Archives

  • [—]2019 (6)
  • [+]2018 (552)
  • [+]2017 (564)
  • [+]2016 (639)
  • [+]2015 (714)
  • [+]2014 (655)
  • [+]2013 (623)
  • [+]2012 (621)
  • [+]2011 (484)
  • [+]2010 (554)
  • [+]2009 (522)
  • [+]2008 (467)
  • [+]2007 (596)
  • [+]2006 (530)
  • [+]2005 (460)
  • [+]2004 (304)
  • [+]2003 (454)
  • [+]2002 (454)
  • [+]2001 (217)
  • [+]2000 (408)
  • [+]1999 (376)
  • [+]1998 (465)
  • [+]1997 (424)
  • [+]1996 (1)
  • [+]1995 (425)
  • [+]1994 (411)
  • [+]1993 (423)
  • [+]1992 (519)
  • [+]1991 (423)
  • [+]1990 (250)
  • [+]1970 (1)

ニュース内検索

Japanese F3

トムス F3ニュース 7/10

《TOM'S F3ニュース》          7月10日
 【1993 All Japan F3 Championship Rd.7 : Race of Formula Japan (MINE)】
 月日 1993/07/09(金)
 天候:晴れ      路面:ドライ
 気温:  度     サーキット:美祢サーキット
************************************************************************
・ 全日本F3選手権レース第7戦は、本州最西端にあるMINEサーキットで
 行われる。 第6戦のTIを1・2フィニッシュで返り咲いたTOM'S 033F、ま
 たこの第7戦でも上位を独占したい。
・ 本日の練習走行は、気温31度という蒸し暑い中で行なわれた。
 午前・午後に別れて各1時間ずつ設けられたこの練習走行は、1時間という少
 ない時間でいかに調子を整えるかに懸かっている。
  午前中の走行では、各車セッティングを主に行ない、車両をベストの状態に
 仕上げていく。 セッティングがだんだん煮詰まってくると、明日の予選へ向
 けて新品タイヤを装着してタイムを上げていった。
 午前中の走行時間も残り少なくなってきた頃から、計測モニターに表示される
 ラップタイムが徐々に上がってきた。
・ ゼッケン5番中野信治(ダラーラF393/無限)は、1分23秒台を午前中の走行
 からマークした。 午後の走行に入ると、ほとんどの車両が新品タイヤを装着
 してタイムを上げていった。
  ゼッケン7番トム・クリステンセン(トムス033F/トヨタ)は、1分23秒53
 を最終ラップにマークし、本日のトップタイムとなった。 また、前回の第6
 戦でポールTOフィニッシュを飾ったゼッケン33番、光貞秀俊(トムス033F/ト
 ヨタ)も1分23秒99で3番手のタイムであった。
  前回のレースからエンジンをフィアットに変更したゼッケン11番ニコ・パル
 ハレス(ダラーラF393/フィアット)が、1分24秒03で4番手に位置している
 が、この1分24秒前半には、ゼッケン18番、リカルド・リデル(トムス033F/
 トヨタ)、ゼッケン12番本山哲(ダラーラF393/無限)、ゼッケン3番アンソ
 ニー・レイド(ダラーラF393/オペル)、そしてゼッケン55番高村一明(レイ
 ナード933 /無限)と、多彩な顔ぶれで100分の1秒台を争っている。
 ゼッケン8番高木虎之介(トムス033F/トヨタ)は1分25秒04で、10番手前後
 のタイムで本日の練習走行を終了している。
・ 昨年度、MINEのF3レースでトムス032Fがポールポジションを、そ
 して優勝を飾っている。 オーバーテイクポイントの少ないこのサーキットで
 は、明日の予選順位が決勝レースに影響してくるであろう。
※ タイムはすべて手元計測による
          提供:(株)TOM'S テクニカルセンター
           * FMOTOR4_SysOp 新倉芳夫 (SDI00686)-RIJ *


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

検索

最新ニュース