Archives

  • [—]2017 (37)
  • [+]2016 (639)
  • [+]2015 (714)
  • [+]2014 (655)
  • [+]2013 (623)
  • [+]2012 (621)
  • [+]2011 (484)
  • [+]2010 (554)
  • [+]2009 (522)
  • [+]2008 (467)
  • [+]2007 (596)
  • [+]2006 (530)
  • [+]2005 (460)
  • [+]2004 (304)
  • [+]2003 (454)
  • [+]2002 (454)
  • [+]2001 (217)
  • [+]2000 (408)
  • [+]1999 (376)
  • [+]1998 (465)
  • [+]1997 (424)
  • [+]1996 (1)
  • [+]1995 (425)
  • [+]1994 (411)
  • [+]1993 (423)
  • [+]1992 (519)
  • [+]1991 (423)
  • [+]1990 (250)
  • [+]1970 (1)

ニュース内検索

1998年12月

Formula Nippon

FN:特別走行会12/16結果

98-12-16
フォーミュラ・ニッポン 特別走行会                         WEATHER  : Cloudy
フォーミュラ・ニッポン        16日TOTAL             COURSE   : Dry
国際レーシングコース
P.  N. Driver        Type       BestTime   AM         PM                   Team
-------------------------------------------------------------------------------
1 20 影山 正美      ローラ T98/52 1'44.425   1'44.567 ・ 1'44.425    MAZIORA IMPUL
2 56 加藤 寛規      ローラ T97/51 1'44.684            ・ 1'44.684             ARTA
3 14 道上  龍       レイナード96D  1'44.806 ・ 1'44.806   1'45.465  JACCS MOONCRAFT
4  1 ラルフ・ファーマン      ローラ T97/51 1'45.027   1'45.039 ・ 1'45.027    SHIONOGI NOVA
5 56 ピーター・ダンブレック ローラ T97/51 1'45.136 ・ 1'45.136                        ARTA
6 11 飯田  章       ローラ T98/51 1'45.280 ・ 1'45.280   1'46.041 COSMO OIL CERUMO
7 65 光貞 秀俊      レイナード97D  1'45.996 ・ 1'45.996   1'46.169    PIAA NAKAJIMA
8 62 マック・アンジェレリ    レイナード96D  1'46.023   1'47.369 ・ 1'46.023      TEAM LEYJUN
9  2 土屋 武士      ローラ T96/51 1'46.995            ・ 1'46.995    SHIONOGI NOVA
10 18 舘  信吾       レイナード96D  1'47.994            ・ 1'47.994              TMS
11 35 本部  学       レイナード96D  1'48.353   1'49.412 ・ 1'48.353          STELLAR
12 36 セバスチャン・マルティノ  レイナード97D  1'48.786   1'50.878 ・ 1'48.786         タカギ B-1
13 63 藤村 満男      レイナード95D  1'48.867   1'55.895 ・ 1'48.867           LEYJUN
14 12 五十嵐 雄大    ローラ T96/51 1'49.018   1'49.405 ・ 1'49.018 COSMO OIL CERUMO
15 b2 近藤 真彦      ローラ T96/51 1'49.408 ・ 1'49.408                SIONOGI NOVA
16 18 五味 康隆      レイナード97D  1'50.526 ・ 1'50.526                         TMS
全車エンジン型式MF308
                           提供:鈴鹿サーキットランド

Formula Nippon

FN:特別走行会12/15結果

98-12-15
フォーミュラ・ニッポン 特別走行会                         WEATHER  : Cloudy
フォーミュラ・ニッポン        15日TOTAL           COURSE   : Dry
国際レーシングコース
P. N. Driver         Type       Best Time    AM        PM                  Team
-------------------------------------------------------------------------------
1 20 影山 正美      ローラ T98/52 1'44.560 ・ 1'44.560   1'45.694    MAZIORA IMPUL
2 11 飯田  章       ローラ T98/51 1'45.382            ・ 1'45.382 COSMO OIL CERUMO
3 14 道上  龍       レイナード96D  1'45.388   1'45.705 ・ 1'45.388  JACCS MOONCRAFT
4 56 加藤 寛規      ローラ T97/51 1'46.207            ・ 1'46.207             ARTA
5 56 ピーター・ダンブレック ローラ T97/51 1'46.287 ・ 1'46.287                        ARTA
6  1 ラルフ・ファーマン      ローラ T97/51 1'46.514 ・ 1'46.514   1'47.041    SHIONOGI NOVA
7  5 脇阪 薫一      レイナード97D  1'46.599 ・ 1'46.599   1'47.150           5ZIGEN
8 12 飯田  章       ローラ T96/51 1'46.783 ・ 1'46.783            COSMO OIL CERUMO
9 62 マック・アンジェレリ    レイナード96D  1'48.330   1'49.249 ・ 1'48.330      TEAM LEYJUN
10  6 井出 有治      レイナード96D  1'48.340            ・ 1'48.340           5ZIGEN
11 65 光貞 秀俊      レイナード97D  1'48.366   1'48.935 ・ 1'48.366    PIAA NAKAJIMA
12  2 土屋 武士      ローラ T96/51 1'48.622 ・ 1'48.622   1'48.884    SHIONOGI NOVA
11 18 黒澤 治樹      レイナード97D  1'48.987 ・ 1'48.987                         TMS
12  6 リスト・ビルタネン     レイナード96D  1'49.000 ・ 1'49.000                      5ZIGEN
13 18 舘  信吾       レイナード96D  1'49.759            ・ 1'49.759              TMS
14 35 本部  学       レイナード96D  1'50.087   1'52.492 ・ 1'50.087          STELLAR
15 12 五十嵐 雄大    ローラ T96/51 1'51.831            ・ 1'51.831 COSMO OIL CERUMO
16 36 OSAMU          レイナード97D  1'54.869            ・ 1'54.869         タカギ B-1
17 63 木下 みつひろ  レイナード95D  1'56.885   1'57.696 ・ 1'56.885           LEYJUN
全車エンジン型式MF308
                           提供:鈴鹿サーキットランド

Formula Nippon

FN:Fニッポン特別走行会結果(1日目/鈴鹿)

      初日トップタイムはIMPULのマシンを駆った影山正美!
今年を締めくくるフォーミュラ・ニッポン特別走行会は、オーディションな
どを行うチームがあり、いつもとは異なる顔触れとなった。
初日(12/15)のトップタイムをマークをマークしたのは、今季黒澤琢弥が使用
したIMPULの98ローラに、兄が使用したゼッケン20をつけて走った影山正美。
現役組が上位を占める中、先日のマカオGPで活躍した加藤、ダンブレック
(共にARTAの#56車を使用)の好走が光っている。
特別走行会1日目結果
P.-No.Name---------Team--------Time Session1-Session2-車両-------------------
1 20 影山正美     MAZIORA IMPUL   *1'44.560 1'45.694 ローラT98-52 /無限MF308
2 11 飯田  章     COSMO OIL CERMO  --------*1'45.382 ローラT98-51 /無限MF308
3 14 道上  龍     JACCS MOONCRAFT  1'45.705*1'45.388 レイナード96D/無限MF308
4 56 加藤寛規     ARTA             --------*1'46.207 ローラT97-51 /無限MF308
5 56 P.ダンブレック ARTA          *1'46.287 -------- ローラT97-51 /無限MF308
6  1 R.ファーマン SHIONOGI NOVA   *1'46.514 1'47.041 ローラT97-51 /無限MF308
7  5 脇阪薫一     5ZIGEN          *1'46.599 1'47.150 レイナード97D/無限MF308
- 12 飯田  章     COSMO OIL CERMO *1'46.783 -------- ローラT96-52 /無限MF308
8 62 M.アンジェレリ LEYJUN         1'49.249*1'48.330 レイナード96D/無限MF308
9  6 R.ヴィルタネン 5ZIGEN         1'49.000*1'48.340 レイナード96D/無限MF308
10 65 光貞秀俊     PIAA NAKAJIMA    1'48.935*1'48.366 レイナード97D/無限MF308
11  2 土屋武士     SHIONOGI NOVA   *1'48.622 1'48.884 ローラT96-51 /無限MF308
12 18 黒澤治樹     TMS             *1'48.987 -------- レイナード97D/無限MF308
13  6 井出有治     5ZIGEN           --------*1'49.296 レイナード96D/無限MF308
14 18 舘  信吾     TMS              --------*1'49.759 レイナード97D/無限MF308
15 35 本部  学     STELLAR INT.     1'52.492*1'50.087 レイナード96D/無限MF308
16 12 五十嵐雄大   COSMO OIL CERMO  --------*1'51.831 ローラT96-52 /無限MF308
17 36 幸田啓宏     タカギB-1        --------*1'54.869 レイナード97D/無限MF308
18 63 木下みつひろ LEYJUN           1'57.696*1'56.885 レイナード95D/無限MF308
-----------------------------------------------------------------------------
情報提供:日本レースプロモーション(JRP)
*** FMOTOR4F SysOp 北島滋穂(SDI00685)***

Formula Nippon

FN:Fニッポン特別走行会結果(1日目/鈴鹿)

       初日トップタイムは兄のマシンを駆った影山正美!
今年を締めくくるフォーミュラ・ニッポン特別走行会は、オーディションな
どを行うチームがあり、いつもとは異なる顔触れとなった。
初日(12/15)のトップタイムをマークをマークしたのは、IMPUL No.20今季兄
が使用したマシンに乗る影山正美だった。
現役組が上位を占める中、先日のマカオGPで活躍した加藤、ダンブレックの
好走が光っている。
特別走行会1日目結果
P.-No.Name---------Team--------Time Session1-Session2-車両-------------------
1 20 影山正美     MAZIORA IMPUL   *1'44.560 1'45.694 ローラT98-52 /無限MF308
2 11 飯田  章     COSMO OIL CERMO  --------*1'45.382 ローラT98-51 /無限MF308
3 14 道上  龍     JACCS MOONCRAFT  1'45.705*1'45.388 レイナード96D/無限MF308
4 56 加藤寛規     ARTA             --------*1'46.207 ローラT97-51 /無限MF308
5 56 P.ダンブレック ARTA          *1'46.287 -------- ローラT97-51 /無限MF308
6  1 R.ファーマン SHIONOGI NOVA   *1'46.514 1'47.041 ローラT97-51 /無限MF308
7  5 脇阪薫一     5ZIGEN          *1'46.599 1'47.150 レイナード97D/無限MF308
- 12 飯田  章     COSMO OIL CERMO *1'46.783 -------- ローラT96-52 /無限MF308
8 62 M.アンジェレリ LEYJUN         1'49.249*1'48.330 レイナード96D/無限MF308
9  6 R.ヴィルタネン 5ZIGEN         1'49.000*1'48.340 レイナード96D/無限MF308
10 65 光貞秀俊     PIAA NAKAJIMA    1'48.935*1'48.366 レイナード97D/無限MF308
11  2 土屋武士     SHIONOGI NOVA   *1'48.622 1'48.884 ローラT96-51 /無限MF308
12 18 黒澤治樹     TMS             *1'48.987 -------- レイナード97D/無限MF308
13  6 井出有治     5ZIGEN           --------*1'49.296 レイナード96D/無限MF308
14 18 舘  信吾     TMS              --------*1'49.759 レイナード97D/無限MF308
15 35 本部  学     STELLAR INT.     1'52.492*1'50.087 レイナード96D/無限MF308
16 12 五十嵐雄大   COSMO OIL CERMO  --------*1'51.831 ローラT96-52 /無限MF308
17 36 幸田啓宏     タカギB-1        --------*1'54.869 レイナード97D/無限MF308
18 63 木下みつひろ LEYJUN           1'57.696*1'56.885 レイナード95D/無限MF308
-----------------------------------------------------------------------------
情報提供:日本レースプロモーション(JRP)
*** FMOTOR4F SysOp 北島滋穂(SDI00685)***

Formula Nippon

FN:12/15-16特別走行会参加者リスト

 12/15~16日に行われるフォーミュラ・ニッポン特別走行会の参加ドライバー
が発表された。
ニューフェイスあり、移籍を示唆させるドライバーあり、チャンピオンを獲得
したチーム・ルマンは参加しないものの、賑やかな走行会になりそうだ。
 なお、16日(水)9:00~10:00、13:00~14:00にはF3のテスト走行も行わ
れる。こちらも注目だ。
チーム              車番  ドライバー          車両
---------------------------------------------------------------------
SHIONOGI NOVA          1  R.ファーマン        ローラT97-51 /無限MF308
2  土屋武士/近藤真彦   ローラT96-51 /無限MF308
---------------------------------------------------------------------
5ZIGEN                 5  M.グーセン          レイナード97D/無限MF308
6  脇阪薫一            レイナード96D/無限MF308
---------------------------------------------------------------------
COSMO OIL CERUMO      11  立川祐路/飯田章     ローラT98-51 /無限MF308
12  五十嵐雄大/飯田章   ローラT96-52 /無限MF308
---------------------------------------------------------------------
JACCS MOONCRAFT       14  道上  龍            レイナード96D/無限MF308
---------------------------------------------------------------------
TMS                   18  舘信吾/黒澤治樹     レイナード97D/無限MF308
---------------------------------------------------------------------
MAZIORA IMPUL         20  影山正彦            ローラT96-52 /無限MF308
---------------------------------------------------------------------
STELLAR INTERNATIONAL 35  本部  学            レイナード96D/無限MF308
---------------------------------------------------------------------
タカギB-1             36  OSAMU               レイナード97D/無限MF308
---------------------------------------------------------------------
ARTA              56  加藤寛規/P.ダンブレック ローラT97-51 /無限MF308
---------------------------------------------------------------------
LEYJUN                62  M.アンジェレリ(15日)レイナード95D/無限MF308
62  S.マルティノ  (16日)レイナード95D/無限MF308
63  木下みつひろ  (15日)レイナード96D/無限MF308
63  藤村満男      (16日)レイナード96D/無限MF308
---------------------------------------------------------------------
PIAA NAKAJIMA         65  光貞秀俊            レイナード97D/無限MF308
---------------------------------------------------------------------
情報提供:日本レースプロモーション(JRP)
*** FMOTOR4F SysOp 北島滋穂(SDI00685)***

Formula DREAM

新シリーズFORMULA DREAM RACE開催決まる

      世界で通用する日本人ドライバー育成を目指して
       フォーミュラ・ドリームレース開催決定!
 「F1および海外オーバルレース等、世界のトップレベルのレースで表彰台に
立てる日本人ドライバーの育成」を最重要課題として、1999年からフォーミュ
ラドリーム(FD)レースが開催される。
このレースは、株式会社鈴鹿サーキットランド及び株式会社ツインリンクも
てぎが発足させるもので、従来鈴鹿で行われていた鈴鹿フオーミュラレーシン
グスクール(SRS‐F)の上級クラスとして位置づけられる。
 シリーズは鈴鹿ともてぎを舞台に全6戦が行われ、車両は株式会社童夢が製
作したFD-99を使用する。ドライバーはオーディションで20名が決まるが、レー
ス参戦にあたってはメンテナンス、宿泊、アドバイザーによる指導など全てが
パッケージされており、参加費用は1,200万円。優秀者はF3参戦への道が開か
れる。
 シリーズは全てフォーミュラ・ニッポン、F1GPなどビッグレースのサポート
として組まれており注目度は抜群。初年度はロードコースのみの使用になるが、
2年目以降はオーバルもシリーズに組み込まれる予定だ。
●開催日程(予定)
 第1戦 4月17~18日 鈴鹿サーキット     フォーミュラ・二ッポンRd.1
 第2戦 5月8~9日  ツインリンクもてぎ  フォーミュラ・二ッポンRd.2
 第3戦 7月3~4日 鈴鹿サーキット   フォーミュラ・二ッポンRd.5
 第4戦 10月2~3日 ツインリンクもてぎ フォーミュラ・二ッポンRd.9
 第5戦 10月30~31日 鈴鹿サーキット   フジテレビ日本グランプリ
 第6戦 11月13~14日 鈴鹿サーキット   フォーミュラ・二ッポンRd.10
*************************************************************************
フォーミュラドリームレースシリーズ参加ドライバーオーディション
1.日 時 1999年2月8日・9日(予定)
2.場 所 鈴鹿サーキット
3.募集対象者 SRS‐F参加者
        FJ1600レース参加者
        F4レース参加者
        F3レース参加者(1~3位入賞者は除く)
        ワンメイクレース参加者
        カートレース参加者
        その他
4.対象者年齢 18歳~25歳程度
5.参加料   第二次審査参加者のみ30,000円(別途共済会責が必要です)
6.審査項目  第一次審査 書類選考(レース履歴、戦績)
              作文(テーマ「私の夢」、400字詰原稿用紙5枚以内)
        第二次警査 面接
              体カ測定
              実車走行
7.参加申込締切 1999年1月22日(金)必着
        (送付書類)・住所、氏名、年齢、生年月日、連絡先、レース履歴、
               戦績(フォーマット自由)
              ・作文
8.申込先   株式会社鈴鹿サーキットランド、
        鈴鹿サーキットモータースポ一ツ課
        〒510-0295三重県鈴鹿市稲生町7992
        TEL:0593-78-3405
資料提供:株式会社鈴鹿サーキットランド
                 *** FMOTOR4F SysOp 北島滋穂(SDI00685)***

Formula Nippon

FN:12/15-16鈴鹿で特別走行会

   12/15~16日フォーミュラ・ニッポン特別走行会、鈴鹿で開催
 先月末に今シーズンの日程を終えたFニッポン。来季からは全チームニュー
マシンで臨むことになるが、今年を戦い終えたマシンによる特別走行会が下記
のとおり行われる。
 この時期行われる走行会だけに、来シーズンのオーディションを兼ねること
は確実。「未定」となっているチームのマシンに誰が乗るのか注目される。
 日   時:12月15日(火) 10:00~12:00/14:00~16:00
       12月16日(水) 10:00~12:00/14:00~16:00
 場   所:鈴鹿サーキット
 参加チーム:SHIONOGI NOVA/影山正美、R.ファーマン
ARTA/未定
MAZIORA IMPUL/影山正彦
5ZIGEN/M.グーセン、脇阪薫一
JACCS MOONCRAFT/道上  龍
COSMO OIL CERMO/未定
PIAA NAKAJIMA/未定
TMS/未定
LEYJUN/未定
タカギB-1/未定
STELLAR INTERNATIONAL/未定
 なお、当日は遊園地入場料(大人/1,600円、小中学生/800円、3歳~未就学
児/400円)にて入場可能です。
情報提供:株式会社日本レースプロモーション(JRP)
*** FMOTOR4F SysOp 北島滋穂(SDI00685)***

Formula Nippon

FPON-Rd10:COSMO OIL TEAM SERUMOリリース

COSMO  OIL  RACING  TEAM  CERUMO
全日本選手権フォーミュラ・ニッポン  第10戦
鈴鹿サーキット
1998年11月29日(日)  天候:晴れ 
コースコンディション:ドライ
観客動員数:35,000人(主催者発表)
決勝:14:05~15:55
NO.11 コスモオイル・セルモ・ローラT98-51(野田 英樹) 
リタイア
NO.12 コスモオイル・カネコ・セルモ・ローラT96-52(飯田 章)
12位:47:16.079
【ドライバー・コメント】
・野田 英樹 選手
今年最後のレースが、S字コーナーにてスピン、コース・アウトでリタイア
という結果になってしまいました・・・・・・。とても悔しく残念です。とにかくこ
の悔しさを忘れず来季につなげるようにして行きたいと考えています。この
1年間に応援してくださったファン及び関係者の皆様には本当に感謝していま
す。あまり良い結果が残せなかったシーズンですが、今後も皆様の厚いご支援
をよろしくお願いいたします。
・ 飯田 章 選手
今季最後のレースを12位完走ということで締めくくりましたが、納得の行く
レースが出来なかったことが非常に残念です。また来季には良い結果を残せる
ように最大限努力するつもりです。また今季お世話になりましたスポンサーの
方々そして関係者の皆様方にこの場をおかりしてお礼を申し上げます。本当に
ありがとうございました。また来年もよろしくお願いいたします。
【チーム監督コメント】
野田君については最後のレースがこのような結果となってしまってとても残
念です。この1年間少し焦りがあったようにも思えますが、もう一度自己を見
つめ直して来季へとつなげて欲しい。また来季こそは結果を残せるように頑張っ
てもらいたいです。
また飯田君についてはマシンのセットアップがなかなかうまく行かなくて辛
い状況にあったとは思いますが、そのような状況で結果を残そうと努力してい
たとは思います。これらを乗越え来季に活躍できるように頑張って欲しいです。
資料提供:コスモオイル・レーシングチーム・セルモ
[URL : http://www.cosmo-oil.co.jp/]
協力:Project Royal Oak       [URL : http://home.att.ne.jp/red/noda]
【追記:Project Royal Oak談話】
今年最後のレースをこのような形で終わってしまい非常に残念です。ファン
の皆様にはたくさんの応援をいただき深く感謝しています。野田自身は言い訳
になるからとあまりかたりませんが、何らかのトラブルがあったのではと推測
します。
野田からファンの皆さんへメッセージです。
「今年1年間応援して頂き本当に有難うございました。何年かぶりに日本で
レースをしてあらためてファンの方の大切さを感じました。期待にこたえられ
るような走りをお見せできませんでしたが、来年はこの悔しさをバネに必ずタ
イトルを取れるよう頑張ります。引き続き応援よろしくお願いします。」
なお、野田英樹に関してより詳しい情報を知りたい方は、彼のホーム・ページ、
http://home.att.ne.jp/red/noda
も併せてご覧ください。

Formula Nippon

'98F_NIPPON ドライバーズポイント(10/10戦

(全戦終了)
1998                   4   5   5   6   7   8   8   9  10  11
Japan                 /   /   /   /   /   /   /   /   /   /
Formula Nippon      19  17  31  14  05  02  30  20  18  29
Championship       鈴  美  富  茂  鈴  菅  富  美  富  鈴
Drivers-point     鹿  祢  士  木  鹿  生  士  祢  士  鹿
Po -No ----Driver ------Rd.-1 --2 --3 --4 --5 --6 --7 --8 --9 -10 ---総合P
1  8     本山 哲           0  10  10   6   0   3  |  10   6   0       45
2  1     影山 正美         6   0   0   4   4  10  |   1   3  10       38
3 56     脇阪 寿一         0   6   0  10   3   0  悪 DNS   0   6       25
4 20     影山 正彦        10   0   0   0  10   0  天   0   0   1       21
5  7     N.フォンタナ     4   0   1   0   0   0  候   6  10   0       21
6  5     M.グーセン       1   3   0   0   6   0  の   4   0   3       17
7 55     金石 勝智         3   2   6   0   0   0  た   2   0   0       13
8  2     R.ファーマン     0   0   0   0   0   6  め   3   4   0       13
9 14     道上 龍           0   4   3   0   0   0  レ   0   0   4       11
10 11     野田 英樹         2   0   2   1   0   4  |   0   0   0        9
11 65     T.コロネル       0   1   0   3   2   2  ス DNS   0   0        8
12 19     黒澤 琢弥         0   0   4   0   0   0  中   0   0   2        6
13 18     立川 祐路         -   -   0   2   0   0  止   0   0   0        2
13 12     飯田 章           -   -   0   0   -   0  |   0   2   0        2
15 64     山西 康司         0   0   0   0   -   1  |   0   0   0        1
15 64     松田 次生         -   -   -   -   1   -  |   -   -   -        1
15 21     田中 哲也         0   0   0   0   0   0  | DNS   1   0        1
3     川本 篤           0   0   0   0   0   0  |   0   0   0        0
62     柴原 眞介         0   0   0   0   0   0  |   0   0   0        0
17     近藤 真彦         0   0   0   0   0   0  |   0   0   0        0
6     脇阪 薫一         0   0   0   0   0   0  |   0   0   0        0
36     玉中 哲二         0   0   0   0   0   0  |   0   0   0        0
63     OSAMU        0   -   -   0   0   0  |   0   0   0        0
22     石川  朗          -   -   0   0   0   0  | DNS   0   0        0
37     山田 政夫         -   0   0   0 DNQ   -  |   -   -   -        0
18     高橋 毅           0   0   -   -   -   -  |   -   -   -        0
63     大西 太一郎       -   0   0   -   -   -  |   -   -   -        0
24     D.マラガムワ     -   -   -   -   -   -  |   0   0   -        0
35     惣田 季靖         0   -   -   -   -   -  |   -   -   -        0
**************************************************************************
* 1位から6位までに10-6-4-3-2-1のポイント
* 全10戦総ポイント制
* 予選通過基準タイム(110%)
///// PDD01523 伊東  昭雄 /////

Formula Nippon

FN Rd.10:FN 決勝

1998年全日本選手権フォーミュラ・ニッポン第10戦 鈴鹿サーキット             98-11-29
'98フォーミュラ・ニッポン第10戦  鈴鹿サーキット            WEATHER  : Fine
フォーミュラ・ニッポン                  決勝正式結果表               COURSE   : Dry
国際レーシングコース
Pos. No. Driver      Type             Lap       Total      Delay           Team
-------------------------------------------------------------------------------
1   1 影山 正美    ローラ T97-51 MF308 35 1:03'42.152 193.31Km/h    SHIONOGI NOVA
2  56 脇阪 寿一    ローラ T97-51 MF308 35 1:03'52.094      9.942             ARTA
3  14 道上  龍     レイナード96D  MF308 35 1:03'54.125     11.973  JACCS MOONCRAFT
4   5 マーク・グーセン    レイナード97D  MF308 35 1:04'18.974     36.822           5ZIGEN
5  19 黒澤 琢弥    ローラ T98-51 MF308 35 1:04'20.862     38.710    MAZIORA IMPUL
6  20 影山 正彦    ローラ T96-52 MF308 35 1:04'22.373     40.221    MAZIORA IMPUL
7   2 ラルフ・ファーマン    ローラ T96-51 MF308 35 1:04'24.520     42.368    SHIONOGI NOVA
8   7 ノルベルト・フォンタナ レイナード97D  MF308 35 1:04'34.509     52.357  LEMONed Le Mans
9  18 立川 祐路    レイナード97D  MF308 35 1:04'42.162   1'00.010              TMS
10   6 脇阪 薫一    レイナード96D  MF308 35 1:04'53.864   1'11.712           5ZIGEN
11  64 山西 康司    レイナード97D  MF308 35 1:04'54.938   1'12.786    PIAA NAKAJIMA
12  12 飯田  章     ローラ T96-52 MF308 35 1:05'00.546   1'18.394 COSMO OIL CERUMO
13   3 川本  篤     レイナード96D  MF308 34 1:04'45.075       1Lap       ASAHI KIKO
14  65 トム・コロネル      レイナード97D  MF308 34 1:04'55.480       1Lap    PIAA NAKAJIMA
15  22 石川  朗     レイナード94D  MF308 34 1:04'55.774       1Lap        BE BRIDES
16  21 田中 哲也    ローラ T95-50 MF308 34 1:04'57.914       1Lap        BE BRIDES
17  36 玉中 哲二    ローラ T96-51 MF308 33 1:04'04.773      2Laps  タカギ B-1 RACING
18  63 OSAMU        レイナード97D  MF308 32 1:04'48.161      3Laps           LEYJUN
以上 規定周回数完走:
8 本山  哲     レイナード97D  MF308 25   45'28.239     10Laps  LEMONed Le Mans
55 金石 勝智    ローラ T98-51 MF308 25   46'09.195     10Laps             ARTA
62 柴原 眞介    レイナード96D  MF308 23   43'05.884     12Laps           LEYJUN
17 近藤 真彦    レイナード97D  MF308 20   38'09.529     15Laps              TMS
11 野田 英樹    ローラ T98-51 MF308  3    5'42.809     32Laps COSMO OIL CERUMO
開始時刻: 14:34'56      終了時刻: 15:38'38
Fastest Lap
No.1 影山 正美   SHIONOGI NOVA    1'47.579   34/35   196.23Km/h
規定周回数 31
ペナルティ No.63 国際モータースポーツ競技規則付則H項違反
(黄旗中の追い越し)により、1周減算した。
                          提供:鈴鹿サーキットランド

Formula Nippon

FN 第10戦 記者会見コメント

 FN第10戦記者会見コメント
# 1 影山 正美
「良いクルマをつくってくれたチームとスポンサーに感謝します。勝てると思
わなかったので、2位かなと思いながらプッシュし続けました。本山選手のト
ラブルは気の毒ですが、(今年は)鈴鹿に影山の名が全レースに残って幸せで
す。2位に上がって充分と言うより現実を見たら、予選8位から2位までプッ
シュしてタイム差を縮めたということで、あきらめてはいなかったんです。
(本山選手のアクシデントを見た時は)黄旗が出ていてオフィシャルが走って
いって『誰かが飛んだんだな』と思いました。トップとわかったのは、シケイ
ンの立ち上がりで無線で知りました。『トップだから大事に行けよ』と言われ
ました。でも、『ファーステストは』と聞いても応えてくれなかった(笑い)。
守っちゃうとリズムが狂っちゃうんで自分なりに攻めて走りました。ファース
テストは大事に行って取れたものです。'98年は兄弟で制した鈴鹿ですが、プレ
ートが並んでるようなものが見れたらいいなと思います。親孝行できたかなと
思います。(フォンタナ選手抜くのには)予選で前にいなければいけないです
よね。きついのはいろいろ知っていました。シケインで2度目にチャレンジし
た時にアウト側から行きました。かぶせたらフロントと彼のリアが当たったみ
たいで、2台並んで押しだそうとされたんで大回りに避けたら今度は、ボクの
リアと彼の翼端板か何かが当たったようでした」
「(シリーズ2位については)前半の結果が富士でのリタイヤとか、開幕戦の
2位からSUGO前までいまいち良くなかったんで、本山君との差がついたと
思います。SUGOでの勝ちは、自分の方に流れが来ていたと思いますが全て
は、スタートダッシュが決まらなかったというか前半が原因だと思います。シ
リーズ2位は、まあ、気持ち的には全レース目一杯いってたんで悔いは残って
いないですね。GTオールスター戦の後味が悪いレースで終わらず、最高のオ
フを迎えられると思います」
#56 脇坂 寿一
「フリー走行でタイヤを傷めてしまってウォームアップがオーバーステア気味
でした。ラスト10周ぐらいで調子が良くなっったんですが、踏んでいくとオー
バーという傾向はありました。スタートでミスしたけど表彰台乗れましたから。
2位という結果ですが、自分のなかでは3位ですね。シーズンオフはこれで気
分的にラクになるかなと思います」
#14 道上 龍
「土曜からそこそこ安定していました。予選も前のほうでSSにも出れるなと
確信していました。レースセッティングも朝の段階でそこそこになりましたが、
レース中盤はアンダーオーバーが出ました。途中でミスもあって寿一君に抜か
れたりしましたが、結果的に表彰台に上がれたんで良かったかなと思っていま
す。スタートは気持ちが焦ってホイールスピンしてしまいました」
# 8 本山 哲 
「シーズン初めは出れるか出れないかもわからず、テストも本で見ていました。
第2戦で初優勝できて、2連勝できてこうなったらチャンピオンねらおうと思
いました。この2週間は気持ち的にはシーズンオフでしたが、レースが近づく
とできればまた勝ちたいと思っていましたし、さすがと思われるように頑張り
たいと思っていました。精一杯やったつもりです。130Rはハンドルを切っ
たところでスカスカになってエアが入ったみたいな感じでした。タイヤがまっ
すぐ行ってしまって減速もできずでした。怪我は今のところ大丈夫です。来期
はF1にすごく行きたいという気持ちです。まだ、わからないですが…」
----------------------------------------------------------------------
***JCG00146  竹下 恵一郎//KEIICHIRO TAKESHITA***

Formula Nippon

FN_Rd.10:Fニッポン鈴鹿 決勝レポート

    本山トップ快走中に不運なクラッシュ!影山正美、今季2勝目!
 決勝スタート時刻が近づくにつれ気温も上昇し暖かくなってきた。風は弱い
ものの、昨日とは反対にストレートで逆風が吹いている。この気候の変化がレ
ースにも影響するのだろうか。
 午前中行われたシビックレースで赤旗中断があり、進行が30分遅れて決勝は
午後2時30分スタートとなった。
 チャンピオンとして有終の美を飾りたい#8本山、最終戦になってようやく
歯車のかみ合った#19黒澤がフロントローに並ぶ。今季鈴鹿で無敗の#20影山
は、予選でガス欠の不運に見舞われ7番手スタート。決勝での追い上げが注目
される。
 スタートを制したのは#8本山。#19黒澤が続き、この2台が1周目から抜
け出す。3位以下は#7フォンタナ、#14道上、#1影山と続く。
2周目 #1影山が#14道上をシケインでパス。4位へ上がる。
4周目 9位#11野田、S字で飛び出しリタイア。
    トップ#8本山ハイペース。2位#19黒澤に4秒差。早くも独走状態。
5周目 シケインで#1影山が#7フォンタナに仕掛ける。シケイン内で並走
    した両者はちょっと接触。#7フォンタナはウィングを曲げ順位落とす。
8周目 #8本山は2位に10秒の差をつけた。2位#19黒澤はペースが上がら
    ず#1影山に追い上げられている。
●10周終了時(Top10)
P--No.Driver-------Team--------------Car---------------Time-
1  8 本山  哲     LEMONed Le Mans   Reynard 97D/MF308
2 19 黒澤 琢弥    MAZIORA IMPUL     Lola T98-51/MF308   -12.3
3  1 影山 正美    SHIONOGI NOVA     Lola T97-51/MF308   -12.5
4 14 道上  龍     JACCS MOONCRAFT   Reynard 96D/MF308   -13.1
5 56 脇阪 寿一    ARTA              Lola T97-51/MF308   -14.0
6  5 M.グーセン   5ZIGEN            Reynard 97D/MF308   -19.6
7 20 影山 正彦    MAZIORA IMPUL     Lola T96-52/MF308   -22.3
8  2 R.ファーマン SHIONOGI NOVA     Lola T96-51/MF308   -24.5
9  7 N.フォンタナ LEMONed Le Mans   Reynard 97D/MF308   -28.4
10 55 金石 勝智    ARTA              Lola T98-51/MF308   -29.3
11周目 1コーナー、#1影山が#19黒澤抜いて2位へ。
    スプーン進入、#56脇阪が#14道上をパス。
13周目 #19黒澤ペース上がらず#56脇阪に抜かれる。
14周目 #14道上も130Rで#19黒澤をパス。
●20周終了時(Top10)
P--No.Driver-------Team--------------Car---------------Time-
1  8 本山  哲     LEMONed Le Mans   Reynard 97D/MF308
2  1 影山 正美    SHIONOGI NOVA     Lola T97-51/MF308   - 9.7
3 56 脇阪 寿一    ARTA              Lola T97-51/MF308   -17.3
4 14 道上  龍     JACCS MOONCRAFT   Reynard 96D/MF308   -20.9
5  5 M.グーセン   5ZIGEN            Reynard 97D/MF308   -30.2
6 19 黒澤 琢弥    MAZIORA IMPUL     Lola T98-51/MF308   -31.4
7 20 影山 正彦    MAZIORA IMPUL     Lola T96-52/MF308   -32.5
8  2 R.ファーマン SHIONOGI NOVA     Lola T96-51/MF308   -35.8
9 55 金石 勝智    ARTA              Lola T98-51/MF308   -38.0
10  7 N.フォンタナ LEMONed Le Mans   Reynard 97D/MF308   -??.?
21周目 #8本山、1分47秒台のベストをマーク。
23周目 #8本山が周回遅れ処理に手間取る間に#1影山が6.8秒まで差を詰
    める。しかし、前がクリアになると#8本山は速い。
26周目 #8本山、130R立ち上がりでクラッシュ!!進入でフロントが逃げる
    ようにあっけなくコースアウト。トラブルの模様。#55金石もストッ
    プ。これで#1影山が独走トップに。
●30周終了時(Top10)
P--No.Driver-------Team--------------Car---------------Time-
1  1 影山 正美    SHIONOGI NOVA     Lola T97-51/MF308
2 56 脇阪 寿一    ARTA              Lola T97-51/MF308   - 8.5
3 14 道上  龍     JACCS MOONCRAFT   Reynard 96D/MF308   -10.4
4  5 M.グーセン   5ZIGEN            Reynard 97D/MF308   -28.6
5 19 黒澤 琢弥    MAZIORA IMPUL     Lola T98-51/MF308   -31.7
6 20 影山 正彦    MAZIORA IMPUL     Lola T96-52/MF308   -33.3
7  2 R.ファーマン SHIONOGI NOVA     Lola T96-51/MF308   -35.5
8  7 N.フォンタナ LEMONed Le Mans   Reynard 97D/MF308   -45.9
9 18 立川 祐路    TMS               Reynard 97D/MF308   -50.4
10  6 脇阪 薫一    5ZIGEN            Reynard 96D/MF308 -1'04.4
34周目 #1影山、ファステスト1'47.579を叩き出す。
35周終了 チェッカー!#1影山今季2勝目!
●決勝暫定結果(Top10)
P--No.Driver-------Team--------------Car---------------Time-
1  1 影山 正美    SHIONOGI NOVA     Lola T97-51/MF308
2 56 脇阪 寿一    ARTA              Lola T97-51/MF308   - 9.9
3 14 道上  龍     JACCS MOONCRAFT   Reynard 96D/MF308   -11.9
4  5 M.グーセン   5ZIGEN            Reynard 97D/MF308   -36.8
5 19 黒澤 琢弥    MAZIORA IMPUL     Lola T98-51/MF308   -38.7
6 20 影山 正彦    MAZIORA IMPUL     Lola T96-52/MF308   -40.2
7  2 R.ファーマン SHIONOGI NOVA     Lola T96-51/MF308   -42.3
8  7 N.フォンタナ LEMONed Le Mans   Reynard 97D/MF308   -52.3
9 18 立川 祐路    TMS               Reynard 97D/MF308 -1'00.0
10  6 脇阪 薫一    5ZIGEN            Reynard 96D/MF308 -1'11.7
              *** FMOTOR4F SysOp 北島滋穂(SDI00685) ***

Formula Nippon

FN Rd.10:FN フリー走行

1998年全日本選手権フォーミュラ・ニッポン第10戦 鈴鹿サーキット          98-11-29
'98フォーミュラ・ニッポン第10戦  鈴鹿サーキット         WEATHER  : Fine
フォーミュラ・ニッポン                  フリー走行結果表          COURSE   : Dry
国際レーシングコース
Pos. No. Driver      Type                 Time      Delay               Team
----------------------------------------------------------------------------
1   8 本山  哲     レイナード97D  MF308 1'46.893 197.49Km/h    LEMONed Le Mans
2  20 影山 正彦    ローラ T96-52 MF308 1'47.050      0.157      MAZIORA IMPUL
3  14 道上  龍     レイナード96D  MF308 1'47.100      0.207    JACCS MOONCRAFT
4  56 脇阪 寿一    ローラ T97-51 MF308 1'47.471      0.578               ARTA
5   1 影山 正美    ローラ T97-51 MF308 1'47.509      0.616      SHIONOGI NOVA
6  11 野田 英樹    ローラ T98-51 MF308 1'47.641      0.748   COSMO OIL CERUMO
7   7 ノルベルト・フォンタナ レイナード97D  MF308 1'47.689      0.796    LEMONed Le Mans
8  55 金石 勝智    ローラ T98-51 MF308 1'47.894      1.001               ARTA
9  64 山西 康司    レイナード97D  MF308 1'47.919      1.026      PIAA NAKAJIMA
10   5 マーク・グーセン    レイナード97D  MF308 1'47.959      1.066             5ZIGEN
11  65 トム・コロネル      レイナード97D  MF308 1'47.967      1.074      PIAA NAKAJIMA
12  18 立川 祐路    レイナード97D  MF308 1'48.214      1.321                TMS
13  12 飯田  章     ローラ T96-52 MF308 1'48.239      1.346   COSMO OIL CERUMO
14   2 ラルフ・ファーマン    ローラ T96-51 MF308 1'48.437      1.544      SHIONOGI NOVA
15   6 脇阪 薫一    レイナード96D  MF308 1'48.607      1.714             5ZIGEN
16  19 黒澤 琢弥    ローラ T98-51 MF308 1'49.282      2.389      MAZIORA IMPUL
17  17 近藤 真彦    レイナード97D  MF308 1'49.469      2.576                TMS
18  62 柴原 眞介    レイナード96D  MF308 1'49.535      2.642             LEYJUN
19   3 川本  篤     レイナード96D  MF308 1'51.395      4.502         ASAHI KIKO
20  21 田中 哲也    ローラ T95-50 MF308 1'52.562      5.669          BE BRIDES
21  36 玉中 哲二    ローラ T96-51 MF308 1'52.755      5.862    タカギ B-1 RACING
22  63 OSAMU        レイナード97D  MF308 1'53.300      6.407             LEYJUN
23  22 石川  朗     レイナード94D  MF308 1'53.585      6.692          BE BRIDES
開始時刻: 09:00'00
                         提供:鈴鹿サーキットランド

Formula Nippon

FN_Rd.10:Fニッポン鈴鹿 フリー走行レポー

       チャンプ本山、朝のフリー走行もトップタイム
Fニッポン最終戦決勝日、朝の鈴鹿上空には雲はあるものの、今日は一日好
天との予報だ。
 朝9時から行われたフリー走行では、各チーム決勝へ向けての最終チェック
を行ったが、ここでトップタイムをマークしたのはやはり#8本山。早々に1
分46秒台をマークし、後半は他車の走りを見守る余裕を見せる。
 本山に続いたのは、昨日の予選でガス欠ストップでSS進出を逃した#20影
山正彦。鈴鹿では絶対の自信をもつだけに、決勝は7番グリッドから面白いレ
ースを見せてくれそうだ。
●フリー走行結果(TOP10)
P--No.Driver-------Team--------------Car-------------- Best-LapT-
1  8 本山  哲     LEMONed Le Mans   Reynard 97D/MF308 1'46.893
2 20 影山 正彦    MAZIORA IMPUL     Lola T96-52/MF308 1'47.050
3 14 道上  龍     JACCS MOONCRAFT   Reynard 96D/MF308 1'47.100
4 56 脇阪 寿一    ARTA              Lola T97-51/MF308 1'47.471
5  1 影山 正美    SHIONOGI NOVA     Lola T97-51/MF308 1'47.509
6 11 野田 英樹    COSMO OIL CERUMO  Lola T98-51/MF308 1'47.641
7  7 N.フォンタナ LEMONed Le Mans   Reynard 97D/MF308 1'47.689
8 55 金石 勝智    ARTA              Lola T98-51/MF308 1'47.894
9 64 山西 康司    PIAA NAKAJIMA     Reynard 97D/MF308 1'47.919
10  5 M.グーセン   5ZIGEN            Reynard 97D/MF308 1'47.959
              *** FMOTOR4F SysOp 北島滋穂(SDI00685) ***

Formula Nippon

FPON-Rd10:COSMO OIL TEAM SERUMOリリース

COSMO OIL RACING TEAM CERUMO
全日本選手権フォーミュラ・ニッポン  第10戦
鈴鹿サーキット
1998年11月28日(土) 天候:晴れ  
コースコンディション:ドライ
予  選     13:00 ~ 14:00
NO.11 コスモオイル・セルモ・ローラT98-51(野田 英樹) 
1分46秒402  10/14  11番手
NO.12 コスモオイル・カネコ・セルモ・ローラT96-52(飯田 章)
1分46秒983  23/23  14番手
【ドライバー・コメント】
・野田 英樹 選手
14周目の1コーナーにてギヤが入らずにコースアウトしてしまいました。車
の調子もまずまずの状態だったのでとても残念で悔しいです。しかし、今年最
後のレースということもあるので、悔いが残らないように、また来季もチーム
セルモで走れるように全力で決勝レースに挑みたいと考えています。
・ 飯田 章 選手
最終戦になってしまいましたが、まだマシンのバランスに問題があるようで
す。この部分がうまく改善されれば、あるレベルまで到達できると思うのです
が・・・・・・。しかし決勝については、最終戦ということもありますが来季につな
がるように、とにかく全力で頑張り結果を残したいと考えています。
【チーム監督コメント】
野田君については1コーナーでコースアウトしてしまいましたが、とても残
念な結果となってしまいました。ギヤが入らなかったということですのでその
部分を明日の決勝に向けて点検及び改善作業に入る予定です。
また飯田君についてはいまだにセッティングがうまくまとまらないようです
が、スタッフを交えて綿密なディスカッションを行い明日の決勝に向けて改善
作業に入りたいと考えています。
どちらにせよ今年最後のレースなので悔いの残らないレースをしたいです。
資料提供:コスモオイル・レーシングチーム・セルモ
[URL : http://www.cosmo-oil.co.jp/]
協力:Project Royal Oak       [URL : http://home.att.ne.jp/red/noda]
【追記:Project Royal Oak談話】
午前中の練習から予選前半まで非常に好調で、予選のタイム・アタックは
2~3周してからニュー・タイヤでアタックの予定でいたところ、シフト・ト
ラブルからコース・アウトしてしまいました。調子が良かっただけに残念です。
明日は少しでも上にいけるように頑張ってもらいます。
なお、野田英樹に関してより詳しい情報を知りたい方は、彼のホーム・ページ、
http://home.att.ne.jp/red/noda
も併せてご覧ください。

Formula Nippon

FN Rd.10:FN 総合予選

1998年全日本選手権フォーミュラ・ニッポン第10戦 鈴鹿サーキット            98-11-28
'98フォーミュラ・ニッポン第10戦  鈴鹿サーキット           WEATHER  : Fine
フォーミュラ・ニッポン                  総合公式予選正式結果表      COURSE   : Dry
国際レーシングコース
Pos. No. Driver       Type             S・S Time    Time                   Team
------------------------------------------------------------------------------
1    8 本山    哲    レイナード97D  MF308 1'45.449 (1'45.220)     LEMONed Le Mans
2   19 黒澤  琢弥    ローラ T98-51 MF308 1'46.511 (1'45.610)       MAZIORA IMPUL
3   14 道上    龍    レイナード96D  MF308 1'46.657 (1'45.664)     JACCS MOONCRAFT
4   56 脇阪  寿一    ローラ T97-51 MF308 1'46.704 (1'45.270)                ARTA
5    7 ノルベルト・フォンタナ  レイナード97D  MF308 1'46.927 (1'45.893)     LEMONed Le Mans
6    5 マーク・グーセン     レイナード97D  MF308 1'47.083 (1'45.858)              5ZIGEN
7  20 影山  正彦    ローラ T96-52 MF308           1'45.954        MAZIORA IMPUL
8   1 影山  正美    ローラ T97-51 MF308           1'46.046        SHIONOGI NOVA
9   2 ラルフ・ファーマン     ローラ T96-51 MF308           1'46.270        SHIONOGI NOVA
10  55 金石  勝智    ローラ T98-51 MF308           1'46.314                 ARTA
11  11 野田  英樹    ローラ T98-51 MF308           1'46.402     COSMO OIL CERUMO
12  64 山西  康司    レイナード97D  MF308           1'46.756        PIAA NAKAJIMA
13  21 田中  哲也    ローラ T95-50 MF308           1'46.863            BE BRIDES
14  12 飯田    章    ローラ T96-52 MF308           1'46.983     COSMO OIL CERUMO
15  65 トム・コロネル       レイナード97D  MF308           1'47.416        PIAA NAKAJIMA
16  62 柴原  眞介    レイナード96D  MF308           1'47.602               LEYJUN
17  18 立川  祐路    レイナード97D  MF308           1'47.655                  TMS
18   6 脇阪  薫一    レイナード96D  MF308           1'47.928               5ZIGEN
19  17 近藤  真彦    レイナード97D  MF308           1'48.473                  TMS
20   3 川本    篤    レイナード96D  MF308           1'49.037           ASAHI KIKO
21  36 玉中  哲二    ローラ T96-51 MF308           1'50.779      タカギ B-1 RACING
22  22 石川    朗    レイナード94D  MF308           1'51.557            BE BRIDES
23  63 OSAMU         レイナード97D  MF308           1'52.085               LEYJUN
以上 予選通過車両:
開始時刻: 13:00'00
予選通過基準タイム ( 110 % )  1'55.903
上位6台は、スペシャルステージの結果により決勝グリッドを決定した。
                          提供:鈴鹿サーキットランド

Formula Nippon

FN Rd.10:FN スペシャル・ステージ

1998年全日本選手権フォーミュラ・ニッポン第10戦 鈴鹿サーキット          98-11-28
'98フォーミュラ・ニッポン第10戦  鈴鹿サーキット         WEATHER  : Fine
フォーミュラ・ニッポン           スペシャルステージ結果表         COURSE   : Dry
国際レーシングコース
Pos. No. Driver      Type                 Time      Delay               Team
----------------------------------------------------------------------------
1   8 本山  哲     レイナード97D  MF308 1'45.449 200.20Km/h    LEMONed Le Mans
2  19 黒澤 琢弥    ローラ T98-51 MF308 1'46.511      1.062      MAZIORA IMPUL
3  14 道上  龍     レイナード96D  MF308 1'46.657      1.208    JACCS MOONCRAFT
4  56 脇阪 寿一    ローラ T97-51 MF308 1'46.704      1.255               ARTA
5   7 ノルベルト・フォンタナ レイナード97D  MF308 1'46.927      1.478    LEMONed Le Mans
6   5 マーク・グーセン    レイナード97D  MF308 1'47.083      1.634             5ZIGEN
開始時刻: 15:10'00
提供:鈴鹿サーキットランド

Formula Nippon

FN_Rd.10:Fニッポン鈴鹿 予選SSレポート

   有終の美を飾るお膳立ては揃った!本山SSを制しポール奪取!
 午後3時10分、予選上位6選手によるスペシャルステージ(SS)が始まっ
た。陽は西に傾き、気温も下がってきている。
 このコンディションが影響して予想外にタイムは伸びず、暫定2位だった#56
脇阪がポジションダウンするなどの順位変動はあったものの、暫定ポール本山は
別格の強さを発揮。2周目でベストタイムを叩き出しポールポジションを確保す
ると、更に3周目に大きくタイムアップする余裕を見せた。
 明日の決勝は午後2時スタート。35周で争われる予定。
●SSタイム詳細
-No.Driver-------Team--------------Car-------------- LapTime-
7 N.フォンタナ LEMONed Le Mans   Reynard 97D/MF308 1'49.258
1'47.406
1'46.927 *
-No.Driver-------Team--------------Car-------------- LapTime-
5 M.グーセン   5ZIGEN            Reynard 97D/MF308 1'49.183
(フォンタナを上回ることができず)                 1'47.701
1'47.083 *
-No.Driver-------Team--------------Car-------------- LapTime-
14 道上  龍     JACCS MOONCRAFT   Reynard 96D/MF308 1'49.262
(先にアタックを行った2人を上回り、とりあえず     1'46.701
ポジション確保)                                 1'46.657 *
-No.Driver-------Team--------------Car-------------- LapTime-
19 黒澤 琢弥    MAZIORA IMPUL     Lola T98-51/MF308 1'48.750
(3位は確保。上位2人の結果待ち)                 1'47.114
1'46.511 *
-No.Driver-------Team--------------Car-------------- LapTime-
56 脇阪 寿一    ARTA              Lola T97-51/MF308 1'51.455
(黒澤、道上を上回れず、ポジションダウン)         1'47.863
1'46.704 *
-No.Driver-------Team--------------Car-------------- LapTime-
8 本山  哲     LEMONed Le Mans   Reynard 97D/MF308 1'48.553
(余裕のポール奪取)                               1'46.466
1'45.449 *
              *** FMOTOR4F SysOp 北島滋穂(SDI00685) ***

Formula Nippon

FN Rd.10:FN 公式予選

1998年全日本選手権フォーミュラ・ニッポン第10戦 鈴鹿サーキット         98-11-28
'98フォーミュラ・ニッポン第10戦  鈴鹿サーキット        WEATHER  : Fine
フォーミュラ・ニッポン                  公式予選暫定結果表       COURSE   : Dry
国際レーシングコース
Pos. No. Driver       Type                 Time      Delay             Team
---------------------------------------------------------------------------
1   8 本山  哲      レイナード97D  MF308 1'45.220 200.63Km/h  LEMONed Le Mans
2  56 脇阪 寿一     ローラ T97-51 MF308 1'45.270      0.050             ARTA
3  19 黒澤 琢弥     ローラ T98-51 MF308 1'45.610      0.390    MAZIORA IMPUL
4  14 道上  龍      レイナード96D  MF308 1'45.664      0.444  JACCS MOONCRAFT
5   5 マーク・グーセン     レイナード97D  MF308 1'45.858      0.638           5ZIGEN
6   7 ノルベルト・フォンタナ  レイナード97D  MF308 1'45.893      0.673  LEMONed Le Mans
7  20 影山 正彦     ローラ T96-52 MF308 1'45.954      0.734    MAZIORA IMPUL
8   1 影山 正美     ローラ T97-51 MF308 1'46.046      0.826    SHIONOGI NOVA
9   2 ラルフ・ファーマン     ローラ T96-51 MF308 1'46.270      1.050    SHIONOGI NOVA
10  55 金石 勝智     ローラ T98-51 MF308 1'46.314      1.094             ARTA
11  11 野田 英樹     ローラ T98-51 MF308 1'46.402      1.182 COSMO OIL CERUMO
12  64 山西 康司     レイナード97D  MF308 1'46.756      1.536    PIAA NAKAJIMA
13  21 田中 哲也     ローラ T95-50 MF308 1'46.863      1.643        BE BRIDES
14  12 飯田  章      ローラ T96-52 MF308 1'46.983      1.763 COSMO OIL CERUMO
15  65 トム・コロネル       レイナード97D  MF308 1'47.416      2.196    PIAA NAKAJIMA
16  62 柴原 眞介     レイナード96D  MF308 1'47.602      2.382           LEYJUN
17  18 立川 祐路     レイナード97D  MF308 1'47.655      2.435              TMS
18   6 脇阪 薫一     レイナード96D  MF308 1'47.928      2.708           5ZIGEN
19  17 近藤 真彦     レイナード97D  MF308 1'48.473      3.253              TMS
20   3 川本  篤      レイナード96D  MF308 1'49.037      3.817       ASAHI KIKO
21  36 玉中 哲二     ローラ T96-51 MF308 1'50.779      5.559  タカギ B-1 RACING
22  22 石川  朗      レイナード94D  MF308 1'51.557      6.337        BE BRIDES
23  63 OSAMU         レイナード97D  MF308 1'52.085      6.865           LEYJUN
以上 予選通過車両:
開始時刻: 13:00'00
予選通過基準タイム ( 110 % )  1'55.903
上位6台は、スペシャルステージの結果により決勝グリッドを決定する。
                         提供:鈴鹿サーキットランド

Formula Nippon

FN_Rd.10:Fニッポン鈴鹿 予選レポート

        チャンピオン本山、暫定ポールを獲得!
やや風があり肌寒いものの鈴鹿は快晴。
 11月最後の週末。秋から冬への境目に行われるシリーズの最終戦は、今シーズ
ンの国内レースの締めくくりでもある。タイトルの行方は決まってしまったが、
各ドライバーにとっては来シーズンに繋げるための大事な1戦だ。
 午後1時、Fニッポン最終戦の予選(1時間)が始まった。
 #56脇阪がトップでコースイン。#20影山、#19黒澤が続く。#20影山は早々
に朝の公開練習を上回る1分48秒119をマーク。#1影山も47秒台から46秒台に
タイムアップ。#20も45秒台へと上げ、影山兄弟が好調さを窺わせる。
●10分経過時点の順位(TOP6)
P--No.Driver-------Team--------------Car-------------- Best-LapT-
1 20 影山 正彦    MAZIORA IMPUL     Lola T96-52/MF308 1'45.954 
2  1 影山 正美    SHIONOGI NOVA     Lola T97-51/MF308 1'46.457 
3 11 野田 英樹    COSMO OIL CERUMO  Lola T98-51/MF308 1'46.518 
4 56 脇阪 寿一    ARTA              Lola T97-51/MF308 1'46.693 
5 19 黒澤 琢弥    MAZIORA IMPUL     Lola T98-51/MF308 1'47.255 
6 14 道上  龍     JACCS MOONCRAFT   Reynard 96D/MF308 1'47.602 
 最初のアタックを終えて、殆どのマシンがピットに張りついている。
 17分経過 #8本山1'46.582。4位に浮上。
 24分経過 #18立川がS字でコースアウト。クラッシュ。リアウィング小破。
 25分経過 そろそろ上位陣が2度目のアタックを開始した。
29分経過 #11野田1'46.402。2位に浮上。
●30分経過時点の順位(TOP6)
P--No.Driver-------Team--------------Car-------------- Best-LapT-
1 20 影山 正彦    MAZIORA IMPUL     Lola T96-52/MF308 1'45.954 
2 11 野田 英樹    COSMO OIL CERUMO  Lola T98-51/MF308 1'46.402 
3  1 影山 正美    SHIONOGI NOVA     Lola T97-51/MF308 1'46.457 
4  8 本山  哲     LEMONed Le Mans   Reynard 97D/MF308 1'46.582 
5 56 脇阪 寿一    ARTA              Lola T97-51/MF308 1'46.693 
6 14 道上  龍     JACCS MOONCRAFT   Reynard 96D/MF308 1'46.949 
 33分経過 ここまでトップの#20影山スロー走行。惰性で走りスプーン出口で
      マシンを止めた。駆動系のトラブルか?正彦はコックピットで頭を
      抱える。鈴鹿3連破に黄信号か。
 40分経過 #11野田が逆転を狙ってアタックに入るが、1コーナーで勢い余っ
      てコースアウト。
 45分経過 #7フォンタナが1'47.039で7位に浮上してきた。上位の順位に動
      きはない。
 50分経過 #1本山をはじめとしてフレッシュタイヤを装着した各マシンが、
      最後のアタックに入る。
 53分経過 #1影山もコースイン。
 54分経過 #8本山1'45.220を叩き出しトップへ!
 56分経過 #7フォンタナ1'46.380で3位へ浮上。
      この後、#56脇阪(1'45.270)、#14道上(1'45.664)、#19黒澤
       (1'45.610)らが続々とタイムアップ。
 60分経過 チェッカーが振られた。
      この時点では8-56-19-14-20-1という順位で、星野監督は影山兄がス
      ペシャルステージに残ったと思い安堵の表情を浮かべた……がが!
      この後、#5グーセン(1'45.858)、#7フォンタナ(1'45.893)が
      相次いでタイムアップ。5、6位に食い込み、影山兄弟は揃って押し
      出されSS進出ならず。
●予選暫定結果(TOP6)
P--No.Driver-------Team--------------Car-------------- Best-LapT-
1  8 本山  哲     LEMONed Le Mans   Reynard 97D/MF308 1'45.220
2 56 脇阪 寿一    ARTA              Lola T97-51/MF308 1'45.270
3 19 黒澤 琢弥    MAZIORA IMPUL     Lola T98-51/MF308 1'45.610
4 14 道上  龍     JACCS MOONCRAFT   Reynard 96D/MF308 1'45.664
5  5 M.グーセン   5ZIGEN            Reynard 97D/MF308 1'45.858
6  7 N.フォンタナ LEMONed Le Mans   Reynard 97D/MF308 1'45.893
              *** FMOTOR4F SysOp 北島滋穂(SDI00685) ***

Formula Nippon

FN_Rd.10:Fニッポン鈴鹿 公式練習

11月28日(土)、Fニッポンは鈴鹿で最終戦を迎えた。
 チャンピオンはすでに決定しているが、今シーズンの締めくくりにレギュラ
ーメンバー23人が顔を揃えた。
 朝9時から行われた公式練習は、夜半に降った雨の影響でウェットからドラ
イへ変わるコンディションの中行われ、今季鈴鹿で負けなしの連勝を飾ってい
る#20影山正彦がトップタイムをマーク。#1影山正美、#11野田英樹と続き
ローラ勢が上位を占めた。
F-Nippon選手権第10戦 Suzuka Circuit -RIJ-(1998-11-28) Practice-Session
For All Japan Formula Nippon Championship Rd.10 SUZUKA(J) : 5.86403km
Weather:Fine  Course:Wet/Dry
P--No.Driver-------Team--------------Car-------------- Best-LapT-km/h---
1 20 影山 正彦    MAZIORA IMPUL     Lola T96-52/MF308 1'48.668  194.27
2  1 影山 正美    SHIONOGI NOVA     Lola T97-51/MF308 1'49.111 
3 11 野田 英樹    COSMO OIL CERUMO  Lola T98-51/MF308 1'49.334 
4 55 金石 勝智    ARTA              Lola T98-51/MF308 1'50.066 
5 56 脇阪 寿一    ARTA              Lola T97-51/MF308 1'50.163 
6 12 飯田  章     COSMO OIL CERUMO  Lola T96-52/MF308 1'51.027 
7 19 黒澤 琢弥    MAZIORA IMPUL     Lola T98-51/MF308 1'52.013 
8 21 田中 哲也    BE BRIDES         Lola T95-50/MF308 1'52.310 
9 14 道上  龍     JACCS MOONCRAFT   Reynard 96D/MF308 1'52.339 
10 18 立川 祐路    TMS               Reynard 97D/MF308 1'52.643 
11  5 M.グーセン   5ZIGEN            Reynard 97D/MF308 1'54.531 
12  8 本山  哲     LEMONed Le Mans   Reynard 97D/MF308 1'54.771 
13 64 山西 康司    PIAA NAKAJIMA     Reynard 97D/MF308 1'54.963 
14 62 柴原 眞介    LEYJUN            Reynard 96D/MF308 1'55.693 
15  3 川本  篤     ASAHI KIKO        Reynard 96D/MF308 1'55.725 
16 17 近藤 真彦    TMS               Reynard 97D/MF308 1'57.804 
17 63 OSAMU        LEYJUN            Reynard 97D/MF308 1'58.370 
18  6 脇阪 薫一    5ZIGEN            Reynard 96D/MF308 1'59.816 
19 36 玉中 哲二    TAKAGI B-1 RACING Lola T96-51/MF308 2'00.059 
20  7 N.フォンタナ LEMONed Le Mans   Reynard 97D/MF308 2'04.093 
21 22 石川  朗     BE BRIDES         Reynard 94D/MF308 2'06.095 
22 65 T.コロネル   PIAA NAKAJIMA     Reynard 97D/MF308 2'07.977 
2 R.ファーマン SHIONOGI NOVA     Lola T96-51/MF308 計測できず
-------------------------------------------------------------------------
              *** FMOTOR4F SysOp 北島滋穂(SDI00685) ***

Formula Nippon

FN Rd.10:FN公式練習

1998年全日本選手権フォーミュラ・ニッポン第10戦 鈴鹿サーキット             98-11-28
'98フォーミュラ・ニッポン第10戦  鈴鹿サーキット            WEATHER  : Fine
フォーミュラ・ニッポン                  公式練習結果表               COURSE   : Wet/Dry
国際レーシングコース
Pos. No. Driver      Type                     Time      Delay              Team
-------------------------------------------------------------------------------
1  20 影山 正彦    ローラ T96-52 MF308     1'48.668 194.27Km/h     MAZIORA IMPUL
2   1 影山 正美    ローラ T97-51 MF308     1'49.111      0.443     SHIONOGI NOVA
3  11 野田 英樹    ローラ T98-51 MF308     1'49.334      0.666  COSMO OIL CERUMO
4  55 金石 勝智    ローラ T98-51 MF308     1'50.066      1.398              ARTA
5  56 脇阪 寿一    ローラ T97-51 MF308     1'50.163      1.495              ARTA
6  12 飯田  章     ローラ T96-52 MF308     1'51.027      2.359  COSMO OIL CERUMO
7  19 黒澤 琢弥    ローラ T98-51 MF308     1'52.013      3.345     MAZIORA IMPUL
8  21 田中 哲也    ローラ T95-50 MF308     1'52.310      3.642         BE BRIDES
9  14 道上  龍     レイナード96D  MF308     1'52.339      3.671   JACCS MOONCRAFT
10  18 立川 祐路    レイナード97D  MF308     1'52.643      3.975               TMS
11   5 マーク・グーセン    レイナード97D  MF308     1'54.531      5.863            5ZIGEN
12   8 本山  哲     レイナード97D  MF308     1'54.771      6.103   LEMONed Le Mans
13  64 山西 康司    レイナード97D  MF308     1'54.963      6.295     PIAA NAKAJIMA
14  62 柴原 眞介    レイナード96D  MF308     1'55.693      7.025            LEYJUN
15   3 川本  篤     レイナード96D  MF308     1'55.725      7.057        ASAHI KIKO
16  17 近藤 真彦    レイナード97D  MF308     1'57.804      9.136               TMS
17  63 OSAMU        レイナード97D  MF308     1'58.370      9.702            LEYJUN
18   6 脇阪 薫一    レイナード96D  MF308     1'59.816     11.148            5ZIGEN
19  36 玉中 哲二    ローラ T96-51 MF308     2'00.059     11.391   タカギ B-1 RACING
20   7 ノルベルト・フォンタナ レイナード97D  MF308     2'04.093     15.425   LEMONed Le Mans
21  22 石川  朗     レイナード94D  MF308     2'06.095     17.427         BE BRIDES
22  65 トム・コロネル      レイナード97D  MF308     2'07.977     19.309     PIAA NAKAJIMA
2 ラルフ・ファーマン    ローラ T96-51 MF308   計測できず                SHIONOGI NOVA
開始時刻: 09:00'00
                           提供:鈴鹿サーキットランド

その他

訃報:瀧進太郎氏逝去

 フォーミュラ・ニッポンを運営する株式会社日本レースプロモーションの代
表取締役社長 瀧進太郎氏が11月24日午前10時20分臓器不全のため逝去した。
享年61歳。
 瀧氏は1937年生まれ。愛知県出身。日本のレース黎明期に活躍したドライバ
ーで、64年にロータスエランでデビュー。66年の日本GPではポルシェカレラ
6を駆ってプリンスR380に対抗して話題となった。
 67年からはプライベートチームのタキ・レーシングを主宰し、メーカーのワ
ークス勢に挑み、68年日本GPでは"TNT対決"が話題となった。
 情報提供:株式会社日本レースプロモーション
(瀧氏の経歴は「サーキットの夢と栄光」(グランプリ出版)を参考にしました)
             *** FMOTOR4F SysOp 北島滋穂(SDI00685)***

全日本GT選手権

GTインサイドレポートAllStar/5

NICOS CUP GT ALL STAR RACE 1998
1998  GT INSIDE REPORT
GT AllStar in TI Circuit                                    15 Nov. '98
Inside Report                インサイドレポート2             FMOTOR4版
 -------------------------------------------------------------------------
NICOS CUP GTオールスター戦'98 in TI Cirucit AIDA(11/15)
☆各メーカー、有力チームに来季の構想をきく
トヨタ自動車 モータースポーツ部 柘植和廣 主担当員
「今年のモデルは、スカイラインに対してはボチボチ、NSXに対しては大幅に負けて
るな、と思います。そういう状況のなかで(来年に向けて)いろいろなアイディア
をスタートさせています。去年から今年までは正常進化版でした。NSXが速くなるこ
とは予想していましたけど、チームの総合力で対抗できれば、と思っていたんです。
ただ、思った以上に(NSXが速かった)…。来年はエンジン、駆動系、シャシーす
べて、ガラッと変わったもののほうがいいかな、という議論のもとに製作していま
す。今の作りかたとは違うアプローチで行うということです。
 具体的にはまずボディ剛性ですが、これをもう少し上げます。今でもそんなに悪
くはないので、基本的にロールケージ(の改良)で行います。空力はガラッと変わ
ります。まだ最終的には決定していませんが、中速コース用と高速コース用と2種
類考えないといけないかな、と思っています。サスペンションは、もともとTS010 
のアップライトを使ったりしていたんですが、時代もだいぶ変わって来ているので
これも全部変えます。接地性とか、サスペンション剛性とかいろいろな部分で見直
すところがあります。エンジンは今のものを踏襲して、それを改良して、というこ
とになります。排気量が少ないのはつらいですが、軽量コンパクトなのは有利です。
低重心で慣性モーメントをいかに小さくするかというのがレーシングカーの基本、
というかクルマの基本ですから。燃費などでは厳しい条件になっていますが、2
リッターのままでやろうと。以前はいわゆる“ドッカンパワー”というヤツだった
のですが、今ではかなり改善されています。燃費も改善しようということでやって
います。年内にシェイクダウンしたがったのですが、ムリですね。
 図面を引くのも空力も基本的にTRDです。台数は全体的には今年と同じくらいにな
るのかな、と思っています。ただ、開幕戦までに間に合うのは2~3台ですかね。
レースは勝ったり負けたりの世界で、負けたり負けたりじゃ…。チャンスがあれば
勝てる、というところにいないとね。そういう意味では今年はうまくいかなかった
なと思っています。来年は、失敗するかもしれないけどチャレンジしよう、と。現
在のマシンは基本を変えないまま4年来ているんです。ここで大きく変えようかな、
と。改良ではなく、思いきったことを入れ込んでいかないと勝てないな、と思って
います。来年はNSX、スープラ、スカイラインの三者が絡み合った展開になるよう
になると、もっとおもしろいレースになるんじゃないかなと考えています」
ニスモ技術部 岡 寛 監督
「相手のいなかったGTC初年度の94年を別にすれば、全日本のチャンピオン獲得はグ
ループCカー時代の92年以来です。実はいちばんほしかったタイトルなんです。シ
ーズン当初から、今年はシリーズを獲るということでやってきて、そのとおりにな
ったので良かったな、と思っています。たいへんでしたけどね。結果として23号車
と2号車の間に差が出てしまったんですが、これにはふたつ理由がありました。ひ
とつは(2号車に)ツキがなかったこと。もうひとつはシーズン後半で2号車のアン
ダーステアの度合いが大きくなってしまったことです。現在(アンダーステアの原
因を)調べているところですが、まだ対策はできていません。ツキがなかったとい
うのは、2号車は緒戦でギアボックスが壊れてしまい、もてぎでは接触して遅れた。
一方23号車は接触が少なかったし、最終戦で接触していますけど大事には至らなかっ
た。その意味で2号車にはツキがなかったということです。2台でワン・ツーとい
うつもりでやってきているんですけど、こういう結果になってしまった。来年に向
けてフィードバックしようとは思っていますが、ドライバーには申し訳なかったと
思っています。
 来年の体制についてはまだはっきりしていないんですが、後退はしない方向で進
めています。ただ、現在GT-Rで参加しているチームのスポンサーの問題もあるし、
ほかにもGT-Rでやりたいというチームもあるので、台数については現状ではなんと
も言えません。ともかくスカイラインファンががっかりするようなことのないよう
にニッサン/ニスモとしても努力していきたいと思っています。
 ニスモ・チームとしては、データも分散してとれるし、いい意味での競争もでき
るので、今年同様に2台体制でやりたいと思っています。ただ、増やすことはでき
ません。
 来年はR34型のスカラインGT-Rになるわけですが、今年はスープラとは互角だっ
たものの、NSXと比較すると速さが足りなかった。ただ、抜群の耐久性がありまし
た。ですので、来年は速さを上げて行こうということでやっています。97年モデル
から98年モデルへは大幅な変更をしましたが、98年から99年へは劇的な変更はあり
ません。R33と比較するとR34はホイールベースが100 ミリほど短くなっています
し、良くなっている部分をそのまま生かしながら、細かい部分の積み上げをしてい
くつもりです。来年のレギュレーションでは最低地上高の規定が変わりそうなので
すが、重心等についてはもう限界に来ています。空力については今、日産の風洞を
使ってウチの鈴鹿美隆さん(R92CP等の空力デザインを担当)がやっています。スト
レートの速さは前面投影面積で決まりますが、これは減らすことはできないので、
ドラッグを減らしてダウンフォースを増やす方向でやっています。エンジンについ
てはパワーよりもレスポンスを向上させる方向でチューニングして行くつもりです。
開発は今年同様オーテック・ジャパンにお願いすることになる予定です。ニューマ
シンは開幕戦から全車間に合うように開発する予定です。シェイクダウンはできる
だけ早くやりたいですね。1月中にはやりたいと思っています」
無限 技術部 永長 真マネジャー
「NSXは、昨年最後の2戦と今年全戦でポールポジションを獲っていますので、速さ
という面ではかなりのところまでいけたかな、と思っています。あとは強さの面で、
いかに強さを持たせるか、というのが今年のテーマでした。そのために(予選/
レースが)終わるごとに全チームが集まってデータ持ち寄って公開し合いながら、
次のステップへと進めてきました。われわれもそれをもとに対策を講じてきたわけ
です。これは各チームの協力なくしてはできないことなんですが、それがうまく回
ってきたので今シーズン後半、NSXがいつも優勝圏内にいるということになったんだ
と思います。ただ、まだ熟成させたとは思っていせん。信頼性、耐久性ではまだま
だ今年一年では解決していないことがあります。その面では来年も今年の延長上で
やっていきます。来年レギュレーションが変更されて、ミドシップカーは50kg重量
増となり、リストリクターも今より絞られることになります。つまり相対的な競争
力は今より落ちるわけです。ですからその面では来年は今年の延長ではなくなりま
すが、クルマ作りのコンセプトとしては大きくは変わりません。たとえば1年間使
えばどうなるのか、というデータも取ってきていますので、今あるクルマでもポテ
ンシャル的には来年も十分使えるということがわかっています。そこに新しいアイ
ディアを盛り込んでいくというのが一番現実的ではないかと思います。今年駆動系
でトラブルが出ましたので、それは変えていきたいと考えています。ほかにも、や
りたい部分は片手にあまるほどあるんです。ただ、2000年からレギュレーションが
大きく変わる可能性があるので、新しいステップというのは2000年からかな、と
思っています。
 来年のマシンの台数については楽観できない状況です。増やせればそれに越した
ことはありませんが、私としては現状維持かな、と思っています。先ごろ発表され
たホンダS2000には個人的には非常に興味はありますが、ああいう素材ですから、
われわれ以外でやるところが出てくるんじゃないでしょうか。われわれとしてはNSX
の開発をやりながらというのは余裕がありません。
 ところでGTCに参戦するわれわれの目的のなかには、もともとチャンピオンを獲る
というのは入ってなかったんです。それが目的なら、たとえば1台だけワークス仕
様にするというやりかたのほうがラクだと思いますし、ドライバー編成も違ったや
りかたがあると思います。しかし、われわれは4チームイコールで、ハードウエア
に差をつけていないんです。ですから無限のクルマもほかのチームと同じ車体、同
じエンジンです。目標が変われば別なやりかたもあるでしょうが、少なくとも今年
はそうやってきました。4チームに同じものを同じ時期に供給するというのは非常
に努力を要することなんです。来年どういうやりかたでやって行くかはまだ決まっ
ていません。シーズンが終わってから検討することになります。今年の夏以降、急
激に(経済)環境が変わってきたじゃないですか。今もその状況は変わってないで
すからね。来年、今の規模が維持できればいいんじゃないんですかね」
チーム・タイサン
千葉泰常監督「GT500クラスについては、バイパーは来年も続けたいと思っていま
す。来年はレギュレーションが若干変わって、75kg軽くできるということです。こ
れに合わせて軽くするのは簡単ではありませんが、なんとかしたいと思っています。
ただ、スポンサーの都合もあるのではっきりしたことはまだ決まっていません。も
う1台、新しいクルマを出したいという気持ちもありますが、いずれにしても経済情
勢が厳しいなかですので、正式に発表できるのはもう少し先になると思います。
 GT300クラスのタイサンJr.については、土屋さん(土屋エンジニアリング)との
ジョイントは続けたいと思っています。それからもう1台、ポルシェRSRを出場させ
るべく、スポンサー活動を行っているところです。こちらは吉村誠司(27)と田崎
貴英(31)の二人が乗ります。吉村は97年のF4西日本チャンピオン、田崎は今年の
F4西日本シリーズ2位です。二人とも九州の出身で、オートポリスにタイサン・ミュ
ージアムを開設した縁で、ウチのクルマに乗ることになりました。オートポリスは
すばらしいコースですし、地元のかたがたのまとまりもいいのでなにかやりたいと
いうことで、今後月2回のペースで走行会を開催していきます。今年、この後は11月
28日、12月6日、26日に開かれる予定です。二人の地元でもあるので盛り上げていき
たいと思っています。二人はこれまでシングルシーターを中心に活動してきました
が、走る時間が限られていました。これからは、われわれのチームで、ファミリー
として活動していくのが成長の早道になるでしょう。財政的にはラクではありませ
んが、彼らにとってはレースに出場することが一番だいじですから。
 そのほかのドライバーラインアップについてはまだ決定していませんが、松田秀
士と鈴木恵一は来年もわれわれのチームから出場する予定です。舘信吾はGT500にス
テップアップして、トヨタ系のチームから出場するようになりそうです」
吉村誠司「これまではフォーミュラを中心にレースをしてきましたが、ハコにはハ
コの難しさがありますね。まだまだ勉強中ですが、来年、1回くらいは表彰台に上る
ことを目標にがんばります。とくにMINEは地元なので譲りたくないですね」
RE雨宮 雨宮勇美代表
「来年はやるかどうかわからない。半々というところ。一番の問題はタイヤです。
これはオールスターが終わってから考えます。それに、レースは勝つために出るん
ですから、あまりトラブルばかりでは…。周囲に迷惑をかけないようにがんばりた
いんですがね。場合によっては、N1になるかもしれません。やるとしたら、ドライ
バーは、松本晴彦は継続の予定です。もう一人はオーディションをやるつもりです。
もしウチが出られなくても、GT500クラスにステップアップする山路慎一を応援し
てください」
土屋エンジニアリング 土屋春雄代表
「来年のことはなにも決まってない。白紙状態です。希望というか自分の考えでは
GT300クラスに出たいんだけど、速すぎると怒られそうだし…。かといってGT500は
オカネがかかるし、単独じゃできないからね」
キャロッセ(クスコレーシング) 加勢裕二代表
「1勝はしたけど、あとはだらしない1年でしたね。来年もこのまま(継続)の予
定ですが、クルマをどうしていくかというのはこれから考えます。(現状では)戦
闘力は他車に比べて明らかに不足しています。やりたいことはいっぱいありますが、
現実的にできることは限られていますからね…。希望としては重量のバランスを良
くしたいですね。
 チームとしては、初めてフルシーズン参戦してみて、各サーキットを1回ずつ回
って、レース独特のやりかたがようやくわかってきた段階です。サーキットごとの
路面のμの違いとか癖、温度変化によるものなど、少しずつわかってきました。初
心者ですから、ほかのチームの皆さんがもう忘れたようなことを、改めて知ってい
るような状況です。来シーズンはコンスタントに表彰台がねらえるチームになりた
いですね。1勝はラッキーの固まりみたいなものでしたからね(笑)」
☆本年度のGTインサイドレポートは以上です。1年間、ありがとうございました。
*なお、ネットワーク版は逐次オフシーズンの話題が在りましたら、随時お知ら
 せします。
                       GTアソシエイション事務局
                       GTインサイドレポート班
                       古屋 知幸 = QYB04322 =

全日本GT選手権

GTインサイドレポートAllStar/4

NICOS CUP GT ALL STAR RACE 1998
1998  GT INSIDE REPORT
GT AllStar in TI Circuit                                    15 Nov. '98
Inside Report                インサイドレポート1             FMOTOR4版
 -------------------------------------------------------------------------
NICOS CUP GTオールスター戦'98 in TI Cirucit AIDA(11/15)
◎カーナンバー前の記号"#"はGT500、"*"はGT300を現します
☆予選終了後のコメント
#64 Mobil 1 NSX
トム・コロネル「チャンピオンを争ったチームとしていいショーを見せたかった。
ボクらはいい仕事をしたと思う。まだレースはスタートしてないから勝ったわけで
はないけれど、ヤマニシもボク自身もすごくコンスタントに走っているし、かなり
いいところにいると思う。今回はいつもとは少し違うやりかたをする。ヤマニシが
スタートを担当するようにね。ドライバーはひとたびステアリングを握ればドライ
ビングを楽しんでいる。いつものようにトライビングを楽しみたい。すばらしい
サーキットだし、天気はいいし、たくさんの人が見にきてくれているし、モービル
のファンもたくさん来てくれているしね。ベストをつくすよ、いつものように」
山西康司「スタートを担当します。ポールスタートですがとくにプレッシャーはあ
りません。通常どおり。それより楽しみです」
#12 カルソニックスカイライン
黒澤琢弥「(朝のフリー走行でのクラッシュは)黄旗が出てたから減速もしていた
し、オフィシャルが『イン側を通れ』という指示を出していたから、一番イン側を
通っていった。そしたら、目の前でポルシェ(#30 NICOS PORSCHE)がバックしてた
んだ。メディカルセンターで山田さんに会って聞いたら、山田さんはその前に『U
ターンしていい』っていう指示を受けていたんだって。でも、当たる瞬間にイン側
のオフィシャルが見えたんだけど、そのときには山田さんに『前へ行け』って手で
合図してた。そんなのヘルメット被ってたらミラーでは見えないよね。だから、オ
フィシャルのやってることが信じられなかった。オレは、あの時点ではまだ全然が
んばって走ってもいなかったのに、こんなことになるなんて…」
星野一義「ラジエターとかインタークーラーとか、壊れているのは水回りの部分。
足はなんともなっていないね。最後尾からのスタートになるけど、そこからガンガ
ンまくるよ」
*25 つちやMR2
舘 信吾「とくにターゲットタイムはなく、出せるだけ出そうと思っていきました。
いつもどおり走れてポールが獲れました。すべて問題なく、調子はいいですよ。
決勝もそのまま走るだけ。スタートはボクの予定なので、ギリギリまでひっぱって
恵一さんに渡します。来年は、まだ正式には決まってないんですが、またGTCで走る
予定なので、応援をお願いします」
*61 テイボン・トランピオ・FTO
原 貴彦「テストではボクだけしか乗ってなかったんで今回はアタックをしました。
タイヤがコースコンディションによくマッチしていて、思ったよりタイムが出て良
かったです。ポールじゃないし、MR2には届きっこないけど、自分たちのなかでは力
を出しきれました。決勝はとにかくいいレースがしたいです。成績もだいじだけど
アピールできるようなレースがしたい。SUGOに続いてボクがスタートでいきます。
ピットインは真ん中ぐらいでしょうか」
*7 RE雨宮マツモトキヨシRX7
山路慎一「クルマが昨日と変わっちゃって…。ブレーキングしたときのバランスが
違うんです。クルマが曲がらなくなっちゃう。昨日とフィーリングが違うんで、原
因をみつけて決勝までに対策するしかないですね。スタートは松本さんの予定です」
*15 ザナヴィシルビア
青木孝行「近藤さんが乗っているときに3コーナーでロアアームのボルトが折れて
コースアウトしてしまったようです。完璧じゃないけどクルマは直りました。ボク
がスタートの予定です」
☆決勝スタート直前情報(13:30)
 天気:晴れ  気温:24゚C  路面温度:29゚C  観客動員:47,897人(11/15)
#55 STPタイサンバイパー
シートにトラブルがあり、1度グリッドにつくがフォーメーション1周目でピットに
戻り修復。ピットスタートとなる。
☆レース中のコメント
#2 ZEXELスカイライン
鈴木亜久里「デフかミッションが突然いっちゃったんだ。それでいきなりロックし
て、自分のオイルに乗ってスピンした。長谷見さんには、悪いことしちゃったよ」
#38 FK/マッシモセルモスープラ
野田英樹「1度目のスピンはオイルに乗った。ボクのミスです。その後のはABSがお
かしくなったみたい。さらに、GT300を抜くときに23号車と当たっちゃって、サスペ
ンションを壊してしまった」
#50 ARTAスカイライン
本山哲「スタート直後に寿一に当たったみたい。ちょっとよくわからない状態だっ
た。ちょっと足を打ったけど大丈夫です。クルマは左リアサスが壊れてしまいまし
た」
#12 カルソニックスカイライン
星野一義「ずっと3号車の後ろで我慢していたんだ。冷静になることも必要なんだ
よ」
#3 ユニシアジェックススカイライン
長谷見昌弘「1コーナーを抜けたら2号車が煙と火を挙げていたんだ。漏れたオイル
がエキゾーストに垂れていたんじゃないかな。避けようとして、行き場所がなく
なってスポンジバリアまで行ってしまった。だけど、みんなこんなに燃えなくても
いいじゃない(笑)。最初の1コーナーなんて、修羅場だったよ(笑)」
#23 ペンズオイル・ニスモGT-R
影山正美「3コーナーで38号車がアウトに出たからそのインに入ったら、向こうも
インに切り込んできて当たった。それからなぜか右コーナーが曲がらなくなってし
まったんだ」
*61 テイボン・トランピオ・FTO
中谷明彦「7号車と接触した。それで左リアのサスペンションが壊れたんだ」
☆リタイヤ原因(GTインサイドレポート班調べ)
No.    原因         周回数
-----------------------------------------
#18    他車との接触      0L
#36    他車との接触      0L
#50    他車との接触      0L
#2     駆動系         6L
#38    右後サスペンション   23L
*77    左前サスペンション   25L
*61    左後サスペンション   38L
☆レース後のコメント
#100 RAYBRIG NSX
高橋国光「振動でガソリンポンプのスイッチが落ちてしまった。あわてて入れ直し
たんだけど遅れてしまった。ちょっと惜しかったですね。(指を鳴らすしぐさで)
チェッて感じですかね(笑)。でも64号車はペースは遅かったんですが、抜くのは
難しかったでしょう。オールスターらしい走りと戦いはできたと思います」
飯田章「スタートは混乱があるだろうと用心してた。山西は早目にインに寄ってく
る走りかたなので二人ともにペースが上げられなかった。43周でタイヤはちょうど
売り切れって感じ。(#64 Mobil 1 NSXのエンジニアに)たまにはクニさんにもいい
目見させてあげてよ(笑)」
#39 デンソーサードスープラGT
土屋圭市「荒れたレースになったけど、おもしろかったよ。アキラ(飯田章)とは
ずいぶん接近戦になったけど、お互いに信頼できる相手だからできるんだよ。順位
としてはこれが精一杯。NSXの前にいくのはムリだね」
谷川達也「土屋さんがポンポンと順位を上げてくれたんで、ボクはポジションキー
プしてただけです。タイヤも最後まで大丈夫でした。コースはレコードラインを外
したらもちろん汚れてますけど、ライン上は荒れてませんでしたよ」
*7 RE雨宮マツモトキヨシRX7
松本晴彦「スタートは良かったんですが、ストップ&ゴーのコースなのでNAは回転
がいったん落ちると抜かれちゃうんです。2位という結果はうれしいです。みんな
ががんばってくれて表彰台に乗れました。序盤、2コーナーのところでかなりオイ
ルが出てました」
山路慎一「いいペースで走れてハードプッシュしすぎました。FRとFFの速いところ
が違うんで(*61テイボン・トランピオ・FTOに)仕掛けるタイミングをまちがえまし
た」
*15 ザナヴィシルビア
青木孝行「ビリからのスタートでしたが、すぐに2位に上がれてペースをつかみま
した。でも、中盤プッシュしすぎてタイヤをいためて後半がきつくなりました。な
んとか3位に入れてうれしいです」
近藤真彦「オレのタイムは38~39秒から40秒台だったのに、青木は37~38秒のペー
スでいってたんでムリがあった。オレは39秒台でラストまでコントロールして走れ
たんで問題なかった。シーズンは成績が悪かったんで、ここでムリしてクルマ壊し
たりスピンすることを心配したけど、表彰台に上がれて良かった」
#37 カストロール・トムス・スープラ
ケルビン・バート「コーナーに入るときにスバルと当たってしまった。タイヤのパ
ンクチャーとサスペンションにダメージを負ってしまった。ボクのチームマネー
ジャーはボクのミスだと言う。ビデオを見て確認したいんだけど…」
#23 ペンズオイル・ニスモGT-R
影山正美「3コーナーのブレーキングでボクの左フロントとマッシモ(#38)の右と
が当たっちゃいました。ステアリングのタイロッド関係の部品が壊れてしまったん
ですが、お客さんも来ているということで直して出て行ったんです。最後のレース
で…。トップだったのに、ちょっともったいないです。NSX(64号車) を抜いたとき
には、もうあそこしかなかったんでちょっと強引だったけどいきました。また来年
も応援してください」
エリック・コマス「NSXは、はじめのうちは速いけどタイヤがダメになってしまうよ
うだね。ボクらとは逆だ。自分のパートではパーツを変えて出ていってからはクル
マに問題はなかった。でもこういうことは選手権では一度もなかった。この種の問
題が選手権中に起こっていたら、タイトルにも大いに影響が出ただろうけど、選手
権では一度もこうしたことはなかったからね。ともかく今日はマサミはすばらしい
レースをした。彼のレースぶりにすごく満足しているよ」
*2に続く
                       GTアソシエイション事務局
                       GTインサイドレポート班
                       古屋 知幸 = QYB04322 =

Formula Nippon

FN_Rd10:Fポン鈴鹿で虎之介が走る

 11月29日に行われるフォーミュラ・ニッポン第10戦(最終戦)のスペシャルイ
ベントとして、F1ドライバー高木虎之介選手がFニッポンマシンで鈴鹿を走
ることが決まった。
 走行は、29日(日)決勝前の11時50分頃から東コースを5周。マシンは#64
PIAA NAKAJIMA車を使用する。
 高木選手のコメント:
「日本グランプリでは残念な結果に終わってしまいましたが、久しぶりの日本
での熱い応援には感動しました。1年間応援していただいたファンの皆さんへ
の感謝の気持ちをこめてドライブします」
 情報提供:株式会社日本レースプロモーション(JRP)
             *** FMOTOR4F SysOp 北島滋穂(SDI00685)***

全日本GT選手権

JGTC-ALL STAR:TOYOTA TEAM CERUMOリリース

《TOYOTA TEAM Cerumo リポート》
NICOS CUP GT オールスター戦
TIサーキット英田
■1998年11月15日(土)  天候:晴れ    コースコンディション: ドライ
観客動員数:47,897人(主催者発表)
《予選第1回目  10:35-10:45》
No.38 FKマッシモ・セルモ・スープラ(竹内浩典/野田英樹)
予選タイム1分29秒425   9番手
【ドライバーのコメント】
●竹内浩典  選手
今回はアタッカーを野田君が努めてくれるので予選において車に乗ることが
なかったけれど、決勝用のセットアップもうまく出来ているようなので、充分
期待できると思います。また今年最後のGTレースなのでベストを尽くし頑張
りたいと思います。
●野田英樹  選手
決勝を意識してハードコンパウンドタイヤにてセットアップを行いながらの
走行になっていましたが、車もまずまずの状態まで仕上がっていますので、決
勝レースでは期待できると思います。また、そのような状況での予選としては、
まずまずだと思います。
【チーム監督のコメント】
決勝に向けて、ハードコンパウンドタイヤでセットアップを行いながらのア
タックになってしまいましたが、予選順位は上記の条件を考えればそれなりの
結果だと思います。
また決勝用のセットアップとしては良い状態に仕上がっているので期待でき
ると思います。今年最後のレースなので頑張って表彰台を目指したいです。
■1998年11月15日(日)  天候:晴れ  コース・コンディション:ドライ
観客動員:47,897人(主催者発表)
《決勝  14:00-16:00 》
1998年11月15日(日)  天候 晴れ    コースコンディション: ドライ
観客動員数: 47,897人(主催者発表)
No.38 FKマッシモ・セルモ・スープラ(竹内浩典/野田 英樹)
決勝結果:リタイア(23周  サスペンション・トラブル)
【ドライバーのコメント】
●竹内浩典  選手
今回のレースでは1回も乗ることなくレースを終えてしまいました。とても
残念です。来年こそは、シリーズチャンピオン目指し頑張りたいです。
●野田英樹  選手
3回もスピンしてしまいました。1回目はオイルに乗ってしまいました。
2回目はリヤブレーキが何故かロックしてしまったため、3回目は接触のため
にサスペンションが破損してしまいました。結果的にリタイアという残念な結
果となってしまいましたが、今年最後のレースだけに本当に悔しい思いです。
来年こそは優勝目指して頑張ります。
【チーム監督コメント】
今年最後のレースぐらい優勝して笑って終わりたかった。本当に残念としか
言いようがありません・・・・・・。来年に向けての準備をこれから行うわけですが、
今年のレースを振り返り反省すべき点を徹底的に検証してまた来年頑張ります。
 提供:トヨタチームセルモ
資料提供:(株)クラッチワーク
協力:Project Royal Oak
なお、野田英樹に関してより詳しい情報を知りたい方は、彼のホーム・ページ、
http://home.att.ne.jp/red/noda
も併せてご覧ください。

全日本GT選手権

GTインサイドレポートAllStar/3

NICOS CUP GT ALL STAR RACE 1998
1998  GT INSIDE REPORT
GT AllStar in TI Circuit                                    15 Nov. '98
Race Report                       決勝レポート               FMOTOR4版
 -------------------------------------------------------------------------
NICOS CUP GTオールスター戦'98 in TI Cirucit AIDA(11/15)
早めのピットインが勝負を決める
Mobil 1 NSXが1998オールスター戦を制する!
GT300はつちやMR2が有終の美を飾る
 早朝の霧やサポートレースでのクラッシュなど、競技の進行の遅れが心配された
が、GT決勝の前にはスケジュールも予定通りに戻った。そして、午前中に行われた
予選に続き好天に恵まれた中で決勝レースが始められることになった。
 また、午前中の練習走行でクラッシュしたNo.12 カルソニックスカイラインもNo.
30 NICOS PORSCHE、そしてマシントラブルを起こしたNo.15 ザナヴィシルビアもメ
カニックの奮闘でマシンを修復。3台共に最後尾ながら決勝のグリッドにクルマを
並べることが出来た。
 14時5分の定刻にフォーメーションラップがスタート。その中で、No.55 STPタイ
サンバイパーがシートにトラブルが出て、急遽ピットに戻って修復作業を行ったた
め、ピットスタートとなった。3周のフォーメーションの後、ポールポジションの
No.64 Mobil 1 NSXを先頭にしてNICOS CUP GTオールスター戦'98のスタートがロー
リングで切られた。
 その直後の1コーナーで早くも波乱が起こる。ダッシュ良く6番グリッドから飛
び出したNo.36 カストロール・トムス・スープラ(フォンタナ)だったが、集団の
中でNo.18 TAKATA童夢無限NSX(脇阪寿一)と接触。これにNo.50 ARTAスカイライン
(本山哲)も巻き込まれて、この3台はマシンを壊して早くもリタイアとなった。
 一方、ポールスタートのNo.64 Mobil1 NSX(山西康司)はトップをキープしたま
ま、1周目を終えるが、2番手のNo.16 Castrol無限NSX(道上龍)は他車との接触
で一気に6番手まで順位を落としてしまう。これでNo.64をプッシュするのはNo.100
RAYBRIG NSX(飯田章)となる。No.64とNo.100はテール・トゥ・ノーズでバトルを
展開。これに1周目の混乱を付いて順位を挙げたNo.23ペンズオイル・ニスモGT-R
(影山正美)とNo.37(バート)も追いついて、4台が1列になって争う。この後方
は5秒弱開いて、No.16を先頭にNo.39デンソーサードスープラGT(土屋圭市)、No.2
ZEXELスカイライン(鈴木亜久里)、No.3ユニシアジェックススカイライン(長谷
見昌弘)が一団となる。そして4周目には、最後尾から追い上げてきたNo.12カルソ
ニックスカイライン(星野一義)が、早くもここに追いついた。その直後の5周目。
No.2にマシントラブルが生じて、3コーナー出口で突然のスピン。これを避けよう
としたNo.3は大きくコースアウト。また、目の前でこの混乱を見たNo.12は間一髪で
かわして、順位を挙げた。この際にNo.2がコース上でマシンを止めてしまい、この
撤去作業でセーフティカーがコースに入った。これで、各車の間隔が一気に詰まる。
7周のパレードラップの後に、再スタートとなる。
 この再スタートを上手く使ったのがNo.23だった。コース上に残るオイルに足を取
られて失速したNo.64とそれに引っかかったNo.100をNo.23が一気に抜き、トップに
立つ。特にNo.64はNo.23とのバトルで大きくラインを乱して7番手まで落ち、No.37
、No.39の2台のスープラも相次いでNSX2台をかわして、久々にNSX不在のトップ集
団を形成した。
 これでNo.23が逃げ切り体制かと思われたが、やはりGT選手権はそう甘くはない。
No.23は周回遅れをかわす時に接触をしてしまい、それが原因かマシンが思うように
コントロールできなくなり、ピットインをせざるおえなくなった。一方、No.37もGT
300をかわしそこねて接触、スピンを喫して順位を下げる。これで、再度No.100がト
ップを奪い返す。
 順位を下げてしまったNo.64は24周目、早めに所定のピットインを敢行。ドライバ
ーはポールタイムを出したコロネルとなり、後半戦での巻き返しを狙う。そして、30
周を過ぎると他のチームもルーティンのピットインを始まる。まず2番手を争うNo
.39が30周目にピットインし、谷川達也に交代。33周目にはこのNo.39を追うNo.12が
ピットインして黒澤琢弥へとバトンを渡す。一方、トップに立ったNo.100はギリギ
リまでピットインを延ばして、43周目に高橋国光に交代。ピットアウト直後はわず
かにNo.64の前に飛び込むが、交換したばかりのタイヤのため、タイムがのらずに
No.64にトップを譲ってしまう。この後、No.64はいったんNo.100を引き離すが、50
周くらいからはNo.100が巻き返してテール・トゥ・ノーズ状態にし、57歳で今季最
年長全日本優勝の記録を作った高橋国光と若干25歳のコロネルがバトルを繰り広げ
た。だが56周目にNo.100にトラブルが発生し、一瞬失速し4秒ほどの差が開いてし
まい、これで勝負が付いてしまった。No.64 Mobil 1 NSXはこのまま逃げ切って、第
4戦の富士以来の勝利を得ることになった。2番手はNo.100 RAYBRIG NSX。3番手
にはNo.12カルソニック、No.3 ユニシアジェックス(田中哲也)とのバトルをしの
いで逃げ切ったNo.39デンソーサードスープラGTが入った。
 GT300クラスでは、オープニングラップにNo.61テイボン・トランピオ・FTOの原貴
彦がトップに立った。序盤、2番手を走行のNo.25つちやMR2の舘信吾はオイルに乗
ってしまいスピン。再スタートを切るが大きく順位を落とす。だが、ペースカーラ
ンによって助けられこの時点で5番手まで挽回していた。No.61、No.15ザナヴィシ
ルビアの青木孝行、No.7 RE雨宮マツモトキヨシRX7の松本晴彦がトップ4。20周時
点ではすでにNo.25はNo.61をとらえてトップに。GT300で真っ先に動いたのはNo.7だ
った。No.77クスコスバルインプレッサはスローダウンしピットイン。左フロントと
右リアサスペンションを他車との接触でいためており玉本に交替することなくリタ
イヤ。ピットストップを遅らせたNo.25がトップ。No.61をNo.7が追う展開となった。
だがこの2台は接触し、このためサスペンションを傷めたNo.61はリタイヤとなっ
てしまう。No.25つちやMR2は鈴木恵一に交替した後もマージンをキープしてまたし
ても優勝。2位にはNo.7 RE雨宮マツモトキヨシRX7が入り、3位にはNo.15 ザナヴィ
シルビアが表彰台に挙がった。
総合優勝
No.64 Mobil 1 NSX
山西康司「序盤はいいペースだったんですが、SCが解除になった後、まだコース上
にオイルが残っていたんです。それで3コーナーでスピードが乗らなくて、抜かれ
てしまいました。それからパッシングするのに時間がかかっちゃいました。シーズ
ン最後になって、クルマにもノレてきた感じです」
トム・コロネル「交代してすぐはプッシュできたけど、途中からなぜか左コーナーで
クルマが曲がりにくくなってきてしまった。後ろの100号車も左コーナーでねらって
いたみたいだけど、ブレーキングで抜かせなかった。勝利はシリーズでなくてもね
らっている。だから今日はとてもハッピーだよ」
GT300クラス優勝
No.25 つちやMR2
舘 信吾「序盤はすごくオイルが出ていて、しまったと思ったらスピンしていまし
た。SCカーをうまく使えて、挽回できて良かったです。ペースを上げてカバーでき
ると思っていましたから。シリーズ戦ではないですが、もちろん勝てたのはうれし
いです。これを入れて7戦中6勝という結果には自分でも驚いています。初めての
GTCでしたから。もてぎは悔やまれますが、それが自分たちの実力だと思います。
でも、チャンピオンを獲れたことは大きな自信になりました」
鈴木恵一「自分のペースを守って、信吾が稼いでくれたプラスを維持しようとした
ら、予想以上に後ろが離れてくれた。スピンしたぶん、信吾ががんばったね」
以上
                       GTアソシエイション事務局
                       GTインサイドレポート班
                       古屋 知幸 = QYB04322 =

全日本GT選手権

GTインサイドレポートAllStar/2

NICOS CUP GT ALL STAR RACE 1998
1998  GT INSIDE REPORT
GT AllStar in TI Circuit                                    15 Nov. '98
Qualify Report                 予選レポート                 FMOTOR4版
 -------------------------------------------------------------------------
NICOS CUP GTオールスター戦'98 in TI Cirucit AIDA(11/15)
コロネルvs道上のポール争奪戦はラストラップで決着!
GT300は舘が最終戦に続いてクラスポールを獲得
 早朝は霧によりスケジュールが乱れるという状況もあった今年のGTオールスター
戦だったが、GT予選の開始時には天候も十分回復し、好コンディションとなった。
 まずは12分のセッションでGT300クラスの予選が行われる。今季のシリーズ戦で6
戦5勝のクラス優勝と圧倒的な強さを見せるNo.25 つちやMR2が、ここでも速さを発
揮。舘信吾がわずか4周のアタックで1分33秒947を記録してトップに。そして4分
近い時間を残して早くもピットに戻るが、この後このタイムを上回るものは現れず
にクラスポールを確定した。2番手はNo.61 テイボン・トランピオ・FTOの原貴彦。
3番手にはラストラップにコースアウト寸前のアタックを見せたが、惜しくも届か
なかったNo.7 RE雨宮マツモトキヨシRX7の山路慎一だった。また、No.15 ザナヴィ
シルビアは、モーニングプラクティスでサスペンションにトラブルを起こしてしま
い、この予選に出走できなかった。
 引き続き、ステージ1、2と2回のセッションに分けたGT500の予選が始まった。
 まずは予想通りに、速さが際立つNSX勢が上位に飛び出してくる。開始5分ほどで
早くも昨日の練習走行時のタイムを上回る1分28秒021でNo.16 Castrol無限NSXの道
上龍がトップに立つ。これにNo.64 Mobil 1 NSXのトム・コロネル、No.100 RAYBRIG
NSXの飯田章、No.18 TATAKA童夢無限NSXの脇阪寿一と続く。5番手にはこのTIサー
キットで好調なNo.36 カストロール・トムス・スープラのノルベルト・フォンタナ、
そして同じくトムスのNo.37(ケルヴィン・バート)。そして予選ステージ2に進め
るボーダーラインに居るのはNo.38 FK/マッシモセルモスープラ(野田英樹)とNo.39
デンソーサードスープラGT(土屋圭市)が僅差で競る。
 そして、ステージ1終了2分前にNo.64 Mobilがついに28秒を切る1分27秒995を
叩き出して、トップに立った。そして、1分前。一気にタイムを上げたのは98チャ
ンピオンのNo.23ペンズオイル・ニスモGT-Rの影山正美だった。29秒020でこのステ
ージの7番手に。このまま、ステージはタイムアップとなり、No.23ペンズオイル
が、スカイラインとして唯一ステージ2に進出し、面目を保った。
 5分のインターバルののちにステージ2が開始となる。参加はNo.64、No.16、No.
100、No.18、No.36、No.39、No.23の以上7台。時間はわずか10分。フルに走っても
周回は7周程度だ。それだけに7台全車が開始と共に飛び出していった。2周目に
No.64 Mobil 1 NSXのコロネルが早くも1分39台に入れてまずトップに立つ。3周目
にはNo.36カストロール・トムス・スープラ(フォンタナ)が28秒846でトップに。
だが、すぐにNo.64も28秒032でトップの座を奪い返す。だが、今季3回のポールを
獲得しているNo.16 Castrol無限の道上龍が1分27秒748とステージ1のNo.64を上回
る1分27秒748でトップと目まぐるしい争いとなる。しかし、No.64Mobilが4周目に
27秒534、5周目に27秒439とタイムを上げて、トップを確実なものにしていった。
No.16もタイムアップを果たすがNo.64には届かず、No.64 Mobil 1 NSXのコロネルが
ポールポジションを決めた。
 決勝レースは引き続き、同日の午後に行われた。
ポールポジション
No.64 Mobil 1 NSX
トム・コロネル「チャンピオンを争ったチームとしていいショーを見せたかっ
た。ボクらはいい仕事をしたと思う。まだレースはスタートしてないから勝った
わけではないけれど、ヤマニシもボク自身もすごくコンスタントに走っているし、
かなりいいところにいると思う。今回はいつもとは少し違うやりかたをする。ヤ
マニシがスタートを担当するようにね。ドライバーはひとたびステアリングを握
ればドライビングを楽しんでいる。ベストをつくすよ、いつものように」
GT300ポールポジション
No.25 つちやMR2
舘 信吾「とくにターゲットタイムはなく、出せるだけ出そうと思っていきまし
た。いつもどおり走れてポールが獲れました。すべて問題なく、調子はいいです
よ。決勝もそのまま走るだけ。スタートはボクの予定なので、ギリギリまでひっ
ぱって恵一さんに渡します。来年は、まだ正式には決まってないんですが、また
GTCで走る予定なので、応援をお願いします」
以上
                       GTアソシエイション事務局
                       GTインサイドレポート班
                       古屋 知幸 = QYB04322 =

全日本GT選手権

GT_All Star:TI英田 無限+童夢Pリリース

1998年11月16日
無限+童夢プロジェクト
NICOS CUP GT オールスター '98
     ホンダ NSX 1-2フィニッシュでオールスター戦を飾る!
公式予選も1-4位を独占!
○開催日 :1998年11月15(日)
○開催地 :岡山県 TIサーキット英田(コース全長:3.702km)
○決勝レース:67周(約248.034km)
○天 候 :晴れ○コースコンディション:ドライ
○観客数:47,897人(主催者発表)
 1998年GTレースの最後を締めくくる、GTレースの祭典「NICOS CUP GTオー
ルスター '98」が、11月15日、岡山県のTIサーキット英田において開催された。
 本年の全日本GT選手権に出場した4台のNSX勢は、「チーム国光 with 
MOONCRAFT」がファン投票のトップで、他のNSX勢も優勝による出場権はもちろ
ん、4チームともがファン投票のトップ10内で選出され、全車が揃って出場す
る事となった。
 レースは、Mobil 1 NSXがポール・トゥ・フィニッシュで優勝、RAYBRIG NSXが
2位に入賞するという1-2フィニッシュで、本年最後のレースを飾った。
●NICOS CUP GT オールスター 出場チームと戦績
No. マシン名            エントラント名         ドライバー   予 決
     選 勝
16 Castrol 無限 NSX     Castrol 無限           中子 修      2  7
 道上 龍     位 位
18  TAKATA 童夢無限 NSX 童夢レーシングチーム   金石勝智     4  R
 脇阪寿一    位
64  Mobil 1 NSX        Mobil1 Nakajima Racing  トム・コロネル P 優
山西康司       P  勝
100 RAYBRIG NSX          チーム国光              高橋国光       3 2
with MOONCRAFT       飯田 章       位 位
 本年のGTオールスター戦は、14日(土)が公開練習日とされ、予選・決勝と
も15日(日)のワンディ・レースとして開催された。14日の公開練習では午前
の1回目がTAKATA 童夢無限 NSX、午後の2回目がCastrol 無限 NSXと、それぞれ
トップタイムを記録し、変わらぬ韋駄天ぶりを初見参のTIサーキットの観客に
見せつけていた。
○公式予選[10:50~11:35]
 今回の予選は、シリーズ戦とは違い予選時間は12分間で最初にGT300ク
ラスがスタート、12分で終了した後GT500クラスが12分の予選を行い、
この上位7台がさらに10分間ポールポジションを争うという方式で行われた。
 早朝からの霧のためサポートレースやGTモーニング・プラクティスのタイム
スケジュールが変更され、GTレースの予選は予定より1時間10分遅れで開始
された。
 予選開始とともに各チームともコースイン、一斉にタイムアタックが開始され
た。NSX勢ではシリーズ戦でのウェイトハンディを降ろし身軽となったMobil 
1 NSXのトム・コロネル選手が果敢にタイムアタック、1分27秒995で暫定
のトップをキープし、他の3台がそれに続きトップ4を独占していた。
 続いて行われた上位7台による最終予選でもコロネル選手は猛チャージを見
せ、1分28秒台を切る1分27秒439をマーク、見事にポールポジションを
手中に納めた。予選第2位は1分27秒572を記録したCastrol 無限 NSXの道
上龍選手。第3位はRAYBRIG NSXの飯田章選手、第4位にTAKATA 童夢無限 NSXの
脇阪寿一選手と、NSX勢は上位を独占していた。
○決勝レース[14時11分スタート 67周 出走:20台]
 タイムスケジュールの遅れをサポートレースの削減などで取り戻し、決勝レー
スはほぼ予定通りにスタート進行が開始され、3周のフォーメーションラップが
スタート。GTオールスター'98の幕が切って落とされた。その1周目の第1コー
ナーでTAKATA 童夢無限 NSXが他車との接触からスピン、後続車に追突されそのま
まリタイヤとなってしまった。
 レースはそのまま続けられ、今シーズン初めてスターティング・ドライバーを
務めるMobil 1 NSXの山西康司選手は、トップをキープし逃げ切りにかかった。
しかし7周目、コース上のオイル処理のためセイフティカーが導入され、各車は
一列縦隊となる。12周目、グリーンフラッグが振られレースは再開されたが、
そのラップに山西選手は後続車にインに飛び込まれ、車体半分をグリーンにはみ
出させてしまう。7番手にまで順位を落とした山西選手は、猛然とペースアップ。
20周目に6番手、22周目に5番手まで取り戻したところでピットインしコロ
ネル選手と交代。コースに戻ったコロネル選手は、着実に追い上げを図り、他チ
ームのピットインの隙をつき次々とポジションアップ。35周目には2番手にま
で浮上していた。43周目、先行するRAYBRIG NSXのピットインでついにトップへ
浮上。終盤のRAYBRIG NSXのチャージを跳ね返し、トップをキープして67周目の
チェッカーフラッグを受けた。
 RAYBRIG NSXは飯田章選手のドライブでスタート。序盤2番手を走行していた
が、セイフティカー導入後の再スタートで4番手に後退、その後徐々に順位を取
り戻し、24周目、25周目と続いてポジションアップ、27周目にはトップに
躍り出た。飯田選手は42周目までトップをキープし、ルーチンのピットイン。
高橋監督兼選手に交代した。その高橋監督兼選手はトップのままコースに戻った
が、その第1コーナーでMobil 1 NSXのコロネル選手がパス、2番手となった。
高橋監督兼選手はコロネル選手にテール・トゥ・ノーズの猛チャージをかける
が、57周目、痛恨のシフトミスを犯し約7秒差となってしまった。その後、高
橋監督兼選手は必死の追い上げを見せるが、4秒560差まで追った時点でチェ
ッカーフラッグが振られ第2位となった。
 Castrol 無限 NSXは、中子選手のドライブでスタート。序盤5~6番手を走行
していたが、29周目にピットインする際にピットロード入り口付近で他車と接
触。そのままピットインしたが、ピット作業に手間取り1周半近く遅れてコース
に戻った。ハンドルを握る道上選手は、34周目にレースベストラップ1分29
秒772をマークしながら追い上げたが、結局トップからは1ラップ遅れの第7
位でチェッカーフラッグを受けた。
○中嶋悟(Mobil1 Nakajima Racing総監督)のコメント
「シーズン中は色々なことがあって苦労もしたし悩みもしましたが、オールスタ
ーも終わって全て忘れてしまいました。シーズン中に1勝し今日も勝てましたが、
レースは難しいと改めて感じています。1ラップの速さでは負けるとは思いませ
んが、シーズンを通しての戦い方をもっと勉強しなければいけませんね。来シー
ズンまでこれから半年近くありますから、色々なことを含めて精一杯頑張りたい
と思います。
1年間応援していただいた皆様に感謝します。来年もよろしくご声援下さい。」
 資料提供:無限+童夢プロジェクト
                *** FMOTOR4F SysOp 北島滋穂(SDI00685)***

全日本GT選手権

JGTC-ALL STAR:野田英樹関連ニュース

《全日本Gt選手権オールスター戦TIサーキット英田  野田英樹関連ニュース》
Non. 15th, 1998.
予選結果  9位
決勝結果  リタイア
【Project Royal Oak 談話】
予選:野田がアタックを担当しました。レースのことを考えハード・タイヤで
アタックしたので結果は今一つですが、車の状態はまずまずのようでし
た。
決勝:39番デンソーサードスープラをパスしようとしかけたところスピンし
てしまい順位を落としてしまいました。その後8番手まで追い上げたと
ころでブレーキ・トラブルが発生してしまい、その後ピット・インし戦
列に復帰しましたが、ブレーキの状態が悪く、スロー・ペースで走行し
ているとき後から追突されリタイアとなりました。
マシンの状態は良かったのですが、前々回におきたブレーキ・トラブルが起
きるなど残念な結果になってしまいました。前回の菅生で入賞できたので今回
も上位入賞を狙っていたのですが、期待に添えなく申し訳なく思います。
なお野田英樹に関してより詳しい情報を知りたい方は、彼のホーム・ページ、
http://home.att.ne.jp/red/noda
も併せてご覧ください。
 資料提供:Project Royal Oak

全日本GT選手権

RE:GT_AllStar:TI英田 予選結果

 予選タイムの訂正です。
P--No.Cls----Car-----------------------Drivers-----------Stage1---Stage2--
10   3 500 10 ユニシアJECSスカイライン  長谷見/田中       1'29.865
                              ↓
                           (正)1'29.866
17  77 300  4 クスコスバルインプレッサ  小林/玉本         1'35.876
                              ↓
                           (正)1'35.976
*** FMOTOR4F SysOp 北島滋穂(SDI00685) ***

全日本GT選手権

GT_AllStar:TI英田 決勝結果

NICOS CUP GT ALL STAR '98 -RIJ- (1998-11-15) Race Result
For 1998 GT-A Championship         TI Circuit AIDA(J):3.703km
Weather:Fine    Course:Dry
P--No.Cls----Car-----------------------Drivers-----------Lap-GoalTime--
1  64 500  1 Mobil1 NSX                山西/コロネル     67  1:50'17.903
2 100 500  2 RAYBRIG NSX               国光/飯田         67  1:50'22.563
3  39 500  3 デンソーサードスープラGT  土屋圭市/谷川     67  1:50'33.264
4   3 500  4 ユニシアJECSスカイライン  長谷見/田中       67  1:50'38.484
5  12 500  5 カルソニックスカイライン  星野一義/黒澤     67  1:50'38.892
6  37 500  6 カストロールTOM'Sスープラ 鈴木利男/バート   67  1:50'39.795
7  16 500  7 Castrol無限NSX            中子/道上         66   -  1 Lap
8  55 500  8 STPタイサンバイパー       松田/木下         66   -  1 Lap
9  25 300  1 つちやMR2                 鈴木恵一/舘       64   -  3 Laps
10  30 500  9 NICOS PORSCHE             山田/岡田         64   -  3 Laps
11   7 300  2 RE雨宮マツモトキヨシRX7   山路/松本         64   -  3 Laps
12  15 300  3 ザナヴィシルビア          近藤/青木         63   -  4 Laps
13  81 300  4 ダイシンDLシルビア        福山/大八木       58   -  9 Laps
14  23 500 10 ペンズオイル・ニスモGT-R  コマス/影山正美   48   - 19 Laps
--------------以上完走-------------------------------------------------
61 300  2 テイボン・トランピオ・FTO 中谷/原           38   - 29 Laps
77 300  4 クスコスバルインプレッサ  小林/玉本         25   - 42 Laps
38 500  9 FK/マッシモセルモスープラ 竹内/野田         23   - 44 Laps
2 500 12 ZEXELスカイライン         亜久里/影山正彦    6   - 61 Laps
36 500  6 カストロールTOM'Sスープラ 関谷/フォンタナ    0   - 67 Laps
18 500  4 TAKATA童夢無限NSX         金石/脇阪          0   - 67 Laps
50 500 11 ARTAスカイライン          本山/土屋武士      0   - 67 Laps
-----------------------------------------------------------------------
Best Lap Time #16 Castrol無限NSX(道上龍) 1'29.772   148.496km/h
*** FMOTOR4F SysOp 北島滋穂(SDI00685) ***

全日本GT選手権

GT_AllStar:TI英田 予選結果

NICOS CUP GT ALL STAR '98 -RIJ- (1998-11-15) Qualifying-Session
For 1998 GT-A Championship         TI Circuit AIDA(J):3.703km
Weather:Fine    Course:Dry
P--No.Cls----Car-----------------------Drivers-----------Stage1---Stage2--
1  64 500  1 Mobil1 NSX                山西/コロネル     1'27.995 1'27.439
2  16 500  2 Castrol無限NSX            中子/道上         1'28.021 1'27.572
3 100 500  3 RAYBRIG NSX               国光/飯田         1'28.333 1'28.010
4  18 500  4 TAKATA童夢無限NSX         金石/脇阪         1'28.681 1'28.094
5  39 500  5 デンソーサードスープラGT  土屋圭市/谷川     1'28.869 1'28.137
6  36 500  6 カストロールTOM'Sスープラ 関谷/フォンタナ   1'28.851 1'28.453
7  23 500  7 ペンズオイル・ニスモGT-R  コマス/影山正美   1'29.020 1'28.844
8  37 500  8 カストロールTOM'Sスープラ 鈴木利男/バート   1'29.111
9  38 500  9 FK/マッシモセルモスープラ 竹内/野田         1'29.425
10   3 500 10 ユニシアJECSスカイライン  長谷見/田中       1'29.865
11  50 500 11 ARTAスカイライン          本山/土屋武士     1'29.958
12   2 500 12 ZEXELスカイライン         亜久里/影山正彦   1'30.293
13  55 500 13 STPタイサンバイパー       松田/木下         1'30.598
14  25 300  1 つちやMR2                 鈴木恵一/舘       1'33.947
15  61 300  2 テイボン・トランピオ・FTO 中谷/原           1'35.512
16   7 300  3 RE雨宮マツモトキヨシRX7   山路/松本         1'35.778
17  77 300  4 クスコスバルインプレッサ  小林/玉本         1'35.876
18  81 300  5 ダイシンDLシルビア        福山/大八木       1'37.882
※12 500    カルソニックスカイライン  星野一義/黒澤             
※30 500    NICOS PORSCHE             山田/岡田                 
※15 300    ザナヴィシルビア          近藤/青木                 
-----------------------------------------------------------------------
※ #12,30,15は、全日本GT選手権統一規則第25条-11(出走嘆願の受理)により
 決勝レースへの出走を認める。
Faxがやや不鮮明なため、タイムに誤りがあるかもしれません。ご了承ください。
*** FMOTOR4F SysOp 北島滋穂(SDI00685) ***

全日本GT選手権

GT_AllStar:TI英田 フリー走行

NICOS CUP GT ALL STAR '98 -RIJ- (1998-11-15) Free Practice-Session
For 1998 GT-A Championship         TI Circuit AIDA(J):3.703km
Weather:Fine    Course:Dry
P--No.Cls----Car-----------------------Drivers----------Best-LapT-km/h
1  12 500  1 カルソニックスカイライン  星野一義/黒澤     1'30.849 146.736
2  50 500  2 ARTAスカイライン          本山/土屋武士     1'31.403
3   2 500  3 ZEXELスカイライン         亜久里/影山正彦   1'32.314
4  23 500  4 ペンズオイル・ニスモGT-R  コマス/影山正美   1'32.379
5 100 500  5 RAYBRIG NSX               国光/飯田         1'32.587
6   3 500  6 ユニシアJECSスカイライン  長谷見/田中       1'32.801
7  39 500  7 デンソーサードスープラGT  土屋圭市/谷川     1'32.810
8  64 500  8 Mobil1 NSX                山西/コロネル     1'34.998
9  18 500  9 TAKATA童夢無限NSX         金石/脇阪         1'34.024
10  16 500 10 Castrol無限NSX            中子/道上         1'34.058
11  36 500 11 カストロールTOM'Sスープラ 関谷/フォンタナ   1'34.267
12  55 500 12 STPタイサンバイパー       松田/木下         1'34.706
13  38 500 13 FK/マッシモセルモスープラ 竹内/野田         1'34.845
14  25 300  1 つちやMR2                 鈴木恵一/舘       1'36.973
15   7 300  2 RE雨宮マツモトキヨシRX7   山路/松本         1'39.926
16  15 300  3 ザナヴィシルビア          近藤/青木         1'40.882
17  30 500 14 NICOS PORSCHE             山田/岡田         1'41.176
18  37 500 15 カストロールTOM'Sスープラ 鈴木利男/バート   1'46.016
19  81 300  4 ダイシンDLシルビア        福山/大八木       1'51.272
20  61 300  5 テイボン・トランピオ・FTO 中谷/原           1'52.186
21  77 300  6 クスコスバルインプレッサ  小林/玉本         1'59.100
-----------------------------------------------------------------------
*** FMOTOR4F SysOp 北島滋穂(SDI00685) ***

全日本GT選手権

GT_AllStar:TI英田 公開練習(2)

NICOS CUP GT ALL STAR '98 -RIJ- (1998-11-14) 2nd Practice-Session
For 1998 GT-A Championship         TI Circuit AIDA(J):3.703km
Weather:Fine    Course:Dry
P--No.Cls----Car-----------------------Drivers----------Best-LapT-km/h
1  16 500  1 Castrol無限NSX            中子/道上         1'28.587 150.483
2  64 500  2 Mobil1 NSX                山西/コロネル     1'28.780
3 100 500  3 RAYBRIG NSX               国光/飯田         1'29.254
4  36 500  4 カストロールTOM'Sスープラ 関谷/フォンタナ   1'29.323
5  37 500  5 カストロールTOM'Sスープラ 鈴木利男/バート   1'29.455
6  38 500  6 FK/マッシモセルモスープラ 竹内/野田         1'29.719
7  12 500  7 カルソニックスカイライン  星野一義/黒澤     1'29.728
8  23 500  8 ペンズオイル・ニスモGT-R  コマス/影山正美   1'29.741
9  18 500  9 TAKATA童夢無限NSX         金石/脇阪         1'29.838
10   3 500 10 ユニシアJECSスカイライン  長谷見/田中       1'30.139
11  39 500 11 デンソーサードスープラGT  土屋圭市/谷川     1'30.207
12  50 500 12 ARTAスカイライン          本山/土屋武士     1'30.212
13   2 500 13 ZEXELスカイライン         亜久里/影山正彦   1'31.932
14  55 500 14 STPタイサンバイパー       松田/木下         1'32.052
15  30 500 15 NICOS PORSCHE             山田/岡田         1'33.457
16  25 300  1 つちやMR2                 鈴木恵一/舘       1'34.515
17  81 300  2 ダイシンDLシルビア        福山/大八木       1'36.323
18  77 300  3 クスコスバルインプレッサ  小林/玉本         1'36.470
19  61 300  4 テイボン・トランピオ・FTO 中谷/原           1'36.775
20  15 300  5 ザナヴィシルビア          近藤/青木         1'37.154
21   7 300  6 RE雨宮マツモトキヨシRX7   山路/松本         1'37.756
-----------------------------------------------------------------------
*** FMOTOR4F SysOp 北島滋穂(SDI00685) ***

全日本GT選手権

GT_AllStar:TI英田 公開練習(1)

NICOS CUP GT ALL STAR '98 -RIJ- (1998-11-14) 1st Practice-Session
For 1998 GT-A Championship         TI Circuit AIDA(J):3.703km
Weather:Fine    Course:Dry
P--No.Cls----Car-----------------------Drivers----------Best-LapT-km/h
1  18 500  1 TAKATA童夢無限NSX         金石/脇阪         1'29.368 149.167
2  16 500  2 Castrol無限NSX            中子/道上         1'29.379
3  23 500  3 ペンズオイル・ニスモGT-R  コマス/影山正美   1'29.568
4 100 500  4 RAYBRIG NSX               国光/飯田         1'29.650
5  39 500  5 デンソーサードスープラGT  土屋圭市/谷川     1'29.701
6  64 500  6 Mobil1 NSX                山西/コロネル     1'29.777
7  38 500  7 FK/マッシモセルモスープラ 竹内/野田         1'29.780
8  37 500  8 カストロールTOM'Sスープラ 鈴木利男/バート   1'30.069
9  36 500  9 カストロールTOM'Sスープラ 関谷/フォンタナ   1'30.072
10  12 500 10 カルソニックスカイライン  星野一義/黒澤     1'30.088
11   3 500 11 ユニシアJECSスカイライン  長谷見/田中       1'30.375
12  50 500 12 ARTAスカイライン          本山/土屋武士     1'30.621
13   2 500 13 ZEXELスカイライン         亜久里/影山正彦   1'30.691
14  30 500 14 NICOS PORSCHE             山田/岡田         1'32.487
15  55 500 15 STPタイサンバイパー       松田/木下         1'32.827
16  25 300  1 つちやMR2                 鈴木恵一/舘       1'34.644
17   7 300  2 RE雨宮マツモトキヨシRX7   山路/松本         1'35.406
18  81 300  3 ダイシンDLシルビア        福山/大八木       1'35.585
19  77 300  4 クスコスバルインプレッサ  小林/玉本         1'36.637
20  61 300  5 テイボン・トランピオ・FTO 中谷/原           1'36.749
21  15 300  6 ザナヴィシルビア          近藤/青木         1'37.073
-----------------------------------------------------------------------
*** FMOTOR4F SysOp 北島滋穂(SDI00685) ***

Japan Touring Car Championship

'98JTCCドライバーズポイント表(訂正)

(全戦終了)
4/05  5/10     5/24     6/21     7/26  8/16    11/08
第1  第2     第3     第4     第5  第6   第9 大会
富 富 富 茂 茂 菅 菅 菅 鈴 鈴 鈴 美 美 美 T T 富  富   総  有
合  効
士 士 士 木 木 生 生 生 鹿 鹿 鹿 祢 祢 祢 I I 士  士   P  P
Po-No-Driver--- Q- 1- 2- Q- 3- Q- 4- 5- Q- 6- 7- Q- 8- 9- Q-10- Q--11---------
1 37 関谷 正徳 9  3  9  9 18 10  9  7 (4)(6)(9) 9  9  9  9 18 (7) (6) 160 128
2 19 金石 勝智10  R 10  8  8 (6)(7) R  6  9  8  7  7  8 (8) R  9  18  129 108
3 38 立川 祐路 8  4  8  6 16  7  4  6 (8)(8)DNF 8  5  7  7 14 (5)(12) 133 100
4 39 竹内 浩典 7 10  5  4 12  9  8  8  9  7  7  6  8  R (6)(6)(4)(10) 126 100
5 36 K.バート   5  5  7  7 10  8  6  9 (7) R  R  1  1  6  5 16 (8) DNF 101  86
6 24 土屋 武士 6  9  6  5 14 (4) R (3) 5  5  5  5  6  R  4  8 (6) DNF  91  78
7 25 土屋 圭市 3  8  3 (2)(6) 2  5  4 (1) R (6) 2  2  5  2 12  1  14   78  63
8 68 R.デルフラー 2  7  R (3)(4) 5  R  5 (2)(4) R  3  4  4  3 10  3  16   75  62
9 11 中谷 明彦 -  -  -  -  -  3  R  R  3  R  4  4  3  R  1  4  2   8   32  22
10 11 谷川 達也 4  6  4  -  -  -  -  -  -  -  -  -  -  -  -  -  -   -   14  14
11 66 松田 秀士 1  2  2  -  -  -  -  -  -  -  -  -  -  -  -  -  -   -    5   5
12 66 S.マルティノ  -  -  -  1  2  1 DNSDNS -  -  -  -  -  -  -  -  -   -    4   4
******************************************************************************
* Q=予選  R=リタイア  DNF=完走せず  DNS=出走せず  DNQ=予選不通過  DQ=失格
* 各レース、各予選で、出走台数と同数のポイントを上位から配点(DNF,DQ,DNS,リタ
イアは無得点)
* 1レースの大会は、レースポイントが通常の2倍
* 全7大会のうちベスト5大会まで(全大会の70%,小数点以下四捨五入)の有
効ポイント制
* ( )内は有効ポイト外
* 第7大会 仙台  第8大会 十勝は、開催中止
●有効ポイントの計算が間違っておりましたので訂正しました。
///// PDD01523 伊東  昭雄 /////

全日本GT選手権

GTインサイドレポートAllStar/1

AUTOBACS CUP ALL JAPAN GT CAR CHAMPIONSHIP
1998  GT INSIDE REPORT
GT AllStar RACE                                              10 Nov. '98
Preview Report                 プレビューレポート            FMOTOR4版
 -------------------------------------------------------------------------
NICOS CUP GTオールスター戦'98 in TI Cirucit AIDA(11/15)
GTシリーズの総決算!
TIサーキット英田にGTCの精鋭21台が大集結
スペシャル予選やイベントなど盛りだくさんの日曜日
 激戦の続いた1998全日本GT選手権シリーズ戦も、GT500はNo.23ペンズオイル・ニ
スモGT-Rのエリック・コマス/影山正美組、GT300はNo.25つちやMR2の鈴木恵一/舘
信吾組のチャンピオンを決定して終幕した。
 しかし、GTCシリーズにはもうひとつ見逃せないレースが控えている。それが11月
15日に開催されるNICOS CUP GTオールスター戦'98 in TI Circuit AIDAだ。
 GTオールスター戦は、GTCシリーズ戦終了後に開催されるスペシャル・レースだ。
その参加チーム、ドライバーはシリーズ戦開催のサーキットなどファンから直接に
投票されたポイントとシリーズ戦の戦績によって選抜された約20チームだけ。文字
通り、人気と実力を兼ね備えた選び抜かれたトップGTカーと、トップ・ドライバー、
トップ・チームだけが参加できる年1回のオールスター・レースなのだ。しかも毎
年開催されるサーキットを替えており、GTCシリーズ戦を見られなかったファンに
とってはチャンスであり、レースとしては各チーム、ドライバーがまったく未知の
チャレンジをすることになり、新鮮で激しいレース展開と実力あるものが勝ち抜け
る勝負が期待できる。
 今年は、人気投票1位でシリーズ1勝を挙げたNo.100 RAYBRIG NSX(高橋国光/
飯田章組)やシリーズ・チャンピオンのNo.23ペンズオイル・ニスモGT-R(エリッ
ク・コマス/影山正美組)、No.12 カルソニックスカイライン(星野一義/黒澤琢
弥組)、No.39 デンソーサードスープラGT(土屋圭市/谷川達也組)など、GT300は
No.25つちやMR2(鈴木恵一/舘信吾組)、No.15 ザナヴィシルビア(近藤真彦/青
木孝行組)、No.7 RE雨宮マツモトキヨシRX7(山路慎一/松本晴彦組)など総勢21
チーム、42人のドライバーが参加する予定だ。
 GTオールスター戦は岡山県のTIサーキット英田で行われる。ご存じの通りTIサー
キットはF1グランプリも開催されたことのある国際級のコース、設備を持つ西日
本圏を代表するサーキット。過去に公式のGTレースは開催されたことはなく、今回
が初めてのビッグGTレースとなる。もちろん、GTシリーズ戦を闘ったドライバーた
ちにとってもレースとして、ここでレーシングGTカーを操るのは初めてのこと。
 2本の直線を挟み込むようにテクニカルなコーナーがレイアウトされる全長3.703
kmのコースは、ストップ&ゴーが繰り返され、加速とブレーキングのテクニックが
問われる。また、クルマのセッティング難しくF1ドライバーですら手を焼いたと
いう名うてのテクニカルコースなのだ。今回もGTオールスター戦に先立ち10月に、
TIサーキットでテスト走行が行われたのだが、当日はあいにくの雨でほとんど満足
のゆくテストは出来ず、これに参加したチームも出来なかったチームも、11月14日
土曜に行われる練習走行でのセッティングが大事になるといえるだろう。
 GTオールスター戦は、今年も恒例の1ディレースとなっている。15日の日曜1日
で予選と決勝を行うので、この1日だけで丸々レースの醍醐味が味わえる。前日の
14日(土)には練習走行日として午前と午後に各1回ずつの走行が行われる。
 本番の15日だが、午前に行われる予選は、ショットガン・アタックと名付けられ、
チームを代表するドライバー1人がステアリングを握りタイムトライアルを行う。
GT300は予選わずか12分間の一発勝負。GT500は1回目が12分間、そして2回目の10
分間と2回のステージが用意されているが、2回目へ進めるのは1回目の上位7台
のみというサバイバル方式になる。したがってポールポジションや上位グリッドに
付くためには、最初から全力アタックで挑まなくてはならないのだ。
 決勝レースはGTCシリーズ戦さながらの67周約250kmという長丁場。もちろん、レー
ス中に必ずドライバー交代と燃料補給を行わなくてはならない。シリーズ戦で適用
されていたウエイトハンディだが、このGTオールスター戦ではノーハンディ制とな
り、各車存分のパワーで走行することになっている。まさにシリーズ戦の総仕上げ
とも言える決勝レースになるだろう。
 これらのメイン・レース以外にもGTオールスター戦では、シリーズ戦以上に楽し
いイベントも各種用意されている。シリーズ戦でもお馴染みのピットウォーク、そ
の時のポラロイド撮影会、チューニングカー・デモランなどはもちろん行われる。
さらには、ル・マン3位入賞のニッサンR390GT1のデモランや、トライアルバイク
や、ジムカーナマシンのデモランなどモータースポーツ・フリークにはたまらない
イベントが。また、キャンギャル40人以上が勢揃いするステージやドライバーのトー
クショー、ファン公開の場での公式記者会見などなど。レース中も実況アナウンサー
が華やかに盛り上げるというシリーズ戦とはひと味違った演出が用意されている。
 また、今回はGTオールスター戦初めての試みであるサポートレースが行われ、最
近人気上昇中のAE86によるワンメイクレースが行われる。なんと、この参加車は総
勢約100台となる予定で、これまた見どころの多いレースとなりそうだ。
☆NICOS CUP GTオールスター戦'98 in TI Cirucit AIDA
 エントリーリスト
[GT500] 15台
No. マシン              ドライバー                      エントラント     タイヤ
----------------------------------------------------------------------------
2  ZEXELスカイライン          鈴木亜久里   影山正彦          NISMO             BS
3  ユニシアジェックススカイライン     長谷見昌弘   田中哲也          ハセミ・モータースポーツ     BS
12  カルソニックスカイライン         星野一義     黒澤琢弥          TEAM IMPUL        BS
16  Castrol無限NSX       中子 修     道上 龍          Castrol無限       BS
18  TAKATA童夢無限NSX    金石勝智     脇阪寿一          童夢レーシングチーム     BS
23  ペンズオイル・ニスモGT-R     エリック・コマス(F)  影山正美          NISMO             BS
30  綜警 PORSCHE         山田洋二     岡田秀樹          TEAM TAKE ONE     BS
36  カストロール・トムス・スープラ   関谷正徳 ノルベルト・フォンタナ(RA) TOYOTA Castrol TEAM TOM'S DL
37  カストロール・トムス・スープラ   鈴木利男   ケルビン・バート(GB) TOYOTA Castrol TEAM TOM'S DL
38  FK/マッシモセルモスープラ      竹内浩典   野田英樹          TOYOTA TEAM CERUMO  BS
39  デンソーサードスープラGT     土屋圭市   谷川達也            TOYOTA TEAM SARD  YH
50  ARTAスカイライン           本山 哲   土屋武士   AUTOBACS RACING TEAM AGURI BS
55  STPタイサンバイパー        松田秀士   木下ひろゆき  TEAM TAISAN with ADVAN  YH
64  Mobil1 NSX           山西康司   トム・コロネル(NL)   Mobil1 NAKAJIMA RACING  BS
100 RAYBRIG NSX          高橋国光   飯田 章      チーム国光 with MOONCRAFT  BS
[GT300] 6台
No. マシン              ドライバー                      エントラント     タイヤ
----------------------------------------------------------------------------
7  RE雨宮マツモトキヨシRX7     山路慎一   松本晴彦            RE雨宮レーシング      DL
15  ザナヴィシルビア          近藤真彦   青木孝行            NISMO             YH
25  つちやMR2            鈴木恵一   舘 信吾   TEAM TAISAN Jr. withつちや YH
61  ライボン・トランピオ・FTO     中谷明彦   原 貴彦             チーム・ライボン・ラリーアート  TY
77  クスコスバルインプレッサ       小林且雄   玉井秀幸            クスコレーシング         YH
81  ダイシンダンロップシルビア    福山英朗   大八木信行          TEAM DAISHIN      DL
●エントリーは変更される可能性があります。
☆NICOS CUP GTオールスター戦'98チケットのご案内
 前売り券、好評発売中!!
 下記のプレイガイドまたは販売店でお求めください
【入場料金】
前売り入場券(15日のみ)●大人:5,500円●中学生以下:無料
15日決勝・予選当日券 ●大人:6,500円●中学生以下は無料
           ●駐車券:1,000円
           ●パドックパス(ピットウォーク入場可):5,000円
   (大人・子供共通。日曜のみ有効。1,000枚限定当日売。観戦券別途必要)
           ●ピットウォーク:2,000円
   (大人・子供共通。日曜のみ有効。1,000枚限定当日売。観戦券別途必要)
14日公式練習日当日券 ●大人:2,000円●中学生以下は無料
            *14日券はパドック入場可/駐車場無料
【チケット発売所】
 チケットぴあ (03-5237-9999)/チケットセゾン/ポプラ/モンテカルロ/
 ローソンチケット/オートバックス (中国地区)/サークルK (関西・中国地区)、
 イエローハット (岡山・姫路地区)他
 ◎チケット・コレクトサービス:電話又はFAXでお申し込み頂くと
  観戦チケットを宅急便で配送します(送料、手数料必要)
 TEL:08687-4-3434(受付時間:10:00~16:00)/FAX:08687-4-2600(24時間受付)
【お問い合わせ】
 GTオールスター実行委員会 TEL.03-3461-9893/FAX.03-3461-9882
 TIサーキット英田チケットセンター TEL.08687-4-3434/FAX.08687-4-2600
☆タイムスケジュール
 11月14日 練習走行
   AE86フリー走行     8:00~ 9:45
   GTフリー走行1回目  10:25~11:55
   AE86フリー走行    12:10~13:50
   GTフリー走行2回目  14:45~16:15
 11月15日 予選・決勝
   ゲートオープン     6:00
   AE86公式予選1組    7:00~ 7:15
   AE86公式予選2組    7:20~ 7:35
   AE86公式予選3組    7:45~ 8:00
   AE86公式予選4組    8:05~ 8:20
   GTフリー走行      8:35~ 8:55
   GTドライバーズグリーティング  9:00~ 9:35(ステージでのドライバー紹介)
   GT予選 Shot Gun Attck 9:40~10:30
   AE86決勝Bレース   10:50~11:05(10周)
   AE86決勝Aレース   11:40~12:00(10周)
   ピットウォーク    12:20~13:20
    トライアル・パフォーマンス(12:30~)
    ジムカーナ・パフォーマンス(12:30~)
    チューニングカー・デモラン(12:35~)
    ニッサンR390GT1デモラン(12:35~)
    レースクィーン・ラストパラダイス(12:40~)
   GTフォーメーション  14:05~14:15(3周)
   GT決勝スタート    14:15~16:00(67周)
   公開記者会見     16:30~16:20(予定/決勝進行により変更あり)
☆テレビ放送
 11月23日(月・祝)11:00~12:15
 テレビ東京系全国6局ネット
 テレビ東京/テレビ大阪/テレビ愛知/テレビ北海道/テレビせとうち/
 ティー・エックス・エヌ九州
以上
                       GTアソシエイション事務局
                        GTインサイドレポート班
                        古屋 知幸 = QYB04322 =

Japan Touring Car Championship

'98JTCCドライバーズポイント表(11/11戦)

(全戦終了)
4/05  5/10     5/24     6/21     7/26  8/16    11/08
第1  第2     第3     第4     第5  第6   第9 大会
富 富 富 茂 茂 菅 菅 菅 鈴 鈴 鈴 美 美 美 T T 富  富   総  有
合  効
士 士 士 木 木 生 生 生 鹿 鹿 鹿 祢 祢 祢 I I 士  士   P  P
Po-No-Driver--- Q- 1- 2- Q- 3- Q- 4- 5- Q- 6- 7- Q- 8- 9- Q-10- Q--11---------
1 37 関谷 正徳 9  3  9  9 18 10  9  7 (4)(6)(9) 9  9  9  9 18 (7) (6) 160 128
2 19 金石 勝智10  R 10  8  8 (6)(7) R  6  9  8  7  7  8 (8) R  9  18  129 116
3 38 立川 祐路 8  4  8  6 16  7  4  6 (8)(8)DNF 8  5  7  7 14 (5)(12) 133 116
4 39 竹内 浩典 7 10  5  4 12  9  8  8  9  7  7  6  8  R (6)(6)(4)(10) 126 112
5 36 K.バート   5  5  7  7 10  8  6  9 (7) R  R  1  1  6  5 16 (8) DNF 101  93
6 24 土屋 武士 6  9  6  5 14 (4) R (3) 5  5  5  5  6  R  4  8 (6) DNF  91  85
7 25 土屋 圭市 3  8  3 (2)(6) 2  5  4 (1) R (6) 2  2  5  2 12  1  14   78  70
8 68 R.デルフラー 2  7  R (3)(4) 5  R  5 (2)(4) R  3  4  4  3 10  3  16   75  68
9 11 中谷 明彦 -  -  -  -  -  3  R  R  3  R  4  4  3  R  1  4  2   8   32  22
10 11 谷川 達也 4  6  4  -  -  -  -  -  -  -  -  -  -  -  -  -  -   -   14  14
11 66 松田 秀士 1  2  2  -  -  -  -  -  -  -  -  -  -  -  -  -  -   -    5   5
12 66 S.マルティノ  -  -  -  1  2  1 DNSDNS -  -  -  -  -  -  -  -  -   -    4   4
******************************************************************************
* Q=予選  R=リタイア  DNF=完走せず  DNS=出走せず  DNQ=予選不通過  DQ=失格
* 各レース、各予選で、出走台数と同数のポイントを上位から配点(DNF,DQ,DNS,リタ
イアは無得点)
* 1レースの大会は、レースポイントが通常の2倍
* 全7大会のうちベスト5大会まで(全大会の70%,小数点以下四捨五入)の有
効ポイント制
* ( )内は有効ポイト外
* 第7大会 仙台  第8大会 十勝は、開催中止
///// PDD01523 伊東  昭雄 /////

スーパー耐久

INTER TEC ス-パ-耐久 レース結果

*******************************************************************************
*                                        Fuji International Speedway(4.470km) *
*                             INTER  TEC                              *
*                    ス-パ-耐久 4時間 レース正式結果表                     *
* 1998.11.08    天候 : 晴れ       コース状況 : ドライ         SEIKO TIMING *
*******************************************************************************
位車番クラス ドライバー  1         ドライバー  2         ドライバー  3
車      名                    周回    所要時間 トップ差    km/h   ベストタイム
-------------------------------------------------------------------------------
1  1 CL1 粕谷  俊二             見崎  清志            
日産アルティアダンロップGTR    136 4:01'32.373          150.946  1'38.033
2 11 CL2 中谷  明彦             小幡    栄            
三菱プーマランサーエボ V       135 4:00'34.581   1 Lap  150.436  1'41.641
3  2 CL2 清水  和夫             渋谷    勉            
アイフェルダンロップインプレッサ132-1 4:01'44.367  5 Laps 145.274  1'43.472
4 27 CL2 牧口  規雄             志村    久            
WAKO'S BMW M3                  129 4:00'05.002   7 Laps 144.042  1'44.540
5 20 CL2 伊藤  勝一             細野  智行             小川日出生            
RSオガワADVANランサー          129 4:00'12.282   7 Laps 143.969  1'42.835
6 26 CL2 川口  法行             添田    正            
CMSC栃木・GMSランサー V        129 4:01'09.834   7 Laps 143.397  1'44.798
7 17 CL2 萩原  英明             内田  政宏            
ファルケン渡辺商会インプレッサ 128 4:01'45.194   8 Laps 141.938  1'46.228
8 54 CL4 山内  伸弥             浅見    武            
BP ビスコベ-タアンクルシビック 127 4:00'09.846   9 Laps 141.760  1'48.118
9 39 CL3 井田  雅彦             磯田  尚孝            
HOKUTO Racing DC2              127 4:00'35.243   9 Laps 141.511  1'47.736
10 91 CL4 阪口  良平             岡崎  真一            
KOSEI & Buddy CIVIC            127 4:01'19.812   9 Laps 141.075  1'48.615
11 22 CL3 古橋    譲             玉本  秀幸            
BP ADVAN INTEGRA               126 4:00'26.900  10 Laps 140.477  1'48.778
12 60 CL4 赤尾  文夫             鈴木  恵一            
インターゲットシビック         126 4:01'09.854  10 Laps 140.060  1'48.276
13 52 CL4 西垣内正義             渡辺    明            
5 ZIGEN PULSAR                 126 4:01'20.500  10 Laps 139.957  1'48.137
14 77 CL4 山本  泰吉             辻本    聡            
ギャザズ・ドライダー・シビック 125 4:00'07.982  11 Laps 139.545  1'48.735
15 25 CL2 小東  明寛             西口  一馬             高島    修            
SS-JIRO ランサーエボ V        125 4:00'14.552  11 Laps 139.481  1'45.816
16 28 CL3 佐藤  清治             佐藤    淳            
インターミラノスワローDC2      125 4:00'36.336  11 Laps 139.271  1'49.983
17 55 CL4 福田よしのぶ           萬雲  恒明            
EXEDY シグナルシビック         125 4:00'45.310  11 Laps 139.184  1'50.742
18 76 CL4 佐藤  久実             吉田  寿博            
ギャザズ・クミDL・CIVIC        125 4:01'35.815  11 Laps 138.699  1'48.985
19 12 CL2 輿水  敏明             島沢  隆彦            
日本マルチメディアWAKOS V    126-2 4:00'53.361  12 Laps 137.993  1'46.001
20  7 CL3 元谷  宏大             黒木  健次             桧井  保孝            
とうようぐる~ぷ プレリュード  124 4:00'44.590  12 Laps 138.077  1'48.096
21 57 CL4 伊藤  直澄             田嶋  栄一            
トウカイサンポッカシビック     123 4:00'38.059  13 Laps 137.025  1'50.706
22 46 CL3 浅野  武夫             坂井  孝郎             笠原  智行            
Mrクラフトアドバンプレリュード 122 4:00'03.867  14 Laps 136.233  1'50.134
23 32 CL1 横島    久             竹内  浩典            
日産プリンス千葉GTRファルケン  122 4:01'06.600  14 Laps 135.642  1'37.575
24  4 CL3 山野  哲也             西      翼            
TK INTEGRA TYPE-R             122 4:01'40.337  14 Laps 135.327  1'48.464
25 78 CL4 丸山    浩             宮城    光             松本  玲二            
ファルケン・ブースカ・ドライダ 121 4:01'47.295  15 Laps 134.152  1'50.939
26 45 CL3 望月  英弘             吉田  雅夫             奥山  文彦            
オートバックス DL インテグラ   119 4:01'02.187  17 Laps 132.345  1'50.603
27 21 CL3 福岡  博人             加藤  和則             小檜満利子            
オートアゼックスMR2            119 4:01'44.467  17 Laps 131.960  1'51.030
28 73 CL4 前嶋  秀司             小島  一浩            
カストロール・μ・DLシビック   117 4:00'53.664  19 Laps 130.197  1'50.225
29 33 CL2 村松  康生             三好  正己            
カストロール・サイコモスエボV  109 4:00'54.197  27 Laps 121.286  1'41.997
30  6 CL2 冨桝  朋広             尾西    暁            
ファルケン・マジョーラEVO IV   103 4:01'32.941  33 Laps 114.299  1'45.162
----------------------------- *** 以上 完走 *** -------------------------------
71 CL4 関根  基司             松田  晃司             山梨  順一            
PMC・S パルサー                121              15 Laps          1'49.978
36 CL2 村尾  真吾             舘    信吾             藤田  孝博            
カストロールMONZAセリカ        103              33 Laps          1'44.489
29 CL3 中谷  誠志             大橋  正澄            
バービーズスワローインテグラ   101              35 Laps          1'49.377
37 CL2 山路  慎一             井尻    薫            
EPOCH-J トムスセリカ           95              41 Laps          1'44.687
87 CL4 桂    伸一             菊地    靖            
FALKEN・パルサー                95              41 Laps          1'48.403
13 CL1 木下みつひろ           藤村  満男            
エンドレス アドバン GT-R       91              45 Laps          1'39.291
89 CL4 角井    啓             山口  一之             長田一日郎            
NTC PULSAR                      85              51 Laps          1'52.906
70 CL4 たしろじゅん           錦織    勝             井上  令子            
マジョーラ・アドバン・シビック  71              65 Laps          1'49.103
16 CL3 松浦  俊之             大野  尊久             中村    仁            
京都デザイン専門学校・セリカ    49              87 Laps          1'51.323
41 CL2 谷川  達也             福田    淳            
ウエディングARPインプレッサ     47              89 Laps          1'45.533
9 CL2 保田  健雄             関口  智音            
オールージュDL BP μ RX-7      47              89 Laps          1'46.005
18 CL2 新宅  文亮             伊藤  隆文             新田顕一郎            
ディスモンドセルラーRX-7       44              92 Laps          1'46.428
31 CL2 小林  正吾             竹添  謙枝             原    正広            
アーキスダンロップBPシルビア    32             104 Laps          1'46.849
68 CL4 嶋村    馨             大場  次雄            
YAMATO CIVIC                    24             112 Laps          1'49.875
53 CL4 小林  敬一             原    貴彦            
5 ZIGEN CIVIC                   13             123 Laps          1'51.770
-------------------------------------------------------------------------------
スタート  12:43'00     フィニッシュ  16:44'32.373
参加台数 : 52 台    出走台数 : 45 台    完走台数 : 30 台
ベストタイム  No. 32 ( 横島    久            )   1'37.575  4/122  164.919 km/h
-------------------------------------------------------------------------------
☆☆☆ 提供 : Fuji International Speedway ☆☆☆

Japan Touring Car Championship

INTER TEC JTCC第11戦 レース結果

*******************************************************************************
*                                        Fuji International Speedway(4.470km) *
*                             INTER  TEC                              *
*                      JTCC第11戦 レース正式結果表                      *
* 1998.11.08    天候 : 晴れ       コース状況 : ドライ         SEIKO TIMING *
*******************************************************************************
位車番ドライバー         車      名                    周回   所要時間    km/h
-------------------------------------------------------------------------------
1 19 金石 勝智      (J) ウェッズスポーツエクシヴ       21   33'39.423 166.874
2 68 RUBEN DERFLER (RA) DoCoMo  Exiv         21   33'51.477 165.884
3 25 土屋 圭市      (J) ADVANチェイサー           21   33'51.822 165.855
4 38 立川 祐路      (J) デンソーセルモチェイサー       21   33'56.106 165.507
5 39 竹内 浩典      (J) デンソーセルモチェイサー       21   33'58.120 165.343
6 11 中谷 明彦      (J) TRAMPIO・Zippo・Exiv             21   34'10.066 164.379
7 37 関谷 正徳      (J) ESSO  TOM’Sチェイサー 19   33'39.902 150.901
----------------------------- *** 以上 完走 *** -------------------------------
36 KELVIN BURT   (GB) ZENT  TOM’Sチェイサー  5
24 土屋 武士      (J) ADVANエクシヴ              4
-------------------------------------------------------------------------------
スタート  10:33'50     フィニッシュ  11:07'29.423
参加台数 : 9 台    出走台数 : 9 台    完走台数 : 7 台
ベストタイム  No. 19 ( 金石  勝智 )   1'35.087  5/21  169.234 km/h
-------------------------------------------------------------------------------
☆☆☆ 提供 : Fuji International Speedway ☆☆☆

スーパー耐久

INTER TEC ス-パ-耐久 予選結果

*******************************************************************************
* ス-パ-耐久シリ-ズ’98第8戦       Fuji International Speedway(4.470km) *
*                            INTER  TEC                               *
*                      ス-パ-耐久 公式予選正式結果表                        *
* 1998.11.07                                                SEIKO TIMING *
*******************************************************************************
位車番 クラス  順 ドライバー  ベストタイム     周回    車     名                    
-------------------------------------------------------------------------------
1   1 CL1   1 粕谷  俊二  1'35.173    8/ 11 
見崎  清志  1'41.793    3/ 11 日産アルティアダンロップGTR   
2  32 CL1   2 横島    久  1'35.231    4/  9 
竹内  浩典  1'40.075    5/  9 日産プリンス千葉GTRファルケン 
3  13 CL1   3 木下みつひろ1'35.471    6/  9 
藤村  満男  1'39.084    3/  9 エンドレス アドバン GT-R     
4  11 CL2   1 中谷  明彦  1'39.644    5/ 10 
小幡    栄  1'43.777    5/ 10 三菱プーマランサーエボ V      
5  33 CL2   2 村松  康生  1'40.408   12/ 18 
三好  正己  1'44.768    6/ 18 カストロール・サイコモスエボV 
6   2 CL2   3 清水  和夫  1'40.948   12/ 15 
渋谷    勉  1'44.919    3/ 15 アイフェルダンロップインプレッサ
7  20 CL2   4 伊藤  勝一  1'43.495   11/ 19 
細野  智行  1'41.502    8/ 19
小川日出生                    RSオガワADVANランサー         
8  26 CL2   5 川口  法行  1'45.473    7/ 16 
添田    正  1'42.132    9/ 16 CMSC栃木・GMSランサー V       
9  27 CL2   6 牧口  規雄  1'42.345   13/ 25
志村    久  1'43.804   12/ 25 WAKO'S BMW M3                 
10  18 CL2   7 新宅  文亮  1'44.006   16/ 21
伊藤  隆文  1'42.398    5/ 21
新田顕一郎                    ディスモンドセルラーRX-7     
11  37 CL2   8 山路  慎一  1'43.169    7/ 10 
井尻    薫  1'45.494    3/ 10 EPOCH-J トムスセリカ         
12  36 CL2   9 村尾  真吾  1'43.338    7/ 11 
舘    信吾  1'44.758    4/ 11
藤田  孝博                    カストロールMONZAセリカ       
13  41 CL2  10 谷川  達也  1'43.499    8/ 15 
福田    淳  1'48.950    7/ 15 ウエディングARPインプレッサ   
14   6 CL2  11 冨桝  朋広  1'43.574   18/ 24 
尾西    暁  1'46.131    5/ 24 ファルケン・マジョーラEVO IV  
15  31 CL2  12 小林  正吾  1'43.679   16/ 25 
竹添  謙枝  1'47.867    9/ 25
原    正広                    アーキスダンロップBPシルビア  
16   9 CL2  13 保田  健雄  1'43.725   11/ 27 
関口  智音  1'48.731   16/ 27 オールージュDL BP μ RX-7    
17  12 CL2  14 輿水  敏明  1'44.204   10/ 14 
島沢  隆彦  1'45.474    4/ 14 日本マルチメディアWAKOS V     
18  25 CL2  15 小東  明寛  1'44.212   10/ 16 
西口  一馬  1'49.019    6/ 16
高島    修                    SS-JIRO ランサーエボ V       
19  17 CL2  16 萩原  英明  1'44.502   14/ 21 
内田  政宏  1'45.981    7/ 21 ファルケン渡辺商会インプレッサ
20  39 CL3   1 井田  雅彦  1'46.293    5/ 12 
磯田  尚孝  1'45.819    7/ 12 HOKUTO Racing DC2             
21  53 CL4   1 小林  敬一  1'47.644    4/ 11 
原    貴彦  1'46.119    7/ 11 5 ZIGEN CIVIC                 
22  52 CL4   2 西垣内正義  1'46.206   10/ 13 
渡辺    明  1'47.891    3/ 13 5 ZIGEN PULSAR                
23  87 CL4   3 桂    伸一  1'49.582    4/ 10 
菊地    靖  1'46.694    6/ 10 FALKEN・パルサー              
24  22 CL3   2 古橋    譲  1'50.328    5/ 17 
玉本  秀幸  1'46.752   12/ 17 BP ADVAN INTEGRA              
25  54 CL4   4 山内  伸弥  1'48.600   14/ 29 
浅見    武  1'46.753   15/ 29 BP ビスコベ-タアンクルシビック
26  77 CL4   5 山本  泰吉  1'47.949   11/ 24 
辻本    聡  1'47.106   13/ 24 ギャザズ・ドライダー・シビック
27  76 CL4   6 佐藤  久実  1'49.087    4/ 15 
吉田  寿博  1'47.211   11/ 15 ギャザズ・クミDL・CIVIC       
28   7 CL3   3 元谷  宏大  1'50.221    5/ 15 
黒木  健次  1'47.314   10/ 15
桧井  保孝                    とうようぐる~ぷ プレリュード 
29  60 CL4   7 赤尾  文夫  1'51.836    7/ 17 
鈴木  恵一  1'47.500   10/ 17 インターゲットシビック        
30  91 CL4   8 阪口  良平  1'47.546   12/ 20 
岡崎  真一  1'47.883    8/ 20 KOSEI & Buddy CIVIC           
31  68 CL4   9 嶋村    馨  1'47.779   12/ 22 
大場  次雄  1'51.111   10/ 22 YAMATO CIVIC                  
32  29 CL3   4 中谷  誠志  1'49.589    4/ 17 
大橋  正澄  1'47.857   13/ 17 バービーズスワローインテグラ  
33  73 CL4  10 前嶋  秀司  1'47.864   13/ 23 
小島  一浩  1'49.945   10/ 23 カストロール・μ・DLシビック  
34   4 CL3   5 山野  哲也  1'48.186    8/ 15 
西      翼  1'50.230    7/ 15 TK INTEGRA TYPE-R            
35  55 CL4  11 福田よしのぶ1'48.811   17/ 26 
萬雲  恒明  1'48.239    9/ 26 EXEDY シグナルシビック        
36  78 CL4  12 丸山    浩  1'48.568   11/ 25 
宮城    光  1'49.643   14/ 25
松本  玲二                    ファルケン・ブースカ・ドライダ
37  28 CL3   6 佐藤  清治  1'49.549    9/ 17 
佐藤    淳  1'49.052    8/ 17 インターミラノスワローDC2     
38  70 CL4  13 たしろじゅん1'49.174   18/ 30 
錦織    勝  1'49.304   12/ 30
井上  令子                    マジョーラ・アドバン・シビック
39  46 CL3   7 浅野  武夫  1'49.213   12/ 18 
坂井  孝郎  1'53.018    6/ 18
笠原  智行                    Mrクラフトアドバンプレリュード
40  21 CL3   8 福岡  博人  1'49.590   17/ 26 
加藤  和則  1'49.220    9/ 26
小檜満利子                    オートアゼックスMR2           
41  16 CL3   9 松浦  俊之  1'49.240   12/ 20 
大野  尊久  1'49.628    8/ 20
中村    仁                    京都デザイン専門学校・セリカ  
42  45 CL3  10 望月  英弘  1'49.749   14/ 19 
吉田  雅夫  1'52.337    5/ 19
奥山  文彦                    オートバックス DL インテグラ  
43  57 CL4  14 伊藤  直澄  1'52.153    3/ 14 
田嶋  栄一  1'50.913   11/ 14 トウカイサンポッカシビック    
44  71 CL4  15 関根  基司  1'52.039    4/ 11 
松田  晃司  1'51.101    7/ 11
山梨  順一                    PMC・S パルサー               
45  89 CL4  16 角井    啓  1'51.667   22/ 43 
山口  一之  1'51.334   21/ 43
長田一日郎                    NTC PULSAR                    
--------------------------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
23 CL1   4 福山  英朗  1'36.595   10/ 21 
砂子  智彦  1'35.707   11/ 21
木下  隆之                    プリンス東京フジツボGTR       
38 CL2  17 雨宮  栄城  計測出来ず  1/ 15 
鈴木    学  1'44.619   14/ 15 エスペリア・V-OPT・セリカ    
49 CL2  18 中村    啓  1'46.203   20/ 33
西川  正明  1'51.697   13/ 33
富井    豊                    ヤングサンデー特急シルビア    
5 CL3  11 鈴木ひろし  1'51.330   16/ 34 
宮口  幸夫  1'51.832   18/ 34
玉造    浩                    TAC・BRIG・チェイサー         
56 CL4  17 谷口  太英  1'51.886   13/ 28 
辻    孝寿  1'52.545   15/ 28 ジュランアクトスポーツカローラ
15 CL3  12 飯田  栄造  1'52.057    7/  7
高橋しげる  出走せず         
佐藤    清                    ITAC ASTRA                    
72 CL4  18 小林    聖  4'36.497    2/  4
本郷    豊  1'57.820    2/  4
大石  俊朗                    ファルケンPC・TORシビック     
-------------------------------------------------------------------------------
☆☆☆ 提供 : Fuji International Speedway ☆☆☆

Japan Touring Car Championship

INTER TEC JTCC第11戦 予選結果

*******************************************************************************
*                                        Fuji International Speedway(4.470km) *
*                             INTER  TEC                              *
*                     JTCC第11戦 公式予選結果表                         *
* 1998.11.07                                                SEIKO TIMING *
*******************************************************************************
位車番ドライバー         車     名                      ベストラップ 周  km/h
-------------------------------------------------------------------------------
1 19 金石 勝智 (J)      ウェッズスポーツエクシヴ       1'33.657 11 171.818
2 36 KELVIN BURT (GB)   ZENT  TOM’Sチェイサー 1'33.744 12 171.659
3 37 関谷 正徳 (J)      ESSO  TOM’Sチェイサー 1'33.828 11 171.505
4 24 土屋 武士 (J)      ADVANエクシヴ             1'33.833 15 171.496
5 38 立川 祐路 (J)      デンソーセルモチェイサー       1'34.061 12 171.080
6 39 竹内 浩典 (J)      デンソーセルモチェイサー       1'34.157 13 170.906
7 68 RUBEN DERFLER (RA) DoCoMo  Exiv         1'34.742 13 169.851
8 11 中谷 明彦 (J)      TRAMPIO・Zippo・Exiv             1'34.839 13 169.677
9 25 土屋 圭市 (J)      ADVANチェイサー           1'35.338 14 168.789
-------------------------------------------------------------------------------
予選通過基準タイム ( 110% ) 1'43.117
-------------------------------------------------------------------------------
☆☆☆ 提供 : Fuji International Speedway ☆☆☆

全日本GT選手権

GTインサイドレポート Rd.7/6訂正

'98AUTOBACS CUP GTC第7戦SUGO GT選手権レースのGTインサイドレポート7/6にある
ランキング表に一部誤りがありましたので下記の通りに訂正して、お詫びします。
☆ポイントランキング(全7戦終了)
ドライバーポイント
[GT500]
                Rd.1  Rd.2  Rd.3 Rd.4  Rd.5 Rd.6 Rd.7
                3/22  5/3  6/28 8/9  9/13 10/11 10/25
Po. No. Driver     合計 Suzuka FUJI SENDAI FUJI MOTEGI MINE SUGO
----------------------------------------------------------------------------
1 23 E.コマス/影山正美  67  20  悪   20   1   10     10   6
2 64 山西康司/T.コロネル 50  15  天       20            15
3 12 星野一義/黒澤琢弥  49     侯    8   12   15      4  10
4 16 中子 修/道上 龍  48     で       8   20      20
5  3 長谷見昌弘/田中哲也 37   8  中       15   3      3   8
6 39 土屋圭市/谷川達也  36  12  止   10   2            12
7 36 関谷正徳/N.フォンタナ  33   6      12   3   12
8  2 鈴木亜久里/影山正彦 29         15   4             8   2
9 37 鈴木利男/K.バート   26   4       6          1  15
10 100 高橋国光/飯田 章  25  10              4     20
以上
                       GTアソシエイション事務局
                         GTインサイドレポート班
                        古屋 知幸 = QYB04322 =

全日本GT選手権

GTインサイドレポート Rd.7/6

AUTOBACS CUP ALL JAPAN GT CAR CHAMPIONSHIP
1998  GT INSIDE REPORT
Round 7 SUGO GT CHAMPIONSHIP                                25 Oct. '98
Inside Report                インサイドレポート3             FMOTOR4版
 -------------------------------------------------------------------------
'98AUTOBACS CUP GTC第7戦SUGO GT選手権レース(10/24,25)
☆ポイントランキング(全7戦終了)
ドライバーポイント
[GT500]
                Rd.1  Rd.2  Rd.3 Rd.4  Rd.5 Rd.6 Rd.7
                3/22  5/3  6/28 8/9  9/13 10/11 10/25
Po. No. Driver     合計 Suzuka FUJI SENDAI FUJI MOTEGI MINE SUGO
----------------------------------------------------------------------------
1 23 E.コマス/影山正美  67  20  悪   20   1   10     10   6
2 64 山西康司/T.コロネル 50  15  天       20            15
3 12 星野一義/黒澤琢弥  49     侯    8   12   15      4  10
4 16 中子 修/道上 龍  48  12  で   10   2   20      20
5  3 長谷見昌弘/田中哲也 37   8  中       15   3      3   8
6 39 土屋圭市/谷川達也  36  12  止   10   2            12
7 36 関谷正徳/N.フォンタナ  33   6      12   3   12
8  2 鈴木亜久里/影山正彦 29         15   4             8   2
9 37 鈴木利男/K.バート   26   4       6          1  15
10 100 高橋国光/飯田 章  25  10              4     20
[GT300]
                Rd.1  Rd.2  Rd.3 Rd.4  Rd.5 Rd.6 Rd.7
                3/22  5/3  6/28 8/9  9/13 10/11 10/25
Po. No. Driver     合計 Suzuka FUJI SENDAI FUJI MOTEGI MINE SUGO
----------------------------------------------------------------------------
1 25 鈴木恵一/舘信吾  106  20  悪   20   20   6     20  20
2 19 織戸学       46  -  中   -   4   15     15  12
3 44 新田守男      45   4  天    6   15   10     10
4 21 加藤寛規      44     侯    8   12   8      8   8
5 61 中谷明彦/原 貴彦  37  15          1   3      6  15
6 44 P.ダンブレック     35  -  で   -   15   10     10
7 15 近藤真彦/青木孝行  35  10      15             10
8 19 M.アンジェレッリ     34  -  中   -   4   15     15  -
9 910 余郷敦       33   8  止   10   3   12
10 7 山路慎一/松本晴彦  28         12   8             2   6
チームポイント
[GT500]
                Rd.1  Rd.2  Rd.3 Rd.4  Rd.5 Rd.6 Rd.7
                3/22  5/3  6/28 8/9  9/13 10/11 10/25
Po. No. Team      合計 Suzuka FUJI SENDAI FUJI MOTEGI MINE SUGO
----------------------------------------------------------------------------
1 2/23 NISMO        70  20  悪   20   4  10     10   6
2 64 Mobil1 NAKAJIMA RACING 50  15  天       20           15
3 12 TEAM IMPUL      49     侯    8   12  15      4  10
4 36/37 TOYOTA Castorl TEAM TOM'S    で
              49   6  中  12   3  12      1   15
4 16 Castrol無限     48     止       8  20      20
6  3 ハセミ・モータースポーツ    37   8          15   3      3   8
7 39 TOYOTA TEAM SARD   36  12      10   2           12
8 100 高橋国光/飯田 章  25  10             4     20
9 38 TOYOTA TEAM CERUMO  22   2             8      12
10 50 オートバックスレーシングチームアグリ 17             6   6      2   3
[GT300]
                Rd.1  Rd.2  Rd.3 Rd.4  Rd.5 Rd.6 Rd.7
                3/22  5/3  6/28 8/9  9/13 10/11 10/25
Po. No. Driver     合計 Suzuka FUJI SENDAI FUJI MOTEGI MINE SUGO
----------------------------------------------------------------------------
1 25 TEAM TAISAN Jr.つちや 106  20  悪   20   20    6    20  20
2 19 RACING PROJECT BANDOH 46  -  天   -   4   15    15  12
3 44 アペックス     45   4  侯    6   15   10    10
4 21 HITOTSUYAMA RACING 44     で    8   12    8     8   8
5 61 チーム・テイボン・ラリーアート  37  12  中    4                    6  15
6 15 NISMO        35  10  止   15             10
7 910/911 910RACING    33   8      10   3   12
8  7 RE雨宮レーシング  28         12   8             2   6
9 77 クスコレーシング  23   3              20
10 51 コブラレーシングチーム    23  15          1    3     1   3
*ポイント計算はGTインサイドレポート班による非公式のものです
*今回のGTインサイドレポートは以上です
                       GTアソシエイション事務局
                         GTインサイドレポート班
                        古屋 知幸 = QYB04322 =

全日本GT選手権

GTインサイドレポート Rd.7/5

AUTOBACS CUP ALL JAPAN GT CAR CHAMPIONSHIP
1998  GT INSIDE REPORT
Round 7 SUGO GT CHAMPIONSHIP                                25 Oct. '98
Inside Report                インサイドレポート2             FMOTOR4版
 -------------------------------------------------------------------------
'98AUTOBACS CUP GTC第7戦SUGO GT選手権レース(10/24,25)
◎カーナンバー前の記号"#"はGT500、"*"はGT300を現します
☆朝のフリー走行後のコメント
#37  カストロール・トムス・スープラ
ケルビン・バート「たしかに好タイムが出たけど、1ラップだけだからね。40ラッ
プ保たなければならない。ただ、今回は6位以内に入るチャンスだと思うし、ホン
ダの信頼性しだいでは表彰台に上がれるかもしれない。今週は今までのところすご
くうまく行っているよ。今シーズンこれまで不運が続いている。MINEではパンクチ
ャー、もてぎでは他車にプッシュされたし、ピットでのトラブルが2回あった。エ
ンジンがかからなかったことが1回、エンジンのベルトを交換したことが1回とね。
6戦中4回もトラブルに見舞われてしまったんだ。今日の目標は表彰台だ」
*77 クスコスバルインプレッサ
玉本秀幸「コンスタントラップは悪くないんですよ。今も、とりあえず速い人のな
かには入ってるでしょ? タイヤはわりとソフト目のものを選んでるんですが、それ
でもタイムの落ちが少ないんです。30周使ったタイヤでも、30秒台前半くらいでい
けるんです。今はまだ表彰台は見えないですけど、確実に走ればいけると思います。
ウチのチームは去年のここでデビューして、この1年で大きな進歩がありましたね。
タイムを見ればわかると思いますけど。GT300クラスは全体に速くなっているんで
すが、そのなかでもウチの進歩は大きいですよね。まぐれ半分ですけど、1回勝つ
こともできましたし。チームのがんばりが実ったということでしょう。これで最終
戦ですが、勝ち負けはともかく良かったと思える結果を残したいですね」
*15 ザナヴィシルビア
近藤真彦「少しずつだけどクルマは良くなってる。今日はギアのつながりが良く
なったね。予選はあの順位なんで、青木に4、5番手で渡せればいいな。本来あの
ポジションにいるクルマじゃないんで、早いうちに4、5番手に上がりたいね」
#50 ARTAスカイライン
土屋武士「昨日の予選中に決勝仕様のセッティングを試していたので、今日に向け
てクルマをイジッたということはありません。いつも足のセットはわりといいので、
今日もいつもどおりっていうことですね。今朝履いていたタイヤは昨日の1回目の
予選で使ったほうで、8ラップぐらい走ったヤツです。もちろん満タン。23秒368
が出たときはクリアが取れてます。決勝ではミスなく走りきることが目標。ほかが
潰れないとムリでしょうけど、最後ぐらいは表彰台に乗りたいなとも思っています」
#55 STPタイサンバイパー
松田秀士「朝は、エンジンルームに布を巻き込んでカムセンサーのラインを切って
しまった。めったにないことなんだけど…。突然止まってしまったんでビックリし
ましたよ。もう直ったんで決勝は問題ありません。タイヤは、昨日アンソニーがけっ
こうロングをかけてくれたんで、いけると思います。たしかにグリップダウンはす
るんだけど、そうメチャクチャになることはありませんから。スタートはボクがい
く予定です」
#88 ウェディングディアブロGT1
古谷直広「タイム的にはスカイラインやスープラに負けないくらいまで来てます。
あとはタイヤがレースディスタンス保つかどうかですね。ただ、ウチは燃料が保た
ないんで2回ピットなんですよ。Qちゃん(和田久)でスタートして1回給油に入っ
て、そのあともう1回、レースの5分の3くらいのところでタイヤ交換とドライバー
交替をすることになってます。それを考えるとちょっと苦しいんですが、でも予定
では、完走はもちろん、ポイント圏内でフィニッシュできるはずなんです」
◎第5戦もてぎ決勝でのクラッシュ後のオフィシャルの対応に関して
 第5戦ツインリンクもてぎでの決勝レース中、#39デンソーサードスープラがク
ラッシュした際に現場への救急車の到着が遅れたという指摘があった。GTインサイ
ドレポート班の取材によれば、救急車はモニターカメラを通じてドライバーの負傷
が予想された時点(車外に出た時点)ですぐに出動が要請され、動き出している。
しかし、救急車が走行するコース脇のサービスロード上に、はじき飛ばされたタイ
ヤバリアの一部が散乱。このため、そのままでは通り抜けることができず、救急車
の乗員が車を下りてそれを撤去していたために、数十秒の時間をロスしてしまった
ことが確認された。
 これに関して、第5戦もてぎの主催であるエムオースポーツクラブでは、その後
のレースではこうした際に緊急性を優先した対応を行うようにしているということ
である。
◎GTCの競技での安全対策と意識の向上
 今回の決勝レース中にセーフティカーが導入された場合には、全ポストで黄旗と
『SC』ボードが提示され、コース全周で非競技化されることになっている。また、
セーフティカーが走行しているあいだはピット出口は一定時間閉鎖され、この間に
ピットインしたマシンは、セーフティカーが次にコントロールラインを通過するま
でコースインできない。
 GT-Aでは、まずエントラントみずからの安全意識を向上させ、競技規則と安全マ
ナーを遵守させるために、GT-Aが主催する公開テストとレースウィークの金曜日の
練習走行時には、安全ルールを守れないエントラントにはきびしい罰則を科してい
る。また、GTC開催各サーキットには、緊急時の対応をより向上させるよう申し入れ
ている。
◎砂子智彦選手その後
 第2戦で足を骨折した*910ナインテンポルシェの砂子智彦選手は、その後順調に回
復し、すでにテストではマシンに乗れるまでになっている。今回もパドックに元気
な姿を見せた。
砂子智彦「もう運転はだいじょうぶです。8月、9月はけっこうハードなリハビリを
やってました。テストではもう911号車(ナインテンPCJポルシェ)やスーパー耐久
のスカイラインなどに乗っています。9月のテストのときは、まだブレーキがガンと
踏めなかったんですが、今はもう平気です。でも、まだ100%というわけではないの
で、今回は見送ろうということで…。ムリして出場して迷惑をかけてもいけないで
すからね。実戦への復帰は再来週のインターテックのときを予定しています」
☆タイヤメーカーにきく
ブリヂストン
「今回はソフトとハードの2種類を用意してきています。ソフトでも、ライフはだい
じょうぶです。もちろんハードよりはタイムの落ちかたが大きいんですけど。選ん
でいるのはチームによって違います。車種によってというよりは、チーム戦略によっ
てですね。#64(Mobil 1 NSX)と#23(ペンズオイル・ニスモGT-R)は、ウェイトハ
ンディを積んでいることなどを考えて、チームの作戦としてハードを選択しているの
だと思います」
ヨコハマ
「GT500用には3種類を用意してきました。スープラ(#39デンソーサードスープラ
GT)はソフト、バイパー(#55 STPタイサンバイパー)とスカイライン(#13エンド
レスアドバンGTR)はミディアムです。構造的にいうとスープラとバイパーが同じ
ものでスカイラインはちょっと異なります。ソフトでも路面温度が25度くらいのほ
うがいいんです。昨日はちょっと涼しすぎたんで、温まらなかったですね。
 GT300用にはソフトとミディアムの2種類を持ってきましたが、*72オークラRX7と
*91コーセイ&バーディクラブ・セリカ以外は全車ソフトです。*19ウェッズスポー
ツセリカも、リア駆動車と同じソフトを選択しています。事前テストでは40ラップ
くらい走っているので、ライフはだいじょうぶだと思います。もちろん交換は必要
になります。ミディアムはなしでもいけることはいけます。ソフトでも*25つちやMR2
は左側だけの交換でいくかもしれませんね」
ダンロップ
「GT500用は3種類用意してきました。スープラ(#36/#37カストロール・トムス・
スープラ、#5 5ZIGEN SUPRA)はソフト、ディアブロ(#88ウェディングディアブロ
GT1、#777バルボリンディアブロDL)はミディアムを選んでいます。スープラは練習
走行でロングのテストをかけて、これやったらソフトでもいけるということで…。
 GT300が予選で選んでいるのはソフトとミディアム。チームによって選択は異なり
ますが、チーム数でいうと半々くらいですね。*44アペックスDLモモコルセMR2と*81
ダイシンダンロップシルビアはミディアムです。ソフトでもミディアムでも交換は
するでしょう。交換後は、予選では使わなかったハードを使うところがあるかもし
れません」
トーヨー
「ドライ用は3種類持ってきまして、そのうちソフトよりの2種類をテストしました。
その結果選んだのは、ハードより、つまり3種類のうちのまんなかのものです。昨日
はテストのときより涼しかったんで、ちょっと苦しかったですね。交換は4輪ともす
ることになると思います。ライフ自体はだいじょうぶですが、タイヤカスなどを拾う
こともありますから。ここはリアが安定しないと最終コーナーがつらいんですよ」
☆決勝スタート直前情報(12時00分)
天気:晴れ 気温:17度  路面温度:23度
 入場者数:10/25 38,300人(10/24   7,300人)
☆レース中のコメント・状況
#8 FET SPORTS SUPRA
黄旗区間追い越し違反で10秒のペナルティ
#38 FK/マッシモセルモスープラ
野田英樹「クルマはだんだんアンダーが強くなっていった。タイヤにきびしいのは
わかっていたので大事に走った。でも、自分のパートのラスト10周は攻めていった。
オイルが出ていたので安全第一だったけど」
#16 Castrol無限NSX
道上龍「うーん、チギり足りなかったね。だから中子さんのタイヤが温まる前に#18
に抜かれてしまった。コースはオイルが出てて怖かったよ」
#18 TAKATA童夢無限NSX
脇阪寿一「タイヤがきつかった。でも、金石さんはハードのタイヤを選んだんで大
丈夫だと思います。中子さんところはソフトだと思うし」
#64 Mobil 1 NSX
トム・コロネル「トランスミッションかなにか。エンジンの動力がホイールに伝わ
らなくなってしまった。たぶんドライブシャフトだと思う。すばらしいショーが見
せられなくなってしまって残念だよ。ボクらがチャンピオンになるには3位か2位
でゴールしなければならなかったわけだ。不可能なことではなかっただろうし。ボ
クらがいればもっとエキサイティングなレースになったはずだ。エリックたちはチャ
ンピオンを目指していい仕事をした。来年はボクらももっと良くやるよ。ともかく
レースがしたかった。スタートしたかったよ。たとえ自分がミスをしてなにかあっ
たとしてもね。レースを見に来てくれた人たちもね」
山西康司「……ことばがないですね」
◎リタイヤ(GTインサイドレポート班調べ
No.   原因            周回数
-------------------------------------------
#64   駆動系             0L
*51   #88との接触           7L
#30   ミッション           9L
#777   他車と接触           8L
*355   ドライブシャフト       11L
#5   #50との接触→コースアウト    11L
#36   コースアウト          12L
#39   コースアウト          21L
#100   室内から発火         31L
*44   ミッション           46L
☆レース後のコメント
#18 TAKATA童夢無限NSX
金石勝智「最後は、ウチのクルマのほうが軽いぶん最終コーナーでちょっと速かっ
たんで、ヒヤヒヤするということはありませんでした。今シーズン、これまでなん
やかんやあったんで、最後に勝つことができて良かったです。プレッシャー? まわ
りが勝ってないのはオマエんとこだけやって言うんでね」
#16 Castrol無限NSX
中子修「セーフティカーが入る前にペースが落ちたのはボクのミスです。それと再
スタート後もちょっと失敗してしまって…。あそこで#18と離れてしまった。あれが
なければもうひとついいところにいけたかなという感じはありますけど…。まあ、
2位に入れて良かったです」
#37カストロール・トムス・スープラ
鈴木利男「今年はこれまでアクシデントがあったりしてうまくいかなかったんです
が、最後に表彰台に上れて良かったです。#36のほうは上ってたけど、こっちは上れ
てなかったんでホッとしました。MINEの本番くらいからバランスが良くなって、今
回も予選、決勝とまあまあ良かったんです。それにバートが良くやってくれました。
予選でもがんばったし、決勝でもクレバーなドライビングをしてくれました。#38
を抜いたときは、向こうのペースが落ちたんです。今日はスタート時点で晴れてた
し、自分のパートでは一番固いタイヤでいくと決めてました。後ろともあるていど
競ってたけど、24~25秒台でいけばOKだとわかっていたから。ピットアウトすると
きは、タイヤが温まっていなかったんでオットットってなって、久しぶりに身体が
固くなったけどね(笑)」
*25 つちやMR2
舘 信吾「スタートからディアブロがオイルを吹いて、前が見えなくて危なかった
です。ピットインしたかったけど、入ったら負けなので入らなかった。6戦中5勝
というのは自分でもすごいなとビックリしています。チャンピオンを獲れたことも、
そして今日勝てたこともうれしいです」
鈴木恵一「速すぎる? たしかにこのままでいいのかなとも思うけど、来年はみん
な、もっと速くなってくるでしょう。今日は完璧だったけど、ただオイルで前が見
えなくてオレもブレーキポイントがどこにあるのか、カンだけで走ってた。オール
スターは勝ちにいくよ」
*61テイボン・トランピオ・FTO
中谷明彦「路面温度が上がってもタイムが落ちなかった。ヨソはもっと落ちないだ
ろうと思ってたんだけどね。クルマは完璧でした」
原 貴彦「たまにはこう言うこともないとね(笑)。思ったほどタイムも落ちなかっ
たし、自分たちのレースができた結果でしょう」
*19 ウェッズスポーツセリカ
織戸 学「表彰台に入れてよかった。問題なし」
山本勝巳「くやしい。ワイパーを使ったら前が見えなくなってしまった。最終と馬
の背と3コーナーでクリッピングポイントも見えなくて…」
#38 FK/マッシモセルモスープラ
竹内浩典「クルマは悪くなかったんだけど、タイヤのポテンシャルが下がっていっ
てしまった。ボクのタイヤの使いかたがうまくなかったんですね。タイヤを痛めな
いようにしながら速く走らないといけない。そのあたりは利男さんがうまかったと
いうことでしょう。みんなのためにも最後くらいは表彰台に上りたかったんですけ
ど…。山にこもって修行してきます」
#12カルソニックスカイライン
星野一義「シリーズ3位でもよろこばなきゃいけないんだろうけど、オレの宿命と
して絶対チャンピオンを獲らなきゃっていうのがあるからね。来年、そのためのプ
ログラムを組んで、絶対に獲りにいく。アクセルワークも勝とうっていう意欲も若
いドライバーには負けていないっていう自信があるから、来年もかならず走るよ。
チャンピオンをかならず獲る」
#55 STPタイサンバイパー
アンソニー・リード「オイル系のどこかが破損して出火した。ガソリンではなかっ
たんでまだ良かったけど、危うくバーベキューになるところだったよ」
☆レース後の#18 TAKATA童夢無限NSXの失格に関する追加情報
◎状況説明(GTインサイド班)
決勝レース終了(16:17)後に行われた上位入賞車両3台の再車検において、#18
TAKATA童夢無限NSXのリストリクターに違反が発見された。すでに暫定表彰、暫定リ
ザルトの発表(16:35)はされていたが、審査委員会に諮られた結果、違反が確定し、
#18は失格となった。また、これにともない暫定4位の#38 FK/マッシモセルモスー
プラが3位となり、再車検を受けた結果、問題がなかったため、以下の順位が繰り
上がった正式リザルトが発表(19:36)された。
◎大会広報発表(GTインサイド班のメモより)
「決勝レース後の再車検でリストリクター計測をした結果、18号車はこれに当ては
まらなかったと、技術委員長より報告がありました。計測方法は、車種が多数ある
ために、ゴムマリをリストリクターにはめて、アイドリング回転で吸気の供給を止
めて、そのまま規定の5秒以内にエンジンが止まるかを確認しました。18号車は何
回か繰り返したが止まらなかったので違反であると18時30分に裁定した。チームに
通達し、所定の1時間を待って、チームからは控訴がなかったので、18号車を失格
とした正式結果を19時36分に発表しました」
◎童夢レーシングチーム(#18 TAKATA童夢無限NSX)リリースより抜粋
「<略>童夢レーシングチームと致しましてはこの判定の正当性を認めていません
が、現行レギュレーションにおいて、主催者の権限は絶大であり、控訴は形だけの
無意味なパフォーマンスとなるだけですから断腸の思いながら控訴は断念します。
<略>
 1回目の予選終了後、唐突にこのエアリストリクターの検査が始まりました。今
までこんな検査が行われた事もありませんし、この検査ではNG車も多かったのです
が、技術委員は「来期導入に向けての事前テスト」と説明していましたのでチーム
に動揺はありませんでした。
<略>
 また、この検査方法を採用するにしても使用するゴムボールの材質もサイズも、
測定時の接触圧も、エンジン回転数も、いったい何秒で停止すれば良いのかさえ規
定されていませんし、土曜日午前の予選後の検査でNGだった車両の予選タイムは抹
消されていない訳ですから、この時点では「来期導入の為の事前テスト」で非公式
な検査だったはずです。それがチームに対して何のアナウンスも無く、いったいい
つの時点で公式採用となったのでしょう。
<略>
 今年一年、童夢を応援して頂いた関係各位には大変に申し訳ない結果となりまし
たが、日本のレース界では勝っている間は絶えずこの種の問題が発生する事になっ
ていますので、強者を称える勲章の一種だとご理解頂ければ幸いです」
全文はDOME RACING TEAM OFFICIAL HOME PAGE(http://www.dome-racingteam.co.jp/)
に掲載されています。
*3に続く
                       GTアソシエイション事務局
                       GTインサイドレポート班
                       古屋 知幸 = QYB04322 =

全日本GT選手権

GTインサイドレポート Rd.7/4

AUTOBACS CUP ALL JAPAN GT CAR CHAMPIONSHIP
1998  GT INSIDE REPORT
Round 7 SUGO GT CHAMPIONSHIP                                24 Oct. '98
Inside Report                インサイドレポート1             FMOTOR4版
 -------------------------------------------------------------------------
'98AUTOBACS CUP GTC第7戦SUGO GT選手権レース(10/24,25)
◎カーナンバー前の記号"#"はGT500、"*"はGT300を現します
☆予選1回目終了後のコメント
*44 アペックスDLモモコルセMR2
新田守男「ピーターが2セットとも使ってアタックしました。予選はそんなに重要
視していないんですけどね。暫定ポールは鈴鹿以来ですか。クルマが跳ねる感じが
直っていなくて、午後はこの辺をトライしてみたいです。最終戦ですから勝ちたい
けど、ちょっとでもミスが出たら落としちゃう。スタートはこれまでボクのほうが
多いんですが、今回は作戦を変えるかもしれません」
*19 ウェッズスポーツセリカ
織戸学「トップを獲りたかった。マックスがいない分がんばろうと思ってたんで
す。トップかなと思ったら、ラストに新田さん*(44 アペックスDLモモコルセMR2)
のところにいかれた。タイヤはもう1セットあります。勝ってオールスターに出た
いですね」
*25 つちやMR2
舘信吾「午後はタイムが上がると思いますよ。路面状況にもよりますけど。午前中
はとりあえずこれで十分でしょう」
鈴木恵一「もう1セット残ってるんで、まだいくよ。まあこんなもんでしょう」
*7 RE雨宮マツモトキヨシRX7
山路慎一「思ったよりクルマのフィーリングはいい感じですが、クリアラップが取
れなかったし、自分もミスしてる。2回目はもうちょっといけそうです」
松本晴彦「昨日の状況では1分27秒台に入るなという感じでした。自分はコンスタン
トラップを走ったんですが、感触はなかなかいい感じです」
#18 TAKATA童夢無限NSX
金石勝智「ボクは昨日、今日と10周くらいしか走ってないんで…。でもポンと乗っ
て1分22秒そこそこでは走れるから問題はないんじゃないですか。クルマは順調で
すよ。タイヤはもう1セット残っているんで、午後はもう1回、寿一がいくと思いま
す」
#16 Castrol 無限NSX
道上龍「午後はまだいきます。大幅なタイムアップはできないとは思いますが、あ
とコンマ数秒くらいは…。1分20秒台前半までいきたいですね。今の走行では、最
後、ブレーキローターが割れるトラブルがあったんですが、交換すればまったく問
題はありません。ウェイトハンディの40kgはそれほど気にならないですね」
#64 Mobil 1 NSX
トム・コロネル「1発のタイムは出るんだけど、ウエイトハンデのせいでタイヤが
すぐに終わってしまう。フロントタイヤを維持するためにブレーキングのしかたを
変えるとかなにかしないければならないんだ。レースを完走するためにね。ブレー
キも辛い。昨日満タンで走ってみたけど、もう…。それに、十分注意しないとタイ
ヤにフラットスポットを作ってしまう。ボクらのクルマはABSがついていないんだ。
とくにダウンヒルがきびしい。ただ、クルマの信頼性は高いからレースでは表彰台
を目指していくよ。エリック(コマス)はようすを見ながら待ちのレースができる
けど、こちらはベストをつくして走らなければならない。トップから1秒離されて
いるけど、90kgのウエイト積んでいるからね。それを考えればグリッド5位なら悪
くないし、やるだけだよ」
#37 カストロール・トムス・スープラ
ケルビン・バート「今朝はエンジンもよかったし、クルマのバランスもすごくよ
かった。タイヤはもう1セットあるので午後もアタックする予定だけど、朝のうち
に2セットを使ってアタックすべきだったかもしれない。ウエイトハンディを積ん
でいる関谷さんとほとんど同タイムだったけど、こちらは積んでないから本来なら
もう少し速くなければいけない。何ヶ所か詰められるところがあるから、午後はト
ライしてみる」
*44アペックスDLモモコルセMR2
ピーター・ダンブレック「足回りがソフトで、とくに2コーナーと最終コーナーで
激しくバンプするし、ロールする。大変なんだ。でもそれ以外は悪くないよ。GT300
で最速ラップをマークできてうれしい。第2セッションで速くなるとは思わなかっ
たので、もう2セット使ってしまった。だから午後はアタックしない。今からはF3
でポールポジションをとることに集中する。同じ日にGTとF3をドライブするという
ことはもちろん大変だけど、ドライバーにとっては新しいクルマにすぐに適応でき
るという意味だから、これはいい経験だよ。両方でポールを獲れたら最高だ」
#16 Castrol無限NSX
道上龍「このまま2回目雨が降ってくれるといいんですけどねェ(笑)。今日は、昨
日と全然タイヤの温まりかたが違いました。昨日の感じだと、2周目ぐらいにタイ
ムが出るかと思ったんですけど。僕の温めかたがゆっくりだったせいもあるのかな?
でも、やっぱりちゃんとクリアラップが取れると、このコースで20秒台が出るんで
すね」
#100 RAYBRIG NSX
飯田章「クルマが昨日と同じで、あんまり決まってない感じなんですよね。今ひと
つシックリ来ないというか、満足いくレベルには仕上がっていないんです。ベスト
タイムを出したときはクリアラップを取れましたが、その後は引っかかってしまい
ましたしね」
#18 TAKATA童夢無限NSX
脇阪寿一「昨日とバネレートを変えて、フロントをちょっと硬めにしたら、どアン
ダーになってしまいました。でも、午後は20秒台を狙っていきますよ」
#23  ペンズオイル・ニスモGT-R
エリック・コマス「トム(コロネル)は5位に入っているけど、こちらも70kgのウ
エイトハンディは軽くはないからね。一方では満足しているけど、トヨタが来てい
るのが気になっている。クルマのコンデションは悪くない。良くなっているので、
午後、もしドライならトップ10以内に入れると思うよ」
☆予選2回目終了後のコメント
#100 RAYBRIG NSX
飯田章「2回目のアタックは1周足りなかったですね。タイヤが全然温まらなかっ
たんでもう1周いきたかったんですけど、20分になってしまって。でも、やっぱり
遅い。クルマに全然再現性がなくて、フロントがどうもおかしいんです。基本的に
アンダーがスゴイんですよ。でも原因がわからない。だからもう帰りたいぐらい。
フテ腐れ状態です」
#18 TAKATA童夢無限NSX
脇阪寿一「1回目の予選の最後にクラッチが壊れてしまったので、2回目は最後の
20分しか走れなくて残念でした。2回目は午前中に出ていたアンダーを解消する方
向でいったら、だいぶ乗りやすくなりましたよ。最後のスピン? あれは攻めすぎ
です」
#39 デンソーサードスープラGT
土屋圭市「コマス(#23 ペンズオイル・ニスモGT-R)に引っかかってしまった。あ
れがなければ1分21秒4までいってたね。でもセルモ(#38 FK/マッシモセルモスー
プラ)には届かない。セルモはトップスピードが速いもん。3km/hくらい違う。ま
あ、BSはソフトだから予選で負けるのはしょうがないよ。昨日から出てたクルマが
跳ねる症状はまだ残ってる。それがなければ21秒2~3くらいはいけたかもね。ウチ
のタイヤはミディアムだから決勝はいいはず。後半になってもタイムの落ちが少な
いからね。前回みたいに、それで最後は表彰台っていうのをねらってるんだけどね」
#38 FK/マッシモセルモスープラ
竹内浩典「野田くんがアタッカーです。ウチとしては4位は上デキでしょう。他の
スープラとの差もけっこうあるので、この調子でNSX勢の一角を崩したい。決勝は、
今ミーティングを1時間近くやって、出た結論は『出たとこ勝負』だったんです
が(笑)、まあ、クルマのバランスがいいんでトラブルが出ないのを祈るだけです」
野田英樹「今朝はそこそこアタックして、もう1周いきたかったんですが、20秒入
るかどうかのところでピットから『十分タイムが出た』と言われたんです。2回目
は、20秒は絶対出そうと思ったらブレーキトラブルが出たんです。結局GT500クラ
スのセッション中は改善できなくて、ラストの混走の20分でいったんですが、クリ
アが全然取れませんでした。トヨタ最上位ですし、NSXも食ったんで、今までと比
べればいい結果でしょう。チームだけじゃなくスポンサーやトヨタの期待を背負っ
てるんで、明日は表彰台、できれば勝ちたいです。スタートはボクがいきます」
*44 アペックスDLモモコルセMR2
新田守男「精一杯やったけど、午後はやられた。クルマはきちんとは決まってない
けど、悪いほうにはいってない。決勝は二人のタイムが変わらないんで、淡たんと
いきます」
*81 ダイシン ダンロップ シルビア
大八木信行「アタックは福山さんです。1回目はセットを探りつつ午後にいこうと
思っていました。3番手ですが、自分たちのペースでそれなりの走りをしたい」
*19 ウェッズスポーツセリカ
織戸学「やられました。でも、レースはどうなるかわからないので、これからミー
ティングで作戦を考えます。できるだけ上位でチェッカーを受けたいですね」
山本勝巳「まだクルマには慣れていませんが、最後まで走ればいいとこいけますよ」
☆POLE POSITIONインタビュー
#16 Castrol無限NSX
道上 龍「今年最後のシリーズ戦ですし、ポールポジションが獲れてうれしいです。
9月のテストではいまひとつでしたが、金曜日は1番でしたので、今日は獲れる自
信はありました。NSX同士で20秒台の争いになると思ってましたから、タイム的には
予想どおりです。午後もアタックしたのですが、気温が高くなったせいかタイヤが
早めに終わってしまいました。それとクラッチにトラブルが出てしまって、あまり
攻め切れませんでした。でも、#18ほど酷くはないので走行は続けられました。今晩
には直せるはずですから、決勝は問題ないでしょう。決勝は、できたら逃げて、逃
げ切りたいですね」
中子 修「インタビューはいやだから2番手で良かったのに、道上に注意しとくの
忘れました(笑)。予選では、自分は本番用のセットをやってました。その点では、
他の3台のNSXに較べて良くなかったので…。だから、ウチとしては天気はあまり
良くないほうがありがたいんですが。ハンデの40kgはさほど感じない。ほかに90kg
も積んでいるところがあるんですから、それに比べればね。でも長距離走ってない
から、タイヤ的にもちょっと不安ですね。まあ、一番前が有利であることはまちが
いないので、あとはこれを生かしていきたいです」
*25 つちやMR2
舘 信吾「午前はクルマが決まらなかったんです。オーバーステア気味で最終コー
ナーやSPでアクセルを踏みきれなくて、ストレートでスピードがのらなかった。午
後、セッティングを変えたんですが、これは完璧でしたね。アタックしたあとも少
し走ったんですけど、コンスタントラップでも悪くなかったです。決勝はいつもの
ようにボクがスタートです。それでタイヤに合わせていけるところまでいくと思い
ます。コンディションは今日ぐらいならだいじょうぶです」
鈴木恵一「金曜も悪くなかったんで、信吾なら26秒台でポールもいけると感じてま
した。たぶん、F3の予選のうっぷん晴らしをしたんじゃないですか(笑)。これだ
け勝っているんで、ウチのMR2は速いクルマだと言われますが、けっして乗りやすい
クルマではないんです。ただドライバーががんばればそれだけタイムが出るんです。
でも、ちょっと気を抜くとタイムが落ちてしまう。ウェイトハンディをこれだけ積
んでますが、チームがつねに重量を積んだときのバランスを考えてうまく対応して
くれてますんで、その点ボクらは一生懸命走ることだけですみますから、いいんだ
と思います。ボクらはすでにチャンピオンを決めたわけですが、これでいいとは思っ
ていません。まだ、GTオールスター戦もありますし、ボクらはレーシングドライ
バーですから、もちろん勝つつもりでいきます」
☆チャンピオン決戦を前に
#23 ペンズオイル・ニスモGT-R
エリック・コマス「トヨタ勢も速くてホンダ勢とバトルを展開しそうだけど、それ
は我われにとってはいいことなんだ。我われはポイントを考えながら待ちのレース
ができるからね。トム(コロネル)は表彰台に上がらなければならない。彼らが3
位でもこちらは9位、2位でも7位に入ればいいんだ。向こうが優勝するとちょっ
と辛くなるけどね。午後のセッションもアタックしたけど、午前中のタイムを更新
することはできなかった。ただ、スカイラインのなかではボクらのところだけがミ
ディアムを履いていた。だから #50(ARTAスカイライン)に続いての2番手だった
んだ」
影山正美「タイヤを含めたクルマのセッティングが今イチ決まっていないので、明
日の朝もまだセッティングを詰める。問題なのは前後バランス。チームプレイ? 
それはないでしょう。今までのセッティングのデータやレース内容、それにピット
ワークと有利な要素は多い。普通のレースをすれば普通に結果は出ると思う。そう
すれば11点差という有利さはあるし、答えは出るでしょう。自分としては、今まで
はいつも追う立場だったけど、今回は追われる立場。その意味でのプレッシャーは
ある」
#64 Mobil 1 NSX
山西康司「ペンズオイル(#23)の動向を見ながらのレースになると思うんですけ
ど、チャンスは十分あると思います。たぶん3位くらいになるんじゃないかと思う。
ペンズオイルしだいというところは大きいけど、3位以内に入れば…。ウチとし
ては、作戦的にも明日は暖かくなったほうがいいですね。マシンはやはり重いぶん
挙動が乱れますけど、あきらめないですよ。すごいチャンスだし、慎重にいくべき
部分は慎重にいくつもりです。完走することは絶対条件だし、完走すれば3位くら
いに入ると思うし。チャンピオン獲りたいです。明日はがんばります」
トム・コロネル「今だから言うけどほかのホンダ勢はソフトコンパウンドだったけ
ど、ボクらはハードで走ったんだ。それでも5ラップもするとドライビングがもの
すごくむずかしくなる。もちろんソフトほどではないけどね。ほかのホンダ・チー
ムとのチームプレイ? いや、中嶋さんからそれはないと聞いている。自分として
はやってほしいけどね。ボクらがチャンピオンになるためには、それが少し必要だ
から。でも、どのチームも自分たちのレースをするはずだ。今のところそう聞いて
いるよ。エリックは楽な状況にある。完走すればいいんだから。ボクらは攻めに攻
めて、みんなに勝たねばならない。勝つためにはほかにトラブルが出るか、チーム
プレイが必要になるんだけど…。でも自力でがんばる。きっと明日は我われにとっ
ていい日になるよ」
*2に続く
                       GTアソシエイション事務局
                       GTインサイドレポート班
                       古屋 知幸 = QYB04322 =

Formula Nippon | FUJI 1000km | Japanese F3 | Solar Car Race | SUZUKA 1000km | 全日本GT選手権

1999年全日本選手権レースカレンダー

******  1999年全日本選手権レースカレンダー(10/23現在)  ******
日程    選手権  Rd   名称                             開催地
----------------------------------------------------------------
3/21     GT    1    SUZUKA GT 300km                     鈴鹿
3/21     F3    1    F3第1戦                          鈴鹿
----------------------------------------------------------------
* 4/10(Sat)CART       JAPAN500                            もてぎ
4/18     FN    1    フォーミュラニッポン第1戦          鈴鹿
4/18     F3    2    筑波チャレンヂカップレース          筑波
----------------------------------------------------------------
5/02     GT    2    富士GTレース大会                  富士
5/02     F3    3    F3第3戦                          富士
5/09     FN    2    フォーミュラニッポン第2戦          もてぎ
5/23     FN    3    フォーミュラニッポン第3戦          CP MINE
5/23     F3    4    F3第4戦                          CP MINE
5/30     GT    3    SUGO GT CHAMPIONSHIP                SUGO
----------------------------------------------------------------
6/06     FN    4    フォーミュラニッポン第3戦          富士
6/06     F3    5    F3第5戦                          富士
(6/13                ルマン24時間                             )
6/20     SSCC  1    スーパーシルエットカー(第1大会)  もてぎ
----------------------------------------------------------------
7/04     FN    5    フォーミュラニッポン第5戦          鈴鹿
7/04     F3    6    F3第6戦                          鈴鹿
7/11     GT    4    CP MINE GT RACE                     CP MINE
7/25     SSCC  2    スーパーシルエットカー(第2大会)  CP MINE
----------------------------------------------------------------
8/01     FN    6    フォーミュラニッポン第6戦          SUGO
8/01     F3    7    F3第7戦                          SUGO
8/08     GT    5    JAPAN SPECIAL GT CUP                富士
* 8/08     SOLAR      鈴鹿FIAソーラーカップ               鈴鹿
* 8/22     FIA-GT     鈴鹿1000km                          鈴鹿
8/29     SSCC  3    スーパーシルエットカー(第3大会)  TI英田
8/29     F3    8    F3第8戦                          TI英田
----------------------------------------------------------------
9/05     FN    7    フォーミュラニッポン第7戦          富士
9/12     SSCC  4    スーパーシルエットカー(第4大会)  鈴鹿
9/19     FN    8    フォーミュラニッポン第8戦          CP MINE
9/26     GT    6    TI英田GT選手権                      TI英田
----------------------------------------------------------------
10/03     FN    9    フォーミュラニッポン第9戦          もてぎ
10/03     F3    9    F3第9戦                          もてぎ
10/10     SSCC  5    スーパーシルエットカー(第5大会)  富士
10/24     GT    7    もてぎGTチャンピオンレース          もてぎ
10/31     SSCC  6    スーパーシルエットカー(第6大会)  SUGO
*10/31     F1         F1日本GP                        鈴鹿
----------------------------------------------------------------
*11/07     GT         富士インター1000km                  富士
11/14     FN   10    フォーミュラニッポン第10戦          鈴鹿
11/14     F3   10    F3第10戦                          鈴鹿
*11/20(Sat)NASCAR     サンダースペシャル                  もてぎ
----------------------------------------------------------------
FN   =全日本選手権フォーミュラ・ニッポン全10戦
SSCC =全日本スーパーシルエットカー選手権全6大会
GT   =全日本GT選手権シリーズ全7戦
F3   =全日本F3選手権シリーズ全10戦
* は国内で行われる国際イベント
注)大会名称は今年の例により暫定的に記入してあります
*** FMOTOR4F SysOp 北島滋穂(SDI00685)***

全日本GT選手権

GTC_Rd.6:SUGO GT 無限+童夢Pリリース

1998年10月26日
無限+童夢プロジェクト
'98 AUTOBACS CUP 全日本GT選手権シリーズ第7戦 "SUGO GT CHAMPIONSHIP"
ホンダ NSX 最終戦を4連勝で飾る!
公式予選も1-3位を独占!
○開催日 :1998年10月24(土)~25日(日)
○開催地 :宮城県 スポーツランドSUGO(コース全長:3.704256km)
○決勝レース:78周(約288.9km)
○天 候 :予選日/曇り決勝日/晴れ(気温17℃)
○コースコンディション:予選日/ドライ決勝日/ドライ
○観客数:38,100人(決勝日/主催者発表)
 1998年を締めくくる '98全日本GT選手権シリーズ第7戦”SUGO GT 
CHAMPIONSHIP”が、10月24~25日、宮城県スポーツランドSUGOで開
催され、ホンダNSXを駆る4チームも勢揃いした。
 24日(土)に開催された公式予選では、道上龍選手の駆るCastrol 無限 NSXが
コースレコードを更新する1分20秒642をマークし、見事にポールポジショ
ンを獲得。第2位はRAYBRIG NSX、第3位TAKATA 童夢無限 NSXと上位を占め、
Mobil 1 NSXも第5位と決勝レース、そしてチャンピオンシップの獲得に期待を
持たせた。
 25日(日)の決勝レースでは、Castrol 無限 NSXが他チームを寄せ付けない速
さを見せ、78周目のチェッカーフラッグを受け、最終戦を今季2勝目で飾った。
NSX勢は今シーズン後半の4戦を連続優勝で飾り、持ち前のスピードに磨きが
かけられたことを証明した。
●SUGO GT CHAMPIONSHIP 出場チームと戦績
No.マシン名             エントラント名         ドライバー    予選/決勝
16 Castrol 無限 NSX    Castrol 無限         中子 修   PP/優勝
    道上 龍   
18 TAKATA 童夢無限 NSX 童夢レーシングチーム  金石勝智   3位/失格
                                             脇阪寿一   
64 Mobil 1 NSX         Mobil1 Nakajima Racing トム・コロネル        
    山西康司   5位/R
100 RAYBRIG NSX        チーム国光            高橋国光   2位/R
   with MOONCRAFT       飯田 章
 「無限+童夢プロジェクト」による4チーム4台のN-GT仕様ホンダNSX
は、本大会においてチャンピオンシップの2番手につけるMobil 1 NSXが90kg、
前回優勝を飾ったRAYBRIG NSXが50kg、Castrol 無限 NSXが40kgのハンディ
ウェイトを背負って参戦。
 金曜日のスポーツ走行でも好タイムをマークし、Castrol 無限 NSXを先頭に
RAYBRIG NSX、TAKATA 童夢無限 NSXの順で、1~3位を占め、Mobil 1 NSXは
90kgを背負いながらも、5番手につけた。
○10月24日(土) 公式予選[第1回/10:30~11:30 第2回/15:00~16:00]
 4チームのNSX勢の内、Mobil 1 NSXが90kgのハンディウェイトを考慮し
てハードタイヤを選択し、他の3チームはソフトタイヤを装着して予選の開始を
待った。天気予報では雨が予想されていたが、天候は曇り、コースコンディショ
ンはドライで、公式予選第1回の最初の20分間が、GT500クラスの専用と
して開始された。
 予選開始とともにコースインする他チームを後目にNSX勢はピットで待機
し、コースインのチャンスを伺う。予選開始5分頃、Mobil 1 NSXのトム・コロ
ネル選手がNSX勢のトップを切ってスタート。ウォームアップランの後タイム
アタックに入った。1分24秒台、23秒台半ばで周回後、1分21秒533を
マーク、この時点で第2位に食い込んできた。コロネル選手はその後もタイムア
タックを続けたが、90kgのハンディウェイトのためか、それ以上のタイムアッ
プはできず、結局5番手で最初の20分を終了した。
 続いてTAKATA 童夢無限 NSXの脇阪寿一選手がコースイン。4周目に1分21
秒402をマークし、その時点での2番手に浮上。さらに7周目、1分21秒
082までタイムをつめるが、他のNSX勢に先行され、3番手で最初の20分
を終了した。
 NSX勢の中で最後にコースインした飯田章選手のRAYBRIG NSXは、1分25
秒台で周回した後の3周目、1分21秒台へタイムアップ、さらに4周目真っ先
に21秒を切る1分20秒900をマーク、その時点でトップに位置していた
Castrol 無限 NSXを逆転し、トップに躍り出た。その後も飯田選手はタイムアタ
ックを繰り返したが、タイムアップはならず、再度僚友チームのCastrol 無限
NSXに逆転され、2番手で最初の20分を終了した。
 脇阪選手に続きコースインしたCastrol 無限 NSXの道上龍選手は、3周目にい
きなり2番手に食い込む1分21秒494をマーク、4周目1分21秒146で
トップに立った。その直後、RAYBRIG NSXの飯田選手に逆転されるが、5周目、
道上選手も21秒台を切る1分20秒709をマークし、再び逆転、トップの座
を奪い返した。さらに6周目1分20秒642を記録し、暫定のポールポジショ
ンを手中に収めた。
 GT300クラスが激しいタイム争いを繰り広げた20分間が終了しGT500
/300混走の20分では、それぞれドライバーを交代しスタートしていった。
その中、Castrol 無限 NSXは、道上選手がスタート、1周してピットインをする
と中子選手に交代、決勝レースを想定したドライバー・チェンジの練習を兼ねた
ピットインであった。
 この最後の20分間ではトップチームでタイムアップに成功したチームはな
く、NSX勢は全車コースレコードを更新、暫定ではあるが1~3位を独占した。
 午後3時からの公式予選第2回では、やや上がった気温の影響もあり、NSX
勢ではMobil 1 NSXのコロネル選手が順位こそ変わらなかったが、1分21秒
524とのタイムアップに成功したほかは、午前のタイムを更新できなかった。
 公式予選1~2回を併せた総合結果では、Castrol 無限 NSXが今シーズン3回
目のポールポジションを獲得。RAYBRIG NSX、TAKATA 童夢無限 NSXが2~3位に
続き、Mobil 1 NSXは第5位、3列目からのスタートとなった。
 この結果NSX勢は、昨年から引き続き8戦連続(中止となった第2戦を含め
れば9戦連続:参考記録)で、ポールポジションを獲得。今シーズンは、全ての
レースでコースレコードを更新しながらポールポジションからスタートするとい
う記録を樹立した。
○10月25日(日) 決勝レース[14時03分スタート 78周 出走:41台]
 朝8時15分からのフリー走行でも、RAYBRIG NSX、Castrol 無限 NSX、
TAKATA 童夢無限 NSXが1~3位を占め、今シーズンの全セッションでトップタ
イムを記録するという変わらぬスプリンターぶりを発揮していた。
 ほぼ定刻通りスタート進行が開始され、フォーメーションラップがスタート。
1周後ペースカーがピットロードに入りグリーンフラッグが振られるかと思われ
たが、その隊列に中にMobil 1 NSXがいない。何と最終コーナー出口でストップ
していた。ドライバーのコロネル選手は、下り坂を利用して最終コーナーシケイ
ンにマシンを誘導。安全な位置にマシンを止めた後降りてしまい、そのままリタ
イア。チャンピオンの夢は来年に持ち越されることとなった。
 フォーメーションラップはそのまま続けられ、3周後、81周のレースは減算
され78周となり、"SUGO GT CHAMPIONSHIP"の幕が切って落とされた。
 予選第3位のTAKATA 童夢無限 NSXは脇阪選手のドライブでスタート。2周目
に先行するRAYBRIG NSXの高橋国光監督兼選手をかわし2番手に浮上。後続にス
ープラ勢を引き連れ、トップのCastrol 無限 NSXとともに、1分24秒台のタイ
ムを記録しながらそのポジションをキープしていた。32周目、3位を約5秒離
した状態でルーチンのピットイン。TAKATA 童夢無限 NSXのハンドルを脇阪選手
から受け取った金石選手は、8番手でレースに復帰。その頃上位陣が次々とルー
チンのピットストップを行い、順位が混乱したが、43周目にその時トップの
FK/マッシモセルモスープラがピットストップすると、TAKATA 童夢無限 NSX
はトップに躍り出た。金石選手はしばしば1分23秒台のタイムを記録しながら、
Castrol 無限 NSXを引き連れて快走。51周目には2-3番手の差7秒794、
61周目には13秒903と後続を引き離す。しかし、67周目にSTPタイサ
ンバイパーの車両火災により、セイフティカーが導入され、せっかく稼いだマー
ジンはゼロとなってしまった。
 セイフティカーは72周目の終了時点でピットイン、1列縦隊のマシンによる
残り6周のスプリントレースがスタートした。金石選手はダッシュ良く飛び出し、
トップをキープ。そのまま78周目のチェッカーフラッグをトップで受けた。
 Castrol 無限 NSXは、道上選手のドライブでポールポジションからスタート。
2周目に早くもレースベストラップ1分22秒329を記録しながら一気にダッ
シュし2位以下を引き離す。2番手にTAKATA 童夢無限 NSXを引き連れながらト
ップを快走。TAKATA 童夢無限 NSXのピットストップの後も走り続け、37周目、
2番手に11秒余りの差を付けルーチンのピットストップ。ドライバーを中子選
手に替わった。道上選手の後を受けた中子選手は、6番手でレースに復帰したが、
直ぐに2番手に浮上。TAKATA 童夢無限 NSXの直後につけ、2番手をキープし後
続を引き離していった。中子選手はセイフティカーが退避し再スタートが切られ
たレース終盤でも、1分23秒台をマークし快走を見せたがトップには届かず、
第2位でチェッカーフラッグを受けた。
 高橋国光監督兼選手のドライブでスタートしたRAYBRIG NSXは、序盤3番手で
走行。NSX勢による1-2-3体制を築いていたが、9周目に4番手、13周
目に混戦の中で他チームと接触し、10番手に順位を落とした。29周目、ルー
チンのピットストップ。チームは素早い作業で替わった飯田選手を送り出した。
しかし32周目、2コーナーを回ったところで突然出火。飯田選手は4コーナー
のグリーンにマシンを止め脱出したが、そこでリタイアとなった。飯田選手は両
頬の軽い火傷(1度)と煙を吸い込んだ為、検査入院することとなった。
 レース後の再車検でTAKATA 童夢無限 NSXは、国内競技車両規則第8章第5項
5-3-1違反により失格とされ、2位以下の繰り上げ入賞が発表された。
 この結果、優勝はCastrol 無限 NSXとなった。
○永長真(無限+童夢プロジェクト・リーダー)のコメント
「TAKATA 童夢無限 NSXは、エアボックスに通常では考えられないクラックが発
生し、エアリストリクター以外からフレッシュエアを吸入していると見なされ、
レース後の再車検で失格と判定されたものです。チーム・スタッフやドライバー
のこれまでの努力や苦労を考えると、大変残念な結果となりました。
 プロジェクト全体で見れば、今年1年を通して4チームがセッティングやテス
ト結果の情報を公開するなど、力を併せて開発を進めてきた結果が、後半戦の4
連勝につながってきたと思います。1年間応援していただいた大勢の方々に感謝
するとともに、ご支援いただいた企業の皆様、そしてプロジェクトの無理難題に
文句も言わずに協力していただいたチームの皆様にも感謝の気持ちでいっぱいで
す。ありがとうございました。」
資料提供:無限+童夢プロジェクト
*** FMOTOR4F SysOp 北島滋穂(SDI00685)***

検索

最新ニュース