Archives

  • [—]2017 (513)
  • [+]2016 (639)
  • [+]2015 (714)
  • [+]2014 (655)
  • [+]2013 (623)
  • [+]2012 (621)
  • [+]2011 (484)
  • [+]2010 (554)
  • [+]2009 (522)
  • [+]2008 (467)
  • [+]2007 (596)
  • [+]2006 (530)
  • [+]2005 (460)
  • [+]2004 (304)
  • [+]2003 (454)
  • [+]2002 (454)
  • [+]2001 (217)
  • [+]2000 (408)
  • [+]1999 (376)
  • [+]1998 (465)
  • [+]1997 (424)
  • [+]1996 (1)
  • [+]1995 (425)
  • [+]1994 (411)
  • [+]1993 (423)
  • [+]1992 (519)
  • [+]1991 (423)
  • [+]1990 (250)
  • [+]1970 (1)

ニュース内検索

1991年3月

Japanese F3

F3:富士スプリング選手権霧で中止

 本日開催予定のF3富士スプリング選手権は、深い霧のため、午後4時20分頃まで
スタートを見合わせたが、結局、霧のため中止になった。また、ザウルス・レースも
中止となり、ミラージュフレッシュマンとJSSの決勝レースだけが行われた。
 レースは延期ではなく中止。チケットは、6月のN1耐久レースに振り替えられる。
 なお、本日、富士には、鈴木亜久里選手が顔を見せていたが、これは、イギリス、
またはフランスのF3レースで日本人ドライバーを育てたいとのことで、F3ドライ
バーの走りを見にきたもの。ほぼ、誰にするかは決まったとのことらしい。
  提供:レーシングニュース

Japanese F3

富士F3はまだスタートせず

 富士スピードウェイで行われる「富士F3スプリング選手権レース」は、
スタート前に霧が出て、現在まだスタートしていません。
           * FMOTOR4 Sub-sysop * 新倉 芳夫 / PBA00065

Japanese F3

F3 :富士F3予選 Bグループ結果

富士F3スプリング選手権レース -RIJ- (1991-03-30) Official Practice B-Group
For All Japan F3 Championship Rd.2 富士スピードウェイ:(4.470km)
P No. Driver----------- Car ------------------ Best-LapT ---Behind -Km/h--
1  22 石川  朗     Ralt RT35   Mugen      R1'30.443           177.924
2  10 伊藤 直澄        Ralt RT35   Mugen       1'30.999     0.556 176.837
3  20 佐藤 浩二        Ralt RT33   Mugen       1'31.044     0.601 176.750
4  27 羽根 幸浩        Ralt RT35   Mugen       1'31.046     0.603 176.746
5  14 土屋 圭市        Ralt RT35   Mugen       1'31.371     0.928 176.117
6  62 早田  岳史        Ralt RT35   Mugen       1'31.456     1.013 175.953
7  32 光貞 秀俊        Ralt RT34   Mugen       1'31.513     1.070 175.844
8  70 E.ビスコ        Ralt RT35   Mugen       1'31.538     1.095 175.796
9  17 夏川 竜一        Ralt RT34   Mugen       1'31.643     1.200 175.594
10  15 西垣内正義        Reynard 913 Mugen       1'31.755     1.312 175.380
11   5 本山  哲        Ralt RT35   Mugen       1'31.801     1.358 175.292
12  13 中島 禎史     Ralt RT35   Mugen       1'31.810     1.367 175.275
13  25 森本 晃生        Ralt RT35   VW          1'31.832     1.389 175.233
14  66 中川 隆正        Ralt RT35   Mugen       1'31.852     1.409 175.195
15   3 金久 憲司       Ralt RT33   Mugen       1'31.859     1.416 175.182
------------------------ DNQ ----------------------------------------------
16  98 砂子 智彦        Ralt RT34   VW          1'31.872     1.429 175.157
17   9 飯田  薫        Ralt RT33   Mugen       1'31.925     1.482 175.056
18  31 権藤 謙光        Ralt RT35   Mugen       1'31.993     1.550 174.926
19  57 柴原 眞介        Ralt RT35   Mugen       1'32.152     1.709 174.625
20  72 戸田 哲史        Ralt RT33   Mugen       1'32.237     1.794 174.464
21  23 佐藤 泰紀    Ralt RT34   Toyota      1'33.625     3.182 171.877
22  12 水木 一智    Ralt RT34   Mugen       1'33.771     3.328 171.610
23  88 松井 茂樹        Ralt RT34   Mugen       1'35.000     4.557 169.389
24  56 篠塚  進        Ralt RT35   Mugen       1'35.000     4.557 169.389
***************************************************************************
※ 従来のコースレコードは1分30秒533
               提供:チーム・レイトン
            * FMOTOR4 Sub-sysop / 新倉 芳夫 (PBA00065)/RIJ *

Japanese F3

F3 :富士F3 予選Aグループ結果

富士F3スプリング選手権レース -RIJ- (1991-03-30) Official Practice A-Group
For All Japan F3 Championship Rd.2 富士スピードウェイ:(4.470km)
P No. Driver----------- Car ------------------ Best-LapT ---Behind -Km/h--
1   8 黒沢 琢弥      Tom's 031F  Toyota     R1'29.944           178.911
2   7 V.ロッソ        Tom's 031F  Toyota     R1'30.527     0.583 177.759
3  89 P.アダムズ      Ralt RT35   Mugen       1'31.124     1.180 176.595
4  18 田中 哲也        Ralt RT35   Toyota      1'31.151     1.207 176.542
5   2 高村 一明        Ralt RT35   Mugen       1'31.154     1.210 176.536
6  86 沢登 栄一        Ralt RT34   Mugen       1'31.335     1.391 176.187
7  84 岡田 晃典        Ralt RT35   Mugen       1'31.596     1.652 175.685
8  16 影山 正美        Ralt RT35   Mugen       1'31.609     1.665 175.660
9  29 大文字良浩        Ralt RT33   Mugen       1'31.734     1.790 175.420
10  33 藤永 敬道        Ralt RT35   Mugen       1'31.741     1.797 175.407
11  34 原  貴彦        Reynard 903 Mugen       1'31.784     1.840 175.325
12  28 野田  明        Ralt RT34   Mugen       1'31.839     1.895 175.220
13  19 金石 勝智        Ralt RT35   Mugen       1'31.864     1.920 175.172
14  76 井上 隆智穂      Dallala 391 Mugen       1'31.939     1.995 175.029
15  69 高橋 浩二        Ralt RT34   Mugen       1'31.984     2.040 174.943
------------------------ DNQ -----------------------------------------------
16  38 岡本 幸夫        Ralt RT35   Mugen       1'32.112     2.168 174.700
17  36 藤村 満男    Dallala 391 Mugen       1'32.243     2.299 174.452
18  77 木下 孝之      Dallala 391 Mugen       1'32.257     2.313 174.426
19  35 奥貫   直        Reynard 903 Mugen       1'32.259     2.315 174.422
20   6 小川 圭一        Ralt RT35   Mugen       1'32.449     2.505 174.064
21  65 沢田龍太郎        Ralt RT34   Mugen       1'32.539     2.595 173.894
22  91 前田 信哉        Ralt RT34   Mugen       1'33.033     3.089 172.971
23  81 鈴木 錦二    Ralt RT34   Mugen       1'33.454     3.510 172.192
24  21 見崎 清志    Ralt RT34   Mugen       --------
***************************************************************************
※ 従来のコースレコードは1分30秒533
               提供:チーム・レイトン
            * FMOTOR4 Sub-sysop / 新倉 芳夫 (PBA00065)/RIJ *

Japanese F3

F3:第2戦富士F3スプリング選手権予選結果

全日本F3第2戦/富士-FMOTOR4-(91-03-30) Starting Grid (トップ12)
For パナソニック全日本F3選手権 富士スピードウェイ    :(4.47km)
P No. Driver---------------------------------- Best-LapT ---Behind -Km/h--
1   8 黒沢琢也          Tom's 031F  Toyota     1'29.944           178.911
2  22 石川  朗     Ralt RT35   Mugen      1'30.443     0.499 177.924
3   7 V.ロッソ        Tom's 031F  Toyota     1'30.527     0.583 177.759
4  10 伊藤 直澄        Ralt RT35   Mugen      1'30.999     1.055 176.837
5  89 嶋村 健太        Ralt RT35   Mugen      1'31.124     1.180 176.595
6  20 佐藤 浩二        Ralt RT33   Mugen      1'31.044     1.100 176.750
7  18 田中 哲也        Ralt RT35   Toyota     1'31.151     1.207 176.542
8  27 羽根 幸浩        Ralt RT35   Mugen      1'31.046     1.102 176.746
9   2 高村 一明        Ralt RT35   Mugen      1'31.154     1.210 176.536
10  14 土屋 圭市        Ralt RT35   Mugen      1'31.371     1.427 176.117
11  86 沢登 栄一        Ralt RT34   Mugen      1'31.385     1.441 176.090
12  62 早田  岳史        Ralt RT35   Mugen      1'31.456     1.512 175.953
**************************************************************************
 電話連絡で聞いた上位12台です。ゼッケンだけ送ってもらったため、一部にドライ
バーが交代している可能性があります。(ゼッケンと選手名は、ポールの黒沢選手を
除き、鈴鹿の第1戦時のエントリーリストを参照)
  すがやみつる(FMOTOR4 SysOp/SDI00104)

全日本F3000

F3000:PR:レイトン・オートポリスリリース

TEAM LEYTON プレス・リリース
     3月24日・日曜日
全日本F3000選手権第2戦/オートポリス
決勝レース:観客数5万3千人
 レース当日の今日、オートポリスは昨日までの濃霧や強雨がウソであるかのように
晴れ渡り、絶好のレース日和となった。
 しかし、チーム・レイトンの関谷正徳と田中実は、その天候とはうらはらに、ウォー
ムアップ走行でのタイムがそれぞれ25番手と20番手と奮わず、16号車クルー、15号車
クルーとも決勝てむけてのセッティングを見直さなければならなかった。
 決勝までの4時間のインターバルの間に、チームはドライバーと入念なミーティン
グを行い、そこで決定したセッティングの方向性も、レース直前の最終ウォームアッ
プ走行で確認したチームだったが、突然16号車の関谷のローラのスターター・モーター
の調子がおかしくなり、関谷は全く予想外のピット・スタートを余儀なくされてしま
う。
 そして、レース・スタート。15号車の田中実は絶妙のスタートを切り、ピット・ス
タートの関谷も猛然とした追い上げで1ラップ終了後には、最後尾の館選手の真後ろ
にまで迫ったが、レースはスタート失敗で赤旗中断となる。
 しかし、2度目のレース・スタートは、予想された混乱もなく、田中は23番手グリッ
ドから好スタートを切り、再びピット・スタートとなった関谷も1回目のレース・ス
タートに勝るとも劣らない勢いで飛び出した。
 ところが、先を走る田中のラルトは右リヤのアップライトに異常が発生して17ラッ
プ目にリタイヤを喫し、関谷はトップ・グループと同等のタイムでラップを重ねなが
らも、追い抜きの極めて難しいコース・レイアウトに惑わされて、最後尾から15番手
まで順位を上げたところでゴールを迎えた。
 関谷正徳:
「ピット・スタートは、ほんとに万事休すだった。2回目のスタートは、グリッドか
らできると思ってたけど、うなく行かなかったね。それにしても、ここのコースで最
後尾からじゃ、ちょっと追い上げは難しかったよ。もちろん、全力は尽くして走った。
それは、タイムを見てもらえばわかってもらえるよ。マシンのバランスもよかったか
らね。でも、もっと走り込んでローラのデータが欲しいなってところが実感だよ」
 田中実:
「1回目のスタートは、狙っていたこともあって、本当に会心のできだった。それだ
けに、あの赤旗は悔やまれるよ。マシンも、ウォームアップの時より、レース仕様は
かなり進んでいたからね。でも、15ラップ目くらいからリヤがおかしいなと思ってい
たら、17ラップ目のストレートでガクーンと壊れてしまった。まだ、マシンの初期ト
ラブルが出尽くしてなかったんだね、きっと」
  提供:チーム・レイトン

全日本F3000

F3000:オートポリス レース結果

全日本F3000レースin AUTO POLIS -RIJ- (1991-03-24) Official Results
For All Japan F3000 Championship Rd.2 日本オートポリス・サーキット:(4.674km)
P Gr No. Driver-------------- Car ----------------- Lap GoalTime--- -Km/h--
1( 1) 99 中谷 明彦          Lola T90/50 Mugen     43 1:08'17.963 176.560
2( 3)  1 星野 一義          Lola T90/50 Mugen     43 1:08'22.782 176.352
3( 5) 34 M.マルティーニ (I) Lola T90/50 Mugen     43 1:08'55.757 174.946
4( 4)  3 片山 右京           Lola T90/50 Ford DFV  43 1:08'56.791 174.903
5( 3) 11 E.アーヴィン  (GB) Lola T90/50 Mugen    43 1:09'02.052 174.680
6(11) 21 小河  等          Lola T90/50 Mugen     43 1:09'03.995 174.598
7( 9) 24 J.ハーバート  (GB) Ralt RT23  Mugen     43 1:09'08.353 174.415
8(10) 12 黒沢 琢弥        Ralt RT23   Mugen     43 1:09'11.728 174.273
9(16) 90 J.ラマース  (HOL) Dome F102  Mugen     43 1:09'20.382 173.911
10( 6) 35 J.クロスノフ (USA) Lola T90/50 Mugen     43 1:09'23.858 173.766
11(12)  2 中子  修          Lola T90/50 Mugen     43 1:09'41.299 173.041
12(20) 23 古谷 直広          Lola T90/50 Mugen     43 1:09'46.082 172.843
13( 7) 98 服部 尚貴       Lola T90/50 Mugen     43 1:09'48.343 172.750
14(26) 37 M.サロ     (SF) Lola T90/50 Mugen     43 1:09'50.387 172.665
15(18) 16 関谷 正徳        Lola T90/50 Mugen     43 1:09'51.832 172.606
16(24) 55 E.ベルタッジア (I) Lola T90/50 Mugen     42    -  1Lap
17(21) 20 影山 正彦           Lola T90/50 Mugen     42    -  1Lap
18(14)  4 G.リース      (GB) Ralt RT23   Mugen     42    -  1Lap
19(22)  9 T.ダニエルソン(SWE)Lola T91/50 Mugen     42    -  1Lap
20(25)  7 高橋 国光          Lola T91/50 Mugen     42    -  1Lap
21(27) 27 舘  善泰       Lola T90/50 Mugen     42    -  1Lap
22(28) 44 金石 勝智       Lola T90/50 Mugen     39    -  4Laps
23(17) 43 松田 秀士       Lola T90/50 Ford DFV  18    - 25Laps
------------------------------ DNF ----------------------------------------
(23) 15 田中  実        Ralt RT23   Mugen     17    - 26Laps
(15)  8 松本 恵二          Dome F102   Mugen      2    - 41Laps
( 8) 25 R.チーバー   (USA) Reynard 91D Mugen      0    - 43Laps
(19) 26 和田 孝夫       Lola T91/50 Mugen      0    - 43Laps
(13) 77 鈴木 利男       Lola T90/50 Ford DFV   0    - 43Laps
****************************************************************************
 参加台数:34 出走台数:28 完走台数:22
 ファステストラップタイム:星野一義 1分34秒267 32/43 178.497km/h
           提供:日本オートポリス
         * FMOTOR4 Sub-sysop / 新倉 芳夫 (PBA00065)/RIJ *

全日本F3000

F3000:オートポリススターティンググリッド

全日本F3000レースin AUTO POLIS-RIJ-(1991-03-23) Starting Grid
For All Japan F3000 Championship Rd.2 日本オートポリス:(4.674km)
P No. Driver-------------- Car ----------------- Best-LapT -Behind -Km/h--
1  99 中谷 明彦          Lola T90/50 Mugen      1'30.124         186.703
2  11 E.アーバイン  (GB) Lola T90/50 Mugen     1'31.531   1.407 183.833
3   1 星野 一義          Lola T90/50 Mugen      1'30.328   0.204 186.281
4   3 片山 右京           Lola T90/50 Ford DFV   1'31.807   1.683 183.280
5  34 M.マルティニ   (I) Lola T91/50 Mugen      1'31.268   1.144 184.363
6  35 J.クロスノフ (USA) Lola T90/50 Mugen      1'31.878   1.754 183.139
7  98 服部 尚貴       Lola T90/50 Mugen      1'31.413   1.289 184.070
8  25 R.チーバー   (USA) Reynard 91D Mugen      1'32.052   1.928 182.792
9  24 J.ハーバート  (GB) Ralt RT23  Mugen      1'31.687   1.563 183.520
10  12 黒沢 琢弥        Ralt RT23   Mugen      1'32.069   1.945 182.759
11  21 小河  等          Lola T90/50 Mugen      1'32.164   2.040 182.570
12   2 中子  修          Lola T90/50 Mugen      1'32.165   2.041 182.568
13  77 鈴木 利男       Lola T90/50 Ford DFV   1'32.344   2.220 182.214
14   4 G.リース      (GB) Ralt RT23   Mugen      1'32.200   2.076 182.499
15   8 松本 恵二          Dome F102   Mugen      1'32.344   2.220 182.214
16  90 J.ラマース  (HOL) Dome F102  Mugen      1'32.391   2.267 182.122
17  43 松田 秀士       Lola T90/50 Ford DFV   1'32.758   2.634 181.401
18  16 関谷 正徳        Lola T90/50 Mugen      1'32.444   2.320 182.017
19  26 和田 孝夫       Lola T91/50 Mugen      1'32.970   2.846 180.987
20  23 古谷 直広          Lola T90/50 Mugen      1'32.779   2.655 181.360
21  20 影山 正彦           Lola T90/50 Mugen      1'33.017   2.893 180.896
22   9 T.ダニエルソン(SWE)Lola T91/50 Mugen      1'33.495   3.371 179.971
23  15 田中  実        Leyton 90B  Mugen      1'33.434   3.310 180.089
24  55 E.ベルタッジア (I) Lola T90/50 Mugen      1'33.692   3.568 179.593
25   7 高橋 国光          Lola T91/50 Mugen      1'34.087   3.963 178.839
26  37 M.サロ      (SF) Lola T90/50 Mugen      1'33.767   3.643 179.449
27  27 舘  善泰       Lola T90/50 Mugen      1'34.277   4.153 178.478
28  44 金石 勝智       Lola T90/50 Mugen      1'34.020   3.896 178.966
***************************************************************************
※奇数順位は予選B組、偶数順位は予選A組。
 予選通過基準タイムは1分40秒913(110%)
 天候:曇り コース:ドライ
           提供:日本オートポリス
         * FMOTOR4 Sub-sysop / 新倉 芳夫 (PBA00065)/RIJ *

全日本F3000

F3000:オートポリスB組第2回目予選結果

●全日本F3000第2戦
 オールジャパンF3000 in AUTOPOLIS
 B組第2回目予選結果
 オートポリスのf3000決勝出場台数は合計28台。A、B組の上位14台までが決勝に
進出します。
 B組2回目のタイムも、すべて1回目を上回っていますので、このまま最終予選結
果になります。
Ps.No.  Driver(s)  /  Car                          Lap Time M.P.H.
-- ---- ------------------------------------------ -------- -------
1  99  中谷 明彦       Lola T90-50 MF-308        1:30.124R186.703
2   1  星野 一義       Lola T90-50 MF-308        1:30.328 186.281
3  34  M・マルティニ   Lola T90-50 MF-308        1:31.268 184.363
4  98  服部 尚貴       Lola T90-50 MF-308        1:31.413 184.070
5  24  J・ハーバート   Ralt RT23   MF-308        1:31.687 183.520
6  21  小河  等       Lola T90-50 MF-308        1:32.164 182.570
7  77  鈴木 利男       Lola T90-50 MF-308        1:32.344 182.214
8   8  松本 恵二       Dome F102   MF-308        1:32.513 181.881
9  43  松田 秀士       Lola T90-50 DFV           1:32.758 181.401
10  26  和田 孝夫       Lola T91-50 MF-308        1:32.970 180.987
11  20  影山 正彦       Lola T90-50 MF-308        1:33.017 180.896
12  15  田中  実       Leyton 90B  MF-308        1:33.434 180.089
13   7  高橋 国光       Lola T91-50 MF-308        1:34.087 178.839
14  27  舘  善泰       Lola T90-50 MF-308        1:34.277 178.478
--------
15   5  長谷見 昌弘     Lola T91-50 MF-308        1:34.624 177.824
16  22  太田 哲也       Lola T90-50 MF-308        1:35.596 176.016
17  57  P.カルカッシ   Lola T90-50 MF-308        出走せず
 FMOTOR4_SysOp すがやみつる(SDI00104)/鈴鹿

全日本F3000

F3000:オートポリスA組第2回目予選結果

●全日本F3000第2戦
 オールジャパンF3000 in AUTOPOLIS
 A組第2回目予選結果
 すべてのマシンが1回目のタイムを上回っていますので、このままA組のグリッ
ドが確定します。なお、決勝出場台数は、まだ把握できていません。どなたか雑誌
等でわかる方がいたらフォローしてください。
 1回目の掲載したA組予選結果中、ゼッケン37番はミカ・サロ選手のまちがい
でした。
Ps.No.  Driver(s)  /  Car                          Lap Time M.P.H.
-- ---- ------------------------------------------ -------- -------
1  11  E・アーバイン   Lola T90-50 MF-308        1:31.531 183.833
2   3  片山 右京       Lola T90-50 DFV           1:31.807 183.280
3  35  J・クロスノフ   Lola T90-50 MF-308        1:31.878 183.139
4  25  R・チーバー     Reynard 91D MF-308        1:32.052 182.792
5  12  黒沢 琢弥       Ralt RT23   MF-308        1:32.069 182.759
6   2  中子  修       Lola T90-50 MF-308        1:32.165 182.568
7   4  G・リース       Ralt RT23   MF-308        1:32.200 182.499
8  90  J・ラマース     Dome F102   MF-308        1:32.391 182.122
9  16  関谷 正徳       Lola T90-50 MF-308        1:32.444 182.017
10  23  古谷 直広       Lola T90-50 MF-308        1:32.779 181.360
11   9  T・ダニエルソン Lola T91-50 MF-308        1:33.495 179.971
12  55  E・ベルタッジア Lola T91-50 MF-308        1:33.692 179.593
13  37  M.サロ        Lola T90-50 MF-308        1:33.767 179.449
14  44  金石 勝智       Lola T90-50 DFV           1:34.020 178.966
15  36  福山 英朗       Lola T90-50 MF-308        1:34.106 178.803
16  88  和田  久       Lola T90-50 MF-308        1:34.476 178.102
17  10  V・ヴァイドラー Lola T91-50 MF-308        1:35.028 177.068
  FMOTOR4_SysOp すがやみつる(SDI00104)

全日本F3000

F3000:オートポリスB組第1回目予選結果

●全日本F3000第2戦
 オールジャパンF3000 in AUTOPOLIS
 B組第1回目予選結果
Ps.No.  Driver(s)  /  Car                          Lap Time K.P.H.
-- ---- ------------------------------------------ -------- -------
1  77  鈴木 利男       Lola T90-50 MF-308        1:36.861 173.717
2   7  高橋 国光       Lola T91-50 MF-308        1:37.316 172.905
3   1  星野 一義       Lola T90-50 MF-308        1:37.700 172.225
4  34  M・マルティニ   Lola T90-50 MF-308        1:38.391 171.016
5  15  田中  実       Leyton 90B  MF-308        1:38.454 170.906
6  99  中谷 明彦       Lola T90-50 MF-308        1:38.602 170.650
7  98  服部 尚貴       Lola T90-50 MF-308        1:39.259 169.520
8  27  舘  善泰       Lola T90-50 MF-308        1:39.415 169.254
9  24  J・ハーバート   Ralt RT23   MF-308        1:39.574 168.984
10  26  和田 孝夫       Lola T91-50 MF-308        1:39.723 168.731
11  43  松田 秀士       Lola T90-50 DFV           1:39.795 168.610
12  20  影山 正彦       Lola T90-50 MF-308        1:40.007 168.252
13  22  太田 哲也       Lola T90-50 MF-308        1:40.039 168.198
14   5  長谷見 昌弘     Lola T91-50 MF-308        1:40.059 168.165
15  21  小河  等       Lola T90-50 MF-308        1:40.400 167.594
16   8  松本 恵二       Dome F102   MF-308        1:40.537 167.365
17  57  P.カルカッシ   Lola T90-50 MF-308        出走せず
  FMOTOR4_SysOp すがやみつる(SDI00104)/鈴鹿

全日本F3000

F3000:オートポリスA組第1回目予選結果

●全日本F3000第2戦
 オールジャパンF3000 in AUTOPOLIS
 A組第1回目予選結果
Ps.No.  Driver(s)  /  Car                          Lap Time K.P.H.
-- ---- ------------------------------------------ -------- -------
1   3  片山 右京       Lola T90-50 DFV           1:40.023 168.225
2  11  E・アーバイン   Lola T90-50 MF-308        1:40.416 167.567
3  25  R・チーバー     Reynard 91D MF-308        1:41.806 165.279
4  23  古谷 直広       Lola T90-50 MF-308        1:42.211 164.624
5  12  黒沢 琢弥       Ralt RT23   MF-308        1:42.405 164.312
6  90  J・ラマース     Dome F102   MF-308        1:42.506 164.150
7   4  G・リース       Ralt RT23   MF-308        1:42.671 163.887
8  37  岡田 秀樹       Lola T90-50 MF-308        1:42.965 163.419
9  35  J・クロスノフ   Lola T90-50 MF-308        1:43.195 163.054
10  16  関谷 正徳       Lola T90-50 MF-308        1:43.806 162.095
11  55  E・ベルタッジア Lola T91-50 MF-308        1:44.193 161.493
12  88  和田  久       Lola T90-50 MF-308        1:44.484 161.043
13   9  T・ダニエルソン Lola T91-50 MF-308        1:44.596 160.870
14  10  V・ヴァイドラー Lola T91-50 MF-308        1:44.889 160.421
15  36  福山 英朗       Lola T90-50 MF-308        1:45.867 158.939
16  44  金石 勝智       Lola T90-50 DFV           1:46.101 158.589
17   2  中子  修       Lola T90-50 MF-308        1:47.614 156.359
   FMOTOR4_SysOp すがやみつる(SDI00104)/鈴鹿

全日本F3000

オートポリス予選はタイヤが勝負!

  オートポリスで行われているF3000レースの予選1回目、雨は上がって
 いるものの、まだ路面はウェット。次第に乾きつつあり、タイヤの選択が勝負。
  A組では片山右京が1分46秒023でトップ、2位はチーバー、1分40秒
 657。
 またB組では鈴木利男が1分36秒866をマークしてトップに。
 以下、高橋国光、星野一義、マルティニ、田中実、中谷明彦の順。
 鈴木や国光はすでにスリックタイヤ。
 星野らはスリックに縦に5本位グルービングされたタイヤのようだ。
         情報提供:莟 大介/AUTOPOLIS
        * FMOTOR4 Sub-sysop * 新倉 芳夫 / PBA00065

全日本F3000

PR:F3000富士合同タイヤテスト雪で中止

TEAM LEYTON
プレスリリース
F3000合同タイヤテスト
3月14日・富士スピードウェイ
 テスト2日目の3月14日の走行は、おりからの強い雪のために中止になった。
 走行開始時かの午前9時には、トーマス・ダニエルソン選手、星野一義選手、チー
ム・レイトンの田中実、そして古谷直広選手が、それぞれ雨の中をコースインしたが、
路面状況は極めて悪く、いずれも1ラップもコンプリートせずにマシンを降りた。
 その後、雨はみぞれに、みぞれは雪に変わり、富士スピードウェイは、10時頃には
完全な雪景色となってしまった。そのため、タイヤ協会は、やむを得ずテスト中止の
判断を下すこととなった。
 提供:チーム・レイトン

全日本F3000

F3000:富士F3000タイヤテスト(13日午後)

●富士F3000合同タイヤテスト
 3月13日・水曜日・13:00~17:00
 富士スピードウェイ 天気:曇り
富士F3000合同タイヤテスト-FMOTOR4-(91-03-13) Free Practice
For 全日本F3000選手権 富士スピードウェイ        :(4.47km)
P No. Driver---------------- Car------------- Best-LapT ---Behind -Km/h--
1  34 M.マルティニ         LOLA T90-50 MF-3  1'17.470           207.719
2  99 中谷 明彦             LOLA T90-50 MF-3  1'17.760     0.290 206.944
3  11 E.アーバイン         LOLA T90-50 MF-3  1'17.810     0.340 206.811
4   3 片山  右京             LOLA T90-50 DFV   1'17.830     0.360 206.758
5  26 和田  孝夫             LOLA T91-50 MF-3  1'18.010     0.540 206.281
6   5 長谷見  昌弘           LOLA T91-50 MF-3  1'18.070     0.600 206.123
7  90 J.ラマース           DOME F102 MF-308  1'18.170     0.700 205.859
8   8 松本  恵二             DOME F102 MF-308  1'18.200     0.730 205.780
9   1 星野  一義             LOLA T91-50 MF-3  1'18.300     0.830 205.517
10   9 T.ダニエルソン       LOLA T90-50 MF-3  1'18.310     0.840 205.491
11  16 関谷  正徳             LOLA T90-50 MF-3  1'18.410     0.940 205.229
12  21 小河  等               LOLA T91-50 MF-3  1'18.510     1.040 204.968
13  35 J.クロスノフ         LOLA T90-50 MF-3  1'18.560     1.090 204.837
14  12 黒沢  琢也             RALT RT23 MF-308  1'18.590     1.120 204.759
15  20 影山正彦               LOLA T90-50 MF-3  1'18.600     1.130 204.733
16  27 館 善泰               LOLA T90-50 MF-3  1'18.900     1.430 203.954
17  25 R.チーバー           REYNARD 91D MF-3  1'19.020     1.550 203.645
18   4 G.リース             RALT RT23 MF-308  1'19.040     1.570 203.593
19  88 和田 久               LOLA T90-50 MF-3  1'19.050     1.580 203.567
20  43 松田  秀士             LOLA T90-50 DFV   1'19.190     1.720 203.207
21  37 岡田 秀樹             LOLA T90-50 MF-3  1'19.230     1.760 203.105
22  10 V.バイドラー         LOLA T91-50 MF-3  1'19.260     1.790 203.028
23  24 J.ハーバート         RALT RT23 MF-308  1'19.420     1.950 202.619
24  15 田中 実               RALT RT23 MF-308  1'19.560     2.090 202.262
25  22 太田  哲也             LOLA T90-50 MF-3  1'19.640     2.170 202.059
26  36 福山英朗               LOLA T90-50 MF-3  1'19.720     2.250 201.856
27  98 服部 尚貴             LOLA T90-50 MF-3  1'20.170     2.700 200.723
28  57 兵頭 秀二             LOLA T90-50 MF-3  1'24.770     7.300 189.831
29  55 E.ベルタッジア       LOLA T90-50 MF-3  1'25.530     8.060 188.145
**************************************************************************
タイムはチーム・レイトンによる非公式計時。
 提供:チーム・レイトン

全日本F3000

F3000PR:富士タイヤテスト(レイトン発)

●F3000合同タイヤテスト
 3月13日・富士スピードウェイ
 今日3月13日から2日間の予定で富士スピードウェイで合同タイヤテストが始まっ
た。
 これはF3000選手権第3戦へ向けたテストであるが、今年初めての富士で走行とあっ
て、参加したのは29台と、かなり大規模なものとなった。
 各チームとも、1991年の富士での初戦へかける意気込みは並々ならぬものがあるよ
うだ。
 チーム・レイトンは、今回のこのテストには、エースの関谷正徳にローラT90/50と
富士では速さに定評のあるレイトンハウス90Bを用意。2日間の長いテスト・セッショ
ンを利用して、入念な比較テストを行う。また、チームメイトの田中実には、開幕戦
同様、ラルトRT23を用意。田中自身、F3000では初めての富士ということもあり、と
にかくデータ取りを進めるというプログラムだ。
関谷正徳;
 「マシンを変えて、色々セッティングをトライしているところだから、今日のとこ
ろはなんとも言えないね。それに、ローラで富士を走るのは初めてのことだし。とに
かく、今日はデータ取りを行ったという程度だね。これから、マシンをモディファイ
して、明日どこまでセッティングを詰められるかがレースのカギになるね」
田中 実;
 「ラルトの初期トラブルがまだ出尽くしていないから、セッティング関係は明日に
なると思う。とにかく、走り込みが今回のテストの目標だね」
●テスト・タイム  (9:00~12:00 天候:曇り)
富士F3000合同タイヤテスト-FMOTOR4-(91-03-13)
For 全日本F3000選手権 富士スピードウェイ        :(4.47km)
P No. Driver----------------- Car------------- Best-LapT ---Behind -Km/h--
1  34 M.マルティニ          LOLA T90-50 MF-3  1'18.220           205.727
2  99 中谷 明彦              LOLA T90-50 MF-3  1'18.580     0.360 204.785
3   1 星野  一義              LOLA T91-50 MF-3  1'18.590     0.370 204.759
4   3 片山  右京              LOLA T90-50 DFV   1'18.750     0.530 204.343
5   8 松本  恵二              DOME F102 MF-308  1'18.770     0.550 204.291
6  90 J.ラマース            DOME F102 MF-308  1'19.030     0.810 203.619
7  35 J.クロスノフ          LOLA T90-50 MF-3  1'19.060     0.840 203.542
8   4 G.リース              RALT RT23 MF-308  1'19.190     0.970 203.207
9  26 和田  孝夫              LOLA T91-50 MF-3  1'19.260     1.040 203.028
10  16 関谷  正徳              LOLA T90-50 MF-3  1'19.280     1.060 202.977
11  21 小河  等                LOLA T91-50 MF-3  1'19.310     1.090 202.900
12   9 T.ダニエルソン        LOLA T91-50 MF-3  1'19.360     1.140 202.772
13  37 岡田 秀樹              LOLA T90-50 MF-3  1'19.410     1.190 202.645
14  10 V.バイドラー          LOLA T91-50 MF-3  1'19.440     1.220 202.568
15  24 J.ハーバート          RALT RT23 MF-308  1'19.500     1.280 202.415
16  43 松田  秀士              LOLA T90-50 DFV   1'19.570     1.350 202.237
17  27 館 善泰                LOLA T90-50 MF-3  1'19.930     1.710 201.326
18  12 黒沢  琢也              LOLA T90-50 MF-3  1'20.140     1.920 200.799
19  11 E.アーバイン          LOLA T90-50 MF-3  1'20.240     2.020 200.548
20  22 太田  哲也              LOLA T90-50 MF-3  1'20.530     2.310 199.826
21  88 和田 久                LOLA T90-50 MF-3  1'20.620     2.400 199.603
22  25 R.チーバー            REYNARD 91D MF-3  1'20.690     2.470 199.430
23   5 長谷見  昌弘            LOLA T91-50 MF-3  1'20.960     2.740 198.765
24  36 福山英朗                LOLA T90-50 MF-3  1'21.080     2.860 198.471
25  15 田中 実                RALT RT23 MF-308  1'21.480     3.260 197.496
26  20 影山正彦                LOLA T90-50 MF-3  1'21.960     3.740 196.340
27  57 兵頭 秀二              LOLA T90-50 MF-3  1'24.690     6.470 190.011
28  98 服部 尚貴              LOLA T90-50 MF-3  1'49.370    31.150 147.134
***************************************************************************
  提供:チーム・レイトン

JSPC

JSPC:富士500km結果

富士500kmレース-FMOTOR4-(91-03-09) Official Results
For 全日本スポーツプロトタイプ 富士スピードウェイ  :(4.47km)
P Gr No. Driver-------------------------------------- Lap GoalTime--- -Km/h--
1( 1) 23 星野一義/鈴木利男             Nissan R91CP  112 2:39'01.432 188.892
2( 7) 27 中谷明彦/V.Weidler(D)          Nissan R91CK  112 2:39'02.503 188.871
3( 5) 36 関谷正徳/小河 等              Toyota R90-CV 112 2:40'23.285 187.286
4( 6) 25 和田孝夫/岡田秀樹              Nissan R91V   111       1Lap
5( 9)  2 高橋国光/S.Dickens(S)          Porsche 962C  111       1Lap
6( 4) 37 Lees(GB)/P.Raphanel(F)/Elgh(S) Toyota 90C-V  111       1Lap
7( 8)100 G.Fouche(ZW)/S.Andskar(S)      Porsche 962C  111       1Lap
8(11)  7 T.Needel(GB)/A.Reid(GB)        Porsche 962C  110       2Laps
9( 3)  1 長谷見昌弘/A.Olofsson(S)       Nissan R90CP  110       2Laps
10(10)  3 W.Hoy(GB)/H.Huysman(N)         Porsche 962C  109       3Laps
11( 2) 38 R.Ratzenberger(A)/長坂尚樹     Toyota 90C-V  105       7Laps
12(12)202 従野孝司/寺田陽次朗            Mazda 787      97       15Laps
13(14) 92 J.Weaver(GB)/H.Haywood(USA)    Porsche 962C   92       20Laps
********************************** - D N F - *********************************
(13)201 D.Kennedy(IRL)/P.Dieudonne(B)  Mazda 787     108       4Laps    NC
(15)230 白鳥哲次/清水正智/藤井修二     Mazda 767     101       11Laps   NC
******************************************************************************
●トップと同一周回は3台でした。
●No.1のニッサンは、昨年型のR90CP。
●ベストタイム
No.23・星野一義 Nissan R91CP, 1:20.246, 4/112 laps, 200.533km.h
  FMOTOR4 SysOp/すがやみつる(SDI00104)

JSPC

JSPC:富士500kmニッサン優勝

 全日本ロングディスタンス・シリーズと名前を変えた今年のグループCカーレース。
その第1戦「全日本富士500kmレース」が静岡県駿東郡小山町の富士スピードウ
ェイで開催された。
 昨年から国産マシン優位を続けているこのカテゴリーのレースだが、今年もその傾
向は変わらず、ニューカーを持ち込んだ星野、鈴木利男のカルソニック・ニッサンR
91CPが、ポールポジションからスタートし、途中、ドアがキチンと閉まらなくなるな
どのマイナートラブルはあったものの、ほぼトップを走り続け、112周を2時間39
分1秒432で走り抜き、優勝した。
 2位には、昨年WSPCで使用されていたニッサンR90CKを、それまでのポルシェ
に代えて使用したノバのフロムエー・ニッサンが僅差で続いた。
 3位にはミノルタ・トヨタ、4位には伊太利屋・ニッサン。ここまでがトップと同
ラップの112周。
 ゼッケン2のタイサン・ポルシェが5位。37番のトヨタが6位だった。
 昨年のチャンピオン、長谷見/オロフソンは、オルフソンの周回義務回数を間違え
たり、燃費調整をするなど予定外のピットインが重なり、順位を落とした。
 15台出走した中で13台が完走。気候のせいか、完走率の高いレースだった。
 このレースには、昨年から参加しているスパイスが未出走だが、SWC鈴鹿に、か
つてF3やGCをドライブした吉川とみ子選手のドライブで参加するらしい。
  FMOTOR4_SysOp すがやみつる(SDI00104)

JSPC

JSPC第1戦 富士500km結果速報

<JSPC 第1戦 富士500km 結果速報>
1  23  カルソニック・ニッサンR91CP
2  27  フロム・A ニッサンR90CK
3  36  ミノルタ・トヨタ90C-V
1位と2位の差は約1秒
3位は最終ラップで25を抜いた36ミノルタが取った
                    MHF00324/渡辺 幹雄

JSPC

富士500km 予選結果

全日本スポーツプロトタイプカー-FMOTOR-(1990-03-09) Official Practice
For All Japan Sport Prototype Car 富士スピードウェイ:(4.47km)
P No. Driver------------------------- Car ----------- Best-LapT ---Behind
1  23 星野 一義/鈴木 利男     Nissan R91CP   R1'16.081
2  38 ラッツェンバーガ/長坂 尚樹    Toyota 90C-V   R1'16.116     0.035
3   1 長谷見昌弘/A.オロフソン    Nissan R90CP    1'16.382     0.301
4  37 リース/ラファネル           Toyota 90C-V    1'16.545     0.464
5  36 関谷 正徳/小河 等      Toyota 90C-V    1'17.346     1.265
6  25 和田 孝夫/岡田 秀樹          Nissan R91-V    1'18.306     2.225
7  27 中谷 明彦/V.バイドラー   Nissan R91CK    1'18.467     2.386
8 100 G.フーシェ/S.アンドスカー  Porsche 962C    1'19.679     3.598
9   2 高橋 国光/S.ディケンズ   Porsche 962C    1'19.799     3.718
10   3 W.ホイ/H.ハイズマン        Porsche 962C    1'20.076     3.995
11   7 T.ニーデル/A.レイド        Porsche 962C    1'20.321     4.240
12 202 従野 孝司/寺田陽次朗          Mazda 787       1'20.520     4.439
13 201 D.ケネディ/P.デュドネ   Mazda 787       1'20.561     4.480
14  92 J.ウィーバー/H.ヘイウッド  Porsche 962C    1'23.485     7.404
15 230 白鳥哲次/清水正智/藤井修二  Mazda 767       1'24.392     8.311
****************************************************************************
                提供:北島滋穂/富士スピードウェイ
               * FMOTOR4 Sub-sysop * 新倉 芳夫 / PBA00065

全日本F3000

F3000:CABINミリオンカップ2&4鈴鹿リリース

<<<< CABIN Racing Team Press Release ==================================
1991年全日本F3000選手権                 1991年3月6日
RACE INFORMATION                   キャビン・レーシングチーム事務局
      第1戦「ミリオンカードカップレース2&4鈴鹿」
            幸運を引き寄せた快走
           片山、初ポール、初優勝
         星野一義 予選A組4位 決勝リタイヤ
         片山右京 予選A組1位 決勝優勝
 腕を高く上げて、片山右京はコントロールラインを通過した。F3000レース
参戦26戦目にして、初めての優勝であった。何度か腕を上げながら右京は初
めてのウィニングランに入る。しかし、彼の乗ったCABIN T90/DFV
は、ヘアピンコーナーを過ぎたあたりでゆっくりと止まった。駆動系のトラブ
ルだった。「もし半周、早かったら....」チームスタッフが安堵の胸をなでお
ろす。実力ばかりではなく幸運も、右京は自分の味方に引き入れていたのだ。
キャビン・レーシングチームは星野一義が勝った1988、1989、1990年に続き、
開幕戦4連勝を飾った。
 1991年全日本F3000選手権・開幕戦「ミリオンカードカップレース2&4鈴
鹿」が、3月2日(土)3日(日)、三重県・鈴鹿サーキットで開催された。
キャビン・レーシングチームは、このレースに星野一義、片山右京の陣容で参
戦した。
<体制>
 キャビン・レーシングチームwithインパル
  ドライバー:星野一義
  監督   :金子 豊
  マシン  :ローラT91-50/無限(Tカー ローラT90-50/無限)
 キャビン・レーシングチームwithヒーローズ
  ドライバー:片山右京
  監督   :田中 弘
  マシン  :ローラT90-50/DFV(Tカー レイナード89D/DFV)
<マシン>
 星野は英国ローラ社製の1991年向けマシン、ローラT91-50を持ち込んだ。
チームでは、シャシー番号4のマシンをいち早く入手、テスト走行を繰り返し
た。テストを通してコクピット周りを星野のドライビングポジションに合わせ
て整形するとともに、サイドポンツーン上部のエンジン用吸気口の形状を変更
している。片山は、1991年用T91-50のデリバリーが遅れたため、昨年のT90-
50を引続き用いる。マシンの仕様には特に変更はない。
<公式予選>
 第1回目の公式予選セッションは、晴天の下、ドライコンディションで行な
われた。星野、片山ともに予選A組からの出走だが、参加台数が増加したため
エントラント間の協議によりA組はさらに2分割された。片山は前半組、星野
は後半組でタイムアタックを行なった。
 片山はこの1回目のセッションに2セットの予選用タイヤを投入する作戦を
とり、2回目のアタックで1分44秒325のコースレコードを記録してセッショ
ンを終えた。
 一方の星野は新しいT91-50にメカニカルトラブルが発生して思い通りの走
行をすることができず、タイムは1分48秒082に留まる。チームは、Tカーで
あるT90-50で2回目の予選を戦うことを決定する。
 2回目のセッション、星野はTカーでタイムアタックにかかり、1分46秒00
5までタイムを短縮して順位をA組4位にまで上げ、予選走行を終えた。
星野一義:1分46秒005 A組4位
「午前中は、トラブルが出てまったくスピードに乗れなかった。ブレーキもフ
ィーリングがよくなかったし、タイムが出せる状態ではなかったんだ。それで、
午後は去年のマシンを使った。こっちはいいフィーリングだった。でも、今日
のコンディションに合わせたセットアップをする時間がなかったから、あれ以
上のタイムは無理だった。こんなこともあるよ。去年の菅生で、予選17位から
3位になったように、後ろから追い上げることにするよ。6台抜けばいいんで
しょう」
片山右京:1分44秒325 A組1位(ポールポジション)
「午前中にタイヤを2セット使ったのは作戦通り。シーズンオフの間に徹底的
に走り込んでいたので自信はあったんです。1セット目は様子を見るつもりで
慎重に走って、2セット目で勝負をかけました。でも、ヘアピンで前のクルマ
にひっかかったのと、ぼく自身ちょっとラインを変えたせいでタイヤを滑らせ
すぎてしまったために、目標だった1分43秒台に入れなかったのが残念です。
午後のセッションで小河さんが猛烈に追い上げてきたので肝を冷やしましたよ。
決勝はスタートしてみなければわからないな。うまくスタートできたら、その
とき考えます」
<決勝レース>
 決勝で片山が見せたスタートは絶妙だった。片山は初めてのポールポジショ
ン(今回から鈴鹿のポールポジションはコース外側となった)から飛び出し、
そのまま加速して2位の小河選手を1コーナーで押え込んだ。
 一方星野は4列目のグリッドからジャンプを狙ってコース内側に進路をとっ
たが、結局順位を上げることはできず、7位で1コーナーを通過した。
 星野は、前をいくダニエルソン選手に激しく攻めかかる。7周目に4位を走
行中のマルティニ選手がスピンして遅れたために星野は6位に進出。さらに順
位を上げるために1分49秒台後半から1分50秒台前半の速いペースでダニエル
ソン選手攻略を続ける。
 ところが10周目の2コーナーでダニエルソン選手が星野の目前でスピン。星
野は外側に避けたものの、そのままコースから飛び出し、サンドトラップを横
切ってタイヤバリアに正面から突っ込んでしまった。マシンは走行不能となり、
星野はここでレースをあきらめざるをえなかった。
 片山は首位を走りながら小河選手の激しい攻撃にさらされていた。とくにコ
ース前半、デグナーに至る部分で、片山はコーナリングに苦しみ、小河選手に
テール トゥ ノーズとなるまで攻め寄られる。しかし、カシオトライアング
ルから直線にかけて片山は松浦DFVのパワーを活かして小河選手を引き離す。
 チェッカーを受ける直前まで、片山は小河選手の執拗なアタックを受けた。
しかし、片山は守りきった。35周のレースを首位のまま走りきって、片山は
最初のチェッカーフラッグを受けたのであった。田中監督を先頭に苦楽をとも
にしたチームの面々がコントロールラインを通過する片山を待ち受け、手を振
ってそれを迎えた。これはまたコスワースDFVエンジンにとっても全日本F
3000シリーズ初優勝となった。
 チェッカーを受けた片山はウィニングランに入ったが、ヘアピンを過ぎてマ
シンをコース脇に止めた。駆動系にトラブルが発生、走行不能に陥ったのだ。
コクピットを降りた片山を、小河選手のマシンが待っていた。片山は争い続け
たライバルである小河選手のマシンのサイドポンツーンに乗って、関係者やフ
ァンの待ち受けるグランドスタンドへと凱旋したのであった。
星野一義:9周 リタイヤ
 「スタートした時点で、優勝は無理かな、と感じていた。でも、新しいマシ
ンなので、ここで走っておけばシーズンのためにはなるだろうと思った。かな
りいいタイムで走れていたしね。このまま頑張れば3位にはなれるだろう、と。
チャンピオンを守るためには、ポイントをとっておきたかったしね。ダニエル
ソン選手のスピンは、しようがないよ。レースなんだし、スピンだってする。
あれは誰の責任でもないよ。今回は、右京君に素直におめでとうと言おう。で
も、次はこんなに簡単に勝たせるつもりはないよ」
金子 豊監督
 「トラブルが解決したので、T91で決勝を戦うことにした。データを蓄積
することにもつながるしね。新しい体制での初めてのレースだったけれど、チ
ームもよく働いてくれたと思っているよ。アクシデントさえなければ、いいと
ころまでいけたはずだ。同じCABINとはいってもレースとなれば右京はラ
イバルだからね。次のレースでは必ず勝ってみせるよ」
片山右京選手: 1時間3分33秒365 優勝
        ファステストラップ 1分47秒195 34周目
 「ひとこと、本当に嬉しい! でもレース中は小河さんがピッタリつけてく
るので、大変なプレッシャーでしたよ。終盤、130Rで周回遅れの松田さん
がいて、抜こうとしたんだけど、松田さん、気づいてなかったみたいでコース
を開けてくれなかったんですよ。それで手を上げたの。怒って手を上げたんじ
ゃないですよ。気がついてくれたかな、と思って合図したつもりだったんです。
そうしたら、松田さんのヘルメットが動いて、バックミラーを見たのがわかっ
たから、シケインで抜いた。同じDFVユーザーなんだから、ぼくが抜いたあ
とで小河さんをブロックしてくれればいいなー、って正直思いましたよ。して
くれませんでしたけどね。それだけ辛かった。でも、苦しかったけれど冷静な
ところは冷静でした。ビビリながら落ちついていたって感じですね。15、6
周目からギヤがゴロゴロ音を立てていたんで、心配は心配だったんですけど、
最後のラップでヘアピンを立ち上がったところで走れなくなっちゃった。ラッ
キーでしたよねえ」
田中 弘監督
 「ついていたなあ。こういう幸運があるんだから、今年は右京の年だってこ
とだよ。スタートするときは、もし小河選手に抜かれても必ず抜き返せるから
慌てないで様子をみろ、と言って送りだした。ウォームアップが終わった時点
で右京の注文を聞いてアンダー気味のセッティングに変えた。それで、決勝で
はコーナリングが苦しくなったんだ。小河選手は逆にウォームアップのときよ
りも良くなっていたからね。あれは右京の注文を聞きすぎて失敗したな。この
調子なら、立て続けに3つ、いけるかもしれないよ。今年の目標は、チャンプ
奪取以外にはない」
資料提供:キャビン・レーシングチーム事務局

全日本F3000

F3000PR:レイトン鈴鹿2&4リポート

TEAM LEYTON PRESS RELEASE
3月3日 鈴鹿サーキット
 レイトンハウス・レーシングチームの関谷正徳は、マシン・トラブルに見舞われな
がらも、最後までマシンをいたわって、開幕戦の鈴鹿を4位という好成績で終えた。
 一方、チームメイトの田中実は、16ラップ目に2コーナーでコースアウト。残念
なリタイヤを喫している。
 関谷はスタート直後にマウロ・マルティニをかわし、片山、小河についで3番手の
ポジションで1コーナーに飛び込んだ。その後、片山と小河の争いの行方を見ながら
ポジションアップの期を伺っていた関谷だったが、レース中盤から3速ギアの調子が
悪化し、最終的には3速は完全に使えなくなってしまっていた。その後は、ミッショ
ン・トラブルが続発しないように、最後までマシンをいたわる走りに切り替え、ハー
バートとラマースのアタックをかわしながらゴールを目指したが、3速のないという
ハンディキャップはいかんともしがたく、最終ラップのヘアピンの立ち上がりでラマー
スにかわされ、無念の4番手ゴールとなった。
 一方、チームメイトの田中実は無難なスタートを切り、21番手のポジションから
追い上げを開始した。しかし、15番手まで浮上した17ラップ目の2コーナーで痛
恨のミスを犯してコースアウト。そのまま、無念のリタイヤとなっている。
関谷正徳
 「マシンのフィーリングもOKで、セッティングも決まっていた。それだけに、今
回の結果は惜しいの一言につきるね。3速が無くなってからは、3番手をなんとか確
保しようと努力したけど、ヘアピンの立ち上がりなんかでは厳しかったよ。でも、マ
シンが最後までもってくれて良かった。止まってしまったら、なんにもならないから
ね。それに、ポイントも取れたから。後は次のレースに向けてまた頑張るだけだよ。」
田中実
 「マシンの調子は良かった。でも、今回は自分のミスです。完走できなかったのは
残念だけど、もっと走りこんで頑張ります。」
   提供:チーム・レイトン

全日本F3000

F3000:【レースレポート】2&4 SUZUKA

■片山右京、まずは快進撃の第一歩■
 「僕が見ているのは1台だけですから、あとの27台は見てません」今年1月鈴
鹿で行われたインタビューで彼はそう言い切った。
 コースイン5分前のピットで、コクッピットにおさまった、彼は一点を見つめて
いた。そう、その視線先には同じカラリーングのその1台があるのだ。彼には必ず
越えなければならないその1台が。
 「僕の方が勝っているとしたら、きっとそれはチームの総合力でしょう。ドライ
バーじゃないですよ」その1台とのテストタイム差の原因を冷静に分析し、彼はそ
う言いながら、その言葉とは裏腹に自信ありげに微笑んだ。
 スターターの音が激しく鳴り響くピットで、彼はコクッピットにおさまったまま
スタートの時を待つ。あの時と同じ自信ありげな目で。
 そして、35周を終了して表彰台の中央で彼はこう言った、「今日のレースはマ
シンのアドバンテージで勝てたので、実力じゃだめだなあって良く解りました。」
ともちろん自信ありげに微笑みながら・・・
------------------------------------------------------------------------------
1991 ALL JAPAN F3000 CHAMPIONSHIP
ROUND 1
MILLION CARD CUP RACE
2&4 SUZUKA
SUZUKA CIRCUIT
2-3 MARCH 1991
ミリオンカードカップレース2&4鈴鹿
全日本F3000選手権シリーズ第1戦
Report/Youichi Fukuda[NBG01300]
------------------------------------------------------------------------------
 鈴鹿のパドックにエンジン音が響き渡るころ、風はまだ冷たいものの、日差しは
かなりきついものとなっていた。スタート時間が近つぎ各チームのメカニックやス
タッフ達がピットレーンを慌ただしく走り回る。この時になっても黒沢のマシンは、
リヤのカウルを開けてエンジンを吹かして調整を行っている。
 完璧な体制で望むチーム。レース直前にやっとセットアップの完成したチーム。
それぞれのチームと選手の複雑な思惑の中、それでも、全チームに平等に午後2時
はやって来た。そして、赤いキャビンのマシンがいつもの様にポールにマシンを止
めた。しかし、それはいつもとは違っていた。そのキャビンのシートにおさまって、
じっとシグナルを見つめるのは、星野ではなかったのだ。ポールを手にした片山は
今年から変更されたポールポジションの位置であるアウト側にマシンを止めた。そ
の右手に予選2番手の小河がマシンを止める。
 シグナルがグリーンになると片山はアウト側から力強く小河をリード。スタート
は混乱も無くほぼ予選通りのオーダーで完了した。
 オープニングラップは片山を先頭に小河、関谷、マルティニ、ハーバート、ダニ
エルソンの順。ここで早くもカシオトライアングルで接触発生。どうやら服部とチー
バーらしく服部はリタイヤした模様。
 4周目、チーバー、リースが同時にピットへ。フロントウイングを外して作業に
入った。その頃、同じくピットでは和田がリヤのカウルを開けている。エンジンが
止まってしまうトラブルが発生しているらしい。
6周目、片山と小河の間隔が少し開く。そして、やはり6番手のダニエルソンの
うしろに星野が迫って来た。そして、徐々にダニエルソンとの間隔を詰めている。
 7周目、影山がホームストレートを惰性でゆっくり下ってくる。どうやらミッショ
ンを壊したらしい。そのままピットレーンの出口にマシンを止めてリタイヤ。戦列
を去った。
9周目、片山と小河はラップタイムのシーソーゲームしている様だ。一方、ダニ
エルソンを星野が猛追、その差1秒足らずまでに詰めている。もう時間の問題かと
思わせた。ところが、10周目、星野にプレッシャーを掛け続けられていたダニエ
ルソンが2コーナー辺りでスピンそれを避けようとしてアウトにマシンを振った星
野の前にスピンしたダニエルソンのマシンが。これで2台ともサンドラップへ。そ
の毒牙にかかる。スピンの原因はブレーキトラブルと伝えられた。同じ頃、久々の
トップフォーミュラ復活の舘も裏のストレートで戦列を離れる。星野、ダニエルソ
ンのトラブルは、片山、小河のバトルをより激化させた。
 12周目の順位は、片山、小河、関谷、ハーバート、ラマース、マルティニの順。
小河は正確な走りで片山にプレッシャーを掛ける。片山はそれを堂々と受けて立つ。
同じ頃、ピットにチーバー。服部との接触でどうやらフロントサスを痛めたため
リタイアの模様。ガレージにマシンを引き込む。
15周目、ピットで黒沢のマシンがカウルを開けている。エンジンが吹けないら
しい。レース前からの症状が本格化したらしい。この時、ゼッケン10番にブラッ
クフラッグが出された。バイドラーである。黄旗無視が原因の様だ。30秒のピッ
トストップを指示される。
 16周目、タイトなコーナーでは完全に小河がテールにつくが直線の延びに絶対
の自信を持つ片山はロングストレートで小河を離す。小河は冷静に片山の動きを見
てミスを待つ。しかし今日の片山は違った。レース後のインタビューではミスを沢
山したと本人は言っているが、レースの展開を変えるようなミスらしいミスをほと
んどしていない。また関谷はこの2台に完全に置いていかれている、と言うか2台
以外の全てが置かれているのである。そして、この2台は周回遅れを出すことによっ
て、その処理と駆引きという微妙な争い抱え来んだ。
 17周目、田中、黒沢がコースサイドにマシンを止めた模様。開幕戦らしくトラ
ブルが続出している。
 やはり、片山と小河は周回遅れの処理具合によりその間隔を変化させてグランド
スタンドに戻って来る。そして、22周目、ここに来て小河がペースを落しはじめ
た。片山との差が2秒近い開きになる。一方、片山は1分48秒台前半のタイムで
逃げている。小河は何かトラブルか追撃の様子は見られない。これで勝負あったか。
思わせたのも束の間、27周目に入り小河は思い出したように1分47秒台を立て
続けに叩きだし、片山を追う。しかし、レースは残り8周余りだ。これを十分と見
るべきか少ないと見るべきか。
 28周目、7番手の松本も快調に飛ばしていたがピットイン。ミッショントラブ
ルの模様。マシンを降りた。
 30周目、キーポイントはやはり周回遅れだった。この周回で周回遅れの処理に
手間取った片山に小河急接近。もし、もう一度、片山がミスすれば、それでレース
はひっくりかえる可能性を十分持っている。小河は片山の後ろにぴったりつきミス
を誘おうとするが、片山はそれに耐えている。
 34周目、中谷がホームストレートの立ち上がりにマシンを止めた模様。一方、
快調に順位を上げて来ていたラマースがハーバートをかわして4位に浮上。
 そして、トップがコントロールラインを通過。片山はガッツポーズでホームスト
レートを駆け抜けた。この後の土壇場でラマースが関谷をかわして3位表彰台を奪
取。関谷は、またも不運に見舞われた格好となった。
 「完璧でしたね」田中監督は一言、そう言った。片山はこの勝利でまた大きく飛
躍するだろう。そして表彰台中央に片山が立つ。そして彼はそのとき彼が唯一最も
恐れた男がその両側には居ないことを改めて確認するのだろう。
 * 文中に使用しました周回数はタワー表示に1周加算したもの、タイムは全
  て手元(ストップウォッチ)計測によりますので、公式の記録及び結果では
  ありません。出来る限り正確を期しておりますが、間違いがあった場合は申
  し訳ありませんが御指摘ください、訂正させて頂きます。
------------------------------------------------------------------------------
                       レポート/福田 陽一[NBG01300]

全日本F3000

'91ミリオンカードカップ2&4鈴鹿 F3000決勝結

’91全日本F3000選手権シリーズ第1戦
ミリオンカードカップレース2&4鈴鹿
F3000  レース 正式結果表
******************************************************************************
順車番 ドライバー   型式           周回   所要時間   km/h   トップ差 Best-Lap
------------------------------------------------------------------------------
1   3 片山 右京   ローラT90-50 DFV     35 1:03'33.365 193.407          1'47.195
2  21 小河  等   ローラT90-50 MF-308  35 1:03'33.979 193.376 0'00.614 1'47.206
3  90 J.LAMMERS    DOMEF102  MF-308  35 1:04'21.848 190.979 0'48.483 1'49.307
4  16 関谷 正徳   ローラT90-50 MF-308  35 1:04'23.305 190.907 0'49.940 1'49.025
5  24 J.HERBERT    ラルトRT23   MF-308  35 1:04'29.373 190.608 0'56.008 1'49.408
6  34 M.MARTINI    ローラT90-50 MF-308  35 1:04'30.156 190.569 0'56.791 1'49.019
7  35 J.KROSNOFF   ローラT90-50 MF-308  35 1:05'02.507 188.989 1'29.142 1'49.700
8  11 E.IRVINE     ローラT90-50 MF-308  35 1:05'11.977 188.532 1'38.612 1'50.135
9   5 長谷見 昌弘 ローラT90-50 MF-308  35 1:05'13.021 188.482 1'39.656 1'49.786
10   2 中子  修   ローラT90-50 MF-308  35 1:05'13.119 188.477 1'39.754 1'49.044
11  77 鈴木 利男   ローラT90-50 DFV     35 1:05'17.826 188.250 1'44.461 1'49.411
12  43 松田 秀士   ローラT90-50 DFV     34 1:03'43.037 187.400    1Lap  1'50.140
13  36 福山 英朗   ローラT90-50 MF-308  34 1:04'12.720 185.956    1Lap  1'50.768
14   4 GEOFF LEES   ラルトRT23   MF-308  34 1:05'26.907 182.443    1Lap  1'51.255
15  10 V.WEIDLER    ローラT91-50 MF-308  33 1:04'01.386 181.014    2Laps 1'50.275
16  99 中谷 明彦  ローラT90-50 MF-308  32                        3Laps 1'49.309
17  26 和田 孝夫   ローラT90-50 MF-308  31 1:04'42.951 168.211    4Laps 1'50.549
-------------------- ***以上 規定周回数完走*** -------------------------------
8 松本 恵二   DOMEF102  MF-308  28                        7Laps 1'48.850
23 古谷 直広   ローラT90-50 MF-308  27                        8Laps 1'50.530
15 田中  実   ラルトRT23   MF-308  16                       19Laps 1'50.991
12 黒沢 琢弥   ラルトRT23   MF-308  13                       22Laps 1'51.159
9 T.DANIELSSON ローラT91-50 MF-308   9                       26Laps 1'50.235
1 星野 一義   ローラT91-50 MF-308   9                       26Laps 1'49.898
27 舘  善泰   ローラT90-50 MF-308   9                       26Laps 1'51.541
25 R.CHEEVER    レイナード91D MF-308   8                       27Laps 1'53.841
20 影山 正彦   ローラT90-50 MF-308   6                       29Laps 1'52.357
98 服部 尚貴   ローラT90-50 MF-308   1                       34Laps 2'01.079
88 和田  久   ローラT90-50 MF-308       D.N.S
------------------------------------------------------------------------------
レ-ス中のベストタイム  3(片山 右京            )   1'47.195  34/35
------------------------------------------------------------------------------
ペナルティ No.10 黄旗提示区間内での追越し行為により30秒間のピットストップを命
じた。
------------------------------------------------------------------------------
                         QFF00654 児玉/鈴鹿

全日本F3000

F3000:右京、初ポール・ツー・初優勝!

 午後2時にスタートしたF3000の決勝レース。ポールポジションからフライング
ぎりぎりの絶妙な飛び出した片山右京(キャビン・ローラT90・DFV)が、以後、
再三にわたる小河等(キグナス・ローラT90・無限)のアタックを受けながら、つ
いにトップの座を守り抜き、F3000への挑戦26レース目にして、ついに初優勝を飾
った。
 2位は小河、国産マシンのオムロン童夢F102無限のヤン・ラマースが、最終ラッ
プで、それまで3位を走っていた関谷正徳(レイトンハウス・ローラT90・無限)
をパスして3位に入った。
 星野一義は、10周目の2コーナーで、目前のダニエルソンのスピンを避けようと
して、タイヤバリアに突っ込み、リタイアとなった。
 トップ10位の成績--
 1 片山右京
 2 小河 等
 3 J.ラマース
 4 関谷正徳
 5 J.ハーバート
 6 M.マルティニ
 7 J.クロスノフ
 8 E.アーバイン
 9 長谷見昌弘
 10 中子 修
   FMOTOR4_SysOp すがやみつる(SDI00104)/鈴鹿

Japanese F3

'91ミリオンカードカップ2&4鈴鹿 F3決勝結果

’91全日本F3選手権シリーズ第1戦
ミリオンカードカップレース2&4鈴鹿
Panasonic F3  レース 正式結果表
********************************************************************************順車番 ドライバー     型式         周回   所要時間   km/h   トップ差  Best-Lap
-------------------------------------------------------------------------------
1   8 PAULO CARCASCI トムス031F   3S-G  17   35'10.516 169.551           2'03.270
2  16 影山 正美     ラルト RT35 MF204  17   35'16.558 169.067 0'06.042  2'03.531
3   2 高村 一明     ラルト RT35 MF204  17   35'17.224 169.014 0'06.708  2'03.498
4  18 田中 哲也     ラルト RT35 3S-G   17   35'17.613 168.983 0'07.097  2'03.685
5  20 佐藤 浩二     ラルト RT35 MF204  17   35'20.081 168.787 0'09.565  2'03.784
6   5 本山  哲     ラルト RT35 MF204  17   35'21.097 168.706 0'10.581  2'03.951
7  89 PHILIPE ADAMS  ラルト RT35 MF204  17   35'22.054 168.630 0'11.538  2'03.709
8  19 金石 勝智     ラルト RT35 MF204  17   35'26.806 168.253 0'16.290  2'03.952
9  66 中川 隆正     ラルト RT35 MF204  17   35'28.815 168.094 0'18.299  2'03.758
10  28 野田  明    ラルト RT34 MF204  17   35'34.211 167.669 0'23.695  2'04.419
11  32 光貞 秀俊     ラルト RT34 MF204  17   35'35.728 167.550 0'25.212  2'04.163
12  15 西垣内 正義   レイナード913MF204  17   35'47.642 166.620 0'37.126  2'04.388
13  33 藤永 敬道     ラルト RT35 MF204  17   35'50.154 166.426 0'39.638  2'04.309
14  84 岡田 晃典     ラルト RT35 MF204  17   35'50.353 166.410 0'39.837  2'04.571
15  30 近藤 真彦     ラルト RT35 MF204  17   35'56.925 165.903 0'46.409  2'04.615
16  57 柴原 眞介     ラルト RT35 MF204  17   35'57.503 165.859 0'46.987  2'05.322
17  17 夏川 竜一     ラルト RT34 MF204  17   35'59.547 165.702 0'49.031  2'05.316
18  76 井上 隆智穂   ダララ391  MF204  17   36'00.208 165.651 0'49.692  2'05.408
19  22 石川  朗     ラルト RT35 MF204  17   36'07.846 165.068 0'57.330  2'03.974
20  10 伊藤 直澄     ラルト RT35 MF204  17   36'11.737 164.772 1'01.221  2'04.930
21   9 飯田  薫     ラルト RT33 MF204  17   36'25.545 163.731 1'15.029  2'06.703
22   6 小川 圭一     ラルト RT35 MF204  17   36'28.793 163.488 1'18.277  2'05.043
23  70 EUGENIO VISCO  ラルト RT35 MF204  17 * 36'31.390 167.891 1'20.874  2'04.070
24   7 VICTOR ROSSO   トムス031F   3S-G  17 * 36'36.545 167.486 1'26.029  2'04.224
25  25 森本 晃生     ラルト RT35 MF204  15   35'59.628 146.161    2Laps  2'04.741
---------------------------- ***以上 規定周回数完走*** ------------------------
26  14 土屋 圭市     ラルト RT35 MF204   9                        8Laps  2'03.545
27  86 沢登 栄一     ラルト RT34 MF204   8                        9Laps  2'05.674
28  29 大文字 良浩   ラルト RT33 MF204   5                       12Laps  2'04.150
29   3 金久 憲司     ラルト RT33 MF204   5                       12Laps  2'05.294
30  27 羽根 幸浩     ラルト RT35 MF204   4                       13Laps  2'05.423
31  35 奥貫  直     レイナード903MF204   2                       15Laps  2'06.612
32  34 原  貴彦     レイナード903MF204   0                       17Laps
-------------------------------------------------------------------------------
ペナルティ No.7,70 全日本F3選手権統一規則第15条 m)によりレース完走タイムに
1分加算とした。
-------------------------------------------------------------------------------
                         QFF00654 児玉/鈴鹿

全日本F3000

'91ミリオンカードカップ2&4鈴鹿 F3000 ウォームアップ

おはようございます。
昨日は、忙しくアップできませんでした。
新倉さんをはじめ大変迷惑をかけたことをお詫びします。
きょうはアツプ致します。
’91全日本F3000選手権シリーズ第1戦
ミリオンカードカップレース2&4鈴鹿
F3000 ウォームアップ走行
***************************************************************************
順 車番 ドライバー             型式              Lap-Time  km/h    トップ差
---------------------------------------------------------------------------
1   3 片山 右京             ローラT90-50 DFV     1'46.817 197.477
2  21 小河  等             ローラT90-50 MF-308  1'47.415 196.378  0'00.598
3   1 星野 一義             ローラT91-50 MF-308  1'47.958 195.390  0'01.141
4   8 松本 恵二             DOMEF102  MF-308  1'48.010 195.296  0'01.193
5  11 EDDIE IRVINE           ローラT90-50 MF-308  1'48.188 194.975  0'01.371
6  24 JOHNNY HERBERT         ラルトRT23   MF-308  1'48.379 194.631  0'01.562
7  20 影山 正彦             ローラT90-50 MF-308  1'48.456 194.493  0'01.639
8  90 JAN LAMMERS            DOMEF102  MF-308  1'48.523 194.373  0'01.706
9   2 中子  修             ローラT90-50 MF-308  1'48.734 193.996  0'01.917
10   9 THOMAS DANIELSSON      ローラT91-50 MF-308  1'48.806 193.868  0'01.989
11  10 VOLKER WEIDLER         ローラT91-50 MF-308  1'48.867 193.759  0'02.050
12  16 関谷 正徳             ローラT90-50 MF-308  1'48.891 193.716  0'02.074
13  26 和田 孝夫             ローラT90-50 MF-308  1'48.930 193.647  0'02.113
14  27 舘  善泰             ローラT90-50 MF-308  1'48.983 193.553  0'02.166
15  34 MAURO MARTINI          ローラT90-50 MF-308  1'49.380 192.850  0'02.563
16  12 黒沢 琢弥             ラルトRT23   MF-308  1'49.397 192.820  0'02.580
17  35 JEFF KROSNOFF          ローラT90-50 MF-308  1'49.474 192.685  0'02.657
18  98 服部 尚貴             ローラT90-50 MF-308  1'49.485 192.665  0'02.668
19   4 GEOFF LEES             ラルトRT23   MF-308  1'49.705 192.279  0'02.888
20  77 鈴木 利男             ローラT90-50 DFV     1'49.824 192.070  0'03.007
21  36 福山 英朗             ローラT90-50 MF-308  1'50.044 191.686  0'03.227
22  23 古谷 直広             ローラT90-50 MF-308  1'50.282 191.273  0'03.465
23  15 田中  実             ラルトRT23   MF-308  1'50.283 191.271  0'03.466
24   5 長谷見 昌弘           ローラT91-50 MF-308  1'50.482 190.927  0'03.665
25  43 松田 秀士             ローラT90-50 DFV     1'50.701 190.549  0'03.884
26  25 ROSS CHEEVER           レイナード91D MF-308  1'50.724 190.509  0'03.907
27  88 和田  久             ローラT90-50 MF-308  1'52.527 187.457  0'05.710
99 中谷 明彦          ローラT90-50 MF-308  走行せず
---------------------------------------------------------------------------
                       QFF00654 児玉/鈴鹿

Japanese F3

鈴鹿F3 スターティンググリッド

ミリオンカードカップ2&4鈴鹿 -RIJ- (1991-03-02) Starting Grid
For All Japan F3 Championship Rd.1 鈴鹿サーキット:(5.85943km)
P No. Driver----------- Car ---------------------- Best-LapT ---Behind
1   8 P.カルカスチ    Tom's 031F  Toyota         R2'02.874
2  18 田中 哲也        Ralt RT35   Toyota         R2'03.101     0.227
3  22 石川  朗     Ralt RT35   Mugen          R2'03.021     0.147
4  20 佐藤 浩二        Ralt RT33   Mugen          R2'03.103     0.229
5   2 高村 一明        Ralt RT35   Mugen          R2'03.620     0.746
6  16 影山 正美        Ralt RT35   Mugen          R2'03.460     0.586
7  19 金石 勝智        Ralt RT35   Mugen          R2'03.820     0.946
8   5 本山  哲        Ralt RT35   Mugen          R2'03.469     0.595
9  29 大文字良浩        Ralt RT33   Mugen           2'04.202     1.328
10  14 土屋 圭市        Ralt RT35   Mugen          R2'03.642     0.768
11  66 中川 隆正        Ralt RT35   Mugen           2'04.252     1.378
12  89 嶋村 健太        Ralt RT35   Mugen          R2'03.652     0.778
13  33 藤永 敬道        Ralt RT35   Mugen           2'04.276     1.402
14  27 羽根 幸浩        Ralt RT35   Mugen          R2'03.687     0.813
15  28 野田  明        Ralt RT34   Mugen           2'04.579     1.705
16  15 西垣内正義        Reynard 913 Mugen           2'04.041     1.167
17  32 光貞 秀俊        Ralt RT34   Mugen           2'04.604     1.730
18   7 V.ロッソ        Tom's 031F  Toyota          2'04.106     1.232
19  25 森本 晃生        Ralt RT35   VW              2'04.869     1.995
20  70 E.ビスコ        Ralt RT35   Mugen           2'04.134     1.260
21  17 夏川 竜一        Ralt RT34   Mugen           2'05.216     2.342
22   3 金久 憲司       Ralt RT33   Mugen           2'04.288     1.414
23  57 柴原 眞介        Ralt RT34   Mugen           2'05.549     2.675
24  34 原  貴彦        Reynard 903 Mugen           2'04.297     1.423
25  76 井上 隆智穂      Dallala 391 Mugen           2'05.819     2.945
26  10 伊藤 直澄        Ralt RT35   Mugen           2'04.330     1.456
27   9 飯田  薫        Ralt RT33   Mugen           2'06.210     3.336
28  84 岡田 晃典        Ralt RT35   Mugen          R2'04.637     1.763
29  86 沢登 栄一        Ralt RT34   Mugen           2'06.450     3.576
30  30 近藤 真彦        Ralt RT33   Mugen          R2'05.111     2.237
31  35 奥貫   直        Reynard 903 Mugen           2'06.936     4.062
32   6 小川 圭一        Ralt RT35   Mugen          R2'05.204     2.330
************************************************************************
 ※ その後予選Bグループでも、#98の砂子選手、#36の藤村両選手が車両
   規定違反(重量)で失格になった模様。
            提供:鈴鹿サーキット/すがやみつる
         * FMOTOR4 Sub-sysop / 新倉 芳夫 (PBA00065)/RIJ *

全日本F3000

鈴鹿F3000 予選B組結果

ミリオンカードカップ2&4鈴鹿-RIJ-(1990-03-02) Official Practice B-Group
For All Japan F3000 Championship Rd.1 鈴鹿サーキット:(5.85943km)
P No. Driver-------------- Car--------------------- Best-LapT ---Behind
1  21 小河  等          Lola T90/50 Mugen       R1'44.388
2  16 関谷 正徳        Lola T90/50 Mugen        1'45.521     1.133
3   9 T.ダニエルソン(SWE)Lola T91/50 Mugen        1'45.730     1.342
4  90 J.ラマース  (HOL) Dome F102  Mugen        1'45.981     1.593
5  11 E.アーヴィン  (GB) Lola T90/50 Mugen      1'46.104     1.716
6  99 中谷 明彦          Lola T90/50 Mugen        1'46.119     1.731
7  98 服部 尚貴       Lola T90/50 Mugen        1'46.532     2.144
8  25 R.チーバー   (USA) Reynard 91D Mugen        1'46.541     2.153
9   8 松本 恵二          Dome F102   Mugen        1'46.609     2.221
10  10 V.バイドラー   (D) Lola T91/50 Mugen        1'46.761     2.373
11  77 鈴木 利男       Lola T90/50 Ford DFV     1'46.815     2.427
12   4 G.リース      (GB) Ralt RT23   Mugen        1'47.162     2.774
13  23 古谷 直広          Lola T90/50 Mugen        1'47.389     3.001
14   2 中子  修          Lola T90/50 Mugen        1'47.613     3.225
--------------------------- DNQ ----------------------------------------
R-2 37 岡田 秀樹       Lola T90/50 Mugen        1'47.742     3.354
R-4 22 太田 哲也       Lola T90/50 Mugen        1'47.899     3.511
------------------------------------------------------------------------
55 E.ベルタッジア (I) Lola T90/50 Mugen        1'48.107     3.719
18 粕谷 俊二          Lola T90/50 Mugen        1'48.777     4.389
************************************************************************
  ※ これまでのコースレコードは1分45秒319
           提供:鈴鹿サーキット 児玉/奥津
        * FMOTOR4 Sub-sysop / 新倉 芳夫 (PBA00065)/RIJ *

全日本F3000

鈴鹿F3000 予選A組結果

ミリオンカードカップ2&4鈴鹿-RIJ-(1990-03-02) Official Practice A-Group
For All Japan F3000 Championship Rd.1 鈴鹿サーキット:(5.85943km)
P No. Driver-------------- Car--------------------- Best-LapT ---Behind
1   3 片山 右京           Lola T90/50 Ford DFV    R1'44.325
2  34 M.マルティーニ (I) Lola T90/50 Mugen        1'45.593     1.268
3  24 J.ハーバート  (GB) Ralt RT23  Mugen        1'45.941     1.616
4 T 1 星野 一義          Lola T90/50 Mugen        1'46.005     1.680
5  36 福山 英夫       Lola T90/50 Mugen        1'46.199     1.874
6  27 舘  善泰       Lola T90/50 Mugen        1'46.286     1.961
7  35 J.クロスノフ (USA) Lola T90/50 Mugen        1'46.497     2.172
8  12 黒沢 琢弥        Ralt RT23   Mugen        1'46.996     2.671
9  43 松田 秀士       Lola T90/50 Ford DFV     1'47.065     2.740
10  20 影山 正彦           Lola T90/50 Mugen        1'47.313     2.988
11  15 田中  実        Ralt RT23   Mugen        1'47.424     3.099
12   5 長谷見昌弘          Lola T91/50 Mugen        1'47.688     3.363
13  88 和田  久       Lola T90/50 Mugen        1'47.952     3.627
14  26 和田 孝夫       Lola T91/50 Mugen        1'48.042     3.717
--------------------------- DNQ ---------------------------------------
R-1  7 高橋 国光          Lola T91/50 Mugen        1'49.237     4.912
R-3 30 岩城 晃一       Lola T91/50 Mugen        1'50.555     6.230
-----------------------------------------------------------------------
57 兵頭 秀二       Lola T90/50 Mugen        1'52.699     8.374
***********************************************************************
  ※ これまでのコースレコードは1分45秒319
           提供:鈴鹿サーキット 児玉/奥津
        * FMOTOR4 Sub-sysop / 新倉 芳夫 (PBA00065)/RIJ *

Japanese F3

鈴鹿F3 予選B組結果

ミリオンカードカップ2&4鈴鹿-RIJ-(1991-03-02) Official Practice B-Group
For All Japan F3 Championship Rd.1 鈴鹿サーキット:(5.85943km)
P No. Driver----------- Car----------------------- Best-LapT ---Behind
1   8 P.カルカスチ    Tom's 031F  Toyota         R2'02.874
2  22 石川  朗     Ralt RT35   Mugen          R2'03.021     0.147
3   2 高村 一明        Ralt RT35   Mugen          R2'03.620     0.746
4  19 金石 勝智        Ralt RT35   Mugen          R2'03.820     0.946
5  29 大文字良浩        Ralt RT33   Mugen           2'04.202     1.328
6  66 中川 隆正        Ralt RT35   Mugen           2'04.252     1.378
7  33 藤永 敬道        Ralt RT35   Mugen           2'04.276     1.402
8  28 野田  明        Ralt RT34   Mugen           2'04.579     1.705
9  32 光貞 秀俊        Ralt RT34   Mugen           2'04.604     1.730
10  25 森本 晃生        Ralt RT35   VW              2'04.869     1.995
11  17 夏川 竜一        Ralt RT34   Mugen           2'05.216     2.342
12  57 柴原 眞介        Ralt RT34   Mugen           2'05.549     2.675
13  98 砂子 智彦        Ralt RT34   VW              2'05.700     2.826
14  76 井上 隆智穂      Dallala 391 Mugen           2'05.819     2.945
15  36 藤村 満男    Dallala 391 Mugen           2'05.953     3.079
16   9 飯田  薫        Ralt RT33   Mugen           2'06.210     3.336
17  86 沢登 栄一        Ralt RT34   Mugen           2'06.450     3.576
18  35 奥貫   直        Reynard 903 Mugen           2'06.936     4.062
19  23 佐藤 泰紀    Ralt RT34   Toyota          2'07.638     4.764
20  69 高橋 浩二        Ralt RT34   Mugen           2'07.743     4.869
*****************************************************************************
  ※ これまでのコースレコードは2分04秒023
           提供:TOM’S
        * FMOTOR4 Sub-sysop / 新倉 芳夫 (PBA00065)/RIJ *

Japanese F3

鈴鹿F3 予選A組結果

ミリオンカードカップ2&4鈴鹿-RIJ-(1991-03-02) Official Practice A-Group
For All Japan F3 Championship Rd.1 鈴鹿サーキット:(5.85943km)
P No. Driver----------- Car----------------------- Best-LapT ---Behind
1  18 田中 哲也        Ralt RT35   Toyota         R2'03.101
2  20 佐藤 浩二        Ralt RT33   Mugen          R2'03.103     0.002
3  16 影山 正美        Ralt RT35   Mugen          R2'03.460     0.359
4   5 本山  哲        Ralt RT35   Mugen          R2'03.469     0.368
5  14 土屋 圭市        Ralt RT35   Mugen          R2'03.642     0.541
6  89 嶋村 健太        Ralt RT35   Mugen          R2'03.652     0.551
7  27 羽根 幸浩        Ralt RT35   Mugen          R2'03.687     0.586
8  15 西垣内正義        Reynard 913 Mugen           2'04.041     0.940
9   7 V.ロッソ        Tom's 031F  Toyota          2'04.106     1.005
10  70 E.ビスコ        Ralt RT35   Mugen           2'04.134     1.033
11   3 金久 憲司       Ralt RT33   Mugen           2'04.288     1.187
12  34 原  貴彦        Reynard 903 Mugen           2'04.297     1.196
13  10 伊藤 直澄        Ralt RT35   Mugen           2'04.330     1.229
14  84 岡田 晃典        Ralt RT35   Mugen           2'04.637     1.536
15  30 近藤 真彦        Ralt RT33   Mugen           2'05.111     2.010
16   6 小川 圭一        Ralt RT35   Mugen           2'05.204     2.103
17  38 岡本 幸夫        Ralt RT33   Mugen           2'05.231     2.130
18  13 中島 禎史     Ralt RT35   Mugen           2'05.270     2.169
19  77 V.ソスピーリ    Dallala 391 Mugen           2'05.389     2.288
20  31 権藤 謙光        Ralt RT35   Mugen           2'05.820     2.719
21  65 沢田龍太郎        Ralt RT34   Mugen           2'06.123     3.022
22  62 早田  岳史        Ralt RT35   Mugen           2'06.687     3.586
23  50 田中壮一郎        Ralt RT33   Mugen           2'09.813     6.712
92 水谷 正道        Ralt RT33   Mugen           2'06.098     2.997
*****************************************************************************
  ※ これまでのコースレコードは2分04秒023
  ※ #92は車両規定違反(重量)により失格
           提供:TOM’S
        * FMOTOR4 Sub-sysop / 新倉 芳夫 (PBA00065)/RIJ *

Japanese F3

TOM'Sニューシャシー、ポールポジション!

ただいまTOM’Sから入った一報によると、鈴鹿のF3予選でTOM’Sの
ニューシャシーを駆った#8P.カルカスチがみごとポールポジションを獲得した。
また予選A組でも田中哲也(ラルト)が1位となっており、これでトヨタ・エンジン
が予選1・2位となった模様。
             * FMOTOR4 Sub-sysop / 新倉 芳夫 (PBA00065)/RIJ *

全日本F3000

'91ミリオンカードカップ2&4鈴鹿:3000 A 1回目

’91全日本F3000選手権シリーズ第1戦
ミリオンカードカップレース2&4鈴鹿
F3000 A・グループ 予選結果表  1回目
***************************************************************************
順 車番 ドライバー             クラブ            Lap-Time  km/h    トップ差
---------------------------------------------------------------------------
1   3 片山 右京             ローラT90-50 DFV    R1'44.325 202.195
2  24 JOHNNY HERBERT         ラルトRT23   MF-308  1'46.058 198.891  0'01.733
3  36 福山 英朗             ローラT90-50 MF-308  1'46.199 198.627  0'01.874
4  27 舘  善泰             ローラT90-50 MF-308  1'46.286 198.464  0'01.961
5  12 黒沢 琢弥             ラルトRT23   MF-308  1'46.996 197.147  0'02.671
6  20 影山 正彦             ローラT90-50 MF-308  1'47.467 196.283  0'03.142
7  35 JEFF KROSNOFF          ローラT90-50 MF-308  1'47.494 196.234  0'03.169
8   5 長谷見 昌弘           ローラT91-50 MF-308  1'47.688 195.880  0'03.363
9  88 和田  久             ローラT90-50 MF-308  1'48.074 195.181  0'03.749
10   1 星野 一義             ローラT91-50 MF-308  1'48.082 195.166  0'03.757
11  15 田中  実             レイトンハウス90BMF-308  1'48.167 195.013  0'03.842
12  43 松田 秀士             ローラT90-50 DFV     1'48.621 194.198  0'04.296
13  26 和田 孝夫             ローラT91-50 MF-308  1'49.570 192.516  0'05.245
14  30 岩城 滉一             ローラT91-50 MF-308  1'50.954 190.114  0'06.629
15  57 兵頭 秀二             ローラT90-50 MF-308  1'53.275 186.219  0'08.950
16   7 高橋 国光             ローラT91-50 MF-308  2'06.801 166.355  0'22.476
---------------------------------------------------------------------------
'R'マークの車は、コースレコードを更新しました 従来のレコードタイムは  1'45.319
---------------------------------------------------------------------------
QFF00654 児玉/鈴鹿

全日本F3000

F3000:ミリオンカード2&4鈴鹿公式練習

●ミリオンカードカップレース2&4鈴鹿
 公式練習タイム (3月1日)
・タイムは、いずれも午後の2回目のもの。午前は雨でウェット。
 タイムは、いずれも非公式。
 昨日来の雨が朝まで降り続いた鈴鹿サーキットで、明後日、決勝レースの行われる
1991年度全日本F3000選手権シリーズ第1戦「ミリオンカードカップレース2&4鈴
鹿」の公式練習が開始された。
 本日の公開練習は、午前中の1回目が雨で、A組のトップは和田孝夫の2分00秒81
1。コースが乾いてきたグループBのセッションでは、トーマス・ダニエルソンが1分
51秒470でトップだった。
 午後にはコースもドライとなり、各チーム、予選、決勝に備えたセッティングを煮
つめていった。
 A組のトップはジョニー・ハーバートで、1分44秒695をマークした。B組トップは
ゼッケンが21になった小河等。タイムは1分45秒070で、2番手の中谷明彦に0.5秒の
差をつけた。
 A組で走った星野一義は、エンジンの吹けが悪く、今日、予定していたセッティン
グのスケジュールが、まったくできなかったとのこと。「今回のレースはダメだね」
と早くもギブアップ宣言したが、その表情は暗くはなかったようだ。
 公式予選は、3月2日(土)にスタートする。
  FMOTOR4 SysOp/すがやみつる(SDI00104)
★Aグループ・タイム
ミリオンカードカップ2&4鈴鹿-FMOTOR4-(91-03-01) Free Practice A-Group N.1
For 全日本F3000選手権 鈴鹿サーキット                :(5.85943km)
P No. Driver------------------ Best-LapT ---Behind -Km/h--
1  24 J.ハーバート            1'44.695           201.480
2   3 片山  右京                1'44.873     0.178 201.138
3  34 M.マルティニ            1'45.815     1.120 199.347
4  36 福山英朗                  1'46.546     1.851 197.980
5  27 館 善泰                  1'47.015     2.320 197.112
6  35 J.クロスノフ            1'47.319     2.624 196.554
7  20 影山正彦                  1'47.550     2.855 196.132
8  26 和田  孝夫                1'47.652     2.957 195.946
9  88 和田 久                  1'48.151     3.456 195.042
10  43 松田  秀士                1'48.451     3.756 194.502
11   1 星野  一義                1'48.977     4.282 193.563
12  15 田中 実                  1'49.473     4.778 192.686
13  98 服部 尚貴                1'50.010     5.315 191.746
14  12 黒沢  琢也                1'50.099     5.404 191.591
15  30 岩城  滉一                1'50.770     6.075 190.430
16   7 高橋  国光                1'51.566     6.871 189.071
17  57 兵頭 秀二                1'54.115     9.420 184.848
18   5 長谷見  昌弘             27'29.419 25'44.724  12.789
19  44 金石勝智                 計測できず
***************************************************************************
★Bグループ・タイム
ミリオンカードカップ2&4鈴鹿-FMOTOR4-(91-03-01) Free Practice B-Group N.1
For 全日本F3000選手権 鈴鹿サーキット                :(5.85943km)
P No. Driver------------------ Best-LapT ---Behind -Km/h--
1  21 小河  等                  1'45.070           200.761
2  99 中谷 明彦                1'45.639     0.569 199.680
3  11 E.アーバイン            1'45.959     0.889 199.077
4  16 関谷  正徳                1'46.237     1.167 198.556
5   9 T.ダニエルソン          1'46.328     1.258 198.386
6  90 J.ラマース              1'46.341     1.271 198.361
7   8 松本  恵二                1'46.705     1.635 197.685
8  77 鈴木  利男                1'46.813     1.743 197.485
9   4 G.リース                1'47.107     2.037 196.943
10  10 V.バイドラー            1'47.191     2.121 196.788
11   2 中子  修                  1'47.521     2.451 196.184
12  37 岡田 秀樹                1'47.717     2.647 195.827
13  22 太田  哲也                1'47.874     2.804 195.542
14  23 古谷 直広                1'48.631     3.561 194.180
15  25 R.チーバー              1'48.973     3.903 193.570
16  55 E.ベルタッジア          1'49.984     4.914 191.791
17  18 粕谷 俊二                1'50.049     4.979 191.678
18  31 池谷  勝則                計測できず
***************************************************************************
 計測:鈴鹿サーキット
 提供:レイトン・インターナショナル

検索

最新ニュース