Archives

  • [—]2017 (242)
  • [+]2016 (639)
  • [+]2015 (714)
  • [+]2014 (655)
  • [+]2013 (623)
  • [+]2012 (621)
  • [+]2011 (484)
  • [+]2010 (554)
  • [+]2009 (522)
  • [+]2008 (467)
  • [+]2007 (596)
  • [+]2006 (530)
  • [+]2005 (460)
  • [+]2004 (304)
  • [+]2003 (454)
  • [+]2002 (454)
  • [+]2001 (217)
  • [+]2000 (408)
  • [+]1999 (376)
  • [+]1998 (465)
  • [+]1997 (424)
  • [+]1996 (1)
  • [+]1995 (425)
  • [+]1994 (411)
  • [+]1993 (423)
  • [+]1992 (519)
  • [+]1991 (423)
  • [+]1990 (250)
  • [+]1970 (1)

ニュース内検索

1990年7月

全日本F3000

レイトンハウス菅生F3000リリース

90全日本F300選手権シリーズ第5戦
NIPPON SHINPAN SUPER CUP RD2
SUGO INTER-FORMULA
1990年7月29日 日曜日
●決勝レース
 タイムスケジュールは大幅に遅れてF3000レースのフォーメーションラップが
始まったが、この時クリスチャン・ダナーはエンジンをストール、6月から採用され
た新レギュレーションにより最後尾スタートとなる。そして2回目のフォーメーショ
ンがスタート。シグナルがグリーンに変わるとポールポジションにつけた関谷正徳は
ストレート終わりで、フロントアウト側につけたマルティニに並ばれるが、イン側の
アドバンテージを無駄にすることなくトップで1コーナーに進入。以下マルティニ、
チーバー、小河と続いた。 以後、2~3周は関谷以下数台が等間隔で周回するが、
5周を数える頃からマルティニ、小河、チーバー、ダニエルソンらが隊列を作って攻
防を見せるのをよそに、1分14秒中盤から15秒前半のペースの関谷は、徐々にで
はあったが独走態勢を築いていった。10周を過ぎるあたりから、列の後方に星野、
中谷らが加わって混戦を呈していたが、トップ関谷の快走にはなんら支障をきたすも
のではなかった。そしてレースが折り返すあたりには、2番手に5秒ほどのマージン
を保っていた。
 最後尾スタートといういきなり苦しい状況に置かれたダナーは、それでも10周を
数えるあたりから14番手を争うグループに追いつき、さらなるポジションアップを
狙っていた。
 関谷の独走に水を差したのは32周目に出された赤旗。通称馬の背でスピンしたマ
シンがコース上にストップ。これで赤旗が振られることに。レースは2ヒート制が採
用されて、再びスタートが行われた。
 スタート直後、フロントロウのイン側の関谷とアウト側のマルティニの間に割って
入ろうとしたチーバーの左フロントウイングが、関谷の左リアタイヤと接触。関谷は
大きく後退してしまった。スロー走行のままピットに戻り、タイヤ交換してコースに
戻るが、1ヒート終了時にあった2番手マルティニとの8秒差はなくなっていた。
 この後、1コーナーで起きた多重クラッシュで再び赤旗。3回目のスタートを前に
したドライバーズミーティンスで関谷は、赤旗の使用について競技長に抗議。またド
ライバーの精神状態やシャシーのダメージを考え、チーム・レイトンでは関谷車を3
ヒート目には出走させないことを決定した。
 ダナーは2回目の多重クラッシュに巻き込まれ、ノーズ、フロントウイングを破損。
3度目のスタートに備えて、修理を施したが、結局これ以上レースをするのは危険と
いうドライバー全員の判断で、再々スタートは行われず。2ヒート目の結果をもって
レースは終了することになった。
 提供:レイトン・インターナショナル

全日本F3000

F3000ポイントはフルポイントに

 F3000レースのポイントは、フルポイントが与えられる模様。
     FMOTOR4/SysOp すがやみつる(SDI00104)

Japanese F3

'90 F3シリーズポイント表(R1-R6)

*********************************************
'90 All Japan Panasonic F3 Champion Ship Race
    シリーズポイント
*********************************************
鈴 富 鈴 筑 西 菅 筑 鈴  西 鈴
 鹿 士 鹿 波 仙 生 波  鹿 日 鹿
                  台       本
                                   (7/10)
R1  R2  R3  R4  R5  R6  R7  R8  R9  R10    TOTAL   有効
---------------------------------------------------------------------------
1  5 服部 尚貴    6   6       9   3   9                       33      33
2 27 羽根 幸浩    9   6       4   4                       23      23
3 22 和田 久      9           3   6                           18      18
4 31 横島 久      3   1       6   1   3                       14      14
5  2 高村 一明        2   4   4                               10      10
5 85 原 貴彦              9           1                       10      10
7 90 古谷 直広            9                            9       9
8 33 藤永 敬道    4       2                                6       6
8 28 西垣内 正義                      6                        6       6
10 23*村松 栄紀    4                                            4       4
10 66 中川 隆正            2           2                        4       4
12 19 田島 栄一       3                                        3       3
12 17 夏川 竜一      3                                    3       3
14 10 伊藤 直澄    2                                            2       2
14 98 本山 哲                      2                            2       2
16 43 井倉 淳一    1                                            1       1
16 59 前田 信哉            1                                    1       1
16 13 奥貫 直         1                                1       1
----------------------------------------------------------------------------
 (このポイント表は、ERGO TECHNICの集計によるもので、主催者による公式のもの
  ではありません。ご利用にあたっては、この点をご留意ください。)
     ERGO TECHNIC (RGD03307) 山田 裕
ps
すがやさん。今回の菅生のF3レースは、シリーズ第6戦になります。

Japanese F3

F3第6戦菅生トップ10結果

Sugo, JAPAN - RIS - Provisional results for the
Panasonic Japan F3 第5戦 暫定結果
Pos.Grd.No.  Driver(s)                        Car             Laps Time
--- --- ---- -------------------------------- --------------- ------------
1   2 5    Naoki Hattori                    Ralt RT33 MGN    25 34:52.306
2   4 28   Masayoshi Nishigaito             Ralt RT34 MGN    25    06.254
3   1 27   Yukihiro Hane                    Ralt RT34 MGN    25    07.102
4   6 31   Hisashi Yokoshima                Ralt RT34 MGN    25    08.139
5  19 66   Takamasa Nakagawa                Ralt RT34 MGN    25    11.676
6   7 85   Takahiko Hara                    Reynard 903 MGN  25    19.497
7  17 72   Tetsushi Toda                    Reybard 893 NSN  25    30.760
8  13 26   Osamu Hagiwara                   Reynard 903 MGN  25    32.013
9  18 33   Takamichi Fujinaga               Ralt RT34 MGN    25    32.667
10  27 19   Eiichi Tajima                    Ralt RT34 MGN    25    36.869
 #90・古谷直広が3位に入ったが、ペナルティを受け、順位を下げた。

全日本F3000

菅生F3000 第3ヒート中止

 たびかさなる赤旗中断で3ヒートとなった菅生のF3000第5戦は、やり直し
となった第3ヒートは結局中止となり、第1、第2ヒートの合計タイムで順位が決
定されることになった。
 なお、周回数の関係で、ポイントは1/2になる可能性もあるとのこと。
 なお、この第3ヒート中止の決定が場内に放送されると、たびたびの中断で待ち
くたびれていた観客から拍手が起こったとのことである。
●菅生F3000レース 結果
Sugo, JAPAN - RIS - Provisional results for the
All Japan F3000 Rd3 NishinihonAll 37 race:
Pos.Grd.No.  Driver(s)                        Car             Laps Time
--- --- ---- -------------------------------- --------------- -------------
1   2 34   Mauro Martini (I)                Lola T90/50 MGN  37  46:44.016
2   7 18   Thomas Danielsson (GB)           Lola T90/50 MGN  37  46:45.379
3  17 19   Kazuyoshi Hoshino                Lola T90/50 MGN  37  46:47.919
4   3 1    Hitoshi Ogawa                    Lola T90/50 MGN  37  46:51.090
5  12 9    Akihiko Nakaya                   Lola T90/50 MGN  37  46:51.917
6   9 24   Takuya Kurosawa                  Reynard 90D MGN  37  47:01.878
7   6 11   Ross Cheever (USA)               Reynard 90D MGN  37  47:03.623
8   4 25   Johnny Herbert (GB)              Reynard 90D MGN  37  47:20.477
9  13 51   Toshio Suzuki                    Lola T90/50 MGN  37  47:27.180
10  10 27   Maurizio.S.Sala (BR)             Lola T90/50 MGN  37  47:28.944
11  15 35   Jeff Krosnoff (USA)              Lola T90/50 MGN  37  47:32.678
12  21 21   Masahiko Kageyama                Lola T90/50 MGN  37  47:35.008
13  14 15   Christian Danner (D)             Layton 90B MGN   37  47:36.026
14  25 3    Ukyo Katayama                    Lola T90/50 DFV  37  47:36.354
15  18 5    Masahiro Hasemi                  Lola T90/50 MGN  37  47:43.130
16  23 10   Volker Weidler (D)               Lola T90/50 MGN  37  47:45.088
17   5 43   Hideshi Matsuda                  Lola T90/50 DFV  37  47:45.388
18  20 20   Katsutomo Kaneishi               Lola T90/50 MGN  37  47:45.491
19  26 55   Enrico Bertaggia (I)             Lola T90/50 MGN  37  49:35.698
20   1 16   Masanori Sekiya                  Leyton 90B MGN   36  47:17.109
21   8 7    Kunimitsu Takahashi              Lola T90/50 MGN  36  47:33.128
22  11 26   Takao Wada                       Lola T90/50 MGN  36  47:54.600
23  24 28   Kazuo Mogi                       Lola T89/50 DFV  33  42:36.690
    FMOTOR4/SysOp すがやみつる(SDI00104)/鈴鹿

全日本F3000

菅生F3000 第3ヒートもやり直しに

 菅生のF3000 レースは第3ヒートのスタート直後の第1コーナーで、またもスピン、
クラッシュでコース上に止まる車が続出。第3ヒートは、7周レースとしてやり直し
されることになった。
 ダニエルソンは、リアをヒットされてリアウイングがもげてピットイン。サラ、片
山右京、中谷の3人が1コーナーでストップしたため、この措置になったもの。片山
はコース外の砂の中で止まったらしいが、サラと中谷がコースをふさいだらしい。
 今日の菅生F3000は、5回スタートをすることとなる。
 なお、関谷は第3ヒートをスタートしていない。
●第2ヒート終了までの順位 (第1、第2ヒートの合計タイムによるもの)
Sugo, JAPAN - RIS - Provisional results for the
All Japan F3000 Rd3 NishinihonAll 37 race:
Pos.Grd.No.  Driver(s)                        Car             Laps
--- --- ---- -------------------------------- --------------- -----
1   2 34   Mauro Martini (I)                Lola T90/50 MGN  37
2   7 18   Thomas Danielsson (GB)           Lola T90/50 MGN  37
3  17 19   Kazuyoshi Hoshino                Lola T90/50 MGN  37
4   3 1    Hitoshi Ogawa                    Lola T90/50 MGN  37
5  12 9    Akihiko Nakaya                   Lola T90/50 MGN  37
6   9 24   Takuya Kurosawa                  Reynard 90D MGN  37
7   6 11   Ross Cheever (USA)               Reynard 90D MGN  37
8   4 25   Johnny Herbert (GB)              Reynard 90D MGN  37
9  13 51   Toshio Suzuki                    Lola T90/50 MGN  37
10  10 27   Maurizio.S.Sala (BR)             Lola T90/50 MGN  37
11  15 35   Jeff Krosnoff (USA)              Lola T90/50 MGN  37
12  21 21   Masahiko Kageyama                Lola T90/50 MGN  37
13  14 15   Christian Danner (D)             Layton 90B MGN   37
14  25 3    Ukyo Katayama                    Lola T90/50 DFV  37
15  18 5    Masahiro Hasemi                  Lola T90/50 MGN  37
16  23 10   Volker Weidler (D)               Lola T90/50 MGN  37
17   5 43   Hideshi Matsuda                  Lola T90/50 DFV  37
18  20 20   Katsutomo Kaneishi               Lola T90/50 MGN  37
19  26 55   Enrico Bertaggia (I)             Lola T90/50 MGN  37
20   1 16   Masanori Sekiya                  Leyton 90B MGN   36
21   8 7    Kunimitsu Takahashi              Lola T90/50 MGN  36
22  11 26   Takao Wada                       Lola T90/50 MGN  36
23  24 28   Kazuo Mogi                       Lola T89/50 DFV  33
    FMOTOR4/SysOp すがやみつる(SDI00104)/鈴鹿

全日本F3000

菅生F3000、3ヒートに

 菅生で行われているF3000第5戦は波乱のレースとなった。まずスタートで
ダナーがエンジンストール。このため赤旗が出され54周レースは53周となって再ス
タート。
 この後レースは32周目まで順調に進んだが、この間、27周目に松本がスピンして
リタイア。ファーブルもミッショントラブルでリタイア。
 29周目の時点では、関谷、マルティニ、チーバー、小河、ダニエルソン、星野、
中谷、和田の順だったが、33周目の1コーナー先で中子がスピンしてコースをふさ
ぐかたちでストップ。中子はマシンを押して移動させようとしたが危険であると判
断され、赤旗が出てレースは中断となった。
 このためレースは2ヒートとなり、残り17周で第2ヒートを行うことになった。
この第2ヒートのスタートで、関谷とチーバーが接触。関谷はピットインして順位
を落とした。もう一方のチーバーは、その後、松田と接触してリタイア。第2ヒー
トの6周目、黒沢が第1コーナーでストップ。コースをふさいだため、またも赤旗
中断。残り8周で第3ヒートが行われることになった。
 第2ヒート終了時の順位は、ダニエルソン、マルティニ、星野の順の模様。
    FMOTOR4/SysOp すがやみつる(SDI00104)

Japanese F3

菅生 F3 予選結果

90' Panasonic F3 Championship -FMOTOR-(1990-07-28) Starting Grid
For ALL Japan F3 Championship Rd.6 スポーツランド菅生:(3.704256km)
P No. Driver------------------ Car------------ Best-LapT ---Behind -Km/h--
1  27 羽根 幸浩               Ralt RT34 MGN    1'20.836           164.968
2   5 服部 尚貴               Ralt RT34 MGN    1'20.867     0.031 164.904
3   2 高村 一明               Ralt RT33 MGN    1'20.930     0.094 164.776
4  28 西垣内正義               Reynard 893 MGN  1'20.991     0.155 164.652
5  90 古谷 直広               Ralt RT34 MGN    1'21.073     0.237 164.485
6  31 横島  久               Ralt RT33 MGN    1'21.114     0.278 164.402
7  85 原  貴彦               Reynard 903 MGN  1'21.208     0.372 164.212
8  22 和田  久               Ralt RT33 MGN    1'21.130     0.294 164.370
9  52 石川  朗               Ralt RT34 MGN    1'21.329     0.493 163.968
10  69 土屋 圭市               Ralt RT34 MGN    1'21.430     0.594 163.764
11  70 中島 禎史               Ralt RT34 MGN    1'21.363     0.527 163.899
12   8 Victor Rosso             Ralt RT33 TYT    1'21.435     0.599 163.754
13  26 萩原  修               Reynard 903 MGN  1'21.411     0.575 163.802
14  21 見崎 清志               Ralt RT34 MGN    1'21.441     0.605 163.742
15  12 福山 英夫               Ralt RT33 TYT    1'21.501     0.665 163.622
16  81 影山 正美               Ralt RT34 NSN    1'21.596     0.760 163.431
17  72 戸田 哲史               Reybard 893 NSN  1'21.708     0.872 163.207
18  33 藤永 敬道               Ralt RT34 MGN    1'21.734     0.898 163.155
19  66 中川 隆正               Ralt RT34 MGN    1'21.836     1.000 162.952
20  59 前田 信哉               Ralt RT34 MGN    1'21.807     0.971 163.010
21  15 細野 智行               Ralt RT33 TYT    1'21.854     1.018 162.916
22  84 岡田 晃典               Ralt RT34 NSN    1'21.990     1.154 162.646
23  98 本山  哲               Ralt RT33 MGN    1'21.883     1.047 162.858
24   7 Rickard Rydell           Rait RT34 TYT    1'22.030     1.194 162.566
25  10 伊藤 直澄               Ralt RT33 MGN    1'21.887     1.051 162.850
26  17 夏川 竜一               Ralt RT33 MGN    1'22.120     1.284 162.388
27  19 田島 栄一               Ralt RT34 MGN    1'21.920     1.084 162.785
28  88 藤沼 健一郎             Ralt RT34 TYT    1'22.413     1.577 161.811
29   9 粕谷 俊二               RaLt RT33 TYT    1'22.028     1.192 162.570
30  43 井倉 淳一               Ralt RT34 MGN    1'22.458     1.622 161.723
------------------------------- DNQ ---------------------------------------
31  76 井上 隆智穂             Dalala 390 MGN   1'22.466     1.630 161.707
32  25 森本 晃生               Reynard 903 MGN  1'22.572     1.736 161.499
33  16 高橋 洋二               Ralt RT33 MGN    1'22.652     1.816 161.343
34  38 松井 茂樹               Ralt RT33 MGN    1'22.664     1.828 161.320
35  34 桧井 保孝               Ralt RT32 TYT    1'22.782     1.946 161.090
36  65 加藤  徹               Reynard 893 TYT  1'22.966     2.130 160.732
37   6 田中 哲也               Ralt RT33 MGN    1'22.782     1.946 161.090
38  29 浅見  武               Ralt RT32 TYT    1'23.376     2.540 159.942
39  13 奥貫  直               Dalala 389 MGN   1'23.192     2.356 160.296
40  55 柏原  浩一               Ralt RT33 MGN    1'23.571     2.735 159.569
41  11 萩原 英明               Dalala 389 NSN   1'23.852     3.016 159.034
42  77 鈴木 錦治               Dalala 390 MGN   1'23.706     2.870 159.311
43  82 西沢ひろみ               Ralt RT34 MGN    1'24.597     3.761 157.634
44  56 篠塚  進               Ralt RT33 MGN    1'23.913     3.077 158.918
45  35 井上 俊一               Reynard 893 NSN  --------
46  32 権藤 謙光               Ralt RT31 MGN    --------
47  68 仲沢 清士               Ralt RT31 VW     --------
******************************************************************************
              * FMOTOR4 Sub-sysop * 新倉 芳夫 / PBA00065

全日本F3000

F3000第5戦菅生予選結果

Sugo, JAPAN - RIS - Results from the qualifying session for
全日本F3000第5戦 予選結果
Pos.No.  Driver(s)                        Car             Lap Time K.P.H.
--- ---- -------------------------------- --------------- -------- -------
1 16   関谷正徳                         Leyton 90B MGN  1:09.904 190.766
2 34   マウロ・マルティニ               Lola T90/50 MGN 1:10.533
3 1    小河 等                         Lola T90/50 MGN 1:10.371
4 25   ジョニー・ハーバート             Reynard 90D MGN 1:10.540
5 43   松田秀士                         Lola T90/50 DFV 1:10.992
6 11   ロス・チーバー                   Lola T90/50 90D 1:10.555
7 18   トーマス・ダニエルソン           Reynard 90D MGN 1:11.038
8 7    高橋国光                         Lola T90/50 MGN 1:10.805
9 24   黒沢琢也                         Reynard 90D MGN 1:11.054
10 27   マウリジオ・S・サラ             Reynard 90D MGN 1:10.907
11 26   和田孝夫                         Lola T90/50 MGN 1:11.109
12 9    中谷明彦                         Lola T90/50 MGN 1:11.001
13 51   鈴木利男                         Lola T90/50 MGN 1:11.424
14 15   クリスチャン・ダナー             Layton 90B MGN  1:11.120
15 35   ジェフ・クロスノフ               Lola T90/50 MGN 1:11.431
16 36   フィリップ・ファブレ        Lola T89/50 MGN 1:11.556
17 19   星野一義                         Lola T90/50 MGN 1:11.463
18 5    長谷見昌弘                       Lola T90/50 MGN 1:11.744
19 8    松本恵二                         Lola T90/50 MGN 1:11.478
20 20   金石勝智                         Lola T90/50 MGN 1:11.834
21 21   影山正彦                         Lola T90/50 MGN 1:11.666
22 2    中子 修                         Lola T90/50 MGN 1:11.861
23 10   フォルカー・バイドラー           Lola T90/50 MGN 1:11.820
24 28   茂木和男                         Lola T89/50 DFV 1:11.968
25 3    片山右京                         Lola T90/50 DFV 1:12.303
26 55   エンリコ・ベルタッジア           Lola T90/50 MGN 1:11.992
------------------------------------------------------------
27 17   岡田秀樹                         Leyton 90B MGN  1:13.056
28 12   佐藤浩二                         Reynard 90D MGN 1:12.247
29 31   池谷勝則                         Lola T89/50 MGN 1:13.350
30 22   太田哲也                         Reynard 90D MGN 1:13.519
31 30   岩城滉一                         Lola T90/50 MGN 1:15.341
 奇数順位は予選A組。偶数順位は予選B組。
 旧コースレコードは1:12.350。
     FMOTOR4/SysOp すがやみつる(SDI00104)/鈴鹿

全日本F3000

F3000第5戦菅生予選1回目結果

Sugo, JAPAN - RIS - Results from the qualifying session for
菅生F3000レース 予選第1回目結果
●A組
Pos.No.  Driver(s)                        Car             Lap Time M.P.H.
--- ---- -------------------------------- --------------- -------- -------
1 16   関谷正徳                         Leyton 90B MGN  1:09.904 190.766
2 1    小河 等                         Lola T90/50 MGN 1:10.371
3 24   黒沢琢也                         Reynard 90D MGN 1:11.054
4 18   トーマス・ダニエルソン           Reynard 90D MGN 1:11.079
5 8    松本恵二                         Lola T90/50 MGN 1:11.478
6 26   和田孝夫                         Lola T90/50 MGN 1:11.632
7 35   ジェフ・クロスノフ               Lola T90/50 MGN 1:11.646
8 21   影山正彦                         Lola T90/50 MGN 1:11.666
9 10   フォルカー・バイドラー           Lola T90/50 MGN 1:11.820
10 19   星野一義                         Lola T90/50 MGN 1:11.871
11 43   松田秀士                         Lola T90/50 DFV 1:11.977
12 51   鈴木利男                         Lola T90/50 MGN 1:12.683
13 31   池谷勝則                         Lola T89/50 MGN 1:14.615
14 3    片山右京                         Lola T90/50 DFV 1:15.209
15 30   岩城滉一                         Lola T90/50 MGN 1:15.341
16 17   岡田秀樹                         Leyton 90B MGN  1:15.405
●B組
1 34   マウロ・マルティニ               Lola T90/50 MGN 1:10.535
2 25   ジョニー・ハーバート             Reynard 90D MGN 1:10.540
3 15   クリスチャン・ダナー             Layton 90B MGN  1:11.119
4 27   マウリジオ・S・サラ             Reynard 90D MGN 1:11.415
5 9    中谷明彦                         Lola T90/50 MGN 1:11.427
6 7    高橋国光                         Lola T90/50 MGN 1:11.520
7 2    中子 修                         Lola T90/50 MGN 1:11.883
8 28   茂木和男                         Lola T89/50 DFV 1:11.955
9 55   エンリコ・ベルタッジア           Lola T90/50 MGN 1:12.053
10 20   金石勝智                         Lola T90/50 MGN 1:12.076
11 36   パスカル・ファブレ         Lola T89/50 MGN 1:12.088
12 5    長谷見昌弘                       Lola T90/50 MGN 1:12.125
13 12   佐藤浩二                         Reynard 90D MGN 1:12.247
14 11   ロス・チーバー                   Lola T90/50 90D 1:12.886
15 22   太田哲也                         Reynard 90D MGN 1:13.518
      FMOTOR4/SysOp すがやみつる(SDI00104)/鈴鹿

JSPC

JSPC富士500マイル正式結果(暫定から変更)

●#201・マツダ787、正式に失格に
 先ほどお伝えした#201・アート・マツダ787は、審査委員会での協議の
結果、正式に失格となり、5位の#33・武富士ポルシェ以下の順位が繰り上が
ることになった。なお、ガソリンタンクに入った量は「100.5リッター」だ
ったとのこと。
 正式結果は、以下の通り。
●公式結果
Fuji, JAPAN-RIJ-(1990-07-22) Provisional results for the Japan Sports Prototyp
Championship Rd.3, Fuji 500 Mile Race, 179 LAP race:
POS-CAR#-DRIVER(S)------------------------CAR------------LAPS-TIME/Behind-
1  24   M.Hasemi/A.Olofsson(S)           Nissan R90CP  179  4h21:14.312
2  100  G.Fouche(ZW)/S.Andskar(S)        Porsche 962C  177     2 laps
3  23   Kaz.Hoshino/Toshi.Suzuki         Nissan R90CP  176     3 laps
4  33   J.Herbert(GB)/R.Rydell           Porsche 962C  176     3 laps
5  7    T.Needel(GB)/D.Bell(GB)          Porsche 962C  174     5 laps
6  85   T.Wada/O.Nakako                  Nissan R90V   167    12 laps
7  39   Ratzenberger(A)/N.Nagasaka       Toyota 90C-V  167    12 laps
8  230P T.Shiratori/S.Fujii/S.Suzuki     Mazda 767B    159    20 laps
9  202P Y.Katayama/Y.Terada/T.Yorino     Mazda 787     158    21 laps
-----------------------------------------------------------------
36   M.Sekiya/H.Ogawa                 Toyota 90C-V  148    31 laps
1    Kuni.Takahashi/K.Mogi            Porsche 962C  130    49 laps
2    D.Sears(GB)/W.Hoy(GB)            Porsche 962C  126    53 laps
21   K.Oda/K.Kaneishi/Costas Los      Spice 90C DFZ  60   119 laps
27   A.Nakaya/V.Weidler(D)/Y.Hane     Porsche 962C    4   175 laps
20   C.Totani/Allen Berg              Porsche 962   DNS
201P D.Kennedy(GB)/P.Deudonne(B)      Mazda 787     176  Disqualified
Fastest lap: No.36 H.Ogawa (Toyota 90C-V)  1:20.676 (199.465km/h) on 3rd lap.
Winner's average speed: 183.770 km/h.    P:IMSA-GTP

JSPC

JSPC富士500マイル:4位のマツダ失格か?

●富士500マイル、4位のマツダ787、失格か?
 本日行われた富士500マイルレースで、4位に入ったD.ケネディ、P.デュ
ドネのアート・マツダ787は、レース途中のガソリン給油で、105リッターの
給油が行われたため、審査委員会が開かれている。マツダスピード側では、再度、
ガソリンタンクに給油する再審査を要請しているようだが、このまま失格になる可
能性が強そうだという報告が富士から入った。
 この審査のため、正式結果は、午後6時30分現在、まだ出ていない。
  FMOTOR4 SysOp/すがやみつる(SDI00104)

JSPC

JSPC富士500マイル暫定結果

●長谷見、オロフソンのYHPニッサンが優勝!
 7月22日、猛暑の富士スピードウェイで開催されたJSPC第3戦(第2戦は雨で
キャンセル)は、正午にローリングから179周の真夏の耐久に向かってスタート。
140周目過ぎまでレースをリードしていた#36・ミノルタトヨタ90C-V の脱落で、
2位につけていたYHPニッサンがトップに浮上。そのまま他者をすべて2周以上の
周回遅れにして、優勝を飾った。
 なお、#20・アルファキュービック・ポルシェは、昨日の予選で戸谷選手がクラッ
シュし、出走を取りやめた。戸谷選手は自力で脱出したが、胸を強打しており、救急
車で御殿場市内の病院に運ばれた。
●レース結果
Monaco-RIS-(1990-07-22) Provisional results for the Japan Sports Prototype
Championship Rd.3, Fuji 500 Mile Race, 179 LAP race:
POS-CAR#-DRIVER(S)------------------------CAR------------LAPS-TIME/Behind-
1  24   M.Hasemi/A.Olofsson(SWE)         Nissan R90CP  179  4h21:14.312
2  100  G.Fouche(ZW)/S.Andskar(S)        Porsche 962C  177     2 laps
3  23   Kaz.Hoshino/Toshi.Suzuki         Nissan R90CP  176     3 laps
4  201P D.Kennedy(GB)/P.Deudonne(B)      Mazda 787     176     3 laps
5  33   J.Herbert(GB)/R.Rydell(S?)       Porsche 962C  176     3 laps
6  7    T.Needel(GB)/D.Bell(GB)          Porsche 962C  174     5 laps
7  85   T.Wada/O.Nakako                  Nissan R90V   167    12 laps
8  39   Ratzenberger(A)/N.Nagasaka       Toyota 90C-V  167    12 laps
9  230P T.Shiratori/S.Fujii/S.Suzuki     Mazda 767B    159    20 laps
10  202P Y.Katayama/Y.Terada/T.Yorino     Mazda 787     158    21 laps
-----------------------------------------------------------------
36   M.Sekiya/H.Ogawa                 Toyota 90C-V  148    31 laps
1    Kuni.Takahashi/K.Mogi            Porsche 962C  130    49 laps
2    D.Sears(GB)/W.Hoy(GB)            Porsche 962C  126    53 laps
21   K.Oda/K.Kaneishi/Costas Los      Spice 90C DFZ  60   119 laps
27   A.Nakaya/V.Weidler(D)/Y.Hane     Porsche 962C    4   175 laps
20   C.Totani/Allen Berg              Porsche 962   DNS
Fastest lap: No.36 H.Ogawa (Toyota 90C-V)  1:20.676 (199.465km/h) on 3rd lap.
 FMOTOR4 SysOp/すがやみつる(SDI00104)

JSPC

富士500マイル予選結果【訂正】

●#354の予選結果中でドライバー、マシンが違っているものがありましたので、
 訂正させていただきます。
・#39 デンソートヨタ   ラファネルは参加せず
               マシンはトヨタ90C-V
・#21 マシンはスパイス90C・コスワースDFZ
・#202 マツダ767B ==> マツダ787
・#230 マツダ757  ==> マツダ767B
    FMOTOR4/SysOp すがやみつる(SDI00104)

JSPC

オムロンポルシェ富士500mile出走断念

OMRON RACING TEAM プレスリリース
各位                        1990年7月21日
オムロン・ポルシェ 出走断念
 オムロン株式会社がスポンサードするオムロン・レーシングチームは、7月21~22
日に開催される、JSPC第3戦「第13回全日本富士500mileレース」にエントリー
致しましたが、20日(金)に行われたスポーツ走行においてクラッシュ、修復不可能
なため、予選・決勝をリタイヤ致します。
 ル・マン24時間終了後、イギリスにおいて徹底したリビルトをうけたオムロン・ポ
ルシェは、5月のインターチャレンジFuji1000km時のラジアルタイヤとのミスマッチ
も解消され、20日のスケジュールを快調にこなして行った。
 22日の決勝レースに向けた本番セッティングのためタイム的には見るべきものはな
かったが、各種データ取りも順調に進んでいた。だが、午後2時からのスポーツ走行
2回目が開始されて20分後、突然、100R出口でクラッシュ。ドライバーのトーマ
ス・メゼイラはすぐ自力で脱出、ケガ一つなかったが、マシーンはフロントから左サ
イドポンツーンにかけて大破。フロントスクリーン左サイドにもクラックが入ってい
た。その影響はモノコックにまでおよび、左サスペンション取り付け部とサイドポン
ツーン部分にクラック。カーボン・モノコックのため修復はできず、今回のレースは
危険することとなった。
チーム・オーナー、バン・シュパン
「ラジアルとのマッチングもとれ、今回のレースは期待していた。ご覧の通りの結果
となってしまい、応援してくれている方々にはたいへん申し訳ない。カーボン・モノ
コックは簡単に修理できないし、我々プライベート・チームにはスペアカーの準備も
ない。マシーンはイギリスに送り、大至急リビルトし、8月の鈴鹿には期待に答えら
れるようにします」
ドライバー、トーマス・メゼイラ
「マシーンはクラッシュするまでなんの問題もなく快調だった。100R立ち上がり
でアクセルを踏んだとたん、フロントからアウトに滑り出し、ノー・コントロール状
態になりまっすぐ行ってしまった。左フロント・サスペンションのトラブルか、タイ
ヤ・パンクではないかと思う」
  発行:オムロン・レーシングチーム広報事務局
【#55・オムロン・ポルシェの参加取り消しに伴い、Eje Elghが、#33・武富士
ポルシェ(Johnny Herbert, Rickard Rydell)の第3ドライバーとして登録された】

JSPC

富士500マイル 予選結果

全日本富士500マイル-FMOTOR-(1990-07-22) Starting Grid
For 全日本スポーツプロトタイプカー選手権  富士スピードウェイ:(4.47km)
P No. Driver--------------------------------------- Best-LapT ---Behind
1  24 長谷見昌弘/オロフソン           Nissan R90CP  1'16.159
2  36 関谷正徳/小河 等               Toyota 90C-V  1'16.468     0.309
3  39 ラッツェン/ラファネル/長坂尚樹 Toyota 89C-V  1'16.967     0.808
4  23 星野一義/鈴木利男               Nissan R90CP  1'17.002     0.843
5  85 和田孝夫/中子 修              Nissan R90V   1'19.519     3.360
6   1 高橋国光/茂木和男               Porsche 962C  1'19.639     3.480
7   2 ディケンズ/ホイ            Porsche 962C  1'19.743     3.584
8 202 片山義美/従野孝司/寺田陽次朗   Mazda 767B    1'19.768     3.609
9  27 中谷明彦/ヴァイドラ/羽根幸浩   Porsche 962C  1'19.842     3.683
10 100 フーシェ/アンドスカー           Porsche 962C  1'20.105     3.946
11   7 ニーデル/ベル                Porsche 962C  1'20.269     4.110
12 201 ケネディ/デュードネ       Mazda 767B    1'20.552     4.393
13  33 ハーバート/リデル        Porsche 962C  1'20.689     4.530
14  21 織田一彦/金石勝智/ロス         Porsche 962C  1'22.540     6.381
15  20 戸谷千代三/バーグ           Porsche 962C  1'24.652     8.493
16 230 白鳥哲次/藤井修二/鈴木せい作   Mazda 757B    1'28.260    12.101
----------------------------- DNQ ---------------------------------------
17  55 シュパン/エルグ/メッツェラ     Porsche 962C  --------
*************************************************************************
             提供:富士スピードウェイ
             * FMOTOR4 Sub-sysop * 新倉 芳夫 / PBA00065

全日本F3000

レイトンF3000タイヤテスト情報(富士)

     LEYTON HOUSE RACING TEAM
        PRESS INFORMATION
F3000タイヤテスト
1990年7月18日 水曜日
富士スピードウェイ
 先週の12、13日に富士スピードウェイでタイヤテストが行われたが、天候が悪く各
チームとも充分な走行ができないままだった。そこで本日一日のみであるが特別にテ
ストが行われることになった。
 急きょ設定されたこともあって、午前8時からの走行に臨んだのは8台。チームレ
イトンでも今回はクリスチャン・ダナーは参加せず、関谷正徳のみの参加となった。
先週はもうひとつ手ごたえを感じられずにいた関谷は、今回までにフロントノーズに
小改良を加えてテストに臨んだ。その効果は如実に現れてきて、前回のテストでは1
分22秒台で動いていたタイムを、今回はあっさりと21秒台に突入させた。1時間とい
う短い走行時間だったが、21周をこなして1分21秒08をマーク。タイムとしては4番
手にとどまったが、ストレートエンドで計測された最高速度は関谷が唯一300km/h の
大台を記録している。
 午後のセッションは4時から2時間行われ、た。1分21秒台で始まったラップタイ
ムも、20秒後半から21秒前半で落ち着きだし、30周ほど周回を重ねた。そして最後に
予選タイヤを履きタイムアタック。1分19秒35をマークして今回のテストを終了した。
●タイムデータ
   ドライバー    午前        午後
 1 和田孝夫     -------   1:19.11#
 2 小河 等     1:20.98   1:19.34#
 3 関谷正徳     1:21.08   1:19.35#
 4 茂木和男     1:21.49   1:19.36#
 5 鈴木利男     -------   1:19.45#
 6 星野一義     1:21.06   1:19.71#
 7 中谷明彦     1:21.61   1:19.83#
 8 V.バイドラー  1:20.82   1:20.07#
 9 影山正彦     1:21.83   1:20.54#
10 J.ハーバート  -------   1:20.59#
11 高橋国光     1:21.29#  1:21.58
(注:「#」=ベストタイム)
 提供:レイトン・インターナショナル

全日本F3000

レイトンF3000富士タイヤテスト情報

    LEYTON HOUSE RACING TEAM
         F3000 タイヤテスト
         1990年7月13日 金曜日
           富士スピードウェイ
 菅生に引き続いて12日、13日と富士でタイヤテストが行われたが、12日分に関して
はチームレイトンでは悪天候ということでキャンセル。今日13日も、昨日同様雨で一
日が明けた。しかし、走行が始まる午前9時ごろから、雨足は弱くなり出し、空も明
るさを取り戻してきた。
 チームレイトンは関谷ひとりが参加。午前中のセッションをまずウェットタイヤで
走り出す。10周ほどして1分24秒16を出したあと、ドライタイヤに履き換えて再度コー
スイン。菅生では多車を圧倒するパフォーマンスを見せつけたレイトンハウス90Bだ
が、今回の富士テストでは、まだポテンシャルとして秘めたままだった。松岡を始め、
スタッフは精力的にセッティングを進めるが、度重なる赤旗中断にはばまれ思うよう
に周回数をこなせず、1分22秒22を出したところで午前中の走行を終えた。
 1時間のインターバルをはさみ午後のセッションが始まる。このセッションは1時
間しか取られておらず、ベストセットを見つけるため、懸命な作業と走行が続く。し
かし、またしても多発する赤旗中断により、ほとんど走ることができず結局22秒台を
かろうじて切る1分21秒99を出してテストを終了。夏のレース前に残された唯一の富
士でのテストを終えた。
●富士F3000テスト 1990年7月13日
  ドライバー    午前     午後
1  長谷見昌弘    1:27.50   1:19.54*
1 E.ベルッタジア  1:21.73   1:19.54*
3 J.ハーバート   1:21.88   1:19.71*
4 片山右京     1:20.60   1:19.85*
5 小河 等     1:20.99   1:20.55*
6 松本恵二     -------   1:20.56*
7 中谷明彦     1:22.22   1:20.80*
8 高橋国光     1:22.15   1:20.91*
9 星野一義     1:23.84   1:20.96*
10 R.チーバー    1:21.41   1:20.98*
10 M.マルティニ   1:24.17   1:20.98*
12 和田孝夫     -------   1:21.04*
13 V.バイドラー   1:21.26   1:21.05*
14 黒沢琢也     1:21.42   1:21.32*
15 中子 修     1:22.19   1:21.47*
15 鈴木利男     1:21.47*     1:21.84
17  J.クロスノフ   1:22.53      1:21.51*
18  茂木和男     1:22.53      1:21.53*
19  T.ダニエルソン  1:21.85*     1:22.80
20  影山正彦     1:22.50   1:21.98*
21 関谷正徳     1:24.16   1:21.99*
22 金石勝智     1:23.48   1:22.48*
23 M.S.サラ     1:22.57*   1:22.77
24  松田秀士     1:23.06   1:22.65*
25 岡田秀樹     1:23.14   1:22.91*
26 池谷勝則     1:23.39   1:22.94*
27 P.ファブレ    1:23.53*   1:26.22
28 佐藤浩二     1:31.39   1:24.49*
  提供:レイトン・インターナショナル

Japanese F3

EVERGREEN INFORMATION(JF3-R5)

  **********************************************
                EVERGREEN RacingTeam PUBLIC INFORMATION
  **********************************************
  '90 全日本 Panasonic F3 選手権シリーズ第5戦
        ハイランドフォーミュラ選手権レース(西仙台)
             <7月7日~8日>
           ----------------------------------------------
           NO.27 羽根幸浩 EVERGREEN RaltRT34/Mugen MF204
予選  2位 ( 1'37"002)
                      決勝  3位 (39'16"635)
----------------------------------------------
 3月に鈴鹿のBIG2&4レースで幕をあけた90年の全日本PanasonicF3選手権
レースも、過去4戦、毎回優勝者が異なるという激戦の中、いよいよ、シリーズの折
り返し点を迎えた。今回は7月の“東北シリーズ”の1戦、西仙台ハイランドレース
ウェイでのシリーズ第5戦である。
 4月の富士で優勝して以来、しばらく表彰台から遠ざかっている羽根としては、ぜ
ひとも、このあたりでもう一度勝っておきたいところではあったが、気温、路面温度
の低いこの西仙台では、マシンのベストセッティングを見つけることができず、たい
へんきびしい条件の中でのレースとなってしまった。しかし、予選では、B組最速の
タイムでなんとか2番手グリッドを確保、レース開始直後には、いったん5番手まで
順位を落とすが、その後、果敢な追い上げを見せて3位に入賞。表彰台の一角と4ポ
イントを得た。
============================
7月7日 土曜日
ウォームアップ走行・公式予選
============================
 梅雨の合間の7月7日。毎年、西仙台でのレースはコンディションに恵まれないと
いうジンクスがあり、昨年のレースが濃霧のために中止になったのは記憶に新しい。
しかも七夕といえば、そのロマンティックな伝説とは裏腹に、統計学的には、一年の
中でも晴れる確率の少ない日らしい。
 この日の西仙台は曇。雨は降ってはいないが、気温は低めである。例によって、A、
Bの2グループに分けられてウォームアップ走行と公式予選が行われる。羽根は、B
組である。午前のウォームアップ走行では、セッティングの確認をしながら11ラッ
プを消化。5ラップ目に1分37秒099のタイムを記録する。これは、A組、B組を通じ
て3番手のタイムながら、それまでのコースレコードである、M.S.サラの1分37
秒154を上回るものであり、また、すでに20ラップ以上も走り込んでいたタイヤを
履いていたことを考えれば十分に満足のいくものであった。
 午後の公式予選。雲が厚くなってさらに気温が下がっている。先に行われたA組の
予選では、古谷直広、服部尚貴、田島栄一、西垣内正義の4選手がが37秒の壁を
破る1分36秒台のタイムを出しており、羽根は36秒台中程のタイムを目標に予選に臨
むことになった。 B組予選の計測開始後、タイヤを暖めながら徐々にペースをあげ
る羽根は、3ラップ目に1分37秒台に入り、続く4ラップ目には1分37秒099をたたき
出して、B組のトップをマークする。その後、さらに数ラップのタイムアタックを試
みるがタイムアップできず、いったんピットイン。水でタイヤを冷やして、サスペン
ションセッティングに若干の調整を施したあと再びコースインしてタイムアタックを
開始する。再トライ後2周目には、1分37秒002のタイムを出してトップタイムを更新
するが、結局、36秒台突入は果たせず、A組最速の古谷選手に次いで、2番手のグリ
ッドから決勝スタートをすることになった。
■羽根幸浩のコメント
「コースレコードを狙っていたんだけど、悔しいね。36秒台の真ん中くらいは行ける
と思ってたんだけどね。なぜかわからないけど、滑っちゃうんだ。ウォームアップ
の時から、若干そういう傾向はあったけど、その時は古いタイヤを使っていたので、
新しいタイヤに履きかえれば解決すると思っていたんだけど…。レースでは、なる
べく早めに前にでて、ファステストラップとコースレコードをねらうよ。トップで
走っていれば、狭いコースで、危ない追い抜きなんてしなくていいしね。(笑)」
==============================
7月8日 日曜日
ウォームアップ走行・決勝レース
==============================
 7月8日。雲が多いが、晴れ間の見えるグッドコンディションである。午前10時、
ウォームアップ走行開始。早めにコースインしてタイヤを暖めながら、セッティング
をチェック。路面温度が昨日の予選の時よりも幾分高めのせいか、滑りやすかったマ
シン特性は、おおむね、緩和されているようだ。コースイン後3周目に、いったんピ
ットイン。フロントのセッティングをわずかに調整してニュータイヤに履き替え、再
びコースイン。このタイムアタックでは、予選では出すことができなかった1分36秒
台のタイムをマークすることに成功、午後の決勝に向けて良い感触を得たことを確認
してマシンを降りる。
 午後1時過ぎ、選手紹介とレース前7分間のウォームアップ走行のためコースイン。
午前中は晴れ間の見えていた空も、ふたたび雲が厚くなってきている。少し肌寒く、
路面温度も低くなっているようだ。
 午後2時30分、グリッドへ向けてのフォーメーションラップが始まる。ゆるやかな
1ラップの後、スターティンググリッドでいったん停止して、シグナルを待つ。赤い
ランプがともり、2秒ほどの間をおいて、青ランプにかわる。
 ポールの古谷、そして、羽根のすぐ後ろ、予選4番手の和田久がうまいスタートを
きって前にでる。羽根は、スタートでのタイミングをはずして出遅れ、服部、田島栄
一の両選手にはまれる形で1コーナーへ向かい、5番手で1コーナーをクリア。1周
目には田島をかわわして4番手でスタンド前に戻ってくる。トップにたっているのは
古谷。2番手に和田、3番手に服部、そして羽根。レース前半戦は、古谷と和田が先
行、服部と羽根が3番手を争いながらトップの2台を追いかけるという展開になる。
服部と羽根は、9周目あたりからテールトゥノーズでぴったりとくっついたまま、激
しい攻防線を繰り広げるが、12周目の最終コーナーで羽根が服部をパスして3位に
浮上。この時点で2番手の和田と羽根の差は約6秒。レース後半戦は、先行する2台
を羽根が追い上げる形で展開されるが、結局、逆転することはならず、古谷、和田に
つづいて3位でチェッカーを受けることになった。
■羽根幸浩のコメント
「ドライバーズミーティングで赤ランプの後、4~7秒で青に替わる、と説明があっ
たんで、グリッドについてから、『いち、に、…』と数えてたんだけど、いきなり
青になったのであわててしまった。スタートしてからは田島選手と服部選手にはさ
 まれてしまった。二人のホイールベースの中に両側のタイヤがはいってしまってど
 うにもできなかった。それで1コーナーでは、無理せずに引いたんだ。強引にいっ
 て、それでレースを終わってしまったら、つまらないからね。中盤、服部君を抜い
 たときには、もうタイヤがダメになってきていて、あまりペースをあげられなかっ
 た。のこり5戦で2つは勝たないといけないなぁ」
                             EVERGREEN RacingTeam
ERGO TECHNIC
FUNAKI RACING
---------------
EVERGREEN GROUP
ERGO TECHNIC (RGD03307) 山田 裕

全日本F3000

レイトンF3000菅生タイヤテスト情報

    LEYTON HOUSE RACING TEAM
         F3000 タイヤテスト
          スポーツランド菅生
         1990年7月9日~10日
 菅生でのテストは今季2回目。レイトンハウス・レーシングチームは関谷が従来型
のレイトンハウス90B、クリスチャン・ダナーはニューシャシー、90B・MkIIを持ち
込んだ。
 このMkIIはモノコックのねじれ剛性や空力を従来が頼りもさらに追求したものになっ
ており、外観ではノーズ下面の形状やノースコーン、フロントウイングのマウント位
置などが従来型との大きな相違点になっている。
 ダナーはここ菅生で初めてこの90B・MkIIと対面。午前中のシート合わせ、ペダル
フィーリング等に時間を割いたため、充分な走行はできなかったものの第一印象は悪
くないと報告。
 関谷用のニューモノコックはこのテストには間に合わず従来型での参加だが、前回
同様好調で路面が乾き出してからは常にトップタイムを出しており、最終的には2番
手の中谷選手に0.22秒差をつけるタイムで午前中の走行を終了。残り10分というとこ
ろで、さらにタイムを縮めるべくタイヤを換えてコースインしたのだが、これからフ
ライングラップに入るというところで赤旗が振られ、タイムアウトとなってしまいタ
イムアップはならなかった。
 途中降り始めた雨は2時間のインターバルの間に上がり、路面も乾きやや肌寒い風
の吹く中、午後の走行は開始された。細かい調整に時間をかけていたダナー車も、イ
ンターバルの間に準備も整い、グリーンランプと同時にコースイン。そして関谷もや
や遅れてピットを後にした。
 関谷はコースイン直後、すぐに1分13秒台をマークし、やがてトップグループのタ
イムは12秒台に突入し、関谷もサスペンション、リヤウイングその他のセッティング
を進め、ほどなく12秒68を出した。しかし、いまひとつ決定的なセッティングを見つ
けられないまま走行時間終了となり、総合7位で初日のテストを終えた。
 ダナーはブレーキの調整で何回かピットインしたことを除けば、順調にニューシャ
シーのシェイクダウンをこなし、1分14秒台から走るたびにタイムを上げていき、最
終的には1分12秒88をマーク。総合では9位だった。
 2日目。コースは朝から雨とうすい雲に覆われており、昨日にひきつづきウェット
コンディションの中、走行が開始された。
 関谷は天候とコースの様子をみつためにピットで待機、ダナーだけがコースに出た。
ダナー車は昨日問題のあったブレーキのマスターシリンダーとフロントウイングの翼
端板のスキッドをセットし直しており、トラブルは対処済み。
 雨も少し小降りになることはあったものの、終始降り続け、結局天候は回復しない
ままのセッションだった。そのなかでダナーは40周近く周回する意欲的な走行を見せ、
1分21秒19をマーク。午前中にコースに出ていた22台中7位にランクされるタイムだっ
た。
 いっぽうの関谷はコースに出ると走行中断のフラッグが振られるといった間の悪い
走行となってしまい、思うように周回することができず、タイムも1分28秒77と16位
にとどまった。
 午後の走行に入る直前、それまで降っていた雨はやみ、次第に空は明るくなり始め
た。路面は依然としてウェットだが、走行が進むにつれて乾き始めた。
 関谷、ダナーともにグリーンランプの点灯と同時にコースイン。今回好調のレイト
ンハウス勢はウェットでも充分に速く、ダナーの出したタイムを関谷が更新し、次に
ダナーのタイムを関谷が上回るという繰り返しがしばらく続く。
 路面が乾きだし、各車のラップが1分24秒台に入った頃、完全に路面が乾くのを待
とうという松岡の判断で、関谷はしばらくピットで待機した。ダナーは走行を続行、
その間トップタイムをキープしたままだった。
 路面もほぼ完全に乾き、タイムが1分20秒を切り出したころ、関谷は再びコースイ
ン。すぐにそれまでのトップタイムを書き換える。ひたすら走り続けるダナーもコン
スタントに1分12秒台をマークするようになっていた。
 最終的に関谷がレースタイヤで1分11秒69、予選タイヤでは1分11秒11を記録し、
2日間を通じたトップタイムをマークした。ダナーもレースタイヤで1分12秒05、予
選タイヤでは1分11秒19と、2日間総合で3番手のタイムを残し、7月終わりの決勝
に向けて、充分な収穫を得て、今回のテストを終了した。
関谷:
 「車の状態はすごくいい。このままでもいける気がするけど、まだまだもっと良く
なるよ」
ダナー:
 「新しいモノコックはとても剛性が高い。また新しいフロントノーズ、ウイングも
かなりいい漢字でダウンフォースを発生しており、これまで気になっていたアンダー
も消えてるよ」
松岡:
 「今まで西日本、鈴鹿とシャシー全体のダウンフォースを稼ぐ努力をしてきて、サ
スペンションセッティングが充分にできていなかった。菅生に来てコンディションこ
そ恵まれなかったけど、そのサスペンションのセットアップはうまくいった。その結
果、シャシーの性能を引き出すことができた。レースでも100%のセッティングを目指
して細かいところまを煮詰めていけば、ローラ勢とも充分に戦える」
●菅生F3000テスト
 1990年7月9日~10日
  ドライバー Chassis/Engine/Tire  7/9 AM  7/9 PM  7/10 AM 7/10 PM
------------------------------------------------------------------------
1  関谷正徳   LH90B/M/BS         1:14.14  1:12.68  1:28.77  1:11.11*
2  片山右京      L-T90/M/BS         1:27.63  1:12.32  1:27.50  1:11.17*
3  C.ダナー     LH90B-II/M/BS      1:34.49  1:12.88  1:27.19  1:11.19*
4  中子 修   L-T90/M/BS         1:14.98  1:13.31  1:27.28  1:11.36*
5  V.バイドラー  L-T90/M/BS         1:16.76  1:12.30  1:25.41  1:11.60*
6  星野一義   L-T90/M/BS         1:15.05  1:12.47  1:28.92  1:11.77*
7  小河 等   L-T90/M/BS         1:14.68  1:12.28* 1:28.54  1:12.46
8  和田孝夫   L-T90/M/YH         1:21.01  1:12.34* 1:26.73  -------
9  J.ハーバート R-90D/M/BS         1:15.87  1:13.47  1:27.02  1:12.51*
10  R.チーバー    R-90D/M/DL         1:19.38  1:12.62* 1:26.95  -------
11  影山正彦   L-T90/M/BS         1:22.06  1:14.35  1:29.78  1:12.72*
12  中谷明彦   L-T90/M/BS         1:14.36  1:12.91  1:27.01  1:12.78*
13  E.ベルッタジアL-T90/M/DL         -------  1:12.85* -------  1:13.10
14  松本恵二   L-T90/M/DL         -------  1:12.95* 1:27.54  1:21.01
15  黒沢琢也   R-90D/M/BS         1:14.78  1:13.13  1:28.42  1:12.96*
16  高橋国光   L-T90/M/YH         1:23.69  1:12.99* 1:28.35  -------
17  松田秀士   L-T90/D/YH         1:16.04  1:15.40  1:28.44  1:13.70*
18  佐藤浩二   R-90D/M/BS         1:20.24  1:14.23  1:29.76  1:13.90*
19  岡田秀樹   LH90B/D/DL         -------  1:14.68* 1:30.19  1:15.13
20  T.ダニエルソンL-T90/M/DL         1:20.49  1:14.75* 1:26.73  -------
21  茂木和男   L-T89/D/YH         1:18.01  1:15.02  1:28.37  1:15.09
22  鈴木利男   L-T90/M/YH         1:27.69  -------  1:31.18  1:15.24*
23  池谷勝則   L-T89/M/YH         1:23.53  1:15.58* -------  -------
24  粕谷俊二   L-T89/M/YH         -------  1:17.54  -------  1:16.21*
(注:「*」ベストタイム)
     提供:レイトン・インターナショナル

Japanese F3

西仙台F3でマシンに訂正があります

 #346の西仙台F3結果表の中で、2位の和田選手と、4位の服部選手は、
今回、ラルトRT33を使用していたそうです。訂正させていただきます。
 山田さん、チェックしていただき、ありがとうございました。
   FMOTOR4 SysOp/すがやみつる(SDI00104)

Japanese F3

'90 F3シリーズポイント表(R1-R5)

*********************************************
'90 All Japan Panasonic F3 Champion Ship Race
    シリーズポイント
*********************************************
鈴 富 鈴 筑 西 菅 筑 鈴  西 鈴
 鹿 士 鹿 波 仙 生 波  鹿 日 鹿
                  台       本
                                   (7/10)
R1  R2  R3  R4  R5  R6  R7  R8  R9  R10    TOTAL   有効
---------------------------------------------------------------------------
1  5 服部 尚貴    6   6       9   3                           24      24
2 27 羽根 幸浩    9   6       4                           19      19
3 22 和田 久      9           3   6                           18      18
4 31 横島 久      3   1       6   1                           11      11
5  2 高村 一明        2   4   4                               10      10
6 85 原 貴彦              9                                    9       9
6 90 古谷 直広            9                            9       9
8 33 藤永 敬道    4       2                                6       6
9 23*村松 栄紀    4                                            4       4
10 19 田島 栄一       3                                        3       3
10 17 夏川 竜一      3                                    3       3
12 66 中川 隆正            2                                    2       2
12 10 伊藤 直澄    2                                            2       2
12 98 本山 哲                      2                            2       2
15 43 井倉 淳一    1                                            1       1
15 59 前田 信哉            1                                    1       1
15 13 奥貫 直         1                                1       1
----------------------------------------------------------------------------
 (このポイント表は、ERGO TECHNICの集計によるもので、主催者による公式のもの
  ではありません。ご利用にあたっては、この点をご留意ください。)
     ERGO TECHNIC (RGD03307) 山田 裕

Japanese F3

全日本F3第5戦(西仙台)決勝レース結果

ハイランドフォーミュラ選手権レース(西仙台)-FMOTOR-(90-07-08)
Provisional Results
For パナソニック全日本F3選手権シリーズ第5戦 西仙台ハイランド:(3.75744km)
P No. Driver-------------- Car------------- Lap GoalTime--- -Km/h--
1  90  古谷 直広           Ralt RT34 MGN    24   39'10.529  138.115
2  22  和田  久           Ralt RT34 MGN    24   39'12.923  137.974
3  27  羽根 幸浩           Ralt RT34 MGN    24   39'16.635  137.757
4   5  服部 尚貴       Ralt RT34 MGN    24   39'35.831  136.644
5  98  本山 哲             Ralt RT33 MGN    24   39'36.054  136.631
6  31  横島  久       Ralt RT34 MGN    24   39'36.748  136.591
7   2  高村 一明       Ralt RT34 MGN    24   39'37.708  136.536
8  25  森本 晃生           Reynard 903 MGN  24   39'38.924  136.466
9  13  奥貫  直           Ralt RT33 MGN    24   39'47.931  135.952
10  69  土屋 圭市           Ralt RT34 MGN    24   39'48.662  135.910
11  66  中川 隆正           Ralt RT34 MGN    24   39'55.722  135.509
12  33  藤永 敬道           Ralt RT34 MGN    24   39'55.904  135.499
13  15  細野 智行       Ralt RT33 TYT    24   39'56.848  135.446
14  17  夏川 竜一       Ralt RT34 MGN    24   40'07.613  134.840
15  52  石川 朗             Ralt RT33 MGN    24   40'08.703  134.779
16  81  影山正美             Ralt RT34 NSN    24   40'14.150  134.475
17  30  近藤 真彦       Ralt RT34 MGN    24   40'32.700  133.450
18  21  見崎 清志       Ralt RT34 MGN    24   40'45.064  132.775
19  34  桧井 保孝        Ralt RT33 TYT    22       2Laps
20   7  Rickald Rydell       Rait RT34 TYT    22       2Laps
21   6  田中 哲也       Ralt RT34 MGN    22       2Laps
22  43  井倉 淳一           Ralt RT34 MGN    19       5Laps
********************************** - D N F - *************************
28  西垣内正義           Reynard 893 MGN  15       9Laps
8  Victor Rosso         Ralt RT34 TYT    14       10Laps
19  田嶋 栄一           Ralt RT34 MGN    13       11Laps
26  萩原  修           Reynard 903 MGN   8       16Laps
85  原  貴彦           Reynard 903 MGN   7       17Laps
59  前田 信哉           Ralt RT34 MGN     6       18Laps
9  粕谷 俊二           RaLt RT34 TYT     4       20Laps
12  福山英夫             Ralt RT33 TYT     0       24Laps
**********************************************************************

Japanese F3

西仙台F3決勝速報 古谷直広選手がポール・トゥ・フィニッシュ

1   90 古谷 直広
2   22 和田 久
3   27 羽根 幸浩
4    5 服部 尚貴
5   98 本山 哲
6   31 横島 久
ERGO TECHNIC (RGD03307) 山田 裕/西仙台

Japanese F3

西仙台F3・ウォームアップ走行

  '90 全日本 Panasonic F3 選手権シリーズ第5戦
        ハイランドフォーミュラ選手権レース(西仙台)
            (7/8ウォームアップ走行)
位車番  ドライバー    車  名                       周回ベストタイム
------------------------------------------------------------------------------
1  27  羽根  幸浩   EVER GREEN  RT-34                  7/ 8 1'36.733
2 22 和田  久   CAPCOM RT33無限                 5/10 1'37.273
3 28  西垣内  正義  5ZIGEN  レイナード無限            10/10 1'37.645
4 25 森本  晃生    ピザボーイ号REYNARD903                7/ 9 1'37.722
5 90  古谷  直広   セキスイツーユーホームラルト       6/ 8 1'37.821
6 31  横島  久      TAKASU CLINIC RT34                 5/ 9 1'38.018
7 12  福山  英夫   ICM ZYTEK RT33               9/ 9 1'38.095
8 19  田嶋  栄一    ベネトンRT34無限                   3/ 8 1'38.140
9  5  服部  尚貴    カワイスチールLG COX RT           8/ 9 1'38.203
10  2  高村  一明    SUPER HAKKA ラルト                 3/ 8 1'38.254
11 98 本山  哲      浅田飴パッションRT33無限           6/ 8 1'38.290
12 69  土屋  圭市    ENDLESS ラルト無限                4/ 8 1'38.327
13 13  奥貫  直      Ikegami SUNTECラルト              7/ 8 1'38.350
14 43 井倉  淳一  CITY LIFE 43 RT34             6/ 8 1'38.505
15  15 細野  智行  VAN ヂャケットシミズRT-33         3/ 9 1'38.546
16  66  中川  隆正    TAEK ONE  ラルトRT34           5/10 1'38.590
17  8 VICTOR ROSSO トムス  ラルト RT34           10/10 1'38.639
18   7  RICAR IYDELL トムスラルトRT34                         7/ 9 1'38.654
19  59  前田  信哉  REGULUS.コトブキ RT34           7/ 9 1'38.727
20 34  檜井  保考    Daiichi-RT33トムス                 5/ 9 1'38.787
21 52 石川  朗   CAPCOM RT34無限              7/ 7 1'38.802
22 30  近藤  真彦  日石IMPUL 無限                     8/10 1'38.882
23 21  見崎 清志    ワタナベRT34 ASD             5/ 9 1'38.981
24 33  藤永  敬道    Daiichi RT34無限                   7/ 8 1'39.037
25 81  影山  正美    オロナミンC RT34TOMEI           8/ 8 1'39.049
26 85 原  貴彦   CABIN REYNARD 903             3/ 6 1'39.090
27  6 田中  哲也  カワイスチールLG COX RT          8/ 9 1'39.173
28  26  萩原  修      GRAND SLAM903                            6/ 8 1'39.227
29 17  夏川  竜一    CHERENA ラルト無限                 7/ 8 1'39.833
30  9 粕谷  俊二    トムス  ラルト RT34                4/ 6 1'40.708
                ERGO TECHNIC (RGD03307) 山田 裕 / 仙台

Japanese F3

西仙台F3予選結果

  '90 全日本 Panasonic F3 選手権シリーズ第5戦
        ハイランドフォーミュラ選手権レース(西仙台)
               (予 選)
A組
***************************************
位車番  ドライバー    車  名                       周回ベストタイム
------------------------------------------------------------------------------
1 90  古谷  直広   セキスイツーユーホームラルト      15/16 1'36.685 R
2  5  服部  尚貴    カワイスチールLG COX RT           4/15 1'36.953 R
3 19  田嶋  栄一    ベネトンRT34無限                  15/17 1'36.973 R
4 28  西垣内  正義  5ZIGEN  レイナード無限             4/14 1'36.984 R
5 85 原  貴彦   CABIN REYNARD 903             4/18 1'37.034 R
6 25 森本  晃生    ピザボーイ号REYNARD903                2/ 8 1'37.282
7  2  高村  一明    SUPER HAKKA ラルト                 4/18 1'37.422
8 17  夏川  竜一    CHERENA ラルト無限                10/18 1'37.891
9   7  RICARD RYDELL トムスラルトRT34                         3/12 1'38.009
10  59  前田  信哉  REGULUS.コトブキ RT34          11/12 1'38.090
11  66  中川  隆正    TAEK ONE  ラルトRT34          15/15 1'38.175
12 34  檜井  保考    Daiichi-RT33トムス                15/17 1'38.199
13 33  藤永  敬道    Daiichi RT34無限                   8/15 1'38.241
14 43 井倉  淳一  CITY LIFE 43 RT34            14/16 1'38.283
15 52 石川  朗   CAPCOM RT34無限              9/16 1'38.413
------------------------予選通過----------------------------------------------
16  10  伊藤  真澄    GIZA HOUSE RT34             11/16 1'38.584
17  76  井上  隆智穂  クリアリーカナディアン         10/10 1'38.793
18 38  松井  茂樹    RALT-33 MUGEN                     17/17 1'38.911
19  29  浅見  武   ラルト RT-32トヨタ            5/16 1'39.064
20  88  藤沼  健一郎  リーガルRT34トヨタ            4/18 1'39.223
21 32 権藤  謙光    ランクアップラルトRT34            14/16 1'39.388
22  55  柏原  浩一    RALT33無限               10/18 1'40.506
65  加藤  徹   I.PROGRESSラルト33            1/ 1 4'41.410
  84T 岡田 晃典                                               計測できず
B組
***************************************
位車番  ドライバー    車  名                       周回ベストタイム
------------------------------------------------------------------------------
1  27  羽根  幸治   EVER GREEN  RT-34                 12/16 1'37.002 R
2 22 和田  久   CAPCOM RT33無限                12/15 1'37.183
3 98 本山  哲      浅田飴パッションRT33無限          10/16 1'37.280
4 31  横島  久      TAKASU CLINIC RT34                15/15 1'37.450
5 69  土屋  圭市    ENDLESS ラルト無限                4/15 1'37.530
6 13  奥貫  直      Ikegami SUNTECラルト              4/15 1'37.924
7 21  見崎 清志    ワタナベRT34 ASD             7/16 1'37.959
8 12  福山  秀夫    ICM ZYTEK RT33              7/16 1'38.018
9 81  影山  正美    オロナミンC RT34TOMEI           8/14 1'38.112
10  15 細野  智行  VAN ヂャケットシミズRT-33        15/15 1'38.136
11  8 VICTOR ROSSO トムス  ラルト RT34            9/16 1'38.279
12  9 粕谷  俊二    トムス  ラルト RT34                3/15 1'38.515
13 30  近藤  真彦  日石IMPUL 無限                    13/17 1'38.540
14  6 田中  哲也  カワイスチールLG COX RT         15/17 1'38.688
15  26  萩原  修      GRAND SLAM903                            5/16 1'38.832
------------------------予選通過----------------------------------------------
16 70  中島  禎史    エンドレスOMMGラルト無限          15/16 1'39.065
17  16  高橋 洋二  ラルトRT33無限                          18/18 1'39.194
18  72  戸田  哲史  FUJIラルト                8/14 1'39.588
19  68  中沢 清士    KNS  OMF 池谷RT32VW            15/17 1'39.827
20  77  鈴木 錦治  YSKダッラーラ390無限                    14/17 1'40.126
21 82  西沢  ひろみ  ラルト RT-34                4/ 6 1'40.753
22  56  篠塚  進   SOMETHING GOODラルト          14/17 1'41.393
23  35  井上  俊一    エース引越しカストロール893       12/14 1'45.008
                ERGO TECHNIC (RGD03307) 山田 裕 / 仙台

グループA

Gr.A 正式結果

鈴鹿スーパーツーリングカー500Kmレース
1990.  7.  1  RAIN  WET
500Km  レース  正式結果表
順車番 ドライバー     ドライバー     ドライバー    周回   所要時間  トップ差
----------------------------------------------------------------------------
1   1 長谷見 昌弘   A.オロフソン                 86 3:35'40.700
2  12 星野 一義     鈴木 利男                     86 3:37'15.733 1'35.033
3   8 見崎 清志     茂木 和男                     83 3:36'04.720    3Laps
4  22 清水 和夫     松田 秀士                     83 3:37'03.742    3Laps
5  11 横島  久     影山 正彦                     82 3:35'41.317    4Laps
6   2 和田 孝夫     土屋 圭市                     82 3:36'40.584    4Laps
7  13 M・マルティニ J・クロスノフ                 82 3:36'52.954    4Laps
8  35 R・ラッツェン 中川 隆正                     82 3:36'56.769    4Laps
9  26 W・ホイ       高橋 健二                     82 3:38'09.278    4Laps
10   3 寺田 陽次朗   赤池  卓                     81 3:36'22.448    5Laps
11 100 中子  修     岡田 秀樹                     81 3:36'22.658    5Laps
12  37 舘  善泰     粕谷 俊二                     81 3:37'49.310    5Laps
13  15 佐藤 浩二     中谷 明彦                     81 3:38'11.830    5Laps
14   6 星野  薫     V・ロッソ                     80 3:36'58.554    6Laps
15  29 日下部 保雄   山内 伸弥                     80 3:38'08.485    6Laps
16   4 太田 哲也     水野 文則                     80 3:38'17.611    6Laps
17  25 鈴木 恵一     新田 守男                     79 3:37'22.477    7Laps
18  90 三好 正己     小林 敬一     前川 直典      78 3:35'45.949    8Laps
19  27 駒  光武     関  達彦                     77 3:35'45.376    9Laps
20  19 浜名 雅一     河合 博之     西垣内 正義    77 3:36'18.929    9Laps
21  10 K・ウォング   C・カーン                     76 3:36'41.848   10Laps
22  28 柴田  昭     大嶋 昭弘                     75 3:37'17.335   11Laps
23  36 小河 等       黒沢 琢弥                     65 3:36'28.983   21Laps
16 W・マック     K・C・ホン                   71               15Laps
67 大場 次雄     佐藤 克明                     70               16Laps
14 服部 尚貴     五藤 久豊                     68               18Laps
33 津々見 友彦   村松 康生                     64               22Laps
------------------------ ***以上 規定周回数完走*** -------------------------
72 牧口 規雄     野地 廣行                    53               33Laps
7 奥山 道子     伊東  薫                     47               39Laps
43 従野 孝司     長坂 尚樹                     39               47Laps
18 浅野 武夫     萩原  誠                     38               48Laps
70 一ッ山 康     福山 英夫                     37               49Laps
9 三原 順子     松永 雅博     森谷 賢二      29               57Laps
56 篠塚  進     柏原 浩一                      8               78Laps
5 小東 明寛     坂田 ともかず                  2               84Laps
----------------------------------------------------------------------------
スタート時刻  13:01'26     フィニッシュ時刻 16:37'06.700
レース参加台数  35     決勝出走台数  35     完走台数  29
優勝車の平均ラップタイム  1  2'30.473
レ-ス中のベストタイム  12   2'18.183  57/86
----------------------------------------------------------------------------
                            提供:鈴鹿サーキット

グループA

鈴鹿500kmフィニッシュ!

●またもGTR!
 優勝は長谷見/オロフソンのリーボック・スカイラインGTR
 鈴鹿500kmは、ただいま終了! 長谷見/オロフソンのリーボック・スカイラ
インGTRが優勝した。
 2位には星野/鈴木のカルソニック・スカイラインが2分18秒183遅れで入っ
た。カルソニック・スカイラインが遅れたのは、どんどんと乾いていったコースに合
わせてのタイヤチョイスに失敗。タイヤ交換を1回余計に行ったのが3連勝をのがす
原因となった。
 3位には#8・見崎/茂木のフォード・シェラ。4位は予選19位からスタートし
た#22・清水/松田のシェラ。いずれも3周遅れ。
 5位に#11・横島/影山のシェラ。6位に#2・和田/土屋のシェラが入った。
5、6位は4周遅れだった。
    すがやみつる(SDI00104)/鈴鹿

グループA

鈴鹿500kmスタート

 7月1日午後1時、全日本ツーリングカー選手権第3戦「鈴鹿スーパーツーリン
グカー500kmレース」が、1周のローリングの後、35台のマシンが、雨の中、
水しぶきを上げて一斉にスタート。スタート直前、予選2位の#1・リーボック・
スカイラインは、雨足が弱くなったのを見越してタイヤをレインからスリックに交
換するという賭に出た。
 しかし、オープニングラップをとったのは星野一義のカルソニック・スカイライ
ン。2秒759遅れで長谷見のリーボック・スカイラインが続いた。3位はマルテ
ィニのダンロップ・シェラ。その差は早くもトップから7秒906。だが、この3
位につけていたダンロップ・シェラは、スタートでの加速が早すぎたため、30秒
のピットストップのペナルティをとられることになり5周目にピットイン、大きく
順位を落とすことになった。
 トップの星野のラップタイムは2分32秒台。シェラのトップが2分38秒台と、
まさにディビジョン1は、スカイライン・クラスとシェラ・クラスに分かれた感じ。
また、この雨が、4WDのスカイラインに、さらに大きなアドバンテージを与える
ことになったようだ。
 これまでの2戦は300kmのレースだったが、初の500kmレースで、スカ
イラインの信頼性も試されることになるだろう。
   すがや/鈴鹿

その他

500Km FJ1600 正式結果

鈴鹿スーパーツーリングカー500Kmレース
1990.  7.  1  RAIN  WET
FJ1600    レース  正式結果表
順車番 ドライバー    周回  所要時間  トップ差 型式
---------------------------------------------------------------
1  11 野田  明      12   34'05.328          マナティ  MK7
2  73 光貞 秀俊      12   34'07.809 0'02.481 マナティ  MK7
3  90 服部 茂章      12   34'18.417 0'13.089 R&D  F4/90
4  70 深見 慎二郎    12   34'32.563 0'27.235 マナティ  MK7
5  31 水谷 正道      12   34'34.186 0'28.858 SK88
6  97 矢崎 雅人      12   34'34.974 0'29.646 マナティ  MK7
7   7 武内 尚志      12   34'37.262 0'31.934 マナティ  MK7
8   1 沢田  龍太郎    12   34'47.149 0'41.821 マナティ  MK7
9   8 小野 直人      12   34'48.528 0'43.200 R&D  F4/90
10  72 小林 明治      12   34'53.309 0'47.981 MK7
11   5 中里 紀夫      12   34'54.846 0'49.518 WEST  90J
12  54 辻阪 彰治      12   35'01.341 0'56.013 SRS-05
13  67 崎田 公明      12   35'02.626 0'57.298 マナティ  MK7
14  26 橋本 渉征      12   35'10.577 1'05.249 オスカーダンガン  SK
15  21 赤松 玄人      12   35'10.824 1'05.496 オスカーダンガン  SK88
16  37 北岡 正治      12   35'12.127 1'06.799 F  63
17  94 永井 清文      12   35'30.536 1'25.208 MF  103
18  85 鬼頭 和仁      12   35'32.041 1'26.713 R&D  F4
19  24 渡辺 宏二      12   35'32.195 1'26.867 マナティ  MK7
20  58 大脇 照男      12   35'32.725 1'27.397 F-4/90
21   6 小野 信幸      12   35'34.361 1'29.033 R&D  F4/90
22   2 岡田 圭司      12   35'36.263 1'30.935 マナティ  MK7
23  12 佐々木 博      12   35'36.775 1'31.447 オスカーダンガン  SK
24  69 柳原 健児      11                1Lap  オスカーダンガン  SK88
25  65 脇田 一輝      11                1Lap  R&D  F4/90
26  41 楠部 浩史      11   37'00.661    1Lap  マナティ  MK7
------------------- ****** 以上 完走 ****** --------------------
27  27 小川 圭一       7                5Laps R&D  F4/90
28  63 荒川 幸雄       3                9Laps
29  28 大塚  学       3                9Laps R&D  F4/90
30  77 山内 ヒロハル   2               10Laps R&D  F4/90
31  10 渋谷  勉       0               12Laps マナティ  MK7
15 島田 謙一           未出走             マナティ  MK7
---------------------------------------------------------------
スタート時刻  11:20'04     フィニッシュ時刻 11:54'09.328
レース参加台数  66     決勝出走台数  31     完走台数  26
優勝車の平均ラップタイム  11  2'50.444
レ-ス中のベストタイム  73(光貞 秀俊            )   2'48.464  4/12
---------------------------------------------------------------
QFF00654 児玉/鈴鹿

その他

500Km FJ1600 正式結果

鈴鹿スーパーツーリングカー500Kmレース
1990.  7.  1  RAIN  WET
CIVIC    レース  正式結果表
順車番 ドライバー    周回  所要時間  トップ差 型式
---------------------------------------------------------------
1  24 砂田 雅行      10   28'56.022          E-EF9
2  35 黒木 健次      10   29'00.903 0'04.881 E-EF9
3  29 福田 よしのぶ  10   29'04.734 0'08.712 E-EF9
4  81 中野 さとし    10   29'09.631 0'13.609 E-EF9
5  77 前川 直典      10   29'10.162 0'14.140 E-EF9
6  33 村松 康生      10   29'12.731 0'16.709 E-EF9
7   9 川本  篤      10   29'13.152 0'17.130 E-EF9
8  10 上杉 和也      10   29'17.687 0'21.665 E-EF9
9   8 谷口 太英      10   29'18.656 0'22.634 E-EF9
10  40 山崎  猛      10   29'31.491 0'35.469 E-EF9
11  72 近藤 澄男      10   29'34.339 0'38.317 E-EF9
12   5 兵頭 信一      10   29'34.662 0'38.640 E-EF9
13  82 荒川 雅彦      10   29'36.289 0'40.267 E-EF3
14  22 木下 洋一      10   29'53.179 0'57.157 E-EF9
15  50 上田 剛久      10   30'03.173 1'07.151 E-EF9
16  20 池田 正澄      10   30'04.016 1'07.994 E-EF9
17  34 一村 達彦    10   30'07.909 1'11.887 E-EF9
18  17 根本 幸一      10   30'08.218 1'12.196 E-EF9
19  68 毛塚 康夫      10   30'15.630 1'19.608 E-EF9
20  74 水口 浩司      10   30'41.179 1'45.157 E-EF9
21  90 和田 よしひろ  10   31'00.527 2'04.505 E-EF9
22  28 友森 茂利      10   31'23.945 2'27.923 E-EF9
23  88 岡田 祐二       9   29'19.722    1Lap  E-EF9
24   1 芥川 泰正       9   30'08.707    1Lap  E-EF9
25  48 井田 雅彦       8   31'33.547    2Laps E-EF9
------------------- ****** 以上 完走 ****** --------------------
26   2 見並 秀文       4                6Laps E-EF9
27  63 浅山  仁       3                7Laps E-EF9
28  14 岡田 純嗣       2                8Laps E-EF9
29  83 澤田 英男       2                8Laps E-EF9
30  37 木下 高夫       0               10Laps E-EF9
31  55 田中 孝太郎     0               10Laps E-EF9
32  38 安田 真一朗     0               10Laps E-EF9
---------------------------------------------------------------
スタート時刻  10:09'25     フィニッシュ時刻 10:38'21.022
決勝出走台数  32     完走台数  25
優勝車の平均ラップタイム  24  2'53.602
レ-ス中のベストタイム  1(芥川 泰正            )   2'50.579  9/9
---------------------------------------------------------------
QFF00654 児玉/鈴鹿

グループA

Gr.A フリー走行

鈴鹿スーパーツーリングカー500Kmレース
1990.  7.  1  RAIN  WET
500Km  フリー走行
順 車番 ドライバー     ドライバー     ドライバー     型式              Lap-Time
-------------------------------------------------------------------------------
1  12 星野 一義     鈴木 利男                    スカイライン BNR 32     2'33.322
2   1 長谷見 昌弘   A.オロフソン                スカイライン BNR 32     2'34.660
3   3 寺田 陽次朗   赤池  卓                    SIERRA RS 500     2'39.234
4  36 小河 等       黒沢 琢弥                    スープラターボ MA70    2'40.136
5   8 見崎 清志     茂木 和男                    SIERRA RS 500     2'40.398
6  11 横島  久     影山 正彦                    SIERRA RS 500     2'40.957
7  13 M・マルティニ J・クロスノフ                SIERRA RS 500     2'41.072
8  35 R・ラッツェン 中川 隆正                    BMW M3            2'41.075
9   2 和田 孝夫     土屋 圭市                    SIERRA RS 500     2'41.778
10  43 従野 孝司     長坂 尚樹                    SIERRA RS 500     2'42.062
11  26 W・ホイ       高橋 健二                    BMW M3            2'43.996
12  37 舘  善泰     粕谷 俊二                    スープラターボ MA70    2'44.079
13 100 中子  修     岡田 秀樹                    シビック E-EF9       2'44.091
14  22 清水 和夫     松田 秀士                    SIERRA RS 500     2'44.332
15   4 太田 哲也     水野 文則                    BMW M3            2'44.417
16  72 牧口 規雄     野地 廣行                   BMW M3            2'44.500
17  70 一ッ山 康     福山 英夫                    BMW M3            2'45.233
18  16 W・マック     K・C・ホン                  BMW M3            2'45.857
19  33 津々見 友彦   村松 康生                    シビック E-EF3       2'45.979
20  15 佐藤 浩二     中谷 明彦                    シビック E-EF9       2'46.023
21  14 服部 尚貴     五藤 久豊                    シビック E-EF9       2'46.361
22  90 三好 正己     小林 敬一     前川 直典     シビック E-EF3       2'46.609
23   7 奥山 道子     伊東  薫                    カローラレビン AE92     2'46.928
24  29 日下部 保雄   山内 伸弥                    BMW M3            2'46.978
25  25 鈴木 恵一     新田 守男                    カローラレビン AE92     2'47.885
26  27 駒  光武     関  達彦                    カローラレビン AE92     2'48.120
27   6 星野  薫     V・ロッソ                    カローラレビン AE92     2'48.441
28   9 三原 順子     松永 雅博     森谷 賢二     カローラレビン AE92     2'48.702
29  10 K・ウォング   C・カーン                    BMW M3            2'49.684
30  67 大場 次雄     佐藤 克明                    シビック E-EF3       2'49.980
31  19 浜名 雅一     河合 博之     西垣内 正義   カローラレビン AE92     2'50.029
32  56 篠塚  進     柏原 浩一                    BMW M3            2'50.941
33  18 浅野 武夫     萩原  誠                    カローラレビン AE92     2'51.613
34   5 小東 明寛     坂田 ともかず                ジェミニ JTI90       2'52.158
35  28 柴田  昭     大嶋 昭弘                    カローラレビン AE92     2'55.075
-------------------------------------------------------------------------------
QFF00654 児玉/鈴鹿

検索

最新ニュース