Archives

  • [—]2017 (113)
  • [+]2016 (639)
  • [+]2015 (714)
  • [+]2014 (655)
  • [+]2013 (623)
  • [+]2012 (621)
  • [+]2011 (484)
  • [+]2010 (554)
  • [+]2009 (522)
  • [+]2008 (467)
  • [+]2007 (596)
  • [+]2006 (530)
  • [+]2005 (460)
  • [+]2004 (304)
  • [+]2003 (454)
  • [+]2002 (454)
  • [+]2001 (217)
  • [+]2000 (408)
  • [+]1999 (376)
  • [+]1998 (465)
  • [+]1997 (424)
  • [+]1996 (1)
  • [+]1995 (425)
  • [+]1994 (411)
  • [+]1993 (423)
  • [+]1992 (519)
  • [+]1991 (423)
  • [+]1990 (250)
  • [+]1970 (1)

ニュース内検索

1999年7月

Formula Nippon

FPON-Rd6:F・ニッポン菅生予選1回目結果

フォーミュラ・ニッポン第6戦 -RIJ- (1999-07-31) 1st Qualifying-Session
For All Japan Formula Nippon Champ. Rd.6 スポーツランド菅生(JPN) : 3.704km
P  No.Driver----------- Car------------------- Best-LapT -Behind -km/h--
1  64 T.コロネル  (HOL) Reynard 99L/Mugen       1'12.062         185.053
2   1 本山   哲   (JPN) Reynard 99L/Mugen       1'12.089   0.027 184.984
3  18 黒澤 琢弥   (JPN) Reynard 99L/Mugen       1'12.315   0.253 184.406
4  56 脇阪 寿一   (JPN) Reynard 99L/Mugen       1'12.323   0.261 184.386
5   6 M.クルム  (GER) Reynard 99L/Mugen       1'12.362   0.300 184.286
6   9 R.ファーマン(GBR) G-Force GF03/Mugen      1'12.633   0.571 183.599
7  62 P.ダンブレック(GB)Reynard 99L/Mugen       1'12.788   0.726 183.208
8  17 D.シュワガー(GER) Reynard 99L/Mugen       1'12.805   0.743 183.165
9  65 光貞 秀俊  (JPN) Reynard 99L/Mugen       1'12.876   0.814 182.986
10  11 立川 祐路   (JPN) Reynard 99L/Mugen       1'12.899   0.837 182.929
11  12 飯田   章   (JPN) Reynard 99L/Mugen       1'12.931   0.869 182.848
12   5 田中 哲也   (JPN) Reynard 99L/Mugen       1'12.656   0.594 183.541
13  19 影山 正美   (JPN) Reynard 99L/Mugen       1'13.165   1.103 182.264
14  10 加藤 寛規  (JPN) G-Force GF03/Mugen      1'13.168   1.106 182.256
15  55 金石 勝智   (JPN) Reynard 99L/Mugen       1'13.321   1.259 181.876
16   2 山西 康司   (JPN) Reynard 99L/Mugen       1'13.407   1.345 181.663
17   3 川本   篤   (JPN) Reynard 99L/Mugen       1'13.658   1.596 181.044
18  15 影山 正彦   (JPN) Lola B99-51/Mugen       1'13.711   1.649 180.914
19  20 野田 英樹   (JPN) Reynard 99L/Mugen       1'13.847   1.785 180.580
20  14 道上   龍   (JPN) Lola B99-51/Mugen       1'14.068   2.006 180.042
21  63 柴原 眞介   (JPN) Lola B99-51/Mugen       1'15.228   3.166 177.265
22  68 R.デルフラー(ARG) Lola B99-51/Mugen       1'15.235   3.173 177.249
-------------------------- DNQ (107%:1'17.206)---------------------------
23  36 玉中 哲二   (JPN) Reynard 99L/Mugen       1'17.286   5.224 172.545
*************************************************************************
* 全車2回目のセッションが1回目を上回った
           提供:竹下 恵一郎(JCG00146)/菅生
         * FMOTOR4_SysOp 新倉芳夫 (SDI00686)-RIJ *

Formula Nippon

FN Rd.6 SUGO 予選2回目

 SUGOでのフォーミュラニッポンの2回目の公式予選が、約1時間のイ
ンターバルの後、午後3時35分から開始された。
 開始5分後に、#18 黒澤琢弥が13秒695でこれまでの3番手のタイム
を更新。開始14分後に#65光貞が13秒438とこれまでのトップタイムを
更新すれば、すぐさま#1 本山も13秒317と逆転。
 午後4時を過ぎ、残り10分となった段階では、#6 ミハエル クルムの
12秒997がトップ。#65 光貞が13秒273で2番手、#1 本山が13秒317
となっていた。
 残り7分、#64 トム コロネルが12秒630と更新し、#6 クルムと2台が
12秒台という状況だった。その1分後、#18 黒澤が12秒593をマークすれ
ば、残り5分で#64 トムも12秒062の驚異的なラップを刻む。残り3分、
#1 本山が2番手の12秒089をマークするが、直後にSPコーナーでスピン。
チェッカーのラップに#62 ピーターダンブレックが12秒788で7位に食い
込んだ。
-----------------------------------------------------------------
暫定予選結果トップ10
#64 トムコロネル      1'12.062
#1  本山哲          1'12.089
#18 黒澤琢弥              1'12.315
#56 脇坂寿一              1'12.323
#6  ミハエル クルム       1'12.362
#9  ラルフ ファーマン     1'12.633
#62 ピーターダンブレック  1'12.788
#17 ドミニク シュワガー   1'12.805
#65 光貞秀俊              1'12.876
#11 立川祐路              1'12.899
----------------------------------------------------------------------------
---
JCG00146@nifty.ne.jp
竹下 恵一郎

Japanese F3

JF3-Rd7:菅生F3予選結果

全日本F3選手権第7戦 菅生 -RIJ- (1998-07-31) Qualifying-Session
For 1998 All Japan F3 Championship Rd.7 スポーツランド菅生(JPN) : 3.704km
P No. Driver------------ Car-------------------- Best-LapT -Behind -km/h-
1  77 伊藤 大輔    (JPN) Dallara F399/Mugen      1'20.264         166.143
2   3 S.フィリップ (   ) Dallara F399/Toyota     1'20.289   0.025 166.092
3  55 金石 年弘    (JPN) Dallara F399/Mugen      1'20.382   0.118 165.899
4   1 D.マニング  (GBR) Dallara F399/Toyota     1'20.416   0.152 165.829
5   9 谷川 達也    (JPN) Dallara F399/Toyota     1'20.479   0.215 165.699
6  17 黒沢 治樹    (JPN) Dallara F399/Honda      1'20.532   0.268 165.590
7  64 松田 次生    (JPN) Dallara F399/Mugen      1'20.689   0.425 165.268
8   2 W.エプラヒム (BRA) Dallara F399/Honda      1'20.724   0.460 165.196
9  87 M.メディア-ニ(ITA) Dallara F399/HKS        1'21.040   0.776 164.552
10  15 R.ヴィルタネン(FIN)Dallara F399/Toyota     1'21.076   0.812 164.479
11   7 荒   聖治    (JPN) Dallara F399/Toyota     1'21.122   0.858 164.386
12   8 井上 智之    (JPN) Dallara F399/Toyota     1'21.196   0.932 164.236
13  16 五味 康隆    (JPN) Dallara F399/Toyota     1'21.347   1.083 163.931
14  71 内山 清史    (JPN) Dallara F399/Toyota     1'22.032   1.768 162.562
15  18 密山 祥吾    (JPN) Dallara F399/HKS        1'22.504   2.240 161.632
16   5 滑川   健    (JPN) Dallara F397/Toyota     1'23.049   2.785 160.572
**************************************************************************
           提供:竹下 恵一郎(JCG00146)/菅生
         * FMOTOR4_SysOp 新倉芳夫 (SDI00686)-RIJ *

Formula Nippon

FPON-Rd6:F・ニッポン菅生予選1回目結果

フォーミュラ・ニッポン第6戦 -RIJ- (1999-07-31) 1st Qualifying-Session
For All Japan Formula Nippon Champ. Rd.6 スポーツランド菅生(JPN) : 3.704km
P  No.Driver----------- Car------------------- Best-LapT -Behind -km/h--
1   1 本山   哲   (JPN) Reynard 99L/Mugen       1'13.450         181.556
2  64 T.コロネル  (HOL) Reynard 99L/Mugen       1'13.453   0.003 181.549
3  65 光貞 秀俊  (JPN) Reynard 99L/Mugen       1'13.762   0.312 180.789
4   6 M.クルム  (GER) Reynard 99L/Mugen       1'13.824   0.374 180.637
5  56 脇阪 寿一   (JPN) Reynard 99L/Mugen       1'13.841   0.391 180.595
6  12 飯田   章   (JPN) Reynard 99L/Mugen       1'14.008   0.558 180.188
7  18 黒澤 琢弥   (JPN) Reynard 99L/Mugen       1'14.018   0.568 180.163
8   2 山西 康司   (JPN) Reynard 99L/Mugen       1'14.083   0.633 180.005
9  11 立川 祐路   (JPN) Reynard 99L/Mugen       1'14.339   0.889 179.385
10  55 金石 勝智   (JPN) Reynard 99L/Mugen       1'14.369   0.919 179.313
11  62 P.ダンブレック(GB)Reynard 99L/Mugen       1'14.402   0.952 179.233
12   9 R.ファーマン(GBR) G-Force GF03/Mugen      1'14.414   0.964 179.204
13  19 影山 正美   (JPN) Reynard 99L/Mugen       1'14.472   1.022 179.065
14   5 田中 哲也   (JPN) Reynard 99L/Mugen       1'14.480   1.030 179.046
15  17 D.シュワガー(GER) Reynard 99L/Mugen       1'14.570   1.120 178.830
16  10 加藤 寛規  (JPN) G-Force GF03/Mugen      1'14.702   1.252 178.514
17   3 川本   篤   (JPN) Reynard 99L/Mugen       1'14.714   1.264 178.485
18  20 野田 英樹   (JPN) Reynard 99L/Mugen       1'14.873   1.423 178.106
19  15 影山 正彦   (JPN) Lola B99-51/Mugen       1'15.618   2.168 176.351
20  14 道上   龍   (JPN) Lola B99-51/Mugen       1'15.640   2.190 176.300
21  68 R.デルフラー(ARG) Lola B99-51/Mugen       1'16.677   3.227 173.916
22  63 柴原 眞介   (JPN) Lola B99-51/Mugen       1'17.151   3.701 172.847
23  36 玉中 哲二   (JPN) Reynard 99L/Mugen       1'18.450   5.000 169.985
*************************************************************************
           提供:竹下 恵一郎(JCG00146)/菅生
         * FMOTOR4_SysOp 新倉芳夫 (SDI00686)-RIJ *

Formula Nippon

FN Rd6 SUGO 予選1回目速報

 真夏の日差しが降り注ぐ、暑いSUGOでフォーミュラニッポンの1回目
の公式予選が午後1時40分から開始された。
 開始10分後では、#64 トムコロネルが1分14秒591をマーク。その
直後、#18 黒澤琢弥がアタック1周目で14秒480を出す。
 この段階では、#18-#64-#9 ラルフファーマン-#56 脇坂寿一-#65 光貞
秀俊-#12飯田章のトップ6。
 そして、22分後に#18 黒澤が14秒354まで上げてきた。
 だが、その2分後、午前中の公式練習で13秒183のトップタイムを出
している#1 本山哲が13秒907とアタック1周目であっさり13秒台のト
ップタイムを更新する。
 14時を過ぎて、#64トムコロネルが13秒709を、さらに14:08には13
秒453をマーク。その直後#65 光貞が13秒765でPIAAの1,2体制に。
 残り10分となった14:15には#1 本山が13秒657で2番手に割って入
り、残り3分で13秒477へタイムアップ。ラストラップに#1 本山が13
秒450をマークし、このセッションのトップタイムを叩き出した。
-----------------------------------------------------------------
暫定予選結果トップ10
#1  本山哲      1'13.450
#64 トムコロネル    1'13.453
#65 光貞秀俊          1'13.762
#6  ミハエル クルム   1'13.824
#56 脇坂寿一          1'13.841
#12 飯田章            1'14.008
#18 黒澤琢弥          1'14.018
#2  山西康司          1'14.083
#11 立川祐路          1'14.339
#55 金石勝智          1'14.369
----------------------------------------------------------------------------
---
JCG00146@nifty.ne.jp
竹下 恵一郎

Formula Nippon

FPON-Rd6:F・ニッポン菅生フリー走行結果

フォーミュラ・ニッポン第6戦 -RIJ- (1999-07-31) Free Practice-Session
For All Japan Formula Nippon Champ. Rd.6 スポーツランド菅生(JPN) : 3.704km
P No. Driver----------- Car------------------- Best-LapT -Behind -km/h--
1   1 本山   哲   (JPN) Reynard 99L/Mugen       1'13.183         182.219
2  64 T.コロネル   (NL) Reynard 99L/Mugen       1'13.432   0.249 181.601
3   6 M.クルム  (GER) Reynard 99L/Mugen       1'13.598   0.415 181.191
4  62 P.ダンブレック(GB)Reynard 99L/Mugen       1'13.612   0.429 181.157
5  18 黒澤 琢弥   (JPN) Reynard 99L/Mugen       1'13.714   0.531 180.906
6   2 山西 康司   (JPN) Reynard 99L/Mugen       1'13.823   0.640 180.639
7   9 R.ファーマン (GB) G-Force GF03/Mugen      1'13.952   0.769 180.324
8  56 脇阪 寿一   (JPN) Reynard 99L/Mugen       1'14.026   0.843 180.144
9  55 金石 勝智   (JPN) Reynard 99L/Mugen       1'14.154   0.971 179.833
10  12 飯田   章   (JPN) Reynard 99L/Mugen       1'14.375   1.192 179.298
11  19 影山 正美   (JPN) Reynard 99L/Mugen       1'14.381   1.198 179.284
12  17 D.シュワガー(GER) Reynard 99L/Mugen       1'14.402   1.219 179.233
13  65 光貞 秀俊  (JPN) Reynard 99L/Mugen       1'14.426   1.243 179.176
14   5 田中 哲也   (JPN) Reynard 99L/Mugen       1'14.441   1.258 179.139
15  11 立川 祐路   (JPN) Reynard 99L/Mugen       1'14.564   1.381 178.844
16  20 野田 英樹   (JPN) Reynard 99L/Mugen       1'14.567   1.384 178.837
17  10 加藤 寛規  (JPN) G-Force GF03/Mugen      1'14.666   1.483 178.600
18   3 川本   篤   (JPN) Reynard 99L/Mugen       1'14.742   1.559 178.418
19  14 道上   龍   (JPN) Lola B99-51/Mugen       1'14.846   1.663 178.170
20  15 影山 正彦   (JPN) Lola B99-51/Mugen       1'15.552   2.369 176.505
21  68 R.デルフラー(ARG) Lola B99-51/Mugen       1'16.496   3.313 174.327
22  63 柴原 眞介   (JPN) Lola B99-51/Mugen       1'16.583   3.400 174.129
23  36 玉中 哲二   (JPN) Reynard 99L/Mugen       1'18.030   4.847 170.900
*************************************************************************
           提供:竹下 恵一郎(JCG00146)/菅生
         * FMOTOR4_SysOp 新倉芳夫 (SDI00686)-RIJ *

Formula Nippon

FN_Rd.6:近藤真彦選手は今回も欠場

■Fニッポン第6戦SUGO直前情報
●エントリー変更
 エントリーしていたカーナンバー32 近藤真彦(MIRAI)は今回も不参加。これ
により第6戦は13チーム23台で争われることになった。
 近藤選手は、序盤ローラで苦しい戦いを強いられた後、第4戦から欠場が続
いている。
情報提供:株式会社日本レースプロモーション(JRP)
*** FMOTOR4F SysOp 北島滋穂(SDI00685)***

Formula Nippon

FN_Rd.6:FポンSUGOエントリーリスト

 8月1日に決勝が行われるFニッポン第6戦(SUGO)のエントリーリストが
発表された。
 注目&変更点は、
 ・5ZIGEN #5号車には田中哲也が前回に続きエントリー
 ・TAKAGI B-1 #36号車(玉中車)は、ローラからレイナードにスイッチ
 ・ARTA #55&56号車(金石、脇阪車)も、ローラからレイナードにスイッチ
 ・LEYJUN #63号車はOSAMUに代わり柴原眞介がエントリー(マシンはローラ)
 ・少数派となったローラで踏ん張るSPEEDMASTER MOONCRAFTが、スペシャ
  ルカウルを投入
 なお、車両の変更などに伴い、いくつかのチームが下記のとおりテスト走行
を行う。
7月27日(火) 10:00~11:00/13:00~15:00 ツインリンクもてぎ
参加チーム:ARTA
7月29日(木)  8:00~ 9:00/12:00~13:00 ツインリンクもてぎ
参加チーム:UNLIMITED Le Mans,COSMO OIL CERUMO,SPEEDMASTER MOONCRAFT,
TAKAGI B-1
8月 2日(月) 13:00~14:00/16:00~17:00 富士スピードウェイ
参加チーム:SHIONOGI NOVA
****1999年全日本選手権フォーミュラ・ニッポン第6戦エントリーリスト****
チーム                  ドライバー        車両
------------------------------------------------------------------------
UNLIMITED Le Mans        1 本山 哲       レイナード99L/無限MF308(東名)
2 山西康司       レイナード99L/無限MF308(東名)
------------------------------------------------------------------------
ASAHI KIKO               3 川本 篤       レイナード99L/無限MF308(尾川)
------------------------------------------------------------------------
5ZIGEN                   5 田中哲也       レイナード99L/無限MF308(尾川)
6 M.クルム       レイナード99L/無限MF308(尾川)
------------------------------------------------------------------------
SHIONOGI NOVA            9 R.ファーマン   GフォースGF03/無限MF308(尾川)
10 加藤寛規       GフォースGF03/無限MF308(尾川)
------------------------------------------------------------------------
COSMO OIL CERUMO        11 立川祐路       レイナード99L/無限MF308(尾川)
12 飯田 章       レイナード99L/無限MF308(尾川)
------------------------------------------------------------------------
SPEEDMASTER MOONCRAFT   14 道上 龍       ローラB99-51 /無限MF308(無限)
15 影山正彦       ローラB99-51 /無限MF308(無限)
------------------------------------------------------------------------
TMS                     17 D.シュワガー   レイナード99L/無限MF308(東名)
18 黒澤琢弥       レイナード99L/無限MF308(東名)
------------------------------------------------------------------------
BE BRIDES IMPUL         19 影山正美       レイナード99L/無限MF308(東名)
20 野田英樹       レイナード99L/無限MF308(東名)
------------------------------------------------------------------------
MIRAI                   32 近藤真彦       ローラB99-51 /無限MF308(東名)
------------------------------------------------------------------------
TAKAGI B-1              36 玉中哲二       レイナード99L/無限MF308(シエラ)
------------------------------------------------------------------------
ARTA                    55 金石勝智       レイナード99L/無限MF308(松浦)
56 脇阪寿一       レイナード99L/無限MF308(松浦)
------------------------------------------------------------------------
LEYJUN                  62 P.ダンブレック レイナード99L/無限MF308(シエラ)
63 柴原眞介       ローラB99-51 /無限MF308(シエラ)
------------------------------------------------------------------------
PIAA NAKAJIMA           64 T.コロネル     レイナード99L/無限MF308(尾川)
65 光貞秀俊       レイナード99L/無限MF308(尾川)
------------------------------------------------------------------------
DoCoMo DANDELION        68 R. デルフラー  ローラB99-51 /無限MF308(東名)
----------------------------------------------------------------------- 
情報提供:株式会社日本レースプロモーション(JRP)
*** FMOTOR4F SysOp 北島滋穂(SDI00685)***

スーパー耐久

ENDU-Rd.5:十勝24時間レース結果

十勝24時間レース -RIJ- (1999-07-18) Provisional Race-Results
For 1999 Tokachi 24h Race 十勝スピードウェイ : 5.001km
P  No.Cl. Car------------------------------------ Lap --- Time--- -km/h--
1  32 C-1 日産プリンス千葉GTRファルケン           59124:00'45.829 125.521
2  88 GT  コラポレーションドナーグ                586   -   5Laps        
3   8 C-1 ダイシンアドバンGTR                  582   -   9Laps        
4 128 GT  MTCIポルシェGT-II              579   -  12Laps       
5  33 C-3 BPビスコガンマRX-7                576   -  15Laps       
6  87 C-4 FALKEN★パルサー                  567   -  24Laps       
7  77 C-4 ギャザズ・ドライダー・シビック          565   -  26Laps       
8   7 C-3 アルゴ プレリュード                    563   -  28Laps       
9  39 N   ウエスティン INTEGRA            562   -  29Laps       
10  28 N   道新スポーツ CWEST WAKO’S    560   -  31Laps       
11  25 N   ADVAN ALTEZZA              553   -  38Laps       
12  10 C-1 エンドレス アドバン GTR            546   -  45Laps       
13  73 C-4 ミヤカワタカネEK-9                  546   -  45Laps       
14  22 N   BP ADVAN INTEGRA        540   -  51Laps       
15   3 GT  PCJ日本ポルシェクラブ関西            524   -  67Laps       
16  20 C-2 RSオガワADVANランサー            519   -  72Laps       
17  67 C-4 S.B.寿アドバン安井レビン            514   -  77Laps       
18  38 N   エスペリア・ジアラ・アルテッツ          514   -  77Laps       
19   1 C-1 日産アルティアGT-R                  503   -  88Laps       
20  27 C-2 WAKO’S BMW M3              493   -  98Laps       
21  98 C-4 アウトプットRCシビック                493   -  98Laps       
22  72 C-4 かちまいSAT・DENシビック          462   - 129Laps      
------------------------------ DNF --------------------------------------
52 C-4 5ZIGEN CIVIC                551   -  40Laps       
24 N   スプーンインテグラ タイプR            541   -  50Laps       
23 C-1 プリンス東京フジツボ・GT-R          201   - 390Laps      
2 GT  ドリーム28アメリカンレーシング        139   - 452Laps      
**************************************************************************
* Fastest Lap : #128  2'13.672 (137.35km/h) On 310/579 Lap
           提供:竹下 恵一郎(JCG00146)/十勝
         * FMOTOR4_SysOp 新倉芳夫 (SDI00686)-RIJ *

スーパー耐久

十勝24時間レース暫定決勝結果(速報)

十勝24時間レース暫定結果速報
十勝24時間レース -RIJ- (1999-07-18) 24h/24h Provisional Results
For 1999 Tokachi 24h Race 十勝スピードウェイ : 5.001km
P  No.Cl. Car------------------------------------ Lap --- Time---
1  32 C-1 日産プリンス千葉GTRファルケン           591 24:00'45.829 
2  88 GT  コラポレーションドナーゲ                586   -   5Laps        
3   8 C-1 ダイシンアドバンGTR                  582   -   9Laps       
4 128 GT  MTCIポルシェGT-II              579   -  12Laps  
5  33 C-3 BPビスコガンマRX-7                576   -  15Laps       
6  87 C-4 FALKEN★パルサー                  567   -  24Laps       
7  77 C-4 ギャザズ・ドライダー・シビック          565   -  26Laps          
8   7 C-3 アルゴ プレリュード                    563   -  28Laps       
9  39 N   ウエスティン INTEGRA            560   -  29Laps       
10  28 N   道新スポーツ CWEST WAKO’S    558   -  31Laps       
11  25 N   ADVAN ALTEZZA              553   -  38Laps       
                ・
                ・ 
                ・
竹下 恵一郎(JCG00146)@十勝
正式結果は後ほど掲載される予定です

スーパー耐久

十勝24H 決勝速報

「総合優勝は、竹内、田中、近藤組のプリンス千葉」
 第6回、十勝24時間レースは、いよいよ感動のゴールを迎えた。
 残り1時間を切って14:25頃#24 スプーンインテグラがクラッチトラブル
でストップ。残り17分では#52 5ZIGENが白煙を上げて、ピットイン。
 残り15分、トップを快走する#32プリンス千葉は、田中哲也から近藤真彦
に最後のドライバ-交替を行う。
 ストレートでライトをパッシングし各車ファイナルラップへ。#32近藤が
右手を大きく回してチェッカーを受けた。
 総合2位は5周遅れで#88ポルシェがGTクラス優勝、3番手はさらに3
ラップ遅れで#8ダイシン。4番手にはさらに4周遅れの#128 ポルシェ。
以下、5番手に3周遅れでクラス3トップの#33 RX-7。ここから9周
遅れの6番手はクラス4トップの#87FALKENパルサー、7番手は#77
ギャザズ、8番手には#7 アルゴプレリュード。9位は#39 ウエスティン 
INTEGRA。10位に#28 道新スポーツ CWEST.WAKO‘Sが
入った。11位には#25 ADVAN ALTEZZAとなっている。
JCG00146 竹下 恵一郎@十勝

スーパー耐久

十勝24H 23時間経過

 チェッカーまで残り1時間となった午後2時。どんよりとした曇り空はか
わらないが、幸い雨の心配はなさそうだ。長い最後の1時間がはじまる。
 トップは相変わらず安定した走行をしている#32プリンス千葉が強さを見
せ、7周遅れで#88ポルシェ、3番手はさらに3ラップ後方の#8ダイシン。4
番手にはさらに5周遅れの#128 ポルシェ。以下、5番手に#33 RX-7。6
番手は#87 クラス4トップのFALKENパルサー、7番手は#77 ギャザズ
とクラス4の1,2争いが続いている。8番手にはNクラスのトップ、#39
ウエスティン INTEGRA。#7 アルゴプレリュードがクラス2位の9位。
#28 道新スポーツが10番手、11位は#52 5ZIGEN CIVIC、12位に
#24 スプーンインテグラ、13位は#25 ADVAN ALTEZZA、14位に
#73 ミヤカワタカネEK-9、15位は#10エンドレスとなっている。
 残りわずかな時間だが、トラブルが怖い時間でもある。
JCG00146 竹下 恵一郎@十勝

スーパー耐久

十勝24H 22時間経過

 いよいよチェッカーまで残り2時間となった、午後1時。どんよりとした
曇り空の中、各車は最後の力走をみせる。
 トップは543周を走破している#32プリンス千葉が圧倒的な強さを見せ、6
周遅れに居た#10エンドレスは残り3時間でタービンにトラブルが発生。長
いピット作業を強いられる。このため、2番手は6周遅れで#88ポルシェ、
3番手は#8ダイシン。4番手には#128 ポルシェが繰り上がり、#33RX-7
が5番手。6番手は#87 クラス4トップのFALKENパルサー、7番手は
#77 ギャザズとクラス4の1,2争い。8番手にはNクラスのトップ、#39
ウエスティン INTEGRA、9番手は#52 5ZIGEN CIVIC、
10番手には#7 アルゴプレリュード、11番手に#28 道新スポーツのインテグ
ラ、12番手に#10エンドレス、13番手は#24 スプーンインテグラ、14番手
は#25 ADVAN ALTEZZAとなり、15位は#20 RSオガワランサー
だ。#25 のアルテッツアもフロントハブにトラブルが出るなど、終盤を迎え
て動きが見られる。
JCG00146 竹下 恵一郎@十勝

スーパー耐久

ENDU-Rd.5:十勝24時間レース20/24時間

十勝24時間レース -RIJ- (1999-07-18) 20h/24h Provisional Results
For 1999 Tokachi 24h Race 十勝スピードウェイ : 5.001km
P  No.Cl. Car------------------------------------ Lap --- Time--- -km/h--
1  32 C-1 日産プリンス千葉GTRファルケン           44418:01'17.618 125.649
2  10 C-1 エンドレス アドバン GTR            439   -   5Laps        
3  88 GT  コラポレーションドナーグ                436   -   8Laps        
4   8 C-1 ダイシンアドバンGTR                  433   -  11Laps       
5  33 C-3 BPビスコガンマRX-7                430   -  14Laps       
6  27 C-2 WAKO’S BMW M3              430   -  14Laps       
7 128 GT  MTCIポルシェGT-II              428   -  16Laps       
8  87 C-4 FALKEN★パルサー                  425   -  19Laps       
9  39 N   ウエスティン INTEGRA            422   -  22Laps       
10   7 C-3 アルゴ プレリュード                    420   -  24Laps       
11  20 C-2 RSオガワADVANランサー            420   -  24Laps       
12  77 C-4 ギャザズ・ドライダー・シビック          419   -  25Laps       
13  52 C-4 5ZIGEN CIVIC                418   -  26Laps       
14  25 N   ADVAN ALTEZZA              418   -  26Laps       
15  22 N   BP ADVAN INTEGRA        418   -  26Laps       
16  28 N   道新スポーツ CWEST WAKO’S    417   -  27Laps       
17  24 N   スプーンインテグラ タイプR            415   -  29Laps       
18  73 C-4 ミヤカワタカネEK-9                  408   -  36Laps       
19   1 C-1 日産アルティアGT-R                  398   -  46Laps       
20  67 C-4 S.B.寿アドバン安井レビン            383   -  61Laps       
21   3 GT  PCJ日本ポルシェクラブ関西            379   -  65Laps       
22  38 N   エスペリア・ジアラ・アルテッツ          371   -  73Laps       
23  98 C-4 アウトプットRCシビック                357   -  87Laps       
24  72 C-4 かちまいSAT・DENシビック          329   - 115Laps      
------------------------------- DNR -------------------------------------
23 C-1 プリンス東京フジツボ・GT-R          201   - 243Laps      
2 GT  ドリーム28アメリカンレーシング        139   - 305Laps      
*************************************************************************
           提供:竹下 恵一郎(JCG00146)/十勝
         * FMOTOR4_SysOp 新倉芳夫 (SDI00686)-RIJ *

スーパー耐久

十勝24H 20時間経過

 残り4時間となった、午前11時。コースに薄日が射して朝の16度程度
の気温からはだいぶ上昇来ているようだ。
 トップは493周を走破している#32プリンス千葉、6周遅れで#10エンド
レス、さらに3周遅れで3番手は#88ポルシェ、4番手は#8ダイシン。5番
手には#128 ポルシェがあがり、#33RX-7が6番手。7番手は#87 クラス
4トップのFALKENパルサー、8番手はNクラスのトップ、#39 ウエス
ティン INTEGRA、9番手は#20 RSオガワ、10位に#77ギャザズ・ド
ライダー・シビックというトップ10になっている。
 #27 WAKO‘S BMWは午前9時過ぎにコースアウト。マシンにダメ
ージを受け順位を落としている。
JCG00146 竹下 恵一郎@十勝

スーパー耐久

十勝24H 16時間経過速報

 残り6時間、午前9時の段階でトップは443周を走破している#32プ
リンス千葉、6周遅れで#10エンドレス、さらに2周遅れで3番手は#88
ポルシェ、4番手は#8ダイシン。5番手は#33RX-7が#27BMWをかわ
している。6番手が#27 BMW、7番手に#128  ポルシェ、8番手にはク
ラス4の#87 FALKENパルサーがクラストップにかわり、#77ギャザ
ズ・ドライダー・シビックが総合12番手でクラス2位に後退。9番手はN
クラスのトップ、#39 ウエスティン INTEGRAがつけ、10番手がク
ラス3の#7 アルゴプレリュードとなっている。
 11位は#20 RSオガワランサー、13位が#52 5ZIGEN CIVIC、
14位にトラブルの原因はセルではなくバッテリーと判明した#25ADVA
Nアルテッツアがつける。15位は、#22 ADVAN INTEGRAだ。
JCG00146 竹下 恵一郎@十勝
/EC OFF
/HA 

スーパー耐久

ENDU-Rd.5:十勝24時間レース16/24時間

十勝24時間レース -RIJ- (1999-07-18) 16h/24h Provisional Results
For 1999 Tokachi 24h Race 十勝スピードウェイ : 5.001km
P  No.Cl. Car------------------------------------ Lap --- Time--- -km/h--
1  32 C-1 日産プリンス千葉GTRファルケン           39316:00'09.023 125.249
2  10 C-1 エンドレス アドバン GTR            387   -   6Laps        
3  88 GT  コラポレーションドナーグ                387   -   6Laps        
4   8 C-1 ダイシンアドバンGTR                  381   -  12Laps       
5  27 C-2 WAKO’S BMW M3              381   -  12Laps       
6  33 C-3 BPビスコガンマRX-7                380   -  13Laps       
7 128 GT  MTCIポルシェGT-II              379   -  14Laps       
8  77 C-4 ギャザズ・ドライダー・シビック          377   -  16Laps       
9  87 C-4 FALKEN★パルサー                  376   -  17Laps       
10  39 N   ウエスティン INTEGRA            374   -  19Laps       
11   7 C-3 アルゴ プレリュード                    374   -  19Laps       
12  20 C-2 RSオガワADVANランサー            371   -  22Laps       
13  52 C-4 5ZIGEN CIVIC                370   -  23Laps       
14  22 N   BP ADVAN INTEGRA        370   -  23Laps       
15  28 N   道新スポーツ CWEST WAKO’S    368   -  25Laps       
16  25 N   ADVAN ALTEZZA              368   -  25Laps       
17  24 N   スプーンインテグラ タイプR            366   -  27Laps       
18   3 GT  PCJ日本ポルシェクラブ関西            365   -  28Laps       
19  73 C-4 ミヤカワタカネEK-9                  359   -  34Laps       
20  67 C-4 S.B.寿アドバン安井レビン            349   -  44Laps       
21   1 C-1 日産アルティアGT-R                  348   -  45Laps       
22  98 C-4 アウトプットRCシビック                332   -  61Laps       
23  38 N   エスペリア・ジアラ・アルテッツ          323   -  70Laps       
24  72 C-4 かちまいSAT・DENシビック          283   - 110Laps      
----------------------------- DNR ---------------------------------------
23 C-1 プリンス東京フジツボ・GT-R          201   - 192Laps      
2 GT  ドリーム28アメリカンレーシング        139   - 254Laps      
**************************************************************************
           提供:竹下 恵一郎(JCG00146)/十勝
         * FMOTOR4_SysOp 新倉芳夫 (SDI00686)-RIJ *

スーパー耐久

ENDU-Rd.5:十勝24時間レース12/24時間

十勝24時間レース -RIJ- (1999-07-17) 12h/24h Provisional Results
For 1999 Tokachi 24h Race 十勝スピードウェイ : 5.001km
P  No.Cl. Car------------------------------------ Lap --- Time--- -km/h--
1  32 C-1 日産プリンス千葉GTRファルケン           29512:00'40.401 125.258
2  10 C-1 エンドレス アドバン GTR            294   -    1Lap         
3   1 C-1 日産アルティアGT-R                  290   -    5Laps        
4  88 GT  コラポレーションドナーグ                286   -    9Laps        
5  33 C-3 BPビスコガンマRX-7                284   -   11Laps       
6   3 GT  PCJ日本ポルシェクラブ関西            284   -   11Laps       
7  27 C-2 WAKO’S BMW M3              284   -   11Laps       
8  20 C-2 RSオガワADVANランサー            283   -   12Laps       
9   8 C-1 ダイシンアドバンGTR                  281   -   14Laps       
10  77 C-4 ギャザズ・ドライダー・シビック          281   -   14Laps       
11  87 C-4 FALKEN★パルサー                  281   -   14Laps       
12 128 GT  MTCIポルシェGT-II              279   -   16Laps       
13  39 N   ウエスティン INTEGRA            279   -   16Laps       
14   7 C-3 アルゴ プレリュード                    277   -   18Laps       
15  52 C-4 5ZIGEN CIVIC                275   -   20Laps       
16  22 N   BP ADVAN INTEGRA        275   -   20Laps       
17  28 N   道新スポーツ CWEST WAKO’S    273   -   22Laps       
18  25 N   ADVAN ALTEZZA              272   -   23Laps       
19  24 N   スプーンインテグラ タイプR            272   -   23Laps       
20  73 C-4 ミヤカワタカネEK-9                  268   -   27Laps       
21  67 C-4 S.B.寿アドバン安井レビン            261   -   34Laps       
22  98 C-4 アウトプットRCシビック                258   -   37Laps       
23  38 N   エスペリア・ジアラ・アルテッツ          246   -   49Laps       
24  72 C-4 かちまいSAT・DENシビック          222   -   73Laps       
-------------------------------- DNR -------------------------------------
23 C-1 プリンス東京フジツボ・GT-R          201   -   20Laps       
2 GT  ドリーム28アメリカンレーシング        139   -   82Laps       
*************************************************************************
           提供:竹下 恵一郎(JCG00146)/十勝
         * FMOTOR4_SysOp 新倉芳夫 (SDI00686)-RIJ *

スーパー耐久

ENDU-Rd.5:十勝24時間レース 9/24時間

十勝24時間レース -RIJ- (1999-07-17) 9h/24h Provisional Results
For 1999 Tokachi 24h Race 十勝スピードウェイ : 5.001km
P  No.Cl. Car------------------------------------ Lap --- Time--- -km/h--
1  32 C-1 日産プリンス千葉GTRファルケン           221 9:00'28.075 125.125
2  10 C-1 エンドレス アドバン GTR            221   -2'14.700 124.607
3   1 C-1 日産アルティアGT-R                  217   -   4Laps        
4  33 C-3 BPビスコガンマRX-7                214   -   7Laps        
5  27 C-2 WAKO’S BMW M3              213   -   8Laps        
6  88 GT  コラポレーションドナーグ                213   -   8Laps        
7  20 C-2 RSオガワADVANランサー            212   -   9Laps        
8   3 GT  PCJ日本ポルシェクラブ関西            212   -   9Laps        
9  25 N   ADVAN ALTEZZA              211   -  10Laps       
10  77 C-4 ギャザズ・ドライダー・シビック          211   -  10Laps       
11   7 C-3 アルゴ プレリュード                    210   -  11Laps       
12  87 C-4 FALKEN★パルサー                  210   -  11Laps       
13   8 C-1 ダイシンアドバンGTR                  209   -  12Laps       
14  39 N   ウエスティン INTEGRA            209   -  12Laps       
15 128 GT  MTCIポルシェGT-II              208   -  13Laps       
16  52 C-4 5ZIGEN CIVIC                205   -  16Laps       
17  38 N   エスペリア・ジアラ・アルテッツ          205   -  16Laps       
18  28 N   道新スポーツ CWEST WAKO’S    204   -  17Laps       
19  22 N   BP ADVAN INTEGRA        204   -  17Laps       
20  24 N   スプーンインテグラ タイプR            202   -  19Laps       
21  73 C-4 ミヤカワタカネEK-9                  202   -  19Laps       
22  98 C-4 アウトプットRCシビック                195   -  26Laps       
23  67 C-4 S.B.寿アドバン安井レビン            195   -  26Laps       
24  72 C-4 かちまいSAT・DENシビック          174   -  47Laps       
-------------------------------- DNR ------------------------------------
23 C-1 プリンス東京フジツボ・GT-R          201   -  20Laps       
2 GT  ドリーム28アメリカンレーシング        139   -  82Laps       
*************************************************************************
           提供:竹下 恵一郎(JCG00146)/十勝
         * FMOTOR4_SysOp 新倉芳夫 (SDI00686)-RIJ *

スーパー耐久

十勝24H 16時間経過

 深夜、11時を過ぎて#23プリンス東京がアコンコーナーで出火。201
周でレースを終え、#2ドリーム28のNSXに続いて2台目のリタイヤ
となってしまった。
 午前3時の12時間経過時点では、#32プリンス千葉、#10エンドレ
ス、#1アルティア、#88ポルシェ、#33RX-7、#3ポルシェのトップ6。
 日の出は、またしても霧の中となってしまい、乳白色の風景を切り
裂いて残りの3分の1を各マシンは力走する。
 残り8時間、午前7時の段階でトップは#32プリンス千葉、6周遅れ
で#10エンドレス、3番手は#88ポルシェ、4番手は#8ダイシンがここ
まで復帰。5番手は#27BMW、6番手に#33 RX-7、7番手に#128
ポルシェ、8番手にはクラス4の#77ギャザズ・ドライダー・シビックが
浮上。9位にもクラス4の#87 FALKENパルサー、10位にはNクラ
スのトップ、#39 ウエスティン INTEGRAがつけている。
 クラス1の#1 アルティアはミッション、クラスNの#25アルテッツアも
セルモーターのトラブルで大きく順位を落とした。
JCG00146 竹下 恵一郎@十勝

スーパー耐久

十勝24H 8時間経過速報

 午後10時、予定通りに花火大会も終了し、レースも8時間、3分の
1を経過した。この時点での経過は、トップは#32 プリンス千葉が再
度奪い返し、47秒差で#10エンドレス。2周遅れで#23プリンス東京、
#1アルティアとトップ4はGTR勢だ。5周遅れの、#33BPビスコ
ガンマRX-7が総合5番手、#88 コラボレーションドナーゲが6番
手でGTクラストップ。7位はクラス3の#7 アルゴプレリュードが浮
上。8位は#27 BMW、9位に#3PCJポルシェ、#25ADVAN A
LTEZZAのトップ10となっている。
 昼間には30度まで上がった気温も、夜間は肌寒いほどまで下がり、
各チームともピットストップのタイミングに余裕が出てきたようだ。
 日の出は4:04の予定。
JCG00146 竹下 恵一郎@十勝
/EC OFF
/HA 

スーパー耐久

RE:十勝24H 4時間経過速報

 4時間経過の午後7時のレポートの#8ダイシンはエンジン交換作業
を強いられ、大きく後退。は誤りでした。
 ターボの冷却系のトラブルで、20分ほどの修理後、再びラップタイ
ムを回復しています。
 9時40分頃、#2NSXのストップで、2回目のペースカーランとなっ
ています。
JCG00146 竹下 恵一郎@十勝

スーパー耐久

十勝24H 6時間結果速報

 6時間経過の午後9時の時点では、トップは#10エンドレスに変わり、
#32プリンス千葉が約9秒差で2番手、1周遅れで#23プリンス東京、
以下、#1アルティア、#27 WAKO‘S BMW、#33BPビスコガン
マRX-7、#88 コラボレーションドナーゲ、#20 RSオガワランサー、
#3PCJポルシェ、#25ADVAN ALTEZZAのトップ10となっ
ている。
JCG00146 竹下 恵一郎@十勝

スーパー耐久

十勝24H 4時間経過速報

 4時間経過の午後7時の時点では、トップは#23プリンス東京に変わり、
#32プリンス千葉が約20秒差で2番手、ここから約7秒差で#10エンド
レス、以下、#1アルティア、#3PCJポルシェとなっている。#8ダイシ
ンはエンジン交換作業を強いられ、大きく後退。スタート時にペナルテ
ィでピットストップとなった#128 MTCIポルシェも、タービンのト
ラブルから大きく順位を落とした。結果的には、GTR勢がトップ4を
しめている。
 日没は午後7時。ナイトセッションに入り、#72シビックがコース上
に止まったためにペースカーランとなった。
JCG00146 竹下 恵一郎@十勝
/EC OFF
/HA 

スーパー耐久

ENDU-Rd.5:十勝24時間レース 1/24時間

十勝24時間レース -RIJ- (1999-07-17) 1h/24h Provisional Results
For 1999 Tokachi 24h Race 十勝スピードウェイ : 5.001km
P  No.Cl. Car------------------------------------ Lap --- Time--- -km/h--
1  32 C-1 日産プリンス千葉GTRファルケン            26 1:00'26.110 131.645
2  88 GT  コラポレーションドナーグ                 26   -   8.592 131.334
3 128 GT  MTCIポルシェGT-II               26   -  10.044 131.282
4  10 C-1 エンドレス アドバン GTR             26   -  21.227 130.879
5   1 C-1 日産アルティアGT-R                   26   -  24.202 130.772
6  23 C-1 プリンス東京フジツボ・GT-R           26   -  36.913 130.319
7   8 C-1 ダイシンアドバンGTR                   26   -  59.432 129.522
8   3 GT  PCJ日本ポルシェクラブ関西             26   -1'03.423 129.382
9  33 C-3 BPビスコガンマRX-7                 26   -2'15.584 126.900
10  20 C-2 RSオガワADVANランサー             25   -   1Lap         
11  27 C-2 WAKO’S BMW M3               25   -   1Lap         
12  25 N   ADVAN ALTEZZA               25   -   1Lap         
13   2 GT  ドリーム28アメリカンレーシング         25   -   1Lap         
14  77 C-4 ギャザズ・ドライダー・シビック           25   -   1Lap         
15  38 N   エスペリア・ジアラ・アルテッツ           25   -   1Lap         
16  39 N   ウエスティン INTEGRA             25   -   1Lap         
17  87 C-4 FALKEN★パルサー                   25   -   1Lap         
18  22 N   BP ADVAN INTEGRA         25   -   1Lap         
19  24 N   スプーンインテグラ タイプR             25   -   1Lap         
20   7 C-3 アルゴ プレリュード                     25   -   1Lap         
21  52 C-4 5ZIGEN CIVIC                 25   -   1Lap         
22  28 N   道新スポーツ CWEST WAKO’S     25   -   1Lap         
23  73 C-4 ミヤカワタカネEK-9                   24   -   2Laps        
24  72 C-4 かちまいSAT・DENシビック           24   -   2Laps        
25  98 C-4 アウトプットRCシビック                 23   -   3Laps        
26  67 C-4 S.B.寿アドバン安井レビン             23   -   3Laps        
**************************************************************************
* コースコンディション ドライ
           提供:竹下 恵一郎(JCG00146)/十勝
         * FMOTOR4_SysOp 新倉芳夫 (SDI00686)-RIJ *

スーパー耐久

十勝24H 2時間経過速報

 2時間経過の午後5時の時点では、#32プリンス千葉、約2秒差で#10
エンドレス、以下、#23プリンス東京、#1アルティア、#8ダイシンとG
TR勢がトップ5をしめる。6位は、#27WAKO‘S BMW M3と
クラス2のトップ。7番手はGTクラスの#3PCJポルシェ、8番手は
#33BPビスコガンマRX-7、9番手は#88コラボレーションドナーゲ。
#128は51周で長いストップを強いられている模様だ。
JCG00146 竹下 恵一郎@十勝

スーパー耐久

十勝24時間レーススタート

 朝のフリー走行から天候は回復に向かい、路面はドライコンディションとな
り、蒸し暑さを感じるほどの気温と晴天だ。1周のフォーメーションラップの
後の午後3時、十勝24時間レースのスタートが切られた。
 オープニングラップは#32日産プリンス千葉GTRファルケンの竹内浩典がト
ップで、2番手は#10エンドレスアドバンGTRの木下みつひろが続く。3番手
にはGTクラストップの#128MTCIポルシェGT-IIの中田雅久、4番手
は#23プリンス東京フジツボGTRの砂子智彦、5番手にGTクラスの#88コラ
ボレーションドナーゲの松田秀士、6番手は#1日産アルティアGT-Rの和
田久、7番手は#8ダイシンアドバンGTRの大八木信行、8番手は#3 PCJ日
本ポルシェクラブの橋村俊英、9番手はクラス2トップの#20RSオガワAD
VANランサーの細野智行、10番手はBPビスコガンマRX-7の三好正己
のオーダーとなった。
 2周目は、トップと2番手の差は3.3秒。#128MTCIが2位に浮上し、
#10エンドレスは3位、以下#23、#88、#1、#8、#3、#20、#33となった。
 7周目の時点では、トップは#128MTCIに変わり、#32との差は2.3秒。
 だが、8周目にこの#128MTCIはピットストップ。
 #32-#88-#10-#23-#1となり、#128はすぐにピットアウトし6位でコ
ースに復帰する
JCG00146 竹下 恵一郎@十勝

スーパー耐久

十勝24h夜間フリー走行結果

十勝24時間レース -RIJ- (1999-07-16) Night Free-Session
For 1999 Tokachi 24h Race 十勝インターナショナルスピードウェイ : 5.091km
P No. Cl. Car------------------------------------ Best-LapT -Behind -km/h--
1  32 C-1 日産プリンス千葉GTRファルケン            2'22.599          128.75
2   8 C-1 ダイシンアドバンGTR                   2'23.999   1.400 
3  23 C-1 プリンス東京フジツボ・GT-R            2'26.621   4.022  
4  88 GT  コラポレーションドナーゲ                 2'26.739   4.140
5  20 C-2 RSオガワADVANランサー             2'30.528   7.929 
6  25 N   ADVAN ALTEZZA               2'30.682   8.083
7  33 C-3 BPビスコガンマRX-7                 2'30.856   8.257
8  39 N   ウエスティン INTEGRA             2'32.916  10.317
9  27 C-2 WAKO’S BMW M3               2'33.235  10.636
10  77 C-4 ギャザズ・ドライダー・シビック           2'33.436  10.837
11   7 C-3 アルゴプレリュード                 2'34.198  11.599
12  52 C-4 5ZIGEN CIVIC                 2'34.653  12.054 
13  38 N   エスペリア・ジアラ・アルテッツ           2'34.758  12.159
14  24 N   スプーンインテグラ タイプR             2'35.582  12.983
15  22 N   BP ADVAN INTEGRA         2'35.724  13.125
16 128 GT  MTCIポルシェGT-II                2'36.501   13.902
17   3 GT  PCJ日本ポルシェクラブ関西             2'36.597  13.998
18  87 C-4 FALKEN★パルサー                   2'37.999  15.400
19  73 C-4 アウトプットRCシビック                 2'39.887  17.288
20   2 GT  ドリーム28アメリカンレーシング         2'44.058  21.459
21  72 C-4 かちまいSAT・DENシビック            2'45.819  23.220
22  98 C-4 アウトプットRCシビック                 2'46.191  23.592 
23  67 C-4 S.B.寿アドバン安井レビン             2'50.781  28.182 
****************************************************************************
1 C-1 日産アルティアGT-R                  出走せず
10 C-1 エンドレス アドバン GTR             出走せず
28 N  道新スポーツ CWEST WAKO’S  出走せず
* コースコンディション ウェット
  竹下 恵一郎(JCG00146)@十勝

全日本GT選手権

GTインサイドレポート 99Rd.4/7

■ 1999 AUTOBACS CUP ALL JAPAN GT CHAMPIONSHIP
■ GT INSIDE REPORT
■ Round 4 MINE GT RACE                                    FMOTOR4 EDITION
   GT INSIDE REPORT     インサイドレポート・特集      99/07/11
 -------------------------------------------------------------------------
'99AUTOBACS CUP GTC第4戦MINE CP MINE GT RACE(7/10,11)
特集 GTへの提言(第3回) ~有力チーム関係者に訊く~
 第2戦富士、第3戦SUGOのGTインサイドレポートでは、最近のGTCマシンの性能
向上およびコストの高騰について、ドライバー、チーム監督などから聞いた。今回
はメーカー直系もしくは関わりの深い有力チームの関係者の意見、考えをレポート
する。(順不同)
木村芳郎・TRD(トヨタテクノクラフト)取締役
「かつてのCカーやJTCCの二の舞にならないようにメーカーを排除するべきだという
意見がときどき聞かれますが、私はそれはまちがいだと思います。いきすぎた過当
競争になると費用が高騰してやめてしまおうということになる危険性はありますが、
それを恐れるあまりメーカーを排除しようとするのは、ボクはまちがいだと思いま
す。モータースポーツというものは、メーカーがそれなりの関与をしてやるべきだ
と思う。
 GTCの現状を維持するなり、さらに発展させていこうと思うなら、レギュレーショ
ンを何年間か現状のまま固定します、とかある時点で言って、年度ごとに新しいク
ルマを作らなくてもいいように動いたほうがよいと思います。現在でも行っている
プライベーターの優遇措置をもっと広げていけば、メーカーに対抗できないという
ことはあり得ないと思います。メーカー側から基本になる車両とエンジンを提供し、
それから先はチームが自分たちのノウハウで速くする。出てきたスープラやNSXが
(チームごとに)全然ちがうカタチをしている、というふうに。
 そうすれば、今はメーカーがかけている開発のための費用を、できるだけ多くの
チームに基本的な車両を提供するためにまわして、多くのチームが参加するための
努力ができます。それで、どこのチームにもチャンスがまわってくるという考えか
たになればいいなと思います。ほかのメーカーさんに比べてウチの台数が多いとい
うのは、そういうふうにしたいからなんです。台数を増やすために基本的な開発だ
けをやって、あとはチームに任せる、と。極端なことを言えば、ひとつのチームで
トヨタからもホンダからもクルマの提供を受ける、それでチームのノウハウでクル
マを仕上げていくというようなことがあってもいいと思う。メーカー同士の戦いで
はなく、チーム同士の戦いにする、そんな方向にいくような方策が取れないものか
な、と思っています。
 99年仕様のスープラは、『ああしなければ勝てない』じゃなくて、いろいろな方
向から徐々にやった結果が『ああなった』というのがホントなんです。でもハチロ
ク(No.86 BPアペックスKRAFTトレノ)を見ると、まったくのプライベートでもこ
こまでできるのか、と思いますね。ですからチームがそれぞれの考えかたでやった
ほうがおもしろいんじゃないでしょうか。チームを育てる、ドライバーを育てる、
それでレースそのものを盛り上げる。そういう方向でいければと思っています。そ
ういう役割というのは、メーカーと具体的に参加するチームとのあいだにいる我々
の役目かな、とも思います。
 外国車を買って参加するチームも、エンジニアやメカニック集団がいて、そうい
う人たちを含めてレースを盛り上げることを考えていかないといけないと思います。
レースというものはかならず技術的なものが伴って、その集大成がチームだという
ふうに。たとえばポルシェで参加するなら、ポルシェを勉強してもらってレースに
向くように改造してもらう努力はしてほしいと思います。完全なレーシングカーを
買って出るなら別ですけど、量産車をベースにしてやるなら、国産車も外国車も同
じですが、チームの力でそのクルマを走らせていくという姿を描いているんですけ
どね」
岡 寛・NISMO(ニッサン・モータースポーツ・インターナショナル)監督
「今までのレポートは読みましたが、そのとおりだと思いました。速さの面では、
競争の世界なのでしょうがないと思いますが、ちょっと速くなりすぎていますね。
速くなれば安全対策としてブレーキの強化やクラッシュを考えたボディの強化をし
なければならなくなってくるんです。景気もよくないし、スポンサーやメーカーか
ら出るおカネも減っています。今年よかったからといって来年いいとはかぎらない
ですよね。速さの追究以外の面におカネをかけられるようにしないといけないでしょ
う。速さ、安全性などをトータルで考えて、結果的にはコストを下げる方向でやっ
てもらいたいですよね。
 それから、私たちはプライベーターにもマシンを供給したいと考えています。そ
のつもりはありますが、コストの面で折り合いがつかない。プライベーターに供給
するためにはパーツなどの開発コストを下げないとムリなんです。それをテクニカ
ル・レギュレーション、スポーティング・レギュレーションで可能にしていっても
らいたいですね。GTCは、1台しか出さずにそれで勝てばいいやというレースでは
ないと思います。ギンギンに速いクルマを1台作って勝つことはできると思います
が、それでお客さんが来てくれるかというと、違いますよね。
 お客さんあってのレースですから、ニスモも考えていかないといけないと思って
います。せっかくみんな努力して盛り上がってきてるんですが、平行線ではなく、
もっともっとという気持ちですから、私たちも協力していくつもりです。GT-Aがア
ンケートを取ったり考えを発表してくれているので、問題はないと思いますが。
 イベント自体に関してはみんながんばってると思いますよ、ドライバーも含めて。
去年より今年と、いい方向で来ている。来年はもっといいアイデアが出てきて、お
もしろいレースをしたいと思いますね」
永長 真・童夢×無限プロジェクト・プロジェクトリーダー
「今GTCは非常に人気があります。人気の面でここまで来られたのはファンあって
のものだと思いますが、そのために我々も一エントラントとして非常に努力してき
たと自負しています。ドライバーが一生懸命ファンサービスをしていて、我々もホ
スピタリティの内容や見栄えといったことも含めて改善してきています。同じよう
にクルマは性能だけでなく美しさも意識して、できうるかぎりの提供をしてきまし
た。少しでもたくさんのお客さんに来ていただこうと毎戦努力してきた結果が、今
のGTCの隆盛につながっていると思います。
 少なくとも我々はGTCというカテゴリーを十分に意識して、きちんとほかと差別化
してきています。たとえばエンジンを準備するにも、ただ速くて性能本位で考える
ならばもっと別の考えかたもできるわけです。NSXなら横置きV6を別のエンジンにか
えることもできます。でもGTCはあくまでも街乗りマシンのトップカテゴリーだから
こそ、NSXらしさを損なわないようにしているわけです。そういう意味で素材を生か
して作りあげたつもりです。我々に対してやりすぎだというのなら、それは考えか
たの相違としかいえません。たとえばエンジンだって、ワンレーススペシャルだっ
て作れるわけです。でもこのカテゴリーのなかでそれをやっちゃいけないと思って
いるからやらないんです。あくまでもGT-Aの創立時からの考えかたを尊重し理解し
ているからこそ、今の結果が出ているんです。去年から今年にかけてのレギュレー
ションはNSXにとって不利といえるでしょう。とにかく速いから性能を均等化しよ
うというレギュレーションですから。我々はGT-Aの考えにのっとって、与えられた
レギュレーションのなかでまたベストをつくすわけです。そのベストのつくしあい
が過当競争といわれるのは…。競走なんだからベストをつくすべきでしょう?
 要するに、各チームがベストをつくせる環境にまでいっていないということだと
思います。経済的に自立できていない。はやく各チームが経済的に自立できるよう
にならなければいけません。そのためには、もっともっとお客さんに観てもらうし
かないでしょう。TVをたくさんの人に観てもらって、サーキットにたくさんの人に
来てもらえるようにならなくちゃいけない。
 端的にいえば、我々はハードウェアを売ることが商売です。もっともっと我々の
ハードウェアを買ってもらいたいと思ってます。エンジンは消耗品ですから、我々
も買っていだいてそこで終わりにはしません。メンテナンスサービスという仕事が
あります。今は4台ともハードウエア的にはいっさい区別もしてませんし、データも
オープンにしています。TRDのように、車体は買っていただいてメンテナンスサービ
スをするというのが理想だと思います。そのためにはパイが拡がらないと、つまり
各チームが経済的に自立できないとビジネスは拡がらないんです。
 GTCは、今まで問題を積み重ねて解消して、をくり返してここまできました。決し
て今断崖絶壁に立っているとは思いません。ただまだ全体がプロとして自立できて
いない。経済環境がよくないというのもあるでしょう。社会と、モータースポーツ
の世界の経済環境にはタイムラグがあって、社会がよくなっても少し遅れるようで
す。宣伝広告費は最後にきますから。そんななかで少しでもタイムラグをなくすに
は宣伝広告しがいのあるレースを作るしかないんです。5万人の観客が10万人にに
なれば世界も変わってくるでしょう。だから我々はハードウェアのメーカーとして
魅力あるハードウェアを作るためにベストをつくすんです。モーターに魅力がなけ
れば、魅力あるモータースポーツにならないですから」
以上
☆GTインサイドレポート班では次戦(第5戦富士)でも引き続きこの特集を行う
 予定です。
*今回のGTインサイドレポートは以上です
                       GTアソシエイション事務局
                         GTインサイドレポート班
                        古屋 知幸 = QYB04322 =

全日本GT選手権

GTインサイドレポート 99Rd.4/6

■ 1999 AUTOBACS CUP ALL JAPAN GT CHAMPIONSHIP
■ GT INSIDE REPORT
■ Round 4 MINE GT RACE                                    FMOTOR4 EDITION
   GT INSIDE REPORT      インサイドレポート3       99/07/11
 -------------------------------------------------------------------------
'99AUTOBACS CUP GTC第4戦MINE CP MINE GT RACE(7/10,11)
☆ポイントランキング(第4戦終了)
ドライバーポイント
[GT500]
                Rd.1  Rd.2  Rd.3  Rd.4  Rd.5 Rd.6 Rd.7
                3/21  5/2  5/30  7/11  8/8  9/26 10/24
Po. No. Driver     合計 Suzuka FUJI  SUGO  MINE  FUJI TI  SUGO
----------------------------------------------------------------------------
1  1 E.コマス      49  15    8   6   20
2  1 本山 哲      41  15   -   6   20
3 37 鈴木利男      37  12   10      15
4 36 関谷正徳/黒澤琢弥 33  10    2   20   1
5 12 星野一義/影山正美 27   1   12   8   6
6 37 片山右京      27  12   -   10   15
7  3 長谷見昌弘/田中哲也 24   6    4   4   10
8 16 中子 修/道上 龍 24          12   12
9 38 竹内浩典/立川祐路 22   4   15       3
10 18 金石勝智/脇阪寿一 20  20
10 100 高橋国光/飯田 章 20      20
[GT300]
                Rd.1  Rd.2  Rd.3  Rd.4  Rd.5 Rd.6 Rd.7
                3/21  5/2  5/30  7/11  8/8  9/26 10/24
Po. No. Driver     合計 Suzuka FUJI  SUGO  MINE  FUJI TI  SUGO
----------------------------------------------------------------------------
1 25 新田守男      53   3   20   15   15
2 25 高木真一      50  -   20   15   15
3 19 織戸学/原 貴彦  47  20   15      12
4 15 土屋武士/井手有治 42   2       20   20
5 61 R.ファーマン      23  15       8
6 61 中谷明彦      23  15   -   8
7 70 石橋義三      23   4    6   3   10
8  7 松本晴彦/山野哲也 20  10   10
9 14 古在哲雄/小宮延雄 18   6    8   4
10 71 城内政樹/河野尚裕 18      12   6
チームポイント
[GT500]
                 Rd.1  Rd.2  Rd.3  Rd.4  Rd.5 Rd.6 Rd.7
                 3/21  5/2  5/30  7/11  8/8  9/26 10/24
Po. No. TEAM       合計 Suzuka FUJI  SUGO  MINE  FUJI TI  SUGO
----------------------------------------------------------------------------
1 36/37 TOYOTA Castorl TEAM TOM'S
               57  12   10   20   15
2 1/2 NISMO        49  15   8   6   20
3 16/18無限×童夢プロジェクト  44  20      12   12
4 12 TEAM IMPUL       27   1   12   8   6
5  3 ハセミ・モータースポーツ     24   6   4   4   10
6 38 TOYOTA TEAM CERUMO  22   4   15       3
7 100 チーム国光with MOONCRAFT 20      20
8 35 マツモトキヨシ TEAM TOM'S  15         15
9 32 cdma one TOYOTA TEAM CERUMO with key's
               12   3   6   3
10 6 ESSO Tiger Team LeMans 11  -   3       8
[GT300]
                 Rd.1  Rd.2  Rd.3  Rd.4  Rd.5 Rd.6 Rd.7
                 3/21  5/2  5/30  7/11  8/8  9/26 10/24
Po. No. TEAM       合計 Suzuka FUJI  SUGO  MINE  FUJI TI  SUGO
----------------------------------------------------------------------------
1 25 MOMOCORSE Racing with Tsuchiya
              53   3   20   15   15
2 19 RACING PROJECT BANDOH 47  20   15      12
3 15 NISMO        42   2       20   20
4 61 チーム・テイボン・ラリーアート   23  15       8
5 70 TEAM GAIKOKUYA    23   4    6   3   10
6  7 RE雨宮レーシング   20  10   10
7 14 アルタRACING TEAM  18   6    8   4   -
8 71 シグマテックレーシングチーム   18      12   6
9 910 910RACING       16  12    4      -
10 81 TEAM DAISHIN     13   1       12
*ポイント計算はGTインサイドレポート班による非公式のものです
☆第5戦富士のウエイトハンディ
[GT500]
No. Car        Weight (kg)
-----------------------------------
1 ペンズオイル・ニスモGTR   60
6 ESSO Tiger Supra   20
12 カルソニック・スカイライン    10
16 Castrol無限NSX    70
18 TAKATA童夢NSX    30
36 カストロール・トムス・スープラ   30
37 カストロール・トムス・スープラ   60
38 FK/マッシモセルモスープラ   20
39 デンソーサードスープラGT   20
64 Mobil 1 NSX     20
100 RAYBRIG NSX     50
[GT300]
No. Car        Weight (kg)
-----------------------------------
7 RE雨宮マツモトキヨシRX7   20
15 ザナヴィARTAシルビア    80
19 ウエッズスポーツセリカ     70
25 モモコルセ・アペックスMR2    80
61 テイボン・トランピオ・FTO    0
71 シグマテック911      10
77 クスコスバルインプレッサ    20
81 ダイシンシルビア      60
910 ナインテンアドバンポルシェ   20
*ハンディ計算はGTインサイドレポート班による非公式のものです
*特集に続く
                       GTアソシエイション事務局
                         GTインサイドレポート班
                        古屋 知幸 = QYB04322 =

全日本GT選手権

GTインサイドレポート 99Rd.4/5

■ 1999 AUTOBACS CUP ALL JAPAN GT CHAMPIONSHIP
■ GT INSIDE REPORT
■ Round 4 MINE GT RACE                                    FMOTOR4 EDITION
   GT INSIDE REPORT      インサイドレポート2       99/07/11
 -------------------------------------------------------------------------
'99AUTOBACS CUP GTC第4戦MINE CP MINE GT RACE(7/10,11)
■決勝日朝のフリー走行後のコメント
#6 ESSO Tiger Supra
野田英樹「昨日はハンドリングに問題を抱えててちょっと危ないくらいの状態だっ
たんだけど、それはだいぶよくなって、まともに走れるようになりました。もっと
よくなってほしいという欲はありますが、いいレースはできるレベルにはなってい
ます。雨は想定してなくてギャンブルになってしまうんで、ドライでいってほしい
です」
#16 Castrol無限NSX
中子修「レースでは最初に道上が乗るんだけど、そううまくいけるかどうかはわか
らないよね。そう簡単には抜けないんじゃないかな。なにごともなく、四隅が当たっ
てない状態で渡してもらえればいいよ。クルマは、道上がブレーキを心配してる。
オレは後半だからレースの流れに沿っていくけど、道上は前半で、いけるだけいく
からね。それが心配のタネ」
*19ウェッズスポーツセリカ
織戸学「ちょっと足回りが壊れちゃったけど、今トラブルが出てよかった。(セッ
ティングの)方向をいろいろふってみて、決勝はそんなに悪くないかなっていう感
じなんだけど、予選で遅かったから最初はキツいよね。ポイントとりますよ。固い
タイヤを生かすセットにしてるんですけど、雨降るかもしんないし…。スタートは
ボクがいきます」
*25アペックス・モモコルセMR2
新田守男「満タンで走ってみて、3番手ですね。きびしいっすね…。ウェイトがき
いていると思いますし、リストリクターの影響もあるのかストレートが遅い。スター
トはボクがいきます」
#38 FK/マッシモセルモスープラ
立川祐路「駆動系が突然壊れたのですぐに自分からマシンを止めました。今調べて
いますが、たぶんプロペラシャフトだと思います」
*15ザナヴィARTAシルビア
井出有治「チェッカーを受けたあと車内に煙が充満してきて、火が出てたらまずい
のですぐに止めました。ブレーキのダクトが外れて中途半端にタイヤにひっかかっ
たみたいです。クルマのバランスはいいし、どこも当たってないので決勝は問題な
いです」
*81ダイシン シルビア
福山英朗「マシンはあいかわらず快調です。心配ごとはとりあえずないんだけど、
ミッションも新スペックだし、まだ出てこないトラブルが恐い。ただ、今は不安材
料は探さなければない状況です。かえってこういうときのほうが緊張します。あれ
もこれも心配なほうが気がまぎれますよね。雨が降ったほうが勝利の確率は減ると
思います。なにも考えずにフルスイングするだけですね」
#35 マツモトキヨシ・トムススープラ
ピエール・アンリ・ラファネル「トラブルはABS。走り出して最初のうちは効いて
いるんだけどすぐに効かなくなる。昨日原因がわかったはずだったんだけど…。菅
生でもレース終盤に同じトラブルが出たし、ここのテストのときも出た。それに昨
日も。37号車のコースアウトも同じ問題だと思うよ。直ることを期待しているよ」
*26アドバンタイサンポルシェ
ドミニク・シュワガー「ポルシェは初めてですけど、タイヤと馬力、シャシーのコ
ンビネーションがいいですね。前回菅生ではバイパーに乗ったんですけど、ここは
バイパーにはきびしいでしょうね。ポルシェのほうが乗っていて楽しいです。バイ
パーも楽しいんですけどここではポルシェのほうですね。ただ、トヨタやニッサン
のマシンはレース用に大幅に改造されている、まさにレーシングカーそのものです
が、ポルシェはロードカーに近いですから(勝てる)チャンスはないですけど、と
もかくベストをつくすだけです。自分にとってはいい経験になりますし、できれば
来年もGTCに出たいですから。できれば来年GT500に乗りたいです」
#30綜警McLarenGTR
岡田英樹「ここはマクラーレン向きではないですね。基本的にはアンダーステアが
強いんですけど、それはセッティングの問題ではなくてクルマの基本特性によると
ころが大きいですから。ただ、ロングランでは悪くないし、満タンでもハンドリン
グの変化はそんなにないんで、フリー走行のタイムもよかった。ウチのチームとし
ては次の富士は期待できるんじゃないでしょうかね。ストレートが速いし。エンジ
ンの優位も出るだろうし。今回はあまりムリせずにいきます」
#2 ARTAゼクセルスカイライン
ミハエル・クルム「ドライバー交代して出ていったらホイールが外れてしまった。
なにかおかしいと思ってすごくスローダウンして、おそらく30km/hくらいで行って
いたんだけど、最終コーナーで外れてしまった。それでピットまで戻れなくなって
しまった」(チームでは現在原因を究明中だが、ナットは完全にロックされ、ピン
も装着されていたという)
◎マツダスピードが閉鎖
マツダスピードサービス部杉野芳彦課長「6月14日、7月いっぱいで閉めるという
話を聞きました。現在、GT300クラスに2台のマツダ車ユーザーがいますが、マツ
ダスピードとしてはどうすることもできないんです。会社がなくなるわけですから。
今後については交渉中です。今シーズンの残りについては(マツダスピードの)社
長がマツダ本社に希望をもっていくので、悪いようにはならないと個人的には思っ
ています。結論は出てないんですが、突き放すようなかたちはないと思います。
GTCでは、スペアパーツは3、4台分はあるんです。ただ、来年どこで供給できる
かが問題です。マツダスピードというブランド名は残りますが、市販車のパーツし
かやらない予定なので…。N1クラスは市販車と共通パーツが多いんで、このへんは
残ると思います」
オークラロータリーレーシング(*72オークラRX7)
大倉従道監督「先週の月曜日に日刊自動車新聞に出ていたのが正式発表ですが、6
月の14~15日には従業員の方に話されたそうです。いろんなルートからこうなるか
なというウワサは聞いていたんですが、まさかと思いました。登りかけたところで
ハシゴを外された気分です。シーズン途中でマツダスピードがなくなってしまうと
いうことは、完全に本社のほうがコントロールしてくれることを逆に期待していま
す。そうあってほしいというほのかな期待です。当面のアフターパーツ、とくに足
回りを確保できないとお手上げです。それに3ローターのエキセントリックシャフ
トはパーツがないんです。あちこち外国ルートも探したんですが、2週間前に2本
だけあったんですが、1本は仲間のところへいったんです。日本ではまったく手に
入らないので、アフターマーケットで作ったものかどうか確認中です。3ローター
はだんだん難しくなりますね、パーツを確保するのが…。われわれの意向はマツダ
スピードに伝えたんですが、今後スタッフの方と連絡がつかなくなる可能性がある
んで、アプローチをどこへやればいいのか困っています。なりゆきにまかせてやっ
てみる以外ないと思っています」
RE雨宮レーシング(*7 RE雨宮マツモトキヨシRX7)
雨宮勇美代表「マツダスピードのフォローがあるからモータースポーツをもっと盛
り上げようと思ってGTのクルマを作ったんですよ。それがいきなりのストップです
から、なんのためにやってきたか…。やっぱりメーカーがやる以上、1年かぎりじゃ
なく継続してやってくれないと…。今(マツダスピードと)話をしてるところです。
極端な話、ミラージュ(カップ・レース)みたいにクルマ(使用したレース車両)
を引き取ってくれって言ってますよ。お互いにモータースポーツを勝負抜きに盛り
上げないといけない。メーカーにこのへんをわかってもらいたい。ファンの方々へ
は、自分たちでできるかぎりロ-タリーでGTCに続けて出たいと思っていますので
応援してください」
■タイヤメーカーに訊く
ブリヂストン
「ドライ用はソフトとハードの2種類、ウェット用は浅ミゾ、深ミゾ、カットスリッ
クの3種類です」
 以下はインサイドレポート班調べ
 BSユーザー各チームのチョイス
 ソフト:#6 ESSO Tiger Supra、NSX全車、#1ペンズオイル・ニスモGTR
 ハード:#30McLaren GTR、#38 FK/マッシモセルモスープラ、
     #12カルソニックスカイライン、#3ユニシアジェックススカイライン、
     #2 ARTAゼクセルスカイライン、#32 cdmaOneセルモスープラ
ヨコハマ
「GT500クラスのほうは構造で3種類、ゴムで3種類用意してます。バイパー(#55 
STPアドバンタイサンバイパー)はハード構造のハードコンパウンド、サード(#39
デンソーサードスープラGT)は従来型の構造でコンパウンドはソフトです。雨用は、
レインタイヤが4種類、インターミディエイトが2種類あります。
 GT300はセリカ2台(*19ウェッズスポーツセリカ、*20オートレットセリカ)が
ミディアム、ほかはすべてソフトです。もう一種類、バックアップ用にハードも用
意はしてあります。雨用は、ゴムとしては3種類。レインとインターミディエイト
があります」
トーヨー
「GT500はソフトとハードの2種類。ソフトをチョイスしてます。雨用は浅ミゾと
インターミディエイトの2種類です。
 GT300はFTO(*61テイボン・トランピオ・FTO)用がソフト、ミディアム、ハード
の3種類。プラス使う予定はありませんがバックアップとしてさらにハードなもの
も用意しています。チームが選んだのは3種類のまんなか、ミディアムです。雨用
は深ミゾ、浅ミゾ、インターミディエイトの3種類。リア用にソフトコンパウンド
も用意してます。ハチロク(*86 BPアペックスKRAFTトレノ)とBMW(*21BP-トラン
ピオ-BMW)はドライ用がソフトとハードの2種類。そのうちソフトを選んでいます。
雨用は浅ミゾとインターミディエイトの2種類です」
ミシュラン
「ドライ用は3種類。ミディアムと、ソフトが構造違いで2種類あります。35号車
と37号車がソフト1、36号車はミディアムを選んでいます。ソフトのほうが温まる
のは早いんですが、ライフ後半のタイムの落ちが若干あります。ライフ自体は1ス
ティントは問題ありません。どちらを選ぶかはドライバーのフィーリングでしょう。
ウェット用はソフトとハードの2種類と、インターミディエイトが1種類あります。
実はウェットのテストはできていないので、もし雨が降ってきたらエイヤッで選ぶ
しかないんです」
☆決勝スタート直前情報
 天気:曇り  路面状況:ドライ  気温:24度  路面温度:28度
 入場者数   7月11日=4万2200人       7月10日=1万4800人
 ピットスタート
*21 BP-トランピオ-BMW(ブレーキ)
*7 RE雨宮マツモトキヨシRX7(ミッション)
■レース中のコメント
*61テイボン・トランピオ・FTO
中谷明彦「オーバーヒートです。ボクが乗っているときから症状は出ていました。
序盤は調子がよかったので残念です」
#88ノマドディアブロGT-1
和田久「今日は残念な結果でしたが、マイナートラブルなので次こそ上位をねらっ
ていきます。ストレートが速いので富士ではポテンシャルが発揮できると思います」
#36カストロール・トムス・スープラ
関谷正徳「序盤からABSが壊れちゃった。まあしょうがないね。琢弥もそのまま我
慢して乗ってるよ」
*7 RE雨宮マツモトキヨシRX7
松本晴彦「ピットスタート後は順調に走ってたんだけど、ポルシェと接触して1回
スピンしちゃいました。それからはラップタイムを落とさないよう心がけて走りま
した。スタート前に交換したミッションはギア比が合ってないんですが、トラブル
はないです」
*リタイア(GTインサイドレポート班調べ)
No   原因            周回数
-------------------------------------------
88   ドライブシャフト破損    5L
26   ミッショントラブル     5L
32   コースアウト        17L
81   ホイール破損        18L
10   *99と接触          21L
61   オーバーヒート       32L
64   エンジントラブル      51L
■レース終了後のコメント
#37カストロール・トムス・スープラ(総合2位)
鈴木利男「しょうがないね。朝のクラッシュの影響はなかったんだけど、もうブレー
キがスコンスコンだった。20周いく前にもうブレーキが全然なくなってた。でも、
オレは一番で渡せたから、まあいいか」
片山右京「利男さんから渡されるとき、ブレーキがないよって言われて、最初は大
丈夫かなと思ったけど、3周目くらいから全然なくなっちゃった。直線でもポンピ
ングしてたし、コーナーなんかホントに大変だった。ラップ遅れに出会うタイミン
グも悪くて、抜かれたときは目の前のラップ遅れがスピンしたんで、直線スピード
が伸びなかった」
#16 Castrol無限NSX(総合3位)
道上龍「昨日まではブレーキがよくなくて片効きしたり全然効かなかったりしてた
んだけど、今朝のフリー走行では安定して走れるようになっていた。レースはでき
るだけボクがひっぱる作戦。最初はようすをみてたんだけど、前がどんどんつぶれ
ていったんで、作戦どおりにいきました。35~36周目からタイヤがキツくなって、
28秒台がやっとだったんですけど、なんとか走りきることができました」
中子修「(No.2 ARTAゼクセルスカイラインが直後にいたが)便所下のコーナーか
ら先はウチが速かったんで、抜かれるとは思わなかった。道上から渡されたときは
クルマは完璧で、心配していたブレーキも問題なかった。道上がいたわって走って
くれたんだと思う。次はウェイトハンディが70kgになってしまうんで、富士は大変
だと思います」
*25モモコルセ・アペックスMR2(GT300クラス2位)
新田守男「状況からして、結果的には一番いいポジションでしたね。ストレート(ス
ピード)があんまり違うんで、どうにもならない。使いたくないタイヤ使わないと
勝負にならなかった。序盤はダンゴに入らないようにしたかったけどできなかった
んで、このへんが課題ですね」
高木真一「きびしかった…。つまるんだけど抜けない。壊れることの心配もあって、
シリーズ考えるとこれでオーライかなと思います。地元で表彰台も、まあ、勝ちで
はないですけど気持ちいいですね」
*19 ウエッズスポーツセリカ(GT300クラス3位)
織戸学「これがボクらのレースですよ(笑)。予選はきびしかったけど、(決勝は)
運がよかった。内容はよくなかったけど、こんなもんでしょう」
原貴彦「運のついたレースでした。足回りにトラブルもあって目一杯はいけなかっ
た。5~6秒遅いペースでいったんです」
*86 BPアペックスKRAFTトレノ
田中実「テストをやれてないんで、とにかく完走(でOK)です。ストレートは速い
んで次の富士は期待できると思います」
*81ダイシン シルビア
大八木信行「今回はすごくいいペースで走れて、しめしめと思っていた矢先に、最
終コーナーでクリップについたらなんの前触れもなくバーンという音がしてコース
アウトしてしまった。アップライトのボルトがホイールに接触して、ホイールを割っ
てしまったようです。なんとかピットに戻って直そうとしたんだけど、完全に割れ
ていて直せる状態じゃなかった。とにかく残念です」
■優勝者インタビュー
総合優勝
#1ペンズオイル・ニスモGTR
本山哲「1番はすごくうれしいんですけど、ボクが乗ってる後半にギアボックスの
トラブルが出てまして、はっきり言って降りたときには完走できるとは思えなかっ
た。完走できることだけを祈ってる状態から勝てたので、信じられないです。タイ
ヤも温存しながらいってて、クルマのセッティングもよくて、それとチームのこと
ですけれどピットストップがすごく速くて、それが順位を上げていったと思います。
具体的には4速がなくなって、4速がない状態でいかに速く走るかボクのときから
考えていて、それを無線でピットやエリックに伝えたりして、あとはエリックにま
かせました」
エリック・コマス「今日はとても楽しくレースができました。右京さんとのバトル
はギリギリまで攻めてもお互いに押し出すようなことはしませんでしたし、2人と
もハードなバトルでしたけれどいいレースができました。ピットストップの後に4
速がなくなっていたのはわかっていたので、なんとかクルマを保たせようと考えて
いました。チャンピオンシップのために少しでもポイントを稼ごうと考えていたん
ですけど、その結果で勝つことができてほんとうによかったです。右京さんとのバ
トルはラスト20周ぐらいからとりあえず2位をキープしよう、なんとかチャンピン
シップのために15点獲ろうと考えたんですけれど、そのうち右京さんのクルマがブ
レーキなのかタイヤなのか、ちょっと調子が悪いようだと気がついて、こちらはギ
アボックスのトラブルを抱えていたのですが、勝負をかけてみようかと思いました。
渋滞をうまく使うことができたので非常にラッキーだったと思います」
GT300クラス優勝
*15ザナヴィARTAシルビア
土屋武士「マージンは前半からあったんですが、見た目以上にきびしくて、ダイシ
ンシルビアの大八木さんがすごく速かったんで、ペース配分もなく最初から全開で
いきました。目一杯でこのまま走っちゃったら最後まで走れないなというペースで
走ってもついてきてるんで、本当に(ダイシンのリタイアは)ラッキーてしたね」
井出有治「交替したときに後ろと15秒くらい差があったと思うんですけど、タイム
を見て自分でがんばってさらにタイムを拡げました。前回の優勝のときよりも余裕
がありました。このまま連勝できるようにがんばります」
*その3に続く
                       GTアソシエイション事務局
                        GTインサイドレポート班
                        古屋 知幸 = QYB04322 =

全日本GT選手権

GTインサイドレポート 99Rd.4/4

■ 1999 AUTOBACS CUP ALL JAPAN GT CHAMPIONSHIP
■ GT INSIDE REPORT
■ Round 4 MINE GT RACE                                    FMOTOR4 EDITION
   GT INSIDE REPORT      インサイドレポート1       99/07/10
 -------------------------------------------------------------------------
'99AUTOBACS CUP GTC第4戦MINE CP MINE GT RACE(7/10,11)
◎カーナンバー前の記号"#"はGT500、"*"はGT300です
■予選1回目終了後のコメント
#1ペンズオイル・ニスモGTR
本山 哲「クルマとしては1分24秒台は出せる状態だったけど、アタック中に遅い
クルマに引っかかってしまったので思ったほどのタイムは出なかった。まあ、しか
たないですね。エリック(コマス)が満タンやったんだけど、すごくいいって言っ
ていた。予選(アタック)は終了。あとは決勝に向けてセットアップをします」
#35 マツモトキヨシ・トムススープラ
P-H.ラファネル「昨日出ていたブレーキがスポンジーという問題は解決している。
ただABSの不具合がちょっとあった。アンダーは昨日よりも強く出ている。これは
タイヤの選択の問題だけど。ただ、もう少しセッティングを詰める必要はある。タ
イヤをすでに2セット使ってしまったので午後は左右逆にして走る。だからタイム
は上がらない。気温が上がって(ほかの)タイムが伸びないことを願っているよ。
そうすれば今の位置から決勝をスタートできるからね。ボクらのクルマは決勝セッ
ティングはいいんだ」
*81ダイシン シルビア
福山英朗「おかげさまで好調です。だけど、ドライビングとかクルマの状態は自分
の追い求める理想からはかけはなれてる。タイムや順位には満足しなければいけな
いんでしょうけれど。ギリギリまで攻めてやっと出したタイムですから。本来なら
あとコンマ3、4秒いかなければ。ちょっと今日は路面グリップが低いですよね。
なんとか午後もう1回トライしたい。まあ考えてみれば、自分の走りに満足したこ
とはないんですけどね」
大八木信行「好調というよりも順調という感じやね。ブレーキとミッションが、以
前はS14用の改良型だったんですが、S15用ができたので、それを投入しています。
それが功を奏している。ABSも今回からつきました。とくにMINEはブレーキにきつ
いので助かります。福山さんにいいアタックをしてもらって、私は気が楽でした。
マシンはややオーバーステア。昨日のほうがいい感じでしたね。午後は足回りやタ
イヤをもう少し硬いセットでトライしてみます。午後は気温もあがりそうですし、
あくまでも決勝用のセッティングが目標です。午前中に予選アタックをかけるとい
うのは予定どおり、トップタイムも予定どおりです」
*15 ザナヴィARTAシルビア
土屋武士「アタックは完璧だった。ダイシン(シルビアのトップ)はしょうがない
よね。午後は(アタックは)やらない。クルマの仕上がりは順調ですから(2連勝
は)当然ねらっていきますよ。前回は手探りでの決勝だったけど、今回は決勝も
(ここまで)すごくいい流れで来てるから、これを続ければいい結果が出ると思う」
井出有治「練習(合同テストと金曜日)からそこそこで、クルマもだいぶよくなっ
てきて、満タンでもいいペースです。今回もうまくいけば勝てると思います。夏場
のGTレースは経験がなくてタイヤのタレ具合がわからないんで、涼しいほうがいい
ですね。ウェイトは最初は気になったんですけど克服できそうです」
*25モモコルセ・アペックスMR2
新田守男「今日はクルマは問題なく走っていますが、シルビアが前なんできびしい
でしょう。ウェイトも効いています。本来はミドシップが有利なはずのコーナーが
遅くなったのが致命傷ではあるよね。ストレートがしんどい。NSXもそうなってる
んだろうし…。仮に(グリッドが)この位置として、(決勝は)SUGOのデジャヴに
なってくれたらボクにとっては理想だよね。相手のトラブルとかミスを待つ感じに
なる。
ついていければ御の字でしょう」
高木真一「コース幅が狭いんで、決勝はサバイバルレースになるでしょう。ぶつか
らないようにいきたいです。クルマは限界まで来てると思う。天候はドライのほう
がいいでしょう。表彰台目指してがんばります」
#37カストロール・トムス・スープラ
鈴木利男「暫定ポールって言ったって午後にならないとわからないからね。クルマ
は昨日からなにも変えてないんだけど、タイヤを左右入れ替えてからタイムが出て
るんだから、バランスはそんなによくない。アンダーがちょっとキツイんだよ。で
も、入れ替えてからのほうがまだバランスよかった。午後もクルマは変えずにとり
あえずやってみる。気温が上がると、タイムアップするのはキツイだろうけどね」
#39デンソーサードスープラGT
影山正彦「今朝の予選では、最初はデフの慣らしをやって、3~4周してからアタッ
クに入った。今日使っているのは新しいデフなんだ。それのほうが性能的によさそ
うだったんで。その結果としてマシンの動きに多少変化は出ているけど、これから
そのデフにセッティングをどう合わせようかっていうところ。午後はダンパー、ス
プリングなどを変えてみるつもりにしてる。タイムはコンディション次第だから、
アップするかどうかは分からないな」
#100 RAYBRIG NSX
高橋国光「70kg(のウェイトハンディ)って重いよね。結論から言うとそういうこ
とじゃないかな。ストレートも遅いしブレーキもきつい。アキラがいろいろセッティ
ングしてるけれど、アンダーになったりオーバーになったり。今のタイムはそのな
かでアキラががんばって出したベストなんじゃないかな」
竹林康仁チーフエンジニア「MINEはウエイトの影響がとくにきびしいですね。SUGO
ではよかったんですが…。午後にむけて今からなにかしてもかえって悪くなっちゃ
うんで大きなことはなにもできません。午後も予選順位を少しでもあげるようにが
んばってもらうしかないです」
#32 cdmaOneセルモスープラ
木下隆之「タイム的には悪くないと思うんだけど。なんだかんだいって新型は速い
よね。タイムは予想どおり。クルマの操縦性も2番手だったテストのときに戻って
きつつある。ただ思ったよりも新型が速くなっちゃったってことだね。決勝はそん
なに悲観したもんじゃないと思うよ。午後はもう1度アタックします」
#38 FK/マッシモセルモスープラ
竹内浩典「昨日の午前がチョー最悪、午後が最悪、で、予選1回目が悪。次はフツー
がいいな。思い当たることは全部やってるけれど、あいかわらずアンダーオーバー、
限界は低い。プロペラシャフトなど一連の問題は全部解決している」
■予選2回目終了後のコメント
#6 ESSO Tiger Supra
野田英樹「予選はちょっと思ったとおりにはいかなかったですね。でもウェイトを
積まれるポジションではないですし、決勝でがんばります」
*61 テイボン・トランピオ・FTO
中谷明彦「まあまあ思ったとおりのタイムですね。クルマはまったく問題なし。セッ
トアップもうまくいってます。FFだし、タイヤはけっこうきびしいものがあります
が、気温はこれくらいを想定してきてます。でも前のほう(シルビア勢)は速いで
すね。なかなかつぶれないでしょうし、表彰台にいければラッキーでしょう」
#88 ノマドディアブロGT-1
古谷直広「(午後走行しなかったのは)負担がかかってトラブルになるのがイヤだっ
たから大事をとったんです。基準タイムはクリアしてますから。明日の朝のウォー
ムアップも走らない予定です」
*15 ザナヴィARTAシルビア
土屋武士「周りのチームの反応を聞いてもらえればわかると思うけど、想定してい
たとおり。午後は明日へ向けてのセッティングでした。あとは、明日の天気がどう
なるか…。チャンスはあるんで、逃さないようにがんばります」
*25 モモコルセ・アペックスMR2
新田守男「ボクのタイムはもうちょっと出せたと思うけど、でもあと0.2秒がいい
ところかな。タイムが伸びたとしても3番手が妥当ですね。1回目の予選で黄旗が
出てたようで、タワーに呼ばれたりして予定どおり進まなかった。決勝へ向けての
セッティング自体はいい。明日はスッポンのようにいく! それだけ。今は、どこ
が上に来てもおかしくないから、ポイントを逃さないようにしたい。それで勝負は
決まるでしょう。1位がダメなら2位、それもダメなら3位というように、ミスな
くいきたい」
*19ウェッズスポーツセリカ
織戸学「きびしいですね…。1回目(の予選)は(セッティングの)方向をまちがっ
てスピンしてしまったし、タイヤはハードを選んでるんで、これが今いち合わなく
てタイムが出てない。でも今までより、決勝での落ち込みは少ない。明日はミスな
く自分の走り。結果は、もしかしたらついてくるでしょう。ポイントを稼げるよう
がんばります」
*7 RE雨宮マツモトキヨシRX7
松本晴彦「バタバタしちゃって…。全体的によくはなってるんですけど、コンスタ
ントラップが伸びないし、決勝セットが見えない。去年もここはよくなかった。リ
タイアしてるんです。テストもできてないですしね…。おいていかれないようにつ
いていって、なるべくいい状態で(山野選手に)渡したい。たぶんスタートは自分
だと思う。なんとか結果を出したい。しかし、つかめないコースですね。つい行き
すぎたりしてます」
#1ペンズオイル・ニスモGTR
本山哲「今日の予選はよかったんじゃない? 午後のほうが暑くなると思っていた
ので1回目に2セット使ったけど、正解だった。クルマも練習からすごくいいよ。
決勝仕様も、テストのときにいい感触をつかんでるから、レースではウチは速いと
思う。今回は予選から全部自分でセットアップしたけど、順調に進んでいると思う。
なんとか結果を残したいね」
#18 TAKATA童夢NSX
脇阪寿一「朝は、トンネルを抜け出すために自分で思っているところを試してハズ
しました。午後はいろいろセットを変えたんですけど、このセットで午前中も走っ
ていたらもっと上にいけたでしょうね。今回はリタイアしないように、一発のタイ
ムよりレースを考えたセットを昨日からしてきましたが、GTはいろいろむずかし
い。速かったらウェイトを積まれて、リストリクターを絞られて…。NSXに今のレ
ギュレーションはツラいです。予選のタイムは同じだったとしても、レースになっ
たら、重くてタイヤにもキツイし、ストレートも遅い。ストレートは速く走っても
タイヤは傷みませんからね。ほかの車種に比べるとストレートが遅いから、後ろに
ついていてもなかなか抜けないし、逆に後ろに着かれたら簡単に抜かれてしまう。
ちょっと違いすぎますよね」
ポールポジションインタビュー
GT500クラス ポールポジション
#37カストロール・トムス・スープラ
鈴木利男「ルマンの勢いだけでいきました。クルマがけっこうよくて、なんとなく
アタックのタイミングがよかったです。午前中のアタックでニュータイヤを履いた
ときあまりよくなくて、ピットに戻って左右入れ替えたらよくなりました。ここは
ブレーキにキツいんで明日はそれなりにいきます。今日まではほかの(TOM'Sの)
2台に出ているトラブルは出てません。まあ明日は天気がこんなに暑かったらシン
ドそうなので、1番前だし自分たちのペースでいきます」
片山右京「なんか今年はついてるなあ。利男さんが仕事をしてくれてボクは楽でき
るかと思っていたら、スープラが思ったよりも暑くて意外と大変でした。あんなに
窓がいっぱい開いてるから涼しいと思ってたのに、窓を開けてもちっとも涼しくな
い。TS020も暑くて1回気絶してるけれど、スープラも前にエンジンがあって暑くて
生命の危険を感じました。コースは、ル・マンから戻ってくるとジムカーナ場のよ
うな気分。明日はトップで渡されたら左のリアタイヤがバーストしないように神に
祈るだけです。ほんとうにスープラはまだ修業中なんですよ。左のリアタイヤに魔
物が住んでいるんで、アクシデントがないようにしたいですよね」
GT300クラス ポールポジション
*81ダイシンシルビア
福山英朗「開幕戦以来のポールなんで、ずいぶん久しぶりですよね。今日はクルマ
の調子もいいしエジンパワーも出てるんで、チャンスが来たというレースだと思っ
ています。確実に獲っていかなければいけないです。ここまで順調に来て、恐いの
はレース中のアンラッキーです。数字的には満足なんですけれど、自分自身がうま
く乗れなかったというのもあって、仕事の完成度としては低かったです」
大八木信行「予選1回目から予定どおり、満足のいく結果だと思っています。今回
はチャンスと思っています。ウエイトはうちも40kgありますが、優勝を意識してい
こうかなという感じです」
*その2に続く
                       GTアソシエイション事務局
                        GTインサイドレポート班
                        古屋 知幸 = QYB04322 =

スーパー耐久

ENDU-Rd.5:十勝24時間レース予選結果

十勝24時間レース -RIJ- (1999-07-16) Qualifying-Session
For 1999 Tokachi 24h Race 十勝スピードウェイ : 5.001km
P No. Cl. Car------------------------------------ Best-LapT -Behind -km/h--
1  32 C-1 日産プリンス千葉GTRファルケン            2'20.072         131.075
2  10 C-1 エンドレス アドバン GTR             2'22.157   2.085 129.153
3   1 C-1 日産アルティアGT-R                   2'23.664   3.592 127.798
4 128 GT  MTCIポルシェGT-II               2'24.211   4.139 127.313
5  88 GT  コラポレーションドナーグ                 2'24.230   4.158 127.297
6  23 C-1 プリンス東京フジツボ・GT-R           2'25.434   5.362 126.243
7   8 C-1 ダイシンアドバンGTR                   2'25.000   4.928 126.621
8   3 GT  PCJ日本ポルシェクラブ関西             2'27.002   6.930 124.896
9  20 C-2 RSオガワADVANランサー             2'27.818   7.746 124.207
10  27 C-2 WAKO’S BMW M3               2'28.506   8.434 123.631
11  33 C-3 BPビスコガンマRX-7                 2'28.627   8.555 123.531
12  39 N   ウエスティン INTEGRA             2'28.660   8.588 123.503
13  38 N   エスペリア・ジアラ・アルテッツ           2'30.097  10.025 122.321
14  25 N   ADVAN ALTEZZA               2'30.400  10.328 122.074
15  52 C-4 5ZIGEN CIVIC                 2'30.560  10.488 121.945
16  87 C-4 FALKEN★パルサー                   2'31.171  11.099 121.452
17  22 N   BP ADVAN INTEGRA         2'31.521  11.449 121.171
18  77 C-4 ギャザズ・ドライダー・シビック           2'31.597  11.525 121.111
19  24 N   スプーンインテグラ タイプR             2'32.266  12.194 120.578
20  28 N   道新スポーツ CWEST WAKO’S     2'32.321  12.249 120.535
21   7 C-3 アルゴ プレリュード                     2'32.927  12.855 120.057
22   2 GT  ドリーム28アメリカンレーシング         2'33.163  13.091 119.872
23  73 C-4 ミヤカワタカネEK-9                   2'38.276  18.204 116.000
24  72 C-4 かちまいSAT・DENシビック           2'39.550  19.478 115.074
25  67 C-4 S.B.寿アドバン安井レビン             2'40.251  20.179 114.570
26  98 C-4 アウトプットRCシビック                 2'44.604  24.532 111.540
****************************************************************************
* コースコンディション ウェット
           提供:竹下 恵一郎(JCG00146)/十勝
         * FMOTOR4_SysOp 新倉芳夫 (SDI00686)-RIJ *

スーパー耐久

十勝24H予選速報

 曇り空から、霧雨の降るあいにくの天候となった金曜日の十勝地方。
 予選は、ウエットコンディションの中、15:00から1回目が、16:00
から2回目が行われた。
 予選1回目にトップタイムをマークしたのは、日産プリンス千葉GTR
ファルケン(竹内浩典/田中哲也/近藤真彦組)の2分21秒228。2番
手には2.4秒差でエンドレス アドバン GTR(木下みつひろ/土屋武士/
高木真一組)、3番手にもプリンス東京フジツボ・GT-R(砂子智彦/山田
英二/桂伸一組)とトップ3をS耐のGTRがしめる結果となった。
 2回目は、やはりプリンス千葉が若干ながらタイムを更新してのト
ップタイムをマーク。2分20秒072と20秒台を切りそうなところま
であげてきた。エンドレスも22秒157と1秒5ほどタイムを更新。
3番手には予選1回目では計測できなかった日産アルティアGTR(粕
谷俊二/桧井保孝/和田久組)が23秒664と総合3番手にあがった。
 4番手にはGTクラストップのMTCIポルシェGT-II(西澤和之/高
橋秀行/高橋則行組)が24秒211、5番手にもGTクラスのコラボレ
ーションドナーゲ(松田秀士/利根川吉延/余号敦/ディランタ・マラ
ガムワ組)が24秒230を出した。
JCG00146@nifty.ne.jp 
竹下 恵一郎

全日本GT選手権

JGTC_Rd.4:野田英樹リポート

全日本GT選手権
第4戦セントラルパークMINE
野田英樹  関連リポート
《予選》
1999年7月10日(土) 天候:晴れ  コースコンディション:ドライ
観客動員数:14,800人(主催者発表)
NO.6 エッソ・タイガー・チーム・ルマン
ドライバー:野田 英樹/ワイン・ガードナー
予選  1回目  11:00~12:00
1分24秒782  5番手
予選 2回目 15:00~16:00
1分24秒899 2番手
総合予選結果  
1分24秒782  5番手
 前日のフリー走行から順調に仕上がってきたのですが、車のバランスが今一
つ良くなく、思ったほどタイム・アップできませんでした。2回目に期待した
のですが、天候が良くなりすぎ、気温が上がってしまったので、殆どのチーム
がタイム更新できませんでした。結果として1回目の5位で予選を終えました。
【野田 英樹 選手コメント】
 セット・アップがうまく決まらず、車のバランスが良くなかったので、前日
でトップ・タイムをマークしたセットに戻すことにしたのですが、完全に変更
されていなかったようです。結果として、予選の状況は厳しいものとなってし
まいました。しかしながら、5番手グリッドからのスタートなら優勝するチャ
ンスはあると思うので、決勝は頑張りたいと思います。
《決勝》
1999年7月11日(日)天候:曇り コースコンディション:ドライ
観客動員数:42,000人(主催者発表)
決勝  14:00~16:00
NO.6 エッソ・タイガー・チーム・ルマン
ドライバー:野田 英樹/ワイン・ガードナー
5位
前半、野田が積極的に攻めてトップを取ってガードナー選手へ交代する予定
が、タイヤの摩耗がひどく、予定より早くドライバー交代となりました。この
時、シートベルトのトラブルで30秒ほどロスしてしまい、結果的にこの差を埋
める事ができず、5位と言う結果に終わりました。
【野田 英樹 選手コメント】
 チームの作戦として、前半、積極的に攻めて順位を上げ、ガードナー選手に
交代する予定だったのですが、思ったほどタイヤがもたず、2位まで上がるの
が精一杯でした。タイヤがだめだったので予定より速くピット・インし、ドラ
イバー交代をしたところ、トラブルがあってタイムを大幅にロスしてしまいま
した。結果的にこれが直接的な敗因になってしまったのですが、その後もガー
ドナー選手のドライビング中に小さなトラブルが続き、思ったようにタイムアッ
プできなかったようです。前回のレースに続き、今回も調子が良かったのです
が、思ったように進まず、残念な結果で終わってしまいました。ただ、5位な
らば次回のレースでウェイト・ハンデがないので、その分、次回の富士には期
待が持てると思います。次のレースは表彰台をめざし頑張りたいと思います。
資料提供:
Project Royal Oak       [URL : http://home.att.ne.jp/red/noda/]
 追伸:
 【Project Royal Oak談話】
 前回、今回と期待をさせておきながら残念な結果で終わってしまい、非常に
悔しく辛い思いでいっぱいです。ただ、ここ2レース(フォーミュラ・ニッポ
ン、GT)でともに入賞できたことで、少しづつ前に進んでいるのではと思って
います。両方のカテゴリーとも次回のレースこそ表彰台を狙える車になってい
るので次のレースには期待したいです。何度も申し上げますが、もうすぐ皆様
に結果をお見せできると思います。どうか、もうしばらく見守っていただけれ
ばと思います。
これからも野田英樹をよろしくお願い申し上げます。

全日本GT選手権

JGTC_Rd.4:MINE 無限+童夢リリース

1999年 7月12日
無限+童夢プロジェクト
'99 AUTOBACS CUP ALL JAPAN GT CHAMPIONSHIP ROUND 4 "CP MINE GT RACE"
Castrol 無限 NSX、2戦連続の表彰台!
○開催日  :1999年 7月10(土)~11(日)
○開催地  :山口県 セントラルパークMINEサーキット
(コース全長:3.33084km)
○決勝レース :76周(約253.144km)
○天 候  :予選日/曇り 決勝日/曇り
○コースコンディション :予選日/ドライ 決勝日/ドライ
○気温 :決勝日/25.4℃(14時)
○観客数 :42,200人(決勝日/主催者発表)
 中国、九州地方のモータースポーツ・ファンが待ちわびた、1999年全日本GT
選手権第4戦「CP MINE GT RACE」が、7月10~11日の両日、山口県セントラルパ
ークMINEサーキットにおいて開催された。
 ホンダNSX勢は、レギュラーの3チーム4台が勢揃いし、29日(土)の公式予選を
迎えた。その公式予選では4台の内、Mobil 1 NSXが予選4位セカンドローを獲得。
TAKATA 童夢 NSXが6位と好位置につけ、決勝レースに期待を持たせた。
 11日(日)の決勝レースは、9番手スタートから追い上げたCastrol 無限 NSXが3
位に入賞し、選手権ポイント12点を獲得。4番手スタートのTAKATA 童夢 NSXは、途中
トラブルから大きく遅れて13位、Mobil 1 NSXとRAYBRIG NSXは、残念ながらリタイア
に終わった。
●CP MINE GT RACE 出場チームと戦績
No.│マシン名          │エントラント名        │ドライバー    │HW│予│決│
│                  │                      │              │  │選│勝│
 6│Castrol 無限 NSX  |無限×童夢プロジェクト│中子 修      │40│9│3│
│ │                  │                      │道上 龍      │ │位│位│
18│TAKATA 童夢 NSX   │                      │脇阪寿一      │30│6│13│
│ │                  │                      │金石勝智      │  │位│位│
64│Mobil 1 NSX      │Mobil1 Nakajima Racing│トム・コロネル| │10│4│
│  │                  │                      │山西康司      │ │位│ │
100│RAYBRIG NSX       │チーム国光            │高橋国光      │70│15│26│
│  │                  │with MOONCRAFT        │飯田 章      │  │位│位│
 ※HW=ハンディ・ウェイト(単位:kg)
 今シーズン、スープラ勢の台頭により苦しい戦いとなったNSX勢は、本大会より
テストケースとして新しいフロントカウルをTAKATA 童夢 NSXに採用。このカウルは、
フロントのダウンフォースを拡大することを目的とし、横幅を拡大している。この横
幅の拡大に併せ、フロントトレッドも片側25mm、両サイドで50mm拡大している。また
このフロント部分の改修に併せリアウィングもハイダウンフォースを得られる2枚タ
イプに変更された。このニューカウルと足廻りは本レースの結果をみて、今後各車に
採用される予定である。
 金曜日のフリー走行では曇り空の下、各チームとも積極的に走り込みセッティング
をつめていった。その中、TAKATA 童夢 NSXはニューカウルの効果か2番手につけ、予
選、決勝に期待を持たせた。
○公式予選第1回[7月10日(土) 11:00~12:00 出走:34台]
 いよいよ、中国・九州地方の大勢のファンの待ちわびた1999年全日本GT選手権第4
戦の公式予選が、曇りの空ではあるがドライコンディションの下開始された。
 予選開始とともにGT500クラスの各チームともコースイン、一斉にタイムアタックが
開始された。
 NSX勢は、Mobil 1 NSXのトム・コロネル選手が一旦はコースインしたがすぐにピッ
トに戻りそのまま待機していた。
 予選開始後8分過ぎ、NSX勢は次々とコースイン、激しいタイムアタックが開始
された。
 その中、Mobil 1 NSXのコロネル選手は、ウォームアップにゆっくり1周した後ア
タックを開始、1分25秒371で5番手につけ、さらに激しくアタックを行い4周目1分
24秒710をマーク、その時点での2番手につけGT500クラス専用の20分を終了した。
 前日のフリー走行で2番手につけ期待されていたTAKATA 童夢 NSXは、脇坂寿一選手
がアタックを担当し、積極的に攻めたが1分25秒399の8番手。Castrol 無限 NSXの道
上選手は1分25秒430の9番手。70kgのハンディウェイトを積むRAYBRIG NSXの飯田章
選手は1分25秒964で15番手にそれぞれつけて最初の20分を終了した。
 GT300クラスとの混走となる最後の20分は、各チームともドライバーを交代し予選基
準タイムをクリア、そのセッティングの変更や決勝レースに向けて準備を始めていた。
 脇坂選手は「セッティングを外してしまいました。インターバルの間にやり直して
もらって、2回目に挑みます。」と語った。
 予選第1回の暫定ポールポジションは、1分24秒519でカストロール・トムス・スー
プラが獲得した。
○公式予選第2回[7月101日(土) 15:00~16:00 出走:33台]
 インターバルの間に気温は上昇し蒸し暑さを感じる中、公式予選第2回が開始され
た。各チームとも一斉にスタートはしていったが、タイムアップは難しいと判断した
ものか、決勝セッティングの確認を行っているチームも見受けられる中、NSX勢は
全車積極的にタイムアタックを繰り返していた。
 セッティングを変更したTAKATA 童夢 NSXは脇阪選手が再度アタック、6周目に1分
24秒869を記録し、予選第2回のトップ、総合でも6番手にポジションアップを果たし
た。
 RAYBRIG NSXは飯田選手がアタックし、第1回のタイムを更新する1分25秒836まで
タイムアップしたが、GT300クラス専用の掲示がされた後の周回によるタイムで無効と
され、9番手のポジションをフイにしてしまった。
 Mobil 1 NSXとCastrol 無限 NSXも積極的にアタックは行ったが、上昇した気温の
ためタイムアップはならず、ポジションは替わらなかった。
 結局、GT500クラスの中で予選第2回にポジションアップを果たしたマシンは、TAK
ATA 童夢 NSXのみであった。
 この結果、GT500クラスではポールポジションから11位までが1秒差という激しい予
選を制したのは、カストロール・トムス・スープラ。NSX勢では、Mobil 1 NSXが
予選4位、TAKATA 童夢 NSXが6位、Castrol 無限 NSXが9位、RAYBRIG NSXが15位に
つけ、各チームとも明日の決勝レースに備えていた。
○決勝レース[14時00分スタート 76周 出走:34台]
 今にも雨が降りそうな曇り空の下、スタート進行がオンタイムで開始され、午後14
時00分、フォーメーションラップから1周して、決勝レースの幕が切って落とされた。
 全車きれいにスタートを切ったかに思われた1周目第1コーナーの先陣争いからMo
bil 1 NSXとTAKATA 童夢 NSXが接触。Mobil 1 NSXの山西選手は、押し出される格好
でコースアウトし、グラベルにストップ、オフィシャルに押し出してもらいレースに
復帰したが、2ラップ遅れとなってしまった。コースに復帰した山西選手は、1分26
秒台を記録しながら追い上げたが2周の差は取り返せず、コロネル選手と交代。替わ
ったコロネル選手も前を追って快走したが、51周目に最終コーナー立ち上がりで、サ
スペンショントラブルからストップしリタイアとなった。
 TAKATA 童夢 NSXの脇阪選手は、1周目の接触で姿勢を乱し遅れたものの、そのまま
レースを続行。8番手でグランドスタンド前に戻ってきたが、ペースが上がらず徐々
に順位を落としていった。26周目11番手で予定より早くピットイン、マシンをチェッ
クしたところ、1周目の接触の影響で左ステアリングアームが曲がり破損寸前で、交
換作業のため大きく遅れてしまった。その後金石選手がハンドルを握り、徐々に順位
を取り戻していったが、4周遅れの13位でレースを終えた。
 予選9番手スタートのCastrol 無限 NSXは道上選手のハンドルでスタート。7番手
で1周目のグランドスタンド前に戻ってきた。その後も道上選手は着実にポジション
を上げ、13周過ぎからは6番手につけチャンスをうかがっていた。他チームがルーチ
ンのピットインを行いだした30周過ぎから徐々に順位を上げ、35周目には2番手、42
周目にはついにトップに浮上していった。48周目、Castrol 無限 NSXもルーチンのピ
ットイン。ドライバーを中子選手に替わり3番手でレースに復帰。ハンドルを握る中
子選手は、後続の激しいチャージを跳ね返し3番手をキープ。そのまま76周目のチェ
ッカーフラッグを受け、第3位に入賞した。
 飯田選手のドライブで15番手からスタートしたRAYBRIG NSXは、そのポジションから
徐々に追い上げをはかり、8周目には11番手に浮上していったが、22周目に痛恨のス
ピンを喫し、2周遅れとなってしまった。その後途中でドライバーを高橋監督兼選手
に交代し走行していたが、再度スピン、さらに大きく遅れてしまった。そのご順調に
前車を追っているかに見えたが、62周目、突然のエンジンブローでコースサイドにス
トップし、14周遅れの26位となった。
 レースは71周目までトップをキープしていたカストロール・トムス・スープラを、
72周目に交わしたペンズオイル・ニスモGT-Rがトップでチェッカーフラッグを受け、
今季初優勝を飾った。
○第3位 熊倉淳一監督(Castrol 無限 NSX)のコメント
「前回に続き作戦通りのレースです。道上選手も25周を過ぎるまでペースを上げずに
タイヤを温存しろという無理な言いつけを良く守ってくれましたし、中子選手も良く
ポジションをキープしてくれました。100%満足できる結果ではありませんが、現状で
はまずまずの結果だと思います。後3戦ポイント積み重ねて、チャンスが来たら勝負
したいと思います。今後も、応援よろしくお願いします。」
※資料提供:無限×童夢プロジェクト

全日本GT選手権

GTインサイドレポート 99Rd.4/3

■ 1999 AUTOBACS CUP ALL JAPAN GT CHAMPIONSHIP
■ GT INSIDE REPORT
■ Round 4 MINE GT RACE                                    FMOTOR4 EDITION
Race Report                      決勝日レポート              FMOTOR4版
 -------------------------------------------------------------------------
'99AUTOBACS CUP GTC第4戦MINE CP MINE GT RACE(7/10,11)
手に汗握る攻防戦!
ペンゾイル・ニスモGTRが大逆転で今季初優勝
 7月11日、セントラルパークMINEサーキットでは、AUTOBACS CUP全日本GT選手権
第4戦CP MINE RACEの決勝レースが開催された。
 天候はどんよりした曇りながら心配された雨は大丈夫そうだ。気温は23度、路面
温度は26~29度。午前中のフリー走行でクラッシュしたポールポジションNo.37 カ
ストロール・トムス・スープラも無事修復してスターティング・グリッドに並べる
ことが出来た。一方、スタート1時間前にGT300クラス予選5位のNo.7 RE雨宮マツ
モトキヨシRX7がミッショントラブルを起こし、他車がグリッドについてもまだ交換
作業を行っていた。また、No.21 BP-トランピオ-BMWがブレーキ・トラブルでこれも
ピットスタートとなった。
 14時ちょうどにローリングスタートが切られ、1周のフォーメーションの後、レー
スがスタートした。ポールスタートのNo.37 カストロール・トムス・スープラが順
当にトップで1コーナーに。続いてNo.35 マツモトキヨシ・トムススープラ、No.39
デンソーサードスープラGTと予選通りに駆け抜けたが、No.64 Mobil 1 NSXはやや
出遅れ気味で、両サイドにNo.6 ESSO Tiger Supra、No.18 TAKATA童夢NSXが飛び出
した。これで、No.64 Mobilは挙動を乱し、バックスタンド先の第2コーナーでコー
スアウトして出遅れる。序盤はNo.37、No.35、No.6の3台のスープラがトップを争
うが、コンスタントに1分27秒台のラップを刻むNo.37が徐々に後続を離していく。
一方、No.35はブレーキ系にトラブルが発生したようで、No.6、No.39に相次いでか
わされる。すると、この4番手No.35を先頭にNo.1 ペンズオイル・ニスモGTR、No.
16 Castrol無限NSXがテール・トゥ・ノーズでバトルを開始する。予選13位から好ス
タートを切って7周で8位番手まで上がってきたNo.12 カルソニックスカイラン
だったが、そのスタートがフライングと判定され、10秒間のペナルティ・ストップ
で後方へ下がることになる。また、No.36のカストロール・トムス・スープラはブ
レーキ・トラブルでコースアウトし、以後も走りが不安定になり後方に甘んじる。
 2番手のNo.6 ESSO Tiger Supraは早くも30周目にルーティンのピットインを行
い、野田からガードナーにドライバーチェンジ。これで2番手になったNo.39だった
が、34周目に最終コーナー出口でスピンしたが、立て直すとそのままピットイン。
ルーティンの作業に入った。
 35周目には6番手につけていたNo.1がピットイン。No.1は一時5番手になってい
たのだが、4速ミッションが壊れ、一時的にペースダウン。だが、本山の巧みなド
ライビングでそれ以上に下がらずに戦い続ける。当然、代わったコマスもこの4速
のないマシンでの戦闘を続けることになる。
 30周台でほとんどのマシンがピットインを行ったが、トップのNo.37 カストロー
ルとこの時点で2番手となったNo.16は、ギリギリまでピットインを延ばす作戦を
取った。No.37は41周目にスタートからトップを保ったままピットへ。ドライバー
は片山にバトンタッチ。ここまで順調に見えたNo.37だったが彼らもブレーキが甘
くなるトラブルを抱えていたのだった。No.16はさらに48周まで引っ張りピットイ
ン。ドライバーは道上から中子修
へと交替。コースに戻るタイミングでNo.37を抜きたかったが、わずかにNo.37が先
行しトップとなる。No.16はタイヤの暖まらない状態だったため3番手のNo.1 ペン
ズオイル・ニスモGTRにもかわされてしまう。この後、No.16は後方から追い上げて
きたNo.2 ARTAゼクセルスカイラインと10周以上に渡り激しい3番手争いを展開して
いく。
 50周時点でトップNo.37と2番手No.1の差は3秒弱。後続は10秒以上下がってし
まったために、マッチレースの様相を呈してきた。周回遅れと互いに抱えるトラブ
ルの種という爆弾を抱えながら、共に27秒から29秒台で激烈な駆け引きに入る。逃
げ切りたいNo.37だったが、続出する周回遅れに詰まって、その差はついに60周目
には1秒を切って、一旦はテール・トゥ・ノーズ状態に。しかし、No.37右京もガ
ンバリを見せ周回遅れが切れるとまたわずかにNo.1コマスを引き離して差を1.5秒
まで開く。
 だが、ラスト10周を切った時点で、また彼らの前に一団の周回遅れが現れ、2台
の差はなくなる。ブレーキに難があるNo.37はコーナーでNo.1に詰められ、最終コー
ナーからの立ち上がりと直線では4速を欠くNo.1が離される。
 だが、ラスト6周で再々度追いついたNo.1コマスは勝負に出て、1コーナーでNo.
37のインを突いて前に出る。2コーナーでは今度はNo.37がインを突き返してトッ
プを奪い返す。そして次のラップも1コーナーでNo.1がアタック。そしてこんどは
No.37の反撃を封じて、72周目にしてようやくトップに立つ。No.37も最後の力を振
り絞ってNo.1に追いすがるが、1秒少々の差を残したままレースはゴールとなった。
 No.1 ペンスオイル・ニスモGTRは今季初優勝。本山にとってはGTC初優勝となっ
た。2位にはNo.37 カストロール・トムス・スープラ、3位にはNo.16 Castrol無
限NSX。No.16と競り合ったNo.2はラスト2周で駆動系にトラブルを起こし、リタイ
アしてしまった。
GT300はザナヴィARTAシルビアの2連勝
 GT300クラスは、2番手のNo.15 ザナヴィARTAシルビアがポールポジションのNo.
81から序盤にトップを奪いそのままトップを譲ることなく、ゴールした。No.81は
18周目にサスペンショントラブルからホイールを痛めてリタイア。2位には予選3
番手のNo.25 モモコルセ・アペックスMR2が、他車との接触でマシンを傷めながら
もなんとか走りきった。
■優勝者インタビュー
GT500優勝
No.1 ペンズオイル・ニスモGTR
本山哲「1番はすごくうれしいんですけど、ボクが乗ってる後半にギアボックスの
トラブルが出てまして、はっきり言って降りたときには完走できるとは思えなかっ
た。完走できることだけを祈ってる状態から勝てたので、信じられないです。タイ
ヤも温存しながらいってて、クルマのセッティングもよくて、それとチームのこと
ですけれどピットストップがすごく速くて、それが順位を上げていったと思います。
具体的には4速がなくなって、4速がない状態でいかに速く走るかボクのときから
考えていて、それを無線でピットやエリックに伝えたりして、あとはエリックにま
かせました」
エリック・コマス「今日はとても楽しくレースができました。右京さんとのバトル
はギリギリまで攻めてもお互いに押し出すようなことはしませんでしたし、2人と
もハードなバトルでしたけれどいいレースができました。ピットストップの後に4
速がなくなっていたのはわかっていたので、なんとかクルマを保たせようと、なん
とかチャンピンシップのために15点獲ろうと考えたんですけれど、そのうち右京さ
んのクルマがブレーキなのかタイヤなのか、ちょっと調子が悪いようだと気がつい
て、勝負をかけてみようかと思いました。渋滞をうまく使うことができたので非常
にラッキーだったと思います」
GT300優勝
No.15 ザナヴィARTAシルビア
土屋武士「マージンは前半からあったんですが、見た目以上にきびしくて、ダイシ
ンシルビアの大八木さんがすごく速かったんで、ペース配分もなく最初から全開で
いきました。め一杯でこのまま走っちゃったら最後まで走れないなというペースで
走ってもついてきてるんで、本当に(ダイシンのリタイアは)ラッキーてしたね」
井出有治「交替したときに後ろと15秒くらい差があったと思うんですけど、タイム
を見て自分でがんばってさらにタイムを拡げました。前回の優勝のときよりも余裕
がありました。このまま連勝できるようにがんばります」
■GTC 第4戦MINE TV放映
テレビ東京系全国6局ネット
放映局:テレビ東京/テレビ大阪/テレビ愛知/テレビ北海道/
テレビせとうち/ティー・エックス・エヌ九州 
7月20日(火/祝) 12:00~13:15
(ご注意:先のプレビューでの時間が変更になっていました。お詫びして訂正します)
*山口放送:7月20日(火/祝)25:40~26:55
*CS衛星放送
J-SPORTS
8月15日(日)14:00~15:15 再放送 17日(火) 20:00~ 18日(水) 9:30~ 
以上
                       GTアソシエイション事務局
                        GTインサイドレポート班
                        古屋 知幸 = QYB04322 =

全日本GT選手権

JGTC_Rd.4:MINE GT決勝結果

全日本GT選手権第4戦 MINE(1999-07-11) Provisional Race Results
For All Japan GT Championship Rd.4 Central Park MINE(J):3.330839km
Weather:Cloudy  Course:Dry
P--No.Cls----Car-----------------------------Drivers--------Lap-GoalTime---
1   1 500  1 ペンズオイル・ニスモGT-R   (10) コマス/本山     76 1:53'17.952
134.064km/h
2  37 500  2 カストロールTOM'Sスープラ  (20) 鈴木利男/右京   76   -   2.080
3  16 500  3 Castrol無限NSX             (40) 中子/道上       76   -  16.262
4   3 500  4 ユニシアJECSスカイライン        長谷見/田中     76   -  34.746
5   6 500  5 ESSO Tiger Supra           (20) 野田/ガードナー 76   -  44.442
6 *12 500  6 カルソニックスカイライン   (10) 星野/影山正美   76   -1'10.276
7  39 500  7 デンソーサードスープラGT   (10) 土屋圭市/正彦   76   -1'11.806
8  38 500  8 FK/マッシモセルモスープラ  (30) 竹内/立川       75   -   1 Lap
9  36 500  9 カストロールTOM'Sスープラ  (50) 関谷/黒澤       73   -   3 Laps
10  30 500 10 綜警McLaren GTR                 山田/岡田       73   -   3 Laps
11  15 300  1 ザナヴィARTAシルビア       (60) 土屋武士/井出   72   -   4 Laps
12  25 300  2 モモコルセ・アペックスMR2  (80) 新田/高木       72   -   4 Laps
13  18 500 11 TAKATA童夢NSX              (30) 脇阪/金石       72   -   4 Laps
14  19 300  3 ウェッズスポーツセリカ     (60) 織戸/原         71   -   5 Laps
15   2 500 12 ARTAゼクセルスカイライン        亜久里/クルム   71   -   5 Laps
16  55 500 13 STPタイサンバイパー             松田/田嶋       70   -   6 Laps
17  70 300  4 外車の外国屋アドバンポルシェ    石橋/酒井       70   -   6 Laps
18  86 300  5 BP・KRAFT・トレノ               田中/雨宮       70   -   6 Laps
19  20 300  6 オートレットセリカ              松永/藤原       69   -   7 Laps
20  21 300  7 BP-トランピオ-BMW               一ッ山/伊藤     69   -   7 Laps
21  77 300  8 クスコスバルインプレッサ   (20) 小林/谷川       66   -  10 Laps
22 *99 300  9 大黒屋ぽるしぇ                  吉富/日置       66-1 -  11 Laps
23  35 500 14 マツモトキヨシTOM'Sスープラ(30) ラファネル/山路 65   -  11 Laps
24 *72 300 10 オークラRX7                     石川/平野       65-1 -  12 Laps
25  71 300 11 シグマテック911                 城内/河野       64   -  12 Laps
26 100 500 15 RAYBRIG NSX                (70) 国光/飯田       62   -  14 Laps
27   7 300 12 RE雨宮マツモトキヨシRX7    (20) 松本/山野       61   -  15 Laps
--------------以上完走--------------------------------------------------------
64 500    Mobil1 NSX                 (10) コロネル/山西   51   -  25 Laps
61 300    テイボン・トランピオ・FTO       中谷/ファーマン 32   -  44 Laps
10 300    アビリティ・マリオポルシェ      麻生/桧井       21   -  55 Laps
81 300    ダイシンシルビア           (40) 福山/大八木     18   -  58 Laps
32 500    cdma Oneセルモスープラ          近藤/木下       17   -  59 Laps
88 500    ノマドディアブロGT1             和田久/古谷      5   -  71 Laps
26 300    アドバンタイサンポルシェ        須賀/シュワガー  5   -  71 Laps
------------------------------------------------------------------------------
車名の後ろの(  )はウェイトハンデ(kg)
Fastest Lap GT500 #35マツモトキヨシTOM'Sスープラ(ラファネル) 1'26.158
Fastest Lap GT300 #15ザナヴィARTAシルビア       (土屋武士)   1'31.413
No.12は、1999年GT選手権統一規則 第28条15により、ペナルティストップ10秒を課した
No.72,99は、1999年GT選手権統一規則 第29条15(ピットレーン通過制限速度違反)によ
り、1周減算した。
** FMOTOR4F SysOp 北島滋穂(sdi00685@nifty.ne.jp) **

全日本GT選手権

GTインサイドレポート 99Rd.4/2

■ 1999 AUTOBACS CUP ALL JAPAN GT CHAMPIONSHIP
■ GT INSIDE REPORT
■ Round 4 MINE GT RACE                                    FMOTOR4 EDITION
  Qualify REPORT         予 選            99/07/10
 -------------------------------------------------------------------------
'99AUTOBACS CUP GTC第4戦MINE CP MINE GT RACE(7/10,11)
今度はカストロール・トムスだ!ル・マンパワーがMINEに到来
GT300はダイシンシルビアが開幕戦に続き2度目のポール獲得
7月10日、セントラルパークMINEサーキットで1999年AUTOBACS CUP全日本GT選手権
第4戦MINE GT RACEの公式予選が行われた。予選1回目に1分24秒519を記録した
No.37 カストロール・トムス・スープラの鈴木利男がポールポジションを獲得。スー
プラによるポールは今季第2戦から3戦連続となる。GT300クラスではNo.81 ダイ
シンシルビアの福山英朗が1分29秒920でクラスポールに。シルビアは今季開幕以
来ポール独占中だ。
■スープラ同士が激戦の予選1回目
 公式予選1回目は午前11時から開始。空全体を薄い雲が覆うものの雨の気配はな
く気温27度、路面31度。60分行われる予選の最初20分間は、GT500クラス占有の時間
だ。開始5分時点でまずNo.35 マツモトキヨシ・トムススープラのP.ラファネルが
1分25秒647でトップに。直後にNo.1 ペンズオイル・ニスモGTRの本山哲が25秒941
でトップを奪うが、すぐにNo.35 ラファネルが24秒941を叩き出して再度トップに。
残念ながらスカイラインがポール勝負に絡んだのはここまで。7分過ぎにはNo.37 
カストロール・トムス・スープラの鈴木利男が1分24秒780でNo.35をかわしてトッ
プに。さらに次のラップで24秒646までタイムを刻んだ。この時点でトップNo.37、
続いてNo.35、3番手にはNo.6 ESSO Tiger Supra(野田)、No.38 FK/マッシモセル
モスープラ(竹内)と上位をスープラが独占。だが12分過ぎにNo.64 Mobil 1 NSXの
T.コロネルが1分24秒710まで詰めて2番手とトップNo.37に迫るが、わずか2分後
にNo.39 デンソーサードスープラGT、影山正彦の24秒699によって押し下げられてし
まう。17分過ぎにはNo.37が24秒519とさらタイムアップ。これに対しNo.35 マツモ
トキヨシ・トムススープラがコンマ105秒まで迫るが、結局このままGT500の占有時
間を終了。この後のGT300クラスとの混走時間20分間には上位陣でタイムアップを果
たしたマシンはなく、このままNo.37 カストロール・トムス・スープラが暫定のポー
ルを獲得した。
■NSX勢の巻き返し及ばずスープラ3連続ポール
 予選2回目は定刻15時ちょうどから60分行われた。気温は29度、路面温度は37度
とかなり上昇。コンディション的にはやや悪くなった。このためか、まず25秒切っ
たマシンが出たのは10分を過ぎてから。No.6 ESSO Tiger Supra(野田)が1分25秒
871でトップに立つ。No.6はさらに24秒899まで詰める。これに対し午前奮わなかっ
たNSX勢のタイムアップが激しくなる。No.16 Castrol無限NSXが1分25秒898で2番
手に飛び込むと、その直後にはNo.64 Mobil 1 NSXが25秒502とNo.16の上へと行く。
さらに1分後にはNo.18 TAKATA童夢NSXが25秒159と2番手に、No.18はさらに1分24
秒869とついにNo.6 ESSO Tiger Supraからトップを奪い取った。GT500の占有セッ
ション終了直前には午前のトップNo.37 カストロール・トムス・スープラも24秒938
まで刻んでこのセッションの3番手となる。これでトップNo.18 NSX、2番手にNo.6
スープラ、No.37 スープラ、No.35 スープラ、No.64 NSXと並びNSXとスープラが混
ざった形となる。この後、GT300との混走タイムには、タイムアップするマシンは現
れず、結局この順位のままに予選2回目も終了した。
 この結果、No.37 カストロール・トムス・スープラがポールポジションを確定。
鈴木利男にとっては97年第3戦富士以来GTC2度目のポール獲得。先のル・マン24時
間で惜しくも2位に甘んじた鈴木と片山右京コンビがGTCでポールスタート。彼ら
と共にル・マンの表彰台に立った土屋圭市(No.39 デンソーサードスープラGT)も
セカンドローとル・マン表彰台パワーがGTCにも押し寄せた。
■ダイシンシルビアがパーフェクトな予選を展開
 GT300の午前のセッションは、まずNo.15 ザナヴィARTAシルビア、No.7 RE雨宮マ
ツモトキヨシRX7、No.77 クスコスバルインプレッサが1分31秒台で上位を競う。
ここからNo.15が30秒431で一歩抜け出る。さらにNo.25 アペックス・モモコルセMR2
も30秒205で2番手に。だがGT300占有時間も残り5分となった時、その数分前にコー
スインしたNo.81 ダイシンシルビアの福山英朗がGT300のレコードとなる1分29秒920
を叩き出してトップに立ち、そのままGT300の占有時間を終了。この後、このタイ
ムを上回るマシンは現れず、午後のセッションもNo.81が1分30秒740でトップタイ
ムとなり、他車も午前のトップタイムを更新することは出来ず、No.81 ダイシンシ
ルビアのポールポジションが決定した。
GT500 POLE POSITION
No.37 カストロール・トムス・スープラ 1'24.519
鈴木利男「ル・マンの勢いだけでいきました。クルマがけっこうよくて、なんとな
くアタックのタイミングがよかったです。午前中のアタックでニュータイヤを履い
たときあまりよくなくて、ピットに戻って左右入れ替えたらよくなりました。ここ
はブレーキにキツいんで明日はそれなりにいきます。今日まではほかの(TOM'Sの)
2台に出ているトラブルは出てません。まあ明日は天気がこんなに暑かったらシン
ドそうなので、1番前だし自分たちのペースでいきます」
GT300 POLE POSITION
No.81ダイシン シルビア 1'29.920(コースレコード)
福山英朗「開幕戦以来のポールなんで、ずいぶん久しぶりですよね。今日はクルマ
の調子もいいしエジンパワーも出てるんで、チャンスが来たというレースだと思っ
ています。確実に獲っていかなければいけないです。ここまで順調に来て、恐いの
はレース中のアンラッキーです。数字的には満足なんですけれど、自分自身がうま
く乗れなかったというのもあって、仕事の完成度としては低かったです」
以上
                       GTアソシエイション事務局
                        GTインサイドレポート班
                        古屋 知幸 = QYB04322 =

全日本GT選手権

JGTC_Rd.4:MINE GT予選総合結果

全日本GT選手権第4戦 MINE(1999-07-10) Qualifying-Session
For All Japan GT Championship Rd.4 CentorlPark MINE(J):3.330839km
Weather:Fine  Course:Dry
P--No.Cls----Car-----------------------------Drivers---------Best-LapT-km/h--
1  37 500  1 カストロールTOM'Sスープラ  (20) 鈴木利男/右京   1'24.519 141.881
2  35 500  2 マツモトキヨシTOM'Sスープラ(30) ラファネル/山路 1'24.624
3  39 500  3 デンソーサードスープラGT   (10) 土屋圭市/正彦   1'24.699
4  64 500  4 Mobil1 NSX                 (10) コロネル/山西   1'24.710
5   6 500  5 ESSO Tiger Supra           (20) 野田/ガードナー 1'24.782
6  18 500  6 TAKATA童夢NSX              (30) 脇阪/金石       1'24.869
7  36 500  7 カストロールTOM'Sスープラ  (50) 関谷/黒澤       1'25.071
8   1 500  8 ペンズオイル・ニスモGT-R   (10) コマス/本山     1'25.538
9  16 500  9 Castrol無限NSX             (40) 中子/道上       1'25.430
10  38 500 10 FK/マッシモセルモスープラ  (30) 竹内/立川       1'25.444
11   2 500 11 ARTAゼクセルスカイライン        亜久里/クルム   1'25.510
12  32 500 12 cdma Oneセルモスープラ          近藤/木下       1'25.556
13  12 500 13 カルソニックスカイライン   (10) 星野/影山正美   1'25.656
14  30 500 14 綜警McLaren GTR                 山田/岡田       1'25.714
15*100 500 15 RAYBRIG NSX                (70) 国光/飯田       1'25.964
16   3 500 16 ユニシアJECSスカイライン        長谷見/田中     1'26.425
17  88 500 17 ノマドディアブロGT1             和田久/古谷     1'27.914
18  55 500 18 STPタイサンバイパー             松田/田嶋       1'28.621
19  81 300  1 ダイシンシルビア           (40) 福山/大八木    R1'29.920
20  15 300  2 ザナヴィARTAシルビア       (60) 土屋武士/井出   1'30.431
21  25 300  3 モモコルセ・アペックスMR2  (80) 新田/高木       1'31.205
22  61 300  4 テイボン・トランピオ・FTO       中谷/ファーマン 1'31.317
23   7 300  5 RE雨宮マツモトキヨシRX7    (20) 松本/山野       1'31.446
24  77 300  6 クスコスバルインプレッサ   (20) 小林/谷川       1'31.477
25  72 300  7 オークラRX7                     石川/平野       1'31.566
26  71 300  8 シグマテック911                 城内/河野       1'31.869
37  26 300  9 アドバンタイサンポルシェ        須賀/シュワガー 1'32.167
28  19 300 10 ウェッズスポーツセリカ     (60) 織戸/原         1'32.417
29  20 300 11 オートレットセリカ              松永/藤原       1'32.456
30  21 300 12 BP-トランピオ-BMW               一ッ山/伊藤     1'34.926
31  99 300 13 大黒屋ぽるしぇ                  吉富/日置       1'33.327
32  86 300 14 BP・KRAFT・トレノ               田中/雨宮       1'33.491
33  70 300 15 外車の外国屋アドバンポルシェ    石橋/酒井       1'33.957
34* 10 300 16 アビリティ・マリオポルシェ      麻生/桧井       1'33.271
------------------------------------------------------------------------------
車名の後ろの(  )はウェイトハンデ(kg)
公式予選通過基準タイム (110%) GT500 : 1'33.075/GT300 : 1'39.571
参加台数:34台/出走台数:34台
No.100は、1999年GT選手権統一規則 第25条 1.2)により、予選2回目の「GT300」の
表示後のラップタイムは無効とし、当該車両のベストラップを抹消した。
No.10は、1999年GT選手権統一規則 第25条 11により、決勝レース出場を認めた。
以上
                       GTアソシエイション事務局
                        GTインサイドレポート班
                        古屋 知幸 = QYB04322 =

全日本GT選手権

GTインサイドレポート 99Rd.4/1

■ 1999 AUTOBACS CUP ALL JAPAN GT CHAMPIONSHIP
■ GT INSIDE REPORT
■ Round 4 MINE GT RACE                                    FMOTOR4 EDITION
 PREVIEW REPORT         プレビュー           99/07/06
 -------------------------------------------------------------------------
混戦必死のテクニカル・サーキット
シリーズ折り返し点を征するのは誰だ?!
 1999年も半分が過ぎ7月を迎えた。チマタでは世界終末論争もにぎやかだが、7
月11日までは、無事に過ぎてほしいもの。そう、来る7月10、11日は、山口県・セ
ントラルパークMINEサーキットでAUTOBACS CUP全日本GT選手権(GTC)第4戦MINE GT 
RACEが開催されるからだ。これを見なけりゃ、死んでも死に切れない。ノストラダ
ムスもこレース結果までは、予言できなかったのだから…。
 昨シーズンは10月11日に第6戦として行われたMINEラウンドだが、今季は初夏の
気配が漂う7月10、11日にシリーズ中盤の山場、第4戦として開催される(今季の
GTCは全7戦)。舞台となるセントラルパークMINEサーキットは、山と山に挟まれた
平地に中低速コーナーを中心としてコンパクトにレイアウトされたテクニカル・サー
キットだ。本当にストレートといえるのはメインストレートの1本だけで、あとは
2、3速を多用する中低速コーナーが連続する。さらにコース幅も狭めで、非常に
抜きどころが少ない。GT500、GT300と2クラス40台近くが走るGTCでは、このため毎
年混戦、波乱が必至のレースが繰り広げられている。マシン的にはアベレージ・ス
ピードが低いためエンジンに不安は少ないが、反面ブレーキを酷使するために、こ
こにウイークポイントを持つマシンには厳しいコースといえよう。このような点か
ら、MINEは決勝のみならず、予選で決まるスターティング・グリッドも重要な勝利
へのファクターになる。決勝日だけでなく、予選日から激しいポジション争いが繰
り広げられることになるだろう。
 コーナーが連続するという点では、NAエンジン&ミドシップのNSX勢が有利といえ
る。昨年もNo.100 RAYBRIG NSXが優勝、2位にNo.64 Mobil1 NSXと1・2フィニッ
シュ、予選も1・2・3、ファステストもNSXとほぼパーフェクト状態だった。だ
が、今年は他の車種もパワーアップしている反面、車両規定変更で車重の増えたNSX
は、逆に辛いコースとなるかもしれない。さらにスカイラインやスープラが持つABS
を、NSXは装備していない点も気になるところだ。だが、NSXの開発を手がける童夢
&無限はこれを黙ってみているわけではない。先のMINE合同テストでは、新たな空
力パーツなど99年型NSXのステップ2の準備を行っていた。NSXの逆襲はここから始
まるかもしれないのだ。
 第3戦SUGOでついにNSXの連勝にストップを掛けたスープラ。99年型も3戦目でNo.
36 カストロール・トムス・スープラが優勝を果たし、熟成が順調に進んでいること
を見せつけた。元々総合性能の優れるスープラはコースレイアウトに関係なく強さ
を発揮できるマシンだ。レースに先立って6月16、17日に行われた合同テストでも、
No.6 ESSO Tiger Supra、No.39 デンソーサードスープラGTが好タイムを連発して
いた。それだけにこのレースの本命は、このスープラ勢から出るだろう。
 一方、もう7戦も勝利から離れているのがスカイラインGT-R。一発のスピードで
はスープラ、NSXにやや水を開けられている感があるが、レースとなるとしぶとさを
発揮し、ここまで常に決勝トップ5に入っている。先に挙げたとおり混戦・乱戦が
予想され、各車のタイム格差が開きにくいここMINEでは、一矢報いる最大のチャン
スといえるだろう。先の合同テストでは、No.12 カルソニックスカイラインが好調
で、初日4番手、2日目もドライのセッションでは5番手と好感触を得ているよう
だ。また、このところ実力を発揮しつつあるNo.30 綜警McLaren F1GTRも注目の1台
だろう。
 ドライバーサイドから見ると、6月12~13日に行われたル・マン24時間レースで、
トヨタGT-ONEを駆り総合2位入賞を果たした、片山右京と鈴木利男(共にNo.37 カス
トロール・トムス・スープラ)、土屋圭市(No.39 デンソーサードスープラGT)が
その余勢を駆って活躍しそうな予感がする。ことにこれまでトヨタのル・マン用マ
シン開発に時間を取られていた片山は、この使命から解放され晴れてGTCに全力を注
げる状態になっただけに要注目のドライバーだろう。また、この第4戦の1週間前
に行われたフォーミュラニッポン第6戦鈴鹿で今季初優勝した影山正美(No.12 カ
ルソニックスカイライン)も勢いがありそうだ。
トリッキーなMINEではFFが活躍の予感…
雨が降ればポルシェの巻き返しもある!
 GT300クラスでは、このトリッキーなMINEから推理すると、FFマシンの活躍があり
そうだ。となると、第1戦鈴鹿の勝者No.19 ウエッズスポーツセリカとNo.61 テイ
ボン・トランピオ・FTOあたりが注目だろう。これに対抗するのがミドシップマシン
で昨年のMINE勝者でもあるNo.25 モモコルセ・アペックスMR2(昨年はNo.25つちや
MR2として出ていたマシン)が対抗馬となるだろうか。だが、No.25モモコルセには
このレースなんと90kgのウエイトハンディが搭載されることになっており、これが
ブレーキに負担を掛けるとなれば少々苦戦を強いられることも予想される。
 また、シリーズ折り返しのレースとなるだけに、チャンピオンを狙うランキング
上位チームにとっては、ここで勝っておきたい一戦だ。前戦SUGOでポール・トゥ・
フィニッシュを決めたNo.15 ザナヴィARTAシルビアは連勝を、まだ未勝利のNo.7 RE
雨宮マツモトキヨシRX7、No.81 ダイシンシルビアは勝負に出てきてもおかしくない。
 また、もし天候が雨になれば、ポルシェ勢が躍進する可能性も考えられる。そし
て、前戦でデビューし、クラス11位と早くも入賞目前まで行ったNo.86 BP・KRAFT・ト
レノも気になるところ。
 このMINEはコースが狭いだけに、速度差のあるGT300とGT500のマシンが無用の接
触を起こしてしまう確率が非常に高い。それでなくとも混戦度合いの高いGT300では
ライバルだけでなく、混走するGT500クラスのマシンも気に掛けねばならない。もち
ろん、GT500の各車にとっても同様のことが言えよう。この状況を読むテクニックと
度胸、サバイバル戦術が勝負の鍵になるかもしれない。
。
Report by GTインサイドレポート班
☆99 AUTOBACS CUP 全日本GT選手権 予想エントリーリスト
第4戦 MINE GT RACE   セントラルパークMINEサーキット(7/10,11)
[GT500] 18台
No. マシン              ドライバー                     チーム           タイヤ WH
------------------------------------------------------------------------------
1  ペンズオイル・ニスモGTR      エリック・コマス(F)  本山 哲         NISMO             BS 10
2  ARTAゼクセルスカイライン      鈴木亜久里   ミハエル・クルム(D)      NISMO             BS
3  ユニシアジェックススカイライン     長谷見昌弘   田中哲也         ハセミ・モータースポーツ     BS
6  ESSO Tiger Supra     野田英樹     ワイン・ガードナー(AUS) 
ESSO Tiger Team LeMans   BS 20
12  カルソニックスカイライン         星野一義     影山正美         TEAM IMPUL        BS 10
16  Castrol無限NSX       中子 修     道上 龍         無限×童夢Project BS 40
18  TAKATA童夢NSX        脇阪寿一     金石勝智         無限×童夢Project BS 30
30  綜警McLaren GTR      山田洋二     岡田秀樹         TEAM TAKE ONE     BS
32  cdma Oneセルモスープラ     近藤真彦     木下隆之   cdma One TOYOTA 
TEAM CERUMO with Key's BS
35  マツモトキヨシ・トムススープラ     山路慎一   ピエール・ラファネル(F)     マツモトキヨシTEAM TOM'S MI 30
36  カストロール・トムス・スープラ     関谷正徳   黒澤琢弥   TOYOTA Castrol TEAM TOM'S MI 20
37  カストロール・トムス・スープラ     鈴木利男   片山右京   TOYOTA Castrol TEAM TOM'S MI 20
38  FK/マッシモセルモスープラ      竹内浩典   立川祐路         TOYOTA TEAM CERUMO  BS 30
39  デンソーサードスープラGT     土屋圭市   影山正彦           TOYOTA TEAM SARD  YH
55  STPタイサンアドバンバイパー  松田秀士   田嶋栄一     TEAM TAISAN with ADVAN  YH
64  Mobil 1 NSX          山西康司   トム・コロネル(NL)   Mobil1 NAKAJIMA RACING BS 10
88  ノマドディアブロGT-1      和田 久   古谷直広           JLOC              TY
100 RAYBRIG NSX          高橋国光   飯田 章     チーム国光 with MOONCRAFT  BS 70
[GT300] 16台
No. マシン              ドライバー                     チーム           タイヤ WH
------------------------------------------------------------------------------
7  RE雨宮マツモトキヨシRX7     松本晴彦   山野哲也           RE雨宮レーシング      YH 20
10  アビリティ・マリオポルシェ      麻生英彦   檜井保孝           アビリティモータースポーツ   YH
15  ザナヴィARTAシルビア      土屋武士   井出有治           NISMO             YH 60
19  ウエッズスポーツセリカ        織戸 学   原 貴彦      RACING PROJECT BANDOH  YH 50
20  オートレック セリカ           松永雅博   藤原靖久           SPIRIT TOM'S      YH
21  BP-トランピオ-BMW        一ツ山幹男  伊藤大輔          HITOTSUYAMA RACING TY
25  モモコルセ・アペックスMR2      新田守男   高木真一           アペックス            YH 90
26  アドバンタイサンポルシェ      須賀宏明   砂子智彦           TEAM TAISAN Jr.   YH
61  ライボン・トランピオ・FTO     中谷明彦   ラルフ・ファーマン(GB)      チーム・ライボン・ラリーアート  TY
70  外車の外国屋アドバンポルシェ 石橋義三  酒井 浩          TEAM GAIKOKUYA    YH
71  シグマテック911           城内政樹   河野尚裕           シグマテックレーシングチーム  YH
72  オークラRX7          石川 朗   平野 巧           オークラロータリーレーシング   YH
77  クスコスバルインプレッサ       小林且雄   谷川達也           クスコレーシング         YH 20
81  ダイシンシルビア           福山英朗   大八木信行         TEAM DAISHIN      YH 40
86  BP・KRAFT・トレノ      田中 実   雨宮栄城           KRAFT             TY
99  大黒屋ぽるしぇ       吉富 章   日置恒文           TEAM大黒屋        DL
○略号 WH:ウエイトハンディ
    タイヤ BS:ブリヂストン、DL:ダンロップ、MI:ミシュラン、
        TY:トーヨー、YH:ヨコハマ
    国 籍 AUS:オーストラリア、D:ドイツ、F:フランス、GB:イギリス、
        NL:オランダ
☆タイムスケジュール
 7月9日(金) 練習走行  (FT=フォーミュラトヨタ)
   GTフリー走行1回目    8:55~10:25
   GTフリー走行2回目   14:50~14:30
 7月10日(土) 公式予選
   スプリンターNC予選      9:25~ 9:40
   CIVIC予選        9:55~10:10
   マーチ予選       10:25~10:40
   GT予選1回目      11:00~12:00
   ピットウォーク     12:20~13:00
   FT予選         13:30~13:45
   スプリンターNC決勝      14:10~14:45 10周
   GT予選2回目      15:00~16:00
 7月11日(日) 決勝レース
   GTフリー走行       8:50~ 9:20
   CIVIC決勝        9:45~10:10 10周
   マーチ決勝       10:35~11:00 10周
   FT決勝         11:25~11:55 15周
   ピットウォーク     12:10~13:00
   GTウォームアップ    13:15~13:20
   GT決勝スタート     14:00~    76周(終了予定16:05)
☆観戦チケットのご案内
【チケット】
■前売り観戦券
 大人 5,000円
☆オートバックス各店でGTCシリーズ戦共通前売り観戦券発売中
  大人 5,000円
■予選当日券
 大人 3,000円/中学生以下 無料(ただし父兄同伴の場合)
■決勝当日券
 大人 6,000円/中学生以下 無料(ただし父兄同伴の場合)
■駐車料金
 決勝日:4輪 1,000円、2輪 300円/予選日:2輪、4輪:無料
【チケット発売所】
●チケットぴあ●ローソンチケット●ダイエーOMC
●ポプラ(福岡・山口・広島地区)
●JAF(中国・九州各本支部)●西日本地区主要プレイガイド
☆オートバックス全店舗(GTC共通前売り券)
【お問い合わせ】
 セントラルパークMINEサーキット TEL:08375-8-0321/FAX:08375-8-0323
 インフォメーションダイアル
  TEL.03-3409-2365/FAX.03-3409-2307(平日10:00-17:00)まで。
【TV放送】
7月20日(火・祝) 16:00~17:15
テレビ東京系全国6局ネット
放映局:テレビ東京/テレビ大阪/テレビ愛知/テレビ北海道/
テレビ瀬戸内/ティーエックスエヌ九州 
*山口放送:7月20日(火・祝)25:40~26:55
以上
                       GTアソシエイション事務局
                        GTインサイドレポート班
                        古屋 知幸 = QYB04322 =

Formula Nippon

FN_Rd.5:野田英樹リポート

全日本選手権フォーミュラ・ニッポン
第5戦鈴鹿サーキット
野田英樹  関連リポート
《予選》
1999年7月3日(土) 天候:曇り~雨  
コース・コンディション:ドライ~ウェット
観客動員数:10,000人(主催者発表)
予  選    1回目 13:00~13:45
NO.20  ビブライズ・インパル・レイナード99L(野田 英樹) 
1分51秒195  7番手
NO.19 ビブライズ・インパル・レイナード99L(影山 正美)
1分49秒744  2番手
   2回目 15:45~16:30
NO.20  ビブライズ・インパル・レイナード99L(野田 英樹) 
2分12秒307  トップ・タイム
NO.19 ビブライズ・インパル・レイナード99L(影山 正美)
2分13秒189  3番手
総合予選結果:
NO.20  ビブライズ・インパル・レイナード99L(野田 英樹) 
1分51秒195  7番手
NO.19 ビブライズ・インパル・レイナード99L(影山 正美)
1分49秒744  2番手
 1回目の予選は、曇りから雨になるという展開の中、早めにタイムを出して
いかなければならず、セッティングが今一つ思ったようにならなかったようで
す。2回目の予選は完全な雨になってしまい、1回目の予選結果は更新できる
状態ではなかったのですが、トップ・タイムをマークできました。
 順位的には満足いくものではないのですが、セッティングの方向はつかめて
きたようです。
【野田 英樹 選手コメント】
 今一つセッティングを詰め切れず、オーバー・ステアが強くなってしまいま
した。自分自身も100%の力を出しきれなかったので、もう少し上位に入れたと
思うと悔しい結果に終わってしまいました。全体的には2回目の雨の予選でトッ
プ・タイムをマークできたので。マシン自体の性能の高さが分かったので良かっ
たと思います。
《決勝》
199年7月4日(日)天候:晴れ  コース・コンディション:ドライ
観客動員数:32,000人(主催者発表)
決  勝    14:00~15:10
NO.20  ビブライズ・インパル・レイナード99L(野田 英樹) 
6位
NO.19  ビブライズ・インパル・レイナード99L(影山 正美)
優勝
 エンジン、ブレーキに問題を抱えての走行で、非常に苦しい展開になってし
まいましたが、最終ラップまで3位をキープできたのは、野田の力によるもの
ではないかと思います。最後の最後で追突されるという結末には非常に悔しい
ものがありますが、6位に入賞でき、マシンの状態もかなり良くなっているよ
うなので。前向きに終わる事ができたのではと思っています。
 レイナードになって最初のレースだったので、正直なところここまでできる
とは思っていませんでした。同僚の影山選手が優勝している事もあり、順位に
は満足していませんが、トラブルを抱えながらのレースであった事を考えると、
終始3位を維持できた事に改めて野田の力を見る事ができたと思います。
 次回の菅生サーキットは、野田が最も得意としているコースですし、マシン
の方もだいぶ良くなってきているようです。今まで皆さんに我慢して頂いた分
も次回のレースでは頑張りたいと思います。引き続き、野田英樹へのご支援、
ご声援のほどよろしくお願い申し上げます。
【野田 英樹 選手コメント】
 走り出して10周目あたりからブレーキの調子が悪くなったことと、ストレー
トでエンジンが伸びなかった事もあり、苦しい状況でのレースとなりました。
ただ、ハンドリングが良かったのでコーナーでは速く走る事ができました。今
回のトラブルが解決すれば楽しみなレースが出来ると期待しています。
 最終ラップの接触は、3、4台分の間隔が開いていた事を考えればどう見て
も無理な突っ込みで、実際ブレーキがロックしてコントロールを失っていまし
た。レースだから仕方ないと言え、納得がいかない結末になってしまいました。
【星野  一義  監督コメント】
レイナードになってから時間が無かったので、それぞれに不満はあったもの
の、2台とも入賞できたので良かったと思います。野田君については。3位を
走行していたのですが、ラフ・プレーにあい、6位に終わってしまい残念です。
ただ、35周走りきってくれた事で、データを取る事ができましたし、よそのチー
ムと互角に戦えるようになれると思います。
 まだまだ課題はたくさんありますが、次回は2台とも表彰台に乗れるよう、
チーム一丸となって頑張りたいと思います。
資料提供:
Project Royal Oak       [URL : http://home.att.ne.jp/red/noda/]

Japanese F3

'99_JF3 ドライバーズ ポイント( 6/10戦)

(第6戦まで)
1999                      3   4   5   5   6   7   8   8  10  11
Japan                    /   /   /   /   /   /   /   /   /   /
Formula 3              21  18  02  23  06  04  01  29  03  14
Championship          鈴  筑  富  美  富  鈴  菅  T  茂  鈴
Drivers-point        鹿  波  士  祢  士  鹿  生  I  木  鹿
Po-No-Driver------------Rd.-1 --2 --3 --4 --5 --6 --7 --8 --9 -10 --総合P-有効P
1  1  D.マニング           3   9   9   9   9   9                      48    48
2  7  荒  聖治              9   0   3   0   4   0                      16    16
3  2  W.エブラヒム         6   4   0   3   0   0                      13    13
3  64 松田 次生             0   0   6   0   3   4                      13    13
5  55 金石 年弘             4   0   1   2   0   6                      13    13
6  3  S.フィリップ         2   0   4   0   6   0                      12    12
7  77 伊藤 大輔             0   1   0   6   1   3                      11    11
8  17 黒澤 治樹             0   6   0   0   0   2                       8     8
9  15 R.ビルタネン         0   3   2   1   2   -                       8     8
10 9  谷川 達也             1   2   0   4   0   0                       7     7
11 87 M.メディアーニ       0   0   0   0   0   1                       1     1
16 五味 康隆             0   0   0   0   0   0                       0     0
71 内山 清士             0   0   0   0   0   0                       0     0
8  井上 智之             0   0   0   0   0   0                       0     0
6  中嶋 廣高             0   0   0   0   0   0                       0     0
18 密山 祥吾             0   0   0   0   0   0                       0     0
5  滑川  健              0   0   0   0   0   0                       0     0
33 小早川 受黎           0   -   0   0   0   0                       0     0
4  P.バン.スクート      -   0   0   -   -   0                       0     0
4  酒井 浩               -   0   0   -   -   -                       0     0
53 富澤 勝               -   0   -   -   0   -                       0     0
20 伊藤 健二             -   -   -   -   0   -                       0     0
*******************************************************************************
*  1位から6位までに9-6-4-3-2-1のポイント
*   10戦中ベスト7戦(70%)有効ポイント
///// PDD01523 伊東  昭雄 /////

Formula Nippon

'99F_NIPPON ドライバーズポイント( 5/10戦

(第5戦まで)
1999                  4   5   5   6   7   8   9   9  10  11
Japan                /   /   /   /   /   /   /   /   /   /
Formula Nippon     18  09  23  06  04  01  05  19  03  14
Championship      鈴  茂  美  富  鈴  菅  富  美  富  鈴
Drivers-point    鹿  木  祢  士  鹿  生  士  祢  士  鹿
Po -No --Driver -------Rd.-1 --2 --3 --4 --5 --6 --7 --8 --9--10- 総合P
1  1    本山 哲          10   6  10   0   0                         26
1  64   T.コロネル       6   0   4  10   6                         26
3  65   光貞 秀俊         4  10   0   0   2                         16
4  62   P.ダンブレック   3   1   2   6   0                         12
5  19   影山 正美         0   0   1   0  10                         11
6  9    R.ファーマン     0   4   6   0 DNS                         10
7  6    M.クルム         0   2   0   4   0                          6
7  18   黒澤 琢弥         0   0   0   2   4                          6
9  2    山西 康司       DNS DNS   3   3   0                          6
10  11   立川 祐路         2   3   0   0   0                          5
11  6    田中 哲也         0   -   -   -   3                          3
12  14   道上 龍           1   0   0   0 DNS                          1
12  17   D.シュワガー     0   0   0   1   0                          1
12  20   野田 英樹         0   0   0   0   1                          1
12   飯田 章           0   0   0   0   0                          0
3    川本 篤           0   0   0   0   0                          0
10   加藤 寛規         0   0   0   0   0                          0
56   脇阪 寿一         0   0   0   0   0                          0
55   金石 勝智         0   0   0   0   0                          0
15   影山 正彦         0   0   0   0   0                          0
68   R. デルフラー    0   0   0   0   0                          0
36   玉中 哲二         0   -   0   0   0                          0
5    脇阪 薫一         0   0   0   -   -                          0
32   近藤 真彦         0   0   0   -   -                          0
63   OSAMU             0   0   0   -   -                          0
***********************************************************************
* 1位から6位までに10-6-4-3-2-1のポイント
* 全10戦総ポイント制
* 予選通過基準タイム(110%)
///// PDD01523 伊東  昭雄 /////

Formula Nippon

RE:FN_Rd.6:Fニッポン鈴鹿決勝Report

 レポート中、オープニングラップで#62ダンブレックと接触したのは#9
ファー
マンではなく、#19影山正美だった模様です。
 正美選手が会見でそう語っていました。
        *** FMOTOR4F SysOp 北島滋穂(SDI00685@nifty.ne.jp) ***

Formula Nippon

鈴鹿FN記者会見の要約

記者会見の要約
影山正美「信じられない。高いお金を使って、レイナード用意してくれた星野レーシ
ン
グに感謝したい。半年ぶりの(良い)グリットでスタートは狙っていたけど、フライ
ン
グしたくなかったしね。オイルが出ていたのも無線のついていないクルマはわからな
い
し、あの状況でのスタートはトップフォーミュラでは信じられない。1~2コーナー
で
3台並んで入って行って、アンダーが出てピーターとぶつかった。アームが曲がった
か
と思った。ゆっくり行こうと思ったら、シケインでパズルみたいに止まってて(笑
い)、
トムの右リアにフロントウイングがかすった。止まらずに済んだのが良かった。とに
か
く今のうちに逃げようとしたけど、ずっとトムが詰めてきて追いつかれると思った。
2
秒ぐらいまで詰められた時、差が縮まらないんでプッシュしていった。ここまで来る
の
にレイナードを使っているチーム怒ってると思うけど、チェッカーまで勝てたと思え
な
かった。良いこともあるんだなと…。星野さんにはまず、『ありがとうございまし
た』
と言いました」
トム・コロネル「とってもエキサイティングな1日だった。シケインで黒澤、本山が
か
らんで自分もスタックした。なんとか影山に近づこうとプッシュしたが、シケインで
ス
ピンして、タイヤにもフラットスポットができてしまった。ディスプレイが見えない
ほ
どのクルマの振動があって、ラストラップのデグナーでは止まりそうになった。デー
タ
?消火器?なんてトライしてみたら、なんとかエンジンがかかってくれてゴールでき
た。
本山と戦えなかったのは残念。昨日クルマのセッティングをしたけれど、2回目が雨
で
うまくいかず。次は期待できると思う」
黒澤琢弥「とってもエキサイティングだった(笑い)ボクのクルマには無線機がなく
て、
オイルがあるのはわからなかった。スタートすべきじゃない状況だった。ひたすら本
山
について行くのがやっとだった。130Rで失敗して、シケインで当たってしまって後
悔は
あるけど、今はもうレーシングアクシデントと思ってる。クルマの状況が良かったん
で
どこまで行けるか行ってみようと思って、かなり良いペースで走れた。シケインで当
た
ったのは残念だったね。予選から正美君の速さが光っていたし、今回は正美君のレー
ス
ウイークだった。次のレースは当然狙いたい。予選のように34周(1周目できれ
た!)
プッシュして、信吾に恥ずかしくないレースができたと思う。早く勝ちたい」
----------------------------------------------------------------------------
---
JCG00146@nifty.ne.jp
竹下 恵一郎

Formula Nippon

FN_Rd.6:Fニッポン鈴鹿決勝Report

      影山正美、レイナードデビュー戦で優勝をもぎ取る!
 決勝スタート時刻が近づくにつれ、空は青空、陽射しも強くなってきた。
 午後2時、フォーメイションがスタート。ところが、#14道上車がトラブル。
1コーナー~S字にオイルをまいてしまった。#14道上はそのままピットイン。
 スタート後の2コーナー立ち上がりで#9ファーマンが#62ダンブレックと接
触してスピン。
 トップに立った#1本山が逃げるかと思われたが、意外にペースが上がらず、
シケインでアウトから刺した#18黒澤と絡むようにスピン、ストップ。これで
#19影山がトップに立った。
1周目 19-65-1-64-5-20-55-15-11-17-56-6……
2周目 #62ダンブレック、ピットイン。接触でダメージを受けたようだ。
3周目 3位#1本山、シケインでスピン
5周目 #19影山-(5.6)-#64コロネル-#65光貞-#20野田-#5田中-#55金石-#15影山-#11立川
6周目 #20影山シケインでスピン、ストップ。
8周目 #19影山-(4.5)-#64コロネル-(2.5)-#65光貞
2位#64コロネル、3位#65光貞がトップ#19影山に少しずつ迫っている。
4位以下は大きく離れている。
10周目 #19影山-(3.9)-#64コロネル-(3.2)-#65光貞-#20野田-#5田中-#55金石-#11立川
11周目 #19影山-(3.3)-#64コロネル-(3.6)-#65光貞
12周目 シケイン進入で#18黒澤が#11立川をパスし7位に浮上。更に#55金石を攻める
15周目 #19影山-(2.4)-#64コロネル-(6.6)-#65光貞
6位#55金石は#18黒澤を抑え続けている
17周目 #65光貞がスプーンコーナーで単独スピン。復帰するも大きく遅れる
#18黒澤、#11立川がスプーンで#55金石をパス
18周目 #19影山-(2.3)-#64コロネル-(24.8)-#20野田-#5田中-#65光貞-#18黒澤-#11立川
19周目 8位#55金石、1~2コーナーでスピンアウト
20周目 #19影山-(1.9)-#64コロネル-(28.8)-#20野田-#65光貞-#5田中-#18黒澤-#11立川
-#2山西-#17シュワガー-#56脇阪
23周目 #19影山-(2.1)-#64コロネル
#19影山が、迫りつつある#64コロネルを少し押し返した感じだ
25周目 #19影山-(7.6)-#64コロネル
#64コロネル失速!?(トラブル?スピン?)
27周目 #19影山-(10.0)-#64コロネル
#17シュワガー、シケイン立ち上がりでストップ。トラブルのようだ。
29周目 3位#20野田を#65光貞が攻めたてている
30周目 #19影山-(11.7)-#64コロネル-(28.8)-#20野田×#65光貞---#5田中×#18黒澤
#19影山はややペースを落としてチェッカーを目指す
34周目 #18黒澤がシケイン進入で#5田中を捕らえ5位へ。
35周目 #19影山が自身3勝目となる優勝のチェッカー!
最後のシケインで#65光貞が#20野田に仕掛けたが、両者絡んでスピン、
コースアウト。漁夫の利を得た#18黒澤が3位を得た。
 大方の予想を裏切り(?)影山が逃げきって優勝。レイナードのデビュー戦
を飾った。
 コロネルは途中スピンで、タイヤにフラットスポットをつくりペースが上がら
なかったようだ。
「トム(コロネル)にコンマ5秒ずつ詰められて、いずれ抜かれると思っていた
が、プッシュしたら意外に差が縮まらなかったので、これはいけるんじゃないか
と思った。ローラで苦しんだことが今日に繋がったと思う」と、優勝した影山は
喜びを語った。
■決勝結果(暫定)
P.-No.Driver---------Team------------------Car--------------Lap--Goal Time-
1 19 影山正美       BE BRIDES IMPUL       Reynard 99L/MF308 35 1:06'08.192
2 64 T.コロネル     PIAA NAKAJIMA         Reynard 99L/MF308 35 -    20.858
3 18 黒澤琢弥       TMS                   Reynard 99L/MF308 35 -    41.771
4  5 田中哲也       5ZIGEN                Reynard 99L/MF308 35 -    42.878
5 65 光貞秀俊       PIAA NAKAJIMA         Reynard 99L/MF308 35 -    47.029
6 20 野田英樹       BE BRIDES IMPUL       Reynard 99L/MF308 35 -    52.873
7 11 立川祐路       COSMO OIL CERUMO      Reynard 99L/MF308 35 -  1'05.524
8  2 山西康司       UNLIMITED Le Mans     Reynard 99L/MF308 35 -  1'06.412
9 56 脇阪寿一       ARTA                  Lola B99-51/MF308 35 -  1'15.665
10 10 加藤寛規       SHIONOGI NOVA         G.ForceGF03/MF308 35 -  1'25.153
11  6 M.クルム       5ZIGEN                Reynard 99L/MF308 35 -  1'27.822
12 68 R. デルフラー  DoCoMo DANDELION      Lola B99-51/MF308 35 -  1'47.573
13  3 川本 篤       ASAHI KIKO            Reynard 99L/MF308 35 -  1'49.218
14 36 玉中哲二       TAKAGI B-1            Lola B99-51/MF308 33 -    2 Laps
17 D.シュワガー   TMS                   Reynard 99L/MF308 26 -    9 Laps
12 飯田 章       COSMO OIL CERUMO      Reynard 99L/MF308 21 -   14 Laps
55 金石勝智       ARTA                  Lola B99-51/MF308 18 -   17 Laps
62 P.ダンブレック LEYJUN                Reynard 99L/MF308 17 -   18 Laps
15 影山正彦       SPEEDMASTER MOONCRAFT Lola B99-51/MF308  5 -   30 Laps
1 本山 哲       UNLIMITED Le Mans     Reynard 99L/MF308  2 -   33 Laps
9 R.ファーマン   SHIONOGI NOVA         G.ForceGF03/MF308  0
14 道上 龍       SPEEDMASTER MOONCRAFT Lola B99-51/MF308  0
---------------------------------------------------------------------------
Fastest Lap #64 T.コロネル Reynard 99L/MF308   1'51.949 10/35
*** FMOTOR4F SysOp 北島滋穂(SDI00685)***

Japanese F3

1999フォ-ミュラ・ニッポン第5戦 鈴鹿 F3 決勝

1999年全日本F3選手権シリーズ第6戦                   99-07-04
'99フォーミュラ・ニッポン第5戦 鈴鹿サーキット ミリオンカードカップレース             WEATHER  : Cloudy
F3                          決勝正式結果表               COURSE   : Dry
国際レーシングコース
Pos. No. Driver        Type                   Team/Car Lap     Total      Delay
-------------------------------------------------------------------------------
1  1ダーレン・マニング    F399 3S-GE             TOM'S  F399  17 34'45.983 172.04Km/h
2 55金石 年弘      F399 MF204B            ARTA399無限  17 34'46.845      0.862
3 64松田 次生      F399 MF204B     PIAA  DALLARA 無限  17 34'51.556      5.573
4 77伊藤 大輔      F399 MF204B     スピードマスターF399ホンダ  17 34'52.190      6.207
5 17黒澤 治樹      F399 MF204B ライアンレーシング戸田無限本田  17 35'11.098     25.115
6 87マウリシオ・メディアーニ  F399 4G93     阪急交通社 HKSラリーアート  17 35'13.997     28.014
7  3セバスチャン・フィリップ F399 3S-GE      カストロール富士通テンF399  17 35'14.194     28.211
8  7荒  聖治       F399 3S-GE        ZENT TOM'S  F399  17 35'16.128     30.145
9  9谷川 達也      F399 3S-GE               ThreeBond  17 35'17.059     31.076
10  2ワグナー・エブラヒム   F399 MF204B       戸田無限ホンダF399  17 35'30.367     44.384
11 33小早川 受黎    F399 3S-GE          DeODEO・DALLARA  17 35'47.319   1'01.336
12  8井上 智之      F399 3S-GE         ESSO TOM'S F399  17 35'48.019   1'02.036
13  5滑川  健       F397 3S-GE        INGING  トステムF398  17 36'22.397   1'36.414
14 18密山 祥吾      F399 4G93           イエローハット397・HKS  16 36'28.144       1Lap
以上 規定周回数完走:
16五味 康隆      F399 3S-GE             ダラーラ  F399  14 29'27.555      3Laps
71内山 清士      F399 3S-GE         NIHONKIZAI F399  13 27'17.094      4Laps
4パトリック・バン・スクートF397改3S-GE           東名スポーツ397  10 21'47.955      7Laps
6中嶋 廣高      F398 3S-GE         5ZIGEN  DALLARA   6 12'40.852     11Laps
開始時刻: 11:24'18
終了時刻: 11:59'03
Fastest Lap
No.  1  ダーレン・マニング   TOM’S  F399    2'02.086   6/17   172.92Km/h
                          提供:鈴鹿サーキットランド

Japanese F3

F3_Rd.6:鈴鹿F3決勝Report

    金石の粘りは実らず、マニング開幕戦の借りを返し5連勝!
 鈴鹿サーキット上空は、また雲が垂れ込めてきた。
 スタートはPP#1マニングが首位を守り、早くも1周目から2位#55金石との
差を開く。この1周目の速さがマニングの強さの秘訣でもありそうだ。
1周目 #1マニング-(1.1秒)-#55金石-#64松田-#77伊藤-#87メディアーニ-#9谷川
2周目 #1マニング-(0.9秒)-#55金石-#64松田-#77伊藤-#87メディアーニ-#17黒澤
3周目 #1マニング-(0.8秒)-#55金石-#64松田-#77伊藤-#87メディアーニ-#17黒澤
#55金石がベストラップを更新しながら#1マニングとの差を詰めている
4周目 #1マニング-(1.1秒)-#55金石-#64松田-#77伊藤-#87メディアーニ-#17黒澤
トップ争いのバトル期待をしたら#1マニングがすかさずペースアップ
5周目 #1マニング-(1.1秒)-#55金石---#64松田-#77伊藤---#87メディアーニ-#17黒澤
6周目 #1マニング-(1.4秒)-#55金石---#64松田-#77伊藤---#87メディアーニ-#17黒澤
7周目 #1マニング-(1.4秒)-#55金石---#64松田-#77伊藤---#87メディアーニ-#17黒澤
8周目 #1マニング-(1.2秒)-#55金石---#64松田-#77伊藤---#87メディアーニ-#17黒澤
9周目 #1マニング-(1.3秒)-#55金石---#64松田-#77伊藤---#87メディアーニ-#17黒澤
10周目 #1マニング-(1.4秒)-#55金石-(3.7)-#64松田-(0.8)-#77伊藤-(9.9)-#87メディア 
ーニ-(0.4)-#17黒澤  トップ2車はつかず離れずといったところ
11周目 #1マニング-(1.7秒)-#55金石---#64松田-#77伊藤---#87メディアーニ-#17黒澤
#77伊藤が#64松田に迫っている
12周目 #1マニング-(1.7秒)-#55金石---#64松田-#77伊藤---#87メディアーニ-#17黒澤
#17黒澤が1コーナーで#87メディアーニをパス!#87メディアーニはさらに#3フィ
リップに追い立てられる
13周目 #1マニング-(1.5秒)-#55金石---#64松田-#77伊藤---#17黒澤-#87メディアーニ
14周目 #1マニング-(1.8秒)-#55金石---#64松田-#77伊藤---#17黒澤-#87メディアーニ
15周目 #1マニング-(1.1秒)-#55金石---#64松田-#77伊藤---#17黒澤-#87メディアーニ
トップ2の差一気に縮まる
16周目 #1マニング-(0.9秒)-#55金石---#64松田-#77伊藤---#17黒澤-#87メディアーニ
FINISH #1マニング-(0.8秒)-#55金石---#64松田-#77伊藤---#17黒澤-#87メディアーニ
 最後まで#55金石が#1マニングを追いかけたが届かず。#1マニングが5連続ポ
ールtoウィンを飾り、今年唯一勝ちを逃した開幕戦鈴鹿での借りを返した。
 このままだと次戦SUGOでチャンピオンが決定する可能性が高い。
 2位金石は「スタートでミスしたのが痛かった」。#64松田も「悔しい」3位。
■決勝結果(暫定)
P--No.Driver----------Car------------------Lap-GoalTime-
1  1 D.マニング      DallaraF399/3S-GE    17  34'45.983
2 55 金石  年弘      DallaraF399/MF204B   17  -   0.862
4 64 松田  次生      DallaraF399/MF204B   17  -   5.573
3 77 伊藤  大輔      DallaraF399/MF204B   17  -   6.207
9 17 黒澤  治樹      DallaraF399/MF204B   17  -  25.115
7 87 M.メディアーニ  DallaraF399/4G93     17  -  28.014
11  3 S.フィリップ    DallaraF399/3S-GE    17  -  28.211
8  7 荒  聖治        DallaraF399/3S-GE    17  -  30.145
5  9 谷川  達也      DallaraF399/3S-GE    17  -  31.076
6  2 W.エブラヒム    DallaraF399/MF204B   17  -  44.384
14 33 小早川受黎      DallaraF399/3S-GE    17  -1'01.336
12  8 井上  智之      DallaraF399/3S-GE    17  -1'02.036
16  5 滑川  健        DallaraF397/3S-GE    17  -1'36.414
13 18 密山  祥吾      DallaraF399/4G93     16  -   1 Lap
10 16 五味  康隆      DallaraF399/3S-GE    14  -   3 Laps
15 71 内山  清士      DallaraF399/3S-GE    13  -   4 Laps
17  4 P.バン・スクートDallaraF397改3S-GE   10  -   7 Laps
18  6 中嶋  廣高      DallaraF398/3S-GE     6  -  11 Laps
----------------------------------------------------------
Fastest Lap #1 D.マニング  2'02.086
    *** FMOTOR4F SysOp 北島滋穂(SDI00685@nifty.ne.jp) ***

Formula Nippon

FN_Rd.6:Fニッポン鈴鹿フリー走行

       青空の広がりつつある鈴鹿の朝、コロネル好調
 7月4日決勝日、鈴鹿は雲は多いものの晴れ間が広がりつつあり、天候が急
速に回復に向かっていることを感じさせる。
 午前9時からのフリー走行では、昨日予選1回目で、2セット目のタイヤを
温存したため予選6位に甘んじたコロネルが好調。早々にトップタイムをマー
ク、以降も僅かずつタイムを削り取り、常に本山を先行。仕上がりの良さを見
せる。
 逆に、予選2位を得たものの、テスト不足を嘆いていた影山正美は、不安が
的中しているようで10位と伸び悩んでいる。
 また、開幕戦以来今年2度目のFポン参戦となる隠れた実力派、田中哲也が
5位と健闘。決勝の追い上げが期待される。
■フリー走行結果
P.-No.Driver---------Team------------------Car----------------Time-----
1 64 T.コロネル     PIAA NAKAJIMA         Reynard 99L/MF308  1'50.384
2  1 本山 哲       UNLIMITED Le Mans     Reynard 99L/MF308  1'50.990
3  6 M.クルム       5ZIGEN                Reynard 99L/MF308  1'51.222
4 18 黒澤琢弥       TMS                   Reynard 99L/MF308  1'51.462
5  5 田中哲也       5ZIGEN                Reynard 99L/MF308  1'51.546
6 14 道上 龍       SPEEDMASTER MOONCRAFT Lola B99-51/MF308  1'51.625
7 62 P.ダンブレック LEYJUN                Reynard 99L/MF308  1'51.834
8 56 脇阪寿一       ARTA                  Lola B99-51/MF308  1'52.088
9 65 光貞秀俊       PIAA NAKAJIMA         Reynard 99L/MF308  1'52.126
10 19 影山正美       BE BRIDES IMPUL       Reynard 99L/MF308  1'52.151
11  2 山西康司       UNLIMITED Le Mans     Reynard 99L/MF308  1'52.167
12  3 川本 篤       ASAHI KIKO            Reynard 99L/MF308  1'52.343
13  9 R.ファーマン   SHIONOGI NOVA         G.ForceGF03/MF308  1'52.357
14 20 野田英樹       BE BRIDES IMPUL       Reynard 99L/MF308  1'52.571
15 17 D.シュワガー   TMS                   Reynard 99L/MF308  1'52.830
16 10 加藤寛規       SHIONOGI NOVA         G.ForceGF03/MF308  1'53.029
17 55 金石勝智       ARTA                  Lola B99-51/MF308  1'53.034
18 15 影山正彦       SPEEDMASTER MOONCRAFT Lola B99-51/MF308  1'53.113
19 11 立川祐路       COSMO OIL CERUMO      Reynard 99L/MF308  1'53.170
20 12 飯田 章       COSMO OIL CERUMO      Reynard 99L/MF308  1'53.436
21 68 R. デルフラー  DoCoMo DANDELION      Lola B99-51/MF308  1'54.529
22 36 玉中哲二       TAKAGI B-1            Lola B99-51/MF308  1'54.789
-----------------------------------------------------------------------
*** FMOTOR4F SysOp 北島滋穂(SDI00685)***

検索

最新ニュース