Archives

  • [—]2017 (514)
  • [+]2016 (639)
  • [+]2015 (714)
  • [+]2014 (655)
  • [+]2013 (623)
  • [+]2012 (621)
  • [+]2011 (484)
  • [+]2010 (554)
  • [+]2009 (522)
  • [+]2008 (467)
  • [+]2007 (596)
  • [+]2006 (530)
  • [+]2005 (460)
  • [+]2004 (304)
  • [+]2003 (454)
  • [+]2002 (454)
  • [+]2001 (217)
  • [+]2000 (408)
  • [+]1999 (376)
  • [+]1998 (465)
  • [+]1997 (424)
  • [+]1996 (1)
  • [+]1995 (425)
  • [+]1994 (411)
  • [+]1993 (423)
  • [+]1992 (519)
  • [+]1991 (423)
  • [+]1990 (250)
  • [+]1970 (1)

ニュース内検索

1992年3月

全日本F3000

美祢F3000テストPM

******************************************************************************
* Series    : 全日本F3000選手権                                              *
* Title     : 合同タイヤテスト                                               *
* Course    : 美祢サーキット                    :3.239     (km)            *
* Date      : 92ー03ー31                                                       *
* Weather   : 晴                                                             *
* Condition : ドライ                                                        *
* Class     : 全日本F3000選手権                                              *
*           : Free Practice   Session-2                                      *
******************************************************************************
Pos.No.  Name               Maker     Model    Time      Ave.(km/h) From Top
------------------------------------------------------------------------------
1 11   E・アーヴィン     DL Lola T92   MUGEN   01'12.160  161.591   0'00.000
2 28   P・カーカッシ         DL Reynard92D MUGEN   01'12.410  161.033   0'00.250
3  2   小河  等     DL Lola T92   MUGEN   01'12.770  160.236   0'00.610
4  5   J・クロスノフ         DL Lola T92   MUGEN   01'13.550  158.537   0'01.390
5  9   M・マルティーニ       BS Lola T92   MUGEN   01'14.090  157.382   0'01.930
6 61   T・ダニエルソン       DL Lola T92   DFV     01'14.350  156.831   0'02.190
7  3   黒沢 琢弥      BS 童夢 F103  DFV     01'14.420  156.684   0'02.260
8 27   館  善泰      DL Lola T92   MUGEN   01'14.420  156.684   0'02.260
9 62   田中  実      DL Lola T92   MUGEN   01'14.690  156.117   0'02.530
10 25   R・チーバー         BS Reynard92D MUGEN   01'14.860  155.763   0'02.700
11 37   M・サロ            YH Reynard92D MUGEN   01'14.870  155.742   0'02.710
12 90   M・アピチェッラ       DL 童夢 F103  MUGEN   01'14.880  155.721   0'02.720
13 21   R・ラッツエンバーガー   BS Lola T92   MUGEN   01'14.890  155.700   0'02.730
14 20   AーG・スコット        BS Reynard92D MUGEN   01'14.980  155.513   0'02.820
15 19   星野 一義    BS Reynard92D MUGEN   01'14.990  155.493   0'02.830
16 16   関谷 正徳      BS Reynard92D JUDD    01'15.170  155.120   0'03.010
17  8   松本 恵二      DL 童夢 F103  MUGEN   01'15.420  154.606   0'03.260
18 34   金石 勝智      YH Lola T92   MUGEN   01'15.650  154.136   0'03.490
19 15   藤永 敬道      BS Reynard91D MUGEN   01'15.960  153.507   0'03.800
20  7   高橋 国光      YH Lola T92   MUGEN   01'15.980  153.467   0'03.820
21 26   和田 孝夫      BS Ralt RT24  MUGEN   01'16.070  153.285   0'03.910
22 98   服部 尚貴      BS Reynard92D MUGEN   01'16.230  152.963   0'04.070
23  6   和田  久      DL Lola T91   MUGEN   01'16.740  151.947   0'04.580
******************************************************************************
*                                  Hagiwara Racing S.KUDO                    *

全日本F3000

美祢F3000テストAM

******************************************************************************
* Series    : 全日本F3000選手権                                              *
* Title     : 合同タイヤテスト                                               *
* Course    : 美祢サーキット                    :3.239     (km)            *
* Date      : 92-03-31                                                       *
* Weather   : 晴                                                           *
* Condition : ドライ                                                         *
* Class     : 全日本F3000選手権                                              *
*           : Free Practice   Session-1                                      *
******************************************************************************
Pos.No.  Name               Maker     Model    Time      Ave.(km/h) From Top
------------------------------------------------------------------------------
1 11   E・アーヴィン     DL Lola T92   MUGEN   01'13.460  158.731   0'00.000
2 21   R・ラッツエンバーガー   BS Lola T92   MUGEN   01'14.870  155.742   0'01.410
3 28   P・カーカッシ         DL Reynard92D MUGEN   01'15.060  155.348   0'01.600
4 90   M・アピチェッラ       DL 童夢 F103  MUGEN   01'15.070  155.327   0'01.610
5  2   小河  等     DL Lola T92   MUGEN   01'15.190  155.079   0'01.730
6  1   T・ダニエルソン       DL Lola T92   DFV     01'15.190  155.079   0'01.730
7  3   黒沢 琢弥      BS 童夢 F103  DFV     01'15.260  154.935   0'01.800
8 25   R・チーバー         BS Reynard92D MUGEN   01'15.300  154.853   0'01.840
9 19   星野 一義    BS Reynard92D MUGEN   01'15.450  154.545   0'01.990
10 37   M・サロ            YH Reynard92D MUGEN   01'15.490  154.463   0'02.030
11  5   J・クロスノフ         DL Lola T92   MUGEN   01'15.810  153.811   0'02.350
12  6   和田  久      DL Lola T91   MUGEN   01'16.090  153.245   0'02.630
13 10   V・バイドラー       BS Lola T92   MUGEN   01'16.170  153.084   0'02.710
14 16   関谷 正徳      BS Reynard92D JUDD    01'16.180  153.064   0'02.720
15  9   M・マルティーニ       BS Lola T92   MUGEN   01'16.190  153.044   0'02.730
16  8   松本 恵二      DL 童夢 F103  MUGEN   01'16.310  152.803   0'02.850
17 26   和田 孝夫      BS Ralt RT24  MUGEN   01'16.790  151.848   0'03.330
18 27   館  善泰      DL Lola T92   MUGEN   01'16.860  151.710   0'03.400
19 62   田中  実      DL Lola T92   MUGEN   01'16.930  151.572   0'03.470
20 15   藤永 敬道      BS Reynard91D MUGEN   01'17.300  150.846   0'03.840
21 20   AーG・スコット        BS Reynard92D MUGEN   01'17.410  150.632   0'03.950
22  7   高橋 国光      YH Lola T92   MUGEN   01'17.560  150.340   0'04.100
23 34   金石 勝智      YH Lola T92   MUGEN   01'18.050  149.397   0'04.590
24 98   服部 尚貴      BS Reynard92D MUGEN   01'20.400  145.030   0'06.940
25 19T  中子  修    BS Lola T92   MUGEN   01'21.830  142.495   0'08.370
******************************************************************************
*                                  Hagiwara Racing (Shigeki Kudo)            *

Japanese F3

F3:筑波F3レース 正式結果

筑波チャレンジカップレース -FMOTOR4- (1992-03-29) Official Results
For All Japan F3 Championship Rd.2 筑波サーキット:(2.045km)
P No. Driver------------ Car--------------- Lap GoalTime--- -Km/h--
1   3 A.リード         RALT RT3 MF204     45   45'37.887 121.002
2  11 本山    哲         RALT RT3 MF204     45   45'39.756 120.920
3  22 石川  朗         RALT RT3 MF204     45   45'40.817 120.873
4   8 J.ビルニューブ   TOM'S 03 3S-G      45   45'50.585 120.443
5  19 高村 一明         RALT RT3 MF204     45   45'51.458 120.405
6  43 岡本 幸夫         RALT RT3 MF204     45   45'56.033 120.205
7  14 土屋 圭市         RALT RT3 MF204     45   46'05.493 119.794
8  26 沢田 龍太郎       RALT RT3 MF204     45   46'07.623 119.702
9  90 檜井 保孝         RALT RT3 MF204     45   46'22.466 119.063
10  28 柴原 真介         RALT RT3 MF204     45   46'27.023 118.869
11  12 中野 信治         RALT RT3 MF204     44    -  1Lap
12  33 光貞 秀俊         RALT RT3 MF204     44    -  1Lap
13   4 井上 隆智穂       DALL. 39 MF204     44    -  1Lap
14  10 伊藤 直澄         RALT RT3 MF204     43    -  2Laps
15  44 E.ビスコ         DALL. 39 MF204     41    -  4Laps
------------------------- DNC --------------------------------------
31 青木 博之         RALT RT3 MF204     39    -  6Laps
34 奥貫  直         RALT RT3 MF204     30    - 15Laps
9 R.リデル         TOM'S 03 3S-G      16    - 29Laps
15 西垣内 正義       RALT RT3 MF204      6    - 39Laps
16 影山 正美         RALT RT3 MF204      5    - 40Laps
70 D.ヒギンズ       RALT RT3 MF204      5    - 40Laps
7 田中 哲也         TOM'S 03 3S-G       4    - 40Laps
84 戸田 哲史         RALT RT3 MF204      2    - 43Laps
18 T.クリステンセン RALT RT3 3S-G       -------------
********************************************************************
Fastest Lap Time : 高村一明 0'59.780  43/45Laps   123.152km/h
#18 は、法典付則L項第4章 燃料補給ピットへの進入d)項違反により失格
             * FMOTOR4_SysOp 新倉芳夫 (PBA00065) *

Japanese F3

F3:筑波F3レース結果 一報

筑波F3レース結果
1.  A.レイド    Ralt RT35  45L
2.  本山 哲       Ralt RT35  45L
3.  石川 朗       Ralt RT35  45L
4.  J.ビルニューブ  Tom's 032F 45L
5.  高村 一明        Ralt RT35  45L
6.  岡本 幸夫        Ralt RT35  45L
* FMOTOR4_SysOp 新倉芳夫 (PBA00065) *

その他

(訂正)シュローダーは最後尾スタート

 #89で、シュローダーは17番手スタートと書きましたが、ピットでの
押しがけスタートにより、最後尾からスタートしました。
 合計25台を抜いたことになります。
  すがやみつる(SDI00104)/富士スピードウェイ

その他

IMSA GT Challenge in FUJI 決勝

******************************************************************************
*                                       Fuji International Speedway(4.470km) *
*            IMSA GT CHALLENGE IN FUJI              *
*                    IMSA GT CHALLENGE レース正式結果表                      *
* 1992.03.29   天候 : 雨   コース状況 : ウェット   発表 : 16:35     SEIKO TIMING *
******************************************************************************
位車番クラス順 ドライバー     車  名                     周回  所要時間    km/h
-------------------------------------------------------------------------------
1 75 GTS 1 STEVE MILIEN   CUNNINGHAM 300ZX              40 1:15'32.985 141.681
2 19 JSS 1 河合 博之     アドバンエンドレススカイライン39 1:16'05.782 137.139
3 48 JSS 2 駒 光武       エンドレスアドバンスカイライン39 1:17'02.804 135.448
4  3 JSS 3 岡本 克彦     アウトブレーズファインRX-737 1:15'53.340 130.446
*5  2 JSS 4 河野 高男     RSファインRX-7          37 1:17'14.344 128.166
6 26 JSS 5 杉山 正典     ナックウエストRSスカイライン37 1:17'28.100 127.786
7 13 JSS 6 石森 浩元     村内スリーボンドスカイライン  37 1:17'29.015 127.761
8 37 JSS 7 こざい てつお オートバード・サミット RX737 1:17'46.563 127.281
9 10 JSS 8 水野 正       BOMEX・RX-7          37 1:18'26.444 126.202
10  8 JSS 9 安田 耕三     サス☆レーシングRX7        37 1:18'59.771 125.315
11 23 JSS10 長谷川 弘信   長谷川商工スカイライン        36 1:17'12.995 124.730
12  7 JSS11 小長井 政行   ADVANサスレーシングRX735 1:18'46.707 118.852
13 95 GTU 1 BOB LEITZINGER LEITZINGER 240SX              34 1:17'16.756 117.687
14 15 GTS 2 D.SCHROEDER    ROUSE FORD MUSTANG            32 1:17'22.009 110.621
15 25 JSS12 和山 浩行     松の温泉・水香園・中春シルビア29 1:01'08.177 126.828
--------------------------------- *** 以上 完走 *** ---------------------------
12 JSS   川崎 哲哉     E.R.C サバンナ RX-727   54'20.235 132.826
5 JSS   青柳 裕易     リミットスカイラインRSターボ26   55'26.186 125.354
70 JSS   石橋 義三     欧州車販売の外国屋スカイライン25   52'44.459 126.676
55 JSS   深沢 寿裕     アンフィニニシトウキョウRX725   53'31.265 124.829
18 JSS   福田 豊       AMRC ニュースカイライン  19   40'56.246 123.891
39 JSS   伊藤 勝利     ニキアンフィニ墨田立花RX-715   31'32.370 126.793
24 JSS   袖山 誠一     松井組・中春スカイライン       8   16'34.139 128.046
21 GTS   TOMMY RIGGINS  RIGGINS OLDS MOBILE            6   12'15.200 129.369
76 GTS   JEREMY DALE    CUNNINGHAM 300ZX               3    6'18.563 123.720
33 GTU   JOHN FINGER    JOHN FINGER MX-6               3    7'15.992 107.424
30 JSS   長島 正明     REスギヤマ岡部自動車RX7   1    2'17.197 106.795
*  32 JSS   早川 篤       レボリューションタムタムRX718   40'28.572 118.677
-------------------------------------------------------------------------------
スタート(第1ヒート)  10:27'16     フィニッシュ  11:06'36.295
スタート(第2ヒート)  14:14'50     フィニッシュ  14:51'02.690
参加台数 :  28         出走台数 :  27         完走台数 : 15
※ CarNo. 2 は、第1ヒートに於いてH項(黄旗追越)違反により競技結果に1分加算のペナルティ
※ CarNo.32 は、第2ヒートに於いて国際スポーツ法典付則L項4-g違反により失格のペナルティ
-------------------------------------------------------------------------------
提供:富士スピードウェイ

その他

IMSA-GTチャレンジ富士総合暫定結果

Fuji Speedway, Japan - RIS - Provisional results for the
IMSA GT Challenge In Fuji: Total (Heat-1 + Heat-2): (4.470km)
Ps.No.  Cla.Driver ,      Car                        Laps Time/Behind
-- ---- -------------------------------------------- ---- -----------
1  75  GTS STEVE MILIEN     CUNNINGHAM 300ZX        40   1H15:32.985
2  19  JSS Hiroyuki Kawai   Nissan Skyline          39    1 lap
3  48  JSS Mitsutake Koma    Nissan Skyline         39    1
4   3  JSS Katsuhiko Okamoto Mazda RX-7             37    3 laps
5   2  JSS Takao Kohno      Mazda RX-7              37    3
6  26  JSS Masanori Sugiyama Nissan Skyline         37    3
7  13  JSS Hiromoto Ishimori Nissan Skyline         37    3
8  37  JSS Tstuo Kozai       Nazda RX-7             37    3
9  10  JSS Tadashi Mizuno    Mazda RX-7             37    3
10   8  JSS Kohzo Yasuda      Mazda RX-7             37    3
11  23  JSS Hironobu Hasegawa Nissan Skyline         36    4
12   7  JSS Masayuki KOnagai  Mazda RX-7             35    5
13  95  GTU BOB LEITZINGER   LEITZINGER 240SX        34    6
14  15  GTS DORSEY SCHROEDER ROUSE FORD MUSTANG      32    8
15  25  JSS Hiroyuki Kazuyama Nissan Silvia          29    11
-------------------------------------------
16  12  JSS Tetsuya Kawasaki Mazda RX-7              27    13
17   5  JSS Hiroyasu Aoyagi  Nissan Skyline          26    14
18  70  JSS Yoshizo Ishibashi Nissan Skyline         25    15
19  55  JSS Toshihiro Fukazawa Mazda RX-7            25    15
20  18  JSS Yutaka Fukuda     Nissan Skyline         19    21
21  39  JSS Katsutoshi Itoh   Mazda RX-7             15    25
22  24  JSS Seiichi Sodeyama Nissan Skyline           8    32
23  21  GTS TOMMY RIGGINS    RIGGINS OLDS MOBILE      6    34
24  76  GTS JEREMY DALE      CUNNINGHAM 300ZX         3    37
25  33  GTU JOHN FINGER      JOHN FINGER MX-6         3    37
26  30  JSS Masaaki Nagashima Mazda RX-7              1    39
32  JSS Atsushi Hayakawa  Mazda RX-7             18    DisQualified
  すがやみつる(SDI00104)/富士スピードウェイ

その他

IMSA-GTチャレンジ富士第2ヒート暫定結果

Fuji Speedway, Japan -RIJ- Provisional results for the
IMSA GT Challenge In Fuji, Heat-2 Race: (4.470km)
Ps.Cla.No.  Driver ,      Car                    Laps Time/Behind
-- -- ---- ------------------------------------- --- ---------------
1 GTS  75  STEVE MILIEN     CUNNINGHAM 300ZX    20  36:12.690 (147.467kph)
2 GTS  15  DORSEY SCHROEDER ROUSE FORD MUSTANG  20   1:17.616 Behind
3 JSS  19  Hiroyuki Kawai   Nissan Skyline      19    1 lap
4 JSS  48  Mitsutake Koma    Nissan Skyline     19    1
5 JSS  12  Tetsuya Kawasaki Mazda RX-7          19    1
6 JSS   2  Takao Kohno      Mazda RX-7          18    2 laps
7 JSS   3  Katsuhiko Okamoto Mazda RX-7         18    2
8 JSS  25  Hiroyuki Kazuyama Nissan Silvia      18    2
9 JSS  37  Tstuo Kozai       Nazda RX-7         18    2
10 JSS  23  Hironobu Hasegawa Nissan Skyline     18    2
11 JSS  26  Masanori Sugiyama Nissan Skyline     18    2
12 JSS  55  Toshihiro Fukazawa Mazda RX-7        18    2
13 JSS  13  Hiromoto Ishimori Nissan Skyline     18    2
14 JSS   5  Hiroyasu Aoyagi  Nissan Skyline      18    2
15 JSS  10  Tadashi Mizuno    Mazda RX-7         18    2
16 JSS   8  Kohzo Yasuda      Mazda RX-7         18    2
17 GTU  95  BOB LEITZINGER   LEITZINGER 240SX    17    3
18 JSS   7  Masayuki KOnagai  Mazda RX-7         17    3
19 JSS  39  Katsutoshi Itoh   Mazda RX-7          8   12
20 JSS  70  Yoshizo Ishibashi Nissan Skyline      6   14
21 GTS  21  TOMMY RIGGINS    RIGGINS OLDS MOBILE  6   14
22 GTS  76  JEREMY DALE      CUNNINGHAM 300ZX     3   17
23 GTU  33  JOHN FINGER      JOHN FINGER MX-6     3   17
24 JSS  18  Yutaka Fukuda     Nissan Skyline      0   20
25 JSS  24  Seiichi Sodeyama Nissan Skyline       0   20
26 JSS  30  Masaaki Nagashima Mazda RX-7          0   20
27 JSS  32  Atsushi Hayakawa  Mazda RX-7          0   DisQualified
Fastest Lap: S.Millen: 1:45.067 (153.159 kph) on 15th lap.
RIJ-Mitsuru Sugaya 70007,2767

その他

IMSA-GTチャレンジ富士第1ヒート暫定結果

Fuji Speedway, Japan - RIS - Provisional results for the
IMSA GT Challenge In Fuji, Heat-1 Race: (4.470km)
Ps. No.  Driver ,      Car                       Laps Time/Behind
-- ---- --------------------------------------------------------
1  75  GTS STEVE MILIEN     CUNNINGHAM 300ZX     20 39:20.295(135.746kph)
2  19  JSS Hiroyuki Kawai   Nissan Skyline       20    21.056 behind
3  48  JSS Mitsutake Koma    Nissan Skyline      20    51.969
4   3  JSS Katsuhiko Okamoto Mazda RX-7          19     1 lap
5  70  JSS Yoshizo Ishibashi Nissan Skyline      19     1
6  13  JSS Hiromoto Ishimori Nissan Skyline      19     1
7  26  JSS Masanori Sugiyama Nissan Skyline      19     1
8  18  JSS Yutaka Fukuda     Nissan Skyline      19     1
9   2  JSS Takao Kohno      Mazda RX-7           19     1
10  37  JSS Tstuo Kozai       Nazda RX-7          19     1
11   8  JSS Kohzo Yasuda      Mazda RX-7          19     1
12  10  JSS Tadashi Mizuno    Mazda RX-7          19     1
13  32  JSS Atsushi Hayakawa  Mazda RX-7          18     2
14  23  JSS Hironobu Hasegawa Nissan Skyline      18     2
15   7  JSS Masayuki KOnagai  Mazda RX-7          18     2
16  95  GTU BOB LEITZINGER   LEITZINGER 240SX     17     3
17  15  GTS DORSEY SCHROEDER ROUSE FORD MUSTANG   12     8
18  25  JSS Hiroyuki Kazuyama Nissan Silvia       11     9
19  24  JSS Seiichi Sodeyama Nissan Skyline        8    12
20  12  JSS Tetsuya Kawasaki Mazda RX-7            8    12
21   5  JSS Hiroyasu Aoyagi  Nissan Skyline        8    12
22  39  JSS Katsutoshi Itoh   Mazda RX-7           7    13
23  55  JSS Toshihiro Fukazawa Mazda RX-7          7    13
24  30  JSS Masaaki Nagashima Mazda RX-7           1    19
25  76  GTS JEREMY DALE      CUNNINGHAM 300ZX      0    20
26  33  GTU JOHN FINGER      JOHN FINGER MX-6      0    20
27  21  GTS TOMMY RIGGINS    RIGGINS OLDS MOBILE   0  Did Not Start
  Mitsuru Sugaya/Fuji,

その他

IMSA-GTチャレンジ第2ヒート・リポート

●スティーブ・ミレン、ブッチギリで優勝!
 フォード・マスタングのシュローダーも牙をむく!
 午後2時過ぎに、依然として激しい雨の中、IMSA-GTチャレンジ・イン
・富士の第2ヒートがスタート。第1ヒートで優勝したスティーブ・ミレンがポ
ールからスタートし、そのまま2位以下に1分以上の大差をつけて優勝した。
 2位には、17番手からスタートしたドロシー・シュローダー(GTS/フォー
ド・マスタング)が入った。シュローダーはラップごとに順位を上げ、6周目に
は4位、11周目には3位、12周目には2位と順位をあげたが、トップのミレンに
は届かなかった。
 気温設定、水対策などが十分でなく、第1ヒートではエンジンが完全でなかっ
たシュローダーのマスタングだが、「第2ヒートまでにはフィックスできる」と
シュローダーが述べていたが、その通りにエンジンも快調に回り、激しい水しぶ
きを上げながら、JSSクラスのマシンをゴボウ抜きにしていった。
 もう1台のニッサン300ZX(デレミー・ディル)も、最後尾スタートながら、
激しい追い上げを見せたが、途中で電気系トラブルでストップ。オールズモビル
・カトラスもヘアピンでコースアウトしてリタイア。マツダMX-6は雨対策が十分
でなかったのか、エンジンが吹け上がらず、早々にパドックに車を引き上げた。
 ボブ・レィツィンガーのニッサン240SXも、やはり電気系トラブルに見回れて
いたようだ。
 アメリカのドライな気候の中で戦っているアメリカン・ドライバーたちにとっ
て、富士特有の雨は、かなりきびしかったようだ。気温も低く、レース後、ドラ
イバーたちは、ストーブの前にはりついて談笑している。
●キャンギャル、ストリッパーにされる?
 日本のレーシング文化の華(?)キャンペーンギャルも数人、今日の富士に姿
を見せたが、アメリカ人のメカニックたちは、そのハイレグ・レオタード姿にび
っくり。「ストリッパーがいるぞ」と口笛を鳴らしていた。彼らが、今日の鈴鹿
・日本GPの光景を見たら卒倒したかもしれない(?)。
  すがやみつる(SDI00104)/富士スピードウェイ

その他

IMSA-GTチャレンジ第1ヒート・リポート

●スティーブ・ミレンのニッサン300ZX、ポール・ツー・ウィン
 金曜日に続き再び雨となった富士スピードウェイのIMSA-GTチャレンジ・イン
・富士は、第1ヒート(20周)が終了。ニッサン300ZXのスティーブ・ミレンが
ポール・ツー・フィニッシュで優勝を飾った。
 しかし、他のマシンは、エンジントラブル、コースアウトなどで、まともに走
ることができずに終わった。
 アメリカからきたドライバーたちにとっては、ふだんはローリングスタートの
ため、日本のスタンディングスタートは慣れておらず、昨日の予選後、特別にス
タート練習時間を設けたが、もともとがローリングスタートを前提としたマシン
のため、ギア比も高く、スタートはギクシャク。エンジンが壊れるのではないか
とメカニックも不安そうだった。
 そのスタートの不安が的中したのがニッサン300ZXのジェレミー・ディル。ス
タートで十分な加速ができず、1コーナーでJSSクラスのマシンにインをつかれ、
姿勢を崩してコースアウト。グラベルベッドにストップすることになった。
 マツダMX-6のジョン・フィンガーは、Aコーナーでスピン。100Rで車を止めた。
オールズモビルのトミー・リギンズはエンジンの電装系に水が入ったのか、スタ
ートできずにピットに引き戻され、そのままレースを終えた。
 フォード・マスタングのドーシー・シュローダー、ニッサン240SXのボブ・レ
ィツインガーも、エンジンが吹け上がらずにスロー走行。
「気温が低くて、ガスがリッチになってしまっている。それでエンジンがかぶっ
てしまっているんだろう。アメリカでは70度(華氏)くらいがふつうだからね。
今日は40度くらいしかないだろう」と、マスタングのドライバー、シュレイダー
は説明してくれた。
 また、このようなヘビーウェットのレースを経験している選手も少なく、とま
どっていたようだ。
「昨日のようにドライだったら、もう少し日本の選手と競うこともできるだんけ
どね」と、マツダMX-6のジョン・フィンガーも語っていた。
 優勝したスティーブ・ミレンは、周回遅れにひっかかったときのほかは、尻上
がりにタイムを上げ、最終的には1分52秒484の最速ラップも記録した。彼も、
兄のロッド・ミレン同様にオフロード・トラックの経験もあることから、滑るコ
ースでのコントロールに慣れているようだ。
  すがやみつる(SDI00104)/富士スピードウェイ

Japanese F3

筑波F3、クリステンセン失格か?

 筑波F3予選結果(暫定)補足
 筑波F3の予選正式結果は現時点では発表されていないため、この結果は当
チームで作成したもの。
 AグループのT・クリステンセンがタイヤを2セット使用したことが発覚、現
在T・クリステンセンの処分をめぐって審査委員会で協議中とのことで、正式な
予選結果は明日の朝になる模様。
                        萩原レーシング:工藤茂樹

Japanese F3

筑波F3予選結果(暫定)

******************************************************************************
* Series    : '92全日本F3選手権                                          *
* Title     : 第2戦筑波チャレンジカップ                                     *
* Course    : 筑波サーキット                      :2.045     (km)            *
* Date      : 92-03-28                                                       *
* Weather   : 曇                                                             *
* Condition : ドライ                                                         *
* Class     : JAF F3                                                         *
*           : Timed Practice  Groupe-B Session-1                             *
******************************************************************************
Pos.No.  Name               Maker     Model    Time      Ave.(km/h) From Top
------------------------------------------------------------------------------
1 11   本山    哲         RALT RT35 MF204    00'52.534  140.138   0'00.000
2 43   岡本 幸夫         RALT RT35 MF204    00'52.571  140.039   0'00.037
3 8    J・ヴィルニューヴ        TOM'S 032 3S-G     00'52.578  140.021   0'00.044
4 14   土屋 圭市         RALT RT36 MF204    00'52.664  139.792   0'00.130
5 19   高村 一明         RALT RT35 MF204    00'52.773  139.503   0'00.239
6 70   D・ヒギンズ           RALT RT35 MF204    00'52.945  139.050   0'00.411
7 15   西垣内 正義       RALT RT35 MF204    00'52.962  139.005   0'00.428
8 10   伊藤 直澄         RALT RT35 MF204    00'53.001  138.903   0'00.467
9 44   E・ヴィスコ            DALL. 392 MF204    00'53.179  138.438   0'00.645
10 31   青木 博之         RALT RT35 MF204    00'53.321  138.069   0'00.787
11 23   H・ベイリー            REYN. 923 MF204    00'53.377  137.925   0'00.843
12 20   J・ウェストウッド         VANDI.F92 MF204    00'53.388  137.896   0'00.854
13 27   早田 岳史         BOWM. BC2 MF204    00'53.421  137.811   0'00.887
14 9    R・リデル             TOM'S 032 3S-G     00'53.500  137.607   0'00.966
15 32   山路 慎一         RALT RT36 MF204    00'53.536  137.515   0'01.002
16 26   沢田 龍太郎       RALT RT35 MF204    00'53.613  137.317   0'01.079
17 29   大文字 良浩       RALT RT36 MF204    00'53.715  137.057   0'01.181
18 58   金海 辰彦         DALL. 391 MF204    00'54.420  135.281   0'01.886
19 21   渋谷  勉         VANDI.F92 MF204    00'54.771  134.414   0'02.237
******************************************************************************
*                                  Hagiwara Racing/Odawara                   *
******************************************************************************
* Series    : '92全日本F3選手権                                          *
* Title     : 第2戦筑波チャレンジカップ                                     *
* Course    : 筑波サーキット                      :2.045     (km)            *
* Date      : 92-03-28                                                       *
* Weather   : 曇                                                             *
* Condition : ドライ                                                         *
* Class     : JAF F3                                                         *
*           : Timed Practice  Groupe-A Session-2                             *
******************************************************************************
Pos.No.  Name               Maker     Model    Time      Ave.(km/h) From Top
------------------------------------------------------------------------------
1 18   T・クリステンセン          RALT RT35 3S-G     00'52.880  139.221   0'00.000
2 22   石川  朗         RALT RT35 MF204    00'53.193  138.402   0'00.313
3 7    田中 哲也         TOM'S 032 3S-G     00'53.219  138.334   0'00.339
4 33   光貞 秀俊         RALT RT36 MF204    00'53.239  138.282   0'00.359
5 16   影山 正美         RALT RT35 MF204    00'53.300  138.124   0'00.420
6 28   柴原 真介         RALT RT35 MF204    00'53.349  137.997   0'00.469
7 3    A・リード             RALT RT35 MF204    00'53.364  137.958   0'00.484
8 90   檜井 保孝         RALT RT35 MF204    00'53.370  137.943   0'00.490
9 34   奥貫  直         RALT RT35 MF204    00'53.379  137.919   0'00.499
10 12   中野 信治         RALT RT35 MF204    00'53.596  137.361   0'00.716
11 24   嶋村 健太         RALT RT35 MF204    00'53.617  137.307   0'00.737
12 84   戸田 哲史         RALT RT35 MF204    00'53.639  137.251   0'00.759
13 4    井上 隆智穂       DALL. 392 MF204    00'53.776  136.901   0'00.896
14 5    沢登 栄一         RALT RT36 MF204    00'53.826  136.774   0'00.946
15 36   藤村 満男         DALL. 392 MF204    00'53.849  136.716   0'00.969
16 69   高橋 浩二         RALT RT35 MF204    00'53.901  136.584   0'01.021
17 17   夏川 竜一         RALT RT35 MF204    00'54.306  135.565   0'01.426
18 30   近藤 真彦         RALT RT35 MF204    00'54.384  135.371   0'01.504
19 56   岡田 晃典         RALT RT36 MF204    00'54.802  134.338   0'01.922
20 2    田嶋 栄一         RALT RT35 MF204
******************************************************************************
*                                  Hagiwara Racing/Odawara                   *
******************************************************************************
* Series    : '92全日本F3選手権                                          *
* Title     : 第2戦筑波チャレンジカップ                                     *
* Course    : 筑波サーキット                      :2.045     (km)            *
* Date      : 92-03-28                                                       *
* Weather   : 曇                                                             *
* Condition : ドライ                                                         *
* Class     : JAF F3                                                         *
*           : Timed Practice  Groupe-B Session-2                             *
******************************************************************************
Pos.No.  Name               Maker     Model    Time      Ave.(km/h) From Top
------------------------------------------------------------------------------
1 8    J・ヴィルニューヴ        TOM'S 032 3S-G     00'52.796  139.442   0'00.000
2 14   土屋 圭市         RALT RT36 MF204    00'52.956  139.021   0'00.160
3 70   D・ヒギンズ           RALT RT35 MF204    00'53.119  138.594   0'00.323
4 11   本山    哲         RALT RT35 MF204    00'53.138  138.545   0'00.342
5 19   高村 一明         RALT RT35 MF204    00'53.194  138.399   0'00.398
6 26   沢田 龍太郎       RALT RT35 MF204    00'53.327  138.054   0'00.531
7 43   岡本 幸夫         RALT RT35 MF204    00'53.344  138.010   0'00.548
8 9    R・リデル             TOM'S 032 3S-G     00'53.348  138.000   0'00.552
9 10   伊藤 直澄         RALT RT35 MF204    00'53.404  137.855   0'00.608
10 15   西垣内 正義       RALT RT35 MF204    00'53.410  137.839   0'00.614
11 31   青木 博之         RALT RT35 MF204    00'53.423  137.806   0'00.627
12 44   E・ヴィスコ            DALL. 392 MF204    00'53.469  137.687   0'00.673
13 23   H・ベイリー            REYN. 923 MF204    00'53.532  137.525   0'00.736
14 27   早田 岳史         BOWM. BC2 MF204    00'53.665  137.184   0'00.869
15 20   J・ウェストウッド         VANDI.F92 MF204    00'53.788  136.871   0'00.992
16 29   大文字 良浩       RALT RT36 MF204    00'53.878  136.642   0'01.082
17 32   山路 慎一         RALT RT36 MF204    00'53.935  136.498   0'01.139
18 21   渋谷  勉         VANDI.F92 MF204    00'54.045  136.220   0'01.249
19 58   金海 辰彦         DALL. 391 MF204    00'54.085  136.119   0'01.289
******************************************************************************
*                                  Hagiwara Racing/Odawara                   *
******************************************************************************
* Series    : '92全日本F3選手権                                          *
* Title     : 第2戦筑波チャレンジカップ                                     *
* Course    : 筑波サーキット                      :2.045     (km)            *
* Date      : 92-03-28                                                       *
* Class     : JAF F3                                                         *
*           : Starting Grid                                                  *
******************************************************************************
Pos.No.  Name               Maker             Best Time  Session-1  Session-2
------------------------------------------------------------------------------
1 11   本山    哲         RALT RT3 MF204    00'52.534 *00'52.534  00'53.138
2 16   影山 正美         RALT RT3 MF204    00'52.625 *00'52.625  00'53.300
3 43   岡本 幸夫         RALT RT3 MF204    00'52.571 *00'52.571  00'53.344
4 3    A・リード             RALT RT3 MF204    00'52.704 *00'52.704  00'53.364
5 8    J・ヴィルニューヴ        TOM'S 03 3S-G     00'52.578 *00'52.578  00'52.796
6 18   T・クリステンセン          RALT RT3 3S-G     00'52.738 *00'52.738  00'52.880
7 14   土屋 圭市         RALT RT3 MF204    00'52.664 *00'52.664  00'52.956
8 22   石川  朗         RALT RT3 MF204    00'52.761 *00'52.761  00'53.193
9 19   高村 一明         RALT RT3 MF204    00'52.773 *00'52.773  00'53.194
10 7    田中 哲也         TOM'S 03 3S-G     00'52.814 *00'52.814  00'53.219
11 70   D・ヒギンズ           RALT RT3 MF204    00'52.945 *00'52.945  00'53.119
12 90   檜井 保孝         RALT RT3 MF204    00'52.888 *00'52.888  00'53.370
13 15   西垣内 正義       RALT RT3 MF204    00'52.962 *00'52.962  00'53.410
14 33   光貞 秀俊         RALT RT3 MF204    00'53.020 *00'53.020  00'53.239
15 10   伊藤 直澄         RALT RT3 MF204    00'53.001 *00'53.001  00'53.404
16 34   奥貫  直         RALT RT3 MF204    00'53.125 *00'53.125  00'53.379
17 44   E・ヴィスコ            DALL. 39 MF204    00'53.179 *00'53.179  00'53.469
18 84   戸田 哲史         RALT RT3 MF204    00'53.157 *00'53.157  00'53.639
19 31   青木 博之         RALT RT3 MF204    00'53.321 *00'53.321  00'53.423
20 28   柴原 真介         RALT RT3 MF204    00'53.170 *00'53.170  00'53.349
21 26   沢田 龍太郎       RALT RT3 MF204    00'53.327  00'53.613 *00'53.327
22 4    井上 隆智穂       DALL. 39 MF204    00'53.202 *00'53.202  00'53.776
23 9    R・リデル             TOM'S 03 3S-G     00'53.348  00'53.500 *00'53.348
24 12   中野 信治         RALT RT3 MF204    00'53.437 *00'53.437  00'53.596
--------------------------------------------------------------
25 23   H・ベイリー            REYN. 92 MF204    00'53.377 *00'53.377  00'53.532
26 69   高橋 浩二         RALT RT3 MF204    00'53.449 *00'53.449  00'53.901
27 20   J・ウェストウッド         VANDI.F9 MF204    00'53.388 *00'53.388  00'53.788
28 36   藤村 満男         DALL. 39 MF204    00'53.462 *00'53.462  00'53.849
29 27   早田 岳史         BOWM. BC MF204    00'53.421 *00'53.421  00'53.665
30 24   嶋村 健太         RALT RT3 MF204    00'53.498 *00'53.498  00'53.617
31 32   山路 慎一         RALT RT3 MF204    00'53.536 *00'53.536  00'53.935
32 30   近藤 真彦         RALT RT3 MF204    00'53.557 *00'53.557  00'54.384
33 29   大文字 良浩       RALT RT3 MF204    00'53.715 *00'53.715  00'53.878
34 5    沢登 栄一         RALT RT3 MF204    00'53.690 *00'53.690  00'53.826
35 21   渋谷  勉         VANDI.F9 MF204    00'54.045  00'54.771 *00'54.045
36 17   夏川 竜一         RALT RT3 MF204    00'53.849 *00'53.849  00'54.306
37 58   金海 辰彦         DALL. 39 MF204    00'54.085  00'54.420 *00'54.085
38 56   岡田 晃典         RALT RT3 MF204    00'54.164 *00'54.164  00'54.802
******************************************************************************
*                                  Hagiwara Racing/Odawara                   *

Japanese F3

F3:筑波F3 予選A組1回目結果

******************************************************************************
* Series    : '92全日本F3選手権                                          *
* Title     : 第2戦筑波チャレンジカップ                                     *
* Course    : 筑波サーキット                      :2.045     (km)            *
* Date      : 92-03-28                                                       *
* Weather   : 曇                                                             *
* Condition : ドライ                                                         *
* Class     : JAF F3                                                         *
*           : Timed Practice  Groupe-A Session-1                             *
******************************************************************************
Pos.No.  Name               Maker     Model    Time      Ave.(km/h) From Top
------------------------------------------------------------------------------
1 16   影山 正美         RALT RT35 MF204    00'52.625  139.895   0'00.000
2 3    A・リード             RALT RT35 MF204    00'52.704  139.686   0'00.079
3 18   T・クリステンセン          RALT RT35 3S-G     00'52.738  139.596   0'00.113
4 22   石川  朗         RALT RT35 MF204    00'52.761  139.535   0'00.136
5 7    田中 哲也         TOM'S 032 3S-G     00'52.814  139.395   0'00.189
6 90   檜井 保孝         RALT RT35 MF204    00'52.888  139.200   0'00.263
7 33   光貞 秀俊         RALT RT36 MF204    00'53.020  138.853   0'00.395
8 34   奥貫  直         RALT RT35 MF204    00'53.125  138.579   0'00.500
9 84   戸田 哲史         RALT RT35 MF204    00'53.157  138.495   0'00.532
10 28   柴原 真介         RALT RT35 MF204    00'53.170  138.462   0'00.545
11 4    井上 隆智穂       DALL. 392 MF204    00'53.202  138.378   0'00.577
12 12   中野 信治         RALT RT35 MF204    00'53.437  137.770   0'00.812
13 69   高橋 浩二         RALT RT35 MF204    00'53.449  137.739   0'00.824
14 36   藤村 満男         DALL. 392 MF204    00'53.462  137.705   0'00.837
15 24   嶋村 健太         RALT RT35 MF204    00'53.498  137.613   0'00.873
16 30   近藤 真彦         RALT RT35 MF204    00'53.557  137.461   0'00.932
17 5    沢登 栄一         RALT RT36 MF204    00'53.690  137.121   0'01.065
18 17   夏川 竜一         RALT RT35 MF204    00'53.849  136.716   0'01.224
19 56   岡田 晃典         RALT RT36 MF204    00'54.164  135.921   0'01.539
20 2    田嶋 栄一         RALT RT35 MF204    出走せず
******************************************************************************
*                                  Hagiwara Racing/Odawara                   *

その他

IMSA GT Challenge in FUJI 予選

******************************************************************************
*                                       Fuji International Speedway(4.470km) *
*              IMSA GT CHALLENGE IN FUJI            *
*                       IMSA GT CHALLENGE 公式予選結果表                     *
* 1992.03.28   天候 : 曇り  コース状況 : ドライ   発表 : 15:40    SEIKO TIMING *
******************************************************************************
位車番クラス順  ドライバー       車  名                       ベスト タイム 周回  km/h
-------------------------------------------------------------------------------
1 75 GTS 1 STEVE MILIEN     CUNNINGHAM 300ZX               1'27.081 25 184.793
2 15 GTS 2 DORSEY SCHROEDER ROUSE FORD MUSTANG             1'29.573 18 179.652
3 76 GTS 3 JEREMY DALE      CUNNINGHAM 300ZX               1'30.673  7 177.473
4 21 GTS 4 TOMMY RIGGINS    RIGGINS OLDS MOBILE            1'32.403 18 174.150
5 24 JSS 1 袖山 誠一       松井組・中春スカイライン       1'38.107 18 164.025
6 19 JSS 2 河合 博之       アドバンエンドレススカイライン 1'38.134 18 163.980
7 95 GTU 1 BOB LEITZINGER   LEITZINGER 240SX               1'38.429 22 163.488
8  2 JSS 3 河野 高男       RSファインRX-7           1'38.759 22 162.942
9 12 JSS 4 川崎 哲哉       E.R.C サバンナ RX-7 1'38.794 16 162.884
10 30 JSS 5 長島 正明       REスギヤマ岡部自動車RX7   1'39.185 23 162.242
11 33 GTU 2 JOHN FINGER      JOHN FINGER MX-6               1'39.188 18 162.237
12  3 JSS 6 岡本 克彦       アウトブレーズファインRX-7 1'40.018 21 160.891
13  5 JSS 7 青柳 裕易       リミットスカイラインRSターボ 1'40.201 17 160.597
14 55 JSS 8 深沢 寿裕       アンフィニニシトウキョウRX7 1'40.229 20 160.552
15 70 JSS 9 石橋 義三       欧州車販売の外国屋スカイライン 1'40.522 15 160.084
16 26 JSS10 杉山 正典       ナックウエストRSスカイライン 1'41.113 11 159.149
17 13 JSS11 石森 浩元       村内スリーボンドスカイライン   1'41.145 19 159.098
18 25 JSS12 和山 浩行       松の温泉・水香園・中春シルビア 1'41.228 21 158.968
19 48 JSS13 駒 光武         エンドレスアドバンスカイライン 1'41.433 13 158.647
20 37 JSS14 こざい てつお   オートバード・サミット RX7 1'41.633 18 158.334
21 32 JSS15 早川 篤         レボリューションタムタムRX7 1'41.687 20 158.250
22 10 JSS16 水野 正         BOMEX・RX-7           1'42.701 23 156.688
23  7 JSS17 小長井 政行     ADVANサスレーシングRX7 1'42.740 14 156.628
24 39 JSS18 伊藤 勝利       ニキアンフィニ墨田立花RX-7 1'42.787 23 156.557
25 23 JSS19 長谷川 弘信     長谷川商工スカイライン         1'43.841  7 154.968
26  8 JSS20 安田 耕三       サス☆レーシングRX7         1'44.024 17 154.695
27 18 JSS21 福田 豊         AMRC ニュースカイライン   1'45.289 19 152.836
-------------------------------------------------------------------------------
6 JSS   池中 知行       RE雨宮 RX-7             出走せず
-------------------------------------------------------------------------------
予選通過基準タイム ( 130% ) 1'55.842
参加台数 :  28            出走台数 :  27
-------------------------------------------------------------------------------
提供:富士スピードウェイ

その他

IMSA GT Challenge in FUJI 予選 2回目

******************************************************************************
*                                       Fuji International Speedway(4.470km) *
*              IMSA GT CHALLENGE IN FUJI            *
*                     IMSA GT CHALLENGE 予選結果表 2回目                   *
* 1992.03.28   天候 : 曇り  コース状況 : ドライ    発表 : 15:00   SEIKO TIMING *
******************************************************************************
位車番クラス 順 ドライバー       車  名                       ベスト タイム 周回  km/h
-------------------------------------------------------------------------------
1 75 GTS 1 STEVE MILIEN     CUNNINGHAM 300ZX               1'27.081 13 184.793
2 15 GTS 2 DORSEY SCHROEDER ROUSE FORD MUSTANG             1'29.573  8 179.652
3 21 GTS 3 TOMMY RIGGINS    RIGGINS OLDS MOBILE            1'32.403 10 174.150
4 24 JSS 1 袖山 誠一       松井組・中春スカイライン       1'38.107  9 164.025
5 19 JSS 2 河合 博之       アドバンエンドレススカイライン 1'38.134  8 163.980
6 95 GTU 1 BOB LEITZINGER   LEITZINGER 240SX               1'38.429 12 163.488
7  2 JSS 3 河野 高男       RSファインRX-7           1'38.759 10 162.942
8 30 JSS 4 長島 正明       REスギヤマ岡部自動車RX7   1'39.185 11 162.242
9 33 GTU 2 JOHN FINGER      JOHN FINGER MX-6               1'39.188  7 162.237
10  3 JSS 5 岡本 克彦       アウトブレーズファインRX-7 1'40.018 10 160.891
11  5 JSS 6 青柳 裕易       リミットスカイラインRSターボ 1'40.201 12 160.597
12 55 JSS 7 深沢 寿裕       アンフィニニシトウキョウRX7 1'40.566 10 160.014
13 12 JSS 8 川崎 哲哉       E.R.C サバンナ RX-7 1'40.607  4 159.949
14 13 JSS 9 石森 浩元       村内スリーボンドスカイライン   1'41.145 10 159.098
15 25 JSS10 和山 浩行       松の温泉・水香園・中春シルビア 1'41.228 10 158.968
16 32 JSS11 早川 篤         レボリューションタムタムRX7 1'41.687 12 158.250
17 48 JSS12 駒 光武         エンドレスアドバンスカイライン 1'41.851  6 157.996
18 70 JSS13 石橋 義三       欧州車販売の外国屋スカイライン 1'42.214  6 157.434
19 37 JSS14 こざい てつお   オートバード・サミット RX7 1'42.248  9 157.382
20 10 JSS15 水野 正         BOMEX・RX-7           1'42.701 12 156.688
21 39 JSS16 伊藤 勝利       ニキアンフィニ墨田立花RX-7 1'42.787 11 156.557
22  8 JSS17 安田 耕三       サス☆レーシングRX7         1'44.024 12 154.695
23  7 JSS18 小長井 政行     ADVANサスレーシングRX7 1'44.696  6 153.702
24 18 JSS19 福田 豊         AMRC ニュースカイライン   1'46.390  8 151.255
76 GTS   JEREMY DALE      CUNNINGHAM 300ZX              計測出来ず  1
6 JSS   池中 知行       RE雨宮 RX-7              出走せず
23 JSS   長谷川 弘信     長谷川商工スカイライン          出走せず
26 JSS   杉山 正典       ナックウエストRSスカイライン  出走せず
-------------------------------------------------------------------------------
提供:富士スピードウェイ

その他

ザウルスJr:IMSA GT Challenge in FUJI 予選

******************************************************************************
*                                           富士インターナショナル スピードウェイ(4.470km) *
*              IMSA GT CHALLENGE IN FUJI            *
*                      ザウルスジュニアJVCカップ 公式予選結果表                      *
* 1992.03.28    天候 : 曇り   コース状況 : ドライ    発表 :11:05  SEIKO TIMING *
******************************************************************************
位車番 ドライバー        車  名                         ベスト タイム 周回  km/h
------------------------------------------------------------------------------
1 33 宮口 幸夫        小山SPマーベルBPザウルスJr R1'58.562   9 135.726
2 32 鷹野 寛          小山SP・BP・ザウルスJr     R1'58.954   9 135.279
3 98 油谷 充彦        昭和システム&OMFザウルスJr  1'59.750  10 134.380
4 35 金杉 公晴        ミーク・コスモメッカザウルスJr  2'00.267  10 133.802
5 38 児玉 哲哉        MECCAザウルスジュニア      2'00.593  10 133.441
6 46 高橋 克典        イナガキレーシングザウルスJr    2'00.801  11 133.211
7 34 長谷 あきら      小山SPマーベルBPザウルスJr  2'00.857  10 133.149
8 50 小島 茂男        コジマRG☆ザウルスJr          2'00.957  10 133.039
9 51 鈴木 秀樹        コジマRG☆ザウルスJr          2'01.077  10 132.907
10  5 清水 幸男        FRSスリーテックザウルスJr    2'01.090   8 132.893
11 14 上野 尚人        スポーツランド山梨ザウルスJr    2'01.243  10 132.725
12  3 奈良 洋          MHアカサカ☆ALザウルスJr    2'01.473  11 132.474
13 21 小泉 和寛        サンケイ・コスモ ザウルスJr    2'01.494  10 132.451
14 11 堀之内 一朗      カート屋HEARTザウルスJr    2'01.809   7 132.108
15 15 杉山 勝彦        ガレージ茶畑ウインズザウルスJr  2'02.167  11 131.721
16 78 青砥 浩史        ワープランドμ・BPザウルスJr  2'02.283   8 131.596
17 47 竹添 謙枝        バーダルKIWAMIザウルスJr  2'02.471  11 131.394
18 57 市原 幸真        パーフェクトウィン☆ザウルスJr  2'02.929   9 130.905
19 97 水谷 正吾        ザウルスジュニア                2'03.331   8 130.478
20 19 座木 せつ子      トキコY&A☆19ザウルスJr    2'03.541  10 130.256
21 88 川越 賢二        太田胃散ザウルスジュニア        2'03.589   9 130.206
22 27 新井 雅之        アライセイキあつかわザウルスJr  2'03.922   9 129.856
23 75 大木 良夫        スタジオAIM・ザウルスJr      2'03.961   9 129.815
24 12 渡辺 慶二        アクセススピードザウルスJr      2'04.056  10 129.716
25  8 安蒜 則彦        ダグラック★ワークスザウルスJr  2'04.624   8 129.124
26 10 内田 浩孝        ヒロモータース 湘南ザウルスJr  2'05.682  10 128.037
27 18 元木 勉          アフィックスデザインザウルスJr  2'05.684  10 128.035
28 41 伊藤 博          SAURUS Jr.             2'05.722   6 127.997
29 25 田畑 好朗        デイトナ・トムRザウルスJr      2'05.784   5 127.934
30  4 渡辺 義人        サリテリージプシー ザウルスJr  2'05.806   9 127.911
31 17 出口 成幸        レーシング・クルー ザウルスJr  2'06.203  11 127.509
32 74 石川 真一        石川太郎Jr'sWARPザウルスJr  2'07.393   4 126.318
------------------------------------------------------------------------------
33  7 川鍋 豊          M2 ☆ ザウルスジュニア      2'07.453  10 126.258
34 77 細野 正昭        細野歯科WARP・ザウルスJr    2'07.554   5 126.158
35 28 長谷川 伸昭      5ZIGEN・R'onザウルスJr   2'07.606   7 126.107
36 13 竹村 芳久        タテノサービスザウルスJr        2'07.830   5 125.886
37  2 角田 裕二        SCCNザウルスJrボルサリーノ  2'09.220  10 124.532
38 48 萩原 純          バーダルKIWAMIザウルスJr  2'09.382   5 124.376
39 76 東園 賢一        フォーミュラWARPザウルスJr  2'10.998   2 122.842
40 26 市川 昇          湘南ハードボイルド ザウルスJr  2'20.135   9 114.832
41 69 山口  いさお      バルーン美容室☆ザウルスJr      2'58.751   2  90.025
6 根岸 栄一        OXクリニック ザウルス・Jr    出走せず
22 鈴木 紀実彰      ザウルスジュニア                出走せず
24 荒井 昇          エキスパートタマヤザウルスJr    出走せず
30 中島 雅雄        リンカングループザウルスJr      出走せず
------------------------------------------------------------------------------
'R'マークの車は,コースレコードを更新しました 従来のレコードタイムは 1'59.044
予選通過基準タイム ( 130% ) 2'34.815
 参加台数 :  45            出走台数 :  41
------------------------------------------------------------------------------
提供:富士スピードウェイ

その他

IMSA GT Challenge in FUJI 予選 1回目

******************************************************************************
*                                       Fuji International Speedway(4.470km) *
*              IMSA GT CHALLENGE IN FUJI            *
*                     IMSA GT CHALLENGE 予選結果表 1回目                   *
* 1992.03.28   天候 : 曇り  コース状況 : ドライ   発表 : 11:15    SEIKO TIMING *
******************************************************************************
位車番クラス 順 ドライバー       車  名                       ベスト タイム 周回  km/h
-------------------------------------------------------------------------------
1 75 GTS 1 STEVE MILIEN     CUNNINGHAM 300ZX               1'27.601 12 183.697
2 15 GTS 2 DORSEY SCHROEDER ROUSE FORD MUSTANG             1'29.593 10 179.612
3 76 GTS 3 JEREMY DALE      CUMMINGHAM 300ZX               1'30.673  6 177.473
4 21 GTS 4 TOMMY RIGGINS    RIGGINS OLDS MOBILE            1'34.190  8 170.846
5 24 JSS 1 袖山 誠一       松井組・中春スカイライン       1'38.489  9 163.389
6 19 JSS 2 河合 博之       アドバンエンドレススカイライン 1'38.680 10 163.073
7 12 JSS 3 川崎 哲哉       E.R.C サバンナ RX-7 1'38.794 12 162.884
8 30 JSS 4 長島 正明       REスギヤマ岡部自動車RX7   1'39.236 12 162.159
9 95 GTU 1 BOB LEITZINGER   LEITZINGER 240SX               1'39.801 10 161.241
10  2 JSS 5 河野 高男       RSファインRX-7           1'39.835 12 161.186
11  3 JSS 6 岡本 克彦       アウトブレーズファインRX-7 1'40.100 11 160.759
12 55 JSS 7 深沢 寿裕       アンフィニニシトウキョウRX7 1'40.229 10 160.552
13 70 JSS 8 石橋 義三       欧州車販売の外国屋スカイライン 1'40.522  9 160.084
14 33 GTU 2 JOHN FINGER      JOHN FINGER MX-6               1'40.897 11 159.489
15 26 JSS 9 杉山 正典       ナックウエストRSスカイライン 1'41.113 11 159.149
16 48 JSS10 駒 光武         エンドレスアドバンスカイライン 1'41.433  7 158.647
17  5 JSS11 青柳 裕易       リミットスカイラインRSターボ 1'41.454  5 158.614
18 37 JSS12 こざい てつお   オートバード・サミット RX7 1'41.633  9 158.334
19 25 JSS13 和山 浩行       松の温泉・水香園・中春シルビア 1'41.663 11 158.288
20 13 JSS14 石森 浩元       村内スリーボンドスカイライン   1'42.570  9 156.888
21  7 JSS15 小長井 政行     ADVANサスレーシングRX7 1'42.740  8 156.628
22 32 JSS16 早川 篤         レボリューションタムタムRX7 1'42.932  8 156.336
23 39 JSS17 伊藤 勝利       ニキアンフィニ墨田立花RX-7 1'43.350 12 155.704
24 23 JSS18 長谷川 弘信     長谷川商工スカイライン         1'43.841  7 154.968
25 10 JSS19 水野 正         BOMEX・RX-7           1'43.983 11 154.756
26  8 JSS20 安田 耕三       サス☆レーシングRX7         1'44.977  5 153.291
27 18 JSS21 福田 豊         AMRC ニュースカイライン   1'45.289 11 152.836
6 JSS   池中 知行       RE雨宮 RX-7             出走せず
-------------------------------------------------------------------------------
提供:富士スピードウェイ

Japanese F3

筑波F3フリー走行2回目

******************************************************************************
* Series    : '92全日本F3選手権                                          *
* Title     : 第2戦筑波チャレンジカップ                                     *
* Course    : 筑波サーキット                      :2.045     (km)            *
* Date      : 92-03-27                                                       *
* Weather   : 曇                                                             *
* Condition : ドライ                                                         *
* Class     : JAF F3                                                         *
*           : Free Practice   Groupe-B Session-2                             *
******************************************************************************
Pos.No.  Name               Maker     Model    Time      Ave.(km/h) From Top
------------------------------------------------------------------------------
1 43   岡本 幸夫         RALT RT35 MF204    00'52.410  140.469   0'00.000
2 19   高村 一明         RALT RT35 MF204    00'52.450  140.362   0'00.040
3 14   土屋 圭市         RALT RT36 MF204    00'52.540  140.122   0'00.130
4 8    J・ヴィルニューヴ        TOM'S 032 3S-G     00'52.620  139.909   0'00.210
5 44   E・ヴィスコ            DALL. 392 MF204    00'52.630  139.882   0'00.220
6 11   本山    哲         RALT RT35 MF204    00'52.740  139.590   0'00.330
7 70   D・ヒギンズ           RALT RT35 MF204    00'52.750  139.564   0'00.340
8 15   西垣内 正義       RALT RT35 MF204    00'52.800  139.432   0'00.390
9 26   沢田 龍太郎       RALT RT35 MF204    00'52.920  139.116   0'00.510
10 9    R・リデル             TOM'S 032 3S-G     00'53.010  138.879   0'00.600
11 27   早田 岳史         BOWM. BC2 MF204    00'53.050  138.775   0'00.640
12 29   大文字 良浩       RALT RT36 MF204    00'53.180  138.436   0'00.770
13 10   伊藤 直澄         RALT RT35 MF204    00'53.180  138.436   0'00.770
14 23   H・ベイリー            REYN. 923 MF204    00'53.310  138.098   0'00.900
15 31   青木 博之         RALT RT35 MF204    00'53.390  137.891   0'00.980
16 21   渋谷  勉         VANDI.F92 MF204    00'53.500  137.607   0'01.090
17 20   J・ウェストウッド         VANDI.F92 MF204    00'53.500  137.607   0'01.090
18 32   山路 慎一         RALT RT36 MF204    00'54.010  136.308   0'01.600
19 58   金海 辰彦         DALL. 391 MF204    00'54.680  134.638   0'02.270
******************************************************************************
*                                  Hagiwara Racing/Odawara                   *
******************************************************************************
* Series    : '92全日本F3選手権                                          *
* Title     : 第2戦筑波チャレンジカップ                                     *
* Course    : 筑波サーキット                      :2.045     (km)            *
* Date      : 92-03-27                                                       *
* Weather   : 曇                                                             *
* Condition : ドライ                                                         *
* Class     : JAF F3                                                         *
*           : Free Practice   Groupe-A Session-2                             *
******************************************************************************
Pos.No.  Name               Maker     Model    Time      Ave.(km/h) From Top
------------------------------------------------------------------------------
1 3    A・リード             RALT RT35 MF204    00'52.260  140.873   0'00.000
2 16   影山 正美         RALT RT35 MF204    00'52.460  140.335   0'00.200
3 18   T・クリステンセン          RALT RT35 3S-G     00'52.580  140.015   0'00.320
4 22   石川  朗         RALT RT35 MF204    00'52.600  139.962   0'00.340
5 34   奥貫  直         RALT RT35 MF204    00'52.620  139.909   0'00.360
6 7    田中 哲也         TOM'S 032 3S-G     00'52.690  139.723   0'00.430
7 84   戸田 哲史         RALT RT35 MF204    00'52.790  139.458   0'00.530
8 69   高橋 浩二         RALT RT35 MF204    00'53.020  138.853   0'00.760
9 4    井上 隆智穂       DALL. 392 MF204    00'53.060  138.749   0'00.800
10 33   光貞 秀俊         RALT RT36 MF204    00'53.150  138.514   0'00.890
11 90   檜井 保孝         RALT RT35 MF204    00'53.250  138.254   0'00.990
12 12   中野 信治         RALT RT35 MF204    00'53.260  138.228   0'01.000
13 24   嶋村 健太         RALT RT35 MF204    00'53.390  137.891   0'01.130
14 30   近藤 真彦         RALT RT35 MF204    00'53.720  137.044   0'01.460
15 17   夏川 竜一         RALT RT35 MF204    00'53.830  136.764   0'01.570
16 5    沢登 栄一         RALT RT36 MF204    00'53.830  136.764   0'01.570
17 36   藤村 満男         DALL. 392 MF204    00'53.870  136.662   0'01.610
18 56   岡田 晃典         RALT RT36 MF204    00'54.390  135.356   0'02.130
******************************************************************************
*                                  Hagiwara Racing/Odawara                   *

その他

IMSA GT Challenge in FUJI 公開練習 2回目

*******************************************************************************
*                                        Fuji International Speedway(4.470km) *
*              IMSA GT CHALLENGE IN FUJI             *
*                      IMSA GT CHALLENGE 公開練習 2回目                     *
* 1992.03.27   天候 : 雨     コース状況 : ウェット    発表 : 16:00   SEIKO TIMING *
*******************************************************************************
位車番クラス 順  ドライバー        車  名                       ベスト タイム  km/h
-------------------------------------------------------------------------------
1 75 GTS  1 STEVE MILIEN     CUNNINGHAM 300ZX               1'44.993 153.267
2 15 GTS  2 DORSEY SCHROEDER ROUSE FORD MUSTANG             1'47.662 149.468
3 76 GTS  3 JEREMY DALE      CUMMINGHAM 300ZX               1'49.032 147.590
4 24 JSS  1 袖山 誠一       松井組・中春スカイライン       1'50.462 145.679
5 19 JSS  2 河合 博之       アドバンエンドレススカイライン 1'52.368 143.208
6  2 JSS  3 河野 高男       RSファインRX-7           1'52.401 143.166
7 12 JSS  4 川崎 哲哉       E.R.C サバンナ RX-7 1'52.759 142.711
8 48 JSS  5 駒 光武         エンドレスアドバンスカイライン 1'54.413 140.648
9 25 JSS  6 和山 浩行       松の温泉・水香園・中春シルビア 1'56.980 137.562
10 70 JSS  7 石橋 義三       欧州車販売の外国屋スカイライン 1'57.006 137.531
11 13 JSS  8 石森 浩元       村内スリーボンドスカイライン   1'57.489 136.966
12 26 JSS  9 杉山 正典       ナックウエストRSスカイライン 1'58.229 136.109
13  3 JSS 10 岡本 克彦       アウトブレーズファインRX-7 1'58.460 135.843
14 30 JSS 11 長島 正明       REスギヤマ岡部自動車RX7   1'58.722 135.544
15 21 GTS  4 TOMMY RIGGINS    RIGGINS OLDS MOBILE            1'59.189 135.012
16 18 JSS 12 福田 豊         AMRC ニュースカイライン   1'59.566 134.587
17  8 JSS 13 安田 耕三       サス☆レーシングRX7         1'59.797 134.327
18 95 GTU  1 BOB LEITZINGER   LEITZINGER 240SX               2'00.898 133.104
19 23 JSS 14 長谷川 弘信     長谷川商工スカイライン         2'00.969 133.026
20 33 GTU  2 JOHN FINGER      JOHN FINGER MX-6               2'02.665 131.187
21 37 JSS 15 こざい てつお   オートバード・サミット RX7 2'02.685 131.165
22 10 JSS 16 水野 正         BOMEX・RX-7           2'03.523 130.275
23 39 JSS 17 伊藤 勝利       ニキアンフィニ墨田立花RX-7 2'03.664 130.127
24 55 JSS 18 深沢 寿裕       アンフィニニシトウキョウRX7 2'04.100 129.670
25  7 JSS 19 小長井 政行     ADVANサスレーシングRX7 2'10.098 123.691
26  5 JSS 20 青柳 裕易       リミットスカイラインRSターボ 2'10.728 123.095
6 JSS    池中 知行       RE雨宮 RX-7             出走せず
32 JSS    早川 篤         レボリューションタムタムRX7 出走せず
------------------------------------------------------------------------------
提供:富士スピードウェイ

その他

MSA GT Challenge in FUJI 公開練習 1回目

SAY
1
SUB:IMSA GT Challenge in FUJI 公開練習 1回目
*******************************************************************************
*                                        Fuji International Speedway(4.470km) *
*              IMSA GT CHALLENGE IN FUJI             *
*                      IMSA GT CHALLENGE 公開練習 1回目                     *
* 1992.03.27   天候 : 曇り   コース状況 : ウェット    発表 : 12:10   SEIKO TIMING *
*******************************************************************************
位車番クラス 順  ドライバー        車  名                       ベスト タイム  km/h
-------------------------------------------------------------------------------
1 75 GTS  1 STEVE MILIEN     CUNNINGHAM 300ZX               1'42.443 157.082
2 15 GTS  2 DORSEY SCHROEDER ROUSE FORD MUSTANG             1'43.283 155.805
3 19 JSS  1 河合 博之       アドバンエンドレススカイライン 1'51.307 144.573
4 24 JSS  2 袖山 誠一       松井組・中春スカイライン       1'51.950 143.743
5 30 JSS  3 長島 正明       REスギヤマ岡部自動車RX7   1'54.629 140.383
6 23 JSS  4 長谷川 弘信     長谷川商工スカイライン         1'54.873 140.085
7 48 JSS  5 駒 光武         エンドレスアドバンスカイライン 1'55.714 139.067
8 32 JSS  6 早川 篤         レボリューションタムタムRX7 1'57.677 136.747
9 70 JSS  7 石橋 義三       欧州車販売の外国屋スカイライン 1'57.681 136.743
10 33 GTU  1 JOHN FINGER      JOHN FINGER MX-6               1'57.742 136.672
11 21 GTS  3 TOMMY RIGGINS    RIGCINS OLDS MOBILE            1'57.752 136.660
12 12 JSS  8 川崎 哲哉       E.R.C サバンナ RX-7 1'59.782 134.344
13 25 JSS  9 和山 浩行       松の温泉・水香園・中春シルビア 2'01.324 132.637
14 76 GTS  4 JEREMY DALE      CUMMINGHAM 300ZX               2'01.343 132.616
15 39 JSS 10 伊藤 勝利       ニキアンフィニ墨田立花RX-7 2'01.404 132.549
16 18 JSS 11 福田 豊         AMRC ニュースカイライン   2'01.763 132.158
17 37 JSS 12 こざい てつお   オートバード・サミット RX7 2'02.848 130.991
18 26 JSS 13 杉山 正典       ナックウエストRSスカイライン 2'03.313 130.497
19 55 JSS 14 深沢 寿裕       アンフィニニシトウキョウRX7 2'04.556 129.195
20 95 GTU  2 BOB LEITZINGER   LEITZINGER 240SX               2'06.111 127.602
21 10 JSS 15 水野 正         BOMEX・RX-7           2'06.193 127.519
22 13 JSS 16 石森 浩元       村内スリーボンドスカイライン   2'08.955 124.788
23  8 JSS 17 安田 耕三       サス☆レーシングRX7         2'11.118 122.729
2 JSS    河野 高男       RSファインRX-7           出走せず
3 JSS    岡本 克彦       アウトブレーズファインRX-7 出走せず
5 JSS    青柳 裕易       リミットスカイラインRSターボ 出走せず
6 JSS    池中 知行       RE雨宮 RX-7             出走せず
7 JSS    小長井 政行     ADVANサスレーシングRX7 出走せず
------------------------------------------------------------------------------
提供:富士スピードウェイ

Japanese F3

F3筑波チャレンジカップ(フリー走行1回

******************************************************************************
* Series    : '92全日本F3選手権                                          *
* Title     : 第2戦筑波チャレンジカップ                                     *
* Course    : 筑波サーキット                      :2.045     (km)            *
* Date      : 92-03-27                                                       *
* Weather   : 曇                                                             *
* Condition : ドライ                                                         *
* Class     : JAF F3                                                         *
*           : Free Practice   Groupe-A Session-1                             *
******************************************************************************
Pos.No.  Name               Maker     Model    Time      Ave.(km/h) From Top
------------------------------------------------------------------------------
1 3    A・リード             RALT RT35 MF204    00'52.310  140.738   0'00.000
2 16   影山 正美         RALT RT35 MF204    00'52.580  140.015   0'00.270
3 7    田中 哲也         TOM'S 032 3S-G     00'52.610  139.935   0'00.300
4 18   T・クリステンセン          RALT RT35 3S-G     00'52.830  139.353   0'00.520
5 69   高橋 浩二         RALT RT35 MF204    00'53.010  138.879   0'00.700
6 22   石川  朗         RALT RT35 MF204    00'53.140  138.540   0'00.830
7 84   戸田 哲史         RALT RT35 MF204    00'53.220  138.331   0'00.910
8 33   光貞 秀俊         RALT RT36 MF204    00'53.240  138.279   0'00.930
9 34   奥貫  直         RALT RT35 MF204    00'53.340  138.020   0'01.030
10 4    井上 隆智穂       DALL. 392 MF204    00'53.350  137.994   0'01.040
11 30   近藤 真彦         RALT RT35 MF204    00'53.670  137.172   0'01.360
12 17   夏川 竜一         RALT RT35 MF204    00'53.720  137.044   0'01.410
13 24   嶋村 健太         RALT RT35 MF204    00'53.760  136.942   0'01.450
14 5    沢登 栄一         RAL.RT36  MF204    00'53.970  136.409   0'01.660
15 90   檜井 保孝         RALT RT35 MF204    00'53.980  136.384   0'01.670
16 36   藤村 満男         DALL. 392 MF204    00'54.340  135.480   0'02.030
17 12   中野 信治         RALT RT35 MF204    00'54.870  134.172   0'02.560
18 56   岡田 晃典         RALT RT36 MF204    00'55.270  133.201   0'02.960
******************************************************************************
*                                  Hagiwara Racing/Odawara                   *
******************************************************************************
* Series    : '92全日本F3選手権                                          *
* Title     : 第2戦筑波チャレンジカップ                                     *
* Course    : 筑波サーキット                      :2.045     (km)            *
* Date      : 92-03-27                                                       *
* Weather   : 曇                                                             *
* Condition : ドライ                                                         *
* Class     : JAF F3                                                         *
*           : Free Practice   Groupe-B Session-1                             *
******************************************************************************
Pos.No.  Name               Maker     Model    Time      Ave.(km/h) From Top
------------------------------------------------------------------------------
1 19   高村 一明         RALT RT35 MF204    00'52.350  140.630   0'00.000
2 8    J・ヴィルニューヴ        TOM'S 032 3S-G     00'52.890  139.195   0'00.540
3 14   土屋 圭市         RALT RT36 MF204    00'52.920  139.116   0'00.570
4 43   岡本 幸夫         RALT RT35 MF204    00'53.000  138.906   0'00.650
5 10   伊藤 直澄         RALT RT35 MF204    00'53.140  138.540   0'00.790
6 44   E・ヴィスコ            DALL. 392 MF204    00'53.140  138.540   0'00.790
7 15   西垣内 正義       RALT RT35 MF204    00'53.160  138.488   0'00.810
8 11   本山    哲         RALT RT35 MF204    00'53.180  138.436   0'00.830
9 26   沢田 龍太郎       RALT RT35 3S-G     00'53.370  137.943   0'01.020
10 31   青木 博之         RALT RT35 MF204    00'53.600  137.351   0'01.250
11 27   早田 岳史         BOWM. BC2 MF204    00'53.710  137.069   0'01.360
12 70   D・ヒギンズ           RALT RT35 MF204    00'53.790  136.866   0'01.440
13 29   大文字 良浩       RALT RT36 MF204    00'53.900  136.586   0'01.550
14 20   J・ウェストウッド         VANDI.F92 MF204    00'53.920  136.536   0'01.570
15 32   山路 慎一         RALT RT36 MF204    00'54.020  136.283   0'01.670
16 21   渋谷  勉         VANDI.F92 MF204    00'54.180  135.880   0'01.830
17 23   H・ベイリー            REYN. 923 MF204    00'54.560  134.934   0'02.210
18 9    R・リデル             TOM'S 032 3S-G     00'54.790  134.368   0'02.440
19 58   金海 辰彦         DALL. 391 MF204    00'55.140  133.515   0'02.790
******************************************************************************
*                                  Hagiwara Racing/Odawara                   *

全日本F3000

富士F3000テスト(午後)

******************************************************************************
* Series    : 全日本F3000選手権                                              *
* Title     : 合同タイヤテスト                                               *
* Course    : 富士スピードウェイ                  :4.47      (km)            *
* Date      : 92-03-26                                                       *
* Weather   : 雨                                                             *
* Condition : ウェット                                                       *
* Class     : 全日本F3000選手権                                              *
*           : Free Practice   Session-2                                      *
******************************************************************************
Pos.No.  Name               Maker     Model    Time      Ave.(km/h) From Top
------------------------------------------------------------------------------
1  5   J・クロスノフ         DL Lola T92   MUGEN   01'31.750  175.390   0'00.000
2  9   M・マルティーニ       BS Lola T92   MUGEN   01'32.020  174.875   0'00.270
3 90   M・アピチェッラ       DL 童夢 F103  MUGEN   01'32.040  174.837   0'00.290
4 10   V・バイドラー       BS Lola T92   MUGEN   01'32.200  174.534   0'00.450
5 37   M・サロ            YH Reynard92D MUGEN   01'32.220  174.496   0'00.470
6 20   AーG・スコット        BS Reynard92D MUGEN   01'32.280  174.382   0'00.530
7 34   金石 勝智      YH Lola T92   MUGEN   01'32.310  174.326   0'00.560
8 19   星野 一義    BS Reynard92D MUGEN   01'32.610  173.761   0'00.860
9 98   服部 尚貴      BS Reynard92D MUGEN   01'32.720  173.555   0'00.970
10  3   黒沢 琢弥      BS 童夢 F103  DFV     01'32.800  173.405   0'01.050
11 11   E・アーヴィン     DL Lola T92   MUGEN   01'32.820  173.368   0'01.070
12 25   R・チーバー         BS Reynard92D MUGEN   01'32.990  173.051   0'01.240
13 16   関谷 正徳      BS Reynard92D JUDD    01'33.310  172.457   0'01.560
14  7   高橋 国光      YH Lola T92   MUGEN   01'33.320  172.439   0'01.570
15 12   中野 信治      BS Ralt RT24  MUGEN   01'34.760  169.818   0'03.010
16 61   T・ダニエルソン       DL Lola T92   DFV     01'34.950  169.479   0'03.200
17  2   R・ライデル         DL Lola T92   MUGEN   01'35.270  168.909   0'03.520
18 26   和田 孝夫      BS Ralt RT24  MUGEN   01'35.460  168.573   0'03.710
19 15   藤永 敬道      BS Reynard91D MUGEN   01'35.730  168.098   0'03.980
20  8   松本 恵二      DL 童夢 F103  MUGEN   01'36.150  167.363   0'04.400
21 62   田中  実      DL Lola T92   MUGEN   01'55.390  139.457   0'23.640
22 27   館  善泰      DL Lola T92   MUGEN   02'00.570  133.466   0'28.820
******************************************************************************
*                                  Hagiwara Racing (Shigeki Kudo)            *

全日本F3000

富士F3000テスト(午前)

******************************************************************************
* Series    : 全日本F3000選手権                                              *
* Title     : 合同タイヤテスト                                               *
* Course    : 富士スピードウェイ                  :4.47      (km)            *
* Date      : 92ー03ー26                                                       *
* Weather   : 雨→曇                                                         *
* Condition : WET                                                            *
* Class     : 全日本F3000選手権                                              *
*           : Free Practice   Session-1                                      *
******************************************************************************
Pos.No.  Name               Maker     Model    Time      Ave.(km/h) From Top
------------------------------------------------------------------------------
1  5   J・クロスノフ         DL Lola T92   MUGEN   01'34.620  170.070   0'00.000
2 10   V・バイドラー       BS Lola T92   MUGEN   01'34.640  170.034   0'00.020
3 25   R・チーバー         BS Reynard92D MUGEN   01'34.930  169.514   0'00.310
4 37   M・サロ            YH Reynard92D MUGEN   01'35.860  167.870   0'01.240
5 20   AーG・スコット        BS Reynard92D MUGEN   01'35.910  167.782   0'01.290
6  9   M・マルティーニ       BS Lola T92   MUGEN   01'36.280  167.138   0'01.660
7 11   E・アーヴィン     DL Lola T92   MUGEN   01'37.470  165.097   0'02.850
8  7   高橋 国光      YH Lola T92   MUGEN   01'37.480  165.080   0'02.860
9 98   服部 尚貴      BS Reynard92D MUGEN   01'37.580  164.911   0'02.960
10 12   中野 信治      BS Ralt RT24  MUGEN   01'37.800  164.540   0'03.180
11 26   和田 孝夫      BS Ralt RT24  MUGEN   01'37.890  164.389   0'03.270
12 16   関谷 正徳      BS Reynard92D JUDD    01'38.790  162.891   0'04.170
13 19   星野 一義    BS Reynard92D MUGEN   01'39.850  161.162   0'05.230
14  3   黒沢 琢弥      BS 童夢 F103  DFV     01'40.200  160.599   0'05.580
15 34   金石 勝智      YH Lola T92   MUGEN   01'42.040  157.703   0'07.420
16 15   藤永 敬道      BS Reynard91D MUGEN   01'44.420  154.108   0'09.800
17  2   R・ライデル         DL Lola T92   MUGEN   01'49.480  146.986   0'14.860
******************************************************************************
*                                  Hagiwara Racing S.Kudo                    *

全日本F3000

富士F3000テスト(午後)

******************************************************************************
* Series    : 全日本F3000選手権                                              *
* Title     : 合同タイヤテスト                                               *
* Course    : 富士スピードウェイ                  :4.47      (km)            *
* Date      : 92ー03ー25                                                       *
* Weather   : 曇                                                             *
* Condition : ドライ                                                         *
* Class     : F3000                                                          *
*           : Free Practice   Session-2                                      *
******************************************************************************
Pos.No.  Name               Maker     Model    Time      Ave.(km/h) From Top
------------------------------------------------------------------------------
1 11   E・アーヴィン     DL Lola T92   MUGEN   01'18.440  205.150   0'00.000
2  7   高橋 国光      YH Lola T92   MUGEN   01'18.450  205.124   0'00.010
3  9   M・マルティーニ       BS Lola T92   MUGEN   01'18.520  204.941   0'00.080
4 28   P・カーカッシ         DL Reynard92D MUGEN   01'18.590  204.759   0'00.150
5 19   星野 一義    BS Reynard92D MUGEN   01'18.610  204.707   0'00.170
6  5   J・クロスノフ         DL Lola T92   MUGEN   01'18.620  204.681   0'00.180
7 77   鈴木 利男      YH Lola T91   DFV     01'18.700  204.473   0'00.260
8  3   黒沢 琢弥      BS 童夢 F103  DFV     01'18.740  204.369   0'00.300
9 10   V・バイドラー       BS Lola T92   MUGEN   01'18.920  203.903   0'00.480
10 90   M・アピチェッラ       DL 童夢 F103  MUGEN   01'19.140  203.336   0'00.700
11 26   和田 孝夫      BS Ralt RT24  MUGEN   01'19.300  202.926   0'00.860
12 16   関谷 正徳      BS Reynard92D JUDD    01'19.440  202.568   0'01.000
13 61   T・ダニエルソン       DL Lola T92   DFV     01'19.590  202.186   0'01.150
14  6   和田  久      DL Lola T91   MUGEN   01'19.600  202.161   0'01.160
15  8   松本 恵二      DL 童夢 F103  MUGEN   01'19.620  202.110   0'01.180
16 98   服部 尚貴      BS Reynard92D MUGEN   01'19.730  201.831   0'01.290
17 27   館  善泰      DL Lola T92   MUGEN   01'19.790  201.679   0'01.350
18  2   小河  等      DL Lola T92   MUGEN   01'20.110  200.874   0'01.670
19 62   田中  実      DL Lola T92   MUGEN   01'20.140  200.799   0'01.700
20 12   中野 信治      BS Ralt RT24  MUGEN   01'20.320  200.349   0'01.880
21 37   M・サロ            YH Reynard92D MUGEN   01'20.410  200.124   0'01.970
22 20   AーG・スコット        BS Reynard92D MUGEN   01'20.610  199.628   0'02.170
23 15   藤永 敬道      BS Reynard91D MUGEN   01'21.040  198.569   0'02.600
24 34   金石 勝智      YH Lola T92   MUGEN   01'21.880  196.532   0'03.440
25 25   R・チーバー         BS Reynard92D MUGEN   01'34.140  170.937   0'15.700
******************************************************************************
*                                  Hagiwara Racing (Shigeki Kudo)            *

全日本F3000

富士F3000テストAM

******************************************************************************
* Series    : 全日本F3000選手権                                              *
* Title     : 合同タイヤテスト                                               *
* Course    : 富士スピードウェイ                  :4.47      (km)            *
* Date      : 92ー03ー25                                                       *
* Weather   : 曇                                                             *
* Condition : WET->DRY                                                       *
* Class     : 全日本F3000選手権                                              *
*           : Free Practice   Session-1                                      *
******************************************************************************
Pos.No.  Name               Maker     Model    Time      Ave.(km/h) From Top
------------------------------------------------------------------------------
1 11   E・アーヴィン     DL Lola T92   MUGEN   01'18.200  205.780   0'00.000
2 77   鈴木 利男      YH Lola T91   DFV     01'18.570  204.811   0'01.180
3  9   M・マルティーニ       BS Lola T92   MUGEN   01'18.600  204.733   0'01.210
4 90   M・アピチェッラ       DL 童夢 F103  MUGEN   01'18.860  204.058   0'01.470
5  2   小河  等      DL Lola T92   MUGEN   01'19.090  203.464   0'01.700
6  5   J・クロスノフ         DL Lola T92   MUGEN   01'19.380  202.721   0'01.990
7 37   M・サロ            YH Reynard92D MUGEN   01'19.610  202.135   0'02.220
8 16   関谷 正徳      BS Reynard92D JUDD    01'19.720  201.856   0'02.330
9  7   高橋 国光      YH Lola T92   MUGEN   01'19.740  201.806   0'02.350
10 10   V・バイドラー       BS Lola T92   MUGEN   01'19.760  201.755   0'02.370
11  3   黒沢 琢弥      BS 童夢 F103  DFV     01'20.050  201.024   0'02.660
12 28   P・カーカッシ         DL Reynard92D MUGEN   01'20.080  200.949   0'02.690
13 27   館  善泰      DL Lola T92   MUGEN   01'20.400  200.149   0'03.010
14 26   和田 孝夫      BS Ralt RT24  MUGEN   01'20.440  200.050   0'03.050
15 19   星野 一義    BS Reynard92D MUGEN   01'20.530  199.826   0'03.140
16 12   中野 信治      BS Ralt RT24  MUGEN   01'20.550  199.777   0'02.350
17 25   R・チーバー         BS Reynard92D MUGEN   01'20.630  199.578   0'02.430
18 61   T・ダニエルソン       DL Lola T92   DFV     01'21.590  197.230   0'03.390
19 15   藤永 敬道      BS Reynard91D MUGEN   01'22.330  195.457   0'04.130
20 98   服部 尚貴      BS Reynard92D MUGEN   01'23.390  192.973   0'05.190
21  6   和田  久      DL Lola T91   MUGEN   01'25.940  187.247   0'07.740
22 18   松田 秀士      YH Lola T92   MUGEN   01'42.470  157.041   0'24.270
23 20   AーG・スコット        BS Reynard92D MUGEN   01'46.410  151.226   0'28.210
******************************************************************************
*                                  Hagiwara Racing S.Kudo                    *

全日本F3000

富士F3000タイヤテスト(午後)

******************************************************************************
* Series    : 全日本F3000選手権                                              *
* Title     : 合同タイヤテスト                                               *
* Course    : 富士スピードウェイ                  :4.47      (km)            *
* Date      : 92ー03ー19                                                       *
* Weather   : 曇                                                             *
* Condition : ドライ                                                         *
* Class     : 全日本F3000選手権                                              *
*           : Free Practice   Session-1                                      *
******************************************************************************
Pos.No.  Name               Maker     Model    Time      Ave.(km/h) From Top
------------------------------------------------------------------------------
1  9   M・マルティーニ       BS Lola T92   MUGEN   01'17.390  207.934   0'00.000
2 11   E・アーヴィン     DL Lola T92   MUGEN   01'17.870  206.652   0'00.480
3 25   R・チーバー         BS Reynard92D MUGEN   01'17.870  206.652   0'00.480
4 77   鈴木 利男      YH Lola T91   DFV     01'17.940  206.467   0'00.550
5 10   V・バイドラー       BS Lola T92   MUGEN   01'17.970  206.387   0'00.580
6 19   星野 一義    BS Reynard92D MUGEN   01'17.970  206.387   0'00.580
7  8   松本 恵二      DL 童夢 F103  MUGEN   01'17.970  206.387   0'00.580
8 37   M・サロ            YH Reynard92D MUGEN   01'18.100  206.044   0'00.710
9  3   黒沢 琢弥      BS 童夢 F103  DFV     01'18.300  205.517   0'00.910
10 20   AーG・スコット        BS Lola T92   MUGEN   01'18.550  204.863   0'01.160
11 90   M・アピチェッラ       DL 童夢 F103  MUGEN   01'18.800  204.213   0'01.410
12 16   関谷 正徳      BS Reynard92D JUDD    01'18.820  204.161   0'01.430
13 28   P・カーカッシ         DL Reynard92D MUGEN   01'19.030  203.619   0'01.640
14 34   金石 勝智      YH Lola T91   MUGEN   01'19.270  203.002   0'01.880
15  7   高橋 国光      YH Lola T92   MUGEN   01'19.500  202.415   0'02.110
16 12   中野 信治      BS Ralt RT24  MUGEN   01'19.510  202.390   0'02.120
17  5   J・クロスノフ         DL Lola T92   MUGEN   01'19.620  202.110   0'02.230
18  6   和田  久      DL Lola T91   MUGEN   01'20.010  201.125   0'02.620
19 26   和田 孝夫      BS Ralt RT24  MUGEN   01'20.150  200.774   0'02.760
20 21   R・ラッツエンバーガー   BS Lola T91   MUGEN   01'20.290  200.423   0'02.900
21 18   松田 秀士      YH Lola T92   MUGEN   01'21.250  198.055   0'03.860
22 15   藤永 敬道      BS Reynard91D MUGEN   01'21.670  197.037   0'04.280
******************************************************************************
*        Hagiwara Racing S.KUDO                    /E

全日本F3000

富士F3000タイヤテスト

******************************************************************************
* Series    : 全日本F3000選手権                                              *
* Title     : 合同タイヤテスト                                               *
* Course    : 富士スピードウェイ                  :4.47      (km)            *
* Date      : 92ー03ー19                                                       *
* Weather   : 曇                                                             *
* Condition : ウェット                                                       *
* Class     : 全日本F3000選手権                                              *
*           : Free Practice   Session-1                                      *
******************************************************************************
Pos.No.  Name               Maker     Model    Time      Ave.(km/h) From Top
------------------------------------------------------------------------------
1 25   R・チーバー         BS Reynard92D MUGEN   01'26.500  186.035   0'00.000
2 77   鈴木 利男      YH Lola T91   DFV     01'26.720  185.563   0'00.220
3 19   星野 一義    BS Reynard92D MUGEN   01'27.190  184.562   0'00.690
4  8   松本 恵二      DL 童夢 F103  MUGEN   01'27.360  184.203   0'00.860
5 34   金石 勝智      YH Lola T91   MUGEN   01'28.110  182.635   0'01.610
6 10   V・バイドラー       BS Lola T92   MUGEN   01'28.340  182.160   0'01.840
7 16   関谷 正徳      BS Reynard92D JUDD    01'28.750  181.318   0'02.250
8 37   M・サロ            YH Reynard92D MUGEN   01'28.890  181.033   0'02.390
9 90   M・アピチェッラ       DL 童夢 F103  MUGEN   01'29.120  180.566   0'02.620
10 21   R・ラッツエンバーガー   BS Lola T91   MUGEN   01'29.450  179.899   0'02.950
11  3   黒沢 琢弥      BS 童夢 F103  DFV     01'29.980  178.840   0'03.480
12 26   和田 孝夫      BS Ralt RT24  MUGEN   01'30.070  178.661   0'03.570
13 12   中野 信治      BS Ralt RT24  MUGEN   01'30.070  178.661   0'03.570
14 15   藤永 敬道      BS Reynard91D MUGEN   01'30.160  178.483   0'03.660
15  6   和田  久      DL Lola T91   MUGEN   01'30.390  178.029   0'03.890
16  5   J・クロスノフ         DL Lola T92   MUGEN   01'31.950  175.008   0'05.450
17 28   P・カーカッシ         DL Reynard92D MUGEN   01'33.240  172.587   0'06.740
18 11   E・アーヴィン     DL Lola T92   MUGEN   01'33.330  172.420   0'06.830
19  7   高橋 国光      YH Lola T92   MUGEN   01'34.420  170.430   0'07.920
20  9   M・マルティーニ       BS Lola T92   MUGEN   01'40.170  160.647   0'13.670
21 20   AーG・スコット        BS Lola T92   MUGEN   01'47.930  149.097   0'21.430
22 18   松田 秀士      YH Lola T92   MUGEN   02'17.900  116.693   0'51.400
******************************************************************************
*        Hagiwara Racing S.KUDO                *

JSPC

JSPC:ニッサン3500ccV12エンジンを発表

●ニッサン、新型V12レーシング・エンジンを発表
 カリフォルニア州カーソン(3月18日)-日産自動車(米国日産の親会社)は、
本日、新しく開発された3.5リッターV12エンジンを発表した。
「VRT35」と名付けられたこのエンジンは、70度V12の自然吸気の3.5リッ
ターエンジンとなっている。
 このレーシングエンジンは、日米のニッサンのレーシングチームの共同開発に
なるもので、スポーツプロトタイプ、とくに耐久用に開発されてきたものである。
また、このプロジェクトは、世界のレース資源として利用されるというニッサン
のポリシーを反映したものである。
 設計は林義正氏が中心となって日本側で行ない、ベンチテストまですませたも
のをアメリカに運び、IMSAで活躍するNPTIがオープンホイールカー(マリオ・ア
ンドレッティのチームから購入したローラT90/00)にこのエンジンを載せ、1年
以上にわたって開発を続けてきた。そして今月末からはアメリカで、テスト用の
プロトタイプ・シャシーP35によるテストを開始する。
 この秋には、NISMOが日米で使用予定の新シャシーに、この新型エンジンを搭
載してテストを開始する。この新型車と新型エンジンは、来年のデイトナ24時間
レースに投入され、さらに日本のJSPCシリーズに投入される予定である。
●ニッサン・新型スポーツプロトタイプ・エンジン・スペック
 エンジンタイプ:  VRT35 70度V12
 容量     :  3.5リッター
 全長     :  660mm
 全幅     :  577mm
 高さ     :  533mm
 重量     :  155kg以下
 馬力     :  630馬力以上
 トルク    :  40kg以上
 イグニッション:  ECCS-R-NDIS
  DATA:CompuServe Motor Sports Forum(RIS/CIS)
  ニッサン広報資料より
  RIJ-すがやみつる(FMOTOR4 Group Manager SDI00104)

全日本F3000

F3000:萩原レーシング リリース

  HAGIWARA RACING PRESS INFORMATION
全日本F3000選手権 第1戦鈴鹿
関谷正徳、痛恨のピット・スタートながら、15人抜き!
 1992年 3月 8日 鈴鹿サーキット
     観客:53,000人 天気:晴
コース:ドライ 気温:12°C 路面:23°C
 1992年の全日本F3000シリーズが、今年も鈴鹿で開幕した。
 萩原レーシングでは、同シリーズには開幕戦からレイナード92Dと、国内初登
場のジャッドKVエンジンの組み合わせで臨んでいる。
 本来ならば、今年のF3000シリーズには新車両レギュレーションに合致した
92年モデルのシャーシしか出場できないこととなっているが、実際には92年モ
デルは各チームに行き届いておらず、競技委員会は今回に限り92年以前のモデル
での出走を認めている。
 萩原レーシングは、このレースへ出走した全26台中、92年モデルを持ち込ん
だ数少ないチームとなっている。しかしながら、マシンが完成したのはレースの前
週の2月25日で、わずかにシェイク・ダウン・テストを1回行ったのみという状
況であった。
 1年間みっちりと走り込んで、データの豊富な91モデル勢に比べると、かなり
不利に状況にあるにもかかわらず、関谷正徳は金曜日のフリー走行において暫定的
なセッティングを決め、土曜日の予選では13番グリッドを確保することに成功す
る。
 ところが、レースでは、コース・イン10分前になって、スターター・モーター
が突如として破損し、エンジンがかからなくなってしまうトラブルが発生してしま
う。そのため、メカニックが13人掛かりで修復を急ぐことになるが、修理が完了
した時には非情にもピット・ロードはクローズとなってしまい、関谷はピット・ス
タートを余儀なくされてしまう。
 全車両がスタートした後でのコース・インというハンデキャップを負った関谷は、
コースに入るやいなや鬼神の走りを見せ、なんとスタート直後の25位からレース
終盤までには8位にまで浮上するというパフォーマンスを見せた。
 そして、なおも追い上げを続ける関谷ではあったが、全走車のジェフ・クロスノ
フをパスした直後にリヤ右タイヤを傷つけられ、痛恨のスロー・パンクチャーを喫
してしまう。関谷は、そのままコース上にストップせざるを得なくなってしまった。
 最終的な結果としては、関谷はレース中のラップ・タイムでは5番手をマークし
ていることもあり、もしもトラブルがなかったら...と、ピット・スタートが悔
やまれるが、これもまたレースである。
関谷 正徳
「マシンのフィーリングはかなりいいよ。今年は行けると思う。まだろくに走って
いないのに、ここまで行けたからね。この後、テストでセッティングを煮詰めて、
新車を早めに投入したアドバンテージを持ちたいよ。」

全日本F3000

富士F3000テストは雪のため中止

 18日(水)9時から10時、16時から17時の2時間が予定されていた
F3000合同タイヤテストは、昨日朝から富士スピードウェイに降り続いてい
た雪のためキャンセルされました。
 尚、今回のテストでほとんど全てのチームが92年モデルをシェイクダウンす
る予定になっている。ローラT92を走らせるチームがほとんど(すでに10台
以上が納車されている)だが、第1戦でのロス・チーバーの優勝の影響もあって
かレイナード92Dを追加発注したところも数チームある模様。ホシノ・レーシ
ングも今回は92Dだけを持ち込んできており、現時点ではレイナード優勢のよ
うだ。
 また、中野信治を走らせる中嶋企画ではラルトRT24Jのサイドポンツーン
エンジンカウルなどに独自に空力関係のモデファイを加えており、今回のテスト
に臨むとのこと。
 テストは19日(木)も9時から11時、16時から17時の3時間が予定さ
れている。
                    工藤茂樹(ハギワラ・レーシング)

全日本F3000

F3000:CABIN-F3000第1戦鈴鹿リリース

1992年全日本F3000選手権             1992年3月11日
RACE INFORMATION
                       キャビン・レーシング事務局
           《第1戦 鈴鹿》
        「行くべきか、行かざるべきか」
        キャビン・アロー、トリプル入賞
  F3000 カーナンバー19 星野一義 予選A組3位 決勝2位
  F3000 カーナンバー 3 黒沢琢弥 予選B組2位 決勝5位
  F3    カーナンバー19 高村一明 予選A組2位 決勝4位
 キャビン・レーシングチームにとては苦しいレースだった。実績ある昨年型の
ローラも星野自身も絶好調にあった。しかし、公式予選でタイムアタックのタイ
ミングを逃し、スターティング・グリッドは3列目。決勝レースでスタートダッ
シュをきめて3位へと進出したものの、ロス・チーバー選手は92年型のレイナ
ードで首位を疾走していた。「思い切って勝負をかけたい。ぜも王座を手に入れ
るためにはしっかり完走して、選手権ポイントを確保することも必要だ」。開幕
戦の鈴鹿サーキットを走りながら、星野の心は微妙に揺れていた。
 一方、昨年のチャンピオンチームからの緒戦を迎えた黒沢琢弥はスタートに失
敗、せっかくの2列目のグリッドから後退して群れの中に取り込まれていた。彼
はライバルと同時に緊張と焦りとも戦わなければならなかった。
 1992年全日本F3000選手権・開幕戦が、3月7日(土)、8日(日)、
三重県・鈴鹿サーキットで開催された。キャビン・レーシングチームは、このレ
ースにキャビン・レーシングwithインパルより星野一義、キャビン・レーシング
チームwithヒーローズより黒沢琢弥を戦線に送り込んだ。
《体 制》
 キャビン・レーシングチームwithインパル
  ドライバー : 星野一義
  監   督 : 金子 豊
  マ シ ン : ローラT91-50/無限
 キャビン・レーシングチームwithヒーローズ
  ドライバー : 黒沢琢弥
  監   督 : 田中 弘
  マ シ ン : ローラT91-50/DFV
《マシン》
 1992年シーズンに向けて、星野は英国レイナード社製レイナード92D/
無限を、黒沢は日本の童夢製DOME F103/DFVを準備した。しかし、
どちらも十分に熟成する時間がなかったため、開幕戦は実績のある昨年型のマシ
ンで戦う決断を下した。
 両チームとも、ほぼ昨年の仕様をそのまま引き継いでいるが、カラーリングは
一部変更された。
《公式予選》
 第1回目の公式予選セッションは、晴天・寒風の下、ドライコンディションで
行われた。公式予選A組から出走の星野はセッション終了間際にソフトタイヤを
装着してタイムアタックを行うが、1分44秒671のA組3位に留まった。
 一方、昨年のチャンピオンチームであるキャビン・レーシングチームwithヒー
ローズの黒沢は、公式予選B組からの出走。セッション終了5分前にソフトタイ
ヤでタイムアタックに入り、1分44秒649を記録してB組2位につけた。
 午後、星野は2セット目のタイヤにミディアム・タイヤを選択してタイムアタ
ック。1分43秒960を記録してB組2位の座を守った。
《談 話》
星野一義 : 1分44秒089 A組3位
「車の調子はバッチリなんだ。午前中の予選では、タイムアタックに入ろうとし
たストレートの終わりで、ピットアウトしてきたマシンにひっかかってしまった。
それで途中でペースを落としてタイヤの消耗を防ぐ走りに切り替えた。うまくい
けばそのタイヤでもう一度タイムアタックできるからね。午後は2セット目にミ
ディアム・タイヤを選んでタイムアタックに入ろうとしたんだが、ストレートで
またマシンがピットアウトしてきたのでアタックに入れなかった。もうそこでア
タックをやめようと思ったんだけど、気を取り直してゆっくりもう1周してアタ
ックに入った。でも、やはり途中でタイヤの消耗が進んで、44秒台が精一杯だ
った。調子はいいのに、決勝レースは楽ではなさそうだなぁ」
黒沢琢弥 : 1分43秒960 B組2位
「いいクルマといいタイヤといいエンジンがあってのポジションですよ。ドライ
バーなんか、そんなに急に腕が上達するものではありません。1回目の予選では、
スプーンを抜けたところでタイヤを使いきってしまったので、タイムが伸びなか
った。『たら・れば』を言っていたらいけないけれども、43秒台には入れるつ
もりでいた。テストのときに比べるとコンマ9秒落ちていますから。本番でいつ
もの力が出せなかったのは、完全にぼくの責任です。明日はとにかくミスしない
で最後まで走りきることを目指して頑張ります」
《決勝レース》
 決勝で星野が見せたスタートは絶妙だった。星野は3列目外側から思いきりイ
ンへ切りこんで加速、服部選手に並びかかった。1コーナー手前で服部選手のイ
ンに入りこみ、一挙に3位へと進出する。一方、黒沢はアクセルのコントロール
に失敗、グリッド上で後輪をホイールスピンさせて大きく遅れをとった。結局1
周を終わったときの順位は星野3位、黒沢6位。
 その後、レースは単調に進んだ。星野は12周目にヘアピンでバイドラー選手
のインに飛び込み2位に進出したが、この時点でトップ、チーバー選手とのタイ
ム差は18秒近くあり、残り周回数を考えると星野の首位奪回は難しい状況だっ
た。星野は首位のチーバー選手とほぼ同じペースで周回しを続けたが、順位を入
れ替えることなく2位でフィニッシュした。
 黒沢は、落とした順位を挽回するために2周目の130Rで勝負に出た。5位
の鈴木選手のインに飛び込もうとしたのだ。しかし黒沢はコースのワダチに入り
こんで路面の凹凸にマシンの底部を激しくうちつけてしまい、操縦性を狂わせて
しまった。その後、黒沢は鈴木選手を追いかけ続けたが強いオーバーステアに苦
しんで届かず、27周目の180Rで、後方から追い上げてきた中谷選手にかわ
されて7位へ後退してしまった。しかし、レース終了間際のアクシデントにより、
上位2台がレースから脱落したため、黒沢は最終的に5位でチェッカーを受けた。
耐えた黒沢は、キャビン・レーシングチームでの初レースでポイントを獲得し、
第2戦以降に期待をつないだ。
《談 話》
星野一義:
「スタートは、落ちついていたからうまくいったと思う。それでバイドラー選手
の後ろにつけたんだけど、そのうちチーバー選手が逃げていくのがわかった。で
も、ここで無理してバイドラー選手を抜いても、チーバー選手のコンディション
を考えると、それに対抗するのは無理だと思えた。それでも思いきり勝負をかけ
たかったんだ。でもチームからは、しっかり完走してポイントを捕ってくれ、と
指示をもらっていたし、板挟みになって考え込んでしまったよ。
 必死になって自制したけれど、やっぱり我慢できなくなって、バイドラー選手
にはけっこう強引な勝負をかけてしまったけれどね。チームのみんなは2位入賞
を喜んでくれあ。確かに予選の失敗を考えればいい結果だったかもいれないけれ
ど、ぼくはやっぱり悔しくてしかたがないよ。こういう悔しさがあれば、ぼくも
まだまだやっていけるね。次回の富士までには新しいマシンを熟成させて、チー
バー選手にきっとお返しするよ」
金子 豊監督:
「2位に上がった時点で大きな差があったので、これはしようがない、と思った。
チームとして、昨年型の91を選択したのが失敗だったかどうかはわからない。
チーバー選手のタイムを見ると、新しいレイナードに可能性を感じるけどね。で
も、リタイヤが続いていた鈴鹿でのレースで2位入賞という結果が残ったのだか
ら、よしとしなければいけないだろう。次の富士までには92年型のローラとレ
イナードを十分に熟成させて、速い方を選ぶつもりでいる」
黒沢琢弥:
「スタートでは緊張してしまった。あっと思ったらホイールスピンさせて出遅れ
てしまった。今日のレースは、あれがすべてでした。監督にスタートは慎重に行
け、と言われていたのに、すべてをぼくは台無しにしてしまった。スタートに出
遅れたものだから、思い切って鈴木選手を130Rで抜こうとしたんですが、そ
のとき路面のワダチに入りこんでマシンの底を思いきり打ってしまった。そうし
たら、強いオーバーステアが出るようになって、ペースを上げることができなく
なってしまいました。スタートでミスしなければ、あんな無理をしないでも済ん
だのだから、これもぼくの責任です。せっかくいい道具を準備してもらったのに、
チームのみんなに申し訳なく思っています。でも次のレースでは頑張りますよ」
田中 弘監督:
「予選のポジションは満足すべきものだったと思う。琢弥は非常に器用なドライ
バーだと評価している。タイヤやエンジンに負担をかけずにナチュラルな走りが
できる。敢えていうならば、中嶋悟に似たタイプの才能だと思う。テストでは、
最前列に並んで当然のタイムで周回していた。それが2列目になったのは、やは
り平常心を失っていたのだろう。これは経験不足のせいだ。
 しかし、ポイント獲得を単純に喜ぶ気にはなれないよ。公式予選でも、決勝レ
ースでも、今回残った結果以上の速さで走ることができるはずの道具を準備して
琢弥に与えた。しかもスタートは慎重にいけ、といってきかせた。それで失敗し
たのだから、反省点は大きい。その後ペースが上がらなかったとかタイムが安定
しなかったとかは、スタートで遅れてしかも無理をした琢弥の責任であって、言
い訳にすぎないよ。落ち着いて、言った通りにやっていればもっと上位でしかも
速いペースで走れたはずなんだから。
 新しいマシンには期待している。まだ少ししか走らせていないけれど、童夢は
いいマシンだと思う。これの熟成を進めれば、レースの先頭をどんどん走ること
ができるはずだ」
 なお、併催された全日本F3選手権レース・第1戦にキャビン・レーシングチ
ームから出場した高村一明は、ラルトRT34に乗って予選総合3位からスター
ト、レース中盤まで3位を快走するが、マシンにアンダーステアが出てしまいポ
ジションを4位に下げてしまう。その後リヤカウル脱落、エンジントラブルを問
題が続いたが、4位でチェッカーを受けて入賞を果たした。
高村一明:
「マシンにトラブルが出てしまったが、新チームのデビュー戦ということもあり
頑張った。ライバル達もみんな速くて大変だけれど、できるだけ早く表彰台に上
がれるよう頑張ります」
  提供:キャビン・レーシングチーム事務局

グループA

JTC:英田 300kmレース 正式結果

JTC:英田 300kmレース 正式結果
英田グループA 300kmレース -FMOTOR4- (1992-03-15) Official Results
For All Japan Touring Car Championship Rd.1 TIサーキット:(3.702km)
P No. Driver(s)--------------------------------- Lap GoalTime--- -km/h--
1   1 長谷見昌弘/福山英明   Nissan Skyline GT-R  82 2:32'53.724 119.126
2  22 清水和夫/クリステンセン Niss.Skyline GT-R  82 2:33'30.624 118.649
3   8 見崎  清志/長坂 尚樹 Nissan Skyline GT-R  81     -  1Lap
4   2 高橋  国光/土屋  圭市 Nissan Skyline GT-R  80     -  2Laps
5*100 中子 修/岡田 秀樹   Honda Civic SiR     79     -  3Laps
6  61 中川 隆正/田島 栄一 BMW M-3             78     -  4Laps
7  19 河合博之/駒 光武   Toyota Callora     78     -  4Laps
8  14 服部 尚貴/金石 勝智 Honda Civic SiR     78     -  4Laps
9  55 オロフソン/木下 隆之 Nissan Skyline GT-R  77     -  5Laps
10  33 村松 康生/佐藤 久美 Honda Civic SiR     77     -  5Laps
11  36 関谷 正徳/ラファネル Toyota Callora      76     -  6Laps
12  21 松田秀士/一ツ山幹雄   BMW M-3          76     -  6Laps
13  26 水野 文則/川本 篤   BMW M-3             76     -  6Laps
14  17 夏川竜一/高村一明     BMW M-3       75     -  7Laps
15  87 羽根 幸浩/萩原 修   Nissan Skyline GT-R  73     -  9Laps
16  11 横島 久/和田 久    Toyota Callora       72     - 10Laps
17  18 浅野 武夫/萩原 誠   Toyota Callora      69     - 13Laps
----------------------------- DNC -----------------------------------------
29 茂木 和男/小幡 栄   BMW M-3             77 最終ラップストップ
37 星野 薫/ロッソ       Toyota Callora      71 最終ラップスタック
35 ラッツェンバーガ/スコット BMW M-3         47 エンジンブロー
12 星野  一義/影山 正彦 Nissan Skyline GT-R  45 左前ホイール脱落
90 三好 正己/黒木 健次 Honda Civic SiR      40
24 竹内 浩典/武藤 文雄 BMW M-3              36
72 牧口規雄/米田哲也/堀米トオル BMW M-3      17
32 原 貴彦/影山 正美   Honda Civic SiR     13 No.1スカイラインと接触
                         スタック
****************************************************************************
 暫定結果の後に出た正式結果に訂正版が出て、5位に入ったNo.100出光モーション
シビックの周回数が減算、タイムも訂正されたが、順位の変動はなかった。(*印)
 レースは、序盤、トップグループを形成していたNo.1、12、55の中でNo.1JECSスカ
イラインがスピン、大きく遅れたが、それを挽回して優勝。No.55共石スカイライン
は3周目にトップに立ったとたんコースアウト。下回りを傷めて、その修復のために
大きく遅れた。
 これらのアクシデントでNo.12カルソニック・スカイラインが独走したが、44周目
に左前ホイールが脱落。なんとかピットには戻ったもののリタイア。
 No.2タイサン・スカイラインも高橋国光が搭乗中にコースアウト。復帰に時間がか
かり、大きく後退した。
英田からのFAXリポート。
すがやみつる(SDI00104)

その他

IMSA:IMSA-GTチャレンジin富士プレビュー

★IMSAが富士にやってくる!
 3月27~29日の3日間、富士スピードウェイにアメリカのIMSA(イムサ=
インターナショナル・モータースポーツ・アソシエーション)シリーズに参加す
るGTSとGTUマシンが登場、日本のJSSマシンと速さを競う。
 今回、日本には4台のGTSマシンと2台のGTUマシンが上陸する。
 IMSAのメインシリーズは、タバコのキャメルがスポンサーになっている
「キャメルGTシリーズ」。こちらはグループCとほぼ同じスタイルをしたプロ
トタイプカーの戦いで、排気量3リッター以上がGTPクラス、3リッター以下
がGTPライトクラスとなっている。今年のデイトナ24時間レースで、このGT
Pカーたちに挑んだNISMOのニッサンR91CPが総合優勝を遂げたのは記
憶に新しいところ。
 デイトナでGTPたちと混走していたのがGTS、GTU、GTOの3クラス。
昨年から、石油会社のエクソン(日本、ヨーロッパではエッソの名前で知られる)
の後援を受け、EXXONシュプリーム・シリーズとして走っている。
 GTSとGTUの2クラスのマシンは、昔流行した「羊の皮をかぶった狼」と
いう呼称にぴったり。鋼管スペースフレームなどのシャシーに、ウィンドウと屋
根の部分だけが原型を保てばいいというルールによって作られた、オーバーフェ
ンダーがバリバリのボディをかぶせている。夜間走行のあるデイトナなど一部を
除いては、そのヘッドライトもただの飾り。ペンキで描いたライトがあるだけだ。
おかげで、ちょっと見にはニッサン300ZXと240SXの区別がつかない。
マツダのRX7とMX6も同様だ。
 GTSはGTシュプリームの略で、昨年までGTOと呼ばれていたクラスのマ
シン。エンジンの排気量が3リッター以上の生産車をベースにしたマシンを使う。
今回、日本にくるのは日産300ZXが2台、フォード・マスタングが1台、オ
ールズモビル・カトラスが1台。大排気量のアメリカンパワーを爆発させるはず。
昨年のチャンピオンマシンはマツダのRX7。数年前には、GTPにステップア
ップする前のダン・ガーニー率いるAARチームのトヨタ・セリカがチャンピオ
ン街道を突っ走っていた。
 GTUは、GTアンダーのこと。3リッター以下のマシンが参加する。デイト
ナでは今年も旧型RX7が優勝し、ロータリーエンジンの丈夫さを証明したが、
現在のマツダの主流はMX-6(ロータリー・カペラ)。富士にも、このマツダ
MX6が1台と、昨年もドライバー選手権を獲得したボブ・レィツィンガーのニ
ッサン240SXが1台やってくる。このクラスでは、昨年、ダッジ・デイトナ
がマニュファクチャラーズ・チャンピオンに輝いている。
 今年からGTOを名乗るのは、昨年まではAAC(オール・アメリカン・チャ
ンピオン)クラスのストックブロック・エンジンを使ったアメリカ車によるクラ
ス。富士スピードウェイにやってくるのは、昨年のGTOクラスで5位に入った
オールズモビルだが、ドライバーはAACクラスのチャンピオンだ。
 先日のIMSA第2戦マイアミでは、GTPでニッサンNPTI-92が、G
TOでニッサン300ZXが、GTUでニッサンGTUがとニッサンが3クラス
を制覇、圧倒的な強さを見せている。
 富士では、6台のGTS/Uマシンが日本のJSSクラスのマシンと混走する。
かつてのグループ5カーが消えて以来、市販車のボディを大幅に改造して走るの
は、このJSSくらいになった。日米改造車マシンの戦いは、どちらに軍配が上
がるかも見所のひとつだ。純レーシングカーとして開発されたシャシー、GTP
と同じ700馬力のエンジンを積むニッサン300ZXに代表されるビッグパワ
ーなどアメリカ軍団が有利かもしれないが、コースを熟知している富士スペシャ
リストの多いJSSにも勝算はあるかもしれない。
 また、1988年に、前年、GTOでチャンピオンになったトヨタ・セリカが
富士でデモ走行したときは、長い直線でフロントボンネットが飛ぶというアクシ
デントも起きた。IMSAでは、富士のような長い直線を持つコースは少なく、
また、コースのミューも低いトラックや公道を中心に走っている。ニッサン24
0SXにタイヤを供給する東洋タイヤのエンジニアの話では、鈴鹿のグループA
レース用予選タイヤと同じコンパウンドで、決勝レースを走りきることができる
とのことだ。
 すでにニッサン300ZXのチームは、エンジンセッティングをシミュレート
するため、昨年のうちに当フォーラムのグループマネージャーを通じて富士のコ
ース図を入手。マッキントッシュを使ってエンジン用コンピューターのセッティ
ングに入っている。
----------------
 この「IMSA GT CHALLENGE in FUJI」のアメリカか
らの参加車両と選手、日程などは以下の通り。
●参加リスト
 ◆GTSクラス◆
 No. マシン          タイヤ  ドライバー     チーム
--------------------------------------
 75 ニッサン300ZX    YH   ジェレミー・ディル  カニンガム
     (91年GTO-2位)       (91年GTO-4位)
76  ニッサン300ZX    YH   スティーブ・ミレン  カニンガム
    (91年GTO-2位)
《スティーブ・ミレン(ニュージーランド)はマツダ323に乗ってラリーで活躍
 したロッド・ミレンの弟。ロッド・ミレンは現在MTEGのスタジアムトラックでフ
 ォードからトヨタに移籍し活躍中。スティーブは90年ルマンで、アメリカニッサ
 ン(NPTI)エントリーのニッサンR90CKをドライブ、ファステストラップを記録し
 ている》
 15  フォード・マスタング   GY   M.マーチン     ロッシュ
   (91年GTO-3位/92年デイトナGTO-1位)
 21 オールズモビル・カトラス BF   トミー・リギンズ   リギンズ
   (91年GTO-5位)           (91年AAC-1位)  エンジニアリング
  ◆GTUクラス◆
 95  ニッサン240SX    TY   ボブ・レィツィンガー レィツィンガー
   (91年GTU-1位)           (91年GTU-3位)   レーシング
《ボブ・レィツィンガーのチームからは、息子のブッチ・レィツィンガーも24
 0SXでGTUに参戦中》
 38 マツダMX-6      GY   ジョン・フィンガー  J・フィンガー
   (90年GTU-1位)           (90年GTU-2位)   レーシング
《90年には圧倒的な強さを見せたが、IMSA独特のルールで、シーズン途中で
 重量やウィングサイズにハンディを課せられ、91年はぱっとしなかった》
●日程/観戦入場料
                   大人  小中学生  大人前売り
  公開練習  3月27日(金)      1,000円 ---   ---
  公式予選  3月28日(土)   3,000円 1,000円    ---
  決  勝  3月29日(日)   6,000円  2,000円     5,000円
     *パドックパス 3日間通し券  15,000円
     *3日間通し大人前売り券     7,000円
     *駐車料:4輪・1,000円 2輪・500円 バス・3,000円
     *有名プレイガイド、カーショップにて前売り
  主催:日刊スポーツ新聞社
     ロードランナーレーシングクラブ(RRC)
  後援:文化放送、IMSA、アメリカ大使館
(主催の「日刊スポーツ新聞社」のご厚意で、FMOTOR4でもチケットプレ
ゼントの予定。詳細は後ほど)
●開催競技
  1:IMSA CHALLENGE in JSS  36台/20周×2ヒート
  2:FJ1600          32台/12周
  3:日産ザウルスカップ       36台/10周
  4:日産ザウルスジュニア      36台/10周
  5:シルビア・ワンメイクレース   39台/10周
●アトラクション
   ジェット・ドラッグファニーカー 0~400mデモ走行
    RIJ-すがやみつる(FMOTOR4 Group Manager SDI00104)

グループA

JTC:英田 300kmレース 暫定結果

英田グループA 300kmレース -FMOTOR4- (1992-03-15) Provisional Results
For All Japan Touring Car Championship Rd.1 TIサーキット:(3.702km)
P No. Driver(s)--------------------------------- Lap GoalTime--- -km/h--
1   1 長谷見昌弘/福山英明   Nissan Skyline GT-R  82 2:32'53.724 119.126
2  22 清水和夫/クリステンセン Niss.Skyline GT-R  82 2:33'30.624 118.649
3   8 見崎  清志/長坂 尚樹 Nissan Skyline GT-R  81     -  1Lap
4   2 高橋  国光/土屋  圭市 Nissan Skyline GT-R  80     -  2Laps
5 100 中子 修/岡田 秀樹   Honda Civic SiR     79     -  3Laps
6  61 中川 隆正/田島 栄一 BMW M-3             78     -  4Laps
7  19 河合博之/駒 光武   Toyota Callora     78     -  4Laps
8  14 服部 尚貴/金石 勝智 Honda Civic SiR     78     -  4Laps
9  55 オロフソン/木下 隆之 Nissan Skyline GT-R  77     -  5Laps
10  33 村松 康生/佐藤 久美 Honda Civic SiR     77     -  5Laps
11  36 関谷 正徳/ラファネル Toyota Callora      76     -  6Laps
12  21 松田秀士/一ツ山幹雄・康 BMW M-3          76     -  6Laps
13  26 水野 文則/川本 篤   BMW M-3             76     -  6Laps
14  17 夏川竜一/近藤真彦/高村一明 BMW M-3       75     -  7Laps
15  87 羽根 幸浩/萩原 修   Nissan Skyline GT-R  73     -  9Laps
16  11 横島 久/和田 久    Toyota Callora       72     - 10Laps
17  18 浅野 武夫/萩原 誠   Toyota Callora      69     - 13Laps
----------------------------- DNC ---------------------------------------
29 茂木 和男/小幡 栄   BMW M-3             77     -  5Laps
37 星野 薫/ロッソ       Toyota Callora      71     - 11Laps
35 ラッツェンバーガ/スコット BMW M-3         47     - 35Laps
12 星野  一義/影山 正彦 Nissan Skyline GT-R  45     - 37Laps
90 三好 正己/黒木 健次 Honda Civic SiR      40     - 42Laps
24 竹内 浩典/武藤 文雄 BMW M-3              36     - 46Laps
72 牧口規雄/米田哲也/堀米トオル BMW M-3      17     - 65Laps
32 原 貴彦/影山 正美   Honda Civic SiR     13     - 69Laps
*************************************************************************
               提供:TIサーキット英田
           * FMOTOR4_SysOp 新倉芳夫 (PBA00065)/RIJ *

グループA

JTC:英田 300kmレースウォームアップタイム

英田グループA 300kmレース -FMOTOR4- (1992-03-15) Warm-Up Run
For All Japan Touring Car Championship Rd.1 TIサーキット:(3.702km)
P No. Driver(s)------------- Car---------------- Best-LapT -Behind -km/h--
1  12 星野  一義/影山 正彦 Nissan Skyline GT-R  1'45.453         126.380
2   1 長谷見昌弘/福山英明   Nissan Skyline GT-R  1'45.824   0.658 125.937
3   2 高橋  国光/土屋  圭市 Nissan Skyline GT-R  1'45.871   0.418 125.881
4   8 見崎  清志/長坂 尚樹 Nissan Skyline GT-R  1'47.530   2.077 123.939
5  22 清水和夫/クリステンセン Niss.Skyline GT-R  1'47.820   2.367 123.606
6  87 羽根 幸浩/萩原 修   Nissan Skyline GT-R  1'48.365   2.912 122.984
7  35 ラッツェンバーガ/スコット BMW M-3         1'50.365   4.912 120.756
8  26 水野 文則/川本 篤   BMW M-3             1'50.701   5.248 120.389
9  61 中川 隆正/田島 栄一 BMW M-3             1'51.866   6.413 119.135
10  55 オロフソン/木下 隆之 Nissan Skyline GT-R  1'52.004   6.551 118.989
11  72 牧口規雄/米田哲也/堀米トオル BMW M-3      1'52.390   6.937 118.580
12 100 中子 修/岡田 秀樹   Honda Civic SiR     1'52.425   6.972 118.543
13  21 松田秀士/一ツ山幹雄・康 BMW M-3          1'52.536   7.083 118.426
14  29 茂木 和男/小幡 栄   BMW M-3             1'52.549   7.096 118.412
15  36 関谷 正徳/ラファネル Toyota Callora      1'52.605   7.152 118.354
16  24 竹内 浩典/武藤 文雄 BMW M-3              1'52.895   7.442 118.050
17  32 原 貴彦/影山 正美   Honda Civic SiR     1'53.062   7.609 117.875
18  14 服部 尚貴/金石 勝智 Honda Civic SiR     1'53.542   8.089 117.377
19  17 夏川竜一/近藤真彦/高村一明 BMW M-3       1'54.303   8.850 116.595
20  11 横島 久/和田 久    Toyota Callora       1'54.754   9.301 116.137
21  37 星野 薫/ロッソ       Toyota Callora      1'54.922   9.469 115.967
22  19 河合博之/駒 光武   Toyota Callora     1'55.026   9.573 115.863
23  90 三好 正己/黒木 健次 Honda Civic SiR      1'55.521  10.068 115.366
24  33 村松 康生/佐藤 久美 Honda Civic SiR     1'56.642  11.189 114.257
25  18 浅野 武夫/萩原 誠   Toyota Callora      1'57.433  11.980 113.488
***************************************************************************
※ 天候:雨  コース:ウェット
               提供:TIサーキット英田
           * FMOTOR4_SysOp 新倉芳夫 (PBA00065)/RIJ *

グループA

JTC:英田 300kmレース グリッド

英田グループA 300kmレース -FMOTOR4- (1992-03-14) Starting Grid
For All Japan Touring Car Championship Rd.1 TIサーキット:(3.702km)
P No. Driver(s)------------- Car---------------- Best-LapT -Behind -km/h--
1   1 長谷見昌弘/福山英明   Nissan Skyline GT-R  1'34.125         141.590
2  12 星野  一義/影山 正彦 Nissan Skyline GT-R  1'34.441   0.316 141.117
3  55 オロフソン/木下 隆之 Nissan Skyline GT-R  1'35.191   1.066 140.005
4   2 高橋  国光/土屋  圭市 Nissan Skyline GT-R  1'35.926   1.801 138.932
5   8 見崎  清志/長坂 尚樹 Nissan Skyline GT-R  1'36.720   2.595 137.792
6  87 羽根 幸浩/萩原 修   Nissan Skyline GT-R  1'37.465   3.340 136.738
7  22 清水和夫/クリステンセン Niss.Skyline GT-R  1'37.623   3.498 136.517
8  26 水野 文則/川本 篤   BMW M-3             1'40.112   5.987 133.123
9  35 ラッツェンバーガ/スコット BMW M-3         1'40.244   6.119 132.948
10  21 松田秀士/一ツ山幹雄   BMW M-3            1'40.715   6.590 132.326
11  29 茂木 和男/小幡 栄   BMW M-3             1'40.882   6.757 132.107
12  72 牧口規雄/米田哲也/堀米トオル BMW M-3      1'41.142   7.017 131.767
13  17 夏川  竜一/高村  一明 BMW M-3             1'41.443   7.318 131.376
14  61 中川 隆正/田島 栄一 BMW M-3             1'41.447   7.322 131.371
15 100 中子 修/岡田 秀樹   Honda Civic SiR     1'41.833   7.708 130.873
16  36 関谷 正徳/ラファネル Toyota Callora      1'41.875   7.750 130.819
17  24 竹内 浩典/武藤 文雄 BMW M-3              1'42.307   8.182 130.267
18  14 服部 尚貴/金石 勝智 Honda Civic SiR     1'42.316   8.191 130.255
19  32 原 貴彦/影山 正美   Honda Civic SiR     1'42.510   8.385 130.009
20  37 星野 薫/ロッソ       Toyota Callora      1'42.850   8.725 129.579
21  33 村松 康生/佐藤 久美 Honda Civic SiR     1'43.030   8.905 129.353
22  11 横島 久/和田 久    Toyota Callora       1'43.595   9.470 128.647
23  19 河合博之/駒 光武   Toyota Callora     1'43.736   9.611 128.472
24  90 三好 正己/黒木 健次 Honda Civic SiR      1'44.366  10.241 127.697
25  18 浅野 武夫/萩原 誠   Toyota Callora      1'44.637  10.512 127.366
----------------------------- DNQ -----------------------------------------
26   6 三原 順子/           Toyota Callora      --------
27  63 池谷 勝則/           BMW M-3              --------
***************************************************************************
※ 予選通過基準タイム (総 合      130%) 2'02.961
            (クラス D-1 110%) 1'44.044
(クラス D-2  110%) 1'50.392
            (クラス D-3 110%) 1'52.208
            提供:TIサーキット英田
        * FMOTOR4_SysOp 新倉芳夫 (PBA00065)/RIJ *

グループA

JTC:予選結果は時間がかかります

 英田グループA 300kmレースの予選結果は、各ドライバーのタイム等の確認の
ため、正式結果の発表に時間がかかります。
           * FMOTOR4_SysOp 新倉芳夫 (PBA00065)/RIJ *

グループA

JTC:英田 300kmレース 予選1回目速報!

英田グループA 300kmレース -FMOTOR4- (1992-03-14) 1st. Qualify-Session
For All Japan Touring Car Championship Rd.1 TIサーキット:(3.702km)
P No. Driver(s)------------- Car---------------- Best-LapT -Behind -km/h--
1  12 星野  一義/影山 正彦 Nissan Skyline GT-R  1'35.097         140.143
2  55 オロフソン/木下 隆之 Nissan Skyline GT-R  1'36.622   1.525 137.931
3   1 長谷見昌弘/福山英明   Nissan Skyline GT-R  1'35.755   0.658 139.180
4   2 高橋  国光/土屋  圭市 Nissan Skyline GT-R  1'36.917   1.820 137.511
5  87 羽根 幸浩/萩原 修   Nissan Skyline GT-R  1'37.465   2.368 136.738
6  22 清水和夫/クリステンセン Niss.Skyline GT-R  1'37.737   2.640 136.358
7   8 見崎  清志/長坂 尚樹 Nissan Skyline GT-R  1'38.314   3.217 135.557
8  26 水野 文則/川本 篤   BMW M-3             1'40.112   5.015 133.123
・
・
・
***************************************************************************
※ 上位陣は予選タイヤを温存、夕方気温の下がる予選2回目に賭けている模様。
               提供:NISMO
           * FMOTOR4_SysOp 新倉芳夫 (PBA00065)/RIJ *

グループA

JTC:英田グループA 300kmエントリーリスト

英田グループA 300kmレース -FMOTOR4- (1992-03-15) Entry List
For All Japan Touring Car Championship Rd.1 TIサーキット:(3.702km)
No. Driver(s)------------- Car------------------
1 長谷見昌弘/福山英明   Nissan Skyline GT-R
2 高橋  国光/土屋  圭市 Nissan Skyline GT-R
6 三原 順子/松永 雅博 Toyota Callora
8 見崎  清志/長坂 尚樹 Nissan Skyline GT-R
11 横島 久/和田 久    Toyota Callora
12 星野  一義/影山 正彦 Nissan Skyline GT-R
14 服部 尚貴/金石 勝智 Honda Civic SiR
17 夏川竜一/近藤真彦/高村一明 BMW M-3
18 浅野 武夫/萩原 誠   Toyota Callora
19 河合博之/駒 光武   Toyota Callora
21 松田秀士/一ツ山幹雄・康 BMW M-3
22 清水和夫/クリステンセン Niss.Skyline GT-R
24 竹内 浩典/武藤 文雄 BMW M-3
26 水野 文則/川本 篤   BMW M-3
29 茂木 和男/小幡 栄   BMW M-3
32 原 貴彦/影山 正美   Honda Civic SiR
33 村松 康生/佐藤 久美 Honda Civic SiR
35 ラッツェンバーガ/スコット BMW M-3
36 関谷 正徳/ラファネル Toyota Callora
37 星野 薫/ロッソ       Toyota Callora
55 オロフソン/木下 隆之 Nissan Skyline GT-R
61 中川 隆正/田島 栄一 BMW M-3
63 池谷 勝則/           BMW M-3
72 牧口規雄/米田哲也/堀米トオル BMW M-3
87 羽根 幸浩/萩原 修   Nissan Skyline GT-R
90 三好 正己/黒木 健次 Honda Civic SiR
100 中子 修/岡田 秀樹   Honda Civic SiR
*************************************************
     * FMOTOR4_SysOp 新倉芳夫 (PBA00065) *

全日本F3000

F3000:プロミス&レイナードRT第1戦

                              1992年3月10日
1992年全日本F3000選手権シリーズ第1戦「2&4鈴鹿」
ポール・トゥ・ウインで開幕戦を制する
今年の新車、レイナード92D・無限をシーズン・オフに精力的にテストしてきたプロミ
ス&レイナード・レーシングチームとロス・チーバーは、92年のチャンピオン獲得を目
指し万全の体制で開幕戦に臨んだ。
[3月7日:予選]朝から快晴に恵まれた鈴鹿サーキット。しかし、ホーム・ストレー
トで追い風となる強風が吹いていた。予選は午前と午後に40分ずつ2回行われた。1回
目の予選時間が半分消化して、各チームのタイムアタックが盛んに行われる中、25番
のロス・チーバーはいよいよタイムアタックに入った。すでにコース上では何台かのマ
シンがアタックを続けていたが、チーバーはクリアラップで最高の走りをする事ができ
た。一発勝負のタイムは1分42秒897。同じ予選A組で走る2番手服部尚貴選手より0.7
秒近く速く、予選B組のトップA・G・スコット選手より1.7秒近く良いタイムを1回
の走行で達成したのであった。午後の2回目の予選では、自己のタイムを上回ることが
できず2番手に止まったが、他のどのドライバーもチーバーを上回ることはなく、開幕
戦の決勝レースをポールポジションからスタートすることになった。「良いチームで良
いマシンに乗って、最速タイムが出せなければそれは自分の責任だ。そのためにコンセ
ントレーションを高めた。スプーンカーブで燃圧低下(横Gによりガス欠状態)が起き
ちょっとタイムロスしたが、悪くないタイムに満足している」と、チーバー。
[3月8日:決勝]決勝レース当日も好天に恵まれる。しかも今日は風がほとんどない
ので暖かく感じる。やがて薄曇りとなるが、絶好のレース日和であることに違いはない。早朝に行われたウォーミングアップ走行で25番ロス・チーバーは2番手の1分46秒502
を出す。トップタイムは逃したが、終始平均してトップグループのタイムを出しており、決勝レースへ向けて不安材料はない。決勝レースのスタートは会心の出来だった。そし
てトップのポジションをキープして1周目を終える。しかも2番手につけたフォルカー
・ヴァイドラー選手に0.7秒の差をつけていた。2番手との差は5周目には8秒にまで
広がり、チーバーの独走体制は固まった。それでもチーバーはペースを緩めることなく
ファステストラップを次々に更新しながらリードを広げ続けた。結局ゴールまでチーバーを脅かす者は一人として無く、ポール・トゥ・ウインとファステストラップ記録で、開
幕戦を完全制覇したのであった。また、この勝利は、昨年9月29日の第9戦以来鈴鹿サーキットでの3連勝ということになる。
ドライバー&チーム監督コメント
●ドライバー/ロス・チーバー(Ross Cheeber)
 今日は路面コンディションが非常に滑り安い状態で難しいレースだった。しかし、マ
シンの状態は良く、コンスタントなペースで走ることができた。単独でレースを走ると
言うのは、コンセントレーションを保つのが大変で、色々なことを考えてしまうものだ。自分としては、ファステストラップを取ろうとかを考えるのではなく、ひとつのコーナーを毎周同じスピードで走ることに専念した。その結果が、レース中のファステストラッ
プにつながったと思う。幸先の良いスタートが切れてとても嬉しい。チームも最高の仕
事をしてくれた。
●チーム監督/本間勝久(Katuhisa Honma)
事前のテストでは他のチームも良いタイムを出していたので、予選前はチーバーも緊
張気味でした。しかし、全体的には大変落ち着いてレースウィークを戦ったと思います。ポールポジションを取ったり、レース中のファステストラップを記録したりと、パーフェクトなレース展開に見えるかもしれませんが、マシンの仕上がり具合はまだ6~7割と
いうところです。まだこれからもやっていくことはあるので、もっと速く走れるように
仕上げて行きたいと思います。昨年はなかなかポイントが取れず苦しい前半戦だったの
で、今回は確実にポイントを取ろうと考えていました。その結果優勝し、シリーズポイ
ント9点を獲得でき、幸先の良いスタートを切ることができました。チームもこれから
まだまだ前進して行きますので、これからも応援をお願い致します。
レースデータ
●開催日/3月7日(予選)~8日(決勝)
●開催地/鈴鹿サーキット(三重県):1周5.86403Km
●主催者/(株)鈴鹿サーキットランド、鈴鹿モータースポーツクラブ(SMSC)
●観客数/予選日:14000人決勝日:53000人
●天 候/予選日:快晴、気温10℃/決勝日:薄曇り、気温11℃、湿度48%
------------------------------
提供:プロミス株式会社営業企画部F3000推進事務局
------------------------------

全日本F3000

F3:鈴鹿ミリオン2&4 スターティング グリッド

F3のスターティング グリッドがアップするのを忘れていました
遅くなりましたが どうもすみませんでした
’92全日本F3選手権シリーズ第1戦                                92-03-08
ミリオンカードカップレース 2&4鈴鹿
F3                 スターティング グリッド
POS  NO  DRIVER        TYPE              TIME     TEAM
-------------------------------------------------------------------------------
1   3  アンソニー・リード    ラルトRT35  MF204   2'01.943 ファミリーマート RT35
2  44  エウジニオ・ビスコ   ダララ392  MF204   2'02.786 DALLARA392MUGEN
3  19  高村 一明  ラルトRT36  MF204   2'02.238 CABIN RT36 無限
4  84  戸田 哲史  ラルトRT35  MF204   2'02.791 ファミリーマートRT35TOM
5  90  檜井 保孝  ラルトRT35  MF204   2'02.562 リーガルRT35ムゲン
6  22  石川  朗  ラルトRT35  MF204   2'03.141 CAPCOM RALT 無限
7   8  ジャック・ビルヌーブ トムス032F  3S-G    2'03.031 ITOHAMTOM’S032F
8   4  井上 隆智穂 ダララ392  MF204   2'03.256 DALLARA 392 MUG
9  11  本山  哲  ラルトRT35  MF204   2'03.222 J-TRIAL ラルト 無限
10  16  影山 正美  ラルトRT35  MF204   2'03.369 SAS JUST TOMEI
11  70  デレック・ヒギンズ  ラルトRT35  MF204   2'03.268 ステラRT35
12  34  奥貫  直  ラルトRT35  MF204   2'03.643 OBAYASHIラルト
13  15  西垣内 正義 ラルトRT35  MF204   2'03.509 5ZIGEN RT35
14   9  リカルト・リデル     トムス032F  3S-G    2'03.658 TAKASUCLINIC032
15  36  藤村 満男  ダララ392  MF204   2'03.679 ENDLESSARCダララ無限
16  14  土屋 圭市  ラルトRT36  MF204   2'03.802 5ZIGEN RT36
17  43  岡本 幸夫  ラルトRT35  MF204   2'03.702 ラルトRT35・無限
18  26  沢田 龍太郎 ラルトRT35  3S-G    2'04.220 ALEXEL.ORSRTトヨタ
19   7  田中 哲也  トムス032F  3S-G    2'03.724 セキスイツーユーホーム032F
20  12  中野 信治  ラルトRT36  MF204   2'04.279 PIAA RALT RT36
21  18  トム・クリステンセン    ラルトRT36  3S-G    2'03.921 ALEXEL文化ORSRTトヨ
22  33  光貞 秀俊  ラルトRT36  MF204   2'04.345 N・M・SラルトRT36無限
23  10  伊藤 直澄  ラルトRT35  MF204   2'03.946 GIZAHOUSERT35無限
24  23  ヘザー・ベイリー    レイナード923MF204   2'04.395 REYNARD923-無限
25  28  紫原 眞介  ラルトRT35  MF204   2'04.006 スリムビューティハウスラルト
26  30  近藤 真彦  ラルトRT35  MF204   2'04.639 CHERENA ラルト
27  29  大文字 良浩 ラルトRT36  MF204   2'04.333 フーセンウサギRT36ムゲン
28  27  早田 岳史  ボウマンBC-2MF204   2'04.689 BOSCH BC-2
29  80  金久 憲司  ラルトRT35  MF204   2'04.869 FTBリーガーRALTRT35
30   5  沢登 栄一  ラルトRT    GX      2'05.148 LEGARAGECOXRTRA
31  32  山路 慎一  ラルトRT35  MF204   2'05.150 JuiceTreeRalt無限
32  20  ジュリアン・ウエストウッド バンディーメンRF92  2'05.826 VANDIEMEN RF92
-------------------------------------------------------------------------------
提供:鈴鹿サーキットランド

全日本F3000

F3000:■Race Report R.1/2&4 SUZUKA

              ■F3000  Race Report■
            □独走チーバー!凍り付いた時□
 凍り付いた時が過ぎていった・・・。何も動かない、何も変わらないそんな時が
過ぎていった。レース終了後ピットに戻ってきたトステムのグリーンのマシンのメ
チャメチャに壊れた破片が、その事故の凄まじさを物語っていた。
 トップで飛び出したレイナード以外の上位のマシンは、一体何と戦ったのだろう
か。見えない金縛りにあったかのように、その順位を変えることが出来ないでいた。
まるで、順位を上げることも、下げることも許されないかのように・・・。
 その中でひとり追い上げてくるマシンがあった。トステムカラーに彩られたその
マシンは、まるで何かに取り付かれたかのように、先を急いだ。金縛りにあったマ
シンの間を縫う様に、先を急いだ。
 彼が一体何に取り付かれるいたのかは分からない。彼が後輩より後方のグリッド
で何を思ったのかも勿論分からない。彼がほんの数カ月前、世界の舞台で何を思っ
たのかも勿論分かろう筈もない。それでも、彼は先を急いでいた。まるで、自分の
居場所を捜し求めるように・・
 そして、彼が凍り付いた時の壁を超えようとしたとき、マシンは宙に舞い、コン
クリートの壁に激突することとなった。
 そして、彼と違う道ではあるが、同じく先を急いでいる男が表彰台の中央に立つ。
この2人が再び別の舞台の同じ道を走る日が、きっと来るだろう。
------------------------------------------------------------------------------
1992 ALL JAPAN F3000 CHAMPIONSHIP
ROUND 1
MILLION CARD CUP RACE
2&4 SUZUKA
SUZUKA CIRCUIT
7-8 MARCH 1992
ミリオンカードカップレース2&4鈴鹿
全日本F3000選手権シリーズ第1戦
Report/福田 陽一(Yoichi Fukuda)
------------------------------------------------------------------------------
 開幕戦の鈴鹿サーキットは晴天に恵まれたが、風が少しあり、そして、その風は
冷たかった。レーススケジュールをから遅れること10分、今年のチャンピオン志
願者達のマシンがコース上に現れた。
 新車のレイナードを早くからテストしていたチーバーは昨日の予選で独り1分4
2秒台を出して、ポールと幸先のよいスタートとなった。
 朝のウォームアップのトップのタイムを叩き出した黒沢は同じキャビンカラーの
星野の右前の4番グリッドにマシンを止める。
 服部は5番手の同チームの中谷を上回る2番にその位置を占めた。中谷が昨年使っ
ていたマシンを今回使うことになった服部。レース前のインタビューにも気負いな
どは微塵も感じさせない。
 鈴木利男も今回は予選上位に食い込み健闘している。
 各車がグリッド上で最終確認を行っているにも係わらず、アド・レーシング期待
のミカ・サロのマシンがピットにストップ。どうやら、ミッション系もしくはクラッ
チに何らかの障害が発生している模様で、先程からリアのカウルと右サイドのカウ
ルを開けて、チェックを行っている。同じくその前方のピットには、真っ白なカウ
ルのマシンに乗り込む関谷がいる。こちらも何らかのトラブルの模様。作業を行っ
ている。この2台はピットスタートとなる。
 チーバーが他のマシンを大きく引き離して、フォーメーションラップを終えてグ
リッドにつく。まるで、「俺が一番速いんだぞ!」と走りで主張するように見える。
ここから、激しいこのレースの序曲が静かに始まる。各車がフォーメーションを終
了して、それぞれのグリッドにマシンを止める。
 各車のエンジン音が高まったところで、9番グリッドのカーカッシが両手を大き
く挙げて、アピール。エンジンストールした模様。ここで一旦スタートディレイ。
レースは、34周に短縮され、各車再スタートを待つこととなる。
 数分後、鈴鹿サーキットに再びエンジンスターターの甲高い音がこだまする。オ
フィシャルが黄旗でカーカッシを制止し、再びフォーメーションが開始された。こ
れで、カーカッシは最後尾スタートとなる。ところが、不運にも黄旗制止中にまた
もやエンジンがストールしてしまった模様。ピットに引き込まれるが、トラブルは
解消されずドライバーは降りて仕舞う。
 まるで、レースのような速さで、チーバーがフォーメーションを周回してくる。
まるで、自分に言い聞かせるように、速さを誇示してグランドスタンドに帰ってく
る。
 再スタートに大きな問題は無かった。スタートに成功したのは、やはりチーバー
だった。他を寄せつけない加速でロケットスタートをして見せた。2番手には、ヴァ
イドラーが付けた。そして、その後ろには、スタートの上手くいった、5番手スター
トの星野がつけている。そのあとに服部、鈴木利男、黒沢と続く。
 チーバーの速さは、飛び抜けている。早くも2周目にして、後ろを行く、ヴァイ
ドラー、との差を1秒24に広げ、3周目には、3秒19。更に、4周目には、5
秒台に、5周目7秒72に、とその速さを見せつけた。後方では、3周目のヘアピ
ンで高橋国光がミカ・サロと絡んでスピン。しかし、無事コースには復帰出来た模
様。
 3周目辺りから、逆にチーバーを追う立場のはずの、ヴァイドラーに星野が接近。
星野はヴァイドラーのテールにマシンを寄せる。また、5周目辺りより、その星野
に、今度は服部をかわした鈴木利男が接近。団子状態となる。
 6周目、ピットスタートしていたミカ・サロがピットロードを下って来た。リタ
イアを余儀無くされる。そして、6周目、団子の最後尾の服部に黒沢が接近。息も
つかせぬ状態が続く。また、後方で中谷がスコットをパス順位を上げている。
 星野は、ヴァイドラーの真後ろについて、様子を伺っているという走りだ。アタッ
クするというより、相手の走りを観察しているという感じさえする走りで、時には
その差を詰めて、また、離れるを繰り返す。そのヴァイドラーは前を行くチーバー
にはグングン離されてはいるものの、その巧みな走りで、自らの走行ラインをキー
プしている。
 7周目、金石が最終コーナーでコースアウト、リタイアした模様。そのころ、チー
バーとヴァイドラーの差は、12秒台に、その差は歴然としてきた。ヴァイドラー
の後ろで星野がもがく。
 10周目、和田久がピットへ帰ってきたが、トラブルの原因不明のまま、すぐに
コースに復帰した。どうも、クラッチ回りのトラブルの模様。
 11周目になると、先程リタイアしたミカ・サロと同じくピットスタートした関
谷が、後方で激しく攻めている模様。
 ヴァイドラーをずっと観察していた、星野はポイントをヘアピンに定めたようだ。
12周目ヘアピンの進入ヴァイドラーのインが「少し」空く、そう、ほんの「少し」
空く。そのほんの少しの正に隙間と呼ぶべき空間に天才は可能性を見出した。ブレー
キングを遅らせインにノーズを突っ込むそしてこじ開けるようにインのラインを奪
い取った。そして星野は前に出た。壁の無い前に・・。しかし、そこには、本来追
うべき敵の姿も彼方に消えて無かった。
 それでも、星野はその後、グングンとヴァイドラーを引き離し、先を急いだ。15
周目のチーバーと星野との差は17秒99。その星野とヴァイドラーの差3秒47。
以下、鈴木利男、服部、黒沢の順で空間をこじ開けた星野以外には、依然大きな変
化は無かった。
 同じ頃、後方は激しいバトルを行っている。16周目頃から10番手のアーバイ
ンをアピチェラが、ストレートに差しかかるとアウトにインにラインを外してプレッ
シャーをかけ激しくプッシュしているが順位に変化は無い。もしや鈴鹿には「抜き
所」が無くなったのかと思わせる光景が続く。
 しかし、この人は元気だった。17周目、中谷がマルティーニをパス7位に浮上。
なおも先を追う。そして20周目には、黒沢の後ろにまで急接近。ヘアピンでは、
先程の星野と同じ様にラインを外し、黒沢にプレッシャーを掛ける。もうすこし後
方では、高橋国光が序盤のスピンのロスを挽回すべく檄走している。
 22周目、舘がピットロードを下ってくる。マシンをピット前に止めるとすぐに
シートを離れた。残念ながらリタイアの模様。後方では、関谷が元気がいい。22
周目には、15番手まで、浮上。27周目には、ダニエルソンをホームストレート
でパス、14位にその順位を上げる。
 24周目、チーバーは1分47秒台で快調に逃げている。追う星野とは、逆に毎
周その差がジリジリと開いていく。そして、25周目には、その差25秒にまで開
く。
 27周目、チーバー、星野、ヴァイドラーに変化は無いが、鈴木利男以下に動き
が出る。先ず、シケインで、中谷が黒沢をパス、鈴木利男、服部、中谷、黒沢の順
になる。そして、今度は、この集団にあって独りその速さを見せつけている、中谷
が服部に急接近。30周目に、シケインで真後ろにつき1コーナーで一気に抜き去
る。こうなると、前を追うしか無い中谷、今度は鈴木利男に迫るが、31周目、シ
ケインの突っ込みで鈴木利男のマシンの後輪に中谷の前輪が乗り上げる形で接触。
マシンが宙を舞う大クラッシュとなり、サーキットを震撼させた。
 最終周、ヘアピンで古谷ストップ。火災の模様。どうやらドライバーは自力では
車から降りられない様子で、オフィシャルが駆け寄る。
 そして、チェッカー直後、1コーナーにクロスノフが突っ込んで、クラッシュ。
黒煙をもうもうとあげている。こちらはすぐに脱出できた模様。
 後半に大きな事故が多発したものの、その勝者には、なんの変化も無かった。彼
の独走は、「チーバーのドラマは今始まったばかりだ。」と思い知らされるのには
充分すぎるものだった。
   * 文中に使用しました周回数はリーダー・ボードまたはシグナルタワー
    に表示されたものに1周回加算したもの、また、タイムは手元(ストッ
    プウォッチ)計測または計時モニターに表示されたものを目視にて読み
    取り表記しておりますので、必ずしも公式の記録及び結果とは一致しな
    い旨ご承知置き下さい。
     また、出来る限り正確を期しておりますが、時間の関係でやむをえず
    データや情報の事実確認を行えないまま記載しているものもありますの
    で、正確な情報をお持ちの方は訂正を入れていただきますようお願いい
    たします。
------------------------------------------------------------------------------
        1992 - MILLION CARD CUP RACE 2&4 SUZUKA - SUZUKA
                  ROUND 1
            レポート/福田 陽一(NBG01300)

全日本F3000

PR:コスモ石油レーシング決勝リリース

COSMO OIL RACING TEAM CERUMO
全日本F3000選手権第1戦  決勝
マシン・バランスに苦しみ、8位に終わる
       ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                        1992年3月8日 鈴鹿サーキット
 観客:53,000人  天気:晴
コース:ドライ 気温:12゚C 路面:23゚C
 1992年全日本F3000選手権第1戦の決勝レースが3月8日、鈴鹿サーキットで開
催された。この決勝レースで、COSMO OIL RACING TEAM CERUMOのエディ・アーバイ
ンは、オーバーステアで苦しみながらも、後方からのプレッシャーにも耐えてポジ
ションをキープし、他車の脱落もあって8位でゴールした。
 朝のプラクティスでは、2種類の決勝用タイヤをテストした。始めに試したタイ
ヤはソフト過ぎたため、途中でハードのタイヤに替えて再度走行した。プラクティ
スの終了5分前にテグナーの2つめで、バランスを崩しコースアウトしたが、マシ
ンにはダメージはなかった。
 決勝レースは、スタートでエンジンを止めてしまったマシンがいたため、1周減
の34周で戦われた。再スタートで、アーバインはうまいスタートを切って、1コー
ナーを10番手で抜けた。しかし、2周ほどでタイヤのグリップが落ちだして、オー
バーステアの状態になり、思うようにペースが上がらなかった。アーバインの直後
につけたM.アピチェラ、J.クロスノフ両選手からきびしいプレッシャーを受ける
が、巧みにマシンを操ってポジションをキープした。終盤は、後方の選手を徐々に
引き離し、10番手のポジションを確保。最終ラップに、鈴木利男選手と中谷明彦選
手がシケインで接触、リタイアしたことによって、順位を2つ上げて8位でゴール
した。
  ◆アーバイン選手のコメント
最初の2周は良かったんだけど、あとはオーバーステアになってしまって
何もできなかったよ。まったく不完全燃焼だな。次のレースにこの分もつ
ぎ込むよ。
  ◆チーム監督のコメント
タイヤとマシンのバランスがうまくとれない状態でした。同じメーカーの
タイヤを使うチームでトップだったのですけれど。次のレースからは、規
則の変更で、全チームが92年型のマシンになります。どこも同じ条件とな
るわけですから、今度こそは上位に食い込んでいきますよ。
  ◆記録
 No.11 エディ・アーバイン    コスモオイル ローラT91無限 DL
   決勝 8位 34周 タイム:1:03'18.482  ベストラップ:1'50.593
提供:コスモ石油レーシング事務局

全日本F3000

F3000:中谷明彦選手は入院

 鈴鹿市内の病院でCTスキャンの検査を受けた中谷明彦は、検査の結果は異常が
なかったが、念のため様子を見るために一晩入院することになった。
  すがやみつる(SDI00104)

全日本F3000

F3000:鈴鹿トップ3コメント

●F3000上位3人のコメント
◆ロス・チーバー
 2輪のレースの後で、コースが滑りやすく走りにくかった。中谷のクラッシュ
があったりで、素直には喜べない気分だ。今回のレースでコンセントレーション
を保つことができたのは、レイナード92Dのコックピットのデジタル式パネル
のおかげ。コーナーでの最高速度も表示できるので、ゲームみたいにそのスピー
ドを保つように心がけていた。
◆星野一義
 スタートで前に出られたのがよかった。チーバーが練習の段階から完ぺきで、
毎周0.5秒は遅くて、とても追いつけなかった。昨年までは、イチかバチかみ
たいなレースが多く、自爆するケースも多かったけど、今日のレースでは、2位
にいたバイドラーの後を追っていたとき、彼のマシンの挙動がおかしいんで、慎
重になった。1コーナーで仕掛けてもラインが重なるんで、無理しないでヘアピ
ンでやっと抜いた。23年走ってきて、ガマンの走りを覚えるという勉強をさせ
てもらった。負けている部分は、これから戻ってミーティングして、次に備える。
次といっても、もうすぐだけどね。
◆フォルカー・バイドラー
 予選はよかったが、スタートしてすぐにリアのダンパーが壊れてしまった。ボ
トミングがひどくて、ミルクシェイクになりそうだった。ラスト10周ではブレ
ーキにトラブルが出て苦しかった。こんなに苦しかったレースは、日本にきて初
めてだよ。
 ローラのT92は高速コーナーが早い。トランクションがよくなったので、時
速260キロくらいまでがすごく良くなった。ただ、ホイールベースが長くなっ
た分、タイトコーナーがきつくなった。
  すがやみつる(SDI00104)/鈴鹿

全日本F3000

F3000:鈴鹿F3000クラッシュ続報

 中谷と古谷は、ともにCTスキャンの検査を受けた結果、二人とも異常なし。
古谷は、肩と足に多少の打撲を負っている模様。
  すがやみつる(SDI00104)/鈴鹿

全日本F3000

F3000:鈴鹿ミリオン2&4 決勝結果

’92全日本F3000選手権シリーズ第1戦                           92-03-08
ミリオンカードカップレース 2&4鈴鹿                         WEATHER FINE
F3000         結果表                                     COURSE  DRY
POS  NO  DRIVER          TYPE            LAP   TOTAL        DELAY     B.TIME
-------------------------------------------------------------------------------
1  25  ロス・チーバー        レイナード92D MF308  34  1:01'37.309 194.12Km/h  1'47.377
2  19  星野 一義   ローラT91-50 MF308  34  1:02'12.609    35.300   1'48.328
3  10  フォルカー・ヴァイドラー  ローラT91-50 MF308  34  1:02'32.040    54.731   1'48.833
4  98  服部 尚貴   ローラT91-50 MF308  34  1:02'33.024    55.715   1'49.112
5   3  黒澤 琢弥   ローラT91-50 DFV    34  1:02'33.760    56.451   1'48.466
6   9  マウロ・マルティーニ      ローラT91-50 MF308  34  1:02'51.113  1'13.804   1'50.022
7  20  A・G・スコット    ローラT90-50 MF308  34  1:03'08.259  1'30.950   1'50.154
8  11  エディー・アーバイン    ローラT91-50 MF308  34  1:03'18.482  1'41.173   1'50.593
9  90  マルコ・アピチェラ      DOMEF103  MF308  34  1:03'22.235  1'44.926   1'50.523
10  62  田中  実      ローラT91-50 DFV    34  1:03'27.882  1'50.573   1'50.974
11  61  トーマス・ダニエルソン    ローラT91-50 DFV    34  1:03'29.156  1'51.847   1'50.771
12   5  ジェフ・クロスノフ      ローラT91-50 MF308  33  1:01'32.968    1 Lap    1'50.225
13   8  松本 恵二   DOMEF103  MF308  33  1:01'44.096    1 Lap    1'51.071
14  36  福山 英朗   ローラT90-50 MF308  33  1:01'56.122    1 Lap    1'51.115
15   7  高橋 国光   ローラT91-50 MF308  33  1:01'56.233    1 Lap    1'49.955
16   2  リカルド・ライデル     ローラT90-50 MF308  33  1:02'27.743    1 Lap    1'51.500
17  31  池谷 勝則   ローラT91-50 MF308  33  1:02'58.049    1 Lap    1'51.741
18  16  関谷 正徳   レイナード92D KV     32    59'39.188    2 Laps   1'49.889
19  18  古谷 直広   ローラT91-50 MF308  32    59'40.519    2 Laps   1'49.424
以上 規定周回 完走:
77  鈴木 利男   ローラT91-50 DFV    29    53'22.548    5 Laps   1'49.492
99  中谷 明彦   ローラT91-50 MF308  29    53'23.185    5 Laps   1'48.956
6  和田  久   ローラT91-50 MF308  22    43'50.850   12 Laps   1'51.497
27  舘  善泰   ローラT91-50 MF308  20    38'18.718   14 Laps   1'51.577
34  金石 勝智   ローラT91-50 MF308   6    11'28.030   28 Laps   1'51.600
37  ミカ・サロ      レイナード92D MF308   5     9'50.082   29 Laps   1'52.347
28  パウロ・カーカッシ      ローラT91-50 MF-308  0                34 Laps
-------------------------------------------------------------------------------
FASTEST LAP : 25  ロス・チーバー    1'47.377  28/34   196.60Km/h
-------------------------------------------------------------------------------
提供:鈴鹿サーキットランド

全日本F3000

F3000:鈴鹿クラッシュ関連

 中谷明彦は、頭部打撲のみ。意識もしっかりしているが、念のために鈴鹿市内の
病院に向かった。骨折などの怪我もない模様。
 古谷についてはまだ不明。
  すがやみつる(SDI00104)/鈴鹿

全日本F3000

F3000:ミリオンカードカップ鈴鹿Rd.1

●F3000第1戦:ミリオンカードカップ鈴鹿ラウンド1・リポート
 F3000の決勝レースのスタートは、カーカッシがスタート直前にエンジン
をストールさせてスタートディレイ。このため周回数は1周減って34周に。カ
ーカッシはエンジンがかからずピットに引き上げられ、そのままリタイア。関谷
とサロの二人がピットスタートとなる。
 スタートはフォーメーションラップからやり直しとなったが、2回目のスター
トはきれいに決まり、チーバー、バイドラーの順で1コーナーへ。星野がジャン
プアップして3位。服部、鈴木、黒沢、マルティーニの順で続く。
 熟成を進めていたレイナード92Dで走るチーバーは、2位以下に1周1秒ず
つ差をつけて独走体制に入る。2位から10位くらいまでは、ほとんど差のない
接近戦。3周目、鈴木が服部を抜いて3位に上がる。
 3周目、高橋がヘアピンでスピン。コースに復帰するが22番手まで順位を落
とす。サロは5周終了時点でピットインして、そのままリタイア。
 トップのチーバーが大きく差をつけて独走する間、2位のバイドラーを3位の
星野が執拗に攻める。11周目の1コーナーで星野が仕掛けるが、バイドラーは
譲らず。しかし、その次の12周目、ヘアピンで星野がインに侵入。バイドラー
烽アこでは譲って星野が2
秒台後半に。
 17周目、8位で走行していた中谷が、前をいくマールティニを抜いて7位に
上がる。ピットスタートの関谷は、いつのまにかスルスルと順位を上げ、22周
目には松本を抜いて15位に浮上。
 一度鈴木に抜かれた服部が、20周を過ぎたあたりから調子を取り戻しはじめ、
24周目あたりから目の前を行く鈴木にチャージをかけはじめる。3位のバイド
ラーから鈴木、服部までは、ずっとダンゴの走行。
 中盤以降もチーバーはペースをゆるめずファステストラップを記録して、26
周終了時には2位星野に26秒898の差をつける。
 3位争いは、4位の鈴木に服部が接近。その後に黒沢、中谷が迫る4位争いが
激しくなってバイドラーを逃がすかたちに。
 26周目終わりのシケインで中谷が黒沢を抜いて6位に上がる。これで5、6
位は服部、中谷のトステムコンビに。4位争いは黒沢が遅れ、鈴木、服部、中谷
の3人がテール・ツー・ノーズ。この3台の前に周回遅れの池谷が出現。池谷は
3人にコースを譲り、3人のバトルは続く。
 30周目に入ったメインストレートで中谷が服部に並び、1コーナーでインか
ら服部をパス。服部もチームメイトにコースを譲る。この直後、130Rから続
くシケイン入り口で中谷が鈴木に襲いかかったが、2台が接触。中谷は壁にぶつ
かり大クラッシュ。車に閉じ込められたまま出られなくなる。鈴木は無傷で脱出
の模様。
 4、5位が消えて服部が4位に。黒沢が5位、マールティニが6位に。
 残り1周となった33周終了時点で、トップのチーバーは2位星野に32秒の
差。3位はバイドラー。
 最終ラップで古谷がクラッシュ。チェッカーを受けたチーバーの前、1コーナ
ーでクロスノフがクラッシュ。スポンジバリアに火がついて黒煙をあげる。
 中谷は、まだ脱出できていないが、生命に別状はないとのこと。骨折くらいの
重傷ではないかと思われる。ヘアピンでクラッシュした古谷も、マシンの横で倒
れているらしい。
 優勝はチーバー。2位星野。3位バイドラー。4位服部。5位黒沢。6位マー
ルティニ。
 これから表彰式。チーバーは子供を抱いて表彰台に上がった。
 クラッシュ関連の情報は、入り次第掲載します。
  すがやみつる(SDI00104)/鈴鹿

検索

最新ニュース