Free Practice-Session
For All Japan Formula 3 Championship Rd.2 TSUKUBA Circuit(J) : 2.045km
Weather:Fine  Course:Dry
P.-No.Driver---------Car------------------BestTime-km/h---
1 10 S.フィリップ   Dallara F300/MF204   0'51.997 141.585
2 64 本庄康幸       Dallara F399/MF204   0'52.111
3 11 井出有治       Dallara F399/MF204   0'52.145
4  2 荒  聖治       Dallara F300/MF204   0'52.324
5  3 B.トルルイエ   Dallara F300/3S-GE   0'52.442
6 17 佐々木孝太     Dallara F300/MF204   0'52.479
7 38 五味康隆       Dallara F300/3S-GE   0'52.522
8  5 高木真一       Dallara F399/3S-GE   0'52.653
9 32 富澤  勝       Dallara F399/3S-GE   0'52.658
10  7 黒澤治樹       Dallara F300/3S-GE   0'52.727
11 20 峰尾恭輔       Dallara F399/3S-GE   0'52.728
12  1 R.レヒナー     Dallara F300/3S-GE   0'52.751
13 18 密山祥吾       Dallara F399/3S-GE   0'52.792
14 77 平野  功       Dallara F399/MF204   0'52.895
15  9 土屋武士       Dallara F399/SR20VE  0'52.897
16 37 樋口統也       Dallara F397改/3S-GE 0'52.913
17 33 山口  明       Dallara F300/3S-GE   0'52.990
18  6 西村秀樹       Dallara F399/3S-GE   0'53.154
19 24 西澤和之       Dallara F399/3S-GE   0'53.460
20  8 サトウカイチ   Dallara F399/3S-GE   0'53.557
19 黒澤  翼       Dallara F399/3S-GE   計測できず
----------------------------------------------------------
予選結果で、無限MF204エンジンとした#6 西村秀樹、#37 樋口統也
はトヨタ3S-GEエンジンでした。お詫びして訂正します。
      ** FMOTOR4F SysOp 北島滋穂(sdi00685@nifty.com) **

Formula Nippon

FN:A.ユーンTAGホイヤーと契約リリース

>>>アレックス、マレーシアとシンガポールでのタグ・ホイヤー大使になる
2000年4月5日(水)クアラルンプール---タグ・ホイヤー・マレーシアは、
クアラルンプールで行われた記者発表会で、マレーシアとシンガポールでのタ
グ・ホイヤー大使として、マレーシア人がF1への参戦を熱望するアレックス・
ユーンと長期間タイアップすることを発表した。
「私はこの偉大なブランドとのタイアップを名誉に思う。タグ・ホイヤーの名
前は、私のヘルメットの、アイルトン・セナが彼のヘルメットに付けていたの
とほぼ同じ位置、そして同じように黄色い部分につけることになる」と、現在
は日本においてルマンとともにチーム・マレーシアとしてフォーミュラ・ニッ
ポンで戦うアレックスは嬉しそうに語った。
タグ・ホイヤー・マレーシアの総支配人、クリスチャン・ウェイスバッハは
「アレックスとタグ・ホイヤーは、「名声」「プロ意識」「型にとらわれない」
という点で同じ価値感を共有している。
我々は、アレックスが彼自身と彼の国のためにしていることを誇りに思ってい
る。現在、マレーシアでは彼に代わるようなレーシングドライバーはいない。
彼が未来において大きな成功を治めることを祈っている」とコメント。
タグ・ホイヤーにスポンサーシップされているスポーツのスター選手、ミカ・
ハッキネン、デビッド・クルサード、ボリス・ベッカー、モニカ・セレシュ、
そしてマリオン・ジョーンズの仲間にアレックスも加わることになった。
アレックスの他のスポンサーは、ブライルクリーム、ペングローバル保険、マ
レーシア航空、マレーシアスポーツ青年省、ルマン株式会社、日本レースプロ
モーションです。
情報提供:Alex Yoong Racing for Malaysia
このリリースの画像は、レーシングサロン"N"でご覧になれます。
https://www.nifty.ne.jp/palette/fmotor4f/1/
          ** FMOTOR4F SysOp 北島滋穂(sdi00685@nifty.com) **
/POST

全日本GT選手権

GT合同テスト(FISCO 4/8 PM)

*******************************************************************************
*                           富士スピードウェイ(4.400Km)*
*                        2000年GT-A合同テスト                            *
*                      4/8 午後 公開テスト 4回目              *
* 2000.04.08    天候:はれ   コース状況:ドライ     発表15:05   *
*******************************************************************************
Pos No C C-N ドライバー     車名               タイム   周回
---------------------------------------
1 18 5  1 寿一/金石      TAKATA 童夢 NSX                     1'25.860 32/51
2  6 5  2 野田/ガートナー エッソウルトロンタイガースープラ     1'26.472 18/20
3 100 5  3 麺章 服部尚貴 RAYBRIG NSX                        1'26.777 26/45
4  12 5  4 星野/本山    カルソニックスカイライン            1'26.873 14/39
5  64 5  5 伊藤/シュワガー Mobil 1 NSX                         1'26.972 37/44
6  30 5  6 山田/岡田    綜警 McLarenGTR                      1'27.030 24/35
7  8 5  7 亜久里/圭市   ARTA NSX                            1'27.395 19/46
8  21 5  8 一ツ山/中谷   ZEROマクラーレンGTR                  1'27.587  9/42
9  32 5  9 木下/近藤    cdma Oneセルモスープラ              1'27.643 30/43
10  25 5 1O 木下/織戸    エンドレス アドバン スープラ        1'27.711 31/39
11  39 5 11 正彦/ファーマン デンソーサードスープラGT          1'27.777 12/38
12   1 5 12 コマス/正美   ロックタイト・ゼクセルGT-R         1'27.808 53/57
13  2 5 13 右京/クルム   カストロール・ニスモGT-R          1'27.819 31/53
14  35 5 14 山路/ラファネル マツモトキヨシ・トムススープラ       1'27.976 19/52
15  36 5 15 関谷/武士    カストロール・トムス・スープラ      1'28.164 12/34
16  16 5 16 中子/道上    Castrol 無限 NSX                     1'28.228 11/39
17  37 5 17 荒/利男     カストロール・トムス・スープラ       1'28.612 19/52
18  7 3  1 山野/松本    RE雨宮マツモトキヨシRX7          1'34.648 33/42
19  26 3  2 松田/福山    シェルタイサンアドバンGT3R        1'34.752  4/44
20  81 3  3 大八木/青木   ダイシン シルピア                   1'34.956 11/42
21 19 3  4 薫一/原     ウェッズスポ一ツセリカ              1'35.616 12/21
22  31 3  5 新田/五十嵐   スーパーオートバックスアペックスMR-S 1'36.856  4/29
23  24 3  6 西澤/アピチュラ 986ボクスター             1'40.406  5/11
---------------------------------------
                 natsu.togen@nifty.ne.jp ** Natsuki Togen **

全日本GT選手権

GT合同テスト(FISCO 4/8 AM)

*******************************************************************************
*                           富士スピードウェイ(4.400Km)*
*                        2000年GT-A合同テスト                            *
*                      4/8 午前 公開テスト 3回目              *
* 2000.04.08    天候:はれ   コース状況:ドライ     発表11:00   *
*******************************************************************************
Pos No C C-N ドライバー     車名               タイム   周回
---------------------------------------
1  6 5  1 野田/ガートナー エッソウルトロンタイガースープラ    1'25.884 23/45
2  18 5  2 寿一/金石    TAKATA 童夢 NSX             1'25.912 29/42
3  30 5  3 山田/岡田    綜警 McLarenGTR                     1'26.410 27/28
4 16 5  4 中子/道上    Castrol 無限 NSX                    1'26.855 22/54
5  8 5  5 亜久里/圭市   ARTA NSX                            1'27.061 23/42
6 100 5  6 飯田/服部    RAYBRIG NSX                         1'27.073  3/42
7  64 5  7 伊藤/シュワガー Mobil 1 NSX                         1'27.159 32/43
8 12 5  8 星野/本山哲   カルソニックスカイライン            1'27.279  5/20
9  32 5  9 木下/近藤    cdma Oneセルモスープラ              1'27.374 35/49
1O  39 5 10 正彦/ファーマン デンソーサードスープラGT            1'27.395 36/46
11  3 5 11 長谷見/田中   ユニシア・ザナヴィスカイライン      l'27.499 40/54
12  37 5 12 荒/利男     カストロール・トムス・スープラ       1'27.756 29/40
13  1 5 13 コマス/正美   ロックタイト・ゼクセルGT-R          1'27.775 27/41
14  25 5 14 木下/織戸    エンドレスアドバンスープラ          1'27.923 28/48
15  21 5 15 一ツ山/中谷   ZEROマクラーレンGTR                 1'27.930 12/41
16  2 5 16 右京/クルム   カストロール・ニスモGT-R            1'27.980 16/33
17  36 5 17 関谷/武士    カストロ一ル・トムス・スープラ      1'28.337 29/41
18  35 5 18 山路/ラファネル マツモトキヨシ・トムススープラ      1'28.499 20/49
19  26 3 1 松田/福山    シェルタイサンアドバンGT3R          1'34.247 26/34
20 910 3  2 余郷/和田    ナインテン アドバン ポルシェ        1'34.412 37/46
21  7 3  3 山野/松本    RE雨宮マツモトキヨシRX7             1'34.771  8/49
22  19 3  4 薫一/原     ウェッズスポーツセリカ              1'34.793 20/39
23  31 3  5 新田/五十嵐   スーパーオートバックスアペックスMR-S 1'35.223  6/ 9
24  81 3  6 大八木/青木   ダイシン シルピア                  1'35.675 19/32
25  24 3 7 西澤/アピチュラ 986ボクスター                       1'39.981 16/24
26  86 3  8 田中/沢     BPクラフトトレノ                     
---------------------------------------
                 natsu.togen@nifty.ne.jp ** Natsuki Togen **

全日本GT選手権

GT合同テスト(FISCO 4/7 PM)

*******************************************************************************
*                           富士スピードウェイ(4.400Km)*
*                        2000年GT-A合同テスト                            *
*                      4/7 午後 公開テスト 2回目              *
* 2000.04.07    天候:はれ   コース状況:ドライ     発表16:30   *
*******************************************************************************
Pos No C C-N ドライバー     車名               タイム   周回
----------------------------------------
1  18 5  1 寿一/金石      TAKATA 童夢 NSX                      1'25.363 24/41
2   6 5  2 野田/ガードナー エッソウルトロンタイガースープラ     1'25.649 12/37
3  64 5  3 伊東/シュワガー Mobil 1 NSX                          1'25.983 27/41
4  30 5  4 山田/岡田      綜警 McLarenGTR                      1'26.470 27/41
5 100 5  5 飯田/服部       RAYBRIG NSX                          1'26.649  5/36
6   8 5  6 亜久里/圭市     ARTA NSX                             1'26.717 47/48
7 12 5  7 星野/本山       カルソニックスカイライン             1'26.746 27/40
8 16 5  8 中子/道上       Castrol 無限 NSX                     1'26.777 52/54
9 39 5  9 正彦/ファーマン デンソーサードスープラGT             1'27.237 25/48
1O  3 5 1O 長谷見/田中     ユニシア・ザナヴィスカイライン       1'27.334 27/43
11  21 5 11 一ツ山/中谷     ZEROマクラーレンGTR                  1'27.565 11/35
12  35 5 12 山路/ラファネル マツモトキヨシ・トムススープラ       1'27.575 38/45
13  32 5 13 木下/近藤       cdma Oneセルモスープラ              1'27.645 18/33
14  1 5 14 コマス/正美     ロックタイト・ゼクセルGT-R           1'27.745 30/52
15  2 5 15 右京/クルム     カストロール・ニスモGT-R              1'27.818 26/49
16 37 5 16 荒/利男         カストロ一ル・トムス・スープラ       1'27.894 16/47
17 25 5 17 木下/織戸    エンドレス アドバン スープラ         1'27.915 16/47
18 36 5 18 関谷/武士       カストロール・トムス・スープラ       1'28.420 23/83
19 86 3  1 田中/沢         BPクラフトトレノ                     1'33.876 14/47
20 91O 3  2 余郷/和田    ナインテン アドバン ポルシェ       1'34.441  6/39
21 19 3  3 薫一/原     ウェッズスポーツセリカ               1'34.455 49/52
22  7 3  4 山野/松本       RE雨宮マツモトキヨシRX7              1'34.570 28/32
23 26 3  5 松田/福山       シェルタイサンアドバンGT3R           1'34.639 16/38
24  81 3  6 大八木/青木   ダイシン シルピア                   1'36.211 26/35
25  31 3  7 新田/五十嵐     スーパーオートバックスアペックス MR-S 1'36.213 12/27
26  24 3  8 西澤/黒澤    986ボクスター                         1'39.909 17/27
----------------------------------------
                 natsu.togen@nifty.ne.jp ** Natsuki Togen **

全日本GT選手権

GT合同テスト(FISCO 4/7 AM)

*******************************************************************************
*                           富士スピードウェイ(4.400Km)*
*                        2000年GT-A合同テスト                            *
*                      4/7 午前 公開テスト 1回目              *
* 2000.04.07    天候:はれ   コース状況:ドライ     発表11:10   *
*******************************************************************************
Pos No C C-N ドライバー     車名               タイム   周回
---------------------------------------
1   6 5  1 野田/ガートナー エッソウルトロンタイガースープラ     1'26.498 22/26
2  18 5  2 寿一/金石    TAKATA 童夢 NSX                  1'26.554 12/46
3  30 5  3 山田/岡田    綜警 McLarenGTR                  1'26.673 24/40
4 100 5  4 飯田/服部    RAYBRIG NSX                      1'26.761 24/38
5  64 5  5 伊藤/シュワガー Mobi1 1 NSX                      1'26.946 35/50
6 21 5  6 一ツ山/中谷   ZEROマクラーレンGTR                1'27.180 32/33
7 81 5  7 亜久里/圭市   ARTA NSX                            1'27.230 35/41
8 12 5  8 星野/本山     カルソニックスカイライン             1'27.274 34/43
9  39 5  9 正彦/ファーマン デンソーサードスープラGT             1'27.369 33/51
10  3 5 1O 長谷見/田中   ユニシア・ザナヴィスカイライン    1'27.385 33/50
11 16 5 11 中子/道上    Castrol 無限 NSX                  1'27.387 20/42
12  2 5 12 右京/クルム   カストロール・ニスモGT-R             1'27.546 27/51
13 25 5 13 木下/織戸    エンドレス アドバン スープラ        1'27.562 35/36
14  35 5 14 山路/ラファネル マツモトキヨシ・トムススープラ      1'27.911 31/55
15  32 5 15 木下/近藤    cdma Oneセルモスープラ              1'28.032 13/18
16  37 5 16 荒/利男     カス卜ロール・トムス・スープラ     1'28.374 39/47
17 1  5 17 コマス/正美   ロックタイト・ゼクセルGT-R          1'28.528  6/4O
18 910 3 1 余郷/和田      ナインテン アドバン ポルシェ        1'33.958 42/43
19  86 3  2 田中/沢         BPクラフトトレノ                    1'34.732 16/17
20  19 3  3 薫一/原     ウェッズスポーッセリカ              1'34.732 25/49
21  7 3  4 山野/松本       RB雨宮マツモトキヨシRX7             1'35.066 17/44
22  26 3  5 松田/福山    シェルタイサンアドバンGT3R           1'35.066 11/35
23  81 3  6 大八木/青木   ダイシン シルピア                1'35.976 20/38
24 31 3  7 新田/五十嵐    スーパーオートバックスアペックスMR-S 1'36.388 12/13
25  24 3  8 西沢/黒澤    986ボクスター                  1'39.252 16/18
---------------------------------------
                 natsu.togen@nifty.ne.jp ** Natsuki Togen **

Japanese F3

F3_Rd2:F3筑波予選結果

筑波チャレンヂカップレース
全日本F3選手権第2戦筑波-RIJ-(2000-04-08) Qualifying-Session
For All Japan Formula 3 Championship Rd.2 TSUKUBA Circuit(J) : 2.045km
Weather:Fine  Course:Dry
P.-No.Driver---------Car------------------BestTime-
1 11 井出有治       Dallara F399/MF204   0'52.267
2 10 S.フィリップ   Dallara F300/MF204   0'52.294
3  2 荒  聖治       Dallara F300/MF204   0'52.358
4  9 土屋武士       Dallara F399/SR20VE  0'52.405
5  7 黒澤治樹       Dallara F300/3S-GE   0'52.469
6 38 五味康隆       Dallara F300/3S-GE   0'52.487
7 32 富澤  勝       Dallara F399/3S-GE   0'52.527
8  3 B.トルルイエ   Dallara F300/3S-GE   0'52.559
9  1 R.レヒナー     Dallara F300/3S-GE   0'52.562
10 17 佐々木孝太     Dallara F300/MF204   0'52.575
11 64 本庄康幸       Dallara F399/MF204   0'52.638
12  5 高木真一       Dallara F399/3S-GE   0'52.655
13 33 山口  明       Dallara F300/3S-GE   0'53.023
14 18 密山祥吾       Dallara F399/3S-GE   0'53.057
15 20 峰尾恭輔       Dallara F399/3S-GE   0'53.082
16  8 サトウカイチ   Dallara F399/3S-GE   0'53.106
17 19 黒澤  翼       Dallara F399/3S-GE   0'53.112
18  6 西村秀樹       Dallara F399/MF204?  0'53.130
19 77 平野  功       Dallara F399/MF204   0'53.174
20 37 樋口統也       Dallara F397改/MF204?0'53.620
21 24 西澤和之       Dallara F399/3S-GE   0'53.651
----------------------------------------------------
  ** FMOTOR4F SysOp 北島滋穂(sdi00685@nifty.com) **

Formula Nippon

FN_Rd1:Fニッポン鈴鹿決勝結果(訂正版)

2000年全日本選手権フォーミュラ・ニッポン第1戦 鈴鹿サーキット              2000-04-08      
ミリオンカードカップ2&4レース                           WEATHER  : Rain
フォーミュラ・ニッポン              決勝総合正式結果表(訂正版)      COURSE   : Wet
国際レーシングコース
P. No. Rider         Type                          Team Lap    Total      Delay
-------------------------------------------------------------------------------
1  0 高木 虎之介    レイナード 2KL MF308     PIAA NAKAJIMA 32 42'12.632 
2  6 ミハエル・クルム       レイナード 99L MF308            5ZIGEN 32 42'14.900      2.268
3  5 服部 尚貴      レイナード 99L MF308            5ZIGEN 32 42'47.332     34.700
4 55 金石 勝智      レイナード 99L MF308              ARTA 32 42'50.769     38.137
5 14 脇阪 薫一      レイナード 99L MF308         MOONCRAFT 32 43'00.301     47.669
6 19 本山  哲       レイナード 99L MF308        TEAM IMPUL 32 43'25.145   1'12.513
7  3 近藤 真彦      レイナード 99L MF308     Olympic KONDO 32 43'31.610   1'18.978
8 11 立川 祐路      レイナード 99L MF308  COSMO OIL CERUMO 32 43'54.767   1'42.135
9#62 柴原 眞介      レイナード 2KL MF308            LEYJUN 31 43'03.101       1Lap
10 63 OSAMU          レイナード 99L MF308            LEYJUN 31 42'18.972       1Lap
11 56 脇阪 寿一      レイナード 99L MF308              ARTA 31 42'23.911       1Lap
12  2 松田 次生      レイナード 99L MF308     PIAA NAKAJIMA 31 42'34.622       1Lap
13 12 ヤレック・ヴィエルチューク レイナード 99L MF308  COSMO OIL CERUMO 31 42'45.679       1Lap
以上 規定周回数完走:
* 8 五十嵐 勇大    レイナード 99L MF308            LeMans 10               22Laps
*36 玉中 哲二      レイナード 99L MF308        TAKAGI B-1 10               22Laps
* 7 野田 英樹      レイナード 99L MF308            LeMans  9               23Laps
*10 山西 康司      GフォースGF03B MF308     Morinaga NOVA  9               23Laps
*68 道上  龍       レイナード 2KL MF308 DoCoMo  DANDELION  9               23Laps
* 9 ラルフ・ファーマン      GフォースGF03B MF308     Morinaga NOVA  4               28Laps
周回数は、第1パート(10周)と第2パート(22周)の合算です。
第1パート  開始時刻                14:34'41        
セーフティーカー 導入時刻       14:44'04 
     解除時刻     14:52'16  
2回目導入時刻  14:56'49
     赤旗提示時刻             15:01'22
第2パート  開始時刻         15:55'06             
終了時刻                16:37'18
第1パート  (WEATHER: Rain  COURSE: Wet)  第2パート  (WEATHER: Cloudy  COURSE: Dry)
Fastest Lap  
No.0 高木 虎之介 PIAA NAKAJIMA 1'46.734 第2パート 20/22 197.79Km/h
# No.62,63,56,2,12は、総合結果の周回数は同一ラップだが、
No.62は同一周回数の中で、第2パートの順位が上位の為、総合9位となる。
* No.8,36,7,10,68,9は、第2パートでの再スタートできず。
規定周回数 28
提供:鈴鹿サーキットランド
** FMOTOR4F SysOp 北島滋穂(sdi00685@nifty.com) **

Formula Nippon

FN:ユーン、タッグ・ホイヤーと契約

 4月5日、タッグ・ホイヤー・マレーシアは、クアラルンプールで記者会見を行い、
マレーシアとシンガポールにおけるタッグ・ホイヤーの大使としてアレックス・
ユーン選手と長期間のタイアップを行うことを発表した。
 これにより、彼はミカ・ハッキネンやデビッド・クルサード、ボリス・ベッカー、
モニカ・セレス等偉大なスポーツ選手に続き、タッグ・ホイヤーのスポンサードを
受けることになった。
★アレックス・ユーンのコメント
 「こんな大きなブランドとタイアップできるなんて、名誉なことだよ。タッグ・
ホイヤーのブランドが僕のヘルメットにつく位置は、アイルトン・セナが彼のヘル
メットに付けていた所と同じ位置なんだ。うまいことに、バックが黄色だった物でね」
          /*** FMOTOR4 山川 順治/SDI00976(RIJ) ***/

全日本GT選手権

JGT-Rd1:ホンダ・もてぎリリース

2000年4月3日
本田技研工業株式会社
広報部/モータースポーツ部
2000 AUOTBACS CUP 全日本GT選手権シリーズ第1戦“MOTEGI GT CHAMPION RACE”
ホンダ NSX 第1戦で2-3位を獲得!
公式予選は1-2-3位を独占!
○開催日  :2000年4月1(土)~2日(日)
○開催地   :栃木県 ツインリンクもてぎ(コース全長:4.801379km)
○決勝レース :63周(約302.387km)
○天 候  :予選日/晴れ   決勝日/薄曇り→晴れ
○コースコンディション:予選日/ドライ 決勝日/ドライ
○観客数 :42,500人(主催者発表)
 国内モータースポーツのトップカテゴリーの一つである2000年全日本GT選手権シ
リーズが、「もてぎGTチャンピオンレース」を開幕戦として、4月1日(土)~2日
(日)、栃木県ツインリンクもてぎにおいて開催された。
 本年のNSX勢は、昨年の3チーム4台に1チーム1台を加え、4チーム5台の新
体制でそれぞれニューカラーリングを身に纏い、ツインリンクもてぎに集合した。
 1日(土)に行われた公式予選は、TAKATA童夢NSXが2番手を1秒474引き離すコース
レコードでポールポジションを獲得。2番手はCastrol無限NSX、3番手はRAYBRIG 
NSXと、NSX勢は公式予選1-2-3位を独占した。
 2日(日)の決勝レースは、Castrol無限NSXが常に上位でコンスタントに走り第2位、
Mobil 1 NSXが予選13番手から素晴らしい追い上げを見せ第3位を獲得。シリーズの今
後に大きな期待を持たせた。
●MOTEGI GT CHAMPION RACE 出場チームと戦績
┌─┬────────┬──────────┬─────┬─────┬─┬─┐
│No.│マシン名       │エントラント名      │監 督    │ドライバー│QF│FI│
├─┼────────┼──────────┼─────┼─────┼─┼─┤
│  │                │AUTOBACS RACING     │          │鈴木亜久里│10│7│
│8│ARTA NSX        │                    │鈴木亜久里│          │  │  │
│  │                │TEAM AGURI          │          │土屋 圭市 │位│位│
├─┼────────┼──────────┼─────┼─────┼─┼─┤
│  │                │                    │          │中子 修  │2│2│
│16│Castrol 無限 NSX│                    │          │          │  │  │
│  │                │                    │          │道上 龍  │位│位│
├─┼────────┤ 無限×童夢        │熊倉 淳一 ├─────┼─┼─┤
│  │                │    プロジェクト    │          │脇阪 寿一 │P.│  │
│18│TAKATA 童夢 NSX │                    │          │          │  │R│
│  │                │                    │          │金石 勝智 │P.│  │
├─┼────────┼──────────┼─────┼─────┼─┼─┤
│  │                │                    │          │伊藤 大輔 │13│3│
│64│Mobil 1 NSX    │Mobil1 Nakajima     │中嶋 悟  │          │  │  │
│  │                │          Racing    │          │シュワガー│位│位│
├─┼────────┼──────────┼─────┼─────┼─┼─┤
│  │                │チーム国光          │          │飯田 章  │3│  │
│100│RAYBRIG NSX    │                    │高橋 国光 │          │  │R│
│  │                │with MOONCRAFT      │          │服部 尚貴 │位│  │
└─┴────────┴──────────┴─────┴─────┴─┴─┘
※タイヤ=全車ブリヂストン
 3月31日(金)に行われたフリー走行では、午前・午後ともTAKATA童夢NSXがトップタ
イムをマークしトータル2番手はCastrol無限NSXと、NSX-GT 00スペックの俊足ぶりを
見せつけた。また、GT-A合同テスト時に発生していた駆動系トラブルは、限られた時
間の中で取り得る最大限の対策部品が用意され、このセッションで効果確認が行われ
た。
○公式予選 4月1日(土) 第1回/10:55~11:55 第2回/15:00~16:00
 昨年と同じくGT500クラス占有で開始された公式予選第1回の最初の20分は、TAKAT
A童夢NSXの脇阪寿一選手が、ただ一人コースレコードの1分47秒976をマーク、暫定の
ポールポジションを手中に収めた。
 前日のフリー走行2番手だったCastrol無限NSXの道上龍選手は、懸命のタイムアタ
ックを見せたが、トランスミッション・トラブルが発生しタイムロス。3番手のタイ
ムでこのセッションを終了した。
 RAYBRIG NSXは、飯田章選手がタイムアタック。6番手までタイムを詰めピットに戻
った。
 ARTA NSXは鈴木亜久里監督兼選手がハンドルを握りタイムアタック。ゼッケン通り
の8番手。
 Mobil 1 NSXはドミニク・シュワガー選手がタイムアタックに出走したが、アタック
を開始した頃に第5コーナーでスピン、コースアウトを喫してしまった。直ぐに再走
しピットに戻ったものの、マシン整備のため予選第1回の残りの時間はピットに止ま
ることとなった。
 混走の20分は、Mobil 1 NSXを除き各車ともドライバーを交代し、基準タイムをクリ
アしセッティングを確認していた。
 午後15時から予定されていた公式予選第2回は、やや遅れ15時05分から開始された。
 インターバルの間にセッティングの変更を行ったTAKATA童夢NSXの脇阪選手が、再度
タイムアタック。GT500クラス占有時間の後半、自らのコースレコードをさらに短縮す
る1分46秒968をマーク。ポールポジションを確定した。
 Castrol無限NSXは、インターバルの間にトラブルを修復、道上選手がアタックを行
い1分48秒442のタイムで第2位に浮上。RAYBRIG NSXの飯田選手も、1分48秒574とタ
イムアップに成功し、第3位。ホンダNSXは公式予選1-2-3位を独占することとな
った。
 ARTA NSXはこの回、第9位。トータルでは第10位、5列目からのスタートとなった。
 Mobil 1 NSXは、インターバルの間にマシンを整備し、再度アタックを行ったがタイ
ムアップならず、第13位7列目からのスタートとなった。
 この結果ホンダNSX勢は、予選1-2-3位を独占。翌日の決勝レースに期待がもた
れた。
○決勝レース 4月2日(日) 14:00~ 63ラップ
朝8時30分からのフリー走行でもTAKATA童夢NSXはトップタイムをマーク。好調ぶり
をしめしていた。
 14時、全車きれいにスタート。2000年の全日本GT選手権の幕が切って落とされた。
 道上選手がハンドルを握るCastrol無限NSXは、予選2番手、フロントローからスター
ト。セイフティカー・ランまで2番手をキープしていたが、再スタート時に3番手に
順位を落とした。その後ドライバーを中子選手に替わったCastrol無限NSXは、TAKATA
童夢NSXのリタイアにより2番手に復帰すると、そのポジションをキープ。後続との差
を見ながらコンスタントに走りきり、第2位でチェッカーフラッグを受けた。
 予選13番手からのスタートとなったMobil 1 NSXは、D.シュワガー選手が乗車してス
タート。中段からの追い上げとなったD.シュワガー選手は、序盤素晴らしい追い上げ
を見せ、1周目11番手、3周目9番手、4周目8番手、13周目7番手と順位を上げて
いった。セイフティカー・ラン解除された後の18周目には5番手にまで浮上。ルーチ
ンのピットストップの混乱が収まった37周目には4番手を走行していた。その後3番
手に浮上するとコンスタントにラップを刻み、着実に残りラップを消化、第3位でチ
ェッカーフラッグを受けた。
 予選10番手のARTA NSXは、鈴木監督兼選手がハンドルを握りスタート。序盤他車と
接触するなどファイト溢れる走りを見せる鈴木監督兼選手は、徐々に順位を上げ7番
手の28周目、土屋選手にバトンタッチ。ハンドルをまかされた土屋選手は、息付き症
状がでるなどマイナートラブルを抱えたマシンをいたわりながらポジションをキープ。
第7位でチェッカーフラッグを受けた。
 ポールポジションからスタートしたTAKATA童夢NSXは、脇阪選手がハンドルを握り、
後続を引き離しにかかる。ところが2番手のCastrol無限NSXを約7秒ほどリードした
13週目、他チームのマシンが接触からクラッシュしコース状に部品が撒き散らされた
ため、コース清掃にセイフティカーが導入され隊列は一列縦隊となり、リードは無く
なってしまった。17周目再スタート、脇阪選手は再びリードを広げにかかる。32周目、
約11秒のリードをつくりルーチンのピットイン。ドライバーを金石勝智選手に交代、
タイヤを替えガソリンを補給してコースへ復帰した。上位陣のピットストップが一段
落した37周目、TAKATA童夢NSXはトップに返り咲き後続との差11秒あまりをさらに引き
離しにかかる。ところが40周目、突然スローダウン、コースサイドにマシンを止めて
しまった。本レースで、ここまで快調にきたTAKATA童夢NSXにとって痛恨のミッション・
トラブルで、そのままリタイアとなった。
 予選3番手のRAYBRIG NSXは、飯田選手がスターティングドライバーを務め、序盤3
番手をキープしていたが、8周目ロックタイト・ゼクセルGT-Rに先行され4番手。そ
の後も今ひとつペースが上がらず、ドライバー交代後は8番手を走行していたが、52
周目、エンジントラブルからピットロード出口付近にマシンを止め、リタイアとなっ
た。
 レースは、TAKATA童夢NSXのリタイアの後トップをキープしたロックタイト・ゼクセ
ルGT-Rが、ミレニアム初戦を飾った。
○2位 無限×童夢プロジェクト 熊倉 淳一監督
「TAKATA童夢NSXは、残念な結果でした。フリー走行から予選、朝のウォームアップ
と調子が良かったので、思い切って行かせたのですが肝心なところでトラブルが出て
しまいました。Castrol無限NSXは、18号車とは違いトラブルが続いていたので、決勝
レースもペースを押さえ完走を狙っていました。二人のドライバーも良く指示に従い
我慢の走りをしてくれました。00スペックの2台には、限られた時間の中で出来る対
策は施してレースに臨みましたが、まだ十分ではなかったですね。今週末の富士スピー
ドウェイのテストと、連休のレースまでにさらに対策を施して、今度こそ2台で上位
を走らせます。期待して応援してください。」
○Castrol 無限 NSX 中子 修選手
「走りきれるか不安だったけど、メカニックが徹夜続きで頑張ってくれたし、表彰
台に立てて嬉しいね。道上選手とコンビを組んで今年で3年目だし、まだチャンピオ
ンを獲得していないのでぜひ欲しい。00スペックのNSXは車体がかなり良くなっている
し、次のレースは勝ちにいくよ。」
○Castrol 無限 NSX 道上 龍選手
「今回は予選からミッションの問題が出てしまって、決勝は完走を第一に考えて走
りました。その結果、無事に走りきって2位でチェッカーを受けることができて良か
ったです。00スペックのポテンシャルは本当に高いですよ。ウチは開発チームなので、
これから富士スピードウェイでテストを行ってミッションの信頼性を上げるべく頑張
ります。NSXでチャレンジして3年目になるので、今シーズンはホンダ勢の中で一番、
そしてチャンピオンを獲得したいですね。」
○3位 Mobil1 Nakajima Racing 中島 悟総監督
「チーム一丸となって獲得した3位表彰台だと思います。両ドライバーもスタッフ
も完璧な仕事をしてくれました。次は我がチームの優勝経験がある富士スピードウェ
イです。チャンピオン争いができるようにチーム一丸となり頑張ります。」
○Mobil 1 NSX 伊藤 大輔選手
「シュワガー選手から自分に交代してから安定して周回することができました。チ
ーム一丸となって、予選の不振から3位表彰台なのですごく嬉しいです。」
○Mobil 1 NSX ドミニク・シュワガー選手
「予選は本当にがっかりしたけど、日曜日のフリー走行からは車のフィーリングが
すごく良かった。決勝で車の状態はパーフェクトだった。いい仕事ができたと思う
よ。」
○7位 AUTOBACS RACING TEAM AGURI(ARTA NSX) 鈴木亜久里監督兼選手
「スタートでは狙い通りにポジションを上げることができたけど、2周目はアウト
側がダートだったので引くに引けず、派手なバトルをしてしまった。前半、タイヤを
温存して後半にスパートをかけたけど、まだまだいけたね。マシンセッティングをは
じめ、問題点は全部わかった。今シーズンは土屋圭市選手と二人で、お客さんが楽し
めるレースをしていくから期待してよ。」
○ARTA NSX 土屋 圭市選手
「決勝ではいいペースでいけたんだけど、ピット作業で2台に抜かれてしまったの
と井出選手をなかなか抜けなかったのが悔しかったね。でも決勝レースで何とかNSXの
乗り方がわかってきたよ。00スペックのNSXは本当に速いから新車が来るのが今から待
ち遠しいね。」
○TAKATA 童夢 NSX  脇阪 寿一選手
「自分が乗っていたときは何の問題もなかったのに…。優勝できると思ったのに突
然のことでした。16号車(道上・中子組)とはペースが違ったしね。でも今回は予選
で46秒台、決勝でもいい走りができていたので、次のレースはイケるよ。」
○TAKATA 童夢 NSX 金石 勝智選手
「今回のレースは残念でした。00スペックのNSXは運動性能が高くて扱いやすく、決
勝レースを通してもいいタイムをキープできたのですが…。チームスタッフも本当に
よくやってくれているので今度はぜひ優勝したい。」
○RAYBRIG NSX  飯田 章選手
「残念な結果でしたが、レース内容は悪くなかったと思う。今シーズンのチーム監
督は昨年まで一緒に走っていた高橋国光さん。そして今年はNSXの10周年ということで、
新しいパートナーの服部選手と二人でチームタイトル、そしてチャンピオンを狙って
いきたいですね。」
○RAYBRIG NSX  服部 尚貴選手
「飯田選手から交代してから、徐々に車の調子が悪くなり、結局リタイアになって
しまった。NSXはコーナーリングがとても速いから、確実なマシンコントロールを要求
される車だね。だからドライバーにとっては難しいところもあるけどやりがいがある
よ。昨年は思ったようなレースができなかったシーズンだったので、今シーズンは今
までの経験をフルに生かして頑張ります。」
  提供:本田技研工業株式会社 広報部

全日本GT選手権

JGTC_Rd1:ポイント表(1/7)

《全日本GT選手権ポイント表》 1戦/全7戦中
☆ ドライバーズ・チャンピオンシップ
1. E.コマス/影山 正美   20 Points
2. 中子 修 /道上 龍    15 Points
3. 伊藤 大輔/D.シュワガー  12 Points
4. 竹内 浩典/立川 祐路      10 Points
5. 長谷見昌弘/田中 哲也       8 Points
☆ チーム・チャンピオンシップ
1. NISMO         26 Points
2. 無限×童夢プロジェクト      15 Points
3. Mobil 1 NAKAJIMA RACING     12 Points
4. TOYOTA TEAM CERUMO          10 Points
5. ハセミモータースポーツ       8 Points
   * FMOTOR4_SysOp 新倉芳夫 (SDI00686)-RIJ *

全日本GT選手権

JGTC_Rd1:もてぎ決勝結果(暫定)

2000 AUTOBACS CUP ALL JAPAN GT CHAMPIONSHIP Round 1
もてぎGTチャンピオンレース
全日本GT選手権第1戦 TRもてぎ -RIJ- (2000-04-02) Provisional Race Results
For All Japan GT Championship Rd.1 Twin Ring MOTEGI(J):4.801379km
Weather:Fine  Course:Dry
P--No.Cls----Car-----------------------------Drivers--------Lap-Goal Time--
1   1 500  1 ロックタイト・ゼクセルGT-R      コマス/正美     63 2:03'54.058
146.48 km/h
2  16 500  2 Castrol無限NSX                  中子/道上       63  -   23.136
3  64 500  3 Mobil 1 NSX                     伊藤/シュワガー 63  -   40.870
4  38 500  4 FK/マッシモセルモスープラ       竹内/立川       63  -   53.289
5   3 500  5 ユニシア・ザナヴィスカイライン  長谷見/田中     63  -   54.611
6   2 500  6 カストロール・ニスモGT-R        井出/クルム     63  -   56.306
7   8 500  7 ARTA NSX                        亜久里/土屋圭市 63  -   57.934
8   6 500  8 エッソウルトロンスープラ        野田/ガードナー 63  - 1'30.396
9  37 500  9 カストロール・トムス・スープラ  荒/鈴木         63  - 1'47.522
10  39 500 10 デンソーサードスープラGT        影山/ファーマン 62  -   1 Lap
11  32 500 11 cdma Oneセルモスープラ          木下/近藤       62  -   1 Lap
12  35 500 12 マツモトキヨシ・トムススープラ  山路/ラファネル 62  -   1 Lap
13  25 500 13 エンドレスアドバンスープラ      木下/織戸       62  -   1 Lap
14  21 500 14 ZEROマクラーレンGTR             一ツ山/中谷     61  -   2 Laps
15  88 500 15 ノマドディアブロGT-1            古谷/高橋       59  -   4 Laps
16  26 300  1 シェルタイサンアドバンGT3R      松田/福山       59  -   4 Laps
17   7 300  2 RE雨宮マツモトキヨシRX7         松本/山野       59  -   4 Laps
18* 55 500 16 イクリプスRDタイサンバイパー    須賀/柴原       59  -   4 Laps
19  19 300  3 ウェッズスポーツセリカ          脇阪薫一/原     58  -   5 Laps
20 910 300  4 ナインテンアドバンポルシェ      余郷/和田       58  -   5 Laps
21  81 300  5 ダイシンシルビア                大八木/青木     58  -   5 Laps
22  31 300  6 スーパーオートバックスアペックスMR-S 新田/五十嵐58  -   5 Laps
23  10 300  7 アビリティ・マリオポルシェ      檜井/山岸       58  -   5 Laps
24  70 300  8 外車の外国屋アドバンポルシェ    石橋/スクート   57  -   6 Laps
25 111 300  9 JIM GAINER F355                 井倉/真希       56  -   7 Laps
26  27 300 10 ダンテールプロジェポルシェ   佐々木孝太/西澤誠剛56  -   7 Laps
27  12 500 17 カルソニックスカイライン        星野/本山       54  -   9 Laps
28  24 300 11 986ボクスター                西澤和之/アピチェラ51  -  12 Laps
--------------以上完走------------------------------------------------------
100 500    RAYBRIG NSX                     飯田/服部       52  -  11 Laps
18 500    TAKATA童夢NSX                   脇阪寿一/金石   39  -  24 Laps
9 300    大黒屋ARCぽるしぇ               佐々木秀六/日置 36  -  27 Laps
30 500    綜警McLaren GTR                 山田/岡田       26  -  37 Laps
36 500    カストロール・トムス・スープラ  関谷/土屋武士   11  -  52 Laps
911 300    ダイアモンドアドバンポルシェ    石原/砂子        9  -  54 Laps
11 300    アビリティ・マリオポルシェ      北浦/宮城       出走せず
-----------------------------------------------------------------------------
レース中のベストタイム #18 TAKATA童夢NSX 1'48.462  4/39
* #55は、ピットレーン速度違反によりレース結果に1分加算
(この暫定結果は、発表後クレーム等がなければそのまま正式結果になります)
*** FMOTOR4F SysOp 北島滋穂(SDI00685@nifty.com) ***

全日本GT選手権

JGTC_Rd1:もてぎ決勝レポート

2000 AUTOBACS CUP ALL JAPAN GT CHAMPIONSHIP Round 1
もてぎGTチャンピオンレース
 決勝スタート時刻が近づくにつれ暖かくなってきた。ピットウォークでは多
くのファンが詰めかけ、ピットロードは大賑わいだ。
 午後2時、1周のローリングから63周のレースがスタート。
 #18-16-100-1と予選順で1コーナーをクリア。
1周目 #18-16-100-1-12-30-3-38-8-32-64-36-39……
2周目 #18-16-100-1-12-3-38-30-8-64-32-36-6…… トップ5までが抜け出す
3周目 #32スープラピットイン 接触でタイヤを痛めたようだ
5周目 #18-(3.4秒)-16-100-1-12-3-38-64-8-6……
GT300クラスは26,910 2台のポルシェGT3Rが抜け出している
8周目 #18-(5.4秒)-16-1-100-12-3-38-64-8-6……  #1スカイラインが3位に浮上
10周目 13位#37スープラ、スピン。コース復帰するも大きくタイムロス。
12周目 3コーナー?で#911ポルシェに#36スープラが追突。2台ともストップ。
13周目 #18-(4.6秒)-16-1-100-12-3-64-38-8-6……
GT300 #26-910-7-19-81-
14周目 ストップした車両の排除、コース清掃を行うためセーフィティカー入る
15周目 5位を走行していた#12スカイラインがコース上にストップ。ドライバー
本山はマシンから降りオフィシャルにコックピット内後方?の消化を指示。
その後自らピットへ戻る。
17周目 再スタート。#1スカイラインがこのタイミングを利用して#16NSXをすか
さずパス。2位浮上。
18周目 #18-(1.8秒)-1-16-100-64-3-8-38-6-2……
20周目 #18-(3.6秒)-1-16-100-64-3-8-38-2-6……
25周目 ピット作業をしていた#12スカイライン、コース復帰。
#18-(7.2秒)-1-16-100-64-3-8-38-2-6……
26周目 #35スープラ、ピットイン
27周目 #30マクラーレン、#8NSXピットイン。#30はミッショントラブルらしく
ピットアウトできず。
28周目 #100NSXピットイン。
29周目 #38スープラピットイン
30周目 #64NSXピットイン。
31周目 トップ#18NSXピットイン。
32周目 #16NSXピットイン。
33周目 一時的ではあるものの#1-3-2とスカイラインが1~3位
#1スカイライン、#3スカイラインピットイン。
34周目 #1スカイラインコース復帰するが順位に変動はなし。#18NSXがトップ。
36周目 暫定的にトップを走っていた#2スカイライン、ピットイン。
これでGT500上位陣は全てルーティンのピットストップを終えた。
37周目 #18-(10.6秒)-1-16-64-2-3-38-8-100-6……
40周目 トップ快走中の#18NSXスローダウン!!ウィークポイントの駆動系のようだ?
#1-(9.7秒)-16-64-3-38-2-8-100-6-37……
残り23周、一転追う立場になったNSXは、#16NSX(中子)が逃げる#1スカイラ
イン(正美)を追う。
42周目 #1-(9.0)-16-64-3-38-2-8-100-6-37……
44周目 #1-(8.0)-16
46周目 #1-(9.8)-16
48周目 #1-(10.7)-16
50周目 #1-(10.1)-16-64-3-38-2-8-100-6-37……
GT300 #26-7-19-31-10-81-910
53周目 #100NSXストレートで白煙上げ、ピットロード出口付近にマシン止める。
54周目 #1-(15.7)-16-64-38-3-2-8-6-37-32……
GT300の4位争いが熾烈 #910,#81,#31が競り合う
58周目 #1-(19.5)-16-64-38-3-2-8-6-37-32……
60周目 #1-(20.0)-16-64-38-3-2-8-6-37-32……
GT300 #26-7-19-910-81-10-31
FINISH #1スカイライン、正美が右手を高々と挙げてチェッカー。
GT500 #1-16-64-38-3-2-8-6-37-39-32-35……
GT300 #26-7-19-910-81-31-10……
 強さに速さを加えた#1ロックタイト・ゼクセルGT-Rが、大量リードを築いて
開幕戦を制した。
「コノレースハホントニタノシカッタ。アタラシイクルマダケドドラブルナシ。
ホントニウレシイ」とコマス。「もっともっと勝ちたい」と正美。
 速さでは抜き出ていたポールシッター#18TAKATA童夢NSXだが、心配されたア
キレス腱の駆動系にトラブルが出てしまった。
■レース結果(暫定TOP6)
GT500
P--No.Cls--Car-----------------------------Drivers--------
1   1 500  ロックタイト・ゼクセルGT-R      コマス/正美    
2  16 500  Castrol無限NSX                  中子/道上      
3  64 500  Mobil 1 NSX                     伊藤/シュワガー
4  38 500  FK/マッシモセルモスープラ       竹内/立川      
5   3 500  ユニシア・ザナヴィスカイライン  長谷見/田中    
6   2 500  カストロール・ニスモGT-R        井出/クルム    
GT300
P--No.Cls--Car-----------------------------Drivers--------
1  26 300  シェルタイサンアドバンGT3R      松田/福山       
2   7 300  RE雨宮マツモトキヨシRX7         松本/山野       
3  19 300  ウェッズスポーツセリカ          脇阪薫一/原     
4 910 300  ナインテンアドバンポルシェ      余郷/和田       
5  81 300  ダイシンシルビア                大八木/青木     
6  31 300  スーパーオートバックスアペックスMR-S 新田/五十嵐
*** FMOTOR4F SysOp 北島滋穂(SDI00685@nifty.com) ***

全日本GT選手権

JGTC_Rd1:もてぎフリー走行結果

2000 AUTOBACS CUP ALL JAPAN GT CHAMPIONSHIP Round 1
もてぎGTチャンピオンレース
決勝日朝ももてぎは快晴、風も強くなく絶好のレース日和だ。
午前8時30分から行われたフリー走行は、途中コース上のオイル処理を行うた
め12分程度中断はあったものの、各車決勝に向けてのチェックを行った。ここ
でもポールシッターの#18 TAKATA童夢NSXがトップ。仕上がりの良さを見せた。
全日本GT選手権第1戦 TRもてぎ -RIJ- (2000-04-02) Free Practice-Session
For All Japan GT Championship Rd.1 Twin Ring MOTEGI(J):4.801379km
Weather:Fine  Course:Dry
P--No.Cls----Car-----------------------------Drivers---------BestLapT-km/h--
1  18 500  1 TAKATA童夢NSX                   脇阪寿一/金石   1'49.308 158.13
2   1 500  2 ロックタイト・ゼクセルGT-R      コマス/正美     1'49.672
3  12 500  3 カルソニックスカイライン        星野/本山       1'49.932
4 100 500  4 RAYBRIG NSX                     飯田/服部       1'50.060
5  16 500  5 Castrol無限NSX                  中子/道上       1'50.088
6   3 500  6 ユニシア・ザナヴィスカイライン  長谷見/田中     1'50.507
7   8 500  7 ARTA NSX                        亜久里/土屋圭市 1'50.624
8  30 500  8 綜警McLaren GTR                 山田/岡田       1'50.913
9  64 500  9 Mobil 1 NSX                     伊藤/シュワガー 1'50.944
10   2 500 10 カストロール・ニスモGT-R        井出/クルム     1'51.046
11   6 500 11 エッソウルトロンスープラ        野田/ガードナー 1'51.204
12  38 500 12 FK/マッシモセルモスープラ       竹内/立川       1'51.280
13  39 500 13 デンソーサードスープラGT        影山/ファーマン 1'51.416
14  36 500 14 カストロール・トムス・スープラ  関谷/土屋武士   1'51.446
15  32 500 15 cdma Oneセルモスープラ          木下/近藤       1'51.870
16  35 500 16 マツモトキヨシ・トムススープラ  山路/ラファネル 1'51.913
17  37 500 17 カストロール・トムス・スープラ  荒/鈴木         1'52.056
18  21 500 18 ZEROマクラーレンGTR             一ツ山/中谷     1'52.468
19  88 500 19 ノマドディアブロGT-1            古谷/高橋       1'53.136
20  55 500 20 イクリプスRDタイサンバイパー    須賀/柴原       1'54.238
21 910 300  1 ナインテンアドバンポルシェ      余郷/和田       1'58.650
22   7 300  2 RE雨宮マツモトキヨシRX7         松本/山野       1'58.742
23  26 300  3 シェルタイサンアドバンGT3R      松田/福山       1'58.934
24  31 300  4 スーパーオートバックスアペックスMR-S 新田/五十嵐1'59.457
25  19 300  5 ウェッズスポーツセリカ          脇阪薫一/原     1'59.533
26 911 300  6 ダイアモンドアドバンポルシェ    石原/砂子       1'59.649
27  81 300  7 ダイシンシルビア                大八木/青木     1'59.687
28  10 300  8 アビリティ・マリオポルシェ      檜井/山岸       1'59.747
29  70 300  9 外車の外国屋アドバンポルシェ    石橋/スクート   2'03.746
30 111 300 10 JIM GAINER F355                 井倉/真希       2'04.306
31   9 300 11 大黒屋ARCぽるしぇ               佐々木秀六/日置 2'05.352
32  27 300 12 ダンテールプロジェポルシェ   佐々木孝太/西澤誠剛2'06.155
33  24 300 13 986ボクスター                西澤和之/アピチェラ2'08.357
34  11 300 14 アビリティ・マリオポルシェ      北浦/宮城       2'11.232
35  25 500 21 エンドレスアドバンスープラ      木下/織戸       3'12.694
-----------------------------------------------------------------------------
*** FMOTOR4F SysOp 北島滋穂(SDI00685@nifty.com) ***

全日本GT選手権

GTインサイドレポート 00Rd.1/2

■ 2000 AUTOBACS CUP ALL JAPAN GT CHAMPIONSHIP
■ GT INSIDE REPORT
■ Round 1 MOTEGI GT CHAMPIONSHIP RACE                     FMOTOR4 EDITION
  Qualify REPORT         予 選           2000/04/01
 -------------------------------------------------------------------------
2000AUTOBACS CUP GTC開幕戦もてぎ(04/01,02)
No.18 TAKATA童夢NSXがパーフェクト・ポール!
2年連続で開幕戦をトップからスタート
GT300はNo.26 シェルタイサンアドバンGT3Rがハードアタックで逆転ポールに
 4月1日、栃木県・ツインリンクもてぎで2000年AUTOBACS CUP全日本GT選手権開幕
戦MOTEGI GT CHAMPION RACEの公式予選が行われた。
 予選1回目は定刻通り10時55分からスタート。予選時間は1時間で、20分ずつ3つ
のセッションに分けられ、GT500占有、GT300占有、両クラス混走の順に行われる。も
てぎの天気は晴れ。気温は13度、路面温度24度。日差しは暖かいもののやや強い北西
の風が冷たい。
 まず20分間のGT500占有セッションでは、No.1 ロックタイト・ゼクセルGT-Rと
No.16 Castrol無限NSX、No.18 TAKATA童夢NSXのトップ争いとなる。この中でNo.18 
TAKATA童夢NSXがこの占有セッションの終了直前に1分47秒776と昨年のコースレコー
ド(1'48.374)を約コンマ6秒縮めるタイムで、トップを決めた。この後、GT300との
混走セッションでもこのタイムを上回るものは出ずに、暫定のポールポジションを決
めた。
 続いてGT300占有セッションの20分間が行われた。ここでは、ポルシェGT3RのNo.26 
シェルタイサンアドバンGT3RとNo.911 ナインテンアドバンポルシェにNo.7 RE雨宮マ
ツモトキヨシRX7、No.19 ウェッズスポーツセリカが絡んでトップタイムを争う形と
なった。この中で、No.910 ナインテンアドバンポルシェが1分57秒280とこちらも昨
年のGT300レコード(1'57.485)を更新するタイムでトップに立つ。No.19 ウェッズス
ポーツセリカも57秒610まで迫るがわずかに及ばず、占有セッションでもトップタイ
ムを更新するものは現れずに、No.910 ナインテンアドバンポルシェのGT300暫定ポー
ルが決まった。
 なお、昨日の練習走行中にクラッシュしたNo.2 カストロール・ニスモGT-Rは、ま
だマシンの修復が間に合わず、この予選1回目は出走できなかった。
 予選2回目は、前に行われたサポートレースの遅れで5分遅れの15時5分から1時
間で行われた。午後も午前に続き好天に恵まれ、気温は16度まで上がり、路面温度も
26度となった。
 GT500占有セッションがスタートすると、午前トップタイムのNo.18 TAKATA童夢NSX
(脇阪寿一)が開始10分弱で1分48秒383の好タイムでトップに立つ。続く2番手に
は、このレースウィーク少し出遅れているNo.36 カストロール・トムス・スープラ
(土屋武士)が1分49秒448で入ってくる。だがセッション中盤を過ぎるとNo.12 カ
ルソニックスカイライン(本山哲)、No.30 綜警McLarenGTR(岡田秀樹)が49秒台前
半に2、3番手に入ってくる。15分経過時点でNo.100 RAYBRIG NSX(飯田章)が48秒
574で2番手にジャンプ。そして、ミッショントラブルで走行スタートが遅れたNo.16 
Castrol無限NSX(道上龍)も48秒824で3番手とNSXが上位を独占。これにNo.12 カル
ソニックスカイラインが49秒075で4番手、続いてNo.30 綜警McLarenGTRが続く。
 そして、占有セッションのラスト1分で、No.16 Castrol無限は48秒442へとタイム
アップして2番手と順位を入れ替え、そして最後のアタックでNo.18 TAKATA童夢NSX
が1分46秒976と、午前に宣言した通り46秒台に突入してトップを確実にした。この
後、混走のセッションでこのタイムに届くマシンはなく、これでNo.18 TAKATA童夢
NSXの2年連続の開幕戦ポールポジションが決定した。
 スープラでは、No.38 FK/マッシモセルモスープラ(立川祐路)が49秒371の7番手
が最上位だった。午前2番手だったNo.1 ロックタイト・ゼクセルGT-Rは、この2回
目は決勝想定の走行に徹し、1分49秒864で13番手に留まった。
 続いて行われたGT300占有セッションでは、No.26 シェルタイサンアドバン(松田
秀士)GT3Rが精力的にアタックを掛け、これにNo.81 ダイシンシルビア(青木孝行)
が絡む。一時は1分57秒393でトップに立ったNo.81 ダイシンだったが、終盤にNo.26 
シェルタイサンアドバンGT3Rと、GT3RのNo.910 ナインテンアドバンポルシェ(余郷
敦)がグッとタイムを上げ、1、2番手に。No.26 シェルタイサンアドバンGT3Rは1
分56秒733というただ1台56秒台に入れる走りを見せた。この後このタイムを上回る
ものは現れず、GT300のポールポジションを確定した。
 なお、昨日のクラッシュで午前の走行をキャンセルしたNo.2 カストロール・ニス
モGT-Rは、2回目の混走セッションでようやく走行を開始。クルムが1分50秒242を
出して15番手となった。
ポールポジション
No.18 TAKATA童夢NSX
脇阪寿一 1'46.968(コースレコード)
「普通に乗ったら、普通のタイムが出た。予想通りです。去年のクルマはピーキーだ
ったんやけど、今年のクルマは幅が拡がったんで、無理が利くんです」
金石勝智「決勝は、寿一が1周1秒ずつ離してくれるから、ボクに代わるまでに30秒
は離してくれるでしょう。(脇阪「え、ボクが先ですか」)うん、今決めた(笑)」
GT300ポールポジション
No.26 シェルタイサンアドバンGT3R
松田秀士 1'56.733(コースレコード)
「今日は気合いが入っていました。というのは、チームオーナーがあさって55回目の
誕生日なんです。なんとかポールポジションが獲れたって感じです」
福山英朗「今日のポールは芸術的でしたね。ポールを獲られたセカンド(ドライバー)
の気持ちがよぉくわかりました(笑)。しかしポルシェは難しいです。まだ手に馴染
んでいませんね」
以上
                       GTアソシエイション事務局
                        GTインサイドレポート班
                        古屋 知幸 = QYB04322 =

全日本GT選手権

JGTC_Rd1:もてぎ予選総合結果

2000 AUTOBACS CUP ALL JAPAN GT CHAMPIONSHIP Round 1
もてぎGTチャンピオンレース
全日本GT選手権第1戦 TRもてぎ -RIJ- (2000-04-01) Qualifying Session
For All Japan GT Championship Rd.1 Twin Ring MOTEGI(J):4.801379km
Weather:Fine  Course:Dry
P--No.Cls----Car(Handicap Weight)------------Drivers---------BestLapT-km/h--
1  18 500  1 TAKATA童夢NSX                   脇阪寿一/金石  R1'46.968 161.59
2  16 500  2 Castrol無限NSX                  中子/道上       1'48.442
3 100 500  3 RAYBRIG NSX                     飯田/服部       1'48.574
4   1 500  4 ロックタイト・ゼクセルGT-R      コマス/正美     1'48.600
5  12 500  5 カルソニックスカイライン        星野/本山       1'49.075
6  30 500  6 綜警McLaren GTR                 山田/岡田       1'49.134
7   3 500  7 ユニシア・ザナヴィスカイライン  長谷見/田中     1'49.152
8  38 500  8 FK/マッシモセルモスープラ       竹内/立川       1'49.359
9  36 500  9 カストロール・トムス・スープラ  関谷/土屋武士   1'49.437
10   8 500 10 ARTA NSX                        亜久里/土屋圭市 1'49.448
11  32 500 11 cdma Oneセルモスープラ          木下/近藤       1'49.466
12   6 500 12 エッソウルトロンスープラ        野田/ガードナー 1'49.585
13  64 500 13 Mobil 1 NSX                     伊藤/シュワガー 1'49.826
14  21 500 14 ZEROマクラーレンGTR             一ツ山/中谷     1'50.222
15   2 500 15 カストロール・ニスモGT-R        井出/クルム     1'50.242
16  37 500 16 カストロール・トムス・スープラ  荒/鈴木         1'50.385
17  39 500 17 デンソーサードスープラGT        影山/ファーマン 1'50.531
18  35 500 18 マツモトキヨシ・トムススープラ  山路/ラファネル 1'50.708
19  25 500 19 エンドレスアドバンスープラ      木下/織戸       1'51.069
20  88 500 20 ノマドディアブロGT-1            古谷/高橋       1'51.605
21  55 500 21 イクリプスRDタイサンバイパー    須賀/柴原       1'52.044
22  26 300  1 シェルタイサンアドバンGT3R      松田/福山      R1'56.733
23 910 300  2 ナインテンアドバンポルシェ      余郷/和田      R1'57.022
24  81 300  3 ダイシンシルビア                大八木/青木     1'57.369
25  19 300  4 ウェッズスポーツセリカ          脇阪薫一/原     1'57.610
26   7 300  5 RE雨宮マツモトキヨシRX7         松本/山野       1'57.992
27 911 300  6 ダイアモンドアドバンポルシェ    石原/砂子       1'58.442
28  31 300  7 スーパーオートバックスアペックスMR-S 新田/五十嵐1'59.182
29  10 300  8 アビリティ・マリオポルシェ      檜井/山岸       1'59.982
30 111 300  9 JIM GAINER F355                 井倉/真希       2'01.747
31  70 300 10 外車の外国屋アドバンポルシェ    石橋/スクート   2'03.177
32  27 300 11 ダンテールプロジェポルシェ   佐々木孝太/西澤誠剛2'04.376
※   9 300    大黒屋ARCぽるしぇ               佐々木秀六/日置 2'03.002
※  24 300    986ボクスター                西澤和之/アピチェラ2'06.267
※  11 300    アビリティ・マリオポルシェ      北浦/宮城       2'33.023
-----------------------------------------------------------------------------
Rマークの車はコースレコードを更新しました。
従来のレコードタイムは、GT500 1'47.976  GT300 1'57.280
予選通過基準タイム GT500 1'58.793(110%)
GT300 2'08.745(110%)
※No.9,24,11は、両方または一方のドライバーが予選通過基準タイムを満たして
いないが、全日本GT選手権統一規則第25条11に基づき決勝出場が認められた。
*** FMOTOR4F SysOp 北島滋穂(SDI00685@nifty.com) ***

全日本GT選手権

JGTC_Rd1:もてぎ予選2回目

2000 AUTOBACS CUP ALL JAPAN GT CHAMPIONSHIP Round 1
もてぎGTチャンピオンレース
     TAKATA童夢NSX(脇阪/金石組)、驚異のレコードタイム!!
         NSX勢ワン・ツー・スリー!!
 最初の20分、GT500クラスの走行時間帯に暫定ポールの#18TAKATA童夢NSXが
1回目のタイムを更に1秒も縮める1分46秒968と驚異的なレコードをマーク。
その後もこれに迫る者は現れず、開幕戦ポールを確定。2、3位もNSXが続き、
予選1~3位を独占した。
GT300クラスは、ベテランコンビが駆る#26シェルタイサンアドバンGT3Rが1分
56秒733で、1回目トップの#910ナインテンアドバンポルシェを逆転。クラスP
Pについた。
#2カストロール・ニスモGT-Rは、予選2回目開始間際にとりあえずの修復を
終えサーキットに到着。チェックをしながら最後の20分のみを走行した。
 なお、クラッシュした右京は今回は欠場、F3に参戦している井出有治が代役
を務めることになった。
全日本GT選手権第1戦 TRもてぎ -RIJ- (2000-04-01) 2nd Qualifying Session
For All Japan GT Championship Rd.1 Twin Ring MOTEGI(J):4.801379km
Weather:Fine  Course:Dry
P--No.Cls----Car(Handicap Weight)------------Drivers---------BestLapT-km/h--
1  18 500  1 TAKATA童夢NSX                   脇阪寿一/金石  R1'46.968 161.59
2  16 500  2 Castrol無限NSX                  中子/道上       1'48.442
3 100 500  3 RAYBRIG NSX                     飯田/服部       1'48.574
4  12 500  4 カルソニックスカイライン        星野/本山       1'49.075
5  30 500  5 綜警McLaren GTR                 山田/岡田       1'49.134
6   3 500  6 ユニシア・ザナヴィスカイライン  長谷見/田中     1'49.152
7  38 500  7 FK/マッシモセルモスープラ       竹内/立川       1'49.371
8  36 500  8 カストロール・トムス・スープラ  関谷/土屋武士   1'49.437
9   8 500  9 ARTA NSX                        亜久里/土屋圭市 1'49.448
10  32 500 10 cdma Oneセルモスープラ          木下/近藤       1'49.466
11   6 500 11 エッソウルトロンスープラ        野田/ガードナー 1'49.585
12  64 500 12 Mobil 1 NSX                     伊藤/シュワガー 1'49.826
13   1 500 13 ロックタイト・ゼクセルGT-R      コマス/正美     1'49.864
14  21 500 14 ZEROマクラーレンGTR             一ツ山/中谷     1'50.222
15   2 500 15 カストロール・ニスモGT-R        井出/クルム     1'50.242
16  37 500 16 カストロール・トムス・スープラ  荒/鈴木         1'50.385
17  39 500 17 デンソーサードスープラGT        影山/ファーマン 1'50.531
18  35 500 18 マツモトキヨシ・トムススープラ  山路/ラファネル 1'50.708
19  25 500 19 エンドレスアドバンスープラ      木下/織戸       1'51.069
20  88 500 20 ノマドディアブロGT-1            古谷/高橋       1'51.605
21  55 500 21 イクリプスRDタイサンバイパー    須賀/柴原       1'52.044
22  26 300  1 シェルタイサンアドバンGT3R      松田/福山      R1'56.733
23 910 300  2 ナインテンアドバンポルシェ      余郷/和田      R1'57.022
24  81 300  3 ダイシンシルビア                大八木/青木     1'57.369
25  19 300  4 ウェッズスポーツセリカ          脇阪薫一/原     1'57.740
26   7 300  5 RE雨宮マツモトキヨシRX7         松本/山野       1'57.992
27 911 300  6 ダイアモンドアドバンポルシェ    石原/砂子       1'58.442
28  31 300  7 スーパーオートバックスアペックスMR-S 新田/五十嵐1'59.182
29 111 300  8 JIM GAINER F355                 井倉/真希       2'01.747
30   9 300  9 大黒屋ARCぽるしぇ               佐々木秀六/日置 2'03.114
31  70 300 10 外車の外国屋アドバンポルシェ    石橋/スクート   2'03.177
32  10 300 11 アビリティ・マリオポルシェ      檜井/山岸       2'04.972
33  24 300 12 986ボクスター                西澤和之/アピチェラ2'06.441
34  27 300 13 ダンテールプロジェポルシェ   佐々木孝太/西澤誠剛2'07.190
11 300    アビリティ・マリオポルシェ      北浦/宮城       出走せず
-----------------------------------------------------------------------------
*** FMOTOR4F SysOp 北島滋穂(SDI00685@nifty.com) ***

全日本GT選手権

JGTC_Rd1:もてぎ予選1回目

2000 AUTOBACS CUP ALL JAPAN GT CHAMPIONSHIP Round 1
もてぎGTチャンピオンレース
 風はやや強いものの、快晴のツインリンクもてぎで全日本GT選手権が開幕を
迎えた。
予選1回目は、今年こそチャンピオンを狙うNSX勢の一角#18TAKATA童夢NSXが
コースレコードを叩き出してトップ。チャンピオンナンバーを付ける#1ロックタ
イト・ゼクセルGT-Rがこれに続いた。今年のGT-Rは下馬評どおり予選でも侮れな
い速さを示した。
GT300クラスは、GT3Rにマシン変更した#910ナインテンアドバンポルシェが暫定
PPを獲得。
なお、昨日右京選手がドライブ中にブレーキトラブルでクラッシュしてしまっ
た#2カストロール・ニスモGT-Rは、NISMOに送り返され修復作業を行っているが
2回目の予選に間に合うか微妙な状況のようだ。
全日本GT選手権第1戦 TRもてぎ -RIJ- (2000-04-01) 1st Qualifying Session
For All Japan GT Championship Rd.1 Twin Ring MOTEGI(J):4.801379km
Weather:Fine  Course:Dry
P--No.Cls----Car(Handicap Weight)------------Drivers---------BestLapT-km/h-
1  18 500    TAKATA童夢NSX                   脇阪寿一/金石  R1'47.976 160.08
2   1 500    ロックタイト・ゼクセルGT-R      コマス/正美     1'48.600
3  16 500    Castrol無限NSX                  中子/道上       1'48.713
4  12 500    カルソニックスカイライン        星野/本山       1'49.253
5  38 500    FK/マッシモセルモスープラ       竹内/立川       1'49.359
6 100 500    RAYBRIG NSX                     飯田/服部       1'49.572
7  30 500    綜警McLaren GTR                 山田/岡田       1'49.606
8   8 500    ARTA NSX                        亜久里/土屋圭市 1'49.689
9   3 500    ユニシア・ザナヴィスカイライン  長谷見/田中     1'50.226
10  64 500    Mobil 1 NSX                     伊藤/シュワガー 1'50.295
11  21 500    ZEROマクラーレンGTR             一ツ山/中谷     1'50.347
12   6 500    エッソウルトロンスープラ        野田/ガードナー 1'50.418
13  32 500    cdma Oneセルモスープラ          木下/近藤       1'50.485
14  36 500    カストロール・トムス・スープラ  関谷/土屋武士   1'50.547
15  37 500    カストロール・トムス・スープラ  荒/鈴木         1'50.617
16  35 500    マツモトキヨシ・トムススープラ  山路/ラファネル 1'50.884
17  39 500    デンソーサードスープラGT        影山/ファーマン 1'51.434
18  25 500    エンドレスアドバンスープラ      木下/織戸       1'51.875
19  55 500    イクリプスRDタイサンバイパー    須賀/柴原       1'53.560
20 910 300    ナインテンアドバンポルシェ      余郷/和田      R1'57.280
21  19 300    ウェッズスポーツセリカ          脇阪薫一/原     1'57.610
22   7 300    RE雨宮マツモトキヨシRX7         松本/山野       1'57.997
23  26 300    シェルタイサンアドバンGT3R      松田/福山       1'58.160
24  81 300    ダイシンシルビア                大八木/青木     1'58.433
25 911 300    ダイアモンドアドバンポルシェ    石原/砂子       1'59.086
26  31 300    スーパーオートバックスアペックスMR-S 新田/五十嵐1'59.860
27  10 300    アビリティ・マリオポルシェ      檜井/山岸       1'59.982
28 111 300    JIM GAINER F355                 井倉/真希       2'01.863
29   9 300    大黒屋ARCぽるしぇ               佐々木秀六/日置 2'03.002
30  70 300    外車の外国屋アドバンポルシェ    石橋/スクート   2'03.815
31  27 300    ダンテールプロジェポルシェ   佐々木孝太/西澤誠剛2'04.376
32  24 300    986ボクスター                西澤和之/アピチェラ2'06.267
33  11 300    アビリティ・マリオポルシェ      北浦/宮城       2'33.023
2 500    カストロール・ニスモGT-R        右京/クルム     計測できず
88 500    ノマドディアブロGT-1            古谷/高橋       出走せず
-----------------------------------------------------------------------------
*** FMOTOR4F SysOp 北島滋穂(SDI00685@nifty.com) ***

Formula Nippon

FN_Rd1:野田英樹リポート

全日本選手権フォーミュラ・ニッポン  第1戦
鈴鹿サーキット
【予選】
2000年3月25日(土)
天候:晴れ  コース・コンディション:ドライ
観客動員数:17,000人(主催者発表)
予選1回目 14:20~15:05
予選2回目 16:15~17:00
No.7 LeMansレナード99L MF308(野田英樹) 
13番手  1分46秒527
No.8 No.7 LeMansレナード99L MF308(五十嵐勇大)
12番手  1分46秒107
 朝のフリー走行でエンジン・トラブルを起してしまい,そのエンジンの載せ
換えで予選1回目を走行することができませんでした。2回目の予選にはかろ
うじて間に合ったのですが、車の状態を確認するところから始めなければなら
ず、思ったようなタイムアタックができませんでした。結果として13位で予
選を終えました。
● 野田英樹選手の談話:
朝のフリー走行で思わぬトラブルが発生し、レース用のエンジンが壊れてし
まいました。直して、1回目の予選には走れる予定でしたが、直している途中
にまた違うトラブルが発生してしまいました。マシンは2回目の予選に間にあっ
たのですが、セッティングもできないまま、いきなりタイム・アタックするし
かない状態でした。途中、赤旗による中断もあり、満足のいく結果を出すには
時間が足りませんでした。
【決勝】
2000年3月26日(日)
天候:雨/ 曇
コース・コンディション:ウェット/ドライ
観客動員数:35,000人(主催者発表)
決勝レース 14:30~16:37
No.7 LeMansレナード99L MF308(野田英樹)
リタイア
No.8 No.7 LeMansレナード99L MF308(五十嵐勇大)
リタイア
 雨が降ったりやんだりの変わりやすい天候でのレースとなりました。今年か
らレース中でのタイヤ交換を義務付けられたので、予選の順位が良くなかった
こともあり、1周目にタイヤ交換を終わらせる作戦を取りました。前半単独で
走行して、他チームがタイヤ交換を始めたころにポジションを上げる考えでし
たが、天候の問題でスピンする車が続出し、その中の1台と接触してしまい、
その場でリタイアとなってしまいました。
● 野田英樹選手の談話:
前半のコース上の渋滞を逃れるために、1周目にピットインし、タイヤ交換
を済ませて、あとは自分のペースを守って走るという作戦でした。雨が強くな
り、何台もコースアウトし、自分の目の前でも3台がスピンして行き場がふさ
がれる状態になってしまった。そこには同じチームメイトの五十嵐選手のマシ
ンもありました。そこへの接触だけは回避できたのですが、他のマシンとの接
触は避けきれず、リタイアとなってしまいました。無理はしていなかったので、
これからだっただけに残念でなりません。しかし、朝のフリー走行では2番手
につけることができました。マシンの仕上がりは好感触なので、次回のもてぎ
は期待して下さい。
●チーム監督の談話:
1周目でピットインしてタイヤ交換を済ませるという作戦はうまく行ったの
ですが・・・・・・。スピンしてコース上に戻ったマシンに接触してしまい、不運で
した。マシンの調子は良いので、もてぎには優勝目指してがんばりたいと思い
ます。
●Project Royal Oak 談話:
 先日行なわれた鈴鹿の事前テストでは、期待できる仕上がりになっていたの
で楽しみにしていたのですが、思わぬトラブルからレース全体の流れが変わっ
てしまったような気がします。
 原因が何であれ、皆様には期待を裏切る形になってしまい大変申し訳なく思っ
ております。しかしながら、結果が出せる状態であることに変わりはありませ
ん。今週末のもてごで開催されますGT選手権開幕戦には、気持ちをあらたに
優勝目指して頑張りたいと思います。これからも野田英樹をよろしくお願い申
し上げます。
資料提供:Project Royal Oak    [URL http://home.att.ne.jp/red/noda/]

検索

最新ニュース