Archives

  • [—]2017 (247)
  • [+]2016 (639)
  • [+]2015 (714)
  • [+]2014 (655)
  • [+]2013 (623)
  • [+]2012 (621)
  • [+]2011 (484)
  • [+]2010 (554)
  • [+]2009 (522)
  • [+]2008 (467)
  • [+]2007 (596)
  • [+]2006 (530)
  • [+]2005 (460)
  • [+]2004 (304)
  • [+]2003 (454)
  • [+]2002 (454)
  • [+]2001 (217)
  • [+]2000 (408)
  • [+]1999 (376)
  • [+]1998 (465)
  • [+]1997 (424)
  • [+]1996 (1)
  • [+]1995 (425)
  • [+]1994 (411)
  • [+]1993 (423)
  • [+]1992 (519)
  • [+]1991 (423)
  • [+]1990 (250)
  • [+]1970 (1)

ニュース内検索

1990年9月

その他

JTC第5戦ハイランドグループA300km結果

●全日本ツーリングカー選手権第5戦
 ハイランドグループA300km選手権レース大会
 1990年9月30日  西仙台ハイランド・レースウェイ(3.75744km)
 天候:雨   コース:ウェット
○レースの模様
 スタートから飛び出したのは星野一義のスカイラインGT-R。それを長谷見のスカイ
ラインが追ういつもの展開となった。途中、雨が強くなり、先にタイヤ交換に飛び込
んだのは長谷見/オロフソンのリーボック・スカイラインGT-R。スリックに縦溝を刻
んだタイヤでオロフソンがスタート。その後、星野のカルソニック・スカイラインGT
-Rもタイヤ交換に。星野は、裏のコースの雨がひどいので、レインタイヤを要求した
が、メカニックはスリックに縦溝のタイヤをつけて送り出す。しかし、タイムが上が
らず、たまらずに星野はピットイン。ここでレインタイヤに交換して再びコースに。
この後、オロフソンもレインタイヤに交換するためピットに飛び込んできたため、カ
ルソニック・スカイラインGT-Rは逃げきることができたが、もし、リーボック・スカ
イラインが、鈴鹿と同様にレインでスタートしていたら、星野/鈴木組に優勝のチャ
ンスはないところだった。
 3位に入ったのは、このレースから登場のピューミニ・スカイラインGT-R。清水と
影山コンビのこのスカイラインGT-Rは、都平手で仕立て上げられたワークスと何の変
わりもないマシンだという。20周目では5位だったのが、60周目には3位にまで上が
り、そのままフィニッシュ。スカイラインGT-Rの1-2-3を決めた。
 この結果、最終戦のインターテックを待たずして、チャンピオンは、星野と鈴木利
男に決定。だが、毎年タイヤが勝敗を分けるインターテックでは、BS、DL、TOYOの異
なるブランドのタイヤを履くスカイラインGT-Rの戦いが面白いものになるだろう。
○レース結果
1  12 星野一義/鈴木利男         SKYLINE GT-R   80  2H42:10.302
2   1 長谷見昌弘/オロフソン     SKYLINE GT-R   80  2H43:14.423
3  22 清水和夫/影山正彦         SKYLINE GT-R   79
4   2 和田孝夫/土屋圭市         FORD SIERRA    79
5  43 長坂尚樹/ホジェッツ         FORD SIERRA    78
6  11 横島 久/松田秀士      FORD SIERRA    78
7   8 見崎清志/茂木和男           FORD SIERRA    78
8  26 W.ホイ/高橋健二           BMW-M3         77
9 100 中子 修/岡田秀樹           HONDA CIVIC    77
10  14 服部尚貴/五藤久豊           HONDA CIVIC    77
11  13 マルティーニ/クロスノフ     FORD SIERRA    77
12  25 鈴木恵一/新田守男        TOYOTA CALLORA 77
13  90 三好正己/吉田寿博      HONDA CIVIC    76
14  35 ラッツェンバーガ/中川隆正   BMW-M3         76
15  33 津々見友彦/村松康生        HONDA CIVIC    76
16  38 関谷正徳/小河 等           TOYOTA CALLORA 76
17   4 太田哲也/水野文則      BMW-M3         76
18  56 関根基司/武藤文雄           BMW-M3         76
19  37 粕谷俊二/杉崎直司         TOYOTA SUPRA   76
20   7 伊藤 薫/影山正美           TOYOTA CALLORA 75
21  19 浜名雅一/河合博之      TOYOTA CALLORA 75
22   3 寺田陽次朗/赤池 卓         FORD SIERRA    75
23  27 駒 光武/関 達彦           TOYOTA CALLORA 75
24   9 三原順子/松永雅博/上原秀郎 TOYOTA CALLORA 74
25  28 柴田 昭/大嶋昭弘           TOYOTA CALLORA 73
26  29 日下部保雄/山内伸弥        BMW-M3         73
27  70 一ツ山康/福山英夫      BMW-M3         73
28  72 牧口紀雄/野地広行           BMW-M3         70
29  15 佐藤浩二/中谷明彦           HONDA CIVIC    69
30  36 黒沢琢弥/舘 善泰         TOYOTA SUPRA   62
------------------------------------------------
18 浅野武夫/萩原  誠           TOYOTA CALLORA 40
6 星野 薫/V.ロッソ          TOYOTA CALLORA 31
67 大場次雄/佐藤克明          HONDA CIVIC    20
*********************************************************************
 データ提供:「レーシングニュース」

その他

清水/影山組はスカイラインでした

3位の清水/影山組はスカイラインでした。

その他

西仙台グループA レース結果速報

西仙台ハイランドグループA 300km
レース結果速報
1位.12 星野一義/鈴木利男         SKYLINE GT-R
2位  1 長谷見昌弘/オロフソン     SKYLINE GT-R
3位  22 清水和夫/影山正彦         FORD SIERRA
星野/鈴木組はこれで全日本ツーリングカー選手権チャンピオン決定!
                   提供:NISMO
      * FMOTOR4 Sub-sysop * 新倉 芳夫 / PBA00065

その他

西仙台グループA 予選結果

ハイランドグループA 300kmレース -RIJ- (1990-09-29) 1st-Qualify Session
For 全日本ツーリングカー選手権 Rd.5 西仙台ハイランドレースウェイ:(3.757km)
P No. Driver------------------------------------- Best-LapT ---Behind -Km/h--
1  12 星野一義/鈴木利男         SKYLINE GT-R   R1'43.793           130.325
2   1 長谷見昌弘/オロフソン     SKYLINE GT-R   R1'43.974     0.181 130.083
3   2 和田孝夫/土屋圭市         FORD SIERRA     1'47.620     3.827 125.690
4  43 長坂尚樹/ホジェッツ         FORD SIERRA     1'47.971     4.178 125.282
5  11 横島 久/松田秀士      FORD SIERRA     1'48.545     4.752 124.619
6  13 マルティーニ/クロスノフ     FORD SIERRA     1'48.884     5.091 124.231
7  22 清水和夫/影山正彦         FORD SIERRA     1'48.889     5.096 124.225
8  37 粕谷俊二/杉崎直司         TOYOTA SUPRA    1'49.001     5.208 124.098
9   8 見崎清志/茂木和男           FORD SIERRA     1'49.054     5.261 124.037
10  36 黒沢琢弥/舘 善泰         TOYOTA SUPRA    1'49.372     5.579 123.677
11  35 ラッツェンバーガ/中川隆正   BMW-M3          1'49.390     5.597 123.656
12  26 W.ホイ/高橋健二           BMW-M3          1'49.553     5.760 123.473
13  29 日下部保雄/山内伸弥        BMW-M3          1'50.884     7.091 121.990
14  56 関根基司/武藤文雄           BMW-M3          1'51.906     8.113 120.876
15  72 牧口紀雄/野地広行           BMW-M3          1'52.112     8.319 120.654
16  14 服部尚貴/五藤久豊           HONDA CIVIC     1'52.371     8.578 120.376
17  70 一ツ山康/福山英夫      BMW-M3          1'52.538     8.745 120.197
18  38 関谷正徳/小河 等           TOYOTA CALLORA  1'52.669     8.876 120.058
19  25 鈴木恵一/新田守男        TOYOTA CALLORA  1'52.737     8.944 119.985
20   4 太田哲也/水野文則      BMW-M3          1'53.033     9.240 119.671
21 100 中子 修/岡田秀樹           HONDA CIVIC     1'53.117     9.324 119.582
22   6 星野 薫/V.ロッソ          TOYOTA CALLORA  1'53.678     9.885 118.992
23  90 三好正己/吉田寿博      HONDA CIVIC     1'53.773     9.980 118.893
24  33 津々見友彦/村松康生        HONDA CIVIC     1'53.984    10.191 118.673
25   3 寺田陽次朗/赤池 卓         FORD SIERRA     1'54.286    10.493 118.359
26  15 佐藤浩二/中谷明彦           HONDA CIVIC     1'54.534    10.741 118.103
27  18 浅野武夫/萩原  誠           TOYOTA CALLORA  1'54.997    11.204 117.627
28  27 駒 光武/関 達彦           TOYOTA CALLORA  1'55.106    11.313 117.516
29  19 浜名雅一/河合博之      TOYOTA CALLORA  1'55.142    11.349 117.479
30   9 三原順子/松永雅博/上原秀郎 TOYOTA CALLORA  1'55.540    11.747 117.074
31   7 伊藤 薫/影山正美           TOYOTA CALLORA  1'55.664    11.871 116.949
32  67 大場次雄/佐藤克明          HONDA CIVIC     1'56.236    12.443 116.373
33  28 柴田 昭/大嶋昭弘           TOYOTA CALLORA  1'57.170    13.377 115.446
******************************************************************************
#3の寺田陽次朗の出走資格は認めるが、車両の決勝出走に関しては、9月30日朝の
ウォーミングアップ走行終了後、審査委員会裁定とする。
               * FMOTOR4 Sub-sysop * 新倉 芳夫 / PBA00065

その他

西仙台グループA 予選1回目速報

西仙台ハイランドグループA 300km
予選1回目速報
1. 1 長谷見昌弘/オロフソン     SKYLINE GT-R  1.44.7
2.12 星野一義/鈴木利男         SKYLINE GT-R 1.48.0
3.43 従野孝司/長坂尚樹           FORD SIERRA  1.48.1
4.13 マルティーニ/クロスノフ     FORD SIERRA  1.48.9
5.11 横島 久/影山正彦      FORD SIERRA  1.49.2
6.37 舘 善泰/杉崎直司         TOYOTA SUPRA 1.50.1
 タイムは非公式 (NISMO計測)
       提供:NISMO
      * FMOTOR4 Sub-sysop * 新倉 芳夫 / PBA00065

その他

ミリオンR.3 F3000 決勝結果

大変遅れて申し訳けございませんでした。
テキストデータは出来ていたのですが...忘れていました。
’90全日本F3000選手権シリーズ第8戦   F3000  レース 結果表
*****************************************************************************
順車番 ドライバー   型式           周回   所要時間   km/h   トップ差 Best-Lap
-----------------------------------------------------------------------------
1 19 星野 一義    ローラT90-50 MF-308 35 1:05'32.773 187.535          1'51.378
2  1 小河  等    ローラT90-50 MF-308 35 1:05'38.542 187.260 0'05.769 1'51.809
3  3 片山 右京    ローラT90-50 DFV    35 1:06'07.149 185.910 0'34.376 1'52.182
4 34 M.マルティニ       ローラT90-50 MF-308 35 1:06'07.515 185.893 0'34.742 1'52.192
5 35 J.クロスノフ       ローラT90-50 MF-308 35 1:06'08.173 185.862 0'35.400 1'52.371
6 25 J.ハーバート      レイナード90D MF-308 35 1:06'11.319 185.715 0'38.546 1'52.595
7  8 松本 恵二    ローラT90-50 MF-308 35 1:06'26.588 185.003 0'53.815 1'52.808
8  9 中谷 明彦    ローラT90-50 MF-308 35 1:06'29.154 184.884 0'56.381 1'53.065
9  2 中子  修    ローラT90-50 MF-308 35 1:06'38.944 184.432 1'06.171 1'51.529
10 18 T.ダニエルソン     ローラT90-50 MF-308 35 1:07'05.471 183.216 1'32.698 1'53.418
11  5 長谷見 昌弘  ローラT90-50 MF-308 35 1:07'05.569 183.212 1'32.796 1'53.760
12  7 高橋 国光    ローラT90-50 MF-308 35 1:07'06.202 183.183 1'33.429 1'53.817
13 43 松田 秀士    ローラT90-50 DFV    35 1:07'08.189 183.093 1'35.416 1'53.544
14 16 関谷 正徳    レイトンハウス90BMF-308 35 1:07'08.575 183.075 1'35.802 1'53.575
15 36 R.ラッツェンバーガー ローラT90-50 MF-308 35 1:07'09.172 183.048 1'36.399 1'53.514
16 15 C.ダナー        レイトンハウス90BMF-308 35 1:07'10.163 183.003 1'37.390 1'53.654
17 17 岡田 秀樹    レイトンハウス90BDFV    35 1:07'15.606 182.756 1'42.833 1'54.039
18 22 太田 哲也    ローラT90-50 MF-308 35 1:07'25.538 182.308 1'52.765 1'53.472
19 24 黒沢 琢弥    レイナード90D MF-308 34 1:06'06.188 180.636    1Lap  1'54.339
20 10 V.ヴァイドラー    ローラT90-50 MF-308 34 1:06'08.678 180.523    1Lap  1'52.187
21 27 マウリジオ.S.サラ   ローラT90-50 MF-308 33 1:06'21.058 174.663    2Laps 1'53.017
22 51 鈴木 利男    ローラT90-50 MF-308 31                        4Laps 1'52.263
--------------------******以上 規定周回数 完走****** ------------------------
55 E.ベルタッジア    ローラT90-50 MF-308 26                        9Laps 1'53.158
21 影山 正彦    ローラT90-50 MF-308 25                       10Laps 1'53.751
26 和田 孝夫    ローラT90-50 MF-308 24                       11Laps 1'52.547
12 佐藤 浩二    レイナード90D MF-308 19                       16Laps 1'53.847
11 R.チーバー       レイナード90D MF-308 12                       23Laps 1'51.571
31 池谷 勝則    ローラT89-50 MF-308  1                       34Laps 2'07.908
-----------------------------------------------------------------------------
スタート時刻  14:30'51     フィニッシュ時刻 15:36'23.773
決勝出走台数  28     完走台数  22
優勝車の平均ラップタイム  19  1'52.365
レ-ス中のベストタイム  19(星野 一義            )   1'51.378  12/35
-----------------------------------------------------------------------------
                         QFF00654 児玉/鈴鹿
PS.1990年シリーズチャンピオン
 全日本F3000    星野 一義
 パナソニックF3    服部  尚貴
 鈴鹿RS        佐々木秀六
 鈴鹿FJ-A      小川 圭一
 鈴鹿CIVIC     黒木 健次

その他

ミリオンRd3・F3000結果

 児玉さんが、F3000の結果を掲載されていないようなので、とりあえずこち
らで作成したものを掲載しておきます。
Suzuka,JAPAN - RIS - Official results for the All Japan F3000 Rd.8, Million
Card Cup Race Round 3 SUZUKA, 35 LAP race:
Pos.Grd.No.  Driver(s)                        Car             Laps Time/Behi.
--- --- ---- -------------------------------- --------------- ---- -------
1   2 19   Kazuyoshi Hoshino                Lola T90/50 MGN  35 1H05:32.773
2   1 1    Hitoshi Ogawa                    Lola T90/50 MGN  35  - 0:05.769
3   5 3    Ukyo Katayama                    Lola T90/50 DFV  35  - 0:34.376
4   4 34   Mauro Martini (I)                Lola T90/50 MGN  35  - 0:34.742
5   7 35   Jeff Krosnoff (USA)              Lola T90/50 MGN  35  - 0:35.400
6   6 25   Johnny Herbert (GB)              Reynard 90D MGN  35  - 0:38.546
7   8 8    Keiji Matsumoto                  Lola T90/50 MGN  35  - 0:53.815
8  10 9    Akihiko Nakaya                   Lola T90/50 MGN  35  - 0:56.381
9  24 2    Osamu Nakako                     Lola T90/50 MGN  35  - 1:06.171
10  14 18   Thomas Danielsson (S)            Lola T90/50 MGN  35  - 1:32.698
11  12 5    Masahiro Hasemi                  Lola T90/50 MGN  35  - 1:32.796
12  16 7    Kunimitsu Takahashi              Lola T90/50 MGN  35  - 1:33.429
13  11 43   Hideshi Matsuda                  Lola T90/50 DFV  35  - 1:35.416
14  22 16   Masanori Sekiya                  Leyton 90B MGN   35  - 1:35.802
15  20 36   Roland Ratzenberger(A)           Lola T90/50 MGN  35  - 1:36.399
16  21 15   Christian Danner (D)             Layton 90B MGN   35  - 1:37.390
17  18 17   Hideki Okada                     Leyton 90B MGN   35  - 1:42.833
18  28 22   Tetsuya Ohta                     Reynard 90D MGN  35  - 1:52.765
19  27 24   Takuya Kurosawa                  Reynard 90D MGN  34  - 1 lap
20  19 10   Volker Weidler (D)               Lola T90/50 MGN  34  - 1 lap
21  26 27   Maurizio.S.Sala (BR)             Lola T90/50 MGN  33  - 2 laps
22  15 51   Toshio Suzuki                    Lola T90/50 MGN  31  - 4 laps
------
23  13 55   Enrico Bertaggia (I)             Lola T90/50 MGN  26  Spun Off
24  17 21   Masahiko Kageyama                Lola T90/50 MGN  25  Engine
25   9 26   Takao Wada                       Lola T90/50 MGN  24  Crash
26  23 12   Koji Satoh                       Reynard 90D MGN  19  Mechanical
27   3 11   Ross Cheever (USA)               Reynard 90D MGN  12  Crash
28  25 31   Katsunori Iketani                Lola T89/50 MGN   1  Spun Off
Start:28. Finish:22.
Fastest Time:Hoshino 1:51.378. Winners Ave.:187.535 kph.

その他

ミリオンR.3 FJ1600 決勝結果

’90全日本F3000選手権シリーズ第8戦   FJ1600  レース 結果表
***********************************************************************
順車番 ドライバー     型式    周回 所要時間   km/h   トップ差  Best-Lap
-----------------------------------------------------------------------
1 27 小川 圭一     R&D F4/90  12 29'06.004 144.542           2'24.407
2 11 野田  明     マナティ MK7   12 29'07.134 144.449 0'01.130  2'24.165
3 90 服部 茂章     R&D F4/90  12 29'11.710 144.071 0'05.706  2'23.698
4  1 沢田 龍太郎   マナティ MK7   12 29'12.757 143.985 0'06.753  2'24.402
5 10 渋谷  勉     マナティ MK7   12 29'14.976 143.803 0'08.972  2'23.806
6 63 荒川 幸雄     マキシム 306   12 29'24.322 143.042 0'18.318  2'24.447
7  9 小林 正吾     マキシム 306   12 29'24.846 142.999 0'18.842  2'24.559
8 51 福田 光一     マキシム 305   12 29'24.963 142.990 0'18.959  2'25.086
9 21 赤松 玄人     オスカー SK88  12 29'33.706 142.285 0'27.702  2'25.823
10 96 柴田 典生     マナティ MK7   12 29'33.887 142.270 0'27.883  2'25.999
11 54 辻阪 彰治     SRS-05     12 29'36.549 142.057 0'30.545  2'25.935
12 12 佐々木 博     オスカー SK88  12 29'37.551 141.977 0'31.547  2'25.770
13 60 大宮 嘉信     FRD MF-103 12 29'41.669 141.649 0'35.665  2'25.915
14  7 武内 尚志     マナティ MK7   12 29'42.646 141.571 0'36.642  2'25.614
15 52 高西 文雄     R&D F4/90  12 29'45.758 141.325 0'39.754  2'26.264
16 17 木村 佳嗣     オスカー SK88  12 29'46.093 141.298 0'40.089  2'25.482
17 99 嶋田 順夫     オスカー SK    12 29'47.508 141.186 0'41.504  2'26.140
18 37 北岡 正治     オスカ- SK    12 29'50.857 140.922 0'44.853  2'25.898
19 77 山内 ヒロハル R&D F4/90  12 29'53.832 140.688 0'47.828  2'25.430
20 72 小林 明治     マナティ MK7   12 30'00.555 140.163 0'54.551  2'27.252
21 31 水谷 正道     オスカー SK88  12 30'15.378 139.019 1'09.374  2'26.505
22 41 楠部 浩史     マナティ MK7   12 30'27.254 138.115 1'21.250  2'26.458
23 26 橋本 渉征     オスカー SK    12 30'45.275 136.766 1'39.271  2'30.272
24 18 大脇 照男     R&D F4/90  11                      1Lap   2'25.818
25 43 五代 友則     ウエスト 90J   11                      1Lap   2'25.744
26 97 矢崎 雅人     マナティ MK7   10                      2Laps  2'24.033
27 25 黒川 光一     マナティ MK7   10                      2Laps  2'24.369
---------------------*******以上 規定周回数 完走****** ----------------
24 渡辺 宏二     マナティ MK7    7                      5Laps  2'24.505
4 内海 隆之     ウエスト 90J    1                     11Laps  2'40.783
82 小林 敬一    R&D F4/90   0                     12Laps
70 深見 慎二郎   マナティ MK7    0                     12Laps
73 光貞 秀俊     マナティ MK7    0                     12Laps
-----------------------------------------------------------------------
スタート時刻  16:10'06     フィニッシュ時刻 16:39'12.004
決勝出走台数  32     完走台数  27
優勝車の平均ラップタイム  27  2'25.500
レ-ス中のベストタイム  90(服部 茂章            )   2'23.698  9/12
-----------------------------------------------------------------------
                      QFF00654 児玉/鈴鹿

その他

鈴鹿F3000速報&リポート

●星野一義、今シーズン5勝目! 1990チャンピオンを確定!
 9月23日、三重県鈴鹿サーキット(5.85943km)で開催された全日本F3000
選手権第8戦「'90ミリオンカードカップレース ROUND 3 鈴鹿」は、予
選2番手からスタートした星野一義(ローラT90/00無限)が13周目からトップに
立ち、追いすがる昨年のチャンピオン小河等(ローラT90/00無限)を振り切って
今シーズン5回目の優勝。同時に今シーズンのシリーズチャンピオンを確定した。
 表彰台でインタビューを受けた星野は感きわまって言葉にならないほどだった。
 2位には小河。3位にはトップ2台から28秒遅れた片山右京(ローラT90/00・
DFV)。片山は序盤から追いすがり、くらいついていたマウロ・マルティニ(ロー
ラT90/00無限)を最後までおさえきっての3位入賞。4位にマルティニ、5位にジ
ェフ・クロスノフ(ローラT90/00無限)、6位にジョニー・ハーバート(レイナー
ド90D無限)が入った。
 ******
 スタートは星野。PPの小河をおさえて第1コーナーに飛び込んだが、その外側
からロス・チーバー(レイナード90D無限)がかわしてトップに。チーバーはその
まま逃げ、星野との差を1秒、1.5秒、2秒と開く。だが、チーバーは13周目のS
字コーナーでスピン。スポンジバリアに突っ込んでリタイア。これで星野がトップ
に立ち、小河が2位に。3位以下は片山、マルティニ、クロスノフ、ハーバートの
順に。トップ2台が逃げ、3位以下は片山がおさえるかたちで団子の状態に。トッ
プの星野は少しづつ小河を引き離し、最後には5.7秒以上の差をつけて優勝した。
2位から6位までの順位も13周目から変わらず。我慢の走りをする片山の走りが印
象的だった。
 ******
●和田、大クラッシュ!
 決勝レースのグリッドに向けて走るフォーメーションラップへのスタートで、エ
ンジンがかからず押しがけをしたため最後尾グリッドからのスタートとなった和田
孝夫(ローラT90/00無限)は、順調に順位を上げていたが、26周目の130Rコー
ナーでコースアウト。ガードレールを飛び越えて、マシンは前後がふたつに分断さ
れ裏返しに。和田は、裏返しのマシンからしばらく出られなかったが、しばらくし
てオフィシャルの手を借りてコクピットから脱出。オフィシャルが肩を貸していた
が、怪我もないようで、自分で歩いてコーナーポストに入った。
******
●「結婚式みたいだなぁ!」
 --CABINレーシングチームから
   チャンピオンおめでとうのケーキを送られた星野--
 優勝して今年のチャンピオンを決めた星野一義は、CABINチームのホスピタ
リティ・ブースで、チームからケーキを送られ、記者会見のために集まった報道陣
の前でケーキカット。「まるで結婚式みたいだなあ」と星野は照れた。
 「レースはとてもきつかった。タバコを吸って寝るだけの生活を2、3日続けた
いね」とタバコをふかす星野に、「おめでとうございます。今日は、いいナンバー
2ドライバーでありたいと思って、星野さんのためにも自分のためにも、必死にマ
ルティニを抑えました。でも、来年は、星野さんにも嫌な奴だと思われるようにな
りたいと思います」と、同じCABINカラーのマシンで3位に入った片山。
 「彼の時代は、まもなくくると思う。たくさんのドライバーの中で、片山君は最
右翼にいるからね」と星野は答えた。
 今シーズンを振り返って、という質問に対して星野は、「最初、すっと勝てて、
それから勝てなくなった。悩んだよ、とても。でも悩んでいいんだと思う。それだ
け勝ったときの喜びも大きいしね。監督の金子、メンテナンスをしてくれたセルモ、
エンジンを担当してくれた無限、タイヤをサポートしてくれたブリヂストンの皆さ
んにも感謝します」としめくくった。
    FMOTOR4/SysOp すがやみつる(SDI00104)

その他

ミリオンR.3 F3 決勝結果

’90全日本F3000選手権シリーズ第8戦    F3   レース  結果表
*******************************************************************************
順車番 ドライバー    型式          周回   所要時間   km/h   トップ差  Best-Lap
-------------------------------------------------------------------------------
1   5 服部 尚貴    ラルト RT33 MF204  17   35'57.735 165.841           2'06.136
2  90 古谷 直広    ラルト RT34 MF204  17   36'02.000 165.514 0'04.265  2'06.154
3  25 森本 晃生    レイナード903MF204  17   36'02.614 165.467 0'04.879  2'06.511
4   8 V.ROSSOラルト RT34 3S-G   17   36'11.733 164.772 0'13.998  2'06.779
5   2 高村 一明    ラルト RT34 MF204  17   36'12.699 164.699 0'14.964  2'06.326
6  52 石川  朗    ラルト RT34 MF204  17   36'18.128 164.288 0'20.393  2'07.019
7  22 和田  久    ラルト RT33 MF204  17   36'24.951 163.775 0'27.216  2'05.796
8  34 檜井 保孝    ラルト RT33 3S-G   17   36'27.275 163.601 0'29.540  2'06.229
9  15 細野 智行   ラルト RT33 3S-G   17   36'28.516 163.509 0'30.781  2'07.089
10  28 西垣内 正義  ラルト RT34 MF204  17   36'28.821 163.486 0'31.086  2'06.612
11  17 夏川 竜一    ラルト RT33 MF204  17   36'30.913 163.330 0'33.178  2'06.657
12  43 井倉 淳一    ラルト RT34 MF204  17   36'36.122 162.942 0'38.387  2'07.572
13  27 羽根 幸治    ラルト RT34 MF204  17   36'45.491 162.250 0'47.756  2'07.833
14  24 水野 文則    ラルト RT34 MF204  17   36'46.777 162.156 0'49.042  2'07.980
15  63 中島 禎史    ラルト RT34 MF204  17   36'47.401 162.110 0'49.666  2'06.727
16  72 戸田 哲史    ラルト RT34 CA18D  17   36'47.929 162.071 0'50.194  2'07.690
17  11 萩原 英明    ラルト RT33 MF204  17   36'53.663 161.651 0'55.928  2'07.752
18  59 前田 信哉    ラルト RT34 MF204  17   36'59.183 161.249 1'01.448  2'07.030
19  62 藤村 満男    ラルト RT34 MF204  17   37'24.494 159.431 1'26.759  2'09.652
20   7 舘  善泰    ラルト RT34 3S-G   15   36'05.250 145.781    2Laps  2'08.306
21  33 藤永 敬道    ラルト RT34 MF204  15   37'41.556 139.573    2Laps  2'07.012
-------------------------- ******以上 規定周回数 完走****** -------------------
19 田嶋 栄一    ラルト RT34 MF204  14                        3Laps  2'07.036
21 見崎 清志    ラルト RT34 MF204  13                        4Laps  2'07.129
66 中川 隆正    ラルト RT34 MF204  10                        7Laps  2'07.168
81 岡田 晃典    ラルト RT34 MF204  10                        7Laps  2'06.444
9 粕谷 俊二    ラルト RT34 3S-G   10                        7Laps  2'07.847
26 萩原  修    ラルト RT34 MF204   8                        9Laps  2'07.440
31 横島  久    ラルト RT34 MF204   1                       16Laps  2'14.835
10 伊藤 直澄    ラルト RT33 MF204   1                       16Laps  2'20.823
98 本山  哲    ラルト RT33 MF204   0                       17Laps
76 井上 隆智穂  ダラ-ラ390 MF204   0                       17Laps
失格85 原  貴彦    レイナード903MF204
-------------------------------------------------------------------------------
スタート時刻  12:32'23     フィニッシュ時刻 13:08'20.735
決勝出走台数  32     完走台数  21
優勝車の平均ラップタイム  5  2'06.926
レ-ス中のベストタイム  22(和田  久            )   2'05.796  6/17
-------------------------------------------------------------------------------
ペナルティNo.85 国際スポーツ法典付則J項第275条第4項1)違反により失格とした。
-------------------------------------------------------------------------------
                          QFF00654 児玉/鈴鹿

その他

ミリオンR.3 CIVIC 決勝結果

’90全日本F3000選手権シリーズ第8戦   CIVIC  レース 結果表
***************************************************************************
順車番 ドライバー        型式  周回   所要時間   km/h   トップ差  Best-Lap
---------------------------------------------------------------------------
1  35 黒木 健次        E-EF9    9   23'14.012 135.644           2'33.458
2  77 前川 直典        E-EF9    9   23'14.578 135.589 0'00.566  2'33.533
3  25 川本  篤        E-EF9    9   23'23.582 134.719 0'09.570  2'34.321
4  33 村松 康生        E-EF9    9   23'24.221 134.658 0'10.209  2'34.077
5  15 平岡  功        E-EF9    9   23'24.609 134.621 0'10.597  2'34.390
6  28 友森 茂利        E-EF9    9   23'25.606 134.525 0'11.594  2'34.508
7  29 福田 よしのぶ    E-EF9    9   23'26.600 134.430 0'12.588  2'34.148
8  38 井田 雅彦        E-EF9    9   23'28.569 134.242 0'14.557  2'34.003
9  19 越野 照喜        E-EF9    9   23'28.758 134.224 0'14.746  2'34.046
10  57 池田 正澄        E-EF9    9   23'31.089 134.003 0'17.077  2'35.004
11  36 岡崎 真一        E-EF9    9   23'34.112 133.716 0'20.100  2'35.092
12   2 見並 秀文        E-EF9    9   23'34.674 133.663 0'20.662  2'34.640
13  55 田中 孝太郎      E-EF9    9   23'49.118 132.312 0'35.106  2'35.388
14  72 近藤 澄男        E-EF9    9   23'50.032 132.227 0'36.020  2'37.064
15  83 澤田 英男        E-EF9    9   23'50.559 132.179 0'36.547  2'35.316
16  71 北原 利勝        E-EF9    9   23'50.998 132.138 0'36.986  2'37.209
17  91 河合 隆仁        E-EF9    9   23'55.178 131.753 0'41.166  2'37.944
18  96 小石 隆治        E-EF9    9   23'55.895 131.688 0'41.883  2'37.321
19  61 奥州 康彦        E-EF9    9   23'56.303 131.650 0'42.291  2'37.124
20  67 衣笠 朋文        E-EF9    9   23'56.825 131.602 0'42.813  2'37.446
21  37 木下 高夫        E-EF9    9   24'00.118 131.301 0'46.106  2'36.637
22   6 たつみ かづまさ  E-EF9    9   24'04.214 130.929 0'50.202  2'37.625
23   5 兵頭 信一        E-EF9    9   24'09.327 130.467 0'55.315  2'36.245
24  31 森正 高弘        E-EF9    9   24'27.515 128.850 1'13.503  2'38.093
------------------------*** ******以上 規定周回数 完走****** --------------
25  14 岡田 純嗣        E-EF9    7                        2Laps  2'35.904
26  47 中島 秀正        E-EF9    6                        3Laps  2'35.922
27  48 岸田 秀樹        E-EF9    6                        3Laps  2'35.878
28  30 山崎  猛        E-EF9    6                        3Laps  2'34.788
29  50 上田 剛久        E-EF9    5                        4Laps  2'35.321
30  23 中村 晴久        E-EF9    3                        6Laps  2'35.745
31  17 根本 幸一        E-EF9    3                        6Laps  2'38.775
32   8 谷口 太英        E-EF9    2                        7Laps  2'38.071
---------------------------------------------------------------------------
スタート時刻  11:21'24     フィニッシュ時刻 11:44'38.012
決勝出走台数  32     完走台数  24
優勝車の平均ラップタイム  35  2'34.890
レ-ス中のベストタイム  35(黒木 健次            )   2'33.458  3/9
---------------------------------------------------------------------------
                        QFF00654 児玉/鈴鹿

その他

パナソニックF3リポート

●’90ミリオンカードカップレース ROUND3 鈴鹿
 パナソニックF3レース 決勝レース 速報&リポート
 17周で行われるパナソニックF3レース。スタートで飛び出したのはPPの
服部。それに森本が続く。3番手は岡田と、ここまでは、昨日の予選のタイム
順。その後には予選8位の高村がジャンプアップ。1コーナーはヤングルーキ
ーの本山がコースアウトしグラベルの餌食に。
 1周目裏のストレートでは、森本が岡田を抜いて2位に浮上。久しぶりに予
選上位に入り、ピットの話題にもなっていた森本は元気一杯。これが最後まで
持続するか?
 この周、デグナー先の立体交差下で横島がスピン。コースを横断してガード
レールにクラッシュ。
 4周目、高村はスプーンでスピン。9番手に落ちる。トップの服部はラルト
RT33無限でトップを快走。2位に森本、3位に岡田のオーダーは8周目まで続
く。
 9周目、最終コーナー立ち上がりでスリップから抜けた原が岡田をとらえて
3位に。4位に下がった岡田と5位の和田がS字でからんでスピン。和田はレ
ースに復帰するが、岡田はピットに戻ってリタイア。
 10周目以降は服部、原、森本、古谷、ROSSOの順で走るが、森本が古谷につ
かまり4位に。結局チェッカーは、服部、原、古谷、森本、ROSSO、高村の順
で受けた。
 今シーズン3勝目を上げた服部は、これでチャンピオンを確定、1991年には
F3000にステップアップする予定らしい。
      FMOTOR4/SysOp すがやみつる(SDI00104)

その他

ミリオンR.3 RS 結果

’90全日本F3000選手権シリーズ第8戦    RS  レース 正式結果表
*************************************************************************
順車番 ドライバー     型式     周回 所要時間   km/h   トップ差  Best-Lap
-------------------------------------------------------------------------
1  47 佐々木 秀六   オスカー SK90 12  26'46.298 157.114           2'12.380
2  32 谷  方夫     オスカー SK90 12  27'23.657 153.543 0'37.359  2'14.997
3  21 水谷 敬一     オスカー SK90 12  27'25.151 153.403 0'38.853  2'15.412
4  17 安山 一秋     オスカー SK90 12  27'31.505 152.813 0'45.207  2'15.625
5  11 大城  一     オスカー SK90 12  27'32.295 152.740 0'45.997  2'16.238
6  36 古谷 昌義     オスカー SK85 12  27'33.923 152.590 0'47.625  2'15.724
7  10 野村 有彦     オスカー SK90 12  27'34.816 152.507 0'48.518  2'15.829
8  27 小倉 次晃     オスカー SK90 12  27'46.132 151.471 0'59.834  2'15.330
9  13 籠  省治     ウエスト 89S  12  28'50.490 145.838 2'04.192  2'22.148
10  37 足達 慶信     オスカー SK90 11                       1Lap   2'18.953
11   3 山崎 鐵夫     ウエスト 87S  11  27'18.677 141.137    1Lap   2'25.462
-------------------- ******以上 規定周回数 完走****** -------------------
88 藤原  敬     オスカー SK87  9                       3Laps  2'17.063
1 竹村 孝英     オスカー SK90  5                       7Laps  2'17.419
90 松山 政孝     オスカー SK90  5                       7Laps  2'19.046
7 山崎 よしふみ オスカー SK90  1                      11Laps  2'57.244
77 米谷  浩     オスカー SK90  0                      12Laps
-------------------------------------------------------------------------
スタート時刻  10:00'31     フィニッシュ時刻 10:27'17.298
決勝出走台数  16     完走台数  11
優勝車の平均ラップタイム  47  2'13.858
レ-ス中のベストタイム  47(佐々木 秀六          )   2'12.380  8/12

その他

ミリオンR.3 F3000 フリー走行

’90全日本F3000選手権シリーズ第8戦
F3000  フリー走行
******************************************************************************
順 車 ドライバー             型式             Lap-Time  km/h   トップ差  周回
------------------------------------------------------------------------------
1 10 V.ヴァイドラー       ローラT90-50 MF-308 1'50.111 191.570          13/14
2 26 和田 孝夫             ローラT90-50 MF-308 1'50.183 191.445 0'00.072  9/14
3 25 J.ハーバート         レイナード90D MF-308 1'50.383 191.098 0'00.272  4/14
4  3 片山 右京             ローラT90-50 DFV    1'50.466 190.954 0'00.355 11/14
5 19 星野 一義             ローラT90-50 MF-308 1'50.549 190.811 0'00.438 11/13
6 11 R.チーバー           レイナード90D MF-308 1'50.711 190.532 0'00.600  7/10
7  1 小河  等             ローラT90-50 MF-308 1'50.737 190.487 0'00.626 13/13
8 55 E.ベルタッジア       ローラT90-50 MF-308 1'50.902 190.203 0'00.791 11/13
9 21 影山 正彦             ローラT90-50 MF-308 1'51.066 189.923 0'00.955  8/13
10 18 T.ダニエルソン       ローラT90-50 MF-308 1'51.208 189.680 0'01.097 10/12
1b9ネ5 長谷見 昌弘           ローラT90-50 MF-308 1'51.237 189.631 0'01.126 11/12
12  9 中谷 明彦             ローラT90-50 MF-308 1'51.368 189.408 0'01.257 13/13
13  8 松本 恵二             ローラT90-50 MF-308 1'51.409 189.338 0'01.298 12/13
14  2 中子  修             ローラT90-50 MF-308 1'51.578 189.051 0'01.467  9/12
15 35 J.クロスノフ         ローラT90-50 MF-308 1'51.754 188.753 0'01.643  9/10
16 12 佐藤 浩二             レイナード90D MF-308 1'51.816 188.649 0'01.705 12/12
17 27 マウリジオ.S.サラ   ローラT90-50 MF-308 1'51.954 188.416 0'01.843  5/ 7
18 36 R.ラッツェンバーガー ローラT90-50 MF-308 1'51.956 188.413 0'01.845  6/12
19 51 鈴木 利男             ローラT90-50 MF-308 1'52.017 188.310 0'01.906  8/11
20 34 M.マルティニ         ローラT90-50 MF-308 1'52.026 188.295 0'01.915  4/ 4
21 43 松田 秀士             ローラT90-50 DFV    1'52.134 188.114 0'02.023 12/13
22  7 高橋 国光             ローラT90-50 MF-308 1'52.283 187.864 0'02.172 13/13
23 16 関谷 正徳             レイトンハウス90BMF-308 1'52.467 187.557 0'02.356  7/14
24 17 岡田 秀樹             レイトンハウス90BDFV    1'52.474 187.545 0'02.363  6/13
25 15 C.ダナー             レイトンハウス90BMF-308 1'52.476 187.542 0'02.365  7/16
26 24 黒沢 琢弥             レイナード90D MF-308 1'52.687 187.191 0'02.576  9/12
27 22 太田 哲也             ローラT90-50 MF-308 1'53.328 186.132 0'03.217 10/11
28 31 池谷 勝則             ローラT89-50 MF-308 1'53.523 185.812 0'03.412  9/11
------------------------------------------------------------------------------
                         QFF00654 児玉/鈴鹿

その他

ミリオンR.3 FJ1600 予選結果

’90全日本F3000選手権シリーズ第8戦
FJ1600  予選結果表
*********************************************************************
A・グループ(P.P)              B・グループ
順 車番 ドライバー       Lap-Time   順 車番 ドライバー      Lap-Time
---------------------------------------------------------------------
1  27 小川 圭一       2'23.893     1  97 矢崎 雅人      2'24.529
2   1 沢田 龍太郎     2'24.012     2  11 野田  明      2'24.653
3  25 黒川 光一       2'24.080     3  63 荒川 幸雄      2'24.900
4  90 服部 茂章       2'24.415     4  82 小林 敬一     2'25.344
5   9 小林 正吾       2'24.676     5  96 柴田 典生      2'25.485
6  24 渡辺 宏二       2'24.844     6  26 橋本 渉征      2'25.577
7  60 大宮 嘉信       2'24.938     7  18 大脇 照男      2'25.616
8  10 渋谷  勉       2'24.954     8  43 五代 友則      2'25.633
9  51 福田 光一       2'25.388     9  21 赤松 玄人      2'25.685
10  70 深見 慎二郎     2'25.592    10  73 光貞 秀俊      2'25.688
11  12 佐々木 博       2'25.622    11  31 水谷 正道      2'25.784
12  54 辻阪 彰治       2'25.918    12  77 山内 ヒロハル  2'25.792
13   7 武内 尚志       2'26.000    13  52 高西 文雄      2'25.806
14  72 小林 明治       2'26.016    14  17 木村 佳嗣      2'25.915
15  37 北岡 正治       2'26.029    15   4 内海 隆之      2'26.009
16  99 嶋田 順夫       2'26.046    16  41 楠部 浩史      2'26.049
---------------------------------------------------------------------
リザーブ
R-1   8 小野 直人       2'26.110   R-2  71 藤田 和生      2'26.366
R-3  94 永井 清文       2'26.238   R-4  29 萩原 辰男      2'26.375
---------------------------------------------------------------------
                     QFF00654 児玉/鈴鹿

その他

ミリオンR.3 FJ1600 B

’90全日本F3000選手権シリーズ第8戦
FJ1600 B・グループ 予選結果表
******************************************************************************
順 車番 ドライバー          型式              Lap-Time  km/h    トップ差  周回
------------------------------------------------------------------------------
1  97 矢崎 雅人          マナティ MK7          2'24.529 145.950            8/10
2  11 野田  明          マナティ MK7          2'24.653 145.824  0'00.124  9/12
3  63 荒川 幸雄          マキシム 306          2'24.900 145.576  0'00.371  8/12
4  82 小林 敬一         R&D F4/90         2'25.344 145.131  0'00.815  7/10
5  96 柴田 典生          マナティ MK7          2'25.485 144.991  0'00.956  7/12
6  26 橋本 渉征          オスカー SK           2'25.577 144.899  0'01.048  2/11
7  18 大脇 照男          R&D F4/90         2'25.616 144.860  0'01.087  7/12
8  43 五代 友則          ウエスト 90J          2'25.633 144.843  0'01.104  8/10
9  21 赤松 玄人          オスカー SK88         2'25.685 144.791  0'01.156  8/12
10  73 光貞 秀俊          マナティ MK7          2'25.688 144.789  0'01.159  6/13
11  31 水谷 正道          オスカー SK88         2'25.784 144.693  0'01.255  8/11
12  77 山内 ヒロハル      R&D F4/90         2'25.792 144.685  0'01.263  6/12
13  52 高西 文雄          R&D F4/90         2'25.806 144.671  0'01.277 10/12
14  17 木村 佳嗣          オスカー SK88         2'25.915 144.563  0'01.386  6/12
15   4 内海 隆之          ウエスト 90J          2'26.009 144.470  0'01.480  3/11
16  41 楠部 浩史          マナティ MK7          2'26.049 144.431  0'01.520 10/13
17  71 藤田 和生          オスカー SK           2'26.366 144.118  0'01.837  6/12
18  29 萩原 辰男          マナティ MK7          2'26.375 144.109  0'01.846  9/ 9
19   2 岡田 圭司          マナティ MK7          2'26.475 144.011  0'01.946  8/10
20  65 脇田 一輝          R&D F4/90         2'26.611 143.877  0'02.082  9/10
21  69 柳原 健児          オスカー SK88         2'26.757 143.734  0'02.228  8/12
22  57 井上  靖         オスカー SK88         2'26.950 143.545  0'02.421  8/12
23  85 鬼頭 和仁          R&D F4/90         2'26.974 143.522  0'02.445 10/12
24  81 正木 一義          R&D F63         2'26.980 143.516  0'02.451  3/ 4
25   6 小野 信幸          R&D F4/90         2'27.044 143.453  0'02.515 10/12
26  80 大田 泰史          オスカー SK           2'27.241 143.261  0'02.712 10/12
27  13 黒田 光一          オスカー SK88         2'27.521 142.989  0'02.992  8/12
28  48 味谷 英樹          R&D F4/90         2'27.736 142.781  0'03.207  7/10
29  75 田畑 好朗          マナティ MK7          2'28.415 142.128  0'03.886  9/12
30  56 丹羽 基夫          マナティ MK6          2'28.595 141.956  0'04.066  9/12
31  53 久保田 巌          R&D F63           2'28.777 141.782  0'04.248  9/12
32   3 宮前 吉隆          ウエスト 88J          2'29.441 141.152  0'04.912  4/12
33  23 徳野 勝之          R&D F4/90         2'30.851 139.833  0'06.322 11/12
34  76 西村 穣地          ウエスト 88J          2'32.834 138.019  0'08.305  9/12
35  34 下山 昭仁          R&D F4/90         2'35.109 135.994  0'10.580  6/10
------------------------------------------------------------------------------
                         QFF00654 児玉/鈴鹿

その他

ミリオンR.3 FJ1600 A

’90全日本F3000選手権シリーズ第8戦
FJ1600 Aグループ 予選結果表
************************************************************************
順 車番 ドライバー   型式              Lap-Time  km/h    トップ差  周回
------------------------------------------------------------------------
1  27 小川 圭一   R&D F4/90         2'23.893 146.595           11/11
2   1 沢田 龍太郎 マナティ MK7          2'24.012 146.474  0'00.119 10/13
3  25 黒川 光一   マナティ MK7          2'24.080 146.404  0'00.187 13/13
4  90 服部 茂章   R&D F4/90         2'24.415 146.065  0'00.522  8/13
5   9 小林 正吾   マキシム 306          2'24.676 145.801  0'00.783  5/12
6  24 渡辺 宏二   マナティ MK7          2'24.844 145.632  0'00.951 12/13
7  60 大宮 嘉信   FRD MF-103        2'24.938 145.538  0'01.045  7/13
8  10 渋谷  勉   マナティ MK7          2'24.954 145.522  0'01.061  5/11
9  51 福田 光一   マキシム 305          2'25.388 145.087  0'01.495 11/12
10  70 深見 慎二郎 マナティ MK7          2'25.592 144.884  0'01.699  9/12
11  12 佐々木 博   オスカー SK88         2'25.622 144.854  0'01.729 10/12
12  54 辻阪 彰治   SRS-05            2'25.918 144.560  0'02.025 11/12
13   7 武内 尚志   マナティ MK7          2'26.000 144.479  0'02.107  7/12
14  72 小林 明治   マナティ MK7          2'26.016 144.463  0'02.123 10/12
15  37 北岡 正治   オスカ- SK           2'26.029 144.450  0'02.136 10/13
16  99 嶋田 順夫   オスカー SK           2'26.046 144.434  0'02.153  7/13
17   8 小野 直人   R&D F4/90         2'26.110 144.370  0'02.217  4/ 6
18  94 永井 清文   FRD MF103         2'26.238 144.244  0'02.345  6/11
19  61 志賀 圭三   R&D F4/90         2'26.318 144.165  0'02.425 11/12
20  33 若園 誠二   マナティ MK7          2'26.350 144.134  0'02.457 10/12
21   5 中里 紀夫   ウエスト 90J          2'26.413 144.072  0'02.520  3/12
22  74 西口 裕昭   R&D 430J          2'26.583 143.904  0'02.690 11/12
23  15 島田 謙一   マナティ MK7          2'26.715 143.775  0'02.822  6/10
24  36 岡部  一   ウエスト 90J          2'27.015 143.482  0'03.122  5/12
25  28 渡辺 晃央   R&D F4/90         2'27.078 143.420  0'03.185 10/12
26  22 池田 良之   オスカー SK88         2'27.188 143.313  0'03.295 11/12
27  55 坂倉  篤   R&D F4/90         2'27.661 142.854  0'03.768 11/12
28  19 加藤 アツシ R&D F4/90         2'27.722 142.795  0'03.829 12/12
29  88 酒井 賢司   オスカー SK88         2'28.303 142.235  0'04.410  6/ 9
30  32 鳥毛 恵夫   East F16JX        2'28.557 141.992  0'04.664  9/12
31  67 山本 秀喜   マナティ MK6          2'29.837 140.779  0'05.944 10/12
32  16 福嶋  篤   マナティ MK7          2'30.874 139.812  0'06.981  4/ 6
33  30 甘粕 博之  マキシム 305          2'30.947 139.744  0'07.054  8/11
34  50 高林 和人   R&D F63/89        2'31.106 139.597  0'07.213  3/ 7
35  47 野平 智之   マナティ MK7          2'31.365 139.358  0'07.472 10/12
36  87 野間  薫   マナティ MK6          2'32.044 138.736  0'08.151  8/10
14 二羽  勉   マナティ MK7
------------------------------------------------------------------------
                      QFF00654 児玉/鈴鹿

その他

鈴鹿F3000 スターティンググリッド

’90全日本F3000選手権シリーズ第8戦
F3000  スターティング グリッド
A・グループ                              B・グループ(P.P)
順 車番 ドライバー             Lap-Time   順 車番 ドライバー          Lap-Time
-------------------------------------------------------------------------------
1   1 小河  等          1'47.473
2  19 星野 一義             1'47.524
3  11 R.チーバー        1'48.345
4  34 M.マルティニ         1'48.039
5   3 片山 右京          1'48.626
6  25 J.ハーバート         1'48.631
7  35 J.クロスノフ      1'48.768
8   8 松本 恵二             1'48.950
9  26 和田 孝夫          1'48.786
10   9 中谷 明彦             1'49.025
11  43 松田 秀士          1'49.126
12   5 長谷見 昌弘           1'49.253
13  55 E.ベルタッジア    1'49.265
14  18 T.ダニエルソン       1'49.740
15  51 鈴木 利男          1'49.351
16   7 高橋 国光             1'49.776
17  21 影山 正彦          1'49.441
18  17 岡田 秀樹             1'50.023
19  10 V.ヴァイドラー    1'49.815
20  36 R.ラッツェンバーガー 1'50.059
21  15 C.ダナー          1'50.150
22  16 関谷 正徳             1'50.107
23  12 佐藤 浩二          1'50.204
24   2 中子  修             1'50.613
25  31 池谷 勝則          1'50.943
26  27 マウリジオ.S.ΕN	 タホR殿丁                                                          27  24 黒沢 琢弥          1'50.967
28  22 太田 哲也             1'50.634
-------------------------------------------------------------------------------
リザーブ
R-2  20 金石 勝智             1'51.310   R-1  28 茂木 和男          1'51.796
R-4  33 清水 正智             1'51.714   R-3  30 岩城 滉一          1'55.122
-------------------------------------------------------------------------------
                        提供:鈴鹿サーキットランド

その他

F3000第8戦暫定グリッド

●全日本F3000選手権第8戦 暫定グリッド
Suzuka,JAPAN - RIS - Results from the qualifying session for the All Japan
F3000 series Rd.8, the '90 Million Card Cup Race Round 3 SUZUKA.
Pos.No.  Driver(s)                 Q-Gr.  Car             Lap Time K.P.H.
--- ---- ----------------------------------------------- -------- -------
1 1    Hitoshi Ogawa             B      Lola T90/50 MGN 1:47.473 196.272
2 19   Kazuyoshi Hoshino         A      Lola T90/50 MGN 1:47.524 196.179
3 11   Ross Cheever (USA)        B      Reynard 90D MGN 1:48.345 194.692
4 34   Mauro Martini (I)         A      Lola T90/50 MGN 1:48.039 195.244
5 3    Ukyo Katayama             B      Lola T90/50 DFV 1:48.626 194.189
6 25   Johnny Herbert (GB)       A      Reynard 90D MGN 1:48.631 194.180
7 35   Jeff Krosnoff (USA)       B      Lola T90/50 MGN 1:48.768 193.935
8 8    Keiji Matsumoto           A      Lola T90/50 MGN 1:48.950 193.611
9 26   Takao Wada                B      Lola T90/50 MGN 1:48.786 193.903
10 9    Akihiko Nakaya            A      Lola T90/50 MGN 1:49.025 193.478
11 43   Hideshi Matsuda           B      Lola T90/50 DFV 1:49.126 193.299
12 5    Masahiro Hasemi           A      Lola T90/50 MGN 1:49.253 193.074
13 55   Enrico Bertaggia (I)      B      Lola T90/50 MGN 1:49.265 193.053
14 18   Thomas Danielsson (S)     A      Lola T90/50 MGN 1:49.740 192.217
15 51   Toshio Suzuki             B      Lola T90/50 MGN 1:49.351 192.901
16 7    Kunimitsu Takahashi       A      Lola T90/50 MGN 1:49.776 192.154
17 21   Masahiko Kageyama         B      Lola T90/50 MGN 1:49.441 192.743
18 17   Hideki Okada              A      Leyton 90B DFV  1:50.023 191.723
19 10   Volker Weidler (D)        B      Lola T90/50 MGN 1:49.815 192.086
20 36   Roland Ratzenberger(A)    A      Lola T90/50 MGN 1:50.059 191.660
21 15   Christian Danner (D)      B      Layton 90B MGN  1:50.150 191.502
22 16   Masanori Sekiya           A      Leyton 90B MGN  1:50.107 191.577
23 12   Koji Satoh                B      Reynard 90D MGN 1:50.204 191.408
24 2    Osamu Nakako              A      Lola T90/50 MGN 1:50.613 190.700
25 31   Katsunori Iketani         B      Lola T89/50 MGN 1:50.943 190.133
26 27   Maurizio.S.Sala (BR)      A      Lola T90/50 MGN 1:50.623 190.683
27 24   Takuya Kurosawa           B      Reynard 90D MGN 1:50.967 190.092
28 22   Tetsuya Ohta              A      Reynard 90D MGN 1:50.634 190.664
---------------------------------------------------------------------
29 28   Kazuo Mogi                B      Lola T89/50 DFV 1:51.796 188.682
30 20   Katsutomo Kaneishi        A      Lola T89/50 MGN 1:51.310 189.506
31 30   Koichi Iwaki              B      Lola T90/50 MGN 1:55.122 183.231
32 33   Masatomo Shimizu          A      Lola T90/50 MGN 1:51.714 188.821
     FMOTOR4/SysOp すがやみつる(SDI00104)/鈴鹿

その他

ミリオンR.3 F3000 B 2回目

’90全日本F3000選手権シリーズ第8戦
F3000 Bグループ 予選結果表  2回目
******************************************************************************
順 車 ドライバー           型式              Lap-Time  km/h    トップ差  周回
------------------------------------------------------------------------------
1  1 小河  等           ローラT90-50 MF-308  1'47.473 196.272            5/ 6
2 11 R.チーバー         レイナード90D MF-308  1'48.345 194.692  0'00.872  6/ 9
3  3 片山 右京           ローラT90-50 DFV     1'48.626 194.189  0'01.153  5/ 8
4 35 J.クロスノフ       ローラT90-50 MF-308  1'48.773 193.926  0'01.300  5/ 8
5 43 松田 秀士           ローラT90-50 DFV     1'49.126 193.299  0'01.653  8/ 9
6 55 E.ベルタッジア     ローラT90-50 MF-308  1'49.265 193.053  0'01.792  6/ 7
7 21 影山 正彦           ローラT90-50 MF-308  1'49.441 192.743  0'01.968  7/ 8
8 26 和田 孝夫           ローラT90-50 MF-308  1'49.487 192.662  0'02.014  5/ 6
9 10 V.ヴァイドラー     ローラT90-50 MF-308  1'49.815 192.086  0'02.342  5/ 8
10 51 鈴木 利男           ローラT90-50 MF-308  1'49.853 192.020  0'02.380  7/ 9
11 15 C.ダナー           レイトンハウス90BMF-308  1'50.150 191.502  0'02.677  5/10
12 12 佐藤 浩二           レイナード90D MF-308  1'50.204 191.408  0'02.731  7/10
13 31 池谷 勝則           ローラT89-50 MF-308  1'50.943 190.133  0'03.470  7/ 7
14 28 茂木 和男           ローラT89-50 DFV     1'51.796 188.682  0'04.323  7/10
15 24 黒沢 琢也           レイナード90D MF-308  1'51.944 188.433  0'04.471  5/ 7
16 30 岩城 滉一           ローラT90-50 MF-308  1'55.122 183.231  0'07.649  6/12
------------------------------------------------------------------------------
                         QFF00654 児玉/鈴鹿

その他

ミリオンR.3 F3000 A 2回目

7&' ’90全日本F3000選手権シリーズ第8戦
F3000 A・グループ 予選結果表  2回目
*******************************************************************************
順 車 ドライバー             型式             Lap-Time  km/h    トップ差  周回
-------------------------------------------------------------------------------
1 19 星野 一義             ローラT90-50 MF-308 1'47.524 196.179            6/ 7
2 25 J.ハーバード         レイナード90D MF-308 1'48.631 194.180  0'01.107  5/ 9
3  8 松本 恵二             ローラT90-50 MF-308 1'48.950 193.611  0'01.426  6/ 7
4  9 中谷 明彦             ローラT90-50 MF-308 1'49.025 193.478  0'01.501  8/ 9
5  5 長谷見 昌弘           ローラT90-50 MF-308 1'49.253 193.074  0'01.729  8/11
6 18 T.ダニエルソン       ローラT90-50 MF-308 1'49.740 192.217  0'02.216  6/ 7
7 17 岡田 秀樹             レイトンハウス90BDFV    1'50.023 191.723  0'02.499  6/ 7
8 16 関谷 正徳             レイトンハウス90BMF-308 1'50.375 191.112  0'02.851  6/ 7
9  2 中子  修             ローラT90-50 MF-308 1'50.613 190.700  0'03.089  7/10
10 27 マウリジオ.S.サラ   ローラT90-50 MF-308 1'50.623 190.683  0'03.099  6/ 9
11 22 太田 哲也             ローラT90-50 MF-308 1'50.634 190.664  0'03.110  5/ 8
12  7 高橋 国光             ローラT90-50 MF-308 1'51.029 189.986  0'03.505  2/ 9
13 20 金石 勝智             ローラT89-50 MF-308 1'51.310 189.506  0'03.786  7/11
14 36 R.ラッツェンバーガー ローラT90-50 MF-308 1'51.448 189.272  0'03.924  5/ 7
15 33 清水 正智             ローラT90-50 MF-308 1'51.714 188.821  0'04.190  6/10
16 34 M.マルティニ         ローラT90-50 MF-308 1'52.868 186.890  0'05.344  2/ 2
-------------------------------------------------------------------------------
                          QFF00654 児玉/鈴鹿

その他

ミリオンR.3 F3 グリッド表

’90全日本F3000選手権シリーズ第8戦
F3  予選結果表
****************************************************************
A・グループ                      B・グループ(P.P)
順 車番 ドライバー   Lap-Time     順 車番 ドライバー   Lap-Time
----------------------------------------------------------------
1  81 岡田 晃典   2'05.721       1   5 服部 尚貴   2'05.220
2  85 原  貴彦   2'05.736       2  25 森本 晃生   2'05.623
3  90 古谷 直広   2'05.793       3  33 藤永 敬道   2'06.167
4   2 高村 一明   2'06.087       4  34 檜井 保孝   2'06.239
5  22 和田  久   2'06.322       5  31 横島  久   2'06.245
6  66 中川 隆正   2'06.458       6   8 V.ROSSO      2'06.338
7  27 羽根 幸治   2'06.547       7  52 石川  朗   2'06.621
8  19 田嶋 栄一   2'06.554       8  28 西垣内 正義 2'06.636
9  17 夏川 竜一   2'06.559       9  26 萩原  修   2'07.017
10  15 細野 智行  2'06.608      10  21 見崎 清志   2'07.354
11  98 本山  哲   2'06.624      11   9 粕谷 俊二   2'07.379
12  10 伊藤 直澄   2'07.088      12  63 中島 禎史   2'07.657
13  43 井倉 淳一   2'07.159      13  76 井上 隆智穂 2'07.748
14  59 前田 信哉   2'07.680      14  62 藤村 満男   2'07.748
15   7 舘  善泰   2'07.905      15  72 戸田 哲史   2'07.801
16  11 萩原 英明   2'07.978      16  24 水野 文則   2'07.827
----------------------------------------------------------------
リザーブ
R-2  30 近藤 真彦   2'08.149     R-1  84 影山 正美   2'07.982
R-4  54 岡本 幸夫   2'08.333     R-3   6 田中 哲也   2'08.183
----------------------------------------------------------------
12 福山 英夫   2'08.654          55 柏原 浩一   2'08.814
16 高橋 洋二   2'08.710          29 大文字 良浩 2'09.408
13 A.FERRARI    2'09.687          56 篠塚  進   2'09.747
14 藤村 春輝   2'11.562          61 土屋 圭市   2'09.962
77 鈴木 錦治   2'13.136          65 加藤  徹   2'10.146
35 井上 俊一   2'17.014          88 森谷 賢二  2'10.486
50 田中 壮一郎 2'15.423
----------------------------------------------------------------
                  QFF00654 児玉/鈴鹿

その他

ミリオンR.3 F3 Bグループ

’90全日本F3000選手権シリーズ第8戦
F3 Bグループ 予選結果表
*******************************************************************************
順 車番 ドライバー          型式              Lap-Time  km/h    トップ差  周回
-------------------------------------------------------------------------------
1   5 服部 尚貴          ラルト RT33 MF204    2'05.220 168.455           11/11
2  25 森本 晃生          レイナード903MF204    2'05.623 167.915  0'00.403  9/11
3  33 藤永 敬道          ラルト RT34 MF204    2'06.167 167.191  0'00.947 13/13
4  34 檜井 保孝          ラルト RT33 3S-G     2'06.239 167.095  0'01.019 12/12
5  31 横島  久          ラルト RT34 MF204    2'06.245 167.087  0'01.025  6/13
6   8 V.ROSSO      ラルト RT34 3S-G     2'06.338 166.964  0'01.118  8/11
7  52 石川  朗          ラルト RT34 MF204    2'06.621 166.591  0'01.401 12/12
8  28 西垣内 正義        ラルト RT34 MF204    2'06.636 166.571  0'01.416 10/12
9  26 萩原  修          ラルト RT34 MF204    2'07.017 166.072  0'01.797 10/12
10  21 見崎 清志          ラルト RT34 MF204    2'07.354 165.632  0'02.134  4/12
11   9 粕谷 俊二          ラルト RT34 3S-G     2'07.379 165.600  0'02.159  5/13
12  63 中島 禎史          ラルト RT34 MF204    2'07.657 165.239  0'02.437 10/12
13  76 井上 隆智穂        ダラ-ラ390 MF204    2'07.748 165.122  0'02.528  5/11
14  62 藤村 満男          ラルト RT34 MF204    2'07.748 165.122  0'02.528 12/12
15  72 戸田 哲史          ラルト RT34 CA18D    2'07.801 165.053  0'02.581  4/11
16  24 水野 文則          ラルト RT34 MF204    2'07.827 165.020  0'02.607 11/13
17  84 影山 正美          ラルト RT34 CA18D    2'07.982 164.820  0'02.762 11/11
18   6 田中 哲也          ラルト RT34 GX       2'08.183 164.561  0'02.963 12/13
19  55 柏原 浩一          ラルト RT33 MF204    2'08.814 163.755  0'03.594 11/13
20  29 大文字 良浩        ラルト RT32 3S-G     2'09.408 163.003  0'04.188  9/13
21  56 篠塚  進          ラルト RT33 MF204    2'09.747 162.578  0'04.527 13/13
22  61 土屋 圭市          ラルト RT34 MF204    2'09.962 162.309  0'04.742  2/ 3
23  65 加藤  徹          ラルト RT33 3S-G     2'10.146 162.079  0'04.926 11/11
24  88 森谷 賢二         ラルト RT34 3S-G     2'10.486 161.657  0'05.266  9/12
25  50 田中 壮一郎        ラルト RT32 3S-G     2'15.423 155.763  0'10.203  4/ 4
-------------------------------------------------------------------------------
                          QFF00654 児玉/鈴鹿

その他

ミリオンR.3 F3 Aグループ

’90全日本F3000選手権シリーズ第8戦
F3 A・グループ 予選結果表
*******************************************************************************
順 車番 ドライバー          型式              Lap-Time  km/h    トップ差  周回
-------------------------------------------------------------------------------
1  81 岡田 晃典          ラルト RT34 MF204    2'05.721 167.784            8/10
2  85 原  貴彦          レイナード903MF204    2'05.736 167.764  0'00.015 11/12
3  90 古谷 直広          ラルト RT34 MF204    2'05.793 167.688  0'00.072  4/11
4   2 高村 一明          ラルト RT34 MF204    2'06.087 167.297  0'00.366  5/12
5  22 和田  久          ラルト RT33 MF204    2'06.322 166.986  0'00.601 10/12
6  66 中川 隆正          ラルト RT34 MF204    2'06.458 166.806  0'00.737  5/12
7  27 羽根 幸治          ラルト RT34 MF204    2'06.547 166.689  0'00.826  8/12
8  19 田嶋 栄一          ラルト RT34 MF204    2'06.554 166.679  0'00.833 11/12
9  17 夏川 竜一          ラルト RT33 MF204    2'06.559 166.673  0'00.838 13/13
10  15 細野 智行         ラルト RT33 3S-G     2'06.608 166.608  0'00.887  9/13
11  98 本山  哲          ラルト RT33 MF204    2'06.624 166.587  0'00.903  7/12
12  10 伊藤 直澄          ラルト RT33 MF204    2'07.088 165.979  0'01.367 11/14
13  43 井倉 淳一          ラルト RT34 MF204    2'07.159 165.886  0'01.438  3/10
14  59 前田 信哉          ラルト RT34 MF204    2'07.680 165.209  0'01.959  7/13
15   7 舘  善泰          ラルト RT34 3S-G     2'07.905 164.919  0'02.184 11/12
16  11 萩原 英明          ラルト RT33 MF204    2'07.978 164.825  0'02.257  4/11
17  30 近藤 真彦          ラルト RT33 MF204    2'08.149 164.605  0'02.428  9/13
18  54 岡本 幸夫          ラルト RT34 MF204    2'08.333 164.369  0'02.612 13/13
19  12 福山 英夫          ラルト RT33 3S-G     2'08.654 163.959  0'02.933 10/13
20  16 高橋 洋二          ラルト RT33 MF204    2'08.710 163.887  0'02.989  8/13
21  13 A.FERRARI  ラルト RT33 MF204    2'09.687 162.653  0'03.966 10/13
22  14 藤村 春輝          ラルト RT32 3S-G     2'11.562 160.335  0'05.841 11/12
23  77 鈴木 錦治          ラルト RT34 MF204    2'13.136 158.439  0'07.415  8/12
24  35 井上 俊一          レイナード893CA18D    2'17.014 153.955  0'11.293  3/11
-------------------------------------------------------------------------------
                          QFF00654 児玉/鈴鹿

その他

ミリオンR.3 RS 予選結果

’90全日本F3000選手権シリーズ第8戦
RS 予選結果表
******************************************************************************
順 車番 ドライバー          型式              Lap-Time  km/h    トップ差  周回
------------------------------------------------------------------------------
1  47 佐々木 秀六        オスカー SK90         2'12.128 159.648            5/11
2  77 米谷  浩          オスカー SK90         2'13.616 157.870  0'01.488  3/ 9
3  21 水谷 敬一          オスカー SK90         2'15.190 156.032  0'03.062  9/12
4  11 大城  一          オスカー SK90         2'15.303 155.902  0'03.175  3/ 6
5   7 山崎 よしふみ      オスカー SK90         2'15.868 155.253  0'03.740  4/ 9
6  32 谷  方夫          オスカー SK90         2'15.906 155.210  0'03.778 11/11
7  27 小倉 次晃          オスカー SK90         2'15.925 155.188  0'03.797 10/12
8  10 野村 有彦          オスカー SK90         2'16.339 154.717  0'04.211  8/13
9  17 安山 一秋          オスカー SK90         2'16.802 154.193  0'04.674  8/10
10  88 藤原  敬          オスカー SK87         2'16.970 154.004  0'04.842  4/12
11  36 古谷 昌義          オスカー SK85         2'17.216 153.728  0'05.088  8/12
12   1 竹村 孝英          オスカー SK90         2'18.406 152.406  0'06.278 10/11
13  37 足達 慶信          オスカー SK90         2'18.848 151.921  0'06.720  3/ 9
14  90 松山 政孝          オスカー SK90         2'19.174 151.565  0'07.046  6/11
15  13 籠  省治          ウエスト 89S          2'23.703 146.789  0'11.575  4/11
16   3 山崎 鐵夫          ウエスト 87S          2'24.644 145.834  0'12.516  7/11
------------------------------------------------------------------------------
                         QFF00654 児玉/鈴鹿

その他

鈴鹿F3000予選リポート

●小河、逆転のPP!
 星野とフロントローに!
 数日前に台風が通過した三重県鈴鹿サーキット。全日本F3000シリーズ第8戦
「'90ミリオンカードカップレース Round 3 鈴鹿」の予選が快晴の空
の下で行われた。
 午前の予選では、A組のトップがマルティニの1分48秒039。星野が1分48秒
119で2位につけた。
 B組のトップはクロスノフ。タイムは1分48秒768。サンテクのイタリア、ア
メリカ人コンビが午前のフロントローを占めることになった。B組の2位は和
田(1分48秒768)。昨年のチャンピオンの小河が1分49秒069で3位につけた。
 午後の2回目予選は、各ドライバーがどれだけタイムを切り詰めるかがポイン
ト。初めにスタートしたA組の中で、マルティニは決勝セッティングに集中して
いるのか、アタックなし。1回目予選でシケインをショートカットしたりでタイ
ムを出せなかったハーバートが早々と1分48秒631を出し、モニターの一番上に
ゼッケンを上げる。そのタイムを破ったのが富士のF3000で2連勝して波に乗る
星野。1分48秒を切る1分47秒524で午前、午後を通じてのトップに躍り出た。
これで星野のPP確定かと思われたが、先日の富士で後方からジワリジワリとプ
ロストのような走りを続け、トップを奪ったものの不運なブレーキトラブルに泣
いた小河。B組予選2回目の中盤に、小河が1分47秒473でPPを確定。星野は
1列目外側に並ぶことになる。
 「ぼくのタイムを破って1分47秒5を切るような選手が出てきたら、もうレー
スはやめるよ」と、車から降りた後、冗談混じりに言っていた星野。PPを確定
した小河にその話が伝えられると、小河は「お願い。もう少し続けて!」。
 空は秋めいてきたが、快晴のために暑さの残る鈴鹿。惜しくも小河の持つコー
スレコード更新はならなかったが、明日の決勝は第7戦の富士同様、最後まで目
を離せないレースとなりそうだ。
     FMOTOR4/SysOp すがやみつる(SDI00104)/鈴鹿

その他

ミリオンR.3 CIVIC 予選結果

’90全日本F3000選手権シリーズ第8戦
CIVIC 予選結果表
************************************************************************
順 車番 ドライバー      型式  Lap-Time  km/h    トップ差  周回
------------------------------------------------------------------------
1  77 前川 直典      E-EF9 2'32.515 138.307            2/11
2  35 黒木 健次      E-EF9 2'32.760 138.086  0'00.245  7/10
3  25 川本  篤      E-EF9 2'32.881 137.976  0'00.366  8/11
4  33 村松 康生      E-EF9 2'33.338 137.565  0'00.823  7/11
5  15 平岡  功      E-EF9 2'33.515 137.406  0'01.000  2/10
6  28 友森 茂利      E-EF9 2'33.803 137.149  0'01.288 11/11
7  30 山崎  猛      E-EF9 2'33.928 137.038  0'01.413  2/ 8
8  57 池田 正澄      E-EF9 2'34.079 136.903  0'01.564  8/10
9  38 井田 雅彦      E-EF9 2'34.094 136.890  0'01.579  3/10
10  19 越野 照喜      E-EF9 2'34.118 136.869  0'01.603  9/10
11  29 福田 よしのぶ  E-EF9 2'34.485 136.544  0'01.970  4/ 7
12   2 見並 秀文      E-EF9 2'34.683 136.369  0'02.168  3/10
13  36 岡崎 真一      E-EF9 2'34.825 136.244  0'02.310 10/10
14  83 澤田 英男      E-EF9 2'34.880 136.195  0'02.365  4/11
15  14 岡田 純嗣      E-EF9 2'34.965 136.121  0'02.450 10/10
16  10 上杉 和也      E-EF9 2'35.031 136.063  0'02.516  8/ 9
17  50 上田 剛久      E-EF9 2'35.137 135.970  0'02.622  3/ 9
18  37 木下 高夫      E-EF9 2'35.190 135.923  0'02.675  2/10
19  47 中島 秀正      E-EF9 2'35.218 135.899  0'02.703  3/ 8
20  48 岸田 秀樹      E-EF9 2'35.559 135.601  0'03.044  3/ 9
21  91 河合 隆仁      E-EF9 2'35.647 135.524  0'03.132 10/11
22  81 中野 さとし    E-EF9 2'35.660 135.513  0'03.145  2/ 9
23  23 中村 晴久      E-EF9 2'35.855 135.343  0'03.340  2/10
24   8 谷口 太英      E-EF9 2'35.904 135.301  0'03.389  9/ 9
25  67 衣笠 朋文      E-EF9 2'35.975 135.239  0'03.460 11/11
26  31 森正 高弘      E-EF9 2'36.010 135.209  0'03.495  6/ 9
27  55 田中 孝太郎    E-EF9 2'36.019 135.201  0'03.504  6/11
28  71 北原 利勝      E-EF9 2'36.040 135.183  0'03.525 11/11
29  72 近藤 澄男      E-EF9 2'36.381 134.888  0'03.866  3/11
30  96 小石 隆治      E-EF9 2'36.465 134.816  0'03.950  5/12
31   6 たつみ かづまさE-EF9 2'36.603 134.697  0'04.088  8/ 9
32  61 奥州 康彦      E-EF9 2'36.630 134.674  0'04.115  4/11
33  17 根本 幸一      E-EF9 2'36.673 134.637  0'04.158  3/ 9
34   5 兵頭 信一      E-EF9 2'37.054 134.310  0'04.539  8/10
35  99 貴多 昌司      E-EF9 2'37.096 134.274  0'04.581  2/ 8
36  16 磯田 尚孝      E-EF9 2'37.097 134.273  0'04.582  4/11
37  18 鎌田 こういち  E-EF9 2'37.111 134.261  0'04.596  3/11
38  86 宿女  訓      E-EF9 2'37.165 134.215  0'04.650  4/11
39  74 水口 浩司      E-EF9 2'37.811 133.666  0'05.296  4/10
40   7 中村 一彦      E-EF9 2'37.936 133.560  0'05.421  3/11
41  11 吉山  貫      E-EF9 2'38.046 133.467  0'05.531  8/11
42  92 吉村 昌也      E-EF9 2'38.493 133.091  0'05.978 11/11
43   3 八木 爵司      E-EF9 2'38.524 133.065  0'06.009  4/ 8
44  89 イ  トンセン  E-EF9 2'39.475 132.271  0'06.960 10/10
45  94 竹久 ツヨシ    E-EF9 2'39.893 131.925  0'07.378  2/10
失格24 砂田 雅行      E-EF9
-----------------------------------------------------------------------
ペナルティ No.24 共通規則第32条違反により失格とし、罰金1万円を課した。
-----------------------------------------------------------------------
                      QFF00654 児玉/鈴鹿

その他

ミリオンR.3 F3000 B 1回目

’90全日本F3000選手権シリーズ第8戦
F3000 Bグループ  予選結果表1回目
************************************************************************
順 車 ドライバー       型式              Lap-Time  km/h    トップ差 周回
------------------------------------------------------------------------
1 35 J.クロスノフ   ローラT90-50 MF-308  1'48.768 193.935           2/ 6
2 26 和田 孝夫       ローラT90-50 MF-308  1'48.786 193.903  0'00.018 2/ 5
3  1 小河  等       ローラT90-50 MF-308  1'49.069 193.400  0'00.301 2/ 6
4  3 片山 右京       ローラT90-50 DFV     1'49.243 193.092  0'00.475 3/ 7
5 51 鈴木 利男       ローラT90-50 MF-308  1'49.351 192.901  0'00.583 2/ 3
6 43 松田 秀士       ローラT90-50 DFV     1'49.676 192.330  0'00.908 2/ 8
7 21 影山 正彦       ローラT90-50 MF-308  1'49.691 192.303  0'00.923 3/ 7
8 10 V.ヴァイドラー ローラT90-50 MF-308  1'49.986 191.788  0'01.218 2/ 6
9 55 E.ベルタッジア ローラT90-50 MF-308  1'50.330 191.190  0'01.562 2/ 6
10 15 C.ダナー       レイトンハウス90BMF-308  1'50.887 190.229  0'02.119 2/ 6
11 24 黒沢 琢也       レイナード90D MF-308  1'50.967 190.092  0'02.199 3/ 9
12 31 池谷 勝則       ローラT89-50 MF-308  1'52.569 187.387  0'03.801 2/ 5
13 28 茂木 和男       ローラT89-50 DFV     1'53.088 186.527  0'04.320 2/ 8
14 12 佐藤 浩二       レイナード90D MF-308  1'53.089 186.525  0'04.321 8/ 8
15 30 岩城 滉一       ローラT90-50 MF-308  1'56.260 181.438  0'07.492 3/11
16 11 R.チーバー     レイナード90D MF-308  2'19.077 151.671  0'30.309 2/ 2
------------------------------------------------------------------------
ペナルティ No.12 国際スポーツ法典付則J項274条3項6)違反により
       11時05分迄のタイムを削除した。
------------------------------------------------------------------------
                      QFF00654 児玉/鈴鹿

その他

ミリオンR.3 F3000 A 1回目

’90全日本F3000選手権シリーズ第8戦
F3000 Aグループ  予選結果表  1回目
******************************************************************************
順 車 ドライバー             型式             Lap-Time  km/h   トップ差  周回
------------------------------------------------------------------------------
1 34 M.マルティニ         ローラT90-50 MF-308 1'48.039 195.244           5/ 6
2 19 星野 一義             ローラT90-50 MF-308 1'48.119 195.099 0'00.080  6/ 7
3  8 松本 恵二             ローラT90-50 MF-308 1'49.390 192.833 0'01.351  3/ 4
4  7 高橋 国光             ローラT90-50 MF-308 1'49.776 192.154 0'01.737  8/ 9
5  5 長谷見 昌弘           ローラT90-50 MF-308 1'50.035 191.702 0'01.996  6/ 7
6 36 R.ラッツェンバーガー ローラT90-50 MF-308 1'50.059 191.660 0'02.020  9/10
7 25 J.ハーバード         レイナード90D MF-308 1'50.085 191.615 0'02.046  2/ 6
8 16 関谷 正徳             レイトンハウス90BMF-308 1'50.107 191.577 0'02.068  5/ 6
9 18 T.ダニエルソン       ローラT90-50 MF-308 1'50.475 190.939 0'02.436  3/ 4
10  9 中谷 明彦             ローラT90-50 MF-308 1'50.934 190.149 0'02.895  2/ 3
11 22 太田 哲也             ローラT90-50 MF-308 1'51.124 189.824 0'03.085  7/ 8
12 17 岡田 秀樹             レイトンハウス90BDFV    1'51.167 189.750 0'03.128  2/ 6
13 27 マウリジオ.S.サラ   ローラT90-50 MF-308 1'51.420 189.319 0'03.381  6/ 7
14  2 中子  修             ローラT90-50 MF-308 1'51.876 188.548 0'03.837  7/10
15 33 清水 正智             ローラT90-50 MF-308 1'51.978 188.376 0'03.939  3/ 5
16 20 金石 勝智             ローラT89-50 MF-308 1'52.016 188.312 0'03.977  5/ 6
------------------------------------------------------------------------------
ペナルティ No.33 共通規則第15条-13)違反により罰金5万円を課した。
No.25  競技規則L項4章G違反により該当周回のタイムを削除した。
------------------------------------------------------------------------------
                         QFF00654 児玉/鈴鹿

その他

鈴鹿F3000 予選1回目速報

《ミリオンカードカップレース Rd.3
         鈴鹿F3000 予選1回目結果 速報》
☆ Aグループ
 1. 34 M.マルティーニ
2.  19 星野 一義
3.   8 松本 恵二
4.   7 高橋 国光
5.   5 長谷見 昌弘
6.  36 福山 英夫
7.  26 和田 孝夫
8.  16 関谷 正徳
9.  18 T.ダニエルソン
10.   9 中谷 明彦
☆ Bグループ
 1. 35 J.クロスノフ
 2.  25 J.ハーバート
3.   1 小河  等
4.   3 片山 右京
 5.  51 鈴木 利男
 6.  43 松田 秀士
 7.  21 影山 正彦
 8.  10 V.ヴァイドラー
 9.  55 E.ベルタッジア
10.  15 C.ダナー
           * FMOTOR4 Sub-sysop * 新倉 芳夫 / PBA00065

その他

ミリオンROUND3 F3 エントリーリスト

ミリオンカードカップレースROUND3鈴鹿  F3  エントリーリスト
---------------------------------
2 高村 一明     ラルト RT34 MF204   SUPER HAKKAラルト
5 服部 尚貴     ラルト RT33 MF204   カワイスチール・LGCOXRT
6 田中 哲也     ラルト RT34 GX      カワイスチール・LGCOXRT
7 舘  善泰     ラルト RT34 3S-G    トムスラルトRT34
8 V.ROSSO ラルト RT34 3S-G    トムスラルトRT34
9 粕谷 俊二     ラルト RT34 3S-G    トムスラルトRT34
10 伊藤 直澄     ラルト RT33 MF204   GIZAHOUSERT33無限
11 萩原 英明     ラルト RT33 MF204   LUSORALTRT-33無限
12 福山 英夫     ラルト RT33 3S-G    ICM ZYTER RT-33
13 奥貫  直     ラルト RT33 MF204   IkegamiラルトRT-33
14 藤村 春輝     ラルト RT32 3S-G
15 細野 智行    ラルト RT33 3S-G    VANチャケットシミズRT33
16 高橋 洋二     ラルト RT33 MF204   ラルトRT33無限
17 夏川 竜一     ラルト RT33 MF204   CHERENAラルト無限
19 田嶋 栄一     ラルト RT34 MF204   ベネトンRT34ムゲン
21 見崎 清志     ラルト RT34 MF204   ワタナベRT34
22 和田  久     ラルト RT33 MF204   CAPCOM RT33無限
23 浅見  武     ラルト RT33 MF204   ラルトRT-33無限
24 水野 文則     ラルト RT34 MF204   WARP RALT RT-34
25 森本 晃生     レイナード903MF204   ピザボーイ号REYNARD90
26 萩原  修     ラルト RT34 MF204   GRAND SLAM RT34
27 羽根 幸治     ラルト RT34 MF204   VEHICLE AD RT34
28 西垣内 正義   ラルト RT34 MF204   5ZIGEN☆RT34無限
29 大文字 良浩   ラルト RT32 3S-G    LUSTY&ラッキーベニー
30 近藤 真彦     ラルト RT33 MF204   日石IMPUL無限
31 横島  久     ラルト RT34 MF204   TAKASUCLINICRT3
33 藤永 敬道     ラルト RT34 MF204   Daiichi-RT34無限
34 檜井 保孝     ラルト RT33 3S-G    Daiichi-RT33トムス
35 井上 俊一     レイナード893CA18D   エース引越しカストロール893
38 松井 茂樹     ラルト RT34 MF204   RT34無限
43 井倉 淳一     ラルト RT34 MF204   CITY LIFE43ラルト
50 田中 壮一郎   ラルト RT32 3S-G    シキシマRS・WPラルト
52 石川  朗     ラルト RT34 MF204   CAPCOM RT34無限
54 岡本 幸夫     ラルト RT34 MF204   NIKKODO・BMBRT34
55 柏原 浩一     ラルト RT33 MF204   RALT RT33無限
56 篠塚  進     ラルト RT33 MF204   SOMETHING GOOD
59 前田 信哉    Uニjト RT34 MF204   REGULUS&寿RT34無限
61 土屋 圭市     ラルト RT34 MF204   ENDLESSラルト無限ーI
62 藤村 満男     ラルト RT34 MF204   ENDLESSラルト無限-I
63 中島 禎史     ラルト RT34 MF204   OMMGエンドレスラルト無限
65 加藤  徹     ラルト RT33 3S-G    I.PROGRESSラルト33
66 中川 隆正     ラルト RT34 MF204   TAKE ONEラルトRT34
68 仲沢 清士     ラルト RT32 GX      KNスポーツOMF池谷32VW
72 戸田 哲史     ラルト RT34 CA18D   FUJIラルト
76 井上 隆智穂   ダララ390  MF204   クリアリーカナディアン・ダララ
77 鈴木 錦治     ラルト RT34 MF204   YANAGAWA・RT34無限
81 影山 正美     ラルト RT34 CA18D   オロナミンCRT34TOMEI
82 西沢 ひろみ   ラルト RT34 MF204   ラルトRT-34
84 岡田 晃典     ラルト RT34 CA18D   ファミリーマートニッサンRT3
85 原  貴彦     レイナード903MF204   CABINREYNARD903
88 藤沼 健一郎  ラルト RT34 3S-GG   リーガルRT34ムゲン
90 古谷 直広     ラルト RT34 MF204   セキスイツーユーホームラルト
98 本山  哲     ラルト RT33 MF204   浅田飴パッションRT33無限
---------------------------------
                   QFF00654 児玉/鈴鹿

その他

ミリオンROUND3 F3000 エントリーリスト

1
ミリオンカードカップレースROUND3鈴鹿  F3000  エントリーリスト
---------------------------------
1 小河  等     ローラT90-50 MF-308 KYGNUSTONENLOLA
2 中子  修     ローラT90-50 MF-308 CHERENA LOLAT90
3 片山 右京     ローラT90-50 DFV    CABIN T90
5 長谷見 昌弘   ローラT90-50 MF-308 スピードスターダンロップローラ
7 高橋 国光     ローラT90-50 MF-308 ADVANLOLAMF-308
8 松本 恵二     ローラT90-50 MF-308 ワタナベダンロップT90/50
9 中谷 明彦     ローラT90-50 MF-308 SUNTORYWESTLOLA
10 V.ヴァイドラ ローラT90-50 MF-308 PLUS LOLA
11 R.チーバー   レイナード90D MF-308 ワコールダンロップ90D
12 佐藤 浩二     レイナード90D MF-308 PIAAレイナード90D
15 C.ダナー     レイトンハウス90BMF-308 レイトンハウス90B無限
16 関谷 正徳     レイトンハウス90BMF-308 LEYTONHOUSE90B
17 岡田 秀樹     レイトンハウス90BDFV    レイトンハウス90B
18 T.ダニエルソ ローラT90-50 MF-308 コスモオイルダンロップT90/
19 星野 一義     ローラT90-50 MF-308 CABIN T90無限
20 金石 勝智     ローラT90-50 MF-308 MOLA C2 T90
21 影山 正彦     ローラT90-50 MF-308 KYGNUSTONENLOLA
22 太田 哲也     ローラT90-50 MF-308 CSK T90/50
24 黒沢 琢也     レイナード90D MF-308 taka-QREYNARD90
25 J.ハーバード レイナード90D MF-308 伊太利屋REYNARD 90D
26 和田 孝夫     ローラT90-50 MF-308 TENORAS・ADVAN90
27 マウリジオ.S ローラT90-50 MF-308 CLUB ANGLE T90
28 茂木 和男     ローラT89-50 DFV    ローラT89
30 岩城 滉一     ローラT90-50 MF-308 MEITEC LOLA T90
31 池谷 勝則     ローラT90-50 MF-308 VIPバケーションT90
33 清水 正智     ローラT90-50 MF-308 トライデントローラT90
34 M.マルティニ ローラT90-50 MF-308 SANYOEXCEDIOTAK
35 J.クロスノフ ローラT90-50 MF-308 URBANET LOLA
36 福山 英夫   ローラT90-50 MF-308 チームノジローラ90T
43 松田 秀士     ローラT90-50 DFV    KONAMIRACINGT90
51 鈴木 利男     ローラT90-50 MF-308 UNIVERSAL LOLA
55 E.ベルタッジ ローラT90-50 MF-308 FootworkLOLAT90
---------------------------------
                   QFF00654 児玉/鈴鹿

その他

JSPC第5戦菅生500kmリポート

●長谷見/オロフソン優勝!
 星野/鈴木、優勝を逃す!
 9月16日12時34分、菅生で初のグループCレースがスタートした。スタートから飛
び出したのはポールのリースがドライブするタカQトヨタ90C-V。その背後には予選4
位、2列目からダッシュした星野(カルソニック・ニッサンR90CP)と予選2位だった
長谷見(YHPニッサンR90CP)が続く。
 星野はリースに猛チャージをかけてトップに躍り出る。その後、1回目のガス給油
で以前にも発生したガソリンのベーパーロック症状が出て、エンジンの再始動が少し
遅れ、鈴木利男に交代したカルソニック・ニッサンは、オロフソンに続く2位に。鈴
木利男は1秒以内にまで追い上げ、90周目に最後の給油とドライバー交代。
 しかしここでまたガソリンのベーパーロックが発生。90リッターのガソリン給油は
90秒で終了していたが、エンジンがかからなくなってしまう。ようやくエンジンがか
かり、星野がピットを後にしたが、ピットストップタイムは2分38秒。ここで4位ま
でダウン。ここから星野の激しい追い上げが始まった。他のマシンが1分20秒以上の
ペースで走る中、ただ1台、1分16秒台のハイペースで追い上げ、スタンドをわかせ
る。そしてついにフーシェ/アンドスカーの日石トラスト・ポルシェを第1コーナー
でとらえるが、オーバースピードで外にふくらんでしまい、日石トラスト・ポルシェ
に抜き返される。ここで張り詰めていた星野の緊張の糸もほぐれてしまったようだっ
た。
 この間に逃げた長谷見/オロフソンのYHPニッサンが菅生500kmの初のウィナーと
なり、終盤、日石トラスト・ポルシェをとらえたディケンズ/ホイのタイサンSGア
ルファ・ポルシェが2位、日石トラスト・ポルシェが3位。星野/鈴木利男のカルソ
ニック・ニッサンは4位となった。
 このレース終了後、ニッサンチームの関係者は、もし来年、IMSAでグループCカー
が走れるようならば、デイトナ24時間レースとセブリング12時間レースに挑戦したい
と述べていたそうだ。現在、WSPCでターボ車を走らせていたヨースト、クレマーなど
からIMSAに問い合わせが集中しているとのことだ。
 なお、5位に入ったラッツエンバーガー/長坂のデンソー・トヨタは89C-Vを使用。
2位に入ったタイサンSGアルファ・ポルシェには、今回、高橋健二が搭乗していな
い。
  (電話/FAXリポート from 菅生)
  FMOTOR4 SysOp/すがやみつる(SDI00104)

その他

菅生500km燃料補給集計

菅生インターナショナル500kmレース燃料補給集計表
No. タンク容量  燃料補給  燃料補給  燃料補給  総補給量
        1回目   2回目      3回目
 2 99   92.9  82.9        274.8
 7 99   R
21 99   88.7  79.2        264.9(OF▲2.0)
23 99   87.0  88.0        274.0
24 99   83.1  92.6        273.3(OF▲1.4)
27 99   88.0  88.0        275.0
33 98.5 59.8  19.2  R
36 98   80.5  92.0        269.8(OF▲0.7)
37 98   88.1   6.8  80.0  272.9
39 99   87.7  87.0        273.7
55 96.5 69.0  96.0  10.0  271.5
85 99   29.0 57.0   36.3 6.1    45.8  273.2
88 99   91.0  R
100   98.7 93.4  82.9        275.0
201  99   R
202  99   94.0  81.2        274.2
230  98   81    80          259.0
資料提供スポーツランド菅生

その他

JPSC第5戦菅生500kmレース結果

SUGO, JAPAN-RIJ-(1990-09-16) Provisional results for the All Japan Sports
Prototype Championship Rd.5, The Sugo 500km Race, 135 LAP race:
POS-GRD-CAR#-DRIVER(S)------------------------CAR-------------LAPS--Time-----
1   2 24   M.Hasemi/A.Olofsson(S)           Nissan R90CP    135 3H01:20.896
2   8 2    Dickens(S)/Hoy(GB)/Ke.Takahashi  Porsche 962C    135  - 0:12.196
3  10 100  G.Fouche(ZW)/S.Andskar(S)        Porsche 962C    135  - 0:20.024
4   4 23   Kaz.Hoshino/To.Suzuki            Nissan R90CP    135  - 0:23.647
5   5 39   Ratzenberger(A)/N.Nagasaka       Toyota 90C-V    134    1 LAP
6   3 36   M.Sekiya/H.Ogawa                 Toyota 90C-V    134    1 Lap
7   7 27   A.Nakaya/V.Weidler(D)/Y.Hane     Porsche 962C    134    1 Lap
8   1 37   G.Lees/P.H.Raphanel              Toyota 90C-V    133    2 Laps
9  11 55   Schuppan(AUS)/Elgh(S)/Mezera(CZ) Porsche 962C    132    3 Laps
10   6 21   C.Los(GR)/Kaneishi/Matsuda       Spice 90C DFZ   131    4 Laps
11  14 202P Y.Katayama/T.Yorino/Y.Terada     Mazda 787       130    5 Laps
12  13 85   T.Wada/O.Nakako                  Nissan R90V     125   10 Laps
13  17 230P Shiratori/Fujii/S.Suzuki         Mazda 767B      119   16 Laps
---------------------------------------------------------------------
14  16 88   J.Yoneyama/H.Fukuyama/H.Gotoh    BB90R Cosworth   68   67 Laps
15  15 33   B.Wollek(F)/J.Herbert(GB)        Porsche 962C     38   97 Laps
16   9 201P D.Kennedy(IRL)/P.Deudonne(B)     Mazda 787        27  108 Laps
17  12 7    T.Needel/D.Bell(GB)              Porsche 962C      1  134 Laps
Winner's Ave. 165.452km/h.
Best lap: Kazuyoshi Hoshino 1:16.010,  96/135 lap. (175.442 km/h)

その他

JSPC第5戦菅生500km予選結果

SUGO, JAPAN-RIJ-(1990-09-15) Results from qualifying session for
Japan Sports Prototype Championship Rd.5 Sugo 500km Race:
POS-CAR#-DRIVER(S)------------------------CAR-------------TIME------SPEED--
1 37   G.Lees/P.H.Raphanel              Toyota 90C-V    1:11.910 185.444
2 24   M.Hasemi/A.Olofsson(S)           Nissan R90CP    1:11.964 185.305
3 36   M.Sekiya/H.Ogawa                 Toyota 90C-V    1:12.214 184.663
4 23   Kaz.Hoshino/To.Suzuki            Nissan R90CP    1:12.352 184.311
5 39   Ratzenberger(A)/N.Nagasaka       Toyota 90C-V    1:13.291 181.950
6 21   C.Los(GR)/Kaneishi/Matsuda       Spice 90C DFZ   1:13.421 181.628
7 27   A.Nakaya/V.Weidler(D)/Y.Hane     Porsche 962C    1:13.949 180.331
8 2    Dickens(S)/Hoy(GB)/Ke.Takahashi  Porsche 962C    1:14.183 179.762
9 201P D.Kennedy(IRL)/P.Deudonne(B)     Mazda 787       1:14.589 178.784
10 100  G.Fouche(ZW)/S.Andskar(S)        Porsche 962C    1:14.597 178.764
11 55   Schuppan(AUS)/Elgh(S)/Mezera(CZ) Porsche 962C    1:14.814 178.246
12 7    T.Needel/D.Bell(GB)              Porsche 962C    1:15.061 177.659
13 202P Y.Katayama/T.Yorino/Y.Terada     Mazda 787       1:15.335 177.013
14 85   T.Wada/O.Nakako                  Nissan R90V     1:15.690 176.183
15 33   B.Wollek(F)/J.Herbert(GB)        Porsche 962C    1:18.043 170.871
16 88   J.Yoneyama/H.Fukuyama/H.Gotoh    BB90R Cosworth  1:18.107 170.731
17 230P Shiratori/Fujii/S.Suzuki         Mazda 767B      1:25.793 155.436
18 1    Kuni.Takahashi/K.Mogi            Porsche 962C    Did Not Start.
 No.1 アドバン・ポルシェは13日の練習中、最終コーナーでクラッシュ、大破。今回は欠場となった。高橋国光選手は軽いムチ打ちの模様。

その他

F3参戦レポート JULY9RACING細野智行

     ’90 RACE DE NIPP●N
       全日本F3選手権 第7戦
       参戦レースレポート No17
                      レーシングドライバー 細野 智行
 今年も、レースドニッポンの季節がやってきました。やっぱり筑波のリースドニッポ
ンというと、暑い!真夏!って印象がどうしてもします。そして、ほんの3年程前まで
は暑い中、自分のレース活動の合間に観戦していたこのレースも、昨年はF3クラスに
初めてエントリーしましたが、5/100秒差でDNQとなり筑波F3レースの厳しさ
を味わったものでした。そのレースドニッポンが、今年もやってきました。やはり天気
は照りつけるような夏の太陽の下、今年もいろんな事があました。
8月17日(金) 僕にとって2週間続けての筑波サーキットは、お盆をはさんで先週
の9時間耐久レースからすっかり模様替えされ、レースドニッポンの
雰囲気そのものでした。パドックはグループAマシンとF3マシンが
運び込まれ、9時間耐久の時とはまた違ったムードでした。
 公開練習は金曜日より始まりしまた。走行は2回、35分間が2回
です。マシンは前回のSUGOのレースの時のクラッシュを急ピッチ
で直してなんとか間に合いました。また、今回はメンテナンス(整備
)をやって頂いているトリイレーシングさんが、同日開催されるグル
ープAも担当しているため、若干いつものメンバーと違います。僕の
方は月曜日から水曜日まで自宅で過ごし、木曜日にはサーキットへ入
っていました。
 そして、金曜日。公開練習がはじまりました。気温は午前中であり
ながらかなり上がっていました。2周目のピットイン、フロントの挙
動が安定しません。マシンの性質が極端をオーバーステアなのです。
僕はメカさんに、必死にそれを訴えました。病状はこうでした。最終
コーナでステアリングの切り角を一定で、アクセルも一定の状態でマ
シンがどんどんイン側に入っていってしまうのです。僕達ドライバー
がよく言うところの、巻き込み症状です。
この日、1回目、2回目の走行中に色々とこの病状に対して対策をし
ました。もちろん走るラインもいろいろアタックしてみました。
しかし、オーバーはなかなか消えてくれません。キャンパー・トーイ
ンウイング・スフリングプレロードなどいろんなセットを試しました
 そして、この日のベストタイムは55秒フラット
 僕たちのチームに、不安の空気がただよいはじめていました。「こ
のままのタイムでは予選が?? 明日新品タイヤを付けてどれだけタ
イムアップが期待できるか?」マシン状態も極端に良くなっしはいま
せん。スタッフ全員、うつむきかげんでこの日の夜を迎えたのです。
8月18日(土) ついに予選日になりました。全てがこの日に決まってしまいます。
特に、筑波の予選はシビアです。いつもよりグリッド数が少なく、コ
ースを狭いためクリアラップを取るのが困難になります。タイムも
1/100秒単位で順位が入れ代わってしまうのです。
そんな予選を前にして、僕は朝のフリー走行を走りました。しかし、
マシンの状態はまだオーバーステアがきつく、いまひとつでした。タ
イムも54秒91と思っていた程上がりませんでした。スタッフも僕
も焦っていました。とにかくこのままでは・・・・・・・・・・・
しかし、そんな中僕は走り方をすこしづつ変えていました。決して乗
りやすい状態ではありませんでしたが、タイムを出すためにはどうす
ればいいかそれでけを考えていました。
 公式予選が始まりました。後は、僕が頑張るしかありません。タイ
ムアタック出来るのは20分間の中僅か数周。とにかく、必死で走り
ました。正直いって結果は後からついてくるものだと思っていました
。自分の力の限り、精一杯走りました。ピットでは、P13のサイン
タイムは、それまでのベストの54秒70が出ていました。そして予
選は終わり、僕はA組13位でした。
 このサーキットのグリットは25台。ようするに、片方の組から1
台多く出ることになります。そして、その基準タイムがトップとのタ
イム差なのです。
 僕のタイムは54秒70。そして、トップは53秒94でした。そ
の差は、0.76秒です。B組では13位とのトップ差が1.1秒も
あったため、A組の僕が予選を通過する事が出来ました。ちなみに、
A組はみんなタイムが良く、僕のタイムはB組ではクラス9位のタイ
ムでした。
 筑波の予選は、このように各クラス上位12~13台、しかもタイ
ム差は1秒無いとあって、ひとつリズムを崩してしまうとたちまちこ
のような心配をしなければならなくなってしまうのです。そして、セ
ッティングを完全に出すことの出来なかった自分にも、深く反省しま
した。しかし、決勝グリットを手にできたの時は本当に”ほ~”っと
しました。
 本当に皆さんに感謝しています(心に残る、厳しい予選でした)
8月19日(日) 朝のフリー走行は、AM8:30からでした。この日、ホテルを出
たのはAM6:00。これは、混雑を予想しての行動でした。お客さ
んのお目当ては、F3レースとグループA。特に関東で初めて走るス
カイラインGT-Rをひとめ見ようと、朝早くから沢山のお客さんが
サーキットへつめかけるため、僕たちエントラントも早起きをした訳
けなのです。ドライバーが遅れてはしょうがないですからね。
 しかし、前売り券が4万枚売れたとゆう噂とおり、その時間でもサ
ーキットの周りは大渋滞でした。何とかパドックまでたどりつき、A
M8:30、F3のフリー走行がはじまりました。マシンのバランス
は少しづつ良くなっていました。内心、決勝レースがだんだん楽しみ
になっていました。このところレースで、自分としてはしなり競り合
いに自身を持っていました。レースがスタートすれば、駆け引きでは
負けない気がしていました。
 AM11:00過ぎ、決勝レースがスタートしました。僕は第一コ
ーナーまでで、2台をバス。トラブル二も巻き込まれずに1周目をク
リア。追い上げをはじめました。まずは、すぐ前を走るレイナード9
03。そのマシンは既に、1周目に接触をしたようで最終コーナーで
もふらついていました。そして,メインストレートに戻り僕はすかさ
ずそのマシンのインへ入りました。2台はそのまま第1コーナーへ、
その時僕の目の前にアウト側からそのマシンが・・・・・・・・・
 ダメージは、思った以上に大きいものでした。コーナーを曲がった
後左前から異音がでるのです。そして、右コーナーをまがる時全然ス
テアリングが効かないのです。実はそうではなく、ステアリングを切
っても、マシンが曲がっていなかったのです。左フロントウイング大
破でした。僕は一瞬迷いました。「このままピットへ入るか?それと
もレースを続けるか?」しかし、1~2周してみてもコントロールタ
ワーからはオレンジボールも出されることもなく、僕はそのままレー
スを続行しました。とにかく、右周りのサーキットで右コーナーでの
フロントのダウンフォースが無いのですから、大変です。最終コーナ
ーでき高速時では、ちょっと気を抜くとあっとゆうまにアウト側にマ
シンをもっていかれてしまい、何回となく飛び出しそうになってしま
いました。
 既に、追い上げをするには非常に厳しい状況になっていましたが、
レースは最後まで走ってこそレース。僕は何がなんでも完走する気で
いました。この5万の観衆の中、最後まで走りきるのもまた、レース
だと思いました。
 コクピットの中で、リヤのスタビライザーの調整をフルハードにし
アクセルワークを微妙に行い、何とか45周を走りきることができま
した。レース中のベストタイムも、55秒11でトップから1秒も落
ちずに走る事が出来ました。
 結果は19位。いつもの倍はレースをした気がしました。チェッカ
ーフラッグを受け、パドックにマシンを止めると僕はコクピットから
降り、マシンのフロントを見ました。ウイングはいやってほど曲がり
、その半分は路面にこすれて削り取られていました。僕は自分のマシ
ンの尊さを感じました。
 とにかく、今回のレースは前半に接触してしまい、いいレースをお見せすることが出
来ず、自分としては力不足を感じています。しかし、あのマシンの状況の中45周のレ
ースをペースを落とさず走れた事は、ドライバーの僕にとって非常に得たものは多かっ
た気がします。次回の9月の鈴鹿では練習走行を充分に取り、今年前半のリズムを取り
戻し上位を確実に狙いたいと思います。
 関係者の皆様、ご支援有り難うございまた。次回9月23日鈴鹿サーキットで行われ
る第8戦も、自分の力を充分に出せるよう頑張りたいとおもいます。
                              細野 智行
---------------------------------------
 これは、F3ドライバー細野 智行選手がスポンサーを始めとするレース関係者宛に
だしている手記です。
                    提供:July9RACING
                    Flying Saucer RACING/鈴木規之/PFG01270

その他

レイトン鈴鹿F3000テスト情報

LEYTON HOUSE RACING TEAM
   PRESS INFORMATION
F3000タイヤテスト 1990年9月11日 火曜日 鈴鹿サーキット
 9月23日のレースに向けてのタイヤテストが、9月11~12日にかけて行われ
る。今日はその1日目。レイトンハウスの2台は、8月20、21日のテストの時と
ほとんど同じ仕様の車を持ち込むが、それに加え新仕様のフラップと翼端板を持つフ
ロントウイングを用意している。
 クリスチャン・ダナー、関谷正徳ともに前回のテストでは試せなかった新しいレー
ス用ソフトコンパウンドのタイヤを履いてコースイン。数周のウォームアップのあと、
まず関谷が1分52秒63を出す。その後も10周にわたり52秒後半か53秒前半
をコンスタントに記録。順調な滑り出しを見せる。ダナーも54秒から55秒で数周
したあと、1分52秒85のベストタイムを出し、順調なところを見せていたが、1
5周を過ぎた頃にリアのホイールが破損するという思いがけないトラブルに見舞われ
コースアウト。午前中の走行をそこであきらめることになってしまう。ダナーの車は
フロントの翼端板とアンダーフロアを破損したが、午後の走行までには修復可能であっ
た。
 なお、午後のテスト中、関谷がクラッシュ。レースが2週間後に控えているため、
チームではそこでテストを中止。12日の走行もキャンセルする決定を下した。
●タイムデータ
順 ドライバー       午前        午後
------------------------------
 1 片山 右京    1分52秒18   1分47秒98#
 2 星野 一義    1分51秒84   1分48秒35#
 3 V.バイドラー  1分52秒78   1分48秒84#
 4 小河  等    1分52秒54   1分49秒18#
 5 M.マルティニ  1分53秒00   1分49秒48#
 6 影山 正彦    1分52秒42   1分49秒60#
 7 長谷見昌弘    1分51秒69   1分49秒60#
 8 中谷 明彦    1分53秒14   1分49秒76#
 9 松本 恵二    1分52秒71   1分51秒08#
10 J.クロスノフ  1分51秒39#  1分52秒64
11 R.チーバー   1分52秒05   1分51秒46#
12 佐藤 浩二    1分53秒00   1分51秒60#
13 E.ベルタッジア 1分52秒70   1分51秒95#
14 関谷 正徳    1分51秒94#  1分52秒09
15 松田 秀士    1分52秒32   1分52秒05#
16 高橋 国光    1分53秒25   1分52秒18#
17 T.ダニエルソン 1分53秒66   1分52秒34#
18 中子  修    1分54秒87   1分52秒47#
19 和田 孝夫    1分52秒65   1分52秒52#
20 M.S.サラ   1分53秒48   1分52秒52#
21 鈴木 利男    1分52秒91   1分52秒63#
22 C.ダナー    1分52秒85   1分52秒76#
23 岡田 秀樹    1分52秒88#  1分52秒90
24 金石 勝智    1分54秒38   1分53秒18#
25 茂木 和男    1分53秒45#    -----
26 黒沢 琢弥    1分53秒97#    -----
27 R.ラッツェンバーガー 1分54秒16# -----
  提供:レイトン・インターナショナル
 なお、この鈴鹿のテストでは、F3で活躍する古谷直広選手などが童夢チームのオー
ディションを受けており、古谷選手は来シーズン、童夢からF3000に出場する公算が強
い模様。

その他

CABIN:F3000第7戦富士リリース

CABIN RACING TEAM RACE INFORMATION
                            1990年9月5日
『第7戦 富士』 1-2 Formation for targets
星野4勝目で王座へ王手。片山初の2位入賞。
星野一義 予選A組1位 決勝 優勝
片山右京 予選A組3位 決勝2位
 まず星野一義が、そして片山右京が表彰台へ上がった。CABIN日本インターナ
ショナルフォーミュラ選手権レース以来2回目の、2人揃って受けて表彰である。優
勝者の星野は、傍らに立つ片山の腕をとって上げて見せた。大先輩であり、かつ同僚
でもある星野が、彼を追い掛ける頼もしい若者を祝福する。シリーズ後半に約束され
ていたキャビン・レーシングチームの総攻撃は、星野の2連勝による4勝目、片山の
初の2位入賞と、キャビンアローのワン・ツー・フィニュッシュで現実の姿を現し始
めていた。
 1990年全日本F3000選手権第7戦が、9月1日(土)、2日(日)静岡県
・富士スピードウェイで開催された。キャビン・レーシングチームはこのレースに星
野一義、片山右京の陣容で参戦した。星野、片山ともにマシンは前回第6戦における
仕様に準じたもの。ただし、星野はレース用に第6戦で優勝したシャシーを選択、菅
生で実戦投入した新しいシャシーはTカーとしている。
<体制>
キャビン・レーシングチームwithインパル
ドライバー :星野一義
監督    :金子 豊
マシン   :ローラT90-50/無限(Tカー ローラT90-50/無限)
キャビン・レーシングチームwithヒーローズ
ドライバー :片山右京
監督    :田中 弘
マシン   :ローラT90-50/DFV(Tカー レイナード89D/DFV)
<公式予選>
 残暑の富士スピードウェイで公式予選は始まった。星野、片山ともに予選A組から
の出走だ。コースクリアが遅れてセッションのためのコースオープンが5分延期され
た後、予選が開始された。星野、片山とも1セット目の予選用タイヤを装着して早々
にコースインする。
 星野と片山は並んでゆっくりとコースを1周し、ピットに戻った。星野はそのまま
タイムアタックの機会を待って待機に入ったが、片山はピットクルーと短い打ち合わ
せをした後に再びコースイン、タイムアタックに入った。ここで片山が記録したタイ
ムは1分19秒511。
 セッションの残り時間15分となった頃、星野はようやくエンジンを始動させた。
時を同じくして、1回目のタイムアタックを終えピットに戻っていた片山もコースイ
ンのために動きだしていた。片山は2セット目の予選用タイヤを装着、勝負をかける
構えだ。
 コースに飛び出した星野は、狙い定めたように1分18秒502を記録、予選A組
の首位へ躍りだした。続いて片山が1分18秒555を記録。星野に続く予選A組2
位へと進出だ。星野は、追従するライバルがいないことを確認して、2セット目の予
選用タイヤは温存したまま1回目のセッションを終えた。
 午後、空には雲が流れて日差しが弱まり気温が低下した。午前に比べると予選走行
のための条件は好転した。午前のうちに2セットの予選用タイヤを使ってしまった片
山には不利な流れだ。片山は既にタイムアタックに使用したタイヤを再び装着してコー
スインするが、タイムを更新することは難しかった。この為に関谷選手が片山の記録
を上回り、片山は予選A組3位に甘んじた。
 一方、星野は温存していた2セット目のタイヤを装着して2回目のタイムアタック
に出撃、さらにタイムを短縮してA組首位の座を安泰なものとして予選を終えた。
星野一義:1分17秒965 A組1位
 「2回目のアタックでは、17秒前半のタイムを記録するつもりだった。でも遅い
クルマにひっかかってしまったんだ。だから、マルティニ選手にポールを取られたの
は悔しいけど、仕方ない。予選の勝負どころは午後だと最初から決めていた。金曜日
の午後の天候のデータを見ても、午後の方がコンディションが良くなることが予想で
きていたんだ。いろんなデータを蓄積してきたチームの力ってやつだよね。菅生と前
回の富士の1回目の予選は、本当に悩み抜いたよ。でも、その悩みを突破しようとし
たから今の自信があるんだ。新しいシャシーの何が悪かったのか、今でもわからない。
とにかく乗りにくかった。しかもスプリングを替えようが何をしようが、その乗りに
くさが変化しなかった。思い通りに動いてくれる乗り慣れたマシンに戻っただけで、
今日のぼくは幸せだよ。今は自信満々なんだ。」
金子 豊監督
 「1セット目で首位が取れたから、安心して2セット目を午後にまわせたね。今回
も、開幕戦から使っていたシャシー。シーズン残りもこのまま使うつもりでいます。
新しいシャシーの問題は、多分モノコックの品質のバラつきだろうと思います。どう
も剛性に問題があるみたいですね。」
片山右京:1分18秒555 A組3位
 「大失敗の予選です。全部、ぼくの責任。監督にはメチャメチャに叱られました。
1セット目のタイヤで走り出したとき、100Rでハーフスピンしちゃったんです。
前の時間帯に走っていた2輪がオイルをこぼしていたみたいなんです。それに乗って、
ズルッときちゃった。その後に今度はBコーナーで遅いクルマにひっかかって、もう
駄目。あまりにもタイムが悪かったでしょ。もし午後に雷雨でもきたらどうしようも
ないから、仕方なく2セット目を使ったんです。午前のうちにそこそこのグリッドを
手に入れておく必要がありますから。このせいで条件の良くなった午後にタイムを縮
めることができなかった。でも、決勝の走りには最近絶対の自信があるんです。だか
ら決勝ではやりますよ。前回みたいにベストラップをどんどん出していくつもりでい
ます。とはいってもタイヤを消耗しては仕方ないから、序盤はタイヤに無理をかけず
に様子を見て、後半に勝負をかける。これが決勝の作戦です。」
田中 弘監督
 「1セット目のタイムでは9位でしょう。これでは我慢ができなかった。午後、気
温が上がるかもしれないし、雷雨注意報も出ていたからまた夕立でも来たらおしまい
でしょう。だから仕方なく2セット目を使った。右京はまだ予選用タイヤの使い方を
誤解している。コーナーに速く入って、そのまま速く抜けようとしている。でも、タ
イヤのグリップには限界がある。その限界を越えないような繊細さが必要なんです。
それなのに、気持ちがそういう条件を飛び越えていってしまうんだ。」
<決勝レース>
 決勝スタートを前にして、富士スピードウェイは薄曇りとなり気温は28度と予想
ほどには上がらなかった。そして切られた決勝スタート、アウト側からスルスルと加
速したのは星野だった。絶好のスタートを見せた星野はポールポジションの,アルティ
ニ選手にアウト側から並びかかり、直線が終わる手前でかぶせることに成功、首位を
奪って1コーナーを通過した。
 3列目からスタートした片山も快調で、1周を終えた2度目の第1コーナー手前で
チーバー選手に襲いかかり、4位へ進出。次の周では関谷選手を下して3位を奪うと
いう積極的なレースを見せる。
 5周目、マルティニ選手が星野にアタックして首位を奪い返すが、星野はマルティ
ニ選手の背後にピタリとつけて離れない。およそ0秒5の間隔を保ったまま、マルティ
ニ選手が1分19秒台のタイムに乗せれば、星野も1分19秒台のタイムで対抗、緊
迫した首位争いが続いた。
 14周目、マルティニ選手がヘアピンで隙を見せたところで星野が勝負をかけるが、
惜しくも順位を入れ替わるには至らなかった。しかし星野は次の周での1コーナーで
思いきり減速を遅らせてアウト側からマルティニ選手に攻めかかる。星野は力づくで
マルティニ選手を抑えこみ首位を奪回したが、わずかにオーバースピードで姿勢を崩
し、その間に再びマルティニー選手の先行を許してしまった。
 星野の闘志は衰えない。星野は周回毎にマルティニ選手との間隔を縮めていき、2
3周にはまたマルティニ選手の背後に追いついた。25周目の第1コーナー、星野は
再びマルティニ選手に襲いかかる。この時点で速さに明らかな差があったマルティニ
選手は、今度はアウト側にマシンを寄せて星野に進路を開けた。星野はその力で首位
に返り咲いたのだった。
 一方、片山は星野の背後を走りながら苦戦に陥っていた。クラッチの不調のためペー
スが上がりきらず、21周目に小河選手に3位の座を譲っていた。右京をパスした小
河選手はマルティニ選手をも捉え、星野追撃にかかった。
 星野と小河選手はほぼ同じペースで走りながら、緊張感に満ちたレースを展開した。
しかし、ストレートの伸びでわずかに優る小河選手がじわじわと星野に迫る。星野は
41周目、惜しくも小河選手にストレートで並びかけられて首位を奪われてしまった。
 しかし、星野は今シーズンよく口にする「粘り強いレース」を続けた。マシン性能
で劣る分は星野の闘志と技で補う。なにより星野の武器は「勝利への執念」である。
その執念が実るときがすぐにやってきた。43周目ヘアピンで小河選手がスピン、そ
の間に星野が4度目の首位に立ったのだ!と同時に、小河選手の脇を片山もすり抜け
ていった。片山はマルティニ選手がスピンした際に3位へ浮上しており、ここで星野
に続く2位へと進出し、キャビン・レーシングチームのワン・ツー体制が出来上がっ
たのである。
 そしてチェッカーフラッグは振られた。クーリングラップを終えて2台のキャビン
アローがグランドスタンド前に戻ってきた。後半戦、チャンピオン奪取を狙う星野、
初優勝を狙う片山、2人のキャビン戦士にとって、目標が目前にまでやってきたこと
を予感させる光景であった。
星野一義:1時間00分23秒432
 「勝ちは勝ちでも、あまり手放しに喜べないレースだ。優勝を飾れたのは素直に喜
んでいるよ。今はもう次のレースのことを考えている。次のレースはきっと、内容で
勝つ。」
金子 豊監督
 「何が原因なのか、ストレートでスピードに乗りきらなかったね。空力セッティグ
のせいなのか、エンジンに何か問題が発生していたのか、まだわからない。これから
スタッフと相談して原因を解明していかなければいけない。自分の腕ではどうしよう
もないところで苦しんで耐えなければならなかったのだから、星野にとっては勝って
もおもしろくないレースだったろうね。でも、あの状態でマルティニ選手を攻め落と
せたんだし、2位だって守っていけたのだから、原因さえわかれば次のレースは星野
らしいぶっちぎりをみせられるよ。星野自身の調子は今、完調。自信を完全に取り戻
しているから。」
片山右京:1時間00分30秒516 2位
 「17周を過ぎた頃からクラッチがおかしくなったんです。それで4速から5速が
入りにくくなって、ガチャガチャやってた。このせいでタイムがバラついてしまった
のが悔しいですね。それでも、勝負をかける前にいなくなっちゃったけれどマルティ
ニ選手は抜けたと思う。彼はもう限界で走っているのが見えていたから。ギアをガチャ
ガチャやっていたから、そのうちギアボックスもおかしな雰囲気になってきて、終盤
は頼むから壊れないでくれーって、祈りながら走ってましたよ。今日、星野さんの後
ろを走らせてもらったけれど、やっぱり星野さんはうまいや。アグレッシブでいて、
繊細なんですね。今日は星野さんの後ろにいて、とてもいいものを見せてもらったよ
うな気がします。4月の3位よりも嬉しくない内容だったけど、次はもう少し実力を
つけて、心底喜べるレースをやります。」
田中 弘監督
 「クラッチの不調はローラT90-50の持病なんだ。こちらとしても様々な対策
を加えて問題は解決していたんだが、今回また発生してしまったようだ。熱がブレー
キ系の配管に影響してしまうらしい。右京の課題は、レース中のタイムのバラつきだ
な。前のクルマにくっついていっても、コーナーでアクセルを開けるときにどうして
も踏みすぎている。それで少しづつ離されていっちゃうんだ。確かに星野、小河はソ
フトタイヤを選択して、ウチはミディアムだったんだけど。そればかりが原因ではな
い。今の右京の走り方にはミディアムの方が適しているはずだ。しかし、右京の気持
ちとクルマのコントロールがバラバラだからタイムのバラつきになる。小河選手に抜
かれたときも、サッと間隔が開いてしまったでしょう。これは、彼が緊張を持続でき
ないからです。今後はこうした気持ちの持ち方も身につける必要があるだろう。また、
今日の結果はいいところかな。急に1等賞にはなれないよ。3位の次に初めての2位
と、少しづつ上を向いているからいいでしょう。もし可能性があるなら、次の富士だ
ろうと思っている。」
 提供:CABINレーシングチーム事務局

その他

CABIN鈴鹿1000kmリリース

CABIN RACING TEAM RACE INFORMATION
                        1990年8月29日
<第4戦 全日本鈴鹿1000kmレース>
灯火ともらず  カーボンディスク採用、戦力アップを確認
和田孝夫/中子修/マウリジオ・サンドロ・サラ組
予選5位 決勝リタイヤ
 前回のシリーズ第3戦、富士500マイルレースで総合6位に入賞、勢いに乗るキャ
ビン・レーシングチームは、今回のレースで大幅な戦力強化を図った。前回のレース
でもブレーキ性能とその寿命は大きな問題であった。現在、スポーツプロトタイプカー
選手権のレースにおいて、従来型のスチールディスクブレーキと、カーボンディスク
ブレーキの性能差は明らかとなっている。現実問題として、カーボンディスクを装着
しないマシンには優勝争いに加わる権利はないと言ってもいいほどだ。しかし、カー
ボンディスクは非常に高価なパーツである。カーボンディスクを装着して1シーズン
を戦うと、スペアカーのシャシー1台分にも相当するコストがかかるとさえ言われて
いるほどだ。
 なお、チームは炎天下の長い闘いになるこのレースに備え、3人目のドライバーと
してマウリジオ・サンドロ・サラ選手を起用した。
<体制>
キャビン・レーシングチームwithル・マン
 ドライバー :和田孝夫
       :中子 修
       :マウリジオ・サンドロ・サラ
 チーム監督 :武士俣学
 マシン   :CABIN R90V/NISSAN
今回運びこまれたマシンの改良点は以下の通り。
1)従来のスチール製ディスクに替えて、カーボンディスクを装備した。
2)サスペンション、通気孔等の改良は前回の富士500マイルにおける仕様に準じ
たもの。より車高を下げると同時に軽量化が図られている。
3)決勝レースでの夜間走行に備えて、前照灯の整備。
<公式予選>
 マシンにはまず、今回から新たにチームに加わったサラが乗り込み、レース用タイ
ヤを装着してコースイン。足慣らしをした後、1分56秒台を出してピットに戻る。
マシンを引き継いだのは中子。中子は1分57、58秒台の安定したペースでマシン
の感触をつかみ、セッション残り30分のところでピットインして和田に交代する。
和田は、そのままコースインして1分55秒台を記録、ピットに戻る。ここで1セッ
ト目の予選用タイヤが装着される。また、フロントカウルがよりダウンフォースの強
い型のものへ交換される。この2種類のカウルはラジエーターのアウトレットの形状
以外にほとんど外観上の差はないが、微妙にダウンフォースの強さが異なるのだとい
う。
 タイムアタックにかかった和田は、1分52秒346を記録してトヨタ、ニッサン
のワークスマシンに次ぐ5位へと進出する。さらにチームは2セット目の予選用タイ
ヤをキャビンR90Vに装着。和田を2回目のタイムアタックへと送り出した。和田
のタイムは1分52秒062。タイムは更新されたものの、順位を上げるには至らな
かった。
 作戦通り2セットの予選用タイヤを使いきったチームは、午後のセッションには出
走せず決勝レースへ備えることになった。
和田孝夫の談話:
 「高速コーナーで速く走ろうとしてパワーをかけるとアンダーステアが出てしまう
傾向があります。130Rでは縁石に乗ってしまいました。でも、カーボンディスク
に替えて本当に乗りやすくなりました。スチームディスクとは別物ですよ。今までは
思いきりペダルを踏みつけなければならなかったのが、必要ないんです。それでいて、
ブレーキングポイントがずっと深くなる。」
中子 修の談話:
 「カーボンディスクはいいですよ。乗りやすいです。決勝では、燃費を守ってガッ
チリ走るのがぼくの役目です。」
マウリジオ・サンドロ・サラの談話
 「状況によってマシンの姿勢が不安定になるけども、それを除けば素晴らしいマシ
ンに仕上がっているよ。」
武士俣監督の談話:
 「カーボンディスクのおかげで、決勝ではパッド交換は1回でいけると思います。
マシンの性能は格段に進歩しました。金曜日にちょっとした燃料系のトラブルが出た
んですが、その対策も完璧に済んで、今日の予選で確認もしています。いままで、こ
うしたトラブルは土曜日に出て、必至に対策して日曜日ぶっつけ本番でレースする、
というケースが多かったですから、流れがいい方に変わってきたんだと思います。前
回の6位入賞で勢いがつきましたね。予選のタイムは予想より速かったです。52秒
台に入ればいいやと思っていましたから。決勝では、和田選手にきっちり走ってもらっ
て、中子選手とサラ選手で調整する、という作戦です。無理はしませんが、ワークス
についていきたいですね。」
<決勝レース>
 鈴鹿は晴天となった。8時30分より行われた決勝前のウォームアップ走行では、
和田が好調に走り、総合4位のタイムを記録した。決勝レースへ向けてチームの意気
は上がった。
 スタートを担当するドライバーは和田。和田は熱対策のためクルースーツを着込ん
でコクピットに座る。「きっと表彰台に上がるから、ビールをたくさん買っておいて。
」と和田は言う。
 しかし、決勝レースは皮肉な展開を見せた。和田はローリングスタートで出遅れて
後退、9位でレースを始める。しかし1周を終えた時点で体制を整え、積極的なドラ
イビングで、前にでたポルシェ勢に襲いかかる。2周目1コーナー手前で1台のポル
シェをかわし8位へ進出、追い上げが期待された。その時だった。
 ピット内のTVモニターにスピンしてクラッシュしたキャビンR90Vの姿が映し
出された。ピットは騒然となる。TVモニターから破損箇所が読み取られる。「フロ
ントカウル! ホイールも駄目だ!」ピット内に飛ぶ声に応じて、交換修理用のパー
ツがピットロードへ運び出され、傷ついたマシンを迎える準備が整えられていく。
 和田はスロー走行でようやくピットに戻ってきた。フロント右側を破損しており、
サスペンションのアッパーアーム、ロワアーム、タイロッドが折れ曲がっており、アッ
プライトが割れている。メカニックはマシンに飛びついて部品の交換を開始した。
 修復作業には約50分かかった。キャビンR90Vはようやく走行可能な状態にな
り、再び和田がマシンに乗りこんでコースに復帰した。この時点でトップからは18
周遅れとなっていた。
 和田は2分6秒台のペースから1周毎にペースを上げていく。復帰2周目には2分
2秒台、3周目には2分1秒台、4周目には2分台、5周目にはトップグループに遜
色ない1分59秒台を記録。追い上げが始まったかに見えた。
 しかし、13周目を走っていたキャビンR90Vのリアカウルが脱落。ピットは再
び対策のために騒がしくなる。前回のアクシデントでリアカウルとリアカウルのマウ
ント部が壊れていた。脱落したのは交換した新品のリアカウルで、ピットには一部が
破損したリアカウルが残ってはいたが、マウントが壊れているため、もはやこのカウ
ルを取り付けてレースを続けるのは無理だという判断が、マシンがピットへ戻ってく
る前に下された。
 マシンがピットに戻ってきた際にオイルが発火、発煙したため消火器を使う事態と
なったが、大事にはいたらなかった。これは、リアカウルが脱落する際にオイルキャッ
チタンク付近のオイル系配管を損傷してオイルが洩れ、ピットイン時にそのオイルが
ターボチャージャーのタービン熱で熱せられたのが原因。
 キャビン・レーシングチームの鈴鹿1000kmはあっけなく終わった。しかし、
カーボンディスク採用による戦力アップは十分に証明されたとあって、チームの表情
はけっして暗いものではなかった。次回、SUGOでの雪辱を期して、チームは機材
の撤収にかかった。
和田孝夫の談話:
 「表彰台に上がるつもりだった。本当にみんなに申し訳ない。最初のアクシデント
で、やっぱりマシンのバランスは崩れていたね。」
武士俣監督の談話:
 「最初のアクシデントで、リアカウルのマウントが壊れてしまったんです。それで、
タイラップとガムテープでカウルを固定してレースを再開しました。そのままずっと
1000km走るのは無理ですけど、当然途中ピット作業がありますから、その度に
補強していけば十分だと計算していました。でも、やはりアクシデントの影響でマシ
ンのバランスが崩れていたようで、振動も出ていたんでしょう。思いのほか早く、カ
ウルが脱落してしまった。でもレースに復帰してから1分59秒台も出ていますから
ね。マシンの状態が良かっただけに本当にもったいなくて残念です。マシンの実力は
十分に分かりましたし、先日の菅生でのテストでも好タイムが出ていますから、第5
戦を見ていて下さい。」
    提供:CABINレーシングチーム事務局

その他

123

<FMOTOR4 F1イタリアGP クイズ 応募用紙>
問題1:27
問題2:26
問題3:1
問題4:24
問題5:27
問題6:1
問題7:28
問題8:6
問題9:45
問題10:3
/E

その他

オムロン鈴鹿1000kmリリース

OMRON RACING TEAM PRESS INFORMATION
                       1990年8月29日
全日本スポーツプロトタイプカー耐久選手権 第4戦
“インターナショナルSUZUKA1000kmレース”
オムロン・ポルシェ完走 11位
 連日30°Cを越える厳しい残暑が続く8月25日、26日’90全日本スポーツ
プロトタイプカー耐久選手権(JSPC)第4戦“インターナショナルSUZUKA
1000kmレース”が、三重県:鈴鹿サーキットにおいて開催された。
 オムロン株式会社がスポンサードするオムロン・レーシングチームは、第3戦でク
ラッシュしたシャシーに替え昨年使用したexワークスカーを準備、ドライバーの布
陣もバン・シュパンが復帰、エイエ・エルグ、トーマス・メゼイラとコンビを組みレー
スに臨んだ。
 24日の公式練習ではラジアルタイヤとのマッチングに苦しみ、25日の公式予選
でも今一つタイムが詰められず、1分57秒790で予選第15位、8列目からのス
タートとなった。
 26日午後1時からの決勝レース、序盤から激しいトップ争いを繰り広げるトヨタ、
ニッサン勢をよそ目に、苦しい走行ながら予選15位から徐々に追い上げ、トップか
ら11Lap遅れの11位でゴール。残念ながらJSPCポイント獲得はならなかっ
た。
◎レースウィーク
 JSPC第3戦“全日本Fuji500マイルレース”時のクラッシュにより、カー
ボン・シャシーを破損したオムロン・ポルシェは、昨年使用したexポルシェ・ワー
クスカーで、インターナショナルSUZUKA1000kmレースに出場することと
なった。
 シルバーストーンやドニントンでのテスト走行では、上々の結果であったが、鈴鹿
に入ってみるとラジアルタイヤとシャシーとのマッチングがとれず、セッティングに
苦しむこととなった。
◎8月25日(土)
〇公式予選 第1回目 10:00~11:00
 予選開始早々、トヨタ、ニッサン・チームとも少しでも涼しいうちにと、激しいタ
イムアタックが始まった。
 オムロン・ポルシェもエイエ・エルグのドライブ、レース用タイヤで昨日までのセッ
ティングの確認にコースイン。10時30分過ぎ、クオリファイタイヤに交換、エイ
エ・エルグのドライブでタイムアタック。1分57秒790をマーク。公式予選第1
回は13位となった。
 尚、この予選中ピットロード入口において再車検が行われ、車高規定に抵触したオ
ムロン・ポルシェは、リアウイング翼端板の上部をカットすることでクリアした。
〇公式予選 第2回 14:40~15:40
 33°Cを上回る気温のためタイムアップの可能性がないとみた、トヨタ、ニッサ
ン勢のほとんどは第2回をキャンセルした。
 オムロン・ポルシェは、バン・シュパンとトーマス・メゼイラを中心にセッティン
グを繰り返し21Lapを走行したが、タイムアップは出来なかった。結局、公式予
選1~2回を通して15位、8列目からのスタートなった。
◎8月26日(日)
〇決勝レース 13:00~171Lap
 天候は快晴、気温はぐんぐん上昇し昨日と同じく33°Cを越えようとしていた。
マシン、タイヤ、ドライバー全てにとって厳しいレースが予想された。
 12時57分、ローリング・スタート。
 13時丁度、全車一斉にクリーン・スタート。1000kmレースが開始された。
トップはミノルタ・トヨタ、2位タカキュー・トヨタ、3位カルソニック・ニッサン、
続いてYHPニッサンがS字コーナーを抜けデグナーに消えて行った。
 2周目、ヘアピンにおいてキャビン・ニッサンがスピン、武富士ポルシェが巻き込
まれ接触。両車ともピットまで戻ったものの、武富士ポルシェは前後サスペンション
破損のため、ピットにてリタイヤとなった。
 エイエ・エルグのドライブするオムロン・ポルシェは、上位陣の激しい争いをよそ
目に2分4~5秒台でコンスタントに13位を走行。30周目、最初のピットイン。
ドライバーをトーマス・メゼイラに替わり、タイヤ交換、ガソリンを97.5?補給
し、レースに復帰していった。
 その後もコンスタントに走り、63周目、2回目のピットイン。タイヤ交換、ガソ
リンを85.5リットル補給、エイエ・エルグのドライブでピットアウト。順位も変
わらず12位であった。
 16時10分頃、90周目、3回目のピットイン。タイヤ交換、ガソリン81?補
給、トーマス・メゼイラが乗り込んだが、リアカウルを開けオイルラインをチェック、
何事もなくスタートしたが、4分強のロスタイムとはなったが順位は12位のままレー
スに復帰した。99周目、ヘアピンで軽いスピンをしたが、何事もなく再走。
 17時02分、111周目、早めのピットイン。タイヤ交換、ガソリン57.5?
を補給し、エイエ・エルグのドライブで飛び出して行った。
 18時04分、141周目、5回目のピットイン。タイヤ交換、ガソリン81.5
?補給、最終ドライブをトーマス・メゼイラに託することとなった。トーマス・メゼ
イラは最後のドライブを丁寧に走り、18時53分、12位で暑く長い1000km
レースのチェッカーフラッグを受けた。
 その後、再車検で4位でゴールしたミノルタ・トヨタが失格したため、一つ繰り上
がり11位となった。
〇レース後、バン・シュパン:
 「今シーズンはラジアルタイヤに苦労させられている。セッティングさえ出ればタ
イムも上がるし、燃費もバイアスタイヤより良くなる。3月の第1戦からシャシーと
ラジアルタイヤのマッチングを研究してきたが、成果が見えてきたところでシャシー
の変更を行ったため、最初からやり直しとなってしまった。この半年のデーターを生
かし、今度は早く解決し、次の菅生では上位を狙います。」
◎’90全日本スポーツプロトタイプカー耐久選手権ポイントランキング
                          第1 2 3 4戦
                         3/11 5/5 7/22 8/26合計
順位 ドライバー     マシン
 1 星野 一義    カルソニックニッサンR90CP 10 レ 12   20   42
 1 鈴木 利男    カルソニックニッサンR90CP 10  | 12  20  42
 3 長谷見昌弘    YHPニッサンR90CP     15 ス 20   4  39
 3 A.オロフソン  YHPニッサンR90CP     15   20   4  39
 5 G.フーシェ   日石トラストポルシェ    12 不 15   8  35
 5 S.アンドスカー 日石トラストポルシェ    12 成 15   8  35
 7 中谷 明彦    フロムエーポルシェ962C    8 立 -  15  23
 7 V.バイドラー  フロムエーポルシェ962C    8   -  15  23
 9 関谷 正徳    ミノルタトヨタ90C-V     20   -  -  20
 9 小河  等    ミノルタトヨタ90C-V     20   -  -  20
  提供:オムロン・レーシングチーム事務局

その他

レイトンF3000第7戦リリース

LEYTON HOUSE RACING TEAM
PRESS INFORMATION
90全日本F3000選手権シリーズ第7戦
Nippon Shinpan SUPER CUP Rd.4
FUJI INTER
●1990年9月1日 土曜日 公式予選
 関谷正徳はA組、クリスチャン・ダナーはB組からの予選出走。午前11時15分、
まず関谷のA組がスタート。計測が開始されてから15分間ほどピットの中でコース
の状況をうかがい、コース上を流している遅い車が少なくなったのを見計らって関谷
はコースイン。ほぼ完璧なクリアラップがとれたという関谷は1分18秒625をマー
ク。この時点で2番手のタイムを記録した。その直後に片山右京がそれを上回るタイ
ムを出し、3番手にポジションはダウンしたが、関谷はそれ以上のタイムアタックは
行わず、3番手のまま1回目の予選を終えた。
 予定より10分ほど遅れてB組の予選はスタート。ダナーは関谷同様に前半15分
間はピットで待機。先にコースインしていたマシンがピットに入るのを確認してから、
コースに飛び出した。しかしタイムは伸び悩み1分19秒742にとどまる。B組9
番手で1回目の予選を終了した。
 タイムスケジュールが30分近く遅れて、午後の予選がスタートした。関谷もダナー
も2セット目の予選タイヤを午後のセッションのために温存しており、また雲が多く
なり始め、気温、路面温度ともに午前中より低いというタイムアップには願ってもな
いコンディションだった。
 関谷はまず午前中に1度だけタイムアタックした予選タイヤでコースイン。そこで
出したタイムは1分18秒80。その後、午前中のものよりさらに軟らかいコンパウ
ンドのタイヤに履き換えてウェイティングに入った。残り10分となったときにコー
スイン。1分18秒093をマーク。先に1分17秒台のタイムを叩き出していた星
野一義には惜しくも及ばなかったものの、A組2番手のタイムを叩き出した。
 ダナーもまず1回目の予選で使用したタイヤでコースイン。タイムは1分20秒台
と午前中のタイムは更新できずにピットイン。左側のミラーのボルトが外れるという
トラブルが発生していたが、タイムロスするまでには至らず。タイヤを新品に換えて
ピットで待機していた。そしてやはり残り10分となったときにピットアウト。タイ
ムを19秒台に突入させた。さらなるタイムアップを狙ったダナーは、ピットに戻り
左側だけ1セット目の右側に履き換えて再度コースイン。予選終了時間ギリギリでア
タックに入ったがタイムは伸びず。8番手で2回目の予選を終えた。
 総合ではB組のマウロ・マルティニがポールタイムを出したため、関谷が2列目ア
ウト側、B組9番手のダナーは9列目イン側からの明日の決勝をスタートすることに
なった。
●1990年9月2日 日曜日 決勝レース
 朝から雲ひとつない快晴の決勝日を迎えた富士スピードウェイ。気温も高くタイヤ
チョイスがレースの展開を大きく左右することが予想された。スタート直前のフリー
走行後、関谷正徳はソフト、クリスチャン・ダナーはミディアムを選択し決勝に臨ん
だ。
 14時18分。グリッドでストールするマシンもなく、久し振りにクリーンなスター
トが切られたかに見えたが、第1コーナーで4台のマシンが接触、岡田秀樹がコース
に復帰出来た以外は、3台がグラベルベッドでストップ。この中団のアクシデントに
巻き込まれることもなくダナーは11番手で無事ファーストラップを終える。また4
番手スタートの関谷もポジションキープでコントロールラインを通過した。次の周、
チーバーをパスして3番手に浮上した関谷だったが、その翌周に片山にパスされて再
び4位へ。その後は追いすがる小河を懸命に抑えながら、前を行く片山を追い掛ける
という展開になるが、15周目に1コーナーで小河にパスされてしまう。しかしラッ
プタイムは1分20秒前半をキープしており、後半の巻き返しに期待がかかった。3
番手の小河とのタイム差が2秒から徐々につまりつつ、また一時は1秒半近くまで追
い上げてきた高橋との差が再び開き始めた28周目、関谷は突然スロー走行。ギアが
抜けなくなってしまったのである。ピットでリタイヤを余儀なくされた。
 序盤12位をキープし続けていたダナーは、1分21秒後半から22秒前半の間で
コンスタンントに走行。一時は13番手までポジションを下げたが、その後上位陣の
脱落もあり10位でフィニュッシュ。西日本の9位に続くリザルトを残した。
関谷:「スタートしてすぐ4速が入りづらくなった。それでしばらくのあいだ丁寧な
シフトワークをしていたけれど、ついにギアが入ったまま抜けなくなってピットイン
した。タイヤはソフトで、少しアンダーステアが出ていたけど大きな問題はなかった。
本当になかなかうまくいかないね。」
ダナー:「すばらしいスタートを切ることができた。タイヤのグリップが少し足りな
くて、さらに10周を過ぎる頃からブレーキが効かなくなってきていた。ピット前で
リミッターが当たってしまっていた。でもスタートからフィニッシュまでハードな攻
めるドライビングをすることができたよ。」
  提供:レイトン・インターナショナル

その他

F3000第7戦富士インターレース結果

******************************************************************************
'90 All Japan F3000 Championship Series Round-7
Fuji International Speedway(4.470km)
 Nippon Shinpan SUPER CUP Rd.4 FUJI INTER
F3000 レース正式結果表          1990.09.02
******************************************************************************
位車番  ドライバー            型式               車  名
周回  所要時間  トップ差  km/h    ベストタイム    周回
------------------------------------------------------------------------------
1  19 星野 一義             LOLA T90-50      CABIN T90無限
45 1:00'23.432          199.849  1'19.496  38/45
2   3 片山 右京             LOLA T90-50      CABIN T-90
45 1:00'30.516 0'07.084 199.459  1'19.845  26/45
3   7 高橋 国光             LOLA T90-50      ADVAN LOLA MF-308
45 1:00'52.244 0'28.812 198.273  1'20.059  12/45
4  35 JEFF KROSNOFF          LOLA T90-50      URBANET LOLA
45 1:00'53.309 0'29.877 198.215  1'20.011  35/45
5  25 JOHNNY HERBERT         REYNARD 90D      伊太利屋REYNARD 90D
45 1:00'59.193 0'35.761 197.896  1'20.372   6/45
6  11 ROSS CHEEVER           REYNARD 90D      ワコール ダンロップ 90D
45 1:01'11.904 0'48.472 197.211  1'20.730   9/45
7   2 中子 修               LOLA T90-50      CHERENA LOLA T90
45 1:01'19.221 0'55.789 196.819  1'20.507  40/45
8  28 茂木 和男             LOLA T89-50      ローラT89
45 1:01'21.516 0'58.084 196.696  1'20.333  43/45
9  20 金石 勝智             LOLA T90-50      MOLA C2 T90
45 1:01'27.957 1'04.525 196.353  1'20.764  41/45
10  15 CHRISTIAN DANNER       LEYTONHOUSE 90B  レイトンハウス 90B 無限
45 1:01'30.971 1'07.539 196.192  1'21.087  42/45
11  18 THOMAS DANIELSSON      LOLA T90-50      コスモオイル ダンロップ T90/50
45 1:01'45.908 1'22.476 195.402  1'20.947   6/45
12   1 小河 等               LOLA T90-50      KYGNUS TONEN LOLA T90
44                1Lap           1'19.196  40/44
13  17 岡田 秀樹             LEYTONHOUSE 90B  レイトンハウス 90B
44 1:01'06.189    1Lap  193.129  1'21.543  43/44
14  12 佐藤 浩二             REYNARD 90D      PIAA レイナード 90D
44 1:01'07.583    1Lap  193.056  1'21.508  41/44
15  27 MAURIZIO.S.SALA        LOLA T90-50      CLUB ANGLE T90
44 1:01'35.092    1Lap  191.619  1'22.206  35/44
----- ****** 以上 完走 ****** ----------------------------------------------
43 松田 秀士             LOLA T90-50      KONAMI LOLA  T90
34 1:00'56.092   11Laps 149.648  1'20.612  32/34
34 MAURO MARTINI          LOLA T90-50      SANYO EXCEDIO TAKENAKA LOLA
33               12Laps          1'19.788  33/33
10 VOLKER WEIDLER         LOLA T90-50      PLUS LOLA
33               12Laps          1'20.268  32/33
16 関谷 正徳             LEYTONHOUSE 90B  レイトンハウス 90B 無限
28               17Laps          1'20.075  12/28
24 黒沢 琢弥             REYNARD 90D      taka-Q REYNARD 90D
20               25Laps          1'20.541  10/20
8 松本 恵二             LOLA T90-50      ワタナベダンロップT90/50
18               27Laps          1'20.562  10/18
21 影山 正彦             LOLA T90-50      KYGNUS TONEN LOLA
13               32Laps          1'20.276  12/13
36 ROLAND RATZENBERGER    LOLA T90-50      TEAM NOJI LOLA T90
12               33Laps          1'20.897   9/12
26 和田 孝夫             LOLA T90-50      TENORAS・ADVAN・90
0               45Laps
5 長谷見 昌弘           LOLA T90-50      スピードスターダンロップロ-ラ
0               45Laps
55 ENRICO BERTAGGIA       LOLA T90-50      Footwork LOLA T90
0               45Laps
9 中谷 明彦             LOLA T90-50      SUNTORY WEST LOLA
0               45Laps
51 鈴木 利男             LOLA T90-50      UNIVERSAL LOLA
0               45Laps
------------------------------------------------------------------------------
スタート  14:18'10     フィニッシュ  15:18'33.432
参加台数 :  33         出走台数 :  28         完走台数 :  15
ベストタイム  No. 1 ( 小河 等 )   1'19.196  40/44  203.192 km/h
------------------------------------------------------------------------------

その他

F3000第7戦リポート(詳報)

●星野、粘りのレースで4週連続優勝
 9月2日--昨年までグランチャンピオンレースが開催されていた9月最初の日曜
日が、今年からF3000に変更になった。3週間前に大観衆を集めて恒例の真夏の
F3000レースが行われたばかりの富士。しかも夏休み明け直後ということもあっ
て観客動員が心配されていた全日本F3000選手権シリーズ第7戦、日本信販スー
パーカップシリーズ第4戦にあたる「富士インターレース」だったが、蓋を開けてみ
れば、その不安が無用なものだとわかる5万7千人の観衆が、残暑の富士スピードウ
ェイに詰めかけた。
 青く澄んだ空に浮かぶ富士山。その頂上が雲の帽子をかぶったのは、午前10時くら
いのことだった。富士山の頂上が雲に隠れると雨が降る。それは富士山麓に住む者な
らば、誰もが子供の頃から聞かされている気象庁よりも正確な天気予報である。
 その民間伝承の天気予報の通り、F3000のスタート時刻近くになると、富士ス
ピードウェイの上空は雲に覆われ、雨が降り始めた。このままいけば、天候の急変に
よるタイヤ交換のタイミングが明暗を分けた3週間前のF3000第6戦の再現とな
るか? ドライバーもピットクルーもジャーナリストたちも空を見上げた。
 しかし、その雨は、1コーナー方面のコースを濡らしはしたものの、レースに影響
を与えるほどのものではなかった。
 午後1時53分。選手紹介の後、7分間のウォーミングアップが開始。しかし、こ
こで鈴木利男のエンジンに火が入らずピットに引き戻される。電気系のトラブルのよ
うだ。さらに、今回からコナミのスポンサードを得た松田秀士がピットに。こちらも
エンジン不調。コンピューター関係のトラブルのようだ。そして、ウォームアップ終
了直前に、M.S.サラがエンジンをバラつかせてピットへ。これでダミーグリッド
に並んだのは25台となった。
 午後2時12分、25台のマシンはダミーグリッドからスタートのための正規のグ
リッドに向けてフォーメーションラップのスタート。サラはピット出口に待機し、ピ
ットスタートの構え。
 午後2時15分過ぎ、シグナルが赤から青に変わってレースがスタート。フロント
ロウ左側の星野が好スタートでポールのマルティニを押さえて第1コーナーへ。トッ
プグループが抜けた第1コーナーでは、中谷、和田、長谷見、ベルタジアが絡み、揃
ってグラベルベッドに飛び出す。そこに岡田も突っ込んだが、岡田だけはグラベルの
上を土煙を上げながら走り抜けて脱出。さらにピットからスタートしたサラまでもが、
ダートに飛び出すというオマケもついた。
 1周終了時点の順位は、星野、マルティニ、チーバー、関谷、片山、小河の順。こ
のとき黒沢は早くもピットに滑り込む。ギアトラブルが発生し、その後レースに復帰
するが20周でリタイアすることになる。
 1周目、コントロールラインをトップで通過した星野。いつもの星野パターンの復
活かと思われたが、今年のF3000は、まさに戦国時代。イタリアの若武者マルテ
ィニが、星野にくらいついて離れない。3周目、そのトップ争いのすぐ後方で、片山
が関谷をパスして3位に。
 5周目の1コーナー。マルティニは星野のスリップから抜け出してトップに躍り出
る。そしてそのまま逃げの体制に入り、一人1分19秒台に突入し、星野を引き離し
にかかる。
 そのマルティニと反対に元気がないのがチーバーだ。このレース前、チーバーは、
童夢の吉田監督から、完走することを言い渡されていた。あまりにもクラッシュが多
く、しかも、そのクラッシュがマシンを全損させるような大きなものばかりのチーバ
ーには、昨年、チャンピオン争いをしたときのような切れ味がなく、焦りばかりが目
だっていた。昨年の最終戦、鈴鹿のヘアピンで中子と接触、リタイアしたときから、
ツキがどこかに逃げてしまっていったようだ。来年2月にパパになるチーバーは、い
つもの突撃レースでなく、耐える走りに徹したためか、5周目には小河に抜かれ、6
周目にはハーバートに抜かれてジリジリと順位を落としていった。
 そのチーバーと反対に、一躍不気味な存在となってきたのが大ベテランの高橋国光。
10周目にはチーバーを抜いて7位。コンスタントに1分20秒台をマークして、ジ
リジリと順位を上げていく。
 14周目、この数戦、フィリップ・ファブレからートを取り戻した(?)ラッツケ
ンバーガーがヘアピンでクラッシュ、リタイアとなる。
 この周、星野は、ヘアピンでブレーキングをミスしたマルティニのインをついて抜
きかけるが、マルティニが必死に加速して、それをおさえる。
 16周目、星野はストレートでマルティニのスリップに入り、1コーナーで前に。
しかしオーバースピードで姿勢を崩した間にマルティニに抜き返される。その直後、
小河が関谷をとらえ4位に浮上し、ジリジリと追撃を開始した。星野が攻めて攻めて
攻めまくるタイプなら、小河はプロストのような待つタイプ。前を行くマシンの動き
を見極めながら、1台ずつ料理していく。
 21周目、小河は片山をとらえて3位に上がる。この間、タイヤの影響か、マルテ
ィニのタイムが落ち始め、星野との差が詰まっていく。さらにその背後には小河が迫
る。ワンミスで順位は簡単に入れ替わってしまう位置だ。
 マルティニは、ダンロップコーナーの立ち上がりで、しきりにマシンのリヤを滑ら
せて挙動が不安定。
 25周目の1コーナー。マルティニのスリップに潜り込んでいた星野が、ついにト
ップを奪い返した。さらに30周目には、小河が1コーナーで2位に。小河は星野を
追撃し、33周目には、その差が1秒510に。マルティニはトップの星野から3秒
492遅れ。
 34周目。そのマルティニが、ダンロップコーナー進入でスピン。エンジンをスト
ールさせてマシンから降りた。これでオーダーは星野、小河、片山、高橋、ハーバー
ト、クロスノフの順になる。
 35、36、37周……。星野と小河の二人だけが1分19秒台のラップタイムを
連発。その差は1秒台だ。39周目には、その差は1秒を切って0.879秒差に。
 40周目、後方からジリジリと順位を上げていたクロスノフがハーバートをとらえ
て6位に。昨年まではスピードスターに在籍したクロスノフは、今年はマルティニの
チームメイトになり、住まいも大阪の八尾から山梨県の甲府に移した。「カントリー
サイドの甲府は、ランニングのトレーニングをするには、とてもいい」と陽気なアメ
リカンのクロスノフ。その体力作りの効果か、このところタフなレースを見せる。
 小河が40周目に、この日のベストラップ、1分19秒196をマークして星野と
の差を詰める。その小河がストレートで星野のスリップに入り、星野をかわしたのは
41周目だった。残りは5周。ついに小河、今シーズン初優勝か? 誰もがそう思っ
た。
 だが、今年のF3000は、そんなに甘くはなかった。43周目のヘアピンで、小
河は痛恨のスピン。
 「突然、ブレーキがおかしくなった。ローターが飛んじゃったみたい」
 その小河のレース後のコメントを裏付けるように、再スタートはしたものの、小河
のローラは、コーナーの進入ごとにマシンが振られる。ブレーキが片側しか効いてい
ないようだ。そして小河は最終ラップに
 小河のスピンの間に星野がトップ、片山が2位に上がる。
 「ペースを守って走っていたら、マルティニさんが止まっていて、ラッキー! 次
には小河さんが止まっていて、ラッキー! この先に星野さんが止まってるんじゃな
いかと思って、最終ラップには、走りながら勝利者インタビューでのコメントなんか
考えてました」とレース後に語った片山だが、そこまで甘くはなかった。星野は最後
まで走り抜き、F3000で2連続優勝、8月12日の富士F3000以来、筑波の
グループA、鈴鹿1000キロに続く4週連続優勝を達成。片山は7秒084遅れの
2位。
 勝利者インタビューの席で、明るく答える片山に、「お前なんか、早くF1へいっ
ちまえよ」とジョークで返す星野。3週間前には引退説も流れた星野だが、まだまだ
日本の王者に君臨するつもりのようだ。
 3位には、まさにいぶし銀の高橋国光。「これしか用意しなかったタイヤが当たり
でした」とは、サポートを担当したヨコハマタイヤのタイヤマンの弁。夏の富士に強
いヨコハマは、前回の富士では急変する天候に、そのジンクスを破られてしまったが、
その片鱗は、残暑の残る富士で発揮された。
 4位にはアメリカンのクロスノフ。5位にはパドックの自転車少年、ハーバート。
6位には、耐える走りでチーバーが食い込んだ。
 ルーキーの金石は、前の車の脱落にも助けらて一時7位まで上がり、ポイントゲッ
トの期待を抱かせたが、中子、茂木の意地に負けて9位。しかし、今回のレースでは、
ステディなレース運びで光るものを見せた。カートからFJに転向してきたときに、
レースに慣れるためにミラージュのフレッシュマンにも挑戦し、いきなりマシンを全
損させて、おどおどしていた「少年」の面影はすでにない。
    FMOTOR4/SysOp すがやみつる(SDI00104)
(速報リポートは、あわてて書いたため、一部、間違いがありました。申し訳ありま
せんでした。速報リポートは、音響カプラーを使って公衆電話から送ったものです)

その他

#416について

#416についてですが、マルティニ選手がスピンしたのは、Bコーナーです。

その他

富士F3000速報!

●星野、激しいバトルの末に優勝! --全日本F3000第7戦--
 午後1時15分、ダミーグリッドからスタートした全日本F3000選手件権第
7戦、日本信販スーパーカップ第4戦「富士インターレース」は、予選2位からス
タートした星野がトップで1コーナーに。1コーナーの進入で和田がスピンし、長
谷見、中谷、ベルタジアが巻き込まれて、この4台がストップ。岡田も巻き込まれ
たが再スタートした。
 1周目終了の順位は、星野、マルティニ、チーバー、関谷、片山、小河の順。3
周目に片山が3位にまで上がる。
 5周目、マルティニが1コーナーで星野を刺してトップに。ここからマルティニ
と星野の激闘開始。何度も1コーナーで仕掛ける星野。しかし、オーバースピード
で失敗するなど、なかなか抜けない。
 星野がマルティニをとらえたのは25周目の1コーナー。その後方から、関谷の
ミショントラブルでのリタイアなどに助けられながら、小河が徐々に順位を上げて
3位に。30周目には小河が1コーナーでマルティニをとらえ2位に浮上。マルテ
ィニは、34周目のヘアピンでスピン。エンジンが止まってリタイア。
 2位に上がった小河はジワジワと星野を追撃。二人だけが1分19秒台で、3番
手となった片山以下を引き離す。
 41周目の1コーナーでスリップから抜け出した小河が、オーバースピード気味
に星野をかわす。星野は、小河の勢いにたじろいだのか、ここで1秒以上の差に。
残りは4周。これで小河が今シーズン初優勝か、と思われた直後の43周目。ヘア
ピンで小河が痛恨のスピン。再スタートはしたものの、これで3位に落ちる。しか
も、マシンかタイヤに以上が出たのか、マシンが振られている。この影響か、小河
は最終ラップのAコーナーで再びスピン。ここでマシンを降りた。
 チェッカーを最初に受けたのは星野。8月12日のF3000以来、グループA、
グループC、そしてまたF3000と、4週連続の優勝。2位には同じCABIN
カラーの片山右京。3位には、このレースで21連続完走と、中嶋悟に並ぶ記録を
作った高橋国光が入った。4位以下はクロスノフ、ハーバート、チーバーの順。
 レースは、一瞬たりとも目を離せない激闘! そのバトルの末に今シーズン4勝
目を勝ちとった星野は、これでチャンピオンに王手をかけることになった。
 レース結果は、夜、お届けします。
     FMOTOR4/SysOp すがやみつる(SDI00104)/富士

その他

F3000グリッドの訂正

 F3000スターティンググリッドのうち、27位のファブレは、R.ラッツエン
バーガーの誤りです。今回は、ラッツエンバーガーにドライバーが戻っていました。
 P.ファブレは、国際F3000に、レイトンハウス90Bで出場するようにな
ったようです。
     FMOTOR4/SysOp すがやみつる(SDI00104)

その他

F3000第7戦富士インターレースグリッド

●全日本F3000選手権 第7戦
 日本信販スーパーカップ 第4戦
 富士インターレース スターティンググリッド
-FMOTOR-(90-09-01) Starting Grid
For 全日本F3000選手権 富士スピードウェイ        :(4.47km)
P No. Driver-------------- Car------------- Best-LapT ---Behind -Km/h--
1  34 M.マルティニ       LOLA T90-50 MF-3  1'17.503R          207.631
2  19 星野  一義           LOLA T90-50 MF-3  1'17.965     0.462 206.400
3  11 R.チーバー         REYNARD 90D MF-3  1'18.093     0.590 206.062
4  16 関谷  正徳           LEYTON 90B MF-30  1'18.230     0.727 205.701
5   1 小河  等             LOLA T90-50 MF-3  1'18.132     0.629 205.959
6   3 片山  右京           LOLA T90-50 DFV   1'18.555     1.052 204.850
7  35 J.クロスノフ       LOLA T90-50 MF-3  1'18.624     1.121 204.670
8  26 和田  孝夫           LOLA T90-50 MF-3  1'18.568     1.065 204.816
9   7 高橋  国光           LOLA T90-50 MF-3  1'18.641     1.138 204.626
10  43 松田  秀士           LOLA T90-50 DFV   1'18.615     1.112 204.694
11   5 長谷見  昌弘         LOLA T90-50 MF-3  1'18.798     1.295 204.218
12  55 E.ベルタッジア     LOLA T90-50 MF-3  1'18.752     1.249 204.338
13   9 中谷  明彦           LOLA T90-50 MF-3  1'18.798     1.295 204.218
14  21 影山  正彦           LOLA T90-50 MF-3  1'18.774     1.271 204.281
15   8 松本  恵二           LOLA T90-50 MF-3  1'18.943     1.440 203.843
16  10 V.ヴァイドラー     LOLA T90-50 MF-3  1'18.782     1.279 204.260
17  15 C.ダナー           LEYTON 90B MF-30  1'19.019     1.516 203.647
18  18 T.ダニエルソ       LOLA T90-50 MF-3  1'18.883     1.380 203.998
19  24 黒沢  琢也           REYNARD 90D MF-3  1'19.195     1.692 203.195
20  25 J.ハーバート       REYNARD 90D MF-3  1'18.954     1.451 203.815
21   2 中子  修             LOLA T90-50 MF-3  1'19.312     1.809 202.895
22  51 鈴木  利男           LOLA T90-50 MF-3  1'19.187     1.684 203.215
23  20 金石  勝智           LOLA T90-50 MF-3  1'19.370     1.867 202.747
24  27 M.S.サラ         LOLA T90-50 MF-3  1'19.323     1.820 202.867
25  17 岡田  秀樹           LEYTON 90B DFV    1'19.594     2.091 202.176
26  28 茂木  和男           LOLA T89-50 DFV   1'19.922     2.419 201.346
27  36 P.ファブレ         LOLA T90-50 MF-3  1'19.642     2.139 202.054
28  12 佐藤  浩二           REYNARD 90D MF-3  1'20.228     2.725 200.578
-------------------------------------------------------------------
29  22 太田  哲也           LOLA T90-50 MF-3  1'20.014     2.511 201.115
30  31 池谷  勝則           LOLA T89-50 MF-3  1'20.283     2.780 200.441
31  52 粕谷 俊二           Lola T89-50 MF30  1'20.179     2.676 200.701
32  30 岩城  滉一           LOLA T90-50 MF-3  1'20.542     3.039 199.796
33  33 清水  正智           LOLA T90-50 MF-3  1'20.400     2.897 200.149
************************************************************************
 R=コースレコード 旧コースレコードは 1:17.950
 A=予選A組  B=予選B組

その他

富士F3000 予選1回目 Bグループ

富士インターF3000レース-FMOTOR-(1990-09-01) Official Practice N.1 B-Gr.
For 全日本F3000選手権 Rd.7 富士スピードウェイ:(4.47km)
P No. Driver-------------------- Car------------ Best-LapT ---Behind -Km/h--
1  34 M.マルティーニ           Lola T90/50 MGN  1'18.032           206.223
2  11 R.チーバー               Lola T90/50 MGN  1'18.367     0.335 205.342
3   1 小河  等                 Lola T90/50 MGN  1'18.501     0.469 204.991
4   9 中谷 明彦                 Lola T90/50 MGN  1'18.798     0.766 204.218
5  35 J.クロスノフ             Lola T89/50 MGN  1'19.287     1.255 202.959
6   8 松本 恵二                 Lola T89/50 MGN  1'19.378     1.346 202.726
7   5 長谷見昌弘                 Lola T90/50 MGN  1'19.400     1.368 202.670
8   2 中子  修                 Lola T90/50 MGN  1'19.601     1.569 202.158
9  15 C.ダナー                 Layton 90B MGN   1'19.742     1.710 201.801
10  36 R.ラッツェンバーガ       Lola T90/50 MGN  1'19.743     1.711 201.798
11   7 高橋 国光                 Lola T90/50 MGN  1'19.849     1.817 201.530
12  24 黒沢 琢也                 Reynard 90D MGN  1'20.094     2.062 200.914
13  17 岡田 秀樹                 Leyton 90B MGN   1'20.620     2.588 199.603
14  20 金石 勝智                 Lola T90/50 MGN  1'20.718     2.686 199.361
15  33 清水 正智                 Lola T90/50 MGN  1'20.766     2.734 199.242
16  52 粕谷 俊二                 Lola T90/50 MGN  1'21.444     3.412 197.584
17  22 太田 哲也                 Reynard 90D MGN  1'21.655     3.623 197.073
*****************************************************************************
* FMOTOR4 Sub-sysop * 新倉 芳夫 / PBA00065

検索

最新ニュース