Archives

  • [—]2017 (13)
  • [+]2016 (639)
  • [+]2015 (714)
  • [+]2014 (655)
  • [+]2013 (623)
  • [+]2012 (621)
  • [+]2011 (484)
  • [+]2010 (554)
  • [+]2009 (522)
  • [+]2008 (467)
  • [+]2007 (596)
  • [+]2006 (530)
  • [+]2005 (460)
  • [+]2004 (304)
  • [+]2003 (454)
  • [+]2002 (454)
  • [+]2001 (217)
  • [+]2000 (408)
  • [+]1999 (376)
  • [+]1998 (465)
  • [+]1997 (424)
  • [+]1996 (1)
  • [+]1995 (425)
  • [+]1994 (411)
  • [+]1993 (423)
  • [+]1992 (519)
  • [+]1991 (423)
  • [+]1990 (250)
  • [+]1970 (1)

ニュース内検索

1998年9月

その他

スーパーシルエットカー選手権カレンダー申

 今年度トヨタ車のみで行われ、存続が困難な状況である全日本ツーリングカー
選手権(JTCC)に代わる次世代のカテゴリーとして計画されていた全日本スーパー
シルエットカー選手権(SSCC)が、1999年のカレンダー申請を日本自動車連盟(JAF)
に行った。
 SSCCは、今までにないコンセプトから生まれたマシンで、チューブドフレ
ームに3リッターツインターボエンジンを搭載する。
 申請されたカレンダー(暫定)は以下のとおり。
 第1大会  6/19~20  ツインリンクもてぎ
 第2大会  7/24~25  CP MINEサーキット
 第3大会  8/28~29  TIサーキット英田
 第4大会  9/11~12  鈴鹿サーキット
 第5大会 10/ 9~10  富士スピードウェイ
 第6大会 10/30~31  スポーツランドSUGO
資料提供:日本ツーリングカー協会(TCCA)
               *** FMOTOR4F SysOp 北島滋穂(SDI00685)***

スーパー耐久

N1_Rd.7:スーパー耐久もてぎレース結果

スーパー耐久シリーズ第7戦 MOTEGI SuperN1-500km-RIJ-(1998-09-27)Race-Results
For 1998 Super Endurance Series Rd.7 ツインリンクもてぎ (J) : 4.801379km
Weather : Cloudy   Course : Wet
P No.Cl.Driver(s)----------------Car-----------------Lap-GoalTime----km/h--
1  32 1 横島 久/竹内浩典        Nissan Skyline GT-R 105 3:59'55.639 126.07
2   1 1 粕谷俊二/見崎清志        Nissan Skyline GT-R 105 4:00'11.446
3  23 1 福山英朗/木下隆之        Nissan Skyline GT-R 105 4:00'38.967
4  11 2 中谷明彦/小幡 栄        Mitsubishi Lancer   102   -  3Lap
5  36 2 村尾真吾/舘 信吾        Toyota Cerica GT-4  102   -  3Laps
6  33 2 村松康生/三好正己        Mitsubishi Lancer   101   -  4Laps
7  52 4 西垣内正義/渡辺 明      Nissan Pulser       100   -  5Laps
8〇27 2 牧口規雄/志村 久        BMW M3              100   -  5Laps
9  87 4 桂 伸一/菊池 靖/竹中正信 Nissan Pulser      99   -  6Laps
10   7 3 元谷宏大/黒木健次/桧井保孝 Honda Prelude      99   -  6Laps
11  38 2 雨宮栄城/鈴木 学        Toyota Celica        99   -  6Laps
12  20 2 伊藤勝一/細野智行/小川日出生Mitsubishi Lancer 99   -  6Laps
13  28 3 佐藤清治/佐藤  淳        Honda Integra        99   -  6Laps
14  68 4 嶋村 馨/長井 誠        Honda Civic          99   -  6Laps
15  73 4 前嶋秀司/小島一浩        Honda Civic          98   -  7Laps
16  29 3 中谷誠志/大橋正澄      Honda Integra        98   -  7Laps
17  26 2 川口法行/添田 正        Mitsubishi Lancer    98   -  7Laps
18  76 4 佐藤久実/吉田寿博        Honda Civic          98   -  7Laps
19  39 3 井田雅彦/磯田尚孝        Honda Integra        98   -  7Laps
20  91 4 阪口良平/岡崎真一       Honda Civic          98   -  7Laps
21  22 3 古橋  譲/玉本秀幸        Honda Integra        98   -  7Laps
22  57 4 伊藤直澄/田嶋栄一        Honda Civic          96   -  9Laps
23  55 4 福田よしのぶ/萬曇恒明    Hobda Civic          96   -  9Laps
24  78 4 丸山 浩/宮城 光        Honda Civic          96   -  9Laps
25 *50 4 浅野武夫/笠原智行        Honda Civic          95   - 10Laps
26  18 2 新宅文亮/伊藤隆文/新田顕一郎 Mazda RX-7       95   - 10Laps
27  31 2 小林正吾/竹添謙枝/原正広 Nissan Silvia        94   - 11Laps
28  21 3 福岡博人/能城重之/福地竹虎 Toyota MR2         93   - 12Laps
29   4 3 山野哲也/西  翼        Honda Integra        93   - 12Laps
30  45 3 望月英弘/吉田雅夫/奥山文彦 Honda Integra      93   - 12Laps
31   5 3 鈴木ひろし/宮口幸夫/玉造浩 Toyota Chaiser     92   - 13Laps
32  88 4 藤村満男/土建屋よしゆき/西村元希 Honda Civic  89   - 16Laps
33  54 4 山内伸弥/浅見 武        Honda Civic          86   - 19Laps
34  67 4 三好孝志/大野尊久/脇田一輝 Toyota Levin       79   - 26Laps
----------------------------------以上完走----------------------------------
77 4 山本泰吉/辻本 聡        Honda Civic          77   - 28Laps
2 2 清水和夫/渋谷 勉        Subaru Impreza WRX   19   - 86Laps
**16 3 中村  仁/松浦俊之        Toyota Celica        10   - 95Laps
**49 2 新谷栄章/坂田文顕        Nissan Silvia        10   - 95Laps
71 4 関根基司/松田晃司/山梨順一 Nissan Pulser       7   - 96Laps
6 2 冨桝朋広/柳生治男        Mitsubishi Lancer     3   -102Laps
37 2 山路慎一/井尻 薫        Toyota Celica GT-4  DNS   -105Laps
****************************************************************************
レース中のベストタイム #23 Nissan Skyline GT-R 2'08.365 105/105 134.65km/h
* ペナルティ:#50は、国際モータースポーツ競技規則付則H項違反(黄旗区間追
       越)につきペナルティストップ10秒を課した。
〇ペナルティ:#27は、本大会規則特別規則書第10章第35条~2)(ピットロード通
       過速度)違反によりペナルティストップを課した。
**#16、#49は、本大会規則特別規則書第10章第34条~1)(ピットストップ1時間
以上経過によりレース除外とした。
               提供:竹下 恵一郎(JCG00146)/TRもてぎ
              *** FMOTOR4F SysOp 北島滋穂(SDI00685)***

スーパー耐久

N1_Rd.7:スーパー耐久もてぎ予選結果

スーパー耐久シリーズ第7戦 MOTEGI SuperN1-500km-RIJ-(1998-09-26)Qualifying-Ses.
For 1998 Super Endurance Series Rd.7 ツインリンクもてぎ (J) : 4.801379km
Weather : Rain   Course : Wet
P No.Cl.Driver(s)------------------- Car---------------- Best-LapT - -km/h--
1  32 1 横島 久/竹内浩典            Nissan Skyline GT-R  2'08.989   134.00
2   1 1 粕谷俊二/見崎清志            Nissan Skyline GT-R  2'09.635
3  23 1 福山英朗/木下隆之            Nissan Skyline GT-R  2'10.500
4  11 2 中谷明彦/小幡 栄            Mitsubishi Lancer    2'14.232
5  36 2 村尾真吾/舘 信吾            Toyota Cerica GT-4   2'15.953
6  20 2 伊藤勝一/細野智行/小川日出生 Mitsubishi Lancer    2'16.321
7  27 2 牧口規雄/志村 久            BMW M3               2'17.673
8  52 4 西垣内正義/渡辺 明          Nissan Pulser        2'18.307
9  37 2 山路慎一/井尻 薫            Toyota Celica GT-4   2'18.624
10   2 2 清水和夫/渋谷 勉            Subaru Impreza WRX   2'19.071
11  77 4 山本泰吉/辻本 聡            Honda Civic          2'19.219
12  38 2 雨宮栄城/鈴木 学            Toyota Celica        2'19.979
13  26 2 川口法行/添田 正            Mitsubishi Lancer    2'20.079
14  33 2 村松康生/三好正己            Mitsubishi Lancer    2'20.258
15  39 3 井田雅彦/磯田尚孝            Honda Integra        2'20.362
16  73 4 前嶋秀司/小島一浩            Honda Civic          2'20.362
17  87 4 桂 伸一/菊池 靖/竹中正信   Nissan Pulser        2'20.586
18  68 4 嶋村 馨/長井 誠            Honda Civic          2'20.997
19  31 2 小林正吾/竹添謙枝/原 正広   Nissan Silvia        2'21.622
20   4 3 山野哲也/西  翼            Honda Integra        2'21.677
21   6 2 冨桝朋広/柳生治男            Mitsubishi Lancer    2'21.718
22  55 4 福田よしのぶ/萬曇恒明        Hobda Civic          2'21.816
23  78 4 丸山 浩/宮城 光            Honda Civic          2'21.826
24  18 2 新宅文亮/伊藤隆文/*新田顕一郎Mazda RX-7           2'21.834
25  57 4 伊藤直澄/田嶋栄一            Honda Civic          2'22.023
26  29 3 中谷誠志/大橋正澄          Honda Integra        2'22.037
27  76 4 佐藤久実/吉田寿博            Honda Civic          2'22.676
28  91 4 阪口良平/岡崎真一           Honda Civic          2'22.981
29   7 3 元谷宏大/黒木健次/桧井保孝   Honda Prelude        2'23.043
30  54 4 山内伸弥/浅見 武            Honda Civic          2'23.243
31  28 3 佐藤清治/佐藤  淳            Honda Integra        2'23.465
32  88 4 藤村満男/土建屋よしゆき/西村元希 Honda Civic      2'23.480
33  71 4 関根基司/松田晃司/山梨順一   Nissan Pulser        2'23.972
34  22 3 古橋  譲/玉本秀幸            Honda Integra        2'24.089
35  67 4 三好孝志/大野尊久/脇田一輝   Toyota Levin         2'25.764
36  21 3 福岡博人/能城重之/福地竹虎   Toyota MR2           2'26.263
37  45 3 望月英弘/吉田雅夫/奥山文彦   Honda Integra        2'27.339
38  16 3 中村  仁/松浦俊之            Toyota Celica        2'27.347
39  50 4 浅野武夫/笠原智行            Honda Civic          2'27.797
40   5 3 鈴木ひろし/宮口幸夫/玉造  浩 Toyota Chaiser       2'30.904
--------------------------------------D.N.Q.---------------------------------
49 2 *新谷栄章/*坂田文顕          Nissan Silvia        2'33.885
****************************************************************************
*印ドライバーについては、決勝日のフリー走行結果にて決勝出走可否を決定
           提供:竹下 恵一郎(JCG00146)/TRもてぎ
         *** FMOTOR4F SysOp 北島滋穂(SDI00685)***

全日本GT選手権

GTインサイドレポート Rd.5/6

AUTOBACS CUP ALL JAPAN GT CAR CHAMPIONSHIP
1998  GT INSIDE REPORT
Round 5 MOTEGI GT CHAMPION RACE                             13 Sep. '98
Inside Report                インサイドレポート3             FMOTOR4版
 -------------------------------------------------------------------------
'98AUTOBACS CUP GTC第5戦もてぎ MOTEGI GT CHAMPION RACE(9/12,13)
☆ポイントランキング(第5戦終了)
ドライバーポイント
[GT500]
                Rd.1  Rd.2  Rd.3 Rd.4  Rd.5 Rd.6 Rd.7
                3/22  5/3  6/28 8/9  9/13 10/11 10/25
Po. No. Driver     合計 Suzuka FUJI SENDAI FUJI MOTEGI MINE SUGO
----------------------------------------------------------------------------
1 23 E.コマス/影山正美  51  20  悪   20   1   10
2 64 山西康司/T.コロネル 35  15  天       20
3 12 星野一義/黒澤琢弥  35     侯    8   12   15
4 36 関谷正徳/N.フォンタナ  33   6  で   12   3   12
5 16 中子 修/道上 龍  28  12  中   10   2   20
6  3 長谷見昌弘/田中哲也 26   8  止       15   3
7 39 土屋圭市/谷川達也  24  12      10   2
8  2 鈴木亜久里/影山正彦 19         15   4
9  5 M.グーセン       14  10       4   
10  5 桧井保孝      14  10       4   -   -
[GT300]
                Rd.1  Rd.2  Rd.3 Rd.4  Rd.5 Rd.6 Rd.7
                3/22  5/3  6/28 8/9  9/13 10/11 10/25
Po. No. Driver     合計 Suzuka FUJI SENDAI FUJI MOTEGI MINE SUGO
----------------------------------------------------------------------------
1 25 鈴木恵一/舘信吾   66  20  悪   20   20   6
2 44 新田守男      35   4  天    6   15   10
3 910 余郷敦       33   8  侯   10   3   12
4 21 加藤寛規      28     で    8   12   8
5 15 近藤真彦/青木孝行  25  10  中   15
6 44 P.ダンブレック     25  -  止   -   15   10
7 77 小林且雄/玉本秀幸  23         12   8   20
8  7 山路慎一/松本晴彦  20         12   8
9 19 織戸学/M.アンジェレッリ  19  -      -   4   15
9 51 池谷勝則      19  15          1   3
チームポイント
[GT500]
                Rd.1  Rd.2  Rd.3 Rd.4  Rd.5 Rd.6 Rd.7
                3/22  5/3  6/28 8/9  9/13 10/11 10/25
Po. No. Team      合計 Suzuka FUJI SENDAI FUJI MOTEGI MINE SUGO
----------------------------------------------------------------------------
1 2/23 NISMO        51  20  悪   20   1  10
2 64 Mobil1 NAKAJIMA RACING 35  15  天       20
3 12 TEAM IMPUL      35     侯    8   12  15
4 36/37 TOYOTA Castorl TEAM TOM'S    で
              33   6  中   12   3  12
5 16 Castrol無限     28     止       8  20
6  3 ハセミ・モータースポーツ    26   8          15   3
7 39 TOYOTA TEAM SARD   24  12      10   2
8  5 TEAM 5ZIGEN     14  10       4
9 50 オートバックスレーシングチームアグリ 12             6   6
10 18 童夢レーシングチーム    10             10
[GT300]
                Rd.1  Rd.2  Rd.3 Rd.4  Rd.5 Rd.6 Rd.7
                3/22  5/3  6/28 8/9  9/13 10/11 10/25
Po. No. Driver     合計 Suzuka FUJI SENDAI FUJI MOTEGI MINE SUGO
----------------------------------------------------------------------------
1 25 TEAM TAISAN Jr.つちや 66  20  悪   20   20    6
2 44 アペックス     35   4  天    6   15   10
3 910/911 910RACING    33   8  侯   10   3   12
4 21 HITOTSUYAMA RACING 28     で    8   12    8
5 15 NISMO        25  10  中   15
6 77 クスコレーシング  23   3  止           20
7  7 RE雨宮レーシング  20         12   8
8 51 コブラレーシングチーム    19  15          1    3
9 19 RACING PROJECT BANDOH 19  -      -   4   15
10 61 チーム・テイボン・ラリーアート  16  12       4
*ポイント計算はGTインサイドレポート班による非公式のものです
*今回のGTインサイドレポートは以上です
                       GTアソシエイション事務局
                         GTインサイドレポート班
                        古屋 知幸 = QYB04322 =

全日本GT選手権

GTインサイドレポート Rd.5/5

AUTOBACS CUP ALL JAPAN GT CAR CHAMPIONSHIP
1998  GT INSIDE REPORT
Round 5 MOTEGI GT CHAMPION RACE                             13 Sep. '98
Inside Report                インサイドレポート2             FMOTOR4版
 -------------------------------------------------------------------------
'98AUTOBACS CUP GTC第5戦もてぎ MOTEGI GT CHAMPION RACE(9/12,13)
☆フリー走行後のコメント
No.100 RAYBRIG NSX
飯田章「もちろん満タンでのタイムです。ウチはいつも満タンはバランスいいんで
すよ。でも、1分51秒4は遅いよ。レースはたぶん50秒台後半でいくんじゃない? ほ
かが三味線ひいてるのかどうか、それはわからないけどね。展開がどうなるかわか
らないし、またセーフティカーが入ったりするかもしれないから、ピットインのタ
イミングはまだわかりません。ガソリンは、まあ大丈夫だと思います。スタートド
ライバー? さあ、どっちがいくと思います?」
No.23  ペンズオイル・ニスモGT-R
エリック・コマス「予選のアタックを除いて、この週末はずっと満タンでテストし
てきた。もちろん今朝のフリー走行のときも満タンだよ。3番手? そう。燃料を
少なくして走って1分51秒7が出ていたので、満タンで52秒7は驚くことじゃない。
決勝セッティングでのクルマの状態はすごくいい。昨日、10ラップ、また10ラップ
と走ってクルマのバランスを改善していったんだ。ホンダNSXが速いのは明らかだ
けど、90kgのウエイトを積んではいてもクルマはすごくいい。満足している」
No.25 つちやMR2
舘信吾「クルマはいいですよ。昨日のまま、なにもやってないです。重さもさほど
気にならないレベルに仕上がっています。満タンで決勝セットで走りました。レー
スは、表彰台ねらいたいですね。スタートはボクがいきます」
No.77 クスコスバルインプレッサ
加勢裕二代表「ドライバーの慣れとタイヤ交換の練習、それと昨日のラストにメン
テナンスした足回りのセットをしました。2人とも同じぐらい乗っていますよ。
(フリー走行で)タイムを出したのはタマちゃん(玉本秀幸)のほうです。エンジ
ンは前回と同じで、足回りはコツコツと見直した結果がようやく実った感じですね。
スタートは今回、タマちゃんが初担当の予定です。ここのサーキットは燃料をけっ
こう使うんで、ピットストップはちょうど真ん中あたりを予定しています。1年間
は勉強だと思っているんで、なにごともなくぶじに完走したい。GT500クラスとから
んだりするのが心配です。表彰台は、まだねらえるところではないと思います」
マッシミリアーノ・アンジェレッリ(No.19ウェッズスポーツセリカ)
「先週、FIA GT選手権第7戦にザクスピード・チームからポルシェGT1で参加した。
今シーズンの残り全戦に出る予定なんだ。ただ、最終戦のラグナセカだけはGTCと日
程が重なっているのでまだ決めていない。でも、自分にとっての優先順位は日本の
レースが上。日本のレースのほうがFIA GT選手権よりもはるかにコンペティティブ
だからね。トヨタ、ニッサン、ホンダに乗れば勝つチャンスはある。FIA GT選手権
ではメルセデスしか勝つチャンスはない。タイヤにしても、GTCではブリヂストン、
ダンロップ、ヨコハマが拮抗している。ヨーロッパではブリヂストンかミシュラン
しかチャンスはない。ザクスピードが履いているピレリも悪くはないけど、充分な
テストが必要だし、資金が必要だ。だがそれがない。FIA GT選手権で関心があるの
はワークスチームで走る可能性だけなんだ。メルセデスかポルシェのワークスチー
ムで走れるならいい。来年はその可能性があると思う。シーズン終了後にテストを
受けられると思う。その見込みがないなら自分にとってFIA GT選手権に参加する意
味はない。ラグナセカのレースに出るとすれば、その可能性をにらんでのこと。も
しその可能性がないと事前にわかるなら、ラグナセカには行かない。いずれにして
も来年は日本で、できればGT500 クラスを走りたい。これがボクの1999年の目標だ。
だからこそ、今、GT300 に出ている。サーキットを覚えるためにもね。来週、菅生
でGTCのテストがあるのでそれに参加する。9月20日にFIA GT選手権の第8戦があ
るのだが、そちらには菅生のテストの後で行くことにしている。オーストリアのA1
リンクに入るのは金曜日の朝になってしまうけど、自分にとっては日本のレースの
ほうがだいじなんだ。ザクスピードのポルシェに乗るのは楽しいし、チームもすば
らしいよ。でも将来がない。ポルシェGT1のドライブ? "Very easy" 。ボクのよう
にフォーミュラスタイルのドライバーにとっては、セリカやスープラのドライブの
ほうがずっとむずかしいよ。ところで、10月初めに、ベネトン・ユニオンチームか
らニュルブルクルンクで行われるドイツF3選手権のレースに出る。そう、F3に。苦
戦すると思うよ(笑)。でも楽しみなんだ。楽しむために出るんだ。1週間の休暇
だよ。チームから電話があって、5レースに出ないかとオファーがあったんだけど、
FIA GT選手権とGTCがあるので1レースしか日程が合わなかった」
No.91 コーセイ&バーディクラブセリカ
松永雅博「金曜がシェイクダウンです。リアディフューザーを外したら良くなりま
した。JTCCベースですが、以前乗っていたカローラよりもブレーキはいいし、こっ
ちのほうが安定しています。暫定仕様なのでタイヤが細い。もうちょっと太くない
と、フロントのトラクションが稼げないんでつらいですね。もうちょっとグリップ
がほしいです。次戦からはNo.19と同じように太くなります。ST205セリカをFFにし
ているんですが、JTCCで関谷さんのクルマを担当していた東条氏が開発していま
す。足回りやエンジンはNo.19と同じなのですが、リアフェンダーやペダル類、シー
トポジションなどは独自です。来年はターボをつけたいですね。あとはタイヤを太
くしてストレートを速くしたい」
■コース攻略法を聞く
今回がGTC初開催となるツインリンクもてぎロードコース。4人のドライバーにこの
コースのシフトポイントと、コース攻略法を聞いた。
No.16 Castrol無限NSX
道上龍「ここでタイムを縮めるポイントは最終コーナーの走りですね。ブレーキン
グでどこまで詰められるかでしょう。ここのところでアキラさん(飯田章)は速い
んですよね。ここのひとつめでムリしすぎると飛び出しちゃうんですよ。NSXはブレ
ーキがいいんで、ロックもしないし、ABSがなくてもぜんぜん問題ありません。クル
マ的には、コーナー出口のトラクションも重要ですね。これも、NSXはいいんですよ。
抜きどころというのは…、ないですね。奥のヘアピンのブレーキングですかね。1
コーナーでインに入るのは絶対ムリですね。ボク、フォーミュラニッポンで当たっ
ちゃいました。3コーナーでは、インに入っても飛び出しちゃいます。インを抑え
られたら、どこもムリです」
No.12カルソニックスカイライン
星野一義「このコースは、S字とビクトリーコーナーがタイムを詰めるポイントだ
ね。スカイラインにとっては、1速から6速までクロスレシオにしてシフトチェン
ジしても忙しいだけで、いいことはない。それより、トルクのあるところをうまく
使って、2速から5速で走ったほうがタイムが出るんだ。とにかく抜きどころが少
ないから、予選ではできるだけ前にいきたい。ほんとはタイトコーナーが多い、こ
ういうコースは好きじゃないんだけどね。ここと比べたら、MINEのほうがストレー
トが長くて、まだ抜くチャンスは多いよ。それから、もてぎは全部スピードを落と
していくコーナーばかりだから、ブレーキがきつい。冷える時間がないんだよね」
No.38 FK/マッシモセルモスープラ
竹内浩典「ブレーキがかなりきついコースなんですが、逆にフルブレーキングが多
いんで、各コーナーのつっこみのブレーキングで稼げるコースでもあります。あと
は加速。とくに1~2コーナーの脱出、S字の脱出、最終コーナーを含むラストセ
クションがタイムアップのポイントになりますね。抜きどころはほとんどないです。
これも、逆にうまく利用すれば、要所を抑えていれば抜かれないということになり
ます。ボクの印象では、ここは十勝とMINEを足して2で割ったような感じですね。
アップダウンは、ダウンヒルストレート以外はそれほど感じません。ブレーキもタ
イヤもつらいですね。低速からトラクションをかけていくので、低回転からタイヤ
にどんどん負担がかかるんです。タイヤとブレーキを温存するのがポイントですね。
コンスタントに走ることです。一発ポンと行くとつらいです。最初の10周ぐらいは、
抑え過ぎかなと思うくらいのペースでいかないとダメじゃないかと思っています。
スープラは加速がいいんで、有利ではないかと思いますよ」
No.44アペックスDLモモコルセMR2
ピーター・ダンブレック「このコースで重要なのはブレーキングです。F3と比べる
とGT300 のマシンではコーナーをクイックに抜けることはできないから、ブレーキ
ングがとくにだいじなんですよ。できるだけ遅らせるんだけど、遅らせすぎると逆
にオーバーテイクができなくなってしまう。1速で抜けるコーナーが多いんですが、
ここは前回のテストで2速で回ったら立ち上がりの加速が遅すぎたんです。あとは
バランス。第3コーナーと第7コーナーでバランスが乱れがちなので、それを保つこ
とが速く走るためには重要なポイントです。難しいのは第1コーナーで、かなりロー
ルとオーバーステアが出るのでそれを注意しなければならない。ここは高速コー
ナーがあまりなくて低速コーナーが中心だけど、なかでも1、2のコーナーはとくに
注意しなければならない。ボクらのクルマはまだウエイトハンデが少ないこともあ
って、ブレーキがかなりいい。これがこのサーキットでの強みです」
☆決勝スタート直前情報(13時)
天気:晴れ 気温:29度  路面温度:41度
 入場者数:9/13 35、000人(9/12   12,000人)
☆リタイヤ(GTインサイドレポート班調べ)
原因                     周回数
----------------------------------------
No.5    コースアウト&オイルクーラー破損       3L
No.61    駆動系                 14L
No.37    エンジン               17L
No.9     エンジン               24L
No.777   コースアウト           24L
No.64    コースアウト           27L
No.18    コースアウト           27L
No.39    コースアウト           31L
No.7     失格(エンジン押し掛け)    38L
No.13    ミッション             46L
No.117   燃料系                 50L
☆決勝終了後のコメント
No.16 Castrol無限NSX(総合優勝)
道上龍「セーフティカーが入ったときは、No.100がもうアキラさんに代わった後
だったんで、『あーっ、こら逃げられたわ』と思いました。アキラさん、ペース速
かったですからね。でも、神さまがいてました」
中子修「道上がよくがんばってくれたけど、セーフティカーが入って状況が変わっ
てしまった。でも、最後は勝つことができたんで良かったです」
No.77 クスコスバルインプレッサ(GT300クラス優勝)
小林且雄「クールスーツが壊れていたのにはまいった。無線も壊れていて、順位が
ぜんぜんわからなかった。最後までトップだってことはわかりませんでした。チー
ムのみんなのおかげで勝つことができました」
玉本秀幸「いくときにはあっさりいっちゃうもんですね。なんか、まだ実感がわか
ないんですけど。ボク自身もGTC初優勝なんですよ。1回、勝ちそこなったってのは
ありましたけどね(笑)。まあ、いつもヘンな話題ばかりまいてるから、たまには
いい話題もないとね。今日はミラージュと連続表彰台で、良かったです」
加勢裕二代表「勝っちゃいましたね。たまにはこう言うこともあります(笑)。あ
ちこちうまくいったとしか思えない。コースとクルマのマッチィングでしょう。他
のコースでも速く走れるように考えていきたい。自分が走るよりずっと緊張します
ね」
No.12カルソニックスカイライン(総合2位)
星野一義「今日はガチーンといったよ。プロのドライバーはこうでなくちゃってい
うところを見せたでしょ。昨日のトラブルがなければもう少し楽にこのポジション
まで来られただろうけど、それでもNSXに追いつくのはちょっとムリだったかもしれ
ないね。でも、この2位は優勝の価値があるよ。シリーズでも上位に来ているし、
あと2戦がんばるよ」
黒澤琢弥「今はちょっと心地好い疲れを感じているよ。クルマもタイヤも、最後ま
で完璧だった。最後の最後までプッシュして、53秒台で走り続けられたし。NSXに追
いつくのはムリだったと思うけど、2位キープのつもりはなくて、攻め続けた。最
後までなにが起こるかわからないもんね。ARTAに抜かれたときは、周回遅れに前を
はばまれて、本山はいい場所でそれをかわしてきたので、差がつまってしまった。
譲ったつもりはないけど、ムリをして接触するほうがイヤだったし、抜き返せると
思っていたよ。ボクを抜いたあとヘロヘロになっていたから。結局、ペナルティー
を受けてピットストップしたけど、あのまま走っていても抜けたね」
No.36カストロール・トムス・スープラ(総合3位)
関谷正徳「クルマはいつもどおり、まったく問題なかった。タイヤもBSと同じくら
いいけてたからね。しかし、暑くてまいったよ」
N.フォンタナ「No.23を抜くのはたいへんむずかしかった。一度並んだんだけど、ボ
クがアウトサイドにいたから、そこでは抜けなかった。それでタイヤを使ってしまっ
て、最後はアンダー、オーバー、ホイールスピンなんかが出てキツかった。クルマ
はNSXやスカイラインに追いつくためには、もう少しやらなければいけないことがあ
る。でも、現状ではこの順位に満足している」
No.19 ウエッズスポーツセリカ(GT300クラス2位)
織戸学「(入賞できて)良かったけど、暑くて疲れた。クールスーツも効いてるん
だかいないんだか、足がチンチンに暑い。クルマはハンドルが重くて、ヘアピンな
んて身体ごと曲げてる。ほかには問題ないんだけど、腕力をつけないと乗ってられ
ない。FTOやセブンがつぶれてくれてラッキーだった。セーフティカーのタイミング
とピットインも良かった。MINEもセリカにはあっているんで、いきますよ」
M.アンジェレッリ「2位という結果には満足しているが、自分のドライビングには満
足していない。自分はまったく速くなかった。自分の担当のラップでは(クルマや
タイヤが)かなりきびしい状況になってはいたんだけど…」
No.910 ナインテンポルシェ(GT300クラス3位)
余郷敦「2戦続いてアクシデントがあったんですが、ここまでこれてホントによか
った。クルマを直してくれたメカニックのおかげです。木下さんがスタートからい
いところにくっついていってくれて、ピットインのタイミングとかペースカーが入
ったりとか、ラッキーな部分もあったけど、中盤にタレてきてもついていけるよう
になったんです」
木下隆之「砂子の代役で助っ人にきたんですが、いいチームだし、余郷くんも速い。
一発の速さはなかったけど、コンスタントの速さの結果でしょう。砂子が戻ったら
もっと強くなるでしょう」
No.23ペンズオイル・ニスモGT-R(総合4位・ランキング1位)
E.コマス「ねらっていたとおり4位に入れて非常に良かった。これでポイントはかせ
げるし、ウェイトハンディもちょっぴり減らせるからね。チームがいい仕事をした
し、マサミもいい仕事をした。金曜日からずっと、満タンでウェイトも積んだ状態
でテストを続けていた成果が出たのだと思う」
影山正美「(No.39との接触は)コーナーの立ち上がりで、ボクの右フロントタイヤ
と達也の左のフロントタイヤがあたって、フォーミュラと同じように飛び上がって
しまった。(レース後、サードの)ピットにいって、達也とも話をした。『アウト
側を残してくれていたんだから、しょうがない』と言ってくれた」
No.100 RAYBRIG NSX
飯田章「しょうがないよね。セーフティカーが出て走っていたときから、少しおか
しかったんです。(レースが)再スタートしてからはどんどんおかしくなって、ド
ンと来て…。きっと破片かなにかを拾ったんじゃないかな。クルマは、それ以外は
まったく問題ありませんでした。タイヤを換えてからもね。ま、次はいきますよ」
高橋国光「うーん、パンクじゃしょうがないよね。結果は残念だったけど、調子自
体は悪くないですから。次もがんばります」
*3に続く
                       GTアソシエイション事務局
                       GTインサイドレポート班
                       古屋 知幸 = QYB04322 =

全日本GT選手権

GTインサイドレポート Rd.5/4

AUTOBACS CUP ALL JAPAN GT CAR CHAMPIONSHIP
1998  GT INSIDE REPORT
Round 5 MOTEGI GT CHAMPION RACE                             12 Sep. '98
Inside Report                インサイドレポート1             FMOTOR4版
 -------------------------------------------------------------------------
'98AUTOBACS CUP GTC第5戦もてぎ MOTEGI GT CHAMPION RACE(9/12,13)
☆予選1回目終了後のコメント
No.77 クスコスバルインプレッサ
小林且雄「昨日が1分59秒6で今日が1分59秒3ですから順調です。タイヤが今回良く
なってきているんですが、昨日はそれに合わせたセットができなかった。午後はそ
れにチャレンジしたい。タイヤのライフは決勝の真ん中でギリギリぐらいですかね。
リストリクターは特例措置の対象になっているんですが、そのままです。決勝は、
今までは頑張ってもトップグループにはついていけなかったのが、今回はトップグ
ループについてトップ争いを考えながら走れそうなので、あとはみんながミスしな
いよう結果を出したいです。結果は何位でもいいです。もし勝ちがついてきたらう
れしいし、2、3位でもいいです。これが5戦目ですが、ちょっとずつ進歩してい
るということですね」
加勢裕二代表「基本的なことを詰めてきただけ。サーキットのセットもダートと考
えかたは一緒だったということですね。最初は戸惑っていたのですが、これまで戦
ってきたラリー、ダートラ、ジムカーナと同じみたい。オーソドックスなことをや
ってるつもりですよ。たまたまこのコースでこのクルマが速いということで、手放
しでは喜べません。まだ先はあるなという感じです」
No.44 アペックスDLモモコルセMR2
ピーター・ダンブレック「昨日は出ていなかったアンダーステアが出た。理由はわか
らないけれど。午後、クルマのセッティングを変えれば良くなるだろう」
No.25 つちやMR2
舘信吾「60kgと80Kgは明らかに違う。重いです。新車でボディ剛性はあるけれど、
ブレーキは効かないし、立ち上がりは遅い。このへんは金曜に感じていたんです
が、合わせていったら、思ったよりもクルマが良くなってきたんです。午後もア
タックしますし、一発はねらっています。タイムが出たらレースセットにします」
No.7 RE雨宮マツモトキヨシRX-7
山路慎一「フロントのグリップ感が不足してるみたい。今までのコースではフルタ
ーンが少なくてわからなかったんですが、ここはステアリングの切り増し量が多い
んで(感じられるようになった)。午後は、セッティングを変えてアタックしま
す。タイムはなんとかそこそこに出たという感じです」
No.38 FK/マッシモセルモスープラ
竹内浩典「赤旗前、オイルが出る直前にベストタイムが出せた。タイミングが良
かったですね。クルマ的にも悪くはない。赤旗中に少しセットをいじったらそれが
裏目に出て、再開後はタイムを上げられませんでしたけど。低速コーナーではター
ンインでアンダーが出たり、出口ではオーバーが出たりしているので、まだ詰めら
れるところがあります。昨日よりは全然良くなっていますけどね。インターバルの
間に、そのあたりを詰めていく方向でセットを変えているので、2回目はもう少し
タイムを上げられるんじゃないですか?」
No.16 Castrol無限NSX
道上龍「クルマは昨日と変わらず、いいですね。昨日はちょっとミッションが固か
ったんですが、それも今日は直っています。エンジンを積み替えたら、異音もしな
くなりましたし。アタックのタイミングも良くて、最後にタイムアップできました。
2回目ももちろん行きますよ。49秒台目指して……。でも、余り気温が上がると難
しいかな~? 朝は涼しかったんで」
No.100 RAYBRIG NSX
高橋国光「ほかのNSXにトラブルがあって、ウチも昨日はちょっとあったんですが、
まあまあ順調にきてます。決勝でもトラブルが出ないように…。おはらいですか? 
いや、それはしてませんけどね」
飯田章「クルマはちょっとアンダーだけど、まぁまぁです。午後は1分49秒台に行
けると思います。ここはパッシングポイントがないので、1列目にいないとね」
☆予選2回目終了後のコメント
No.38 FK/マッシモセルモスープラ
竹内浩典「いやあ、ホントに良かったです。ウチが(アタックを)終わったあと
サードスープラが行ったんで、(上に)いかれちゃうかなぁと思ったんですけど。
サードは1分51秒フラットまできて、次のラップもアタックしてましたからね。前
に1台スープラがいるといないじゃ大違いですよ。(午前と午後の)インターバル
でクルマをいじったら良くなったんです」
No.39 デンソーサードスープラGT
谷川達也「今回、土屋さんがアタックしましたが、順当な位置だと思います。セル
モには前に行かれましたけど。決勝のセットがまだ出ていないので、朝のフリー走
行で決めます。セッティングがうまくいけば表彰台に立ちたいですね。金曜日は
けっこうトラブっていたんですが、解消できました。タイヤも順調に仕上がってい
ますし、チームも勝つ気でいますんで、いい雰囲気です。雨降られると困るんです
けどね」
No.64 Mobil 1 NSX
トム・コロネル「6位か7位でクオリファイできれば満足、と思っていたけど、そ
のとおりになった。メカニックがすばらしい仕事をしてくれたんだ。昨日も今朝も
ギヤボックスにトラブルが出ていたが、それをうまく解決してくれた。午後のセッ
ションでタイムを出したときは、“ワンラップだけ”と、レースではとてもできな
いくらいブレーキングを遅らせたんだ。グリッドで前に行ければ、少なくとも後ろ
をがんばって抑えるという可能性は出てくるからね。ポイントでトップのエリック
・コマス組があまり良くないようなので、自分たちにとっては状況は悪くない。た
だ、レースは非常に長いのでトラブルに襲われるかもしれない。それにタイヤがキ
ツい。でもチームメイトも好調だし、ベストをつくすよ。目標としては最低限完走
はして、ポイントを得なければならない。できれば4位でフィニッシュしたいんだ。
そうすればハンデウエイトを減らせるからね。70kgというウエイトは重すぎる。我
々には運も必要だ。前がトラブルを起こして潰れてくれないと、5位以内はむずかし
い。べつに他人の不運を望むわけではないけど、だれかが脱落すれば自分たちには
それだけいい結果につながる」
No.6 ESSO Tiger Supra
P-H.ラファネル「スープラのトップとコンマ2秒ちょっとしか違わない。向こうは
新しいクルマでABSつき、我われのは去年のクルマでABSなし。これは我われには良
すぎるポジションだ。昨日は2回とも4位、今朝は5位で今は6位。だんだん下がって
きてしまったけど、それでもいい位置をキープした。非常に満足している。いつも
最初は良くて、フリー走行ではいいところにいくことがあっても、予選ではあまり
いい結果を残せなかった。だが今日は初めて6番手以内でクオリファイすることがで
きた。我われにとってはポールポジションも同様だ」
No.50 ARTAスカイライン
土屋武士「タイヤの一番おいしいラップで、スピンしたクルマがあって、1分51秒5
までしか出せなかった。あれがなければ51秒2までいけたかなとは思います。でも、
次のおいしいところで51秒3が出せました。今回は、中止になった富士を除いて、初
めてボクがアタックしたんです。最初はその予定じゃなかったんですが、昨日たま
たまいいタイムを出せたので、チャンスをもらいました。これまで、いつもテスト
では調子が良かったんですが、予選ではアタックの周にイエローが出たり、遅いク
ルマに引っかかったりと、巡り合わせが悪かった。レースは長いんで荒れそうです
が、自分がその荒れるほうに入らないようにしたいですね。(コンスタントにいけ
ば)上にいける権利は持ってますから。(98年仕様の)スカイラインのなかで表彰
台に上がっていないのはウちだけなんで、今回はぜひ上りたいですね。手強いのは
サードスープラでしょう」
No.77 クスコスバルインプレッサ
小林且雄「午後は、予選用(セッティング)というか、アライメントを見直してニ
ュータイヤでアタックしました。なにごともなく完走して結果を出したい。それだ
けです」
加勢裕二代表「うれしいです。もし勝ったら、スバルにとっては、サーキットレー
スでの初優勝に近いでしょう。ダートをショートカットしているんじゃないかっ
て? 一応、舗装用にクルマはつくっていますから、ショートカットはしてないです
よ(笑)。たしかにクルマはほかよりも丈夫かもしれませんけどね。エンジンはSTI
チューンですが、エンジン以外は自社製作です。勝つのはムリでも、表彰台には上
がりたいですね」
No.25 つちやMR2
舘信吾「ウエイトハンディがあってもポールは獲れると思ったんですが、ちょっと
届きませんでした。レースでは、インプレッサがどれぐらい速いかわかりませんか
ら、早い段階でトップに出てチャンスをうかがいたい。勝てばシリーズタイトルで
すが、勝ちたいのとチャンピオンは別です。4勝目を挙げたいし、チャンピオンは今
年の目標ですから、別々に考えてます」
No.44 アペックスDLモモコルセMR2
新田守男「午後は(クルマも)若干良くなったし、タイムは上がってます。アンダ
ー傾向は残ってるんですが、悪い方向にはいってないです。でも、思ったところま
でたどり着かなかったといったほうがいいでしょう。スタートはピーターがいくと
いう前提で、今回は彼がアタックしてセッティングも決めようということだったん
ですが、セットが見つからなかったのでちょっと不安材料は残っています。レース
でどこまで彼がついていくのか、引き離すか、遅れるか…。あとは、ボクができる
かぎりがんばります」
No.19 ウエッズスポーツセリカ
織戸学「4番手というのはいい結果じゃないかな。ロングでも悪くなさそうだし、
表彰台にいきたい」
*2に続く
                       GTアソシエイション事務局
                       GTインサイドレポート班
                       古屋 知幸 = QYB04322 =

全日本GT選手権

GTC Rd.5もてぎTV放映時間変更

 先の9月13日に行われた全日本GT選手権第5戦もてぎのTV中継は、
23日の正午~13時15分、テレビ東京系となっています。
◎放映時間が変更になってます!ご注意を
☆GTC第5戦もてぎテレビ放送
 9月23日(水・祝)12:00~13:15
 テレビ東京系全国6局ネット
 テレビ東京/テレビ大阪/テレビ愛知/テレビ北海道/テレビせとうち/
 ティー・エックス・エヌ九州
                       GTアソシエイション事務局
                       GTインサイドレポート班
                       古屋 知幸 = QYB04322 =

Japanese F3

'98_JF3 ドライバーズポイント(訂正)

(第9戦まで)
1998                    3   4   5   5   6   7   8   8   9  10
Japan                  /   /   /   /   /   /   /   /   /   /
Formula 3            22  19  17  31  14   5   2  16   6  25
Championship        鈴  筑  美  富  茂  鈴  菅  T  仙  菅
Drivers-point      鹿  波  祢  士  木  鹿  生  I  台  生
Po-No-Driver----------Rd -1 --2 --3 --4 --5 --6 --7 --8 --9 -10-総合P-有効P
1  1 P.ダンブレック    9  (4)  9   9  (6)  9   9   9   9        73    63
2  2 加藤 寛規          4   9   6   6   3  (2)  0   4   3        37    35
3  7 舘 信吾            3   6   4  (2) (1)  6   3   6   6        37    34
4 64 松田 次生          2   -   1   1   9   -   4   0   0        17    17
5 77 伊藤 大輔          6   3   0   4   0   3   1   0   0        17    17
6 55 金石 年弘          0   0   3   0   0   4   6   0   2        15    15
7  5 高木 真一          0   0   2   0   4   0   0   0   0         6     6
8  9 谷川 達也          0   2   0   0   0   0   0   3   0         5     5
9 18 D.マニング        -   -   -   -   -   -   -   0   4         4     4
10  4 L.ヴィルタネン    -   0   0   3   0   -   -   0   0         3     3
11 16 R.デルフラー      0   0   0   0 DNS   0   2   1   0         3     3
11 17 黒沢 治樹          0   0   0   0   0   1   0   2   0         3     3
13 38 平野 功            0   0   0   0   2   0   0   -   -         2     2
14 14 S.マルティノ      1   -   -   -   -   0   0   0   1         2     3
15  8 藤原 靖久          0   1   0   0   0   0   0   0   0         1     1
25 長島 正興          0   0   0   0   0   0   0   0   0         0     0
53 五味 康隆          0 DNS   0   0   0   0   0   0   0         0     0
33 井出 有司          0   0   0   0   0   0   0   -   -         0     0
18 密山 祥吾          0   0   0   0   0   0   0   -   -         0     0
6 松浦 佑亮          -   -   0   0   0   0   0   0   0         0     0
15 歌川 拓            0   0   0   0   0   0 DNQ   -   -         0     0
51 清水 剛            0   0   0   0   0   0   -   -   -         0     0
72 水谷 竜也          0   -   0   -   -   0   -   0   -         0     0
66 関 昌之            0   -   -   0   0   -   0   -   -         0     0
51 千田 富之          -   -   -   -   -   -   0   0   0         0     0
61 荒 聖治            -   -   -   -   -   -   0   0   0         0     0
24 静間 大典          0   -   -   0   -   -   -   -   -         0     0
27 三沢 伸輔          -   -   0   -   -   -   -   0   -         0     0
39 徳田 照幸          -   -   -   0   -   0   -   -   -         0     0
19 佐々木 孝太        0   -   -   -   -   -   -   -   -         0     0
6 佐藤 琢磨          0   -   -   -   -   -   -   -   -         0     0
24 佐藤 雅洋          0   -   -   -   -   -   -   -   -         0     0
24 山田 英雄          -   0   -   -   -   -   -   -   -         0     0
24 蔵本 信之          -   -   0   -   -   -   -   -   -         0     0
24 辻 孝壽            -   -   -   -   -   0   -   -   -         0     0
26 入江 克己          -   -   -   -   -   -   0   -   -         0     0
30 赤塚 大典          -   -   -   -   -   -   0   -   -         0     0
24 井上 智之          -   -   -   -   -   -   -   0   -         0     0
54 高澤 勝            -   -   -   -   -   -   -   -   0         0     0
***************************************************************************
* 1位から6位までに9-6-4-3-2-1のポイント
* 全10戦中ベスト7戦(70%)有効ポイント制
///// PDD01523 伊東 昭雄 /////

Formula Nippon

'98F_NIPPON ドライバーズポイント( 8/10戦

(第8戦まで)
1998                   4   5   5   6   7   8   8   9  10  11
Japan                 /   /   /   /   /   /   /   /   /   /
Formula Nippon      19  17  31  14  05  02  30  20  18  29
Championship       鈴  美  富  茂  鈴  菅  富  美  富  鈴
Drivers-point     鹿  祢  士  木  鹿  生  士  祢  士  鹿
Po -No ----Driver ------Rd.-1 --2 --3 --4 --5 --6 --7 --8 --9 -10 ---総合P
1  8     本山 哲           0  10  10   6   0   3  |  10               39
2  1     影山 正美         6   0   0   4   4  10  |   1               25
3 20     影山 正彦        10   0   0   0  10   0  |   0               20
4 56     脇阪 寿一         0   6   0  10   3   0  | DNS               19
5  5     M.グーセン       1   3   0   0   6   0  悪   4               14
6 55     金石 勝智         3   2   6   0   0   0  天   2               13
7  7     N.フォンタナ     4   0   1   0   0   0  候   6               11
8  2     R.ファーマン     0   0   0   0   0   6  の   3                9
9 11     野田 英樹         2   0   2   1   0   4  た   0                9
10 65     T.コロネル       0   1   0   3   2   2  め DNS                8
11 14     道上 龍           0   4   3   0   0   0  レ   0                7
12 19     黒澤 琢弥         0   0   4   0   0   0  |   0                4
13 18     立川 祐路         -   -   0   2   0   0  ス   0                2
14 64     松田 次生         -   -   -   -   1   -  中   -                1
14 64     山西 康司         0   0   0   0   -   1  止   0                1
3     川本 篤           0   0   0   0   0   0  |   0                0
62     柴原 眞介         0   0   0   0   0   0  |   0                0
17     近藤 真彦         0   0   0   0   0   0  |   0                0
6     脇阪 薫一         0   0   0   0   0   0  |   0                0
36     玉中 哲二         0   0   0   0   0   0  |   0                0
21     田中 哲也         0   0   0   0   0   0  | DNS                0
22     石川  朗          -   -   0   0   0   0  | DNS                0
63     OSAMU        0   -   -   0   0   0  |   0                0
37     山田 政夫         -   0   0   0 DNQ   -  |   -                0
12     飯田 章           -   -   0   0   -   0  |   0                0
18     高橋 毅           0   0   -   -   -   -  |   -                0
63     大西 太一郎       -   0   0   -   -   -  |   -                0
35     惣田 季靖         0   -   -   -   -   -  |   -                0
24     D.マラガムワ     -   -   -   -   -   -  |   0                0
**************************************************************************
* 1位から6位までに10-6-4-3-2-1のポイント
* 全10戦総ポイント制
* 予選通過基準タイム(110%)
///// PDD01523 伊東 昭雄 /////

Japanese F3

'98_JF3 ドライバーズポイント( 9/10戦)

(第9戦まで)
1998                    3   4   5   5   6   7   8   8   9  10
Japan                  /   /   /   /   /   /   /   /   /   /
Formula 3            22  19  17  31  14   5   2  16   6   4
Championship        鈴  筑  美  富  茂  鈴  菅  T  仙  鈴
Drivers-point      鹿  波  祢  士  木  鹿  生  I  台  鹿
Po-No-Driver----------Rd -1 --2 --3 --4 --5 --6 --7 --8 --9 -10-総合P-有効P
1  1 P.ダンブレック    9  (4)  9   9  (6)  9   9   9   9        73    63
2  7 舘 信吾            3   6   4  (2) (1)  6   3   6   6        37    34
3  2 加藤 寛規          4   9   6   6   3   0   0   4   3        35    35
4 77 伊藤 大輔          6   3   0   4   0   3   1   0   0        17    17
5 64 松田 次生          2   -   1   1   9   -   4   0   0        17    17
6 55 金石 年弘          0   0   3   0   0   4   6   0   2        15    15
7  5 高木 真一          0   0   2   0   4   0   0   0   0         6     6
8  9 谷川 達也          0   2   0   0   0   0   0   3   0         5     5
9 18 D.マニング        -   -   -   -   -   -   -   0   4         4     4
10 17 黒沢 治樹          0   0   0   0   0   2   0   2   0         4     4
11  4 L.ヴィルタネン    -   0   0   3   0   -   -   0   0         3     3
12 16 R.デルフラー      0   0   0   0 DNS   0   2   1   0         3     3
13 14 S.マルティノ      1   -   -   -   -   1   0   0   1         3     3
14 38 平野 功            0   0   0   0   2   0   0   -   -         2     2
15  8 藤原 靖久          0   1   0   0   0   0   0   0   0         1     1
25 長島 正興          0   0   0   0   0   0   0   0   0         0     0
53 五味 康隆          0 DNS   0   0   0   0   0   0   0         0     0
33 井出 有司          0   0   0   0   0   0   0   -   -         0     0
18 密山 祥吾          0   0   0   0   0   0   0   -   -         0     0
6 松浦 佑亮          -   -   0   0   0   0   0   0   0         0     0
15 歌川 拓            0   0   0   0   0   0 DNQ   -   -         0     0
51 清水 剛            0   0   0   0   0   0   -   -   -         0     0
72 水谷 竜也          0   -   0   -   -   0   -   0   -         0     0
66 関 昌之            0   -   -   0   0   -   0   -   -         0     0
51 千田 富之          -   -   -   -   -   -   0   0   0         0     0
61 荒 聖治            -   -   -   -   -   -   0   0   0         0     0
24 静間 大典          0   -   -   0   -   -   -   -   -         0     0
27 三沢 伸輔          -   -   0   -   -   -   -   0   -         0     0
39 徳田 照幸          -   -   -   0   -   0   -   -   -         0     0
19 佐々木 孝太        0   -   -   -   -   -   -   -   -         0     0
6 佐藤 琢磨          0   -   -   -   -   -   -   -   -         0     0
24 佐藤 雅洋          0   -   -   -   -   -   -   -   -         0     0
24 山田 英雄          -   0   -   -   -   -   -   -   -         0     0
24 蔵本 信之          -   -   0   -   -   -   -   -   -         0     0
24 辻 孝壽            -   -   -   -   -   0   -   -   -         0     0
26 入江 克己          -   -   -   -   -   -   0   -   -         0     0
30 赤塚 大典          -   -   -   -   -   -   0   -   -         0     0
24 井上 智之          -   -   -   -   -   -   -   0   -         0     0
54 高澤 勝            -   -   -   -   -   -   -   -   0         0     0
***************************************************************************
* 1位から6位までに9-6-4-3-2-1のポイント
* 全10戦中ベスト7戦(70%)有効ポイント制
///// PDD01523 伊東 昭雄 /////

Formula Nippon

FPON-Rd8:F・ニッポン美祢決勝結果

フォーミュラ・ニッポン第8戦 -RIJ- (1998-09-20) Race-Results
For All Japan Formula Nippon Championship Rd.8 MINEサーキット(J):3.239km
P No. Driver----------- Car----------------Lap-Time-------
1   8 本山   哲     (J) Reynard 97D/Mugen   62 1:21'54.617
2   7 N.フォンタナ (RA) Reynard 97D/Mugen   62 1:21'54.935
3   5 M.グーセンズ  (B) Reynard 97D/Mugen   62 1:22'04.584
4   2 R.ファーマン (GB) Lola T96-51/Mugen   62 1:22'05.723
5  55 金石 勝智     (J) Lola T98-51/Mugen   62 1:23'01.847
6   1 影山 正美     (J) Lola T97-51/Mugen   61 
7  17 近藤 真彦     (J) Reynard 97D/Mugen   61 
8  36 玉中 哲二     (J) Lola T96-51/Mugen   59 
9  63 OSAMU    (J) Reynard 95D/Mugen   58 
10  62 柴原 眞介     (J) Reynard 95D/Mugen   55 
--------[DNC:]---------------------------------------------
18 立川 祐路     (J) Reynard 97D/Mugen   53 
14 道上   龍     (J) Reynard 96D/Mugen   46 
64 山西 康司     (J) Reynard 97D/Mugen   40 
3 川本   篤     (J) Reynard 96D/Mugen   22 
11 野田 英樹     (J) Lola T98-51/Mugen   16 
6 脇阪 薫一     (J) Reynard 96D/Mugen   12 
35 D.マラガムワ (SL) Reynard 96D/Mugen   11 
19 黒澤 琢弥     (J) Lola T98-52/Mugen    9 
20 影山 正彦     (J) Lola T96-52/Mugen    1 
12 飯田   章     (J) Lola T96-52/Mugen    0 
21 田中 哲也     (J) Lola T95-50/Mugen    0 DNS
22 石川   朗     (J) Reynard 94D/Mugen    0 DNS
56 脇阪 寿一     (J) Lola T97-51/Mugen    0 DNS
65 T.コロネル   (NL) Reynard 97D/Mugen    0 DNS
************************************************************
●ファステストラップ
8 本山   哲     (J) Reynard 97D/Mugen  1'17.899 (147.146km/h) On Lap 12/62.
 No.21, 22, 56, 65は、赤旗中断後、再スタートできず。
           提供:MINEサーキット
           すがやみつる(SDI00104)/RIJ

Formula Nippon

FN_Rd.8:MINE予選レポート

                     フォーミュラ・ニッポンNEWS
1998年9月19日
         '98フォーミュラ・二ッポン第8戦
        野田英樹(COSMO OlL CERUMO)が初のPP
 9月19日(土)セントラルパークMINEサーキットにおいて、'98フォーミュラ・
二ッポン第8戦の公式予選と予選上位6台によるスペシャルステージ(SS)が行
われ、参加した14チーム24台の内23台が予選通過基準タイムをクリアし、決勝に
進出した。(予選不通過の1台については,リザルト参照)
 午後1時20分からの1時間にわたる公式予選は、昼過ぎから降り出した雨の中
で開始されたが、開始後40分過ぎから空が明るくなり、残り15分で雨はほぼ止ん
だ。終了間際には走行ラインの路面が乾き始めたため、残り1分を切ってから、
11台ものマシンがトッブ6の座をめぐって目まぐるしく入れ替わった。
 予選タイム1位でSSに進出したのは、序盤から上位に名を連ねており、ラスト
アタックで唯一1分30秒台を出したNo.12野田英樹で、SS4回目,予選2位は、今
季SS3回目(第7戦も含む、以下同)のNo.55金石勝智審(ARTA)。まさに最後の
チェッカーで3位に飛び込んだのが、第7戦で初のSSで4位に入ったNo.18立川祐
二(TMS)、No.1影山正美が4位,第1戦ポールポジション(PP)のNo.2 R.ファ
ーマンが5位と2台のSHlONOGl NOVA勢が揃ってSSに進出。SS4回目とすっかり常
連になったNo.65トム・コロネル(PIAA NAKAJIMA)が6位に入った。
 終了間際にトップ6から転落、惜しくも涙をのんだのは、脇阪寿一(ARTA)、
LEMONed Le Mansの本山、フォンタナ、道上龍(JACCS MOONCRAFT)、黒澤琢弥
(IMPUL)。
 午後3時30分から行われたスペシャルステージはドライコンディション。暫定
1位で最後の走行となった野田がトッブを守り、初のポールポジションを獲得。
SHlONOGl NOVAの2台が順位を上げて2位ファーマン、3位影山正美のグリッド
が確定した。決勝は、明日9月20日(日)14:00にスタートする。
◆トップ3プラス1記者会見
野田英樹
「先日のテスト(8月の公式走行会)で、タイムを気にせず色々なデータをとっ
たことが幸いしました。やっとチームのボテンシャルを発揮して結果を出すこと
ができたと思う。ポールは取れると思っていましたが、3周目に勝負をかける作
戦だったのに、ギアが入らないトラブルがあったので、結異的にはよくポールが
とれた、というところ。決勝の課題はスタートだけ。うまく決められたら逃げた
いと思う。
 チャンピオンの可能性も残されてはいますが、確率はあまり高くない。むしろ
残り3戦、120%の実カを発揮して来年に活かしたい。この調子で行けぱ、来年こ
そCERUMOと共にチャンピオンをめざせると思う。」
ラルフ・ファーマン
「公式練習ではちょっと問題があったが、セッティングを変えていい方向になっ
てきた。2位になれたのはとても嬉しい。決勝ではとにかく集中してよい成績を
出したい。(シーズン途中でマシンが替わったりしたことは?)意気込み自体に
は全く変化はありません。」
影山正美
「3位というポジション自体は全然満足ではありません。ただ今日のような状況
の中では、例えぱチェッカーを受けるタイミングに左右される部分があったので、
SSに残れたのも多少はラッキーかな。チャンピオン争いでいえぱ、前回中止にな
ったのもラッキーだったし……。(ランキングトップの本山選手が後方ですが)
他のドライバーのことを考えるほど器用じゃないし、自分のベストの状態で走る
だけです。その中で、完走をめざし、ポイントをめざし、勝てるときは勝ちにい
きます。とにかく自分が取りこぼしなく結果を出していくことだけです。」
立川祐路(第7戦はグリッド4位だったが中止、今回ば5位スタート)
「MINEは好きなコースだし、テスト(公式走行会2番手タイム)も良かったので
気合いを入れれてSSを狙っていました。SSではいきなりドライになったので、マ
シンは悪くなかったんだけれど自分が攻め切れませんでした。フルタンクのテス
トが出来ていないんで、全く不安がないわけてはないんですが、表彰台を目指し
ていきます。」
情報提供:日本レースプロモーション(JRP)
*** FMOTOR4F SysOp 北島滋穂(SDI00685)***

Formula Nippon

FPON-Rd8:野田英樹関連ニュース

《Formula Nippon News in Brief》                      Sep. 19th, 1998.
●野田英樹、初のポール・ポジション獲得
フォーミュラ・ニッポン第8戦は19日、美祢サーキットで公式予選が行われ、
コスモ石油レーシング・チーム・セルモ所属の野田英樹(ローラT98-51/無限)
がシリーズ初のポール・ポジションを獲得した。
「おかげさまで予選ポールポジションを取ることができました。朝のフリー
走行からドライでは非常に良い感じでした。予選はウェットではありましたが、
路面の状態は前回の富士や菅生ほどひどくなかったので暫定1位となれました。
スペシャルステージの時はドライでしたし、マシンの状態も完璧でしたのでポー
ル・ポジションとなることができました。明日もがんばりますので応援してく
ださい。」とは野田のコメント。
またチーム関係者は、「とりあえず予選1位ですが、野田も明日の結果が一
番大事だといっております。今日の調子を持続できれば明日も期待できると思
います」と語っていた。
協力:Project Royal Oak

Formula Nippon

FPON-Rd8:F・ニッポン美祢SS結果

フォーミュラ・ニッポン第8戦 -RIJ- (1998-09-19) SpecialStage-Session
For All Japan Formula Nippon Championship Rd.8 MINEサーキット(J):3.239km
P No. Driver----------- Car------------------ Best-LapT -Behind -km/h--
1  11 野田 英樹     (J) Lola T98-51/Mugen      1'16.151         153.122
2   2 R.ファーマン (GB) Lola T96-51/Mugen      1'16.230   0.079 152.963
3   1 影山 正美     (J) Lola T97-51/Mugen      1'16.373   0.222 152.677
4  55 金石 勝智     (J) Lola T98-51/Mugen      1'16.408   0.257 152.607
5  18 立川 祐路     (J) Reynard 97D/Mugen      1'16.635   0.484 152.155
6  65 T.コロネル   (NL) Reynard 97D/Mugen      1'16.772   0.621 151.883
************************************************************************
           提供:MINEサーキット
         * FMOTOR4_SysOp 新倉芳夫 (SDI00686)-RIJ *

Formula Nippon

FPON-Rd8:F・ニッポン美祢予選結果

フォーミュラ・ニッポン第8戦 -RIJ- (1998-09-19) Qualifying-Session
For All Japan Formula Nippon Championship Rd.8 MINEサーキット(J):3.239km
P No. Driver----------- Car------------------ Best-LapT -Behind -km/h--
1  11 野田 英樹     (J) Lola T98-51/Mugen      1'30.856         128.339
2  55 金石 勝智     (J) Lola T98-51/Mugen      1'31.037   0.181 128.084
3  18 立川 祐路     (J) Reynard 97D/Mugen      1'31.060   0.204 128.052
4   1 影山 正美     (J) Lola T97-51/Mugen      1'31.263   0.407 127.767
5   2 R.ファーマン (GB) Lola T96-51/Mugen      1'31.623   0.767 127.265
6  65 T.コロネル   (NL) Reynard 97D/Mugen      1'31.762   0.906 127.072
7  56 脇阪 寿一     (J) Lola T97-51/Mugen      1'32.137   1.281 126.555
8   8 本山   哲     (J) Reynard 97D/Mugen      1'32.206   1.350 126.460
9   7 N.フォンタナ (RA) Reynard 97D/Mugen      1'32.368   1.512 126.239
10  14 道上   龍     (J) Reynard 96D/Mugen      1'32.401   1.545 126.193
11  19 黒澤 琢弥     (J) Lola T98-52/Mugen      1'32.511   1.655 126.043
12  64 山西 康司     (J) Reynard 97D/Mugen      1'32.777   1.921 125.682
13   3 川本   篤     (J) Reynard 96D/Mugen      1'33.160   2.304 125.165
14  62 柴原 眞介     (J) Reynard 95D/Mugen      1'33.472   2.616 124.748
15  21 田中 哲也     (J) Lola T95-50/Mugen      1'33.804   2.948 124.306
16  17 近藤 真彦     (J) Reynard 97D/Mugen      1'34.265   3.409 123.698
17  22 石川   朗     (J) Reynard 94D/Mugen      1'34.352   3.496 123.584
18   5 M.グーセンズ  (B) Reynard 97D/Mugen      1'34.907   4.051 122.861
19  63 OSAMU    (J) Reynard 95D/Mugen      1'34.964   4.108 122.788
20   6 脇阪 薫一     (J) Reynard 96D/Mugen      1'35.002   4.146 122.738
21  12 飯田   章     (J) Lola T96-52/Mugen      1'35.028   4.172 122.705
22  20 影山 正彦     (J) Lola T96-52/Mugen      1'35.346   4.490 122.296
23  36 玉中 哲二     (J) Lola T96-51/Mugen      1'38.751   7.895 118.079
************************************************************************
           提供:MINEサーキット
         * FMOTOR4_SysOp 新倉芳夫 (SDI00686)-RIJ *

全日本GT選手権

GTC_Rd.5:もてぎGT 無限+童夢Pリリース

1998年 9月14日
無限+童夢プロジェクト
'98 AUTOBACS CUP 全日本GT選手権シリーズ第5戦 "もてぎ GT チャンピオンレース"
ホンダ NSX 2連勝を飾る!
Castrol 無限 NSXが初優勝!
予選もフロントローを独占!
○開催日 :1998年9月12(土)~13日(日)
○開催地 :栃木県 ツインリンクもてぎロードコース(コース全長:4.801379km)
○決勝レース:63周(約302.487km)
○天 候 :予選日/晴れ決勝日/晴れ(気温30.0℃)
○コースコンディション:予選日/ドライ決勝日/ドライ
○観客数:35,000人(決勝日/主催者発表)
'98全日本GT選手権シリーズも第5戦を迎え、各チームとも栃木県のツイン
リンクもてぎに勢揃いした。この"もてぎGTチャンピオンレース"は、ツインリン
クもてぎのロードコースで行われる初の全日本チャンピオンシップレースで、入
念なセッティングを施した42台の参加者を集めて開催された。
 12日(土)に開催された公式予選では、道上龍選手の駆るCastrol 無限 NSXが
コースレコードの1分49秒800をマークし、見事にポールポジションを獲得。
第2位もRAYBRIG NSXで、ホンダNSX勢はフロントローを独占。他のNSX勢も、
Mobil 1 NSXが第5位、TAKATA 童夢無限 NSXが第8位と好位置を占め、決勝に
期待を持たせた。
 13日(日)の決勝レースでも、道上選手がスタートドライバーを努めるCastrol
無限 NSXがトップを独走、途中セイフティカーが入りマージンは帳消しとなった
が、後を受けた中子修選手がきれいに纏め、無限+童夢プロジェクトとしては2
連勝、Castrol 無限 NSXは初優勝を飾った。
●もてぎ GT チャンピオンレース 出場チーム
│No.│マシン名            │エントラント名           │ドライバー       │タイヤ│
│   │                    │                         │              │   |
│16 │Castrol 無限 NSX    │Castrol 無限             │中子 修      │BS │
│   │                    │                         │道上 龍      │   |
│18 │TAKATA 童夢無限 NSX │童夢レーシングチーム     │金石勝智      │BS |
│   │                    │                         │山本勝巳      │   |
│64 │Mobil 1 NSX        │Mobil1 Nakajima Racing   │トム・コロネル│BS │
│   │                    │                         │山西康司      │   |
│100│RAYBRIG NSX         │チーム国光 with MOONCRAFT│高橋国光      │BS |
│   │                    │                         │飯田 章      │   |
◎レース・リポート
 「無限+童夢プロジェクト」による4チーム4台のN-GT仕様ホンダNSX
は、秋晴れを思わせる好天気の中で行われた金曜日のスポーツ走行でも好タイム
をマークし、午前中の走行ではRAYBRIG NSXが、午後はCastrol 無限 NSXがトッ
プタイムをマーク。今回も変わらぬスピードを見せていた。また今大会では、Mobil
1 NSXが70kgのハンディウェイトを背負って参戦することになった。
○9月12日(土) 公式予選[第1回/11:15~12:15 第2回/15:30~16:30]
 早朝は曇り空が広がり天候の悪化が心配されたが、公式予選が始まる頃には青
空が姿を見せ、コースコンディションはドライで、公式予選第1回の最初の20
分間がGT500クラスの専用として開始された。
 各チームとも予選開始とともに積極的に走行を重ね、道上龍選手のドライブす
るCastrol 無限 NSXは、1分50秒台の好タイムをマークしトップに立ったが、
その直後の予選開始13分を過ぎた頃、コースのほぼ全周にわたってオイルを撒
いたマシンがあり予選は赤旗中断となった。
 オイルの汚れが第1コーナーから最終コーナーまでと広範囲にわたるため、コ
ース清掃に時間がかかり、約30分後予選は再開された。
 再びコースインした道上選手はさらにタイムを更新し、1分50秒274、さ
らに1分50秒042をマークし、暫定のポールポジションを手中に収めた。
 RAYBRIG NSXの飯田章選手は、他チームの様子を見ながらやや遅れてコースイ
ン。ところがマシンを暖めタイムアタックに入ろうとしたところで、予選中断と
なりピットに戻った。予選再開後コースインした飯田選手はアタックを開始、と
ころがまだコース上にはオイルが残りハーフスピン。ピットでは前戦富士での悪
夢が頭をよぎり悲鳴が上がる。ところが飯田選手はグリーンに車体の半分を落と
しながらも見事にコントロールし、何事もなかったかのようにメインストレート
を駆け抜けていった。そのラップタイムは1分50秒772で一気に第2位に浮
上。飯田選手は次のラップで1分50秒353をマークして第2位のまま最初の
20分間を終了した。
 70kgを背負ったMobil 1 NSXはトム・コロネル選手がハンドルを握り予選を
開始。また、TAKATA 童夢無限 NSXは山本勝巳選手が乗りスタート。しかし両車
とも今一つタイムが上がらない。最初の20分間が終了後ピットに戻った両選手
は、ともにミッショントラブルを訴えていた。
 GT300クラスが激しいタイム争いを繰り広げた20分間が終了しGT500
/300混走の20分では、それぞれドライバーを交代しスタートしていった。
その中、Mobil 1 NSXは再びトム・コロネル選手でスタート。GT300クラス
との混走で混み合うコースで懸命のアタックを続けたコロネル選手は、ラスト2
周で1分52秒309、1分52秒034と、ただ一人タイムアップに成功。こ
の予選第1回の8番手に食い込んだ。
 TAKATA 童夢無限 NSXは、より症状が重く15番手のタイムのまま早めに予選を
終了し、ミッションの再調整に取りかかった。
 昼のピットウォークなどで時間調整を行った公式予選第2回は、定刻通り15
時30分より開始された。
 予選開始後やや様子を見ていたCastrol 無限 NSXの道上選手は、スタートする
と一気にタイムをつめ、3周目に1分50秒016、4周目についに50秒を切
り1分49秒800をマーク。ポールポジションを確実なものとした。
 RAYBRIG NSXは飯田選手が積極的に攻め、1分51秒306でいったんピット
イン。細部の微調整を行った後再びタイムアタック。一気に1分50秒を切り、
1分49秒877をマーク、惜しくもCastrol 無限 NSXには届かなかったが、フ
ロントローを確実なものとした。
 ミッションの復調なったMobil 1 NSXは、コロネル選手が再度アタックし、1
分51秒058でその時点の2番手となったが、結局5番手で予選第2回を終了
した。
 インターバルの間に懸命の修理を行ったTAKATA 童夢無限 NSXは、開始早々に1
分51秒829をマークしこの時点での2番手に浮上してきた。その後1分51
秒348までタイムアップしたが、結局8番手で予選を終了した。
 公式予選1~2回を併せた総合結果では、Castrol 無限 NSXがポールポジショ
ンを獲得、第2位はRAYBRIG NSXで、ホンダNSX勢は今回もフロントローを独占
した。Mobil 1 NSXは第5位、TAKATA 童夢無限 NSXは第8位からのスタートとな
った。
 また、ホンダNSX勢は昨年から引き続き6戦連続(中止となった第2戦を含
めれば7戦連続:参考記録)のポールポジションを獲得。道上選手は仙台ハイラ
ンドの第3戦に続き2回目のポールポジション獲得となった。
○9月13日(日) 決勝レース[13時30分スタート 63周 出走:38台]
 ツインリンクもてぎ初の全日本GT選手権決勝レースは、快晴の空の下、3万5
000人の観客を集めて開催された。
 朝8時15分からのフリー走行でも、RAYBRIG NSXとCastrol 無限 NSXが1-
2位を占め、変わらぬスプリンターぶりを示していた。
 12時45分、定刻通りスタート進行が開始され、13時30分"もてぎGTチ
ャンピオンレース"の幕が切って落とされた。
 ポールポジションのCastrol 無限 NSXを駆る道上選手は、きれいなスタートを
決め、トップで第1コーナーをクリア、そのポジションを保ち1周目のグランド
スタンド前を通過していった。快調にトップを走るCastrol 無限 NSXは、後続と
の差を徐々に広げ、12周目には約10秒、20周目には約24秒と独走態勢に
持ち込んでいった。27~28周目頃から上位陣のルーチンピットインが始まり、
後続の順位が混乱したが、Castrol 無限 NSXの道上選手は走り続け、2番手の
RAYBRIG NSXに1周近い差となった31周目、デンソーサードスープラがクラッ
シュし、32周目セイフティカーが導入された。このセイフティカーランが行わ
れている35周目、Castrol 無限 NSXもピットイン。ドライバーを中子選手と交
代。2番手でコースに復帰した中子選手は、トップのRAYBRIG NSXを追走。46周
目、スローパンクチャーでペースの落ちたRAYBRIG NSXをかわしトップに復帰。そ
の後、中子選手は後続とのタイム差を見ながら、危なげないラップを重ね、63
周目、ポール・トゥ・フィニッシュで待望のチェッカーフラッグを受けた。中子
選手とコンビを組む道上選手は、最終ラップに自らP1(ポジション1位)のサイ
ンボードを掲げ、中子選手を出迎えていた。
 RAYBRIG NSXは高橋国光監督兼選手のドライブでスタート。1周目に1台にかわ
され3番手、4周目に4番手に下がったが、8周目一気に2番手に浮上。徐々に
後続を引き離していった。26周目、上位陣のトップを切ってルーチンのピット
イン。ドライバーを飯田章選手に交代してコースに復帰。Castrol 無限 NSXのル
ーチンピットの間にトップに浮上した飯田選手は、快調にトップをキープするが、
46周目、クラッシュしたマシンから飛んだガラス片を踏んだためスローパンク
チャーが発生。タイヤ交換のためにピットイン。8番手にまで後退してしまった。
コースに復帰したRAYBRIG NSXの飯田選手は、レースベストラップ1分51秒37
9を叩き出しながら前車を追走。55周目、7番手に浮上するがそれ以上の追撃
はならず、第7位でチェッカーフラッグを受けた。
 Mobil 1 NSXのハンドルを握りスタートしたトム・コロネル選手は、1周目を
6番手で通過。チャンピオンシップのライバル、ペンズオイル・ニスモGT-Rの順
位をにらみながら、レースを進めていったが、16周目、ダウンヒルストレート
に続く90°コーナーでコースアウト、直ぐにコースに復帰したが、11番手と
なってしまった。その後、コロネル選手は懸命に追い上げるが、27周目、前を
いく僚友チームのTAKATA 童夢無限 NSXに接触しコースアウト。リタイアしてし
まった。
 TAKATA 童夢無限 NSXの山本勝巳選手はスタートでミスし、14番手で1周目を
終了。しかし山本選手は、2周目に13番手、5周目に12番手、10周目9番
手と徐々に失地を回復する。ところが7番手にまで浮上してきた27周目、後方
から追走してきた僚友のMobil 1 NSXと接触し、大きくコースアウト。リタイア
に追い込まれてしまった。
 優勝の栄冠に輝いたCastrol 無限 NSXは、次戦MINEでは50kg、Mobil 1
NSXは60kgのハンディウェイトを積むこととなる。
○熊倉淳一監督(Castrol 無限)のコメント
「前回の富士といい勝てそうで勝てないレースが続いていましたが、勝てて本当
に嬉しく思っています。予選・決勝ともに予定通りに進めてきましたが、決勝レ
ースの途中でセイフティカーが入り、道上選手が稼いでくれたマージンが無くな
ったときは、冷や汗をかきました。でも、その後を中子選手がトップをキープし
てくれて、やっと勝つことができました。終盤、2位とのタイム差がだんだん減
ってきてご心配をかけましたが、これはトップでゴールすることを優先して2番
手とのタイム差を見ながらペースをコントロールしていたためで、何の心配もし
ていませんでした。次のMINEでは、50kgを積んで走ることになりますが、
バランスを崩さないようにセッティングに注意します。後2戦の内、もう一つは
勝ちたいと思っていますので、応援よろしくお願いします。ありがとうございま
した。」
○中子修選手(Castrol 無限)のコメント
「3度目の正直で勝てて、本当に嬉しい。道上は昨年のアコードの時から勝てそ
うで勝てないレースを繰り返していたので、勝てて本当に良かったと思っている。
我々のマシンは調子も良く全てがうまく廻ったと思う。終盤は後ろを見ながら走
っていたし、タイムよりイエローフラッグの方が心配だったくらいです。次から
ハンディウェイトを50kg積むことになりますが、JTCCの時の経験からも、
70kgくらいまでのバランスの取り方は把握しているつもりです。」
○道上龍選手(Castrol 無限)のコメント
「スピードが結果に結びつかないレースが多かったが、3度目の正直で勝てて嬉
しいです。セイフティカーが入った時のピットインはチームの指示でしたが、そ
れまでのリードが無くなったうえに飯田さんに先行され、まただめかと思いまし
た。2番手との差が詰まってきたときは少し心配したが、中子さんがトップでゴ
ールしたときは本当に嬉しくて、P1(ポジション1位)のサインボードを自分
で出しました。次からプラス50kgですが、何の心配はしていません。」
資料提供/無限+童夢プロジェクト
*** FMOTOR4F SysOp 北島滋穂(SDI00685)***

全日本GT選手権

GTC_Rd.5:もてぎGT決勝結果

'98 AUTOBACS CUP ALL JAPAN GT CHAMPIONSHIP Round 5
MOTEGI GT CHAMPION RACE
全日本GT選手権第5戦 MOTEGI -RIJ- (1998-09-13) Provisional Race-Results
For All Japan GT Championship Rd.5 Twin Ring MOTEGI(J):4.801379km
Weather:Fine  Course:Dry
P--No.Cls----Car----------------------Drivers---------- Lap-GoalTime----
1  16 500  1 Castrol無限NSX            中子/道上         63 2:00'00.000
2  12 500  2 カルソニックスカイライン  星野一義/黒澤     63  -    1.3
3  36 500  3 カストロールTOM'Sスープラ 関谷/フォンタナ   63  -    9.1
4  23 500  4 ペンズオイル・ニスモGT-R  コマス/影山正美   63  -   15.7
5  38 500  5 FK/マッシモセルモスープラ 竹内/野田         63  -   21.0
6* 50 500  6 ARTAスカイライン          本山/土屋武士     63  -   31.5
7 100 500  7 RAYBRIG NSX               国光/飯田         63  -   45.6
8   3 500  8 ユニシアJECSスカイライン  長谷見/田中       63  - 1'30.8
9* 30 500  9 綜警 PORSCHE              山田/岡田         61  -   2 Laps
10  77 300  1 クスコスバルインプレッサ  小林/玉本         60  -   3 Laps
11  19 300  2 ウェッズスポーツセリカ    織戸/アンジェレリ 60  -   3 Laps
12 910 300  3 ナインテンポルシェ        余郷/木下         60  -   3 Laps
13  44 300  4 アペックスDLモモコルセMR2 新田/ダンブレック 59  -   4 Laps
14  21 300  5 ダンロップ-BP-BMW         一ッ山/加藤       59  -   4 Laps
15  25 300  6 つちやMR2                 鈴木恵一/舘       59  -   4 Laps
16  91 300  7 コーセイ&バーディCセリカ  松永/藤原         59  -   4 Laps
17  81 300  8 ダイシンDLシルビア        福山/大八木       58  -   5 Laps
18  51 300  9 コブラポルシェ            池谷/石原         57  -   6 Laps
19  99 300 10 PCJ大黒屋ぽるしぇ         日置/高橋         56  -   7 Laps
20  10 300 11 アビリティポルシェ993GT2  麻生/石川         56  -   7 Laps
21  88 500 10 ウェディングディアブロGT1 和田久/古谷       56  -   7 Laps
22  60 300 12 TOYOTA CAVALIER           佐藤/渡辺         54  -   9 Laps
23 117 300 13 ホイールショップALTA RX7  深沢/古在         50  -  13 Laps
24   2 500 11 ZEXELスカイライン         亜久里/影山正彦   50  -  13 Laps
25  15 300 14 ザナヴィシルビア          近藤/青木         48  -  15 Laps
26  13 500 12 エンドレスアドバンGTR     木下/藤村         46  -  17 Laps
27  72 300 15 オークラRX7               ポーター/平野     43  -  20 Laps
--------------以上完走---------------------------------------------------
*  6 500    ESSO Tiger Supra          ラファネル/高木   43  -  20 Laps
39 500    デンソーサードスープラGT  土屋圭市/谷川     31  -  32 Laps
18 500    TAKATA童夢無限NSX         金石/山本         27  -  36 Laps
64 500    Mobil1 NSX                山西/コロネル     27  -  36 Laps
70 300    外車の外国屋DLポルシェ    石橋/スクート     27  -  36 Laps
777 500    バルボリンディアブロDL    和田孝夫/杉山     24  -  39 Laps
9 300    大黒屋ぽるしぇ            羽根/河野         24  -  39 Laps
* 37 500    カストロールTOM'Sスープラ 鈴木利男/バート   17  -  46 Laps
61 300    テイボン・トランピオ・FTO 中谷/原           14  -  49 Laps
5 500    5ZIGEN SUPRA              グーセン/田嶋      3  -  60 Laps
-------------------------------------------------------------------------
*  7 300    RE雨宮マツモトキヨシRX7   山路/松本         レース除外
 レース中のベストタイム:#100 RAYBRIG NSX   1'51.379   51/63  155.19km/h
GT500 規定周回数  44
GT300 規定周回数  42
セーフティカー導入:35~37周目
* #6,#37はスタート違反(ジャンピングスタート)によりストップアンドゴー
  10秒のペナルティ。
* #50は、大会特別規則書「ピットレーン速度制限」違反によりピットストップ
  10秒のペナルティ。
* #7は、GT選手権統一規則「再スタート時のエンジン始動方法」違反につきレ
  ース除外。
* #30は、国際モータースポーツ規則付則H項「黄旗区間追越」違反につきピッ
  トストップ10秒のペナルティ。
--------------------------------------------------------------------------
*** FMOTOR4F SysOp 北島滋穂(SDI00685) ***

全日本GT選手権

GTC_Rd.5:もてぎ 決勝レポート

'98 AUTOBACS CUP ALL JAPAN GT CHAMPIONSHIP Round 5
MOTEGI GT CHAMPION RACE
     ポールスタートのカストロール無限NSX、紆余曲折の末優勝!
        GT300クラスはインプレッサが初優勝!
 決勝日、ツインリンクもてぎは快晴。暦の上ではもう秋だが、夏のような日差
しが照りつけ、気温は30度を越えている。
 朝のフリー走行でも好調を維持する2台のNSXの速さは変わらなかったが、
その背後にはシリーズをリードする#23スカイラインがつけ、決勝セッティング
が順調であることを窺わせた。
 午後1時30分、予定どおり1周のローリングの後スタート。全車クリーンなス
タートを決めた。
1周目 #5スープラがダートに飛び出すが、グラベルを横切って無事コースに
    復帰。
    #38スープラが#100NSXを抜き2位に浮上。
2周目 #2スカイライン、コースアウト。グラベルに捕まる。オフィシャルに
    救い出されるが、左フロントタイヤがバーストしておりヨロヨロとピッ
    トに戻る。
8周目 トップ#16NSXは他を2秒ほど上回るハイペースで2位以下を大きく
    引き離し、その差11秒。
    スターティングドライバーを国光とした#100NSXは、一旦4位まで
    順位を下げたが、この周、一気に2台のスープラをかわして2位に順位
    回復。
    #5スープラ、ピットイン。ガレージへ。
10周目 8位走行の#37スープラ、コースアウト。コース復帰。
    トップ10 #16-100-38-39-6-64-50-23-18-3
    GT300クラスは、#44MR2がトップに立っている。シリーズリーダー#
    25MR2は大きく遅れた。
14周目 5位#6スープラに黒旗提示。10秒ストップのペナルティ。
15周目 トップ10 #16-100-39-38-6-50-64-23-3-36
17周目 15位#37スープラにも黒旗。
20周目順位(Top10+Top6)
P--No.Cls----Car-----------------------Drivers-----------Behind
1  16 500    Castrol無限NSX            中子/道上               
2 100 500    RAYBRIG NSX               国光/飯田       -   24.7
3  39 500    デンソーサードスープラGT  土屋圭市/谷川   -   36.4
4  38 500    FK/マッシモセルモスープラ 竹内/野田       -   37.9
5  50 500    ARTAスカイライン          本山/土屋武士   -   38.4
6   3 500    ユニシアJECSスカイライン  長谷見/田中     -   38.8
7  23 500    ペンズオイル・ニスモGT-R  コマス/影山正美 -   39.3
8  36 500    カストロールTOM'Sスープラ 関谷/フォンタナ -   41.3
9  12 500    カルソニックスカイライン  星野一義/黒澤   -   42.0
10  18 500    TAKATA童夢無限NSX         金石/山本       -   42.7
---------------------
17  44 300  1 アペックスDLモモコルセMR2 新田/ダンブレック 
18  77 300  2 クスコスバルインプレッサ  小林/玉本         
19  25 300  4 つちやMR2                 鈴木恵一/舘       
20   7 300  3 RE雨宮マツモトキヨシRX7   山路/松本         
21  19 300  5 ウェッズスポーツセリカ    織戸/アンジェレリ 
22  15 300  6 ザナヴィシルビア          近藤/青木         
24周目 #3スカイライン、ペース落ちて立て続けに抜かれる。トラブル?
25周目 トップ10 #16-100-39-50-38-12-23-36-18-64
27周目 GT300のトップ#44MR2がルーティンのピットイン。
    折り返しが近づき、各車続々とピットに滑り込む。
28周目 #18と#64NSX同士が絡んでグラベルストップ。
30周目 トップ10 #16-50-23-38-6-100-13-12-39-36
32周目 #39スープラが4コーナー立ち上がり(?)で激しくクラッシュ、フロ
    ント部を大破。ドライバー谷川は自力で脱出するが、ややダメージある
    模様で担架で運ばれる。
    このアクシデント処理のためセーフィティカーが導入される。
35周目 トップ#16NSXピットイン。セーフティカーランをする列の最後尾に
    戻るが、このピットインのタイミングで#16NSXは築いてきたマージ
    ンを失うことになり、#100がトップに立った。
    トップ10 #100-16-12-23-50-36-38-6-3-13
38周目 セーフティカーがピットに入りレース再開。
    #100と#16NSX、両者の間には
40周目順位(Top10+Top6)
P--No.Cls----Car-----------------------Drivers-----------Behind
1 100 500    RAYBRIG NSX               国光/飯田               
2  16 500    Castrol無限NSX            中子/道上       -   11.1
3  12 500    カルソニックスカイライン  星野一義/黒澤   -   13.5
4  50 500    ARTAスカイライン          本山/土屋武士   -   15.0
5  23 500    ペンズオイル・ニスモGT-R  コマス/影山正美 -   16.4
6  36 500    カストロールTOM'Sスープラ 関谷/フォンタナ -   17.7
7  38 500    FK/マッシモセルモスープラ 竹内/野田       -   18.8
8   6 500    ESSO Tiger Supra          ラファネル/高木 -   25.4
9   3 500    ユニシアJECSスカイライン  長谷見/田中     -   29.0
10  13 500    エンドレスアドバンGTR     木下/藤村       -   1 Lap
---------------------
12  44 300  1 アペックスDLモモコルセMR2 新田/ダンブレック 
14  77 300  2 クスコスバルインプレッサ  小林/玉本         
15  19 300  3 ウェッズスポーツセリカ    織戸/アンジェレリ 
16  15 300  4 ザナヴィシルビア          近藤/青木         
17 910 300  5 ナインテンポルシェ        余郷/木下         
18  25 300  6 つちやMR2                 鈴木恵一/舘       
44周目 GT300クラスのトップを走っていた#44MR2がスピン。コース復帰に
    手間取りクラス4位に転落。
45周目 トップ10 #100-16-50-12-23-36-38-3-13-30
46周目 トップ#100NSXがスローダウン。左リアタイヤがパンクしている。
    ピットに戻りレース復帰するが大きく順位落とす。
    #7RX7に黒旗(レース除外)。#88ディアブロにオレンジボール旗。
50周目 トップを追っていた2位#50スカイラインに黒旗(10秒ストップ)。
    トップ15 16-50-12-23-36-38-3-100-30-77-19-910-15-44-13
51周目 クラス4位で健闘していた#15シルビア、コース上ストップ。ピットへ。
    #16NSXを#12スカイラインが追い上げている。
53周目 トップ#16NSXと#12スカイラインの差、3.5秒。
54周目 トップ#16NSXと#12スカイラインの差、4.1秒。
54周目 トップ#16NSXと#12スカイラインの差、4.5秒。
55周目 トップ15 16-12-23-36-38-50-100-3-30-77-19-910-44-21-25
56周目 トップ#16NSXと#12スカイラインの差、3.9秒。
57周目 トップ#16NSXと#12スカイラインの差、3.5秒。
    #36スープラが#23スカイライン抜き3位へ。
58周目 トップ#16NSXと#12スカイラインの差、3.0秒。
59周目 トップ#16NSXと#12スカイラインの差、2.6秒。
60周目 トップ#16NSXと#12スカイラインの差、3.2秒。
61周目 トップ#16NSXと#12スカイラインの差、3.6秒。
62周目 トップ#16NSXと#12スカイラインの差、2.8秒。
 西日の差す中、チェッカーが振られた。
 もてぎロードコース初のGTレースは、結果として両クラスともポールスター
トのマシンが勝つことになったが、セーフティカーランによる逆転、ペナルティ
による順位変動、そしてトップの脱落による逆転と様々なドラマを生み出して終
わった。
レース結果(暫定)(Top15)
P--No.Cls----Car-----------------------Drivers-----------Behind
1  16 500  1 Castrol無限NSX            中子/道上               
2  12 500  2 カルソニックスカイライン  星野一義/黒澤   -    1.3
3  36 500  3 カストロールTOM'Sスープラ 関谷/フォンタナ -    9.1
4  23 500  4 ペンズオイル・ニスモGT-R  コマス/影山正美 -   15.7
5  38 500  5 FK/マッシモセルモスープラ 竹内/野田       -   21.0
6  50 500  6 ARTAスカイライン          本山/土屋武士   -   31.5
7 100 500  7 RAYBRIG NSX               国光/飯田       -   45.6
8   3 500  8 ユニシアJECSスカイライン  長谷見/田中     - 1'30.8
9  30 500  9 綜警 PORSCHE              山田/岡田            2 Laps
10  77 300  1 クスコスバルインプレッサ  小林/玉本            3 Laps
11  19 300  2 ウェッズスポーツセリカ    織戸/アンジェレリ    3 Laps
12 910 300  3 ナインテンポルシェ        余郷/木下            3 Laps
13  44 300  4 アペックスDLモモコルセMR2 新田/ダンブレック    4 Laps
14  21 300  5 ダンロップ-BP-BMW         一ッ山/加藤          4 Laps
15  25 300  6 つちやMR2                 鈴木恵一/舘          4 Laps
*** FMOTOR4F SysOp 北島滋穂(SDI00685) ***

全日本GT選手権

GTC_Rd.5:もてぎGTスタートドライバー

'98 AUTOBACS CUP ALL JAPAN GT CHAMPIONSHIP Round 5
MOTEGI GT CHAMPION RACE
 決勝のスタートドライバーは以下のとおり(*マーク)。
 上位では#100NSXがいつもと作戦を変更して、国光→飯田としているのが注
目される。
全日本GT選手権第5戦 MOTEGI -RIJ- (1998-09-13) Starting Driver
For All Japan GT Championship Rd.5 Twin Ring MOTEGI(J):4.801379km
P--No.Cls----Car-----------------------Drivers----------
1  16 500  1 Castrol無限NSX            中子/道上*        
2 100 500  2 RAYBRIG NSX              *国光/飯田        
3  38 500  3 FK/マッシモセルモスープラ*竹内/野田        
4  39 500  4 デンソーサードスープラGT *土屋圭市/谷川    
5  64 500  5 Mobil1 NSX                山西/コロネル*   
6   6 500  6 ESSO Tiger Supra         *ラファネル/高木  
7  50 500  7 ARTAスカイライン          本山/土屋武士*   
8  18 500  8 TAKATA童夢無限NSX         金石/山本*       
9  36 500  9 カストロールTOM'Sスープラ*関谷/フォンタナ  
10  37 500 10 カストロールTOM'Sスープラ 鈴木利男/バート* 
11  23 500 11 ペンズオイル・ニスモGT-R *コマス/影山正美  
12   3 500 12 ユニシアJECSスカイライン  長谷見/田中*     
13  12 500 13 カルソニックスカイライン *星野一義/黒澤    
14   2 500 14 ZEXELスカイライン         亜久里/影山正彦* 
15  88 500 15 ウェディングディアブロGT1*和田久/古谷      
16   5 500 16 5ZIGEN SUPRA              グーセン/田嶋*   
17  13 500 17 エンドレスアドバンGTR    *木下/藤村        
18  30 500 18 綜警 PORSCHE             *山田/岡田        
19 777 500 19 バルボリンディアブロDL   *和田孝夫/杉山    
20  77 300  1 クスコスバルインプレッサ  小林/玉本*       
21  25 300  2 つちやMR2                 鈴木恵一/舘*     
22  44 300  3 アペックスDLモモコルセMR2 新田/ダンブレック*
23  19 300  4 ウェッズスポーツセリカ    織戸/アンジェレリ*
24  61 300  5 テイボン・トランピオ・FTO*中谷/原          
25   7 300  6 RE雨宮マツモトキヨシRX7  *山路/松本        
26  15 300  7 ザナヴィシルビア         *近藤/青木        
27  21 300  8 ダンロップ-BP-BMW        *一ッ山/加藤      
28  81 300  9 ダイシンDLシルビア        福山/大八木*     
29 910 300 10 ナインテンポルシェ        余郷/木下*       
30  91 300 11 コーセイ&バーディCセリカ *松永/藤原        
31   9 300 12 大黒屋ぽるしぇ           *羽根/河野        
32  51 300 13 コブラポルシェ            池谷/石原*       
33  72 300 14 オークラRX7              *ポーター/平野    
34  60 300 15 TOYOTA CAVALIER          *佐藤/渡辺        
35  10 300 16 アビリティポルシェ993GT2  麻生/石川*       
36  70 300 17 外車の外国屋DLポルシェ    石橋/スクート*   
37  99 300 18 PCJ大黒屋ぽるしぇ         日置/高橋*       
38 117 300 19 ホイールショップALTA RX7 *深沢/古在        
---------------------------------------------------------
*** FMOTOR4F SysOp 北島滋穂(SDI00685) ***

全日本GT選手権

GTC_Rd.5:もてぎGTフリー走行結果

'98 AUTOBACS CUP ALL JAPAN GT CHAMPIONSHIP Round 5
MOTEGI GT CHAMPION RACE
全日本GT選手権第5戦 MOTEGI -RIJ- (1998-09-13) Free Practice-Session
For All Japan GT Championship Rd.5 Twin Ring MOTEGI(J):4.801379km
Weather:Fine  Course:Dry
P--No.Cls----Car-----------------------Drivers----------Best-LapT---km/h-
1 100 500  1 RAYBRIG NSX               国光/飯田         1'51.409  155.15
2  16 500  2 Castrol無限NSX            中子/道上         1'52.514
3  23 500  3 ペンズオイル・ニスモGT-R  コマス/影山正美   1'52.771
4  12 500  4 カルソニックスカイライン  星野一義/黒澤     1'52.907
5  18 500  5 TAKATA童夢無限NSX         金石/山本         1'52.915
6  64 500  6 Mobil1 NSX                山西/コロネル     1'52.949
7  36 500  7 カストロールTOM'Sスープラ 関谷/フォンタナ   1'53.035
8  50 500  8 ARTAスカイライン          本山/土屋武士     1'53.076
9  37 500  9 カストロールTOM'Sスープラ 鈴木利男/バート   1'53.247
10  38 500 10 FK/マッシモセルモスープラ 竹内/野田         1'53.318
11   3 500 11 ユニシアJECSスカイライン  長谷見/田中       1'53.664
12  39 500 12 デンソーサードスープラGT  土屋圭市/谷川     1'53.696
13   6 500 13 ESSO Tiger Supra          ラファネル/高木   1'54.003
14   2 500 14 ZEXELスカイライン         亜久里/影山正彦   1'54.349
15   5 500 15 5ZIGEN SUPRA              グーセン/田嶋     1'54.694
16  13 500 16 エンドレスアドバンGTR     木下/藤村         1'54.909
17  88 500 17 ウェディングディアブロGT1 和田久/古谷       1'55.359
18  30 500 18 綜警 PORSCHE              山田/岡田         1'56.035
19  25 300  1 つちやMR2                 鈴木恵一/舘       2'00.764
20  44 300  2 アペックスDLモモコルセMR2 新田/ダンブレック 2'00.864
21 777 500 19 バルボリンディアブロDL    和田孝夫/杉山     2'00.941
22  77 300  3 クスコスバルインプレッサ  小林/玉本         2'01.062
23  61 300  4 テイボン・トランピオ・FTO 中谷/原           2'01.408
24  19 300  5 ウェッズスポーツセリカ    織戸/アンジェレリ 2'01.423
25   7 300  6 RE雨宮マツモトキヨシRX7   山路/松本         2'01.804
26  15 300  7 ザナヴィシルビア          近藤/青木         2'02.012
27 910 300  8 ナインテンポルシェ        余郷/木下         2'02.472
28   9 300  9 大黒屋ぽるしぇ            羽根/河野         2'02.771
29  10 300 10 アビリティポルシェ993GT2  麻生/石川         2'03.143
30  70 300 11 外車の外国屋DLポルシェ    石橋/スクート     2'03.412
31  21 300 12 ダンロップ-BP-BMW         一ッ山/加藤       2'03.527
32  51 300 13 コブラポルシェ            池谷/石原         2'03.624
33  91 300 14 コーセイ&バーディCセリカ  松永/藤原         2'03.911
34  81 300 15 ダイシンDLシルビア        福山/大八木       2'04.083
35  72 300 16 オークラRX7               ポーター/平野     2'05.451
36  60 300 17 TOYOTA CAVALIER           佐藤/渡辺         2'05.453
37 117 300 18 ホイールショップALTA RX7  深沢/古在         2'07.861
38  99 300 19 PCJ大黒屋ぽるしぇ         日置/高橋         2'09.285
--------------------------------------------------------------------------
*** FMOTOR4F SysOp 北島滋穂(SDI00685) ***

全日本GT選手権

GTインサイドレポート Rd.5/2

AUTOBACS CUP ALL JAPAN GT CAR CHAMPIONSHIP
1998  GT INSIDE REPORT
Round 5 MOTEGI GT CHAMPION RACE                             12 Sep. '98
Qualify Report                予選日レポート                FMOTOR4版
 -------------------------------------------------------------------------
'98AUTOBACS CUP GTC第5戦もてぎ MOTEGI GT CHAMPION RACE(9/12,13)
もてぎ初代ポールシッターはNo.16Castrol無限NSX道上龍が獲得!
GT300はNo.77クスコスバルインプレッサがGTC初ポールに!!
好天に恵まれた9月12日、ツインリンクもてぎではAUTOBACS全日本GT選手権第5
戦「もてぎGTチャンピオンレース」の予選が開催された。GTC初開催となるロード
コースでは、初代ポールシッターとなるための激しい争いが展開。午後の予選で
No.16 Castrol無限NSXの道上龍が1分49秒800を記録し、その栄冠を手にした。
◆荒れた路面に悩まされる予選1回目
 青空の見える好天に恵まれ気温も午前中で25度近くまで上がる上々のコンディ
ションとなった。午前11時15分から1時間の予定で始まった予選1回目でまずトッ
プタイムを出したのは、このところ好調のNo.16 Castrol無限NSXの道上龍。テス
トでも記録している1分50秒台に乗せ50秒313を記録。続いて、NSX勢に一矢を報
いようとするNo.38 FK/マッシモセルモスープラの竹内浩典が51秒161で2番手と
なる。だが、これから各車タイムアップというその時にコース上にオイルを撒い
てしまったマシンが出て、その処理のために20分近い中断となってしまった。再
開後も滑りやすい路面にコースアウトするマシンが多く、このためコース上に砂
も出てしまい、さらにコンディションが悪くなりタイムが伸び悩む。その中、
No.50 ARTAスカイライン、土屋武士が51秒901で3番手に。そして、ここまで静観
していたNo.100 RAYBRIG NSXが50秒712で2番手に割り込む。その直後、No.16
Castorl無限NSXの道上は50秒274,次のラップに50秒042までタイムアップし、トッ
プをキープ。暫定ポールを得た。
◆スープラ健闘もNSXに届かず
 午後になると気温は更に上がり27度近くとなる。予選2回目は15時30分から1
時間の予定で行われた。開始7分過ぎにN.38 FK/マッシモセルモスープラ、竹内
が1分50秒939でまずトップに立つ。だが、午前の暫定ポールのNo.16 Castorl無限
NSXの道上もすぐに50秒016とタイムを更新してトップを奪い返す。そして、次の
ラップには目標としていた49秒台の1分49秒800をたたき出した。このタイムを破
るべく各車アタックに入る。まずは、No.39デンソーサードスープラの土屋圭市が
51秒057で3番手に食い込む。そして、No.100 RAYBRIG NSXの飯田が49秒877のNo.16
Castrol無限に肉薄するがわずかに届かない。この後はコース上が混雑してきたた
め、上位陣ではタイムアップするマシンは現れず、No.16 Castrol無限NSXが第3戦
仙台に続き今季2度目の、ここもてぎではGTC最初のポールポジションを獲得した。
◆ハンディを克服したつちやMR2が予選2位
 GT300クラスの上位想定タイムは2分を切ること。午前の予選でまず飛び出たのは
No.77クスコスバルインプレッサ、小林且雄だった。1分59秒328でクラスのトップ
に立つ。それに追いすがったのは80kgのウエイトハンディを搭載するNo.25つちやMR2
の舘信吾で、1分59秒625で2番手に。しかし、No.44アペックスDLモモコルセMR2の
P.ダンブレックも1分59秒762で3番手となった。午後の予選でもNo.77クスコスバ
ルインプレッサ、小林はさらにタイムを縮めて1分58秒905を記録しトップを固め
る。ハンデをもともせずポールを狙ったNo.25つちやMR2の舘も58秒958まで詰める
が、わずかに届かず。練習走行では58秒台を出しているNo.44アペックスDLモモコル
セMR2、ダンブレックだったが59秒168止まり。この結果、昨年の最終戦からGTCに挑
戦を始めたNo.77クスコスバルインプレッサがGTC初のポールポジションを獲得した。
GT500 POLE POSITION
No.16 Castrol無限NSX  1'49.800
道上 龍「大変うれしいです。タイムを出したときは、ちょっと頑張りすぎて最終
コーナーでダートにちょっと出てしまったんですが、なんとかなりました。予選で
はクルマには全く問題ありませんでした。トップから逃げると言うより、ここは周
回遅れを抜くの時にペースを乱して、タイムを落としがちなのでそこを気を付けて、
安定したペースで行きたいです。でも、ここはホンダの地元ですから…。うん、勝
ちますよ」
GT300 POLE POSITION
No.77 クスコスバルインプレッサ  1'58.905
小林且雄「とてもうれしいですね。チーム自体も去年の最終戦からレース参戦を始
めた初心者チームですからね。以前からコーナーの多いコースでは良かったんです
が、58秒台まで出るとは思ってもいませんでした。今回は特にタイヤがマッチして
いました。これまでも決勝では小さなトラブルが出て結果が残せなかったので、欲
を出さずにとにかくお立ち台に立てるよう頑張ります」
以上
                       GTアソシエイション事務局
                       GTインサイドレポート班
                       古屋 知幸 = QYB04322 =

全日本GT選手権

GTC_Rd.5:もてぎGT予選総合結果

'98 AUTOBACS CUP ALL JAPAN GT CHAMPIONSHIP Round 5
MOTEGI GT CHAMPION RACE
全日本GT選手権第5戦 MOTEGI -RIJ- (1998-09-12) Qualifying-Session
For All Japan GT Championship Rd.5 Twin Ring MOTEGI(J):4.801379km
Weather:Fine  Course:Dry
P--No.Cls----Car-----------------------Drivers----------Best-LapT---km/h-
1  16 500  1 Castrol無限NSX            中子/道上         1'49.800  157.42
2 100 500  2 RAYBRIG NSX               国光/飯田         1'49.877
3  38 500  3 FK/マッシモセルモスープラ 竹内/野田         1'50.939
4  39 500  4 デンソーサードスープラGT  土屋圭市/谷川     1'51.057
5  64 500  5 Mobil1 NSX                山西/コロネル     1'51.058
6   6 500  6 ESSO Tiger Supra          ラファネル/高木   1'51.233
7  50 500  7 ARTAスカイライン          本山/土屋武士     1'51.341
8  18 500  8 TAKATA童夢無限NSX         金石/山本         1'51.348
9  36 500  9 カストロールTOM'Sスープラ 関谷/フォンタナ   1'51.461
10  37 500 10 カストロールTOM'Sスープラ 鈴木利男/バート   1'51.766
11  23 500 11 ペンズオイル・ニスモGT-R  コマス/影山正美   1'51.779
12   3 500 12 ユニシアJECSスカイライン  長谷見/田中       1'51.845
13  12 500 13 カルソニックスカイライン  星野一義/黒澤     1'52.006
14   2 500 14 ZEXELスカイライン         亜久里/影山正彦   1'52.163
15  88 500 15 ウェディングディアブロGT1 和田久/古谷       1'53.030
16   5 500 16 5ZIGEN SUPRA              グーセン/田嶋     1'53.109
17  13 500 17 エンドレスアドバンGTR     木下/藤村         1'54.032
18  30 500 18 綜警 PORSCHE              山田/岡田         1'54.918
19 777 500 19 バルボリンディアブロDL    和田孝夫/杉山     1'58.548
20  77 300  1 クスコスバルインプレッサ  小林/玉本         1'58.905
21  25 300  2 つちやMR2                 鈴木恵一/舘       1'58.956
22  44 300  3 アペックスDLモモコルセMR2 新田/ダンブレック 1'59.168
23  19 300  4 ウェッズスポーツセリカ    織戸/アンジェレリ 1'59.428
24  61 300  5 テイボン・トランピオ・FTO 中谷/原           1'59.657
25   7 300  6 RE雨宮マツモトキヨシRX7   山路/松本         1'59.867
26  15 300  7 ザナヴィシルビア          近藤/青木         2'00.424
27  21 300  8 ダンロップ-BP-BMW         一ッ山/加藤       2'00.498
28  81 300  9 ダイシンDLシルビア        福山/大八木       2'00.571
29 910 300 10 ナインテンポルシェ        余郷/木下         2'00.822
30  91 300 11 コーセイ&バーディCセリカ  松永/藤原         2'01.924
31   9 300 12 大黒屋ぽるしぇ            羽根/河野         2'01.925
32  51 300 13 コブラポルシェ            池谷/石原         2'01.979
33  72 300 14 オークラRX7               ポーター/平野     2'02.165
34  60 300 15 TOYOTA CAVALIER           佐藤/渡辺         2'02.232
35  10 300 16 アビリティポルシェ993GT2  麻生/石川         2'02.408
36  70 300 17 外車の外国屋DLポルシェ    石橋/スクート     2'02.607
37  99 300 18 PCJ大黒屋ぽるしぇ         日置/高橋         2'06.328
38 117 300 19 ホイールショップALTA RX7  深沢/古在         2'06.470
--------------------------------------------------------------------------
*** FMOTOR4F SysOp 北島滋穂(SDI00685) ***

全日本GT選手権

GTC_Rd.5:もてぎGT予選2回目結果

'98 AUTOBACS CUP ALL JAPAN GT CHAMPIONSHIP Round 5
MOTEGI GT CHAMPION RACE
全日本GT選手権第5戦 MOTEGI -RIJ- (1998-09-12)2nd Qualifying-Session
For All Japan GT Championship Rd.5 Twin Ring MOTEGI(J):4.801379km
Weather:Fine  Course:Dry
P--No.Cls----Car-----------------------Drivers----------Best-LapT
1  16 500  1 Castrol無限NSX            中子/道上         1'49.800
2 100 500  2 RAYBRIG NSX               国光/飯田         1'49.877
3  38 500  3 FK/マッシモセルモスープラ 竹内/野田         1'50.939
4  39 500  4 デンソーサードスープラGT  土屋圭市/谷川     1'51.057
5  64 500  5 Mobil1 NSX                山西/コロネル     1'51.058
6   6 500  6 ESSO Tiger Supra          ラファネル/高木   1'51.233
7  50 500  7 ARTAスカイライン          本山/土屋武士     1'51.341
8  18 500  8 TAKATA童夢無限NSX         金石/山本         1'51.348
9  36 500  9 カストロールTOM'Sスープラ 関谷/フォンタナ   1'51.461
10  37 500 10 カストロールTOM'Sスープラ 鈴木利男/バート   1'51.766
11  23 500 11 ペンズオイル・ニスモGT-R  コマス/影山正美   1'51.779
12   3 500 12 ユニシアJECSスカイライン  長谷見/田中       1'51.845
13   2 500 13 ZEXELスカイライン         亜久里/影山正彦   1'52.163
14  88 500 14 ウェディングディアブロGT1 和田久/古谷       1'53.030
15   5 500 15 5ZIGEN SUPRA              グーセン/田嶋     1'53.109
16  13 500 16 エンドレスアドバンGTR     木下/藤村         1'54.032
17  30 500 17 綜警 PORSCHE              山田/岡田         1'54.918
18 777 500 18 バルボリンディアブロDL    和田孝夫/杉山     1'58.548
19  77 300  1 クスコスバルインプレッサ  小林/玉本         1'58.905
20  25 300  2 つちやMR2                 鈴木恵一/舘       1'58.956
21  44 300  3 アペックスDLモモコルセMR2 新田/ダンブレック 1'59.168
22  19 300  4 ウェッズスポーツセリカ    織戸/アンジェレリ 1'59.428
23  61 300  5 テイボン・トランピオ・FTO 中谷/原           1'59.657
24   7 300  6 RE雨宮マツモトキヨシRX7   山路/松本         1'59.926
25  15 300  7 ザナヴィシルビア          近藤/青木         2'00.424
26  21 300  8 ダンロップ-BP-BMW         一ッ山/加藤       2'00.498
27 910 300  9 ナインテンポルシェ        余郷/木下         2'00.822
28  91 300 10 コーセイ&バーディCセリカ  松永/藤原         2'01.924
29  72 300 11 オークラRX7               ポーター/平野     2'02.165
30  81 300 12 ダイシンDLシルビア        福山/大八木       2'02.221
31  51 300 13 コブラポルシェ            池谷/石原         2'02.273
32   9 300 14 大黒屋ぽるしぇ            羽根/河野         2'02.412
33  10 300 15 アビリティポルシェ993GT2  麻生/石川         2'02.421
34  70 300 16 外車の外国屋DLポルシェ    石橋/スクート     2'02.607
35  60 300 17 TOYOTA CAVALIER           佐藤/渡辺         2'03.819
36 117 300 18 ホイールショップALTA RX7  深沢/古在         2'06.470
37  99 300 19 PCJ大黒屋ぽるしぇ         日置/高橋         2'07.920
38  12 500 19 カルソニックスカイライン  星野一義/黒澤     2'08.199
-----------------------------------------------------------------------
*** FMOTOR4F SysOp 北島滋穂(SDI00685) ***

全日本GT選手権

GTC_Rd.5:もてぎ 予選レポート

'98 AUTOBACS CUP ALL JAPAN GT CHAMPIONSHIP Round 5
MOTEGI GT CHAMPION RACE
   GTシリーズ初のもてぎ戦は、カストロール無限NSXがPP!
 盛況のGTシリーズは、GTシリーズ初のコース、ツインリンクもてぎ(ロー
ドコース)で第5戦を迎えた。前戦富士では今季3度めの正直でようやく初優勝
を果たしたNSX。速さはピカイチだが、アクシデント、ペナルティを乗り越え
てようやく手に入れた勝利だった。
 ここ、もてぎでもNSX優位は揺るぎないが、スープラ、スカイライン勢が初
のコースでどのような戦いを見せるのか注目される。特にここまで上位入賞の少
ないスープラ勢は重量ハンデを背負っていないため、ツイスティなもてぎでチャ
ンスが訪れる可能性はありそうだ。
 午前11時15分から行われた予選1回目では、開始早々コース全域に渡ってオイ
ルが出てしまい一旦中断。20分後に再開されたが、テストから好調のNSX勢が
やはり速く、#16 Castrol無限NSX、#100 RAYBRIG NSXが1、2位を占めた。
 しかし、図抜けたタイムをマークしたのはこの2台だけで、3位以下はスープ
ラ、スカイライン、NSXが入り乱れる結果となった。
 注目はGT300クラスの#77 クスコスバルインプレッサ。テストから好調を維持
し、MR2を抑えて初の暫定ポールを得た。
 午後3時30分から始まった予選2回目では、開始からまもなくして#16NSXが
49秒台に入れ、#100もそれに続いた。好調だった#38 FK/マッシモセルモスー
プラはタイムアップした後にトラブルが発生しコース脇にストップ。
 結局2台のNSXを脅かす者は現れず、グリッド上位は1回目から大きな動き
はなく予選終了。
 GT300クラスは、#77インプレッサがさらにタイムアップ。常勝#25つちやMR2
を僅差で抑えきり、初優勝に向け絶好のポジションからスタートすることになっ
た。
 決勝は、明日午後1時30分スタート、63周(300km)で争われる。NSXが連勝
で波に乗るのか。それとも、スープラが今季初勝利を飾るのか。また、重量ハンデ
に苦しむシリーズリーダー、ペンズオイルスカイラインはその座を守れるだろうか。
*** FMOTOR4F SysOp 北島滋穂(SDI00685) ***

全日本GT選手権

GTC_Rd.5:もてぎGT予選1回目結果

'98 AUTOBACS CUP ALL JAPAN GT CHAMPIONSHIP Round 5
MOTEGI GT CHAMPION RACE
全日本GT選手権第5戦 MOTEGI -RIJ- (1998-09-12)1st Qualifying-Session
For All Japan GT Championship Rd.5 Twin Ring MOTEGI(J):4.801379km
Weather:Fine  Course:Dry
P--No.Cls----Car-----------------------Drivers----------Best-LapT
1  16 500  1 Castrol無限NSX            中子/道上         1'50.042
2 100 500  2 RAYBRIG NSX               国光/飯田         1'50.353
3  38 500  3 FK/マッシモセルモスープラ 竹内/野田         1'51.161
4  39 500  4 デンソーサードスープラGT  土屋圭市/谷川     1'51.228
5   6 500  5 ESSO Tiger Supra          ラファネル/高木   1'51.622
6  50 500  6 ARTAスカイライン          本山/土屋武士     1'51.901
7  12 500  7 カルソニックスカイライン  星野一義/黒澤     1'52.006
8  64 500  8 Mobil1 NSX                山西/コロネル     1'52.034
9   2 500  9 ZEXELスカイライン         亜久里/影山正彦   1'52.226
10  23 500 10 ペンズオイル・ニスモGT-R  コマス/影山正美   1'52.303
11  37 500 11 カストロールTOM'Sスープラ 鈴木利男/バート   1'52.376
12   3 500 12 ユニシアJECSスカイライン  長谷見/田中       1'52.771
13   5 500 13 5ZIGEN SUPRA              グーセン/田嶋     1'53.343
14  36 500 14 カストロールTOM'Sスープラ 関谷/フォンタナ   1'54.059
15  18 500 15 TAKATA童夢無限NSX         金石/山本         1'54.113
16  13 500 16 エンドレスアドバンGTR     木下/藤村         1'54.617
17  88 500 17 ウェディングディアブロGT1 和田久/古谷       1'55.246
18  30 500 18 綜警 PORSCHE              山田/岡田         1'55.343
19  77 300  1 クスコスバルインプレッサ  小林/玉本         1'59.328
20  44 300  2 アペックスDLモモコルセMR2 新田/ダンブレック 1'59.363
21  25 300  3 つちやMR2                 鈴木恵一/舘       1'59.625
22 777 500 19 バルボリンディアブロDL    和田孝夫/杉山     1'59.681
23   7 300  4 RE雨宮マツモトキヨシRX7   山路/松本         1'59.867
24  19 300  5 ウェッズスポーツセリカ    織戸/アンジェレリ 1'59.980
25  61 300  6 テイボン・トランピオ・FTO 中谷/原           2'00.068
26  81 300  7 ダイシンDLシルビア        福山/大八木       2'00.571
27  21 300  8 ダンロップ-BP-BMW         一ッ山/加藤       2'00.760
28 910 300  9 ナインテンポルシェ        余郷/木下         2'01.612
29  15 300 10 ザナヴィシルビア          近藤/青木         2'01.614
30   9 300 11 大黒屋ぽるしぇ            羽根/河野         2'01.925
31  51 300 12 コブラポルシェ            池谷/石原         2'01.979
32  60 300 13 TOYOTA CAVALIER           佐藤/渡辺         2'02.232
33  10 300 14 アビリティポルシェ993GT2  麻生/石川         2'02.408
34  91 300 15 コーセイ&バーディCセリカ  松永/藤原         2'02.892
35  70 300 16 外車の外国屋DLポルシェ    石橋/スクート     2'03.007
36  99 300 17 PCJ大黒屋ぽるしぇ         日置/高橋         2'06.328
37 117 300 18 ホイールショップALTA RX7  深沢/古在         2'07.028
-----------------------------------------------------------------------
72 300    オークラRX7               ポーター/平野     出走せず
*** FMOTOR4F SysOp 北島滋穂(SDI00685) ***

全日本GT選手権

GTインサイドレポート Rd.5/1

AUTOBACS CUP ALL JAPAN GT CAR CHAMPIONSHIP
1998  GT INSIDE REPORT
Round 5 MOTEGI GT CHAMPION RACE                              7 Sep. '98
Preview Report                 プレビューレポート            FMOTOR4版
 -------------------------------------------------------------------------
'98AUTOBACS CUP GTC第5戦もてぎ MOTEGI GT CHAMPION RACE(9/12,13)
シリーズ後半戦第1ラウンド!
初のロードコース対決を制するのは誰だ?!
 '98GTCも残すところあと3戦。シリーズ後半の第1ラウンドとなるのが、9月12、
13日にツインリンクもてぎで開催されるGTC第5戦『MOTEGI GT CHAMPION RACE』だ。
 先に行われた第4戦富士では、No.64 Mobil 1 NSX(山西康司/T.コロネル組)が
初優勝。昨年後半戦から速さでは群を抜いていながら、勝利から見放されていたNSX
がついに念願のGTC初勝利を手にした。一方、開幕戦から連勝しこの第4戦に挑んだ
(第2戦は中止)ランキングトップのNo.23ペンズオイル・ニスモGT-R(E.コマス/
影山正美組)は、なんと決勝10位という屈辱のポジション。とは言え、ウエイトハン
ディ100kgを背負った上のこと。ちなみに昨年のチャンピオン決定は同ポイントで入
賞回数で決まったという経緯があるだけに、このGTCでは10位のわずか1ポイントで
も獲得できたことは大事なことだ。また、第4戦ではこのNo.23ペンズオイルを追う
ランキング上位陣がそろって不振だったため、No.23ペンズオイルは41ポイントでラ
ンキングトップをキープすることができた。これに続くのは第4戦優勝したNo.64 
Mobil 1で35ポイント。この優勝経験のある2台は、第5戦もてぎではそれぞれ
90kg、70kgという大きなハンディウエイトを背負うだけに簡単に勝つことはできな
いだろう。いかに上位に生き残り、隙あらば勝ちをということになるだろう。ラン
キングではこの2台の後には20ポイント台で4チームが並んでいる。優勝すれば20
ポイントを獲得できるGTCであるだけに、残り3戦でこのあたりのチームまで逆転は
十分に可能だ。だからこそこの第5戦もてぎで勝つことがチャンピオン争いに生き
残こる第1関門になるわけだ。このランキング上位陣の駆け引きは注目に値するで
あろう。
 さて、この第5戦の開催されるツインリンクもてぎは、昨年GTオールスター戦が
開催されている。だが、GTCシリーズ戦は初開催で、しかもオールスター戦ではオー
バールコースが使用されたが、今回はロードコースで行われる。したがって、第5
戦に先立ち、7月28、29日にロードコースで行われたGTC合同テストが各チームに
とって初走行だった。このテストでは、ラップタイムトップのNo.64 Mobil 1 NSXの
1分50秒743を筆頭に、4台のNSXが上位を独占した。タイトなコーナーが多く、ス
トップ&ゴーが繰り返されるロードコースは、NAエンジンをミドシップに積むNSX
には向いているコースといえるだけに、タイム面では間違えなくNSX勢が有利であろ
う。NSXにとって問題なのは、63周をノートラブルで走りきる耐久性だ。駆動系のト
ラブルでレースを多く失っているNSXにとってストップ&ゴーの多いことは不利とも
いえる。もちろん対策はされているだろうが、アキレス腱であることは間違えない。
 このテストでNSX勢に続いたのはNo.38 FK/マッシモスープラとNo.36&37カスト
ロール・トムス・スープラというスープラ勢だった。トータルバランスの高いスー
プラにとってもてぎは向いているのかもしれない。また、第4戦で3位に入り昇り
調子なNo.12カルソニックスカイラインが、このスープラ勢に続く8番手のタイム
を出している。トップのNo.64NSXから約1秒の間には9台のマシンがひしめいてい
る。予選はともかく、やはり決勝では混戦になることは間違えない。つまり、初め
てのサーキットでもピットワークの優劣、ペナルティなどをもらわないミスのない
ドライブが勝利の重要な鍵になることは、これまでのレースと変わらないはずだ。
つちやMR2の連勝は止められるか!?
好調のアペックスMR2&マツキヨRX7に注目!
 GT300クラスは、ここまでNo.25つちやMR2が3連勝と完全に牛耳っている。だが、
さしものNo.25つちやもこれでハンディ80kgを積むことになり、そうそう簡単には勝
てないだろう。それだけでなく、これを追うNo.44アペックスDLモモコルセMR2とNo.
7 RE雨宮マツモトキヨシRX7が、このところ好調なだけに新たな勝者が生まれそうな
予感がする。No.44アペックスには前戦に引き続き今季のF3チャンピオンであるP.ダ
ンブレックが乗る。そして先のもてぎテストでもクラストップタイムを記録してい
るだけに、最大の優勝候補だろう。テストでNo.44アペックスに続いたのがNo.7 RE
雨宮だ。第3戦3位、第4戦も優勝争うに絡んでいただけに、今季初優勝の可能性
は十分にあるといえる。そして気になるのが、第4戦富士でデビューしたNo.19 ウ
ェズスポーツセリカだ。昨年のGT300チャンピオンチームであるRACING PROJECT 
BANDOHの手により織戸学とM.アンジェレッリのコンビがドライブする。ろくにテス
トも出来ずタイヤもGTC用でない急仕立てのもので予選6位、決勝7位は見事といえ
る。今回は万全の状態での参戦となるだけに、台風の目になる可能性がある。これ
以外も、No.61テイボン・ラリアート・FTO、No.72シグマテック911、No.21ダンロッ
プ-BP-BMWといった他車種も虎視眈々と優勝、上位を狙っていそうだ。
 ランキング的には、3勝のNo.25つちやがこのレースも制してしまえば、なんと早
くもチャンピオンが決定してしまう。それだけに他チームも打倒つちやに燃えてく
るだろう。特に同ポイントで現在ランキング2位を分け合うNo.15 ザナビィシルビ
アとNo.44アペックスは、なんとしてでも勝利が欲しいところだ。このようにGT300
すでに後半戦のデッドヒートに突入したといえるだ。
Reported BY GT INSIDE REPORT Team
☆'98AUTOBACS CUP GTC第5戦もてぎ エントリーリスト
[GT500] 19台
No. マシン              ドライバー                      エントラント     タイヤ
----------------------------------------------------------------------------
2  ZEXELスカイライン          鈴木亜久里   影山正彦          NISMO             BS
3  ユニシアジェックススカイライン     長谷見昌弘   田中哲也          ハセミ・モータースポーツ     BS
5  5ZIGEN SUPRA         マーク・グーセン(B) 田嶋栄一          TEAM 5ZIGEN       DL
6  ESSO Tiger Supra     ピエール・ラファネル(F)   高木真一      INGING            BS
12  カルソニックスカイライン         星野一義     黒澤琢弥          TEAM IMPUL        BS
13  エンドレスアドバンGTR      木下みつひろ 藤村満男          ENDLESS SPORTS    YH
16  Castrol無限NSX       中子 修     道上 龍          Castrol無限       BS
18  TAKATA童夢無限NSX    金石勝智     山本勝巳          童夢レーシングチーム     BS
23  ペンズオイル・ニスモGTR      エリック・コマス(F)  影山正美          NISMO             BS
30  綜警 PORSCHE         山田洋二     岡田秀樹          TEAM TAKE ONE     BS
36  カストロール・トムス・スープラ   関谷正徳 ノルベルト・フォンタナ(RA) TOYOTA Castrol TEAM TOM'S DL
37  カストロール・トムス・スープラ   鈴木利男   ケルビン・バート(GB) TOYOTA Castrol TEAM TOM'S DL
38  FK/マッシモセルモスープラ      竹内浩典   野田英樹          TOYOTA TEAM CERUMO  BS
39  デンソーサードスープラGT     土屋圭市   谷川達也            TOYOTA TEAM SARD  YH
50  ARTAスカイライン           本山 哲   土屋武士   AUTOBACS RACING TEAM AGURI BS
64  Mobil1 NSX           山西康司   トム・コロネル(NL)   Mobil1 NAKAJIMA RACING  BS
88  ウェディングディアブロGT1   和田 久   古谷直広            JLOC              DL
100 RAYBRIG NSX          高橋国光   飯田 章      チーム国光 with MOONCRAFT  BS
777 バルボリンディアブロDL     和田孝夫   杉山正巳            TEAM VALVOLINE    DL
[GT300] 23台
No. マシン              ドライバー                      エントラント     タイヤ
----------------------------------------------------------------------------
7  RE雨宮マツモトキヨシRX7     山路慎一   松本晴彦            RE雨宮レーシング      DL
9  大黒屋ぽるしぇ       羽根幸浩   河野尚裕            TEAM大黒屋        DL
10  アビリティポルシェ993GT2    麻生英彦   石川 朗             アビリティ            YH
15  ザナヴィシルビア          近藤真彦   青木孝行            NISMO             YH
17  東京科芸専:REロードスター   長島正明  野上敏彦      KAGEISEN RACING TEAM   DL
19  ウェッズスポーツセリカ   織戸 学  マッシミリアーノ・アンジェレッリ(I)  RACING PROJECT BANDOH YH
21  ダンロップ-BP-BMW       一ツ山幹雄  加藤寛規         HITOTSUYAMA RACING   DL
25  つちやMR2            鈴木恵一   舘 信吾   TEAM TAISAN Jr. WITHつちや YH
44  アペックスDLモモコルセMR2     新田守男   ピーター・ダンブレック(GB)  アペックス            DL
51  コブラポルシェ            石原将光   池谷勝則            コブラレーシングチーム     YH
60  TOYOTA CAVALIER      佐藤久実   渡辺 明            KRAFT             DL
61  ライボン・トランピオ・FTO     中谷明彦   原 貴彦             チーム・ライボン・ラリーアート  TY
70  外車の外国屋ダンロップポルシェ 石橋義三  パトリック・バン・スクート(B) TEAM GAIKOKUYA  DL
71  シグマテック911           星野 薫    城内政樹            シグマテックレーシングチーム  DL
72  オークラRX7          マーク・ポーター(NZ)  平野 功        オークラロータリーレーシング   YH
77  クスコスバルインプレッサ       小林且雄   玉井秀幸            クスコレーシング         YH
81  ダイシンダンロップシルビア    福山英朗   大八木信行          TEAM DAISHIN      DL
99  PCJ大黒屋ぽるしぇ    日置恒文   高橋規一            TEAM大黒屋        DL
91  コーセイ&バーディ・セリカ      松永雅博   藤原靖久            ファーストレーシングチーム    YH
117 ホイールショップALTA・RX-7   深沢寿裕   古在哲雄            アルタレーシングチーム      DL
355 イエローマジックF355GT      須賀宏明   藤原竜之            YELLOW MAGIC      YH
910 ナインテンポルシェ           余郷 敦   木下隆之            910 RACING        DL
911 ナインテンPCJポルシェ        小林正吾   中島廣高            910 RACING        DL
●エントリーは変更される可能性があります。
☆第5戦もてぎチケット購入のご案内
 各種前売り券、好評発売中!!
 下記のプレイガイドまたは販売店でお求めください
【入場料金】
前売り入場券(土日2日間有効) ●大人:5,000円●中高学生:1,600円●子供:700円
決勝当日券  ●大人:6,000円●中高学生:2,000円●子供:700円
予選当日券  ●大人:3,000円●中高学生:1,000円●子供:700円
パドックパス ●当日:5,000円(2日有効/入場料別/当日売りのみ)
駐車料金 決勝●4輪:2,000円●2輪:1,00円/予選●4輪:1,000円●2輪:500円
【チケット発売所】
チケットぴあ(03-5237-9999)/JR東日本・びゅうプラザ(みどりの窓口)/
ホンダウエルカムプラザ青山/鈴鹿サーキットチケットセンター他
【お問い合わせ】
ツインリンクもてぎチケット&インフォメーション
(TEL:0285-64-0080/FAX 0285-64-0009)まで。
☆タイムスケジュール
 9月11日 練習走行
   GTフリー走行1回目  8:50~10:35
   GTフリー走行2回目 13:55~15:40
 9月12日 公式予選
   シビック東日本予選 10:25~10:55
   GT予選1回目    11:15~12:15
   ピットウォーク   12:25~13:40
   ミラージュInt,予選 13:50~14:20
   FJ1600予選     14:45~15:10
   GT予選2回目    15:30~16:30
 9月13日 決勝レース
   GTフリー走行     8:15~ 8:45
   シビック東日本決勝  9:30~10:10(12周)
   ミラージュInt,決勝 10:35~11:15(15周)
   ピットウォーク   11:30~12:30
   GT決勝スタート   13:30~  63周(終了予定15:30)
   FJ1600決勝     16:00~16:40(12周)
☆テレビ放送
 9月23日(水・祝)11:00~12:15
 テレビ東京系全国6局ネット
 テレビ東京/テレビ大阪/テレビ愛知/テレビ北海道/テレビせとうち/
 ティー・エックス・エヌ九州
以上
                       GTアソシエイション事務局
                        GTインサイドレポート班
                        古屋 知幸 = QYB04322 =

スーパー耐久

N1-Rd6:スーパー耐久仙台ハイランドレース

スーパー耐久シリーズ第6戦 仙台 -RIJ- (1998-09-06) Official Race-Results
For 1998 Super Endurance Series Rd.6 仙台ハイランドSW (J) : 4.0296km
P No.Cl.Driver(s)------------ Car---------------- Lap -GoalTime-- -km/h--
1  23 1 福山英朗/木下隆之     Nissan Skyline GT-R  80 2:54'43.031 110.705
2   1 1 粕谷俊二/見崎清志     Nissan Skyline GT-R  80 2:54'58.515 110.542
3  32 1 横島 久/竹内浩典     Nissan Skyline GT-R  80 2:55'05.793 110.465
4  11 2 中谷明彦/小幡 栄     Mitsubishi Lancer    79    -  1Lap         
5  37 2 山路慎一/井尻 薫     Toyota Celica GT-4   78    -  2Laps        
6  36 2 村尾真吾/藤田孝博     Toyota Cerica GT-4   77    -  3Laps        
7  52 4 西垣内正義/渡辺 明   Nissan Pulser        77    -  3Laps        
8  33 2 村松康生/三好正己     Mitsubishi Lancer    77    -  3Laps        
9  87 4 桂 伸一/菊池 靖     Nissan Pulser        77    -  3Laps        
10  20 2 細野智行/伊藤勝一     Mitsubishi Lancer    76    -  4Laps        
11  39 3 井田雅彦/磯田尚孝     Honda Integra        76    -  4Laps        
12  29 3 中谷誠志/大橋正澄   Honda Integra        76    -  4Laps        
13  38 2 雨宮栄城/鈴木 学     Toyota Celica        75    -  5Laps        
14  27 2 牧口規雄/志村 久     BMW M3               75    -  5Laps        
15  55 4 福田よしのぶ/萬曇恒明 Hobda Civic          75    -  5Laps        
16  26 2 川口法行/添田 正     Mitsubishi Lancer    75    -  5Laps        
17  28 3 佐藤清治/佐藤  淳     Honda Integra        75    -  5Laps        
18  54 4 山内伸弥/浅見 武     Honda Civic          75    -  5Laps        
19  76 4 佐藤久実/吉田寿博     Honda Civic          75    -  5Laps        
20  53 4 小林敬一/原 貴彦     Honda Civic          75    -  5Laps        
21  91 4 坂口良平/松永雅博    Honda Civic          74    -  6Laps        
22  22 3 古橋  譲/玉本秀幸     Honda Integra        74    -  6Laps        
23   7 3 元谷宏大/黒木健/檜井保孝 Honda Prelud      74    -  6Laps        
24  71 4 関根基司/山梨順一     Nissan Pulser        73    -  7Laps        
25  31 2 小林正吾/竹添謙枝     Nissan Silvia        72    -  8Laps        
26  60 4 赤尾文夫/鈴木恵一     Honda Civic          71    -  8Laps        
27   2 2 渋谷 勉/荒川雅彦     Subaru Impreza WRX   71    -  9Laps        
28  21 3 福岡博人/能城重之     Toyota MR2           70    - 10Laps       
29  68 4 嶋村 馨/長井 誠     Honda Civic          70    - 10Laps       
30  58 4 保田繁一/姉崎嘉徳     Toyota Sprinter      68    - 12Laps       
------------------------------ DNC ---------------------------------------
4 3 山野哲也/西  翼     Honda Integra        65    - 15Laps       
77 4 山本泰吉/辻本 聡     Honda Civic          57    - 23Laps       
78 4 丸山 浩/宮城 光     Honda Civic          41    - 39Laps       
**************************************************************************
           提供:竹下 恵一郎(JCG00146)/仙台
         * FMOTOR4_SysOp 新倉芳夫 (SDI00686)-RIJ *

Japanese F3

JF3-Rd9:仙台ハイランドF3レース結果

全日本F3選手権第9戦 仙台 -RIJ- (1998-09-06) Provisional Race-Results]
For 1998 All Japan F3 Championship Rd.9 仙台ハイランドSW(J) : 4.0296km
P No. Driver----------- Car---------------------- Lap -GoalTime-- -km/h--
1   1 P.ダンブレック(GB)Dallara F398/Tom's-Toyota  24   41'50.747 138.667
2   7 舘  信吾      (J) Dallara F398/Tom's-Toyota  24   41'54.773 138.445
3  18 D.マニング    ( ) Dallara F397/HKS-三菱      24   42'05.359 137.865
4   2 加藤 寛規     (J) Dallara F398/Toda-Honda    24   42'10.550 137.582
5  55 金石 年弘     (J) Dallara F398/Mugen-Honda   24   42'11.040 137.555
6   4 S.マルティノ  (I) Dallara F398/Torii-Toyota  24   42'11.592 137.525
7   9 谷川 達也     (J) Dallara F397/Tom's-Toyota  24   42'12.577 137.472
8   8 藤原 靖久     (J) Dallara F398/Tom's-Toyota  24   42'17.141 137.224
9  16 R.デルフラー (RA) Dallara F397/Torii-Toyota  24   42'19.270 137.109
10  61 荒  聖治     (J) Dallara F398/Tom's-Toyota  24   42'19.898 137.075
11  17 黒沢 治樹     (J) Dallara F397/Toda-Honda    24   42'24.459 136.830
12  25 長島 正興     (J) Dallara F397/Tom's-Toyota  24   42'24.900 136.806
13   5 高木 真一     (J) Dallara F397/Tom's-Toyota  24   42'33.653 136.337
14  77 伊藤 大輔     (J) Dallara F397/Toda-Honda    24   42'37.025 136.157
15  33 L.ヴィルタネン(SF)Dallara F396/Tom's-Toyota  24   42'38.948 136.055
16  53 五味 康隆     (J) Martini MK73/Tom's-Toyota  24   42'39.720 136.014
17   6 松浦 佑亮     (J) Dallara F398/Mugen-Honda   24   42'42.997 135.840
18  64 松田 次生     (J) Dallara F397/Mugen-Honda   24   43'20.008 133.906
-------------------------------- DNC -------------------------------------
54 高澤  勝     (J) Dallara F397/              12     - 12Laps       
51 千田 富之     (J) Dallara F397/HKS-三菱       9     - 15Laps       
**************************************************************************
           提供:竹下 恵一郎(JCG00146)/仙台
         * FMOTOR4_SysOp 新倉芳夫 (SDI00686)-RIJ *

Japanese F3

F3 第9戦 速報

 F3 第9戦  決勝レポート
 スターティンググリッドで、曇り空から、ポツポツと雨が落ちてきた。黒い雲が辺りを
覆うが、天候の悪化はいまのところはさほどの心配はなさそうだ。
 今回も、ポールポジションから、#1ピーター・ダンブレックが好スタート。
1コーナーで混乱があり、1台のマシンが
 オープニングラップは、#1ダンブレック、#18Dマニング、#7舘信吾、#2加藤寛規、
#55金石年弘#4セバスチャン・マルティノ#9谷川達也のオーダー。
 2周目、トップと2位の差は1.8秒。1分43秒549のピーターのラップタイムに対し、
#18マニングは44秒303。
 3周目は、#1ダンブレック、#18マニング、#7舘、#2加藤、#55金石、#4
S.マルティノ、#9谷川、#8藤原靖久、#16R.デルフラー、#61荒聖治のトップ10。
 5周目は、#1ダンブレック、(3.1秒差)#18マニング、(0.4秒差)#7舘
(2.3秒差)、#2加藤、#55金石、#4S.マルティノ、#9谷川、#8藤原、
#16R.デルフラー、#61荒聖治
 7周目も#1ダンブレックが43秒776で、これを追う#18マニングは44秒330で、
その差は3.7秒まで開く。3位の#7舘は0.4秒差の後方だ。4番手は#2加藤。
 8周目、トップ#1ダンブレックと#18マニングは3.6秒差とわずかに縮まる。
#1ダンブレックが44秒342に対して、#18マニングは44秒215だ。
 9周目も、#1ダンブレックは44秒240。#18マニングは46秒117で#7舘が0.1秒差。
10周目の1コーナーで#7舘は2番手に浮上。
 10周目のオーダーは#1ダンブレックに5.3秒差の#7舘、1.4秒差の#18マニング、
2.4秒差の#2加藤、#55金石、#4マルティノ、#9谷川、#8藤原、#16R.デ
ルフラー、#61荒聖治のトップ10。
 11周目、44秒477のダンブレックに#7舘が44秒312と上回るタイムでその差をジワ
ジワと詰める。
 12周目には、44秒750のダンブレックに4.5秒差まで、44秒190の#7舘がつめる。
#18マニングとの差は3.0秒。
 13周目、#1ダンブレックは44秒697、4.2秒差で44秒341の#7舘。3番手の#18
マニング以下は45秒台。
 14周目、#1ダンブレックは再びペースをわずかに上げ、44秒426のタイムを刻む。
#7舘は44秒622と、その差は4.4秒。
 15周目、#1ダンブレックは44秒549、続く#7舘も44秒529とわずかに上回るが、
その差はほとんど変わらず。
 16周目、44秒724の#1ダンブレックに44秒835の#7舘とその差は4.5秒と、膠着
状態は続く。
 17周目も44秒550の#1ダンブレックから4.3秒差の#7舘が44秒345とわずかに上
回る程度。
 18周目も44秒656と#1ダンブレックに45秒053の#7舘とその差は変わらない。
 19周目は、44秒906の#1ダンブレックに、44秒800の#7舘と4.6秒差。
 20周目、#1ダンブレックに4.9秒差の#7舘、後方は7.9秒差の#18マニング、
#2加藤、#55金石、#4マルティノ、#9谷川、#8藤原、#16R.デルフラー、
#61荒聖治のトップ10とオーダーは変わらず。
 21周目、#1ダンブレックは44秒600のラップを終盤でも出してくるが、#7舘
は45秒109と5.4秒差まで開いてしまう。
 24周のレースは、ポールToウインで、またしても強さを見せた#1ピーター・ダ
ンブレックが7勝目をマークした。
 2位には#7舘、3位は#18マニングが入った。
P No. Driver----------- Car------------------------
1   1 P.ダンブレック(GB)Dallara F398/Tom's-Toyota  1'45.826
2   7 舘  信吾      (J) Dallara F398/Tom's-Toyota  1'45.260   4.026
3  18 D.マニング    (GB)Dallara F397/HKS-三菱      1'45.722  10.586 
4   2 加藤 寛規     (J) Dallara F398/Toda-Honda    1'45.863   5.191        
5  55 金石 年弘     (J) Dallara F398/Mugen-Honda              0.490        
6   4 S.マルティノ  (I) Dallara F398/Torii-Toyota             0.522        
7   9 谷川 達也     (J) Dallara F397/Tom's-Toyota             0.985 
8   8 藤原 靖久     (J) Dallara F398/Tom's-Toyota             4.564 
9  16 R.デルフラー (RA) Dallara F397/Torii-Toyota             2.129 
10  61 荒  聖治     (J) Dallara F398/Tom's-Toyota             0.628 
・
・
-提供 仙台ハイランドレースウエイ-
***JCG00146  竹下 恵一郎//KEIICHIRO TAKESHITA***
/POST

Japanese F3

JF3-Rd9:仙台ハイランドF3ウォームアップ

全日本F3選手権第9戦 仙台 -RIJ- (1998-09-06) Warmup-Session
For 1998 All Japan F3 Championship Rd.9 仙台ハイランドSW(J) : 4.0296km
P No. Driver----------- Car---------------------- Best-LapT -Behind -km/h--
1  64 松田 次生     (J) Dallara F397/Mugen-Honda   1'45.191         137.907
2   5 高木 真一     (J) Dallara F397/Tom's-Toyota  1'45.476   0.285 137.534
3  77 伊藤 大輔     (J) Dallara F397/Toda-Honda    1'45.591   0.400 137.384
4  53 五味 康隆     (J) Martini MK73/Tom's-Toyota  1'46.409   1.218 136.328
5  33 L.ヴィルタネン(SF)Dallara F396/Tom's-Toyota  1'46.711   1.520 135.942
6  51 千田 富之     (J) Dallara F397/HKS-三菱      1'48.605   3.414 133.572
7   4 S.マルティノ  (I) Dallara F398/Torii-Toyota  1'51.116   5.925 130.553
8  16 R.デルフラー (RA) Dallara F397/Torii-Toyota  1'51.478   6.287 130.129
9   9 谷川 達也     (J) Dallara F397/Tom's-Toyota  1'55.130   9.939 126.002
10   2 加藤 寛規     (J) Dallara F398/Toda-Honda    1'56.850  11.659 124.147
11  18 D.マニング    ( ) Dallara F397/HKS-三菱      2'23.240  38.049 101.275
25 長島 正興     (J) Dallara F397/Tom's-Toyota  --------
6 松浦 佑亮     (J) Dallara F398/Mugen-Honda   --------
7 舘  信吾      (J) Dallara F398/Tom's-Toyota  --------
17 黒沢 治樹     (J) Dallara F397/Toda-Honda    --------
54 高澤  勝     (J) Dallara F397/              --------
55 金石 年弘     (J) Dallara F398/Mugen-Honda   --------
61 荒  聖治     (J) Dallara F398/Tom's-Toyota  --------
1 P.ダンブレック(GB)Dallara F398/Tom's-Toyota  --------
8 藤原 靖久     (J) Dallara F398/Tom's-Toyota  --------
******************************************************************************
           提供:竹下 恵一郎(JCG00146)/仙台
         * FMOTOR4_SysOp 新倉芳夫 (SDI00686)-RIJ *

スーパー耐久

N1-Rd6:スーパー耐久仙台ハイランド予選結

スーパー耐久シリーズ第6戦 仙台 -RIJ- (1998-09-05) Qualifying-Session
For 1998 Super Endurance Series Rd.6 仙台ハイランドSW (J) : 4.0296km
P No.Cl.Driver(s)------------ Car---------------- Best-LapT -Behind -km/h--
1   1 1 粕谷俊二/見崎清志     Nissan Skyline GT-R  1'53.555         127.749
2  32 1 横島 久/竹内浩典     Nissan Skyline GT-R  1'54.227   0.672 126.998
3  23 1 福山英朗/木下隆之     Nissan Skyline GT-R  1'56.312   2.757 124.721
4  37 2 山路慎一/井尻 薫     Toyota Celica GT-4   1'58.354   4.799 122.569
5  11 2 中谷明彦/小幡 栄     Mitsubishi Lancer    1'58.378   4.823 122.544
6  36 2 村尾真吾/藤田孝博     Toyota Cerica GT-4   1'58.839   5.284 122.069
7  33 2 村松康生/三好正己     Mitsubishi Lancer    1'59.227   5.672 121.672
8  20 2 細野智行/伊藤勝一     Mitsubishi Lancer    2'00.408   6.853 120.478
9   2 2 渋谷 勉/荒川雅彦     Subaru Impreza WRX   2'00.522   6.967 120.364
10  31 2 小林正吾/竹添謙枝     Nissan Silvia        2'00.890   7.335 119.998
11  27 2 牧口規雄/志村 久     BMW M3               2'01.331   7.776 119.562
12  38 2 雨宮栄城/鈴木 学     Toyota Celica        2'01.978   8.423 118.928
13  29 3 中谷誠志/大橋正澄   Honda Integra        2'02.458   8.903 118.462
14  77 4 山本泰吉/辻本 聡     Honda Civic          2'02.861   9.306 118.073
15  52 4 西垣内正義/渡辺 明   Nissan Pulser        2'02.985   9.430 117.954
16  39 3 井田雅彦/磯田尚孝     Honda Integra        2'03.156   9.601 117.790
17  26 2 川口法行/添田 正     Mitsubishi Lancer    2'03.293   9.738 117.659
18  53 4 小林敬一/原 貴彦     Honda Civic          2'03.357   9.802 117.598
19  68 4 嶋村 馨/長井 誠     Honda Civic          2'03.434   9.879 117.525
20  55 4 福田よしのぶ/萬曇恒明 Hobda Civic          2'03.459   9.904 117.501
21   4 3 山野哲也/西  翼     Honda Integra        2'03.462   9.907 117.498
22  60 4 赤尾文夫/鈴木恵一     Honda Civic          2'03.566  10.011 117.399
23  28 3 佐藤清治/佐藤  淳     Honda Integra        2'03.808  10.253 117.170
24  76 4 佐藤久実/吉田寿博     Honda Civic          2'03.820  10.265 117.158
25  54 4 山内伸弥/浅見 武     Honda Civic          2'03.959  10.404 117.027
26  22 3 古橋  譲/玉本秀幸     Honda Integra        2'03.959  10.404 117.027
27  91 4 坂口良平/松永雅博    Honda Civic          2'03.966  10.411 117.020
28   7 3 元谷宏大/黒木健次     Honda Prelude        2'03.992  10.437 116.996
29  87 4 桂 伸一/菊池 靖     Nissan Pulser        2'04.200  10.645 116.800
30  58 4 保田繁一/姉崎嘉徳     Toyota Sprinter      2'05.909  12.354 115.215
31  71 4 関根基司/山梨順一     Nissan Pulser        2'06.132  12.577 115.011
32  78 4 丸山 浩/宮城 光     Honda Civic          2'06.196  12.641 114.953
33  21 3 福岡博人/能城重之     Toyota MR2           2'11.068  17.513 110.680
****************************************************************************
           提供:竹下 恵一郎(JCG00146)/仙台
         * FMOTOR4_SysOp 新倉芳夫 (SDI00686)-RIJ *

Japanese F3

JF3-Rd9:仙台ハイランドF3予選結果

全日本F3選手権第9戦 仙台 -RIJ- (1998-09-05) Qualifying-Session
For 1998 All Japan F3 Championship Rd.9 仙台ハイランドSW(J) : 4.0296km
P No. Driver----------- Car---------------------- Best-LapT -Behind -km/h--
1   1 P.ダンブレック(GB)Dallara F398/Tom's-Toyota  1'42.779         141.143
2   2 加藤 寛規     (J) Dallara F398/Toda-Honda    1'43.182   0.403 140.592
3   7 舘  信吾      (J) Dallara F398/Tom's-Toyota  1'43.270   0.491 140.472
4  18 D.マニング    ( ) Dallara F397/HKS-三菱      1'43.291   0.512 140.444
5  55 金石 年弘     (J) Dallara F398/Mugen-Honda   1'43.432   0.653 140.252
6   9 谷川 達也     (J) Dallara F397/Tom's-Toyota  1'43.615   0.836 140.004
7  17 黒沢 治樹     (J) Dallara F397/Toda-Honda    1'43.751   0.972 139.821
8   4 S.マルティノ  (I) Dallara F398/Torii-Toyota  1'43.766   0.987 139.801
9   8 藤原 靖久     (J) Dallara F398/Tom's-Toyota  1'43.812   1.033 139.739
10  16 R.デルフラー (RA) Dallara F397/Torii-Toyota  1'43.955   1.176 139.547
11  61 荒  聖治     (J) Dallara F398/Tom's-Toyota  1'43.967   1.188 139.530
12  25 長島 正興     (J) Dallara F397/Tom's-Toyota  1'44.088   1.309 139.368
13   5 高木 真一     (J) Dallara F397/Tom's-Toyota  1'44.090   1.311 139.366
14  77 伊藤 大輔     (J) Dallara F397/Toda-Honda    1'44.186   1.407 139.237
15   6 松浦 佑亮     (J) Dallara F398/Mugen-Honda   1'44.255   1.476 139.145
16  64 松田 次生     (J) Dallara F397/Mugen-Honda   1'44.320   1.541 139.058
17  33 L.ヴィルタネン(SF)Dallara F396/Tom's-Toyota  1'44.493   1.714 138.828
18  54 高澤  勝     (J) Dallara F397/              1'44.534   1.755 138.774
19  53 五味 康隆     (J) Martini MK73/Tom's-Toyota  1'44.790   2.011 138.435
20  51 千田 富之     (J) Dallara F397/HKS-三菱      1'46.597   3.818 136.088
------------------------ DNQ -----------------------------------------------
21  26 千葉 伸也     (J) ?           /Mugen-Honda   -------- 
****************************************************************************
           提供:竹下 恵一郎(JCG00146)/仙台
         * FMOTOR4_SysOp 新倉芳夫 (SDI00686)-RIJ *

Japanese F3

F3 Rd9 予選速報

 F3第9戦 予選レポート
 仙台ハイランドに舞台を移しての第9戦の公式予選が、曇り空の下で午後3
時から30分間行われた。
 
 まず、コースインしたのは#54 富澤 勝。1分45秒台からアタック2周目で
44秒765をマーク。続いて、#64 松田次生がアタック1周目で44秒677を出せば、
#61荒 聖治も44秒385を刻んでくる。さらに、アタック2周目の#55 金石年弘
が43秒554とトップに。
 開始15分後の結果
55 金石 年弘     (J) Dallara F398/Mugen-Honda   1'43.554
61 荒  聖治     (J) Dallara F398/Tom's-Toyota  1'43.967
9 谷川 達也     (J) Dallara F397/Tom's-Toyota  1'44.141
64 松田 次生     (J) Dallara F397/Mugen-Honda   1'44.677
54 高澤  勝     (J) Dallara F397/Tom's-Toyota  1'44.765
53 五味 康隆     (J) Martini MK73/Tom's-Toyota  1'44.790
 残り半分を切って、#2加藤がアタック1周目で43秒388とトップタイムを塗
り替える。#18 D.マニングがアタック2周目で43秒408を出せば、#1P.ダ
ンブレックが残り10分を切り、42秒981で一発の逆転。#18 D.マニングも43秒
322と2番手に浮上。
 遅れてコースインしてきた#7舘信吾もアタック2周目で43秒412と4番手の
位置につける。
 残り5分で#7舘は43秒270と2番手につけるが、#1ダンブレックは42秒779
とスーパーラップを叩き出す。
残り5分でのタイム
1 P.ダンブレック(GB)Dallara F398/Tom's-Toyota  1'42.779
7 舘  信吾      (J) Dallara F398/Tom's-Toyota  1'43.270
18 D.マニング    (GB)Dallara F397/HKS-三菱      1'43.332
2 加藤 寛規     (J) Dallara F398/Toda-Honda    1'44.388
55 金石 年弘     (J) Dallara F398/Mugen-Honda   1'43.554
17 黒沢 治樹     (J) Dallara F397/Toda-Honda    1'43.751
(公式予選暫定結果)
全日本F3選手権第9戦 仙台 -RIJ- (1998-09-05) Practice Result  
For 1998 All Japan F3 Championship Rd.9 仙台ハイランドRW(J) : 4.0296km
P No. Driver----------- Car---------------------- Best-LapT -Behind -km/h--
1   1 P.ダンブレック(GB)Dallara F398/Tom's-Toyota  1'42.779                
2   2 加藤 寛規     (J) Dallara F398/Toda-Honda    1'43.182                
3   7 舘  信吾      (J) Dallara F398/Tom's-Toyota  1'43.270                
4  18 D.マニング    (GB)Dallara F397/HKS-三菱      1'43.291                
5  55 金石 年弘     (J) Dallara F398/Mugen-Honda   1'43.432 
6   9 谷川 達也     (J) Dallara F397/Tom's-Toyota  1'43.615
7  17 黒沢 治樹     (J) Dallara F397/Toda-Honda    1'43.751  
8   4 S.マルティノ  (I) Dallara F398/Torii-Toyota  1'43.766                 
9   8 藤原 靖久     (J) Dallara F398/Tom's-Toyota  1'43.812                
10  16 R.デルフラー (RA) Dallara F397/Torii-Toyota  1'43.955                
11  61 荒  聖治     (J) Dallara F398/Tom's-Toyota  1'43.967
12  25 長島 正興     (J) Dallara F397/Tom's-Toyota  1'44.088                
13   5 高木 真一     (J) Dallara F397/Tom's-Toyota  1'44.090                
14  77 伊藤 大輔     (J) Dallara F397/Toda-Honda    1'44.186                
15   6 松浦 佑亮     (J) Dallara F398/Mugen-Honda   1'44.255                
16  64 松田 次生     (J) Dallara F397/Mugen-Honda   1'44.320                
17  33 L.ヴィルタネン(SF)Dallara F396/Tom's-Toyota  1'44.493                
18  54 高澤  勝     (J) Dallara F397/Tom's-Toyota  1'44.534                
19  53 五味 康隆     (J) Martini MK73/Tom's-Toyota  1'44.790                
20  51 千田 富之     (J) Dallara F397/HKS-三菱      1'46.???                
26 千葉 伸也     (J) Dallara F396/Mugen-Honda   ????                    
****************************************************************************
-提供 仙台ハイランドレースウエイ-
***JCG00146  竹下 恵一郎//KEIICHIRO TAKESHITA***

Japanese F3

F3第9戦 公式練習結果

全日本F3選手権第9戦 仙台 -RIJ- (1998-09-05) Free Practice-Session
For 1998 All Japan F3 Championship Rd.9 仙台ハイランドSW(J) : 4.0296km
P No. Driver----------- Car---------------------- Best-LapT -Behind -km/h--
1   7 舘  信吾      (J) Dallara F398/Tom's-Toyota  1'43.603         140.021
2   1 P.ダンブレック(GB)Dallara F398/Tom's-Toyota  1'43.640   0.037 139.971
3  18 D.マニング    (GB)Dallara F397/HKS-三菱      1'43.930   0.327 139.580
4   2 加藤 寛規     (J) Dallara F398/Toda-Honda    1'44.301   0.698 139.084
5   5 高木 真一     (J) Dallara F397/Tom's-Toyota  1'44.433   0.830 138.908
6  64 松田 次生     (J) Dallara F397/Mugen-Honda   1'44.456   0.853 138.877
7   8 藤原 靖久     (J) Dallara F398/Tom's-Toyota  1'44.515   0.912 138.799
8   4 S.マルティノ  (I) Dallara F398/Torii-Toyota  1'44.582   0.979 138.710
9  25 長島 正興     (J) Dallara F397/Tom's-Toyota  1'44.613   1.010 138.669
10  61 荒  聖治     (J) Dallara F398/Tom's-Toyota  1'44.844   1.241 138.363
11  77 伊藤 大輔     (J) Dallara F397/Toda-Honda    1'44.873   1.270 138.325
12  55 金石 年弘     (J) Dallara F398/Mugen-Honda   1'44.906   1.303 138.282
13  17 黒沢 治樹     (J) Dallara F397/Toda-Honda    1'44.945   1.342 138.230
14   6 松浦 佑亮     (J) Dallara F398/Mugen-Honda   1'44.971   1.368 138.196
15  54 高澤  勝     (J) Dallara F397/Tom's-Toyota  1'45.226   1.623 137.861
16  33 L.ヴィルタネン(SF)Dallara F396/Tom's-Toyota  1'45.288   1.685 137.780
17  16 R.デルフラー (RA) Dallara F397/Torii-Toyota  1'45.486   1.883 137.521
18   9 谷川 達也     (J) Dallara F397/Tom's-Toyota  1'45.690   2.087 137.256
19  53 五味 康隆     (J) Martini MK73/Tom's-Toyota  1'45.748   2.145 137.180
20  51 千田 富之     (J) Dallara F397/HKS-三菱      1'47.276   3.673 135.227
21  26 千葉 伸也     (J) Dallara F396/Mugen-Honda   2'00.138  16.535 120.749
****************************************************************************
-提供 仙台ハイランドレースウエイ-
***JCG00146  竹下 恵一郎//KEIICHIRO TAKESHITA***


Japanese F3

JF3-Rd9:仙台ハイランドF3公式練習結果

全日本F3選手権第9戦 仙台 -RIJ- (1998-09-05) Free Practice-Session
For 1998 All Japan F3 Championship Rd.9 仙台ハイランドSW(J) : 4.0296km
P No. Driver----------- Car---------------------- Best-LapT -Behind -km/h--
1   7 舘  信吾      (J) Dallara F398/Tom's-Toyota  1'43.603         140.021
2   1 P.ダンブレック(GB)Dallara F398/Tom's-Toyota  1'43.640   0.037 139.971
3  18 D.マニング    ( ) Dallara F397/HKS-三菱      1'43.930   0.327 139.580
4   2 加藤 寛規     (J) Dallara F398/Toda-Honda    1'44.301   0.698 139.084
5   5 高木 真一     (J) Dallara F397/Tom's-Toyota  1'44.433   0.830 138.908
6  64 松田 次生     (J) Dallara F397/Mugen-Honda   1'44.456   0.853 138.877
7   8 藤原 靖久     (J) Dallara F398/Tom's-Toyota  1'44.515   0.912 138.799
8   4 S.マルティノ  (I) Dallara F398/Torii-Toyota  1'44.582   0.979 138.710
9  25 長島 正興     (J) Dallara F397/Tom's-Toyota  1'44.613   1.010 138.669
10  61 荒  聖治     (J) Dallara F398/Tom's-Toyota  1'44.844   1.241 138.363
11  77 伊藤 大輔     (J) Dallara F397/Toda-Honda    1'44.873   1.270 138.325
12  55 金石 年弘     (J) Dallara F398/Mugen-Honda   1'44.906   1.303 138.282
13  17 黒沢 治樹     (J) Dallara F397/Toda-Honda    1'44.945   1.342 138.230
14   6 松浦 佑亮     (J) Dallara F398/Mugen-Honda   1'44.971   1.368 138.196
15  54 高澤  勝     (J) Dallara F397/              1'45.226   1.623 137.861
16  33 L.ヴィルタネン(SF)Dallara F396/Tom's-Toyota  1'45.288   1.685 137.780
17  16 R.デルフラー (RA) Dallara F397/Torii-Toyota  1'45.486   1.883 137.521
18   9 谷川 達也     (J) Dallara F397/Tom's-Toyota  1'45.690   2.087 137.256
19  53 五味 康隆     (J) Martini MK73/Tom's-Toyota  1'45.748   2.145 137.180
20  51 千田 富之     (J) Dallara F397/HKS-三菱      1'47.276   3.673 135.227
21  26 千葉 伸也     (J) ?           /Mugen-Honda   2'00.138  16.535 120.749
****************************************************************************
           提供:竹下 恵一郎(JCG00146)/仙台
         * FMOTOR4_SysOp 新倉芳夫 (SDI00686)-RIJ *

検索

最新ニュース