Archives

  • [—]2017 (7)
  • [+]2016 (639)
  • [+]2015 (714)
  • [+]2014 (655)
  • [+]2013 (623)
  • [+]2012 (621)
  • [+]2011 (484)
  • [+]2010 (554)
  • [+]2009 (522)
  • [+]2008 (467)
  • [+]2007 (596)
  • [+]2006 (530)
  • [+]2005 (460)
  • [+]2004 (304)
  • [+]2003 (454)
  • [+]2002 (454)
  • [+]2001 (217)
  • [+]2000 (408)
  • [+]1999 (376)
  • [+]1998 (465)
  • [+]1997 (424)
  • [+]1996 (1)
  • [+]1995 (425)
  • [+]1994 (411)
  • [+]1993 (423)
  • [+]1992 (519)
  • [+]1991 (423)
  • [+]1990 (250)
  • [+]1970 (1)

ニュース内検索

2000年12月

Formula Nippon

FN:Mooncraft特別走行会リリース

2000年 全日本フォーミュラ・ニッポン選手権 公式走行会
ツインリンクもてぎ
12月7・8日(木・金曜日)
毎年12月に行なわれるFNテストは、快晴のもてぎで7日8日の2日間に渡っ
て行なわれた。ムーンクラフトは1年ぶりに道上龍選手を搭乗させて1日目の
午後からテストを開始。ひさびさのテストとあって、様子を見ながらの走行
だったが、タイムは順調に伸びて、このセッショントップで終了。この間に
排気系のテストを行なうこともできた。
ひときわ大きな音で走るムーンクラフトレイナード、来シーズンの好調を予
感させる。
2日目午前のセッションは開始後30分位でコース全周にわたってオイルが出
て、タイムアップが難しい状況となった。この段階で2番手のムーンクラフ
トレイナードは、セッティングに専念し、コースコンディションの回復を待
つ。
終了間際になってタイムアタックに出た道上選手はあっさりとトップタイム
をマークしてこのセッションを終了。タイムは1分35秒348、2番手に0.136秒
差。
二日目午後のセッションでは、引き続き足廻りを煮詰めることを中心にセッ
ティングを行なった。リアのトラクションを更に得たいとのドライバーの要
求に、空力面の変更も行ない、このセッションもトップ。その後行なわれた
30分の特別セッションも同じくトップで終了。この日のベストは最終ラップ
で記録した1分34秒528となった。
来年のチャンピオンシップを占うこの走行会。ムーンクラフトが走ったセッ
ションすべてでトップタイムを出せたことは非常に幸先が良い、とスタッフ
一同ホッとしてテストは終わった。
由良監督:ムーンクラフト・レイナードの2000年モテギ仕様にミチガミが
乗ったのは始めてで、そのセッティングの大幅な違いに最初は戸惑いました
が、急ピッチで煮詰めることができました。二日間内容の有るテストで、常
にトップは久々の感動と興奮でした。ただ、本山選手とはまだ0.5秒の差が
有るのではないかと考えられ、さらにハイレベルなセッティングを目指して、
オフの間にプログラムを組みたてたいと思っています。来年は必ずチャンピ
オン争いに絡む戦いが出来ることでしょう。来シーズンのムーンクラフトは、
ミチガミをメインに据えた2カー体制を築こうと、鋭意努力をしています。
道上選手:このテストは足回りと空力を中心に行ないました。今日(8日)
は路面が良くなかったので満足のいくセッティングを出しきれませんでした。
トップタイムを出すことが出来たものの、本山選手がマトモに走れなかった
ので、本当のところはわかりません。来年は上が狙えるようにがんばりたい
と思っています。
情報提供:Mooncraft
        *** FMOTOR4F SysOp 北島滋穂(SDI00685@nifty.com) ***

Formula Nippon

FN:特別走行会総合結果(TRもてぎ)

       2日目は道上龍(MOONCRAFT)全セッショントップ
      総合では本山哲(IMPUL)が初日タイムで首位キープ
 12月8日、前日に続いて行われたフォーミュラ・ニッポン特別走行会は、来季
ムーンクラフトへの復帰が確実視されている道上龍が全セッションでトップタイ
ムを叩き出し、自身の好調さとともにチームとの相性の良さをアピール。
 注目のガイジンドライバーでは、Gフォースに乗るマカオGPウィナーのコートが
前日からタイムを大幅アップ。総合6番手と気を吐いた。コリアGPウィナーのカ
ーティケヤンは1セッションのみの走行だったが、そこそこのタイムを刻んだ。
 2日目登場組では、ルマン移籍が噂される脇阪寿一がユーン車で総合5位のタ
イムをマーク。1年振りにステアリングを握った影山正美も他と遜色ないタイム
で健在をアピールした。
 SESSION3 晴れ コース:ドライ 気温: 6→10度 路面温度:10→15度
 SESSION4 晴れ コース:ドライ 気温:13→ 9度 路面温度:16→10度
 SESSION5 晴れ コース:ドライ 気温: 9→ 9度 路面温度:10→10度
■特別走行会結果
P.-No.Name-------------Session1-Session2-Session3-Session4-Session5-車両
1 19 本山哲          *1'34.060 1'35.029 1'35.484 -------- 1'35.046 99L
2 14 道上龍           --------*1'34.327 1'35.348 1'34.589 1'34.528 99L
3 21 A.ユーン         1'36.973*1'35.029 -------- -------- -------- 99L
4  1 松田次生         1'36.031 1'35.053 1'36.031 1'35.053 1'35.053 2KL
5 21 脇阪寿一         -------- -------- 1'37.508 1'36.194*1'35.278 99L
6  9 A.コート         1'36.970 -------- -------- 1'35.755*1'35.287 G3B
7  2 D. シュワガー    1'36.749 1'35.524 1'36.132 1'35.939*1'35.297 99L
8  2 伊藤大輔         1'37.098*1'35.298 -------- 1'35.920 -------- 99L
9 12 荒 聖治         1'35.551*1'35.369 1'36.378 -------- 1'35.545 99L
10 12 影山正美         -------- -------- 1'36.649*1'35.859 1'36.238 99L
11 68 道上 龍        *1'36.027 -------- -------- -------- -------- 2KL
12 10 山西康司         1'37.165 -------- -------- 1'36.204*1'36.091 G3B
13 11 C.アルバース     1'37.326 1'36.852 --------*1'36.208 -------- 99L
14 19 N.カーティケヤン -------- -------- --------*1'36.235 -------- 99L
15 68 B.コリンズ       -------- 1'37.628 1'38.781*1'36.250 1'36.655 2KL
16 56 S.フィリップ     1'36.824 1'36.385 -------- -------- -------- 99L
17 10 光貞秀俊         --------*1'36.611 1'38.354 -------- -------- G3B
18  9 A.ミューラー     -------- 1'38.191*1'37.892 -------- -------- G3B
19 56 松浦孝亮         -------- -------- 1'39.751*1'38.570 -------- 99L
20 56 柳田真孝         -------- -------- 1'39.165*1'39.124 -------- 99L
-----------------------------------------------------------------------
車両 2KL:レイナード2KL /無限, 99L:レイナード99L/無限
G3B:GフォースGF03B/無限, G03:GフォースGF03/無限
チーム一覧
P.-No.Name--------------Team-------------
1 19 本山哲            IMPUL            
2 14 道上龍            MOONCRAFT        
3 21 A.ユーン          TEAM MALAYSIA    
4  1 松田次生          PIAA NAKAJIMA    
5 21 脇阪寿一          TEAM MALAYSIA    
6  9 A.コート          Morinaga NOVA    
7  2 D. シュワガー     PIAA NAKAJIMA    
8  2 伊藤大輔          PIAA NAKAJIMA    
9 12 荒 聖治          COSMO OILCERUMO  
10 12 影山正美          COSMO OILCERUMO  
11 68 道上 龍          DoCoMo DANDELION 
12 10 山西康司          Morinaga NOVA    
13 11 C.アルバース      COSMO OIL CERUMO 
14 19 N.カーティケヤン  IMPUL            
15 68 B.コリンズ        DoCoMo DANDELION 
16 56 S.フィリップ      ARTA             
17 10 光貞秀俊          Morinaga NOVA    
18  9 A.ミューラー      Morinaga NOVA    
19 56 松浦孝亮          ARTA             
20 56 柳田真孝          ARTA             
-----------------------------------------
情報提供:日本レースプロモーション(JRP)
     Fニッポン公式サイト http://www.f-nippon.co.jp/
** FMOTOR4F SysOp 北島滋穂(sdi00685@nifty.com) **

Formula Nippon

FN:特別走行会1日目結果(TRもてぎ)

    特別走行会 初日は本山哲(IMPUL)が余裕のトップタイム
 12月7日、ツインリンクもてぎで、来季のドライバーテストを目的とした特別
走行会が行われた。
 注目されたフランスF3チャンピオンのコシェやシェクターはF1のテストとバッ
ティングしたため来日はならなかったようだが、マカオGPを制したコート、コリ
アGPを制したカーティケヤン(初日は走らず)は揃って来日した。
 テストは、最終戦を制した本山がさすがに速く、午前に他を圧倒するタイムを
マーク。結局そのタイムが初日のトップタイムとなった。2位は道上。午前はダ
ンディライアン、午後はムーンクラフトと乗り継ぎ、午後の最後に本山に迫るタ
イムを叩き出した。
 ニューカマーでは、伊藤大輔、荒が速いところを見せ、シート争奪戦で一歩リ
ードといったところか。
 SESSION1 晴れ コース:ドライ 気温: 6→9度 路面温度:10→13度
 SESSION2 晴れ コース:ドライ 気温:10→8度 路面温度:14→15→9度
■特別走行会結果(1日目)
P.-No.Name---------Team-----------Time-Session1-Session2-車両
1 19 本山哲       IMPUL               1'34.060 1'35.029 99L
2 14 道上龍       MMONCRAFT           -------- 1'34.327 99L
3 21 A.ユーン     TEAM MALAYSIA       1'36.973 1'35.029 99L
4  1 松田次生     PIAA NAKAJIMA       1'36.031 1'35.053 2KL
5  2 伊藤大輔     PIAA NAKAJIMA       1'37.098 1'35.298 99L
6 12 荒 聖治     COSMO OILCERUMO     1'35.551 1'35.369 99L
7  2 D. シュワガーPIAA NAKAJIMA       1'36.749 1'35.524 99L
8 68 道上 龍     DoCoMo DANDELION    1'36.027 -------- 2KL
9 56 S.フィリップ ARTA                1'36.824 1'36.385 99L
10 10 光貞秀俊     Morinaga NOVA       -------- 1'36.611 G3B
11 11 C.アルバース COSMO OIL CERUMO    1'37.326 1'36.852 99L
12  9 A.コート     Morinaga NOVA       1'36.970 -------- G3B
13 10 山西康司     Morinaga NOVA       1'37.165 -------- G3B
14 68 B.コリンズ   DoCoMo DANDELION    -------- 1'37.628 2KL
15  9 A.ミューラー MorinagaNOVA        -------- 1'38.191 G3B
-------------------------------------------------------------
車両 2KL:レイナード2KL /無限, 99L:レイナード99L/無限
G3B:GフォースGF03B/無限, G03:GフォースGF03/無限
情報提供:日本レースプロモーション(JRP)
     Fニッポン公式サイト http://www.f-nippon.co.jp/
** FMOTOR4F SysOp 北島滋穂(sdi00685@nifty.com) **

Formula Nippon

FN:特別走行会エントリー(12/7-8もてぎ)

       '00フォーミュラ・ニッポン特別走行会
        参加チーム/ドライバー発表される
 来シーズンのドライバーラインナップを決定する上で重要な走行会が、今週
ツインリンクもてぎで開催されるが、その参加チーム、ドライバーがJRPか
ら発表された。
 今後、直前まで変更もあり得るとのことだが、現時点でコート、カーティケ
ヤンなど今年のマカオGPで話題となったアジアンドライバーをはじめとして、
シェクター、コシェ、アルバースなど海外F3上位ランカーなど話題の外国人ド
ライバーの参加が見込まれている。
 一般のファンも無料でパドックまで入ることができるので、時間のある人は
もてぎへ出向いて自分の目で来季ドライバーの品定めをしよう!
日  時:12月7日(木) 10:00~12:00/13:30~15:30
12月8日(金) 10:00~12:00/13:30~15:30
場  所:ツインリンクもてぎ
    http://www.twinring.co.jp/
****2000年フォーミュラ・ニッポン特別走行会エントリーリスト****
チーム              ドライバー           車両
---------------------------------------------------------------------------
PIAA NAKAJIMA       0 松田次生介         レイナード2KL /無限MF308(尾川)
2 伊藤大輔           レイナード99L /無限MF308(尾川)
2 D.シュワガー       レイナード99L /無限MF308(尾川)
---------------------------------------------------------------------------
Morinaga NOVA       9 A.コート           GフォースGF03B/無限MF308(尾川)
10 山西康司           GフォースGF03B/無限MF308(尾川)
---------------------------------------------------------------------------
COSMO OIL CERUMO   11 立川祐路           レイナード99L /無限MF308(尾川)
12 荒 聖治           レイナード99L /無限MF308(尾川)
12 C.アルバース       レイナード99L /無限MF308(尾川)
---------------------------------------------------------------------------
MOON CRAFT         14 道上 龍           レイナード99L /無限MF308(尾川)
---------------------------------------------------------------------------
IMPUL              19 本山 哲           レイナード99L /無限MF308(東名)
19 N.カーティケヤン   レイナード99L /無限MF308(東名)
---------------------------------------------------------------------------
TEAM MALAYSIA      21 A.ユーン           レイナード99L /無限MF308(東名)
---------------------------------------------------------------------------
ARTA               55 S.フィリップ       レイナード99L /無限MF308(マツウラ)
56 柳田真孝           レイナード99L /無限MF308(マツウラ)
56 松浦孝亮           レイナード99L /無限MF308(マツウラ)
---------------------------------------------------------------------------
DoCoMo DANDELION   68 道上 龍           レイナード2KL /無限MF308(東名)
68 T.シェクター       レイナード2KL /無限MF308(東名)
68 J.コシェ           レイナード2KL /無限MF308(東名)
---------------------------------------------------------------------------
情報提供:株式会社日本レースプロモーション(JRP)
     Fニッポン公式サイト http://www.f-nippon.co.jp/
** FMOTOR4F SysOp 北島滋穂(sdi00685@nifty.com) **

Formula Nippon

FN:A.ユーン第10戦鈴鹿リリース

>>>アレックス、ギヤボックストラブルで苦しかったフォーミュラ・ニッポン
のシーズンを終える
マレーシアのアレックス・ユーンは、昨日(11/6)鈴鹿サーキットで行われた最
終戦(第10戦)をギアボックストラブルで終え、苦労の多かったフォーミュラ・
ニッポンのシーズンを締めくくった。
アレックスは、20台中9位で走行していた11周目にタイヤ交換のピットインに
入り6秒で交換を済ませた。彼の前にはまだタイヤ交換を済ませていない何台
かのマシンがおり12位でコースに復帰したが、13周目に3速ギヤが壊れてしまっ
た。
トップ10フィニッシュを果たせなかったことは残念だったが、アレックスは冷
静に今シーズンを振り返った。
「今回のレース、そしてブレーキマスターポンプが壊れた富士の第9戦で起こ
ったことは、車の古さに起因するものだね。シャーシは本山が1999年に使って
いたもので、今年アクシデントで修復もしている。チームは今年本当に一生懸
命やってくれた。少しも彼らを責めるつもりはない。それどころか、シーズン
初めに僕がアクシデントを引き起こさなければ、確実に優れた2000年型シャー
シをもっと早く手に入れることができたんだ」
「フォーミュラ・ニッポンのシーズンを終えた今は、マカオとコリアGPに期待
しているんだ。それが終わったら、2001年のフォーミュラ・ニッポンのために
ニューカーを手に入れてトップを目指すべくがんばるつもりさ」
「チーム・マレーシア、ルマン、日本レースプロモーション、マレーシア政府、
そして全てのスポンサーとファンの多大なる支援に感謝しているよ。今年は多
くの経験を積むことができた。2001年はこの支援に応え、遥かに良いシーズン
になるように祈っているよ」とアレックスは付け加えた。
チーム・インパルの本山は、この第10戦で高木とチームメイトの松田によるチ
ーム・ナカジマの全勝を阻止した。
アレックスは、フルフレックス・ラジウス、タグ・ホイヤー、ブリルクリーム、
パングローバル保険、ニューロネット・マレーシア、マレーシア航空、コニカ
のスポンサードを受け、マレーシア青年スポーツ省と日本レースプロモーショ
ンの支援によりルマンが運営するチーム・マレーシアで参戦しています。
情報提供:TEAM MALAYSIA
ALEX YOONG International Ltd. 
          ** FMOTOR4F SysOp 北島滋穂(sdi00685@nifty.com) **

Formula Nippon

FN_Rd10:Mooncraft決勝リリース

2000年 全日本フォーミュラ・ニッポン選手権 第10戦
鈴鹿サーキット
11月5日(日曜日)
決 勝
2000年シーズン最後のレースは天気予報に反して晴れ、半袖で過ごす陽気の中
で始まった。
午前中のウォームアップを大きな問題も無く終えて迎えた決勝は2時半にタイ
ムスケジュール通りスタートした。
スタートが得意なシゲカズは1周目でポジションを2つ上げて11位で戻ってきた。
2周目で10位に上がり6周目には9位に。このあたりから1分52秒台の安定した
ペースで走り、自己ベストを連発。10周目で8位に上がり、他車のピットイン
もあって一時は4位になった。
15周目に予定通りのタイヤ交換。10位でコースに復帰して51秒台で走る。前車
のリタイヤもあって18周目に9位。引き続き自己ベストを連発しながら前走車
を追う。
22周目から6~9位の壮絶な争いになり、2.5秒の中で4台が競い合う。前走服部
選手との差は29周目に0.6秒となり、このレースの見所を作った。31周目に
入ってシゲカズのペースが少し落ちたが、33周目服部選手とシケインで接触寸
前のバトルとなり、その後の1コーナーでこれをかわしてポジション8位に。そ
のまま35周のフィニッシュを迎えて、シゲカズ2000年のシーズンを終えた。
今シーズンは充分な体制ではなく不完全燃焼のきらいもあったが、最終戦はあ
る程度の満足と共に終えることが出来た。
皆様の応援に心から感謝します。ありがとうございました。
由良監督:
タイヤライフの厳しいレースで、後半勝負になると考えていましたが、その通
りの展開になりました。レースラップは悪くなく、特に4台のバトルはレースを
大いに盛り上げてくれました。
今年のレースを振り返って見ると大きく2つの課題を残しました。1つ目は、レ
ースでトップと1ラップで1秒ずつ離される速さの問題、2つ目は予選のタイム
アタック。この2つは最後まで残ってしまいました。今日のレースはグリッドか
ら考えれば、良い結果だったと思いますので、この流れを来年につなげるべく、
宜しくお願いします。
シゲカズ選手:
リアのナーバスさと新しい空力パーツの分析をウォームアップで出来たので、
良いカタチでレースに臨むことが出来ました。レースのスタートは良かったの
ですが、スペースを見付けることが出来なかったので、1台抜いただけで1周目
を終えました。他車のタイヤ交換の間にペースアップを試みましたが、あまり
上手く行けませんでした。チームのタイヤ交換がとても上手くいって感謝して
います。最後の10周はタイヤが終わってしまったので、服部選手を抜くのが大
変でしたが、シケインで並び、1コーナーでかわすことが出来ました。今年は良
い結果を残すことができませんでしたが、良い勉強が出来たので、来年につな
げていければと思っています。
情報提供:Mooncraft
        *** FMOTOR4F SysOp 北島滋穂(SDI00685@nifty.com) ***

Japanese F3

2000_JF3 ドライバーズポイント(10/10戦)

(全戦終了)
2000                    3   4   5   5   6   7   7   8   9  11
Japan                  /   /   /   /   /   /   /   /   /   /
Formula 3            26   9   4  21  11   2  30  20  24   5
Championship        鈴  筑  富  美  T  鈴  菅  茂  仙  鈴
Drivers-point      鹿  波  士  祢  I  鹿  生  木  台  鹿
Po-No-Driver----------Rd -1 --2 --3 --4 --5 --6 --7 --8 --9 -10-総合P-有効P
1 10 S.フィリップ       9   4   9   6  (4) (4) (3)  6   9   6    60    49
2 11 井出 有治           0   9   0   4   1   6   2   4  (1)  9    36    35
3  2 荒 聖治             0   6   3  (2)  6   3   4   0   4   4    32    30
4  1 R.レヒナー         0   0   6   9   9   1   0   3   0   -    28    28
5  7 黒澤 治樹           0   3   4   1   3   2   6   9   0   -    28    28
6  3 B.トレルイエ       6   0   0   3   0   0   9   0   6   0    24    24
7  5 高木 真一           3   0   0   0   0   9   0   2   2   -    16    16
8  9 土屋 武士           4   0   -   0   0   0   0   0   3   2     9     9
9 64 本庄 康幸           1   0   3   0   0   0   1   0   -   -     5     5
10 64 佐藤晋也            -   -   -   -   -   -   -   -   0   3     3     3
11  8 サトウ カイチ       0   0   0   0   2   0   0   1   0   0     3     3
12 17 佐々木 孝太         0   1   1   0   -   -   -   -   0   1     3     3
13 20 峰尾 恭輔           0   0   2   0   -   -   0   -   -   -     2     2
13 18 密山 祥吾           2   0   0   0   0   0   0   0   0   0     2     2
13 32 富澤 勝             0   2   0   -   -   -   -   -   -   -     2     2
33 山口 明             0   0   0   0   0   0   0   0   0   0     0     0
77 平野 功             0   0   0   0   0   0   0   0   0   -     0     0
24 西澤 和之           0   0   0   0   0   0   0   0   0   0     0     0
38 五味 康隆           0   0   -   0   0   0   -   -   -   -     0     0
19 黒澤 翼             0   0   0   -   -   0   0   0   0   0     0     0
15 永守 正             0   -   0   -   0   0   0   0   -   0     0     0
37 樋口 統也           -   0   0   -   0   -   0   0   -   -     0     0
20 レーサー鹿島        -   -   -   -   -   -   -   0   0   0     0     0
32 井上智之            -   -   -   -   -   -   -   -   0   0     0     0
6 西村 秀樹           -   0   -   -   -   -   -   -   -   -     0     0
38 徳田 照幸           -   -   -   -   -   -   0   -   -   -     0     0
38 中島廣高            -   -   -   -   -   -   -   -   0   -     0     0
39 鈴木 将之           -   -   -   -   -   -   -   -   -   0     0     0
***************************************************************************
* 1位から6位までに9-6-4-3-2-1のポイント
* 全10戦中ベスト7戦(70%)有効ポイント制
///// PDD01523 伊東  昭雄 /////

Formula Nippon

2000F_NIPドライバーズポイント(10/10戦)

(全戦終了)
2000                   3   4   5   6   7   7   8   9   9  11
Japan                 /   /   /   /   /   /   /   /   /   /
Formula Nippon      26  16  21   4   2  30  20   3  17   5
Championship       鈴  茂  美  富  鈴  菅  茂  富  美  鈴
Drivers-point     鹿  木  祢  士  鹿  生  木  士  祢  鹿
Po -No -Driver ---------Rd.-1 --2 --3 --4 --5 --6 --7 --8 --9 -10 ---総合P
1  0  高木 虎之介         10  10   0  10  10  10  10  10  10   6       86
2  6  M.クルム            6   6   6 DNS   4   2   6   2   0   3       35
3  19 本山 哲              1   3   0   0   1   3   4   6   6  10       34
4  2  松田 次生            0   4  10   0   2   0   3   0   4   4       27
5  7  野田 英樹            0   0   4   0   6   0   2   1   0   2       15
6  55 金石 勝智            3   1   2   4   0   4   0   0   -   -       14
7  56 脇阪 寿一            0   2   3   6   0   0   0   0   1   1       13
8  5  服部 尚貴            4   0   1   2   3   0   0   0   0   0       10
9  9  R.ファーマン        0   0   0   1   0   6   0   0   2   0        9
10  11 立川 祐路            0   0   0   3   0   0   0   3   3   0        9
11  62 柴原 眞介            0   0   0   0   0   1   0   4   0   0        5
12  14 脇阪 薫一            2   0   0   0   0   0   0   0   0   0        2
13  8  五十嵐 勇大          0   0   0   0   0   0   1   0   0   0        1
3  近藤 真彦            0   0   0   0   0   0   0   0   0   0        0
12 J.ヴィエルチューク  0   0   0   0   0   0   0   0   0   0        0
36 玉中 哲二            0   0   0   0   0   0   0   0   0   0        0
10 山西 康司            0   0   0   0   0   0   0   0   0   0        0
68 道上 龍              0   0   0   0   0   0   0   0   0   0        0
63 OSAMU                0   0   0   0   0   -   0   0   0   0        0
21 A.ユーン            -   0   0   0   0   0   0   0   0   0        0
4 土屋 武士            -   -   -   -   -   -   -   -   0   -        0
**************************************************************************
* 1位から6位までに10-6-4-3-2-1のポイント
* 全10戦総ポイント制
* 予選通過基準タイム(110%)
///// PDD01523 伊東  昭雄 /////

Formula Nippon

FN_Rd10:鈴鹿FN決勝

2000年全日本選手権フォーミュラ・ニッポン第10戦                       2000-11-05       
2000フォーミュラ・ニッポン第10戦 鈴鹿サーキット ミリオンカードカップレース          WEATHER  : Fine
フォーミュラ・ニッポン                  決勝正式結果表               COURSE   : Dry
国際レーシングコース
P.  No. Driver        Type                     Team Lap   Total Time      Delay
-------------------------------------------------------------------------------
1  19 本山  哲       レイナード 99L         TEAM IMPUL  35  1:05'10.434 188.95Km/h
2   0 高木 虎之介    レイナード 2KL      PIAA NAKAJIMA  35  1:05'13.632      3.198
3   2 松田 次生      レイナード 99L      PIAA NAKAJIMA  35  1:05'29.462     19.028
4   6 ミハエル・クルム       レイナード 99L             5ZIGEN  35  1:05'30.911     20.477
5   7 野田 英樹      レイナード 99L             LeMans  35  1:05'54.449     44.015
6  56 脇阪 寿一      レイナード 99L               ARTA  35  1:06'03.584     53.150
7  10 山西 康司      GフォースGF03B      Morinaga NOVA  35  1:06'04.160     53.726
8  14 脇阪 薫一      レイナード 99L          MOONCRAFT  35  1:06'08.473     58.039
9   5 服部 尚貴      レイナード 99L             5ZIGEN  35  1:06'10.446   1'00.012
10   3 近藤 真彦      レイナード 99L      Olympic KONDO  35  1:06'39.701   1'29.267
11  12 ヤレック・ヴィエルチューク レイナード 99L   COSMO OIL CERUMO  35  1:06'40.649   1'30.215
12  11 立川 祐路      レイナード 99L   COSMO OIL CERUMO  35  1:06'54.948   1'44.514
13  63 OSAMU          Gフォース GF03             LEYJUN  33  1:05'26.586      2Laps
14 *62 柴原 眞介      レイナード 2KL             LEYJUN  33  1:06'10.876      2Laps
以上 規定周回数完走:
36 玉中 哲二      レイナード 99L         TAKAGI B-1  24    48'19.903     11Laps
8 五十嵐 勇大    レイナード 99L             LeMans  18    34'48.550     17Laps
68 道上  龍       レイナード 2KL  DoCoMo  DANDELION  17    32'41.493     18Laps
21 アレックス・ユーン      レイナード 99L      TEAM MALAYSIA  15    29'32.259     20Laps
9 ラルフ・ファーマン      GフォースGF03B      Morinaga NOVA  14    27'39.344     21Laps
開始時刻: 14:34'50      
終了時刻: 15:40'00      
Fastest Lap  
No.19 本山  哲   TEAM IMPUL    1'49.507   29/35   192.78Km/h
規定周回数 31
ペナルティ No.62 
2000年全日本選手権フォーミュラ・ニッポン統一規則第28条14.(反則スタート)により、
ペナルティストップ10秒を課した。
                          提供:鈴鹿サーキットランド

Japanese F3

F3_Rd10:鈴鹿F3決勝

2000年全日本F3選手権シリーズ第10戦                           2000-11-05      
2000 フォーミュラ・ニッポン第10戦 鈴鹿サーキット ミリオンカードカップレース         WEATHER  : Fine
F3                          決勝正式結果表              COURSE   : Dry
国際レーシングコース
P No. Driver       Type                       Team/Car LapTotalTime      Delay
-------------------------------------------------------------------------------
1 11 井出 有治     ダラーラF300 MF204B     FドリームARTA無限 17 34'57.791 171.07Km/h
2 10 セバスチャン・フィリップダラーラF300 MF204B     カストロール無限F300 17 34'58.628      0.837
3  2 荒  聖治      ダラーラF300 MF204B   戸田無限ホンダF300 17 35'00.685      2.894
4 64 佐藤 晋也     ダラーラF399 MF204B  PIAA DALLARA 無限 17 35'14.082     16.291
5  9 土屋 武士     ダラーラF399 SR20VE          ThreeBond 17 35'14.369     16.578
6 38 佐々木 孝太   ダラーラF300 3S-GE    5ZIGENワコーズ F300 17 35'17.596     19.805
7  8 サトウ カイチ       ダラーラF399 3S-GE     ESSO TOM'S F399 17 35'18.218     20.427
8 17 黒澤  翼      ダラーラF399 MF204B LIAN 戸田無限HONDA 17 35'31.335     33.544
9 33 山口  明      ダラーラF300 3S-GE      DeODEO・DALLARA 17 35'32.019     34.228
10 18 密山 祥吾     ダラーラF399 3S-GE         イエローハット 399 17 35'48.593     50.802
11 15 永守  正      ダラーラF399 3S-GE     5ZIGEN  MJ F399 17 36'33.548   1'35.757
12 20 レーサー鹿島      ダラーラF399 3S-GE     マルチG TOM'S F399 17 37'04.956   2'07.165
以上 規定周回数完走:
3 ブノア・トルルイエ    ダラーラF300 3S-GE  カストロール富士通テンF300  8 16'42.810      9Laps
39 鈴木 将之     ダラーラF397 3S-GE (株)おりひめ-F397改  2  4'26.574     15Laps
24 西澤 和之     ダラーラF399 3S-GE     SPORTSTODAYF399  1  2'14.947     16Laps
32 井上 智之     ダラーラF399 3S-GE       PREST・DALLARA  0               17Laps
開始時刻: 10:49'09    
終了時刻: 11:24'06    
Fastest Lap
No. 11  井出 有治   FドリームARTA無限    2'02.580   8/17   172.22Km/h
規定周回数 15
                         提供:鈴鹿サーキットランド 

Formula Nippon

Fn_Rd10 決勝後の記者会見

決勝終了後の記者会見(要約)
本山 哲
「良いスタートがきれて、ミラーを見たらPIAAが2台とも居たんで1コーナーに
(トップで)入って、あとは自分のペースで走れました。2台がどっちかはわから
なかったんで、トラと思ったら松田君って言われてペースをあげました。タイヤに
ちょっと心配があったんで数周抑えて後は最後まで行きました。(序盤の差は)予想
通りで、昨日から見ていてコンマ3から5秒のアドバンテージがあると思って、そ
れを生かしていけばと思いました。走っている最中は何も考えてなくて、ゴールま
では全力でした。勝った実感はゴールしてからでした。いい形で最後に勝てて良か
ったです」
高木虎之介
「今週はフリー、予選と差があったんでベストでコンマ5、実際はコンマ7ぐらい
の差があって、それにしては決勝でもうちょっと離されるかと思いました。トップ
について行けただけで今日は良かったです。ちょっと今週は苦しかった。何しても
決まらなかったし35周は厳しかった。スタートは下ってるんで、ブレーキを踏んだ
瞬間に青になったので、ちょっと失敗でしたね。前に出れたとしても、今日はダメ
だったんじゃないかな…」
松田次生
「スタートが決まったので本山さんの前まで行きたかったけれど、2位どまりでし
た。途中タイヤ交換するまでついていけました。2セット目もオーバーが出て思った
ほどペースが上がりませんでした。もうちょっと早く(虎之介選手と)バトルしたか
ったですね」
***JCG00146 竹下 恵一郎@鈴鹿***

Formula Nippon

FN_Rd10:鈴鹿FN決勝レポート

       フォーミュラ・ニッポン第10戦 鈴鹿サーキット
             11月5日 決勝
        遅れてきた本命、本山哲今季初優勝!
       ナカジマレーシング、シリーズ全勝ならず!
 11月とは思えない暑い一日となったフォーミュラ・ニッポン最終戦決勝日、
快晴の中行われた決勝レースは、スタートで飛び出したポールポジションの#19
本山がそのまま逃げきって今季初優勝を遂げ、ナカジマレーシングのシリーズ
全勝にストップをかけた。
 午後2時35分スタート!PP#19本山好ダッシュ。トップをキープして1コーナ
ーへ。2位は#2松田、#62柴原。#0高木は4位と出遅れた。シケインで#62柴原
とインを刺した#0高木が接触。#62柴原姿勢を崩し遅れる。
1周目 #19-2-0-6-62-56-5-11-10-68-14-21-8……
#7野田Pin
2周目 #62柴原Pin。接触により傷ついたノーズコーン交換。
3周目 #19-(2.1)-2-0-6-56-5-11-10-68-14-8-21-9……
#19本山のペースが速い。#2松田以下との差をどんどん開いていく。
6周目 #19-(2.8)-2-(2.5)-0-6-56-5-11-10-14-68-8-21-9……
#8五十嵐、#68道上Pin
8周目 #62柴原に黒旗提示。フライングのペナルティ。
9周目 #62柴原ペナルティの10秒ピット
10周目 #19-(4.4)-2-(2.0)-0-6-56-5-11-10-14-21-9-12-3-7-8-68-63-36-62
#2松田のペースが上がらない。#0高木が追い上げる。
11周目 #9ファーマン、#21ユーンPin
12周目 #5服部、#11立川Pin。#11立川エンジンストール。タイムロス。
13周目 #2松田、#56脇阪、#12ヴエルチュークPin
14周目 #9ファーマン、スロー走行→ピットでリタイア
#3近藤Pin
15周目 #21ユーン、スロー走行→ピットでリタイア(ギアボックス)
#19-0-6-14-2-7-56-10-5-8-68-3-21……
#0高木、#14脇阪Pin
16周目 #19本山Pin。トップのままコース復帰。
17周目 #19-(3.0)-0-2-6-7-56-10-5-8-14-68-3-12……
18周目 #8五十嵐スロー走行→ピットイン、リタイアイ(ギアボックス)
19周目 #68道上スロー走行→コース脇にマシンを止める(燃料系)
20周目 #19-(4.0)-0-2-6-7-56-10-5-14-3-12-11……
#19本山が#0高木との差を開きつつある。
22周目 #19-(3.6)-0  #0高木が追い上げはじめた
23周目 #19-(3.8)-0  今度は#19本山が引き離した。一進一退の攻防だ。
28周目 #19-(4.7)-0-2-6-7-56-10-5-14-3-12-11……
6位争い、#56脇阪、#10山西、#5服部、#14脇阪、4台の間隔が詰まっ
ている。2位#0虎之介は力尽きた感じだ。
34周目 #14脇阪がシケイン立ち上がりで#5服部に並び1コーナーでかわしポジ
ションアップ
Finish  #19-0-2-6-7-56-10-14-5-3-12-11-63-62
 週末、ずっと好調を維持してきた本山が今季初優勝!
「トラがアメリカ行く前にいいレースができてよかった。嬉しい」と本山。
■決勝暫定結果(TOP10)
P.-No.Driver------------Team-------------Car----------------Lap-
1 19 本山哲            IMPUL            REYNARD 99L/ML308  35
2  0 高木虎之介        PIAA NAKAJIMA    REYNARD 2KL/ML308  
3  2 松田次生          PIAA NAKAJIMA    REYNARD 99L/ML308  
4  6 M.クルム          5ZIGEN           REYNARD 99L/ML308  
5  7 野田英樹          LeMans           REYNARD 99L/ML308  
6 56 脇阪寿一          ARTA             REYNARD 99L/ML308  
7 10 山西康司          Morinaga NOVA    G FORCE GF03B/ML308
8 14 脇阪薫一          MOONCRAFT        REYNARD 99L/ML308
9  5 服部尚貴          5ZIGEN           REYNARD 99L/ML308
10  3 近藤真彦          Olympic KONDO    REYNARD 99L/ML308
              ・
              ・
              ・
---------------------------------------------------------------------------
*** FMOTOR4F SysOp 北島滋穂(SDI00685@nifty.com) ***

Japanese F3

F3_Rd10:鈴鹿F3決勝レポート

          全日本F3選手権 第10戦鈴鹿
            井出有治、今季2勝目!
       シリーズ2位に浮上してシリーズを締めくくる
 雨が降るという天気予報に反して快晴となった鈴鹿。F3最終戦はマカオ参
戦組のレヒナー、黒澤翼、高木が欠けやや寂しいグリッドとなったが、16台の
精鋭が集った。
 午前10時50分、17周の決勝がスタート。
 #11井出が好スタート。PPの#10フィリップを抑えてトップに躍り出る。
1周目 シケインで#10フィリップがトップを奪う。
2周目 シケイン立ち上がりで加速の鈍った#10フィリップを1コーナーで#11井
出が捕らえ再びトップ奪還。
3周目 #11井出-#10フィリップ-#2荒-#9土屋-#64佐藤-#38佐々木……
#11井出が2位#10フィリップをジワジワ引き離している
5周目 #11-(1.1)-10-2-9-64-38-8-18-3-17……
7周目 #11-(1.6)-10-2-9-64-38-8-18-3-17……
トップ3が後続を引き離すが、3台の間隔も広がりつつある。やや膠着
状態。
9周目 9位#3トレルイエ、1コーナーアウトから仕掛けるがコースアウト。リタイア。
8位#18密山デグナーでコースアウト。順位落とす。
10周目 #11-(1.6)-10-2-9-64-38-8-17-33-18……
11周目 4位#9土屋逆バンクでスピン(?)順位落とす。
12周目 #11-(1.5)-10-2-64-9-38-8-17-33-18……
15周目 #11-(1.5)-10-2-64-9-38-8-17-33-18……
順位変動はなし。このままフィニッシュまでいきそうだ。
Finish #11-(1.5)-10-2-64-9-38-8-17-33-18……
 井出、今季2勝目を飾るとともに、シリーズポイントでもレヒナー、荒を抜
いて2位に浮上して、シーズンを締めくくった。
 「筑波で勝って以来情けないレースが続いていただけに嬉しい」と井出。
■F3決勝結果(暫定)
P--No.Driver---------Car------------------
1 11 井出有治       Dallara F300/MF204
2 10 S.フィリップ   Dallara F300/MF204
3  2 荒  聖治       Dallara F300/MF204
4 64 佐藤晋也       Dallara F399/MF204
5  9 土屋武士       Dallara F399/SR20VE
6 38 佐々木孝太     Dallara F300/3S-GE
          ・
          ・
        *** FMOTOR4F SysOp 北島滋穂(SDI00685@nifty.com) ***

Formula Nippon

FN_Rd10:Mooncraft予選リリース

2000年 全日本フォーミュラ・ニッポン選手権 第10戦
鈴鹿サーキット
11月4日(土曜日)
公式予選
午前は快晴、汗ばむほどの気温が午後に入って日が翳り、気温は20℃前後に下
がった。
午後1時20分から開始された公式予選1回目、1分52秒台から走り始めたシゲカ
ズは3周目で51秒台までタイムを上げるがまだ先は遠い。
現在13番手。トップ差3秒。リアの動きに不満が残るシゲカズはピットに入っ
て細部を調整し残り20分で再度出走。セッティングをいろ色々試すものの良い
結果は得られず、そのまま1回目終了。このセッションは完全にはずしてしまっ
た。
1回目と同じような空の下で始まった公式予選第2回目、立ち上がりで再度リア
の不安定さを訴えるシゲカズは時間を掛けた調整に入った。空力関係を中心に
セットアップを重ねるが結果が出ない。
12周目に入って48.6秒、15番手。残り10分で再度のセットアップに入り、
ニュータイヤを装着してコースイン。現在16位。この後シゲカズ最後のアタッ
クを掛けチェッカーが降られた後の最終周、1分47秒824を記録してなんとか13
位につける事ができた。今日は今ひとつリズムが噛み合わなかったが、このア
タックで良い流れを引き寄せることが出来た。明日のレースが楽しみだ。
由良監督:
前回からのインターバルが一ヶ月半ありその間に行なわれたタイヤテストに参
加できなかったため、走り出しでは感覚が戻らず行ったり来たり苦労しました。
鈴鹿に持ち込んだセッティングから色々な方向にセッティングを振ってみまし
たが、なかなかベストセットを見出すことが出来ず、最後はリアダウンフフォ
ースを増やすセッティングと、シゲカズ渾身のアタックでなんとか定位置に戻
すことが出来て良かったと思います。
明日は悪天候が予想されるので、開幕戦と同じように初心に返って落ち着いた
レース運びで頑張りたいと思います。
シゲカズ選手:
走り出したらセッティングの方向性が掴めずにてこずった。現時点で考えても
タイム差が大きくセッティングを煮詰める必要がある。予選2回目で方向性がわ
かったので明日の朝決勝用のセッティングを詰めて良い結果につなげたいと思
います。
情報提供:Mooncraft
        *** FMOTOR4F SysOp 北島滋穂(SDI00685@nifty.com) ***

Formula Nippon

FN_Rd10:鈴鹿 FN 総合予選結果

2000年全日本選手権フォーミュラ・ニッポン第10戦                     2000-11-04      
2000フォーミュラ・ニッポン第10戦 鈴鹿サーキット ミリオンカードカップレース         WEATHER  : Cloudy
フォーミュラ・ニッポン                  公式予選総合正式結果表     COURSE   : Dry
国際レーシングコース 
Pos. No. Driver        Type                      Team/Car     Time      Delay
------------------------------------------------------------------------------
1  19 本山  哲       レイナード 99L MF308        TEAM IMPUL 1'45.553 200.00Km/h
2   0 高木 虎之介    レイナード 2KL MF308     PIAA NAKAJIMA 1'46.061      0.508
3   2 松田 次生      レイナード 99L MF308     PIAA NAKAJIMA 1'46.097      0.544
4   6 ミハエル・クルム       レイナード 99L MF308            5ZIGEN 1'46.152      0.599
5   5 服部 尚貴      レイナード 99L MF308            5ZIGEN 1'46.815      1.262
6  62 柴原 眞介      レイナード 2KL MF308            LEYJUN 1'46.977      1.424
7  11 立川 祐路      レイナード 99L MF308  COSMO OIL CERUMO 1'47.202      1.649
8   8 五十嵐 勇大    レイナード 99L MF308            LeMans 1'47.205      1.652
9  56 脇阪 寿一      レイナード 99L MF308              ARTA 1'47.224      1.671
10  10 山西 康司      GフォースGF03B MF308     Morinaga NOVA 1'47.300      1.747
11  68 道上  龍       レイナード 2KL MF308 DoCoMo  DANDELION 1'47.447      1.894
12   7 野田 英樹      レイナード 99L MF308            LeMans 1'47.499      1.946
13  14 脇阪 薫一      レイナード 99L MF308         MOONCRAFT 1'47.824      2.271
14  21 アレックス・ユーン      レイナード 99L MF308     TEAM MALAYSIA 1'48.087      2.534
15  12 ヤレック・ヴィエルチューク レイナード 99L MF308  COSMO OIL CERUMO 1'48.088      2.535
16   9 ラルフ・ファーマン      GフォースGF03B MF308     Morinaga NOVA 1'48.168      2.615
17   3 近藤 真彦      レイナード 99L MF308     Olympic KONDO 1'48.473      2.920
18  36 玉中 哲二      レイナード 99L MF308        TAKAGI B-1 1'51.113      5.560
19  63 OSAMU          Gフォース GF03 MF308            LEYJUN 1'52.091      6.538
以上 予選通過車両:
予選通過基準タイム ( P.P. 107 % ) 1'52.941
                         提供:鈴鹿サーキットランド

Formula Nippon

FN_Rd10:鈴鹿 FN 公式予選2回目

2000年全日本選手権フォーミュラ・ニッポン第10戦                   2000-11-04      
2000フォーミュラ・ニッポン第10戦 鈴鹿サーキット ミリオンカードカップレース       WEATHER  : Cloudy
フォーミュラ・ニッポン                  公式予選 2回目結果表    COURSE   : Dry
国際レーシングコース
Pos. No. Driver        Type                          Team     Time      Delay
-----------------------------------------------------------------------------
1  19 本山  哲       レイナード 99L MF308        TEAM IMPUL 1'45.553 200.00Km/h
2   0 高木 虎之介    レイナード 2KL MF308     PIAA NAKAJIMA 1'46.061      0.508
3   2 松田 次生      レイナード 99L MF308     PIAA NAKAJIMA 1'46.097      0.544
4   6 ミハエル・クルム       レイナード 99L MF308            5ZIGEN 1'46.152      0.599
5   5 服部 尚貴      レイナード 99L MF308            5ZIGEN 1'46.815      1.262
6  62 柴原 眞介      レイナード 2KL MF308            LEYJUN 1'46.977      1.424
7   8 五十嵐 勇大    レイナード 99L MF308            LeMans 1'47.205      1.652
8  56 脇阪 寿一      レイナード 99L MF308              ARTA 1'47.224      1.671
9  10 山西 康司      GフォースGF03B MF308     Morinaga NOVA 1'47.300      1.747
10  11 立川 祐路      レイナード 99L MF308  COSMO OIL CERUMO 1'47.329      1.776
11  68 道上  龍       レイナード 2KL MF308 DoCoMo  DANDELION 1'47.447      1.894
12   7 野田 英樹      レイナード 99L MF308            LeMans 1'47.499      1.946
13  14 脇阪 薫一      レイナード 99L MF308         MOONCRAFT 1'47.824      2.271
14  21 アレックス・ユーン      レイナード 99L MF308     TEAM MALAYSIA 1'48.087      2.534
15  12 ヤレック・ヴィエルチューク レイナード 99L MF308  COSMO OIL CERUMO 1'48.088      2.535
16   9 ラルフ・ファーマン      GフォースGF03B MF308     Morinaga NOVA 1'48.168      2.615
17   3 近藤 真彦      レイナード 99L MF308     Olympic KONDO 1'48.473      2.920
18  36 玉中 哲二      レイナード 99L MF308        TAKAGI B-1 1'51.270      5.717
19  63 OSAMU          Gフォース GF03 MF308            LEYJUN 1'52.091      6.538
開始時刻: 15:15'00    
                          提供:鈴鹿サーキットランド

Formula Nippon

FN_Rd10:鈴鹿 FN 公式予選1回目

2000年全日本選手権フォーミュラ・ニッポン第10戦                      2000-11-04     
2000フォーミュラ・ニッポン第10戦 鈴鹿サーキット ミリオンカードカップレース         WEATHER  : Cloudy
フォーミュラ・ニッポン                  公式予選 1回目結果表      COURSE   : Dry
国際レーシングコース
Pos.No. Driver         Type                          Team     Time      Delay
-----------------------------------------------------------------------------
1  19 本山  哲       レイナード 99L MF308        TEAM IMPUL 1'45.816 199.50Km/h
2   0 高木 虎之介    レイナード 2KL MF308     PIAA NAKAJIMA 1'46.537      0.721
3   6 ミハエル・クルム       レイナード 99L MF308            5ZIGEN 1'46.669      0.853
4   2 松田 次生      レイナード 99L MF308     PIAA NAKAJIMA 1'46.739      0.923
5  11 立川 祐路      レイナード 99L MF308  COSMO OIL CERUMO 1'47.202      1.386
6   5 服部 尚貴      レイナード 99L MF308            5ZIGEN 1'47.415      1.599
7  68 道上  龍       レイナード 2KL MF308 DoCoMo  DANDELION 1'47.535      1.719
8  56 脇阪 寿一      レイナード 99L MF308              ARTA 1'47.587      1.771
9   7 野田 英樹      レイナード 99L MF308            LeMans 1'47.719      1.903
10   8 五十嵐 勇大    レイナード 99L MF308            LeMans 1'47.983      2.167
11   3 近藤 真彦      レイナード 99L MF308     Olympic KONDO 1'48.737      2.921
12  12 ヤレック・ヴィエルチューク レイナード 99L MF308  COSMO OIL CERUMO 1'48.753      2.937
13  10 山西 康司      GフォースGF03B MF308     Morinaga NOVA 1'48.799      2.983
14  21 アレックス・ユーン      レイナード 99L MF308     TEAM MALAYSIA 1'48.879      3.063
15  62 柴原 眞介      レイナード 2KL MF308            LEYJUN 1'49.138      3.322
16   9 ラルフ・ファーマン      GフォースGF03B MF308     Morinaga NOVA 1'49.338      3.522
17  14 脇阪 薫一      レイナード 99L MF308         MOONCRAFT 1'49.559      3.743
18  36 玉中 哲二      レイナード 99L MF308        TAKAGI B-1 1'51.113      5.297
19  63 OSAMU          Gフォース GF03 MF308            LEYJUN 1'52.138      6.322
開始時刻: 13:20'00      
                         提供:鈴鹿サーキットランド

Formula Nippon

FN_Rd10:鈴鹿 F3 公式予選

2000年全日本F3選手権シリーズ第10戦                           2000-11-04     
2000 フォーミュラ・ニッポン第10戦 鈴鹿サーキット ミリオンカードカップレース         WEATHER  : Cloudy
F3                          公式予選正式結果表          COURSE   : Dry
        国際レーシングコース
Pos. No. Driver        Type                        Team/Car     Time      Delay
-------------------------------------------------------------------------------
1  10 セバスチャン・フィリップ ダラーラF300 MF204B      カストロール無限F300 2'00.691 174.91Km/h
2  11 井出 有治      ダラーラF300 MF204B      FドリームARTA無限 2'00.786      0.095
3   9 土屋 武士      ダラーラF399 SR20VE           ThreeBond 2'00.800      0.109
4   2 荒  聖治       ダラーラF300 MF204B    戸田無限ホンダF300 2'01.210      0.519
5  64 佐藤 晋也      ダラーラF399 MF204B   PIAA DALLARA 無限 2'01.396      0.705
6   3 ブノア・トルルイエ     ダラーラF300 3S-GE   カストロール富士通テンF300 2'01.653      0.962
7  18 密山 祥吾      ダラーラF399 3S-GE          イエローハット 399 2'01.845      1.154
8  38 佐々木 孝太    ダラーラF300 3S-GE     5ZIGENワコーズ F300 2'01.904      1.213
9  32 井上 智之      ダラーラF399 3S-GE        PREST・DALLARA 2'02.126      1.435
10 # 8 サトウ カイチ        ダラーラF399 3S-GE      ESSO TOM'S F399 2'02.370      1.679
11  17 黒澤  翼       ダラーラF399 MF204B  LIAN 戸田無限HONDA 2'02.414      1.723
12  33 山口  明       ダラーラF300 3S-GE       DeODEO・DALLARA 2'02.994      2.303
13  24 西澤 和之      ダラーラF399 3S-GE      SPORTSTODAYF399 2'03.833      3.142
14  15 永守  正       ダラーラF399 3S-GE      5ZIGEN  MJ F399 2'04.649      3.958
15  39 鈴木 将之      ダラーラF397 3S-GE  (株)おりひめ-F397改 2'05.569      4.878
16  20 レーサー鹿島       ダラーラF399 3S-GE      マルチG TOM'S F399 2'06.875      6.184
以上 予選通過車両:
開始時刻: 12:30'00      
予選通過基準タイム ( 110 % )  2'12.835
# No.8 公式練習における国際モータースポーツ競技規則付則H項違反(黄旗信号無視)
および2000年全日本F3選手権統一規則第28条12の違反により、
公式予選結果のベストラップタイムおよびセカンドラップタイムを削除した。
                          提供:鈴鹿サーキットランド

Formula Nippon

FN_Rd10:鈴鹿 FN 公式練習

2000年全日本選手権フォーミュラ・ニッポン第10戦                     2000-11-04     
2000フォーミュラ・ニッポン第10戦 鈴鹿サーキット ミリオンカードカップレース         WEATHER  : Fine
フォーミュラ・ニッポン                  公式練習結果表             COURSE   : Dry
国際レーシングコース
Pos.No. Driver         Type                          Team     Time      Delay
-----------------------------------------------------------------------------
1  19 本山  哲       レイナード 99L MF308        TEAM IMPUL 1'46.414 198.38Km/h
2   0 高木 虎之介    レイナード 2KL MF308     PIAA NAKAJIMA 1'46.732      0.318
3   6 ミハエル・クルム       レイナード 99L MF308            5ZIGEN 1'47.499      1.085
4   2 松田 次生      レイナード 99L MF308     PIAA NAKAJIMA 1'48.016      1.602
5  68 道上  龍       レイナード 2KL MF308 DoCoMo  DANDELION 1'48.077      1.663
6   9 ラルフ・ファーマン      GフォースGF03B MF308     Morinaga NOVA 1'48.195      1.781
7  56 脇阪 寿一      レイナード 99L MF308              ARTA 1'48.241      1.827
8  62 柴原 眞介      レイナード 2KL MF308            LEYJUN 1'48.295      1.881
9   7 野田 英樹      レイナード 99L MF308            LeMans 1'48.441      2.027
10   5 服部 尚貴      レイナード 99L MF308            5ZIGEN 1'48.542      2.128
11  10 山西 康司      GフォースGF03B MF308     Morinaga NOVA 1'49.050      2.636
12  21 アレックス・ユーン      レイナード 99L MF308     TEAM MALAYSIA 1'49.305      2.891
13  12 ヤレック・ヴィエルチューク レイナード 99L MF308  COSMO OIL CERUMO 1'49.374      2.960
14   8 五十嵐 勇大    レイナード 99L MF308            LeMans 1'49.755      3.341
15  14 脇阪 薫一      レイナード 99L MF308         MOONCRAFT 1'49.761      3.347
16   3 近藤 真彦      レイナード 99L MF308     Olympic KONDO 1'49.773      3.359
17  11 立川 祐路      レイナード 99L MF308  COSMO OIL CERUMO 1'49.776      3.362
18  36 玉中 哲二      レイナード 99L MF308        TAKAGI B-1 1'51.634      5.220
19  63 OSAMU          Gフォース GF03 MF308            LEYJUN 1'53.313      6.899
開始時刻: 09:20'00      
                        提供:鈴鹿サーキットランド

Formula Nippon

FN_Rd10:鈴鹿 F3 公式練習

2000年全日本F3選手権シリーズ第10戦                            2000-11-04      
2000 フォーミュラ・ニッポン第10戦 鈴鹿サーキット ミリオンカードカップレース          WEATHER  : Fine
F3                          公式練習結果表               COURSE   : Dry
国際レーシングコース
Pos. No. Driver       Type                        Team/Car      Time      Delay
-------------------------------------------------------------------------------
1  10 セバスチャン・フィリップダラーラF300 MF204B      カストロール無限F300  2'00.231 175.58Km/h
2   2 荒  聖治      ダラーラF300 MF204B    戸田無限ホンダF300  2'00.395      0.164
3  11 井出 有治     ダラーラF300 MF204B      FドリームARTA無限  2'00.665      0.434
4   3 ブノア・トルルイエ    ダラーラF300 3S-GE   カストロール富士通テンF300  2'00.688      0.457
5   9 土屋 武士     ダラーラF399 SR20VE           ThreeBond  2'00.947      0.716
6  64 佐藤 晋也     ダラーラF399 MF204B   PIAA DALLARA 無限  2'01.061      0.830
7  38 佐々木 孝太   ダラーラF300 3S-GE     5ZIGENワコーズ F300  2'01.137      0.906
8 * 8 サトウ カイチ       ダラーラF399 3S-GE      ESSO TOM'S F399  2'01.397      1.166
9  18 密山 祥吾     ダラーラF399 3S-GE          イエローハット 399  2'02.444      2.213
10  17 黒澤  翼      ダラーラF399 MF204B  LIAN 戸田無限HONDA  2'02.477      2.246
11  33 山口  明      ダラーラF300 3S-GE       DeODEO・DALLARA  2'03.261      3.030
12  32 井上 智之     ダラーラF399 3S-GE        PREST・DALLARA  2'03.512      3.281
13  24 西澤 和之     ダラーラF399 3S-GE      SPORTSTODAYF399  2'03.623      3.392
14  15 永守  正      ダラーラF399 3S-GE      5ZIGEN  MJ F399  2'04.109      3.878
15  20 レーサー鹿島      ダラーラF399 3S-GE      マルチG TOM'S F399  2'07.143      6.912
16  39 鈴木 将之     ダラーラF397 3S-GE  (株)おりひめ-F397改  2'07.528      7.297
開始時刻: 08:30'00      
ペナルティ No.8 
国際モータースポーツ競技規則付則H項違反(黄旗信号無視)および2000年全日本F3選手権
統一規則第28条12の違反により、12:30からの公式予選において予選結果のベストラップタイム
およびセカンドラップタイムを削除する。
                          提供:鈴鹿サーキットランド

Formula Nippon

FN_Rd10:Fニッポン鈴鹿予選2回目結果

* これは予選2回目の結果です
フォーミュラ・ニッポン第10戦 SUZUKA -RIJ-(2000-11-04) 2nd Qualifying-Session
For All Japan Formula Nippon Championship Rd.10 Suzuka Circuit(J):5.864km
Weather:Fine Course:Dry
P.-No.Driver------------Team-------------Car-----------------Time-----km/h---
1 19 本山哲            IMPUL            REYNARD 99L/MF308   1.45.553 199.998
2  0 高木虎之介        PIAA NAKAJIMA    REYNARD 2KL/MF308   1.46.061
3  2 松田次生          PIAA NAKAJIMA    REYNARD 99L/MF308   1.46.097
4  6 M.クルム          5ZIGEN           REYNARD 99L/MF308   1.46.152
5  5 服部尚貴          5ZIGEN           REYNARD 99L/MF308   1.46.815
6 62 柴原眞介          LEYJUN           REYNARD 2KL/MF308   1.46.977
7  8 五十嵐勇大        LeMans           REYNARD 99L/MF308   1.47.205
8 56 脇阪寿一          ARTA             REYNARD 99L/MF308   1.47.224
9 10 山西康司          Morinaga NOVA    G FORCE GF03B/MF308 1.47.300
10 11 立川祐路          COSMO OIL CERUMO REYNARD 99L/MF308   1.47.329
11 68 道上龍            DoCoMo DANDELION REYNARD 2KL/MF308   1.47.447
12  7 野田英樹          LeMans           REYNARD 99L/MF308   1.47.499
13 14 脇阪薫一          MOONCRAFT        REYNARD 99L/MF308   1.47.824
14 21 A.ユーン          TEAM MALAYSIA    REYNARD 99L/MF308   1.48.087
15 12 J.ヴィエルチュークCOSMO OIL CERUMO REYNARD 99L/MF308   1.48.088
16  9 R.ファーマン      Morinaga NOVA    G FORCE GF03B/MF308 1.48.168
17  3 近藤真彦          Olympic KONDO    REYNARD 99L/MF308   1.48.473
18 36 玉中哲二          TAKAGI B-1       REYNARD 99L/MF308   1.51.270
19 63 OSAMU             LEYJUN           G FORCE GF03/MF308  1.52.091
------------------------------------------------------------------------
          * FMOTOR4_SysOp 新倉芳夫 (SDI00686)-RIJ *

Formula Nippon

FN_Rd10:鈴鹿予選レポート

      フォーミュラ・ニッポン第10戦 鈴鹿サーキット
            11月4日 予選
 虎之介選手の9勝、ナカジマレーシングの全勝のかかった今回のレース。他
チームは記録を阻止しようと虎視眈々。
 予選日の鈴鹿サーキットは、朝の内は暖かかったものの予選1回目の始まる
頃には薄曇りとなり、やや涼しくなった。
■予選1回目
 午後1時20分から行われた予選1回目は、朝の公式練習で抜きんでたタイム
をマークした#19本山、#0高木の2人が予選開始から激しくトップを争った。終
盤になってニュータイヤによる本格的なアタックが始まると、この2人の争い
に#68道上、#11立川、#5クルム、#2松田、#6服部らが加わり混戦に。
 結局、最も安定した速さを見せた#19本山が1分45秒816という2位#0高木に
コンマ7秒という大差をつけて暫定ポールを獲得した。
 この1回目の予選で注目を集めたのは#3近藤。一時は7番手のタイムを叩き
出すなど大健闘。最終的には11位に下がったものの、2回目に期待がかかる。
■予選2回目
 午後3時15分、時折日は差すものの相変わらずの曇り空。気温19度という天
候の中予選2回目が始まった。
 動きが出だしたのは残り20分を切ってから。#19本山が1回目のタイムには及
ばないものの1分46秒0をマーク。#0高木もリアウィングを交換、ニュータイヤ
を装着してアタックに出るものの、#19本山のタイムには届かず。
 #5クルム、#2松田、#6服部、#62柴原らもタイムアップするが、誰一人として
#19本山のタイムには届かず。対する#19本山は1分45秒553と自己タイムを更新。
今季2度目のポールポジションを獲得した。
■予選結果(TOP10)
P.-No.Driver------------Team-------------Car-----------------Time-----
1 19 本山哲            IMPUL            REYNARD 99L/ML308   1'45.553
2  0 高木虎之介        PIAA NAKAJIMA    REYNARD 2KL/ML308   1'46.061
3  2 松田次生          PIAA NAKAJIMA    REYNARD 99L/ML308   1'46.097
4  6 M.クルム          5ZIGEN           REYNARD 99L/ML308   1'46.152
5  5 服部尚貴          5ZIGEN           REYNARD 99L/ML308   1'46.815
6 62 柴原眞介          LEYJUN           REYNARD 2KL/ML308   1'46.977
7  8 五十嵐勇大        LeMans           REYNARD 99L/ML308   1'47.205
8 56 脇阪寿一          ARTA             REYNARD 99L/ML308   1'47.224
9 10 山西康司          Morinaga NOVA    G FORCE GF03B/ML308 1'47.300
10 11 立川祐路          COSMO OIL CERUMO REYNARD 99L/ML308   1'47.329
              ・
              ・
              ・
----------------------------------------------------------------------
*** FMOTOR4F SysOp 北島滋穂(SDI00685@nifty.com) ***

Formula Nippon

FN_Rd10:Fニッポン鈴鹿予選総合結果

フォーミュラ・ニッポン第10戦 SUZUKA -RIJ-(2000-11-04) Qualifying-Session
For All Japan Formula Nippon Championship Rd.10 Suzuka Circuit(J):5.864km
Weather:Fine Course:Dry
P.-No.Driver------------Team-------------Car-----------------Time-----km/h---
1 19 本山哲            IMPUL            REYNARD 99L/MF308   1.45.553 199.998
2  0 高木虎之介        PIAA NAKAJIMA    REYNARD 2KL/MF308   1.46.061
3  2 松田次生          PIAA NAKAJIMA    REYNARD 99L/MF308   1.46.097
4  6 M.クルム          5ZIGEN           REYNARD 99L/MF308   1.46.152
5  5 服部尚貴          5ZIGEN           REYNARD 99L/MF308   1.46.815
6 62 柴原眞介          LEYJUN           REYNARD 2KL/MF308   1.46.977
7 11 立川祐路          COSMO OIL CERUMO REYNARD 99L/MF308   1.47.202
8  8 五十嵐勇大        LeMans           REYNARD 99L/MF308   1.47.205
9 56 脇阪寿一          ARTA             REYNARD 99L/MF308   1.47.224
10 10 山西康司          Morinaga NOVA    G FORCE GF03B/MF308 1.47.300
11 68 道上龍            DoCoMo DANDELION REYNARD 2KL/MF308   1.47.447
12  7 野田英樹          LeMans           REYNARD 99L/MF308   1.47.499
13 14 脇阪薫一          MOONCRAFT        REYNARD 99L/MF308   1.47.824
14 21 A.ユーン          TEAM MALAYSIA    REYNARD 99L/MF308   1.48.087
15 12 J.ヴィエルチュークCOSMO OIL CERUMO REYNARD 99L/MF308   1.48.088
16  9 R.ファーマン      Morinaga NOVA    G FORCE GF03B/MF308 1.48.168
17  3 近藤真彦          Olympic KONDO    REYNARD 99L/MF308   1.48.473
18 36 玉中哲二          TAKAGI B-1       REYNARD 99L/MF308   1.51.113
19 63 OSAMU             LEYJUN           G FORCE GF03/MF308  1.52.091
------------------------------------------------------------------------
          * FMOTOR4_SysOp 新倉芳夫 (SDI00686)-RIJ *

Japanese F3

JF3_Rd10:F3鈴鹿フリー走行結果

全日本F3選手権第10戦 SUZUKA -RIJ-(2000-11-04) Free Practice-Session
For All Japan Formula 3 Championship Rd.10 鈴鹿サーキット(JPN):5.864km
P.-No.Driver---------Car------------------BestTime-km/h---
1 10 S.フィリップ   Dallara F300/MF204   2'00.231 175.582
2  2 荒   聖治      Dallara F300/MF204   2'00.395
3 11 井出 有治      Dallara F399/MF204   2'00.665
4  3 B.トレルイエ   Dallara F300/3S-GE   2'00.688
5  9 土屋 武士      Dallara F399/SR20VE  2'00.947
6 64 佐藤 晋也      Dallara F399/MF204   2'01.061
7  6 佐々木 孝太    Dallara F300/3S-GE   2'01.137
8  8 サトウカイチ   Dallara F399/3S-GE   2'01.397
9 18 密山 祥吾      Dallara F399/3S-GE   2'02.444
10 17 黒澤   翼      Dallara F300/MF204   2'02.477
11 33 山口   明      Dallara F300/3S-GE   2'03.261
12 32 井上 智之      Dallara F399/3S-GE   2'03.512
13 24 西澤 和之      Dallara F399/3S-GE   2'03.623
14 15 永守 正        Dallara F399/3S-GE   2'04.109
15 20 レーサー鹿島   Dallara F399/3S-GE   2'07.143
16 39 鈴木 将之      Dallara F397/3S-GE   2'07.528
----------------------------------------------------------
     * FMOTOR4_SysOp 新倉芳夫 (SDI00686)-RIJ *

Formula Nippon

FN_Rd10:Fニッポン鈴鹿予選1回目結果

フォーミュラ・ニッポン第10戦 SUZUKA -RIJ-(2000-11-04) 1st Qualifying-Session
For All Japan Formula Nippon Championship Rd.10 Suzuka Circuit(J):5.864km
Weather:Fine Course:Dry
P.-No.Driver------------Team-------------Car-----------------Time------
1 19 本山哲            IMPUL            REYNARD 99L/MF308   1.45.816
2  0 高木虎之介        PIAA NAKAJIMA    REYNARD 2KL/MF308   1.46.537
3  6 M.クルム          5ZIGEN           REYNARD 99L/MF308   1.46.669
4  2 松田次生          PIAA NAKAJIMA    REYNARD 99L/MF308   1.46.739
5 11 立川祐路          COSMO OIL CERUMO REYNARD 99L/MF308   1.47.202
6  5 服部尚貴          5ZIGEN           REYNARD 99L/MF308   1.47.415
7 68 道上龍            DoCoMo DANDELION REYNARD 2KL/MF308   1.47.535
8 56 脇阪寿一          ARTA             REYNARD 99L/MF308   1.47.587
9  7 野田英樹          LeMans           REYNARD 99L/MF308   1.47.719
10  8 五十嵐勇大        LeMans           REYNARD 99L/MF308   1.47.983
11  3 近藤真彦          Olympic KONDO    REYNARD 99L/MF308   1.48.737
12 12 J.ヴィエルチュークCOSMO OIL CERUMO REYNARD 99L/MF308   1.48.753
13 10 山西康司          Morinaga NOVA    G FORCE GF03B/MF308 1.48.799
14 21 A.ユーン          TEAM MALAYSIA    REYNARD 99L/MF308   1.48.879
15 62 柴原眞介          LEYJUN           REYNARD 2KL/MF308   1.49.138
16  9 R.ファーマン      Morinaga NOVA    G FORCE GF03B/MF308 1.49.338
17 14 脇阪薫一          MOONCRAFT        REYNARD 99L/MF308   1.49.559
18 36 玉中哲二          TAKAGI B-1       REYNARD 99L/MF308   1.51.113
19 63 OSAMU             LEYJUN           G FORCE GF03/MF308  1.52.138
------------------------------------------------------------------------
          * FMOTOR4_SysOp 新倉芳夫 (SDI00686)-RIJ *

Formula Nippon

FN_Rd10:Fニッポン鈴鹿フリー走行

フォーミュラ・ニッポン第10戦 SUZUKA -RIJ-(2000-11-04) Free Practice-Session
For All Japan Formula Nippon Championship Rd.10 Suzuka Circuit(J):5.804km
Weather:Fine Course:Dry
P.-No.Driver------------Team-------------Car-----------------Time------
1 19 本山哲            IMPUL            REYNARD 99L/MF308   1.46.414
2  0 高木虎之介        PIAA NAKAJIMA    REYNARD 2KL/MF308   1.46.732
3  6 M.クルム          5ZIGEN           REYNARD 99L/MF308   1.47.499
4  2 松田次生          PIAA NAKAJIMA    REYNARD 99L/MF308   1.48.016
5 68 道上龍            DoCoMo DANDELION REYNARD 2KL/MF308   1.48.077
6  9 R.ファーマン      Morinaga NOVA    G FORCE GF03B/MF308 1.48.195
7 56 脇阪寿一          ARTA             REYNARD 99L/MF308   1.48.241
8 62 柴原眞介          LEYJUN           REYNARD 2KL/MF308   1.48.295
9  7 野田英樹          LeMans           REYNARD 99L/MF308   1.48.441
10  5 服部尚貴          5ZIGEN           REYNARD 99L/MF308   1.48.542
11 10 山西康司          Morinaga NOVA    G FORCE GF03B/MF308 1.49.050
12 21 A.ユーン          TEAM MALAYSIA    REYNARD 99L/MF308   1.49.305
13 12 J.ヴィエルチュークCOSMO OIL CERUMO REYNARD 99L/MF308   1.49.374
14  8 五十嵐勇大        LeMans           REYNARD 99L/MF308   1.49.755
15 14 脇阪薫一          MOONCRAFT        REYNARD 99L/MF308   1.49.761
16  3 近藤真彦          Olympic KONDO    REYNARD 99L/MF308   1.49.773
17 11 立川祐路          COSMO OIL CERUMO REYNARD 99L/MF308   1.49.776
18 36 玉中哲二          TAKAGI B-1       REYNARD 99L/MF308   1.51.634
19 63 OSAMU             LEYJUN           G FORCE GF03/MF308  1.53.313
------------------------------------------------------------------------
          * FMOTOR4_SysOp 新倉芳夫 (SDI00686)-RIJ *

スーパー耐久

S-ENDU:Rd8:SUGO決勝結果

スーパー耐久シリーズ2000第8戦SUGO -RIJ- (2000-10-29) Race-Results
For Super-Endurance Series Rd.8 Sports Land SUGO(JPN):3.704256km
Weather:Cloudy  Course:Dry
P.No.Cl. Car------------------------------------------- Laps-Goal Time----
1  8 C-1 ダイシンアドバンGTR            大八木/青木      135 3:36'23.883
2 50 C-1 5ZIGEN☆ファルケンGT-R         竹内/田中        135 3:36'26.230
3 10 C-1 エンドレス アドバン GTR        木下/高木        134  -   1 Lap
4 23 C-1 トトムFUJITSUBO GT-R           砂子/#山田       134  -   1 Lap
5 33 C-3 BPビスコガンマRX-7             三好/大井        133  -   2 Laps
6 34 C-2 SWIFTマグナムランサー          村松/日下部/中島 132  -   3 Laps
7 36 N+  上野クリニックALTEZZA          星野/関谷        132  -   3 Laps
8  4 N+  スーパーテクノアルテッツァ     横島/菊地        132  -   3 Laps
9 20 C-2 RSオガワADVANランサー          小川/福山/小林   132  -   3 Laps
10 30 C-2 RSオガワADVANランサー          小宮/松井/岸     131  -   4 Laps
11 26 C-2 エンドレスアドバンGMSランサー  添田/小暮/内堀   131  -   4 Laps
12*37 N+  上野クリニックALTEZZA          大野/山岸        130  -   5 Laps
13  7 C-3 アルゴラボプレリュード         桧井/元谷/黒木   130  -   5 Laps
14 28 N+  ADVAN WAKO'S ブリッグDC2       佐藤/佐藤        129  -   6 Laps
15 39 N+  5ZIGEN JSC INTE                磯田/八木        128  -   7 Laps
16 43 N+  5ZIGEN MAX INTE                植田/冨本        128  -   7 Laps
17 77 N+  GIALLA☆セリカ                 雨宮/谷口        128  -   7 Laps
18 52 C-4 5ZIGENファルケンパルサー       西垣内/原        128  -   7 Laps
19 70 C-4 アルゴラボシビック             宮城/荒川/伊達   127  -   8 Laps
20  6 C-2 マジョーラ・ファルケンEVO VI   冨桝/柳生        127  -   8 Laps
21 54 C-4 BPビスコベータアンクルシビック 山内/浅見        127  -   8 Laps
22 45 C-4 FKマッシモADVANシビック        浅野/坂井/笠原   126  -   9 Laps
23 40 C-2 渡辺商会アイワFKイプレッサ     萩原/内田/野田   126  -   9 Laps
24 88 C-4 TUBE日本テレコムCIVIC          松本/西沢        126  -   9 Laps
25 15 C-3 シーウエストアドバンRX-7       尾本/長島/井田   126  -   9 Laps
26*31 C-2 ジャラーナADVANシルビア        小林/錦織/原     123  -  12 Laps
27 65 N+  ALFA 156 2.0 TS                高橋/蜜山        123  -  12 Laps
28 47 C-3 DASYART・ADVAN・BB4            市川/三上        119  -  16 Laps
29 90 C-4 NOAH・SEVアドバンEK-9          佐々木/大野      119  -  16 Laps
30 95 C-3 SPOON S2000                    市嶋/岡田        111  -  24 Laps
31 71 C-3 PowerMagic RX-7                関根/藤島/山本   107  -  28 Laps
32 25 N+  RS★Rアルテッツァ              織戸/飯田        104  -  31 Laps
----------以上完走-------------------------------------------------------
5 C-2 DRPアドバンMTGランサー         市村/小島/小松   101  -  34 Laps
38 N+  エスペリア・ジアラアルテッツア 山路/松田         94  -  41 Laps
58 C-4 ZipレンタルシステムDLBP        成澤/佐藤/高橋    92  -  43 Laps
35 N+  INGING CELICA                  藤田/ラファネル   81  -  54 Laps
75 C-4 佐藤裕也眼科パサージュμEK9    津川/小原         80  -  55 Laps
11 C-2 三菱プーマランサーターボ VI TM 中谷/木下         66  -  69 Laps
41 C-2 アイワFKインプレッサ           石川/谷川/澤      63  -  72 Laps
64 N+  ケージーエム・アルテッツァ     田嶋/佐藤         35  - 100 Laps
85 C-3 SPOON S2000                    小幡/渡邉         30  - 105 Laps
56 N+  ALFA 156 2.0 TS                鈴木/道崎         28  - 107 Laps
*************************************************************************
Fastest Lap #8 ダイシンアドバンGTR(青木)  1'30.215 97/135 147.817km/h
* No.37の車両は、国際スポーツ法典H項違反(黄旗追越)により、10秒間のペナル
ティストップを課した。
* No.37の車両は、国際スポーツ法典H項違反(ピットロードスピードオーバー)に
より、10秒間のペナルティストップを課した。
* No.31の車両は、スーパー耐久シリーズ2000シリーズ規則 技術規則書第11条(2)
違反により、10秒間のペナルティストップを課した。
** FMOTOR4F SysOp 北島滋穂(sdi00685@nifty.com) **

スーパー耐久

S耐SUGO速報

ダイシンアドバンGTRが逆転で今季2勝目!
 スーパー耐久シリーズ第8戦(最終戦)SUGOスーパー耐久レースの決
勝が、前回の富士から2週間後の29日の12時40分から135周、500kmで行
われた。前回の富士と同様に予選日の好天からうってかわったどんよりとし
た雲り空のコンディションだ。スタート時点の気温はわずか13度、前夜の雨
も上がり、ほぼドライでの路面コンディションとなっていた。
 コースレコードをマークして連続ポールポジションを獲得した#8 ダイシ
ンアドバンGTR(大八木信行/青木孝行組)を先頭に、ローリングラップか
らのスタートとなる。スタート直後の4コーナーで、#8ダイシンを前回優勝
の#10エンドレスアドバンGTR(木下みつひろ/高木真一組)がとらえトッ
プに立つ。だが、#8ダイシンは再びトップを奪い返し、20周終了時点では#8
ダイシンが5.8秒差を付けてトップ。2位に#10エンドレス、3位に既に前回
シリーズタイトルを決定している#50 5ZIGEN ファルケンGTR(竹内浩典/田中
哲也組)、#23トトムFUJITSUBO・GTR(砂子智彦/山田英二組)とGTR勢がトッ
プグループを形成する。30周を過ぎてまずピットに入ったのは#23トトム。38
周目には#50もピットイン。40周の段階では、#8、#10の後方の総合3番手に
浮上してきた#11 三菱プーマランサーエボVITM(中谷明彦/木下隆之組)だっ
た。60周目には#8,#50、#10に続いての4番手を走行していた。だが、#11
が67周目に最終コーナーでガス欠によりストップ。このため、SCカーランと
なる。76周終了時点まで7周ほどのSCカーランとなり、この間に各車はピット
ストップにあわただしく入ってくる。
 88周目の1コーナーで#10エンドレスがトップに立つ。2番手は#8、#50は
3位。終盤、117周目には#50がトップに立ち、#8、#10の順位に。残り5周の
135周目には#8ダイシンが#50をとらえてトップに。135周のレースは#8ダイ
シンが開幕戦以来の2勝目を挙げた。2位に#50ZIGEN、3位は#10エンド
レス、4位は#23トトムとGTRがトップ4に。#33BPビスコガンマrx-7
(三好正巳/大井貴之組)のクラス3トップが総合5位。6位にクラス2の#34
SWIFTマグナムランサー(村松康生/日下部保雄/中島哲也組)7位にはN
プラスクラストップとなった#36上野クリニックALTEZZA(星野薫/関谷
正徳組)が初優勝を遂げた。8位の#4スーパーテクノアルテッツア(横島久/
菊地靖組)がシリーズタイトルを決定した。9位の#20RSオガワADVAN
ランサー(小川日出生/福山英朗/小林且雄組)が逆転でシリーズチャンピオン
をきめた。
-------------------------------------------------------------------
暫定結果(トップ10)
P  No  Team                              Lap  Diff
1  # 8 ダイシンアドバンGTR         135  
2  #50 5ZIGEN ファルケンGTR    135       2.347
3  #10 エンドレス アドバン GTR      134    1.33.108 
4  #23 トトムFUJITSUBO-GTR            134      27.806
5  #33 BPビスコガンマRX-7             133       1Lap
6  #34 SWIFTマグナムランサー           132      49.758
7  #36 上野クリニックALTEZZA         132      25.619
8  # 4 スーパーテクノアルテッツア        132       0.812
9  #20 RSオガワADVANランサー         132       20.115
10 #30 SRSオガワADVANランサー       131       22.931
 天候:曇り
 総入場者数: 5,500人(予選日)
       24,900人(決勝日)
JCG00146@nifty.ne.jp 竹下 恵一郎

スーパー耐久

S-ENDU:Rd8:SUGO予選結果

スーパー耐久シリーズ2000第8戦SUGO -RIJ- (2000-10-28) Qualifying-Session
For Super-Endurance Series Rd.8 Sports Land SUGO(JPN):3.704256km
Weather:Fine Course:Dry
P No.Cl. Car------------------------------------------- Best-LapT-km/h
1  8 C-1 ダイシンアドバンGTR            大八木/青木    R1'29.411 149.218
2 10 C-1 エンドレス アドバン GTR        木下/高木      R1'29.676
3 23 C-1 トトムFUJITSUBO GT-R           砂子/#山田      1'29.924
4 50 C-1 5ZIGEN☆ファルケンGT-R         竹内/田中       1'29.991
5 33 C-3 BPビスコガンマRX-7             三好/大井      R1'31.399
6  5 C-2 DRPアドバンMTGランサー         市村/小島/小松  1'32.361
7 34 C-2 SWIFTマグナムランサー          村松/日下部/中島1'32.524
8 25 N+  RS★Rアルテッツァ              織戸/飯田      R1'32.577
9 20 C-2 RSオガワADVANランサー          小川/福山/小林  1'32.908
10 26 C-2 エンドレスアドバンGMSランサー  添田/小暮/内堀  1'33.014
11 38 N+  エスペリア・ジアラアルテッツア 山路/松田      R1'33.199
12  4 N+  スーパーテクノアルテッツァ     横島/菊地      R1'33.211
13 36 N+  上野クリニックALTEZZA          星野/関谷      R1'33.339
14 37 N+  上野クリニックALTEZZA          大野/山岸       1'33.944
15 30 C-2 RSオガワADVANランサー          小宮/松井/岸    1'33.961
16 15 C-3 シーウエストアドバンRX-7       尾本/長島/井田  1'34.028
17  6 C-2 マジョーラ・ファルケンEVO VI   冨桝/柳生       1'34.384
18 85 C-3 SPOON S2000                    小幡/渡邉       1'34.458
19 31 C-2 ジャラーナADVANシルビア        小林/錦織/原    1'34.560
20 64 N+  ケージーエム・アルテッツァ     田嶋/佐藤       1'34.595
21 95 C-3 SPOON S2000                    市嶋/岡田       1'34.981
22 43 N+  5ZIGEN MAX INTE                植田/冨本       1'35.141
23 41 C-2 アイワFKインプレッサ           石川/谷川/澤    1'35.153
24 52 C-4 5ZIGENファルケンパルサー       西垣内/原      R1'35.217
25  7 C-3 アルゴラボプレリュード         桧井/元谷/黒木  1'35.280
26 39 N+  5ZIGEN JSC INTE                磯田/八木       1'35.371
27 56 N+  ALFA 156 2.0 TS                鈴木/道崎       1'35.674
28 77 N+  GIALLA☆セリカ                 雨宮/谷口       1'35.712
29 70 C-4 アルゴラボシビック             宮城/荒川/伊達 R1'36.200
30 35 N+  INGING CELICA                  藤田/ラファネル 1'36.463
31 28 N+  ADVAN WAKO'S DC2               佐藤/佐藤       1'36.464
32 54 C-4 BPビスコベータアンクルシビック 山内/浅見       1'37.059
33 40 C-2 渡辺商会アイワFKイプレッサ     萩原/内田/野田  1'37.838
34 45 C-4 FKマッシモADVANシビック        浅野/坂井/笠原  1'38.156
35 75 C-4 佐藤裕也眼科パサージュμEK9    津川/小原       1'38.386
36 88 C-4 TUBE日本テレコムCIVIC          松本/西沢       1'38.820
37 58 C-4 ZipレンタルシステムDLBP        成澤/佐藤/高橋  1'39.372
38 90 C-4 NOAH・SEVアドバンEK-9          佐々木/大野     1'39.944
39 47 C-3 DASYART・ADVAN・BB4            市川/三上       1'40.020
40 65 N+  ALFA 156 2.0 TS                高橋/蜜山       1'40.908
41*11 C-2 三菱プーマランサーターボ VI TM 中谷/木下       1'36.145
42*71 C-3 PowerMagic RX-7                関根/藤島/山本 R1'32.815
********************************************************************
予選通過基準タイム(130%) 2'40.709
C-1クラス(110%)1'38.637 C-2クラス(110%)1'41.857 C-3クラス(110%)1'42.022
C-4クラス(110%)1'45.775 N+クラス (110%)1'42.321
* No.71,11の車両は、スーパー耐久シリーズ2000シリーズ規則 技術規則書第6条
(8)により決勝出走を認められた。
* No.71の車両は、スーパー耐久シリーズ2000シリーズ規則 技術規則書第5条(4)
により、最後尾グリッドスタートを条件に決勝出走を認める。
---------------------------------------------------------------------
No.11は第2ドライバーが、No.71は第2,第3ドライバーが予選通過基準に満
たないため最後尾スタートとなったようです。
** FMOTOR4F SysOp 北島滋穂(sdi00685@nifty.com) **

スーパー耐久

S-ENDU:Rd8:SUGOフリー走行

スーパー耐久シリーズ2000第8戦SUGO -RIJ- (2000-10-28) Free Practice-Session
For Super-Endurance Series Rd.8 Sports Land SUGO(JPN):3.704256km
Weather:Fine Course:Dry
P No.Cl. Car------------------------------------------- Best-LapT-km/h
1  8 C-1 ダイシンアドバンGTR            大八木/青木     1'29.368 149.218
2 10 C-1 エンドレス アドバン GTR        木下/高木       1'29.666
3 50 C-1 5ZIGEN☆ファルケンGT-R         竹内/田中       1'29.747
4 23 C-1 トトムFUJITSUBO GT-R           砂子/#山田      1'30.391
5 11 C-2 三菱プーマランサーターボ VI TM 中谷/木下       1'31.749
6 34 C-2 SWIFTマグナムランサー          村松/日下部/中島1'32.547
7 33 C-3 BPビスコガンマRX-7             三好/大井       1'32.677
8  5 C-2 DRPアドバンMTGランサー         市村/小島/小松  1'33.249
9 20 C-2 RSオガワADVANランサー          小川/福山/小林  1'33.420
10 36 N+  上野クリニックALTEZZA          星野/関谷       1'33.995
11  4 N+  スーパーテクノアルテッツァ     横島/菊地       1'34.088
12 30 C-2 RSオガワADVANランサー          小宮/松井/岸    1'34.479
13 38 N+  エスペリア・ジアラアルテッツア 山路/松田       1'34.550
14 15 C-3 シーウエストアドバンRX-7       尾本/長島/井田  1'34.555
15 26 C-2 エンドレスアドバンGMSランサー  添田/小暮/内堀  1'34.593
16 25 N+  RS★Rアルテッツァ              織戸/飯田       1'34.702
17 52 C-4 5ZIGENファルケンパルサー       西垣内/原       1'35.344
18 85 C-3 SPOON S2000                    小幡/渡邉       1'35.534
19 71 C-3 PowerMagic RX-7                関根/藤島/山本  1'35.909
20 39 N+  5ZIGEN JSC INTE                磯田/八木       1'35.980
21 64 N+  ケージーエム・アルテッツァ     田嶋/佐藤       1'35.982
22 28 N+  ADVAN WAKO'S DC2               佐藤/佐藤       1'36.009
23  7 C-3 アルゴラボプレリュード         桧井/元谷/黒木  1'36.076
24 56 N+  ALFA 156 2.0 TS                鈴木/道崎       1'36.175
25 31 C-2 ジャラーナADVANシルビア        小林/錦織/原    1'36.245
26  6 C-2 マジョーラ・ファルケンEVO VI   冨桝/柳生       1'36.321
27 95 C-3 SPOON S2000                    市嶋/岡田       1'36.462
28 43 N+  5ZIGEN MAX INTE                植田/冨本       1'36.640
29 41 C-2 アイワFKインプレッサ           石川/谷川/澤    1'37.037
30 70 C-4 アルゴラボシビック             宮城/荒川/伊達  1'37.062
31 77 N+  GIALLA☆セリカ                 雨宮/谷口       1'37.105
32 54 C-4 BPビスコベータアンクルシビック 山内/浅見       1'37.652
33 35 N+  INGING CELICA                  藤田/ラファネル 1'38.180
34 37 N+  上野クリニックALTEZZA          大野/山岸       1'38.206
35 88 C-4 TUBE日本テレコムCIVIC          松本/西沢       1'39.216
36 58 C-4 ZipレンタルシステムDLBP        成澤/佐藤/高橋  1'40.148
37 65 N+  ALFA 156 2.0 TS                高橋/蜜山       1'40.760
38 47 C-3 DASYART・ADVAN・BB4            市川/三上       1'40.853
39 90 C-4 NOAH・SEVアドバンEK-9          佐々木/大野     1'40.918
40 75 C-4 佐藤裕也眼科パサージュμEK9    津川/小原       1'40.981
41 45 C-4 FKマッシモADVANシビック        浅野/坂井/笠原  1'41.287
42 40 C-2 渡辺商会アイワFKイプレッサ     萩原/内田/野田  1'49.279
********************************************************************
** FMOTOR4F SysOp 北島滋穂(sdi00685@nifty.com) **

全日本GT選手権

JGTC_Rd7:SUZUKA ホンダ・リリース

2000年10月23日
本田技研工業株式会社
広  報  部
2000 AUTOBACS CUP 全日本GT選手権シリーズ第7戦 " SUZUKA GT 300km"
ホンダNSXがチーム部門、道上 龍がドライバー部門のダブルチャンピオンを獲得
○開催日:2000年10月20日(金)~10月22日(日)
○開催地:鈴鹿サーキット(三重県)<全長5.86403km>
○決勝レース:51周(約299.06553km)
○天 候:予選/晴れ  決勝/曇り
○気 温:20.1℃(決勝日15:00)
○湿 度:61%
○コースコンディション:ドライ
○観客数:39,000人(決勝日・主催者発表)
 10月22日(日)、鈴鹿サーキット(三重県)において全日本GT選手権シ
リーズ第7戦「SUZUKA GT 300km」の決勝レース(2周:5.86403km x 51周
)が開催され、予選2番手からスタートした伊藤大輔/D.シュワガー組(Mobil
1 NSX)が今シーズン2勝目を上げ、2位に道上龍/光貞秀俊 組(Castrol 無限
NSX)が入った。これにより、童夢×無限プロジェクトと道上龍選手がそれぞ
れチーム部門とドライバー部門のシリーズチャンピオンに輝いた。ホンダが全
日本GT選手権でチーム、ドライバー部門ともタイトルを獲得するのは初めての
ことである。尚、決勝を2位と3位でゴールしながらも、レース後の車両検査
により失格となったARTA NSX(鈴木亜久里/土屋圭市 組)とRAIBRIG NSX(飯田章
/服部尚貴 組)の2チームが、審査委員会裁定に対して控訴したことにより正
式決勝結果は保留され、後日、JAFの裁定後、発表されることとなった。
●HONDA NSX出場チームと戦績(決勝結果は暫定)
No. マシン名 エントラント名                     監 督 
ドライバー                      H.W     予選 決勝
--------------------------------------------------------------
8 ARTA NSX AUTOBACS RACINGTEAM AGURI           鈴木亜久里
鈴木 亜久里  土屋 圭市      20      8位 失格
16 Castrol 無限 NSX 無限×童夢プロジェクト      熊倉 淳一 
道上 龍    光貞 秀俊      80      5位 2位
18 TAKATA 童夢 NSX
脇阪 寿一   金石 勝智      110      7位 15位
64 Mobil 1 NSX Mobil1 Nakajima Racing          中嶋 悟
伊藤 大輔   D.シュワガー     30      2位 優勝
100 RAYBRIG NSX チーム国光with MOONCRAFT        高橋 国光 
飯田 章    服部 尚貴        20      P.P 失格
--------------------------------------------------------------
※タイヤ=全車ブリヂストン HW=ハンディウェイト(単位:kg)
○公式予選 10月21日(土)
第1回/11:50~12:50
第2回/15:30~16:30
 公式予選は1回目、2回目とも路面はドライ、気温24℃、路面温度31℃(2回
目は27℃)という絶好のコンディションでのタイムアタックとなった。
 予選1回目は伊藤大輔/D.シュワガー組(Mobil 1 NSX)が2分01秒956のトッ
プタイムをマーク。予選2回目では、激しいポールポジション争いが繰り広げ
られた末、飯田章選手(RAYBRIG NSX)が前人未踏の2分を切る1分59秒923とい
うスーパータイムを叩き出し、今季初のポールポジションを獲得した。続く予
選2番手に伊藤大輔/D.シュワガー組(Mobil 1 NSX)、ドライバー部門の総合
チャンピオンをねらう道上龍/光貞秀俊組(Castrol 無限 NSX)は5番手、脇阪
寿一/金石勝智 組(TAKATA 童夢 NSX)は7番手、鈴木亜久里/土屋圭市組
(ARTA NSX)は8番手からのスタートとなった。
○決勝レース 10月22日(日) 14:00~ (51ラップ) 
 決勝日は曇り空のもと14時05分にローリングスタートが切られた。
ホールショットを奪ったのはポールポジションスタートの飯田章選手
(RAIBRIG NSX)。2位に伊藤大輔選手(Mobil 1 NSX)、4位に光貞秀俊選手
(Castrol 無限 NSX)と続いた。
 110kgのハンディウェイトを抱え、9位を走行していた金石勝智選手(TAKATA
童夢NSX)は後続のE.コマス選手(ロックタイト・ゼクセルGTR)を抑え、チー
ム部門のチャンピオンシップ 獲得へ力走をみせていたが、20周目のS字コナー
で痛恨のスピン、コースアウトを喫し、大きく順位を落としてしまう。2番手
の伊藤大輔選手(Mobil 1 NSX)は23周目にD.シュワガー選手と交代、25周目
にドライバー交代をした飯田/服部 組(RAIBRIG NSX)を素早いピット作業で
逆転し、トップに浮上した。予選8番手からスタートの土屋圭市選手(ARTA
NSX)は、果敢な追い上げをみせて3位までポジションアップし、鈴木亜久里
選手に交代。さらに光貞選手からドライバーを交代した道上龍選手(Castrol 
無限 NSX)が36周目の1コーナーで本山哲選手(カルソニック スカイライン)
をパスし、4番手に浮上、これで1~4位をNSX勢が占める結果となった。結
局、トップを走行するD.シュワガー選手は終始安定した走り で、今季2勝目の
チェッカーを受けた。そして、鈴木選手(ARTA NSX)、服部選手(RAYBIRG NSX
)、道上選手(Castrol 無限 NSX)の順でチェッカーを受けた。この結果、童夢
×無限プロジェクトと道上龍選手がチーム、ドライバー部門ともに初のシリー
ズチャンピオンを獲得した。
 しかし、レース後の車両検査の結果、ARTA NSX、RAYBRIG NSXの2台に対し
て2000JAF国内競技規則第7章5.3.1.1の違反により失格の裁定が下された。こ
の審査委員会の裁定に対してチームは控訴を提出したため、今レースの正式結
果は保留され、後日JAFの裁定後、発表されることとなった。
○和田康裕(Yasuhiro Wada)本田技研工業株式会社モータースポーツ部部長
「1997年の参戦以来の大きな栄冠で、こんなに喜ばしいことはありません。ま
たホンダNSXの活躍が話題の一つとなり、国内モータースポーツ界の隆盛に
少し でも貢献できたことを、大変嬉しく思っています。
 チャンピオンを獲得した無限×童夢プロジェクトの皆さんと道上選手に、心
より『お めでとう』と申し上げます。また、応援していただいた多くのファ
ンの皆様や、陰ながら支えてく れた皆様に厚くお礼申し上げます。
 今後もNSXの全日本GT選手権参戦を支援していく所存でので、皆様のさ
らなる応 援をいただきます様、お願い申し上げます。」
○永長 真(Shin Nagaosa)NSX-GT開発プロジェクトリーダー
「1997年に参戦して以来、4年目にして初のチャンピオンを、しかもダブルで
獲得で き、こんなに嬉しいことはありません。これも一重に全国のホンダフ
ァンやNSXファンをはじめとする皆様の応援のお陰と深く感謝しています。
 レーシングチームとしての無限×童夢プロジェクトは、開発チームとしての
役割もあ って、緒戦から '00スペックを使って来ましたが、新開発のギアボ
ックスなどトラブルが相次ぎ、特に序盤は苦労しました。しかしそのお陰でユ
ーザーチームに引き渡したマシンは、比較的快調にシーズン後半戦を戦えたと
思います。非常にタフなシーズンでしたが、各チームともドライバー及びメカ
ニックが自分たちの役割をきちんと果たしたことで、GTチャンピオンシップの
両部門で、チャンピオンを獲得できたと思います。
 また開発当初から、ミッドシップ・レイアウトを活かした、ノーマルアスピ
レーショ ン・エンジンのマシンで、スピードと乗り易さ、信頼性を追求して
きた我々の方向性の正しさが証明 されたとも考えています。
 今後もよりいっそうマシンを煮詰め、さらなるチャンピオンシップ獲得を目
指しがん ばってまいりますので、皆様の応援をよろしくお願いいたします。」
ドライバー部門シリーズチャンピオン
○道上 龍(Ryo Michigami)選手
「NSXの初タイトルを自分で決めることができたのが嬉しいですね。この3年間
はとても長く感じました。
 今シーズンは優勝をすることができなかったのが少し心残りですが、確実に
ポイント を重ねることができたのが良かったと思います。でも、いつも勝利
を目指していたし、今回のレース でも本山選手をパスする時、かなりのリス
クを感じましたが『勝ちたい』という気持ちの方が強かっ たので思い切って
いきました。
 今シーズンを一緒に走った中子選手と光貞選手、そしてチームやスタッフや
ファンの 皆様に感謝の気持ちでいっぱいです。応援ありがとうございまし
た。」
優勝 Mobil 1 NSX
○伊藤 大輔(Daisuke Ito)選手
「金曜日のタイヤ選択のときにソフトを選んだのが良かったですね。今回のレ
ースはタイトル争いに関係が無く、ハンディウェイトも30kgと比較的軽かっ
たので、予選の段階から優勝 できると感じていました。
 ドライバー交代をした後は、ドミニクが絶対にトップの座を守ってくれると
信じてい ました。
 今回の優勝は、前戦MINEでクラッシュした車を完璧に直してくれたメカニッ
クやチー ムのおかげです。彼らに感謝したいです。」
○D.シュワガー(Dominik Schwager)選手
「まず、今年の最後のレースで優勝できたことが嬉しいですね。前戦でクラッ
シュした僕らのマシンはレースウィークに入る2日前に修復が終わったのです
が、メカニック 達の頑張りでパーフェクトなマシンに仕上がっていました。
予選2回目のタイムアタックは上手くいきませんでしたが、前戦MINEと同様に
優勝する自信はありました。ダイスケから交代したときは、チームから『落ち
着いて走れ』という指示があったのでペースを落として走っていましたが、終
盤になって8号車(ARTA NSX)が迫ってきたのでプッシュして走りました。最
後はマシンの振動が激しくなって心配しましたが、どうもタイヤが何かを拾っ
たようで大した問題にはな りませんでした。今回のレースはパーフェクトで
したね。」
  提供:本田技研工業株式会社 広報部

全日本GT選手権

JGTC_Rd7:SUZUKA 暫定決勝結果

2000年 AUTOBACS CUP全日本GT選手権シリーズ第7戦              2000-10-22      
SUZUKA GT300km                             WEATHER  : Cloudy
JGTC                      決勝暫定結果表             COURSE   : Dry
国際レーシングコース   
Pos.  No. Cls.     Team/Car               Type             Lap   Total Time 
----------------------------------------------------------------------------
1   64 GT500  1 Mobil 1 NSX             NSX GH-NA2        51  1:48'15.569 
2   16 GT500  2 Castrol無限NSX          NSX GH-NA2        51  1:48'51.556 
3   12 GT500  3 カルソニック スカイライン           SKYLINE BNR34     51  1:49'14.309 
4    2 GT500  4 カストロール・ニスモGT-R          SKYLINE BNR34     51  1:49'14.531 
5    1 GT500  5 ロックタイト・ゼクセルGT-R        SKYLINE BNR34     51  1:49'36.623 
6    6 GT500  6 エッソウルトロンタイガ-ス-プラ      SUPRA JZA80       51  1:49'41.216 
7   35 GT500  7 マツモトキヨシ・トムススープラ        SUPRA JZA80       51  1:49'57.184 
8    3 GT500  8 ユニシア・ザナヴィスカイライン       SKYLINE BNR34     51  1:49'57.648 
9   36 GT500  9 カストロール・トムス・スープラ        SUPRA JZA80       51  1:49'59.596 
10   32 GT500 10 cdma Oneセルモスープラ        SUPRA JZA80       51  1:50'17.746 
11   38 GT500 11 FK/マッシモセルモスープラ         SUPRA JZA80       50  1:48'36.902 
12   37 GT500 12 カストロール・トムス・スープラ        SUPRA JZA80       50  1:49'05.805 
13   25 GT500 13 エンドレス アドバン スープラ     SUPRA JZA80       50  1:49'36.970 
14   88 GT500 14 ノマド ディアブロ GT-1       DIABLO ZA90DE068  49  1:49'13.392 
15 * 18 GT500 15 TAKATA童夢NSX           NSX GH-NA2        48  1:49'00.807 
16   31 GT300  1 スーパ-オ-トバックスアペックス     MR-S ZZW30        47  1:48'23.420 
17   26 GT300  2 シェルタイサンアドバンGT3R       PORSCHE 911GT3R   47  1:48'29.538 
18    7 GT300  3 RE雨宮マツモトキヨシRX7        RX7 FD3S          47  1:48'40.784 
19  910 GT300  4 ナインテンウエディングアドバン     PORSCHE 911GT3R   47  1:48'45.422 
20   71 GT300  5 シグマテック911              PORSCHE 911GT2    46  1:48'26.685 
21   81 GT300  6 ダイシン ADVAN シルビア       SILVIA S-15       46  1:48'46.738 
22   20 GT300  7 オ-トレットAPEX-SPRIT        MR-S ZZW30        46  1:48'52.094 
23   11 GT300  8 アビリティ・マリオポルシェ         PORSCHE 911GT2    46  1:50'28.608 
24 * 24 GT300  9 986ボクスター               PORSCHE 986       46  1:52'19.836 
25    9 GT300 10 大黒屋ARCぽるしぇ       PORSCHE 911RSR    45  1:49'35.240 
26   51 GT300 11 C-WESTオ-トスタッフADVAN      SILVIA S14        44  1:48'44.153 
27  911 GT300 12 ダイヤモンドアドバンポルシェ     PORSCHE 911GT3R   44  1:50'38.282 
28  360 GT300 13 ヒマラヤADVAND-PROJET       FERRARI F360      43  1:49'17.076 
29  111 GT300 14 JIM-C TWS F355          FERRARI F355      42  1:48'07.510 
30   55 GT300 15 DUPLEXタイサンADバイパー      VIPER GTS-R       42  1:49'03.560 
31 * 70 GT300 16 外車の外国屋アドバンポルシェ PORSCHE 993GT2    42  1:49'14.364 
32   39 GT500 16 デンソーサードスープラ GT       SUPRA JZA80       38  1:23'14.690 
33   19 GT300 17 ウェッズスポーツセリカ           CELICA ST205      37  1:49'03.169 
以上 規定周回数完走:
* 86 GT300    BP・KRAFT・トレノ            TRUENO AE86       31  1:14'46.581 
77 GT300    クスコスバルインプレッサ          IMPREZA GC8       25    59'06.540 
30 GT500    綜警 McLaren GTR        McLAREN 19R GTR   15    31'51.733 
28 GT300    RDタイサンBP GT3R           PORSCHE 911GT3R    9    21'17.282 
21 GT500    ZEROマクラーレンGT-R          McLAREN 19R GTR    1     3'02.258 
#100 GT500    RAYBRIG NSX             NSX GH-NA2                失   格 
#  8 GT500    ARTA NSX                NSX GH-NA2                失   格 
開始時刻: 14:05'35      終了時刻: 15:53'42  
Fastest Lap  No. 64  Mobil 1 NSX    2'02.718   3/51   172.02Km/h
Class GT500  規定周回数 35   
Class GT300  規定周回数 32
*ペナルティ No.86 
2000年全日本GT選手権統一規則第28条15.(反則スタート)違反により、
ペナルティストップ10秒を課した。
*ペナルティ No.70 
2000年全日本GT選手権統一規則第29条15.(ピットレーンの速度)違反により、
ペナルティストップ10秒を課した。
*ペナルティ No.18 
2000年全日本GT選手権統一規則第33条2.違反(ピット作業中のエンジン不停止)により、
ペナルティストップ10秒を課した。
*ペナルティ No.24 
2000年全日本GT選手権統一規則第30条(ドライブ行為の規律)違反により、
レース結果に3分加算した。
#ペナルティ No.8,100
決勝後の再車検の結果、2000JAF国内競技車両規則第7章5.3.1.1の違反により、
失格とする。
**************************************
No.8及びNo.100から審査委員会裁定に対して控訴が提出された為、
正式結果は保留とされる。
よって、正式結果については、後日JAFの裁定後発表される。
**************************************
                        提供:鈴鹿サーキットランド 

全日本GT選手権

JGTC_Rd7:SUZUKA フリー走行

2000年 AUTOBACS CUP全日本GT選手権シリーズ第7戦               2000-10-22    
SUZUKA GT300km                              WEATHER  : Fine
JGTC                      フリー走行結果表            COURSE   : Dry
国際レーシングコース
Pos. No. Cls.    Team/Car                Type                  Time      Delay
------------------------------------------------------------------------------
1  64 GT500  1 Mobil 1 NSX             NSX GH-NA2        2'03.288 171.23Km/h
2  18 GT500  2 TAKATA童夢NSX           NSX GH-NA2        2'03.334      0.046
3 100 GT500  3 RAYBRIG NSX             NSX GH-NA2        2'03.420      0.132
4  16 GT500  4 Castrol無限NSX          NSX GH-NA2        2'03.871      0.583
5   8 GT500  5 ARTA NSX                NSX GH-NA2        2'04.308      1.020
6  12 GT500  6 カルソニック スカイライン           SKYLINE BNR34     2'04.363      1.075
7  30 GT500  7 綜警 McLaren GTR        McLAREN 19R GTR   2'04.671      1.383
8   1 GT500  8 ロックタイト・ゼクセルGT-R        SKYLINE BNR34     2'04.796      1.508
9   6 GT500  9 エッソウルトロンタイガ-ス-プラ      SUPRA JZA80       2'04.830      1.542
10  21 GT500 10 ZEROマクラーレンGT-R          McLAREN 19R GTR   2'04.839      1.551
11   2 GT500 11 カストロール・ニスモGT-R          SKYLINE BNR34     2'04.887      1.599
12  35 GT500 12 マツモトキヨシ・トムススープラ        SUPRA JZA80       2'05.411      2.123
13  39 GT500 13 デンソーサードスープラ GT       SUPRA JZA80       2'05.877      2.589
14  36 GT500 14 カストロール・トムス・スープラ        SUPRA JZA80       2'06.001      2.713
15   3 GT500 15 ユニシア・ザナヴィスカイライン       SKYLINE BNR34     2'06.007      2.719
16  32 GT500 16 cdma Oneセルモスープラ        SUPRA JZA80       2'06.051      2.763
17  25 GT500 17 エンドレス アドバン スープラ     SUPRA JZA80       2'06.125      2.837
18  38 GT500 18 FK/マッシモセルモスープラ         SUPRA JZA80       2'06.689      3.401
19  37 GT500 19 カストロール・トムス・スープラ        SUPRA JZA80       2'08.073      4.785
20  88 GT500 20 ノマド ディアブロ GT-1       DIABLO ZA90DE068  2'10.036      6.748
21  31 GT300  1 スーパ-オ-トバックスアペックス     MR-S ZZW30        2'14.174     10.886
22 910 GT300  2 ナインテンウエディングアドバン     PORSCHE 911GT3R   2'14.212     10.924
23 911 GT300  3 ダイヤモンドアドバンポルシェ     PORSCHE 911GT3R   2'14.603     11.315
24  55 GT300  4 DUPLEXタイサンADバイパー      VIPER GTS-R       2'14.720     11.432
25  19 GT300  5 ウェッズスポーツセリカ           CELICA ST205      2'14.732     11.444
26  81 GT300  6 ダイシン ADVAN シルビア       SILVIA S-15       2'14.969     11.681
27  24 GT300  7 986ボクスター               PORSCHE 986       2'15.415     12.127
28   7 GT300  8 RE雨宮マツモトキヨシRX7        RX7 FD3S          2'15.656     12.368
29  28 GT300  9 RDタイサンBP GT3R           PORSCHE 911GT3R   2'16.346     13.058
30 360 GT300 10 ヒマラヤADVAND-PROJET       FERRARI F360      2'16.443     13.155
31  26 GT300 11 シェルタイサンアドバンGT3R       PORSCHE 911GT3R   2'16.600     13.312
32  11 GT300 12 アビリティ・マリオポルシェ         PORSCHE 911GT2    2'17.155     13.867
33  77 GT300 13 クスコスバルインプレッサ          IMPREZA GC8       2'17.205     13.917
34  20 GT300 14 オ-トレットAPEX-SPRIT        MR-S ZZW30        2'17.591     14.303
35  51 GT300 15 C-WESTオ-トスタッフADVAN      SILVIA S14        2'17.815     14.527
36  86 GT300 16 BP・KRAFT・トレノ            TRUENO AE86       2'18.196     14.908
37  71 GT300 17 シグマテック911              PORSCHE 911GT2    2'18.319     15.031
38  70 GT300 18 外車の外国屋アドバンポルシェ PORSCHE 993GT2    2'18.650     15.362
39   9 GT300 19 大黒屋ARCぽるしぇ       PORSCHE 911RSR    2'24.739     21.451
40 111 GT300 20 JIM-C TWS F355          FERRARI F355      2'27.085     23.797
開始時刻: 08:15'00      
                          提供:鈴鹿サーキットランド

全日本GT選手権

JGTC_Rd7:SUZUKA公式予選総合

2000年 AUTOBACS CUP全日本GT選手権シリーズ第7戦                2000-10-21    
SUZUKA GT300km                                              
JGTC                      総合予選正式結果表                          
国際レーシングコース
Pos.  No. Cls.     Team/Car                Type                 Time      Delay
-------------------------------------------------------------------------------
1 * 100 GT500  1 RAYBRIG NSX             NSX GH-NA2      R1'59.923 176.03Km/h
2    64 GT500  2 Mobil 1 NSX             NSX GH-NA2      R2'00.905      0.982
3 *  12 GT500  3 カルソニック スカイライン           SKYLINE BNR34   R2'00.992      1.069
4    36 GT500  4 カストロール・トムス・スープラ        SUPRA JZA80     R2'01.171      1.248
5    16 GT500  5 Castrol無限NSX          NSX GH-NA2      R2'01.209      1.286
6    30 GT500  6 綜警 McLaren GTR        McLAREN 19R GTR  2'01.484      1.561
7 *  18 GT500  7 TAKATA童夢NSX           NSX GH-NA2       2'01.490      1.567
8     8 GT500  8 ARTA NSX                NSX GH-NA2       2'01.655      1.732
9     6 GT500  9 エッソウルトロンタイガ-ス-プラ      SUPRA JZA80      2'02.145      2.222
10 **  1 GT500 10 ロックタイト・ゼクセルGT-R        SKYLINE BNR34    2'02.330      2.407
11    39 GT500 11 デンソーサードスープラ GT       SUPRA JZA80      2'02.459      2.536
12    35 GT500 12 マツモトキヨシ・トムススープラ        SUPRA JZA80      2'02.652      2.729
13    21 GT500 13 ZEROマクラーレンGT-R          McLAREN 19R GTR  2'02.899      2.976
14    38 GT500 14 FK/マッシモセルモスープラ         SUPRA JZA80      2'02.943      3.020
15    32 GT500 15 cdma Oneセルモスープラ        SUPRA JZA80      2'03.245      3.322
16     3 GT500 16 ユニシア・ザナヴィスカイライン       SKYLINE BNR34    2'03.575      3.652
17    25 GT500 17 エンドレス アドバン スープラ     SUPRA JZA80      2'03.802      3.879
18    37 GT500 18 カストロール・トムス・スープラ        SUPRA JZA80      2'04.030      4.107
19    88 GT500 19 ノマド ディアブロ GT-1       DIABLO ZA90DE068 2'06.355      6.432
20 △  2 GT500 20 カストロール・ニスモGT-R          SKYLINE BNR34   
21    24 GT300  1 986ボクスター               PORSCHE 986     R2'11.647     11.724
22    31 GT300  2 スーパ-オ-トバックスアペックス     MR-S ZZW30      R2'11.775     11.852
23    55 GT300  3 DUPLEXタイサンADバイパー      VIPER GTS-R     R2'12.273     12.350
24   910 GT300  4 ナインテンウエディングアドバン     PORSCHE 911GT3R  2'12.776     12.853
25 *  81 GT300  5 ダイシン ADVAN シルビア       SILVIA S-15      2'12.899     12.976
26     7 GT300  6 RE雨宮マツモトキヨシRX7        RX7 FD3S         2'12.981     13.058
27    26 GT300  7 シェルタイサンアドバンGT3R       PORSCHE 911GT3R  2'13.244     13.321
28    20 GT300  8 オ-トレットAPEX-SPRIT        MR-S ZZW30       2'13.411     13.488
29    19 GT300  9 ウェッズスポーツセリカ           CELICA ST205     2'14.010     14.087
30    86 GT300 10 BP・KRAFT・トレノ            TRUENO AE86      2'14.115     14.192
31    28 GT300 11 RDタイサンBP GT3R           PORSCHE 911GT3R  2'14.120     14.197
32    11 GT300 12 アビリティ・マリオポルシェ         PORSCHE 911GT2   2'14.996     15.073
33    77 GT300 13 クスコスバルインプレッサ          IMPREZA GC8      2'15.032     15.109
34    71 GT300 14 シグマテック911              PORSCHE 911GT2   2'15.334     15.411
35    51 GT300 15 C-WESTオ-トスタッフADVAN      SILVIA S14       2'17.466     17.543
36    70 GT300 16 外車の外国屋アドバンポルシェ PORSCHE 993GT2   2'17.935     18.012
37   360 GT300 17 ヒマラヤADVAND-PROJET       FERRARI F360     2'19.455     19.532
38 +*911 GT300 18 ダイヤモンドアドバンポルシェ     PORSCHE 911GT3R  2'14.210     14.287
39 + 111 GT300 19 JIM-C TWS F355          FERRARI F355     2'15.977     16.054
40 +   9 GT300 20 大黒屋ARCぽるしぇ       PORSCHE 911RSR   2'18.319     18.396
公式予選通過基準タイム   
( Class GT500 110 % ) 2'12.378      ( Class GT300 110 % ) 2'25.088
"R"マークの車は、コースレコードを更新しました。
従来のレコードタイムは (GT500) 2'01.348  (GT300) 2'12.304  
#マークのドライバーは、公式予選通過基準タイム不足である。
+No.911,111,9 2000年全日本GT選手権統一規則第25条11.により決勝レースへの出場を
認めた。
ペナルティ
公式予選1回目
*No. 1         2000年全日本GT選手権統一規則第29条1.違反(シケインショートカット)により
ベストタイム抹消とした。
*No.100,81,911 2000年全日本GT選手権統一規則第33条5.違反(ピット出口シグナル無視)に
より罰金3万円を課した。                  
*No.12         2000年全日本GT選手権統一規則第29条15.(ピットレーンの速度制限)
違反により罰金3万円を課した。
公式予選2回目
*No.18,1       2000年全日本GT選手権統一規則第29条1.違反(シケインショートカット)により
当該ラップタイム抹消とした。
△No.2          2000国内車両競技規則第7章6.2)燃料タンクの容量違反により、全ての
予選タイムを抹消し、GT500クラスの最後尾からのスタートとする。
                            提供:鈴鹿サーキットランド

全日本GT選手権

JGTC_Rd7:SUZUKA公式予選2回目

2000年 AUTOBACS CUP全日本GT選手権シリーズ第7戦                2000-10-21     
SUZUKA GT300km                               WEATHER  : Fine
JGTC                      公式予選 2回目結果表        COURSE   : Dry
国際レーシングコース
Pos. No. Cls.     Team/Car               Type                   Time      Delay
-------------------------------------------------------------------------------
1  100 GT500  1 RAYBRIG NSX             NSX GH-NA2        R1'59.923 176.03Km/h
2    2 GT500  2 カストロール・ニスモGT-R          SKYLINE BNR34     R2'00.204      0.281
3   64 GT500  3 Mobil 1 NSX             NSX GH-NA2        R2'00.905      0.982
4   12 GT500  4 カルソニック スカイライン           SKYLINE BNR34     R2'00.992      1.069
5   36 GT500  5 カストロール・トムス・スープラ        SUPRA JZA80       R2'01.171      1.248
6   16 GT500  6 Castrol無限NSX          NSX GH-NA2        R2'01.209      1.286
7   30 GT500  7 綜警 McLaren GTR        McLAREN 19R GTR    2'01.484      1.561
8 * 18 GT500  8 TAKATA童夢NSX           NSX GH-NA2         2'01.490      1.567
9    8 GT500  9 ARTA NSX                NSX GH-NA2         2'01.655      1.732
10    6 GT500 10 エッソウルトロンタイガ-ス-プラ      SUPRA JZA80        2'02.145      2.222
11 *  1 GT500 11 ロックタイト・ゼクセルGT-R        SKYLINE BNR34      2'02.330      2.407
12   39 GT500 12 デンソーサードスープラ GT       SUPRA JZA80        2'02.459      2.536
13   35 GT500 13 マツモトキヨシ・トムススープラ        SUPRA JZA80        2'02.652      2.729
14   21 GT500 14 ZEROマクラーレンGT-R          McLAREN 19R GTR    2'02.899      2.976
15   38 GT500 15 FK/マッシモセルモスープラ         SUPRA JZA80        2'02.943      3.020
16   32 GT500 16 cdma Oneセルモスープラ        SUPRA JZA80        2'03.245      3.322
17    3 GT500 17 ユニシア・ザナヴィスカイライン       SKYLINE BNR34      2'03.575      3.652
18   25 GT500 18 エンドレス アドバン スープラ     SUPRA JZA80        2'03.802      3.879
19   37 GT500 19 カストロール・トムス・スープラ        SUPRA JZA80        2'04.030      4.107
20   88 GT500 20 ノマド ディアブロ GT-1       DIABLO ZA90DE068   2'06.355      6.432
21   24 GT300  1 986ボクスター               PORSCHE 986       R2'11.647     11.724
22   31 GT300  2 スーパ-オ-トバックスアペックス     MR-S ZZW30        R2'11.775     11.852
23   55 GT300  3 DUPLEXタイサンADバイパー      VIPER GTS-R       R2'12.273     12.350
24  910 GT300  4 ナインテンウエディングアドバン     PORSCHE 911GT3R    2'12.776     12.853
25   81 GT300  5 ダイシン ADVAN シルビア       SILVIA S-15        2'12.899     12.976
26    7 GT300  6 RE雨宮マツモトキヨシRX7        RX7 FD3S           2'12.981     13.058
27   26 GT300  7 シェルタイサンアドバンGT3R       PORSCHE 911GT3R    2'13.244     13.321
28   20 GT300  8 オ-トレットAPEX-SPRIT        MR-S ZZW30         2'13.411     13.488
29   19 GT300  9 ウェッズスポーツセリカ           CELICA ST205       2'14.010     14.087
30   86 GT300 10 BP・KRAFT・トレノ            TRUENO AE86        2'14.115     14.192
31   28 GT300 11 RDタイサンBP GT3R           PORSCHE 911GT3R    2'14.120     14.197
32  911 GT300 12 ダイヤモンドアドバンポルシェ     PORSCHE 911GT3R    2'14.459     14.536
33   11 GT300 13 アビリティ・マリオポルシェ         PORSCHE 911GT2     2'14.996     15.073
34   77 GT300 14 クスコスバルインプレッサ          IMPREZA GC8        2'15.032     15.109
35   71 GT300 15 シグマテック911              PORSCHE 911GT2     2'15.334     15.411
36  111 GT300 16 JIM-C TWS F355          FERRARI F355       2'15.977     16.054
37   51 GT300 17 C-WESTオ-トスタッフADVAN      SILVIA S14         2'17.466     17.543
38   70 GT300 18 外車の外国屋アドバンポルシェ PORSCHE 993GT2     2'17.935     18.012
39    9 GT300 19 大黒屋ARCぽるしぇ       PORSCHE 911RSR     2'18.319     18.396
40  360 GT300 20 ヒマラヤADVAND-PROJET       FERRARI F360       2'23.379     23.456
開始時刻: 15:30'00      
"R"マークの車は、コースレコードを更新しました。
従来のレコードタイムは (GT500) 2'01.348  (GT300) 2'12.304  
赤旗により14分間中断した。 赤旗提示時刻 16:16'19  再開時刻 16:30'00 
* ペナルティ No.18,No.1
2000年全日本GT選手権統一規則第29条1.違反(シケインショートカット)により
当該ラップタイム抹消とした。
                          提供:鈴鹿サーキットランド 

全日本GT選手権

JGTC_Rd7:SUZUKA公式予選1回目

2000年 AUTOBACS CUP全日本GT選手権シリーズ第7戦               2000-10-21    
SUZUKA GT300km                              WEATHER  : Fine
JGTC                      公式予選 1回目結果表       COURSE   : Dry
国際レーシングコース
Pos. No. Cls.     Team/Car               Type                  Time      Delay
------------------------------------------------------------------------------
1  64 GT500  1 Mobil 1 NSX             NSX GH-NA2        2'01.956 173.10Km/h
2   2 GT500  2 カストロール・ニスモGT-R          SKYLINE BNR34     2'01.983      0.027
3 100 GT500  3 RAYBRIG NSX             NSX GH-NA2        2'02.063      0.107
4  36 GT500  4 カストロール・トムス・スープラ        SUPRA JZA80       2'02.085      0.129
5  18 GT500  5 TAKATA童夢NSX           NSX GH-NA2        2'02.470      0.514
6  16 GT500  6 Castrol無限NSX          NSX GH-NA2        2'02.478      0.522
7  12 GT500  7 カルソニック スカイライン           SKYLINE BNR34     2'02.671      0.715
8   6 GT500  8 エッソウルトロンタイガ-ス-プラ      SUPRA JZA80       2'02.887      0.931
9  30 GT500  9 綜警 McLaren GTR        McLAREN 19R GTR   2'02.992      1.036
10   8 GT500 10 ARTA NSX                NSX GH-NA2        2'03.520      1.564
11  38 GT500 11 FK/マッシモセルモスープラ         SUPRA JZA80       2'03.537      1.581
12  39 GT500 12 デンソーサードスープラ GT       SUPRA JZA80       2'03.573      1.617
13   1 GT500 13 ロックタイト・ゼクセルGT-R        SKYLINE BNR34     2'03.668      1.712
14  35 GT500 14 マツモトキヨシ・トムススープラ        SUPRA JZA80       2'03.717      1.761
15  32 GT500 15 cdma Oneセルモスープラ        SUPRA JZA80       2'04.490      2.534
16  21 GT500 16 ZEROマクラーレンGT-R          McLAREN 19R GTR   2'04.526      2.570
17  37 GT500 17 カストロール・トムス・スープラ        SUPRA JZA80       2'05.016      3.060
18   3 GT500 18 ユニシア・ザナヴィスカイライン       SKYLINE BNR34     2'05.620      3.664
19  25 GT500 19 エンドレス アドバン スープラ     SUPRA JZA80       2'05.762      3.806
20  88 GT500 20 ノマド ディアブロ GT-1       DIABLO ZA90DE068  2'09.435      7.479
21  31 GT300  1 スーパ-オ-トバックスアペックス     MR-S ZZW30       R2'12.304     10.348
22  24 GT300  2 986ボクスター               PORSCHE 986      R2'13.008     11.052
23  55 GT300  3 DUPLEXタイサンADバイパー      VIPER GTS-R       2'13.506     11.550
24 910 GT300  4 ナインテンウエディングアドバン     PORSCHE 911GT3R   2'13.560     11.604
25   7 GT300  5 RE雨宮マツモトキヨシRX7        RX7 FD3S          2'13.873     11.917
26  81 GT300  6 ダイシン ADVAN シルビア       SILVIA S-15       2'13.928     11.972
27 911 GT300  7 ダイヤモンドアドバンポルシェ     PORSCHE 911GT3R   2'14.210     12.254
28  26 GT300  8 シェルタイサンアドバンGT3R       PORSCHE 911GT3R   2'15.036     13.080
29  19 GT300  9 ウェッズスポーツセリカ           CELICA ST205      2'15.067     13.111
30  71 GT300 10 シグマテック911              PORSCHE 911GT2    2'16.032     14.076
31  11 GT300 11 アビリティ・マリオポルシェ         PORSCHE 911GT2    2'16.100     14.144
32 111 GT300 12 JIM-C TWS F355          FERRARI F355      2'16.291     14.335
33  77 GT300 13 クスコスバルインプレッサ          IMPREZA GC8       2'16.411     14.455
34  28 GT300 14 RDタイサンBP GT3R           PORSCHE 911GT3R   2'17.216     15.260
35  86 GT300 15 BP・KRAFT・トレノ            TRUENO AE86       2'17.634     15.678
36  20 GT300 16 オ-トレットAPEX-SPRIT        MR-S ZZW30        2'18.126     16.170
37  51 GT300 17 C-WESTオ-トスタッフADVAN      SILVIA S14        2'18.417     16.461
38  70 GT300 18 外車の外国屋アドバンポルシェ PORSCHE 993GT2    2'18.707     16.751
39 360 GT300 19 ヒマラヤADVAND-PROJET       FERRARI F360      2'19.455     17.499
40   9 GT300 20 大黒屋ARCぽるしぇ       PORSCHE 911RSR    2'19.535     17.579
開始時刻: 11:50'00      
"R"マークの車は、コースレコードを更新しました。
従来のレコードタイムは (GT300) 2'13.480 
**ペナルティ No. 1        
2000年全日本GT選手権統一規則第29条1.違反(シケインショートカット)によりベストタイム抹消とした。
* ペナルティ No.100,No.81,No.911 
2000年全日本GT選手権統一規則第33条 5.違反(ピット出口シグナル無視)により、
罰金30,000円を課した。
# ペナルティ No.12            
2000年全日本GT選手権統一規則第29条15.(ピットレーンの速度制限)違反により、
罰金30,000円を課した。
                          提供:鈴鹿サーキットランド

スーパー耐久

RE:S耐Supertec決勝速報

 総合20位でクラス4のチャンピオン決定とありますが、ポイント計算
の間違えでした。訂正してお詫びします。
 クラス1以外は最終戦まで持ち越しです。
JCG00146@nifty.ne.jp 竹下 恵一郎

スーパー耐久

関谷正徳、最終レースはS耐

10月15日
☆関谷正徳、GTセレモニーと最終レース情報
 今シーズン限りで現役ドライバーから引退することを表明した関谷正徳の引退セレモ
ニーが明らかになった。
 10月22日のGT最終戦・鈴鹿の決勝レース終了後に、長谷見昌弘と共にあいさつを行い
、オープンカーでコースを1周して、ファンにお別れをする。ドライバーを担当するの
は
土屋武士の予定。なお本日スーパー耐久でGN+クラスで2位表彰台を得た関谷は、最終
レースが10月29日のスーパー耐久最終戦・菅生であることも明らかにした。ただし、セ
レモニー等の予定は現段階ではないとのこと。
 来年以降は公式なレースへの参戦は考えておらず、ワンメイクレースにおけるゲスト
カーやロードスタープレス対抗レースのようなイベントではステアリングを握る可能性
があるようだ。
皆越和也

スーパー耐久

スーパーTEC スーパー耐久 レース結果

*******************************************************************************
*                                            富士インターナショナル スピードウェイ(4.400km) *
*                               スーパーTEC                                *
*                         スーパー耐久 レース正式結果表                          *
* 2000.10.15                                                SEIKO TIMING *
*******************************************************************************
位車番クラス ドライバー  1         ドライバー  2         ドライバー  3
車      名                    周回    所要時間 トップ差    km/h   ベストタイム
-------------------------------------------------------------------------------
1 10 C-1 木下みつひろ           高木  真一            
エンドレス アドバン GTR              127 4:01'21.640          138.847  1'36.979
2 50 C-1 竹内  浩典             田中  哲也            
5ZIGEN・ファルケンGTR                127 4:02'00.044 0'38.404 138.480  1'37.460
3  1 C-1 粕谷  俊二             見崎  清志            
BP ADVAN GT-R                  126 4:01'23.335   1 Lap  137.737  1'38.918
4 20 C-2 小川日出生             細野  智行             伊藤  勝一            
RSオガワADVANランサー                124 4:01'38.999   3 Laps 135.404  1'39.466
5 27 C-2 牧口  規雄             松田  秀士            
WAKO'S BMW M3                  123 4:02'14.026   4 Laps 133.987  1'42.361
6 30 C-2 小宮  延雄             袖山  誠一             杉野  賢二            
RSオガワADVANランサー                122 4:01'44.703   5 Laps 133.166  1'41.040
7 33 C-3 三好  正己             大井  貴之            
BPビスコガンマRX-7                 122 4:02'12.217   5 Laps 132.914  1'40.361
8 25 GNP 織戸    学             土屋  圭市            
RS・R アルテッツァ                    122 4:02'26.338   5 Laps 132.785  1'43.985
9 71 C-3 関根  基司             藤島  敏也             田畑    勇            
PowerMagiC RX-7                122 4:02'59.172   5 Laps 132.486  1'41.466
10 34 C-2 村松  康生             桂    伸一             中島  哲也            
SWIFT マグナムランサー                121 4:01'32.795   6 Laps 132.183  1'40.940
11  9 C-2 羽根  幸浩             福田川  優             関野  啓樹            
キタセキARC座間三菱ランサー            121 4:01'41.147   6 Laps 132.107  1'39.758
12 26 C-2 添田    正             小暮  吉則             内堀  篤史            
エンドレスアドバンGMSランサー            121 4:01'45.398   6 Laps 132.068  1'41.908
13 36 GNP 荒    聖治             関谷  正徳            
上野クリニックALTEZZA               121 4:02'24.798   6 Laps 131.710  1'44.034
14 38 GNP 山路  慎一             松田  晃司            
エスペリア・ジアラアルテッツァ              121 4:02'42.445   6 Laps 131.550  1'45.506
15  7 C-3 桧井  保孝             元谷  宏大             黒木  健次            
アルゴラボプレリュード                121 4:02'51.662   6 Laps 131.467  1'46.077
16  4 GNP 横島    久             菊地    靖            
スーパーテクノ アルテッツァ                120 4:02'40.087   7 Laps 130.484  1'45.410
17 22 GNP 古橋    譲             玉本  秀幸            
BP ADVAN INTEGRA               119 4:02'05.810   8 Laps 129.701  1'45.522
18  6 C-2 冨桝  朋広             柳生  治男            
マジョーラ・ファルケンEVO?              119 4:02'30.717   8 Laps 129.479  1'42.045
19 31 C-2 小林  正吾             錦織    勝             たしろじゅん          
ジャラーナADVANシルビア               118 4:02'00.843   9 Laps 128.655  1'42.362
20 54 C-4 山内  伸弥             岡崎  真一            
BPビスコベータアンクルシビック            117 4:01'35.504  10 Laps 127.787  1'47.389
21 52 C-4 西垣内正義             原    貴彦            
5ZIGENファルケンパルサー               117 4:01'37.772  10 Laps 127.767  1'48.504
22 28 GNP 佐藤    淳             佐藤  清治            
ADVAN WAKO'S 無限DC2           117 4:01'38.597  10 Laps 127.760  1'47.274
23 51 C-4 福田よしのぶ           井入  宏之            
EXEDY シグナルシビック               117 4:02'02.660  10 Laps 127.548  1'49.417
24 95 C-3 市嶋    樹             岡田  秀樹            
SPOON S2000                    117 4:02'29.927  10 Laps 127.309  1'46.039
25 39 GNP 磯田  尚孝             八木  宏之            
5ZIGEN JCSインテグラ               117 4:03'06.589  10 Laps 126.989  1'45.448
26 43 GNP 植田  正幸             冨本  好成             坂口  良平            
5ZIGEN MAXインテグラ               116 4:03'42.291  11 Laps 125.596  1'46.947
27 88 C-4 松本  玲二             ピストン 西沢            
TUBE日本テレコムCIVIC              115 4:02'33.136  12 Laps 125.104  1'50.189
28 55 GNP 海老沢紳一             山口  吉明            
DANGUNバーディKRDC2              114 4:02'00.560  13 Laps 124.294  1'47.568
29 37 GNP 大野  尊久             山岸    大            
上野クリニックALTEZZA               114 4:03'09.299  13 Laps 123.708  1'45.480
30  8 C-1 大八木信行             青木  孝行            
ダイシン アドバン GTR               112 4:02'57.781  15 Laps 121.633  1'36.767
31 17 C-3 福岡  博人             柴田  将勝             福村憲一郎            
オートアゼックスアドバンDC2             111 4:02'38.317  16 Laps 120.707  1'50.231
32 89 C-4 石田  敏人             天川  琢雄             山口  一之            
NTC PULSAR                     109 4:02'39.039  18 Laps 118.525  1'52.803
----------------------------- *** 以上 完走 *** -------------------------------
67 GNP 雨宮  栄城             本田  和義             三好  孝志            
SB寿アドバンP1アルテッツァ             112              15 Laps          1'45.792
23 C-1 砂子  智彦             山田  英二            
トトムFUJITSUBO・GTR               101              26 Laps          1'38.425
45 C-4 浅野  武夫             笠原  智行             坂井  孝郎            
FK/マッシモADVANシビック               92              35 Laps          1'50.795
64 GNP 田嶋  栄一             佐藤  晋也            
ケージーエム・アルテッツァ                  88              39 Laps          1'44.579
47 C-3 市川  芳邦             三上  和美            
DaisyArtADVANBB4                82              45 Laps          1'51.671
5 C-2 市村  秀明             小松  一臣             小嶋  久光            
DRP.ADVAN ランサー                  78              49 Laps          1'39.167
70 C-4 宮城    光             荒川  雅彦             伊達破離雄            
アルゴラボシビック                    74              53 Laps          1'46.805
56 GNP 鈴木  利男             道崎  孝則            
ALFA 156 2.0 TS                 70              57 Laps          1'49.667
99 C-4 辻本  昌弘             萬雲  恒明            
TARGET アドバンシビック              69              58 Laps          1'47.502
19 C-2 輿水  敏明             バブリン三島             関    豊              
日本マルチメディア・アドバン?           46              81 Laps          1'42.909
85 C-3 小幡    栄             渡邊    明            
SPOON S2000                     33              94 Laps          1'46.446
11 C-2 中谷  明彦             木下  隆之            
三菱プーマランサーEVO?TM             21             106 Laps          1'38.903
15 C-3 尾本  直史             長島  正明             井田  雅彦            
シーウエストアドバンRX-7                18             109 Laps          1'41.921
-------------------------------------------------------------------------------
スタート  12:00'00     フィニッシュ  16:01'21.640
参加台数 : 51 台    出走台数 : 45 台    完走台数 : 32 台
ベストタイム  No.   8 ( 青木  孝行 )   1'36.767  3/112  163.692 km/h
-------------------------------------------------------------------------------
☆☆☆ 提供 : 富士インターナショナル スピードウェイ ☆☆☆

スーパー耐久

S耐Supertec決勝速報

エンドレスGTRが逆転で今季初優勝!
最終戦を待たずして2位の5ZIGENがシリーズタイトルも決定!
 スーパー耐久シリーズ第7戦SuperTECの決勝レースは、15日の
12時00分から4時間で行われた。昨日の好天からうってかわったどんより
とした雲り空のコンディションだ。スタート時点の気温はわずか15度、朝の
フリー走行時点よりも下がっていた。
 ポールポジションの#8 ダイシンアドバンGTR(大八木信行/青木孝行組)
を先頭にローリングラップからのスタートとなる。1周目は#8ダイシン、
#50 5ZIGEN ファルケンGTR(竹内浩典/田中哲也組)、#10エンドレスアドバ
ンGTR(木下みつひろ/高木真一組)、#1 BP ADVAN GT-R(粕谷俊二/見崎清
志組)、#23トトムFUJITSUBO・GTR(砂子智彦/山田英二組)とGTR勢がトッ
プグループを形成する。3周目にこの後方にピタリとつけた総合5番手で走
行の#11 三菱プーマランサーエボVITM(中谷明彦/木下隆之組)だったが、
8周目に早々のピットイン。この後、周回を続けたが21周でレースを終えて
しまう。50分を経過したあたりでポツポツと雨がおちてくる。
 1時間後は、37周を走行した#8ダイシン、#10エンドレス、#50 5ZIG
EN、#23 FUJITSUBO、#1 BP ADVANというクラス1に、#5DRP ADVAN
ランサー(市村秀明/小松一臣/小嶋久光組)、#20RSオガワADVANランサー
(小川日出生/細野智行/伊藤勝一組)と続く。1時間半ほど経過したあたりで、
は路面の水しぶきが多くなる。57周目トップは#8から#10にかわった。
 2時間経過時点では、#10エンドレス、#50 5ZIGEN、#8 ダイシン、
#23、#1のオーダー。2時間20分経過時点でBコーナーイン側に1台のマ
シンがストップ。このためSCカーランとなり、#50など各車はいっせいに
ピットイン。2時36分まで16分ほどのSCランとなった。3時間近い93
周目に#10エンドレスがピットイン。3時間を10分ほど経過した頃ヘアピン
で1台のマシンが炎上し、この処理のために2度目のSCとなる。#50は給
油のみでスリックのままコースへ復帰。残り30分程まで約20分のSCラン。
109周からの残りで戦われる。
 4時間のレースを制したのは、今季初優勝となった#10エンドレス、2位
にはこれで最終戦を待たずに自力でシリーズタイトルを獲得した#50 5ZI
GEN。3位に#1ADVAN BP、4位にクラス2の#20 RSオガワADV
ANランサー、5位は#27 WAKO'S BMWM3(牧口規雄/松田秀士組)、
7位にはクラス3のトップ#33 BPビスコガンマrx-7(三好正巳/大井貴
之組)、8位にNプラスクラスの#25RS・Rアルテッツア(織戸学/土屋圭市組)
クラス4は#54 BPビスコベータアンクルシビック(山内伸弥/浅見武組)が、
総合20位でチャンプを決定した。
-------------------------------------------------------------------
暫定結果(トップ10)
P  No  Team                              Lap  Diff
1  #10 エンドレスアドバンGTR       127  
2  #50 5ZIGEN ファルケンGTR    127     38.404
3  #1  BP ADVAN GTR         126    1Lap 
4  #20 RSオガワADVANランサー       124    3Laps
5  #27 WAKO'S BMW M3                        123   4Laps
6  #30 RSオガワADVANランサー         122    5Laps
7  #33 BPビスコガンマRX-7             122    5Laps
8  #25 RS・Rアルテッツア           122    5Laps
9  #71 PowerMagic RX-7       122    5Laps
10 #34 SWIFTマグナムランサー           121   6Laps
 天候:曇り~雨
 総入場者数: 5,300人(予選日)
       33,700人(決勝日)
JCG00146@nifty.ne.jp 竹下 恵一郎

スーパー耐久

スーパーTEC スーパー耐久 公式予選結果

*******************************************************************************
*                                            富士インターナショナル スピードウェイ(4.400km) *
*                               スーパーTEC                                *
*                       スーパー耐久 公式予選正式結果表                       *
* 2000.10.14    天候 : 晴れ       コース状況 : ドライ         SEIKO TIMING *
*******************************************************************************
位車番クラス ドライバー  1         ドライバー  2         ドライバー  3
形    式         車     名                      ベストラップ 周  km/h
-------------------------------------------------------------------------------
1  8 C-1 大八木信行             青木  孝行                                   
YH  BNR34        ダイシン アドバン GTR               1'35.798 10 165.348
2 50 C-1 竹内  浩典             田中  哲也                                   
FK  BNR34        5ZIGEN・ファルケンGTR                1'35.944  8 165.096
3 10 C-1 木下みつひろ           高木  真一                                   
YH  BNR34        エンドレス アドバン GTR              1'36.405  9 164.307
4  1 C-1 粕谷  俊二             見崎  清志                                   
YH  BNR34        BP ADVAN GT-R                  1'36.876  9 163.508
5 23 C-1 砂子  智彦             山田  英二                                   
FK  BNR34        トトムFUJITSUBO・GTR               1'36.940  8 163.400
6 11 C-2 中谷  明彦             木下  隆之                                   
YH   CP9A        三菱プーマランサーEVO?TM            1'38.426  7 160.933
7 33 C-3 三好  正己             大井  貴之                                   
DL   FD3S        BPビスコガンマRX-7                 1'38.437  7 160.915
8  9 C-2 羽根  幸浩             福田川  優             関野  啓樹            
YH   CP9A        キタセキARC座間三菱ランサー            1'38.820 16 160.291
9  5 C-2 市村  秀明             小松  一臣             小嶋  久光            
YH   CP9A        DRP.ADVAN ランサー                 1'39.292 19 159.529
10 20 C-2 小川日出生             細野  智行             伊藤  勝一            
YH   CP9A        RSオガワADVANランサー                1'39.635 11 158.980
11 34 C-2 村松  康生             桂    伸一             中島  哲也            
YH   CP9A        SWIFT マグナムランサー                1'39.803 10 158.713
12 26 C-2 添田    正             小暮  吉則             内堀  篤史            
YH   CP9A        エンドレスアドバンGMSランサー            1'39.935 10 158.503
13 30 C-2 小宮  延雄             袖山  誠一             杉野  賢二            
YH   CP9A        RSオガワADVANランサー                1'40.006 10 158.390
14  6 C-2 冨桝  朋広             柳生  治男                                   
FK   CP9A        マジョーラ・ファルケンEVO?              1'40.342  9 157.860
15 31 C-2 小林  正吾             錦織    勝             たしろじゅん          
YH    S15        ジャラーナADVANシルビア               1'40.542 17 157.546
16 71 C-3 関根  基司             藤島  敏也             田畑    勇            
DL   FD3S        PowerMagiC RX-7                1'41.173 12 156.564
17 27 C-2 牧口  規雄             松田  秀士                                   
YH    E36        WAKO'S BMW M3                  1'41.380 12 156.244
18 19 C-2 輿水  敏明             バブリン三島             関    豊              
YH   CP9A        日本マルチメディア・アドバン?          1'41.618 18 155.878
19 15 C-3 尾本  直史             長島  正明                                   
YH   FD3S        シーウエストアドバンRX-7               1'42.612 19 154.368
20 25 GNP 織戸    学             土屋  圭市                                   
YH  SXE10        RS・R アルテッツァ                    1'43.162  8 153.545
21 36 GNP 荒    聖治             関谷  正徳                                   
YH  SXE10        上野クリニックALTEZZA               1'43.281 13 153.368
22 38 GNP 山路  慎一             松田  晃司                                   
DL  SXE10        エスペリア・ジアラアルテッツァ              1'43.476 16 153.079
23  4 GNP 横島    久             菊地    靖                                   
DL  SXE10        スーパーテクノ アルテッツァ                1'43.599 10 152.897
24 37 GNP 大野  尊久             山岸    大                                   
YH  SXE10        上野クリニックALTEZZA               1'43.971  9 152.350
25 22 GNP 古橋    譲             玉本  秀幸                                   
YH    DC2        BP ADVAN INTEGRA               1'44.719 12 151.262
26 95 C-3 市嶋    樹             岡田  秀樹                                   
YH    API        SPOON S2000                    1'44.721 19 151.259
27 85 C-3 小幡    栄             渡邊    明                                   
YH    API        SPOON S2000                    1'44.784 17 151.168
28 64 GNP 田嶋  栄一             佐藤  晋也                                   
YH  SXE10        ケージーエム・アルテッツァ                 1'44.794 15 151.154
29 67 GNP 雨宮  栄城             本田  和義             三好  孝志            
YH  SXE10        SB寿アドバンP1アルテッツァ             1'45.199 14 150.572
30 43 GNP 植田  正幸             冨本  好成             坂口  良平            
YH    DC2        5ZIGEN MAXインテグラ               1'45.410 16 150.270
31 28 GNP 佐藤    淳             佐藤  清治                                   
YH    DC2        ADVAN WAKO'S 無限DC2           1'45.530 22 150.099
32 39 GNP 磯田  尚孝             八木  宏之                                   
YH    DC2        5ZIGEN JCSインテグラ               1'45.680 13 149.886
33 70 C-4 宮城    光             荒川  雅彦             伊達破離雄            
YH    EK9        アルゴラボシビック                   1'45.908 10 149.564
34  7 C-3 桧井  保孝             元谷  宏大             黒木  健次            
YH    BB6        アルゴラボプレリュード                1'46.084  9 149.316
35 99 C-4 辻本  昌弘             萬雲  恒明                                   
YH    EK9        TARGET アドバンシビック             1'46.137 10 149.241
36 56 GNP 鈴木  利男             道崎  孝則                                   
YH  932A2        ALFA 156 2.0 TS                1'46.377 14 148.904
37 55 GNP 海老沢紳一             山口  吉明                                   
YH    DC2        DANGUNバーディKRDC2              1'46.776 18 148.348
38 54 C-4 山内  伸弥             岡崎  真一                                   
YH    EK9        BPビスコベータアンクルシビック            1'46.914 14 148.156
39 52 C-4 西垣内正義             原    貴彦                                   
FK   JN15        5ZIGENファルケンパルサー               1'46.915 13 148.155
40 51 C-4 福田よしのぶ゙          井入  宏之                                   
DL    EK9        EXEDY シグナルシビック               1'48.448 19 146.061
41 45 C-4 浅野  武夫             笠原  智行             坂井  孝郎            
YH    EK9        FK/マッシモADVANシビック              1'48.974  9 145.356
42 88 C-4 松本  玲二             ピストン 西沢                                   
YH    EK9        TUBE日本テレコムCIVIC              1'49.278 21 144.951
43 89 C-4 石田  敏人             天川  琢雄             山口  一之            
DL   JN15        NTC PULSAR                     1'49.512 16 144.642
44 47 C-3 市川  芳邦             三上  和美                                   
YH    BB4        DaisyArtADVANBB4               1'49.646 23 144.465
45 17 C-3 福岡  博人             柴田  将勝   *福村憲一郎 最後尾を条件に出走可 
YH    DC2        オートアゼックスアドバンDC2             1'49.032 18 145.278
-------------------------------------------------------------------------------
46 41 C-2 石川    朗             谷川  達也                                   
FK    GC8        アイワFKインプレッサ                   1'42.459 17 154.598
47 40 C-2 内田  政宏             野田  卓志                                   
FK    GC8        渡辺商会アイワFKインプレッサ           1'44.908 21 150.989
48 96 GNP 松永  雅博             田中    実             岩口    博            
YH  SXE10        グリフィンアドバンアルテッツァ             1'48.061 18 146.584
49 35 GNP 藤田  隆之             ピエール A ラファネル                                
MI ZZT231        INGING CELICA                  1'48.187 14 146.413
50 87 C-3 金森  敏一             橋本  道彦             田中壮一郎            
YH    DC2        K'ZAUTO時間割インテグラ            1'49.968 24 144.042
2 C-2 渋谷    勉             吉田  寿博             清水  和夫            
DL    GC8        アイフェルダンロップインプレッサ                出走せず
-------------------------------------------------------------------------------
予選通過基準タイム (総合  130% ) 2'04.864
-------------------------------------------------------------------------------
☆☆☆ 提供 : 富士インターナショナル スピードウェイ ☆☆☆

全日本GT選手権

関谷正徳、今シーズンで引退へ

《全日本レースニュース》 10月13日
☆ 関谷正徳、今シーズンで引退へ
  日本人唯一のルマン24時間レース優勝者であり、また全日本
 ツーリングカー選手でもチャンピオンを獲得するなど、これま
 で日本のモータースポーツを引っ張ってきた関谷正徳が今シー
 ズン限りで引退することが明らかとなった。
 「20世紀の終わりに、人生の区切りをつける決心をした。
 1971年以来30年間、素晴らしい方々に支えられ、ドライバーと
 して頑張ってくることができた。
  そして今、モータースポーツの世界のためにやりたいことが
 明確になり、そのためにも一刻も早く新たな勉強を始めようと
 思っている。今まではレールの上を走ってきたが、これからは
 1本の枕木となって支える立場になる。
  これまで応援して下さった皆様に、心から感謝すると共に、
 これからも変わらぬお付き合いをお願いしたい」と関谷正徳は
 コメントした。
  今後は、JGTCを戦うトヨタ・チーム・トムスのチーム監督
 に就任する他、フォーミュラ・トヨタ・レーシング・スクール
 の校長を始めとする若手レーシング・ドライバーの育成や、一般
 ドライバーを対象とした安全運転啓蒙活動などへ取り組む予定。
     * FMOTOR4_SysOp 新倉芳夫 (SDI00686)-RIJ *

全日本GT選手権

【関谷正徳】現役引退

関谷正徳選手が10月21~22日のJGTC最終戦・鈴鹿のレースを最後に、GTドライバーとし
ての現役を引退することになりました。以下はトムスから発表されたリリースの抜粋で
す。
『関谷正徳、ドライバー勇退のご案内』
さて、この度の全日本GT選手権シリーズ第7戦(10月21~22日)を最後に、弊社ドライバ
ーの関谷正徳が、GTドライバーとしての現役を引退することとなりました。
 29年間、レーシングドライバーとして、トムスと共に一心同体で、負ける悔しさも、
勝つ喜びも一緒に分かち合って来ました。トヨタのワークスドライバーとして数々の戦
跡を残した他、ル・マン24時間耐久レースでは日本人として初優勝を飾るなど、日本に
とどまらず、世界のモータースポーツの歴史にその名を刻んでまいりました。
 関谷のGTカーによるアグレッシブな走りは、この鈴鹿を最後に見ることが出来ないこ
とは大変残念なことですが、今後はトヨタ・チーム・トムスの監督として就任するほか、
後進の指導に当っていくこととなります。
 いままで以上に、厳しい目と、29年間培ってきた技術で、若いドライバーを育て上げ
てくれることを期待してやみません。
 レース終了後にピットにて関係者を集め、関谷さんからのご挨拶があるようです。
最終戦は関谷選手のほか、長谷見昌弘選手もJGTCから引退。残念です。
皆越和也

Formula Nippon

FN:特別走行会(12/7-8もてぎ)

        '00フォーミュラ・ニッポン特別走行会
        12月7~8日ツインリンクもてぎで開催
このシーズン終了後に行われる走行会では、毎年来季のドライバーオーディショ
ンを兼ねるチームが多い。来シーズンのフォーミュラ・ニッポンのシート予想に
は欠かせない走行会だ。
参加予定チームおよびドライバーについては、後日あらためて発表される予定。
日  時:12月 7日(木) 10:00~12:00/13:30~15:30
12月 8日(金) 10:00~12:00/13:30~15:30
場  所:ツインリンクもてぎ
http://www.twinring.co.jp/
情報提供:株式会社日本レースプロモーション(JRP)
     Fニッポン公式サイト http://www.f-nippon.co.jp/
** FMOTOR4F SysOp 北島滋穂(sdi00685@nifty.com) **

全日本GT選手権

JGTC_Rd6:MINE ホンダ決勝リリース

2000年10月2日
本田技研工業株式会社
広  報  部
2000 AUTOBACS CUP 全日本GT選手権シリーズ第6戦 “ CP MINE GT RACE”
TAKATA 童夢 NSX(脇阪、金石組) 2位
チーム部門ポイントランキングトップを堅持
○開催日 :2000年9月29日(金)~10月1日(日)
○開催地    :セントラルパークMINEサーキット(山口県)<全長3.330839km>
○決勝レース :76周(約253.143764km)
○天 候  :予選/雨  決勝/晴れ
○気 温       :31℃
○路面温度 :40℃
○コースコンディション :ドライ
○観客数 :32,900人(主催者発表)
10月1日(日)、セントラルパークMINEサーキット(山口県)において「CP MINE GT 
RACE」の決勝レース(1周:3.33084km x 76周)が開催され、今シーズン通算4回
目のポールポジションからスタートした脇阪/金石組(TAKATA 童夢 NSX)が、第2位で
チェッカーフラッグを受けた。これにより、童夢×無限プロジェクトが、チーム部門
のポイントランキングで2位に12ポイント差をつけてトップを堅持する結果となった
。ドライバー部門では、4位でチェッカーを受けた道上龍選手(Castrol 無限 NSX)
が1ポイント差のランキング2位で、最終戦のタイトル争いに挑むこととなった。
●HONDA NSX出場チームと戦績
No.マシン名     エントラント名            /監 督    ドライバー H.W 予選 決勝
8 ARTA NSX    AUTOBACS RACING TEAM AGURI 
鈴木亜久里 鈴木亜久里 40 7位 R
土屋 圭市
16 Castrol 無限 NSX 
無限×童夢プロジェクト     熊倉 淳一  道上 龍   90 3位 4位
光貞 秀俊
18 TAKATA 童夢 NSX                                   脇阪 寿一  60 PP 2位
金石 勝智
64 Mobil 1 NSX
Mobil1 Nakajima Racing     中嶋 悟   伊藤 大輔  30 2位 R
D.シュワガー
100 RAYBRIG NSX
チーム国光with MOONCRAFT   高橋 国光  飯田 章   20 4位 R
服部 尚貴
※タイヤ=全車ブリヂストン HW=ハンディウェイト(単位:kg)
○ 公式予選 9月30日(土)  第1回/11:00~12:00  第2回/15:00~16:00
 公式予選は1回目、2回目ともあいにくウェットコンディションでのタイムアタック
となった。しかし、この悪条件の中、NSX-GT勢5台が一時トップ5を独占する場面を
みせるなど快走をみせた。結局、予選1回目に1分34秒624のタイムを叩き出した脇阪寿
一/金石勝智 組(TAKATA 童夢 NSX)が今シーズン4回目となるポールポジションを獲
得。2番手に伊藤大輔/D.シュワガー組(Mobil 1 NSX)、3番手に道上龍/光貞秀俊 
組(Castrol 無限 NSX)、そして飯田章/服部尚貴 組(RAYBRIG NSX)が4番手を獲得
し、トップ4をNSX-GTが独占する結果となった。さらに7番手に鈴木亜久里/土屋圭市 
組(ARTA NSX)がつけ、決勝レースに大きな期待を抱かせる結果となった。
○ 決勝レース 10月1日(日) 14:00~ (76ラップ) 
 決勝日は、前日までと一変して好天に恵まれ、気温は30℃まで上昇。14時03分にロ
ーリングスタートが切られた。しかし、スタート直後の第1コーナーでアクシデントが
起こる。ポールポジションスタートの脇阪寿一選手(TAKATA 童夢 NSX)と、そのイン
を差して前に出たD.シュワガー選手(Mobil 1 NSX)がコーナー立ち上がりで接触し、
Mobil 1 NSXがスピン。そこに後続のマシンが次々に追突する多重クラッシュが発生し
てしまう。このアクシデントでNSX勢はMobil 1 NSXと土屋圭市選手が乗るARTA NSXが
リタイアとなる。
このアクシデントでセーフティーカーが入り、9周目にレースが再開。序盤は脇阪選
手(TAKATA 童夢 NSX)がレースの主導権を握り、トップをキープする。一方、5番手
を走行していた光貞秀俊選手(Castrol 無限 NSX)は16周目に痛恨のスピン、順位を
10番手まで落とす。さらに3位まで追い上げていた服部尚貴選手(RAYBRIG NSX)は1
周目のアクシデントの影響でサスペンションにトラブルが発生し33周目にスピン。そ
の後、ピットインリタイアとなってしまう。トップを走るTAKATA 童夢 NSXは、レー
ス序盤から2位に2秒弱の差をキープ、37周目に脇阪選手から金石選手にドライバー
を交代する。金石選手は、激しいトップ争いを繰り広げたが48周目の第1ヘアピンで
トップの座を12号車(星野一義/本山哲 組)に明け渡す。その後、金石選手はハンド
リングのトラブルを抱えながらも粘る走りをみせ、2位でチェッカーフラッグを受け
た。
一方、ドライバー部門でランキングトップに立つ道上龍選手(Castrol 無限 NSX)は、
素早いピット作業と激しい追い上げで4番手へ浮上してチェッカーフラッグ。第3位
でレースを終えたE.コマス/影山正美 組にランキングトップの座を譲り渡したものの、
その差はわずかに1ポイントと、タイトル争いを鈴鹿での最終決戦へ持ち込んだ。チ
ーム部門のタイトル争いは無限×童夢プロジェクトが2位に12ポイント差をつけてト
ップをリード。ホンダ初のタイトル獲得を賭けて最終戦に臨むこととなった。
波乱が続いたMINEのレースを制したのは、カルソニック・スカイラインの星野一義/
本山哲 組だった。
2位 TAKATA 童夢 NSX
○脇阪 寿一(Juichi Wakisaka)選手
スタート直後のアクシデントは、 トップ争いの中でイン、アウト、インと来たシュ
ワガー選手のリアと、イン側をキープしていた僕とのラインがクロスして当たってし
まいました。その後は、計画通りトップをキープしたまま金石さんにバトンタッチで
きましたが、ハンディウェイトの影響が厳しかったので今回は2位でしょうがないと
思います。最終戦の鈴鹿はハンディウェイトがもっと厳しく(110kg)なりますが最後
のレースなので勝負を賭けたいと思います。期待していてください。
○金石 勝智(Katsutomo Kaneishi)選手
クルマの調子は良かったのですが、本山選手に追突されトップを奪われた時、ハンド
リングの調子が狂ってしまい、ペースを上げられませんでした。でも、走り方を変え
たりして終盤は追い上げたのですが、抜くことはできませんでした。タイヤも、もう
少しソフトでも良かったかもしれません。
4位 Castrol 無限 NSX
○道上 龍(Ryo Michigami)選手
今日は、序盤の混乱もあって追い上げのレースになってしまいましたが、4位でチェ
ッカーを受けることができて本当に嬉しい。ドライバー部門のポイントランキングで
2位になってしまいましたが、1ポイント差なので同じですよ。今から最終戦が楽しみ
です。とにかくランキングトップのE.コマス/影山正美 組の前でチェッカーを受けた
い。もちろん優勝もねらっていきます。
○永長 真(Shin Nagaosa)NSX-GT開発プロジェクトリーダー
スタート直後の第1コーナーでのアクシデントで2台のNSXがリタイアしたことに関し
ては予想外で大変残念です。でも、最後まで走った2台のNSXがよく頑張り、最終戦ま
でタイトル争いを持ち込んでくれました。クラッシュした2台も全力を尽くして直し、
最終戦の鈴鹿を万全の体制で臨みますので、応援をよろしくお願いします。
 提供:本田技研工業株式会社 広報部
(写真つきリリースは「http://www.nifty.ne.jp/forum/fmotor4/」で)

全日本GT選手権

JGTC_Rd6:MINE決勝レース正式結果

2000 AUTOBACS CUP ALL JAPAN GT CHAMPIONSHIP Round 6
CP MINE GT RACE
全日本GT選手権第6戦 MINE -RIJ- (2000-10-01) Race Results
For All Japan GT Championship Rd.6 CP MINE Circuit (J):3.330839km
Weather:Fine  Course:Dry
P--No.Cls----Car-------------------------------Drivers--------Lap-Goal Time--
1  12 500  1 カルソニックスカイライン          星野/本山      76 2:05'47.059
120.757km/h
2  18 500  2 TAKATA 童夢 NSX                   脇阪寿一/金石  76 -     1.656
3   1 500  3 ロックタイト・ゼクセルGT-R        コマス/影山正美76 -    28.848
4  16 500  4 Castrol 無限 NSX                  道上/光貞      76 -  1'06.123
5   6 500  5 エッソウルトロンタイガースープラ  野田/ガードナー76 -  1'16.789
6  38 500  6 FK/マッシモセルモスープラ         竹内/立川      75 -    1 Lap
7  25 500  7 エンドレスアドバンスープラ        木下/織戸      75 -    1 Lap
8  39 500  8 デンソーサードスープラGT          影山/ファーマン75 -    1 Lap
9  37 500  9 カストロール・トムス・スープラ     荒/鈴木利男    75 -    1 Lap
10  21 500 10 ZEROマクラーレンGTR               一ツ山康/中谷  75 -    1 Lap
11   3 500 11 ユニシア・ザナヴィスカイライン    長谷見/田中    74 -    2 Laps
12  88 500 12 ノマドディアブロGT-1              古谷/高橋毅    73 -    3 Laps
13  26 300  1 シェルタイサンアドバンGT3R        松田/福山      72 -    4 Laps
14*910 300  2 ナインテンウェディングアドバンポルシェ*余郷/和田 72 -    4 Laps
15  28 300  3 RDタイサンBPGT3R                  須賀/柴原      71 -    5 Laps
16   7 300  4 RE雨宮マツモトキヨシRX7           山野/松本      71 -    5 Laps
17  81 300  5 ダイシンADVANシルビア             大八木/青木    71 -    5 Laps
18  77 300  6 クスコスバルインプレッサ          小林/谷川      71 -    5 Laps
19  71 300  7 シグマテック911                   城内/竹内      71 -    5 Laps
20  24 300  8 986ボクスター                     西澤/アピチェラ70 -    6 Laps
21  20 300  9 ネッツアペックススピリットMR-S    松永/佐藤久実  70 -    6 Laps
22  55 300 10 DUPLEXタイサンADバイパー          山田/田崎      69 -    7 Laps
23  51 300 11 C-WESTオートスタッフADVANシルビア 袖山/尾本      69 -    7 Laps
24  70 300 12 外車の外国屋アドバンポルシェ      石橋/小宮      69 -    7 Laps
25  86 300 13 BP・KRAFT・トレノ                 田中/松田      69 -    7 Laps
26  31 300 14 スーパーオートバックスアペックスMR-S 新田/高木   67 -    9 Laps
27* 19 300 15 ウェッズスポーツセリカ            *脇阪薫一/原   59 -   17 Laps
--------------以上完走-------------------------------------------------------
100 500    RAYBRIG NSX                       飯田/服部      32 -   44 Laps
35 500    マツモトキヨシ・トムススープラ    山路/ラファネル30 -   46 Laps
11 300    アビリティ・マリオポルシェ        木下/桧井      23 -   53 Laps
32 500    cdma Oneセルモスープラ            木下/近藤      14 -   62 Laps
2 500    カストロール・ニスモGT-R          片山右京/クルム 0 -   76 Laps
30 500    綜警 McLarenGTR                   岡田/松田       0 -   76 Laps
36 500    カストロール・トムス・スープラ    関谷/土屋武士   0 -   76 Laps
64 500    Mobil 1 NSX                       伊藤/シュワガー 0 -   76 Laps
8 500    ARTA NSX                          亜久里/土屋圭市 0 -   76 Laps
-----------------------------------------------------------------------------
Fastest Lap : 500class # 1 ロックタイト・ゼクセルGT-R(コマス) 1'26.713
300class #28 RDタイサンBPGT3R(柴原)             1'32.418
* ゼッケンNo.19は、2000年全日本GT選手権統一規則 第30条違反により競技長訓戒と
し当人に始末書の提出を命じ、ペナルティポイント0.5点を課した。
* ゼッケンNo.910は、2000年全日本GT選手権統一規則 第30条違反により競技長訓戒と
し当人に始末書の提出を命じ、ペナルティポイント0.5点を課した。
** FMOTOR4F SysOp 北島滋穂(sdi00685@nifty.com) **

全日本GT選手権

JGTC_Rd6:MINE決勝レース暫定結果

2000 AUTOBACS CUP ALL JAPAN GT CHAMPIONSHIP Round 6
CP MINE GT RACE
全日本GT選手権第6戦 MINE -RIJ- (2000-10-01) Provisional Race Results
For All Japan GT Championship Rd.6 CP MINE Circuit (J):3.330839km
Weather:Fine  Course:Dry
P--No.Cls----Car-------------------------------Drivers--------Lap-Goal Time--
1  12 500  1 カルソニックスカイライン          星野/本山      76 2:05'47.059
120.757km/h
2  18 500  2 TAKATA 童夢 NSX                   脇阪寿一/金石  76 -     1.656
3   1 500  3 ロックタイト・ゼクセルGT-R        コマス/影山正美76 -    28.848
4  16 500  4 Castrol 無限 NSX                  道上/光貞      76 -  1'06.123
5   6 500  5 エッソウルトロンタイガースープラ  野田/ガードナー76 -  1'16.789
6  38 500  6 FK/マッシモセルモスープラ         竹内/立川      75 -    1 Lap
7  25 500  7 エンドレスアドバンスープラ        木下/織戸      75 -    1 Lap
8  39 500  8 デンソーサードスープラGT          影山/ファーマン75 -    1 Lap
9  37 500  9 カストロール・トムス・スープラ     荒/鈴木利男    75 -    1 Lap
10  21 500 10 ZEROマクラーレンGTR               一ツ山康/中谷  75 -    1 Lap
11   3 500 11 ユニシア・ザナヴィスカイライン    長谷見/田中    74 -    2 Laps
12  88 500 12 ノマドディアブロGT-1              古谷/高橋毅    73 -    3 Laps
13  26 300  1 シェルタイサンアドバンGT3R        松田/福山      72 -    4 Laps
14 910 300  2 ナインテンウェディングアドバンポルシェ 余郷/和田 72 -    4 Laps
15  28 300  3 RDタイサンBPGT3R                  須賀/柴原      71 -    5 Laps
16   7 300  4 RE雨宮マツモトキヨシRX7           山野/松本      71 -    5 Laps
17  81 300  5 ダイシンADVANシルビア             大八木/青木    71 -    5 Laps
18  77 300  6 クスコスバルインプレッサ          小林/谷川      71 -    5 Laps
19  71 300  7 シグマテック911                   城内/竹内      71 -    5 Laps
20  24 300  8 986ボクスター                     西澤/アピチェラ70 -    6 Laps
21  20 300  9 ネッツアペックススピリットMR-S    松永/佐藤久実  70 -    6 Laps
22  55 300 10 DUPLEXタイサンADバイパー          山田/田崎      69 -    7 Laps
23  51 300 11 C-WESTオートスタッフADVANシルビア 袖山/尾本      69 -    7 Laps
24  70 300 12 外車の外国屋アドバンポルシェ      石橋/小宮      69 -    7 Laps
25  86 300 13 BP・KRAFT・トレノ                 田中/松田      69 -    7 Laps
26  31 300 14 スーパーオートバックスアペックスMR-S 新田/高木   67 -    9 Laps
27  19 300 15 ウェッズスポーツセリカ            脇阪薫一/原    59 -   17 Laps
--------------以上完走-------------------------------------------------------
100 500    RAYBRIG NSX                       飯田/服部      32 -   44 Laps
35 500    マツモトキヨシ・トムススープラ    山路/ラファネル30 -   46 Laps
11 300    アビリティ・マリオポルシェ        木下/桧井      23 -   53 Laps
32 500    cdma Oneセルモスープラ            木下/近藤      14 -   62 Laps
2 500    カストロール・ニスモGT-R          片山右京/クルム 0 -   76 Laps
30 500    綜警 McLarenGTR                   岡田/松田       0 -   76 Laps
36 500    カストロール・トムス・スープラ    関谷/土屋武士   0 -   76 Laps
64 500    Mobil 1 NSX                       伊藤/シュワガー 0 -   76 Laps
8 500    ARTA NSX                          亜久里/土屋圭市 0 -   76 Laps
-----------------------------------------------------------------------------
Fastest Lap : 500class # 1 ロックタイト・ゼクセルGT-R(コマス) 1'26.713
300class #28 RDタイサンBPGT3R(柴原)             1'32.418
上記結果は暫定です。変更なき場合はそのまま正式結果となります。
** FMOTOR4F SysOp 北島滋穂(sdi00685@nifty.com) **

全日本GT選手権

JGTC_Rd6:MINEフリー走行結果

2000 AUTOBACS CUP ALL JAPAN GT CHAMPIONSHIP Round 6
CP MINE GT RACE
全日本GT選手権第6戦 MINE -RIJ- (2000-10-01) Free Practice Session
For All Japan GT Championship Rd.6 CP MINE Circuit (J):3.330839km
Weather:Fine  Course:Dry
P--No.Cls----Car---------------------------------Drivers---------BestLapT-
1  64 500  1 Mobil 1 NSX                         伊藤/シュワガー 1'25.790
2   2 500  2 カストロール・ニスモGT-R            片山右京/クルム 1'25.842
3  38 500  3 FK/マッシモセルモスープラ           竹内/立川       1'25.927
4   1 500  4 ロックタイト・ゼクセルGT-R          コマス/影山正美 1'26.024
5 100 500  5 RAYBRIG NSX                         飯田/服部       1'26.081
6   8 500  6 ARTA NSX                            亜久里/土屋圭市 1'26.212
7  35 500  7 マツモトキヨシ・トムススープラ      山路/ラファネル 1'26.256
8  18 500  8 TAKATA 童夢 NSX                     脇阪寿一/金石   1'26.267
9  30 500  9 綜警 McLarenGTR                     岡田/松田       1'26.314
10   6 500 10 エッソウルトロンタイガースープラ    野田/ガードナー 1'26.538
11  12 500 11 カルソニックスカイライン            星野/本山       1'26.714
12  21 500 12 ZEROマクラーレンGTR                 一ツ山康/中谷   1'26.807
13  25 500 13 エンドレスアドバンスープラ          木下/織戸       1'26.844
14  37 500 14 カストロール・トムス・スープラ       荒/鈴木利男     1'26.894
15  39 500 15 デンソーサードスープラGT            影山/ファーマン 1'26.921
16  36 500 16 カストロール・トムス・スープラ      関谷/土屋武士   1'27.137
17  16 500 17 Castrol 無限 NSX                    道上/光貞       1'27.343
18   3 500 18 ユニシア・ザナヴィスカイライン      長谷見/田中     1'27.668
19  32 500 19 cdma Oneセルモスープラ              木下/近藤       1'28.413
20  88 500 20 ノマドディアブロGT-1                古谷/高橋毅     1'29.074
21  24 300  1 986ボクスター                       西澤/アピチェラ 1'31.793
22 910 300  2 ナインテンウェディングアドバンポルシェ 余郷/和田    1'31.900
23  28 300  3 RDタイサンBPGT3R                    須賀/柴原       1'31.988
24  31 300  4 スーパーオートバックスアペックスMR-S 新田/高木      1'32.162
25  55 300  5 DUPLEXタイサンADバイパー            山田/田崎       1'32.677
26  19 300  6 ウェッズスポーツセリカ              脇阪薫一/原     1'32.946
27  20 300  7 ネッツアペックススピリットMR-S      松永/佐藤久実   1'33.072
28   7 300  8 RE雨宮マツモトキヨシRX7             山野/松本       1'33.467
29  77 300  9 クスコスバルインプレッサ            小林/谷川       1'33.529
30  81 300 10 ダイシンADVANシルビア               大八木/青木     1'33.566
31  26 300 11 シェルタイサンアドバンGT3R          松田/福山       1'33.609
32  71 300 12 シグマテック911                     城内/竹内       1'34.080
33  86 300 13 BP・KRAFT・トレノ                   田中/松田       1'34.276
34  51 300 14 C-WESTオートスタッフADVANシルビア   袖山/尾本       1'35.479
35  70 300 15 外車の外国屋アドバンポルシェ        石橋/小宮       1'35.697
36  11 300 16 アビリティ・マリオポルシェ          木下/桧井       1'35.957
--------------------------------------------------------------------------
** FMOTOR4F SysOp 北島滋穂(sdi00685@nifty.com) **

全日本GT選手権

JGTC_Rd6:MINE予選総合結果

2000 AUTOBACS CUP ALL JAPAN GT CHAMPIONSHIP Round 6
CP MINE GT RACE
全日本GT選手権第6戦 MINE -RIJ- (2000-09-30) Qualifying Session
For All Japan GT Championship Rd.6 CP MINE Circuit (J):3.330839km
Weather:Rain  Course:Wet
P--No.Cls----Car---------------------------------Drivers---------BestLapT-
1  18 500  1 TAKATA 童夢 NSX                     脇阪寿一/金石   1'34.624
126.729km/h
2  64 500  2 Mobil 1 NSX                         伊藤/シュワガー 1'34.705
3  16 500  3 Castrol 無限 NSX                    道上/光貞       1'35.172
4 100 500  4 RAYBRIG NSX                         飯田/服部       1'35.188
5  12 500  5 カルソニックスカイライン            星野/本山       1'35.304
6   1 500  6 ロックタイト・ゼクセルGT-R          コマス/影山正美 1'35.438
7   8 500  7 ARTA NSX                            亜久里/土屋圭市 1'35.552
8   2 500  8 カストロール・ニスモGT-R            片山右京/クルム 1'35.795
9  35 500  9 マツモトキヨシ・トムススープラ      山路/ラファネル 1'36.082
10  38 500 10 FK/マッシモセルモスープラ           竹内/立川       1'36.280
11   6 500 11 エッソウルトロンタイガースープラ    野田/ガードナー 1'36.478
12  36 500 12 カストロール・トムス・スープラ      関谷/土屋武士   1'36.854
13  39 500 13 デンソーサードスープラGT            影山/ファーマン 1'37.539
14  30 500 14 綜警 McLarenGTR                     岡田/松田       1'37.700
15  37 500 15 カストロール・トムス・スープラ       荒/鈴木利男     1'38.083
16  21 500 16 ZEROマクラーレンGTR                 一ツ山康/中谷   1'38.658
17  25 500 17 エンドレスアドバンスープラ          木下/織戸       1'38.773
18  32 500 18 cdma Oneセルモスープラ              木下/近藤       1'39.106
19  28 300  1 RDタイサンBPGT3R                    須賀/柴原       1'39.168
20   7 300  2 RE雨宮マツモトキヨシRX7             山野/松本       1'40.395
21  11 300  3 アビリティ・マリオポルシェ          木下/桧井       1'40.881
22   3 500 19 ユニシア・ザナヴィスカイライン      長谷見/田中     1'41.114
23  26 300  4 シェルタイサンアドバンGT3R          松田/福山       1'41.182
24  31 300  5 スーパーオートバックスアペックスMR-S 新田/高木      1'41.554
25  55 300  6 DUPLEXタイサンADバイパー            山田/田崎       1'42.066
26 910 300  7 ナインテンウェディングアドバンポルシェ 余郷/和田    1'42.068
27  24 300  8 986ボクスター                       西澤/アピチェラ 1'42.333
28  88 500 20 ノマドディアブロGT-1                古谷/高橋毅     1'42.546
29  19 300  9 ウェッズスポーツセリカ              脇阪薫一/原     1'43.335
30  71 300 10 シグマテック911                     城内/竹内       1'43.797
31  81 300 11 ダイシンADVANシルビア               大八木/青木     1'44.114
32  51 300 12 C-WESTオートスタッフADVANシルビア   袖山/尾本       1'44.958
33  20 300 13 ネッツアペックススピリットMR-S      松永/佐藤久実   1'45.187
34  70 300 14 外車の外国屋アドバンポルシェ        石橋/小宮       1'45.449
35  77 300 15 クスコスバルインプレッサ            小林/谷川       1'45.976
36  86 300 16 BP・KRAFT・トレノ                   田中/松田       1'46.334
--------------------------------------------------------------------------
** FMOTOR4F SysOp 北島滋穂(sdi00685@nifty.com) **

全日本GT選手権

JGTC_Rd6:MINE予選2回目

2000 AUTOBACS CUP ALL JAPAN GT CHAMPIONSHIP Round 6
CP MINE GT RACE
全日本GT選手権第6戦 MINE -RIJ- (2000-09-30) 2nd Qualifying Session
For All Japan GT Championship Rd.6 CP MINE Circuit (J):3.330839km
Weather:Rain  Course:Wet
P--No.Cls----Car---------------------------------Drivers---------BestLapT-
1  16 500  1 Castrol 無限 NSX                    道上/光貞       1'35.352
2   8 500  2 ARTA NSX                            亜久里/土屋圭市 1'35.738
3 100 500  3 RAYBRIG NSX                         飯田/服部       1'35.755
4  38 500  4 FK/マッシモセルモスープラ           竹内/立川       1'36.280
5   6 500  5 エッソウルトロンタイガースープラ    野田/ガードナー 1'36.478
6  18 500  6 TAKATA 童夢 NSX                     脇阪寿一/金石   1'36.659
7  64 500  7 Mobil 1 NSX                         伊藤/シュワガー 1'36.839
8   2 500  8 カストロール・ニスモGT-R            片山右京/クルム 1'38.336
9  36 500  9 カストロール・トムス・スープラ      関谷/土屋武士   1'38.690
10  12 500 10 カルソニックスカイライン            星野/本山       1'38.841
11   1 500 11 ロックタイト・ゼクセルGT-R          コマス/影山正美 1'38.894
12  32 500 12 cdma Oneセルモスープラ              木下/近藤       1'39.106
13  25 500 13 エンドレスアドバンスープラ          木下/織戸       1'39.840
14  35 500 14 マツモトキヨシ・トムススープラ      山路/ラファネル 1'39.890
15  39 500 15 デンソーサードスープラGT            影山/ファーマン 1'40.725
16  30 500 16 綜警 McLarenGTR                     岡田/松田       1'40.841
17  21 500 17 ZEROマクラーレンGTR                 一ツ山康/中谷   1'41.276
18   3 500 18 ユニシア・ザナヴィスカイライン      長谷見/田中     1'41.607
19 910 300  1 ナインテンウェディングアドバンポルシェ 余郷/和田    1'42.459
20  24 300  2 986ボクスター                       西澤/アピチェラ 1'42.507
21  26 300  3 シェルタイサンアドバンGT3R          松田/福山       1'42.999
22  88 500 19 ノマドディアブロGT-1                古谷/高橋毅     1'43.069
23  19 300  4 ウェッズスポーツセリカ              脇阪薫一/原     1'43.335
24   7 300  5 RE雨宮マツモトキヨシRX7             山野/松本       1'43.945
25  31 300  6 スーパーオートバックスアペックスMR-S 新田/高木      1'44.017
26  81 300  7 ダイシンADVANシルビア               大八木/青木     1'44.535
27  20 300  8 ネッツアペックススピリットMR-S      松永/佐藤久実   1'45.663
28  77 300  9 クスコスバルインプレッサ            小林/谷川       1'45.976
29  86 300 10 BP・KRAFT・トレノ                   田中/松田       1'46.334
30  71 300 11 シグマテック911                     城内/竹内       1'46.447
31  51 300 12 C-WESTオートスタッフADVANシルビア   袖山/尾本       1'47.817
32  70 300 13 外車の外国屋アドバンポルシェ        石橋/小宮       1'48.019
33  11 300 14 アビリティ・マリオポルシェ          木下/桧井       1'48.775
34  37 500 20 カストロール・トムス・スープラ       荒/鈴木利男     1'52.403
28 300    RDタイサンBPGT3R                    須賀/柴原       計測できず
55 300    DUPLEXタイサンADバイパー            山田/田崎       出走せず
--------------------------------------------------------------------------
** FMOTOR4F SysOp 北島滋穂(sdi00685@nifty.com) **

検索