Archives

  • [—]2017 (37)
  • [+]2016 (639)
  • [+]2015 (714)
  • [+]2014 (655)
  • [+]2013 (623)
  • [+]2012 (621)
  • [+]2011 (484)
  • [+]2010 (554)
  • [+]2009 (522)
  • [+]2008 (467)
  • [+]2007 (596)
  • [+]2006 (530)
  • [+]2005 (460)
  • [+]2004 (304)
  • [+]2003 (454)
  • [+]2002 (454)
  • [+]2001 (217)
  • [+]2000 (408)
  • [+]1999 (376)
  • [+]1998 (465)
  • [+]1997 (424)
  • [+]1996 (1)
  • [+]1995 (425)
  • [+]1994 (411)
  • [+]1993 (423)
  • [+]1992 (519)
  • [+]1991 (423)
  • [+]1990 (250)
  • [+]1970 (1)

ニュース内検索

1997年7月

Formula Nippon

F_Nippon:第5戦(SUGO)直前情報!

フォーミュラ・ニッポン第4戦(SUGO)はまもなく開催!
8月2~3日、スポーツランドSUGOでフォーミュラ・ニッポン第5戦が開
催される。
P.デ・ラ・ロサ2勝、黒澤1勝、虎之介1勝で迎える今回のレースだが、エ
ントリーリストに若干の変更があった。
#21田中哲也のチームが「エーエスケーアスカ」から「ビィブライズARP
アスカ」(ビィブライズ  アスカ)へ。#5M.グーセン車のエンジンがジャド
から無限(尾川自動車)へ。また、ANABUKI童夢無限の監督が松本恵二氏
から田中弘氏に変更になった。オートテックSTELLARは今回#35M.ア
ピチェラのみ。
なお、第6戦から大会の冠パートナーに(株)ソニー・コンピュータエンタテ
インメント「プレイステーション  Formula 1  97」がつくことが決まり、シリ
ーズマークにも「PlayStation」のロゴが加わることになった。
Fニッポンにはシリーズ協賛スポンサーは7社ついているが、冠パートナーは
はじめて。
第5戦エントリー
チーム              車番  ドライバー      車両
------------------------------------------------------------------------------
Le Mans                1  N.フォンタナ    レイナード97D/無限MF308
2  E.トゥエロ      レイナード97D/無限MF308
-----------------------------------------------------------------------------
ASAHI KIKO             3  川本  篤        レイナード96D/無限MF308
------------------------------------------------------------------------------
5ZIGEN                 5  M.グーセン      レイナード96D/無限MF308
6  田嶋栄一        レイナード96D/JUDD KV-II
------------------------------------------------------------------------------
ANABUKI 童夢無限       8  脇阪寿一        童夢F104R    /無限MF308
------------------------------------------------------------------------------
SHIONOGI NOVA          9  P.デ・ラ・ロサ  ローラT97-51 /無限MF308
10  飯田  章        ローラT97-51 /無限MF308
------------------------------------------------------------------------------
CERUMO                11  光貞秀俊        ローラT96-52 /無限MF308
------------------------------------------------------------------------------
TMS                   17  近藤真彦        レイナード97D/無限MF308
18  R.ファーマン    レイナード97D/無限MF308
------------------------------------------------------------------------------
IMPUL                 19  黒澤琢弥        ローラT96-52 /無限MF308
20  影山正彦        ローラT95-50 /無限MF308
------------------------------------------------------------------------------
ビィブライズ  アスカ  21  田中哲也        ローラT95-50 /無限MF308
------------------------------------------------------------------------------
NAVI CONNECTION       27  影山正美        レイナード97D/無限MF308
28  山本勝巳        レイナード96D/無限MF308
------------------------------------------------------------------------------
かもめサービスMIRAI   33  鈴木利男        レイナード97D/無限MF308
------------------------------------------------------------------------------
オートテックSTELLAR   35  M.アピチェラ    レイナード96D/無限MF308
------------------------------------------------------------------------------
タカギB-1             36  玉中哲二        ローラT95-50 /無限MF308
37  山田政夫        ローラT94-50 /無限MF308
------------------------------------------------------------------------------
FUNAI SUPER AGURI     55  金石勝智        レイナード96D/無限MF308
56  本山  哲        レイナード97D/無限MF308
------------------------------------------------------------------------------
SRILANKA LEYJUN       62  戸田哲史        レイナード94改/無限MF308
63  D.マラガムワ    レイナード96D/無限MF308
------------------------------------------------------------------------------
PIAA NAKAJIMA         64  高木虎之介      レイナード97D/無限MF308
65  山西康司        レイナード97D/無限MF308
------------------------------------------------------------------------------
情報:日本レースプロモーション(JRP)
<< FMOTOR4F SysOp 北島滋穂(SDI00685)>>

その他

日産R390GT1、7/31に鈴鹿で公開テスト

        SUZUKA CIRCUIT
NEWS
         日産R390GT1
         公開テストのご案内
 来る、7月31日(木)ルマン24時間レースで大活躍した日産R39OGT1の公開
テストが鈴鹿サーキット国際レーシングコースで行われます。このテスト走
行は遊園地入園料でグランドスタンド席からご覧頂けます。
             記
    走行日時: 7月31日(木)    8:00~10:00
                    14:00~15:00
      会場: 鈴鹿サーキット国際レーシングコース
    参加車両: 日産R39OGT1
   ドライバー: 星野一義選手
     その他: 遊園地入園料でご覧いただけます。
             入園料:大人1,600円
                 子供  800円
                                以上
    資料提供:鈴鹿サーキットランド

スーパーN1耐久

GT&N1:十勝24時間レース結果

十勝24時間レース -RIJ- (1997-07-27) Provisional Race Results
For Tokachi 24hours Race 十勝モーターパーク(J) : 5.100km
P No. Driver(s)--------------------- Car--------- Lap --- Time--- -km/h--
1   3 田中哲也/鈴木亜久里/影山正彦   Skyline GT-R 607 24:00'19.956 128.958
2  32 横島久/竹内浩典/中川隆正       Skyline GT-R 586    -  21Laps       
3  19 川崎哲哉/木下隆之/福蔦稔大雨宮 Skyline GT-R 583    -  24Laps       
4   9 大西太一郎/羽根幸浩/河野尚裕        Porsche 581    -  26Laps       
5  23 砂子智彦/福山栄郎/山田英二     Skyline GT-R 578    -  29Laps       
6  52 西垣内正義/渡辺明/田嶋栄一     Honda Civic  558    -  49Laps       
7  29 中谷誠志/大橋正澄/高木雅宏/松浦 Honda Intg. 556    -  51Laps       
8   7 元谷宏大/黒木健次/檜井保孝/荒川雅彦 Prelude 556    -  51Laps       
9  56 太田雄介/山本泰吉/岩佐実/小原健一    Civic  552    -  55Laps       
10  13 木下みつひろ/菊地靖/藤村満男   Skyline GT-R 550    -  57Laps       
11  36 村尾真吾/舘信吾/藤田隆之/高木真Toyot.Cerica 547    -  60Laps       
12  51 池谷勝則/野地廣行/石原将光/須賀   Porsche   537    -  70Laps       
13  53 原貴彦/小林敬一/光貞秀俊       Honda Civic  535    -  72Laps       
14  28 佐藤清治/関谷輝明/佐藤淳/藤島誠Honda Integ. 532    -  75Laps       
15  54 山内伸弥/浅見武/小林正吾       Honda Civic  528    -  79Laps       
16  17 小島康/辻利彦/石井裕司/藤村照行Honda Integ. 525    -  82Laps       
17  89 茂古沼哲司/上見優/平林暁仁/斎藤学    Civic  521    -  86Laps       
18   1 粕谷俊二/河合博之/見崎清志     Skyline GT-R 508    -  99Laps       
19  22 古橋譲/日下部保雄/大久保健治   Honda Integ. 508    -  99Laps       
20  33 村松康生/三好正己/瀬在仁志/桂伸 Mits.Lancer 507    - 100Laps      
21  39 井田雅彦/磯田尚孝/山本弘幸     Honda Integ. 507    - 100Laps      
22  72 佐藤悦久/西海文一/植松洋二/石橋卓弥  Civic  482    - 125Laps      
23  20 小川日出生/細野智行/小林且雄/大橋昌  Lancer 456    - 151Laps      
24  27 長嶋正興/牧口規雄/松田秀士/志村久 BMW M3    439    - 168Laps      
----------------------------- DNC ----------------------------------------
35 青砥浩史/中村啓/大野尊久/中川清 Toyota MR2  317    - 290Laps      
10 飯田薫/高橋廣行/高橋秀行/高橋浩   Porsche   291    - 316Laps      
30 茂木和男/山田洋二/岡田秀樹/佐藤浩 Porsche   499    - 108Laps      
910 袖山誠一/山中智博/塩見勝治/小宮延雄 Porsche 175    - 432Laps      
8 高橋昌志/佐藤誠/宮本善之/大谷恭嗣    Integ. 158    - 449Laps      
95 市嶋樹/小幡栄/織戸学/玉本秀幸  Honda Civic  127    - 480Laps      
**************************************************************************
* Fastest Laptime : 2'06.260 (145.41 km/h)  #30   On 398/499 Lap
           提供:竹下 恵一郎(JCG00146)/十勝
         * FMOTOR4_SysOp 新倉芳夫 (SDI00686)-RIJ *

スーパーN1耐久

GT&N1:十勝24時間/20時間途中経過

十勝24時間レース -RIJ- (1997-07-27) 20/24hours
For Tokachi 24hours Race 十勝モーターパーク(J) : 5.100km
P No. Driver(s)--------------------- Car--------- Lap --- Time--- -km/h--
1   3 田中哲也/鈴木亜久里/影山正彦   Skyline GT-R 509 20:01'42.716 129.610
2  32 横島久/竹内浩典/中川隆正       Skyline GT-R 490    -  19Laps
3  19 川崎哲哉/木下隆之/福蔦稔大雨宮 Skyline GT-R 487    -  22Laps
4   9 大西太一郎/羽根幸浩/河野尚裕        Porsche 484    -  25Laps
5  23 砂子智彦/福山栄郎/山田英二     Skyline GT-R 481    -  28Laps
6  52 西垣内正義/渡辺明/田嶋栄一     Honda Civic  465    -  44Laps
7  29 中谷誠志/大橋正澄/高木雅宏/松浦 Honda Intg. 462    -  47Laps
8   7 元谷宏大/黒木健次/檜井保孝/荒川雅彦 Prelude 461    -  48Laps
9  56 太田雄介/山本泰吉/岩佐実/小原健一    Civic  459    -  50Laps
10  30 茂木和男/山田洋二/岡田秀樹/佐藤浩 Porsche   458    -  51Laps
11  36 村尾真吾/舘信吾/藤田隆之/高木真Toyot.Cerica 456    -  53Laps
12  33 村松康生/三好正己/瀬在仁志/桂伸 Mits.Lancer 454    -  55Laps
13  13 木下みつひろ/菊地靖/藤村満男   Skyline GT-R 453    -  56Laps
14  53 原貴彦/小林敬一/光貞秀俊       Honda Civic  450    -  59Laps
15  51 池谷勝則/野地廣行/石原将光/須賀   Porsche   446    -  63Laps
16  17 小島康/辻利彦/石井裕司/藤村照行Honda Integ. 427    -  82Laps
17  54 山内伸弥/浅見武/小林正吾       Honda Civic  439    -  70Laps
18  28 佐藤清治/関谷輝明/佐藤淳/藤島誠Honda Integ. 439    -  70Laps
19  27 長嶋正興/牧口規雄/松田秀士/志村久 BMW M3    436    -  73Laps
20  89 茂古沼哲司/上見優/平林暁仁/斎藤学    Civic  434    -  75Laps
・  
・
**************************************************************************
           提供:竹下 恵一郎(JCG00146)/十勝
         * FMOTOR4_SysOp 新倉芳夫 (SDI00686)-RIJ *

スーパーN1耐久

GT&N1:十勝24時間/16時間途中経過

十勝24時間レース -RIJ- (1997-07-27) 16/24hours
For Tokachi 24hours Race 十勝モーターパーク(J) : 5.100km
P No. Driver(s)--------------------- Car--------- Lap --- Time--- -km/h--
1   3 田中哲也/鈴木亜久里/影山正彦   Skyline GT-R 405 16:00'05.759 129.081
2  32 横島久/竹内浩典/中川隆正       Skyline GT-R 391    -  14Laps       
3  19 川崎哲哉/木下隆之/福蔦稔大雨宮 Skyline GT-R 388    -  17Laps       
4  23 砂子智彦/福山栄郎/山田英二     Skyline GT-R 388    -  17Laps       
5   9 大西太一郎/羽根幸浩/河野尚裕        Porsche 382    -  23Laps       
6  30 茂木和男/山田洋二/岡田秀樹/佐藤浩 Porsche   375    -  30Laps       
7  51 池谷勝則/野地廣行/石原将光/須賀   Porsche   373    -  32Laps       
8  27 長嶋正興/牧口規雄/松田秀士/志村久 BMW M3    373    -  32Laps       
9  52 西垣内正義/渡辺明/田嶋栄一     Honda Civic  371    -  34Laps       
10  29 中谷誠志/大橋正澄/高木雅宏/松浦 Honda Intg. 368    -  37Laps       
11   7 元谷宏大/黒木健次/檜井保孝/荒川雅彦 Prelude 365    -  40Laps       
12  56 太田雄介/山本泰吉/岩佐実/小原健一    Civic  364    -  41Laps       
13  36 村尾真吾/舘信吾/藤田隆之/高木真Toyot.Cerica 361    -  44Laps       
14  33 村松康生/三好正己/瀬在仁志/桂伸 Mits.Lancer 360    -  45Laps       
15  53 原貴彦/小林敬一/光貞秀俊       Honda Civic  358    -  47Laps       
16  13 木下みつひろ/菊地靖/藤村満男   Skyline GT-R 356    -  49Laps       
17  28 佐藤清治/関谷輝明/佐藤淳/藤島誠Honda Integ. 349    -  56Laps       
18  17 小島康/辻利彦/石井裕司/藤村照行Honda Integ. 348    -  57Laps       
19  54 山内伸弥/浅見武/小林正吾       Honda Civic  345    -  60Laps       
20  89 茂古沼哲司/上見優/平林暁仁/斎藤学    Civic  345    -  60Laps       
・  
・
**************************************************************************
           提供:竹下 恵一郎(JCG00146)/十勝
         * FMOTOR4_SysOp 新倉芳夫 (SDI00686)-RIJ *

スーパーN1耐久

GT&N1:十勝24時間/12時間途中経過

十勝24時間レース -RIJ- (1997-07-26) 12/24hours
For Tokachi 24hours Race 十勝モーターパーク(J) : 5.100km
P No. Driver(s)--------------------- Car--------- Lap --- Time--- -km/h--
1   3 田中哲也/鈴木亜久里/影山正彦   Skyline GT-R 304 12:03'39.364 128.547
2  32 横島久/竹内浩典/中川隆正       Skyline GT-R 293    -  11Laps
3  19 川崎哲哉/木下隆之/福蔦稔大/雨宮Skyline GT-R 290    -  14Laps
4  23 砂子智彦/福山栄郎/山田英二     Skyline GT-R 289    -  15Laps
5   9 大西太一郎/羽根幸浩/河野尚裕        Porsche 286    -  18Laps
6  30 茂木和男/山田洋二/岡田秀樹/佐藤浩 Porsche   286    -  18Laps
7  52 西垣内正義/渡辺明/田嶋栄一     Honda Civic  280    -  24Laps
8  27 長嶋正興/牧口規雄/松田秀士/志村久 BMW M3    279    -  25Laps
9  36 村尾真吾/舘信吾/藤田隆之/高木真Toyot.Cerica 278    -  26Laps
10   7 元谷宏大/黒木健次/檜井保孝/荒川雅彦 Prelude 278    -  26Laps
11  51 池谷勝則/野地廣行/石原将光/須賀   Porsche   277    -  27Laps
12  29 中谷誠志/大橋正澄/高木雅宏/松浦 Honda Intg. 276    -  28Laps
13  56 太田雄介/山本泰吉/岩佐実/小原健一    Civic  271    -  33Laps
14  53 原貴彦/小林敬一/光貞秀俊       Honda Civic  271    -  33Laps
15  33 村松康生/三好正己/瀬在仁志/桂伸 Mits.Lancer 269    -  35Laps
16  17 小島康/辻利彦/石井裕司/藤村照行Honda Integ. 266    -  38Laps
17  28 佐藤清治/関谷輝明/佐藤淳/藤島誠Honda Integ. 259    -  45Laps
18  22 古橋譲/日下部保雄/大久保健治   Honda Integ. 259    -  45Laps
19  89 茂古沼哲司/上見優/平林暁仁/斎藤学    Civic  259    -  45Laps
20  39 井田雅彦/磯田尚孝/山本弘幸     Honda Integ. 259    -  45Laps
21  13 木下みつひろ/菊地靖/藤村満男   Skyline GT-R 258    -  46Laps
22  54 山内伸弥/浅見武/小林正吾       Honda Civic  255    -  49Laps
23  72 佐藤悦久/西海文一/植松洋二/石橋卓弥  Civic  251    -  53Laps
24  20 小川日出生/細野智行/小林且雄/大橋昌  Lancer 230    -  74Laps
25   1 粕谷俊二/河合博之/見崎清志     Skyline GT-R 225    -  79Laps
26  35 青砥浩史/中村啓/大野尊久/中川清 Toyota MR2  193    - 111Laps
27 910 袖山誠一/山中智博/塩見勝治/小宮延雄 Porsche 175    - 129Laps
28   8 高橋昌志/佐藤誠/宮本善之/大谷恭嗣    Integ. 158    - 146Laps
29  10 飯田薫/高橋廣行/高橋秀行/高橋浩   Porsche   131    - 173Laps
30  95 市嶋樹/小幡栄/織戸学/玉本秀幸  Honda Civic  127    - 177Laps
**************************************************************************
           提供:竹下 恵一郎(JCG00146)/十勝
         * FMOTOR4_SysOp 新倉芳夫 (SDI00686)-RIJ *

スーパーN1耐久

GT&N1:十勝24時間/8時間途中経過

十勝24時間レース -RIJ- (1997-07-26) 8/24hours
For Tokachi 24hours Race 十勝モーターパーク(J) : 5.100km
P No. Driver(s)--------------------- Car--------- Lap -- Time--- -km/h--
1   3 田中哲也/鈴木亜久里/影山正彦   Skyline GT-R 209 8:00'54.766 132.985
2  30 茂木和男/山田洋二/岡田秀樹/佐藤浩 Porsche   203    -  6Laps        
3  32 横島久/竹内浩典/中川隆正       Skyline GT-R 200    -  9Laps        
4  23 砂子智彦/福山栄郎/山田英二     Skyline GT-R 198    - 11Laps       
5  19 川崎哲哉/木下隆之/福蔦稔大雨宮 Skyline GT-R 197    - 12Laps       
6   9 大西太一郎/羽根幸浩/河野尚裕        Porsche 197    - 12Laps       
7  27 長嶋正興/牧口規雄/松田秀士/志村久 BMW M3    190    - 19Laps       
8  51 池谷勝則/野地廣行/石原将光/須賀   Porsche   189    - 20Laps       
9  52 西垣内正義/渡辺明/田嶋栄一     Honda Civic  189    - 20Laps       
10  36 村尾真吾/舘信吾/藤田隆之/高木真Toyot.Cerica 188    - 21Laps       
11  56 太田雄介/山本泰吉/岩佐実/小原健一    Civic  187    - 22Laps       
12   7 元谷宏大/黒木健次/檜井保孝/荒川雅彦 Prelude 187    - 22Laps       
13  29 中谷誠志/大橋正澄/高木雅宏/松浦 Honda Intg. 187    - 22Laps       
14  20 小川日出生/細野智行/小林且雄/大橋昌  Lancer 185    - 24Laps       
15  28 佐藤清治/関谷輝明/佐藤淳/藤島誠Honda Integ. 182    - 27Laps       
16  53 原貴彦/小林敬一/光貞秀俊       Honda Civic  182    - 27Laps       
17  17 小島康/辻利彦/石井裕司/藤村照行Honda Integ. 179    - 30Laps       
18  33 村松康生/三好正己/瀬在仁志/桂伸 Mits.Lancer 178    - 31Laps       
19  89 茂古沼哲司/上見優/平林暁仁/斎藤学    Civic  176    - 33Laps       
20 910 袖山誠一/山中智博/塩見勝治/小宮延雄 Porsche 175    - 34Laps       
・			  
・
**************************************************************************
           提供:竹下 恵一郎(JCG00146)/十勝
         * FMOTOR4_SysOp 新倉芳夫 (SDI00686)-RIJ *

スーパーN1耐久

GT&N1:十勝24時間/4時間途中経過

十勝24時間レース -RIJ- (1997-07-26) 4/24hours
For Tokachi 24hours Race 十勝モーターパーク(J) : 5.100km
P No. Driver(s)--------------------- Car--------- Lap -- Time--- -km/h--
1   3 田中哲也/鈴木亜久里/影山正彦   Skyline GT-R 108 4:01'35.637 136.792
2  30 茂木和男/山田洋二/岡田秀樹/佐藤浩 Porsche   107    -  1Lap         
3  10 飯田薫/高橋廣行/高橋秀行/高橋浩   Porsche   103    -  5Laps        
4  32 横島久/竹内浩典/中川隆正       Skyline GT-R 102    -  6Laps        
5  19 川崎哲哉/木下隆之/福蔦稔大雨宮 Skyline GT-R 101    -  7Laps        
6  23 砂子智彦/福山栄郎/山田英二     Skyline GT-R 100    -  8Laps        
7  13 木下みつひろ/菊地靖/藤村満男   Skyline GT-R 100    -  8Laps        
8 910 袖山誠一/山中智博/塩見勝治/小宮延雄 Porsche  99    -  9Laps        
9   9 大西太一郎/羽根幸浩/河野尚裕        Porsche  98    - 10Laps       
10  51 池谷勝則/野地廣行/石原将光/須賀   Porsche    98    - 10Laps       
11  27 長嶋正興/牧口規雄/松田秀士/志村久 BMW M3     97    - 11Laps       
12  33 村松康生/三好正己/瀬在仁志/桂伸 Mits.Lancer  96    - 12Laps       
13  52 西垣内正義/渡辺明/田嶋栄一     Honda Civic   96    - 12Laps       
14  56 太田雄介/山本泰吉/岩佐実/小原健一    Civic   95    - 13Laps       
15  29 中谷誠志/大橋正澄/高木雅宏/松浦 Honda Intg.  95    - 13Laps       
16   7 元谷宏大/黒木健次/檜井保孝/荒川雅彦 Prelude  95    - 13Laps       
17  28 佐藤清治/関谷輝明/佐藤淳/藤島誠Honda Integ.  94    - 14Laps       
18  95 市嶋樹/小幡栄/織戸学/玉本秀幸  Honda Civic   94    - 14Laps       
19  20 小川日出生/細野智行/小林且雄/大橋昌  Lancer  94    - 14Laps       
20  36 村尾真吾/舘信吾/藤田隆之/高木真Toyot.Cerica  93    - 15Laps       
・
・
**************************************************************************
           提供:竹下 恵一郎(JCG00146)/十勝
         * FMOTOR4_SysOp 新倉芳夫 (SDI00686)-RIJ *

スーパーN1耐久

GT&N1:十勝24時間レース予選結果

十勝24時間レース -RIJ- (1997-07-25) Qualify-Session
For Tokachi 24hours Race 十勝モーターパーク(J) : 5.100km
P No. Driver(s)--------------------- Car--------- Best-LapT ---Behind -km/h--
1   3 田中哲也/鈴木亜久里/影山正彦   Skyline GT-R  2'05.069         146.799
2  30 茂木和男/山田洋二/岡田秀樹/佐藤浩 Porsche    2'05.581   0.512 146.200
3  10 飯田薫/高橋廣行/高橋秀行/高橋浩   Porsche    2'09.787   4.718 141.463
4  51 池谷勝則/野地廣行/石原将光/須賀   Porsche    2'12.482   7.413 138.585
5  32 横島久/竹内浩典/中川隆正       Skyline GT-R  2'12.962   7.893 138.085
6  23 砂子智彦/福山栄郎/山田英二     Skyline GT-R  2'14.898   9.829 136.103
7  19 川崎哲哉/木下隆之/福蔦稔大雨宮 Skyline GT-R  2'15.085  10.016 135.914
8  13 木下みつひろ/菊地靖/藤村満男   Skyline GT-R  2'16.220  11.151 134.782
9  33 村松康生/三好正己/瀬在仁志/桂伸 Mits.Lancer  2'22.216  17.147 129.099
10  36 村尾真吾/舘信吾/藤田隆之/高木真Toyot.Cerica  2'22.576  17.507 128.773
11  20 小川日出生/細野智行/小林且雄/大橋昌  Lancer  2'23.028  17.959 128.366
12  27 長嶋正興/牧口規雄/松田秀士/志村久 BMW M3     2'24.672  19.603 126.908
13  29 中谷誠志/大橋正澄/高木雅宏/松浦 Honda Intg.  2'25.097  20.028 126.536
14  52 西垣内正義/渡辺明/田嶋栄一     Honda Civic   2'26.814  21.745 125.056
15  35 青砥浩史/中村啓/大野尊久/中川清 Toyota MR2   2'26.976  21.907 124.918
16   7 元谷宏大/黒木健次/檜井保孝/荒川雅彦 Prelude  2'27.326  22.257 124.622
17  54 山内伸弥/浅見武/小林正吾       Honda Civic   2'27.385  22.316 124.572
18  28 佐藤清治/関谷輝明/佐藤淳/藤島誠Honda Integ.  2'27.874  22.805 124.160
19  22 古橋譲/日下部保雄/大久保健治   Honda Integ.  2'28.227  23.158 123.864
20  53 原貴彦/小林敬一/光貞秀俊       Honda Civic   2'28.355  23.286 123.757
21  39 井田雅彦/磯田尚孝/山本弘幸     Honda Integ.  2'28.441  23.372 123.686
22  17 小島康/辻利彦/石井裕司/藤村照行Honda Integ.  2'28.579  23.510 123.571
23  72 佐藤悦久/西海文一/植松洋二/石橋卓弥  Civic   2'28.891  23.822 123.312
24  89 茂古沼哲司/上見優/平林暁仁/斎藤学    Civic   2'29.021  23.952 123.204
25  95 市嶋樹/小幡栄/織戸学/玉本秀幸  Honda Civic   2'29.800  24.731 122.563
26   8 高橋昌志/佐藤誠/宮本善之/大谷恭嗣    Integ.  2'33.075  28.006 119.941
------------------------------- DNQ ----------------------------------------
1 粕谷俊二/河合博之/見崎清志     Skyline GT-R  2'14.169   9.100 136.842
56 太田雄介/山本泰吉/岩佐実/小原健一    Civic   2'26.272  21.203 125.520
910 袖山誠一/山中智博/塩見勝治/小宮延雄 Porsche  2'36.531  31.462 117.293
9 大西太一郎/羽根幸浩/河野尚裕        Porsche  -------
****************************************************************************
           提供:竹下 恵一郎(JCG00146)/十勝
         * FMOTOR4_SysOp 新倉芳夫 (SDI00686)-RIJ *

Formula Nippon

F_Nippon:SUGO公式走行会結果

7月15、16日の2日間にわたり、スボーツランドSUG0において行わ
れた。フォーミュラ・二ッポン第4回公式走行会は、2日間の総合でファーマ
ン(TMS)がトップタイムを叩き出した。
F1テストのためN.フォンタナ(LeMans)は不参加。A.G‐スコッ
ト(オートテックSTELLAR)もFIA‐GTテストのため参加せず。代
わって中谷明彦が参加した。また、5ZlGENは、車両が1台のため、1日
目はM.グーセン、2日目は田鳴栄一が走行した。
SESSON1 7/15 am 天候:晴れ  コース:ドライ
SESSON2 7/15 pm 天候:晴れ  コース:ドライ
SESSON3 7/16 am 天候:曇り  コース:ウェット→ドライ
SESSON4 7/16 pm 天候:曇り  コース:ドライ
●タイム(2日間のベストタイム順)*Best Time
P.-No.Name-----------Team------------Time Ses.1----Ses.2----Ses.3----Ses.4---
1 18 R.ファーマン   TMS                  1'11.156 1'09.954 1'11.823*1'08.740
2 65 高木虎之介     PIAA NAKAJIMA        1'11.569*1'08.961 1'10.386 1'09.057
3 19 黒澤琢弥       IMPUL                1'11.179 1'09.331 1'10.920*1'09.098
4 20 影山正彦       IMPUL                1'11.326 1'09.490 1'10.934*1'09.325
5 55 金石勝智       FUNAI SUPER AGURI    1'12.226 1'10.171 1'10.298*1'09.331
6  9 P.デ・ラ・ロサ SHIONOGI NOVA        1'11.161 1'09.851 1'10.825*1'09.626
7 11 光貞秀俊       CERUMO               1'14.161 -------- 1'12.482*1'09.908
8  2 E.トゥエロ     LeMans               1'12.074*1'10.115 1'12.469 1'11.063
9 64 山西康司       PIAA NAKAJIMA        1'13.583 1'10.897 1'20.586*1'10.325
10 27 影山正美       NAVI CONNECTION      1'11.836 1'10.623 1'10.830*1'10.337
11 28 山本勝巳       NAVI CONNECTION      1'12.845 1'11.981 --------*1'10.409
12 10 飯田  章       SHIONOGI NOVA        1'12.341 1'10.553 1'11.157*1'10.485
13 56 本山  哲       FUNAI SUPER AGURI    1'12.306 1'11.244 1'11.683*1'10.600
14  8 脇阪寿一       ANABUKI 童夢無限     1'13.010*1'10.631 1'12.038 1'10.712
15 33 鈴木利男       かもめサービスMIRAI  1'12.500 1'10.962 1'11.783*1'10.722
16 17 近藤真彦       TMS                  1'13.560 1'11.920 1'13.205*1'10.877
17 35 M.アピチェラ   オートテックSTELLAR  1'12.589 1'11.263 1'12.922*1'10.910
18  5 M.グーセン     5ZIGEN               1'11.534*1'10.937 -------- --------
19 21 田中哲也       エーエスケーアスカ   1'12.477 1'11.395 1'12.229*1'10.958
20  3 川本  篤       ASAHI KIKO           1'13.749 1'12.326 1'12.933*1'11.379
21  6 田嶋栄一       5ZIGEN               -------- -------- 1'14.057*1'11.755
22 36 玉中哲二       タカギB-1            1'16.515 1'13.851 1'14.758*1'13.184
23 62 戸田哲史       SRILANKA LEYJUN      1'15.991 1'16.479 1'16.505*1'13.517
24 63 D.マラガムワ   SRILANKA LEYJUN      1'19.294 1'16.143 1'25.044*1'14.887
25 34 中谷明彦       オートテックSTELLAR  --------*1'15.439 1'17.527 1'18.975
●使用マシン
P.-No.Name-----------Team-----------------シャーシ/エンジン--------------
1 18 R.ファーマン   TMS                 レイナード97D/無限MF308
2 65 高木虎之介     PIAA NAKAJIMA       レイナード97D/無限MF308
3 19 黒澤琢弥       IMPUL               ローラT96-52 /無限MF308
4 20 影山正彦       IMPUL               ローラT95-50 /無限MF308
5 55 金石勝智       FUNAI SUPER AGURI   レイナード96D/無限MF308
6  9 P.デ・ラ・ロサ SHIONOGI NOVA       ローラT97-51 /無限MF308
7 11 光貞秀俊       CERUMO              ローラT96-52 /無限MF308
8  2 E.トゥエロ     LeMans              レイナード97D/無限MF308
9 64 山西康司       PIAA NAKAJIMA       レイナード97D/無限MF308
10 27 影山正美       NAVI CONNECTION     レイナード97D/無限MF308
11 28 山本勝巳       NAVI CONNECTION     レイナード96D/無限MF308
12 10 飯田  章       SHIONOGI NOVA       ローラT97-51 /無限MF308
13 56 本山  哲       FUNAI SUPER AGURI   レイナード97D/無限MF308
14  8 脇阪寿一       ANABUKI 童夢無限    童夢F104R    /無限MF308
15 33 鈴木利男       かもめサービスMIRAI レイナード97D/無限MF308
16 17 近藤真彦       TMS                 レイナード97D/無限MF308
17 35 M.アピチェラ   オートテックSTELLAR レイナード96D/無限MF308
18  5 M.グーセン     5ZIGEN              レイナード96D/JUDDKV-II
19 21 田中哲也       エーエスケーアスカ  ローラT95-50 /無限MF308
20  3 川本  篤       ASAHI KIKO          レイナード96D/無限MF308
21  6 田嶋栄一       5ZIGEN              レイナード96D/JUDDKV-II
22 36 玉中哲二       タカギB-1           ローラT95-50 /無限MF308
23 62 戸田哲史       SRILANKA LEYJUN     レイナード94改/無限MF308
24 63 D.マラガムワ   SRILANKA LEYJUN     レイナード96D/無限MF308
25 34 中谷明彦       オートテックSTELLAR ローラT96-51 /無限MF308
情報提供:JRP  フォーミュラ・ニッポン事業本部
<< FMOTOR4F SysOp 北島滋穂(SDI00685) >>

Japan Touring Car Championship

JTCC-Rd9/10:MINE・ホンダリリース

                            1997年7月14日
   1997 JAPAN TOURING CAR CHAMPIONSHIP SERIES ROUND 9/10
       ホンダ・アコード、中子選手、
    第9~10戦を連覇、ランキングトップに浮上!
   ~ホンダ・アコード 2戦連続 1-2フィニッシュ~
 ●開催日 : 1997年7月12~13日
 ●会 場 : 山口県 セントラルパークMlNEサーキット
 ●コース全長:3.23896km  ●周回数 : 31周(第9/10戦共)
 ●天 候 : 予選日/雨         決勝日/曇り後晴れ
 ●気 温 : 予選日/22.5℃(15時)   決勝日/28℃(15時)
 ●観客数 : 21,100人(決勝日/主催者発表)
  西日本を覆った雨雲が去り、晴れ間も見える7月10日、1997年全日本ツーリ
ングカー選手権第9戦・第10戦「CENTRAL PARK MINE SUPER TOURlNG CAR RACE」
決勝レースが、山ロ県セントラルパークMINEサーキットにおいて開催された。
 ホンダ・アコード勢は、中子選手が第9戦・第10戦を連覇、ドライバーズラン
キングのトップに浮上。他のアコード勢も道上選手が2戦連続の2位を獲得し、
岡田選手と黒澤選手も第10戦において5~6位を獲得した。この結果アコード
勢は、ドライバー/チームともにランキングのトップを堅持している。
○本大会に出場したアコード勢
 選手名     車 名        エントラント
 中子 修選手  Castrol無限ACCORD   TEAM無限HONDA
 黒澤琢弥選手  PlAA SN ACCORD     TEAM無限HONDA
 道上 龍選手  ジヤックスMCアコード TEAM MOONCLAFT with 無限HONDA
 岡田秀樹選手  Gathers童夢ACCORD   TEAM MOONCRAFT with 無限HONDA
○本大会の戦績
         第9戦       第l0戦
         予選 決勝     予選 決勝
 中子修選手   9位 優勝     7位 優勝
 黒澤琢弥選手  l0位 R      12位 6位
 道上 龍選手  4位 2位     3位 2位
 岡田秀樹遺手  2位 R      2位 5位
○7月12日(土) 公式予選:第1回/11:50~12:20
             第2回/15:00~15:30 出走18台
 小雨になったとはいえ降り続く雨の中、コースオープン前からピット出口lこ
各車が並び、11時50分、定刻通り公式予選第1回がスタート。
 アコード勢のトップを切ってコースインした岡田選手は、4周目、1分41秒95
3でこの時点の2番手に立ち、5周目、1分40秒953でトップに立った。その後も
岡田選手は走行を続け1分40秒939にまでつめピットイン、タイヤを前後入れ替
え再度コースに戻ったが、この間に他チームに逆転されてしまった。岡田選手
は再逆転を狙ってアタックを続けたが、このころより雨が強まり、結局第2位
で公式予選第1回を終了した。岡田選手はスーパーツーリング参戦以来初のフ
ロントローからのスタートとなった。
 道上選手は、序盤6~7番手のタイムで走行していたが、17分過ぎ、1分41
秒154で4番手に浮上。そのまま予選を終了し、明日の第9戦は2列目からのス
タートとなった。
 中子選手は予選開始後9分頃スタート。途中ピットに戻りフロントにニュー
タイヤ、使用していたフロントタイヤをリアlこ取り付け、再度アタックにコ一
スインしたが、9位で予選第1回を終了した。
 黒澤選手は予選開始早々からコ一スイン、途中セッティングを変更するな
ど、積極的にアタックしたが、10番手で予選第1回を終了した。
 第9戦のポ一ルポジションは、60kgのハンディウェイトを積んだ本山選手が
岡田選手を逆転し、1分40秒735で獲得した。
 午後の公式予選第2回、インターバルの間に雨は止んだものの、コース上は
ウェットコンデイションのまま、各車レインタイヤでスタ一ト。
 今回も岡田選手がアコード勢のトップでコースイン2周目に1分41秒台を記
録しトップに立ち、さらに4周目、1分40秒691を記録してピットイン。タイヤ
を前後入れ替え再スタート。この間に本山選手が1分39秒894と好タイムをマー
ク、トップに躍り出た。2番手となった岡田選手は懸命のアタックを続けた
が、残り7分頃から再び雨が降り始め、結局1分40秒630の第2位で公式予選第
2回を終了。2戦連続のフロントローを獲得した。
 道上選手は、予選開始早々に1度は岡田選手を上回りトップに立ったが、そ
の後逆転され4番手、雨の降り出す直前に1分40秒747で3番手を確保。再び降
り始めた雨のため予選時間4分を残して第2回の公式予選を終了した。
 他のアコード勢は、中子選手が7位、黒澤選手はセッティングに苦しみ12位
で予選第2回を終了した。
 第10戦のポールポジションは、2戦連続で本山選手が獲得した。
○第9戦 13:18スタート 31周 出走18台 完走10台
 一週間降り続いていた雨もようやくあがり時折薄日がさす中、定刻よりわず
かに遅れてスタート進行が開始され、1周フォーメーションラップの後、第9
戦の幕が切って落とされた。
 9番手スタートの中子選手は、序盤そのポジションをキープしていたが、5
周をすぎた頃から追撃を開始。10周目に6番手、11周目に5番手と次々に先行
車をかわし、14周目には1コーナーで僚友岡田選手をパスして4番手、16周目
には金石選手とサイド・.バイ・サイドの激しい争いを繰り広げ3位に浮上。さ
らに追撃の手を緩めぬ中子選手は、22周目に道上選手をパス、トップを走る本
山選手に迫っていった。
 28周目、バックストレッチでテール・トゥ・ノーズとなると第2コーナーで
一気にパス、そのまま後続を引き離しながら31周を走りきり、トップでチェッ
カーフラッグを受け、出走18台中完走10台と荒れたレ一スを制し、今季2勝目
を飾った。
 予選4番手セカンドローからスタートした道上選手は、好スタートを切り第
1コーナーで2番手に浮上、3周目にはレースベストラッブ1分32秒812をマー
クし健闘していた。その後22周目に中子選手にパスされ3番手となるものの、
そのポジションをキープ。3番手のままチェッカーフラッグを受けた。しか
し、ゴール後の再車検で2番手ゴールの本山選手の車両が、「全日本ツーリン
グカー選手権統ー規則第11条、及び第15条違反により失格」と裁定が下り、道
上選手は第2位と認定された。
 フロントローからスタートした岡田選手は、中盤まで3番手で健闘していた
が、14周目に5番手に後退。そして21周目に他車の撒いたオイルに乗りコース
アウト。残念ながらリタイアとなった。
 9番手スタートの黒澤選手は、第1コーナーまでに8番手に浮上し前車を追
っていたが、5周目、第1コーナーで関谷選手に追突。10秒間のペナルティス
トップを科せられてしまった。黒澤選手はペナルティストップ後再走したもの
の、15周目に再びピットイン。フロント部分の修復のためリタイアとなった。
○第10戦 15:27スタート 31周 出走16台 完走15台
 続く第10戦のスタート進行は、リタイア車の回収や失格の栽定などで予定よ
り遅れ、15時27分、第10戦の幕は切って落とされた。天候は晴れとなり気温は2
8℃にまで上がっていた。
 7番手からスタートした中子選手は、序盤から猛チャージをかけ2周目6番
手、3周目5番手、7周目4番手とレ一スベストラップ1分33秒069(5周目)
をマークしながら次々に先行車をパス、順位を上げていった。その後11周目岡
田選手をパスすると、12周目には道上選手も第1コーナーでパスし2番手に浮
上。13周目にはトップを走る本山選手をも第1コーナーで鮮やかにパス、つい
にトップに立った。その後も中子選手は走りを緩めず21周目には2番手に4秒5
81の差を付け独走状態に持ち込んだ。結局中子選手は5秒872の差でチェッカー
フラッグを受け、今季初の2連勝を飾った。
 予選3番手からスタートした道上選手は、4番手で1周目を終了したが2周
目には3番手に返り咲き、11周目、中子選手とともに岡田選手をかわし2番手
に浮上。次周、中子選手にパスされ3番手となるものの、13周日に本山選手を
パスし再び2番手。そのままポジションをキープし、2戦連続の2位入賞を果
たした。
 予選2番手からスタートした岡田選手は、10周目までポジションをキープし
ていたが、11周目に中子/道上両選手にかわされ4番手。19周目にクルム選手
にもパスされ5番手となったが、そのポジションを保ちチェッカーフラッグを
受け5位入賞となった。12番手スタートの黒澤選手は、好スタートを見せ8番
手で1周目を終了。3周目には7番手に浮上。終盤にさしかかる22周目にヘア
ピンコーナーで前車をパス。そのままチェツカーフラッグを受け6位に入賞し
た。
 この2レースの結果、中子選手はシリーズランキング・ドライバー部門のト
ップに浮上。「TEAM無限HONDA」はチーム部門のトップをキープしている。
◎庄司守孝監督(TEAM無限HONDA)のコメント
「中子選手が頑張ってくれ2連勝を飾ることがてきて本当に良かったと思いま
す。これで中子選手ドライバー部門のトップに上がってきましたし、ハンディ
ウエィトの重い黒澤選手も良く健闘してくれてチームポイントも上がりまし
た。次の仙台ハイランドでは、ハンディウェイトが重くなりますが、さらに戦
闘力を上げるように、開発やセッティングを進めてがんばりたいと思います。
ご声接ありがとうございました。」
○第9・10戦/優勝 中子修選手(Castrol無限ACCORD)のコメント
「予選はウェットコンディションだったので、あのポジションが精一杯だっ
た。テストの時からドライの仕様は自分の思う方向に進んでいたので、決勝の
スタート前に晴れ間が見えたときには、正直言って運が向いてきたと思った。
レースでは、2レース共3種類用意されていたタイヤの内ミディアムを選択
し、これが幸いして好結果に結びついた。次のレースでは70kgのウェイトハン
ディを背負うことlこなるが、良く効くブレーキをつけてもらってがんばりたい
と思います。」
◎由良拓也監督(TEAM MOONCRAFT with 無限 HONDA)のコメント
「今回のレースの流れの中では、予選は苦しかったですが全体としてはかなり
うまくいったと思います。デフのベアリング・トラブルもありましたが、朝の
ウォームアップの時に出てくれたので助かりました。速さに関しては、まだま
だセッティングの詰めなどやることはたくさんあります。無限チームとはタイ
ヤの違いもあり単純比較はできませんが、かなり近づいていると思います。道
上選手は連続2位入賞を果たしましたし、岡田選手も9戦はアンラッキーでし
たが、10戦ではチームポイントを稼いでくれました。今後、もっと活躍してく
れると思います。」
○第9・10戦/2位 道上龍選手(ジヤックス MC アコード)のコメント
「テストでは、ウェット/ドライともにロングではタレ気味だったので、決勝
のレース展開が気になっていた。決勝レースでは、硬めのニュータイヤを選択
したのが幸いし、久し振りに表彰台に立つことができました。次回も頑張りま
すので応援してください。」
     提供:本田技研工業株式会社 広報部

Japan Touring Car Championship

NAKAJIMA RACING JTCC MINE REPORT

シリーズ名:全日本ツーリングカー選手権
大会名:    第9/10戦・CP MINE SUPER TOURING CAR RACE
距離:      3.23898km×31周×2レース
予選:     7月12日  雨  ・観衆:----
決勝:     7月13日 曇のち晴・観衆:2万1100人(主催者発表)
マシン不調で不本意な予選となったPIAA SN ACCORD
第9戦はレース中に接触してリタイヤするものの、第10戦では6位入賞!
僚友、中子選手とともにメイクスランキングトップを堅持!
 早くもシーズン後半となった全日本ツーリングーカー選手権=JTCC。PIAA 
NAKAJIMA RACINGのJTCCプロジェクトは、前大会から新型マシンを投入するなどして、
さらに戦力を増強。PIAA SN(Satoru Nakajima) ACCORDを操る黒澤琢弥選手も、常に
トップコンテンダー群の一角となった昨シーズン以上の活躍を見せ、第4大会(第7/
8戦)終了時点までですでにドライバーズポイントランキング首位に立つ。また、PIAA 
SN ACCORDが属するTEAM無限HONDAも、メイクスポイントランキングトップに上り詰め
ている。
 しかし、ベテランの星野選手と若手の本山選手を擁する日産が早いペースでマシン
熟成を進めており、ドライバーズ/メイクスとも今後のポイントランキング推移にま
ったく予断を許さない状況の中で、シーズンの折り返し点通過戦とも言うべき第5大
会が行なわれることとなった。
 そして、レースウィークは九州と狭い海峡を隔てただけの山口県セントラルパーク
美祢サーキットも一帯を覆った梅雨前線の影響を受け、金曜の公開練習は時折強い降
雨となる悪コンディションで開始される。梅雨前線は停滞を続け、決勝日も恵まれた
コンディションとならないことが予想されたため、各チームはウエットレースに備え
たマシンのセットアップをメインメニューにしてテストを開始することになる。
 そのテストセッションにおいて、ポイントランキング2番手の本山選手との差を少
しでも広げたいはずのPIAA SN ACCORDだったが、午前中のセッションではいつものよ
うに好調さが見られずに走行を終えることになる。インターバルでセッティングの検
討と入念な各部チェックを試みたPIAA SN ACCORDだったが、やはりここでもラップタ
イムは伸びない。
 一方の日産プリメーラは本山選手が常にトップ陣に加わる速さを見せつけており、
結局、PIAA NAKAJIMA RACINGは夕方近くに設定された3セッション目の走行を見送り、
エンジンを交換するなど抜本的対策を施して翌日の予選に備える展開となった。
 例年であれば酷暑とも言えるコンディションとなる美祢のツーリングカーレースだ
が、間断なく雨が降るサーキットは25℃を下回る気温。前大会までの好成績により
60kgのハンディウエイトを搭載したPIAA SN ACCORDはまず午前中の第9戦予選に臨む。
が、やはりラップタイムは上位陣に加われるに充分な数字とならず10位に終わる。再
び黒澤選手が執拗にタイムアタックした午後の第10戦予選はさらに順位を後退させて
してしまい12位、6列目グリッドという不本意な結果となってしまう。
 2回の予選をともを制したのは、公開練習から好調ぶりを示していた日産プリメー
ラの本山選手。HONDAアコード勢では今季デビューしたギャザーズ童夢アコード(岡田
選手)が2予選とも2位につけるが、黒澤選手のチームメイトであるカストロール無
限アコードの中子選手もPIAA SN ACCORDと同様に、今回は奮わず予選はそれぞれ9/
7位となる。
 多くのチームがウエットレースを覚悟していた決勝当日だったが天候は予想より早
く持ち直し、午前9時20分からフリー走行が開始される時点では路面もドライへと転
化。各マシンは今回のレースウイークで一度も装着していないスリックタイヤで、
レース前の最終チェックを行なう。
 第9戦開催前の空模様は雲が多く一旦は再び雨が降ることが懸念されたものの、時
折陽も射すようになり気温25℃/路面35℃の完全ドライコンディション。そのスター
トはポールポジションの本山選手がどうにか後続群を抑え、その位置をキープしたま
まオープニングラップをこなす。ここで巧みなスタートダッシュを決めたのは、ア
コードドライバー中最年少の道上選手(ジャックスアコード)で、先輩格の岡田選手
をかわして予選4位位置から2番手へと急浮上。
 コンディション変化で順位アップが期待されたPIAA SN ACCORDだったが、黒澤選手
がそうした期待に1周目から応えて、2周目からは早くも前を走る関谷選手(トヨ
タ・チェイサー)と7番手争いを演じるポジションにまで進出。しかしこの直後、
PIAA NAKAJIMA RACINGにとっては手痛い事態が発生。第1コーナー進入をめぐる関谷
選手と黒澤選手が接触してしまい、関谷選手はコースアウトしてそのままリタイヤ。
大会競技委員はこれを黒澤選手によるラフプレイによるものと判断し、ピットエンド
での10秒間停止という極めて厳しい裁定を下したのである。その指示に従ったPIAA 
SN ACCORDは戦列後端に追いやられることとなるが、さらには接触によるマシントラ
ブルが発生して数周後にリタイヤ。すなわち第9戦では1ポイントも取れない結果と
なってしまった。レースは本山選手がトップのまま走り切り、アコード勢では中子選
手が今回も素晴らしい追い上げを見せて2位でゴール。TEAM無限HONDAとしてのメイク
スポイントに貴重な得点をもたらした。
 しかし、レース終了後、PIAA SN ACCORDとTEAM無限HONDAに幸運とも言いたい状況変
化が起こった。優勝した本山選手の走行後マシン重量が規定より少なかったため、本
山選手が失格になり、当然2位以降の順位がすべて繰り上げられたのである。これに
よってドライバーポイントランキングで大きく不利になるはずだった黒澤選手はその
位置を変えることにならず、日産のメイクスポイント増加を星野選手4位入賞分に止
めることができることにもなった。
 第9戦の結果とは無関係に行なわれる第10戦は、やはり予選トップの本山選手がス
タートからレースをリード。第9戦でマシンにダメージを負ったPIAA SN ACCORDも、
どうにか出走規定時間内にグリッドにつき、黒澤選手も12位グリッドスタートながら
オープニングラップで8番手へ順位アップして、いつもの気を吐いた走りを披露。そ
の勢いに乗って、3周目には7番手へと躍進。
 レースは中盤を過ぎても、トップは依然として本山選手のまま。序盤から中盤にか
けては4番手までが僅差でトップを追走するシーンが見られ、また第9戦同様、ア
コードルーキーの道上選手が2番手にまで浮上するという活躍ぶりを示す。しかし、
こうした上位陣の順位争いの中でまさしく確実な仕事を成し遂げたのは、昨シーズン
からその追い上げぶりが定評になっている中子選手だった。10周目過ぎには3番手に
上がり、12周目に2番手となり、そして続く13周目にはあっさりと首位の座を本山選
手から奪う。以降はまったく安定して速い周回を重ね、見事1大会連続優勝という偉
業を達成した。前レースでダメージを負ったため決して本調子とは言えないマシンで
あった黒澤選手も17周目には6番手になり、そのままチェッカーを受けてポイントを
獲得することに成功した。
 すでに「HONDA対日産」の様相をはっきり呈するようになった今季JTCCだが、今回の
中子選手の2戦優勝と、わずかではあってもポイント献上の責務を果たした黒澤選手
によってTEAM無限HONDAはタイトル獲得をより現実的なものとした。
■PIAA SN ACCORD 担当ディレクター:藤井一三のコメント
『走行初日でエンジンがいつもの調子を発揮してくれず、上位マシンと争うためのセ
ッティングができなかったことが、特に予選での不本意な結果の原因です。第9戦中
の競技委員からのピットストップペナルティに関しては、順位争いしている最中での
偶発的な事態を故意的に行なったと判断されたことと、また現在のツーリングカー選
手権レースでは前例のないペナルティが課せられたという点で個人的には納得しがた
いのは正直なところです。いずれにしてもシリーズが残り6戦となった現在では、と
にかくポイントを獲得していくことを目標として戦っていきます。』

Formula Nippon

NAKAJIMA RACING FN SUZUKA REPORT

シリーズ名:全日本選手権フォーミュラ・ニッポン
大会名:    第4戦・鈴鹿
距離:      5.86403km×35周
予選:     7月5日 晴・観衆:1万4000人(主催者発表)
決勝:     7月6日 晴・観衆:4万0000人(  同  )
高木虎之介選手、念願の今季初優勝をポール・トゥ・ウインで達成!
予選で大活躍した山西選手は残念にもリタイヤ!
 梅雨期開催となったフォーミュラ・ニッポン(略称:FN)第4戦の舞台は、PIAA 
NAKAJIMA RACINGの高木/山西両選手が得意としている鈴鹿サーキット。しかしレー
スウイークは週前半から太平洋高気圧が梅雨前線を朝鮮半島側に押し上げたままとな
り、予選/決勝ともが早朝から気温がグングン上がる厳しいコンディションで行なわ
れることとなった。
 午前中の公式練習を経ての予選開始時刻は午後1時30分。強い陽射しによって気温
37℃/路面49℃となったコースに各マシンが登場し、公式練習時に定めたセッティン
グが適切であるかどうかなどを確認しながらタイムアタックを始める。PIAA 
NAKAJIMA RACINGの高木選手そして山西選手もマシンの仕上がり具合をチェックした
上で、ニュータイヤを装着しての本格的タイムアタックに備える。
 午後2時10分を過ぎた頃からは、ニュータイヤを履いた各マシンが次々とコースイ
ン。今回も公式練習で好調な走りを示した高木選手のPIAAレイナード97Dは、予選終
了数分前の時点でトップタイムをマーク。さらにはFNデビュー後4戦目のルーキー、
もう1台のPIAAレイナード97Dに乗る山西選手が見事4番手までに急進。しかしその
直後に影山正彦選手が高木選手のタイムを覆して首位に立ち、デ・ラ・ロサ選手が山
西選手を押し退けて4番手に浮上。高木選手はわずかに残された時間内に予選首位奪
回を図るべく再度アタックするが、コースアウトしたマシンによる一部区間の追い越
し禁止措置によってクリアラップが取れずに予選を終了。これによってPIAA 
NAKAJIMA RACINGの2台は、高木選手が2位、山西選手が5位という結果になった。
 しかし今回の公式予選においては、上位陣の順位に変化をもたらす裁定が競技委員
より走行終了後に下された。まずは予選3位となった黒澤選手が後方から追い付いて
きたマシンの行く手を遮り、追い付いてきた当該マシンをコースアウトさせる要因を
作ったとして予選タイム抹消となり、決勝スタート位置を最後尾とするペナルティが
課せられた。また、黒澤選手の僚友である予選1位の影山正彦選手が追い越し禁止区
間内でその指示を遵守しなかったとして、その周でマークした自己ベストタイムがや
はり抹消された。したがって公式予選順位は、PIAA NAKAJIMA RACINGの高木選手が1
位となり、影山正彦選手/デ・ラ・ロサ選手が2/3位、そしてそれに続いて山西選
手が4位というオーダーになる。
 スターティンググリッドを確定するためのスペシャルステージは、この順位変動に
よって予選6位に繰り上がった本山選手から開始。初のスペシャルステージ出走とな
った山西選手は公式予選5位の光貞選手がマークしたベストラップタイムを更新する
ことができなかったため2列目スタート位置の座を奪われたものの、4番目にタイム
アタックするはずだった公式予選3位のデ・ラ・ロサ選手がマシントラブルでコース
インできないというハプニングが発生。不出走となったデ・ラ・ロサ選手は、規則に
従って予選6位位置までグリッド後退したため、一旦は順位後退した山西選手は2列
目グリッドのまま決勝進出を果たせることとなった。スペシャルステージ最後のアタ
ッカーとなった高木選手はまったく危なげなくタイムを詰め、ポールポジションを難
なく守って走行を終了。外的作用によるものとはいえ、PIAA NAKAJIMA RACINGは1/
4位という現段階で考えられる理想的グリッドを手中に収め、多くのポイントを獲得
できる好機を得て決勝に臨むこととなった。
 決勝当日も早朝から晴れ渡り、フリー走行が行なわれる午前8時50分の時点で気温
は早くも32℃。PIAA NAKAJIMA RACINGではマシンセッティングはもとより、酷暑での
レースを念頭に置いた入念なチェックをこのセッションで行なって決勝に向けての準
備を万全のものとした。
 その第4戦決勝は午後2時過ぎ、路面温度55℃という暑い中で定刻通りに開始。パ
ッシングポイントが少ない鈴鹿ではスタートが極めて重要な意味あいを持つが、ポー
ルポジションの高木選手はそのスタートでやや出遅れてしまい、予選2位の影山選手
がこの隙をついてイン側を抑えて先行を試みる。しかし高木選手は第2コーナーまで
のアプローチでアウトから果敢にこれを阻止して首位奪還に成功。一方の山西選手は、
スタートの混戦で7番手まで順位を後退させる。
 高木選手はトップに立つとともにスピーディなペースでレースをリードし、4周目
には早くも2番手の影山選手との差を3秒として、以降もその差を着実に広げて快走。
4番手にいた本山選手がトラブルによってリタイヤしたことで6番手となった山西選
手も上位グループに食い込んだまま好走して入賞が期待されたが、11周目にシケイン
手前直線部分で痛恨のスピンを喫してリタイヤを余儀なくされてしまう。
 中盤となったレースは依然として高木選手が圧倒的な速さで制したまま。タイヤと
マシンに過剰な負担をかけないよう、常に2番手との差をコントロールしながらの巧
妙な走法で周回を重ねる。これによってレースの見所は、予選でのペナルティによっ
て最後尾スタートとなった黒澤選手の追い上げシーンに移り、黒澤選手もそうした期
待に応えるように周回毎に順位を上げて13周目にはついに6番手にまで進出。が、黒
澤選手のマシンは15周目にトラブルを発生させてしまい、コース脇でエンジンは息を
止めてしまう。
 3番手のデ・ラ・ロサ選手が2番手の影山選手に接近する場面が時折見られたもの
の、中盤以降も順位膠着したままでレースは最終周を迎え、終始安定したペースで走
り切ったPIAAレイナード97Dの高木選手は、チームの念願であった今季初優勝を見事
達成してフィニッシュ。すでにシーズン中盤に入った97年フォーミュラ・ニッポンの
タイトル獲得のための貴重な足掛かりとなるポイントをゲットして表彰台の中央に立
った。
■PIAA NAKAJIMA RACING総監督:中嶋 悟のコメント
『今季初の優勝であり、1年ぶりの優勝ということで、本当にうれしい勝利となりま
した。山西選手は結果こそリタイヤとなりましたが、走り込んでいる鈴鹿では第3戦
までに得たものを実践できるまでに確実に成長しているので、次戦で良い結果を期待
したいと思います。チームとしてはこの勢いを以降にもつなげて、タイトル獲得に向
けて頑張ります』

Japanese F3

NAKAJIMA HONDA F3 SUZUKA REPORT

●レース名:1997年全日本F3選手権第5戦 鈴鹿
●鈴鹿サーキット/5.8643km×17Laps=99.693km
●開催日:7月5日~7月6日
●天候:5日(予選日)/晴れ 観客1万4000人(主催者発表)
6日(決勝日)/晴れ  観客4万0000人(  〃  )
#64西翼選手、参戦4戦目にして自己最高位4位入賞!
公式練習でトップタイムをマークするなどパフォーマンスを発揮。
#65山口大陸選手、見事初完走。今後の走りに期待!
 全日本F3選手権もこの鈴鹿で、早くも折り返しの第5戦目を迎えた。#64西翼
(にし つばさ)、#65山口大陸(やまぐち たいろく)の両選手にとっては、SRS
-F(鈴鹿フォーミュラレーシングスクール)時代から走り込んできたまさにホーム
コース。
成長著しい西選手にとっては開幕戦で10位完走を果たしているここ鈴鹿だけに、今
回は更なるポジションアップを望んでのレースウイークとなった。
 恒例で行われる練習走行は4日(金)に開始され、2回のセッション、合計3時間2
0分の走行が行われた。この時期としては異例の30℃を越す気温、40℃を超える
路面温度となった練習走行において、#64西選手は終始安定した走りを見せ、常に
トップ10内に入るタイムをマーク。午後に行われた走行ではトップを走る、現在ポ
イントリーダーの#7トム・コロネル選手、#2立川祐路選手、#77伊藤大輔選手
らの上位陣に肉薄するタイムを叩きだすパフォーマンスを見せ、順調な仕上がりを見
せた。
 明けて5日(土)。前日に続き真夏を思わせる天候の中AM11:40公式練習が開始され
た。#65山口選手は昨日の練習走行において、満足のいくタイムが出なかった事も
あり、とにかく走り込む事に集中する一方、#64西選手は、昨日からの好調さを
キープ。徐々にタイムを上げて行き、このセッション残り3分の時点で、ついにポイ
ントリーダーの#7トム・コロネル選手を押さえてのトップタイムを叩き出すことに
成功する。
 フォーミュラニッポンの公式予選を挟んで、PM2:50気温32℃路面温度47℃とまさに
酷暑の中、公式予選が開始される。まずは#65山口選手がコースイン。そして#6
4西選手は一気にポールポジションを獲得すべく、中嶋総監督の激励を受けてコース
イン。各選手徐々にタイムを上げて行く中、#64西選手は常時好ポジションをキー
プ。11周目となる最後のアタックでスローカーに引っ掛かりながら自己最高の4番
手グリッドをゲットした。#65山口選手は思うようにタイムが伸びず、19番手に
終わる。ポールポジションには#7トム・コロネル選手、セカンドポジションには#
2立川祐路選手、予選3位には#77伊藤大輔選手(SRS-F96年度第1期生)が
続いた。
 そしていよいよ決勝日。前日にもましての酷暑がこの日も続き、決勝レースがス
タートするAM11:30には気温36℃、路面温度46℃にまで上がる。#64西選手はス
タートで1つポジションをアップさせる事に成功。3番手で1コーナーに飛び込んで
行く。しかし、スタートで9番手からジャンプアップを果たした#1脇坂薫一選手に
デグナーカーブで交わされ1周目は4番手でコントロールラインを通過。その後、2
分5秒台の安定したタイムを重ね、#7トム・コロネル選手、#2立川祐路選手、#
1脇坂薫一選手たちとトップ
集団を形成し、5番手以下を寄せ付けない成長した走りを見せた。そして、前方3番
手を走る#1脇坂選手の追撃態勢に入った10周目、1コーナーでアウトからのオー
バーテイクを試みるが、バランスを崩してスピン。すぐに建て直しポジションをキー
プ。その後は、再度激しく追走を重ね14周目には2分4秒993のタイムをマーク
する。ちなみに4秒台のタイムを出したのは、#7トム・コロネル選手、#2立川祐
路と我がNAKAJIMA HONDAの#64西翼選手のみというトップクラスのパフォーマンス
を見せたが、3番手までは挽回できず4位でチェッカーを受ける。#65山口大陸選
手は2周目にコースアウトしてしまう場面もあったが無事復帰し、その後、順調に周
回を重ねて17位完走を果たした。
 なお、レースはポールポジションからスタートし、終始安定したレース運びで周回
を重ねた#7トム・コロネル選手が優勝し、チャンピオン獲得にまた一歩大きく前進
した。
■スーパーバイザー佐藤浩二(SRS-Fの主任講師)のコメント
「西選手は、確実に成長を遂げています。今回は、トップクラスのパフォーマンスを
発揮してくれました。今後の更なる成長に期待したいと思います。山口選手は、まだ
経験を重ねる必要がありますね。」
 
●次戦は、8月2日~3日、スポーツランドSUGOで開催されます。

Japan Touring Car Championship

97JTCCドライバーズポイント表(10/16戦)

(第10戦まで)
4/ 6  5/11  5/25  6/ 8  7/13  9/ 7  9/21 11/ 2
富 富 T T 菅 菅 鈴 鈴 美 美 仙 仙 十 十 富 富  総  有
士 士 I I 生 生 鹿 鹿 祢 祢 台 台 勝 勝 士 士  合  効
Po--No.Driver------- Rd. 1- 2- 3- 4- 5- 6- 7- 8- 9-10-11-12-13-14-15-16- P- P
1  16 中子 修           -  - 12 15  3  0  7  6 15 15                    73  73
2  15 黒澤 琢弥         -  - 15  7  6  5 15 12  0  5                    65  65
3  23 本山 哲          * *  7 12  9  9  0 15 DQ  9                    61  61
4  12 星野 一義        * *  5  0 12 15 12  5  7  0                    56  56
5  14 道上 龍          悪 悪  9  9  0  0  6  7 12 12                    55  55
6  25 影山 正美        天 天  6  5  2  3  9  9  6  4                    44  44
7  37 M.クルム        候 候  4  2 15  0  1  0  5  7                    34  34
8  38 竹内 浩典        の の  2  6  5  2  4  4  3  2                    28  28
9  39 H.M.シルバ     た た  3  0  4 12  0  3  0  0                    22  22
10  88 飯田 章          め め  1  0  7  6  5  0  0 DNS                   19  19
11  33 岡田 秀樹        レ レ  0  0  0  7  3  0  0  6                    16  16
12  36 関谷 正徳        | |  0  4  0  9  0  2  0 DNS                   15  15
13  19 金石 勝智        ス ス  0  1  0  4  0  1  9  0                    15  15
14  68 田中 哲也        中 中  0  3  1  1  0  0  4  0                     9   9
15  35 中谷 明彦        止 止  -  -  -  -  -  -  0  3                     3   3
16  11 原 貴彦          * *  0  0  0  0  2  0  0  1                     3   3
17  72 松永 雅博        * *  0  0  0  0  0  0  2  0                     2   2
18  21 一ツ山 幹雄       -  -  0  0  -  -  -  -  1  0                     1   1
18 木下 みつひろ     -  -  -  -  -  -  -  -  -  -                     0   0
21 一ツ山 康         -  -  -  -  0  0  0  0  -  -                     0   0
*******************************************************************************
* 1位から10位まに15-12-9-7-6-5-4-3-2-1のポイント
* ( )内は有効ポイト外
* 全14戦のうち10戦まで(全レースの70%,小数点以下四捨五入)の有効ポ
イント制  (第1、2戦中止のため全14戦として計算)
///// PDD01523 伊東  昭雄 /////

Japan Touring Car Championship

JTCC-Rd10:JTCC第10戦美祢レース結果

JTCC第10戦 -RIJ- (1997-07-13) Official Race-Results
For All Japan Touring Car Championship Rd.10 美祢サーキット(J) : 3.23898km
P No. Driver----------- Car-------------------- Lap --GoalTime- -km/h--
1  16 中子  修     (J)  Honda Accord             31   48'53.235 123.233
2  14 道上  龍     (J)  Honda Accord             31    -  5.872 122.978
3  23 本山  哲     (J)  Nissan Premera           31    -  9.371 
4  37 M・クルム    (D)  Toyota Exiv              31    -  9.884 
5  33 岡田  秀樹   (J)  Honda Accord             31    - 17.071 
6  15 黒澤  琢弥   (J)  Honda Accord             31    - 17.592 
7  25 影山  正美   (J)  Toyota Exiv              31    - 22.598 
8  35 中谷 明彦   (J)  BMW 320                  31    - 36.328 
9  38 竹内 浩典    (J)  Toyota Chaser            31    - 47.033 
10  11 原  貴彦     (J)  Toyota Exiv              31   -1'00.002 
11  12 星野  一義   (J)  Nissan Premera           31   -1'02.326 
12  39 J-M.シルバ(RA)  Toyota Exiv              31   -1'18.043 
13  21 一ツ山幹雄   (J)  BMW 320                  31   -1'22.772 
14  19 金石  勝智   (J)  Toyota Exiv              31   -1'35.856 
15  72 松永  雅博   (J)  Toyota Carolla           31   -1'36.684 
------------------------ DNC -------------------------------------------
68 田中  哲也   (J)  Toyota Exiv               1       30Laps       
36 関谷  正徳   (J)  Toyota Chaser             0    出走せず     
87 飯田 章     (J)  Opel Vectra               0     出走せず     
************************************************************************
* Fastest Lap Time : 1'33.069  中子 修
               提供:オブジェクトT
           * FMOTOR4_SysOp 新倉芳夫 (SDI00686)-RIJ *

Japan Touring Car Championship

JTCC-Rd9:JTCC第9戦美祢レース結果

JTCC第9戦 -RIJ- (1997-07-13) Official Race-Results
For All Japan Touring Car Championship Rd.9 美祢サーキット(J) : 3.23898km
P No. Driver----------- Car-------------------- Lap --GoalTime- -km/h--
1  16 中子  修     (J)  Honda Accord             31   49'06.058 122.696
2  14 道上  龍     (J)  Honda Accord             31   -  14.798 122.083
3  19 金石  勝智   (J)  Toyota Exiv              31   -  20.744 
4  12 星野  一義   (J)  Nissan Premera           31   -  30.332 
5  25 影山  正美   (J)  Toyota Exiv              31   -  32.200 
6  37 M・クルム    (D)  Toyota Exiv              31   -  32.740 
7  68 田中  哲也   (J)  Toyota Exiv              31   -  48.042 
8  38 竹内 浩典    (J)  Toyota Chaser            31   -  53.859 
9  72 松永  雅博   (J)  Toyota Carolla           30   -   1Lap  
10  21 一ツ山幹雄   (J)  BMW 320                  30   -   1Lap  
------------------------ DNC --------------------------------------------
33 岡田  秀樹   (J)  Honda Accord             21   -  10Laps
39 J-M.シルバ(RA)  Toyota Exiv              20   -  11Laps
11 原  貴彦     (J)  Toyota Exiv              20   -  11Laps
87 飯田 章     (J)  Opel Vectra              20   -  11Laps
35 中谷 明彦   (J)  BMW 320                  20   -  11Laps
15 黒澤  琢弥   (J)  Honda Accord             15   -  16Laps
36 関谷  正徳   (J)  Toyota Chaser             4   -  27Laps
*************************************************************************
23 本山  哲     (J)  Nissan Premera           --       失格
*************************************************************************
* Fastest Lap Time : 1'32.812  道上 龍
* #15は全日本ツーリングカー選手権統一規則第32条により10秒のペナルティ
  #23は全日本ツーリングカー選手権統一規則第11・15条により失格
               提供:オブジェクトT
           * FMOTOR4_SysOp 新倉芳夫 (SDI00686)-RIJ *

Japan Touring Car Championship

JTCC-Rd10:JTCC第10戦美祢予選結果

JTCC第10戦 -RIJ- (1997-07-12) Qualify-Session
For All Japan Touring Car Championship Rd.10 美祢サーキット(J) : 3.23898km
P No. Driver----------- Car-------------------- Best-LapT -Behind -km/h--
1  23 本山  哲     (J)  Nissan Premera           1'39.894         116.727
2  33 岡田  秀樹   (J)  Honda Accord             1'40.930   1.036 115.529
3  14 道上  龍     (J)  Honda Accord             1'40.747   0.853 115.739
4  37 M・クルム    (D)  Toyota Exiv              1'40.806   0.912 115.671
5  19 金石  勝智   (J)  Toyota Exiv              1'40.889   0.995 115.576
6  87 飯田 章     (J)  Opel Vectra              1'40.965   1.071 115.489
7  10 中子 修     (J)  Honda Accord             1'41.143   1.249 115.286
8  35 中谷 明彦   (J)  BMW 320                  1'41.190   1.296 115.232
9  36 関谷  正徳   (J)  Toyota Chaser            1'41.399   1.505 114.995
10  12 星野  一義   (J)  Nissan Premera           1'41.555   1.661 114.818
11  39 J-M.シルバ(RA)  Toyota Exiv              1'41.951   2.057 114.372
12  15 黒澤  琢弥   (J)  Honda Accord             1'41.970   2.076 114.351
13  38 竹内 浩典    (J)  Toyota Chaser            1'42.804   2.910 113.423
14  72 松永  雅博   (J)  Toyota Carolla           1'43.230   3.336 112.955
15  68 田中  哲也   (J)  Toyota Exiv              1'43.549   3.655 112.607
16  25 影山  正美   (J)  Toyota Exiv              1'45.087   5.193 110.959
17  21 一ツ山幹雄   (J)  BMW 320                  1'46.811   6.917 109.168
18  11 原  貴彦     (J)  Toyota Exiv              1'47.240   7.346 108.731
**************************************************************************
               提供:オブジェクトT
           * FMOTOR4_SysOp 新倉芳夫 (SDI00686)-RIJ *

Japan Touring Car Championship

JTCC-Rd9:JTCC第9戦美祢予選結果

JTCC第9戦 -RIJ- (1997-07-12) Qualify-Session
For All Japan Touring Car Championship Rd.9 美祢サーキット(J) : 3.23898km
P No. Driver----------- Car-------------------- Best-LapT -Behind -km/h--
1  23 本山  哲     (J)  Nissan Premera           1'40.735         115.752
2  33 岡田  秀樹   (J)  Honda Accord             1'40.939   0.204 115.519
3  19 金石  勝智   (J)  Toyota Exiv              1'40.957   0.222 115.498
4  14 道上  龍     (J)  Honda Accord             1'41.154   0.419 115.273
5  87 飯田 章     (J)  Opel Vectra              1'41.376   0.641 115.021
6  36 関谷  正徳   (J)  Toyota Chaser            1'41.466   0.731 114.919
7  39 J-M.シルバ(RA)  Toyota Exiv              1'41.680   0.945 114.677
8  12 星野  一義   (J)  Nissan Premera           1'41.933   1.198 114.392
9  10 中子 修     (J)  Honda Accord             1'42.108   1.373 114.196
10  15 黒澤  琢弥   (J)  Honda Accord             1'42.705   1.970 113.532
11  35 中谷 明彦   (J)  BMW 320                  1'42.962   2.227 113.249
12  38 竹内 浩典    (J)  Toyota Chaser            1'43.075   2.340 113.125
13  68 田中  哲也   (J)  Toyota Exiv              1'44.186   3.451 111.918
14  72 松永  雅博   (J)  Toyota Carolla           1'44.797   4.062 111.266
15  25 影山  正美   (J)  Toyota Exiv              1'45.996   5.261 110.007
16  11 原  貴彦     (J)  Toyota Exiv              1'47.247   6.512 108.724
17  21 一ツ山幹雄   (J)  BMW 320                  1'48.754   8.019 107.217
18  37 M・クルム    (D)  Toyota Exiv              1'50.493   9.758 105.530
**************************************************************************
               提供:オブジェクトT
           * FMOTOR4_SysOp 新倉芳夫 (SDI00686)-RIJ *

Formula Nippon

F_Nippon:第4回公式走行会(SUGO)

7月15、16日、スポーツランドSUGO公式走行会開催
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
第4戦鈴鹿で高木虎之介が今シーズン初優勝を飾り、チャンピオン争いの行方
もまだまだこれからといったところのフォーミュラニッポン。次戦第5戦SUGO
(8月3日決勝)を前に第4回公式走行会が下記日程で開催される。
日  時:7月15日(火)  10:00~12:00
14:00~16:00
7月16日(水)  10:00~12:00
14:00~16:00
場  所:スポーツランドSUGO
参加予定エントラント:
チーム              車番  ドライバー      車両
-----------------------------------------------------------------------------
Le Mans                1  N.フォンタナ    レイナード97D/無限MF308
2  E.トゥエロ      レイナード97D/無限MF308
-----------------------------------------------------------------------------
ASAHI KIKO             3  川本  篤        レイナード96D/無限MF308
-----------------------------------------------------------------------------
5ZIGEN                 6  M.グーセン/田嶋栄一  レイナード96D/JUDD KV-II
-----------------------------------------------------------------------------
ANABUKI 童夢無限       8  脇阪寿一        童夢F104R    /無限MF308
-----------------------------------------------------------------------------
SHIONOGI NOVA          9  P.デ・ラ・ロサ  ローラT97-51 /無限MF308
10  飯田  章        ローラT97-51 /無限MF308
-----------------------------------------------------------------------------
CERUMO                11  光貞秀俊        ローラT96-52 /無限MF308
-----------------------------------------------------------------------------
TMS                   17  近藤真彦        レイナード97D/無限MF308
18  R.ファーマン    レイナード97D/無限MF308
-----------------------------------------------------------------------------
IMPUL                 19  黒澤琢弥        ローラT96-52 /無限MF308
20  影山正彦        ローラT95-50 /無限MF308
-----------------------------------------------------------------------------
エーエスケーアスカ    21  田中哲也        ローラT95-50 /無限MF308
-----------------------------------------------------------------------------
NAVI CONNECTION       27  影山正美        レイナード97D/無限MF308
28  山本勝巳        レイナード96D/無限MF308
-----------------------------------------------------------------------------
かもめサービスMIRAI   33  鈴木利男        レイナード97D/無限MF308
-----------------------------------------------------------------------------
オートテックSTELLAR   34  A.G-スコット    ローラT96-51 /無限MF308
35  M.アピチェラ    レイナード96D/無限MF308
(16日のみ#34はスコットに代わって別のドライバー(未定)が参加予定)
-----------------------------------------------------------------------------
タカギB-1             36  玉中哲二        ローラT95-50 /無限MF308
-----------------------------------------------------------------------------
FUNAI SUPER AGURI     55  金石勝智        レイナード96D/無限MF308
56  本山  哲        レイナード97D/無限MF308
-----------------------------------------------------------------------------
SRILANKA LEYJUN       62  戸田哲史        レイナード94改/無限MF308
63  D.マラガムワ    レイナード96D/無限MF308
-----------------------------------------------------------------------------
PIAA NAKAJIMA         64  高木虎之介      レイナード97D/無限MF308
65  山西康司        レイナード97D/無限MF308
-----------------------------------------------------------------------------
情報:日本レースプロモーション(JRP)
<< FMOTOR4F SysOp 北島滋穂(SDI00685)>>

Formula Nippon

FN_Rd4:鈴鹿決勝レポート

フォーミュラ・ニッポンNEWS
1997年7月6日
'97フォーミュラ・ニッポン第4戦
高木虎之介(PlAA  NAKAJIMA)
ポール・トゥ・ウィンで今季初優勝
7月6日(日)、鈴鹿サーキットにおいて、フォーミュラ・二ッボン第4戦の決
勝が行われ、15チーム計26台が出走、17台が完走した。
ボールスタートの高木は、スタートでやや出遅れたが1コーナーでアウト側から
先頭に立ち、2位スタートの影山正彦(IMPUL)との差を6周目には5秒近
くまで広げた。影山は12周目にその差を1秒9まで戻したが、中盤以降は4~
5秒差で周回が重ねられ、高木が2位に3秒7差で35周のレースを制した。高
木はポールトゥウィンで今季初優勝。ポイントランキングも3位に浮上した。フォ
ーミュラ・二ッポン3勝目で、F3000時代からのトップフォーミュラ通算は
6勝目。
10周目から3位に上がったP.デ・ラ・ロサ(SHl0N0Gl  N0VA)
が後ろに迫り、一時は0秒3まで迫い上げられながらも絡始2位を走行した影山
は、フォーミュラ・二ツポンでは自己最高の2位表彰台。25周目には、1分48
秒347のファステストラップを記録した。6位スタートのデ・ラ・ロサは確実
な走りで3位を獲得し、ポイント争いで一段抜け出した。
4位は光貞秀俊(CERUMO)。グリッド3番手をキープして3位走行中10
周目にへアピンでスピンし、順位を1つ落としたものの再スタートして今季3回
目の入賞。グリッド10位から1周目に6位まで順位を上げた影山正美(NAVl
C0NNECTlON)が、2周目の本山哲のスビンリタイアで5位に浮上し、
今季初入賞。6位にはグリッド8位からスタートのR.ファーマン(TMS)が
入り、今季2度目のポイントゲツトを果たした。
予選最後尾からの追い上げが期待された黒澤琢弥は、2周目に15位、14周目
には入賞圏内の6位にまで順位を上げたが、マシントラブルにより立体交差下で
マシンを止めた。
優勝記者会見コメント
高木虎之介「やっと勝てました。相変わらずスタートでちよっと出遅れてしまっ
たけれど、1コーナーでうまく前に出られたので、これは自分のぺ一スかな、と
思いました。前半の調子がいいので、うまく貯金をつくることができました。体
力的に結構きつかったので、F1はもっと長いレースなわけだし、もっと体づく
りのトレ一二ングをしないと、と実感しています。次のSUGOでも勝ちたいて
す。」
(2位影山正産代理)金子監督(IMPUL)
「高木君は強すぎますね。影山はF3000時代にも2位、3位と表彰台はあっ
たけれど、今日の内容は一番よかったと思う。今日みたいに後ろから詰めてこら
れるとズルズルと後退、ということが多かったけれど、それがなかった。実は脱
水状態で倒れちやったんですが、そこまで戦ったということで、これから期待が
できると恩います。」
P.デ・ラ・ロサ「暑さのせいもあって非常に大変なレースだった。影山に追い
つきかけたけれど、彼の方がヘアピンが速く、どうしても抜くところまでいけな
かった。6位スタートからの表彰合なので結果には満足しています。」
中嶋監督(PlAA  NAKAJlMA)
「チームにとってもl年ぷりの優勝なので、とてもうれしい。高木もポルシェカッ
プの出場とか、スケジュール的にも大変だと思うけれどよくがんばっていると思
う。」
(観客数:土/14,000人、日/40,000人)
情報:日本レースプロモーション(JRP)
<< FMOTOR4F SysOp 北島滋穂(SDI00685)>>

Formula Nippon

97F・NIPPON ドライバーズポイント( 4/10戦)

(第4戦まで)
1997                   4   5   6   7   8   8   9   9  10  11
Japan                 /   /   /   /   /   /   /   /   /   /
Formula Nippon      27  18   1   6   3  31  14  28  19   9
Championship       鈴  美  富  鈴  菅  富  美  茂  富  鈴
Drivers-point     鹿  祢  士  鹿  生  士  祢  木  士  鹿
Po -No -Driver ----Rd. --1 --2 --3 --4 --5 --6 --7 --8 --9 -10 ---総合P
1  9  P.デ・ラ・ロサ  10 10  6  0  4                               30
2 19  黒澤 琢弥         6  6 10  0  0                               22
3 64  高木 虎之介       0 DNS 4  0 10                               14
4 11  光貞 秀俊         4  0  3  0  3                               10
5 20  影山 正彦         0  0  2  0  6                                8
6 10  飯田 章           1  4  0  0  0                                5
7 18  R.ファーマン     0  3  0  0  1                                4
8 56  本山 哲           3 DNS 0  0  0                                3
9 33  鈴木 利男         0  2  0  0  0                                2
9 65  山西 康司         2  0  0  0  0                                2
9 27  影山 正美         0  0  0  0  2                                2
12  1  N.フォンタナ     0  0  1  0  0                                1
12  8  脇阪 寿一         0  1  0  0  0                                1
2  E.トゥエロ       0  0  0  0  0                                0
55  金石 勝智         0  0  0  0  0                                0
35  M.クルム         0  0  0  0  -                                0
28  山本 勝巳         0  0  0  0  0                                0
5  M.グーセン       0  0  0  0  0                                0
6  R.ヴィルタネン   0  0  0  0  -                                0
3  川本 篤           0  0  0  0  0                                0
36  玉中 哲二         0  0  0  0  0                                0
37  山田 政夫         0  0  0  0  0                                0
63  D.マラガムワ     0  0  0  0  0                                0
17  近藤 真彦         0 DNS 0  0  0                                0
12  S.カヴァナ       0  0  -  -  -                                0
21  田中 哲也         0  -  -  0  -                                0
34  M.マルティニ     -  -  0  0  -                                0
35  M.アピチェラ     -  -  -  -  0                                0
34  A.G.スコット    -  -  -  -  0                                0
6  田嶋 栄一         -  -  -  -  0                                0
62  戸田 哲士         -  -  -  -  0                                0
***********************************************************************
* 1位から6位までに10-6-4-3-2-1のポイント
* 全10戦総ポイント制
///// PDD01523 伊東 昭雄 /////

Japanese F3

97 JF3 ドライバーズポイント( 5/10戦)

(第5戦まで)
1997                    3   4   5   6   7   8   9   9  10  11
Japan                  /   /   /   /   /   /   /   /   /   /
Formula 3            30  20  18   1   6   3   7  28  19   9
Championship        鈴  筑  美  富  鈴  菅  仙  茂  富  鈴
Drivers-point      鹿  波  祢  士  鹿  生  台  木  士  鹿
Po-No-Driver-------- Rd. -1 --2 --3 --4 --5 --6 --7 --8 --9 -10 総合P 有効P
1   7 T.コロネル        9   9   6   9   9                        42     42
2  16 土屋 武士          2   6   9   6   1                        24     24
3   2 立川 祐路          6   3   0   4   6                        19     19
4   1 脇坂 薫一          4   4   3   2   4                        17     17
5   8 館 信吾            1   0   4   0   2                         7      7
6  14 S.マルティノ      3   1   0   0   0                         4      4
6  64 西 翼              0   -   1   0   3                         4      4
8  77 伊藤 大輔          0   0   0   3   0                         3      3
9  33 来嶋 真也          0   0   2   0   0                         2      2
9  12 歌川 拓            0   2   -   -   -                         2      2
11  25 長嶋 正興          0   0   0   1   0                         1      1
38 徳田 照幸          0   0   0   0   0                         0      0
53 五味 康隆          0   0   0   0   0                         0      0
18 平野 功            0   0   0   0   0                         0      0
6 横山 崇            0   0   0   0   0                         0      0
5 内山 清史          0   0   0   0   0                         0      0
15 増田 哲治          0   0   0   0   -                         0      0
3 中嶋 修            0   0   0   0   -                         0      0
19 阪口 良平          0   0   0   -   0                         0      0
9 清水 剛            0   0   -   0   0                         0      0
32 密山 祥吾          0   0   -   0   -                         0      0
10 井出 有治          0   0   -   0   -                         0      0
17 河野 尚裕          0   -   -   0   0                         0      0
65 吉村 一誠          0   -   -   -   -                         0      0
4 M.サンタビルタ    -   0   -   0   0                         0      0
22 山本 茂            -   0   -   0   -                         0      0
39 中嶋 廣高          -   -   0   0   0                         0      0
4 蔵本 信之          -   -   0   -   -                         0      0
65 山口 大陸          -   -   -   0   0                         0      0
20 加藤 寛規          -   -   -   -   0                         0      0
15 西宮 圭一          -   -   -   -   0                         0      0
13 高木 真一          -   -   -   -   0                         0      0
****************************************************************************
* 1位から6位までに9-6-4-3-2-1のポイント
* 全10戦中ベスト7戦(70%)有効ポイント制
///// PDD01523 伊東 昭雄 ///

Japanese F3

SKILL SPEED F3 REPORT 7/6

☆☆ SKILL SPEED ☆☆
☆☆☆ F3 REPORT ☆☆☆
****全日本F3選手権第5戦****
決勝レース
場所:鈴鹿サーキット/三重県
日時:7月6日
天候:晴れ(路面/ドライ)
伊藤大輔
痛恨のスタートミス。
最後尾から猛追も、14位。
 今回から、チームをバックアップしてくれているセブインターナショナルの
キャンペーンガールが登場し、グリッド上が華やかになった。伊藤大輔(SEV
モデューロ無限ホンダF397)のグリッドは、アウト側2列目。宿敵コロネル選
手、立川選手はすぐ目の間。前線の雪辱をはらすべく、伊藤とチームは気合い
十分であった。
 シグナルがグリーンに変わり、各車一斉にスタート。伊藤にとってはここ2
戦スタートをしくじっており、このスタートの瞬間は鬼門だ。そのプレッシャ
ーからか、伊藤は三たびスタートをしくじる。鈴鹿のメインストレートが下り
となっているのがせめてものすくいだった。ストールした伊藤のエンジンは、
惰性でマシンが動いたときに息を吹き返し、そのままリタイアということにな
らずに済んだ。
 しかし、ポジションは3番手から一気にほぼ最後尾までドロップしてしまっ
た。中団グループよりも約1秒は速いペースで伊藤は追撃。レースが折り返す
時点では、13番手まで這いあがるが、スプーンで目の前の河野選手がハーフ
スピンするのを避けようとして、伊藤はたまらずスピン。14位でチェッカー
となった。
伊藤大輔のコメント
「せっかくのグリッドをまたスタートで台無しにしてしまいました。その後
は、中団グループのペースに押し込まれてしまい、リズムをつくることができ
ないままレースが終わってしまいました。応援してくれた方々には本当に申し
訳なく思っています。」
                        SKILL SPEED F3 TEAM
                   深尾栄一

Formula Nippon

FN Rd.4 SUZUKA:FN ラップチャート

'97フォーミュラ・ニッポン第4戦 鈴鹿サーキット                                         97-07-06
1997年全日本選手権フォーミュラ・ニッポン第4戦 鈴鹿サーキット                   WEATHER: FINE
フォーミュラ・ニッポン                                                  COURSE : DRY
LAPS St |  1    2    3    4    5    6    7    8    9   10   11   12   13   14  
-------------------------------------------------------------------------------
1  64 | 64   64   64   64   64   64   64   64   64   64   64   64   64   64  
2  20 | 20   20   20   20   20   20   20   20   20   20   20   20   20   20  
3  11 | 11   11   11   11   11   11   11   11   11    9    9    9    9    9  
4  65 | 56    9    9    9    9    9    9    9    9   11   11   11   11   11  
5  56 |  9   27   27   27   27   27   27   27   27   27   27   27   27   27  
6   9 | 27   65   65   65   65   65   65   65   65   65.  18   18   18   19. 
7  10 | 65   18   18   18   18   18   18   18   18   18   33   19   19   18  
8  18 | 18   10   33   33   33   33   33   33   33   33   19   10   10   10  
9  33 | 10   33    1    1    1    1    1    1    1    1    1.  35   35   35  
10  27 | 33    1   10   10   10   10   10   10   10   19   10   33   55   55  
11  55 |  1    5    5    5    5    5   19   19   19   10   35   55   28   28  
12   8 | 35   35   35   35   19   19    5    5    5.  35   55   28   33    2  
13   1 |  5   34   34   19   35   35   35   35   35   55   28   34   34   34  
14  35 | 55   55   19   34   34   34   34   34   34   28   34    2    2   33  
15  34 | 34   19   55   55   55   55   55   55   55   34    2    6    6    6  
16   6 | 28   28   28   28   28   28   28   28   28    2    6   17   17   17  
17   5 |  8.   2    2    2    2    2    2    2    2    6   17    3    3    3  
18   2 | 19    6    6    6    6    6    6    6    6   17    3   36   36   36  
19   3 |  3    3   17   17   17   17   17   17   17    3   36   62   62   62  
20  28 |  2   17    3    3    3    3    3    3    3   36   62                 
21  17 | 17   36   36   36   36   36   36   36   36   62                      
22  63 |  6   62   62   62   62   62   62   62   62                           
23  62 | 36   63.  37   37   37   37   37   37   37.                          
24  36 | 62   56p.                                                            
25  37 | 63   37p                                                             
26  19 | 37                                                                   
LAPS| 15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  32 
-----------------------------------------------------------------------------
1 | 64  64  64  64  64  64  64  64  64  64  64  64  64  64  64  64  64  64 
2 | 20  20  20  20  20  20  20  20  20  20  20  20  20  20  20  20  20  20 
3 |  9   9   9   9   9   9   9   9   9   9   9   9   9   9   9   9   9   9 
4 | 11  11  11  11  11  11  11  11  11  11  11  11  11  11  11  11  11  11 
5 | 27  27  27  27  27  27  27  27  27  27  27  27  27  27  27  27  27  27 
6 | 18  18  18  18  18  18  18  18  18  18  18  18  18  18  18  18  18  18 
7 | 10  10  10  10  10  10  10  10  10  10  10  10  10  10  10  10  10  10 
8 | 35  35  35  35  35  35  35  35  55  55  55  55  55  55  55  55  55  55 
9 | 55  55  55  55  55  55  55  55  35  35  35  35  35  35  35  35  35  35 
10 | 28  28  28  28  28  28  28  28  28  28  28  28  28  28  28  28  28  28 
11 |  2   2   2   2   2   2   2   2   2   2   2   2   2   2   2   2   2   2 
12 | 34  34  34  34  34  34  34  34  34  34  34  34  34  34  34  34  34  34 
13 | 33  33   6   6   6   6   6   6   6   6   6   6   6   6   6   6   6   6 
14 |  6   6  17  17  17  17  17  17  17  17  17  17  17  17  17  17  17  17 
15 | 17  17   3   3   3   3   3   3   3   3   3   3   3   3   3   3   3   3 
16 |  3   3  33p.36  36  36  36  36  36  36  36  36  36  36  36  36  36  36 
17 | 36  36  36  62  62  62  62  62  62  62  62  62  62  62  62  62  62  62 
18 | 62  62  62                                                             
LAPS| 33  34  35 
-----------------
1 | 64  64  64.
2 | 20  20  20.
3 |  9   9   9.
4 | 11  11  11.
5 | 27  27  27.
6 | 18  18  18.
7 | 10  10  10.
8 | 55  55  35.
9 | 35  35  28.
10 | 28  28  55.
11 |  2   2   2.
12 | 34  34  34.
13 |  6   6.    
14 | 17  17.    
15 |  3.        
16 | 36.        
17 | 62.        
18 |            
-------------------------------------------------------------------------------
提供:鈴鹿サーキットランド

Formula Nippon

FN Rd.4 SUZUKA:FN 決勝

'97フォーミュラ・ニッポン第4戦 鈴鹿サーキット                                         97-07-06
1997年全日本選手権フォーミュラ・ニッポン第4戦 鈴鹿サーキット                    WEATHER FINE
フォーミュラ・ニッポン                   結果表                          COURSE  DRY
PosNo Driver        TYPE           LAP   TOTAL     DELAY   BEST-TIME TEAM/CAR  
-------------------------------------------------------------------------------
1 64 高木  虎之介  レイナード97D MF308 35 1:03'54.672 192.68Km 1'48.586 PIAA NAKAJ
2 20 影山  正彦    ローラ T95-50MF308 35 1:03'58.379    3.707 1'48.347 IMPUL     
3  9 ペドロ・デ・ラ・ロサ ローラ T97-51MF308 35 1:04'00.269    5.597 1'48.411 SHIONOGI N
4 11 光貞  秀俊    ローラ T96-52MF308 35 1:04'16.219   21.547 1'48.862 CERUMO    
5 27 影山  正美    レイナード97D MF308 35 1:04'18.602   23.930 1'48.985 NAVI CONNE
6 18 ラルフ・ファーマン     レイナード97D MF308 35 1:04'40.549   45.877 1'49.630 TMS       
7 10 飯田    章    ローラ T97-51MF308 35 1:04'41.950   47.278 1'49.615 SHIONOGI N
8 35 マルコ・アピチェラ    レイナード96D MF308 35 1:05'05.148 1'10.476 1'49.931 オートテックSTEL
9 28 山本  勝巳    レイナード96D MF308 35 1:05'05.878 1'11.206 1'49.742 NAVI CONNE
10 55 金石  勝智    レイナード96D MF308 35 1:05'18.451 1'23.779 1'49.155 FUNAISUPER
11  2 エスティバン・トゥエロ  レイナード97D MF308 35 1:05'28.759 1'34.087 1'50.158 Le  Mans  
12 34 A.Gースコット      ローラ T96-51MF308 35 1:05'42.728 1'48.056 1'50.821 オートテックSTEL
13  6 田嶋  栄一    レイナード96D KV-Ⅱ 34 1:04'15.780   1 Lap  1'51.644 5ZIGEN    
14 17 近藤  真彦    レイナード97D MF308 34 1:05'13.453   1 Lap  1'52.015 TMS       
15  3 川本    篤    レイナード96D MF308 33 1:04'14.183   2 Laps 1'51.679 ASAHI KIKO
16 36 玉中  哲二    ローラ T95-50MF308 33 1:05'41.049   2 Laps 1'55.536 タカギ  Bー1 
17 62 戸田  哲史    レイナード94改MF308 33 1:05'48.622   2 Laps 1'55.905 SRILANKA L
以上  規定周回  完走:
18 33 鈴木  利男    レイナード97D MF308 17   32'31.757  18 Laps 1'50.491 かもめサービ
19 19 黒澤  琢弥    ローラ T96-52MF308 14   26'04.469  21 Laps 1'48.996 IMPUL     
20  1 ノルベルト・フォンタナ  レイナード97D MF308 11   20'34.992  24 Laps 1'50.633 Le  Mans  
21 65 山西  康司    レイナード97D MF308 10   18'36.401  25 Laps 1'50.179 PIAA NAKAJ
22  5 マーク・グーセン     レイナード96D KV-Ⅱ  9   16'54.682  26 Laps 1'50.535 5ZIGEN    
23 37 山田  政夫    ローラ T94-50MF308  9   22'28.909  26 Laps 2'02.575 タカギ  Bー1 
24 63 ディランタ・マラガムワ レイナード96D MF308  2    4'13.965  33 Laps 1'58.455 SRILANKA L
25 56 本山    哲    レイナード97D MF308  2    4'26.336  33 Laps 1'57.493 FUNAISUPER
26  8 脇阪  寿一    童夢 F104RMF308  1    2'04.397  34 Laps 2'04.397 ANABUKI童
FASTEST  LAP:  20  影山  正彦    1'48.347  25/35  194.84Km/h
スタート時刻  14:04:40      フィニッシュ時刻  15:08:34
-------------------------------------------------------------------------------
提供:鈴鹿サーキットランド

Japanese F3

FN Rd.4 SUZUKA:F3 決勝

'97フォーミュラ・ニッポン第4戦  鈴鹿サーキット                                        97-07-06
1997年全日本F3選手権シリーズ第5戦                                   WEATHER FINE
F3                              結果表                         COURSE  DRY
PosNo Driver        TYPE           LAP TOTAL      DELAY  BEST-TIME TEAM/CAR  
-------------------------------------------------------------------------------
1  7 トム・コロネル       ダラーラF3973S-G   17 35'30.211 168.47Km 2'04.602 TOM'S  F397 
2  2 立川  祐路    ダラーラF397MF204B 17 35'34.101    3.890 2'04.671 ライアン TODA 無
3  1 脇阪  薫一    ダラーラF397MF204B 17 35'48.529   18.318 2'05.529 ANABUKI397無
4 64 西      翼    ダラーラF397MF204B 17 35'52.000   21.789 2'04.993 SRSーF スカラシッフ
5  8 舘    信吾    ダラーラF3973S-G   17 35'55.424   25.213 2'05.713 TOM'S F397  
6 16 土屋  武士    ダラーラF397HKS    17 35'56.763   26.552 2'05.764 阪急交通社カリ
7 14 セバスチャン・マルティノ ダラーラF397C20XE  17 35'58.380   28.169 2'05.590 TOMEISPORT O
8 38 徳田  照幸    ダラーラF3953S-G   17 35'58.761   28.550 2'05.863 KDS ダラーラ トリ
9  6 横山    崇    ダラーラF396MF204B 17 36'11.736   41.525 2'06.508 ANABUKI396無
10 33 来嶋  真也    ダラーラF3953S-G   17 36'12.046   41.835 2'06.329 5ZIGEN・DALLA
11  9 清水    剛    ダラーラF397HKS    17 36'12.551   42.340 2'06.115 ThreeBond GO
12 17 河野  尚裕    ダラーラF395MF204  17 36'13.696   43.485 2'06.416 ライアン TODA 無
13  4 ミカエル・サンタヴィルタ ダラーラF395HKS    17 36'17.791   47.580 2'06.511 MONTANA ダラー
14 77 伊藤  大輔    ダラーラF397MF204B 17 36'34.666 1'04.455 2'06.014 SEVモデューロ無
15 25 長島  正興    ダラーラF3973S-G   17 36'51.271 1'21.060 2'07.360 メガネスーパーナンシ
16  5 内山  清史    ダラーラF397HKS    17 36'51.884 1'21.673 2'08.263 NIHON KIZAIF
17 65 山口  大陸    ダラーラF396MF204  17 37'11.460 1'41.249 2'07.945 SRSーF スカラシッフ
18 13 高木  真一    ダラーラF396C20XE  17 37'13.839 1'43.628 2'08.070 TOMEISPORT O
19 53 五味  康隆    ダラーラF3973S-G   16 34'06.938   1 Lap  2'06.470 芙蓉実業 ダラ
以上  規定周回  完走:
20 39 中嶋  廣高    ダラーラF3963S-G    2  4'29.268  15 Laps 2'09.082 KDS ダラーラ トリ
21 15 西宮  圭一    ダラーラF395C20XE   1  3'40.601  16 Laps 3'40.601 TOMEISPORT O
22 20 加藤  寛規    ダラーラF397HKS     0            17 Laps          ステラ with パル
23 18 平野    功    ダラーラF397HKS     0            17 Laps          イエローハット397ラム
24 19 阪口  良平    ダラーラF3953S-G    0            17 Laps          サムテックアキランド
FASTEST  LAP:  7  トム・コロネル    2'04.602  7/17  169.42Km/h
スタート時刻  11:15:03      フィニッシュ時刻  11:50:33
-------------------------------------------------------------------------------
提供:鈴鹿サーキットランド

Japanese F3

FN Rd.4 SUZUKA:F3 ラップチャート

'97フォーミュラ・ニッポン第4戦  鈴鹿サーキット                                        97-07-06
1997年全日本F3選手権シリーズ第5戦                                  WEATHER: FINE
F3                                                            COURSE : DRY
LAPSSt |  1    2    3    4    5    6    7    8    9   10   11   12   13   14  
------------------------------------------------------------------------------
1   7 |  7    7    7    7    7    7    7    7    7    7    7    7    7    7  
2   2 |  2    2    2    2    2    2    2    2    2    2    2    2    2    2  
3  77 |  1    1    1    1    1    1    1    1    1    1    1    1    1    1  
4  64 | 64   64   64   64   64   64   64   64   64   64   64   64   64   64  
5   8 |  8    8    8    8    8    8    8    8    8    8    8    8    8    8  
6  14 | 14   14   14   14   14   14   14   14   14   14   14   14   14   14  
7  38 | 16   16   16   16   16   16   16   16   16   16   16   16   16   16  
8  16 | 38   38   38   38   38   38   38   38   38   38   38   38   38   38  
9   1 |  6    6    6    6    6    6    6    6    6    6    6    6    6    6  
10   6 |  9    9    9    9    9    9    9    9   33   33   33    9    9   33  
11  25 | 33   33   33   33   33   33   33   33    9    9    9   33   33    9  
12  53 | 53   53   53   53   17   17   17   17   17   17   17   17   17   17  
13  20 | 17   17   17   17   53   53   53   53   77   77   77   77   77   77  
14  15 |  4    4    4    4   77   77   77   77   53   53   53   53   53   53  
15  18 | 39   39   77   77    4    4    4    4    4    4    4    4    4    4  
16  33 | 13   77   13   13   13   13   13   13   13    5    5    5    5    5  
17  19 | 65   13    5    5    5    5    5    5    5   25   25   25   25   25  
18   9 |  5    5   25   25   25   25   25   25   25   13   13   13   13   65  
19  65 | 77   25   65   65   65   65   65   65   65   65   65   65   65   13  
20   4 | 25   65                                                              
21  17 | 15p.                                                                 
22  39 |                                                                      
23   5 |                                                                      
24  13 |                                                                      
LAP | 15   16   17 
--------------------
1  |  7    7    7.
2  |  2    2    2.
3  |  1    1    1.
4  | 64   64   64.
5  |  8    8    8.
6  | 14   16   16.
7  | 16   14   14.
8  | 38   38   38.
9  |  6    6    6.
10  | 33   33   33.
11  |  9    9    9 
12  | 17   17   17 
13  | 77   77    4 
14  | 53   53.  77.
15  |  4    4   25.
16  |  5    5    5 
17  | 25   25   65 
18  | 65   65   13 
19  | 13   13      
-------------------------------------------------------------------------------
提供:鈴鹿サーキットランド

Formula Nippon

速報 鈴鹿FN決勝

高木虎之介がポールtoフィニッシュ!
 予選日に続き、晴天の鈴鹿で行われたフォーミュラニッポン第4戦は路面温
度55度の猛暑の中で開催された。
 スタートは、予選2番手の#20影山正彦がインから一瞬、ポールシッターの
#64高木虎之介の前に出たが、1コーナー出口では#64高木が前に。
 15周目、最後尾スタートから6番手まで浮上してきていた#19黒澤琢弥がス
ローダウン、立体交差下でマシンを止めた。
 
 35周のレースは、安定した走りの#64高木が、#20影山の追撃を抑え3.7秒差
を守ってチェッカーを受けた。
 優勝 #64 高木虎之介 
2位  #20  影山正彦
3位  # 9  ペデロ・デ・ラ・ロサ
4位  #11  光貞秀俊
 5位  #27  影山正美
 6位  #18  ラルフ・ファーマン
***JCG00146  竹下 恵一郎//KEIICHIRO TAKESHITA***

Japanese F3

FN Rd.4 SUZUKA:F3 公式予選

'97フォーミュラ・ニッポン第4戦  鈴鹿サーキット                                        97-07-05
1997年全日本F3選手権シリーズ第5戦                                   WEATHER FINE
F3                               公式予選結果表                COURSE  DRY
PosNo Driver        TYPE             TIME      DELAY    LAP  TEAM/CAR  
-------------------------------------------------------------------------------
1  7 トム・コロネル       ダラーラF397 3S-G   2'01.532 173.70km  7/ 8 TOM'S  F397
2  2 立川  祐路    ダラーラF397 MF204B 2'01.890    0.358  7/ 8 ライアン TODA 無限ホンダ
3 77 伊藤  大輔    ダラーラF397 MF204B 2'02.488    0.956  6/ 9 SEVモデューロ無限397  
4 64 西      翼    ダラーラF397 MF204B 2'02.707    1.175 11/11 SRSーF  スカラシップF3  
5  8 舘    信吾    ダラーラF397 3S-G   2'02.784    1.252  5/ 8 TOM'S  F397       
6 14 セバスチャン・マルティノ ダラーラF397 C20XE  2'02.819    1.287  7/ 8 TOMEISPORT  OPEL
7 38 徳田  照幸    ダラーラF395 3S-G   2'03.054    1.522  7/ 9 KDS  ダラーラ  トリイトヨタ
8 16 土屋  武士    ダラーラF397 HKS    2'03.157    1.625  9/ 9 阪急交通社カリスマラリーア
9  1 脇阪  薫一    ダラーラF397 MF204B 2'03.168    1.636  4/ 7 ANABUKI397無限    
10  6 横山    崇    ダラーラF396 MF204B 2'03.788    2.256  4/ 8 ANABUKI396無限    
11 25 長島  正興    ダラーラF397 3S-G   2'04.114    2.582 10/13 メガネスーパーナンシンF397
12 53 五味  康隆    ダラーラF397 3S-G   2'04.132    2.600  9/13 芙蓉実業 ダラーラF397
13 20 加藤  寛規    ダラーラF397 HKS    2'04.202    2.670  3/ 7 ステラ  with  パル    
14 15 西宮  圭一    ダラーラF395 C20XE  2'04.213    2.681  8/ 8 TOMEISPORT  OPEL
15 18 平野    功    ダラーラF397 HKS    2'04.233    2.701  9/ 9 イエローハット397ラム&トス
16 33 来嶋  真也    ダラーラF395 3S-G   2'04.563    3.031  3/12 5ZIGEN・DALLARA  
17 19 阪口  良平    ダラーラF395 3S-G   2'04.661    3.129 10/11 サムテックアキランド夢工房
18  9 清水    剛    ダラーラF397 HKS    2'04.724    3.192  3/ 8 ThreeBond  GO     
19 65 山口  大陸    ダラーラF396 MF204  2'04.819    3.287 12/13 SRSーF  スカラシップF3  
20  4 ミカエル・サンタヴィルタ ダラーラF395 HKS    2'04.834    3.302  7/ 9 MONTANA  ダラーラHKS
21 17 河野  尚裕    ダラーラF395 MF204  2'04.875    3.343  5/13 ライアン  TODA  無限  
22 39 中嶋  廣高    ダラーラF396 3S-G   2'05.094    3.562 10/12 KDS  ダラーラ  トリイトヨタ
23  5 内山  清史    ダラーラF397 HKS    2'05.785    4.253  8/10 NIHON  KIZAIF397
24 13 高木  真一    ダラーラF396 C20XE  2'07.617    6.085  4/ 9 TOMEISPORT  OPEL
予選通過基準タイム(110%)    2'13.685
-------------------------------------------------------------------------------
提供:鈴鹿サーキットランド

Japanese F3

FN Rd.4 SUZUKA:F3 公式練習

'97フォーミュラ・ニッポン第4戦  鈴鹿サーキット                                        97-07-05
1997年全日本F3選手権シリーズ第5戦                                   WEATHER FINE
F3                          公式練習結果表                     COURSE  DRY
PosNo Driver        TYPE             TIME      DELAY    LAP  TEAM/CAR  
-------------------------------------------------------------------------------
1 64 西      翼    ダラーラF397 MF204B 2'03.135 171.44km 12/13 SRSーF  スカラシップF3
2  7 トム・コロネル       ダラーラF397 3S-G   2'03.498    0.363  6/ 9 TOM'S  F397     
3  2 立川  祐路    ダラーラF397 MF204B 2'03.602    0.467 11/12 ライアン TODA 無限ホンダ
4  1 脇阪  薫一    ダラーラF397 MF204B 2'03.705    0.570  7/13 ANABUKI397無限    
5 77 伊藤  大輔    ダラーラF397 MF204B 2'04.528    1.393  8/10 SEVモデューロ無限397  
6 16 土屋  武士    ダラーラF397 HKS    2'04.763    1.628 10/11 阪急交通社カリスマラリーア
7  8 舘    信吾    ダラーラF397 3S-G   2'04.996    1.861  6/13 TOM'S  F397       
8 15 西宮  圭一    ダラーラF395 C20XE  2'05.133    1.998  7/ 8 TOMEISPORT  OPEL
9 14 セバスチャン・マルティノ ダラーラF397 C20XE  2'05.294    2.159  7/11 TOMEISPORT  OPEL
10  9 清水    剛    ダラーラF397 HKS    2'05.854    2.719  7/ 8 ThreeBond  GO     
11 25 長島  正興    ダラーラF397 3S-G   2'05.952    2.817 12/13 メガネスーパーナンシンF397
12 18 平野    功    ダラーラF397 HKS    2'05.991    2.856  8/12 イエローハット397ラム&トス
13 33 来嶋  真也    ダラーラF395 3S-G   2'06.021    2.886  8/ 9 5ZIGEN・DALLARA  
14  6 横山    崇    ダラーラF396 MF204B 2'06.032    2.897  8/10 ANABUKI396無限    
15 20 加藤  寛規    ダラーラF397 HKS    2'06.109    2.974 11/12 ステラ  with  パル    
16  4 ミカエル・サンタヴィルタ ダラーラF395 HKS    2'06.248    3.113  7/10 MONTANA  ダラーラHKS
17 38 徳田  照幸    ダラーラF395 3S-G   2'06.382    3.247  7/11 KDS  ダラーラ  トリイトヨタ
18 19 阪口  良平    ダラーラF395 3S-G   2'06.512    3.377  4/ 7 サムテックアキランド夢工房
19 17 河野  尚裕    ダラーラF395 MF204  2'06.540    3.405 12/13 ライアン  TODA  無限  
20 65 山口  大陸    ダラーラF396 MF204  2'06.693    3.558 11/11 SRSーF  スカラシップF3  
21 39 中嶋  廣高    ダラーラF396 3S-G   2'06.818    3.683  4/ 7 KDS  ダラーラ  トリイトヨタ
22 53 五味  康隆    ダラーラF397 3S-G   2'07.209    4.074  9/10 芙蓉実業 ダラーラF397
23  5 内山  清史    ダラーラF397 HKS    2'08.268    5.133 11/11 NIHON  KIZAIF397
24 13 高木  真一    ダラーラF396 C20XE  2'09.046    5.911 11/12 TOMEISPORT  OPEL
-------------------------------------------------------------------------------
提供:鈴鹿サーキットランド

Formula Nippon

FN Rd.4 SUZUKA:FN 総合予選

'97フォーミュラ・ニッポン第4戦 鈴鹿サーキット                                         97-07-05
1997年全日本選手権フォーミュラ・ニッポン第4戦 鈴鹿サーキット                    WEATHER FINE
フォーミュラ・ニッポン                        総合予選結果表             COURSE  DRY
PosNo Driver        TYPE             Qualifying PRC Special Stage 
-------------------------------------------------------------------------------
1 64 高木  虎之介  レイナード97D  MF308 1'45.602 19/21 1'45.269  3/ 3
2 20 影山  正彦    ローラ T95-50 MF308 1'45.781 17/18 1'45.742  4/ 4
3 11 光貞  秀俊    ローラ T96-52 MF308 1'46.560 21/22 1'46.582  4/ 4
4 65 山西  康司    レイナード97D  MF308 1'46.550 20/23 1'47.225  4/ 4
5 56 本山    哲    レイナード97D  MF308 1'46.638 20/20 1'47.489  3/ 3
6  9 ペドロ・デ・ラ・ロサ ローラ T97-51 MF308 1'46.499 21/21   D.N.S      0
7 10 飯田    章    ローラ T97-51 MF308 1'47.192 13/13               
8 18 ラルフ・ファーマン     レイナード97D  MF308 1'47.464 23/23               
9 33 鈴木  利男    レイナード97D  MF308 1'47.470 18/19               
10 27 影山  正美    レイナード97D  MF308 1'47.567 11/13               
11 55 金石  勝智    レイナード96D  MF308 1'47.791 11/12               
12  8 脇阪  寿一    童夢 F104R MF308 1'47.879 17/17               
13  1 ノルベルト・フォンタナ  レイナード97D  MF308 1'47.948  9/ 9               
14 35 マルコ・アピチュラ    レイナード96D  MF308 1'48.240 15/18               
15 34 A.Gースコット      ローラ T96-51 MF308 1'48.431 18/19               
16  6 田嶋  栄一    レイナード96D  KV-Ⅱ 1'48.737 17/20               
17  5 マーク・グーセン     レイナード96D  KV-Ⅱ 1'48.746  5/ 5               
18  2 エスティバン・トゥエロ  レイナード97D  MF308 1'48.766 21/21               
19  3 川本    篤    レイナード96D  MF308 1'49.657 17/17               
20 28 山本  勝巳    レイナード96D  MF308 1'49.760  8/11               
21 17 近藤  真彦    レイナード97D  MF308 1'50.193 17/19               
22 63 ディランタ・マラガムワ レイナード96D  MF308 1'53.952 11/20               
23 62 戸田  哲史    レイナード94改 MF308 1'54.096 12/16               
24 36 玉中  哲二    ローラ T95-50 MF308 1'54.501  9/ 9               
25 37 山田  政夫    ローラ T94-50 MF308 1'56.200  7/22               
26 19 黒澤  琢弥    ローラ T96-52 MF308                              
予選通過基準タイム(110%)    1'56.556
No.19  国際スポーツ法典付則L項(第4章)違反により、予選タイムを抹消した。決勝
レースへは最後尾グリッドを許可した。
No.37  国際スポーツ法典付則L項(第4章)違反により、罰金10万円を課した。
No.20  国際スポーツ法典付則H項違反により、ベストタイムを削除した。
1位~6位は、スペシャルステージにより順位を決定した。
-------------------------------------------------------------------------------
提供:鈴鹿サーキットランド

Formula Nippon

FN Rd.4 SUZUKA:FN スペシャル・ステージ

'97フォーミュラ・ニッポン第4戦 鈴鹿サーキット                                         97-07-05
1997年全日本選手権フォーミュラ・ニッポン第4戦 鈴鹿サーキット                    WEATHER FINE
フォーミュラ・ニッポン                        スペシャルステージ                COURSE  DRY
PosNo Driver        TYPE             TIME      DELAY     LAP TEAM/CAR  
-------------------------------------------------------------------------------
1 64 高木  虎之介  レイナード97D  MF308 1'45.269 200.53km  3/ 3 PIAA  NAKAJIMA
2 20 影山  正彦    ローラ T95-50 MF308 1'45.742    0.473  4/ 4 IMPUL         
3 11 光貞  秀俊    ローラ T96-52 MF308 1'46.582    1.313  4/ 4 CERUMO        
4 65 山西  康司    レイナード97D  MF308 1'47.225    1.956  4/ 4 PIAA  NAKAJIMA
5 56 本山    哲    レイナード97D  MF308 1'47.489    2.220  3/ 3 FUNAISUPERAGURI
6  9 ペドロ・デ・ラ・ロサ ローラ T97-51 MF308   D.N.S               0 SHIONOGI  NOVA
-------------------------------------------------------------------------------
提供:鈴鹿サーキットランド

Formula Nippon

FN Rd.4 SUZUKA:FN 公式予選

'97フォーミュラ・ニッポン第4戦 鈴鹿サーキット                                         97-07-05
1997年全日本選手権フォーミュラ・ニッポン第4戦 鈴鹿サーキット                    WEATHER FINE
フォーミュラ・ニッポン                      公式予選結果表               COURSE  DRY
PosNo Driver        TYPE             TIME     DELAY     LAP  TEAM/CAR  
-------------------------------------------------------------------------------
1 64 高木  虎之介  レイナード97D  MF308 1'45.602 199.90km 19/21 PIAA  NAKAJIMA
2 20 影山  正彦    ローラ T95-50 MF308 1'45.781    0.179 17/18 IMPUL         
3  9 ペドロ・デ・ラ・ロサ ローラ T97-51 MF308 1'46.499    0.897 21/21 SHIONOGI  NOVA
4 65 山西  康司    レイナード97D  MF308 1'46.550    0.948 20/23 PIAA  NAKAJIMA
5 11 光貞  秀俊    ローラ T96-52 MF308 1'46.560    0.958 21/22 CERUMO        
6 56 本山    哲    レイナード97D  MF308 1'46.638    1.036 20/20 FUNAISUPERAGURI
7 10 飯田    章    ローラ T97-51 MF308 1'47.192    1.590 13/13 SHIONOGI  NOVA
8 18 ラルフ・ファーマン     レイナード97D  MF308 1'47.464    1.862 23/23 TMS           
9 33 鈴木  利男    レイナード97D  MF308 1'47.470    1.868 18/19 かもめサービス MIRAI
10 27 影山  正美    レイナード97D  MF308 1'47.567    1.965 11/13 NAVI  CONNECTION
11 55 金石  勝智    レイナード96D  MF308 1'47.791    2.189 11/12 FUNAISUPERAGURI
12  8 脇阪  寿一    童夢 F104R MF308 1'47.879    2.277 17/17 ANABUKI  童夢無限
13  1 ノルベルト・フォンタナ  レイナード97D  MF308 1'47.948    2.346  9/ 9 Le  Mans         
14 35 マルコ・アピチュラ    レイナード96D  MF308 1'48.240    2.638 15/18 オートテック  STELLAR  
15 34 A.Gースコット      ローラ T96-51 MF308 1'48.431    2.829 18/19 オートテック  STELLAR  
16  6 田嶋  栄一    レイナード96D  KV-Ⅱ 1'48.737    3.135 17/20 5ZIGEN           
17  5 マーク・グーセン     レイナード96D  KV-Ⅱ 1'48.746    3.144  5/ 5 5ZIGEN           
18  2 エスティバン・トゥエロ  レイナード97D  MF308 1'48.766    3.164 21/21 Le  Mans         
19  3 川本    篤    レイナード96D  MF308 1'49.657    4.055 17/17 ASAHI  KIKO      
20 28 山本  勝巳    レイナード96D  MF308 1'49.760    4.158  8/11 NAVI  CONNECTION
21 17 近藤  真彦    レイナード97D  MF308 1'50.193    4.591 17/19 TMS              
22 63 ディランタ・マラガムワ レイナード96D  MF308 1'53.952    8.350 11/20 SRILANKA  LEYJUN
23 62 戸田  哲史    レイナード94改 MF308 1'54.096    8.494 12/16 SRILANKA  LEYJUN
24 36 玉中  哲二    ローラ T95-50 MF308 1'54.501    8.899  9/ 9 タカギ  Bー1        
25 37 山田  政夫    ローラ T94-50 MF308 1'56.200   10.598  7/22 タカギ  Bー1        
26 19 黒澤  琢弥    ローラ T96-52 MF308                         IMPUL            
予選通過基準タイム(110%)    1'56.556
No.19  国際スポーツ法典付則L項(第4章)違反により、予選タイムを抹消する。決勝レースへ
は最後尾グリッドを許可する。
No.37  国際スポーツ法典付則L項(第4章)違反により、罰金10万円を課す。
No.20  国際スポーツ法典付則H項違反により、ベストタイムを削除する。
上位6台は、スペシャルステージの結果により順位を決定する。
-------------------------------------------------------------------------------
提供:鈴鹿サーキットランド

Formula Nippon

FN Rd.4 SUZUKA:FN 公式練習

'97フォーミュラ・ニッポン第4戦 鈴鹿サーキット                                         97-07-05
1997年全日本選手権フォーミュラ・ニッポン第4戦 鈴鹿サーキット                    WEATHER FINE
フォーミュラ・ニッポン                   公式練習結果表                  COURSE  DRY
PosNo Driver        TYPE             TIME     DELAY    LAP   TEAM/CAR  
-------------------------------------------------------------------------------
1 64 高木  虎之介  レイナード97D  MF308 1'47.272 196.79km 14/16 PIAA  NAKAJIMA
2 11 光貞  秀俊    ローラ T96-52 MF308 1'47.323    0.051 11/14 CERUMO        
3 20 影山  正彦    ローラ T95-50 MF308 1'47.394    0.122 12/14 IMPUL         
4  9 ペドロ・デ・ラ・ロサ ローラ T97-51 MF308 1'47.458    0.186 19/19 SHIONOGI  NOVA
5 19 黒澤  琢弥    ローラ T96-52 MF308 1'47.725    0.453 16/19 IMPUL         
6 65 山西  康司    レイナード97D  MF308 1'47.888    0.616 19/21 PIAA  NAKAJIMA
7 56 本山    哲    レイナード97D  MF308 1'47.900    0.628 15/18 FUNAISUPERAGURI
8 27 影山  正美    レイナード97D  MF308 1'47.967    0.695  6/12 NAVI  CONNECTION
9 55 金石  勝智    レイナード96D  MF308 1'48.072    0.800 15/19 FUNAISUPERAGURI
10 33 鈴木  利男    レイナード97D  MF308 1'48.354    1.082 16/16 かもめサービス MIRAI
11 35 マルコ・アピチュラ    レイナード96D  MF308 1'49.105    1.833 18/20 オートテック  STELLAR
12 10 飯田    章    ローラ T97-51 MF308 1'49.303    2.031 11/18 SHIONOGI  NOVA 
13  5 マーク・グーセン     レイナード96D  KV-Ⅱ 1'49.648    2.376  8/18 5ZIGEN         
14 18 ラルフ・ファーマン     レイナード97D  MF308 1'49.688    2.416 16/21 TMS            
15  8 脇阪  寿一    童夢 F104R MF308 1'49.755    2.483 13/17 ANABUKI 童夢無限
16  6 田嶋  栄一    レイナード96D  KV-Ⅱ 1'50.107    2.835 16/21 5ZIGEN          
17 28 山本  勝巳    レイナード96D  MF308 1'50.176    2.904 12/15 NAVI  CONNECTION
18  3 川本    篤    レイナード96D  MF308 1'50.414    3.142 19/19 ASAHI  KIKO     
19 34 A.Gースコット      ローラ T96-51 MF308 1'50.965    3.693 14/19 オートテック  STELLAR 
20  1 ノルベルト・フォンタナ  レイナード97D  MF308 1'51.225    3.953  5/ 5 Le  Mans        
21  2 エスティバン・トゥエロ  レイナード97D  MF308 1'52.245    4.973  8/ 9 Le  Mans        
22 17 近藤  真彦    レイナード97D  MF308 1'52.713    5.441 11/18 TMS             
23 36 玉中  哲二    ローラ T95-50 MF308 1'53.389    6.117 14/20 タカギ  Bー1       
24 62 戸田  哲史    レイナード94改 MF308 1'56.521    9.249  8/12 SRILANKA  LEYJUN
25 63 ディランタ・マラガムワ レイナード96D  MF308 1'57.709   10.437  6/22 SRILANKA  LEYJUN
26 37 山田  政夫    ローラ T94-50 MF308 1'57.760   10.488 11/12 タカギ  Bー1       
-------------------------------------------------------------------------------
提供:鈴鹿サーキットランド

Formula Nippon

FN_Rd4:鈴鹿予選レポート

フォーミュラ・ニッポンNEWS
1997年7月5日
'97フォーミュラ・ニッポン第4戦
高木虎之介(PlAA  NAKAJIMA)がポールポジション
7月5日(土)鈴鹿サーキットにおいて、’97フォーミュラ・ニッポン第4戦
の公式予選と予選上位6台によるスペシャルステージ(SS)が行われ、15チ
ーム26台が出場。全て予選通過基準タイムをクリアし、決勝に進出した。
午後1時30分からから行われた公式予選では、高木虎之介が予選タイム1位で
SSに進出。影山正彦(IMPUL)は黄旗追い越し違反でペストタイムを削除
されたものの、セカンドペストが予選タイム2位。黒澤琢弥は予遺タイム3位に
該当するタイムを出したが、国際スポーツ法典付則L項違反(妨害的行為)のた
め、予選タイムを抹消され、決勝では最後尾スタートとなった。これによりP.
デ・ラ・ロサ(SHlONOGI  NOVA)が予選タイム3位でSSに進出。
4位で山西康司(PlAA  NAKAJIMA)が初のSS進出。5位は光貞秀
俊(CERUMO)。6位で、繰り上げとなった本山哲(FUNAI  SUPER
AGURI)。デ・ラ・ロサ、高木の2人は4戦連続SS進出となった。
牛後3時40分から行われたスペシャルステージでは高木、影山が予選タイムを
上回るタイムでフロントロー。続いて3位光貞、4位山西、5位本山。デ・ラ・
ロサはギアトラブルのため出走できす、グリッド6位からの決勝スタートとなっ
た。決勝は、明日7月6日(日)午後2時にスタートする。
◆トップ6記者会見
高木虎之介『前の人がいろいろとトラブルがあったので少しは楽になりました。
車は予選のときよりSSの方がよくなりました。明日は自滅しないようにがんば
ります。』
影山正彦『目一杯走れたので、タイムには満足しています。(ランキングの)点
数がちょっと足りないので明日はとりにいきます。』
光貞秀俊『ラッキーもございましたし、予選でちよっとてこずったサスペンショ
ンのセッテイングを直して少しよくなったので明日はがんぱります。』
山西康司『4戦中で一番いい順位でよかったです。朝から調子はよかったのでトッ
プ6に残れればいいな、とは思っていました。』
本山  哲『急にトップ6に呼ばれてびっくりして、最後はスピンして終わっちゃ
いました。スピンは自分のミスだけれど、車の調子が上がっていて、チームの雰
囲気もよくなっているので、流れはついているのかなって感じです。』
P.デ・ラ・ロサ『明目のために体カも気力も温存しました。6位スタートなの
で厳しいとは思いますが、1周目にできるだけ上に行きたい。』
情報:日本レースプロモーション(JRP)
<< FMOTOR4F SysOp 北島滋穂(SDI00685)>>

Japanese F3

SKILL SPEED F3 REPORT 7/5

☆☆ SKILL SPEED ☆☆
☆☆☆ F3 REPORT ☆☆☆
****全日本F3選手権第5戦****
公式予選
場所:鈴鹿サーキット/三重県
日時:7月5日
天候:晴れ(路面/ドライ)
伊藤大輔
気合い入れすぎて、スピンも、
予選3位の好位置につける。
 前日に続き、快晴に恵まれた土曜日、午前に公式練習、午後に公式予選が行
われた。午前の公式練習開始早々に伊藤大輔のフロントカウルがゆるむという
ハプニングが発生。カウルが完全にはずれてしまわないようにスロー走行でピ
ットに戻ってきた。カウルには特に問題はなく、すぐ走行を開始したが、路面
コンディションが前日と比べ悪化してしまっていたことから、スピン、コース
アウトするドライバーが続出。満足にクリアラップをとれないまま、セッショ
ンは終了してしまった。順位は5番手にとどまったが、マシンのフィーリング
自体には問題がないと伊藤はコメント。
 午後の予選は、30分間行われるが、伊藤は10分ほどウエイティングして
から、アタックに出ていった。コースは、午前中よりはベターコンディショ
ン。ライバルたちも次々とタイムをあげてきた。そんな中で、伊藤は3周目の
シケインでスピン。サンドトラップに捕まることなくコース上にとどまり、即
座に復帰するが大きくタイムロス。本格的なアタックには、10分ほどしか時
間は残されていなかった。5周目、伊藤は2分02秒台後半をマークし、トッ
プ10圏内にようやく浮上。そして6周目、2分02秒488をマークし、3
番手にジャンプアップ。さらにアタックを続けた伊藤だったが、アタック中に
前車に引っかかってしまい、タイム・ロス。結局、6周目のタイムがベストと
なり、3番手で予選を終えた。
伊藤大輔のコメント
「これから!!って気合いを入れたら、少し入れすぎてしまったみたいで、シ
ケインでスピンしてしまった。このアタック前のスピンがすべてでした。3番
手にあがり、最後のアタックに賭けたのですが、前のマシンにつまってしまい
タイムをあげることができませんでした。今回もフロントロウを狙っていただ
けに、自分のミスに、頭、来ています。でも、明日の決勝レースでは、まだチ
ャンスがあるので、前回よりもさらに上のポジションを狙って精一杯がんばり
ます。」
                        SKILL SPEED F3 TEAM
                   深尾栄一

全日本GT選手権

GTインサイドレポート Rd.3/7

ALL JAPAN GRAND TOURING CAR CHAMPIONSHIP
1997  GT INSIDE REPORT
Round 3 Hi-land GT Championship                            29 June '97
Inside Report                 インサイドレポート 3          FMOTOR4版
 -------------------------------------------------------------------------
'97GTC第3戦 ハイランドGT選手権レース
ポイントランキングTop10
ドライバーポイント
[GT500]
                  Rd.1  Rd.2  Rd.3 Rd.4 Rd.5  Rd.6
                  3/30  5/4  6/29 8/10 10/5  10/26
Pos. No. Driver      合計 Suzuka FUJI Hiland FUJI MINE  SUGO
----------------------------------------------------------------------------
1   2 鈴木亜久里      45  20   10   15
2  39 影山正美       43  15   20    8
3   2 E.コマス       35  20    -   15
4  36 M.クルム/P.デ・ラ・ロサ    32      12   20
5  37 関谷正徳/鈴木利男  30  12    6   12
6  39 谷川達也       28   -   20    8
7   3 長谷見昌弘/田中哲也 27  10   15    2
8  38 竹内浩典/金石勝智  16   4    2   10
9  39 O.グルイヤール    15  15    -    -
10  5 田嶋栄一/M.グーセン 12   6        6
[GT300]
                  Rd.1  Rd.2  Rd.3 Rd.4 Rd.5  Rd.6
                  3/30  5/4  6/29 8/10 10/5  10/26
Pos. No. Driver      合計 Suzuka FUJI Hiland FUJI MINE  SUGO
----------------------------------------------------------------------------
1  19 織戸 学/福山英朗  50  20   15   15
2  26 鈴木恵一/新田守男  42  10   20   12
3  25 土屋武士/長嶋正興  32  12       20
4  910 袖山誠一       28  15    3   10
5   7 山路慎一/松本晴彦  20  -   12    8
6  51 石原将光/池谷勝則  16   8    8   -
7  910 見崎清志       15  15   -   -
8  81 大八木信行      13   3    4    6
9  910 砂子智彦       13  -    3   10
10  27 太田哲也       12      10    2
チームポイント
[GT500]
                   Rd.1  Rd.2  Rd.3 Rd.4 Rd.5  Rd.6
                   3/30  5/4  6/29 8/10 10/5  10/26
Pos. No. Team        合計 Suzuka FUJI Hiland FUJI MINE  SUGO
-----------------------------------------------------------------------------
1 2/556 NISMO         45     20    10      15
2 36/37/38TOYOTA Castorl TEAM 44      12    12      20
3 39  TOYOTA TEAM SARD    43      15    20       8
4  3  ハセミ・モータースポーツ     27   10  15    2
5  5  TEAM 5ZIGEN      12    6       6
6 12  HOSHINO RACING     8       8
7  8  POWER CRAFT       5    1       4
8 10  TEAM TMS        4       4
9  4  SUZUKI BANKIN      3       3      -
10 510 RYOUWA HOUSE Pacific TEAM CERUMO
                 3   -  -    3
[GT300]
                   Rd.1  Rd.2  Rd.3 Rd.4 Rd.5  Rd.6
                   3/30  5/4  6/29 8/10 10/5  10/26
Pos. No. Team        合計 Suzuka FUJI Hiland FUJI MINE  SUGO
-----------------------------------------------------------------------------
1 19 RS-Rレーシングチームwith BANDOH 50   20  15   15
2  26  TEAM TAISAN Jr    42   10  20   12
3  25  土屋エンジニアリング    32   12      20
4  910 910 RACING       28   15   3   10
5   7  RE雨宮レーシング   20      12    8
6  51  コブラレーシングチーム     16    8   8   -
7  81  TEAM DAISHIN     13    3   4    6
8 27/28 TEAM FERRARI CLUB OF JAPAN
                 12      10    2
9  71  シグマテックレーシングチーム   10   -   6    4
10  72  牧口エンジニアリング     9    4   2    3
*ポイント計算はGTインサイドレポート班による非公式のものです
*このレポートのデータの無断引用を禁じます。
*メディア関係者の方でデータがご入用の方は古屋までメールでご連絡ください。
以上
                       GTアソシエイション事務局
                         GTインサイドレポート班
                         古屋 知幸 = QYB04322 =

全日本GT選手権

GTインサイドレポート Rd.3/6

ALL JAPAN GRAND TOURING CAR CHAMPIONSHIP
1997  GT INSIDE REPORT
Round 3 Hi-land GT Championship                            29 June '97
Inside Report                 インサイドレポート 2          FMOTOR4版
 -------------------------------------------------------------------------
'97GTC第3戦 ハイランドGT選手権レース
       ◎カーナンバー前の"#"はGT500クラス、"*"はGT300クラスを表します
☆決勝日のトピックス
*27 TEAM FCJフェラーリ
 今回、クルマを大幅にモディファイしてきた。兼子監督によれば「ボディは屋根
以外はほとんど全部カーボン。フロントバンパーの形状を変えてダウンフォースを
アップしている。リアのサブフレームも切り取ってパイプで造り直している。プラ
イベートとしてできることは、ほとんどやってきました」とのこと。前回センター
ロックに変更したにもかかわらず破損してしまって5穴に戻さざるをえなかったホ
イールは、今回ハブをチタンで新造してきたが、またしても金曜日に破損。結局5
穴ホイールを急遽調達して予選、決勝に臨むことになった。
◎サードMC8R、GTC参戦へ!
 これまで、国内では鈴鹿1000kmにしか出場していなかったサードMC8Rが、GTCに
も参戦することになった。以下は同チームの山本 泰マネージャーの話。
「サードMC8Rでル・マンを戦っているのですが、ひと月前に行ってテストしてもど
うしても熟成不足になるので、国内のGTCでも走らせようということになった。ル・
マンとGTCではパワーも違うし、別なクルマのようになってしまいますが、それで
も走らせて熟成していくほうがいい、と。スポンサーが決まって、クルマの参加に
問題が出るようなことのないように、先にJAFに必要な手続きをしたんです。ただ、
次の富士についてはスポンサーが未だ決まっていないので参加しません」
*7 山路慎一(RE雨宮SuperG RX7)
「今回は下回りの剛性アップをしてきました。フレーム剛性は上げられるんですが、
メンバーにアームが出ていて足回りもメンバーはノーマルを使ってるんですが、そ
れがもたないんで。車重は7~8kgは重くなったみたいですが、ウイングをカーボン
製にしたりマフラーの中間部分を薄くしたりしてるんで、トータルでは変わらない
といっています」
#5 田嶋栄一(5ZIGEN SUPRA)
「予選は一番いいラップにシケインでスピンしているクルマに引っかかって、タイ
ミングが取れず失敗でした。決勝はミズモノなので、石橋を叩いて渡るように走り
ます。スタートはボクの予定です。コースはボクにとっては相性のいいコースなの
で、同じポテンシャルがあれば前に行けると思う。金曜のテストはメニューがすべ
てはこなせなかったから、課題はありますが、決勝に向けては『これかな』という
ところまではいけてる。目標は、表彰台の一角でも占めたいですね」
*26 鈴木恵一(タイサンスターカードRSR)
「(フリー走行の)感触はよかったよ。決勝グリッドは9番手だけど、スリックだっ
たらボクらのほうが速い。おもしろいレースになるんじゃないかな。武士のところ
(つちやMR2)が絡んできて、*19のシルビアとの戦いになると思う。前でゴチャゴ
チャやってくれればラッキーだね。後ろから淡々と追い上げるよ」
*19 福山英朗(RS☆Rシルビア)
「ポジション悪いんで…。決勝は、タイサンとウチになると思う。ドライのほうが
正直いっていいんでね」
*21 山本健司(ダンロップ-BP-BMW)
「フリー走行ではドライのテストができていないんで、決勝に向けてギア比を変え
たりしています。コースはほとんど乾いていました。ここのコースは抜きにくいん
で、ボクがまずはスタートを決めて頑張りたいと思います」
#18 avex童夢無限NSX
 朝のフリー走行はまったく走らなかった。佐々木マネジャーによれば「まあ、路
面もよくないんでムリをしたくないんで温存したんですよ」とのことだが、事情通
のあいだでは「某ドライバーが寝坊をしたらしい」というウワサが流れている。
「金曜日と予選1回目は、エンジン自体ではなく電装系のトラブルで、ハーネスを
取り替えるので手間がかかりました。予選2回目で起きたオイル漏れも解決しまし
た。予選の最後にコースアウトしましたが、まったく損傷はありませんでした。も
う問題はありませんよ。決勝は...。とにかくウチはロングディスタンスを走って
ないから、どうなるかわからないんですよ。できれば、雨のがよかったかなぁ」と
は佐々木マネジャー。
*910 ナインテンポルシェ
雨の予選で最後に逆転され2位になったものの、ずっとトップタイムをキープして
いたナインテンポルシェ。決勝に向け自信満々かと思いきや、そうでもないようす。
袖山誠一によれば「予選はずっとトップだったんで、もう大丈夫かと思ったんです
が、逆転されちゃいました。決勝もガンガンいきたいところなんですが、実は今回
富士用のギアのままなんですよ。だからほとんど2速と3速しか使ってないんです。
同じポルシェでも、タイサンさんとかは当然ギアを換えているでしょうから、ちょっ
とつらいですね。でもまぁ、なんとか生き残れば上位に入れると思うので、がまん
のレースをしますよ」とのことだった。
#88 JLOCディアブロGTR
朝のフリー走行には出走しなかった。「いや、ミッションにちょっとトラブルを抱
えているので、壊さないように走らなかったんです。決勝前のウォームアップも、
1周したらすぐグリッドにつきます。できるだけ余分な周回はしない、ということ
です。でも、せっかく出る以上は1周でも長く走りたいですね」と和田孝夫。
#34 千葉泰常監督(STPタイサン アドバンGT-2)
「次はクルマを代えようと考えています。ただ、購入を予定していたバイパーはル・
マンで燃えてしまうし、ホントに欲しかったクルマは契約上の問題があって購入不
可能になるしで、どんなクルマになるかはまったく未定です」
#39 谷川達也(デンソーサードスープラGT)
「50kgのハンデは、朝走った感じでは思ったより影響はありませんね。ただ、周回
を重ねるとブレーキなんかがきつくなりそうです。タイヤはこの暑さで走ってない
んでなんとも言えませんが、後半はきついかもしれませんね。ただ、それはよその
メーカーのタイヤでも同じだと思います。朝のタイムは、まだ路面に濡れたところ
がある状態でのものですが、決勝では温度が上がりそうなのでやはり48秒後半から
49秒ってところじゃないでしょうか。スタートは影山さんで、ピットインはちょう
ど真ん中くらいでする予定です。なんとか上位に入って、100kgハンデを積んでみ
たいですね」
◎各タイヤメーカーに戦略を訊く
 昨夜の嵐がうそのように、夏の陽射しが照りつけている今日の仙台ハイランドレー
スウェイ。当然、決勝レースはドライコンディションで行われることになる。となれ
ば気になるのは各チームのタイヤ選択。ブリヂストン、ヨコハマ、ダンロップ3社
のエンジニアに話を訊いた。
ブリヂストン 「今回からGT300クラスの供給はなくなりまして、すべてGT500クラ
スへの装着となっています。基本的にソフト系とミディアム系の2種類を用意して
いまして、今回ほとんどのチームがミディアム系のものを選んでいます。ソフト系
を選んでいるチームがあるかどうかについては……、チームの事情もありますので、
秘密ということにさせてください」
ヨコハマ 「GT500のほうは、今回コンパウンドとしては全部で4種類を用意しま
した。使用する3チームそれぞれマシンが違いますので、フロント・タイヤはみな
サイズが異なります。STPタイサン アドバンGT-2とデンソーサードスープラGTは、
今回ミディアム系を選択しています。またエンドレスアドバンGTRは、木下みつひ
ろ選手の好みで、ハード系を選んでいます。一方GT300クラス用には3種類を用意
しましたが、今回は全チームともミディアム系を選んでいます。ただ決勝中に交換
するタイヤは、ソフト系を検討しているチームもあるようです。ミディアム系の場
合、タイヤ交換なしでもなんとかいけるとは思いますが、1分52秒台ていどのハイ
ペースでずっと周回してしまうと、ちょっときびしいかもしれません」
ダンロップ 「今回GT500用には3種類のゴムを用意しています。使用するマシン
が違いますので、それぞれサイズと構造は若干の違いがありますが、コンパウンド
としては全車ミディアム系を選択しています。一応レース中の交換は必要だと考え
ています。GT300クラスのほうは、昨日雨の予選で素晴らしいパフォーマンスでし
たので、とてもよろこんでいます。ドライ用は2種類のゴムを用意してきたんです
が、今回は全チームがソフト側のものを選んでいます。実は選択するときの天気予
報では、予選が晴れで決勝が雨だったものですから、みんなソフトを選んだんです。
でも逆になっちゃいましたので、ちょっと困っています。もちろんレース中に交換
する必要があると思います」
☆決勝後のトピックス
○決勝スタート直前 14時20分現在
 天気:晴れ
 気温:28度  湿度:56% 路面温度:32度
 入場者数:6/29 37,200人(6/28   3,300人)
○ ピットスタートはなし
*リタイヤ(GTインサイドレポート班調べ)
No.   原因            周回数
---------------------------------------------
*70   ミッション          9L
#18   オイル漏れ          12L
#88   ミッション          24L
*55   ミッション          34L
*6    ターボ            39L
#2 ZEXELスカイライン(総合2位)
鈴木亜久里「どっちにしても最後までがまんできるとは思わなかった。タイヤはコ
マスはソフトだったんだけど、オレはハードでいったんだ。それが失敗だったね。
最後、あれ以上がんばるとぶつかっちゃうからしょうがないよ。でも納得いかない
なあ。すげえくやしいよ。次、またがんばるけど」
#100 RAYBRIG NSX
高橋国光「ギアがなくなっちゃったんだ。1,2,3速がね。だから、ストレート
はちゃんと走るからコーナーではジャマにならないように走ってましたよ(笑)。
で、コースサイドに寄るからタイヤがゴミを拾っちゃって、振動が出て冷や冷やで
した。でも、僕らはデータが足りないから、次のためにとにかく最後まで走ったん
だ。でも、序盤は良かったでしょ(笑)。NSXのポテンシャルがあるのは分かって
いただけたと思います」
*19 RS☆Rシルビア(GT300クラス2位)
福山英朗「今回はオレが失敗した。コーナーの突っ込みはこっちが速いんだけど、
ピックアップでは負けているから、ヘアピンでなんとか前に出ようとムリに突っ込
んだら前を閉められてダートに出ちゃった。ダートが濡れてるもんだから、滑っち
ゃってなかなか戻れなくて・・・。もちろんこれからもランキングトップをキープし
ていきますよ。つちやMR2が撤退することを祈りながら(笑)」
織戸学「クルマもタイヤも全然問題なかったんだけど、序盤で離されちゃったの
で、前のクルマは、もう全然見えませんでした」
*26タイサンスターカードRSR(GT300クラス3位)
新田守男「最後、バイブレーションがひどくてペースが上げられなかった。まるで
タイヤが終わっちゃったみたいな感じだった。でも、終わってはいないんだよ。原
因はまだわからない」
#38 カストロール・セルモ・スープラ(総合4位)
竹内浩典「ボクのセッティングミスで最後の10周で追いつかれた。序盤はタイヤの
グリップがあるんだけど、グリップが落ちてくるとオーバーステアがひどくなる。
他のクルマはアンダーステア気味なのに、ボクだけが不安定でした」
金石勝智「ボクのパートは、ガソリンも周回数も少なかったんでクルマの感じはよ
かった。ペースが特別遅いということもなかったし。次の富士はバチッと決めたい
です」
#39 デンソーサードスープラGT(総合5位)
影山正美「今回はウエイトハンデを痩せさせようと4位ねらいでいきました。結果
は5位でしたけど・・・。周回遅れを抜こうとしたらスピンしてしまった。残りのレー
スは、確実にポイントを稼いで、チャンプを意識せず1レース1レースがんばります」
#5 5ZIGEN SUPRA (総合6位)
田嶋栄一「今日は淡たんと、敵はいようがいまいが走りました。もうちょっとプッ
シュしたかったけど…。タイヤとのマッチングが課題ですかね。スープラでは唯一
のダンロップで、BS勢を追いかけてる立場ですから」
*インサイドレポート3に続く
以上
                       GTアソシエイション事務局
                         GTインサイドレポート班
                         古屋 知幸 = QYB04322 =

全日本GT選手権

GTインサイドレポート Rd.3/5

ALL JAPAN GRAND TOURING CAR CHAMPIONSHIP
1997  GT INSIDE REPORT
Round 3 Hi-land GT Championship                            29 June '97
Inside Report                 インサイドレポート 1          FMOTOR4版
 -------------------------------------------------------------------------
'97GTC第3戦 ハイランドGT選手権レース
       ◎カーナンバー前の"#"はGT500クラス、"*"はGT300クラスを表します
☆レース前のトピックス
◎新型になったスカイライン勢
 今回から、#2 ZEXELスカイライン、#3ユニシアジェックススカイライン、#12 カ
ルソニック スカイライン、#556 KURE R33の、都合4台のスカイラインが97モデル
に置き換わった。各ドライバーに新型の印象を訊いてみた。
 #2 ZEXELスカイラインは金曜日にスカイライン勢のトップ、総合では2番手のタ
イムをマーク。鈴木亜久里は「富士ではストレートで負けていたが、ここでは負け
ていない。乗っていても96と97の違いは感じないが、クルマの仕上がりは勝てるレ
ベルにある」と自信をのぞかせる。
 いっぽう、#556 KURE R33の影山正彦によれば、「クルマの感じはあまり変わらな
いですね。ただ剛性が上がっているので、セッティングがきちんとできるようにな
りました。それと96モデルは同じスカイラインでも個体差が大きかったんですが、
バラツキは少ないみたいです。まぁどんなクルマでもある程度はしょうがないんで
すけどね。エンジンについては、パワーは変わりませんが、レスポンスが向上して
ます」とのこと。ただ金曜日には「エンジンがどうも朝から元気がなかった」た
め、載せ換えることになった。
 #12カルソニック スカイラインの星野一義は「97になったといっても中身は変わ
らないからね。まだまだこれからだね」と言う。この#12は、金曜日のフリー走行4
回目の途中、本山哲が第1コーナーでコースアウトし、前後バンパーおよびアンダー
パネルを破損してしまった。本山によれば、「最初からブレーキのフィールが良く
なかったんですよ。その周によってブレーキの効き始めるペダルの位置が違うんで
す。コースアウトした時は、前の周より手前の位置で効いてしまったために、早め
にロックしてしまって、まっすぐ飛び出してしまいました。原因がつかめていない
ので、ちょっと苦しいですね」とのこと。
  #3ユニシアジェックススカイラインの長谷見昌弘は「まだ、96より97のほうがい
いところというのは、はっきりは言えない。ただ、ドライだとフロントの喰いつき
はいいんだよ。これまではそれで悩んでいる部分もあったからね。ウェットだとま
だちょっとね・・・」と、今ひとつ納得がいっていないようすだった。
*55 Castrol RX7
 RE雨宮に続き、今回から3ローターの20B型を搭載してきた。「GT300クラス同士
なのに500クラスみたいに抜かれる。深沢さんと話していて、これではつまらない、
完走できなくても速さをアピールしたい、ということになったんです」と言うのは
長島正明。エンジン自体は、かつてのGCレース('89年で終了)用で、広島マツダ
が保有していたもの。昨年の富士から載せようという計画があったが、それが今回
実現したということだ。「RE雨宮さんのはコスモ3ローターの改造で、ウチのはマ
ツダ発売のもともとは450~550psあるレース用エンジンだから、リストリクターを
つけてパワーをおさえても有利だと思うんです」(長島)
「カリカリのGC用高回転エンジンだから、やってみないとわからない。でも13Bでタ
ナボタ狙いをやっていてもしかたないんで、カッコだけでもつけたい(笑)。遅く
ても20Bで闘っていれば話題になるでしょう。でも、エンジンに火が入ったのが今
週の水曜の夜7時で、金曜の午前1時にエンジン調整が終わったという、ギリギリ
の仕上がりになってしまったんです。ミッションやデフは富士のまんまです。ハイ
ランドも初チャレンジのコースなんですよ。深沢さんは走ったことがあるそうです
が、でも、アンフィニ西東京に泥棒が入って、深沢さんのレーシングスーツとヘル
メットが盗まれちゃって困ってるんです。完走とか大それたことは考えていませ
ん。野上さんのところのロードスターには負けたら困るんで、逆ポールは避けたい
ですね。今回はデビューなんで、次の富士で結果を出したいです」(長島)
*17 東京科芸専:REロードスター
 第2戦富士でのデビューが予定されていたロードスターが今回ようやくデビュー。
シェイクダウンは仙台ラウンド直前の月曜日に富士で行われた。野上敏彦によれ
ば、「シェイクダウンは無事に終わったんですが、マイナートラブルが出て4周ぐら
いしか走れなかったんです。でも、RX-7よりフィーリングは良かったんです。今の
ところは、RX-7よりしなやかな感じです。RX-7と同じパワートレインで重心ははる
かに下がって、トレッドも広がって安定感が出ました。ただ、これで2ローターはウ
チだけになっちゃったのに、レギュレーションが変わって1000kgになったんで、ク
ルマが軽いんでバラスト積んだりするのが大変です」とのこと。タイヤは、RX-7で
はフロント240、リア265を装着していたが、ロードスターではフロント215、リア
240へと1サイズダウンした。「18インチは値段が高いんで、17インチを履いていま
す。RX-7も一応動けるようにはしてあります。学生にとっての実習ですのでマシン
が壊れたらしかたないですから。造るのも材料代くらいで、アリモノのパーツや貰
いものでできてます。製作費は500万円ぐらいしかかかってないと思いますよ。ま
ず予選通過ができたら、次には完走を目指したい。キング・オブ・ロードスターに
恥じないようなレースをしたい(笑)」(野上)
◎ 訂正
*57 SiFo Spider Ver. GTについて、第2戦富士でのレポート文中、「重量も900kg
の規定に合うんです。ベース車両が850kgですから。ただ、クリオ・マキシという
ラリー用のエンジンなので、エンジンが250ps程度のパワーしかないんで、富士に
関して言えばパワー不足から厳しいコースだと予想されます」との記述がありまし
たが、正しくは「GT仕様の装備をしても900kgプラスの重量なので、規定に合わせ
るためには100kg近いウェイトを積まねばなりません。また、クリオ・マキシ用の
ラリーエンジンを搭載しておりパワーは250psしかないため、ウチのクルマにとっ
て富士はきびしいコースでしょう」でした。なお、同チームは、「今回はエンジン
のリビルドが間に合わず出場を見合わせた」(藤井監督)とのことです。
◎MR2勢、3台中2台にターボチャージャーを装着
 今回、3台のMR2勢のうち2台がターボを装着してきた。ワイズダンロップBP 
MR-2の藤田孝博は「バランスが取れてないんで、その分トラブルが心配です。NAの
ときですらドライブシャフトのトラブルが出ていますから」という。加藤寛規によ
れば「ベンチで出ていたトルクが全然出てないんです。コンピュータのセッティン
グもあると思うんですが、2サイクルのバイクみたいにものすごいピーキーな
“ドッカンターボ”になっているんです」とのこと。*25 つちやMR2の土屋武士は
「つい最近クルマができたばかりで、金曜日に初めて見ました(笑)」。金曜日の
走行後には、「ターボに問題あり、です。ちょっと大きすぎたかもしれません。*6
も同じなので、タイムは出てないでしょう。予選は一発集中でタイム出して、決勝
はデータ取りかな…。勝ちは狙いますけど」とやや弱気だった。一方、唯一のNAに
なってしまった。*91 バーディークラブ・MR2。松永雅博は「一発はターボのほうが
速いと思うんですが、NAもバランスは悪くない。今回、フロントのトレッドを広げ
たんで、コントロールがしやすくなって、クルッと回るスピンはしなくなりまし
た。ターボとは30~40PS位の差はあるみたい。他が煮詰まったらターボに手をつけ
たいんですが、NAでもまだまだつちやさんの所のようなマシンの仕上がりには及ん
でいませんから」という。
*27 TEAM FCJフェラーリ
スチーブン・アンドスカー
「アンデルス(オロフソン)がこのレースに来られなくて、私を推薦してくれ、チー
ムが受け入れてくれたので今回走れることになりました。この3年間日本で走れな
かったのですが、以前のようにまた日本で走りたいと思っていました。それで毎年日
本にもどって来る道を求めていたのでこの機会をたいへんよろこんでいます。GTCは
どんどんくなっていますね。出来れば続けて行きたいと思っています。ただ、クルマ
についてはとてもまだコメントできないですね。何しろこのサーキットは初めてだ
し、クルマも初めてだし、今日はこのコンディションですからね。昨日が初めてです
し。次のレースにはアンデルスが出ます。実はこれが私の参加する今年初のレースで
す。来年もGTCに出たいですね。それも出来ればGT500クラスに」
#510 RH CERUMO SUPRA
ベルトラン・ガショー/ポール・ベルモンド
「パワークラフトとの契約が2戦までで切れて、今回はじめて新しいチームから参
加するんだ。クルマは昨年のタイプ(セルモが使っていたもの)に、97年仕様のエ
ンジンを積んでいる。ギヤボックスはHパターン。調子? 悪くないよ。ただ、今
回がデビュー戦なんで、まだまだやるべきことが多い。でもやりやすい良いチーム
だよ。それにいままでは1台だけだったが、このチームは2台走らせている(セル
モ・スープラ)のでクルマについての情報交換をすることが出来る。これは重要な
ことだよ。次の富士までに97仕様のエアロパーツを組み込む予定だ。ギヤボックス
についても僕はHパターンの方が好きなんだ。シーケンシャルはどうも好きではな
い」(ガショー)「僕はシーケンシャルの方が好きだよ。ともかくもっと走り込ま
ないと。日本でのレースは難しい。ヨーロッパではいつももっと前を走っているの
に、ここに来ると後ろに下がってしまう。このサーキットも初めてだし慣れが必要
だ」(ベルモンド)
#34 土屋圭市(STPタイサンポルシェGT-2)
「路面がちょい濡れだと良い感じだね。ドライやヘビーレインだとちょっとウチラ
には辛いかな。今回は目を三角にしないで、久々に戻ってきた国内のGTレースを楽
しみますですね」
#8 POWER CRAFT SUPRA
ワイン・ガードナー 「今回パワークラフトのスープラに乗ってくれないかとお誘
いを受けて、日本のGTにカムバックできました。今シーズンはオーストラリアの
ツーリングカー・レースをメインにやっていました。日程的には幸運にもダブッて
いませんので、今シーズンの残りのレースには全部出ると思います。97年モデルの
スープラは、クルマとしてはとてもよくなっていると思います。ただ我々のクルマ
はオーバーステアが強くて、今いろいろと調整しているところで、どこまでいいの
かまだよくわかっていません。また昨年はダンロップ・タイヤでちょっと問題が
あったのですが、今年はブリヂストン・タイヤで今のところまったく問題ありませ
ん。またチームのパワークラフトも、小さいけれどいいチームだと思いますので、
自分としては今の課題はどうクルマを造り上げるかだと考えています。今シーズン
の目標は、いい成績を残すことと、自分のドライビング技術を上達させることです
が、そのなかで1回か2回勝てればうれしいですね」
☆予選日のトピックス
*910 ナインテンポルシェ(予選1回目GT300クラストップ)
砂子智彦「ボクに代わってから『あ、これなら行けるかな』とアタックしました。
本当のラストで逆転できたんですが、ポルシェとダンロップのウエットタイヤの
マッチングが合ってるみたいです。ただ、明日の天気はわからないんで、もし回復
してしまうようだったら勝ち目はないんで、是が非でもポールを取りたい。ドライ
だとポルシェに勝ち目はないと思います」
*6  ワイズダンロップBP MR-2(予選1回目GT300クラス2番手)
藤田孝博「ダンロップ勢はヘビーレインは良いみたいですね。最後に同じダンロッ
プの910に逆転されてしまいました。明日、昨日の午後のような晴天に回復したら、
水温がすぐに上がっちゃってパワーが全然なくなってしまうんで辛いと思います。
まだ完走がないんで、大事なレースがしたいです」
*26 タイサン スタカードRSR(予選1回目GT300クラス7番手)
鈴木恵一「あの雨じゃ(ムリにアタックに)行ってもしょうがないでしょう。ま
あ、いいんじゃないの、この辺の位置でも」
*19 RS☆Rシルビア(予選1回目GT300クラス9番手)
福山英朗「ダンロップにポルシェの組み合わせでしょう、トップは。シルビアは雨
は苦手なクルマなんで、午後はセッティングを変えてみます」
#18 avex童夢無限NSX(予選1回目総合16番手)
 昨日の走行でエンジンが不調だったため、今日の朝3時までかかって別のものに
積み替えた。ところが予選開始早々からまたしてもエンジンがバラバラいいだし、
結局まともにタイムを出すことができなかった。黒澤は「せっかくグランドスラム
(JTCC、エフポンと連勝中)がかかってたのになあ。直れば、雨だし、2位を2秒
くらいチギってやるのに」と、いかにもトラブルが残念そう。無限のエンジニアが
予選2回目にむけて修復中だが、どうやら原因はつかめたようで「午後は大丈夫で
す」とのこと。
*17 東京科芸専:REロードスター
 昨日の3回目の走行で左リアの足回りを破損。パーツ自体の耐久性に問題がある
ということで、このレースの出走を諦めざるをえない状況となった。
#2 ZEXELスカイライン(予選総合2位)
エリック・コマス 「今日は最初にクルマのセットアップを調整するために出ていっ
たのだけれど、そのときたまたま出したタイムが予選タイムです。その時点でトッ
プ2に入っていたのは知っていましたので、もう一度ピットに入って、セットアッ
プを変えて出ていったら、急に雨が強くなってしまい、残念ながらタイムの更新は
できませんでした。97年モデルのスカイラインは、クルマとしてはそんなに大きな
変更はありません。空力の変更と細かいメカニカルな変更ていどです。ですから明
日ドライになれば、なにが具体的によくなったかがハッキリわかると思います」
#100 REYBRIG NSX(予選総合3位)
高橋国光「前戦のクラッシュの影響はもうありません。ただ、雨はほとんど走って
ないんです。でも、非常に良い感触で走れました。予選だし雨なので集中して走っ
たら、すっと出たタイムです。え、NSXは雨のがいいかって? ボクはドライで力
いっぱいで走りたいですね。そういう走りをお客さんにもいい気分で見てもらいた
いです」
#12 カルソニックスカイライン
ファンベルト・プーリーの破損で、予選1回目の最後の20分間まで走り出すことが
できなかった。その後ようやく本山哲が乗り込み走り出したが、シケインでコース
アウト。昨日の走行で壊したフロントバンパーとアンダーカウルをまた破損してし
まった。本山によれば「昨日はブレーキトラブルでしたが、今日はボクのミスです」
とのこと。バンパーはKURE R33用に用意されていたものを使うようだが、補器類の
修理に時間がかかるため、2回目の予選には出場できないもようだ。
#3 長谷見昌弘(ユニシアジェックススカイライン、予選総合16番手)
「昨日、エンジンが壊れてしまって、今日はエンジンもミッションも新品だった。
デフもバラしている。だから、予選の最初の2-3周は古いタイヤで出ていって様子を
みていたんだ。それから新品タイヤに替えていったんだけど、もうそのときには雨
がひどくなってタイムアップできなかった。午後はさらにコンディションが悪化し
てしまった。でも、クルマ自体の調子はいい。午後の、あのコンディションのなか
で2分2秒台まで出ているからね。決勝はぜひ晴れてくれることを望む。これだけ後
ろのポジションじゃ、雨だとまるで前が見えないでしょ」
#18 黒澤琢弥(avex童夢無限NSX、予選総合6番手)
「アタックをかけた周に他車にずーっと前をふさがれっぱなしで、あれで1秒はロ
スした。一度下がって間合いを計ろうとしたんだけど、後ろからも来ていたので前
を抜くしかなかった。最後はS字でスピンしてしまった。オイル漏れがあったのか
もしれない。サイドブレーキを引いたみたいに、いきなりクルンといってしまった
からね。でも、明日は雨なら楽勝でしょう。午後は、他はみんな2分2秒とか3秒
でしょ? 問題は開催されるかどうかだね(笑)」
*81木下隆之(ダイシンシルビア、GT300クラス予選4番手)
「ダンロップにタイヤが代わった。『GT300クラスにBSユーザー一人だけは大変で
しょう』というのが理由です。午前と午後ではセッティングをずいぶん変えた。走
りを変えたのと、雨がすごい降ってタイヤの部分のラインの水がはけて、水たまり
が減ったことで、なんとかタイムアタックできた。(決勝は、雨でも晴れでも)
どっちでもいいけど、テストのときはドライでは一番時計だったし、雨でのコンス
タントラップを出すのはハイドロが辛いから、晴れたほうがいいかな。雨でも単独
走行は良いんだけど、ラインは外せないから」
*7 山路慎一(RE雨宮SuperG RX7、GT300クラス予選5番手)
「午前中は昨日ガンガン使ったタイヤでそのまま行っちゃったんで、シャレになら
ないぐらいきつかった。午後は、タイヤを他の人と同じものにしてもらったから、
タイムが上がったんです(笑)。今回パワステをつけてもらって、ようやく慣れて
きました。明日は、台風の後で極端に気温が上がりそうですね。昨日も雨上がりで
気温が上がってパーコレションなどが出たんですが、対策はバッチリです。どこが
悪いっていうことはないんですが、いい材料も少ないんです。ただ、出たトラブル
にはきちっと対処しています」
☆ポールポジション・インタビュー
#37 カストロール・トムス・スープラ(総合予選1位)
鈴木利男 「タイムを出したのは、1回目の予選を走り始めて4周目か5周目だっ
たんじゃないかな。そのときはまだ小降りでしたから。ホントは今回関谷さんが予
選スタート役の順番なんですが、昨日の午後急に『お前行け』って言われて…。で、
ドライだったらボクだけど、雨が降ってたんで関谷さん行くんだろなって思ってた
ら、結局行かされて…」
関谷正徳 「行かされてって、1人で行っちゃったんじゃない(笑)」
利男 「クルマの調子はいいんで、いいなりに走ったらタイムが出た感じですね。
走り始めてすぐ、前のクルマとの間を開けたりしたら、たまたまクリアに走れて。
タイミングがよかっただけです。その後雨が強くなったので、まぁラッキーかなと」
関谷 「今日は4~5周しかしませんでした。雨の中のスープラの操縦性は、まぁ
まぁってとこでしょうか。攻めて行けば滑りますしね…。でもポール取れてますか
ら、そんなに悪くはないでしょう」
利男 「でもレースはドライのほうがいいですよ。クルマはどっちでも調子いいで
すけどね。ま、どっちでもポカしなければ、いけるでしょう」
関谷 「レースは利男が雨で、俺が晴れてるのがいいな(笑)。利男が雨で行って、
俺がドライタイヤにちょうど換えて出るって感じがいいね」
*21 ダンロップ-BP-BMW(GT300クラス予選1位)
山本健司 「去年から一ツ山レーシングのクルマに乗っていまして、今シーズンは
第2戦から乗っています。以前はフォーミュラ・ミラージュに乗っていました。GT
でポールポジションは初めてですが、やはり気持ちいいものですね。今回のタイム
は、もうダンロップさんのタイヤのおかげにかぎると思います。午前中はちょっと
ミゾの少なめのレインタイヤでいったんです。で、午後はミゾの多いタイヤでいっ
たんですが、これがもう午前中よりグリップする感じで、フィーリングがよかった
んです」
一ツ山幹雄 「ボクと兄貴(一ツ山康選手)でサーキットごとに、得意なコース、
不得意なコースで分けて乗っているんですよ。僕はGTでは、ハイランドと美祢で乗
ることになっています。今シーズン用のマシンは、エンジンはJTCC用のものを使っ
て、ボディの軽量化と空力関係のために、だいぶ手を加えています。ドアはアルミ、
ボンネットはカーボンです。で、今1トン、ギリギリくらいじゃないですかね。そ
れ以上軽くする必要はありませんから…。実は昨日まではウェットのテストでは、
リアに250というサイズのタイヤを履いていたんですよ。それを今回ダンロップさ
んの考えで、260っていうちょっとワイドで径の大きなタイヤにしたんです。午後
の予選で初めてつけたんですが、それでクルマの動きがかなりよくなって、タイム
につながったんだと思います。また今回、オーバーフェンダー関係と空力パーツを
全部変えてきています。それも効果はあるようです。決勝レースは、ウェットかド
ライかでも違いますが、GT300クラスがどのていどのペースで周回するかによるで
しょうね。ウェットなら、ミスなく走ればかなり行けると思います。でも運転する
ほうからすれば、ドライのほうがいいですけどね」
山本 「ボクもそうです。ただドライではあまりテストできていないので…。まぁ
どちらでもいいです」
*インサイドレポート2に続く
                       GTアソシエイション事務局
                         GTインサイドレポート班
                         古屋 知幸 = QYB04322 =

Formula Nippon

F_Nippon:第4戦(鈴鹿)迫る!

フォーミュラ・ニッポン第4戦(鈴鹿)開催は今週末!
7月5~6日、鈴鹿サーキットで開催される第4戦のエントリーが発表になっ
た。
変更されたドライバーの顔触れだが、オートテックSTELLARの#34に
返り咲きのA.G-スコット、#35には94年童夢でF3000チャンピオン
を獲得したM.アピチェラが乗る。
また、5ZIGENの#6にはヴィルタネンに代わってすでにテスト参加して
いる田嶋栄一が起用された。SRILANKA  LEYJUNには新たに全日本
F3で活躍していた#62戸田哲史が加わる。
第4戦エントリー
チーム              車番  ドライバー      車両
------------------------------------------------------------------------------
Le Mans                1  N.フォンタナ    レイナード97D/無限MF308
2  E.トゥエロ      レイナード97D/無限MF308
-----------------------------------------------------------------------------
ASAHI KIKO             3  川本  篤        レイナード96D/無限MF308
------------------------------------------------------------------------------
5ZIGEN                 5  M.グーセン      レイナード96D/JUDD KV-II
6  田嶋栄一        レイナード96D/JUDD KV-II
------------------------------------------------------------------------------
ANABUKI 童夢無限       8  脇阪寿一        童夢F104R    /無限MF308
------------------------------------------------------------------------------
SHIONOGI NOVA          9  P.デ・ラ・ロサ  ローラT97-51 /無限MF308
10  飯田  章        ローラT97-51 /無限MF308
------------------------------------------------------------------------------
CERUMO                11  光貞秀俊        ローラT96-52 /無限MF308
------------------------------------------------------------------------------
TMS                   17  近藤真彦        レイナード97D/無限MF308
18  R.ファーマン    レイナード97D/無限MF308
------------------------------------------------------------------------------
IMPUL                 19  黒澤琢弥        ローラT96-52 /無限MF308
20  影山正彦        ローラT95-50 /無限MF308
------------------------------------------------------------------------------
NAVI CONNECTION       27  影山正美        レイナード97D/無限MF308
28  山本勝巳        レイナード96D/無限MF308
------------------------------------------------------------------------------
かもめサービスMIRAI   33  鈴木利男        レイナード97D/無限MF308
------------------------------------------------------------------------------
オートテックSTELLAR   34  A.G-スコット    ローラT96-51 /無限MF308
35  M.アピチェラ    レイナード96D/無限MF308
------------------------------------------------------------------------------
タカギB-1             36  玉中哲二        ローラT95-50 /無限MF308
37  山田政夫        ローラT94-50 /無限MF308
------------------------------------------------------------------------------
FUNAI SUPER AGURI     55  金石勝智        レイナード96D/無限MF308
56  本山  哲        レイナード97D/無限MF308
------------------------------------------------------------------------------
SRILANKA LEYJUN       62  戸田哲史        レイナード94改/無限MF308
63  D.マラガムワ    レイナード96D/無限MF308
------------------------------------------------------------------------------
PIAA NAKAJIMA         64  高木虎之介      レイナード97D/無限MF308
65  山西康司        レイナード97D/無限MF308
------------------------------------------------------------------------------
情報:日本レースプロモーション(JRP)
<< FMOTOR4F SysOp 北島滋穂(SDI00685)>>

検索

最新ニュース