Archives

  • [—]2017 (366)
  • [+]2016 (639)
  • [+]2015 (714)
  • [+]2014 (655)
  • [+]2013 (623)
  • [+]2012 (621)
  • [+]2011 (484)
  • [+]2010 (554)
  • [+]2009 (522)
  • [+]2008 (467)
  • [+]2007 (596)
  • [+]2006 (530)
  • [+]2005 (460)
  • [+]2004 (304)
  • [+]2003 (454)
  • [+]2002 (454)
  • [+]2001 (217)
  • [+]2000 (408)
  • [+]1999 (376)
  • [+]1998 (465)
  • [+]1997 (424)
  • [+]1996 (1)
  • [+]1995 (425)
  • [+]1994 (411)
  • [+]1993 (423)
  • [+]1992 (519)
  • [+]1991 (423)
  • [+]1990 (250)
  • [+]1970 (1)

ニュース内検索

1998年5月

Japanese F3

SKILL SPEED F3 REPORT 5/31

全日本F3選手権シリーズ 第4戦 決勝結果
富士スピードウェイ/5月31日(日)
伊藤大輔、復活の狼煙。開幕戦以来の3位表彰台
 全日本F3選手権第4戦、富士ラウンド決勝、シビアだった予選セッションが、
そのまま決勝レースでも続いたかのような展開となった。この日の最終レースと
して行なわれた決勝レースは、終始ダンブレック選手、加藤選手、そして伊藤大
輔の3名による激しい三つ巴戦となった。
 優勝争いがこの3名に絞られることは、レースウィークの流れからしても明ら
かで、グリッドにつけた3チーム間に漂うムードは緊張感に溢れていた。スター
トは後続車のミスでスタートディレイとなるが、集中力を削がれることはなく伊
藤はベストスタートを見せた。まずスタートで加藤選手を抜き、2番手に浮上。
トップのダンブレック選手に肉薄する勢いを見せた。開幕戦ではダンブレック選
手に序盤戦のダッシュで負けた伊藤は、その教訓を生かして序盤からダンブレッ
ク選手に迫って離れない。加藤選手が出遅れた分、序盤戦は一騎討ちの様相とな
るが、底力を見せる加藤選手が6周目に3番手に浮上するとトップの2台に追い
つき始めた。富士スピードウェイ特有の長いストレートで3台のマシンは等間隔
で駆け抜ける。スリップストリームで引っ張りあいながらも、そこから抜け出せ
るほどの勢いまでは稼げない、そんな状態が続いた。3台の力はまさに拮抗して
おり、一瞬のミスも許されない精神戦とも言えた。
 しかし、とにかくスタートからトップに食らいついて、後半に勝負をかける作
戦であった伊藤だったが10周目の1コーナー立ち上がりで一瞬バランスを崩す
ミスを犯してしまう。この瞬間に一定の間隔に留めていた加藤選手との差がグンッ
と縮まってしまう。ほんの1、2メートルの話なのだが、この違いが相手にスリッ
プストリームから抜け出す勢いを与えてしまうのだ。案の定、11周目の第1コー
ナーで最終コーナーから伊藤にピタリとつけて来た加藤選手がスリップストリー
ムを有効に使って伊藤の前に出た。そしてすぐさま、また“一定”の間隔を作り
伊藤の攻め手を防ぐことに。結局、この一瞬ですべてが決してしまった。
 優勝はダンブレック選手。2位に加藤選手、そして伊藤は開幕戦以来の3位で
フィニッシュした。伊藤大輔とスキルスピードはまたも負けてしまったが、筑波
戦から続いた低迷状態を一掃するような攻めのレースをできたと思う。次のもて
ぎラウンドこそ、表彰台の最上段を狙う。
伊藤大輔
「すごく悔しい。別にミラーを気にしていたわけでもないのに、一瞬ミスしてし
まった。やはりそれが決定的でした。ダンブレック選手のマシンはすごく速かっ
たけれど、最後には勝てるとも思っていた。だからすごく悔しい。次のレースで
は絶対に勝ちを狙っていきます」
百田義弘チーム監督
「うーん、惜しいレースでしたね。やり方次第では勝てましたからね。ライバル
たちもいいマシンに仕上げてきた。その方向性を観察していると、本当に最後の
数周勝負だったと思う。伊藤に関しては、終始攻めのレースを見せてくれたのは、
大きな収穫だったと思います。次のレースでも再びトップ争いを見せたいと思い
ます」
深尾栄一チームマネージャー
「今までのレースで一番悔しいレースですね。今回は絶体絶命に近い状態の中か
ら土壇場で参戦にこじつけることができ、協力していただいた方々のためにも、
どうしても勝ちたかった。でも内容的には次に繋がるレースをできたとも思いま
す。また、今からもてぎに向けての体制作りのために飛び回ります」
                          SKILL SPEED 深尾栄一

Japanese F3

'98_JF3 ドライバーズポイント( 4/10戦)

(第4戦まで)
1998                    3   4   5   5   6   7   8   8   9  10
Japan                  /   /   /   /   /   /   /   /   /   /
Formula 3            22  19  17  31  14   5   2  16   6   4
Championship        鈴  筑  美  富  茂  鈴  菅  T  仙  鈴
Drivers-point      鹿  波  祢  士  木  鹿  生  I  台  鹿
Po-No-Driver----------Rd -1 --2 --3 --4 --5 --6 --7 --8 --9 -10-総合P-有効P
1   1 P.ダンブレック    9   4   9   9                            31    31
2   2 加藤 寛規          4   9   6   6                            25    25
3   7 舘 信吾            3   6   4   2                            15    15
4  77 伊藤 大輔          6   3   0   4                            13    13
5  64 松田 次生          2   -   1   1                             4     4
6  55 金石 年弘          0   0   3   0                             3     3
6   4 R.ヴィルタネン    -   0   0   3                             3     3
8   9 谷川 達也          0   2   0   0                             2     2
8   5 高木 真一          0   0   2   0                             2     2
10  8 藤原 靖久          0   1   0   0                             1     1
10 14 S.マルティノ      1   -   -   -                             1     1
38 平野 功            0   0   0   0                             0     0
17 黒沢 治樹          0   0   0   0                             0     0
33 井出 有司          0   0   0   0                             0     0
16 R.デルフラー      0   0   0   0                             0     0
51 清水 剛            0   0   0   0                             0     0
15 歌川 拓            0   0   0   0                             0     0
18 密山 祥吾          0   0   0   0                             0     0
25 長島 正興          0   0   0   0                             0     0
53 五味 康隆          0  DNS  0   0                             0     0
39 水谷 竜也          0   -   0   -                             0     0
24 静間 大典          0   -   -   0                             0     0
66 関 昌之            0   -   -   0                             0     0
6 松浦 佑亮          -   -   0   0                             0     0
19 佐々木 孝太        0   -   -   -                             0     0
24 佐藤 雅洋          0   -   -   -                             0     0
6 佐藤 琢磨          0   -   -   -                             0     0
24 山田 英雄          -   0   -   -                             0     0
27 三沢 伸輔          -   -   0   -                             0     0
24 蔵本 信之          -   -   0   -                             0     0
39 徳田 照幸          -   -   -   0                             0     0
***************************************************************************
* 1位から6位までに9-6-4-3-2-1のポイント
* 全10戦中ベスト7戦(70%)有効ポイント制
///// PDD01523 伊東 昭雄 /////

Japanese F3

98全日本フォ-ミュラ3選手権 第4戦 レース結果

*******************************************************************************
*                                        Fuji International Speedway(4.470km) *
*              1998年全日本選手権フォ-ミュラ・ニッポン第3戦 富士スピ-ドウェイ              *
*                           F-3 レース結果表                               *
* 1998.05.31    天候 : 晴れ       コース状況 : ドライ         SEIKO TIMING *
*******************************************************************************
位 車番ドライバー        車      名                    周回   所要時間    km/h
-------------------------------------------------------------------------------
1   1 P.ダンブレック    TOM'S TOBI F398                20   29'59.806 178.295
2   2 加藤 寛規         ファイテックス戸田無限本田     20   30'00.580 178.219
3  77 伊藤 大輔         ホンダスキルF397無限           20   30'01.764 178.101
4   4 R.ヴィルタネン    TEC ARTトリイ東名              20   30'12.849 177.012
5   7 舘 信吾           TOM'S ESSO F398                20   30'15.879 176.717
6  64 松田 次生         SRS-F スカラシップ            20   30'16.325 176.674
7   9 谷川 達也         ThreeBond397                   20   30'19.620 176.354
8  17 黒澤 治樹         ライアン レーシング 無限本田   20   30'22.289 176.095
9  38 平野 功           KDSダラーラ トリイトヨタ       20   30'30.522 175.303
10   8 藤原 靖久         TOM'S ESSO F398                20   30'30.932 175.264
11  55 金石 年弘         ARTAダラーラ無限               20   30'31.410 175.218
12   5 高木 真一         REVO T-REX / 397               20   30'32.620 175.103
13  39 徳田 照幸         KDSダラーラ トリイトヨタ       20   30'32.991 175.067
14  16 R.デルフラー      MKダラーラ                     20   30'33.161 175.051
15  25 長島 正興         ナンシンメガネスーパーF397     20   30'36.412 174.741
16  33 井出 有治         5ZIGEN・DALLARA                 20   30'46.967 173.743
17  18 密山 祥吾         イエローハット397HKS           20   31'03.746 172.178
18* 15 歌川 拓           MKダラーラ                     20   31'20.168 170.675
19  66 関 昌之           ディープRカルテックス395改     20   31'24.426 170.289
20* 51 清水 剛           阪急交通社F3                   19   30'35.013 166.105
----------------------------- *** 以上 完走 *** -------------------------------
24 静間 大典         ダラーラF395改                 14
53 五味 康隆         芙蓉実業MARTINI                12
6 松浦 佑亮         DALLARA398無限                 12
-------------------------------------------------------------------------------
スタート  15:44'03     フィニッシュ  16:14'02.806
参加台数 : 23 台    出走台数 : 23 台    完走台数 : 20 台
ベストタイム  No. 2 ( 加藤  寛規 )   1'29.384  13/20  180.032 km/h
* No.51 は,黄旗追い越しの為1周減算のペナルティを課した。
* No.15 は,反則スタートにより10秒のペナルティストップを課した。
-------------------------------------------------------------------------------
☆☆☆ 提供 : Fuji International Speedway ☆☆☆

Japanese F3

F3_Rd.4:富士 決勝レポート

全日本F3選手権第4戦 富士スピードウェイ
        ダンブレック、加藤の追撃を退け3勝目!
 Fニッポンの決勝後、涼しくなった午後3時25分、予定どおりフォーメイシ
ョン開始。グリッドへ。
 ところが、フォーメイションでスタートの遅れたマシンがあったため、後方グ
リッドの位置が急きょ変更。これに対応できなかったマシンが正しいグリッドに
つけず、スタートディレイ。周回数を1周減らし20周で争われることとなった。
 スタート後の1コーナーを制したのはPP#1ダンブレック。2位には#77伊
藤がつけ、以下#2加藤、#7舘、#4ヴィルタネンと続く。
2周目1コーナー、#7舘が#2加藤をパス。3位へ浮上。
5周終了時、#1、#77、#7、#2が等間隔で並び、この4台がトップグルー
プを形成。#1ダンブレックが2位との差をジワジワと広げつつある。
7周目、#2加藤が##7舘をかわし3位へ。
●10周終了時点(TOP10)
1  P.ダンブレック  DALLARA F398/トヨタ
77  伊藤  大輔      DALLARA F397/無限     - 0.6
7  舘  信吾        DALLARA F398/トヨタ   - 1.2
2  加藤  寛規      DALLARA F398/無限     - 3.0
4  R.ヴィルタネン  DALLARA F397/トヨタ   - 5.5
9  谷川  達也      DALLARA F397/トヨタ   - 9.0
64  松田  次生      DALLARA F397/無限     - 9.9
8  藤原  靖久      DALLARA F398/トヨタ   -12.0
17  黒澤  治樹      DALLARA F397/無限     -13.6
33  井出  有治      DALLARA F396/トヨタ   -13.9
11周目1コーナー立ち上がり#33スピン、再スタート。
13周目1コーナー、#2加藤が#77伊藤を抜き2位へ。トップ追撃態勢に入る。
両者の差は、13周終了時0.6秒。14周目0.5秒。
15周目、4位走行中の#7舘がスピン。ポジションを下げる。
15周終了時、トップ2車の差は0.3秒と更に縮まる。しかし、#1もペース
を上げ16周目には0.6秒に再び広がる。
19周目、9位#8藤原スピン再スタート。
#2加藤は最後まで必死に食い下がるが、#1ダンブレックの壁を崩すまでには
至らず。本命ダンブレックが今季3勝目のチェッカーを受けた。
タラレバを言えば、#2加藤のスタートの遅れがなければ……と思わせるレース
だった。
●暫定決勝結果(TOP10)
1  P.ダンブレック  DALLARA F398/トヨタ
2  加藤  寛規      DALLARA F398/無限     - 0.7
77  伊藤  大輔      DALLARA F397/無限     - 1.9
4  R.ヴィルタネン  DALLARA F397/トヨタ   -13.0
7  舘  信吾        DALLARA F398/トヨタ   -16.0
64  松田  次生      DALLARA F397/無限     -16.5
9  谷川  達也      DALLARA F397/トヨタ   -19.8
17  黒澤  治樹      DALLARA F397/無限     -22.4
33  井出  有治      DALLARA F396/トヨタ   -30.7
8  藤原  靖久      DALLARA F398/トヨタ   -31.1
 なお、結果は暫定ですので、後に掲載されるリザルトをご覧ください。
             *** FMOTOR4F SysOp 北島滋穂(SDI00685) ***

Formula Nippon

'98F_NIPPON ドライバーズポイント( 3/10戦

(第3戦まで)
1998                   4   5   5   6   7   8   8   9  10  11
Japan                 /   /   /   /   /   /   /   /   /   /
Formula Nippon      19  17  31  14  05  02  30  20  18  29
Championship       鈴  美  富  茂  富  美  富  鈴  富  鈴
Drivers-point     鹿  祢  士  木  鹿  生  士  祢  士  鹿
Po -No ----Driver ------Rd.-1 --2 --3 --4 --5 --6 --7 --8 --9 -10 ---総合P
1  8     本山 哲           0  10  10                                   20
2 55     金石 勝智         3   2   6                                   11
3 20     影山 正彦        10   0   0                                   10
4 14     道上 龍           0   4   3                                    7
5 56     脇阪 寿一         0   6   0                                    6
5  1     影山 正美         6   0   0                                    6
7  7     N.フォンタナ     4   0   1                                    5
8 19     黒澤 琢弥         0   0   4                                    4
9  5     M.グーセン       1   3   0                                    4
10 11     野田 英樹         2   0   2                                    4
11 65     T.コロネル       0   1   0                                    1
3     川本 篤           0   0   0                                    0
2     R.ファーマン     0   0   0                                    0
21     田中 哲也         0   0   0                                    0
62     柴原 眞介         0   0   0                                    0
17     近藤 真彦         0   0   0                                    0
64     山西 康司         0   0   0                                    0
36     玉中 哲二         0   0   0                                    0
6     脇阪 薫一         0   0   0                                    0
22     石川  朗          0   0   0                                    0
18     高橋 毅           0   0   -                                    0
63     大西 太一郎       -   0   0                                    0
37     山田 政夫         -   0   0                                    0
35     惣田 季靖         0   -   -                                    0
63     OSAMU        0   -   -                                    0
12     飯田 章           -   -   0                                    0
22     立川 祐路         -   -   0                                    0
**************************************************************************
* 1位から6位までに10-6-4-3-2-1のポイント
* 全10戦総ポイント制
* 予選通過基準タイム(110%)
///// PDD01523 伊東 昭雄 /////

Formula Nippon

FN_Rd.3:富士 決勝レポート

全日本選手権フォーミュラ・ニッポン第3戦 富士スピードウェイ
          本山、ポールトゥウィンで連勝!
 5月31日、天気予報は全国的に晴れ。富士スピードウェイも午前中は薄曇り
だったが、決勝のスタート時刻が近づくにつれて陽も射して気温も上がってきた。
 スタートを制したのはPPスタートの#8本山、好スタートの#7フォンタナ
がこれに続きチームルマンの1-2態勢。
 スタート直後の1コーナーで#64山西、#24石川がストップ。
 朝のフリー走行でクラッシュをしてしまった注目のGフォースに乗る#2ファ
ーマンはフォーメイションでピットイン。再度コースインするがまともに走れず。
結局リタイア。
2周目ダンロップコーナー#1影山スピンストップ。
10周目1コーナー#20影山スピン、グラベルストップ
●10周終了時点(TOP10)
8  本山  哲        レイナード97D/無限MF308
7  N.フォンタナ    レイナード97D/無限MF308 - 2.2
19  黒澤琢弥        ローラT98-51 /無限MF308  - 3.8
55  金石勝智        ローラT98-51 /無限MF308  - 5.3
14  道上  龍        レイナード96D/無限MF308  - 9.0
65  T.コロネル      レイナード97D/無限MF308  -10.0
5  M.グーセン      レイナード97D/無限MF308  -11.6
11  野田英樹        ローラT98-51 /無限MF308  -14.4
56  脇阪寿一        ローラT97-51 /無限MF308  -20.4
12周目#65コロネル、ピットイン(マシントラブル)
19周目追い上げの期待された#56脇阪はペース上がらず、ピットイン、リタイ
アとなってしまった。
勢いづく#8本山は独走態勢を固めつつある。
●20周終了時点(TOP10)
8  本山  哲        レイナード97D/無限MF308
7  N.フォンタナ    レイナード97D/無限MF308 - 4.8
55  金石勝智        ローラT98-51 /無限MF308  - 4.9
19  黒澤琢弥        ローラT98-51 /無限MF308  - 5.5
14  道上  龍        レイナード96D/無限MF308  - 9.9
5  M.グーセン      レイナード97D/無限MF308  -13.3
11  野田英樹        ローラT98-51 /無限MF308  -19.8
21  田中哲也        ローラT95-50 /無限MF308  -24.8
12  飯田  章        ローラT96-52 /無限MF308  -30.2
18  立川祐路        レイナード97D/無限MF308  -33.1
20周を過ぎて2位争いが激化。#7フォンタナ、#19黒澤、#55金石がバトルを
繰り広げる間に#14道上もこの集団に追いつく。
26周目1コーナー、#19黒澤、#55金石が続けて#7フォンタナをパス。
28周目サントリーコーナー、#14道上が手こずりながらも#7をパス。
●30周終了時点(TOP10)
8  本山  哲        レイナード97D/無限MF308
19  黒澤琢弥        ローラT98-51 /無限MF308  - 6.5
55  金石勝智        ローラT98-51 /無限MF308  - 7.2
14  道上  龍        レイナード96D/無限MF308  -12.2
7  N.フォンタナ    レイナード97D/無限MF308 -13.4
5  M.グーセン      レイナード97D/無限MF308  -15.9
11  野田英樹        ローラT98-51 /無限MF308  -23.1
21  田中哲也        ローラT95-50 /無限MF308  -28.6
12  飯田  章        ローラT96-52 /無限MF308  -30.9
18  立川祐路        レイナード97D/無限MF308  -40.8
35周目1コーナー、#55金石が#19黒澤を抜き2位へ。しかし、抜かれた#19
黒澤はその後も食い下がる。
36周目1コーナー、#12飯田が#12田中を抜き8位へ。
37周目サントリーコーナー、#5グーセンが#7フォンタナを抜き5位へ浮上。
と思ったら、その後に#5はスローダウン。ピットインしてリタイア。
41周目1コーナー、#11野田、#7フォンタナをパスし6位へ。
40周過ぎからトップ#8本山のペースが鈍る。#55金石との差は、40周目5
秒4、41周目4秒8、42周目3秒8、43周目2秒2、44周目1秒7。最
後は0秒8まで詰まったが、これは#8本山の意識的なペースダウン。
 「連勝は嬉しいけど、本当に喜ぶのはもっと先」という#8本山はMINEに
続く2連勝。一気にチャンピオン最有力候補となった。
●暫定決勝結果(TOP10)
8  本山  哲        レイナード97D/無限MF308
55  金石勝智        ローラT98-51 /無限MF308  -   0.8
19  黒澤琢弥        ローラT98-51 /無限MF308  -   3.0
14  道上  龍        レイナード96D/無限MF308  -  12.5
11  野田英樹        ローラT98-51 /無限MF308  -  28.1
7  N.フォンタナ    レイナード97D/無限MF308 -  31.8
21  田中哲也        ローラT95-50 /無限MF308  -  31.9
12  飯田  章        ローラT96-52 /無限MF308  -  32.3
18  立川祐路        レイナード97D/無限MF308  -  54.0
6  脇阪薫一        ローラT97-51 /無限MF308  -1'30.1
 なお、結果は暫定です。
             *** FMOTOR4F SysOp 北島滋穂(SDI00685) ***

Formula Nippon

98全日本選手権フォ-ミュラ・ニッポン第3戦 レース結果

*******************************************************************************
*                                        Fuji International Speedway(4.470km) *
*              1998年全日本選手権フォ-ミュラ・ニッポン第3戦 富士スピ-ドウェイ              *
*                        フォーミュラ・ニッポン レース結果表                            *
* 1998.05.31    天候 : 曇り       コース状況 : ドライ         SEIKO TIMING *
*******************************************************************************
位車番ドライバー         車      名                    周回   所要時間    km/h
-------------------------------------------------------------------------------
1  8 本山 哲        (J) LEMONed Le Mans                45 1:00'28.148 199.329
2 55 金石 勝智      (J) ARTA                           45 1:00'28.982 199.284
3 19 黒澤 琢弥      (J) MAZIORA IMPUL                  45 1:00'31.193 199.162
4 14 道上 龍        (J) JACCS MOONCRAFT                45 1:00'40.675 198.644
5 11 野田 英樹      (J) COSMO OIL CERUMO               45 1:00'56.321 197.794
6  7 N. フォンタナ (RA) LEMONed Le Mans                45 1:01'00.046 197.592
7 21 田中 哲也      (J) BE BRIDES                      45 1:01'00.121 197.588
8 12 飯田 章        (J) COSMO OIL CERUMO               45 1:01'00.453 197.570
9 18 立川 祐路      (J) TMS                            45 1:01'22.163 196.405
10  6 脇阪 薫一      (J) 5ZIGEN                         45 1:01'58.303 194.496
11 17 近藤 真彦      (J) TMS                            44 1:00'39.230 194.301
12 62 柴原 眞介      (J) LEYJUN                         44 1:01'32.056 191.521
13 63 大西太一郎     (J) LEYJUN                         43 1:00'43.553 189.654
14 36 玉中 哲二      (J) タカギ B-1                     43 1:01'34.411 187.043
15 37 山田 政夫      (J) タカギ B-1                     41 1:01'23.077 178.880
----------------------------- *** 以上 完走 *** -------------------------------
5 M. グーセン    (B) 5ZIGEN                         37
56 脇阪 寿一      (J) ARTA                           19
65 T. コロネル   (NE) PIAA NAKAJIMA                  12
20 影山 正彦      (J) MAZIORA IMPUL                   9
3 川本 篤        (J) ASAHI KIKO                      9
2 R. ファーマン (GB) SHIONOGI  NOVA                  3
1 影山 正美      (J) SHIONOGI  NOVA                  1
64 山西 康司      (J) PIAA NAKAJIMA                   0
22 石川 朗        (J) BE BRIDES                       0
-------------------------------------------------------------------------------
スタート  13:44'42     フィニッシュ  14:45'10.148
参加台数 : 24 台    出走台数 : 24 台    完走台数 : 15 台
ベストタイム  No. 55 ( 金石  勝智 )   1'19.388  45/45  202.701 km/h
変更なき場合このまま正式結果とします。
-------------------------------------------------------------------------------
CHIEF TIMEKEEPER :  HISAO GOMI
☆☆☆ 提供 : Fuji International Speedway ☆☆☆

Formula Nippon

98全日本選手権フォ-ミュラ・ニッポン第3戦 フリー走行

*******************************************************************************
*                                        Fuji International Speedway(4.470km) *
*              1998年全日本選手権フォ-ミュラ・ニッポン第3戦 富士スピ-ドウェイ              *
*                           フォーミュラ・ニッポン フリー走行                           *
* 1998.05.31    天候 : 曇り       コース状況 : ドライ         SEIKO TIMING *
*******************************************************************************
位車番ドライバー         車     名                      ベストラップ 周  km/h
-------------------------------------------------------------------------------
1 56 脇阪 寿一 (J)      ARTA                           1'18.773 14 204.283
2  8 本山 哲 (J)        LEMONed Le Mans                1'19.010 10 203.670
3  7 N. フォンタナ (RA) LEMONed Le Mans                1'19.026 16 203.629
4 55 金石 勝智 (J)      ARTA                           1'19.039 13 203.596
5 20 影山 正彦 (J)      MAZIORA IMPUL                  1'19.093 15 203.457
6 65 T. コロネル (NE)   PIAA NAKAJIMA                  1'19.374 17 202.736
7 19 黒澤 琢弥 (J)      MAZIORA IMPUL                  1'19.461 13 202.514
8 14 道上 龍 (J)        JACCS MOONCRAFT                1'19.505 16 202.402
9  5 M. グーセン (B)    5ZIGEN                         1'19.612 18 202.130
10  1 影山 正美 (J)      SHIONOGI  NOVA                 1'19.679 14 201.960
11 12 飯田 章 (J)        COSMO OIL CERUMO               1'19.687 18 201.940
12 21 田中 哲也 (J)      BE BRIDES                      1'19.704 17 201.897
13 11 野田 英樹 (J)      COSMO OIL CERUMO               1'19.755 13 201.768
14 18 立川 祐路 (J)      TMS                            1'19.971 19 201.223
15  6 脇阪 薫一 (J)      5ZIGEN                         1'20.402 19 200.144
16 64 山西 康司 (J)      PIAA NAKAJIMA                  1'20.446 14 200.035
17 17 近藤 真彦 (J)      TMS                            1'20.748 17 199.287
18  3 川本 篤 (J)        ASAHI KIKO                     1'21.077 15 198.478
19 62 柴原 眞介 (J)      LEYJUN                         1'21.424 16 197.632
20 36 玉中 哲二 (J)      タカギ B-1                     1'22.420 14 195.244
21 63 大西太一郎 (J)     LEYJUN                         1'22.466 14 195.135
22  2 R. ファーマン (GB) SHIONOGI  NOVA                 1'23.349  3 193.068
23 22 石川 朗 (J)        BE BRIDES                      1'23.973 10 191.633
24 37 山田 政夫 (J)      タカギ B-1                     1'27.381  8 184.159
-------------------------------------------------------------------------------
☆☆☆ 提供 : Fuji International Speedway ☆☆☆

Japanese F3

SKILL SPEED F3 REPORT 5/30

全日本F3選手権シリーズ 第4戦 予選結果
富士スピードウェイ/5月30日(土)
伊藤大輔、きびしい予選をくぐりぬけ、3番手スタート
 シリーズは早くも4戦目。隔週3連戦の真ん中の重要な1戦だ。特に我々スキ
ルスピードと伊藤にとっては前戦美祢ラウンドでノーポイントで終わっているた
め絶対に落とせないレースと言えた。木曜日からの走行で、シリーズトップ2の
ダンブレック選手、加藤選手そして伊藤大輔の3人が三つ巴の争いを展開。金曜
日は雨によるコンディションの変化で順位はばらついたものの、土曜日の予選は
ドライとなり、再び三つ巴の様相を示した。
 まず今年開幕戦から元気のいい松田選手がペースセッターとなって始まった予
選セッション、トップ争いを展開するであろう伊藤、ダンブレック、加藤の3ド
ライバーの中で最初に動いたのは加藤選手だった。そしてその数分後にダンブレッ
ク選手と伊藤がコースに出ていった。その時点でトップに立っていた松田選手の
タイムをまず加藤選手が破り1分29秒463をマーク。すかさずその1周後に
ダンブレック選手が29秒272でトップに立った。伊藤は舘選手に割って入ら
れての4番手につけていた。各ドライバーは懸命にアタック合戦を展開していた
が、タイムを更新できずラスト10分でピットに入ってくる。そしてタイヤ交換
し、各車最後のアタックに出ていったのは残り5分あまりとなった頃だった。こ
こからが本当の予選と言えた。
 まず伊藤がピットアウト2周目に、いきなり2番手にジャンプアップし、ゲー
ムはさらにヒートアップ。ダンブレック選手、伊藤、加藤選手といったポジショ
ニングの中まさに最後の1周が勝負となった。まず最初にチェッカーを受けるこ
とになった加藤選手が再びトップに躍り出るも、次にチェッカーを受けたダンブ
レック選手が唯一人28秒台にタイムを載せて再びトップに。そして最後の伊藤
だが、ラストアタックとなった第1コーナーで前のマシンに詰まり僅かながらタ
イムを更新できずにチェッカーを受けることに。結局伊藤は、3番手となった。
 まさにシーソーゲームのような予選となったが、恥を忍んで白状すると実際、
我々が彼らと同じフィールドで戦えていること自体、奇跡に近い状況だったのだ。
それは相変わらずチームが陥っているスポンサー面における体力不足が原因だ。
ゲームがいっそう激しくなっている今年のF3シリーズにおいて、これは大きな
ハンディキャップと言わざるをえない。果してこのような状況の中で、参戦して
よいものなのか疑問を抱きながら日々を過ごしていた。それが土壇場の土壇場で
数多くの方々の協力があり参戦にこぎつけられた。陳腐な言い回しだが、失うも
のは何もない、そんな気持ちでこのレースに臨んだ。明日の決勝は激しいものに
なるだろう。なんとしても次に繋がるレースを皆さんにお見せしたい。
伊藤大輔
「自分の反省としては、うまく1周をまとめきることができませんでした。スリッ
プを使えたと思ったらクリッピングポイントにつけなかったり、滑りやすい路面
とわかっていながら、ラフな運転をしてしまったり。最後の1周でうまくダンブ
レック選手のスリップを使えたんですが、敵もすごく速くてあと数メートルとい
うところで抜けきれなかったんです。あれが使えたら最高のタイムを出せたでしょ
うね。まぁ、今言っても仕方がないんですが。できれば1列目が良かったですが、
2列目でも充分権利があると思っています。明日、表彰台の最上段に上がるため
に精一杯頑張りますのでよろしくお願いします」
百田義弘監督
「3番手というのは明日のレースを考えると悪くはない。伊藤にとっては百戦錬
磨の前の2台と戦うことによって得るものは大きいでしょう。もちろん優勝を狙っ
ています。私としては回りは新型のマシンばかりですが、なんとか旧型のシャシー
でも勝負できるところを見せるよう明日のセッティングを考えます」
深尾栄一チームマネージャー
「毎度のことなんですが、今回は特に辛い状況の中での参戦でした。レースに出
場できているのが夢のようです。とにかく伊藤そしてスタッフに良い状況下で仕
事をさせたいという、その思いひとつで美祢の後も駆け回っていましたが、それ
でも今回は本当に辛かった。しかし、土壇場でTCプロ・インターナショナルさ
んやスピードマスターさん、そして伊藤の後援会の皆様などのご協力で参戦する
ことができました。心から感謝します。明日は最後の1周までファイトしますの
で応援のほどよろしくお願いいたします。今後を占う上でも、明日こそはみなさ
んのさらなる声援が必要です」
                          SKILL SPEED 深尾栄一

Japanese F3

1998年全日本フォ-ミュラ3選手権 第4戦 予選結果

*******************************************************************************
*                                        Fuji International Speedway(4.470km) *
*              1998年全日本選手権フォ-ミュラ・ニッポン第3戦 富士スピ-ドウェイ              *
*                          F-3 公式予選正式結果表                          *
* 1998.05.30    天候 : 曇り       コース状況 : ドライ         SEIKO TIMING *
*******************************************************************************
位車番ドライバー         車     名                      ベストラップ 周  km/h
-------------------------------------------------------------------------------
1  1 P.ダンブレック(GB) TOM'S TOBI F398                1'28.911 11 180.990
2  2 加藤 寛規 (J)      ファイテックス戸田無限本田     1'29.068 13 180.671
3 77 伊藤 大輔 (J)      ホンダスキルF397無限           1'29.217 12 180.369
4  7 舘 信吾 (J)        TOM'S ESSO F398                1'29.450 13 179.899
5  4 R.ヴィルタネン(SF) TEC ARTトリイ東名              1'29.747 12 179.304
6 16 R.デルフラー (RA)  MKダラーラ                     1'29.897  9 179.005
7 38 平野 功 (J)        KDSダラーラ トリイトヨタ       1'29.943 12 178.913
8 64 松田 次生 (J)      SRS-F スカラシップ            1'29.997 18 178.806
9  9 谷川 達也 (J)      ThreeBond397                   1'30.047 11 178.707
10 55 金石 年弘 (J)      ARTAダラーラ無限               1'30.142 13 178.518
11  8 藤原 靖久 (J)      TOM'S ESSO F398                1'30.183 11 178.437
12 33 井出 有治 (J)      5ZIGEN・DALLARA                 1'30.213 11 178.378
13 17 黒澤 治樹 (J)      ライアン レーシング 無限本田   1'30.247 14 178.311
14  5 高木 真一 (J)      REVO T-REX / 397               1'30.263 14 178.279
15 25 長島 正興 (J)      ナンシンメガネスーパーF397     1'30.547  9 177.720
16 53 五味 康隆 (J)      芙蓉実業MARTINI                1'30.583 11 177.649
17 15 歌川 拓 (J)        MKダラーラ                     1'30.624 12 177.569
18 51 清水 剛 (J)        阪急交通社F3                   1'30.829 13 177.168
19  6 松浦 佑亮 (J)      DALLARA398無限                 1'30.830  5 177.166
20 39 徳田 照幸 (J)      KDSダラーラ トリイトヨタ       1'31.003 13 176.829
21 18 密山 祥吾 (J)      イエローハット397HKS           1'31.588 17 175.700
22 66 関 昌之 (J)        ディープRカルテックス395改     1'33.647  5 171.837
23 24 静間 大典 (J)      ダラーラF395改                 1'34.624  6 170.063
-------------------------------------------------------------------------------
予選通過基準タイム ( 110% ) 1'37.972
-------------------------------------------------------------------------------
☆☆☆ 提供 : Fuji International Speedway ☆☆☆

Formula Nippon

98全日本選手権フォ-ミュラ・ニッポン第3戦予選結果

*******************************************************************************
*                                        Fuji International Speedway(4.470km) *
*              1998年全日本選手権フォ-ミュラ・ニッポン第3戦 富士スピ-ドウェイ              *
*                       フォーミュラ・ニッポン 公式予選正式結果表                       *
* 1998.05.30    天候 : 曇り       コース状況 : セミウェット&ドライ  SEIKO TIMING *
*******************************************************************************
位車番ドライバー         車     名           S・Sタイム     ベストラップ 周  km/h
-------------------------------------------------------------------------------
1  8 本山 哲 (J)        LEMONed Le Mans    1'17.851    1'18.305 19 205.504
2 55 金石 勝智 (J)      ARTA               1'17.928    1'18.303 20 205.509
3 19 黒澤 琢弥 (J)      MAZIORA IMPUL      1'17.986    1'18.604 22 204.722
4  7 N. フォンタナ (RA) LEMONed Le Mans    1'18.144    1'18.290 26 205.543
5 20 影山 正彦 (J)      MAZIORA IMPUL      1'18.247    1'18.377 25 205.315
6 65 T. コロネル (NE)   PIAA NAKAJIMA      1'18.873    1'18.837 25 204.117
7 12 飯田 章 (J)        COSMO OIL CERUMO               1'19.125 26 203.374
8 11 野田 英樹 (J)      COSMO OIL CERUMO               1'19.278 26 202.982
9 14 道上 龍 (J)        JACCS MOONCRAFT                1'19.427 24 202.601
10 21 田中 哲也 (J)      BE BRIDES                      1'19.833 26 201.571
11 17 近藤 真彦 (J)      TMS                            1'19.881 21 201.450
12* 5 M. グーセン (B)    5ZIGEN                         1'19.991 29 201.173
13 56 脇阪 寿一 (J)      ARTA                           1'20.278 11 200.453
14 64 山西 康司 (J)      PIAA NAKAJIMA                  1'20.304 22 200.389
15  6 脇阪 薫一 (J)      5ZIGEN                         1'20.363 25 200.241
16  2 R. ファーマン (GB) SHIONOGI  NOVA                 1'20.700 16 199.405
17  1 影山 正美 (J)      SHIONOGI  NOVA                 1'20.725 17 199.343
18  3 川本 篤 (J)        ASAHI KIKO                     1'21.035 24 198.581
19 62 柴原 眞介 (J)      LEYJUN                         1'22.307 14 195.512
20 36 玉中 哲二 (J)      タカギ B-1                     1'22.892 23 194.132
21*63 大西太一郎 (J)     LEYJUN                         1'23.364 19 193.033
22 37 山田 政夫 (J)      タカギ B-1                     1'25.727 24 187.712
23 18 立川 祐路 (J)      TMS                            1'30.580  5 177.655
24 22 石川 朗 (J)        BE BRIDES                      0'07.354  3  13.328
-------------------------------------------------------------------------------
予選通過基準タイム ( 110% ) 1'26.129
* H項違反:ベストラップ削除
-------------------------------------------------------------------------------
☆☆☆ 提供 : Fuji International Speedway ☆☆☆

Formula Nippon

FN_Rd.3:富士 SSレポート

全日本選手権フォーミュラ・ニッポン第3戦 富士スピードウェイ
       夕暮れのSSを制したのは好調本山!
    逆転初ポールで連勝に向け最高の位置からスタート
 予選上位6選手によるスペシャルステージ(SS)は、予定より1時間遅れて
午後4時30分から開始された。天候は曇っているが、雨の心配はなさそうだ。
-------------------------------------------------------------
65  T.コロネル      レイナード97D/無限MF308  1'20.223(1周目)
(SS初進出)                               1'19.111(2周目)
                      *1'18.873(3周目)
-------------------------------------------------------------
19  黒澤琢弥        ローラT98-52 /無限MF308  1'19.123(1周目)
(今季初SS)                               1'18.423(2周目)
*1'17.986(3周目)
フォンタナの暫定PPタイムを上回り17秒台。星野監督も大喜び。
-------------------------------------------------------------
20  影山正彦        ローラT96-52 /無限MF308  1'19.440(1周目)
(今季2度目のSS)                         1'18.479(2周目)
*1'18.247(3周目)
自身の予選タイムは更新したものの、黒澤のタイムは上回れず。
-------------------------------------------------------------
8  本山  哲        レイナード97D/無限MF308  1'19.319(1周目)
(全戦SS進出)                             1'18.254(2周目)
*1'17.851(3周目)
黒澤のタイムを更新。トップ3確定。
-------------------------------------------------------------
55  金石勝智        ローラT98-51 /無限MF308 1'19.289(1周目)
(今季初SS)                               1'18.231(2周目)
*1'17.928(3周目)
本山のタイムに僅かに届かず。亜久里監督悔しそうな顔。
-------------------------------------------------------------
7  N.フォンタナ    レイナード97D/無限MF308  1'19.255(1周目)
1'18.346(2周目)
*1'18.144(3周目)
予想外にタイムは伸びず、4位に沈む。
-------------------------------------------------------------
SSの結果により、上位6台のグリッドは以下のとおり。( )は予選順位
8  本山  哲        レイナード97D/無限MF308  1'17.851(3)
55  金石勝智        ローラT98-51 /無限MF308 1'17.928(2)
19  黒澤琢弥        ローラT98-52 /無限MF308  1'17.986(5)
7  N.フォンタナ    レイナード97D/無限MF308  1'18.144(1)
20  影山正彦        ローラT96-52 /無限MF308  1'18.247(4)
65  T.コロネル      レイナード97D/無限MF308  1'18.873(6)
 なお、結果は暫定ですので、後に掲載されるリザルトをご覧ください。
             *** FMOTOR4F SysOp 北島滋穂(SDI00685) ***

Japanese F3

F3_Rd.3:富士 予選レポート

全日本F3選手権第3戦 富士スピードウェイ
        ダンブレック、加藤とのPP争いを制する
 5月30日、予選日。午後3時45分、予選開始。
 使用制限のされたタイヤを温存するため、10分を経過したところでタイム計
測されたのは9台のみ。優勝候補の一角#2加藤が唯一29秒台でトップ。
●10分経過時点の順位(TOP6)
2  加藤  寛規      DALLARA F398/トヨタ 1'29.951
64  松田  次生
5  高木  真一
6  松浦 佑亮
51  清水 剛
18  密山 祥吾
 開始10分を過ぎて、続々とコースイン。全車がアタックを開始。
●20分経過時点の順位(TOP6)
1  P.ダンブレック  DALLARA F398/トヨタ   1'29.272
2  加藤  寛規      DALLARA F398/無限
7  舘  信吾        DALLARA F398/トヨタ
77  伊藤  大輔      DALLARA F397/無限
4  R.ヴィルタネン  DALLARA F397/トヨタ
38  平野  功        DALLARA F398/トヨタ
 白熱したのは最後の2分。#2加藤が、そこまでトップだった#1ダンブレッ
クを逆転してトップに立つが、#1ダンブレックも最後の最後、チェッカーの周
に再度逆転。2強の争いを制してPPの座を手に入れた。
●予選終了時の順位(TOP6)
1  P.ダンブレック  DALLARA F398/トヨタ   1'28.911
2  加藤  寛規      DALLARA F398/無限     1'29.068
77  伊藤  大輔      DALLARA F397/無限
7  舘  信吾        DALLARA F398/トヨタ
4  R.ヴィルタネン  DALLARA F397/トヨタ
16  R.デルフラー    DALLARA F397/トヨタ
 なお、結果は暫定ですので、後に掲載されるリザルトをご覧ください。
             *** FMOTOR4F SysOp 北島滋穂(SDI00685) ***

Formula Nippon

FN_Rd.3:富士 予選レポート

全日本選手権フォーミュラ・ニッポン第3戦 富士スピードウェイ
        フォンタナ、最後の最後で暫定PPを獲得!
 5月30日、、予選日。
 予定よりやや遅れ午後1時50分、予選が始まった。
 先ほどまで降ったり止んだリを繰り返していた雨もあがり、天候は曇り。路面
はハーフウエットだが徐々に乾きはじめている。
 開始10分経過したところで、#18立川祐路がダンロップコーナーでスピン、
ストップ。コースを塞いだため赤旗が提示され予選は中断。新ルールにより、自
力でコース復帰できなかった#18立川はここで予選を終了。
●10分経過時点の順位(TOP6)
19  黒澤琢弥        ローラT98-52 /無限MF308 1'27.735
7  N.フォンタナ    レイナード97D/無限MF308
55  金石勝智        ローラT98-51 /無限MF308
11  野田英樹        ローラT98-51 /無限MF308
65  T.コロネル      レイナード97D/無限MF308
14  道上  龍        レイナード96D/無限MF308
 午後2時9分、予選再開。残り50分。陽も射してきており路面状況は急速に
回復しているが、各マシンはまだレインタイヤ。濡れた箇所を選んで走っている。
●20分経過時点の順位(TOP6)
7  N.フォンタナ    レイナード97D/無限MF308 1'25.520
65  T.コロネル      レイナード97D/無限MF308
19  黒澤琢弥        ローラT98-52 /無限MF308
55  金石勝智        ローラT98-51 /無限MF308
56  脇阪寿一        ローラT97-51 /無限MF308
20  影山正彦        ローラT96-52 /無限MF308
 注目のGフォースを駆る#2  R.ファーマンも健闘し11位につけている。
 コースは殆ど乾いているが300R付近が濡れており、各チームスリックタイ
ヤへの変更のタイミングを計っている。すでにスリックに変えてピットで待機す
るチームが多くなってきた。
 #7  N.フォンタナはスリックに履き替えてコースイン。
●30分経過時点の順位(TOP6)
20  影山正彦        ローラT96-52 /無限MF308 1'23.997
7  N.フォンタナ    レイナード97D/無限MF308
5  M.グーセン      レイナード97D/無限MF308
1  影山正美        ローラT97-51 /無限MF308
65  T.コロネル      レイナード97D/無限MF308
19  黒澤琢弥        ローラT98-52 /無限MF308
スリックを履いた#7  N.フォンタナが更に21秒台へとタイムアップ。各チ
ーム続々とスリックへと交換を始める。ここから予選開始ということろ。
 セルモの2人#11野田、#12飯田が元気だ。次々にタイム更新をしている。
●40分経過時点の順位(TOP6)
11  野田英樹        ローラT98-51 /無限MF308 1'19.366
55  金石勝智        ローラT98-51 /無限MF308
12  飯田  章        ローラT96-52 /無限MF308
14  道上  龍        レイナード96D/無限MF308
8  本山  哲        レイナード97D/無限MF308
20  影山正彦        ローラT96-52 /無限MF308
 残り20分を切ったが、ここからがいよいよ予選本番。SS進出を賭けた激し
いアタックが始まった。
 PP候補の1人だった#56脇阪がダンロップコーナー手前でコースアウト。ク
ラッシュは免れたがここで予選を終えた。
 天候は完全に回復。晴れてきた。アタックも益々白熱し、最後の最後まで順位
は決まりそうもない気配だ。
●50分経過時点の順位(TOP6)
55  金石勝智        ローラT98-51 /無限MF308 1'19.240
19  黒澤琢弥        ローラT98-52 /無限MF308
11  野田英樹        ローラT98-51 /無限MF308
14  道上  龍        レイナード96D/無限MF308
12  飯田  章        ローラT96-52 /無限MF308
65  T.コロネル      レイナード97D/無限MF308
 残り10分を切ったところで、またしても赤旗。予選を中断してダンロップコ
ーナー手前のコースサイドに止まっている#56脇阪車を排除。
 予選は残り10分間の勝負となった。
 午後3時2分予選再開。ピットロードに並んで出番を待っていたマシンが次々
とコースイン。
 #7フォンタナが2位に浮上。
 残り5分となったところで、サントリーコーナーで#1影山と#14道上がコー
スアウト、ストップ。最終コーナーでは#62柴原が激しくクラッシュして、三たび
予選は中断。この3者はここで予選を終えた。
 午後3時20分、予選が再開。残り5分。
 チェッカー間際になって、#20影山、#7フォンタナ、#8本山、#55金石、
#7フォンタナと目まぐるしくトップが交替して予選は終了。
7  N.フォンタナ    レイナード97D/無限MF308  1'18.290
55  金石勝智        ローラT98-51 /無限MF308 1'18.303
8  本山  哲        レイナード97D/無限MF308  1'18.305
20  影山正彦        ローラT96-52 /無限MF308  1'18.377
19  黒澤琢弥        ローラT98-52 /無限MF308  1'18.604
65  T.コロネル      レイナード97D/無限MF308  1'18.837
--------------------以上SS進出-----------------------
5  M.グーセン      レイナード97D/無限MF308
12  飯田  章        ローラT96-52 /無限MF308
11  野田英樹        ローラT98-51 /無限MF308
14  道上  龍        レイナード96D/無限MF308
21  田中哲也        ローラT95-50 /無限MF308
17  近藤真彦        レイナード97D/無限MF308
           ・
           ・
           ・
 なお、結果は暫定ですので、後に掲載されるリザルトをご覧ください。
             *** FMOTOR4F SysOp 北島滋穂(SDI00685) ***

全日本GT選手権

GTインサイドレポート/Testdays SENDAI

AUTOBACS CUP ALL JAPAN GT CAR CHAMPIONSHIP
1998  GT INSIDE REPORT
SENDAI TEST DAY                                           26-27 May '98
GT Inside Report             インサイドレポート               FMOTOR4版
 -------------------------------------------------------------------------
1998 AUTOBACS CUP全日本GT選手権
合同公開テスト第3回 仙台ハイランドレースウェイ
 5月26、27日、仙台ハイランドレースウェイにおいて、GTAの公開テストが行われ
た。両日とも天候に恵まれ、ドライ・コンディション。午前と午後の各2時間、2
日間で4回の走行が実施された。
☆テスト1日目
 初日の1回目の走行は、五月晴れで気温も平年並みの20度程度。この好コンディ
ションの中、今回もラップボードにはまずNSXの車番が刻まれた。4周目には1分46
秒712をNo.100 RAYBRIG NSXが出せば、6周目にはNo.64 Mobil 1 NSXが46秒844を出
す。15分近く経った段階ではNo.8 FET SPORTS SUPRAが46秒422のトップタイムを4
周目に出す。だが、9周目にはNo.100 RAYBRIG NSXが46秒110でトップタイムを更新
する。
 しかし、それはほんの序章にすぎなかった。13周目には、No.18 TAKATA童夢無限
NSXが、13周目で44秒696と44秒台へ突入。24周目にはNo.64 Mobil 1 NSXが44秒645
とわずかながらベストラップを更新。そして、午前中のセッションの終了間近の42
周目でNo.100 RAYBRIG NSXが44秒584、さらに続く43周目では44秒251の午前中のベ
ストタイムを出した。
 そして午後のセッション。50分過ぎの23周目にNo.64 Mobil 1 NSXが1分44秒101
と午前中のタイムを更新するベストタイム。No.23ベンズオイル・ニスモGTRも22周
目で午前中の自己のタイムを上回る44秒971をマーク。このNo.23はエリック・コマ
スが主にテストを行い、影山正美は今回ドライバー2人が欠席しているNo.2 ZEXEL
スカイラインのテストを行っていた。
 その後、26周目には、No.100 NSXが1分43秒695と午前中のタイムを更新し、さら
にアタックをした終盤は28周目で43秒652というこの日の最速ラップを叩き出す。
驚異の1分43秒台には、他のどのマシンも歯が立たなかった。またしてもトップタ
イムはNo.100の飯田章だった。2番手は44秒101のNo.64のNSX、3番手には30周目と
これまたギリギリの終盤に44秒535のNo.18 NSXとトップ3がNSXという1日目の結果
になった。
 また、テスト中シケインをショートカットするクルマが時折現れ、極端なタイム
を出して計時担当者を悩ませていた。このため、レース時には何らかの対策がなさ
れることになるだろう。
1日目トップタイム・コメント
GT500 No.100 RAYBRIG NSX
飯田章「特に問題なく順調に来ています。富士からクルマもそのままです。まだま
だ、もうちょいと不満を言ったらキリがないですが、良いところまで仕上がってき
ました。足回りと空力を中心に午後はセットしました。ギアはもともと各サーキッ
トの仕様があるんで、それを特には変えていないと言うことです。表彰台に上がれ
るように頑張ります」
GT300 No.61 テイボン・トランピオ・FTO
中谷明彦「富士のままです。思ったより良い感じでタイムが出ているんで、今日の
データを基にやることはいっぱいあります」
☆テスト2日目
 引き続き27日も晴。前日よりも気温の上昇が早く、やや暑い1日となった。
 またも、ラップボードの上位にはNSXの車番が刻まれた。昨日の43秒台には届かな
いものの、20周目にベストタイムの1分44秒302をNo.100 RAYBRIG NSXがマークし、
22周目にはNo.18 TAKATA童夢無限NSXが44秒502をマーク。No.100 飯田章は「特にア
タックしてるわけじゃないんですが、調子がいいですね。クルマの状態も良い」と
クルマのコンディションの良さを語る。29周目にはNo.37 カストロール・トムス・
スープラが44秒732を出した。昨日のスープラのベストタイムはNo.5 5ZIGEN SUPRA
の45秒197だっただけに、44秒台に入ったのはこれが初めてのことだ。だが、No.36
関谷正徳に聞くと「No.37のタイムは利男が出した。オレはNo.36。NSXと比べて?
全然まだまだ。ポテンシャルの違いって言うか、ベースマシンのNSXがトレッドにし
ても、車高にしても、重心位置ににしても有利でしょう。こっちはタイヤでもやる
かっていうぐらいですから」とまだNSXとの差があることを示した。4番手には10周
目に44秒921をマークしたNo.23 ペンズオイル・ニスモGTRが入った。以下、No.12 
カルソニックスカイラインの44秒938、No.64 Mobil 1 NSXの44秒958まで1分44秒台
のタイムが続いた。午前のセッション終了直前、No.16 Castrol 無限 NSXが35周目
に44秒935に入れ、5番手のタイムとなった。
 GT500クラスでは、さほどのタイムアップはみられなかったが、GT300クラスでは
No.7 RE雨宮マツモトキヨシRX7が14周目に1分51秒005と、昨日のベストタイムを
マークしたNo.61 テイボン・トランピオ・FTOのタイム51秒601を大きく更新した。2
番手は、No.77 クスコスバルインプレッサが52秒565。3番手には、53秒704でNo.
15ザナヴィシルビアがつけた。
 そして、午後のセッションも前日同様2時から開始された。ここで好調NSX勢に波
乱が起きた。No.100 RAYBRIG NSXとNo.18 TAKATA童夢無限NSXという午前のトップ2
が、共にクラッチトラブルで午後のセッションには姿を見せなかったのだ。
 これで残り2台のNSXにベストラップ更新の期待がかかる。まず3周目にNo.16 
Castrol無限NSXが1分45秒465をマーク。5周目にはNo.64 Mobil 1 NSXが45秒313を
出す。まず44秒台に入れてきたのはNo.23 ペンズオイル・ニスモGTRの7周目、44秒
644だった。12周目には44秒201までタイムアップしたNo.23だったが、やはりNSXが
動いた。9周目には45秒246を出していたNo.64 Mobil 1 NSXが25周目に43秒277と、
昨日のNo.100を上回るスーパーラップを記録した。以下、No.23のGTR、3番手には
No.50 ARTAスカイラインが38周目に44秒398を出す。スープラ勢では、No.5 5ZIGEN 
SUPRAが10周目に44秒488を出すが、最終コーナーでクラッシュ。No.39 デンソー
サードスープラGTが32周目に44秒763を出して、5番手に上がった。
 セッション後半にタイムアップが期待されたNo.16 Castrol無限NSXにも、なんと
クラッチトラブルが発生。テスト途中でクルマはガレージに入れられてしまった。
結局No.64 NSXのタイムが、2日間のベストタイムで、もちろんこの日のトップ。こ
れにNo.23、No.50のスカイラインが2、3番手に続くという最終日の午後のセッシ
ョンとなった。
 また、No.0のTRDのテストカー(開発先行車)が野田英樹選手によってドライブさ
れ、No.38では立川祐路が10周ほど初めてのGTC仕様スープラをドライブした。「JTCC
のチェイサーよりも動きが鈍い感じがしますね。まだちょっと走っただけですが…」
と感想を語った。
2日目トップタイム・コメント
GT500 No.64 Mobil 1 NSX
トム・コロネル代理/林秀一郎マネージャー
「渋滞に引っかかってこのタイムということに、トム自身も満足しています。本戦
が晴れならポールポジションを取りたいと言っていました。30kgのウエイトハンデ
ィも影響少なく戦えそうだということです。開幕戦は2位だったので、ここは勝ち
たいと言っています」
GT300 No.7 RE雨宮マツモトキヨシRX7
山路慎一「テストと思ってないし、本気で走ってるんです。予選と同じですね。鈴
鹿から富士とマシン的に明るい材料がないんで、きっちりタイムを出してチームも
盛り上げたいんで初日からガンガン行ってます。クルマのポテンシャルは高いんで
すけど、バランスが良くないんでシャープでピーキーなんですよ。エンジンパワー
のない分、NAの特性にシャシーバランスでカバーしたい。FDは3ローターにしても
重量バランスがリアよりなんで、デメリットは出ていないんですよ」
                    Reported by GT INSIDE REPORT Team
☆走行タイム・データ
1998 AUTOBACS CUP全日本GT選手権
GTC合同テスト第3回 仙台ハイランドレースウェイ
                 天候:26日・晴れ/ドライ、27日・晴れ/ドライ
                Time
Po No. Machne         5/26 AM   5/26 PM   5/27 AM   5/27 PM
-----------------------------------------------------------------------------
1 64 Mobil1 NSX       1'44.645  1'44.101  1'44.958  1'43.277*
2 100 RAYBRIG NSX       1'44.251  1'43.652*  1'44.302  -
3 23 ペンズオイル・ニスモGTR     1'45.814  1'44.875  1'44.921  1'44.201*
4 50 ARTAスカイライン    1'46.664  1'44.985  1'45.652  1'44.398*
5  5 5ZIGEN SUPRA      1'47.015  1'45.197  1'45.602  1'44.488*
6 18 TAKATA童夢無限NSX    1'44.696  1'44.535  1'44.502*  -
7 37 カストロール・トムス・スープラ    1'47.729  1'45.847  1'44.732*  1'46.633
8 39 デンソーサードスープラGT    1'48.367  1'45.588  1'46.087  1'44.763*
9  2 ZEXELスカイライン    1'48.113  1'44.982  1'46.156  1'44.768*
10  8 FET SPORTS SUPRA    1'46.422  1'45.586  1'45.430  1'44.773*
11 16 Castrol無限NSX     1'46.140  1'45.953  1'44.935*  1'45.438
12 12 カルソニックスカイライン      1'46.146  1'45.097  1'44.938*  1'45.089
13  3 ユニシアジェックススカイライン    1'46.627  1'45.117  1'45.430  1'45.029*
14 38 FK/マッシモセルモスープラ     1'47.207  1'45.297  1'46.849  1'45.166*
15 36 カストロール・トムス・スープラ    1'47.490  1'46.431  1'45.813*  1'45.882
16  6 ESSO Tiger Supra    1'53.179  1'50.661  1'46.323*  1'50.811
17 30 綜警PORSCHE       1'50.199  1'48.800  1'48.209  1'47.785*
18 13 エンドレスGTR      1'49.000  1'48.242  1'49.713  1'47.823*
19  7 RE雨宮マツモトキヨシRX7    1'52.602  1'52.786  1'51.005*  1'52.471
20 44 アペックスDLモモコルセMR2    1'54.806  1'52.204  1'53.707  1'51.524*
21 61 ライボン・トランピオ・FTO    1'51.601*  1'51.934  1'54.030  1'52.174
22 77 クスコスバルインプレッサ     1'54.075  1'52.909  1'52.565  1'51.687*
23 15 ザナヴィシルビア    1'55.260  1'52.792  1'53.704  1'52.324*
24 81 ダイシンシルビア    1'55.346  1'52.457*  1'54.883  1'52.471
25 21 ダンロップ-BP-BMW    1'53.454*  -     -     -
26 10 アビリティポルシェ993GT2    1'55.599*  1'56.618  1'57.511  1'56.708
27 28 TFCJフェラーリF355GT  1'59.393  1'58.020  1'57.961  1'57.254*
28 70 外国屋ダンロップポルシェ   1'57.637*  1'58.210  1'59.597  -
◎*印は2日間のベストタイム
◎コースレコード GT500:1'45.745/GT300:1'54.042
◎タイムは非公式のもの。データ協力:仙台ハイランドレースウェイ
以上
                       GTアソシエイション事務局
                         GTインサイドレポート班
                        古屋 知幸 = QYB04322 =

Formula Nippon

FN_Rd.3:富士、最新エントリー状況

Fニッポン第3戦富士、Gフォースは1台、鈴木利男はまたも欠場に
5月30、31日、富士スピードウェイで行われるフォーミュラ・ニッポン第
3戦のエントリーだが、本日(26日)までに次のような変更があった。
●欠場
MIRAI                 15  鈴木利男  →  欠場
KYOETSU STELLAR       35  惣田季靖  →  欠場
●マシン変更
SHIONOGI TEAM NOVA     1  影山正美  Gフォース98-N  →  ローラT97-51
タカギB-1             37  山田政夫  ローラT95-50   →  ローラT94-50
LEYJUN                62  柴原眞介  レイナード95D  →  レイナード96D
第3戦エントリーリスト(5/26現在)
チーム              車番  ドライバー      車両
------------------------------------------------------------------------------
SHIONOGI TEAM NOVA     1  影山正美        ローラT97-51 /無限MF308
(SHIONOGI NOVA)        2  R.ファーマン    Gフォース98-N/無限MF308
------------------------------------------------------------------------------
ASAHI KIKO             3  川本  篤        レイナード96D/無限MF308
-----------------------------------------------------------------------------
5ZIGEN                 5  M.グーセン      レイナード97D/無限MF308
6  脇阪薫一        レイナード96D/無限MF308
------------------------------------------------------------------------------
LEMONed Le Mans        7  N.フォンタナ    レイナード97D/無限MF308
8  本山  哲        レイナード97D/無限MF308
------------------------------------------------------------------------------
COSMO OIL CERMO       11  野田英樹        ローラT98-51 /無限MF308
12  飯田  章        ローラT96-52 /無限MF308
------------------------------------------------------------------------------
JACCS MOONCRAFT       14  道上  龍        レイナード96D/無限MF308
------------------------------------------------------------------------------
TMS                   17  近藤真彦        レイナード97D/無限MF308
18  立川祐路        レイナード97D/無限MF308
------------------------------------------------------------------------------
MAZIORA IMPUL         19  黒澤琢弥        ローラT98-52 /無限MF308
20  影山正彦        ローラT96-52 /無限MF308
------------------------------------------------------------------------------
BE BRIDES             21  田中哲也        ローラT95-50 /無限MF308
22  石川  朗        レイナード94D/無限MF308
------------------------------------------------------------------------------
タカギB-1             36  玉中哲二        ローラT96-51 /無限MF308
37  山田政夫        ローラT94-50 /無限MF308
------------------------------------------------------------------------------
ARTA                  55  金石勝智        ローラT98-51 /無限MF308
56  脇阪寿一        ローラT97-51 /無限MF308
------------------------------------------------------------------------------
LEYJUN                62  柴原眞介        レイナード96D/無限MF308
63  大西太一郎      レイナード95D/無限MF308
------------------------------------------------------------------------------
PIAA NAKAJIMA         64  山西康司        レイナード97D/無限MF308
65  T.コロネル      レイナード97D/無限MF308
------------------------------------------------------------------------------
計  13チーム  24台
情報提供:日本レースプロモーション(JRP)
*** FMOTOR4F SysOp 北島滋穂(SDI00685)***

Japan Touring Car Championship

'98JTCCドライバーズポイント表( 5/17戦)

(第5戦まで)
4/05  5/10     5/24     6/21     7/26     8/16    11/08
富 富 富 茂 茂 菅 菅 菅 鈴 鈴 鈴 美 美 美 T T T 富 富 富 有
効
士 士 士 木 木 生 生 生 鹿 鹿 鹿 祢 祢 祢 I I I 士 士 士 P
Po-No-Driver--- Q- 1- 2- Q- 3- Q- 4- 5- Q- 6- 7- Q- 8- 9- Q-10-11- Q-16-17---
1 37 関谷 正徳 9  3  9  9 18 10 10  8                                     76
2 39 竹内 浩典 7 10  5  4 12  9  9  9                                     65
3 38 立川 祐路 8  4  8  6 16  7  5  7                                     61
4 36 K.バート   5  5  7  7 10  8  7 10                                     59
5 19 金石 勝智10  R 10  8  8  6  8  3                                     53
6 24 土屋 武士 6  9  6  5 14  4  2  4                                     50
7 25 土屋 圭市 3  8  3  2  6  2  6  5                                     35
8 68 R.デルフラー 2  7  R  3  4  5  3  6                                     30
9 11 谷川 達也 4  6  4  -  -  -  -  -                                     14
10 11 中谷 明彦 -  -  -  -  -  3  4  2                                      9
11 66 松田 秀士 1  2  2  -  -  -  -  -                                      5
12 66 S.マルティノ  -  -  -  1  2  1 DNS -                                      3
*****************************************************************************
* Q=予選  R=リタイア
* 各レース、各予選で、参加台数と同数のポイントを上位から配点
* 1レースの大会は、レースポイントが通常の2倍
* 全7大会のうちベスト5大会まで(全大会の70%,小数点以下四捨五入)の有
効ポイント制
* ( )内は有効ポイト外
* 第 12/13 仙台、第 14/15 十勝は、開催中止
///// PDD01523 伊東  昭雄 /////

Japan Touring Car Championship

JTCC-Rd4:JTCC第5戦レース結果

JTCC第5戦 -RIJ- (1997-05-24) Official Race-Results
For All Japan Touring Car Championship Rd.3 スポーツランド菅生(J) : 3.704km
P No. Driver----------- Car-------------------- Lap --GoalTime-- -km/h--
1  36 K.バート   (GB)  Toyota Chaser            25  0:41'31.416 133.803
2  39 竹内 浩典   (J)  Toyota Chaser            25    -  52.537 131.040
3  37 関谷 正徳   (J)  Toyota Chaser            25    -  58.768 130.720
4  38 立川 祐路   (J)  Toyota Chaser            25    -1'04.647 130.419
5  68 R.デルフラー(D)  Toyota Exiv              25    -1'15.675 129.859
6  25 土屋 圭市   (J)  Toyota Chaser            24    -  1Lap
7  24 土屋  武士   (J)  Toyota Exiv              24    -  1Lap         
8  19 金石  勝智   (J)  Toyota Exiv              17    -  8Laps        
------------------------ DNC -------------------------------------------
9  11 中谷 明彦   (J)  Toyota Exiv              10    - 15Laps       
**************************************************************************
* Fastest LapTime : 1'36.541  K.バート   On 3/25 Lap
             提供:竹下 恵一郎(JCG00146)/菅生
           * FMOTOR4_SysOp 新倉芳夫 (SDI00686)-RIJ *

Japan Touring Car Championship

JTCC-Rd3:JTCC第3戦菅生レース結果

JTCC第3戦 -RIJ- (1997-05-24) Provisional Race-Results
For All Japan Touring Car Championship Rd.3 スポーツランド菅生(J) : 3.704km
P No. Driver----------- Car-------------------- Lap --GoalTime-- -km/h--
1  37 関谷 正徳   (J)  Toyota Chaser            25  0:37'33.109 147.956
2  39 竹内 浩典   (J)  Toyota Chaser            25    -   0.244 147.940
3  19 金石  勝智   (J)  Toyota Exiv              25    -  20.019 146.653
4  36 K.バート   (GB)  Toyota Chaser            25    -  20.356 146.631
5  25 土屋 圭市   (J)  Toyota Chaser            25    -  21.423 146.562
6  38 立川 祐路   (J)  Toyota Chaser            25    -  29.554 146.040
------------------------ DNC ---------------------------------------------
7  11 中谷 明彦   (J)  Toyota Exiv              16    -    9Laps       
8  68 R.デルフラー(D)  Toyota Exiv               7    -   18Laps       
9  24 土屋  武士   (J)  Toyota Exiv               2    -   23Laps       
------------------------ DNS --------------------------------------------
10  66 C.マルティノ(I)  Subaru Impreza W          0    -   25Laps       
**************************************************************************
* Fastest LapTime : 1'28.882  関谷 正徳   On 3/25 Lap
             提供:竹下 恵一郎(JCG00146)/菅生
           * FMOTOR4_SysOp 新倉芳夫 (SDI00686)-RIJ *

Japan Touring Car Championship

JTCC-Rd3:JTCC第3戦菅生予選結果

JTCC第3戦 -RIJ- (1998-05-23) 1st Qualify-Session
For All Japan Touring Car Championship Rd.3 スポーツランド菅生(J) : 3.704km
P No. Driver----------- Car-------------------- Best-LapT -Behind -km/h--
1  37 関谷 正徳   (J)  Toyota Chaser           R1'27.282         152.774
2  39 竹内 浩典   (J)  Toyota Chaser            1'27.549   0.267 152.308
3  36 K.バート   (GB)  Toyota Chaser            1'27.606   0.324 152.209
4  38 立川 祐路   (J)  Toyota Chaser            1'28.043   0.761 151.453
5  19 金石  勝智   (J)  Toyota Exiv              1'28.131   0.849 151.302
6  68 R.デルフラー(D)  Toyota Exiv              1'29.119   1.837 149.625
7  24 土屋  武士   (J)  Toyota Exiv              1'29.131   1.849 149.605
8  11 中谷 明彦   (J)  Toyota Exiv              1'29.392   2.110 149.168
9  25 土屋 圭市   (J)  Toyota Chaser            1'29.697   2.415 148.660
10  66 C.マルティノ(I)  Subaru Impreza Wagon     1'33.724   6.442 142.273
**************************************************************************
* Rマークはレコードタイム
  これまでのコースレコードは 1'27.528
             提供:竹下 恵一郎(JCG00146)/菅生
           * FMOTOR4_SysOp 新倉芳夫 (SDI00686)-RIJ *

全日本GT選手権

太田選手、一命をとりとめる

 太田哲也選手の所属しますチーム・フェラーリ・クラブ・オブ・ジャパンより、
太田選手の容体に関する続報リリースを頂きましたので、転載させていただきます。
            太田哲也選手の容体について
                チーム・フェラーリ・クラブ・オブ・ジャパン
                           チーム監督 兼子 眞
~太田選手、一命をとりとめる!~
 全日本GT選手権第2戦の多重クラッシュに巻き込まれて重傷を負った太田選手は、
現在も補助酸素供給のために胸部を切開した状態ではありますが、医師団の懸命な
努力によって一命をとりとめました。
 これもひとえに関係各位の皆様の努力、心からの応援を頂いたためと深く感謝し
ております。
 関係者の声や、GTアソシエーションのインターネットに寄せられたファンの方々
の応援メッセージをカセットに録音し、太田選手へ呼びかけたことなども、精神的
に大きな支えになったと思っています。
 振り返ってみると、不幸中の幸いに助けられた部分もあります。まず、クラッシュ
時にフェラーリの燃料タンクがちぎれて飛んでいったこと。これによりマシンの炎
上はポルシェ一台分の燃料で済んでおります。飛んだ燃料タンクにも引火はしまし
たが、観客の方々や関係者、他のマシンなどに影響を及ぼさなかったことも幸いで
した。また、ゴールデン・ウィークということで、本来は最初に治療を受けたフジ
虎ノ門病院にはインターンの医師しかいない予定だったそうですが副院長がいらっ
しゃって適切な処置をしていただいたこと、関係者の努力で熱傷の専門医がいらっ
しゃる東京女子医大に転院できたことなど、治療に関しても太田選手に有利に働い
た面が数多くありました。
 今後、太田選手には辛いリハビリ生活が控えておりますが、不屈の精神でこれを
乗り越え、一刻も早くレース界に復帰してくれることを期待しております。
以上
転載者補足:
リリース文中、『GTアソシエーションのインターネットに寄せられたファンの
方々の応援メッセージ』となっておりますが、NIFTY SERVEモータースポーツファ
ン・フォーラムに寄せられたメッセージも、私の方でインターネット経由の応援
メッセージと合わせ、一括してお渡ししています。そのためにこのように表現さ
れたものと思われます。この点、ご了承ください。NIFTYメンバーのみなさんの
ご声援には、私からも感謝を表させていただきます。
                       リリース転載
                       GTインサイドレポート班
                       古屋 知幸 = QYB04322 =

Formula Nippon

FN_Rd.3:富士に飯田章が復活エントリー

Fニッポン第3戦富士、飯田章復活!
第2戦MINEではフレッシュな顔触れが表彰台を占めたFニッポン。第3戦
は5月30、31日、富士スピードウェイに舞台を移して行われるが、今季シー
トを失っていた飯田章がセルモからエントリーしている。また、第2戦でそのセ
ルモからエントリーをしていた立川祐路は高橋毅に代わってTMSからエントリ
ーすることとなった。
COSMO OIL CERMO
#12  立川祐路  →  飯田  章
TMS
#18  高橋  毅  →  立川祐路
また、先日ノバがシェイクダウンを行った注目のマシン、Gフォースもエント
リーリストに登場しており、富士で実戦投入されるのかが気になることろだ。
第3戦エントリーリスト
チーム              車番  ドライバー      車両
------------------------------------------------------------------------------
SHIONOGI TEAM NOVA     1  影山正美        Gフォース98-N/無限MF308
(SHIONOGI NOVA)        2  R.ファーマン    Gフォース98-N/無限MF308
------------------------------------------------------------------------------
ASAHI KIKO             3  川本  篤        レイナード96D/無限MF308
-----------------------------------------------------------------------------
5ZIGEN                 5  M.グーセン      レイナード97D/無限MF308
6  脇阪薫一        レイナード96D/無限MF308
------------------------------------------------------------------------------
LEMONed Le Mans        7  N.フォンタナ    レイナード97D/無限MF308
Team Le Mans           8  本山  哲        レイナード97D/無限MF308
------------------------------------------------------------------------------
COSMO OIL CERMO       11  野田英樹        ローラT98-51 /無限MF308
12  飯田  章        ローラT96-52 /無限MF308
------------------------------------------------------------------------------
JACCS MOONCRAFT       14  道上  龍        レイナード96D/無限MF308
------------------------------------------------------------------------------
MIRAI                 15  鈴木利男        レイナード97D/無限MF308
------------------------------------------------------------------------------
TMS                   17  近藤真彦        レイナード97D/無限MF308
18  立川祐路        レイナード97D/無限MF308
------------------------------------------------------------------------------
MAZIORA IMPUL         19  黒澤琢弥        ローラT98-52 /無限MF308
20  影山正彦        ローラT96-52 /無限MF308
------------------------------------------------------------------------------
BE BRIDES             21  田中哲也        ローラT95-50 /無限MF308
22  石川  朗        レイナード94D/無限MF308
------------------------------------------------------------------------------
タカギB-1             36  玉中哲二        ローラT96-51 /無限MF308
37  山田政夫        ローラT95-50 /無限MF308
------------------------------------------------------------------------------
ARTA                  55  金石勝智        ローラT98-51 /無限MF308
56  脇阪寿一        ローラT97-51 /無限MF308
------------------------------------------------------------------------------
LEYJUN                62  柴原眞介        レイナード95D/無限MF308
63  大西太一郎      レイナード95D/無限MF308
------------------------------------------------------------------------------
PIAA NAKAJIMA         64  山西康司        レイナード97D/無限MF308
65  T.コロネル      レイナード97D/無限MF308
------------------------------------------------------------------------------
情報提供:日本レースプロモーション(JRP)
*** FMOTOR4F SysOp 北島滋穂(SDI00685)***

Formula Nippon

フォーミュラニッポン レースレポート

シリーズ名:全日本選手権フォーミュラ・ニッポン
大会名:第2戦・美祢
距離: 3.239km×62周
予選:5月16日 雨のち曇り・観衆:1万2300人(主催者発表)
決勝:5月17日 晴れ      ・観衆:4万4700人(  同  )
トム・コロネル選手、予選16番手から猛追を見せ、6位入賞!
見事なスタートを決め、猛チャージを見せた山西康司選手も7位で完走。
 
 4月の鈴鹿で開幕した98年全日本選手権フォーミュラ・ニッポン(略称:FN)の
第2ラウンドは、本州最西端の美祢サーキットが舞台。今年がFN2シーズン目とな
る山西康司選手に加えて、97年全日本F3タイトルを手土産に今シーズンからFNに
ステップアップしてきたトム・コロネル選手。2人の有望な若手ドライバーを擁する
PIAA NAKAJIMA RACINGにとって、期待の高まる1戦となった。
というのも、この美祢サーキットでは、この数年に渡って外国人ドライバーが優勝を
飾っていたから。実際、コロネル選手は5月初めに、この美祢サーキットと性格の似
たツインリンクもてぎで行われたFNの第3回公式走行会でもトップタイムをマーク
するなど気合も充分だった。もちろん、64号車を駆る山西選手も、4回のセッション
を通じて安定した好タイムをマークしていたから、チーム全員が大きな期待を持って
臨むことになった。
 予選日の16日は朝から大雨に見舞われた。シーズンオフのテストや公式走行会で好
タイムをマークしているものの、雨のテストでは、今ひとつタイムに伸び悩んでいる
だけに、チームとしても出端を挫かれた恰好となった。午前中の公式練習では“足慣
らし”程度に走行してセッティングを確認、午後の公式予選に臨むことになった。し
かし午後になって雨足が弱まったこともあって、レインコンディションには変わりな
いものの、公式練習に比べると若干、路面は良くなっていた。しかし、これが悪い方
向にはたらき、2人のドライバーはバランスの崩れたマシンと格闘することになって
しまったこと、そしてまだまだFNマシンにおけるレインコンディションでのドライ
ビング経験の少なさがわざわいし、山西選手が13番手、コロネル選手が16番手と低迷
することになってしまった。
 明けて日曜日は予想どおりの好天に恵まれた。雲ひとつない快晴、とはいかなかっ
たが、コースは完全にドライコンディション。むしろ路面温度が上昇し過ぎないだけ、
レースには絶好のコンディションと言える。ここまで、ドライコンディションではト
ップレベルのタイムをマークし続けて来ただけに、2人のドライバーの顔色も、一気
に晴れ上がった。朝一番に行われたフリー走行では、山西選手が1分16秒台の好タイ
ムで3番手につけ、決勝での上位入賞も期待させることになった。一方のコロネル選
手はドライコンディションに合わせたセッティングへのコンバートが、今ひとつだっ
たのか、山西選手からは1秒遅れのタイムに止まった。また、このフリー走行で山西
選手がコースオフした際に、少しエンジンをオーバーヒートさせた可能性もあり、こ
ちらはエンジン換装。メカニックにとっては息つく暇もないインターバルとなった。
 午後2時に一旦はスタートが切られたものの、グリッド前方の2台がエンジンス
トールさせたことが引き金となってアクシデントが発生。再スタートが切られること
になった。幸いなことに、山西選手もコロネル選手も、グリッド上で止まってしまっ
たマシンを巧みにかわしていたから、マシンには何らダメージはなかった。しかし、
ドライバーにとっては精神的にハードだったはずだが、2人のドライバーは、2回目
のスタートもそつなくこなして、オープニングラップをおえた時点では山西選手が7
番手、コロネル選手が11番手までジャンプアップしていたのは流石だ。2人ともに1
分20秒台から19秒台、18秒台とペースをアップしていき、上位陣の脱落もあって6周
目には山西選手が6位とポイントゲット圏内に進出、コロネル選手も8番手までポジ
ションを上げていた。
 山西選手は、その後も17秒台中盤のペースで安定して周回を重ねていったが、パッ
シングポイントの少ないコースレイアウトだけに、なかなか前のマシンをパスできな
いまま、6位で走行を続けていた。一方のコロネル選手は、山西選手よりもさらに速
いペースで周回を重ね、毎周のように自己のベストラップを書き換えていき、10周目
には1分17秒170 と、その時点でのベストラップを叩き出し、さらに次の周には17秒
134 まで短縮していった。しかし、彼らのパフォーマンスもレースの3分の1を過ぎ
た辺りから鈍ってきた。どうやら燃料タンクが満タンに近いときには、マシンのバラ
ンスはまずまずのようだったが、燃料が消費されて軽くなってくると微妙に崩れてき
たようだ。コロネル選手の方はレースが後半戦に入るころまで何とか17秒台をキープ
できたものの、山西選手は20周を過ぎた辺りからペースが落ちてしまった。それまで
6番手をキープしていた山西選手だったが、21周目には1台にパスされて7番手に後
退、29周目にはコロネル選手にもかわされてしまったのだ。その後、上位陣の脱落も
あって、コロネル選手が6番手でチェッカー、初の1ポイントをゲット。山西選手が
7位で続いた。2人のドライバーにとっては、不満の残る内容となったが、その悔し
さは、次回の富士ラウンドで晴らすしかない。
■PIAA NAKAJIMA RACING総監督 中嶋悟のコメント
「予選のポジションを考えれば、山西選手、トム・コロネル選手ともに、決勝でがん
ばってくれました。次戦に期待したいと思います。」
●次戦は、5月30日~31日静岡県富士スピードウェイで開催されます。

Japan Touring Car Championship

'98JTCCドライバーズポイント表 (訂正)

(第3戦まで)
4/05  5/10     5/24     6/21     7/26     8/16    11/08
富 富 富 茂 茂 菅 菅 菅 鈴 鈴 鈴 美 美 美 T T T 富 富 富 有
効
士 士 士 木 木 生 生 生 鹿 鹿 鹿 祢 祢 祢 I I I 士 士 士 P
Po-No-Driver--- Q- 1- 2- Q- 3- Q- 4- 5- Q- 6- 7- Q- 8- 9- Q-10-11- Q-16-17---
1 37 関谷 正徳 9  3  9  9 18                                              48
2 38 立川 祐路 8  4  8  6 16                                              42
3 24 土屋 武士 6  9  6  5 14                                              40
4 39 竹内 浩典 7 10  5  4 12                                              38
5 19 金石 勝智10  R 10  8  8                                              36
6 36 K.バート   5  5  7  7 10                                              34
7 25 土屋 圭市 3  8  3  2  6                                              22
8 68 R.デルフラー 2  7  R  3  4                                              16
9 11 谷川 達也 4  6  4  -  -                                              14
10 66 松田 秀士 1  2  2  -  -                                               5
11 66 S.マルティノ  -  -  -  1  2                                               3
*****************************************************************************
* Q=予選  R=リタイア
* 各レース、各予選で、参加台数と同数のポイントを上位から配点
* 1レースの大会は、レースポイントを通常の2倍
* ( )内は有効ポイト外
* 全7大会のうち5大会まで(全レースの70%,小数点以下四捨五入)の有効ポイ
ント制
* 第 12/13 仙台、第 14/15 十勝は、開催中止
///// PDD01523 伊東  昭雄 /////

全日本GT選手権

太田哲也選手の容態・続報3

 短時間ながら集中治療室を出て家族と面会
 GTC第2戦富士(5/3)のローリング中の事故で大やけどを負い、重体となった
太田哲也選手の容態の続報です。
 やけどの治療のために都内の医大病院に入院中の太田選手ですが。心配され
た肺炎は悪化せず沈静化し、経過はおおむね順調なようです。
 先週末には、短時間ですが看護婦付き添いの下、車椅子で治療室の外でご家
族との面会をしたそうです。とはいえ、まだ呼吸補助のチューブは外せず、車
椅子でと言ってもひとりで動けるわけではない状況であり、感染症の心配はい
まだ残っているため安静状態であること変わりはないようです。
 このまま順調に回復すれば、今週末には身体機能回復のためのリハビリに入
れるのではないかということです。
 また、心配された目への影響ですが。右目内にただれがあるものの、最悪で
ある失明の心配はないということです。
 ケガに立ち向かっている太田哲也選手への激励メッセージがありましたら、
下記へお寄せください。
◆モータースポーツファン・フォーラム(FMOTOR4F)の16番会議室(5/31まで)
◆「がんばれ!太田哲也」HP(http://www.win.ne.jp/~t-furuya/ganbare/)
◆古屋あての電子メール(できるだけ上記2つで)
                       GTインサイドレポート班
                       古屋 知幸 = QYB04322 =

Japanese F3

全日本F3選手権 レースレポート

●レース名: 1998年全日本F3選手権第3戦MINE
●サーキット:セントラルパークMINEサーキット/3.3308km×28Laps=93.26km
●開催日:  5月16日~17日
●天候:   16日(予選日)/雨    観客1万2300人
       17日(決勝日)/晴れ   観客4万4700人
#64 松田次生選手、課題を克服し6位入賞。2戦連続でポイント獲得に成功
 SRS-F(鈴鹿レーシングスクール)のスカラシップを受賞、中嶋悟率いる「N
AKAJIMA HONDA」のマネージメントによって、本年度の全日本F3選手
権に参戦することとなった松田次生選手(18歳)、3月21日に行われた鈴鹿サー
キットでの開幕戦、松田選手は4輪初レースながらも5位に入賞するなど健闘を見せ
ており、このセントラルパークMINEサーキットでの第3戦でもポイント獲得を狙
い、チームはレースウィークに備えて5月7~8日と2日間のテスト走行を実施。2
日間ともに午前が雨で午後に晴れるという難しいコンディションとはなったが、初
コースとなるMINEのコースレイアウトの習熟に集中した。
 そして迎えたレースウィークでは、決勝に向けた大事な練習走行となる木曜日、金
曜日と、テスト時のデータを基に順調にセットアップを進めた松田選手は、金曜日の
午後にニュータイヤを装着。ライバルとなる各選手もニュータイヤでセッティングを
煮詰める中、開幕戦の覇者であるチームトムスのピーター・ダンブレック選手に0.
2秒及ばずトップは譲ったものの、1分22秒831という好タイムをマークして2
番手に着けた。ちなみにこの松田選手のタイムは、これまでのMINEのF3コース
レコードを0.5秒も上まわるもので、翌日に控えた予選、決勝に向けチーム、ドラ
イバーともに好感触を掴んで土曜日を迎えることとなった。
 ところが翌日はあいにくの雨。午前中に予定されていたF3の公式練習の段階では、
かなりの強い雨が降っており、路面はヘビーウエットとなったためにチームは公式練
習の出走を見合わせ、午後の予選に臨むこととなった。
 そして始まった公式予選。その頃には雨は止んでいたものの、路面は相変わらず濡
れており、各車レインタイヤでのアタックとなった。松田選手は、公式練習をパスし
たこともあって真っ先にコースイン。序盤からタイミングモニターの上位に着けてい
たが、ある程度のタイムを出したところでいったんピットインし、タイヤを交換して
再度アタックへ向かった。この時履いたタイヤはニュータイヤではなく、中古のレイ
ンタイヤ。テスト走行の時に同様のコンディションの際、速かったというデータに基
づき、あえて溝のすり減った〝浅溝〟をチョイスした。予選も残り8分という状況な
がら、松田選手は早速タイムを縮めて1分40秒241で6番手に着けると、予選終
了間際には1分39秒596へとさらにタイムアップを果たす。しかし、どんどん乾
いて好転していく路面コンディションの中で他のドライバーもタイムアップしたため、
公式予選を6位で終えることとなった。ポールポジションは筑波に続いて好調の#2
加藤寛規選手(DALLARA F398/無限HONDA)が獲得、予選2位に#
1ダンブレック選手(DALLARA F398/TOYOTA)、予選3位に#55
金石年弘選手(DALLARA F398/無限HONDA)、予選4位は#5高木
真一選手(DALLARA F397/TOYOTA)、予選5位は#9谷川達也選手
(DALLARA F397/TOYOTA)で、これに#64松田選手が続く形とな
った。
 翌日の決勝レース当日は一転して快晴に恵まれた。前日がウエットでの走行であっ
たため急遽決勝前に設けられた10分間のフリー走行では、金曜日に好タイムをマー
クしたセッティングを基に、当日の路面コンディションへの対応を図り決勝に備えた
松田選手だったが、今回、チームからは『集団の中でレースを戦うこと』という課題
が与えられていた。開幕戦ではエンジンストールから終盤見事な追い上げで5位に入
賞して見せた松田選手だが、そこで追い上げるレースができることは証明済みという
ことで、今度は最初から最後まで集団と集中力を切らさずにレースを戦ってフィニッ
シュしようという、新たなテーマが与えられたわけだ。
 迎えた決勝は午前11時33分にスタート。今回は無事にスタートを切った#64松
田選手だったが、1コーナーでイン側のラインを通ったためにアウト側の大外から回
ってきた#7舘信吾選手(DALLARA F398/TOYOTA)、#4リスト・
ヴィルタネン選手(DALLARA F397/TOYOTA)の2台に2コーナー
でかわされ、1周目は8番手でホームストレートに戻ってきた。3周目に先行してい
た#9谷川選手のリタイアで7番手に上がっていた#64松田選手は、#5高木選手、#7舘
選手、#4ヴィルタネン選手らと4~5台が数珠つなぎとなった集団の中でバトルを展
開。10周目には#4ヴィルタネン選手をかわしてポイント圏内である6位にポジシ
ョンアップを果たす。しかし、今回の舞台、ストップ&ゴーのテクニカルコースであ
るMINEは、抜きどころのないコースとしても有名。しかも前を行くのはここを
ホームコースとしている#5高木選手ということで、#64松田選手になかなかチャンス
は訪れず4位グループのまま走行を続けることに。結局さらなる上位進出はならず、
#64松田選手は28周を走りきり6位でフィニッシュ。激戦の続く全日本F3選手権シ
リーズにおいて、開幕戦の鈴鹿に続いて2戦連続ポイントとなる1ポイントを獲得し
た。
 課題であった『集団の中での戦い』を無事にクリアした松田選手。順位的には6位
で開幕戦の5位には及ばなかったものの、レース中のベストラップ1分25秒571
は優勝した#1ダンブレック選手に次ぐ2位の素晴らしいタイムだった。集団の中で
の戦いは、とかく自分のペースで走れずに、前車のペースに巻き込まれてしまうケー
スが少なくはないが、初めての集団戦であったことを考え合わせれば、松田選手のベ
ストラップは非常に高く評価されるものだった。次戦はわずか2週間後の5月31日
の富士スピードウェイ。ここでは例年、スリップストリームを使った集団でのバトル
が毎戦のように展開されている超高速コース。松田選手にとっては今回の課題をクリ
アしたことによって、次戦に向けて何事にも替えがたい自信がついたことだろう。
 なお、レースはポールポジションから#2加藤選手が好スタートを決めたものの、#
1ダンブレック選手がこれをかわして優勝。#2加藤選手は2位に。3位には#7舘選
手という結果となった。
●チーム総監督 中嶋悟のコメント
「レースウィーク中、気負わずに順調にメニューをこなし、少しずつ結果を出してい
く姿勢は評価できます。次戦以降の更なる活躍を期待したくなります。」
※次戦は、5月30日~31日富士スピードウェイで開催されます。

Formula Nippon

フォーミュラニッポン レースレポート

シリーズ名:全日本選手権フォーミュラ・ニッポン
大会名:第2戦・美祢
距離: 3.239km×62周
予選:5月16日 雨のち曇り・観衆:1万2300人(主催者発表)
決勝:5月17日 晴れ      ・観衆:4万4700人(  同  )
トム・コロネル選手、参戦2戦目にして1ポイントをゲット!
序盤戦で猛チャージを見せた山西康司選手も7位で完走
 4月の鈴鹿で開幕した98年全日本選手権フォーミュラ・ニッポン(略称:FN)の
第2ラウンドは、本州最西端の美祢サーキットが舞台。今年がFN2シーズン目とな
る山西康司選手に加えて、97年全日本F3タイトルを手土産に今シーズンからFNに
ステップアップしてきたトム・コロネル選手。2人の有望な若手ドライバーを擁する
PIAA NAKAJIMA RACINGにとって、期待の高まる1戦となった。
というのも、この美祢サーキットでは、この数年に渡って外国人ドライバーが優勝を
飾っていたから。実際、コロネル選手は5月初めに、この美祢サーキットと性格の似
たツインリンクもてぎで行われたFNの第3回公式走行会でもトップタイムをマーク
するなど気合も充分だった。もちろん、エースナンバーの64号車を駆る山西選手も、
4回のセッションを通じて安定した好タイムをマークしていたから、チーム全員が大
きな期待を持って臨むことになった。
 予選日の16日は朝から大雨に見舞われた。シーズンオフのテストや公式走行会で好
タイムをマークしているものの、雨のテストでは、今ひとつタイムに伸び悩んでいる
だけに、チームとしても出端を挫かれた恰好となった。午前中の公式練習では“足慣
らし”程度に走行してセッティングを確認、午後の公式予選に臨むことになった。し
かし午後になって雨足が弱まったこともあって、レインコンディションには変わりな
いものの、公式練習に比べると若干、路面は良くなっていた。しかし、これが悪い方
向にはたらき、2人のドライバーはバランスの崩れたマシンと格闘する羽目になり、
山西選手が13莫ョ黶Aコロネル選手に至っては何と16番手にまで低迷することになった。
唯一の期待は天候の好転。天気予報では決勝レースの行われる日曜日は、朝から晴れ、
との予報が出ていたから、ドライバー、チームスタッフともどもドライレースを祈り
つつ、土曜日は眠りに着くこととなった。
 明けて日曜日は予想どおりの好天に恵まれた。雲ひとつない快晴、とはいかなかっ
たが、コースは完全にドライコンディション。むしろ路面温度が上昇し過ぎないだけ、
レースには絶好のコンディションと言える。ここまで、ドライコンディションではト
ップレベルのタイムをマークし続けて来ただけに、2人のドライバーの顔色も、一気
に晴れ上がった。朝一番に行われたフリー走行では、山西選手が1分16秒台の好タイ
ムで3番手につけ、決勝での上位入賞も期待させることになった。一方のコロネル選
手はドライコンディションに合わせたセッティングへのコンバートが、今ひとつだっ
たのか、山西選手からは1秒遅れのタイムに止まった。しかし、考えてみれば、いく
ら全日本F3チャンピオンと言えども、国内トップフォーミュラであるFNでは、ま
だ2戦目のルーキーだけに、大きすぎる期待は酷かもしれない。午後の決勝レースに
向けて、山西選手のマシンに倣って、さらなるファインセットを追求したのは言うま
でもない。また、このフリー走行で山西選手がコースオフした際に、少しエンジンを
オーバーヒートさせた可能性もあり、こちらはエンジン換装。メカニックにとっては
息つく暇もないインターバルとなった。
 午後2時に一旦はスタートが切られたものの、グリッド前方の2台がエンジンス
トールさせたことが引き金となってアクシデントが発生。再スタートが切られること
になった。幸いなことに、山西選手もコロネル選手も、グリッド上で止まってしまっ
たマシンを巧みにかわしていたから、マシンには何らダメージはなかった。しかし、
ドライバーにとっては精神的にハードだったはずだが、2人のドライバーは、2回目
のスタートもそつなくこなして、オープニングラップをおえた時点では山西選手が7
番手、コロネル選手が11番手間でジャンプアップしていたのは流石だ。2人ともに1
分20秒台から19秒台、18秒台とペースをアップしていき、上位陣の脱落もあって6周
目には山西選手が6位とポイントゲット圏内に進出、コロネル選手も8番手までポジ
ションを上げていた。
 山西選手は、その後も17秒台中盤のペースで安定して周回を重ねていったが、パッ
シングポイントの少ないコースレイアウトだけに、なかなか前のマシンをパスできな
いまま、6位で走行を続けていた。一方のコロネル選手は、山西選手よりもさらに速
いペースで周回を重ね、毎周のように自己のベストラップを書き換えていき、10周目
には1分17秒170 と、その時点でのベストラップを叩き出し、さらに次の周には17秒
134 まで短縮していった。しかし、彼らのパフォーマンスもレースの3分の1を過ぎ
た辺りから鈍ってきた。どうやら燃料タンクが満タンに近いときには、マシンのバラ
ンスはまずまずのようだったが、燃料が消費されて軽くなってくると微妙に崩れてき
たようだ。コロネル選手の方はレースが後半戦に入るころまで何とか17秒台をキープ
できたものの、山西選手は20周を過ぎた辺りからペースが落ちてしまった。それまで
6番手をキープしていた山西選手だったが、21周目には1台にパスされて7番手に後
退、29周目にはコロネル選手にもかわされてしまったのだ。その後、上位陣の脱落も
あって、コロネル選手が6番手でチェッカー、初の1ポイントをゲット。山西選手が
7位で続いた。2人のドライバーにとっては、不満の残る内容となったが、その悔し
さは、次回の富士ラウンドで晴らすしかない。

スーパー耐久

SUZUKA N1-500km:N1 ラップチャート

スーパー耐久シリーズ’98第3戦                       98-05-17
SUZUKA SUPER N1-500km             WEATHER :  Cloudy    
スーパー耐久                                              COURCE  :  Dry       
決勝 Lap Chart
Laps St    1    2    3    4    5    6    7    8    9   10   11   12   13   14  
-------------------------------------------------------------------------------
1   32:   32   32   32   32   32   32   32   32   32   32   23p   1p  32   32 
2    1:    1    1    1    1    1    1    1    1    1    1   32   32   11   43 
3   23:   23   23   23   23   23   23   23   23   23   23    1   11   43   11 
4   11:   11   11   11   11   11   11   11   11   11   11   11   43   20   20 
5   37:   36   36   33   33   20   43   43   43   43   43   43   20   33   33 
6   36:   33   33   36   20   33   20   20   20   20   20   20   33   36   36 
7   33:   20   20   20   36   43   33   33   33   33   33   33   36   37   37 
8   20:   37   37   37   37   36   36   36   36   36   36   36   37   27   38 
9   38:   38    2    2   43   37   37   37   37   37   37   37   27   38   52 
10    2:    2   38   38    2    2    2   27   27   27   27   27   38   52    2 
11   27:   27   27   27   38   38   27    2   38   38   38   38   52   77   77 
12   31:   52   52   43   27   27   38   38   52   52   52   52   77    2   87 
13   77:   17   17   52   52   52   52   52   77   77   77   77    2   87   17 
14    4:   31   43   87   87   77   77   77   87    2    2    2   87   17   39 
15   52:   39   87   77   77   87   87   87    2   87   87   87   17   54   23 
16   17:   87   77   17   17   17   17   17   17   17   17   17   54   39    1 
17    9:    4.  39   39   39   39   54   54   54   54   54   54   39    9   91 
18   87:   77   31   54   54   54   39   39   39   39   39   39    9   91    7 
19    7:   29   54   60   60   60    9    9    9    9    9    9   91    7   73 
20   60:   54   29   29   31    9   60   60   91   91   91   91    7   73    9 
21   29:   60   60   31   91   91   91   91   60    7    7    7   73   48   48 
22   39:    9    9    7    9   31    7    7    7   60   73   73   48   71   76 
23   91:   76   55   55   55    7   55   55   55   73   48   48   71   76   71 
24   54:   55    7   91   76   55   31   73   73   48   71   71   76   23   54p
25   76:    7   91    9    7   73   73   48   48   71   76   76   23    1   27p
26   55:   43   73   73   73   76   76   71   71   76   60p  78p  29   29   29 
27   73:   91   76   76   48   48   48   76   76   29   29   29   28   28   55 
28    6:   73   93   48   71   71   71   49   29   28   28   28   49   55   28 
29   93:   93   48   71   28   28   28   28   28   49   49   49   93   93   16 
30   49:   48   71   28   49   29   49   29   49   93   93   93   55   49   49 
31   71:   49   28   16   16   49   29   93   93   55   55   55   16   16   93p
32   28:   71   16   93   29   16   93   16   16   16   16   16   21   21   21p
33   78:   28   49   49   93   93   16   78   78   78   78   21   67   67   67 
34   67:    6   67   67   78   78   78   21   21   21   21   67    6    6    6 
35   21:   16   78   78   21   21   21   31p  35   35   35p   6   78   78   78 
36   16:   67   21   21   35   35   67   35   67   67   67   60   60   60   60 
37   48:   21   35   35   67   67   35   67    6    6    6              
38   35:   78    6p   6    6    6    6    6                 
39   43:   35                       
15   16   17   18   19   20   21   22    23   24   25   26   27   28   29  
----------------------------------------------------------------------------
32   32   32   32   32   32   32   32    32   32   32   32   32   32p  43 
43   43   43   43   43   43   43   43    43   43   43   43   43   43   11 
11   11   11   11   11   11   11   11    11   11   11   11   11   11    1 
20   20   20   20   20   20    1    1     1    1    1    1    1    1   23 
33   33   33   33   33    1   20   23    23   23   23   23   23   23   20 
36   36   37   37    1   33   23   20    20   20   20   20   20   20   33 
37   37    1    1   37   23   33   33    33   33   33   33   33   33   37 
38   38   36   23   23   37   37   37    37   37   37   37   37   37   32 
2   23   23   36   36   36   36   36    36   36   36   36   36   36   36 
52    1   38   38   38   38   38   38    38   38   38   38   38   38   38 
77    2    2    2    2    2    2    2     2    2    2    2    2    2    2 
87   52   52   52   52   52   52   52    52   52   52   52   52   52   52 
23   77   77   87   87   87   87   87    87   87   87   87   87   87   87 
1   87   87   77p  39   17   17   39     7    7    7    7    7    7    7 
17   17   17   39   17   39    9    7    39   39   39   39   39   39   39 
39   39   39   17    7    9   39   91    91   91   91   91   91   91   91 
9    9    7    7    9    7    7   73    73   73   73   73   73   73   73 
7    7    9    9   91   91   91   76    76   77   77   77   77   77   77 
91   91   91   91   73   73   73   48    77   76   76   76   76   76   76 
73   73   73   73   76   76   76   77    48   48   48   48   17   17   17 
76   76   76   76   48   48   48   17    17   17   17   17   48   48   48 
48   71   71   71   71   71   77   71    71   71   71   71   71   71   71 
71   48   48   48   77   77   71    9p   29   27   27   27   27   27   27 
29   29   29   29   29   29   29   29    55   29   29   29   29   29   29 
55   55   55   55   55   55   55   55    27   55   55   55   55   55   55 
28   28   28   28   28   28   28   27    28   28   28   28   28   49   49 
16   16   49   49   49   27   27   28    49   49   49   49   49   16   16 
49   49   16   16   27   49   49   49    16   16   16   16   16   93   93 
27   27   27   27   16   16   16   16    67   67   67   67   93   67   67p
67   67   67   67   67   67   67   67    93   93   93   93   67   78   78 
93   93   93   93   93   93   93   93    78   78   78   78   78    6    6 
54p   6    6    6    6   78   78   78     6    6    6    6    6   28p  60 
6   78   78   78   78    6    6    6     9   60   60   60   60   60   21 
78   21   21   21   21   21   21   21p   60   21   21   21   21   21   28 
21   60   60   60   60   60   60   60    21    9    9    9    9p   9    9 
60   54p       
30   31   32   33   34   35   36   37   38   39   40   41   42   43   44 
-----------------------------------------------------------------------------
43p   1    1    1    1   23    1   23   23   23   23   23   23   23   23p 
1   11   23   23   23    1   23    1    1    1    1    1    1    1    1p 
11   23   11   11   11   11   11   11   11   11   11   11   11p  32   32  
23   20   20   20   32   32   32   32   32   32   32   32   32   37   37  
20   32   32   32   20   20   20   20   20   20   37   37   37   43   43  
33   33   33   33   33   37   37   37   37   37   20p   2    2    2p  11  
37   37   37   37   37   33p  36   36    2    2    2   38   43   11    2  
32   36   36   36   36   36    2    2   36   38   38   43   38p  20   20  
36   38    2    2    2    2   38   38   38   36p  43   52   52p  38   38  
38    2   38   38   38   38   52   43   43   43   52   77   77p  52   52  
2   52   52   52   52   52   43   52   52   52    7    7p  20   27   27  
52   87   87   87   87   43   87   87   87   87   87p  20   73p  87   87  
87    7    7    7   43   87    7    7    7    7   77   73   87   39   77  
7   39   43   43    7    7   77   77   77   77   73   87   27   77   39  
39   91   39   39   39   77   39p  73   73   73   27   27   39   73   73  
91   77   91   91   77   39   73   71   27   27   71   39    7    7    7  
73   73   77   77   73   73   71   27   71   71   39   71p  71   71   29  
77   43   73   73   48   48p  27   39   39   39   29   29p  29   29   71  
76   76   17   76   71   71   29   29   29   29   55   55p  48   55   55  
17   17   76   17p  27   27   55   55   55   55   16p  48   55   48   48  
48   48   48   48   29   29   48   16   16   16   48   16   16   16   16  
71   71   71   71   55   55   16   48   48   48   93p  93   93   93   93  
27   27   27   27   16   16   93   93   93   93   49   49   49   49   49  
29   29   29   29   93   93   49   49   49   49   17   17   17   17   17  
55   55   55   55   49   49   33p  17   17   17   60   78   78   78   78  
49   49   49   49p  78   78   78p  60   60   60   78   60   60p   6    6  
16   16   16   16   17   17   17   78   78   78   67p   6    6   28   28  
93   93   93   93   60   60   60   67   67   67    6   21   21p  60p  21  
78   78   78   78   67   67   67    6    6    6   21   28   28   21   67p 
6    6    6    6p   6    6    6   21   21   21   28   67   67   67    9  
67   67   60   60   21   21   21   28   28   28p   9p   9    9    9   91  
60   60   67   67   28   28   28    9    9p   9   91   91   91   91   76  
21   21   21   21    9    9    9   91   91   91   76   76   76   76   
28   28   28   28   91p  91   91   76   76   76       
9    9    9    9   76p  76   76          
45   46   47   48   49   50   51   52   53   54   55   56   57   58   59   60  
--------------------------------------------------------------------------------
32   32p   1    1    1    1    1    1    1    1    1    1    1    1    1    1 
1    1   23   23   23   23   23   23   23   23   23   23   23   23   23   23 
37p  23   43   43   43   43   43   43   43   43   43   43p  43   43   43   43 
23   43   11   11   11   11   11   11   11   11   11   11   11   11   11   11 
43   11   37   37   37   37   37   37   37   37   37   37   37   37   37   37 
11   37    2    2    2    2    2    2    2    2    2    2    2    2    2    2 
2    2   38   38   38   38   38   38   20   20   20   20   20   20   20   20 
20   38   20   20   20   20   20   20   38   38   38   38   38   38   38   38 
38   20   52   52   52   52   52   52   52   52   52   52   52   52   52   52 
52   52   27   27   27p  87   87   87   87   87   87   87   87   87   87   87 
27   27   87   87   87   77   77   77   77   77   77   77   77   77   77   77 
87   87   77   77   77   39   39   39   39   39   39   39   39   39   39   39 
77   77   39   39   39   27   27   27   27   27   27   27   27   27   27   27 
39   39   73   73   73   73   73   73   73   73   73   73   73   73   73   73 
73   73    7    7    7    7    7    7    7    7    7    7    7    7    7    7 
7    7   29   29   29   55   55   55   55   55   55   55   55   55   55   55 
29   29   55   55   55   29   29   29   29   29   29   29   29p  93   93   93 
71   55   71   48   48   48   48   48   48   48   93   93   93   29   29   29 
55   71   48   16   16   16   16   16   16   16   48p  16p  49   49   49   49 
48   48   16   93   93   93   93   93   93   93   16   49   48   48   48   48 
16   16   93   71p  49   49   49   49   49   49   49   48   17   17   17   32 
93   93   49   49   17   17   17   17   17   17   17   17   32   32   32   17p
49   49   17   17   78   78   78   78   32   32   32   32   78   78   78   78 
17   17   78   78    6   32   32   32   78   78   78   78   16   16   16   16 
78   78    6    6   32    6.  28   28   28   28   28   28   28   28   28   28 
6    6   32   32   28   28   21p  21   21   21   21   21   21   21   21   21 
28   28   28   28   21   21   67   67   67   67   67   91   91   91   91   91 
21   21   21   21   67p  67   91   91   91   91   91   67   67   67   67   67 
67   67   67   67   91   91    9    9    9p   9    9    9    9    9    9    9 
9    9p  91   91    9    9   76   76   76   76   76   76   76   76   76   76 
91   91    9    9   76   76                  
76   76   76   76   71   71p                 
61   62   63   64   65   66   67   68   69   70   71   72   73   74   75   76   
--------------------------------------------------------------------------------
1    1    1    1    1    1    1    1    1    1    1    1    1    1    1    1  
23   23   23   23   23   23   23   23   23   23   23   23   23   23   23   23  
43   43   43   43   43   43   43   43   43   43   43   43   43   43   43   43  
11   11   11   11   11   11   11   11   11   11   11   11   11   11   11   11  
37   37   37   37   37   37   37   37   37.  20   20   20   20   20   20   20  
2    2    2    2   20   20   20   20   20    2    2    2    2    2    2    2  
20   20   20   20    2    2    2    2    2   38   38   38   38   38   38   38  
38   38   38   38   38   38   38   38   38   52   52   52   52   52   52   52  
52   52   52   52   52   52   52   52   52   77   77   77   77   77   77   77  
87   87   87   87   87   87   87   87   87   87   87   87   87   87   87   87  
77   77   77   77   77   77   77   77   77   39   27   39   39   39   39   39  
39   39   39   39   39   39   39   39   39   27   39   27   27   27   27   27  
27   27   27   27   27   27   27   27   27   73   73   73   73   73   73   73  
73   73   73   73   73   73   73   73   73   55   55   55   55   55   55   55  
7    7    7   55   55   55   55   55   55    7    7    7    7    7    7    7  
55   55   55    7    7    7    7    7    7   93   93   93   93   93   32   32  
93   93   93   93   93   93   93   93   93   29   29   32   32   32   93   93  
29   29   29   29   29   29   29   29   29   32   32   29   29   29   29   29  
49   49   49p  48   48   48   48   48   32   48   48   48   48   48   48   48  
48   48   48   32   32   32   32   32   48   49   49   49   49   49   49   49  
32   32   32   49   49   49   49   49   49   78   78   78   78   78   78   78  
78   78   78   78   78   78   78   78   78   17   17   17p  17   17   17   17  
17   17   17   17   17   17   17   17   17   28   28   28   28   28   28   28  
28   28   28   28   28   28   28   28   28   16   16   16   16   16   16.      
16   16   16   16   16   16   16   16   16   21   21   21   21.              
21   21   21   21   21   21   21   21   21p  91   91   91.               
91   91   91   91   91   91   91   91   91   76.                 
67   67   67    9    9p  76   76   76   76                   
9    9    9   76   76    9    9    9    9.                  
76   76   76   67   67   67   67   67.                   
77   78   79   80   81    82   83   84   85   86 
--------------------------------------------------------------
1    1    1    1    1     1    1    1    1    1. 
23   23   23   23   23p   23   23   23   23   23. 
43   43   43   43   43    43   43   43   43.  
11   11   11   11   11    11   11   11   11.  
20   20   20   20   20    20   20   20.   
2    2    2    2   38    38   38.    
38   38   38   38    2p    2    2.    
52   52   52   52   52    52   52.    
77   77   77   77   77    77   77.    
87   87   87   87   87    87   39.    
39   39   39   39   39    39   87.    
27   27   27   27   27    27.     
73   73   73   73   73    73. 
55   55   55   55   55. 
7    7   32   32   32. 
32   32    7    7.      
93   93   93   93.      
29   29   29   29.      
48   48   48   48.      
49   49   49.        
78   78.         
17.          
28.                       提供:鈴鹿サーキットランド 

スーパー耐久

SUZUKA N1-500km:N1 決勝

スーパー耐久シリーズ’98第3戦                      98-05-17     
SUZUKA SUPER N1-500km            WEATHER  : Cloudy
スーパー耐久                     正式決勝結果表          COURSE   : Dry
国際レーシングコース     
P. No.Cls.    A Driver      B Driver  C Driver   Type          Lap    Total 
--------------------------------------------------------------------------------
1  1 クラス1  1 粕谷 俊二     見崎 清志            ニッサン・スカイラインGT-R86  3:40'38.712 
2 23 クラス1  2 福山 英朗     木下 隆之            ニッサン・スカイラインGT-R86  3:41'40.710 
3 11 クラス2  1 中谷 明彦     小幡  栄             三菱ランサーエボⅤ  85  3:42'57.011 
4 20 クラス2  2 伊藤 勝一     細野 智行 小川 日出生ミツビシ・ランサーエボⅤ84  3:41'36.951 
5 38 クラス2  3 雨宮 栄城     鈴木  学             トヨタ・セリカ        83  3:40'40.033 
6  2 クラス2  4 清水 和夫     渋谷  勉             スバル・インプレッサ   83  3:40'44.285 
7 52 クラス4  1 西垣内 正義   渡辺  明             ニッサン・パルサー     83  3:42'33.027 
8 77 クラス4  2 山本 泰吉     辻本  聡             ホンダ・シビック R   83  3:42'44.481 
9 39 クラス3  1 井田 雅彦     磯田 尚孝            ホンダ・インテグラ R  83  3:43'11.764 
10 87 クラス4  3 桂  伸一      菊地  靖             ニッサン・パルサー     83  3:43'13.128 
11 73 クラス4  4 前嶋 秀司     中村  旬             ホンダ・シビック     82  3:43'11.770 
12 55 クラス4  5 福田 よしのぶ 萬雲 恒明            ホンダ・シビック     81  3:42'00.506 
13 32 クラス1  3 横島  久      竹内 浩典            ニッサン・スカイラインGT-R81  3:42'56.908 
14  7 クラス3  2 元谷 宏大     黒木 健次 檜井 保孝  ホンダ・プレリュード  80  3:40'55.270 
15 93 クラス4  6 山本 弘幸     長野 賢也 中嶋 廣高  ホンダ・シビック     80  3:41'22.484 
16 29 クラス3  3 中谷 誠志     大橋 正澄            ホンダ・インテグラ R  80  3:42'02.090 
17 48 クラス2  5 大橋 昌樹     近田 直人 佐藤 理之  ミツビシ・ランサーエボⅣ80  3:42'37.078 
18 49 クラス2  6 新谷 栄章     西川 正明            ニッサン・シルビア     79  3:41'00.184 
19 27 クラス2  7 牧口 規雄     志村  久             BMW M3         78  3:41'09.417 
20 78 クラス4  7 丸山  浩      宮城  光             ホンダ・シビック R   78  3:41'14.478 
21 17 クラス2  8 萩原 英明     内田 政宏 小林  聖   スバル・インプレッサ   77  3:41'41.095 
22 28 クラス3  4 佐藤 清治     佐藤  淳             ホンダ・インテグラ R  77  3:42'42.027 
23 43 クラス1  4 山田 英二     青木 孝行            ニッサン・スカイラインGT-R76  3:41'18.918 
24 16 クラス3  5 中村  仁      松浦 俊之            トヨタ・セリカ        75  3:42'08.581 
25 21 クラス3  6 福岡 博人     能城 重之 島崎 三樹彦トヨタ・MR2        73  3:42'16.671 
26 91 クラス4  8 阪口 良平     兼子 謙一            ホンダ・シビック     72  3:41'23.373 
27 76 クラス4  9 佐藤 久実     吉田 寿博            ホンダ・シビック R   70  3:42'51.240 
28  9 クラス2  9 保田 健雄     関口  智音           マツダ・RX7       69  3:41'23.258 
29 67 クラス4 10 三好 孝志     大野 尊久 輿水 敏明  トヨタ・カローラレビン   68  3:41'55.562 
以上 順位認定:
37 クラス2    山路 慎一     藤田 隆之            トヨタ・セリカ GT-Four69  3:04'01.003 
6 クラス2    冨桝 朋広     柳生 治男            ミツビシ・ランサーエボⅣ50  2:28'57.232 
71 クラス4    関根 基司     山梨 順一            ニッサン・パルサー     50  3:01'17.795 
60 クラス4    赤尾 文夫     鈴木 恵一            ホンダ・シビック     43  2:12'29.211 
36 クラス2    村尾 真吾     S・マルティーノ             トヨタ・セリカ GT-Four39  1:47'27.006 
33 クラス2    村松 康生     三好 正己            ミツビシ・ランサーエボⅤ36  1:48'40.705 
54 クラス4    山内 伸弥     浅見  武             ホンダ・シビック R   16  1:20'07.066 
35 クラス2    青砥 浩史     袖山 誠一 姫野 聖也  トヨタ・MR2        10    30'18.236 
31 クラス2    小林 正吾     竹添 謙枝            ニッサン・シルビア      7    19'59.210 
4 クラス3    山野 哲也     西   翼              ホンダ・インテグラ R   1     2'45.426 
開始時刻: 13:07'10      終了時刻: 16:47'48
参加台数 39 台                 出走台数 39 台
Fastest Lap 
No.  32  日産プリンス千葉GTRファルケン    2'21.009   2/81   149.71Km/h
規定周回数 60
ペナルティ No.77 
特別規則書第42条~10)④の違反により、ペナルティ・ストップ10秒を課した。
      No.43
      特別規則書第35条~4)の違反により、競技結果より9周減算した。
      No.27 
      特別規則書第35条~4)の違反により、競技結果より4周減算した。
                           提供:鈴鹿サーキットランド

Japanese F3

'98_JF3 ドライバーズポイント( 3/10戦)

(第3戦まで)
1998                    3   4   5   5   6   7   8   8   9  10
Japan                  /   /   /   /   /   /   /   /   /   /
Formula 3            22  19  17  31  14   5   2  16   6   4
Championship        鈴  筑  美  富  茂  鈴  菅  T  仙  鈴
Drivers-point      鹿  波  祢  士  木  鹿  生  I  台  鹿
Po-No-Driver----------Rd -1 --2 --3 --4 --5 --6 --7 --8 --9 -10-総合P-有効P
1   1 P.ダンブレック    9   4   9   0   0   0   0   0   0   0    22    22
2   2 加藤 寛規          4   9   6   0   0   0   0   0   0   0    19    19
3   7 舘 信吾            3   6   4   0   0   0   0   0   0   0    13    13
4  77 伊藤 大輔          6   3   0   0   0   0   0   0   0   0     9     9
5  55 金石 年弘          0   0   3   0   0   0   0   0   0   0     3     3
6  64 松田 次生          2   -   1   0   0   0   0   0   0   0     3     3
7   9 谷川 達也          0   2   0   0   0   0   0   0   0   0     2     2
7   5 高木 真一          0   0   2   0   0   0   0   0   0   0     2     2
9   8 藤原 靖久          0   1   0   0   0   0   0   0   0   0     1     1
9  14 S.マルティノ      1   -   -   0   0   0   0   0   0   0     1     1
38 平野 功            0   0   0   0   0   0   0   0   0   0     0     0
6 佐藤 琢磨          0   -   -   0   0   0   0   0   0   0     0     0
17 黒沢 治樹          0   0   0   0   0   0   0   0   0   0     0     0
33 井出 有司          0   0   0   0   0   0   0   0   0   0     0     0
16 R.デルフラー      0   0   0   0   0   0   0   0   0   0     0     0
51 清水 剛            0   0   0   0   0   0   0   0   0   0     0     0
15 歌川 拓            0   0   0   0   0   0   0   0   0   0     0     0
39 水谷 竜也          0   -   0   0   0   0   0   0   0   0     0     0
18 密山 祥吾          0   0   0   0   0   0   0   0   0   0     0     0
25 長島 正興          0   0   0   0   0   0   0   0   0   0     0     0
19 佐々木 孝太        0   -   -   0   0   0   0   0   0   0     0     0
53 五味 康隆          0 DNS   0   0   0   0   0   0   0   0     0     0
24 佐藤 雅洋          0   -   -   0   0   0   0   0   0   0     0     0
4 静間 大典          0   -   -   0   0   0   0   0   0   0     0     0
66 関 昌之            0   -   -   0   0   0   0   0   0   0     0     0
27 三沢 伸輔          -   -   0   0   0   0   0   0   0   0     0     0
24 蔵本 信之          -   -   0   0   0   0   0   0   0   0     0     0
4 R.ヴィルタネン    -   0   0   0   0   0   0   0   0   0     0     0
6 松浦 佑亮          -   -   0   0   0   0   0   0   0   0     0     0
24 山田 英雄          -   0   -   0   0   0   0   0   0   0     0     0
***************************************************************************
* 1位から6位までに9-6-4-3-2-1のポイント
* 全10戦中ベスト7戦(70%)有効ポイント制
///// PDD01523 伊東 昭雄 /////

Formula Nippon

'98F_NIPPON ドライバーズポイント( 2/10戦

(第2戦まで)
1998                   4   5   5   6   7   8   8   9  10  11
Japan                 /   /   /   /   /   /   /   /   /   /
Formula Nippon      19  17  31  14  05  02  30  20  18  29
Championship       鈴  美  富  茂  富  美  富  鈴  富  鈴
Drivers-point     鹿  祢  士  木  鹿  生  士  祢  士  鹿
Po -No ----Driver ------Rd.-1 --2 --3 --4 --5 --6 --7 --8 --9 -10 ---総合P
1 20     影山 正彦        10   0   0   0   0   0   0   0   0   0       10
1  8     本山 哲           0  10   0   0   0   0   0   0   0   0       10
3  1     影山 正美         6   0   0   0   0   0   0   0   0   0        6
3 56     脇阪 寿一         0   6   0   0   0   0   0   0   0   0        6
5 55     金石 勝智         3   2   0   0   0   0   0   0   0   0        5
6 14     道上 龍           0   4   0   0   0   0   0   0   0   0        4
6  7     N.フォンタナ     4   0   0   0   0   0   0   0   0   0        4
8  5     M.グーセン       1   3   0   0   0   0   0   0   0   0        4
9 11     野田 英樹         2   0   0   0   0   0   0   0   0   0        2
10 65     T.コロネル       0   1   0   0   0   0   0   0   0   0        1
19     黒澤 琢弥         0   0   0   0   0   0   0   0   0   0        0
3     川本 篤           0   0   0   0   0   0   0   0   0   0        0
2     R.ファーマン     0   0   0   0   0   0   0   0   0   0        0
21     田中 哲也         0   0   0   0   0   0   0   0   0   0        0
62     柴原 眞介         0   0   0   0   0   0   0   0   0   0        0
17     近藤 真彦         0   0   0   0   0   0   0   0   0   0        0
22     石川  朗          0   0   0   0   0   0   0   0   0   0        0
35     惣田 季靖         0   -   0   0   0   0   0   0   0   0        0
6     脇阪 薫一         0   0   0   0   0   0   0   0   0   0        0
18     高橋 毅           0   0   0   0   0   0   0   0   0   0        0
63     OSAMU        0   -   0   0   0   0   0   0   0   0        0
64     山西 康司         0   0   0   0   0   0   0   0   0   0        0
36     玉中 哲二         0   0   0   0   0   0   0   0   0   0        0
63     大西 太一郎       -   0   0   0   0   0   0   0   0   0        0
37     山田 政夫         -   0   0   0   0   0   0   0   0   0        0
**************************************************************************
* 1位から6位までに10-6-4-3-2-1のポイント
* 全10戦総ポイント制
* 予選通過基準タイム(110%)
///// PDD01523 伊東 昭雄 /////

Japanese F3

JF3-Rd3:MINE F3決勝結果

全日本F3選手権第3戦 美祢 -RIJ- (1998-05-17) Provisional Race-Results
For 1998 All Japan F3 Championship Rd.3 美祢サーキット(J) : 3.239km
Weather:Cloudy  Course:Dry
P No. Driver----------- Car---------------------- Lap --GoalTime- -km/h--
1   1 P.ダンブレック(GB)Dallara F398/Tom's-Toyota  28   40'28.460  134.444
2   2 加藤 寛規     (J) Dallara F398/Toda-Honda    28   40'30.628
3   7 舘  信吾      (J) Dallara F398/Tom's-Toyota  28   40'31.379
4  55 金石 年弘     (J) Dallara F398/Mugen-Honda   28   40'33.400
5   5 高木 真一     (J) Dallara F397/Tom's-Toyota  28   40'33.946
6  64 松田 次生     (J) Dallara F397/Mugen-Honda   28   40'34.804
7  77 伊藤 大輔     (J) Dallara F397/Toda-Honda    28   40'35.693
8   4 R.ヴィルタネン(SF)Dallara F398/Torii-Toyota  28   40'35.700
9   6 松浦 佑亮     (J) Dallara F398/Mugen-Honda   28   40'40.103
10   8 藤原 靖久     (J) Dallara F398/Tom's-Toyota  28   40'45.813
11  25 長島 正興     (J) Dallara F397/Tom's-Toyota  28   40'47.340
12  16 R.デルフラー (RA) Dallara F397/Torii-Toyota  28   40'53.891
13  17 黒沢 治樹     (J) Dallara F397/Toda-Honda    28   40'59.252
14  15 歌川  拓      (J) Dallara F396/Torii-Toyota  28   40'59.727
15  38 平野  功      (J) Dallara F398/Torii-Toyota  28   41'00.236
16  33 井出 有司     (J) Dallara F396/Tom's-Toyota  28   41'00.707
17  18 密山 祥吾     (J) Dallara F397/HKS-三菱      28   41'10.944
18  39 水谷 竜也     (J) Dallara F395/Torii-Toyota  28   41'14.722
19  24 蔵本 信之     (J) Dallara F395/HKS-三菱      27      - 1Lap
---------------------以上完走-----------------------------------------------
53 五味 康隆     (J) Martini MK73/Tom's-Toyota  21      - 7Laps
9 谷川 達也     (J) Dallara F397/Tom's-Toyota   2      -26Laps
27 三沢 伸輔     (J) Dallara F395/HKS-三菱       0
51 清水  剛      (J) Dallara F397/HKS-三菱       0
****************************************************************************
* Fastest LapTime : P.ダンブレック 1'25.290  11/28 Lap
情報提供:CP MINEサーキット
*** FMOTOR4F SysOp 北島滋穂(SDI00685)***

Formula Nippon

FN-Rd2:MINE Fニッポン決勝結果

フォーミュラ・ニッポン第2戦 美祢 -RIJ- (1998-05-17)Provisional Race-Results
For All Japan Formula Nippon Championship Rd.2 美祢サーキット(J) : 3.239km
Weather:Fine    Course:Dry
P No. Driver----------- Car---------------------- Lap --GoalTime- -km/h--
1   8 本山   哲     (J) Reynard 97D/Mugen          62  1:20'35.683 149.502
2  56 脇阪 寿一     (J) Lola T97-51/Mugen          62       38.034
3  14 道上   龍     (J) Reynard 96D/Mugen          62       39.454
4   5 M.グーセンズ  (B) Reynard 97D/Mugen          62       41.534
5  55 金石 勝智     (J) Lola T98-51/Mugen          62       41.876
6  65 T.コロネル   (NL) Reynard 97D/Mugen          62       57.744
7  64 山西 康司     (J) Reynard 97D/Mugen          62       24.268
8  17 近藤 真彦     (J) Reynard 97D/Mugen          62       50.810
9   3 川本   篤     (J) Reynard 96D/Mugen          61       - 1Lap
10   1 影山 正美     (J) Lola T97-51/Mugen          61       - 1Lap
11  36 玉中 哲二     (J) Lola T96-51/Mugen          59       - 3Laps
---------------------以上完走-----------------------------------------------
11 野田 英樹     (J) Lola T98-51/Mugen          41
19 黒澤 琢弥     (J) Lola T98-52/Mugen          27
6 脇阪 薫一     (J) Reynard 96D/Mugen          24
20 影山 正彦     (J) Lola T96-52/Mugen          14
18 高橋  毅     (J) Reynard 97D/Mugen          13
7 N.フォンタナ (RA) Reynard 97D/Mugen           5
21 田中 哲也     (J) Lola T95-50/Mugen           1
63 大西太一郎    (J) Reynard 95D/Mugen           0
22 石川   朗     (J) Reynard 94D/Mugen           0
37 山田 政夫     (J) Lola T95-50/Mugen           0
2 R.ファーマン (GB) Lola T96-51/Mugen           0
62 柴原 眞介     (J) Reynard 95D/Mugen           0
**************************************************************************
* Fastest LapTime : 本山  哲       1'16.916  19/62 Lap
情報提供:CP MINEサーキット
*** FMOTOR4F SysOp 北島滋穂(SDI00685)***

Japanese F3

SKILL SPEED F3 REPORT 05/17

☆☆☆ SKILL SPEED  F3 REPORT ☆☆☆
****全日本F3選手権第3戦****
公式予選
場所:美祢サーキット/山口県
日時:5月17日  天候:晴れ(路面/ドライ)
伊藤大輔の熱走実らず7位完走
『全日本F3選手権第台3戦決勝/セントラルパーク美祢』
 一夜明けての美祢は快晴に恵まれた。前日とコンディションが異なるため、
ウオームアップの前にフリー走行の時間が10分間設けられた。このフリー走
行は、ほんの数周しかしないがマシンの確認には充分で、伊藤は2番手タイム
をマークすることができ決勝に向けての自信を伺わせた。問題はそのスターテ
ィングポジションだ。序盤戦にいいポジションにつけなければ、上位集団に逃
げられてしまうのだ。
 迎えた決勝レース。今年の混戦シリーズを象徴するかのようなレース展開と
なった。今回も抜群のスタート決めた伊藤は松田選手の後ろ8番手で1周目の
メインストレートを通過し、さらなる上位進出を狙う。
 やがて金石選手を先頭とした3番手集団が形勢され文字通りダンゴ状態とな
る。誰もがミスは許されない。ワンミスでいっきに順位が入れ代わってしま
う。そんな状況であった。8周目、チームからこの集団のペースに合わせない
ようにするためにアップサインを出すようになる。トップ2はすでに離れはじ
めてしまっており、この3位集団のペースにはまってしまうと抜け出るチャン
スを逸してしまうからだ。いち早くこの集団から抜け出す必要があった。
 しかし、ツイスティな美祢のコース、並びかけることができるがあともう少
しだけ距離が足りない。そんな状況の中でゲームは進んだ。9周目、5番手を
走っていたヴィルタネン選手のミスでグループ内に変動が起きるものの、伊藤
はこのチャンスをものにできず、伊藤の前のドライバーがヴィルタネン選手に
変わっただけだった。
 終盤に入るとこのグループは徐々にヒートアップ。8番手の伊藤から4番手
の金石選手までの差はわずか2秒弱という大接近戦だったわけだ。
 結局、このオーダーは最終ラップまで続いたわけだが、伊藤は最後の最後で
ずっと抜きあぐねていたヴィルタンネン選手をストレートでかわし7位でフィ
ニッシュした。
 結局予選のポジションがすべてのレースと言えた。たらねばは禁物ではある
が、予選の順位がもう少し上であれば混戦にまきこまれることなく上位だけを
みつめて走れただろう。手痛いノーポイントで終わってしまったが、しかし、
決勝において最後の最後で見せた伊藤の踏ん張りは次のレースにつながるもの
だった。次の富士こそは、露骨に優勝を狙う。
伊藤大輔:「スタートは決まったけれど、どうしても前の集団を攻略すること
ができなかった。最後には意地で抜いたけれど、それをもっと早い段階ででき
なかった、少し引き気味なレースをしてしまったのが情けない。次の富士で
は、もうガンガン行きますので応援をよろしくお願いします」
百田義弘監督:「予選の失敗がすべてでしたね。やはりウエットでのセッティ
ングはダメと判断している。そういった意味で伊藤には申し訳ないことをし
た。次のレースでは、セッティングを完璧にして彼に預けたい」
深尾栄一チームマネージャー:「最後まで伊藤もベストをつくしてくれました
が、シリーズを考えるとこのノーポイントは手痛いですね。この悪い流れを断
ち切る意味においても次のレースは絶対に逃すことができません。体制を立て
直し、なんとか次のレースでは今年前半戦のベストレースにしたい」
以上
               SKILL SPEED F3 TEAM
               深尾栄一

Japanese F3

SKILL SPEED F3 REPORT 05/16

☆☆☆ SKILL SPEED  F3 REPORT ☆☆☆
****全日本F3選手権第3戦****
公式予選
場所:美祢サーキット/山口県
日時:5月16日  天候:曇り(路面/ウエット)
伊藤大輔+スキルスピード失速 まさかの10番手スタート
 98年F3シリーズにおいて3人目のウィナーになるべく1週間前に美祢サー
キットでテストを行ない、万全の体制を整えて美祢に乗り込んだスキルスピード
+伊藤大輔だったが、予選は充分なパフォーマンスを見せることができないまま
終わってしまった。
 通常どおり木曜日からの走行となった第3戦美祢ラウンド、その初日のセッショ
ンは前回のテストの確認とさらなるタイムアップを模索するために費やされた。
ポジション的には、8~10番手にとどまったものの、伊藤自身はマシンのフィー
リングに対して悲観的な部分はなく、金曜日からのアタックに自信を深めていた。
 事実、金曜日に入ると伊藤は午前のセッションで、昨年のレコードタイムを上
回る1分23秒フラットをマークし、トップに立った。午後のセッションで本格
的なアタックに入る予定でいたが、午後のセッション開始早々に金属疲労からく
ると見られるギヤの破損に見舞われストップ。マシンはピットに戻された。本来
であれば、慎重を喫してそのまま走行を断念する以外ないのだが、午前からの流
れを崩したくないチームスタッフは、このトラブルを驚異的な速さで修復。残り
15分でコースに送りだすことに成功した。タイム的には5番手ではあったが、
予選に向けてモチベーションを保つために極めて重要な15分間だったといえる。
 予報どおり、土曜日は雨に見舞われた。朝の走行ではヘビーウエット状態であっ
たが、予選開始間際に雨は止んだ。しかし、予選はウエット状態のままスタート。
いつまた天候が悪化するかわからないため、各ドライバーはウエイティングする
ことなくいっせいにコースイン。すぐさまアタックに入った。コンディションは
ラップ毎に変わる。順位モニターのゼッケンは目まぐるしく入れ代わった。
 時間の経過とともに上位陣が安定したポジショニングを見せるようになる。い
つものメンバーだ。路面状況の変化にリニアに反応するようになってきたのだ。
そんな中で伊藤は上位陣の動きから取り残されるようにポジションをダウンして
しまう。タイムの上がり方が鈍いのである。やきもきするスタッフ、焦る伊藤。
時間だけが刻一刻と過ぎて行ってしまった。結局、伊藤はラストラップに出した
1分39秒902がベストとなるのだが、その時点で上位グループはとっくに3
8秒後半から39秒前半のタイムをマークしていた。伊藤はまさかの10番手で
明日の決勝を迎えることになった。伊藤の話を総合すると、もっとタイムを出せ
る自信はあったものの、変わる路面状況と若干変更を施したマシンのフィーリン
グ変化に対応しきれなかったということらしい。隠さずに言うとこの辺はかねて
から伊藤のウィークポイントとしてチームは神経を尖らせていたのだが、それ
が今回の予選で露呈してしまったわけだ。明日の決勝も同様のコンディションに
なりかねない。混乱も予想される。速さ、しぶとさなどレースを勝ち進むために
必要な条件が集約されたようなレース展開となるのは必至だ。そんな中で伊藤は
どう戦うか、注目してほしい。
伊藤大輔
「路面状況とマシンに対応しきれなかった。手応えとしては充分39秒台前半は
見えていた。でもそんなことを言っても出せていないわけだから、何を言っても
しかたがない。自分で反省すべき点はわかっている。テストもして、昨日もマシ
ンをなおしてくれたチームのスタッフに申し訳ない。そんな自分に対して悔しす
ぎて気が狂いそうな気分ですが、明日は絶対にいいレースをしてみせます」
百田義弘監督
「どうもリズムに乗り切れませんね。とても悪いパターンにはまってしまってい
るような気がします。マシンに対しても、もう少し情報を彼からアウトプットし
なくてはトップを狙えません。そんな状態です。これからすべてのデータを引っ
繰り返して伊藤と問題点について話し合って行きます」
深尾栄一チームマネージャー
「このレースはこれから続く隔週3連戦に向けて非常に重要なレースです。それ
が予選で出ばなを挫かれてしまった。百田のいうように第1戦からの流れを見る
と、とても悪い方向に向かってしまっています。チームの活動資金における絶対
的な体力不足が全体にも大きく響いています。明日の決勝では、苦戦を強いられ
そうですが、なんとかシリーズトップ2に肉薄できるよう、チーム一丸となって
臨みます。まだ予選が終わっただけなんですからね」
以上
               SKILL SPEED F3 TEAM
               深尾栄一

その他

SUZUKA N1-500km:MIRAGEラップチャート

ミラージュカップ関西シリーズ第2戦                98-05-17
SUZUKA SUPER N1-500km        WEATHER :  Cloudy
ミラージュ                                        COURCE  :  Dry   
決勝 Lap Chart
Laps St    1    2    3    4    5    6    7    8    9   10 
---------------------------------------------------------------------
1    6:    6    6    6    6    6    6    6    6    6    6. 
2    1:   46   46   46   65   65   65   65   65   65   65. 
3   46:    1    1    1   46   46   46   46   46   46   46. 
4   39:   27   65   65    1    1    1   27   27   27   27. 
5    3:    3   27    3    3   27    3.   1.  32   32   23. 
6   27:   65    3   27   27    3   27   32   23   23   32. 
7   66:   36   36   36   36   36   32   23   36   21   21. 
8   18:   32   32   32   32   32   36   36   21   36   97. 
9   36:   88   88   23   23   23   23   21   97   97   36. 
10   65:   97   23   21   21   21   21   97   16   16   16. 
11   32:   23   21   16   16   16   97   16   11.  88.   9. 
12   88:   16   16   97   97   97   16   11   88    9   77. 
13   16:   21   97   11   11   11   11   88    9   77   10. 
14   23:    7   11   88   77   88   88    9   77   15   15. 
15   21:   11    9    9   88   77    9   77   15   10    4. 
16   12:    9    7.  77    9    9   77   15   10    4   13. 
17   15:   77   77   15   15   15   15   10    4   13    5. 
18   10:   15   15    4    4   10   10    4   13    5   
19   11:    4    4   10   10    4    4   13    5    
20   97:   10   10   13   13   13   13    5     
21    4:   13   13    5    5    5    5      
22   77:    5    5          
23    9:            
24   13:            
25    7:            
26    5:            
                    提供:鈴鹿サーキットランド

その他

SUZUKA N1-500km:MIRAGE 決勝

ミラージュカップ関西シリーズ第2戦                    98-05-17  
SUZUKA SUPER N1-500km            WEATHER  : Cloudy
ミラージュ                    正式決勝結果表          COURSE   : Dry
国際レーシングコース 
Pos. No. Driver       Type Lap Total      Delay                        Team
---------------------------------------------------------------------------
1   6 中村 浩二     CA4A  10 25'55.785 135.69Km/h      RTハイエナミラージュAP中塚
2  65 森口 慎吾     CA4A  10 26'02.343      6.558      OIST(株)マキμDL ATS
3  46 児島 謙二     CA4A  10 26'12.930     17.145      ファルケンKSKカードμ三菱
4  27 中村  仁      CA4A  10 26'16.654     20.869       スノコWMアドバンフェニックス
5  23 上田 倫士     CA4A  10 26'19.545     23.760   ブブハウスμ岩永スピR大和
6  32 吉井 久智     CA4A  10 26'19.771     23.986       ウッドペッカーPHミラージュ
7  21 岸本 芳和     CA4A  10 26'28.675     32.890              MOSSミラージュ
8  97 福永 嘉克     CA4A  10 26'31.103     35.318          ファインアート ミラージュ
9  36 櫻井 昭吾     CA4A  10 26'31.709     35.924             サテライトミラージュ
10  16 本田 和義     CA4A  10 26'42.666     46.881         MACカストロールFALKEN
11   9 羽田 啓道     CA4A  10 26'49.896     54.111    (株)瓦柾ジーナMSラムズCA
12  77 西垣内 英則   CA4A  10 26'50.010     54.225  奈良奥村商店NO-Pミラージュ
13  10 佐藤 ひさえ   CA4A  10 27'03.368   1'07.583        MOSS GRAZAミラージュ
14  15 石邨 伸幸     CA4A  10 27'08.282   1'12.497 新岡山三菱カープラザミラージュ
15   4 樋口 弘之     CA4A  10 27'27.739   1'31.954     河南三菱MIVECMIRAGE
16  13 橋本 吉正     CA4A  10 27'48.513   1'52.728       CMSC島根Lubミラージュ
17   5 壷田  真      CA4A  10 28'02.742   2'06.957           FALKEN ミラージュ
18  88 渡辺 秀行     CA4A   9 24'10.523       1Lap        T&Sダンロップミラージュ
19  11 和田  正      CA4A   8 21'19.774      2Laps        WinmaXアドバンBPモス
20   1 有行  翼      CA4A   7 18'29.903      3Laps       RTハイエナAP中塚K&ICA
以上 規定周回数完走:
3 大福 賢一     CA4A   6 15'43.802      4Laps          ルートサービスミラージュ
7 木下 浩幸     CA4A   2  5'35.739      8Laps       MOTULキャタピラミラージュ
39 山下 宰史     CA4A   0               10Laps       レグノスμローラCA4AMTG
66 中村 卓之     CA4A   0               10Laps   アドバンうさぎやカーツCA4A
18 古賀    勝    CA4A   0               10Laps        オメガエンドレスホリエコルト
12 中西  功      CA4A   0               10Laps        コーシンサービス☆WM・BP
開始時刻: 10:40'37     終了時刻: 11:06'32
参加台数 26 台                 出走台数 26 台
Fastest Lap 
No.65  森口 慎吾 OIST(株)マキμDL ATS 2'34.686  2/10 136.47Km/h
規定周回数 7
                        提供:鈴鹿サーキットランド

N1耐久シリーズ

SUZUKA N1-500km:Cドライバー フリー走行

スーパー耐久シリーズ’98第3戦                          98-05-17  
SUZUKA SUPER N1-500km                WEATHER  : Rain
スーパー耐久     Cドライバー フリー走行結果表              COURSE   : Wet
国際レーシングコース
Pos. No. Cls. C Driver    Type             Time                        Team
----------------------------------------------------------------------------
:以下基準タイム不足
1  20 クラス2 1 小川 日出生  ミツビシ・ランサーエボⅤ  2'45.870          RSオガワADVANランサー
2   7 クラス3 1 檜井 保孝    ホンダ・プレリュード    2'49.609 とうようぐるーぷ プレリュード
3  93 クラス4 1 中嶋 廣高    ホンダ・シビック       2'51.739               Kamy CIVIC
4  17 クラス2 2 小林  聖     スバル・インプレッサ     2'51.818     渡辺モータース商会インプレッサ
5  67 クラス4 2 輿水 敏明    トヨタ・カローラレビン     3'02.387         寿WGTファルケンWmレビン
6  21 クラス3 2 島崎 三樹彦  トヨタ・MR2          3'05.057             オートアゼックスMR2
7  35 クラス2 3 姫野 聖也    トヨタ・MR2          3'13.274          KテックDL・WMトムスMR2
8  48 クラス2 4 佐藤 理之    ミツビシ・ランサーエボⅣ  3'27.737       8020ネクサス服部μコスモス
9  31 クラス2 5 竹添 謙枝    ニッサン・シルビア       出走せず       アーキスダンロップBPシルビア
クラス別基準タイム
( Class クラス1  110 % ) 2'32.085
( Class クラス2  110 % ) 2'38.253
( Class クラス3  110 % ) 2'45.041
( Class クラス4  110 % ) 2'44.014
                         提供:鈴鹿サーキットランド 

N1耐久シリーズ

SUZUKA N1-500km:N1総合予選

スーパー耐久シリーズ’98第3戦                   98-05-17
SUZUKA SUPER N1-500km         WEATHER  : CLOUDY
スーパー耐久                     総合正式結果表       COURSE   : WET
国際レーシングコース
Pos. No. Cls.  A Driver        B Driver         Type              Time
--------------------------------------------------------------------------
1  32 クラス1  1 横島  久       竹内 浩典         ニッサン・スカイラインGT-R   2'17.168
2'17.168 (   3 ) 2'25.656 (   7 )
2   1 クラス1  2 粕谷 俊二       見崎 清志        ニッサン・スカイラインGT-R   2'17.605
2'17.605 (   6 ) 2'26.758 (  14 )
3  23 クラス1  3 福山 英朗       木下 隆之        ニッサン・スカイラインGT-R   2'20.004
2'20.004 (   6 ) 2'24.002 (   6 )
4  11 クラス2  1 中谷 明彦       小幡  栄         三菱ランサーエボⅤ     2'22.702
2'22.702 (   3 ) 2'29.355 (   5 )
5  37 クラス2  2 山路 慎一       藤田 隆之        トヨタ・セリカ GT-Four   2'24.295
2'24.295 (   4 ) 2'27.340 (   6 )
6  36 クラス2  3 村尾 真吾       セバスチャン・マルティーノ   トヨタ・セリカ GT-Four   2'24.603
2'24.603 (   4 ) 2'28.294 (   8 )
7  33 クラス2  4 村松 康生       三好 正己        ミツビシ・ランサーエボⅤ   2'24.797
2'24.797 (  12 ) 2'30.764 (   7 )
8  20 クラス2  5 伊藤 勝一       細野 智行        ミツビシ・ランサーエボⅤ   2'24.964
2'31.991 (   7 ) 2'24.964 (  11 )
9  38 クラス2  6 雨宮 栄城       鈴木  学         トヨタ・セリカ           2'25.170
2'25.170 (   7 ) 2'32.281 (   3 )
10   2 クラス2  7 清水 和夫       渋谷  勉         スバル・インプレッサ      2'25.677
2'27.832 (  10 ) 2'25.677 (   7 )
11  27 クラス2  8 牧口 規雄       志村  久         BMW M3            2'26.428
2'26.428 (   4 ) 2'35.159 (   9 )
12  31 クラス2  9 小林 正吾       竹添 謙枝        ニッサン・シルビア        2'27.543
2'27.543 (  10 ) 2'32.556 (  12 )
13  77 クラス4  1 山本 泰吉       辻本  聡         ホンダ・シビック R      2'28.366
2'34.800 (   5 ) 2'28.366 (   4 )
14   4 クラス3  1 山野 哲也       西   翼          ホンダ・インテグラ R     2'28.422
2'28.422 (  10 ) 2'33.341 (   6 )
15  52 クラス4  2 西垣内 正義     渡辺  明         ニッサン・パルサー        2'28.702
2'28.702 (   5 ) 2'33.544 (   6 )
16  17 クラス2 10 萩原 英明       内田 政宏        スバル・インプレッサ      2'29.800
2'29.800 (   5 ) 2'35.204 (   7 )
17   9 クラス2 11 保田  薫       関口  智音        マツダ・RX7          2'30.118
2'30.118 (   5 ) 2'33.870 (   6 )
18  87 クラス4  3 桂  伸一       菊地  靖          ニッサン・パルサー        2'30.244
2'36.468 (   3 ) 2'30.244 (   5 )
19   7 クラス3  2 元谷 宏大       黒木 健次        ホンダ・プレリュード     2'30.665
2'36.622 (   9 ) 2'30.665 (   5 )
20  60 クラス4  4 赤尾 文夫       鈴木 恵一        ホンダ・シビック        2'30.734
2'40.858 (   8 ) 2'30.734 (   6 )
21  29 クラス3  3 中谷 誠志       大橋 正澄        ホンダ・インテグラ R     2'31.025
2'31.025 (  12 ) 2'34.553 (   3 )
22  39 クラス3  4 井田 雅彦       磯田 尚孝        ホンダ・インテグラ R     2'31.088
2'33.730 (   8 ) 2'31.088 (   9 )
23  91 クラス4  5 阪口 良平       兼子 謙一        ホンダ・シビック        2'31.178
2'35.651 (   3 ) 2'31.178 (   9 )
24  54 クラス4  6 山内 伸弥       浅見  武         ホンダ・シビック R      2'31.235
2'38.563 (   4 ) 2'31.235 (  13 )
25  76 クラス4  7 佐藤 久実       吉田 寿博        ホンダ・シビック R      2'31.285
2'37.708 (   8 ) 2'31.285 (   7 )
26  55 クラス4  8 福田 ヨシノブ      萬雲 恒明        ホンダ・シビック        2'31.292
2'31.292 (   9 ) 2'37.312 (   3 )
27  73 クラス4  9 前嶋 秀司       中村  旬         ホンダ・シビック        2'31.411
2'31.411 (  13 ) 2'33.108 (   9 )
28   6 クラス2 12 冨桝 朋広       柳生 治男        ミツビシ・ランサーエボⅣ   2'32.258
2'32.258 (  12 ) 2'37.637 (   8 )
29  93 クラス4 10 山本 弘幸       長野 賢也        ホンダ・シビック        2'32.312
2'32.619 (  16 ) 2'32.312 (   9 )
30  49 クラス2 13 新谷 栄章       西川 正明        ニッサン・シルビア        2'32.590
2'32.590 (  12 ) 2'34.507 (  12 )
31  71 クラス4 11 関根 基司       山梨 順一        ニッサン・パルサー        2'32.608
2'32.608 (   8 ) 2'39.005 (   2 )
32  28 クラス3  5 佐藤 清治       佐藤  淳         ホンダ・インテグラ R     2'33.613
2'33.613 (  12 ) 2'36.440 (   3 )
33  78 クラス4 12 丸山  浩       宮城  光          ホンダ・シビック R      2'34.059
2'34.059 (  15 ) 2'34.682 (  15 )
34  67 クラス4 13 三好 孝志       大野 尊久        トヨタ・カローラレビン      2'34.421
2'40.365 (   7 ) 2'34.421 (   8 )
35  21 クラス3  6 福岡 博人       能城 重之        トヨタ・MR2           2'39.810
2'39.810 (  12 ) 2'42.429 (  11 )
36  16 クラス3  7 中村  仁       松浦 俊之         トヨタ・セリカ           2'36.134
2'36.134 (   8 ) 3'57.312 (   2 )
37  48 クラス2 14 大橋 昌樹       近田 直人        ミツビシ・ランサーエボⅣ   2'39.688
2'39.688 (  12 ) 2'45.510 (   6 )
38  35 クラス2 15 青砥 浩史       袖山 誠一        トヨタ・MR2           2'47.903
2'47.903 (   6 ) 2'54.207 (   3 )
39  43 クラス1  4 山田 英二       青木 孝行        ニッサン・スカイラインGT-R  13'33.335
13'33.335 (   2 )          (   0 )
1回目 予選通過基準タイム ( 総合 130 % ) 2'59.737
1回目 クラス別予選通過基準タイム
( Class クラス1  110 % ) 2'32.085
( Class クラス2  110 % ) 2'38.253
( Class クラス3  110 % ) 2'45.041
( Class クラス4  110 % ) 2'44.014
2回目 予選通過基準タイム ( 総合 130 % ) 3'09.114
2回目 クラス別予選通過基準タイム
( Class クラス1  110 % ) 2'40.019
( Class クラス2  110 % ) 2'42.604
( Class クラス3  110 % ) 2'49.261
( Class クラス4  110 % ) 2'48.287
No.16.48.35.43  スーパー耐久シリーズ’98シリーズ規則第6条
(7)により、審査委員会は決勝スタートを認めた。
                          提供:鈴鹿サーキットランド

Formula Nippon

FN_Rd.2:MINE予選レポート

Fニッポン第2戦予選、脇阪寿一(ARTA)が初のPP
5月16日(土)セントラルパークMINEサーキットにおいて、'98フォーミュラ・
ニッポン第2戦の公式予選と予選上位6台によるスペシャルステージ(SS)が
行われ、参加した13チーム23台が全て予選通過基準タイムをクリアし、決勝
に進出した。
午後1時25分からの公式予選は、雨の中で開始されたが、次第に小降りとなり、
終了間際にはすっかり上がった。終了9分前にはコース上にマシンがストップし
たため赤旗中断があり、再開後の最後の9分間に走行できたかどうかが明暗を分
けることになった。
予選タイム1位でSSに進出したのは、第1戦に続きNo.56 脇阪寿一。予選2
位は、第1戦で 3位表彰台のNo.7 N.フォンタナ(LEMONed Le Mans)。前戦で2
位表彰台のNo.1 影山正美(SHIONOGI NOVA)が3位。4位でNo.8 本山哲(LEMONed
Le Mans)、5位で第1戦ポールポジションのNo.2 R.ファーマン(SHIONOGI NOVA)
がSSに進出。以上5人のドライバーは、いずれも2戦連続。6位に、参戦2戦
目のルーキーNo.14 道上龍(JACCS MOONCRAFT)がラストアタックで飛び込み、嬉
しい初のSS進出となった。
トップ6をキープしていたNo.11 野田英樹(COSMO OIL CERUMO)は再開後のア
タックができず、逆転されて7位。ARTAのもう1台No.55 金石勝智は、最後まで
逆転を狙ったがタイムを更新できず8位。第1戦で初優勝を挙げたNo.20 影山正
彦(MAZIORA IMPUL)はセッション中盤でコースアウトしてしまい、11位からの決勝
スタートとなった。
午後3時55分から行われたスペシャルステージでは、ますます路面が乾き、全
てのドライバーが予選タイムを大きく上回った。とくに、暫定1位で最後の走行
となった脇阪はアタック2周目で、予選タイムを7秒以上縮めるトップタイムを
出して初のポールポジションを獲得、第1戦ではやはり出走順が最後で雨のため
アタックをあきらめた無念を晴らした。2位のフォンタナに続き、予選4位の本
山哲が影山正美のタイムを上回りグリッド3位。
決勝は、明日5月17日(日)14:00にスタートする。
◆トップ3  プラス1記者会見
脇阪寿一
「新しいモノコックに替えて、前のクルマのようなフィーリングが戻っていな
くて、浅溝に変えてもあまりタイムが出なかったので、予選最後の赤旗はちょ
っとあせりましたけれど、SSでは濡れていた路面がどんどん乾いてくれて助
かりました。前のSS(鈴鹿では、暫定トップながら、どんどん雨足が強くな
り、アタックを断念)条件がひどかったので今日ぐらいはいいでしょう。決勝
ではエンストしないよう気をつけます。」
N.フォンタナ
「とてもハッピーです。ここのレースは先頭集団で走らないと勝つチャンスが
ないので、いいスタートを切りたい。このサーキットはなかなか日本人が勝て
ない、というけれどそんなことはないと思う。これまでたまたまドイツ人が勝
ったり、スペイン人が勝ったり、ボクみたいに南米のドライバーが活躍したり、
ということで、日本人にもいいドライバーがいるんだから勝つこともあるでし
ょう。」
本山  哲
「朝の走行からクルマの感触がとてもよかった。明日はたぶん晴れるのでいい
ところにいけるんじゃないでしょうか。勝つ、とは言い切れませんけど、いい
感触なのでがんばります。」
道上  龍(参戦2戦目で初のSS進出を果たした)
「今回、第2戦目でこんなに早くSSに出られて嬉しいです。雨にも助けられまし
た。由良監督には、良かったね、といわれました。」
情報提供:日本レースプロモーション(JRP)
*** FMOTOR4F SysOp 北島滋穂(SDI00685)***

Formula Nippon

FPON-Rd2:美祢FニッポンSS結果

フォーミュラ・ニッポン第2戦 美祢 -RIJ- (1998-05-16) Special Stage-Session
For All Japan Formula Nippon Championship Rd.2 美祢サーキット(J) : 3.239km
P No. Driver----------- Car----------------- Best-LapT -Behind -km/h---
1  56 脇阪 寿一     (J) Lola T97-51/Mugen     1'23.810         139.129
2   7 N.フォンタナ (RA) Reynard 97D/Mugen     1'24.097   0.287 138.654
3   8 本山   哲     (J) Reynard 97D/Mugen     1'25.821   2.011 135.869
4   1 影山 正美     (J) Lola T97-51/Mugen     1'26.669   2.859 134.539
5   2 R.ファーマン (GB) Lola T96-51/Mugen     1'28.074   4.264 132.393
6  14 道上   龍     (J) Reynard 96D/Mugen     1'28.503   4.693 131.751
************************************************************************
*天候は曇り、路面はセミ・ウェット(公式予選時は雨でウェット)
                提供:美祢サーキット
           * FMOTOR4_SysOp 新倉芳夫 (SDI00686)-RIJ *

Japanese F3

JF3-Rd3:美祢F3予選結果

全日本F3選手権第3戦 美祢 -RIJ- (1998-05-16) Qualifying-Session
For 1998 All Japan F3 Championship Rd.3 美祢サーキット(J) : 3.239km
P No. Driver----------- Car---------------------- Best-LapT -Behind -km/h--
1   2 加藤 寛規     (J) Dallara F398/Toda-Honda    1'38.783         118.041
2   1 P.ダンブレック(GB)Dallara F398/Tom's-Toyota  1'39.326   0.543 117.395
3  55 金石 年弘     (J) Dallara F398/Mugen-Honda   1'39.349   0.566 117.368
4   5 高木 真一     (J) Dallara F397/Tom's-Toyota  1'39.376   0.593 117.336
5   9 谷川 達也     (J) Dallara F397/Tom's-Toyota  1'39.594   0.811 117.079
6  64 松田 次生     (J) Dallara F397/Mugen-Honda   1'39.596   0.813 117.077
7   4 R.ヴィルタネン(SF)Dallara F398/Torii-Toyota  1'39.628   0.845 117.039
8  25 長島 正興     (J) Dallara F397/Tom's-Toyota  1'39.786   1.003 116.854
9   7 舘  信吾      (J) Dallara F398/Tom's-Toyota  1'39.850   1.067 116.779
10  77 伊藤 大輔     (J) Dallara F397/Toda-Honda    1'39.902   1.119 116.718
11   6 松浦 佑亮     (J) Dallara F398/Mugen-Honda   1'40.507   1.724 116.016
12   8 藤原 靖久     (J) Dallara F398/Tom's-Toyota  1'40.641   1.858 115.861
13  16 R.デルフラー (RA) Dallara F397/Torii-Toyota  1'40.647   1.864 115.854
14  38 平野  功      (J) Dallara F398/Torii-Toyota  1'40.681   1.898 115.815
15  15 歌川  拓      (J) Dallara F396/Torii-Toyota  1'40.958   2.175 115.498
16  17 黒沢 治樹     (J) Dallara F397/Toda-Honda    1'41.000   2.217 115.450
17  33 井出 有司     (J) Dallara F396/Tom's-Toyota  1'41.360   2.577 115.039
18  39 水谷 竜也     (J) Dallara F395/Torii-Toyota  1'41.587   2.804 114.782
19  51 清水  剛      (J) Dallara F397/HKS-三菱      1'42.030   3.247 114.284
20  53 五味 康隆     (J) Martini MK73/Tom's-Toyota  1'42.070   3.287 114.239
21  18 密山 祥吾     (J) Dallara F397/HKS-三菱      1'42.353   3.570 113.923
22  27 三沢 伸輔     (J) Dallara F395/HKS-三菱      1'42.426   3.643 113.842
23  24 蔵本 信之     (J) Dallara F395/HKS-三菱      1'43.786   5.003 112.350
****************************************************************************
                提供:美祢サーキット
           * FMOTOR4_SysOp 新倉芳夫 (SDI00686)-RIJ *

Formula Nippon

FPON-Rd2:美祢Fニッポン予選結果

フォーミュラ・ニッポン第2戦 美祢 -RIJ- (1998-05-16) 1st Qualifying-Session
For All Japan Formula Nippon Championship Rd.2 美祢サーキット(J) : 3.239km
P No. Driver----------- Car------------------ Best-LapT -Behind -km/h--
1  56 脇阪 寿一     (J) Lola T97-51/Mugen     1'31.107          127.986
2   7 N.フォンタナ (RA) Reynard 97D/Mugen     1'31.211    0.104 127.840
3   1 影山 正美     (J) Lola T97-51/Mugen     1'31.392    0.285 127.587
4   8 本山   哲     (J) Reynard 97D/Mugen     1'31.417    0.310 127.552
5   2 R.ファーマン (GB) Lola T96-51/Mugen     1'31.538    0.431 127.383
6  14 道上   龍     (J) Reynard 96D/Mugen     1'31.858    0.751 126.939
------------------------------------------------------------------------
7  11 野田 英樹     (J) Lola T98-51/Mugen     1'32.037    0.930 126.693
8  55 金石 勝智     (J) Lola T98-51/Mugen     1'32.200    1.093 126.469
9   5 M.グーセンズ  (B) Reynard 97D/Mugen     1'32.212    1.105 126.452
10  21 田中 哲也     (J) Lola T95-50/Mugen     1'32.450    1.343 126.127
11  20 影山 正彦     (J) Lola T96-52/Mugen     1'32.525    1.418 126.024
12  18 高橋  毅     (J) Reynard 97D/Mugen     1'32.615    1.508 125.902
13  64 山西 康司     (J) Reynard 97D/Mugen     1'32.813    1.706 125.633
14   3 川本   篤     (J) Reynard 96D/Mugen     1'32.942    1.835 125.459
15   6 脇阪 薫一     (J) Reynard 96D/Mugen     1'33.021    1.914 125.352
16  65 T.コロネル   (NL) Reynard 97D/Mugen     1'33.539    2.432 124.658
17  62 柴原 眞介     (J) Reynard 95D/Mugen     1'34.006    2.899 124.039
18  36 玉中 哲二     (J) Lola T96-51/Mugen     1'34.019    2.912 124.022
19  19 黒澤 琢弥     (J) Lola T98-52/Mugen     1'34.126    3.019 123.881
20  17 近藤 真彦     (J) Reynard 97D/Mugen     1'34.331    3.224 123.612
21  22 石川   朗     (J) Reynard 94D/Mugen     1'34.902    3.795 122.868
22  63 大西太一郎    (J) Reynard 95D/Mugen     1'36.385    5.278 120.977
23  37 山田 政夫     (J) Lola T95-50/Mugen     1'38.359    7.252 118.549
************************************************************************
*上位6台はこの後スペシャルステージへ
                提供:美祢サーキット
           * FMOTOR4_SysOp 新倉芳夫 (SDI00686)-RIJ *

Formula Nippon

FN_Rd.2:MINE直前情報

Fニッポン第2戦MINE開催間近!
5月16、17日、セントラルパークMINEサーキットで行われるフォーミ
ュラ・ニッポン第2戦のエントリーだが、残念なことに第1戦を欠場した#15鈴
木利男(MIRAI)は今回も欠場。第1戦に出場したフォーミュラ。トヨタか
らの若きステップアッパー#35惣田季靖(KYOETSU STELLAR)も参加を見合わせて
いる。
先のツインリンクもてぎのテストでTMSの#18高橋車を駆って好タイムをマ
ークした立川祐路は野田英樹のチームメーイトとしてCOSMO OIL CERMOから出走が
予定されていたが今回は出走せず。
以上の変更以外は変わらず、レギュラーメンバーにより参加予定台数は13チ
ーム、23台となっている。
また、決勝に先駆けて行われるセレモニーとして、地元宇部女子高等学校によ
るドリル演奏とバトン演技、美祢中央高等学校によるフラッグパレードが予定さ
れている。
併催の全日本F3レース第3戦では、注目されているSRS-F卒業生の1人
#8佐藤琢磨(童夢)に代わって松浦佑亮がエントリーしている。佐藤は第2戦
筑波の決勝を体調不良で欠場しており気になるところだ。
情報提供:日本レースプロモーション(JRP)
CP  MINEサーキット
*** FMOTOR4F SysOp 北島滋穂(SDI00685)***

全日本GT選手権

太田哲也選手の容体について

 太田哲也選手の所属しますチーム・フェラーリ・クラブ・オブ・ジャパンより、
太田選手の容体に関するリリースを頂きましたので、転載させていただきます。
            太田哲也選手の容体について
                チーム・フェラーリ・クラブ・オブ・ジャパン
                           チーム監督 兼子 眞
 5月3日、静岡県・富士スピードウェイで開催された全日本GT選手権・第2戦の
多重クラッシュに巻き込まれて負傷した太田選手は、まず富士スピードウェイ内・
医務室にて、気道を確保するための挿管チューブの挿入などの応急手当を受けた
後、事故発生から約1時間経過してからフジ虎ノ門病院へ搬送されました。
 富士スピードウェイ・医務室では「熱傷を負っているが生命に別状はない」との
説明を受けました。しかし、フジ虎ノ門病院の広田副院長によると、運び込まれた
時点で太田選手は重体・危篤であり。さらに72時間の生命維持は保証できるが、そ
の先は非常に危険な状態であり、その後、48時間以内に最悪の事態に陥る可能性が
高いという説明を受けました。
 事故発生から2日後の5月5日の夕刻、再度正式なコメントを土田院長に求めた
ところ、太田選手が生存できる可能性はフジ虎ノ門病院では奇跡が起きるのを待つ
しかないということでした。
 そのコメントに基づき、関係者間の協議で熱傷の専門医がいる東京女子医大へ翌
6日に搬送することを決定致しました。以前にも他の病院に移送することは検討さ
れていたのですが、ゴールデンウィーク中のため交通渋滞が激しく、ヘリコプター
も気圧の変化などが心配されたために、決断出来ない状態でした。
 また、移送にも危険が伴い、60%の確立で最悪の事態に陥ると言われていました
が、救急車にフジ虎ノ門病院の広田副院長が付き添い生命維持の努力をして頂きま
した。また、交通渋滞にも遭遇せず、搬送は無事に成功しました。
 東京女子医大の中沢医師は、(数時間遅れていたら危険だったが)なんとか生命
を維持できる可能性が存在すると判断され、皮膚表面面積を確保するための緊急手
術を施しました。手術は成功しておりますが、依然、重体中です。
 さらに本日(11日現在)重度の肺炎とMRSA(感染症)を併発しており、これから
1週間が大きなヤマとなりますので、無菌の集中治療室で頑張っている太田哲也選
手への応援をよろしくお願いします。
以上
                       リリース転載
                       GTインサイドレポート班
                       古屋 知幸 = QYB04322 =

全日本GT選手権

砂子智彦選手の容体について

 砂子智彦選手の所属するナインテンレーシングより、砂子選手に容体に関する
リリースを頂きましたので、転載いたします。
          砂子智彦選手の容体について
                          ナインテンレーシング
                          チーム代表 安永 孝
 5月3日 富士スピードウェイで行われました全日本GT選手権 第2戦において、
ナインテンレーシング910号車(ナインテンポルシェ)に乗車の砂子智彦選手が
フォーメーションラップ中のクラッシュで負傷しました。
 事故発生後、富士スピードウェイの医務室にて応急処置を受け、御殿場市内の
フジ虎の門病院に搬送緊急手術を受けました。
 怪我の状態は、右足膝下粉砕骨折、顔面の軽度の火傷、左足、右肩等の軽傷を
負っており病院側の話では全治3ヶ月です。
 5月8日にフジ虎の門病院から川崎市の関東労災病院に移る事となり、同病室
の患者さんやその付き添いの沢山のおばあちゃん達に見送られ、午前10:45搬送
されました。
 右足の腫れがひくのを待ち、再度手術をしギブスをする為に、砂子選手本人は
奥様のユミさんと右足の指を動かす等の努力をしております。そして、6月28日
仙台ハイランド 第3戦のGT選手権への復帰を目指し今後の治療とリハビリを頑張
るとやる気マンマンです。
 本人のコメントとして病室は爆笑の渦、病院生活に飽きてしまい看護婦さんの
目を盗み脱走を企て中と、みなさんに伝えて欲しいと言う事でした。
 最後になりましたが、沢山の関係者やファンの方々のお見舞いとお心遣いに、
チームを代表しまして感謝致します。
追伸
 5月4日の東京中日スポーツ掲載のGTC第5戦の記事の中で、『激突によって車
外に放り出された、砂子車のガソリンタンク…』と報道された事について、事実と
相違しているので、東京中日スポーツに厳重に抗議しました。5月6日担当者よ
り、連絡があり再取材の上、事実を確認し特集記事として掲載するとの連絡を受
けております。
 910号車の燃料タンクは車両に残っております。御殿場警察署及び主催者関係各
位等立ち会い確認済みです。
以上
                       リリース転載
                       GTインサイドレポート班
                       古屋 知幸 = QYB04322 =

全日本GT選手権

GTC第2戦中止のチケットに関して

  全日本GT選手権第2戦の中止に置ける観戦チケットの扱い関して
 中止になりました全日本GT選手権第2戦富士の観戦チケットの取り扱いに関
して、このレースのチケットを扱う(株)日本モーターレーシングセンターより
情報を頂きましたのでお知らせします。
●以下のチケットは下記のレース1戦への振り替え使用が可能です。
 振り替え使用されない場合は無効となります。払い戻しはされません。
 *一般前売り券
 *一般当日券
   以上は振り替えレース当日に半券をご持参ください。
 *一般有料パドックパス:表面に区分番号(1)、PADDOCK PASSと書かれたもの
   以上は振り替えレース当日にパス自体をご持参ください。
 *振り替え可能レース大会
  5月31日 富士フォーミュラニッポン(FN第3戦)
  8月9日 富士GT選手権(GTC第4戦)
  8月30日 富士フォーミュラニッポン(FN第7戦)
  10月18日 富士フォーミュラニッポン(FN第9戦)
  11月8日 インターテック(JTCC)
●以下のパドックパスは無効となりますが、直接の購入者に限り払い戻し
 します。詳しくは、下記問い合わせ先におたずねください。
 *ゲストパドックパス:表面に区分番号(1)、GUESTと書かれたもの
 *ゲストパドックパス:表面に区分番号(2)、GUESTと書かれたもの
 *ゲストパドックパス:表面に区分番号(6)、GUESTと書かれたもの
 *ゲストパドックパス:表面に区分番号(8)、VIPと書かれたもの
●以下のチケットに関しては無効となります。再利用、払い戻しはされません。
 *招待券
 *駐車券
 お持ちのチケットの種類が分からない場合、疑問点が在る場合は下記へお問
い合わせください。購入プレイガイド等の窓口では対応できないそうです。
●お問い合わせ先
 日本モーターレーシングセンター・インフォメーションダイアル
 TEL:03-3409-2365 (FAX:03-3409-2724)
GTインサイドレポート班より注釈:
 上記の通り、一般販売のチケットに関しては、払い戻しは一切されないとい
うことです。払い戻しが可能なのは、関係者のみへ販売されたゲスト・パスの
みで、購入した証明(領収書など)がないと払い戻しはできないと言うことで
す(詳しくは問い合わせ先で)。
 一部で"チケット全般で払い戻し可能"という情報がありましたが、上記の通
りで、これは「中止決定後の記者会見での担当者の説明不足であり、申し訳在
りませんでした」ということでした。
                       GTインサイドレポート班
                       古屋 知幸 = QYB04322 =

Japan Touring Car Championship

'98JTCCドライバーズポイント表( 3/13戦)

(第3戦まで)
4/05  5/10     5/24     6/21     7/26     8/16    11/08
富 富 富 茂 茂 菅 菅 菅 鈴 鈴 鈴 美 美 美 T T T 富 富 富 有
効
士 士 士 木 木 生 生 生 鹿 鹿 鹿 祢 祢 祢 I I I 士 士 士 P
Po-No-Driver--- Q- 1- 2- Q- 3- Q- 4- 5- Q- 6- 7- Q- 8- 9- Q-10-11- Q-16-17---
1 37 関谷 正徳 9  3  9  9  9                                              39
2 38 立川 祐路 8  4  8  6  8                                              34
3 24 土屋 武士 6  9  6  5  7                                              33
4 19 金石 勝智10  R 10  8  4                                              32
5 39 竹内 浩典 7 10  5  4  6                                              32
6 36 K.バート   5  5  7  7  5                                              29
7 25 土屋 圭市 3  8  3  2  3                                              19
8 68 R.デルフラー 2  7  R  3  2                                              14
9 11 谷川 達也 4  6  4  -  -                                              14
10 66 松田 秀士 1  2  2  -  -                                               5
11 66 S.マルティノ  -  -  -  1  1                                               2
*****************************************************************************
* Q=予選  R=リタイア
* 各レース、各予選で、参加台数と同数のポイントを上位から配点
* ( )内は有効ポイト外
* 全13戦のうち9戦まで(全レースの70%,小数点以下四捨五入)の有効ポイン
ト制
* 第 12/13 仙台、第 14/15 十勝は、開催中止
* 同点の順位は暫定
///// PDD01523 伊東  昭雄 /////

Japan Touring Car Championship

JTCC_Rd.3:もてぎ決勝結果

全日本ツーリングカー選手権第3戦  MOTEGI SUPER TOURING CAR RACE
決勝結果表
1998.05.10    天候:曇り  コース:ドライ      ツインリンクもてぎ西コース
P  No.Driver            車     名                 Lap  Time      Delay
-------------------------------------------------------------------------------
1 37 関谷 正徳 (J)     ESSO TOM'Sチェイサー       65  41'57.657 138.52km/h
2 38 立川 祐路 (J)     デンソーセルモチェイサー   65  42'00.698  - 3.041
3 24 土屋 武士 (J)     ADVANエクシヴ              65  42'05.298  - 7.641
4 39 竹内 浩典 (J)     デンソーセルモチェイサー   65  42'12.769  -15.112
5 36 K.BURT    (GB)    ZENT TOM'Sチェイサー       65  42'13.484  -15.827
6 19 金石 勝智 (J)     ウェッズスポーツエクシヴ   65  42'34.524  -36.867
7 25 土屋 圭市 (J)     ADVANチェイサー            64  42'04.547  - 1Lap
8 68 R.DELFLER (RA)    DoCoMo Exiv                64  42'12.393  - 1Lap
9 66 S.MARTINO (RA)    シムスインプレッサワゴン   63  42'35.588  - 2Laps
-------------------------------------------------------------------------------
参加10台  出走9台
レース中のベストタイム  39 竹内 浩典    38.325   8/65  139.99km/h
-------------------------------------------------------------------------------
情報提供:ツインリンクもてぎ
*** FMOTOR4F SysOp 北島滋穂(SDI00685)***

Japan Touring Car Championship

JTCC Rd3 決勝速報レポート

 朝のフリー走行では、#36K.バートが37秒879のトップタイムをマーク。
#38立川祐路も僅差の37秒907、#37関谷正徳は37秒945、#19金石勝智も37秒954、
#24土屋武士も37秒993とその差は殆どない状態だった。
 決勝レースは、曇り空ながらドライコンディションで13時20分に予定どおり
のスタートとなった。
 ポールポジションから#37関谷がスタートを切るが、2番手の#19金石は出遅
れ、#38立川が好スタートを見せた。
 1周目は、#37関谷、#38立川、#36バート、#19金石、#39竹内浩典、#24土屋
武士のオーダー。
 7周目には#19金石がバックストレートエンドで#36バートをとらえ、3位に
浮上。 
ショートコースで抜きどころのないレースは、しばし均衡状態が続くが、
30周目に#24土屋武士が#39竹内をブレーキングでとらえて、5番手まで浮上す
る。
 32周目、最終コーナーで、今度は3位争いのグループで接触。#37関谷、#38
立川のトップ2位は変わらず、3位には#24土屋武士が、4位には#39竹内、5
位は#36バート、6位は#68R.デルフラーというオーダーに変わる。
 38周目、1コーナーで#19金石は#25土屋圭市をとらえ、8位まで挽回する。
 だが、#19金石の挽回もここまで。その前では、#39竹内と#36バートのバトル
が終盤まで続いたが、結果は、#37関谷が無敵のベテランらしい走りでポールto
ウインをきめた。
-----------------------------------------------------------------------
暫定結果
#37 関谷正徳 ESSO TOM'S チェイサー    41'57.657
#38 立川祐路  デンソーセルモチェイサー     3.041
#24 土屋武士  ADVAN エクシヴ              7.641
#39 竹内浩典  デンソーセルモチェイサー    15.112
#36 K.BURT    ZENT TOM'S チェイサー       15.827
#19 金石勝智  ウエッズスポーツエクシヴ    36.867
#25 土屋圭市  ADVAN  チェイサー            1Lap
#68 R.DERFLER DoCoMo Exiv                  1Lap
#66 S.MARTINO シムスインプレッサワゴン     2Laps
FL:#39 竹内浩典 38.325(L8)
(正式結果は後ほど掲載される予定です)
***JCG00146  竹下 恵一郎//KEIICHIRO TAKESHITA***

検索

最新ニュース