Archives

  • [—]2017 (13)
  • [+]2016 (639)
  • [+]2015 (714)
  • [+]2014 (655)
  • [+]2013 (623)
  • [+]2012 (621)
  • [+]2011 (484)
  • [+]2010 (554)
  • [+]2009 (522)
  • [+]2008 (467)
  • [+]2007 (596)
  • [+]2006 (530)
  • [+]2005 (460)
  • [+]2004 (304)
  • [+]2003 (454)
  • [+]2002 (454)
  • [+]2001 (217)
  • [+]2000 (408)
  • [+]1999 (376)
  • [+]1998 (465)
  • [+]1997 (424)
  • [+]1996 (1)
  • [+]1995 (425)
  • [+]1994 (411)
  • [+]1993 (423)
  • [+]1992 (519)
  • [+]1991 (423)
  • [+]1990 (250)
  • [+]1970 (1)

ニュース内検索

1994年9月

Japan Touring Car Championship

JTCC-Rd16:仙台ツーリングカーレース結果

全日本ツーリングカー選手権第16戦 -RIJ- (1994-09-25) Provisional Race Results
For All Japan Touring Car Championship Rd.16 仙台ハイランドRW : (3.758km)
P No. Driver-------------- Car------------------- Lap-- GoalTime- -km/h--
1  10 S.ソーパー    (GB) BMW 318i                25   48'56.887 115.163
2  14 服部 尚貴       (J) Honda Civic Ferio       25   49'01.392 114.986
3  36 関谷 正徳       (J) Toyota Corona           25   49'06.816 114.775
4  55 G.ブーシ    (I) Alfa Romeo 155 Ts       25   49'09.790 114.659
5  39 T.クリステンセン(DK)Toyota Corona           25   49'11.751 114.583
6  16 中子 修     (J) Honda Civic Ferio       25   49'16.019 114.417
7  15 田中 哲也       (J) Honda Civic Ferio       25   49'18.647 114.316
8  73 L.V.バイエルン (D) BMW 318i                25   49'19.670 114.276
9  30 中谷 明彦       (J) BMW 318i                25   49'21.009 114.225
10  38 黒澤 琢弥       (J) Toyota Corona           25   49'21.175 114.218
11  27 土屋 圭市       (J) Honda Civic Ferio       25   49'31.350 113.827
12  11 原 貴彦         (J) Honda Civic             25   49'47.506 113.211
13  25 新田 守男       (J) Toyota Carolla Ceres    25   49'47.975 113.194
14  18 木下みつひろ     (J) BMW 318i                25   49'56.986 112.853
15  35 A.G.スコット  (GB) BMW 318i                25   49'58.332 112.803
16   8 見崎 清志       (J) Toyota Carolla          25   50'10.158 112.360
17  99 金石 勝智    (J) Mazda Lantis            25   50'12.791 112.261
18  77 清水 和夫       (J) Honda Civic Ferio       25   50'34.038 111.475
19  21 一ツ山幹雄       (J) BMW 318i                25   50'46.195 111.030
20  19 松永 雅博       (J) Toyota Sprinter Marino  25   50'52.096 110.816
21   6 寺田 陽次朗     (J) Mazda Lantis            25   50'53.123 110.778
--------------------------- DNC ------------------------------------------
17 金海 辰彦       (J) BMW 318i                21    -  4Laps
87 A.レイド      (GB) Vauxhall Cavalier       12    - 13Laps
31 飯田  章       (J) Nissan Sunny            10    - 15Laps
7 長坂 尚樹       (J) Toyota Carolla           5    - 20Laps
37 鈴木 亜久里     (J) Toyota Corona            1    - 24Laps
32 影山 正彦       (J) Nissan Sunny             -    - 25Laps  DNS
33 M.クルム       (J) Toyota Corona            -    - 25Laps  DNS
2 茂木 和男       (J) BMW 318i                 -    - 25Laps  DNS
**************************************************************************
              提供:仙台ハイランドレースウェイ
           * FMOTOR4_SysOp 新倉芳夫 (SDI00686)-RIJ *

Japan Touring Car Championship

JTCC-Rd15:仙台ツーリングカーレース結果

全日本ツーリングカー選手権第15戦 -RIJ- (1994-09-25) Provisional Race Results
For All Japan Touring Car Championship Rd.15 仙台ハイランドRW : (3.758km)
P No. Driver-------------- Car------------------- Lap-- GoalTime- -km/h--
1  10 S.ソーパー    (GB) BMW 318i                25   48'58.060 115.117
2  39 T.クリステンセン(DK)Toyota Corona           25   49'00.390 115.026
3  37 鈴木 亜久里     (J) Toyota Corona           25   49'14.430 114.479
4  14 服部 尚貴       (J) Honda Civic Ferio       25   49'34.553 113.704
5  16 中子 修     (J) Honda Civic Ferio       25   49'37.950 113.575
6  36 関谷 正徳       (J) Toyota Corona           25   49'47.248 113.221
7  73 L.V.バイエルン (D) BMW 318i                25   49'48.683 113.167
8  31 飯田  章       (J) Nissan Sunny            25   49'51.099 113.075
9  87 A.レイド      (GB) Vauxhall Cavalier       25   49'52.278 113.031
10  30 中谷 明彦       (J) BMW 318i                25   49'59.635 112.754
11  15 田中 哲也       (J) Honda Civic Ferio       25   50'01.222 112.694
12  25 新田 守男       (J) Toyota Carolla Ceres    25   50'05.621 112.529
13  27 土屋 圭市       (J) Honda Civic Ferio       25   50'06.631 112.491
14  55 G.ブーシ    (I) Alfa Romeo 155 Ts       25   50'12.124 112.286
15  11 原 貴彦         (J) Honda Civic             25   50'12.794 112.261
16  35 A.G.スコット  (GB) BMW 318i                25   50'17.936 112.070
17  19 松永 雅博       (J) Toyota Sprinter Marino  25   50'39.080 111.290
18  77 清水 和夫       (J) Honda Civic Ferio       25   50'47.622 110.978
19  99 金石 勝智    (J) Mazda Lantis            25   50'47.817 110.971
20   8 見崎 清志       (J) Toyota Carolla          25   50'48.165 110.959
21   6 寺田 陽次朗     (J) Mazda Lantis            24    -  1Lap
22  21 一ツ山幹雄       (J) BMW 318i                24    -  1Lap
23  17 金海 辰彦       (J) BMW 318i                24    -  1Lap
--------------------------- DNC ------------------------------------------
7 長坂 尚樹       (J) Toyota Carolla          18    -  7Laps
18 木下みつひろ     (J) BMW 318i                13    - 12Laps
32 影山 正彦       (J) Nissan Sunny            11    - 14Laps
33 M.クルム       (J) Toyota Corona            6    - 19Laps
38 黒澤 琢弥       (J) Toyota Corona     *(5-1) 4    - 21Laps
2 茂木 和男       (J) BMW 318i                 1    - 24Laps
**************************************************************************
              提供:仙台ハイランドレースウェイ
           * FMOTOR4_SysOp 新倉芳夫 (SDI00686)-RIJ *

Japan Touring Car Championship

JTCC-Rd15:仙台ツーリングカー予選結果

全日本ツーリングカー選手権第15戦 -RIJ- (1994-09-24) Qualify-Session
For All Japan Touring Car Championship Rd.15 仙台ハイランドRW : (3.758km)
P No. Driver-------------- Car ------------------ Best-LapT  Behind -km/h-
1  39 T.クリステンセン(DK)Toyota Corona           1'53.315         119.391
2  87 A.レイド      (GB) Vauxhall Cavalier       1'53.730   0.415 118.955
3  10 S.ソーパー    (GB) BMW 318i                1'53.731   0.416 118.954
4  55 G.ブーシ    (I) Alfa Romeo 155 Ts       1'54.369   1.054 118.291
5  37 鈴木 亜久里     (J) Toyota Corona           1'54.695   1.380 117.955
6  36 関谷 正徳       (J) Toyota Corona           1'54.893   1.578 117.751
7  32 影山 正彦       (J) Nissan Sunny            1'55.069   1.754 117.571
8  38 黒澤 琢弥       (J) Toyota Corona           1'55.239   1.924 117.398
9  14 服部 尚貴       (J) Honda Civic Ferio       1'55.360   2.045 117.275
10  35 A.G.スコット  (GB) BMW 318i                1'55.450   2.135 117.183
11  25 新田 守男       (J) Toyota Carolla Ceres    1'55.559   2.244 117.073
12  27 土屋 圭市       (J) Honda Civic Ferio       1'55.595   2.280 117.036
13  31 飯田  章       (J) Nissan Sunny            1'55.705   2.390 116.925
14  16 中子 修     (J) Honda Civic Ferio       1'55.748   2.433 116.882
15  15 田中 哲也       (J) Honda Civic Ferio       1'55.776   2.461 116.853
16  73 L.V.バイエルン (D) BMW 318i                1'55.950   2.635 116.678
17  30 中谷 明彦       (J) BMW 318i                1'56.376   3.061 116.251
18   7 長坂 尚樹       (J) Toyota Carolla          1'56.414   3.099 116.213
19  33 M.クルム       (J) Toyota Corona           1'56.456   3.141 116.171
20  11 原 貴彦         (J) Honda Civic             1'56.463   3.148 116.164
21   8 見崎 清志       (J) Toyota Carolla          1'56.789   3.474 115.840
22  19 松永 雅博       (J) Toyota Sprinter Marino  1'56.963   3.648 115.667
23  18 木下みつひろ     (J) BMW 318i                1'57.867   4.552 114.780
24   2 茂木 和男       (J) BMW 318i                1'58.166   4.851 114.490
25  99 金石 勝智    (J) Mazda Lantis            1'58.280   4.965 114.379
26  77 清水 和夫       (J) Honda Civic Ferio       1'58.343   5.028 114.319
27  21 一ツ山 康       (J) BMW 318i                2'00.535   7.220 112.240
28   6 寺田 陽次朗     (J) Mazda Lantis            2'01.018   7.703 111.792
29  17 金海 辰彦       (J) BMW 318i                2'01.024   7.709 111.786
****************************************************************************
              提供:仙台ハイランドレースウェイ
           * FMOTOR4_SysOp 新倉芳夫 (SDI00686)-RIJ *

Japan Touring Car Championship

JTCC西仙台ハイランド GAREA占有走行

西仙台ハイランド GAREA占有走行 11:10-12:10  1994-09-23 CLOUDY/WET
------------------------------------------------------------------------------
Pos. No.  Name             Lap Time (Lap)
------------------------------------------------------------------------------
1  39   クリステンセン   コロナ/M   2'04.93 ( 12)/( 14)
2  37   亜久里    コロナ/B   2'06.11 (  8)/( 11)
3  36   関谷      コロナ/B   2'06.68 ( 13)/( 13)
4  31   飯田      サニー/B   2'06.98 (  9)/( 10)
5  16   中子     フェリオ/B   2'07.14 ( 11)/( 13)
6  32   影山      サニー/B   2'07.21 (  5)/(  9)
7  38   黒澤      コロナ/M   2'07.22 ( 10)/( 10)
8  15   田中     フェリオ/B   2'07.59 (  7)/(  8)
9  10   ソーパー     318/Y   2'08.69 ( 10)/( 10)
10  14   服部     フェリオ/B   2'08.70 (  4)/(  4)
11  55   ブジ      155/M   2'08.95 (  4)/(  6)
12  35   スコット      318/B   2'09.06 (  3)/(  7)
13  30   中谷      318/D   2'09.25 ( 10)/( 12)
14  8    見崎     カローラ/M   2'10.17 (  6)/(  8)
15  7    長坂     カローラ/B   2'10.31 (  6)/(  6)
16  87   リード   キャバリエ/Y   2'10.38 (  9)/(  9)
17  33   クルム       コロナ/T   2'12.09 (  7)/(  8)
18  73   バイエルン    318/Y   2'12.22 ( 11)/( 12)
19  77   清水     フェリオ/D   2'12.48 (  6)/( 10)
20  19   松永      マリノ/Y   2'12.96 ( 10)/( 10)
21  11   原       フェリオ/T   2'13.20 (  7)/(  7)
22  2    茂木      318/Y   2'13.44 (  6)/(  6)
23  17   金海      318/Y   2'14.54 ( 11)/( 11)
24  99   金石    ランティス/D   2'15.00 (  6)/(  7)
25  18   木下      318/Y   2'15.21 (  3)/(  3)
26  21   一ツ山     318/Y   2'15.62 (  9)/( 12)
27  6    寺田    ランティス/D   2'16.02 (  4)/(  4)
28  27   土屋     フェリオ/Y   2'16.37 (  2)/(  4)
------------------------------------------------------------------------------
西仙台ハイランド GAREA占有走行 14:20-15:20 1994-09-23 CLOUDY/WET-DRY
------------------------------------------------------------------------------
Pos. No.  Name             Lap Time (Lap)
------------------------------------------------------------------------------
1  10   ソーパー     318/Y   1'54.71 (  6)/(  9)
2  55   ブジ      155/M   1'54.89 ( 11)/( 11)
3  36   関谷      コロナ/B   1'54.97 ( 16)/( 19)
4  39   クリステンセン   コロナ/M   1'55.12 ( 11)/( 15)
5  37   亜久里    コロナ/B   1'55.58 ( 14)/( 15)
6  27   土屋     フェリオ/Y   1'55.79 ( 14)/( 16)
7  15   田中     フェリオ/B   1'56.04 ( 13)/( 15)
8  16   中子     フェリオ/B   1'56.14 ( 16)/( 16)
9  31   飯田      サニー/B   1'56.16 ( 10)/( 11)
10  33   クルム       コロナ/T   1'56.25 ( 10)/( 14)
11  87   リード   キャバリエ/Y   1'56.26 (  9)/( 10)
12  38   黒澤      コロナ/M   1'56.73 ( 10)/( 11)
13  30   中谷      318/D   1'56.82 ( 12)/( 12)
14  14   服部     フェリオ/B   1'57.04 (  9)/(  9)
15  25   新田      セレス/Y   1'57.31 ( 13)/( 13)
16  35   スコット      318/B   1'57.45 (  8)/(  8)
17  32   影山      サニー/B   1'57.48 ( 11)/( 12)
18  73   バイエルン    318/Y   1'57.85 (  9)/(  9)
19  7    長坂     カローラ/B   1'58.01 ( 14)/( 15)
20  19   松永      マリノ/Y   1'58.41 ( 12)/( 14)
21  2    茂木      318/Y   1'58.52 ( 13)/( 14)
22  11   原       フェリオ/T   1'58.81 ( 12)/( 12)
23  99   金石    ランティス/D   1'59.50 ( 11)/( 11)
24  8    見崎     カローラ/M   1'59.58 (  9)/(  9)
25  6    寺田    ランティス/D   2'00.31 (  9)/( 10)
26  21   一ツ山     318/Y   2'01.10 ( 13)/( 14)
27  17   金海      318/Y   2'03.01 (  7)/(  9)
28  77   清水     フェリオ/D   2'05.00 (  6)/( 10)
29  18   木下      318/Y   2'11.53 (  2)/(  6)
------------------------------------------------------------------------------
                                   中嶋企画

全日本F3000

RE:F3000タイヤ協会富士合同テスト

富士スピードウェイ  1994-09-22 10:00-12:00 CLOUDY/DRY
------------------------------------------------------------------------------
Pos. No.  Name             Lap Time (Lap)
------------------------------------------------------------------------------
1  18   T.ダニエルソン    YH   1'16.55 ( 11)/( 14)
2  8    M.アピチェッラ    DL   1'16.67 (  6)/( 53)
3  1    星野 一義    BS   1'16.73 ( 14)/( 36)
4  7    高橋 国光    YH   1'16.80 ( 17)/( 36)
5  6    光貞 秀俊    DL   1'16.82 ( 12)/( 56)
6  9    M.マルティーニ    BS   1'16.84 ( 36)/( 44)
7  16   影山 正彦    BS   1'16.89 ( 14)/( 17)
8  3    金石 勝智 93 BS   1'17.04 ( 32)/( 32)
9  11   黒沢 琢弥 94 BS   1'17.08 ( 13)/( 42)
10  17   M.サロ         YH   1'17.12 ( 22)/( 40)
11  27   T.クリステンセン    DL   1'17.28 ( 30)/( 36)
12  20   A-G.スコット     BS   1'17.52 ( 34)/( 38)
13  25   R.チーヴァー     BS   1'17.60 ( 10)/( 37)
14  5    J.クロスノフ      DL   1'17.92 ( 19)/( 26)
15  24   服部 尚貴    BS   1'17.96 ( 19)/( 33)
16  15   檜井 保孝    BS   1'19.13 ( 28)/( 29)
------------------------------------------------------------------------------
富士スピードウェイ  1994-09-22 15:00-17:00
------------------------------------------------------------------------------
Pos. No.  Name             Lap Time (Lap)
------------------------------------------------------------------------------
1  8    M.アピチェッラ    DL   1'16.32 ( 16)/( 20)
2  11   黒沢 琢弥 94 BS   1'16.42 ( 19)/( 31)
3  9    M.マルティーニ    BS   1'16.45 ( 19)/( 26)
4  18   T.ダニエルソン    YH   1'16.69 ( 32)/( 33)
5  6    光貞 秀俊    DL   1'17.01 ( 29)/( 29)
6  17   M.サロ         YH   1'17.25 ( 16)/( 17)
7  27   T.クリステンセン    DL   1'17.28 (  3)/( 28)
8  16   影山 正彦    BS   1'17.66 ( 17)/( 18)
9  7    高橋 国光    YH   1'17.70 (  7)/( 30)
10  20   A-G.スコット     BS   1'17.78 ( 17)/( 17)
11  5    J.クロスノフ      DL   1'17.88 ( 10)/( 15)
12  25   R.チーヴァー     BS   1'17.91 ( 37)/( 37)
13  15   檜井 保孝    BS   1'17.92 ( 21)/( 32)
14  24   服部 尚貴    BS   1'18.22 ( 22)/( 23)
15  1    星野 一義    BS   1'18.37 ( 17)/( 29)
16  3    金石 勝智 93 BS   1'18.47 ( 29)/( 29)
------------------------------------------------------------------------------
初日、クロスノフは光貞に代わってDOMEをドライブ。2日目にスピードスターの
T94/40をドライブした。
                                  中嶋企画

全日本F3000

F3000タイヤ協会富士合同テスト

富士スピードウェイ  1994-09-21 09:00-11:00 CLOUDY/DRY
------------------------------------------------------------------------------
Pos. No.  Name             Lap Time (Lap)
------------------------------------------------------------------------------
1  1    星野 一義    BS   1'17.06 ( 21)/( 25)
2  25   R.チーヴァー     BS   1'17.23 ( 29)/( 31)
3  20   A-G.スコット     BS   1'17.29 ( 22)/( 24)
4  8    M.アピチェッラ    DL   1'17.37 ( 21)/( 26)
5  13   黒沢 琢弥 94 BS   1'17.70 ( 25)/( 25)
6  17   M.サロ         YH   1'17.78 ( 28)/( 29)
7  24   服部 尚貴    BS   1'18.00 ( 26)/( 28)
8  9    M.マルティーニ    BS   1'18.17 ( 29)/( 30)
9  6    J.クロスノフ      DL   1'18.23 ( 29)/( 36)
10  3    金石 勝智    BS   1'18.49 ( 23)/( 29)
11  27   T.クリステンセン    DL   1'18.68 ( 25)/( 30)
12  7    高橋 国光    YH   1'18.75 ( 17)/( 23)
13  15   檜井 保孝    BS   1'19.19 ( 16)/( 16)
14  16   影山 正彦    BS   1'19.67 (  8)/( 10)
15  18   T.ダニエルソン    YH   1'19.97 (  3)/(  3)
16  12   田嶋 栄一 92 BS   1'20.88 ( 15)/( 31)
------------------------------------------------------------------------------
富士スピードウェイ  1994-09-21 13:00-15:00 CLOUDY/DRY
------------------------------------------------------------------------------
Pos. No.  Name             Lap Time (Lap)
------------------------------------------------------------------------------
1  13   黒沢 琢弥 94 BS   1'16.66 ( 21)/( 36)
2  8    M.アピチェッラ    DL   1'16.70 (  5)/( 26)
3  20   A-G.スコット     BS   1'16.86 ( 15)/( 42)
4  17   M.サロ         YH   1'17.20 ( 20)/( 28)
5  6    J.クロスノフ      DL   1'17.38 (  9)/( 45)
6  24   服部 尚貴    BS   1'17.92 ( 28)/( 30)
7  16   影山 正彦    BS   1'17.97 ( 21)/( 22)
8  25   R.チーヴァー     BS   1'18.11 ( 25)/( 30)
9  7    高橋 国光    YH   1'18.14 ( 23)/( 47)
10  9    M.マルティーニ    BS   1'18.24 (  8)/( 49)
11  1    星野 一義    BS   1'18.24 ( 26)/( 28)
12  18   T.ダニエルソン    YH   1'18.35 (  4)/(  8)
13  27   T.クリステンセン    DL   1'18.49 ( 21)/( 26)
14  3    金石 勝智    BS   1'18.56 (  8)/( 32)
15  15   檜井 保孝    BS   1'18.94 ( 14)/( 15)
16  12   田嶋 栄一 92 BS   1'21.93 ( 15)/( 16)
------------------------------------------------------------------------------
                                   中嶋企画

全日本F3000

十勝F3000:レース結果

FIA/JAF公認F3000レース                                          1994-09-18
「十勝F3000インターナショナルスピードカップ」                   WEATHER:RAIN
総合予選結果                                                    COURSE:WET
                                             十勝インターナショナルスピードウェイ:5.100km
P No. Driver----------------- Car --------------- Best-LapT  Behind -- Se.
1   1 星野 一義      (J) Lola T93/Mugen       2'01.861 150.66km/h  1
2  11 黒澤 琢弥      (J) Lola T94/Mugen       2'02.070  0.209      1
3  24 服部 尚貴       (J) Reynard 94D/Mugen    2'02.695  0.834      2
4  17 M.サロ           (SF) Lola T93/DFV         2'03.390  1.529      1
5  12 古谷 直広      (J) Lola T92/Mugen       2'03.459  1.598      1
6  18 西垣内 正義     (S) Lola T94/Judd        2'03.888  2.027      1
7   9 M.マルティニ    (I) Lola T94/Mugen       2'03.998  2.137      2
8   7 高橋 国光      (J) Lola T92/Mugen       2'05.225  3.364      1
9  15 檜井 保孝      (J) Reynard 94D/Mugen    2'06.084  4.223      2
10  16 影山 正彦      (J) Reynard 94D/Mugen    2'06.458  4.597      2
11  27 柴原 眞介     (J) Reynard 93D/Mugen    2'06.501  4.640      2
12  21 J.クロスノフ     (US) Lola T93/MF308       2'06.880  5.019      2
13   5 中谷 明彦      (J) Lola T94/Mugen       2'07.517  5.656      2
****************************************************************************
* 最後の数字はタイムをマークしたセッション
FIA/JAF公認F3000レース                                          1994-09-18
「十勝F3000インターナショナルスピードカップ」                   WEATHER:RAIN
決勝正式結果                                                    COURSE:WET
                                             十勝インターナショナルスピードウェイ:5.100km
P No. Driver----------------- Car---------------- Lap GoalTime--- --DELAY--
1   1 星野 一義      (J) Lola T93/Mugen       30 1:01'35.816 149.03km/h
2  24 服部 尚貴       (J) Reynard 94D/Mugen    30 1:01'46.423   10.605
3  12 古谷 直広      (J) Lola T92/Mugen       30 1:01'47.093   11.275
4  15 檜井 保孝      (J) Reynard 94D/Mugen    30 1:02'14.573   38.755
5  16 影山 正彦      (J) Reynard 94D/Mugen    30 1:02'15.237   39.419
6  17 M.サロ           (SF) Lola T93/DFV         30 1:02'32.818   57.000
7   5 中谷 明彦      (J) Lola T94/Mugen       30 1:03'26.798 1'50.980
8   9 M.マルティニ    (I) Lola T94/Mugen       30 1:03'27.597 1'51.779
9  11 黒澤 琢弥      (J) Lola T94/Mugen       29 1:01'48.705  - 1Laps
以上 規定周回完走:
21 J.クロスノフ     (US) Lola T93/MF308       18   37'18.237  -12Laps
27 柴原 眞介     (J) Reynard 93D/Mugen    10   21'27.550  -10Laps
7 高橋 国光      (J) Lola T92/Mugen        5   10'49.761  - 5Laps
18 西垣内 正義     (S) Lola T94/Judd        Don't Start
**************************************************************************
*  Fastest Lap : 9 M.マルティニ  1'59.874 (153.16 km/h)
注)・ワンデーレースで予選は午前中に2セッション(各25分)行われ、
   午後に決勝レースが開催されました
・このレースは'94全日本F3000選手権のシリーズ戦ではありません.
   したがって、レース結果は選手権ランキングに反映されません
                        = Tomo. Furuya  MGG01235 =

全日本F3000

RE:タイヤ協会鈴鹿F3000テストタイム

SUZUKA 8TH SEPT. 09:00-12:00 W/CLOUDY C/DRY
------------------------------------------------------------------------------
Pos. No.  Name             Lap Time (Lap)
------------------------------------------------------------------------------
1  18   T.ダニエルソン    YH   1'45.76 ( 12)/( 30)
2  13   黒沢 琢弥 94 BS   1'46.76 ( 32)/( 36)
3  8    M.アピチェッラ    DL   1'47.18 ( 19)/( 21)
4  1    星野 一義    BS   1'47.35 ( 21)/( 34)
5  33   金石 勝智 93 BS   1'47.63 ( 11)/( 46)
6  9    M.マルティーニ    BS   1'47.73 ( 32)/( 32)
7  6    光貞 秀俊    DL   1'47.87 (  3)/( 38)
8  27   T.クリステンセン    DL   1'47.96 ( 18)/( 32)
9  15   檜井 保孝    BS   1'48.03 ( 11)/( 33)
10  24   服部 尚貴    BS   1'48.06 (  9)/( 38)
11  7    高橋 国光    YH   1'48.33 ( 31)/( 45)
12  5    中谷 明彦    DL   1'48.35 ( 18)/( 31)
13  12   古谷 直広 92 BS   1'48.38 ( 19)/( 31)
14  17   M.サロ         YH   1'48.40 ( 40)/( 41)
15  20   A-G.スコット     BS   1'48.56 ( 17)/( 18)
16  25   R.チーヴァー     BS   1'48.65 ( 23)/( 31)
17  16   影山 正彦    BS   1'48.69 (  7)/(  8)
------------------------------------------------------------------------------
SUZUKA 8TH SEPT. 14:00-17:00 W/CLOUDY-RAIN C/DRY-WET
------------------------------------------------------------------------------
Pos. No.  Name             Lap Time (Lap)
------------------------------------------------------------------------------
1  6    光貞 秀俊    DL   1'44.91 ( 19)/( 19)
2  11   黒沢 琢弥 93 BS   1'45.14 ( 26)/( 26)
3  8    M.アピチェッラ    DL   1'45.65 ( 13)/( 18)
4  27   T.クリステンセン    DL   1'45.85 ( 19)/( 30)
5  18   T.ダニエルソン    YH   1'45.88 ( 26)/( 26)
6  9    M.マルティーニ    BS   1'45.96 ( 30)/( 31)
7  16   影山 正彦    BS   1'46.25 ( 19)/( 19)
8  33   金石 勝智 93 BS   1'46.74 ( 29)/( 29)
9  24   服部 尚貴    BS   1'46.82 ( 27)/( 27)
10  17   M.サロ         YH   1'46.88 (  2)/(  2)
11  15   檜井 保孝    BS   1'46.99 ( 21)/( 22)
12  1    星野 一義    BS   1'47.32 ( 19)/( 24)
13  25   R.チーヴァー     BS   1'47.71 (  9)/( 15)
14  5    中谷 明彦    DL   1'47.95 ( 16)/( 25)
15  12   古谷 直広 92 BS   1'49.09 (  6)/(  7)
------------------------------------------------------------------------------

全日本F3000

タイヤ協会鈴鹿F3000テストタイム

SUZUKA 7TH SEPT. 10:30-12:00 W/FINE C/DRY
------------------------------------------------------------------------------
Pos. No.  Name             Lap Time (Lap)
------------------------------------------------------------------------------
1  11   黒沢 琢弥 93 BS   1'47.29 ( 19)/( 22)
2  15   檜井 保孝    BS   1'47.64 ( 11)/( 24)
3  8    M.アピチェッラ    DL   1'47.91 ( 12)/( 17)
4  9    M.マルティーニ    BS   1'48.40 ( 22)/( 22)
5  6    光貞 秀俊    DL   1'48.85 ( 21)/( 23)
6  25   R.チーヴァー     BS   1'49.18 ( 18)/( 20)
7  16   影山 正彦    BS   1'49.34 (  6)/( 12)
8  18   T.ダニエルソン    YH   1'49.36 ( 19)/( 20)
9  20   A-G.スコット     BS   1'49.66 ( 10)/( 13)
10  27   T.クリステンセン    DL   1'49.66 ( 15)/( 16)
11  5    中谷 明彦    DL   1'49.66 ( 22)/( 22)
12  1    星野 一義    BS   1'49.92 ( 15)/( 15)
13  33   金石 勝智 93 BS   1'50.09 ( 16)/( 20)
14  17   M.サロ         YH   1'50.23 ( 17)/( 22)
15  7    高橋 国光    YH   1'50.33 ( 12)/( 15)
16  12   古谷 直広 92 BS   1'50.33 ( 11)/( 13)
------------------------------------------------------------------------------
SUZUKA 7TH SEPT. 15:30-17:00 W/FINE C/DRY
------------------------------------------------------------------------------
Pos. No.  Name             Lap Time (Lap)
------------------------------------------------------------------------------
1  18   T.ダニエルソン    YH   1'46.43 ( 15)/( 16)
2  11   黒沢 琢弥 93 BS   1'46.52 ( 24)/( 24)
3  6    光貞 秀俊    DL   1'46.59 ( 25)/( 26)
4  8    M.アピチェッラ    DL   1'47.03 (  9)/( 14)
5  1    星野 一義    BS   1'47.04 ( 16)/( 17)
6  17   M.サロ         YH   1'47.16 ( 12)/( 25)
7  16   影山 正彦    BS   1'47.90 ( 11)/( 16)
8  27   T.クリステンセン    DL   1'47.98 ( 11)/( 16)
9  33   金石 勝智 93 BS   1'48.12 ( 21)/( 23)
10  20   A-G.スコット     BS   1'48.17 ( 10)/( 17)
11  24   服部 尚貴    BS   1'48.49 ( 17)/( 18)
12  9    M.マルティーニ    BS   1'48.52 ( 13)/( 21)
13  5    中谷 明彦    DL   1'48.72 ( 23)/( 25)
14  25   R.チーヴァー     BS   1'49.04 (  5)/(  5)
15  15   檜井 保孝    BS   1'49.07 ( 20)/( 21)
16  7    高橋 国光    YH   1'49.54 (  9)/( 24)
17  12   古谷 直広 92 BS   1'49.80 (  9)/( 15)
------------------------------------------------------------------------------

Japanese F3

JF3-Rd9:菅生F3レース結果

全日本F3選手権第9戦 -RIJ- (1994-09-11) Provisional Results
For All Japan GT Championship Rd.4 スポーツランド菅生 : (3.704km)
P No. Driver------------- Car-------------------- Lap --GoalTime- -km/h--
1   7 M.クルム          Tom's 034F/Toyota        25   34'04.139 163.081
2  13 中野 信治     Dallala F393/Mugen       25   34'22.156 161.656
3  62 早田 岳史     Dallala F393/Mugen       25   34'28.705 161.144
4  50 本山  哲          Dallala F393/Toyota      25   34'34.275 160.712
5  15 土屋 武士     Tom's 033F/Toyota        25   34'36.823 160.514
6  16 影山 正美     Tom's 033F/Toyota        25   34'37.402 160.470
7   8 高木 虎之介        Tom's 033F/Toyota        25   34'37.782 160.440
8  37 柴原 眞介     Dallala F394/Toyota      25   34'47.714 159.677
9  33 道上  龍     Dallala F394/Toyota      25   34'48.040 159.652
10   4 S.マーセン        Dallala F393/Opel        25   34'56.653 158.996
11  64 田中 哲也     Ralt RT94/Opel           25   34'58.924 158.824
12  45 加藤 寛規      Dallala F393/Mugen       25   34'59.153 158.807
13  60 伊藤 勝一     Dallala F393/Mugen       25   35'06.098 158.283
14   9 山本 将之          Dallala F393/Mugen       25   35'07.681 158.164
15  20 千石 栄次     Dallala F393/Mugen       25   35'08.177 158.127
16  10 大西 太一郎    Tom's O33F/Toyota        25   35'23.950 156.953
17  36 木下みつひろ        Dallala F394/Fiat        25   35'26.337 156.777
18  21 勝間田 健一        Dallala F393/Mugen       24    -  1Lap
19  55 佐田 博文          Tom's 033F/Toyota        24    -  1Lap
20  11 小田切 毅     Dallala F393/Mugen       23    -  2Laps
-------------------------- DNC -------------------------------------------
3 R.ディーン        Dallala F393/Opel        16    -  9Laps
30 服部 茂章          Tom's 033F/Toyota        16    -  9Laps
73 川本  篤     Dallala F393/Toyota      11    - 14Laps
100 W.ヒューズ    Dallala F393 310E         9    - 16Laps
17 島守  広         Dallala F394/Toyota       1    - 24Laps
31 小泉 和寛     Dallara F394/Mugen        1    - 24Laps
**************************************************************************
              提供:スポーツランド菅生
          * FMOTOR4_SysOp 新倉芳夫 (SDI00686)-RIJ *

全日本GT選手権

GT Rd.4 GTインサイドレポート9

'94全日本GT選手権
Rd.4 SUGO                                            Date 9/11
9月10~11日
GT インサイド・レポート             No.  17              for FMOTOR4
75.#2 鈴木利男(GT1クラス 2位)
(ムッとした表情で・・・・)う~ん。いいんじゃないんですか、2位になれたんだから。
76.#2 TEAM ZEXEL 岸監督(GT1クラス 2位)
 「パーコレーションは予想されたトラブルでした。そのため、対策を施してきたつ
もりだったのですが……。グループCカーの時からパーコレーションの問題には苦労
してきていますから。カルソニックにも同じトラブルが発生していますが、スカイラ
インのエンジンが特にパーコレーションを起こし易いという訳ではありません」
77.#39 SARDスープラGT
 8月31日のシェイクダウンからスープラGTはデフのトラブルに悩まされていた
が、深刻なトラブルと言えるものではなく、ドライブシャフトに連結される部分を支
えているオイルシールの問題である。そのためチームも楽観していたようであったが、
決勝レースでも同じトラブルが出てしまった。TRDでは次のMINEまでに、ター
ビンを小型に変更してエンジンの過途特性を改良してピックアップの優れたエンジン
とする予定。
78.#9 マウロ・マルティニ
「メカニックが取り付けのミスをしたので10ラップ目からはドリンクボトルが使え
なくなってしまった。ノークールスーツ、ノードリンクボトルで頑張って順位を上げ
たのに、突然エンジンがストップさ!! まったく運がなかったよ」
79.#100 土屋圭市(GT1クラス 優勝)
 もう最高! マシンはちょっとオーバーステアがでてたけど、問題無かったよ。今
までと違って、今日は僕がスタートをやったんだ。初めてあのクルマでスタートする
んだから、あんなもんだよ。80点くらいかな。他の人が速すぎるんだ。F40を追
いかけているときは、ブレーキもタイヤもいっぱいいっぱいだった。F40が消えて
からは、利男さんが来るのは分かっていたから、それまではクルマをキープしたんだ。
利男さんとはいいバトルができたと思うよ。ピッピッて少しは当たるんだけど、ゾク
ゾクするくらいだった。利男さんに感謝したいくらい。ピットのタイミングは、我慢
比べだったね。ほんと、上手くいってよかった。国さんと走るといつも最高だけど、
今日は特に最高だなぁ。
88.#100 高橋国光(GT1クラス 優勝)
 今日は圭ちゃんにスタートをやってもらったんだけど、本当に凄いバトルをしてく
れたんだ。それで、もう燃えちゃったよ。お客さんに満足してもらえる走りが、出来
たと思うよ。でも、ちょっとガンバリ過ぎてスピンしちゃった。自分でびっくりしち
ゃった。僕はスピンターンが下手なんで、あの時は上手くいって良かったなぁ。でも、
すぐ後ろに白いクルマが見えたときは、もう必死でした。今日は僕じゃない、今日は
圭ちゃんが一番だよ。
'94全日本GT選手権
Rd.4 SUGO                                            Date 9/11
9月10~11日
GT インサイド・レポート             No.  18              for FMOTOR4
89.*12 川崎哲哉(GT2クラス 優勝)
 パーコレーションなのか、電装系か分からないけどクルマが走ってくれなくて、思
うようなタイムが出せませんでした。72号車に抜かれましたが、向こうはピットイ
ンがまだあるので、タイム差を見ながらコンスタントに走ることだけを考えました。
でも、最後に国さんがスピンするんで、びっくりしちゃって。こっちまで番狂わせに
なるかと、ヒヤヒヤもんでしたね。もう、最近体力無いから、疲れちゃったよぉ。で
も、うれしいな。もう二度と無いかもね。
90.*12 福嶌稔大(GT2クラス 優勝)
 スタートしてから、すぐパーコレーションかタイムが出なかったんです。1度、ピ
ットインしようかと思いましたが、我慢して走り続けました。僕はクルマを保たして、
順位をキープして、川崎さんにつなぐのが作戦でしたから。上手くいって、良かった
です。こんなビックイベントで、勝つなんて初めてだから、もうなんだか嘘みたい。
91.#3 長谷見昌弘(GT1クラス 3位)
 今回のレースは、ここにやってきた時から上手くいかなかった。セッティングもい
ろいろやってみたけど、いい結果は得られなかった。金曜日から日曜日の朝まで、結
局状況は変わらなかった。苦しいスタートだっただけに表彰台に上れたのはラッキー
だったね。上手い具合に上位がつぶれてくれたし、結果的にいいレースとなりました。
次回までにまたさらに対策を施して今度は表彰台の真ん中にいきたいですね。
92.決勝レース結果(81Laps)
 ドライバー            マシン                                 タイム
1 高橋国光/土屋圭市   #100 ADVAN PORSCHE    2:03'22.536
2 鈴木利男        #2 ZEXELスカイライン          2:03'24.616
3 長谷見昌弘       #3  ユニシアジェックススカイライン    2:03'56.524
4 影山正彦             #1 カルソニック・スカイライン        2:04'02.889
5 袖山誠一/山路慎一  #24 コクピット 館林GTR       -1Lap
6 飯田章         #10 Johnson SKYLINE       -2Lap
8 川崎哲哉/福嶌稔大   *12 FKマッシモERC RX7    -4Laps
以上

全日本GT選手権

GT Rd.4 GTインサイドレポート8

'94全日本GT選手権
Rd.4 SUGO                                            Date 9/11
9月10~11日
GT インサイド・レポート             No.  15              for FMOTOR4
50.14時13分 決勝スタート
51.14時26分
#39 ピットイン。デフまわりからオイル漏れ。オイルラインが外れてギアが焼き
付いてしまった模様。修理作業に入る。時折、ラジエター、インタークーラーに水を
かけ冷却。14時58分にピットアウト。
52.14時27分
#40 SPコーナーでスロー走行。最終コーナの内側で敢えなくストップ。リタ
イア。
「3速から4速にシフトアップするときに突然クラッチが壊れた。フォーメーション
ラップのスタートでストールしたけど、その時はクラッチは問題なかった。突然のト
ラブルだったんだ。ミッションも問題なかったのだが、クラッチだけが壊れた」
(A・レイド)
53.14時30分
#88 ピットイン。ドライバーからエンジンがばらつくとの報告を受ける。いった
んピットアウトするも再びピットに。チェックのみで再度コースへ。
54.14時45分
#2 ZEXELスカイラインがトップを走行。20周を終了。
55.14時59分
 馬の背で#9と#10が接触。#10はハーフスピン、コースアウトするがコース
に復帰。#9ピットイン。#9、#10ともにピットに入った。
#9は左フロントフェンダーを修復し給油を済ませピットアウト。
#10は給油、タイヤ交換、そして破損した右リアフェンダーをチェックしてピット
アウト。
56.15時05分
#14 ピットイン。ドライバー交代、左タイヤ2本を交換しピットアウト。
*55 ピットイン。
#88 ピットイン。給油、ドライバー交代。
57.15時05分
#39 コースに戻ったものの白煙を吹き上げていた#39は、オレンジボール旗を
出されピットイン。ミッショントラブルによりそのままリタイアとなった。
58.15時16分
#1 ピットイン。左タイヤ2本交換、給油。ドライバーに水を掛ける。再スタート
時に、パーコレーションでスタートに手間取る。
59.15時17分
*12 ピットイン。給油、ドライバー交代。
#3  ピットイン。給油、左タイヤ2本交換。20秒強のストップ。
#24 ピットイン。給油、左タイヤ2本交換。ドライバー交代。
60.15時21分
*33 ピットイン。給油、ドライバー交代。再スタート時にエンジンスタートせず、
プラグ交換を行う。15分間ピットに留まる。
61.15時23分
#2 トップでピットイン。給油、左タイヤ2本交換。ピットアウトの際、パーコ
レーションで、スタートできず。燃料タンクに消火器を掛けて冷やし、やっとスター
ト。1分5秒のストップ。
#100 2番手で#2とほぼ同時にピットイン。給油、左タイヤ2本交換。ドラ
イバー交代。45秒のストップ。トップに立つ。
'94全日本GT選手権
Rd.4 SUGO                                            Date 9/11
9月10~11日
GT インサイド・レポート             No.  16              for FMOTOR4
62.15時25分
#25 ピットイン。給油。タイヤ4本交換、ドライバー交代。
63.15時30分
*29 ピットイン。給油、ドライバー交代。
*52 ピットイン。ドライバー交代、給油。
64.15時32分
#100 トップで50周を終了。GT2クラスのトップは*70。
#11 ピットイン。給油、ドライバー交代。
65.15時33分
#10 ピットイン。左タイヤ交換、給油。1分20秒でピットアウト。
66.15時35分
#14 ピットイン。ジャッキアップするも、なにもせず給油を済ませ1分5秒で
ピットアウト。
67.15時42分
*55 ピットイン。リアをジャッキアップ。ミッショントラブルの模様。15時
48分にピットアウト。
#88 ピットイン。ドライバー交代。15時50分にピットアウト。
68.15時45分
*72 ピットイン。タイヤ4本交換、ドライバー交代。「とんでもなく暑かったけ
ど予定より10ラップほどピットインを遅らせた。エンジンがちょっと息つきを起こ
していたけど、まあなんとかもたせていけば表彰台は大丈夫でしょう」(松田秀士)
69.15時47分
*52 ピットイン。ドライバー交代。
70.16時00分
*22 登り勾配の途中でストップ。
71.16時04分
#9 5位を走行中、突然スロー走行。コース脇にマシンを止め、M・マルティニは
マシンを降りた。アクセルリンケージのトラブルが発生したのだ。これにより#24
が5位に、#10が6位に、#25が7位に順位を上げた。
72.16時05分
#10 ピットイン。給油。
73.16時10分
#100 トップを走行中、S字で単独スピン。素早くコースに復帰。順位を落とす
ことはなかったが、2位の#2が背後に迫る。レースは残り5周を切っている。
74.16時17分 決勝レース終了

全日本GT選手権

GT Rd.4 GTインサイドレポート7

'94全日本GT選手権
Rd.4 SUGO                                            Date 9/11
9月10~11日
GT インサイド・レポート             No.  13              for FMOTOR4
43.#14 CCIあめんぼうシルビア
 昨日の予選1回目の途中でエンジンを壊してしまったあめんぼうシルビア。今日の
フリー走行には、エンジン交換を間に合わせた。だが、わずか5周を走ったところで
クルマから白煙が。ピットに戻ってみると、エンジンからオイルが漏れているのが確
認された。そのまま、クルマはガレージの奥へと引き込まれ、再度の修理作業に入っ
た。原因はエンジンと一緒に交換したオイルラインの不良。修理はパイプの交換だけ
で、決勝レースに大きな影響はない模様だ。
44.#9 M・マルティニ
「フリー走行6位。いいだろ。でももうあれで限界。いつもあのマシンの限界で走っ
ているよ。あ、それと作戦変更。タイヤノーチェンジ。僕にとっては大変なレースに
なりそうだけど、もう決まったんだよ。給油でピットインしてコースに戻った時に順
位が上がっているといいんだけどさ。目標はスカイラインの何台かを喰うこと。確か
に1周のタイムでは何台かの前には行っているけど、レースではわからないからね。
スカイライン勢のタイヤにもよるけど、No4とNo5のスカイラインにはちょっと追い
つかないな。でもレースが荒れてくれば僕にはそれだけチャンスも生まれてくる。タ
イヤが持つかどうかわからないけどガンガン行くよ」
45.SARD MC8
 オリジナルGTマシンであるMC8を開発中のSARDが、このSUGOからTR
Dの製作したスープラGTを走らせることとなったためMC8の運命が心配されてい
るが、SARDの計画そのものは大きくは変更されてはいない。ロードバージョンは
セルシオ用のV8を使うことも従来通りであるが、レーシングバージョンはスープラ
GTにも搭載されている3SGターボを搭載することに変更された。MC8の1号車
はシェイクダウンの後バラバラに分解されており、近い内にイギリスに送られてロー
ドバージョンに必要なナンバー収得の手続きを行う予定である。実戦デビューは来年
のルマン24時間まで待たなければならないかもしれない。
46.三菱GTO
 このSUGOからGT選手権に参加する予定であった“テスト&サービス”のGT
Oは、8月の筑波でのN1で出たトラブルが深刻なものであったため、GTデビュー
を先送りすることになった。
'94全日本GT選手権
Rd.4 SUGO                                            Date 9/11
9月10~11日
GT インサイド・レポート             No.  14              for FMOTOR4
47.#40 太田哲也
「フリー走行で2人のドライバーが28秒台を出したのはうちだけだから、もちろん
燃料は満タンですよ、金曜の朝にはサスペンションが軟らかすぎてフロントがどっち
に行ってしまうか分からないような状態でしたが、午後に堅いサスペンションに変更
してからは最高のフィーリングになっています。心配されたギアレシオがSUGOに
ピッタリだったことは“ラッキー”としか言いようがないですよ。優勝の権利はうち
が一番持っていると思います」
48.決勝レース・スタートドライバー一覧
 #40   A・レイド     #39   J・クロスノフ
  #100  土屋圭市           #10   飯田章
  #2    鈴木利男      #1    影山正彦
  #24   山路慎一      #9    M・マルティニ
  #3    長谷見昌弘     #25   影山正美
  #14   服部尚貴      *12   福嶌稔大
  *72   松田秀士      *70   水野文則
  #88   和田孝夫      *29   小幡栄
  *55   林雅弘       *22   水沼克夫
  *33   早川篤       *52   新田守男
  #11   佐野宏明
49.SARDの力及ばずレコード更新でacom3連勝
 4回めを迎えたタイヤ交換レース。センターロック部門常勝のacomにとって気
がかりだったのはSARDチーム。ライバルが見守るなか、最初にSARDがトライ。
しかし右側後輪の脱着に遅れてタイムは26秒98。ハセミ・チームも右側の脱着に
とまどり38秒65。そして常勝acomが余裕の作業で21秒18のベストタイム
を記録。アドバンもスムーズにこなすがタイムは26秒65。センターロック部門は
acomがなみいる強豪をしのいで3連勝を成し遂げた。コンベンショナル・ホイー
ル部門は、これもコルグ・ケガニレーシングが他を圧倒し58秒32の驚異的タイム
を叩きだして優勝。4連勝だ。
#9 acom・チーム
「噂でSARDチームが速いと聞いていたんで、ちょっと心配だったんですが、彼ら
のタイムを見て、これはいけるなと思っていました。練習ではもっと速いタイムもだ
していますから、まだまだいけますよ」
*29 KORG KEGANI・チーム
「1分6秒が出てましたからプレッシャーを感じていたんですよ。でも落ちついて余
裕をもってやったのがよかったんでしょうね」
タイヤ交換コンテスト・リザルト
□コンベンショナルホイール・クラス
 *29 KORG KEGANIポルシェ    58秒32
#14 CCIあめんぼうシルビア     1分06秒14
 *12 FKマッシモERC                1分11秒84
 優勝 *29 KORG KEGANIポルシェ
□センターロックホイール・クラス
 #9 acomポルシェRSR                  21秒18
 #100 ADVAN PORSCHE          26秒65
 #39 SARD スープラGT                26秒98
 #3  ユニシアジェックススカイライン          38秒65
 #2 ZEXELスカイライン                  40秒27
 優勝  #9 acomポルシェRSR

全日本GT選手権

GT-Rd4:GT選手権菅生レース結果

全日本GT選手権第4戦 -RIJ- (1994-09-11) Provisional Results
For All Japan GT Championship Rd.4 スポーツランド菅生 : (3.704km)
P No. Driver-------------- Car------------------- Lap GoalTime--- -km/h--
1 100 高橋国光/土屋圭市   Porsche RSR             81 2:03'22.536 145.908
2   2 鈴木 利男         Nissan Skyline GT-R     81 2:03'24.516 145.869
3   3 長谷見昌弘           Nissan Skyline GT-R     81 2:03'56.524 145.241
4   1 影山 正彦           Nissan Skyline GT-R     81 2:04'02.889 145.117
5  24 山路慎一/袖山誠一   Nissan Skyline GT-R     80    -  1Lap
6  10 飯田 章             Nissan Skyline GT-R     79    -  2Laps
7  25 石川 朗/影山正美  Nissan Fairlady Z       77    -  4Laps
8  12 川崎哲哉/福嶌稔大  Mazda RX-7              77    -  4Laps
9  72 堀米 徹/牧口規雄   BMW M3                  77    -  4Laps
10  70 石橋義三/水野文則  Nissan Skyline GT-R     76    -  5Laps
11  14 大井貴之/服部尚貴   Nissan Silvia           75    -  6Laps
12  11 佐野宏明/吉本博雪   Porsche RSR             75    -  6Laps
13  29 上原秀郎/小幡 栄  Porsche Carrera         75    -  6Laps
14  52 新田守男/後藤次利   Porsche Carrera         73    -  8Laps
15   9 M.マルティニ       Porsche RSR             70    - 11Laps
16  88 和田孝夫/池沢さとし Lamborghini Countack    68    - 13Laps
17  55 柏原浩一/林 雅弘   Porsche Carrera         68    - 13Laps
18  22 須永 剛/水沼克夫   Nissan Skyline GTS      58    - 23Laps
19  33 白鳥哲次/早川 篤   Mazda RX-7              58    - 23Laps
--------------------------- DNC ------------------------------------------
39 J.クロスノフ       Toyota Supra            11    - 70Laps
40 A.レイド/太田哲也  Ferrari F-40            10    - 71Laps
**************************************************************************
              提供:スポーツランド菅生
          * FMOTOR4_SysOp 新倉芳夫 (SDI00686)-RIJ *

全日本GT選手権

GT Rd.4 GTインサイドレポート6

'94全日本GT選手権
Rd.4 SUGO                                            Date 9/11
9月10~11日
GT インサイド・レポート             No.  11              for FMOTOR4
33.#39 SARDスープラGT
 フリー走行の開始直後にJ・クロスノフのスープラは煙を上げながらピットに滑り
込んできた。原因はミッションのオイルポンプに付いているオイルフィルターのトラ
ブルであった。20分間の修理でJ・クロスノフはコースに復帰した、その僅か5分
後にはトップタイムの1分28秒761をたたき出してピットに戻って来た。
34.#39 J・クロスノフ
「僕がトップタイム? マシンは良くなっている。アンダーステアも抑えられて来て
いるし、エンジンも良い。燃費? 燃費も問題ないよ。デフのトラブルが出ていたけ
どそれも大丈夫だと思う。ただ初レースなんで何が起こるか分からない。昨日20~30
ラップしてはいるけど、長い距離を走っていないから信頼性については僕等は把握し
ていないんだ。レースのレベルで走る。それ以上はしない。それでトラブルが出たと
しても初めてのレースだから....。ベストを尽くしてやるだけだよ」
35.#40 タイサン・スターカードF40
「雨用のセッティングを試みて、L字型のフラップをウイングに付けたんだけど、ダ
ウンフォースが強すぎてしまって....昨日の仕様に戻したら良くなった。たぶん天気
は持つだろうから行けると思うよ。トヨタ? 速いね。気をつけないと」(アンソニ
ー・リード談)
「フラップ付けたらリードが“曲がらない”って。今のタイムはほぼ満タンで走った
タイムです。ふたりとも1分28秒台で似たようなタイムが出ています」(青木チーフ
メカ談)
36.#100 高橋国光
 好調のADVAN PORSCHEを駆るクニサンは、「決勝レースでは1分29
秒台は無理かもしれませんね、30秒台となると思います。マシンはバランス良く仕
上がってますし、リフレッシュされてエンジンは富士よりも反応が良くなっています。
しかし、フェラーリが木曜日に25秒台を出していますから、スタートから全開でイ
クしかないでしょう。圭ちゃんがスタートから飛ばして私は最後を締めれば上に行け
ると思います」
37.*70 石橋義三
「フリー走行のガソリンは、60リッター程度。まあまあのタイムじゃないかな。レ
ースでは、12号車のRX7とGT2のトップを争うことになるのかな。でも、この
レースを勝つとか、そういうことではなくてシリーズを考えたレースをしなきゃと思
ってます。うちはシーズン序盤でポイントを取れなかったからね。そういう意味では、
うちと29号車との間にどれだけ差を付けられるかですね。そして次のレースへと考
えなきゃね。あ、うちのハンデウエイトはね、実は27kgなんだ。だって僕が3kgも
減量してきたからね」と、フリー走行後の滴る汗を拭きながら語ってくれた。ちなみ
に外国屋スカイラインのカラーリングは、石橋選手の古くからのファンが好きな色を
使ったという重要情報を、我々は入手した。
'94全日本GT選手権
Rd.4 SUGO                                            Date 9/11
9月10~11日
GT インサイド・レポート             No.  12              for FMOTOR4
38.#9 acomポルシェRSR
 タイヤ交換は1回の予定、心配は雨模様か。「う~ん、どうするかねえ」と森脇氏。
39.#40 タイサン ADVAN F40
 決勝でのタイヤ交換はあり。ドライバーチェンジは1回。
「このクルマはグッドコンディションだから、雨が降っても何の問題もないよ。むし
ろより勝つ可能性がでてくるんじゃないかな。だから全然心配していない」
40.#14 あめんぼうシルビア
 残すところあと2戦となったGT選手権で、シルビアを投入して苦しい闘いを強い
られている由良拓也監督。状況にはかなり悲観的だ。
「このクルマではどうしようもないよね。パワーがまるで足りないし、他のエントラ
ントからどんどん離されてしまう。クルマ選びを失敗しましたよね。来シーズンはこ
のクルマでは考えられない。もっと戦闘力のあるクルマで上位をガンガンいければ、
このレースをもっと楽しめるのに」
41.#2 ZEXELスカイライン
 フルタンクで1分29秒156を記録したZEXELスカイラインも、決勝レース
では1分29秒台後半での走行になる、とニスモでは考えている。
42.スケジュール変更
GT決勝レースは、1周減らされて81周で行われることに変更された。

全日本GT選手権

GT Rd.4 GTインサイドレポート5

'94全日本GT選手権
Rd.4 SUGO                                            Date 9/11
9月10~11日
GT インサイド・レポート             No.  9              for FMOTOR4
26.*12 FKマッシモERC RX7
 参戦して以来、常にGT1クラスを脅かすタイムを出し続けているFKマッシモE
RCのRX7。今回もGT2クラスの予選トップタイムを記録している。トルクの少
ないロータリーエンジンは、アップダウンのきついSUGOでは不利と思われていた
が、見事に我々の予想を覆した。ドライバーの川崎は予選後、次のように語ってくれ
た。「RX7はバランスがすごく良いんですよ。パワーではスカイラインに、トップ
スピードではポルシェにかなわないですけど、マシンの総合的な部分でなら闘えるん
です。正直、僕らも走るまでそんなに期待していなくて、相棒の福嶌君とコンスタン
トに走ろうと話してたんです。それが走りはじめたら結構いい感じなんですよ。富士
からショックを換えるなど、足回りを中心にいじってきたのが当たったようですね。
そうなると現金なもんで、行け行けって。アタックは福嶌君です。彼は29歳でまだ
まだ行けますから、今日は彼中心で走ってもらいました。明日は行けるとこまでとに
かく行く。今までの2戦ともにマイナーなトラブルで脱落してますんで、今度こそ勝
ちたい。でも雨だとRX7は不利だから、降らないでほしいな」
27.#100 ADVAN PORSCHE
 このSUGOでも素晴らしいパフォーマンスを見せた“チームクニミツ”の911
ターボは、チームの思い通りのマシンに仕上がってきているようだ。第3戦の富士ス
ピードウェイの時に比べると、1~2コーナー先のインフィールド区間を考えてタイ
トコーナーでの操縦性を若干オーバーステア方向にセッティングを変更している。ま
た、ターボチャージャーもパワーよりもレスポンスを重視した小径のタイプに交換さ
れている。(タービンは2種類がポルシェから支給されている)
 ノバでは雨さえ降らなければ予選タイムの5秒落ちくらいで決勝レースを走ること
を想定しているが、F40が先に飛び出してしまったら辛いレースとなると考えてい
る。ポルシェにとってはゲンの良い911(9月11日)決戦の勝算は十分にあるよ
うだ。
28.#1 カルソニック・スカイライン
第3戦の富士スピードウェイでの巧妙なセッティングに代表されるように、カルソ
ニック・スカイラインはこれまでのシリーズのすべてでセッティングに大きな問題
もなく高成績を上げてきた。しかし、このSUGOで今シーズン初めて問題に直面
している。金曜にはすべてがマッチせず、ストレートとインフィールドの両方共で
全開で走ることは出来なかった。もちろん70㎏ものウエイトハンデ、今年の過激
な日本の夏の暑さによる路面とタイヤからくる辛さ等もあるが、このSUGOでは
これまでに出なかったトラブルに悩まされ、富士スピードウェイで良かった部分が
同じことをしているのにSUGOでは問題だらけであり、セッティングの方向性に
苦しんでいる。
'94全日本GT選手権
Rd.4 SUGO                                            Date 9/11
9月10~11日
GT インサイド・レポート             No.  10              for FMOTOR4
29.#25  FEDEX 300ZX-LM
 午後の予選で2コーナー先でチームルマンの300ZXはミッションを壊してスト
ップしてしまった。彼らはXトラックの6速シーケンシャルミッションをすでにオー
ダーしているが、今年中には間に合わないかもしれない。新開発のプッシュロッド・
リアサスペンションは、相当な効果があるらしい。
30.寺井エンジニアリング
 ランボルギーニ・カウンタックでの全日本GT選手権参戦を続けている寺井エンジ
ニアリングでは、ランボルギーニ本社の支援が得られるのであれば、ディアブロSE
でのプロジェクトを早期にスタートさせることを真剣に検討している。カウンタック
で苦労した燃料タンクもディアブロSEの場合は設計が楽になるという。そして、何
と言っても大幅なパワーアップがディアブロでは可能となる。現在のカウンタックの
抱える問題の一つには燃費の悪さもあり、富士スピードウェイのような全開区間の多
いコースの場合は1.5km/リットル程度になってしまう。ディアブロSEは最新
のコンピュータに管理されたエンジンであるため、燃料も大幅に節約できる。
31.#39 TRD鳩谷エンジニア
-はじめから今回から参加という予定だったのですか。
「当初現場サイドでは今年の第2戦か第3戦から出られるように、という考えもあっ
たのですが、いろいろな意見があって結局最終戦だけという風になってたんです。そ
れをまた早めたわけです」
-クロスノフ選手が昨日の予選の後、『明日は完走狙いなんでしないでガンガン行く』
と言ってましたけど....
「完走してデータを取ると言っても、それではただ“走った”というデータしか取れ
ませんからね。こっちは追う立場ですから」
-富士でのシェイクダウンの時にステアリングが“暴れる”という問題があったそう
ですが....
「ええ。もう解決しています。ちょっとチョンボをやっちゃって」
32.フリー走行(暫定)
   マシン                                   ドライバー           タイム
 1 #39  SARD スープラGT      J・クロスノフ       1'28.761
 2 #40  タイサン スターカードF40     A・レイド       1'28.896
 3 #100ADVAN PORSCHE    土屋圭市             1'29.027
 4 #2    ZEXELスカイライン      鈴木利男             1'29.156
 5 #1   カルソニック・スカイライン       影山正彦             1'29.840
 6 #9   acomポルシェRSR          M・マルティニ       1'30.313
 12 *70 外国屋スカイラインGTS-R   水野文則             1'33.892

Japanese F3

JF3-Rd9:菅生F3 予選結果

全日本F3選手権 第9戦 RIJ- (1994-09-10) Provisional Starttihg Grid
For All Japan F3 Championship Rd.9 スポーツランド菅生 : (3.704km)
P No. Driver------------- Car-------------------- Best-LapT --Behind -km/h-
1   7 M.クルム          Tom's 034F/Toyota        1'19.943         166.799
2 100 W.ヒューズ    Dallala F393/HKS         1'20.244   0.301 166.173
3   8 高木 虎之介        Tom's 033F/Toyota        1'20.267   0.324 166.126
4  13 中野 信治     Dallala F393/Mugen       1'20.288   0.345 166.082
5  62 早田 岳史     Dallala F393/Mugen       1'20.399   0.456 165.853
6   3 R.ディーン        Dallala F393/Opel        1'20.480   0.537 165.686
7  30 服部 茂章          Tom's 033F/Toyota        1'20.726   0.783 165.181
8  33 道上  龍     Dallala F394/Toyota      1'20.730   0.787 165.173
9  50 本山  哲          Dallala F393/Toyota      1'20.832   0.889 164.964
10  15 土屋 武士     Tom's 033F/Toyota        1'20.963   1.020 164.697
11  37 柴原 眞介     Dallala F394/Toyota      1'20.970   1.027 164.683
12  16 影山 正美     Tom's 033F/Toyota        1'21.023   1.080 164.575
13   4 S.マーセン        Dallala F393/Opel        1'21.213   1.270 164.190
14  45 加藤 寛規      Dallala F393/Mugen       1'21.229   1.286 164.158
15  17 島守  広         Dallala F394/Toyota      1'21.230   1.287 164.156
16   9 山本 将之          Dallala F393/Mugen       1'21.579   1.636 163.454
17  64 田中 哲也     Ralt RT94/Mugen          1'21.644   1.701 163.324
18  60 伊藤 勝一     Dallala F393/Mugen       1'21.668   1.725 163.276
19  31 小泉 和寛     Dallara F394/Mugen       1'21.671   1.728 163.270
20  20 千石 栄次     Dallala F393/Mugen       1'21.859   1.916 162.895
21  10 大西 太一郎    Tom's O33F/Toyota        1'21.942   1.999 162.730
22  73 川本  篤     Dallala F393/Toyota      1'22.089   2.146 162.438
23  36 木下みつひろ        Dallala F394/Fiat        1'22.376   2.433 161.872
24  55 佐田 博文          Tom's 033F/Toyota        1'23.771   3.828 159.177
25  21 勝間田 健一        Dallala F393/Mugen       1'23.778   3.835 159.164
26  11 小田切 毅     Dallala F393/Mugen       1'24.306   4.363 158.167
****************************************************************************
              提供:スポーツランド菅生
          * FMOTOR4_SysOp 新倉芳夫 (SDI00686)-RIJ *

全日本GT選手権

GT Rd.4 GTインサイドレポート4

'94全日本GT選手権
Rd.4 SUGO                                            Date 9/10
9月10~11日
GT インサイド・レポート             No.  7              for FMOTOR4
19.#40 タイサン・スターカードF40
「ポールポジションを取れてうれしい。フェラーリF40は正真正銘のGTカーだから
ね。チームのスタッフが良い仕事をしてマシンを良く熟成させてくれた。富士はスト
レートが長いし良く走ったけど、ここに来るまで菅生ではどうなのか予測出来なかっ
たんだ。でもコーナリング時のバランスも良いし、コーナーとストレートのコンビネ
ーションも良い。アドバン・タイヤもエンジンも良い。パワーではたぶんポルシェR
SRターボの方が上だと思う。ストレートではあのポルシェが1番速いんじゃないか
な。明日はスタートからトップに立って出来るだけリードを広げてピットに入って来
たい」(アンソニー・リード談)
20.#39 SARDスープラGT
「予選2位というポジションには満足しているよ。昨日は3番手だったし、フルタン
クで若干アンダーが出ているけどフィーリングは良くなっているし。本番レースのた
めのシュミレーションもやったんだ。フルタンクで1分27秒台だ。明日の作戦? 作
戦はない。全開で行くだけさ。出来るかぎりのスピードで走るよ。ペースを抑えて完
走狙いなんかしないよ!」(ジェフ・クロスノフ談)
21.#9 amomポルシェRSR
「タイムには満足している。あのマシンで1分28秒4は限界だよ。コーナーリング・
スピードは良いんだ。スカイラインの何台かとは競り合うことが出来たしね。あれに
ターボが付いていれば1分24秒台だな(笑)。トップを狙うことは出来ないけど、大
事なことはみんなが満足することなんだ。チームも、スポンサーもみんな満足してい
る。明日は他のマシンが潰れればチャンスが増えるけど、トップ5を狙うよ」(マウ
ロ・マルティニ選手談)
'94全日本GT選手権
Rd.4 SUGO                                            Date 9/10
9月10~11日
GT インサイド・レポート             No.  8              for FMOTOR4
22.#9 森脇基恭
 午前中の予選でシフトリンケージを破損。その他にほとんどトラブルもなくシフト
リンケージも修復し午後の予選は7番手となった。
「まあ徐々に速くはなっているんですが、厳しいよね。レギュレーションでエンジン
はほとんどいじれないから、サスや駆動系のセッティングが中心になってくる。でも
それも限界があるよね。スカイライン勢が壊れてくれないと厳しいね。フロント・エ
ンジンよりリア・エンジンの方が有利だと思ったんだけどね。それにポルシェももっ
と信頼性が高いと思ったらそうでもないんだよね。前回は6位かと思ったら7位だっ
たし、今回はなんとかいい順位を確保したいですね」
23.#2 ZEXELスカイライン
 午後の予選で鈴木利男は1コーナーでコースアウト。カウルの下部を破損したが、
大事にはいたらずマシンにも影響がないとのこと。
24.#100 アドバンポルシェ
 第3戦富士に続き、素晴らしいパフォーマンスで予選3位を獲得したアドバンポル
シェ。国光&圭市のドリキンコンビとポルシェRSRターボは、最高のコンビネーシ
ョンを見せた。国光は語る。「マシンは、すごく感触が良いよ。エンジンはじめ、マ
シンを酷使しなくても、それなりに走ってくれんるんだね。ポルシェって言うクルマ
はこういうところがすごいんだね。まさにGTカーだよ。今日はタイヤとのマッチン
グも上手くいったし、文句無し。決勝レースでは圭ちゃんにスターティングドライバ
ーやってもらって、僕はレースを楽しませてもらいます。気持ちいい走りをすれば、
結果はあとから付いてきますよ富士のようなことも、そうそうないでしょうしね」
25.#10 Johnson SKYLINE
 FRのGTRとはいえ、N1エンジンのマシンでGTRの予選最速勝ち取ったのは、
GT最年少の飯田章。筑波のツーリングカーで右足を完治しておらず、右足だけスニー
カーを履くという苦労のドライビングだった。「2回目の方がコースコンディション
が良くなったんで、ウイングを少し寝かせて走ってみました。マシンは結構いい線い
ってました。自分には細かいミスもあったから75点ていうところかな。N1エンジ
ンだから一発タイムは出るけど、決勝はしんどいかな。無理せずに、じっくり行きま
すよ。足ですか、レーシングシューズじゃないけど大丈夫ですよ。ファンにもらった
千羽鶴もありますしね」
 マシンはドアをカーボンにするなど、富士に比べて30kgも軽量化されている。こ
れも今回の好結果にも結びついているのだろう。

全日本GT選手権

GT Rd.4 GTインサイドレポート3

'94全日本GT選手権
Rd.4 SUGO                                            Date 9/10
9月10~11日
GT インサイド・レポート             No.  5              for FMOTOR4
11.#39 SARDスープラGT
 デビュー・レースでポールを狙うサードだが、午前中の予選セッションではフェラ
ーリF40に一歩及ばなかった。「昨日よりもマシンは良くなっている。このマシンは
最終コーナーからストレートが速いんだ。今のところ大きな問題というのはないけど、
ブレーキがちょっとね。悪くはないけどもう少し良くしたいんだ。バランスを変えて
良くはなっているんだけど、フィーリングをもう少し良くしたい。タイムも遅いマシ
ンに引っ掛からなければ1分26秒台に入れたと思う。でも1分26秒3は今の状態では
ちょっと無理だろうね」(ジェフ・クロスノフ)。
12.#40 タイサン・スターカードF40
「午後は走りません。ウイングを立てて、サスペンションをちょっといじったら急に
速くなったんですよ。最終コーナーからストレートを全開で抜けられるようになりま
したからね。ここが速いんです。他のマシンより全然速い。本番はドライなら行ける
と思いますよ。ただ雨だったらダメですね。4駆にはかないませんから」(青木チー
フメカ談)
13.#11  プローバ ポルシェターボ
 予選開始僅か5分後に、プローバのポルシェがバックストレートでオイルを吐いて
ストップし、火災を起こす騒ぎとなった。そのために予選は11時55分まで中断さ
れることとなった。
 トラブルの原因はオイルラインが破裂してしまい、エキゾーストにオイルがかかっ
てしまったため。油冷エンジンとさえ言われるポルシェの空冷エンジンはオイルにと
っても過酷である。午後の予選までには修理される予定。
14.#25  FEDEX 300ZXーLM
 TRDスープラが“スープラの皮を被ったグループCカー”と言われているが、チ
ームルマンの300ZXも今回からリアサスペンションがプッシュロッド・タイプと
なったため、彼らのマシンもグループCカーの中身を持ったGTカーとしての資格を
得ることとなった。これまでのタイプではストロークが限られていることがネックで
あったため、苦心をしてプッシュロッド・サスペンションを開発することとなった。
まだ車重が1300kg以上もあるが、ターボのマウント位置も変更されたこと等で十
分なパワーも発生している。
'94全日本GT選手権
Rd.4 SUGO                                            Date 9/10
9月10~11日
GT インサイド・レポート             No.  6              for FMOTOR4
15.#39 SARDスープラGT
 8月31日に走り始めたばかりであるため、SARDのスープラは今日の走行がま
だ4日目である。しかも木曜日が雨であったため僅か3日間のみの走行であるが、そ
の短い時間の中で早くもトップクラスの実力を発揮しつつある。今日は曇ってしまっ
たため路面温度は低いが、外気温は昨日とほとんど同じ28度であるため、エンジン
のセッティングは変わらない。富士スピードウェイでのシェイクダウンでは7,70
0回転までまわして“287キロ”という最高速を記録しているが、今回のSUGO
では7,200回転を最高回転として、シェイクダウン時よりも多少低速型にセッテ
ィングが変わってきている。
 トヨタと共に全日本GT選手権に参入してきたミシュラン・タイヤは、3種類のコ
ンパウンドをスープラのために用意してきた。しかし、ミシュランも特殊な日本のサ
ーキットの路面を完全に把握しているとはまだ言えないようだ。このSUGOでフィ
ットしていても次のミネでは現在ある3種類のコンパウンドでは辛いことも考えられ
る。
16.#88ランボルギーニ・カウンタック
「まだマシンが煮詰まっていないんですよ。クーリングの問題はなんとか解消したけ
ど、まだまだやることがたくさんある。このマシンがいったいどんなものなのかを、
相変わらずさぐりながら走っている状況ですね。午後の予選はとりあえずサスペンシ
ョンのセッティングとブレーキパッドの慣らしをやります。明日は雨らしいでしょう。
まだこのクルマは1回もレイン走行はしたことがないんですよね。リスクはさけたい
よね」池沢さとし談。
17.予選2回目タイム(暫定)
マシン                                   ドライバー       タイム
 1 #100 アドバンポルシェ               土屋圭市           1'27.379
 2 #10 Johnson SKYLINE        飯田章       1'27.593
 3 #39 SARDスープラGT           J・クロスノフ     1'27.735
 4 #2 ZEXELスカイライン         鈴木利男           1'27.789
 5 #1 カルソニック・スカイライン       影山正彦           1'28.153
 6 #24 コクピット 館林GTR      山路慎一           1'28.223
 10 *12 FKマッシモERC RX7       福嶌稔大           1'31.645
18.予選総合タイム(暫定)
    マシン                                   ドライバー           タイム
 1 #40  タイサン スターカードF40    A・レイド     1'26.369
 2 #39 SARDスープラGT             J・クロスノフ    1'27.157
 3 #100 アドバンポルシェ        土屋圭市           1'27.319
 4 #10 Johnson SKYLINE      飯田章            1'27.593
 5 #2 ZEXELスカイライン         鈴木利男            1'27.760
 6 #1 カルソニック・スカイライン      影山正彦         1'28.153
 12 *12 FKマッシモERC RX7     福嶌稔大           1'31.645

全日本GT選手権

GT-Rd4:GT選手権菅生 予選結果

全日本GT選手権第4戦 -RIJ- (1994-09-10) Qualify-Session
For All Japan GT Championship Rd.4 スポーツランド菅生 : (3.704km)
P No. Driver(s)----------- Car------------------- Best-LapT--Behind -km/h--
1  40 A.レイド/太田哲也  Ferrari F-40            1'26.369         154.389
2  39 J.クロスノフ       Toyota Supra            1'27.157   0.788 152.993
3 100 高橋国光/土屋圭市   Porsche RSR             1'27.319   0.950 152.709
4  10 飯田 章             Nissan Skyline GT-R     1'27.593   1.224 152.231
5   2 鈴木 利男         Nissan Skyline GT-R     1'27.760   1.391 151.942
6   1 影山 正彦           Nissan Skyline GT-R     1'28.153   1.784 151.264
7  24 山路慎一/袖山誠一   Nissan Skyline GT-R     1'28.223   1.854 151.144
8   9 M.マルティニ       Porsche RSR             1'28.451   2.082 150.755
9   3 長谷見昌弘           Nissan Skyline GT-R     1'28.819   2.450 150.130
10  25 石川 朗/影山正美  Nissan Fairlady Z       1'29.880   3.511 148.358
11  14 大井貴之/服部尚貴   Nissan Silvia           1'30.285   3.916 147.692
12  12 川崎哲哉/福嶌稔大  Mazda RX-7              1'31.645   5.276 145.501
13  72 堀米 徹/牧口規雄   BMW M3                  1'32.027   5.658 144.897
14  70 石橋義三/水野文則  Nissan Skyline GT-R     1'32.708   6.339 143.832
15  88 和田孝夫/池沢さとし Lamborghini Countack    1'33.389   7.020 142.783
16  52 新田守男/後藤次利   Porsche Carrera         1'34.719   8.350 140.779
17  29 上原秀郎/小幡 栄  Porsche Carrera         1'35.466   9.097 139.677
18  55 柏原浩一/林 雅弘   Porsche Carrera         1'36.124   9.755 138.721
19  22 須永 剛/水沼克夫   Nissan Skyline GTS      1'38.840  12.471 134.909
20  33 白鳥哲次/早川 篤   Mazda RX-7              1'39.125  12.756 134.521
11 佐野宏明/吉本博雪   Porsche RSR             --------
7 浅井順久             Nissan Skyline GT-R     --------
*****************************************************************************
            提供:JEFF KROSNOFF RACING
           * FMOTOR4_SysOp 新倉芳夫 (SDI00686) *

全日本GT選手権

GT Rd.4 GTインサイドレポート2

'94全日本GT選手権
Rd.4 SUGO                                            Date 9/10
9月10~11日
GT インサイド・レポート             No.  3              for FMOTOR4
5.*72 IPF WAKO'S M3
 このレースからGT2クラスに参戦してきた“牧口エンジニアリング”のM3GT
は、昨日の走行が事実上のシェイクダウンとなった。
 このマシンそのものが昨年までグループAレースを闘っていたマシンであるため、
レーシングマシンとしての基本的な部分は完成されている。しかし39mmのリストリ
クターを組み合わせたGT用エンジンはまったくの新開発であり、30馬力程度はダ
ウンしているらしいが、ドライバーの松田秀士によると『昨年までのエンジンだと
8,000回転以上のピークパワーに達する前の6,000回転以下にあったトルクの
落ち込みが、リストリクターによって上が削られたため気にならなくなって扱いや
すい』という。GT2クラスではトップの最高速を記録していることからも、パフォ
ーマンスは十分なようだ。
6.重いカルソニック・スカイラインがなぜ速い?
 ただでさえ4輪駆動であるために重いカルソニック・スカイラインの速さは、'94
全日本GT選手権が行っている“ウエイトハンデ”の存在さえ危うくしている。特に
50㎏のハンデを背負って闘った第3戦FISCOでの速さには、他のスカイライン
勢も舌を巻くほどのものであった。
 カルソニック・スカイラインはシーズン始めにはオーバーステアの問題を抱え、第
1戦の時にはリアウイングにウイッカー(ウイング後端に付くリップ状のもの)を取
り付けてオーバーステアを解決していた。しかしもちろんこんな余計なものはない方
が良いわけであり、第3戦にはウイッカーを外して高いストレートスピードを維持し
ていたが、オーバーステアもなく、富士スピードウェイ攻略のポイントである最終コ
ーナーでは、思いっきりトラクションをかけて走行していた。
 彼らはスカイラインGTRの特徴である4輪駆動を生かして前後のトルク配分をフ
ロントよりに変更することを考え、見事にオーバーステアを解決することに成功して
いるのである。
 FRスカイラインがデビューしたため、もはや古いと思われがちなGTRでなけれ
ば出来ないセッティング方法である、と同時に努力して開発を行えばウエイトハンデ
を跳ね返すことも出来るということをカルソニック・スカイラインは証明している。
7.#9 acomポルシェ
「作戦? はじめから行くだけだよ! このマシンではそれしかないからね。それと
他のマシンがトラブルで消えるのを祈ることかな。富士ではタイヤ交換なしで走りき
れたけど、ここでは変える可能性がある。今日はそのためのテストもしたんだ。まあ、
セッティングもピッタリだし、ここは富士のようにストレートが長くないからチャン
スはあると思うよ。日曜日が雨だったら? 確かにエンジン・パワーのハンデは少な
くなるけど雨は嫌いだから晴れでやりたいな」マウロ・マルティニ談(金曜日午後)
8.#39 SARDスープラGT
 デフの小トラブルが出て一時はピットに張り付いたもののジェフ・クロスノフが力
走、1分27秒台の好タイムを記録した。「GTRは長い時間をかけて熟成されて来た
マシンだけど、このマシンはつい先日シェイクダウンをしたばかりのニューマシン。
それでも開発はすごいテンポで進んでいて、どんどん良くなっているんだ。今日は3
番目のタイムを記録したよ」ジェフ・クロスノフ談(金曜日午後)。
'94全日本GT選手権
Rd.4 SUGO                                            Date 9/10
9月10~11日
GT インサイド・レポート             No.  4             for FMOTOR4
9.#2鈴木利男のスポーツランドSUGO攻略
 今、日本で最も完成されたドライバーと評価の高い、#2 ZEXELスカイライ
ンを駆る鈴木利男にSUGOの攻略法を聞いた。
 まず、SUGOというコースの攻略ポイントは?
「どのコースでも、クルマでも同じだけど、ストレートでいかに早くトップスピード
を出すかで、タイムが変わってくるんだ。もちろん、SUGOでも同じ。で、SUG
Oでメインストレートのスピードを得るには、最終コーナーをいかにスムーズに脱出
するかということになる。この最終コーナーを攻略するには、その前のSPとハイポ
イントの両コーナーからのライン取りを考えなくてはいけないんだ。だから、ハイポ
イントから最終コーナーを一連に考えて、スムーズに走ることを心がけているよ」
 4WDとFRのスカイラインは、どっちが有利?
「4WDとFRと言っても、クルマの性格を決めるのはドライバーだからね。基本に
変わりはないよ。まあ、FRの方が低速の小さいコーナーを回りやすく、コーナー出
口の加速は4WDが速いっていうのが機構的な面からの特長かな。あと、4WDの方
がタイヤに負担が掛かりにくいね。FRはどうしてもリアタイヤに余計に仕事をさせ
るから。ただ、FRのが車重が軽いというメリットもあるからね。SUGOでは、い
ま言ったとおりにハイポイントからの最終コーナーでどうかということだよね。この
あたりは、スムーズにコントロールしなくてはならないので、4WDの方が不利にな
るだろうな。だから、明日からのレースでは僕にもチャンスがあると思うよ」
10.フェラーリ348チェレンジカップ第2戦開催
 9月21日、スポーツランドSUGOにてフェラーリ348チャレンジカップの2
戦目が行われる。前回のエントリー台数は6台だったが、さらにエントリーは増える
模様。ニューマシンの355のデモンストレーションも予定されている。なお、34
8チェレンジカップは95年より本格的にシリーズ化され、開催される。フェラーリ
正規販売輸入代理店のコーンズがマシンのキットを販売、メンテナンスも受け持つ完
全なワンメイク・レース。日本のフェラーリ・ユーザーが本気で楽しめるレースにな
るだろう。JAFの公認競技として行われる。
11.予選1回目タイム(暫定)
Pos   マシン                                ドライバー            タイム
1 #40  タイサン スターカードF40    A・レイド      1'26.369
2 #39  SARDスープラGT             J・クロスノフ     1'27.157
3 #100 アドバンポルシェ         土屋圭市             1'27.319
4 #2  ZEXELスカイライン           鈴木利男             1'27.760
5 #10 Johnson SKYLINE      飯田章               1'28.151
6 #3  ユニシアジェックススカイライン   長谷見昌弘           1'29.099
11 *12 FKマッシモERC RX7         福嶌稔大             1'32.117

全日本GT選手権

GT Rd.4 GTインサイドレポート1

'94全日本GT選手権
Rd.4 SUGO                                            Date 9/10
9月10~11日
GT インサイド・レポート             No.  1              for FMOTOR4
1.シリーズポイント
#GT1クラス
Pos  No    エントラント          ポイント   Pos ドライバー ポイント
 1 #1  ホシノレーシング     50   1 影山正彦  50
 2 #3  ハセミ・モータースポーツ 36   2 長谷見昌弘 36
 3 #40  TEAM TAISAN   36    3 太田哲也  36
 4 #24  RACING TEAM 中春         33    4 山路慎一   33
 5 #50 TEAM TAISAN    20    5 袖山誠一   33
 6 #9  ACOM RACING TEAM NOVA    12    6 アンソニー.レイド 32
 7 #2  TEAM ZEXEL     12    7 鈴木恵一   24
 8 #14  MOON CRAFT     11    8 近藤真彦   20
 9 #10  Johnson NISMO RACING    11    9 マウロ.マルティニ  12
 10 #5  BLITZ RACING TEAM          4    10 鈴木利男   12
 11 #88  KEN WOLF with TERAI ENG.   3    11 服部尚貴  11
 12 #25 Team Le Mans               2    12 大井貴之   11
 13 #27  ロッソ コンペティション   2    13 飯田章     11
 14 #32 マックストライ レーシング    2    14 山田英二     8
                        15 福山英朗     4
   16 和田孝夫     3
 17 池沢さとし   3
 18 石川朗       2
 19 影山正美     2
 20 古谷直広     2
  No.    マシン                        ハンデウエイト
 #1  カルソニック・スカイライン   70㎏
 #40 タイサン ADVAN F40 30㎏
 #3  ユニシアジェックススカイライン 20㎏
 *GT2クラス
Pos  No    エントラント          ポイント   Pos ドライバー ポイント
 1 *29 KEGANI RACING      55      1 小幡 栄   55
 2 *70 石橋義三         47      2 石橋義三   47
 3 *12 スクーデリア      23      3 上原秀郎   40
 4 *11 吉本博雪        12     4 水野文則   32
 5 *55 東名スポーツ           12      5 林雅弘     24
 6 *33  アムゼレーシングチーム 10      6 川崎哲哉   15
 7 *26 ナックウエスト         10      7 青柳裕易   15
                         8 吉本博雪   12
 9 柏原浩一   12
 10 早川篤     10
 11 黒沢琢弥   10
 12 白鳥哲次   10
 13 杉山正典   10
 14 福嶌捻大     8
  No.    マシン                        ハンデウエイト
 *29 KORG KEGANI ポルシェ         80㎏
 *70 外国屋スカイライン           30kg
 *55  ハヤシスポーツ964         10kg
'94全日本GT選手権
Rd.4 SUGO                                            Date 9/10
9月10~11日
GT インサイド・レポート             No.  2              for FMOTOR4
2.WESTコルベット
 やっと2週間前の鈴鹿1000キロにIMSA仕様のコルベットをデビューさせた
WESTは、その鈴鹿1000キロでデフを壊してしまった。SUGOにもそのコル
ベットで特別参加という形でやってくることをチームでは考えていたが、IMSAで
は航空機用のいわゆる“アブガス”を使っているため、燃料からして日本とは違うこ
ともあって参加を諦めた。WESTでは今週中にもアメリカに渡って、本命モデルで
あるGT仕様コルベットZR-1の開発状況を確認することを考えている。
4.SUGOでの最高速
 金曜日に行われたGTスポーツ走行において、SUGOの最高速をチェックした。
計測はスピードガンを用いて、午前と午後のスポーツ走行時間に行った。計測場所は、
午前がメインストレートエンド(1コーナー手前150m付近)。午後はバックスト
レートエンド(馬の背手前100m付近)。計測者はGTインサイドレポート班。数
字は非公式なもの。
No.    #1  #2  #3  #9  #10 #11 *12 #14
メインストレート(AM)    227    229    233    214    230    213    209   未計測
バックストレート(PM)   228    225    225    217    229    221    214    222
No .   #22 #24 #25 *29 *33 #39 #40 *52
メインストレート(AM)    198    234    221    209    178    231    233    209
バックストレート(PM)   184    221    219    207    193    230    229    214
No.    *55 *70 *72 #88 #100
メインストレート(AM)    206    209    212    217    235
バックストレート(PM)   209    207    217    214    232             単位:km/h
 GT1クラス・トップの最高速を記録したのは、#100 アドバンポルシェの
235km/h(バックストレート)。それに続くのは#40 タイサンスターカードF
40、#39 SARDスープラGT。特に初登場のスープラの速さは驚異的と言え
よう。また、GT2でも初登場の*72 IPF WAKO’S M3がトップスピ
ードを記録している。ポルシェカップカーの3台はほぼ同じ最高速で、マシンのイコ
ールさがうかがえる。

全日本GT選手権

GT選手権Rd.4エントリーリスト

全日本GT選手権 第4戦 SUGO              9/10,11 スポーツランドSUGO
暫定エントリーリスト
                                                       参加 23台
No. Cls  マシン                      車両型式        エンジン型式     排気量(cc)
1st Driver/2ed Driver      チーム          タイヤ
----------------------------------------------------------------------------
1   I   カルソニックスカイライン    BNR32           RB26DETT     2,568+ターボ
影山正彦                    HOSHINO RACING  ブリヂストン
2   I   ZEXELスカイライン           BNR32           RB26DETT     2,568+ターボ
鈴木利男                    TEAM ZEXEL      ブリヂストン
3   I   ユニシアジェックススカイライン BNR32        RB26DETT     2,568+ターボ
長谷見昌弘       ハセミ・モータースポーツ   ブリヂストン
5   I   BLITZ SUPRA                 JZA80           3SG改        2,140+ターボ
Tom Kristensen        BLITZ RACING TEAM     ダンロップ
7   I   柿本改 SKYLINE              BNR32           RB26DETT     2,568+ターボ
浅井順久              カキモトレーシング
9   I   acomポルシェRSR             RSR3.8          M64-04       3,746
Mauro Martini     ACOM RACING TEAM NOVA     ブリヂストン
10   I   Johnson SKYLINE            BNR32           RB26DETT     2,568+ターボ
飯田 章          Johnson NISMO Racing      ダンロップ
11   I   プローバ ポルシェターボ     964             ZYTEK II     3,366+ターボ
吉本博雪/佐野宏明     ハンターレーシングチーム     ヨコハマ
12  II   FKマッシモ ERC RX7          FC3S            13B          654×2×1.4
川崎哲哉/福嶌稔大     株式会社スクーデリア  ダンロップ
14   I   CCIあめんぼうシルビア       PC13            SR20DET      1,998+ターボ
服部尚貴/大井貴之          MOON CRAFT      ブリヂストン
22  II   橋本車体ダンデライオンGTS   R32             RB20DET      1,998+ターボ
水沼克夫/須永 剛     ダンデライオンレーシングチーム     ヨコハマ
24   I   コクピット 館林GT-R         BNR32           RB26DETT     2,568+ターボ
袖山誠一/山路慎一      RACING TEAM 中春    ブリヂストン
25   I   FEDEX 300ZX-LM              Z32             VG30DETT     2,960+ターボ
影山正美/石川 朗          Team Le Mans    ブリヂストン
29  II   KORG KEGANI ポルシェ        964A            M64-03       3,598
小幡 栄/上原秀郎          KEGANI RACING   ブリヂストン
33  II   ミューズオイル ow RX-7      FC3S            13B          654×2×1.4
白鳥哲次/早川 篤       アムゼレーシング   ダンロップ
39   I   SARD スープラGT             JZA80           3SG改        2,140+ターボ
Jeff Krosnoff               株式会社サード   ミシュラン
40   I   タイサン スターカードF40    F40             F120A        2,980+ターボ
太田哲也/Anthony Raid      TEAM TAISAN     ヨコハマ
52   I   インターゲットオオスカポルシェ   964        M64
新田守男/後藤次利     オオスカレーシング   ブリヂストン
55  II   ハヤシ スポーツ 964         964A            M64-03       3,598
林 雅弘/柏原浩一          TOMEI SPORT     ブリヂストン
70  II   欧州車販売の外国屋スカイライン  HR31        RB20DET      1,998+ターボ
石橋義三/水野文則          石橋義三        ヨコハマ
72  II   IPF WAKO'S M3               E30             S14          2,493
牧口規雄/堀米 徹     牧口エンジニアリング   ヨコハマ
88   I   レインX・アート・カウンタック     ZA9C      L507V4       5,167
池沢さとし/和田孝夫     KEN WOLF with TERAI eng.     ヨコハマ
100  I   ADVAN PORSCHE               RSRターボ       M64-50S      3,598+ターボ
高橋国光/土屋圭市          チーム国光      ヨコハマ
GTアソシエイション事務局
GTインサイドレポート班
                       Tomo. Furuya   = MGG01235 =

全日本F3000

F3000 レポート [Rd.6 Fuji] (2)

                  Rd.6 Fuji
               [ FUJI INTER F3000 ]
                  1994.9.4
                    (2)
             《F3000レースレポート》
 ----------------------------------------------------------------------------
 ■ギルバート-スコット 今季、富士2連勝を飾る
 Report/福田 陽一(Yoichi Fukuda)
  前戦の菅生から1カ月以上のインターバルを置いて、9月を迎えてもまるで記録的
 な猛暑の夏が終わっていないぞ、とでも言う様な“熱い”富士にシリーズの舞台が
 戻って来た。その“熱さ”は、レース開始時刻には気温33度、路面温度55度とい
 う値を示す。この季節にしては予想以上に高い路面温度は、シリーズ後半戦のキーポ
 イントとなる重要な戦いに何を問うつもりなのだろうか。
  このところ決勝より“面白い”と評される激戦の予選を制したのは、ギルバート-
 スコットだった。ギルバート-スコットは、シリーズ第2戦の前回の富士で逆転ポー
 ル・トゥ・ウインを成し遂げ富士を得意としている。同じ富士とは言え、前回は全く
 条件の違う気温10度足らずの“寒い”状況だっただけに、単純に比較することはで
 きないが、“熱い”中でも確実にポールを占めてくるあたりは流石と言わざるを得な
 い。そして、その「当然さ」と言わんばかりの落ちつき具合が、いっそう不気味なほ
 ど自信を感じさせた。
  予選でそのギルバート-スコットと同じ1分16秒台のタイムを記録して、後ろか
 ら優勝を狙うのは、服部、黒澤の日本人コンビだ。ともに過去、このシリーズの優勝
 経験があるだけに、ギルバート-スコットを巻き込んだ三つ巴を期待したいところ
 だ。但し、服部には、必ずしも富士を得意としないレイナードという課題がある。特
 に路面温度の高いこの季節が課題とされてきた過去の経緯からマシンの不安は拭えな
 い。マシンの不安という意味では、黒澤とて同じ状況の様だ。前日の予選でモノコッ
 クにまで及ぶクラッシュをおこしており、メカニックが修復を行ったものの、その影
 響がどの程度残っているのかが不安になる。
  予選4番手には、94年型のローラの熟成をここまで“こぎ着けた”マルティニ。
 5番手には、チーバー。6番手には、ツーリングカーでのクラッシュの影響の心配さ
 れる星野と続く。激戦の度合いは7番手から9番手の後方に影山、アピチェラ、サロ
 のトップ選手が埋もれていることでも伺い知ることが出来る。その上、ポールのギル
 バート-スコットと9番手のサロとの予選タイムがたった1秒しか違わないのだ。
  前回の富士同様のポール・トゥ・ウインを狙いたいギルバート-スコットだが、前
 回と同じであってほしく無い点もあったはずだ。ギルバート-スコットは前回の富士
 でスタートに失敗し、23周目に渡ってアピチェラの後塵を拝する苦悩を味わってい
 る。そんなギルバート-スコットの思いを想像するとスタートランプにも一層の緊張
 がある様に思えた。
  シグナル・グリーンに最も素早く反応したのは、やはりポール・ポジションのギル
 バート-スコットだった。ギルバート-スコットは、オープニング・ダッシュを狙っ
 ていた2番手以下をいとも簡単に退け1コーナーまでを完全に制してしまう。
  ギルバート-スコットにつづく服部と黒澤は1コーナーまでに先を争ってサイド・
 バイ・サイドの状況を作りだすが、互いに相手を牽制するあまりギルバート-スコッ
 ト攻略はおろか後方から好スタートを切っていたチーバーに迫られしまう。
  そのチーバー、素晴らしいスタートで上位各車の間を縫って1コーナーを抜けるこ
 ろには、予選5番手の位置からギルバート-スコットに続く2番手へのジャンプ・
 アップを果たす。
  チーバーに先を越された服部、黒澤、マルティニはコーナー毎にその順位を激しく
 争う。まず、服部の前に黒澤が出る。すると、服部がフロント・ロウの意地を見せて
 最終コーナーまでに黒澤を再び追い詰め、ストレートで真横に並びかける。黒澤はこ
 の時なんらかのトラブルに捕らわれたかの様に、服部の先行をあっさり許すと、服部
 の後ろからストレートの加速を掛けていたマルティニにまで並びかけられる。黒澤は
 この周のストレートで服部とマルティニに先を越される。
  続いて、マルティニは黒澤をパスした直後の勢いのまま3番手の服部に襲いかか
 り、その順位を奪いとる。一方、マルティニに抜かれ5番手に落ちていた黒澤は更に
 アピチェラに抜かれ6番手にその順位を下げる。交錯し順位を入れ換えた黒澤とマル
 ティニに天と地の結末が下った感じがする。まさに、波に乗るマルティニと空回りす
 る黒澤を象徴する光景だった。
  スタートを難なく決めた感のあるギルバート-スコットにとって2番手以下のこの
 一連のバトルは願ってもなく好都合だった。この間にギルバート-スコットはグング
 ンと2番手以降を引き離しにかかることが出来た。混乱が一時安定した4周目のオダ
 ーは、ギルバート-スコットを先頭にチーバー、マルティニ、服部、アピチェラ、黒
 澤の順。
  混戦は更に続く。順位が安定してくると、マルティニにギルバート-スコットより
 勢いがあること見えて来たのだ。ギルバート-スコットが1分19秒688というタ
 イムを刻めば、マルティニは1分19秒200の上位で最も速いタイムを記録する。
  こうなると、マルティニにとってひとまずの“マト”は前を行くチーバーになる。
 案の定、マルティニは6周目の最終コーナーの立ち上がりでチーバーを捕らえ真横に
 並んで1コーナーを抑えた。ところが、チーバーはここで意地を見せ、マルティニが
 開けたイン側に飛び込み一旦は奪われたポジションをサントリーコーナーまでに取り
 戻す。まさに意地を見せたチーバーだったが、マルティニ側に優位があることは明ら
 かだった。7周目、マルティニは再びチーバーを1コーナーで先行、今度はしっか
 り、ブロックラインをとり決着をつけた。
  この後、チーバーは集中力を失った様に順位を落として行く。10周目に服部に1
 コーナーで難なくパスされると、12周目には同じ場所でアピチェラに交わされる。
 そして、14周目に6番手にまで順位を上げていたサロがチーバーに追いついた時に
 は、チーバーは先頭グループで最も遅いタイムを記録するまでに至っていた。
  ところが、難なく交わせる筈だったチーバーにサロは思わぬキバを剥かれる。15
 周目の1コーナーでサロがチーバーを先行した途端、サロのマシンは明らかにエンジ
 ンがブローしたと分かる白煙をもうもうと上げる。単なるメカニカルトラブルだった
 のか、ドライバーのミスだったのか。いずれにせよ、後方から上位進出を狙える機会
 だっただけにサロには惜しい結果となった。
  サロのトラブルとは関係なくチーバーの不調は続く。16周目には、8周目に黒澤
 をパスして6番手にまで上がって来ていた星野にパスされ、チーバーは、絶好のス
 タートを生かせないまま後方にその姿を埋もれさせる。
  レース序盤に後方で繰り広げられるこの様な情景とは全く別の次元を戦うのは、
 トップ独走の揺るがないギルバート-スコットだった。12周目にはひとり1分18
 秒台に突入するタイムを叩きだし快調に先を急ぐ。
  レース中盤、ギルバート-スコットは2番手マルティニとの間に3秒から4秒近く
 の優位を築くが、マルティニもこれ以上離されることは無く、ときおり一発の速さを
 披露しギルバート-スコットに必死に食い下がろうとする。
  一方、バトルが激しさを増したのは、3番手争いの方だった。21周目、3番手の
 服部にアピチェラが追いついてきたのだ。急接近したアピチェラは長い富士のスト
 レートで服部に牽制行動を示してから定石どおり1コーナーを奪い取った。ところ
 が、今日の服部は、ここで粘りを見せた。レース序盤のチーバー同様、1コーナーの
 立ち上がりでイン側に滑り込んで、サントリーコーナーまでに再びポジションを奪い
 返したのだ。服部に逆襲を食らったアピチェラは、23周目に再び攻勢を仕掛ける
 が、服部はここでも粘りを見せアピチェラを辛うじて退ける。
  そして、激しい3番手争いは30周目に意外な決着を見る。実は観客が服部とアピ
 チェラの激しい争いに、目を取られている隙に、5番手に順位を上げていた星野が1
 分18秒台の速いペースでこの2台に追いついて来ていたのだ。そして、この周に服
 部を追うアピチェラをパスしてまったのだ。ツーリングカーでのアクシデントの影響
 を心配されていた星野がこれで、4番手をゲットする。
  レース終盤、4番手を得てアピチェラに代わり服部を追う立場となった星野は33
 周目に服部との間隔を徐々に詰めはじめるが、35周目に服部が1分18秒874と
 いう、これまでのファステスト・ラップを叩きだして逃げ始めると、その間隔は逆に
 開き始めてしまう。服部のそのスパートを確認したかの様に、アピチェラが動きだ
 す。アピチェラは37周目に星野を1コーナーでパスし4番手を取り戻すと、ギル
 バート-スコット、マルティニ、服部の上位3台が行っている1分18秒台のタイム
 アップ争いに参加。38周目には、服部のそれまでのファステスト・ラップを更新し
 てくる。
  のこり数周、独走のギルバート-スコット、それを追うマルティニ、表彰台を狙う
 アピチェラがそれぞれの力の限界で疾走するが、結局、ポジションの変動は起こらぬ
 ままレースは幕を閉じる。
  レースが終わって、表彰台の中央にギルバート-スコットが立つ。本当に文句のつ
 けようが無い完全勝利だった。これは、彼が信頼するチームとともに登りつめた芸術
 の様にすら思えた。あまりの独走にレースの盛り上がりがいま一つ感じられないとう
 副産物を生み出すほどだった。
  2位には、マルティニが入った。マルティニがここまで上がって来るとは正直言っ
 て想像もしなかった。もともと力のあるドライバーなので、彼の実力に見合ったクル
 マがやっと出来てきたのだろう。長いインターバルの中で多くの課題を消化してきた
 チームの成果が現れて来たというところか。シャーシが出来れば、エンジンの優位を
 プラスして、恐い存在になるかも知れない。
  3位に入った服部は、本当に我慢のレースをした。次々やって来る追撃者を退けな
 がら、何とか3位を守り切ったというレースだった。それは、それで十分評価に値す
 るし、恐らく完璧でないマシンでのアピチェラとの攻防など流石と思わせるものだっ
 た。ただ、ひとつ気になったのは、このところ、彼のレースは余りにも“後ろ向き”
 の様な気がしてならない。彼ほどの人がまさか「3位を目指してレースをしている」
 のでは決してない筈だ。体制の整備を早めに整えて、ボク達に“攻撃的な守り”を見
 せてくれる事を期待してやまない。
  4位には意外に苦戦したアピチェラが、5位には「むずかしいね」と控えめのコメ
 ントをしていた“是ぞベテラン”という渋い走りを見せてくれた星野が、6位には、
 まさに“空回り”した感のある黒澤が入った。
  再び「高速の富士」と「テクニカルの鈴鹿」という2つの舞台にシリーズが戻って
 来た。さて、この先、誰が主導権を握るのか。舞台は10月の鈴鹿に移る。
  ひとまず、今日、秋の雰囲気の漂う“熱い”富士の1戦は終わった。
 ----------------------------------------------------------------------------
 ☆ 文中に使用しました周回数やタイムには、計時モニターに表示されたものを目視
  にて読み取りしたものが含まれておりますので、必ずしも公式の記録及び結果とは
  一致しない旨ご承知置きください。
 ----------------------------------------------------------------------------
 《次回レポートの予定》
   Rd.7 Suzuka  [ MILLION CARD CUP RACE Round3 SUZUKA ] 1994.10.2
   次回は、第7戦の模様を鈴鹿サーキットからお送りする予定です。
 ----------------------------------------------------------------------------
                        レポート/福田 陽一(NBG01300)

全日本F3000

F3000 レポート [Rd.6 Fuji] (1)

                  Rd.6 Fuji
               [ FUJI INTER F3000 ]
                  1994.9.4
                    (1)
               《サーキットの情景》
 ----------------------------------------------------------------------------
 ■静かなる自信
 Text/福田 陽一(Yoichi Fukuda)
  勝ったのは、ギルバート-スコットだった。本当に危なげ無い完璧な走りだった。
  スコットと言えば、シリーズ第2戦として行われた前回の富士で見事なポール・ト
 ゥ・ウインを成し遂げたのが記憶に新しい。今回も同じ富士とは言え、前回とは全く
 条件の違う“熱い”天候になった。まずは、予選。1秒に9人が入り乱れる激戦の予
 選を“難なく”制したのは、やはり彼だった。そして、決勝。ジクナルが変わると、
 彼は“難なく”ポール・トゥ・ウインを勝ち取った。
  いま、思い出される彼の表情がある。ポール・トゥ・ウインを成し遂げた前回の富
 士でスタートを待つ彼の表情である。その時、彼は開幕戦の失敗を繰り返してはなら
 ないと緊張しているはずだった。ところが、彼の顔はその日の天候の様に“静か”
 だった。自信さえ伺わせるものだった。考え過ぎなのかも知れない。特に、表情に出
 さないのが彼の普段の姿なのかも知れないのだ。しかし、あの静かにスタートを待つ
 姿が妙に不気味に思えてしまった。
  「とても、落ちついていますね」今日、彼のスタート前の表情を伝えるレポートを
 聞いて、その時の彼の顔を思い出さずにはいられなかった。
  誰一人として、彼の“静かなる自信”に立ち向かえなかったことに、ボクは幾ばく
 かの不安を覚えてしまう。この後レースは鈴鹿に舞台を移すが、彼は決して鈴鹿でも
 遅くはない。その上、この富士での2戦も残している。
  ギルバート-スコットは、いま静かにシリーズ第2位で第6戦を終える。
 ----------------------------------------------------------------------------
 ☆ 詳しいレースの模様は、 (2)《F3000レースレポート》をご覧ください。
 ----------------------------------------------------------------------------
                           文/福田 陽一(NBG01300)

全日本F3000

F3000 Rd.6 トップ3のコメント

全日本F3000選手権第6戦 富士
決勝 取材メモから
優勝 20 アンドリュー・ギルバートスコット(予選:1位)
予選の1回目は、燃料系のトラブルでまったく走れなかったが、
2回目はそんなハンデも感じさせずに、終始1,2番手のタイム。
そして、ラスト2分にトップタイムを出してポールに。
決勝は一度もトップを譲ることもなく、まったく危なげもなかった。
「スタートは、とても上手くいった。いいレースができたよ。
ミカがAコーナーでオイルを播いたために、そこが滑りやすかったのが
ちょっと恐かったくらい。
勝てて本当に嬉しいし、いいレースだった。いいマシンを作ってくれた
チームのみんなに感謝したい」
「いいレースだった」が何度も出てくるほど、アンドリューにとっては
絶好調なレースだったようだ。英国紳士らしい、はしゃぐでもない
、さめているでもない、さわやかな笑顔が印象的だった。
2位 9 マウロ・マルティニ(予選:4位)
予選1回目ではエンジンの調子が悪く、
2回目には急遽載せ替えたエンジンで挑み4位。
レースは2列目からスタートダッシュを決めて、
服部、チーバーを征して、7周目には2位に上がるものの
トップのアンドリューを脅かすことは、まったくない状態だった。
「予選2回目の載せ替えたエンジンは、前の以上にフィーリングが
良くなかった。それに、タイヤを温めてる間に、コースが混んできて
アタックのタイミングが悪かった。でも、富士で2列目は悪くないから
決勝では行けると思っていた。
で、本当にチームのみんなが頑張って、マシンを一晩でいい状態にしてくれた。
午前のプラクティスでトップタイムが出せたし、自信が戻ったんだ。
スタートも良かったし、序盤でうまく前に出れた。
マシンも良かったけど、僕以上にアンドリューは良かった。
決して悪いレースではなかった。彼が良かったんだよ」
表情はちょっと堅め。言葉と裏腹に明らかに2位では満足でない
という印象を受けた。
記者からの「HONDAのエンジンはどう?」という問いには、
明らかに言葉を濁していた。
「鈴鹿での勝算は?」と聞かれると、
服部に向かって「エンジンを取り替えようか」とポロッと一言。
3位 24服部 尚貴(予選:2位)
予選ではアンダーステアに悩まされた。そのため1回目はセッティング出しに
終始。2回目の終盤に果敢にアタック。終了4分前にトップに立ったが、
直後の1コーナーでスピン。結局、アンドリューに逆転を許した。
決勝の朝のフリーでもアンダーに悩み、決勝直前にデフを一気に
弱くするというギャンブルを。結局、これが当たった格好に。
しかし、ラップタイムは安定しおらず、苦労のドライブがうかがえた。
記者会見で、2人の外国人の英語でのインタビューに続いての開口一番、
「あー、とでぃ、いず、なんたらかんたら・・・」
とひらがな英語を発し、ギャグで会場の笑いをしっかり取る役者ぶり。
「アンダーが強くて、マシンのセッティングに悩みました。
一発の速さはあるんですけど、バランスが良くないんです。
テストでも予選でも、全然ダメでもう諦めてたんです。
で、決勝前にデフを替えるという賭けをしました。
ぶっつけ本番のわりには、上手くいったわけです。
まあ、でも本当に上手くいったほどではなかったんですが」
スタート後の1コーナーでアウトから来た
黒澤を押し出す格好になったことに関しての質問には
「スタートで琢弥さんが来てるのは、分かってたんですけど、
インからだとばっかり思ってたんで、右のミラーばっか見てたんです。
『あれ来ないな?』と思ったら左(外側)にいた(笑)。
後であやまんなきゃいけないかなぁ」
鈴鹿での勝算はと聞かれると
「隣の2人が休むことです」ときっぱり
番外
5位 1 星野一義(予選:6位)
チャンプ星野にとっては何と今季初入賞。
しかし、この2ポイントは本当に価値あるモノだろう。
21日の筑波でのツーリングカーでのクラッシュは、骨折こそ免れたものの
決してレースの出来る状態とはいえなかったようだ。
特にF3000の強烈なGは、星野のあばら骨、脇腹に痛烈な痛みを
プレゼントしているようだ。チーム関係者は、
「(レースに)出なくても誰も文句は言わない」と言う。
しかし、星野は記者達の体に対する質問を一切拒否。
「マシンは、今期最高のできだよ。足回りを93タイプから92のにしたら良くなった。
からだ? 大丈夫。前の美祢の時よりいいさ」の一点張り。
レース後、
「マシンは本当に良かった。4位は間違いなかったはず。なのに5位なのは
ドライバーがいけないんだ。マシンは煮詰まってきたよ」と星野。
「脇腹にきつく締めた包帯で、レース途中から息が苦しくなったので、
ストレートではヘルメットのバイザー上げて、少しでも呼吸を楽にしよう
としていたらしい」と関係者は語った。
このコメントは、トップ3記者会見の会話を中心に、
チームリリースと古屋が拾った話を加え、再編したものです。
9月4日
富士スピードウェイにて取材
古屋 知幸 = MGG01235 =

全日本F3000

鈴鹿F3000に若手F3選手3人が挑戦!

SUZUKA CIRCUIT NEWS
全日本F3000選手権シリーズ第7戦
ミリオンカードカップレースラウンド3鈴鹿
  元F1ドライバー中嶋悟氏の提案で
  ================
    3人の有望な若手F3ドライバーがF3000に挑戦!!
      ==========================
 来たる10月1日(土)、2日(日)に鈴鹿サーキットで行なわれる全日本
F3000選手権シリーズ第7戦「ミリオンカードカップレースラウンド3鈴
鹿」で話題の選手がデビューする。これは、元F1ドライバーの中嶋悟氏の提
案で、将来を担う若手ドライバーの育成を目的に、若手F3ドライバーがF3
000にスポット参戦することとなった。
 ノバエンジニアリング、中嶋企画、チームルマン並びにブリヂストンの協力
により実現したこの企画、ノバエンジニアリングからは中野信治選手(23)、
中嶋企画からは高木虎之介選手(20)、そしてチームルマンからは影山正美
選手(27)がそれぞれ出場する。
 中野選手は、’90年にカートからF3に、1年間の海外留学(フランス、
フォーミュラ・ボクソール)を経て、’92年からはF3000にデビュー。
3人の中では唯一F3000参戦経験を持つ。’93年からF3に戻り、今年
の第2戦では念願の初優勝を果たすなど、表彰台の常連として大活躍している。
 高木選手は、’90年の全日本カートA2チャンピオン、’91年に全日本
カートFAシリーズ3位、’92年にフォーミュラ・トヨタでレースデビュー。
’93年にはF3にステップアップし、’94年には表彰台をゲットするなど
トントン拍子で駆け上がってきた。まさにレース界のシンデレラボーイである。
 影山正美選手は、’87年にフレッシュマン・レースでレースデビュー。’
90年にはフォーミュラ・トヨタの初代チャンピオンとなる。F3では常に上
位を争い、その実力は関係者として活躍している。また、実兄の影山正彦選手
も中嶋企画のエースドライバーとして活躍しており、今回、日本トップフォー
ミュラ初の兄弟対決が見られるとあって、その興味はつきない。
 これからの日本モータースポーツ界を担う若手ドライバーがF3000の強
豪にまじって、どのような戦いをするのか、その活躍が大いに期待される。
   全日本F3000選手権シリーズも終盤戦を迎え、
   =======================
      チャンピオン争いもますます激化
      ===============
 全10戦で争われている全日本F3000選手権シリーズも終盤戦を迎え、
チャンピオン争いが激化してきた。6戦を終了してトップはM.アピチェラの
31ポイント、つづいてA-G.スコットが1点差の30点で追い、以下、R.
チーバー、M.マルティニ、黒澤琢弥、服部尚貴と続く。
 外国人勢優位の状況は依然かわらないが、昨年同様有効ポイント制(10戦
中7戦が有効)で争われるため、黒澤、服部の両日本選手にも十分チャンピオ
ンの可能性があり、両選手の走りに注目したい。
  資料提供:鈴鹿サーキット

全日本F3000

F3000 速報   [Rd.6 Fuji]

                  Rd.6 Fuji
               [ FUJI INTER F3000 ]
                  1994.9.4
             《F3000速報レポート》
 ----------------------------------------------------------------------------
 ■ギルバート-スコット 今季、富士2連勝を飾る
 Report/福田 陽一(Yoichi Fukuda)
  1994年全日本フォーミュラ3000選手権シリーズの第6戦「富士インター
 F3000」の決勝は、9月4日、静岡県の富士スピードウエイで行われ、ポールポ
 ジションから危なげ無いスタートを決めたアンドリュー・ギルバート-スコット(
 ローラT93-50/無限)が、終始レースをリードし、今季2勝目を飾った。
  ギルバート-スコットは、同じ富士スピードウエイで4月に行われたシリーズ第2
 戦にも優勝しており、これで今季は富士では負けなしの連勝となった。
  2位にはマウロ・マルティニ(ローラT94-50/無限)が、3位には日本人最
 上位の服部尚貴(レイナード94D/無限)が滑り込んだ。
  マルティニはレース終盤まで諦めること無く、優勝したギルバート-スコットを追
 い詰めようと力走したが、追いつけなかった。一方、服部は、予選2番手の好位置か
 らスタートしたが、マシンの状態が思わしくなかったのか、3位を死守しするのが精
 一杯で、このところ、彼の定番となった「我慢のレース」を戦うことになった。
  前回の菅生で初優勝を果している黒澤琢弥(ローラT93-50/無限)は、予選
 でクラッシュに遇ったものの、服部に続く3番手を獲得し期待されたが、序盤の先陣
 争から脱落してしまい、終盤はクラッシュの影響からか走りに精彩を欠き6位に終わ
 った。
  4位と5位には、それぞれ予選8番手と6番手の後方からスタートしたマルコ・ア
 ピチェラ(童夢F104/無限)と星野一義(ローラT93-50/無限)が入り、
 ベテランらしい味を見せた。
  予選5番手スタートのロス・チーバー(レイナード94D/無限)は、スタートこ
 そ上手く上位に食い込んだものの、マシン・セッティングに問題があるのか、思うよ
 うにペースが上がらず、ズルズル順位を落とし7位に終わった。
 ----------------------------------------------------------------------------
 ☆ 詳しいレースの模様は、後ほど『F3000 レポート』でお伝えします。
 ----------------------------------------------------------------------------
                             福田 陽一(NBG01300)

全日本F3000

F3000 Rd.6決勝コスモオイルRTレポート

COSMO OIL RACING TEAM CERUMO
'94全日本F3000選手権第6戦 決勝
苦しいレースで貴重な1ポイントを獲得
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
1994年9月4日 富士スピードウェイ
観客:37,500人 天気:晴れ
コース:ドライ 気温:33゚C 路面:55゚C
 1994年全日本F3000選手権第6戦の決勝レースが9月4日、富士スピードウェイで
開催された。COSMO OIL RACING TEAM CERUMOのドライバー、黒澤琢弥は予選3位から
スタートしたが、マシンのトップスピード不足からか序盤で順位を下げ、後半追い上
げたものの6位に入賞するにとどまった。この入賞で黒澤は、シリーズポイントを17
とし、ランキング5位となった。
■モーニング・プラクティス(10:40~11:10)
昨日までのはっきりしない天気は一転し、夏に戻ったような厳しい日差しが降り注ぎ、
気温も30度近くになった。黒澤は走行時間開始とともにコースインし、チェックのた
め2周で一度ピットイン。マシンのチェックの後、すぐにコースに戻った。そして、
4周目に1分19秒264を出すと、黒澤はコンスタントに19秒台前半を刻んでいく。14
周目に1分18秒982のこのセッションの自己ベストを記録。その後も19秒台を連発し、
21周と誰よりも多い周回を走った。
■決勝レース(14:15~/45周)
決勝グリッド2列目からスタートした黒澤は、直後の1コーナーで前を行くマシンを
アウトから抜こうとしたが、逆に1コーナーで押し出される形になってしまい、4番
手に下がってしまった。ストレートでのマシンは見るからにトップスピードが不足し
ていた。このため黒澤は思うようにタイムが上げることができず、一時は8番手にま
で順位を落とした。しかし、黒澤は徐々に順位を挽回し、20周目には6番手へとカム
バック。40周を過ぎてからはラップタイムを18秒台へと上げて追い上げたが、時すで
に遅くこれ以上の挽回は無理だった。結局、黒澤は6位でゴールし、シリーズポイン
トを1つ追加した。
◆黒澤琢弥選手のコメント
スタートはまずまずでした。勝負を賭けて1コーナーで服部君のアウトから仕掛けた
んですが、彼の方がタイヤ1つ分前に出たので、あきらめました。その隙をアピチェ
ラ選手に突かれてしまいました。マシンはトップスピードが十分でなく、ストレート
ではとてもつらい状態でした。後半にはリアタイヤも痛み、とても納得できるレース
ではありませんでした。しかし、この状態でも1ポイントを獲得できたのは幸いです。
次の鈴鹿では、今回の分も取り返す走りをしたいと思います。
◆チーム監督のコメント
マシンのスピードがなかったのはエンジンパワー不足だと思いますが、詳しいことは
ガレージに帰り究明します。シーズン終盤に向け、このような状態で1ポイントを獲
得したことが重要なレースでした。今後のテストでT94モディファイを試し、良好なら
次戦の鈴鹿より投入し、チャンピオン獲得に向け全力を尽くします。
●記 録
No.11 黒澤 琢弥  コスモオイル ローラT93 無限 BS
決勝:6位/45周 タイム:59'49.960 ベストラップ:1'18.893/42周

全日本F3000

FUJI INTER F3000 正式結果

*******************************************************************************
*                                        Fuji International Speedway(4.470km) *
*                            FUJI  INTER                             *
*                         F3000 レース正式結果表                         *
* 1994.09.04    天候 : 晴れ       コース状況 : ドライ         SEIKO TIMING *
*******************************************************************************
位車番ドライバー          車      名                    周回   所要時間    km/h
-------------------------------------------------------------------------------
1 20 ANDREW G-SCOTT (GB) STP-LOLA  MCS       45   59'29.384 202.611
2  9 MAURO MARTINI   (I) acom  LOLA  T94     45   59'33.785 202.362
3 24 服部 尚貴       (J) レイナ-ド  94D             45   59'37.999 202.123
4  8 MARCO APICELLA  (I) トライダンロップ童夢F104   45   59'39.778 202.023
5  1 星野 一義       (J) NISSEKI  LOLAT93 45   59'43.233 201.828
6 11 黒澤 琢弥       (J) コスモオイルロ-ラT93ムゲン 45   59'49.960 201.450
7 25 ROSS CHEEVER  (USA) ユニマット  レイナ-ド  94D 45   59'54.554 201.192
8  7 高橋 国光       (J) ADVAN  ロ-ラ  MF308 45   59'57.666 201.018
9 27 TOM KRISTENSEN (DK) ALEXEL  94D           45 1:00'14.052 200.107
10 18 T.DANIELSSON    (S) 5ZIGEN  LOLA  T94 45 1:00'15.351 200.035
11 15 桧井 保孝       (J) PIAA  REYNARD94D 45 1:00'16.825 199.953
12  6 光貞 秀俊       (J) トライダンロップ童夢F104   45 1:00'21.178 199.713
----------------------------- *** 以上 完走 *** -------------------------------
16 影山 正彦       (J) PIAA  REYNARD94D 32
33 清水 正智       (J) カストロ-ル  レイナ-ド       29
5 中谷 明彦       (J) SSR  メイテック  DLロ-ラ 26
3 金石 勝智       (J) CABIN  T93  Judd   22
17 MIKA SALO      (SF) 5ZIGEN  LOLA  T93 14
-------------------------------------------------------------------------------
スタート  14:19'26     フィニッシュ  15:18'55.384
参加台数 : 17 台    出走台数 : 17 台    完走台数 : 12 台
ベストタイム  No. 8 ( MARCO APICELLA )   1'18.470  42/45  205.072 km/h
-------------------------------------------------------------------------------
☆☆☆ 提供 : Fuji International Speedway ☆☆☆

全日本F3000

F3000 Rd.6予選コスモオイルRTレポート

COSMO OIL RACING TEAM CERUMO
'94全日本F3000選手権第6戦 予選
クラッシュを克服し予選3位を獲得
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
1994年9月3日 富士スピードウェイ
天気(午前/午後):曇/曇
気温(午前/午後):26゚C/26゚C
 前戦の菅生から5週間のインターバルを終え、全日本F3000選手権第6戦の予選が
9月3日、富士スピードウェイで開催された。菅生では見事な初優勝を飾ったCOSMO
OIL RACING TEAM CERUMOのドライバー、黒澤琢弥だが、予選1回目にコースアウト。
マシンにはかなりのダメージがあったが、メカニックの懸命な修復により予選2回目
に間に合った。黒澤もこれに応えて力走を展開し、午前のタイムを更新して予選3位
を獲得した。これにより、黒澤は4日の決勝レースを2列目からスタートすることと
なった。
■予選1回目(10:05~10:45)
心配された雨も降らず、コースコンディションはドライ。黒澤は予選開始5分後に一
度コースイン。マシンとコースの状況を確認するため1周した。13分過ぎに最初のタ
イムアタックを行い、この時点でただ一人の17秒台となる1分17秒796を記録。そし
て、次の周回も引き続きアタックを行ったが、ヘアピンの入り口で右フロントブレー
キが急にロックし、マシンはそのままヘアピンの入り口外側のウオールにヒット。フ
ロント部分にかなりのダメージを負ってしまった。結局、黒澤はこのまま予選を終了
した。
■予選2回目(14:45~15:25)
マシンの損傷はモノコック部分にも及んでおり、チームは一端ガレージにマシンを持
ち込み懸命の修理を行った。これにより予選に20分ほどくい込んだものの、黒澤をコー
スに復帰させることが出来た。1周の確認走行の後、ニュータイヤに交換して、黒澤
はすぐにタイムアタックに入った。そして、チェッカーの直後に1分16秒982を叩き
だして3番手となった。このタイムで黒澤は予選総合3位となった。
◆黒澤琢弥選手のコメント
マシンはおおむねいい感じでした。クラッシュした時は、右前タイヤだけロックして、
ヘアピンを飛び出してしまいました。かなりのダメージだったのですが、メカニック
がすごくいい仕事をしてくれたと思います。修復後のマシンは特に問題は無く、彼ら
の仕事を信じていたので思い切ってアタックしました。もちろんポールを狙っていた
ので、この結果は悔しいものですが、2列目からなら十分勝つチャンスはあるので、
今度は1番上を獲得します。
◆チーム監督のコメント
午前のクラッシュは、ブレーキのバランスに問題があったのだと思います。ダメージ
はサスだけでなくモノコックにもあったので、午後には間に合わないかと思いました
が、メカニック達ががんばってくれました。ドライバーもあの少ない時間を考えると、
最高の仕事だと思います。決勝は、2列目スタートですし、事前テストも上手くいっ
たので、きっといい結果になると思います。
●予選結果
No.11 黒澤 琢弥  コスモオイル ローラT93 無限 BS
予選1回目:1'17.769(5位) 予選2回目:1'16.982(3位)
予選総合3位  決勝スタート:2列目の3番グリッド

全日本F3000

FUJI INTER F3000 予選結果

*******************************************************************************
*                                      Fuji International Speedway(4.47000km) *
*                        FUJI INTER F3000                                     *
*                        F3000 公式予選正式結果表                        *
* 1994.09.03    天候 : 晴れ       コース状況 : ドライ         SEIKO TIMING *
*******************************************************************************
位車番ドライバー           車     名                      ベストラップ 周  km/h
-------------------------------------------------------------------------------
1 20 ANDREW G-SCOTT  (GB) STP-LOLA  MCS       1'16.681 17 209.856
2 24 服部 尚貴        (J) レイナ-ド  94D             1'16.949 32 209.126
3 11 黒澤 琢弥        (J) コスモオイルロ-ラT93ムゲン 1'16.982 13 209.036
4  9 MAURO MARTINI    (I) acom  LOLA  T94     1'17.011 28 208.957
5 25 ROSS CHEEVER   (USA) ユニマット  レイナ-ド  94D 1'17.087 30 208.751
6  1 星野 一義        (J) NISSEKI  LOLAT93 1'17.234 34 208.354
7 16 影山 正彦        (J) PIAA  REYNARD94D 1'17.322 22 208.117
8  8 MARCO APICELLA   (I) トライダンロップ童夢F104   1'17.341 28 208.066
9 17 MIKA SALO       (SF) 5ZIGEN  LOLA  T93 1'17.535 32 207.545
10 15 桧井 保孝        (J) PIAA  REYNARD94D 1'18.072 39 206.117
11  3 金石 勝智        (J) CABIN  T93  Judd   1'18.105 25 206.030
12  6 光貞 秀俊        (J) トライダンロップ童夢F104   1'18.189 35 205.809
13 27 TOM KRISTENSEN  (DK) ALEXEL  94D           1'18.331 32 205.436
14  7 高橋 国光        (J) ADVAN  ロ-ラ  MF308 1'18.526 31 204.926
15 18 T.DANIELSSON     (S) 5ZIGEN  LOLA  T94 1'18.646  6 204.613
16  5 中谷 明彦        (J) SSR  メイテック  DLロ-ラ 1'18.784 25 204.255
17 33 清水 正智        (J) カストロ-ル  レイナ-ド       1'21.385 28 197.727
-------------------------------------------------------------------------------
予選通過基準タイム ( 110% ) 1'24.558
-------------------------------------------------------------------------------
☆☆☆ 提供 : Fuji International Speedway ☆☆☆

検索

最新ニュース