Archives

  • [—]2017 (7)
  • [+]2016 (639)
  • [+]2015 (714)
  • [+]2014 (655)
  • [+]2013 (623)
  • [+]2012 (621)
  • [+]2011 (484)
  • [+]2010 (554)
  • [+]2009 (522)
  • [+]2008 (467)
  • [+]2007 (596)
  • [+]2006 (530)
  • [+]2005 (460)
  • [+]2004 (304)
  • [+]2003 (454)
  • [+]2002 (454)
  • [+]2001 (217)
  • [+]2000 (408)
  • [+]1999 (376)
  • [+]1998 (465)
  • [+]1997 (424)
  • [+]1996 (1)
  • [+]1995 (425)
  • [+]1994 (411)
  • [+]1993 (423)
  • [+]1992 (519)
  • [+]1991 (423)
  • [+]1990 (250)
  • [+]1970 (1)

ニュース内検索

1999年6月

Formula Nippon

FN:第4回公式走行会結果(2日目/SUGO)

      2日目はダンブレック(LEYJUN)がトップタイム!
総合トップは本山哲(UNLIMITED Le Mans)
 第4回公式走行会2日目は、午前のセッションはウェットからドライ、午後
はドライコンディションで行われた。参加台数は11チーム18台で、5ZIGENの5
号車は、午前と午後の前半に田中哲也、午後の後半は脇阪薫一が走行した。
 2日目のトップタイムは、ルマン24時間で宙を舞ったにもかかわらず無事F
ポン復帰のダンブレック。以下、コロネル、クルム、光貞と続いた。
午前のセッション、わずか6周でトップタイムを記録した本山は、午後は走
行せず。
 シャーシをローラからレイナードに変更したBE BRIDES IMPULの19号車は、セ
ッション開始後の11時過ぎにサーキットに到着。午前中に20分ほど走行してシ
ェイクダウンを済ませた。同チームは公式走行会終了後、20号車とともに1時
間のプライベートテストを実施した。
 次戦フォーミュラ・ニッポン(第5戦)は、7月3~4日鈴鹿サーキットで、
第6戦は7月31日~8月1日スポーツランドSUGOで行われる。
 Session1  6/24 am 天候:曇り コース:ウェット→ドライ
 Session2  6/24 pm 天候:曇り コース:ドライ
■第4回走行会結果
P.-No.Name---------Team---------Time -Session1-Session2-Session3-Session4車両
1  1 本山 哲     UNLIMITED Le Mans  1'12.152*1'11.224 1'12.299 -------- R
2 62 P.ダンブレック LEYJUN           1'13.382 1'12.644 1'25.170*1'11.431 R
3 64 T.コロネル   PIAA NAKAJIMA      1'12.452 1'11.465 --------*1'11.434 R
4  6 M.クルム     5ZIGEN             1'13.278 1'12.041 1'12.743*1'11.470 R
5 65 光貞秀俊     PIAA NAKAJIMA      1'13.932 1'12.321 1'13.353*1'11.564 R
6 18 黒澤琢弥     TMS                1'13.246*1'11.669 1'12.908 1'12.104 R
7  2 山西康司     UNLIMITED Le Mans  1'14.361 1'12.630 1'14.025*1'12.078 R
8 17 D.シュワガー TMS                1'13.858 1'12.227 1'13.300*1'12.195 R
9 11 立川祐路     COSMO OIL CERUMO   1'14.213 1'12.885 1'13.823*1'12.246 R
10 12 飯田 章     COSMO OIL CERUMO   1'14.357 1'13.549 1'12.612*1'12.762 R
11  9 R.ファーマン SHIONOGI NOVA      1'13.378*1'12.649 1'28.632 -------- G
12 19 影山正美     BE BRIDES IMPUL    -------- -------- 1'14.844*1'13.005 R
13 15 影山正彦 SPEEDMASTER MOONCRAFT  1'15.089 1'15.090 1'14.699*1'13.041 L
14  3 川本 篤     ASAHI KIKO         1'13.981*1'13.164 1'14.024 1'13.744 R
15 20 野田英樹     BE BRIDES IMPUL    1'14.119 1'13.729 1'22.171*1'13.235 R
16 10 加藤寛規     SHIONOGI NOVA     *1'13.347 1'13.981 1'15.919 1'14.180 G
17  5 田中哲也     5ZIGEN             -------- -------- 1'15.052*1'13.445 R
18  5 脇阪薫一     5ZIGEN             1'14.248 -------- --------*1'13.699 R
19 68 R. デルフラーDoCoMo DANDELION   1'15.487 1'14.739*1'14.496 1'14.519 L
---------------------------------------------------------------------------
車両略号 R:レイナード99L/無限  L:ローラB99-51 /無限  G:GフォースGF03/無限
情報提供:日本レースプロモーション(JRP)
*** FMOTOR4F SysOp 北島滋穂(SDI00685)***

Formula Nippon

FN:第4回公式走行会結果(1日目/SUGO)

      1日目は本山(UNLIMITED Le Mans)がトップタイム!
 第4回走行会初日は、午後のセッション残り30分まで、コロネルが11秒台に
入れていたが、ファーマンが駆動系トラブルから1コーナーでコースアウトし、
15分間の中断。再開後も山西がSPアウトでコースアウトして再び中断が続き、
最後の5分はコロネルはギアトラブルで出走できなかった。
 トップタイムをマークした本山のコメント
「マシンの調子はすごくいい。鈴鹿を想定してのセットも試したが大丈夫そう。
山西が不調なのは風邪気味で体調が良くないだけ。鈴鹿ではトラブルさえなけれ
ば、ワンツーが狙えるでしょう。今年は新車なのでトラブルが出る可能性がある
んですが、あと最低3勝は挙げたいですね」
なお、ローラからレイナードにスイッチしたBE BRIDES IMPULの19号車は、2日
目から走行する予定。
 Session1  6/23 am 天候:晴れ コース:ドライ
 Session2  6/23 pm 天候:晴れ コース:ドライ
■第4回走行会1日目結果
P.-No.Name---------Team---------Time -Session1-Session2-車両---------------
1  1 本山 哲     UNLIMITED Le Mans  1'12.152*1'11.224 レイナード99L/無限
2 64 T.コロネル   PIAA NAKAJIMA      1'12.452*1'11.465 レイナード99L/無限
3 18 黒澤琢弥     TMS                1'13.246*1'11.669 レイナード99L/無限
4  6 M.クルム     5ZIGEN             1'13.278*1'12.041 レイナード99L/無限
5 17 D.シュワガー TMS                1'13.858*1'12.227 レイナード99L/無限
6 65 光貞秀俊     PIAA NAKAJIMA      1'13.932*1'12.321 レイナード99L/無限
7  2 山西康司     UNLIMITED Le Mans  1'14.361*1'12.630 レイナード99L/無限
8 62 P.ダンブレック LEYJUN           1'13.382*1'12.644 レイナード99L/無限
9  9 R.ファーマン SHIONOGI NOVA      1'13.378*1'12.649 GフォースGF03/無限
10 11 立川祐路     COSMO OIL CERUMO   1'14.213*1'12.885 レイナード99L/無限
11  3 川本 篤     ASAHI KIKO         1'13.981*1'13.164 レイナード99L/無限
12 10 加藤寛規     SHIONOGI NOVA     *1'13.347 1'13.981 GフォースGF03/無限
13 12 飯田 章     COSMO OIL CERUMO   1'14.357*1'13.549 レイナード99L/無限
14 20 野田英樹     BE BRIDES IMPUL    1'14.119*1'13.729 レイナード99L/無限
15  5 脇阪薫一     5ZIGEN            *1'14.248 -------- レイナード99L/無限
16 68 R. デルフラーDoCoMo DANDELION   1'15.487*1'14.739 ローラB99-51 /無限
17 15 影山正彦 SPEEDMASTER MOONCRAFT *1'15.089 1'15.090 ローラB99-51 /無限
19 影山正美     BE BRIDES IMPUL    -------- -------- レイナード99L/無限
---------------------------------------------------------------------------
情報提供:日本レースプロモーション(JRP)
*** FMOTOR4F SysOp 北島滋穂(SDI00685)***

Formula Nippon

FN:6/23-24第4回公式走行会(SUGO)

     '99フォーミュラ・ニッポン第4回公式走行会
       6月23~24日スポーツランドSUGOで開催
 4戦を消化し、UNLIMITED Le Mansの本山が2勝、PIAA NAKAJIMAの光貞、コ
ロネルが1勝ずつと、シリーズ前半はこの2チームが頭一つ抜け出す展開とな
っているFニッポン。開幕して初めての走行会が、第6戦の舞台スポーツラン
ドSUGOで行われる。
 注目は、ここまでローラで苦しみ、この走行会からいよいよレイナードにス
イッチする予定のBE BRIDES IMPULだ。走行会の結果次第では第5戦からトップ
争いに加わる可能性も充分あるだけに楽しみだ。
日  時:6月23日(水) 10:00~12:00/14:00~16:00
6月24日(木) 10:00~12:00/14:00~16:00
入園料:大人850円  中高校生550円  4歳以上~小学生250円
パドック入場料:1人1000円
****1999年フォーミュラ・ニッポン第4回公式走行会エントリーリスト****
チーム                  ドライバー        車両
------------------------------------------------------------------------
UNLIMITED Le Mans        1 本山 哲       レイナード99L/無限MF308(東名)
2 山西康司       レイナード99L/無限MF308(東名)
------------------------------------------------------------------------
ASAHI KIKO               3 川本 篤       レイナード99L/無限MF308(尾川)
------------------------------------------------------------------------
5ZIGEN                   5 脇阪薫一       レイナード99L/無限MF308(尾川)
6 M.クルム       レイナード99L/無限MF308(尾川)
------------------------------------------------------------------------
SHIONOGI TEAM NOVA       9 R.ファーマン   GフォースGF03/無限MF308(尾川)
10 加藤寛規       GフォースGF03/無限MF308(尾川)
------------------------------------------------------------------------
COSMO OIL CERUMO        11 立川祐路       レイナード99L/無限MF308(尾川)
12 飯田 章       レイナード99L/無限MF308(尾川)
------------------------------------------------------------------------
SPEEDMASTER MOONCRAFT   14 道上 龍       ローラB99-51 /無限MF308(無限)
15 影山正彦       ローラB99-51 /無限MF308(無限)
------------------------------------------------------------------------
TMS                     17 D.シュワガー   レイナード99L/無限MF308(東名)
18 黒澤琢弥       レイナード99L/無限MF308(東名)
------------------------------------------------------------------------
BE BRIDES IMPUL         19 影山正美       レイナード99L/無限MF308(東名)
20 野田英樹       レイナード99L/無限MF308(東名)
------------------------------------------------------------------------
LEYJUN                  62 P.ダンブレック レイナード99L/無限MF308(シエラ)
------------------------------------------------------------------------
PIAA NAKAJIMA           64 T.コロネル     レイナード99L/無限MF308(尾川)
65 光貞秀俊       レイナード99L/無限MF308(尾川)
------------------------------------------------------------------------
DoCoMo DANDELION        68 R. デルフラー  ローラB99-51 /無限MF308(東名)
------------------------------------------------------------------------
※MIRAI(No.32),TAKAGI B-1(No.36),ARTA(No.55,56),LEYJUN(No.63),
DoCoMo DANDELIO(No.69)は不参加。
情報提供:株式会社日本レースプロモーション(JRP)
*** FMOTOR4F SysOp 北島滋穂(SDI00685)***

スーパー耐久

S耐Rd4TI決勝速報

決勝は、プリンス東京のポールtoウインで今季2勝目
 決勝レースは、13日の13時20分から109周で行われた。曇り空ながら、
雨の心配はないコンディションだ。
 #23プリンス東京GTRを先頭にローリングラップからのスタートとなる。
#32プリンス千葉が2番手、#1 アルティアGTRが3番手でオープニングラ
ップを終え、総合4位には#33 BPビスコガンマRX-7(三好正巳/村松康生組)が
#11三菱プーマランサーエボVI(木下隆之/小幡栄組)をかわして戻ってくる。
だが、30周目に早くも#33 RX-7はピットストップ。トップ3は変わらず、4
位には、後方のグリッドから追い上げた#8 ダイシンアドバンGTR(福山英朗/
大八木信行組)が浮上。5位には#11三菱プーマランサーがつける。
 38周目、#23プリンス東京を#32プリンス千葉がとらえ、トップに立つ。42
周目に2ストップを予告していた#8ダイシンがピットストップ。44周目には
#10エンドレスアドバンGTRもピットへ。クラスNでは、ここまで3連勝の#39
ウェスティンインテグラが43周目にミッショントラブルでリタイヤ。第2戦
仙台でポールポジションを奪った#2アイフェルダンロップインプレッサも、37
周でミッショントラブルからリタイヤとなっていた。
 54周目、トップの#32プリンス千葉がピットイン。プリンス東京が再びトッ
プに立ったが、55周目にこちらも相次いでのピットストップ。だが、#23プリ
ンス東京がコースに復帰した時、10秒ほどのマージンがあった。68周目、1
コーナーで#32プリンス千葉がコースアウトするが、復帰。だが、73周目に
2度目のピットストップとなり、この間に2位には#1アルティア、3位に#8
ダイシン、4位は#10エンドレスとなる。
 終盤、104周目に#1 ALTIAがガス欠でピットストップ。#8ダイシンが
これで2位となった。
 109周のレースを制したのは今季2度目の優勝となる#23プリンス東京。2
位は初表彰台の#8ダイシン。3番手は#1ALTIA。そして4位にはこれ
が今季初完走となった#10エンドレスとなった。#32プリンス千葉は5位。
総合6位はクラス2の連勝記録を加えた#11プーマランサー。7位はクラス3
のトップ#33RX-7。10位には2戦目にしてクラス優勝を遂げた#25 ADVAN
ALTEZZAとなった。
-------------------------------------------------------------------
暫定結果トップ10
P  No  Team                              Lap  Diff
1  #23 プリンス東京フジツボ・GT-R      109  3:08'46.927
2   #8 ダイシンアドバンGTR         108   1Lap
3   #1 日産アルティアGTR                108   1Lap 
4   #10 エンドレス アドバン GTR         107    2Laps
5  #32 日産プリンス千葉GTR★ファルケン  107  2Laps
6  #11 三菱プーマランサーエボVI             107   2Laps
7  #33 BPビスコガンマRX7                    105   4Laps 
8  #30 RSオガワADVANランサー               105   4Laps
9  #27 WAKO'S BMW M3                        104   5Laps
10 #25 ADVAN ALTEZZA                        104   5Laps
 天候:くもり
 総入場者数:36,500人

スーパー耐久

EUDU-Rd4:スーパー耐久英田レース結果

スーパー耐久第4戦英田 -RIJ- (1999-06-13) Provisional Race-Results
For スーパー耐久シリーズ第4戦 TI英田サーキット : 3.702km
P No.Cl.Driver(s)------------ Car---------------- Lap -GoalTime-- -km/h--
1  23 1 砂子 智彦/山田 英二   Nissan Skyline GT-R 109 3:08'46.927 128.283
2   8 1 福山 英朗/大八木 信行 Nissan Skyline GT-R 108   -   1Lap         
3   1 1 粕谷 俊二/檜井 保孝   Nissan Skyline GT-R 108   -   1Lap         
4  10 1 木下みつひろ/土屋武士 Nissan Skyline GT-R 107   -   2Laps        
5  32 1 竹内 浩典/田中 哲也   Nissan Skyline GT-R 107   -   2Laps        
6  11 2 木下 隆之/中谷 明彦   Mitshubishi Lancer  105   -   4Laps        
7  33 2 三好 正己/村松 康生   Mazda RX-7          105   -   4Laps        
8  30 2 デーブ岸/武井 寛史    Mitsubishi Lancer   105   -   4Laps        
9  27 2 牧口 規雄/志村 久     BMW M3              104   -   5Laps        
10  25 N 織戸 学/飯田 章       Toyota Altezza      104   -   5Laps        
11   7 3 元谷宏大/黒木健次/伊達Honda Prelude       104   -   5Laps        
12  15 3 長野 賢也/佐々木孝太  Nissan Silvia       104   -   5Laps        
13  54 4 山内 伸弥/浅見 武     Honda Civic         104   -   5Laps        
14  13 2 輿水 敬明/関 豊       Mitsubishi Lancer   104   -   5Laps        
15  77 4 山 本泰吉/宮城 光     Honda Civic         104   -   5Laps        
16  87 4 菊地 靖/竹中 正信     Nissan Pulser       103   -   6Laps        
17  38 5 雨宮 栄城/山路 慎一   Toyota Altezza      103   -   6Laps        
18  28 3 佐藤 清治/佐藤 淳     Honda Integra       103   -   6Laps        
19  51 4 福田よしのぶ/井入宏之 Honda Civic         103   -   6Laps        
20  36 5 藤田 隆之/惣田 季靖   Toyota Altezza      103   -   6Laps        
21  49 3 瀬野 渉/原 正広       Nissan Silvia       102   -   7Laps        
22  80 4 ?雲 恒明/辻本 昌弘    Honda Civic         102   -   7Laps        
23  78 4 丸山 浩/大井 貴之     Honda Civic         101   -   8Laps        
24   6 2 冨桝 朋広/柳生 治男   Mitsubishi Lancer   101   -   8Laps        
25  71 4 関根基司/藤島 敏也    Nissan Pulser       100   -   9Laps        
26  14 3 井田 雅彦/長島 正明   Mazda RX-7          100   -   9Laps        
27  41 4 谷川 達也/福田 淳     Subaru Impreza WRX   98   -  11Laps       
28  52 4 西垣内 正義/渡辺 明   Honda Civic          98   -  11Laps       
29  67 4 吉本 慎一郎/柴田 政則 Toyota Levin         98   -  11Laps       
30  81 4 久保 美佐夫/井上 裕之 Toyota Levin         97   -  12Laps       
31  19 2 本田 和義/大野 尊久   Toyota Celica GT-4   93   -  16Laps       
32  96 4 岩口 博/嘉納 健二     Toyota Levin         93   -  16Laps       
------------------------------ DNC ---------------------------------------
18 2 新宅 文亮/伊藤 隆文   Mazda RX-7          100   -   9Laps        
40 2 吉本 慎一郎/平田 雅士 Toyota Celica        96   -  13Laps       
20 2 小川日出生/細野 智行  Mitsubishi Lancer E  91   -  18Laps       
24 N 市嶋 樹/桂 伸一       Honda Integra        86   -  23Laps       
37 5 葱田 季靖/山岸 大     Toyota Altezza       81   -  28Laps       
12 2 中村啓/富井豊/関野啓樹Mitsubishi Lancer E  72   -  37Laps       
16 3 松浦 俊之/中村 仁     Toyota Celica GT-4   48   -  61Laps       
39 3 尾本 直史/磯田 尚孝   Honda Integra        42   -  67Laps       
2 2 渋谷 勉/荒川 雅彦     Subaru Impreza       37   -  72Laps       
**************************************************************************
        提供:竹下 恵一郎(JCG00146)/英田サーキット
         * FMOTOR4_SysOp 新倉芳夫 (SDI00686)-RIJ *

スーパー耐久

EUDU-Rd4:スーパー耐久英田予選結果

スーパー耐久第4戦英田 -RIJ- (1999-06-13) Qualifying-Session
For スーパー耐久シリーズ第4戦 TI英田サーキット : 3.702km
P No. Driver----------------- Car---------------- Best-LapT ---Behind -Km/h--
1  23 1 砂子 智彦/山田 英二   Nissan Skyline GT-R  1'39.014         134.636
2  32 1 竹内 浩典/田中 哲也   Nissan Skyline GT-R  1'39.305   0.291 134.241
3   1 1 粕谷 俊二/檜井 保孝   Nissan Skyline GT-R  1'39.600   0.586 133.843
4  11 2 木下 隆之/中谷 明彦   Mitshubishi Lancer   1'42.025   3.011 130.662
5  33 2 三好 正己/村松 康生   Mazda RX-7           1'42.215   3.201 130.419
6  18 2 新宅 文亮/伊藤 隆文   Mazda RX-7           1'43.492   4.478 128.810
7   2 2 渋谷 勉/荒川 雅彦     Subaru Impreza       1'43.958   4.944 128.233
8  19 2 本田 和義/大野 尊久   Toyota Celica GT-4   1'44.171   5.157 127.970
9   7 3 元谷宏大/黒木健次/伊達Honda Prelude        1'44.496   5.482 127.572
10  27 2 牧口 規雄/志村 久     BMW M3               1'44.499   5.485 127.569
11  14 3 井田 雅彦/長島 正明   Mazda RX-7           1'44.560   5.546 127.494
12  30 2 デーブ岸/武井 寛史    Mitsubishi Lancer    1'44.603   5.589 127.442
13  25 N 織戸 学/飯田 章       Toyota Altezza       1'44.963   5.949 127.005
14  15 3 長野 賢也/佐々木孝太  Nissan Silvia        1'45.171   6.157 126.754
15  39 3 尾本 直史/磯田 尚孝   Honda Integra        1'45.203   6.189 126.715
16  38 5 雨宮 栄城/山路 慎一   Toyota Altezza       1'45.271   6.257 126.633
17  87 4 菊地 靖/竹中 正信     Nissan Pulser        1'45.327   6.313 126.566
18  13 2 輿水 敬明/関 豊       Mitsubishi Lancer    1'45.352   6.338 126.536
19  52 4 西垣内 正義/渡辺 明   Honda Civic          1'45.468   6.454 126.397
20  49 3 瀬野 渉/原 正広       Nissan Silvia        1'45.520   6.506 126.334
21  24 N 市嶋 樹/桂 伸一       Honda Integra        1'45.864   6.850 125.924
22  28 3 佐藤 清治/佐藤 淳     Honda Integra        1'45.927   6.913 125.849
23   6 2 冨桝 朋広/柳生 治男   Mitsubishi Lancer    1'45.973   6.959 125.794
24  54 4 山内 伸弥/浅見 武     Honda Civic          1'46.262   7.248 125.452
25  12 2 中村啓/富井豊/関野啓樹Mitsubishi Lancer E  1'46.461   7.447 125.218
26  77 4 山 本泰吉/宮城 光     Honda Civic          1'46.542   7.528 125.122
27  51 4 福田よしのぶ/井入宏之 Honda Civic          1'46.657   7.643 124.988
28  36 5 藤田 隆之/惣田 季靖   Toyota Altezza       1'47.074   8.060 124.501
29  40 2 吉本 慎一郎/平田 雅士 Toyota Celica        1'47.119   8.105 124.449
30  37 5 葱田 季靖/山岸 大     Toyota Altezza       1'47.651   8.637 123.833
31  41 4 谷川 達也/福田 淳     Subaru Impreza WRX   1'47.765   8.751 123.703
32  78 4 丸山 浩/大井 貴之     Honda Civic          1'47.873   8.859 123.579
33  16 3 松浦 俊之/中村 仁     Toyota Celica GT-4   1'48.301   9.287 123.090
34  80 4 ?? 恒明/辻本 昌弘     Honda Civic          1'49.077  10.063 122.215
35  71 4 関根基司/藤島 敏也    Nissan Pulser        1'49.502  10.488 121.740
36  81 4 久保 美佐夫/井上 裕之 Toyota Levin         1'49.534  10.520 121.705
37  96 4 岩口 博/嘉納 健二     Toyota Levin         1'49.585  10.571 121.648
38  67 4 吉本 慎一郎/柴田 政則 Toyota Levin         1'52.355  13.341 118.649
------------------------------ DNQ -----------------------------------------
20 2 小川日出生/細野 智行  Mitsubishi Lancer E  1'44.042   5.028 128.129
8 1 福山 英朗/大八木 信行 Nissan Skyline GT-R  --------
10 1 木下みつひろ/土屋武士 Nissan Skyline GT-R  --------
****************************************************************************
        提供:竹下 恵一郎(JCG00146)/英田サーキット
         * FMOTOR4_SysOp 新倉芳夫 (SDI00686)-RIJ *

スーパー耐久

TIスーパー耐久予選速報

今季初のPPは、プリンス東京フジツボ・GTRの砂子・山田組
 TIサーキットで開催されるスーパー耐久第4戦は、梅雨の合間の第2戦
仙台ハイランドに続き1デイ・イベントで開催された。レース距離は昨年同
様の400km。ピットストップは1回と2回かの選択に悩むチームも予想
されるため、このあたりの各チームの戦略もポイントとなりそうだ。
 13日日曜日、朝8時15分から20分間のフリー走行に続いて、わずか5分
のインターバルで公式予選が1時間にわたり行われた。
 参加41台を数える中で、#8ダイシンアドバンGTR(福山英朗/大八木
信行組)はフリー走行でオイルポンプにトラブルが出たようで、再びタービ
ンにトラブルの出た#10エンドレスアドバンGTR(木下みつひろ/土屋武士
組)と共に予選には出走できず。
 今季初のポールポジションは、開幕戦の覇者#23プリンス東京フジツボ
GTR(砂子智彦/山田英二組)が終了間際に逆転し、1分39秒014のタイム
で獲得した。2番手は、#32 日産プリンス千葉GTRファルケン(竹内浩典
/田中哲也組)がつけ、3番手は#1日産アルティアGTR(桧井保孝/和田
久組)、4番手は#11 三菱プーマランサーエボVI(木下隆之/小幡栄組)が
クラス2のトップ。5番手にもクラス3のトップ、BPビスコガンマRX-
7(三好正巳/村松康生組)が入った。注目のグループNプラスクラスの#25
ADVAN ALTEZZA(織戸学/飯田章組)が総合13位でクラストッ
プにつける。
 
 

Formula Nippon

FN_Rd.4:野田英樹リポート

全日本選手権フォーミュラ・ニッポン
第4戦富士スピードウェイ
野田英樹  関連リポート
《予選》
1999年6月5日(土) 天候:晴れ  コース・コンディション:ドライ
観客動員数:8,250人(主催者発表)
予  選    1回目 13:10~13:55   2回目 14:55~15:40
NO.20  ビブライズ・インパル・ローラB99-51(野田 英樹) 
1分19秒820  19番手
NO.19 ビブライズ・インパル・ローラB99-51(影山 正美)
1分19秒782  19番手
 セッティングの方向性が決まらないという状態が今回も続き、いつもと同じ
ような結果に終わってしまいました。さらにニュー・タイヤへ変更するのが遅
くなってしまい、アタックしきれないうちに予選終了となってしまったのが非
常に残念です。
【野田 英樹 選手コメント】
ハンドリングが良くならず、いつもと同じような結果しか残せませんでした。
ニュー・タイヤに変更するのが遅くなってしまい、アタックが2回しかできなかっ
た事が残念です。明日の決勝ではベストを尽くして頑張ります。
【星野  一義  監督コメント】
今の状態で最高の成績を上げられるよう、明日の決勝は頑張りたいと思いま
す。
《決勝》
1999年6月6日(日)天候:雨  コース・コンディション:ドライ
観客動員数:35,500人(主催者発表)
決  勝    14:55~16:00
NO.20  ビブライズ・インパル・ローラB99-51(野田 英樹) 
14位
NO.19  ビブライズ・インパル・ローラB99-51(影山 正美)
12位
 予選の時に比べ、車の状態は良くなったようで、ラップ・タイムも安定して
走行できたようです。ただ、エンジンの調子が今一つ良くなく、ストレートで
前車に追いつくことができず、頑張ってコーナーで差を詰めるのですが、追い
越すことができませんでした。結果はとても満足いくものではありませんが、
現時点では精一杯やったと思います。
 ローラで最後のレースも、今までと同じような結果で終わってしまったのは
非常に残念です。次回からレイナードでの参戦になります。心機一転、トップ
争いが出来るよう野田も気持ちを入れ替えて頑張るつもりです。
 今まで結果が出せず皆様にはご心配をおかけしたかと思いますが、これから
は今までの分までお返しできるよう頑張ります。  
【野田 英樹 選手コメント】
車の状態は予選の時より若干良くなりましたが、エンジン・パワーが少し足
りなく、ストレートで前の車についていくことができませんでした。ブレーキ
ングとコーナーリングで何とか後ろにつくことはできましたが、追い越すとこ
ろまでいけませんでした。
 今の状態ではベストを尽くしました。次回から車がレイナードに変わります
ので、それに期待したいと思います。
【星野一義監督コメント】
 二人のドライバーとも一生懸命走ったことは必ず次の結果に結びつくと思い
ます。次回のレースからレイナードの車に変更します。今回の頑張りを励みに
次回から心機一転がんばりたいと思います。
資料提供:
Project Royal Oak       [URL : http://home.att.ne.jp/red/noda/]

全日本GT選手権

RE:JGTC_Rd.3:SUGO 無限+童夢リリース

1999年 5月31日
無限+童夢プロジェクト
'99 AUTOBACS CUP ALL JAPAN GT CHAMPIONSHIP ROUND 3 "SUGO GT CNAMPIONSHIP"
Castrol 無限 NSX、今季初の表彰台!
○開催日  :1999年 5月29(土)~30(日)
○開催地  :宮城県 スポーツランドSUGO(コース全長:3.704km)
○決勝レース :81周(約302.94km)
○天 候  :予選日/晴れ 決勝日/晴れ
○コースコンディション :予選日/ドライ 決勝日/ドライ
○気温 :予選日/17℃(11時) 決勝日/22℃(13時)
○観客数 :40,600人(決勝日/主催者発表)
 1999年全日本GT選手権第3戦「SUGO GT CHAMPIONSHIP」が、5月29~30
日、快晴の空の下、宮城県スポーツランドSUGOにおいて開催された。
 第1戦、第2戦と連勝を飾ったホンダNSX勢は、レギュラーの3チーム4台が東北
のスポーツランドSUGOに勢揃いした。
 29日(土)の公式予選では、RAYBRIG NSXが予選2位フロントローを獲得。TAKATA 
童夢 NSXが5位、Castrol 無限 NSXが9位、Mobil 1 NSXが10位とそれぞれ好位置に
つけ、決勝レースに期待を持たせた。
 30日(日)の決勝レースは、9番手スタートから追い上げたCastrol 無限 NSXが3
位、10番手スタートのMobil 1 NSXが4位に入賞。連勝記録は途切れたものの選手権
を戦うに十分なポイントを獲得した。
●SUGO GT CHAMPIONSHIP 出場チームと戦績
 No. マシン名           エントラント名         ドライバー     予 決
                 選 勝
16 Castrol 無限 NSX     無限×童夢プロジェクト  中子 修       9 3
道上 龍       位 位
 18 TAKATA 童夢 NSX                              脇阪寿一       5   R
                              金石勝智       位
64  Mobil 1 NSX        Mobil1 Nakajima Racing   トム・コロネル 10 4
山西康司       位  位
100 RAYBRIG NSX   チーム国光                    高橋国光       2  13
with MOONCRAFT            飯田 章       位 位
 第1戦、第2戦と連勝を飾ったN-GT仕様ホンダNSXは、今回も3チーム4台の体制で、
「SUGO GT CHAMPIONSHIP」に勢揃いした。
 金曜日のフリー走行では、快晴の下各チームとも積極的に走り込み、セッティング
をつめていった。その中、Mobil 1 NSXがハブトラブルの修復のため午前の走行のほ
とんどを走れず、決勝レースに向けてセッティング不足が心配された。
○公式予選第1回[5月29日(土) 10:45~11:45 出走:37台]
 いよいよ、東北地方の大勢のファンの待ちわびた1999年全日本GT選手権第3戦の公
式予選が、薄曇りの空の下開始された。
 予選開始とともにGT500クラスの各チームともコースイン、一斉にタイムアタックが
開始された。
 NSX勢では、Castrol 無限 NSXの中子修選手、Mobil 1 NSXのトム・コロネル選手が
コースイン。激しいタイムアタックが開始された。
 50kgのハンディウェイトを積むTAKATA 童夢 NSXは脇阪寿一選手がアタックを行った。
5分過ぎくらいにスタートした脇阪選手は、4周目に1分21秒837をマーク、3番手に
食い込んできた。
 70kgのハンディウェイトを積み、今回もNSX勢の最後でコースインしたRAYBRIG 
NSXの飯田章選手は、懸命のアタックを見せ2周目1分22秒072、3周目1分22秒006を
マーク。6番手につけて最初の20分を終了した。
 Mobil 1 NSXのトム・コロネル選手は1分27秒台からアタックをスタート。一時5番
手につけていたが、1分22秒259の6番手で最初の20分を終了した。
 Castrol 無限 NSXは、中子修選手が予選開始早々からスタートし、再三アタックを
繰り返していたが、結局13番手で最初の20分を終了した。
 GT300クラスとの混走となる最後の20分は、各チームともドライバーを交代し予選基
準タイムをクリア、Mobil 1 NSXの山西選手は、レインボーコーナーでスピン、基準
タイムはクリアしていたもののタイムアタックのチャンスを逃してしまった。
 予選第1回の暫定ポールポジションは、1分21秒607でEsso Tiger Supraが獲得した。
○公式予選第2回[5月291日(土) 14:45~15:45 出走:36台]
 インターバルの間に空は晴れ気温も上昇する中、公式予選第2回が開始された。
 NSX勢ではCastrol 無限 NSX、RAYBRIG NSXがトップグループでコースイン。懸命
のアタックを展開した。
 RAYBRIG NSXは飯田選手がアタックし、第1回のタイムを更新する1分21秒554まで
タイムアップし、その時点でトップに立ったが直後に逆転され、2番手で最初の20分
を終了した。
 Mobil 1 NSXは、トム・コロネル選手が再度アタックを行ったが、予選1回目のタ
イムを更新することはできず、10番手で最初の20分を終了した。
 TAKATA 童夢 NSXも、予選1回目のタイムを更新できず、8番手で終了した。
 Castrol 無限 NSXは道上龍選手がアタックし、1分22秒071をマーク、6番手に浮上
した。
 GT300クラスとの混走となる最後20分は、決勝レースに向けセッティングの確認とな
り、上位陣の順位変動は見られなかった。
 この結果、GT500クラスでポールポジションから13位までが1秒差という激しい予選
を制したのは、ESSO Tiger Supra。NSX勢ではRAYBRIG NSXが予選2位につけ、TAK
ATA 童夢 NSXが5位、Castrol 無限 NSXが9位、Mobil 1 NSXが10位となり、明日の
決勝レースに備えていた。
○決勝レース[14時00分スタート 81周 出走:37台]
 前戦に引き続き快晴の下、JGTC第3戦のスタート進行がほぼオンタイムで開催
された。
 その決勝レース前のフリー走行でRAYBRIG NSXが突然スピン、コースアウトを喫して
しまった。幸いにマシンにダメージは無く、ピットに戻りチェックを受けた後、スタ
ーティンググリッドに向かっていった。
 午後14時00分、フォーメーションラップから1周して、決勝レースの幕が切って落
とされた。全車きれいにスタートを切り、81周の決勝レースがスタートした。
 予選9番手スタートのCastrol 無限 NSXは道上選手のハンドルでスタート。8番手
で1周目のグランドスタンド前に戻ってきた。その後も道上選手は着実にポジション
を上げ、45周目に3番手でルーチンのピットイン。ハンドルを受け取った中子選手は、
8番手でレースに復帰。その後も着実に追い上げ49周目には5番手、55周目に
は4番手と順位を上げていった。63周目、トップを快走していたESSO Tiger Supra
が突然発火。最終コーナーの二輪用シケインにマシンを止めた。この処理のためペー
スカーが導入され、中子選手は3番手を淡々と走行していった。73周目、グリーン
フラッグが振られ、レースは残り9周のスプリントレースとして再開。中子選手は2
番手を行くマツモトキヨシ・トムススープラを追いつめていった。テール・トゥ・ノ
ーズで激しく攻める中子選手であったが抜くにはいたらず、0.229秒差でチェッカーフ
ラッグを受け第3位となった。
 Mobil 1 NSXはトム・コロネル選手のドライブでスタート。序盤11位と順位を一つ
落としたが、13周目10番手、18周目8番手と徐々に順位を上げ、48周目、2番手
でルーチンのピットイン。山西選手にバトンタッチ。8番手でレースを再開したMobil
1 NSXの山西選手は、徐々に順位を上げ、5番手に浮上したところでペースカーラン。
グリーンフラッグが振られたラップに前を行くARTAゼクセルスカイラインがピットイ
ンしたため4番手に浮上。その後も3番手の中子選手を追ったがそのままチェッカー
フラッグを受け、第4位入賞となった。
 飯田選手のドライブでフロントロー第2位からスタートしたRAYBRIG NSXは、そのポ
ジションを守り順調に走行しているかに見えたが、18周目、「リアタイヤが振れる」
と突然ピットイン。リアタイヤを交換してスタートしたが、次周再びピットインし、
「フロントからバイブレーションがでる」とフロントタイヤを交換していった。その
後は順調に走行し、51周目ルーチンのピットイン。高橋国光監督兼選手と交代。
コースに戻っていった。高橋監督兼選手は1分23秒台を記録しながら追い上げたが、
結局2周遅れの13位でレースを終了した。
 予選5位スタートのTAKATA 童夢 NSXは、脇阪寿一選手のドライブでスタート。1周
目に順位を一つ落としたが、10周目に元の5番手に復帰。その後も前を追っていった
が、14周目、馬の背コーナーで周回遅れのGT300クラスのマシンと接触、コースアウト
してしまった。すぐにコースに戻った脇阪選手はピットインし、タイヤを交換。直ち
にピットアウトしていったが、ピットロード出口でガードレールにクラッシュ。左フ
ロントを破損しレースを終えた。
 レースは63周目までトップをキープしていたESSO Tiger Supraがリタイアした後を
受けて、カストロールトムススープラがトップでチェッカーフラッグを受け、今季初
優勝を飾った。
○熊倉淳一監督(Castrol 無限 NSX)のコメント
「何とか帳尻の合うレースができてホッとしました。第1戦、第2戦とポイントが取
れずにハンディウェイトだけ増えるというちぐはぐなレースをしてきましたので、レ
ースの進行方法を反省していました。このレースはセミ耐久といったレースで二人の
ドライバーで戦いますから、今回はどちらかのドライバーに合わせるのではなく、二
人が歩み寄った形のセッティングをしました。二人とも100%満足できるセッティ
ングではないので、不満はあるでしょうが、結果はまずまずだと思います。後4戦あ
りますからコンスタントにポイントを稼ぎ選手権を狙ってがんばります。今後も、応
援よろしくお願いします。」
資料提供:無限×童夢プロジェクト

Formula Nippon

SpeedMasterMooncraft RACE REPORT 6/6

SpeedMasterMooncraft Racing Team RACE REPORT
’99全日本選手権 フォーミュラ・ニッポン
ROUND 4
富士スピードウェイ
6月6日・日曜日
決勝レース
■道上ローラ勢最速のシングル、
  影山ハードプッシュで、攻めのレースで2台揃って完走!
道上 龍  :スタート11番手、決勝8位、
影山 正彦:スタート20番手、決勝12位
快晴に恵まれた富士スピードウエイ、フォーミュラニッポン第4戦は2回のスタート
ディレイの後、決勝レースがスタートした。スタートと同時にいっきにジャンプアッ
プを狙った道上龍、影山正彦両ドライバーは、その力を絞り出し道上はローラ勢トッ
プとなる8位、影山は昨日から大幅にマシンのセットアップを変えたにも関わらず最
後まで踏ん張りぬき13位完走を果たした。
二人のドライバーはベストスタートを決め、道上は9番手に、影山は18番手にジャ
ンプアップ。スピードマスタームーンクラフトの反撃が始まった。とは言え、マシン
の状態はやはりローラはローラだったというべきか、オリジナルよりは大きく改善さ
れているとはいえ、周囲のレイナード勢に対してハンディは埋め尽くされていない。
特に序盤戦、ふたりはターンインでアンダーステアが出ておりペースを上げられず苦
戦を強いられるが、とにかくプッシュし続けた。
中盤戦をすぎマシンが軽くなり始めるとまた別の挙動がでてしまうが、挙動として
は安定状態に入り、今度はバトルモードに転じる。影山は15番手まで順位を上げさら
に目の前の影山正美選手を、一方の道上も8番手にいながら立川選手を追い詰めてい
った。道上は8番手を走りながらもラップタイムペースとしては1分20秒台中盤で走り
4番手以降を走る集団と変わらない。影山については2台のホシノインパル勢にはさま
れてながら21秒台で追走。しかし、1秒台まで差を詰めたところでチェッカー、13位
でフィニッシュとなった。順位は13位と本人にとっては不本意なものではあるだろう
が、レース後の表情を見る限り久しぶりにベストを出しきれた充実感が漂っていた。
道上は立川選手を抜くことはできなかったが、8位シングルフィニッシュ。ローラ勢
トップで完走を果たし2台揃って完走を果たした。
結果を見る限り平凡なものではあるが、2台揃っての完走の意義は大きい。しかも
終盤道上が見せたのラップタイムペースは、上位グループと遜色のないものであった。
またなによりも影山の元気が戻ってきたのが大きい。まだ辛いレースは続くだろうが、
今回の結果は間違いなく次に繋がったとチームでは考えている。
■由良拓也チーム監督
「道上のレースは完璧といっていいぐらいのものだった。組み立てができていて、自
分のペースを守りつづけて走りきることができた。影山に関しては、ロークラスでは
あるものの、バトルをし続けることができ、間違いなく先につながったと思う。マシ
ンの開発の面からみると、今回の道上のレースを見た場合、あともうコンマ5秒縮め
られたら入賞が、あと1秒縮められたら優勝が見える。そういった意味においては、
目標が明確なものになったのは収穫だ」
■道上 龍
「スタートダッシュが決まったけど、その後はいま一つだった。序盤戦でどうしても
クルマが曲がってくれなくて辛かった。でもマシンが軽くなってきたら、少しずつマ
シンが安定してきた。中盤からでていた最終コーナーでのオーバーステアと低速コー
ナーでの小回りが決まってくれればもっとプッシュできた。入賞できなかったのは残
念だけど、力を出しきれたので満足」
■影山 正彦
「順位だけを見るととても満足できるものじゃないが、まずは完走できた。しかも周
囲のライバルたちとバトルしながらできたのは、久しぶり。序盤はマシンが曲がって
くれなかったし、中盤以降もけっして乗りやすいものではなかったから、すごく疲れ
たけど、昨日の状態とくらべるとはるかにマシ。少なくとも、やはり完走したことは
間違いなく次につながる。
チームも最大限の努力をしていて、今後もいっしょにいろいろなトライをして近い将
来、入賞争い、そして表彰台を狙えるようにまで這い上がりたい」
SpeedMasterMooncraft Racing Team

Japanese F3

SKILL SPEED F3 REPORT 06/06

SPEEDMASTER SKILLSPEED INFORMATION
全日本F3選手権シリーズ第5戦
富士スピードウェイ
6月6日/日曜日
決勝レース
『ベストスタートも実らなかったものの、6位入賞』
伊藤大輔:予選4番手/決勝6位
 久しぶりの2列目スタートとなった今回の富士ラウンド、やはり前の方のグ
リッドは見晴らしがいい。前の2台の向こうに表彰台の頂点が見えているんだ
から、それも当たり前か。グリッドに並んでいると、フェンス脇から、4万
人(実は4人だけど)の観客から「大ちゃん」の声援を必死に送ってくれる方
もいて、気分はいやがおうでも盛り上がる。入念な打ち合わせの結果導き出し
たセッティングにも、迷いはなし。伊藤のモチベーションも充実。 ここはい
っきに、勝負をかけたいところだった。ところが現実はそうは甘くなかった。
前置きが長い時は、寂しい結果に終わっている傾向にあることをレポートを目
にしている方々はすでに気がついていると思うが、実はそのとおり、コース上
で伊藤は今回も苦戦を強いられたのである。スタートこそベストなタイミング
でクラッチミート、そして加速していき、3番手に浮上。前を行くマニング選
手とフィリップ選手に肉迫した。しかし、1周目の最終コーナー手前のBコー
ナー立ち上がりで後ろの松田選手にスリップストリームにつかれてしまう。し
かし、これは富士ではよくあるシーン、スリップストリームを使いながらトッ
プグループについていき終盤に勝負をかければよかった。そう思ったのもこの
周までだった。
 
 松田選手が伊藤のスリップストリームから抜け出してくると、そのさらに後
ろから荒選手も2台のスリップストリームから抜け出しいっきに1コーナーで
松田選手、そして伊藤を抜き去ってしまった。前のグループに食らいつこうと
する伊藤だが、そのペースについていけない。逆に後方から追い上げてきたビ
ルタネン選手の追撃をくらい、中盤戦までに6番手にドロップしてしまった。
それでも必死に追いすがる伊藤の存在を無視するかのように、前のグループは
逃げていってしまうのであった。結局、単独で6番手となった伊藤は、そのま
まの順位でフィニッシュ。チームの思惑とはまったく裏腹の展開のまま、レー
スは終わってしまった。
 色々とマシンを改良し続け、進化も確認してきたわけだが、その進化のスピ
ードがまだついていけていないことが露呈されてしまった。次はホームグラウ
ンドの鈴鹿だ。なんとかライバルたちに一矢報いたい。特に今回表彰台を独占
したトヨタ勢に対して。
■決勝結果(Top10) 所要時間(タイム差) ベストラップ チーム名
1:D・マニング  31分09秒732    1分28秒453  TOM'S
2:S・フィリップ   -02秒104    1分28秒566  INGING
3:荒  聖治    -04秒131    1分28秒771  TOM'S
4:松田 次生    -09秒178    1分28秒860  NAKAJIMA HONDA
5:R・ビルタネン   -10秒973    1分28秒916  TEAM 5 ZIGEN
6:伊藤 大輔    -14秒108    1分28秒934  SPEEDMASTER SKILLSPEED
7:金石 年弘    -15秒374    1分29秒754  DOME CO LTD
8:井上 智之     -25秒895    1分29秒380  TOM'S
9:W・エブラヒム   -26秒025    1分29秒369  TODA RACING
10:谷川 達也    -26秒521     1分29秒563  PAL SPORT
伊藤大輔:「全力を尽くしたけれど、ついていけなかった。低く見積もってい
るつもりはありませんが、最終コーナーでビルタネンが目の前でミスし、自分
はきれいにまとめてもスリップストリームに入ることすらできなかった。エン
ジンを含めたマシンのトータルバランスについては今回の富士で 確かに良く
はなっているけど、まだ足りない。序盤戦はスリップストリームの駆け引きか
ら順位を上げるチャンスもあったけど、うまくいかなかったのも最後まで響い
てしまった。そんな中必死についていこうとして無理をして、ミスしてしまう
こともあり、自分のリズムも崩してしまったのも反省点として残りました」
百田義弘チーム監督:「結果として前回のレースと同じような展開になってし
まった。ピットでモニターを観ていると、彼のゲームメイクの未熟さも観られ
たが、それは彼に改善していってもらうとして、マシンの戦闘力をもっと上げ
ないといけない。次のインターバルの間に徹底的にマシンを煮詰めます」
深尾栄一チームマネージャー:「正直、総合的にみて表彰台はかたいなんて思
っていましたが、甘かったですね。まだまだ、やるべきことが多いことを思い
知りました。次は久しぶりの鈴鹿です。伊藤にとってもチームにとっても、ホ
ームグラウンドですから格好悪いレースはできませんね。それまで約1ヶ月の
インターバルにチームの総合力としてなにが欠けているのか徹底的に見つめ直
し、ひとつひとつ修正させて臨みたい」
NEXT ROUND ? 7月4日 全日本F3選手権第6戦 鈴鹿サーキット
Eiichi FUKAO/Skill Speed

Formula Nippon

FN 決勝レース後の記者会見コメント

決勝レース後の記者会見コメント(要約)
トム・コロネル
「エキサイティングな最初の5周だった。ピーターと接触したり、本山もガレ
ージに入った。10周まではハードにプッシュした。全ラップをハードに走っ
た。気を抜くとミスしそうだったので、緊張感を保つようにした。富士はスト
レートが長く、スリップを使って抜かれる。そのために、マージンを稼いでお
きたかった。チームもいい仕事をしてくれてメカがクルマを仕上げてくれたこ
とに感謝したい。チェッカーフラッグを受けてクルマを降りたら、家族みたい
にナカジマレーシングとトムスの2チームのみんなが喜んでくれた。4位とい
う予選結果も、生まれて初めて気にならなかった。4位でどうしたの?とみん
なに言われたけれど、富士のレースだから。4位ぐらいなんていうことはない。
エンジニアが自信を持っていたし、結果的には一度変えたセッティングを戻し
た形になった」
中嶋悟監督
「光貞に続いてトムが初優勝をしてくれてこれ以上喜ばしいことはない。ただ、
昨日の予選から続いていたチームの好調さだったのに、光貞のペナルティは残
念。レースの内容と走りは、2人とも頑張ってくれたし、今後のシーズンが楽
しみ」
ピーター・ダンブレック
「この週末は良い日々で、ホームコースの作用かどうかはわからないけれど、
初のポールポジションで表彰台にもあがれて、チームにも自分のドライビング
にも一歩前進した。1コーナーの飛び込みでスリップにつかれて、外からトム
に被されたけれど彼にはスピードがあったし、前輪が接触したけれど、わざと
ではなかった。そのあとにくっついていってスリップを使いたかったけれど、
彼はあまりに速すぎた」
ミハエル・クルム
「良い週末で大変なレースで3位だったのが、コントロールラインを越えるまで
わからなかった。クルマのバランスが悪くて本来のペースで走ることも大変だっ
た。中盤以降、本山はレースを終えていたし、光貞もペナルティをうけて3位に
上がったのはわかった。ピーターを追っかけようとしたが、5秒以内には近づけ
ず、ラストは急に山西が後方から追い上げてきたし、ラスト1周はあやうくつか
まるところだった。絶妙のタイミングで、仕掛けてきたがここしかないと言うと
ころだったし、1コーナーのインをふさいだけれど、クルマが半分ぐらい前に出
ていた。攻めてきて左には寄らなかった。コースの左側が汚れていたし意識はし
ていた。ブレーキングが遅れてホイールがロックした。サイドポンツーンに当た
ってしまったけど、そこから立て直してレースをした」

Japanese F3

'99_JF3 ドライバーズ ポイント( 5/10戦)

(第5戦まで)
1999                      3   4   5   5   6   7   8   8  10  11
Japan                    /   /   /   /   /   /   /   /   /   /
Formula 3              21  18  02  23  06  04  01  29  03  14
Championship          鈴  筑  富  美  富  鈴  菅  T  茂  鈴
Drivers-point        鹿  波  士  祢  士  鹿  生  I  木  鹿
Po-No-Driver------------Rd.-1 --2 --3 --4 --5 --6 --7 --8 --9 -10 --総合P-有効P
1  1   D.マニング          3   9   9   9   9                          39    39
2  7   荒  聖治             9   0   3   0   4                          16    16
3  2   W.エブラヒム        6   4   0   3   0                          13    13
4  3   S.フィリップ        2   0   4   0   6                          12    12
5  64  松田 次生            0   0   6   0   3                           9     9
6  77  伊藤 大輔            0   1   0   6   1                           8     8
7  15  R.ビルタネン        0   3   2   1   2                           8     8
8  55  金石 年弘            4   0   1   2   0                           7     7
8  9   谷川 達也            1   2   0   4   0                           7     7
10 17  黒澤 治樹            0   6   0   0   0                           6     6
16  五味 康隆            0   0   0   0   0                           0     0
71  内山 清士            0   0   0   0   0                           0     0
87  M.メディアーニ      0   0   0   0   0                           0     0
8   井上 智之            0   0   0   0   0                           0     0
6   中嶋 廣高            0   0   0   0   0                           0     0
18  密山 祥吾            0   0   0   0   0                           0     0
5   滑川  健             0   0   0   0   0                           0     0
33  小早川 受黎          0   -   0   0   0                           0     0
4   酒井 浩              -   0   0   -   -                           0     0
53  富澤 勝              -   0  -    -   0                           0     0
20  伊藤 健二            -   -  -    -   0                           0     0
*******************************************************************************
*  1位から6位までに9-6-4-3-2-1のポイント
*   10戦中ベスト7戦(70%)有効ポイント
///// PDD01523 伊東  昭雄 /////

Formula Nippon

'99F_NIPPON ドライバーズポイント( 4/10戦

(第4戦まで)
1999                  4   5   5   6   7   8   9   9  10  11
Japan                /   /   /   /   /   /   /   /   /   /
Formula Nippon     18  09  23  06  04  01  05  19  03  14
Championship      鈴  茂  美  富  鈴  菅  富  美  富  鈴
Drivers-point    鹿  木  祢  士  鹿  生  士  祢  士  鹿
Po -No --Driver -------Rd.-1 --2 --3 --4 --5 --6 --7 --8 --9--10- 総合P
1  1    本山 哲          10   6  10   0                             26
2  64   T.コロネル       6   0   4  10                             20
3  65   光貞 秀俊         4  10   0   0                             14
4  62   P.ダンブレック   3   1   2   6                             12
5  9    R.ファーマン     0   4   6   0                             10
6  6    M.クルム         0   2   0   4                              6
7  2    山西 康司       DNS DNS   3   3                              6
8  11   立川 祐路         2   3   0   0                              5
9  18   黒澤 琢弥         0   0   0   2                              2
10  14   道上 龍           1   0   0   0                              1
10  19   影山 正美         0   0   1   0                              1
10  17   D.シュワガー     0   0   0   1                              1
12   飯田 章           0   0   0   0                              0
3    川本 篤           0   0   0   0                              0
10   加藤 寛規         0   0   0   0                              0
56   脇阪 寿一         0   0   0   0                              0
55   金石 勝智         0   0   0   0                              0
15   影山 正彦         0   0   0   0                              0
20   野田 英樹         0   0   0   0                              0
68   R. デルフラー    0   0   0   0                              0
32   近藤 真彦         0   0   0   -                              0
63   OSAMU             0   0   0   -                              0
5    脇阪 薫一         0   0   0   -                              0
36   玉中 哲二         0   -   0   0                              0
6    田中 哲也         0   -   -   -                              0
**************************************************************************
* 1位から6位までに10-6-4-3-2-1のポイント
* 全10戦総ポイント制
* 予選通過基準タイム(110%)
///// PDD01523 伊東  昭雄 /////

Formula Nippon

1999フォ-ミュラ・ニッポン第4戦 富士 FN レース結果

*******************************************************************************
*                                        Fuji International Speedway(4.400km) *
*              1999全日本選手権フォ-ミュラ・ニッポン第4戦 富士スピードウェイ               *
*                       Formula Nippon レース結果表                           *
* 1999.06.06    天候 : 晴れ       コース状況 : ドライ         SEIKO TIMING *
*******************************************************************************
位車番ドライバー          車      名                    周回   所要時間    km/h
-------------------------------------------------------------------------------
1 64 T. コロネル    (NE) PIAA NAKAJIMA RACING           48 1:04'01.949 197.654
2 62 P.ダンブレック (GB) TEAM LEYJUN                    48 1:04'12.909 197.092
3  6 M.クルム        (D) TEAM 5ZIGEN                    48 1:04'20.620 196.698
4  2 山西 康司       (J) UNLIMITED RACING Team Le Mans  48 1:04'20.839 196.687
5 18 黒澤 琢弥       (J) TEAM TMS                       48 1:04'24.840 196.483
6 17 D.シュワガー    (D) TEAM TMS                       48 1:04'29.123 196.266
7 11 立川 祐路       (J) COSMO OIL RACING TEAM CERUMO   48 1:04'30.606 196.191
8 14 道上 龍         (J) SPEEDMASTER MOONCRAFT          48 1:04'43.885 195.520
9  9 R. ファーマン  (GB) SHIONOGI TEAM NOVA             48 1:04'48.306 195.298
10 65 光貞 秀俊       (J) PIAA NAKAJIMA RACING           48 1:04'54.535 194.985
11 55 金石 勝智       (J) AUTOBACS RACING TEAM AGURI     47
12 19 影山 正美       (J) BE BRIDES IMPUL                47 1:04'05.744 193.340
13 15 影山 正彦       (J) SPEEDMASTER MOONCRAFT          47 1:04'07.113 193.271
14 20 野田 英樹       (J) BE BRIDES IMPUL                47 1:04'07.882 193.233
15 10 加藤 寛規       (J) SHIONOGI TEAM NOVA             47 1:04'08.663 193.194
16 12 飯田 章         (J) COSMO OIL RACING TEAM CERUMO   47 1:04'12.889 192.982
17 68 R.デルフラー   (RA) DoCoMo TEAM DANDELION RACING   47 1:04'39.668 191.650
18  3 川本 篤         (J) ASAHI KIKO SPORTS              47 1:05'02.959 190.506
19 36 玉中 哲二       (J) TAKAGI B-1 RACING TEAM         43 1:05'08.688 174.017
----------------------------- *** 以上 完走 *** -------------------------------
1 本山 哲         (J) UNLIMITED RACING Team Le Mans   3
56 脇阪 寿一       (J) AUTOBACS RACING TEAM AGURI      
-------------------------------------------------------------------------------
スタート  14:54'24     フィニッシュ  15:58'25.949
参加台数 : 24 台    出走台数 : 21 台    完走台数 : 19 台
ベストタイム  No. 2 ( 山西  康司 )   1'18.983  45/48  200.549 km/h
変更無い場合このまま正式結果とします。        
-------------------------------------------------------------------------------
☆☆☆ 提供 : Fuji International Speedway ☆☆☆

Formula Nippon

1999全日本F-3選手権 第5戦 富士 レース結果

*******************************************************************************
*                                        Fuji International Speedway(4.400km) *
*              1999全日本選手権フォ-ミュラ・ニッポン第4戦 富士スピードウェイ               *
*                           F-3 レース正式結果表                           *
* 1999.06.06    天候 : 晴れ       コース状況 : ドライ         SEIKO TIMING *
*******************************************************************************
位車番ドライバー          車      名                    周回   所要時間    km/h
-------------------------------------------------------------------------------
1  1 D.マニング     (GB) TOM'S F399                     21   31'09.732 177.403
2  3 S.フィリップ    (F) カストロール富士通テンF399     21   31'11.836 177.204
3  7 荒 聖治         (J) ZENT TOM'S F399                21   31'13.863 177.012
4 64 松田 次生       (J) PIAA DALLARA 無限              21   31'18.910 176.537
5 15 R.ヴィルタネン (FN) 5ZIGEN DALLARA                 21   31'20.705 176.368
6 77 伊藤 大輔       (J) スピードマスターF399ホンダ     21   31'23.840 176.075
7 55 金石 年弘       (J) ARTA399無限                    21   31'25.106 175.957
8  8 井上 智之       (J) ESSO TOM'S F399                21   31'35.627 174.980
9  2 W.エブラヒム   (BR) 戸田無限ホンダF399             21   31'35.757 174.968
10  9 谷川 達也       (J) Three Bond                     21   31'36.253 174.922
11 87 M.メディアーニ  (I) 阪急交通社 HKSラリーアート     21   31'37.232 174.832
12 71 内山 清士       (J) NIHON KIZAIF399                21   31'44.185 174.194
13  6 中嶋 廣高       (J) 5ZIGEN DALLARA                 21   31'44.495 174.165
14 17 黒澤 治樹       (J) ライアンレーシング戸田無限本田 21   32'00.665 172.699
15 16 五味 康隆       (J) ダラーラF399                   21   32'02.324 172.550
16  5 滑川 健         (J) INGING トステムF398            21   32'05.156 172.296
17 53 富澤 勝         (J) WAKO'SマエジマF397             21   32'15.999 171.331
18 20 伊藤 健二       (J) GMC,coチャレンジF3             21   32'31.395 169.979
----------------------------- *** 以上 完走 *** -------------------------------
33 小早川受黎      (J) DeoDEO・DALLARA                 14
18 密山 祥吾       (J) イエローハット399・HKS          13
-------------------------------------------------------------------------------
スタート  12:53'40     フィニッシュ  13:24'49.732
参加台数 : 20 台    出走台数 : 20 台    完走台数 : 18 台
ベストタイム  No. 1 ( D.マニング )   1'28.453  13/21  179.078 km/h
-------------------------------------------------------------------------------
☆☆☆ 提供 : Fuji International Speedway ☆☆☆

Formula Nippon

FN_Rd.4:Fニッポン富士決勝レポート

         コロネルようやく初優勝!ダンブレック2位!
           本山トップに出るも早々に姿を消す
 決勝スタート時刻が近づくにつれ、かなり暑くなっきた。
 午後2時22分、フォーメイションがスタートしたが、インパルの2台#19影
山、#20野田の2台がエンジンストールでグリッド最後尾に回る。
 一旦全車グリッドについたが、#56脇阪が正規のグリッドに就いておらず、
スタートディレイ。ローラで予選9位と奮闘していた#56脇阪は最後尾に回る
ことに。
 2時34分、仕切り直しのフォーメイションが切られたが、今度は最終コーナ
ーで#56脇阪がストップ。再度スタートディレイとなった。
 このドタバタで、#56脇阪は戦わずしてリタイア。決勝は2周減って48周で
争われることになった。
 2時54分、3度目のフォーメイションからレーススタート。
#62ダンブレックが好スタートからトップを守るが、1コーナーでその背後に
ついたのは#1本山。得意の大外刈りでジャンプアップ。更にダンロップコーナ
ー進入でズバッとインをさしてトップへ。
1周目 1-62-6-64-65-17-11-18-14-12
2周目 1-62-64-6-65-17-18-11-14-12
1コーナーで64コロネルが2位へ。トップ#1本山、サントリーコーナーで
失速!!ノロノロとピットへ。ミッショントラブル?でリタイア
3周目 64-62-65-6-18-17-11-14-2-12
5周目 64-62-65-18-6-17-14-11-2-55
7周目 #65光貞に黒旗(フライング?)提示
10周目 64-(1.9秒)-62-18-6-17-2-14-11-55   #65光貞ピットイン
15周目 64-(2.7秒)-62-18-6-2-17-11-14-55-9
20周目 64-(3.7秒)-62-18-6-2-17-11-14-55-9
レースは膠着状態。上位では唯一#18黒澤と#6クルムが競り合っている
25周目 1コーナー、#6クルムが#18黒澤抜き3位へ。
64-(5.2秒)-62-6-18-2-17-11-14-55-9
30周目 64-(6.4秒)-62-6-18-2-17-11-14-55-9
35周目 64-(8.1秒)-62-6-18-2-17-11-14-9-55  #2山西が#18黒澤に迫っている
38周目 ストレートでスリップから抜け出した#2山西が#18黒澤かわし4位へ
40周目 64-(10.9秒)-62-6-2-18-17-11-14-9-55
41周目 11位#10加藤が1コーナーでコースアウトするが、コース復帰
45周目 64-(9.3秒)-62-6-2-18-17-11-14-9-55 #2山西が#6クルムに迫っている
47周目 #2山西がスリップから出て最終の1コーナーで#6クルムに並ぶが、イン
側の#6クルムも譲らず両者は接触。#6,#2の順でコース復帰。
FINISH 64-62-6-2-18-17-11-14-9-65
 久しぶりにガイジンドライバーが表彰台を独占。
 歴代全日本F3チャンピオンが顔を揃えることになった。
             *** FMOTOR4F SysOp 北島滋穂(SDI00685) ***

Japanese F3

F3_Rd.5:富士F3決勝レポート

   誰かマニングを止めてくれ!またしてもポールtoウィンで4連勝!
 6月6日、雲は多いものの爽やかな風が吹く富士スピードウェイ。
 午後0時55分、1周のフォーメイションから21周のレースがスタート。
 スタートは#1マニングが制し、#3フィリップ、#77伊藤と続く。
1周目 #1マニング-(0.5秒)-#3フィリップ-#77伊藤-#64松田-#7荒-#15ヴィルタネン
2周目 #1マニング-(0.5秒)-#3フィリップ-#7荒-#64松田-#77伊藤-#15ヴィルタネン
3周目 #1マニング-(1.1秒)-#3フィリップ-#7荒---#64松田-#15ヴィルタネン-#77伊藤
4周目 #1マニング-(0.6秒)-#3フィリップ-#7荒---#15ヴィルタネン-#64松田-#77伊藤
5周目 #1マニング-(0.8秒)-#3フィリップ-#7荒---#64松田-#15ヴィルタネン-#77伊藤
6周目 #1マニング-(1.0秒)-#3フィリップ-#7荒---#64松田-#15ヴィルタネン-#77伊藤
7周目 #1マニング-(1.0秒)-#3フィリップ-(1.1)-#7荒-(3.4)-#64-#15-#77
8周目 #1マニング-(0.7秒)-#3フィリップ-(0.9)-#7荒-(3.7)-#64-#15-#77
9周目 #1マニング-(0.9秒)-#3フィリップ-(0.8)-#7荒-(3.8)-#64-#15-#77
10周目 #1マニング-(0.9秒)-#3フィリップ-(1.0)-#7荒-(4.0)-#64-#15-#77
11周目 #1マニング-(1.0秒)-#3フィリップ-(1.0)-#7荒-(4.0)-#64-#15-#77-#55-#2
12周目 #1マニング-(0.7秒)-#3フィリップ-(1.4)-#7荒-(4.4)-#64-#15-#77-#55-#2
13周目 #1マニング-(1.0秒)-#3フィリップ-(1.6)-#7荒-(4.3)-#64-#15-#77-#55-#2
14周目 #1マニング-(1.2秒)-#3フィリップ-(1.8)-#7荒-(4.5)-#64-#15-#77-#55-#2
15周目 #1マニング-(1.2秒)-#3フィリップ-(2.2)-#7荒-(4.4)-#64-#15-#77-#55-#2
16周目 #1マニング-(1.3秒)-#3フィリップ-(2.4)-#7荒-(4.4)-#64-#15-#77-#55-#2
17周目 #1マニング-(1.6秒)-#3フィリップ-(2.5)-#7荒-(4.5)-#64-#15-#77-#55-#2
18周目 #1マニング-(1.6秒)-#3フィリップ-(2.8)-#7荒-(4.5)-#64-#15-#77-#55-#2
19周目 #1マニング-(2.1秒)-#3フィリップ-(2.6)-#7荒-(4.6)-#64-#15-#77-#55-#8
20周目 #1マニング-(2.2秒)-#3フィリップ-(2.4)-#7荒-(4.9)-#64-#15-#77-#55-#2
FINISH #1マニング-#3フィリップ-#7荒-#64松田-#15ヴィルタネン-#77伊藤-#55金石
-#8井上-#2エブラヒム-#9谷川・・・・
#1マニングは後ろに目があるように、#3フィリップとの差を計りながら21周を走
りきって4連勝。予想どおりとはいえ、あまりの強さに開いた口が塞がらない状
態だ。誰かマニングを止めてくれ。
          *** FMOTOR4F SysOp 北島滋穂(SDI00685) ***

Formula Nippon

1999フォ-ミュラ・ニッポン第4戦 富士 FN フリー走行

*******************************************************************************
*                                        Fuji International Speedway(4.400km) *
*              1999全日本選手権フォ-ミュラ・ニッポン第4戦 富士スピードウェイ               *
*                          Formula Nippon フリー走行                          *
* 1999.06.06    天候 : 晴れ       コース状況 : ドライ         SEIKO TIMING *
*******************************************************************************
位車番ドライバー          車     名                      ベストラップ 周  km/h
-------------------------------------------------------------------------------
1 64 T. コロネル (NE)    PIAA NAKAJIMA RACING           1'18.628 18 201.455
2 62 P.ダンブレック (GB) TEAM LEYJUN                    1'18.668 16 201.353
3  1 本山 哲 (J)         UNLIMITED RACING Team Le Mans  1'18.726 15 201.204
4  6 M.クルム (D)        TEAM 5ZIGEN                    1'19.056 19 200.364
5 18 黒澤 琢弥 (J)       TEAM TMS                       1'19.153 20 200.119
6 65 光貞 秀俊 (J)       PIAA NAKAJIMA RACING           1'19.169 16 200.078
7 56 脇阪 寿一 (J)       AUTOBACS RACING TEAM AGURI     1'19.304 19 199.738
8  2 山西 康司 (J)       UNLIMITED RACING Team Le Mans  1'19.386 15 199.531
9 11 立川 祐路 (J)       COSMO OIL RACING TEAM CERUMO   1'19.556 17 199.105
10 17 D.シュワガー (D)    TEAM TMS                       1'19.571 18 199.067
11 14 道上 龍 (J)         SPEEDMASTER MOONCRAFT          1'20.133 16 197.671
12 10 加藤 寛規 (J)       SHIONOGI TEAM NOVA             1'20.149 15 197.632
13 55 金石 勝智 (J)       AUTOBACS RACING TEAM AGURI     1'20.298 16 197.265
14 12 飯田 章 (J)         COSMO OIL RACING TEAM CERUMO   1'20.366 18 197.098
15  9 R. ファーマン (GB)  SHIONOGI TEAM NOVA             1'20.475 14 196.831
16 19 影山 正美 (J)       BE BRIDES IMPUL                1'20.532 17 196.692
17 68 R.デルフラー (RA)   DoCoMo TEAM DANDELION RACING   1'20.724 18 196.224
18 20 野田 英樹 (J)       BE BRIDES IMPUL                1'20.738 15 196.190
19  3 川本 篤 (J)         ASAHI KIKO SPORTS              1'21.121  6 195.264
20 36 玉中 哲二 (J)       TAKAGI B-1 RACING TEAM         1'22.337 13 192.380
21 15 影山 正彦 (J)       SPEEDMASTER MOONCRAFT          1'22.534  2 191.921
-------------------------------------------------------------------------------
☆☆☆ 提供 : Fuji International Speedway ☆☆☆

Formula Nippon

FPON-Rd4:F・ニッポン富士ウォームアップタ

フォーミュラ・ニッポン第4戦 -RIJ- (1999-06-05) Warmup-Session
For All Japan Formula Nippon Championship Rd.4 富士スピードウェイ(JPN):4.470km
P No. Driver------------- Car---------------- Best-LapT -Behind -km/h--
1  64 T.コロネル    (HOL) Reynard 99L/Mugen    1'18.628         204.660
2  62 P.ダンブレック(GBR) Reynard 99L/Mugen    1'18.668   0.040 204.556
3   1 本山   哲     (JPN) Reynard 99L/Mugen    1'18.726   0.098 204.405
4   6 M.クルム    (GER) Reynard 99L/Mugen    1'19.056   0.428 203.552
5  18 黒澤 琢弥     (JPN) Reynard 99L/Mugen    1'19.153   0.525 203.302
6  65 光貞 秀俊    (JPN) Reynard 99L/Mugen    1'19.169   0.541 203.261
7  56 脇阪 寿一     (JPN) Lola B99-51/Mugen    1'19.304   0.676 202.915
8   2 山西 康司     (JPN) Reynard 99L/Mugen    1'19.386   0.758 202.706
9  11 立川 祐路     (JPN) Reynard 99L/Mugen    1'19.556   0.928 202.273
10  17 D.シュワガー  (GER) Reynard 99L/Mugen    1'19.571   0.943 202.234
11  14 道上   龍     (JPN) Lola B99-51/Mugen    1'20.133   1.505 200.816
12  10 加藤 寛規    (JPN) G-Force GF03/Mugen   1'20.149   1.521 200.776
13  55 金石 勝智     (JPN) Lola T98-51/Mugen    1'20.298   1.670 200.403
14  12 飯田   章     (JPN) Lola T96-52/Mugen    1'20.366   1.738 200.234
15   9 R.ファーマン  (GBR) G-Force GF03/Mugen   1'20.475   1.847 199.963
16  19 影山 正美     (JPN) Lola B99-51/Mugen    1'20.532   1.904 199.821
17  68 R.デルフラー  (ARG) Lola B99-51/Mugen    1'20.724   2.096 199.346
18  20 野田 英樹     (JPN) Lola B99-51/Mugen    1'20.738   2.110 199.311
19   3 川本   篤     (JPN) Reynard 99L/Mugen    1'21.121   2.493 198.370
20  36 玉中 哲二     (JPN) Lola B99-51/Mugen    1'22.337   3.709 195.441
21  15 影山 正彦     (JPN) Lola B99-51/Mugen    1'22.534   3.906 194.974
************************************************************************
         * FMOTOR4_SysOp 新倉芳夫 (SDI00686)-RIJ *

Japanese F3

SKILL SPEED F3 REPORT 06/05

SPEEDMASTER SKILLSPEED INFORMATION
全日本F3選手権シリーズ第5戦
富士スピードウェイ
6月5日/土曜日
公式予選
『2列目から優勝を狙う』
伊藤大輔(スピードマスターF399ホンダ無限)
フリー走行3番手/予選4位
 快晴に恵まれた全日本F3選手権第5戦は、再び富士スピードウェイに戻っ
てきた。ペースに乗り切れず予選7番手、決勝7位という苦渋を味わったあの
第3戦から1ヶ月ぶりの富士、前戦美祢ラウンドで得た表彰台の勢いをそのま
まキープし、リベンジ気分で富士に乗り込んできたわけだ。ここ数戦トヨタ勢
の猛攻を受け厳しい戦いを強いられてきたが、前戦から今回までのインターバ
ルでマシンにモディファイパーツを加えその効果が注目された。
 今回は金曜日から走りはじめたのだが、午前4番手、午後2番手という結果
を残しまずまずの手応えを得ていた。加えた改造パーツの方向性も正しかった
ことも確認できた。タイム差もトップのフィリップ選手に対して1000分の
2秒差まで迫り、条件さえ揃えばポールポジションを狙える仕上がりを見せて
いたのだ。土曜日に入り、朝のフリー走行においてもスピードマスター
F399ホンダを操る伊藤大輔は、好調を維持していた。トップのビルタネン
選手から遅れることコンマ2秒だが、結果表で伊藤の前後のドライバーたちは
富士ならではのスリップストリームを利用してのタイム。伊藤自身はストレー
トラインスピード向上に有益なスリップストリームに頼らず単独走行で出した
タイムだ。ここは予選でベストなタイミングを見定めて、いっきに勝負を畳み
かけたいところだった。
 そうして迎えた公式予選。上位陣はセッションが開始して10分ほどしてか
らコースイン。その時点のトップタイムはマニング選手の1分27秒777。
そのマニング選手はさらにタイムを更新していくが、伊藤はコースイン3周目
に28秒フラットをマークして3番手に浮上しながらその差を詰めていく。5
周目、フィリップ選手の背後に迫りスリップストリームを活用したものの、ス
トレードエンドで思い通りのラインを走行することができず27秒998。今
ひとつタイムが伸ばすことができなかった。その後、チームではピットインさ
せ、残り5分でニュータイヤに履き替え最後のアタックに送り出した。
 懸命にアタックを繰り返す伊藤であったが、最後のひと絞りが出ない歯がゆ
い数分が続く。その間に巧みにスリップストリームのタイミングをつかんだ松
田選手がタイムを更新、3番手に浮上した。一方、伊藤は周囲にスリップスト
リームを有効に使えそうなマシンも現れず、最後のラップは単独での走行とな
ってしまった。渾身の力を振り絞ってアタックした伊藤だったが、タイムは
27秒942。わずかに更新したにすぎず4番手にとどまった。
 好調を維持しポールを取れる力があっただけに、4番手という結果は残念。
しかし、富士のレースでは2列目スタートのドライバーにとっても充分優勝を
狙えるチャンスがあることは知っている。だからこの結果には悲観してはいな
い。明日の決勝は、まさに空中戦の如く、激しいものとなるのは必至だが、チ
ャンスをつかんで連続表彰台、それも前戦よりひとつ上の段を露骨に狙ってい
く。
■公式予選結果(トップ10)
1:D・マニング   1分27秒217 F399/トヨタ TOM'S
2:S・フィリップ  1分27秒693 F399/無限  INGING
3:松田 次生    1分27秒755 F399/無限  NAKAJIMA HONDA
4:伊藤 大輔    1分27秒942 F399/無限  SPEEDMASTER SKILLSPEED
5:R・ビルタネン  1分27秒994 F399/トヨタ TEAM 5 ZIGEN
6:荒  聖治     1分28秒154 F399/トヨタ TOM'S
7:谷川 達也    1分28秒163 F399/トヨタ PAL SPORT
8:W・エブラヒム   1分28秒325 F399/無限  TODA RACING
9:黒澤 治樹    1分28秒460 F399/無限  LIAN RACING TEAM
10:金石 年弘    1分28秒478 F399/無限  DOME CO LTD
伊藤大輔:「フィリップのスリップを使えた時、もらった! と思いました
が、ストレートエンドで少しマシンを寄せてきた。その結果、ブレーキングに
集中できずタイムをロスさせてしまった。マシンも午前の仕様と比較するとや
やオーバーステアが出ていて、理想のドライビングをすることができなかっ
た。なんとか自分を合わせて走ろうとベストを尽くしたんだけど、最後まで乗
りこなせなかった。自分としては今の仕様でスリップストリームを使わない限
りあれ以上のタイムは出せなかった。今回はポールにこだわっていただけに、
取れなかったのは残念だけど、前の富士の時は4列目スタートだったことを考
えると、大きな進歩。チームの努力でマシンの特性を変えて、戦闘力も上がっ
ている。予選では負けたけど、明日の決勝では充分チャンスがあるのでじっく
りと前の二人を料理できるよう頑張ります」
百田義弘チーム監督:「ややオーバーステア傾向になったのは意図通りのこと
で、決勝前にどうしても試してみたかったこと。この仕様で フィリップ選手
のスリップストリームを有効に使いきることができなかったのは残念でした。
富士に来る前に製作した対策パーツの狙いも外れておらず、伊藤もうまくその
新しい仕様のマシンを操ってくれている。4番手というポジションは富士では
まったく問題ない。今から午前の仕様でいくか、または午後のものでいくか伊
藤と話し合い決めます。どちらの仕様でいったとしても、明日は序盤戦から前
の2台に絡んでいくことができれば勝算あると、私は考えています」
深尾栄一チームマネージャー:「明日は熾烈な戦いとなるでしょうが、その中
で伊藤が最後までどんな戦いをしてくれるか楽しみですね。富士はシンプルな
レイアウト故に、その駆け引きがとても難しい。マシンの仕上がりもよく、伊
藤のテンションも高い。ここは伊藤にすべて託す、そんな気持ちで送り出した
い。現在、シリーズ4位ですが同ポイントで他に2名います。また、シリーズ
2番手との差も大きくないので、明日のレースでいっきにシリーズ上位に躍り
出たいですね」
Eiichi FUKAO/Skill Speed

Formula Nippon

SpeedMasterMooncraft RACE REPORT 6/5

SpeedMasterMooncraft Racing Team RACE REPORT
’99全日本選手権 フォーミュラ・ニッポン
ROUND 4
富士スピードウェイ
6月5日・土曜日
公式予選
■不運が続く影山、苦労が続く道上
  道上 龍 予選11番手、影山 正彦予選20番手
関東も梅雨入り宣言したが、今日は朝から晴天に恵まれた。
ローラシャシーを使用するスピードマスタームーンクラフトは苦戦が続いているが、
道上龍、影山正彦両ドライバーが使うマシンの性能アップのためにさまざまなモデ
ィフィケーションを施して今回の富士戦に臨んだ。道上車にはオリジナルに近いパ
ーツ類をメインに味付け、影山車はローラ社が投入した新しいボディパーツで構成
されていた。
新しいボディパーツでセッティングをはじめた影山だが、その挙動変化を認めつつ
もタイムアップには繋がらない。マシンの挙動変化についても、ここ富士のコースで
はマッチングは良くなく、ストレートスピードにおいてもオリジナルパーツ使用時よ
りも5、6キロ遅くなってしまっていた。
一方の道上も勝負は2回目の予選に定め、じっくりと走りこみを行なった。
道上車においてもテストで得ていた好感触が今回は得られずセットアップのやり直
しといった具合で、やはりサーキットが変わってもローラに苦しめられた。
さらに、1回目の予選終了間際に影山車のエンジンにトラブルが発生し、2回目の
予選を前にしてエンジン交換を余儀なくされてしまう。エンジン交換には最低2時間
を要すことから、2回目の予選への出走を断念せざるを得なかった。
従ってタイムは1回目に出したものしかなく、順位は大きくドロップダウン。
影山は最後尾スタートとなってしまった。ここのところ流れをつかめない影山に、ニ
ューパーツを投入するなど流れを変えたいところだったが、スランプから抜け出す
ことはできなかった。明日の決勝レースは、オリジナルのパーツに戻し起死回生と
なるようなレースをお見せしたい。
道上はトラブルフリーでセッションを過ごすもののなかなかセットアップが決まら
ない。最終コーナーのオーバーステア症状を治すことをポイントにセットアップを進
めるが、ひとつ改善すると他の部分に悪影響が出るパターンの連続で、ニュータイ
ヤを投入するぎりぎりまでセッティングに集中した。残り20分となった時に、妥協
点をみつけ最後のアタックに入り、道上は1回目の予選のタイムを1・1秒上回る1
分18秒674をマークしセッションを終えた。
道上は11番グリッドからスタートすることに。
■由良拓也チーム監督:
「今回はローラ社から新しいパーツが届き、影山車に投入しその効果に期待したが、
残念ながらこの富士スピードウェイではその効果によるジャンプアップはみとめられ
なかった。ストレートにおいてもオリジナルのローラよりも5、6キロ最高速が遅い。
道上車に関しては、ムーンクラフトオリジナルのパーツを投入するまで、ローラオリ
ジナルをベースに改良を加えてきました。
テストでは手応えを感じていたのですが、それがどっかへ行ってしまい、また今回
もセットアップに悩まされた。道上は最後のニュータイヤでのアタックで、マシンの
挙動が変わってしまい彼としては満足できるアタックはできなかった。明日のレース
に関しては、朝のウオームアップできちんとレースセットを出したい。
影山に関しては、なんとか流れを変えようといろいろと手を尽くしているんですが、
なかなかうまくいかないですね。結局、予選ではアタックできないまま終わってしま
った。新しいパーツは効果がないことが判明したため、明日の決勝はオリジナルに戻
して臨みます」
■道上 龍
「最終コーナーのオーバーステアを消すためいろいろとトライしました。その症状が
なんとか収まってきたところで、ニュータイヤを履いたわけですが、最終コーナーは
より良くなったものの、今度は100Rで強いアンダーステアに襲われてアタックし
切れなかった。明日の決勝ではまたしぶとく頑張ります」
■影山 正彦
「新しいパーツの効果は残念ながら効果がなかった。低速コーナーではダウンフォー
スが効くが、ストレートではドラッグになってしまっていた。それにしてもうまくい
かなすぎる。2回目の予選では出走できなかったから、ただ自分の順位が落ちていく
のをみるしかなかったのが辛かった。明日はオリジナルのパーツに戻してレースとな
るわけですが、データがあるので不安は少ない。辛いレースとなるだろうが、最後ま
で頑張るしかない」
● check point!
今回 スピードマスタームーンクラフトでは、影山車に新しくローラ社製のボディー
パーツが取り付けられた。ディフューザー、サイドポンツーン、エンジンカバーなど
がそれ。
空力が20パーセント向上するとのことだったがその効果は富士では今一つ。
明日はオリジナルに戻すことに。この新しいパーツを取り付けたマシンの写真はスピ
ードマスターのホームページでご覧頂ける様、準備をしています。
  SpeedMaster HP: http://www.speedmaster.co.jp/
なお、お問い合わせ等につきましては、 上記HPを経由して頂きます様、お願い致
します。
SpeedMasterMooncraft Racing Team

Formula Nippon

1999フォ-ミュラ・ニッポン第4戦 富士 総合予選結果

*******************************************************************************
*                                        Fuji International Speedway(4.400km) *
*              1999全日本選手権フォ-ミュラ・ニッポン第4戦 富士スピードウェイ               *
*                      Formula Nippon 公式予選正式結果表                      *
* 1999.06.05    天候 : 曇り       コース状況 : ドライ         SEIKO TIMING *
*******************************************************************************
位車番ドライバー          車     名                      ベストラップ 周  km/h
-------------------------------------------------------------------------------
1 62 P.ダンブレック (GB) TEAM LEYJUN                    1'17.442 27 204.540
2 65 光貞 秀俊 (J)       PIAA NAKAJIMA RACING           1'17.535 40 204.295
3  6 M.クルム (D)        TEAM 5ZIGEN                    1'17.588 46 204.155
4 64 T. コロネル (NE)    PIAA NAKAJIMA RACING           1'17.589 39 204.153
5  1 本山 哲 (J)         UNLIMITED RACING Team Le Mans  1'17.611 37 204.095
6 18 黒澤 琢弥 (J)       TEAM TMS                       1'17.891 25 203.361
7 11 立川 祐路 (J)       COSMO OIL RACING TEAM CERUMO   1'17.977 40 203.137
8 17 D.シュワガー (D)    TEAM TMS                       1'18.046 38 202.957
9 56 脇阪 寿一 (J)       AUTOBACS RACING TEAM AGURI     1'18.063 42 202.913
10  9 R. ファーマン (GB)  SHIONOGI TEAM NOVA             1'18.396 33 202.051
11 14 道上 龍 (J)         SPEEDMASTER MOONCRAFT          1'18.674 39 201.337
12 55 金石 勝智 (J)       AUTOBACS RACING TEAM AGURI     1'18.757 33 201.125
13 12 飯田 章 (J)         COSMO OIL RACING TEAM CERUMO   1'18.881 33 200.809
14  2 山西 康司 (J)       UNLIMITED RACING Team Le Mans  1'18.916 22 200.720
15 10 加藤 寛規 (J)       SHIONOGI TEAM NOVA             1'19.430 18 199.421
16  3 川本 篤 (J)         ASAHI KIKO SPORTS              1'19.473 28 199.313
17 68 R.デルフラー (RA)   DoCoMo TEAM DANDELION RACING   1'19.562 17 199.090
18 19 影山 正美 (J)       BE BRIDES IMPUL                1'19.782 40 198.541
19 20 野田 英樹 (J)       BE BRIDES IMPUL                1'19.820 41 198.447
20 15 影山 正彦 (J)       SPEEDMASTER MOONCRAFT          1'20.883 14 195.838
21 36 玉中 哲二 (J)       TAKAGI B-1 RACING TEAM         1'21.019 41 195.510
-------------------------------------------------------------------------------
予選通過基準タイム ( 107% ) 1'22.863
-------------------------------------------------------------------------------
☆☆☆ 提供 : Fuji International Speedway ☆☆☆

Formula Nippon

1999フォ-ミュラ・ニッポン第4戦 富士 FN 予選2回目

*******************************************************************************
*                                        Fuji International Speedway(4.400km) *
*              1999全日本選手権フォ-ミュラ・ニッポン第4戦 富士スピードウェイ               *
*                      Formula Nippon 予選結果表 2回目                      *
* 1999.06.05    天候 : 曇り       コース状況 : ドライ         SEIKO TIMING *
*******************************************************************************
位車番ドライバー          車     名                      ベストラップ 周  km/h
-------------------------------------------------------------------------------
1 62 P.ダンブレック (GB) TEAM LEYJUN                    1'17.442 24 204.540
2 65 光貞 秀俊 (J)       PIAA NAKAJIMA RACING           1'17.535 20 204.295
3  6 M.クルム (D)        TEAM 5ZIGEN                    1'17.588 23 204.155
4 64 T. コロネル (NE)    PIAA NAKAJIMA RACING           1'17.589 18 204.153
5  1 本山 哲 (J)         UNLIMITED RACING Team Le Mans  1'17.611 19 204.095
6 18 黒澤 琢弥 (J)       TEAM TMS                       1'17.891 16 203.361
7 11 立川 祐路 (J)       COSMO OIL RACING TEAM CERUMO   1'17.977 22 203.137
8 17 D.シュワガー (D)    TEAM TMS                       1'18.046 17 202.957
9 56 脇阪 寿一 (J)       AUTOBACS RACING TEAM AGURI     1'18.063 22 202.913
10  9 R. ファーマン (GB)  SHIONOGI TEAM NOVA             1'18.396 15 202.051
11 14 道上 龍 (J)         SPEEDMASTER MOONCRAFT          1'18.674 21 201.337
12 55 金石 勝智 (J)       AUTOBACS RACING TEAM AGURI     1'18.757 16 201.125
13 12 飯田 章 (J)         COSMO OIL RACING TEAM CERUMO   1'18.881 21 200.809
14  2 山西 康司 (J)       UNLIMITED RACING Team Le Mans  1'18.916  8 200.720
15  3 川本 篤 (J)         ASAHI KIKO SPORTS              1'19.473 13 199.313
16 68 R.デルフラー (RA)   DoCoMo TEAM DANDELION RACING   1'19.562 13 199.090
17 19 影山 正美 (J)       BE BRIDES IMPUL                1'19.782 21 198.541
18 20 野田 英樹 (J)       BE BRIDES IMPUL                1'19.820 20 198.447
19 36 玉中 哲二 (J)       TAKAGI B-1 RACING TEAM         1'21.019 21 195.510
-------------------------------------------------------------------------------
10 加藤 寛規 (J)       SHIONOGI TEAM NOVA                       1        
15 影山 正彦 (J)       SPEEDMASTER MOONCRAFT                    0        
-------------------------------------------------------------------------------
☆☆☆ 提供 : Fuji International Speedway ☆☆☆

Formula Nippon

FN_Rd.4:Fニッポン富士予選2回目

       ルーキー、ダンブレック見事な逆転初ポール!
 午後2時55分、2回目の公式予選が始まった。
 ターゲットタイムは、#1本山の暫定PPタイム1分18秒536だ。
 1回目トラブルで満足に走れなかった#62ダンブレックが最初にコースイン。
 序盤は走行するマシンは少ない。勝負はいつものように終盤になりそうだ。
7分経過 #10加藤が最終コーナーで大スピン。アウト側スポンジバリアにクラッ
     シュし、予選は赤旗中断。ドライバーは無事。マシンのダメージもさ
     ほどないようだ。
この中断の前に#64コロネルが1'18.509を出し、本山を逆転している。
15分経過 8分間の中断の後予選再開。
20分経過 #62ダンブレック(1'18.443)-#64コロネル-#6クルム-#56脇阪-#65光貞-#1本山
この後、#64コロネル、#62ダンブレック、#1本山が軒並みタイムアップ。
25分経過 #64コロネル(1'18.162)-#62ダンブレック-#1本山-#6クルム-#18黒澤-#65山西
30分経過 #64コロネル(1'18.162)-#62ダンブレック-#1本山-#6クルム-#18黒澤-#65山西
35分経過 #64コロネル(1'18.162)-#62ダンブレック-#1本山-#6クルム-#18黒澤-#65山西
40分経過 #64コロネル(1'18.162)-#62ダンブレック-#1本山-#6クルム-#18黒澤-#65山西
     上位選手は最後のアタックに備えているため順位は動かず。
45分経過 #64コロネル(1'18.162)-#62ダンブレック-#1本山-#18黒澤-#6クルム-#65山西
46分経過 本格的なアタック開始。上位陣は次々に17秒台へ。
50分経過 #62ダンブレック(1'17.442)-#64コロネル-#1本山-#65光貞-#6クルム-#18黒澤
予選終了 #62ダンブレック(1'17.442)-#65光貞-#6クルム-#64コロネル-#1本山-#18黒澤
 ダークホース的存在のルーキー#62ダンブレックが、見事なポールゲット。
負傷欠場のチームオーナーOSAMUの分まで大奮闘だ。
 レイナード勢有利は揺るぎないものの、過去4戦とは異なるグリッドで決勝
は面白くなりそうだ。
             *** FMOTOR4F SysOp 北島滋穂(SDI00685) ***

Japanese F3

1999全日本F-3選手権 第5戦 富士 予選結果

*******************************************************************************
*                                        Fuji International Speedway(4.400km) *
*              1999全日本選手権フォ-ミュラ・ニッポン第4戦 富士スピードウェイ               *
*                          F-3 公式予選正式結果表                          *
* 1999.06.05    天候 : 晴れ       コース状況 : ドライ         SEIKO TIMING *
*******************************************************************************
位車番ドライバー          車     名                      ベストラップ 周  km/h
-------------------------------------------------------------------------------
1  1 D.マニング (GB)     TOM'S F399                     1'27.217 11 181.616
2  3 S.フィリップ (F)    カストロール富士通テンF399     1'27.693 11 180.630
3 64 松田 次生 (J)       PIAA DALLARA 無限              1'27.755 13 180.503
4 77 伊藤 大輔 (J)       スピードマスターF399ホンダ     1'27.942 10 180.119
5 15 R.ヴィルタネン (FN) 5ZIGEN DALLARA                 1'27.994 11 180.012
6  7 荒 聖治 (J)         ZENT TOM'S F399                1'28.154  2 179.686
7  9 谷川 達也 (J)       Three Bond                     1'28.163 11 179.667
8  2 W.エブラヒム (BR)   戸田無限ホンダF399             1'28.325 11 179.338
9 17 黒澤 治樹 (J)       ライアンレーシング戸田無限本田 1'28.460 11 179.064
10 55 金石 年弘 (J)       ARTA399無限                    1'28.478 10 179.028
11 16 五味 康隆 (J)       ダラーラF399                   1'28.559 13 178.864
12  6 中嶋 廣高 (J)       5ZIGEN DALLARA                 1'28.578 12 178.825
13  8 井上 智之 (J)       ESSO TOM'S F399                1'28.636 13 178.708
14 87 M.メディアーニ (I)  阪急交通社 HKSラリーアート     1'28.849 13 178.280
15 71 内山 清士 (J)       NIHON KIZAIF399                1'28.873 11 178.232
16 20 伊藤 健二 (J)       GMC,coチャレンジF3             1'29.198 10 177.582
17 33 小早川受黎 (J)      DeoDEO・DALLARA                 1'29.258 12 177.463
18 53 富澤 勝 (J)         WAKO'SマエジマF397             1'29.859 16 176.276
19  5 滑川 健 (J)         INGING トステムF398            1'30.025 14 175.951
20 18 密山 祥吾 (J)       イエローハット399・HKS          1'30.435 11 175.153
-------------------------------------------------------------------------------
予選通過基準タイム ( 110% ) 1'36.311
-------------------------------------------------------------------------------
☆☆☆ 提供 : Fuji International Speedway ☆☆☆

Japanese F3

F3_Rd.5:富士F3予選レポート

      マニングに敵なし!怒濤の4連続ポール!
 開幕戦こそ落としたものの、続く3戦は圧倒的な速さで連勝を続ける#1マニ
ング。ここ富士で行われた第3戦もあっさりと勝っている。第5戦の焦点は、
マニングの連勝をストップする者が現れるのかという点だが……。
 午後2時10分、Fニッポンの予選の合間を縫うようにしてF3の予選が始ま
った。
10分経過 各チーム様子を見ておりコース上には5台が走行しているのみ。
15分経過 #7荒(1'28.154)-#64松田-#17黒澤-#6中嶋-#87メディアーニ-#16五味
20分経過 #1マニング(1'27.489)-#3フィリップ-#77伊藤-#15ヴィルタネン-#7荒
-#64松田
25分経過 #1マニング(1'27.489)-#3フィリップ-#77伊藤-#15ヴィルタネン-#7荒
-#64松田
予選終了 #1マニング(1'27.217)-#3フィリップ-#64松田-#77伊藤-#15ヴィルタネン
-#7荒-#9谷川-#2エブラヒム-#17黒澤-#55金石
 #1マニングは残り4分となったところで、駄目押しのタイムアップを果たし
て予想どおりのPP奪取。2位とはコンマ5秒弱。抜き所の多い富士とはいえ、
この差は大きい。すでに明日の決勝の展開が見えてしまったようだ。
               *** FMOTOR4F SysOp 北島滋穂(SDI00685) ***

Formula Nippon

1999フォ-ミュラ・ニッポン第4戦 富士 FN 予選1回目

*******************************************************************************
*                                        Fuji International Speedway(4.400km) *
*              1999全日本選手権フォ-ミュラ・ニッポン第4戦 富士スピードウェイ               *
*                      Formula Nippon 予選結果表 1回目                      *
* 1999.06.05    天候 : 曇り       コース状況 : ドライ         SEIKO TIMING *
*******************************************************************************
位車番ドライバー          チーム 名                      ベストラップ 周  km/h
-------------------------------------------------------------------------------
1  1 本山 哲 (J)         UNLIMITED RACING Team Le Mans  1'18.536 18 201.691
2 65 光貞 秀俊 (J)       PIAA NAKAJIMA RACING           1'18.605 20 201.514
3 64 T. コロネル (NE)    PIAA NAKAJIMA RACING           1'18.650 21 201.399
4  6 M.クルム (D)        TEAM 5ZIGEN                    1'18.694 23 201.286
5 18 黒澤 琢弥 (J)       TEAM TMS                       1'19.024  9 200.445
6 17 D.シュワガー (D)    TEAM TMS                       1'19.027 21 200.438
7 56 脇阪 寿一 (J)       AUTOBACS RACING TEAM AGURI     1'19.162 20 200.096
8 11 立川 祐路 (J)       COSMO OIL RACING TEAM CERUMO   1'19.172 18 200.071
9  2 山西 康司 (J)       UNLIMITED RACING Team Le Mans  1'19.338 14 199.652
10 10 加藤 寛規 (J)       SHIONOGI TEAM NOVA             1'19.430 17 199.421
11 14 道上 龍 (J)         SPEEDMASTER MOONCRAFT          1'19.743 18 198.638
12 55 金石 勝智 (J)       AUTOBACS RACING TEAM AGURI     1'19.974 17 198.064
13  3 川本 篤 (J)         ASAHI KIKO SPORTS              1'20.155 15 197.617
14 12 飯田 章 (J)         COSMO OIL RACING TEAM CERUMO   1'20.168 12 197.585
15  9 R. ファーマン (GB)  SHIONOGI TEAM NOVA             1'20.445 18 196.905
16 19 影山 正美 (J)       BE BRIDES IMPUL                1'20.557 19 196.631
17 15 影山 正彦 (J)       SPEEDMASTER MOONCRAFT          1'20.883 14 195.838
18 20 野田 英樹 (J)       BE BRIDES IMPUL                1'20.969 21 195.630
19 68 R.デルフラー (RA)   DoCoMo TEAM DANDELION RACING   1'21.027  4 195.490
20 62 P.ダンブレック (GB) TEAM LEYJUN                    1'21.762  3 193.733
21 36 玉中 哲二 (J)       TAKAGI B-1 RACING TEAM         1'23.093 20 190.630
-------------------------------------------------------------------------------
☆☆☆ 提供 : Fuji International Speedway ☆☆☆

Formula Nippon

FN_Rd.4:Fニッポン富士予選1回目

        本山、残り5分の攻防を制し暫定ポール!
 6月5日、Fニッポン第4戦の舞台となった富士スピードウェイは、雲は多
いものの蒸し暑い。夏を思わせる天候となった。
 ここまでの3戦は、UNLIMITEDルマンとPIAAナカジマの2強にGフォースを
駆るシオノギNOVAが絡む構図となっているが、他のレイナードユーザー、そし
て対策の空力パーツを備えてきた不振のローラ勢が高速コースの富士でどんな
戦いを見せるのか注目だ。
 午後1時10分、1回目の公式予選が始まった。
5分経過 #64コロネル(1'19.175)-#65光貞-#56脇阪-#18黒澤-#10加藤-#11立川
10分経過 #64コロネル(1'18.882)-#1本山-#65光貞-#6クルム-#17シュワガー#56脇阪
15分経過 #64コロネル(1'18.882)-#1本山-#65光貞-#6クルム-#2山西-#17シュワガー
20分経過 #64コロネル(1'18.882)-#1本山-#65光貞-#6クルム-#2山西-#56脇阪(!)
25分経過 #64コロネル(1'18.882)-#65光貞-#1本山-#6クルム-#2山西-#17シュワガー
30分経過 #6クルム(1'18.694)-#64コロネル-#65光貞-#1本山-#2山西-#17シュワガー
35分経過 #64コロネル(1'18.650)-#6クルム-#1本山-#65光貞-#18黒澤-#2山西
40分経過 #64コロネル(1'18.650)-#6クルム-#1本山-#65光貞-#18黒澤-#2山西
予選終了 #1本山(1'18.536)-#65光貞-#64コロネル-#6クルム-#18黒澤-#17シュワガー
#56脇阪-#11立川-#2山西-#10加藤-#14道上-#55金石-#3川本-#12飯田-
#9ファーマン-#19影山-#15影山-#20野田-#68デルフラー-#62ダンブレック
#36玉中
 残り5分となったところで、計ったようにコースインした#1本山が、それま
でトップを守っていた#64コロネルをあっさり逆転。#65光貞も2位に浮上した。
また、ローラユーザー#56脇阪はレイナード勢に食い込み大健闘の7位を得た。
             *** FMOTOR4F SysOp 北島滋穂(SDI00685) ***

Japanese F3

1999全日本F-3選手権 第5戦 富士 公式練習

*******************************************************************************
*                                        Fuji International Speedway(4.400km) *
*              1999全日本選手権フォ-ミュラ・ニッポン第4戦 富士スピードウェイ               *
*                               F-3 公式練習                               *
* 1999.06.05    天候 : 晴れ       コース状況 : ドライ         SEIKO TIMING *
*******************************************************************************
位車番ドライバー          車     名                      ベストラップ 周  km/h
-------------------------------------------------------------------------------
1 15 R.ヴィルタネン (FN) 5ZIGEN DALLARA                 1'27.489 13 181.051
2  7 荒 聖治 (J)         ZENT TOM'S F399                1'27.504 14 181.020
3 77 伊藤 大輔 (J)       スピードマスターF399ホンダ     1'27.705 15 180.605
4  3 S.フィリップ (F)    カストロール富士通テンF399     1'27.954 15 180.094
5 55 金石 年弘 (J)       ARTA399無限                    1'28.078 15 179.841
6  1 D.マニング (GB)     TOM'S F399                     1'28.152  5 179.690
7  8 井上 智之 (J)       ESSO TOM'S F399                1'28.243 14 179.504
8  2 W.エブラヒム (BR)   戸田無限ホンダF399             1'28.298 13 179.393
9 64 松田 次生 (J)       PIAA DALLARA 無限              1'28.683 14 178.614
10 17 黒澤 治樹 (J)       ライアンレーシング戸田無限本田 1'28.710 14 178.559
11  6 中嶋 廣高 (J)       5ZIGEN DALLARA                 1'28.720 14 178.539
12 16 五味 康隆 (J)       ダラーラF399                   1'28.936 10 178.106
13  9 谷川 達也 (J)       Three Bond                     1'29.207  7 177.565
14 71 内山 清士 (J)       NIHON KIZAIF399                1'29.228 14 177.523
15 87 M.メディアーニ (I)  阪急交通社 HKSラリーアート     1'29.349 15 177.282
16  5 滑川 健 (J)         INGING トステムF398            1'30.025 15 175.951
17 33 小早川受黎 (J)      DeoDEO・DALLARA                 1'30.039 13 175.924
18 20 伊藤 健二 (J)       GMC,coチャレンジF3             1'30.343 11 175.332
19 18 密山 祥吾 (J)       イエローハット399・HKS          1'30.558 12 174.916
20 53 富澤 勝 (J)         WAKO'SマエジマF397             1'30.730 10 174.584
-------------------------------------------------------------------------------
☆☆☆ 提供 : Fuji International Speedway ☆☆☆

Formula Nippon

1999フォ-ミュラ・ニッポン第4戦 富士 FN 公式練習

*******************************************************************************
*                                        Fuji International Speedway(4.400km) *
*              1999全日本選手権フォ-ミュラ・ニッポン第4戦 富士スピードウェイ               *
*                       Formula Nippon 公式練習                              *
* 1999.06.05    天候 : 晴れ       コース状況 : ドライ         SEIKO TIMING *
*******************************************************************************
位車番ドライバー          車     名                      ベストラップ 周  km/h
-------------------------------------------------------------------------------
1 64 T. コロネル (NE)    PIAA NAKAJIMA RACING           1'18.202 27 202.552
2  1 本山 哲 (J)         UNLIMITED RACING Team Le Mans  1'18.222 28 202.501
3 62 P.ダンブレック (GB) TEAM LEYJUN                    1'18.489 27 201.812
4 65 光貞 秀俊 (J)       PIAA NAKAJIMA RACING           1'18.559 24 201.632
5  6 M.クルム (D)        TEAM 5ZIGEN                    1'18.613 21 201.493
6 17 D.シュワガー (D)    TEAM TMS                       1'18.648 27 201.404
7  2 山西 康司 (J)       UNLIMITED RACING Team Le Mans  1'18.678 17 201.327
8 56 脇阪 寿一 (J)       AUTOBACS RACING TEAM AGURI     1'18.862 22 200.857
9 18 黒澤 琢弥 (J)       TEAM TMS                       1'19.035 23 200.418
10 10 加藤 寛規 (J)       SHIONOGI TEAM NOVA             1'19.041 22 200.402
11 12 飯田 章 (J)         COSMO OIL RACING TEAM CERUMO   1'19.465 22 199.333
12 14 道上 龍 (J)         SPEEDMASTER MOONCRAFT          1'19.621 30 198.942
13 11 立川 祐路 (J)       COSMO OIL RACING TEAM CERUMO   1'19.678 29 198.800
14 55 金石 勝智 (J)       AUTOBACS RACING TEAM AGURI     1'19.772 19 198.566
15  3 川本 篤 (J)         ASAHI KIKO SPORTS              1'20.101 25 197.750
16 15 影山 正彦 (J)       SPEEDMASTER MOONCRAFT          1'20.165 23 197.592
17 19 影山 正美 (J)       BE BRIDES IMPUL                1'20.209 21 197.484
18  9 R. ファーマン (GB)  SHIONOGI TEAM NOVA             1'20.242 22 197.403
19 20 野田 英樹 (J)       BE BRIDES IMPUL                1'20.475 25 196.831
20 68 R.デルフラー (RA)   DoCoMo TEAM DANDELION RACING   1'20.605 27 196.514
21 36 玉中 哲二 (J)       TAKAGI B-1 RACING TEAM         1'22.887 24 191.104
-------------------------------------------------------------------------------
☆☆☆ 提供 : Fuji International Speedway ☆☆☆

全日本GT選手権

GTインサイドレポート 99Rd.3/7

■ 1999 AUTOBACS CUP ALL JAPAN GT CHAMPIONSHIP
■ GT INSIDE REPORT
■ Round 3  SUGO GT CHAMPIONSHIP                           FMOTOR4 EDITION
   GT INSIDE REPORT     インサイドレポート・特集      99/05/30
 -------------------------------------------------------------------------
'99AUTOBACS CUP GTC第3戦SUGO SUGO GT選手権(5/29,30)
☆特集 GTへの提言 ~チーム関係者に訊く~
 前回、第2戦富士のインサイドレポートでは、最近のGTCマシンの性能向上および
コストの高騰について、福山英朗(*81 ダイシンシルビア)、鈴木恵一(98年GT300
チャンピオン)、木下隆之(#32 cdmaOneセルモスープラ)、松田秀士(#55 STPア
ドバンタイサン バイパー)の各氏に意見を訊いた。今回は、チーム監督その他、前
回とは立場の異なる方々の意見を掲載する。
長谷川勇(*25 モモコルセ・アペックスMR2)総監督
「全体の盛り上がりを削がないようにしながら規制していくことはつねに必要だと
思いますよ。ただ、現状でもGT300のMR2は危険だということはないと思います。
GT500では微妙な空力でグランドエフェクトでやってますが、GT300の空力はまだそ
こまでいってません。従来のツーリングカーのレベルですよ。絶対速度が知れてま
すから、ブレーキ性能も決して悪くないです。レギュレーションは、今年は現行の
ままでいいと思います。車両の安全規定を強化するとしたら、剛性確保とか前後の
クラッシャブルバリアとかそのあたりでしょう。あと言いたいのは、内輪だけじゃ
なくてお客さんに喜ばれるレースをしないといけないということです。レースファ
ンがそんなに急激に増えるとは思えないんで、チューニングカーを楽しむユーザー
を動員しないといけない。(ユーザーが)走るチャンスを多くするなど、そのあた
りの運営も強化すべきだと思います。うちは部品メーカーなんで、お客さんに喜ん
でいただくことを考えています。チームもクルマも、日曜日に走らせるだけってい
うんじゃマンネリだし、地方を転戦しているんだからディーラーの人たちが走る機
会を作るとか、いろいろな努力が必要だと思いますよ。『これでいいや』じゃ衰退
しますよ」
土屋春雄(*25 モモコルセ・アペックスMR2)監督
「GTのタイムが上がってきているのは正常進化しているだけ。世界中でマシンを遅
くしようという傾向があるけれど、遅ければ安全ということではない。今このシリー
ズは成功してるんだからむやみにいじらないほうがいい。コストだってウチは今一
番安い。ポルシェは設計が20年前のクルマでしょ。開発らしい開発をやってないそ
のまんまのクルマ。そのクルマにあわせて遅くしちゃって(進歩が)止まってたら
レースはなにもおもしろくない。ターボだから速いという理屈も、そうは思わない。
ほんとうにオレがやりたいのは3リッターNA。今のレギュレーションを考えたらこれ
が一番速くなると思ってる。だからといってNAはカネがかかるとも思わないよ。ウ
チなんか確実にエンジンを2レースは使ってるし、コストもそんなに上がってない
よ。要するにアイデアの問題。ウチのクルマなんか溶接さえできればだれにでも作
れるはず。決まった予算のなかでのカネの使いかたしだい。ウチがカネかけるよう
になっちゃったらGTは悪くなると思うよ。でもオレがほかのクルマやったら、もっ
ともっと速くなるよ」
坂東正明(*19 ウェッズスポーツセリカ)監督
「GTCってのはいっぱいエントラントがいるから盛り上がるんだろ? どうやってエ
ントラントを増やすかもっと考えたほうがいいと思うんだよな。べつに速すぎるか
らカネがかかるとは思わねェよ。NAは軽くしていいっていうけど、軽くするのには
ウンとカネがかかる。土屋さん(土屋エンジニアリング)はカネかかってねェって
いうけど、あそこはノウハウの蓄積があって自分のところでやってるからだろ。土
屋さんに同じクルマを作って同じメンテナンスしてくれって言ったらウンとかかる
んだから。カネがかかるのはある意味しょうがねェんだけど、もう少しエントラン
トを増やしたかったら、もっとGT300をTVに映せと言いたい。今のGTCってGT300がい
て成り立ってるんだろ。メーカーが争っているGT500だけでレースをやってみな。台
数は少ないし、どこかがやめたら終わりだろ。GT300はメーカーがいなくてもでき
る。だからといってGT300だけでレースをやったら今度はお客さんが入りますか、と
いう点も見逃せない。つまりだな、GT500とGT300両方いねェと成り立たないんだ
よ。そういうコミュニケーションがあってGTCってのは成り立ってるんだ。同じ上納
金払ってるのになんでGT300はTVにちゃんと映らねェんだよ。全員が盛り上げてるっ
ていうのをちゃんと伝えろよな。GT300じゃ視聴率が取れないなんていうのはやりか
たを知らないだけだよ。もしそんなこというヤツがいたらクビにしちまえばいいん
だよ。それくらいGT-AがTV局に言ってもいいんじゃないの」
平岡寿道(*86 BP・KRAFT・トレノ)監督
「カネがかかるって言うけれど、速くしようとするとあるていどはしかたないんで
す。スポンサーへのソフト費用がかかるということもあるでしょう。ウチや土屋さ
んのところ(*25 モモコルセ・アペックスMR2)みたいだったら問題はないけど、
GT500のチームみたいにトレーラーでクルマ運んでテント出すとおカネがかかる。ハ
コ(のレース)の最高峰ということを考えると、その部分をカットすることはでき
ないでしょう。コスト削減のために、GT-Aが金曜日にもタイヤ規制をしてるし、
メーカー占有のテストもなくなってる。このあたりは現状でいいと思います。
 車両側の安全という点で言えば、NASCARやFIA-GTではドライバーの保護のために
サイドストラクチャーが3本入っているし、ドアの材料は変えちゃいけないという
規制がある。これだとドライバーの安全性は高められるでしょうが、今度は乗り降
りの問題とかも出てくるんです。ただ、GT500とGT300の速度差が開くと危険です。
昔はスタートから15周ぐらい周回遅れにならなかったのが、今は8~9周で周回遅
れになるんです。つねに後ろを気にしなきゃいけないくらいのタイム差がある。こ
の差が近づいてくれればバックマーカーがそうそうは出てこない。GT300とGT500を
分ける話もありますけど、興行的に成功するかどうかでしょうね」
高橋規一(*99 大黒屋ぽるしぇ/氏は現役の救急医でもある)
「安全面で一番気になるのはシートベルトのちょうど股のあいだの部分のベルトで
す。5、6点目っていうんですか? このベルトだけは、ドライバーが変わると調
整できない。3点式のELRみたいになればシートを動かしてもベルトが合わなくて
困ることはないんですけどね。今はレギュレーションでだめだという調整機能なん
ですが、ここが合わなきゃ死ねというようなものですよ。
 あとは、レース中になにかあればボクが止まって(救護措置を)しますよ。今回
ボランティアドクターを買って出たんですが、レースウイークは富士もここも金曜
日から手配してくれていて、あとは合同テストのときだけ来ればいいのかなという
体制になっています。
 (速度を抑えるということでは)タイヤをレギュレーションで変えてコーナリン
グスピードを下げたりすることも考えられるだろうけど、(それが)安全面に結び
つくかどうかなって思いますね。速すぎるから危険というより、速さを維持するた
めにおカネがかかりすぎ。コントロールするとすればエンジンに対する型式認定で
す。まあ、封印しろとまでは言わないけれど、スペアエンジンをボンボン使うチー
ムと、われわれみたいにエンジン1基でオイル交換ぐらいしかやりようのないチー
ムの戦いですから…。なんらかの規制というか、たとえば壊れたときだけ乗せ換え
を認めるとかしたらどうでしょう」
ピエール・アンリ・ラファネル(#35マツモトキヨシ・トムススープラ/BPRシリー
ズ、FIA GT選手権、全日本GT選手権のそれぞれにフル参戦した唯一のドライバー)
「BPRシリーズ(消滅したヨーロッパのGTシリーズ)、そしてFIA GT選手権が経験し
た問題と同じことが、今ここで起こっていると思う。BPRでは当初、コンストラク
ターがマシンをプライベーターに供給していたので、どのチームにもチャンスがあ
った。(ワークスと)同じマシンを入手できたので、多少高くてもそれを購入して
レースに参加していればチャンスはあったんだ。毎年エボリューションモデルが出
て、チームはそれを購入した。ただ、ワークスチームがワークスマシンで参加する
ようになって、マシンを供給するにしても1年落ちのものしか出さなくなってプラ
イベーターが上位に入れなくなり、やる気をなくして去っていった。ボクがいたGTC
レーシングもそうだった。これでFIA GT選手権からGT1クラスがなくなったんだ。
今、全日本GT選手権はこれと同じ方向に向かっているように思える。選手権のレベ
ルはどんどん上がっている。去年ホンダが圧倒的に速くて、トヨタはそれに対抗す
べく戦闘力の高いニューマシンを開発した。今年、トヨタはそのニューマシンを6
台も供給しているが、仮にホンダ、ニッサンが来年2台だけで参加するようになり、
トヨタもそれに合わせてプライベーターに供給しなくなったら、選手権は消滅して
しまうだろう。プライベーターがワークスと同じマシンを購入できなければいけな
い。ニッサンのようにワークスマシンを2台しか出さないというのは選手権にとっ
てはよくないと思う。あれがすごく速くて選手権を圧倒するようになり、ほかのコ
ンストラクターも少ない台数に集中するようになるとメーカー同士の争いになり、
プライベートチームはいなくなって選手権はなくなってしまうだろう。BPRや、FIA 
GTのGT1クラスのようにね。
 この選手権のいい点としては、リストリクターのサイズとウェイトハンディもう
まく機能しているようで、同じマシンが勝ちつづけるということがないことが挙げ
られる。いろいろなクルマ、チームにチャンスがある。決して同じチームの1台の
クルマがシリーズを圧倒してしまうということがない。3つのコンストラクターが
参加しているし、プロモーションもいい。多くのプロフェッショナル・ドライバー
が参加している。だから観客動員数も多い」
和田孝夫(#11 エンドレスアドバンGTR)
「今は天気がよければお客さんはたくさん集まるだろうし、おもしろいレースがで
きるだろうけど、はたして来年、再来年とこれが続いていくかどうか。実際に去年
出ていて今年いないチームもけっこうあるし。みんな見栄張ってやってるけど内情
はどこも苦しいと思いますよ。主催者も雨降ってお客さんが来なくて大赤字になれ
ば一気に苦しくなってしまうだろうし…。
 ちょっと別のことを言えば、トップレースはお客さんも集まって興行自体成功し
ているかもしれないけど、底辺のレースはエントラントも集まらなくて大変なんで
すよ。たとえばGTCの前座などは集まるんですけど、それ以外はどのカテゴリーも軒
並み参加台数が減っているんです。ボクも最近底辺のレースにどんどんかかわって
いるんですが、台数集めるのが大変なんですよ。宣伝も足りないからいつやってい
るかもわからないですし。ボクが底辺のレースに出ていたころはもっと観客も集まっ
ていました。底辺のレースがなかったらトップレースもありえないんですよ。トッ
プレースがあるのもトップドライバーがいるのも底辺のレースがあるからなんです。
GTCの関係者もそのことをもっと考えてほしいです。前座でいろいろなカテゴリーの
レースをやるとか。今もやっていると言われるかもしれないけど、もっともっとやっ
てほしいですよ。それと雑誌の人にとくに言いたいですけど、モータースポーツ誌
を買っているのはそういう(底辺の)レースに関わっている人なんですよ。彼らは
名前が載ればうれしいんだから、もっと扱ってほしいです」
長谷見昌弘(#3ユニシアジェックススカイライン/ハセミ・モータースポーツ代表)
「今のGTCはずいぶんおカネがかかるようになっちゃってるのはたしか。速すぎる
ことよりもそのほうが問題だと思う。モータースポーツというのはスポンサーから
おカネをもらわないとやっていけないんだけど、今、スポンサーから出る金額って
いうのは正直いってバブルのころの約半分でしょう? だったらクルマの値段も半
分にしないとやっていけないんだけど、もうその範囲を完全に超えてるんです。も
うひとつは、技術開発の速度が速すぎて1年落ちのクルマがまったく売れなくなっ
てる。GTCには、かならずしもトップ争いには加わらなくてもいいっていうチームも
あるんだから、そういうチームに1年落ちのクルマを安く売るという市場が成立す
れば、いい循環ができる。でも今は1年落ちのクルマではなんの楽しみもないから
それが成立しない。(技術開発を追いかける)トップチームも大変だけど、そうい
うチームも大変なんですよ。
 GTアソシエイションのなかでもJAFのなかでも、メーカー関係者には、10年、20年
とレースを続けていけるレギュレーションを考えてほしいですね。今の規定ではひ
とつのメーカーがやめてしまうとエントリーが減って、CカーやJTCCの二の舞になっ
てしまいます。GTCがスタートしたころはよかったんですよ。とにかく台数を集め
て、いいレースをしようとしていた。それが台数が増えてお客さんが集まるように
なると、次は勝つことを最優先に考えるようになっちゃった。結局、メーカーの担
当者というのは上からいわれて勝つことを優先しなくちゃいけなくなっちゃうんで
すね。ほんとうにレースを愛していたら、長く続けられるように考えるはずなんで
すけどね。プライベートの人たちはレースを愛しているんです。そういう人たちを
だいじにしないとGTCはなくなっちゃいますよ。これからもお客さんを集めていくた
めには、続けることがだいじなんです。GTCも10年続いたら大したものだと思いま
すよ」
千葉泰常(#55 STPタイサンアドバンバイパー/*26 タイサンアドバンポルシェ)チー
ムタイサン監督
「メーカーが車両規則を独自に解釈しすぎていると思います。第一の問題として街
を走っているクルマとあまりにもかけ離れてしまっている。その第一はウェイトだ
と思います。昨年までの最低重量は1150kgだったものが、1100kgになった。生産車
はスープラもNSXも1300kg以上あるわけだから、レースカーが1100kgというのはおか
しいです。それとエンジンの搭載位置によって重量を変えるという規定があります
が、それについてもNSXは生産車からミドシップだが、スープラも生産車とは違って
いてフロント・ミドシップになっている。あれをなぜミドシップと見なさないのか。
非常におかしいと思います。それと安全性の問題をあまりにも度外視していると思
います。われわれが大切に育ててきた信吾(舘信吾選手)の死をきちっと受け止め
なければいけないと思う。
 それと重量ハンデは非常にいいと思いますが、たとえば車両重量とリストリクター
径のことについても、あまりにも国産車のことしか考えていない。さらに、今年エ
アボックスのサイズの規定がありますが、それも2リッターなどの国産車を対象とし
た規定であって、FIAの規定より小さく、われわれのようなV10の8リッターのエンジ
ンでは収まりきれないサイズです。そういうことも踏まえてもらいたいです。それ
とわれわれは当初ポルシェのGT1を持ってくるつもりだったが、はじめからリストリ
クターの径が38mmなどと言われる。それでまず鈴鹿(の開幕戦)を走ってみろ、そ
の結果で軽減するから、と言われる。だがその『まず走ってみろ』ができないんで
すよ。
 どんなクルマでもナンバープレートのついたクルマならいい、というふうにして
いかないとお客さんにとっての魅力もなくなってきてしまいます。逆にワークスは
2台というふうに制限してもいいと思う。今やGT300クラスまでGT500と同じ傾向に
なってしまっている。プロモーションも、たとえばポラロイド・チャリティーのよ
うにお金を取ることばかりではなく、なにか考えないといけない。中学生や高校生
にとっては1000円というのは大変だと思います。それとフォーミュラ・ニッポンに
F3があるように、ジュニアクラスを、たとえば3年落ちのクルマを使ってやるとか
して、次の人たちを育てたほうがいいと思います。ペーパー上はありましたけど、
シーズンおわったらマシンを売らなければいけないとかということをほんとうにやっ
たほうがいいと思います」
以上
◎この特集第3回は第4戦MINEで行う予定です。
*今回のGTインサイドレポートは以上です
                       GTアソシエイション事務局
                         GTインサイドレポート班
                        古屋 知幸 = QYB04322 =

全日本GT選手権

GTインサイドレポート 99Rd.3/6

■ 1999 AUTOBACS CUP ALL JAPAN GT CHAMPIONSHIP
■ GT INSIDE REPORT
■ Round 3  SUGO GT CHAMPIONSHIP                           FMOTOR4 EDITION
   GT INSIDE REPORT      インサイドレポート4       99/05/30
 -------------------------------------------------------------------------
'99AUTOBACS CUP GTC第3戦SUGO SUGO GT選手権(5/29,30)
☆ポイントランキング(第3戦終了)
ドライバーポイント
[GT500]
                Rd.1  Rd.2  Rd.3  Rd.4  Rd.5 Rd.6 Rd.7
                3/21  5/2  5/30  7/11  8/8  9/26 10/24
Po. No. Driver     合計 Suzuka FUJI  SUGO  MINE  FUJI TI  SUGO
----------------------------------------------------------------------------
1 36 関谷正徳/黒澤琢弥 32  10    2   20
2  1 E.コマス      29  15    8   6
3 37 鈴木利男      22  12   10
4  1 本山 哲      21  15   -   6
5 12 星野一義/影山正美 21   1   12   8
6 18 金石勝智/脇阪寿一 20  20
7 100 高橋国光/飯田 章 20      20
7 38 竹内浩典/立川祐路 19   4   15
9 35 P.H.ラファネル/山路慎一 15          15
10 3 長谷見昌弘/田中哲也 14   6    4   4
[GT300]
                Rd.1  Rd.2  Rd.3  Rd.4  Rd.5 Rd.6 Rd.7
                3/21  5/2  5/30  7/11  8/8  9/26 10/24
Po. No. Driver     合計 Suzuka FUJI  SUGO  MINE  FUJI TI  SUGO
----------------------------------------------------------------------------
1 25 新田守男      38   3   20   15
2 19 織戸学/原 貴彦  35  20   15
3 25 高木真一      35  -   20   15
4 61 R.ファーマン      23  15       8
4 61 中谷明彦      23  15   -   8
6 15 土屋武士/井手有治 22   2       20
7  7 松本晴彦/山野哲也 20  10   10
8 71 城内政樹/河野尚裕 18      12   6
9 14 古在哲雄/小宮延雄 18   6    8   4
10 910 余郷敦/玉本秀幸  16  12    4
チームポイント
[GT500]
                 Rd.1  Rd.2  Rd.3  Rd.4  Rd.5 Rd.6 Rd.7
                 3/21  5/2  5/30  7/11  8/8  9/26 10/24
Po. No. TEAM       合計 Suzuka FUJI  SUGO  MINE  FUJI TI  SUGO
----------------------------------------------------------------------------
1 36/37 TOYOTA Castorl TEAM TOM'S
               42  12   10   20
2 16/18無限×童夢プロジェクト  32  20      12
3 1/2 NISMO        29  15   8   6
4 12 TEAM IMPUL       21   1   12   8
5 100 チーム国光with MOONCRAFT 20      20
6 38 TOYOTA TEAM CERUMO  19   4   15
7 35 マツモトキヨシ TEAM TOM'S  15         15
8  3 ハセミ・モータースポーツ     14   6   4   4
9 32 cdma one TOYOTA TEAM CERUMO with key's
               12   3   6   3
10 64 Mobil1 NAKAJIMA RACING 10          10
[GT300]
                 Rd.1  Rd.2  Rd.3  Rd.4  Rd.5 Rd.6 Rd.7
                 3/21  5/2  5/30  7/11  8/8  9/26 10/24
Po. No. TEAM       合計 Suzuka FUJI  SUGO  MINE  FUJI TI  SUGO
----------------------------------------------------------------------------
1 25 MOMOCORSE Racing with Tsuchiya
              38   3   20   15
2 19 RACING PROJECT BANDOH 35  20   15
3 61 チーム・テイボン・ラリーアート   23  15       8
4 15 NISMO        22   2       20
5  7 RE雨宮レーシング   20  10   10
6 71 シグマテックレーシングチーム   18      12   6
7 14 アルタRACING TEAM  18   6    8   4
8 910 910RACING       16  12    4
9 81 TEAM DAISHIN     13   1       12
10 70 TEAM GAIKOKUYA    13   4    6   3
*ポイント計算はGTインサイドレポート班による非公式のものです
☆第4戦MINEのウエイトハンディ
[GT500]
No. Car        Weight (kg)
-----------------------------------
1 ペンズオイル・ニスモGTR   10
6 ESSO Tiger Supra   20
12 カルソニック・スカイライン    10
16 Castrol無限NSX    40
18 TAKATA童夢NSX    30
36 カストロール・トムス・スープラ   50
37 カストロール・トムス・スープラ   10
38 FK/マッシモセルモスープラ   30
39 デンソーサードスープラGT   10
64 Mobil 1 NSX     10
100 RAYBRIG NSX     70
[GT300]
No. Car        Weight (kg)
-----------------------------------
7 RE雨宮マツモトキヨシRX7   20
15 ザナヴィARTAシルビア    60
19 ウエッズスポーツセリカ     50
25 モモコルセ・アペックスMR2    90
61 テイボン・トランピオ・FTO    0
71 シグマテック911       0
77 クスコスバルインプレッサ    20
81 ダイシンシルビア      40
910 ナインテンアドバンポルシェ   20
*特集に続く
                       GTアソシエイション事務局
                         GTインサイドレポート班
                        古屋 知幸 = QYB04322 =

全日本GT選手権

GTインサイドレポート 99Rd.3/5

■ 1999 AUTOBACS CUP ALL JAPAN GT CHAMPIONSHIP
■ GT INSIDE REPORT
■ Round 3  SUGO GT CHAMPIONSHIP                           FMOTOR4 EDITION
   GT INSIDE REPORT      インサイドレポート3       99/05/30
 -------------------------------------------------------------------------
'99AUTOBACS CUP GTC第3戦SUGO SUGO GT選手権(5/29,30)
■タイヤメーカーに訊く
ブリヂストン
「今回持ってきたタイヤは2種類。ソフトとハードという分けかたになりますが、
この気温、路温を想定してのソフトでありハードですから、富士のときとは違うも
のです。金曜日と今日の朝にロングのテストをやって、耐久性は確認できています。
ソフトでも、路温が40度を超えるような状況になっても大丈夫です。スカイライン
勢は前回同様、前後同サイズのタイヤを履いています」
(各チームのチョイスはスカイライン勢とスープラ勢は全車ソフト、NSX勢は#100 
RAYBRIG NSXと#64 Mobil 1 NSXがハード、#16 Castrol無限NSXと#18TAKATA童夢NSX
はソフト、#30綜警McLaren GTRはハード:以上インサイドレポート班調べ)
ヨコハマ
「GT500はハード、ミディアム、ソフトの3種類を用意しましたが、全車ソフトを
選んでいます。路温が高くなっても、金曜日にテストしたときと走りかたが極端に
変わらないかぎり耐久性は大丈夫です。GT300は富士のときと同じタイヤです。基
本的にはワンスペックですが、FFのセリカ(*19ウェッズスポーツセリカ)はやや
ハード目のもの、*77クスコスバルインプレッサはコンパウンドは同じですが構造
が異なるものを装着しています。GT300でも全車交換は必要となります。チームに
よっては無交換でいきたいと考えているところもあるようですが…」
トーヨー
「今回からハチロク(*86 BP-KRAFT-トレノ)が加わってユーザーが1台増えまし
た。用意してきたタイヤは、GT500用がソフトとミディアムの2種。選んだのはミ
ディアムのほうです。GT300はFTO(*61テイボン・トランピオ・FTO)用が構造違い
を含めて4種、BMW(*21 BP-トランピオ-BMW)とハチロク用がソフトとミディアム
の2種です。BMWとハチロクではサイズが異なり、ハチロクのほうが外径の大きい
ものを履いています。チームが選んだのはFTOが一番ハードなもの、BMWがミディア
ム、ハチロクはソフトです」
ミシュラン
「今回からフロントタイヤの外径が大きくなり、トヨタの推奨値に合わせられるよ
うになりました。これまでは推奨値より小さかったんです。内径(リム径)は19イ
ンチです。18インチよりレスポンスがよく、ステアリングの舵角を小さくして摩耗
を減らすこともできます。コンパウンドは2種類用意していますが、#35(マツモト
キヨシ・トムススープラ)がミディアムソフト、#36と#37(カストロール・トムス
・スープラ)がミディアムハードを選んでいます。(この時期のSUGOは)JTCCと同
じスケジュールですので、気温などのデータはあります。金曜日にロングのテスト
をやって、耐久性に問題がないのは確認していますが、路温が40度を超えるようだ
とミディアムソフトのほうはちょっとだけ心配です」
☆決勝スタート直前情報
 天気:晴れ  路面状況:ドライ  気温:26度  路面温度:36度
 入場者数 5月30日:4万0600人    5月29日:9,300人
■レース中のコメント
#39 デンソーサードスープラGT(13周リタイア)
土屋圭市「原因はミッションかデフ。走りはじめはよかったんだけど、フロントタ
イヤがタレてよれ始めて、ヤバイと思ったから自分のペースで走ろうとした。でも
ハイポイントコーナーでアクセルを踏んだら突然駆動が路面に伝わらなくなってし
まった」
*7 RE雨宮マツモトキヨシRX7(33周リタイア)
松本晴彦「原因はデフです。シケインの手前のヘアピンでデフオイルっぽい匂いが
したんだけど自分だとは思わなかったんです。その少し先で後ろを見たら煙が出て
たんでピットインしたんですが、ピットロードの入り口でデフがロックして止まっ
ちゃった。そのあとなんとかピットに戻ったんですけど、もう完璧に壊れていてダ
メでした」
*19ウェッズスポーツセリカ(47周リタイア)
織戸学「今日は暑いせいなのかタイヤがたれてきたとたんにロールがすごくなった。
この3日間で一番バランスが悪かった」
原「ドライバー交代のときにエンジンがかからなくなって、その後も警告ランプが
ずっとついていた。突然電気が全部落ちた」
#12カルソニックスカイライン
星野一義「朝は(ブレーキトラブルで)走れなかったけど、今はまったくノープロ
ブレム。ポジション的には目一杯いってあれ。ミスもないし文句はない。あれがホ
ントの力だよ。ピット作業も(約28秒と)早いのに、もっと力つけないとダメだな。
スカイラインは遅いよ」
#36カストロール・トムス・スープラ
関谷正徳「調子はいいよ。なにも問題はないし、タイヤも暑さも問題はない。でも
#6(ESSO Tiger Supra)は速いね。ちょっと今日は手に負えないな」
#16 Castrol無限 NSX
道上龍「ウチは完走していないんで、ここで完走しとかないと。タイヤのせいなの
か、フロントが曲がらない。我慢して淡々と完走ねらいで走ってます」
*リタイヤ(GTインサイドレポート班調べ
No.   原因        周回数
------------------------------------------
*910  エンジントラブル     3L
*355  #26と接触        6L
#39  ミッショントラブル   13L
#18  クラッシュ       15L
*26  接触の影響       18L
*7   デフ          33L
#38  プロペラシャフト    45L
*19  電気系         47L
*99  電気系         59L
■レース後のコメント
#35 マツモトキヨシ・トムススープラ(総合2位)
ピエール・アンリ・ラファネル「すごくうれしいよ。今日の結果には大満足だ。自
分が乗っているとき、35周目すぎにミスファイアが出てしまって、これじゃムリだ
と思ったら直ったり、また出たり。後半にはABSが効かなくなってしまった。ペー
スカーが入る前は後ろに10秒先行していたが、レース再開したときには差がなくなっ
たうえにABSが使えなくなっていた。彼(山路慎一選手)はすごくよく走ったよ。
あの難しい状況のなかでミスもなかったし、クルマはいい状態ではなかったのにトッ
プとあまり変わらないペースで走ったし。残るは優勝しかないけど、去年の菅生は
ボクは事故で病院に入院して、その後で今日のいい結果を残せたんだから、よかっ
たよ。これで事故のことは忘れられるよ」
山路慎一「トラブル自体は早くから出ていたので対処できたんですが、ペースカー
が入ったのが良かったのか悪かったのか…。結果的にポジションはキープできたの
でよかったんですが。最後はかなりハードに攻められたんですけど、こちらはベス
トな状態じゃなかった。でもありったけの力でがんばりました。みんなの顔が目に
浮かびましたよ。今回はラッキーなところもありましたし、チームのみんなががん
ばってくれました。今回の表彰台でがんばればいい結果が得られるという自信につ
ながりましたし、次への励みにもなります。結果には本当に満足しています」
#16 Castrol無限NSX(総合3位)
中子修「クルマは問題なかったけど、途中でSOKのマクラーレン(#30綜警McLaren 
GTR)を抜くときに4コーナーあたりでブレーキをロックさせてしまって、その後
は気分的に攻めきれなかったね。セーフティーカーが入って差が詰まっていたの
に、#35のスープラ(マツモトキヨシ・トムススープラ)を抜けなくて残念だった。
うまくブレーキを使っていたらもっと違うレースができたんじゃないかと思うけ
ど。今までの2戦でドジを踏んでるから、気持ち的にドンドン行けるような雰囲気
じゃなかったんだ。次はもっと自分を盛り上げていかないとね。ファイナルラップ
はもうねらってなかったよ。あのポジションでゴールしようと決めてたし、チーム
とも無線でそういうやりとりをしていた。でも、道上もオレも、だれも抜かないで
淡々と走って3位になれるレースなんだから、いいよね」
#64 Mobil 1 NSX(総合4位)
トム・コロネル「いいポイントを獲得できたし、いいレースができたと思う。はじ
めはハードコンパウンドのタイヤで出ていったのもいい作戦だったと思う。はじめ
は少しスライドしたけど前へ前へとプッシュしていった。セーフティーカーが入ら
なければ表彰台に立てたと思う。次のレースに向けて自信を持ったよ。最後に周回
遅れのマシンが間に入ってしまったけど、あれがなければヤマニシ(山西康司選手)
は#16(Castrol 無限NSX)にチャレンジできたはずだ。残念だけど、これもレース
のうちだよ。ボクらのチームが勝つ能力を持っていることを知っているからね。ノー
プロブレムだよ」
山西康司「最後のあれはちょっと…。(#11エンドレスアドバンGTRのドライバーが)
ちゃんと見てないんじゃないかな。ちゃんと見てないとね。あれがなければ前と争っ
ていたと思うんですよ。クルマは悪くなかったです。次がんばります」
#12カルソニックスカイライン(総合5位)
星野一義「ポイントを獲って重量が減って一番よかったと思う。正美の走り(#1ペン
ズオイル・ニスモGT-Rとのバトル)は、オレはブロックだと思っていないよ。#64の
NSX(Mobil 1 NSX)とやりあったときにタイヤも傷めていただろうけど、セーフ
ティーカーが入ってしばらく休めて、その後の周回はよくがんばってくれた。それ
よりも、とにかくスカイラインのポテンシャルを上げないとマズイね」
影山正美「5位というポジションはよかったが、内容的には納得がいきませんでし
た。最後の5周は、完全に本山をブロックしていたかたち。できればああいうレー
スはしたくないですね。先週のMINE(フォーミュラ・ニッポン)で光貞とやったよ
うなフェアなバトルが理想なんだけどな」
*25モモコルセ・アペックスMR2(GT300 2位)
新田守男「自分が思っていたよりトップについていけた。もっと離されるかと思っ
た。コーナーで詰まるとストレートで離される感じ。タイヤを痛めるわけにはいか
なかったから、プッシュはそこそこで、差すまではいけない。2位に入れたけど、
ストレートが遅いのがつらい。このへんでシルビアがポイントを獲るだろうってい
う計算はあったけど、(自分たちも)できるだけたくさんポイントがほしかった」
高木真一「前半はきびしかった。(セーフティカーラン中のピットインは)スロー
パンクチャーていうんですか、あれがそうだったんだって、初めて経験しました。
タイヤを温めるためにクルマを左右に振ると揺れがだんだん大きくなる。タイヤが
なにかを踏んだんでしょうけど…。ピットアウトしてペースカーラン中に最後尾に
つけたんですが、まあ、結果はオーライで、超ラッキーでしたね」
*81ダイシンシルビア(GT300 3位)
福山英朗「チームから(セーフティカーラン中に)タイヤを換えても(前車に)追
いつく可能性があるという無線連絡を受けてピットインしました。前後の関係に気
づいたチームの勝利です。後ろのクルマ(#61テイボン・トランピオ・FTO)は周回
遅れになっていて、前のインプレッサ(#77クスコスバルインプレッサ)はタイヤ
がきつそうだったんです。途中からブレーキが効かなくなってきて、29秒台でいけ
るはずだったのが30秒台でしかいけなかったというこちらの事情もあって、そのま
まいったらあきらめるしかなかったところで、思わぬチャンスを生かしきったチー
ムに感謝します」
大八木信行「やりました。自分としても満足です」
*77 クスコスバルインプレッサ(GT300 4位)
小林且雄「ペースカーのこの野郎って感じですね(笑)。リスタート手前ぐらいで
急に3速がいっちゃって全然ダメ! ここからスタートっていうときだった。谷川
くんはがんばってくれていいポジションにいた。後ろとの差が30秒ぐらいあったか
ら、3位キープでいければと思ってたんだけど…。ダイシンも同じペースだったか
らね。今季初完走で4位。残り全戦完走をめざして、さらに上をねらいます」
*71 シグマテック911(GT300 6位)
城内政樹「バックストレートエンドで抜かせようとよけたのに、脇阪選手(#18 
TAKATA童夢NSX)が左に寄せてきて、右のフロントホイールと当たった。ピットイン
してフロントを2本交換したので1周ぐらい遅れた。フロントだけ新品で(前後の)
バランスが崩れたけど、10周ぐらいで平均化しました」
#100 RAYBRIG NSX
飯田章「1回目のピットインは、タイヤのバランスがおかしくなってまともに走れ
なくなっちゃったんで急いで入った。このときはリヤしか換えなかったんですけど、
換えときゃよかったですね。2回目のピットのときはロックナットがゆるまなくて
時間がかかっちゃいましたから。ポイントはとれないし、そのくせウェイトは10kg
しか減らない(インサイドレポート班注:暫定結果によれば決勝ラップベスト3に
入っているため軽減はゼロ)し、もう最悪」
#6 ESSO Tiger Supra
ワイン・ガードナー「おそらく燃料系のトラブルだと思う。裏のストレートで急に
ブルブルブルってパワーがなくなって…。そしたら無線で『ファイアー、ファイ
アー!』って言われてバックミラーを見たら、オーッ! どこか止まれるところを
探したんだ。燃料のにおいがして目が痛くなって手探りでドアを開けてスイッチ
切った。オフィシャルが消火器を持って来たんだけど、もたついているのでそれを
取り上げて自分で消火した。ボク自身にケガはない。大丈夫だよ。ほんとうにほん
とうに、ほんっとうにガックリだよ。クルマの調子はどのセッションもよかったし、
ノダ(野田英樹選手)も速いし。信じられないよ。すごくいいチームだし、クルマは
すばらしいし、ドライバーも速い。勝てるチームだと思うよ。でもいつになるか…」
■勝利者インタビュー
GT500ウイナー
#36カストロール・トムス・スープラ
関谷正徳「95年にミハエル・クルムと仙台で勝って以来。ぶっちぎって勝ったわけ
じゃなくていろんな要素がからんで優勝できたんですけども、大きな要因としては
メカニックがピットの仕事を一番短くやってくれたんじゃないかと思うんですよ。
それが勝敗を分けたと思います。われわれのクルマはトラブルがまったくなく、ク
ルマは完璧だし、作業も完璧だし、運転手もミスがなかったし、みんながちゃんと
自分たちの仕事をした結果なので、今日はほんとうによかったと思います。とはい
え#6(ESSO Tiger Supra)のほうが速かったというのは事実として残って、順調に
いってたら#6のスーブラが勝ってたわけですから、そういう意味では悔しい思いも
課題も残しましたね。スープラがNSXを凌駕したとはまだ思えないですよね。MINEや
TIのようなところでスープラが速いか遅いか、テストにいってみないと現実はわか
らないですから」
黒澤琢弥「最終ラップにちょっとこみあげてくるものがあって集中するのが大変で
した。まあ、今年はいろんなことがあってトムスに入ったんで…。すべてが完璧だっ
たんでボクがミスしたらなんにもならないですから。すべてがいい方向に回ったと
思います。ただ、実際最初から1位にいたわけじゃないんで、まだ課題はあると思う
んですけど、こういう方向に向いてきたっていうのは、この後すごくいい展開になっ
たと思います。ガートナー選手の火災のときは、ボクもオイルにのって危なかった
んで、すぐわかりました。彼が消火作業をしているのが見えたのでドライバーが無
事でよかったなとまず思いました。(トップに立って)やったという感覚はなかっ
たですね。ボクらのクルマも朝のウォームアップでちょっとトラブルがあったので、
最終ラップの最終コーナーから坂を上るまでは気持ちをゆるめないようにしていま
した」
GT300ウイナー
*15ザナヴィARTAシルビア
土屋武士「前回ですごく悔しい思いをしたので、その気持ちが今回のレースに集約
されて勝ててよかったです。とにかくチーム全体の気持ちがすごくはいっていたの
で、ボクも井出君も絶対結果を出そうと思ってたんです。MR2(*25 モモコルセ・ア
ペックスMR2)はボクが開発したクルマなんで、どういう展開になるか予想がついた
なかで、ま、決勝はきびしいだろうなと思ってました。とにかくどこかでスパート
をかけてかわそうと思ってたんですけれど、幸いにも周回遅れの処理で1秒くらい開
いたときがあって、そのときにプッシュした差を開いて集中力を切れさせようとが
んばりました。完璧な勝利だと思います。井出選手はハコでは初めてのドライのレー
スだったんですが、まったくミスをおかさずに完璧だったと思います」
井出有治「前回土屋さんが一番悔しい思いをしていると思います。メカニックの人
も一生懸命やってるし、とにかくボクは迷惑をかけないようにきちっと仕事をした
かったので、今日それができてうれしいです。途中(ピットで)モニターを見てい
るときはすごくプレッシャーを感じたんですけど、ヘルメット被って交替の準備を
しているときに『絶対勝ってやる』という気持ちに変わったんで負ける気はしなかっ
たです」
*その4に続く
                       GTアソシエイション事務局
                        GTインサイドレポート班
                        古屋 知幸 = QYB04322 =

全日本GT選手権

GTインサイドレポート 99Rd.3/4

■ 1999 AUTOBACS CUP ALL JAPAN GT CHAMPIONSHIP
■ GT INSIDE REPORT
■ Round 3  SUGO GT CHAMPIONSHIP                           FMOTOR4 EDITION
   GT INSIDE REPORT      インサイドレポート2       99/05/30
 -------------------------------------------------------------------------
'99AUTOBACS CUP GTC第3戦SUGO SUGO GT選手権(5/29,30)
■ポールシッターインタビュー
 土曜日の予選終了後、恒例のポールシッター・インタビューが行われた。出席し
たのは初ポールを獲得した#6 ESSO Tiger Supraの野田英樹とワイン・ガードナー、
GT300クラストップとなった#15 ザナヴィARTAシルビアの土屋武士と井出有治の4人。
以下は、この4人の発言のダイジェストである。
GT500クラス ポールポジション
#6 ESSO Tiger Supra
野田英樹「昨年から屋根のついたクルマのレースをはじめて、今日初めてポールを
獲ったんですけど、冬のあいだからトヨタの開発のテストをまかされてクルマの仕
上がりもよくなってきてたので、こういう結果は時間の問題で出るとは思っていま
した。チームにとっても、前回富士で初めてGTレース参戦たったんですけど、前回
はいろいろなトラブルがあったり、自分自身チームとのコミュニケーションでまだ
わからない部分があったりして、今回2戦目になりまして、スムースにいくように
なってこういう結果になったと思います。ボクはいつもと同じように運転していた
だけでこういう結果になったので、いいクルマを作ってくれたトヨタとチーム・ル
マンに感謝したいです。タイムは出せるとは思っていたんですが、一番いいラップ
でスカイラインに引っかかっちゃって、その後タイヤが悪くなってたんで、もしか
したらヤバイかなって思ったんだけど、とりあえずいくしかないなと目一杯いった
らタイムが出たんで、よかったなと思います。前回スープラに出たトラブルに関し
てすべて対策してきていますし、この週末はその兆候もでていませんので、今の所
すべてに関して順調にいってます。この流れでいけば問題ないと思います。2回目
の予選、後半20分満タンにして決勝のセットアップをしたらそれがバッチリいって
22秒台で走ろうと思ったら走れちゃうんで、タイヤのことを考えたらそんなペース
ではいかないとは思いますが、そういう状況を考えたら決勝はうまくいくと思いま
す」
ワイン・ガードナー「今日はノダが全部仕事をやってくれたので私はほんとうに楽
でした。トヨタもいいクルマを作ってくれたし、いいパートナーもいて、パッケー
ジもすごくいいのでほんとうに楽しく仕事ができました。ポールポジションを獲れ
てすごくうれしいです。でもノダが全部やったので、とても感謝しています。彼は
テストドライバーでクルマのこともよく知ってるし、何マイルも走っているのに対
して、自分自身はテストもやっていなくてフリー走行と予選、決勝しかやっていま
せん。私のなかでクルマのことがよくわかっていないながら、オールドタイヤで走っ
たときのタイムはそれほど違いはないと思いますが、もうちょっとこなしていくと
もう少し差がなくなっていくと思います。決勝はスタートでも後でもどっちでもい
いです。ノダがナンバー1ドライバーで私の役目はノダをサポートすることです。
決勝はハードになると思います。トヨタは予選では速いんですけど、レースになる
とホンダがノッてくるんじゃないかと思います。ですから明日はそう楽にいかない
と思ってます」
GT300クラス ポールポジション
*15 ザナヴィARTAシルビア
土屋武士「とにかくうれしいです。前回までけっこうトラブルが多くて、そんなな
かでチームもがんばってくれて、メカニックもがんばってくれて、ノートラブルで
週末を過ごせてるんで、それが一番の(ポールを獲れた)要因になってると思いま
す。アタックとしては計測3周目にいくように組み立てていたんですけど、(予選
の)1回目も2回目もちょうどその周にクリアがとれずに、おいしいところが終わっ
たタイヤで1回冷やしてもう1回アタックしたんですけど、それでなんとか僅差で勝
てたんです。MR2(*25モモコルセ・アペックスMR2)はこのサーキットがすごくあっ
てるんで、そういう意味で勝てた事はすごくうれしいです。とにかく明日もう一度
この記者会見に来れるように、チームのためにがんばります」
井出有治「土屋さんがすごくがんばってたんで、ポール獲れてすごくうれしいで
す。決勝は土屋さんからクルマを受け取ったら、きっちり仕事をして帰ってきたい
です」
■決勝日朝のフリー走行後のコメント
#30 綜警McLaren GTR(フリー 2位)
岡田秀樹「フリー走行で2番手といってもクリアラップがとれただけ。クルマは97
年にル・マン24時間と鈴鹿1000kmを走っただけなんですよ。GTCではウェイトも積
んでいるしリストリクターも小さいので、そのときのデータはゼロに近いんですよ。
チームががんばっているのでよくはなっていますよね。ただ、まだまだやらなけれ
ばならないことはたくさんありますよ。一発のタイムは出るようになってきました
けど、ドライバーの運動量はすごく多いんですよ。ABSはついてないし、パワース
テアリングもないし。ある程度みんなと同一条件でレースができるようになるまで
には夏ごろまでかかってしまうんじゃないかと思っています。ドライを完走してな
いのタイヤがどうなるのか、ブレーキがどうなるのかわからないので、努力してデー
タを残したいです」
山田洋二「ひとこと? 腕が痛い(笑)。パワステがないんですよ。ポルシェは指
一本で動くパワステだったけど、マクラーレンは腕と足を使わないと回らないんじゃ
ないかな。それがちょっとつらいです。スピードよりパワステがほしいです。だん
だんよくなってきている? 岡田選手はね(笑)。去年まで乗っていたポルシェと
比べるとはるかに恐くないですね。ポルシェは不安定になるともとに戻らないから。
マクラーレンのほうがはるかに運転しやすいです。あと今日の目標ですか? 1分
25秒から26秒でコンスタントに走れれば、岡田くんのいい結果を持って帰れるんじゃ
ないかなと。今年は鈴鹿で2、3周、富士はスタートから6秒でレースが終わりま
したから。その意味では今日がボクの今シーズンのスタートだと思っています」
#1 ペンズオイル・ニスモGT-R(フリー 4位)
エリック・コマス「ニュータイヤだとアンダーステアがかなり出るんだ。予選セッ
ティングだとつらいけど、決勝セッティングはいいよ。決勝セッティングで7、8
周、あるいは20周、25周と走ったタイヤだとバランスがいいんだ。奇妙だけどニュー
タイヤで走るより使ったタイヤで走るほうがバランスがいい。だから今朝のフリー
走行でも予選とあまり違わないタイムを出せたんだ」
*81 ダイシンシルビア(フリーGT300 1位)
福山英朗「たぶんみんな(ほかのチームは)昨日まで予選セットを追いかけていて、
今朝になって決勝セットを詰めてたんじゃないかな。ウチは昨日からずっと決勝セッ
トだけを煮詰めてきたので、現時点でほかのチームよりも一歩進んでいるんじゃな
いかと思います。気温が高いのはドライバーの仕事として解決しなければいけない
でしょう。タイヤを自分の手のひらと思ってデリケートにいきますよ。ポイントは
10点はとりたいですね。今回はそれくらいで勘弁しておきましょう(笑)」
大八木信行「身に覚えのないタイムです(笑)」
*15 ザナヴィARTAシルビア(フリーGT300 2位)
土屋武士「なにも問題なし。レース用の満タンで普通に(走った)。ボクがスター
トです。チャンプのMR2に肉迫できるいいレースができそうだな。現状は、勝てる
要素は少ないけど、チャンスはあると思う」
井出有治「クルマもバランスがいいんで、ちゃんと走ればタイムも出る。レースは
きっちり走って結果を残したいです」
*77 クスコスバルインプレッサ(フリーGT300 3位)
谷川達也「満タンで決勝用のセットを試したんですが、むしろ予選よりもバランス
がいいです。満タンでシルビアと互角に走れましたし。コースとの相性も相対的に
いいみたいだし、ウエイト(10kg)の影響もほとんどありません。最終コーナーは
速いんですが、ストレートエンドの伸びがほかとくらべると今ひとつ。そこが難点
です。でもあせらず着実にいけばチェッカーのときにはいいところにいけると思い
ます」
*19ウェッズスポーツセリカ(フリーGT300 4位)
織戸学「最初はいい感じでタイムが出たんだけど、(ほかのクルマに)引っかかっ
た。それからクルマのバランスがいきなり悪くなったけど、原さんが乗るときにセッ
トを変えたらいい方向になったので、問題ないかな。トップとの差は少ないんで、
今回はおもしろいレースになると思う。(NAなので)立ち上がりと上り坂がハンデ
があるんで、序盤ミスしないようにいきたい。タイヤは去年と比べたら太くなって
るんでライフも問題ない。ただ、ウチらのソフトはFRのハードぐらいの一番ハード
なコンパウンドなんだけど、路温が上がると合わなくなるんで、そのへんはちょっ
と気がかりだね」
*25 モモコルセ・アペックスMR2(フリーGT300 6位)
新田守男「超満タンで、クルマのバランスは重い。パワステがおかしいのか、なに
か噛み合わないものがあるんで、すりあわせようとしています」
#39デンソーサードスープラGT
影山正彦「エンジントラブルです。くわしくは今調べていますが、昨日からバラツ
キが出たり、ABSが突然きかなくなってロックしたり、それがさらにひどくなった感
じ。最後は1気筒死んで点火しなくなった。今はエンジンを積み換えるかそのまま
直すか検討している。正直いって深刻な状況です」
*その3に続く
                       GTアソシエイション事務局
                        GTインサイドレポート班
                        古屋 知幸 = QYB04322 =

全日本GT選手権

GTインサイドレポート 99Rd.3/3

■ 1999 AUTOBACS CUP ALL JAPAN GT CHAMPIONSHIP
■ GT INSIDE REPORT
■ Round 3  SUGO GT CHAMPIONSHIP                           FMOTOR4 EDITION
   GT INSIDE REPORT      インサイドレポート1       99/05/30
 -------------------------------------------------------------------------
'99AUTOBACS CUP GTC第3戦SUGO SUGO GT選手権(5/29,30)
◎カーナンバー前の記号"#"はGT500、"*"はGT300を現します
■予選1回目終了後のコメント
#6 ESSO Tiger Supra(1回目GT500 1位)
野田英樹「セットを少し変えたら悪い方向にいってしまったみたいですね。それか
ら、3周目にほかのマシンに引っかかってしまって、タイヤの一番おいしいところ
を使えませんでした。その後また何回かアタックしたんですけど、ちょっといきす
ぎたり、ほかのクルマに引っかかったりで、いいラップが一度もありませんでした。
でも、ポールを獲ることより明日のレースのほうがだいじですから、午後になって
ポジションが落ちても、3列目以内にいられればいいと思っています。予選2回目
はまた違うセットを試そうと思っています。タイム的には上がったとしても21秒前
半までじゃないですか?」
#18 TAKATA童夢NSX(1回目GT500 3位)
脇阪寿一「フロントの足回りを昨日と少し変えてよくなりました。でも、3位だっ
たらポールのほうがよかった。クルマが(ウェイトハンディで)重いからアタック
でタイムが出るのは1周だけなんですけど、それに気づいたときには遅かったんで
す。午後はだれか(ほかのチーム)がタイムアップして、4番手になりたいな。今
回はポールも優勝もねらいにいってないんです。勝負は次のMINEだと思っています
から。そりゃあ決勝は流れがあるから、勝てるものなら勝ちますよ。去年のこと
(トップでフィニッシュしながら失格)があるから勝ちたい気持ちもあるんです。
でも、それでウェイトを積まれるとそこからの何戦かがパーになってしまうので、
ここではがまんして次で勝って、それでまたウェイトを減らしてっていうふうに、
シリーズを考えてやっていかないとね」
#30 綜警McLaren GTR(1回目GT500 4位)
岡田秀樹「今回はセッティングもそこそこ決まってきたけど、1秒の間に何台もい
るのでワンミスで4番手が11番手か12番手になってしまう。第1戦は雨でひどい目
にあって、第2戦はアクシテントにあってしまって、ウチはまだ完走していないの
で決勝のデータがない。だから今回は、速く走ることももちろんだけどゴールして
どうなるのか見たいです。マクラーレンは見た目が明らかにほかのマシンと違うけ
ど、このレースはみんなに勝てるチャンスを作ろうということと、混戦になるとい
うことを目指したルールになっているので、もともと速いクルマでもレギュレーシ
ョンで束縛されると、能ある鷹が爪を隠しているのではなくて、縛られている状態
になって速く走れなくなるわけです。そのへんは見ているお客さんにも理解しても
らいたいですね」
*15 ザナヴィARTAシルビア(1回目GT300 1位)
土屋武士「計測2周目にアタックにいくつもりだったんですけど、遅いクルマにひっ
かかってしまって…。タイヤのおいしいところがなくなってヤバイと思いながらも
1回クールダウンをしてからムリヤリいきました。午後は気温との相談です。一応ア
タックしますが、あくまでも決勝をにらんでのセットアップをメインにやります。
決勝のセッティングはまだまだ全然。かなりリスキーな走りかたをしています。今
いろいろいじくりまわしいるさいちゅうで、午後はジオメトリーから変えて、かな
り大胆なトライをするつもりです。(土屋春雄氏が昨日のポール宣言を受けて『武
士の言うことはあてになんねェ。獲らせないよ』と言っていることに対して)むこ
うはけっこうマジでしょ。1000分の2秒差でトップだけど、ちょっと中途半端。ど
うせなら1000分の1秒差がよかったな。そのほうがギャフンと言わせられるでしょ」
*25 モモコルセ・アペックスMR2(1回目GT300 2位)
新田守男「2周目にとりあえずアタックしたけれど、午後もまたやりますよ。4位
ねらいとかはない。できることなら前へいきたい。クルマの仕上がりはいいと思う。
今のところ問題はないし、本番もこれぐらいの暑さでしょうし。午後はアタックを
やってから、本番のバランスをとります」
*19 ウェッズスポーツセリカ(1回目GT300 3位)
織戸学「(最初のアタックは)ハチロク(#86 BP・KRAFT・トレノ)に最終コーナー
で引っかかった。タイミングさえ合えばスリップ使って抜けると思ったけど、全然
踏んでなかったのに追いついちゃって28秒7。あれがなければ27秒5ぐらい出たはず。
納得できなくて、もう1回(アタックに)出た。富士では2秒差あったのに、クル
マもまとまってきて満タンセットはそんなに差がない。この勢いでMINEにいければ
『なめんなよターボ勢!』って感じで楽しみになってきた。午後はRX-7(*7 RE雨
宮マツモトキヨシRX7)やダイシン(*81ダイシンシルビア)がくるだろうから、4
番手ねらいで決勝セットしますよ。抜かれるのは不満だけど、ウエイトこれ以上積
みたくないから」
*86 BP・KRAFT・トレノ
田中実「全国1000万のハチロクファンへ、ようやくここまで来たよという感じで
す(笑)。ハチロクって安いし、だれもがとおる道やと思うんです。走らせてオモ
ロイ根源のクルマですね。乗ったことのある人も多いと思うんで、夢というか、乗っ
てる人に勇気を与えられればと思うんです。ロータスの工場のようでしょう(笑)。
まだまだ動き出したばかりでわからないんですが、フィーリングはフォーミュラっ
ぽいです。ショートホイールベースでピーキーで、リアの動きがいいクルマですね。
これから煮詰まればおもしろいクルマになると思います。武器は応答性。姿勢を作
るときの時間が短くて済むんです。セッティングには時間がかかると思いますけれ
ど、カリカリしたGTCのなかでこんなんが出たらおもしろいじゃないですか。個人
的にはハチロクを街乗りで乗っていたことはないんですが、イギリスでTE71に乗っ
ていました。7、8年落ちでもけっこう高かったですよ。富士では出られなかった
んですが、スタンドに『いけいけハチロク』ていう横断幕が出ていてうれしかった
です。今回はデビューレースなんで最後まで走りたいですね。速かったらおもしろ
いじゃないですか。MR2ぶち抜いたら怒られるかな(笑)。まあ、そこまではいけ
ないでしょう。以前に乗ったGT500のスープラはピーキーなエンジンでしたが、ハ
チロクは同じ3SGターボでもマイルドで乗りやすいです。パワーもパワーの出かた
も違うし、同じFRといってもウェイトもまったく違いますから。走行会で(ストリー
トチューンの)ハチロクに乗るけど、けっこう乗り味はGTマシンと似てるんですよ。
味つけが似てるのかな」
平岡寿道クラフト代表「昨日までアンダーパネルのバイブレーションでまともに走
れずにいたので、実際にはこれから(予選で)セッティングです。去年のもてぎの
ころからFRでやりたいという話は出ていましたが、トヨタ車というとソアラ、クラ
ウン、スープラ、プログレなんていう選択しかなかった。そこへたまたまハチロク
が出られるということを聞いて、じゃあこれでやろう、と。ボディ剛性に関しては、
通常はパイプフレームに(アウターボディを)被せるようなクルマづくりをすると
ころなんですが、レギュレーションでできないんで、シャシーのなかにパイプをと
おしてロールケージ自体で剛性を100%近く出したいということです。それでも、
GT500クラスに比べるとそれほどの数は入ってないです。でも、GT300クラスはGT500
クラスほどマシンが進化していないんで、入っているほうかな。ミッションはチェ
イサーの流用。デフの中身はJTCCのもので、ケースは作り直しています。坂東さん
のところのセリカはJTCCエクシブのまんまですけど、いい勝負ですかね…。人気投
票ナンバー1ですから(笑)。今回はあくまでもシェイクダウンなんで、今後に備
えてデータ収集できればと思います。動いたばっかりで、現場でまだ作っている状
況です。苦労したのは、エンジンルームの中身でいかにおさめるかということでし
たね。冷却系なんか苦労のあとが見えるでしょ? 登場が遅くなったけど、今回は
顔見せなんで長い目で見てください。予選1回目では、もっとずっと値段の高いク
ルマより前でしたからね。80万円のハチロクのほうが勝ったということで、15年前
のクルマでもここまでやれるんですよね(笑)」
■予選2回目終了後のコメント
#100 RAYBRIG NSX(予選総合 2位)
飯田章「普通にアタックしただけ。たまたまだよ。朝からセットもイジッてないし
路面もそれほどよくなかったけど、目一杯いった。ただ、ニュータイヤを履いたと
きに乗りかたは変えてみたよ。通るラインを変えた。ウチはハードタイヤを選んで
いてトラクションがかからないから、なるべく滑らさないようにして走ったんだ。
それでも滑ってたけどね。ベストタイムを出した周は、最終コーナーで4速から5
速に入れるときにシフトミスしてる。それでデータ上ではコンマ1.5秒ロスしてる
んだよね。決勝はストレートが伸びないから苦しい闘いになるな、きっと」
#37 カストロール・トムス・スープラ(予選総合 3位)
鈴木利男「今週の月曜日に富士でシェイクダウンをしたんだけど、そのときは雨で
ほとんど走れなかったし、昨日の午前中もトラブルが出てた。それに、今日の朝も
オーバーステアだったんだよね。だから午後はリヤをもっとグリップさせてもらう
ようにセッティングを変えてあのタイムが出た。中古(タイヤ)で出ていったとき
はこんなにオーバーじゃ乗れないって思ったけど、ニュータイヤを履いたらよくなっ
たね。クリアラップは取れてるけど、縁石の乗せかたはちょっと甘かったかな(笑)。
ここまで来れたのはスタッフのおかげ。あんなに時間がないなかでよくここまでク
ルマを仕上げてくれたと思うよ」
#36 カストロール・トムス・スープラ(予選総合 4位)
関谷正徳「ちょっと集中力に欠けてたね。ベストタイムを出したあともアタックは
続けていたけど、ほかのマシンにつかえてしまったし、タイムを伸ばせなかった。
マシンの挙動自体はいいよ。路面も朝よりはよくなってた。予選ポジション的には、
ぼちぼちでんなっていう感じ。でも、レースでは1番になりたいね。レースセッティ
ングは問題なく決まっているし。今回はサイズが大きいほうのタイヤを選んだ。そ
のほうがよかったから。50~60周は保つからペースを落とさずに走れる予定だよ」
#39 デンソーサードスープラGT(予選総合 5位)
土屋圭市「アタックでは1回ほかのクルマに引っかかってしまった。あれがなけれ
ばあとコンマ2、3秒はいけたと思う。決勝は、ウチはスニーカーじゃないからね。
革靴だから。スニーカーがほしいよ」
#2 ARTAゼクセルスカイライン(予選総合 9位)
ミハエル・クルム「今朝セットアップを変えたのだが、トラクションをかけたとき
のハンドリングが悪くて、午後に向けて再度セッティングを変えたんだ。チームと
エンジニアがいい仕事をしてくれてハンドリングが非常によくなり、ほぼ1秒タイ
ムを短縮することができた。まだまだトップとはタイム差があるけど、レースディ
スタンスでは悪くないと思う。アグリ(鈴木亜久里選手)もフルタンクでいいタイ
ムを出しているので、明日はボクらは期待できると思う。ポイントを獲得したい」
*
25 モモコルセ・アペックスMR2(予選総合GT300 2位)
新田守男「予選トップじゃないから、そりゃ不満はありますよ。目一杯いったけど、
けっこうきびしい。明日は、シリーズ考えたらトップをとりたいし、(シリーズトッ
プの*19ウェッズスポーツセリカが)下がってくれればそれにこしたことはない。
いつになく暑いコンディションになるんじゃない? 作戦は、これといってないで
すよ。タイヤをたらさないよういくしかないかな」
*19 ウェッズスポーツセリカ(予選総合GT300 3位)
織戸学「そんなに(タイムを)上げる予定はなかったけど。怒られちゃいましたよ」
原貴彦「タイムが上がったのは気温のせいですかねえ? 決勝セットで燃料積んで、
リアタイヤは程度の悪いのをつけていきました。エンジンはよく回ったし、コースの
ほうも悪くはないと思いました。ただ、クルマのセットが午前とは違ったんで正確な
ことはわからないですけどね」
*7 RE雨宮マツモトキヨシRX7(予選総合GT300 4位)
松本晴彦「午前に出ていたフロントのアンダー傾向をセットアップし直して、もう
ちょっと(タイム)アップするかと思ったんですが、0.1秒ぐらいしか上がらなかっ
た。タイヤがニューのときはまあまあだったんですが…。もっと上位でウェイト積
みたかったですよ。スタートはたぶん自分です。前回接触があったんで、ミスしな
いように山野さんに渡したいです。午前も4番手だったので決勝はもっと上に!」
#55 STPアドバンタイサン バイパー
ドミニク・シュワガー「本来のドライバーの松田秀士選手がインディ500に出るの
で、その代わりとしてタイサン・チームから声をかけてもらって今回乗れることに
なりました。フォーミュラーカー以外でレースをするのはこれが初めてです。GTカー
も初めてなら菅生も初めてです(笑)。フォーミュラカーと比べるとGTカーはコー
ナーでスポンジーですね。パワーはほとんど同じぐらいです。トヨタやニッサン、
ホンダに対しては、ボクらのマシンはABSもないし、ローテクなので対抗できない
けれど、与えられた条件のなかでベストをつくすつもりです。それと、レースを楽
しみますよ」
*70 外車の外国屋アドバンポルシェ
酒井浩「今回とMINEとTIの3戦、このチームから出場できることになりました。こ
れまでフォーミュラを中心にレースしてきたので、GTCは初めて、ポルシェで決勝
レースを走れるのも初めてです。昨年の鈴鹿1000kmではチェンバレンのバイパーに
乗っています。これに比べると、今回のポルシェのほうが乗りやすいです。セッティ
ングについてはまだよくわからないことが多いのですが、とにかく自分の役割をきっ
ちりこなしたいです」
*その2に続く
                       GTアソシエイション事務局
                        GTインサイドレポート班
                        古屋 知幸 = QYB04322 =

Formula Nippon

FN_Rd.4:富士エントリーリスト

 6月6日に決勝が行われるFニッポン第4戦は、第3戦でアクシデントなど
により、以下の3選手が欠場。13チーム21台で争われることとなった。
・5ZIGEN #5脇阪薫一
・LEYJUN #63OSAMU
・MIRAI  #32近藤真彦
****1999年全日本選手権フォーミュラ・ニッポン第4戦エントリーリスト****
チーム                  ドライバー        車両
------------------------------------------------------------------------
UNLIMITED Le Mans        1 本山 哲       レイナード99L/無限MF308(東名)
2 山西康司       レイナード99L/無限MF308(東名)
------------------------------------------------------------------------
ASAHI KIKO               3 川本 篤       レイナード99L/無限MF308(尾川)
------------------------------------------------------------------------
5ZIGEN                   6 M.クルム       レイナード99L/無限MF308(尾川)
------------------------------------------------------------------------
SHIONOGI NOVA            9 R.ファーマン   GフォースGF03/無限MF308(尾川)
10 加藤寛規       GフォースGF03/無限MF308(尾川)
------------------------------------------------------------------------
COSMO OIL CERUMO        11 立川祐路       レイナード99L/無限MF308(尾川)
12 飯田 章       レイナード99L/無限MF308(尾川)
------------------------------------------------------------------------
SPEEDMASTER MOONCRAFT   14 道上 龍       ローラB99-51 /無限MF308(無限)
15 影山正彦       ローラB99-51 /無限MF308(無限)
------------------------------------------------------------------------
TMS                     17 D.シュワガー   レイナード99L/無限MF308(東名)
18 黒澤琢弥       レイナード99L/無限MF308(東名)
------------------------------------------------------------------------
BE BRIDES IMPUL         19 影山正美       ローラB99-51 /無限MF308(東名)
20 野田英樹       ローラB99-51 /無限MF308(東名)
------------------------------------------------------------------------
TAKAGI B-1              36 玉中哲二       ローラB99-51 /無限MF308(シエラ)
------------------------------------------------------------------------
ARTA                    55 金石勝智       ローラB99-51 /無限MF308(松浦)
56 脇阪寿一       ローラB99-51 /無限MF308(松浦)
------------------------------------------------------------------------
LEYJUN                  62 P.ダンブレック レイナード99L/無限MF308(シエラ)
------------------------------------------------------------------------
PIAA NAKAJIMA           64 T.コロネル     レイナード99L/無限MF308(尾川)
65 光貞秀俊       レイナード99L/無限MF308(尾川)
------------------------------------------------------------------------
DoCoMo DANDELION        68 R. デルフラー  ローラB99-51 /無限MF308(東名)
----------------------------------------------------------------------- 
情報提供:株式会社日本レースプロモーション(JRP)
*** FMOTOR4F SysOp 北島滋穂(SDI00685)***

全日本GT選手権

RE:JGTC_Rd.3:SUGO 高木真一リリース

1999  AUTOBACKS CUP ALL JAPAN GT CHANPIONSHIP
'99 全日本GT選手権第3戦
SUGO  GT CHANPIONSHIP
sugo international racing course(3.704256km)
*************************************************
●日時  1999/5/29~30
●場所  宮城県 スポーツランド菅生(1周 3.704256×81周)
●天候 晴れ(決勝日) ●レースコンディション  ドライ  ●気温21度
●観客数 40.600人 (公式発表)
*************************************************
モモコルセ・アペックスMR2レースレポート
「優勝は逃すがポイントリーダに!」
年間7戦行なわれる全日本GT選手権は、ここスポーツランド菅生の3戦目で中盤を
迎える。
そして、モモコルセアペックスMR2は、現在ポイントランキング第2位。ランキン
グリーダーのウェッズスポーツセリカとの差は、12ポイントであり、この第3戦で
差を一気に縮めたいところである。
前回の富士での優勝によってウェイトハンディを50Kg背負う事になったMR2が、
ここのところ好調なシルビア勢、そしてセリカに対してどのような戦い方をするのか
が見所である。
●5月28日  公式練習
前日の列島全体で被害を受けた強風は、ここ宮城県にはなにも爪痕は残さなかった。
厚い雲に覆われて雨が心配されたが、コンディションに影響は出ないまま、公式練習
は行なわれた。
まず、午前中のセッションではいつものように新田選手が乗り込み、車の状態と路面
状況を読みながら周回を重ねていった。
開始15分ほどに、トップタイムの1分28秒218をたたき出す。先日行なわれた公式
練習では1分27秒6までタイムは出ているので、ピットでモニターを眺める高木真一選
手は首をかしげる。
何回かセッティング調整を繰り返し、新田守男選手は最終的に1分27秒595までタイム
をつめた。
次に乗り込んだ、高木選手もまずまずのタイムを残して午後のセッションをむかえる
ことになる。
午前に比べると、幾分体感温度が低く感じられる中、午後のセッションははじまっ
た。
足回りのセッティングを変更し、決勝タイヤの選択を兼ねて新田選手から周回を重ね
ていく。
数周ラップを重ねてピットイン。入念に空気圧の調整と、コンパウンドのちがうタイ
ヤを試していく。
新田選手の走行したタイヤを見て「これで12周? このタイヤじゃ、さすがに決勝は
もたないね」と、高木選手。次に高木選手も車に乗り込み周回を重ねていく。
タイムは、午前中を若干上回る1分27秒364。しかし、他車が大幅なタイムアップをし
ている中けして、満足できるものではなかった。事実、No15 ザナヴィシルビアが、
0.210差で2番手のタイムを出して来ていた。「直線がもう少し伸びればね」とメカニ
ックは語る。前回の富士でも参加車両の中でも、最高速では上位陣のなかでは大きな
差を付けられていた。
新田守男選手
「午前中はウェイトのせいか、おもったよりしっくりこなかった。午後は足まわりの
セットを変えたらそこそこのバランスは出たけど、これだなっていう所まではきてい
ない。明日の予選1回目でもうちょっとつめて、2回目で決まればいいな、と思ってま
す。今日のトップタイムはあまり意味がありませんね」
●公式予選
前日とはうって変わって、気温はかなり上がり路面コンディションはややきついもの
になった。
まず、新田選手からアタックを開始する。3周ほどタイヤを温めるために1分30秒前後
で走行。
その後、1分27秒317をマーク。予選終盤にザナヴィーシルビアが、なんと1000分の2
秒さでMR2のタイムを上回られてしまった。一方高木選手も、1分27秒750をマーク。
「ウェイト? あぁ、挙動はワンテンポ遅れる感じがするけど慣れたから大丈夫。ブ
レーキは心配ないからぎりぎりまで踏んでいきます」 と、高木選手。
2回目の予選は、路面温度が約40度というコンディションの中行なわれた。
全車が、午前中のタイムを更新してくる中、モモコルセ・アペックスMR2も例外で
はない。
新田選手が、1分27秒126をマークしトップに躍り出る。それに続いて、No.19
ウェッズスポーツセリカ、No.7RE雨宮RX-7も、27秒台をたたき出し上位に食い込ん
でくる。
続く高木選手はまずまずのタイムをマークし、セッションは順調に経過しこのままい
けると思っていた。しかし、No.15ザナヴィーシルビアの土屋武士選手に、1分26秒
999をたたき出され、ポールポジションは、またしてもお預けとなった。
「車の状態は、全然悪くない。でも、あれ以上のタイムを出すのは、タイヤを考える
とちょっと・・・。いけないわけでは無かったのですが。」と、両ドライバーは不満
顔。
「セカンドドライバーのタイム差がカギ」と、土屋春雄監督が話すようにアペックス
MR2は両ドライバーが、ほぼ同等のものであるため決勝のレース展開を優位に進めら
れる事は、間違いないであろう。
新田守男選手
「予選トップじゃないから、そりゃ不満はありますよ。目一杯いったけどけっこう厳
しい。
明日はいつになく暑いコンディションになるんじゃない? 作戦はこれといったこと
はないですタイヤをたらさないようにいくしかないかな」
●決勝レース
レースウィークで、一番暑い一日となった。朝8時半現在で気温は21度、路面温度も
時間が経過する毎に、上昇していった。
まず、朝のフリー走行ではトップタイムは、No.81ダイシンシルビア、それに続くは
ポールポジションのザナヴィーシルビア。アペックスMR2は、全くといって精彩を欠
いていた。
「とにかく車が重い」と、新田選手。タイムも1分29秒306で、300クラス6番手であった。
土屋監督が、タイヤを眺めセッティングの若干変更を指示、そして積載燃料もメカ
ニックが入念な計算を繰り返し、少しでも車を軽い方向に持っていった。
そして、午後13時53分3秒ローリングスタートで決勝の火蓋は落とされた。
この時路面温度は50度弱。どの車にとっても、厳しいものになっていたであろう。
スタートドライバーの新田選手は、前を走るNo.15ザナヴィーシルビアとほぼ同じタ
イムで追っていった。それに続くNo.19ウェッズスポーツセリカ、No.7RE雨宮RX-7、
No.77クスコインプレッサとは一周1秒弱のタイムマージンを稼ぎ、シルビアとの
一騎打ちでレースは進んでいく。
8週目に、タイム差を1秒0まで縮めるとその後17周目には0秒3と肉迫!トップが入れ
替わるのも時間の問題と思われた。しかし、後ろからくる500クラス、そして300クラスの
周回遅れの影響で28周目には2秒2と、大幅に差を付けられる格好となった。
最終コーナーから立ち上がりホームストレートの勾配は10%。やはり、15Km/hのトッ
プスピードの差は明白で、ストレートでは離されコーナリングで若干詰めるという、
すこし厳しい展開は続く。
レースも中盤に差し掛かる32周目No.7 雨宮RX-7がディファレンシャルにトラブルを
抱えリタイヤ。
38周目には、現在ポイントリーダのNo.19ウェッズスポーツセリカもピットインす
るが、エンジンがかからず、大きく順位を落としていった。これで、モモコルセ・
アペックスMR2はポイント差を縮めるには有利な展開になる。有力チームが続々ド
ライバー交換を行なうなか、46周目にモモコルセ・アペックスMR2もピットイン。
前日までのタイヤの摩耗度から右リアを残し3本のタイヤを交換。しかし、手間取り
シルビアとの差は8秒4まで広げられてしまった。
一方48周目には、No.19ウェッズスポーツセリカが、オルタネータートラブルによ
り、戦線離脱。
ポイント圏外でのリタイヤとなった。その後、セカンドドライバーの高木選手が、
No.61テイボンFTOのR・ファーマンとをパスする際に接触。タイムロスを強いられ、
シルビアとの差は15秒1になっていた。しかし、61周目に、No,6エッソタイガースー
プラが、SPインコーナーで炎上し始め、最終コーナーまでオイルを撒き散らし、黄色
信号が掲示、セーフティーカーの導入となった。
セーフティーカーの影響で、その時点でのタイム差は縮まったが間には500クラス、300ク
ラスの5台を挟んでいたため、「これじゃ、差はたいして変わらない」と、土屋監督。
隊列走行に入って4周目、「右リアがバースト!」と高木選手からの無線が入りそのま
ま緊急ピットイン。リアタイア2本を交換してなんとか同一周回のまま、隊列最後方
に戻る事はでき、次の周回にはレース再開。「2位で戻れた事で、良しとしなきゃね」
と新田選手。
しかしこのスローパンクは、手痛いタイムロスとなってしまった。そして、レースは
そのままチェッカーフラッグが振られ、モモコルセ・アペックスMR2はクラス2位の成
績で、GT第3戦を終える事になった。
優勝は逃したものの、セリカがノーポイントでおわったおかげでとうとうポイントラ
ンキングリーダーに立つ事になった。2位との差は3ポイントと、まだまだ油断できな
いものではあるが、この調子でトップを維持していって欲しい。
新田守男選手
「周回遅れのパスに失敗してしまった。それにタイヤもけっこうきつかった」
高木真一選手
「とにかく走りはじめから、オーバーステアが強く出てしまっていた。踏みたいけれ
どそれができなくてどうしてもペースアップはできなかったです。でもバースト後の
交換で若干は良くなりましたけどね。
欲求不満のままおわってしまったのが、すごく悔やしいです。」
次のレースは、山口県 CP MINEサーキットで行なわれる。
80Kgのフルウェイトのハンディーを積む事になり、ブレーキには厳しいものになる
がそれは、上位チームならどこにとっても悩みの種になることはまちがいない。
ウェイトハンディーをどう克服するか、両ドライバーに期待したい。
☆バイオニックレーサーShin高木☆
  提供:高木真一選手

全日本GT選手権

JGTC_Rd.3:SUGO野田英樹リポート

全日本GT選手権
第3戦スポーツランドSUGO
野田英樹  関連リポート
《予選》
1999年5月29日(土) 天候:晴れ  コースコンディション:ドライ
観客動員数:9,300人(主催者発表)
NO.6 エッソ・タイガー・チーム・ルマン
ドライバー:野田 英樹/ワイン・ガードナー
予選  1回目  10:45~11:45
1分21秒607  トップ・タイム
予選 2回目 14:45~15:45
1分21秒398 トップ・タイム
総合予選結果  
1分21秒398 ポール・ポジション
 1回目の予選でトップ・タイムをマークする事ができました。金曜日から車
の状態も良いようでトラブルも無く順調に終了できました。2回目は1回目の
タイムを更新できるチームは出ないのではと思い安心していたところ、ホンダ
NSX にトップを奪われ一瞬緊張しましたが、終了間際に再び抜き返しポール・
ポジションを獲得できました。
【野田 英樹 選手コメント】
 金曜日のフリー走行から車の仕上がりも良く、今回の予選は期待できると思っ
ていました。ただ2回目の予選でタイヤが1番良い状態のときにスカイライン
に押さえられてしまい、今一つ満足できる結果ではありませんでした。もっと
タイム・アップはできたと思います。
 今回の予選はトラブルも無く、車の仕上がりも、チームのまとまりも良かっ
たので当然の結果といえるかと思います。明日はトヨタ1年半ぶりの優勝目差
し頑張りたいと思います。
《決勝》
1999年5月30日(日)天候:晴れ コースコンディション:ドライ
観客動員数:40,600人(主催者発表)
決勝  14:00~16:00
NO.6 エッソ・タイガー・チーム・ルマン
ドライバー:野田 英樹/ワイン・ガードナー
リタイア
野田がスターティング・ドライバーを努め、一度もトップを譲ことなく40周
目にピット・イン、ガードナー選手と交代しました。交代後、ガードナー選手
も順調にペースを上げトップをキープ。今回のレースは優勝できると確信して
いたところ、突然のトラブルで火を噴きストップしてしまいました。残り周回
数が17周だっただけに驚きと共に悔しさと無念さが残るレースになってしまい
ました。
 今回も、レース前のテストから非常に調子が良く、皆様に期待が持てるとお
話していただけにとても残念です。ただ、金曜日の練習から予選、フリー走行、
決勝の殆どを一度もトップをゆする事無く走行できたので、今回のレースでは
速さをアピールする事はできたと思います。結果を残せなかった事は皆様には
大変申し訳なく感じますが、今回のレースは次ぎこそ優勝できるという確信の
ようなものを感じる事ができました。
 どうか引き続き野田英樹へご支援、ご声援のほどよろしくお願い申し上げま
す。
【野田 英樹 選手コメント】
 朝のフリー走行はトラブルも無くトップ・タイムをマークする事ができ、今
回のレースはかなりいけると思っていました。前半で後続車を離して後半は間
隔を見ながらタイヤをいたわって走るという予定の通りに事が進み、ガードナー
選手と交代しました。
 ガードナー選手と交代してからパワー・ステアリングに問題が出たようです
が、非常に良いペースで周回できていたので安心していました。ここまでは完
璧なレース運びでかなり期待していましたが、63周目に突然火を噴き、その場
でリタイアとなってしまいました。詳しい事はまだ分かりませんが、それまで
はチームも完璧な仕事をしてくれましたし、ドライバーも完璧に仕事をこなし
ました。それだけに非常に残念です。トヨタ1年半ぶりの優勝はできませんで
したけど、1番速いという事は証明できたと思います。
美祢では20kgのウェイトが載りますので若干不利にはなるかもしれませんが、
気を取り直して優勝目差して頑張りたいと思います。
資料提供:
Project Royal Oak       [URL : http://home.att.ne.jp/red/noda/]

検索

最新ニュース