Archives

  • [—]2017 (541)
  • [+]2016 (639)
  • [+]2015 (714)
  • [+]2014 (655)
  • [+]2013 (623)
  • [+]2012 (621)
  • [+]2011 (484)
  • [+]2010 (554)
  • [+]2009 (522)
  • [+]2008 (467)
  • [+]2007 (596)
  • [+]2006 (530)
  • [+]2005 (460)
  • [+]2004 (304)
  • [+]2003 (454)
  • [+]2002 (454)
  • [+]2001 (217)
  • [+]2000 (408)
  • [+]1999 (376)
  • [+]1998 (465)
  • [+]1997 (424)
  • [+]1996 (1)
  • [+]1995 (425)
  • [+]1994 (411)
  • [+]1993 (423)
  • [+]1992 (519)
  • [+]1991 (423)
  • [+]1990 (250)
  • [+]1970 (1)

ニュース内検索

1994年6月

N1耐久シリーズ

N1:N1耐久TI英田 レース結果

N1耐久シリーズ第5戦 -RIJ- (1994-06-26) Official Race Results
For N1 Endurance Series Rd.5 TIサーキット英田:(3.702km)
P No. Driver(s)---------------- Car-------------- Lap GoalTime--- -km/h--
1  11 村松 康生/和田  久  Nissan BNR32       82 2:26'32.957 124.285
2  27 都平 健二/河合 博之    Nissan BNR32       82 2:26'43.563 124.135
3   2 竹内 浩典/影山 正美  Nissan BNR32       82 2:27'55.489 123.129
4  62 横島  久/渡辺  明    Honda EG6          80   -   2Laps
5   6 榎本 広行/小林 正吾  BMW   E36          79   -   3Laps
6  52 西垣内正義/小林 敬一  Honda EG6          79   -   3Laps
7  36 芥川 泰正/佐藤 浩二  Honda BB4          79   -   3Laps
8  74 道上  龍/奥田  敦  Honda EG6          79   -   3Laps
9  87 羽根 幸浩/萩原  修  Mitsubishi CA4A    78   -   4Laps
10  57 山内 伸弥/瀬在 仁志    Honda EG6          78   -   4Laps
11   5 浅見  武/玉本 秀幸  BMW   E30          78   -   4Laps
12  63 渋谷  勉/佐々木秀六  Honda EG6          78   -   4Laps
13  83 佐藤 清治/佐藤  淳    Honda EG6          78   -   4Laps
14  54 木下 正治/田中  実  Honda EG6          78   -   4Laps
15  71 近藤 澄男/前嶋 秀司    Honda EG6          78   -   4Laps
16  18 伊藤 隆文/新宅 文亮    Mazda FA3S         77   -   5Laps
17  91 河合 隆之/井入 宏之    Honda EG6          77   -   5Laps
18  99 浦吉  浩/藤田 博久    Honda EG6          77   -   5Laps
19  13 高村 一明/奥貫  直  Toyota JZA80       77   -   5Laps
20  30 小川日出生/細野 智行    Mitsubishi         76   -   6Laps
21  80 前嶋  晃/中村 晴久    Honda EG6          76   -   6Laps
22  82 中谷 誠志/高木 雅宏    Honda EG6          76   -   6Laps
23 104 坂巻 胤  /中田 雅久    Suzuki AA34S       75   -   7Laps
24 111 千葉 達也/中村  真    Suzuki AA34S       75   -   7Laps
25 134 倉迫 幸生/柴藤 昌之  Suzuki AA34S       74   -   8Laps
26 138 三好 孝志/斯波  隆  Suzuki AA34S       74   -   8Laps
27  88 橋本 道彦/大森 章光    Honda EG6          72   -  10Laps
28  67 竹中 正信/見並 秀文  Honda EG6          72   -  10Laps
29 102 高橋 靖彦/小泉 淳一  Suzuki AA34S       70   -  12Laps
30 106 宮前 清人/奥山 高志    Suzuki AA34S       68   -  14Laps
31 135 河野 一寛/吉岡 憲二    Suzuki AA34S       67   -  15Laps
32  66 木村  博/辻  孝寿  Honda EG6          65   -  17Laps
-------------------------------- DNC -------------------------------------
23 砂子 智彦/木下 隆之  Nissan BNR32       76   -   6Laps
100 雄城 宏章/雄城 祐二    Honda GA2          71   -  11Laps
70 山岸  豪/駒  光武  Honda EG6          68   -  14Laps
1 原  貴彦/桂  伸一  Nissan BNR32       36   -  46Laps
69 市条 友明/小東 明貫  Honda EG6          34   -  48Laps
60 萬雲 恒明/木下 雅嗣  Mitsubishi CA4A    26   -  56Laps
17 片山 義美/木下 みつひろMazda FD3S         20   -  62Laps
53 鈴木 恵一/赤尾 文夫    Honda EG6          17   -  65Laps
95 岡田 秀樹/吉田 寿博    Honda EG6          --
**************************************************************************
* No.95は失格
           提供:チーム・レッツオ
        * FMOTOR4_SysOp 新倉芳夫 (SDI00686) *

N1耐久シリーズ

N1:N1耐久TI英田 予選結果

N1耐久シリーズ第5戦 -RIJ- (1994-06-25) Qualify-Session
For N1 Endurance Series Rd.5 TIサーキット英田:(3.702km)
P. No.Driver(s)---------------- Car-------------- Best-LapT -Behind -km/h--
1   2 竹内 浩典/影山 正美  Nissan BNR32      R1'41.445         131.374
2  11 村松 康生/和田  久  Nissan BNR32       1'41.918   0.473 130.764
3  27 都平 健二/河合 博之    Nissan BNR32       1'42.202   0.757 130.401
4   1 原  貴彦/桂  伸一  Nissan BNR32       1'42.339   0.894 130.226
5  17 片山 義美/木下 みつひろMazda FD3S         1'43.842   2.397 128.341
6  23 砂子 智彦/木下 隆之  Nissan BNR32       1'44.581   3.136 127.434
7   5 浅見  武/玉本 秀幸  BMW   E30          1'45.363   3.918 126.488
8  30 小川日出生/細野 智行    Mitsubishi         1'45.824   4.379 125.937
9   6 榎本 広行/小林 正吾  BMW   E36          1'46.769   5.324 124.823
10  62 横島  久/渡辺  明    Honda EG6          1'46.794   5.349 124.794
11  13 高村 一明/奥貫  直  Toyota JZA80       1'47.204   5.759 124.316
12  95 岡田 秀樹/吉田 寿博    Honda EG6          1'47.359   5.914 124.137
13  18 伊藤 隆文/新宅 文亮    Mazda FA3S         1'47.546   6.101 123.921
14  52 西垣内正義/小林 敬一  Honda EG6          1'47.855   6.410 123.566
15  69 市条 友明/小東 明貫  Honda EG6          1'47.976   6.531 123.427
16  36 芥川 泰正/佐藤 浩二  Honda BB4          1'48.101   6.656 123.285
17  53 鈴木 恵一/赤尾 文夫    Honda EG6          1'48.326   6.881 123.029
18  87 羽根 幸浩/萩原  修  Mitsubishi CA4A    1'48.632   7.187 122.682
19  57 山内 伸弥/瀬在 仁志    Honda EG6          1'48.733   7.288 122.568
20  54 木下 正治/田中  実  Honda EG6          1'48.934   7.489 122.342
21  63 渋谷  勉/佐々木秀六  Honda EG6          1'49.111   7.666 122.144
22  74 道上  龍/奥田  敦  Honda EG6          1'49.523   8.078 121.684
23  99 浦吉  浩/藤田 博久    Honda EG6          1'49.566   8.121 121.636
24  91 河合 隆之/井入 宏之    Honda EG6          1'49.820   8.375 121.355
25  67 竹中 正信/見並 秀文  Honda EG6          1'49.964   8.519 121.196
26  70 山岸  豪/駒  光武  Honda EG6          1'50.187   8.742 120.951
27  71 近藤 澄男/前嶋 秀司    Honda EG6          1'50.561   9.116 120.542
28  83 佐藤 清治/佐藤  淳    Honda EG6          1'50.794   9.349 120.288
29  80 前嶋  晃/中村 晴久    Honda EG6          1'51.245   9.800 119.800
30  82 中谷 誠志/高木 雅宏    Honda EG6          1'51.560  10.115 119.462
31  66 木村  博/辻  孝寿  Honda EG6          1'51.606  10.161 119.413
32  60 萬雲 恒明/木下 雅嗣  Mitsubishi CA4A    1'52.518  11.073 118.445
33 111 千葉 達也/中村  真    Suzuki AA34S       1'54.560  13.115 116.334
34  88 橋本 道彦/大森 章光    Honda EG6          1'55.136  13.691 115.752
35 104 坂巻 胤  /中田 雅久    Suzuki AA34S       1'55.305  13.860 115.582
36 134 倉迫 幸生/柴藤 昌之  Suzuki AA34S       1'55.600  14.155 115.287
37 100 雄城 宏章/雄城 祐二    Honda GA2          1'55.667  14.222 115.220
38 106 宮前 清人/奥山 高志    Suzuki AA34S       1'55.881  14.436 115.008
39 138 三好 孝志/斯波  隆  Suzuki AA34S       1'56.372  14.927 114.522
40 135 河野 一寛/吉岡 憲二    Suzuki AA34S       1'56.903  15.458 114.002
41 102 高橋 靖彦/小泉 淳一  Suzuki AA34S       1'57.740  16.295 113.192
****************************************************************************
           提供:チーム・レッツォ
        * FMOTOR4_SysOp 新倉芳夫 (SDI00686) *

Japan Touring Car Championship

OBJECTT NEWS

「オブジェクトT モータースポーツニュース」
全日本ツーリングカー選手権 第5・6戦
日時  1994年6月17日(金)~19日(日)
場所  十勝インターナショナルスピードウェイ
チーム オブジェクトT
マシン 11 BPオイル・トランピオシビック/33 トランピオ・コロナ
ドライバー 原 貴彦/村松康生
6月19日(土)決勝
11 BPオイル・トランピオシビック  第一レース 16位 BEST TIME 1'27"800
                   第二レース 15位 BEST TIME 1'28"212
ドライバー 原 貴彦のコメント
 1レース目は、スタートがうまくいって、自分のラップタイムよりも速い集団の中でのバトルになった。このため、マシンにちょっと無理をかけてしまったようだ。その分、レース後半になって辛くなり、結局スタートで抜いたマシンに抜き返されてしまった。
 2レース目もスタートで5台位抜くことができた。今度こそ順位を保って走るゾと考えていたのに、タイヤのビードが落ちるトラブル。原因はわからないけど、とても残念だった。
チーム監督 鈴木 哲雄のコメント
 マシンは現状やれる範囲の中でそこそこセッティングが煮詰まっている。タイヤはもちろんタレるけど、前後が均等にタレているので、前後のバランスもいいはず。現状の中では満足している。あとは、絶対的なタイヤのポテンシャルとマシンのポテンシャルをあげなければならない。次までには、もう少しよくなるだろう。
33 トランピオ・コロナ  第一レース リタイヤ
             第二レース 出走せず
TIME 1'26"883 予選19番手
ドライバー村松康生のコメント
 ミッショントラブル。壊れちゃった。でも、前回は0周だったのに2周走ったから進歩してるでしょ?! 抜群のスタートは切れて、足回りもよかった。こういうときにトラブルが出るんだよね。今回、関谷さんのスゴクお世話になった。気にかけてくれて、引っ張っていただいたり、感謝している。だから、“まってろヨ 関谷。 いつかいっしょにバトルするゾ”
チーフメカニック 隠岐武司のコメント
 フロントサスに少しおかしいところがあったので、走行前に直して。どんな風になるかと期待していたら、ミッションが壊れた。足回りの方向性が見えてきているので、トラブルが直れば……。ミッションのトラブルも原因がわかったので、対策して次に望みたい。CCS(N)>

Japan Touring Car Championship

JTCC-Rd6:十勝ニューツーリングレース結果

全日本ツーリングカー選手権 -RIJ- (1994-06-19) Official Race Results
For All Japan Touring Car Championship Rd.6 十勝モーターパーク:(3.400km)
P No. Driver-------------- Car------------------- Lap-- GoalTime- -km/h--
1  36 関谷 正徳       (J) Toyota Corona           27   39'07.639 140.771
2  37 鈴木 亜久里     (J) Toyota Corona           27   39'10.066 140.626
3  87 A.レイド      (GB) Vauxhall Cavalier       27   39'10.453 140.603
4  73 J.ヴィンケルホック (D) BMW 318i            27   39'20.721 139.991
5  25 鈴木 恵一       (J) Toyota Callola Ceres    27   39'25.244 139.723
6  14 服部 尚貴       (J) Honda Civic Ferio       27   39'29.937 139.447
7  39 T.クリステンセン(DK)Toyota Corona           27   39'30.984 139.385
8   3 長谷見 昌弘     (J) Nissan Premera          27   39'35.929 139.095
9  10 S.ソーパー    (GB) BMW 318i                27   39'49.459 138.307
10   7 長坂 尚樹       (J) Toyota Callola          27   39'50.526 138.246
11  35 A.G.スコット  (GB) BMW 318i                27   39'50.811 138.229
12  30 中谷 明彦       (J) BMW 318i                27   39'59.726 137.716
13   5 真田 睦明       (J) Mazda Lantis            27   40'28.413 136.089
14  21 一ツ山幹雄       (J) BMW 318i                26    -  1Lap
15  11 原 貴彦         (J) Honda Civic             26    -  1Lap
--------------------------- DNC ------------------------------------------
8 見崎 清志       (J) Toyota Callola          23    -  4Laps
19 松永 雅博       (J) Toyota Sprinter Marino  22    -  5Laps
2 茂木 和男       (J) BMW 318i                20    -  7Laps
17 金海 辰彦       (J) BMW 318i                11    - 16Laps
12 星野 一義       (J) Nissan Premera           6    - 21Laps
38 黒澤 琢弥       (J) Toyota Corona            6    - 21Laps
16 中子 修     (J) Honda Civic Ferio        5    - 22Laps
23 飯田 薫         (J) Nissan Skyline GTS       0    - 27Laps
15 田中 哲也       (J) Honda Civic Ferio        0    - 27Laps
33 村松 康生       (J) Toyota Corona            0    - 27Laps
**************************************************************************
*  Fastest Lap : S.ソーパー (BMW 318i)  1'25.911 (142.473 km/h)
              提供:十勝モーターパーク
         * FMOTOR4_SysOp 新倉芳夫 (SDI00686)-RIJ *

Japan Touring Car Championship

JTCC-Rd5:十勝ニューツーリングレース結果

全日本ツーリングカー選手権 -RIJ- (1994-06-19) Official Race Results
For All Japan Touring Car Championship Rd.5 十勝モーターパーク:(3.400km)
P No. Driver-------------- Car------------------- Lap-- GoalTime- -km/h--
1  87 A.レイド      (GB) Vauxhall Cavalier       27   39'11.961 140.513
2  36 関谷 正徳       (J) Toyota Corona           27   39'13.564 140.417
3  37 鈴木 亜久里     (J) Toyota Corona           27   39'14.581 140.356
4  39 T.クリステンセン(DK)Toyota Corona           27   39'18.014 140.152
5  25 鈴木 恵一       (J) Toyota Callola Ceres    27   39'27.020 139.619
6  10 S.ソーパー    (GB) BMW 318i                27   39'29.081 139.497
7  12 星野 一義       (J) Nissan Premera          27   39'31.363 139.363
8  73 J.ヴィンケルホック (D) BMW 318i            27   39'33.237 139.253
9   3 長谷見 昌弘     (J) Nissan Premera          27   39'33.854 139.217
10  14 服部 尚貴       (J) Honda Civic Ferio       27   39'34.876 139.157
11   7 長坂 尚樹       (J) Toyota Callola          27   39'55.943 137.933
12  16 中子 修     (J) Honda Civic Ferio       27   39'58.050 137.812
13  30 中谷 明彦       (J) BMW 318i                27   40'03.869 137.478
14  19 松永 雅博       (J) Toyota Sprinter Marino  27   40'04.025 137.469
15   8 見崎 清志       (J) Toyota Callola          27   40'13.162 136.949
16  11 原 貴彦         (J) Honda Civic             27   40'13.424 136.934
17   5 真田 睦明       (J) Mazda Lantis            27   40'23.376 136.372
18  21 一ツ山幹雄       (J) BMW 318i                26    -  1Lap
--------------------------- DNC ------------------------------------------
23 飯田 薫         (J) Nissan Skyline GTS      22    -  5Laps
15 田中 哲也       (J) Honda Civic Ferio       21    -  6Laps
35 A.G.スコット  (GB) BMW 318i                17    - 10Laps
17 金海 辰彦       (J) BMW 318i                16    - 11Laps
33 村松 康生       (J) Toyota Corona            2    - 25Laps
38 黒澤 琢弥       (J) Toyota Corona            0    - 27Laps
2 茂木 和男       (J) BMW 318i                 0    - 27Laps
**************************************************************************
*  Fastest Lap : 鈴木 亜久里 (Toyota Corona)  1'26.009 (142.311 km/h)
              提供:十勝モーターパーク
         * FMOTOR4_SysOp 新倉芳夫 (SDI00686)-RIJ *

Japanese F3

JF3-Rd6:十勝F3レース結果

全日本F3選手権 -RIJ- (1994-06-19) Official Race Results
For All Japan F3 Championship Rd.6 十勝モーターパーク:(3.400km)
P No. Driver------------- Car-------------------- Lap-- GoalTime- -km/h--
1  16 影山 正美     Tom's 033F/Toyota        27   34'37.415 159.082
2   7 M.クルム          Tom's 034F/Toyota        27   34'44.352 158.553
3  13 中野 信治     Dallala F393/Mugen       27   34'51.946 157.977
4   3 R.ディーン        Dallala F393/Opel        27   34'59.451 157.413
5  33 道上  龍     Dallala F394/Toyota      27   35'02.601 157.177
6  73 川本  篤     Dallala F393/Mugen       27   35'04.227 157.055
7  37 柴原 眞介     Dallala F394/Toyota      27   35'12.579 156.434
8  64 田中 哲也     Ralt RT94/Opel           27   35'12.679 156.427
9  30 服部 茂章          Tom's 033F/Toyota        27   35'29.740 155.174
10  10 大西 太一郎    Tom's O33F/Toyota        27   35'50.637 153.666
11  18 M.グラフ     Tom's 033F/Toyota        27   35'57.310 153.191
12  31 小泉 和寛     Dallara F394/Mugen       27   35'57.527 153.175
13   4 西宮 圭一         Dallala F393/Opel        26    -  1Lap
14   9 山本 将之          Dallala F393/Mugen       26    -  1Lap
15   5 加藤 隆史         Dallara F393/Mugen       26    -  1Lap
16  21 勝間田 健一        Dallala F393/Mugen       26    -  1Lap
17  15 土屋 武士     Tom's 033F/Toyota        26    -  1Lap
18  62 早田 岳史     Dallala F393/Mugen       24    -  3Laps
********************************** - D N F - *****************************
17 R.インガル        Dallala F394/Toyota      17    - 10Laps
8 高木 虎之介        Tom's 033F/Toyota         9    - 18Laps
100 W.ヒューズ    Dallala F393 310E         7    - 20Laps
**************************************************************************
*  Fastest Lap : 影山 正美 (Tom's 033F/Toyota)  1'15.920 (161.222 km/h)
              提供:十勝モーターパーク
          * FMOTOR4_SysOp 新倉芳夫 (SDI00686)-RIJ *

Japan Touring Car Championship

OBJECTT NEWS

「オブジェクトT モータースポーツニュース」
全日本ツーリングカー選手権 第5・6戦
日時  1994年6月17日(金)~19日(日)
場所  十勝インターナショナルスピードウェイ
チーム オブジェクトT
マシン 11 BPオイル・トランピオシビック/33 トランピオ・コロナ
ドライバー 原 貴彦/村松康生
6月18日(土)公式予選
11 BPオイル・トランピオシビック  TIME 1'26"599 予選18番手
ドライバー 原 貴彦のコメント
 1回目の予選は、26秒台に入れることが目標だったので、とりあえず目標達成という感じ。2回目は、なんとかコンマ5秒縮めて25秒台に入れるように頑張った。だけど、新品タイヤが使えない要因もあって、思うようにはいかなかった。明日は、守ることが何もないので、めいっぱい行きたい。結果、マシンのセッティングもやタイヤの開発につながるものが見つかれば、次につながっていく。
チーム監督 鈴木 哲雄のコメント
 今までの問題は解決してきた。目標の26秒台にも入り、予選結果は順当。シーズン半ばになれば、他のマシンが使っているシーケンシャル ミッションが装着できるようになる。そうすれば、各コーナーやストレートに合わせてギアを変えられるので、グンとタイムアップが望めるはず。現段階ではいい方向に進んでいると思う。
33 トランピオ・コロナ  TIME 1'26"883 予選19番手
ドライバー村松康生のコメント
 2回目の予選は頑張りすぎてしまった。タイムも自分の感覚と1秒くらい違っていた。タイムアップできなかった要素は、マインドコントロールが完璧でなかったことも大きい。1回目はタイヤをロックさせ、2回目は最終コーナーでダートにはみ出している。タイムを詰めるところでミスを犯していてはダメだ。しっかり反省して明日の決勝に望みたい。
チーム監督 中部博
 シャシー、エンジン、チーム体制、ドライバー、すべてが50%ほど手の内に入ってきた。ベースが固まったので、これを維持して積み重ねていきたいと思っている。トップクラスのレースだから壁は厚いけれども、士気はまったく落ちていないし、いい方向に向かっていると確信している。

Japanese F3

JF3-Rd6:十勝F3 予選結果

全日本F3選手権第6戦 -RIJ- (1994-06-18) Qualify-Session
For All Japan F3 Championship Rd.6 十勝モーターパーク:(3.400km)
P No. Driver------------- Car-------------------- Best-LapT -Behind -km/h--
1   7 M.クルム          Tom's 034F/Toyota        1'14.766         163.711
2   8 高木 虎之介        Tom's 033F/Toyota        1'15.144   0.378 162.887
3  16 影山 正美     Tom's 033F/Toyota        1'15.204   0.438 162.757
4  13 中野 信治     Dallara F393/Mugen       1'15.544   0.778 162.025
5 100 W.ヒューズ    Dallara F393 310E        1'15.582   0.816 161.943
6  33 道上  龍     Dallara F394/Toyota      1'15.615   0.849 161.873
7  37 柴原 眞介     Dallara F394/Toyota      1'15.720   0.954 161.648
8   3 R.ディーン        Dallara F393/Opel        1'15.835   1.069 161.403
9  15 土屋 武士     Tom's 033F/Toyota        1'15.869   1.103 161.331
10  73 川本  篤     Dallara F393/Mugen       1'15.972   1.206 161.112
11  30 服部 茂章          Tom's 033F/Toyota        1'16.164   1.398 160.706
12  17 R.インガル        Dallara F394/Toyota      1'16.265   1.499 160.493
13  64 田中 哲也     Ralt RT94/Opel           1'16.432   1.666 160.142
14   4 西宮 圭一         Dallara F393/Opel        1'16.699   1.933 159.585
15  18 M.グラフ     Tom's 033F/Toyota        1'17.025   2.259 158.909
16  10 大西 太一郎    Tom's O33F/Toyota        1'17.065   2.299 158.827
17  62 早田 岳史     Dallara F393/Mugen       1'17.249   2.483 158.449
18  31 小泉 和寛     Dallara F394/Mugen       1'17.370   2.604 158.201
19   9 山本 将之          Dallara F393/Mugen       1'17.637   2.871 157.657
20  21 勝間田 健一        Dallara F393/Mugen       1'17.700   2.934 157.529
21   5 加藤 隆史         Dallara F393/Mugen       1'18.562   3.796 155.801
****************************************************************************
             提供:十勝モーターパーク
           * FMOTOR4_SysOp 新倉芳夫 (SDI00686) *

Japan Touring Car Championship

JTCC-Rd3:十勝ニューツーリングカー予選結

全日本ツーリングカー選手権 -RIJ- (1994-06-18) Qualify-Session
For All Japan Touring Car Championship Rd.3 十勝モーターパーク:(3.400km)
P No. Driver-------------- Car ------------------ Best-LapT  Behind -km/h-
1  37 鈴木 亜久里     (J) Toyota Corona           1'24.340         145.127
2  87 A.レイド      (GB) Vauxhall Cavalier       1'24.603   0.263 144.676
3  10 S.ソーパー    (GB) BMW 318i                1'24.618   0.278 144.650
4  39 T.クリステンセン(DK)Toyota Corona           1'24.698   0.358 144.513
5  36 関谷 正徳       (J) Toyota Corona           1'24.954   0.614 144.078
6  73 J.ヴィンケルホック (D) BMW 318i            1'25.120   0.780 143.797
7  12 星野 一義       (J) Nissan Premera          1'25.156   0.816 143.736
8   3 長谷見 昌弘     (J) Nissan Premera          1'25.227   0.887 143.616
9  14 服部 尚貴       (J) Honda Civic Ferio       1'25.321   0.981 143.458
10   7 長坂 尚樹       (J) Toyota Callola          1'25.387   1.047 143.347
11  38 黒澤 琢弥       (J) Toyota Corona           1'25.464   1.124 143.218
12  16 中子 修     (J) Honda Civic Ferio       1'25.594   1.254 143.001
13   8 見崎 清志       (J) Toyota Callola          1'25.778   1.438 142.694
14  25 鈴木 恵一       (J) Toyota Callola Ceres    1'25.798   1.458 142.661
15  35 A.G.スコット  (GB) BMW 318i                1'26.231   1.891 141.944
16  19 松永 雅博       (J) Toyota Sprinter Marino  1'26.415   2.075 141.642
17  15 田中 哲也       (J) Honda Civic Ferio       1'26.422   2.082 141.631
18  11 原 貴彦         (J) Honda Civic             1'26.599   2.259 141.341
19  33 村松 康生       (J) Toyota Corona           1'26.883   2.543 140.879
20  30 中谷 明彦       (J) BMW 318i                1'26.889   2.549 140.869
21   5 真田 睦明       (J) Mazda Lantis            1'27.008   2.668 140.677
22   2 茂木 和男       (J) BMW 318i                1'27.089   2.749 140.546
23  21 一ツ山幹雄       (J) BMW 318i                1'28.173   3.833 138.818
24  17 金海 辰彦       (J) BMW 318i                1'29.134   4.794 137.321
--------------------------- DNQ --------------------------------------------
25  23 飯田 薫         (J) Nissan Skyline GTS      1'33.683   9.343 130.653
****************************************************************************
                提供:十勝モーターパーク
             * FMOTOR4_SysOp 新倉芳夫 (SDI00686)-RIJ *

Japan Touring Car Championship

OBJECTT NEWS

「オブジェクトT モータースポーツニュース」
全日本ツーリングカー選手権 第5・6戦
日時  1994年6月17日(金)~19日(日)
場所  十勝インターナショナルスピードウェイ
チーム オブジェクトT
マシン 11 BPオイル・トランピオシビック/33 トランピオ・コロナ
ドライバー 原 貴彦/村松康生
6月17日(金)公開練習
11 BPオイル・トランピオシビック BEST TIME 1'27"22
ドライバー 原 貴彦のコメント
 今までに比べてマシンがかなり進歩した。セッティングもいい方向に進んでいる。
今日のタイムは、だいたい15~16番手のポジション。全体的にトップとのタイム差
が縮まっているから、マシンとタイヤの開発段階としてはいいと思う。このまま順調
に進んで行けば、ちゃんとレースができるようになるはず。
チーム監督 鈴木 哲雄のコメント
 このサーキットに限ってかもしれないが、足回りのセッティングがそこそこまで
煮詰まり、前回ひどかった“跳ね”の問題もタイムに影響がでるほどではなくなった。タイヤにしても、フロントタイヤのグリップ力を除けばだいぶ良くなり、ターンイン
さえ速くなればタイムアップが望めるだろう。明日の予選は26秒台がでれば、まずま
ずといったところ。
33 トランピオ・コロナ BEST TIME 1'27"36
ドライバー村松康生のコメント
 ニューサスペンションを導入、エンジンはパワー&トルクをアップ、タイヤはニュ
ースペックに変更。コレは、という万馬券コースだったけど、予想したほどタイムア
ップしなかった。だけど、今までの一番遅いコロナから脱皮したし、全体的にも今ま
でで一番速い。新しいマシンセッティングでのシェイクダウンとしては、かなり良い
方向に煮詰まっていると思う。このコースは走り方で随分変わるので、ひらめけば10
人抜きも夢じゃない。
チーフメカニック 隠岐武司
 今は理論で攻めたセッティングをためしている。新しいサスペンションでの様子見
なので、これからどうなるか。エンジンを始め、その他の細かな部分はどんどん良く
なっている。タイムアップは徐々にしているんだけど、他のチームも同様に速くなっ
ているから大変だ。

全日本GT選手権

GT選手権Rd.2レポート13

'94全日本GT選手権
Rd.2 仙台ハイランド                                            Date 6/12
6月11~12日
GT インサイド・レポート             No.16               for FMOTOR4
55.#3  長谷見昌弘(総合優勝)
 ポールトゥフィニッシュを飾った長谷見昌弘は、マシンを降りてヘルメットを脱ぐ
と、まず「あー、暑い」とひと言。「スタートは僕がヘタなのと、2駆のせいもあっ
て失敗したけれど、ペースは#1より速かったから、大丈夫だろうと思っていた。ピッ
トインのときは、ここで差をつけようと、祈りながら入っていったよ。その意味では、
まあ、今回はラクでした。ひとりで300キロを走るのが、ちょっと疲れましたね」
56.*29 小幡 栄(GT2 優勝)
「タイムが悪いのは見ての通り。マシンの信頼性の勝利です。富士と同じように僕が
序盤頑張って、秀郎君に走り切ってもらおうという作戦でした。トラブルでライバル
が遅れていったので、まさに亀のレースをやりました。うちも数周でABSが壊れた
ので見た目より大変だったんですよ」と小幡は語った。
57.*29 上原秀郎(GT2 優勝)
 上原秀郎は「回りがつぶれるのを見て、コンスタントに走ることだけを考えました。
ハンドルが重かったけど、意外と平気でしたね」と余裕のコメントだった。
58.#1 影山正彦(GT1 2位)
 クーリングラップを終えて、マシンを降りた影山正彦の顔には疲労の色がありあり。
ピットイン後すぐにドリンクのホースが外れてしまい、後半戦は水補給なしで走り切
ることになったためだ。「まいったぁ。水が飲めないんだもん、疲れちゃったよ。長
谷見さんは速かったですよ。終盤はケッコウ頑張ったんだけど追いつけなかった。も
う、4WDのアドバンテージは無いかもしれないね」と影山。これでまた重りが増え
ますねの声には「もぉ、なんでも来いって感じですよ」。そこに走り寄ってきた金子
監督に「お疲れさん。よく頑張った」と握手を求められて、ようやく影山の顔に笑顔
が戻ってきた。
59.#40 太田哲也(GT1 3位)
「ラストはまさか僕が乗るとは思いませんでした。終盤の方がバランスが取れて楽に
走れました。タイヤの使い方をうまくやれば、もっと詰められるはずです」
60.#40 千葉泰常 総監督(GT1 3位)
 チーム・タイサンの千葉総監督は、マシンから降りてきた太田哲也を捕まえて激励
した。「お前は長距離耐久レースってもんが判ってないんだよ。1分59秒で走れと
サインを出しているだから、言われた通りに59秒で走れよ。“56秒”なんかで走
りやがって!  お前は最終コーナーの走り方がなってなかったからな。俺が最終コー
ナーのレイドの走りを見に行かせたら、いきなり“2秒”も速くなって! バカヤロ」
と、コトバとは裏腹に嬉しさを隠し切れない様子であった。
70.#2 ZEXELスカイライン
 鈴木利男は、最初のピットインを利用してソフトタイヤに履き換え、一気に追い上
げる作戦に出る予定であった。しかし、この時にブレーキのオイル漏れを発見してし
まった。しかも、終盤には電気系のトラブルで、息も絶えだえという状態でフィニッ
シュした。
                    提供:GTアソシエーション事務局
古屋 知幸   = MGG01235 =

全日本GT選手権

GT選手権Rd.2レポート12

'94全日本GT選手権
Rd.2 仙台ハイランド                                            Date 6/12
6月11~12日
GT インサイド・レポート             No.15               for FMOTOR4
54.ピット状況
14時2分 スタート
14時48分 #12 RX7が左リアより煙を吐きながらピットイン
オイルラインのトラブル
14時55分 #88 カウンタック ピットイン
 池沢さとしから和田孝夫へのドライバー交代と燃料補給のみでピットアウト
 「ピットインは予定より5ラップ早かった。もっとペースを上げらるかと思ってい
 たけど、とにかく水温が上がりすぎた。まるでサウナ風呂のなかでウェイトトレー
 ニングをしているみたいだったよ。でも140度くらいで安定して、それ以上は上
 がらなかった」とマシンを降りた池沢さとし。
14時55分 #40 フェラーリF40 ピットイン
 タイヤ4本交換、燃料補給、太田哲也からA・レイドへのドライバー交代でピット
 アウト
 太田哲也は「スタートのタイヤに、抽選でライフのなくなったヤツがあたちゃって、
 つらかったよ。マシンの調子は、オイルがちょっともれていて、それだけが心配だ
 ね。もう、あとは祈るだけだよね」とコメント。
15時 30周終了
15時9分 #2 鈴木スカイライン ピットイン
 燃料補給、タイヤ(ソフト)4本交換、左リアキャリパー交換、ステアリング・ベー
 スのハーネ ス補修、5周を失ってピットアウト
15時10分 #3 長谷見スカイライン ピットイン
 左タイヤ2本のみ交換、燃料補給
15時10分 #1 影山正彦スカイライン ピットイン
 左タイヤ2本のみ交換、燃料補給、ドリンク交換、50秒でピットアウト
15時11分 *70 スカイライン ピットイン
 ミッション・トラブル ギアが抜けなくなる 修理を行うが20分過ぎても出られず
15時28分 40周終了
15時35分 #88 カウンタック ピットイン
 ドライバー和田孝夫がフロントのガタツキを訴える フロントタイヤを交換 サス
 のチェックのみ 同時に給油 はずれかかっていたブローバイホースを修理してピッ
 トアウト
15時40分 ケガニ・ポルシェ ピットイン
小幡栄から上原秀郎へとドライバー交代、タイヤ4本交換、燃料補給でピットアウト
15時42分 50周終了
15時50分現在のレース状況
 #1スカイラインと#3スカイラインの4WDと新FRスカイラインの、死闘が序
 盤から続いている。ピット作業時間差で#3スカイラインが#1スカイラインを突
 き放す。現在は20秒前後の間隔で小康状態となっている。
15時52分 #14 シルビア ピットイン
 フロント右サス破損 交換中  ->16時21分にピットアウト
15時45分 *12 RX7ピットイン
 ドリンク補給、ドライバーにやかんの水をかけてピットアウト
16時 #40 フェラーリ
 予定外のピットイン A・レイドから太田哲也へドライバー交代 給油 タイヤ4
 本交換
16時12分 #25 300ZXピットイン
 オイル漏れが激しい、オイル補給、オイルがかかった右フロントタイヤを清掃して
 ピットアウト
16時29分 フィニッシュ
                    提供:GTアソシエーション事務局
古屋 知幸   = MGG01235 =

全日本GT選手権

GT選手権Rd.2レポート11

'94全日本GT選手権
Rd.2 仙台ハイランド                                            Date 6/12
6月11~12日
GT インサイド・レポート             No.14               for FMOTOR4
48.決勝レース・スタートドライバー一覧
#1   影山正彦    #2    鈴木利男   #3    長谷見昌弘
#5    福山英朗     #9   M・マルティニ   #10  山田英二
*12  川崎哲哉   #14   服部尚貴     #24  山路慎一
#25  石川朗     *29   小幡 栄     #40  太田哲也
*70  水野文則   #88    池沢さとし
49.*70 外国屋スカイラインGTS-R
 ウォームアップを終えて石橋義三は、「オレは走るたびに遅くなっているみたいだ
よ。いや、ホント。このコースは難しいね。でも決勝では行くよ。秘策があるんだ。
スタートは水野くんで、オレはライバルの*29のタイムをにらみながらタイミング
を見ていくんだ」と語った。
50.タイヤ交換コンテスト
 優勝チームにはレーシングオン賞として賞金が贈られる、GT選手権恒例のタイヤ
交換コンテスト。今回のセンターロック部門の優勝は、acomポルシェRSRチー
ム。タイムは23秒8。担当したメカニックは、「昨日は、20秒を切るまで練習し
ろと社長にプレッシャーをかけられて、10回以上練習したんですよ」と喜びのコメ
ント。1秒を削ることに苦労している立場の人にとっては、けっして、これは少しも
お遊びではないようだ。コンベンショナルホイール部門の優勝は、ディフェンディン
グ・チャンピオンのKORG KEGANIポルシェチーム。タイムは、1分18秒。
優勝コメントは、「このコンテストは縁起モノですから、まずこれに勝って、それか
らレースでも勝つんです。優勝賞金は、メカニックみんなで酒を呑みます」。
■コンベンショナル部門
  1 *29 ケガニ・レーシング        1分18秒79
  2 #10 ジョンソン・ニスモ・レーシング    1分51秒35
 ■センターロック部門
  1 #9  アコム・レーシングチームノバ   24秒80
  2 #40 チーム・タイサン         30秒24
  3 #2  チーム・ゼクセル         30秒63
  4 *70 外国屋              31秒61
  5 #3  ハセミ・モータースポーツ     56秒55
51.入場者数
 仙台ハイランドで開催された全日本GT選手権シリーズ第2戦の入場数は、6月11
日(土)の予選日が14,700人、決勝日の12日(日)が47,800人と主催
者より発表された。5月1日富士スピードウェイでの第1戦決勝日54,300人に
続き、GT選手権シリーズは非常に順調な観客動員を続けているといえるだろう。
52.#9 acomポルシェRSR
 M・マルティニの#9ポルシェRSRは、#14シルビアとの激しい戦闘を行って
いたが、14周めにミッショントラブルでストップしてしまった。まだ、分解してみ
なければ解らないとはいうものの、ミッションかデフのトラブルであることは間違い
ない。チーム関係者、「これで、混まないうちに帰れるよ」と負け惜しみの声も。
53.#25  FEDEX NISSAN GT-Z
 コースアウトしてダクトをひきずり、オレンジボールを受けてピットに入ってきた
スターティングドライバーの石川朗は、影山正美にチェンジしたあとで、「面白かっ
たですよ。#5とのバトルは。なんでオレンジが出ているんだって思いました。スプー
ンでコースアウトしたときに、ダクトをやられちゃったのに気づかなかったんです」
とコメントした。
                    提供:GTアソシエーション事務局
古屋 知幸   = MGG01235 =

Japanese F3

JF3-Rd5:F3仙台ハイランドレース結果

全日本F3選手権第5戦 -RIJ- (1994-06-12) Provisional Race Results
For All Japan F3 Championship Rd.5 仙台ハイランドレースウェイ :(4.0296km)
Pos.- Driver------------- Car------------------- Lap-- GoalTime- -km/h--
1   7 M.クルム          Tom's 034F/Toyota       24   41'42.043 139.149
2  16 影山 正美     Tom's 033F/Toyota       24   41'59.484 138.186
3   3 R.ディーン        Dallara F393/Opel       24   42'13.245 137.435
4  13 中野 信治     Dallara F393/Mugen      24   42'14.087 137.390
5   8 高木 虎之介        Tom's 033F/Toyota       24   42'24.981 136.802
6  17 R.インガル        Dallara F394/Toyota     24   42'29.792 136.543
7  62 早田 岳史     Dallara F393/Mugen      24   42'31.541 136.450
8  15 土屋 武士     Tom's 033F/Toyota       24   42'38.134 136.098
9  37 柴原 眞介     Dallara F394/ ?         24   42'38.593 136.074
10  64 田中 哲也     Ralt RT94/ ?            24   42'49.223 135.511
11   4 西宮 圭一         Dallara F393/Opel       24   42'49.888 135.476
12 100 羽根 幸浩     Dallara F393 310E       24   43'00.535 134.917
13  73 川本  篤     Dallara F393/Mugen      24   43'01.817 134.850
14  45 加藤 寛規      Dallara F393/           24   43'04.518 134.709
15  60 伊藤 勝一     Dallara F393/Mugen      24   43'08.521 134.501
16  36 木下みつひろ        Dallara F394/           24   43'11.857 134.327
17  18 島守  広     Dallara F394/ ?         24   43'16.229 134.101
18  11 田嶋 栄一     Dallara F393/Mugen      24   43'18.670 133.975
19   5 加藤 寛規         Dallara F393/Mugen      24   43'41.595 132.804
20  19 井出 有治          Tom's 033F/Toyota       23    -  1Lap
21  21 勝間田 健一        Dallara F393/Mugen      23    -  1Lap
-------------------------- DNC -----------------------------------------*
33 道上  龍     Dallara F394/Toyota     17    -  7Laps
31 小泉 和寛     JKR-614/Mugen           13    - 11Laps
9 山本 将之          Dallara F393/Mugen       7    - 17Laps
10 大西 太一郎    Tom's O33F/Toyota        1    - 23Laps
*************************************************************************
*  Fastest Lap : M.クルム (Tom's 034F/Toyota)  1'43.618 (140.000 km/h)
            提供:仙台ハイランドレースウェイ
           * FMOTOR4_SysOp 新倉芳夫 (SDI00686) *

全日本GT選手権

GT-Rd2:GT選手権仙台ハイランドレース結

全日本GT選手権第2戦 -RIJ- (1994-06-12) Provisional Racw Results
For All Japan GT Championship Rd.2 仙台ハイランドレースウェイ :(4.0296km)
P No. Driver------------- Car-------------------- Lap-- GoalTime- -km/h--
1   3 長谷見昌弘          Nissan Skyline GT-R      75 2:25'33.517 124.577
2   1 影山正彦            Nissan Skyline GT-R      75 2:25'48.686 124.361
3  40 太田哲也/A.レイド Ferrari F-40             73   -   2Laps
4  24 袖山誠一/山路慎一 Nissan Skyline GT-R      72   -   3Laps
5  10 飯田章/山田英二    Nissan Skyline GT-R      71   -   4Laps
6   2 鈴木利男         Nissan Skyline GT-R      71   -   4Laps
7   5 福山英明         Toyota Supra             69   -   6Laps
8  29 小幡 栄/上原秀郎 Porsche 911RS            69   -   6Laps
9  12 川崎哲哉      Mazda RX-7               65   -  10Laps
10  88 池沢さとし/和田孝夫 Lamborghini Countack    64   -  11Laps
11  25 影山正美/石川 朗 Nissan Fairlady Z        63   -  12Laps
12  14 服部尚貴/大井貴之  Nissan Silvia            58   -  17Laps
13  70 石橋義三/水野文則 Nissan Skyline GT-R      51   -  24Laps
-------------------------- DNC ------------------------------------------
9 M.マルティニ       Porsche RSR             13   -  62Laps
**************************************************************************
*  Fastest Lap : 鈴木利男(Nissan Skyline GT-R) 1'53.129 (128.230 km/h)
            提供:仙台ハイランドレースウェイ
           * FMOTOR4_SysOp 新倉芳夫 (SDI00686) *

全日本GT選手権

GT選手権Rd.2レポート10

'94全日本GT選手権
Rd.2 仙台ハイランド                                            Date 6/12
6月11~12日
GT インサイド・レポート             No.13
44.*29 KORG KEGANIポルシェ
 第1戦で華々しく優勝を飾ったケガニ・レーシングだが、ここ仙台では今ひとつ元
気がない。フリー走行でも、2分5秒台に入れるのがやっという状態だ。重量ハンデ
の30kgが意外と効いているのだろう。KEGANIポルシェのリアの左サイドウィ
ンドウには、重量ハンデを示す「10kg」の分銅印ステッカーが3枚貼られている
のだが、そのには黒マジックで「-1sec」という落書きが。つまりは「本当はあ
と3秒は速いんだぞ!」と言いたいのでしょうか?
45.#88 池沢さとし
 昨日から今日にかけてさらにオーバーヒート対策を施しているのですが、依然一番
の心配点です。決勝に際して、クラッチがノーマルなのも気をつけなければいけない
ところです。長丁場なので、重いステアリングと格闘し続けるのが厳しいですね。
46.#40 タイサンアドバンF-40
 とにかくギアをいわりながら走るしかない。オーバーヒートの問題はないのが唯一
の救いだろう。
47.鈴鹿500キロと鈴鹿1000キロが今年のGT選手権に入っていない理由
①世界の主要なGTシリーズには、ADAC(ドイツ)、イタリア、IMSA、
GTA(日本)の4つが存在しているが、いずれのマシンもそのままでは他のシリー
ズには参加することは出来ない。
 そのため、各国の主催者は主要なGTイベントを各々のマシンが一緒にレースを闘
える場として用意する努力を行っている。
 アメリカのIMSAのデイトナ24時間とセブリング12時間、ヨーロッパでは
ACOのルマン24時間がこの統一戦の場であり、日本では鈴鹿の500キロと
1000キロが、この交流の場としてイベントを組み立てているのである。
②また、レースをより楽しくするために実施されている“ウエイトハンデ”は本来、
シリーズ全戦にすべてのチームが参戦することでこそ意味を持つものであり、GTA
が参戦チームに対して1戦ごとのエントリーではなく、GTAの会員として全戦参加
を奨励している理由の1つでもある。
 そのウエイトハンデ制が、1~2レースしか参加しない海外からエントラントによっ
て成立し難くなるという問題がある。同じウエイトハンデを実施しているDTMが、
全戦参加を基本としていることと同様である。
③日本では今年が事実上のGT元年であるため、費用のかかる耐久レースをシリーズ
に組み込むことによって、参戦チームの負担を増やすことが難しいという理由もあっ
た。
④ルマン24時間レースのように、年に1度か2度だけであっても、参戦チームが積
極的に参加したいと思うようなイベントを日本でも育てる必要があった。
                    提供:GTアソシエーション事務局
古屋 知幸   = MGG01235 =

全日本GT選手権

GT選手権Rd.2レポート9

'94全日本GT選手権
Rd.2 仙台ハイランド                                            Date 6/12
6月11~12日
GT インサイド・レポート             No.12
38.フリー走行結果(暫定)
ドライバー      マシン                                  タイム
--------------------------------------------------------------------------
1  影山正彦      #1  カルソニック・スカイライン    1’53.839
2 長谷見昌弘    #3   ユニシアジェックススカイライン  1’53.940
3 鈴木利男     #2  ZEXELスカイライン     1’54.383
4 A・レイド    #40 タイサン ADVAN F40    1’55.012
5 袖山誠一   #24 コクピット 館林GTR     1’56.224
6 水野文則      *70 外国屋スカイラインGTSーR    1’57.563
39.#5 BLITZ SUPRA
 福山英朗はリアウインドウを飛ばしてピットに入ってきた。昨日の午前中、エンジ
ン交換に時間を取られてしまい、まだマシンセッティングが出来てないため、フリー
走行が彼らにとってのほとんど唯一のセッティングの時間であった。しかし、エンジ
ン・セットを行うのがやっとという状態であり、シャシーを完全な状態とすることは
出来ないようだ。重い6気筒エンジンのために車重が重く、マシンの回頭性ではなく、
ハイランドでは重さそのものが克服することが出来ないという。しかし、今回は、ダ
ンロップが新しい350タイヤを持ち込んでくる等、着実に進歩している。
40.#25  FEDEX NISSAN GT-Z
 決勝日の朝、ピットで他のドライバーよりも、いち早くレーシングスーツ姿でスタ
ンバッていたのが、#25の石川朗。「勘違いして、1時間早く来てしまったんです。
ちょっと、力が入りすぎですね。でも、クルマは、まだ足まわりをつくっている途中
なんです。パワーがありすぎて、足がついてこないって感じです。レースでは、最後
までもたすことを考えて走りますよ」と語った。昨夜、一番遅くまで作業をしていた
のも、このチームで、22時ごろまでかかって、おもに熱対策に時間を使っていた。
41.#88 レインX・アート・カウンタック
 決勝日の朝、#88の池沢さとしは、「今回は、レース中にお邪魔虫だった開幕戦
からは、だいぶ進歩していますよ。クルマの出来も、開幕戦が100点満点のうち10
点ぐらいだったのが、50点ぐらいまでは持ってくることができたと思います。車重
を120kg軽くしてきているし、だいぶ改善されつつあります。ただ、金曜日、土曜
日ともに、5~6周走ると水温が上がってしまって、困っているんですよ。レースで
は、スタートはぼくが乗るんですが、オーバーヒートを気にしながら走ることになり
ますね」と語った。
42.*70 外国屋スカイラインGTS-R
「絶好調です」。決勝日の朝、フリープラクティス前の、ドライバー石橋義三の朝の
ひと言でした。
43.#14 CCIあめんぼうシルビア
 決勝日の朝、フリープラクティスを前にして、由良拓也監督は「開幕前には、もう
ちょっとGT-Rを追いまわせると思っていたんですが、厳しいですね。これからの
このカテゴリーの発展を考えると、このままGT-Rだけが上位を独占していると問
題かもしれませんね。エントリー台数も増えてこないだろうし、レギュレーションを
もっと考えて欲しいところですね」と語った。
                    提供:GTアソシエーション事務局
古屋 知幸   = MGG01235 =

全日本GT選手権

GT選手権Rd.2レポート8

'94全日本GT選手権
Rd.2 仙台ハイランド                                            Date 6/12
6月11~12日
GT インサイド・レポート             No.11
36.#1 カルソニック・スカイライン
 公式予選1回目で2セットのタイヤを使いきってトップタイムをマークしたものの、
午後の2回目で#3に逆転されてポールポジションを奪われた影山正彦は、「いやあ、
さばさばしてますよ。もともと52秒台前半か、いっても51秒台後半のタイムを予
想していたんですよ。それが、思ってもいなかった高いレベルでのポール争いになっ
たから、負けてもさっぱりしたものです。そうでなかったら、そうとうに悔しいでし
ょうけどね。午前中にタイヤを使いきるのは、はじめからのチームの作戦でしたしね。
ぼくのタイムがよかったのは、メカニックたちの頑張りもふくめての総合力でしょう
ね。決勝レースの作戦は、長谷見さんの出方を見てから考えます」
 チャンピオンシップに関しては、「30kgのハンデを積んだだけで、ここのコース
の登り坂がこれだけつらいんだから、今回、表彰台に上ってハンデが増したら、もっと
つらくなるでしょうね。でも、明日もハンデをおそれずに、勝ちをねらっていきます。
残りのレースも、勝てないまでもリタイアせずにポイントをかさねていって、チャン
ピオンを目指していきたいですね」と語った。
37.長谷見昌弘
 ポールポジションを獲得した長谷見昌弘は、このハイランドを新しいFRスカイラ
インで走った印象を次のように語った。
「ハイランドのようにツイスティでアップダウンの激しいコースは、やっぱり4駆GT
Rの方が向いているかもしれないね。450馬力もある2駆のスーパーマシンは、と
てつもない“じゃじゃ馬”だから、“ロデオ”をやっているみたいだから。それに4
駆はスタートが凄いから、難しいよね。このマシンは十勝のために作ったんだ。明日
のレースは暑さがポイントだと思うよ。予選のような暑さだったら、このコースを
300キロも走るのはマシンよりもドライバーの耐久性が問題になるだろうね。リス
トリクター付きのエンジンは上まで“カーン”と回っていかないから、下の回転で
“ウーン”と粘って使うのが上手な使い方なんですよ。だから、僕のマシンは6速の
シーケンシャル・ミッションだけど、4つしかギアを使ってないんだよ。しかも1速
はスタートでしか使わないから、実際には2~4速のギアしか使ってないんだ。逆に
シフトしないから、操縦に集中することが出来るのは嬉しいね。」
                    提供:GTアソシエーション事務局
古屋 知幸   = MGG01235 =

Japanese F3

JF3-Rd5:F3仙台ハイランド予選結果

全日本F3選手権第5戦 -RIJ- (1994-06-11) Provisional Starting Grid
For All Japan F3 Championship Rd.5 仙台ハイランドレースウェイ :(4.0296km)
P No. Driver------------- Car-------------------- Best-LapT -Behind -km/h--
1   7 M.クルム          Tom's 034F/Toyota        1'42.371         141.706
2  16 影山 正美     Tom's 033F/Toyota        1'42.915   0.544 140.957
3   3 R.ディーン        Dallala F393/Opel        1'43.942   1.571 139.564
4  13 中野 信治     Dallala F393/Mugen       1'43.967   1.596 139.530
5   8 高木 虎之介        Tom's 033F/Toyota        1'44.601   2.230 138.685
6  62 早田 岳史     Dallala F393/Mugen       1'44.670   2.299 138.593
7  33 道上  龍     Dallala F394/Toyota      1'44.687   2.316 138.571
8  17 R.インガル        Dallala F394/Toyota      1'44.702   2.331 138.551
9  15 土屋 武士     Tom's 033F/Toyota        1'44.948   2.577 138.226
10  73 川本  篤     Dallala F393/Mugen       1'45.161   2.790 137.946
11  10 大西 太一郎    Tom's O33F/Toyota        1'45.400   3.029 137.633
12 100 羽根 幸浩     Dallala F393 310E        1'45.498   3.127 137.506
13  37 柴原 眞介     Dallala F394/ ?          1'45.541   3.170 137.450
14  64 田中 哲也     Ralt RT94/ ?             1'45.606   3.235 137.365
15  18 島守  広     Dallara F394/ ?          1'45.821   3.450 137.086
16   4 西宮 圭一         Dallala F393/Opel        1'45.893   3.522 136.993
17  31 小泉 和寛     JKR-614/Mugen            1'45.895   3.524 136.990
18  11 田嶋 栄一     Dallala F393/Mugen       1'46.092   3.721 136.736
19  60 伊藤 勝一     Dallala F393/Mugen       1'46.289   3.918 136.482
20   5 加藤 寛規         ? / ?                    1'46.399   4.028 136.341
21  36 木下みつひろ        Dallala F394/            1'46.426   4.055 136.307
22  45 加藤 寛規      Dallala F393/            1'46.563   4.192 136.131
23  19 井出 有治          Tom's 033F/Toyota        1'46.697   4.326 135.960
24  21 勝間田 健一        Dallala F393/Mugen       1'48.154   5.783 134.129
25   9 山本 将之          Dallala F393/Mugen       1'52.804  10.433 128.600
****************************************************************************
            提供:仙台ハイランドレースウェイ
           * FMOTOR4_SysOp 新倉芳夫 (SDI00686) *

全日本GT選手権

GT選手権第2戦 予選結果

全日本GT選手権第2戦 -RIJ- (1994-06-11) Provisional Starting Grid
For All Japan GT Championship Rd.2 仙台ハイランドレースウェイ :(4.0296km)
P No. Driver(s)----------- Car------------------- Best-LapT -Behind -km/h--
1   3 長谷見昌弘           Nissan Skyline GT-R     1'51.269         130.374
2   1 影山正彦             Nissan Skyline GT-R     1'51.270   0.001 130.373
3   2 鈴木利男          Nissan Skyline GT-R     1'52.359   1.090 129.109
4  40 太田哲也/A.レイド  Ferrari F-40            1'52.503   1.234 128.944
5  24 袖山誠一/山路慎一  Nissan Skyline GT-R     1'53.269   2.000 128.072
6  14 服部尚貴/大井貴之   Nissan Silvia           1'55.291   4.022 125.826
7   9 M.マルティニ       Porsche RSR             1'55.578   4.309 125.513
8  70 石橋義三/水野文則  Nissan Skyline GT-R     1'56.732   5.463 124.272
9  12 川崎哲哉       Mazda RX-7              1'58.463   7.194 122.456
10  10 飯田章/山田英二     Nissan Skyline GT-R     1'58.518   7.249 122.400
11   5 福山英明          Toyota Supra            1'59.679   8.410 121.212
12  88 池沢さとし/和田孝夫 Lamborghini Countack    1'59.982   8.713 120.906
13  25 影山正美/石川 朗  Nissan Fairlady Z       2'00.361   9.092 120.525
14  29 小幡 栄/上原秀郎  Porsche 911RS           2'02.576  11.307 118.347
****************************************************************************
            提供:仙台ハイランドレースウェイ
           * FMOTOR4_SysOp 新倉芳夫 (SDI00686) *

全日本GT選手権

GT選手権Rd.2レポート7

'94全日本GT選手権
Rd.2 仙台ハイランド                                             6/11
6月11~12日
GT インサイド・レポート             No.  9            for FMOTOR4
29.#3  ユニシアジェックススカイライン
 前回のレースをデフのポンプトラブルで失った#3長谷見昌弘は、金曜日のフリー
プラクティスでは一番時計だったが、公式予選1回目ではわずかに#1に届かなかっ
た。「このコースはトラクション重視だから、4駆に向いているんだろうね。ぼくの
クルマも走るたびに速くなってはいるんだけど、まだまだやらなければいけない部分
がたくさんあるんだ。このコースでコンマ5秒差だから、現段階でも富士スピードウェ
イではぼくの方が速いだろうけどね。でも、どんどん速くなってきていることは確か
だよ」と語った。
30.野沢秀行
 ギアが合わずに公式予選1回目で最下位となった*29の野沢監督は、「三味線を
弾いているんですよ。20秒落とすようにってドライバーには言ってます。決勝レー
スでも三味線を弾きまくりますよ。いや、冗談はさておいて、みんなで顔を見合わせ
ちゃってるんですよ、打つ手がないから。しょうがないから、磨くか、なんてね。少
しは空気抵抗も減るだろう、ってね」と、あくまでも陽気に語った。
31.#24 コクピット 館林GTR
 第1戦を2位で終了した#24スカイラインは、今回までにインタークーラーのパ
イプを短くした他、クーリングを良くするためにフロントパネルを改造したり、オイ
ルクーラーを新型に交換している。サイドカバーを外したり、ボンネットとトランク
等をカーボンファイバーで造り直すことで1254キロの車重を実現しているため、
20キロのウエイトハンデは帳消し出来ることだろう。
 2人のドライバー共4WDとハイランドに慣れていないため、昨日の午前中はター
ンインで思いきり良くアンダーを消してコーナーに進入することが出来なかったが、
午後には一変して思いきり良くGTRを振り回していた。
32.第2回公式予選結果(暫定)
 ドライバー      マシン                                  タイム
----------------------------------------------------------------------------
1 長谷見昌弘      #3   ユニシアジェックススカイライン  1’51.269
2 鈴木利男       #2  ZEXELスカイライン      1’52.359
3 山路慎一       #24 コクピット 館林GTR       1’53.269
4 服部尚貴       #14 CCIあめんぼうシルビア    1’55.291
5 M・マルティニ  #9  acomポルシェRSR      1’55.578
6 山田英二        #10  Johnson SKYLINE        1’58.518
7 川崎哲哉        *12  FKマッシモERC RX7      1’59.392
33.*70 外国屋スカイラインGTSーR(GT2クラス 予選1位)
 石橋義三の外国屋は、かつてのJSSチャンピオンである水野文則と共にハイラン
ドに乗り込んで来た。今回は小型のインタークーラーを採用した位しか改良点はない
が、彼らのマシンは5年前のグループAチャンピオン・マシンのカルソニック号その
もので、十分に熟成され尽くされているため、他のチームが熱で苦しんでいるのに対
してまったく問題はないという。車重も1130kg程度まで軽量化されているが、次
の富士では、295サイズのタイヤと小径ターボで武装してされに戦闘力をアップす
ることを、義三は企んでいる。
34.#3  ユニシアジェックススカイライン(GT1クラス 予選1位)
 午後の公式予選2回目で、午前中に#1がマークしたタイムを上まわってポールポ
ジションを獲得した長谷見昌弘は、「久しぶりのポールポジションだね。最後に取っ
たのはいつだった覚えてないくらいだよ。午前中に使ったタイヤでラップをかさねな
がらマシン仕様を変更して、残しておいた新品タイヤに替えたら、スポッとタイムが
出た。本当は、もっといかなければいけないんですけどね。クルマの出来は、まだ85
パーセントぐらいかな」と語った。久しぶりのポールは気持ちいいですか、との質問
には、「もっと離さなければ、気持ちよくないよ」。
'94全日本GT選手権
Rd.2 仙台ハイランド                                             6/11
6月11~12日
GT インサイド・レポート             No.  10              for FMOTOR4
35.#2 ZEXELスカイライン
 午後の公式予選2回目で、午前中のタイムを更新して3番手とグリッド順位をひと
つ上げた鈴木利男は、「堅いタイヤを選んだんですよ。そうしたら、少しよくなった。
明日の決勝レースでも晴れてくれれば、いい方に出るかもしれないですね。完走すれ
ば、このクルマなら表彰台は上がれると思います」と語った。
 利男自身のこれからのレース計画については、いくつかのF3000チームからき
た話はすべて断ったという。
36.#9 acomポルシェRSR
 2回目の公式予選惜しくも大幅なタイムアップはできなかった#9 ポルシェ。コー
スインが遅れたのはコースコンディションの様子を見るため。マシンコンディション
は上々。セッティングも問題ない。問題があるとすればマシンの基本的なパフォーマ
ンスだ。パワーが足りない。マルティニにとって初めてのコースだが、2回の予選の
間で攻略法を掴んだ。ポルシェは油冷なので冷却はまったく問題ない。明日もっともっ
と気温が上昇し、うちにとって有利になればいいな。
37.#40 太田哲也
 午後の予選を走らなかったのは明日の決勝に備えてマシンを温存するためです。予
選順位はあまり関係ありませんからね。明日も暑くなりそうですが、冷却よりもミッ
ションが問題。このコースはミッションに非常にきついし、我々のマシンは前回もミ
ッショントラブルを起こしているので、そのあたりの問題が出ないよう、明日はマシ
ンをいたわって走ります。それでも前回より上位を狙えると思います。ウェートハン
ディは10kg程度ならほとんど問題にはなりません。
                    提供:GTアソシエーション事務局
古屋 知幸   = MGG01235 =

全日本GT選手権

GT選手権Rd.2レポート6

'94全日本GT選手権
Rd.2 仙台ハイランド                                             6/11
6月11~12日
GT インサイド・レポート             No.  8             for FMOTOR4
26.#25  FEDEX NISSAN GT-Z
 第1戦のレース日の朝にマシンが完成したため、今回のレースがチームルマンにとっ
ては実質的な開幕戦となった。今回は、第1戦でGTR用を使っていたサスペンショ
ンがアルミの専用となったため、車高を30mm低く設定した他、インタークーラーも
専用(GTR用の1・5倍はある)となり、パイピングを整理することが出来た。し
かし、スペースに余裕が出来た訳ではないため、ターボチャージャーは相変わらずバ
ルクヘッド前の高い位置にマウントしなければならなかった。
 カウルは、前回のものを今回も改良して使わなければならなかったが、第3戦から
はチーム・ルマン自製のものが間に合うことだろう。
 現在の大きな悩みは熱対策であり、ラジエターを大型のものに交換した他、昨日の
走行の結果、オイルクーラーも大きなものに交換している。しかし、オイル関係はま
だ課題があるようで、午前中の予選でも、オイルプレッシャーに問題を抱えたまま走
行を行っていた。
 今回はまだノーマルのシンクロ付ミッションを使うため、トルクを限界までアップ
することは出来ないが、第3戦までにはXトラックの6速ミッションが間に合い、エ
ンジン・パワーも大幅にアプされることだろう。
27.#1 カルソニック・スカイライン
 開幕戦で優勝した#1は、30kgのウェイトハンデをものともせず、公式予選1回
目で見事にトップの51秒270を叩きだした。#1の宮坂チーフエンジニアは、
「ウェイトは、ものすごくハンデになっていますよ。でも、ドライバーの影山君が重
さのハンデをはね返して頑張ってくれました。予選前の予想では、51秒8~9のタ
イムを予想していたんですが、ここまでタイムが伸びた要因も、ドライバーでしょう
ね。これだけのウェイトを背負っていると、富士や菅生では勝てそうにないので、今
回も優勝したいですね」と語った。
28.#40 タイサンADVAN F40
 開幕戦で表彰台をゲットして話題を振りまいた#40は、公式予選1回目で3番手
のタイム。チーム・タイサンの千葉監督は、「今回は、やっと部品が届いたので、サ
スペンションをメインにモディファイして来ています。本来のポテンシャルを発揮で
きるクルマになってきましたね。エンジンはどノーマルですけどね」と語った。一方、
ドライバーの太田哲也は、「クルマが仕上がってきているし、セッティングのいいと
ころも見つかってきています。このコースでは、ギアが合わないコーナーと合うコー
ナーがあるけれど、十分に走りをエンジョイしていますよ」と語った。太田哲也は、
レースの後、月曜日の朝のフライトで、ルマン24時間レースに出発する。
                    提供:GTアソシエーション事務局
古屋 知幸   = MGG01235 =

全日本GT選手権

GT選手権Rd.2レポート5

'94全日本GT選手権
Rd.2 仙台ハイランド                                             6/11
6月11~12日
GT インサイド・レポート             No.7               for FMOTOR4
20.*12 FKマツシモERC RX7
 この第2戦が初登場になる*12 RX7のメカニック達は緊張した面もちで車検
場へ。車重計にマシンを乗せると、彼らの目は目盛りの動きに釘付けだ。さらにエン
ジン、車体下回りの検査をクリアし、測定器具を使った全長、全幅などの計測のころ
には、メカニック達の顔にも余裕がうかがえた。技術員のOKの声とともに車検合格
シールがマシンに貼られ、これで#12 RX7も晴れてGT選手権車両の仲間入り
となった。
21.道上龍
 今シーズン開幕戦で、いきなりF3デビュー・ウィンで飾って注目を集める道上龍
(みちがみ・りょう)は、ここ仙台ハイランドをF3で走るのは、今回がはじめてと
なる。
「バンピーで、コーナーが多く、とても難しい。こういうコースは苦手です。でも、
木曜日から走り込みはじめて、金曜日の午後には、だいぶわかってきました。シケイ
ンも突っ込めるようになったし、タイムも上がってきたので、予選ではなんとか3位
以内に入って、決勝レースではポイントを獲得します。決勝では追い抜くのは難しそ
うですからね。ここか、次回の十勝でポイントを取っておかないと、マカオ出場も危
うくなりますから、気合いをいれていきますよ」と語った。
22.*29 KORG KEGANIポルシェ
 開幕戦でクラス2で優勝、総合でも4位の好成績を挙げ、今回は30kgのウェイト
を積むことになった*29であるが、金曜日のフリープラクティスでは思うようにタ
イムが上がらなかった。「ウェイトはそれほど問題ではない。たしかにスピードは落
ちているんだろうけれど、かえってクルマはずっしりと安定したって感じ。タイムが
出ないのは、ギア比が全然合わないんですよ。これは手の打ちようがない。手をこま
ねいて、のたのた走るしかないですね」と、チームマネージャーの西川氏は悔しそう
に語った。
23.第1回公式予選結果(暫定)
 ドライバー            マシン                                タイム
------------------------------------------------------------------------------
1 影山正彦           #1  カルソニック・スカイライン  1’51.270
2 長谷見昌弘         #3   ユニシアジェックススカイライン1’51.799
3 A・レイド/太田哲也 #40 タイサン ADVAN F40  1’52.503
4 鈴木利男           #2  ZEXELスカイライン    1’53.643
5 袖山誠一/山路慎一 #24 コクピット 館林GTR     1’54.236
6 M・マルティニ     #9  acomポルシェRSR       1’56.403
11 石橋義三/青柳裕易 *70 外国屋スカイラインGTSーR 1’56.732
24.決勝レース用タイヤ抽選会
 今回も、公式予選日の朝、恒例の決勝レース用タイヤ抽選会が行われ、タイヤを2
セット持っているチームはFRとFLが2番、RRとRLが1番となり、3セット持っ
ているチームは、FRとFLが3番、RRとRLが2番に決定した。2セットのチー
ムは、#5、*12、*70である。
25.#5 BLITZ SUPRA
 第1戦を不運なターボトラブルで失ったブリッツは、6気筒ターボのままでハイラ
ンドに挑戦する。トラブルの出たターボは、コンピューターを含めて対策が行われて
いる。キャパシティ不足に悩んだタイヤも、17インチ径のままながら260から2
90にサイズアップされ、トラクションは大幅に強化されている。ミッションは相変
わらずストックのシンクロ付き6速を使うが、信頼性の不安はない。しかし、デフの
ファイナル・ギアはパーツが無いため、富士と同じレシオでハイランドのテクニカル
コースを走らなければならない。富士のレースで得る予定であったデータが不十分で
あるため、今回はデータ収集に励まなければならない。
 3SGターボエンジン(今月末にTRDでテストが開始される)搭載のスープラGT
については、ハイランド戦が終わった後で、新しく専用の2号車が製作されるか、現
在の1号車を改造するかが決定されることだろう。8月の富士には、3SGターボエ
ンジン付きのスープラGTで参戦することを、チームは希望している。
 金曜の午後にエンジンを壊してしまい、急遽エンジン交換を行うこととなった。交
換が終了したのは、1回目の予選終了間際の11時35分であった。
                    提供:GTアソシエーション事務局
古屋 知幸   = MGG01235 =

全日本GT選手権

GT選手権Rd.2レポート4

'94全日本GT選手権
Rd.2 仙台ハイランド                                             6/11
6月11~12日
GT インサイド・レポート             No.  6
17.#88 レインX・アート・カウンタック
 第1戦からの僅か一か月の間に最も大きな進歩を見せたのは、寺井恒俊のカウンタ
ックであることは間違いない。
 アミューズで製作されたドア、ボンネット、バンパーに交換することによって
“1260kg”という車重を実現し、地上高を60mmも低くしただけでなく、サスペ
ンションはタイロッド側にピロボールを採用して、ハンドルの重さを軽減することに
も成功している。しかし、ハンドリングをまだまだ改良する点があるようで、ドライ
バーは、これまでとは逆に、ハンドルが軽すぎて不安であるらしい。
 8月に入る前に、チームでは富士スピードウェイでの徹底したテストを行う予定で
いる。
1回目の予選では、オーバーヒートのために走行を途中で切り上げなければならな
かった。
18.ハンターレーシング
 残念ながら今回のレースをパスしなければならなかったハンターレーシングは、第
3戦のFISCOから911ターボでの参戦を計画中である。
 エンジンは3・4リッターのシングルターボであり、もちろん44mmのリストリク
ターが取り付けられる。元々中低速重視のエンジンであるため、リストリクターの影
響も最小限に抑えられるようだ。GTポルシェのシンボルである2段式の大型リアウ
イングも当然装備される。
19.公式車検
 予選開始に先立ち、大会技術委員による公式車検が行われた。#1 スカイライン
がそのゼッケンの通り、車検場に1番乗り。10時30分現在、エンジンの修理を行う#5
スープラ以外は、全車が車検に合格した。今回、第1戦の成績によりハンディのウエ
イトを積むマシンに対しては、まずウエイト登載状態で車重を計測。規定の最低重量
プラスハンディをクリアしているかをチェックし、その後車体からウエイトはずし、
ウエイト単体で重さを確認した。ウエイトは再度マシンに取り付けられた際に、技術
員によって封印された。
 技術委員長の米森博は「今の時点では、車検上での大きな問題はありません。第1
戦でエントラントから提示されていたサイドステップ、フェンダーの開口部、リアハ
ッチ・ゲートの問題については、公式通知No.7で発表された通りに対処しました。今
回見る限り、エントラントのみなさんにご理解いただけたと思います」と語った。
                    提供:GTアソシエーション事務局
古屋 知幸   = MGG01235 =

全日本GT選手権

GT選手権Rd.2レポート3

'94全日本GT選手権
Rd.2 仙台ハイランド                                           Date 6/11
6月11~12日
GT インサイド・レポート             No.  5               for FMOTOR4
14.TRD鳩谷和春主査 噂のスープラGTを語る
 TRDで開発中のスープラGTは、3リッターの6気筒ターボエンジンに換えて4
気筒の3SGターボエンジンを搭載しています。
 小型/軽量の3SGターボエンジンを少々大柄なスープラと組み合わせることによ
って、重心位置を自由にアジャスト出来るようになるため、バランスの良いシャシー
とすることが出来ます。
 理論的には、ターボの方がNAよりもパワーでは劣りますが、ターボエンジンはト
ルクが大きく、特性もかなり自由に設定出来るというメリットがあります。
 しかも、代表的なトヨタの大排気量NAであるセルシオ用V8よりも、3SGター
ボエンジンの場合は30キロ程度軽くマシンを仕立て上げることが出来ます。
 小排気量のターボエンジンは過給圧を高く設定しなければなりませんが、小径のター
ボの回転数に余裕のあるツインターボではなく、IMSAと同様にシングルターボで
開発しています。大径のシングルターボでも、サージングをうまくコントロールする
ことで、良好なトルク特性を設定出来る自信が我々にはあります。3SGターボエン
ジンは、グループCとIMSAで十分な開発が行われてきたトヨタの主力エンジンで
あり、40基以上を現在はキープしております。
 トヨタにはスープラよりも小型のMR2がありますが、MR2はその小さなサイズ
が足科せとなっています。450馬力以上のGTマシンに見合ったクーリングを得る
のが難しく、そのままのフェンダーでは28インチ径のタイヤは入りません。エンジ
ンが横置きであるため、リア駆動であっても不等長のドライブシャフトの影響でトル
クステアの問題も出ると考えられます。
 これらの理由から、スープラGTのパッケージングは決定されました。
 予定通りであるならば、6月23日にシェイクダウンを行って、8月の第3戦で実
戦にデビューすることとなります。
15.服部尚貴の仙台ハイランド攻略法
#14 CCIあめんぼうシルビアを駆るヤングドライバー、服部尚貴が超テクニカ
ル・コースである仙台ハイランドレースウェイの攻略法を明かしてくれた。
 彼が、予選で最も重視するのが第1コーナーから第4コーナーまでの短い直線を挟
んだ複合コーナー区間。単にここを速く走るのではなく、メインとバックの両ストレー
トを生かす走りをしなくてはいけないと、彼は言う。時速230kmにもなるメインスト
レートでのトップスピードを少しでも短い区間で減速、いかにスピードを殺さずスムー
ズに複合コーナーを抜けて、脱出速度を上げ、バックストレートでマシンをスピード
に乗せる。これが一番むずかしいのだ。彼が重視しているもう一つのポイントが、こ
のコースでもっとも高いところにあるスプーンカーブだ。この複合コーナーは非常に
高速で、ここでタイムを稼ぐのが最も効率がいいらしい。
 次に決勝レースでのパッシング・ポイントとして服部が狙っているのが、まずバッ
クストレートあとのシケインの突っ込みだ。バックストレートで相手のスリップスト
リームに入り、シケイン進入でインに鋭く切り込むのだと言う。そして次なるパスポ
イントは、スプーンコーナーの進入。長い登りが終わり、微妙に曲がり込むこのコー
ナーでライバルを捕らえると言う。
予選、決勝での観戦ポイントに、ぜひこれらのコーナーへ運んでみてはいかがだろう
か。特に服部ファンには、絶対のお勧めだ。
16.ニスモ
 夏以降に、ニスモがフェアレディ300ZXのGTマシンを(#10スカイラインに替えて)投入するという噂が流れているが、現時点では、まったくの噂に過ぎないようだ。少なくとも6月半ばの時点では、ニスモには300ZXは運び込まれていない。
                    提供:GTアソシエーション事務局
古屋 知幸   = MGG01235 =

全日本GT選手権

GT選手権Rd.2レポートbQ

'94全日本GT選手権
Rd.2 仙台ハイランド                                           Date 6/11
6月11~12日
GT インサイド・レポート             No.  3               for FMOTORT4
7.WESTコルベットの5月
 鈴鹿のWESTは、当初コルベットGTを“1”から日本で製作することを考えて
いた。
 しかし、第2戦のハイランドまでの時間的な余裕がないことと、WESTにとって
は初めて製作するGTマシンということもあって、第1戦の終了後にオーナーの金沢
重宝が自らアメリカに渡り、今年のデイトナ24時間で7位に入った(現在最強と言
われている)モリソン・チームのLM・GT仕様コルベットZR-1の購入にあたっ
ていた。
 ところがモリソン・チームのコルベットは、ナショナル・コルベット・ミュージア
ムに入ることとなってしまったため、GMのクルーチーフの協力で、急遽2台のコル
ベット・レーサーをアメリカで製作することとなった。
 2台共GMワークス・ファクトリーのマリオット・モータースポーツの手で製作さ
れているが、目当てのモリソンと同一仕様のコルベットZR-1は新車から、鈴鹿の
500キロと1000キロ用に確保した、6・4リッターOHV・LT1エンジン付
きIMSA・GTS仕様は、昨年、GMワークスが7台だけ用意したGTSモデルの
最後の1台をロサンゼルスのチャック・ハースから購入して、急ピッチで組立ている。
 予定通りであれば5月30日に大阪空港に空輸されてくるはずであったが、製作の
遅れから、日本に到着するのは月末となってしまった。
 そのために、この第2戦仙台ハイランドでのデビューは諦めなければならなかった。
 エースドライバーには関谷正徳を配し、MYZの今西豊もアドバイザーとして加わ
るとことから、いきなりトップ争いに加わるものと期待されている。
 今回は、3台目のマシンとして日本で製作しているZR-1を、完全な姿ではない
がパドック裏で展示している。
8.'94ルマン24時間レース直前情報
 13日2の公開車検からスケジュールが始まるルマン24時間レースでは、スターターを国務/内務/国土開発大臣を兼務するシャルル・パスカルが務めることとなった。
 サンマリノで死亡したラッツェンバーガーに替わるサードのドライバーは、E・アー
バインに決定し、サードは7~8日にマニクールで最終テストを行った。7日はアー
バインとクロスノフが、走行を行ったが、アーバインはF1カナダGPに参加するた
め、8日はクロスノフ一人で最終確認のテストが行われた。
 ホンダNSXを持ち込むチーム・クニミツは、シェイクダウンとなった5/8のル
マンテストでは回転数に余裕を残した状態であったため、ユノディエールでの最高速
が約265キロと伸び悩んでいたが、5/17に行われたポールリカールテストで実
力は十分に証明されている。
 土屋圭市によると、伝統のサルテサーキットは、ミュルサンヌを立ち上がってイン
デイアナポリスにかけての公道部分が、ブラインドでありながら5速~6速全開で走
るため恐いという。
 ブガッティやF・コンラッドを含む数チームは、ポルシェ962のエントリーがGT
プロトではなく、LM・GTクラスで認められたことに対して不満の意を表明してい
る。しかし、ACOからは、現在のところは何のコメントも出ていない。
9.GT選手権タイヤ交換コンテスト・レース第2戦開催
 今回もタイヤ交換コンテスト・レースが、日曜日の昼のピットウォークの時間帯に
行われる。クラス分けもコンベンショナルホイールとセンターロックホイールの2部
門が今回も用意され、競技人数も第1戦と同様にジャッキ操作1名とタイヤ交換2名
の3名で競われる。各クラスの優勝者に対しては、レーシングオン誌から高額の賞金
とパネルが授与される。
'94全日本GT選手権
Rd.2 仙台ハイランド                                            Date 6/11
6月11~12日
GT インサイド・レポート             No.  4
10.10日フリープラクティス(15:30-16:30)結果
マシン                                  ドライバー          タイム
-------------------------------------------------------------------------------
1 #3ユニシア・ジェックス・スカイライン 長谷見昌弘          1’53.30
2 #2  ZEXELスカイライン         鈴木利男            1’54.07
3 #40 タイサン ADVAN F40  A・リード/太田哲也  1’56.53
4 #24 コクピット 館林GTR          山路慎一/袖山誠一  1’56.64
5 #14 CCIあめんぼうシルビア        服部尚貴/大井貴之  1’58.10
6 #9  acomポルシェRSR           M・マルティニ      1’58.18
7 *12 FKマツシモERC RX7     川崎哲哉            1’58.44
     (タイムは非公式参考タイム)
11.#2 ZEXELスカイライン
 第1戦を失ってしまったニスモは、FRスカイラインを徹底的にデベロップして仙
台に乗り込んできた。ハイランドでは最高速が低いだけでなく、これからの夏の気温
を考えてラジエターを大型にした他、第1戦でアルコンに交換されてしまったRブレー
キも、クーリングダクトを改良して熱対策が施されたため、計画通りAPが使われる。
 FRスカイラインはフロントサスペンションに課題を抱えていたが、より大きなキ
ャンバー角がつけられるように、エクステンションアームのブラケットに改良が施さ
れて、コーナー出口でのアンダーステアを解決している。タイヤサイズは変更されず、
従来と同じ300㎜の幅のままで今後も参戦する。
12.#9 acomポルシェRSR
 金曜の午前中のM・マルティニは、ひたすら曲がらないポルシェのステアリングと
格闘することとなった。昼にノバのエンジニアによって、ショックを軟らかいタイプ
に交換したり、フロントの車高を下げる等の対策を行ったことにより、午後のマルテ
ィニは笑顔でハイランドを攻めることが出来たようだ。
 911RSRはノーズにフューエルタンクを持ち、燃料の量にハンドリングが大き
く影響されるという性質を持っているため、この敏感な性格を是正する方向で開発が
行われている。基本的な重量配分をフロントよりにするため、オイルクーラー(元々
は1個のものを2個に)をノーズに追加したり、カーボンファイバーで製作したワン
ピースのフロントカウルとサイドカバーを装備して、空力バランスをとることを試みている。
13.新たなフェラーリF40の参加
 ローラワークスとして、トヨタやプジョーの怪物マシンとSWC、で闘っていた
ユーロレーシングの残党もフェラーリF40GTの開発を行っていることが明らかに
なった。
 かつてユーロレーシングに在籍していた白阪正之氏を中心とするグループは、今年
終盤のテスト参戦を目指してF40のエンジン開発を行ってきたが、盛況であった第
1戦に触発されて、参戦スケジュールを早めて夏頃の参戦を計画している。
 彼らのF40は(N1までの改造範囲であればリストリクター装着が免除される)
今年の特例規定を使わずに、来年以降のことも考えて、31㎜×2のリストリクター
をエンジンに装着した状態で開発が行われているが、エンジン本体はF1エンジンの
開発に関わっていた、有力エンジニアが手がけている他、有力チューナーがコンピュー
ターの開発を行っている。
 この仙台でカメラカーとしてデビューするという案もあったが、準備不足のため見
送られたため、お盆に行われる第3戦の富士250キロあたりに姿を現すこととなる
だろう。
                    提供:GTアソシエーション事務局
古屋 知幸   = MGG01235 =

全日本GT選手権

GT選手権Rd.2レポート1

'94全日本GT選手権
Rd.2 仙台ハイランド                                       Date 6/10
6月11日
GT インサイド・レポート             No.  1               for FMOTOR4
1.シリーズポイント  #GT1クラス
ゼッケン   エントラント            ドライバー            ポイント
---------------------------------------------------------------------------
1  #1    ホシノレーシング        影山正彦       20
2 #24   レーシングチーム中春      山路慎一/袖山誠一  15
3 #40   チームタイサン         太田哲也/鈴木恵一  12
4 #14   ムーンクラフト         服部尚貴/大井貴之  10
5 #9    ACOM RACING TEAM NOVA      M・マルティニ      8
6 #3    ハセミ・モータースポーツ    長谷見昌弘        6
2.シリーズポイント  *GT2クラス
ゼッケン   エントラント            ドライバー            ポイント
---------------------------------------------------------------------------
1 *29   KEGANI RACING          小幡 栄/上原秀郎  20
2 *70   石橋義三             石橋義三/青柳裕易  15
3 *11   吉本博雪              吉本博雪/林雅弘   12
4 *33   アムゼレーシングチーム     白鳥哲次/早川篤   10
3.ハイランド気象の読み方
 仙台ハイランドのある宮城県西部山間部の天気は、回りの山々の影響を受けて変わ
り易いばかりか、太平洋からの距離が近いため海の影響も受ける。
 特にGTレースが行われる6月中旬には、南側に梅雨前線が張り出し、雨が降り易
い状況となっている。海からの東風が吹いて冷たい空気が入ってくると雨が降るため、
東風がハイランド気象の重要なポイントである。しかし、海とハイランドの間には海
抜432mの大倉山があるため、東風が吹けば必ず雨が降るわけではなく、太平洋に
面した仙台市内で雨が降っていたとしても、ハイランドまでは冷たい空気が入り込め
ず雨は降らないこともある。
 また、夜晴れていて地表の熱が奪われ朝方に気温が下がった時も、梅雨時期には霧
が発生し易くなるため、夜晴れている時にも注意が必要である。
'94全日本GT選手権
Rd.2 仙台ハイランド                                          Date 6/11
6月11日
GT インサイド・レポート             No.  2               for FMOTOR4
4.現在のハンデウエイト #GT1クラス
ドライバー           マシン                                  ハンデウエイト
---------------------------------------------------------------------------
影山正彦             #1  カルソニック・スカイライン          30
山路慎一/袖山誠一   #24 コクピット 館林GTR              20
太田哲也/鈴木恵一   #40 タイサン ADVAN F40        10
5.現在のハンデウエイト *GT2クラス
ドライバー           マシン                                  ハンデウエイト
---------------------------------------------------------------------------
小幡 栄/上原秀郎   *29 KORG KEGANIポルシェ      30㎏
注:GT2クラスは出走が5台以下のため1位のみがハンデの対象となる。
6.フナキ・レーシング
 フェラーリF40LMでの参戦を計画しているフナキ・レーシングは、5月16日
にTIサーキットで羽根幸浩のドライブにより初テストを行った。
 テストは、700馬力を越える出力を持つF40LMの本来の能力を確認すること
と、リストリクターを取り付けた時のエンジン特性データを収集することを目的とし
て行われた。
 F40LMは強化されたカーボンシャシー、ピロボールを使用したサスペンション、
強力なダウンフォースを生むウイングとすべてがレースを意識して造られており、リ
ストリクターを取り付けない状態では、古いポルシェ962Cよりも速いペースでTI
を走り回った。
 しかし、31㎜×2のリストリクターは3リッターのターボエンジンを約6500
回転以上で無力化してしまうため、6000~8500回転というF40LMのトル
クバンドにとってはリストリクターは矛盾以外の何者でもなく、テストの最後には、
心配されたコンプレッサーの過回転により、右側のターボがブローしてしまった。
 ターボの在庫が無いためデビューは遅れているが、カムシャフトの変更等で、トル
クバンドを変える開発もデビューまでには必要となることだろう。
                    提供:GTアソシエーション事務局
古屋 知幸   = MGG01235 =

Japanese F3

西仙台ハイランドF3協会占有走行

6月10日 09:50-10:50(DRY)
------------------------------------------------------------------------------
Pos. No.  Name             Lap Time (Lap)
------------------------------------------------------------------------------
1  16   影山  正美 T033   1'42.94 ( 11)/( 11)
2  7    M.KRUM     T034   1'43.42 ( 12)/( 14)
3  13   中野 信治 D393   1'43.93 ( 12)/( 16)
4  3    R.DEAN     D394   1'44.16 ( 10)/( 10)
5  33   道上  龍 D394   1'44.65 ( 12)/( 18)
6  8    高木虎之介 T034   1'44.88 (  9)/( 17)
7  10   大西太一郎 T033   1'45.05 ( 12)/( 17)
8  73   川本  篤 D393   1'45.07 ( 10)/( 13)
9  17   R.INGALL   T033   1'45.09 (  6)/( 12)
10  5    加藤 隆史 D393   1'45.26 ( 10)/( 11)
11  37   柴原 眞介 D394   1'45.35 (  6)/( 13)
12  60   伊藤  勝一 D393   1'45.50 (  9)/( 11)
13  62   早田 岳史 D394   1'45.53 ( 10)/( 12)
14  64   田中 哲也 R94C   1'45.61 (  9)/( 15)
15  45   加藤 寛規 D393   1'45.61 ( 11)/( 11)
16  15   土屋 武士 T033   1'45.77 ( 10)/( 14)
17  18   島守  広 D394   1'45.84 (  7)/( 14)
18  100  羽根 幸浩 D393   1'46.01 ( 10)/( 12)
19  11   田嶋 栄一 D393   1'46.10 ( 11)/( 13)
20  19   井出 有治 T033   1'46.52 (  9)/( 12)
21  36   木下 ミツヒロ D394   1'46.60 (  9)/( 11)
22  31   小泉 和寛 D393   1'47.37 (  9)/(  9)
23  9    山本 将之 D394   1'47.70 (  7)/( 14)
24  21   勝間田健一 F393   1'49.11 (  8)/( 15)
------------------------------------------------------------------------------
6月10日 14:20-15:20(WET)
------------------------------------------------------------------------------
Pos. No.  Name             Lap Time (Lap)
------------------------------------------------------------------------------
1  7    M.KRUM     T034   1'46.14 ( 15)/( 15)
2  16   影山  正美 T033   1'46.52 ( 11)/( 11)
3  13   中野 信治 D393   1'47.37 ( 14)/( 14)
4  60   伊藤  勝一 D393   1'47.80 (  8)/(  8)
5  5    加藤 隆史 D393   1'47.97 ( 18)/( 18)
6  17   R.INGALL   T033   1'47.99 ( 13)/( 13)
7  64   田中 哲也 R94C   1'48.24 ( 10)/( 10)
8  15   土屋 武士 T033   1'48.35 ( 17)/( 17)
9  37   柴原 眞介 D394   1'48.47 (  2)/(  3)
10  62   早田 岳史 D394   1'48.69 ( 16)/( 16)
11  10   大西太一郎 T033   1'48.97 ( 13)/( 13)
12  73   川本  篤 D393   1'49.04 ( 16)/( 16)
13  3    R.DEAN     D394   1'49.16 ( 12)/( 12)
14  18   島守  広 D394   1'49.24 ( 16)/( 16)
15  4    西宮 圭吉 D393   1'49.36 ( 10)/( 11)
16  100  羽根 幸浩 D393   1'49.79 ( 11)/( 11)
17  19   井出 有治 T033   1'50.07 ( 10)/( 10)
18  33   道上  龍 D394   1'50.44 ( 20)/( 20)
19  11   田嶋 栄一 D393   1'50.58 (  4)/(  4)
20  45   加藤 寛規 D393   1'50.95 ( 13)/( 13)
21  31   小泉 和寛 D393   1'52.94 ( 15)/( 15)
22  9    山本 将之 D394   2'01.24 (  6)/(  7)
23  8    高木虎之介 T034   2'01.73 (  3)/(  3)
24  36   木下 ミツヒロ D394   2'03.78 (  4)/(  6)
------------------------------------------------------------------------------
                                   中嶋企画

Japanese F3

西仙台F3エントラント協会占有走行

西仙台ハイランド 10:30-12:00
------------------------------------------------------------------------------
Pos. No.  Name             Lap Time (Lap)
------------------------------------------------------------------------------
1  7    M.KRUM     T034   1'43.31 ( 14)/( 25)
2  16   影山  正美 T033   1'43.65 ( 17)/( 22)
3  17   R.INGALL   D394   1'43.70 ( 20)/( 20)
4  33   道上  龍 D394   1'43.86 ( 23)/( 32)
5  3    R.DEAN     D393   1'44.13 ( 20)/( 23)
6  13   中野 信治 D393   1'44.61 ( 18)/( 24)
7  8    高木虎之介 T034   1'44.65 ( 19)/( 25)
8  62   早田 岳史 D394   1'45.16 ( 10)/( 21)
9  15   土屋 武士 T033   1'45.20 ( 23)/( 27)
10  64   田中 哲也 R94C   1'45.31 ( 23)/( 23)
11  4    西宮 圭吉 D394   1'45.46 ( 14)/( 22)
12  60   伊藤  勝一 D393   1'45.47 ( 24)/( 24)
13  100  羽根 幸浩 D393   1'45.63 ( 22)/( 22)
14  45   加藤 寛規 D393   1'45.72 ( 28)/( 31)
15  5    加藤 隆史 D393   1'45.82 ( 18)/( 30)
16  10   大西太一郎 T033   1'45.82 ( 31)/( 31)
17  31   小泉 和寛 D393   1'45.89 ( 23)/( 23)
18  37   柴原 眞介 D394   1'45.98 ( 20)/( 25)
19  11   田嶋 栄一 D393   1'45.99 ( 14)/( 14)
20  73   川本  篤 D393   1'46.20 ( 14)/( 22)
21  18   NAVI.CONE. T033   1'46.44 ( 25)/( 27)
22  9    山本 将之 D394   1'46.65 ( 17)/( 22)
23  19   井出 有治 T033   1'46.94 ( 32)/( 32)
24  21   勝間田健一 F393   1'48.18 ( 19)/( 25)
------------------------------------------------------------------------------
西仙台ハイランド 14:30-17:00
------------------------------------------------------------------------------
Pos. No.  Name             Lap Time (Lap)
------------------------------------------------------------------------------
1  7    M.KRUM     T034   1'43.02 ( 23)/( 24)
2  16   影山  正美 T033   1'44.11 ( 16)/( 20)
3  8    高木虎之介 T034   1'44.24 ( 24)/( 28)
4  62   早田 岳史 D394   1'44.57 ( 10)/( 27)
5  3    R.DEAN     D394   1'44.67 ( 13)/( 19)
6  100  羽根 幸浩 D393   1'44.89 ( 15)/( 27)
7  13   中野 信治 D393   1'44.96 (  4)/(  7)
8  64   田中 哲也 R94C   1'44.97 ( 19)/( 19)
9  17   R.INGALL   T033   1'45.01 (  9)/( 19)
10  37   柴原 眞介 D394   1'45.10 ( 16)/( 23)
11  33   道上  龍 D394   1'45.29 ( 23)/( 30)
12  11   田嶋 栄一 D393   1'45.35 ( 13)/( 19)
13  31   小泉 和寛 D393   1'45.48 ( 13)/( 23)
14  36   木下 ミツヒロ D394   1'45.50 ( 25)/( 28)
15  73   川本  篤 D393   1'45.54 ( 21)/( 21)
16  5    加藤 隆史 D393   1'45.60 ( 19)/( 27)
17  15   土屋 武士 T033   1'45.68 ( 14)/( 25)
18  45   加藤 寛規 D393   1'45.79 ( 16)/( 22)
19  4    西宮 圭吉 D393   1'45.80 ( 25)/( 25)
20  60   伊藤  勝一 D393   1'45.84 ( 13)/( 26)
21  19   井出 有治 T033   1'45.99 ( 20)/( 23)
22  10   大西太一郎 T033   1'46.00 ( 17)/( 28)
23  18   島守  広 D394   1'46.57 ( 17)/( 23)
24  9    山本 将之 D394   1'46.99 ( 21)/( 25)
25  21   勝間田健一 F393   1'48.35 ( 10)/( 29)
------------------------------------------------------------------------------
                                   中嶋企画

N1耐久シリーズ

富士ツーリングカー6時間レース大会 N1 正式結果

*******************************************************************************
*                                        Fuji International Speedway(4.470km) *
*                     富士ツーリングカー6時間レース大会                      *
*                     富士ツーリングカー6時間 レース正式結果表                     *
* 1994.06.05    天候 : 晴れ       コース状況 : ドライ         SEIKO TIMING *
*******************************************************************************
位 車番クラス ドライバー  1         ドライバー  2         ドライバー  3
車      名                    周回    所要時間 トップ差    km/h   ベストタイム
-------------------------------------------------------------------------------
1  27  1 河合  博之             都平  健二
WISE  SPORTS  GTR 204 6:00'32.903          151.749  1'41.952
2  11  1 村松  康生             和田    久
レッツォBPトランピオ・GTR 204 6:01'31.901 0'58.998 151.336  1'42.459
3  19  1 関根  基司             川崎  哲哉             萩原    誠
FKマッシモFALKENGTR 201 6:00'15.799   3 Laps 149.636  1'42.777
4  22  1 池谷  勝則             駒    光武             須賀  宏明
アイ・オ-トスカイラインGTR 197 6:00'12.342   7 Laps 146.681  1'42.834
5  95  3 岡田  秀樹             吉田  寿博             新田  守男
スプ-ン  シビック             194 6:01'24.754  10 Laps 143.965  1'48.699
6   6  2 榎本  広行             小林  正吾             藤村  満男
BPOILジャラ-ナBMWM3 193 6:00'28.579  11 Laps 143.595  1'48.287
7  62  3 横島    久             渡辺    明
CADET・三幸社  CIVIC 193 6:01'11.059  11 Laps 143.314  1'48.979
8  61  3 粕谷  俊二             山田  洋二             柳田  春人
TAKE  ONE  CIVIC   192 6:01'10.706  12 Laps 142.573  1'48.814
9   9  1 水野  文則             山崎  泰文
ナイトスポ-ツRX-7         192 6:01'42.205  12 Laps 142.366  1'46.135
10   5  2 浅見    武             玉本  秀幸
BPOILトランスグロ-バルM3 189 6:01'16.094  15 Laps 140.311  1'48.138
11  91  3 河合  隆仁             井入  宏之
BUDDYCLUB  CIVIC 189 6:01'17.569  15 Laps 140.301  1'51.100
12  53  3 赤尾  文夫             鈴木  恵一
5ZIGEN・CIVIC       188 6:00'11.915  16 Laps 139.983  1'50.062
13  15  2 N.CHEROENSUKHAWATANA   P.APHIPHUNYA           黒木  健次
HCT  PRELUDE         188 6:00'16.204  16 Laps 139.955  1'50.130
14  57  3 山内  伸弥             瀬在  仁志
ビスコベ-タ・アンクルシビック 186 6:00'29.994  18 Laps 138.378  1'49.893
15  36  2 芥川  泰正             佐藤  浩二
FEEL'Sツインカムプレリュ-ド   186 6:02'21.021  18 Laps 137.671  1'49.389
16  81  3 小幡    栄             吉富    章
埼玉コルトミラ-ジュ・アスティ 184 6:00'18.585  20 Laps 136.962  1'52.455
17  74  3 道上    龍             奥田    敦
SPARCO  CIVIC       181 6:01'13.998  23 Laps 134.385  1'50.396
18  55  3 大久保  健治           古橋    譲
BP・ADVAN・CIVIC   180 6:00'54.346  24 Laps 133.763  1'50.384
19  13  1 高村  一明             奥貫    直
TANABE  SUPRA       180 6:01'28.705  24 Laps 133.552  1'45.831
20 111  4 千葉  達也             中村    真
ダッカムスジャラ-ナDLスズキ 179 6:01'43.328  25 Laps 132.720  1'57.021
21  70  3 山岸    豪             内間    淳
エンドレス  アドバン  シビック 178 6:00'00.636  26 Laps 132.606  1'50.854
22 106  4 宮前  清人             梅沢  雅男             菅原  雅之
RSワタナベVisフラワーオート 178 6:00'47.360  26 Laps 132.320  1'56.912
23 102  4 高橋  靖彦             田崎  弘直             小泉  淳一
Projectμクル-カルタス 177 6:00'30.303  27 Laps 131.680  1'57.827
24 109  4 田中  義孝             小林  利弥
鎌倉小林TアサダVisカルタス 175 6:00'02.503  29 Laps 130.360  1'57.484
25 104  4 坂巻    胤             田畑    勇             金子  俊也
AMRエンドレスクル-カルタス 175 6:01'15.137  29 Laps 129.923  1'57.925
26  21  2 中川  隆正             高原  智一             亀山  清隆
A-A-A  プレリュ-ド       168 6:01'45.032  36 Laps 124.554  1'49.491
27 117  4 溝口    司             輿水  真樹             常盤  利明
ORSオ-トバックスFGA2   162 6:01'15.760  42 Laps 120.268  1'59.820
28  87  3 羽根  幸浩             萩原    修
HKS  MIRAGE           159 6:01'33.235  45 Laps 117.946  1'51.260
29  96  3 茂木  和男             石川    朗
2002JAPANミラ-ジュ   142 6:00'33.480  62 Laps 105.626  1'52.680
----------------------------- *** 以上 完走 *** -------------------------------
23  1 砂子  智彦             木下  隆之
プリンス東京フジツボ・GTR   188              16 Laps          1'43.084
73  3 山野  哲也             三好  正己
Castrol  CIVIC     180              24 Laps          1'49.129
3  1 中谷  明彦             大井  貴之             上原  秀朗
PUMA・GTO               148              56 Laps          1'42.953
34  2 趙    顕樹             中田  雅久             奥山  道子
FUNTECザパラプレリュ-ド 148              56 Laps          1'52.051
1  1 原    貴彦             桂    伸一
日産アルティアファルケンGTR 105 6:00'27.459  99 Laps  78.126  1'42.799
52  3 西垣内  正義           田中    実             渋谷    勉
5ZIGEN・CIVIC        82    1'00.000 122 Laps21992.40  1'49.392
116  4 湯浅  義光             田中  和俊             ゆき  ちひろ
和功産業・タイシン・Qカルタス  64             140 Laps          1'59.691
83  3 佐藤  清治             佐藤    淳             成澤  隆二
ポカリスエットスワロ-BP・μ  63             141 Laps          1'51.460
60  3 萬雲  恒明             萩原  秀輝             木ノ下  雅嗣
バジェットBPミラ-ジュ        49             155 Laps          1'53.611
69  3 市森  友明             深見  慎二郎           松尾  清親
SSRラムズTwoUpシビック  47             157 Laps          1'50.710
30  1 小川  日出生           細野  智行
山形三菱RSオガワランサ-      44             160 Laps          1'46.268
68  3 今村  正広             大場  次雄             嶋村    馨
YAMATOCIVICSiR    42             162 Laps          1'52.414
54  3 小林  敬一             木下  正治             佐々木秀六
5ZIGEN・CIVIC        38             166 Laps          1'50.040
72  3 服部  吉男             内田  政宏             岡本  金幸
T.O.R.ダンロップシビック  37             167 Laps          1'52.672
2  1 竹内  浩典             影山  正美
Projectμ  BP  GTR  35             169 Laps          1'41.839
17  1 片山  義美             木下  みつひろ
KATAYAMA  RX-7      18             186 Laps          1'43.429
-------------------------------------------------------------------------------
スタート  12:49'00     フィニッシュ  18:49'32.903
参加台数 : 48 台    出走台数 : 45 台    完走台数 : 33 台
ベストタイム  No. 2 ( 影山  正美 )   1'41.839  4/35  158.014 km/h
-------------------------------------------------------------------------------
☆☆☆ 提供 : Fuji International Speedway ☆☆☆

全日本F3000

RE:タイヤ協会管生F3000テスト

2日目<10:00~14:00>
------------------------------------------------------------------------------
Pos. No.  Name             Lap Time (Lap)
------------------------------------------------------------------------------
1  8    M.アピチェッラ    DL   1'08.42 ( 15)/( 18)
2  11   黒沢 琢弥 94 BS   1'08.67 ( 11)/( 34)
3  27   T.クリステンセン    DL   1'08.83 ( 24)/( 28)
4  20   A-G.スコット     BS   1'09.42 ( 25)/( 25)
5  24   服部 尚貴    BS   1'09.59 ( 15)/( 24)
6  3    金石 勝智 94 BS   1'09.76 ( 26)/( 37)
7  9    M.マルティーニ    BS   1'09.95 ( 25)/( 29)
8  6    光貞 秀俊    DL   1'10.12 ( 21)/( 59)
9  16   影山 正彦    BS   1'10.56 ( 22)/( 22)
10  15   檜井 保孝    BS   1'10.76 ( 16)/( 39)
11  18   T.ダニエルソン 94 YH   1'10.76 ( 21)/( 36)
12  1    星野 一義 93 BS   1'10.92 ( 25)/( 33)
13  17   M.サロ      93 YH   1'11.54 (  8)/( 12)
14  25   R.チーヴァー     BS   1'11.57 (  6)/( 24)
15  5    中谷 明彦 94 DL   1'12.10 ( 32)/( 45)
------------------------------------------------------------------------------
2日目<14:00~16:00>
------------------------------------------------------------------------------
Pos. No.  Name             Lap Time (Lap)
------------------------------------------------------------------------------
1  1    星野 一義 93 BS   1'08.00 ( 35)/( 37)
2  12   黒沢 琢弥 93 BS   1'08.09 ( 10)/( 36)
3  18   T.ダニエルソン 94 YH   1'08.25 ( 14)/( 18)
4  20   A-G.スコット     BS   1'08.30 (  4)/( 21)
5  17   M.サロ      93 YH   1'08.42 ( 18)/( 20)
6  9    M.マルティーニ    BS   1'08.51 ( 29)/( 34)
7  15   檜井 保孝    BS   1'08.52 ( 28)/( 31)
8  27   T.クリステンセン    DL   1'08.65 ( 38)/( 39)
9  6    光貞 秀俊    DL   1'08.68 ( 26)/( 34)
10  3    金石 勝智 94 BS   1'08.85 ( 38)/( 38)
11  25   R.チーヴァー     BS   1'08.89 ( 19)/( 21)
12  24   服部 尚貴 93 BS   1'09.00 ( 41)/( 41)
13  16   影山 正彦    BS   1'09.73 ( 16)/( 32)
14  8    M.アピチェッラ    DL   1'10.61 ( 26)/( 36)
15  5    中谷 明彦 94 DL   1'11.62 ( 25)/( 42)
------------------------------------------------------------------------------
NAKAJIMA PLANNING

全日本F3000

タイヤ協会管生F3000テスト

1日目<10:00~12:00>
------------------------------------------------------------------------------
Pos. No.  Name             Lap Time (Lap)
------------------------------------------------------------------------------
1  17   M.サロ      93 YH   1'10.58 ( 29)/( 30)
2  11   黒沢 琢弥 94 BS   1'10.63 ( 17)/( 43)
3  1    星野 一義 93 BS   1'10.81 ( 32)/( 34)
4  27   T.クリステンセン    DL   1'10.88 ( 29)/( 32)
5  15   檜井 保孝    BS   1'10.92 ( 35)/( 35)
6  25   R.チーヴァー     BS   1'10.95 ( 14)/( 38)
7  20   A-G.スコット     BS   1'11.10 ( 24)/( 24)
8  8    M.アピチェッラ    DL   1'11.17 ( 21)/( 21)
9  16   影山 正彦    BS   1'11.23 ( 26)/( 29)
10  3    金石 勝智 94 BS   1'11.29 ( 32)/( 34)
11  9    M.マルティーニ    BS   1'11.50 ( 11)/( 22)
12  6    光貞 秀俊    DL   1'11.75 ( 44)/( 45)
13  18   T.ダニエルソン 94 YH   1'11.82 ( 18)/( 31)
14  24   服部 尚貴    BS   1'11.83 ( 13)/( 39)
15  5    中谷 明彦 94 DL   1'12.62 ( 16)/( 17)
------------------------------------------------------------------------------
1日目<14:00~17:00>
------------------------------------------------------------------------------
Pos. No.  Name             Lap Time (Lap)
------------------------------------------------------------------------------
1  11   黒沢 琢弥 94 BS   1'09.10 ( 37)/( 63)
2  1    星野 一義 93 BS   1'09.17 ( 36)/( 51)
3  8    M.アピチェッラ    DL   1'09.22 ( 29)/( 29)
4  20   A-G.スコット     BS   1'09.52 ( 45)/( 46)
5  16   影山 正彦    BS   1'09.68 ( 44)/( 57)
6  17   M.サロ      93 YH   1'09.77 ( 10)/( 15)
7  15   檜井 保孝    BS   1'09.88 ( 63)/( 63)
8  18   T.ダニエルソン 94 YH   1'09.99 ( 24)/( 37)
9  9    M.マルティーニ    BS   1'10.07 ( 31)/( 63)
10  27   T.クリステンセン    DL   1'10.07 ( 39)/( 41)
11  6    光貞 秀俊    DL   1'10.25 ( 35)/( 35)
12  3    金石 勝智 94 BS   1'10.25 ( 45)/( 45)
13  24   服部 尚貴    BS   1'10.35 ( 38)/( 54)
14  25   R.チーヴァー     BS   1'10.67 ( 18)/( 28)
15  5    中谷 明彦 94 DL   1'12.65 ( 20)/( 27)
------------------------------------------------------------------------------
NAKAJIMA PLANNING

N1耐久シリーズ

富士ツーリングカー6時間レース大会 N1 予選結果

*******************************************************************************
*                                        Fuji International Speedway(4.470km) *
*                     富士ツーリングカー6時間レース大会                      *
*                   富士ツーリングカー6時間 公式予選正式結果表                     *
* 1994.06.04    天候 : 晴れ       コース状況 : ドライ         SEIKO TIMING *
*******************************************************************************
位車番クラス ドライバー  1         ドライバー  2         ドライバー  3
形    式         車     名                      ベストラップ 周  km/h
-------------------------------------------------------------------------------
1  2   1竹内  浩典             影山  正美
BNR 32           Projectμ  BP  GTRR1'38.683 14 163.068
2 23   1砂子  智彦             木下  隆之
BNR 32           プリンス東京フジツボ・GTR  R1'39.288 17 162.074
3 27   1河合  博之             都平  健二
BNR 32           WISE  SPORTS  GTRR1'39.608 15 161.553
4  1   1原    貴彦             桂    伸一
BNR 32           日産アルティアファルケンGTR 1'40.234 13 160.544
5  3   1中谷  明彦             大井  貴之             上原  秀朗
Z16A             PUMA・GTO               1'40.422 15 160.244
6 19   1関根  基司             川崎  哲哉             萩原    誠
BNR 32           FKマッシモFALKENGTR 1'40.494 14 160.129
7 11   1村松  康生             和田    久
BNR 32           レッツォBPトランピオ・GTR 1'40.807 19 159.632
8 22   1池谷  勝則             駒    光武             須賀  宏明
BNR 32           アイ・オ-トスカイラインGTR 1'41.007 14 159.316
9 17   1片山  義美             木下  みつひろ
FD3S             KATAYAMA  RX-7     1'42.108 13 157.598
10 30   1小川  日出生           細野  智行
CE9A             山形三菱RSオガワランサ-     1'43.891 13 154.893
11 13   1高村  一明             奥貫    直
JEA 80           TANABE  SUPRA       1'44.832 23 153.503
12  5   2浅見    武             玉本  秀幸
E30              BPOILトランスグロ-バルM3 1'46.889 15 150.549
13 95   3岡田  秀樹             吉田  寿博             新田  守男
EG 6             スプ-ン  シビック             1'47.018 16 150.367
14 52   3西垣内  正義           田中    実             渋谷    勉
EG 6             5ZIGEN・CIVIC       1'47.221 21 150.083
15  6   2榎本  広行             小林  正吾             藤村  満男
E30              BPOILジャラ-ナBMWM3 1'47.314 22 149.952
16 54   3小林  敬一             木下  正治             佐々木秀六
EG 6             5ZIGEN・CIVIC       1'47.425 15 149.798
17 73   3山野  哲也             三好  正己
EG 6             Castrol  CIVIC     1'47.856 27 149.199
18 57   3山内  伸弥             瀬在  仁志
EG 6             ビスコベ-タ・アンクルシビック 1'47.947 20 149.073
19 53   3赤尾  文夫             鈴木  恵一
EG 6             5ZIGEN・CIVIC       1'47.976 25 149.033
20 61   3粕谷  俊二             山田  洋二             柳田  春人
EG 6             TAKE  ONE  CIVIC   1'48.055 12 148.924
21 21   2中川  隆正             高原  智一             亀山  清隆
BB4              A-A-A  プレリュ-ド       1'48.080 23 148.890
22 36   2芥川  泰正             佐藤  浩二
BB4              FEEL'Sツインカムプレリュ-ド   1'48.142 25 148.804
23 62   3横島    久             渡辺    明
EG 6             CADET・三幸社  CIVIC 1'48.176 17 148.758
24 55   3大久保  健治           古橋    譲
EG 6             BP・ADVAN・CIVIC   1'48.522 14 148.283
25 34   2趙    顕樹             中田  雅久             奥山  道子
BB4              FUNTECザパラプレリュ-ド 1'48.809 21 147.892
26 15   2N.CHEROENSUKHAWATANA   P.APHIPHUNYA           黒木  健次
BB4              HCT  PRELUDE         1'48.915 30 147.748
27 70   3山岸    豪             内間    淳
EG 6             エンドレス  アドバン  シビック 1'48.995 25 147.640
28 68   3今村  正広             大場  次雄             嶋村    馨
EG 6             YAMATOCIVICSiR   1'49.156 22 147.422
29 91   3河合  隆仁             井入  宏之
EG 6             BUDDYCLUB  CIVIC 1'49.170 28 147.403
30 69   3市森  友明             深見  慎二郎           松尾  清親
EG 6             SSRラムズTwoUpシビック 1'49.413 22 147.076
31 74   3道上    龍             奥田    敦
EG 6             SPARCO  CIVIC       1'49.665 23 146.738
32 87   3羽根  幸浩             萩原    修
CA4A             HKS  MIRAGE           1'50.290 18 145.906
33 83   3佐藤  清治             佐藤    淳             成澤  隆二
EG 6             ポカリスエットスワロ-BP・μ 1'50.974 18 145.007
34 81   3小幡    栄             吉富    章
CA4A             埼玉コルトミラ-ジュ・アスティ 1'51.082 17 144.866
35 96   3茂木  和男             石川    朗
CA4A             2002JAPANミラ-ジュ   1'51.404 21 144.447
36 72   3服部  吉男             内田  政宏             岡本  金幸
EG 6             T.O.R.ダンロップシビック 1'51.414 26 144.434
37 60   3萬雲  恒明             萩原  秀輝             木ノ下  雅嗣
CA4A             バジェットBPミラ-ジュ       1'51.764 25 143.982
38106   4宮前  清人             梅沢  雅男             菅原  雅之
AA34S            RSワタナベVisフラワーオート 1'55.677 23 139.111
39111   4千葉  達也             中村    真
AA34S            ダッカムスジャラ-ナDLスズキ 1'55.810 15 138.952
40104   4坂巻    胤             田畑    勇             金子  俊也
AA34S            AMRエンドレスクル-カルタス 1'55.838 28 138.918
41109   4田中  義孝             小林  利弥
AA34S            鎌倉小林TアサダVisカルタス 1'56.119 26 138.582
42102   4高橋  靖彦             田崎  弘直             小泉  淳一
AA34S            Projectμクル-カルタス 1'56.703 27 137.888
43116   4湯浅  義光             田中  和俊             ゆき  ちひろ
AA34S            和功産業・タイシン・Qカルタス 1'56.836 22 137.732
44117   4溝口    司             輿水  真樹             常盤  利明
GA2              ORSオ-トバックスFGA2   1'57.770 27 136.639
45  9   1水野  文則             山崎  泰文
FD3S             ナイトスポ-ツRX-7         1'43.655 12 155.246
-------------------------------------------------------------------------------
46 12   2牧口  規雄             浅野  武夫             堀米    徹
E36/2            IPFWAKO'S325iク-ペ     1'49.266 17 147.274
47 29   1相澤  一民             石崎    修             福島  好規
BNR 32           ALネクストRSアイザワGTR 1'48.028  8 148.961
48 51   3野村  光一             青山  敦夫             小椋  雅夫
EG 6             PHANTOM  CIVIC     1'51.105 10 144.836
-------------------------------------------------------------------------------
'R'マークの車は,コースレコードを更新しました 従来のレコードタイムは  1'40.191
-------------------------------------------------------------------------------
☆☆☆ 提供 : Fuji International Speedway ☆☆☆

検索

最新ニュース