Archives

  • [—]2019 (6)
  • [+]2018 (552)
  • [+]2017 (564)
  • [+]2016 (639)
  • [+]2015 (714)
  • [+]2014 (655)
  • [+]2013 (623)
  • [+]2012 (621)
  • [+]2011 (484)
  • [+]2010 (554)
  • [+]2009 (522)
  • [+]2008 (467)
  • [+]2007 (596)
  • [+]2006 (530)
  • [+]2005 (460)
  • [+]2004 (304)
  • [+]2003 (454)
  • [+]2002 (454)
  • [+]2001 (217)
  • [+]2000 (408)
  • [+]1999 (376)
  • [+]1998 (465)
  • [+]1997 (424)
  • [+]1996 (1)
  • [+]1995 (425)
  • [+]1994 (411)
  • [+]1993 (423)
  • [+]1992 (519)
  • [+]1991 (423)
  • [+]1990 (250)
  • [+]1970 (1)

ニュース内検索

Japanese F3

トムス F3ニュース 7/10 (2)

《TOM'S F3ニュース》          7月10日 (2)
 【1993 All Japan F3 Championship Rd.7 : Race of Formula Japan】
 月日 1993/07/10(土)
 天候:晴れ      路面:ドライ
 気温:  度     サーキット:美祢サーキット
************************************************************************
    トム・クリステンセン、ポールポジション獲得
    ---------------------
・ TOM'S 033Fの当たり年とも言われる今シーズンの全日本F3選手権シリー
 ズ。昨年度のMINEサーキットにおけるF3レースでは、TOM'S 032Fが優勝
 を飾り、上位をトヨタ/トムスが独占する成績を納めている。
  このMINEサーキットは、1990年まで国内唯一の左回りコースであったが、
 1991年より現在の右回りに、そしてタイトコーナーが組み合わされるレイアウ
 トになった。
・ 昨日に引き続き、蒸し暑い天候となり、ドライバー、メカニックにとっても
 非常に厳しい条件の中、第1回目の公式予選を迎えた。
 計測2分を経過した頃から、1台、また1台とコースインしていった。
  ゼッケン7番、トム・クリステンセン(TOM'S 033F)、ゼッケン8番・高木
 虎之介(ITO HAM TOM'S 033F)もコースインしていく。
  ゼッケン5番・中野信治(SUPER NOVA F393)が、1分23秒366をマークし、
 その後を追うようにゼッケン7番クリステンセンが1分23秒366 を記録し、トッ
 プに躍り出た。
・ 午後の公式予選では、ゼッケン7番のクリステンセン、ゼッケン5番中野は
 他車の様子をうかがい、計測時間残り10分ほどになって最後のタイムアタック
 を始める。 しかし、全体的に午前中に出したタイムのほうが上回っており、
 午後の予選結果で順位が変わることはなかった。
・ ゼッケン18番リカルド・リデル (ALEXEL 033F)が1分23秒876 、ゼッケン
 33番光貞秀俊(トムス033F)1分23秒993 をマークし、3番手、4番手のポジ
 ションを獲得した。
  またゼッケン8番高木は、予選中にコースアウトというアクシデントがあり
 ながらも、1分24秒417 で11番手につけた。
  予選1位から12位までがすべてレコードタイムを記録しており、また11番手
 までに全てのTOM'S 033Fがポジションをキープしている。
  明日も天候は猛暑が見込まれているが、昨年同様に上位独占体制で勝利をも
 のにしたい。
          提供:(株)TOM'S テクニカルセンター
           * FMOTOR4_SysOp 新倉芳夫 (SDI00686)-RIJ *


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

検索

最新ニュース